■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年01月24日

アナ姫配役に関する裏話

159 :◆vsQyY1yD2Q


さて、今回は前回予告した通り アナ姫配役に関する裏話なのですが

                  _ ゝヽヘ,、
                 _,.ィ      .v
             ∠    _,..- ._ノ
           ∠.ィ .,.r''".,.r.',.\ `.ヽ、
              /ァ./. ./../ .\\   ヽ
                '' .{  ,' ,' _,.-.,_. ヽ ',  l
 ,、            ',_,.!-''" .,._. "''-. ,'
..{',.',              l _,..-'''"::::"'''-._. ̄.}
{`, ',           l:::::/‐ゝ、ii,,イ/"',:::`"'i'
l ` 'i__      ,-.―.l::::l 佗ト  .佗〉〉:::/~ヽ、         _
.ゝ.//´ ,r7`"''‐-.,_`、.マ.l::::l.l   '_  /:::/ /~ヽ.〉       ,、'.) }i
 .ヽl ,'/   , r''"`"`,'::::/,ヽ. ヽニ.フ./::/ / ./   _  ,./.ノ//,'}
  l l ゝ- ''"     リ:::/、!  > /ノ,.ィ_-='"7"~ ̄ ,i ././ }  .'/
  ! .l           レリ ヽミ .>_‐'<.,r_"   ,'    .,'l i .l、   ,'
  l l         /  .,r',r'ヽ  _,.r` i   l   ./.l l ', -.ィ'
  .l l        /  / .l ノ-''"_,, -.,,l.  `ー '" l .l  ,r-','
   l l       /   (._-'' ‐-‐'"    .',       .l .l`"  ,'
    ',. ',     ,.'       / ~"i       ',     l l   .,'

彼女の配役に関しては、ちょっと根本的な部分から お話しする必要があります。


160 :◆vsQyY1yD2Q


             ┌――――――――――――――――――――――――──┐
             |                                        │
             |                                        │
             |  Q:そもそも、『ハーレム物』 って一体何なのでしょうか?  │
             |                                        │
             |                                        │
             └――――――――――――――――――――――――──┘


161 :◆vsQyY1yD2Q


  A:
            ,.ィ , - 、._     、
               ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
           ト/ |' {              `ヽ
          N│ ヽ. `                 ヽ
         N.ヽ.ヽ、           ,         }
           ヽヽ.\         ,.ィイハ        |.     『ハーレム物』 とは
         ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |
               ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ     メインヒロイン1人だけではフォローしきれない
                l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./
             ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'      多 様 化 し た 読 者 の 好 み を
             l   `___,.、     u ./│
                 ヽ.  }z‐r--|     /  ト,.        数 で 補 う も の な ん だ よ !!
                 >、`ー-- '  ./  / |ヽ
            _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
      -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
           /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
            _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
              |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
            l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
              l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
           l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
             l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
              l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
               l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
                l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


162 :◆vsQyY1yD2Q

         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
         _)                                                (_
         _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
         _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
         )                                                (
         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

      /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、   |
      /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
       イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
       r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
       !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
       ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
         ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
        ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
     -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
       /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
      /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |


身も蓋もない話ですね。

もちろん これが全てとは言いませんが、そう言う側面がある事は事実です。



これまでの配役裏話を見てくださった方達は お分かりいただけると思いますが

やる夫パーティのメンバーは 「 キ ャ ラ が 被 ら な い 」 事を第一に考えられています。

既存のメンバーが埋没してしまうからと言う理由もありますが
同時に 「メインヒロインのカガリでは、フォロー出来ない部分をフォローするため」 でもあります。


163 :◆vsQyY1yD2Q


つまり 『ハーレム物』 とは、ヒロインが複数いれば良いと言うものではありません。

各ヒロインが 各属性を担当する事で、広いニーズに対応してこその 『ハーレム物』 なのです。

                _ _,,.-;;:,‐:.:- 、、
              ,.:'´.:.:.:.`:.`゙:.:.:.:.:`ヾ、                            ,..べヽ,,_     __、
             /:.:.:..:.:.,.:.:.:..:.:.、:.:.ヽ;:.:.:.゙、                          !,..::´:::::::::``'' ヾ´、;.ヘ
             ,'. .::.:.::/:.:.;./:.|:トト;:.!i|:.゙!.:.!゙、                        ,./:::::::::;::::::::::::::::::::::::::ヽ,|
            !:::.:.:!:;':.:://:;イ:! |i!:| !,.!|/:.:.!                      ,//::::::::/;:':::;イ:::::::ト::::::::::::゙!
            .!:::l:.|:!:|:.!':/,/'`ソ !' i::!i|.:!;!                     く ,.イ/;.::イ/::://::/!::;!|!|:::゙!:::::|\
              |::':..!i:.、:!' !i::゚i`   ´、_!;ハ          ,.,.、、          ソ!|!:::!:||!|ル' /;ノ/ノ/|!i:::|!:::::!:.. \
             !;:.:.:!゙、:..ヽ_´_,.   _' !':.:.゙、        ,.!| ! !,ヽ          `'|〉!:|,イ!゚;:!`   ィ.;:jヾ i!:::∧ ヾ7
            ./.:.:.:ハ:.ヾー '"  ヽノ ∧:.:.:.゙、       i.|| | ド!、゙、          {|::!.` ̄     ー ' /|;/ ,ィレ'´
          ./.:.:.:/.:.:.゙、:.:ヾ、`::.. ,.../‐ヘ:.:.:.:.゙、      ゙!' ' .| ! r‐!          ,!::|i   __'    /!::!|゙、
         ./.;:.-,.ァ-<゙、:.:.:.:゙、ー-7-ト、::... ゙、:.:.:.゙i       |  .' ゙!:::|          |:::|!iヽ  ヽ ` ,.イ、|:::!:::、
        ,.':.:/'"7 /`ヽ,>`ヽ:.:ヾ、、__,. ヽノ:..゙、:.:.:ト、     ,.ヘ   /:;::!       _,.ィ/:::|i|i | !` - .::',イ':::|::::!::::゙、
       ./:;.'   L/    .  !ヽ:.:.\    ゙、::.゙!:.:.゙! ゙!    <  \_/_;:,.ヘ     /:::::/::::/イ! ゙、、:://.. ::|i::::|`ヽヽ
       !:.i .: .. .::.|!:;. :. .. . ::. .ト、..\:.ヽ   ヾ |i!:.:| |  /ヽ、  ,ス   ゙、、  ,r!イ´`/::::/ |i  ゙'、/::. ..:: |!::::|:/ `ヽ
       |:.!.: ::::;.::,}!- 、::.. . :.. :: ト、゙、 .゙、:.゙、:   .:ヾ|:.:.!/ ,.イ    >-' ゙、   `!`ヽ | | /:/ ! |! /  .. ::/!|::::!;.:. _,. ゙!
       ゙!:゙、.:::,,ィ/`ヽ ゙、:::.. .. ,!: ヽヾ!:i:.゙!.:.. .::::/イ!:|!イ;. ..  .::/    .゙、:.  i  !ヾ !//::. .. | /   / / |i::|,.イニ;..;}
       人: y'!/   ゙! |:::::. /...:.::::!|/ !:.|  .:// ,'/ i|ヾ;. .. /     |ト;.../  .:| i ゙/ハ|::. .. .y'.   , '/))、:.. .ヾ|,./ア´.. :.`!
     /,イト,/ !i   :.y',.ィ:::::::..:.`ー'/::::|:.!ヾ// /'    .. .,.'      |!iヾ  .:: |::| ;iヾ:゙、::::/::::::::. ../.. ヾ,イ\ ,ソ/ィ,. -‐ 、:.ヽ
    ///.:.:.:;イr'/   .:;.' ゙!::::::. .. .:! |  !:;'| ´|! \::.. ..::/       | i   .:::. |::. |゙、 `!_{.. ..::::::イ!i:::::::...ヾi>ィ/  __ ヾ:..!
  __,!/!,. -<、、ヽ、::/  ,}:::.. :.. . | !、イ/ |  /   `ー '            | |i : ..: !::i ゙!:ヽr!;;ヽ、、_|!::ヽ:::::__,,Y´.::! ,/  `ヽL|  __
 ヽ、___,.. ィ   ゙! !ノ   /`ー- ..,,//   / イ!                 | ! :::::: |:.... .:、::..ト、ヽ    ̄ ̄  !:. ..i !/´ヾ`´ ̄(`__,.ノ
   ,.' ., ヽ   | /  ,.ベ、、  Oヽ ..:. .,! {i|               !  ::::. |::::: .::! ! ヽニ ー ,,..._,,. ..ゝ::| !|::::::::::゙!ィー__{
  / ,.イト、ー- ノ'  ,.1 ヽ、 ` ー- ":::...:. !.. i|                  |  ::.  |:::::::::../,ヘ    ̄ ‐-‐ '' ゙!::i .:|!゙!::イ ̄ ´ ヽ
..(..// .ハ`ト、 ゙、 /  ヽ、 ``ヽ:::::::.. .../:.,イ!                !  :..  !::: ...// `7ー- ..,, __,,.. -イ!| ::|i ゙!`ト r、 ヾ,、\
   / /  ! .| .ヽ,)      >、 Oィ':::::::::::/::::|/                  |   :  |::,..//  ,/:.. :. .|:::.::::::::|: .. ヾ! ::゙! し' .! !ヘ ! ヽ )
  (ノ   ! ,! ,/     ::.//:::..!|  .. :.::!:.:. .!i                   |    ,!:://  / .::. . !: ..  ...!::. ...::::! : .| ヾ i |;ハ_,!

これは あくまで一例ですが

世の 『ハーレム物』 作品は、大抵 この傾向があると思います。


164 :◆vsQyY1yD2Q





                          ここまでが前提条件。

                          ここからが 本番です。





165 :◆vsQyY1yD2Q


   さて、この手の 『ハーレム物』 で忘れてはならないものがあります。

   それは ―――


        /:::::::ヽ/   ,,.  --――――-弌::::::::::::i{>
       <7::::::::::::::≧彳:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   :.: r‐-≧、:::i{>
      iフ::::ヽ;:イ\:\;.イハ∧ム_:.:.:        :.:\マ>ムム込∧ハハ
     マ::::/   マ:::i\ ̄:::::::::i{:.:.:            ヽ::::::::::::::::::::: ̄て
    Y:::/    <7:|:::ヽ:::::::::::::::::ji:.:   }         ヘイ::::::::::::::::/
    ::イ      イK:|::::::j:::::::::::/    l   ト  i    '::::::::::::://\
    :     /マ::Zi:{::::::::::::// :/  /  ! ハ===-}    }:::::::::::{::i:   \
        /<{::::::イ>、_/.ム:/  /  {/ }/ | /|    ト、:::::::::::|:\  \
    :   //ム::::::::>W ̄!  /  /  /_」/ i    Wム__:::|ラ_ヽ
       // /<!イ:]:::_! /  |  イ:.:./   イ片气 /:./ i:.:.:/::::::::ソア:::_xイ:. \
    :  //犬 ̄ ̄ ̄-| {i  ,| イ |:./     匕zrソ〃/:./:.:ム/ ̄ ̄
     //:.:./ ` ‐-  」 l{:.:/ ヘ{ {:′_′    イ/:./:.イ` 、\:.:.:.:.:.      こ の ろ り こ ん ど も め !
     /:.:イ       !:|i ト、   (  )     イ:ノ7  ̄ __`ッ\:.:.:.:.:.
    r:.:.:.'        {:!N,イ\       ∠∠ム´ ̄      \:.:.:.:.:.:
    イ:.:′       !| ´ ̄}` _-‐ ´ >'´::::::::  \\       \:.:.:.
    |i: {          /¨Y´ \ //::::::::::::::::::::: ヘ '.      ∧:.:.
    |i: i         /   八:::::ヽ` ー-y´ ̄`ー- 、:::::i }
      ',     , -<    _入::::::   { :::::::: |::::::::  Y ,′
      :ム   /    `八 ̄::: 癶::___{ :::::::: |::::::::}  》/
    {   \/     /! `ーt―个i}:::i ト、:::::: |::::::/ //
    ヘ:.:  :.:j      '::::   \ ヘ::::/ 〃 `¨´`ー-价
     \:.:./i/|/{∧/N:::::/::    ̄ ̄ ::::::::::::::::::::::::i{
     :.:.:.マ二ニ ̄:::::j|〃::::::    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il
      :.:.:.:\::::::::::::// |::::::::::   ..........:::::::::::::::::::::::::::: |
    :.:. :.:.:.:ヾ\ ::::/ ヘ\    ..........:::::::::::::::::::::::::: 弋r――、


                                           ――― 『 ロ リ 担 当 』 です。


166 :◆vsQyY1yD2Q

        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
    /|                          `ー-、__,|    `"
   / ::::|::::::::::::::::::::::::::::
 /:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l<    「来いよ、ア○ネス!」 とか
 |:::::::::::::::|::::::::::,,ヅ彡ニミ;;,,::::::::::::::::::::F.     色々と言いたい事がある人もいるでしょうが
 |:::::::::::::::||::::ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、:::::::::::::::l
 |:::::::::::::::||Fミミ、, ゝ__゚,ノ,, イ〃ノ::::::::::|=-<  このニーズが存在するのは、厳然たる事実です。
 |:::::::::::::::||::::::::゙゙'ヾ三≡彡'":::::::::::::::::,'、
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ト   年齢の問題ではなく、「属性」 として。
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ'
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/\_
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ    |
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::_,, ┐'  ト-
 |:::::::::::::::||| ̄乃'゙人  ∧
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/  .||ガチャッ
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/ . ||
 |:::::::::::::::||    〈 . ..||
 |:::::::::::::::||,,/\」 . ..|
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄                        ∧_∧
   \ ::::||                       ___\(・∀・; )
    \||                       \_/⊂ ⊂_ )
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|


167 :◆vsQyY1yD2Q

   例えば 主人公が高校生で、高校を舞台にした話の場合

   主人公は、 「 高 校 二 年 生 」 である事が 比較的多いと思いませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
     ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
      ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
     ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
     ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
      ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;               || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
     ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ ..___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
     ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ______
                   |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |        :|
                   |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | | ○×高校  |
                   |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |    |  |                    |   |
                   |    |  |                    |   |
                   |    |  |                    |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   これは、三年限定の舞台の中でも 「先輩」 と 「後輩」 で
   「年上」、「年下」 双方の属性を賄えると言うメリットがあります。

   「後輩」 が 『ロリ担当』 になる訳ですね。
   具体例は挙げませんが、皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか。


168 :◆vsQyY1yD2Q



                   ,,v‐v-/l_  (⌒)
                  _「/ ̄  く   /
                  lYノノ/_ノl_ヽ))
                  <イ( l l )l>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 <|)'|l、"(フノ|l  <  えっちなのはいけないと思います! |
                  ,(ヨリ<>o<>リ']   \_______________/
                  |ト‐!]-ム- i']l
                  ヽ_ノv__l/ /
                .  ノ[//‐─‐/_/、
                 ( /E|,   (フlヨ \
                 ,-| El___lヨ /
                └-\`^^^^^^´/
                     ̄ ̄ ̄

                      成人向け作品の話題は 禁止の方向で。



169 :◆vsQyY1yD2Q


『ハーレム物』 と名乗っている以上、避けては通れない 『ロリ担当』

このスレでは、エジンベア貴族 メダイユ公爵令嬢 アナ・メダイユ(8才) が担当する事になりました。


.    /  /::::/   /:.:.:.:.:\:.ヽ\t 冫
   /   {:/   /:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ヽ:}:.:.:.く
   {   '   /:..:.:.:.:.\:.:.:',:.:.}:}ハ:.:.:.:\
  /   ,. く:.\:.、:\:ヽ:.ヽl:.ル' , i:.:ヽヽヘ
¨´    /,ィッ`ー-`ヽい:}:.:ル'/〈.Yl:.小:ぃ
   , イ:.:,レ'´        `⌒′ハゝ; i:/:i:!i:}
-‐'´|:.:.i:.:.:| ,.-‐_,_       {ソノ, !:.:川'
:.:い:.!:.:.i:.Uvイ´;,.ぃ ヽ      ` ^ ∨:.ヘ
:.::.;.:i::!:.:.:.l:|_,い:.ンヶ j    ヽ    ',:.:.:.\
:.:.:ヽ:..!:.:.:.il ^ヾニ´- '      '     ハ:.、:.:.ヽ
:.:.:.:.:\:.:.:.:l           ,.ィ  /:_:.:.、:\:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:\:.',      _,,.. -‐'´ / /::.ヘ ̄`ヽ:\:、\
、\:.:.:.:.:.:.:.ヾ、     ` ー-‐'´ '/:.:.:.:.:l / /ヘ:.:.\:.:\
、::ヽ丶:.:.:.‐-、:`ヽ _____,,.. 、-‐:':.:.:.:.:.:.l / l  }:.:}ヽ\:ヘ
ヽこ_ー-=ニ ::≧_;;ヽ二ニニ;¨¨~`:.:.:.:.:.:.| ,小 l ノイ \ jハ}
 ハ  ̄ …―--- .__  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l ! ヽ}     \
/ {`ー- ..__      ヽ \―- :.__| l  !  l ,      \
  ヽ     ̄  ‐-  _`ー`ー-' !    / |        \


8才と言うのが公式設定かどうかは確認出来ませんでしたが、このスレでは 現在8才として扱います。


ここまで 思いっ切り子供を選んだのは
AAは、改変等もあり 「実年齢が分かりにくい」 と言う問題がありました。

雅音の配役に 「大人」 が求められたように
アナの配役には 「一目で分かる子供」 が求められていたのです。


170 :◆vsQyY1yD2Q


ちなみに、DQ4コマの方で登場する以前は
アンリエッタ・ド・トリステイン ( ゼロの使い魔 ) をエジンベア貴族にする案もありました。


                            ,イ<>\_
                     __/}`xく二ニ=く,_ ゝ; : .、
                  ,. : : : : : : : : :/: : : : : :\\;>ハ
                  ,: : : : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ Y }ト、
                   | : : : : : : :ハ; : : : :ヽ: :l: : :l: : :.、ノ}: :.
                   |:l: : : |: :./-、 ヽ: : :./: :ハ : l: : : : :ヽ: :l
                   {ハ : : iハ,{ニ、  }: :./l:/` }:.メ、: }: : } : }:|
                 /: :ヽ:|/'v心 厶イ ノテ心ハ: :ノ: :ノ:ノi:|
                   /: l: : : :. ヒり     トV::;刈イ:イイ : 八
                     /l : |: : : :i ::.:: ,    `゚ ''/ : : : :/ : : : :.
                 {人:ハ: : : :ヽ   、__ ,   /: : : : : /: : :l : }:.l
                     ヽトハ: : : i: .、_   _/: : : : : : /ノ: /: :ハ}
                    _, - }: :lノノイ}ヽ- /l: : :/:ノ´/</:ノ
                /:.:.:.:.:.厶イ{:.:.Y{ i} {iノ!: /.:.:.:.:-=彡'
                  /.:.:.:/.:.:.:.:.( ト/}―‐=.:.|/.:.:.:.:.:.:.:.:\
                   /.:.:.:/.:.:.:.:/!' `ヽヽ-‐ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                    }.:.:l/:.:.:.:.;{i r=ミヽ}-く.:.:.:.:.:.{:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                   ノ.:i'.:.:.:.:./ ,ハ|{   { |.:.:.:\.:.:.|:|.:.:.:.:.:.:.:.:/:|
               /.:/;ィ 7 /ヽ_rミイ_.ノ!.:.:.:.:.:.\!:!:.:.:.:.:.:./|:.:|
                /.:/{:::|/ /  /i }' }/ .| `ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:./.:.|.:.!
            /.:.:.:.:l::/ /  / { | !  | ノ{.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              /.:.:.:.ノ/ /   { ハ | |  ∨ -|.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:./
            /.:.:.:./{/ !   |===' ,   {   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!
           /.:.:.:.:/::::ハ  |  /  { {   ,  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:}
.          /.:.:./:::::::/::::. |  ノヾ=ミi  !   /  ハ.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:,
        /.:.:/:::::::::::/:/ゝ イ     ',    /  ::,.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.,
        /.:./::::::::::::/ //ヽ    ヽ_/  _,ノヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:,
.      /:./:::::::::/   /    〉     _,.」==ニ ヽ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!
     /.:/::::::/        / 〉-r=    ヽ     ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、


結局、エジンベアの設定、メインストーリーにどう関わるかを考えている内に
「ロリ担当を割り振るのは エジンベアしかない」 と考え、この案は没になりました。


171 :◆vsQyY1yD2Q


ちなみに、これまで ロリ担当が登場しなかった理由は簡単ですね。

                                ,.ィ 、
                 ,.r ''"`.ヽ.、., r-、. ..,r, ィ.'´ーゝ、` .}ヽ
             ,r ´,、`      `.<ケ、'.,/'/´.`i```ヽ`{ .}'´ノ
             / /ミシ´        .`'、iト' /  ._i_  .i_ r` `.<i
            ,'  `.〉  .`ー∧  λ'  、ゝ'、  '/ i 、 i、``、ノ _)
           /´_ レ i ,iノ \/ .`、iヽノ.._ゝ.'、{ ゝ、、ゝヽリ /l l
         .,.r.'.´.   .,r、>.,、≡≡  ≡リ ∧ノヽi i!≡ミノ 、≡ミノイ l l    .,.  ..,_
        .,r' .   rヽ^_ ./∠<ヽ、 _ム_ ,a、' ..l iノi,'.i,/i. _ワ_` <!,.ィ=ーヾξmn,、_  `.ヽ、 _  _
       .,.'    r,、ン'´i i .,-',`i.ケノィヽ'g,<,/フiノ.,'./ll.ji l、y。lr,'.‖´ ./  〉 `´ヾニ、 .,r‐,゜、 ゝ_ ヽ.、
      .,.'  ,' `rリサ「i'、'、 ,,,クiリ.iヾ)~_'`i`、'.{/.,'_'ll/l!.l.ニiilツ.'.  .{/{ .{`ii、 、__ ,>-}<.(z>} .i=‐-、 _ir.ヽ
    . / /. .,'  iリ≡彡` .l:::{リ`、i',.  .i.,.r ' ´  `ヽ、l.ニ.l`'{y`'rYリ|,'、l='i `.ゝ、.}   Y ヽ',ィ' ̄`^ ー`,、 〉
    〈 /  ,'   i',.'、:::j  `.',)リ}).i 、../  .、__,    \ ,、、-、,.、,、、.ll..}レ .`!``l  .,'゚゚.{ i.`i i、./`´}  .'.'{,
    ../.._,-_-.、 .,rンヽ`´ _ー.,',、,i  .i../  .、`、     `ー,'.r.' ' `ヽ、' .{_、',リ.、.、_.` ',',  ii ii 〉=-、{  ィ‐ノ. .}
    . `ゝ.,.. r.ヽ'´‐-.、Mm゚ク'ィ'>レ.'´.l  Wm>` .  ,.ァ -、    .`ヽヽヽ、. ., .i∠i./i.、{i、i.{:_:ノ  _ '.´ノ .ノ
    .,.r、<´ ,r .,   >、´ヽソクネ>{'. ...`、   ゝ-ヘ._ .),.'./レ `     .(`r'`-、 _r'<@、 ヘリ ` .、フ ´.`',リ、ヽ }
... . .}ィ,、)'.〉' .ii_,,.,' .i.lヽi .`、'タi'i'.ー'´' /\ _ .'、 ノ∠ルヘ i,.r,、' `、.,{、>{' }´   `.ヽ、/` フ x.,i,,、. リノ  `リ
   .'i.ヒ'_ノi  'i´ii .i、 iゝ_} ,}`.i   .,,,r.'.´ `ヽ,.ィi , ∠'、 ,、 ./::::`>/ /iy>(`、     `、/ {.{=ノr{.', ,、
    i  i',、 {T ̄| ゝ「.ji..ノ   ノ´/     .`、`、,'_,ii' }´.、.',.`,∠.{ .,'`ト、( メ }、.       ヽ´-ヽホト,.'ム-, 、_
.   ,-'  .l〈`、_`ゝ ' _ `',<´ ̄ `(⌒h_.    `、´ `、`ゝシ/・<`'、.i テ=i `cK`、_  、   }..,'、ノ   )ζ/
  .,'     .',-.ァ,=、ー_`'、_´,{   .,(ゝ'` .`ヽヽ.. .',`ー '.`ー{ {(j、,>',..リ..i_,.}  /`ー<_'}`i.  .ヽ }〈.``、} `´, ィ'
  .{, 、   」 '.〈 .,.、i ` 、../ `.ー9'  、 i. .}ヽ、   .} _,..r'´,' `レ r'´` ー.,' .,.'/ / ノ/、  , 、 _ } ).ノー_,ノ
  .` ` ´.,. .-'yト'ィ` ,.rァi   .,.' i ,-ノト/i /、 } _   ,...、,r-、_.'<ノ .「>/,.' 人iV,'、、i´`ヽ_, 、、__ノ´
    ,r'´  .`i,r'`'´ ⊂ヽw.{ .',/' , }/=.、ノ.(´,、rr'.`ー-`'ー.'`ヽ、A´フ´ヽノ,、' 〉
  r',.'    , ,,ァ   .ー'`ー,v、iヽ .'、'_≠  、 ノ ,`y-   , ィ、ニ、ヽ `ゝーァ ', (_ ノ }<`_ ー- 、
,>`,.'   .,r, <     、_,.r' ,ィ'ミ.(`ー-ゝ .ゝ',' .Y)v'ヽ 、_`_ー-,ヽj´ヽ‐'riー--,ヽ._.ノ.ヽ、  `` ヽ、`ヽ、
`、._`、 ./='-` 、_  ,.r,'、i.'ヽヒ<´,ヽ.,、`,_、}、ヾ〕 f.}`ゝ 彡´  ノ/ノ=-.´__ヽ `.、 ` ー - 、`ヽ「
  '.ー'´ヽ、 ___,,...<,、,、.,r.'Y` ,<ニ、.,<   /〉} .',..}'、彡 _r' ., >-<、 == '´ ` 、 _`.ー- _ 、 ゝ
              .}´Y´Y  i、∨_ノ.、、_ .lキヽ.'<ノ}`、_ _、,<y、,-' ヽヽ``,.、_ -― -‐
               {  Y`ヽ  .`ー.'´`ー、_)',、ハ∠∠ィヌ-、‐、Y' /..,..`、`ヽ`ヘ
            `、__`<ヽ,.、   _ .,r、ィ`_jノ、j( {  .``{´  、、 .,'  .i i -ヽ )
               .ゝ_`,´、)_'.'.`ノ´`',r=-'‐(_ノ〈 { ̄  ̄iヽi i `.、、_.ノ ノー、{ _}
                  (,、_ .`,、.',、ーソ)_,r´`' .'、_ i  -‐ ´.、i '、 .i ` _,ィ' .` ,'.、ノ
                    `´ `          .<、>、_./  ' ``〈´ ヽ_,ィ'>'
                                  `'`ー'`ー`ニ=- =´'`ー'

やらない子の配役理由でも触れましたが
ダーマでの結婚イベントがネックになったためです。


172 :◆vsQyY1yD2Q


最初に ロリ担当はエジンベアと考えた時点で浮かんだ配役候補は

                     __
                   / ̄ ̄`
                〃
                 {{      , -――n- 、
                ヽ、  , <  、   / y^V>、_
                    `7ス`丶、  \く r'⌒ヽr-ヘ ノ
             r,,    〃/`丶、\  〈 ハ{>l廻}〕))
               |!|   ___|l ′   `丶、 >ヽ」:「l:∨( }
.           ,. |!|-‐ _ ||、_    _>ミヽLl」/r‐イ
             ,( |!| ./_/ |!| , =、   ,ニ、`ミヽノ  j
.            ヽヽ|!l 〃  ./ハ 孔}    儿ハY ラニ、 /
            ゝ,|!|〃   〃/l `′,   `ー,,' / r' },'
         __ノ _|!|    {{ {ニヽ、丶   J 厶rヘ∠/
      (` /  .〃{ |!|{^v-厂7ミヽ_/>-  -ァ /     `ヽ
.   /| (_  〃 ハヽ、〉 Vーく>}l__フ介ヽx仁} ==    l|
    {_`ヽ/ / ̄ .〉  /   rヘ ヽイ/o|ト、 {ニ{         ハ
    }ヘ_)./ / ̄ヽ、 {.  「  \X_o」| ∨ニ〉       ノ
   ハ_) ./冫} /:::Y´/⌒    ヽ `|厂\ヲ   r一'´
  / //¨了 ノ 〈::::/ /        ` ー‐「ト、   /
r´%% ッ )T { |  フ {           | ! \ 〈
iーー´/ }ヽノ レ'´/  〉            l |l  }{
゙ ̄    ヽ、__/  く  〉           ノ |厂  〉
           ) 〉     _ -‐¬'´  l|   `ヽ、
            ̄`7 ̄/ ̄/ } {八 \  ヽ     \
                 / / ノ」´  Yヘ、 `丶 〉       \

金糸雀 ( Rozen Maiden ) と


   __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
  ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
  ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
 く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
   Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく
   ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く
. 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx
. ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}
. `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
    )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
   辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
     ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )
            〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく
         人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \
        (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉
            〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \
        /:.:./j_j   | i:.: :\.>: :i : : : : : : : : \
          /:.:.//   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : \
.         /:.:.// i   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : \

雛苺 ( Rozen Maiden ) の二人でした。


前述の通り、AAはディフォルメや 別キャラの改変などがあり年齢が分かりにくい面があります。

そのため、「問答無用で子供と分かる外見」、「問答無用で子供と分かる知名度」
このどちらか、或いは両方が必要だったのです。

また、エジンベアの貴族として登場させるためにハイソな雰囲気が必要でしたが
流石は御三家、この二人は文句無しの配役候補でした。


173 :◆vsQyY1yD2Q


しかし、金糸雀は 前作でヒロインでなかったにしろ 大暴れした経緯があり

どうしても前作のイメージが強くなってしまうため没に。


 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   .\ ,く_/ゝ二ノ \/
   y−、     y−、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈
                 lー┘
`l      A     /
_」            /、
ー 、       , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\



また、雛苺も 『ロリ担当』 としては
割とストレート過ぎる性格だったために 没になりました。


    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /
  >  /    //  l:| i  i    〉


この辺りは、イングリッドの配役理由に通じるものがあります。


174 :◆vsQyY1yD2Q


と言う訳で 「ハイソな雰囲気」 を持つ 「子供」 を条件に
「お嬢様」 な配役を探します。

続いて候補に挙がったのは


                                            ,. ‐ 、,. ‐ 、
                                     , '⌒( ○ ( ○人__ノ´)
                             о、__ゝ∠´  ̄ ̄ ` ヽ、  ( :ヽ
                              ,ゞー'仁ミ}: : : : : : : : : : ` 、}: : ',
                               /: : /  |,イゝ、ヽ: :\: :\: : : : :',
                            /:./: :/.   {/ゝ、\`x≦⌒ _ミ _: : :',
                            レ'{ /⌒≧z、   彡⌒ヾノ{二丿: : ',
                                    ∨ゞ〃⌒ミ、  ,i}  ,}´|:| }: : : : :',
                                    `ヽゝ i} ,        |:|´: : : : : : ヽ.
                                       ( ヽ   `      |:|: : : : : : : : : \
                   九鬼 麗                 `∧   ゝ⌒)   .イ j,': : : : : : : : : : : :ヽ
                   ( ゲンジ通信あげだま )    /: : ゝ.      / /: : /: : : : : : : : : : : ヽ
                                      /: : : : : ` 7三´三 /: :〃´ ̄ ̄>‐  、: : :ヽ
                                   i: : : : : : :,.仁二二/: ://.  _ ‐ ´ - 、  `ヽ: :',
                                   {: : :_:__ノ      {: ://_. ‐´   `ヽ `ヽ. _丿: :i
                              / ̄/    _,≠'´レ' ヽ      /7 丿\: : : i
                                 .<>´´ ̄ ̄´/     _丿丿  _ノヽー´   .ヽ: :i
                             , '´ /´  /  {´ { ,∧  ノ´`´¨`ー ´〉: :\       \
                         ( 〉、 (⌒ゝ/   /´  `¨´     ./ : : : : ヽ.       ヽ
                            /. `ー〉  ⌒ー´             /:.: : : : : : : :.:ヽ     }
                           /     /}                f´ : : : : : : : : : : /    /
                      , '    /  .〉  ゝ.__.∠⌒ ノ⌒ゝ.__丿^ヽ.: : : : : : :.:/    イ
                             /   `.Y´    ` ┬'''¨` ̄´´ ̄`` ̄´`{二´ l: : : : : :.:/   .,. ': i
                       人.     ヽ.   ≠{      _..-‐''´⌒ ゞ._ i: : :.:/〈   / : : i
                           ヽ.    V/ゞ. ゝ.__,,. ‐'"_..-‐''´ ̄¨´ ヽi: :.:.f〇 .ゝ.く : : : : i
                              ヽ.  / ./.`ヽ.__,,. ‐'"ヽ ヽ `ヽ. \ \.:i ゝ 〇 丿: : :.:.:!
                            〉´ , ' ,'   /. .i ゞ,,.} ヽ   '.,  ヽ  |  ` ー,' : : : : /
                           /  /  ,  /  .l      ',   ',. .\:!  ゝヽ: : : :/
                         /  /  ,  ,    j          ',   .ヽ  } ゝ、/
                       /  /   ,  ,     {          ',     .\ 二⊃
                           /  /   ,  ,     `´            ',      `、二,'\
                         /  /       ,                 ',       ',   ヽ.
                       /  /    ,   .                      ',    ',
                    /  /        i                            ',      ',
                   '  /       i                            i      ',
                     '  /       l                              l      ',
                      '  ,         l                                l       ',
                   ,'                                        l         ',
                                                                     ',
                      i                      ______                    ',
                 i ,. --- .、           ,  '" ̄  _____ ` ヽ              _,,,-‐.、   ',
               .....i´,. --- .、 ゞ、       /´  ,,  ´ ̄iヽ.   i` ヽ `ヽ.   _,,,-‐"´ _,,,-‐.、ヽ-" ̄ヽ.
                 /´  /  ゞ、 ゞ、   / ,  "´ ( ヽ  i i  { 〉、 `ヽ. ` ̄´ _,,,-‐"´ i   ` ̄`ー―>
                /  、_.ノ /  ,ゞ、. ` ̄´ _/(   }   ',   i   ゞ、     ` ` ̄´ ヽ.    i          ゝ.
               /     , "   /   `T "´Y    リ     ',   i          ',`ヽ    ヽ.   i           ヽ.
            /       , '     {    /                ',   i          '   ',    ヽ.  .i             \
.           /      ./      .し   /                 i    i        i  .',      ', i               ヽ.
          (⌒ヽ、  /_          {                i   i        i   .',       ', .i             ∠}
              `y^ 、j  ヽ.  `ヽ       ',                !   i         i   ',.     .', ├―‐--‐'''"´`Y´ .j
             /   /ゝ--、>"⌒\      ゞ           _ ,,-‐"´}     i    _. -‐┤   .',、     _〉 `>、  .{    `ヽ.{


175 :◆vsQyY1yD2Q

                          , 个 、
                       f=zi: : :! :.:.iiz'ニヘ
                    ,ィ´r'辷rハ: ll.:.:ハこf=、ヘ,
                ト z 1 fzf二Y爻l:l:.爻癶らうリ
           _t-オ   とに廴zrY.傘.Yュi辷Z送)ィ
           >   . :{《こュr'´。o。.二.。o。ヘzこ》}リイ
           7 . : : : : (:(爻' ´ ̄    ̄´丶爻: ):):ヽ!
          /」  : : : : : , ' i  l,  ', 、   ) l } : : : : : :ア
          イ . : : : : : {、 ヽ _ト-_ゝ-」/ムノリ : : : : : :キ
          ノ : : : : : : : ゝ-トr ァ=、   '  ̄, ハ: : : : : : N
          ≧ : : : : : : : {ヒ《f゙1ッ;;リ  , '¨´ jV : : : : : :弋
          厶 : : : : : : : r‐|;;;|、 T フ _., ィイ-ヘ : : : /「    アルテッサ
           l/ : : : : :/「○t _つ7 ̄タ《 - { イ: : : : 下      ( ふしぎ星の☆ふたご姫 )
           了 : : : : 〈_|_.乂イ久zz/\笠_-」ヽ! : : 」/
            サ : : : : :  ̄彡述zz]\/笠条ヌ 〉:ル
             1/L : : : : : 人-」zz] ィ 笠zZZイキレ
                ,rzイ ´´ ,Zーz辷爻辷z-ヤメ ̄ヒzュ、
             f´┘   ,r' rメ」   / O \ fス-丶、 ,ャ、
            ,」ノ\  fァ- 、   /   O   ',   ,ィ7/ \
         z,」 /z」   ̄l/イ \fャー,、 ート」 /ト 永   トz、\ュi
       fとソzLj/, ィt-、L/´    ̄ 〈  〉  ̄  Lリ    辷イ とぅヽ
        7´/ゝ-i Lリzァ-くケfi1こハ-ゝイにヒzイ辷工二モjハf「ヽ卞´
       /'´し! |:.:l:.:./r 1 |:.、_ノ:.:.:/ ̄ヘ:.:.:.:辷リ:.:./f´:',ト、乂:.|〈〉トk!
      /i Lノ/:.:l:.://!Lノ! |:.:.l:.:.:./ ,1こト、',:.:.:.:l:.:.:.l ハー' l lヘ:.:.l ト、」ヽl
    _ハ_/:.:l:.:.l l ー‐1 l:.:.l:.:.:.{ l l   l l |:.:.:.:l:.:.:.l lヽ_」 l l:.:.:\_」l
   /不、:.:.:.:.:.j:.:.:.z、__,ノ:.:.:l:.:.:.:ヽヽ_ノ/:.:.:.:.l:.:.:..ゝ __ノ:.:.:.l:.:.Zこ人‐、
  ヽ/ /7´ ̄>-j,__:.:.:l ---、__:.:.:.:.:.l_z‐ト---t'  ̄ト-イ \ ̄フ
 /冖ゝ」ん- 、厶  l __| ̄!   \  ベ ̄ヽ_\zャ--マ<カ_ィこ ̄>
 廴/  」_  7   ̄!  ̄k ̄´7ー辷ヒ二セ ̄ ハ  卞 弋_」ヤ_人こノ
     ̄   ´¬辷て二こ」トz--L__チ_爻仁ソこにニテ-ー'´´   ̄


珍しいところでは、こんな配役候補も挙がっていました。

プリキュアは、最近になって ようやく やる夫スレ界隈でも知られるようになってきましたが
『ふたご姫』 をご存じの方は、一体どれくらいいるのでしょうか?


それはともかく、どちらも お嬢様キャラとして 「ツンデレ」 の要素を付加しようとした訳ですね。


176 :◆vsQyY1yD2Q


   ここでふと疑問が浮かびます。

   確かに、これまで やる夫パーティに ロリ担当はいませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            >=-     `丶、
                           /            \
                          ゙7   , ハ    ,、,    、
                        人  {  / /\\/ /ハl  ハ
                       `Y´ .ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                           ノノ.i|⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i   \
                          彡ゞ八     `7 从」 <⌒′
                               >,、 __, イ|/^フ⌒´
                              くミヽ::|三/:://  ヽ
                            ( ⌒ )ヾ∨:::/  ( ⌒ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  し か し

  頭 の 中 身 が お 子 様 な の は 既 に い る ので は な い だ ろ う か 。


177 :◆vsQyY1yD2Q


こうなってくると 既にハーレムが出来上がっている やる夫パーティで
「ツンデレ」 だけを武器に戦っていけるか疑問が残ります。

ならば別アプローチと 他の配役を探し、前回の後書きでも触れた


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
                            ,.'         `'-、   | |        /
                           (´     _,_,/ \   `'ー'、l        /
                            / _,.-ー'フi l    ヽ、_    `'ー-、__  /
                            `l  | rーvi_ |    i  j' i 、_       ゙̄i
                            |,|  レ y,.=、' j-、__ソノ`' | i 't _     |
                          _,.- 'i   l ヽゞン`    'r,=、',ト、|  `'i─ '´「
                        _. '   ,.|   l    ,'    ゞシノ´ /    / ,  ,、|)
                       /  / |  |    _       /   / / /,.イ
                     ヽ、  <    |  ヽ.  ヽ_ >     /   / /,.-'´/
                       ヽ、 \ l i  / >、       _,./   _/-' ´彡'´
                        ,.イー、' ヽ ト /ヽ -'ー──'r'´_,-' 彡´' ´ イ
                   ,.-─' ̄  |  `iー' '´ー(` _,.-─'二´-彡´==='´|
                 r'´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙ヾ、  |  |`ヽユ' ´/ _,./       |
               (f´,..r-───-- 、ソi | r'´ ̄く<'´r- '´          |
              /l``'ー- 、三iムノ-' ゙ノ-ヽ ̄ ̄、 ̄`フ´ ̄ヽ、_        |
             /   |r'´ 冫      〈    rヽ   ヽ'´      `' 、     イ,
              |  |l  |      _,ゝ- '  |             ̄`'─-/ |
             |  |l  |     /´      ハ                / ノ
               |  |  |_    |       / |                /〈
             ヽ、ノヽ= '   |       / 」               / ヽ
               |      〉      / ̄ノ              ノ   \
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


『やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ』 で、アナ・メダイユの紹介を見つけました。


178 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.r、ヘ'"~"ヽ
              /  } }   `、~"ヽ
             / ヽ、ノ ノ    `、  ヽ
           レ'ヽ、  `<      `、  `、_
            ,'::i::::,ri`、.  .\      ',  `、`ゝ
           `、レ‐-',::::`、 .   \.    ',  トゝ
           j 乃`、l::::\ .   \   j  .リ`i
            l      l:::::::::::\  ヽ_,.ィ  リ
           l.-、   l:::::::,':::::::::ヽ .ノ.ヽ!j、.|リ     実年齢は8才でも、精神年齢は+20才とも言われる
        <"~ `、_   l:::::/i,、::_,-<`' ,ヽ          原作屈指の大人びた少女。
        \ . l::::l /`.l::::/ /   ,.r`,rフ'
          >、l::::l、 l::/r'  ,.r'"./<._           やる夫達の物語に ただ付いて行くだけではなく
       / .l  \\レ .,.r' /  _,,ノ`ヽ、        真っ向から関われる能力を持っています。
       /   `ー- ` >.' ^`<_,.-''"      .`ヽ、
    ./     .y  / .ブ<  \    、j     \
    イ     / . /  l.r'.ヽ',   \   `、      .\
 ,r' _L - ‐-、 / /  _,,.、ゝ'ノ-‐‐ ''",.r''"''`', _,,_-‐‐-_,,_l_\
./    ) // /-''"   `ー .,,.・'      ',_ \ {  ` ヽ
l r‐''" / /   ` 7、 .,,_            ',`,  ヽヽ_    .}
', `.ー.'  .,./    ∧.',   "'''-.._      ..∧ ',.  `ー'   ./
.`、   .//    .∧ .',.',     ,'.,'`.,-、   ,.ィ' ', .}     ,r'
  \ / /    ./  ',..',.',    ,'.,' ,'  ',''"    ', i  /
   `-/     /   .', ',.',    ,'.,' ,' .   i       ',i./
    ./  _,,ノ/   ',...',.',   ,'.,' ,'    i`、    .i
   /./  ./    ', ',.二二' .,'      i  `ヽ、 .i
   /'     ./     i       i       i     ヽi
  ./     /      i       i      i     i


彼女ならば、やる夫パーティの中でも埋没してしまう事はないでしょう。

と言う訳で、エジンベア貴族の お嬢様は アナ・メダイユに決定しました。



他にも色々と理由があるのですが、これを語り始めると
「やる夫で学ぶハーレム物」 が一本作れそうな勢いなので この辺で。


        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛


この記事へのコメント
>頭の中身がお子様
いや、あってるんだろうけど酷いww
Posted by at 2011年01月24日 21:32
>頭の中身がお子様
精神子供の対抗馬は肉体子供か。
Posted by at 2011年01月25日 02:12
>頭の中身がお子様
なにその逆バーローw
Posted by at 2011年01月25日 04:33
>頭の中身がお子様
なるほど、外見と中身が調度反対なんだ、あの二人w
Posted by at 2011年01月25日 06:17
思ったが、これ以上キャラがかぶらないというのは相当キツイなぁ。
そろそろ打ち止め来るだろうか?
この作者さんはまだ出せそうな気もするけど。
Posted by at 2011年01月26日 13:50

属性的には、高飛車とかヤンデレとか感情希薄とか色々あるだろうけど、
変に雰囲気悪くするようなキャラが増えるよりは打ち止めの方が良いな

良い感じのキャラなら増えても一向に構わんッ! けどww
Posted by at 2011年01月28日 16:58
なるほど。これが、作者のハーレムの定義。
なかなか勉強になりますね。
また違った思考で作品が読めそうです。
Posted by とあるA at 2011年01月30日 14:05
アンリエッタさんはアナ姫の母親役でいけますね。

にしても、ゲンジ通信あげだまとは懐かしい。
作者さんとは同世代かも。
そういえば、あげだまにも黒服がいたなぁ。
Posted by at 2011年02月01日 22:22
>>頭 の 中 身 が お 子 様 な の は 既 に い る ので は な い だ ろ う か 。
本当に酷いなw
いや、物凄くバカガリーナを愛しているパワーはむんむんと感じられるんだけどさw
Posted by at 2011年03月01日 23:33
ここまで考えて作られているのを見ると、「やる夫で学ぶハーレム物」を読んでみたい気がする。
Posted by at 2011年08月02日 00:25
ここまでこの話が面白くなったのって、間違いなくバカガリーナが大きな影響を及ぼしてるよな。
Posted by at 2011年08月13日 08:44
この作者のカガリへの愛はすごいよな
Posted by at 2011年09月17日 14:57
それに妹属性の子はめぐる・せつながいるから
ロリだけど妹妹していないキャラというのはベストチョイスだね
Posted by at 2013年04月05日 20:22
DQ3にも「アン」というキャラはいるんだよね
エルフ女王の娘でありながらノアニールの若者と駆け落ちし、その際夢見るルビーを持ち出し最後は地底湖に心中
ノアニールが眠らされる原因を作った人が
Posted by at 2013年09月09日 21:12
ローゼンは嫌いではないが、カナなヒナじゃなくこの子でよかった
ここの作品はよく使われるキャラもいるが、それでも幅広くキャラ使ってくれるのがいいな
Posted by at 2014年07月05日 16:29
>プリキュアは、最近になって ようやく やる夫スレ界隈でも知られるようになってきましたが
えー
だれのせいだろう?
ぜんぜんわかんないや
Posted by at 2015年02月07日 10:52
↑×3
紹介されてるのは ア「ナ」の配役理由であって ア「ン」じゃねーぞ?

読み間違え?それともア繋がりでの例でも上げた?どっちだ?
Posted by at 2015年08月11日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42845431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ