■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年04月25日

第49話「決戦、第三ムー高炉」(1)

第48話へ 1    第50話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 シャーマン族の集落 長の家 】
,,____________||,,_____l |______
,,____________||_____|_ |  |  || ̄|
,_________ _ ┃,,____l |  |  ||  |
  .,_|;;,,,|_.      ," ´   ゛.、|  |  |  ||  |
  |;;::.......|     i       ,l|  |  |  ||  |
  |;;:::::::::| ・   .'i,      ,i|  |  |  ||  |
  |l;:::::::::| __ _ ___.ヽ、.,,___ ,. '' |  |ll. |  ||  |
  |ll:::::::::| ・    ・  .....  |  |  | .ll||  |
  |llll:::::::|      __ _   |  |\|  ||ll: |
  |llll:::::::| ・    ・  .....  |  |  |\||  |
__,,|llll:::::::|_______________|  |\|  ||\|
""|llll:::::::|,'"          '"ヽ,|  |\||  |
  ゛' - '”::::             \|  ||\|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\||  |
                       "\|
======================\



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   それじゃ、捕虜達は返還して
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    やる夫達は、聖地奪還に協力すると言う事で。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


2 :◆vsQyY1yD2Q

                                            /`く´  ̄ `> 、
                                            / /   ヽ _  /    ヽ
                                          / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                       / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                               / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
                                      l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
     聖地を奪還する事が出来れば              /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
                                          / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
     我々は、お前達とミスリルの取り引きをする     ./ イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     ……で良いのか?                       i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
                                         | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     スー族との和解を要求してくると思っていたが。  .lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
                                          ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                              ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                         l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                         l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                              、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \.    それは やる夫達が言う事じゃないお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    それに、聖地を占拠しているのが首狩り族なら
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   今、争ってる理由はなくなるはずだお?
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


3 :◆vsQyY1yD2Q

                                            /`く´  ̄ `> 、
                                            / /   ヽ _  /    ヽ
                                          / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                       / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                               / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
                                      l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
            ……なるほど、自主的にやれと言う事か。   /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
                                          / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
            私も、無意味に争いを長引かせるのは.  ./ イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
            本意ではない。                 i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
                                         | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
            こちらから攻撃を仕掛けないぐらいの    .lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
            譲歩はしよう。                  ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                              ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                         l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                         l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                              、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄


                   ,:r夂、    ri rx
                 ,ィク´  .ヾ、 (ヽ, | !.!,'/)
               rf⌒''=:v'/ r:=:x .i.i ヾ;Y   《
    ,<\rx-、   从:::::::://ヘ 弋_:ソ |.L⊂x_ィ《
   ,<\>'/ i:::}  r':::::`:::〃ト、ヽ  / !.!::∨;::::::::::::)
   ゝУイ /::/、_j:::::::::::::i.i. _`  -─.〃::::γT=T´   大丈夫ですか?
    ゞミ彡< ~ζ:::::::::::||.ix   ヽ, ,//:::::ζ´ ノ
        `¨´ ヽ;:::::::::!.!',::`:=-ァ'//::::::_ノ ̄´     スー族と手を組んでるヤツを信用して。
            ゝt_:ヾ、ゝ=イ,イ':::__jr'
          -=ニ=L,,≧ゞ彳クニ=-==x
          ィ彡ァ'   ̄ ̄   <≦i  .i
           ,〃i ./ i  i  i:iヘ.ヽL_,」ヽ
           / .!/j ,∧ ト, 从'!弋_:_:_:,<
          (  く ソ, ヾ| ∨ヾ! ゝ-、  \
           iヽ=イ::::::)         .\ .Y
            r-ヘ_:_:_:_;イ           `´
         ゞc_/


4 :◆vsQyY1yD2Q

                                            /`く´  ̄ `> 、
                                            / /   ヽ _  /    ヽ
                                          / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                       / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                               / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
                                      l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
           無論、全面的に信用する訳ではない。     /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
                                          / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
           お前達が、責任を持ってスー族を監視し  ./ イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
           シャーマン族に攻撃させなければ      i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
                                         | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
           こちらも、この一件が終わるまで        .lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
           攻撃は控えさせよう。                 ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                              ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                         l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                         l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                              、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄



        ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     ∠:::::::f::f:::::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
     /::::::::|::|:ノ__人:::人ヾ:|::|::::ハl   それで問題ないだろ。
     人λ(|::|( ●)  (●)|::|
 .      |:::|::|   r‐ァ .リ|::|      スー族は今、攻撃し掛けるだけの余裕もないだろうし
       .|:::|::|、     .ノく|::|      監視する必要もないと思うぜ。
    .iヽ_ノ:::|::|' ヘ___い;;;;;;|::|ノi
 ⊂⌒ヽ::::::厂リ/{lハ::ハ1}'、 .|ノヽノ /⌒つ
   \  v y.< {  {::}  } >ヽ v  /


5 :◆vsQyY1yD2Q

                                              /`く´  ̄ `> 、
                                              / /   ヽ _  /    ヽ
                                            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                                 / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
           ならば一時休戦成立だな。               l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
                                         ./{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
           我々は、サマンオサとの付き合いがあるが   / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
           サマンオサの配下になった訳ではない。    ./ イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
                                           i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
           ミスリル銀についても                 | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
           正当な取り引きであれば問題ないだろう。   lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
                                            ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                                ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                           l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                           l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                                、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __ ( i))) 
      / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    もちろん、誠実に取り引きさせてもらうお!
     |             |
     \            /


6 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
   人λ::::(|::|( ●) (●::ノレ´
     |::::l^l^ln,  r‐ァ リ:|       後は、聖地を占拠してるヤツ次第って事か。
     |:::::ヽ   L  ̄ノく|:|
   .、ノ:::::::::ゝ  ノ_い:::|:|       スー族はやってないって話だし、やっぱ首狩り族なのかねぇ?
    ヽ:::::/   /|ハ::ハ|ヽリ人
    .//   //.| .|::|  .Yヘ `ヽ
    λ__/< | .|::|  |  >  }ヽ、
   人 ミ彡ノ `.|  |::|  | ´ n^i^i^i〉
     ` ̄´



                                           rx
                                  rx, ..| .i /.)
                                           ヽヽ! Y /
                                        ⊂ミ '´ ⌒''つ.     ,r夂:、
                                   rヽ=-=イヽ、   .〃,r=:x.ヾ、   _rrと,⌒i,
                                         ε::::::::::::::;γ   〃 弋_:ソ ヾ;.   }::キしi',x )
                                          `~Y`´Y    i.i  \ / .i.i  t;;_:::ヾし(ノ
          僅かな生き残りも、逃げるのに必死で      .!、 `ヽr=Y| | ‐-  -‐ |.トrx_  トイじ
                                             `ヽ、(´:::::::l.l i、/  \ .l.l::::::::}L,.」  |
          ハッキリと相手の姿を確認した訳じゃないけど     》::::::::::!! !:ゝ:=-イ!..!.!:::::::γ   _ !
                                         Y:::::::::ヾ ∨::::::::/ 〃::::::::::) ̄
          聖地を攻めて来た連中が                 ゝし;:::::ヾ, ゝイ,〃::::::::::::,)
          斧を持っていたのは確かだぞ。               乂从:ゞ=:彳::::::::ixノ
                                          _ t:、| ><⌒=イ
                                         ,r:==-ゞミヘ`ニ¬=ー-イ;ニ=-
                                       {  _,∠ニ=''        ミメ、
                                            fテi  ト, /イ.,ィ ,i .i  .i, ix\ヽ `
                                     弋_:こ彡') レ !/ヘ l', |.Y. ヽト、
                                      c'   /      ヽ! ヽ! .!へ  .ヽ
                                             ゞ(_i'        r':⌒У /
                                                (ゝ、:::::Y~´:)
                                                 \`ゝ=≦、
                                                         \ _ノ=イ


7 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   そう言えば、聖地に攻めて来た連中の中に
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    ボスみたいなのはいなかったのかお?
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                             rx
                                    rx, ..| .i /.)
                                             ヽヽ! Y /
                                          ⊂ミ '´ ⌒''つ.     ,r夂:、
                                     rヽ=-=イヽ、   .〃,r=:x.ヾ、   _rrと,⌒i,
                                           ε::::::::::::::;γ   〃 弋_:ソ ヾ;.   }::キしi',x )
                                            `~Y`´Y    i.i  \ / .i.i  t;;_:::ヾし(ノ
                    ボス? そうだな……       !、 `ヽr=Y| | ‐-  -‐ |.トrx_  トイじ
                                               `ヽ、(´:::::::l.l i、/  \ .l.l::::::::}L,.」  |
                    ああ、一人                  》::::::::::!! !:ゝ:=-イ!..!.!:::::::γ   _ !
                    飛び抜けて強いのがいたらしいぞ。  Y:::::::::ヾ ∨::::::::/ 〃::::::::::) ̄
                                                  ゝし;:::::ヾ, ゝイ,〃::::::::::::,)
                                                    乂从:ゞ=:彳::::::::ixノ
                                                    t:、| ><⌒=イ


8 :◆vsQyY1yD2Q

                           _
                           `ヽミヽ、  ___   ./)       ,rェx、
                           ix_ ヽ, ~´  t:、\∠/ ./)    .〃  ヾヽ_
                           乂 ̄ ,、   \)  `ヽ/    i.i Y⌒Y ヾヽ`ヽ、_
                                    ̄  ゝァァ┬i=¬¬≦_    ,ri i 、ゝイ i! .,ヾ、::::::::`Y
                  生き残りの話だと     (/ ∪` '< >iつ  /∧', \ ∠_ i.i;::::::::::}
                                             ` '< >廴厶廴フ   ,i i i::::::::::L_
                  なんでも、凄腕の剣士で           `><>x,x=≧_,,ノ l }.}:::::::j_>、
                                                   i:::::::::`</ )ヽ,x_ノ//::/::::::::::`Y
                  「腕が何本もあるように見えた」 とか。   .{:::::::::::::::{ ./ /./7</:::i::::::::::,rx:::::'i
                                                 乂_;;;;:::>=-イ>:、 ><´  .i:::::::!
                                             《  ` '<¨´ ̄ `r-イ  .ム::ノ
                                                    ヘ ヽ-イ .ハ i、ヽゝ<ノx、ゝi⌒Y
                                            γ''ヘ-イ::ヽV ヾ! ヾ、  \__)::::::}
                                             ,ゝ;三::彡<         (:::::::::∠ニっ
                                                  ゝ=-----イ          ` ̄´




                    ┏┓┏━━┓
                    ┃┃┃┏┓┃
                    ┃┃┗╋┛┃
                    ┃┃  ┃┏┛
      ,ィ ,イ/⌒Z__..    ┣┫  ┣┫
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧.    ┗┛  ┗┛
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      ____
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶    /      \
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl.   /  ─    ─\
  .人λ:::::(| |( ○) .(○)ノレ´  /    (○)  (○) \
.     |:::::::|::| ,,  ─  リ:|     |       (__人__)    |
     .|:::::::|::|、     ノく|::|.    /      |!!il|!|!l|  /
   、ノ:::::::|::| ヘ   い:::|::|          |ェェェェ|


9 :◆vsQyY1yD2Q

     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ _ノ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|       なぁ、ダンナ。
.     .|::::::::|:::|.u  r‐ァリ|::|
     |::::::::|:::|    ̄く |::|       腕が何本もある剣士って、どっかで聞いたことねぇか?
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ



                                                       ___
                                                  /      \
                                                       /ノ  \_   \
              この近辺に出現する敵じゃないはずなんだけど……。     / (●)  (●)   \
                                                |   (__人__)    u   |
              一番近いところで、サマンオサ南の洞窟の骸骨剣士だお。 \  `⌒ ´      /
                                               ノ            \
                                                   /´               ヽ


10 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::∪:|::|:ノ\ヽ::/,__.|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´    と、とにかく、一旦向こうに戻って魔法使い達を連れてくるよ。
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|.      捕虜に仲間に、大勢運ばないとダメだろ。
   、ノ:::::::|::| ヘ ∩ ノ ⊃|
   冫/ ヽ|7{/ _ノリ
    (.  \ / ./_ノ │
    \/彡} .∠{;|_|___|
.     .ヽ//___}ミ/


                                                     ___
                                                   /ノ  ヽ、_ \
                              それなら、やる夫も一旦戻るお。        /(●) (●.) \
                                                /  (__人_,)    \
                              誰を向こうに残して、誰を連れて来るか  |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                \ヽ   L         ,/
                              皆と相談しないといけないお。            .ゝ  ノ
                                                 /   /


11 :◆vsQyY1yD2Q
                      _____
                    ´::.::. : : : : : : : : : :`丶
                   /::.::.::./::.::/: : : : : : :ヽ : : \
                 /::.::.::.::./::.:: :/::. : : :j :│: : :!: :\ :\
               '::.::.::.::./::.::. /:/ : -/:| : |: : /'; : ': :ヽ: :ヽ
               ====ニニ二二‐-,/: :メ: /  i.: :|.: :|: } : '.
                |::.::.:l:::.i::.::.:: :レ'´__,/;/j_/◎=!: Tヽ|: : : :|
                 j::.::.:l:/:}::.::.::│〃 ̄~ヾ     └イ__リ/ : :ハ
                 /::.::./ヽ|::.::.:: :| ヽヽ        ィ=x /|_:/l/
             /::.::.:{⌒ |::.::.:i: |        ,   /:: :│    向こうに戻るのか?
              ::.::.::八  |::.::.:i八  { ̄    、ヽヽ::. :│
             {::.::.::.:r⌒',\::.::ヽ\ ∨  /  ,′: ハ    ヤルオ、私も行くぞ!
                V\{|  |ヽ:ヽ::.::. }    ̄     イ |.::./.: :}
               .  `ー '.レ∨ \:{  、_ <`ー '.:/}:.:jノ
              x<⌒¨¨ ⌒     /_}/}:/ ///
               /   \ \         l l\
            /     _ゝ  ヽ、_   _/ l  ヽ
             {     /          ̄    ̄ \
            l      l           ;     ヽ
           │     }          ;}      }



            .fi⌒≧x、
            とr'´::::_::::L,r==ii
             ,L=今彡'´   ||
           r='⌒,r彳´ r:⌒:、.ull
          (::::::ィク´  i!弋__ソ. .!!
        _ ζ://  \ !  / .〃:;
        ゞミV/ /|  ̄  ─ 〃::::::)   ちょっと待て、オイ。
       -=ニ`i.i i:::ゝ、__ ≧〃::::::::::j
        f.´三≧.l.l .{:::::::::::/,イ':::::::::_j´ヘ,
      i ├=ニ !L 二彡彳:::::::::_;ハ__L   _
    ,rf´し'::>',´イヾ≦≧xw=-イ ,r'´:::::::::;> ´  ヽ
    》、:_:_:彡'.レi / `¨´, ト、!f⌒ヽ=r ''´ , r=ゝ-イ
   /  ,rイ,r==<,イィi/N ヾ! 弋_ィ    =''¨ ̄ Y
  弋_r_/,r7::::r─┘ j!       .乂      <(__/
    / (_::::ゝ──イ        .!    v  )
   ζ  /`~`´           ゝ=ァ (__ /
    `¨´                  ( _/


12 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : ;,xョョュ( )、==:==: :}
: : : : : : : : : ;,xョ彡": : /:} '::::/l:ト、:ヽ: : :.ヽ
: : : : : :/彡": : : /: /j/ ∨ iム-ヾト、: : :.}
: : : : : l: : : : : //-‐‐     ,ィキ"`l:l: :/
: : : : :.l: : : / ´,ィョョュ    :, 弋リ ,.l从l
: : f´`ヾ:./   '´弋:リ    ヽ   ヾ!
: : { fx ヾ}  r::.、        〉   ;:!    ほら、急げ ヤルオ!
: : ヘ ゞ `   '::::::!      ´ ′   i
: : : :ヽ、_,-、  ヾ:!   __   -y  /
:l: : :.Y´   ト、  ヾ、 ゝ __, ´  / `ヽ、
从l/:{    |、 >     ‐  / `  /` ー―y- - - 、
  /八   / \   ≧ ‐ - ´     /     /     `ヽ
 {   `¨´!   /ヽ、           /     /        :,
 l     l   ,'  ヽ       /     /           i

                                                       ____
                                                     /ヽ  /\
                                                    /(●) (●)丶
                                                   /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                  え? ああ、分かったお。 l    |r┬-|      l
                                                   \   `ー'´   /
                                                   /         ヽ
                                                   し、       ト、ノ
                                                     |   _    l
                                                     !___/´ ヽ___l


13 :◆vsQyY1yD2Q

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    ../:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`|::|::∪:::l
    人λ::::(|::レ'.),メ、::メ、ヘ|::|:::::ハ|
.      |::::/ .イ.=・= =・=|::|ル゙    ……………ま、いっか。
      .|::/,'才.ミ). r‐ァ ノ:|::|
     、ノ::| ≧シヘ__.二_{:::::|::|      んじゃ、ベースキャンプに戻るぞー。
     .ヽ::;イ   |ノハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .|  |/ | ヽヽヽヽ `ヽヽ




                ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
                      `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
                      `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                        \ ヽ,           /   ./                  /
                        ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
            ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
          ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
         ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
                       -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                         _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
                  _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
               _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
             ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
           .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
          /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
         '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
             /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
            /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
           ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
                  ´⌒´


14 :◆vsQyY1yD2Q

                 ,:r夂、    ri rx
               ,ィク´  .ヾ、 (ヽ, | !.!,'/)
             rf⌒''=:v'/ r:=:x .i.i ヾ;Y   《
  ,<\rx-、   从:::::::://ヘ 弋_:ソ |.L⊂x_ィ《
 ,<\>'/ i:::}  r':::::`:::〃ト、ヽ  / !.!::∨;::::::::::::)
 ゝУイ /::/、_j:::::::::::::i.i. _`  -─.〃::::γT=T´   ……いいんですか?
  ゞミ彡< ~ζ:::::::::::||.ix   ヽ, ,//:::::ζ´ ノ
      `¨´ ヽ;:::::::::!.!',::`:=-ァ'//::::::_ノ ̄´
          ゝt_:ヾ、ゝ=イ,イ':::__jr'
        -=ニ=L,,≧ゞ彳クニ=-==x



                                           /`く´  ̄ `> 、.    ∧
                                           / /   ヽ _  /    ヽ (__;)
                                         / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                      / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                              / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
                                     l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
                                           /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
                                         / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
           大 丈 夫 だ 、 問 題 し か な い 。   / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
                                        i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
                                        | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
                                        lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
                                         ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                             ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                        l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                        l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                             、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄


15 :◆vsQyY1yD2Q

                                           /`く´  ̄ `> 、
                                           / /   ヽ _  /    ヽ
                                         / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
                                      / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
                                              / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
                                     l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
                                           /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
                                         / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
          ……だが、好都合だ。             / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
                                        i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
          サンには、シャーマン族繁栄のため   | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
          役に立ってもらう事にしよう。       .lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
                                         ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
                             ,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
                                        l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
                                        l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
                             、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄


16 :◆vsQyY1yD2Q
【 ベースキャンプ 】


                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           _ , - ": : : : : : : : : : : :l´ ,l: : : : : : : : .:: :: :: :: :: :: :: :: ::l
       _, : ':" : : : : : : : : : : : : : : : : : レ' ヘ:: . : : : :..: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l\
    ,ィッ=´‐─ :、: : : : : : : : : : : : : : : : : l   ヽ:: .. : .:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::;l::. ::ヽ
  ゝニ "      ` 丶 : : : : : : : : : : : : ヽ  / へ 、:: :: :: :: :: :: :: ;: :':: l:: :. : :ヘ
               ヽ、: : : : : : : : : : 丶/: /l : : l|  ̄  ̄ ̄l|:: :: :/:: :: : : : \
                > 、: : : : : : : : : :\/: l : : l|_____ll.,: ':: :: :: : : : : : :
              /://.: \: : : : : : : : : : .:`:ー:─:─:─:´:: :: :: :: :: : : : : : :
             /: : /: /.: :: :lソト、: : : : : : : : : : . :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : : :
            ∠: _:/: /: :: :: ::トj :ヽ: : : : : : : _:_:_:_:_:_:_::_::_::_::_::_::_:: :: :: : : : : :    『異形の剣士』 が
          /´: : : : :y': :: :: :: :l: i : :ヽ:-子l´`ヽk 寸ムノイ: :ソ: : :ヒヽ:: ̄:: ̄::":
        ∠:-:‐:ヽ: : .:l : : :: :: :: l: l   、 /: : : : ' ' : : : : ソ: : : /:: :: : :ヽ:: :: :: :/:   シャーマン族の聖地に……?
      /: : : : : : : :\l: : : : .:: :: :ト、:l __ ヽ:`: : : : . : : :,彡从:l:: :: :: :: : : :l :: :::/:/
    /: : : : : : : : : :.:: ::l: : : : : :.:: ::l :ヽi ` ニ- 、_: : : : ノ:r': : : : l:: :: :: :: : : : :l:: /:/::
   /: ,ィ:  ̄: `: :、 : :: ::ゝ. 、: : : : :: :l: : :l  >: `ー:_: /: 〃: : : : :l:: :: :: : : : : : :」//: :   その話、本当か!?
  //: : : : .: :: :: :: : `、:: :: ::l::ヽ: : : :: l: : `t、__:∠: : : : 〃: : : : : :l:: :: :: ; : '::":: ;: -‐ '
  l": : : :.:: :: :: :: :: :: :: ::l :: :: :l:: :丶: : :l: : : `、\: : : : :/: : : ; -: "::/:: :: :; - "
   >: : .:: :: :: :: :: :: :: :: :: i:: :: :i/, へ: :l : : ヽ>、\: /: ,: ':: :: ::/:: :: ::/
 /:: ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :: :: l:: ::l/:: :: :: l::ヽ:  ,rア//´: :: :: /:: :: :: /


17 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         それらしいヤツがいたって話を聞いただけだお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   本当にいるかどうかは分からんお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /



     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ _ノ ヘ⊂_ ‐-' <     仮に いたとしても、
   人λ::::::(|:::| ( ー) (::λ  .ヽ    骸骨剣士なんだか 地獄の騎士なんだかも分からねぇ。
.     .|::::::::|:::|.u  r‐ァリ|::| ヽ  ',
     |::::::::|:::|    ̄く |::|  〉  <    ただ単に、ムチャクチャ速い剣士って可能性もあるし。
   .、ノ:::::::'   ⌒ヘ 、|::|  {   l
    ヽ::/    /   ヽノ  l   |
    /     l     ヽ  .|   .!


18 :◆vsQyY1yD2Q
                                            / /::::::/~/メ、::::::/:://l:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                          /  ハ:::j/ィ‐‐、ヽ_、//::::、:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::
                                         /   ∧l/:.`、 (ッ Y } ハーァ-::;;-:.、_:_:_:_.:::::::::::::::
      いや、わずかでも可能性があるなら               ./l    '、ハ!:::ヽゞー-ソノlリ '´リ:.:/∠云ヾ、lヘ、:.:.::::
      見逃す訳にはいかねぇ。                  _,,、-‐´  |    ::|  ::::;;:´:::;;;:::::/  ::::r_~,、-‐-、`リ`|::::`丶
                           -‐‐‐`ヾ ̄    ヽ,   |   .::|     .::::/   ::l::::ヽ (ッ  V/::::/::::::::
      その戦い、俺も参加させてもらうぜ。     ヽ.     '、  |    ハ|     ::::/    `:、:::ミ:::- 彳::/:::::/::
                                 ヽ      、 |   | | √   :〈 _      ::::;;;-フノ:::/ノ::::
      行く時は呼んでくれ。                      ヽ     ! |  | :| !{iヽ、            ノ彡./::::::
                                   ヽ  /ヽ l   | :|  //`ヽ丶、       イ;;::::/:ソンヘ::
                                          ∧´    l |:  | ハ \ヽ、 `ヽ`ニ‐ァ 〉  ア´ソソィ''リ l
                                   / ',   l::|  |  :} `::::、\`_ー_ゥン ´ ,.ィ´   /    |
                                  /   |  /:..|  |  :| 、:::::::::ー    ,.イ/   /    |
                                 /    | /::::::|  |  ヽ、  ´,.. -‐''´/    /      /
                                /     |/::::::::/\∧  ‖:::: ̄::::::::::/     /    /



     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ _ノ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|     あ、ああ、分かった。
.     .|::::::::|:::|.u  r‐ァリ|::|
     |::::::::|:::|    ̄く |::|     捕虜を返してからな。
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ


19 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  -―≠ ―― 、
                                          , ∠  /  ‐- 、   ヽ
                                                 /   {´__     ヽ    \
                                             /  ̄  厂   ヽ    ',     \
                                       { r‐- 、 / ィ    \   ヽ       ',
                                             /! |  i、ミイ/∧      ヽ     \     !
                                        / | .|  |ミミイ/∧      \    `ー‐ ┴ 、
                                    / j |  |゙゙ `''"  ヽ   \   `ー――-- 、 }
                                     { / /  .|   ,  、_\ _ ヽ    r 、    ゙
                                    l/ /   :∧ 二    ィチラム、 `  .\ \
  まさか、シャーマン族の方も襲撃されていたとはな。   / /   / ハ弋}      ̄    7 ー--l  |ミ、
                                      / /   ∧ {.ヘ  ,         u ./ } (二|  |┬-、
  短時間で集落間を行き来する術がなかったら.    .,' l!   / ヽl  \  _    / / //  ! } /
                                  {  l   {ー‐┴‐ ミ > . `.イ rォ_/〃    ヾ l |
  双方が報復のために動いて               |  |   `ー―、  .}   フ7 ̄l .|/ ,イ     /} |
  誤解を解く間もなく ぶつかり合ってたかも知れん。  .ヽ-ゝ、     } ∧  {. /   /  l ヽ__,∠ノノ
                                  /    ̄ \ ノ/ }   |   /    ーァ―― ''
                                 /        }K    | ノ| O / -==//⌒)
                                    イ ∧_ノ }   j/彡  ./     =}イ_/
                                          { ヽ┴―'  / /    :{     |_ /
                                       \___∠/       /|      |
                                   /⌒\   くr―‐ 、  / :|      |_

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ー) (ー::(___
.      ハ::::ハ u ,,  r‐ァ リ) )__   )   そう考えると、やる夫が サンを連れて来たのは
       ) ) )、    ̄ノくハ(/  /
        (,(.( ' ヘ   い ノ:::)) /     ファインプレーだったよね。
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( /
       l λ .... r――'' ̄ ̄7
       |  ヽ   |!      /
       jl:.  ⌒ーァ⌒}      /
       |:\::.   >ー'    /


20 :◆vsQyY1yD2Q
          _    _
        /: :i ⌒i⌒ヾ、ヘ
        .|il|| ./  ィ   ゞj
.        |リル /z| i i i i _リ
        トイ_/ ィぅ、‐.≦ォ'
.        ハ j  ゞ-' 、ゞイ     やはり目的は、スー族と シャーマン族を争わせる事かのう?
       /  ト  .r‐、 ,イ
     / ̄ ̄/`ヾ、‐iヽヽ <__    エジンベアと サマンオサを同盟させようとしておったし
    j:.:.:.:.:.:.|   r‐└‐‐i´):.:.:.:.i
   /:.|:.:.:.:.:.:トン人ニニニ |ソ:.:.:.:.:ト、   魔王バラモスの目的は、人間同士を争わせる事なんじゃろか?
  /、:.:.|:.:.::.:.:',:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:/、:.:.:.:.|.:|
.  \ニニ─‐ゞ---'_!__\`ニニ}
    フ¨`Y:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:i i:.:i `─‐'
    j   ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |:.|,イ´
   /   ノ、 ̄:i¨i:.i、 ̄7¨.フヽ
  /   /\\//:.:.ヽV /:.:.:.::\
                                           _____
                                                 /:.:.// ̄ ̄/
                                          ,イ /:.:./.イ:.:.:.:.:.:イー:.:..、、
                                            /:.{/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                                       ヽ {:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヾ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ.
                                      ,ゞ :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:\:.:.:.:.:',
                                           /:.:.:.:.:/:.:.:./:.:|:.:.:.:.:!|、:.\: \:\:\:.人
                                        /:.:.:.:.:.:./:.:.:./ !:.:i:.:.:.:.:!| ヽート、:.\ヾ:.:.:.:.:.:ミ=ー
                                    / :.イ :.:.:.|:!:.:.:|斗-Y:.:. |ヽ乂云ミYヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:\
                聖地に 首狩り族がいれば     /// //:.|:!:.:.:|:.ハィミヘ:.:. | ´"比::か|\;;;\:.:.:.:.:.:.ヽ\
                                   ′ !イ/ :.:|:!:.:.:|!|代::り\!   ゞー'"|从 ヽ;;;\、、:.:.:\\
                そう言う推論が成り立つね。       从:.:.从 :.И:. ゞ゛、 ヽ     ハんハ;;;;;;;ヾ\:.:.:.ヽ:.ヽ
                                     乂Y:.:|;;|:!ヘ          §i:.:Y\ハヘ:.:.:.ハリ
                                                乂|;;|:!:.:.ヽ、 ‐      ,从i|:.:.W八`\乂
                まずは、実際に行って確かめてみないと。.  .八从:.:从> _ ..イ__//八Yリミ=ー─
                                                  ゞー<Y´ ̄ ̄:/ Y:{∨  γ⌒
                                              r=x「`/     `ヾー――'^ヘ\  {{::
                                       ノ才'У              Y\ヾくr‐


21 :◆vsQyY1yD2Q
                             |    | /             ___             丶、   /
                             l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
                             |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
                                   /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
                               / .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
     やる夫、私達の この地での戦いは  /// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、
                           ' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
     シャーマン族の聖地を取り戻せば             '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7
     終わると お考えですか?                   ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /
                                 ,.   ´|   |             /   /       /
                                       /    |   l\     ´`      /   /       /
                                 /     /|   |  丶、        ィ   /       /
                              ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\    各地に散らばってるかも知れない首狩り族の事を考えれば
/    (─)  (─) \    それで全面的な解決と言えない事は分かってるお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    向こうの長とも話したんだけど、そこから先は
(  \ / _ノ |  |       スー族と シャーマン族で解決するべきだと思うお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


22 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 __(............
                                              (、.... . - ´:.:.:.:.`ヽ:.:.:.`ヽノ)
                                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡′
                                      /:/:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:/:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
                                       {/:.:/:.:.:./:.:/ {:.:.ハ:.:.ト、`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
                                    |:./ |:.{.:{:./一∨ ∨ー∨V`Y:.j:|:.:乂
           首狩り族を全部倒すまで付き合ってたら   |八从Y ´ ̄`   \´ ̄` W乂リ
                                      ′ 八::::| :::::::     :::::::  }::::/::ミ=ー
           いつまで掛かるか分かんないもんね。    .-=彡从人  ⊂ニニ⊃  /::/从リ
                                     ノ八乂个 . _____ . イj/⌒Y
                                             /   厶、     ... -く{  |
                                          /⌒ヾく  〈::::::::`エ´::::::::::::/|  |
                                   {   }}-=彡{ ̄    ̄ ̄{ :|  |
                                        `ー一'/ ̄`ヾ:`Y/´ ̄`ヾヽ',  `ー、
                              _______,′    !:}:::}{    ∨人_つ´________
                              ──┬─┬‐i    .jノ::::入     ∨────┬─┬─‐‐
                                  |  | .|    l__∧     ∨.__     |  |

    l: : : :‐-ィ,>`´: :´: :.イV マvヘ、ヽ.: : : :,'
   . '´⌒:: : /:ヽ/: : 〃 ハ ヽ: : `ヘ ヾ、::/
 ,/ .: : : : : l: :′ ァ: : : : : j.: :f'} :、: : : : :ヘ: :\
 ヽ .: : : : : :ハ : : /. : : : : : : : : :}: : : : : : : : ∧. :ヽ
  Y.: : : :.,.' : : : :´ : :j . :l. :/. :ノ !. :| . :l: :キ.: :!ヽ: :l
  /.: : : .:‘ : : ,' : : : :/ /l//  |: :| : :| : :!. :/.::!: j
. /.: : : .:/.: : ;,' : : : /}イ-一'    l_/‐、/| .:|: : ヽ::l/
/.: : :ィノ!: :人.: : : /¨_二ュ,   _,辷,y、_リ.::/::|: :リ
!/l ( |/'|: :/: :i/〈'弋ノ       ヒノ丿,vハイ.:/: :|    どっちも誤解が原因で争ってた事は
{/  )  |N.: : :ハu`     .  '' ,〈/ ル/|/Y´   ちゃんと伝えられたんだから
{       il: :}: :!ヽ丶         ,イムイ |
        |/: :/: :八 ヽ、  ´  , イ: :l::/! /      無責任って事は……ないよね?
      ,': :/: :/!: :、l:. ` 7:´l : :|: :,イ(
     / /: / .\_:ヽ、 イjヘl、 : : i八`ヽ、
    八/=|、   `、: :lヽ,  ‘l`ヽ. : :\ )
   / />┤\_   ヽl  \ _ヽ:`ヽ.: .:!
   |//⌒ 乂\\   \  |  リ// ヽ:|
    i    `ハ  \ `ヽ‐- Y´¨`/〃   | 、


23 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     ___  __ ノ ノ
                                             // ̄ \   `ヽ'´ー-、
                                            / / / ̄\ ヽ    \  `ー、
                                             l i !    | |     ',   ヾ_
                                             l ,,ゝ'''゙ ̄ ゙゙̄''ー- 、    |、   <__
                私達の立場は、あくまで余所者です。..     (_,, -ー''゙゙゙゙゙゙'''ー‐-、   ヽ、! ゝ、r-‐'
                                             | !、ハ、   ,ハノヽ、` 、/
                スー族、シャーマン族の                 _| l ノ `''''´ `ヽ i __|___
                上に立つ者と言う訳ではないのですから  .! ̄| ; ●   ●  ,' |┌─/
                                                 ヽ Vヘ⊃、_,、_, ⊂⊃ //  /
                これ以上、双方の方針に干渉するのは      ,>/⌒i,、 __, イ レ//  /
                控えた方が賢明かも知れません。       r'7  / 、   //   ヽ
                                                ∠_/___/|  ゝ//     ;
                                            \==彳 / ̄ ̄ ̄〉   丿


::.::.::/::.::.::.::.::!::.:/:ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.ヽ
::.::/::.::.::.::.::.::}/::.::.:,./ヽ::.::.,.ヘ::.::.::.::.、::.::.::.丶}
::.:{/::.::.::.::.::,.'::.::../ム、ハ /_,, i.i::.::.::.::.\::.::.::.ヽ
::.ノ::.::.::.::./::.::.:,.' ,'   `´  i i',::.::.::.::.::.ヽ::.::.::',
'::.::.::.::.:/::.::.:/ .l      ,' .l:',::.::.::ヽ::.::.`、::.:i
::.::.::.:/::.::.,.'---ll--―   ‐,'-.-',ヽ::.::.::.`、::.::.',::.}
::.::.:/  ./_. `i     / ' _',::`、::.::.::',::.::.',ノ
::.:/::.::./"仍込ュヽ  , ' .仍込ノ、::.',::.::.::',::.::.}   ……確かにな。
::.:l::.::.::i_`.ゝ''"´   ./.l.   ̄ ゙゙" ∧:::',::.::.:i..,'
::.:l::.::.::'、::ミ、ヽ  ./   }       ,'::::i::.:i::.::.:イ     相手が蛮族となると
::.:',::.::.::.::\::ヽ',     i     ,'::::::i::.ノ:/::.,'
::.::.ヽ::.::.::.::.::.:ヽi  -_=_-   //::,'::'/::/      どうしても対等な立場で意見と言うのがやりにくい。
::.::.::.::ヽ::.\.::ノ:i、.   ̄  ,.イ::://:/::.::/
::.::.::.::.::.`ー彡く  ` 、_/ .l.,','.,.'::/.`、
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ.      i レ:/`ー-::.::`、'' ー-
‐=≡ミ、::.::.`ヽ::.\      ', iゝ、_::.::.::.::.`丶
`ヽ::.::.::.::.:ヽ、::.::.ヽ::.}     \::.::.::. ̄::.`ヽ::.


24 :◆vsQyY1yD2Q
                                                           ____
                                                   /      \
                                                        /\  ,_.   \
                              そう言うものなのかお?               / (●)゛ (●)     \
                                                |    (__人__)   U  |
                              やる夫は、そこまで考えてなかったけど。 \   ⊂ ヽ∩     <
                                                        |  |  '、_ \ /  )
                                                        |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/
              ___
.          /≪丁 》ヾー―- 、__ __
.          , 气《,≫》∧.′    \ \≫、
          ',′ノ≪. ∧/二ニ=‐-,   \》
.         || 《,≫》∧/二ニ=‐-/     ヽ
.       从≠イ'゙/三ニ=‐-,/   /  i: ヽ ゚。
.        / `T:升´三二ニ=‐ /   /  ′ |  l!  上から目線で あれこれ命令するのなら簡単じゃぞ?
       / :从/γ⌒ヽニ=‐ 〈二゙メ__/ l二メ_|}
.       / :/' /ヽ{{ハ.:   〃:;バヾ  γホイ    じゃが、相手の立場も尊重するとなるとな。
      /   :/ :/\'′   ヾ'_ツ     t_ソハ
.     /   :/ :/ / `´、      ̄´    〉 l |.     わしらの主導で、和解を最後まで成立させてしまっては
    /   :/ :/ / ...::| \            ,ハ :|    双方の長の面目は丸つぶれじゃろう?
.   /   :/ :/ /   /L_丶     ´ ` / |│
  /   :/ :/ /   |:... . . __> . . ィ  _」..L..._
. /    .′/     〈:. . . .|    \〔 . l:../    ゚。
/    l .′ __ 人..ー. .\   _(⌒ヽー  _  |


25 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (     あいつら、一体 何の話してんだ?
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ      よく分かんねぇんだけど。
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^
                                                             |
                                                       / ̄ ̄\
                                                           _ノ  ヽ、  \
                                                    ・  ・     |
                             要するに、援軍に来ただけの やる夫達が   (__人__) @   |
                                                      ヽ`⌒ ´  u .|
                             これからのスー族の方針にまで口出ししたら    {       /
                             ダメだって話でやんすよ。                  lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                   j .}ン// ヽ
                                                         ノ '"´  ̄〉  |
                                                      {     勹.. |
                                                          ヽ 、__,,ノ . |
               ____. __
             .,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
           ./::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
           /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
          .{::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
            i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
          ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
          /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i
          .i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
          .゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i   やる夫は、この件のために 新たに傭兵を雇ったり
        .i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i    かなりの投資をしているはず。
        ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'
      .∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::|          l:::::  i:;' ;;, ゙i    いっそ、乗っ取ってしまっても良いと思うがな。
  ._、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}:::: i:::;' ;;i'`
 ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\
     ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
        '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
          ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、


26 :◆vsQyY1yD2Q
                                                    ___
                                                        /      \
                                                 / ─   ─ \
                                                     /  (●). .(●)  \
              いやいや、やらないから。                        |    (__人__)    |
                                          r、    `.r、    `⌒´    /
              そんな重い責任を課せられるような事はしないお。  ヽヾ 三 |:l1          \
                                           \>ヽ/ |` }        |  |
                                            ヘ lノ `'ソ         |  |
                                             {´   /          .|  |



            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/        ならば、損にならん内に引き上げる事だな。
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{  、___ヽノ___,  ,::::::{ { ハ-,‐―――  俺様としても、いつまでも戦場にいるより
      〃.::: 〃〃.:::八{  トーーー-一'  /.:::::}} }::::} l          ほどほどで引き上げてくれた方が有り難い。
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ  K´   }/ /.::::::ノノノ:::{ l
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧  `=‐--=′/{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.::::( ̄   .イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/


27 :◆vsQyY1yD2Q
/.: / .: .::.::.::.::     /   /⌒ヽ/」{ / _/___」 i   \
.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{     となると、一刻も早く
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、    聖地とやらを取り戻さねばならんな。
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i   とは言え、やる夫が行くとなると
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}   私は残って指揮を執らねばならんか……。
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ
、::.:Y    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \


                                          ,  // , -―==-
                                                i { ./ / /r'"´  ̄`"" '' ‐-、
                                               i、l v ,' /.'"   ̄  ̄  `"'' - ヽ、
                                      _ゝ i i i { ,r '" -― _‐ ,,_  `ヽ、.ヽ
                                           /  , r-シ  - ` ヽ、 ` 、‐- 、   ヽ `、
                                          /,  ./  l i `ヽ、 ` ヽ` 、` 、 ` 、 ヽ .i
                                         // .//  / ,l .i  、  ` 、 、  `、 ` 、ヽ    `、.i
                                  /.// ,'.i.i ,',' i.'、'、  ヽ、  ヽ`、 `、 `、`、   `i
                                      l l .,' i.i l l l  `、ヽ、 ヽ\ ヽ`、、 `、 i `、   l
                                   リl.l .lll l .lー―- 、_、ヽ i-‐ヽ、_i"ヽi  i i ト ゝ、 l
           やる夫か ネリーか                    リリ'、 .i l.`〈、示シ、  `リ.'.ヘ之示> リト、il l、 、ヽ` 、
           どっちか一人が残ってないと不味いもんね。   /ノ`、\ `.`ー´      ´ ̄`´   i l l `、.`、`、 ゝ
                                           //   i i:|     ノ      u. ,ノ ll l  l.i iヽi
           私一人じゃ、まとめ切れないし。        リ.l   ll.l人   丶       /| ll l }ノ l
                                     レi i  lll l ゝ    _       / l リ .,' /' /
                                             / }.// (ヽ l ヽ      /   l   {_{
                                            / リ|` ー <_,. ‐ .', 、 _ -.7
                                         ,.r.'" .l  l        i!   .7/
                                     _   `、   l_,,ノ       i!   /.〈_
                                 ‐ ''""´   > `、  .l          i!  .//  `"'' -,
                                             /   `、 l        .i! /       /


28 :◆vsQyY1yD2Q

                                 |
                                   \  __  /
                                   _ (m) _
                                      |ミ|
                              /  `´  \
                             ____. __
                              ,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
                            /::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
                         /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
                           {::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
                          i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
                        ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
                        /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i
                           i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
                           ゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i
                         i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i
                      ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'
                       ∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::|          l:::::  i:;' ;;, ゙i
                   _、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}:::: i:::;' ;;i'`
               ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\
                   ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
                      '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
                        ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、


29 :◆vsQyY1yD2Q
;..;;;.;; ,/;:;;;;../;;;//;;:;;;;rnヾヾi:l:|/;/;;,;;:;:;;;:;;;.;;;;ヾ;;;.;ヽハ;;; :ヽ
.;;;;;.../;; ;;;; /;;,'/;//;;'          ゙ヾ;;;;;;ヾ;;;;;;l |;;; ;;;ハ
;;;; ,/;;; ;;; ,';;;;..i.!;| |;;!            ヾ;;;l ;;;;.i::l;;;i、;;;.;}
;;; ,';;;;; ;;;;;l;;;;;;..l.l;| l;;|  _____    リノ!;;;;;i!.,!;; i、; {
;;; l_,,ェ=-キ;;;;;..l'||¨|;| ̄ _____  ̄"7/,';;;;;;リ,l.;;; ハ .:ヽ
;;; !_,,,ェ=-f;;;;;; l;|l|¨リ ̄          ̄"7〃;;〃;;.l、i;:.::ヾ;;;i
;;; l;;; ;;;;;; !;;;;;;;l,';' ,i'     .       |l{;;;;〃l:: :l、!: :.ヾ!
;; {;;.;;;;;.. ,';;;;;;//,/  _....,,,;;;   ;,..._  {l l;;;l;l l;;; i| ゙!.;.;.: ;.ハ
;; .!;;;;;;;;;;;/;;;;//:_:::::;;;;;;;;;:::;;;;;,,,  ,;;;;:::_:::`:ヾヾ{;;l l!; ;.:.;;;;. ; ;l
;.; };;;;;;;;;:::::;;〃¨ー'' ̄ヽ;;;;;;;;;ゞ 〈;〃¨ー'' ̄ヽ::;;;;l;;;, :: ::.:;;; ;.; ,!
; /;;;;: ::;;;;;/;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;::.. ;:  l::;;;;;;; ̄ ̄:;;;;;;;;;!;;;;;,.; ,.:;.' ;.;,'    そこまで難しく考える必要はなかろう。
.;.;';;;;;;;;;;;/'''''''""""´´  ::...   l       :::l;;;;;;;;,;.:;.; .;.,'
;;'.,;;;;;;〃              i   l.       :l;;;;;;;;.;.;.;.. ;.|       シャーマン族は もう攻めてこないし
;; ;;;;;;;l            ,  , ヘ ノヽ         l;;;;;;;.; ;.;.; 八     スー族も 長が抑えてくれている。
; ;;;;;;;;;!,,;;:   ,,,...    ゝ 〃 / ソ       ,!;;;;'',',;.;;,:,;' .ハ    首狩り族も 先日のように攻めてくる力はあるまい。
;;;;;;; ;;;l;;:::::'  '' ,,      ''::;;;;;;;;:''         ,!;;;;, ';''':.: ; ; ;!
;;;;;; ;;;;;!;;:'     ゝ、,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ,    ,!;;;;;;;,.: ;;.; ;.: ; ;!    あるとすれば、散発的なモンスターの襲撃ぐらいだ。
;;;; ;;;;;;;l;;        ̄ ̄ ̄¨ ̄ ̄""    /;;;;;;;;;; ,;;.; ;: ; ,'
;; ;;.;;;;;;;l::       :::::;リリリ77リリリ:      /;;;;;;;;;;.; ;; ;.;;.;./
;.;;.;;;;;;;;ハ: :.    .:.::::::::::;;;リ'''    :.:.:.:.:..  /;;;;;;;;;; ;;; ; ;; ;/
.;.;;;;;;;;;l:.:ハ: :.:...   :.:.:.: .:        :.:.  ,';;;;;;;;;;;.: : :.;;;.イ
;;;;;;;;;;;;;!:.:.:ヽ、:.:.:..    :         ,';;;;;;;; ,,;,;,; ,;;; .!
;; ;;;;;;;;;l:.:.:.:::::`ヾ、:..         ......   ,';;;;;; ;;;;;; : : :: .::l
;.;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:::::.:.:.:.:`ヽ、 ....:::::::::::::::::::::.../;;;;;;;;,;;;;;: ::; ; :.: : |
.;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.`ー-=≡三≡=‐':ノ;;;;;;;;;;;; : :; :: : :.;;.|
彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;::''_,;彡;;;;;; ;;;;;; ,.;;.;; ;.;.;; |


30 :◆vsQyY1yD2Q
  ,. - ─ =  _ ,  .彡ヽ、ヽ、ノ ノノ リ  l´ ,/´ }ミヽ.
  , ニ ─ ' ´         ,ゝ、`'メ、_  , ,! /l,,.,,ノヾ,!;:i
          _  彡     _,, イ 彡''`シ ミノ,、ノ〃 i "ツノミリゝ
     _ ,.  -─ '"     ─ ' 三 彡  ゙メ  メノ  リ了'
       -‐ ´ ̄    三 ─ '  ´;;;;彡,彡ヘ`ジ ノ
         , =' _三  ,. ー ' _,,.:;;;;彡iぐ;,  ,'',/,ノ
      ニ -‐ ´  ´ ̄   ,ノ'"  ゙ヾミヽ゚ゞミッ /"    その間、ここを守るだけなら
    _  -‐   _  彡 ´ ,/: : :      ゙゙ミ'' 厂      俺様……いや、られっか夫にも出来る。
           ´     ,.ィ"     ..   ,r丶゙/`ヽ、
      _, ニ ‐ ' ,.イ         l.、  .!:ヽ ,!   ヽ.    その分、聖地奪還に力を注ぐべきだと思わんか?
      ´     ,,ィ´.:.::l:      .:.:.\.ソ ̄:: : : :. . . .ハ
       / .:: ::ハ.      ゙''ッ-':.:.:.:.:. : : : : : : : : ハ
    ,,ィ ,〃 .:  .:.:.:∧.      ,'.:.:.::.: : : :        i.
  // /,' .:.:  ..:.:.:.:.:,入   .: / : : :.          i
 ,ヘ { / i .:. : :.:.:. ,/.;: `:ー "  : : :.           l
;;' ヾ ゞ、ヽ: .:.: .:,,イ/ ;:   :.: : :.: .:.: :.:.           7
ゝ-' ヾ、 `:.: ..:.:.: / ,';  .:.:.: .:  :.:. :.:.          /



        |
     / ̄ ̄\
    /  u  ノ \
    |        ・  |
    .|    @ (__人_)   えっ? オイラでやんすか!?
    | .u    ` ⌒ノ
     |        }
     ヽ u      }
      ヽ     ノ
     ノ     \
    /´        ヽ


31 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    ___
                       ルーラで運べる人数には限度があるから     /)/ノ ' ヽ、\
                       出来るだけ強い人を連れて行きたいお。   ./ .イ '(●)  .(●)\
                                                  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                       られっか夫、やれそうかお?         | ≧シ'    `⌒´      .|
                                              \ ヽ           ,/



     |
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |      ・   ・
. | u @ (__人__)   お飾り的な まとめ役ぐらいなら なんとか……?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     後は、ジャギとアミバの助けがあれば
.  ヽ        }.    何とかなるかも……。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


32 :◆vsQyY1yD2Q

                        _,. -,.-‐z-、
                     ,.r::´:.:./:,.r:´::.:,イ,'-、
                  /::/::/:/:.:.,.<::::l',ィ i
              /r':::/:::/::,rr兮、  `'.、l.{、
                 /:::/,r'{::.(,-`、"  .ャf.〉iヽ}
              {::.//::.ィ.`ー.'.):ノ ._ , '.}:',`、ヽ    決まりだな!
              〉':/{:.:.l::.::.::.iヽ ´ 〈´./,.'::::::',j:ノ
           ., -‐{::.`、:ゝ:、:ー-.`、,、 _/:::::::/)     やる夫、私も聖地奪還に参加させてもらうぞ!
        __ ノ-‐//`, ,、::.::.::.:`::..i、',  )//
     ../´/////////////`ヽ、::.::.:.ヽ´―-‐、-、
      .i////////////////!  `):.:.ノ、_, >、 ,-.);',
      .レ⌒ヽ//////////,{::`-'´_/‐"='ー'、'ー'.、
   .//////}'//////,、/// ̄/( @===e. ', "'''ヽ
  //////,//////,/ ヽ////ゝ` ー - 、  .,' @-ハ
<////// .`ー - -'     ヽ///////////ノ ,' ,r- 、ノ
..',/////',            ヽ///,i´,r、_   l ゝ'//`,
 ',////,、、                ',//,ゝ~ ̄"'@..l n,_l'/ノ
. .',///', `、           i//////` 、 .l ~ノi´
  `、//',.`k`、              l//i´,、ー - ) .l ('/l',l
   .`、/,',. `、`、           i'/,ゝU=- _,、..l ,_.`l/!
     `、/`、 `、\        ,'////` 、 `' l. ''"7/',
        `、/ヽ ヽ\    /,'//////// ll l´/l//',
                                                             (ヽ三/) ))
                                                   ___( i)))
                                                        /⌒  ⌒\ \
                                                /(.●)  (●.)\ )
                                頼りにしてるお、コーネリアさん!  / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                                       |   (⌒)|r┬-|     |
                                                    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                                                    | | | |  __ヽ、   ./
                                                    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                              `ー---‐一' ̄


33 :◆vsQyY1yD2Q
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| | ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||| ||||||||||||||||||||        ||||        |||||||||||||||||||||| |||||
||||| |||||||||||||||||                    |||||||||||||||||| ||||
||||_|||||||||||||                        |||||||||||||_||||
|||| ||||||||||──────────────────||||||||| ||||
||||_|||||||             ○             _||||||_||||||
|||| |||||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |||||| ||||||
||||| |||||                            |||| |||||||
|||||| |||                            ||  |||||||
||||||  ||_________|     ||________|_|||||||
||||||:::::::;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::|     | |::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::|||||||
|||||::::::::::/   ●   \:::|    |:::/   ●   \::::::::::|||||||    ( ククク……楽して功績を手に入れる!
|||::::::::;;;;;;;──────;;;;;;;;|    |;;;;;;──────;;;;;;;;;;:::::||||||
|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,   ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::||||||      まさに計算通り……ッ!!
;;;               ;;    ;;;;;;;;;;::::::::        ;;;;;;;;;;;|||||
;;                    ;;;;             ;;;;;;|||||      いずれは、この部隊を掌握し ――― )
|                    ;;              ;;;;;|||||
||              ,,-     ;;;;;             ;;||||||
|||              |    ;:   |             ;|||||
||||              \,,::,,,;;;,,,,/             ||||||
||| |               ''';;;;;;'''                | ||||
|| |          |_____|;;;______|       | | |||
||  |         |;;|              |;;|       | | ||
.|  |        .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|       | | |
| |  |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |  |  |



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   ( ま〜た、何か企んでやがるな )
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


34 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 やれ、ケンシロウ。 >
                                                          ワン! >
                                                        あべしっ! >



.    /  /::::/   /:.:.:.:.:\:.ヽ\t 冫
   /   {:/   /:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ヽ:}:.:.:.く
   {   '   /:..:.:.:.:.\:.:.:',:.:.}:}ハ:.:.:.:\
  /   ,. く:.\:.、:\:ヽ:.ヽl:.ル' , i:.:ヽヽヘ
¨´    /,ィッ`ー-`ヽい:}:.:ル'/〈.Yl:.小:ぃ
   , イ:.:,レ'´        `⌒′ハゝ; i:/:i:!i:}
-‐'´|:.:.i:.:.:| ,.-‐_,_       {ソノ, !:.:川'     私は、お留守番しています。
:.:い:.!:.:.i:.Uvイ´;,.ぃ ヽ      ` ^ ∨:.ヘ
:.::.;.:i::!:.:.:.l:|_,い:.ンヶ j    ヽ    ',:.:.:.\.    スー族との折衝は任せてください。
:.:.:ヽ:..!:.:.:.il ^ヾニ´- '      '     ハ:.、:.:.ヽ
:.:.:.:.:\:.:.:.:l           ,.ィ  /:_:.:.、:\:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:\:.',      _,,.. -‐'´ / /::.ヘ ̄`ヽ:\:、\
、\:.:.:.:.:.:.:.ヾ、     ` ー-‐'´ '/:.:.:.:.:l / /ヘ:.:.\:.:\
、::ヽ丶:.:.:.‐-、:`ヽ _____,,.. 、-‐:':.:.:.:.:.:.l / l  }:.:}ヽ\:ヘ
ヽこ_ー-=ニ ::≧_;;ヽ二ニニ;¨¨~`:.:.:.:.:.:.| ,小 l ノイ \ jハ}
 ハ  ̄ …―--- .__  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l ! ヽ}     \
/ {`ー- ..__      ヽ \―- :.__| l  !  l ,      \
  ヽ     ̄  ‐-  _`ー`ー-' !    / |        \



    ,' ⌒ハヽ、,_r - −¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
   ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
  i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
  ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
 /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
 {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
  )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
      l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
      レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y       私は、やる夫に付いて行くわよ。
       |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/
       !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|           アイビスと、イングリッドも参加するとして ―――
        l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
      :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
     :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
     /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
     /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ


35 :◆vsQyY1yD2Q

  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|r ̄ ̄    ' ̄r::ノl:ノ ヽ
ハ: :,/ l : : !ヘ:γ|∨:| =≡≡  ≡≡l |/    ゝ  ――― なんで この子、一緒に戻って来てるの?
丿/  l,: : /ヽ乂', ^|U     `   ',!
: /   i.,':::::/lハ .、', |     _   _,ノ|
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´|
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/( /   ',`ヽ、ト'/レ'/   |


                                            /⌒    ,.  ---- _..
                                     { ゝ__,. ' ´           `
                                    ゝ   ,. --、/ヽ     ,ヘ      ヽ、
                           ━┓    , '===ニ二二二(○)二二二二ニ===、
                           ┏┛  /  / //     l  l ヽ}   ∨  i     ヽ
                                   ・  ./ イ  / /,.-==ミ、. V  x==-ヽ  !     i
                                 ///  | 〃〃⌒ヽ     〃⌒ヽ `Y      i.
                             /.  /   i/{{ {    }       {     } }|     i
                                     /   }.  弋__ノ       弋_ノ  /1     i.
                                     / /!  i  _           _    !      !
                               // l.  リ |  |           |  |   | |   i
                                 i/   ! 人. ヽ/           ヽ/ ,. -'! ! ,ヘ_ゝ
                                 l   |∧ 个 、_   「 ̄ ̄ ̄ ̄!,.. ィ´∨j !/ /
                                       l  ∨   ∨ ̄C‐ァ--‐イ、    i/|ノ


36 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                       第49話 「決戦、第三ムー高炉」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第48話へ 1    第50話へ

この記事へのコメント
ケンシロウは賢いねぇ……w
Posted by at 2011年04月26日 00:16
もうサン、嫁入りしたかのようだねえ
……もげればいいのに。
Posted by at 2011年04月26日 01:57
 ゴッツォ…シャーマン族の血の拡散を
考えてやがるww
Posted by at 2011年04月26日 03:11
ケンシロウ、ナイスだw
しかし、やる夫の最大の武器は「親切と誠意」じゃないかと最近思えて来たw
Posted by at 2011年04月26日 05:08
やる夫なんかフェロモンとか出しまくってるんじゃね
Posted by at 2011年04月26日 06:06
サンの可愛さは安定してるなぁ・・・
Posted by at 2011年04月27日 13:39
さすがは、オバカサン。
バカガリのライバル出現だな。
Posted by at 2011年04月27日 15:08

オバカサンでコーヒー吹いた
バカガリもそうだが、考えた奴はすげえなw
Posted by at 2011年05月01日 01:42
これがうまくいけば、当面の争いはさけることが出来る、と。
スー族の協力者としては十分すぎるくらい貢献してますね。
しかし、スー大陸の方は問題が山積みですね。
スー族とシャーマン族が協力して解決できればいいのですが。
Posted by とあるA at 2011年05月07日 22:43
確かにサンはもう嫁のようなものだなw
Posted by at 2011年05月13日 04:37
アミバ優秀だなぁ られっか夫も仲間に恵まれてる
Posted by at 2011年05月13日 18:26
優秀だけどいつか自爆しそうで怖いw
Posted by at 2011年08月02日 14:30
オバカサン吹いたw
バカガリーナに続いてネーミングセンスが神だなw
Posted by at 2011年08月13日 13:49
アミバの優秀さとジャギの人の良さがたまらんwww
Posted by at 2011年09月17日 16:22
↑×3
まあジャギが突っ込みいれてるうちは大丈夫でしょう・・・多分
Posted by at 2011年10月16日 13:13
まさか、られっか夫PTがこんなにも良い味を出すPTになるとは、
初登場時には夢にも思わんかったなぁw
Posted by at 2012年02月27日 20:31
ふむ、かなりの額や労力、時間を投資してるっちゃあしてるんだよな、確かに。

しかし長い目で見ればスーはともかくシャーマンとの誼=ミスリル銀の取引独占って考えるとすげぇ利益になるんじゃ?
いく夫がしてるのはあくまで開拓地のハッテンであって、スーとシャーマンのいざこざには関わってないわけだし。
Posted by at 2012年03月14日 13:15
ちゃっかりいく夫を通さずに直接ミスリル銀の調達交渉をこなしている辺り抜け目ないなw
そしておばかさんか、またうまいことをw
Posted by at 2012年03月21日 23:12
35のサンが「ゆゆ式」のゆずこにそっくりなんだけどw
どんどんへちょキャラ化していくなあ
元の映画からは想像もつかない懐き具合だw
Posted by at 2012年06月16日 22:33
シャーマン系のモンスターが出るランシール・サマンオサ・テドンで魔法の鎧が売っているのに、スーだけは違う。ここは他と違って対立しているとすれば納得です
最近ゲームと比較してみるのがすごく楽しい
Posted by at 2012年08月10日 14:46
>上から四番目
正しい商人は相手を儲けさせて自分はもっと大儲けだし
Posted by at 2012年09月09日 10:19
ジャギが物凄いまともな人間に見えてくるw
Posted by at 2013年07月10日 09:12
やる夫スレに出てくるジャギは大抵良い人で有能なのが多いなw
Posted by at 2014年01月12日 02:44
ゴッツオさん、サンを嫁がせる気マンマンですなw

まぁ、これから進出するだろう見学商会との衝突回避も兼ねて
ハーレム入りさせておいたほうがシャーマン族にとっても好都合だろうなぁw
Posted by at 2016年10月17日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44543244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ