■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年09月26日

第57話「世界の船窓から」(4)

第56話へ    4 第58話へ

104 :◆vsQyY1yD2Q
【 コーネリアの屋敷 談話室 】
/:::::::::::|//                             |:|!;;;;;;;;;;;;;| |
::::::::/:::|/                               |:|!;;;;;;;;;;;;;| |
_/:::::/    ヾi.i,-,‐ (i(ii)i)-‐、-、i.i.i.i.i.i.i.「li.i.i.i.i.i./        |:|!;;;;;;;;;;;;;| |
::::::/     巛.//  ヽiij.〃  ヽヽ r===l l;:;:;:;:;:》..         |:|!;;;;;;;;;;;;;| |
/       《. | i  ( : :::)ry  i |;:l_「 l_「;::;:::;:》         |;: ̄ ̄;:;:| |
        《. | i E!    (__)> i |;:;/:l;:;:;:;:;:;:;:》            |;::;::;::;::;::;:| |
        《 ヽヽ、  E!    //__| l;:;:;:;:;:;:》.         .|((@))::;| |
        巛. `==‐-l  ̄l-==".ノ ! l:;:;:;:;:;》          |;::;::;::;:://
        巛;:;:;l_」;~~|- -|7l_」;:;l_「 l_「;:;:;:;:;》.             |::;::;//
        巛;:;:;:;:;:;:;:;:l」;:;l」」:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;》              |//
        /i''i'i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''i''iヽ



                        _  -───‐- _
                       ´           ` 丶、
                   イ               : : : :ヽ
                 ∠,                 : : : : : ハ
                  /                : : : : : : : ハ
                     / ,      . . . 、 . :  : : .  : . : : : : : : : ヽ
              、___l/イ     l : /l /‐l : :.l : :l‐ヽ: : : : : : : : : : : :ゝ、
              ゝ、   : : :  l,斗≠ミl : :.ハ : lz≠ミレl  : : : : : : :\
               / . . /: : :l、レ i{-':::}`l : l ヽ:l ト-'::}ヽイ  l :l : : :\ ̄
               <___: :/ : l :.ヽl ` ̄´ .V ,   ` ̄ ´ レl: : ハl : : : : :.\    やる夫!
                   / l : /l ハ       ,       /l:/: : : l: : ー-- ヽ
                    /: :l /: ヽ: :ハ    r──┐     ,.l: : /: : :.l: :ヽ-ヽ     仕事の話は終わったのか?
              _> ´ l : :ハ: : :lゝ、. ∨  /  . ィ /: /l\: :l>- 、
           イ ̄: : : : l / /ヽ/ ヽ> 、`ニ´ .イ:/ .l:/ .ll: :ヽ: : : `丶
         ‐´ |: : : : : l: :ll ┌┐ ヽ::::::><::::, ' ,へ  ll__: : : : : : l \
.        /    l: : : > ´  .ll  .| |  \:::::ll::::/ /  l. ll  ` ー- 、: : l  \
       >、   ∨: l }   ≠   ̄    ヽ:ll:/    \/  L 、    /: : /  /l
        /__   ̄ ̄ ヽ: { }>l"         /          \ヽ./: : ,'‐‐ ' /
         ̄ltj ̄ /: .}>、::l           /             l::>>: {─‐ く
            /  /: :.{ .{: >、 ‐ 、   ,             ≠/´: : : .ハ‐---ハ


105 :◆vsQyY1yD2Q

                 _____
                    /         \
                /          \
             / ⌒    ⌒     \
             |  (⌒)   (⌒)      |   今日の仕事は終わりだから
             | _ (__人_)   U  |
ムニムニムニムニムニムニ_, -'"     `ー─ァ'   ,/    後は ずっと一緒にいられるお。
ムニムニムニムニムニ/          `ヾ、   \
ムニムニ 、 ___,/    __ 、__        ヽ、   \
ムニムニム\  /     l l/V  _,      ト-\   l
ムニムニ_ノ ` ̄}     | 、 .|ィ´|     |  |  |
ムニムニ ` ーァ‐…ヘ.  ト、|  ゙=″ |イ    |  |  |
ムニムニム/ . :{: : : :\l /⌒ 、 r_ソ   A | /   /
ムニムニ/ . : : :」:_/ : : `'ー-、_ソ ∠__ノ\{. /   /
ムニムニi' : : : : : :\ : : : : : : 厂孑‐



                                      _ ― ´ ̄  ̄ ` ヽ 、
                                   ┌´  匕´ `ヽ、` /|    ` ヽ、
                                   /-`Y´〈  〉   `´ レ'ス    ヽ
                                  | ∧  `/  _ ―‐┐ ∠     `
                                  / l  \ /, -┐ l  < ヽ、   `
                                  |= ヽ ∧ ´/  / / /\ \ \   |
                                  / ) `      / / /   > /_ , - ´| 、
                                  /`ヽ"'- 、 ____,,.. -‐ '''""~ヽ´::::::::::::| \
           仕事が大切なのも分かりますけど  〔:::::: 斗zl≦l|   ー--―─-  ヽγヽ::::ヽ、 ヽ
                                  ヾ:::::八: l:jリV     ィ,z==ミ   |//` l:::::\` ‐`
           休むために こっちに来てる事      `ヽ::〉 {ヒハ     ´ |{ しリ`  ヽ り,::::::::::::\、
           忘れちゃだめですよ?              ):l ヾニソ     ゞ- '‐   .//:::\:::\::::)
                                   ノ::::::、  ノ          /|::〈::::::::::〉:::::<
           肩こってるんじゃないですか?      .(:(:::::::ヽ  `         '.:l::::::ヽ:::〈::::::::::::〕
                                   `:):::〉::::\  ー 、     // |,、::::i::::\::::ミ
           ほら、こっち来てください。           ノ:〈::::《::::::::ヽ、   ,  ´ // ヽ:::::\:::::::ミ
                                     ソ:::リ:::〈::::::::` ‐ ´   /    ヽ‐へ´`
                                         ,- / ヽ  /     /`ヽ、
                                     ,-‐‐:´/ / 〆|Х       /  /`::ヽ 、_
                                  ┌‐ ´l:::::::::::l l /、o| \   / /::::::::::::::::::/`ヽ、
                                 /^   |::::::::::::| レ `┴´  \/ /::::::::::::::::::/    `ヽ


106 :◆vsQyY1yD2Q
                                              __ _
                                       ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
                                        /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
                                       /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
                                    l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                                     │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│
                                    l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
                                     〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
                それで、やる夫。              / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ
                                    l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
                ロマリアの方は どうなってるの?  .l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
                                    ∨ \ヽl::.::ノ'\   、     .人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
                ウチの事探ってた連中とか            ソ-−- 、lヽ    _, '   ∨ヽハ:.::.:l/
                正体は掴めた?               /     ヽ. ` ̄´/     `/7^ヽく
                                      l        ト、   ヽ、._ r〈. l / / ,〉__
                                       |         l、`   l::i. `V{.ノノ ⌒丶、ヽ
                                      l ヽ、       l:ヽ、_ノ:::ヽ./     /、_,. i ',
                                         |  ヽ      ';::::::::::::::::::/     /⊆ニ(ノl  〉
                                        l   ヽ      ヽ:::::::::::/    /ヽ、___ノ/
                                       ヽ:::::::'入     ヽ::::/    ∧ ト-- イ
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    ああ、それなら 探ってるところが いくつもあって
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /   全部 貴族か商家に繋がりそうだったから、途中で調査を中止したお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


107 :◆vsQyY1yD2Q

                                             . -―≠ ―― 、
                                         , ∠  /  ‐- 、   ヽ
                                          /   {´__     ヽ    \
                                      /  ̄  厂   ヽ    ',     \
                                      { r‐- 、 / ィ    \   ヽ       ',
                                      /! |  i、ミイ/∧      ヽ     \     !
                                       / | .|  |ミミイ/∧      \    `ー‐ ┴ 、
                                   / j |  |゙゙ `''"  ヽ   \   `ー――-- 、 }
                                    { / /  .|   ,  、_\ _ ヽ     r 、    ゙
                                   l/ /   :∧ 二    ィチラム、 `  .\ \
                 予想通りの結果だな。          / /   / ハ弋}      ̄    7 ー--l  |ミ、
                                     / /   ∧ {.ヘ  ,         u ./ } (二|  |┬-、
                 それだけ お前が.            ,' l!   / ヽl  \  _    / / //  ! } /
                 注目を集めていると言う事か。   {  l   {ー‐┴‐ ミ > . `.イ rォ_/〃    ヾ l |
                                 |  |   `ー―、  .}   フ7 ̄l .|/ ,イ     /} |
                                 ヽ-ゝ、     } ∧  {. /   /  l ヽ__,∠ノノ
                                 /    ̄ \ ノ/ }   |   /    ーァ―― ''
                                /        }K    | ノ| O / -==//⌒)
                                   イ ∧_ノ }   j/彡  ./     =}イ_/
         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
    iイ:::::::::|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|
     弋l::::::|:::|:::.ノ,.  .∨::リ ,...._ヽ::|::::l:::ソ
      レl:::|:::|l"弋ラ``∨ " ヒラ`.|::::l:::|    派閥争いって、要するにナワバリだろ?
       |::|:::| ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|
       !::|:::|`ト    ,、  , ':::::|:::|::|.     ケンカして解決って訳には ―― いかないんだろうな。
        l:::|:::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|
     ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
     冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
     /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
     /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


108 :◆vsQyY1yD2Q

                                      ,.-―,>‐ト<´ ̄``7‐ ''''' ヽ、
                                      /  /'´.! ヽ弋'    '        ヽ-―‐- 、
                                      ,' /  /ヽ「ヽ-ー'     ,     `ヽ     ',
                              __,,,,,..... -'  /     、   ,   ハ  ,     ',    !
                                         'イ    ,l 〉< !  _/,..∠´ i     !     !
                                  __..... -‐' ヽ / レ'  弋/    ヾ,イ  , l     l
        逆よ、やんねえ香。             -― '"/     .i' l !   0    0   l ト、/ `    ,イ
                               ヽ 、ー┐      '、 ! ' 、   ,      ト ' !        '、
        ケンカしないで済むようにしたいの。      `` ヽ 、 _∠ヽl ' '        u ,.. ィ'     ,   !
                                          /,ヽ、  ‐- 、  , イ,..ィ‐ 、     |ヽ、l
                              ヽ 、          l// _ !ー‐r―'  /! !   ヽ   /   '
                                 `` ー- 、   / .レ'  T /イ ヽ、/ .l l    l `レ'
                                        ヽ,'     l ' /       !,l    l
                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::/  .メ:::::::::::ヘ:}  \|::::::|:::::::::::::l
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:ナ─'´ ヽ::::::/リ.`─--|::::::|:::::::::::::|
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'   ヽ .ヽ/ イ    |::::::ト、::::!ヘノ
    .ヽ::|\:|::::::| ミ≡彡     ミ≡彡.|::::::lリ::::|    わーってるよ、なっちー。
        |::::::{ヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::::|::::::l
        |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|.    ったく、偉くなるってのも めんどくせぇもんだな。
        |:::::::|:::::::ト、 ヽ=ニ三) ィ::::::|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |::::::|::::::|:::::::ヽ    ノi
   .iヘ   ノ|:::::::|:::::::::::::ハ、    /∨::|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
   ヘ::`--'":::|:::::::|::::::::::/  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/
   冫::::::::::::|::::::ムィ'"{ヘ , /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
    {::::/ ̄ ',:::://  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
   {:/     ',//  .{   .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}


109 :◆vsQyY1yD2Q

                    _ , - ‐ - 、_
                  r'´ ̄: : : : : : : : : :/rヽ`; ヽ
                 /`: : : : : : : : : : /,´: -,ヽ:\:`:ヽ
              /: : : : : : : : : ∧": :/,´: :\ヽ`. :-ヽ
                /: : : : : : :ヽ⌒!: L'´': : : ://ヾ ;ヾ_; : :.l
             |: : : : :: ,、<<⌒: : :t‐-: _: :ヽ : 〃: :_: :_|
         / ̄´{_: : :r´/:,´/: : : : l l: r 、ヾ: `´:/_ i i:.|
       ∠__〆:`''ヽ_l l l: : /゛ヽ:','.;ヽ:ヽ. ヽ_/:.///_.|
           /: :y -、: >;-、'l l: : :〃: ゝ;' ' : : : : /´{ /
        r‐-‐'´ : :l ∧}/ l:;;'/_7`_7二ツァ-----―'"‐イ
       (: :/: : :ハ 6 ゛ !ハ|,7z=ソ´l!`リ   , _``''' /
        Y://: : ヽ_    代;;タ`'     ィソタ' /    それで、どう対処するつもりなんですか?
       彡: : ´://: : :l     `'''´      ゝ-' /:ヽ、
       彡, : { : {: : : /,、             /: : ミ     調査を止めたのは
            Vハリレル'´ { `.、        ヽ  , ': : :{.     何か考えがあっての事なんですよね?
              , イ   ヽ .\    -‐   イ: : ハ:ミ
       _, 、ィ'´  |    \ ` ‐ , r ' ´  `´ `
   _, -‐'´三三ヽ   l      \_/ ト、            って、結構 こってますね……。
ィ''´´\三三三三\  ヽ     /ヘ  .| ヽ,
    \三三三三\  ヽ   /i o ',  |  /三ュ、
      \三三三三\ ヽ,_/ ` ̄´ヘ //三三;';ゝ、_
       \三三三三\       '´/三三三/  ヽ

                      ____
                    /_ノ ' ヽ_\
                  /(≡)   (≡)\     おっ、そこそこ……♪
                 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                 |     |r┬-|     |   ん、まぁ……ホッシュ達とも相談したんだけど ―――
                 \      `ー'´    /


110 :◆vsQyY1yD2Q


   巷の評判を聞いて思ったんだけど

   多少なりとも やる夫の事を知ってる人ってのは限られてるんだお。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ∧_∧
                  ( ´曲`)
           ヽ( 'A)ノ  .( つ  )   【 仕事で直接関わる事がある商人達 】
             ( )     |  |  |
             / ノ     (_)_)


             /⌒ヽ
           ⊂====⊃
              ( ´∀`)   【 やる夫が造った 『道の港』 の恩恵を受けてる農夫達 】
            (  Y ,つ
            |  |  |
            (_)_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


111 :◆vsQyY1yD2Q


   職人達からも信用されてるとは思うけど、彼等は ちょっと違うんだお。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 _.- '_´  ̄` `>‐- .,_
                ,.-'´.-' _. ニ ミ/、_   、\
              , '     '´  _.-  、  ` 、 ヽ
            / ,  /   ,' // /ヽ.!ヽ. 、ヽ ヽ
             i ,'  i   /!{ !{ !l  ! __'、', !   !
             { i  i   !┴-、! !  ''"___ ! i }   }
            | i. l   l;==、     " ̄`!l /ヘ. !
                ! ! |   !    }      ノィ´r' ノ/
               l ! l   ゝ、   、 .       ,-イ/   みんな、兄さんの事 よろしくね♪
              lハ ト、 ト、   - _一   /l !/
               V!人ルへ、      ,.ィ!ハN
                  / ,∠-,`へ‐'"  {、
               ノ  ´  '´∠l_|_,=='-┐
         ,. --一/       /‐-|__{-‐   {>ーッ‐- ..__
           `'ーノ    _,∠__,ノ八ヽ、____ノ='´. : : :_.='´ ̄`


                        \ は〜〜〜い! /
                       ∧ ∧                ∧_∧
                     ( ,,゚Д)<iiコ.   Λ_Λ      (・∀・ )
                   と  |⊃||.    (´・ω・`)     .〈l」:ll:.l」:)
                    〜l  |       ( _ )        .l‐、l-.、l
                      U U        U U       (__::ノ、::_)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   彼等の信用は、やる夫が 「素子姉さんの義兄」 だからであって

   本当に彼等に信用されてるのは、素子姉さんの方なんだお。


112 :◆vsQyY1yD2Q

     /i , - '"¨ ̄て_____
   ,.イ /:::::レ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::<´
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::::\::\
  /:::::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::∧::\::\::}
..∠::::::::::::::::::人:::::::::|:::::|::/_ノ\::|: :.:|ノ
  フ::::::::::::(  )::;.-|:::::|ノ ィ气 {人: :|
  レi::::::::::::::`´:::{ -|:::::| {l  ヽ、V
   |:::::::::::::::::::::::ヽ|:::::| r-、   /
.   .ヘ:::::::::::::::::::::::::|:::::| |  `7/    て言うか 「姉さんの義兄」 ってなんだよ。
    ヽ:::::::::::::::::::::|:::::|. \ノ/
  ト、_ノ:::::::::::::::::::::|:::::|r─一'        今更だけど。
  .ゝ:::::::::::::;r‐─-.|:::::|
  /:::::::::::::} ̄ ̄`.|:::::|\
  {::::::::::::/ ̄ ̄\.|:::::|、.∧
  {:::::::::/      |:::::| \.ヽ.
  {:::::::::l ./ ̄ ̄\.\:|、. `ヾヽ、
  {:::::::::|/     ヽ  `ー‐-`ヽ
  {:::::::::|       .ヽ      .`i
  {:::::::::|        .|       .}
  {:::::::::|        .|      .ノ



                                               , -'''"  ̄"'- 、
                                              / , '",.、/ ̄` \ 
                                             ./ノ , '",.、\     ヽ    __
                                             論.liヽ ヽ._, - ` /ヽ |/´ ̄ /
                                           //,/`ー- 、__ , '"/ ._ /!- ─'-‐- 、
                                            レ1 //ノ    `ヽ---‐く ノ\ ____/
                  すいません、私が先輩の義妹だからです。  レ!小l━    ━从彡/~)
                                            ノ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /_ノ、
                  先輩、やんねえ香さんと一才違いですよ。   (ハ /⌒l,、 __, イ|ァリノハノ
                                             ./  /::|三/:://  ヽ
                                             |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


113 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /   _ノ  ヽ_ \
/    (●)  (●) \   そ、それはともかく
|  .u    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    貴族とか商家とかが、やる夫の事を知らないのは当然なんだお。
(  \ / _ノ |  |      なんてったって接点がないんだから。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                                                __(............
                                       (、.... . - ´:.:.:.:.`ヽ:.:.:.`ヽノ)
                                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡′
                                     /:/:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:/:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
                                      {/:.:/:.:.:./:.:/ {:.:.ハ:.:.ト、`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
                                   |:./ |:.{.:{:./一∨ ∨ー∨V`Y:.j:|:.:乂
                                   |八从Y ´ ̄`   \´ ̄` W乂リ
                   改めて言われると      ′ 八::::| :::::::     :::::::  }::::/::ミ=ー
                                    -=彡从人  ⊂ニニ⊃  /::/从リ
                   当たり前の事だよね。     .ノ八乂个 . _____ . イj/⌒Y
                                            /   厶、     ... -く{  |
                                   /⌒ヾく  〈::::::::`エ´::::::::::::/|  |
                                  {   }}-=彡{ ̄    ̄ ̄{ :|  |
                                       `ー一'/ ̄`ヾ:`Y/´ ̄`ヾヽ',  `ー、
                             _______,′    !:}:::}{    ∨人_つ´________
                             ──┬─┬‐i    .jノ::::入     ∨────┬─┬─‐‐
                                 |  | .|    l__∧     ∨.__     |  |


114 :◆vsQyY1yD2Q
              /: : : : .           \
                 /: : : : : : : :            ヽ
            ,': : l: : : : : : : . :          ハ
              l: : :l: : : : : : : ,、: ..イ  }:  .       ハ
               } : :.l: : : : : l:,,≠V=l: ハ: 从:  l : }l
           /: : : l: : : : :〃iト‐}` ∨ レ≠ミl /. : : lリ
          /: : : :.:|l : : : : :l` ̄´    iヒノハイ: /l:/   でも、そういう問題って
          ̄フ: : : : N: : 、: lヽu    ',    }: : l:/ '
            /__ イ: :>、: |ヽl、   ,...、  ∠: : :|        どうやって解決すればいいんだ?
          ̄ /´\:.:.ヽl:.ヽ丶、. `". <l: : ト、l
    __  --─  ̄    ヽ:.:.:.:.:.:.`>l`¨ト、:l从 :.|
  /⌒ヽ          ヽ:.:.:.:.::/ `丶、 ヽ!
 /                ヽ:.:.:}     丶、


                                             , -‐─.:´.:.:.:.:.:.::.`>‐- _
                                           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.:.`ヽ
                                          / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                          !.:.:.:!  iハ  ミ   ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                          |.:.:.:i.:i.:.:i  弋\.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                          \人゙iノ  l'|`}_ \_.:.:.:__:.ゝ.:.::l.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                  基本は、社交パーティとかに        /   /`l  リ.└   ∨ `、.:从.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  積極的に参加する事ね。        ヘ__/ r '   ´ , , ,   6 }.:.:i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                          ヘ__/. |          イ. .:,i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:ハノ
                  手っ取り早いのは縁談かしら   /    ノ  \_          ヾ,ノ i.:.:.ト.:.:.:.:.:i
                  やっぱり。                  i`   彡  丶  ヽ__ ,. '   ヽ  ソ \.:.:l
                                      \       `ヽ   _ヽ     .\     ソ
                                        .\         ,彳   ゞ= ニ 二入
                                         .\      /              l
                                            `ヽ_,   /              l
                                               /, _,,.. -'''"ノ          l
                                              ./  _,,.-'''" /           l


115 :◆vsQyY1yD2Q

                                     , ― 、,- ' ´ ̄`,"´ ̄:.:`ヽ、 ,-‐'´`ヽ、
                                    /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                   ,:':.:. .:.,.:.':. .......:.:.::::::.:.:.:........  \ :.:.:::.:.:.:.:.:. l
                                   / .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ:::.:.:.:...  l
                                   |:.:./:.:.:.:.:\:.:.:.:./i:.:.:.:l、:.:.:.:.:.:./:.:.:.:',:::.:.:.:.:.:.:/、
                                  /:./:.,.:;':.:.:.:,:.\/. ';.:.:.:| ヽ:./:|:.:.:.:.i:.:|:::::.:.:.:.´:.:ヽ_ ,
                               _,.-::.´:.:`´:.:|:.:.:人;;'´\_,i:.:.|,_/、`ヽゝ:.|:;ノ::::::::.:.:.:.:.、;;:,,ノ
                               ゝ-‐,':.:.:.:.:.:ヽ;/l l.  0i ゞ'  '0;i  } レ'`',::::::::::.:.:.:.:.:}
      さっきの素子さんの話                  /:.:.:.:.::::::::ゝ i ゝ、 i;j    i:;j /、  八:::::::::.:.,:.:ノ
      実は貴族の世界にも当て嵌まるのよ。      !:.,:'、:.::::::, 、;'゙},     ,      /- '  ヽ:::i、::i:/
                                 `  ヽ:;ノ   ゝ _   ,、   _/     ` `'
      皆が信用するような家と繋がりがあれば             ,‐,-、`"' ┬ '"´l,´ ̄',-,、
                                       /,| |   .|‐´   /  // `ヽ
      「あの家と付き合いがあるなら信用してもいい」     /  | |    l___/  /.// ´`ヽ
      って感じにね。                           /   | |、_,┴ - '-、_/_/     ヽ
                                   ,:' ´  l/           `l     ´'、
                                  /    /             |  _   `ヽ
                                ,-'´/     l             |         ヽ__.,
                              , ┴--、     |             | ー-、    /´  l
                              /    ヽ、  /l      | ',      ∨  ヽ / -―  `i、
                             ',- 、     ヽ/  |     | ',      |   `/  , -―-、/
                             、    ̄` 、'/   |        ヽ     |    `,/    /




                        今にして思えば、商売を始めたばっかりで資金が心許なかった頃
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\.       それでも掛け売りしてもらえたのは
     / .イ '(●)  .(●)\    西澤家と、あとカンダタ家もウチに援助してくれてたからだお。
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \
   | ≧シ'    `⌒´      .|   取り引き相手の人達は、西澤家を信じてくれてたんだお。
   \ ヽ           ,/


116 :◆vsQyY1yD2Q
:: :: :: :: /:: _,.-'''":: :: :: :: , -'":: :: :: /:: /:: l :: }`、
:: ::./, -'/:: /:: :: :: _,./ :: :: //:: :/_, l:: ,':: .',
/,.イ:: :/'/:: :: :: //:: :: /::/.-'''"_,   ,'ノ,':: :: }
// :: /:: :: :: //:: :: /::/:: :_,.rτ=-‐ .l/::l :: ノ
: :: :: / :: :: //::/.:: ::./::/:: :,.<. ちi|   '、::.l/
:: :: / :: ///: / :: /::/:: :/     .ゞ.!     ` 、
:: :/:: /:: /:/: /:: :///:: :: /  u         ./       ニュー速で商会がダメになりそうになったら
、 i:: /:: /: i:: i:: :/K/:: :: :: 'ー _‐ニ= ,        / `、     援助していた家が助けてくれると思ったのだろうな。
::\: :: l:: .l:: l::/_ヽ{_,..-'''"/:: ::./         ,'`、:: `、
:: ::`,\:l :: ', Vニゝ }   `./ ::/      -‐ ,':: ',、:: `、   その取引相手の連中は。
\:: ',:: `、.:: \「"''- .、 {:: /`  、     /ノ :: ノ `,:: :',
:: ::`、.', :: `、:: :: `、ヽヽ、 ト::{`ー .<=::,> 、._/;:.-'"  .}:: ,'
:: :: :: ::i:: :: ',:: :: :: i:: .}ヽ.} ゝ`- .、.▽ './:/     /::/
:: :: ::./:: :: :: i:: :: :: i::/、`/   i ', ', {/     ./ィ'
:: ::./:: :: :: ,':: :: :: ::.i'~"''l   ./ ` i      /'´
                                                   、
                                                   ヽ`ヽ
                                             _,ィ ´ ̄ ̄``ヾ: : `ヽ、 jヽ
                                            ´二ニ=‐: : : : : : : : : : : レ': :)
                                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                         ∠_; : :.i: :i : : : : : : : : : : : :i: :i : : ヽ
                                           /: : l: :|: ; : : : : : : : : : : l: :|: : :_:_\_
                                     、   /: : : : l: :|__j、: : : : : :j;__i: :|: :|: : : :ヽ ̄
                                    -  ._/: _ィi : : :|: :|: /ヽ: : : : ハ: |、|: :|: : : : : i
                                     ′  ̄ .:|: ; : :|: :|ィ冖rヽ: ノイ冖r|: :|): : : : ノ
                                           ヾ{ヽ:|: :| 辷リ    辷リ l: :|: :i、: /
                             ああ、そう言う事か!   .|`|:.ト、_  △_, イl : |: :| ヾ
                                                 |: :l:.|: : :7i H i  |_: :l : |: :|
                                         ,ィ    /: :.l:.l/r´ 只`´ヽヾ: :/: :|
                                       /: l  /: : :/ヾLl  |  |  )_l:/、: : |
                                        {: : :  ̄: : : <_ノ-、j` |  | 1: :´z、_}: :ヽ--ィj
                                       ヽ、: : : : : : <_r勹' .|  |  i: :>ァ、/: : : : : :/


117 :◆vsQyY1yD2Q
: : /∨ヘ:.:.:.: ∨:.∧:.:.:.:.:\:.:.:.:.:. |!:∧:.:.:.: !|:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ
: /  ∨ヘ:.:.:.: ∨:.∧:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:リ:.:.:∧:.:.:.!|:.:.:.:i:.:. : i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.,
/><\ \:.:.:∨:.:.:.\:.:.:.:.:.:.Y |: /:.∧:.: |:.:.:.:|:.:. : |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:,
仏斗≦三≧x、:.\:.:.:.:.:\:.:.:.:|: |/W,厶斗匕:!:.:.:.:.|:!:.:.: |:.:.:.:.:.:.:i
 /::::::::::::しヘミメ\ `ヽ:.:.:.Y.:|仏斗=テぐ }:.从:.:.: |:!:.:.: i!.:.:.:.:.:.:|
Y::::::Y⌒Y::::::}   `\  \:.:.:|//::>‐<ハ`Y/ |!:.:.:.:从:.:.:ハ:.:.:.: リ
{::::::戈_り::::::′        :.:.| {:::乂_リ:::} /∨!:.:.://:.: /:.:∧:.:./    って、あれ?
:乂:::::::::::::::ノ           :.:|人::::::::::::ノ  }:.:.://:.: /:.:/ }!/
:.`\ ̄                :ノ  `¨¨ ´  ノ://イ//ヽ/      やる夫って、ロマリアの王族と仲良かったよね?
: : : : : . .           ,   . . : : : /´|:! :::::イ \:.:\     ほら、あのカエルみたいな顔した ご隠居さま。
: : : : : . .               . . : : : : : . |:! :::::::|!:.:.:.: ヽ:.:.:\
: : : : . .                    . . : : : . . 从::::::i:|!:.:.:.:.:.:.:∨ヽ:.:.、  あの人との繋がりはダメなの?
、                          /|::::::::::l:|! :.:.:.:.:.:.:.∨ ヽ:.:.
 \                         イ: |::::::::::l:|!、:.:.:.:.:.:.:.}   ヘ:!
\      ⊂== ─=⊃        イ:.:.|:八:::::::リハ\:.:.:.:.:八  丿


                                                        _,..-'''
                                                _,..‐'''‐v‐''"~ `、
                                                i´      .l     ヽ
                                                i      .i       \
                                               i       ',
                                                 .',    ',  `、
                                                 .`、   .', - ヽ
                                                  ゝ.'". `、  \
                                                 l iヽ  ヽ   `ー -
                                                 l==''"、  \
                     いや、それはダメだろう。               l !j _. `、    `、
                                                   i ‐''"   .ヽ    \
                     王族は立場が上過ぎる。              ノ      J   ヽ
                                                `、             `、
                     それをコネに立場を安定させたければ.   ',            ',
                                                i           i
                     やる夫自身が新たな派閥を作って         ⊃         ./  /
                     そのトップに立つ必要があるぞ。         ',          ./  /
                                                 ゝ-‐ ''" ヽ,'  ,'
                                                           /i   {
                                          ,..,_      _  /―、',  i
                                        ,r'   ̄  ̄ \   ̄ " '' ',   ',
                                       /          ヽ       ヽ  ',


118 :◆vsQyY1yD2Q
                                          /.::.::.,::'.::.::.::.::.::.ヘヽ::.::.::/ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
                            .           /.::.::./.::.::.::.::.::.:厶::.:}::}::.://.:,}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
                                    /.::.::./.::.:/.::.::./   `^`V厶/」::.::.::. :.:.:.:.::.::.::.:
                                     , '.::.:: イ.::.::,::'.::.::.::.ヘ、         {::.::.::. :.:.:.::.::.:.::.:
                                  /.::.:://.::.:/.::.::.::.:イk=ミ、       '.::.::.:. :.:. :. ::.:. ::
                                  .'.::.::/'.::.::.::/.::.::./.::ト{ 行tト、       、::.::.:. ::.:.:. :. ::.
   むしろ、今 やる夫が必要としているのは.    ,.-┤::.i{::.::.::/.::.::./.::.::.::|`弋シ}! }  ´ー云三ミ、::.:.:.::.::.::.::.
                              /. : : : ',::.:ヽ::.::{::.::.::{::.::.::.::.!    ,   ー`行tf汽::.::.::.::.::.::.:
   既存の派閥の中での確かな立場だ。    ., ': : : : : : : :ヽ、::.::l::.::.::.!:.::.::.::.{    /    `弋少__j\::.::.::.::.:
                            : : : : : : : : : : : `、::.ヽ、::'.::.::.::.:ヘ   ′           l::.::.ヽ、::.::
   そのために、相手を選んで.         : : : : : : : : : : : : : \::.:ヽ::.::.::.::.::.ヽ  ー 、           }::.::.::.::ヽ::.
   縁談を進めて行かねばならんのだろう。  : : : : : : : : : : : : : : : ヽ::.:丶::.::.::.::.ハ   ヽ      イ::.i::.::.::.::',:
                            : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ::.::.:`ヽ{ 〉、 _ .. ,-‐ァ´. : :}::.:l::.::.::.::.}
                            : : : : : : : : : : : : :.,イ: :/ : :い::、::.::V / /⌒7 / ̄__rj::.::}::.::.::.::.!
                            : : : : : : : : : : : : :{::.V: : : :}::}::.:).::.::}  / / / ̄二./.::/.::.::.::.::.l
                            : : : : : : : : : : : : :ヾニ`二:´レ'.::.::ノ /    { ̄: : /.::/.::.::.::.::.::.:



       / ̄ ̄ ̄\
     /         \     その通りなんだけど
    /  _ ノ   ヽ、_  \
   .|   (ー)  (ー)   |     やる夫としては、家だけじゃなくて見合い相手の事も ちゃんと見て
    \    (__人__)    /
     /    `⌒´     ヽ    幸せにしてあげられるように努めたいお。
    ヽ、二⌒)   (⌒ニ ノ


119 :◆vsQyY1yD2Q

                                        ,..r::':::::`>:::'::::´::::::`:ヽ、  ,.r::'::::::..、
                                      /::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::: `´::::::::::::::::::`、
                                  ,.r:':´/:::::::::::::::::.:.:.       `ヽ、 ::::::::::::::::::::',
                                 /::::::::/:.:.  ....:.:::::::::::::,、:::::::::::::::::: `、i::::::::::::::::::::i
                                 ,':::::::/ ....:::::::::::::::ii::::::::::::+'、‐、:::::::::::::::::::i;;;;;:::::::::.  l
                                 l:::::/:::::::::::::::i:'⌒:/ i::::::::::l  ヽ:::::l::::::::::::::l;;;;;;::::::::::....l、
                                 i:::::i:::A:::::::::i.i:::::/、 .`、:::/ .ィ,´、ヽ:lヽ::::::トl;;;;;;;;::::;;::::::::::ヽ、
                                 ', レ':::';:::::/ .〉/i'A  .`'   .レ':i `, l::、_i;;;;;;;;;;::;;;;;::::::iー-ゝ
                                  〉.:::::::;;ヽ'、 l .レ:::}     {::::} ノ、.レ´ };;;;;;;;:;;;;;;:::;:::l
           ……いいの?                ./:::::::::;;;;;;{ ',.'、_.ゝ'     `.'     ノ';;;;;;;;;;;;;;;;::;;;i
                              _/::;;;;;;;:;;;;;;;;;`,,、',´     `        ,-‐.'  `、;;;i、;;;;:;'V
           縁談とか、やる夫は そう言うの   `.ー.´l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' .ゝ    、  ,. r、, イ'
           苦手だったじゃない。             l;;;、;;;;;;;;;ノ   `   /   .\___ , _
                                 V `ゝ'  ,、,.r.'´./      , r`´  .}ヽ
                                      .,-'``ヽr'       /    .j l
                                      _,'    ヽ     ,r'    ,.r' l
                                     \    \  /   ,.r.'´ .} l
                                    ,.r '´ `ヽ、     .`<    /   l l
                                   .<      ヽ、    ` <     / .l

          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \   家の事とか考えたら、苦手とか言ってられんお。
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/    先に皆に報告しておきたかったから
      ノ     ` ⌒´  \.     ロマリアでは、まだ話を進めてないけど。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧  て
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  そ
    ∠:::::::::::f::fノナ弋:::/弋l::l:::::ハl
    ../::::::::::::|::|(○) (○ |::|ル゙
    人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|    おいおい、それで良いのかよ。
      .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|
     、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                      _,.... --────- 、._
                                  _,..-''"´            `` 'ー-、
                                ,.-'"                     `ヽ.
                              /                          ヽ
                              /                           ヽ
                            /,/                               ゙;
                           ./,::';'          ;' ;i    i   ,i ;    ,i       |
                          /' ;'       |   ハ ハ.  ;'|  /|./|  / | i   /   |
                         ,/  ;'  /  .|   | ゙、 |=V'''゙、 .l | ,:' ソ/,,| ./ !'|  ,イ     |
                            | /|   |   | |''ゝ |三-、 ヽ| |/  " ;| ム;=-j /|    |
        う〜ん、それはいいんだけど     | .| l  |i゙、 .|`!ジ`!',ノ゙i`      ';ノ'-、 ヾ;''" / , ;'  .!|
                            リ  ゙、 |.|.ヾ、゙` ヾ:;;;リ       !'";;リ  }ト /,:'  ||  |
        家族になるヤツの顔は.            ゙、 ||  ´ト `ー一        `='...., " ,//   /  |
        見ておきたいなぁ……。           〉| ,i  l       、' : :.        /   ;'  |
                               / ノ' |  ゙、      ’        ,;:'ッ   ;'   ゙、
        でも、もうしばらく.                 ,ノ/ノ |  ゙、:、     -ー     ,/ノ/ ,ィ ;'  ヾ.゙、
        ロマリアには戻れないし。      -''"´ / ,.ハ i、 ヽ`ゝ、   ~     _,.-/../ / ,リ   ゙、ヾ、
                               ,:',// ゙、 ヽヽ! ゙'`=、   ,..-='-''"´//  / ヽ.   ゙、
                             ,/  ./ /!゙、 /`/7 /´`'" ̄ヽ く^V'"゙、   |ヾヽ、  ゙、
                                .// ,|..-'''/.// ,:'| ::::::::::::: ヽヽ. ヽ )ヽ、. ゙、  `ヽ.ヽ
                              _,..-'-''"´,..-;:'入`ハ! |  ::::::   ヽヽ'"./ミヽ、`ヽゝ_   ``
                          ,..、-'"_,..-;::=''"'"´     リ    ..::::::::/ ヽ./  `ヾミ::-、.``ヽ、_
                         f---i'r'''「´          ゙、    :::/         ``ヾミ::-、ツヽ.
                         |   N :i             ゙、   :: /              )ヾ--ヽ



     ,ィ ,イ/⌒Z__ ;
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
   ; /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ;
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ \ ヘノ|:|:::ルリノ ;
  ; 人λ::::::(|:::|//////.(::|
.     .|::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::| ;  って、お前は良いのかよ 正 妻 !?
    .; |::::::::|:::|   {_」く |::|
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::| ;
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
    ; /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ ;


121 :◆vsQyY1yD2Q
                                                   _____
                                                , '"´     ``丶、
                                                /                ヽ
                                              , '                   .
                                          / /                   ',
            何言ってるんだ、やんねえ香。                 |イ      {     / / ,    }
                                          |  / 斗-Aト、  /|厶|/Ai  i  i
            見ず知らずの相手との縁談なんて            | ,イ   |」f汽ミ、/ 〃こ刋  ト、 !
            やる夫にとっては、かなりキツい話だぞ?        .|' .|   { _辷」    _ヒ少}  } } |
                                             l∧∧    '      /i i り |
            それでもやるからには、きっと何か意味があるんだ。   /イ ト .._  ‐、  .イ从/!{ :ト!
                                               Vリ从_≧ァ‐ 〔_」/lイ从」
            嫁の私が、それを応援しないでどうする。              /^V_,// ヘ
                                              く/  {_,/  /  _}
                                                /{  (_)   L..__ソ


          __..  z≠  ̄   ::::...  、
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh     ロマリアの有力者と繋がりを持てば
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/     ロマリアにおけるニュー速で家の立場が
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从       安定するでしょうね。
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/     でも ―――
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \


122 :◆vsQyY1yD2Q
                               .   /.::/.::.:.:/.::.::.::.:.!::,'.::.:i::.トト、::.:///,ヘ::.::.::.::.ヽ::.::.\::.::ヽ
                                /.::/.::.::.::.:/::.::.::.:.:.:}/.::.:∧jムV仏>‐ヘ::.::.::.::.::ヽ::.::.:丶、}
                               /.::.::/.:.::.:.::.::.::{/.:.:.: .:.:/.::.::/           、::.::.::.::.:.ヽ::.:.: .:`ヽ、
                               .::.::/. .:.:.::.::.::.:ノ.:: .: :.:/.::.::,′           、::.::.::.:.:.::ヽ:.:. :.:.::.:.',
                               /.: .:.::.::.::/.::.::.:.:.:/.::.::厶__      ____、::.::.::.:.: .:.::ヽ::.:.:.::.:!
                               .:.::.::.::.::/.::.::.::.::.::/.::.:,厶=ミ、ヽ、 , ´7x===rミ、::.::.::.::.::.::.ヽ::.::.:}
         大丈夫なのか?                 ::.::.::/.::.::.::.::.::.::/.::.ィ代sf斗、`   ′ ーヘ近ァ少 ト、`ヽ::.::.::.::.ヽノ
                               ::.::/.::.::.::.::.::.::.::/.::∧ ´^`~`     {    ´~^``/ノハ::.::.ヽ::.::.::.:!
         縁談の相手によっては         :/.::.::.::.:/.::.::./.::./{ ヘ         l         厶イ::.:}ヽ、::.ヽ::.:}
                               '.::.::.::.::/.::.::.ハ:::{.::〉ー`::'⌒ヽ.    {    u /.::.:/.::/.::.ハ::.::.:V
         お前達の家庭に               ::.::.::./.::.::.::{::.::.、ー‐一::、.::.::.:j   __    /.::.:/.::/.::./.::.:}::.::.::}
         不和の種が蒔かれる事になるぞ。   ::.::.::,'.::.::.::.::.',::.::.:ヽ::.::.::.::))::ノヽ、´  `    {::.::.ノ.::/.::./.::.::/.::.::/
                               ::.::.:{::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::\ノ'へ、,>く_  /___ノ^)rヘ/./.::/}::.::/
                               ::.:ー`::ー::.::.::.::.:`ー彡く ヽ/  /`⌒「´  {/ /´}::./ ノ./
                               ::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.::.::.ヽ{  {  i|  ',/ /⌒ィ:/
                               ‐=≡ミ、::.:.:.:.:.:.::.::.::.`ヽ::.\ ゝr┥!    ', / /{(´



         へ、 ,. -‐…‐-
       /   : :´    . . : : : : : .`丶、
      /  : : . . . . . . .      : : : : : .\
    /   : : : : : : : : : >' ´ ̄: : : : : . : : : : :、
    /. . : : : : : : : : : :/_____/. : : : : : : : : . : : : ヽ
   /. : : : : : : .:.:.:. : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : / : ,ィ: : : : : /|: : : : :} : : : }
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./ `Y:.:|:/ノ__.フ≠ァヘレ'. : ,'. : ハ/
 ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:{        〃 //   ! : : /. :/.   そう、その問題があるのよ。
   |/\/  \入     -〈{ {/   ハ/ヽ/
             }   u  `      {         やる夫も覚えていてちょうだい。
        , -‐'- 、     ``    ゝ
        /      ヽ ト     ,., _/        もし、やる夫が気に入った相手でも
       '       Y_..`ニ二_
       l         !;\    ヽ          ニュー速で家にとって よくない人だと判断したら
       |        }|_ \ _r┴ ‐ 、         私達の方で拒む事もあるから。
      │      |/ ___\ 〈 /   \
      │       レ'´   \ `r ' ´_   ',
      │      │      ヽ`「___    !


123 :◆vsQyY1yD2Q
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   それは問題ないお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     家族のために縁談を受けようとしてるのに
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   その家族をないがしろにしたら本末転倒だお。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
                                                 , -───-- 、_
                                          / / ,、 \/L.  `ヽ、
                                         / r-┘ 〈 〉 __ ∠ ヽ \
                                        // ニr─-- 、/,-┐| -二 '、 ヽ
                                        |ハ>ヘ く> 二─┴-- 、   ヽ 〉
                                       / く < ,ィ7ハ{  _,ィ云弌¨`ヽ  l |
               そうなると、縁談がまとまる前に        |   ∠l7土_ヽ`′ f{ヒr }「` ミy=、L_
                                       !  イ トr{ヒハ      ゞ- '′  /イr ト、`丶
               相手の人に会っておきたいですけど.   个l | 八ゞ-'′ }        // フ ハ ヾ `、
                                        ハ{^Yト-    ヽ`      { ニイ| ハ- ゝ´
               ルーラが使えないと厳しいですよね。     lハVヘ    r-─、    爪 l| ヘ \
                                       / /ーヘ           イソ リ ハ リ }
                                       〈 / /ソ >、      ' .l乂,リ{ {人リノ
                                       )乂 {小ミヾハハ}> -‐ ´   |ヾ "
                                                /|       /\


124 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)       そっちも問題ないお!
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\    カガリ達との顔合わせについては
  (___     `ー'´   ____ )  ちゃ〜んと考えてるお!
       |        /
       |       /             さっき、方治さんとゴドーさんとも話し合ったお!
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



                                                 , -─‐ 、
                                                -‐{__rァ  / _
                                           .  ´      {__厶   ヽ.
                                         /         く__フ    ',
                                            /                   }
                                        /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、
                                        / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_
                                        l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__
                                        |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/
                       方治たちと?            l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /
                                          | \|:ハ    _  /   i  i┐
                       いったい何をするつもりだ?   |/lイ 、`マた¬≦}     {  | |
                                               |/V\{  \ {\__人 } }
                                                  ヽ  トi`マ´  \ `Lj
                                                   ゙ー{_{_厶     \_
                                                     ヽ\_      ̄


125 :◆vsQyY1yD2Q

                                        / , = , 三ニ _
                                     /{ / {//´  __`丶、
                                   |、 { Y  _ ニ二ー-  _ `  \
                                   { ヽl! l/ --  ー 、ミ 、丶、  ヽ
                                    >‐ {  ̄ `丶、`丶、ヽ ヽ、 _\ ヘ
                                    / /7/ハヽ\、  ヽ-、ヽヽ.ヽーミヽ. l
                                  l,イ |l!|l j_ヽ\ヽ>ィz三、ヽヽト-、ミヽ!
                                  | { lハl ト、lァィテト`ヽ´_{ィ_リ^ ! l! | }!-、 ヽ _
                                  l ヽト ヽ{トヽゞ‐'ノ         }! |リタ`ヽヽ、ヽ
.    ああ、確か 「ブッサンテン」 って言ってたっけ?     `ヽトヘ  丶 __     ノj ハ´ヽ  ! トl }
                                     /|、ヽヽ、 ´ー    /ノイリ } } ハハ|
.    この地域で採れるものを.                 { ハ l ハj l\    //´ jハ!l! j ! |! j
.    紹介して売り込む場を作るんだよね。          ヽ{ ヽ'イ jl、ヽ T ´ _, - ´ Vノl、!ト、ト、
                                      ` リノヽ j!' j`不    jl、 ヽヽヽ
                                         _, ィ j、 l   /| l ` ー- ,、
                                       , '´ / / `^ー ´   ! l _ ,  /   ヽ
                                      /_ 7 /ー 、  , ´  ̄ l l  /!  _, -‐ヽ
                                     1ヽ、 7-/ィ  、-、__ j-|ー_V } ̄, ーァ ´ i
                                     |  jl/ `ト、_弋´ーァ_ -' ´j´_Vjニ < __l,
                                     レ' /L /---i`rー‐ _  7_ , -ヽ!| ̄-'   トi
                                     j7j ‐|< ニVZ、<_-_'1ノ    !|    ,_ ィ!{
                                      | { !  {   ↑     _{ _ ィ  j_| !、   | 〉
                                    ノ|へヽ-ヽー--l _,..<_ l- ´    {|、 }ヽ    !j
                                     ´l  }r ヽへ __ヽ―_ _ l     | l! jへ/` |!


     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠::::::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
    /::::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::ルリノ
   人λ::::::(|::|( ●) (●:ル゙       ブッサン……?
.     .|::::::::|::| ,, r‐ァ リ::|    /)
     |::::::::|::|    ̄.ノ<|::|  「レ/   ああ、「物産展」 か!
   .、ノ::::::::|::|____い:::::::|::|  〈  )
    ヽ:::, ─|/|ハ::ハヾ--.リ、 ./ ./
     /:i .y / | .l::l Yヘ `ヽY /


126 :◆vsQyY1yD2Q
    __   ., '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.'"´.:.:.:.:.:.:`/.:.:.:.:.      ,           ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:..........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:..     '.,`ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:!.:.:.:./ヽ.:.:.:.:.:.:.:.lヽ.:.:.:.:.:.:.:...  i.:.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:l.:.:./  ヽ.:.:.:.:.:.:! ヽ.,/.:i.:.:.:.:.:.!.:!.:.:.:.:.:.!
.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,./lメ、   ヽ.:.:.:.:.l _∠.:.:.!.:.:.:.:.:.l.:l.:.:.:.:.:.:!
.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:/.:/   rヽー' ヽ、.:lノ、  ヾl、.:.:.:.:.:l,'.:.:.:.:.:.:.l
.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:il.:.:.:.:.:il.:/   lヽ'i     `l、i   i.ト.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.!.:/i.:.:.:.:.;.l'     l:::::l     l:::l   li.:ヽ.:./.:.:.:.:.:.:.:,'
.:.:.:.:.:.:.:.:,. '"ヽ.:/-l、    ー'     ー'   /ト-.:レ'.:.:.:.:.:.:.:,'    って、ちょっと待って。
:.:.:.:.:.:.:!    '   `        丶    ' l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ
:.:.:.:.:.:.:l、     し ` `        ` ` j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i    それで顔合わせを考えてるって
.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、          /`ー'ヽ   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    もしかして……!
.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:l  ̄`ヽ、      ̄ ̄ ̄   /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.!
:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:,'     l `ヽ 、     ,.. '".i.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:./.l.:.:/    .l      `  T´   ヽ.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.,'
:.:.:.:./ レ'    ノ         l     ヽ、.:!.:.:.:.:.:.:./ .l.:.:./
:.:.:/    ,.. ィ'"           ト 、     ヽ!.:.:.:./   レ'
/ ,..-‐'" ヽ::ヽ   、..         `ヽ、     レ'
../     ヽ::.ヽ   `ー   -‐'   iヽ、
'      ヽ i::::::::ヽ、         /::::l `ヽ


127 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ____
                                                    /      \
                     現状を整理して考えてみたんだけど          /─   ─   \
                                                 / (●)  (●)   \
                     今のところ、周りがウチと誼を結びたい訳で.  |    (__人__)      |
                                                 \   ⊂ ヽ∩     <
                     やる夫の方が選べる立場にあると思うお。     |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/

            ,. -──── - .
        ,. '"               ` 、
       .f                 i.
       ,! MN.  / /.\.\ .NM l
     ,. - '"i / /\_/.\/.\__/` `; !
   <_,. - ,''!.,i._i___|__.__|__i._i_,}
    / .f'"∨ / レ' ∀_WN  _,.- ヽ_}ヽi、
    ̄ ̄.l (.{N     O    O   },)/ i   それは……まぁ、そうなんでしょうね。
      / `ーr-ゝ.           ノl }/
     .(_( ( ヽ_ `,、 _ _,,.r‐'~` 、,イ-i-i、
      .)ノ,.'-'、 ̄\ ∧i~    )’ / _i、
       ./.゚x゚ 》ー 、_ `' 、 ゝ_ _,,. -'ヽ./ ll_x}
      /\/  ,. i>`t`i、}___,,. -'.i、- 、_ {


                                                           (ヽ三/) ))
                                                       ___( i)))
                     だったら、やる夫は                        /⌒  ⌒\ \
                                                    /(.●)  (●.)\ )
                     ここやシャーマン族との付き合い             / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                     それに、アナの事も認めてくれる人がいいお!  .|   (⌒)|r┬-|     |
                                                  ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                     これは譲れないお!                      | | | |  __ヽ、   ./
                                                  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                                  `ー---‐一' ̄


128 :◆vsQyY1yD2Q

                                              *  ______
                                       / ̄|  +   /        ヽ   +
      だからまず、縁談より前にパーティーをするんだお!   | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
                                       | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
      やる夫の主催で、物産展パーティーを            ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
                                    | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
      こ の 海 賊 の 家 で や る ん だ お !         .| ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
                                    | ___)  ::|   /           \
                                    ヽ__)_/   /                 \
                 、-、
          ,.......-‐- ―--:.:.`、iヽ
        /:.:.:.:./:.:-―:::::/:.:.:.:.:´ ̄`ゝ
        ´/:.:.:..:.:.:.:.:../:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:、、ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(__;) .:.:.:.:.:ヽ:',
       /:/l:.,:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.ヽ、:.:l 、:.:.:.:.:、ヽ,
        l':.//:.:./:/:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.\:l:.:.:.\!:ヽ:.、:.:.:},j
      ノ:.l':./:.:.:.:.:.:.:.:..:::::::..::.:.:.:.:.:`:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:./
   、 __/:.:.:ノ:.:.:.:.:..:::...:::::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
   `ー:.:ノ:.:´´/,:.:.:::::::::::::.:::::::::.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:l、l:.:.:.:.:.:.:.:、ゝ、    ゴドーさん達、驚いてたよね。
    /:.:.:.:.:.:/:/::::.:.::::.:.:.:::::::.:.:.:.:.:.`:.:.:.l:`!:.:.:.:.:.、:.:.:ヽ`
   /:::::.:::::.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.l:.:':.:.:::.:.:::.ヽ、:}    貴族をここに招待するって言ったら。
  /!::::::l::::.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.::::.:.:.::.:::::.:.:::.:.::::::::::::::l::::::.:.':,_'.
    l从|、:::..:::::.:.:.::::::.:.::::.:.:::.:.:::.:::::::::.:.:::.:::::::::::::::|::、:::.', `
      ヽ::::i:::::::.:::l::.::,:::::ヽ:::::::::::i:::::::::l:::::::,::::/,::ト,ヽ::.ゝ_
       }:ハ:::l:::l、',::lヽ:::l 、::,:::::|、::l 、|:::::ハ::l リ ゙} `ー´
         レ'ヽ! l`_`ゝ_リ∨_ヽ!,-l:,/'
           /          }
       _, -'"´          ´`ー 、
    _ , イ                /´ `"ー- 、
  ,  '´   |                  /        `!


129 :◆vsQyY1yD2Q
                 _   __
               '"´ V´   `ヽ、
               /    _{r‐- 、   ヽ
            , '     /  }    \   ヽ
.            /    /              ヽ
            / /     j_V厶       ヽ  ',
.           j/         ,′   ヽ、       \}
        / /    /      >、:.:.. 、    ヽ、   相変わらず、無茶苦茶な事を考えるな。
          //    ーァ≧、, {`¬≦≠ミ、:.、:.:.. ー‐ 、}
        ″      /.汽rミ、   〃 {rイ }癶.ヽ:.:.:..   }     ニュー速で家と誼を結びたい相手は
        /       /:/ゝ ゞ'   i    ¨¨´ ハ、:.\:.. 「     多少無理をしてでも ここに来て
       {      /∧ヘ、    {     u /_ノ.:.:ヽ:.:ヽ}
        V     ./.:{:ー:.:⌒}   , --、  ,.':.:.:.:.:.:.:.}:.:rヘヘ.   そして、この地の特産品を知る事になる。
.        {  ..:.:.{.:.:..-:‐:.:./ヽ、 `こ´ .イ.:.:.:.:.:.://  い
       ', `.:.ー゙≦辷彡'.:.:.|` - ´ ノ^):.:.:.:/     }.:}.   商談と縁談を、一挙に進めようと言うのか。
        ヽ、      `丶、_//`⌒「´{/_,イ{_     ノ:/
          ` ー- .. _   ヽ{  i| ',<  ≧=≦/



                                              _∩
                                             / 〉〉〉
                                             {  ⊂〉     ____
                                              |   |    /⌒   ⌒\
                           でも、来てくれる人となら             |   |  /(●)  (●) \
                                              |   |/   (__人_)   \
                           上手くやって行けそうな気がするお!  ヽ   |      |.r┬‐|       |
                                               \.\     `ー ´    ,/
                                                 \       __ ヽ
                                                  ヽ      (____/


130 :◆vsQyY1yD2Q

          , ':⌒:ヽ: '´: ̄:ヾ: ̄:`:く: ̄:ヽ、
         /: : : : /_: : : : : ´: : : f⌒ヽ: : : ヽ
       ..,1: .ィ: /: : . .ー ,イ二 ト二..  ヾ: : i !
       /! ´/: / l: :.7ト/ !: : :ハ, ヘ´:.. l.ハ-' ト、
       ./: し.: :.i : l: /イ'fjiヽ /fハヽ、ハ: :l、 ト _j: ヽ.   やる夫、招待状書く時は
        !: : .:.:..:.:l イlイ,i  l::!. V l::j  トハ/!:.:. : :. : }    ゲシュペンスト達が守りに就く事を
        !/l:.:.:.:.:.:.:人ヘ` ー///,///ー' / ノ:、:.:.. ::.l、l   ちゃんと書いておきなさい!
       l:.:.:/レ´ lヽ rー‐  ⌒jノ´ 丶ト、:.:.:.i
       `ン _....,、</オ`ー- - ィァ'んヽ  l:.:/     ダイゼンガー提督の名前は
      / {. -‐{ l/ハ'\ __ ,.ゝ'/)´  ヽ ´       ロマリアでも通じるはずだから、いいわね!?
    , ニ ィ>l 二)'_く     _f/ハ'    l
.    /´  / _r-< ′``====='、f'/    j
   !   l ィ!j_ニ ヽ        V    /
   !   >' ヽ‐_,  'ーく ー 、   /    l
                                         ,  // , -―==-
                                      .i { ./ / /r'"´  ̄`"" '' ‐-、
                                     .i、l v ,' /.'"   ̄  ̄  `"'' - ヽ、
                                     _ゝ i i i { ,r '" -― _‐ ,,_  `ヽ、.ヽ
                                    /  , r-シ  - ` ヽ、 ` 、‐- 、   ヽ `、
                                   /,  ./  l i `ヽ、 ` ヽ` 、` 、 ` 、 ヽ .i
                                  // .//  / ,l .i  、  ` 、 、  `、 ` 、ヽ    `、.i
                                 /.// ,'.i.i ,',' i.'、'、  ヽ、  ヽ`、 `、 `、`、   `i
                                  .l l .,' i.i l l l  `、ヽ、 ヽ\ ヽ`、、 `、 i `、   l
                                  リl.l .lll l .lー―- 、_、ヽ i-‐ヽ、_i"ヽi  i i ト ゝ、 l
                                    リリ'、 .i l.`〈、示シ、  `リ.'.ヘ之示> リト、il l、 、ヽ` 、
                                     ./ノ`、\ `.`ー´      ´ ̄`´   i l l `、.`、`、 ゝ
                 え? なんでゲシュペンスト達?  //   i i:|     ノ      u. ,ノ ll l  l.i iヽi
                                   リ.l   ll.l人   丶       /| ll l }ノ l
                                    レi i  lll l ゝ    _       / l リ .,' /' /
                                      / }.// (ヽ l ヽ      /   l   {_{
                                           / リ|` ー <_,. ‐ .', 、 _ -.7
                                        ,.r.'" .l  l        i!   .7/
                                    _   `、   l_,,ノ       i!   /.〈_
                                ‐ ''""´   > `、  .l          i!  .//  `"'' -,
                                      /   `、 l        .i! /       /


131 :◆vsQyY1yD2Q
:::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::, -'"~ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::,'::::::::, ':::::::,. '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::', 
:::::::::::::::::::::::::,':::::::,.'::::/:::::::::::      /:::::::::::::::::::::::`、 :::::',
::::::::::::::::::::::.,':::::::,'::/:::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::/     ',  l
::::::::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::::::, -'":::::::, -' /:::::::::::., '::::::::::::::::::::',:::l
:::::::::::::::::::::l:::::/__,..-'''">-‐=_/__::::./ |::::l:::::::::::::::::}:::|
:::::::::::::::::::::l ゞ:::::/  ̄ /" ̄`ヽ/ , -'"  _',::::l:::::::::|:::::,'::::|
:::::::::::::::::::::l⌒、/   ./   /´ハ      ./¨i‐-  /i::/:::::::|
::::::::::::::::::::::l ヽ   ‐-{.  l ノ:::|    '/ハ.||:::::/.l/:::::::::|     いくら ふるいに掛けるって言ったって
:::::::::::::::::::::::l ∫ u  丶  ',;;;;/      lノ:} .|/:V:::::::::::::::::,'、
::::::::::::::::::::::::l ヽ               l;;/ ,,ヘ::::::::::::::::::::,'::::',    誰も来なかったら意味がないでしょ?
:::::::::::::::::::::::::l¨|',                 |:::::::::::::::::::::::::::::',
::::::::::::::::\:::::l| `、          ´    j::::::::::::::::::::::::、:::::::',.   頼れる護衛でもいないと
::::,.、:::::::::::/\l  ヽ、     ⊂      /、::::ヽ:::::::::::::::i::::|'- 、.  貴族達は来ようとはしないわよ。
ノ \:::::/  l     丶、     _,. -'''"   ヽ::::∧:::::::::::::|/
  , ' '.,/"'''- 、      l`  ̄´   __,,..   `/ \ ::::::/
../       ` 、     l___,.-‐、'"   "'''- 、   \/
.|         l lヽ   .!  ` 、` 、      `
|         l l "'- 、   /`、`、        l



           _.. -‐─‐‐-‐‐-  .._
          /.:.:.:.:.,:.:-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
         , '.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}、
       /.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒ヽ
.       /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ:.:.:.:',
 . ヽ  /.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/^ヽ:./.:.{:.:.:.:.:'.
 :::::} {:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:./'⌒`^⌒ヽ:.:.:.:.:、
 :,斗-'´.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/        l:.:.:.:.:ヽ
 {:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/   ノ r‐‐ァ}:.:.ヽ:.:.:\
 :ヽ:.i:.:.,:'.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:厶=<  ,f≠r:ヘ:.:.:.:.ヽ、:.}
 :::::ト|/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:./x≠ミ、  代リ:.:.:.:',:.:.:.:.:.∨
 :::::|ノ.:.:.:,:.'.:.:.:.:.:.:,:イ:.:.:.:/く _{トリ    { ' ':{:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:}     当然だな。
 ::::{:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.{:.:.く{_   ' ' '    ,  ノ.:.:.:,':.:!:.:.:.:ノ
 ::::ト、:{:.:.:.:./.:.:.:.人:.:.:.:.:`ヽ    __, /.:.:.:./.:.:}.:./       当日は、サザーランド達も
 ::::| ヽ::./.:.:.:.:./.:.:.:`:辷彡' 、   `ー'.´.:.:.:/.:.:/.:.,'          守りに就かせよう。
 . ヽ─`{.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_ >‐rくー‐く:.:./}:.:}
 ._) }::::::::ヽ、:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.}ノ⌒丶、rヘ、_ノ'´_ ノノ─‐-  _
 .{ |:::::::::::::ヽ、:.:.ヽ、:.:.:ノー<`ヽ \ ト、`て(´       ヽ、
 ||  |`¨¨¨¨¨¨`ヽ:.:.:.:`:く_r‐‐ 、`´   { ∨く‐┐      `、::/ 〃//
 ||  |       }:i:.:.:.:.:〉' ,二´     '.  ∨_} }        ∨ 〃/´
 ||  |       くj:.|:.:.:.:.ゝ'‐─`    rヘ   Y´! /      /_,〃/
 .|  |   ノ{  ,'.:.}.:.:.:.:.`T´ ̄`ヽ、 `い  }  }/    / {_/rく
 ..'  }  (:.:辷彡:./.:.:.:.:.:.:.:}   ,r‐ヘ、 いノ `ヽ_ ..._ `f¨¨¨´  `、


132 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       ___
                                                  /      \
                                                 /ノ  \_   \
                              な、なるほど。         / (●)  (●)   \
                                                |   (__人__)    u   |
                              分かったお、そうするお。   \  `⌒ ´      /
                                               ノ            \
                                             /´               ヽ
      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
   人λ::::(| |( ー) .(ー::ノレ´__
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|二∠三,,)   ( 当日は、ルーラ便フル回転になるんだろうな〜 )
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::| /  /
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|  /
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リ]
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ  ヽ
    {:::l {´ < |  .|::|  | >  }


133 :◆vsQyY1yD2Q

    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


              ∧ ∧   旦那様、よろしいでしょうか?
              (,,゚Д゚)
              《⌒i Vl》  たった今、ロマリアから報せが。
              |l i|  |〆
             ,ソ_,_i!`Jゝ



                                                       ____
                                                     /      \
                                                    /\  ,_.   \
                                                  / (●)゛ (●)     \
                                ん? 何かあったのかお?  |    (__人__)   U  |
                                                  \   ⊂ ヽ∩     <
                                                    |  |  '、_ \ /  )
                                                    |  |__\  “  /
                                                    \ ___\_/


134 :◆vsQyY1yD2Q


     ∧ ∧    ロマリアの港に
     (,,゚Д゚)
     《⌒i Vlつ   やらない夫殿の船が帰還したそうです。
     |l i|  |〆
    ,ソ_,_i!`Jゝ



                                                  ___(⌒ヽ
                                                 /⌒  ⌒⊂_ ヽ
                                          (⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
                          おお! それは良い報せだお!   ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
                                            \ \    )┬-|   / /> ) ))
                                          (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
                                            \ \ /          /
                                              ヽ_ ノ       │


135 :◆vsQyY1yD2Q

     ∧ ∧
      (;゚Д゚)   いえ、それが……。
     《⌒i Vl》
     |l i|  |〆
    ,ソ_,_i!`Jゝ


136 :◆vsQyY1yD2Q





戻 っ て 来 た の は 、 船 と 船 員 達 だ け で す !

や ら な い 夫 殿 の パ ー テ ィ は 戻 っ て 来 て お り ま せ ん !!





137 :◆vsQyY1yD2Q
     ._
      \ヽ, ,、
       `''|/ノ
        .|
    _   |
    \`ヽ、|
     \, V
        `L,,_
        |ヽ、)  ,、
       /    ヽYノ
      /   r''ヽ、.|
     |    `ー-ヽ|ヮ
     |       `|
     |.        |
     ヽ、        |
       ヽ、_Ω_ノ_
       /|;;;;;;;;;;;;;;;;|\
       |__|;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|___
      /  \www/\
    /    (◎)  (◎) \
    |  :: ⌒Y__人__Y⌒ :|   レッドオーブ、ゲットだze!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     |            `l ̄       d⌒) ./| _ノ  __ノ
.      |          |


138 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第57話 「世界の船窓から」 は終わりです。


エルフは色白で耳が長い → マイメロ は、ラストバイブルの方でもやったネタです。

誰ですか、クロミ様の方が良かったなんて言ってるのはw


レイアムランドの聖双生児の配役は あくまでイメージ、仮のものです。
「原作:聖双生児」 の表記が無いのは そのためです。

実際に登場する際には別の配役になりますので、ご了承ください。


そして、沈没船から財宝を引き上げるために使用する『ダイビング・ベル』 についてですが

海底に沈んだ財宝を引き上げる目的で初めてダイビング・ベルが作られたのは 1687年の事。
時代背景を考えると、DQ世界にこれが存在するかどうかは微妙なところです。

しかし、DQ2で海に沈んだ 『船の財宝』 を手に入れられる事を考慮して
何かしらの手段が存在するのだろうと、ここでは 「原始的なダイビング・ベルがある」 と言う事にしました。


ちなみに、マーマンダインとガニラスの棲息地は
ポルトガ、エジンベア、海賊の家周辺にいない事と、ルザミ周辺に出没する事をSFC版で確認しています。


次回更新は、10/9(日) 20:00〜を予定しております。

10/2(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


         ,-‐‐‐、
       /   0ヽ
       {      ゚ }
       ヽ ・ ・ノ
        >  ニ二0
         ///(,,゚Д゚)       /⌒ < タコ!
       ,:',:',:'レ ヽヽ二ニ=‐'"
    ヽ_ノノノ//へヾヾ、_,ノ
      "'"'"レ' レ'


第56話へ    4 第58話へ

侵略!イカ娘 イカ娘 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)沙耶の唄 オリジナルサウンドトラック仮面ライダーシリーズ ワールドコレクタブルフィギュアvol.12 イカデビル 単品 バンプレスト プライズねんどろいど 巡音ルカ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
侵略!イカ娘 イカ娘
(1/8スケール PVC
塗装済み完成品)
沙耶の唄
オリジナルサウンドトラック
仮面ライダーシリーズ
ワールドコレクタブルフィギュアvol.12
イカデビル 単品
バンプレスト プライズ
ねんどろいど 巡音ルカ
(ノンスケールABS&PVC
塗装済み可動フィギュア)

この記事へのコメント
コーネリアはロマリアに行ってないから別だけど、
やらない子、イングリッド、アイビス、やんねえ香は
第22話「その名は『ニュー速で』」(4)で言ってた
予想されうるめぐるの状況のそのものずばりに見えるんだが、
夏美はじめ誰も気付かないんだろうか?
気付くか誰かに縁談の申し込みが来ればあっさり解決しそう。

アイビスの出番が久しぶりすぎてウルグスク号に乗っているもんだと勘違いしてた。
Posted by at 2011年09月26日 21:16
おーやらない夫大丈夫か?
パーティー延期かなこれ?
Posted by at 2011年09月26日 22:22
や、やらない夫ー!!?

しかし政略結婚をしなければいけないとは、
やる夫もホントに大変だな・・・。
Posted by at 2011年09月26日 22:55
身元が不明瞭だった山田の正体が実は商家の娘でした…

って展開を予想してるんだが、どうなんだろ?
Posted by at 2011年09月26日 23:46
そりゃそーだよな>ダイビング・ベル
なんか素潜りのイメージがあったんだが、海洋のど真ん中で素潜りで宝探しって、潜水記録のギネスに挑戦かおまへわってな話だよなぁ。
Posted by at 2011年09月27日 01:16
ところで義妹の旦那がなんで「義兄」になるんだ?
Posted by at 2011年09月27日 06:41
「家族が増えるよ!」って冗談飛ばせる自体じゃないなあ(汗>やらない夫パーティー帰還せず(理由は現時点で不明)
>山田の正体
 原作ではついに身元割れと母親登場したけどこっちではどうなることやら…。
Posted by at 2011年09月27日 07:27
↑×2
ヒント:素子の年齢<やる夫の年齢
Posted by at 2011年09月27日 09:30
それで、やんねぇ香はいつ嫁になるのかな?
Posted by at 2011年09月27日 10:02
立場的には「義弟」だけど、年齢はやる夫が上だからそう呼ぶって宣言してなかったっけ
>義妹の旦那がなんで「義兄」
Posted by at 2011年09月27日 11:55
シルバーオーブはギャル夫たちがガイアの剣を取ってこないといけないし、レッド、ブルーは所在確定、パープルはジパングでほぼ確定だし、イエローは所在不明・・・グリーンオーブのテドンの幽霊に捕まったかな?阿部さん縁の場所だし
Posted by at 2011年09月27日 13:29
や、やらない夫何があった!?
レッドオーブが魔族に渡らなかったのが唯一の救いだが、どんどんきな臭くなって来たな…
Posted by at 2011年09月28日 05:06
ゲームだと一つのパーティが順を追って進めていくイベントを、
このスレでは複数のパーティが手分けして同時並行してるんだな。
Aチームが成功したり、Bチームで予想外の事態が起きたり、戦略ゲームみたいで楽しいじゃない。
Posted by at 2011年09月28日 18:09
読み返して思ったんだが、「いく夫バーグ」は発展するのかね? 
サマンオサ大陸はやる夫の「アリアハン−海賊の家」航路が先に始まりそうだ。
スー大陸はミスリル銀おさえてるシャマン族はサンのことを重視するんじゃないかな。スー族は元々海賊の家との繋がりがある。
全て目の前を素通りと言うことはないだろうが、「街」と言うほど発展するかというと、商人の腕の見せ所か?
Posted by at 2011年10月01日 13:47
>米1
めぐるは妹分だから縁談来るだろうけど
アイビス達は表向きはただの部下なんだから縁談がくるわけないだろう
やらない子は身内扱いしてるが「お兄ちゃん」とか呼んでる分けじゃないから外からはわからないだろうし
ぜんぜんめぐるの立場や状況とは違うぞ
Posted by at 2011年10月03日 08:35
なるほど。
苦手分野は避けて、自分の得意分野に引きずり込むわけですか。
この発想力はすごい。素直に感心します。

>やらない夫パーティ
いざという時はルーラがあると思いますが、それも出来ない状態なんでしょうか?
不安ですね。無事であれば良いのですが。
Posted by とあるA at 2011年10月09日 21:17
最後で普通に、え?って声が出ちまったww
Posted by at 2012年03月05日 00:33
ぽっと出を前にして、ない子が涙を呑むのか……
Posted by at 2012年06月30日 23:52
>※10
ああ、そうだったな。なんで義兄? 年齢は関係ないじゃんと思ってたけど、そういえばそんなこと言ってたような気がするわ。
Posted by at 2013年02月03日 23:23
なん…だと…?
Posted by at 2013年10月01日 09:31
ここのコメ見てるとちょくちょく「こいつ今まで一体、何を読んでたんだ?」と思うことがよくある
Posted by at 2013年11月21日 22:14
広告に出たできる夫の家族……クトゥルフの呼び声?レーベがインスマスとかに改名しそうで怖いwww
Posted by at 2015年10月30日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48179104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ