■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年10月11日

第29話「世紀末羊飼い伝説」(1)

第28話へ 1     第30話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 ルイーダの酒場 】
:::::n::::::::i'i:::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::::::::::::,i、:,ii、:::,ii、::::::::::::::::::::::::::::::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::||
:::::i'i i'i |;;;|::::::i'i i'i::|[]|/.ヽ::::,ll、:::l:::l:|l,,|::li,,il::▽::▽::U:::U:::::::::i'i::i'i::|[]|/.ヽ:::||
:::::|」( )|;;;;|:::::|」( ):|  ||:...!|:::l,_,l:::|__|l._,l::l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::::::::|」(_):|.....||:....:|:::||
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]
                  ∧_∧
                 ( ´∀` )
                 /:/M>:::▼
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┸ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./     ……そうか。
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /   ドーラのヤツが、セイランの私兵にな……。
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ


2 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
                                                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                                                    /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                                 /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
                                             /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
                                               /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
                                                 /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
            なんとか、そこまで調べる事は出来たんだけど   |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
                                                 |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
            その先は流石に……。                      |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|
                                                 /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
                                                   /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
                                            ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l
                                                  _!_,..∠、 / ヽ__,//  l     !:.l
                                                /   ー-`、` ー--―{/、  l'   l:.:.!



                   _
       /´⌒ Y´         ヽ 
       /    ト     ヽ  i   V'ト、
       /V /  /   / |  i l  !  i|   |
      ./ V !  / .  / |  i | |  |.|  |
     / V| |  .l|   i -/V `ト-|‐|.|  |
     /V .| ‖   || |イ^jミ   イミオ'| . |
    // | /', て.| !( ―   (―l| .|  l|    あれ以上はムリだって、ムリムリ。
    ||  /  } V§| |⊂⊃ 、_,_,.⊂!| | |l
   {|   ト /  . |§| ト 、.     /§ | | |    てゆーか、私達もセイランに目付けられたんじゃない?
    |   | |    W| |  ` --ァ' | | | | /
    l   ト'´  , -< //     └ 、ヽヽ| |/
    |  /  /ヽ(ニニニ)ヽ    \ヽニニ)
    |∧ | /   (ニニニ):::::` ー ´::::ヽニ)
   // || |    (ニニニ)::::::::::::::::::::::::::`、
   //  | | |     | |::::::::::::::::::::::::::::::::::}
  /   | |  |     |ノ:::::::::::::::::::::::::::::/


3 :◆vsQyY1yD2Q
              /  \ヾ V/-ー 、 ∧
               |/ , -/`∧ヽ\  ヽ |
             //  /  / ヽ  \  `ト
            / /       ヽ ヽ `、 ハ
            /  /  /      \  l .ハ
          /`ヘ / /    l ヽ   \ | .ヘ
        ∠,   , ー、_   |  ヽ  <ヽ .ヘ
         彡  , ー_、_ /| / ヽへ'\   Y ヽ\
       , @工工工/√r┐ レ  `, ヽ  ヽ  }.  ヽ \     あの馬鹿者が……。
    ,-<    l~Y / / / l`ー'-| / } l l } / \.  ヽ \
   f   ヽ   ` {     ヘ   }/l / / ! /     \ ヽ \.  ウチに来れば、
   {    ヽ  八     ∨`ー//,ノノ イ        \ ヽ.   仕事ぐらい世話してやったものを。
   l       /  \     l  " 彡イl.l |           \
   `、     l/ /l ,ヘ     L < .川 l        _ .- }
    ,ヘ     / l ヽ ∨   /    / レ l    , -‐ '   /
   ./ .ハ     {  ヽ _.∧._  ム    / / ノ {  /      /
  / / .ハ    ヽ / l   `ー-Y   l / .l  l        /
  .{ l / l     /  `ー-、 () /、_/l  l  .l       /
  l  l 八    /       ̄//  } /   ノ      /
  Y  /  ヽ  /       //   /   /      /



                                                              / ̄ ̄\
                                                             / ヽ、_   \
                                                         ( (― )    |
                                                         (人__)      |
                                  男の意地なんだろうな。         r-ヽ      u  |
                                                           (三) |        .|
                                  ちょっと分かる気がするだろ。    .> ノ       /
                                                    /  / ヽ      /
                                                   /  / へ>    <
                                                   |___ヽ  \/  )
                                                       |\   /|
                                                       |  \_/ |
       ハ,,ハ
      ( ゚ω゚)  ……ですね。
     /    ヽ
    (つ    と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


4 :◆vsQyY1yD2Q
                                            _ _ ___
                                            ´       `ヽ、
                                                /            \ヽ\
                                      , '             \.、ハ
                                              /     l { : .\: .\\   `ー廴_
                                         ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
                                           l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
                                           | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
                                         !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
            男の子って、意地っ張りだよね〜。.     l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
                                          乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
            そこがカワイイところでもあるんだけど。   ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
                                                 ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
                                          /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
                                              ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
                                        ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
                                              ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
          , -―――- 、
         /            ヽ
     , ⌒ヽ/               `<`ヽ
.    /   /二l        ヽ , ヽ ヽ |
   /   l、ヽ.|  i l   l   ハ i  i l |
    ,    |ヽ` l  l‐-,、 | ト |/ l_l__l_ | l |
    |     | \l、 l、 N lヽl :l.| ハl, | ,l l l
    |     |ヽr=:l λヾ|:lヾ ゙ 从イノ|イ/:|イ l
    |     | ヽ l  |ゞツ    辷ツ| :| | :|   あ〜、分かる分かる。
    |     |   § l.   、_,、_,  ̄ ,| :| | :|
    |     |   § |ヽ、 {_ノ_, ィ´ .l :| | :|   バカだよねー。
    |     |   l  :l__d。  ̄b_  .l :| | :|
    |     | ,ィ-|  :ト、 ゚δ゚/: : :ヽ、 :| | :|
    |     |,'  l|  :l∧ ´./: : : : l. l :| | :|


5 :◆vsQyY1yD2Q
                                                __
                                                    /::::::. \
                                                 /::::::ヽ;;:   \
                                             (:::::(::::冫    |
                                             (:人;;;) .    |
                                         r‐-;::::::. .     |
                     ( ツっこんだら負けか……? )  (三)):::::.. .   |
                                         >::::ノ:::::::::.    /
                                        /::: / ヽ;:::::::::   /
                                              /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                        (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                    |\::::::::::::;;:1
                                                    |:::::\;;/:::|


6 :◆vsQyY1yD2Q

                                                        / ̄ ̄\
                                                            /  ヽ、_  \
                                                           (●)(● )   |
                                そう言えば、調査に数日掛かっちまったが.   (__人__)     |
                                                           (        u .|
                                やる夫達の調査は順調に進んでいるのか?  {          |
                                                           ⊂ ヽ∩     く
                                                      | '、_ \ /  )
                                                      |  |_\  “ ./
                                                      ヽ、 __\_/



                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、.   昨日、ひとっ走り レーベまで行って来たが
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi   宿で 紙に埋もれてたぜ。
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\              巻き込まれそうだったから、速攻で逃げてきたよ。
           /、      {:  ヽ
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/


7 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-



        ____
     /     \
    / _ノ ヽ_ \        昨日、突然 クーガーさんが 部屋に入ってきたと思ったら
  /   (●)  (●)  \.     何も言わずに ドア閉めて帰って行ったんだけど
  |  u  (__人__)    |
  \        |\  / /|   あれは一体、何だったんだお?
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8 :◆vsQyY1yD2Q
           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\.           ……とにかくだ。
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}        せつな達は、既にダーマに戻っている。
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ        お前達も、アリアハンを出ろ。
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、   後の事は、こちらで何とかしておく。
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |    u.//,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /



                                                  />'´ ̄      `ヾ\
                                                // /      \  、 .∧.-Y⌒ヽ
                                             // 〃ハ    ヽヽ ヽ (__;)┤   ‘,
                                          /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
                                       //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  l
            仕方ないね。                     ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  l
                                            〃/ i ハハ 圷 _    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  l
            レーベの やる夫達に期待とゆーことで。  ″′|| '. l*(―)′ (―)*ノ| lソ// lヘヽ!
                                      |l l i|/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§/  l ヘ   、
                                      |l |l /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§ヽ    l ヘ  ヘ
                                      |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ
                                      |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
                                            八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ


9 :◆vsQyY1yD2Q
                                                    ____
                                                  ,  ´        ` 、
                                                  ,へ/             \
                                              / , '                    ヽ, へ
                                          / /  /   ./    、       キ'" l   ヽ
                                            / i  ,'   ,'     l  .i    l冫'.l.   .i
                                          ,.  l  l  __ ,'   ,  .l __,'  i  .l /,'.|     .l
                                             l  ', .l '´ ,`   ,l  ,' '´/``/ ,' .l'./ ,'    .|
                                             l   ', .|ヽ.,ィテz、  l.レ'l.,ィテz.、,' / .l' ,'l     |
                 あ、そうだ。                l    ヾ.l  b::::::lヾ'  レ'b:::::::l,イ   .l`}' l     |
                                             l   l l  ゞ_り    ゞ_;り l   l/ l    |
                 いざないの洞窟 寄ってかない?   l    l .`⊂⊃  、_,、_,  ⊂⊃  § |    |
                                             l    l .l  ` 、  ヽノ  ., イ.  § |    |
                 できる子が また泣いてたら.        l    l . l     ` ‐r-‐ 1´ .l  ./   .l    |
                 ダディ ぶっ飛ばしてやらないと。.    l   l l _,ィ―-r'゚。o。゚'‐-,'  ,'    l    |
                                             l   l l´ l: : : : i. δ  /  /l`ヽ |    |
                                             l   l l  .l: : : : :i`ヽ   /  /: l  i..|    |
                                             l   l l  .l: : : : : i   '  ' : : l  .l.|    |
                                             l   / '.--}: : : : : :\/l  l: : : :ヽ l.|    |
                                             l  ./ /ー/: : : : : : : : : :.l  l: : : : : Y-,    |
                                              l / /.  {: : : : : : : : : :.:/  , : : : : :;'.f.|    |
                                              l./ ,仁二ゝ; : : : : : : : /  /: : : : :/ |.|    |
                                              ll {_.l ,ヘ  }: 、: : : :.:/  / : : : :,<二ユl    |
      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )     ぶっ飛ばすのは お断りします。
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))  しかし、様子を見に行くのは良いかも知れませんね。
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


10 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂     確かに、できる子ちゃんの事は気になるね。
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ         それじゃ ここで出来る事は残ってないし
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|           鉱山町に行ってみようか。
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ


11 :◆vsQyY1yD2Q
【 いざないの洞窟付近 封印の壁 】
      _,,,,,  .___、  _,,,,,,,,,,, .,,,,,,,,,,,、.,,,_               _,,, -、_..-〜 、_,,,,,,,,,, __ _____,,,.. 、,,, ._,,,.. -、_  __
`゙゙゙゙゙匸''>  "″  `゙"      _,;;jj,,゙リ゙|!゙゙ ̄.`゙゙'''''^゙ ̄´゙"゙"¬、 _      .二ニ彳;;,卩″          ゛
. -;;二'"         _,,.. -- ,i-./ '二 |..|,!ノ''"´_,,,,..、        `゙゙゙゙'''マニ/i‐/゙L..,,/゙.ー'''"`'. .‘゙゙゙゙´   .,.. -./ ゙./
`    .-―ーrtr'" .l 、 .! ,./ :!..-!''"゙´  .i''″   `'-.       ィ‐'''ミ } .7'゙i″    .  ._,,.. -'"゙,l,゙二--‐' ̄ ゙
         \、`|''| ,! |.l'!ト .._ .,..-  ゛ ._,, -''''''''''''''''"゙゙゙゙゙ヽ   .,)i .l゙,!.'i|.! !`- 、   ___/ | 'lニ、
     _,,,.. -‐''''/./ .i.!  ! !_ソ'!'“~ ̄             }゙'l  l ,!! ! .l!ゝ.| .リ .i゙',゙゙゙/'ハL " | ! `'-rニ,゙,゙;;;;-
_,, ‐''|´  | l l,." .l l゙ .lニミ,,   __,,,,,_、            ゛  ./'i |.!│  !| |"/│.l,, !―'冖''l''~゙゙ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄´
 ! |‘'l .!゙,|-゙‐''^゙'''シ._....|,l_,l_.l` .l._,ゝ 〉'!!''r‐-、,,,、     .,-‐'"|'''〕 ,〉!'! . , '"`゙''''¨''"      ._l,,_,  .,,.=゙‐' ̄゛
 ,,/-c--'"  .--ッ'''"゛     `´  `'"`'ー 、,,,! " `'>---ッ''゛ 、.|.".i l  !.!>-、     ._._..-'"´  `゙^~l゛
´   .゙!|''';   .'"           ,, - ,,、    │/ ,i-‐.!┐ .| "...| ー''"   `-、  .‐" ゛        l'、
    .!` !            ,,, 、.     ._..-'"´ .! 〉,,|、 ".| l゙ ! |`'-、、                      `'! _
     l...,」    ー―<,,,,,,....ニ=---r'"   .} .ス ! l__, " " .! l゙ .! ./ `ーi¬ 、                    ゙t.「″
     |......l                  \ |゛ .l  ! i1.l,  ̄`''、、/ |゙'!  、|,  .l゙.゙/';;- 、....,,,_              _,,、゙"
    .,┴ !                 _, イ !  .′| "/ ゙'‐   .`'''''''''ー ,,.│.l | .!i/ l │、.! .`゙/''-、   _..イ゙.! !_,I...
   ,r".... 、!            _,,-''´ ., | .!´|  ...ム.ト‐゛         `'''''ー !,_ / .、ヽ.! !│,,!  ,,二ニ'"゙''゙‐'~゛
 /,..-ニ" ゙'- ........  ,,__.. -‐'''"´  .! ー,,! ゙l  .l /       .,ノ''‐   .、    ,,彳 ,!  !、 .!" .../
.lゞ´   `''-、'レ l . i .,  l  |,  ! |., |  /ッ........yッr=`-“′ .-'"..`  _,.. i‐'./ .l|  i .! l .| !'----、,,,  .ー''"⌒
      . _/リ"│.,! .|  . !、 ′/ .,,"| ′,!,ノ'''"゛ . l             `'ー|.._" l .`i l゙,` .′|│ . / `゙¬----
   _..-'{´、 ,i  l ":!  !  ! .!  .|.;| .,/゙゙゙゙\,    !._,,,..、               ̄"''―-- ,、 !  | .′i  | . ! /
'ー'″.、 ." ! ! ''i ゙‐i .! .,!、 l./ .!′ !,ア´     レ. /    \ _.. - ..,、               ゙コ/  .l゙  .l .、 !  |`
. l  │ / .l .!  | .,リ  .| __/        ゙i          _                 : ..、(,.l.  "1 .",!  !  {、
 !″,i'゙、 .! || .! .、.l .l ` /           l !     _..‐"  .--―ー、、  .__,,,,,.     `゙l、  !  ...| .,.i /│
  〉.! .ヽ "」″ .! ` ゙ ./゛               た.l             `゙´   -、      `ー-..,,,..「  .|.! .| /



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |    しかし、封印って言うのはスゴイねぇ……。
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |::::::::::  u   ノ.-=ラ     今にも崩れそうな土砂なのに、小石ひとつ落ちてこないよ。
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、    もしかして これ、『凍れる時の秘法』 みたいな魔法だったりするのかな?
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


12 :◆vsQyY1yD2Q

         /\___/ヽ
        / ''''''     '''''\
       │:::::::(ー),  、(ー) l       そして、魔法の玉は、この封印を打ち破る力がある。
       │/')   ,,,ノ(、_, )ヽ、,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- '  /       ……僕は、この壁が無くなる事を想定するとしよう。
      _,,,l ;! |::::.______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +     この壁の向こうの水が、どう流れるかを。
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|
                                                      _,. -‐
                                                    _,,... -一 '''´:::::/
                                             \ :::::::::::::::::::::/.,_
                                         _,. -一''`::\ :::::::::::::::::::::::::::``丶、
                                       -=ニ;::::::::::、─一 :::::::::::::::::. ::::::::::::::::::ヽ
                                               /::: .::::::::ヽ ::::::::::.. :: :: ::::. :::::::::::::::::::\
                                              ,:'::::: . . .  ..:ヽ:::::::::::.l .. :.. :: ::::: ::::::::::、、ヽ、
                                           /:::::::::.: .: .:..:.:::::::〉 :::::::::|..:.::..:;::.. : :.  :::::::::',``ヽ
                                      /:::,ィ::::::l: .::::::ム!:::l、ヽ:::::::|゙、::::::ト;::.:. :.. :.:...::::::::',
                                            //!:::::::l:.:::::/ニ」ムヽ ゙、::::|!_゙、:::l=、::::. ::l:::::::::::::::',
            男爵の話だと、洞窟の入り口そのものは   .'´  !:::::/|::::/f l:::;;;::ハ` ゙、::! ,r'゙、l一'、::..:!:::::::::::l、::!
            閉じてるけど、封印はされてないらしいよ。    l:::/l |:/!、、`''ー'‐   ',| ' 」::;;;;::l ),:::ト;:::::::::l ヽ
                                               l/ ヽ l          `゙'''' ´ 〉! ゙、:::::l
            ただ、その辺りも封印された土砂で            .l゙:'、     '       "" / ./゙;:::l
            埋まっているから 開けられないんだって言ってた。  |::::ヽ   r ─‐- 、     ,:'-イ  V
                                             '´|::;:ヘ  ` ー‐- '  /:ト;:::|
                                                  '´、.,_l丶、   ,.、::'lヾ、l `
                                            /   7 `ー '´ r‐''''´|
                                             _,. -''"´`丶、./      l   _,.!‐-
                                  _,..-'''"        `丶、   ,..イ-'´
                                      ,r '´                l‐--l、.
                                  / ヽ               l ̄ ̄ l


13 :◆vsQyY1yD2Q

    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.  ''''''     '''''' |   大雑把な見立てだけど、上の入口との位置関係から言って
  .|::::.,(一),   、(一)|   旅の扉に近い入り口は、この土砂に近い場所にあると思う。
  .|:::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /   この土砂がなくなれば、おのずと開く事が出来るだろう。
  /   ` 一`ニニ´-,´

                                                    ,、       ,、
                                                    l ,`- ー- ,,,,r' l
                                                   ,r' @  o @  ゙ヽ
                                                  i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,
                                                  (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ l
                                                  (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`} 
                                おとうさん、大丈夫なの?   /):: ●) (● ) )::::::リ
                                                 ./ ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
                                                〈  くY''ヽ    ,ィ'ノ .:y
                                                 ヽ / ̄'i   /'  ̄ヽ
                                                  ヽ〉  !、 /    ヘ
      ,, -─-∧
    /    ─ \
   /   (●)   ヽ       ん……ああ、大丈夫だよ。
   |   , -''(、_,.)   | >
   ヽ ( (´\ ( (●)/      一通り 見て回ったが、どこかから水が流れ込んでいる訳じゃない。
  / \ヽ`ニ´ ノ  /     溜まっている水を流せば、何とかなるだろう。
 /    `ー- 、一''
 |  |     、 |


14 :◆vsQyY1yD2Q

.  /  ̄/〃__〃   /  ̄/       /
    ―/  __ _/   ./ ―― / /
    _/   /   /   _/    _/ /_/
      /\___/ヽ
     /''''''     ''''''::\            封印を解いてから流れ出す水に関しては
.    |(●),   、(●)、.:| +
.    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|.         近くにある川に繋がるよう
.    |   ´トェェェイ`  .::::::| +.        水の路を作ってやればいいんだよ。
     \  |,r-r-|  .::::/     +
  ,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.       /^)   そうすれば、自然に海まで流れていくさ。
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
      |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、

                                            ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
                                                 ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ
                                             ,..:::::::::;:::::::i:::::::::::::::',::::::',::::::::::::::::::::.、
                                               /::::::::::::i:::::::l::::::::l!:::::ト、::::::',::::::::::::i::::::..、
                                          /:::::::::::l::l!::::::ト:::ト:i',::::l 丶_:::', ::::::::::l:::::::::.,
                                              ,'::イ::::l:::l_l_!:::::l !:l i! ,才´__ゞ::', ::::::::::l:::::::::::,
                                       ,'/ l::::l:´lレ _`_` l!   ´γヽ`ア ::::::::::l:::::::::::,
                                       ,' l::::l::',:レ´.rヽ` __  弋_j,イ l::::::::::::l:::::::::::,
                 そ、そんな単純で良いのか?       l::::ト:::,l` 弋ノ/, ̄ ̄`〃  l:::l:::::::::l::::::::::.,
                                           l::::l::',ハ、 .〃       u l:::l::::::::::l:::::::::N
                 そもそも、川なんてどこに……?      l::::',::',::ハ    ―     l:::l::::::::::l:::/
                                                  ',::::',:::::::::.ゝ、         イ;:/:::::::::/
                                            ',::::',:::::::, '´ > <C  /イ:::::/
                                          ヽ::::',::/,, −−-_〉     iイ___
                                         /.;.;ヾ、!.;.;.;.;.;.;∠'7 7ヽ __  //.;丶、
                                              /\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l__/ /____ ,, <´.;.;.;.;.;.;.;.ヽ
                                      /   \;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ト, ,-,,<.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
                                     /      \.;.;.;.;.;.;.l///.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_.;.;.;l
                                           /      /   \.;.;.;.;l/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.''´  ̄ ̄   ヽl


15 :◆vsQyY1yD2Q

        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ=@ /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ    今は枯れてしまっているが、昔は川があったみたいだよ。
..i                    j、_,, ノ
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,    ちゃんと水が通る路が残されている。
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'
..,,}─- 、   ',    `          ヽ      おかげで、工事の期間を短縮出来そうだ。
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 i、_,,〉
  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ く ヽ
                                             _   ____  ,. -─ ''' "´ ̄ ̄ ̄`i
                                     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´        ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                           {:::::::::::::::::::::::::/◎   o    ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                                          l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
                                       i::::::::::::::::/    ,.´'´:::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
                                     `、:::::::::/   /::::::::::::::::、:::::、:::ヽ::\       ヽ、:::::::::, '
                                     ヽ::::/ ,. '::::::::;:::::::;'::::::ト:::::l、:::!::ヽ::ヽ     ヽ/
                                             〉 /::::::::::::|::::/l:::::::l,l::::H:::ト、:::!:::`.      i
                                          l /:;':::::;:::::;!:::l'´!::::;! |::ノ,.レ'=、V、:::::ヽ    l
                         そんなことも分かるなんて    l |:::!:::::!l::::!ヽ:!  V   ´    } l::l::::l::!    l
                                      ! l::ト::::l::!::l ,ニ=ミ,    ,ニ 、レ!l!::!::!     !
                         おとうさん、すごいのだ!   .! ヽ!ヽ|::ヽ!_ ,,    、  '゙⌒ヾ l::l'レ.ノ    ,!
                                      `ヽ、 _ ,ゝ.< つ、 、,    '''' l:レi::!    /
                                                 /:::::::::`ヽ-' 、 _,.-、‐、:'イl:! |:l<"´
                                         /:::::::::::::::::::::`ヽ,. -'──┴-リ、レ  i
                                           ,.. -‐":::;;;:::::::::::::::::::::r':::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  `、
                                   ヽ::o::::;;;;;;::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::l.  i


16 :◆vsQyY1yD2Q

                    /⌒ヽ
  ∧_∧   /\__/\ ⊂ ̄ ̄ ̄⊃ ∧_∧   ところで、男爵様に言われた通り来たけど
 ( ・∀・)  (   ̄∀ ̄  ) .( ´皿`)  ( ´∀`)
 (    ) .(         ) .( )U( ) .(    )   モナ達は、何をすればいいモナ?
 | | |  |   |    |   |__i._|.  | | |
 (__)_). (____)____). (__)_). (__)_)



                                                           /\___/\
                                                   / ⌒   ⌒ ::\
                               ああ、ここ数日の調査で             | (●), 、 (●)、 ::|
                               枯れた川の流れは、大体 分かった。   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|
                                                   |   ト‐=‐ァ'   .:::|
                               まずは、水の路を整備して           \  `ニニ´  .::/
                               海までの路を確保しよう。         ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
                                                 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                     |  \/゙(__)\,|  i |
                                                     >   ヽ. ハ  |   ||


17 :◆vsQyY1yD2Q
        /                             !
        /         /     , -ノ ノ   ,       l
       /       ,.イ_∠_,. -‐'´ ム∠. -‐'´j,イ      |    呼ばれて来てみれば、面白い事をやっているな。
       /  , へ、 |─‐-ミ.、  ヽ  /  , -─‐-|  /ヽ |
        /  | fヽ | |, ,.===。ミゝ、j 厶イr.。===、 | l/^ヽ! ',.  ああ、怪我をしたヤツは すぐに言うがいい。
     /   .| {´j〉| ./  ー─‐彡`  ´ミー‐一' ヽ |こヽ|  ヽ  すぐに治してやろう。
    /  ,r‐l iゝ |〈    ‐' ´  } {  ` ー    〉 ノ j\ \
  / _,. ィ‐‐k\ーt| \     '/    ヾ    / |.ィ' ∧‐<\ \
-─''"´ r'‐‐、ノ  \| K|  / ̄`ヽ--'"´ ̄\ /f  | / ( _) `ー- 、_
    ノ- 、.ノ    |iゞー一'   , -──- 、  `ー-イ   (  )
    !    }    |l ヽー一'´   ー─一  `ーァフ'「l   >⌒ヽ
    >‐-<       |.l  |\       ,、     // | |    ゝ--<
   {    )      | |  !  \、_ィノレ' ゝMィ/ / | |    ( _ }
   f ⌒ヽ     | |  ゝ   }       {  ./  | |    /  ヽ
   ゝ-‐く     ゝゝ    イ          ト    ノ/   ゝ--く



                                                          /`ー──一'\
                                                         ,r(●)(、_, )、(●)\
                          ご協力感謝します。                   |  '"トニニニ┤'` .:::|
                                                           |   |   .:::|  .::::::|
                          僕も、僧侶の訓練を受けましたが.            |   ヽ  .::::ノ .::::::::|
                          まだまだ 未熟者なので                 \   `ニニ´ ..::::::/
                                                ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
                          私一人では、どうしようもありませんでした。 .:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                    |  \/゙(__)\,|  i |
                                                    >   ヽ. ハ  |   ||


18 :◆vsQyY1yD2Q
       | |    , -‐-、     ノ |
       ', ',   /:.:.:.:.:.:.l  ,ィY  /
        ', /^V:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.ノ::l::::',ノ
        Y::::/{:.il.:.,i、.:.:.ィ:l:::::::l:::::l
        ヽ:/:::',::ヾ:::Y:/:ノ:::::::l/    なぁに、気にするな。
         }:::::::丶::::ノ/:::::::::j
         l:::::::::::::`'":::::::::::::/.      代金は既に、男爵から たんまり もらっておるからな。
         ,}:::::::::::::::::::::::::::::i′
         ゝ==ニニ==く、      はっはっはっ! しばらく酒代には困らんぞ!
        /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`'i
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ノ:l
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::,!
        l::::::::::::::::::::,,:ィ:"´:::::::{
        ゙7'―‐ ''"::lーァミ7-‐'
        /:::::::::::::::::::l {^l l
        〈:::::::::::::::::::::l l l !
        丶、::::::::::::ノ `-'′
          亡',}~´



                                             +      +
                                 m n _∩          +      +  ∩_ n m
                                ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
                                   \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
.              いやぁ、男爵も気が利いている!.    \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
                                      \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
.              工事現場にケガは付き物だからね!      \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
                                         \\  |,r-r-| .::::://
                                                 \`ー `ニニ´‐―´/
                                           /        /


19 :◆vsQyY1yD2Q

【 この人も 必死です 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    / /          〃:::::::::/ '" "   `゙''‐ 、::::::l   !      !:::::::::l
     //       / ./:::::::/            `y′,/!   ト, ./:::::::::::|
.    l l!       /| !:::/               / /:/  /::}/:::::::::::::l
.    !||   |  l  !:::! .l-‐===、   ヽ   / ._∠ -:::::/,/:::::::::::::::::::::/
    {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
      ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ   気が利いてるんじゃなくて
       \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!.     それだけ必死なんだよ!
        !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
        \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/     絶対に成功させろよ!
.          ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
       ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ    こっちには もう、後が無いんだから!
   ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
       /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.      /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
     /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.    /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
    /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
  /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


20 :◆vsQyY1yD2Q

    |三三三|.     |三三三|.     |三三三|
  /( ´∀`)   /( ´∀`)   /( ´∀`)
   〈〈|iiii□iii|〉   〈〈|iiii□iii|〉   〈〈|iiii□iii|〉
    /|||||〉||||〉.    /|||||〉||||〉     /|||||〉||||〉
   :〈__〉_〉    :〈__〉_〉    :〈__〉_〉



                                                    /\___/ヽ
                                                         / '''''':::::     \
.                カズキ、君は 男爵が用意してくれた兵と共に         |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
.                周辺の警備を頼む。                              |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
                                                  `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
.                人数が少々心許ない上に                    `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
.                この辺りは 魔法使いが出没するから気を付けてくれ。   /`'ー‐---‐一'´\
                                                        /         ::::i ヽ
                                                        |  |        :::;;l  |
      、.        iヽ、
       ヾ:`:'':==-:、i::::::`ヽ、  i:、
        \:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ!:::\
       , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、\
    , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::<_
  ∠===ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::\
     ./:::::::::::::::::;:::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::/::t:、;:ヽ
    /::_::::::::::::::/::::::::::::/::,イ:;イ:::::::/:::::::::ヘ `ヽ
    ̄  /::r=x,:':::::::;::イ::,</イ .l::::/ >;:: |ヽ:ヘ
    ., r'7'::::::{ /::::,イ ,:ク`:司7ヾ-l::/灯| ヽ! ヾi
  /::::厶匕7∨/' i!'´   ̄  |!' !, .l       分かった。
 :::::::::::::::l /イ,rァ>x        '  /./
 ::::::::::::::::l:::::∧ / .i \      _ /           任せてくれ、ダディ。
 :::::::::::::::::l:::::ヾヽ |  \   ´  ,イ
 :::::::::::::::::∨::::ヾヽ.!  ,:イ`'' - '
 :::::::_:::::::∨::::::ヾヽ/i | .i!. |
 ''::´  `::'':ヽ::::::::::〃´! |─┘
 ::::::::::::::::::::::::::\::〃 .| :|


21 :◆vsQyY1yD2Q

           /\__/\
         /:   \    / \
         |.::  (●),  、(●)|
         |.::::   ,,ノ(、_, )ヽ,, |    斗貴子は、できる子を頼む。
         |.::::    ト‐=‐ァ'  |
      ............\ .:::  `ニニ´ /   それと、絶対に僕から離れないように。
     r'"ヽ   t `ー‐--‐‐―´´
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''
                                          /::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                      /::::::::::::::::::::::l:::∧:: l:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                  ,'::/:::::::::::::::::l::l::,'  ',::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l
                                         l:,'l::l!:::::::::l::::l::l::l/.',:l:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l
                                  l.' l:ll::::::l::ト:::l: ハ:lroI',:l::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l
             私から言い出した事だからな。     l:!l:::::l!:l',::lト. i!弋 /'l:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l
                                       i! ',::lリ. ',:| ',   / .l::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l
             任せろ。                      ',l    ノ`ーxx l:::::::::::l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::l::::::::l
             できる子は、私が守ってみせる。          く     l::::::::::l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::,':::::::l
                                           ヽ    l::::::::,'l::::::::::::::::::_::-− T−- -、l!
                                           `i´   l::::::,' l::::::::/´     ',
                                           `.   l:::,' l::/  ,     弋
                                                '._..:::l:,'-‐lイ  .ノ        .\
                                                     l/  _y´             \
                                            _/ヽ-´- 、 _          ゝ- _


22 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     ,、       ,、
                                                     l ,`- ー- ,,,,r' l
                                                    ,r' @  o @  ゙ヽ
                                             i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
                                                   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
                                                   (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
                                                    ):: ●) (● ) )::::::リ
                                              ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
                          ……お父さんは どうするのだ?     Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y
                                               /7_l∠_/ヽ
                                                     / ![><]   ヘ
                                              / ,i ○○ ヽ   ヘ
                                                    /_/       ',   _ム
                                              7_/    ,′   V" _,入
                                                 ソ   i  i     ∨<u、」
                                                   /     l l       ヽ
                                                   L__  __l__l     _,.ィ゙
                                               ̄l   ` Tー''" |
                                                   |    ||    |
                                                L__,!.L__,!
                                                        |ー‐| トー‐|
                                                     ! ̄7 . l ̄,!

            ,ヘ           ,:ヘ.
          /: : \       /::  !
        /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
        /::::::                 ',
        ,'::::                    i
       .i::::      '''''''        '''''''   !
       !:::.      ( ― ),    、( ― )、 !  +    僕は、責任者として 常に現場全体に
      |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l.        目を光らせていなければいけない。
       i;::::..         ノ     、 ゝ   !
       ':;::::...       ー‐ ==イ    /  +    それだけの責任が、僕の肩に掛かっているんだ。
        .\:::::.....       ヽ--‐'   /     +
         `ゝ:::::........      ....../
          ,レ─── 、    /
         _j_ ̄ ̄\\ \ /
        l   ̄ -- 、_ー 、 >
        /       \ ヽ、 \


23 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ,、       ,、
                                                      l ,ゝ- ー-_ノr' :l
                                                     ,r' @ q  @  ゙ヽ
                                              i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
                                                    (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
                                                    (::::::`ヽ'  /、(,:...〈,::`}
                           だ、大丈夫なのだ!                 ):: ●) (● ) )::::::リ
                                                 r‐ぅ__  ((i  r‐ュ ''  ハ::::ハ
                           おとうさんのことは           (⌒ 厂  Y''ヽ.    ,ィ'ノ .:y
                           ちゃんと 私が見てるのだ!!   ` ´     V:丁レ/:/ノ:::::ヽ
                                                     rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |
                                                     ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                                                      \__ノY:::ヽ:_ノ::: |
            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
           /::::::                 ',
          ,'::::                    i       ありがとう、できる子!
           .i::::      '''''''         '''''''  !
           !:::.      ( ●),       、(●)、 !  +   お父さんの仕事を、しっかりと見ていてくれ!
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;


24 :◆vsQyY1yD2Q
        ,/':::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::,','、
       ./;.:::'.::::'::::'::::::':::::::::':::::::::::'::'::'::::'::::::::,':::':::::'::::,':i,
      ./:' ':: :::' :' ':::'.,::'::',' ::'.:'゙:::' :: :' ':: ':'':::':、'::゙':::` ': :l,
      l::':,:::,:::'::.,::: ゙ ,:,: ,::,,::: ,:: ,:,::.:::,.:,.:, :,.::,゙.,':, ,, ' :,:,,.::l
      .l::;:,:::::'::::.::::,:: ;:::,::::::::,::::,:::::::∧::::,:;,::,:::, : :,.,:::,.:,'::::::.:l
      l::::l!::::l!::::::::::ll:::::::::::::::::::;::::::,l .l:::::::::::::::::::,::ll:::::::l!:::::::l
     .l::::l!::::l!::::::::::l!::::::/l:::::::/リ::::l' 'l:::: ハ:::::;::::::::l!:::::::l!::::::l
     l::::l!:::::l!::::::::::lll;::/l.l::::/、ll!::/! ,.l;::ll l::::lヽ:::::l!:::::::l!:::::l!
     l::::l!::::ll::::::::::lllk"''7llll''ll、'.リl  l リ=illllァt:l,l::l!:::::::ll:::::l   それにしても、男爵は太っ腹だな。
     l::::l!::::ll:::::::::l.l! ヘ、l{,゙ニリ゙'   l / .lt;;;;kヅl:ll:::::::l!::::i
     l:::l!:::::ll:::::::::ll ≡=.  ̄_,,.、;;;:=l=、 `"'''''"=.,!:ll::::::ll:::::l    警備の兵に、工事の人手。
      ヽl:::::l.l:::::::l.l   ~ ̄    .} `"''=- ./:::ll:::::リ:':l'     大盤振る舞いじゃないか。
       \::l.l:::::::ト、.        '     /:::::ll:::::l/ll'
        ヾl::::::l! .ヽ,    ,、-‐-    rへ::::ll:::〃リ.     これで兵の数が多ければ、言う事なしなんだが。
         l;::::::l!  .l.\,       ,/   'lリ::〃
          '、::::l,_ l!  ヽ、, __ ,、イ,,、、、  ,l::::/
         /i::::l ,>'       ,lヽ;;;;; `ヽ,llニニニ--- .、.....,,,__
       ,/; ; ; 'i;::i,   ,.r‐ 、,   /;;/; ; ;,f.l     ̄``''''''‐--二ニニニ
     /; ; ; ; ; ; ; lヾ ,/;l   l `ヽ、/;/; ; ; ; l l
   ,r ' ´; ; ; ; ; ; ; ;.;, ;l/; ; ;l   l; ; ; ; /; ; ; ; ;,l l
.,.<`ヽ、; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l,;;;r‐'゙    ̄7,;; ;,;,;,;;;;;l.l
   "ヾ=`ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,':, ,,,   r-,/,;;;;;;;;;;;;;;;l.l
   / .l.l ~ヾ=-`''-、;;;;;;;;;;ヾ;;;l  .l;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;l l
、 ./  ll .ヽ .~ヾ"=-,'-;;;;;ヽ;l  l;/;;;;;;;;;;r‐ラ ,l


                                                            /\___/\
                                                    / /    ヽ ::: \
                 それだけ、貿易の再開を望んでいると言う事だろうね。  | (●), 、(●)、 |
                                                    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
                 鉱山夫を こっちに回してくれているらしい。            |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                                                    \  `ニニ´  .:::/
                                                    /`ー‐--‐‐―´´\


25 :◆vsQyY1yD2Q

             r;r‐r/`!
           (二〈_L (`ヽ{二l>-
            l` ( ``/
            ヽ   l
            ,.-|,. -'´l
           r'‐'´:::::: |
            !::::::::::   |
          |:::::::    |
           |:::::::    |    _     、 _
          .|:::::::    |    \`'''ー- 、\`丶、
          .!:::::::.. .:: |  _,.. -‐''':: :::::::::::::::::::...丶、
          |:::::::: .:::: |-二;;;::::::::...:.......   .:::::: _,. -
           |::::: .::::: .:::} /::::::::,-、::::.._;:-‐ニ;;;::::::..\
         .|::...:::::: .:::〈∠::::::::::/ )//....\l/:::;,,. -;‐    ダディ、大変だ!
         |:::::::::: .:  l/:::::::::l _ '´    '''"´ミ::::::ト、ヽ
         |:::::::: .:: .:: ト,フ:::/`l    ,. -=_-、´l!'|::;' ヾ!                 /
           |:::::: .: .:: .::::::.ヽ冫  '   〈 ゙、:::: >' ノ l/                 _   /
           !:::: .: .:..::::::::::::...\      ヽL//          _,,... -一 ''/-ヽ-'゙`、
         l::: . .::::::::::::::::::o/    rー──く,r、‐ァ‐r、-ー''''''' "´     ..::::! -、_,.ヘ_)
         !:..: .::::::::::::::../ヽ`ー‐'゙レ'´: ::::::: l ll  l::::    ............:::::::::::::::r一、/
        .,': ..::::::::::o,イ´ r 、゙、‐r''´::::::: ::::: l ll  !:::::::::::::::::::::::_,,... --‐一''´ /
        /. .:::::::::://   l::::!ー、 ゙、:::::::::: :::: l ll l::; --─ ''' ´          /
      / .:::o:::/ ,'    ` |::::| ヽ::::::::. ::::::|__ll__lノ             /
     ./.:::::::,ィ´  .,'    !  !`'   ヽ:::::: :::::|'´                `丶、
     /:::::::,イ;;|         !  l    ヽ:::::.::::|                    `丶、
    ./:o:, ';;l;;;;!       l  l      ヽ:::.:::!
   /:::; ';;;;;l;;;;|          l  !     ヽ::::|
   /:; ';;;;;;;l;;;;;;!        l       |;゙、:!
  ./:/;;;;;;;;;l;;;;;;;|         l        |;;;゙、
                                                      /\___/ヽ
                                                          / -‐'  'ー-  \
                                                       | (●),(、_,)、(●) ::|
                                     どうしたんだい、カズキ   |    /,.ー-‐、i  :::::|
                                                   |    //⌒ヽヽ  .::|
                                     そんなに慌てて。        |    ヽー-‐ノ  :::::|
                                                          \    ̄   ...::/
                                                    /`ー‐--‐‐―´\


26 :◆vsQyY1yD2Q
    /:::::::::::::::::::::::::::::≧/::::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::イ::::::/::::::::::/ハ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::x≦/::::::::::/У::イ::::::::/:::::::ハ
イ:::::::::イヽ::::::::::::::::::/::::イ'"´l/  /:::::::/イテ不、/::::::イ::::::::::::::ハ
 イ   /::::::::::::::/イ::ヽこ   /::::/   i /y//::::/::::::::::::∧::ハ
.  /≧/:::/l:::::::::イ:::::/ i   /:/     ヾ//:/:::::∧::/  Vリ
 /////\|:::/ |:::/  .|  ./イ        /',::::::/ V   ソ  どうしたも こうしたも
./////////|/≧x|/ / .、                 V
///////////////\ ∧       ___   ,イ         あの人達、これまでモンスターとは
/////////////////\ ∧     ヽ ヾ=-イ           柵越しの戦いしかした事がなくて
.///////////////////\      _)
==‐‐-、 ///////////////\   /                  町の外で戦った経験が無いって!
///////>x、///////////Y \__/
////////////>x、/////// /7
////////////////\/////./
////////////////////< /ヽ


                                                        /\___/\
                                                /、-―' ゙、ー- ::\
                                                | (○), 、(○)、:::| +
                        そ、それはマズいな。           |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|
                                                |    ,゛-=-'、   .:::::| +
                        ただでさえ、数が少ないのに……。    \   '´`.:::  .::::/     +
                                              ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                              :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                  |  \/゙(__)\,|  i |
                                                  >   ヽ. ハ  |   ||


27 :◆vsQyY1yD2Q

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | (●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |.  ` ⌒ ´  |    いよぅ、様子を見に来たぞ。
   ,」  L_ |        |
   ヾー‐'|  ヽ       /     どうだ、工事の方は上手く行きそうか?
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))



                                                          /`ー──一'\
                                                         ,r(●)(、_, )、(●)\
                                やらない夫君!             |  '"トニニニ┤'` .:::|
                                                           |   |   .:::|  .::::::|
                                丁度良いところに来てくれた!     .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
                                すまない、手を貸してくれ!         \   `ニニ´ ..::::::/
                                                ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
                                                :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                    |  \/゙(__)\,|  i |
                                                    >   ヽ. ハ  |   ||


28 :◆vsQyY1yD2Q


                             かくかくしかじかで
                             警備のための戦力が必要なんだ。

                             やらない夫君達の力を貸して欲しい。

                             あと、誰か レーベの やる夫君に
                             この事を伝えてくれ。             /\___/ヽ
                             (.`ヽ(`> 、                        /''''''   ''''''::::::\
                        `'<`ゝr'フ\                   +  |(●),   、(●)、.:| +
                           ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                    |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                     ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                  + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                                \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
                           (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
                            ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
                             \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
                                     レ|        ヽ | { l   l ::::::::::::::::l ヽ  ,ヘ,',',',ヽ  l:::::::::
                                     ヽl    /   \ ヽ、  / ::::::::::::::::::ヽ ∨ .〉‐〈 ヽノ|::::::::
                                ヽニ二..__   `ー=ゝソ :::::::::::::::::::::::ヽ.   l,',',','l   l::::::::



          ハ,,ハ
          ( ゚ω゚ )
         /   ヽ    ダーマではなく、レーベですか?
        | |   | |
        | |   | |    あちらも、四人しかいないはずですが。
        ||   ||
        し|  i |J
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| (
         / |\.\
         し'   ̄


29 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  /\___/ヽ
                                                       /''''''   '''''':::::::\
                                              ☆─ >,    、(●)、.:| +
                  男爵様に色々と お力添えしてもらったが           |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.                                                 |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                  この一件は、あくまで                     \  `ニニ´  .:::::/     +
                  やる夫君の主導で行われないといけないだろう?  ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                              :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                  |  \/゙(__)\,|  i |
                                                  >   ヽ. ハ  |   ||



                  ,. : : ´: : : : : : `: .、
                  /: : : : : : : : : : : : : : \
             _ /: : : : _ノ /: : / : : : : : : ヽ
            (⌒7´.:二 ̄-,イ: :ナメ、,イ./! : : : : ハ
              /イ.:/-、:/r,≠ミ、/// l_ト、: : : : :'.
                  / /l  イ /l':::::d 》/  リ`リ.i: : : :l   なるほど。
              /./i .ゝ !{ ゞニツ   ,ィf示/イ : : : l
               // ∧/ ヽ|! ' ' '    , 〈::゚ソ// : : ∧j    それなら、レーベには
                //_/ノ> ⌒ヽ  、__ , ,´,/: : : :/     私一人で行ってくるね。
         , ´ ̄ /       !_   _ イ : : : /
          /_  /     ,.イ : :  ̄: : : :l: : /
         / ̄`ラ     /  | : : : : : : : : ! /


30 :◆vsQyY1yD2Q

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     よし、それじゃ 俺と お断りしますが 警備に加わるだろ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \.    ギャル実は、できる子と一緒にいてやってくれ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
                                                      _ .... _
                                                , .ィ ' ´     `.ヽ、
                                             ,ィ.´    、        i.ヽ_
                                                ,.イ     .i .l  `、  ヘ  .i i , ヘ` .、
                                         i i' .i  i. .i .l `、 .i 、ヽ.i! . l.l./ i.  `i
                                         l.i l i .i ヘ.i .ヘ i l ._|` l.l./',i   i
                                         !l .i ‐iー.、 ヘ .i .v.´「i 「`i.j i//.l   l
                                         l.l.llλ.ム.iニ、i、 .l! ./_レリ-lル .l‐、 /l.  l
           ダーマでムチを習ったから                    l.リ.トlヽ「N::;:::i`、lV´i :::;::::i.l lo/' l  l
           アリアハンのモンスターなら大丈夫だと思うけど  l  l.l .l! 込ツ   .込沙.l . l§ .l  |
                                         l  l i ⊂⊃_ 、_,、_, _⊂⊃ l$. l  l
           ま、ここは できる子を守ってあげよっかな。.    .l  l i i   ,n.o o,┐ l. l .   l   .l
                                              l  l,ノ 〉  ,'イ〈_Oィ'.<`、ノ ノ.  .l   .l
                                                  l ( ∠_ . λ ,'^。''^。y' ∠-、.   l  l
                                                l .,[ニ‐_`)/_` .ー-~-ィー.rァ.,ィ'   l   l
                                         i (_‐ニ,. /、/`f`<∪∪r'Lニ フ   `i. l
                                              ,.ノ ,ノ`レ_,(i、`.、._ー'`∪∪  .レ'  , ┘. ヽ
                                      / ∠ .- 、\. `゙ー◎ー‐ '_`>   /, ェニ='-‐-、
                                     <    ___. `i `i、ー r‐'i_´__i   ( __ ̄ __,,,、、- ノ
                                         `ー.ャ.' / _ノ  i! ̄l   i!. l.      ̄/ ., ィ '´
                                           / /´.   l .l  .i! l      / /
                                           !、_ \     .l l    i! l      .i /
                                               ̄      !、j    .i、`、.     レ'
                                                       `~


31 :◆vsQyY1yD2Q

              /\___/ヽ
             /         \
          +  |:::          |
            |::::          |.    ……よし、当座はこれで 何とかなりそうだ。
         +   |:::::::         |
            +\::::::::::::      /    さぁ 皆、仕事を始めるとしようか。
             /           \
            / i::::         ヽ
            |  |;;:::        l  |





                                            _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
                                    _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                    {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                                   l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
                                      i::::::::::::::::/    ,.´'´:::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
                                    `、:::::::::/   /::::::::::::::::、:::::、:::ヽ::\       ヽ、:::::::::, '
                                    ヽ::::/ ,. '::::::::;:::::::;'::::::ト:::::l、:::!::ヽ::ヽ     ヽ/
                                         〉 /::::::::::;ィテミハ: :: ::::\|\:.:ヽ|::::`.      i
                                         l  /:;'::::j〃ト:ハ '::: ::|Vィ弌ミ、: |:、:::::ヽ    l
                                         l |:::!:::::!l 弋ク  \{ ト:::ハ Y::l::::l::!    l
                                      ! l:::ト:::l xx    '   弋:ク '/:} !l!::!::!    .!
                        おとうさん……。     ! ヽ!ヽ|::ヽ         xx /:::: ::l'レ.ノ    ,!
                                         ヽ、 _,,ゝ.{>  _` ´_ ∠ /:::: ::レi::!    /
                                           \/∨ >{ ゝ-ー/:_;イ/'゙‐- ‐"´
                                              { 廴  ノ^ ヘ、
                                                 }        ヽ
                                                 j  丶 /⌒   ハ


32 :◆vsQyY1yD2Q

                                                _ ,. - -‐‐‐-=、
                                              , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                                          ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                                         / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                                         _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
                                      / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
                               l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
                                  l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
                                   l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
                                     l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'.}  ',  ',   '
        お〜、オヤジの背中ってヤツ?.      l  l  i l ', ', 「 {::t`》    戈:歹 i :l_ノ l.  ',  ',   ',
                                      l  l  lヽ,lリ、 ゞ歹       ⊂⊃i :l全,ノ    ,  ',   ',
        結構 格好良いジャン。              l  l   l ゙ '⊂⊃  ` _,  i l.E.    ',  ,   ',
                                  l  l    l  全へ   -'    ,.ィ| .l,ヨ.      ',. ',   ',
        ちょっとは 見直してあげてもいいかも  .l  l    l  E  `≧=┌ュュ≦i l  l      ',. ',    ,
                              |   l    }  ヨ,_ ,―-ツ__。__,.ゝ、l  l         ',  ,    '
                              |   l    l  ,'´ `l::::::::l     /:l  l´ ̄`.、   ',  ',    '
                              |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |     ',. ',    ',
                              |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',     '
                              |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ',     ',
                              |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '     ',


33 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                        第29話 「世紀末羊飼い伝説」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第28話へ 1     第30話へ

この記事へのコメント
灌漑用運河とはまた違うんだろうなあ
Posted by at 2010年10月12日 00:47
水車とか汲み上げ用の風車とかで上に水を引っ張り上げる必要のない分、楽かも知れん。
Posted by at 2010年10月12日 01:14
おお、できる子とダディの関係がほぐれて行く…
Posted by at 2010年10月12日 06:13
テーレッテー
Posted by at 2010年10月17日 14:51
あー、貿易再開を当て込んで、大量買付けしたのかな。
1年ほど前にもやったと考えると確かに後がなさそう。
失敗したら、逆恨みで追っ手を差し向けられそうで怖いですね。
Posted by とあるA at 2010年10月17日 18:32
昼間のパパはちょっとちがうな
Posted by at 2010年12月18日 14:12
昼間のパパは漢だぜw
Posted by at 2011年01月02日 15:19
>>31
バハラタで雅音がやる夫の背中に惹かれた場面を思い出しましたね。
やっぱり口先や小手先の技術をひけらかす人より、意識せずに背中で生き様を語る「漢」はカッコイイです。
Posted by at 2011年10月23日 00:06
17でダディが途中まで一人称が僕だったのに、一ヶ所だけ私になっています
そのあともずっと、僕で通しているので統一した方がいいと思います
Posted by at 2011年11月11日 22:07
なんで上から目線なんだよ、ギャル実w
Posted by at 2012年01月06日 22:52
現実で親の仕事振りを見る機会って、あんまり無いんだよな。
子供の頃父親の仕事現場に連れて行ってもらったことがあるけど、メチャクチャかっこよく見えたもんだわ。
Posted by at 2012年04月25日 18:14
親父の仕事振りを見ようと朝からこっそり後をつけたら
公園のブランコを一日中漕いでました
みたいなのも小説としては面白いんだけどなー
展開上無理だし10歳相手に使うネタでもないけど
Posted by at 2012年06月14日 01:17
俺が親父の仕事を見に行ったときははしゃぎ過ぎちゃって仕事の邪魔すんなと頭はたかれたわw
Posted by at 2013年04月03日 21:30
うちの親父はいつもパソコンで図面書いてたから、
遊んでるようにしか見えなかったな。
Posted by at 2013年04月11日 07:56
いいねぇ
Posted by at 2013年09月30日 15:54
ダディは仕事時は私、日常は僕だと思ってるけど違うのかな?
一人称の使い分けするのも格好いいと思うの
Posted by at 2014年07月03日 19:56
ない夫が準にゃんに
ツッこんだら負けって思ってるのが意味深に感じるw
Posted by at 2015年03月16日 00:00

準ニャンの場合ツッこむ場所がどうしてもマニアックになってしまうからなw
Posted by at 2016年09月04日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41239041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ