■ 収録シリーズ

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 1日1本365日連続更新 挑戦中
   現行スレ NEW! 1/21 毎日更新 投下時間は不定期です。
  ファイアーエムブレム グルニア流離譚
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。

  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で(完結) 最終スレ
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵

  ニセ予告『魔神殺しの風騎委員 世界平和は業務に入りますか?
   〜勇者と魔王の魂を受け継いだ俺ですが、そこまで責任持てません〜』
   →小説本編 【1巻発売中!】 NEW! 3/3 毎週 日曜に更新しています。

  ニセ予告『異世界混浴物語』 →小説本編(完結)
  ※ 小説本編は 『小説家になろう』 に掲載されています。

  ※ 投下・更新が延期される場合もあります。あらかじめご了承ください。

 各掲示板へは、こちらからどうぞ。
  やる夫deLiveAAA板管理スレLiveAAA板避難所避難用スレ小説系掲示板

2011年10月03日

第13話「もしも私が悪魔でも……」(5)

第12話へ     5 第14話へ

129 :◆vsQyY1yD2Q
                                        /:::::::::::::::::,.;ゝ.
                                       /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                              __        /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /~~`ー'~~```` /           `ー、               ヽ;;;;;;;;;_.........
   ム        (              ` ヽ、

          ._
        /77/
      _/ i ムイ
      /ヾ、 /
    /   ソMMMM
.   /i___/ {二二ニニ=}
   /./  /   } 。 ´。Σ}  逃げ切ってやるぜ!!
.  //  {    ! ト-イ j 〈
 (/   ー<ミTヽ玉_//`>─┬、_
  `ー-、   i L_// ./ >├ー-、二ヽ、                ,-、:':ヽ
      \  .  <  /  > || _,、  ',.                 ,.:'::::::::::::::::)
       ヽ   >-‐' L .」レ   ',  ',                  (::::世界:::::) 三=―
        ',  「o     Y i      ',  ',              (;:::::::::::::::::::::'、
         i  `i     .| .|     .}、ノ.ヽ                ,.'::::::::::::::::::::::::i、三=―
            |  |    i |.      ',  .∧            ,'::::::::::::::::::::::::::::::'、
           |  .|    { i        T  }.             !::::::::::::::::::::::::::::::_':、. 三=―
         |  |     || |       ヽ)}'..          ,'::::::::::::::::::::::::::::::i
         |  |     ||  |                   ,'::::::_::::::::::::::::::;::::::', 三=―
         |  |     ||   i                       !::::::',.,':::::::::::::::i'::::::,'
         |  | , -‐  ̄` T}
         L⊥/      i
          i i   __ノ
          .| .|  {
           i .|  .|


130 :◆vsQyY1yD2Q


                     _____________  キキッ
              |    ///  ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄\
              |___/__//     ..||     .l \_____\_♀___
              ll" ̄口 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄l ̄二二 ̄ ⊂OOl皿lll皿00|
             〔_ll⌒l____ヘニニニニ|ニニニニ.|゚ニニl⌒l_ l_Π l lニ囗ニΠ〕
            ‐‐  ̄`ー' ̄ ̄ ̄ ̄`--' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー' ̄ ̄ ̄ ̄ `--' ̄





                                          /                    ///
                                      / ト、{\        _       /´/{ イ
                                      「 ̄ ̄ ̄` ー- < ̄-‐≦二    /   /
                                      ├―--  __     ` <二≦    7   /
                                      ', _,,   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /
                                        | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
                                       イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉
                                          |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/
                                     |  〈           イ/イ´ /  ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
                                  i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
                                  l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
                                  l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
                                  i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
                                   l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
                      ん? なんだ?   .∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
                                        \|\!\  ′          ∨
                      あのデカい車……。     ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
                                           `  、      , ′  /  \_
                                               ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                                                _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


131 :◆vsQyY1yD2Q
         //   `'ヽ  \  |  /|     l|
         //      \  / ! /  |   /
\、      /'     /\   ∨/」'  ,/|  /
  \     /   /      // |/  l/j
ノ\  \ /  /  ィテ 7  / |  |    |  |
   丶 _  〈 / / `  __/ / /j    j |   微弱な反応のため探知に時間が掛かりましたが
 ー―tテ _, -、   ̄ ̄ 丿    / 」    |  |.    ようやく見つけました。
7七  / /  l ゝ--/⌒l    イ /    ,'  |
ヘ入_/ /  /   /  /    / | /    /! |   お嬢様、あれが此度の事件の元凶です。
`ゞ\/ /  /   /  / r―――|    / |  :l
_ / /  /`,、_,/  /   | r――|  / / \:l
  l/ /  /、 /  / /j |, -、 j /  / \/:|
ー/ /   { /   //  j/ / 」   /  / ::|



            /       /              }  〉
.          ,′       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l 〈
        │      /                   |  |
         |       /                 | │
         |    /`'ー=ァー─:─‐‐┬:-,、:┬―<   !
        ,'!   ∠ ィ: :.::/:,/>、/_;∠/ |: 厶:斗:│: !:\ |    土は土に、灰は灰に、塵は塵に。
        /      |: :,/|〃卞i:::j「 / j/ イi::卞小∧| ̄|
.       /      /|∨:|   ちソ       ちソ ハ| '  |    死者は土に還るのが定めで
      /      ト|: : :|   ー      ,  ´ !: :|    |
.      /         /: |: : :| ``           八:|ヽ. ∧    無闇に さまよい出て、
     /        /: /|: : :|l\      ∠ )  _ イ: : :|  \│    この世を騒がせちゃいけないんだよっ!
.    /        /;∠ |: : :| ` 、> 、..__.. イ │: :/⌒>‐、}
   {      /   >‐<`ヽ\`ー┴'´/ |   |: :(_ノ⌒丶\
   /    /   / /⌒'く  \   ,/l |   |: :/レ ⌒\ /
.  /   //    {    /⌒ヽ.  \ / |   |: :V⌒丶  /


132 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ヾヽ
                     _,.-‐'´ ̄ ̄ヽノノ-、
                      /:::イ::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::/::::::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /::::;:':::::::,イ-/:::::,ィ:/:::::::::::i:::::::::ハ
                  /::::/::; イ ,_,≠_///:::::::/ハ:::::i:::::ヘ
              _,ノ::://j:/ 乂:::7 ` /:::イ/イ`ヽ:::::|、i、:i
              >、::::::∧,′   `  彳´ 7心、 ',:::从|
               ̄ム::;_::::i        冫 ヽソ〃i/:::|    どきな、お嬢ちゃん。
                ´ ',:::〉   ヽ-  _     /!:::::::j
                     j′、   `‐-、ソ   /:ハ::::7    あんたが何者かは知らねーけど
                _,-、ィ、   ヽ       ...イ::〃 j:::/
             _,.ィ´\::::\ `ヽ、 `:y‐ ´ j:::::/  i/      こいつは、こんな物まで持ってるんだぜ?
          ,ィ´、:::::::::::::::ヽ::::::ヽ  y<',   iイ
          i/::::::::\::::::::::::::ヘ::::::ヘ人:::::iヽ、             _
.          j::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::フ:ヘ j::ハ i::::\            jニ,)
         /::::::::::::::::::::::',::i:::::く::::::::::ハ!::::',ヘ:::<:ヽ        i .i,-、_
.        /:::::::::::::::::::::::::::ij!::::::::ヘ:::::::::::',:::::', i::::ヘ:::ヽ       j_i_ i ヘ、
       i´:::::::::::::::::::::::::::7ノ:::::::::::ヘ::::::::::',:::::',.i::::::|:::ハ     i´ ,r-</_/ノ!
       |::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::ヘ:::::::::i:::::i.|:::::i::::::i:',      ヽ、,.. 、___ノ
.       j::::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::i::::i!::::j:::::::|:i      7 ,'  j
.      7i::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::i::::!:::i::::::::|::',    _/i7 ,'  7
.      7:::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::i:::|::j::::::::|::::',  /:/ヘ   7ヽ
      .7:::::`::::::::::::::::::::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::i:i:j:::::::::|::::::', ./::::i  `ーイ/!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ___
                   r‐┴'ーミト. .
                   |〃⌒ヾi.|三≧ト. .___
                   |{{::::::::::刈三三三三≧ チャッ…
                   Liゞ=彡! 三三三三三:!
                    i乂o.::ノ 厂三三三三||
                     乂.__彡' ̄ ̄}三三三》
                      `7¨ i三三「)三フ´ ̄',
                      { _」三三!|三(__ ,ノ ヘ.
                      ゝ  }三ニ|j三三ミト   }     /
                         ) ┴ー‐-=ニ三jjjj  ,′ /
                        〈         { Y! /  /
                           Y ー―-==一'i}}j′ノ´⌒ヽ
                        {          ノ}}!`ヽ
                       ヽ  ー―‐<三|ヽ
                         i       __ ノニ| }
                         `ヽ 「三三|彡'′j


133 :◆vsQyY1yD2Q
     |  l   /   /⌒ ヽ 丶__ヘ、  \-――- 、  | /   /  _____  \
     |  ヽ /  / /  , --、/ : : : : : : \   \- 、   \r'__/  /  \__/ \  \
      ヽ. /  /  /  /  /: : : : : : : : : : : \   \\   \   /  \_____/ \_)
   / ̄ ̄  /ヽ  /  ,/  /: : : : -――――ヽ    \\   \/
  /   / ̄ ̄ ヽ.  ∨ 〃  /: :/       / /\   ヽl\   \__
  |   {      \///   /イ           //_ ヽ   l  \__   \
 八  ゝ、___ /  /   / /\         /'/    lハ   \     \   \
   \       / //   / l _≧:- 、  // , 。ヤ r 十レ、   \
      ` ー/ /- /   /l  !/  _   ヽ/ /ゝ'  /  l/  |\   \
 ザワッ… ./   /  /   / r=、l く 入゚ノーャイ⌒ヽー‐'    l) /l  \   \     お嬢様、お下がりください。
      /  {__,/   // l  :. 弋___/  |       /イ l    \   ヽ
       {    /   / |  \ム         `        / \ \__ヽ.  |   すぐに、この無礼者を
      ゝ _/   /   l  /⌒ゝ      ャ つ    /   丶. ___|   |   黙らせますので。
         /  /   / /    \     ' `   ∠-、__       |   |
        ,'  { _/ /   _/ `>     / |       l|     |   |
        /!  |__/   |l    l  |    ̄  ├i     l|     し ノ
      (_∧  ヽ      |l    l/しノ⌒ヽ/⌒ヽ ∨   l|
         \  \     |l    \ /       V   〃
          \  \   /\、   |        /    〃、
            )  ) /   \、  \      /   //  \



                   ,  -――‐- 、
             /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\      O
            o   / |//  ___  //| ヽ  。
              |  |/ イイ∧/V\lミ{_ |
   O    o    j  }iヘ廴__,  、__ノ ト爪 {、
            /  ,リr=ミ   r=ミ{:| :{\\       だ、ダメだよ、アナコンディ!
          /  /イつ , ―‐ 、⊂从: ヽ ヽ ヽ   O
          ノ //.人 (´    `} ノ:>ミ :V∧. ヽ.    その人は、取り憑かれてるだけなんだから
        /{  //r≦rマミi ≧=チir‐くヽrォ} :∨ ∨: 〉
       / : ∨7八r〈{{__ミリ\ーィr'/廴_ノ≧ノ: : {⌒∨      穏便に! 穏便に!
       {{: :/ { : :{ト、V}`}  ヽi/  { ̄: :}ノ : 从
         ∨  V{: :ヽ: 「: :l   |: |  ∨__/ィノ}′
            ヽトハハノ   | :| /´  `ヽ
                  /     }:/__ __  ミ廴
              /    / 7>'⌒>'⌒i ̄`ヽ
                /    /: /′//:::::::ノ  ノ
             }   /: ノ  /廴シ' (´
           ,.イ′ 〈: :く  / 彡'  ノ
           ヽミ __r彡: ノイ__ ≦-- ´
              `¨¨´


134 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
                               . -−- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
                             /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
                         .   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
                         . l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
                          l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
                          l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
      あれ? 全然ビビってねぇぞ?  l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
                          |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
      こんな物 見せられたら             l::::ハ│::::|                   ノ´'
                             ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
      もっと怖がらないか? 普通。           lV_ 人         ^      イ
                                    丶、           ,♂
                                       ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                                         /´|/  _   ヘ/ /ヽ
                                        八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                       ,-、:':ヽ  そ〜っ
                                                      ,.:'::::::::::::::::)
                                                      (::::世界:::::) )))
                                                        (;:::::::::::::::::::::'、
                                                     ,.'::::::::::::::::::::::::i、
                                                       ,'::::::::::::::::::::::::::::::'、


135 :◆vsQyY1yD2Q
― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
―━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
           '´       __ .. - ‐… ァ== 、     \
          イ ..-ァ::.:.:.:7/:.:./ :.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.∧       .
         ' レ′:.〃:.:. 〃:.:〃 .:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.: /∧      !
.      / |f!x:.〃:.:. 〃:.:〃 :.:.:.:._ ..- ‐…─<..     !
     ! |ゝ.〃x:.:/:.:.__j,.イ 丁\   ヽi/  、 ゝ    |
     U |/:.:.:.: /イ、 l i   |  \ イ ト \  トミ=-  ト、
     | |':.:.:.:イ |i | ト、i、\ .イ X:弌:=zゞ|     |  、
        '. j:./ーi!─i!-!=<!   ーゝ'"!::::::ハ! イ! !、     !  \
        |//   ∧イテ:::示ゞ       弋_少 '.! ! '.          アナコンディが
       イ ヽ 从ノ、ト::::ノ!             ///|∧
       _.ノ_ノ^\ !  ゝ- '   丶          ! !/´!ヽ.          スゴい事やっちゃう前に
        |    ハ///      _ _       | | :.:.!  \
      ノ    |∧      /  \      | | :.ノ    ヽ     ここは私が……!
       .′    ,ノ: : ゝ.       "     イ | ト′
     ′  /!.:| : : |: :> .._ ____  ' ´  j/! ! |
    !  .'::::/: :| : : |:/: : :ノ⌒(__j__..-‐´ ! ! |
    |  '::::/!: : | : : |一'´1 ト、         /! ! ヽ___
    | .' :::::: !:.:ハ : :ト、、 ! V `−-    /  ! !/   __../ヽ
    |':::::::::: |: :∧! ::|ノノ  ! \     ./_   ! !   ff:::y、/ \
     ヽ!:::::::::|ハ ! |'′ ヽ . =\ ≠ )::::))  ! !   Vy、/\  ヽ
     人::::::://=イ! |   ((___ム/lヽ=='’ /:! !   / ハ=
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄


136 :◆vsQyY1yD2Q

                           ...................................
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
             :::::::::::::::       マ  ハ  ン  マ  !!      :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...................................

              _人_     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ヽ  __j__
             `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl      '.   l
           |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|     |     _人_
       __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'  |      `Y´
          `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |        |
           |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |     _ 人 _
                ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !         `Y´
      _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、        |   l
      `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \        - + -
           /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶         l
       !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
     - + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.     _人_
       !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧    `Y´
        /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
       .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |  十
       ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
     ../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {
     '′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Y:....∨ /    |\
               V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \

    ※ マハンマ : 広範囲を浄化する破魔属性の魔法。 所謂 「アンデッド」 に絶大な効果がある。


137 :◆vsQyY1yD2Q
                    :: :: .;:|;.               ::;                 |.:. :.:
                : :: .;: .;:                                  i:.:. :.:
                 : :: .;:              ;::                    |;.:. :.:  パァァァァ…
                 : :: .;:i                             :.:. :.:
                 : :: .;:,:|                             .:l.:. :.:
                 : :: .;:i               :;:                 |.:. :.:
                : :: .;: ,:|                             |:. :.;.::
                : :: .;: .;:;|              ::;                 .:;.:.:. :
                : :: .;: .;                :;:                  i.:. :.:;
                : :: .;: |             ;::.               ;;.:. :.::
                : :: .;: .:|         ... ,. ,. ,::::;: :;:;:;;::::.,., ., .,           |.:. :.:
                 : :: .;:i      ::::::::::::;:.: :: .;: ;:;: .::::::;: ;:;:::::::: .;:;:;:;;:;:.     l.:. :.::;
         . .. .. .. . .. .. ....: :: .;:    ..:.:...: :. .: .: . :.:.:       . :.: :.:. :. :.:. :.: . :.: .:..  |.:. :.: ;. ... .. .... .. . . ..
.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :: :: .;: | ..:.:...: : :. .:. .: .: ..            .: ::.:. :.: . :.: .:. . i.:. :.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . : :: .;.:l..: .: . :.:...:. .:.: :                .: ::.:. :.: . :.: .:|.:. :.:..:. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ :. :.:. ̄ ̄:. :.: .  ̄ ̄ ̄.: .: .  ̄.:...:. ̄.: . : ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ヘ                   /´ ̄`ヽ、
                    ⌒ヽ)                    /      │
                  . ――-''" ̄`゙''ー-、        '   _,. -‐ハヽ - 、、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.         / ::::::::::::::::::::::::::::`ヾヽ
                 /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l.       /:::::::::::::;::::::::::::;:::::::::::::::ヾヽ    
               /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l.     ; ,'::/:;i:::!:人:::::::::/i::ハ:::::::::::';=:| ;  
               |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>.    i/!::{::::l \u.ヽ:ノ / |::l::|:::|:::| ガクガク
    な、なんだ……?  |レ!小l ○ u  ○ヽ:;;j|Y ::::ア     ' iノ从i ○    ○ 从;|::;'::::| ;   
                      |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ.     ヾ!l⊃  、_,、_, ⊂⊃i:/ノ::::|
    力が抜け……。       .ヘ  ゝ._) u /::レ':/レ      .;: |八   {  }  _ i '::::::::l
                   _ ., >,、 __, イァ イ/     ガク ….i:r'⌒),、. ̄ _,(´ ヽ,V:::::i ;
                   ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、        ;  /゙ ̄´} ,.| / ./{一'´}ヽ:/
                    /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ       ;   l   ノレ;只;;;ソ;ヾ _ i'  ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


138 :◆vsQyY1yD2Q
                             {:.:..           ヽ
                               ヽ..:.:.:.:.⌒ヽ、、    ノ
                                    `:.:ー:.:⌒ヾ   :((
                             _.,..:.:.:::.:.. ..  ..ノ    .:)
                         .:.:::"´      `"    . ..:′
                            i.:.::    ....:.:.:.:.....  .:.::"´
                        j    . .:´     ` "
                            {   .:.:´
                        ノ  {´
                       {  :.:.     シュゥゥゥゥ…
                        `ヾ: :.
             ........_             `:. :、、
            .:´   `ー:..          `:.. .:
         ー ´    _..._  :.:.         :.
             ..::´  ヾ、 .::         } .
            ..ノ     .:: ノ          ノ
         _....ノ     ノ ..:′        {.
                 :. :..           ヾ. .
                 :. :.:..            .: :          .:.:.::"´`ヾ、..     ..,r:.:⌒:.:ヽ
                  ヽ、...` :.....__...:.:.:.:......        ......,,ノ         :..   (     {
                    ` ー"`" ̄  :.     γ´       ..:.:..   ::.   )ノ    `:.:ー:.:
                                :.     ..:.: "´  `ヾ,....ヾー:.:′
                                ..::    .:.:__         }    .,.ノ⌒ヾ、
                                                 `ー..:.: "´    :..
                                                         `"
                                バタッ  ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..
                    ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                         .,.:,..:..                     .,.:,..:.. ... ,...

       ... ,...        バタッ       .,.:,..:..          ... ,...    .,.:,..:..
               _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;
             ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .
            ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:
            ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄


139 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ___
                                              rく -―‐- 、\
                                           _/⌒X ⌒ヽー-、1 ヽ_
                                          / l  /  ≧x、\ ヽ 卜\
                                          / /! | /__\ \l | l|
                                           / /| j/  l   \\」 !ノl|
                                         { し'/! K l l  ノ 八l l | j|
                                         ー个 |_ \ ! /_Vl |ノU
                                           |  |、__ヽYノ_, _ l |
                          お見事です、お嬢様。  ./| |  |ー一冖ー一'__」 !┐
                                         〈 l |  |、  '    | l ||
                                            \l|  ト\ ー-‐ イj jノl |
                                             _」  | \トrr彡/ /ノ 人_
                                         rイ、| !、_ \j/  / / 厂广癶
                                          |小.八ノ `>-、\-< / / / ∨ |


               ,.  '  ̄ ̄`¨¨ ヽ、
            , '            \__
           /     /         ヽ }
           /     / -‐‐ ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉}
          /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
         ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
         i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
         |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从
         |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
     __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |       さまよえる魂を導くのは聖女の お仕事。
   //     /    人 |: |         人:.',  \
   |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \.    これくらい当然なんだよ。
  r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
  |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
  |::::|/    /    /:/ヽ::::::\−  |:.:|   /\\  |::::|
   Y:|    /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
  /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
  |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
  ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
   ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧
   /: : : :∠ イ  ∨     }ハ   |:::::::!::::::! |    ヽ
  /イ´ ̄      |     ノ  !  /:::::ハ::::| /     }


140 :◆vsQyY1yD2Q
                    ,. '´                \
                    /          __.. -- ‐‐ -、 )
                      /         L <´  `ヽ  ⌒'l |
                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ     ねぇ、アナコンディ。
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ.   帰りにまた 『ナンディさんのお店』 に
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ.  寄って行こうよ!
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j  やる夫達に また会えるかも!
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、
: : : : : : : : : : : イ´: : : : : : : : : : : : : :./′}      \        ヽ 、
: : : : : >イ: : : : : : : : : : : : : : : : :/ /'  |        ヽ 、       ヽ、



                                   V     |    |  V |  l       l /l /      l
                                    |    |    |  V |  l        l / l/       l
                                    |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
                                   、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
         彼等に会えるかは分かりませんが          \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
                                     ∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
         食事を済ませてから支部に戻ると言うのは     | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
         良い お考えですね、お供いたします。        |  j j   |        l!          /_」
                                     l  ||    |          j|          /\!
         この者達は……銃が絡んでいますし.         卜、! |    |\       ヽ           /  j
         毛利 小五郎にでも報せておきましょう。        \リ|    |/ \                / |/ハ
                                      〈 」 |    |    \     ー==一    // /
                                       》|    |     /> 、 ´`    / / /
                                     //|    |     / /|  >、_/   |  |


141 :◆vsQyY1yD2Q
【 某県 比佐子市 】
                          ,/ ゙̄ヽ へへへへへへへへへへへへへへへへへ_,-ーi、./
                      │   : ゙l.へへへへへへへへへへへへへへへへへl:゙  /゙i、
                         |    :|/へへへへへへへへ熊山登山道へへへ,丿  /  l
                     ,ノ:○   \へへへへへへへへへへ○へへへへ i´  /   |
                         / 日之出町.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_へへへ''" ̄ ̄ ̄ ̄  /     |:
                     /:                     `"''"゛           /      /:
                     ,/                           後木舞町 / ○ 東栄町
                    /                                  ○ /         :|:
                ,/                        宿江町       /
             /`                        ○      /           |
             ゙l                                 /      ○大隈町 ゙l、
             │                             /
            │                             /                  ヽ:
                |    瀬賀町                    /  蕪子町              : ヽ
            .,/゜     ○                    /    ○                  `,!
         ..,,/                        /
             |:                      天堂町 /                           |
          :|:                    ○/
          ≒i、.            ┏━━━━┳┷━━━━━━━━┓                     |、
           : ,/     ┏━━━┛       ┃             ┗━━━━━┓        |:
       ━━━━━━━┛              ┃                          ┗━━━━━━
       ..,r'"`                     ┃                             ,√
      : ,,l″                          ┃
     /゛                           ┃                               ,,,,/`
   .,,,i´                             ┃                           /:
  ..,i´             : .:               ┃                            `-,_:
 .,i´             ,/⌒'-,,、             ┃                            │
.,,,|:                l"     : `|           ┃
 `ヽ            `'i、     .゙l、         ┃                               ヽ
   ゙(、            ‘''''i、   ‘_.        _┃_____ .:          : ___、      .__゙i、
    `~''-,,、           : │   ,}:  ̄ ̄ ̄  ̄ ┃      `~゙゙'''ー--- 、,,,,,〃       ̄ ̄ ̄ ̄
       `''-、        帆覧町゙l   ゙l、        ┃
         `ヽ,、         ◆丿   ‘i         ┃┌――――――――┐
           `゙"'-,,、  : ..,,,-"     i         |━━━ 電車 本線│
              `''ー″                 |─── 電車 支線│
                                 └――――――――┘


142 :◆vsQyY1yD2Q
【 帆覧町 帆覧海浜公園 】
 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー−
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、 __─────、
                    −  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐  .i  /  . .´`''〜 ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー−'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.〜―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―



        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.| u              ,リ:.     | :|: : :.\
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}  クッ……
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /    結局、倒すしかなかった。
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/      これでは骨折り損ではないか!
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/


143 :◆vsQyY1yD2Q
                                     ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,
                                    メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、
                                     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}  ヨロッ…
                                   . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡
                                   (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ
                                   //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}
                                   / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}
                                    `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡
                                     ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}
                   す、すいません団長。       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}
                                      y           i   ヽ:;:;::リ
                   足止めし切れませんでした。    <  ,        u  ノ.    ヾルi
                                      `ゝ"       . /:;.:     >、|
                                       ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,
                                         ゝ    /:;::;:;       / ゝ、
                                      ,, -=^ヽー へ、        /    ヽ
                                    ,-""        ヽ     /       リ;,
                                   イ            \  /          ヾ



                ,r
                 //         i
              /:::::{          l|
             ./:::::::|、r='TF⌒ヽ   .,';|
            〈::::::::::Y:::::::',ヽ   }  /:/   ム……
             \:::::ゝ;::::::ゝ\,/ /:/
           ,r--<::`ー-\::::Y/-‐'::/     そちらのカツラコトノハは
        ,r-‐/:::::::::::≧-::::`ヽ',:Y、:::∠_     出来損ないではなかったのか?
       /: : :/\:::/. ./:\::::::`ゝfヾ::::::ヽ,
      / : : /. ./ `. . ./、:::::::}r-y-....._ゝ::::::\
   ,/ : : / . . /. . . . /:::::`ーj、:::_::::::::`ー--..ゝ、
  ,/ : : / . . . /. . . . ∧:::::r=-.、:::::::: ̄ー--―-..、}


144 :◆vsQyY1yD2Q

                                               ,..-──- 、
                                            /:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
                                             ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉
                                              〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{
                                            }_;{. l|/.|!ヽ  '\_ l;:::}
                                             { ゙i| ' ●`    ● `|!'゙!
                 いや、それが                  , 、      ヽ,|     、l,     i,,ノ
                                    ヽ ヽ   .   l、゙ 、_,、_, `.,!
                 カツラコトノハは陰に隠れて       }  >'´.-!、 ゝ       ,/′
                 戦わなかったっすね。         |    −!   \` ー一'´丿 \
                                     ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
                 ただ、一緒にいたサマナーが   /\  /    \   /~ト、   /    l \
                 ランタンを連れてて……。     ./ 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
                                  /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
                                  ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
                                 ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
                                 i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ



         /::::/::::::::/     \:::::::::::\::::ヽ
          N::::/:::::::::/        \:::::::::::ハ::::V!  ___
     /|   !::V::::::::::i′         ∨:::::::::::< ̄ __`_ヽ.
    / /  !:::::::::::::::!              i::::::::::::::::!\ \::::::\\
   / /|│   |:::::::::::::::l            |::::::::::::::,!  ヽ 丶::::::::\\
  </:::| |   V:::::ヽ::::|          u !::::,/:::::/   .| |:::::::::::::::\\
  |::::::::l l   ヽ:::::ヽ::\           /::::/:::::/____.」 |::::::::::::::::::::ヽ/  ……なるほど。
  |::::::::| |\___ヽ::ヾ\`ヽ-、      /:::/,::::::/    | l:::::::::::::::::::::/
   ',::::::l l     ヽ.::\ 、__:::` ̄ ̄::´_//:::/       | l::::::::::::::: ::/    それは お前一人では
   V:::| |         \:::::ス<、::::::::::::, ン::::::::/     ./ /:::::::::::::: :/.     太刀打ち出来んな。
    V::{ l           ` >:::::ヽ::::::/:::-ハ、      / /::::::::::: ::::/
     ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/
      、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/
      r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
      | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__
    l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::| |::::\ \\\ {     /  .//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


145 :◆vsQyY1yD2Q
                 /;:;:;:;:,;:;:';:´;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:/;:|
                /;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:,;;:;:;:;:}
     __ _ _ _ _/'/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`f;:;:;:;:;:;:|
- ‐ ' ¨´       , ' _,- ‐ ‐ - 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',;:;:;:;:;:l_
           ,.', '       ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:};:;:;:;:| `¨' - 、
          ,;.'          ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:};:;:;:;:',     ` ‐ 、
          ,'             ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:} ,.,      `ヽ、
ヽ、       f             i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:' ,'         `,
  ヽ、     l    .::::: : : : : : : : : ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/          }   だが、もういい。
    ヽ     l   .::::::: : : : : : : : : : ,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:イ´     _ _,,.. イ
     ヽ    '.  .:::::: : : : : : : : : : :/;:;:;:;:,,,;:;:;:;:;:;:;:._ 」 - ‐_‐ ニ - - ‐ ‐'/    制御出来ぬ悪魔を手に入れても
      ヽ   ',::::: : : : : : : : : : : :,.';:;://;:;:;:;:;:;:;:;:`¨ー 、`ヽ、;:;:;:;:;:;:;:/      仕方あるまい。
       ;',   .',:::::: : : : : : : : : , ',;:;:'./;:;:;:;:;:;:;:;:rテ┐   `ヽ )::::::;:;:/
  _ , - ‐´ ',',   '.,,、:: : : : ; ン;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;//  `ヽ    ,冫:::::::;:く.        儀式は失敗に終わったのだ。
r‐´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,',     ' ,ー' ゙、、' ¨゙;:;:_,;:;:-,,/  / , '//.   /;:;:;:;:;:;:;:;:}
l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',',     ト- イ- ‐´/ /`. / , '././ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}.       ……騎士団を撤収させるぞ!
.',;:;:;:;:;:;:|ヽ;:;:;:;:',',     f  l /  :/ イ:  /  , ' / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`
 ',;:;:;:;:.|;:ハ;:;:;:;:', ',    {  l   :/  / /  /∠ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ',;:;:;:;:|;:;:',\;:;:\\  l| ハ ハ.   レ  , ' , ' /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ',;:;:;:;:l;:',;:',;:;:\;:\  ヽ f {::}    l , ' , /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



                                         /  _____,,,,,,,、
                                            {レ´//:::::<`:::ヽ
                                           _人{::/:::/::::::::: ̄:::`ヽ、
                                          rヘヘ∨ムヘj"´`ヘr、:::ヾ::::::;j
                                      /::;イリ    j__  j ミ:::::ヽj::l
                                      !ハ::jjヽ、 ∠rォュ   ミ::::::::::リ
                                       U ヘ セ}   ゞー'′   ヾ⌒}
                           分かりました、団長。     l く             ソ丿
                                         i    __ ,     イ/
                                            ',  ̄_        ′リ
                                          ヽ     /   iヘ
                                              ゝー <    /  ヽ
                                         _/:::::/ヽ  __/   /`ヽ、、
                                      /:::/:::::::/  ノ / ∧   /     ` ー 、_
                                    /:::/:::::::::::::l1  ト/ / ∧_/           `ヽ
                                      {::::ゝ::::::::::/レヘ}}j _//´              /´  `,


146 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ___
                                               /___
                                             r‐{{´:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:...、
                                               /ヘ/ヘ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                            /イ: ://ヘムイ!,イ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                                             | Vハ!   |:! !l' ミ:.:.:.:.:.:.:.i
.         しっかし、なんで儀式は失敗したんすかねぇ?           }ヒゝ   _,リ__/  ミ:.:.:.:.:.:/
                                               ノ` ノ  弋ソ ` ヾ:.:.:.:/
.         確かに、警察の捜査とは違ってたけど               i 「     ̄´  イこン
.         六年前の事件は再現しようとしてたし                 _,ヘ. _       _フ
                                         _ .....:.:.:.:.:./:∧   `   ノイ!:ヘ:.`:.:.: - . . ._
.         ちゃんと悪魔は誕生したって言うのに……。   /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.iゝ-- <  l!:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:ヽ
                                    /:.`ヽ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l `r.、  ∧ l:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:',
                                       i:.:.:.:.:.:i:.::.:.:.:.:\:.:/!/ヾヽイ ハ/!`:.:く、.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:}
                         .            _j:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.iー:´:.:.:l `l::::::::l′ |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./
                                     /ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l   V:::/   l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:./:.:.:./
                         .        /:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l  l::::l    l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.j.:.:./



        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\.   確かに、我々は
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /   「噂が一つになるように」 情報を操作した。
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./    にも関わらず出来損ないが生まれ
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/.      本命も意図していたものとは違っていた。
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/.        ……ふむ、情報を整理してみるか。
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/


147 :◆vsQyY1yD2Q

      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――─┐
      |                                                    │
      | @ 伊藤 誠 と 西園寺 世界が誰かに取り憑くと、二人を殺害するために        │
      |    三人目の 「怪異 カツラコトノハ」 が誕生するように儀式を行った。         │
      |                                                    │
      | A 召喚された誠と世界には、六年前の事件を再現する呪縛が掛けられている。   .|
      |                                                    │
      | B しかし、事件の内容が当初の認識とは異なっていたため                   │
      |    世界が誠を殺害しようとし、誠が逃げ出してしまった。                 │
      |                                                    │
      | C 連続して通り魔事件が起きていた事から推察するに                     │
      |    誠と世界は、次々に取り憑く人を変えていたと考えられる。               │
      |                                                    │
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

                          //
          、         _ _    {. .i
          ヾマヽ     /´  ヽ\  \i\
            \ ',   ,'i    }: :ハ  '|. . .i   ( ……つまり、伊藤 誠 と 西園寺 世界が憑依し直す度に
              }}   i::',   /: : :il   l. . . ゝ
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/     儀式に組み込まれた
               ヾミミートヽ://:/レ/イ  _    カツラコトノハ誕生の条件が成立する事になり…… )
                \:..ノハ::::::/:::::/::::::/フ`::::::::ヽ
           r-, _r─≧:ノr-イ:>i::::≦ハ. .ヽ:::::::::ト=.、  _..:::-::..._
         /. . .V:::::/:.:ァ彡イ::::::/\三三ミ∧. .\;/::::>´. . . . . , =-≧=、
        /i}. . . .ヽノ//::::::ノi::::/\_::::/;;i:::ハ. . . . . . . . ., -´ ̄     /
        /. . .il/:.廴ノ//::≧/:::i l::::::::::/i:::/:::::::|::::::\. . ._ '´           /
     r. . . . . .K:.:.ミ/:/::::/{i∧l::::::::::/: i:イ:::::::::il:::::::::/ハ´         /
     V. . . . ..ハ:::..:.:/:::::/ミイ: : V:::::/: : :<:::r-:八::::://:::i         /
     ',. . . . . i V/::i::/:> ト: : : ii ̄: : : : 彡/  il::::l l:::::l      ./
      i. .il. . . l  i::V:::::/.i: : : :il: : : :≦: ::/   |::::||::::イ     /


148 :◆vsQyY1yD2Q
                                   \\:::::::::::::::\ヽ
                    _ -----、          \\::::::::::::::::\
          //      /       `ヽ、        \\::::::::::::::
         /フ/     ., '             }::\       \ヽ::::::::::::
       /:::::/{     /           u l:::::::ヽ、       | }::::::::::::
      //::::::::l l     f            /:::/::::イ       | |:::::::::::
.     //::::::::::l {     |ヽ         /::://:::::{        | |:::::::::::
.     //::::::::::::l !     l、::\       /::::/ノ::r-‐イ       } |::::::::::: ( ま、まさか
     l/::::::::::::::| |      !ヽ::::`ー―r―´::r‐ニ-´:::::::::::::/      / /::::::::::
     |{:::::::::::::::l l     、」:::::ヾー┐::::::::::::::} 「:::::::::::::::::ノ      / /::::::::::::    儀式は失敗したのではなく……! )
     ll::::::::::::::::〉l      \:::::::::l {:::::::::::::://::::::::::::://    --//::::::::::::::
     ヾ::::::::::::::ヽヽ      \_-、:\:::::/::::::::,.‐:´:∠-−´.//::::::::::::::::::/
      \::::::::::::ヽヽ       ヾ:ヽ、::::::::::::::ノr、::::/   //:::::::::::::::::::/
       \::::::::\ヾー―――−>- ゝイ7´ ∧ミ-ニ ´- ´:::::::::::_ -―<―
         ` ヽ、:::\\    rイ .i { /  { ゝニ‐"-=ニ‐" -― ̄:::>
        ヽー、  \::\\  / /  | Lム-ニニ´/::::::::::::/:::  /::::/:::::
          ヽ ゝニニゝ- \ニニムト=ニニ‐::::::::_::/::::::::::::::::::_/./::::::/:::::::::::
         -} |\ゞ^―――― ´:::::::::::::/ヘ ヽー―‐  ̄ _/:::::::::/::::::::::::::
      /´:::::::| |::::\\::::::::::::::::::::::::::::://:::`ヽ――  ̄:::::::::::::::::/::::::::::::::::::


    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  Q. 怪異 カツラコトノハが誕生する条件は  何  回  成  立  し  た  ?  │
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


149 :◆vsQyY1yD2Q
     /:::::::/::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::.\::::ヽ
    N:::::::./:::::::::::::::/            \::::::::::::::::::ハ:::::V|
    |::ヽ::/:::::::::::::::/               V::::::::::::::::::i::::/::|
    .|::::Y::::::::::::::::i                V:::::::::::::::Y:::::i
    |:::::::::::::::::::::|                 |::::::::::::::::::::::.|
 __.|::::::::::::::::::::|                   |::::::::::::::::::::::|
 ̄   |.:::::::::、:::::::|                     |:::::::/:::::::::::i───
     V:::::::::ヽ:::::|                 u |:::::::/:::::::::/
     ヽ:::::::::ヽ::::ヽ               /.:::::/:::::::::/        ( ……新種の悪魔が誕生しただけだ。
      ヽ:::::::ヽ:::::\            /:::::::/:::::::::/
       ヽ:::::ヽ\:::::`ー、__    _/:::::::.//:::::::/           忘れる事にしよう )
        ヽ:::::\\_::::::::: ̄ ̄:::::::::::_//:::::::/
          \::::: ̄フ::>::::::::::::::::::::::ヽ、 ̄:::::::::::/
           \:::::::ヽ\:::::::::::::::::://:::::::::/
           ,-─iヽ:::::`ヽ:::::::::/:::::::,-/ヽ、        //
\         ヽ ヽj_ `ー 、_, -‐   レ ノ      //
\\       /く   Y ̄iン‐、__,へ/⌒ヽ/ ト     //
:::::\\    ∧ `ー、/  i/     |   V-‐' ゝ   //
:::::::::::\\,-‐ヘ ヽ  /   !     |   ヽ,-‐'ヽ //
>::::::::::::::\\ `ーニ/        ノ    V´ク//


150 :◆vsQyY1yD2Q





               次 に カ ツ ラ コ ト ノ ハ が 現 れ る の は


         あ  な  た  の  と  こ  ろ  か  も  知  れ  ま  せ  ん  。





             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、__________________
           ,': : : : ; : : : : .l : : : : : : : : : : : : : : :, ――――――――――――――┐| |
         /: : : : : .l : : : : ! :.l゛"ヽ: : : : : : : : : : i                          │| |
         ,': : : : : : :l : : : :/:./   }:.ト、: : : : : ト、:l                      │| |
         l : : : : : : :! : : /:.イ - ―サ十: : : : |}!八                     │| |
        .ハ: ト; : : : : i :イl;イi!  テ〒モキ: : : : :レi : :.\                       │| |
        ! !:|ヽ: : : : 伐い ゛、 弋; ; ハ: : : : :|八: : : :`ー―‐ - 、.               │| |
          ヽ 丶: : ミ ゞノ     ≠ .ルl : : :|  }` 、: :_: ; :_:ノ~ヽ-、            │| |
       _____`_ヽゝ、ヽ   .・: .|: : : | ,;ノ   l   i      `ー - 、     │| |
       ヒニニニニニ=ヲ ̄ ̄` ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //・.l   l     }!      `ヽ、  || |
              /   !ソ;:i 、.;      〃. ”.ノ   i!      ノ         i!  || |
              / ‘,,j;:;:;:;し';:;:;‘,,;);(;   /  , '      i!     _   ノノ ,; i!  || |
               ~~~~~i~~~i~~~~~i~~~~~~i~:~: l/  .  ゛     "  i!  ̄ 7 〜 ,.ィi!  || |
                 l : : :l    .ヽハ  l: : :.|  ;(;;;)・.      ; i!  ノ   /.i!. || |
                  | : : :l       ゛!  i!: : l  ‘ "        .;i!   { .  / .i! || |
                   ル: : :| /`/´,`ーヘ   ! : |           ノ  /`/´,`ー、_  .イi! || |
                 リkソk' < .ィ '`―ゝ、ルリ 冫、    , イ ―k' < 、´ / ャ──―┘| |
                 | ヽ!_ヘ_ル'       ̄   `  ´       ヽヘ_l ノ /.      .| |
                 |________________________.|,.!
                           ___|        |_____
                         /    ゝ____ノ        /
                        =============′


151 :◆vsQyY1yD2Q
                 ._
                  \ヽ, ,、
                   `''|/ノ
                    .|
                _   |
                \`ヽ、|
                 \, V
                    `L,,_
                    |ヽ、)  ,、
                   /    ヽYノ
                  /   r''ヽ、.|
                 |    `ー-ヽ|ヮ
                 |       `|
                 |.        |
                 ヽ、        |
                   ヽ、    ノ
                  ,. -───ー- 、
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.;、.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
  ____    //.:.:.:.:.:/:.:/ i.:./'''||ヽ.:.:.:.:.:、.:.:.:.`,
     |      /;/.:.:,:.:.:/.:.:.:/ /.:/  || ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:l
     |-, |/  /i:i.:.:./.:||'.:.:./  /;/   ||  i.:.:.:.:.:.i:.:.:.:l
     |-| ヽ、  /,l:|.:.:i.:,/||.:;/  リ    ,||、._l:.:;.:.:.:l.:.:.:.|
          i l.:.|;;;|/,.j.|、l___ / ====、 ,.r ̄l:|.:.:.:.|.:.:.:i
     |     |:.:、ーー、. ,' ̄      ||   |.:|.:.:.:.|、:.:.!
     |,ヘ、_,   ヾ:ヾ、  ||         ||  /:/|.:.:.:.| ヽ:i
     '      ヾ::i    ー---- ァ   // |.:.:.:.|  }ヽ
      | ! !    ,|\    i     i  /  |.:.:.:.|, /| ヽ
      ヽ、__   / ト、 ヽ   ヽ、   /   __,. -|.:.:.:|.:|.:.:! ヽ
      _i_i、  / i.:.:|`lー------t t-- '".:.:.:.l.:.:.:l.:.|.:.:.}  ヽ
        | ' i  l:.:| !.:.:.:.:.:.:,/~lニl``>.:.:.:.:.l.:.:.:l.:.:i.:..:.|  ヽ
     __l___   |  l;.:! |.:.:.:.:.:.:./7 ハ~ハ;.:.:.:.l.:./.:.i!;|.:.:.:|
      ,/     l:;l  l.:.:ハ.:.:l:::\| V:::::i.:.:.:l:/.:./i|ヽ.:.:!
      /^ヽ、,     i|  ヾj i.:.:l;;;:::::::メ::::::::i、.:.リ:.:.:! l| |:/
              i!    ヽl_|;;;;;;;:|;;;;;;;lソ.:.:,/、;|  リ  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       ヽ/       /"~メ{___,.ゝ;/         d⌒) ./| _ノ  __ノ
               /,、ケ'`  |::l  |::| ´
              ``''     i:l  i:l


152 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第13話 「もしも私が悪魔でも……」 は終わりです。

アニメで言うところの、1クール終了ですね。
奇しくも本編の内容も丁度一段落です。


初代『ペルソナ』のCM、「もし、私が悪魔でも……」 と記憶している人が多そうですが

Wikipediaでは 「もしも私が悪魔でも……」 となっていましたので、今回のタイトルは 「もしも」 にしました。


言うまでもない事ですが 『死んじゃえ』 は、このスレオリジナルの呪殺系魔法ですw

本家女神転生シリーズにあるのは 『死んでくれる?』 ですので、お間違えのないように。


ちなみに、「刑死者 ヨモツイクサ」 は、『ペルソナ4』 を原作としており
そちらの方では 「氷結耐性、闇無効、火炎弱点」 となっています。

このスレは 『デビルサマナー』シリーズがベースとなっておりますので
ムド系の 「闇属性」 を 「呪殺属性」 に置き換えています。


ちなみに 『刑死者』 は、逆位置で 「徒労、痩せ我慢」 と言った意味があります。

今回の谷口にピッタリですねw


それにしても、このスレ初のペルソナ使いが コイツになるとは……w



次回更新は、10/16(日) 20:00〜を予定しております。

10/9(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


        /  )
  ∩    (  /
  | ヽ    ) )
  |   \/ /
  |__  ヽ   _
 ( __)    ヽ ( \
 ヽ      / ヽ ヽ_> )
 .ミ´    |∩|   ´/
 |    ( ● )  彡   ハングドマンクマー!
  ヽ  ●   ● |
  |ヽ         /
   ∪  ̄ ̄ ̄∪


第12話へ     5 第14話へ

Cross Days まるごと 桂言葉グラフィティー (JIVE FAN BOOK SERIES)School Days 言葉コミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス)Cross Days 言葉 おっぱいマウスパッド Ver.2 限定版
Cross Days まるごと 桂言葉グラフィティー
(JIVE FAN BOOK SERIES)
School Days 言葉コミックアンソロジー
(IDコミックス DNAメディアコミックス)
Cross Days 言葉
おっぱいマウスパッド Ver.2 限定版

posted by 文月みと at 19:49 | Comment(24) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
うーむ、いい乳だ…
Posted by at 2011年10月03日 22:27
釣られているのか<ハングドマン
Posted by at 2011年10月03日 22:28
おっしゃ、どんとこい言葉!
Posted by at 2011年10月03日 23:05
あー、成程…つまり、襲われたカップルの数だけ…w
ま、まぁ、取り敢えずやる夫の仲魔の言葉可愛いから、それでいいや!w
Posted by at 2011年10月04日 05:39
イン何とかさんってやる夫に懐いてるっぽいなぁ
普乳はいないの?w
Posted by at 2011年10月04日 07:35
怪異カツラコトノハ、多分最低でも3〜5体は発生しているのかw
ルルーシュ、何とかしろよw
Posted by at 2011年10月04日 10:45
最後怖いw
しかしゼロはいいキャラだな。黒の騎士団との今後の絡みも楽しみだ。
Posted by at 2011年10月04日 10:54
インデックス可愛い
やっぱ貧乳ですね
Posted by at 2011年10月04日 11:32
多分、誠と世界の現場離脱を許したのが今回のゼロ最大のうっかりなんだろうなぁw
Posted by at 2011年10月04日 17:21
カツラコトノハは複数誕生したけど、その力や性格・性質も大幅に違うのか・・・。
ゼロ、やっぱりうっかりさんじゃね?

仲間になった言葉は呪殺系使えるのかなあ。
Posted by at 2011年10月05日 03:51
この混乱の火消しは…やはり情報操作になるのかなあ
Posted by at 2011年10月05日 18:11
というか怪異として固着しちゃったら、この世界悪魔登録されちゃってどうしようもなくなるんじゃ……。
Posted by at 2011年10月14日 10:30
逆に考えるんだ、悪魔全書でグレートなおっぱいが雇えると考えるんだ
Posted by at 2011年10月15日 02:46
インデックスはいい仕事してますね。さすが聖女。
いなければ、もっと被害というか、
怪異カツラコトノハが量産されていた可能性もあったとは恐ろしい。
Posted by とあるA at 2011年10月16日 20:49
世界と誠はマハンマより引きずり出して至高の魔弾かジハードくらいやってほしかった。
Posted by at 2012年02月04日 01:29
むしろ『両腕落とし』から目潰し他多数のエグい手段でじわじわといたぶり尽くして殺りましょう(レイパーや自称乙女も一緒に)
Posted by at 2012年04月12日 20:45
お話ながら、ルル達の無責任っぷりにイラッとしてしまった
Posted by at 2012年07月01日 20:56
よく考えてみれば、暴走の原因になる誠と世界は既にいない訳だし
新種の悪魔が数匹増えただけになるのか
Posted by at 2012年10月10日 09:48
言葉は『ヤンデレ』と言うよりは『非業の運命を背負わされた悲劇のヒロイン』という区分だと思う。

ヤンデレってのは個人的に大嫌いだけど言葉だけは真剣に幸せになって欲しいものです。

要は……やる夫にもげでとう、そして言葉を救ってくれてありがとう。
Posted by at 2013年08月18日 00:54
インデックスにはホーリーライトかニルヴァーナ辺りのほうが似合う様な気がしたな
Posted by at 2013年08月18日 12:44
やるだけやってやりっぱなしって辺り実にカオスw
Posted by at 2013年12月24日 16:56
あなたのところかも知れません

朗報
Posted by at 2014年07月04日 00:09
やる夫に貰われていった言葉が幸せそうで何よりです(読み返し読者感)
Posted by at 2015年11月12日 12:55
カツラコトノハが何体か生まれたっぽいですが、街の噂が広まる前に出現した個体はやる夫と出会った言葉みたいにフラフラ歩き回ってMAG切れで消滅したりしてたんでしょうかねぇ
情報操作後に生まれた個体はある程度の強さを持ってるとすると、少なくとも最後に黒の騎士団団員に乗り移った時に新しく強い個体が生まれていることに……
Posted by at 2016年09月09日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48309059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ