■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年09月12日

第25話「イカの甲より歳の劫」(6)

第24話へ      6 第26話へ

146 :◆vsQyY1yD2Q

                                        ,.ヘ、___ __
                                     ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                   /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                  〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                  ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                                 // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                                /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
     そもそも                       |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
     そう簡単に 魔法使いが集められるなら     \l,! ヘ|Z仔彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                                  ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
     わざわざ ダーマまで来たりはせんよ。          .|lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                                    | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                          /}         .| ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                         /ー'/ ./}       .| |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                      ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                     /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                    /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                   | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                   ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                    l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                    |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
                    /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
                   /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::



      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\.       あれ?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |      魔法使いや 僧侶じゃなくても
    \       /     魔法の契約は、出来るんだよな?
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


147 :◆vsQyY1yD2Q
                                               //__/_/ / |  ヽ \\ ',
                                         r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
                                             // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
                                     ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
                                            r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
         あのな……。                           | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
                                    /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
         ホイミを一回使うのと              ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
         ルーラを一回使うのでは            /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ
                                ,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-
         消費する魔法力がケタ違いなんだぞ?        .//   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \
                                        ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ
         賢者候補が、それでは困るな。            /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.
                                      ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |
                                  /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__
                                  ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /
                                          \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |.     そ、そうか!
. |        |
  |        |.    魔法使いや 僧侶になれない程度の魔法力じゃ
.  ヽ      ノ
   ヽ     /      ルーラを覚えても、使いこなせない!
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |


148 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ___
                                                  /     \
                                                 / ヽ  /  丶
                         それじゃ、ルーラを普通に使える.   /  (●) (●) ヽ
                                                l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
                         ウチの皆は……。            \  |r┬-|   /
                                                /   `ー'´   ヽ
                                                し、       ト、ノ
                                                  |   _    l
                                                  !___/´ ヽ___l



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/  魔法使いとしては、一級と言う事だ。
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ.      一人も お抱えがいない貴族も
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l            さして珍しくない中で
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl            お前には、既に二人の魔法使いがいる。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l          かなり恵まれていると言って良いだろう。
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/


149 :◆vsQyY1yD2Q

                   . -‐‐‐‐  .
              . -‐‐/.:イ=‐- .   `
            / .: .::.::.{::{::.::. ::. ::.:`ヽ、
            . .:.::.: . .: .::/.::./: ::. ::. ::.::.::.::.:\
          /.::.:/.::.::.::.:/l::,イ::!::.i::.:|::.ヽ::.::.::.::.:.ヽ.
          ,.::.::/.::.::.::,ィfキf」::|::.:!::.ト、::i.::',::.::.::.::.トl
          |イ´!::.::.::.:{弋り ヽト、|::ム}イ::.:}:.::.::i::.i }
          {:i、」:: ::.:トl     }|イr抃}.::.!.::.::.!::.|
          ヽ:!::.::.::ト|   _ , `~マ.:/.::.i::.:ト、!
            }ト、::.::l   |  `ァ   ./Y.::.ノ|::ノ
      . -‐‐- .」 \ト、   ー ´_ .ィ::.::.l:く`:く     それじゃ、魔法使いの加護を受けた私も
    /.:::::::::::::::::::::::`ヽ  」7/7´  }ノ \ト、:ヽ.:.}
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\/_/ー-   .     \:ヽ     ルーラを契約すれば
  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈´`ヽ::::::::::__::::::::`ヽ、   ヽ!
  l::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ、 \{ \`ヽ、::::`、       やる夫さんの魔法使いは 三人に……!
  `Y.:::::::::::::. -―‐ァ::::|::::::ヽ、   ヽ、}::::ノ
   {ヽ:::::/     {::::ハ::::::::::.ヽ   _ く
    ', ヽ{     /.::/  '.:::::::::::::'.   ヽ _ヽ          , -‐‐ 、
    '. ヽ 、  /.:::/  _,:、::::::::::i    L.. 」         /      ヽ
     '.  ',ヽ/.:::/    ヽ`:::‐:}-‐  ´   ノ      . -‐く       }
     '、   ':ト、/     `ヾ、::ノ  __イ_   -‐ ´.:::::::::::::::.ヽ    ノ^´
       ヽ  V      / >┤:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} .  ´
       ヽ \    /     .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ´
        '.   ヽ、       /::::::::::::::::::::::::::::::::_ .  -‐ ´
          { -‐≦ヽ.    /.::::::::::::::_ . -‐ ´
         ヽ, ´   ` ̄「_ .  -‐ L 「 ト、
          }_   -‐‐── 、¬、 { /  !:::.ヽ、
           /     _    }l    ̄   `、:::::゙   . _
        /       `ヽ、{::\       ヽ:::::::::::::::::`ヽ、
         }            ヽ、::ヽ、    `'ー─‐ - 」´`ヽ
       /               ヽ:::::丶、       ∠}   }
.      /                 ヽ、、::` ‐- 、  /二二7フ
      .   ____        ヽ. ヽ、::::::::::::`厶   _//
      l /       `ヽ、      ヽ、\:::::::/_ノ} ノ.:/
       {/           {` ー-  、  \ >′ー'⌒V
      i              |      `>く   , -‐‐‐::.、
      |    ,i        」   . . ´ -‐‐ .、 /.:::::::::::::::::::.ヽ、
      |  / |      / {  //.::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::.\


150 :◆vsQyY1yD2Q
                                                    _____
                                              r'ff77"/////〃〃∠=:、
                                                レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l
                                                     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!
        調 子 に 乗 る な 。                        |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l
                                               l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、
                                            }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \
        いくら加護を授かったからと言って                    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
                                         _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
        素人同然の貴様がルーラを使ったところで.           l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |
                                                    l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
        ここから 麓の港までも跳べずに墜落するのがオチだ。     ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |
                                               |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
                                              |.    | \    ./   |     |
                                              |   _|   \ /    |_    :|
                                              >'' ´ |   / \     | `''‐<



            ,            λ/ヽ、
    i    λ ノ              ヘ::: \
    |   ハ´   /:::    /i、        λ:::: ハ
    | ./(__,,) /::::   __ノ/ | ハ |     i ハ::::: |
    {/      :::;/  ,ィ  /  | i:∨ ::   | |::::: |
  ::::/     /::/::|/ /_,ノ_  ノ ,':::::∨ ::.   j j::::: j  残念ですが、利根川さんの言う通りです。
::::::::::{ /|   {/i::: | ,ィチ弍ミ、  ,':::::::::} :: / ,/:∧/
::::::::::|/,-ヽ、  〈::|::. | "´     {,ノ:::::/ノj,ノjノ:/     ルナさん、ちゃんと基礎から順々に やっていきましょう。
:::::::::::::ゝ、_ \. ヘ |    `‐-‐ 〉'´     j::ノ
::::::::::::::::::i::::人 `゛` |  ゝフ   /      '"         旦那さまは、ちゃんと待っていてくれますよ。
::::::::::::::::ノ:::ノ ̄\  `ヽ、 一'´::|
:::::::::::::/:::/ ̄~ ̄>‐、  \::(^Y´ヽ、
::::::::::/::::/,ィ'´ ̄`ヽ、 \  \〈´,  .〉


151 :◆vsQyY1yD2Q


                  ..................
             ....::::::::., '⌒ヽ::::::::::::::::.....、
           ,..::'´:::::::://´ ~,):::::::::::::::::::::`ヽ、       は〜い……。
          /::::::::::::/::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: 、
.        ,.:':::::::::;::::::( ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ.    いい考えだと 思ったんだけどなぁ……。
       ,.:':::::::::/:::´::l:::ヽ、:::::::::::::l::::::`::ト..::::::::::::::::::::::', ',ト、
.      /:;::::::::/:::::ヽj_:::::;.ヘ::l、:::::::ト.:::::::::l、::::ヽ |:::::::::::::::::l. l l `i、
      /;ィ:::::::::l:;::::::/'l.`ソ、 1ヽ:::::| ヽ::_;:」ィ‐:::::|::::::::::::;:::::l  | l、 `l__
     〃|::::::::::'::|::/ ,r  ̄`ヽ ヽ:::|-ァ^¬ヘ.ヽ:::|::::::::::::::::::!`─-,.l  ', ` ー 、
.     ′|::ハ::::::::|::l l     l   l′    l. V::::::::::::::://、ニ‐1|  l.    ヽ
     ,.,イr'ス::::::l/ ヽ、  ノ    、    ノ /::::::::::::::/ l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:ヽ:::l、' '   ̄      ` ー ´ /::::::::::::;/  7  /`ヽ一 '′
       ヽ-‐ヘ::「` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::::::::;.く    ト⊥ -'
       ぐてぇ〜       `¨ ¨´  /:::/ ´  ヽ/


152 :◆vsQyY1yD2Q
                                         /     /        `ヽ、
                                           /‐       //     l      `ヽ
                                      , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
                                    / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
                                          / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
                                         / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
                                 l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
                                  l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
        このように、ルーラだけでも            l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
        契約しようと考える人は多々いますが      l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
                                   ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        実際に やっている人は、ほとんどいません。.  ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
                                           ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
        理由は、先程 ご覧になった通りですね。         l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
                                              l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
                                                l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
                                      _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
                               (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
                             , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
                               (_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ





    ,x==一
   /    -―――- 、
  /./  /         丶
  {.:{_,/             : 、
  `7¬  . :{  ヘ   ヽ 丶  ' ,
  ,イ"/ // : |  ヾ  、: : ヽ: ハ   l
 〃l :l l ト、:∧  ! \,ヽィ:l : :ハ:  }
 .{! | :l | N ,ヽハ: l '´_ヽ\、!: : : . :|   いいもん いいもん。
  | :lヘl∧代ヽ\! イi丁ヾ ル : :L: リ
  ヽリヽ ハoV;j   V_;○,/ア: }シ     いっぱい魔法を覚えて
     .Y:ゝ"  _  " ノ; : ;7:/
     !:/;:ノ> . _, .ィ≠‐┐イ.      やる夫さんに 褒めてもらうんだから。
       / /\/ヽ丿`ヽ l
       / ̄`Y´ ̄`ヾ/ 〈 〉
     . |──.l──l´ ノ l
      .|   l   l ̄ヽ=]
      ノ   ノ   . l  〈 }
     (___.(___ノ`'`ー-',-`


153 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    難しいもんなんだな、ルーラの魔法ってのは。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     そう考えると、盗賊なのにルーラが使えるクーガーは
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      素質があるって事なのか?
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                            /  \ヾ V/-ー 、 ∧
                                             |/ , -/`∧ヽ\  ヽ |
                                           //  /  / ヽ  \  `ト
                                          / /       ヽ ヽ `、 ハ
                                                /  /  /      \  l .ハ
                                              /`ヘ / /    l ヽ   \ | .ヘ
                                      ∠,   , ー、_   |  ヽ  <ヽ .ヘ
     ルーラのみに特化した、我が道を突っ走るアレを       彡  , ー_、_ /| / ヽへ'\   Y ヽ\
                                     , @工工工/√r┐ レ  `, ヽ  ヽ  }.  ヽ \
     「素質」 と言うのならば、そうなんだろうな。     ,-<    l~Y / / / l`ー'-| / } l l } / \.  ヽ \
                                 f   ヽ   ` {     ヘ   }/l / / ! /     \ ヽ \
                                 {    ヽ  八     ∨`ー//,ノノ イ        \ ヽ
                                 l       /  \     l  " 彡イl.l |           \
                                 `、     l/ /l ,ヘ     L < .川 l        _ .- }
                                        ,ヘ     / l ヽ ∨   /    / レ l    , -‐ '   /
                                    / .ハ     {  ヽ _.∧._  ム    / / ノ {  /      /
                                / / .ハ    ヽ / l   `ー-Y   l / .l  l        /
                                   { l / l     /  `ー-、 () /、_/l  l  .l       /
                                l  l 八    /       ̄//  } /   ノ      /
                                Y  /  ヽ  /       //   /   /      /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}    ですよねー。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


154 :◆vsQyY1yD2Q
          __
       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
     ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
   .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
  .;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
.   !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
   ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!          _        r'⌒'´ `ヽ、
   ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ.    ,. ' ´::::::::::::`´"' 、   ヽ     ノ
    \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 (、 ,   )
     ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、 /VV /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ //⌒ ー'
       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´    /⌒l//::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::: ',
            ̄ ̄          /:::::::/'::::/:::::::::::::::/!:::::::::::::l!:::::::::::::i
                    /::::::::ji::::/l:/l/:/:::/ i:::::::::::::::!V!:::j!::::l
                   j/!::::::ji::::kチく/ l/ !:jl:l:::/!:::l i レ' i::::l
                   { i:::::::l!:N! lじハ1 j/ルレ仏kl/VN !:::'
                      !::::::jハ! `二 __,/ ‐' !じリノ!!::::::::リ:,′
                    ハ:::::i::::! U ´丁"'‐`二" ,i.!:::::::::/
                     ! !::l'´`、 /⌒ ーォ    /i!::::::::/
                    ト、l:!  ハ ヽ __ ノ  ィ ´!:::::/ヽ
                    }、ト! ノ:::::::ヽー ::´::::::ト ノ/   ヽ
                     !  レ::::::::::::::NIn::::::::::::::V´       ヽ
                   {  !:::::::::::::::⌒´::::::::::::::::',       i
                   ヽ  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!     ,'
                    `、 ヽー ⌒ヽ::::::::::::::::::ノ::i     ,'
                       ヽ \- 、_` ー '"/ハ     {
                        `、   ー'⌒ニつ¨´  ハ }     !
                       ハ     ヽ、__    }l{    i
                       ノ i`ヽ、   r− ⊃ / ハ     !
                     /  l\_ )ヽヽ ヽ、_ // !    !
                    /    l 、_`⌒^⌒ー'/    !    、
                   /      、!::::: ̄´""/     !    ヽ
                   ,'      `!::::::::: /       !     ',
                   ,        ヽ/         ハ     ,
                     '          , '             /  ヽ    ',
                  '       '            , '    `、   ,
                 ,      , '            ,        ヽ   '、
                 !     ,            /          `、  ヽ
                    i    /         /           ヽ  ` 、
                 j     '        /              )   `ヽ- 、
                 !     '         /               ノ       ヽノ
                    ,'     /               ノ ノ⌒ヽ、 ヽ、 ヽ`!
                ノ   !     /!                `´     `ヽ、ヽ、ヽ
              /    '、     ` 、                        ` ー'
                /        /丶       ヽ
            '        /  ヽ      ,
          /         '     `、        ,
          ,'      /       ヽ       !
         ,      , '          ヽ       !
         !     ,            ヽ    l
            i    /             ',
         j     /              ,    l
          /    /                ',     !
        j     '                   !   l
       ハ   !                  !   !
       !    i                  !   !
        !    !                 i    i
        l      l                  }   リヽ
       !     }                   !     }
        { ! i j ! }                     l     {
       ヽ'ーくノ_/                      !     !
                                !    、 }
                              } ヽ 、ヽノ
                              ヽ ヽ、ソ
                               `ー'


155 :◆vsQyY1yD2Q
【 ダーマ神殿内 講堂 】          |│    │|│    │|
           ||   |:            |└──┘|└──┘|
           ||   |:            |        |        |
            /    |_____.  |        |        |
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /                ___          ___
/              /  /|  ||       /  /|  ||
               /  / / ̄||      /  / / ̄||
               | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |
   |::::::( ( ●) (●)|    この部屋で講義が行われるんですか。
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     ` ⌒´  |    ヒルタンの青空教室みたいなのをイメージしていましたが
    \         /.     結構、しっかりしたところですね。
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i

 ※ ヒルタン … DQ4に登場する 『商売の神さま』 と謳われる商人。


156 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       ____
                                                     /      \
                                                    /─    ─  \
                   講義は全て、神殿内で行われてるみたいだお。   / (●)  (●)   \
                                                  |    (__人__)      |
                   あれから二日後に この講義があったのは.      \   ⊂ ヽ∩     <
                   ラッキーだったお。                      .|  |  '、_ \ /  )
                                                    |  |__\  “  /
                                                    \ ___\_/



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ─  ─ |   定期的に、同じスケジュールで講義してるみたいですね。
   |::::::( ( ●) (●)|
   (@  :::: (__人__) )   明確な入学時期がある訳じゃないですから
    |     ` ⌒´  |
   /     ∩ノ ⊃/.    こう言う方法になるんでしょう。
   (  \/ _ノ|  |
   .\ “ /__|  |
     \/___ /



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |
   |::::::( ( ●) (●)|    ま、おかげで 二日で講義を受けられるんだから
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)   いいじゃないですか。
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´/    「時は金なり」 ですよ。
      /    \
    ((⊂  )   ノ\つ))
       (_⌒ヽ
        ヽ ヘ }
   ε≡Ξ ノノ `J


157 :◆vsQyY1yD2Q
   |
   |:ヽ , - ー. .、
   |/    : : : :< ̄:`:ヽ、
   |_,. -‐  . : : : : : : : : : : ヽ. ⌒ヽ、
   |. . . . ,    : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   |: : 、/: :`:, ィ . . . , . . . . . ヽ : : : : : l
   | : /ゝ、´ |: : : / : : : !: : : :ヽ : : : |
   |/, ‐ ヽ、j : : ハ: : : | : : : : l : : . j
   |〃 イj! //ー、‐ヽ7 : : : : :!: : : ./
   | '  じ′´ /ィj   ハ: : : : /: : : /     う〜ん、ここまでくると
   |     ,   じ′ノ、/ヽ/ノ : : : ハ
   ト、 r- 、    ´ / イ:.:.:.:.:. : : : : :l.    いよいよ、商家に嫁入り! って感じがするわね〜。
   l \` ー`   _ ノ  |:.:.:.:.:.:: : : : : :}
   |、  /  ̄ ̄ヽ__    l:.:.:.:.:. .: : :∧:l
   !、  , -‐ ´_, ゝヽ   ヽ:.:.:.: :/  '
   | ` ー‐ ´    ヽ   1:/
   |            }   /′
   |     i      l
   |!    ,!       l
   |l    l     /                          _ ― ´ ̄  ̄ ` ヽ 、
   | !   !    /                          ┌´  匕´ `ヽ、` /|    ` ヽ、
   | ヽ ノ     /                              /-`Y´〈  〉   `´ レ'ス    ヽ
   |  \-、   l.                         | ∧  `/  _ ―‐┐ ∠     `
   ト、   ノ ヽ  !.                        / l  \ /, -┐ l  < ヽ、   `
   | !ゝ'     /                          |= ヽ ∧ ´/  / / /\ \ \   |
                                        / ) `      / / /   > /_ , - ´| 、
                                        /`ヽ"'- 、 ____,,.. -‐ '''""~ヽ´::::::::::::| \
                                        〔:::::: 斗zl≦l|   ー--―─-  ヽγヽ::::ヽ、 ヽ
     商人の勉強か……。.                ヾ:::::八: l:jリV     ィ,z==ミ   |//` l:::::\` ‐`
                                         `ヽ::〉 {ヒハ     ´ |{ しリ`  ヽ り,::::::::::::\、
     職人とは関係ないような気もしますけど          ):l ヾニソ     ゞ- '‐   .//:::\:::\::::)
     先輩って、そう言うセンスもあったんですよね。  ノ::::::、  ノ          /|::〈::::::::::〉:::::<
                                         (:(:::::::ヽ  `         '.:l::::::ヽ:::〈::::::::::::〕
     やっぱり、そう言うのも必要なのかな?.      .`:):::〉::::\  ー 、     // |,、::::i::::\::::ミ
                                          ノ:〈::::《::::::::ヽ、   ,  ´ // ヽ:::::\:::::::ミ
                                     ソ:::リ:::〈::::::::` ‐ ´   /    ヽ‐へ´`
                                               ,- / ヽ  /     /`ヽ、
                                     ,-‐‐:´/ / 〆|Х       /  /`::ヽ 、_
                                        ┌‐ ´l:::::::::::l l /、o| \   / /::::::::::::::::::/`ヽ、
                                       /^   |::::::::::::| レ `┴´  \/ /::::::::::::::::::/    `ヽ


158 :◆vsQyY1yD2Q
                     __
                _,,..=''"~`!j j ., ` ̄`丶 、
               /ミミ、\  |:|j|:|i:|i || /ハ
              /ヾミミミ、 ヽ ||i|i|i:|l | | /〃|
              /ヽ `ヾ/⌒`┴!!l|j|lljLlノ-ヘ彡|、
             /`丶、,/     /|~\   |'"|
             |二ニ.//ニ‐、 / ノ / } >、 |ニ|
              ,レへ/ 、 〔 ` u、l _/ィu‐''"[ /ン      何をしている、お前達! 席に着け!!
             //ス.`{  ̄了 ̄` ("` ̄[´ |"〉
              | /〈 | /V r __^'__ |’|/        と言っても、初回の講義の担当は
             \\  〈 ´|ー――一/ / /         この俺じゃないがな!
               〉-lヽ.   |     /  /ヽ、
            __////l \  |‐-、‐、/  /|ヾヽ\_.     先生、お願いしますッ!!
           _//〃/|   \ヾニ二! / |__ヽ\ヾ ̄'''‐-
           '´/イ/_l  l.  `ー―― '  ソ 乙_ヽ\
            //   |   !     ,..-‐'''" /   ̄ ̄ ̄>---―― 、
           l| >- 、 ̄`丶|__.. -‐''" ̄ ̄/       /         \
        _.. -''"    `丶/ |    _/       /
       / 7 ‐- ...__..l__,L--‐''"/     /     商人の先生
     /  /     /(( / / (( /      /       ダイ・バザール
         /   /ノノ/,ィ / /       /           ( 勇者カタストロフ!! )
        /    /|,/// .//     /


159 :◆vsQyY1yD2Q
                           __
                             /uヘ
                         ∧l ハ
                         {i hr1i}      ,.、
                             }┴┴{     ハr'
                          に冖う!    rリヽ_fi
          r _''ニ_ー- 、      /ヽ‐ヘ均弌jゝ-へ,ヽソハl       _,,,__
          ´    `ヽ `‐ッー、‐ ┴ァイ`i 尖f r、__/-/!lト、lj、__,,. -_''ニ -一¬〉
                  冫,.-、ヽこフ / ノ 人ヾ、ヾゞ'/「匸ヾ,  r‐'´.          そんな大声を出さなくとも
                 /-─" ,ニ/ / , ' / ヽ ', Yハ`に- 〉ヽ!            聞こえておるよ、バザール君。
                戈⌒y'^ト-、 ' jノ    {、! ヾ朴こフ:;:;:;:ヽ、__
               ,.r''´;:;:;:Y「、ヽ l^ヾ ′     ヽ ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;``i.     ようこそ、諸君。
           ,.r''´;:;:;:;:;:;:;:;:;:l」ハ_lヽ!:;ノ   ,       ミ:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;k.     私が、今日の講義を担当する
        ,.r''´;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:{ リ   ;    、  ヾ;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ    ワードナだ。
       /´:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|'   ;     ':,丶〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   /`‐'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ、 , ;     ヾ ヽL;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
   'う;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノハ リ ;     ト, l ト':;:;:;:;:;へ:;:;:;:;,rく  ̄ツ;'
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ j;;/ { ;      川 {;:;:;_/   ̄´  ゞシ
   j:;:;:─-、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:イ:;:;:;:;:;:;:{{;:{  }      ソ{ };:;l
  ノ;/   ``ー-冖-一'''´ /:;:;:;:;:;:;:;:ハ;:ハ 〈       ヾソ;:;:l
 ノ;:ノ           /;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨.:.} jl、      { ヽ;:;l
/;:;/          ,,.イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ ..:j ,小、     ト、 ヾ、_
!;:;:{          {{ l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/::. ノノ li:;ヽ    トNこヽ ヽ
ヾ;:',           ハ,,ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ l:. { {、_ l!;:: l   i lヾリ;:;ト1 }
 ヾ;て´         /;:;、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/..::l  `ー、ヽ ノ  iリ|j`フ;:;:;l | l
  ヾ;'、    、  V ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;/ _,,レ‐-‐"'´  ノ  /  l:;:;:;レ丿
   ヾ:;ヽ、__ノノ     |;:;:;:;:;:;:;イ / , - 、_,r 一''フ  ,イ l:.  l:;=ィ´
     ``'''"´       ヾ;:;:;:;:;l l { {  .:.:  ::.. /ノ /  l::.  l;:;:;l
                `丁l l ヾ=-.:.:. :::. / ' 〃  l::..  l;:;:l    特別講師
                 | !l !    .:.::  ::ノ  /i:..  l::..  l;:;:l    ワードナ
                >'´ ̄`ヽ、_;; -'´ / .i:..  l::..  l;:;:l.   ( Wizardry )
               / ,.ィー---─一'´   !:   l:.:.  l;:;l
                / l:.:..:.,l:. ::.:. l:.:.   :    h、 |┘
                   ̄´ヾ-へ、l:.:.      | `''┘
                         ̄⌒''ー--‐''´


160 :◆vsQyY1yD2Q
           ____
         /       \
        /       ― ヽ         おっと、先生が来たみたいだから、皆 席に着くお。
      /         ( ●) '、     なんか、学生時代に戻ったみたいだお。
      |       .u     (__ノ_)
      \            `_⌒.     と言うか、どっかで見たことあるよーな……?
      /           \



           ,.-―ァ''"~ ̄~`ゞ‐- 、__....,,,_
         /  / ,         `丶、ヽ
           /  '  /    -‐-ィ      ヽ }
        リ   , / /´i  ,∠´|  .八‐、 .i  }
       /   { ! ./ 人/ iノ八ノ rh  | .}!     席は自由みたいね。
     ∠ 」   `、V癶'゙-{!  し'   { ノ|〉ノ 八
          |     入     ___ ' `゙,イ〜'´ \   それじゃ 私、やる夫の隣に座るわ。
          |    ノ`\i、    ゝノ ノ!    .厂´
        |   /    | `丶、 __, '゙ .|  .,イノ
        ゞり´   _,ノ    l、_  ゝノ
           ,∠幵     {幵ブ⌒ヽ、
          /ィ∬}`ー一''''´ {∬}     ',



            ,. -──── - .
        ,. '"               ` 、
       .f                 i.
       ,! MN.  / /.\.\ .NM l
     ,. - '"i / /\_/.\/.\__/` `; !
   <_,. - ,''!.,i._i___|__.__|__i._i_,}
    / .f'"∨ / レ' ∀_WN  _,.- ヽ_}ヽi、    あ……そ、それじゃ私は
    ̄ ̄.l (.{N     O    O   },)/ i
      / `ーr-ゝ ///        ///ノl }./     その反対側に……。
     .(_( ( ヽ_ `,、 _ _,,.r‐'~` 、,イ-i-i、
      .)ノ,.'-'、 ̄\ ∧i~    )’ / _i、
       ./.゚x゚ 》ー 、_ `' 、 ゝ_ _,,. -'ヽ./ ll_x}
      /\/  ,. i>`t`i、}___,,. -'.i、- 、_ {


161 :◆vsQyY1yD2Q
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::/ ⌒  ⌒ |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::〉 ( ○) (○)|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(@ ::::⌒(__人__)⌒)   やらない夫さんって、忍耐力ありますよねー。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     |r┬-|  |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    `ー'´ /
.:.:.:.:.: ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
.:.:.:.:/    |  '; \_____ ノ.| ヽ i
.:.:.:.i.     |  \/゙(__)\,l  i .l
                                                         ヽエエエエエエエ〃77,ヘヽ
                                                   ,∠_-‐      |/∠=:三|
                                                       / ̄/へ     |三三三|
                                                \ `´===。=  .∠≡三三|
                      あれはあれで、別の趣味を持ってそうだがな。    /  `二ニ   | l⌒iニ三|
                                                  ∠ ,- ` ー- 、   |.|こリ:≡ニ|
                      ほら、早く席に着け。 講義が始まるぞ。      <-ェェェェ-‐ | l ||_ンミミミ|
                                                 [´_        |\゙ミミミミミ|
                                                          l     __,,⊥-‐'''´~ ̄|
                                                     └--ァ''"´    ___,,⊥
                                                        _,∠´-‐''''"~ ̄     |


162 :◆vsQyY1yD2Q
                                                    __
                                                /uヘ
                                            ∧l ハ
                                            {i hr1i}      ,.、
                                                }┴┴{     ハr'
     さて、商人の講義に                                  に冖う!    rリヽ_fi
     何故、ワシのような者が現れたのか  .r _''ニ_ー- 、      /ヽ‐ヘ均弌jゝ-へ,ヽソハl       _,,,__
     疑問に思っているものもいるだろう。  ´    `ヽ `‐ッー、‐ ┴ァイ`i 尖f r、__/-/!lト、lj、__,,. -_''ニ -一¬〉
                                           冫,.-、ヽこフ / ノ 人ヾ、ヾゞ'/「匸ヾ,  r‐'´
     それはな、精霊の加護について           ./-─" ,ニ/ / , ' / ヽ ', Yハ`に- 〉ヽ!
     お前達に教えるためだ。                   戈⌒y'^ト-、 ' jノ    {、! ヾ朴こフ:;:;:;:ヽ、__
                                        ,.r''´;:;:;:Y「、ヽ l^ヾ ′     ヽ ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;``i
                                    ,.r''´;:;:;:;:;:;:;:;:;:l」ハ_lヽ!:;ノ   ,       ミ:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;k
                           ,.r''´;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:{ リ   ;    、  ヾ;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                                /´:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|'   ;     ':,丶〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                      /`‐'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ、 , ;     ヾ ヽL;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ





   たとえば この石、素人目には ただの石に見えるだろう。

   しかし、これは錬金術に使う貴重な石だ。


                              ____  .::::..
                            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::.:...
                          /;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;∠|::.:.
                          | ;;;;;;;/;;;;;;;;;;; /ll/::.:.
                          \;;;;;;;;;;;;;;; /llll/:::.::.
                             ̄ ̄ ̄ ̄


                                商人は、時には こう言う物も扱わなければならないが

                                「分かりません」 では話にならない。


163 :◆vsQyY1yD2Q


   そんな時は、手に取って見定めてみるがいい。

   そして、精霊の声に耳を傾けるのだ。


   さすれば、それが何であるかを 精霊が教えてくれるであろう。


                                        /´ ̄`ヽ
                             /´ ̄`ヽ     |:.    .::|
                              |:    :|:    :|:.   .::! /´ ̄`ヽ
                              |:    :|    |:.    .::|: :|:    :|
                         / ̄`ヽ |:    :|:    :|:.    .::| |:    :|
                           |:    :| |:    :|    |:.    .::|: :|:    :|
                           |:    :| |:    :|:    :|:.    .::| |:    :|
                           |:    :| |:::.. ..::::|    /´:::.:. ..:.::|: :|:.    .:|
                           |:    :|: :|:.    .:|   :/:.     .::/ /´:::::....:..:|
                           |::.. ...::| |:    :|  /:.     .::/ /:     ..:/
                           |:    :|: :|:    :| :/:.     .::/ /:     ..:/
                           |:    :|: :|:    :|/:.     .::/ /:     ..:/
                           |:.   ..:::ー'::..  ..:::´   ...:::::レ'::.  /´ ̄ ̄`ヽ
                       /    ..::.::.:.   ____  .::::.. /      :/
                     /:.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::.:... /       .:/.:..
                       /:::.:...    /;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;∠|::.:./       .:/:.::::.:.:.:..
                   /:::::::.:...     | ;;;;;;;/;;;;;;;;;;; /ll/:. /       .:/  :.:.::.:.:....
                     /:::..:..       \;;;;;;;;;;;;;;; /llll/:::.::./:.       .:/   ::.:..:.:...
                 |::.:.      ,::''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:::..    .:/  ..::.:.:::..:..:...
                 |::.     .:/                 .:/ ..::.::.::.:....
                 |:.     .:/                    .:/:::.::::.:..
                 |:..    /                    .:/
                 |;:;::...:.:::.                  .:/
                      /:;:;:;:;:;:;:;::::::..:.:.......           .:/
                  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::.:.:...:..:...:...:::/
                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ̄´
                /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/


164 :◆vsQyY1yD2Q
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ ⌒Y ⌒ヽ:|
    |::::::::/ ⌒   ⌒ |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|    そうかっ! 商人の鑑定能力って
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|   |.    精霊の加護だったんだ!
    \    `ー'´ /
    /⌒ヽ   ー‐  ィヽ
    / rー'ゝ      〆ヽ
  /,ノヾ ,>     ヾ_ノ,|
  | ヽ〆       |´ |



     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)   |   た、確かにこれは 商売をする上で便利な能力だお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


165 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    __
                                                /uヘ
                                            ∧l ハ
                                            {i hr1i}      ,.、
   もっとも、精霊に教えてもらっても.                     }┴┴{     ハr'
   それを活かせなければ意味がないのだがな。              に冖う!    rリヽ_fi
                                       _ー- 、      /ヽ‐ヘ均弌jゝ-へ,ヽソハl       _,,,__
   残念ながら、そればかりは                `ヽ `‐ッー、‐ ┴ァイ`i 尖f r、__/-/!lト、lj、__,,. -_''ニ -一¬〉
   ダーマの訓練では どうにもならん。           .冫,.-、ヽこフ / ノ 人ヾ、ヾゞ'/「匸ヾ,  r‐'´
                                    /-─" ,ニ/ / , ' / ヽ ', Yハ`に- 〉ヽ!
   それぞれで 努力するがいい。               戈⌒y'^ト-、 ' jノ    {、! ヾ朴こフ:;:;:;:ヽ、__
                                        ,.r''´;:;:;:Y「、ヽ l^ヾ ′     ヽ ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;``i
                                    ,.r''´;:;:;:;:;:;:;:;:;:l」ハ_lヽ!:;ノ   ,       ミ:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;k
                           ,.r''´;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:{ リ   ;    、  ヾ;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                                /´:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|'   ;     ':,丶〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                      /`‐'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ、 , ;     ヾ ヽL;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ



                    _ , - ‐ - 、_
                  r'´ ̄: : : : : : : : : :/rヽ`; ヽ
                 /`: : : : : : : : : : /,´: -,ヽ:\:`:ヽ
              /: : : : : : : : : ∧": :/,´: :\ヽ`. :-ヽ
                /: : : : : : :ヽ⌒!: L'´': : : ://ヾ ;ヾ_; : :.l
             |: : : : :: ,、<<⌒: : :t‐-: _: :ヽ : 〃: :_: :_|
         / ̄´{_: : :r´/:,´/: : : : l l: r 、ヾ: `´:/_ i i:.|
       ∠__〆:`''ヽ_l l l: : /゛ヽ:','.;ヽ:ヽ. ヽ_/:.///_.|
           /: :y -、: >;-、'l l: : :〃: ゝ;' ' : : : : /´{ /
        r‐-‐'´ : :l ∧}/ l:;;'/_7`_7二ツァ-----―'"‐イ    私みたいに馬具などに対する知識があっても
       (: :/: : :ハ 6 ゛ !ハ|,7z=ソ´l!`リ   , _``''' /
        Y://: : ヽ_    代;;タ`'     ィソタ' /       それを商売に活かせるかどうかは
       彡: : ´://: : :l     `'''´      ゝ-' /:ヽ、.     別の話と言う事ですね。
       彡, : { : {: : : /,、             /: : ミ
            Vハリレル'´ { `.、        ヽ  , ': : :{.       まぁ、確かにそうですよね。
              , イ   ヽ .\    -‐   イ: : ハ:ミ
       _, 、ィ'´  |    \ ` ‐ , r ' ´  `´ `
   _, -‐'´三三ヽ   l      \_/ ト、
ィ''´´\三三三三\  ヽ     /ヘ  .| ヽ,
    \三三三三\  ヽ   /i o ',  |  /三ュ、
      \三三三三\ ヽ,_/ ` ̄´ヘ //三三;';ゝ、_


166 :◆vsQyY1yD2Q

        ,  ,
        (い゙~゙i,ノi
        ゙フ三ミ'゙~
         |ニ‐/      __
        /"|:|i,     /uヘ   ,-'ニニ'ー、
       ◎vi゙i゙リ,    ∧l ハ  i゙/゙  ゙'‐、.゙'-,
        iリノ|:| ソ,.     {i hr1i}   ヾノ    ゙i、.゙'i,
        ソ ,i | ノ),    }┴┴{、         i i.
       ノ ,|:|'゙,i i)、 iー(ii,, j.リ,i〜/       | |
      /./゙|:| ! | )‐ヽ/~\ト、,|       / ./
    /./ /|:| i | ゙i/ノノハヾミ≡- 、,,__,,/ ノ.  ワシに出来る事は
   //  / ,i:| | i,/ノノ/i ii i | |ヾ゙i三====‐'゙
 //   /./|:| i'~/// i゙    ゙i ||i,ノ,i゙,゙i、       お前達に、精霊の声に耳を傾ける方法を教える事のみ。
 ,/    ,i゙ i゙.|:| ||i゙// ! | i    i ||i∠ノミ\
      /| i |:| :i||V| | | | i i 、 |i||i゚ ,/ニ~i、
     ./ :i i |:| |゙i||/i/ |  :| | | || |i, 〉'゙'i ヽi|.     では、始めるとしよう。
    / :i i゙,{:| | !゙|V|i, ,|  :| :| | !| |i~ /"| i/i
 ー' ./  :i i゙ 「| :i ' V\i i  | :i |||i |i、ろ i :/ノ
   ./  i i゙ .| i :i /\.\  i゙ .i |||ii |i゙~  | i゙ |
  /   .i | |.i :i゙ i゙  |\.\i :i ||||i:|i  // ノ
 ソ い  リ.i .i.| .i .i゙ λ .|\.\リ ||||i::|i |/゙ソ'/
 ┬=、  /゙イ .|.| .i i゙ i ,从i.V|\.゙'i,.|||ii:||i"/゙.ノ
 / ::::|/゙/ | |:| .i  i イ |.i:ノ|| ゙i, i |||ii:||i,i /゙|
   .,i'゙ ' i :{|).|  イ ノ, i゙//i゙, ノ'゙ .|||ii:|||i,i゙ |
  i゙ i i゙ i .[i゙ .|  ! , ./巛//i゙ i|||》ii:|||i゙  |
 、i゙ .i   i゙ |:| |   ! /巛///ハ 巛巛|||ii  .|


167 :◆vsQyY1yD2Q
              ._
               \ヽ, ,、
                `''|/ノ
                 .|
             _   |
             \`ヽ、|
              \, V
                 `L,,_
                 |ヽ、)     ,、
                /       ヽYノ
               /      r''ヽ、.|
              |       `ー-ヽ|ヮ
              |          `|
              |.           |
              ヽ、           |
                ヽ、_______,ノ
                  ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::`:...
             ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              /〃.:::::::::j.::::::i::::::|.::::i:::::::::::::::::::'.
           .:::::l:i:::::/!:ハ :::ト:::l:|、:::|:|:::::::::::::::::::.
           |:::::l:i:::/_l:!_ ':,:|_jハ!__刈:::::i::::i::::::::|
           |、:::l:l:,′リ  ヾ    .ハ|:::::|::::|::::|::|
           |:::::::Y==    ===|:::::|::::|::::|::|
           |::::i:::j -====‐-  |:::::|::::|::::|::|
           |::::|八            |::::ノノ-‐'‐′
           ∨|::::l> . _____..ィ|:::/
                ∨/       /|__/ |/: :`ヽ
                      /: : :|+ /: : : : : /|
                  ∧:_:_:|_/_:_:_:_:/  |
                   i |ミ=[ ]=彡' i′ |
                   | l /i |、   l   |
                   | l 〈__/_〉  :l   |
                   | l‐ ----- ‐:l   |
                   | /7ー..--┬:l   |
                     [_//: : |.: : : :|: [ニニ]
                   //: : : |.: : : :|: :.ゝ-' ヽ
                     〈/: : : : |.: : : :|: : : | : : j
                  ̄| ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄
                   |    |  |    |     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                   |三三|  |三三|      d⌒) ./| _ノ  __ノ
                   |三三|  |三三|
                    ゝ---'  ゝ---'


168 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第25話 「イカの甲より歳の劫」 は終わりです。


ダーマの料理は ミャンマー( ビルマ )料理をモデルに書いています。

位置的に、他にも いくつか候補があったのですが
各国の料理を調べてみて、ネタ的に使えそうなものを選びました。

ミャンマー料理は、煮込み物、和え物、麺類、揚げ物、炒め物、スープが中心の、油を多く使う料理だそうです。

ご飯と一緒に食べるものらしいですが、このDQ世界では この辺に ご飯はありませんので
作中でダディも言っていましたが、パンと一緒に食べているのでしょうね。

あの辺りの料理をモデルとして でっち上げた 「ダーマ料理」 と言った方が良いかも知れません。


原作では、ワードナは魔術師であって司教ではありません。
とは言え、外伝のギルのAAは 流石に見つかりませんでしたので
ここは、このスレのワードナさんは出来ると言う事で、ご登場願いました。

と言っても、ホビットのノルドと同じく ただのそっくりさんですがw

多分、出番はここだけでしょうw 今回限りの特別出演と言う事で。


一方、ダイ・バザールの方は 商人の先生役を探してみたところ、このキャラに辿り着いたのですが
残念ながらAAが今回使ったのを合わせて二つしかありませんでした。

丶、 `丶`ヽ              ,. -''" <
   `丶、\\_______//,. -''"__)  __
       > " @   o   @ ` <  _)  -―‐、
    /  .三王___人___王三.  \ヽ         ノ
   /       ____       /      ̄
  ,'       , < u' 《ヾヽ  >、   _ノ      ‐|‐ 丶
  |:    / | \  |l, / | ヽ \     ,.⊥--、
  |    | ┴r- ゚-`  ´-゚ -r┴ |   }   ヽ.」 __ノ
  |     | 「V _   ヾ   __ Vヽ| ノ      |
  ヽ   ヽ  | ' l二ニニ二! ' |  /  `ヽ    |
   \    \  }.     |  ,/   ,ノ       |
ー''" ̄ > 、______,|ー------|''"___,. < )     ー‐、
    /   /    `ー――‐'   \  ヽ      ー'
   \/     〔><〕     \ ノ     / /
       みんなの おともだち   ヽ      ・ ・
      ⊂フ _◎  ノ〉  ==^==    >
      (.(__ノハ〉よ/んノ) _ノ人ヽ、くん  ̄)/⌒V⌒ヽ/⌒
        ̄    `⌒´ `´`’ `´

ちなみに、もう一つは これです。
流石にこれは、通常会話には使えないw



次回更新は、9/18(土) 20:00〜を予定しております。
変更があれば、こちらと『やる夫スレ系案内所』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


    / ¨>、
   厶/゚゚゚ `ヽ
    ! (wハw)!
   ノ. l |,,゚Д゚).ハ  < イカムスメ!
  く. <,(_{{ゲソ}}.), ゝ
 く <cえY爻えぅ> ゝ
  ヽっ じ' !フ c.ン


第24話へ      6 第26話へ

勇者カタストロフ!! 上勇者カタストロフ!! 下
勇者カタストロフ!! 上勇者カタストロフ!! 下

この記事へのコメント
ワードナは予想外だった

次回も楽しみにしてます
Posted by at 2010年09月12日 11:25
ワードナ先生の営業(講義)時間は、きっちり9時から5時までなんだろうなぁ。
Posted by 通行人α at 2010年09月12日 11:58
ダイ・バザール…まさかこいつを十数年ぶりに見ることになるとは…そういやこいつ元デパートの店員だったな…w

授業の内容が気になる…次回が楽しみです。

Posted by at 2010年09月12日 14:32
召喚技能持ちktkr
こいつが異界人呼び出したんじゃねーのかw
Posted by at 2010年09月12日 17:31
どうもラストバイブルの時のイメージが残ってるから、のんきで何か優しいダディに違和感が……w
まぁ、それいったらどっかの商会は困っちゃうんですがww
Posted by at 2010年09月12日 19:09
>あれはあれで、別の趣味を持ってそうだがな。

バレテーラw

Posted by at 2010年09月12日 22:47
まさか、まさかの勇者カタストロフ……。
牧野先生、今もスパロボのアンソロジーで活躍してるんだよな。
三笠山といい牧野先生といい桜井先生といい、当時のギャグ王は輝いていた……。
Posted by at 2010年09月12日 23:29
鑑定能力か・・・
確かに商人にとっては重要なスキルだ
Posted by nameless at 2010年09月13日 00:21
友好的なワードナ
Posted by at 2010年09月13日 01:11
意外なAAチョイスに吹きつつ、今回も精緻な設定にうならされたぜ…。
やる夫含めて、やる夫パーティはもう一化け出来そうだな
Posted by at 2010年09月13日 06:12
あれ? この鑑定眼使ったら精霊が教えてくれるって事は……例えば“毒”とかも解る…?
『心を殺す薬』とか……
Posted by at 2010年09月13日 13:43
そもそもカタストロフのAAが存在した事に驚いたw
ダイ・バザールのAAが二個しかなくてもそれはそれで面白いと思うw
Posted by   at 2010年09月13日 13:59
20話からダーマ編に入って、+5話でようやく修行だし
商家を起こすとか大臣の問題とか一つ一つクリアしていくと
ダーマ編だけで10話以上かけて展開することになるのかな

未だかつてないほどのボリューム量だね。
Posted by at 2010年09月13日 16:26
↑×3
毒一瓶なら可能かもしれないけど、
毒シチューや毒紅茶にされたらダメかと。
Posted by at 2010年09月13日 22:50
どうだろ。
アイテム名:シチュー
から
アイテム名:毒入りシチュー
になってるかもしれない。

しかし、今まで出てきた呪文の使い方や、兄貴のルーラの設定を見るに、呪文(効果)のアレンジは不可能ってわけじゃなさそう。
となれば「今のはメラゾーマではない・・・メラだ・・・」を見れる可能性が……無いか。
Posted by at 2010年09月15日 02:46
ダイ・バザールとか懐かしくて泣いた
そういやあの漫画も魚屋勇者が主人公だったし
案外このスレの世界観に近いかもしれん
Posted by at 2010年09月15日 03:21
クーガーってピオリム使えないんでしょーか?
速さに特化するなら、相性最高な気がします…で、使ったらラディカルグッドスピード状態ねw
まぁ、兄貴が小細工に頼るかと言われると反論できませんが。
Posted by 時守 暦 at 2010年09月15日 20:30
勇者シェカネアにおもっきり噴いたのは良い思い出ww
Posted by at 2010年09月15日 21:22
ゲーム系避けてきたが、大御所でここまで読めたのは凄いな!
>>1と纏めさんに乙
Posted by at 2010年09月16日 19:01
↑まぁ、>>1も纏めてる人も同一人物なんだけどね
Posted by at 2010年09月16日 20:23
↑同一人物同一人物
Posted by at 2010年09月16日 20:27
やる夫は自分のことになると途端に駄目になるので、
2人にはしっかり引っ張っていってもらいたいところです。
勿論、やる夫には2人の心のケアだとかフォローなども期待していますが。
その辺りは得意そうなので。
Posted by とあるA at 2010年09月18日 01:13
鑑定か・・・
トルネコの大冒険仕様だったら困るなw
Posted by at 2010年10月25日 20:01
ふむ、呪文のアレンジか
となるとマダンテやメドローアも使える奴が出てくるかも知れんな

あと船乗りがいる辺りメイルストロムなんかも出てくるのかな?あれ便利だったなあ。
消費MP無しでイオラ以上の威力なんだから
Posted by at 2011年09月18日 01:06
26話へのリンク切れてる?
Posted by at 2011年11月21日 18:07
ダイ・バザールのAAなんてあったのかよ超ドマイナー作品じゃねぇかwww知ってるけど
浅野りんネタといい作者もガンガン・ギャグ王ユーザーなのか
Posted by at 2012年02月15日 02:02
ルナの射撃能力を考えると、バイギルトやスクルトなどの補助呪文を狙ったほうがよい気がするなw
Posted by at 2013年02月05日 21:34
時間割は自動車教習所みたいに〇〇の職業の□回目とかがループした感じなんだろうか?
Posted by at 2013年02月23日 23:48
斗貴子さんでへそ萌えに目覚めたのも、今となってはいい想い出よ…
Posted by at 2013年10月01日 21:17
 ルーラのみに特化した、我が道を突っ走るアレ…ハシルーラもいいと思うが、
ルーラ・ディカル・グッド・スピードというそのまんまもええんちゃう?
Posted by at 2014年04月28日 03:14
よくよく考えるとこれってインパスじゃねえか
6だと転職してすぐ覚えたなそういえば
Posted by at 2014年12月12日 23:57
斗貴子さんのスレンダーボディごちそうさまでした

…ふぅ
Posted by at 2015年07月29日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40659970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ