■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年11月08日

第32話「商売と嫁と饅頭と」(5)

第31話へ     5 外伝へ

132 :◆vsQyY1yD2Q
【 バラモス城 】



                                |>
           ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
           /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
       _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
     ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
   -‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
      ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
                          〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl
       ..:..                   i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|
            ..:               /:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_   ................
                     ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
                   /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
        .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
                  /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
                   / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \     ..:
              //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、 ::.
               ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ
             r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
         ,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::
   _,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::
   :::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー ‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\
   :::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::


133 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:




    ――― 不服そうだな、バラモス。










                                  ……いえ、決してそのような。





134 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:




    相変わらず、弟と違って腹芸は苦手なようだな。

    顔にハッキリと書いてあるぞ、 「不服だ」 とな。








                            ……ならば言わせていただきますが

                            この世界は、私に任されたはずでは?


                            何故 今更、他の世界からの援軍などを……。





135 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:




    封じたはずの 精霊ルビスが異世界から援軍を召喚した。

    ならば、こちらも手を打つのは当然ではないか?








                            必要ありません。

                            ――― と言ったところで無駄なのでしょうな。





136 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:




    そう言う事だ。

    バラモス、私の期待を裏切るなよ?








                                        ………ハッ!





137 :◆vsQyY1yD2Q

                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ           ただいま戻りました。
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )   アリアハンの件で報告に上がりましたが……。
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´



            ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            |────────────────|
            |                          |
          ノ────────────────ゝ、
     ==ニ二::::::::ヶ───,z==ァ┬┬z==ニ────i::::::二ニ==
        r' ̄|::::/ f‐一' ̄='´ /  l  `= ̄ー─t |、::| ̄Y       ああ、これは失礼いたしました。
       _} _}l/ {       ノr⌒ト、       ノ  \K ,{__
     / / ノ   ゝ-、__,イ‐┘  '-y-、__ /    ヽ \ \    大魔王様と ご連絡中でしたか。
  /:::::::::::( /  ト        ゝ-、__ノ-'        /l   \ )::::::::::::\
/::::::::::::::::: `/     | `ー-、__,-─-、,-─-、 ___ノ |     Y:::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::{     |    |  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ |     .|      }::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::: {    |、__!____|___|____,!____,!    }:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::人    |     |     |      |     |    |    人::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::j´xx\   \  |     |      |     |   /   /xxヽ:::::::::::::::::::::::::


138 :◆vsQyY1yD2Q


   ――― バラモス様。



                       /:.:.:.:.i.: : : : : : : :.,r´⌒` 、 : : : : : : : }::\
                   /:.:.:.:.:.|.: : : : : : : :.{ /∨ヽ.}: : : : : : : : .i:.:.:.ヽ
                    |:.:.:.:.:.:|.: : : : : : : :.丶、__,.': : : : : : : : 丿:.:.:.:)
                     i:.:.:.:.:.:.:i、 : :__,,.-ャ=ァ~~ ̄~~了"べ亙:.:.:.:./
                   i.:.:.:.:.:.:`iァ弋: : : : : : : : :.ト、.: : : : : :.ノl|∨/
                    \ /\,_.: : : : : : : :.|,,,i、_,,.∠;斗l|l|イ
                     ,ゞ,l|l||´<込ニナァーー亠 z弋才ゞ{l|れヽ
                     i、丸l|{ .f  ̄.,,/" } !"ヾ,, ̄  }ミ/ワリ
                     ヾ`、_言 l.      |      ./ミfソ./
                      \_ミ. i     i、,i_,jゞ,     / |/
                      ノl`i、、_..イ´彡ェミ爻゙シェ;,.ャ i|`夊   原作:魔王バラモス
                      ルj;|ト`ー‐''"" ̄  ̄``゛゜`゛ メ|ミミし   マリオ
                       彡廴\ヽ. ~武才~  / //_|父    ( スーパーマリオブラザーズ )
                       ノ|:.:.iV\!,      / オ.i:.:ト._
                _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :\,___,/ジ/: :.i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,


139 :◆vsQyY1yD2Q

    ,  ---  、
   /        \
   (_______jゝ
  r'i      r ^Y
  ヒ{      i rノ)   ………まったく、面倒な事になった。
  从从从从从ゝゝ
  x个====イ  ハ
  ト化ト---化i Y  i
  圦       仁ス
  匕}       ,化j__」
    ト---,. ---リ
    {   {    }
    ` ̄´ ` ̄ ´


                                                    ,-'" ̄ ̄ ̄``ヽ
                                                   ,イ二二二二二二 ヽ
                                          ,.-'"ニニニニニニニニニヽ、
                                          >、ノ ,,..-ぃフ  iヾぃ、  ヽ>'
          お疲れ様です。 援軍の件ですか?                l ソ <_,/ △ \__ヽ ヾ }
                                            // ,、___,人人___,、 iヘ
          いいじゃありませんか。                      ./l ├┼┼─┼─┼‐┼┤ .l_,i
                                       ,r--il:ヘ ゝ、!__!.___!___|__!ノ /--、
          大魔王様の望みに、ずずいっと近付きますよ?  /  /> \  ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ,イ <ヽ、`ヽ、
                                        /  イ\  ',>----------< / / ゙ヽ   ヽ
                                     /   彳  \ ' ,  /  ヘ   /./    i:   ヽ
                                      |   l   ' ,. \.' ,/    ヘ/ イ    , ' l    ヽ
                                           |   l    ' ,  `ヽ==-'"      , '  l  _,.='"
                                           |ニニl      ' ,         , '    ヘ彳¨ヽ


140 :◆vsQyY1yD2Q

         _
      ,. :'´:.:.:.:. `ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:. :: :}
    {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メヽ、
    ヽ:.:.:.:.::>:i´({├‐'
     守秡州ili : |          人間達の国を弱体化し
     、_)州州i从 リ
 _  -‐≦、:.:.:.:.:._:.冫=ュ_        反撃出来ない状態にしてしまおうと言う
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.|ニ|:: :: ‐-     あの計画か……。
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.|ニ|:.:.:.:.:.:.:..:: ::ヽ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.|ニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :.
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.|ニ|:.:.、:_:.:.:.:.:.:. :: |
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:lニl:.:.:{:.:.:¨:.‐-:. :.}



                                                             _______
                                                         ,,..- ̄ ̄´゙''''":::::::::::::.`'''''''゙
                                                  ,,,./::'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                     ゛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                     !::::::::::::::::::::::::::::___________
                                                     | _,.. 一'''"゙゙´            !
                                              :|;`  .,,,,,,__ ―ー─────
                                              / ''"゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                 _____-'゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.――-.,r'" ̄l
                                            _ /::::::::::::::.....、._,r───゙゙゙7    │   .|
            左様でございます。                  i‐"__,:::::::::::::::,ト、       /         │
                                            ̄  ⌒lr'"^゙___、゙'''';;;;一'''"   iiZ       |
            人間達の絶望こそが、あのお方の糧。         ヽ -__┘   `゙゙゙゛ ,..-7/     >  /
                                                     ,/,,,, --、.. --t'"´乂./     : ゙V'" |
            計画が成功すれば                         ゝ i''''" : ゙L  : .lr'" .i「       l  }
            この世界は、格好の 「餌場」 になるでしょうな。      `l、  : ヽ/゛゙ヽリ       ,△-│
                                               ゙Yー'" ゙.l.,,r'"./   _.. ー二..-ー'''"
                                               irミVニ二..-'゙,.. ;;;;ニ-''"´::::::::::::::::::
                                                      ゙'|' ._..-r'"''"゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                  _..-~゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                _r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


141 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      (M)ヽ
   /________|___
   i'(⌒ヾ,ゝ ― ィ'⌒ヽ
   | ヾ_`  ⌒___ ノ
   リン,    /,",,,、,,.,.)    ……つまらん。
    /⌒)ヽー‐ィ
   /  ノ_ノ |__||\___ 
   (  ゙ヽ  0  0 l  (、_うソ
     ヽノノ'    ノ  ̄
      |    ィ  /
.     |,__/i_,/
      └‐‐'└一


                                │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_..- 、
                                |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:─── ____:::::::::::::::i′  l
                                |::::::::::::::::::::::::::__-‐'''tヽ、  l、 ゝ-'′      l     \
                               /:::::::___-‐'' ニ-ヽ__/  l  ヽ         丿    ゝ   ` 、
                             ./___r''1’ _..‐"      ノ ___ `‐、     ..‐′     l    '
                             「/冖、j ,' t'´       ノ ゝ ゝ - `−−"   ‐--− ヘ、  ノ
                              '、 | l  丶、    _/  イ´  __ノ     _....ッニ""1  ヘ  _/
                               ′ ノ    `''―─′   ─'‐'' _,,....-‐ 彡‐'゙|   ‖   |-'"
                       は?   丿  、  _..      _,,......-‐-- -‐'' {    ′ ..イ|    |:::::::::::
                             │  '、  ̄〈‐'ー-F--―ュ‐'''''' ̄│   卜  ,,..‐''´//    |:::::::::::
                             │  │   ヽ  1    1    '、  _ 卜''´  (.//    |:::::::::::
                              \  |    ヘ-.. |..,,______L,,,,........-l‐''"`  '、   / /     |:::::::::::
                               _  ̄´゙ 、   ゙ \」    l     ゝ    l _../ /   / │:::::::::::
                             /:::::::::::::::' 、   ゙' > 、  '、    │  _../ / /   ../  │:::::::::::
                             ::::::::::::::::::::::::ゝ、    ゙ヽ ニ''‐ゝ、............ト‐' ンノ ノ   丿   │:::::::::::
                             ::::::::::::::::::::丿ヘ 'ヽ、    `''''‐ー‐-一''''´      ソ′   │:::::::::::
                             ::::::::::::::::::::〈  ゝ `ー 、,,_            / /     │:::::::::::
                             ::::::::::::::::::丿   丶  /´::::`^──ー-----‐'''"ヘ ,/      l:::::::::::::
                             ::::::::::::::::│     `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        !:::::::::::::


142 :◆vsQyY1yD2Q

            ,  -‐‐…‐‐-  .
          /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
.       /: :: :: :: :: :: :: :: :〃「∨|ヾ: : }
    /:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :ゞ,!___」ノ:_::ノ
.    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: ::_;: ::-‐: : ¨ ̄: :: : \
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イァ‐ ,.へ _‐―‐‐xェ一'
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ィ=守i  " ≧tラ^{ )チュ}     つまらんと言ったのだ。
    ` ーァ爪てヾミ  {    '´'. { |
      川込_うミ  ヽ   ,. 、) !     その計画が成就した暁には、エビルマージ
     (、_川i∧ jミ    ,.ィ彡ミメ〈
     冫少   、キ   } 〃こ二7/`      貴様に この世界の魔王の座をくれてやろう。
    彡ヘ、   込、 `  '⌒ ,′
  _/: :: :{ :` ‐ .,__  >x、   ,リ
<//ヽ : :: ::.:.:.:.:.:. :`;: : ::‐―〕¨´
: : \/∧:_::_::_::_:: :\::', :: :: : :l>- ..,,__
: :: :: ∨∧:: :: :: :: ::.` ヽ',: :: : リ: :-‐ ∨/∧‐-x



                            :::::::::::::::::::::::::::_.. -'''"゛  ._,,, 、    _____,,_   `''ー ,,,::::::::::::::::::::::::::::::::
                            ::::::::::::::::.,..‐'´  _,.. -'''(__丿 .|     .',  .(. `フ'ー ,,、 .`''-、,::::::::::::::::::::
                            :::::::::::::/ . ,,..-'"゛       !     ',   ´゛    ゙゙'ー、、 `'、:::::::::::::
                            :::::::./ /゛          /  ,l'"゙''ィ ゙',、          `''、 .ヽ:::::::::
                            ::::,i"  ',,         ../ .-'‐′ .―.i、ヽ             /   ヽ:::::
                            ノ゙   .`-,,,      /  '!     _,,.." `'-..,、   ._,../    .′
             それはそれは                  ,.、 .`"'''''''"゛     .゛"- ‐'′      . ̄ ̄  、
             有り難い話ですなぁ。        ヽ-;;"                           ゛ .''".-、....
                               | `゙゙゙゙'|`-`-ニニニニニ二二iiィ二二ニニニニ`-`-''!'l'''''^゙゙´ !
             それで、バラモス様は.          |   l     .!      .!      .!     !    l
             どうなさるおつもりで?         .'l|   |     .!     |     .|     |   /
                                   ',リー ,,l..、   ,!      |      .,!     .',_,y-fリ
                                         l l  l `~'"''ー!.ー-----.!──r---'トー''' "´ ! .,//
                                    ヽヽ .!     |     |     .|     |.,ノ./
                                        ヽ.゙'',.    .l     |     .|    .,/゙./
                                      \.\  │     l      !  .././       
                            \       ゙'i、 \ ,|      |      .|i..r'".,/       /


143 :◆vsQyY1yD2Q

                    , . ‐―一¬ー- 、
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                      /:.:.,;,;,;,;.:.r'_ ̄_ ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 i:,:'.: : : :.{! |!∨l| l}.;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               ,.-=≡ニニ≡=ー-々 : :`.:,;.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                 /:.:.:.:.:,;/ミ : : : : : : : : : : : ヾ、: :ヾ;.:.:.:.:.:.:キ
              {:.:.:.:,:' iミ!へ.: : : ; ; ’: : : :.y-、\: : ヾ;,:.:.:i
               `<__{ l込_`ーミ ; ::;斗彡,ヌキ {ミヽ: : : :.}    決まっている。
                  ∧| 丈弍i r:;`女,之: : 乂ミミ:`シ
                     /{  ≦ i   ≧、、  i: : : 州/ニキ       新たな世界を侵略するのだ。
                    ノ: :i.     i  ,.    i : 彡彳勾/
               ,..::'´ ∧iム  ,x‐ト 亠‐≧、 i.: : :.:.他.シヽ,     も っ と 歯 応 え の あ る 世 界 を な ッ !
            .イ.:.:.:.:.:.:.:.:マ辷彡ニ二爻Ξミミア : ilニニニニli.:\
           〆::ニ∧:.:.:.:.:.:.:.ハ::A  〉ー―〉 .j: : : :/Aニニニニ:li.:.:.}'ー- .
     _ ,..-‐/.:il:ニニニX.:.:.:.:.:.:.:i ∧  二三  ,:' : / i:.:.ilニニニニli 人:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
   ./.:.:.:.:.:._《_.:.:.:ilニニニニキ.:.:.:.:.:. ト、;\  ̄ , '.:/// j:.:.:ilニニニニi;,;,;,;\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  /.:.:.:.:.:./.:.:.:.:\ilニニニニ:li .:.:.:.:.:.:.:.:∨寸≧‐≦//// ./' ' 'ilニニニニi : : : '.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
, '.:.:.:.:斗ヒ.:.:.:.:.:.:/ i!:ニニニニlト、' ' ' ' ' :,;;,\∨////.: //: : : :i: : : : : :i : : : : : ':,:.:.:.:.:.:.:.キ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:キニニニニi! \: : : : : : : ヾ∨ノ :/: : : : : : l: : : : : :|: : : : : : : :' ;.:.:.:.:.ト、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,.Z : : : i! : : _>ー―- ヾ: : /: : : : : : : : :|: : : : :.:| : : :i : : : : : ':;.:.:.」! : ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,' : :キ : : : :i ̄: : : : : : : : : : :.¥: : : : : : : : : :| : : : : :} : : :ト--  .,__ : : : : : i、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;_'_ : : i: : : : :l : : : : : : : : : : : : : i! : : : : : : : : : | : : : : :i : : i! : : : : : : : : : : X´: :ヽ
..-‐千 ̄ ̄ ̄\ : : : :i : : : :.i : : : : : : : : : : : : `キ'.: : : : : : : : :| : : : : :i : /: : : : : : : : : : / : :\: : ',
.:.:.:.:.:.:.:.:, ' : : : : :〃:.:.:.:.:i : : : : i : : : : : : : : : : : : : :i : : : : : : : : :i : : : : :i:.:/彡: : : : : : : :./ : : : : : : : ヽ
\.:.:,.' : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!l : : : :.i : : : : : : : : : : : : :"i、、 : : : : : : :i : : : : :i:/: : :゙`、 : : : : :ノ : : : : : : : : : :\
: : ヽ : : : ; : ' : ; ' :┌+----+--―-- .,.__: : : i!. : : : : : : :il : : : : :i: : : : : : : : :./   .'´>: : : : : :.ヽ
   ヽ..: : : : : : : : ノニニilニニニ:li::二ニニニニニニ三二ニニニ:il----┤\, _,/   /  ,' 彡: : : : : : ヽ,
    i : : : : : :./ニニニilニニニ:li三三二二ニニニニ二三三i! ( )i!     `ー―7   ,': :ミ : : : : : : :/i
    } : : : :/ニニニニニi! ( )l!三三三二二ニニニ二二三乂__.ノ          i   ,': : ミ: : : : : : : /: }
   / /{:ニニニニ二三乂__ノ三二ニニニニニニニニニ二三三//             {   / ;.:.; : : : : : ::/: :/


144 :◆vsQyY1yD2Q
                             :::::::::::::::::::::::::::._.. -'''"゛  ._,,.. 、     ......,,_、  `"ー ,,::::::::::::::::::::::::::
                             ::::::::::::::::::,..-'´  ._.. -'''(__丿 .|     !  ヽ `フ'ー ,,、 ゙'''-、.:::::::::::::
                             :::::::::::::,./ ,.. ‐'"          l゙     l   ̄    ゙゙''-、、 `'、:::::::
                             :::::::::/ ィ'"          /  ,r'"''ヽ ヽ             `''、 ヽ:::
                             :::::/  l,            ,r゙.i丶'′ .―r、ヽ             /   ヽ:
                             :/    `'-_.      /  l、      ." `'-..,、    ._..-"    `
                                   ., `"''''''''"     ``―-'"´       ̄⌒ ._
  ホッホッホッ、相変わらず バラモス様は       ー- /                               `''―-ー
                                 .l  ゙̄ニニニニニニニニニ二二ニiyニ二ニニニニニ`-T'''''''l'''^゙゙´|
  闘争心の塊のような方でございますなぁ……。    '|    |     |      .}     |     .|   ./l、
                                 .!',゙"'― ! ..,,,,__  !      .!      .,! ___,,,,.. ',‐'''"/,!
                                 !.!:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄^"'''''''''''"''''''''''''''''^゙゙´::::::::::::::::::::::::,i"/
                                  l゙ri:::::::::::.__,,......--- ......,,,__, _,,.. -―――-::::::::::::::::/ ,,'
                                  .ヽヽ.`|'― ,,,,_,      ´      __,,.. -‐'゙| / ,i′
                                   \` |    .| ̄ ̄^"''''',''''''''''"'゙゙ ̄.!    ,ノ゙./
                                    .\ \   .!     |      !  ., '"/
                                      \ ゙'-、,|      .|      .|, / /


145 :◆vsQyY1yD2Q
                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム          ……失礼
             │     | ∧
                 !      |'/∧         こちらの話を、先に済ませてしまってもよろしいですか?
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..  ザッ…
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´


146 :◆vsQyY1yD2Q

                                          ,, ..、   , 、,
                                      _,..-'":::::::::::`''"::::::::`ゝ、、
                                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''、
                            _..、       /____________l
                              、" .,! .,.. ____il_____________|__
                          /   .'゙‐'゙<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                         .i    !::::.゙L   ア゙'、ノ  _.. `ー' i! | ゙ー'  - ,,,,,、:::::::::!
                         l    ,!:::::″ .,i‐  /.t'"゛   .,,ノリ .l.ゝ,,.   : _ノ゙:::::::::.(、
                            l〕    ::::::::::::,,″ '、  `゙'''''"゛.〈,゙、 ...>::`゙゙゙´::::::::::::::::::::`ッ
         おや、どちらさまで?    ]    :::::::.ノ〔 〃 'ヽ__,、     `''"    ::::::::::/:::::::::::::.,!
                            / ::::::::::::::::::::::::::::::::::.!  .l ゙'I''一Y'''''''゙l' "''''t一ーY゛ ,,!:::::::::::::::`'ー、、
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::.,it.!  \┼--|--- |....  ィ.... l  /:::::::::::::::::::::::::::`''、、
                       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .lL   :ヽ..,,,|,,,,,,,,,,|,,,,,,,,,|,,,,,,,,,l.../:::::::::,/l .,,,::::::::::::::::. \
                       l゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  .゙'/-、            ::::::::::/ | !゙l::::::::::::::::::::::::ヽ
                       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!    .ヽ `''―__ . _,,____,/   .〃.|:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     ゙く,   ": :  ̄: : ゙'、  l./     " │::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       ヽ:::::::::::::::_,,,┐::::::!       `'-,,": : : : : : : : : フ′     . !:::::::.,::::::::::::::::::::::::::l



       , -‐''¨¨¨''ヽ、
      /    _,. - 、\     _
     /     / M ヽ_,. -‐''¨ ̄ ¨\
    /      |  _, -'´ _,. -――   |
    /       >‐´ _,-'´  _     ノ
   |      /  ∠ -‐''''彡≡ヽ  /
   |      / r≡ミヽ   リ,. -、 ヽ'´
   |     /  |リ ̄二,_   |-‐、ヽ l__
   |    /  / リ / r'''ヽ  |¨i_, -'´   \
   |    /__/  |  | l¨`|  /        |     アレフガルドからの援軍だ。
  ノ   |     ヽ ヽヽ,,,|          |;;;;|
 /    |- ,,__  __\ニ‐          /;;r'!    名前は確か ―――
 !  __ |:::::::::::::|  |;;ヽ__lヽ、_    _,,/;;;;;|
  Y´  `'‐ ,:::::::::) └-i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:`¨'''¨´;;;;;;/ ̄|
  |  -‐-、   ̄    ヽ____/ ̄''''´  /
  |     ̄)          |二''''‐--i   /
  \              |  `'''''''/  /
    \___,-、_        \__/  /
          `''――'''''-、_     /
                   ̄ ̄


147 :◆vsQyY1yD2Q


   ――― デ ス ピ サ ロ 。



                       ,r'三三三三三ヽ
                       Vr 二二二二.V
                       _{≦二三三二:}_
                  __  { .V ゝ-' {:ゝ-' i}r.}‐ 、-- 、
                 〃   ミ:.ゝハ  __ー'__  i:ィ'`ミヽー  ',
                     /}   ≦ {ヾト.{ニ .r┴'./}  ゞ  /ヽ}__
                 {i{   / ≦ ヾ≧メ .Y r≦/ 彡{ ./V  ノ
                 /''´/ヽ ≦;,: ヾ三三三/ ィ// }Vヽ{ヽ
                ./ {  、 .ハ、_''"゙≠==≡y'彳-‐ ./ //⌒` \
              ./⌒ ミ ヽ } ヽ ー- _  ,イト.、 .ノ イ⌒ ー ミ  {、
              ./ ´  ヽ. \V、  > ミア// {{ `¨ i {  i  iヽ  \\
            ./  -‐- 、 .ヽ . Y{ ヾ ¨ | }.} ヾ  \ { .|  //  -、  ヽ ヽ‐- 、
           /         .\}     | }     ヾ |...| { /   ヽ      ヽ
            |  \ヽ     ヽ .\    .| i   ヽ、  ヽ| { /     } i  i  .}
           Tミ、 `           .ヽ、 .|ハ  \  _   ヾ{ /,イ三ヽ、   .|  }  i
              |三三ヽ      ̄`    ヾ、}   .\     { /三三三ト、_ /`⌒/
           {`<>7`ヾ           \   .\    V三三三/      /
           /、ー- ./` ヽ   ̄ ̄ ̄  ミ、   ヾ    ヽ  /r-‐ 、 Vヽ  / ./
           ヽ } .// ヽ _.へ   ヽ   _ r‐'⌒ヽ}   / r'  / i .}_  / ィ ̄ ヽ
             .゙ー'/  {    \   { i...|三三ヽ       ー ' ./// ⌒´      \
             /   .|      `ア ̄ |ハ三三 ヽ  `   `<_ノ   、        ヽ
               }     !       /      ヾ三三 \   \                  }
            ./  / .|    /     :..:.  ヾ三三 \    `             /
           /  /  レ  ´       ///  /三三三 ヽ               /
             i  /         /// /三三三三三ヽ             /
           .'   i {  ィ´三二ニー----‐≦三三三三三三三 \           /
            |   .| | /三三三三三三三三三三三三三三三三}ヽ      /
            |   .| V三三三三三三三三三三三三三三三三三i }     ./
            |   .|  }三三三三三三三三三三}二二ヽ三三三三i__ヽ  ./
          ` __.| /三三三三>=─'''''Tニ{:::::::::::::://///// ヽ三}  `ヾ'
              └───=ニi/⌒ヽ |´ i::::::::::::///////// }三}        原作:デスピサロ
                        V⌒ヽ、| }:::::::::/`ー---''⌒.             新城 直衛
                       V⌒ヽ |/::::::::::{                   ( 皇国の守護者 )
                       }/ヽヽ.|}:::::::::::::}
                       |二二.{ ヾ::::::::::ヽ
                       /ー-‐ ヽ  ` ̄ ´
                      ゞ==='


148 :◆vsQyY1yD2Q
     : : : : : : : : : , r          ,_m,、          ヽ: : : : : : : : : : : :ヽ
     : : : : : : :/     _ , r ‐ ''' ´},,州,,{ ` ''' ‐ - ,     `ヽ: : : : : : : : :リ
     : : : : ,r´   _ , r ' ´    _,,,ニ=ニ,,,_     ` ' 、   ヽ: : : : : : /
     : : : :{  , r ´ _ r==三三三三三三   ̄ `==、   `へ ` }´: :ノ
     ` '‐-}´_, r=三三三三三三三三     三三三三==、  ヽ{:/
        rニ0三三三三三三三三三二二二三三三三三三三三0 {
       ≦三三三三= ̄ニニ、"、"   "">´,r―-ニ_` ̄ ̄ ̄ト;`;{ _
      r-、 |;;;| "  r ' ´ ・   } ;::ヽ   i;:/ {  ・   ヽ    ;;;;;;/´ 、ヽ
     /、  ヘ |;;|     ヘ     リ ノ;:::)   '  {      リ    ;;;/ /   }
     ヽ、ヘ  ヽ|      `ー--‐´  r ' '       `ー― ´    y /   } }   デスピサロと申します。
       i }  |           r|、  ,_               |  { / /
     ヘ ヽヽ |            ≧ニ, 、              | // /     以後、お見知りおきを。
      ヽ \! |              <へi ヽ`            | r r /
       ヽ   |             `             |  /
        ヽ、_,ヘ     ,、r――――――――--ャ      ト- '
           ヘ    λ`=-――'--------≧´/     リ、
         , r‐: :ヘ     `ヽ` ̄'‐--―-―''´フ'        ノ  ` ' 、
     , r ': : : : : : : :ト、      ` ー―---― ' ´     /| L_   ヽ
     : : : : : : : : : : |  \     ー------―,     /  |、| | | | ̄| |
     ヽ、: : : : : : : | ヽヽ \                   /  ノノ ヽ| | | | |
     、 ヽ: : : : : :|三≧,ヽ ≧ー-- _      _≦_==三三三ヽ| | |
      ヽ ヽ  /三三三三三`====三三三 ̄==三三三三三|


149 :◆vsQyY1yD2Q

                                    __/三三三三三\
                                   ,r'"´三三三三三三三三三ミ\
                                     /三三三三三三彡'"´  _,, -―'=ー‐--==ァ
                                  /三三三三彡'"´ _,, -―'三三彡'"´三三彡'
                                l三三三彡'´ _,, -‐'三三ミ彡'"´ `ヾ;/´  Y
                                l三彡'´_,, -‐'三三彡_,,=-‐''"´ ̄l  `  / ノ
                                ',  _, '´三三彡'<´ ゙ー゙     ,'   , \ `ヽ
                                 ',='´三彡'/' ,   ' ,      /、_ノ   .\ .' ,
                          ,r=ー--‐‐v三彡'´, <_ノ  }r‐、 `ー-=-‐'´ , ヘ        ',
    魔王様……で ございますか?   ./  、 __ノ彡'´ミ/     ノノ  `´)   ,,-‐'´  }           ',
                        /=-=ノ、  /,r‐ミr'',ヘ_   ノ ハ_、__ノ´ ,,-‐'  ヘ  ,j          ノ
                       ./´ `ヽ  Y_ノ  ノ、 }  `¨´   ,、,、='  ヘ   》=',ノ    ー=_ノ
                      ../´ `ヽ  Y ',   /三`lー't--―''"´ ヘ    ヘ,,='´,,=' }       ///ハ \
                      '´ `ヽ  Y ', }  /三三', \ヘ   ヘ _ヘ,,='´ ,,='´ >ノ     , '////ハ三\
                        r  Y ', }ノ./三三三', . \`''´ ̄_,,-‐=''"´ ヘ/ノ   ///////ハ三三\
                      、 `ー' ー'´ ノ三三三三{.' ,.  \"´ヘ  ヘ,,,='"´/ /__,,イ./|///////ハ三三三
                      ミ`ー――'´三三三三三>、ヘ,,_  `ー-===-‐'"´./ホホホ/;;;|///////三三三
                      三三三三三三三三三/////|\ ーt‐ゝ====-‐'ホホホホ/ ;;;;|/////<三三三三
                      三三三三三三三三三\///|;;;;;;\ |ホホホホホホホホホホ./;;;;;;;;|//////\三三三



 { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _ : ,,: :- ― ‐ −.:.-:.:,,.:.,!
 {: : : : : ,, _ - ― ‐ ゛ ´        (☆)    |´
 ゙i゛  ̄             ,, _ - ― ‐ − - _ |
  i           , - ‐ ´;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ゙i
  ゙i      ,,, ‐ ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙i
   ゛ - ,,,r'´!、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;..;.;.;.;.;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙i.
    !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;.;.;.;.;.;...;...;.;;;.;.;.;...;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;:;:;:;:_;:;:゙i
    i:;:;:,r'゛ ,;:;:;:;:;:;:\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.、 - ‐ ´i ‐`´
    ゙i:;:i  ゙i ゙i:;:;:;:、,r'`‐ - ,, ____,,, -´/´ ̄ i´ !    まさか。
    ゙i{  ,r'゙i ゙i,r'    ‐i‐ ´・  i `!    i ゚,,  / i ゙i
     !、  ´       !、 _,,, -´     !     i  ゙i.   そんな大それた者ではありませんよ。
.       !、 ,r', ,r'´,             ゙i  !    ゙i
           ~ i          、 _/  /     ゙i
             ,r'-  !、       ,r' /
             ,r'_  `= 二二,r' ´ /
                   て       ´  /
                    ,, _ /


150 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /. :: :: ::_::_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.                                                       : :: :: :γ ト、/lヽ :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.
                                          /.:.:.:.:. ::弋!V!ノ_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.
                                             {.:.:.:.:>:: ::¨ ̄:: :: :: :`>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                          、::≫== ===≪.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                          //州__: : : : : : : :`>≧≡= ≧、.:.:.:.:.:.
                                          {(:州へ≧=x 、≦rビテ‐`   川⌒ヽ:i
                                                 ゛¨沁 <ツゝi !::''     、__彡イ/^} }i
                俺の魔王の座を脅かしに来たか?       -=彡   |        ̄ }!_ ノ/:i:i
                                                     j!   ,{、ム )     )}  〔彡'州:i
                それならば、まだ 面白味があるのだが。      ∧ ,ィ升_守≧=≦ノ  ,' _))川:i:
                                                    辷彡ノ辷ニ≧≡'"   / ー=≦彡
                                                      ヘ  `:::::7´    ,:′  从州
                                                    ';      / ;;   /:/ニニ
                                                      ,.斗`ー‐一 升i/:ミ  /.:.:i二ニ
                                              ,ィ劣/∧、 ______,//:: ::.:.:|二ニ
                                         -‐: :: :,ィ仁:i/:: ::∧:.:. :: :: :: :/: :: ::.:.:.:.:」二ニ
                                         : :: : /ニ二/: :: :: :∧:.: :: :: :/:: :: :__二=!≠ニ
                                         : :: /ニ二/三二ニ=‐、: : r=ニ ̄: :: :: :|三二



_  -‥―  ¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ オイ
______r・ユニ三三三三三圦
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/>―=≧三三三及_
:.::.::.::.::_,- 、:.::.::.::.:: ノ::::::::::::::::::::::゛ ̄アテ三亥>
:.::.:: イ   ∨:.:: 彡'- ― -、::- ‐‐i!´:ノ
:.::.:: i V⌒yヾヲ      Y 、 ゚ノ:::{        怖い怖い、そう脅さないでいただきたい。
:.::.::∧ヾ〈          ヽ`Y´ ̄{
:.::.::.::∧ `                ヽ,     いくら魔王の肉体を持っていたとしても
个r 、_,イ^ー    八       r=  ノ    元を辿れば脆弱なモンスター。
二 ー=k _     \ ヽ、    Y⌒
:::::::\r  入      `- =―r´           根は臆病者なのですから。
::::::::::::::\N  `ヽ         r'
::::ー:::::::::::\   ー 、  /
:::::::::::::::`ヽ::::`ー 、   `ヽy
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\Y 、廴


151 :◆vsQyY1yD2Q

                                             , -===- 、
                                     /: :: :(M): :: :\
                                            〈: : >-―-<: : 〉
                      ――― フン!       .=ミ‐・=-=・‐ミ=;
                                         ヾ', ,..zhュ、 iィ
                      『 邪 配 合 』 か。      ミ∧.´m`.∧ミ
                                          _ィ仁/: :i: :`ー‐´/: :: : 仁ュ-、
                                   ,  ': : ̄ /ニ/‐- ∨/// -‐/ニ/ ̄: : `ヽ.
                               / : :: :: ://ニ/: :: :\} /': :: :: :,'ニ,': :: :: :: :: :: :':.
                            / : :: :: :/ ,'ニ,': :: :ー i!,'二: :: :: :iニ,'i: :: :: :: :: :: :: :}      __
                                 /¨ ̄ : :{ iニi: :: :: :/{: :: :: :: :: :iニi ヽ: :,: :'了: : ̄` 、   /-/ 〉-,、
               {::{ 二>、        / ̄ ヽ:: ::∧iニi____ i____:iニi: :/Y、: : \: :/ `ミ、{干ミzュ,、 /!
               {::{ ニト:ヽュ---―┴   ミ\∧○ニニ二:i!ニニニニニ○ >、: :∧: :: : /   , -‐゙ー-)、`¨::7/
                ゞ:¬:::ソ:::}      `ヽミ  ´ {>-=ニ三ニ==--‐ ヽ二三/ ` ミ{ i | l /   ゝ、 二ノ
                  ̄ ゝ-"、川 i } | l l i /´   ∨ニ<ニニニニニニニニニニ}::三/     ` < /    彡}
                      `  ‐-‐ ´      ∨ニニニ´⌒`ヽニニニニ三/        ` ー- -‐ '"
                                   i二ニニニニニニニ二三/
                                   {二ニニニニニニニ二三i



        ヽ三三三三三三三三二\
     ミミヽ {  \三三三三三三二=ヽ
   /三三ニ:::::::\__ ̄三三三三ニ/
ニ/三三三ニトゥ/  乂三二~☆   /
三\三三三ニヽ{  { ・ >三三三三l}ー‐、
三二\三三三ヾ  `=   ,: ̄=="三三l}.    御存知でしたか。
三三三\三三ニヽ    ''    /三三ニ/ヽ
三三三三\三ニ \ヽ===' /三三ニ/三ヽ   その通りです。
三三三三三\三三 `ー―三三三三/三ニ》
\三三三三三\三三三三三三ニ/三三/   自分は、ゾーマ様によって 邪配合で生み出されました。
三\三三三三三ヽ三三三三ニ/三三三t、
三三\三三三三ニ\○三ニ/孑'三三三三ヽ
三三三\三三三三三三三 {l三三三三三ニ/,
三三三三ヽ三三三三三三/三三三三三三/
三三三三三/三三ノ三ニ/三三三三三三l}
三三三三ニ/三三/ニ /三三三三三三三l}


152 :◆vsQyY1yD2Q
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. /`゙゙',   i::::::::::::::
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  `―'′   `゙'''ー-..,,_
          ', -'´ ゝ -'゙  ゙l::::::::::::::::::.l                 `゙''
     _..‐'            |::::::::::::::::::::ヽ
  .,. ..′              ,!:::::::::::::、:::::::ヽ              、゛
 .l                /:::::::::|゛ .`i:::::::::::`-..,、      _,.-'´      邪配合……。
  ゙",           /:::::::, ー′   ̄ヽ:::::::::::`゙^'''''''''"´  
   ゙ヽ_.       ,..‐゙:::::::::.|     _..r"::::::::::::::::::::::::::::::::::     _     なるほど、無数のモンスターを取り込み
     `"' .―ー''"゛::::::::::::::::.`''ー ..,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.=!!!~゙゛
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,, -‐''"゛ │       魔王と同等の力を得たと言う訳ですな。
  ___________,,,, ::::::::::::::::::::::::::::_,,,,.... --ー''''"´  .|       l
  .||  ゙̄'''''''',''''''''''''''''''''''ニ^゙ ̄´    .l      l       |
  .|.!    .l         |         !      l     .,...ト"
  ',.l    |         |         l      .!.,.,,.、.'''.´  |   ,、
   .l l、,,,  |       |           }__─ '.│     | ./ /
   ヽヽ `゙'|'―-- -........li........─ー''"`ヽ      │     'l,'../
    \` │      |         |       |     ′/


153 :◆vsQyY1yD2Q
三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、
三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \
三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ
三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ
三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ
_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //
:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶      自分は、ゾーマ様より
ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、| {__/ ノ      ある任務を授かって この世界に来ました。
┤''                   |:::::::ヽ    ノ
ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、.           助力は必要ありません。
__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/
    \、   ;     ,; /:}  ヽ::; ;::           単独で動く許可を戴きたい。
__弋=======___ー':::::/   \‖ ,,,,,,,,;"
    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ
  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::
\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::
  =========弋弋弋ヾヾヾ  /      |  ヽ:::::::::
                 /      ヽ   \::::
                 /        ヽ
               /   \    {l ミ



                                                  , ,二、 ‐ 、
                                                    //ハハヽ: : : \
                                                /.:V__V: : : : : :\
                                            厶-―…―-: :、: : : ヽ
                                                _  (: : xニヽ ̄,彳^`\_: : :}
                                             (^ヽ{ ヽ ヾ! 何i  何^!  j::::レ^ヽ
                        よかろう。                   ( ̄ ヽ ヽ i 〈 ljγ´ ̄ ヾ-'_,.ィヾ」´ j
                                    (二 ヽ i i |,r‐t:ヽ.__ ノ::::::r′ }一'
                        俺の邪魔にならない限りは.    ヽ   /  人`¨,二ニ、´ /′
                        貴様の自由を保証してやる。     i   {   イ―丶. __ <:\
                                       ヽ. `ー '/: : : : : : : :ヽ:.:.__ヽ._ヽ. r‐、__
                                               `ー '  ̄ i-: : : :/ヾ、_}:.〉:.:.',`´ ┬┤
                                                  ト‐ ァ´:.:.:.:.:`¨´:.:.:.:i  _匸}
                                                     }:.:厶__:.:.:.:.:.:.:.:.:.├゙ー '
                                               厶':.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ 7:7、
                                                   /:.:.:.:.:.:.:.:_;.:、:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ
                                            /:.:.:.:.:.:.:./:.:x‐ヽ._:' ̄:i:.:.:.:i
                                                _厶-- 、:.:.:./r '´   /:.:.:.:.:|:.:.:.:>、
                                              /       ヾ-'      }―一 ´  `ヽ
                                       {        〉     〈______〉
                                       ヽ____ ィ」      ー‐'` ー―一'
                                         'ー――一 ´


154 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,  -‐‐   ‐-  ,
                      /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : \
                /: :: :: :: :: :: :: :: :>‐<: :: :: :ヽ
               / : :: :: :: :: :: :: :: : / |l∨l| Y: :: :: :}
               /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ゝ-.==┴- ∠_
            / : :: :: :: :: :: :: : _>'_´´  ̄ ¨ [7'izヽ
            i: :: :: :: :: :: :y彡'´/へ≧ュ、 ; _,z≦ヽ___)
            ヽ: :: :_z,≦ミ,リ   七ツュヾ〈 〉rセユ|
              Y´ミfてヽ彡    _ -‐' . ',‐._ !
              リ三∧ ヒミ       r z、_,〉  }
              )彡ミハーキ      ,.ィニ彡ミュ、 ,'    そして俺は……待つとしよう。
             、__フミ/ ∨i    /ィ"ャ‐-‐ヽ`ヽ
              ヌミ   ',人       ¨三;' /
              彡/   .':, >        /
             /`ー-. .. .__  `≧- _ノ
         _ _/: :: :: :\: :: : ∧ ̄ ¨: :¨ ̄ハ
    -‐=<ニニニ:ヽ,: :: :: :: :: :\: : ∧: :: :: :: :: : }> ,_
    : :: :: :: : \ニニニ\ー-: :__: : ` ..∧: :: :: :: :/: :: :: :`ヾー-、_
    : :: :: :: :: :: :ヾ;:ニニニ':,: :: :: :: : ‐- ≧\: :.∠: :: :-―: : ヽニニヽ: :¨: :‐: ._.
    : :: :: :: :: :: :: :}ニニニニi: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヾ: :: :: :: :: :: :: :: : }ニニニ}: :: :: :: :: :ヽ


155 :◆vsQyY1yD2Q


     来い、勇者達よ。

                   我が名は、魔王 バラモス。

                                      貴様等の挑戦を、この地で待っているぞ……!



                                |>
           ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
           /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
       _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
     ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
   -‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
      ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
                          〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl
       ..:..                   i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|
            ..:               /:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_   ................
                     ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
                   /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
        .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
                  /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
                   / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \     ..:
              //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、 ::.
               ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ
             r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
         ,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::
   _,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::
   :::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー ‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\
   :::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::


156 :◆vsQyY1yD2Q
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |               据置機だから。 携帯機だから。 バージョン違いあるから。
     \`ヽ、|
      \, V                    セーブが1個だから。 映画タイアップだから。
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、            本編だから。 外伝だから。 子供向けだから。 ヲタ向けだから。
        /    ヽYノ
       /   r''ヽ、.|          SDだから。 HDだから。 マ○コンあるから。 割れるから。
      |    `ー-ヽ|ヮ
      |       `|.           初動型だから。 ジワ売れするから。 子供だから。 大人だから。
      |.        |
      ヽ、        |.          シナリオが深いから。 浅いから。 男子向けだから。 女子向けだから。
        ヽ、   _ノ
           /二 ̄ ヽ、         集計期間が短いから。 長いから。 続編だから。 新作だから。
        〈(M )    \
       ∠、二二≧ュ、⊥.        一人用だから。 マルチプレイだから。
          ,lカ 仞} 〈ミ} r; 〉
    ,ィTl'7Y⌒ヾフ') '‐ヘー'´ ̄`7ー;、
     kヒヒど,ハー<,rく_, ィ´| {⌒Yィ 、 ソ  そんな努力や言い訳は、弱者同士で工夫すればいい。
       `´ ̄`下[__j,-Lハヽ `^ー′
             Y   `‐'/ レ'}.      弱者? 俺以外の全て。
             >ー −7ごノ
         __,∠     /
       〈、   \`Y                                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        \、__ノ7                                              d⌒) ./| _ノ  __ノ


157 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第32話 「商売と嫁と饅頭と」 は終わりです。

これにて 第二部完と言ったところですね。
( 第一部は、ノアニールまで )

ダーマでの訓練がまだ残っていますが
ここからは 第三部に入り、海への準備がスタートします。



冒頭の方で、ロマリアとアリアハンで季節が逆転している云々とありますが
この辺りの設定は 「だいたいこんな感じのファンタジー」 と受け止めていただけると有り難いです。

DQ3の世界地図は、メルカトル図法の地図と比べて地形が歪んでいるため
赤道が弧を描くか斜めにでもなっているんじゃないかと言うぐらいに
珍妙奇天烈摩訶不思議な気候をしている部分があります。

世界地図を上下二分割にすると、ジパングも南半球っぽいんですし。

DQ5では、妖精が季節を告げていましたし
「DQ世界の季節は地軸とは関係無い」 可能性もある訳ですが。



他の世界からの援軍についてですが

『モンスター物語』 の巻末資料 『賢者ブレンドルの教養講座』 によると
大魔王ゾーマは、バラモス以外にも配下の魔王がおり、それぞれ別の世界の攻略に携わっていたそうです。

スライムナイトは、この別の世界から送り込まれてきた援軍と言う訳ですね。


また 「邪配合」 は、『ドラゴンクエストモンスターズ+』 に登場した設定です。

いずれ作中で説明するかも知れませんが
通常のモンスターズの配合と違い、モンスターマスターを介さずに
欲しい力だけを寄り集め、極めて合理的に欲しいモンスターを生み出す秘法ですね。

邪配合で生み出されたデスピサロは、DQ4のデスピサロとは姿形が似ているだけの別モンスターです。



ところで、関係ない話ですけど

『キャラバンハート』 では キャラバンメンバーを 2 0 人 まで仲間に出来るらしいですね。

関係ない話ですけど。



次回更新は、11/14(日) 20:00〜を予定しております。
変更があれば、こちらと『やる夫スレ系案内所』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。



            人☆人
            ( (  .) )
         ノ゛"゛"゛"゛"゛"゛"゛ヽ
       ノ~~ 八 ∧ ∧  .八 ~~ヽ
      οο 川 (,,゚Д゚)ο 川  οο < ケーキ!
      |⌒~⌒~⌒U'⌒U⌒⌒⌒⌒~|
      |◎∋∞∈∈◎∋∋∞∈◎|
      (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


第31話へ     5 外伝へ

New スーパーマリオブラザーズ UNew スーパーマリオブラザーズ U
New スーパーマリオブラザーズ U

この記事へのコメント
なかなかに倒しがいのあるバラモス
Posted by at 2010年11月08日 22:11
つまり最終メンバーは
男一人、女十九人のハーレムパーティですねwwwwwwwww
Posted by at 2010年11月08日 22:21
+ネタを持ってきたかw

確かにゾーマは魔王を配下にしてるんだから、バラモス以外の魔王もいておかしくはないよな
Posted by at 2010年11月08日 22:25
バラモスにも驚い(噴い)たけど……デ、デスピサロだぁ?
それもやるドラW版の新城タイプ……
勇者軍、大ピンチ!!
相変わらず先が読めねーっっ!!
Posted by at 2010年11月08日 22:37
……なあ、ゾーマこのバラモスに勝てるのか?
99回は蘇ってくるわけだがw
Posted by at 2010年11月08日 23:01
デスピサロがナンボのもんじゃい!
こっちにはホビットとして隠居してるバーン様がいらっしゃるではないかw
あと、もよもとさんもいらっしゃるし恐れる必要などない。
Posted by at 2010年11月08日 23:19
バーン様はなぁ・・・
あれ1人いたらイマジンだって怖くないよ。
Posted by at 2010年11月09日 00:17
むしろダーマ神殿の神官たちの面子考えたら、
こいつら相手でも負ける気はしないwww
Posted by at 2010年11月09日 02:52
なに、ギャル夫が配合で魔王級を沢山作れば、魔王が二人いても何も問題はないさ。
 うん、ギャル夫マジチート。
Posted by at 2010年11月09日 03:19
なん…だとぉぉぉぉぉぉぉっ!?
序盤の結婚式の温かな雰囲気、商売パートのwktk感と来て…最後にこれかよ!?
これは、本格的に激戦が始まる予感…!
Posted by at 2010年11月09日 06:19
全ドラクエ作品中、最強のカリスマだもんなぁ>バーン様

それはともかく、確かにこの魔王軍のメンツなら、ダーマ勢とも互角以上に渡り合えるなw
Posted by at 2010年11月09日 08:25
新城さんだとぉぉぉ!?
結婚式だけで終わると思っていたのにどうしてこうなった……
Posted by イル・オ・イス at 2010年11月09日 19:24
YABEEEEEEEE!!!!
熱くなってきたぜぇえええ!!
Posted by at 2010年11月09日 21:10
 配役にもびっくりでまさかのスピンオフ参戦(本人じゃないけど)でもうこれはw
 鍵を握るのはギャル夫になる?
Posted by at 2010年11月10日 03:55
マリオ様かっこいい!
Posted by at 2010年11月10日 12:58
ギャル夫はもょもとと並んで最終勇者筆頭の期待株。
Posted by at 2010年11月11日 01:22
ええっと、アズラエル氏は結婚式での出番なし?
前回出席すると明言していたから期待していたのですが。
Posted by at 2010年11月11日 11:45
バラモスぱねぇーーーwww
Posted by at 2010年11月11日 14:14
マリオがボスっぽくていいなw
嫁いっぱいはあんま好きじゃなかったけど
この展開は熱いっ!
Posted by at 2010年11月13日 20:43
喪黒の目的は人間の家畜化ですか。
人を食ったような奴ですから、そういうのは得意そうですね。

うーん。それにしても、今のままでは勝てそうにないですね。
ダーマでの修行に期待したいところです。
Posted by とあるA at 2010年11月14日 19:57
このバラモスは、ムドー以上に
「ラスボスを超えるインパクトを持つ中ボス」してるなww
まだゾーマの配役分からんけど……
Posted by at 2010年11月14日 20:19
敵サイドが格好良くていいなw
原作の流れと乖離してて、その予想のつかなさに惹かれるわー。
Posted by at 2010年11月21日 15:55
逆に考えるんだ。
99回復活するではなく、残機をあと一機増やせば自滅する、と。
つまりゾーマはノコ(ry
Posted by at 2010年11月27日 01:41
マリオ2なら255機までOK
Posted by at 2010年12月23日 22:22
これまた強いカバが来たもんだ
Posted by at 2011年01月15日 21:17
正直、バラモスブロスの配役がばればれだなw
Posted by at 2011年01月19日 19:11
↑類似と見せかけて悪夫の方かもしれんぞ
Posted by at 2011年05月14日 21:18

類似と悪維持もあわせてオリジナルでバラモスタイプ四魔王とか?w
Posted by at 2011年06月16日 20:34
マリオが来たってコトは、もしやボスはクッパとか?

国家弱体化は、今の日本でも行われているのがなんとも。
集団から抵抗力を奪うにはトップを腐らせるのが確かに効果的!
Posted by at 2011年07月06日 13:45
スライムナイトどころかピサロまで!?
そういや予告でアリーナの名前も出てたし
どんどん話が大きくなってきたな・・・
Posted by at 2011年09月18日 02:59
正直、このバラモスとデスピサロはテンション上がりまくる。

トップが屑でも全体の平均値が高ければ何とかなるのも、日本を見れば良く解るな。
誰でも変わらないってのは、逆に言えば代わりはいくらでもいるってことだ。
そのための勇者育成計画で、教育こそが国家の礎なのは、異世界でも変わらないだろう。
ダーマは、名実ともに人類最後の砦なわけだ。

かえすがえす、セイラン卿の最期は残念だ。
彼がその一翼を担っていたのは、紛れもなく事実なのに。
恐るべきは、モグロの慧眼だな。
人類は、ギリギリ間に合ったに過ぎない。
Posted by at 2011年09月23日 11:56
 ウズミが本当に精霊神のお告げ通り行動してるなら狂ってるとも言い難いし、勇者育成計画が早期に頓挫したら普通のDQ3の流れになってた可能性もある
 が、ユウナは喪黒に誘導されて売国してたどころか仕舞いには反逆したんだから能力不足としか言いようが無い
 王座もカガリも狙わず自ら負った借金と密約抱えて退場したならば真の国士と褒め称えたでしょうが……そうじゃないですしね
Posted by at 2012年01月30日 06:53
セイランは喪黒に利用されたというか、セイランが反乱・乗っ取り工作してたのを
喪黒が目をつけてそれに乗っただけだろ
セイランがあのまま持続してたら、アリアハン弱体化or魔族により成り代わり化してただけだわ
むしろ消えて正解だった
Posted by at 2012年05月15日 16:23
ゾーマより強そうなバラモスw
Posted by at 2012年06月24日 16:19
モンスターズ+の後継なんだな
好きだったから嬉しい
Posted by at 2012年06月29日 01:03
歯応えのある敵が欲しけりゃオゴンの国を攻めれば対抗心MAXの猛者が(ry
Posted by at 2012年08月07日 21:11
このバラモス、ディスガイアの中ボスさん、
みたいに存在感あるw
Posted by at 2012年09月08日 15:32
このマリオぜったいマリオの皮被った勇次郎だろw
Posted by at 2013年09月27日 09:17
この期に及んでまだ「嫁いっぱいは好きじゃない」とかほざいてる奴がいるのが滑稽www
Posted by at 2013年11月20日 22:02
……………あとH人も嫁が加わると?
Posted by at 2014年04月28日 07:16
まずいな・・・このデスピサロさんだけは勝てる気がしない

そしてデスピサロが彼なら・・・彼の相棒はあの塔の誰になるんだ
ロザリーナイトかスライムか・・・メスだしロザリーもありうるなw
Posted by at 2014年05月10日 23:21
侵略そのものより勇者たちとの戦いが目的になっているバラモス……超魔ハドラーっぽいな。
Posted by at 2014年09月30日 10:11
ドラクエの世界って、地図が上下と左右でそれぞれつながってるから、幾何学的に言うと球体じゃなくてドーナツ状なのよねw
Posted by at 2014年11月10日 17:26
バラモスが後期のハドラーっぽくなっとるw
Posted by at 2015年01月31日 01:25
バラモスより強いゾーマってことはマリオより凄い人気シリーズキャラクター・・・居るのか!?
Posted by at 2015年05月30日 21:38
>封じたはずの 精霊ルビスが異世界から援軍を召喚した。
ルビス様が異界の勇者達を召喚したのが確定?
ゾーマ様(?)がそう思っているだけで勘違いしている可能性も一応あるけど
Posted by at 2016年04月18日 18:06
> ところで、関係ない話ですけど

>『キャラバンハート』 では キャラバンメンバーを 2 0 人 まで仲間に出来るらしいですね。

> 関係ない話ですけど。



なるほど、関係無いな!(遠い目)
Posted by at 2016年06月07日 14:08
性格的には、バラモスよりむしろデュランぽいね
Posted by at 2016年06月16日 21:04
精霊ルビスが日本人拉致犯だったのか
ルビスと拉致被害者を戦争に駆り立てた王様は日本人として許されない悪だな
せめて呼び出す前に同意を得てからにしてほしかった
日本人ならDQの世界に行きたいって奴もたくさんいただろうに
Posted by at 2016年09月21日 19:20
ルビスが召喚したわりに、異界勇者はアリアハンから出発という不思議。
この事に何か意味はあるのだろうか?
Posted by at 2016年10月21日 23:52
じゃあボク、デストドマン。
Posted by at 2016年10月22日 00:55
↑↑
普通に考えれば”異世界の勇者をルビスが召喚した”となるんだけど、
「 封じたはずの 精霊ルビスが異世界から援軍を召喚した。」
とあるから、援軍=異世界の勇者の事ではないという可能性もあるんだよな。

ここの作者はこの辺の言い回しが絶妙過ぎるw
Posted by at 2016年12月29日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41642806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ