■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年10月24日

第59話「見よ、東方は銀色に燃えている!」(5)

第58話へ     5 第60話へ

134 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i"  .,,,/i、l゙′ |         │         /        ○ シャーマン族
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△△△△`゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|◆,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l,,,,,|! △丿
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ 海賊の家
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、レイアムランド
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


135 :◆vsQyY1yD2Q
【 バラモス城 】



                                |>
           ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
           /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
       _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
     ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
   -‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
      ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
                          〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl
       ..:..                   i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|
            ..:               /:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_   ................
                     ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
                   /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
        .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
                  /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
                   / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \     ..:
              //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、 ::.
               ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ
             r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
         ,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::
   _,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::
   :::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー ‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\
   :::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::


136 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:



          ___
         /ノ '' ヽ\
        /( ●) ( ●) \        ちょっと余裕見せ過ぎちゃったかなぁ。
      /::::⌒, <   ⌒:::::::\
       |     ト==ィ'       |       本気出したら、あいつらなんて秒殺なんだけど
      \    `ー'      ,/
      〈` ‐- ,,_(^)_,, -― '' 〉        あれ以上やったら、闇が俺を蝕んでたし……ってね。
      _ノ\_/::\__,/ `ー-、_
    /    _ rっ:::::〈       / \
   / `i   /`l | {,、:::::::|      {    〉  と言うか乗っ取られ掛けてたよ、七割ほど。
    }  ヽ  〉  /::::::::|      、   |
   |   | /  {|:::::::::::|       |   |.  主導権取り戻すのに、ちょっと時間掛かっちゃったかな。
    |   /   /|:::::::::::|       {,    |
   |  ´   / |:::::::::::|     /    |
   k_   /  ,|::::::::::::|    /    _ノ
    `ー '     |:::::::::::::|  ノ    /


137 :◆vsQyY1yD2Q
                                         /:.:.:.:.i.: : : : : : : :.,r´⌒` 、 : : : : : : : }::\
                                     /:.:.:.:.:.|.: : : : : : : :.{ /∨ヽ.}: : : : : : : : .i:.:.:.ヽ
                                      |:.:.:.:.:.:|.: : : : : : : :.丶、__,.': : : : : : : : 丿:.:.:.:)
                                       i:.:.:.:.:.:.:i、 : :__,,.-ャ=ァ~~ ̄~~了"べ亙:.:.:.:./
                                     i.:.:.:.:.:.:`iァ弋: : : : : : : : :.ト、.: : : : : :.ノl|∨/
                                      \ /\,_.: : : : : : : :.|,,,i、_,,.∠;斗l|l|イ
                                       ,ゞ,l|l||´<込ニナァーー亠 z弋才ゞ{l|れヽ
                                       i、丸l|{ .f  ̄.,,/" } !"ヾ,, ̄  }ミ/ワリ
                            ……………。     ヾ`、_言 l.      |      ./ミfソ./
                                        \_ミ. i     i、,i_,jゞ,     / |/
                                        ノl`i、、_..イ´彡ェミ爻゙シェ;,.ャ i|`夊
                                        ルj;|ト`ー‐''"" ̄  ̄``゛゜`゛ メ|ミミし
                                         彡廴\ヽ. ~武才~  / //_|父
                                         ノ|:.:.iV\!,      / オ.i:.:ト._
                                  _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :\,___,/ジ/: :.i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::.--‐''''"`ゝ
''''" ̄         ヘ 、_____
       __-‐‐'''´:::::::::::::::::::::::>
-──''''""::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐‐'"     お、落ち着いてください、バラモス様。
::::::::::::::::::::::::::::::::::.-‐‐'Y1
..--‐‐''''"":::::::::::′  〕 l         この方は、こう見えても大魔王様のお気に入りですから……。
:::::::::::::::::::::::::::/   :′ ヽ
::::::::::::::::::::::/     ゙'、 \.
::::::::::::::::/       ゝ  ヘ       ( おかしいですねぇ、大魔王様からいただいた
:::::::::::/     、    l u ヽ         ドルマ系魔法の魔導書は私も目を通させていただきましたが
::−       丶   丿   |
 ̄ ̄ヽ      `‐‐'′    l        そのような副作用は無いはずですよ……? )
::::::::::::: ̄ ̄丶         /
:::::::::::::::::::::::::::\        /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::^ヽ    /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/


138 :◆vsQyY1yD2Q

                                        , -===- 、
                                      /: :: :(M): :: :\
                                       〈: : >-―-<: : 〉
        ……ん、ああ、大丈夫だ。                  =ミ‐・=-=・‐ミ=;
                                          ヾ', ,..zhュ、 iィ
        俺は落ち着いている。                      ミ∧.´m`.∧ミ
                                     _ィ仁/: :i: :`ー‐´/: :: : 仁ュ-、
        六つのオーブの内、四つが        .,  ': : ̄ /ニ/‐- ∨/// -‐/ニ/ ̄: : `ヽ.
        勇者達の手に渡ったのだったな。  / : :: :: ://ニ/: :: :\} /': :: :: :,'ニ,': :: :: :: :: :: :':.
                             / : :: :: :/ ,'ニ,': :: :ー i!,'二: :: :: :iニ,'i: :: :: :: :: :: :: :}      __
                            /¨ ̄ : :{ iニi: :: :: :/{: :: :: :: :: :iニi ヽ: :,: :'了: : ̄` 、   /-/ 〉-,、
                {::{ 二>、        / ̄ ヽ:: ::∧iニi____ i____:iニi: :/Y、: : \: :/ `ミ、{干ミzュ,、 /!
                {::{ ニト:ヽュ---―┴   ミ\∧○ニニ二:i!ニニニニニ○ >、: :∧: :: : /   , -‐゙ー-)、`¨::7/
                 ゞ:¬:::ソ:::}      `ヽミ  ´ {>-=ニ三ニ==--‐ ヽ二三/ ` ミ{ i | l /   ゝ、 二ノ
                   ̄ ゝ-"、川 i } | l l i /´   ∨ニ<ニニニニニニニニニニ}::三/     ` < /    彡}
                       `  ‐-‐ ´      ∨ニニニ´⌒`ヽニニニニ三/        ` ー- -‐ '"
                                    i二ニニニニニニニ二三/
                                    {二ニニニニニニニ二三i



         ____、
     : i':'^'"´::::::::::::::::::::゙'ゝ.、.--、,,
    .,,ノ゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ハ--..,,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./        "ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
/r'"゙'''''''―‐  、._.     "' ''''' ―- 、::│
─'''ー-:::::::::::::::::::::::::. `''―- 、....,,、     .:!
:: : : : : : : : : :´゙'''‐.- 、、::::::::::::::::::`゙゙'‐- 、._.ヽ
: : : : : : : : : : : : i⌒| .` ̄:::::::::::::::::::::::::::::::.ゝ.,,、
: : : : : : : : : : ._,.|            __ :::::::::::\
: : : : : : : : : /          《 ̄ ̄゛ `ー'’! ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄!             \    ,.-゙ / ̄ゝ    さようでございます。
ヽ    ,!           -    ゙゙'''''   く  l
l,.\   \   ..、     ̄        `゙゙.|     しかし、ご安心を。
ヽ .\    iー'"       |===ニニニニニ.|
::::\、 \  }        ! \_|   |  . ゝ.    パープルオーブ、イエローオーブの二つは
::::::::::\  \ :|,          l   /゙゙"'. i__/     我々の手中にあるも同然。
::::::::::::::\  .` \          ヽ /   ./ /
:::::::::::::::::::\   \       \  / /        すぐにでも、ドヤが夫に ―――
:::::::::::::::::::::::::\   \、        \ニニ
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   .,,/"- _      |
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,, ./三三三. ヽ/─、__/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三三ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三三三)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三三|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三三|


139 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 , ,二、 ‐ 、
                                             //ハハヽ: : : \
                                               /.:V__V: : : : : :\
                                           厶-―…―-: :、: : : ヽ
                                         _  (: : xニヽ ̄,彳^`\_: : :}
           それはつまり                         (^ヽ{ ヽ ヾ! 何i  何^!  j::::レ^ヽ
                                    ( ̄ ヽ ヽ i 〈 ljγ´ ̄ ヾ-'_,.ィヾ」´ j
           ヤマタノオロチ、ボストロールの下に.  (二 ヽ i i |,r‐t:ヽ.__ ノ::::::r′ }一'
           オーブを置いておけば             ヽ   /  人`¨,二ニ、´ /′
                                       i   {   イ―丶. __ <:\
           いずれ勇者達に奪われる。            ヽ. `ー '/: : : : : : : :ヽ:.:.__ヽ._ヽ. r‐、__
                                              `ー '  ̄ i-: : : :/ヾ、_}:.〉:.:.',`´ ┬┤
           つまり、奴等が敗北すると言う事か?                ト‐ ァ´:.:.:.:.:`¨´:.:.:.:i  _匸}
                                              }:.:厶__:.:.:.:.:.:.:.:.:.├゙ー '
                                              厶':.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ 7:7、
                                            /:.:.:.:.:.:.:.:_;.:、:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ
                                           /:.:.:.:.:.:.:./:.:x‐ヽ._:' ̄:i:.:.:.:i
                                         _厶-- 、:.:.:./r '´   /:.:.:.:.:|:.:.:.:>、
                                       /       ヾ-'      }―一 ´  `ヽ
                                      {        〉     〈______〉
                                      ヽ____ ィ」      ー‐'` ー―一'
                                        'ー――一 ´


                ___   __
                ,/´;:;:;:;:;:;:;`--´;:;:;:;ヽ
                /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
                ,l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;ヽ
                |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,_____゙~'-、
           __,-´_,―'''' 、―'""0"ノ「"0`フ「 ̄
            ̄,「 (⌒Y  .\  _/ ,.ヽ__ノ .ヽ
            |  / N 、__,  ̄  (_ _)   ヽ   い、いいえ、決して そのような事は。
            |, (   .u l"二二ニニvニニニ´l |
           ,γ入__,   |、___|_.| .|  |___| .|.   しかし万が一と言う事が……。
        γ⌒| `、  .(    ||  |  | ̄| ̄| ./ |
       /;:;:;:;:;:|;:;:;:;\ ヽ   ヾ、┴┴.┴--ノ ノ
      /;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:\ ヽー、,___ ̄ ̄^ ̄_゙_,,人
     ,/;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:`-、_;:;:;:;\ \, ``ツ'---'´ |:::::::\
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄>ヽ::::\'/;:;:;:;:;:;:;;∨::::::_\
     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;<' ̄;:;;::;ヽ::::::::\;:;:;:;:;:;:;:|:::::::::\ ̄`


140 :◆vsQyY1yD2Q
                                         /. :: :: ::_::_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                        .: :: :: :γ ト、/lヽ :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.
                                       /.:.:.:.:. ::弋!V!ノ_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.
                                          {.:.:.:.:>:: ::¨ ̄:: :: :: :`>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                       、::≫== ===≪.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                       //州__: : : : : : : :`>≧≡= ≧、.:.:.:.:.:.
                                       {(:州へ≧=x 、≦rビテ‐`   川⌒ヽ:i
                                        ゛¨沁 <ツゝi !::''     、__彡イ/^} }i
                           オロチ達に伝えておけ。     -=彡   |        ̄ }!_ ノ/:i:i
                                            j!   ,{、ム )     )}  〔彡'州:i
                           「オーブを死守せよ」 とな。     .∧ ,ィ升_守≧=≦ノ  ,' _))川:i:
                                           辷彡ノ辷ニ≧≡'"   / ー=≦彡
                                             ヘ  `:::::7´    ,:′  从州
                                                 ';      / ;;   /:/ニニ
                                             ,.斗`ー‐一 升i/:ミ  /.:.:i二ニ
                                           ,ィ劣/∧、 ______,//:: ::.:.:|二ニ
                                      -‐: :: :,ィ仁:i/:: ::∧:.:. :: :: :: :/: :: ::.:.:.:.:」二ニ
                                      : :: : /ニ二/: :: :: :∧:.: :: :: :/:: :: :__二=!≠ニ
                                      : :: /ニ二/三二ニ=‐、: : r=ニ ̄: :: :: :|三二



            ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            |────────────────|
            |                          |
          ノ────────────────ゝ、
     ==ニ二::::::::ヶ───,z==ァ┬┬z==ニ────i::::::二ニ==
        r' ̄|::::/ f‐一' ̄='´ /  l  `= ̄ー─t |、::| ̄Y
       _} _}l/ {       ノr⌒ト、       ノ  \K ,{__    それだけで よろしいのでございますか?
     / / ノ   ゝ-、__,イ‐┘  '-y-、__ /    ヽ \ \
  /:::::::::::( /  ト        ゝ-、__ノ-'        /l   \ )::::::::::::\
/::::::::::::::::: `/     | `ー-、__,-─-、,-─-、 ___ノ |     Y:::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::{     |    |  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ |     .|      }::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::: {    |、__!____|___|____,!____,!    }:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::人    |     |     |      |     |    |    人::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::j´xx\   \  |     |      |     |   /   /xxヽ:::::::::::::::::::::::::


141 :◆vsQyY1yD2Q

                    , . ‐―一¬ー- 、
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                      /:.:.,;,;,;,;.:.r'_ ̄_ ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 i:,:'.: : : :.{! |!∨l| l}.;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               ,.-=≡ニニ≡=ー-々 : :`.:,;.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                 /:.:.:.:.:,;/ミ : : : : : : : : : : : ヾ、: :ヾ;.:.:.:.:.:.:キ.
              {:.:.:.:,:' iミ!へ.: : : ; ; ’: : : :.y-、\: : ヾ;,:.:.:i
               `<__{ l込_`ーミ ; ::;斗彡,ヌキ {ミヽ: : : :.}    構 わ ん ッ !
                  ∧| 丈弍i r:;`女,之: : 乂ミミ:`シ
                     /{  ≦ i   ≧、、  i: : : 州/ニキ.     それでも勇者が来ると言うのであれば
                    ノ: :i.     i  ,.    i : 彡彳勾/ 
               ,..::'´ ∧iム  ,x‐ト 亠‐≧、 i.: : :.:.i.シヽ,     俺が相手になるだけの事よ。
            .イ.:.:.:.:.:.:.:.:マ辷彡ニ二爻Ξミミア : ilニニニニli.:\
           〆::ニ∧:.:.:.:.:.:.:.ハ::A  〉ー―〉 .j: : : :/Aニニニニ:li.:.:.}'ー- .
     _ ,..-‐/.:il:ニニニX.:.:.:.:.:.:.:i ∧  二三  ,:' : / i:.:.ilニニニニli 人:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
   ./.:.:.:.:.:._《_.:.:.:ilニニニニキ.:.:.:.:.:. ト、;\  ̄ , '.:/// j:.:.:ilニニニニi;,;,;,;\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  /.:.:.:.:.:./.:.:.:.:\ilニニニニ:li .:.:.:.:.:.:.:.:∨寸≧‐≦//// ./' ' 'ilニニニニi : : : '.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
, '.:.:.:.:斗ヒ.:.:.:.:.:.:/ i!:ニニニニlト、' ' ' ' ' :,;;,\∨////.: //: : : :i: : : : : :i : : : : : ':,:.:.:.:.:.:.:.キ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:キニニニニi! \: : : : : : : ヾ∨ノ :/: : : : : : l: : : : : :|: : : : : : : :' ;.:.:.:.:.ト、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,.Z : : : i! : : _>ー―- ヾ: : /: : : : : : : : :|: : : : :.:| : : :i : : : : : ':;.:.:.」! : ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,' : :キ : : : :i ̄: : : : : : : : : : :.¥: : : : : : : : : :| : : : : :} : : :ト--  .,__ : : : : : i、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;_'_ : : i: : : : :l : : : : : : : : : : : : : i! : : : : : : : : : | : : : : :i : : i! : : : : : : : : : : X´: :ヽ
..-‐千 ̄ ̄ ̄\ : : : :i : : : :.i : : : : : : : : : : : : `キ'.: : : : : : : : :| : : : : :i : /: : : : : : : : : : / : :\: : ',
.:.:.:.:.:.:.:.:, ' : : : : :〃:.:.:.:.:i : : : : i : : : : : : : : : : : : : :i : : : : : : : : :i : : : : :i:.:/彡: : : : : : : :./ : : : : : : : ヽ
\.:.:,.' : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!l : : : :.i : : : : : : : : : : : : :"i、、 : : : : : : :i : : : : :i:/: : :゙`、 : : : : :ノ : : : : : : : : : :\
: : ヽ : : : ; : ' : ; ' :┌+----+--―-- .,.__: : : i!. : : : : : : :il : : : : :i: : : : : : : : :./   .'´>: : : : : :.ヽ
   ヽ..: : : : : : : : ノニニilニニニ:li::二ニニニニニニ三二ニニニ:il----┤\, _,/   /  ,' 彡: : : : : : ヽ,
    i : : : : : :./ニニニilニニニ:li三三二二ニニニニ二三三i! ( )i!     `ー―7   ,': :ミ : : : : : : :/i
    } : : : :/ニニニニニi! ( )l!三三三二二ニニニ二二三乂__.ノ          i   ,': : ミ: : : : : : : /: }
   / /{:ニニニニ二三乂__ノ三二ニニニニニニニニニ二三三//             {   / ;.:.; : : : : : ::/: :/


142 :◆vsQyY1yD2Q

             ______
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
           」:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       __ /`ーー-------------│__
      <:::::::::::::^''ー--──────ヽ::::::::::::::>
        ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄
        _ァ'"\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \     ……承知いたしました。
        l    ヽ:::::::::::::::∧::::::::::::::/    |
        ヽッ____....--──────__ 丿    ( バラモス様の機嫌が悪くなってきてますなぁ…… )
       --:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<.__
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 _r′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


143 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ '' ⌒\
    / ( ● ) (● )\
   /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \   それよりさぁ、剣が……欲しいんだよねぇ。
   |     `ー=-'     |
   \            /    相手が近付いて来た時にも対応出来るように。
   /     ∩ノ ⊃  ヽ
   (  \ / _ノ |  |      俺もそろそろ一段階目の覚醒……って感じ?
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /



                                               _  -―-
                                             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                           x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
                                          /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
                                         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
                                         {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
                                         ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                                           ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
                                        ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
                                          イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
                                         八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ
                                 ……ほぅ?     ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"
                                            ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
                                             | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
                                             ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
                                       x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
                                     /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
                                   ‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
                                   /ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
                                   ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
                                   ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :


144 :◆vsQyY1yD2Q
   │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_..- 、
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:─── ____:::::::::::::::i′  l
   |::::::::::::::::::::::::::__-‐'''tヽ、  l、 ゝ-'′      l     \
  /:::::::___-‐'' ニ-ヽ__/  l  ヽ         丿    ゝ   ` 、
./___r''1’ _..‐"      ノ ___ `‐、     ..‐′     l    '
「/冖、j ,' t'´       ノ ゝ ゝ - `−−"   ‐--− ヘ、  ノ
 '、 | l  丶、    _/  イ´  __ノ     _....ッニ""1  ヘ  _/   ( この人も、空気読みませんねぇ……。
  ′ ノ .u  `''―─′   ─'‐'' _,,....-‐ 彡‐'゙|   ‖   |-'"
丿  、  _..      _,,......-‐-- -‐'' {    ′ ..イ|    |:::::::::::    ある意味 賞賛に値します、はい )
│  '、  ̄〈‐'ー-F--―ュ‐'''''' ̄│   卜  ,,..‐''´//    |:::::::::::
│  │   ヽ  1    1    '、  _ 卜''´  (.//    |:::::::::::
 \  |    ヘ-.. |..,,______L,,,,........-l‐''"`  '、   / /     |:::::::::::
  _  ̄´゙ 、   ゙ \」    l     ゝ    l _../ /   / │:::::::::::
/:::::::::::::::' 、   ゙' > 、  '、    │  _../ / /   ../  │:::::::::::
::::::::::::::::::::::::ゝ、    ゙ヽ ニ''‐ゝ、............ト‐' ンノ ノ   丿   │:::::::::::
::::::::::::::::::::丿ヘ 'ヽ、    `''''‐ー‐-一''''´      ソ′   │:::::::::::
::::::::::::::::::::〈  ゝ `ー 、,,_            / /     │:::::::::::
::::::::::::::::::丿   丶  /´::::`^──ー-----‐'''"ヘ ,/      l:::::::::::::
::::::::::::::::│     `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        !:::::::::::::


145 :◆vsQyY1yD2Q
                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入            バラモス様、これからも彼を使うのであれば
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ           弱点を残しておくのは得策ではありません。
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )   何か良い武器を与えてみてはいかがでしょう。
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }.  諸 刃 の 剣 とか。
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´

 ※ 諸刃の剣 … 最大級の破壊力を持っているが、同時に自分自身も傷付ける呪われた剣。



                ____
                /     \
             /   _ノ '' ⌒\.         ただの武器じゃなくて
           /    (● ) (● ) \     剣にも、それなりの 「格」 ってヤツが欲しいんだ。
           |    :::::⌒,  ゝ ⌒::::|
            \      `ー=-'  /      ほら、俺って違いの分かる男……だろっ?
        ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
          \ ヽ  /          i    /
           \_,,ノ        |、_ノ


146 :◆vsQyY1yD2Q
  ┏┓┏┓:::::::::::ヽ
┏┛┃┃┗┓.''''"`ゝ
┗━┛┗━┛..   ヘ 、_____
┏━┓┏━┓..-‐‐'''´:::::::::::::::::::::::>
┗┓┃┃┏┛::::::::::::::::::::::::-‐‐'"
  ┗┛┗┛:::::::.-‐‐'Y1
..--‐‐''''"":::::::::::′  〕 l
:::::::::::::::::::::::::::/   :′ ヽ
::::::::::::::::::::::/     ゙'、 \
::::::::::::::::/       ゝ  ヘ
:::::::::::/     、    l   ヽ
::−       丶   丿   |
 ̄ ̄ヽ      `‐‐'′    l
::::::::::::: ̄ ̄丶         /
:::::::::::::::::::::::::::\        /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::^ヽ    /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/





                                                     ,  ---  、
                                                    / {.M }     \
                                                   ∠二>-- 、___j
                                                   r'i 仔} {刈 Zノ^Y
                                              ふむ……。  ヒ{/⌒ヽ__r1  _'ノ
                                                   从=‐='_/ ,仆、
                                                   x个r‐-- イ j ハ
                                                   ト化ト---化i Y  i


147 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /: :: :: ::r' 「`'v'´1ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                      ': :: :: :: ::{ |_l∨l_| }: :: :: :: :: :: :: :: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                     {: :: :: :: :: ゝ __   __ノ: :: :: :: :: :: :: :: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                      ヽ: :: :-‐: :¨ ̄: : ̄¨: :: :‐-: : _: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                    /: :: : ____ ________z≧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                    ` ̄ ̄へ≧x、  x≦三x<¨`  j三≧x:.:.:.:.:.:.:.
                ならば、かつて勇者が使っていた    iミ', ィてオ} j: >'てリ>     !ニニ/^ヽ.:/
                剣の在処を教えてやろう。         iミl  ¨´!  `¨''         lニニレく} }ミ
                                        ミi    /           ミミ/ ,ク /ミ
                回収したと言う話は聞いていない。     キr、 ヽー'ァ、)    ,.ィ    ミミ}ノ/ミ
                今も あの場所に残っているはずだ。    圦辷チ彡_込三彡’     ー'州リ
                                          ヘ ¨` ̄  ̄`         ,′{州≧=イ
                                          ハ  ( ⌒`''      ノ  从辷彡’



             ____
.              / ― '' ー\
          / ( ●) ( ●)\
         / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\     元・勇者の剣か……。
          |      `ー=-'     |
         \  ⊂、ヽ、_∩   /      俺が闇に染めてやるのも一興……かな。
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ
   ji/    ̄` `    ヽ
.   {{      '


148 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i"  .,,,ほこらの牢獄      │         /        ○ シャーマン族
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二◆\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△△△△`゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l,,,,,|! △丿
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ 海賊の家
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、レイアムランド
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


149 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /: :: :ァ-‐-、: :: :: :: :: :\
                                        .{: :: : { |lv1| } : :: :: :: :: :: :\
                                        _〉-‐====‐-: :._: :: :: :: :ヽ
                                       .(;;;;;;;{l〃< >¨`ヾ ミミ: :: :: :/
                                      `<ゝtッュ { f.ッ_テ  .ヾうヽ く
         この湖の真ん中に浮かぶ島には.            i  i j ュ     ミ〉rリミ
                                         キァ彡_匁ミュ、  .} <ミミ
         『ほこらの牢獄』 と呼ばれる場所があり          .∧ ゝー-    / / ∧
                                             ', ”¨   / ./>f >  、
         そこに、かつて勇者 サイモンが使っていたと言う      ≧- イ= 7: : /: :: :: :: : ∧≧ 、__
         『ガイアの剣』 が眠っている。                 ,  イ´: :∧: :: :: :/: : /: :: :: :: :: :∧:∨ ノ: :
                                     <∧:∨: :: :: :∧: : /: :/: :: :: :: :: :∧:∨イ: :: :
                                ., <: : : : ∧:∨< _: :: : } /: :/: : ,-、: :: :: :∧ ∨ :|: :: ::
                               / : :: :: :: :: :∧ ∨: :: :: :: :ヾ ,r‐/¨´/´`Aュ、 {A:V{ :| : :: ::
                               .{ : : : : i: :i: :{A V{: :: :: :: :≧〈o O C Cヽ〈 .} |/ /| :|: :/:
                               .! : :: :: :l l: : |///|: :: :: :: :: : i!∨ > ヽ : :: : }.|/ /|  {/: :: :
                               .l: :: :: :: :|! : |///|: :: :: :: :: : l!: ∨    _ゝ: :.ノ.|/ /| :/ : :: ::
                               .|:..:: :: :: :l!: :|///|: :: :: :: :: : |!; : ヽ<: :> ´〈 |/ /| :{>-‐
                               .l : :: :: :: :ヽ (⌒)ヽ: :: :: :: :八:: : {¨´: :: :: :: : }(⌒) :|



             ___
            / ノ '' ⌒\
          / ( ● ) (● )\
        / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\     なるほど、俺に相応しい剣じゃないの。
        |      ト==ィ'     |
  _,rーく´\ \,--、  `ー'    /       それじゃ早速 行ってくるよ。
. ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /     ー  ´ ! ` ー-、
 { -! l _」_ノ‐′/ ヽ        |    ∧
. ヽ ゙ー'´ ヽ  /   ヽ       i   |/ハ
 `ゝ、  ノ ノ     ヽ     |


150 :◆vsQyY1yD2Q

< タッタッタッタッ…



                ,..―- ..__/゙゙'''ー ,,、
             ,..-''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         i'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           !:::::::::::::::::::::::::::__,,,.... -------,!
           !:::::::::::::::ー''''"″    _,,,,,,,,,,,,,,..|,,,,,____
           !.'''´  .__,,.. --ー'''''"゙゙´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`
       ../::ー'''^゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `-′/'{ ̄
    ,, -'::::::::::::::::::::'''-゙:.,i " 'l    '!、     ,rシ.゙ー、     ほっほっほっ……。
          〔 :::::::::::,..┤.ヽ,.}    "'''';;''''″'_, . l
       ./ .`゙゙.'~゙'ニ、, ヽ. `'=@  l゙ニ、,,___,,,,, l"''"       バラモス様も洒落が効いていらっしゃる。
     : ,/::::::::::::::::::::::::`' ミ_./    !;''ミ7'ーri_____ゝ
   _ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛-、    ll,,゛゙ヽ/ ./        あれは確かに大地の力が宿ると言われていますが
: /゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ、   l゙ゝl,゙.`./        儀礼用の物に近く、武器としては二級品。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'ー、,, \ ,,゙,>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄'ー 、          確かに、あの方に相応しい 「格」 でございますなぁ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



                                              z≦ ̄¨: ..
                                            (:: :(M)_::_:: :: `'' 、
                                              >≦⌒ヾ_ヽ:: :: ::}
                                            ((::;^fぇ tテ`了'=┤
               だが、あれを狙う勇者も いるらしいからな。     .ミ1 j_,、   1ラミ}
                                              从〆ニ_ャj《弐
               これぐらいの嫌がらせは構わんだろう。         ヘ. ¨  ,.イノ}、_
                                              _/〕爪フ´:_::;仁/:  ̄`ヽ
               他の勇者に奪われるなら、それまでの話よ。  . ィ仁}=、Vz≦´/ニ/: :: :: :: ::.:.:.
                                          /:: /ニ/.: :j!: :: :: ::{ニ{: :',: :: :: :.:.:.:}
                                         /: :,': ;'ニ/: :: {! :: :: ::_|ニiトγ⌒`ヾ :λ
                                           {: : l!.:{iニト-‐+:≦三{O》: ::l!: :: :: :.:.:.:.',
                                         }γ^《O}三ニ=ニ二三王{: ::_::_::.:.:.:.:}
                                         ,'Y: :: }任Ξ三二二二三王∨´   ̄`}


151 :◆vsQyY1yD2Q

              __/三三三三三\
             ,r'"´三三三三三三三三三ミ\
               /三三三三三三彡'"´  _,, -―'=ー‐--==ァ
            /三三三三彡'"´ _,, -―'三三彡'"´三三彡'
          l三三三彡'´ _,, -‐'三三ミ彡'"´ `ヾ;/´  Y
          l三彡'´_,, -‐'三三彡_,,=-‐''"´ ̄l  `  / ノ
          ',  _, '´三三彡'<´ ゙ー゙     ,'   , \ `ヽ
           ',='´三彡'/' ,   ' ,      /、_ノ   .\ .' ,
    ,r=ー--‐‐v三彡'´, <_ノ  }r‐、 `ー-=-‐'´ , ヘ        ',    それにしても
    /  、 __ノ彡'´ミ/     ノノ  `´)   ,,-‐'´  }           ',
  /=-=ノ、  /,r‐ミr'',ヘ_   ノ ハ_、__ノ´ ,,-‐'  ヘ  ,j          ノ    勇者 サイモンでしたか……。
 ./´ `ヽ  Y_ノ  ノ、 }  `¨´   ,、,、='  ヘ   》=',ノ    ー=_ノ
../´ `ヽ  Y ',   /三`lー't--―''"´ ヘ    ヘ,,='´,,=' }       ///ハ \
'´ `ヽ  Y ', }  /三三', \ヘ   ヘ _ヘ,,='´ ,,='´ >ノ     , '////ハ三\
  r  Y ', }ノ./三三三', . \`''´ ̄_,,-‐=''"´ ヘ/ノ   ///////ハ三三\
、 `ー' ー'´ ノ三三三三{.' ,.  \"´ヘ  ヘ,,,='"´/ /__,,イ./|///////ハ三三三
ミ`ー――'´三三三三三>、ヘ,,_  `ー-===-‐'"´./ホホホ/;;;|///////三三三
三三三三三三三三三/////|\ ーt‐ゝ====-‐'ホホホホ/ ;;;;|/////<三三三三
三三三三三三三三三\///|;;;;;;\ |ホホホホホホホホホホ./;;;;;;;;|//////\三三三
三三三三三三三三三三>//|;;;;;;;;;;`ー-=、ホホホホホホ/;;;;;;;;;;|////////三三三
三三三三三三三三三////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-=-‐'´;;;;;;;;;;;;;;;|///////三三三
三三三三三三三三 </////.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r===ミ;;;;;;;;;;;;;;|//////三三三三
三三三三三三三三三ハ ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{     };;;;;;;;;;;;;|/////三三三三
三三三三三三三三三 ハ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー―';;;;;;;;;;;;;;;|////三三三三三


152 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       / ̄ >─ ̄ ̄-─ 、       ⊂二二⊃
       | ─ ̄         \
      /        ,──、 \   ⊂二二二⊃ ∩__
     /        /    \  \       ⊂二 __ \
    .|       /  / ̄> |   \         | | ∠/
    |     ─ ̄  / /,-、 \   \       ∪∩ ∩
    |─ ̄ ̄    / /∠-'/   \  >─ ̄/ ̄─、 | |  | |
    |__      ∨ / / /     V  |  l   / ∪ | |
    |_   ̄`、      ̄ /      |   l  \/   / /
    .|  ̄二二      ̄ ̄        \  \/    / /
     | /-'/               / \/\     ̄
      `, ̄  /   |     ̄──、  /      \
       \─'   /          \ \     \
      /| \   λ_ <     / ̄ ̄\ \     \
    . _ |  | \  l      /   / \ \    \
    / |  |  \ |___/   ─ '   / l       \
    |  |  |  | \ \_ _─ ̄   _/ |        \
    .|  |  |  | \ \| \__ ─ ̄  _/         \_
    .|  |  |  |   \ \    _─-          ─ ̄  \
     |  |  |  |  | \ \_/          ─ ̄\ \
     |  |  |  |  |   \           ─ ̄     \     原作:サマンオサの勇者 サイモン
      |  |  |  |  |  | \       / /|       |       坂本 サイモン ( 愛称・ファーザー )
      |  |  |  |  |   |  \___/ //      /       ( 神聖モテモテ王国 )
      |  |  |  |  |   |       \|/ />
       |  |  |  |  |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


153 :◆vsQyY1yD2Q
【 親子の証 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /__/ /                     V
                 /  /                   {
     _____     /   /⊂⊃                   {
      >‐- 、    ̄ ̄´‐-- 、.>  ̄`ヽ、    ==ェェ、__    {
    /     \         ` ー-、  `        ̄`==  ノ
   /        \           `ー 、 __   ___∠__(
   j    --‐‐,ァ-- 、_\、___..-‐─.─...-.`.エ< ̄ ̄ っ    \
   {     /      /:`::ー:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::ー....--.......__ \
   ゝ, /          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::::i`ヾ,ヽ
    \        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   }
        \     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_ノ
        ,へ_  /ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::!
         /     y    ` ヾ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::!
      /_     j         V::::`:::::::ー::-::、:::_;;;::::::::::_::_:_:_::::::::::::::::::::::::::{
       ノ \.  j         \::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ ̄``{
     ,イ    ,`j         ヾ;;:::::::::::::::/                   ヽ
      / !  / j           ゙ヾ;:::::::{                 ヽ
    〈  ! { ,,ィ!             V'' !                    ヘ
    ! j j/ /j:i                !  !                 ヘ
     !,j../.ノ‐'┤                   !  !                       i
          l                    ! ヘ                  i

      「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」↑ ↓「パンツだけど恥ずかしくないもん!」


                                    | ├───(⌒v⌒)───┤ |   | | |  |
                                    | │___ \ / ____|  |   | | |  |
                                    | / ̄─_  ̄ ∨ ̄   _─|  |   | | |  |
                                    | / \    ̄     ̄ ̄  / | |   | | |  |
                                    |/         /|     /   | |   | | |  |
                                    /        /  |        | |  | | |  |
                                   /        /   |        |   |  | /
                                   /        /,-─、 |        |  |  |
                                  /       /( ο о) |        _|  |  |
                                   ̄──__/ ヽu"ur  |__── ̄|  |__|
                                  ─|   |  \ └─┘  /   |   |─-/ |
                                     ̄─|    `-___┬´    |─ ̄  UUU
                                      |     /    |      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 親子の証 】


154 :◆vsQyY1yD2Q
.`'ーi....,,,,_、            ー―''                  _,_‐
 ^' ッ ..,, .`゙^゙^''――ー=、,      .___y─―一''''''"´ _,, -''
   .|  `゙'''ー___,,__、   ゛゙'-、、.,r''"       _,,,___-ー'''^|゛
   l       |  . ゙゙̄"'''''――――ー'''''^^゙゙|       .|
、,  !       |        .|           .!       !  ._、     自分の剣を巡って
::::`''!-..、     .|           l        |       .,レ'"゛
::::::::::::::::.`゙''ー___|           |        |___ー''":::::::::::::::    人間同士が争うような事になれば
:::::::::::::::::::::::::::.__,,_,゙_'''―---___!____.--―''''''"゙´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::_.、..'.''"゛      ゙̄'''-、、::::._..―‐'~ ̄ ̄ ̄ ゙̄^''ー-、.::::::::::::::::::
.::/                  `"                  \::::::::::::    一体、どのような気分になるのか
  ハ 、,                                   ,..ノ'"
 /   .`'''ー...,,、                    _,,..r‐''" |       聞いてみたいものでございますなぁ。
 ',          i`"'''―-__.,,..,,,,,,,,,,__―ー'.,'''¨´     !
、.!        |         |         !        ! ., ‐
、゙'-、      .!         !         !       . / .,i''
`'ー、 `''-、,   .l            !         ′   ._..-'". /
   `'-、 `'''- !,,,           |         |,,, ‐'" _.. ‐′





    __/ ̄/.             __/ ̄/.       __/ ̄/.       __/ ̄/
  /___.    ̄/  _,. ._    _ _.   /___.    ̄/ _ _.   /___.    ̄/ _ _.   /___.    ̄/ _ _
  ノ / /i ̄! /_,. ._ "'''"/ UU/7 . ノ / /i ̄!  UU/7 ノ / /i ̄!  UU/7 ノ / /i ̄!  UU/7 ○ ○ ○ ○ ○
 /_,./__./ ヽ、_>    "'''"   くノ /_,./__./ ヽ、_>   くノ /_,./__./ ヽ、_>   くノ ./_,./__./ ヽ、_>   くノ





155 :◆vsQyY1yD2Q
         ._
          \ヽ, ,、
           `''|/ノ
            .|
        _   |
        \`ヽ、|
          \, V
            `L,,_
            |ヽ、)  ,、
           /    ヽYノ
          /   r''ヽ、.|
         |    `ー-ヽ|ヮ
         |       `|
         |.        |
         ヽ、        |
           ヽ、 ___ ノ
            /ノ''ー\
    も ガ   / (● ●) \
    っ イ   { :::⌒ ゝ⌒:: }
    と ア   ゝ  ー一 ,/
    輝 .が  /V|8、/8|/\
    け .俺  ト, | ト゜ooイ / |/|
    と に   | ', |, iミ Oミ| ,' .| |
    囁     | ト| |三ミ;|/ | |
    い    |;ミ||,|,|ー- |// |彡 
    て    | || ||-─,|/ /ミ:|
    い     | ヽn|ミ三| n/:ミ/
    る    \{三}: : : :彡ト∧
      :     //|: : :::::.. : T  ',
    だ      T~i: : : ::::::::. |二:」
    ろ       -t:::: : ::|\::. : : `、
     っ        |ミ: :':::|  }::: : : : }
    ?       ト」 |::|  \ : : : i
            |三:ヽ|  /: : /イ
              ト--: | /:::::/:::|
            `t-'イ {ー´:ノ:|     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
             ヽ ', ヾ:::::::入    d⌒) ./| _ノ  __ノ
  ドヤが夫 age14   } ', ` ´ー′
             /≡:}
             ー-


156 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第59話 「見よ、東方は銀色に燃えている!」 は終わりです。


闇の雷と言っても、『エビルデイン』 ではありませんw

ドルマ系の最強魔法 ドルマドンは、ボスが使えば結構な威力になるんですけどねw


また、やんねえ香達と一緒にサマンオサまで来た もう一組の勇者の正体が判明しました。

27才の彼のモチーフソフトは、SFC版『ドラゴンクエストI・II』 、太陽の石などを預かる 「三人の賢者」 ですね。

ヤンは、DQ4コマの方でも 「賢者 うおのめ」 として登場していますが
このスレでは、ちゃんとヤン・ウェンリーですので。

レイトン教授の職業に戦士があるのは、彼がフェンシングをしていたからです。

そして、諸葛 亮 孔明の呼び方についてですが
このスレでは原作 横山光輝『三国志』 に合わせて 「孔明」 で統一します。


ちなみに、14才のドヤが夫のモチーフソフトは 『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー』 。

謎の組織の中においてもなお協調性の無い、銀髪ツリ目の神に選ばれた主人公と言う設定がある
ドルマ系魔法が初登場した作品ですねw



そして、いよいよ もっさんの登場ですね。

念のために言っておきますと、原作のサイモンの子は男です。

DQ7の、兵士になりたい女性移民・バーキンみたいに
男性の外見でも実は女性と言う事がない限りは。


一時期、「バラモっさん」 なんて言われて、支援絵までいただいてしまいましたが
このスレでは勇者 サイモンの子、れっきとした人間です。

とは言え、すぐにサマンオサ行きと言う訳にはいきませんが……。



次回更新は、11/6(日) 20:00〜を予定しております。

10/30(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

        ________
       [         ∞       ]
       ~\    (,,゚Д゚)   / < ズボン!
          ヽ        /
           ヘ───丿
.            ヽ====┘


第58話へ     5 第60話へ

ガンダム 東方不敗Tシャツ レッド サイズ:Mガンダム 東方不敗Tシャツ レッド サイズ:M
ガンダム 東方不敗Tシャツ レッド サイズ:M

この記事へのコメント
ズボンじゃねぇよwwwww

いやぁしかし面白いな、本編もトンファーも
Posted by at 2011年10月24日 21:22
何て嫌な親子のつながりww
Posted by at 2011年10月24日 21:46
MNOのファーザーがどうやって女性と結婚したのかが気になるところだw
Posted by at 2011年10月24日 23:18
ファーーーーーーザァーーーーーーーッ!!

まさか奴がサイモンとは、この海のリハクの目を持ってしても見抜けなかった。

恥ずかしい、恥ずかしく無い以前にズボン穿くと死ぬんだったよね、ファーザーって。
Posted by at 2011年10月24日 23:42
やっと登場したもっさんも気になるけど
ギャル夫VSドヤが夫でガイアが誰に囁くのかも気になるなぁw
Posted by at 2011年10月25日 00:10
もっさんの親子関係www遺伝子仕事しろ!と思ったが、してるのか、これwww
しかし、こうなるとできない夫が気になるな…基本王政のこの世界で、民主主義が受け入れられるとは思えんが…前のまどか達の反応見てもそう思う
Posted by at 2011年10月25日 05:30
ドヤが夫って、自分が殺される覚悟あるのかね?
14歳で厨二病・・・片腕切り落とされでもしないと
実際にはわからないんじゃ。

もっさんは脳筋ぽいけどどうなんだろう。
Posted by at 2011年10月25日 06:20
ああ・・・本当に中2なんだ。じゃあ仕方ないな。
俺だってその頃に異世界に呼ばれて魔法使えるようになったら
あんな感じになるわ・・・
Posted by at 2011年10月25日 10:26
喪黒さんキレさせたら、ドヤが夫もたいしたもんですよw
Posted by at 2011年10月25日 11:33
サマンオサの三つ巴にもびっくりだが、
なにより喪黒さんが。
厨二病患者にキレてたのに吹いたwwww
悲しい中間管理職だなぁw
Posted by at 2011年10月25日 12:11
喪黒さん……ユウナを始末した時のアンタは何処にいっちまったんだい?
中二病患者にキレたり諸刃の剣を勧めたり断られたからって怒りの四つ角を浮かべたりして、まるでヌケドナノレドの様なキャラじゃないか……
Posted by at 2011年10月25日 18:50
>何か良い武器を与えてみてはいかがでしょう。
破壊隼の剣(裏技)とか。
厨二病のドヤが夫にはコレだ!と閃きました。
Posted by at 2011年10月25日 18:58
 ドヤが夫うぜえええwwwそしてサイモンwwwやな親子だなおいwww
 もっさん以外のウィッチ勢は、もっさん陣営の騎士たちなんだろうか? というか、
そうだとしたらサマンオサって女性騎士多すぎだろww
Posted by at 2011年10月25日 19:23
喪黒のペースを乱すとは…
ドヤが夫が大物なのか、
喪黒が意外に小物だったのか…
Posted by at 2011年10月25日 21:52
テドンでの交戦時にガイアの剣持ってても、大人で修練積んできたやらない夫の剣を
魔法しか能の無い中二の子供が受け止められたとは思えないけどな……。
ホントに自慢の片腕、切断でもされないと分からないんだろうな。

Posted by at 2011年10月26日 00:22
ガイアの剣が、烈風丸になってる気がするw
儀式剣だけど、もっさんが使えば強力な効果を出したりしてw
もちろん厨二にはただの儀式剣w
Posted by at 2011年10月26日 15:40
なんだイエロー本物かよ。
てっきりやる夫の次期嫁(ロマリア貴族)の結納品がそうだと思ってたのに。

どっちにしろやる夫パーティがひとつは入手出来そうでよかっただろ。
主人公的に考えて。
Posted by at 2011年10月26日 21:39
ちょっと待て
そもそもガイアの剣の存在理由はなんだ?
ネクロゴンドへの道を開く鍵だろう?
何故ネクロゴンドへ行くのか?
シルバーオーブ取りに行く為だろ?

・・・・・もういらないじゃん、ガイアの剣
シルバーオーブ取ったんだから
Posted by at 2011年10月28日 00:54

第59話(3−82〜85)、(4−100)を参照の事。
Posted by at 2011年10月28日 06:52
ファーーザーーーー!!
そいいや二人ともズボンはいて無いなw
そこしか共通点ねえケドw
どこがサマンオサの勇者だよw
Posted by at 2011年10月28日 20:19
喪黒が完全に中間管理職の苦労人になってるw
今喪黒の性格が出てきたら、恐らく くろうにん だなw
Posted by at 2011年10月29日 23:03
そういえば常識的に考えてガイアの剣を使っても一瞬で道が出来るわけがないな。
溶岩流で埋まると考えるとマグマが冷えるまで時間がかかる。
火砕流だと大小さまざまな岩の道。
土石流だと泥濘に覆われた所を行軍するって……。

普通に工作兵を送り込んでネクロゴンドへの道を切り開いた方が現実的だったりして。
Posted by at 2011年10月30日 12:59
↑工兵送るよりガイアの剣投げ込んだほうが安全なんじゃなかろうか。
工兵+周りのモンスターに負けない護衛を送る+道ができるまで死守ってだいぶきつそうだぞ…
ガイアの剣なら勇者一行が持っていけば、後は放置安定だし。
Posted by at 2011年10月30日 13:39
ガイアの剣取ってくるってことは
ギャル夫と対面フラグ?
ドヤが夫じゃ勝てんわww
Posted by at 2011年10月31日 14:16
ドヤが夫、これはDQ3未プレイぽいな
ガイアの剣の名前にも特に知ってる素振りは見せなかったし
Posted by at 2011年11月03日 22:22
職業に魔法使いがあったのでダーマへ行ったことがあると思っていましたが、
まさか、ドヤが夫はゾーマの加護を受けているのでは。
ゾーマのお気に入りといわれるくらいですからね。どこを気に入ったのかわかりませんけど。


それにしても、サマンオサはどうなるんでしょう。
原作以上に厄介な状況になっていますけど。
その原因の1つであるできない夫は、
民衆に血を流せ、理想のために死ね。と言っているも同然ですが、
一体どうやって民衆を説得し信用を得ているのでしょうか?
また、食料や武器などはどこから用意しているのかも気になります。
Posted by とあるA at 2011年11月05日 21:59
ゾーマがドヤが夫のどこを気に入ったのかは、スレのレス返しを見れば何となく解ると思います
Posted by at 2011年11月06日 23:10
あれ?レッドオーブって沈没船から回収してなかったっけ?
Posted by at 2011年11月28日 17:44

回収した直後にDo夫&don't夫に略奪されてた筈

バラモスに某ツンデレ功夫の口癖が移ってるみたいだw
判り切ってた事だけどサマンオサの王がボストロールだってことは確定したな
Posted by at 2012年03月10日 15:50
年表だとドヤが夫はやらない夫パーティ相手に逃亡後、2か月間引きこもり生活してたのか……。
成果もあげずおめおめと逃げ帰ってきたあげく、直前報告さえもすっぽかし、
2か月してからも反省の色を見せない奴を殺さないあたり、バラモス様は心が広い。
まあゾーマ様の事もあるが、ドヤが夫には自ら手を下す価値も無いという事なのだろう。
Posted by at 2012年03月25日 21:10
ドヤが夫に、やる夫必殺の「(キリッ)〜だっておwww」を喰らわしてやりたいな。
みんなで笑い物にしてやれば、案外あっさり卒業するかもしれん。
Posted by at 2012年05月30日 18:26
ドヤが夫は本当に魔王軍だったんだなw
Posted by at 2012年06月18日 11:02
街が作れるほどの大商人にしか扱えない高価な宝玉として流通してるんじゃないか?
って話だったもんね、そら貴族とか王族の献上品にもなるわ
やる夫も利根川さんに脅されて美術品関係に及び腰だけど
黄色系の宝玉が大好きみたいな噂流す努力はした方がよかったな、コレ
ゲーム知識で盲点だったんだろうけどw
Posted by at 2012年08月01日 19:38
ドヤが夫って戦わなくても、腕の事バラされたら再起不能になりそうなんだがw
しかし、その場の全異界人もかなり気まずくなるという諸刃の剣・・・
Posted by at 2012年10月04日 18:59
大魔王は何処を気に入ったんだろうかw
あれか? 笑えるところかw?
Posted by at 2013年02月11日 17:05
民主主義キチのヤンかぁw
あいつは民主主義のためなら自国が崩壊して国民がどうなろうとも「民主主義だから仕方ない」としか思わん民主主義原理主義者だからなぁw

Posted by at 2013年04月09日 23:43
モグロマージに青筋立てさせるドヤが夫…さすが大魔王ゾーマ様のお気に入り!すごいなーあこがれちゃうなー!
Posted by at 2013年10月06日 23:23
もしかして、できない夫が大暴れした影響で流通経路が変わってイエローオーブがボストロールに流れたのかも
蝶のはばたきは怖いです
Posted by at 2013年12月20日 21:24
割りとガチでドヤガ夫がウザい
悲惨な最期を遂げて欲しいわ
Posted by at 2013年12月24日 01:01
バカな…あのファーザーがナオンと結婚してたなんて…
Posted by at 2015年04月05日 21:39
ドヤガ夫みたいに、本気で信じてる訳じゃ無いが、
ある日突然、悪魔召喚プログラムが送られてきたり、
異能の力に目覚めたり、異世界転生したりするかもって、
チラッと考えたりしない?
Posted by at 2017年08月16日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49297663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ