■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年11月23日

第33話「ニュー速で四十七士の闘い」(3)

外伝へ   3   第34話へ

68 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で邸 応接室 】 ________________
      |              |                          |
      |              |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,             |
      |              |  |.[   ]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ           |
      |              |  |.[__]゙|    ii              |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐         |
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘
    /
  /                 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
/                       l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   お待たせして 申し訳ないです。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ     ニュー速で家の やる夫だお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   ,:''⌒Oニ  ̄~'~ ̄ `ヾ)⌒ヽ
   /  , '~ /  /     ヽ l
   l  ;' / -iーメ/ /rー+、 l ヽl
  l  l ! /;-'- l/ ,-ヾ l l:、 l
_,,.-',  :::∨イ;!. fリ   (ィ! l! レ{: "l
二ユ!:::::::::ヾ+ー~  . "-'メノ:: :::l   妻の 夏美です。
  l:::::::;':ノ~ヽ、 rー,  ノ!::i::::::::l
   ヽ/"   `ー=ィ" レ'ゝ::/
    /77ゝ,...ノ_   ヽ、..,,rくヽヽ
    l  "} / l  `  l ヽ{`   l
    ゝ  //  `ーー'"  ヽ!  .{
   /  /'         ヽ!.  l
   /  /!==========l  l
.  /   ;人::::::::::::;: --、::::::::::ノi   l


69 :◆vsQyY1yD2Q
                                          _
                                         ,.‐'´:::::`ー‐-- 、_
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー-..、
                                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_
                                       〈::::::::,.--‐‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       \j__  ___  ̄`l:::::::::::::::::::::,.-‐´
                                                l弐//徒シ   !`゙ー- 、:/
               こちらこそ                     ,.{ //__    リ川::.::.::.l
               突然 押し掛けて申し訳ありません。  .彡ハ'ー‐‐'    '彡'::.::.::.:l,.孑゙\
                                              /_ハ'‐-‐-    /`~/´:..:..:..:..:..`゙-、
               本日は、あなたに一つ          /:..:..∧   ,. -‐',,.-‐´:..:..:..:..:..:..:..:.-'´≧-、
               お願いがあって参りました。     ./!:..:..:..:ハ `^´  /:..:..:..:..:..:..:..:.._,.-'"__,-':..:..:...\
                                    /| |:..:..:..:..ハ:..:ヘ/:..:..:..:..:..:..:..,.-'"__,.‐':..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
                                        /:..:.ヽ ヽ:..:..:..:.ハ/:..:..:..:..:..:.,.-'´ _,.-':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ
                                 l:..:..:..:..:..ヽ \:../:..:..__,. -‐'´ ,.- ':..:..:..:..:..:..:..:..:.:..:..:..:..:..:..:..:..:ハ
                                /∨:..:..:..:..:.\ `ー‐‐' _,,.-‐'´:..:..:..:..:..:.,. ---‐────'´::ハ
                                     /:::::::∧:..:..:..:..:..:.._><_:..:..:..:..:..:..:..:..:,斗'´:/:::::::/::::::::::::::::::::::::::l
                                 /:::::::::::::::∧:..:..:..:..:.ヘ ☆ /:..:.,. -‐ '´ ̄::/:::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::l
                             /::::::::::::::::::::∧:..:..:..:..:..'ー‐':..:../:::::::::::/:::::/:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      お願い?
     / .イ '(●)  .(●)\
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \   この地区に 孤児院を作りたいって
   | ≧シ'    `⌒´      .|   お願いした件で何か問題がありましたかお?
   \ ヽ           ,/


70 :◆vsQyY1yD2Q
                                           _
                                          ,.‐'´:::::`ー‐-- 、_
                                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー-..、
                                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_
                                        〈::::::::,.--‐‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         いえいえ、それは           \j__  ___  ̄`l:::::::::::::::::::::,.-‐´
                         私としても願ってもない話です。    l弐//徒シ   !`゙ー- 、:/
                                         ,.{ //__    リ川::.::.::.l
                         本日は 別件ですよ。           彡ハ'ー‐‐'    '彡'::.::.::.:l,.孑゙\
                                               /_ハ'ー-‐ '   ./`~/´:..:..:..:..:..`゙-、
                         ゲットー君、書状を。         ./:..:..∧   ,. -‐',,.-‐´:..:..:..:..:..:..:..:.-'´≧-、
                                            /!:..:..:..:ハ `^´  /:..:..:..:..:..:..:..:.._,.-'"__,-':..:..:...\
                                     /| |:..:..:..:..ハ:..:ヘ/:..:..:..:..:..:..:..,.-'"__,.‐':..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
                                         /:..:.ヽ ヽ:..:..:..:.ハ/:..:..:..:..:..:.,.-'´ _,.-':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ



                                              _,,,,__
                                            _/;;;;;;;;;ヽヽ ヽ
                                                 /    :::::::ヽ>;;;ヽ
                                          { ̄ ̄` ゙ ‐-、\;;(@;;;',
                                          i、 ̄_ヾ、ミミミミミ;;;;;;;}
                                                 //`ー'`::::::::lミミ,_ ノ
                  ハッ!                     //_,  .::::::::::::ト‐'ミミト、
                                          ゙''二    /::::::;ヾミミヽ
                  ニュー速で殿、こちらを ご覧ください。   .i^  _.:::/ .:::::::::::\ミミ;}
                                           ` ̄ i゙  ::::::冫:::://_,\
                                              ';::.. ::::::: :::////_,
                                                   //::: ::: :::::::::{///
                                           ,イ /::::::::::::/::::::::` ̄


71 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |     え〜っと……ヨメ家?
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |



          __..  z≠  ̄   ::::...  、
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/    この地方の名家ね。
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |    ワインに 蒸留酒
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/    それにオリーブオイルとかも作って財を成した家で
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从    アリアハンにも輸出してたはずよ。
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/     それで 司祭様、そのヨメ家が どうかしたんですか?
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \


72 :◆vsQyY1yD2Q
                                          _
                                         ,.‐'´:::::`ー‐-- 、_
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー-..、
                                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_
                                       〈::::::::,.--‐‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       \j__  ___  ̄`l:::::::::::::::::::::,.-‐´
                                                l弐//徒シ   !`゙ー- 、:/
          そのヨメ家の方々が                    ,.{ //__    リ川::.::.::.l
          ニュー速で家と誼を結ぶ事を望まれており    彡ハ'ー‐‐'    '彡'::.::.::.:l,.孑゙\
                                              /_ハ'ー-‐ '   ./`~/´:..:..:..:..:..`゙-、
          私は、その仲介を頼まれたのです。       /:..:..∧   ,. -‐',,.-‐´:..:..:..:..:..:..:..:.-'´≧-、
                                           /!:..:..:..:ハ `^´  /:..:..:..:..:..:..:..:.._,.-'"__,-':..:..:...\
                                    /| |:..:..:..:..ハ:..:ヘ/:..:..:..:..:..:..:..,.-'"__,.‐':..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
                                        /:..:.ヽ ヽ:..:..:..:.ハ/:..:..:..:..:..:.,.-'´ _,.-':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ
                                 l:..:..:..:..:..ヽ \:../:..:..__,. -‐'´ ,.- ':..:..:..:..:..:..:..:..:.:..:..:..:..:..:..:..:..:ハ
                                /∨:..:..:..:..:.\ `ー‐‐' _,,.-‐'´:..:..:..:..:..:.,. ---‐────'´::ハ
                                     /:::::::∧:..:..:..:..:..:.._><_:..:..:..:..:..:..:..:..:,斗'´:/:::::::/::::::::::::::::::::::::::l



         /            ` ─‐- 、
      /                   ヽ
        !                    ヽ
      !         /   f─‐ナi  !   !
     イ     ヽ  /   イ_彡  i i i  |
    /       |イ7_ イ 、_フ´メi  フ/人 !
    /           ! ! ´ ∨   { iリ ト '´  ヽ!
   i        / `┐     `   ヽ,      ( ヨメ家は、いざないの洞窟が封印されてからは
   ! /      /ヽ、_ト'          _ /      勢いを失っていたはず。
   |/ i     イ / _  ノ       /
     ヽ  / iノ | `''' 、  √`‐-イ         ウチと誼を結んで、盛り返したいってところかしらね )
      ヽ'    ノ__   ヽ.∧人 /
         /   `ヽ.  ヽi
       /       \   ト、
       /         ヽ  ! ',\
      /           \| i! ヽ
      /             !  ハ│


73 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     _,,,,__
                                                   _/;;;;;;;;;ヽヽ ヽ
                                                  /    :::::::ヽ>;;;ヽ
                                                 { ̄ ̄` ゙ ‐-、\;;(@;;;',
                                                 i、 ̄_ヾ、ミミミミミ;;;;;;;}
                            今のヨメ家には                //`ー'`::::::::lミミ,_ ノ
                                                  //_,  .::::::::::::ト‐'ミミト、
                            三人の実力者が おられます。.   ゙''二    /::::::;ヾミミヽ
                                                  i^  _.:::/ .:::::::::::\ミミ;}
                                                  ` ̄ i゙  ::::::冫:::://_,\
                                                     ';::.. ::::::: :::////_,
                                                    //::: ::: :::::::::{///
                                                  ,イ /::::::::::::/::::::::` ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ., 、
               ., '´   ヽ
             /  , '´ ヽ、 \
           ., '/´ `'      .i  ヽ
           /:/:::         .iヽ ヾ
          /::i‐- 、_,!、_____    .i、 ヾ‐-
          /;:::i:ャュ) 、ャュ、_   iヽ、 三
          `〉i:: "゙./  `゙"、   i .,!ヾヽヾ_
           ゙i:: : ゝ,、、ヽ    / i 9:)``、     ヨメ家 一族
           .!;;r'"ノ ヽ ヽ、、 /  .f.、!、:ヾ    カー・コローグ・ヨメ
          ,‐゙;-‐'"‐-゛‐-,-‐',   .}::-‐`     ( 架空偉人AA? )
       _,...-..(.' `;" ´ヽ )``,ノ   .ィ{.、
  .,...-‐::::'´:::::::::::`), ' .) ン ノi .ノ ././:i:`:‐-、
"~:::::::::::::::::::::::::::::彡 "' , ., ( ` `ノ./ /:::::|:::::::::::::`.....、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::~彡 ,:: / ヽ , ノ⌒ヽ.、:::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ...、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´‐-ソ,ノ、ノヽ.!\ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ´`l  .ハ、ヽ)_, .-‐`:::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:└::::!ヽヽ~:::  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i


74 :◆vsQyY1yD2Q
           _ .. _
        , :-:'´:: ::: :::``::‐..、、 .
      ../::::: : : ::::::::::::::::::、‐、:Y⌒ヽ
      ./:::::::::,:::::,::-‐ '´⌒`: : ::ヽ`ヽ`、
     ./:://'´'´     : : :: ::: ::i :::ミ .`、
     i::: }        : :: :::::::::ヽ::::ヽ、
     .,!: ::i ._,,;;;;,,,;川,,;,,,;;:: :: :::::::::`´:::::ヽ
    ノノ:::| ,弋ラ‐⌒ゞ:弋ュ:):::::::::::::::::::〈
    彡,::;:! ヽ./  .:::::〉 -‐'....:::::::::::::::人.    ヨメ家 一族
    ‐'´ ',.i ゙´ ./、 .ソ:::.  : : :::::::::::::/     テンプレー・ヨメ
      ヽ;i / ,``ヾ:::\ : :.:::::::z‐'      ( 架空偉人AA? )
       ,';i  ‐'"、`",`ゝ' /:,, ::::ミ
       .',;i   ´´´.. :: /〃:::/、
        〉;\.、,;;:::::::::;;;::/;/::::::~ヽ
       '´ ´'、‐-‐_;::-‐'´/:::::::::::::::`‐、
     __,〉‐- 、‐-'´`‐-‐‐'::::::::/::::::::::::::::`ヽ、
    _,./:::,フ〈/;'´⌒'´::,‐'´:::::::'::::::::::::/::::::::::::::´
..,..-‐´:'´.V '.A/''〉,-´::::;/: : :::::/:::::::::::/::::::/::::::::::                     ,ィi〔{ルソハヽ._ノ)、、,,,__
:::::::/: : ./n∩/::/}.::::::/´ : : :::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::                   ,ィ巛ヾ彡彡ミヾヽソ彡彡ヾ' 、
:::/: ./`';!!;:ゝノ:':::;/ ......::::::/::::::::::/:::::::::::::::::::::::::              ゞ=ヾミ三彡'"´`ー==巛ハ彡彡
ゝ: ; ./::::((:::::::/:::/  ..::::::::./::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::                ミミ/             /彡ソン三
'´  ./:::::::ヽ::::::::/   ..::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                ヾミ!          {‖ソシリ巛
  /:::: :::n::::::::/  ::::::.::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              ミミl,、、_ 、,.、-_‐ 、    !{((リヾミニ
                                          `ミ{ fラ} .:.:. fユン、`   lヾヽヘヾソ
                                                 !:`/ .:.: `¨ ノ   .:.:ノノミー二ニ)
                                                ',/ ' 、 ヽ . : :.ノノソゞ、三二ヽ
                                            lゝ_'"´ ヽ:.:. : :ノソ)ソソソヾミミミ
                         ヨメ家 一族              ヾ!仁`'ーヽ .:r''""´,.ィ'巛ヾ彡ミ、
                         クゥーキ・ヨメ               <ヾl  `   >:| ,ィ'´彡/ヾ、彡ソ)ヽ
                         ( 架空偉人AA? )         >、`_ー、_´_,、!イ彡彡/::::::::::::::!
                                           /:::::::/三三彡彡彡'/::::::::::::::::ト、
                                         /:::::::::::ハ三三三彡'´::/::::::::::::::::::|::::\
                                    /´/:::::::::::,':::|三三=/::::::::/:::::::::::::::::::::!:::::::::\
                                       , ':::::::/::::::::::::i:::::ヽ三=/:::::::::/:::::_:::::::::::,'::::::::::::::::ヽ- 、
                                  /:::::::://:::::::::|::::::::|=/´:::::::::/:::::::\ヽ:::::/:::::::::::::/::::::::::::ヽ
                                          /::::::::::'〈::::::::::::::!::::::::l/::::::::::::/:::::::::::::::ヽヾ':::::::::::::/:::::::::::::::::::',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


75 :◆vsQyY1yD2Q

                                            , -‐─.:´.:.:.:.:.:.::.`>‐- _
                                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.:.`ヽ
                                         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                         !.:.:.:!  iハ  ミ   ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                         |.:.:.:i.:i.:.:i  弋\.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                         \人゙iノ  l'|`}_ \_.:.:.:__:.ゝ.:.::l.:.:.:.:.:.:.:.:.i
          今の、ヨメ家の工房で作られている物は         /   /`l  リ.└   ∨ `、.:从.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          別地区に運ばれて売られているそうだから        .ヘ__/ r '   ´ , , ,   6 }.:.:i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                               ヘ__/. |          イ. .:,i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:ハノ
          誼を結ぶ事が出来れば                 /    ノ  \ノ          ヾ,ノ i.:.:.ト.:.:.:.:.:i
          ウチの商店街で扱える商品が増えるわね!   i`   彡  丶  ヽ__ ,. '   ヽ  ソ \.:.:l
                                     \       `ヽ   _ヽ     .\     ソ
                                          \         ,彳   ゞ= ニ 二入
                                                 \      /              l
                                           `ヽ_,   /              l
                                                    /, _,,.. -'''"ノ          l
                                                /  _,,.-'''" /           l
             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ ).    おっ、そりゃいいお!
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    .|   (⌒)|r┬-|     |    地元との繋がりも強化したいし
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/    この話、受ける事にするお!
    | | | |  __ヽ、   ./
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


76 :◆vsQyY1yD2Q

                __ ,. -  、  , -- 、
        ,.  - 、 ,. '".:.:.:.:.:.:く.:.:.:.:.:.:.:.`- 、.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:'    .:.:.:.:.:.:'、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:.:.:.:.',
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:  /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:'.,.:.:.:i
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: /      .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:i.:.:.:.!
     i .:  ..:.:.:.:/    ..:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.i.:!.:.:.l
    l ,...:.:.:.:.:/.:, イ.:.:、.:.:.:/.:.:./ !.:.:.:./ヽ/ヽ.:.:.:.:ト'.:.イ
     /.:.:.:.:.:.:.'.:´.:..!.:.:.:.:`/! メ、  !.:.:/ イilヽ、 i.:.:.:/.:.:.:.:',
   /.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._j.:.:// i ノ! ` レ'  l'il } !ヾ'.:.:.:.:i.:.:.i   ヨメ家との交渉は、私が引き受けるわ。
.   i.:.:.i.:.:.:.:.:./´ヾ 'ヾ l l j       `' '`lノ.:.:.:.:.:.l.:.:.:!
.   !.:.,l.:.:.:.:.:.!   ',  'ヽ `゛    ,   /.:.:.:.:.:.:.:.:lヽノ    司祭様、調整をお願いします。
    レ' l.:.:.:.__l    i` ー 、    r―,  , ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:./ '
     ヽノ ヽ、   l、  ,ト、` ー -- r' ヽ i.:.:.:.:,イ.:/
     l'    i`   ヽ-‐'´ ̄ ヽ !`ヽ `ヽ/ '
    r'  i   l      _ _,.. ィ'  l、 /l-- 、
   ヽ ! l   l _ , イl !  ,イ ヽ   l'  !
    ヽヽ__ーr‐ ' 



                                          _
                                         ,.‐'´:::::`ー‐-- 、_
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー-..、
                                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_
                                       〈::::::::,.--‐‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ありがとうございます。              \j__  ___  ̄`l:::::::::::::::::::::,.-‐´
                                                l弐//徒シ   !`゙ー- 、:/
            これで私も、肩の荷が下りました。         ,.{ //__    リ川::.::.::.l
                                        彡ハ'ー‐‐'    '彡'::.::.::.:l,.孑゙\
            ニュー速で家と ヨメ家で力を合わせて.    ./_ハ'ー-‐ '   ./`~/´:..:..:..:..:..`゙-、
            南部地方を守り立ててください。       ./:..:..∧   ,. -‐',,.-‐´:..:..:..:..:..:..:..:.-'´≧-、
                                           /!:..:..:..:ハ `^´  /:..:..:..:..:..:..:..:.._,.-'"__,-':..:..:...\
            では、また後日 お会いしましょう。   /| |:..:..:..:..ハ:..:ヘ/:..:..:..:..:..:..:..,.-'"__,.‐':..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
                                        /:..:.ヽ ヽ:..:..:..:.ハ/:..:..:..:..:..:.,.-'´ _,.-':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ
                                 l:..:..:..:..:..ヽ \:../:..:..__,. -‐'´ ,.- ':..:..:..:..:..:..:..:..:.:..:..:..:..:..:..:..:..:ハ
                                /∨:..:..:..:..:.\ `ー‐‐' _,,.-‐'´:..:..:..:..:..:.,. ---‐────'´::ハ
                                     /:::::::∧:..:..:..:..:..:.._><_:..:..:..:..:..:..:..:..:,斗'´:/:::::::/::::::::::::::::::::::::::l
                                 /:::::::::::::::∧:..:..:..:..:.ヘ ☆ /:..:.,. -‐ '´ ̄::/:::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::l
                             /::::::::::::::::::::∧:..:..:..:..:..'ー‐':..:../:::::::::::/:::::/:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i


77 :◆vsQyY1yD2Q
【 隊商用の宿 只今建築中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
| _|  ::| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   ||   |
|   | _|  ::| _|  ::| _:|  ::| _|   | _:|   | _|  ::| _||   |;;,
| _|  ::| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   ||   |
|   | _|  ::| _|  ::| _:|  ::| _|   | _:|   | _|  ::| _||   |;;,
| _|  ::| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   ||   |
|   | _|  ::| _|  ::| _:|  ::| _|   | _:|   | _|  ::| _||   |;;,
| _|  ::| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   :| _|  ::| _|   ||   |
|   | _|  ::| _|  ::| _:|  ::| _|   | _:|   | _|  ::| _||   |;;,
|   | _|  ::| _|  ::|: (\ /)   ::| _|   :| _|   ::| _|   ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄γヽγヽγヽ从 (´∀` ) ギーコ ギーコ_ _|   | _|  ::| _||   |;;,
三三三三.ゝ_ノ.ゝ_ノ.ゝ_ノ二二=6   )__,;_____,;;,;__,;;___,;;__,;_
 ̄ ̄ ̄γヽγヽγヽγ'W''`〈 〈 〈  ''"゙´''`"゙´`''"゙´`''"゙´''`"゙´`''"゙´`''"゙´''`"゙´`''"゙
三三三.ゝ_ノ.ゝ_ノ.ゝ_ノ.ゝ_ノ (_(__)
                        __
....... / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ /|
  /      ,、_,、 从〃     //   .....        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/____ (   ,) て'、__ガンガンガンガンガン  ..../  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ~
lニニニニニニニニ〈|   ノ ニニニニニl/  ....         [ ̄ ̄≡ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二 ̄
 |__|     〜'  |....    |__|       ......    [ ̄ ̄ ̄ ̄三 ̄ ̄ ̄ ̄≡ ̄ ̄ ̄
  ....      U U       .......         ..[ ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄≡ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三
      .......     .......      .........   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ,,.. - ──一─ 、
    ノ"::::::::::::::::::::::::::_,シ 、
    ゙,ィ"´"´ ̄´ ̄   ミ::::ヽ
    i::i_,,;; 、 _,,,;;;::ァ  ゙、,.-゙、
    、,iィ‐r ! ヾ"エ゙>   ミ'/、ヽ   やあ ようこそ、ヴァーボーン・インへ。
      |  ̄,!    ̄    ミヒ リ
     | 〈、_,;::      ミ-''    まだ宿は出来ていないから、グラッパを飲んで落ち着いて欲しい。
     ,ミ、ィ";;;;;_:`ヾ、   ィシ::::ミ
    ィシ::::::::: ̄´:::::::゙""::::::::::::ミ     
    ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ    ニュー速で商会 隊商用の宿担当
     'i,::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /\.   ヴァーボーン・ハウス
    /゙ミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ'  /   \ ( 架空偉人AA? )
  ./    ゝ   /  /       ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


78 :◆vsQyY1yD2Q





                やる夫が商家の運営と並行して 力を入れていた事がある。

                それは、強力な私兵隊を作る事だ。

                人や物が集まれば、当然 それを狙う無頼の徒が現れる。
                彼等から町を守らなくてはならない。


                また、私兵隊を集める事は
                モンスターに負けない隊商を作るための下準備でもあった。

                そう、やる夫の目は 北方三国に向けられていたのである。





79 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で家 練兵場 】

x外不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不不
^V[云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云云
.:.! | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |: : | |:
_」 |_|:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_|_|:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_|_|:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:_:_|_|:_:_| |:_:_|_|:
丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
=============================================================
  -─=  -─  =─- ==─    ─- ==    ==─   -─=  ==         -─    -─==
-─    ==─  -─=  ==      -‐==   -─=  -─     ==─   -─       ==   ==

             ∧ ∧ミ /        ∧ ∧ミ /         ∧ ∧ミ ./        ∧ ∧ミ /
             (,,゚Д゚) /        (,,゚Д゚) /         (,,゚Д゚) /         (,,゚Д゚) / 
      ∧ ∧ミ /  <ノニつ, ∧ ∧ミ /  <ノニつ,  ∧ ∧.ミ /  <ノニつ,  ∧ ∧ミ /  <ノニつ, 
      (,,゚Д゚) /  <<i i >> (,,゚Д゚) /  <<i i >>  (,,゚Д゚) /  <<i i >>  (,,゚Д゚) /  <<i i >>
       <ノニつ,         <ノニつ,          <ノニつ,         <ノニつ,
       <<i i >>         <<i i >>          <i i >>>         <<i i >>



                                                ,, - ―- 、
                                             ,. '" _,,. -…;   ヽ
                                                   (i'"((´  __ 〈    }
                                             |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
                                             ヾ|!   ┴'   }|トi  }
                           もっと 腰に力を入れな。       |! ,,_      {'  }
                                              「´r__ァ   ./ 彡ハ、
                           退くんじゃない。            ヽ ‐'  /   "'ヽ
                           ぐっと腰を前に突き出すんだ。     ヽ__,.. ' /     ヽ
                                                      /⌒`  ̄ `    ヽ\_
                                                     /           i ヽ \
                                              ,'              }  i  ヽ
                                               {             j   l    }
                                              i   ヽ    j   ノ   |   } l
                                              ト、    }   /  /   l  | .|


80 :◆vsQyY1yD2Q

      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
  .rヾi, ,;rtテ::::::   ::ktテ-、::.::ilr'ヽ   ふむ……ようやく様になってきたな。
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
  .!i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l.    それにしても、まだ人数が少ないとは言え
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/.     全員に鋼鉄の武器と 鉄製の防具たぁ、贅沢な話だ。
    `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、

  ニュー速で商会 私兵隊 教官
  剣闘士 オツ
  ( 架空偉人AA? )



                                                       ___ _
                                                          -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                                                      ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                              r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                              ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                                               フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
                                                        l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
                                                      〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
                        北方三国に隊商を送りたいなら        /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
                        それぐらいは必要になるさ。           /..             "´ 2ノ/ l:::::
                                                 ヽ.ニ,`           __/ :l::::
                        それは あんたも分かっているだろう?     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
                                                       〈..        /:{      ヽ
                                                         `}     /:: ! i
                                                   丶、,、. イ::::::    !


81 :◆vsQyY1yD2Q
                                        /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                              (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                                           l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i
                                           _  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
                                        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
      あんた、元は ノアニール軍の戦士だったんだってな。. .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ::::::|
                                              ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、:::::l
      眠りの呪いを免れて                       i==-  .:..:.:イ   ヾヘv
      街を養うために傭兵に転身したと聞いたが。          ., ゝ...:.  _,.ィ  i ,.'  }  ` 、
                                                , ´  ゙'ーイシ″ ,  /.:. .  `  .
                                      ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、
                                    /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ
                                            /  _,. イ      ヽ / -‐              '.
                                          /    /  ,                  、         '.
                                        /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.



      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
  .rヾi, ,;、_;::::::   ::,__,、::.::ilr'ヽ
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!   ……まぁな。 俺もノアニールの生まれだ。
  .!i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/    北方や、古戦場の危険性は よぉっく分かっている。
    `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、


82 :◆vsQyY1yD2Q

      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
  .rヾi, ,;r tテ:::::  ::k tテ:、::.::ilr'ヽ    こんな老いぼれの技術を
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!.    ひよっこ共に伝える場を用意してくれて
  .!i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/       当主様には本当に感謝しているよ。
    `'i  i'l! 、____;::.!i,! ,!
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、



                                       _,.... --────- 、._
                                   _,..-''"´            `` 'ー-、
                                       ,.-'"                     `ヽ.
                               /                          ヽ
                               /                           ヽ
                                   /,/                               ゙;
                               /,::';'          ;' ;i    i   ,i ;    ,i       |
                           /' ;'       |   ハ ハ.  ;'|  /|./|  / | i   /   |
                          ,/  ;'  /  .|   | ゙、 |=V'''゙、 .l | ,:' ソ/,,| ./ !'|  ,イ     |
                                   | /|   |   | |''ゝ |三-、 ヽ| |/  " ;| ム;=-j /|    |
    やる夫は、すごい心配性だからな。    .| .| l  |i゙、 .|`!ジ`!',ノ゙i`      ';ノ'-、 ヾ;''" / , ;'  .!|
                             リ  ゙、 |.|.ヾ、゙` ヾ:;;;リ       !'";;リ  }ト /,:'  ||  |
    鋼鉄の武器と 鉄製の防具を装備させて    ゙、 ||  ´ト `ー一        `='...., " ,//   /  |
    オツの訓練を受けさせて               〉| ,i  l       、' : :.        /   ;'  |
                                / ノ' |  ゙、      ’        ,;:'ッ   ;'   ゙、
    それで ようやく                       ,ノ/ノ |  ゙、:、     -ー     ,/ノ/ ,ィ ;'  ヾ.゙、
    安心して送り出せるんだろう。        -''"´. / ,.ハ i、 ヽ`ゝ、   ~     _,.-/../ / ,リ   ゙、ヾ、
                                      ,:',// ゙、 ヽヽ! ゙'`=、   ,..-='-''"´//  / ヽ.   ゙、
                              ,/  ./ /!゙、 /`/7 /´`'" ̄ヽ く^V'"゙、   |ヾヽ、  ゙、
                                    // ,|..-'''/.// ,:'| ::::::::::::: ヽヽ. ヽ )ヽ、. ゙、  `ヽ.ヽ
                                     _,..-'-''"´,..-;:'入`ハ! |  ::::::   ヽヽ'"./ミヽ、`ヽゝ_   ``
                           ,..、-'"_,..-;::=''"'"´     リ    ..::::::::/ ヽ./  `ヾミ::-、.``ヽ、_
                          f---i'r'''「´          ゙、    :::/         ``ヾミ::-、ツヽ.
                          |   N :i             ゙、   :: /              )ヾ--ヽ


83 :◆vsQyY1yD2Q

       _,. ---ァ‐_ニニ=ー
      ,. '´::::::::,r':/:::::::::::``丶、
   , - '::ー--::::!:/::::::::::::::::::::::::`丶丶、
  ,:'...:.: ..::: .:: .:::::ヾ::::::、::. :. :::::::::::::.. :ヽヾ:、
. /::::::::::::::::..:.: .: ::.:.::.::...::.\::::.. ::. :.:丶:::.ヽ \
/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::',::',、::、::ヽ:::::::::.:..::..\::',  `
l::::::::::::::::::::::|:::::::::::!::リ、ヽヽ:',、ヽ:::::::ヽ:::ヽヽ',
|::::::::::::::::::::::!::::::::/!/__ヽヽ ヾヽ,rヽ:::::',:ヽヽヽ
.l:::::::::::!:::::::::|::::://'__ ` ヾ、 ヽィ=、!、::::!::::ト、ト:',
. ',:::::r'l::::::::::!ノイ_ノ:}``  ` {ノ::} |:::',::ト、:! lハi
. 〉::{ !::::::::::ヽ ヽ-'‐'     ヽ`´ l::/|::! ヾ、     鋼鉄の剣が なかったら なかったで
 '/|::ヽ',::::::::!:ヽヽ、      / イ:', l:!
   Wヾ',::::::ヽ:ヽ`゙`  --一 /::、ヽl、      やりようはありますけどね。
     |、ヽ::::ヽ、ヽ、   `´イ:::::::::',ヾ``
    ノ ヽlヽ:::ヽヾ:、`` ;ー' ヽ',ヽ:::::! ヽ
   /`丶ヽ `ヾ:、 ``/ヽ、 リ ヽ::!
 /::::::::::::::`丶、   〃、      ソ
'´,. ---- 、::::::::::::``ートト、ヽ、
/:::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::,:、:::::ヾー``ヽ
:::,r:::::::::ヽ:::::::::',:::::r'  ヽ::::',ヾ:、`゙`
/:::::::::::::::::\:::::',::|   ,>、:',  \
::::::::::::::::::::::::::',::::l:!   /:::::ヾ   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::',:::l! / ヽ:::::::',     ',
                                                        ______
                                                        >=-     `丶、
                                                 /            \
                                                      ゙7   , ハ    ,、,    、
                                                {  / /⌒\/´lハl  ハ
                                                ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
                        ルナは、銅の剣と 革の鎧で.      / ニ):ノ i|      _/   i  \
                        カザーブまで行ったんだっけか。   {     )八   __ `7 从」 <⌒′
                                              `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                        私も 鉄製の防具は なくてもいいな。.    \     ノ `YーY´ ゙「\
                                                 ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                                                          ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                                                     / ` ̄ ̄´ マ_ノ


84 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   、.,r ''""/,7ir,._
                                                、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
                                                      ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
                                              _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
                                                     =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
                                                   l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
                              まったく 頼もしいな。         rヾi, ,;rtテ::::::   ::ktテ-、::.::ilr'ヽ
                                               li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
                              これで当主様の奥方ではなく   !i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::.u ,:',.: l
                              私兵隊の戦士であれば         ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/
                              言う事はないのだが。         `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!
                                                   l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
                                                    r1!  ヽ       ィ/
                                                      i'::! ヽ  ヾ --‐   l、



< それは、ないものねだりと言うものだぞ オツ。


85 :◆vsQyY1yD2Q
                 _
             r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
            ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
          ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
         i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i        傭兵の命を使い捨てにしようとは考えない。
         ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
        r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ    我等の当主様は
       ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく.    得難い資質を持っているではないか。
      彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ.
    r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ.   これ以上、何を望む。
   ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
   い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
  ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)

        ニュー速で商会 私兵隊 隊長
        策士 スンド・メ
        ( 架空偉人AA? )



                                                  _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、
                                           {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i
                                                  ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
                                            ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}
                                                   ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
                           お、隊長殿のお出ましか。      ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、
                                                    ヽ ゙こ´  /     ヽ、
                           どうだい                     ヽ、  /__,∠、    `'-、
                           一緒に訓練 や ら な い か 。.        `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
                                                 /           〉 ヽヽ
                                               ィ               ヽヽ
                                            _,,-'´:::                 ゙i
                                                 /    `                  }
                                               /         ,-ィ‐r'´´      /   l
                                      __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
                                   -‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l


86 :◆vsQyY1yD2Q
                 _
             r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
            ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
          ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
         i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
         ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ    ……い、いや、遠慮しておこう。
        r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
       ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく   私は魔法使いだからな。
      彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-  u.,;;i';:   ,::::ー イ   必要な鍛錬は 自分で行っている。
    r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ
   ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
   い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
  ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)



                                                 、.,r ''""/,7ir,._
                                              、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
                                                    ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
                                            _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
                                                   =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
                                                 l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
                                                      rヾi, ,;rtテ::::::   ::ktテ-、::.::ilr'ヽ
                                 教会の帰りか、スンド。.   .li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
                                                      !i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l
                                 例の話は どうなった?     ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/
                                                     `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!
                                                 l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
                                                  r1!  ヽ       ィ/
                                                    i'::! ヽ  ヾ --‐   l、


87 :◆vsQyY1yD2Q
     ,'                  . : . : : : : : : : : : : : : : ハ
.    /                  . : . : : : : : : : : : : : : :、: :ハ
    '        l   . : . : : :  . : : : : : : : : : : : : : : : ::ハヽ:ヽ
  .ノ ,       . i、 . ;イ .,∠i!: :  . : :/: : ィ:∧: /: : : : : : : ハ ヽ|
/./ ,    l .|: :.|斗:/≠_iイ: : . : /!: /≦≠ミハ: :./: : : : : } il
/ ィ .i   i. |ヽ: |' 弋_.ィ::}` N: : : :/ i/'{_ィ':::ノ `//: : : ハ: i  i
./ / .,' . :  V  N` ┴‐‐'‐  }: :/   ゞ…'‐ /イ: :/: : /: V     私兵隊の皆に
  / ィ . : :   : : |       i '  !        //: : /: i: ヽ
. / '/ . : : : i  : :ト.           l       イ: : : ': : :|`ー\.   ホイミの契約をさせるって話だな。
  //: :ィ∧  : : :l \          ,'     /:|: : : :、: |
. /'// j!: :ヽ : ハl  ` 、   ¨´ ̄``  ィ: : : :N:  : i\|
  '   /: : :∧ i ヽ   丶、     . ´/>へM : ::ト、:\
   . <´:::::::i |       `i -r '   イ::::::::::::`:|  /   ̄
/:::::::::::::::::::::::{、 |         .| /   / .}::::::::::::::::| ./::::>..、



                                                _
                                            r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                           ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                         ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
       そうです、奥方様。                      i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                              ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
       実際に使えるようになるのは僅かでしょうが     .r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
                                            ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
       ホイミの使い手が一人増えれば.           彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
       それだけ兵の安全が確保されるでしょう。   r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ
                                        ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                        い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                       ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)


88 :◆vsQyY1yD2Q

      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i    回復魔法が使えるようになれば
  .rヾi, ,;r tテ:::::  ::k tテ:、::.::ilr'ヽ     給料も上がって、出世が近付くって話だからなぁ。
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
  .!i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l.    俺のところに、どう言う訓練をすればいいかって相談が来てるんだが
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/
    `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!       スンド、何か良い方法はないか?
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、



                                                _
                                            r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                           ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                         ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
            私は、僧侶の魔法については          i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
            門外漢なのだが……。                  ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
                                             r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
            まぁいい、基本的な精神修行について.  .,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
            教えておこう。                 彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-  u.,;;i';:   ,::::ー イ
                                         r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ
                                        ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                        い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                       ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)


89 :◆vsQyY1yD2Q

             ,. -―- ..
            /     _   `ヽ、
          l   /   ̄` ‐\
      ,. --'´!  /´  ̄ `丶、
     /     l /         \
    /      ,、!            ヽ
   l       / ヽ   ト、\     ',
   |     /`ヽ、ヽ ヽ\_j    l  l
  ハ l   .レ=iヽ   \l '´二ヽ   !  !
  ! i`ヽ  |_ ノ::| ヽ   イ_j::l`ヽ. l /
  ! lj f ヽ lー‐-′     L::ノ '冫 /   いっそ、そのまま
  ヽヽー-|` T`  ,-  _    / レ
   `ヽ、ヽ、!   l    /  ノl /      魔法使いの方にも
      \{`ー_、 _ヽ__',.. < j′       興味を持ってくれたらいいのにね!
        , ┴-iヽヽ_f/r- '`ヾ、
       / 、_r-!lT´__Yー 7ーー{
      ヽ'´ 〉-ト-'rー,ーイー、/
       `ー'-ノ´Y┴'´ し-ゝ、
        く`ー,ニ|`l-_‐ィ´,ィ´
        /ー`ニ7ー‐t_.ニ ' l
         /、_ /   ヽ_ィヽ
      / l' /       ヽ ' ヽ
.     /,=  /         ヽ f、ヽ
     └ ー ′        ーー┘



                                               _
                                           r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                          ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                        ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
            それは良い考えです。                   i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                             ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
            私のようにはなれないでしょうが       .r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
                                           ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
            低級な魔法を覚えるだけでも        彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
            兵の力は 跳ね上がるでしょう。   .r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"ー-─"'-r' _二 ー:、::..-=':ヽ
                                       ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                       い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                      ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)


90 :◆vsQyY1yD2Q





                順調に進む 私兵隊の調練。

                人数こそ まだ足りぬものの、屈強な兵が育ちつつあった。


                だが、やる夫は まだこれでも満足しない。

                これで完璧と言えるのか。
                もっと準備出来る事があるのではないか。


                そう、彼は 心配性だったのである。





外伝へ   3   第34話へ

この記事へのコメント
順調に準備を進めてるなあ。
この私兵隊が、商人やる夫が呼ぶとやってきてモンスターをぼこるのだろうかw
Posted by at 2010年11月23日 04:53
やる夫、マジで有能だな…
ナツミや雅音さんが居るからサポートにも事欠かんwいわゆる「内政チート」って奴かw
Posted by at 2010年11月23日 06:05
すでに滅茶苦茶準備万端な気が・・・
Posted by at 2010年11月23日 09:28
やべーこのゲーム欲しいwww
Posted by at 2010年11月23日 13:02
だめだwwヨメ家3人集のところでモニターが
コーヒーまみれにwww
Posted by at 2010年11月23日 18:41
メラはともかくギラが使えるようになると随分楽になりそうだ
ギラ×30!とか
Posted by at 2010年11月23日 19:03
なんという石橋叩きwww
その内叩きすぎて壊れそうだw
……まあ、鎧が身を守ってくれる間に場数を踏め、ってのは良い雇い主だよなあ。

しかし架空偉人シリーズが噴くw
Posted by at 2010年11月25日 20:21
確かに架空偉人すごいなw

それと魔法か。そーいやヒャドがあるだけで、さまようよろいはずいぶん楽になった記憶があるなあ。
Posted by at 2010年11月26日 00:09
再読みで気づいた
守り立て⇒盛り立て
Posted by at 2010年11月28日 00:22
自然に妻と名乗るさまは実に感慨深いですね。

私兵の訓練に装備、魔法まで完備ですか。
慎重派なやる夫ならではかな。
Posted by とあるA at 2010年11月28日 19:29
やるおは序盤でも1週間ずっと準備してたもんなー
性格だからしょうがない
Posted by at 2010年12月15日 21:30
人材を大切にすると、良い人材が寄ってくるからな。
Posted by at 2010年12月23日 22:52
これだけ準備に時間をかけられるのも、背景や支援者ががっちりと支援に向けて準備が整っているからなんだよね。
今までの振る舞いとコネクションなど偶然に頼っていた所も多いが、最初から戦略的に正しい道を選んできたからこその現在なんだよな。
Posted by at 2011年03月01日 12:19
ヨメ家が出たとき、「また妾が増えるのか」と思ったけど、AA見て吹いたw
Posted by at 2011年08月23日 01:39
過去ログ嫁、テンプレ嫁、空気嫁www
Posted by at 2011年09月18日 10:01
↑×7
誤字や脱字の報告をする時はせめて意味を調べてからにしろ。
「守り立てる」が正しい
Posted by at 2012年04月27日 15:11
商人の軍隊呼びを再現するつもりかw
Posted by at 2013年03月18日 22:15
いつまでたってもスンド・メをヨメ家の一員と勘違いする…
カーさんの存在感薄いのよ…
Posted by at 2013年06月08日 14:55
そういえばやる夫は買える中での最高装備を買い揃えてから先に進むタイプの人間だったな
テンポよく話が進んでたから忘れがちだったけど
Posted by at 2013年10月04日 08:32
石橋を叩き割って創り直して進んでいるかのようだ…
Posted by at 2014年04月28日 07:57
石橋では心配だ!
オリハルコンで橋を作ろう!

こういうことですか?分かりません。
Posted by at 2015年10月10日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41819697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ