■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年09月12日

第25話「イカの甲より歳の劫」(5)

第24話へ     5  第26話へ

114 :◆vsQyY1yD2Q

                                                |\_  ̄ト、ー―-、
                                          _____> \| L___|
                                          >_____    ___ <
                                                 l/        ヽ /    \!ゝ
                                        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
                                             //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
                                     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
                                     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
                                           /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
                                            |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
           はいはい、そこまでよ。                j:/!: . : .,':. : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
                                      ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|
           それじゃ、話も一段落ついたところで      ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l | |
           お茶にしましょ。                 __    i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i | |
                                         i ヽ  .| l !  .ハ ´´    `   ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|
           至郎田、準備は出来てる?         ヽ ヽ .ハ〜、ゝ>.、    ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
                                    ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ   ´ム ム/r 、   
                                           ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
                                           i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
                                           | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
                                           ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i
      /           l ,l
     /             l ,l
     /              l ,l
    /            l ,l
   ,r┴――――--- 、、 j ,i'
   |_____       `ヾt
   乃シノ/シテ`゙,x' ―- 、   〉
  /ン"イ彡'ィt,ィ;;ァミ、   lヽ/
  ,'爻シ/,r''" `'‐ョ` ,rrェ!リ'
   '"彡<'"      /`'゙ヲ/    ええ、もちろん。
   .ソツ'´ヽ   、  _,ノ ,ィシ′
   :.`ヽ、丶 、`ー- /´        おいしい お茶菓子も、ご用意していますよ。
    :.:.:.:.:.ヽ ゙ト、`゙/
   .:.:.:.:.:.:.:.tアヾ゙´
   ヽ、:.:.:.:,ソ:.:.:}
     丶、{:.:.:.ノ
       `ヾj
          'l
        l
        l      r、 l゙l /'}'゙l
        .l     l ヽノム'x'.ノ,ri
         {    , へ ゙ -┴'"ノ
         |  /   ヽ-‐ '"´
         l,,/     }
  .○      l     /
            l    /


115 :◆vsQyY1yD2Q

                _,── `' ── -  .,_
                ,. ' "´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
            . イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:|.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ.:.:.:\.:.:.:\
   / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:_ /.:.:.:.:.:.:.:.:ハ}.:.:.:|i.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|i `'ー-\
    `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム-ァ'7"/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.: /i.:リ.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|
      `j.:.:〃´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:/.:/.:.:.:|,.:.:.:/.:.:/.:.:. イ,斗ミ、.:.:.:.:i.:.:.:.:|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|_,!斗孑ミ、 / ////v!}  }.:.:.:.:/.:.:.:.:|
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヘ  らJj’|/リ/ / `ー' ゙//.:/.:.:.:.:..|.    できる夫、お話は終わった?
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.;;;ヽ   〉__`~´  "   ヽ   ///i.:.:.:.:.:|
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:,';;| ::;;;;;;;;ヽ/ 、 ̄}             /.:.:|.:.:.:.:.:|.     昔の仲間だから仕方ないけど
      i|.:.:.:.:.:.:.:.:/;;;;| ::;;;;;;/     `ヽ,   _ ,.   ,.イ.:.:.:.|:.:.:.:.:.|
      |.:.:.:.:.:.:.:/;;;;;;i| ::/      ,  }  ´    /;;i|.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|      私のこと、忘れちゃ やだよ?
      |.:.:.:.:.: /;;;;,;.ム/       /`/ 、. _ /;;;;;;;;;|.:.:.:.::|.:.:.:.:.:|
      | .:.:.:.::/   ,'    ,.イ  ̄     | `ヾヽー.|.:.:.:.:|、.:.:.:.|
      | .:.:.:/    |    {:: |  ー-  _    _,. ∨! |.:.:.:.| ヽ..:|
      | .:.:,'    |    |::: |     `  ´   | | :|.:.:.:| | .|
      | .:.:|    |     |:: |           | | :|.:.:.:| |ソ
      | .::.|     |       |: |           | | :|.:.:.:| |
      | .::i|    .|     |:: |ヽ、_          ,ノ ト、|.:.:.:| |
      | .::.|     |       !:: |  ``ー─笊─'´    |.:.:.::| |
      | .:::|   |        |:: |       ,.ィ介 、    }.:.:.::| |

                                                            ____
                                                    /     \
                                                        /  ⌒   ⌒\
                              分かってますよ。            /   (● )  (<) \
                                                 |       __´___    |
                              可愛い奥さんの事を          \       `ー'´   /
                              忘れる訳ないじゃないですか。    .〉         ⌒ヽ
                                                          |          、  \_
                                                        !          ヽ   _⌒)


116 :◆vsQyY1yD2Q

                                          ,.イ   //      __,/
                                         ,.':;′ /::/ _, -‐─ ''"/
                                                 /.:.l /.:.:.://.:.:.:_, -‐ ''´
                                        l.:.:.レ'::::::.:.:/::.:.:.:∠-‐─- 、,_
                                  ‐=二_''−!:./:::::::::::/:::::/::.:.:.:.:::::::::::::::::`丶、
                                            _,ニ=‐::\::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄` '=、‐-\
                                   _, -'/..:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        /‐/..:/:::r''"´ ̄:::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.\
                                / /..:/ :.:.:::::\::.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.゙:、:.:.:.:.\:.:\.:.\:.\
                                 /.:::::/.:.:.::/ :.:.::::ヽ:.:.:\::::\::::::::ヽ::::::::::ヽ:.:.ヽ:::::ヽ::\
                                       /.::::/.::::::イ::.:.:.:ィ'|:::小 :::::::\::::\::::::゙、:::::::::::゙、::::゙、::::::゙、::\
                                 /,/j:::::/:,'::::::/ l |/ | ト、::::::l\:::::ト、::::'、::::::::::::'、::::',::::::ヾ'ー\
        そっちの子が、二人目の奥さんか。   /´ .,':::/::,':::::/",二=、_ l \:::l \|='゙ニ、ト、:::::::::::',::::',:::::::{
                                        ,'::/:::,'::::/ fi゙ rとjヽ   ヽ:l. '"rとjヾit\::::::::',::::'、:::::',
        すごいな、できる夫は。            }:j/フ!::/| `' 辷''ソ     ゙'!  辷''ソ '´ |\::::l、:::ト、::::'、
                                        ソ'、i l八! = ` ̄´   l      ` ̄´ = l:::/\l|:::l. ヽ:::}
        もう、それだけの立場になったんだな。.    ヽトーi        ,__          レ'´ //、:'.、 }'
                                    ヽ_j、       ⌒        ,r‐‐/ `'ーヽ
                                              ヽ    ー─ ‐‐―一'    /ー'
                                              \       ̄      /
                                         `i、           イ
                                             |. `ヽ、   _,、‐'´ .|
                                        r‐一'"|    ` ̄´     |`'ー‐┐


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    おかげさまで、何とか やってます。
  |         ___`___     |
  /       `ー '´  /    責任重大で、色々大変ですけどね。
  (  \ /^ー:r  ̄ ̄ ̄i;
.  \  " __ ノ、___ノ
    \ /


117 :◆vsQyY1yD2Q


                        r────────────、
                       ./ |_ ,.へ、__/l ____ /l._ /_____/.|
                       / //.:ノ: :.}.///_゚___///,.⊥   / .l
                      ./ / `゙ー‐' // |__ノ_ノ.」// {::::::...)/ ./
                     /.-=======================/ ./
                     /: i_.,. - 、___./l ,. - 、 __./l ,. - 、__/ ./
                    ./ /./ `゚´ | // トi―イ! // {ミリソ} / ./
                   / / `ー一'// `ー‐' //  `ー '/ ./
                   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~i ./
                   |_____________,l/



           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!   それにしても、このカップケーキ
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |.        たくさん作ったんだね。
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/


118 :◆vsQyY1yD2Q

                                           .. -ァ.:´,:..-‐`'⌒ヽ-‐..、
                                       ./:..:..:..:/:..:..:../:..:..:..ヽ:..:.>.、
                                       /、  ーく:__/___:.レ   \
                                        /:..:.. ̄.:..:.::7:..7..――..:..:.丁:.. ̄:.:..:.ヽ
                                     ./:..:../:..:...:..:..:./::..:...:..:..:.:..:...:..l:..:...:..:..:.:.:..:.',
                                      ./:..:../:..:...:..:../:..:..:..:..:..:..:../|:. イ:..:..:..:..:..ヽ:..:.l
                                    //::.イ/:..{:..:.ィ:..:..;: イ:..:..:/ |lム:..:..:..:ト.:..:.}:.::.|
                                    |:|::.ハ|:..:..:V |;∠zニ:j:./  ニ,z-|-}:|:..|:..|:}:/|:l
                                    |ハ::::::|:.ト:..:V7'トィ:::}Yイヽ イ/{う::}jトリ|小{:j/リ
                                      `{ハ:{::ヽ{ ` `^´   |  ``^ ´ j::::ハ{′
        それは、店で出すデザートの試作品なのよ。    .ヽ}:ト、::ト       !     / }ィ′ヽ
                                     /./  .小、.     `       .イ:::|   `、\
                                    / ./    .|::::| \   ー 一  / l!::::|   ', \
                                   /   .l.     .|::::|.   丶、    イ    |::: |    l   ヽ
                                  /   l    |::::|      ̄     |:::::|     l    ヽ
                                 /     ',    .|::::|  ` ー-  , -‐ ´  !:::::|   /
                                ハ     ヽ、.  |::::|                |::::::|  /
                               |          \::::::|            .|::::::/
                               |          \!_   ヽ  /    _/       /
                               |            }\.  V    /o         /



       i^,\ _,,_ /^l
       lノ        ヾノ
      シ " ヽ、_  _ノ  ミ    ,∩__   ダーマでは、修行者の生活は保証されてるけど
      メ  (●) (●)  ヽ  fつuu
     彡三⌒(__人__)⌒三ミ   |   |    お菓子類は、元々 種類が少にゃいのにゃ。
      ヾ    |r┬ |    ン     丿
          `ー'
        ,、          _
     / l          ヽヽ
     ,′|          ヘ ヽ
     l  l           l ヘ
     |  l           l. l
     | ヘ              l  |
     ヘ  ヽ         /  j
     ヽ  \ , -┬┬、/.  /
      \   7   ヽ ヽ_∨
        ヽ  l   .  二 --`ゝ     ダーマの料理って
         /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ    辛めなのが多いんだよね〜。
        j−'´ |  =   _人  ~ l 〉
       / ̄ ̄l         ノ´    おいしいけど。
        / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐
       ゝ──'>ー<二○'´i ̄
          `ー┐      l


119 :◆vsQyY1yD2Q

             r;r‐r/`!
           (二〈_L (`ヽ{二l>-
            l` ( ``/
            ヽ   l
            ,.-|,. -'´l
           r'‐'´:::::: |
            !::::::::::   |
          |:::::::    |
           |:::::::    |    _     、 _
          .|:::::::    |    \`'''ー- 、\`丶、
          .!:::::::.. .:: |  _,.. -‐''':: :::::::::::::::::::...丶、
          |:::::::: .:::: |-二;;;::::::::...:.......   .:::::: _,. -   分かる! 修行者用の屋台とかあるんだけど
           |::::: .::::: .:::} /::::::::,-、::::.._;:-‐ニ;;;::::::..\
         .|::...:::::: .:::〈∠::::::::::/ )//....\l/:::;,,. -;‐.   ホントに 甘いのが少ないんだ、ここって!
         |:::::::::: .:  l/:::::::::l _ '´    '''"´ミ::::::ト、ヽ
         |:::::::: .:: .:: ト,フ:::/`l    ,. -=_-、´l!'|::;' ヾ!                 /
           |:::::: .: .:: .::::::.ヽ冫  '   〈 ゙、:::: >' ノ l/                 _   /
           !:::: .: .:..::::::::::::...\      ヽL//          _,,... -一 ''/-ヽ-'゙`、
         l::: . .::::::::::::::::::o/    rー──く,r、‐ァ‐r、-ー''''''' "´     ..::::! -、_,.ヘ_)
         !:..: .::::::::::::::../ヽ`ー‐'゙レ'´: ::::::: l ll  l::::    ............:::::::::::::::r一、/
        .,': ..::::::::::o,イ´ r 、゙、‐r''´::::::: ::::: l ll  !:::::::::::::::::::::::_,,... --‐一''´ /
        /. .:::::::::://   l::::!ー、 ゙、:::::::::: :::: l ll l::; --─ ''' ´          /
      / .:::o:::/ ,'    ` |::::| ヽ::::::::. ::::::|__ll__lノ             /
     ./.:::::::,ィ´  .,'    !  !`'   ヽ:::::: :::::|'´                `丶、



                                                /\___/ヽ
                                                     /''''''     ''''''::\
                                                  |(●),   、(●)、.:| +
                そう言うところなんだろうね、ダーマは。             |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                                  |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                麺類も多いんだけど、全体的に辛くて脂っこいんだよ。  \  `ニニ´  .:::::/     +
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                パンに乗せて食べて、丁度良いぐらいだね。      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                                         ハ,,ハ
                                                 ((⊂ ヽ ( ゚ω゚ )  / ⊃))
                                                   | L |   '⌒V /
                          ダーマでは、甘い物はダメなのですか?    ヽ,_,/   ヽ_./
                                                  __,,/,,   i
                                                 (  _     |
                                                  \\_  ̄`'\ \
                                                   ヽ )     > )
                                                   (_/´    / /
                                                         ( ヽ
                                                         ヽ_)



             -へ へ へー-
          ノ ̄           \._
        ,-'´  ̄i┴∧   /^\   `‐、
      ///__/  i ヽ  V/l \\ ', ヽ
     / r┴' / / `∧  /^\< ̄ヾヘ ヽ
    / // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\ \
   / ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
   l  r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽi ヽ     精霊の教えで、か? そんな事はないぞ。
   / | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  }l  i
   l  レヘ |\トヘ-一-       ー∠L/ l } | |.      ただ単に、ダーマの料理は そう言うものなんだ。
   l l ヽト、 弋 ‐t-iー、    ,、t-ヵ‐、 | l ∧ l l
    \ヽ.| ll  ` ‐-┘       ゝー '´・j/ l / |
    / i .l l.l Z好彡7       xxxx  // /  i      私が アリアハンに招聘されて一番驚いたのは
    / 、l l l i', ミ彡彡{    ,      /!イ/ / ヽ
   /l l l l l ヽマ三彡7        /|ス//」 |l.      甘いデザートの豊富さだった。
   l l l .l l l  l\辷/. TTTT  ./l | l |  i
   / l l ,'l l l |ll l `‐、 |.   |_,イ l l l  l ヽ  丶、
  /. l  ,',' l |l |ll. l.   ヽ. ノ ´l l |l |l | l l \   ',
 r .l l /,',','. l l |ll   ゞ:.:彡  | |   l l |l l| l l | 〉   〉.  おっ、このケーキ 美味いな。
r  ー/ 彡  l lへ-‐ ト =;, /./  ヽ、 l l | l l |〈  /
⌒/ / ‐-.l l./└、  / .イ    lヽl l,|z l l | !  i
       l lヽ ト、/ /"´i___ノ、 l l │! l   |
       l lト、丶/  /  /ー、/ヽ  l l ',  、 /,  \


121 :◆vsQyY1yD2Q

       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \            アリアハンは、レーベ産のサトウキビから作られた
  /   (●)  (●)   \.         砂糖が出回ってますからね。
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒).   それを利用したデザートも多いんですよ。
  /          \



                                                          _   _,
                                                         ___,> Y´'ー -、
                                                    _>z二_ _ __`ー≧__
                                                      >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
                                                    , '"       ヽ `Y′之>
                                              /           ヽ .}<い
                                                     /    /ハ ト、 \  ハ V. レ
                               ロマリアの方に行くと        l  {  ハ{  ヽ| \ ヽ  .} !"i}
                                              l ハ/‐'     ̄ V   /| ∧ハ
                               メイプルシロップが増えてくる。   l }弋歹   弋歹|   /i .八ノ
                                             l リ // _. -┐//|  ∧|/ル′
                               こっちの甘味も捨てがたい。.    ',ハ\  ヽ _.ノ-t / /  レ
                                                  Vい(^_}匸ト-く::\
                                                       ノ ̄}E=:!:::::ヽ:::ヽ
                                                    〈::::::丿  \::::::)::ヽ


122 :◆vsQyY1yD2Q

           _,.. -――― - 、   __
          /           `′ |
          , ': : . . .  . .      ,' /     | ̄ ``i.
       /   . . :./: : : : .   /,イ |  |     !
      j . : : : : :/: : . .   ,/:/| !    l !  l. |
        l: : : : .l /    _,,.ム'- | ,′  ,j  l   l.|
        !: :.   |/    ´//   |,'    /|  !   ゙i
        !   ,! /  /,ィニミ`  l'   / `iヽl    l
        l    ! /   ,.',ィ'゙'´し!   l  ムミ l !   i  l   アリアハンや ロマリアは
       ||  j/  /|个-'^::|  〈 ,.イЧ゙}!,!./  |   !   甘い物が簡単に手に入って羨ましいですね。
      { !  !  /!.l ゞ二/ ∠ィく, |`ソノ',!/ l  l.i  !
      |,!  !. ∧ ヘ !\_   / !.ヾ' /,!/ノ / / ! ,l   アッサラームだと、ちょっと高いんですよ。
        l'  ∨ .ヘ  `!   ̄ ,,` ` ー{,イ'゛ // !/
.     /   l! ∧ ヽ`丶,、   ,,. -:'゙| / /   /     あの時、旦那さまに お出ししたケーキも
     / /   l! ,ノ ヽ  \〔、_ ̄il l   l/.           実は、とっておきの物だったんです。
.     / /   ,lレ'     \  ヽ-、ヽ||   |
   , ' /  /三ミ`ヽ、  ヽ   \>ー'!   !
  , '/   ,〈ニ=ニミ`ミヽ  `、  ヽ. `、  l
/'′     ゙!′   `ヾミヽ、 ヽ  `、丶 |
                                                        ___
                                                   /      \
                                                  /ノ  \   u \
                                                / (●)  (●)    \
                             え? そうだったのかお?    .|   (__人__)    u.   |
                                                 \ u.` ⌒´       /
                                                ノ            \
                                              /´               ヽ


123 :◆vsQyY1yD2Q
   |   |   |  |   | :|
   |   |   |  |   | ,|
   |   |   |  |__,, -'‐'゙i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´~     l!
           !       l
           l       j
           l,   _ ,ィ〈
ー┬---,ァ―――一''^i,ヘヽ l
////〃 /           ゙i,l l l
// 〃,/          ,r'i川 l!
ツ ~`7ヽ、_     ,_ノ,,=!、l リ
〃  ,テf。ミ≡ミァ  'イ::。ノ lノl/.    当然、ダーマの料理も学びますが
  ,/^ ゙''"--‐   l`ー ''イ/
 /         l   /ノ    商売をやるのですから
'"          l   /'′    他では食べられない料理が良いでしょうね。
             l /
           _,」/       その点、甘い物は狙い目ですよ。
     , 、__,.: -ァ/
ヽ、   `ヾ `"~´ノ/        この辺りでも 砂糖は輸入に頼ってますから、高級品ですし。
  ::`ヽ、   ` ̄´ /
  :::::::::`丶=='f'^i
―-、::,r''"´ ̄`ヾ、 'i,
  ,rチ ,r''"^`ヽ、`ヾt、
  (= '" /^`'' ー≧   ヽ
 ミニ / r―--=ァ  )、
 ===l / __,,..   〉 `
    t_j ,f       j




                                                         /\___/\
                市場に行けば、果物を それなりに見掛けるけど      ./ /    ヽ ::: \
                                                 | (●), 、(●)、 |
                それを料理して売ってるのは、あまり見掛けないなぁ。  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
                飲み物ぐらいかな?                        |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                                                 \  `ニニ´  .:::/
                                                 /`ー‐--‐‐―´´\


124 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : -ミ、: ;' : : : : : : :ヽ: : : :.',
: : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ: : : : : : : : : :ヽ: : :',
: : : : : /: : : : : : : : :i: : :∧: '; : : : : : : : ; ` : :',
: : : : /: : .;' : : : : ;ィ': ::/  '; :'; : : ; : : : ; : : : : l
: :i: : : ; : :l: : : : :/ |: :/   ';: l; : :|: : : : |: : : : |
: l: : イl: :.:l: : : :/ |: ;'    l:.| '; :.|: : : : '; ; : : |
: l: :;' .|: :∧: :.;'  |:;'     |:;' '; |: : : : ; : '; : |
: :|:|二|:;'ミ'; :;'   |' _z二三|;'=-'; |: : :/: '; : ';.{
: : :|. l  ミ、|ヽ '  _z-r辷ミ、 リ: : ハ、: ';ヽ;ヽ    市場に行けば、バハラタの食材が手に入るだろうし
: : :',゙' 、,___  ',   `´弋フリ "/:./ j />: : l ヾ
: : ; ヽ   ̄''  l      ̄ /: / r´/: /ヾ      本場のバハラタ料理を出す事が出来るわ。
ヽ: ',`        |      -´" ./_/: :/
  ヽ',      !        /: : : /        そっちは 任せてちょうだい。
   i..、       ゙       /: : : ;.'
   |: : \  ` -‐ ´  /|: :ハ:;'
   |: ; : .| ヽ      , ´  |: | '|
   ,':;' |: :ト`.  \__ ,イ    |: :|
  /´ ,' : |           |: :|.、_
   /ハ: :|           !';:.|  ` ‐-、___
― '´  ';|            ';:|     }三三
三    ヾ            ヾ!     .|三三
三―――――- 、     , ――――  |三三
三ュ_        `    ´        |三三.                             , 、
三三ヽ      _____, ―― ´ ̄ ̄ ̄ ̄                           , へγ´/ 丿ヽ
                                              ∠ ̄/     `丶`  }
                                                   / /  l      \\,ノ
                                               /   l :/|     /l    ヽハ
                                           /  : :ハ/ーl   / ヽ    l |
                                           {  l/ィ=ミ \ | \\|   l !
                  それと、やっぱり             r 、 !、 | ' ' '  ,  ヽ!ィ=ミ  l|: /:/
                                               \ヽl人j   }ー‐- 、_' ' ' /: :/:/
                  マッドオックスだよねーっ!            ヽ {   |, -- 、 /  /:/ニl
                                                 |\ !    /  /´ー'/
                  バーベキュー、おいしかった〜っ!       .l  l\ヽ.__/  / ̄
                                                / } ノ /ノト--‐ァ'´
                                           / /   //}   卜、_ __
                                           | ,/   /{ ヽ  _ l |//  `ヽ
                                           |/   /ヽ\ , -マj //    l
                                                /  /   / `ヽ}、/    /
                                        {  /    {  ノ /    /


125 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \.   うん、雅音と 至郎田さんがいれば
|       (__人__)    |   食堂のメニューは、何とかなりそうだお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     これで、安心して ロマリアに行けるお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                 __ _
                                          ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
.                                                    /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
.                                                   /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
                                       l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l.
                                              │.:.:./.:.::/.:.:.::./.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:.│
                                       l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l.:.‐;- |.:.:.:| ヽ_.:.:..ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
                                              〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.-、ヽ.:.l , -ヾ`.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
                                        / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj ./ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ.
                                             l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
                          そうね。                  l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
                                             ∨ \ヽl::.::ノ'\  l7 ¬    人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
                          それじゃ、早速 明日にでも       .ソ    ヽ、 ノ _ .イ  ∨ヽハ:.::.:l/
                          ロマリアに向かいましょ。          , . -−ヲ:. ̄´ ...::::b、__    ソ
                                                  /::::::::::::8:::::::::::::o:::゚::::::::::::ヽ
                                           ,'::::::::::::::::::〇::°:::::::::::::::::::::::',
                                                 ,i.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                          / ;':::::::::::::::, - ' l::::::ヽ::::::::::::::::::::l
                                          ,'   i:::://  /   l:::::::::入:::::::::::::::l
                                              i     ',./   ,'   l::::.::::::::',:::::::::::::::l
                                          ',   ,ィ!,   l.    ';"'- 、_i::::::::::::::::l
                                       , ィヽ i‐ '‐-.,,ヽ  ',   ノ__,'イ::::::::::::: l
                                           /i l  つ-ー- 、` "::´:::::::::::::,.' l::::::::::::::::l
                                          〈  /, -ァ ,ィ     ^  ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄::ヽ::::::::::l


126 :◆vsQyY1yD2Q
           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\          まて、やる夫。
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}.       お前、商人の加護を受けたんじゃないか?
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL.         商人の訓練で、何度か講義を受けるんだが
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、.  最初の一回だけでも受けてから行け。
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /



                                                      ___
                                                         /)/ノ ' ヽ、\
                                  商人の訓練を?      / .イ.'(●)   (●)\
                                                    /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                  何か あるのかお?  .| ≧シ'    `⌒´      .|
                                                \ ヽ           ,/


127 :◆vsQyY1yD2Q

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/|丿( ヽ\ \      ああ、商家を興すなら
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉     いや、商売をするなら受けて行った方が良いだろう。
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l.        私は、元々 ダーマで訓練を担当していた。
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l        商人の担当ではなかったが、内容は知っている。
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\_ {  l  lヽ \    私を信じろ、損はさせんよ。
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ‖
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .‖
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\‖
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ‖
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》
     \//  l,,    V \ミミミミヽーへ、_ミ ミ\ \\ ll ll ‖
      /   l, ソ,r    〉ミミミミミミミミ\/ミミミミミ\ y\} ll ‖
     く     \l l\ ゞlミミミミミミミミミミ\ミミミミミミミ\l彡 ll ‖



                                                     ______
                                                     >=-     `丶、
                                              /            \
                                                   ゙7   , ハ    ,、,    、
                                             {  / /⌒\/´lハl  ハ
          やる夫、マダム・ルイーダが ここまで言ってるんだ。     ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
                                                 / ニ):ノ i|      _/   i  \
          出発をおくらせて 受けていったらどうだ?       {     )八   __ `7 从」 <⌒′
                                                 `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                                                   \     ノ `YーY´ ゙「\
                                              ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                                                       ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                                                  / ` ̄ ̄´ マ_ノ


128 :◆vsQyY1yD2Q

                                          ,. -<"" ̄""''' ‐ 、
                                        ,r'´>='ァ´ーッ、::.::.::.::.::.::.`ヽ
                                              /_/r',r; /_;;,::\_,,ヽ;:.::.::.::.::.::.:.ヽ
                                       ハ`'/‐' ´   'z,:..:..:..`ヽ、::.::.:、::.l
                                             r,r1  ,,r―‐-   ヽ:..:,r=、\::.゙、ヽ
                                              /:.i!l  '゙/,r''5ヽ    i!.に' ',:..ヽ:.Y-==-、
                  私もカガリさんに賛成です。       l!:ド,.、   '、ソ      〉 ,ソ.ノ:..:..ヾく´=:::::::::\
                                             l! ! {j          r'_,ィ:::::..:..:..:..`、_:::::::::::::_ヽ,
                  数日遅れたところで.             /              j. {::::::..:..:..:..:..:`''ー、 ̄
                  どうにかなるものでもないでしょうし.   `i'  _       /  i::;::..:..:..:..:..:..:.:;ヾ:',
                                         ゙、ー'          ノハリ::,.:..゙、i:..:..ハ!l|
                  商売の勉強をしてから行っても        ヽ      _,. - ''"´ ハヽ、}リヽ{ ' ′
                  良いんじゃないでしょうか。.             ヽ -‐'''1'´  __,,..... ..... ..,,_゙、
                                               _,.:=ニ三 ̄ ̄``゙'''ー- 、      \
                                        r'´ "ヽ   ``'ヽ、,_:::::::::::::::::::``ヽ、  .〉ヽ
                                      /     ヽ      `'ヽ、:::::::::::::::::::::`'´:::::::::\
                                            ,'、      `、        ``ヽ、:::::::::::::::::::::::/^ヽ
          __..  z≠  ̄   ::::...  、             i`ヾヽ、     `、           `'i:i、::::::::;イ.   ',
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh    確かに、そこまで
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |     時間が差し迫っている訳じゃないわね。
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从.    やる夫、どうする?
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \


129 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))     それじゃ、一回目の講義を受けてから
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )   ロマリアに行く事にするお!
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



                                              ,.、-rァァァァァ‐-,.、
.                                                       ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
                                           lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
                                           || へ、_`ー '_,._へ ||
                   ならば、君達が講義を受ける時は          .rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                                              |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
                   我々も一緒に受けるとしよう。.            ,ゞ|   人__人   |く
                                    _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
                                  /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
                                        /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
                                 ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
                                    {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
                                       ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
                                       〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


130 :◆vsQyY1yD2Q

      ,, -─-∧       ━┓
    /    ─ \     ┏┛
   /   (●)   ヽ     ・
   |   , -''(、_,.)   | >     ところで、マダム・ルイーダ。
   ヽ ( (´\ ( (●)/
  / \ヽ`ニ´ ノ  /.         おいしい お茶を、ごちそうになりましたけど
 /    `ー- 、一''           我々は 何のために呼び止められたのでしょう?
 |  |     、 |



                                                       〃〃    ヾ ヽ
                                                          ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                                                  トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                                                   rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
   ……ああ、そうだったな。                                   ソ'〃/  从/ィ     ヽ
                                                /从( /从(ソ  | |. | | 、./
   ( ケーキが美味しくて 忘れてた…… )                         / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
                                                   __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
                                                rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、
   現在 我々は、アリアハン近郊の村で匿っている異界人達を  (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー
   ダーマ、或いはレーベへと移すクエストを進めている。        .ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、
                                      r<       ,ノ./      イ´  / .|     `
   そのために ルーラを使える人手が欲しい。         |  \     ,リ|      /   / l |ヽ
                                      |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉
                                        ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ
                                            {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉
                                            | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ


131 :◆vsQyY1yD2Q

      、.        iヽ、
       ヾ:`:'':==-:、i::::::`ヽ、  i:、
        \:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ!:::\
       , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、\
    , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::<_
  ∠===ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::\
     ./:::::::::::::::::;:::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::/::t:、;:ヽ
    /::_::::::::::::::/::::::::::::/::,イ:;イ:::::::/:::::::::ヘ `ヽ
    ̄  /::r=x,:':::::::;::イ::,</イ .l::::/ >;:: |ヽ:ヘ
    ., r'7'::::::{ /::::,イ ,:ク`:司7ヾ-l::/灯| ヽ! ヾi   レーベに?
  /::::厶匕7∨/' i!'´   ̄  |!' !, .l
 :::::::::::::::l /イ,rァ>x        '  /./         と言う事は、できる夫も関わっているのか?
 ::::::::::::::::l:::::∧ / .i \      _ /
 :::::::::::::::::l:::::ヾヽ |  \   ´  ,イ
 :::::::::::::::::∨::::ヾヽ.!  ,:イ`'' - '
 :::::::_:::::::∨::::::ヾヽ/i | .i!. |
 ''::´  `::'':ヽ::::::::::〃´! |─┘
 ::::::::::::::::::::::::::\::〃 .| :|



                                                  ____
                                                /      \
                                               / ⌒   ⌒  \
                                             / (⌒)  (⌒)   \
                 ええ、今回 ダーマに来た 目的の一つです。   |     __´___      |
                                             \    `ー'     /
                                             /              \


132 :◆vsQyY1yD2Q
                 _ ___
                  , ‐':::::::::::::::::::::::::::::::`' 、
           , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::\
.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ::ヽ
         /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::l:::::::::::::',:::ヽ
.         / ::/::/:::j:::::l::::::|::i::::::::l::::::::l:::i:::l::::l::::::::::l::: ハ,
.        ,' / j::::l::::::i!:::::l::|::::::::|::::|::l::::|::l::::l:::::  l::::::l
       l::::j  :l::::l::::::ハ:::ハ:i::::::::l;:::il::il::ハ |::jl:::   l::::::|
        |::,'|:: .::l::::l:l廾'lナ'l:ハ:::::j:lナナ十ト.l:l:l :   l::::::|
        |:l |::: :::i:::lfキ7Tミ、| |V リ ナ7オ,ヮi|::::::::l::::::l
       l:| |::i::::::l::l ` 辷Z      ヒ辷!´/!:::::::'::::::l     なるほど、そう言う理由ならば 断る訳にはいくまい。
         リ l l:::::::l::ト  ,. -‐ ´i ` ‐- ._  / l::::::/::::イ!
           l:l:::::::|:ヘ       !         ,j:::::/:::/.リ.     できる夫達が関わっているなら、尚更だ。
            lil:::::|:::::>、.   r_‐、    ∠j::::/::/ /
          ilハ:::|'´   \   ''   , イ .V::/:/
          ilハ:|.  /¨| \_, ィ'  .ト-/://         しかし、引き受けるのは構わんが
           i! l| _/::/|       .L/人
           /:::::://\     /://::::::`' 、.      私は、そこまでルーラは得意ではないぞ?
        、ィ'´.:.:.:.:.:::lノ: :/::\  /:::::':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' 、
      rイ.:|.!.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : \.:.:y':::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:>
     l  ',:ヽヽ.:.:.:.:.:.:.}: : へ三三三三三三三三三三ヨ /ヽ
.      ,   ト、\\.:.:.:|: :|.:.:/              /'    |
      j l  ハ.:.:\ヽヽ、| .l.:./              /    .|
    j ',  ハ`'‐->へl:/              /      |
    ,イ  ∨  ` ̄ス___,/              /     |
  l      l  /.:./.:.l:/              /       ノ
  |     j  f.:.::::/.:.:V              /       ヽ
  l|  l  .l  {.:.:.::::l.:.:/          ( ̄ ̄ ̄ヽ      /
  /  l  l  ',.:.:.:::V         r―- ニ二ヽ  \.    ∧
../    l .l   l.:.:.::/         ヽ `‐-、_  \,  /    / l


133 :◆vsQyY1yD2Q

                                        ,.ヘ、___ __
                                     ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                   /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                  〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                  ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                                       // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                                      /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
    それでも、数人ならば運べるだろう?.     .|  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                                 \l,! ヘ|Z仔彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
    なに、人数を揃えればいいんだ。              ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
    そのために ダーマに出向いたのだからな。       |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                                          | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                                /}         .| ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                         /ー'/ ./}       .| |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                      ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                     /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                          /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                   | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                   ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                    l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                    |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
                          /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
                         /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::



 ::::::::::::::::::/:: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :::::::::::::::::l::/:::::::/::::/::::::::l::::l::::::::::::::::::..、
 :!::::::::::::: l/::::;イ:::/:/j:::/:::j::::l!:::l:::::::::::::::::.
 :!::::::::::::: |::::/ /::/イ,//j::;/::::リl::l!::l::::',:::::::.,
 :l:::::::::::::::|::/-レ/ェ_/ム//.!:::/ l::l !l!:::::i:::::::l
 ::l::::::::::::::レ!テミx、/' ./' `ト/-ヒナリ!::::::l:::::::l
 :::l:::::::::::::l、辷ソ `    l/テ卞ヾ,':::::::l!::::リ
 ::::l::::::::::::l! ` ̄   _{ ゞ-'_ /!:::::::l!:::/   まぁ、数人の人間と 手荷物程度ならばな。
 :::::l:::::::::::l -‐=''" ̄j`ヾ、  /イ::::::::l!/
 ヾ、!::::::::::l          ,イ:::l:::,::::l/
    `ヽ:::::ト    〜〜  /:::::::l::/::/
    |ヾ、:! 丶    イ´ヽ::::::::レ::/
   | ̄ ̄ヽー-`t ´    ヽ::/イ


134 :◆vsQyY1yD2Q
. / : : : : : : : : : : : : : : :>{: : : : :',
/ .:.:/ : : : : : : : > ´   '、: : : :l
l : : |: : : : : : / ̄`      ヽ: : : l
l : : |: : : : :ィ斤テy     ̄`ヽ!: : :!
∨: ::|: : : : 仏しノ    fィ〒y|: : :|
|: :;|: : : :|        弋ン /:|: : :|   ルーラを使うための魔法力は
ノ: : 小: : : :|      '     /:|:.:./
: : /: ::ハ: : :|    c:     /: :l:./    運ぶものによって、ずいぶんと変わるものね。
ー/: :/.:∧: |\       /.:.://
-l: : |:.:.{: :ヾ\.>‐ァ. : ´: : :/〈_
 V: {:.:.:.:. : : : :\ ノ人: : : : : r '´
/ゝ:ゝ、 _:_:_:_:_:_: \ ): : : ノ
  / ̄ ̄    `ヾ{ノ-‐'´
イ      / ̄` \
|    /      l|
|   /          |



                                               l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
                                           l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
                                           |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
                                            | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
                                            | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
                                            | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |
                精霊に力を行使させる訳だからな。     r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
                                             |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
                精霊が干渉しやすいのか           !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
                基本的に 生き物の方が              ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
                魔法力の消費が少ないとされている。     ./ | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
                                                / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
                                       ‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
                                             !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
                                         |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
                                         |    l ''  ,r=ニ二_.    ̄./ |.    |
                                         |.   |  ⌒   "   ~`'''‐-,、   |     |


135 :◆vsQyY1yD2Q

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      ルージュは運べても
. |   (__ノ ̄    /
. |             /        同じ重さの荷物は運べないと言う事かお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



                                                   _,,. -‐-,、
                                                    <Iエ¨-‐<:彡"'ヘ.
                                              ,∠ __   \彡"ヘ.
.                                                       /__/゙べ>  /=彡"ヘ.
                                                   \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ
                        ルージュを運ぶだけでも            /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ
                        相応の魔法力と技術を求められるが   /  __┐   _\  Vく=三彡ヘ.
                                              ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、
                        まぁ、そう言う事だ。                  └┐      │ //: : :人
                                                  |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
                                                ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
                                                    ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│



               _,,..-‐;:===‐- 、
              ,.-''´;:-'"´
               /::::::/,. -―――‐- ,,._
           _,ゝ、:ヽ::::::::::::::::. :::::. ::.. :::ヽ、
         /: : .: : :::;:、:、:、:::`ヽ:::.. ::. :::. :::. \
        ,:' : .:: .::/::; ヘ::';::';:ヽ::::::ヽ:::::::.. :::. . :.丶
.        / . .:::: .::;':/  '、'、:'、',゙ヽ、::ヽ::::::::::::::::..:: ::',
       /::::.:::::::::::;l:|    ';',';:ト'、  \ヽ:::::::::::::::::.:::',
        l::::::::::::::::ハ!‐―‐''´ヾヽ` ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::l',
      j:::::::::::::::::{ ,ィ'フ〒ミ      z=;ミ、ヽ::::::::::::::iリ
        l:::::::::::';:::::|´ゞ-‐'‐      ヒ_}_ }ミj`/::::::;::{   そう言えば、ノアニールから ロマリアに戻るのに
        l;1:::::::::'、:::'、          i       /´:::::::/l:|
       ' l:::;l::::::::ヽ::ヽ        __     /:::/:::! リ    辺境伯から、五人の お抱え魔法使いを
        '、{!:: : ::;:'、゙ヾ、    "‐゙    ノィ1:::: :::|     用意してもらったわね。
        ゙l:::. ::ト、'、      ~    ´ ノ_.!:: : ト',
         l:ハ::. ::!ヽヽ.       _,.-'-r'´!: :::l ';',
         '! l::ヽ::',―-~ニ=−‐'7::/|:::/  !:.:/  `
          |/`|ヽヽー―、  } ̄~_}. |::{  l:/
          ′| `゙`   } ノ 「~  ゙'!  〃


136 :◆vsQyY1yD2Q
                                           '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
                                      |     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
                                      |    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
                                          i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
           ルーラは、個人差が大きいからね。.  .|  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
                                         |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
           四人と手荷物を運ぶ事が出来れば   .|  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
           一人前って言われてるけど。        .|  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
                                 , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
                               , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
                            , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
                            !    |  | -.ハ    V|!:::∧
                            l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
                            |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::



    ,/':::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::,','、
   ./;.:::'.::::'::::'::::::':::::::::':::::::::::'::'::'::::'::::::::,':::':::::'::::,':i,
  ./:' ':: :::' :' ':::'.,::'::',' ::'.:'゙:::' :: :' ':: ':'':::':、'::゙':::` ': :l,
  l::':,:::,:::'::.,::: ゙ ,:,: ,::,,::: ,:: ,:,::.:::,.:,.:, :,.::,゙.,':, ,, ' :,:,,.::l
  .l::;:,:::::'::::.::::,:: ;:::,::::::::,::::,:::::::∧::::,:;,::,:::, : :,.,:::,.:,'::::::.:l
  l::::l!::::l!::::::::::ll:::::::::::::::::::;::::::,l .l:::::::::::::::::::,::ll:::::::l!:::::::l
 .l::::l!::::l!::::::::::l!::::::/l:::::::/リ::::l' 'l::::ハ:::::;::::::::l!:::::::l!::::::l
 l::::l!:::::l!::::::::::lll;::/l.l::::/、ll!::/! ,.l;::ll l::::lヽ:::::l!:::::::l!:::::l!
 l::::l!::::ll::::::::::lllk"''7llll''ll、'.リl  l リ=illllァt:l,l::l!:::::::ll:::::l.   私も、それが限界だな。
 l::::l!::::ll:::::::::l.l! ヘ、l{,゙ニリ゙'   l / .lt;;;;kヅ.l:ll:::::::l!::::i
 l:::l!:::::ll:::::::::ll ≡=.  ̄_,,.、;;;:=l=、 `"'''''"=.,!:ll::::::ll:::::l.    と言うか、大半の魔法使いは
  ヽl:::::l.l:::::::l.l   ~ ̄    .} `"''=- ./:::ll:::::リ:':l'    そのようなものだろう。
   \::l.l:::::::ト、.        '     /:::::ll:::::l/ll'
    ヾl::::::l! .ヽ,    ,、-‐-    rへ::::ll:::〃リ
     l;::::::l!  .l.\,       ,/   'lリ::〃
      '、::::l,_ l!  ヽ、, __ ,、イ,,、、、  ,l::::/
     /i::::l ,>'       ,lヽ;;;;; `ヽ,l::/
   ,/; ; ; 'i;::i,   ,.r‐ 、,   /;;/; ; ; ;\


137 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ト、
                             { 7
                              「 |
                              | !
                        トイ、  ト、|
                         {   ミ ノ ノ
                          __トー'j7  /
                     , イ厂 ̄   l..    一人でしか使えず
                    / /|     /
                    弋 `ーョ     l    ← 障害物を避けながら水平走行する
                     二フ     l
                   ィ' ´        l.       非常に希少なタイプのルーラ使い。
                  /    , ィ       l
                  |   / /  ,イ   l
                  ヽ/ 7   ム|    ト、
                       |_/ |  / |
                     「 |   レ ^T斗
                     | ,'       | |
                     / /       l l
                     / /      | |
                    ムノ         L つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


138 :◆vsQyY1yD2Q

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|.    私は、不慣れなものですから
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!.    四人で 安全に跳ぶのがギリギリですね。
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!    それ以上を運ぼうとすると
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l.    目的地まで届かないか
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!     荷物を地面に叩き付けてしまうでしょう。
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',
                                                / ̄ ̄`.v―: .、
                                                      : ´ ̄ミヽ|∠. ̄`
                                                /:.:./  ̄`ヽ|/´:.: `ヽ.
.                                             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト`ヽ:.:.:. ∧
                                                  /:/:.:.' :.:.:.: / .:.:.:.:.;:|:.:.`ヽ:.:.:.:∧
                                              /:/:./:.:./:.:./:.:.:/:.:/::|:.:.:.:.:.:∨:. ∧
                                         /:/:./:.:.:.|: /|:.:./:.:/:.:.ハ: :i: |:|:.:∨l|
        そう言えば、廃村から薬草を摘んで帰って来た時     |/||!| l:!:.:|ム| /l:/|:::ム=ヘ:|!:|:|:.:.:|/}
        毎回、地面に叩き付けてたわね。                 |ヘ.!:| l:!:.:lゞ=ミメヘ|´ ,ィ=ミメ、|:|:.:.:|.ノ
.                                           乂八人(゚;;;)    (゚;;;)丿从人
        あれ、加工前だから良かったけど.              ´ ̄`ヘ\            /人「 ̄
        包んでいる商品だったら 台無しだったんじゃない?       〉 、   '    .u //.__.`
.                                                        ノイ:ハ   '丶   .イ人{ /7、 __
                                          / ̄{ { |: :|'< }>-<_ l |::::ル/r‐\.\
                                           /  ヘ.V\\r'―<,ヘノ /´ :ト.{./ ハ} |
                                       |   |i\_r' 二Y/ | :|  / {/| ヘ |
                                       |   ∨:. .:|>r ノf |/|: /    :| | |


139 :◆vsQyY1yD2Q

.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ     私も、似たようなものだ。
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|     ルーラがそこまで便利な魔法なら
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|    今頃、世の中は もっと便利になっていただろう。
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |



         _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
       /=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
       l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
       !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
      F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!     そもそも、ルーラと言う魔法自体 リレミトと同種……!
      F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
     , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、.    元々は旅先から拠点に戻るための、緊急帰還の魔法……!
     | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
     | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!.    本来の用途ではない、町から町への移動などは応用であり
     ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
       ̄| / __ L_  _!___ \ |''"     そこから先は、相性や才能の有無がものを言う……!!
       /!.  / -──────--! .|、
      /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
     /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
.-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
:::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \     ……そこで己の限界に気付き
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ    挫折していった者達を、私は知っている……何人もな。
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::


140 :◆vsQyY1yD2Q
                |  |  | | |  |  | |  | |
                |  |  |_ ! ― T ―、|_  |l|
                |_ レ‐    .|      ̄ ヽ
               「         |i       .l|
               |L _       |l      _」
               7///7ラ- __ |l__ -テへヽ
               {//////:::::::::::::::::::::::::::::::\ヾヽヽ}
               l////::r===、ヽ;;}{;:::r==ニヾヽノ   こんな感じに気合いを入れれば
               ヾ/ノ::::[ 〇 ヨ:::;;;/;;:{ 〇 ]Tノ)}
                Yハクノヾ┬イ:::;;;|;;;:::.ゞェ┬イ l;;;;|.     意外と 何とかなりますよ?
               _}ヽ刀入:::::::::::;;!;;;;;::::コ ヒノ/;;;;l
             /:.:.:|:::::ヾ::/::::::::::::::;:::::::ハ::/;;;;;;{_
            /:.:.:.:.:.:l::::::::::\::::::::__:::::::::/lト;;;;;;;}:.:.}
          /::::):.:.:.:.:|:::::::::::::::\ヾ=='::/;;l|;;;ヾ;;l.:.:.:ト、
         /::::::::{:.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::::::ヽ::二:/;;;::},ハl/:./:.:.|::::::: 丶、
         :::::::::::\:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::::::::::l;;;;;/:::ll;/.:/.:.:.:./::::::::::::::::ヽ






                  そ れ が 出 来 る の は 、 あ な た だ け で す 。

           , -――‐- 、            r‐- 、/`ヽ- 、                ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
          /: : : : : : : : : : ハ、        ノ   /     `丶、          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /: : : : : : : : : : : :/ : ヽ.        , '  ,:' ,|  |      ヽ        /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /: : : : : : : : : : : ; ィ: : : : :l.    /   / /|   ,}!|     :        /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
      ,: : : : : : :> "´  |: : : : : l   / ,   /j,-‐ |   ハ_|    、j  !     /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
      |: : : : : /ー'  レ、 l: : : : : |   ' /   i ,| / | |  | ヽ|`ヽ  ゙i. |.    /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
      l: : : : :/ミ    ヽ|: : : ://  j./l   !/ V=ミV. | ィ=ミV l l. ,'.    /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
      j: /: :/     ミミl : : //   .川   |ハ'f、イ|ヽ\! |、イ!}l. | | !     |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
      l/l: :/          ! : //       \ l (l└‐' .厂{  / '|! /ノ:l.    |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
      / l: l、   。   /l: //         \! :ト、ー'゛ _ `ー--u/l/イ: l.     |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|
      _,ノ:N: \    ィ : l/〈         | :l l  `_,.、r⊆ヽi'"/' !l !     /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
      `7: : : lノ  ̄ト、: : /ヽT         { ヽ,ノ l┘ヒ. |ソ′i |.|        ./´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
       _/: : :l:〈    y': :ノ : : :)        !:l.  |   「 ̄>‐' |′./t:l |.        ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l
    / ゝ{: :ヒ`  , -`T 〉: :jノ        ,'/゙:、 |、| .λ ゙、/ `ヽ.|      _!_,..∠、 / ヽ__,//  l     !:.l
   / l  /`T\ ̄ ̄ //イ  \       ,' | ヽ トミ、| /:イ、  ゙:、  `ヽ.   /   ー-`、` ー--―{/、  l'   l:.:.!


141 :◆vsQyY1yD2Q
     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |     冗談のような話だが
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|     それで本当に何とかしてしまうのが
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|     至郎田の恐ろしいところだな。
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|    真似しようにも、アレばかりは真似のしようがない。
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|    至郎田自身の才能だ。
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|


142 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 〃〃    ヾ ヽ
                                                    ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                                            トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                                             rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
         まぁ、魔法と言うのは                          ソ'〃/  从/ィ     ヽ
         加護があって尚、難しいものだ。                ./从( /从(ソ  | |. | | 、./
                                               / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
         集団で訓練を受けさせるよりも            __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
                                          rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、
         魔法使いが個人的に弟子を取った方が   (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
         上手く育つ場合が多い。              ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
                                r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
                                |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
                                |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
                                  ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
                                      {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ
                                      | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉



       /⌒ヽ
  ,,..ィ'" ̄`'     \,
  !     ,l^^l     ゙ヽ
 ↑  _,'ノ  |、     ゙i
 ,!  y',r‐¬  ゙;亠-、ュ  l
 |  i' 、'''''。'i  i'。'''' ; ゙!、 l
 | n.l  `‐‐' ,  、゙‐‐"  l.n |    教会も、関係者の全てが
 l ヒj.l、 _/_,._,._'、_ , |.iッ.|     魔法を使える訳じゃありませんしね。
 |   |゙t`iェェェェェェェェiヲ" l   l
 !  | 、ヘェェェェェェェッ'ノ l   l.    むしろ 少ないと言って良いでしょう。
 !   !、.._ ̄ ̄ ̄ ̄_,丿   l
└凵_L_]`ー=ー''[__」__,,L凵.
      。j     l,。
   ィl ̄l:____:l ̄lー


143 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    言われてみれば
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     ルイーダの酒場で訓練を受けた魔法使いって 誰かいたっけ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      準も、そっちの せつなも、家で習ったんだよな?
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::.、
                                        ,::::::::::::::::::::i:::::!:::::l!::::: ト、::::i!::l:::::::::::j!::::::j!::::::l:::::::::::::l::::::::::l
                                     l::::::::::::::l::::::l::::i!::::j l::i!l .',::l.l::l!::,、:::/l::::/l::::::::l:::::::::::::l::::::::::l
                                 l::::::::::::::l::::::l::イト_:l_ l!i:! l:! l:l_ll_l:/__l:/l! !::!:::l:::::::::::::l::::::::::l
                                 l::::l::::::::::l:::,イl´i!_l:!_`!i! .l! l! ! i!≦リ_ノ iイ::::!::::::::::: l::::::::::l
                                 l::::!::::::::::l:::l l,x´んヾヽ    / ん。う ヽ.l::/::::::::::: l::::::::::l
                                          l::l!:::::::::::l:ハ !ト,弋__ノ  _     弋__丿〃/:::::::::: : l::::::::::l
           一応、私が そうだ。           l:l.l::::::::::::ilハ `.ー .‐/l `ヽ  ` ─ ´ l:::::::::::::::::l::::::::::l
                                     i! l::::::::::::l小 - ''"  .j   `゙ ‐-    l::::::::::::::::l::::::::::i!
           だが、確かに 同期の ほとんどが   ! .l:::::::::::l:::ハ       `          l::::::::::::::/:::::::::/!
           途中で脱落していたな。           l:::::::::::l:::::丶     __       ,j::::::::::::/::::::/
                                        l:::::::::::l::::::::::ヽ.   ー `    ./l::::::::::/:::/
                                    l:::i!:::::l:::::::;;x‐丶       イ  j:::::::::/イ
                                             Y::::::l:::/     ゝ ._  イ.    /:::::::/ノ′
                                      `.',::::l/    .< }       ./::::/ヽ 〉 ̄ヽ
                                              ',::l    / /ヽj     //  /    ゝ


144 :◆vsQyY1yD2Q
                                              /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
                                              Y .// / /  |:i    \、 i
                                              /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
                                            r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
                                           ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
                                          i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
     結局の所は、精霊との相性の問題だからな。              /   i ハ  i /  i|`ー- |
                                           'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
     戦士や 武闘家と違い、加護を受けたところで              ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
     相性が悪ければ、大抵が 上手くいかん。                / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
                                         /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
     おかげで、魔法使いの人手不足は特に深刻だった。     /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
                                     - ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
                                        /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
                                             / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
                                     /_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
                                     ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.                                                 :/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|    だからこそ 「お抱え魔法使い」 は金になるんだ。
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|     数が足りない、限られた人材を奪い合っている訳だからな。
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /


145 :◆vsQyY1yD2Q

                                                         _,.  -― - 、
.                                                             ´     / `ヽ
.                                                         /'´フ      '       .
                                                     /    /{        |
                                                    ,/     ´  l         |
                                            /,|  /、_,    l      l
                                                -=彡イ|/北メ  ー- l       /
              ウチのママみたいに.                    jノl/l:|  /  ヒ刈|   /  し ハ
                                             {」_」ハ     ノノ  /   \ノ
              お抱えには ならない人も、いるわけだしね。    ト-- ヘ `ヽ  イ /       〈
                                                  //  /个ーr /彳 |  | l  ハ)
                                           {ノ{ {レ、|l -、 _ノ_,ノ /‐┴<
                                             l:>'_厶} ヽ__,ノ´  /  / l
                                             l| ―〈 ゝ二ニ '   /   |
                                                   /j  ̄`}         l    |
                                              //{ `Tケァァー- ._   V l  |
.                                                       //ハ _ノ〉  l |   l |`T| /  |
                                           l/   /l    |   l   V   |
                                                 /   /        l     |   |



        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |    『愛天使』 か……彼女が何を思っていたかは知らないが
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│    私の場合は、二度と一線に戻れない気がして
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|     お抱えになろうとは思えなかった。
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|    今だから言える事だが、引退したと言っても
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |     心の奥底では、まだ野心が燻っていたと言う事だろうな。
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |


第24話へ     5  第26話へ

この記事へのコメント
兄貴ぱねえw
Posted by at 2010年09月12日 11:23
貿易さえ成功すれば儲かる要素がゴロゴロと
Posted by at 2010年09月12日 12:51
可愛い大尉ははじめて見たww
Posted by イル・オ・オス at 2010年09月12日 13:24
標高が高い所では味覚が鈍くなるから、味付けが濃くなるんじゃないかな
Posted by at 2010年09月12日 17:02
× 気合
○ ドーピング
じゃないのかw
Posted by at 2010年09月12日 22:41
ところでロマリアのメープルシロップの産地はどこでしょうか?
サトウカエデ系は寒い所じゃないと育たないので、ノアニール辺り……だと眠りの呪いで産出量が云々
やっぱカザーブ産?
Posted by at 2010年09月12日 23:23
さすがクーガーの兄貴、そこに痺(ry
Posted by nameless at 2010年09月13日 00:17
ロマリア自体、氷原のあるムオルと同緯度だという発言が作中にあったろ。
ロマリアの北方に氷原とかがないのは……
精霊の力の関係とかそういうファンタジー気候なんだろう。多分。
Posted by at 2010年09月13日 02:47
兄貴と至朗田さんパねぇw
Posted by at 2010年09月13日 06:10
どう見てもクーガーさんて団体行動に向いてないよなあ。酒場で紹介してもらえるリストには入っているみたいだけど、彼に合ったパーティなんて見つからなそうだ。
Posted by at 2010年09月13日 15:32
ゲームには「最速クリア」という遊び方があってだな(ry
次の異界勇者に期待するしかない?
Posted by at 2010年09月14日 00:31
確かにRTAに挑戦するのが好きなやつとなら話が合いそうだなw>クーガー
Posted by at 2010年09月14日 17:16
「胃潰瘍勇者さん、俺はこう思ってるんです、魔王討伐は素晴らしいものだと。(中略)
しかし目的地までの移動時間は正直面倒です、その行程この俺なら破壊的なまでに短縮できるゥ! 
ハァァ〜〜〜! 2時間18分8秒〜 また世界を縮めた…ァ!」

ルーラ使いとして大当たりの至郎田と出会えたなんて馬車使いのやる夫達ラッキーだったな。
Posted by at 2010年09月18日 00:06
RTAっつってもこっちじゃ死者出せないし、メタル系は存在するんだったか?
ゲームの仕様にやたら詳しいために(やる夫たちみたいなDQ好きとはまたベクトルが少し違う知識)逆にRTAやる奴は苦戦しそうだ
Posted by at 2010年10月25日 19:55
辛くて脂っこいものかあ
確かに調べてみたらダーマの位置ってちょうど四川〜チベットあたりになるのな

ムオルはその北東だから多分ウラジオストク辺りなんじゃないかな?
んでムオル北の氷原ってのはおそらくシベリアのイメージなんだろう

しかし調べてみると札幌とウイグルとローマってほんとに同じぐらいの緯度なんだな
欧州は北大西洋海流や地中海の影響で緯度の割には温暖ではあるそうだが・・・
でも流石にスカンジナビアに存在する
ノアニール〜エルフの村近辺に氷原がないのはファンタジー気候なんだろうが・・・
Posted by at 2011年09月18日 01:01
ふむ、才能や相性がものをいうなら物資輸送に長けたのとかも出てくるorいたりするのかね。
人間は大量に輸送できるけど物資になるとダメ
とかその逆とか。
Posted by at 2011年10月01日 17:30
兄貴のルーラはもうルーラじゃないから
新呪文「ハシルーラ」ってことでいいんじゃないかなw
Posted by at 2011年10月28日 22:41

新呪文というより出来そこないのルーラと考えた方が妥当なのでは?
Posted by at 2011年10月29日 02:26
そこはハシルーラのセンスに笑っとけよwwww
Posted by at 2011年11月26日 12:56
今更だが至郎田ってなんて読むんだろ?
Posted by at 2013年01月19日 20:46
至郎田正影(しろた まさかげ)
元ネタ 魔人探偵脳噛ネウロ
Posted by at 2013年01月20日 09:53
ルーラはもともと緊急避難の魔法か、なるほど。
1じゃラダトームにしか飛べなかった訳だしうまい事捏造しなさるわ
Posted by at 2013年04月02日 23:28
マダムかわいいよマダム
Posted by at 2013年09月30日 15:12
ルーラ=ラディカル・グッド・スピードってことか…兄貴パネェわ…
Posted by at 2014年04月28日 03:04
この世界の兄貴もいつか、さらなる加速を求めて、
例の鎧を生み出すに至るに違いない

でもどこぞのヘビ野郎相手に「俺がスロウリィ?!」「はい」
とかのくだりをやっちゃうと、戦線離脱してしまいそう
Posted by at 2015年07月29日 01:16
>あの時、旦那さまに お出ししたケーキも実は、とっておきの物だったんです。
こんな細かい所にまで結びつけるとは…>>1、恐ろしい子!

>私は、元々 ダーマで訓練を担当していた。
ばらしー姐さん、ダーマで与えられる職業に「傭兵」ってのはなかった気がするんですが。

>(ケーキが美味しくて 忘れてた…… )
ていうか可愛いなこの人!?

>非常に希少なタイプのルーラ使い。
兄貴のそれはもうルーラじゃないと思うw
Posted by at 2015年09月02日 15:16
>一人でしか使えず
>障害物を避けながら地面と水平走行する
兄貴のそれってトベルーラじゃないですかねえ・・・・・・。
Posted by at 2016年02月16日 10:39
砂糖が高い地域で甘いものを作ろうと思ったら材料費が高くなるから意味ないんじゃないのかな?
材料を独自ルートで持ってこれるならそれを売ればいいだけだし
Posted by at 2016年09月21日 08:16
>メタル系は存在するんだったか?
数話前の少佐の演説(練習)を聞いてこようw
Posted by at 2016年10月17日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40659938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ