■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年10月03日

第13話「もしも私が悪魔でも……」(5)

第12話へ     5 第14話へ

129 :◆vsQyY1yD2Q
                                        /:::::::::::::::::,.;ゝ.
                                       /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                              __        /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /~~`ー'~~```` /           `ー、               ヽ;;;;;;;;;_.........
   ム        (              ` ヽ、

          ._
        /77/
      _/ i ムイ
      /ヾ、 /
    /   ソMMMM
.   /i___/ {二二ニニ=}
   /./  /   } 。 ´。Σ}  逃げ切ってやるぜ!!
.  //  {    ! ト-イ j 〈
 (/   ー<ミTヽ玉_//`>─┬、_
  `ー-、   i L_// ./ >├ー-、二ヽ、                ,-、:':ヽ
      \  .  <  /  > || _,、  ',.                 ,.:'::::::::::::::::)
       ヽ   >-‐' L .」レ   ',  ',                  (::::世界:::::) 三=―
        ',  「o     Y i      ',  ',              (;:::::::::::::::::::::'、
         i  `i     .| .|     .}、ノ.ヽ                ,.'::::::::::::::::::::::::i、三=―
            |  |    i |.      ',  .∧            ,'::::::::::::::::::::::::::::::'、
           |  .|    { i        T  }.             !::::::::::::::::::::::::::::::_':、. 三=―
         |  |     || |       ヽ)}'..          ,'::::::::::::::::::::::::::::::i
         |  |     ||  |                   ,'::::::_::::::::::::::::::;::::::', 三=―
         |  |     ||   i                       !::::::',.,':::::::::::::::i'::::::,'
         |  | , -‐  ̄` T}
         L⊥/      i
          i i   __ノ
          .| .|  {
           i .|  .|


130 :◆vsQyY1yD2Q


                     _____________  キキッ
              |    ///  ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄\
              |___/__//     ..||     .l \_____\_♀___
              ll" ̄口 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄l ̄二二 ̄ ⊂OOl皿lll皿00|
             〔_ll⌒l____ヘニニニニ|ニニニニ.|゚ニニl⌒l_ l_Π l lニ囗ニΠ〕
            ‐‐  ̄`ー' ̄ ̄ ̄ ̄`--' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー' ̄ ̄ ̄ ̄ `--' ̄





                                          /                    ///
                                      / ト、{\        _       /´/{ イ
                                      「 ̄ ̄ ̄` ー- < ̄-‐≦二    /   /
                                      ├―--  __     ` <二≦    7   /
                                      ', _,,   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /
                                        | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
                                       イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉
                                          |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/
                                     |  〈           イ/イ´ /  ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
                                  i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
                                  l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
                                  l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
                                  i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
                                   l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
                      ん? なんだ?   .∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
                                        \|\!\  ′          ∨
                      あのデカい車……。     ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
                                           `  、      , ′  /  \_
                                               ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                                                _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


131 :◆vsQyY1yD2Q
         //   `'ヽ  \  |  /|     l|
         //      \  / ! /  |   /
\、      /'     /\   ∨/」'  ,/|  /
  \     /   /      // |/  l/j
ノ\  \ /  /  ィテ 7  / |  |    |  |
   丶 _  〈 / / `  __/ / /j    j |   微弱な反応のため探知に時間が掛かりましたが
 ー―tテ _, -、   ̄ ̄ 丿    / 」    |  |.    ようやく見つけました。
7七  / /  l ゝ--/⌒l    イ /    ,'  |
ヘ入_/ /  /   /  /    / | /    /! |   お嬢様、あれが此度の事件の元凶です。
`ゞ\/ /  /   /  / r―――|    / |  :l
_ / /  /`,、_,/  /   | r――|  / / \:l
  l/ /  /、 /  / /j |, -、 j /  / \/:|
ー/ /   { /   //  j/ / 」   /  / ::|



            /       /              }  〉
.          ,′       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l 〈
        │      /                   |  |
         |       /                 | │
         |    /`'ー=ァー─:─‐‐┬:-,、:┬―<   !
        ,'!   ∠ ィ: :.::/:,/>、/_;∠/ |: 厶:斗:│: !:\ |    土は土に、灰は灰に、塵は塵に。
        /      |: :,/|〃卞i:::j「 / j/ イi::卞小∧| ̄|
.       /      /|∨:|   ちソ       ちソ ハ| '  |    死者は土に還るのが定めで
      /      ト|: : :|   ー      ,  ´ !: :|    |
.      /         /: |: : :| ``           八:|ヽ. ∧    無闇に さまよい出て、
     /        /: /|: : :|l\      ∠ )  _ イ: : :|  \│    この世を騒がせちゃいけないんだよっ!
.    /        /;∠ |: : :| ` 、> 、..__.. イ │: :/⌒>‐、}
   {      /   >‐<`ヽ\`ー┴'´/ |   |: :(_ノ⌒丶\
   /    /   / /⌒'く  \   ,/l |   |: :/レ ⌒\ /
.  /   //    {    /⌒ヽ.  \ / |   |: :V⌒丶  /


132 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ヾヽ
                     _,.-‐'´ ̄ ̄ヽノノ-、
                      /:::イ::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::/::::::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /::::;:':::::::,イ-/:::::,ィ:/:::::::::::i:::::::::ハ
                  /::::/::; イ ,_,≠_///:::::::/ハ:::::i:::::ヘ
              _,ノ::://j:/ 乂:::7 ` /:::イ/イ`ヽ:::::|、i、:i
              >、::::::∧,′   `  彳´ 7心、 ',:::从|
               ̄ム::;_::::i        冫 ヽソ〃i/:::|    どきな、お嬢ちゃん。
                ´ ',:::〉   ヽ-  _     /!:::::::j
                     j′、   `‐-、ソ   /:ハ::::7    あんたが何者かは知らねーけど
                _,-、ィ、   ヽ       ...イ::〃 j:::/
             _,.ィ´\::::\ `ヽ、 `:y‐ ´ j:::::/  i/      こいつは、こんな物まで持ってるんだぜ?
          ,ィ´、:::::::::::::::ヽ::::::ヽ  y<',   iイ
          i/::::::::\::::::::::::::ヘ::::::ヘ人:::::iヽ、             _
.          j::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::フ:ヘ j::ハ i::::\            jニ,)
         /::::::::::::::::::::::',::i:::::く::::::::::ハ!::::',ヘ:::<:ヽ        i .i,-、_
.        /:::::::::::::::::::::::::::ij!::::::::ヘ:::::::::::',:::::', i::::ヘ:::ヽ       j_i_ i ヘ、
       i´:::::::::::::::::::::::::::7ノ:::::::::::ヘ::::::::::',:::::',.i::::::|:::ハ     i´ ,r-</_/ノ!
       |::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::ヘ:::::::::i:::::i.|:::::i::::::i:',      ヽ、,.. 、___ノ
.       j::::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::i::::i!::::j:::::::|:i      7 ,'  j
.      7i::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::i::::!:::i::::::::|::',    _/i7 ,'  7
.      7:::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::i:::|::j::::::::|::::',  /:/ヘ   7ヽ
      .7:::::`::::::::::::::::::::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::i:i:j:::::::::|::::::', ./::::i  `ーイ/!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ___
                   r‐┴'ーミト. .
                   |〃⌒ヾi.|三≧ト. .___
                   |{{::::::::::刈三三三三≧ チャッ…
                   Liゞ=彡! 三三三三三:!
                    i乂o.::ノ 厂三三三三||
                     乂.__彡' ̄ ̄}三三三》
                      `7¨ i三三「)三フ´ ̄',
                      { _」三三!|三(__ ,ノ ヘ.
                      ゝ  }三ニ|j三三ミト   }     /
                         ) ┴ー‐-=ニ三jjjj  ,′ /
                        〈         { Y! /  /
                           Y ー―-==一'i}}j′ノ´⌒ヽ
                        {          ノ}}!`ヽ
                       ヽ  ー―‐<三|ヽ
                         i       __ ノニ| }
                         `ヽ 「三三|彡'′j


133 :◆vsQyY1yD2Q
     |  l   /   /⌒ ヽ 丶__ヘ、  \-――- 、  | /   /  _____  \
     |  ヽ /  / /  , --、/ : : : : : : \   \- 、   \r'__/  /  \__/ \  \
      ヽ. /  /  /  /  /: : : : : : : : : : : \   \\   \   /  \_____/ \_)
   / ̄ ̄  /ヽ  /  ,/  /: : : : -――――ヽ    \\   \/
  /   / ̄ ̄ ヽ.  ∨ 〃  /: :/       / /\   ヽl\   \__
  |   {      \///   /イ           //_ ヽ   l  \__   \
 八  ゝ、___ /  /   / /\         /'/    lハ   \     \   \
   \       / //   / l _≧:- 、  // , 。ヤ r 十レ、   \
      ` ー/ /- /   /l  !/  _   ヽ/ /ゝ'  /  l/  |\   \
 ザワッ… ./   /  /   / r=、l く 入゚ノーャイ⌒ヽー‐'    l) /l  \   \     お嬢様、お下がりください。
      /  {__,/   // l  :. 弋___/  |       /イ l    \   ヽ
       {    /   / |  \ム         `        / \ \__ヽ.  |   すぐに、この無礼者を
      ゝ _/   /   l  /⌒ゝ      ャ つ    /   丶. ___|   |   黙らせますので。
         /  /   / /    \     ' `   ∠-、__       |   |
        ,'  { _/ /   _/ `>     / |       l|     |   |
        /!  |__/   |l    l  |    ̄  ├i     l|     し ノ
      (_∧  ヽ      |l    l/しノ⌒ヽ/⌒ヽ ∨   l|
         \  \     |l    \ /       V   〃
          \  \   /\、   |        /    〃、
            )  ) /   \、  \      /   //  \



                   ,  -――‐- 、
             /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\      O
            o   / |//  ___  //| ヽ  。
              |  |/ イイ∧/V\lミ{_ |
   O    o    j  }iヘ廴__,  、__ノ ト爪 {、
            /  ,リr=ミ   r=ミ{:| :{\\       だ、ダメだよ、アナコンディ!
          /  /イつ , ―‐ 、⊂从: ヽ ヽ ヽ   O
          ノ //.人 (´    `} ノ:>ミ :V∧. ヽ.    その人は、取り憑かれてるだけなんだから
        /{  //r≦rマミi ≧=チir‐くヽrォ} :∨ ∨: 〉
       / : ∨7八r〈{{__ミリ\ーィr'/廴_ノ≧ノ: : {⌒∨      穏便に! 穏便に!
       {{: :/ { : :{ト、V}`}  ヽi/  { ̄: :}ノ : 从
         ∨  V{: :ヽ: 「: :l   |: |  ∨__/ィノ}′
            ヽトハハノ   | :| /´  `ヽ
                  /     }:/__ __  ミ廴
              /    / 7>'⌒>'⌒i ̄`ヽ
                /    /: /′//:::::::ノ  ノ
             }   /: ノ  /廴シ' (´
           ,.イ′ 〈: :く  / 彡'  ノ
           ヽミ __r彡: ノイ__ ≦-- ´
              `¨¨´


134 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
                               . -−- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
                             /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
                         .   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
                         . l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
                          l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
                          l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
      あれ? 全然ビビってねぇぞ?  l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
                          |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
      こんな物 見せられたら             l::::ハ│::::|                   ノ´'
                             ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
      もっと怖がらないか? 普通。           lV_ 人         ^      イ
                                    丶、           ,♂
                                       ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                                         /´|/  _   ヘ/ /ヽ
                                        八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                       ,-、:':ヽ  そ〜っ
                                                      ,.:'::::::::::::::::)
                                                      (::::世界:::::) )))
                                                        (;:::::::::::::::::::::'、
                                                     ,.'::::::::::::::::::::::::i、
                                                       ,'::::::::::::::::::::::::::::::'、


135 :◆vsQyY1yD2Q
― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
―━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
           '´       __ .. - ‐… ァ== 、     \
          イ ..-ァ::.:.:.:7/:.:./ :.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.∧       .
         ' レ′:.〃:.:. 〃:.:〃 .:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.: /∧      !
.      / |f!x:.〃:.:. 〃:.:〃 :.:.:.:._ ..- ‐…─<..     !
     ! |ゝ.〃x:.:/:.:.__j,.イ 丁\   ヽi/  、 ゝ    |
     U |/:.:.:.: /イ、 l i   |  \ イ ト \  トミ=-  ト、
     | |':.:.:.:イ |i | ト、i、\ .イ X:弌:=zゞ|     |  、
        '. j:./ーi!─i!-!=<!   ーゝ'"!::::::ハ! イ! !、     !  \
        |//   ∧イテ:::示ゞ       弋_少 '.! ! '.          アナコンディが
       イ ヽ 从ノ、ト::::ノ!             ///|∧
       _.ノ_ノ^\ !  ゝ- '   丶          ! !/´!ヽ.          スゴい事やっちゃう前に
        |    ハ///      _ _       | | :.:.!  \
      ノ    |∧      /  \      | | :.ノ    ヽ     ここは私が……!
       .′    ,ノ: : ゝ.       "     イ | ト′
     ′  /!.:| : : |: :> .._ ____  ' ´  j/! ! |
    !  .'::::/: :| : : |:/: : :ノ⌒(__j__..-‐´ ! ! |
    |  '::::/!: : | : : |一'´1 ト、         /! ! ヽ___
    | .' :::::: !:.:ハ : :ト、、 ! V `−-    /  ! !/   __../ヽ
    |':::::::::: |: :∧! ::|ノノ  ! \     ./_   ! !   ff:::y、/ \
     ヽ!:::::::::|ハ ! |'′ ヽ . =\ ≠ )::::))  ! !   Vy、/\  ヽ
     人::::::://=イ! |   ((___ム/lヽ=='’ /:! !   / ハ=
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄


136 :◆vsQyY1yD2Q

                           ...................................
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
             :::::::::::::::       マ  ハ  ン  マ  !!      :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...................................

              _人_     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ヽ  __j__
             `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl      '.   l
           |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|     |     _人_
       __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'  |      `Y´
          `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |        |
           |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |     _ 人 _
                ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !         `Y´
      _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、        |   l
      `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \        - + -
           /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶         l
       !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
     - + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.     _人_
       !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧    `Y´
        /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
       .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |  十
       ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
     ../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {
     '′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Y:....∨ /    |\
               V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \

    ※ マハンマ : 広範囲を浄化する破魔属性の魔法。 所謂 「アンデッド」 に絶大な効果がある。


137 :◆vsQyY1yD2Q
                    :: :: .;:|;.               ::;                 |.:. :.:
                : :: .;: .;:                                  i:.:. :.:
                 : :: .;:              ;::                    |;.:. :.:  パァァァァ…
                 : :: .;:i                             :.:. :.:
                 : :: .;:,:|                             .:l.:. :.:
                 : :: .;:i               :;:                 |.:. :.:
                : :: .;: ,:|                             |:. :.;.::
                : :: .;: .;:;|              ::;                 .:;.:.:. :
                : :: .;: .;                :;:                  i.:. :.:;
                : :: .;: |             ;::.               ;;.:. :.::
                : :: .;: .:|         ... ,. ,. ,::::;: :;:;:;;::::.,., ., .,           |.:. :.:
                 : :: .;:i      ::::::::::::;:.: :: .;: ;:;: .::::::;: ;:;:::::::: .;:;:;:;;:;:.     l.:. :.::;
         . .. .. .. . .. .. ....: :: .;:    ..:.:...: :. .: .: . :.:.:       . :.: :.:. :. :.:. :.: . :.: .:..  |.:. :.: ;. ... .. .... .. . . ..
.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :: :: .;: | ..:.:...: : :. .:. .: .: ..            .: ::.:. :.: . :.: .:. . i.:. :.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . : :: .;.:l..: .: . :.:...:. .:.: :                .: ::.:. :.: . :.: .:|.:. :.:..:. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ :. :.:. ̄ ̄:. :.: .  ̄ ̄ ̄.: .: .  ̄.:...:. ̄.: . : ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ヘ                   /´ ̄`ヽ、
                    ⌒ヽ)                    /      │
                  . ――-''" ̄`゙''ー-、        '   _,. -‐ハヽ - 、、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.         / ::::::::::::::::::::::::::::`ヾヽ
                 /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l.       /:::::::::::::;::::::::::::;:::::::::::::::ヾヽ    
               /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l.     ; ,'::/:;i:::!:人:::::::::/i::ハ:::::::::::';=:| ;  
               |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>.    i/!::{::::l \u.ヽ:ノ / |::l::|:::|:::| ガクガク
    な、なんだ……?  |レ!小l ○ u  ○ヽ:;;j|Y ::::ア     ' iノ从i ○    ○ 从;|::;'::::| ;   
                      |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ.     ヾ!l⊃  、_,、_, ⊂⊃i:/ノ::::|
    力が抜け……。       .ヘ  ゝ._) u /::レ':/レ      .;: |八   {  }  _ i '::::::::l
                   _ ., >,、 __, イァ イ/     ガク ….i:r'⌒),、. ̄ _,(´ ヽ,V:::::i ;
                   ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、        ;  /゙ ̄´} ,.| / ./{一'´}ヽ:/
                    /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ       ;   l   ノレ;只;;;ソ;ヾ _ i'  ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


138 :◆vsQyY1yD2Q
                             {:.:..           ヽ
                               ヽ..:.:.:.:.⌒ヽ、、    ノ
                                    `:.:ー:.:⌒ヾ   :((
                             _.,..:.:.:::.:.. ..  ..ノ    .:)
                         .:.:::"´      `"    . ..:′
                            i.:.::    ....:.:.:.:.....  .:.::"´
                        j    . .:´     ` "
                            {   .:.:´
                        ノ  {´
                       {  :.:.     シュゥゥゥゥ…
                        `ヾ: :.
             ........_             `:. :、、
            .:´   `ー:..          `:.. .:
         ー ´    _..._  :.:.         :.
             ..::´  ヾ、 .::         } .
            ..ノ     .:: ノ          ノ
         _....ノ     ノ ..:′        {.
                 :. :..           ヾ. .
                 :. :.:..            .: :          .:.:.::"´`ヾ、..     ..,r:.:⌒:.:ヽ
                  ヽ、...` :.....__...:.:.:.:......        ......,,ノ         :..   (     {
                    ` ー"`" ̄  :.     γ´       ..:.:..   ::.   )ノ    `:.:ー:.:
                                :.     ..:.: "´  `ヾ,....ヾー:.:′
                                ..::    .:.:__         }    .,.ノ⌒ヾ、
                                                 `ー..:.: "´    :..
                                                         `"
                                バタッ  ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..
                    ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                         .,.:,..:..                     .,.:,..:.. ... ,...

       ... ,...        バタッ       .,.:,..:..          ... ,...    .,.:,..:..
               _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;
             ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .
            ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:
            ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄


139 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ___
                                              rく -―‐- 、\
                                           _/⌒X ⌒ヽー-、1 ヽ_
                                          / l  /  ≧x、\ ヽ 卜\
                                          / /! | /__\ \l | l|
                                           / /| j/  l   \\」 !ノl|
                                         { し'/! K l l  ノ 八l l | j|
                                         ー个 |_ \ ! /_Vl |ノU
                                           |  |、__ヽYノ_, _ l |
                          お見事です、お嬢様。  ./| |  |ー一冖ー一'__」 !┐
                                         〈 l |  |、  '    | l ||
                                            \l|  ト\ ー-‐ イj jノl |
                                             _」  | \トrr彡/ /ノ 人_
                                         rイ、| !、_ \j/  / / 厂广癶
                                          |小.八ノ `>-、\-< / / / ∨ |


               ,.  '  ̄ ̄`¨¨ ヽ、
            , '            \__
           /     /         ヽ }
           /     / -‐‐ ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉}
          /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
         ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
         i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
         |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从
         |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
     __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |       さまよえる魂を導くのは聖女の お仕事。
   //     /    人 |: |         人:.',  \
   |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \.    これくらい当然なんだよ。
  r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
  |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
  |::::|/    /    /:/ヽ::::::\−  |:.:|   /\\  |::::|
   Y:|    /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
  /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
  |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
  ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
   ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧
   /: : : :∠ イ  ∨     }ハ   |:::::::!::::::! |    ヽ
  /イ´ ̄      |     ノ  !  /:::::ハ::::| /     }


140 :◆vsQyY1yD2Q
                    ,. '´                \
                    /          __.. -- ‐‐ -、 )
                      /         L <´  `ヽ  ⌒'l |
                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘ
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ     ねぇ、アナコンディ。
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ.   帰りにまた 『ナンディさんのお店』 に
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ.  寄って行こうよ!
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j  やる夫達に また会えるかも!
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/
: : : : : : : : : : : : : : :> ´: : : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: -- ー ''' ´     ヘ.|
: : : : : : : : : : : : /> '' ´: ̄: : : : : : : : :ハ     \       \、
: : : : : : : : : : : イ´: : : : : : : : : : : : : :./′}      \        ヽ 、
: : : : : >イ: : : : : : : : : : : : : : : : :/ /'  |        ヽ 、       ヽ、



                                   V     |    |  V |  l       l /l /      l
                                    |    |    |  V |  l        l / l/       l
                                    |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
                                   、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
         彼等に会えるかは分かりませんが          \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
                                     ∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
         食事を済ませてから支部に戻ると言うのは     | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
         良い お考えですね、お供いたします。        |  j j   |        l!          /_」
                                     l  ||    |          j|          /\!
         この者達は……銃が絡んでいますし.         卜、! |    |\       ヽ           /  j
         毛利 小五郎にでも報せておきましょう。        \リ|    |/ \                / |/ハ
                                      〈 」 |    |    \     ー==一    // /
                                       》|    |     /> 、 ´`    / / /
                                     //|    |     / /|  >、_/   |  |


141 :◆vsQyY1yD2Q
【 某県 比佐子市 】
                          ,/ ゙̄ヽ へへへへへへへへへへへへへへへへへ_,-ーi、./
                      │   : ゙l.へへへへへへへへへへへへへへへへへl:゙  /゙i、
                         |    :|/へへへへへへへへ熊山登山道へへへ,丿  /  l
                     ,ノ:○   \へへへへへへへへへへ○へへへへ i´  /   |
                         / 日之出町.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_へへへ''" ̄ ̄ ̄ ̄  /     |:
                     /:                     `"''"゛           /      /:
                     ,/                           後木舞町 / ○ 東栄町
                    /                                  ○ /         :|:
                ,/                        宿江町       /
             /`                        ○      /           |
             ゙l                                 /      ○大隈町 ゙l、
             │                             /
            │                             /                  ヽ:
                |    瀬賀町                    /  蕪子町              : ヽ
            .,/゜     ○                    /    ○                  `,!
         ..,,/                        /
             |:                      天堂町 /                           |
          :|:                    ○/
          ≒i、.            ┏━━━━┳┷━━━━━━━━┓                     |、
           : ,/     ┏━━━┛       ┃             ┗━━━━━┓        |:
       ━━━━━━━┛              ┃                          ┗━━━━━━
       ..,r'"`                     ┃                             ,√
      : ,,l″                          ┃
     /゛                           ┃                               ,,,,/`
   .,,,i´                             ┃                           /:
  ..,i´             : .:               ┃                            `-,_:
 .,i´             ,/⌒'-,,、             ┃                            │
.,,,|:                l"     : `|           ┃
 `ヽ            `'i、     .゙l、         ┃                               ヽ
   ゙(、            ‘''''i、   ‘_.        _┃_____ .:          : ___、      .__゙i、
    `~''-,,、           : │   ,}:  ̄ ̄ ̄  ̄ ┃      `~゙゙'''ー--- 、,,,,,〃       ̄ ̄ ̄ ̄
       `''-、        帆覧町゙l   ゙l、        ┃
         `ヽ,、         ◆丿   ‘i         ┃┌――――――――┐
           `゙"'-,,、  : ..,,,-"     i         |━━━ 電車 本線│
              `''ー″                 |─── 電車 支線│
                                 └――――――――┘


142 :◆vsQyY1yD2Q
【 帆覧町 帆覧海浜公園 】
 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー−
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、 __─────、
                    −  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐  .i  /  . .´`''〜 ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー−'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.〜―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―



        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.| u              ,リ:.     | :|: : :.\
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}  クッ……
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /    結局、倒すしかなかった。
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/      これでは骨折り損ではないか!
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/


143 :◆vsQyY1yD2Q
                                     ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,
                                    メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、
                                     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}  ヨロッ…
                                   . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡
                                   (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ
                                   //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}
                                   / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}
                                    `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡
                                     ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}
                   す、すいません団長。       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}
                                      y           i   ヽ:;:;::リ
                   足止めし切れませんでした。    <  ,        u  ノ.    ヾルi
                                      `ゝ"       . /:;.:     >、|
                                       ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,
                                         ゝ    /:;::;:;       / ゝ、
                                      ,, -=^ヽー へ、        /    ヽ
                                    ,-""        ヽ     /       リ;,
                                   イ            \  /          ヾ



                ,r
                 //         i
              /:::::{          l|
             ./:::::::|、r='TF⌒ヽ   .,';|
            〈::::::::::Y:::::::',ヽ   }  /:/   ム……
             \:::::ゝ;::::::ゝ\,/ /:/
           ,r--<::`ー-\::::Y/-‐'::/     そちらのカツラコトノハは
        ,r-‐/:::::::::::≧-::::`ヽ',:Y、:::∠_     出来損ないではなかったのか?
       /: : :/\:::/. ./:\::::::`ゝfヾ::::::ヽ,
      / : : /. ./ `. . ./、:::::::}r-y-....._ゝ::::::\
   ,/ : : / . . /. . . . /:::::`ーj、:::_::::::::`ー--..ゝ、
  ,/ : : / . . . /. . . . ∧:::::r=-.、:::::::: ̄ー--―-..、}


144 :◆vsQyY1yD2Q

                                               ,..-──- 、
                                            /:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
                                             ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉
                                              〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{
                                            }_;{. l|/.|!ヽ  '\_ l;:::}
                                             { ゙i| ' ●`    ● `|!'゙!
                 いや、それが                  , 、      ヽ,|     、l,     i,,ノ
                                    ヽ ヽ   .   l、゙ 、_,、_, `.,!
                 カツラコトノハは陰に隠れて       }  >'´.-!、 ゝ       ,/′
                 戦わなかったっすね。         |    −!   \` ー一'´丿 \
                                     ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
                 ただ、一緒にいたサマナーが   /\  /    \   /~ト、   /    l \
                 ランタンを連れてて……。     ./ 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
                                  /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
                                  ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
                                 ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
                                 i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ



         /::::/::::::::/     \:::::::::::\::::ヽ
          N::::/:::::::::/        \:::::::::::ハ::::V!  ___
     /|   !::V::::::::::i′         ∨:::::::::::< ̄ __`_ヽ.
    / /  !:::::::::::::::!              i::::::::::::::::!\ \::::::\\
   / /|│   |:::::::::::::::l            |::::::::::::::,!  ヽ 丶::::::::\\
  </:::| |   V:::::ヽ::::|          u !::::,/:::::/   .| |:::::::::::::::\\
  |::::::::l l   ヽ:::::ヽ::\           /::::/:::::/____.」 |::::::::::::::::::::ヽ/  ……なるほど。
  |::::::::| |\___ヽ::ヾ\`ヽ-、      /:::/,::::::/    | l:::::::::::::::::::::/
   ',::::::l l     ヽ.::\ 、__:::` ̄ ̄::´_//:::/       | l::::::::::::::: ::/    それは お前一人では
   V:::| |         \:::::ス<、::::::::::::, ン::::::::/     ./ /:::::::::::::: :/.     太刀打ち出来んな。
    V::{ l           ` >:::::ヽ::::::/:::-ハ、      / /::::::::::: ::::/
     ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/
      、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/
      r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
      | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__
    l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::| |::::\ \\\ {     /  .//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


145 :◆vsQyY1yD2Q
                 /;:;:;:;:,;:;:';:´;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:/;:|
                /;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:,;;:;:;:;:}
     __ _ _ _ _/'/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`f;:;:;:;:;:;:|
- ‐ ' ¨´       , ' _,- ‐ ‐ - 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',;:;:;:;:;:l_
           ,.', '       ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:};:;:;:;:| `¨' - 、
          ,;.'          ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:};:;:;:;:',     ` ‐ 、
          ,'             ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:} ,.,      `ヽ、
ヽ、       f             i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:' ,'         `,
  ヽ、     l    .::::: : : : : : : : : ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/          }   だが、もういい。
    ヽ     l   .::::::: : : : : : : : : : ,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:イ´     _ _,,.. イ
     ヽ    '.  .:::::: : : : : : : : : : :/;:;:;:;:,,,;:;:;:;:;:;:;:._ 」 - ‐_‐ ニ - - ‐ ‐'/    制御出来ぬ悪魔を手に入れても
      ヽ   ',::::: : : : : : : : : : : :,.';:;://;:;:;:;:;:;:;:;:`¨ー 、`ヽ、;:;:;:;:;:;:;:/      仕方あるまい。
       ;',   .',:::::: : : : : : : : : , ',;:;:'./;:;:;:;:;:;:;:;:rテ┐   `ヽ )::::::;:;:/
  _ , - ‐´ ',',   '.,,、:: : : : ; ン;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;//  `ヽ    ,冫:::::::;:く.        儀式は失敗に終わったのだ。
r‐´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,',     ' ,ー' ゙、、' ¨゙;:;:_,;:;:-,,/  / , '//.   /;:;:;:;:;:;:;:;:}
l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',',     ト- イ- ‐´/ /`. / , '././ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}.       ……騎士団を撤収させるぞ!
.',;:;:;:;:;:;:|ヽ;:;:;:;:',',     f  l /  :/ イ:  /  , ' / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`
 ',;:;:;:;:.|;:ハ;:;:;:;:', ',    {  l   :/  / /  /∠ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ',;:;:;:;:|;:;:',\;:;:\\  l| ハ ハ.   レ  , ' , ' /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ',;:;:;:;:l;:',;:',;:;:\;:\  ヽ f {::}    l , ' , /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



                                         /  _____,,,,,,,、
                                            {レ´//:::::<`:::ヽ
                                           _人{::/:::/::::::::: ̄:::`ヽ、
                                          rヘヘ∨ムヘj"´`ヘr、:::ヾ::::::;j
                                      /::;イリ    j__  j ミ:::::ヽj::l
                                      !ハ::jjヽ、 ∠rォュ   ミ::::::::::リ
                                       U ヘ セ}   ゞー'′   ヾ⌒}
                           分かりました、団長。     l く             ソ丿
                                         i    __ ,     イ/
                                            ',  ̄_        ′リ
                                          ヽ     /   iヘ
                                              ゝー <    /  ヽ
                                         _/:::::/ヽ  __/   /`ヽ、、
                                      /:::/:::::::/  ノ / ∧   /     ` ー 、_
                                    /:::/:::::::::::::l1  ト/ / ∧_/           `ヽ
                                      {::::ゝ::::::::::/レヘ}}j _//´              /´  `,


146 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ___
                                               /___
                                             r‐{{´:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:...、
                                               /ヘ/ヘ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                            /イ: ://ヘムイ!,イ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                                             | Vハ!   |:! !l' ミ:.:.:.:.:.:.:.i
.         しっかし、なんで儀式は失敗したんすかねぇ?           }ヒゝ   _,リ__/  ミ:.:.:.:.:.:/
                                               ノ` ノ  弋ソ ` ヾ:.:.:.:/
.         確かに、警察の捜査とは違ってたけど               i 「     ̄´  イこン
.         六年前の事件は再現しようとしてたし                 _,ヘ. _       _フ
                                         _ .....:.:.:.:.:./:∧   `   ノイ!:ヘ:.`:.:.: - . . ._
.         ちゃんと悪魔は誕生したって言うのに……。   /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.iゝ-- <  l!:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:ヽ
                                    /:.`ヽ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l `r.、  ∧ l:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:',
                                       i:.:.:.:.:.:i:.::.:.:.:.:\:.:/!/ヾヽイ ハ/!`:.:く、.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:}
                         .            _j:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.iー:´:.:.:l `l::::::::l′ |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./
                                     /ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l   V:::/   l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:./:.:.:./
                         .        /:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l  l::::l    l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.j.:.:./



        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\.   確かに、我々は
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /   「噂が一つになるように」 情報を操作した。
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./    にも関わらず出来損ないが生まれ
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/.      本命も意図していたものとは違っていた。
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/.        ……ふむ、情報を整理してみるか。
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/


147 :◆vsQyY1yD2Q

      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――─┐
      |                                                    │
      | @ 伊藤 誠 と 西園寺 世界が誰かに取り憑くと、二人を殺害するために        │
      |    三人目の 「怪異 カツラコトノハ」 が誕生するように儀式を行った。         │
      |                                                    │
      | A 召喚された誠と世界には、六年前の事件を再現する呪縛が掛けられている。   .|
      |                                                    │
      | B しかし、事件の内容が当初の認識とは異なっていたため                   │
      |    世界が誠を殺害しようとし、誠が逃げ出してしまった。                 │
      |                                                    │
      | C 連続して通り魔事件が起きていた事から推察するに                     │
      |    誠と世界は、次々に取り憑く人を変えていたと考えられる。               │
      |                                                    │
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

                          //
          、         _ _    {. .i
          ヾマヽ     /´  ヽ\  \i\
            \ ',   ,'i    }: :ハ  '|. . .i   ( ……つまり、伊藤 誠 と 西園寺 世界が憑依し直す度に
              }}   i::',   /: : :il   l. . . ゝ
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/     儀式に組み込まれた
               ヾミミートヽ://:/レ/イ  _    カツラコトノハ誕生の条件が成立する事になり…… )
                \:..ノハ::::::/:::::/::::::/フ`::::::::ヽ
           r-, _r─≧:ノr-イ:>i::::≦ハ. .ヽ:::::::::ト=.、  _..:::-::..._
         /. . .V:::::/:.:ァ彡イ::::::/\三三ミ∧. .\;/::::>´. . . . . , =-≧=、
        /i}. . . .ヽノ//::::::ノi::::/\_::::/;;i:::ハ. . . . . . . . ., -´ ̄     /
        /. . .il/:.廴ノ//::≧/:::i l::::::::::/i:::/:::::::|::::::\. . ._ '´           /
     r. . . . . .K:.:.ミ/:/::::/{i∧l::::::::::/: i:イ:::::::::il:::::::::/ハ´         /
     V. . . . ..ハ:::..:.:/:::::/ミイ: : V:::::/: : :<:::r-:八::::://:::i         /
     ',. . . . . i V/::i::/:> ト: : : ii ̄: : : : 彡/  il::::l l:::::l      ./
      i. .il. . . l  i::V:::::/.i: : : :il: : : :≦: ::/   |::::||::::イ     /


148 :◆vsQyY1yD2Q
                                   \\:::::::::::::::\ヽ
                    _ -----、          \\::::::::::::::::\
          //      /       `ヽ、        \\::::::::::::::
         /フ/     ., '             }::\       \ヽ::::::::::::
       /:::::/{     /           u l:::::::ヽ、       | }::::::::::::
      //::::::::l l     f            /:::/::::イ       | |:::::::::::
.     //::::::::::l {     |ヽ         /::://:::::{        | |:::::::::::
.     //::::::::::::l !     l、::\       /::::/ノ::r-‐イ       } |::::::::::: ( ま、まさか
     l/::::::::::::::| |      !ヽ::::`ー―r―´::r‐ニ-´:::::::::::::/      / /::::::::::
     |{:::::::::::::::l l     、」:::::ヾー┐::::::::::::::} 「:::::::::::::::::ノ      / /::::::::::::    儀式は失敗したのではなく……! )
     ll::::::::::::::::〉l      \:::::::::l {:::::::::::::://::::::::::::://    --//::::::::::::::
     ヾ::::::::::::::ヽヽ      \_-、:\:::::/::::::::,.‐:´:∠-−´.//::::::::::::::::::/
      \::::::::::::ヽヽ       ヾ:ヽ、::::::::::::::ノr、::::/   //:::::::::::::::::::/
       \::::::::\ヾー―――−>- ゝイ7´ ∧ミ-ニ ´- ´:::::::::::_ -―<―
         ` ヽ、:::\\    rイ .i { /  { ゝニ‐"-=ニ‐" -― ̄:::>
        ヽー、  \::\\  / /  | Lム-ニニ´/::::::::::::/:::  /::::/:::::
          ヽ ゝニニゝ- \ニニムト=ニニ‐::::::::_::/::::::::::::::::::_/./::::::/:::::::::::
         -} |\ゞ^―――― ´:::::::::::::/ヘ ヽー―‐  ̄ _/:::::::::/::::::::::::::
      /´:::::::| |::::\\::::::::::::::::::::::::::::://:::`ヽ――  ̄:::::::::::::::::/::::::::::::::::::


    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  Q. 怪異 カツラコトノハが誕生する条件は  何  回  成  立  し  た  ?  │
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


149 :◆vsQyY1yD2Q
     /:::::::/::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::.\::::ヽ
    N:::::::./:::::::::::::::/            \::::::::::::::::::ハ:::::V|
    |::ヽ::/:::::::::::::::/               V::::::::::::::::::i::::/::|
    .|::::Y::::::::::::::::i                V:::::::::::::::Y:::::i
    |:::::::::::::::::::::|                 |::::::::::::::::::::::.|
 __.|::::::::::::::::::::|                   |::::::::::::::::::::::|
 ̄   |.:::::::::、:::::::|                     |:::::::/:::::::::::i───
     V:::::::::ヽ:::::|                 u |:::::::/:::::::::/
     ヽ:::::::::ヽ::::ヽ               /.:::::/:::::::::/        ( ……新種の悪魔が誕生しただけだ。
      ヽ:::::::ヽ:::::\            /:::::::/:::::::::/
       ヽ:::::ヽ\:::::`ー、__    _/:::::::.//:::::::/           忘れる事にしよう )
        ヽ:::::\\_::::::::: ̄ ̄:::::::::::_//:::::::/
          \::::: ̄フ::>::::::::::::::::::::::ヽ、 ̄:::::::::::/
           \:::::::ヽ\:::::::::::::::::://:::::::::/
           ,-─iヽ:::::`ヽ:::::::::/:::::::,-/ヽ、        //
\         ヽ ヽj_ `ー 、_, -‐   レ ノ      //
\\       /く   Y ̄iン‐、__,へ/⌒ヽ/ ト     //
:::::\\    ∧ `ー、/  i/     |   V-‐' ゝ   //
:::::::::::\\,-‐ヘ ヽ  /   !     |   ヽ,-‐'ヽ //
>::::::::::::::\\ `ーニ/        ノ    V´ク//


150 :◆vsQyY1yD2Q





               次 に カ ツ ラ コ ト ノ ハ が 現 れ る の は


         あ  な  た  の  と  こ  ろ  か  も  知  れ  ま  せ  ん  。





             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、__________________
           ,': : : : ; : : : : .l : : : : : : : : : : : : : : :, ――――――――――――――┐| |
         /: : : : : .l : : : : ! :.l゛"ヽ: : : : : : : : : : i                          │| |
         ,': : : : : : :l : : : :/:./   }:.ト、: : : : : ト、:l                      │| |
         l : : : : : : :! : : /:.イ - ―サ十: : : : |}!八                     │| |
        .ハ: ト; : : : : i :イl;イi!  テ〒モキ: : : : :レi : :.\                       │| |
        ! !:|ヽ: : : : 伐い ゛、 弋; ; ハ: : : : :|八: : : :`ー―‐ - 、.               │| |
          ヽ 丶: : ミ ゞノ     ≠ .ルl : : :|  }` 、: :_: ; :_:ノ~ヽ-、            │| |
       _____`_ヽゝ、ヽ   .・: .|: : : | ,;ノ   l   i      `ー - 、     │| |
       ヒニニニニニ=ヲ ̄ ̄` ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //・.l   l     }!      `ヽ、  || |
              /   !ソ;:i 、.;      〃. ”.ノ   i!      ノ         i!  || |
              / ‘,,j;:;:;:;し';:;:;‘,,;);(;   /  , '      i!     _   ノノ ,; i!  || |
               ~~~~~i~~~i~~~~~i~~~~~~i~:~: l/  .  ゛     "  i!  ̄ 7 〜 ,.ィi!  || |
                 l : : :l    .ヽハ  l: : :.|  ;(;;;)・.      ; i!  ノ   /.i!. || |
                  | : : :l       ゛!  i!: : l  ‘ "        .;i!   { .  / .i! || |
                   ル: : :| /`/´,`ーヘ   ! : |           ノ  /`/´,`ー、_  .イi! || |
                 リkソk' < .ィ '`―ゝ、ルリ 冫、    , イ ―k' < 、´ / ャ──―┘| |
                 | ヽ!_ヘ_ル'       ̄   `  ´       ヽヘ_l ノ /.      .| |
                 |________________________.|,.!
                           ___|        |_____
                         /    ゝ____ノ        /
                        =============′


151 :◆vsQyY1yD2Q
                 ._
                  \ヽ, ,、
                   `''|/ノ
                    .|
                _   |
                \`ヽ、|
                 \, V
                    `L,,_
                    |ヽ、)  ,、
                   /    ヽYノ
                  /   r''ヽ、.|
                 |    `ー-ヽ|ヮ
                 |       `|
                 |.        |
                 ヽ、        |
                   ヽ、    ノ
                  ,. -───ー- 、
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.;、.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
  ____    //.:.:.:.:.:/:.:/ i.:./'''||ヽ.:.:.:.:.:、.:.:.:.`,
     |      /;/.:.:,:.:.:/.:.:.:/ /.:/  || ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:l
     |-, |/  /i:i.:.:./.:||'.:.:./  /;/   ||  i.:.:.:.:.:.i:.:.:.:l
     |-| ヽ、  /,l:|.:.:i.:,/||.:;/  リ    ,||、._l:.:;.:.:.:l.:.:.:.|
          i l.:.|;;;|/,.j.|、l___ / ====、 ,.r ̄l:|.:.:.:.|.:.:.:i
     |     |:.:、ーー、. ,' ̄      ||   |.:|.:.:.:.|、:.:.!
     |,ヘ、_,   ヾ:ヾ、  ||         ||  /:/|.:.:.:.| ヽ:i
     '      ヾ::i    ー---- ァ   // |.:.:.:.|  }ヽ
      | ! !    ,|\    i     i  /  |.:.:.:.|, /| ヽ
      ヽ、__   / ト、 ヽ   ヽ、   /   __,. -|.:.:.:|.:|.:.:! ヽ
      _i_i、  / i.:.:|`lー------t t-- '".:.:.:.l.:.:.:l.:.|.:.:.}  ヽ
        | ' i  l:.:| !.:.:.:.:.:.:,/~lニl``>.:.:.:.:.l.:.:.:l.:.:i.:..:.|  ヽ
     __l___   |  l;.:! |.:.:.:.:.:.:./7 ハ~ハ;.:.:.:.l.:./.:.i!;|.:.:.:|
      ,/     l:;l  l.:.:ハ.:.:l:::\| V:::::i.:.:.:l:/.:./i|ヽ.:.:!
      /^ヽ、,     i|  ヾj i.:.:l;;;:::::::メ::::::::i、.:.リ:.:.:! l| |:/
              i!    ヽl_|;;;;;;;:|;;;;;;;lソ.:.:,/、;|  リ  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       ヽ/       /"~メ{___,.ゝ;/         d⌒) ./| _ノ  __ノ
               /,、ケ'`  |::l  |::| ´
              ``''     i:l  i:l


152 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第13話 「もしも私が悪魔でも……」 は終わりです。

アニメで言うところの、1クール終了ですね。
奇しくも本編の内容も丁度一段落です。


初代『ペルソナ』のCM、「もし、私が悪魔でも……」 と記憶している人が多そうですが

Wikipediaでは 「もしも私が悪魔でも……」 となっていましたので、今回のタイトルは 「もしも」 にしました。


言うまでもない事ですが 『死んじゃえ』 は、このスレオリジナルの呪殺系魔法ですw

本家女神転生シリーズにあるのは 『死んでくれる?』 ですので、お間違えのないように。


ちなみに、「刑死者 ヨモツイクサ」 は、『ペルソナ4』 を原作としており
そちらの方では 「氷結耐性、闇無効、火炎弱点」 となっています。

このスレは 『デビルサマナー』シリーズがベースとなっておりますので
ムド系の 「闇属性」 を 「呪殺属性」 に置き換えています。


ちなみに 『刑死者』 は、逆位置で 「徒労、痩せ我慢」 と言った意味があります。

今回の谷口にピッタリですねw


それにしても、このスレ初のペルソナ使いが コイツになるとは……w



次回更新は、10/16(日) 20:00〜を予定しております。

10/9(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


        /  )
  ∩    (  /
  | ヽ    ) )
  |   \/ /
  |__  ヽ   _
 ( __)    ヽ ( \
 ヽ      / ヽ ヽ_> )
 .ミ´    |∩|   ´/
 |    ( ● )  彡   ハングドマンクマー!
  ヽ  ●   ● |
  |ヽ         /
   ∪  ̄ ̄ ̄∪


第12話へ     5 第14話へ

Cross Days まるごと 桂言葉グラフィティー (JIVE FAN BOOK SERIES)School Days 言葉コミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス)Cross Days 言葉 おっぱいマウスパッド Ver.2 限定版
Cross Days まるごと 桂言葉グラフィティー
(JIVE FAN BOOK SERIES)
School Days 言葉コミックアンソロジー
(IDコミックス DNAメディアコミックス)
Cross Days 言葉
おっぱいマウスパッド Ver.2 限定版

posted by 文月みと at 19:49 | Comment(24) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
うーむ、いい乳だ…
Posted by at 2011年10月03日 22:27
釣られているのか<ハングドマン
Posted by at 2011年10月03日 22:28
おっしゃ、どんとこい言葉!
Posted by at 2011年10月03日 23:05
あー、成程…つまり、襲われたカップルの数だけ…w
ま、まぁ、取り敢えずやる夫の仲魔の言葉可愛いから、それでいいや!w
Posted by at 2011年10月04日 05:39
イン何とかさんってやる夫に懐いてるっぽいなぁ
普乳はいないの?w
Posted by at 2011年10月04日 07:35
怪異カツラコトノハ、多分最低でも3〜5体は発生しているのかw
ルルーシュ、何とかしろよw
Posted by at 2011年10月04日 10:45
最後怖いw
しかしゼロはいいキャラだな。黒の騎士団との今後の絡みも楽しみだ。
Posted by at 2011年10月04日 10:54
インデックス可愛い
やっぱ貧乳ですね
Posted by at 2011年10月04日 11:32
多分、誠と世界の現場離脱を許したのが今回のゼロ最大のうっかりなんだろうなぁw
Posted by at 2011年10月04日 17:21
カツラコトノハは複数誕生したけど、その力や性格・性質も大幅に違うのか・・・。
ゼロ、やっぱりうっかりさんじゃね?

仲間になった言葉は呪殺系使えるのかなあ。
Posted by at 2011年10月05日 03:51
この混乱の火消しは…やはり情報操作になるのかなあ
Posted by at 2011年10月05日 18:11
というか怪異として固着しちゃったら、この世界悪魔登録されちゃってどうしようもなくなるんじゃ……。
Posted by at 2011年10月14日 10:30
逆に考えるんだ、悪魔全書でグレートなおっぱいが雇えると考えるんだ
Posted by at 2011年10月15日 02:46
インデックスはいい仕事してますね。さすが聖女。
いなければ、もっと被害というか、
怪異カツラコトノハが量産されていた可能性もあったとは恐ろしい。
Posted by とあるA at 2011年10月16日 20:49
世界と誠はマハンマより引きずり出して至高の魔弾かジハードくらいやってほしかった。
Posted by at 2012年02月04日 01:29
むしろ『両腕落とし』から目潰し他多数のエグい手段でじわじわといたぶり尽くして殺りましょう(レイパーや自称乙女も一緒に)
Posted by at 2012年04月12日 20:45
お話ながら、ルル達の無責任っぷりにイラッとしてしまった
Posted by at 2012年07月01日 20:56
よく考えてみれば、暴走の原因になる誠と世界は既にいない訳だし
新種の悪魔が数匹増えただけになるのか
Posted by at 2012年10月10日 09:48
言葉は『ヤンデレ』と言うよりは『非業の運命を背負わされた悲劇のヒロイン』という区分だと思う。

ヤンデレってのは個人的に大嫌いだけど言葉だけは真剣に幸せになって欲しいものです。

要は……やる夫にもげでとう、そして言葉を救ってくれてありがとう。
Posted by at 2013年08月18日 00:54
インデックスにはホーリーライトかニルヴァーナ辺りのほうが似合う様な気がしたな
Posted by at 2013年08月18日 12:44
やるだけやってやりっぱなしって辺り実にカオスw
Posted by at 2013年12月24日 16:56
あなたのところかも知れません

朗報
Posted by at 2014年07月04日 00:09
やる夫に貰われていった言葉が幸せそうで何よりです(読み返し読者感)
Posted by at 2015年11月12日 12:55
カツラコトノハが何体か生まれたっぽいですが、街の噂が広まる前に出現した個体はやる夫と出会った言葉みたいにフラフラ歩き回ってMAG切れで消滅したりしてたんでしょうかねぇ
情報操作後に生まれた個体はある程度の強さを持ってるとすると、少なくとも最後に黒の騎士団団員に乗り移った時に新しく強い個体が生まれていることに……
Posted by at 2016年09月09日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48309059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ