■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年05月09日

第50話「性欲をもてあます」(1)

第49話へ 1    第51話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 ??? 】
      ../|  |   jllji|            li!jli
     / ,,|  |   lilill!             jlilil|
     |(゚∀゚|  |   li il|            |iiil!!
     |  / ::|   |jili|            |liil!l
     |/   |   .jil li| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ lili!l|
        ;; .|  ,/jlil!il             li!lljl
         ┌‐┐il!jliilj________ljli!l'|
       _  .ノ l l ゝi'ii!jli================liil!|,l,
      /||   |___ii,ljlij : : : : : : : : .j!lilj,il
     / ..|| /┻ /|j!liljゞ : : : : : : : ノjljil!.iゝ
   /,  ノ´⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~)、
 /, (⌒             .:: ::::: ::: :::::: :  ~:,)
 |l (              ..: ::::::: ::: ::::::  ~:: ノ"
 ||,ゞ、            ..:::.::. : ::: ::::::  ,,~:: ~ノ"
 |l⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒^⌒^⌒~ )~ノ"
 ||l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_::; '"
 ||ー'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-||



                        __  _____           __
                        | |/─  ─ \======| |
                    ん……。  |/ (ー) (●)  \         | |
                       /  (__人__)     ヽ      | |
                     _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                   __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
               ノ                    `ヽ/|  /| |
              /                      ) |/  |_|
                                    / |  |
                                   /   |/


2 :◆vsQyY1yD2Q
                              ____
                             /     \
                           /─  ─   \
                ここは……?   / (●) (●)   \
                       __  |   (__人__)     |     __
                       | |= \  ` ⌒´    _/====| |
                       | |   / l        ヽ       | |
                       | |  / /l      丶 .l      .| |
                       | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
                     / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
                    /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
            ___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
                ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
              /                    ノ|  ./
            /                       / |/
            |      .|         |       .| | |
            |.      |     .|   .|       |_ |/
            | |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
            |_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|




                 イ /{ . ::‐―ァ___
                {:{ィ:: ::/´:: :: :: ´:: :: :: :: :: > 、
          . ::‐::‐ト、{: 〈::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \
         / >::´ ::`ヽィ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
          ´/:: > ::´:: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ
       ィ7:: :/:: :: :: ::イ:、:: :: :: ::\:: :: 、:: :: :: :: :: :: :: :: :: .
      /'/::, ' :: :: :: :: ::八::\:: :: :: ::ヽ、:: \ト、:: :: :: :: :: :: :!
       /イ{:: :: :: :: :: ::L __ 、::ヾー.、:: ::! _、-ヽ‐ヽ:: :: :: :: :: l
        {' ∨:: :: :: :: :ハィ斧ミヽ} ヽ::|´ィ斧ミ、 ハ:: :: :: :: :: :.、
            ∨ハi:i:i:i:i:〈弋z斗    リ 弋z斗'〉 リi:i:i}:: :: :: :: ヽ、    やる夫、目を覚ましたんだね!
         ノ:: ヽi:i:i:iト、     /}_         /i:i:/:: :: :: :: :: ハ `
        , ::´イ:: /::ハi:i:|i     __`_´_    'i:i:i:{:: :: :: :: :、 :: |     大丈夫? 私が分かる?
      /:' { :: /:: :: |i:il八     マ _ ノ     八i:i:i:、:: :: :: : }:: :}
        `  ゝ':: :: :/|:i:|:: :ヽ     、     イ:: ::ヽi:i:iヽ:: :: ハ/
       /::イ:: :イ ハリ::>-i:,、      / |:: :: :: :、:i:i}\:{ ′
      ´ ̄  ヽ{ V r ´   L ≧ ー ≦ー-/ ̄ ̄ 〉ハリ  ヽ:、
               〈ハ     l          '     / `>
     .-‐―― 、__ヽ\   |         !    / ./
  . ´       r ´     ヽ  !       |  .//` ー< ̄ ̄ ̄ > .
/           /__     \}        | /´    __ ヽ         > ..
         /      ̄`Tヽr ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ'r T´ ̄     }             }
          /       L八ィi:i  ̄ ̄ ̄ i:i_八_」      |          /


3 :◆vsQyY1yD2Q
                                                            ____
                                                    /      \
                                                         /─    ─  \
                          確か やる夫は聖地で倒れて……。  ./ (●)  (●)   \
                                                 |    (__人__)   u.  |
                          アイビス、ここはどこなんだお?     \   ⊂ ヽ∩     <
                                                         |  |  '、_ \ /  )
                                                         |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/

                   __..二≧x、ヾ}ヽ、、
            ..ィ´:. ̄ ̄:.`.:.`ヽv:.Y:i
           ..:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽノノ⌒ヽ、
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ、、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:/:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:\ヘ.
        ,'.:.:.:.:.:./:.:.:.:.://.:.:.:./:.:/.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.ヾヾ:!:ヘ
         l.:.:.:.: /:.:.:.:.://:.:.:.:/.:./:.:.://.:.:.jハ:.:.:.: i:|:.:!ヾi
        l:.:.: /:.:.:.:.:.:|!:::|:.:/:.:/:xイ:/:.:.:ムソ八ノハ! }
        i:.:./:.:.:.:.:.:.:.i!:::|/ィf笊ゞイ:./むリノ!イノ      ネリーの屋敷だよ。
        / /:.:.:.:.:γy:!:::iハ弋cソ i/  ヾ'´ i.:.:.:.ヽ、、    ここは、この前泊まった客間じゃないけど。
      /:./:.:.:.:.:.:.{にヘ::ヘ.       __´ 八.:.:.:.:ヾ)
     /イノ.i : i:. : |:.ト、>ヘ::ヘ      く / /:.ハ.:i.:.:ハ    私と やんねえ香で やる夫を運び込んで
      八リ|:.:.|:.: !|:.:.r‐Y:.\\       ハトソ八`ヾj    さか奈さんに看てもらったんだ。
         八从ノ乂ヘ=ii====ュ\_ー::::个イ ̄:ヽ  
         __,イルイ从ゝj   / ヘ:..: |:::::::| /: : : : :ヘ       ちょっと待ってて、皆 呼んで来るから。
       /: : : : : : : : : : `ヽ.\  ヘ ヽ`:j/\: : : : :}
.      /: : : : : : : : : : : : : : :ヘ \.:ヘ  八  j\/!
    / /´ ̄ ̄`ヽ: ヽ: : : : :.ヘー-ヽヘ、、 ..>イ::: ヘ:!
     ∨      \ :ヽ: : : /:.:.:.:rー<::x<´`ヾ:::ヘ
     l: : : . .      ` ー‐ ′:.:.:.ヽ__ノ: : : . .   j:::::::\


4 :◆vsQyY1yD2Q

          ┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃
          ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓ ┏┓ ┏┓ ┏┓
          ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛ ┗┛ ┗┛ ┗┛
          ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛



            ||        |
                 n     | ガチャ!
          fヽ  | l  _  |
         __\`┘ V´/. |     , ⌒ハ           ハ⌒ 、
         `ー-、 て  {       j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
         fニニ -、 -‐イ)ヽ      .ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
             `rf彡く.: .\ .  ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    、      :|l    \: : : :  \.  Yyノ ノ :ノ...:ノ\  / ::::::) ルリノ
    :.\      ||     \ : : : : . \   リ::::::(( ●) (●);:(
      \    ||        \ : : : :  \ ハ:::::ハ ,,  r‐ァ   リ) )       やる夫、目を覚ましたのね!
        \  ||     ミ  |: \: : : : . X_j_;ヘ:_     ̄ ノくハ(     _
          \||        |.  \.: : : : . \\\ー―い ノ:::))  ,r'^/〈
                  |     \: : : : . : \\ヾ>レぐ((.   >=、Y
                  |      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,) ,/   ヽ
                  |       \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
                  |         ヽj: : : : : : :ゝ V/: :| : ヽ: :/
                  |          |: : : __に{}こ}:k;__;/
                  |          ゙ヾtf´-┴ /ムヽィ'
                  |          r'´  , / l Xヽ
                  |        /    / 〈_/  :Ll
                  |       /      /       l
                  |      /      ∧ :...    .::ヘ
                  |    /      /::::::',    ..:::. \
                  |   ヽ⌒7ヽ __ /::::: :::l__ -┬=≦>
                  |    ヽ/     { :::: :/       |::::::Vl


5 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       ___
                               え? やらない子?            /      \
                                                       /ノ  \_   \
                               やる夫を運び込んだのは     / (●)  (●)   \
                               アイビスと やんねえ香じゃ?    |   (__人__)    u   |
                                                \  `⌒ ´      /
                               もう戻って来てるのかお?     ノ            \
                                                   /´               ヽ

    l: : : :‐-ィ,>`´: :´: :.イV マvヘ、ヽ.: : : :,'
   . '´⌒:: : /:ヽ/: : 〃 ハ ヽ: : `ヘ ヾ、::/
 ,/ .: : : : : l: :′ ァ: : : : : j.: :f'} :、: : : : :ヘ: :\
 ヽ .: : : : : :ハ : : /. : : : : : : : : :}: : : : : : : : ∧. :ヽ
  Y.: : : :.,.' : : : :´ : :j . :l. :/. :ノ !. :| . :l: :キ.: :!ヽ: :l
  /.: : : .:‘ : : ,' : : : :/ /l//  |: :| : :| : :!. :/.::!: j
. /.: : : .:/.: : ;,' : : : /}イ'一.    l /‐、/| .:|: : ヽ::l/
/.: : :ィノ!: :人.: : : /‐ィ〒テ; ′ ,辷,y、_リ.::/::|: :リ
!/l ( |/'|: :/: :i/〈'弋ノ       ヒノ丿,vハイ:/ : :|   あれからもう三日経ってるわよ。
{/  )  |N.: : :ハ``     .  '' ,〈/ ル/|/Y´
{       il: :}: :!ヽ丶         ,イムイ |        スー族の方の後始末も終わって
        |/: :/: :八 ヽ、 ´ ` , イ: :l::/! /      私達は、ルーラでこっちに来たの。
      ,': :/: :/!: :、l:. ` 7:´l : :|: :,イ(
     / /: / .\_:ヽ、 イjヘl、 : : i八`ヽ、
    八/=|、   `、: :lヽ,  ‘l`ヽ. : :\ )
   / />┤\_   ヽl  \ _ヽ:`ヽ.: .:!
   |//⌒ 乂\\   \  |  リ// ヽ:|
    i    `ハ  \ `ヽ‐- Y´¨`/〃   | 、


        _ 、v< ̄ ヾ⌒ヾヽ
      /《,} }  \__,}{_/^\ 、
    _ノ《7:/ 丶.//^  ヾ/ ハ}
     {「》/:/ヾ、/ .′,i  ∨/j
    V/シ′〉 ′ i, / |   | V/j
    |ハ \/ _」L._|// |_斗┼ }ハ
    |i..|>、{ 斗斥、`  ィ斥アハ|    そうじゃな、まずは この三日間の事を
    ||..| {r、  弋う^   ゞ' {ノi|
    ||..|≧=ヘ     '   ,ハ||    話してやるとするかの。
    ||..|i. ハ丶.  ー‐,' /i.....||
    ||..|| /, ∧ー≧=-イ{i...i|.. 」L
    / ̄ ̄^⌒\.......}{...|/⌒^´   ヽ
.   /...................../^>――----


6 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 ニュー速で商会ベースキャンプ 】

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     \                                   __ノ
    __\                                   、   \
    \  ̄                                     l\ー- ヽ
     \                              ,ィ  } | ヽ
      /               /       /    /  / ! / l |\}
      >___     /⌒\  /イ    .イ//,'  / / /彡'レ' ハ
          >    l  ヽ }   {/// / j/`゙ミ// / _ -ニト、ト、_{
        /    {   八、   {    _,二    f ィTサ! |    `
      ∠      ∧   〈  \トム   < jタ} ,     {        ――― なるほど。
       〃ー‐ァ   ∧ 、  )  ヽ、             l    '
          /    ト、__。                  ヽ  /     魔王バラモスの配下が『首狩り族』 を使って
          / /イ   }  §、                - ノ /
           '´__」  リ   「l∧               , /        スー族とシャーマン族を争わせていたと。
         ,仆r‐、レヘi   |:| 丶    ー  ___ -‐' /
         厶ノ入/    ⊂::⊃  \             i \
       .イミヽ il 《{     }::{     丶、          .'    ̄ ̄ `   、
        { ミミ、 il \    `´      >、    /ヽ /          >--、
    .ィ´ 三ニ彡,. 、ミミ\         /ヾ、`ー‐ト、_ヾ\       ∠三ニ=→
 x<ヘソ /三三イ iトヾミソ}ヽ       ノ   }!ソイミ三「}  `ヽ--―‐<


7 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    -―≠ ―― 、
                                            , ∠  /  ‐- 、   ヽ
                                                   /   {´__     ヽ    \
                                               /  ̄  厂   ヽ    ',     \
                                         { r‐- 、 / ィ    \   ヽ       ',
                                               /! |  i、ミイ/∧      ヽ     \     !
                                          / | .|  |ミミイ/∧      \    `ー‐ ┴ 、
                                      / j |  |゙゙ `''"  ヽ   \   `ー――-- 、 }
                                       { / /  .|   ,  、_\ _ ヽ     r 、    ゙
                                      l/ /   :∧ 二    ィチラム、 `  .\ \
                                            / /   / ハ弋}      ̄    7 ー--l  |ミ、
                               信じられん、か?    / /   ∧ {.ヘ  ,         u ./ } (二|  |┬-、
                                    ,' l!   / ヽl  \  _    / / //  ! } /
                                    {  l   {ー‐┴‐ ミ > . `.イ rォ_/〃    ヾ l |
                                    |  |   `ー―、  .}   フ7 ̄l .|/ ,イ     /} |
                                    ヽ-ゝ、     } ∧  {. /   /  l ヽ__,∠ノノ
                                    /    ̄ \ ノ/ }   |   /    ーァ―― ''
                                   /        }K    | ノ| O / -==//⌒)
                                      イ ∧_ノ }   j/彡  ./     =}イ_/
                                            { ヽ┴―'  / /    :{     |_ /



      ___)__
    /O       ヽ
     | ゜   〜〜〜  |
     |    _ノ  ヽ、 .|
    |毛〉-( ◎)-(◎)|   首狩り族と言うのは、実際に見たから信じるが
    (@ ::( ((__人__)))
     |   / |r┬-|  |     別の世界から来たモンスターの援軍と言われても
     \    `ー'´ /    いまいちピンと来ないと言うのが正直なところじゃの。
   .イ.ヽヽ、ー−彡-ノ゙-、.
 /    \\__.//  ',
./       \\ //    !|


8 :◆vsQyY1yD2Q
                            |    | /             ___             丶、   /
                            l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
                            |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
                                  /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
                              / .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
    やる夫達のような             /// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、
    異界の勇者がいるのですから     ' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
                                       '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7
    魔王軍にも異界の援軍が存在するのは       ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /
    そう おかしな話ではないと思いますが。     .,.   ´|   |       , -- 、     /   /       /
                                      /    |   l\   (_____)    /   /       /
.                             /     /|   |  丶、  ー‐   .ィ   /       /
                             ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /




     ___)__
   /O       ヽ
    | ゜   〜〜〜  |
    |    _ノ  ヽ、 .|
   |毛〉-( ◎)-(◎)|.    いや、まぁ、やる夫や いく夫が別の世界の人間と言うのが
   (@ ::( ((__人__)))   わしには一番信じられんのう。
   .|     ` ⌒´  |
  /    ∩ノ ⊃ /    特に いく夫は、わしにそっくりじゃし。
  (  \/ _ノ|  |
  .\ “ /__|  |
    \/___ /



                                            ,. ⌒ハ      ハ⌒ ,
                                            i::::::...'.⌒Y⌒ ヘ:::::::::::j
                                            リ::::/, :: ,.ヘ...:::..::::ヾ:::::ル
                                            リル:::: ノ  ヽヽ,:::NY
                                             )::(○)(○))::::::リ
                            ああ、顔は そっくりだったわね。  ( (i  △ u ハ::::ハ
                                                    )ハゝ.  ,.( ( ((
                                              ノ)∨y'∨::|(( 、
                                             //:::ヽ/:::::::i  \


9 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ,  ´  ̄マ 什 O丶
                                          /     ヾ`\乂夂 }
                                       / 〃  i   ヽ、`゙ミ彡'、
                                         l  l   l. λ≠ミ i゙ ヽハ
                                         l  'K  i!,,| l,rャォt ' iソ }ハ
                                     _       ,lルリ⌒ゞ´ '゙ゞ;;ソ   ャリ i.l
         まぁ、異世界とは言え            , 、 ,ハ.    / ,`ヽ f:心          l i l !
         同じ人間じゃからな。            .,' 彡ミ ニニフ彡´/  } ゙ゞ゙' 、     ./ l__i!.|
                              j イxヾヽ ' ̄´   /' /ヽ、  ‐ /'::´:::|i |
         異界人と言われても            { ‐く iゝ' ヽ   / / ,〃,ィ≧ー :l|::::::::::::ト、|
         信じられんのは無理もないのう。   ヽ. l |   {  / 〃/´i´^ミ゙ヽ、::::||:::::::_:::::::::......
                               `l |、 ノ,,,K:y ,/,/ |::r'-‐ _ イ ̄/三_  ̄`i::::::::::丶
                                      l .rヒ´::::::::.∧〃,',|::|      |_|ミ      |:::::::::::::::!
                                  | |∨:::::::::::::∧/,.':::;~ヾ ̄ ,l:/:/ヽ   、 ソ ::::::::::::::|l
                                  | |..∨:::::::::::::∧':::/:::::::゙'ー :::l::{.   i ヾ´:::マ:::::::::::::トミ.、
                                  | |.,/∨:::::::::::::∧:{:::::::::::::::::||:i:::`ー┴‐ ´:::::::} :::::::::::|::ヾl
                                  | |/ , ∨:::::::::::::∧ヾ:::::::::::::||:l::||::::::::::::::::::::::::八::::::::::|::い
                                   ̄, 〃il∨::::::::::::::::マ|`ー ¨||::|:||::::¨ー..-...イ::::::::::::::::|`ヾ
                                / // l ,∨::::::::::::::::::|:::::::::/.:::|::.゙、::::::::::::::::└‐──┘
                                      / 〃,/l//∨:::::::::::::::ハ::::::《○:|:○》:::::::::::::::イ:::::::::::::|



            トノ             },イ
           _}                     |
           \        _,         ノ_
           >   / _,x、/  ,ィノ/    '-<
          ∠__  //、__,>- '/∠ノ},    /
            ,イ-、厶  ´   ,' ァュ、<  rル'     彼等が異界の人間なのか。
            { ,个     _/  `゙,イ ,ィ.        首狩り族が異界のモンスターなのか
            ヾ、!     ヽ>   乃冫
              /i!| `ヽ=== 、_  /ノ/          その辺りは、どうでもいいじゃないか。
                  †ト.  `===ュ,イ /イ´
              }ヘ  ,,    >゙∧          スー族とシャーマン族が争っていた原因が取り除かれ
             /|{ ヽ-{il!_, イ }=、          二つの部族の戦いは、ひとまずの終結を迎えた。
          __/ /小   ヾ'   {ムハ
     _ -‐‐ ¨    | |!ハ   /  }ト| \        大切なのは、そこだろう?
     `ー、      | |!  〉  (  / }!   ヽ
   __ --‐´\    | ト、,=、   _/ |     X-、
  /       \   | |       /  |      \`ー--、_
/           > | |       /  / マ===-- _}      ̄\


10 :◆vsQyY1yD2Q
   \             /         ,                 ∠,
    /   /  〃     ,イ     /  /   ,  !       __ノ
   ←ーァ ,ハ,// ,   / /     / /}    イ  |       \
      //| { /,イ 7/  /  __,// /  /| }        ヽ
       } ハ  { /__二{_,∠、/ /__/ ∠  } /     l ヽー、ノ
       ', (\ | ゞ、弋ソ<  、  `=彡',二二_ノハ     }\}
       トミY`  `  ´   ゙: /    ヽ 弋ソソ j /    ,'
       ゝ、o|、          : }         彡イ  /     それにしても、すまなかったね。
         ゚n} ヽ       : ,′         }/ /       ウチの者が君達を疑って。
           ||1        : .           彡'⌒ヽ、
          _||ム         ノ {        /      トト、   不快な思いをさせたんじゃないかな?
        `}「从  ,-    ヽ_ノ       ノ  ,夂      トト、
            ij  }ヽ  弋>== __    {   Yん'\_      ミト、
            ノ! ヽ //ミ、__ 二ニ7/  /\ \)  \      { ト、
        __/ ∧ //       ̄ ̄  /    \ノヽ、  丶       }\
  _ -‐‐'/   / ∨/、   ,,   . イ       ヽ   \ ヽ
 ̄    /     /  // ゝ-,イili{__,/        }ハ_ ` ー゙、___
         /  〈∧    jilil/          ノ  \ \     ヽ



.                                                            ,. -──- 、
                                                      // r  ヽ  `ヽ、
                                               , ', / / | | | \\\ \
                                            / / / || !| !ヽ ヽヽ  ヽヽ
                                                   / / /  | ヽ| 、 ヽ ヽ ヽヽ i ヽ.',
                                              ,' ! i  |!  !. ヽ ヽ ヽ i 、|  i
                                                 i! || l| / !l、 ト、 \\ i | l |   |
                                                  || || ||/ 人 ヘ ヽ\、ヽヽil | || | | |
                   シャーマン族を助けた事は事実だからな。    !|  lV代¨o 、ヽ ゝ r o¨フ| | || | ! |
                                                  | ! ヽ ト  ̄     ̄  | |/ |/ |
                   スー族が疑うのも無理はないだろ。         .| !l 、 ヽ!       }   /!| | ./| | |
                                      === 、 | | ヽゝ ヽ、 _,`.´、   '/!l !/ // |
                   結果として問題が解決したんだから   -─-\ヽヘヽ \ノr'T::丁:「  /ノ / / /== 、
                   もう疑いは晴れたんだよな?        ̄`ヽ、   \ヽr':::l:⊥┼|‐'"</ __ イ   ̄
                                      ニ ̄     (フヽ:」:::|::::|:」 __ノ  ̄    \
                                        /    (__r‐''" ̄ ̄|
                                       /      _|_.     |
                                      /    _/,二 、ヽ    |


11 :◆vsQyY1yD2Q
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,:'::/::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
         /:::;'::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::'
        /::::::::i:::::::::,':::::,ィ:;ィ:::::::,::'::///:::::::::::::::::::::l
.          / ::/:|:::::,ィ::/メヽ:::// // !::::::::::::::::::::;
         /: ' /-!::::k|/≧ミ|/   ≠==|::;4::::::::::::::;
         ,'{ |ヘハ.{::J:リ!    /ニ==/ j:::::/:i: ,'
          /:ヘ !  ´`¨´       {::J ハ/:::/_::|/   ああ、もちろんだとも。
            |ヽ;           `¨´/.イ }:|
          !::::        ′      /  /リ     君達はスー族を救ってくれた英雄だ。
.            ',ハヘ  V   __,、     ムイ/
.               V \         イ::ハ/       こちらも約束を果たさないとな。
               ,xj ヽ __,.  ,.-≦Vィ/
           /Vノ      {ヽ/
   ,  -. . '´ ̄: :|';';∧--  -―/;'`ー― ― ‐. .、
  /: : : : : : : : : : |;';';';∧      /;';';';|: : : : : : : : : : :ヽ
. ,': : : : : : : : : : : :.:|;';';';' ∧.    /;';';';';|: : : : : : : : : : : : ',



                                               ,-ァ
                                                 | l_r-‐_ニニ-_
                                             _,.‐ヽ, !´ ´     `ヽ、
                                                  /    _         \
                                                 /  ,  /   ヽ ヽ  ヽヽ  ヽ
                                                /  /   !     |  l   l ト、 |
                                                | i  |  /| i    ト、 ト, | | i !
                                                | |  ヽ |__||\  ト, |__∨ キノ ノヾ、ト,
                     そう言えば、スー族を救った英雄に.     'ヽ i ヽ! ○ ヽ、|ゝ' ○ l'レノi ヾ,
                                                    ヽゝー⊂⊃ 、_,、_,  ⊂⊃: /' 、. !
                     嫁をやるって約束があったんだっけ……。   / 人   ゝ._)   /ノ i  |ヽノ
                                                   | ! ノ`'ーr‐rェr'ニi´ ィ ノi ノ
                                                   ヽレヽ,ィイ Z! ト,__`>< ゙´
                                               /-ソ○ !X|'‐r'fヽQヽ
                                                     ( 、キ | |__| | _ム_> )


12 :◆vsQyY1yD2Q
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::\
           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::: ノ |:::|∨:::::::::::::::ヘ:::::ヽ、
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::/  |:::| .|:::::::::::}::::::::\ ̄`
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:/:::::::::::::::/  .|::|_,.|:::::::::::}:::::::::::::\
              |:::::/`|:::::::::::::::::::::::::/|:::::ス、/:/|::::::::::::::/,ィ=チ|:|" |:::::::::::ト、` ー---ゝ
           ヘ://^:|::::::::::::|::::::::/-|::/`゙/:/ミ|:::::::::::/ ''ン"ーレ__ |:::::|:::ノ::::\
              ノ:∧ i`|:::|:::::/|:::::,ィー---==、. /::::::::/  7Tチ''"//::::ノ:::|  ̄ `
                |:ヘヽレ.|::/ .|::/'弋_ぅ丿 _, ./:::::/   、ノ_ '/:,イヘ::::|
               |:::ヘヽ レ、 |/        /::/          i   `,ィヽ.    うん、スー族を救った英雄の下に
            |:::::> 、             ヘ       .'  ./:. |
            ノ ハ:::::::::::ヘ            _ /     /  .i\_|     私が嫁ぐ訳だが ―――
          / ´ |:::::::::::::|ヘ                 '    {::. |
             |::,ィ:::::::|  丶     -ー---‐     ,ィ´   :{\_|
             |/ |:::::::\  丶          /    ,__{__ , |
                 /.レ'レ' ̄`    >.     /     ハ_j__ ヽ、
             /: : : : : : : >、     ` i ´、、    八/ | /  / }
              へ: : : : : : : : : : >、   /、;;;; ヽヽ、_. ` 7Y´ ̄| ̄ /|
           /   `<,: : : : : : : : \ 〈 \;;: :\  ` {:〈ヘ ,、_/_/ ,|
         ∠´       ヽ: : : : : : : : \   ヘ; : : :\.. {::{ ノ::/\/|


13 :◆vsQyY1yD2Q
           |: : :::|: : : :.:|:i:: : :/' |:i: : : : /::/|::|  |:.:|:: :i::. : :|
            |: : :::|:: : : ::|::|: :/=ニ|:|V: ::/::/ィl::|ニ=|:.:|:: :|::: : :|
         |: : .:::|:::i: : :|/|:/ __.、|:| |: ::::/ /:/,__ j/|:::::|::: : :|
         |: i:.:::|::.|l: : :|,ァ==z、|' |:;/ /,ィ==z、,ノ:;ハ::::: :|
         |/|:::::|:/ Vヘ|      ´ .       '"´ハ  }:::::::|
            |:;/〈  ハ        .::         ハ /:ト、::|   シャーマン族の聖地奪還の戦いに参加した
          '" |::ヽ.__ハ       ´      /_,/:::| j:/
            |;/i::::::::::\   ^ ー─‐'^   ,.イ::::ト、:::リ ´     や ん ね え 香 に も
              |:::;イ::::::::`ヽ、     ,/:::|:::::| ∨
             |/ |::;/∨::::|`ヽ、 __,,/l:::|::::!:::/        権 利 は あ る と 思 わ な い か ?
               '"   \:|        |:/ヽ:/
                 ,/'{j  ヽ ,'  :!〉\
          ,.-──‐‐,ィ´| λ::....__ ,__...::/  |`、-──-、
        /        |  ∧     /    |        \
         /          |  ∧-─‐-/    .|        ハ
      /"  、:: ::i,   /    ∧  /    ∧    i:: /:  ゛\
    /     ヽ:/    /___∧ / ___∧   ヽ'::     \





       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl       ━━┓┃┃
    人λ::::(|::|( ○) (○ノレ´ ゚o         ┃   ━━━━━━━━
.      |:::::::|::|。゚ ,  。 リ|::| 。゚ ・ ゚       ..┃               ┃┃┃
      .|:::::::|::|、ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                         ┛
     、ノ::::::::|::|.。≧       三 ==-
     .ヽ:::, ─リ-ァ,        ≧=- 。
     /:| .y /イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
     {::.| イ < ≦`Vヾ       ヾ ≧
     {:::|.. `Y 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


14 :◆vsQyY1yD2Q

     ,ィ ,イ/⌒Z__ ;
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
   ; /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ;
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ \ ヘノ|:|:::ルリノ ;
  ; 人λ::::::(|:::|//////.(::|
.     .|::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::| ;    何の権利だ! 何の!
    .; |::::::::|:::|   {_」く |::|
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::| ;
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
    ; /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ ;



.                                              ___
                                             ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                     /:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                      -=彡.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
                                    /:.:./:.:.:.:.:/:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                 <_//:.:/:/<V/:.:.:.:.:.:.:./|:ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                         //∧:.|/ X/|:.:.:.:.:.∠ニフ1|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|
                                    /:.:ヽ|'えュ 、|;./´  メ _ レ:.:.:.:.:.|:.:|:.:.;
             無論、私を嫁にする権利さ。        |/ト:ゝ `¨ ´    Tぇt┬从:.:./'У:/
                                          /:.:|    /    `¨ レく|:/ ル'
             絶倫の英雄殿にも興味はあるけど   /|:.:入   、     l_´(_( ̄フ ̄>、
                                          |/  |\ ` 一'  {くヽ〈)ヽ{_ | r \
             どちらか選べと言われたら..          |ノ.l` ー  ´  |{У┴‐┴┘ | ̄ 入
             やはり やんねえ香の方が良い。   ..._ __r  |     /:::::::::::> ´ ̄\ヽ /   \
                                         /   /::∠} // :::::::::::/     ̄>‐∨ 二ニヽ
                                  /  /:::::::レ‐/::::::::::::::::∧   /「:::::::::∨ ― ‘,
                                     _/    ノ ̄>::| / ::<  ̄ ̄   \   |:::::::r‐レ  __‘,
                                  /   , ′ く:::::::|〈::::::::: \lニニミl |   |::::://∨ /   ‘,
                                   / {二二[ ト \  ̄       ;| _|::/(  /\  __/‘,
                                     {   / / | |\ >       ...:::::| }    >ゝ( \   _〉


15 :◆vsQyY1yD2Q
                                       / ..:.:::! ..:.:.:::/ }:/ |_,|..:.:::/ 、__}:/ ハ::ヽ:.:.:......ヽl
                                  /イ .:::rl .:.::::ムム≦七|.:::/  '`7ム≧十ハ}:.:. ト、:.|
                                       /.::/{ |.:{ .::|ァ'爪:;;ぅト1/   ´乍:;;う}/y|::.:..} }:|
                                   /:/ハ|∧::{ヘ, 廴:ツ ′     廴:ツ メ`}/}ノ, ハ{
                               /´ /::入. N ^ 冖 ´       ` ¬^ ノ.ム'/:バ
         こちらは準備万端だ。               / ′ ト-V /i/      i    //i/' /ィ::::′
                                            ノイ:从        ′       /::::/:/
         さぁ、やんねえ香。                    / }′lヽ.     , == 、     イ::::/}/\
                                 /    |V > .  ` ニニ´  .イ::..V}′   \
         私を激しく責め立ててくれないか?  /        |: : : :.:{ ミx . __ ィ≦/ }:.: : |      丶
                                    ′       | : : : : i       ' /: : : :!   ヽ    i
         さぁ、さぁ、さぁ、さぁ!             |     ′  l: : : : : '. `ー、 r‐ ' /: : : : |  {  {   |
                                       }   / i   | : : : : : ',       / : : : : :!  ヽ:..}:..   ハ
                                 ∧ヽ  {:..ノ   |: : : : : : :廴 __,/ : : : : : :|   ∨;::...../ {
                              / ..:} ...:YVヽ  廴__: :V  /r―――'  r‐「{{:::....... ヽ
                             く:. :... ...:}/ 'ノ  n   / : ∧ /: :\ ===xミ { { V::::..../.〉
                               \::.... | i  / ノ}  ≧、: : :イ下、: /   { ヽ ヽ ヽ }:../:../
                                      ヽ::...{ {:../ / /{ //_/几、 `ミi`ヽ ヽ ∨}  jム:/
                                 「入 ソ  {:...ノ ノY´/ ∧:ハ. トイ} ∨:...} ソ ノヽ|′
                                   /  ヽ  ^´ /:ノ / /...::{::...} |、ヽヽ. `ー’ /  }





      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`l::l:::::::ト
   /::::::::::::|::|::ノナ弋:::/弋|::|::::ハ
   人λ/ ̄)( ○)lili(○ノレ'.、      じょ、冗談じゃねえ、付き合ってられるか!
.    ./ /:| u,,  r‐ァ リ:|\ \
   / /:::|::|、     ̄ノく::|ξ三三3   逃げるぞ! ル ー ラ ッ !!
 ξ三三3::|::| ヘ_...い::::::.|::|  /
  \  \リハ|ハ::ハlヽ`、リ]´
    /\ / ハ ヽヽヽヽ `ヽ:ヽ
    {:::::::::.`< | .十) Y > .}::}
    .l::::::::./ ソ  |::| |,´ 乂:ノ
    ノリン/ ノ   |::| |  l´シ゛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


16 :◆vsQyY1yD2Q
【 コーネリアの屋敷 】
      ../|  |   jllji|            li!jli
     / ,,|  |   lilill!             jlilil|
     |(゚∀゚|  |   li il|            |iiil!!
     |  / ::|   |jili|            |liil!l
     |/   |   .jil li| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ lili!l|
        ;; .|  ,/jlil!il             li!lljl
         ┌‐┐il!jliilj________ljli!l'|
       _  .ノ l l ゝi'ii!jli================liil!|,l,
      /||   |___ii,ljlij : : : : : : : : .j!lilj,il
     / ..|| /┻ /|j!liljゞ : : : : : : : ノjljil!.iゝ
   /,  ノ´⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~)、
 /, (⌒             .:: ::::: ::: :::::: :  ~:,)
 |l (              ..: ::::::: ::: ::::::  ~:: ノ"
 ||,ゞ、            ..:::.::. : ::: ::::::  ,,~:: ~ノ"
 |l⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒^⌒^⌒~ )~ノ"
 ||l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_::; '"
 ||ー'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-||



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    ../:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`|::|::∪:::l   ――― とまぁ、トラブルもあったが
    人λ::::(|::レ'.),メ、::メ、ヘ|::|:::::ハ|
.      |::::/ .イ.=・= =・=|::|ル゙    ひとまず スー族とは穏便に話を済ませてきた。
      .|::/,'才.ミ). r‐ァ ノ:|::|
     、ノ::| ≧シヘ__.二_{:::::|::|      悪ぃな、報酬の話は うやむやになっちまった。
     .ヽ::;イ   |ノハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .|  |/ | ヽヽヽヽ `ヽヽ


                                                             ____
                                                     /      \
                                                          /        \
                   ……いや、あの子は やる夫でも御しきれないから  /            \
                                                  |  \   ,_      |
                   うやむやになって良かったんだお。           \(―⊂ ヽ∩  u   <
                                                          |  |  '、_ \ /  )
                                                          |  |__\  “  /
                                                    \ ___\_/


17 :◆vsQyY1yD2Q
                ,...... __
              ,...: : :´: : : : : : :`: ー:- 、
           ,.:.´: : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
         /: : : : /: : : :_: : : : : : : :.i: : : :ハ  ━┓
.          {:/:/x==彡"""`ヾ=ェュr'、__:/.: :.  ┏┛
         ,.ィ': /: : : : : : : : : : : : /: :/:/{:`ヾミx:.}.  ・
      ,.ィ:´: : : : _: : l: /:./:_/}:/l: /}:/:::l:l: l:l: :.ハ
    フ:/: : : : :/_ヽ:l:/l:/,.=x≧‐}/ / レ'_ヾ}:l: l: : }
   {//:/: : : :.i { y i:} ´ 、弋リ`   ´xュ、`/:/: /
     j/{:/: : :.ヘ ゞ   ,:::::::>     ! ゞ" /:/: ;'
     ´从l: l:./Yヽ  i::::::'     ' ′:::/: : : :.}    あの女は、何がしたかったんだ?
        ヾ{   } '::::l  , ‐ -y ,':/、: l: 从
.           l   l ヽヾ!  `ニ ´ /:イ  }'´
        人   ノ   >   , ィ´   ,′
. , -t‐‐{{{' ¨´  `´ :.     /ゝ ` ー ´
.´  ヽ/`ヽ             γ‐`、ー- 、
   / /´ミx ` ー- 、    , -'yゝ、 \  ヽ
   //{  /  〉x、 r‐-、     ,〃  `ヽ、 Y   .
   `  l  / / `¨l  /=f´`ヽ彡″  l `´   :,
.     ! ゝ'    l ./ー-l   l'´     ;/     :.
.     l       l/   ヽ  l     ヽ     ,ハ
ミx、  ,':}             ヽj         } ,..ィ彡" :,


                                                  , _
                                               __≧::::\ ト、ト、
                                              ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                                   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                                    , ' ::::::::l::l´:::::,::::::,-、::`l`l:::::::::\
                                           ヽル:::::::|::|/ ノ:/ ノfヽ:::|:::::::ト、|
                                             レ:::(|::| /:/ /...| |::|):::リ
                                                 |::::|::| レ ./..ノ .,''´}::::|
                      ……サン、おめえは分かんなくていい。    |::::|::|   ' ´ .〃 /:::::|
                                            ヽノ::::|::ト.     . 〈|::|::::し
                                                     冫:::ィリ \.,_  ._ノリ、:::(´
                                                   {:::::| γ< { /  / .>ヽ .l:::}
                                                    {:::::l Y....ヘ{/  /}/......Y..l::}


18 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.r、ヘ'"~"ヽ
              /  } }   `、~"ヽ
             / ヽ、ノ ノ    `、  ヽ
           レ'ヽ、  `<      `、  `、_
            ,'::i::::,ri`、.  .\      ',  `、`ゝ
           `、レ‐-',::::`、 .   \.    ',  トゝ
           j 乃`、l::::\ .   \   j  .リ`i
            l      l:::::::::::\  ヽ_,.ィ  リ    長さんは分かってくれたのですが
           l.-、   l:::::::,':::::::::ヽ .ノ.ヽ!j、.|リ
        <"~ `、_   l:::::/i,、::_,-<`' ,ヽ         スー族の中には、まだ私達を疑っている方がいるようなので
        \ . l::::l /`.l::::/ /   ,.r`,rフ'
          >、l::::l、 l::/r'  ,.r'"./<._           トラブルを起こさないよう
       / .l  \\レ .,.r' /  _,,ノ`ヽ、     早々にベースキャンプは引き払う事にしました。
       /   `ー- ` >.' ^`<_,.-''"      .`ヽ、
    ./     .y  / .ブ<  \    、j     \. 既にウルグスク号で 銀時さん達と共に出航しています。
    イ     / . /  l.r'.ヽ',   \   `、      .\
 ,r' _L - ‐-、 / /  _,,.、ゝ'ノ-‐‐ ''",.r''"''`', _,,_-‐‐-_,,_l_\
./    ) // /-''"   `ー .,,.・'      ',_ \ {  ` ヽ
l r‐''" / /   ` 7、 .,,_            ',`,  ヽヽ_    .}
', `.ー.'  .,./    ∧.',   "'''-.._      ..∧ ',.  `ー'   ./
.`、   .//    .∧ .',.',     ,'.,'`.,-、   ,.ィ' ', .}     ,r'
  \ / /    ./  ',..',.',    ,'.,' ,'  ',''"    ', i  /
   `-/     /   .', ',.',    ,'.,' ,' .   i       ',i./
    ./  _,,ノ/   ',...',.',   ,'.,' ,'    i`、    .i
   /./  ./    ', ',.二二' .,'      i  `ヽ、 .i
   /'     ./     i       i       i     ヽi
  ./     /      i       i      i     i
                                                             ____
                                                     /      \
                                                          /\  ,_.   \
                               なるほど。                      / (●)゛ (●)     \
                                                  |    (__人__)   U  |
                               アイビスがここにいるって事は.      \   ⊂ ヽ∩     <
                               ウルグスク号は ゲシュペンスト達が?    |  |  '、_ \ /  )
                                                          |  |__\  “  /
                                                    \ ___\_/


19 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 ウルグスク号 】
./        i      iト 、 _i .l`.iー-i.,,_l_i       i | ||   |           i,レi i.,i'ハ      .ミ i  i     i
'         i     .i!_  i`ーl.+- ,i,__l  i        .i..|_|.|___.|         i.i,.i.'i (_)"'' 、_  ミ i .i      .i__,,,,
         i     .fl   ̄i`ー li、__.i  l ̄i        i!| |.l  .|            i'i i_,i'ii ,.i   `'''ミ'i'''''i'''''''"""i
            i   .,( )`''' i、_i!_i ̄i`ーi          .i| | |. .|          i'i i ,ii'i i     ミ i i    i
            .i  ./i!fー- i、_.il  i ̄i`'''i          .| | |. .|           .i,i'.i i_,i,r'i!     .ミ i .i   i
            i. / i!,i,,,_i_  i .l`'i ̄iー-i          .| | |. .|           i,i-i!i i,r'i!    ミ i i   i
          i/ i!_i   i  ̄i` l iー-iー-i           |,jト|. .|          i_i_i!.t.'i .i!    ミ i i  i
           /.i i! .i ̄`i` ーiー-li- ,,i、._,i         |{{ }  .|_  _     _.i ii_i,,i-i''"i!、_  .ミ i i  i
         /  i`''iー-‐iー-.lー-.i!、_.i、__,i     __,,.. -‐''"|.W.iii..|_` // / ̄ ̄ ̄ .i.ii i .i .i .i!   ̄ ミ'i i i
          ./  .ト.i._i_, i、_,i、_i|__,i、__,,i-‐''"´     |.| El.||| .i.|ヽ/ /         i!'i i .i .i! i!    ミ(()i
       ,.'  __i!__i.i__i!   .i!  .i!;r''i!'"_i!         |.| ハ ||| ||'/`/ .ェェ(ヽ   i=ll+∩'ll''''ll'    .ミ Y
      .,r', 、 , ハ  .i_ , ハ ̄.lニ!~ハfl_fl___fl__fl_fl_fl_______―-- .i,ノ_/⊃{.i!i!|{ヽ   ,,ミ'l
     / ,ft===-.,r||-‐TT ,r'T ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |  ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄ ̄ ̄| | ll_l.l |,f^t.l_!i! }巛.ll},,-‐' .ミl、
.___/ /.||_`_' ,r' .|| ==l.,r'==|================================== ll  ̄  ̄.l .`lセ\`、i|___ミ'l____
 / /} l.||-.,r'{/lj.||ー,r'.} .| |l-‐''''''"=| |======| l=======.| |====i   | |- 、 ‐- 、 .l  |ミミ ミ   |ミl
'´ //.}{ .j ,r' }{_,,,,|| ,r' .}{ ,l⊥___|_|___|_|_____|_|____|_||  .ヽ|| .ノ  |lll l`、 i`、   .|ミ.、
../}./ {}/.,r'{ー.H―.,r'i―H 、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ||ニニニ||ニ{   l { i.`,l `、EE|.ミ->
" {} /,r' .}{.―l l ,r' .}{-/|.|/ |,r―― 、――――――――‐,r ―― 、,、  ||__|| .i!   lーゝ,/{ i i}  |.lミ



          _i_
         /ノ ヽ \
       /  ・   ・ \
       | @ (__人__) @|   おいら達が乗り込んで
.       |           |
        |.u        |    いいんでやんすかねぇ?
.        ヽ       ノ
         ヽ      /
         /     ヽ
         |      |
          |      |

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (    海での戦いじゃ、魔法使いが重要らしいし
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ    アミバがいりゃ文句は言われねえだろ。
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


20 :◆vsQyY1yD2Q
                               "//三ミミll;//彡ー、;;;;;;从从从,,ll||lll;;;;;;、- ''",,、 ';;;;;;;;lll、|||| l|
                               // /;;;;ッッ从''""  |;;;l|;;;;;;;;;;ll;;;从l| ''",,、-,、 ";;ll、|||| l|;;|゙゙从l
                               ゙゙l|/;;;;r''"       |;;;;|l|;;;;;;;;|l;;;从| '";;;;;;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙从l |
                                ||;;;;|       _,、-|;;|'l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;;l|;;ヽ;;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙从l |
                               ll||ll|;;;', _,,,、- ''"  ,,,、|;;|"l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙从l
                               ll l|l',;;;;',  _,,、 ー '"  |;;| l |;;;;;;;;ヽ、;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙从
                               }ll| l|',;;;;l''"       ヽ;; ヽ;;彡;;;;;;゙';;;;ミ;ヽ;;;;ヽ;;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙
                               | l| l||';;;ト、,    ミ、,,;;;;ィ=彡'"ノ´彡''"彡彡:::|;;;;;;;;lll、|||| l|;;|゙゙从
                               リ|| l||;;;;tヽ=;夫,゙ミ'、:彡`'''"´::::-ーー 、彡彡::::|;;;;;;;;lll|||| l|;;|゙゙从
             良いではないか。            |从ll|;;;;;`'、゙'''"゙l  `゙''彡''"    ..::彡彡:::|;;;;;;;;lll|||| l|;;|゙゙从
                                  ゙、从lヽ、; ;;',.  |          ゙'::彡彡/l;;;;;;;;ll|||| l|;;|゙゙从l
             俺様達は、船旅は初めてなのだ。   ヽ从ヽヽ;;;', j   ー 、      彡// |;;;;;;;;、ll、、゙゙゙从从
                                   ゙|,,ll|;;;; j" _,,、 '""    ノ   ::::/ |;;;;;;;;;;| |||| l|;;|゙゙从
             これを機に慣れておけば.             ||| | ;;;;゙'、-::);;/_,,,...-;彡´      |;;;;;;;;;;;| ||リ||;;;;;lll 从
             後々役に立つだろう。             | l| | ; ;;;ヽ"ー- ''''"´,、::        :|;;;;l|;;;;;;l|ll|| |l;;;;;;;l| |
                                   l゙lll从 ; ;;;;;;;'、 ー ''''"´彡      :/|;;;|ll|;;;;;;| l| ||/||l|l|
                                   ヽヽミ≧l ; ;;゙、 了´´     ..::/ ',;;| j;;;;;;l|从||l|从从
                                    ゙''''i゙jjjl|| ; ;;;;', l        /    ゙;| j;;;;;i;;;;;;从;;;;从;
                                            | l||从;;;;;;;;l ヽ;;:    /      ',|l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                            ',从从;;;;;;;;`゙'''''''''''''"        |.||;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;
                                      '、从从ミ、;;;;;;;;;;;;/ ノ`'' 、:::::""''::::: ヽ|、;;;;tヽ;;;/`
                                       ヽ、ミミミー、;;;;イ   | `' 、     `゙ーミ/

     |
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |      ・   ・
. | u @ (__人__)   なるほど、そう言う考え方も あるでやんすね。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }.     それなら ちょっと船の仕事を お手伝いさせてもらおうかな……?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


21 :◆vsQyY1yD2Q
                  / /
              , / :.:/  _______
.            //:.:.:.://:.:./ ̄¨二ニ=ー
        | //:.:.:.:〃:.:.: /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
        |Y:{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:\
        | :\:.:.:.:.:.:.:.:.:///`\:.:.:.\:.\:.:.:、:.:.:',
        ∨:.:.:.:.:./: :.:///ハ:.:.:.:.:. |:.:!.ト、: :\:.\j
.          /:.:.:.:.:/: : :.:// ,小:.:.:.:. |:.:!.|:.:Y:.:.:.V∧
        //.:.:.:.:. |!: : :// /__i|:|:.:.:.:.|斗|―トミメ:.V∧
.       // :.:.:/.:.:|!: :/イW 八!:.:.:.:.:Vィ芹そ刈、:.V∧     と言う訳で、ウルグスク号は
.       /|!.:.:/ :.:.:|i ハ/ィ芹そリ\:.:.:.|戈rり/ |:!:Y\:\
        | :/|:.:.:.:.|i:Y  戈rり   \|    从:小:.:.:ヽ`\.  護衛隊や傭兵達を乗せて、ここに向かってるよ。
        |/i | :/: ||∧ヘ      `      ム|:::::|!.:∨`\
        i l/八||::::::トヘ.    ー ´    ハ|:::::|:.:.:.∨`\             __
            i   ノ|::::::|:.:个ト.   `   /:!:.!:|:::::|:.:i|!.:∨\            //
           /,小::::|:.:.:|:l|:.:.:|!>___イ__|_从 |:::::!:.:l|∨|                / /
.        / /从ヘ!|:.:.:|:l|Y´ ̄ ̄| ̄`YV !::∧八 :リ            / /
             __乂|.:.:从刈:、   l、  / l:j/ーノ--)、        l^'; /^V、
.         /     八{   ! ヽ/  Χ  l′      ヽ       |//⌒`↓
         /       \ |/  爻'  \!       ',      (__/ /⌒ 、}
.        i            `ヽ ○               i      |Y'V ヽ ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 /:|           / |
                                                    |  レ── 、 /  |
                                                       |/      Y    /
                            こっちは我々に任せて                /       /   /
                                               / R:   , - 、_/    ,/
                            船長は、船団長についててやって下さい。  |_, -'", -'"7    /
                                                       `i-'"   」     /
                                                       └‐ '''"[_, -'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


22 :◆vsQyY1yD2Q
              ___  ______
               ,r.'.´ ,r‐、`´,r三ミ.`ヽ、
          ,r'彡'´./ /ミ`、/.ハ ヽ、ヽヽ、
         ,.f'´/,r"./'゜ミ、/,A .ヘ  ヽ、`ヽ、
         .f./,r", ' ./ /ミミv彡ヘ ヽ  ヽミヽ、
       _.l'´/  / /      ヽ .\ 、_ ミミi ._    スーから 海賊の家までは穏やかな航路だ。
        /i./,r".〃___       __ヽミ、`ヽ、`ミミl |l、
      .l.|l_./  .//_____``ヽ   .'´_,.___\ヽ  ヽ/ ll.|.   銀時達も一緒だし、何の心配もいらないだろう。
       !/.l .イ l.`ヽ匕`i   '´匕:ノ´ トミヽヽ,rlノl !
       .| .l i .!L≡=ミ、         ,ノ|l.i`.i / |!./    到着まで二ヶ月ほど掛かるだろうがな。
        !...!ミミ`r‐!` 、リ. △. _, イ/n !.l.|,'  レ′
       ヽヽ三l . |n.ミ__>-<__∩ll.| |.ノ.' ./
         `ヽミ! .!|.|、l| /ム |  .|.レ'.ノ'r、'´
            r'~テ7! `~ ~´  i~ミ彡i..ヘ
            ハ´‖〉     /`7 ./ヘハ



             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_丶    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ      と言うか、カガリ達の乗ってるアルテリオン号も
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )  到着するまで、もう少し時間が掛かるわよね?
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


23 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄`i ̄ ̄ ̄スヽ
      i|(廻)ノ __   ヽヾ\
      ト、_/ / z=| .i i i |:::|
      i   / ' └┴┴リ ソ
.     / /V ィf芯  f芯 i´         カガリ達の到着まで、一ヶ月と少しと言ったところか。
    /  ト-  `¨´  , `  i
,    /   /.:.ヘ   ο  /----、.       やる夫、さか奈の見立てでは、
   |   |:.::..:.:.:`:.:.ー:.:.´:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ.      おぬしの身体は極度の疲労状態にあるらしい。
   |   | /`ヾ、:川:.:.:,--,:.:.:.:.:.:.::.:.:.:ト、
   |   |:{  ミ Θ彡   }:.:;:.:.:.:.i i:.ヽ \   せっかくの機会じゃ、ゆっくりと休むがいい。
   |   |:.\彡 r‐ト、   }:.:i:.:.:.:.ヽヾ:.i .Yヽ
   |  ,イ--、:i⌒i |:.::`─':.:iヾ:.:.:.:.:.:\' .|:.ヾ⌒ヽ
   川`ゞ=‐人_:.:ヽゞ、:.:.:.;イ:.:.:{:.:.:.:.:.:./ ン:.:ノ-─ミヽ
   /     フ`ヾ:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.{二二_ノ:.ゞ':.:.:.:.:.:.:.:ミ}
  /      {:.:.:.:.`ヾi し' /i i 7 7:.:.:.:.:.:.:.:.:──ミ}
.彡     ___{:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.| '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ}
 ヽ__/ ヒ' ̄ ̄ ̄:.:.:/:.:\:.:.:.:.:.:.`ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.シ
        {:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.}
        ゞこヾ:./:..:.:..:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ン
         ト、ここヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.x≦;|
         |三≧===i⌒i=‐≦三三ミ|





                                                          / ̄ ̄ ̄\
         ビッグホーンの心を受け継いだ時                         /        \
                                                       /  _ ノ  ヽ、_  \
         普段使ってない力をフルに引き出してるような感覚があったお。   .|   (ー)  (ー)   |
                                                       \    (__人__)   /
         あんな事をすれば、そりゃ疲労するのも当然だお。           /    `⌒´    ヽ
                                                 ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


24 :◆vsQyY1yD2Q
              ___
.          /≪丁 》ヾー―- 、__ __
.          , 气《,≫》∧.′    \ \≫、
          ',′ノ≪. ∧/二ニ=‐-,   \》
.         || 《,≫》∧/二ニ=‐-/     ヽ
.       从≠イ'゙/三ニ=‐-,/   /  i: ヽ ゚。
.        / `T:升´三二ニ=‐ /   /  ′ |  l!
       / :从/γ⌒ヽニ=‐ 〈二゙メ__/ l二メ_|}
.       / :/' /ヽ{{ハ.:   〃:;バヾ  γホイ    ダーマの加護は、魔と戦うための力を与えるもの。
      /   :/ :/\'′   ヾ'_ツ     t_ソハ     身体能力にも影響を与える。
.     /   :/ :/ / `´、      ̄´    〉 l |
    /   :/ :/ / ...::| \            ,ハ :|     モンスター職にも同じような力があるのじゃろう。
.   /   :/ :/ /   /L_丶     ´ ` / |│
  /   :/ :/ /   |:... . . __> . . ィ  _」..L..._
. /    .′/     〈:. . . .|    \〔 . l:../    ゚。
/    l .′ __ 人..ー. .\   _(⌒ヽー  _  |

                                            ,' ⌒ハヽ、,_r - −¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
                                           ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
                                    i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
                                          ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
                                   /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
                                   {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
                                          )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
                                        l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
               ステータスに補正が入ると言う事ね。        .レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y
                                         |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/
               戦士になると力が+10%とか。          !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|
                                          l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
                                        :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
                                       :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
                                       /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
                                             /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ


25 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|.     そう単純なものではない。
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|     言うなれば、肉体、精神の成長を
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |     精霊がサポートしてくれているのじゃ。
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ.     あの時の やる夫は、ビッグホーンとしての力を
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|    かなり強引に振り絞ったようじゃがの。
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


                                                    ___
                                                  /ノ  ヽ、_ \
                             慣れない力を引き出したから.            /(●) (●.) \
                                               /  (__人_,)    \
                             身体がついていかなかったって事かお。  |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                               \ヽ   L         ,/
                                                        ゝ  ノ
                                                /   /


26 :◆vsQyY1yD2Q
                 _   __
               '"´ V´   `ヽ、
               /    _{r‐- 、   ヽ
            , '     /  }    \   ヽ
.            /    /              ヽ
            / /     j_V厶       ヽ  ',
.           j/         ,′   ヽ、       \}
        / /    /      >、:.:.. 、    ヽ、
          //    ーァ≧、, {`¬≦≠ミ、:.、:.:.. ー‐ 、}
        ″      /.汽rミ、   〃 {rイ }癶.ヽ:.:.:..   }   それで、身体の方は大丈夫なのか?
        /       /:/ゝ ゞ'   i    ¨¨´ ハ、:.\:.. 「
       {      /∧ヘ、    {     u /_ノ.:.:ヽ:.:ヽ}    三日も目を覚まさないから
        V     ./.:{:ー:.:⌒}   , --、  ,.':.:.:.:.:.:.:.}:.:rヘヘ   アイビス達が騒いで大変だったぞ。
.        {  ..:.:.{.:.:..-:‐:.:./ヽ、 `こ´ .イ.:.:.:.:.:.://  い
       ', `.:.ー゙≦辷彡'.:.:.|` - ´ ノ^):.:.:.:/     }.:}
        ヽ、      `丶、_//`⌒「´{/_,イ{_     ノ:/
          ` ー- .. _   ヽ{  i| ',<  ≧=≦/



                                                    ___(⌒ヽ
                                                         /⌒  ⌒⊂_ ヽ
                            まったく問題ないお!        (⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
                                             ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
                            元気いっぱいで               \ \    )┬-|   / /> ) ))
                            前より調子が良いぐらいだお!  (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
                                              \ \ /          /
                                                      ヽ_ ノ         │


27 :◆vsQyY1yD2Q

                 ___/ノ_
              __, -´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二二≧
            __, イ´:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
           ─‐ /:.:.:/:.::.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
             /:.:.:.:i:.:.:.::./:.,:.:.::.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:ヾハ
       、   /:.:.:.:.:,':.:.:.:.:|/:.ノ/ノ:.:.:.:.:.::.l:.:.:l:.:.',ハ
       >三_, ‐´,':.:.:.:.:.|/メ、∨|:.:.イAt:.:l:.:.:.|:トヽ
   _ ─ ' ´ ヘミ:.:.:.:.:.:/:.l:.:.:..:|イ示メ` |ノ.リ レ:.:.:.:l:|ソ    モンスター職って言うから
  {´ ヽ、     `T フ ノ|l:.:.l | `-'  / ⌒'ノ:.::/∧|     呪いみたいなもんかと思ったけど
  ',  ヽ \  \| |'-'´、|リ:.:| ヘ ヽ、 ノ  .//:./||
  ', ヽ z ェ──、 ,'  . | |:.:| 、 \ _ ̄イ /|:イ:|\      その様子じゃ、そう言う訳でもなさそうだな。
   ',、  彡|.|ヽノl |   .レ.|:.:|    /  |_ 、iノ|  }
   iヽ  '´ ノ } {:    、|:.:| ノ´ノ7∨  }|:.:| /
    | ∨ /_r‐'  ヘ     |:.:ト,厂:::ノ    ノ|:.:|/
    ∨∨:∧ ,、 lゝ、_ .|:.:|ノ、 ___,/ :|:.:|
     ///∧ l ヽ  \ .||:.|::| ` ´ }ヘ /|:.:.|
     /.///∧     / ノ|:.|::| ─  7 ソ/l:..|
    //////∧   > /::|:||::| \´ ∧ ´|ノ、
     |////////\  ///イ:リト、  //∧
    ///////////\|///|::::|/∨///.∧
                                                    _ .. -―v‐ ミ
                                                    _/_二ニ=‐-{{>}:r ヽ
                                               // \ヽ. ___人<乂、}i
                                         ′     \\ 彡>‐y!、
                                                { i i i i |ト、\Х〉  彡ノハ
                                               , | 乂乂 、Х孑刈  ⌒} ハ
     モンスター職と言っても                           ′V抖ミ、`  ゞ ′ rィ/  i
     れっきとした精霊に与えられた加護じゃからの。          Vバ弋rハ        ハ{′/」
                                           | / 、  ` __‐ァ  , /У ̄ ̄ ̄\
     今回は、慣れぬ内に力を使ったのが不味かったのじゃろう。 .l/ / > .. __///′        \
                                                / / / / ,  rv'/ , {   ′( :ト  i
                                            / / /r―‐- ミ_Y ∠  } ,/   :|| |::|i |
                                          〃/./ }   >{_}'´⌒ / v/    || |::|| |
                                             ノ{{ ' ′{ ̄   /"} ̄ ̄ハ }     :|| |::|| ト、


28 :◆vsQyY1yD2Q
                                                           ____
                                                   /      \
                           イングリッドの言う通り            ./ ノ  ヽ_    \
                                                / (⌒)  (⌒)   \
                           せっかくの機会だから           |    (__人__)      |
                           ゆっくり休養を取らせてもらうお。  .\   ⊂ ヽ∩     <
                                                        |  |  '、_ \ /  )
                           商会の仕事をしながらになるけど。   |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/
              _ ___
           _rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
        〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.
          l!:O ≫》:=‐/          \
        .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
         /| `¨´ =‐ レ__, `⌒ 、__" |:ハ!   仕事も休めと言いたいところじゃが
       / ', Y⌒'  r=-,    r=;ァ .i
     /   V:乂_.. "  ̄     ̄ " !     そこは男の甲斐性と言う事で見逃してやろう。
     /    :从||:|ヽ u  'ー=-'  ノヽ
    ./   /' / /|| |  > 、 ___ ,.イ  ヽヽ


                  _ ゝヽヘ,、
                 _,.ィ      .v
             ∠    _,..- ._ノ
           ∠.ィ .,.r''".,.r.',.\ `.ヽ、
              /ァ./. ./../ .\\   ヽ
                '' .{  ,' ,' _,.-.,_. ヽ ',  l
 ,、            ',_,.!-''" .,._. "''-. ,'
..{',.',              l _,..-'''"::::"'''-._. ̄.}              やる夫、次にロマリアに戻る時は
{`, ',           l:::::/‐ゝ、ii,,イ/"',:::`"'i'
l ` 'i__      ,-.―.l::::l 佗ト  .佗〉〉:::/~ヽ、         _   私も連れて行ってくれませんか?
.ゝ.//´ ,r7`"''‐-.,_`、.マ.l::::l.l   '_  /:::/ /~ヽ.〉       ,、'.) }i
 .ヽl ,'/   , r''"`"`,'::::/,ヽ. ヽニ.フ./::/ / ./   _  ,./.ノ//,'}  やる夫の家を見てみたいです!
  l l ゝ- ''"     リ:::/、!  > /ノ,.ィ_-='"7"~ ̄ ,i ././ }  .'/
  ! .l           レリ ヽミ .>_‐'<.,r_"   ,'    .,'l i .l、   ,'
  l l         /  .,r',r'ヽ  _,.r` i   l   ./.l l ', -.ィ'
  .l l        /  / .l ノ-''"_,, -.,,l.  `ー '" l .l  ,r-','
   l l       /   (._-'' ‐-‐'"    .',       .l .l`"  ,'
    ',. ',     ,.'       / ~"i       ',     l l   .,'


29 :◆vsQyY1yD2Q

                                                              (ヽ三/) ))
                                                    ___( i)))
                                                         /⌒  ⌒\ \
                     モチロンだお!                             /(.●)  (●.)\ )
                                                      / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                     それに、もうアナの家でもあるんだから          |   (⌒)|r┬-|     |
                                                     ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                     「連れて行く」んじゃなくて 「一緒に帰る」んだお!  | | | |  __ヽ、   ./
                                                     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                               `ー---‐一' ̄

 ーニ´ィ   /     /: /:.:ヽ:\ ヽ
  , ´   /     /: :/:.:.:.__:.:.ヽ: ', l
 //  /      l: イ,..-'´  `丶、,._!
 //  ,ノ     _l,.-'´  ,. -、  `ヾ,
/イ l/    _,-'   _/:::::::::`lヽ、 }
/イ /ヽ  _,.-´   /lヽ、:::::::/:ノ-',:ヽ'
  ,l/  〉'    ,.イ::/´` ゞ'-'´ _ l::::l
      },  _,..-'´:::|:/ ,..=-   、´` V:!
     `t'´:::::l:::::::::',       '  ,l:|__    ……はいっ!
      _lハ::::::l_,::、_::',   ー  ' ,イ:|-、: `l
     ∨二二二二',:::::..._   ,∠:::::! /: :/
       ヽ: : : : : : : 、ヘ ̄ヽユ´ |:::/:.,/
        >: : - 、: : : :∧    ヽ l:/:./ \
      /ヽ、: : : : `ヽ: : ヽ   // , - 、 ヽ
      /    ̄ヽー-、: : : \/- l    ヽ \
     /      ',  ` //´   lヽ    ∧-、
     /        l /_ /      }    l、: ',ヽ、
     /       _//´:/l       ,ノ`ー、  | .l: l ∧
    /     _,..-'  /: :.l 、    ノ-'´: ヽ_  ノ|: !   l
    /    /    l: : :.|、 ` , イ-、: : : : :lー '´ |: :l   !


30 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl.      ヴァンのヤツは、骸骨剣士を捜して一人で どっかに行っちまったけど
   人λ::::(| |( ー) .(ー::ノレ´__    しばらくすりゃ帰ってくるだろうし
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|二∠三,,)
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::| /  /    ダンナも目を覚まして、これで一段落だな。
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|  /
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リ]       あたいも、しばらく休ませてもらおうかねぇ。
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ  ヽ
    {:::l {´ < |  .|::|  | >  }


                                             /`ヽ、.__          _
                                                   「≡=_/.:.:\__     /.:.:',
                                             /:.:|:.、-.,|:「\:.\:.:.:`=-,./.:.:.:.:i
                                                 /.:.:.:i.:.:i.、:.:.:.゛.:\.:.:\:.:.:.:` ,.:.:.,|_
                                          //.:.:.:/:.:/ V\.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ.:.:.:',.:.:.:.:`=,._
                                       /.:.:/|.:.:.:.:! i  i.:.:ハ.:.:ヽ.:.:.:!.:.:.:.:i.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:/
                                             /.:.〈.:.! i.:.:-=,!ト  !:.|-弁:.,._.:.:!.:.:i.:.:|ノ/i.:.:.:.:.:.!
                                      i.:.:/l.:.:i.:.:',.:.:ィテi、 !リィfr'=ト、`テ.:.:!.:.:|:/:i.:.:.:.:./
                                      !/ i.:.:.:!.:.:|ヾ|{ リ     ヒ少 }´|:ハリ:.i:./.:.:.:.:/
              特に やんねえ香は大変だったものね。    !.:.:/ヽ|.:::}"   '     " リ ノヽ:.|/:.l/,.:i
                                              V   |:.:..ヽ、  、  U ノ:./ノ.:./|.:.:.:.:.ヽ,
                                                  ,.. ‐:.:.:.\   _,.-=/:.:,'.:.:./ll i.:..).:.:.:.:〉
                                         ,_//:.:.:.:/.:.:`マl´  /ゝ/./.ヘi:::!(\.:.:(
                                               ´ _ノィ/:.,-=リ/」--=イ)‐-,.⌒Y::::ヽi:.:.:.) \ヽ
                                          ,-'>、 .  {_,_,/  .:.:!:', /)、/i: |ヽ:. )
                                         ( /  `\ ! /   ィ´  i.:.:/ ヽィ/  l:.|
                                               / >i   ``X<彡¨   !/    \., ノ


31 :◆vsQyY1yD2Q





                    この時は、まだ誰も気付いていなかった。





32 :◆vsQyY1yD2Q







                               __
                             /..::::::::::::::..\
                           /..:::::::::::::::::::::::::.\
                          /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                         ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


33 :◆vsQyY1yD2Q





                   やる夫の身体に、ある異変が起きている事を。





34 :◆vsQyY1yD2Q



             n     ,⊆⊇、   n     ,⊆⊇、  .n      ___n__   __n_
            //__n    ̄ア/    //__n    ̄ア/   | |     ⊇ ⊆    `て 「
             └'⌒┘   └′   └'⌒┘   └′   ヽニフ   (⊆广     r'丿

                               __
                             /..::::::::::::::..\
                           /..:::::::::::::::::::::::::.\
                          /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                         ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


35 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                       第50話 「性欲をもてあます」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第49話へ 1    第51話へ

この記事へのコメント
>ムラムラします
最低だw
Posted by at 2011年05月09日 23:57
ムラムラwww
Posted by at 2011年05月10日 00:11
またキンクリさんの過剰労働の日々が始まるお……
Posted by at 2011年05月10日 00:14
キンリク「……またあの過酷な日々が…」
Posted by at 2011年05月10日 00:33
下半身もビックホーンなのかW
Posted by at 2011年05月10日 02:45
ちょっ、やる夫さんwww
Posted by at 2011年05月10日 04:59
ムラムラしますに全部持ってかれた感があるけど、やってられっか夫が少しづつ前に進んでるような描写がたまに有るのがすごく好きです。
Posted by at 2011年05月10日 15:02
32,34がアレにしか見えなかった…orz
汚れちまったんだな俺…。
Posted by at 2011年05月10日 15:51
>タイトル
固体の蛇「誠に遺憾である」
Posted by at 2011年05月10日 19:02
モンスターおっさん
「俺は何も言ってない」
Posted by at 2011年05月10日 20:22
キ、キンクリさぁーん!?
Posted by at 2011年05月10日 23:09
>ムラムラします
うるせぇよって素で言っちまったぞwww
やる夫もう爆ぜろ
Posted by at 2011年05月11日 18:21
コメ欄が予想通りの状態でなによりだw
Posted by at 2011年05月12日 14:58
夜のラッシュもビッグホーン並みですね、わかりますw
Posted by at 2011年05月13日 04:54
キンクリ「俺はこう言う時に燃える男だった筈だ!」
Posted by at 2011年05月16日 13:52
なぜ皆さんマンモスマンを呼ばずに禁句離散を呼ぶのでしょうか?
Posted by ARAWASAGO at 2011年05月22日 11:46
祝!50話目!
これからも頑張って連載続けて下さい!!

しかし、やる夫も嫁と離れて結構立ってるし当然と言えば当然?www

アナとかとの絡みにwktk
Posted by at 2011年05月24日 10:37
なるほど。命を縮めるとかそういうのでなくて良かった。
それにしても、3日間飲まず食わずの割には元気ですねえ。
太っているからか、ビッグホーンの心の影響か。
それとも、寝ている間も口移しで食べさせてもらっていたのでしょうか。

まあ、ムラムラするだけなら問題ない、かな。
心身に悪影響があるとかだと克服しないと大変ですが。
Posted by とあるA at 2011年05月29日 12:07

いや、アナと絡んだら倫理的に不味いのでは?www
Posted by at 2011年06月03日 22:36
キンクリさんへ
っエルフの飲み薬
Posted by at 2011年08月02日 19:07
記念すべき50話目が
「ムラムラします」でいいのかww
Posted by at 2011年08月13日 02:34
最後の一言とサブタイのコンボで茶を吹いたw
Posted by at 2011年08月13日 13:56
クソっ!壁殴っちまった
Posted by at 2011年10月20日 02:37
キ、キンクリさーーーーーーーーーーーーん!!!
Posted by at 2011年12月21日 23:16
最低の題名だーw(がびーん
Posted by at 2012年03月21日 23:24
考えてみれば、られっか夫って勇者勢で一番異性に縁がないんだな
それでも誰も気にしないのが、られっか夫らしさ・・・

てか、アナは本来の目的忘れてないかw
Posted by at 2012年10月04日 12:10
てっきりヤバいフラグかと思ったのに次のコマでふいたw
Posted by at 2013年03月29日 22:02
この>>31-35の流れは本スレでリアルタイムに見たかったなあ。
Posted by at 2013年03月31日 06:59
発情期か?w
Posted by at 2014年09月13日 00:07
シリアスかと思ったらコレだよw
Posted by at 2015年04月04日 15:52
そりゃ3日ゆっくり休めば溜まるよなw
Posted by at 2015年05月09日 13:28
そろそろ去勢が必要ですな、この種馬さんはw
Posted by at 2016年10月17日 18:54
それなら ちょっと船の仕事を お手伝いさせてもらおうかな……?

あんなに消極的で後ろ向きだったれっか夫が・・・ダーマまで自力で踏破して本当に成長したんだね
Posted by at 2016年10月25日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45023158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ