■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 7/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年06月27日

第53話「幽霊船」(1)

第52話へ 1    第54話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で邸 居間 】

            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |



            ___
     ____,../     \
    ノ   /           \   あ〜、疲れたお〜。
  /   /   u.           \
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


2 :◆vsQyY1yD2Q
                ,ィ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : !
                {: :l: : : : ;,xェョニ≡≡≡=(〇)==ュ、:..:'
             :/l:/彡"´: : : : : : : : : : :./::{: : : : : ヾ}
            /: : : : : : : : /: :/:/j/:/':::∧:.ト、:l: :ハ
           , :': : : : : : : /:/:/'´_,'´   ';'_ヾ} ヾ:l: :}
         , :': : : : ; -、: :/´-‐',≦ェx     ,xュニ' !: :;'
          /:/: : : : i ヌ ヾ}  '´弋:リ    i '弋リ '/、: :ハ    ヤルオ、どうしたんだ?
        从/: : : : ! { f !  f::::::;     :,  r::::!ノ: : l:i:}
         /l: :l: : : :ヽヾ' _   ::::::l     ´ ′ l:::;': :l:.l从     昨日は遅くまで帰ってこなかったし
            レ'从ト、: :.>'´ ヽ  ':::::!    _   ;:/}从/.     なんだか元気がないな。
                  `{    ト、 ヾ::.   ´ ‐   /! }
    ≧≠x、,,,、y≠≧=!    ! ヘヾ     , イ,,l l彡≠x
   彡" ,,、  "   ,,, 八   /      >t‐ ´,、 八ノ 冫 ミ≠
 彡″ ヾ  ´  〃  {/` ¨´      ,'、 ''" ″ ゞ  ゛  `≧x
彡" ,,、  '"  ′   }}           ,′ ヾ、 ゛ `〃 ト、    ミ、
" '" ,.ィヾ ″ ヾ  冫}         :    ヾ ″ 冫リ ヾ ゛  ≧
〃 .,.イ   ヾ ゛ ″   }}、` ー- 、     ,.. -‐' __ ミ   〃   }} '" ,, ミ



                                            >     ̄  `
                                                   /             `
                                              /               '
                                         /   / |  !     ヽ    '
                                           ′ / .! .Λ l、  |  ハ.     ,
                                               | | /-/!/ ヘ +-ト _l  l~~>  !
                                               | /!i .,,r┤   ヘLjLj_ !'ヽ.!_>  |
          昨日、ヨメ家のパーティーに招待されたそうです。    j/!.l| {{Vリ   } {r' }'ヾ< | .! _ヽ !
                                              ´ l/l   ¨,     `¨´ ゛ }l/ .| ト,\
          それで気疲れしちゃったんじゃないかと……。     ./ .|         u  ,!_イ//`  = -
                                            へ. /ヽ.     /゛ /
                                                    _/ - ニ!   </ : /
                                             _    ./- -´ ̄!≦____Λヽ!
                                            /  ̄ .-}   ´ ̄ } }___ ハ---ァ----、
                                        /  |    /`i   ヽ゛|>-、  /  ./     |


3 :◆vsQyY1yD2Q

  NVVVVVVV 人
  \     ( ゚ー゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|     うわっ、堅苦しそーッ!!
  レ!小§    (__人__)  | イ
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ       センパイ、そんなのまで出なきゃならないんスか!?
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (苦\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /



                                                            ____
                                                    /     \
                       旅してる間は、忙しいって断れたんだけど   / _ノ   ヽ、_  \
                                                / (○)  (○)  \
                       しばらく こっちに留まる事になったら    .|    (__人__)   u. |
                       断りようがないんだお。                 \    |  |     /
                                                /     ⌒     \


4 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    ∩∩∩    .    ∩∩∩
                                                   ∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
                                          │ ___  つ      ⊂  ___ │
                                                 ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
                                          / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
                              ダンスとか すぐに.        (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )
                              出来るようになる訳ないし   \ ./ ::::⌒(__人__)⌒:::: \' /
                                                  ヽ|     |r┬-|     |/
                              もー、お手上げだお!        \    | |  |     /
                                                    | |  |


              _,  -――‐- 、
           , '"´           丶
          /         /      \
            /            /  /| /  丶
         /     |  / /l/  ノへ、  l|
     , -‐'        |  /レ' ニ二´   、_ V N
     /           tノ / /しl    ,ニ、Y´|
     {            |   {:::_ノ     iJハ/ |
    {            l   `¨´    {:ノ| ヽ.    振り回されないようにするのが
     ゝ.         ゝ  u.       丶  l   /
      l         \_      _   /  /    精一杯だったものね、やる夫君。
        \    ゝ __ ノ    ´     / /
        丶. _ ー-イ          / /
               ` ー|  >  _,.∠-‐'        練習中に何度転んだか……。
            _/ノ     | \_
        _, イ/ l/     /  |― \
      //ー〈  |    /   | ― /^\
       / /―| |   /     /― /   \
                    ↑
    ┌―――――――┴─――――――──┐
    | ダンスの練習相手に侍女を宛がうと  │
    | 妾が増える可能性があったので      │
    | 練習相手を務めた人。           │
    └―――――――――――――――──┘


5 :◆vsQyY1yD2Q

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
    人λ::::(|::|( ー) (●ノレ´
.      |:::::::|::| ,,  .r‐ァ リ::|     それで、どうだったんだ?
      .|:::::::|::|、   nl^l^l::|
     、ノ::::::::|::| ヘ_「   ノ:|     パーティーの方は。
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ヽ, .くリ--、
     /:| .y / | ヽ::}ヘ  \、ヽ
     {::.| イ <  .| . .}::}.'iヽ、__)ミ.}
     {:::|.. `Y ヽ |  |::| |,弋彡ノ
     {:ξ三3 `|  |::| |  l´


                                            *  ______
                                     / ̄|  +   /        ヽ   +
                                           | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
                                           | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
.       料理と 話に夢中なフリして逃げ切ったお!   ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
                                  | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
                                  | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
                                  | ___)  ::|   /           \
                                  ヽ__)_/   /                 \


        ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     ∠:::::::f::f:::::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
     /::::::::|::|:ノ__人:::人ヾ:|::|::::ハl
     人λ(|::|( ●)  (●)|::|
       .|:::|::|   r‐ァ .リ|::| =3   なんだ、結局踊らなかったのかよ。
       .|:::|::|、     .ノく|::|
    .iヽ_ノ:::|::|' ヘ___い;;;;;;|::|ノi
 ⊂⌒ヽ::::::厂リ/{lハ::ハ1}'、 .|ノヽノ /⌒つ
   \  v y.< {  {::}  } >ヽ v  /


6 :◆vsQyY1yD2Q
        /: /: : : /: : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : :.ヽヽ
.       /: /: : : /|: : : : : : : \: : 、: : : : : : :,、: : :',:ハ
      /: : : : : : l∧: : : : {: : : 丶: :\: : :、:く `7>|: '
      .: : : l : : : :| ヽ : : 丶: : : |\: :ト、: :l: ⌒,==|: :|
    .': : :| : l: |___\ト、: : : :.|--V‐-、 ハ : |: : :|: :|
    |: : : :|: : :l: l ___Y、: : : :| zテ元ミ、ハ:.:|: : j: :.{
    |: : : :|: :.∧|〃朮_ \: :|' 弋zタ》 |: |^ヽ: : :、
    |: /: ハ: :{ {{ 弋rタ     ヽ!        |:/く、ト、 : :\   その、ご主人様は賢明な判断をしたと思います。
     j/ |: :ハ∧         ,  //// /ノ ノ  ̄ ̄
      |:/: : トム ////          、_,/           そう言う場であった事って、すぐに噂になって
      j∧: :| 厶               /:./          場合によっては攻撃材料になりかねませんから。
       \!  ヽ     r  ュ    /|:.:{__
             、         /  |从》〉
            /⌒i丶 __.  ´    |//
              /   _|         / /
             }\ /ノ      /  /\
         イ ̄ヽ {|    / ̄ ̄  /   ` >、
   __  イ  /    \   /           /  >-- 、
  〃    / ./     \ノ  /       /  /    ∧



                                                    , 、
                                               __γ´/ 丿ヽ
                                                ィ」  ⌒    ̄\
                                             /  |    卜、     \lx
                                              //   t  |  | ー\\.|  | l |
                                                //   l/\t \○ \|  | l |
                                                  |/l  乂{○    ̄ ⊂⊃l  /゙Y
                                         /八 \ {⊂⊃       // ノ
                      まひるって その手の話 詳しいね〜。  jノ  Tナl`            厂
                                                   ーヘ、   、_,、_,  ノ
                                                  ` ー-|___」イ
                                                     ,ノ}   l|ーァァ― 、
                                               / ̄l「 〃    l| 〃    |


7 :◆vsQyY1yD2Q
       //: :/: : : 丶 : : : : : : : : : : : : :\
      . : :/: : :/ : : : : : :\ : : : : : : : : : : : : :ヽ
.      /: :/: : : :{ : : : : : : : : : : : \: : :丶: : : : : :',
     /: :/: : :.| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : Vレ7 : : :
.    i : : : : : :| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : |∨ : : : i
.    |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ7 : |│
.    |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨ : 八|
      |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く : :\
      |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂   私、ここに来る前から
     厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|
      |: :\∧ヽVソ///// (|/\\イ : |     色んなとこで侍女してましたから……。
      |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N
          〈/ {∨ /         ヽ丶 | | | |八
         {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\
.           j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
.         丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
         /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |





     /            /       ヽ
    /         /   , ィ    l
  r= '       /  ,|  /   / / /、|  |
  {        / ∠レ'-|/ノ /く_  l | |
  {      { /y テfヘ    , =、 |ノ ん
   {      V ヘヒ.ノ     l_ノ! }|  }
   ゝ、    {  `       ー'  ノ  ノ   ( きっと、色んなとこで男の人を殴って
    \\  ゝ       '   ィア/
   / r フ` ート   /l フ  /´          クビになったんでしょうね、何度も )
   \ \    \  ヽ--' /
    |/{ 丶 二二二、---<
   / 丶-----‐'´   ̄ ̄下、_
   l                 \ _ |


8 :◆vsQyY1yD2Q
         /: : / : : : : : : /: : : : : : : : : :i: : : :|: : : : : : : : : : :zヘ☆│
       ': i: : : : : : : : ;イ:|: : : : : : : : : :|: : : :| : : : : : : : : : : レV:_:八
.       l: :| : : :│ : :/ i |: : : : : : : : : :|: : : :| : : : : : : : : : : |//: : :\
.        |: :|: : : :.|: : :  i |: : : : : : : : : :|'; : : ト、: : : :│: : : : |: 人 : : : :_>
      |.:,'|.: : :/|: :.:| :iハ : : : |: : : : :ハ : :| ∧ : : j : : : :〃⌒Y´ ̄
       j/ | : : :│:-|--─ヘ: : :j: : : :/`ー\|─:|:.:./|: : : :/ イ) 八
      / :| : : :∧: :| ,.-ッ=ミV∧ : /   ィァ=ッ‐ミ/ :|: : :/ リ /: : \   ( 種島さん、ホントに
        : : /:い、|《.弋うリ   ∨   弋うリ 》 :|: :/ ノ イ: :厂 ̄
.         ∨ |: ∧   ー         ー    |:/ _/} ∨\ _.    妾になっちゃったんだよね…… )
              ∨ ハ///  ,   //// / / } lリ   /:i\
           / ∧                    / /   /:i:i:i:i:i:i:i>、
           /   |:i人              /  / /   /:i:i:i:i:i:i:/  \
        /    |:i:i:i介     ─-     ´    /   /:i:i:i:i:i:i:/   ∧
         ∧     |:i:i:i:i:i:| {>  __  <  / /   /:i:i:i:i:i:i:/   /
       {     |:i:i:i:i:i:| \::::::::::\  }/ /     /:i:i:i:i:i:i:/   /
        |  \  |:i:i:i:i:i:|     ̄ ̄`>、/__/     l/:i:i:i:i:i:i:/   /



             , . :´: : : : : : : : : : : : `ヽ、
            /. : : : :./: : : : : : : : : : : : : :\
            /. :/: : : :./: : : : : : : : : : : : \: : :.\
          /. :.:.l: : : :/.:{: : : : : : : :.}: : : : : :.ヽ: : : :',
           /: : : :l: : :/{: :{: : : : : /: ハ: : : : : : : ';: : : :l
        /〃:.:.:.l: :/ uVハ:.: : :/: / i: : }: : : : _i: :./:i
          /: :.:.lV __ ノノ{: :.:/ l/、__」: ハ: : : ( )/: l
         /:/:\|   __   V    __l/_ V: : /:/: :.l   ( 八千代さんに言われて
          l/,. イハ ((_ )      ( _ )) Vl:/:./: {.    居間の担当にされたけど
            j,/////     ,//////, レ'  ): :',
            { u              イ:人: :.\_  ムリムリムリ、荷が重いって!
               ヽ     /⌒ヽ   u ,rイノ    ̄
              >   `ー '  。,. イ: : (__       それに、ご主人様が危険だから! )
              ノノ).:.>==<: :.:ト、: : :ノ
                ,. イ     (: : :|
             , ィイ          />、
            / ///   ̄ ` ´  ̄ // / \
           /  l/〈``ー‐-----‐‐‐ //:::/    ヽ


9 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 ニュー速で邸 厨房 】

                (^(~)^)
             |___|
┌─┬  ___.  (,,  ) ,      ┏┓┏┓
┝┯┥_┝┯┥_ (”∞ )ii∴;‘;;;;。o(⌒)┃ i .┃
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄   ̄|__〜 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              U U   | ̄~|~ ̄|
             | ̄ ̄| |  ゚.|.゚  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     /                  ヽ、
    /              i        ヽ
   / ./        i , il |   |  、  ヽ
   ,  '     ,   i l   l  i |  l‐‐-ヽ    ハ
  l  i  i |. l   il ,,|ノl l l、 li| | |l l | i  i ハ
.  |   .l  l l |   il"l|| | |i } iλ| l { l lヽ , l  |
  |  .l  l. | |  |i l|l l ! |l i }|l  ノ_リ_リ | |
.  |  |  li l l   ||i  { _`_   リ ノ ィ 三于| | l ノ   まひるちゃん、大丈夫かしら?
   |  l  l l | .l | |l辷三升         |jイ/
.   |  i  .ヘ、八 ヽ l {           //// {     今なら ぽぷらちゃんに
   | .|ヽ / `\ \` /////           l    侍女頭を代わってもらって
.   l i| i`l    ヽ、 ゝ             シ
.    l | i iゝ _ ,,.ィ         r ュ    /      私が居間担当になっても良いんだけど。
    i .| i i l lヽj  l} ‐‐ __  _,, . -‐ イi
     }.| i i lj |i ン}`ー‐-- ィ  i-ァ|il l| |i i .{
.ヾ_ ノ/ iノ/  i|  ‐‐ ..,, _|_| / \ィ‐-ヽ \


                                               /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、
.                                         :: : : : : : : :|: : : :|、: : : : : : : : : : : : :、
                                        /:: : : : : : : :∧ : : l \: : :.: : :. : :| : : : :.
                                        :: : : : : : : :/  V: :|  \: : : : : :|: : /|
                                             l:: : : : .:.:/⌒ 、V:i   , ⌒ヽ: : :レ´/:
                                          : : : : :y′     V      `ー|/: : :!
         八千代さんだと、ご主人様に迫られたら.        ∨:.:.:{  x==ミ、   x==ミ, | : : : :|
         断れないからダメじゃないかな。             .ハ: : |                |: : : : |
                                              ヽヾ;!         、       ; : : : :i
                                                `‐ヘ 、     __     ハ: : :.:l
         ご主人様が侍女にも手を出すって知って          l: :\   ヽ   ノ  r‐、イ: : !: : .:l
         目の色変えてる人達もいるし                !: : : : :....   ¨__r‐l ̄丶 :/l:. : :l
                                                 レ'V: : : :.:> /l 丶 丶  }‐ョ:: .:/-‐ミ、
         まひるさんなら、ご主人様も手を出さないから安心?    .V: ::「(l=ヽ     / / |::/   ,'丶
                                               メ   `¨ ∧    ∨ /|/    /  ',
                                                , -=<´     / ∧    ∨     /   ',


10 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 <////////////////// 丶
                                      〃///////、////////////////ヘ
                                              ///////// ::∨//\/////////// ヘ
                                        ,'/////// ':::::::::∨/∧.丶 //////////'.
.                                     ,'/////> 、::::::::::: \ ∧::: ><////// 7.
                                    i/////イ,z≠≧ ::::::::: >\::≠= .、>r" イ/!
                                    |////| / r'芹ヽ:::::::::::::::::::::::r'芹 ハ Y i////j
               それに、ぽぷらさんを.           レ1//.| :::{込//}:::::::::::::::::::::::{込//j!:::::j!/// }
               まとめ役にするのはダメ、ゼッタイ。   .V//', :::ゞ≠イ::::::::::::::::::::::: ゞ≠イ::: /i////
                                             ∨.∧ :::::::::::::::::::::: , :::::::::::::::::::::::::::::,'.///
               ぽぷらさん、侍女としては新人だから    ∨: ヘ                ////
                                          ヾ/ ヽ.       r ,       .イ///'
               今、皆の上につけちゃうと           }///> ,.         . </////{
               妬む人が出てきて大変?             .,'/.>/ r j≧ - ≦.| Y ヘイく ゝ\
                                           , <   j  .| >z、 ,r< |   ∨   `Y
                                     ,'     .〈_ ヽ/こVこヽ / _ 〉 / .!
                                     !   ハ  / {´::::: {:::::} :::::`}  ./ .!"  i
                                      l     }: ∧ ゝイ:/ ¨ヽー ' ./ .{    |
                                      i    !   \  ̄  l!   ̄ /  i!   .!


     .|:..:..:..:..:..i:i ヾ:..:.i .i:..:..:..|   |:..:∧:..:..:..:..メ:..:..:..:|
     |:..:..:..:..:..乂:.λ:.ハ:..:..:.i   .|:..:ハ:∧:.r、リ:..:..ノ:|
     .|:..:ヾ:..:..:ノ゙〉、メ、一ヾ∧  .レ′`ー.∧ヾ:../:..:|
      |:..:.ヾ.ノ / 丿  _, "     、_  人 ヽ∨:..:.|
      |:..:../ l / .ハ ,====      ===、 〉 i iヾ:.|
      |:..:..(,リ i | ,メ' ,⊃ 、、     \\ノ.| | .レ':..|
      |:..:..∨.′'´./\    `   人 `丶 ゙ 〉:..:|   そう言うものなのかしら……?
      |:..:..:.ヽ   .)`         .'  〉   ノ:..:..|
     .|:..:..:..:∧  ゙ヽ           /   /:..:..:..|
     |:..:..:../:..:\  ヽ   ∠_ゝ  /i   ∧:..:..:..|
     .|:..:..:/:..:..:..ハ   ト、     /ト、|   〈:..:ヾ:..:..:|
     |:..:../:..:..:./:i:i:i〉  | `ー-‐'" ,┴.ヘ  ..ハ:..:.ヾ:..:..|
    |:..:./:..:..:./:i:i:i/ ", .| ̄ヽ   ノ´   |   ト-─-、i
   〃´ ̄ ̄ ̄i"/   .ト  \ /  /  |   .|    `ヽ.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


11 :◆vsQyY1yD2Q
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |


                                                        ∧ ∧
                             旦那様、使いの者達が戻りました。     (゚Д゚,,)
                                                        《iV l⌒》
                             ホッシュ様達が会議室で お待ちです。   ×|  |l i|
                                                       ,ソU´i!_,_ゝ



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     おっ、幽霊船の噂が集まったのかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    行くお、ギャル夫。
  \      `ー'´     /



  NVVVVVVV 人
  \     ( ゚∀゚)
  <         `ヽ、
 / ) ) )/"" \ .ノヽ. \
 {   ⊂)     )  \ ヽ
 |   /{    ノ    ─ │i|
 !   ! § (>)  (<) | イ
 |   l§ ::::⌒(__人__)⌒|ノ   了解っス!
 |    ゜。   |r┬-| 。゜
 |      ∞ `ー'´/ ヽ
 |       ∞∞〆ヽ/
 |          ヾ_ノ


12 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で商会 会議室 】
                               _,,,,,_
                        _ξ__ `γ ^ヽ/___
                        |(◎)   ヾゝーノテ    |
                        |         (/     |
                        |     /\      !/ξ .|
                     <⌒。ー-、  /X /\   (( ))⊂ー、
                      |  〔|〉 ̄ / x/  \ ┌──γ⌒7
                     <,__ ゚ノi  /タ \  /  |i !|ii|||(〈  〕|
                       `ヽ⊃ ζ /  /  └── ゝ-、!
                         | (◎) o /       ⊂ノ
                        n    \/     (◎)   |
                        /~〉‐‐、η__ ,-- 、∩_|
                        ゝ   フ)ノ     (~~__)ノ
                           ̄       `ーー´



                 ,...、...-‐ ‐- 、 ,
              ,.r::´:::::::::::::::::::::  :::::::`:ヽ.,
              i:::::::::::::::::::::::::::::::.: .::::::::::::::::::ヽ
                 !:::::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::::/
              !:::::::::::::::::::::::::::.:. .:::::::::::::::::::i
                   i::::::::::::::::::::::::::::.: .:.::::::::::::::::::i
                   |::::::::::::::::::::::::::.:. .::::::::::::::::::|
              |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
              .|:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
         (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
         \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
         ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
         ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{    使いの者達に調べさせたところ
          ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:./
           ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ    i :.:.ミ〃'       幽霊船の存在は
             彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ          確かに船乗り達の間で噂されておりました。
               彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ
             .i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ       ロマリア−アッサラーム間の航路で
            ,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}         何度か目撃されているようです。
        , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ.
    _ ,.r::'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
 , r..'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、       ニュー速で商会 支配人
'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ     スレッド・ホッシュ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        /:::::::::::::::::::::ヽ、ヽ`` 、`` ‐-  、:::::::::\  ( 架空偉人AA? )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ./::::::::::::::::::::::::::::::\\  `ヽ 、   `ヽ 、


13 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /\  ,_.   \
                            ロマリア−アッサラーム間?    / (●)゛ (●)     \
                                                |    (__人__)   U  |
                            そんな航路があったのかお?  \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/


              _ _.、
         _  -‐ "    \
     , -‐ "          ヽ.
    /          _ ---‐ヲ
    i!       , -‐'  _  r'
    \     /   "",,,, l}i〃     陸沿いに進むと遠回りになり過ぎるため
      \/ ,     `"='  \
        `ヽ{.6 ! l    ゝ- r゛     海を北から南に突っ切る危険な航路です。
         l、ゞ: :丶、_ ,ll| i!
         ‐!  \: : : : : : : : :ヽ      そのため、通う船は少なく
     , y´ \    丶ー─--"     ゴジャース商会の独占状態になっている航路ですね。
   , ヘ     \_ .    \\丶ヽ
  /-‐ ─−- 、、   \    ヽ. ヽ\ヽ.
/: : : : : : : : : : : : : \_  ` 丶ー` }: : !: :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙ ヽ、_ _  __}: :`!: : |
: : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : :\:  ̄: : : : :|: : :`i!

    ニュー速で商会 交易所担当
    G.O.バーク
    ( 架空偉人AA? )


14 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ..,/`           ,,,,,,,,、               !、  _、     ./   `,!
         l゙               _l゙  ヽ、     .__          l゙.,/^. .`'-,,、 _ノ     ヽ
                   ,-'"″    ゙'、  .〈゙` ゙゙l,、   ._,〓″. . . . . .|.|        ゙'i、
                 丿        ゙l   ヽ   ゙---‐',,,/`  . . . . . .ヽ,\       `
                 |             ゙l   .|     .l": : :     . . . . . . \\,,,、
                 .ノ       ロマリア ● .,7     `゙l: : : : :   . . . . .;.;.;.;.;`‐i、У
                、`             !  .,r'",r‐'゙")   `'i、: : :    .;.;.;.;.;.;;.;.;.;.△△△
         ポルトガ 丿          `―" ‘''ー'″     `゙'‐,,、   .;.;.;.;.;.;: : : : :△△
            ○.,,/′                          ヽ:   : : : : : : : : △△
         ''''''''''"`                 __j'゛  ̄`ヘ      丶   : : : : : : : : △△
            r'"''-,__                 ゙l,,,,,,,.r‐-''"        │  : : : : : : : : 洞△
            |     ̄'''''_,,、                        /   : : : : : : : : △△
           _/ : : : ::△△. _'“゙''--,,,,,,,,,,,,,,,-、,、    小さな港  _i'′;.;.;.     : : : : △△
          l゙ : : :△△ _ _ _ _ _ _ _ _: : : : ‘゙^'ー,,,,,、     _,/.;.;.;.;.;.;     ○  : :,,,-,
          |△△ _ _ ピラミッド _ _ _ _ _ : : : : : : : :`'―--●.;.;.;.;.;.;.;    アッサラーム
         : "△△ _ _ _ _△ _ _ _ _ _ _ _ _ : : : : : : .;.;.;.;.;.;.;.            [  .,i'′
            △ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 砂船の港 ◇    : : : :     │.l゙
            △ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _: : : : : : : : : : : :     | ,/
            △ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ : : : : : : : : : : :   ,! .|
            △ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ く"'-,、: : : :   | ./
         、   △ _ _ _  イシス  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _゙) `'、、  .,l゛/`
         (    △ _ _ _ _ ○  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ △│ ,,-,゙''''''''゙/
         .ヽ__   △ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ △△丿.l゙△゙l、 ./        _,、
         .ー、,`'i、  △△△△△△△ _ _ _ _ _ _ _ △△△ '゚'″: :△l |           ゙l、
            ゙'、゙':       △△△△△△△△△∵∴△△△: : : : : : △゙l ヽ
             : .ヽ             △△△△△△: : : △,,ノ゙゙゙|△△ ゙, ゙-
         、_    `'、`-、、          △△: : : : : : : : : :,/`,-ー'′△△`i、丶
          `'i、    `ヽ.\         △△: : : : : : : :_/゙_,-‐"    △△゙l !    __,,、
            `',    .`: : i、、     △△: : : : : : :_/゛ /             | .l゙     ヽ、
             ヽ     `'┐゙゙'ー--,,,-‐"゙ヽ: : : : : :r'"  .l            ノノ      .ノ `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


15 :◆vsQyY1yD2Q
                                                             ____
                                                     /      \
                                                         / ─    ─ \
                                                  /   (●)  (●)  \
                             そんな所に港があったとは、初耳だお。   |      (__人__)   u .|
                                                  \     `⌒´    ,/
                                                  /           \


              _ _.、
         _  -‐ "    \
     , -‐ "          ヽ.
    /          _ ---‐ヲ
    i!       , -‐'  _  r'
    \     /   "",,,, l}i〃
      \/ ,     `"='  \     無理もないでしょう。
        `ヽ{.6 ! l    ゝ- r゛
         l、ゞ: :丶、_ ,ll| i!.      ゴジャース商会が所有しているようなものですからね。
         ‐!  \: : : : : : : : :ヽ
     , y´ \    丶ー─--"     冒険者には縁の無い場所です。
   , ヘ     \_ .    \\丶ヽ
  /-‐ ─−- 、、   \    ヽ. ヽ\ヽ.
/: : : : : : : : : : : : : \_  ` 丶ー` }: : !: :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙ ヽ、_ _  __}: :`!: : |
: : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : :\:  ̄: : : : :|: : :`i!


16 :◆vsQyY1yD2Q

      _,,,,;;:::: '''"`゙−::::.. ,,,
    ,ィ";;::::::;;;;;;;:::::::::::::,,ィ−、;゙ミ、
   ,;ミ;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::,;ミ'    "''i
   ゙ミ;;::::::::;;;;;:::::::::::,ミ'      ',
    ミ::::::::::::::::::::::::::゙、    ,ィ''"´,,ミ
   ミ;::::::::::::,ィ=ミ;;;::゙ミ  ",,ィ=ァ }     その航路の話なら、私も聞いた事があります。
   ミ;;::::::::::!i, /ア ゙i;;:::ミ    ̄  i;
   ミ;;:::::::::::、tゞ_,,シ:::::ミ        ',.     アッサラームの生命線とも言える航路だったのですが
   ,i;;::::::::::;;;iヽ、__,;;:::::゙ミ、     ィ _,〉    バラモスが現れてから危険になり、あまり使われなくなったとか。
   ,/ヾ、;;;;::ィ''  ,ミ'':::::::::::゙ミ、,,,,ィ":::::,ゞ
 /ヽ  \、  ミ:::::::::::::::::::::::::::::,r''"、〉   今では、労役を課せられた人間を集めて
/   ヽ  .\ ミ::::::::::::::::::::::::::: ヾ::::ミ    ある程度の損害も覚悟の上で使っているようですね。
     ヽ  \゙ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::ミ
      ヽ   ヽ ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ミ

 ニュー速で商会 隊商用の宿担当
 ヴァーボーン・ハウス
 ( 架空偉人AA? )

                                                      ____
                                                    /      \
                                                   /        \
                        ( 確か、幽霊船に乗ってたエリックも……。  /              \
                                                 |  \   ,_      |
                       そう言う航路なら辻褄は合うけど        \(―⊂ ヽ∩  u   <
                       まさかゴジャースが関わってたとは…… )   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/


17 :◆vsQyY1yD2Q
.                                          |::::::::::::::::::::::::::.:. .::::::::::::::::::|
                                        |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
                                           |:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
                                         (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
                                   \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
                                   ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
        しかし、噂話を集めてみましたが          ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{
                                    ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:.:/
        ロマリア−アッサラーム間の             ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ   u.i :.:.ミ〃'
        どこに姿を現すかまでは分かりませんでした。     彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ
                                         彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ
        これを探し出すのは難しいのではないかと……。 .i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ
                                            ,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}
                                  , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ
                              _ ,.r::'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
                           , r..'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、
                          '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ



.     ト VVVVVVVノ.人
.      \       ( ゚ワ゚ )
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
.      彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
      ル从§ ( ●) (<)ヾ  |   それは問題ねーっすよ。
.       乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
          \   ∩ `ー´   /     俺、空から見下ろして探せるし!
.          / ⊂  \∩ィつ ヽ
        /  ゝィ/ _ノ  丶
         (   /  / \   )
.         \    / \    /
              ー ´    ー ´


18 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ____
                                                    /      \
                                                   /─    ─  \
                       幽霊船が出てくるのは夜だから       / (●)  (●)   \
                                                 |    (__人__)      |
                       夜間に探す事になるけど、大丈夫かお?  \   ⊂ ヽ∩      <
                                                   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/


  NVVVVVVV 人
  \     ( ゚Д゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ   ─  │i|
  レ!小§ (○)  (○) .| イ    あ〜、防寒具がいるっスね。
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ     暗いのは、夜目が利くヤツになんとかしてもらうとして。
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


19 :◆vsQyY1yD2Q

                                                              (ヽ三/) ))
                                                    ___( i)))
                                                         /⌒  ⌒\ \
                                                 /(.●)  (●.)\ )
                              そうそう、出発前に            / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                                        |   (⌒)|r┬-|     |
                              杖と胸当てを               ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                              玉鋼装備にしていくといいお!   | | | |  __ヽ、   ./
                                                     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                               `ー---‐一' ̄



  NVVVVVVV 人
  \     ( ゚ー゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ      錬金術っスね!
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃   あざーっす!
  (鋼\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


20 :◆vsQyY1yD2Q

  NNNNNN人     ∩_
  \     ( ゚ー゚)   〈〈〈 ヽ
 <   ,,,,   ,,  ヽ、 〈⊃  }
<  / .ノ  ) `\ \.|   |
〃レノ§( ●)  (●)\ヽ.  !
〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::|ノ  l    んぢゃ俺は、町行って防寒具買ってくるっス!
 川     |r┬-|     |. /
    ゜。   ` ー'´  。゜/      装備は預けてきゃいいっスか?
 / __∞    ∞ /
 (___) ∞∞  /



                                                    ____
                                                    /⌒  ⌒\
                                                  /(●)  (● )\
                         こっちで預かるお!         /::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                                    |     |r┬-|      |
                         あと、防寒具は              /´ ̄``゛'- ._‐´    /
                         船乗り用のを買うといいお!   .|   ___)    \
                                                     |                \
                                                |                 ̄)
                                            |               | ̄ ̄ ̄


21 :◆vsQyY1yD2Q
                      ._____________
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                      |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::| バタンッ
                      |:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
                      |:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i
                      |:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                               _
                                           r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                          ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                        ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
                                       i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                             ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
       ――― さて、客人がいなくなったところで        r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
                                           ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
       ニュー速で家の話し合いをしましょうか。    .彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
                                        r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ
                                       ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                       い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                      ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)

                                       ニュー速で商会 私兵隊 隊長
                                       策士 スンド・メ
                                       ( 架空偉人AA? )

         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|   え? 何かあったのかお?
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


22 :◆vsQyY1yD2Q
.                                          i::::::::::::::::::::::::::::.: .:.::::::::::::::::::i
.                                          |::::::::::::::::::::::::::.:. .::::::::::::::::::|
                                        |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
                                           |:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
                                         (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
                                   \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
                                   ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
             いつもの縁談ですよ。           ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{
                                    ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:.:/
             ご当主様がロマリアに.             ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ    i :.:.ミ〃'
             帰っている事を聞き付けたのか        彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ
                                         彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ
             新たに三件の縁談が来ております。    i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ
                                            ,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}
                                  , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ
                              _ ,.r::'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
                           , r..'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、
                          '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ


             ____
          /      \
  i⌒',   /   ⌒    ⌒\
  |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
  |  | |        (__人__)   |   もう三件も!?
  |  | \       |r‐- l u./
  |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \    ロマリアに戻ってから、まだ一週間経ってないのに……。
  \____  ヽ  ヽ___)   |
         \⊂_         /
         \ `ー─── ' ヽ
          )            \
          /            \
        /     /´`\     \
        !    く´     \      ヘ
         \    \       ヽ     ヘ
         (´________ノ        ヽ    ヘ
          ` ̄  ̄           ∨______`)


23 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\
   /   (__人__)  u. \      大体、見ず知らずの人に結婚申し込まれても
   |_ _.    `⌒´      |_      嬉しいどころか怖いお。
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//).  家と財産目当てなのは見え見えだし。
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''





   見ず知らずではありませんよ。                                 _
                                            r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
   昨日のパーティーで三番目にダンスを申し込んで来た女性。    .,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                         ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
   ご当主様が冒険譚を話していた時に隣で聞いていた女性。  i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                              ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
   それに、帰り際に玄関ホールで挨拶した御老人に      r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
   孫だと紹介された女性。                      ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
                                           彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
   今回申し込んで来たのは、この三人ですね。     r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"ー-─"'-r' _二 ー:、::..-=':ヽ
                                        ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                        い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                       ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)



         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \   ……マジで?
    |      (__人__)    .|
     \    ´ニニ`    ,/   そう言えば、妙に熱心に話聞いてる人がいたような……。
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ


24 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     て言うか、意図的なものを感じるお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    もしかして、昨日のパーティーは仕組まれてた!?
  \    |ェェェェ|     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.                                                           , 、
                                                , '´   ヽ
                                           /  , '´ ヽ、 \
.                                                     , '/´ `'      .i  ヽ
                                               /:/:::         .iヽ ヾ
                                        /::i‐- 、_,!、_____    .i、 ヾ‐-
                    ウチは商売を通じて繋がりがあるから  /;:::i:ャュ) 、ャュ、_   iヽ、 三
                    仲介を頼まれたんですよ。          `〉i:: "゙./  `゙"、   i .,!ヾヽヾ_
                                               ゙i:: : ゝ,、、ヽ   u./ i 9:)``、
                    こっちも大変なんですから。            .!;;r'"ノ ヽ ヽ、、 /  .f.、!、:ヾ
                                              ,‐゙;-‐'"‐-゛‐-,-‐',   .}::-‐`
                                     _,...-..(.' `;" ´ヽ )``,ノ   .ィ{.、
                                   ,...-‐::::'´:::::::::::`), ' .) ン ノi .ノ ././:i:`:‐-、
                    ヨメ家当主          "~:::::::::::::::::::::::::::::彡 "' , ., ( ` `ノ./ /:::::|:::::::::::::`.....、
                    カー・コローグ・ヨメ   :::::::::::::::::::::::::::::::::::~彡 ,:: / ヽ , ノ⌒ヽ.、:::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ...、
                    ( 架空偉人AA? )    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´‐-ソ,ノ、ノヽ.!\ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ´`l  .ハ、ヽ)_, .-‐`:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:└::::!ヽヽ~:::  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


25 :◆vsQyY1yD2Q
                                                _
                                            r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                           ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                         ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
    その通りでしょう。                            i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                              ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
    ご当主様は、誼を結ぼうとする貴族や商家の動きを     r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
    尽く 封じてしまいますからな。                  ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
                                           彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
    縁談は、彼等に残された最後の手段なのです。     r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、:::..-=':ヽ
                                        ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                        い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                       ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        そ、そうなのかお?
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  そんな事してる覚えないんだけど。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /


26 :◆vsQyY1yD2Q

                                               _
                                           r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                          ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                        ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
                                       i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
        ご当主様は、美術、骨董にあまり興味がなく    ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
                                            r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
        また、社交パーティーへの参加にも.        ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
        積極的ではない。                    彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-  u;i';:   ,::::ー イ
                                        r´ 、 ミ ,.,:' 、   ;:ヾ '"-ー-"'- r' _二 ー:、::..-=':ヽ
        それだけで彼等は.             ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
        大半の手段を封じられるのですよ。   い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                      ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)





     ___
   /ノ  ヽ、_ \     ……なるほど。
  /(―) (―.) \
/  (__人_,)    \  ( 美術、骨董は利根川さんに注意されたからで
|  l^l^ln ⌒ ´      u .|    社交パーティーみたいな 知らない人が大勢いる所は元々苦手なんだお。
\ヽ   L         ,/
   ゝ  ノ             初対面の女の人とか、何話せば良いか分からんし )
 /   /


27 :◆vsQyY1yD2Q
                                               __   _
                                             ,ィ彡ミミY' ミヽ
                                           ,,..イイ‐' ニ ミヽ'  ミ、
                                          ;' - イノノノ'~'' '  `ヽミ';
                                                , 'ノ//i    ; , :.i))!
                                                イ//'彡'゛ _,,、ェテ ;iニ、il'、
                      ロマリアに居た期間が短く.          i'l /((` ' イー`  'i'-ソiノ'
                                                ヽ、ヽミヽ'ヽ  '゛ _  |~ノ'
                      十人の奥方様達の事ぐらいしか     、_)))ヽ、 ',   _`‐'!イ
                      人となりが知られていないと言うのも   ‐-‐'((!ヽ、   `~~~)ノ
                                          ((、ミ,lヽ `‐- -‐'!~‐-、
                      問題ではないかな?              ,`~~人 `ヽ,r‐彡|::::::::::::ヽ
                                        ,,、-‐'::::::(、 ヽ _) /;!::::::::::::::::::::`::、
                                      /::::::::::::::::::::::ヽ、 f/ /:::::::::::::::::::::::::::::`:::、
                                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::', ノ  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
                                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                        ニュー速で商会 専属錬金術師
                                        チャー・フイター
                                        ( 架空偉人AA? )

   ,,.. - ──一─ 、
  ノ"::::::::::::::::::::::::::_,シ 、
  ゙,ィ"´"´ ̄´ ̄   ミ::::ヽ
  i::i_,,;; 、 _,,,;;;::ァ  ゙、,.-゙、    その上、戻って来たら更に二人増えていた。
  、,iィ‐r ! ヾ"エ゙>   ミ'/、ヽ
    |  ̄,!    ̄    ミヒ リ   とりあえず誼を結んでおきたいと考えている者達は今頃
   | 〈、_,;::      ミ-''
   ,ミ、ィ";;;;;_:`ヾ、   ィシ::::ミ    やはり縁談は有効な手段だと思っているでしょうな。
  ィシ::::::::: ̄´:::::::゙""::::::::::::ミ
  ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
   'i,::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /\
  /゙ミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ'  /   ヽ


28 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \   それは困るお。
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/    何か良い方法はないかお?
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /



      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i
  .rヾi, ,;r tテ:::::  ::k tテ:、::.::ilr'ヽ    警備担当としても どうにかして欲しいところだ。
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
  .!i.i'l! u  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l      こう引っ切り無しに縁談の使者が出入りするのは
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/
    `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!.        警備上、あまり良い状態とは言えんぞ。
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、

 ニュー速で商会 私兵隊 教官
 剣闘士 オツ
 ( 架空偉人AA? )


29 :◆vsQyY1yD2Q

                                         ,...、...-‐ ‐- 、 ,
                                      ,.r::´:::::::::::::::::::::  :::::::`:ヽ.,
                                            i:::::::::::::::::::::::::::::::.: .::::::::::::::::::ヽ
                                         !:::::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::::/
                                      !:::::::::::::::::::::::::::.:. .:::::::::::::::::::i
.                                        i::::::::::::::::::::::::::::.: .:.::::::::::::::::::i
.                                        |::::::::::::::::::::::::::.:. .::::::::::::::::::|
                                      |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
                                         |:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
                                       (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
                                 \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
                                 ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
          現に我々もご当主様については.     ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{
          あまり詳しくないですからね。         .ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:.:/
                                   ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ    i :.:.ミ〃'
          何か御趣味とかは無いのですか?       彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ
                                       彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ
          誼を結ぶ取っ掛かりが別にあれば       i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ
          縁談の数も少しは減ると思うのですが。  .,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}
                                , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ
                            _ ,.r::'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
                         , r..'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、
                        '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ
                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        /:::::::::::::::::::::ヽ、ヽ`` 、`` ‐-  、:::::::::\
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ./::::::::::::::::::::::::::::::\\  `ヽ 、   `ヽ 、


            ___
         /   ― \
       |     (●) ヽ\
       l   (⌒  (●) |   趣味かお?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/    貴族とか商家の人達と共通の話題になるような?
     |        ヽ
     |        |


30 :◆vsQyY1yD2Q
                                               _
                                           r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                          ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                        ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
                                       i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                             ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
    今は彼等に合わせる事を考える必要はないでしょう。  r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
                                           ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
    向こうが ご当主様に合わせる立場ですから。     彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
                                        r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"ー-─"'-r' _二 ー:、::..-=':ヽ
                                       ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                       い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                      ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    やる夫の趣味かお……。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   ( 『DQ』 って言う訳にはいかないお。
 \  ∩(__人/777/      狩りとか? カガリの趣味だし、貴族達にも通じるかお? )
 /  (丶_//// \


31 :◆vsQyY1yD2Q

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    本なんてどうだお?
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    今まで忙しくて あんまり縁がなかったけど
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //     やる夫は元々読書が好きだし
  / __        /       この世界の本にも興味があるお!
  (___)      /


32 :◆vsQyY1yD2Q

              _ _.、
         _  -‐ "    \
     , -‐ "          ヽ.
    /          _ ---‐ヲ
    i!       , -‐'  _  r'
    \     /   "",,,, l}i〃    本、ですか……。
      \/ ,     `"='  \
        `ヽ{.6 ! l    ゝ- r゛    骨董品ほどではありませんが
         l、ゞ: :丶、_ ,ll| i!      古書などは十分投資の対象になりますな。
         ‐!  \: : : : : : : : :ヽ
     , y´ \    丶ー─--".    商家の当主の趣味として適当でしょう。
   , ヘ     \_ .    \\丶ヽ
  /-‐ ─−- 、、   \    ヽ. ヽ\ヽ.
/: : : : : : : : : : : : : \_  ` 丶ー` }: : !: :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙ ヽ、_ _  __}: :`!: : |
: : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : :\:  ̄: : : : :|: : :`i!



                                              ⌒))))y"//ミミ
                                                    〃彡∠三二ミミミト、
                                            / / ̄ ̄ 丶、ミ ヽ丶ヽ
                                           ,'///       iミ\ヽ丶ヽ
                                           l彡{,riul{ l、ru、、.  ヽ.ヽヽ  ',
                                           〃}tテ/ ヽtテ;>   i!゙lヽヽ丶!
                               良い ご趣味です。        lミ ',゙=',!  ゙〒'´ :::' ,' | | | l
                                                   `!;;(,,-‐`ヽ. :::::: i'/// __,'
                               私は全面的に支持しますぞ。    l.;;;;__,_, 丶 ./// ヽ- '
                                                    ',;;;≡''    /i! ゝ丶ヽヽ
                                            , -イ`‐--- イ /"l-イノノ
                                                _/: : : : : :/\ /"" \\ _
                                                : : : : : : : : :}  y'     ): : : \


33 :◆vsQyY1yD2Q
                                               _
                                           r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
                                          ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
                                        ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
       ふむ、アリですな。                       i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
                                             ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ
       書物を集めていると知られれば             r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ
       皆、それを伝手に誼を結ぼうとするはず。      ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
                                          彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ
       それで彼等の目的が果たされれば      r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"ー-─"'-r' _二 ー:、::..-=':ヽ
       縁談を申し込まれる数も減る事でしょう。 ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
                                       い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
                                      ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)



      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)   それじゃ、ギャル夫の件が一段落付いたら
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))   思い切って書庫を造ってみるお!
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /


34 :◆vsQyY1yD2Q
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \   あ、本って読んだら性格変わったりするかお?
   | ≧シ'    `⌒´      .|
   \ ヽ           ,/



                                         |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
                                            |:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
                                          (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
                                    \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
                                    ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
                                    ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{
                          は?             ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:.:/
                                      ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ   u.i :.:.ミ〃'
                          なんですか、それは?      彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ
                                          彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ
                                           i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ
                                             ,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}
                                   , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ
                               _ ,.r::'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
                            , r..'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、
                           '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ



       ____
     /      \
    /          \
  /           \   ……いや、なんでもないお。
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/   ( 流石に読むだけで性格が変わるような本は無いみたいだお )
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


35 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                          第53話 「幽霊船」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第52話へ 1    第54話へ

この記事へのコメント
この世界って文字も日本語なんかね?
Posted by at 2011年06月27日 21:13
以前に英語風のメニューが出てきてたね。
Posted by at 2011年06月27日 23:54
アルファベット+ローマ字って感じじゃなかったか?
後書きで、文字に関してカジノだかの例とともに結構序盤で説明してたような・・・。

しっかし読むのも一苦労だったのに、いつのまにか手紙まで書けるようになってたんだな。
Posted by at 2011年06月28日 02:07
ゴジャース商会…悪の組織とかでは無いのは解るんだが、あっちこっちに火種をまいてるな
…ちなみに、あゆみさんがお妾さんになってくれても全然構わんのじゃよ?w
Posted by at 2011年06月28日 05:44
CapsLockかけっぱなし状態のカキコみたいなもんだな。

読み辛いが理解できないわけじゃないと。
漢字、かな併用の日本語に慣れてると読むだけで疲れそうだ。
完全に表音文字で、英単語になってないニュアンスは文章全体から読み取るしかなくなるし。
Posted by at 2011年06月28日 06:26
玉鋼への置換って専売だよな?
さらにはミスリル銀も、現状ほぼ独占状態

高性能装備はニュー速で商会を通さないと入手できない気がしてきたw
Posted by at 2011年06月28日 10:33
 大航海時代では、無理やり連れて行かれて
奴隷同然に働かされる水夫があとを絶たなかった
からなあ…
Posted by at 2011年06月28日 21:11
奴隷同然の水夫がいるのは海軍とか海賊ぐらいでしょ。
会社は、もう少しましな筈…
Posted by at 2011年06月29日 00:13
会社とか、人権なんて言葉も無いんだから、身元保証も無い連中なんてカイジの地下労働並みの扱いなんじゃないのかと思うけど。

その辺、人権意識のある勇者組に雇われてる水夫(下級船員)はラッキーじゃないかな。
Posted by at 2011年06月29日 02:49
仮に性格が変わる本があったとしても影響されてそういうことがしたくなるだけですぐに戻りそうだ。
Posted by at 2011年07月01日 10:03
嫁達がいるし、すぐに元の性格に戻るだろうな。
…むしろ元に戻させるというべきか。
Posted by at 2011年07月04日 11:47
やる夫は侍女にも誤解されてますねえ。
気のせいか、絵里の言葉に棘があるような?
やる夫の人となりを知れば、誤解も解けるとは思いますが、やる夫自身がその手の風評は気にしないかなあ。

来て欲しくない縁談というのもあるものですね。
ひとまずは、落ち着きそうで良かった。
Posted by とあるA at 2011年07月10日 20:17
20のギャル夫のセリフ
>>装備は預けてきゃいいっスか?

装備は預けときゃいいっスか? でしょうか。 
Posted by at 2011年09月30日 14:57
ダンスの相手をするうちにあゆみさんが妾になる
→親子丼が解禁されたことでコガラシまでも妾になる

そんな恐ろしい未来が見えたw
Posted by at 2011年10月12日 02:12
やる夫の嫁のほとんどが冒険者、あるいは冒険者並に強い人だから、貴族にはかなりハードルが高いってのは貴族たちにもわかりそうなものだが。ぽぷらの存在に一縷の望みをかけてるのかな。
Posted by at 2011年11月28日 12:14
中世レベルの時代背景なら本収集は十分ノーブルな趣味だな
活版印刷もないだろうし、紙自体も高価だ
あれ?ロマリアの前国王が安くしたんだっけ?
Posted by at 2011年12月18日 14:08
稀本収集にも手を出して後世の歴史資料館なるのですね、わかります
Posted by at 2013年09月14日 11:00
冒険してる商人だから嫁入りしたら最低限サポートメンバーとしてついていかないと駄目ではって思うけどそこらへん縁談申し込んでる貴族たちはどう考えてるのかな
まあ王女とか修道院に行ってた富豪の娘とかって戦闘もこなせるけど…
Posted by at 2015年05月14日 11:15
安い紙の本を普及させたといっても古書の価値は変わらんし
普及したばかりならそんなに本もないだろうからそこまで気にすることもないだろう
そもそもロマリア以外じゃ紙が普及してない可能性の方が高いから他国の本用意するだけでいい
Posted by at 2016年04月16日 23:08
そもそも安い紙だけじゃ本は普及しない。
活版印刷技術もセットじゃないと。
印刷技術についての説明はないからまだ写本の可能性が高い。
まだ数は出回ってないんじゃないかな?
Posted by at 2016年09月11日 09:25
ドラクエ5は日本語だったな
幼女ビアンカがリュカに本を読んであげるとき漢字が難しくて読めなかった
Posted by at 2016年11月17日 20:50
今でこそピンと来ないけど印刷技術が出来るまでは写すしかないわけで本ってかなり高価だったんだよな
Posted by at 2017年06月04日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46394843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ