■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年11月14日

ヒロインを中心に裏話色々(2)

第15話へ  2  第16話へ

24 :◆vsQyY1yD2Q

では、改めてヒロイン達とヒロイン候補達。

そして、『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 に敗れた者達を見ていきましょう。


念のために言っておきますと
敗れた者達は、今後 仲魔等で再登場する可能性がなくはないです。

また、別口で登場する予定があるものは、今回割愛させて頂いております。



                      , <  ̄ ̄ ̄ > 、
                       / . : : : : : : : : : : : : . .丶
                     / . : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
                       / / :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヘ. ',
                   l_」_./: : :/: : : : ∧: : : : : : : : :ハ: :,
                 /, /: : :/.: :/: :/  ',: :l: : : | : : : |: |
                 /  し'7_:/T:7I: /   l: :|: : ∧: : : |: !
              ,/   ノ/ / /二二つ    jノレ'  !: : : !: \
         r―‐xく {     └i.ノ:l/ィI_ く`    /'´ ,┐|: : : |:: : . \
         /  「乂\.>一ァ=x `Y{{r:爪}      _,/ !_|: : : |:: : : : : )
         |  \_/`Y´: :/.:.ハ_j ゞ= ’     ´{ 〈`Y:: ; |:: : : : 〈
        ,'       /| : / : : ::八  ⊂二二、¨ ̄   V:: //:: : : : : :`フノ}
         /      ∠ 」_/ : : ::,《. ゝ. _`ー--/       V_/≧、: : :、:_彡'
         /     // 〈 : : : ::|\    i ̄ 〉_    / ヘ.  \:: :)
      /´   //    \: : :::\ \   {ー / _, ィくノ  〉    K{
          -―――- =ニ:\: : :::),≧、 V└彳/>:}>'´    ヽ\
                `>'´._:/ {   \∨ノイ /:{」_〈__        ヽ
                 〈 : :く_,フ〉ヽ  _」¨ !_,八: : : : :_ノ'ト _       〉
                   \:_:_:/}  〉  }__」  `I¨厂ii|ii|   丶-―一′
                       l∠{_./ノ ヽ\._}/  |i|ii|


まずはメインヒロイン筆頭 来海 えりか。

目測で女性のスリーサイズを見抜くと言う、ヒロインにあるまじき特技の持ち主です。


ちなみに、第8話でモモのサイズを計る際に
「サイズを聞いてみたいよーな、聞くのが怖いよーな……」 と言っていましたが

これはモモが見えないのでスリーサイズを見抜く事が出来なかったためですね。


彼女がメインヒロインである事については、私は特に心配はしていません。

むしろ、私が1000を越える彼女のAAを使いこなす事が出来るかの方が心配なぐらいです。


25 :◆vsQyY1yD2Q


  ところで皆さん、このシーンを覚えていらっしゃるでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |  _________
               |  |  |           |  | |比佐子北高等学校|
               |  |  |____, _ _ |  |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________



                                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           |   ちょっと、そこ通してよ!   >
                                           \___________/



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
     |     (__人__)  ん、なんだ?
     |      ``⌒´ノ          ____
     |   .     }         /      \
     ヽ       .}          /  ⌒  ⌒ \
       ヽ     ノ       /   (●) (●)  \
     /      \      |     (__人__)    |   この声、ウチのクラスのヤツかお?
     /  /     } |      \_    `⌒´  _/
    /  /.      | |     /         ヽ
    |  |      .|  |     |  |          |
    |  |       ||  |     |  |        | |
    (__)    |   |し__)    ヽ  ヽ       | |
       |   }  |          (_)  _   |_)
       |   | /          |   /  .|    |
       |   |/           /   /   |   |
      (_⌒)          ヽ_⌒)   (_⌒)


26 :◆vsQyY1yD2Q
     //: : : :/: :/ l: : : :/   1 : : : : : : : :ヽ
    /: :/: : : :/: /  \ : : /    | : : : /: : : :l: : ',
    /: :/: : : :/∨==ミメ|\'      ! : : ∧: : : :|: :|
    /: :/: : :`Y/{  ノ1`ヽl    /: :∠-‐l : : |: : :!
   ,': :/: : : ://:::::;ニ.¨:::}      /∠=ミメ、|: : /: : :|
.  /: :/: : : :/ {⊂ し'::::/      /{  Yj/l: : : :!
 ̄: : :l: : : : :l ´ ̄`ヾ´        /:::::ヽ_ノ} } ;' : : /   アタシ、急いでるんです!
: : : : :|: : : : :|  ' '      〈!  {⊃/´l:::;' // : : /
: : : : :|: : : : :|            ⌒ヽくノ / : : /     話す事なんてありません!
: : : : :|: : : : :|     (_ ̄`丶       / : : /
: : :/: : : : : !\     丶_ノ      /l : : /
: く: : : : : : : :ヽ: :\          / /: : /
: : :\: : : : : :/: rv/`  ーァ…=ニ二´ ̄/: : ∧     1年A組
: : : : :\: : :〈: :/ 〈    /ヘ: : : : : : : : /: : : |: :ヽ    来海 えりか
: : : : : : :.\: :ヽ  ヽ   /  l : : : : : : /: : : : |: : : 〉   ( ハートキャッチプリキュア! )
 ̄ ̄ ̄ ̄/: : : 〉  | /  ヽ : : : /: : : : : |: /



                                               ,ィ             .\
                                             /                .丶
                                             l  _ - ´    `丶 、     !
                                             | / _, -┬r - __    \   |
                                            / ∠二≧|ム::V ,>、___ ィ::::\ j
                                     L /t「 /辷jリ ヽ! 辷j_` 「|::::|:i::::{
                                      |:::::l L___ノ!  ヽ---- ' |:i::l::|:l::|
                 そう興奮しないでくれ。        |l:::ハ    、       |从ハV
                                        ヘ l   _,,... -─ 、   ″  ノ
                 ちょっと話を聞きたいだけなんだ。   ヽ!  |´     |   ,ィ7/
                                         \ ヽ、_____,,..ノ _ - |イ'
                                                 ヽヽ ___ /  , l
                                             l       /  ヽ、
                                              __〕      /   ィ::::| `ヽ、___
                                     //: :/,∠ V      ′/:|:::::l: : :/   \
                                    / , /: :/: : : : ト、____ ィ´. : :|:::::l: /      \
                                       /  /: :/: : : : : :ヽ: : : : : :/: : : : :|::::l:/         丶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   懐かしの富竹さんですねw


27 :◆vsQyY1yD2Q

実は、当初の予定では この後ある人物が登場する予定でした。










           /ヽ  ,. . .-‐…‐- . .
        {_/)'⌒ヽ: : : : : : : : : 〉`: 、
        {>:´∧;;;;;/. : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : /;;;;;;Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : .___
.   /: : : :/丁⌒: : :∧ : : /: /` }: : : : : :ハ;;;;;;}
   /: : : :/: : :{: : 八: :{:>x/| /   |:i : : :}: : : };;;∧
.  /: : :/} : : :八Y⌒jY´んハ从  从-‐ノ: : :/Y: : :.
 /: : / /: :/: : : V(.  弋ツ    心Yイ : ∧ノ: : ハ
 !: : :!//i: : : : : 个i ''''     , {ツ /彡く: ハ: : : :i   風紀委員ですのっ!
 }: : :ヽ  / : : : i: :´{入   _     /: : : ∧: i i: : : |
〃. : : : ∨: : : :/l: :/⌒ヽ、  `  イ: : : :/ }: リ: : :ノ    そこの方、今すぐ来海さんから離れなさい!
: : :/\: : V : /ノ:/     VT爪_八: : : { 彡. : イ{
: :( /: \:} /: :/{     rv\j  { >‐=ミー=彡ヘ: ヽ
`)' ){: (  ): : :{八   /ヘJ ̄ ̄ {_/ /   \j: : 八: :}
 (  ー=ミ  彡'  ト、 / / 〔o〕     `トしヘ. _ \{ j ノ
   r=彡' ー=ァ |\{.      . -‐、‐=ァ′  ヽ  \(
   `フ   (   |   \_/  x个彳)   ∧   \
             ヽ   | _/  ∨ {\  /、ヽ     ヽ
            ヽ  ー-ヘ.    ∨j   ヽ{__>  . _}
            〉    \   \             1年A組
               /       \   \             白井 黒子
           /           \   \.            ( とある科学の超電磁砲 )
            〈               j\   \
          / ー--==ニニ=く  \


この子です。


28 :◆vsQyY1yD2Q

                         _,.-―-、        ヽ;
                _ ,'::..、/ヽ/:: ::_,..-::、_`_:.、      /:|
           ,..:- '´ ̄   `ヽ,'´ ̄`ー, 、     ヾ:`、  /:/
          /:: :: :: :: :: :: :: _:: ::-、::`ヽ::_::,`ヽ:`:.、____}:: }_/:: /_,..、
        ,.:':: :: :: :: ,:: :,,、:、:: :: `ヽ:: `ヽ、::ゝ一'::`ヽ,.::_::_::_::_::_,ノ´::_::_ヽ
     __  /:: :: /:: :: |:: ::|`\ヽ:: ヽ::',:: :: :\::ヽ::、 ::_,:: -―==--、    ゞ'、
   _,.-| ヽ,'/゙}i:: :: ::.|:: ',i  ヽ::\::.,l:: ::ヽ:: ',-リ'`"        ',__
 /::_,-.| ,〃、 |l:: :: :: ト,ゝ:.'、   `/リ},:: ::ノ'リ      _,.. -'   /:: :,::,.-,ヽ
./::i-´、`/::/l ヽノ:: :: :: リ`ー-- 、   行i`,l从 _,. -‐ '´/.    /'    ノノ
.|:: /!ヽ/:: :;'ヽl, 、 ヽ:: :: :i/芹下    込', |i,.-'i´l   ,:'    /    ゝ:;':.,
.i::/ `./:: :/:: ::`'"!_,-'、-、`乂;ソ    、.  l' :、 ゝ、`/`ヽ   ,:'       ソ
.ヽ!  i:: ,'ー、:: ::゙:.、ゞ, ヽ,          , 八::ヽ ,.:'    \/、::ヽ
  ゞニ!::{二二ヽ、::`ヽー- 、    `ー' ´/  \:/  'l     ヽ}::ノ
    ヽ:!     `ヽ::`ニ=、`_ ー-_,- '__ _/   /     | ゞ、,
     ヾ':.,―-- /     ヽ、ヽ  `ヽ,_ヾ‐-、 `l /     l
        ` ー,',       }〉:〉゙、__/ i\!  ヽ//      /
          /    \/',::ヽ,   \ |   |'    /
          /      ヽ `´    ヽ!   ヽ/ /
         ,'       ヽ../:::     ,   ヽ,:'
        /_,.-i'´ ̄ ` iヽ、|=、::::::::::::.... }  :::.. l
        ゝ、_ |     | /::::. ヽ、::::::: /   :::: |
          `l     l´,:::::::::::::..  :: {    ::i
           l     ; ヽ::::: \::::..  ′   ','
           |    |  /\::::.. ヽ::::..      ',
           l i.  l 〈:::...    \:.     }
          ,' /  ,'   >-::::::::::::.... \     l
          / ′  i   ヽ,:::   ー--- 、__  ト、
         ,'     ;   ,/´ ̄ ̄ `ー--、 `ー- ゙,


黒子は、やる夫達のクラスメイトとして登場する予定でした。

この時点では一般人ですが異能の素質があり

空間認識能力が優れていたため異界に足を踏み入れてしまって 「トラポート」 の異能に目覚め
やる夫達の協力者になる予定でした。

そう、彼女は元々 メインヒロイン候補の一人だったのです。


29 :◆vsQyY1yD2Q

彼女が没になった理由は、「えりかと被っている部分がいくつかあったため」 です。



                 ___
             _,.. : :´: : _,>: : : : ̄`ヽ、
        _    /: : : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ.、
      ,..イ;;`ヽ-/: : : : : : : : >: : : : : : : : : : : : : ∨,-、, -,
     _,..\;;',;;;;;/': : : : : : : :<: : : : : : : : : : : :、: : ヽ.l;;;;;;l;;;/ヽ
   /: : : : : :{ニ}:_: : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : ヽ、}、;;;;/_. \
.  /: : : : : ,.イ;;;;;l: ヽ: : : : : <: : : : : : : : : : : : _: :_,./;;ヽ/::::::: : : : ヽ、
  l: : : ///;;;,.;;/l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./;;;;;;;;;l;;、ー--、: : :.',
 ,.l: : /:l:,.-/;;;;;;l:::',: ,: : :_,.,..._:_:_,.._: _: : : : : : : : : :l;;;;;,.._;};;;_ヽ}: : :l: : : :',
/: :ヽ: :::ヽ {、:::::l:::::/: : /: : : :/: : :ヽ: 、`ヽ: : :、: ::::::::l、;;;:} /: : : /l : : : l
ヽ、: : ヽ:::::\l:://:./: : : ,: :': : :,: : : . . 、 :\: :ヽ::l:::l::://: :/ .|: : : :!
____,>: : : ノ/: /: : : /: :,: : :l: : :l、: : :.\: `ヽ、:l::ヽ/: : :/_|: : : :l_________
彡:_: /- ''"´_,..-/: :_,ィ: : ,イ:、: :ヽ、: : : : : : : : ミ、_: : (   {: : : :ー: .、
 -ニニノ      ̄ ̄ ´-、<:_:人>-:_:_ー: : -=--}>  ヽ:_ヽ    ̄ ̄-‐



小柄等、体型が被っていたと言うのも大きな理由ですが

最大の理由は、彼女もまた えりかと同じく 「にぎやかし」 であった事ですね。

性格も似た面があるクラスメイトとなると、えりかとのコンビが似合い過ぎて
三人目のメインヒロインが浮いてしまう危険性があったのです。


30 :◆vsQyY1yD2Q
    __    _  ___
-―ミ/ ` v ´ |´      ` ー: 、
    \r/ニ _リ        ゞ  \
___/∧  ノ         ̄ ヽ    \f^i
.  / / ト-'/       >‐、       V/⌒j
  ゝ_r┴く /      ´  ⌒     ⌒V  ト、
 i   |  У       /            ハ /  ヽ
 |   | /j   i   /      / ,    i   ∨ ヽ ヘ
,.イ  ノ/⌒| i  | i {     //~"!      l   iヽf´   r‐、
   イ { ( (l ハ/ Vj八_ / /イ  l   ,   }   リメ   |  i__
i/   ゝ _レ =ミ、 i从ハj    | / ,イ  ,'   ,   i   :! /__ ヽ
⌒Y⌒ト-ヘ     ヽ    二从/ i / , ル'   |   | {/ _  {
.  |  j  ∧  , ヘ    , x≠ミ/!/ /レ’   ,イ   .人 〉',--   !
. / /  i  ヽ(  ` ーァ    イノj/ i  i / ノ /   Vv‐   /
_/ /  :|  个:.  _ノ  ,. く  ノ  j 厶t彡イ    入  /
  /   .ハ   癶'´  i¨¨千i   Y´  x<´ ,斗  |  /    /
/    i ゝイ  ∧ ノ  |/ /  ¨Y´   イ j  ノ /     ,
      | i 7 //    / /    \ / j  l,イ/
.   r=ォ  l | / //    /       / >イ_:./    , '
.   l><!  ゝレ' ´ / K_.    / /          /                 ......-―…‥―-.....
   `´      / /   \/, へ        /             ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::\
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::! ヽ:::::::::::::::::::ヽ
                                        /::::/:::::::::::::::::::::::::l::::!  }:::::::::|:::::::::ハ
                                        |:::::{::::::::l:::::::l::::::::::!:::「 ̄ |::|::|:::!::::::|::::::,
                                        |:|:::ヽ:::::|:::::ハ::::::ハ!,, ==ミ:ハ::!::::::!::::::::,
                                        |:|::::::{:::::|==ミヽ::!   ん心ヽ |::::::|:::::::::.
                                        |::::::::::lハ'ん心     V::ツ  |::::::|:::::::::::}
                                        |::::lヽ::{! V:::ツ  l    , ,|!  !::::::!::::::::::::!
                                        |::::::::::ト! ' ' '        |! ,::::::::!::::::::::::|
                                        |:::::::::::! ,    v  ̄.!  |! !:::::::|:::::::::::::|
                                       |::::::::::ゝヽ    ` --'  |!ィ::l::::::!:::::::::::::|
                                       |:::::::::::::l::::`::...._    _ イ{::/:!:::::!:l:::::::::::}
                                       |:::::::ヽ::ヽ::::::::::r‐ハ¨    {:{フイ:|/!::/::/
                                        从::l::::\:!; イ.:.:.{`}    _/.:.:.:|/ |/|:/、
                                         ヽ::::{.:.:.:.:.:.:.:.:.:Lニ -- ニ/.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:>

ちなみに、トラポートこそは伝承されませんでしたが
彼女が担っていた役割は、モモに引き継がれています。

それがどんなものであるかは、今後の展開をお待ち下さい。


31 :◆vsQyY1yD2Q

続けて、学校が舞台では忘れてはならない人。

割と読者に支持されている感のある ななこ先生です。


            _  ,─、
              / ヽ-,   ヽ、‐、_
           /,  , ,、 ,ヘ   、 、ヽ
         //  /├ Tヽ !  ! \ヽ
           // ,   LL__ |. Vl、_j_  ヽ|
        / l |   j !  ` !. 「lヽ j  l  l
          l./| |  l'|.!    !  !| ヽト  ト l
          |l |  l  |ヒ≡ミ   モ≡ミ,ヽ |ヽ|
           l  | | '     丶   '' '∧.│ l|
           ヽ├N、   ー‐'   ,ノヒl |
             〉Lヾ,|ニ>, 、__ ィ1、┤┼、
         / l  Y  │  l  ∀ ̄.l l
           l  l /`_,┤  ト、  l  l  l
         l   l_ '-´フ  l  l ヽヽ' l   |
        /   l | 〈   V  /  Y   l
          l   |.│   \ ヽ、〃   |l   |
       /    |人    \ヽ     ノ|   l
        /    l| ゝ     ヾヽ  ハl     ヽ
       l     l  l  〇    〇l  l |       l
     |     | /        | ハ|     l
    │     l l         | / |     |
      |     | |   〇    〇|/ │       l
    レ=二=、 l  |         |   |l /ニ、│
__(二_(二_)'_|_______|___lr二_´Y´`ュ_、____


普通に、生徒の事を考えてる先生として描写していたら

やたらと高評価で、えっ? って戸惑ってみたりw


32 :◆vsQyY1yD2Q

ちなみに 「やる夫達の担任」役は
ななこ先生に決まるまでに四人の没候補がいたのですが

当初の予定では

                 ___
              '"´:..:..:..:..:..:..:..: `丶、
           /:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..丶:..: \
            ..:..:..:/:..: /:..:..:..:..:..:!:..:..:..:..:..:..:..:.\
           / ..:/:..:..:../:..:/:..:..:..:..!:..:..:..:..:..:..:\:..:丶
.        ,′..:..:..:..:../:..:/:..:..:∧:..:..:..:i:..:..:..ヽ..:..:..:..:..:.
        .:..:./: :..:..:..:.. /|:..: / :|:.|\:|\.:..:..;..:..:..:..:..:.',
          i .:..:..:..:..:.. |:\|:../  |:.i  }|  ∨:.}:..:..:..:..:.. |
          | .:.i:..:..:..:.. | x=Vミー |:.|  i|/ | :/:..:..:. |:.. リ
          | .:.|:..:..:..:..: 《 r'fiハ  |/  ル=ミ|∧:../:.∧:/
          | .:.|:. 八..: { V_,;リ      r'iハ 》∨ / 〈⌒ヽ
.        j ..:..:/..:.:\.:.(____)⌒r ヾ;ソ -=<  >=-
.        /.:/:/ :..:..:..:..{\      ′ ー‐' /:/ハ /:\
.     /:./:/:::.:..:..:..:..:..      _      ′:::::::: ∨:..:..:..\
    〃:..:/::{:::人..:..:..:..:ト 、  ´     人::::::::\ |\:..:..:..:..\
    /:./  ̄ ̄`\:..:..:.\> _.. -<:::::j\::::::::\:..}:..:..:..:.丶\
.   /:/        ';..:..:..:..ヽ xく:::::::::::::::::\|\:::;;_____:..:..:..`:.ー──
 _,ノ:/         }:..:..:..:..:.∨  ヽ; '"´ ̄ ̄ _,.. -‐ァ=:‐':..:...:..:.:..:...:..:.:..:...:.  山中 さわ子
. ..: :.,′         |\ .:..:..:.| 、j/       `二二 ニ⊃:...:..:.:.\ ̄ ̄ ̄  ( けいおん! )
. ..: :.|   /      丶  L;..丶:..::j/   、___ ー─、‐一'’..:..:..:..:..:.. \__
. ..: :.|           }:..:../    /::::::::::::: ` ̄\)..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:


彼女でした。

元々が 『でびおん!』 だった訳ですから、当然の配役ですね。


33 :◆vsQyY1yD2Q

次の配役候補は


          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、
       l|`l|  N、   '_ , -,、   l∧、|││ |│
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l
            l   l / イ,/ l l   ヽ」、l l∧ /    lヽ
         ,┘  Y  <  lv'  /,   l/        N
         l    l   \ ヽ/, ´   \○     l ヽ


ななこ先生でした。

「四人の没候補がいたのではないか?」 と言われるかも知れませんが
本当に、二番目の候補は彼女だったのです。


しかし、教師役としては少し安直かも知れないと言う事で 一度没になりました。

            |: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         ,ヘ イ: : : : : : : : : : : : : \: ヽ: :ヽ
        /: : : 丶 卜 、_、 \: : : : : : \i : : ヽ
.       _/: : : |: :入ノ"\\ヽ、\: : > : :\: : }
      //: : : |: :| |    `、ヘ 、>、´ : : : ヽ: :\:}
.     〃1: : : | ├|―‐'   ∨゙,   ,rュx\: :ヽ: : :\
.     /  |: : : ヤ | ヽ ,_、  /∨/ /゙7∧ \:ヽ,´}\!
       | 仆: :Y〉 `=゙/ / / / / し'  卜 ',ノ
       | | ∨ Xム ∧  ,-、_/⌒v、    | l´ヽー:,
       V  ∨: : ∧ し' '       < !|.:.:.:.:.ノ
.            ∨ : : 丈____ ,xty´\_,ィ| - イ
           ∨ | ||´.:.:.:.:._/ \/  /   , ヽ
            Y`ヘ.:.:/´ ヽ ,イ\/   /   ',`:、
               ゙∧   ∨廴:/Fニ,'´⌒vー、 ヘ: :\
                | ヘ-‐7´ |:::ハ| イ⌒ヽ"  ', ヽ: : \
                |  ∨|  |:::::〈       」  ヘ: :\\
               /   Y  |:::::::ヘ      人  〉: : ヽ ヽ


34 :◆vsQyY1yD2Q

その次の配役候補は


           ´       >:.:/ , 、  ヽ从ヾト、:.:.:.:.:.:.:.:.:} ヽ
   好     i          ̄ 7 - く  >- 、- 、   }.:.:.:.:.:.:.:.:   )   女
         !           ‐l   / ̄l   / ̄`ヽ ミ:.:.:.:.:.:.:'  /
   き      ヽ        /ー〈__  ー ´   ,: > 、:.:/   .〈     子
           ´         ヽ  ____   イ: >ヾ ノ.'    .
   だ    /          : l`ー' ̄ `l  ':.:  !_ ノ/     i.    高
        (           i l : : : :__ l l:.  ! .:./.       |
   か    '           l l /:/ l !:   ' .:/         |     生
          (           l ゞ==' /   i'       ,
   ら    ´           ! __ / /  .!.        /     と
         |             _|   /_ .  '`i      /
\  /⌒ヽ!               //y= ´     ',     ヽ.     か
  ヽ'                . './:.:.:.〉.      ´ヽ       .
                 .  ´ !:1_:. ' ヽ  ´    \.     i
            .  ´    /:.:.i            ` ..  !        __
          /         /:.:.: !              ヽ|   .  ´
            /       /:.:.:.:.:!                 ヽ ´

              木村 ( あずまんが大王 )


実は この人でした。


35 :◆vsQyY1yD2Q

その次の候補は


      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト   布団を敷こう
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     な!
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ|;;,, `'' ‐---‐ ''"´_,/
:::::::::::::::/ヽ;/ へ、\;;;;:. ;;;-─ _,.ニ-ァ'´\
::::/7 ) ./ |××| | ;;; ;;;::::| ̄ /×××>、
/ ././ /ニ=、\±L/;;;;:::_;;:」_,/×××/  \
 l. l /  ー- ゝ |××× /×× ゝ‐''´==

       熊先生 ( 俺の先生 )


この人でした。


ちなみに、配役が変わったからと言って教師としての役割が変わる訳ではなく

どちらも今の ななこ先生と同じく、生徒の事を親身になって考えてくれる良い先生デシタヨ?


36 :◆vsQyY1yD2Q

そして次の候補が

                   ___
               . ::_´::=≠:: ::  ̄ ::`:: 、
            /´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
              . ' :: :: :: :: :: :: :: :: :、::、:\: :: :: ::ヽ
            / :: :: ::/ :: / :: :: :: :: ヽ:ト:: ヽ:: :: ::ハ
           .' :: :/::/ /:イ{: :: :: :: :: ::ハ:} ヽ::}::}:: :: ::!
            l::l /::/::イ/ {ハ :: :: :: :/‐ナメハ l:: :: ::|
          .イ::l:'::/ /:ム斗 、::_::_:/ ィ斧ミ、}:l:: :: ::|
        '::ハ:: / /:: { ィ斧ミ    乂歹 '/:; :: :: :!
         |::! !::{ :{ :: -〈 乂歹  ,     /イ:: :: :: ;
         |::! '. :: :: :: :∧      `  _   ´/:/:: :: ハ
         |::! '._::_::_::_::_ヽ   < ノ  イ:/:: :イハ::}
         |::レ´  ミヽー':: > 、・_ /∠:イ从 }!__
       r ´     ヽ〉从从 ヘ _   _ /Y三三三| ̄}`ヽ
        /   、__.ノ刀/三三〈_ ヽ` ´/_ ム-一 ´ |  ,  '.
      '   //   | |: : ノ   `Y⌒Y´    ヽ : : : |__/    '.
     /    // }、| |: (r ´ ̄ ` ゝ- 代ニ二>':[小鳥]./ 〉 l
    ,    '/  i ヽ,:´: : `フ´ ̄ / | ||   _ ゝ: : : : : ヽ' / .!
.   /    {  `ヽ /: : : : :´⌒丶/ .!゚|L ィ´ : : : : : : : : : : :. '  ハ
    '      l   ` /:: : : : : : : : : : {  | | /: : : : : : : : : : : : : } / |
  /       ト、  {: : : : : : : : : : : : :、 | |/ : : : : : : : : : : : : : /    |
  .'      i!`、ヽ 、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾ':. :. :. :. :. :. :. :. :. :., '    ハ
  ,      八 ヽ } ,ヽ:. :. :. :. :._:. -‐:.r 、\`:.ー-:. :. :. :ィ    / }
  |       / ハ }'/ 丶:_: : ´: : : : : :ゝ' :/: : : : : : : , : /`ーー ´ ./
  l      ムイ }/´    '. : |: : : : : : : : ,:' : : : : : : : /: :i!` ー‐ ┬'
  }    /   ̄       }: :l : : : : : : <: : : : : : : : : { : ハ      !
  ゝ-‐ ´         く : {二ニ=-: r ミヽー‐- :、 :〉 :、}   , {
               ム≦、 _:_:_:_: ゝ': /ー―- 、:}`:〈、  〈 !
              /: : : ,.´////> ..ー-: : : :ヽ: :/    ` '.
             /: : : /////////////> 、_一:´: \     '.
          〈へ、:, '//////////////////ヽ \: : : ヽ     }
          ィニ三/////////////////////'ハ  ヾー≦、   !
            ィニ三//////////////ノ////////,}   ∨三ヽ |
        /三///////////// ,´彡////////!   ∨三/ .l
          ,'ニ///////////////八一'////////     }三ハ |
        {////////////////,'// \//////    ,:三三'. l
      , '////////////////,:'//////ヽ//     /三三ニ} '.   音無 小鳥
       /////////////////,:'/////////}       /三三ニ/   l   ( THE IDOLM@STER )
.      ///// ///////////,:'///////////     , '三三三/   |
     ///// //////////,〃///////////   .イ三三三ニ∧  ノ、___
.     '//// ///////////'//////////ム ≦三三三三 ン '. ´   _,_} 〉
   .//// ////////'/ ,:'////////////  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ー――ォ- ミヽ
  ,:'/// //////// ,:'///////////.イ                     彡イり `
 ,:'/// ///////  ,:'/////////////'
.,:'/// //////  ///////////////
/////////    ///////////////


ぴよでした。

教師ではありませんが、似合うのではないかと言う事で候補に上がっていました。


37 :◆vsQyY1yD2Q

結局、二人の明暗を分けたのはAA数の差

そして 「分かりやすさ」 でした。

               /´\__
          _,,/`ヽー/    \  ̄`ー‐-.、__
         ,イ´/   ∨   ∧         `ヽ、
      /  /   ,ィ::ヘ ,イ::::V:: ヘ:::..\   `ヽ `ヽ、
     /   /    |::γ´`'"´"|ヘ、. }ヘ:: ヘ   ヘ、 \
      /    /    i |'´ /`   | } | ∨::. ヘ.  ∧_ \
    j    /    | j ,/      |. |.|   ∨::: i::   ヘ`ヽ、\
    |   j  ,   |:. |         | || __∨: ,ハ:::  ::. ハ  \. {
     {   |  |  :;|: .| ___   || ┳━|:;/┥:: | :: |    `|
    ∨ j  ,|  ::|:| ;┳━━ゝ   |j ┃  ´  | ::: | :: |
     ∨ ,| ./|  ::|:| |┃       '  、   ,'.ハ::: ト、: |
     ∨|/ :|  ::|:|人    ,'       `ー‐' ハ.}:: / \|
      〈:( .r|  ::ト、  `ー-‐'              { j;人
      `ゝ-,ヘ  :|. \、                 ノ   ヾ、、
       /::::::|  |ヽ、ヾ、、  `ー--    ,..イ       }}
        /:::::::;;|  |;;;;;`>}}‐-、-.-r-τ'´;;;::::::\      リ
        〈::::::::::;;ヽ、|;;;;;/  ||`ヽ、 {、::〉ヽ;;;;;;::::::::/
       \::::::;;;;;;;;;;;;ノ\ リ  ,ヘ\./ ヘ_〉 ̄ メ、_
        \:::;;;/   \,,/ヽム-‐'::::/     `ヽ
                                                ,  -二二-  、
                                               /,ィ=-:: ̄ ̄::`ミ、:\
                                                  //´:::::::::::::::i::::::::::::::::ヾ、ヽ
                                             //::::::∧::::::::ハ:::::::::ト、::::::ヽ:'.
                                               l::{:::、/ レヘ/ uゞ‐┘N::::::::!:|
                                                |::|:::| ○      ○ |::::::|::l
                                                '、|:::| u .:::::::::::::::::.   |::::::|::|
                                                 l:::|、 ;   △    J l:::::.;:/
                                                ヽ:::}ト  _・  _,..ィ´|:://
                                                `iLf圭)ス_人-w从リ (
                                                 ,. イr ぅヽ/ヽ、
                                                / |: :ヽ爪Y: : : }ヽ、

ななこの配役は安直ですが、安直だからこそ、

ぴよには無い 「一目で教師と分かる知名度と 読者の抱くイメージ」 があったのです。


ちなみに、ここで言う知名度とイメージは 「やる夫スレ界隈」 のものであって
一般論とは少し異なる事もありますので ご注意を。


38 :◆vsQyY1yD2Q

もっとも これは

「読者の反応次第では 出番も少ない脇役で終わる可能性がある」 と言う事と同義だったりw


             __ /ヽ、-/'\-.、__
            ,.イ´  '´/  Y:   \ヽ ̄`ー-.、_
        /´\/        /::ヽ、/:ヘ  \       ̄`ニ=‐-、
     /  / /      /゛`゛゛`|"´\  ヘ::  \ ヽ、 \
      〈   / .j    /  /     |   ∨  }、:::  \ ヘ. \
      ,〉 j  :|    |   /     |     ∨ | V:::. ハ ヘ.  ヘ
    ∠_  |  :|  i |  /`ー- 、   |   ,斗:l-‐∨:::. |:  ト、  |
      \| /| ,| .:|  |____`ヽ, |  ∠__j,/__ ,ハ:::::. |:: | \|
      ◯V::::j,/::| ::|  | ̄ ̄・`゛    "_・ ̄ ̄ハ::∨:::|:: |
       / ヽ/ ,/| :::ヽ、|" ̄ ̄        ̄ ̄"l:::ト、j;/::: |
      \ //( | :|::|` ゛             {::|,ノ |:::: j
        〉'   `| ::|::|             ,イ::|  |::: /
       〈_ __ ..| :;j|:|:ヽ、  r'ニニニニニユ  ,/ |:::|  |::/
        ヽ、:::::::|/::|:|::,ノ ` ーr- -r‐‐'"´   |:::|  j/
           ̄  ̄|j´    j    |       |/
                 ,ノ    λ、
            ,.-‐r‐'T'"´        `T`ー.r‐-、
          /  |  ヽ、‐-、  ,-‐ ノ  |  }


出番が少ない可能性があるからこそ

「分かりやすさ」 か 「一発ネタ」 のどちらかが求められる訳ですね。


39 :◆vsQyY1yD2Q

先程、富竹が話題に上がりましたが


                 l  _ - ´    `丶 、     !
                 | / _, -┬r - __    \   |
                / ∠二≧|ム::V ,>、___ ィ::::\ j
               L /t「 /辷jリ ヽ! 辷j_` 「|::::|:i::::{
                |:::::l L___ノ!  ヽ---- ' |:i::l::|:l::|
                |l:::ハ    、       |从ハV
                  ヘ l   ____   ″  ノ
     ,....、    ____   ヽ!  ∨    У   ,ィ7/
     /   ヽ..._/二二二ト、 r‐ュ\  ` 二 ´  _ - |イ'
    / r┴┴‐┼──‐弋三三マヽヽ ___ /  , l
  j   ̄>──┴─ 、:.:.:.|─‐9|<7|l        /  ヽ、
  f'  7´ ´¨`ヽ`ヽヽ:::::::__ヽ|}}─ j|^:|Yl      /    ィ::::| `ヽ、___
 j  、l::;′   Y:::::l:::l::::{ ヾ!|!ュ:.:.:l|:::V       ′ /:|:::::l: : :/
 l  l:::|     ||:::::|:::|::ハ  \_:.:.:ト、::ト、____ ィ´. : : |:::::l: /
 l  `ヽヽ __ノ/.::/::/:::::/ヽ    ̄ヽヽ: : : : : : /: : : : : |::::l:/
  '  / マ=∠∠∠∠ -'"        ∨__/. : : : : : : j::::l:′
  '     ハ::::「 -r 、               ∨}} }: : : : : : : : :|::::l !
   }   ハ::::∨  ヽ           ヽV: : : : : : : : : |::::l |
  /    ヽ:::ヽ  ヽ           \: : : : : : : : :|::::l:ハ


実は彼絡みのヒロイン候補もいました。




















ぴよです。
             -――- 、
          / / ̄`ヾフ´ ̄`ヽ.
         〃∠ __」 _____   \
          .'_〃_i__i ____ . イ、   '.
.          i i   |  ハ  i i   | i    ハ
        | l   l 厂`V从从リト!リ   l }
        | l    xf示    示x ト、__」ノ
.          l l    { ヒり     ヒり∧  |         , -‐ぅ-―‐ァ
          V   ト、     '   { ノ  |      /  i´ニ厂
.          V  八   「 7   ノ7   l      {  人フ′
           Vハト、ト≧=⊇__. イ /ル'レ′    ,イ` ー‐イ
          YY}   iYN{           ! ` ーァ |
           xく `ヽ、 ト、≧=x__      |     !
          ∠ /\ , -―xY_  {、__     !       l
         / ̄`ヽ  く   ー }フ^ ト、>- 、__|     |
           i     \ `ス   i !\ノ } `Y {     |
           |       } `ヾー-' ト、 |ノ  }  !、    l
       , -- 、       |      `ヽ  ノ___     ノ
.      / 'ニ二Y)     i l           oイ     ̄
.       〈  r‐く-―く  |ノ 、 __ .. '´ /;
      \ `  }     l '.       く〈
        {二 ノ   ノ }ニニコ      ヽ
.         \__ . '´ /          '.
              /          C}i

実は、教師役の候補に挙がる前に こちらでも候補に挙がっていました。


40 :◆vsQyY1yD2Q

こちらのAAが記者っぽいと言う事で

比佐子新聞社の富竹の後輩記者として登場する予定でした。


                    ,  - ―― -  、
                   /: ィニ二二ミx: : : :\
                 /: :´: : : : : : : : : : `ヽ, : : :\
      ___       /: : : : :/ : : : : : : : : : : : : ヽ、: : :ヽ
.     !:◎ :「 :|      ./: : : : :/: : : : : : i: : : : : : : : : :ヽ: : : :,
.     ! : : : !: :!      {: : : : /! : : : : : ! !: : : : : !: : : : : ',: : : }
  (  ̄ ヽ: : :|: :|      ハ:{: : :ハ: :! : : !:!:iN : : : l }: : : : :|: : : !
   ヽ_丁: : : |: :|    __.!:Y」≠ミL __从リ_}: :ハノ!:}: : : : :! : : !
   ( - ̄ ) !: :!)  /::::::::::|: : : 代fj}`   ,ィZハ ヽ.レ!: : : : | : ∧-.、
   (  二つ‐┘r/::::::::::::::::! : : :! ´    弋J;} ノ ノ: : : :/}: :{ :ハ Y― - 、
  / ゝ―ソ _,イ::::::::::::::::i:::::::!: : 八  ,    ´  /} : /'"!:/ ::::ハ !:::::::::::::ヽ‐ 、_
  / _ノ´_ -{ {::::::::::::::::::!:::/|: :∧{:\.、 _      ノ: /: : :!| :::}:::::} :!::::::::::::::::}  l   ̄ ヽ
 /  Y´  ヽ, ヽ, ___」/ W/(⌒)ヽ   _ イ /:/,イ´ リ::::|::::::! !:::::::::::::::,   l     ヽ
. {   ノ     >-< /   / } ̄ \ ̄   イ  | |   V::ィ:| :!ー --く _∠, __,,  /
  、 _  < ~     ./ r-,/  {     \ /    ! L_  :!⌒',! |: :ヽ   /    /
            /⌒}:::::ヽ  V     rぅ    .//⌒:! : : Y、- ヽ/    /
                  |:::::::::ヽ !     `´   :{⌒:::::::Y/: : : ( _)ィf ´  _ -<´
               !::::::::::::ヽ!    .}    ノ}::::::::::::, : : : : /  ヽ'=く
               i::::::::::::::::}\   .,   //:::::::::::/: : : : : !     :}
                  ヽ,::::::::::::ヽ \_.人_/_/::::::::::::,イ\: : : : } }  , , ,_ヽ
                   f`:::―‐一`⌒⌒´:::::::___:<:::\ \: :ゝ'__/_/'ヽノ
                」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/- 7-ノ ⌒ヽ  ̄´
                }::::::::::::::::::::::::::::::::::://⌒´ ̄ ̄ヽ' \
               /ヽ,:::::::::::::::::_ - ''"./        ⌒Y}
              /    ̄ ̄_  - '"/           :}(
              / ̄} ̄ ̄/  :{   !           ハ}
                〃 ./   / __ヽ  !          _ノr'__
             ':{ / /⌒´    ヽ┤     ヽ,  r'⌒ヽ: : :ヽ
            !:/ 〃         ヽ               }: : : : \
            L_,ハ            ,           ,: : : : : : : ヽ _
            └‐ 、ヽ          \        ノ: : : : : : : : : :Y:ヽ
               /: :ヽ           `¨ < _ / : : : : : : : : : : : }: : : Y
              ノ : : : {\                ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ― '": : :ト !
             {r――:ヽ: :ヽ             ヽ       }: : : : : : :!┘
             ヽ: : : : : : ヽ : \ _              }       .!_ : : : : : ヽ
               ヽ __ ノ .\: { ヽ         ,       / ⌒ヽ: : : /
                      ヽヽ、        /       , : : : : : :/
                         \      ノ       ` --- ''"
                           ` ―‐ ''


41 :◆vsQyY1yD2Q

富竹の遺した取材資料から サマナーの世界に迫り

情報面で やる夫達を助ける協力者になるはずだったのですが ―――


  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 |::::::::::| __"'''-,,,,_,,,.-'''"""|:::::::::::|
 l:::::::/.,,'-、\    /'\ヘ:::::::;l
 >::::l ____\ ハ  / /二 ヽ::::/
 (<:| ---'--ヽ| | /'----- l/ヽ    警察関係の情報なら俺が出せるな。
-ヘ__|     " _  _ ""    l) /
  | |     ´‐--‐`    |ィ "'''---
--,| ヘ   ,--------、   /|--,,,,,,,,,
  ヘ  \ ヽ-------' / /
  ヘ   \__ "   /  /
   \ /-、 """",,\ /


    ,へ、_,..-――-、.._
    ! /、ヽ       `ヽ、
    ,ゝ9         ,   `、
   (  、 (     〈    i
    〉-ェ'> 、`ーェー'  '  ,-、 i
 +  i  /  `  ̄   、 ' f' 〉|    悪魔関係ならば、我輩の出番ですな!
   ,! 〈ー、 、  ,-、   /  〉ノ |
   〈ヽ'`ー´`ヽ、ノ 〉  l  |´ !
   `Y ̄`ヽ、__,ノ   ,   |   !
     '⌒    _,ノ  ,!/ ヽ_
    (  (      _,r'´-一'´ ̄ !、
    ヽ、___,,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::!
     ,ヘ:::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ,!|i|:::::::||i !::::::::::::::::::::::::::::::::
    ノノヾヽノノゝ`


          ____
       , ..:':´..:.:.:.:-=ニ´ __,
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く
    /.:.:.:.:.i、:._:}ヽ.:\:.:.:ヽ:..:\
.     '.:.:i:.|:.:l'´ヽh \!ヽ:.:.}.:.`:、`   僕なら、ネット関係で
.   {:.:.:l:八!  }」  l〕 ∨.:t─ヽ
    |:.:.´\        }:.い     色々と情報が出せるよ。
     、:.:.:.トヽ   '⌒i   人:{
     \:.`≫'⌒r‐' ィヘ| `
       )'´`丶_ノ工{_


42 :◆vsQyY1yD2Q

   |  | |  |___
   |  i.斗::"|::::::::::::::: ':::.::,
   |/|::::|,_ .l-‐―‐‐- _::\
.  '::::::/_ --――-- _ヽ:::\
 /:::::///:::::|:::::::::::|:|:::::ヽ`ヘヽ::ヘ
. | //::::::::|:::::::|:::::::::::|:|::::::::|::::::::|:::::i
. |:::::|::::ム!斗 イ:::::::7 メ- A:::::リ:::::::i
. |:::::|/:|              |::::::::::::i
. |:::::|:::| ━━      ━━ |:::::::::::i
 l:::::l人            /:::::::::/
. \:|ト≧=⊇__cっ__   イ::∨/
.     ィ 7  ヽ ノ   } ¨l 、
   /  |: :|__,>ォj<.、| : | ヽ
   l  〈-{{´//ハ、ヽ }}-〉   !
  〈  /7廴..イ{_l_lト=''ヘハ   {
   l  | : : :>/: :\「: : : |   !


有り体に言ってしまえば、情報面での協力者が彼女でなければならない理由がありませんでした。

いくら記者だと言っても、情報収集の面では専門家に劣ります。


更に言ってしまえば、一般人である彼女は当然悪魔と戦えません。

つまりは 「現場で情報収集する事も出来無い」 のです。


大人の協力者なので、車の運転免許も持っていますが

                  , --- 、__
               _∠-- 、      \
             ゝ‐'            ヽ
               /        ,-、ヘ    、 ',
           /  / i {  { / ̄`}    } !
           ソ/{ { { i i  ト{、  ヽ  } ノ |
            {ハ ヽヽトlヽi\{  `ー-}ィノ |`} |
            ヽ、ヽ',== ,  `== イ  |/|
                 ヽ i   、    u.j  | {   それも私がやってるわね。
               / \__-;;-   ィ  | ',
                } /、ー゙}-‐'´ |  | 丶
               / ノ ヽ 丶j!|   }   ハ_ ヽ
          , -― 1/  ,、∨| ィ   / }  `丶、
             i!  r/ソ  }(/\/ lィル'ハ L`‐- 、_
             |ヽ / ヽ  ノ'′ /      ト、\ /
         | ∨  `<} /   _  -__二二 , > /
         / ノ    ノ, ' _ -__ニ r‐"―┐  /  /
         」 {     //ニ- '´   jニニニj ヽ{  〈
          //i    /i !       ̄ ̄`゙ \」  l
       /´  丶  / {{           /| |
      /     大  ヽ、        _- '  | |

これも彼女でなくてはならない理由はありませんでした。


43 :◆vsQyY1yD2Q

結局、ぴよは 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 に敗北。


       ,, ───_
    /:::://::´ ̄:::::::`\
    /:::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::::::/::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::i
   |::::::/::::::::::///:/:::::|:::::||::::||
   |:::::|:::|:::i:::|`ーレ |::::_ト,_||::」j
.   |::(|::|:::|::| -─   ─ /:|
   |:::::::ヘ::N |  |   | |j:::i
.   |::::::::::ト\\rー, |ノ:::/
    vNw::i ヽー⊂⊃ヾ/
      /´\  {\ー、
   /::´: :\ \ ) ヽー\
.  / ⌒ ヽ ̄<´⌒`rf´ ̄ヽ ヽ
  {    }: : : >、 ノ-\⌒/ ヽ
  |     |: : :ヽ/」  ー: :ヽ_ヽ_
  ヽ     |: : : : : : : \/: : : ノ  三}
   ヽ⊆二二`- _: : :/`ー、  r


彼女が担っていた役割は
色々な人達に分散して引き継がれる事になったと言う訳です。


44 :◆vsQyY1yD2Q
      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  服    |:::://:::::::::::/::::/::: ///::::::::::::::::::ヾ、:::::::::::::::::ヾ、::::ヽ:::::::::::::|    あ
       |/::l:::::::::/::::::::/!:: ///!::::::::::::ヽ、::::}::ヽ:::::ヽ::::::ヾヽ::::} 、::ヽ::/
  が   /::{::l::::::/,,ヘ,::::l::l:l::l/::l::l、::::::::::::}:::l:l ヾ:::::::}ヾ、:::::::ヽ::l:::::::ヽl     あ
      {::::ヽ::::/ /h:::::::il::l::::ll::l:::ヽ::::::::l::::l }::::::::! ヾ::::::::::l::l:::::::::::|
  脱   }::::::/  / /::::::::N:::ヽ、:::::::::::::::li:/ }::::::/  ヾ::::::::l/:::::::<     あ
       |::::/  / /:::::::::::;_ヾ:‐-ヾ::::::::/テヲユ:: /''''''''''''l:::::::::::::::::::::;;;;i
  ぎ    |'lヽ /  /:::::::::/ ‐~二" } !::/   ミ=zxッェェュ}/:://_r'"__ヽ
       >ヽヽ ヽ:::::::ハ   ̄   ノ"    丶=== ´ ノ 彡:/ /::ヽヽ
  た    {、l '  | ヽ::::::ヽ!    ノ          /:::::/  >:::/ノ_
       /ハ     V::::::ゝ   ヽ         u ヾ::ヽ、 '''''''",/ヽ、`ヽ、
  い   l:::::l     l:::::::::::::\  ゝ、,,,__        /ヽ::ヽ''"/:::::::::::l~ヽ、,`"´
     _,ノ::::ハ     !::::::::/::::::::\ ヽ、,_,)    _, ャ'" : : _>:::ヽ:::::::::::::l::::::::::``
   ./::::::::::::::ハ    `ヽ'''''''''ヾ:ヽ\     , -く::/ : : /-フ'""":::::::::::l::::::::::::::::::
_/i:::V:/`ヽヽ、    }:::ヽヽ//::::::::`""´l:::::::ヽ: : :>、:ヽ::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::


                 )、
        , . : ´ ̄: :└-、_
        /. : : : : : : :_: : : : .\
   、__ノ : : : : / :i: /⌒^ヽ : : : ヽ
.    7./ : : : : | : ト{  ,  }: }:}: :}
    ' :!: : :'、:l {メ厂´ _ ̄l/:ハ: i
.   |八:_:_rミト! 〔{   {」  个小|  やめなさい。
     |{〕: :{           }: :l
     }: :l: : :.、  , ─ 、 人 |   年頃の男の子もいるんだから。
     ノイ八: : `ト ┴--┘´}/^)
       ヽ(`ヽノ


マリューの名前が出てきたところで、続けて この二人の話をしましょう。


45 :◆vsQyY1yD2Q

まず、やる夫達の住む家の本来の家主であり、現在入院中の 『脱ぎ女』 こと木山ですが

           /: : : : : : : : : : : : : : : \
          / : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :ヽ
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : :.
         /: : /: : : /: : : : :l: : : : : : :} : : : : : : :!
.        /: !: :!: : |: !: :|:}: : :ト、: : : : : |: : !: : : : :}
       i:/{: :.|: l:ハ:|: :.リ: :l:.| ヽ!:.!ハ: :! : |: : : :!:.|
       |:! }: :.!:.l斗弋/: /リ ̄_リ` j/: : }: !:!: :}:.!
        ヽ/: : ヽ!弋歹ヽ! ´弋歹`: !: /:/リ、::!: :、
         厶イ: :从   ,       //:.イ/r'/: ヽ: : ヽ
          八: : :_ヽ      厶イ /`!: : : !::.` : }
          ´ }:.:.:.ヽ   , - 、   ,イ:.:.:/.:. : :!::. : /
        _ ノ: :.:.:/.:.`:.、  ̄   イ {.:.:/.:.: : : |: : 人
        /: : : : :ノ: /: :.:.`,ー     !:/: : : : :/ : {: : \
       !:.:.: : :/: : :  --‐ !  /  /: : : : :ノ`ー- 、: : :ヽ.
      ヽ/ /:!: :l:/ `ー- -=フ: : : : :r'/       ヽ: : : ,
       ! !:ハ: ト、       /: : /!://       }: : /
    . - '.| ヽミxヽ)       .lハ/  //ヽ v        !: /
   /:ハ: : }  /      /  __,x='::〈  .|        !/
  .ム=''ヽ=、_,/      〃r==':::::::::::::::ハ  .!      {!
      /:::::::::ヽ=、_   !r'::::::::::::::::::::::::::::::! |       ハ
.    ,:::::::::::::::::::::::::ヽ=く!:::::::::::::::::::::::::::::::::} |     ,: : ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::7_〈:::.、::::::|!::::::::::::::/ノ:ヽ!       !: ノリ
    ヽ:::::::ヽ:::::::j!::/:. `ゝ=、::!:::::::::イ::::::::::/!       !
      `ー 、:::::/  ::     ̄`'''…'"´:! .!       l
      | Y´                 .′!      ,′

実は彼女が持つ 「ストーリー上の役割」 は 「保護者」 ではありません。

やる夫から見れば 「先輩サマナー」 にあたる彼女は
「保護者」 である前に 「師匠」 としての役割を担っているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ___
      , - '´: : : : : : :` 'ヽ、
    /: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : /: : : : : : : : ヽ: : : :ヽ.
   i: : : / : : : : : : : : : : : ヽ : : ヽ
   | : : |: : |: :ハ: : : : :ハ: :|: :| : : ||
   レ: : ヽ: :|| |ヽ: : : :| | ||: | : : |:|
   /、: :|\|レ ヽ、:/ リ .リ|: : /ヽ
  ∠: :ヽ: |ヾ弋フ   イ弋フ/: /: : ヽ     そう言うな。
  /: : : /: :ミ`~~    `~~レ: :|: : : ヽ
 〈 : : |: :ヽヽ、 _  △  , イ:|: /ヽ: :/     やる夫は理解出来そうだから話したまでだ。
 . \: \: :ミ,-'/`|ヾ/|~|ヽ/: :丿リ      出来の良い生徒は、やはり可愛いものでな。
   ソ|: : /:/ / | 介 |X レイ人|
    レ |  |i  | | | | 〉| |        更に説明を追加するなら、お前が氷の異能に目覚めたのは
      |  |ヽ.| | | .|/ .| |        このMAG力場の特性があったからこそと考えられる。
      |  | |_ .∨ |  | |
      |/  |. ̄ ̄|  \|
     _,,/.   /    |   ヽ-、_
  く ̄   . |+ー+|      ` ゝ
   ヽ     / |   ! |      /
   ヽ、   / |   | |    /
     `ヽ、/.| |   | |,,,,,,,/
        |__|   |__|
        └┘  .└┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実際 作中でも、木山は やる夫を教え子として可愛がってますし

やる夫も彼女を 「木山先生」 と呼び
サマナーを続けるかどうかで悩んでいた時、相談相手に選んだのは彼女でしたね。


46 :◆vsQyY1yD2Q

             ,.-‐'" ̄ ̄ ̄゛゛`ヽ,、
          _,..='-'"" ̄`ー- 、:::::::::::ヽ::`ヽ、
         /   : .::::::::::::::::::::ヽ'ー‐'"":::::::::::ヽ
      _,./.::: .::: ..: ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::: :::ヽ
   ,-_='___::::::::::::::::::::...,::::,::::::::/'i::::::::..   .ヽ.: . ,i
     ./::::::::::::::::::::/:::/:::/   \:::::..:::.. ::::i .::. i
     ./::::::::::,:::,:::::::/i::::i::/      .i:::/、::::..:::i:...:::::::i
     .i:::::::::::i:::i::::::::i i i:i      _i./,_i:::,,::::::i::,:::::::.i
     ,',:::::::::ヽ:ヽ、::|_.ヽリ     /_リ,,__i/.i::::ノ::|ヽ、:|
     丶:::i:::::,`iヽ,`=ヽ、    //::::::ヽヽi/::::i 'i::::!
      \i:::::i,::i/ io:::::ヽ    .',゜::::::::i .i'i:::::::i /::::i
       .\:i:i' i::::::::::i     ヽ::_:ノ ノ i:::::::iノ:::::,ヽ、
         ノ`:iヽヽ-"  ,.:.      '′|:::::::ヽ:::::ヽ:::i
        /::::.i'.、    `   ,    ,/i::::::::::i::、::::i:::i
        .i::::::/:::ヽ、   ` 一'´  ,':i::/::::::i::ノ::i:::::iノ
        i::/::i::,::::,:::::,` ‐-,.,. ,-‐.',.  .i::/./:::::ノ/::/:::ノ
        ヽi::i/i:::ヽ:i,、,‐'_'//.i,.i.i,_-,'"ヽ'////|/
         \,ゝ'"`|,`/  '/ ,`-,.= `'"i'__'_,\
          i、__,.-.',、、 |  .`" ,.-''/`=.、   .)
           i,'::::::::,::i::i i   i"::,-i-<::::::゛`-i'
            丶(__>━=━━`'ー‐ヽ、,-‐'′

その一方で 「保護者」 の役割を担っているのが 『魔乳』 ことマリュー店長です。

「隣のお姉さん」 をイメージしており
一緒に暮らす 「家族」 よりは、一定の距離があると言えるでしょう。


            、_,.-‐'" ̄ ̄`'´ ̄`ヽ
            ,>''"...:::: .::::::::::: . ..ヽ::::ヽ、
             , '.:: .: . .: .: . . .: ..::::.:::::::.. .. . ::\
          /ィ.: .: .:::::/: .:: .::::/:/ ̄ヽ:::::::::::::::',
           /::.::::::::::;{:/:::/:::/:/__ ノ:::::::::::::::〈
            {:i::::::::ヽハト、i{::::{l/´ __ノィィ::::::::::::::〉
           l{ヽ::::::、{てノ}ヽ{  ´{_フテ/::::::::;ヘ/
           ` ,ゝミ` ̄` ,    ̄フィ::::::::/ /
            /::::::::',  、     , ':::::::::{'´{
          /:::::::::::::\`;;;;一  /:: : ::: :::ヽ{ ,}  、
         ,.彳 .:::::::::;ィ/}:::ヽ__,,. イ .::. ; -―ニ_ー' )
          //:.:.:::::::/ノ/:::::::::::::ヽ /:.::/      ヽ)
         ヽ:..::::/ -'ァ'´:::::::、_ノ':::;;イ        ヽ
          ゝr`‐ /. .:::∠-`−'/{        - ヽ
         `''''´   ゙ソ‐,´      i      _ - ― ゝ
              , '/      : . {: / /  ,, -―\
.          //        : :ヽ/. .   , ィ´      \
           / /   . . . . . . . .  . : : \  /: :丶、,      丶
          ,'  { . : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ./: : : : :/      /
           {: : 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : /.      /
         ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、_,'      /
          ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / . j     /
            ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / /     /
           /ヽ: : : : : : : : ヽ: :  : : : : j〉 /    /

原作では本来 技術者であった事を考えると
「防具」 だけでなく 「武器」 も扱える属性の持ち主と言えますが

あえて 「防具」 を選んだのは
やる夫達の身を守る物を扱わせる事で 「保護者」 のイメージを強化するためでした。


47 :◆vsQyY1yD2Q
     /                        \
    /                             \
.   /    /                          \
   ,    ,'         ,   ´ ̄ `ヽ    ヽ  ヽ ヽ  ヽ
   |     |         |        ',    |   |  ,   ハ
   |     |         |        ',    |   |  |  |‐ヽ
   |     |         l           |   イ  l/   |  |
   |     ヽ        ,'――‐ 、   |  /ニ /    !i /
   |      ハ   \  N z==ミ、    ノ オひjフ /  〃/
   |     {{ ト      ヽK f心-:}     ┴ '´ リ  /}/
   |    ヽ| ヽN、  ||  ´ ̄      、   イ .イ
   |     `!    ヽ!|          ヽ  7  |
   |      .!      |           ' /  .!
   |      .!      |        _.....ァ /   !
   |      .!      ト ..      ー'' <       ',
  ノ        !      !i‐- >   _ ....イ |       ',
 /         !       ',     ̄|| /   |      ハ
 |       _.!       ',      || '\  |      ハ
ノ   __く .|       ',     ||{_  \ィ      ヽヽ
.  /     | | ヽ         ハ     || |    |       ',‐ヽ― 、
/      .! !  ヽ.       ハ \ || | |\ .|       }_   \
      _ 」 |   / ヾ 、    ヽヽ \/  \ ヽ     /    \
.   /   | |   \/ }!      }‐ヽ \   ヽ_\  {ニニニニ、 、
 /    //       ヽ   /       \     ヽ|‐ヽ    //

序盤から多めに登場していたため
彼女もヒロインだと思った方は結構いるんじゃないかと思いますが

現在のところ、彼女は 「保護者」 の役割を担った 「ゲスト」 です。

他の 「ゲスト」 と比べて、やる夫に近しい立場にあるのは確かでしょうが
「ゲストヒロイン」 に昇格出来るかは、これから次第ですね。


48 :◆vsQyY1yD2Q

年齢の近い者同士、木山、マリュー、ななこの三人で

お酒を飲ませてみるのも面白いかも知れませんw


              ,、
        ,r‐‐-、_,.-} `ヽ-‐──‐--、__
          j   rヘ _,,j;;,ハ、  、       `ヽ、
        |    {'´  |  ∨ |  i  、.   ヘ
        |   |   |    ∨、.ー-|、 ヘ:::.   ヘ
          |    |_,,ノ      ||ヘ  |、  ヘ:::  }
          |i   i |____    || _ヽ._|_∨  ヾ:: |
       ||   | i|ミ三Z゛   リ Z三彡|i\. |::: リ
        ||   ト、|i   i        i   i||'´,\|:;/
       ||   |::ゝ   ! ,-─v、 !   !||__,ノ'"__
       リi  |::::|ヽ、! ゝ__,ノ_,.!.ィ´:||ユ-‐'´:::::::\__
      ,ィ'´ ̄ `ヽ|    ̄_ニィλ  ",ア;リ::ヾ:__;/-‐‐'´
       / `┌ヽ,〉、〉┐/" {、 ゝ=='"/j  ̄ `ヽ`ヽ、
     {   ヽ|i: u   i|ノ 、  ~`|゚|"   }  __  ヘ、 \
      j  {´|i::::::::::::::i|  ヾ   { {    j'´ "~ヘ. / ヘ  .ハ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::ノ〃´ |゚|"i|~ :|     〉  }   }〉
            ̄ ̄丁:{     | |  ::j     |::  {  /
                  |:::;〉   {゚{  .::ノ      j:::  | /
                |/.}   ,| |_,r/      }:::  |'
               |γ'´ ̄ ̄〃      ,,ノ::::  |
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


49 :◆vsQyY1yD2Q

なお、1話から登場している神楽ですが


           / . . : . : . : : /: : : : : :/: : : : : : : : :、 : : 、: :/ ∧(:::::::
             , '/. . . . . . / : '. . . . . ./: : : : : : : : :ヽヽ: : :V ,::::ヽニニ
         /././. : : : :/: |: :|//: : :': : : |: : : : : : : :ヽ:ヽ: ! !::::::::::::::::
           i/.ィ. .!: : ': : !: l | |:|:l: : : :l: : i: : : : : : : : :|: :|: | |:::::::::tュ::::
           |/ l. . :|: l: | : A: !:| |:|:|: : l∧:∧ : !: :! : : : !: :!: ! !::::::ノノ:::::
          /. |. l|:!|:| 、!:| |:|:|l : ||r1!‐ヘ: !、:| l: |:! |: |、二/::::::::
            ヽl、ヽl: l:N ゙̄、!ヘj !!: :l| 」|-‐ヘトぃヽ|:| |: レヽヽ::::::::/
            ヽ:ヽl:l弋刃リ八lヘ: :!=キ┬zj、 lヘ: !: |: :' ムvへニフ
                  ト、トl `ゞ‐'     、i   込タ^ 7:/ //ヘ Y /
                  l 小       ヽ  ̄ ̄`^ /イ //ヘ  レ
                  |i|  -< 、           //∧ /
                  || iy'´ ,. '´   「 .二二二二.ヽ/__/
                  レ'  ヘ  ^ヽ /./::::::::::::::::::::::::\\
             -―/  ` ̄`Y )   ||::::::::::::::::::::::::::::::\>
         <  r::/ r  二.ヽ「::\_ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::)
         ヽ ∨ r __ ソ::::::::j 丿ノ::::::_、-―…―- ミ、__
            }/   ケ7´:::::::://;.-''´     __ \\
          {7     「:::::::::://"´    -‐       、\l


彼女はヒロインにしない方が輝くタイプだと思いますw


50 :◆vsQyY1yD2Q

次に 「名探偵コナン」 の面々ですが

            /: : : : |_
       _ -: : ̄: : : : : : : : : \
     /:::: : : : : : : : : rヘl: : : :lヽ l
     /:::::: / 1x::l彡/|l_メ+l:lヽV
     l:::::::/-イコl_/ノ らli l/
     ヽ::::ゝ l kり  ,  ¨ l         ノi./77
     (:::L/|、   r-ァ /        r、l | //.ク
      l:::::::::::::::r 、 __/::|  _      ヽヽ. 'イ
.     l::::::::l:::::::|   ヾriゝ,-  \    | |  |
     ||::::::::|;;- ' __ -_= "      >   |   ノ
     ||l:::_:イ┴ニ- "    l  ,-ヘ'    / /
.     | |l /  { o      レ"  丶 /  /
      V {   人       \   V  /
      ゝ\ /  丶、      l\ /  /
        | l/       丶 iー- } \ /
        |/ }        |、_ノ    ´
.       l "'l         \
        l /          \
.       | /            ヽ

蘭、園子、歩美の三人に関しては、「ゲスト」 である以外に特に言う事はありません。



      {/ . : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:ヽ :|
    /  . : : : : :.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄`丶: : : : :` : ┴=ミ
   ′ . : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ー=ミ :ヽ: : : : : : : : : !
    |  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : :.\} : : \:ヽ: : |
    |  : : :/: : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :\:\
    l  :/. : : : : : :\: : : : : :_:_. -‐: : ノ`ヽ :ミ=ー 、: : : : :. : : : : :ヽ/
   !/ . : : : : : : : : : `¨¨¨: : : : : : :/ー=ミ\:ヽ: : :\: : :ハ : : : : : :.
.  / .. : :/ : : : : : : : : : : : : : : : :/=≦、   ヽ ヽ:\: : :\: : : : : : : :.
/   : : : :′: : : : : :、____: ; : く./-‐< 7ハ Y \} : : : :ヽ}: : : : : : :.
{    : : : |: :小: : : : : \: :ヽ `ヽ:ハ /   }//}  l:| : : : : : : : : : : : : : : : |
 ー=ミ: : : |: : |: : : : : : : : \:ハ  /Y'廴.ノ_'ン   l:| : : : : : : : : : : : : : : : |
    ヽ: :!: : !: : : : : : : : : : ヽ}:'__  乂 /   ノ ; : : : : : : : |: : : : }: : :ノ
     Y: : ! : : : \ー―‐ナ ´        / /: : ,}: : : : :|: : :ムイ
      |: 八: : : : : :\代ヽ             / : 〃: : : : 斗 ´ヽ
      人: : :\: : : : : :\ゝン        ムイム-<____ }
       \: : :\ : : > `ム -‐    /      /    ヽヽ///`丶
         ー==≦  /: : \           ′     . ∨/////ヽ、
               ′: : : :.`: .― -. . . .┤         .|//////ハ .
                   {:从: : : : : : : :〉 ´  /:|      } | |////////! }

その一方で哀は、後木舞商店街の住人ではありませんが
「薬専門の協力者、情報提供者」 の役割を担う 「ゲスト」 となっています。

情報面は、ぴよの担っていた役割の一部を受け継いだと言えるでしょう。


51 :◆vsQyY1yD2Q

「外部の準レギュラー」 と言う意味では、ミスターブツドーの同類ですね。


    iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
    ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
.         / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
         ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
         l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
        ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
          ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
            ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
               ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
               ゙!、           |            /´
                !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
             /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
             f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
               八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
            ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
            } \ \   「l\      /「[   / / !





   l.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :.ヽ
   L.‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ、ヽ
  「: : ,..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/.: : : :.\: : : : : : : : : : : : : :ヽヽ`、
  ,j.".: : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :./.: : : : : :./: : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : `、`、',
  i : : : : : : : : : ,..": : :._,..-'''/.: : : : : :./: : : :i: ト: `、: : `、 : : : : : : : : : ト .', i}
  .i: : /: :,: : :/_,..-'''": : :./.: : : :._,: /: : : : ィ: :ll',: : ト: : :.i: : : : : :`、: : :}', i '
.   V: : /: :,r'ア/ ./i: : ∠, -. π"/,.イ: : : : : /i i l ', i`,   l.: : : :.i. ', ',' l,'
  i.: : :.l. ,'./ / ./_/: : :._イ' /l. i//: : : : :./ i /_,l-'', l"',  l.: : : :.ト  i .l. ノ
  .',: : i',.l/ イ //_,."/ ヘ ッ_,.r/: : : : /‐'ノ" i .l ,' l ,'li: : : :l ', レ
   .V l 〉! i i i"´. ___/ ,i/ : : / /_ /_レ  l./ li: : i ノ j}/
   .∨: ',.l i <´.   `‐' ̄∠ヽ´       、`‐'  `>./: : ノ'.ノ/   そこはせめて
    / : : 'i. ト   `ー-‐ '"             ` ― '" /ノ''": : l
   .i: : : : :l l '、               ,. -〉         /l: : : : : :l       インデックスを例に挙げなさいよ。
   l i l: : :.l l、 '、 J         `.'         / .ノ.l: : : : :l
   .i.i l: : :.ll.l: :`.\                  /ィ: l l: : : : :i
    、Li: : :Hi- ― ` 、               イ'' ‐- l.ll: : : : /
       ̄       ./ `      .⌒ヽ _,. <      .//-‐''"
            _.l : :、.l  `  .. ´i:. : :',、_
         _,..-'''" .l:.:.:.:.:`、       〉:.:.:.:',:. "''-.._


52 :◆vsQyY1yD2Q

では、続きまして そのインデックスに関する話をしましょう。

              _,. -―――- 、
           ,. '´              ヽ
          /               `、
          /                      `、
         /            _,.〈      `、
      /          _,. -=≦∧      `、
      { 《≧=‐=≦     _,.-=≦∧      `、
       V《 '⌒)   _-=≦  ノ_,イヘ       :
        |∧_,. -=≦_>‐=≦二\_ \      
        | /,.千干ト、 ∧ ,卞、 ト、ト、N厂 「`     i
      _,.イ i /| /N__/  ヽN,.ィ示{_卞ミ ト、    ト、
       | N{ ハ《^f心     弋rツ | |ヘ     ! `、
       | .八! ハ ゞ″     ::::::::: | |.∧
       |/   !.八::::  ′       人 | |:∧
       |  rf《》_ > .  `こ′   イ./ ! !  }
       |  i!_i!| |___,. `>, .. < / | :!人 /
       |  l‐┐r‐┘  | {(_j _./    ! !  {
       | _j!i!.! |   _j 「ヽ/   /| |  \
       八に{/_ ̄_〉(a{ ̄ ̄_}ヽ/   !.!  _」 `ー、
        |  V -`ー 、\ / ̄ー '    (|「 X_|   |
        /  / -―‐‐r'ヽ.\ヽ/       |ト、 〉ヽ\ |
     // _/ -―<´ヽ   /- 〉    i  /i! `ー' ヽV!
    // / |  ´〈「ヽ_〉   //     レ'/  |!    ハヘ
   / j/  \  ヽ、  ,. イ{      !/ /:|ヽ    |  i∧
   レ'/  ヽ /`ー∧    V       V   | i   !  |∧
.  // 二//    / ∧    !\   //  | |  /   !∧
  //´ / /   /! ! ∧  |  :!\/ ,. -‐ 、 ! |     |  、
  !  / / /! |_j | | ∧  !  |  V´     ヽVト、   ! / `、
 /  / //  |   ∧!  \|  :!  V  ̄\   i | `、 〃   `、
/   .′ !     !   / |     !  |    vヘ   \ | |  V
|  ||  |     |  /   |   !  :!     !     | ! !/!    |
|  ||  |    ! /    |   ′ |    |     | | !  |  !   !
|  ||  |    / |   / |  ,'    !    |     ! 从 /  |   |
|  ||  |  . ′!   ! ! /   /    :!    // } / |  !  ∧
|  ||  乂ノ  |   | V   /     /      // j ハ/


メシア教徒として登場した彼女ですが
                  アト  ラス
実は、この時点で 後木舞 ( 後+Lath )商店街の名前が決まっていたので

「アトラスがインデックスに吸収合併された」 事をネタにして

まず インデックスを登場させる事から始まり、メシア教徒である事等は全て後付けでした。


53 :◆vsQyY1yD2Q

インデックスのデザインは、真・女神転生シリーズの世界観では メシア教徒にしか見えないでしょう。

と言う訳で、彼女がメシア教徒であり
『インデックス』 と言う、彼女の名を取った組織の聖女である事はすぐに決まりました。


         _人_     /     / x. ,.ろ  ,/ + ,rく、 ノ' /´ヽ     ヽ  __j__
        `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl      '.   l
      |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|     |     _人_
  __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'  |      `Y´
     `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |        |
      |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |     _ 人 _
           ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !         `Y´
 _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、        |   l
 `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \        - + -
      /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶         l
  !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
- + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.     _人_
  !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧    `Y´
   /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
  .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |  十
  ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {
'′        } / ,′   ヽ.|  l| ヽ   `i(ノ' , -‐ヽ__)i′  /    ∧  Y:....∨ /    |\
          V ...|        |  :|   \  {`ー ´ ,ィヽ. ∨  /    /  }  }|:.......V     {  \


しかし、ここで一つ問題が出てきます。


54 :◆vsQyY1yD2Q

問題は、『真・女神転生』シリーズのプレイヤー達が抱いている 「メシア教のイメージ」 です。

「ロウとカオス」 はあくまでも 「秩序と混沌」 、どちらのスタンスを重んじているかの違いでしかないのですが

原作では 「メシア教徒以外は人にあらず」 と言ったメシア教徒が多く登場し
「独善的」、「排他的」 な面が目立つため

「メシア教に対して良いイメージを持っていない」 と言う人は、思いの外多くいると考えられます。


【 イメージ図 】

       我らは神の代理人
       神罰の地上代行者
                     ァ=ュn
                    ((ζ `‐riニニニニ―- 、
                       ヾL__,,LL_____   !   我らが使命は
                      r「il ○ ○_.,、   /   我が神に逆らう愚者を
 , -―――――――――――――「__|―ュ_| i h、  /    .その肉の最後の一片までも
'―――――――――――――――l |―‐[二==リ'ァ''       絶滅する事――
                      | |´ト、= | ̄.]ヽ/
                        /| | ヘ \| ̄|゚! ト、
                         〈「! ! \ヽ|  |゚ト ! ヽ
                       `| |  ` !  !゚! | ヽ )
     ,  --――――-          | l\.    / l _||_
.  / /_ .l エ イ メ ン      ヽ    | | i ゝ-‐ ' l !  ̄|| ̄
. /  // l | n__ _   , -、 「`‐- 、 .}    | l ! ol   l l.  ||
 {  / 二 .l | n n l / _'_/ ! l ̄l l ノ    | | / ol  l |
 ヽ//  l l |,」L!L!L二7/,ノ  L|     | l.  o|  ! !
  //`   ―-------―  ´      ,| l.  o|  ! !
                         / | l    |  | |
                        /  | l    !l   ! !
                 /     .! !   l !  l. |
                /     ヽ.|   | l  ! !
               {⌒ゝ、       l .| /  !
                  ヽ   \      l /  |


実際、大破壊を起こしたのも、大洪水を起こしたのもメシア側と言うのもありますが

一神教的な価値観が、日本にはそぐわないのかも知れません。


55 :◆vsQyY1yD2Q

とは言え、真・女神転生シリーズは世紀末です。

いくらメシア教と言えども 今の平穏な時期に あえてそれを乱すような事をするかと言われると
それは ちょっとおかしいだろうと首を傾げます。

むしろ彼等が平時にする事と言えば、その平穏を乱す者と戦い
信者を増やして、勢力を増強する事ではないでしょうか。


                           __{ヽ、
                     {、 >=ニ  ─、 ≧z、
                      >/       ヽ    }_
                    、_//   ノノ 从ヽ  ハ   ヽ
                     ラ/{ i ≧  ノ/∧}ヽ  ハヾ  ハ
                    〃//ノノ ≪二ア/)  }\_, ハ___, \_人_人∧从_人∧人_∧_人_∧_人_从_//
                    /Y ∠___,////////ノノヾ ̄ ミ=イ  )                         >
                    ///∧===イ‐-、//////イ_/ }ノ  ヽ.   <  ご近所付き合いを大切にしようッ!! >
                  /////{_/∧ ,=─-、ル///{ 从 (⌒ヽ}.   <                         (
                    /./////// {//≧、 ////イ从 {`__.    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^⌒Y^YY⌒Y^YY^^Y^\
                     ////////  ヽ//∧//∠=-->彡イ ハ
             ___/ /////ノ   ノ{ニ}|三 ̄__Y´: : : : : : ハ__
              { \/////<'"   {i  }イ ̄  / : : : : : :ノ : } : : : : : >、
              イ.   \_/──--ヽイ   / ,'─-==、 :/ :/ : : : : : : : : : 三ニ=、
           /、     / : : : : : : : :ヾ    イ     } : :{ : : : : : : : : : : : : / ̄V
          /  \___イ} : ┌──‐‐ト=彡  |       | : :; : : : : : : : : : : : ////∧
         イ /      / } : :.|    イ      |       | : : : : : : : : : : : :/ヽ///∧
       ,イ  /        /   | : :|    ,'     |       | : :{: : : : : : : :/   \//
     /         /ヽ  l : :|    /       |       | : :i: : : : : :/         \__
.    /           イ   }  l : |  ./    ;    l       |: : :} : : : /       / 三三三ヽ
    {        ノ    {.  ∨  ./     {   /       / : : { : : /         /三三三三ニ八
    |       ∠ニ=-イ}  ノ  ./     ヽ. /      / : : : i : /         /三三三三ニニハ


なんて事をミスター・ブツドーに言わせましたが

これは私が、メシア教徒とガイア教徒が今の時代に行うべき事は
「来るべき世紀末に備える事」 だと考えたからです。

逆に、平穏を乱して騒ぎを起こす者達は、メシア、ガイアに関わらず狂信者と言う位置付けにし
真っ当な信者とは分けて考える事にしました。


力に従うはずのガイア教徒が 「ご近所付き合い」 を大切にしているのは
「現代社会」 が持つ見えない力に一目を置いていると言う事でしょうね。

実際、平穏な時代に過激な狂信者のような事をしていれば
社会を敵に回し、犯罪者、テロリストとして社会的に抹殺されるのがオチだと思います。


56 :◆vsQyY1yD2Q

と言う訳で、『インデックス』 は真っ当なメシア教徒
穏健派メシア教組織として登場する事になりました。

しかし、設定上 穏健派だと言っても

 そ れ を 読 者 が 信 じ る か ど う か は 別 問 題 で す 。


と言う訳で、ただ穏健なだけでなく

表向きは友好的で、過激派よりも巧妙に迫ってくる組織として登場させる事にしました。


     /: : : : : : : : : : : : : : : : :/   ヽ: : : : : : : ヽ
    /: : : : : : : : : :_;   -‐  ´      \ : : : : : l
    ,: : : : :/: : :/´                }: : : : : |
    |: : :{: :{: : /               ノ: : : :ノ: |
    | : : トゞ≧- 、            , - ≦、ーイ: :/
    八: : |/    \        /    \ |: /
    r=、|      ヽ\    //      レ=、
    | ヘ.| 丶=冖¬ミ、      , ィ¬冖=-'  ; ヘ|
    |  ハ     -‐`  ':   ´‐-      /、 !
    ', 〈ハ\        :|         /ハ〉 /
.     \ ヘ ヽ      : |        / / /
      丶-',      、: :| ,         /-'
        ∧  r 、 __,`二´、__  , ┐ /
          \   ̄`ー--‐'´ ̄  /
           | \    ̄ ̄   /|
           | 、 \     / , |


『インデックス』の幹部として早々にカワリーノが顔見せしたのは

一見 穏健に見えながらも、裏の部分も しっかり見せて 「こいつはやべぇ!」 と思わせた方が

 イ ン デ ッ ク ス 個 人 は 真 っ 当 と読者は納得してくれると思ったからです。


   :::::::{ ::{   __一二三三三三ニ=/⌒ ニl
   :::::l\::} /-―- 、\一二三三三ニ/    ニl
   、 :廴 `        \ ‐二三ニ /  - 、ニ/
   〈        ___   ヽ  ー  / /   V
  /      /´    \丶 ヽ    / c   l}
\/    ーイ        ', l       l|    /!
\      l  C      l      ゝ==彡リ
 / l     丶       ハ      l  ̄ ニ/
l {  l   l  ー=>==― 彡       l  ニ/
、 \ l    l                   Vニ/
/\_ l   \               ∨'
    ニヘ                  ,.イ
    ニ\               ‐'∨


そう言う意味で カワリーノさんは、本当に良い 「メシア教徒」 と言えるかも知れませんね。


57 :◆vsQyY1yD2Q

ちなみに アナコンディも、メシア教のイメージに関わる 「ある役割」 があって配役されています。


   V     |    |  V |  l       l /l /      l
    |    |    |  V |  l        l / l/       l
    |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
   、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
     \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
     ∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
     | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
     |  j j   |        l!          /_」
     l  ||    |          j|          /\!
     卜、! |    |\       ヽ           /  j
     \リ|    |/ \                / |/ハ
      〈 」 |    |    \     ー==一    // /
       》|    |     /> 、 ´`    / / /
     //|    |     / /|  >、_/   |  |


先程も言った通り、真・女神転生シリーズのプレイヤー達が抱いている
「メシア教のイメージ」 は、あまり良いとは言えません。


いくら 『インデックス』 が穏健派組織であり、インデックスが おとなしいメシア教徒だとしても
それで読者の中で メシア教全体のイメージが良くなる訳ではないでしょう。

私自身も それは諦めて、「メシア教の危うさ」 を表現するために カワリーノを登場させた訳ですし。


58 :◆vsQyY1yD2Q

インデックス自身が良い子でも、メシア教全体を信用出来る訳ではないため
メシア教組織に属するインデックスの身が心配になってしまう読者も出てきてしまうのは仕方がない事でしょう。

実際、原作のメシア教は 「偽物の神を作る」、「人工的にメシアを誕生させる」 なんて事をしている訳ですから
身内でも信用する事は出来ません。

小組織の集まりであるガイア教は、穏健派と過激派がそれぞれ別組織になりますが
メシア教は穏健派も過激派も一つの大きな組織に属してる訳ですからね。


     |  l   /   /⌒ ヽ 丶__ヘ、  \-――- 、  | /   /  _____  \
     |  ヽ /  / /  , --、/ : : : : : : \   \- 、   \r'__/  /  \__/ \  \
      ヽ. /  /  /  /  /: : : : : : : : : : : \   \\   \   /  \_____/ \_)
   / ̄ ̄  /ヽ  /  ,/  /: : : : -――――ヽ    \\   \/
  /   / ̄ ̄ ヽ.  ∨ 〃  /: :/       / /\   ヽl\   \__
  |   {      \///   /イ           //_ ヽ   l  \__   \
 八  ゝ、___ /  /   / /\         /'/    lハ   \     \   \
   \       / //   / l _≧:- 、  // , 。ヤ r 十レ、   \     \   \
      ` ー/ /- /   /l  !/  _   ヽ/ /ゝ'  /  l/  |\   \     \   l
      /   /  /   / r=、l く 入゚ノーャイ⌒ヽー‐'    l) /l  \   \     l  |
      /  {__,/   // l  :. 弋___/  |       /イ l    \   ヽ   ヽ  ヽ
       {    /   / |  \ム         `        / \ \__ヽ.  |     \ \
      ゝ _/   /   l  /⌒ゝ      ャ つ    /   丶. ___|   |      \__)
         /  /   / /    \     ' `   ∠-、__       |   |
        ,'  { _/ /   _/ `>     / |       l|     |   |
        /!  |__/   |l    l  |    ̄  ├i     l|     し ノ
      (_∧  ヽ      |l    l/しノ⌒ヽ/⌒ヽ ∨   l|
         \  \     |l    \ /       V   〃
          \  \   /\、   |        /    〃、
            )  ) /   \、  \      /   //  \


そう、アナコンディに求められた役割。

それは、そんなメシア教の中でもインデックスを守ってくれる 「庇護者」 です。


59 :◆vsQyY1yD2Q

これまでの作中の出番の中で、アナコンディがインデックスを個人的に大切にしている事は
おそらく皆さんにも伝わっていると思います。

彼女がいればインデックスはメシア教の中でも大丈夫。
そう言う安心感を読者に与える事こそがアナコンディの役割なのです。

            r=≠ァァx.  `>'´ ,/´1
           l ァ¬/ / `>-- イ^ヾl |\
           レ   / / l ∧ 、    \ l ノ
           /  j/ / l/  ヽ\  ||八
           \ | ハ /  \ \l\人| ゝ二二二二二¨7
            /`j |ヘ'《 ヤ`tテミx  / /イ         //
            \{ ゝく   ̄   〈 /ノ           ///|
             >--、二二二二二. <       l/´  |
           /^ヽ   \>、 ̄// >>_
          //^l |    l\_ \ノ1_  ̄ ̄/
         /  | |     \/>┴ ⊥._
          〔/^l  | レ-‐  // |  `丶 \
        /   l  !ノl   / /   \    l  |ヽ
        /     ノノ´ 、   / /       \ l / |
    /    /´    \/ /        l// /
   ∠ -‐ 、./        ヽ|       _」l´_/
  〈  ,ィ 三ス          \ `三二ニ彡イ ヽ
    V/ _/^⌒\             ヽ         l |_
    V l   | |            〉      | /├ r ┐_ __
     ヽ ヽ.   |ノ〕         / ̄ ̄`丶  / / | ナー'ニ-┐|
     詫_/´            |.厂 ̄\  \ /1_ノ ノ  , ィf「_ノ
                    /       \  \ | `¨´ ̄ \」_|

そう言う意味で、原作でも一途に愛を貫き、ついには最後までプリキュアでも勝てなかった彼女は
インデックスの庇護者として相応しい配役だと言えるのではないでしょうか。




















   V     |    |  V |  l       l /l /      l
    |    |    |  V |  l        l / l/       l
    |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
   、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
     \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
     ∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
     | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
     |  j j   |//l/i.      l!      //l/i /_」
     l  ||    |          j|          /\!
     卜、! |    |\       ヽ           /  j
     \リ|    |/ \      ┃        / |/ハ
      〈 」 |    |    \     ー==一    // /
       》|    |     /> 、 ´`    / / /
     //|    |     / /|  >、_/   |  |

案外、インデックスの愛らしさに心の中で鼻血を流している可能性もありますがw


第15話へ  2  第16話へ

posted by 文月みと at 21:38 | Comment(14) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
ぴよ・・・もとい小鳥さん、哀れな・・・w
デビルサマナープログラムの人格OSとして出たりしても面白かったかな。
デビルオークションの受付として出たらいいかもw
Posted by at 2011年11月14日 23:47
>彼女がいればインデックスはメシア教の中でも大丈夫。
>そう言う安心感を読者に与える事こそがアナコンディの役割なのです。

うーむ、安心は感じないなあ
過剰に縛り付けてる気がして、余計に不安になるんだが…
まあ、元キャラを知らないということもあるが
Posted by at 2011年11月15日 03:10
リアルタイムでも見たけど、ピヨちゃんカワイソス

あと神楽はそれでいいよw
Posted by at 2011年11月15日 04:23
アナコンディさんは、百合な人なのかー…インデックス×アナコンディさんでもいいのよ!w
木山先生、マリューさん、ななこ先生の飲み会は欲しいなー…願わくば、それがななこ先生への裏世界への説明会とかでありますように…w
Posted by at 2011年11月16日 05:35
先生は知得留先生がよかったとかいわなよ?
・・・いわないよ・・・?

いつか・・・いつか知得留先生を・・・!
Posted by at 2011年11月18日 09:22
確かに、メシア教徒の印象は最悪だよな……私の印象も『メシア教徒&天使=悪魔よりも悪質かつ外道な狂信者』で固定してますし。
Posted by at 2011年11月19日 11:31
メガテンシリーズはガイア勢力の方がマシにおもえるんだよなあ…どっちもどっちだが
Posted by at 2011年11月19日 23:50

先生、師匠、保護者、理解のある大人が居てくれると安心できますね。
先生はやる夫たちの秘密を知ったらどういう反応をするのか、その一点がまだ不安ですが。

インデックスは重要な立ち位置に居るようですね。
今後の活躍に期待したいところです。勿論ヒロインとしても。
アナコンディさんは、どうなんでしょう。
インデックスを大切にし守ってくれるとは思いますが、一方で教育ママみたいな印象を受けました。
その辺りはいずれやる夫が介入して一石を投じてもらいたいですね。
Posted by とあるA at 2011年11月27日 21:30
ああ、そうか。
作中での「組織インデックスによる商店街買収計画」も
そこにかかってるのか>「アトラスがインデックスに吸収合併された」 事
Posted by at 2012年01月14日 15:34
ここのカワリーノさんは原作ともオカワリーノないのねw
Posted by at 2012年02月27日 23:12
個人的には餃子またはマヨネーズの手術設定画がメシアの印象悪くする決め手だったかなー
アナコンディさんは意外とふつくしいAAが多いですね
丁寧な描写と相まって、見事に狙い通り安心感を与えてくれるキャラに仕上がってると思います
彼女の出番が来るとたまにガッツポーズするw
Posted by at 2012年10月24日 23:36
組織の末端構成員が非道で、取りまとめている幹部連中がまともなのがガイアで、
逆に末端構成員がまともで、幹部連中が非道なのがメシアのイメージですね。
そのおかげで、メシアはどうしても組織の在り方自体が非道側に寄っているように考えてしまいがちです。
後は、原作で社会を世紀末に「した」のがメシアの過激派っていうシナリオもあるので擁護できない部分もあるかと。
とはいえ、そういった諸々を「ご近所付き合いを大切にしようッ!!」の一言で切り捨てて読者に考えさせる作者様の手腕は見事としか言えないです。
Posted by at 2012年12月23日 15:17
アナコンディはそういう役割だたのか、教育ママ的な本人の人格を無視した
インデックスという存在そのものだけを大切にするような役柄に見えたな
もうちょい優しそうな雰囲気のキャラの方があってた気がする
Posted by at 2016年09月27日 06:31
原作でもPS装甲の開発に関わっていたっていう設定だから、
防具担当っていうのは実は適任なんだよねマリューさん
Posted by at 2016年12月08日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50385133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ