■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/15 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年11月02日

第31話「キンクリさんVSマンモスマン」(1)

第30話へ 1     第32話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 アズラエル男爵の屋敷 】
          _
        f'/ K7-、
   _,  ィ^'ヘ'''”::::::"::.そ
_,,、/:::゙て”:::"::.”::.:::::.."::''、_
”:::":.:::::..”:::":.:::::..”:::":.:::::..`-'^、_  ______
::”:::":.:::::..”:::":.:::::..”:::":.:::::..”:::":.`,´ _r=、  _r=、 ,_r=、、
:::::..”:::":.:::::..”:::":.:::::”:::":.:::::...:∠  ',|田| ',|田| ',|田| \ /\   _
”:::":.:::::..”:::":.:::::..”:::":.:::::.:..”:::":.::`ヘ_、________\ェi. \f´:
:..”:::":.:::::.:..”:::":.:::::.:..”:::":.:::::.:..”:::":.:::そ 王! !王王| |王王| |_,,_,ノ::"
::":.::::::..”:::":.:::::.:..”:::":.:::::.:..”:::":.:::::.:”〈ttttt| トtttttt| |tttttt.! ! r'::"::゙::"
:::”:::":.:::::.:..”:_":.:::::.:..”:::":.:::::.:..”:::":.::::/_ _ |_| ._ _ !_! _ _ | |.f::"::'::::'"
``\:..”:::":.:::::.:..”:::":.::..”:::":.:::::.:: ::::::.<´‐‐゙i f ‐‐゙i f --゙i !l::"::::::::::::
   l";゙;ヽ:..”:::":.W`'''−'^^_`ー-‐''`^`ィ'゙'""::;;r、I_I_I」 .|_I_I_I.! .!:::":::":::":
   |:lii;;;; i;|;レ'_;ィ |  f´::ヽ‐、_-、⌒、 r==========r''´`~;7 >、:::"::
  ,|;ii;l;|;;:ll!:;;!  l|  | 「,,___ r';;::::ミヽ::ィ⌒、/ ̄ ̄\ i::;;;;:::_::_::,⊥_
  |:;:il!;;;ii;;ll!;|_l|,,-'  <ニニニニ゙、r::⌒ヽ  ゙、       r'´::;;::;;::;:::::;;::;;;;
  !:il!;";;ii゙;;ll;|       〉―― 〉_r-''´`'''‐-‐ 、    l;;;;;;;;::;;::;;::;;;;;;;;;;;;
  ,|:;:il!;;;ii;;ll;;l;;|      /――‐「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>    l::::::::::::::::::::::::;;;;;;
  |:;:il!;;;ii;;ll;;l;;l|    /__ 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    ヽ:::;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;



        /                       \
      / /            _ .........._         `ヽ、
      |/ /         ,...:::'´::::::::::::::::`ヽ          \
.      /〃 .      / / ̄ ̄``"~`''ヽ、_V⌒'、       ヽ
.      //l: .::     ,イ /           `ヽ、::|        `,
     l/ |:: :::|   /=|/、___,.              /          |
     | l::::::::l!: /  __``''く  ぃ、_   、___/            /
      '、::::::|!: l ィ(歹ヾ `     `ヾ==>==-‐'           /
        \爪| ─-       ,ィテ=;、\               /|
          /   _/      、ヾニゾ_,ヽ、___     / !
         ,'  「            `''‐- "ー=ニ"´ ̄   ./ /   ただいま 戻りました。
         !.  ヽ                `''z_____,/   /
.           ',   、                /_ ヾ !::  /    まったく、王宮での後始末に手間取りましたよ。
         i  }>‐-、            _ノ.:´ノ /:_/
            l  、 ̄ヽ、ヽ           'ー‐_゙,./'"        あれから何日経ちましたっけ?
          |   ``  `´         ,.、__//
          l!             , イ::::::: /                そろそろ いざないの洞窟の入り口も
        ,.-/゙`丶、___,,,... --‐‐'''''"´ ,イ:: l: /                水が引いたんじゃないですか?
 ,.-、__,. -‐'" :|';';';';';';';';';';';';'\_  __,.‐';';|::: N
'´  /       l';';';';';';';';';';';';';';'/`´ヽ;';';';';'ト、 |
   /      :l,';';';';';';';';';';';';/:::.   ヽ;';';'| ヽ!
  :|       ヽ;';';';';';';';';';'ハ:::..   ∧;';';|  \、_
  │        ∧;';';';';';';/;';';'\;-‐〈';';'!';';|:   \`丶、


2 :◆vsQyY1yD2Q

                                                              (ヽ三/) ))
                                                    ___( i)))
                                                         /⌒  ⌒\ \
                                                 /(.●)  (●.)\ )
                          おかえりだお!                 / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                                        |   (⌒)|r┬-|     |
                          詳しい話を聞かせて欲しいお!  ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                                                     | | | |  __ヽ、   ./
                                                     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                               `ー---‐一' ̄



  |         /              /|    \
  |        /              /_/∠⌒ヽ ヽ
  |      ,イ               /   ヽ ヽヽl
  l    //               /       |  | | |
  ヽ    / 〃         / 〃 /      _,」  j| リ
   ヽ   | /|        / /|/ | /     ∠ィル7// ヽ
     ヽ  |仁l   j|  i  ||/ニlニ| ト==v' ィア- !  〃    l    もちろんです。
     }  {Yフヽ. || | ||  lリィr_テ二        }       | !
    j/  \〈__入!! ト、| \ l ゞ= '"       ヽ / ∧   | |    これからの交易についても
    //  __ j|ト--イ ヽ、   ヽ             >ヽ/ ヽ  |      話し合わねばなりませんからね。
    ///ハ!リ\ ヽ              ァ'´ 〃  l  |
    /  /   ヽ  `ヽヽ、       、-- ニア!---┘   !. |      では、中へどうぞ……と言っても
  /  |    ヽ     `ヽ、       ̄ -イヽ        | |      元より君達は お客様ですけどね。
      |       \      `ヽ、     人 ヽ        l |
      |       \       l ̄´  |  ヽ       !|
      |           \       |\  |   !       |


3 :◆vsQyY1yD2Q
   . .|   .|    .|    |   . .|   .|  . .|   .|  . .|   .|   . .|   .|   . .|
___.,;;l___._;l___.,;|__._;l___.,;;l___._;l__.,;;|__,,;l__.,;;|_._,;l___.,;;l___._;l___.,;;l
  .|   |/>.、|  .:|   |/>.、|   :|   |./>.、|   :|   |/>.、|    |
_;l_.//\\__;l__//\\__;l__// \\_,;l__//\\__l___
   . .lΥ|    Υ!     l:Y|     Υ!     lΥ     |Y:|    lΥ    |Υ! .|   . .
___.,;;| |::|    | |.___,;;| |:|     | |.___,;;| |     |:| |.___,;;| |    |::| |..,,;l___.,;;
  .|..:::|_|::|    |_|  .|..:::|_|:|     |_|  .|..:::|_|     |:|_|  .|..:::|_|    |::|_|   . .|
_;l_| |::|    | |_;l_| |:|     | |_;l_| |     |:| |_;l_| |    |::| |___.,;;l__
   . .|_|::|    |_|   . .|_|:|     |_|   . .|_|     |:|_|   . .|_|    |::|_| .|   . .
___.,;;| |;;|__,,| |__;;| |;|___,,| |__;;| |___,,|:| |__;;| |__,,|;;| |_,,;l___.,;;
  .|:..└ー┴‐ー┘  .|.└─┴‐┴┘  .|.└─┴‐┴┘  .|.└ー┴‐ー┘  .|
_;l___.,;;l___._;l___;;l___._;l___,;l__;l___._;l__.,;l__;l___.,;;l___._;l___.;|__
   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|  . .|   . |   . .|   .|   . .|   .|   .
___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;;l__.,;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;
  .|   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|  . .|   .|   . .|
_;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;;l___._;l___.,;;l___._;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


              , -‐'''''''‐- 、
            , '´   ,....., . : : '‐ 、
             /: .  /_ノ⌒ヽ   ヽ
          /{: : . :/"´    ̄ ソ :  ',
          ,'ィ i: : i:{_  、 ,.∠ノ. :  . i
              i: '、:、トftゥ≧'  `.tゥ≦ィ. :i,'
           \i‐ゝ ̄ .: i   ̄ ゝイ    そう言えば、君達は
             ゝ',     ;     .'_ソ
             jiヽ  ¨二¨  .イi     まだ 使用人も雇っていないのですよね?
             ' ij, \   /j{リ
            /:|:.`'‐、 ̄,-'´:.:>、
       __,,.. -‐'':i: : :|:.:.:.:.厂 ヽ:.:./  ',‐- ,,__
  , .-‐''"~ . : : : : : : :': : ハ:.:∧ ∧:.ハ  ',    `'' ‐- ,,,__
. /          / /  V:.ノ |:.:リ ',   ',         `ヽ  カツ カツ
/: : . . ,    _,`フ    ';.|  |:.,'  `'<_      . : .


4 :◆vsQyY1yD2Q
  /  /         ll '、 ヽヾ'、ヽ    、      、  '、
  /  /    /      ハ ', ' 、',ヽヽ、  ヽヽ     ', ', ',
  !        l    , !  '、 ヽ ヾ'、', `ヾ' 、 ヾ'、      ', ',l
  !       /   /l /   ヽ ト、 ', ヾ', >、ヽ、 !  l  l ll  !
  l       l  /-l/ニニ=弌', ヽ',  ,.ィ'"テト、', l l! ハ l
  l   l   l  / ,.イ'"テ`r、 ヾ', `、  {,.イリ:} `ト, ! l l l !
  ', l  ト,   ヾ´ 〃 {r''´:::シ   `   \ ゞ='‐ l l  l /  リ   まだ拠点も定まってませんから。
  リ',  `l    \ -ゞ‐'"´    ...       //   l′
   ヽト、 !    、 ヽ       :::::::: `     /イ  l l        しばらくは、私達と やらない夫さん達
    ` `!     `r、\          /     /   ト,!
      ', l    ヽ`ヾ'、     __,::ィ   //   l `      それに やってられっか夫達と
       l ll   !  ヽ、`    ´ ニ′ ,.イニ}l l  l        ねこ夫さん達で対応する予定です。
       ヽハ   ト- 、ヾ`''‐..,,,_   ,∠ニ‐'"l.! l  l
        ` ', 、 ヽヾニミ‐r‐''ニ≧'"    llハ  !
         ヽ ト、 ヾ} lヽ',l | //     l`''l /、
          >!'"ヽ ヽ > < !ll > <    ノ  |/  `''ー-...,,,_



                                    ,'  /      _,.--、    ‐ ´           '、
                                    ,' /     _-'´    ) r‐'´ ̄`ヽ           ',
                                    レ´     /,..-‐'´ ̄´~ツ'レ'"'―--i        l
                                   r´       r/             l         l
                                  f,  i    l                l , ,      l
                                   !l!  l   i ト、              ノ,/ ,イ    / ,.ノ
                                  !l   ',  , ト、',`'===、     r ,r==ツ'ケ /ノ   ,/ 〃
                                   '、  ト, ヽヽ >-to`rミ,     -,rto"'y'Y´_,..-ケ ,イ!
                    なるほど。            ヽ, ',ヽ  `t、ヾ,-¨‐'       ー¨-‐'" ̄ ,.='ケノノ
                                     ヾ! `ト、_ \`     i          ´=´'/
                    これからと言う事ですね。     `ー',`ー`'      j          /ー'/
                                            '、        ,         ,イ|l
                                          \     ヽ       /ノ ハ l
                                               \ 'ー―-一'   / ,へト、'!,
                                            ,.イ`ト,   ̄   ,r´ ./::::::::) `ュ
                                         _r'/ l:::::'、'、 __ _/_/:::::::::::::/   !'ー- 、_


5 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
.      |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ   やる夫の所も、まだまだ人手が足りない状態だからな。
.     l^l^ln        }
.     ヽ   L       }     しばらくは協力してやるだろ、幼馴染的に考えて。
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                                                   i^,\ _,,_ /^l
                                                   lノ / i|l \ ヾノ
                   ねこ夫達は、ロマリアでも ぬいぐるみを作りたいから   シ ( ●)  (● ) ミ
                                                        メ = ⌒(__人__)⌒= ヽ
                   居候させてもらう代わりに、用心棒をやってやるにゃ。 彡           ;ミ
                                                   ヾ         ン
                                                    |   ``    ヽ


6 :◆vsQyY1yD2Q

                                                        |
                                                             / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                           ・  ・     |
                        オイラ達は、別に                      (__人__) @  |
                        ニュー速で商会に入る訳じゃないでやんすよ。   (`⌒ ´   u .|
                                                        {          |
                        用心棒の仕事で稼ぎたいだけでやんす。         {         ノ
                                                       mm   ヽ      ノ
                                                (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                          ̄ ̄ ̄|    |


     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)   ロマリアと交易するための隊商を手配しないといけないので
    |     |r┬-|  |
    \    `ー'´ /.    一旦、アッサラームに戻ります。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


7 :◆vsQyY1yD2Q

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|      ダーマの店は任せてちょうだい。
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


                                                    /VVVVVVVVI
                                                          /        /
                                                    /           >
                                               / 〃廴,/ ゛゛\ \>
                                                  f' ,/  (      ヾ, ヘヘ
                                                 |i│ ─    `ヽ     }_} ヾ,,
           こっちは一段落ついたみたいだし              ト.:| (●)  (●)  §小.N
                                                 乂|  (__人__)   § N
           ダーマ周辺のモンスターを仲間にしに行くっスよ。. .⊂ ヽ∩ ゜。 `ー´  。゜   ヽ
                                                 乂_\ ∞   ∞  /仲 ,)
                                             \∞ゝ、__∞∞_   " /
                                                     \  ____ 。/


8 :◆vsQyY1yD2Q

                                                             /\___/\
                                                     / /    ヽ ::: \
                           すまないけど、僕は訓練の途中なんだ。      .| (●), 、(●)、 |
                           それに、できる子の加護も見てもらいたいし。  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
                                                     |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                           だから、工事が終わり次第 ダーマに戻るよ。.  \  `ニニ´  .:::/
                                                     /`ー‐--‐‐―´´\

          , -―――- 、
         /            ヽ
     , ⌒ヽ/               `<`ヽ
.    /   /二l        ヽ , ヽ ヽ |
   /   l、ヽ.|  i l   l   ハ i  i l |
    ,    |ヽ` l  l‐-,、 | ト |/ l_l__l_ | l |
    |     | \l、 l、 N lヽl :l.| ハl, | ,l l l
    |     |ヽr=:l λヾ|:lヾ ゙ 从イノ|イ/:|イ l   私も、ダーマの訓練に戻るね。
    |     | ヽ l  |ゞツ    辷ツ| :| | :|
    |     |   § l   、_,、_,'  ̄ ,| :| | :|
    |     |   § |ヽ、 {_ノ_, ィ´ .l :| | :|
    |     |   l  :l__d。  ̄b_  .l :| | :|
    |     | ,ィ-|  :ト、 ゚δ゚/: : :ヽ、 :| | :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9 :◆vsQyY1yD2Q
;;;;;;;;;;;;ad-‐'''""8γ。o      |i|     |i|
;;;;;;/ヽiii〃   ヽイノ)        |i|     |i|
(ii)/(__) ̄ ̄(__) ̄ ̄|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
iii〃  ,/''i' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| __
___) /   :|           |. {,;;} __    __   __    __
, /    jー―――――┘_|;;|,{,;;}___,{,;;}___,{,;;}___,{,;;}___,{,;;}_
/    /           |ヾ,l;;|__|;;|__|;;|__|;;|__|;;|\_
    /            \|;;| ̄ ̄|;;| ̄ ̄|;;| ̄ ̄|;;| ̄i\i;;|\l
   ,/                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /



   / ./           /     ヽ
   !/         _,、. /          ',
  , '            , ‐'_,,,.lr '"' -、       ',
  ,' /       , -´'"´  ´ ̄ `"!', ,     i
  ! !        , '          ,!' l     ,'
  !'l   !  ,' /         _, ' ノ  , '  ,.'
   ', l   l,l`"ニ-_、_  , i-‐''.ニ;ニ;‐二..,_;=ri´        さて、順番に話していきましょうか。
   '、 ',、 ヾ'、´`ニ゙`''`´   ´ `ニ゙.` ,') 〃
    ヾ、'-;、ミ-_     |::        .,'_'ノ.          まず、降嫁の許可は出ましたよ。
     `ー,'、`"'       !::      /.
     ,.-,.' l'、   ,____,  ,.イヽ、         マダム・ルイーダとキサカ卿が
_,.  -‐´,.'  .lヾ'.、   ‐---   //l.  ヾー,-.、_     事前に根回ししていたみたいですね。
  /, './   .',:::ゝ'ヽ、 __,,... -、, './::!   .l ヽ ` '‐ 、
  / .,'     '、:`ヽ /´ _,,..、_ `';:::::,'    l  '、     貴族達が賛成に回ってくれました。
 ,'  ,'     / ',::; ' ',.. -'‐'ヾ、`":::::l     !
.   l      /  '、!  ー--‐ヾ'i:::::i '、.    ',
.  ,'     /   !    、...,,,,,、';::;'  '、    ',
.  ,'    ./    |     ,.、_ ',;'   ヽ.   ',


10 :◆vsQyY1yD2Q

                                           ____,/`ー-、───--、__
                                   _,ノ     |              ̄`ヽ、
                                      /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \
                              //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `ヽ、
                             /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \
                              /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  )
         それは朗報ですね。          ./   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: /
                             j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{
         やはり、貿易の再開が         |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
         アリアハン国内の貴族達には  {  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
                              ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
         傾いた家を建て直す            |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
         希望の星に思えたのでしょう。         |  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
                                        |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                                   丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                                         /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、



       / , '        ,            ,'    \
      /  ′  .::   ..:;.'    ,:      /    \ヽ
    /イ     .::.;'  .:.::/   // _,. , , '   :.  ヽヽ.__
_,. - ´ /.: ..::    .::.::i .::.:/{:.. //´  / /ハ:. :.. ::. :  ゝ-'´
   //.:.::: .::. ::.::.:! :;レ′V__\   /./リ Vハ:. ::.:. .::.. }
 / ,'.::.::::. :.、:.::.:::::! {  '´{ Jjヽ.`  レ′_,ニ|;ハ:.:::.:.:;j:.ノ
'´   /::.::::.::. :{ ヽ::、::' l   ` ´      i 1Jソ` /.::.:/ソ
   ´ヽ::、::.: .:.\ ヽ!ヽ:!          ヽ ¨´ ,'.::.:/     これからは、貴族自らか
      ` ヽ::.::.:.::ゝ:.ィ `         /    ,::.:lヾ、.      繋がりのある商家を使って
      ノ.::.::::.::::.::j      ___   ,ィ;ハ:j
     _/.:::.:::::::::.::::j 丶.           / j!        ロマリアと交易をするって訳ね。
   ´/,::ィ:::::.:::::::/   丶     /
    /' ´/.:::.::::.::/      ` ,._,/
  _,. イ´.::::.:::::.:/!        /
´.::.::_;.-‐r'〈 ̄  .′       /
 ̄「{   !::::',.           / \
   \  !:::::!      ..  |:.  \
    \|:::::|__       ';.  !:    l:`:ゝ、
      \::!  ̄¨`ヽ、i:.   .. . __ |:::::l  フ 、
       \        '´ ̄  |:::::| /  ` ‐ .._
         ` 、             |::/         \


11 :◆vsQyY1yD2Q

         へ、 ,. -‐…‐-
       /   : :´    . . : : : : : .`丶、
      /  : : . . . . . . .      : : : : : .\
    /   : : : : : : : : : >' ´ ̄: : : : : . : : : : :、
    /. . : : : : : : : : : :/_____/. : : : : : : : : . : : : ヽ
   /. : : : : : : .:.:.:. : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : / : ,ィ: : : : : /|: : : : :} : : : }
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./ `Y:.:|:/ノ__.フ≠ァヘレ'. : ,'. : ハ/
 ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:{        〃 //   ! : : /. :/
   |/\/  \入     -〈{ {/   ハ/ヽ/    結果論だけど、商家じゃなく勇者として
             }   u  `      {         降嫁を受ける事になったのが良かったんでしょうね。
        , -‐'- 、     ``    ゝ
        /      ヽ ト     ,., _/          これから貿易しようとする貴族達の邪魔にならないから。
       '       Y_..`ニ二_
       l         !;\    ヽ
       |        }|_ \ _r┴ ‐ 、
      │      |/ ___\ 〈 /   \
      │       レ'´   \ `r ' ´_   ',
      │      │      ヽ`「___    !                    ,. -<"" ̄""''' ‐ 、
      │      |: : : : : : . ヾ `ゝ  |                 ,r'´>='ァ´ーッ、::.::.::.::.::.::.`ヽ
                                              /_/r',r; /_;;,::\_,,ヽ;:.::.::.::.::.::.:.ヽ
                                       ハ`'/‐' ´   'z,:..:..:..`ヽ、::.::.:、::.l
                                             r,r1  ,,r―‐-   ヽ:..:,r=、\::.゙、ヽ
                                              /:.i!l  '゙/,r''5ヽ    i!.に' ',:..ヽ:.Y-==-、
                                              l!:ド,.、   '、ソ      〉 ,ソ.ノ:..:..ヾく´=:::::::::\
                                             l! ! {j          r'_,ィ:::::..:..:..:..`、_:::::::::::::_ヽ,
      ロマリアで商家を興し、交易所を営む事は             /              j. {::::::..:..:..:..:..:`''ー、 ̄
      アリアハンとの貿易を推進する事にもなりますから.    `i'  _       /  i::;::..:..:..:..:..:..:.:;ヾ:',
                                         ゙、ー'          ノハリ::,.:..゙、i:..:..ハ!l|
      アリアハンを助ける事にもなりますよ。              ヽ      _,. - ''"´ ハヽ、}リヽ{ ' ′
                                           ヽ -‐'''1'´  __,,..... ..... ..,,_゙、
                                               _,.:=ニ三 ̄ ̄``゙'''ー- 、      \
                                        r'´ "ヽ   ``'ヽ、,_:::::::::::::::::::``ヽ、  .〉ヽ
                                      /     ヽ      `'ヽ、:::::::::::::::::::::`'´:::::::::\
                                            ,'、      `、        ``ヽ、:::::::::::::::::::::::/^ヽ
                                     i`ヾヽ、     `、           `'i:i、::::::::;イ.   ',


12 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
          /      \
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \   まぁ、アリアハンを支援するのは
       |       (__人__)    |    当初の予定通りだお。
          /     ∩ノ ⊃  /
       (  \ / _ノ |  |       むしろ、予定より楽になったぐらいだお。
          \ “  /__|  |
         \ /___ /
                                               _, - ― - .、
                                            , イ´        `ヽ、
                                                 /            .ヽ
                                             / ,              ハ
                                                  ,' /   .! ! |!.! .ト、i、、  ;::!
                                                  !イ i  、 .ト、A ハ!、辷H |  .:i::|
                                          レ.!  ヽl,ヒラ`  ヽヒラリ :.::|::|
                             王家の人間じゃなくなるけど     ム ヽヽ   i.::.   /!.:.::::!|ハ
                             アリアハンは故郷だからな。.   ./.人 :ハ、   '   ./}::;::ノ:`::ヽ、
                                             '´ |:ハ. :!:`>、  ̄´ , イ.レリ:;:::}ヽヽ、
                             なんとか立ちなおってくれれば.    ∨ ヽ!|} ``.T彡'´./.くリレ'
                             それが一番だ。             _,. -‐ '´: ::ト _! |  ,': : :.`丶、_
                                               ,': : : : : : : , .へヒ'ヽ, /: : : : : : : : :`ヽ
                                               !: : 、: : : i´彡ミヲ.` }.ム: : : : : : : : : : : }
                                               l、: :.∨: :| .Fヲ´ 〃: : : : : :/: : : : : ノ
                                               ノ: : /: : :|  ∨  !!: : : : : :/: : : : : :/
                                        i: : :ハ: : : :!  .|  .i': : : : :./: : : : : :./


13 :◆vsQyY1yD2Q
      ;'   /                    ゙;
     ;'   /                      ゙、
     ;' /          ,.-ー、 ,.r‐'''' -、       ゙、
    {, '         ./,.. ------- 、.._ ヽ.        ゙、
    /         ,:'"´         ``l       ゙;
    |/           /               j         }
    l|,       /             ,ノ ,ノ     ;'
     ゙|     | ./''=;;、、_        ;;=ニ- ''ノ'     /
     ゙、  l    N'¬;;ェyミ-: . .   -彡ry;T'ー-彡_,ィイ'    その点は心配いりませんよ。
      ゙、、 ヽ.  ゙、ヽ- 二-': : : : .    -:ニ -': : :.7` ノノ
      ヽヾ-ヽ、 \   ´ . : : : |        ;'//     貿易が出来なくなっていたとは言え
       ` 、`゙、 ``゙`    .: : : |           ;'_/         アリアハンの生産力が衰えた訳じゃありません。
         ``゙、         : : |, '      /
            ヽ    _   -      ,:'             貴族達自ら、すぐに立て直すでしょう。
            〕:、    ̄ ̄ ̄ ̄   ,イ|
           ,/:| \      ̄    /  |\
         _/  |.   \       /   |  \
      ,.. - '"/    |    `` ;==、´      |    ;ヽ、
   ''''"´   /    |     /  ヽ.     |   `、 `ヽ.、
        /.     |     ∧   ∧   |    ゙、    ``ー-、._



             /´                  ` 、
        / ,.r' ´                   ヽ
         / /          ;'               ヽ
       / /            ;'"         ヽ l
       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ     ああ、そうそう。
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|    これも伝えておいた方がいいでしょうね。
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´      l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l     セイラン家の取り潰しが決まりました。
        ` ー-ラ′,.-、`i  !            ノ `ァ、 ヽ
          r'  /  `ー;ヽ、           / ,.ィ";/ `ヾ、
         | /  ィt  l、 ー',,,.. ̄    /,.ィ";';';'/     |ヽ、
         _,|   く ゝノ `ヽ、     /,:;";';';';';';/    |  `丶、
     ,. - '"  ヽ、     `ヽ、 l`ァ--.く;';';';';';';';';';'/     |     `丶、
  ,..-'"       \        ヽ|:::::::::::::\;';';';';';'/       |         `
./               \      ト、::::::::/;';\;';/         |


14 :◆vsQyY1yD2Q

                                                _,,..-‐;:===‐- 、
                                                     ,.-''´;:-'"´
                                                /::::::/,. -―――‐- ,,._
                                            _,ゝ、:ヽ::::::::::::::::. :::::. ::.. :::ヽ、
                                          /: : .: : :::;:、:、:、:::`ヽ:::.. ::. :::. :::. \
                                         ,:' : .:: .::/::; ヘ::';::';:ヽ::::::ヽ:::::::.. :::. . :.丶
                                            / . .:::: .::;':/  '、'、:'、',゙ヽ、::ヽ::::::::::::::::..:: ::',
                                              /::::.:::::::::::;l:|    ';',';:ト'、  \ヽ:::::::::::::::::.:::',
             裏でエビルマージが暗躍してたとは言え    l::::::::::::::::ハ!‐―‐''´ヾヽ` ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::l',
                                       j:::::::::::::::::{ ,ィ'フ〒ミ      z=;ミ、ヽ::::::::::::::iリ
             王族を害しようとしたんだから         l:::::::::::';:::::|´ゞ-‐'‐      ヒ_}_ }ミj`/::::::;::{
                                         l;1:::::::::'、:::'、          i       /´:::::::/l:|
             当然と言えば、当然の結果ね。          .' l:::;l::::::::ヽ::ヽ        __     /:::/:::! リ
                                         '、{!:: : ::;:'、゙ヾ、    "‐゙    ノィ1:::: :::|
                                         ゙l:::. ::ト、'、      ~    ´ ノ_.!:: : ト',
                                                l:ハ::. ::!ヽヽ.       _,.-'-r'´!: :::l ';',
                                                '! l::ヽ::',―-~ニ=−‐'7::/|:::/  !:.:/  `
                                                 |/`|ヽヽー―、  } ̄~_}. |::{  l:/
                                                 ′| `゙`   } ノ 「~  ゙'!  〃



          / /           /       __ \
        /   !      / 〃  ,.-‐<´:::::::::::`ヽl
       ,l    | /      / /{ /    \:::::::::::::リ`ヽ
        /   ,.Al |   ,イλ !`V\      ヽ,::::/:⌒!|
.       i   / ー'>,l!  | |ハ |ヘフヽ,\     Y:::::::::::ノl
      l   ヽl ´く \|  \!, \_ ハ ヽ._     )::::::://
      |   | 'ー´          `゙    __  ト--‐'"/   更に言えば、異界の勇者を数人
       l    /゙7              (フヾN>-イ     手元に残していたようですね。
      /   |/ i               ヽ込__,,/
    /  /|!  l\        ィ___   ,. イ‐'´          彼等は全て、マダム・ルイーダの手で
   /  ノ/ ̄`ヽl. \      `ヽミァ /          ダーマに送られましたよ。
    /|/`ヽ、   `ヽ、\       丶/
      \  `丶、  `ヽ\     /
       \   ヽ.   ` \_,/
         \   \   /、>
          \   ヽ/ |


15 :◆vsQyY1yD2Q
                                    /' /     /\  ヽ |  /      _⊥_       ヽ
                                  /     , '     ゙丶、 ヽ | /    _,. -‐'´   ヽ
                              /     /       >┴'--‐ T ´        丶
                              {    /       :{  :i/        }:.  .: .       .',     /
                                      ',    { / . :、 :::i;:. ::i_,,   、_リ:: /:: .:: .:::   : リ    /
                                 ヽ  l1 .::.. ::ヽ:::トヽ、{      j:/j;イ:..::::.. .::.  .l.ノ:    , '
                                ヽ  ヽ:::::. ::l`ゞ=;;ミ、    r'T'''う∠イ::::::::::::. :/':::   /
                                 ',   丶、:∨{'´:::j_     、{''´::::j_゙ソ:::: .::::ll::/::::::::  /
                                         }  ::/ .:iヽ ̄   ,     ̄ ̄ノ/ .:::::::lヘ:::::::: .: !
                                     j  ‐フ, ::ハ     , ::::     ∠/ .::::::ハl l::::::: :  |
              その人達、大丈夫なんですか?   l ‐;;‐1//i;:'、     _._      ,' :. :::::::! `.|:::::::: |
                                 { / :::1 :::lヽll'ヽ、  `ニ゙    ,.イ ::: :;;:::::! . !::::::::. |
                                     l  ::::ヽ:::l ` 7::r\   _ -;ニ‐''l ;イ:i:八:::{ l::::::::: |
                                          l  ::::::/ ヾ、 /{:;l rヽTニ‐'´   l//'´  `丶j::::::::: :.l
                                 ノ : ::/     "_} ミ}!l| 〃     {‐、_   〃::::::::.::{
                                     ヽ‐'_/ :.:::{   _,.- '´ トヽ1!|/,7  _,.-'´!  丶、' |:::::::::::::'、
                                    _l__,;;:: ゝ''´     ヽlj」-‐'''´    /   `丶、_::::/`ー
                                   _,.-‐''"      /、 _,,..-‐'''1 |     /`ヽ      `''−- 、
                             /}         _ノ,r'´ 、__, {ヘ l   ./    丶、
                                  ,' .|    _,.-‐''´  j   、_  Y/ ヽ /          `ヽ、      /
                                  ! l   /     / ,  ,  `Y´ ̄ ̄`ヽ   __     ヽ   , '
                              {  l  /    ,r;7     丶;'ゝ-‐''"   ', ̄  l      l  /



           , -一   ̄` 、
         _/: : : : : : :  __j\
        /. : : : : : :  /‐-、: : ハ
         /: : : : : : : , /==、 ヽ: '、
       , : : : : : : : :ヽi ィや  ャ}: . ヽ
        {: l:ハ : : : i、ト ゝ ̄    ` iル^`   問題ありません。
        ヽl': :ゝゝ ゞ      ,_ ,イ
       丶: {(( _         ‐ '      マダム・ルイーダが匿っていた者達と
         ',:`T へ        }       同じ扱いになりますから。
            |: :リ    ̄ ̄  r一'′
            l// ̄ ̄ ̄ ̄二ハ          ダーマで訓練を受けて、これからの身の振り方を考えるでしょう。
         ,l/`丶、:.:.:.:.:.:./  ト、
        _〈     \:.:./\/l l\‐-  __
     _  ´  ヘ    /V:.:.:.:ヽ ヽ.ヽ\   `丶、


16 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       , 、
                                                  __γ´/ 丿ヽ
                                                   ィ」  ⌒    ̄\
                                                /  |    卜、     \lx
                                                 //   t  |  | ー\\.|  | l |
                       って、あれ?                 //   l/\t \○ \|  | l |
                                                     |/l  乂{○    ̄ ⊂⊃l  /゙Y
                       アズラエルさんって               /八 \ {⊂⊃       // ノ
                                              jノ  Tナl`            厂
                       ルイーダさんが異界人を匿ってるって.      ーヘ、   、_,、_,  ノ
                       知ってたんですか?                    ` ー-|___」イ
                                                        ,ノ}   l|ーァァ― 、
                                                  / ̄l「 〃    l| 〃    |



              ___
          ,  "´   \, -- 、
.    ,/   / .  , / ̄\|   N\
    i{_/'/ /     __ V⌒ヽ l ト、
.   , ≠≧彡' / ,  , / ヘ/  ∧W ∧
  /´,i{((__/ / /ィ/ ̄`´V  l | l ||
   {/≧ァ’ // '/ 〃 /) _ノィイ:////l
   Y//, / riY /__j:レ' ∠ィ^)rtテl/ァ///}   ええ、先日 知りました。
   { .イ: / l : /‐{ レ圷!| /ン' /ー‐彡ァ' /ソ
   ゙{ {: {: l|l〈 〈、ト‐/ v/ /    ノイl「    一部の貴族達は、以前から知っていたそうですよ。
.    ヽト ゝ \ ゝ/ ,{/ /|/二こ7 川
      ` ` l /l, 〈    ,`´∠.彡’ .イ l:ト    いかにマダム・ルイーダと言えども
        ヽ )ヽヽ l l  ヘ-‐ //小ト    貴族や商家の支援無しに、
          ヽ`         、∠ _ 从     あれだけの大人数を匿える訳がないですからねぇ。
   / ̄`"…―ヘ      }:::::::::::>lヘ
. /     \  _r≧==≦ヘ:::::::::| ̄|:|\
        、ヽ|     (__) >、::::|  |:ト \


17 :◆vsQyY1yD2Q
   / ./           /     ヽ
   !/         _,、. /          ',
  , '            , ‐'_,,,.lr '"' -、       ',
  ,' /       , -´'"´  ´ ̄ `"!', ,     i
  ! !        , '          ,!' l     ,'
  !'l   !  ,' /         _, ' ノ  , '  ,.'
   ', l   l,l`"ニ-_、_  , i-‐''.ニ;ニ;‐二..,_;=ri´     ま、僕としては王宮での権威よりも
   '、 ',、 ヾ'、´`ニ゙`''`´   ´ `ニ゙.` ,') 〃        実利を取りたいところですがね。
    ヾ、'-;、ミ-_     |::        .,'_'ノ
     `ー,'、`"'       !::      /         そうだ。 これからの より良い関係のために
     ,.-,.' l'、   ,____,  ,.イヽ、        君に ひとつ アドバイスをしてあげましょう。
_,.  -‐´,.'  .lヾ'.、   ‐---   //l.  ヾー,-.、_
  /, './   .',:::ゝ'ヽ、 __,,... -、, './::!   .l ヽ ` '‐ 、
  / .,'     '、:`ヽ /´ _,,..、_ `';:::::,'    l  '、
 ,'  ,'     / ',::; ' ',.. -'‐'ヾ、`":::::l     !
.   l      /  '、!  ー--‐ヾ'i:::::i '、.    ',
.  ,'     /   !    、...,,,,,、';::;'  '、    ',
.  ,'    ./    |     ,.、_ ',;'   ヽ.   ',



                                                      ___
                                                    /ノ  ヽ、_ \
                                                   /(●) (●.) \
                               アドバイス? 一体 何だお?  /  (__人_,)    \
                                                 |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                 \ヽ   L         ,/
                                                    ゝ  ノ
                                                  /   /


18 :◆vsQyY1yD2Q
  |         /              /|    \
  |        /              /_/∠⌒ヽ ヽ
  |      ,イ               /   ヽ ヽヽl
  l    //               /       |  | | |
  ヽ    / 〃         / 〃 /      _,」  j| リ     今の君なら、僕らの常識を教えるだけで
   ヽ   | /|        / /|/ | /     ∠ィル7// ヽ    恩が売れそうですからね。
     ヽ  |仁l   j|  i  ||/ニlニ| ト==v' ィア- !  〃    l
     }  {Yフヽ. || | ||  lリィr_テ二        }       | !.   使用人を雇うのは、これからでしょう?
    j/  \〈__入!! ト、| \ l ゞ= '"       ヽ / ∧   | |
    //  __ j|ト--イ ヽ、   ヽ             >ヽ/ ヽ  |     例えば、使用人を選ぶ上で
    ///ハ!リ\ ヽ              ァ'´ 〃  l  |     一番大切な事って何だと思います?
    /  /   ヽ  `ヽヽ、       、-- ニア!---┘   !. |
  /  |    ヽ     `ヽ、       ̄ -イヽ        | |
      |       \      `ヽ、     人 ヽ        l |
      |       \       l ̄´  |  ヽ       !|
      |           \       |\  |   !       |



                                                        / ̄二>ヘ、
                                                 ∠_   >ヘ V≧--、
                                                 rイ二>ヘ く_」  V   \
                                                   _,⊥ノヘ ___Vニ=- 、        \
                                                 //ィ∠// /   `ヽ、ノ
                                                   | / /l厶/ l/  ___   \
                                                 V/lイ 「h  |  _,二 `゙ヽ ト、
                                                     リ vソ    Trくハ   Lム ∨
                           それはやっぱり……         ′r ′    、辷ソ   l爪V|
                                             |        ` ̄    ィリ⌒}| |
                           何が出来るか、ですか?    ∧ ヽ          >フ /| l
                                                    l小          __辷ニィくl | l
                                             _     | {ハ     /,ニ=ィ ハ ヽトハ
                                      l r-≧、_   Vヘ(`ニ=---{/ ー-く V lヘ ヽ
                                        l l l二   >冖弌}__        ハ{  lハ lV
                                           l l   /       \  ヽ--、_   lヘ/l川l/
                                        l l   /          \   \ `丶、{
                                     l l  /          ヽ\   \   ヽ
                                        l l | /^ヽ、      |  ヽ   \  l┐


19 :◆vsQyY1yD2Q
         ,          ,    、,.  、
          /     ,   /,. -‐‐‐-┴‐-i       l
         ,','  .  /  ;'/        ,'       :l
.       !l  i:  l   /´        __ノ   ,.    ,'
       |l| /|   ! /__       `ニ-.=ニ,ノ    /
       l' ∨::l   i、{,.==ミ''''"^  '",.==<__ノノ,/′
           ヽ:ヽ、:lヽ!、_仞_.`       、仞_.ノ孑イ′   ハイ、不正解。
            \ `ド'=-  ´   |:.       ,'/
              |`‐!        {::.     /         一番大切な事はね、妙な野心を持ってないかです。
            /!.::|゙:、        ノ'     ,.'
          ' l:/l\ヽ、 ‘ー--=-‐' /         有能な野心家を懐に迎え入れたりしたら
          _l/ l;';.\ヽ、   '''''"  ,仆、        ロクな事になりませんよ?
     _,,.. -─'´|   l;';';.,.\ヽ、     //;l l
 '''"´        !   .:l;';';';:,. `ヽ`ニニ´‐;';'l:. !-、
           .:/  ..:::::::l;';';';';';.,.,./  l;';';';'l::::...l `ヽ、
      ....::::/..:::::::::::::::::l;';';';';';〈:  /:,ニニニニニニニニヽ、
   ......:::::::::::/.:::::::::::::::::::ハ;';';';';'ヽ、|`i ──────| ヽ、



                                                  __ /{        ヽ} __
                                          / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
.                                                     // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
                                         iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
                                          V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
                                                 V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /
                                             } :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {
                                        、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,.
                        野心家って、そんな……。    `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ
                                          77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
                                                / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
                                         ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ
                                      r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
                                        r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
                                        ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
                                        Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</
                                  `「厂    |:::::::/. ゝ-'一'___|___'---、/ ハ:: {   /
                                   `ヽ、   ノ::::ノ r┴-t、_」_r---'、   ヽ. \ /
                                            ` </  ,/::::: ||::::::::::::::    ハ   \_フ


20 :◆vsQyY1yD2Q

              , -‐'''''''‐- 、
            , '´   ,....., . : : '‐ 、
             /: .  /_ノ⌒ヽ   ヽ
          /{: : . :/"´    ̄ ソ :  ',
          ,'ィ i: : i:{_  、 ,.∠ノ. :  . i
              i: '、:、トftゥ≧'  `.tゥ≦ィ. :i,'
           \i‐ゝ ̄ .: i   ̄ ゝイ.    侍女に気を付けた方がいいでしょう。
             ゝ',   ,  .;  ,  '_ソ
             jiヽ. `¨二¨´ イi        特に君達はね。
             ' ij, \   /j{リ
            /:|:.`'‐、 ̄,-'´:.:>、
       __,,.. -‐'':i: : :|:.:.:.:.厂 ヽ:.:./  ',‐- ,,__
  , .-‐''"~ . : : : : : : :': : ハ:.:∧ ∧:.ハ  ',    `'' ‐- ,,,__
. /          / /  V:.ノ |:.:リ ',   ',         `ヽ
/: : . . ,    _,`フ    ';.|  |:.,'  `'<_      . : .



                                    ,  ´                 \
                                         //´                   ヽ
                                  / /                     ハ
                                          /:/          . :  . : : . : .      ハ
                                       /://. : . : . : : . :i : . : :ィ: . : : . : . : : .   : : : : ハ
                                       i//./: : : . . : i: : : .イ: . : :/ l: : : : イ:}: : : : : . . : : : : :.l
                                        l:.{: : : :',: : l:ト: :/_lハ: :/  l: : / lハ: :∧:}: : : : :i: : :}
                                        lハ: : : ヽ: |,rV≠ミV   |:./-z≠Vミ.Nl: /: : :|: :lリ
                                   ヽハ: ∧l'  ト-':ノ`   l/ 代ィ::::} `N/: : /:l: l|
                                        }:.l: ハ ` ̄´  ,'    `ー‐'‐ /:ィ: /:./:.{
               私たちは……って、どう言うことだ?  /: j: .∧     、       ./ィ. リ: ィ: :.l
                                            / イl: : :.ヽ     _       ィ . : :/i/: ハ
                                           /.N: : :l: :\  ´"`     ィ //. :/: : : l ヽ
                                    ∠..ィ:ヽ: l.r< コヽ、   .  ' {>': ./: : : : ハ
                                     i: .ィ:.l: ハ  `` ー-'  r‐ ' .//: :∧:|: :ハ
                                     {/ .|N_. j      l  l  ./: : : :/ .リ \|
                                       _   -‐ ´   .{.       l  l  {::::>' 、_
                                 _.  <           .l      .l l   |::::::::::::::::::::: > 、__
                                /               ハ      .V   .l:::::::::::          ハ
                            /      、          .ハ      .|   l            ..::ハ
                           〈:::::....    \ .:.       .ハ      l     l         l: ...::::::::〉


21 :◆vsQyY1yD2Q


   侍女って言うのはね、女にとって栄達の糸口でもあるんですよ。

   だってそうでしょう? 主の目に留まって妾になれば 大出世ですし。

【 イメージ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /:::/:::/:::/:::::::i!::::::::::::::::::::!::::::::ハ
                 /::::::::::::::::i!:::!::::!i::::::::::::!::::::::!:::::::::i
                  i:::::::::::i:i:i:! ̄i:!:`L:::::::」 ̄i:i:i:!::::::::!
                  |::::::::::::i┌o‐;ミ     テ;┬, V:::::::!
                  |::::::::::::| ` 弋ソ     弋ソ ' ハ:::::jj
                  |::::::::::::|〃〃   ` 〃〃ハ:|``′   働きませんっ!
                  |::::::::::::|、    ┌‐ ┐   /:::i
                i::::::l:::::l::ゝ   ヽ ノ  ィ:::::::|      この家の お金、食い潰しますっ!!
                |:::::ハ::::i:::::::|` 、  ,ィ:´::::!::::::::!
                |::::::ハ::ヘ ̄ー‐┐ /ヽ::::!:::::::::|
                 レ‐‐rヘ:ヘ     l  /´/::!:::::::::(>ヘ
              /  / ´ -ミ!\_∨_ ヽ!:::ト/、丶`ヽ
                /  {   ´ ):!「::;;/ハ::`:ヽ} !::!ゝ    /
             /   、   j::::ヘ /:/ !::!`"j V:!/   /
             /    /  ∧:::V::/__Vヘノ V:!i  〈ヽ
             /   /   / }:::}V ヽV::〉  j::jヘ   ヽヽ
           〈、_  /   /   j/   、   jハハ  ヽヽ、
             //    /       ,      }   ヽ_}    山田 葵(偽名)
            〃    /          ,       ∧    ヽ    ( WORKING!! )
           {   _ ィ           /      / ヽ、    ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   だからねぇ、いるんですよ。

   最初から妾になる事を狙って 侍女になろうとする人達が。


22 :◆vsQyY1yD2Q

                                     / ̄ヽ\
                                      , -─┘`ー-- 、
                                       /           `ヽ
                                  /               ヽ
                                 /                 \
                                         /                   \     ノ
                                   /     ハ                  ̄ ̄フ   ィ
                                      i    ,' ',            ヘ      ヌ_/ノ
                                      {    l  ヽ  {\\ 、_\  .}下__─ 彡^`ー-‐'-フ
                                   i   |__, \ ヽ`ーゝ-─ ̄ヽ }} ヽ  ̄  `ー≦─イ
                                i /\'l, ___  ̄  / __   .川 ,イ      ヽ<__,
      ハニーってば                  _,ノレ1ミヘ  /     ̄    川 / .|  \\  ヘ\ ,
      いきなり十人の お嫁さんをもらうから   ̄  |.| ヘ            ./  } i l`ー==一ヘ ̄
                                        メ'  }ゝ  ┬--─┬、 ノ   } ノ| .|     ヘヘ
      きっと 狙い目だって思われるの。        .ノ    } | ` ヽ',:::::::::::::レ < ``   ノノ i ∧     ', .i
                                    ノ,升   ゝ:::::::ノ|  `mikiル' ノノ .l      .l }
                                          从 |    丁ヘ ̄`ー-- 、,, -'' ⌒l      .l |
                                  / i | |     | ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;l      l|
                                 "   { | .|    .|  ゝ;;;;;;;;_,,-'⌒`ー--‐l      |
                                    V |    .|    `´        l     |
                                      |    .|             .l     .|
                                      |    |              .l     |


     /    /  : l ://    イ  ィ   ヽ
    /    / : :/l/_,/: /  l/ |:    |
 r:イ        l :/ ´   /:/       |:    l
 |:.:.:、      イ ゞ、_‐、     ⌒\ |:    /
  、:.:.:.:.:ー、    l     ̄      -、   // /
  \:.:.:.:.:.l    ゝ          ゞ== イ   ,   まだ、そんなにウワサにはなってないと思うけど
    l:.:.:.:.:丶 く        〈!     /   |
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ    _      r-'     |   時間の問題でしょうね。
    丶 :.:.:.:.:.:.:.:ヽ      丶  トl     /
      >、:.:.:/ \       ノ:.:.:.Z __/
_   -‐ァ-―=ノ    ヽ--‐ァ≦:.:.:.:.:.:ノ
    /l           / \_  ̄


23 :◆vsQyY1yD2Q
                                          / /           /       __ \
                                        /   !      / 〃  ,.-‐<´:::::::::::`ヽl
                                             ,l    | /      / /{ /    \:::::::::::::リ`ヽ
                                        /   ,.Al |   ,イλ !`V\      ヽ,::::/:⌒!|
                                          i   / ー'>,l!  | |ハ |ヘフヽ,\     Y:::::::::::ノl
         まぁ、目に留まる自信がある訳ですから         l   ヽl ´く \|  \!, \_ ハ ヽ._     )::::::://
         容姿は それなりに良い方達でしょう。        |   | 'ー´          `゙    __  ト--‐'"/
                                             l    /゙7              (フヾN>-イ
         やる夫君が 覚悟の上で受け容れると言うなら   /   |/ i               ヽ込__,,/
         僕から言う事はありませんけどね。          ./  /|!  l\        ィ___   ,. イ‐'´
                                   /  ノ/ ̄`ヽl. \      `ヽミァ /
                                          /|/`ヽ、   `ヽ、\       丶/
                                            \  `丶、  `ヽ\     /
                                       \   ヽ.   ` \_,/
                                               \   \   /、>
                                          \   ヽ/ |



           ____
        / _ノ  ヽ、\
     ,, /o゚((●)) ((●))゚o   、
  (⌒\\. :::::⌒(__人__)⌒:::\//⌒)     ムリムリムリムリ!
  (⌒\\\   |r┬-|   ///⌒)
   \ \\\  | |  | ///  ///   今でさえ、皆の事で責任重大なのに
  \\\    .\ | | |/     /
   / 乂     \ /      ノ//     そんなホイホイ増やせないお!
   |  丶 \   /    /   |
   |   \\\/    /// |
   ヽ      /    /\


24 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  , -'''"  ̄"'- 、
                                                 / , '",.、/ ̄` \ 
                                                ./ノ , '",.、\     ヽ    __
                                                論.liヽ ヽ._, - ` /ヽ |/´ ̄ /
                                              //,/`ー- 、__ , '"/ ._ /!- ─'-‐- 、
                                               レ1 //ノ    `ヽ---‐く ノ\ ____/
                          でも、やる夫さんの場合は ―――   レ!小l●    ●从彡/~)
                                               ノ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /_ノ、
                                               (ハ /⌒l,、 __, イ|ァリノハノ
                                                ./  /::|三/:://  ヽ
                                                |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,
【 イメージ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 __
            ...:::::´::::::::::::::`::....、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::、::::::\
         /:::::::::::::::/::::::::::::;::::::::::;::::::::ハ
           /::::::::::::://:::::::::::::ハ::;::::::::::::::::::i
        i:::::::::::::/:/:::::::::::::::! !:!:!::;::::::::::::|.    貧乏ながらも つつましく生きていたのですが
          i::::::::::斗七:-‐─┘`ー-';:::::::::::|
          W:::ィo≡≡    ≡≡o!::::i:::::|.    先日 家が火事になり全焼。
            l::::} ////     //// !::::i、:::!
            l:::(      i ̄'      j::::j':::::!
         ハ::::>、.___└ ┘ _ ィ::::::j:::::::!.    家族ちりぢりになって 命からがら逃げてきたのですが
         /:::V:::V:::〈‐'、 ̄r┴フ::/::::/::::::::!
        /::ハ::::V7` /⌒ヽ `7::::/ ̄ヽ::!    先ほど盛大にズッコけて頭を打ち、記憶喪失になってしまい
       /::′ V::!〈 /    ヾ7::// /   i::!
        i::::!  Vv 〃    V// /   }:::!..  家に帰れず 行くところがありません。
         L/  / /  /    ヽ レ′   {::」
       〈ィ⌒{ 〈  〈      ∨ _ |´
        ー!  '、 ヽ 、     ノ1´  lフ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             , 、
        __γ´/ 丿ヽ,
     r'´ -‐ _」´ ̄     `ヽ
     レ'´  /      ⌒ヽ}
     /   {           ',
    .{  :l :/\、 卜\:ヽ   l
     ',   ハ{-‐' \j 'ー-\!  |   かわいそうな身の上の人とかだったら
       \{⊂⊃   ⊂⊃}:_/
        (.」          L)     あっさり受け容れちゃいそうな気が……。
     /八  ,、_,、_,、   八\
     .人 /> 、 __ , イ\ 人


25 :◆vsQyY1yD2Q
             /´                  ` 、
        / ,.r' ´                   ヽ
         / /          ;'               ヽ
       / /            ;'"         ヽ l
       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ   まぁ、その辺は
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i    家の主が舵取りすべき事ですからね。
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|   やる夫君の思う通りにやってみれば良いでしょう。
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´      l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l   僕としては、商売相手がいなくなるのは困りますが。
        ` ー-ラ′,.-、`i  !            ノ `ァ、 ヽ
          r'  /  `ー;ヽ、           / ,.ィ";/ `ヾ、
         | /  ィt  l、 ー',,,.. ̄    /,.ィ";';';'/     |ヽ、
         _,|   く ゝノ `ヽ、     /,:;";';';';';';/    |  `丶、
     ,. - '"  ヽ、     `ヽ、 l`ァ--.く;';';';';';';';';';'/     |     `丶、
  ,..-'"       \        ヽ|:::::::::::::\;';';';';';'/       |         `
./               \      ト、::::::::/;';\;';/         |



                                            _           _ , -- ,
                                           ,´::`ゝ´ ̄::`イ:: ̄::`::y´::::::  `、
                                          //:::::::::::::´   、::::ヽ、   ::::::::i
                                          y/    i :::::::::::::::ヽ:::::i l::::::::::::::::.|
                                               /,::´::.::::l:::::l::::ヽ、ヽ:::::::ヽノ i:::::::::::::::::|
                                        l:::::!::::ナフl::::.K´\ヽ.ヽ:::::::从::::::::::::::::::|
                                        ヽ|´〆、\l ´ ` 、 -l::::ヘ::::l:::::::::::::::::.|
                                         〉l/! ハ `  ´ハ .ヽ ヾ i::::l::::::::::::::::::::|
                  ところで、男爵は                 /::/.{ |::|    |:::|  }  i::/ヾi:::::::::::::\/
                                             /::::| ソ.ー'   ー' ´`ヽ ゞいl:::::::::::::::|
                  どうやって そう言う.            リ、| l' ' '     ' ' '   し´i::::::::::: i::::ヽ
                  妾狙いの人達を防いでいるの?   \l::::\            イヾl:: i::::::::::i:::::::〉
                                          ゞ /ヽ、r-、   , ´ l  ∨l:::::::/::::丿
                                           ソ∨ ソ ̄l    / ゝ、 \//
                                             /´/ λ /   ノヽ
                                             l l ノ/   /  `ヽ、
                                                  /l l/   /      ヽ


26 :◆vsQyY1yD2Q
         ,          ,    、,.  、
          /     ,   /,. -‐‐‐-┴‐-i       l
         ,','  .  /  ;'/        ,'       :l
.       !l  i:  l   /´        __ノ   ,.    ,'
       |l| /|   ! /__       `ニ-.=ニ,ノ    /
       l' ∨::l   i、{,.==ミ''''"^  '",.==<__ノノ,/′
           ヽ:ヽ、:lヽ!、_仞_.`       、仞_.ノ孑イ′   簡単ですよ。
            \ `ド'=-  ´   |:.       ,'/
              |`‐!        {::.     /         侍女の選考を、妻と侍女長に任せています。
            /!.::|゙:、        ノ'     ,.'
          ' l:/l\ヽ、 ‘ー--=-‐' /            だって わざわざ 僕がやる必要はないでしょう?
          _l/ l;';.\ヽ、   '''''"  ,仆、
     _,,.. -─'´|   l;';';.,.\ヽ、     //;l l
 '''"´        !   .:l;';';';:,. `ヽ`ニニ´‐;';'l:. !-、
           .:/  ..:::::::l;';';';';';.,.,./  l;';';';'l::::...l `ヽ、
      ....::::/..:::::::::::::::::l;';';';';';〈:  /:,ニニニニニニニニヽ、
   ......:::::::::::/.:::::::::::::::::::ハ;';';';';'ヽ、|`i ──────| ヽ、



                                                     ____
                                                   /ヽ  /\
                                                  /(●) (●)丶
                                  な、なるほど。      /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                                 l    |r┬-|     l
                                  それは盲点だったお。 \   `ー'´   /
                                                 /         ヽ
                                                 し、       ト、ノ
                                                   |   _    l
                                                   !___/´ ヽ___l


27 :◆vsQyY1yD2Q
   ;'   /                    ゙;
  ;'   /                      ゙、
  ;' /          ,.-ー、 ,.r‐'''' -、       ゙、
 {, '         ./,.. ------- 、.._ ヽ.        ゙、
 /         ,:'"´         ``l       ゙;
 |/           /               j         }
 l|,       /             ,ノ ,ノ     ;'
  ゙|     | ./''=;;、、_        ;;=ニ- ''ノ'     /
  ゙、  l    N'¬;;ェyミ-: . .   -彡ry;T'ー-彡_,ィイ'
   ゙、、 ヽ.  ゙、ヽ- 二-': : : : .    -:ニ -': : :.7` ノノ   さて、今日は これぐらいにしておきましょうか。
   ヽヾ-ヽ、 \   ´ . : : : |        ;'//
    ` 、`゙、 ``゙`    .: : : |           ;'_/       そうそう、結婚式の日取りが決まったら
      ``゙、         : : |, '      /        是非知らせてください。
         ヽ    _   -      ,:'
         〕:、    ̄ ̄ ̄ ̄   ,イ|         出席させてもらいますから。
        ,/:| \      ̄    /  |\
      _/  |.   \       /   |  \
   ,.. - '"/    |    `` ;==、´      |    ;ヽ、
''''"´   /    |     /  ヽ.     |   `、 `ヽ.、
     /.     |     ∧   ∧   |    ゙、    ``ー-、._



                                              *  ______
                                       / ̄|  +   /        ヽ   +
                                       | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
                                       | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ.  人
                もちろん、招待させてもらうお!  ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
                                    | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
                                    | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
                                    | ___)  ::|   /           \
                                    ヽ__)_/   /                 \


28 :◆vsQyY1yD2Q

           , -一   ̄` 、
         _/: : : : : : :  __j\
        /. : : : : : :  /‐-、: : ハ
         /: : : : : : : , /==、 ヽ: '、
       , : : : : : : : :ヽi ィや  ャ}: . ヽ
        {: l:ハ : : : i、ト ゝ ̄    ` iル^`   明日の朝には、いざないの洞窟も
        ヽl': :ゝゝ ゞ      ,_ ,イ     馬車で通れるようになるでしょう。
       丶: {(( _         ‐ '
         ',:`T へ        }      それじゃ やる夫君。
            |: :リ    ̄ ̄  r一'′       交易再開第一号 よろしくお願いしますよ。
            l// ̄ ̄ ̄ ̄二ハ
         ,l/`丶、:.:.:.:.:.:./  ト、
        _〈     \:.:./\/l l\‐-  __
     _  ´  ヘ    /V:.:.:.:ヽ ヽ.ヽ\   `丶、



                                                       ____
                                                    ./⌒  ⌒\
                                                     /(●)  (● )\
                                                  /::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                     分かったお!    |     |r┬-|      |
                                                /´ ̄``゛'- ._‐´    /
                                                |   ___)    \
                                                  |                \
                                                   |                 ̄)
                                               |               | ̄ ̄ ̄


29 :◆vsQyY1yD2Q
/ レl v /l/  l、 l、 ト l  \
  . lヘ/    lヘlへl    丶
  :  . : . :   :  : .  .   、 ヽ
:  : :l、: /!:   |:  ∧: イ |   ヽ.l
: : l: :|Aムl:  ∧: /x=V、lイ   | `
  ト、l fr'ハ: ′V´込)j〉l  /: ∧      ふーっ……。
|、 、`¨¨´V::: l     //:  、 \
、l: :、‐ヽ      '    ´l: : イN 「 ̄`     なんか まだ実感がわかないけど
7: :vヘ      o    /l/  ∧|ヽ
|:lW ト: :>     /l 、 l  / | ヽl.       ようやく 降嫁の許可が出たんだな。
VN |: {L..l__` − ´ ′/l/ : |
个 、!: ∨   ̄|  | ' / : ∧l
_.>丶 ヘ   ∧  V /` '‐ ` __
     ∨   ヘ  /〈
      ヘv   { ′ l
      ヘV  `{  |
         ヘ 、  〉  |                               / ̄ >―───―-
        ヘ ヽ 丶  |                       , -ー─ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
         ヘ ヽ| |                        |: : : : : : l: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : \
                                         |: : /: :.:|: : | : : : : l\ : ヽ: : : : : : : : :\: :ヽ
                                           j/ : /: :.|: : | : : : : |ー\‐丶-: : : : :.ヽ: :\ハ ┼
                                     /: : : / : : |/|l.: : : :.|   _\ }\: : : : : l: . : |:|
                                            /: : : / : : ∧ :八.: : :│ 行う示_ヽ: : : j\: |:| _人__
                                         /: : : : | : : ,′'x=ミ、 : : l、  |j:_ハ_jW:.ヘ : / : :j/:| `Y´+
                                          |: :/| :│ : | /イノ'ハヽ :{ :>弋_Yソ |│:.Vヽ: : :│ +
                   ロマリアに到着すれば   | :ハ: : ヽ:小'{iヘ_Yソfj⌒ヾ、 ''  ̄  ,| j: : :! } : : |
                                          ∨ ヽ: : ト{ ハ ゞ'´/tー'^ヽ`ー‐ '´|/∨:|イ : :│
                   旦那さまと結婚ですねっ!. ヽ   \!/\j__''_ノ ∨  }    / : : :.|│: :│
                                          |: :.:ノゝ, __/⌒'<_ イ.: : : :.:|⊥:.:八
                                          |: :/: :j: : |/ ノ`ーくヽ ∨: : : : : リ'⌒\丶
                                         ∨: :/ : /   ̄ヽ_)_)‐': : : : :〃    `、:\
                                       / : / /7   Y '´ ,ィ’ : /: :/       |: : :\
                                              /: : : / ∧{.   ノ // : : /: :/      │: : : :.ヽ
                                           /: : : /{ノ ヽ\ー/「 /! : :∧:/       ハ: : : : : :i
                                       /: :./ :厂\ \\ヽ∨∧ / 〃          {: ヽ.: : : :|


30 :◆vsQyY1yD2Q
【 いざないの洞窟 埋まっていた入り口 】

        |/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、/゙、|
        l三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
         ゙、 ll;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;l;;ll/
          (: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)l(: :)
            イ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二フ
           ゙、||;;;;;;;;;;;;;;;::: :::: :::: . ..  ,i゙ ̄ ̄ ゙̄i、 .. ..:: :: :: :::: ::;;;;;;;;;;;;;;;;||/
            .i||;;;;;;;;;;;;;::: :::: : :: .... ,i' ,i゙ ̄ ゙̄i、 ゙i、 .  :: ::: ::: :::;;;;;;;;;;;;;;||i
            ,l||;;;; ;;;;;:::::: ::: ::::.... . ,i' ,i' ,i' ゙̄i、 ゙i、 ゙i、.. .....:::: ::: :::::;;;;;;;;;||l,
            ll||;;;;:: ::: :: : :: : . ,i' ,i' ,i'    ゙i、 ゙i、 ゙i、 ...: :: :: :: :::;;;;;;||ll
            ll||;;  : .::  :: /'; |  |  | / ゙̄、 .|  |  |/゙、 .:.: ::;  ;;;;;||ll
          lll|| : ...: :: /l「ll|_|_|__|___|__|_|_|l」ll゙、 :   ::   :||lll
          lll||:: ::. .:... 〔;;:. .:;;l.:::: ;;; l ;;;;;;;;;;; l ;;; :::::.l;;:. .:;;〕 :: .. : : : ::||lll
            ll||::: :  ; .: .: ゙| l |―――――――――| l |': .. :: : : ||ll
.            l|| :: ,. ;  .:;| l | :::.γ,´     `,ヽ, ::: | l |:: : :::. :: : ||l
            || :: ...; ::  | l |: :,l;;'         ';゙l, :| l |: .:: :.  :.:; ||
            ||: :: ;..   | l |::,l;;;i           i;;;l :| l |: : :  :.: ||
            || : :: ;:. :: | l |::l;;;i             i;;;l.:| l | :.. ..::  . ||
            || :..: : :  | l |.l';;;i          i;;;l:| l | ::  :..::  .;.||
            || :: .: :::  .;.| l |.!;;;i             i;;;l:| l | :::.   .::;, .||
          「l二l二l二l二ヰ丑!;;;i             i;;;lヰ同二l二l二l二「|
            l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[=l==];;/          ゙、;[==l=] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
           「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ll/             ゙j ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"';,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;/             ゙、~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":":.:,:;`~'::;
;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.:.:,:;`~':::.:,:;`:".,',:;,';:,
';,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,::.:,:;`~'::;.:".,:;,":;,':,:;.:.:,:;`~'::;.".;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:;:;;'";:;;:`:;.::;,"'.:;
'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:`:;,':,:;:;.:'":.:,;.,:;.'、 `"";:;,;::;.:".,:;,"';,':,:;`~".,:;,":.:,;.,:'":.:,:;`~'::;,
;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"';,':,:;.,:;.:'";,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:,:;`~'::;.:".,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.:"":;:;:,.:;::'":.:,:;`~'::;.:".,:,.



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)   デコボコになってた地面も整備したし
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ    これで ようやく、馬車が行き来出来るようになったかな。
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


31 :◆vsQyY1yD2Q

                                            _   ____  ,. -─ ''' "´ ̄ ̄ ̄`i
                                    _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´        ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                          {:::::::::::::::::::::::::/◎   o    ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                                         l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
                                      i::::::::::::::::/    ,.´'´:::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
                                    `、:::::::::/   /::::::::::::::::、:::::、:::ヽ::\       ヽ、:::::::::, '
                                    ヽ::::/ ,. '::::::::;:::::::;'::::::ト:::::l、:::!::ヽ::ヽ     ヽ/
                                            〉 /::::::::::::|::::/l:::::::l,l::::H:::ト、:::!:::`.      i
                                         l /:;':::::;:::::;!:::l'´!::::;! |::ノ,.レ'=、V、:::::ヽ    l
                                     l |:::!:::::!l::::!ヽ:! V  '´{l:::::::;;i} l::l::::l::!    l
                                     ! l::ト::::l::!::l _,.lニ、    ゝ二.ノ レ!l!::!::!    !
                     お父さん、それじゃ……!    ! ヽ!ヽ|::ヽ!'-、   、     "" l::l'レ.ノ     ,!
                                     `ヽ、 _ ,ゝ.< つ、 ヽフ     l:レi::!    /
                                                /:::::::::`ヽ-' 、 _,.-、‐、:'イl:! |:l<"´
                                        /:::::::::::::::::::::`ヽ,. -'──┴-リ、レ  i
                                          ,.. -‐":::;;;:::::::::::::::::::::r':::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  `、
                                  ヽ::o::::;;;;;;::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::l.  i
                                          `7‐-;::。::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::;;;:::::::}.  l
                                       /   !::O:。:::::。::::/::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::::::ヽ.  l
                                   /  └----─ァ::O:::;.、::o::O::。:;.ヘ::::o::。:i  !
                                         ,'         >,'7´ \::::::/  `iヽ::/  !
                                          '、         // l     `´     }   ,'
                                          ヽ、_     r'  ̄ヽ !          ! . /
    /\___/ヽ
   /''''''     ''''''::\
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|         ああ、工事は完了だ!
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +     皆、お疲れ様!!
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


32 :◆vsQyY1yD2Q
             \__  \
              .ヽヽ、j \
        ヽー 、_ ノ!_,.ィ \_ヽ  >、
      ‐=、ー'::::::::/::::::::/_  フ>':::::::\
      <::::::::::::/┐::::::::<  \::::::::::::\
      /:::::::::::::::::ト::l、:::l:::::\ 。 \_::::::::::\
     /‐,:::/:::::,ィ;ハ:!、jlニlト「!‐-'  _,.ィf:::::::::: /   や、やっと終わったのか。
        /:::l:::::/>イ 、ー'" frヘr‐[_| \:/
      '⌒レjハ `'''´  ',.-、/: : :l!: :l\\ `〉     俺、工事が こんなに疲れるものだとは
         二lヽ、_ ∠/|j!:::::::::::::. : `ーく      思わなかったよ!
       /ニ、: `ー`‐t,__,ノ|:::::::::::::::,−、::::::\
      / ̄´''ー-´ニ、|_  ̄>'フ /::::::::::: \        _
    r'´::::::::::::::::::::::::::::::::,r'ー'" /´∠、 ̄ ̄ ̄ ̄   _,.−' ´::::::::ヽ
    ヽ、______/−‐<__, −i′/|   _,.−'´::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::/     /    ̄   レv‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ,r┐
       /::::::::::::::::::/ ー−''" /l  |   |:::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,__ /l l
       |:::::::::::::/\    / .l  l |   |l::|:::::::::::::_,−' ⌒'‐‐ヘ:::::::::::レ'L_ /jT}_/
       l::::::/     \      l  l|   !l|l:::::::,r'´        L_::::::::::/'ジ l!
       l/       \   l   | /:::|::/            \:::|'′ l!


                                            ,'::::::::::::i:::::::::::::l::::i::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                             l::::i::::::::i::i::::l::::::l::::l:::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                           l::::l::::::::l::l:::lv::::ト:::lヽ::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::,:::::::::::::i::::::l
                                         l::::l::::::::l::lvl ∨l_-l ヽl::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l:::::::l
                                            l::::l:::::::l::l 七ニ--− l::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l:::::::l
                                              ヽlヽ::::∧ l|     l:::::::::i:::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::l
                      私もだ。                     ヽ::∧.-−=≡ l:::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l::::::,!
                                               ソ`ー-   l::::::::l::::::l:::::::::::::::l:::::::::::l/
                      正直、ここまでだとは思わなかった。    ヽ       U l:::::::l::::::l:::::::::::::::l::::::::イ
                                                 \       l::::::l::::::l::::::::::::::,l イ 弋
                                                  \-   l:::::l::::::l;::> ´    _,-`‐''"
                                                l丶  l:::::l:/   ,. -‐''"´
                                               l:::::::`l:::/ ,.丶-‐''"´    ,. -‐''"´
                                                        l::::/ l/i'´      ,.- '´


33 :◆vsQyY1yD2Q

        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ=@ /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ    何を言ってるんだい、二人とも。
..i                    j、_,, ノ
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,    今回の工事なんて、まだ短いものだよ。
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'     僕は、もっと大きな工事に携わっていたんだよ?
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 i、_,,〉
  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ く ヽ
                                        , ‐''"´ ̄ ̄`ヽ、    r 、.     ,、
                                     /        .丶    l ヽ,,, -ー -', l
                                             /      \    ',   /  @ o  @ ヽ
                                          /         \  ノ  Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ,
                                   {      \ ‐''"´ ̄¨ヽ、l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
                                   {   \    {    _,.ィ !_`ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
                    お父さん、すっご〜いっ!   \.   \__, .ィ ̄ ̄‐   ゝ,リ::::((>)  (<)::(
                                              `ー^ー彡‐''"´       .ハ:ハ,,  r‐ァ  j):::)
                                             \       .`!Y ヽ   イ' y:(
                                                `ヘ___/  へ j /
                                               ∠ -- く    :..  y ' \
                                                     {     \_,___.ノ'´ \ \
                                                     〉---       冫.   ヽ \
                                               \__    / ! | \     ゝ彡


34 :◆vsQyY1yD2Q
 ::::::::::::::::i::::::i:::::::::l::::,'i::,l:::,l::::::i l:,:::::,l:::::::::::::::::::::::!
 ::::::i:::::::::i::::::i:::::::::l:::i-;i+:i-:::::i-l!l:::i、l::::::::::::::::::::::i
 ::::::i:::i::::::l::::::l::::::::l:::i il l::l==l:j=l!l:::i, l!::::::::::::::::::::i
 ::::::l:::i::::::ト::::::i:::::::!l:l イ i;;。(,,,)i イ /l:::::::::::::::::イ;
 :/i:l`i!::::i!l i::::ト:::ll!lj  `゙゙ ─" '   イ:::/::::::::::/l:,     もっと大きい……。
  ij l!:::iリ,,,i:::l'lヾ=、、_      / i::/:::::::::::;' i;    それだけ、工事の期間が長かったと言う事か。
  -−iノ´ ヾi |     ̄ ゙ー  ./:::i/::::::::::::,' .j
. 丶         .|〉      u .イ::::i::::::::::::::,'      それは できる子も寂しがるはずだ。
 ::::\      ___       /:::::::i:::::::::::::,'
 :::::, -\   ´ ー `   /−、::::i:::::::::イ:,'
 ,' , t-.i 丶      イ |--、 `i::::::::/i,'
 /  i l   ` -  ´.  l /ヽ i::::::/ j
./  .i l             l /  Y::::/


35 :◆vsQyY1yD2Q

            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
           /::::::                 ',
          ,'::::                    i      さぁ、やる夫君に連絡だ!
           .i::::      '''''''        '''''''   !
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +  交易再開の 第一号になってもらおうじゃないか!
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;


36 :◆vsQyY1yD2Q

         /´〉,、     | ̄|rヘ
   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」     /^ヽ、 /〉         /´〉,、     | ̄|rヘ
   '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//> l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧
                                 `ー-、__,|     ''    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/
                                            /__」           _,,,ニコ〈  〈〉
                       __,,,-―''''' ̄:「 「 ̄'''―-,,,__     '´               (__,,,-ー''
                     ,,-        :|:::|         ''''-,,
                       /           |:::|            \
                     /              :|:::|               `、
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |
                    .|              :|:::|                |



    /:::::::::::::::::::::::::::::≧/::::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::イ::::::/::::::::::/ハ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::x≦/::::::::::/У::イ::::::::/:::::::ハ
イ:::::::::イヽ::::::::::::::::::/::::イ'"´l/  /:::::::/イテ不、/::::::イ::::::::::::::ハ
 イ   /::::::::::::::/イ::ヽこ   /::::/   i /y//::::/::::::::::::∧::ハ
.  /≧/:::/l:::::::::イ:::::/ i   /:/     ヾ//:/:::::∧::/  Vリ
 /////\|:::/ |:::/  .|  ./イ        /',::::::/ V   ソ
./////////|/≧x|/ / .、                 V
///////////////\ ∧       ___   ,イ    扉が、開いていく……!
/////////////////\ ∧     ヽ ヾ=-イ
.///////////////////\      _)
==‐‐-、 ///////////////\   /
///////>x、///////////Y \__/
////////////>x、/////// /7
////////////////\/////./
////////////////////< /ヽ


37 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                      第31話 「キンクリさんVSマンモスマン」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第30話へ 1     第32話へ

この記事へのコメント
色々感想はあったがタイトルで全部吹っ飛んだwww
脳内でチャーッチャチャチャーーッチャーチャーチャチャーーッチャーーッ♪という音楽と主にミートくんの声で再生されたよw
Posted by at 2010年11月02日 01:25
こうやって見ると、哀れではあるがユウナがくたばったのはやる夫達にしたら追い風だなw
後、アズラエルさん…俺には、そういう野心あ侍女もメロメロにされる未来しか見えないよw
Posted by at 2010年11月02日 06:30
このサブタイトルはいったいwwww
とりあえず降嫁許可おめ!
Posted by at 2010年11月02日 09:23
残りの異界の勇者は誰だろうね

わる夫、ドヤが夫、やんねえ香、お゛って、この辺かなー
Posted by at 2010年11月02日 13:13
↑できない夫を忘れるな
Posted by at 2010年11月02日 20:16
サブタイwww 財産目当ての結婚は古今東西
変わること無しか
Posted by at 2010年11月02日 23:13
ああ、やる夫は悪女に捕まると厄介なことになりそう。
嫁たちのガードに期待。
Posted by とあるA at 2010年11月07日 19:23
山田にふいたw
Posted by at 2010年12月02日 04:58
キル夫、キル子あたりもまだいないね。
Posted by at 2011年01月14日 17:18
やらない子 いないよね?
やる実と大抵セットなのが仇になって皆に忘れられてるのか
Posted by at 2011年06月23日 21:15
ユウナが悪役だったからアズラエルもかと思ったけど、安心した
アズラエルは好きなキャラだから頑張ってもらいたいなー
Posted by at 2011年08月22日 17:34
マジでセイラン卿は完全に使い捨てか。
ひでー話だ。
Posted by at 2011年09月23日 11:23
ちょっと前の話までなんかセイラン卿について擁護してるやつがいるんだが、殺人未遂を起こした奴にかける情けなんてないだろ。どれだけ立派な行いをしていた人物とはいえ、やっちゃならんことをしたんだからな。
Posted by at 2011年09月27日 20:50
記憶喪失になってるのに、なんで過去を全部覚えてるんだよw
Posted by at 2011年11月28日 15:48
サブタイトルwwwwwwwwwwwww
Posted by at 2012年03月17日 17:24
アズにゃんは原作でも割と真っ当な事言ってるしな。
過激な思想とか持たなきゃ、一転して正義の人になるような気がするわ
Posted by at 2012年04月25日 19:33
サブタイ卑猥すぎるでしょう・・・
Posted by at 2012年10月23日 22:12
イメージの山田がぴったり過ぎるw
Posted by at 2013年04月03日 22:22
此処からがキンクリさんの地獄だ……(過労死的な意味で)
Posted by at 2013年04月06日 12:45
てっきり魔法の玉が不発になるかと思っていた だって?がついてるんだもん
なにはともあれおめ
Posted by at 2014年07月03日 21:24
おお、扉が開こうとしてるとこでマジでファンファーレの幻聴が聞こえてきたw
Posted by at 2014年12月04日 22:39
マンモスマン頑張れ!
でも爆発しろ!
Posted by at 2015年07月02日 20:58
ダディとできる子の中が収まったのはいい事だけど

これよくよく考えたら元の世界の妻的には
娘が突然消え去りました・・・元の旦那も同時に消え去りました
これって最悪、元旦那が娘を誘拐したとも考えられるよね

何かの切欠で二人が同時に元の世界に戻ったらダディって誘拐の容疑で捕まるんじゃ?
今まで何をしていたかを証明するのも難しいし
「今まで異世界にいっていました(キリ」とは言えんしなあ
Posted by at 2016年04月18日 15:12
> そんなホイホイ増やせないお!
ホントかなー?
Posted by at 2017年08月02日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41565252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ