■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年09月19日

第12話「1mの悪魔」(3)

第11話へ   3  第13話へ

72 :◆vsQyY1yD2Q

                 _/ム_
                /´ {{,  ヽ
                ,' ≧rーi≦. i
               /i , 厶ェヘ  ,ト
                 {.|j(.ニ-‐-こ){.k'_ _ ,...,___         まぁ、理論を知らなければ当然の反応だろう。
                 !ー' ´丁`、_,. ハ `/ '´   `丶、
               \ ,...⊥.._ / ノ/, ′       iヽ.     そして、やる夫達は一つ勘違いしている。
                   / ヽ ‐、 / '///           ! ',
               ,.イ  l \   /__ i         ,'   i     「六年前の猟奇殺人犯」
              /   !| ., ' ´ ,={          /  亅   「世界的に話題になった少女A」
         ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ       /    ,′.   そして、今ここにいる 「桂 言葉と名乗る少女」
        /  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /
.        /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イ{     これらは全て 別 人 なのだ。
       i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',
        ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |
.        v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j
.       /  h  \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  /
.      ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /



                      _,..--―‐--.、
                     / ,;ヘ     ヽ
                     i i !       i
                  +  i ヽ()    !   i
                    i _, 、<_   `  y、
                 +  〈.´=.! ` `=´    6.)           「六年前の猟奇殺人犯」 は人間
                    .! '''.|_,! ''' 〈  |'´!
                __,..-‐!(_,-―-、__,) ' ,!  i.           ここにいる少女は、れっきとした悪魔。
             _,.r'´ ̄  ヽ、. !`ー'Tー'  _,r'´   i、._
         _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、.       この時点で違うのは分かるだろう?
        ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
        i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
         !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.    人間 桂 言葉は確かに死んだ。
       ,r'   ,′      /         ヽ、           i
      /    !        ,′          ′             !  ここにいるのは噂を元にして生まれた
     ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
     !/     ト、_,.-‐´  `、                Y'´    Y   全く別の存在なのだ。
    ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.             `i
   _ノ、      Y、i、 _,..-―-.、_   ` ヽ 、_,.-l,i .l         !
  ./ .!、 `ト、_   \!'      `ヽ、_ ,;     イ il ,    i   __、 )
 〈   ヽ `ヽ、_.    `ヽ、        、   、_人 Y    〉  '  V
  `、       ヽ、    ヽ、>ー--  !^     ,l、|_,    !    !
    `;、       `      \__,..--..、  ヽ ',r'´    〈.     !


73 :◆vsQyY1yD2Q

                                           _,,.. -‐……‐- 、
                                        ,r''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        /::::::::::::::::::::::::|ヽ/|:::i:::::::::::::::::ヽ
                                      /::::::::::::::::::::/l:::::lヾー|:::!i::::::::::::::::::::',
                                    /::::::::::::::::::/:::/ l:::i:l  |::i !:::::i:::::::::::::::l
                                    /:::::::::/::::::/:::/ l:::l:l ..,_|! l:::::l!::::::i::::::::l
                                     {:i::::::/::::::イ:::/゙~ l::il:!   ゙!l' +::::ll::::::l::::::::l
                                    i|l::::::::::::::{i:/  l:/l!  ,,ィ灯沁、!::::::l:::::::::l
                                    リ !::i:::::::::::! ,ィチ圷     c;;;;r} ゙!:::/::::::::::i!
                  でも、私の名前は桂 言葉です。    l:ハ:::::::::l″c;;ri    之ツ//:::::::::i:::l!
                                       リ ヽ、::ヽ,ゝ‐'  、    /l:::/:::::::l::::li
                  そう記憶しています。                 i}::ハ. `        ,イ:/::::::::l:::::l i
                                          il:::::ヘ .,   ´ `  / l/::::::::::!:::::l i
                  これは一体……?                /l:::i:::::::::::> .. .'´  /:::::::::::!::::::l  i
                                         / l:::l::::::::::i:::::, -,}    /::::::::::::l::::::::l.  i
                                         / l:::l::::::::::l‐'´ y'   ,/:::::::::::::l`ー 、l  i
                                         /  !::l::::::::::l  / , -//:::::::::::::/ /::ヽ.  i
                                     /  l::l::::::::::l /  / /::::::::::::://::::::::::::}   i
                                     /   l:l:::::::::::l / /  /:::::::::::::/´:::::::::::::::::i   i
                                      /    l:l::::::::::::l l/    /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::l   i



           ,. :'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.           l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.
          |::::::::;:::;:i、::;::、:::::::::;:!:i_:i、:::::::::;:i`
         l;::::::::i、|==ュ;、ヽ:::iリテ''ラ'l::::::::!'l
         l,ヘ:::::i,ゞ='ィ  V´ ゙ー"'ノ;:::/    そこが、今回の件の
           ヽ:;ヽ    〉  ,ィ'/'"
            'l:;ヽ、  -;‐ /'         ややこしいとこなんだよね。
               |  ゙`,r.、...ィ' |
         ,.. -‐く、  /,' ! || }-、._
     ,. -‐' ´   ,. -ヾ_'/ l し"'、._  `` 丶 、
    r'、     /´      |     `丶,     `ィ
    { ヽ、 ,. -'"         |      `ヽ、  /l


74 :◆vsQyY1yD2Q


   まず、人間 桂 言葉が猟奇殺人犯だったのは事実だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ,. -―――- ..
                         ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.
                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ
                        ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i
                      i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|
                       l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |
                       |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l
                       |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l
                       |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |
                       |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐-
                       |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′
                      /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
                       //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」
                    /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」
                      //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
                    ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」
                  /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」
                  ,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」
                  !: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/
                  |: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、
                  |:/ /: l : /  , /   ト、! ゙;;;:  ;:; ;;:}_| -―i'  ;;; ---ミ
                  |l ∧ :| /   / l  // `  ̄      ;;;;;;;| ;;;; --、ソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   今回の件は、その噂を元に
   「カツラコトノハ」 と言う悪魔を誕生させようとしたんだけど

   ここで彼女が未成年だった事が響いてきた。


75 :◆vsQyY1yD2Q


   実名報道されなかったため、世界規模で話題になったのは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                _
                              '´/ ,、ヽ
                              i (ノノ"))i
                              li l| "ワノl|
                              リ /)允iヽ___
                             (=U=l|l,、,、,、,、l}
                                じフ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 名前も分からない猟奇殺人犯、少女Aの方だったんだ。


76 :◆vsQyY1yD2Q
        /::::: .:::: .::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
         /::::::.:::::: .::::::::U:::::: :::: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. :. ヽ
.        /:::::::::::::.::::::::::::::::::: :::: : .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :. :.:.:ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::/::::::: : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U:::: :::. :.:::::::`、
     j::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: : ::::. ::. ::::ヽ::::',
     ,':::::::::::::::::::::::::; ィ:::::/:::: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: : ::::: ::::: ::::::::ヽ::l
      lイ:::::::::::::::::::::/,イ::::/::::::.:::::: :::i::::i::::::i::::::::::::;:::;::::: : .::::::.:::::::.:::、:::::゙トj
      i!l:::::::::::::::::::::| l::;:'::::::::::::::: ::::|:::ム:::ハ::::::::::l:::l::::: .:.::::::::::::;::::::::::ト、:::l
     ,'::j:::::::::::::::::i:ゝl::l::::::::::::::::: ::::ム:|zリニl:::::::ム:l!::::::::::/:::::::::i::::::::::l ';::l
     /:/::::;;ィ:::/|/ |:ハ::::::::::::i::::.:i::{'_7--ィl:::::/'l:|l:::::::::ム:::;イ::j:::|::::::l  l::!
    〃:///   ト、リ l::::::::::::|::::::l::| `` ┴∨ リ!::::;ィ┤/::|/:::ハ:::::l  リ
   ,ィ'´  .'" ヘ   ヽヘ:::::::::::|::::∧|         l:/ヒ/:/::::::i!:::;' l::::;'
- '´| |      ',     ヾ:::::::ハ::::| ヾ u     '´ .//:::::::;イ:::l .|:/
   l |       ',     ';::::l ヘ::|          ∨: ::i::::/l:::/ リ.   そして今、誰かが流したと思われる噂によって
.   l l        ',     ヘト、 リ   ⊂zァ - '´T´:: ,イ:/ |:/
  ,. ヘヘ      ヽ   / _ >、   ァ'´    .|::::::/レ′l!      「少女A=悪魔 カツラコトノハ」 と言う
'´   l l     . -ヘヽ /,ィi ヽ  `<´      |:::/           認識が広がってきている。
.     l l  , -' , - '´ ヾl! ハ.ll   \ \      .|/
   , ' ノ ヽ'´     l ヽヘll   \ `ヽ、  '                概念が意図的に すり替えられてるんだ。
  //          ′`´ヽ、   `┐ ヽ
//          ,′    ヾ、   .l   }               いや、これも間違ってる訳じゃないんだけど。
 {            /      } .>  l   j
` ー 二ニ=-z ..._/    _.. ,-' '´ i/  ,イ
} ./        7  _. , ニ-∠ - ┐ /   ( 7
|/        〈 r '´   Lニ- ''' /   | l
!          l |          //  ヽ`、


77 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ____
                                                    /      \
                                                   /\  ,_.   \
                                                 / (●)゛ (●)     \
                            ……つまり、どう言う事なんだお?   |    (__人__)   U  .|
                                                 \   ⊂ ヽ∩     <
                                                   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/
        _ -───`` ̄`` -
       ─ '´ ̄ ̄,>:::::::::::::::: : : : : :`  、
        ,  ´::::::::::::::::::::: : :    : : : : : ::`丶
       /::ィ:::::::::::::::::::::: : :   : : : : : : : : : :`.
      //, ´::::::::::::::;: : ; : : :  :∪: : : : : : : : : : :`、
       ./:::::::::::::::::/:::/::: :/: : : : : : : : : : : : : : : :丶
      /:イ:::::::::::/!:∠!:::/: : : : : : : : : : : :   : : : : :.i
      ,'/ /::::::::::::!/' リ|:/: : ; : : :   : :; :   : : : : : :|
      ' ./:::,.. -'  .レ /:::/:: : :    : :へ: : : : : :: : : :!
      /::::ヽ     /' /:::: :   : : / }}: : : : : : :: /
      //|,.へ_... ∪ /::;::::. . . . : : :/ ノ::: : :∪: :/
          !´   ///::: : /|: ィ/イ::::::: : : : : ハ      まだ推測の部分も多いけど
          {、   ' ,': :/_.. |/-!.ヘ::::::: : :ハ: /
           ヾ厂 7 {/ ´::::::::::::::::/ヽ:: :/ V          要するに ―――
             ∧i::::::::::::::::::/   V
            /  }}:::::::::::/、    |`i 、
      _ -‐ ´// , イ!:}:::::, ' /  \   .| |: : ` - _
  ,  '´: : : ,. .イ/r  」 ヽ:/  ` 、 `> | |`\: : : ` ヽ
. r': : :_ -‐ _. ニ/ !/  /      `   Lヽ  ` ‐ _: : |
. |: : :| /イ      /           ` `ニ 、   `}:|
. !: : :l \\    , '         _.. ─ ニ >>  /: i
. ヾ: : i   \\ /       z= ─ 二二      /: !
  ヽ: : ',    \/_z='   ̄  .r─二二  |     ,': :{
  { /: : ',     |「         |二 ─ 二 |  ',  ,': : ',
  }=〉: : ',    |!         L二 ̄ -─'   ∨: : /


78 :◆vsQyY1yD2Q


   今、町に流れている噂のせいで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                            _.        _
                          '´  ,、 ヽ     '´/ ,、ヽ
                          リノソノ )) i   i (ノノ"))i
                          |l、ヮ゚ |l i   li l| "ワノl|
                          ⊂i允(つリ    リ /)允iヽ___
                          (( 〈|_ヽ> ))  (=U=l|l,、,、,、,、l}
                            しヽ.)         じフ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              『六年前の猟奇殺人犯』 の概念は 『桂 言葉』 と 『少女A』 に分離してしまったんだよ。


79 :◆vsQyY1yD2Q
            _____
         ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::/:::::::::::::::ハ::::::|::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::/:::::/:::::|::|-、::::|::::::|::::::::::::::::ヽ:::ヽ
      |::::::::|::::::::::::|ハ:| .!:::|::::::}:!::::::|:::::|::::|:::::,
      |::::::::|::::::::|,x≠ミ |:/|:::/ハ:::::!:::::!::::!:::::l
      |::::::::|:::::〃んi心' !' j/  _|;/!|:::::|::::!:::::::,
      |::::::::|::::::'|!∨/ツ    ィ心ヽ:/:::/:::::::::.
       |::::::::|:::::::|! `¨     〈//ツ'l:/:::/::::|::::::|   それじゃ、少女Aの方は偽物っすか?
      ,::::::::::|:::::::|!  '''    ,  `¨  /::::|::::::|::::::|
     /::!:::::::!:::::::!     _    '' /:::::::!::::::!::::::!
      |:|.|:::l:::|:::|:::ト      _,. イ::::::::::|::::::|::::::|
      |八:::!::|:::|:::|   ` - ..:´:::::|::|:::::::::::|::::::|::|:::|
      |! ヽ从::!:::!ヽ   /|::::::::::|::|::::::/:/::::/|::!:::!
        \|:/  Y::Y  !:::::::://::::/:/::::/ !'|:/
                                                      ____
                                                    /      \
                                                   /─    ─  \
                        そっちは名前も分からない状態で流れた噂だし  / (●)  (●)   \
                                                 |    (__人__)      |
                        やっぱり本物は言葉さんじゃないかお?         \   ⊂ ヽ∩     <
                                                   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/



    ,へ、_,..-――-、.._
    ! /、ヽ       `ヽ、
    ,ゝ9         ,   `、
   (  、 (     〈    i     残念ながら、そうはならない。
    〉-ェ'> 、`ーェー'  '  ,-、 i
 +  i  /  `  ̄   、 ' f' 〉|     人間 桂 言葉を見れば、どちらも偽物であり
   ,! 〈ー、 、  ,-、   /  〉ノ |     噂から生まれたと言う意味では、どちらも本物だよ。
   〈ヽ'`ー´`ヽ、ノ 〉  l  |´ !
   `Y ̄`ヽ、__,ノ   ,   |   !     強いて言うならば、より強い概念を持つ者
     '⌒    _,ノ  ,!/ ヽ_
    (  (      _,r'´-一'´ ̄ !、  すなわち、世界的な噂になった「少女A」 が本物と言う事になる。
    ヽ、___,,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::!
     ,ヘ:::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ,!|i|:::::::||i !::::::::::::::::::::::::::::::::
    ノノヾヽノノゝ`


80 :◆vsQyY1yD2Q
                          / ///////////////l\///////∧///////∧
                         ,' ////l\////ハ、//|  \//////∧///////∧
                          |/////|  丶////l/∨j, -―\/////∧_///////,\
                          | ////ハ    ∨//u V' 〃  ) 》,////∧ `ヽ//////\
                         V///l/∧    V    {‘7ニ卞ハ//// ハ'⌒l////////ヽ
                          V〈∧\∧-       V八_ノノ ∧ /// ∧ |/////////|    |.  ,|
    えっと、それってつまり         Vゞミ\/⌒ミメ、       ゞニ -‐'  V/////V///////// 丶_,ノリ k!
                           ∨/`T`k.__)心       / l  u V////∧////////////∠ノ リ
    言葉さんが                     V /∧ヾV(ヽ)             v/////|/////////// \彡'
    「カツラコトノハ」 だってのを         V//∧ \ン )    ∧     /'/////|//////////////\
                             ∨//∧       ノ} ノ   / |/////,|-‐ァァ'´ ̄ ̄ ̄`丶./}
    その 「少女A」 に取られちゃったって事? V //∧、       ̄   xく  |/////丶---- 、       \
                              V///∧`Tニ冖¬≦彡'´ )  |////////////∧       ヽ
                                ∨///∧ゞミ三/〈 〈  \  八/////////////         〉
                                  V/// ∧  /  ヽ \   />┐///// /          /



                /        / ヽ、         ヽ
               i         ./ iヽ!           i
               !        /  !             .i
           ,,.. -―i  i     /  i             i,...、
        ,,.-''"   /!  .i     !   ! ,.--、      i   !,‐、ヽ
     ,,-'"     .,i´ヾ  j      ヽ  ヽ_7 /      ヽ  ! ,,ヽ
   ,.-"       / ! !ヽ .        ヽ.,,,,,/'          / j !
  /        .i .! ! )   ,,,,,,,,,_____       ______,,,,,,,,,  ( i ./    「概念を奪われてしまった」
./          !  ヽヾ  、 ヽ-'--'‐ヽ,,..::':::':::.,,,.' ‐'--'-´     ノ'/
           i   ,ヽ i  ヽ    ,,,,,,'''.     . ''',,,,,,,.      i_ノ.    そう言い換える事も出来るな。
          .!   i  i i         i   i      .-''",.  !.ヽ
          .!  .i  i ヽ       , !   !     i  /   i  i.    長年語り継がれてきた悪魔と違い
              !  i  i. , , -  /´ !   !:ヽ  _,-、'   !   .!  i
         , ,   .!  !  ! ( 'ー- '`"''‐- ,,,,, -‐'''ヽ、 ) ヽ  i   .! /     歴史が浅いからこそ出来る
             ', !  !  ヽ   ,,....----..,,_  、    ) .j   !./    荒業と言えるだろう。
               ヽ ヽ  `ー'  , , , , , , , .ヽ、_,,.-" ,/  .ノ.i
  ‐-             ヽ ヽ   /   ,   ヽ   /  /:'
ヽ ___           ヽ ヽ. '      !    '' - ''   /
        ̄""ヽ、        ヽ       !        /   ,-‐''''"


81 :◆vsQyY1yD2Q
                                     / -、ノJ            〈\/ / \
                                       / -、ノ              \)ーく._  ',
                                    ' _,ノ     .  "´ ̄ ̄ ̄`丶       ',   ',
                                    ,  |    /: : : : : : ; : : : : : : : :\    l   ,
                                    |   |  /: : : : : : : :/ヽ: : : : : : : : ハ     l   l
                                    |  |  ;:/:l: : :/: : :/  !: : :l: : :|: : :l: :l   |   |
                                    |  |  |l:∧ : |: : /  |: : :l: : /: : :|: :|    |   |
                                    |  |  |: : :|ヽ|\{   }/j/ l: : :|: :|    l   |
                                    |  ', ,|: : :lイr心     r心Y!:.: :h:.l  /   /
                      大変じゃん!       l   ∨|: : :| {rノ }    {rノ } j: : :lノ: \/   /
                                    ',   ' !: : :! `~´  '__ `~´,,/: : :|: : : /   /
                      その概念ってヤツを      .   |: : :|、   {ノ  )  /: : : :!-‐/   /
                      早く取り戻さないと!      ヽ. ∧: : ', >  . _  イl: : : / /{   /ノ}
                                      / }ーハ: : :', {-―'}    /: : :/  ヽヽ _/: :ノ
                                       {: :い 〉: : 〉 \-    /: : :〈   `7フイ
                                      丶>/: : //   ̄ ̄ \: : :\  /ノ
                                       `〈: : 〈 l ⌒ヽ。  。/⌒>: /}/´
                                       ィ__,>.:>  8 ゚゚ 8 く:<.__ト、
                                         ̄ ̄ {\_ノ゚o。。o゚ヽ__厂 ̄「
                                           ヽ          /



          ____
       , ..:':´..:.:.:.:-=ニ´ __,
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く
    /.:.:.:.:.i、:._:}ヽ.:\:.:.:ヽ:..:\
.     '.:.:i:.|:.:l'´ヽh \!ヽ:.:.}.:.`:、`
.   {:.:.:l:八!  }」  l〕 ∨.:t─ヽ
    |:.:.´\        }:.い     なんで?
     、:.:.:.トヽ   '⌒i   人:{
     \:.`≫'⌒r‐' ィヘ| `
       )'´`丶_ノ工{_


82 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   , -――‐-、_
                                              /::::::::::::::::::::::::::::::\
                                             /:::::::::::::::::: ヘ ::::::::::::::::::ヽ
                                              /::::::l::::/l:::/  l::::/!:::::::::::::|
                                            ;:::::::/l./ j/   i:/ j:::::/::::::l
                                             l::::/ , , ⌒' `⌒ , ,:イ::::|:::l
                 え? なんでって……。.                 |::::| ●     ● |:::::|:::|
                                             /:::/          |:::::|:::l__
                 言葉さんが言葉さんじゃなくなってるんでしょ?   ,.::::/ゝ、_    r_┐  _,|:::::|::::::::::::::::)
                                           /:::(::::::::::::::: ̄] [ ̄:::::::j:::::j:::::::::::::(__
                                          \:::\::::::::; イ   `ト く:::::く ::::::::::::::::::)
                                          /:::/ト、/`十 ― 十' l\:::ヽ:::::::::/
                                          ゞニニZ. | 人__,ノ\ |Z二ノ::::::(



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;__`ヽ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::;:イ:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,``ヾ
.  l::::::::::::::::::::::::::i::::::/!::/ !/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  !:::::::::::;::::::::::::::l::::/,l/,,゙,`'':'‐!:::::::::::::; '!:/:::::::::::::::ヽ;::::i
  |::::::::::,:|:::::::::::;::l:/ィr:;ヾ;ミ;` l:::::::::::/ー-'、::::/:::/:::::::i'、::i
  l:;::::::/',!;::::::::::ヽi ー-゙:!,.゙ i:/:::;: ',';=ミ、,|:/!:::/:::::::::| '、|
   !'!::::'、(;i::::::::::::i、i,     /,':; 'i 、!:ヽ! }l'::|::/:::::;:::::| 'l
   'i,イ::ヽ,i::::::;::::| ヾ     ::'´:::.l  `"゙/:::l/:::::::ハ::::!    確かにそうだけど
    ' l:::::l`';:::;:i、::l      :: ノ   ,':/l:::::::::/ |:::l
     |::l  ヽ!、ヽ|    -=、ュ   ノ:/ |:/!:/  !/     取り戻すって 「猟奇殺人犯」 の概念だよ?
    i´ ̄`゙ ー゙-'-'-- 、.、 ゙'''  ,.ィ'´:::! l,' l/   ´
   ,l          r'|   ,. '-/〈l:::::l              向こうが引き受けてくれるなら、万々歳じゃない。
   /_           / .|' ´  /| l:::|
   ,.-'`` ー- 、 _    |  !    l ! l:|
  l     ゙` 丶ヾ=:'、_ 'ー- 、 ',-ゝ'!
.  〉     ,,. -─-、.  \  ヽ 'i、
  /    ,. '´     ``ヽ、;、 ヽ,〉、


83 :◆vsQyY1yD2Q

            ,.. -──-- .._
        , .::´:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /NY.::::::::::::::::::::::::::::::::::::Nヘ
      /イ.::W:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::l N
     '´ /.::/:::MN:::::ИM:::::M∧::ヘY::l
      j:::;イ:::::::::i:::i::::i:lM::::;::MN::::::::::i:l
      |:/ l:::ヽ:::ム从M:::::从ム:/:::/::::ト!
      l'  l::l:::ヽlゞ-'` ∨ ゞ-'7:/:::;イ        それじゃ二人に聞くけど
       _..レ7从ト、   i   彳:;イ:`ヽ
    _.. -'´: : :llリ ヽト . 冖 ,. イ イ:/ lト、: :`ヽ.    その人、猟奇殺人犯に見える?
  r': : : _r‐'^llレ'^ヘ `T´ / くヽ ll `ヽ: : `丶
  lヽ: r'¨^_ z=‐''     ヽ ll /    ``ヾ、 `ヽ: /}
  ヽヽヘ <l       >'        l>/: ノ/
   トヘヘ `` `=- 、 /       _,,z='´ /:く ,ィ
  〈ヘ ヽヘ     >'  _,, z= ''´-z  ,イ: :!辷!
  /¨^/:ゞ、   /z=-''^´    l _zヨ /: : l`ヾ!



                                                    ____
                                                  /_ノ  ヽ、\
                                                /(●)  (● ).\
                              まさか、見える訳ねーお。  /   (__人__)  u. \
                                              _|_.     `⌒´      _|
                                            n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
                                            ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                             {    〈         ノ    /
                                            ..i,    ."⊃    rニ     /
                                             ."'""⌒´       `''""''''


84 :◆vsQyY1yD2Q
                                  Y  ヽ' ,
                            |l         l   ヽ '
      ∠´゙゙゙`ヽ              ,ノ         l ,. ノ /
   .//`ヽ  `´                       l .\/
  Y ノ  ノ⌒ヽ             _         ,/
  .|  、     l     ,        `Tー- ,,,_   )
   ',  ',   i'´     /           > リ´ .lく      それこそが、今回の件で最も特異な部分だな。
   ヽ  `ヽ )     l           ‐''´  i   , ',
      \        ',                   ', ',    以前話したが、悪魔は概念で身体を形作るもの。
      ー,          )           __.   ',l
      /         /       ___   /      .',    概念を奪われてしまえば、消えるしかない。
    |l . /         /      .r'´r'´ , -┴--、      ',
    |i l       ./       | ゝ'´     `ヽ--- '
    |', |       ',      lハ__,,,,......__   /
    ',ヾ\       .',              `ヽ-'



                                                   _,. -―- .
                                               /.::::∧::::::::::::::::\
                                              /::::::|::/ l:::/::::::l::::::l::\
                                             ,:::l:::/V  レ'-}/l::::::l:::::::|
                                             |:::ト{_\  /⌒`l:::::|:::::::|
                                             |:::l/ 。ヽ  { °|:::::h:::::|
                             ちょっ!?               |:::|、___,ノ  `TT|:::::lノ:::::|
                                             l::::| 、  l二l   |:::::|::::::::\
                             それヤバいじゃん!!     |::::| /:::::ー┬ イ:|::::::\:::::::::\
                                             /:::::|{::::::::::ノ _/^ ゝ::::::ノ、::::::/
                                            {::::::::\y'´|-‐/  /:::/ |::::::し1
                                              ≧、:::ノ\j_ // {::::廴_ト、::::::イ
                                            〈::ー'イ{ ̄-{ {-  厂 ̄ T゙::::::ノ
                                               | }  ハ   { |   |::/
                                               | {_/ハ\_,ノ |   |′


85 :◆vsQyY1yD2Q
                              /::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                             /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
                             |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
                             |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::
                             |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::
                             |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
                             |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::
                               ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
                              \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
              私は、消えるんですか?            く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                                           \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
                                            \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                                             >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
                                       /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
                                      / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
                                     /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
                                       / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i



              , -‐‐-、
             /    ヘヽ
              /ヽ /  (ノ i
              ト; , _≧_}5,.ィ
            i ;/ } s,..r 「,フ            そのはずなのだが、何故か消えていない。
          ノ!:>、ミ≡='豸ヽ、,,_...、_
        ,_/.::!/ ::ヽ、_j_,ノ ,、=‐  ヽ、.   それが特異なのだ。
      , -<_::/:!,,,,、==,,r''´       :::',
    /  ー-、ソに二 ''T......i;;       :::l  成功とも失敗とも言い難い儀式のせいかも知れんが……。
    i  .| `ー、r,、-‐''"  ノ'"´::::    ,:  .:::l
    i  :/   ソ    /   :l::::..  .:/...:::;/
    ヽ,、!   :i    /    .:::i:::::/ッ::::;;;;ノノ
     i ',     ;、 /     .::/:::::,、ィ ;:/::/
     ', ゝ,../ ::ヽ.、_i;;;_./ .::/ .:::::/,./:::/
     ゝ、!  .:::...,、‐'::::::::::::: .:::::/ノィ:: /


86 :◆vsQyY1yD2Q

               _
              , -‐     `丶     人
         /     ο    \   <  >
     ,ケ⌒ヽ/             ヽ  ∨
     l|    j               l                ……ああ、そうだ。
     j!  /、,____  ′,.-、       |
  人     >`,ゝ‐゚′   勹l      {                 MAGの補給は、こまめにするように。
<  >  /   `"     ン    ,〃"l.
  ∨    ヽ,-‐ー 、ノ! l {        \            アナライズも出来ない現状では
          `t''_ー‐''゙_ ノ /       Y´  ヽ            契約するのも難しいだろうからな。
        /  `   ノ         l   ト、_    _,,、
       _`ー┬-イル          l   ′ `ヽィ´      やる夫も協力してやってくれ。
   -‐''´ ̄   ̄`'ヽ、_/_            l    ,, -‐   :´
/           ヽ  ` -─---二,, _{, /             あと、何かあれば すぐに私の所に連れて来なさい。
   ,..
  /                  1        /
 '                    l  ヽ      /
{          /         {   \    /



                                                       (ヽ三/) ))
                                                   ___( i)))
                                                  /⌒  ⌒\ \
                                                /(.●)  (●.)\ )
                                               / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                               もちろん、協力するお! .|   (⌒)|r┬-|     |
                                              ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                                              | | | |  __ヽ、   ./
                                              レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                              `ー---‐一' ̄


87 :◆vsQyY1yD2Q

          ,..  -──--. 、
       , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ,.:"ィ ..::::::::::::::::::::::::::: :::::. : . :::ヽ
     /:::. ::.: :: . :: .: :::: : .:.:::::::::::.::::::',
.     /;イ.:::: .:.:: .:.::i::.:::i:: : .:.:i::::i:::l:::i:::::::::',
    /' .i:::::::.::;::i:i:::ム::i::l:::.:::i::j::/}/}::}::::::::ト`
     l:::::::::::l::从lニリリl::::l:/|イか斗::/:::}
     |:ハ:::::::∨'_ヒソ`|::/'   ゞ-7:/::::::l    でも、こうなってくると 「何故そうなったか?」 はともかくとして
     l:j l::i::ヽ'、    ' i :::   /イ::::i!:j
     ` ヘ:ト、::ヾ`    _;_   ,j:::/:jリ     今の彼女の状態を知りたいところだね。
       ヾヽ:::::lヽ.、 ゛ニ'  ∠}/l:/
          l:ト、l_,イ- ゝ- '´'´ ,j`ヽ
         ヾ7`、l  ll    /  l`r、.    悪魔としての概念を奪われた彼女を維持しているのは何なのか。
     _.. - ''' 〃  _l jj  ∠    l l  `ヽ
   /  _... -イ/ -' フ l///ヽヽ、_  l l ヽ、  ` ‐ 、
  /r  ̄_.. ,z_/ゝ'´  7 '´   `ヽ、.j l l   \   `ヽ
  | j- ¨/ ̄     /        ヽヽ、   `>  , イ
  ト `r-ヽ、    /           `ゝ`ヽ、/  / !
  ヾ、`.  `ヽヽ'       ___.. - ニ - ァ'' /  |
   l! ヾ!  / -― ニニニ - ニニ.=´   /  ./ ,_/
   l!  |  l r  ̄´      ├─ …」 i ./  { /ハ
   ||  l   l.l        └  ̄´  ∨   } ヾソ
   |.l ヘ   l l              入   {  7
   j l  ト、 l l            / ,イ   l   l
.  / ,′ | ヘ. l |          /   j l    l  l
 / /   :| ヽl l         /    { l   |  l


88 :◆vsQyY1yD2Q

                                              _∩
                                             / 〉〉〉
                                             {  ⊂〉     ____
                                              |   |    /⌒   ⌒\
                                              |   |  /(●)  (●) \
                             猟奇殺人犯じゃない.     |   |/   (__人_)   \
                                              ヽ   |      |.r┬‐|       |
                             人間 桂 言葉さんとか?     \.\     `ー ´    ,/
                                                 \       __ ヽ
                                                  ヽ      (____/



            ヽ、 、 __..   、
            _,,,;ゝ::::::::::::`` ヽ}ヽ
         _, -''´  .:  .::: :::: .::::::::::`:ヽ
       ∠;::ィ:::::.:::.:: .::::::::.::::/::::::::::::::::::',
         -;=;イ:::::::::::::;::::/::::::;イ:ィ:::/;::::::::::::!
        /::::/::::::::ム:ハ::::/代斗7::::;::::::::l
         /:;;イ:;;ィ:::リヒソ,∨   ̄7:::/:::::::::j.    いや、彼女 思いっ切り悪魔だし。
        '´/´/:/::l  i   u./-イ::::::::;イ
           /イ:::::'、  ,- 、  ,イ:::::::::/ノ.    仮に、彼女が桂 言葉の幽霊だとしたら
           {:::/::>、 ´   , /:::/レ';::l
           |/'´ l;ヘェ='-//_イ从j     アレックスさんの質問責めに
              _,-''`ヽ  ´  | |      何か反応しても良いと思うんだ。
      _.. - ''二二{{ , -=' \   .| l\
      /`ヽ. ヽ、_,, ノ `´     .\::| /ヾ、ヽ    だから、その可能性は かなり低いと思うよ。
     i     ヽ < L       ヾ   ヾ、`丶
     ',     }  |``ー=-. 、     /     `ヾ、 ヽ.
     l, -ァ  l  .l     ``= 、/   _.... --_'_>}
       }r'´   l  ∧       lrァニ─…  ̄  j l
      |    .l  l ヽ       |.|    E三三} //
      |   l .l   ヽ      l.l       /',イ


89 :◆vsQyY1yD2Q

              , ── 、
             /    ,、 `ヽ      厶__∧__∧__ム、
             | j  , }},  i |      f/ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽi
            ,r|    ',`i~  |ri、     ||         }
            〈dト、 ≧,r‐、≦ .}j     ヘ           l     我輩も同意見だ。
            ゝ| i  .r| :ト、 i´ト、      ;,         〈
             ,r||  iV~ゝー'´ヘ) | `ヽ    ,≧ー───;;イ」      状況から推察するに
            _,/ |\ヽ'´~二`~´./ヘ   \、 {         |
     ,zーーー/  .人 ヘ、´ _./\   ヘ  ̄廴 ____xiィ.       彼女は記憶喪失などではなく
   /´  ̄ヽ /    i ヽ ̄7´ / ix   厶  |  |   |  |ヘ
   ,;     ー──'´丶__ ヘ ' /,__≧   /   ヽ|       |  ハ\    元々、名前と外見以外は
  /    i ,r─── 、ヽ  イ´ ̄ ̄    人    |      |  ≧ ヽ.   受け継いでいなかったと考えられる。
  |    У       \/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  .人 i       i   }
  |    /         /           ハ |/  ヽ      人   |
 人  /         {             ', {   い    /   /
   \/         人      ` ー─  ノ\   ヽ   ノ  ノ



                                                       ___
                                                    /)/ノ ' ヽ、\
                                                   / .イ '(●)  .(●)\
                     それじゃ、言葉さんは一体 何者なんだお?   /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                                 | ≧シ'    `⌒´      .|
                                                 \ ヽ           ,/



              , -‐‐-、
             /    ヘヽ
              /ヽ /  (ノ i
              ト; , _≧_}5,.ィ
            i ;/ } s,..r 「,フ       うむ、それはだな・・・
          ノ!:>、ミ≡='豸ヽ、,,_...、_
        ,_/.::!/ ::ヽ、_j_,ノ ,、=‐  ヽ、
      , -<_::/:!,,,,、==,,r''´       :::',
    /  ー-、ソに二 ''T......i;;       :::l
    i  .| `ー、r,、-‐''"  ノ'"´::::    ,:  .:::l
    i  :/   ソ    /   :l::::..  .:/...:::;/
    ヽ,、!   :i    /    .:::i:::::/ッ::::;;;;ノノ
     i ',     ;、 /     .::/:::::,、ィ ;:/::/
     ', ゝ,../ ::ヽ.、_i;;;_./ .::/ .:::::/,./:::/


90 :◆vsQyY1yD2Q

                                             _,. -‐…‐-  、
                                           /'7"    〈    ヽ
                                       人    {L》 /  __,         '.
                                          Y     ゙7} 〈,ィ・. イ      '⌒ヽ
                                           〈/          /  〉 }i
                                           //  、   、  |   { ノ八
                                           ヽ>'"二ヽー' 〉  |   「   >'"\
                                             〈/    ̄ /  | /.:::::::::::.\
                                            ゝ ´ ̄ ̄    //.::::::::::::::::::≠⌒)三
                                            〈 ヽ   _ .. イ/.:::::::::::::::::::≠ニー=三
                                               ー=≦_,. -‐:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄
                                                ,.イ:::| i\\:::::::::::::::::::/.::::::::::::::::
                         、__人_从_人__/し、_人_入_从_人_  |∧:::| |:::::.\\:::::::/.::::::::::::::::::::
                        .、_)                 (_
                         `)  ぶっちゃけ 分からん! (_
                         `)                 (
                  _,,,.........,__ ´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒VV^V⌒
             ,,...-‐:':´::::::-'" ̄--.、..__
          ,. -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、‐`ヽ
        ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;_ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヾ`ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::;::::::、::::::::::::::::;::::::::、:::ヽ、
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;:::::i、::::i,、;:、:::;:::::ヽ::::::ヽヾ::、
.     !::::::::::::::::;:::;::ヽ、:ヽ;::::::::::|ヽ::i_,>_、,ゞ、、::::::::ヽ::::ヾ、 `
    |:::::::::::::::::::;:::i'、:ヾ、::i、::::::::|ゞ';:|ィ(..::::)ノ 'i::;::::::ヽヽ;::,
     l:::::::::::::::::::i,:i'-゙'、i=>;'、:;:::|::.、':l''"     リ`;:、::::i ヾ;
     l::::::::::::::::::|'l ;ィ'l´::ノ‐:ヾ、|:::: i,      .トソ;::l  '
     ヽ,:::::::::::::::゙ヽ'`'´"       _.-._,.、    ノ'´ ヾ
      `'、;::i 、::::::::::`:-      /‐'´  `i.  /,
        ヾ'、'、ー、:--`=-   |!  ,,..-,'´  /:::i,
         `ヾ、ェ;_,iー      ̄ ''"  /|::;|ヾ
           '!::i、:::`ーi─‐-- 、._,ノ-i、i、,
           ';|ヽi';:|r' '"´ ̄ ̄ 'i,i l '!i i
           ,..........'! ! 〉       '!i, 'l '!,i'、
       ,. ‐'" ̄ヾ、‐.、 ` ̄`ヾ===、-!,!-ヽ、ヽヽ、__ ___
      /        `ヾ、、   `ヽ,-、`     `ヾ'´  `ヽ、_ ̄`゙`''''ヽ、
    /            ヾ, 、,.-'"-'"       `ー、   `ー─--、;jヽ


91 :◆vsQyY1yD2Q

               ___
            .....::::::::::::::::::::::....
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::/:::/:::/::::::::ハ:::::::::::::::::::ヽ
           /:::/:::/:::/|::::::「i  '::::i::ハ:::::::::::.
.          i::::i:::/!::斗iハ:::i i   i::i'- !ハ:::::!
.          i::::i/! !:{_!_ ヾ  ノ'_ノ' ノ|::::|
         /i::::|::i 〃テ心    テ心ヽ !::::!
        ノ' i::::|∧  廴ノ    廴ノ  .:::::|
.          i::::i{ハ  ,,i    '   i ,, ハ::!   ……あんたら、真面目にやるっす。
.          i::::|:::∧ u !        ∧::|:|
.          i::::|:/::込、  c.っ  ,..イ::::i::|:|
.          l::::i'::/:::/:::::>-v-<:::::::i::::::::!:!
.          八从!ヽi:::イ ハ  ハ 7:ノ:::::://
              /   i/⌒ニ⌒V /^\'
         /     '.  VV  i     \
        ∧      '. }/ハ ′     ∧
       / '.      Y//W     /  '.
       /  》     ∨///     ’. 
         /       V//         '. i
       i   i           ∨           i ∧
        ,  i                 .'ノ !
     /   ヽ                彡'/  i


92 :◆vsQyY1yD2Q

                                                _,.  -――- ._
                                                  /: : : ィ: : : : : : : : :\
                                                 /:/: : / |: :/|: : / : :|: ヽ
                                             l: :l:厶{ ナナァァ1 : : |: : : |
                                             |: Nェ  〒テt'|: : |: : :|
                                              |: ||ィノ,  j辷ノ | : : |: : :|
                 せめてさー。                        |: j, ,     , ,  l : : |ヽ : |
                                                |:( y―‐く     l : : |ノ: : \
                 記憶喪失だけでも どうにかならないの?   |: :\      /: : : | : : : : : )
                                             j: : :| }:>―r T}: : : 〈 : : : : :(_,ノイ
                                              く: : 〈ノ- =ニ´ /: : :/`ヽ: : : : : ノ
                                             l>: :〉――(:_: : :く    l: : : :く
                                            (: : : くf^⌒! r:く>: :〉    〉: : :):)
                                            〈:{>: :〉、ノ \:_:/  , /: :_ノ´
                                            _,ト-イ_.八.__/ ^しt.__)) ̄
                                           └tしヘ!    //  / /
                                              |   〉、   /     / /
                                              |  |::i:  /     / /
                                             |  |:::l::/    / '
                                              /|  |::::/     / |
                                            { |  |:/   /   |



      ,へ、_,..-――-、.._
      ! /、ヽ       `ヽ、
      ,ゝ9         ,   `、
     (  、 (     〈    i
      〉-ェ'> 、`ーェー'  '  ,-、 i
   +  i  /  `  ̄   、 ' f' 〉|    記憶喪失ではなく、元々 記憶が存在しないのだ。
     ,! 〈ー、 、  ,-、   /  〉ノ |
     〈ヽ'`ー´`ヽ、ノ 〉  l  |´ !      彼女は、生後二日だぞ?
     `Y ̄`ヽ、__,ノ   ,   |   !
       '⌒    _,ノ  ,!/ ヽ_    それ以前の記憶があるはずもない。
      (  (      _,r'´-一'´ ̄ !、
      ヽ、___,,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::!
       ,ヘ:::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!|i|:::::::||i !::::::::::::::::::::::::::::::::
      ノノヾヽノノゝ`


93 :◆vsQyY1yD2Q

    Jr_}ゝ ノrミ´    ``ヽ、ゝゞア{}
    ヾr'´ /〈 ァ      r   ',ヾr ソ
      ノ ,r、  '`__..  '    ! ,rv
      ヽ =} `  ̄    r⌒ヽゞソ   不安はあるかも知れないが
      ノ '' |__,,, 、      }えノ
      ヽ_ ゝ‐‐'‐--、_')、   ',ri         それはむしろ、君の概念が安定していない事に起因する。
       (__ノ二ア `ー-' )  l l
       「i  , ---、 .. ノ   ! '、_      経緯はどうあれ、新たに生まれたのだ。
       / `  ,         ノ'::´::\
    Jr_}\  ヽ    _,-':´::::::::::::::    新しい人生を どう生きるか考えた方が建設的だと思うぞ。
    ヾr'´  ヽ--r_-‐‐'"´::::::::::::::::::::::
         「;;;;;;;;| ヽ',:::::::::::::::::::::://



                                         /    /  ,、 |、|"゙`、    `、
                                        l    /  / | .|.l|   l  .::::::::::l
                                         | |   l  /_,. | .| |ト、  | ,  .:::::::::|
                                        | |   l/l/'´ // /  `メノl /l .:::::::|
                                        、ヽ   ,ィチ斤、′   iミュ' !.:::l:::|
                                         | \ {b::::::リ    P::::::リ / .:::|:::ト、
              は、はぁ、そう言うもの……なんですか?   ト、  `ド-‐'   ,  `‐-'/l.::  |:::| ヽ
                                         |::|   ヘ        u./:::|.::. |::::| `、
                                          |:::|  ::::「` 、   -   イ `|.::. |:::::|  \
                                           |;:イ  ::::|  l ` ー ' ´  !  |.::  ト、:::|
                                        /';:::|   :::|.  |‐- 、 , -‐/   !.::. |:::ヽ、
                                       /::::::::';::|  :::|   ヽ   /   |.::  |:::::;'::::::ヽ
                                         l::::::::::::';:|  :::|  __\/__  |.:::. |::::;'::::::::::::l


94 :◆vsQyY1yD2Q

        .  - ─ -   .
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    .'::::::::::::::::::::,'::/:://:/::::ハ:::::::ヽ
   l:::::i::::::l::::::::l:!l:::l::l::l::: l:| l::i::::::: .
   |:::::l::::::l::::::::|:!i::リルiト::l:| lィl:::::::::}
   |:::::l::::::l::::::::|ル.ィテk::从.ム!::ル'
   |:::::l::::::l::::::::| 《 i必i!  i以!l::::|   確かに、外見が同じだけの別の人なら
   |:::::l::::::l::::::::| ""l|   . ""!l::::|
   |:::::l::::::l::::::::|   l|  _  イ:l::::|   悲しい過去に縛られるより
   |:::::l::::::l::::::::|> .j _´ . イ: |::l::::|   未来を見つめて生きた方が良いのかも。
   .从:ルレ! : 从   ノ、:::::j:::ル':::リ
  /: : : /: {Y人ハ-く i\` .<イ
/: : : : /: :∧  /, へハ!: : \: :∧
: : : : : └<:∧/ i⌒ ∨: :./: /: :i
: : : : : : : : く: : :.Vしヘ  ∨:〉: :/: : :|
: : \: /: : : :\: : しヘ  V: :`ヽ: : |
: : : : /: : : : : : :`/  入   Xヘ: : }: j



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \   随分と大きいけど、生後二日って事は赤ん坊みたいなものだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    むしろ、人生これからだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



: : : : : :/: : : ∧: : { {: : / l: : : ヽ  〈 _[_ { イ ヽ
: : : : :/ : : Vィ=ミトヽ: { |: /:}: :|  く  ノ⌒´  |
: : : _:; : : : :|./{__ノ}  ` ノイノk:j   丶-- 、_/` 7
: ::/ヘ!: : : : !{:::{_ノリ    /_V:./       く   〈
: ::| (|: : : : | ⌒`    〈|{_リ| |         !    !   大丈夫! あたし達が付いてるんだもん!
: : ゝ.|: : : : | ' '  _  ⌒ }:l         |   |
: : : 八: : : :',   /   `  /:.:',         |   |   これからは一人ぼっちじゃないよっ!!
'´ ̄ ̄`ヽ: :\    _,. イ}:.:.:.:.〉      |   |
       \: :/⌒!  /:.:.:._/^ ⌒⌒`>'    |
        V ノ /:::::::::/       /      |
      ヽ   ̄)〈::::::::::/\    /    _,ノ
        ー<_ \:::::\rく  /   ̄ ̄
、   -―  、__) `> 、/  ⌒'(
: l`ニ7  j  ノ           /


95 :◆vsQyY1yD2Q
                               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                              /: : : : : : : : : ::l l:::: :\:ヽ: : : : : :\: : : : : :ヽ
                             / : : : : : : : : : l : :::l ト-、;、v、:、: : ::: : :: ヽ: : :: : :::丶
                           /: : : : : : : : : : : |: : ::i |    l: l::: : :ヽ: :: :ヽ::::::: ::::::ヽ
                           /: : : : : : /: ;: : :::イ: ::::| |    | ::l、:::::::l:::::ヽ l:::::::::::i::::::i
                          l :/: : : : : |: :l: : :/ | :::/| |     |::|ヽ::::::|:::i:::i::|:::::|:::::|:::::l
                           | |: : |: : :::|: :|: ::/ |: / | |──- l_|_ |::::::|::::|::|::|::::|::::::|:::::|
                           | | : :|: : :::| :.|/ /:/ | |  __ || ┼::l:::::|::||:|:::|:::::::l::::::l
      ……そうですね。            .| |: :::| l ::::|: l':/ //  |/  イ rェェ==xj、ソ|::::|::|:|::::|:::::::::l:::::|
                           | | ::::|: l ::::l V _ュエ__     " l家トイヌ-|:://::::::::|::::::l::::i::::|
      一人で歩いていた時に比べて   、| 、::::、:l :::::l、Vl家ヘ       O:::::::リ ///:::::::::::|:::::::l::::i:::|
                            | ヽ:|ヽ:::::::lヽ、O::::l       vニ夕 イ:: ::::::::::::|::::::::l:::::i::|
      今は全然 さみしくありません。   .ヽ \:、\::ヽ vニj        ̄´  |::: :::::::::::::|:::::::::l::::::i::l
                              \ |\\ "             .|:: /:::::::::::|:::::::::::l:::::::、l
                                | : : 、.  ヽ         |: / ::::::::::|::::::::::::::i:::::::ヽ
      これからどうするのか              |: :i: : ゝ、   - -'     イl:/ :::::::::::|ヽ:::::::::::::i:::::::::ゝ
                                | ::l : :::::::::::i:::、     / |/: :::::::::::lーゝ:::::::::::::i::::::::ヽ
      少し心を落ち着けて考えてみます。       |: l: : :::::::::::|::::::|::>i___ .イ: : :::::::::::|  ヽ:::::::::::::i::::::::::\
                                V: : ::::::::::::|:::::::/ フ´  //: : ::::::::::::l ヽ, ヘ:::::::::::i:::::::::::::\
                                /: : :::::::::::::|::_:_l l   y: : ::::::::::::://   ヽ:::::::::i::::::::::::::::\
                                /: : :::: ::::::l::レ / /   /: : :::::::::::::/        \:::i:::::::::::::::::::\


96 :◆vsQyY1yD2Q
              __
           ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
         ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
       .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
      .;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
.       !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
       ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
       ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ     ,...-‐―‐-......、
        \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<.     /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、. , '/:// /:::爪::ヽヽ::ヽ::ヽ
           `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´    /:/:::/:::/::: /:::λlト州ll::ヽ::ヽ∧
                ̄ ̄        ,':/:::/:::/::: /::::/.l::}ト;!  '.:::l:::::|::::'.
                            l/!:: l::::l::: /!::/ l:/l!l!_ .|:|ll::::|:::::l
                             lハ::::l:::::{::/_レ'´ // .|_``トll|::::l:::::l
                             l! l:::l:::::l::{,rzffァ//  '7芋ミ|::::l:::::ト、
                            乂人::川゙ろ;り ′  ゞ≠゙!::::l:::::l l!
                           トヾミ≧ミ、:::::  、  ::::ノl):::||:::| l!
                              ,' ハト:::f:ヽ、.  ー‐ ,..イ:::|::::||:::! l!
                          / __川ト、lト!州≧- イ .|┴‐|::::|川、l!
                            //´   卞:ト、_        _,/|::::||  ヽ
                        /.,'     l:川ト  ̄`ヽ '´ .| |::::l.|    .!
                           / {    l  '.ヾ:::ト      l |:::/ !   |
                        /  リ、   '. .| ヾトヽ  i  !l:::| |   |l,
                     /  .}:.:ヽ,_   } !   ヾ:トヽ ヽ  /ノ| ヽ { .| l,
                        /   .ノ:.:/:.:.ヽ.ノ l   Yヾトヾ. Y ト、|  ヽヽ! l,
                     /   ノ/\:.:.:.:.`ヽト-、 . | ヾトj } |:乂   .} _〉、 l,
                        /   ./:{:.:.:.:.ヽ、:.:.:/l:.ヽY´!.、__Yl / 乂ヽ  ,.ノ/:.:.}  l,
                     /    /:λ:.:.:.:.:.:.:゙{ヽ-、/:.:.:ヽ/:.:.:フ⌒`i:⌒Y:.:.:.}:.:ノ  l!
                 /    l:/::{:.:.:.:.:.:.:.:.l:::ヽ、_;.ィ、;,;,;ノ、;_;,;ノ、;,;,ノ-‐'フ7   l、
                  /    //l/!:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:``ー--イ:::{:!   l:l
                 ,'     l:l /l.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::}:l   .l:l
                  |      .l:l l/ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::: /!::l   |:|
                   l       Y |!ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::/:.:.!::::l  .|:|
                  l      | .|':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.イ::::::::.:.:.:.:l::::::l  |:|
                 l     l_,j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:::;'::::::::.:.:.:.:.トλ!  !:!
            _   ヽ,. -‐''"´ ノ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::.:.:./:.:.:.:.//:.:.:.{:::::::::.:.:.:.:.l/ Y  り
     /´ ̄`¨¨´‐ ,.ノ‐''"´     (:.:.:.:.:.:.:.::::::::::!::/:.:.:. //:.:.:.:/l::::::::::.:.:.:.:{ .|  リ
.    ζ ,. -‐''",.ィ"          }´ ̄``ヽ、:::レ:.:.:.:.//:::::::/:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./! .ノ  /
    ァ''"´ ,.ィ´              ノ:.:.:.:.:.:.::::::::::::}:.:./::::/::::::∠_:.:.:.:.:ト--.':.:./
  /  /                {;ァ‐- 、:.:::::::: /::::::::''"´ ̄_:.:.:.:.``ヽ!:.:.:ヽヽ>_
. , '                   /、   >::::/_;,; -‐''"´  ``ヽ、:.:.:}:.:.:./   三ミ>
/                   /:::::ノ   /_/               ヽlT"  、_二ニ)
'.               ,. -‐{ノに,.ィ/⌒               }ノ ``ヽ ..,`_)
.ヽ          ,.-‐''"´    `¨`''"                      /     
  `ー‐---― ''¨/´                                /
          l                             ノ
           l                       __,,.. ィ'"
          ヽ                    _,,.. -‐'''¨´
              ヽ、__,,... --‐‐‐ ''' ¨¨´


第11話へ   3  第13話へ

posted by 文月みと at 21:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
ああ、そうか…本来の少女Aは「桂言葉」だけど、ルル達の儀式で出現した少女Aは「西園寺世界」なんだな
だから「猟奇殺人犯」としての概念を取られても「西園寺世界」は「桂言葉」の概念とは無関係だから、悪魔・言葉として定着しちゃったと
Posted by at 2011年09月20日 05:31
言葉さんエロいっすw
完全に別人なわけか。
それならハーレムPTに入っても問題ないね!
Posted by at 2011年09月20日 05:45
>MAGの補給は、こまめにするように。
さらっと流してるけど、

・やる夫達は契約してない悪魔にMAGを補給する方法を知らない。
(ピクシーたちも異界から出たことがないため「穏便に」MAGを受け渡しする方法を知らないと仮定)
・言葉は空腹をファミレスで解消→MAGを吸収する方法を知らない。
・言葉は「猟奇殺人の犯人」ではないが、「痴情のもつれによる猟奇殺人の当事者」には違いない。
・「1mの悪魔」が再現されるほど言葉の「スタイルに関する噂」は具体的に広まっている

という現状を考えると「淫魔になりうる噂」を持つ言葉に
「正しい穏便なMAGの受け渡し方を知らない」やる夫が
MAG供給をするということで・・・型月的な魔力(MAG)供給フラグか!


いったん妄想すれば迂闊に質問できなくなるし、実際供給できそうだし。

先輩悪魔(ピクシー×5)が既にいるし、自分人間じゃないしで
ハーレム許容できればいいんだけどだめなら・・・怖ェ
Posted by at 2011年09月20日 19:53
猟奇殺人犯な言葉が怖いな。今後どう関わってくるんだろう。
Posted by at 2011年09月20日 20:17
>>96のAA大好きです
Posted by at 2011年09月21日 01:00
何かしなければ、と言っていたのが今の言葉を維持しているのかな。
どういったものなんでしょう。
それと、やる夫たちなら安心して任せられそうですね。しっかりと精神的に支えてますし。
Posted by とあるA at 2011年10月02日 20:43
>72
そして、今ここにる 「桂 言葉と名乗る少女」


そして、今ここにいる 「桂 言葉と名乗る少女」

ですね。
Posted by at 2011年11月20日 14:05
報告ありがとうございます。
修正させていただきました。
Posted by 文月みと(管理人) at 2011年11月20日 15:49
相変わらず設定が深いな、今回の説明もなるほどって感心してしまう
Posted by at 2016年09月27日 03:38
デビルサマナー世界の種族:英雄は過去に生きた本人ではない理屈と同じだな
Posted by at 2017年06月26日 16:41
”ギャルゲやエロゲが大好きで、そのゲームのキャラを現実の女性よりも大事に思っている人”の元に現れる嫁がいる。という噂が広まれば
実際にPCやTVの中から出てきてくれるわけか・・・

普通に好感度MAXだから最高だな
なお、ヤンデレキャラならアレだけどw
Posted by at 2018年11月12日 20:04
「真面目にやるっす」と言われても
散々推察を重ねておいて、確かなことは何一つわからんというのは
わりとこれ以上ないほど真面目にやってる結果なのだ……!(リアル話)
Posted by at 2019年01月03日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48035039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ