■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年08月22日

第10話「メシアとガイアと饅頭と」(4)

第9話へ    4 第11話へ

95 :◆vsQyY1yD2Q
【 某県 比佐子市 】
                          ,/ ゙̄ヽ へへへへへへへへへへへへへへへへへ_,-ーi、./
                      │   : ゙l.へへへへへへへへへへへへへへへへへl:゙  /゙i、
                         |    :|/へへへへへへへへ熊山登山道へへへ,丿  /  l
                     ,ノ:●   \へへへへへへへへへへ○へへへへ i´  /   |
                         / 日之出町.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_へへへ''" ̄ ̄ ̄ ̄  /     |:
                     /:                     `"''"゛           /      /:
                     ,/                           後木舞町 / ○ 東栄町
                    /                                  ○ /         :|:
                ,/                        宿江町       /
             /`                        ○      /           |
             ゙l                                 /      ○大隈町 ゙l、
             │                             /
            │                             /                  ヽ:
                |    瀬賀町                    /  蕪子町              : ヽ
            .,/゜     ○                    /    ○                  `,!
         ..,,/                        /
             |:                       /                           |
          :|:                      /
          ≒i、.            ┏━━━━┳┷━━━━━━━━┓                     |、
           : ,/     ┏━━━┛       ┃             ┗━━━━━┓        |:
       ━━━━━━━┛              ┃                          ┗━━━━━━
       ..,r'"`                     ┃                             ,√
      : ,,l″                          ┃
     /゛                           ┃                               ,,,,/`
   .,,,i´                             ┃                           /:
  ..,i´             : .:               ┃                            `-,_:
 .,i´             ,/⌒'-,,、             ┃                            │
.,,,|:                l"     : `|           ┃
 `ヽ            `'i、     .゙l、         ┃                               ヽ
   ゙(、            ‘''''i、   ‘_.        _┃_____ .:          : ___、      .__゙i、
    `~''-,,、           : │   ,}:  ̄ ̄ ̄  ̄ ┃      `~゙゙'''ー--- 、,,,,,〃       ̄ ̄ ̄ ̄
       `''-、          : ゙l   ゙l、        ┃
         `ヽ,、           丿   ‘i         ┃
           `゙"'-,,、  : ..,,,-"     i
              `''ー″


96 :◆vsQyY1yD2Q

┌――――――――┐
|日之出町 泉池寺 │
└――――――――┘

         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
_____|____________________|__________________________|________________________|_______________________|______________
:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__________|__________________________|_______________________________|___________________________|________________________


97 :◆vsQyY1yD2Q
     iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
     ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
.          / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
          ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
          l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
         ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
           ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
             ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ     よくぞ来た!
                ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
                ゙!、           |            /´       若きサマナーよッ!!
                 !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
              /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
              f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
             ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
             } \ \   「l\      /「[   / / !


98 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\                    センチジ
   /   (__人__)  u. \      あ、あなたが この 『泉池寺』 の住職
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   『 ミ ス タ ー ・ 仏 道 』 さんですかお?
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''



                                   __{ヽ、
                             {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                              >/       ヽ    }_
                            、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                             ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                            〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,
           いかにも!              /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ
                            ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ
           自ら そう名乗った事は.  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}
           一度も無いがなッ!!  ././////// {//≧、 ////イ从 {`__
                             ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
                     ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
                      { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
                      イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
                   /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
                  /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
                 イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
               ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
             /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
               /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
            {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
            |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
           人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
                ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////
                  \///ノ//     /;;;;;∧     ./      / : : : : : : : :ヾ、__Y三三ニニ=イ////≧イ/\
                     ̄ ̄/     /;;;;;/  ヽ    {       / : : : : : : : : : : :/ヽ、ニ彡イ  \ {イ /: : : : :\
                   /   /;;;;;/         l!   / : : : : : : : : : : : {___ ゝ==、__    \ ̄ : : : : : : : : :}

                    泉池寺 住職 ミスター・ブツドー ( 機動戦士ガンダム00 )


99 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 _
                                          _∠二 ̄`ヽ \__
                                      {、_,  ´          ―ヽ
                                     >―   _、}         、\
                                       / /  /     、  \    ``ヽ
                                     ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
                                  辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
                                      ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
                                     / 、___l W!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
         さて、アレックスから君達が            { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
         使いとしてやってくると連絡は受けたが   ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
                                    ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
         具体的な内容までは聞いていない。           V    ___    {/|川z┐
                                         ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
         まずは、何故ここまで来たのか教えてもらおうか。    弋__\ く __// 〃 ハ
                                          /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                                          ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
                                       __/ !!`ー―― ´ {{           `
                                  _ -‐    /ll          ||
                               ,   ´           ||、______/||  /



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |  はい、この手紙を届けに来ましたお。
     \  (__人__)   __,/
      /   ┌─┐  ヽ
     ヽ二⌒)  (⌒ニノ


100 :◆vsQyY1yD2Q

                 ,__,, -‐=ミ-、
                 フ_,r'^ 、ヽ ヽ
                `ァ`7 ,{ 小ヽぃi {
                   {爪ハ{ルiィァリ ドデ
                 ノヘ{__¬仆.            なるほど……。
                   弋_ツ∠入
                 _rf^ー‐{{ /`ー‐- 、_     では、読ませていただく。
              _  ´__リ――リ__    \
              《  l「 ̄!:::::::::::l ̄ ̄l[     ∠》    茶ぐらいは出そう、上がりなさい。
               ∧  !!  l::::::::::::!  〃   /: : {
             ,、/: : 、 ll  l::::::::::::!  ll   〃: : : へ
              /:::\: :`ll  l:::::::::::l   ll  Y: :/:::::::::〉
             \::::::\ll  l:::::::::::l   ll  ル:::::ィ:::/
             ヽ::::::ll  l:::::::::::l   ll   {::/:::::Y
              /:::::ll  l::::::::::::l   ll   H::::::::::!
               /:::::::ll  トr┬rイ   ll  { !:::::::::l
                 !::::::::ll  「`┴´1   !!  ヽl::::::::::l
             l__」!  j::::::::::::::l   ll   j:::::::::::!
             〈__ll  ├‐┬‐┤   !!    ! ̄ ̄]
                 |:.:.:ll  l:::::::j:::::::l   ll   ノ ̄ ̄l
                 ヽ:.ll  l:::::::h::::::l   ll  {:l:.:.:.:.:.:l
                  〃   !::::::ll:ll:::::l   ll   弋j_i/
              《   l:::::::ll:::ll:::::!   ll  /レ′
              ゝ _l:::::::ll::::ll:::::!___≫::::::::!
               |::::::::::::::ll:::::ll::::::::::::::::::::::::::::!
                    l::::::::::::::ll::::::ll:::::::::::::::::::::l:::::!
                  l:::::::::::::ll:、:::ll:::::::::::::::::::::l::::|
                l:::::::::::::ll:::}::ll:::::::::::::::::::::ヽ:l
                    l::::::::::::ll:::ゝll:::::::::::::::::::::::〈
                   l::::::::::::ll::::::::ll:::::::::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::ll:::::::rll:::::::::::::::::::::::::l
               l:::::::::::::ll┬f:::ll::::::::::::::::::::::::l
               l:::::::::::::ll:.!:.!::::ll:::::::::::::::::::_l
               l ̄ ̄`ll:i:.:l‐‐ll―‐… ´   !
               |    ll:i:.:|  ll         !
               ` ┬┘i:.:{  lL  、-‐¬ ´
                ∠ミy'゙:.:.}    {:.:r:.:.弋
              _/:.:.:.:.:.:.ィア     '、:Y⌒ヽ、
              {`ー‐‐彡'゙        ヽ\:.:.:.ハ
                  ̄ ̄          ヽニニソ


101 :◆vsQyY1yD2Q

┌―――――――┐
|泉池寺 応接間 │
└―――――――┘

 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |         |:::|::::頑:::|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   ヾ@ノ |:::|::::駄:::|:::|  |  |:| O        |:|:|        O |:|
 |  | |  | (ヾ/,ノ) |:::|::::無:::|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |  ミ)Y´ノ  |:::|___|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   i ̄ l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |__| .::|______ |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |/´ └‐┘             |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |:|_______,|:|:|_______,|:|
 |  |,.' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────┴───────|_
/ ̄              ___________
              /                 |
                / 旦                  |
            /               旦  |
              /                 |
          / 旦                  |
            /                   |
        / 旦                    |
        l二二二二二二二ニ二二二二二二l
         | ||                   | ||
         |__lソ                |__lン



                                     ,__,, -‐=ミ-、
                                     フ_,r'^ 、ヽ ヽ
                                    `ァ`7 ,{ 小ヽぃi {
                                       {爪ハ{ルiィァリ ドデ
                                     ノヘ{__¬仆
                  手紙は読ませてもらった。     .弋_ツ∠入
                                     _rf^ー‐{{ /`ー‐- 、_
                  アレックスから私への    _  ´__リ――リ__    \
                  依頼の手紙だったよ。  《  l「 ̄!:::::::::::l ̄ ̄l[     ∠》
                                   ∧  !!  l::::::::::::!  〃   /: : {
                                 ,、/: : 、 ll  l::::::::::::!  ll   〃: : : へ
                                  /:::\: :`ll  l:::::::::::l   ll  Y: :/:::::::::〉
                                 \::::::\ll  l:::::::::::l   ll  ル:::::ィ:::/


102 :◆vsQyY1yD2Q

               ,  -‐====‐ 、
                /. : : : : : : : : : : : : :\
              /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : \
                /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
            /: : :/: : : :/: : : ィ: : :/!: : : : : :l
              /: : :/: : : :/l: : :/ /: : / !: :|: : : |
          /: : :/: : : :/ ヽ/乂: :/′ |: :/: : : :!
        /: : :/: : : :/ーf--テ  `  ー乂/:/: : |
        /: : : : ;': : : :/  ゞ='    ‐f--テイ: : : :/
      (: : : : : : l: : : : | ' '    丶 ゞ=' ':.: : :/    依頼?
       \ : : : |: : : : |、  ― 、_   ' ',./: : : /、
       /: : : :」: : : : :、:>  _´_,. イ:/: : : /: :).    あれ? 商店街はニュートラルで
      /: : : : :/ \: : : :\  しく}广⌒/: : : //.    ブツドーさんはカオスなんだよね?
       レ{: : :/  /: : :_/⌒⌒ノ}  /: : : /:(__ノレ1
        ゝ: l   \:匸_ ミ三三彡 /: : :/L: : : : ノ   依頼とかしていいの?
          \ r‐ /⌒l    \: <∩ノー一'
             とし (_/⌒ヽ   ト,、_≦〈
            l\/  r― \_,/  〉\、
             \`T´⌒\ /   _ん  |ハ
               } \   \  / `⌒く |
                /    \    /l\    /





                             /./ /  , //  / /       ,  / ! i .W!   l.:.:  .\ヽ   ヘ !__ ,
                         {/ / `≠ , .l  /  , ;    /  / /l ./::::ヽ,    ,.:.:.:.:   ヽ} 、  ヘ ノ
                         ` .l.:.:// | .|.:.:.!.:.:.:l .|   ,´  , ノ/ノ:::::::::ノ  ノ ヽ.:.:.:V  / ヽー ´
                           {.:, l.:.:.| 、:.W.:,.:.:l   /l ./::::::::::::::::::::::≧ハヽ≧; .!、.:.:.:.:.∧>イ`
                           `、 |:.:.:! ∧! Y.:.:、 ./::::i /:::::::::::≧´¨ 弋夕ノ /∧.:.:.:/ ノ  |
                                ヽ、ヽ∧:::::ヽ.:.:.:.!:::::`:::::≧´:ヽヽ ___ //, / ´ イ /i l
             ……なるほど。              i`:::::::::::\, ≦´:::::::::::::::` ‐──‐‐ ´/ノ  /  ./ .jノ
                                      ∨::::::::::::::l i:::::::::::::::::::::::::::::`≦三三/ r‐ ´i  /
             君達が新人だと言う事を.        ヽ::::::::::::| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,   ノ i
             殊更に強調して聞かされたが      ∨::::, ヽ>ー─- 、:::::::::::::::::://  ´ i  、
                                    ヽ::::、 ‐─ 、   \:::::::::::/   /   ノハ ヽ
             そう言う事か。                     ∨ヽ, -─- 、 <:::::::,   /<ノ /イi l
                                    //:W、     ヽW::/ <´:::::>´/j ノ
                                     , /:::::>i r--- 、/  <´:::::::>イ/.:.:.:.:∧
                                    /.:i .l::ヽ 川` ー‐ ´ >´:::::::>イ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                                , ≦´.:.:.:.l .|:::::>−──── イ:::::::::i::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧


103 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|   え? どう言う事だお?
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ



                       iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
                       ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
                               / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
                            ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
                            l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
  君達を少しばかり教育しろと言う事だ。 ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
                             ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
  いいか、よく聞くがいい。.               ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
                                  ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
                                  ゙!、           |            /´
  カオスも、ロウも、ニュートラルもない.          !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
                                /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
  絶対的な この世の真理と言うものを。       f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                                  八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
                               ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
                               } \ \   「l\      /「[   / / !


104 :◆vsQyY1yD2Q

                           __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___, \_人_人∧从_人∧人_∧_人_∧_人_从_//
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ  )                         >
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ.   <  ご近所付き合いを大切にしようッ!! >
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}.   <                         (
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__.    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^⌒Y^YY⌒Y^YY^^Y^\
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
   人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
        ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////
          \///ノ//     /;;;;;∧     ./      / : : : : : : : :ヾ、__Y三三ニニ=イ////≧イ/\
             ̄ ̄/     /;;;;;/  ヽ    {       / : : : : : : : : : : :/ヽ、ニ彡イ  \ {イ /: : : : :\
           /   /;;;;;/         l!   / : : : : : : : : : : : {___ ゝ==、__    \ ̄ : : : : : : : : :}
             {  /;;;;;イ        |:',   / : : :ー=ニ= : : : : : :/   イ ー-、   \ : : : : : : : : :|
             | /;;;;;;;ム/   ー‐=     |: ヽイ : : :__ : : : : :// : : /  /   ー-、   Y : : : : : : : |
             |,' :;;;;;;;;;;ト、 \__    | : : \ / イ}≧x、 : : : :r─-イ __     ヽ __  }: : : : : : : : |
             | : :;;;;;;;;;|/7≧x====、__',: : : : :\イ ,ノ//∧≧イニ=‐-、   ヽ      /イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三ニ=<
            l : : ;;/ヘ{  ll    }///∧ : : : : : :≧xこ)/}  ヽ   }    ',  x-─彡 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . <
               ', / /| >-=ニニイ////∧ : : : : : : : : : : :\  } /}.    ',/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
             /   / .|        ̄ ̄ ̄ \ : : : : : : : : : : : `ヽイ   \  ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
              ',  /  |                \ : : : : : : : : : : : : :ヽ ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
                У   |                   \ : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
               /     ヽ                    \: : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
           /       / ̄l ̄ 三ニ=──────‐\: : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
            ,'   /   ,'  .|                   \: : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
           ,   /   /    |                      \ : : : : : : : : : : : :〃Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
             /   /    .|                   \ : : : : : : : : : /  | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          |  /   /     |                      \ : : : : : : : {  l| : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
           | ./   /       |                         \ : : : : : { /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/


105 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /      \
     /   ⌒   ⌒ \
   /   ( ・ ) ( ・ ) \
    |         __)    |   ……はい?
   \        |_   /
   /       -'   \



                              ノ   |     ,                   \   ヽ i  ヽ\
                       ヽ 、<´ /  .i    .|              |      .ヽ    | i    、、
                        ` ー,  /     ノ ノ             |、     l   ! i     | .l
                           / /,  ./`≠─ ´      /    , | i 、   .|    ,  |    l .|
                             /./ /  , //  / /       ,  / ! i .W!   l.:.:  .\ヽ   ヘ !__ ,
                         {/ / `≠ , .l  /  , ;    /  / /l ./::::ヽ,    ,.:.:.:.:   ヽ} 、  ヘ ノ
                         ` .l.:.:// | .|.:.:.!.:.:.:l .|   ,´  , ノ/ノ:::::::::ノ  ノ ヽ.:.:.:V  / ヽー ´
                           {.:, l.:.:.| 、:.W.:,.:.:l   /l ./::::::::::::::::::::::≧ハヽ≧; .!、.:.:.:.:.∧>イ`
        何を呆けた顔をしている。     `、 |:.:.:! ∧! Y.:.:、 ./::::i /:::::::::::≧´¨ 弋夕ノ /∧.:.:.:/ ノ  |
                                ヽ、ヽ∧:::::ヽ.:.:.:.!:::::`:::::≧´:ヽヽ ___ //, / ´ イ /i l
        とても大切な事だぞ。            i`:::::::::::\, ≦´:::::::::::::::` ‐──‐‐ ´/ノ  /  ./ .jノ
                                      ∨::::::::::::::l i:::::::::::::::::::::::::::::`≦三三/ r‐ ´i  /
        二度どころか                   ヽ::::::::::::| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,   ノ i
        三度、四度言っても良いぐらいだ。        ∨::::, ヽ>ー─- 、:::::::::::::::::://  ´ i  、
                                    ヽ::::、 ‐─ 、   \:::::::::::/   /   ノハ ヽ
                                        ∨ヽ, -─- 、 <:::::::,   /<ノ /イi l
                                    //:W、     ヽW::/ <´:::::>´/j ノ
                                     , /:::::>i r--- 、/  <´:::::::>イ/.:.:.:.:∧
                                    /.:i .l::ヽ 川` ー‐ ´ >´:::::::>イ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                                , ≦´.:.:.:.l .|:::::>−──── イ:::::::::i::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧


106 :◆vsQyY1yD2Q
                                                _
                                         _∠二 ̄`ヽ \__
                                     {、_,  ´          ―ヽ
                                    >―   _、}         、\
                                      / /  /     、  \    ``ヽ
                                    ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
                                 辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
                                     ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
                                    / 、___l W!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
                君達は、アレックスから話を聞き  { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
                                   ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
                こう考えたのではないか?         ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
                                       V    ___    {/|川z┐
                「メシア教とガイア教は                  ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
                 不倶戴天の宿敵同士だ」 と。         弋__\ く __// 〃 ハ
                                         /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                                         ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
                                      __/ !!`ー―― ´ {{           `
                                 _ -‐    /ll          ||
                              ,   ´           ||、______/||  /



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  :::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::\
  ::::::::::::::::::!:::::::::|:::::::::::::::::i:::::::::::::.
  ::::::::::::::::::!:::::::::|::::::::/:::::八::::::::::::i
  ::::::::::::i:::::!:::::::::|::::::/:::::/ /}:::::::i:::|
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::::/::::/`メ、|:::::::i:::|
  :::::::|::::|::::|::::::::||:厶イ-=テノ:::::/::::!
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::| i  / /i:::/::::/
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::| | ′{ノ厶イ
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::| i    \
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::| |    /   た、確かに、正反対の思想を持ってるように聞こえたっす。
  :::::::|::::|::::|::::::::|i::| | c-、ノ
  :::::::|::::|::::ト;::::::|i::| |  /!!
  :::::::|::::|::::| }:::::|i::| iノ´::!!
  :::::::|::::|::::|/::::/i::厂::::/::||
  :::::/:::/::/'::::/:::!:|::::::/:::八
  ::厶イi:/⌒メ、:::i::!:::/:::/  ヽ
  /: : :ノ': : :\)从!:/:::/
  : : : : : : \: \ノ'i:::/
  : : : : : : : : `:-、メ'"
  : : : : : : : :〉 : : \:\
  : : : : : : : iノ: : :_彡': : .


107 :◆vsQyY1yD2Q
                        iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
                        ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
                                / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
                             ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
                             l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
     確かに、そう言う側面もあるが     .! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
                              ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
     だからと言って対話も拒んでいては.      ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
     現代社会ではやっていけんよ。         ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
                                   ゙!、           |            /´
     我々は文化を持った人間であって           !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
     言葉も持たぬ猿ではないのだ。         /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
                                 f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                                   八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
                                ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
                                } \ \   「l\      /「[   / / !



  /:::::::/:::::::/::::∧::::|  |:::/::l:::|
  /:::::::/:::::::/\|く ヽl  /イ::/::::|
__/:::::::/:::::::/___\  __|/ !:::.|
::::::::::/l:::::::::| ゞ='     ___,|:::::!   な、なるほど……。
::::::::::V::::::::;'      , ゞ=' l:::::|
厂「>'::::::::/ u         /:::::|   意外と平和……なのかな?
 く:::::::/k\   _    /l:::::::|
  \::ヽ ヽ >'―┴<lノ l:::::::|
/{___):::::) }ー|  //  |   >:::::>


108 :◆vsQyY1yD2Q

                           __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ    表 向 き は な ッ !!
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
   人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
        ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////
          \///ノ//     /;;;;;∧     ./      / : : : : : : : :ヾ、__Y三三ニニ=イ////≧イ/\
             ̄ ̄/     /;;;;;/  ヽ    {       / : : : : : : : : : : :/ヽ、ニ彡イ  \ {イ /: : : : :\





        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   表だけかお!?
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


109 :◆vsQyY1yD2Q
                                                _
                                         _∠二 ̄`ヽ \__
                                     {、_,  ´          ―ヽ
                                    >―   _、}         、\
                                      / /  /     、  \    ``ヽ
                                    ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
                                 辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
                                     ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
                                    / 、___l W!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
         念のために言っておくが            .{ { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
                                   ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
         ロウとカオスが仲良く                ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
         手を取り合っていると言う訳ではないぞ。      V    ___    {/|川z┐
                                              ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
         現代社会に生きる者として                 弋__\ く __// 〃 ハ
         最低限の常識を持ち合わせていると言う事だ。     ./{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                                         ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
                                      __/ !!`ー―― ´ {{           `
                                 _ -‐    /ll          ||
                              ,   ´           ||、______/||  /



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、_ \
   /  (○)  (○) \
   | u   (__人__)   |  えっと、持ち合わせていない人とかは……いるのかお?
   \     |  |    /
   /      ⌒    \


110 :◆vsQyY1yD2Q
                        iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
                        ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
                                / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
                             ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
                             l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
    そう言った者達を              ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
                              ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
    「 狂 信 者 」 と呼ぶのだ。           ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
                                   ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
                                   ゙!、           |            /´
    君達が先程まで抱いていたイメージの中では.    !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
                                 /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
    我々は狂信者ばかりだったのではないかな? .f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                                   八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
                                ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
                                } \ \   「l\      /「[   / / !





            ___
     ____,../     \
    ノ   /           \   た、確かに、そんな感じでしたお。
  /   /   u.           \
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


111 :◆vsQyY1yD2Q
                     .    /./ /  , //  / /       ,  / ! i .W!   l.:.:  .\ヽ   ヘ !__ ,
                        {/ / `≠ , .l  /  , ;    /  / /l ./::::ヽ,    ,.:.:.:.:   ヽ} 、  ヘ ノ
                        ` .l.:.:// | .|.:.:.!.:.:.:l .|   ,´  , ノ/ノ:::::::::ノ  ノ ヽ.:.:.:V  / ヽー ´
                          {.:, l.:.:.| 、:.W.:,.:.:l   /l ./::::::::::::::::::::::≧ハヽ≧; .!、.:.:.:.:.∧>イ`
    まぁ、君達のイメージが         `、 |:.:.:! ∧! Y.:.:、 ./::::i /:::::::::::≧´¨ 弋夕ノ /∧.:.:.:/ ノ  |
    全て間違っている訳ではない。         ヽ、ヽ∧:::::ヽ.:.:.:.!:::::`:::::≧´:ヽヽ ___ //, / ´ イ /i l
                                 i`:::::::::::\, ≦´:::::::::::::::` ‐──‐‐ ´/ノ  /  ./ .jノ
    確かに、そう言った                   ∨::::::::::::::l i:::::::::::::::::::::::::::::`≦三三/ r‐ ´i  /
    必要とあらば殺人も厭わぬ者達は存在する。  ヽ::::::::::::| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,   ノ i
.                                   ∨::::, ヽ>ー─- 、:::::::::::::::::://  ´ i  、
    ロウ、カオス、ニュートラル問わずにな。         .ヽ::::、 ‐─ 、   \:::::::::::/   /   ノハ ヽ
                                       ∨ヽ, -─- 、 <:::::::,   /<ノ /イi l
                                   //:W、     ヽW::/ <´:::::>´/j ノ
                                    , /:::::>i r--- 、/  <´:::::::>イ/.:.:.:.:∧
                                   /.:i .l::ヽ 川` ー‐ ´ >´:::::::>イ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                               , ≦´.:.:.:.l .|:::::>−──── イ:::::::::i::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧



                /               \
           /    /              \
         /     /      /   /     /ヽ    ヽ
           /     ,       |   l    '   ',  l ',
         '     l     ∧\ |\ |  !  ,'  |
        l       |     | \`T¬\|   | /! / !
        |       |     |ィァ=ミメ、     jノ-l/ |
        |       |    ノ|:(_.ノ/!     ィ=ミyl  !
        |    /⌒'|     |//(.)//|     l(_ノl/ |
        |   / へ.|     |ゞ-―-'    、{/0リl  |   ニュートラルにも?
        |   {  |     |ヽヽ       `⌒゙'|   |
       /   \.._|     |           /  |
      /         |     |       ⌒  /    |
     /          |     |_          イ       |
   /          |      |   ̄厂 ̄  |    |
    {       __ ,/     |   ∧    |    |
   ヽ   ∠三./      |  l \   /!     |
    }   |`⌒/         /\ -\ \{ ハ     \


112 :◆vsQyY1yD2Q

                                             ,__,, -‐=ミ-、
                                             フ_,r'^ 、ヽ ヽ
                                            `ァ`7 ,{ 小ヽぃi {
                                               {爪ハ{ルiィァリ ドデ
                    そうだ。                       ノヘ{__¬仆
                                               弋_ツ∠入
                    後木舞商店街が                 _rf^ー‐{{ /`ー‐- 、_
                    どちらとも諍いを起こさないように   _  ´__リ――リ__    \
                    しているのに対し                《  l「 ̄!:::::::::::l ̄ ̄l[     ∠》
                                           ∧  !!  l::::::::::::!  〃   /: : {
                    どちらとも積極的に争おうと      ,、/: : 、 ll  l::::::::::::!  ll   〃: : : へ
                    考える者も存在するのだ。      /:::\: :`ll  l:::::::::::l   ll  Y: :/:::::::::〉
                                         \::::::\ll  l:::::::::::l   ll  ル:::::ィ:::/
                                         ヽ::::::ll  l:::::::::::l   ll   {::/:::::Y
                                          /:::::ll  l::::::::::::l   ll   H::::::::::!



        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\   それ、ロウとかカオスとか超越して
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/    質が悪くないかお?
   ノ::::::::::u        \
. /::::::::::::::::     u    ヽ


113 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  _
                                           _∠二 ̄`ヽ \__
                                       {、_,  ´          ―ヽ
                                      >―   _、}         、\
                                        / /  /     、  \    ``ヽ
                                      ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
                                   辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
                                       ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
      そうだな。                          / 、___l W!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
                                       { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
      陣営問わず、そう言った危険人物が         ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
      町を堂々と闊歩し、一般人に知られるようになると  ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
                                         V    ___    {/|川z┐
      魔女狩りの時代再びとなってしまうだろう。              ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
                                           弋__\ く __// 〃 ハ
      我々としても、それは避けねばならん。                  /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                                           ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
                                        __/ !!`ー―― ´ {{           `
                                   _ -‐    /ll          ||
                                ,   ´           ||、______/||  /



      ____  _  _
    . ´: : : : : : : : : : :` <--、\
 /: : : : : {: : : :/{: : :/\: : :.\、_,ノ}
/: : : : : : :/ \: { \{  l: :ハ: : :\イ
: : : : : : :/  、_   _, ノ }/ ',: : :l:|ハ n_
: : : : : : ;   __ ̄    丶-}/:〈 \_)           サマナーが警察とかに捕まっちゃうって事?
: : : : : : |  -―‐ゝ    fI_ハY1: : |  ノ_)ヽ
: : : : : : |    /    、V:リノ|: : :|イ_)   \       クマ吉とは別の意味で。
: : : : : : |  , ,         `  |: : :|J\    \  
: : : : : : {__     __,    |: : :|   \    \  太田さんとか事情知ってるし
l: : : : : : : : `', /`ヽ  /   / : /   / 丶-- /  あの人達なら、なんとかしちゃいそうかも。
ゝ: : : : : : : : :} (__j.ノ   /: : :\./      /
   〉.: : : : :/ ___.  イヽ: : : : :/     /
 /: : : :// \    j/: : :/    /


114 :◆vsQyY1yD2Q
【 あの人達 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
  f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
 辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
 `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
_ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
 均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l
  { ミ-人_/]ヽ     /   '_`ニ='´ !、   / j
  ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´
./ '  i.   U    !    ヾ     -'/'´
      {   U    |      ,  '" ∨
   /   l、     {       〈_ -‐ , ´                、
. 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/                   | \
  \    /!  \    、`‐-ィ/                       |  \
   \   `i` 、   \    ̄`/                  i` 、|    \
     \,,ノ    `>、ヽ  /                      ヽ   |\   `ー、
     /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_                 _.......≧-..'、 ` ー  ヽ
    /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {                ヘ´:::::::::::::::::_;:::::、   /  ノ-:,
  / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、              、-'::::::::::::::::i´  ̄,>'´   <┐'ァ
                                    「 ̄ ̄ /_ \    `ii::::!
                                  レ‐ 、::;' 'ー、\ _`ゝ /_L.!
                                   | ′i:::!   r:、ー、-' ̄´,彡ァ'
                                  ', 、_.|:|、   「  ̄ T==ヒッ‐,!
                                      \j::! ヽ └ ―┘  :ト二!
                                    /:::|  { 、_   、 _.ノ ,'
                                  <_/ /L_ヽ  _ ̄二 ヽ'|
                                 /:::├i:::::/`ト-、〉  〈`__人
                               /,'::::::::`.、`''ーL:; ' ,'| !ヘ:.、r` 、
                              / ,'::::::::::::::::>...__L/ | i_i」´!  \-、
                           ,. './  .i::::::::::::;:'      `Xヽ'::::::::|     \` ー------ ._
                            ,. '´ /     !::::::::;:':ゝ、 __ ノ;_;\:::::::!, ^ ー、-−'         `ヽ.
                   ,. ´    <. _ ,.'´ |:::::/::::{:::::`::..、 ヾ「:::::`:ヾ、!     `゙ - 、   /     ヘ
                 /´        ,. '´    !´ ̄ ̄iヾ:::::::::`::::':::::::::::::::::i         /  ,:'         !
                   /        /      ',  r‐`-ゞ:::::::::::::::::::::::::::::|       /  /           |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【 あの人達 】


115 :◆vsQyY1yD2Q

                           __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ   だからこそ、我々ガイア教にも
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}.    暗黙のルールと言うものが存在するのだ。
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ     少々 矛盾した話ではあるがな。
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
   人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
        ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////
          \///ノ//     /;;;;;∧     ./      / : : : : : : : :ヾ、__Y三三ニニ=イ////≧イ/\
             ̄ ̄/     /;;;;;/  ヽ    {       / : : : : : : : : : : :/ヽ、ニ彡イ  \ {イ /: : : : :\





   /  ̄ ̄\
  /  _ノ  ヽ_\
/  ( ―)  (―)\
|     (__人__)  .|   なるほど、理解しましたお。
\     ` ⌒´   /
 /          ヽ
 i   ヽ ヽ   l  }
 l     ゝ __)  (_)
 ゝ ____   \  \
 と_____ ノ___ノ


116 :◆vsQyY1yD2Q
                      .       / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
                             ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
                             l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
                            ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
        君達は この先            ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
        後木舞商店街のサマナーとして      ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
        活動する事になる。              ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
                                   ゙!、           |            /´
        メシア教と ガイア教の間に立ち        !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
        板挟みになる事もあるだろう。         /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
                                 f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                                   八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
                                ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
                                } \ \   「l\      /「[   / / !



                                               _
                                        _∠二 ̄`ヽ \__
                                    {、_,  ´          ―ヽ
                                   >―   _、}         、\
                                     / /  /     、  \    ``ヽ
                                   ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
                                辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
                                    ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
                                   / 、___l W!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
                                    { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
        ガイア教は、メシア教と違い            ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
                                  ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
        一枚岩ではなく小組織が群れた存在だが.        V    ___    {/|川z┐
        力が強ければ、ある程度は顔が利くようになる。     .ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
                                        弋__\ く __// 〃 ハ
        何かトラブルがあれば相談に乗ろう。               /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                                        ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
                                     __/ !!`ー―― ´ {{           `
                                _ -‐    /ll          ||


117 :◆vsQyY1yD2Q

                                              ,__,, -‐=ミ-、
                                              フ_,r'^ 、ヽ ヽ
                                             `ァ`7 ,{ 小ヽぃi {
                                                {爪ハ{ルiィァリ ドデ
                             まぁ、その前に              ノヘ{__¬仆
                                                      弋_ツ∠入
                             毛利 小五郎に相談した方が    _rf^ー‐{{ /`ー‐- 、_
                             確実だとは思うがな。       _  ´__リ――リ__    \
                                           《  l「 ̄!:::::::::::l ̄ ̄l[     ∠》
                                            ∧  !!  l::::::::::::!  〃   /: : {



           ,  -―――-  .
          /: : : : : : : : : : : : : : :\
          /:/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ\
       /: :/: : : : : : : : : ∧: : : : : : : : :', ',
        /: :/: : : : : : : : : /  ',: : : : : : : : :', ',
        /: :/: : : { : : ∧:_:|   |: :∧ : : }: : l: :!
       ,': :/: : : :ハ: : :| ∧:!`  」:/_ l: :/: : :|: |
       |: :|: : : : l \|         レ' |: : :|: |
       |: :|: : : : |  __      __  |: : :|: |
       |: :|: : : : | =====     =====|: : :|: |
       |: :|: : : : |  , ,    '    , , |: : :|: |    毛利さんに?
       |: :|: : : : |、      へ     /|: : :|: ヽ
    / :.:|: : : : | :>―r 「`! r―<:.:.:/ : : |: : : \
   /. . :.:.:|: : : : |:.:.:.:.:./∨ / ∧:.:.:.:.:.:/: : : :j: : : /
  ( : : : : : !: : : : \ニL/ /⌒lノ厂/: : : : / : く    ノ}
   \: : : : l\: : : : : >:〈  ⌒}::::::::\: : : :\: : :`二.ノ
   /: : : : l/: : : /}:::::}   ⌒}:::::::〈 >: : : : :>: : : :く
  ( : : : : /: : : ::く ∨::::人 `T^ ー/: : : :/: : : : : ノ


118 :◆vsQyY1yD2Q
                              ノ   |     ,                   \   ヽ i  ヽ\
                       ヽ 、<´ /  .i    .|              |      .ヽ    | i    、、
                        ` ー,  /     ノ ノ             |、     l   ! i     | .l
                           / /,  ./`≠─ ´      /    , | i 、   .|    ,  |    l .|
                             /./ /  , //  / /       ,  / ! i .W!   l.:.:  .\ヽ   ヘ !__ ,
                         {/ / `≠ , .l  /  , ;    /  / /l ./::::ヽ,    ,.:.:.:.:   ヽ} 、  ヘ ノ
                         ` .l.:.:// | .|.:.:.!.:.:.:l .|   ,´  , ノ/ノ:::::::::ノ  ノ ヽ.:.:.:V  / ヽー ´
                           {.:, l.:.:.| 、:.W.:,.:.:l   /l ./::::::::::::::::::::::≧ハヽ≧; .!、.:.:.:.:.∧>イ`
          知らなかったのか?.     `、 |:.:.:! ∧! Y.:.:、 ./::::i /:::::::::::≧´¨ 弋夕ノ /∧.:.:.:/ ノ  |
                                ヽ、ヽ∧:::::ヽ.:.:.:.!:::::`:::::≧´:ヽヽ ___ //, / ´ イ /i l
          武器の流通をコントロールし        i`:::::::::::\, ≦´:::::::::::::::` ‐──‐‐ ´/ノ  /  ./ .jノ
                                      ∨::::::::::::::l i:::::::::::::::::::::::::::::`≦三三/ r‐ ´i  /
          比佐子市でガイアとメシアが        ヽ::::::::::::| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,   ノ i
          矛を交えないようにしているのは.        ∨::::, ヽ>ー─- 、:::::::::::::::::://  ´ i  、
                                    ヽ::::、 ‐─ 、   \:::::::::::/   /   ノハ ヽ
          他ならぬ あの男だぞ。                ∨ヽ, -─- 、 <:::::::,   /<ノ /イi l
                                    //:W、     ヽW::/ <´:::::>´/j ノ
                                     , /:::::>i r--- 、/  <´:::::::>イ/.:.:.:.:∧
                                    /.:i .l::ヽ 川` ー‐ ´ >´:::::::>イ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                                , ≦´.:.:.:.l .|:::::>−──── イ:::::::::i::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


119 :◆vsQyY1yD2Q
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒) / / /   あの人、そんな事までやってたのかお!?
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  ::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  ./
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



                                       __{ヽ、
                                 {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                                  >/       ヽ    }_
                                、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                                 ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                                〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,
                                /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ
   メシア教徒の過激派が.                ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ
   密かに武器を持ち込もうとした時は       ./////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}
   協力して叩き潰したな。              ././////// {//≧、 ////イ从 {`__
                                 ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
   私ではなく別のガイア教系組織が  .___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
   叩き潰された事もあったぞ。      { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
                          イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
                       /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
                      /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
                     イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
                   ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
                 /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
                   /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
                {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
                |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ


120 :◆vsQyY1yD2Q
                       iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
                       ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
                               / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
                            ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
                            l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
       まぁ、新人が修練を積むには    ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
       良い環境と言えるだろう。      ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
                               ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
       今の君達では                   ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
       我等ガイアの敵にも成り得ない。        .゙!、           |            /´
                                   !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
       一心不乱に修行に励む事だ。         /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
                                f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
                                  八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
                               ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
                               } \ \   「l\      /「[   / / !



          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/   わ、分かりましたお。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


121 :◆vsQyY1yD2Q

         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
_____|____________________|__________________________|________________________|_______________________|______________
:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__________|__________________________|_______________________________|___________________________|________________________



     ___
   /ノ  ヽ、_ \
  /(●) (●.) \
/  (__人_,)    \   思ってたより怖い人じゃなくて良かったお。
|  l^l^ln ⌒ ´        |
\ヽ   L         ,/
   ゝ  ノ
 /   /


122 :◆vsQyY1yD2Q

                , -―‐- 、
               /.: : : : : : : : :.\
             /.: :/: : : :l: :/ヽ: : : ヽ
              /: : :l: : l : |:| |: ハ: : l
               |: : : |: : N:「、i  jノナヘ: |
               |: : : |: : |ィんハ  '⌒Y:|
             /| : : ム: :',弋ン _' '' | |     それは心配し過ぎだって
             く: : : : : ( ハ: :',  ( V   ! !
         /: : : : : :`Tヽ: :⌒\ニ イ: :ヽ.    アレックスさんが そんな怖い人
        く: : : : : : : : : : ノ´ ̄`V/   >/     紹介する訳ないじゃん。
        く:_: : : : /: : : :彡   |{_ノ} く〈_ノ}
        ト-': : : {: :ノ}ノf-― 、ノ ̄    ` ̄´
        `7^ー一'   }⌒ Y
          .イ>―- 、  | |
      / /      /`くj , |
      /        '   | |
    /              | |





                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                         /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                       /::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::!:::::::!
                                      /::::;ィ:::::::/:::::::::!::::::::::::::::::|:::::!:::!:::::!:::::::|
                                    /::://:::::::/:::|:::::::|:::::|::::::::::::L:::|:::|:::::|:::::::;
                                 /::〃 /:::::::/::::::}::/‐弋:|:::l::l::::|-!::!:/:::/:::::::;
                                   /イ  ./:::::〃:::::::lイ圷ミヽ::!:ト、:!行心/:::!:::::j
                     ……………。   !{   /:::/:::::::::::ハ弋ツ  ヽ   弋ツ'!::/::::/
                                 ゝ   !:/::::::::::::::::::::!..:..:..   ,   /ィ77::::::/
                                  ヽ !}:/!::::::::::::::::::ゝ.    ,ィ7///!-:メ、
                                     l:ハト、:ヽ:;ィ´.:.:.}`>././イ-",.イ/}'.:.:.:.:.`.:...、
                                      /.:.:.:|:.:.:.:.:.:! ヽ}     /:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                      /.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ハ  !    /.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.7.:.:.:.:.:/!/.:ヽ  メ、.:.:.:.:/.:.:.:.:/:.:.:.:.;
                                   |.:.:.:.\.:.:.:.:.:`.:.-/.:/.:.:.ヽ::''::!:{.:ヽイ.:.:..::/.:.:.::./
                                   |::.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:/.:/.:.:、.:.:.:.:.7イ.:.:.<.:.:.:.:V.:.::::../
                                      }:::..:.、.:.:.:∨.:.:.:.〃.:.:.:.:._O/;:!.:.:.:.:/.:.:.:.:.}:::::.:/
                                      ∨:::.:.\.:.!.:.;イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:;:;{.:.:./.:.`.:-:'.!:::./
                                     ∨::..:.:.:ヽ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:ヽ;:!;.イ.:.:.:.:.:.:.:.:!:.;′


123 :◆vsQyY1yD2Q
           ____
         /       \  '_
        /       ― ヽ 、
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)  モモ、どうかしたのかお?
      \            `_⌒
      /           \


                                                  -――--
                                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                              /::::::/:::::/:::::::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::::::,
                                          /:::::::ハ:::ハ:::::::/ !::/  ';::::!::::::::::::::
                                          !:/!:/!´ v! V:::{  }/ニ'' l!::/!::::::::::::::!
                                          'j:::::ノ三三 ヽ!  三三ミ! |::::::::::::::|
                    あ、いや……                !:/⊂⊃         ⊂⊃ !::::::::::::::!
                                             |::ヽ   r―‐、   u .l! |::::::::::::::|
                    私も、今気付いたんすけど……。  从:::::`::... l/__}__,..l!ィj::::/:::::::;
                                            ヽ::ト、::/ト-イ x=、::/:::/::イ::ハ::!
                                             ` j{ /j:.:イ/  , ヽイj:/レ'  ヾ
                                           、ー-r、_/ !.!:.:/  }  ハ
                                        てと ノ j 乂:..ヽ/ r-,〈-、 .!
                                         `¨’==x_トニ: : と ! 〉 j


124 :◆vsQyY1yD2Q
                                            ______
                                          ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
                                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                    /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                      /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::::::ヽ::::ヽ::::::::,
                                   /::/::::::::::::::::::/:::::|:::::::::::::::::::{ }::::::::::::|:::::::;:::::::::.
                                   |!.|::::::::::::/:::/::::!::ト、::::::::::::|::|`ヽ:::::::::/::::::::|:::::::::|
                                   |!.!::::::::::::!::::!:::::ト::! \::::::::|ヽ--!::::::/::::::::::l::::::::::|
                  あの人、お茶を出す時       |::::::::::::|ヽ|x==ミ   \:::! x==ミ/!/|:::::/:::::::::::|
                                     |::::::::::::;〃ん心ヽ    ヾ んi心`ヽ:::/::::::::::::::|
                  私 の 分 の お 茶 も        |:::::::::::::|! {///r}       {///リ |!.|:::::::::::::::::::|
                                      |::::/::::::| |i`ー '         `ー' |! !:::::::::::::::::::|
                  普 通 に 出 し た っ す よ !    |::/:::::::::; |i|i|i     ′       |! |::::::::::::::::::::|
                                   /:/::::::::::∧   ,  ---- 、   |!;'::::::::::::::::::::::,
                                     /:/!:::::::::/:::込、  {      } ,. イ|:::::::::::::::::::::::::,
                                  |:/ |:::::::/:::::|::::::个ト` ⌒  ´イ!ヽ:::::!::::::::::::::::::::::l::|
                                   |:! !::::::|:::::::|::::::::|::|/ /`¨    .|-!';:::!:::::|:::::::::l::::::|::!
                                  |! ヽ::::トレ::|斗イ/ / }     _| ';|::l:::!:::://::::/:/



     ____
   /      \           , -―‐- 、
  /  ─    ─\      /;:::::::::::;::::::::ハ
/    (○)  (○) \    { l:::V∨∨V::|
|       (__人__)    |  /し'::r|:::lo   ol:::|   あっ………!
/      |!!il|!|!l|  /  .〉:::::::::|:::|'' n ''l:::|
      |ェェェェ|..     ヽ(:::ノ::ノ厂[::厂l:::|
                    />:::>`ニ^ハ >::>


125 :◆vsQyY1yD2Q
                      ._
                       \ヽ, ,、
                        `''|/ノ
                         .|
                     _   |
                     \`ヽ、|
                       \, V
                         `L,,_
                         |ヽ、)  ,、
                        /    ヽYノ
                       /   r''ヽ、.|
                      |    `ー-ヽ|ヮ
                      |       `|
                      |.        |
                      ヽ、        |
                        ヽ、    ノ
                         ヽ __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___,
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ   私の目を誤魔化せるとでも思ったか?
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧   d⌒) ./| _ノ  __ノ
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ
   人__≧彡イ//}三ニニ/  ∧ =イ     /      / : : : : l :ト、      /三三三ニ=イ ̄//}
        ノ//// }ニ=/   /;;;:}      /     / : : : : :∧{;;;ヽ  ./三三三ニ/ //////


126 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第10話 「メシアとガイアと饅頭と」 は終わりです。


「泉池寺 応接間」 の背景に、ちゃんと四つの湯飲みが置かれていますよw


今回は、メシア教、ガイア教についての話でした。

この二つの勢力は 『真・女神転生』シリーズのもので 『デビルサマナー』シリーズには登場しないのですが

このスレは 『デビルサマナー』 の世界をベースに他シリーズもミックスしていますので
これら二つの勢力が登場しました。


ただし、世紀末でも大崩壊後でもなく正常に国家が機能しているため
『真・女神転生』シリーズほど表立って抗争はしていません。

この辺りは、原作の設定と 『悪魔のいる日常』 の世界観と照らし合わせて
このスレ独自の設定を でっち上げています。


次回更新は、9/4(日) 20:00〜を予定しております。

8/28(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ   おわりクマー!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


第9話へ    4 第11話へ

銀座カリー中辛 200g×6個大塚食品 ボンカレーゴールド21 中辛210g×30個入グリコ LEE ビーフカレー辛さ×10倍 200g×10個
銀座カリー中辛
200g×6個
大塚食品 ボンカレーゴールド21 中辛
210g×30個入
グリコ LEE ビーフカレー
辛さ×10倍 200g×10個

posted by 文月みと at 20:20 | Comment(45) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
どちらにも付かないニュートラル…
聞こえはいいんだ…

でも実際は、
無能は利用され、有能は付け狙われる存在だよなぁ…
ぶっちゃけどっち付かずは信用できないし。

ゲームでは大人の事情でいつもトゥルーエンドっぽいエンドへの属性だしね
Posted by at 2011年08月22日 22:26
毛利SUGEEEEEEEEEEEEEE!!
そしてMrブツドーwwwwwwwwwwwwwwww。

センスが秀逸すぐるwwwwww
Posted by あああ at 2011年08月22日 22:54
>いつもトゥルーエンドっぽいエンドへの属性
ラスボスに戦う価値無いわとラストバトルせずに去られたりもするけどな……。
まあ有る意味では一番カオス寄りなのかもしれんけどw
Posted by at 2011年08月23日 01:45
ミスター仏道wwwしかし、言ってる事はすごくためになるな
あんまりにも真1・2のイメージが強すぎるのか、ニュートラル=ロウもカオスも皆殺しって誤解してる人が多すぎる…
ところで、アナコンディさんはハーレム要員ですか!?
Posted by at 2011年08月23日 05:21
メガテンのこの三つのアライメントって解釈結構好きだな。これを知るまで自分の中じゃ善悪二極論だったし。
Posted by at 2011年08月23日 07:43
作品によってロウ、ニュートラル、カオスの解釈も結構違うし、位置によって大分スタンス違うからなぁ。
ロウ--ニュートラル--カオス
左によればよるほど、神命で秩序のために全て許される、右によればよるほど、力が全て、みたいになる印象。
ただ、ニュートラルはメガテンだと大体どっちつかずで自分の位置も決められない愚か者ってところがあるな。
結局どっちとも敵対しちゃうんだよな大体の場合。
Posted by at 2011年08月23日 09:29
>ニュートラル=ロウもカオスも皆殺し

童帝のロンメル・ザ・ヒーローだな
Posted by at 2011年08月23日 10:09
毛利のおっちゃんが有能すぎるw
Posted by at 2011年08月23日 12:45
そーか、メガテンとはいえ世紀末が来てなかったら、常識って大事だよなw
日本だし、宗教的にはそうそうヤバめなのはいない…といいな。くらいの危険度なのかな?
Posted by at 2011年08月23日 13:10
一般人=ニュートラルーニュートラルだからどっと付かずというよりは、善悪の概念や生き方のスタンスについて深く意識してない=興味ないって感じかな?
どっち付かずは真なるニュートラルの方かも。アレは超然としてるからなあ。仙人とか世界意思とかの同属だもの。
Posted by at 2011年08月23日 13:25
メガテンのっていうか、指輪物語以降の伝統だけどね。<三つのアライメント
D&Dだともっと細かく分かれてた時代もあったが。
Posted by at 2011年08月23日 16:29
最強の真理キターー!
応接間をよくよく見れば、湯呑みが偏って置かれてるんだよね
どっちがやる夫にくっついて座ったんだろうw
Posted by at 2011年08月23日 19:32
ブツドーwwww
最後に強くなったときの敵対フラグがたったな。

Posted by at 2011年08月23日 21:59
毛利のおっちゃんもブツドーもSUGEEEEE!!!w
Posted by at 2011年08月24日 17:39
ミスター・仏道だと解脱とかしそうだわ
Posted by at 2011年08月25日 22:30
法を厳守させるのにも力は要るし、そうするとロウって何よ?と考えてしまう。
Posted by at 2011年08月25日 23:38
もしかして掛け軸の文字で視線を誘導して、
読者が湯呑の数に気付かないようにしてるのかこれ
Posted by at 2011年08月31日 15:03
真Vの感じを見てると悪魔は皆力がすべてって感じだったな、
天使だって平等思想なわけじゃなくて、四文字が最強だからそれに従ってそうだったのかって
ヨスガにつく天使をみてそう解釈した
Posted by at 2011年09月02日 05:56
人間が獣にならないように理性的でなければならない、ということかな。
組織同士の戦いともなれば代償は計り知れませんし、芽の内に潰すか、
戦いを避けるために行動する方が賢明というもの。
それにしても濃いなあ。

>モモ
ある程度強さが上だと見破られるのかな。
モモ自身が強くなってコントロールできるようになれば、
また違ってくるかもしれませんね。
Posted by とあるA at 2011年09月04日 22:05
ちゃんとお茶がでてるのが細かい
Posted by at 2011年10月29日 07:00
俺AAの風景とか流し観する性質だから、
後からネタバレが無いと絶対に気づかない>茶

こういう小枝がとても好き
Posted by at 2011年12月07日 22:51
「等しくバランスをとろうとする」のがニュートラルなら、
「どっちつかずの態度」も
「誰にでも良い顔をしよう」も
「全員ぶっ殺しちゃえ」も
ニュートラルっていう括りなんだよなw
一般人、聖人、狂人の違いはあるけれども。
Posted by at 2012年01月06日 18:02
突き抜けると一番怖いNルート。ロウもカオスも皆殺し。
Posted by at 2012年01月17日 22:59
実際問題真女神転生でニュートラルやったら全ボスぶちころすルートだもんなwww
Posted by at 2012年01月20日 01:07
確かにご近所づきあいは大事だw
Posted by at 2012年01月29日 21:18
コメ欄ゲームに毒されすぎじゃね?突き抜けた真のニュートラルたって自分以外の全てを殺す。完全に引きこもる。バランス取りのために強い勢力を攻める。誰からの依頼も願いも無条件に受諾する。ひたすらどっちつかず。ぱっと思いつくのだけでも結構出るし。まあ、NLC×NLDの9スタンスでしか無い時点で思考が制限されてるともいえるけど
Posted by at 2012年02月02日 18:24
ニュートラルルートって、
話し合いに行ったらみんな狂信者で襲いかかってきたから倒した。
自分に主義主張は特にないのだが・・・
って勘違い系主人公のイメージがある。
Posted by at 2012年05月31日 08:47
N主人公は、受け身なへドラみたいなものだもんなあ
Posted by at 2012年10月10日 09:07
ライドウだとNはどっち付かずの優柔不断
日和見主義者って感じだったな
Posted by at 2012年12月11日 02:37
ミスター・ブツドー、一体何者なんだ・・・。


Nは今まで通りに過ごしてたいんだよー!みたいなイメージがあるな。
たいてい文明社会が崩壊してるから意味ないけど。

N陣営ってゲームには無いし、一番大変な道だと思うけどね
Posted by at 2012年12月30日 03:05
極論だが確かに信仰も主義主張も政治でさえ、人間が集団生活を送る上での道具なのだから、ロウかカオスだからという理由だけで殺しあってたら生活できないもんな。
「 ご近所付き合いを大切にしようッ!!」はいいセリフだな〜。
Posted by at 2013年03月05日 12:44
ガイアが俺に叫べと言っている
Posted by at 2013年03月10日 06:28
受身Nとか、攻めNとか、俺様Nとか、流されNとかいろいろあるやん
Posted by at 2013年04月09日 00:44
この手のアライメントのモデルの一つであるムアコック作品みると法も混沌も大体禍々しいしどっちかに偏ってるキャラクターたちも幸せ?何それ美味しいの?って感じに幸せと縁遠いから中庸が大事だと思うけど。
どっちつかずというけどバランス感覚大事だし自分の考えと違った考えも理解しようとする姿勢は大事だと思う。
法にしろ混沌にしろ”自分たちは絶対正しくて相手は間違っている”という価値観が厄介なのでは?。
Posted by at 2013年07月02日 03:34
皆殺しの極Nルートを歩むのは“ニュートラルの狂信者”ってことか。
面白い解釈だなあ。
Posted by at 2013年07月06日 01:02
ブツドーwwwwwwww
Posted by at 2014年07月03日 23:36
いつも属性の話で話題になるのはLNC属性だけで、誰もLND属性に触れないんだよね。

むやみに対立をあおったり、自己破滅的な行動を取ったりするのはD=ダーク属性。社会的な存在として厄介な問題を引き起こす要因になるのはLNC属性じゃなくてLND属性だよ。

LAW/DARK、NEUTRAL/DARK、CHAOS/DARKと組み合わせはそれぞれがあるのに、何故か「皆殺しするN属性が一番外道」とかバカなことを言ってしまうやつが多いのは個人的に不満。

製作者サイドが「神でもあくまでもない人としての道を進む」という意味でNEUTRALルートを設定しているというインタビュー記事を読んだことがあるんだけどなあ。

ちなみにムアコック作品のアラインメントだと<法>の神々が求めるのは「宇宙の熱的死」。エントロピー=乱雑さの増大を目的とするという字面だけ読めばメガテン的にはCHAOSっぽい。
Posted by at 2014年08月28日 16:10
Mr.ブツドーとお隣の銀河美商人のセンスは本当にすげえなと読み直して関心する
ってか、ブツドーさんの登場ってリアルタイムで美商人より1年前ぐらいだったのか
Posted by at 2015年01月25日 06:51
↑↑
「皆殺しするN属性が一番外道」ってのは
Nルートを選んだら、ゲームの仕様上皆殺しにするしかないってのの皮肉でもあるんだけどな
せっかく悪魔と会話出来るシステムなんだから
新のLヒーローやCヒーローと会話で収められればいいのにとプレイしてて思った

あとLND属性の問題があまり無いのは、人間のレベルではLIGHTやDARKにはならないってのもあるかと
Posted by    at 2015年04月21日 05:02
歴代主人公の中にはLD軸が変動する奴もいるけどな
偽典の葛城史人とか
Posted by at 2017年07月19日 10:03
今更だけど、甘口カレーは広告に入ってないの?
Posted by at 2018年07月07日 11:08
おっちゃんが重要人物過ぎるw
ここのアライメント区分はいいなあ。全知全能と似た空気で好き
Posted by at 2018年09月28日 05:03
あくまでも真メガテン1で考えると、カオス陣営に仏教や神道(日本のメジャー)が多いけど
自分たちが正義で他は悪という侵略者メシア(一神教つーかキリOト教)VS 日本の宗教
みたいな感じだもんな。

正確にはキリOト教で悪魔認定されているのとその他の有力宗教がカオスって感じ?
日本が舞台だからことさら日本の仏教陣営なんかはカオス陣営になっている
侵略者(ロウ陣営)に対抗するって意味で
Posted by at 2018年11月11日 20:51
とりあえず反メシア。つるむの嫌いだからカオスとも距離を置く。
・・・・・・ニュートラルにならざるをえない、いつものメガテン。
Posted by at 2018年11月22日 07:17
悪魔死すべし、慈悲はない って思想に到ってしまうと
神と天使は大事なメシア教とも、悪魔と共存を謳うガイア教とも
敵対するニュートラルになるのかもなあ
(悪魔抜きの人間社会とは敵対しない)
Posted by at 2019年01月02日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47498931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ