■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年05月02日

第3話「はじめてのデビルサマナー」(4)

第2話へ    4 第4話へ

98 :◆vsQyY1yD2Q

                 /{⌒ヽノ)       ./{⌒ヽノ)       ./{⌒ヽノ)
                 l_彡}.0 _l´         l_彡}.0 _l´         l_彡}.0 _l´
                 lnj冊 l          .lnj冊 l          .lnj冊 l
                , -'" v =-‐i      ., -'" v =-‐i      ., -'" v =-‐i
                 }:.i{{,nl ljミノ:.{}       }:.i{{,nl ljミノ:.{}       }:.i{{,nl ljミノ:.{}
               j::.i{j {j ,{¨}:. }{      j::.i{j {j ,{¨}:. }{      j::.i{j {j ,{¨}:. }{
              ,ニlj7lj-‐{j.,} {_.匁=、  ,ニlj7lj-‐.{j.,} {_.匁=、  ,ニlj7lj-‐.{j.,} {_.匁=、
              'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´   'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´   'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´





 |___
 |   \
 |  ,ノ  \       な、なんだお、あのドロドロのヤツは
 | ( ●)u \
 |人__)    |   あれも悪魔なのかお?
 |⌒´    /
(⌒ー─' )



                   『外道 スライム』 です。

                   悪魔は、この世界に実体化する際に
                   空気中のMAGを使用して肉体を構成しますが

      ____      その際に十分なMAGが使えないと実体化に失敗し
    {三三三三}ヽ    あのようなゲル状の姿になってしまいます。
   /:{三,イ从{_}i:ト
    l: 从i几)  }ノ从    とピクシーは哀れみの目で見ながら説明します。
    |八ト|       人


99 :◆vsQyY1yD2Q

      __-------__
    /":::::::::::::::::::::::::::"''-;_
   ,-"___:::::::::::::::__ ヘ
  /:::::| ,,...., "''''''''""..::::.. |:::::::;
  |:::::::/::;:::::::;;;:., l l ,,;;;:::::;;;::ヘ:::::;;
  |:::::/'';;;;;;:::::;''''' '''';;;;;;;;:::;;:; .|::::|
  |::::|  """ ..;;;:::::;;;;; "" u |::/    ホラー映画に出てきそうなヤツだな……。
  ソ |  u   "''''''"     |/ l
  ||( |  ,-─     ─--、 |)) |    あの悪魔は強いのか?
  \ |     """"     | /
    |\         /|
    |  `''───-'''"  |
  /ヘ          / /\



                                                        ___
                                                     ,. .: ´.::.::.::.::.::.::.:ヽ
                                                  _/.::.::.:_:.、::.<:.:::::.::.::.:、
                                                  {二}| ̄ ̄||::.:ヽ: ::`.:::.::.::.::.|
                                                  {三}|   E|ト--i::.::.::.::.::.::.:::.|
                                                〉‐亠┬<ー‐┤::.::.::.::.::.::.::|
                                                 |i.::l|.::/   ミ、::.!::.::.::.::.::.::.::.|
                       実体化に失敗している訳ですから     l'∨!::|TT  ミ,r|::.::.::.::.::.::.::|
                       その力は推して知るべし。              `ゝ!∪   ' f|::.::.::.::.::.:.:;′
                                                   (  _     ー|::.::.::.::/::/
                       とピクシーは遠回しに弱いと答えます。     ` ー‐┐__|.::.::.::.i::/!
                                                          ,r'´ __|:|!::.::.l/.:|
                                                       / / ノハ::.人 |
                                                          j//`ヽ  }'   `
                                                       /`Y, ⌒ 、〉,'|
                                                   /  .|     | l |


100 :◆vsQyY1yD2Q
    / : : : : :/: : : : : : {: : : :/ |: : :|     |: : : l |: : : : :/: : : : : : :|: : |
  / : : : : : l: : : : : : /ヘ: : :| |: : :|     |: : :/ |: : : :/ !: : : : : : :!: : :、
 / : : : : : : : :|: : : : : ;'  ',:`ト、 V: : :!      |: :/ /: / |: : : : : : :|: : : :\
 {: : : : : : : :/|: : : : :|  _」〈_\: : |     |:// j:∠_   |: : : : : : :|: : : : : : ヽ
  \: : : : : | |: : : :.ヽ|//  `',\ヾ:!     ノ' //   ハ\ノ: : : : :|: : : : : : :/      私は、春ちゃんと いっしょに
   }: : : : :N: : : : : :| 爪 _,ノハ          爪 _,ノハ|: : : : : :!:_: : : : :/.       何度か戦った事あるから
.  /: : :/⌒\: : : | {川/ハ、_)|         {川/ハ、_)l | : : : : : :| |: : : :{
/: : :/      Y´ ̄`V::{_ノ::::/            Vノ::{_ノ::::/|: : : : : :! l: : : :丶 _,ノ}.   ここは先輩として
: : : /   __ |    |‐--‐'      l       ` ‐--‐'  | : : : : : :|  : : : : : : : : : ノ    リードしちゃうよ!
: : /  /     `V   |        リ          / / | : : : : : :|  ヽ: : :丶-='一ァ
: / /        {   |      r‐- -‐、        /| : : : : : :|    \: : : :_:_ノ.   ほら、行くよ やる夫!
:{        /⌒\_ノ 、                ィ/, ': : : : : : :!      |: :\
八      /     / `ヽ> .. _      _ ..  <//: : : : : : /       |: : : :}
 ∧   /     /    |\\ \  ̄ ̄ /  //: : : : : : / \    \/
 l/∧       /     /::::::\\ 〉   / //: : : : : : :xく 〉   \__ \
 |//∧       /    /:::::::::::::::\\〉 ///:\: : : : : : : : : \       \ |



                    ____
                  /      \
                 /   \    /
      分かったお! ./    ( ●)  (●)'、 ,,_____,,,、
               |         (__人__)  y"_//___イニニニfi
                \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´
                /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´
                〈    _...;::::──,"i ̄´イ
                 i  ´ ̄       /、. ̄,/
                |           |   ̄


101 :◆vsQyY1yD2Q
    ,,,,.,,,,,,,..,,,,,,,,,,,,,,,,..,...,..
 ;;""'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:""''''ヽ
;".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:"゙';;
.:.:.:.:.:     .:.::.:.:.:          .:";
.:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:;`""'''''-,,,、 .:.:.:.:.:.:.:   ;"
.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.::     ,  ゙゙''-;..:.:.,-;'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.; ,; '''"´.:.:\      |、
,,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  "'''""\.:.:.:\   /.:.ゝ
\\  /     ,, ─--\ .:.:\|/∠/
`ゝ ≡       ----'-- ' "''''' /'-/
..\                   \   やる夫、銃は扱えるのか?
..` '               ..--  /|
/~ |              `' - "  |
   ヽ                  |
\  \          -── ─/
   "ヽ "' 、           = /
丶     "''' 二;;____       /
 \         ""'/ --┌-┘



                                              _∩
                                             / 〉〉〉
                                             {  ⊂〉     ____
                                                    |   |    /⌒   ⌒\
                     木山先生の家の地下に射撃場があったから  |   |  /(●)  (●) \
                                                    |   |/   (__人_)   \
                     マリューさんに教えてもらいながら         ヽ   |      |.r┬‐|       |
                     何発か撃ってみたお!                 \.\     `ー ´    ,/
                                                       \       __ ヽ
                                                  ヽ      (____/


                                                          -――‐- .
                                                         /. : : : : : : : : : : :
                                                        /: : : : : : :/ヽ: : : : : :
                                                    /: :/: :/l: :/  |: : :/: :
                             あたしも いっしょに練習したよ。  /: :/l: :ィ T.:l   | : /: :
                                                        /: :/ ヽj ヽl  ノイ:/
                             最初は、一発撃つと        ': : '          ´
                             ひっくり返ってたよねー。      l: : :| ○
                                             r‐:|: : :| ' '       ○
                                           /し': : |: : :|   r      ' '
                                          八: : : ノ.: : :|ゝ.   ̄`ー┘


102 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □ | □ | □ |                              | □ | □ | □ |
__|__|__|                              |__|__|__|
 □ | □ | □ |   / ̄\     / ̄\     / ̄\     | □ | □ | □ |
__|__|__|    |     |.    |     |.     |     |     .|__|__|__|
 □ | □ | □ |   \  /     \  /     \  /     | □ | □ | □ |
__|__|__|   /  \     /  \     /  \     |__|__|__|
 □ | □ | □ |   |     |.     |     |    |     |      | □ | □ | □ |
__|__|__|   |_ _|.     |_ _|    |_ _|      |__|__|__|
==================================
    | |    | |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |    | |    | |
    | |    | |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |≡≡| |    | |    | |
__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |__| |



           _....:.:.:ニ´:.---:.:.:.、:.:.:.:.:.:ヽ_
         /´.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:::.:.:.:..ヽ
        /:.:  .:.:.:. .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::>:.:.:.:.:.:.'ヽ
       ノ/:.:.:.  .:.:. .: . .: .:.:.:.:::::::::7:.:.:.:. :.:.:.':'.
     ー'ラ':.:.:.:.:.:.:.:.:.: :. :.:.:.::.:./ ̄ ̄ヽ:.:. :. :.:.::::i!
        〃:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.j、:.:::.::{     {:.:.:.::.::::::::i!
        {ハ:.:{.:.{:.:.::.:A.:{从::::::{!   , --ヽ!.:::::::::::!   元々は、防具の強度をテストをするための部屋だったけど
       ヽ!:::ト、:::if〒テト丶、  ´f_テト}i:::::::/|
        iヽ!:::丶┴‐┘  :::: ┴‐┴j彡'::i::::!    隣に春生が引っ越して来てから、彼女の事情を知って
        | :.!:.:::::!      !:::::   ´.|:.:.::::!:::!
        i :.|:.:.:::ハ.    、 ,    .イ:.:.:.::l:::|.   春生をサポートするために、隠し階段で家を繋げて
        !: :! :.::::::::fr.、       イ!:::!:. :.:.:!:::'.   地下工房の一部を、トレーニング用に改造したのよ。
         ノ:.:.i:. :.::::ノ! `¨丶 _ .イ  .ト、i:. :.::::!::、'.
       〃.:::j:.:.:.::::!. ∨   !:!   ./ .j.:.:::::::!::::iヽ、
      /{:._:j:.:.:.::.:::! ィ ∨  .!:!   /  /イ:.:::::::'::ノ
   , ‐ "´  {:!:.:::::{:レ'|  ヽ、.!l ./ /`ー!:.:::::::j:!_ ` ー- .、
..r '´    <´.`ヽノ{トヽ   ヽ/   `Y.:.::/ハ `丶   `丶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


103 :◆vsQyY1yD2Q
           : : :/ : /l:::i´             `i:\ : : \
          / : /: : /::L:r────────‐‐l: : ::ヽ: : : \
         /: : /: : /::__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V: :ヽi: : : : : \ _
          /: : /: : : |::::::::::::::::::::::::::::; ─ 、:::::::::::::::::::::: V:: :!: : : : : : : : : : : : :`丶
           : : /: : :/└─‐‐.ァ‐┬' l: : / l:>┬‐─‐、┴ :|: : : : : : : : : : : : : : : : \
        |/ |: : /: : |: : /|: :/|:/ l: / l:..//  / ∨  :j: : : : : : : : : : : \: :\ ̄
           .|: :'|: : |: 7 :|:/`丶、 l/   !://ィfアzィ卞、}/⌒; : : : : \ : : : : : \_ \
        .  |/│: /|ハ  ィfアzィ卞、     弋辷ク     / : : : : : : :\ : : : : : ヽ⌒   物理攻撃も
          /l/! / :|:∧ 弋辷ク             _人 : \: : : : : :\ : : : : : '.     普通に効果がありますが
        /: : :l/|: 八  |       j         /´: : : 丶 : \: : : : : :\ : : : :!
          /: :/ : : |/ : \|ハ                 : : : : : : : : : : : :\ : : : : :∨\|.    魔法攻撃が特に効果的です。
       ///: : / .    || ̄`ヽ、 ∠ ヽ     イ : : : : : : :ノ: : : :i : :\: :│
         |: :/   .  ||    \      /ト、 : : : : : : : : : : 八: :\\       とピクシーはアドバイスします。
         |〃  /  . |||      \‐-  '´ │∨: : : :/l/|/}/  \∧
          !  ,′   .|||  キラッ!  }\_  /  \/ / /:/
         /| /    ‖‖    / │   ><     ト、__
       ──==ニニ三三   三三ニニ==── | \  │   l∧⌒\
     /    / ヽ .  ‖‖_人   \人  L. \_ノ   l ∧ /∧
    /     〈  :ハ.    ||| {  /\    )  │  | | `ヽ|│∨  ヽ、
   {      ヽ  `{    ||| :} / /`ーr‐ヘ \  L  | |   \ │   `⌒\
           \     ||  ∨ /|  │   \\. } | |      ∨        >──――-
     \、       ヽ    ||   } / !  /    \\}| |     ∨                \
       \ー――――ヘ |弋__ノ/ /  /         \i| |        ∨                   \
        \       . |\  } / /          ∨     r‐┐',        / ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄}
          丶、      ー' /  /               〔[::]〕|        /         \



  , -− −- 、
/: : : : : : : : : : : 丶
: : : : : : : : :./: : : : :.\
: : : : : : :/ :/: : : : : : :\
: : : : : /: : :/: /: : /:.:l/l: :l
: : : : /: : :/: /l: :/|∠|, |: :|
: : : /: : :/\l ヽl/ ィ:(` 八:|
: : /: : :/    '' {ヒノ /レノ
: : |: : : |.   /l>、  〈        つまりは、あたしの出番だね!
: : | : : :|  /   \ (、_
: : | : : :|  ,'   /⌒´. : : :)     氷結魔法 ブフ行っちゃうよーっ!!
⌒ヽ: : :\{_/: : : : : : :.∠、
^ヘ.ノ: : : : \-、: : : : : : : :(_,ノ}
⌒V /⌒ヽ:.く  〉: : :_:/`ヽノ
nく.:/    }):.しl_): :く_{/  |
⌒V   /{:_:ノl \:r人_ノ
⌒^、 /     |、 (入__ノ_)
   ',ヽ     | \ ‘⌒7´
\_ノ 〉    \  ̄
,ノ{  /      \
  ヽ┘           \


104 :◆vsQyY1yD2Q

                    ____
                  /      \  パンッ パンッ パンッ  l,
     やる夫達は     /   _ノ    ヽ          ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
               /    ( ●)  (●)'、 ,,_____,,,、,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
     銃を撃つしか   |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ,;:''  −―‐    −―=== ‐
     出来ないお。.  \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´ ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
                /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´     ,' ':.:、,、‐-  _
                〈    _...;::::──,"i ̄´イ
                 i  ´ ̄       /、. ̄,/
                |           |   ̄



         _--""""""''ゝ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::"'l
       /::::::::l"=、- __ -"l::::|
       |:::::/'_\ヘ . /__`/
       (( |l ー-' "' '"'--|)   来海達みたいに魔法は使えんし
     _-"lゝ┐.u  -=="  |'   ナイフで斬り掛かるのも危険だからな。
   / ̄ ̄\\ と二 っ /
  /    \ "l \ ___"/     やる夫、悪魔が近付けないように牽制するぞ。
//    \ \)l  \/| | ゝ
 |      \ \/ .) / )
\| |      \ / > // /
 \ |       \ /// ゝ
    |        /// - <


105 :◆vsQyY1yD2Q
      / | \  ; / /.|  |/    ; / | \
     / / | |  ;| | .|  |     ;/ / | |
     | |  \\ ;.\\/\/\  ;| |  \\
     \\  / /:  /\/\/\\ ;\\  / /
       \\/ / ; / /|  |  //;  \\/ /
        \| |  ; \\  | //  ;   \| |
        ο..| |\;  \\|./   ;    //\
         //\;  /| \\   ;  // \ \
         | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //
         | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //
           ./\\; // .|/   ; \\ // ズコーン!!
        //  | ; | |  |    ;  / /| |
         | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /
        \\/ ;  /\\   ;    /\\
          \/ ,;; / // /  ;   /// /
     ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○
   。  \   . | ||/| || // ; // ///
 ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○.   ヾ     i|! ∧    ::o::: il  /|   //
  。 从乂从从 と|゚U;;;と_;;;_つ人/ 。从从从/ ○   ...:*::   ∨ ./\.  l>  |/
 O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。    <l    +     |:l | |   il| ,、 ::::*::::
                                      liー、  ∧ /゙、.:| |    //   凵@ ,,,.-‐'''゙
                                  ::+::  ゙、ヾ、 |i /∧ 、 ./〉/ /  __    _
                                        ヽ ゙/ヽ| | | |//'゙ // ./´./  _∠/-‐''''´
                                     l\:|\丶゙. ゙| l l |/ :/:// /_
                                  *: \、ヽ 、ベ..::i i i ! /::/'´ ./ ̄ /  ::::o::::   :::::::
                                   __,\ \ ゙.<´..:::..\../ / ;:ィ´ く>   −−−
                                   `>  \ヽ\ .......::::::::::::.....,三三三> --------
                                    `´⌒ヽ/\_  /ヽ、/ヽィー'´
                                            <<>    ,、    <フ    ,、  ./ 7 / 7 / 7
                                     /7 ヽヽ   <二、ニ>     / /  /_/ /_/ /_/
                                 //   ヽヽ  <二、 ニ>  <二_/  <> <> <>
                                              `┘


106 :◆vsQyY1yD2Q
                                         /    }. -―――- 、
                                      /    /: : : : : : : : : : : : : :\
                                              /    〃 : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: ヽ
                                    _,/ ,ヘ  /l:/: l: : : : /\: : :} : : : : l: : l
                                   /ハ /! l ∨: : |: ∧:{  }/l: :/: : :|: : |
                                         / l  | レ'|  |: : /V \,     l/ |: : :|: : |
                                          | し|  |  |: : | _\    / |: : :ト、:丶-- 、
                    あっさり しょーりっ!   | _   .  '、 |: // | 、_  _,´ ̄ |: : :|_ノ : : : : : )
                                          / ハ. l   ヽ./ { / | 厂| ___/: : /: : : : : : : (_ ノ}
                                          || l \   \  |>V  ///: : :/´ ̄ハ: : : :ーく
                                          |  '、  ヽ   ヽ{ : : `T´ /: : :/    / 〉: : :、: : :l
                                         ヽ_  \  \   |:_:/´ ̄ ̄     / /: : : :ノ\j
                                   {( \ \     | \       / /: : :/


            _____
           // ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ト、     外道 スライムは
             /ト一ァ:::::::ァー、:┤'.    実体化も出来ていない ザコ中のザコ。
         /イ::{::j/::ノj/⌒ ミ:!│
            j:/!r代::ナ  T::メ ハ|::|    当然の結果です。
           リ.|:∧      /イ:小
            ル:个 、`’_.イ:厶八ゝ  と言いつつ、ピクシーは こっそり胸を張ります。
          _r<∧ \` / |::ノ>、
         /ヽ__ ゝ__爪__ノ : : /∧


107 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
          /      \
         /   _ノ   ヽ \
       /    (―)  (―) \     ふー……。
       |       (__人__)    |
        \      ` ⌒´   ,/      何発か銃を撃っただけだけど
        /⌒ヽ         ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i.   くたくただお……。
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ
.                                              :::=========:: 、
                                            /:::=========:: /|
                                                  /:::=========:: /::|
                                                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|\
                                                 /」;:::-―――――――-:::」:∧. ヽ
                                                 { / : {-‐/{‐- /: /-/―‐-ミ:.\}. . }
                     腕が疲れましたか?               }.{ : /:V=ミ://x===ミ、 ミ: : : . .{
                                                 {.∨: :{、 |:::::|     |::::::::|ノ ⌒Y : . }
                     それなら、ディアを使いましょう。         .ノ . : : :} ヒzリ     ヒzzリ   ノ : : .ヘ
                                          {. : }.:八             , -<: : : : . .}
                     疲労回復の効果もありますよ。         、: .{: :{: :> 、. _’__ . ィ : :} : :}: :} . /
                                           Y∨∨)/} ∨∨ /ヽハノ ∨∨ Y
                     とピクシーは、自分の力をアピールします。     /)7  Y  ' く ヽ
                                              ///、.___ .x.\)
                                            ヽへx</.:ノ.:.:.ヽ:.\>
                                               └‐ヽへへへイ
                                                        }ニ/ ヘニ{
                                                        ̄     ̄


108 :◆vsQyY1yD2Q
                                                ,,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
                                               /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::ヽ、
                                        l::::::::::::::::,, ,,- 、  l:::::::::::::::::::::::',
                                        ゝ:.-、/ / /`_ \::::::::::::::::::::',
                                        l:::l''ヽ、l/_ノ' ̄ _ ・-  `l::::/ ヽ::::l
                 やる夫、MAGタンクを忘れるなよ。.        `l>'・    ̄  ''   `- ))/::/
                                                〉7__,--,         __ノ::/
                 俺達が吸収したMAGは.               l `= _ --、     l ヽ;l
                 生体エナジー協会で取り引き出来んからな。   ', l‐''  __ -'    /  l
                                                 ', `''"__      /___,,,,--ヽ
                                           ヽ     _,,, " ´    ,, ゝ
                                                   ヽ-- '''     ,,- ''"    \
                                               \  ,,, ''"



       ____
     /       \
    /       _ノヽ
  /         ( ●) '、        おっと、そうだったお。
  |             (__ノ_).    T
  \            `_⌒     | |   タンクにもMAGを吸収させないと。
  /           \   ∩| |
                 /   ̄}


       ////::::::::::::::::::::::::::::::::\iハ
      f//ゝ=======彡∧ヽ
      |/////////////////////ハ:ヘ
    /: |///////>==<///////i}: :.
.   /:i:人>‐: ':´:./: :/: :i: : ;ハ:i` <リ: : :
   ,:/l: :r'、: :i:|: : /i: /: :/|: / ,':}   ミ: : : :.i
    {:! l: lヽj.:斗:./-!/:.:/ ,:/-‐リ‐ -  ミ:..: :.|   そのタンクに溜めたMAGは悪魔との交渉にも使えますよ。
    j} 从{: :i:.{x=≠ュj:/ /  x≠=ュ、 ミ: : : |
     i:.y从ヘ弋::::リ       弋:::リ / j´Y:..|   肉体からMAGを提供するのは 『一手間』 掛かりますから。
     |:{ r、    ̄    ,      ̄   リ:}: :|
     |: ヾ`_               ,、_ノ:..:.|   とピクシーは意味深な事を言ってみます。
.     八: :.|: ヽ     -_-     /: : : :..八
    /:イ: ;ハ: l: >          イ: : :|:i: : : :ハ
.   /´ !/ j/!:/{: :_i` ‐‐ ´i_:..:|/}:/リヾ: / }  「一口かじらせる」 とかですよ?
          ′/ \   / V /   ヽ
          ,.イ   / TT{   ヽ、
      , ィ:´:..:..|   /  | | ヽ   |:.> .、
   , ィ´ : |: : :..人_/{  | |  ヽ__,ノ: : : i: :.l`ヽ、


109 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  /≦三三三三三ミト、
                                           《 二二二二二フノ/`ヽ
                                           | l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨{ミvヘ
                                           ト==   ==彡 》=《:ヽ
                                             /≧ァ 7¨7: :ァ.┬‐くミV!ハ
                                                 ′: /: イ: /': :/ |:リ  ヽ }i! : .
                                          i. /: il7エ:/ }:/ ≦仁ミ ト:.i|: i|
                                          |:i|: :l爪jカV′´八ツソ Vミ :l|
    それはさておき、次も この調子で行きましょう。              |小f} `   ,    ´  ji }} : .{
                                           }小    _      ,ムイ|: :∧
    ところで、サマナー やる夫。                           //:込  └`   /| : :i i : :.∧
                                            /:小:i: :> .    .イ _L__|:| :li {∧
    悪魔の中には、話が通じるものと通じないものがいますが    /′|从 :|l : i :爪/´. - 、 〈ト |ト:ト :'.
    通じるものには どう対応しますか?                       N V 「{´ /   ヽ{ハ|   `\
                                               | }人ノ/   li  V
    とピクシーは、他に仲魔を増やすかどうかについて尋ねます。  i´ }    //} i′′ ハ 、|
                                           { {     〃ノ {l l!  } :  {
                                       rー‐'⌒ヽ  ,イ   i{| |   i
                                       〉一 '   ∨n     ∨   ′  ハ
                                       `r‐‐ ´   V    |       |
                                              ‘r‐‐ ´    \   }/i⌒ヽ   {
                                                `¨¨` ー .、  ` < ` |    `ト、 }
                                             }}\      ̄ `ヽ ト ソ
                                                   ノi  \        } }
                                              //     > .     | ノ
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   このCOMPは、十二体まで仲魔に出来るみたいだから
 |    (●)  (●) |
 \    (__人__) ,/   もう少し仲魔を増やした方がいいかお?
 /     ┌┐  \
. {  \__||   ヽ
 \____⌒)


110 :◆vsQyY1yD2Q

                , -―‐- 、
               /.: : : : : : : : :.\
             /.: :/: : : :l: :/ヽ: : : ヽ
              /: : :l: : l : |:| |: ハ: : l
               |: : : |: : N:「、i  jノナヘ: |
               |: : : |: : |ィんハ  '⌒Y:|    色んなタイプの仲魔がいた方が いいんじゃない?
             /| : : ム: :',弋ン _' '' | |
             く: : : : : ( ハ: :',  ( V   ! !     私はブフ、ピクシーはジオとディア。
         /: : : : : :`Tヽ: :⌒\ニ イ: :ヽ
        く: : : : : : : : : : ノ´ ̄`V/   >/   それ以外の魔法が使える悪魔とか
        く:_: : : : /: : : :彡   |{_ノ} く〈_ノ}. 力の強い悪魔とか。
        ト-': : : {: :ノ}ノf-― 、ノ ̄    ` ̄´
        `7^ー一'   }⌒ Y
          .イ>―- 、  | |
      / /      /`くj , |
      /        '   | |
    /              | |



                                                ___,,,,____,,,,,,,,__
                                             :'''"".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;"''';;
                                           ::".;.;           .;.;.;"''';
                                                -ゝ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`';
                                              ,:'.;.;.;,;ト- 、.;.;.;.;.;.;.;,,,,--─'''';.;.;.;  .;.;';
                                        ;'.;.;.;.;| __   `  ´   __  |.;.;  . ;.;;
                                        ;.;.;.;//,; ,__`ヽ、| |,;-''" __.....`_、|.;.;.;.;.;.;.;';
                   俺も賛成だ。                        ';.;.;| ,-─'''''。-` "-' ''。''─-、丶 .;.;.;.;.;;
                                              \| ' ̄ ̄ ̄,,___,,   ̄ ̄ ̄`  |.;.;__.;.;;'
                   ピクシーと一緒に戦って分かったが     ./||.     /,_  _\       =´ヘ/
                   悪魔ってのは、やっぱり強い。         .(( |      `´           > ||
                                              \|     ___....  ------ 、  ´´/
                   味方に出来るのに越した事はないだろう。  .| ´~   ̄--─ ̄ ̄ ̄  /-´
                                                 \             / |
                                                  | \        ,, /´  |
                                           _|  `--------'´ _________|-、
                                          /   ̄ ̄/ヽ/"ヽ ̄       ヽ


111 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   今のやる夫達でも
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/.   他の悪魔は話を聞いてくれるかお?
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                                     |=|//7/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`マ\
                                     ト-7: 〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕 L
                                           / ∧∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧
                                     {_/ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧
                                            |〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧
                                      ,'|::∨:::::::>── ァー────┬‐<:::::〈 ム
                                       / |::/ー'´     / /    , /l |   ゝーヘ::|'.
                                   | |イ   /    /  'l   / /' | |     ミ l:|
         相手を選べば可能でしょう。         x 彳く\' /|  厶/| / |.  /}/─|‐/─-  ミ. || i
                                〃 彳 |ト┤/丁/  V| メ | / /  -!/     ミ..||│
         ムサシノ牛乳は効きませんので     |l 〃 | ヽ |,'_斗'r::::T卞ミ ∨    TT:::::テr=x. Y|│
                                 j' |l  ! ハ| ヾ弋.辷ノ        弋辷'ノ /  ,く.│
         交渉材料として現金やMAGを.       リ. | /⌒トゝ `=-        j         -='   ,'⌒l|
         用意する必要がありますが。           .| {   '.                      ,′ 八
                                   |ハゝ                           /  '.
         とピクシーは身も蓋もない事を言います。  .| lヽーヘ        ∠ ヽ        /_ .イ  ∧
                                         / j  |::::::::、                   /::::::::|    '、
                                     / /|  |::::::::::\              イ:::::::::::|  |\
                                  /   ∧ |、 ::::::::: `:ト        < ::::::::::::::::::l │ \{
                                    / /l ∧ | \ ::::::::: |   >一 '´  | ::::::::::::::::::: ノ∧|   `


112 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))    それじゃ、仲魔に出来そうなヤツは
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )   仲魔にする方向で行くお!
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


          ____
        /     \
       /  _ノ   ヽ、_ \     あ、でも今月厳しいから
    /  (○)  (○) \
    | u   (__人__)   |   契約の代価は、出来るだけMAGで お願いするお。
    \     |  |    /
    /      ⌒    \
                                              ______
                                           , ァ===´=========ミト┐`丶
                                             / /───────〈|:::》\ : \
                                             |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕::]N|: : : : ヽ
                                      《≫=============≪\「|」ト、: : : : :'.
                                          ∧ト=====::::::::::======≪ ∨::::| : :i: : :i
                                     〈/∧三三三r┬ュ三三三=彳\|: : i : : |
                                         /i: : :|: :_:|: i.:/|: i: :| | |   マミ゙|: : i : : |
                                     /: |: i :|: :/|: |メ│:! :厂|:厂 ̄ マミ|: : i : :│
                                     : /|: i :l:r'〒示 |/|/ ィ〒示ミ  ∨ヽ: i : : |
             それなら、まずは                 |/ :|: i :小弋じ′   弋じ'〃 /^)}: i : : |
             MAG稼ぎからクリアしていきましょう。     Vi: :i|  `´ r'     `´  厶'゙/ : i : : |
                                          八:从            ,:-イ:i: : i : :│
             とピクシーは事実上                   /: : \i:、  f⌒ヽ    /|: : i :i: : i : : |
             選択の余地のない提案をします。      :/|: i : i: \ 、  )   ´  ト、i:! :i: : i : : |
                                             // :|: i : i: : i {>ーr<     _V}}i: :i: : | : : |
                                            /   |八.:.i: : |_レ{∧   _,  ´   ≫、:∧: 八
                                           |  ゝ{7´ ∨ >ト<    /   >{  \
                                        〃 {」 i│ ノ j   \__//   /  ,\
                                        {{  | j しヘ.|:=彡/  /   /  /⌒ハ
                                        ハ. | /  | | リ //  /   / /   /ハ
                                                /   ノ,'  | |/ ,//  /   { /    '  }


113 :◆vsQyY1yD2Q
【 AUTO戦闘中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 /{⌒ヽノ)       ./{⌒ヽノ)       ./{⌒ヽノ)
                 l_彡}.0 _l´         l_彡}.0 _l´         l_彡}.0 _l´
                 lnj冊 l          .lnj冊 l          .lnj冊 l
                , -'" v =-‐i      ., -'" v =-‐i      ., -'" v =-‐i
                 }:.i{{,nl ljミノ:.{}       }:.i{{,nl ljミノ:.{}       }:.i{{,nl ljミノ:.{}
               j::.i{j {j ,{¨}:. }{      j::.i{j {j ,{¨}:. }{      j::.i{j {j ,{¨}:. }{
              ,ニlj7lj-‐{j.,} {_.匁=、  ,ニlj7lj-‐.{j.,} {_.匁=、  ,ニlj7lj-‐.{j.,} {_.匁=、
              'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´   'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´   'ー'-‐-‐'^ー及 ‐‐´



      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ    スライムは不気味だけど狙い目だお!
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /


       , '´ ̄ ̄` ー 、
     /: : : r‐r==========、
    /: : /├l‐1―‐――‐―.|
   ,': :∧〉}‐ヒL二二二二二」
    { :/:/ /ゝノイ ノ l/― l :}    実体化に失敗して、知恵すら失っている連中です。
    | :レ |  ●    ● l :|
   |: i:( ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:/     倒してMAGに還してやりましょう。
   }  : :ゝ         ル|
  ,.イ/イ:}从ヽ,、 __, イ从/.      とピクシーは激励します。
    ,.< ゙i.i:.:\__八__/:i.i>、
   {_ ,._;ヒ}.}:.:.:.ヽゝoi|.|:.:.:}.};__ }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 AUTO戦闘中 】


114 :◆vsQyY1yD2Q
【 交渉中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ,:ニニニ¨ヽ
                            |    ┌――┐    |   (´∀` )  i
                            |    |1000│    >  とl  ̄ ̄ ∪ .|
                            |    └――┘    |    |      i |
                            \________/     |     i | |
                                            ̄∪∪  ̄

                                          地霊 ノッカー


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 交渉中 】


115 :◆vsQyY1yD2Q
【 AUTO戦闘中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                __
                            ,..ィチ三三三三ミtュ、
                           /二三三三三三三三ミぇ、
                          /二三三三三三三三三三三ミt、
                       /二三三三三三三三三三三三ミ、ー゙'-
                         /二ニ/l三チi三三三三三三三三三゙i
                      l二,イヽ.!/  l三三三三三三三三三il
                       |ニ/,ヘ lヽ  .V三/|三三三三三三三!
                        l:/ li ハ    -V/-.l三/l三三三三三l!
                      l ,!、_ツ   ___゙__ レ'`lミノl三三三三l
                       :、    ヽ、 lノ`ッ レ゙./チ=ミミ三/
                          \    `ー゙'"   '",ィ'" l/.         ,,... -=≡=、、
                          ヽー-.._,     ,.:、 ゝ'  /:.         / ,. =-ニ=ー-宀ー 、
                           ゝ--‐‐‐ ''"   `ー ''"  :.      /, // ,.=-‐===‐-、丶、
                                            .:.     //// /,:,:,:--、-‐-、:、`ヽ、ヽ
                            ,         rくス、、. : :.:.    人'レ///∠´-=ニ`ヾ;;;;\`ヾ:;;;;;;ヽ
                                    ト<><>、:.:.:.   ,'  '゙ //彡'"´ ̄``ヾ:.、;;;ヾ;;;,゙、;;;;;ヽ
                            ',        ヒこ)<て>\  ;    '彡彡三三ニヾ、;;;;ヽ:;;;;゙:;;ヽ:;;;;゙!
                             ',         !Y)ヾ:、\\ヾ;;ヽ     彡‐ニ三-、`ヽ、':.;;;;;',:;;;;;;!i. !;;;;;i
                             ' :, . : : : : . .  ヾトヾ、ヽ,,\\ ソト、 =三ニ三二`ヽ、':;;;゙:、;;;;;゙、;;;;l;;!.|;;;;;|





           ____    、θ
         /      \  - `    、θ パンッパンッパンッ
        /  uヽ、_,  _ノ θ ミ `        \ゞ从レ/
      /   |i|( ○)  (○)'、 ,,_____,,,\ゞ从レ/;;;て  __――_━ ̄ ̄
      |  u      (__人__)  y"_//___イニニニfi ) ; ;;て乂ゞ\    −―=== ‐━
      \ _    lr┬ |_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´/乂人从/    _ ―― __―_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´        ) ; ;;て ‐
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ        /i'乂ゞ\
       i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           |   ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 AUTO戦闘中 】


116 :◆vsQyY1yD2Q
【 交渉中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                         ミヽ   ノノノノ   / 彡
                                         | | \\( ゚∈゚ )//  |
                                           | | | . \ V  /| | |
                                           | |  /     ヽ| | |
                                         | // |  / \\
                                          彡 ´  /∨ ヽ  ヽミ
                                               | | 丿
                                             | .| ./
                                               | | ノ
                                           彡彡`

                                       妖鳥 タンガタ・マヌ
                                       クックルドゥドゥドゥ
                                       ( 2chAA )
                 ____
           / ) ) )/ \  / \
           {   ⊂)(●)  (●) \
           |   /   (__人__)   \
           !   !    |r┬-|     |
           |   l     `ー'´    ,/
           |   ヽ        ィ
           |           /  |
           |          〆ヽ/
           |          ヾ_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 交渉中 】


117 :◆vsQyY1yD2Q
【 AUTO戦闘中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                       ,,-‐、______,-''三ヽ      下
                      ( ミ,,-――――――-- 、丿      の
                      /::/   U        `ヽ      人
                     /:/   (;;;;;;;;;)ノ ハU(;;;;;;;;;)U ヽ     な
                    /:/ U  i||| -     l - lli   i      ど
                    |;|         、__丿     U i    い
                    ||      U   ,ニ,ニ、      i.     な
                    |::|   U     | |  ̄ | |  U <三三  い
                   三三>       U l iエエ,i      人     !!!
                    |:::::::::ヽ、______ー___,,-'':::::
                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     : : : : : : : : : :∧_∧: : : : : : : : : : : :
                           (´・ω・`)
                              (∩∩)

                         悪霊 ディブク



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 AUTO戦闘中 】


118 :◆vsQyY1yD2Q
【 AUTO戦闘中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                             |ミ|
                                             |ミ|
                                             |ミ|
                     ,. -‐‐= ¨  ̄ ¨ =‐- 、_          |ミ|
                  ___,.'´               \      |ミ|
                 '⌒ラ     ,'          __,..へ..    |ミ|
                 ,/   ,'  /ヽ   ,'     ノ  ___,ハ:.   .|ミ|
                  〃  ,,イ /   \ iト、  ,  ¨¨´   li:.    |ミ|
               ー=彳  〃 V        ヽ! \iト、     ,'  li:. ......|ミ|
                ,ゝ  {{                ` ヽ  ノ ,' i|i: .....|ミ|
                 ヽ. ヽ -‐_二、  ¨¨,二._¨'ヽ  レ'´, ノ i|i:. ...|ミ|
                   }}. λ“(ぴハ   :(ぴ癶“  {:‐' ,イ   :i|i:......|ミ|
                  ii |iハ `¨ ノ     ¨¨´  √〃リ    i|i  |ミ|
                 _ノ' ,ゝ|   ヽ-         _,| |iく    :li|i:. |ミ|
                 〃   {! ,ヘ    ‐--       / i| .i} i.}    i||i}..|ミ|
                  {{   jノ  \   `    イ-、ノノ.,jノ    il|}}..|ミ|
                 ゝ        へ..__,..ィ ´ __,lノ ヽ        i|iリ 、|
               (,イ 、,__人,__,ノ/  l /ヽ ヘ  / ト、,__人,__,ノ   ヽ
                   , -'"/    ! o  ヽ ´     /       i
                  /   .ゝ- .,,__    _   , -'"        ハ
                    {`        >彡   ̄             }
                  l                           l
                   l                           l
                       l                           }
                   l                          /}:
                     i                       / / ヽ
                    {                     _.ノ´イ    i
                    ゝ                  <彡'´     l
                      {ハ"'''- .._      _,..-'''"            l
                         { }      ̄ ̄                   l
                       |                          l
         妖虫 オキクムシ   |                              |
         セーラ・クルー      l!                          |
         ( 小公女セーラ )    |l  i                          |
                            |l  |                           |





      ____
    / _ノ ヽ_\
   / ∩l^l^lnnl^l^|\
 /  。ヽ   ‖  ノ \
 |   /   人   l   |
 \ /   /|ii!i!|\ \/
.  |    /. |;;;;;;|  \ |
        `ー´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 AUTO戦闘中 】


119 :◆vsQyY1yD2Q
【 交渉中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                              /| γじ'|
                                            .  /:;;|,,/;゙';;;;゙И
                                             |;V゙::,゙;;';;::;:::゙';/;;;レI,
                                          _|;;.;;:';゙':.:;;:::゙'゙.:;;;゙:;゙:/
                                        .,:'"   ゙ヾ;;;,゙:::;゙;゙,;;:...:;.ん;'て,
                                        l  r' ̄ヽ、|;;゙';゙';;;゙;゙;゙;,;::,゙'゙;;で,,
                                       ノ ノ r' ̄ ||-,===;;;;;;゙';;;=‐'゙
                                      f゙―,'_,,ィ.゙  ̄    "゙゙'i
                                      じ'~  し''ト、__ し (ー-、|
                                              ゙┴'~  ̄ ゙゙̄''┴'

                                        魔獣 カソ
                                        ヒノアラシ
                                        ( ポケットモンスター )
  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __ ( i))) 
      / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |             |
     \            /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 交渉中 】


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                                               ノノノノ
                                                    ミ ヽ  (゚∈゚ )
                                                     ヽ二⌒V ⌒ヽ
                                            妖鳥 タンガタ・マヌ     ヽ   ト >
                                                               |   彡´
                                            意外と武闘派         |\/i
                                                               | ノ | .ノ
                                                               | ) lソ
                                                              彡ヽ ヽミ


                                                          _,/´ ̄`\   ノノ
                            魔獣 カソ                  /,-/        ヽ彡 ′
                                                /) ー{   /⌒ヽli
                            火炎魔法 アギが使える。  /|-―-ノ  / 〃⌒ /|
                                                /|/ / /  _/ |
                                               ゝ./ //, /´ ̄`/
                                                `ー{_/ー--‐'´



             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ )
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   ――― と言う訳で
    .|   (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/   新たに二体の仲魔が増えたお!
    | | | |  __ヽ、   ./
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


121 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 / : /: : : / | : : :/: : : \
                                                /:/ : /l: :/   , : : /1: : : : : ヽ
                                               /: /: :/_」:/  レノ: / |: : :/: : : l
                                              / : /\{  '(  /'´ \/: :/: :1: : !
                                             /: : / 三彡           //!: : :!: : |
                                            /: : :/ / l        ミ三 |: : :|: :|
         んー、順調だねーっ!                    /: : : /            / l  |: : :|: :|
                                          /: : : : :l:|    `^ ー       l : : |: :|
         どっちも強そうだし                 /: : : : : ::|:'、              l: : : |: :|
                                    〈 : : : : : : |: へ、           l: : : :|: :|
          あたし達、上手くやれてるんじゃない?    .\: : : : :ヽ /\      --、 _ノ: : : /: : :|
                                       >: : : : :〉 /\, イ | | |:/: : : :/: : :|
                                           /: : : :/   / / l  ! ! /: : : : /: : : : '、
                                    /: : : :/  \   イ    _/: : : :く |: : : : : : 〉
                                   \: : : :ゝ   |  |l   |/ \: : : : : \ : : : /
                                く:(__,>/_人__r ハ,、」j   | r―': : :_:_:_:ノ: : :く_,ノ}
                                   ̄   ノ|  V  ( `^^´) \: :く._)ヽ: : : : : : : /
                                    ト-': :i| /    |   / ーヘ.二广¨´: : :、-― '
                                           `ーイ!/     |   |  //: : : : : : : :)
                                             /〈     /    / /-――一'
                                       / ∧   /l   /  /l
                                            / / 丶-' L./   / |
         {/////////////////////ト、
.        /j//}//////> : ´ ̄:`: : ≠ニ} : ヽ
.       .: :|ニ/¨¨¨¨´: : : : :.i: : : :.i: :}:.|_: : : : :.
.      ′:|,/ : : i : :|{: : :/:.:|:.|: : ; :ハ}  ミ: : : : :.
     i: :.:|{: : :.:.| : 八:.厶斗:|: /:厶斗  ミ : : : :i
     |: ノイ : : |:/ ̄/j/ j/}/j/     i: :|:.:.|
     |: : :.:|:!: :i:|〃了不 /ノ   了不ミ |: :|{: |
     |: : :.从.:从  ヒ以       ヒ以   : :.八′  今のサマナーのMAG保持量では
     |: : :{ rヘ: :、        '       i: :′     相手にしてもらえそうもない相手は
     |: : : \ ) ゝ ι           : : i.       避けていると言う事を忘れないでください。
     |:! : : : : `:.ヘ      ー _ ‐     八:.|
.     从: : : : : : :.个: .          イ: : i:|     もっと強い悪魔は、いくらでもいます。
    ノイ: :.i: : : |: :.:.|: :_| >  __ . イ : |:.:.:从
.    八 : |: }: !|.: .:.|:/ `  __  ト、.:.:| : :|:./   ヽ    とピクシーは厳しい現実を指摘します。
        Yハ八_/      >〈  Y:.从{
     , - <: : : : :.ヽ   / | ト、  }ー=ミ
    /^ヽ: : :‘,.: :.: : :.ーく  | | `7} : : : : }`ト、
.    ′ ‘,: : i: : : : : :.ヽ:ヽ | | /:/: : : : : | | i


122 :◆vsQyY1yD2Q
                                           l::::::::::::::::::::;;;''''''''  |::::::::::::::::\
                                                /::::/"''''""  /"::\ |:::::::::::::::::::::l
                                                |:::::::\  /..-'" "''' \:::::::::::::::::::|
                                         ゝ/__--ヽ|// ̄_。 ̄_''''' u\:::::::::::::|
       そう言う連中は、もっとMAGを稼いで                / /._-'''゚/::::  ̄:::::: ̄ ̄   |::::/=\|
                                            /ゝ-_/|  ヽ  ^ 、     _ヽ  >\ |
       俺達のMAG保持量を増やせばいいって事だな。 // /⌒/|   __──'''''二--"  //ノ
                                          _∠- |丿|/ |、-"l l_---'''" ̄     \-/
                                       /--、ヘヘノ/--ヘ ̄ :::::::::         丿. |
                                 //--、ヽ//(''ヽ/ ヽ          __,,-"   |
                                    |ゝl::::::/ゝ/  'ヽ______,,=="--‐‐''''"" ヽ
                                          / |:::::://"    つ ,--l"        /""ゝ、



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \  その前に修練場の悪魔が尽きなければいいんだけど。
   | ≧シ'    `⌒´      .|
   \ ヽ           ,/


123 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       ____
                                                      /=======ァ^ト┐
                                                      ト=======扣z<ヽ
                                                人二二二二式 |:.:',
                                                  /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|
                                              |イ:i:代ナ 弋ナ Z .:|
              いやいや、それは有り得ない。                /}}}    Nリ  __   rjノ :|
                                              f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|
              とピクシーは、現実を知らないサマナーに   -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八
              すかさずツっこみを入れます。          ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
                                       -= ヘ王│  _/V,' {」/ / {/ハ
                                               ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
                                         ヽ 乂 } │ {│    │ イ   〉
                                                   \__,xくl /} |     |   |   /
                                                 ∨/ ,'     |  └rー|
                                               }./      |   l'| │
                                              /{」=ー   -|=彡〈.| │
                                                    {>,、-==ニ 了   `| │
                                             /((゚v゚))   |   〈|  |
                                                    〈r┬== 〒===r≧|  |
                                                    /::::|::::::::::: i|::::::::::: |i:::::|  |
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|   どう言う事だお?
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


124 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /:/l:::i´             `i::.V: .:ヽ
                                             /:/::L:r────────‐‐l::.::.V: .:ハ
                                        /:/::__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::./:l: : :!
.                                      /: |::::::::::::::::::::::::::::; ─ 、:::::::::::::::::::::: V::::l: : :!
                                           /: :└─‐‐.ァ‐┬' l: : / l:>┬‐─‐、┴<: : :|
                                            l:∧:..ミ|: : :/ l: .:l: l l: / l:..//      V: :l: : :|
                                            |:l V‐l: :/‐┼‐トj l/   !//──-- l: .:l: : :|
                                           リ  { lj:l ィfアzィ卞     ィfアzィ卞、 /´V: : :|
   ピクシー達悪魔の肉体が                          ト、 リ 弋辷ク      弋辷ク ,' )∧: :!
   MAGで構成されている事は知っていると思いますが.    |: : :ヘ    ̄         ̄  /イ/:.∧:|
                                              /リ: .:圦      i      /≦: //:..:l:l
   そのMAGが倒された後どうなるかは知っていますか?  // l: .ハ: lヽ    、_、     イ l: : //l: : l:l
                                             ´  |:/ リ/:>      <  /l// .l: /リ
   とピクシーは問い掛けます。                         / / /:/  l__≧ ´-‐ ´   リ、  l/
                                             lr∠孑'´ヘ        /: ヽ
                                            /: ./ /o/ ∧       イ: . : .\
                                              /: ./ /o//:.∧___,.. <: . : . : _:\
                                         /: . l  /: . : . : . : . : . : . : . :./  `ヽ!
                                         !: . :l/: . : . : . : . : . : . : . :./       l
                                        V: . : . : . : .ィ 、: . : . : . : . /         }
                                              V: . : . : . :lXン: . : . : . : /         |
                                          |`: . : . : . `: . : ヽ: . : /        |
      ,r-=' " ̄ ̄~''-'ヽ、
    ,r'",,;;;;;;;;;; ,;;;; ;;, ;; ;;;, i
   r' ,;;;;;;;  ,;;;;;;;;;  ;;   ;;;,`''ヽ
  i ,;;;; ,,;_,;;;;;;;;;;; ;,, ;;;, ;;;;; _ ;; l
  i ,;;;;;;;;;; i ~`-..,___,,..-= ''"~l ;;, , i
 .i ;;;;;;;;; .,i,-'"ヽ、    ,r'"ヽi ;;;;;, l
  y ;;;; ,'/,.-^ヽ, ヽ   / ,.'^ヽ`ヽ;; i    全部を吸収は出来ないから
  rゝ l ',r──ヽ、 i r' ,-── 、i /、
  i i` l ー─゜- ヾ ' "-゜─一  i rl    一部が倒した俺達に、一部をMAGタンクに
  ヽ,`.i                l_,./
   .''i '     r   ヽ      l       残りのほとんどは 空気中に霧散する、だったよな?
    ト、 _,,. -──一- ..,_   イ
    i ヽ、   .. ::: ..   ,/ .i
   _/~ =- ニ_- ..,__ .. - ',.-="ヘ
_,,.- '' i  ▽  7 :::..  ,/" ▽   i~ =- .,_


125 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /: :/ニ{                 }ニ\: : ヽ
                                        /: 「二ニ`ニニニニニニニニニニニ´ニニハ : : :.
                                           ′:|ニ「二二二二二二二二二二二ニ}ニニニ} : : :
                                     : :.:「|/二二二二二二二二二二二二\ニ=|]: : i
                                  ,:.: :.:|_V二二二二_/「: : /|: :ト 二二二二ニYリノ: : |
                                 ノイ: : :〈∨:.:.:.i: : :l.:.:|l |: :/ ,:.:.八: }    _: ー| : : :|
                                        |:!: : : Y: : /|: : :|:.:.|l |: ′}/ |:./      ミ: :||: : : |
                                     从ハ/^|l: ;'八「仄: ト八:l /  j/ ̄ ̄`   }:__リ : : :|
                                        /   { r八{,y'不万芋ミ、ヽ   y'不万芋ミ ,' r: Y: : :|
         では次に                             人{::( ヽ{{弋::::ツ        弋::::ツ j「 . :} 八: :.|
                                    i\ .  ー         一  , ,ン/.: :.: :.|
         空気中のMAG濃度が一定を越えると      .|:!: `: :.         .:i         /.イ: .: :.: : :i:|
         悪魔が自然発生すると言う事は?         .从: : :.人                , |: |{ : i : : :从
                                   /  ヽ : |:个     -‐-     イ  : 八/|: : /  ヽ
         とピクシーは意味ありげに問い掛けます。      Y/:.:.:/ >     <     j/|:/' |: /
                                               / ,:.:/ _ {__ `¨¨´         }′ }/
                                      {_ノ:厶イ 「^ヽ         /:.:‘,
                                          }:.:.:.:// |  ∧         /:.:.:.:.‘,
                                             /:.:.:.// ,ノ// 、     ´:.:.:.:.:./:.ヽ
                                         /:.:.:.// //:.:.:.:.`¨¨¨´:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./ \
                                             ′:. { {//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./    ゚。
                                      {:.:.:.:.:{ {/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/        }
                                    、::.:.:.^´:.:.:.:.Y⌒ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.: ′:/        |
         ____
       /     \
.    /       \    その話は、えりかに聞いたお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  この修練場みたいなMAG濃度の高いところを
.   /,'才.ミ). (__人__)  /  『異界』 って呼ぶんだお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


126 :◆vsQyY1yD2Q
                                        イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: X: : ヽ
                                  「「 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:.::.}: : : : ハ
                                    /:::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r――一、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人: : /
                                       / |:ト -ァー一r‐…′       ̄「ト、:.::.:.:.:./  V:ハ  !
                                    /   ノ |  |  |   ′   ' || ̄ ヘ,    |:.:|  !
                                   ′..イ / i  | ∧  |   / ィ |     ヾ.. |:|  !
                             |/:.:/  イ:.ハ:.:. ∧ : ||  |   ′/!|     ヾ |:.:|  !
                                 ∧//:.:.:|:丁!: 丁 !:下|  イ / /´ 丁 ̄     ト、.ヽ:!  !
                              -|イハ:.:|:. !: ! X _j:: ||/ |/| / -/ _      ト、ヽ   |
     最後に、この山には古い神社があり.  ヽ:;i 人ト、ト レ' イテ弐ハゞ / :/   テホ:::云ミ、、 |ミY   |
                                       l冫⌒Y  if::::::::jU          !f:::::::i@ 》 レ⌒Y |
     そこを中心に                     |i f⌒!  込 :少         弋::::::以    '⌒ |:.i |
     今もMAGが集まり続けています。       |ヘ ゝ-!                       rク 八|:. !
                                       | へ .!         ′              イ | !
     これが どう言う事か分かりますか?      .|'  .:.:.ヘ                    广´ |:.:.: ! !
                                 / /.:.:.:.:ヘ       ‐  -         イ:.:.:.:.:./:.:.:| |
     とピクシーはサマナーを試してみます。    //| .:.: / :.:.:.:へ              .イ:. |:.:.:.:./:.:.:.:. | |
                                     /  | :イ:.:.:.:.′:.:.:.> .         .イ:.:.:|:.: |:.:.:/:|:.:.:|:.| |
                                   ノ  |:.:.从:.ト:レ ⌒| ` ー  ´   !、.: !.:/:. / イ:: |:.::ト- ゝ
                                           ヽ:.! V   `       ノ  v/ イ:.:.:人:.从リ
                                           \/         >-<     V !:./
                                          _..イ       / i'⌒Yヽ    ト l/
                                   _ -‐く´ : : |       〈   ! O ! !    !: `ー.、
                              r:‐、:...: : : : :|     / ` |   | ヽ.  !: : : |: :ト
                                  '´  ̄ヽ. :.: : : :ヽ    /    `|   |   /ヽ/. : : :|: :| ヽ
                             /ヽ.    ! : :! : : :..`ーくヽ\     !   !   !ll | : : : :.!: :!  ハ
                              !  \   !: : !: : : : : : : \ヽ\   ! O !:  !ll i: : : :\ ノ /  |
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   え〜っと……。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


127 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            1             2              3              4

.            __                             __                _
           ,i,_,i_           ,-,_            ,-i,_,l 、         :.. :. ≡=-i'__l,
           |  `i            /'-' `i            //l   l          iコ==ラ`'i ti
           | lヽi li,    →    | lヽl li     →    l i,,l   l |     →      ./  /l/
           | l-'l |,l          | | // l           `"|iコ=''            /  /
.           'Fヲ|,H         E三l_l_A            | .i .|            /  /
           ,i_| .| |                         | || |            i' /l .l,
            -'‐'                            | || |_          l l .ヽ,ヽ,
                                       ‐' ' `‐'          -'-'  -'-'

     MAG濃度が高まり    悪魔が倒される。      神社が        MAG濃度が高まり
     悪魔が自然発生する。  ( 吸収されて.          MAGを集める。   悪魔が自然発生する。
                          MAGが少し減る )


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ     あれ? もしかして……。
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


128 :◆vsQyY1yD2Q

                                               /≦三三三三三ミト、
                                        《 二二二二二フノ/`ヽ
                                        | l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨{ミvヘ
                                        ト==   ==彡 》=《:ヽ
                                          /≧ァ 7¨7: :ァ.┬‐くミV!ハ
                                              ′: /: イ: /': :/ |:リ  ヽ }i! : .
                                       i. /: il7エ:/ }:/ ≦仁ミ ト:.i|: i|
        『異界』 と呼ばれる場所は.                 |:i|: :l爪jカV′´八ツソ Vミ :l|
        MAGを集める何かしらの要因があるもの。       |小f} `   ,    ´  ji }} : .{
                                        }小    _      ,ムイ|: :∧
        MAGが集まるが故に、悪魔は発生し続けます。   //:込  └`   /| : :i i : :.∧
                                         /:小:i: :> .    .イ _L__|:| :li {∧
        だからこそ 『異界』 は                  /′|从 :|l : i :爪/´. - 、 〈ト |ト:ト :'.
        サマナー達には 『修練場』 と呼ばれるのです。      N V 「{´ /   ヽ{ハ|   `\
                                            | }人ノ/   li  V
        とピクシーは衝撃の事実を教えます。          i´ }    //} i′′ ハ 、|
                                        { {     〃ノ {l l!  } :  {
                                    rー‐'⌒ヽ  ,イ   i{| |   i
                                    〉一 '   ∨n     ∨   ′  ハ
                                    `r‐‐ ´   V    |       |
                                           ‘r‐‐ ´    \   }/i⌒ヽ   {
                                             `¨¨` ー .、  ` < ` |    `ト、 }
                                          }}\      ̄ `ヽ ト ソ
                                                ノi  \        } }
                                           //     > .     | ノ
        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   えっ……!?
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/
   ノ::::::::::u        \
. /::::::::::::::::     u    ヽ


129 :◆vsQyY1yD2Q
       ................................................            .................................ヽ、
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                                            ヽ,
   ,,        ,、、、、,,     ,,           ,,       ,、、、、,,    ,,
  ii        ,r":::::::::::::::ヽ   ii          ii       ,r":::::::::::::::ヽ    ii
  i|        r゙::::::::::::::::::::::::::゙;   !i         i|      r゙::::::::::::::::::::::::::゙;    !i
  !i       :i:::::::::::::::::::::::::::::::!  i:!        !i      :i:::::::::::::::::::::::::::::::!    i:!
  !!       ';:::::::::::::::::::::::::::ノ   !!        !!.      ';:::::::::::::::::::::::::::ノ    !!
   !!.       ゙:、;;;;;:::::::;;;."    !!         !!       ゙:、;;;;;:::::::;;;."   !!
   ”           ̄    ”           ”.          ̄     ” i;  工エエェェ(´д`)ェェエエ工
                 /                ヽ、             :i
                /                   ヽ            i
               /                      ヽ          :i
              /            i、            }          :i
              {           / ヽ          /          /
              ヽ、        /  ヽ、       /          /
                 "iーーーー''"        "'ーーー''i"           /
.                 |                 .|           /
.                 |     __           |          /
.                 |   /⌒ ⌒\        |        /
.                 |  / (● ●) \r´`i ミn '´).|      /
.                 | (   (_人_)   ノ ノ ノ .ノ .|     /
.                 |      `-'           .|   /


130 :◆vsQyY1yD2Q
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 |::::::::::| __"'''-,,,,_,,,.-'''"""|:::::::::::|
 l:::::::/.,,'-、\    /'\ヘ:::::::;l
 >::::l ____\ ハ  / /二 ヽ::::/
 (<:| ---'--ヽ| | /'----- l/ヽ
-ヘ__|     " _  _ ""    l) /       それは つまり……。
  | |     ´‐--‐`    |ィ "'''---
--,| ヘ   ,--------、  /|--,,,,,,,,,
  ヘ  \ ヽ-------' / /
  ヘ   \__ "   /  /
   \ /-、 """",,\ /



          ._ _、ヽ,ィ _ -、,rィヽ_
        /三イ.f"f_シ' ,'" -ト
       /ミミ/_,、_'   ,ィ< ,イ )  ., 、
     ./三 三三ミi  l'`ナ' l_ノ_/ `‐    ここでは敵に困る事はなく
       /三  三三_ヽ、ヽ/ ノ    /
       レ三ミ 三/<.(ヽ 、  ̄  / /      MAGをじゃんじゃん稼げば
.     .l三三三ミ`ー- イ〈 ` '   ./
.     .l i、三三三三ノ  i     ./         銃 が 撃 ち 放 題 っ て 事 だ な ッ !!
         > " ‐- 、 ̄ ヽ r_ヽ     _
     , r"      i'"ヽ 、. ∧_ノ i   /r-`
.   ./       ノ  i .、/   j、\ i  ーl   _
   /        (  ‐<  j   .i.レ /)/ .=}  /.f`i            ,-‐、
   ,'        i i   ゝ_i _  j.、 {l /   /  ノ "l          /)`T(ゝ,ニ
  ./           .i i   /, i  .i`ーィ 、 _ /、 ノ  `,ィ           .i'、_ノ_人. iノ、=` i
 /   , - ‐ - 、 `、\ /  i      /`''"   //          ノ     (ヽ、,i  i
〈  -‐''    ヽ ` `、 `、       /  ̄ r''" ノ           〈    ノ , 〉 i /
..}  /   , -‐-` - →'ノ`         ,-''",ィ''" .`i、     _  ,ィ、 r' ''"   /
ノ/ ,r''"/     i  {`        , r‐''"`、i     l i'' ''"´ γ'  i .i   _,ノ





                                                        _,. -―- .
                                                    /.::::∧::::::::::::::::\
                                                   /::::::|::/ l:::/::::::l::::::l::\
                                            ,:::l:::/V  レ'-}/l::::::l:::::::|
                                            |:::ト{_\  /⌒`l:::::|:::::::|
                                            |:::l/ 。ヽ  { °|:::::h:::::|
                    うわ〜……すっごく活き活きしてる。   |:::|、___,ノ  `TT|:::::lノ:::::|
                                            l::::| 、  l二l   |:::::|::::::::\
                    もう少し 自重しようよ、太田さん。     |::::| /:::::ー┬ イ:|::::::\:::::::::\
                                                  /:::::|{::::::::::ノ _/^ ゝ::::::ノ、::::::/
                                           {::::::::\y'´|-‐/  /:::/ |::::::し1
                                             ≧、:::ノ\j_ // {::::廴_ト、::::::イ
                                           〈::ー'イ{ ̄-{ {-  厂 ̄ T゙::::::ノ
                                              | }  ハ   { |   |::/
                                              | {_/ハ\_,ノ |   |′


131 :◆vsQyY1yD2Q


            ___
     ____,../     \
    ノ   /           \   この人は、常識人だと思ってたのに……。
  /   /   u.           \
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
                                                        x≦三≧ュ、
                                                       //≧ュ、`  <≧ュ、__
                                                   ////////≧ュ、 >//∧
                                              /:´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ/////,'∧
                                             ,.: : /:/: :/: : :/: : i、:\/////}
                                                : : /⌒j/i: : : :/:ハ: :| ミ: ∨//く
                                            Wr=ミ/ |: :.:/j/⌒メ、 ミ: ∨f⌒
      常識人が、こんな世界に足を踏み入れるはずがありません。 .{ノ{弋歹 }//xュ、   i: : }/}: : i
                                                  f         弋歹≫  |:.://: : :.|
      とピクシーは根本的な部分にツっこみを入れます。         .人                 レ=ミ: : :.|
                                             ノイ个  「  ぅ       _jぅ ノ : : |
                                                    |:i:|: i: ≧=‐-- r‐‐=≦: :‐く.: :.: :i:|
                                           从ト、{ハ イレ'く_ノヽj/: i: : : : /: :从
                                              /::::{ / /::::::::ヽハ: : :/ j/
                                                      / i:::::::レ'::::丗::::/ i }ノ


132 :◆vsQyY1yD2Q
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /   r''ヽ、.|
      |    `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、        |
        ヽ、    ノ
       /i二二二二二二i7. .、
     /i二二二二二二i7≧xヘ
      |三三三:r‐≦三三、三} ハ
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:|---. 、
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|'⌒゙'く \
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       ` ‐r─z≦_t:|    ∨. .ム/
           {__∧. ./|___j/ }r‐、      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
          |   l  `⌒|   |   人\\     d⌒) ./| _ノ  __ノ
         _|   |、___/|   |、     }__} }
           {___i__)    (_i   )`¨¨´ `¨´
                 `¨´


133 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第3話 「はじめてのデビルサマナー」 は終わりです。


オキクムシ・セーラ。
「虐待されていて、濡れ衣を着せられた少女」 と言う事で配役されました。

これまで色々と悪魔合体AAを作ってきましたが
作っていて申し訳ない気持ちになったのは初めてでしたw

布団を厚めに改変していますので、ロープはそんなに痛くないはずです。



金子 兄者 と 副島 弟者は、モブのクラスメイトです。
二人は兄弟ではありません。

当スレのオリジナルキャラであり、実在の人物とは一切関係ありません。
と念のためにお断りしておきますw


幽霊発生の理屈は 『ゲーム批評』 ( マイクロデザイン社刊 ) で連載されていた
金子一馬氏のイラストコラム『幽霊 GHOST.』 を参考にしています。

前回説明した 「伝承があるから悪魔が生まれる」 と言う捏造設定も
これをベースにでっち上げています。

『ストレンジジャーニー』 の悪魔の在り方に通じるものがありますね。

ちなみに、このコラムは 『金子一馬グラフィックス 女神転生黙示録』 にも掲載されています。
今回は こちらで確認をしました。


序盤の仲魔は 『ストレンジジャーニー』 からと言っていた割に
ピクシーの所持魔法がアギではなくジオとなっていますが
これは シュバルツバースではなく 比佐子市の地方ローカルピクシーだからです。

言うまでもなく 配役が原因ですけどねw


なお、同種の悪魔と複数契約可能と言うのは 『魔神転生』系のシステムをベースにしています。

いずれ本編でも触れられるでしょうが、どんな悪魔でも可能と言う訳ではなく
「強固な概念」 を持つ悪魔は、その概念が枷となり一体しか契約出来ません。

この辺りは 『デビルサバイバー』 の
『LIMITED悪魔』 をイメージしていただければ分かりやすいのではないでしょうか。


次回更新は、5/15(日) 20:00〜を予定しております。

5/8(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


        ∩___∩
        | ノ      ヽ
       /  ●   ● |
       |    ( _●_)  ミ  おわりクマー!
      彡、  ,、、|∪| ,,,ノ
      /   . ヽノ  ヽ
      |  _r'゚lニニニl]_ ____/l
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三iF
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'


第2話へ    4 第4話へ
裏話色々&没ネタへ

小公女(プリンセス)セーラ DVDメモリアルボックス小公女(プリンセス)セーラ DVDメモリアルボックス
小公女(プリンセス)セーラ DVDメモリアルボックス

posted by 文月みと at 20:54 | Comment(26) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
御坂タワーワロタww
Posted by at 2011年05月02日 23:35
ケツむき出しやないかいww
誘ってるのk(ビリビリ)
Posted by at 2011年05月02日 23:52
セーラ吹いたwww
Posted by at 2011年05月03日 00:48
凄く面白いなこれ
Posted by at 2011年05月03日 01:53
ミサカタワーとセーラ虫で吹いたwww
面白いなー
Posted by at 2011年05月03日 05:12
ノッカー仲魔にできればショートジャブあるから前線支えるのに結構使えたのに惜しいな〜
そしてピクシー達は1人ハイピクで残りが合体して別の女悪魔になってボンキュッボン目指したりとかすんのかな?www
Posted by at 2011年05月03日 09:27
太田さん、信じていたのに
信じていた通りのキャラだったよ!
Posted by at 2011年05月03日 11:33
このピクシー良過ぎるwwwwwww
Posted by at 2011年05月03日 14:22
それでこそ、太田さんだwwww
ぶっ放す時は、「往生せいやー!」
Posted by at 2011年05月03日 18:59
やったね太田さん!銃が撃てるよ!!
実際うれしいだろうな、原作基準なら。割と常識側みたいだったけどある意味安心。ショットガンとかぶっぱしてほしいねwww
Posted by at 2011年05月05日 10:02
大田はやっぱり大田だったwww
Posted by at 2011年05月08日 21:27
このピクシーになら、一口かじられてもいい!
でも出来れば甘噛みでお願いしたいですね。

やる夫たちも自衛できるくらいは強くなったのかな。
それから後は何を目的にするのか、とか気になりますね。
Posted by とあるA at 2011年05月15日 21:28
ピクシーズいいなぁw一人くらいは最後まで残して欲しいw
合成したら、打ち止めに進化(退化?幼女化がが退化の筈がない!)したりしないかなぁw
オリジナル、妹、打ち止め、番外個体(ワーストはAA無いか・・・)とか出てこないかなw
Posted by at 2011年05月17日 12:59
更新が来ないけど何かあったのかな?
心配だわ
Posted by at 2011年05月21日 14:43
↑予定変更したが更新してる
裏話色々&没ネタ1 2 3 4 NEW!
Posted by at 2011年05月21日 15:29
ピクシーはやっぱジオがしっくりくる
メガテンで真っ先に仲魔にするのはピクシー
悪魔合体したくなくて困るのもピクシー
Posted by at 2011年05月27日 17:41
最後で吹いたwww
Posted by at 2011年07月31日 16:51
悪魔たちのAAカオスすぎんだろw
Posted by at 2011年09月21日 19:32
安定して面白いなー。
しかし、時間さえ許せば異界で長時間タンクをMAG収集状態で置いとけばある程度MAG貯まりそうだな〜。
常時収集状態にしといて、悪魔を倒せば更に倍って感じで集めるのかな。
Posted by at 2012年01月28日 03:14
流石太田さん、俺たちの期待に応えてくれるッ!
Posted by at 2012年01月29日 18:11
認識されるから存在する、ていう理論は、実はUFOとかオカルト的存在の存在理論としてすでに提唱されている。
確か十年以上前にはオカルトマニアの中で知られていたはず。
提唱した人の名前とか理論の詳細とかは、オカルトマニアじゃないからよく知らないが。
Posted by at 2012年05月29日 15:59
太田の存在大きいな
サマナーとはいえどちらもまだ子供
どっしりと太田さんがいてくれたらそれだけで安定感が全然違う
Posted by at 2013年08月28日 02:55
10連ミサカタワーwwwww ワロタwww
Posted by at 2014年05月09日 15:02
太田はやっぱり太田だったw
Posted by at 2014年08月14日 22:55
常識人(トリガーハッピー)
Posted by at 2015年02月02日 06:22
ああ、信じていたよ太田……!
Posted by at 2018年09月28日 03:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44680012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ