■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2011年11月14日

ヒロインを中心に裏話色々(3)

第15話へ   3 第16話へ

60 :◆vsQyY1yD2Q

それではいよいよ、えりか以外のメインヒロイン二人について お話ししましょう。


          ,:::::::/:::::/:::::::::/:::::/::::::::::/:::::::ハ:::::::::::ヘ.            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
        ,::::::/::.../::::::::/i::::/i::::::::::/!::::::/ l:::::::::::::∧        /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
        ,::::::/:::::/:::::::/-!:::!、!::::::::! .l::::/ l::::::::::::::::::!.        /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
         l::::/::::!::!::::/l' __l:::! .!::::::::! .l:/ ‐-!::::::::::::::::::!.       i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
         !::/:::::l::l::l/ィ行ミ:! lヽ:::::l  リ i__,l/l:/!:::::/::!.       |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
       .l:::::::::::!:lリ〈 {r'::::::}    ヾ イ行ミヾ/:::::/::/         .| |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
.        /::::::::::::iヾ!.|弋_;;ノ     {.r':::::} l::::/::/         | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
       l::::::!::::::::lヽ | : : : :    ,  弋_;;ツ !::/::〈         ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
        l::::::!::::::∧ |         : : : : : ∧::::::l            |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      ハ:::::!:::::::::∧ |     r‐‐-,     ∧::::::::!.          / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
        l::::::::l:::l::::::::::ヽ     ` ´    , ィ::l::::::!::::!            / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
        l::::::::l::::!::::::!::::| |>  _  r '::::::::::::::!:::::l::::l.        /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
        l从:::!:',:!:::::iイ | `ー 、    .ト;:::::::::::::::l::::::l::::|        /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
.    _,, -‐''ニ:ヽi!ヾi∧|    ィヽr' .ト、:::::::::::::!::::::!:::!       /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
   r': : : : :ヽ:`ヽ: :!: : : :ヽ   /.:.:.:.:!, V:.ヽ、::::リ从ル'       /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
   !: : : :`ー: :\:ヽ:!: : : : :ヽ/ ヽ.:.:.!ヽV : :V:.ー- ,__.        /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ
   !: : : : : : : ヽ:\ !:`'ー- ィヽ  !.:.:ヽ .!: : :V: : : : : : `ヽ.   /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
   !: : : : : : : : : : ヽ!: : :V: : : : \ !.:.:.:.:!.ト、:_:V: : : : : : : : !  ./  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧


実は この二人、ある共通点を持っています。


61 :◆vsQyY1yD2Q
    ||::::i::|:.     _      /}:::i〈}:}Yヽ !.             /: : : iヽ、` _  :.:.:.: イ: : : : /: : : : : : :\\
    ||::::i::|:::::.、   `ー'   ..::::|:///ヽ{|            //: : : レへ. '`   .イ: : : : : ハ: : : : : __\\〉
    ||::::i::|::::::::`ト . ___ . イ::::::::|「「し'⌒ 〉!            /: /: : : :/´  `Tヽ、/|: : : : :/:'フ´ ̄´  `i: \\
      |::::::i::|:::::::::广二ニ==,/::::::::::|i_! ! ! ! {ノ.          /: : /: : : :/    r‐j、/ } .|: : : : レ'.       |: : :.\{
.    八::八{ ̄`ヽ`ヽ  ハ`Y>:::::八」」」 }          イ: : : :/: : : : j     }三ミf;Y=|: : : : |     /  {\: : : \
     /ハ{     \\/:i:ト. ヽヽ{:::{     ヽ         /: : : /: : :, イ   .}∠彡'⌒iミミ、: : : :| j    /  ∨: \: : :.
.    {       .:   ̄\:i:}__}:i}Χ`i_    ',        /: : : : /: : / /   , '/    ヽミミ;ハ: : ∨  / \.  ∨: : \: : :
      |      .::ノ:.     ヽ:i:i:i:iハ \}   '..    /: : : :/:/: /i / ./ /      ; `´  iヽj、ヽ、      ∨: : : \:
      |       i/      Y:i:i_}|`.          |: : :./{:.|:|:|  ヽ/ ./      ノ'   |  ヽ{        ∨\: :
      |      /          Y:i:i|└ 、}     ',    ヽ::/ ヽj从  .| / |        /    |    ',、___, :イ: : : :.\:
      l       !           Yi:|   \    ',..   ||      i/レ'|、    /     |     ',.‐'´ ̄}: : : i: : : : : : :
           |: : : . .        Y}    ヽ    ',    リ      i .| ハ     ;      |    .}--rイ: : : :ヽ: : : : : :
.      l     |: : : : : : : : : : : : : :i:|:      i    ,.         \{ ハ.    i.       |    i ./:.:.:`ヽ: : : ヽ: : : r
.     l     ∧:_: : : : : : : : : : : : リ : : : : : : 八    〉.            ヾj-ヽ、_j      j   / ;':.:.:.:.:.∧: :: : :\: {:
.         /  ヽ〉: : : : : : : : : : /: : : : : : /: : :ヽ /.             |:.:.O:.|. \   /  / i:.:.:.:.:/:.:.:\: : : : \
      |     ∨: : : `: :ー=彳: : :_:_:ィく: : : : : :/             └r、__j  ./ ー<_,: '´   |:.:.:.∧:.:.:.:.:.\: : : :
.       !      }: : : : : : : :/`: :厂   `¨¨¨´                \__,イ:.:.:.:.:i:`ーi       i:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:. ̄ ̄


いえ、「そこ」 ではなく。


62 :◆vsQyY1yD2Q

実は この二人、『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 に敗北しているのです。


                 -――--
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、      ,
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     て_
             /::::::/:::::/:::::::::ハ:::::::ハ:::::::::::::::::::,       そ
         /:::::::ハ:::ハ:::::::/ !::/  ';::::!::::::::::::::       (
         !:/!:/!´ v! V:::{  }/ニ'' l!::/!::::::::::::::!
         'j:::::ノ三三 ヽ!  三三ミ! |::::::::::::::|
          !:/⊂⊃         ⊂⊃ !::::::::::::::!   マジっすか!?
            |::ヽ   r―‐、   u .l! |::::::::::::::|
         从:::::`::... l/__}__,..l!ィj::::/:::::::;
           ヽ::ト、::/ト-イ x=、::/:::/::イ::ハ::!
            ` j{ /j:.:イ/  , ヽイj:/レ'  ヾ
          、ー-r、_/ !.!:.:/  }  ハ
       てと ノ j 乂:..ヽ/ r-,〈-、 .!
        `¨’==x_トニ: : と ! 〉 j
               j    `¨ヽ`¨´
              !  ハ   __!
             /`T.:.!'':.:T.:.:!.:',
             /.:.:/:.:.!.:.:.:|.:.:.';.:.:.
               /.:.:/:.:.:.|.:.:.:.!.:.:.:';.:.:.,
           /.:.:/.:.:.:.:.!.:.:.:.!.:.:.:.:!.:.:.,
           ヽ/_.:.:.:.:.|.:.:.:.:!.:.:.:.:!_:.:ノ
            !  ̄! ̄ ̄`', ̄ ',
             |`.:.:´!    ト--.:.!
             |.:.:.:.:.|      !:.:.:.:.:!
            ト---!      ト---}
                V//ハ    j///ノ
               ̄      ̄


それも、どちらも 複数回。


63 :◆vsQyY1yD2Q

そもそも、モモの役割は 「忍者」 です。

   _____                   __
  |       |                 /:::::::::::::::::::::::::::::\
    ̄ ̄/  <            /:::/:::/::::::/:∧:ヽ:\:::',
.    / /\ \          ,':::/!:i:!:/!从/ -',::L:::::i::::',
.   < /     \ >          l::::i:|刈テ'川! ≦廾、!:::::::::|
   ┌───┐          l::::j 代リ   弋:::!リ |:::::::::|
.    二二二二         , --::从 |'''     ''''|''' l, ─ ト
  └─‐,  ,─‐┘      人jjJJ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄UJJ/\
     / / /7/ 7.   / |                     └‐i
.    / / / // //>  |`                    |
.    ‐‐' / //   ./   |                        |
        ‐' ─ '.      |                        |
  ┌_─┐          |                        |
    /, 、\   / ̄\.  |                        |
  ∠/  \> l < /ヽ l.  |                        |
    /> .┐__`__ ‐'   !                         |
   </‐‐┘┘|└_┘  |                        |
   <  /7 ! ̄└ ┌┘.  |                        |
.   | |/| |\>.」 !.     |______________.|


ゲームのように敵と戦いながらダンジョンを進んでいくだけではない話作りのために

メインヒロインであると同時に
「戦闘以外に何かが出来るレギュラーメンバー」 としての役割を求められています。

今のところまだ、それらしい活躍の場はありませんが
サマナーとしての仕事を始めれば、彼女の活躍の場も増えて行くでしょう。


64 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼女が 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 で最初に戦う事になったのは


              .. .:: ´::_::_::_:: ::`:: 、            , 、
              /:> ´.ィ´ ̄::ミ 、:: :: ヽ、     ´ }  /./
          ..:'/, :: ´:: :: :: :: :: ::ヽ\:: :: :\    | .|  /./     ィ
             ム'イ:: :: :: :: :: ト:: :: :: :: \`::<:: ヽ.   | .L /./   / ノ
         /:: :: i!:: :: :: :: :∧ヽ:: :: :: :: :ヽ:: :: ::ー=ミ、 }   `ー ´/
         .' :: :: :|{ :: :: :: :: ::ム‐< :: :: :: :}\:: :: :: ::ノ 、    ー―っ
          ハ :: :: | 、_:: :: :: :: :: :ゝ  `\: ノ:: ::ヽ> ´ _  ヽ `丁_ ̄
          |:{:: :: イ ヽ::_::_::_::_〈 ィ斧ミヽヽ:: :: ::ゝ ィ´ハ `ー 、__ノ ノ ヽ _
          {:{::\::| ィ斧ミ   、込り/  \}、:: :}       \´   } > .
           、 :: ヽ〈{ 込ハ     `ー '   }rノ:: ヽ;        \¨´ヽ     > 、
            lヽ:: ::、 `ー ' 、  _     /::ト:: ::ハ}         ヽ        \
            |: ハ:: :: `:: 、   マ´  }  . ':: ハ V  ___  , ―― - 、        >
            |/ ヽ:: :: :: :ヽ、_ゝ ノ/V`ヽ、ィ´     , ´       ー=ニ   /
           '   ` <ト、<} ̄ /  〃/   ./              > ´
               ,r 777/ハ/ィ .///   /             > ´
          , -‐-、   / /r、/_{/´  }、/:{/ /         . -‐ ´
          ハ '.  } / /´ {_/    ノコ: !/   '    ..´
    _r‐f´}.〈 、__ン. 〈 /{ イ ト、 /: : ',|  /    /
. rーイ { {ノ r ア ´  ノ 〈_,ノ/ }  ハ: : : : :}.:.  /  /
 `¨ り` _ノ /  /: : : :ヽ´ : : ∨: : : : : : ; :ヽ/  イ
 /、/   イ、 . ' : : : : : ○〉: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : :Y´ /
<i:i:/ヽ { ´ノ  }!:.:.:.:.:. : : :.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;:' : : : }: /
 `  <     八:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ: : : : :/:/
       `ヽノ   ヽ、:_:_〈 - :― : : ̄ : : : : : /:/
        \   ヽ: : \: : : : : : : : ‐=ニ〈ム
         ` <  '.: : : :\: : : : : : : : ‐=ニ> 、
                `ー〉 : : ○ヽ: : : : : : : : : : `ヽ: >、
                ミヽ : : : : }: : : : : : : : : : : : ///\
                 | : : : : /\ : : : : : : : : : ://////\
                    '. : : :////\: : : : : : : /////////\
                    '.: :///////> 、: : //////////ト、ヽ
                W//////////ヽ///////////} ヽハ
               ノ////////////////////////|   V}
               //////////////////////////,!    '.!
              ∠ -<////////////////////> ´     }
           ム     ` ー=ニ二_二ニ= ´         ,
          /:. :. :.`ヽ         /              /
         /:. :. :. :. :. :. :.\       .イ              /


ぴよでした。
富竹の後輩記者として候補に挙がった時の事ですね。

この時は、「戦闘以外でサポート出来るメンバー」 と言う条件で考えていたため
一般人の新聞記者である彼女が最初に浮上していたのです。

しかし、完全な一般人では戦闘が始まると何も出来なくなってしまうのではないかと言う事で
彼女は 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 に敗北。

ぴよは女教師の候補に回り、この時点ではモモが勝利していました。


65 :◆vsQyY1yD2Q

続けて、モモが戦う事になったのは


               _,.. : : :―: :―: : . .、
            __ /: : :/ ̄`ヽ、: : : : :__:ヽ、 ,ィ/ハ
              /: : `ヽ: : : : : : 、: : :.\: :{//`ヽ-、//{__
           /: : : : : : ,、ハ,: : : : :ヽ: : : :ヽ:∨//Y/}: : : : :`ヽ、
         ,: : : : : : :.:r''´ ヽ: :{: : ∨: : : ∨{_/イ/∧、: : : : : : : :.
         /: : : ,: : : : l   }: l: l,ィ}、:!、: l:∨: ;{/ハ__/、: : : : : : : ':,
        ,.:{: ;: : l: : :{: :.!    !,イ!ハ:/,.tュ、从!_:/: ;:.∧: : `ヽ、: : : : ::.
       /: :.|:{,: : !: :イ´{`   /  ,ィて_刈> ヽ:/イ_ヽ,: : : : : :、: : : : .
        ,: : : :l:!ハ: {: : :l,ィチ心      弋(ソ     ( 、 },: : : : : :,: : : : }
     /: : : : {i:∧:!、: 圦弋ツ            -イ/: :、: : : : :l: : :./
      {: : : : : : l: : :/: :ハ    `         ,r-r ': : :.l\: : :.}: :/`ヽ、
        、: : : : :|: :イ: : : :.:.    ィー イ    ,イ  !: : :.:.:|  ` 7: /: : : : :.
        ∧: : : :Y 、: : :.込、    ゝ-'    ,...:{/   !: : : : 、  /:./ \: : :',
      /: :\: : :\ ヽ: : :/ >   _  _ イ  |    、: : : : :∨:/    }: : }
       {: : : /`ヽ、: ∨二`ヽ---/ `ヽ、   ∧    、: : : /:./   ,.イ: /
       、: : ヽ   }:/:/  `ヽ、:..:∨   >‐イ、 `ヽ   \:.{: {\,..:´:_/
       \: :`∨:{:..!   {   }:..:\  / { \/ ̄ヽ-、\:`ー_-. 、_
          ` -/:.∧:!   `ヽ ト、:..:.\/  }!  !l:..:.l:..!  ヽ 7: /:7-,: }
          {:,イ Y       }:..:..:..:.∧ |  |:|:.ヽ:.{  ∨_:.{: : :_ノ
          l:!   }〉    (\|:..:..:..:..:.∧ ! ;:.|:..:.Y   ∨ ゝ:{_,
            /イ   {  / ̄_ ̄`丶、:..:..:..:.∧!/:/:..:..r、} _/\ `´
             l /ノ/ _    `丶、:..:l∨:..:..:{+ノ!     /
             、´ //,.        `丶、:..:..:..:..:!    \
                 } 'ーィ,.イ ̄_ー',:..、    `丶、/   ___ \
              ヽ , イ、´   ∨:::::`丶、      ̄`ヽ  }>'
               `-r- ハ i }  ヽ:::::':..:...`:..、          |
                 }:..:..:..、    ヽ:..:./:..:..:..`:..、       ,
                 ∨:..:..:.:,     ∨:..:..:..:..:..:..:{` 、__ /


黒子でした。

彼女は 「トラポート」 で異界内を縦横無尽に飛び回り
時には、やる夫達も運ぶ事でサポートが出来ます。

何より彼女の強みは、「忍者」 と言う原作にない設定を付け加える事になるモモに比べ
「トラポート」 で瞬間移動と言う能力自体は原作通りだと言う事でした。


66 :◆vsQyY1yD2Q

この時点で、モモは一度敗北。

「戦闘以外に何かが出来るレギュラーメンバー」 の座は黒子に移ってしまいました。


             ‐ァ  ニ  l l      -l-
             人.  ノ   ノ レ  つ   ゚ノ

                  __
               , .:::::::::::::::::::::::::....
              /:::::::::::::::::::::,、::::::::::::ヽ
             r‐、 /::::::-:‐-:ハ::/-ヽ-:!i::::::::::', r‐、
         ,r' /ヽi:::::VT::::T '´ T:::Tリ:::::::::::i;へ ヽ、
          ̄〈:::/i :::.ノ |i‐┘__└‐|i |::::::::::|ヾ/¨´
             .ヽi::::::ゝ|i_  ゝ..ノ _.|i |::::::::::| ´
               ト:ハヾ|i:{{TiフT::毛i:!|:/レ::::/
                 |/:.ヽー|::|-:.´:く  ´
                  弋:.:.:.:.o´:.:.:.:.:ノ
                 }:.:.:.:.o:.:.:.:.:.{
                    /へ./\.:.へ
               /:.:./:.:.:.i:.:.:.ヽ:.:.:ヽ


モモは一旦、ステルスで 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 から姿を消す事になります。


67 :◆vsQyY1yD2Q
                         __    __   /: : : : : : : : : :`丶、   
                      __,./: :ヽ: : :`丶」/⌒Y´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、  ,. -==ミ、
                       rv'Y: /: : : : : : \: : : \ 〈: : : : : :x< ´ ̄ ̄`ヽ : : l/       \
            - ── -{`ヽ/.:/:/i : : }┴i: :} ∧ :.i: :ヽ_」`ーァ'´: : : `ー──‐;ィ :|           )
⌒ヽ      /: : : : : : : : : | ∨: :レ{: { ト、ト::::」斗匕ト、|:.i: i } /: : :、: : : : : : : : :/(: :(       ト、
         /. :-──ァ - .._」_/ : : 小乂≦ィ' レ-‐rッァ:.|_」 V{: : : : \ー─‐ ´  ヽ:.\     ノ: }
ー==ニ二.:イ. : : : : ::/ . : / |. : ::Ν| -‐rッ'..:::::.'´ ̄::::レWY-'"^ヽ: ‐-:`二二ニ=- 、ゝ、:`ミ辷彡イ
        /. : : -─┤: : :>、∧ト、l|ヘ| /:::::      u{_.ノ    \: : :`ー-.: ‐=彡イ ー---‐'⌒ヽ
      /. : :/     |: : :/: :/\|ヽ Yト、u   ===-、  ノ      , ‐-、ー---‐ ´   \        )
.     /.::/     |: :/: :/      ヽ、_、 └   ̄,.イ__ ____ し(r、ヘ _           ヽ     ノ
    |::/      |:|/              ーァ -‐ ノ} Y: {:{  ⊂=-しと^ヽ         )
    |′   ,. -=彡|:|           __.イ  ̄7ト、 ハ:{: ∨'ー  `丶 } \       (
      /.:/   ノ.:ノ           /{:{: :\/{ Y{...:i::Y\    /トミ、  丶、     ー-
     /.:/   /:/           ∧{:{: |: :トヘ∨/:::::i:::::Y'.:ト、   //_  \  \
      l:/   /://)_ ∩            }Y、l.:::i::ヽ{/::::::(†):::::\| \{{:::> 、 ヽ、 ‘.
      |′ /:/ 〈 /rう ヽ        ノ  Y:.::i:::::::ヽ : : :i : : : : '、   ̄    ー─‐┘
         (:(    Y〈/) ‘.      ∧   '、:.':、: : : : : :ヽ: : : : |
          ))     \〈ー-、\      ト \__ヽ: :ヽ: : : : :. : i: : : :l
                 `丶 } `丶、 / ー┬…^'ト、.i: : : : ::.. :i: : :|


その後、えりかと属性が被っている等、いくつかの理由で黒子が没となり
「戦闘以外に何かが出来るレギュラーメンバー」 選びは、一旦リセット。


次にモモの名が浮上する事になったのは
「最初の異界化ダンジョンである北高潜入イベントで出会うヒロイン」 を選定中の事でした。


i =======||==========||==========||==========||
il.[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||
i =======||==========||==========||==========||
il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||.     |\
i =======||==========||==========||==========||.     |  \
il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[[||.     |   |
i =======||==========||==========||==========||.     |   |
il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[[||.     |   |
i =======||==========||==========||==========||.     |「  .|
                               \     |   |
    ∧∧                ∧∧         \.  |   |
   (゚  ,,ミ              (゚Д゚,,)           \|   |
    | ∪              (|  |)            \. │
    |  |〜                  |  |〜            \.|
    し'ヽ)  ))              し`J                   \


図書室で出会うのは誰かと言う事ですね。


68 :◆vsQyY1yD2Q

一度、候補に名前が挙がっていた事から 最初にモモの名前が浮上したのですが

                   ______
                 ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::::::ヽ::::ヽ::::::::,
          /::/::::::::::::::::::/:::::|:::::::::::::::::::{ }::::::::::::|:::::::;:::::::::.
          |!.|::::::::::::/:::/::::!::ト、::::::::::::|::|`ヽ:::::::::/::::::::|:::::::::|
          |!.!::::::::::::!::::!:::::ト::! \::::::::|ヽ--!::::::/::::::::::l::::::::::|
            |::::::::::::|ヽ|x==ミ   \:::! x==ミ/!/|:::::/:::::::::::|
            |::::::::::::;〃ん心ヽ    ヾ んi心`ヽ:::/::::::::::::::|
             |:::::::::::::|! {///r}       {///リ |!.|:::::::::::::::::::|
             |::::/::::::| |i`ー '         `ー' |! !:::::::::::::::::::|
              |::/:::::::::; |i|i|i     ′       |! |::::::::::::::::::::|
          /:/::::::::::∧   ,  ---- 、   |!;'::::::::::::::::::::::,
            /:/!:::::::::/:::込、  {      } ,. イ|:::::::::::::::::::::::::,
         |:/ |:::::::/:::::|::::::个ト` ⌒  ´イ!ヽ:::::!::::::::::::::::::::::l::|
          |:! !::::::|:::::::|::::::::|::|/ /`¨    .|-!';:::!:::::|:::::::::l::::::|::!
         |! ヽ::::トレ::|斗イ/ / }     _| ';|::l:::!:::://::::/:/


この時は 別の候補が二人も浮上したため、あっさりと敗北してしまいました。

またもやモモは、ステルスで姿を消す事になります。


69 :◆vsQyY1yD2Q

この時 メインヒロイン候補として名前が挙がったのが、こちらの二人です。

              -―…―-
            /: : : : : : : : : : : : : : :`: .
.          /:-:‐: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ                      ,、-' "´ ̄ ̄`"'ヽ、
.        }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‐: :.、::..                /           \
       /:く : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ __,            /             ヽ、、 ,\
       !: : :}ヽ : : : : ‐: : : : : : :_: :-‐: : : : :、_ ,.:r‐ ´          /      ;; ;.; .; ', 丶  ヽ .\
         {: : : !  `ー---._: : ´:ヽ:_:ノ_,ィ:_`:<:_:!              / , '  , i ./l/iハ ! リ\ ;.; ,   '.,
        ヽ: : ',-‐  ̄       ̄ ,イ行心j .!_j/: :.「`          ∠ソ´.,、; /i/     `._,,、、_ヽ、; ; 丶 ',
.        Vヽ:._,ィ'行心      ゝ弋ツ  !o': : :{          ノ,、' ; / /       ´    j ,.;.    ',
         { !ハ!ヽ 弋ツ          |: : : : :.         .∠_ノ.,' ; / ! ィ⌒''     ,,.   i .;  ; 、 ;
         `ヽ小 ´´            小 : : : :.、.          i/ ` ; l '        rソ"`ヽl,'  .; ;、ハ
          V: :.     ヽ       ,.:.:!: : :.ヽ: : .、         / ,'   ; i  .、ニ、      〃 l.;  ,';.,':::l`
           !: : ヽ     ィこ'   /,};/: :.!: :}\ト、!        |/i;  ; ; ト 'イ´         'ヽ、,' .i lヽ'
.            /: : : !.:.:`: : .,_   ./ (`y} : /: :.!..         i.; ,'  ;.'iヘ.  〃   '      /ヘハ'
          / : : /:.:.:.: :.:.:.:ハ_二,. イヽ/:ノ': : /           ', ,'; .i、、ゝ ヽ    、_   メ  ∧/
.         厶イフ:ノ: : :.:.:/}/ {___,. ..厶イ フイ\__  _  _       ','ヽ' \i\;ヽ.         /ト‐--、
         __´_/: ; /ヽ /7ヽ    .lハ/    !    ヽ              ,、-'>、、__./ |:::,/}‐-,
         .: ´    厶イ   V ヽ ',   / >/    }     :..            〈ヘ、 i.      / j‐-/ ,`―-、__
      /         __,.》===r=くイ_/__    ',       !.        />、 ^ー--‐'''""´  _,ノ ./.::,':::::/:::::::.`ヽ
        {         く.:.:.:.:.:r=.:ァ!.:.:}‐:.:,..:.:.:.:フ  、!     }      ._,、-‐'"',ヽ ゝ、_ .r-=.、   ´  .f.:.:.:.:.:/´::::::::::::::::::}
      ヽ      } /  V.:.:.:.:.:.:/.:V:lヽ:.:.:.:.:./    ヽ    |.   r''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉  ,/三ニ、メ、     {.:.:.:.:./.:.:.:.:::::::::::::::::|
.       ト、     }'   ヽ=ァ/.:.:.:.!.:.ヽ.:}/      :.   ハ   i `、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ./二ゝ、ニァ!_,,、-=┴,.:..:|.:.:.:.:.:::::::::::::::::|
.       {      .:!     /.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:ハ       :!   //.  |.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.r‐‐..i/.,_.`'-'  .lフi__〇 |.:.:.:l.:.:.:.:.:::::::: ..:::i
       ヽ    {    `ヽノ⌒ヽ}j、.:.r'         ./   ,′  .!.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:!О;〈‐',、j  _ノ´,、|、l| ̄ .___i ...::  ::::::::::::l
        }\   ',          }!        ,イ   /{   i.:.:.:.:.:ヽ.,'.:.:.:"〈 .~i.ー‐" ,、' lヽ.:.:./ィ -!:.:.:.:.:.:.::::::::::::i
.         ',     ヽ         ハ      .: : .!   / j    }、.:.:.:.:..:i.:.:.:.:.ハ   〉  ,.'..::::: ,! ヽ.i {―|‐〉.:.:.:.:::::::::::::l
                 \      .:  `:.       {   .!.    '、ヽ.:.:.:.:|.:.:.:.:{.:.:i  ;.ハ,.'   /.:..:.:.',ゝ、_l_!   .:::::::::::,'

                 岳羽 ゆかり       ( ペルソナ3 )        山岸 風花


70 :◆vsQyY1yD2Q

『やる夫と悪魔のいる日常』 の世界にペルソナの要素を加えようとして選ばれた候補でした。

アイギス、美鶴の二人は、やる夫スレでも結構見掛けますが
この二人は あまり見掛けないので、あえて使ってみようと思ったと言うのもあります。

AA的に使いやすいのは ゆかり。
原作での能力を考慮すると、サポートメンバーとして相応しいのは風花でしょう。


        /. . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : :∧ヘ: : 、: :ヽ、 : : : : : : : \: :、ヽ
      /: : : : : ∧/V   `ヽ‐ヽヘ、: : : i l: : : : :ヽ: :ヽ、
     /: : : : : ;:リ´    ー― 、 `リ : :l/ : : : : i: i : :}
  -=ニイ: : : : i/  ,     ' _=≠ィ、. i: :/: : : : : : l/: : :l
     i : : : : l / 、     イ i:::;;;:オl:./: : : : : : : l: : : }
     l/: : : : l _rィ=、    ヽ ゞー ' !イ: ; : : : r‐;: : : /
     l/: : : : :}} i::;;;::l         i: :/: ィ: / /: : :/
      l: :/:/: l ゞ-''         l/イ´i/‐イ: : /
        l/i/: : :. l     `            i  |: :;./
       l: : : : :ヽ    ヽ       /   !: イ
        ヽ: : : : 〉>、          /   ´iー--、
     r‐、  ヽ:. :/   `丶、____./_ ,-‐  ̄ ̄ ̄/
     l  l   ソ      >_ -‐:. :. :. :. :. :. :. /ニ=-,
     j_ l         ヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :., -==、__
   ,-='、 `if´i    _,、 ,-‐y>、_. :. :. :. :., ' //::‐-、, -‐'´` ‐-、
  r‐'、. i リ l   /:: :: /:: //:. ; :. :. :. , ':. .//:: :: :: ;´:: :: :: :: :: :: ::i
  ヽ、_i  l ! ヽ  i :: ::' :: :l i:. :. :. :. :. :. :. //:: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: ::l
    ヽ ゞ-'メ   .i  l : /_/tー――----≠:: :: : /:: :: :: :: :: :: :: :: :i_
     l   i    }―ト// 〇___  ○ .フ: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: : `7
     .〉、    / :./  ̄テ:: :: :: :: :: >ー、--':: ー、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ., ヘ
    /:\__ / /:: :: /:: :: :: :: :: :∧_丿,==、、 :: `ヽ、_:: :: :: :: :: :: :: ::/   \
    〈__i//:: :: :/:: :: :: :: :: :: //:: :://;;;l ヽi: :: :: :: ヽ‐:: :: :: :: ::/        \
     >= =/:: :: :: /:: :: :: :: :: :: : //:: :: :l i  l;;;;il:: :: :: :: :r‐、:: :: :/        /
 =ニ〃/ヽ、l :: :: :: l:: :: :: :: :: :: :: l l:: :: :: ::ゞ=='':: :: :: :./  ヽ/        /
 フハィ/i:: :: ::! :: :: : l:: :: :: :: :: :: :: l l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ヽ       / ヽ
 ji } i l :: :: .ヽ:: :: :ヽ :: :: :: :: :: ::ヽヽ:: :: :: :: :: :: ,':: : イ     \   /:: :: :: :ヽ
  `´ .i :: :: :: ::ヽ、:: ::ヽ-====-ヽヽ:: :: :: ::,: ':: :: ::i       ヽ./:: ー-:: :: :: i
     l :: :: :: :: :: :`; ::il :: :: :: :: :: :: ヾ:: :: :: :: :: :: :: :l         /:: :: :: :: :: :: :: ::,〉
     ゝ. :: :: :: :: :/ :/ :: :: :: :: :: :: :: l l:: :: :: :: :: :: ::.l       /:: :: :: :: :: :: :: : /


結局 この時点では、風花が勝利していました。

「図書室で出会うヒロイン」 は誰かと考えた場合
彼女ならば 「やる夫と えりかに勉強を教えてくれる優しい先輩」 になれると思ったからです。


71 :◆vsQyY1yD2Q

このまま何事もなく進めば、モモは敗北したまま戻って来ないはずでした。


:::l:::::::!:!:::::::|   |:::::::::|:|::::::::::::::::!::::::::::::|::|i:::::::|i::::|i:::::|
:::ト、:::|:ト、::::|   |:::::::::|:|:::::::::::::/|::|:::::::::|::|i:::::::|i::::|i:::::|
:::l`Y:l__ヽ{  |:::::::::|:l::::::::::/ !::!::::::/}::リ:::::::リ:::リ:::::|
 ,x=竍芹ミ、 |:::::::ノリ:::::::/ __,i/!::::/ |:/!:::::/:::/:::::::|
〃/:::::|:::::ハヾ |:/ /i:::::/ 芹气ミ刈 !::/:::/::::::::::|
 {::::::::|::::て}      l/  ん::::::::|}ヾ l/:::/:::::::::::::|
 乂::::|::::::ノ         乂):::::::|i } /:::/:::::::::::::::|   ぐぬぬっす……。
   ゙¨| ̄             `¨¨ |  厶イ:::::::::::::::::|
.::.::.::.::.|         '    .::.::.:|:.::. l::|::::::::::::::::::|
:::::::::::::|                ::::::::|::::: l::|::::::::::::::::::|
゙゙゙   |                l'''' ,小|::::::::::::::::::|
    |               |/:::|::|::::::::::::::::::|
 \ |   ⊂====っ    /|:::::::::!::!::::::::::::::::::!


72 :◆vsQyY1yD2Q

二人目のメインヒロインが風花で落ち着いたところで
三人目を選ぶ事にします。

三人目に求められた役割は 「戦闘で活躍出来る事」 でした。

しかし、それだけでは 「ただの戦闘ユニット」 で終わってしまうため
それに以外の何かを持っている事が求められていました。

つまり 「強者のイメージ+α」 が条件となります。


               ,. -―――- ..
           ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ
          ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i
        i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|
         l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |
         |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l
         |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l
         |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |
         |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐-
         |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′
        /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
.      //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」
      /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」
.     //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
      ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」
    /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」
    ,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」
    !: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/
    |: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、
    |:/ /: l : /  , /   ト、! ゙;;;:  ;:; ;;:}_| -―i'  ;;; ---ミ
    |l ∧ :| /   / l  // `  ̄      ;;;;;;;| ;;;; --、ソ


真っ先に浮上したのが言葉でした。

原作での戦闘能力はさほどではないのでしょうが

やる夫スレでは 「 そ い つ と 出 会 う 事 は 死 を 意 味 す る ! 」

みたいなイメージが付いていると思われましたので。


73 :◆vsQyY1yD2Q

   しかし、言葉は ある大きな問題を抱えていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             ────都合により、番組を変更してお送りしています────


                              _
                          ノ |_   ll__l---||_
                        rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
                        |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
                        |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
                        l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
                     f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
                     ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
                       `ー〜´~~~~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   彼女の強者のイメージは 「Nice boat.」 あっての事であり

   「Nice boat.」 があると言う事は
   どうしても 「誠の関係者」 と言うイメージを拭う事が出来ないと言う事です。


74 :◆vsQyY1yD2Q


   それを防ぐ方法として、こんな案がありました。



   .l.    l      !     !   .|   .l   │  |    .!    l   .l   !     !      ./    ./
    l    l      !     .l   !   l   │   |    |    l   .|   .l     !      ./    /
    l    l /´〉,、     | ̄|rヘ l   .l    l   |    !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/ .!∧  │   /~7 /) |   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
 、   二コ ,| l      r三'_」   r--、.(/   /二~|/_/∠/ │   .!   !   l     /     /    /
 ヽ  /__」 l.     l   _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」 l   |  ./^ヽ、 /〉 .l   l     /´〉,、  ./   | ̄|rヘ..   /   
 . ゙l, '´      .l     l.  (__,,,-ー''!   ~~ ̄  l  ャー-、フ /´く//> l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/  /  ∧,/
   ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  `ー-、__,|     ''    二コ ,| /    r三'_」 /   r--、 (/
   .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  /__」/     /    /  _,,,ニコ〈  〈〉
    ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  '´     !    /    / (__,,,-ー''  /
 ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ./
 . ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /
   ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
    ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
    .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
     .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
 ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    .._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
  ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
   ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
    .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
    .! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
    l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
     \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
      `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
         .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
             `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                     ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛


75 :◆vsQyY1yD2Q
         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \


76 :◆vsQyY1yD2Q
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈    .|/  レ    .}|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !       ……………。
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /                                 , '´ ̄` .、
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´                                 ,.'       ヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、                            /          _j_
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、     伊藤 誠              i    ,..:.':.´;:.-:'ヽ:.:`.:、:..、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\   ( School Days )               ,...'".':.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:ヽ:.ヽ
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::.                     /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:、
                                                  , ':./:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:.:.:.:.';..:.:.
                                              /:;.:':.:.:./:.:./:./:!:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.: !
                                             ,':/;':.:.:.:.:.:,ィチ了:.:.:.:.:./了ミト、:.:. :i:.:.i
                                              i/ i:.:/:.i:.:.:i:::::::::::ヽ:./::::::::::::::::i:.:./:i:.リ
                                              i. i/:i:.i.:.:.:::::::::::::::::ヽ :::::::::::::::〉:./:.:i∧_
                                   ……………。      V:.Vヽ:.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ^j/:.∧ヽ
                                                  /:.:.:弋∧'     '      /.ノヽ.:.:∧ ',
                                              /:./:i:.ハ:.i.:.ヽ   rっ   .イ:.:.:.:.:.:';..:.:.j. i
                                               { /:.:i/ 乂:.:.:.:>    ,.<:.:i:.:.:.:.:.:.:i:.:;.' ,'
                                西園寺 世界     乂, -, ― '"´.j  `´ .!` ー--.、 :.:乂
                                ( School Days )   ,.':::::::/     ∧‐  -'/      V:::∧
                                               /:::::::::i.       ∧  /       V::::∧


77 :◆vsQyY1yD2Q

                     __
                     ...:::´:::::::::::::::::::`::....、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::;::::::::::::::{:::::::::':;:::::::∧::::::::,
                /:::::/::::::/:::::∧::::::::::':,::::::::ヘ.:.:::::.
             ′:::|:::::::|:::::::l_',:::::::∨:::l:∧:.:l::.
            :::l:::l::|:::::::|:::::::!、_ .ィ::::::_:厶⊥::_〉 l:::.
            |::!::l::|:::::::|:::_:」  └ "ィ示 Yl:::::.: l:::::.
            Ll:::斗 伝z=ミ     ' ゞ゚ '  '::::.: l::::::::.   ……………。
                l:::∧ヘ弋ツ  :.         !:::.: l::::::::::.
                |:::::∧       }        ,|::::.:.|::::::::::::.
                |::::::トぃ    `     /:|::::.:.|:::::::::::::::.
                i!:::::| :::ヘ、    '‐`   イ::::|::::.:.|:::::::; -=ミ_  -─-  、
                 i|::::::!::::::::::`ト     /r==:|::::.:.|/ r┘/         \
                 l|::::::l:::::::r==ヘ ≧=´r.:」|: :/::::.:.j、 ,  イ;′         ,
.               l.:.:::::|:::::::Y : : ` ┐}i{:|「.:./:::::::::ム 人__j:ト、__,   -──- ヘ、
            -─|.:.:::::| ̄:人__[二二二,′:::::/Yノハ.:.:.∧                 ヽ
.      ,  ´     ;.:.:::::|.:彡r{〔   └┘ ,::::::::::;' く//√∧ \_  -‐… Tニニフ
.    /        /.:.::::::|rケ//\`  、_ ィ{::::::::::{   >////ヽl    , z ニニY´
.    ,{      _ /.:.:::::::リ//// \  |  l:::::::::::l 孑>ニニミ/ヘ.   〃    _\_
   / ` ¨¨ ´   /.:.::::::::///< xヘ  ` ー ´|:::::::::::| r‐く/////`∧ /,  /,. -─く.      原作:桂 言葉
.   厶=-.r ── /.:.:::>乞ァ`´┐xく   ヽ /!:::::::::::l ///////////,ム  / /     \   オウカ・ナギサ
.  ` ¬/     /x ´////,ゝ三┐V/\  ':{ 从::::::::l'/////////////}V /           ヽ  ( スーパーロボット大戦 )
.     /     /'///////////人 \/,ヽ j/∧::::::::!'////////////リ `\
    /     /{//////////////`zー┐|ニ´ノ∧::::::∨///////////    ヽ





      ,、∧,、
      | ○ |   ( あれ? なんか違うような……? )
     _,;ト - イ、
    (⌒`    ⌒・
    |ヽ  ~~⌒γ⌒)
.    | ヽー―'^ー-'


78 :◆vsQyY1yD2Q

桂 言葉を召喚しようとしたけど、別人が召喚されてしまうと言う案でした。

と言う訳で、言葉と同じ黒髪ロングヘアの オウカ・ナギサが候補に挙がっていました。

言葉、『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 一回目の敗北です。


                     /::::::/::::::::::::::::::::::::`ヽ
                ,.'::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
              /:::/,:'::;:':::::;::::::::/::::::.i:::::::::::::::::::.
                /::://::/::::::/::::.:/:::.:.:.;'l::::::::::i::::::::::
.               /:::/〈::/::::::/::.:.:/:.: : :/ l:::|::::::|:::::.|i.|
                ′:!::::::\メ、: :/::.:.: :/ フ!::|::::::|:.:.:.|i:|
.              ′:::l:::::: 斤zミヾヽ:: /`´ l:::|:___|::::::|i:|
.             /:::::::::l:::::: 爪ヒcハ` ‐'  ィ≦匕::j:_|i」
            /::::::::::::!::::::l       ,: イヒzソア::::/:|
          /::::::::::::::l:::::::|         {    /:::/: :|
.      _/__r ┬一/::::::∧       ′   /:::/: : :|
   ,  ´    }l.:|.: :/::::::/ : ヘ  -  、   .イ:::::l:.: : :|
  /        l:l.:|.:/::::::∧: : :ト\    イ '.:|::::::l、:.: :|
/        _λ.:|:l::::::::l :∧: :|/7 `=≦/: / : |::::::|: トミ
^ ー -- 一  ̄  l.:._l::::::::l : : r { ̄ >┐.:.彡//:::::/ リ  ヽ
          イ.:{/::::::/<  个r- ノ<.: .://:::::/´/    ∧
< __彡 ´ /:У:::::/ニ〈〈   {:i:ノ 丶=〈.:l:::::::l.:∧     ,
´        ,j/ /:::::::/// へ\     <ゝ、l:::::::l〈  \    }
      //t/::::::://<   \`_´>へ'//,l:::::::|' \   ` ー〈
.    / ,'//:::::::/、// >  ,    r‐v"//l:::::::|、   \___}
  /   { /::::::://,く r ∧   i  /∨ 〉厂j:::::::|∧    __}
./     冫 ::::////∧∨ヘ ノ</////`'//,|:::::::|/ハ /,  ニハ

実は彼女、スパロボ勢の中ではAAが多い方だったりします。


確かに これならば、言葉とは別人であり誠とは無関係である事が一目瞭然でしょう。

しかし、同時に この配役は、言葉の持つ 「強者のイメージ」 を捨て去るものでした。


79 :◆vsQyY1yD2Q

結局、この案は没となり配役は言葉に戻ったのですが
だからと言ってレギュラーの座も戻って来る訳ではなく

怪異 カツラコトノハを召喚すると言うイベントだけが残って
言葉は ただのエピソードボスとなる予定でした。


     {:::::::!     ,}::{.                                     /:::ノ
     、::::!     〈:::;'.                  ,.. -ー―- ...,,_                 /∠_
      }:::{    }::{__ ,           /::_,. .......:::::::::::::゛`ー 、           //ー-、ヽ/7
       {::::二ニ二::::::::ニ=´             /::/::::::::::::::::_,,.:::::::::::y:::::\       //    〉,、ヽ
      |:Y    `!::}´           /:://::/".メ.//|::}丶::::::::\.     ,//    // ヾ〉
      |::'     l::!.           ///::,イ::./ ノ/  |/   i::::::::::::ヽ     {::、r==ニ7:,、:、
      }:{   ___!:{__,ィ='ヘ、.     ///::::/::::|/ ⊂⊃   丿 \|::::::::::::::|     ゞ、>ゞ、/:/ ヽ}
     ノ;' く::r==、:r一 ⌒¨¨     /::::':::::/::::::|        ⊂⊃イ |::::|y'.      `ーイ
     {:::ゝ、ヾゝ、__八.          /::::,::::/:::::::|   i`ー 、       | |::リ
     `ー'´  `ー='´          ,|::::/::/::::::::|   |   `ー.、    リ::|
                          | /::/:::::::::::| .   |      7   /|::|.         __
               マハ.         ,イ/::::|:|::::::::::|   t     /"   ノ"|::::|.        }::! 、_/7
               マ:〉 「;'    |'/:::::::|::|i::::::::|::`-..,,_\,..../"__,./::::l:|::::|.      |::| `¨7;ヘ
             マゝ }{    /::::::::::||:::l:::::::::l::/\~7::::゛~ ̄::::::::::::::|/|:ノ      !::} r=メ;ゝ、
              }lー=、`ィ=':/::::::::::::|::::::i:::/   \|\.:::::::::::::::::::::::|/|       |::{ ゞ=彳⌒
       ー- 、    .,':'  .マ〈 ,/:::::/:::::i::::::::/ゝ、!- 「 ̄y ̄j::::::::::::::::::::'‖|      ,、 .}::;
        ヽ:::ヘ   /::{ __〉:'/::::/:::::::j:::::::/  /`  / ∧ t;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;}.     {::;' ゞ:.ヽ
         マハ  \ヽ\、./::::::|:::::::丿::/  /    ̄∨ ̄|\::::::::::::::::|::|l      l::;  `´
    「ゝ     マ〉   ヽ〉 ./::::::::|:::::::/:::/  /      `i  | \:::::::::::| |i..    /:/,、__ ,}::〉
    マハ     マ〉、__,ィ=/::;イ |:::::::|:::/  /    o  o|  |\. \:::/  ||.    /:/ ー--==メヘ
    マハー----‐'::::´r一 '::/ |. ||:::::/:::ミゝ'         |  |::::\r'\  jj.  ./:/  ,,,,  .'/ ヾ〉
      マr‐一 ¨´ ̄マハ    |. | L::/iノー-ー‐-ー-ー‐ -ー-::::::: ~`"    {::{ .r:ィ¨¨ヾv/
      マ、      マハ   .k tメ/|i i ‖ i ‖ i | i  ‖ハ:::::ノ       `_.{:::!   〉:ヽ
      マ、    _ヾゝ、/|7ゝ't::::|丶ー-ー-ー-ー‐-ーー ' ̄          >..、イノヾ:〉
       マゝ、 /:r=. /  |   `し:::::::/〜〜/:::::::::::|〜〜|


言葉、復活早々に 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 二度目の敗北です。


80 :◆vsQyY1yD2Q

次に、「戦闘で活躍出来る」 レギュラーメンバーの候補に挙がったのは紅月 カレンでした。


                       ,.ィ: : . 、. : :  ̄ : :‐: .、
                       /: : : : : : :_: : : : : : : : _: :\
                       ,イ: : : ; : : : : : : :` : y: ´: : :`ヽ:\
                    /: : : :/: : : : : ;:、: : : : } : : ;-、: :ム: ミニ=′
                      /: : :_:_{ : : : : /三ミ≧、i;ィ彡::l: : :ム : \_
                    /: : : |. l: : : : :/≦___∨__..xl: : : :',ミ: : 彡'′
              `=ニ彡: : : : :ヾl: : : : l::_::_::_::_:::::::::::::_::_::_:l: : : lム ̄
              `=ニ三彡: : : :l : : : l三ミ≧、 ̄ ̄,彡ィ.l : : l: : :ミニ=′
                     /: : : /.l: : : :l::::::心     〃,ィ刈 l: : :l三彡´
               ,ィ彡 : : : : マl: : : :l辷歹ヾ    仆::ノ ,/l: : ム
             `=ニ三彡イ: : : : '; : : l       ,   ̄ /ノl: :,'三彡′
               ミ三彡イ : : : ', : :l、   ._  _  .ノヾ::l: ,′
                   ノ彡イノ:'; : l \    ̄  .イ: : : :}:,′
                        〃ゞ',: ト 、:::...  イ::::)ゝ`l._i,'__r 、=--‐ 、
                    /  |::::ヾ>≧x   l:::|: ム:::l:/:::::::ヾ;:::::::::::/:l
                         刈:::::!i:::::|ミ、|   ゝl: :ム:∧::::::::::ヾ;::::::::::::l
              _ _,..:::‐=ー=:":ヾ::::::!i:::::l//ム   l: : :ム: :ゝ:::::::::ヾ;:::::::::l
               l≦::::::::::::::::::::::::::}_:_!i::::::l// ム-、./\: :ム: : :\:::::::}i:::::::l
               ゞ:::`ヽ::::::::::_::_:ノ {::::::::::l////}    \: > 、:>:、:::::l
              人:::::::::ヽ!i: ̄:::::::::::::::::::::ゝ、V.l      \: : :> : .、:::l
             /:_:::\:::::::!i::::::`ヽ:::::::o::::::::::::l//l   '.,   ` <: : : : >.、
            // }::::/::::::!i::::`ヽ::::::::::::::::::::::::l//,'ヽ    '.,     ヾ: : : : : ヾ
           /::::::`-.´:::/:ノノ¨:::::::_;;::::::::::j::::::i:::::::l.//: : :\   ',       }: : : ;〉: :}:》
          /::::::::::::::::::::::ゝ:::::孑 ´ ヾ:::::::::i:::::::i::::::l / : : : : : \ i 、   / : : / : ノノ
      ./:::::::::::::::::::::::/:::::>′  l:::/::::::::::i::::::l/: :'` : : : : : ::X. ゝ.._/:_:_::/;.イ/
     ./:::::::::::::::::::::::/:::;:イ      l/:::::::::::i:::::::l: : : : : : : : ;:イ : ム  ./: : /:::::::l l
   ,イ::::::::::::::::::::::::イ,:イ´       /::::::::::::i:::::个: :=: -:イ:/: : : : ム/: /ゞ/:l l
 /::::::::::::::::::::/イ          ,':::::::::::::j::::::,'_:::_::_:::_::): : : : : : : i!i: : : : :(::::/l l
.〈::::::::::::::::::::イ:::::::八           .,':::::::::::::::::::/::\:::::::::::ヽ : : : : : : i!i: : : : : ¨:|::l l
 `<::::::::::::::::::/::::::>:..、     /::::::::::::::::::/:::::::::::マー‐': : : : : : : :i!i: : : : /: :l:::l l
    \::::::::::::::::::::::::::::::::::>::.、/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::≦:ニ:_ : : : : : : : i!i : : / : : l:::l l. 紅月 カレン
     ` <:::::::::::::::::::::::::::::::::::>::.、:::::::::::::/:::::::::::_;ノ: ゞ: :_ : -: : : : : i!i:/: : 〃l:::l l ( コードギアス 反逆のルルーシュ )
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:ゞ、::::::/∧ : : \: ミ: : : : : :i!i: : : : /: l:::j j


『ラストバイブル3』 でヒロインの一人として登場している彼女ですが
今にして思えば、ヒロインと言うよりも姉的立場の方が強かったように思えるので

もう一度、ちゃんとヒロインとして使ってみたいと思っていたのです。


81 :◆vsQyY1yD2Q

彼女は、やる夫と同じ施設出身者で

やる夫達が初めて泉池寺に行った時に再会する予定でした。

                 _
            . ´  `ヽ、
         /  ∠..._ _},、,、__
     、、/{/  /.:.:}≧\  ∠:.:.:.\  ,、
      ミ、{:.:.:.ー‐l:.:.:.:厶ニミ:.V.:≦ミ、:.:.:.Y:.:.}
     ミ 丶:.:.:.:.:.|_ _」======}:_ _」:ノ ハ
     {ー─ヽ:.:.:|_ _」=≠====|:_ _」:.:¬! }_
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|ノ ,、   ,、   |:.:.:.:|:.:/}、_`)
       \:.:.:.:.|:.:.:.l  ヒ}  ヒ}   |:.:.:.:|人 ′_ノ
       /.:.:.:.:{.:.:.:l        |:.:.:.ハ{__}
        ゙ー─ハ:.:.l  , -- 、   ノ:.:/ ¬l   l
          ⌒(V`ー(____ ノ"´)≦、_  !   !
          /^ヽ¬ァ=く_∠、  /゙7`   }
          /     ){__ハハ_} V  /  _ノ
       く^ヽ   /   く_/:\>  }\{ア¨´
      /\ ヽ/゙^` ー 、{::::::::}ー'´ヽ
     く    <゙´ー─r〜^` ゙̄ミxー'′
      \  \  ノ─‐::¬Flr┤
         ヽ_/`ヽ}─‐ ¬LlL:}
         r)   )         l
           ゙ーrく,、_     _,、,、」,
           ミ   `゙^^´   ミ
               ゙}二二ユ^}二二ゴ
            |:::::::::::::{ l:::::::::::::|
            |:::::::::::::| l:::::::::::::|


その時点では軽く挨拶するだけで別れるのですが

やる夫より一足先に施設を出て、現在大学生になっている彼女は

実は 施設に居た頃から異能に目覚めており、現在は あるガイア教系組織に所属していたのです。


ちなみに その組織は、女性用の制服がミニスカで有名な 『黒の騎士団』 ではありません。


82 :◆vsQyY1yD2Q

Dark−Chaos な組織に属し

組織から抜けたいと考えながらも抜け出せずにいるカレン。


      '   , '::::::::::..、,.:::::::::::.ヽ        、
     ,'    /´ ゙"゙`` ''' ー-  、 ',           i
     ,'    ,'           `i   :     }
    ,!   .:l              |   :.  .:   |
    | .:  ::|-‐'''"´     .,,,_   l:  ::::  ::   |
    | ::  :|-‐  、      "'''‐-|:   ::::: :::  l
    | :::  ::lt-,=ァ、     ' ̄   、|:  :::|:: :::: |
    | :::  ::|ゞ-‐'        エ''テァ-,|:   :::l:: .::::. |
    l :::  .::l    ,        "'''-‐' |:  ::::|::.:::::: |
    | ::: .::l:|             l:: :::::l:: l:::: |
    | ::l :::l::l  ` ‐-        |:: :::::|:: |l:: l
    l.:::l :::|::.ヘ         , ,-'l::: ::::|::: l.l::|
    |::ハ ::l:::l:::::ヽ、    , - '´ / :::|:: .:::l:: | l:|
    !' l: :l:::lヽヽ ー ' ´   /:::::::|:: .::;!:: ::| l:l
     l:: :lヾ、 ` 、     ,ヘ:::::::| .::;'::::: :l !|
      ,.ヘ :| ヽ     ` 、_/ | ヾ::l ..:/::::: l :| リ
  ,.-'´ |l ヽ、!  ヽ     /::ヽ l ,ソ|:;'`゙!::,'| lー- __
-''´   ll  ヽ  `、   /、::::::::',|  ,!ヘ/, ' |/     、ヽ
      |l      ヽ /  ヽ;;;;ハ ノ /'ヽ、'      l |
       |l       ヽ   l:::ヽ `、   ヾ    U |


                                                   ___
                                                  /     \
                                                / \ , , /  \
                                              /  (●)  (●)   \
                                               |     (__人__)     |
                                              \.    `⌒´     /
                                               ノ          \
                                            ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
                                           ( l  l  l  l l
                                            ヽ      /


カレンと再会した やる夫は、彼女の態度から無言のSOSを感じ取り

組織から彼女を救い出すと言う展開になる予定でした。


83 :◆vsQyY1yD2Q

最終的に彼女の足を引っ張る事になったのは 「髪型」 です。

                _....-.ー.、r.´: ̄::"`::::、,,_
             _,、'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::::::::::::::::::: ̄`ヽ::/::::::::::::::´ ̄`ヽ、
             /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::',
              ,':::::/:::::::::::::::::,ー-、、;;_::::::::::_,、-=ヘ:::::::::::::::',
             ,'::::::i:::::::::::::::::/彡≡ミヾ、/彡三ミ!:::::::::::::::i
             i:::::::!:::::::::::::::;'               !::::::::::::::!
             !::::::!:::::::::::::::!             !:::::::::::::!
             |::::::|::::::::::::::|_,、‐===    /'''"゙¨`!:i::::|:::::|i、
            |::::::|::::::::::::::|_,-ー-<     ''フ'ー--!::l::::l::::l:lヘ
           |::|::|::|:::::::::::|__,,,,、、_      ,r==ュ|::|::::|:::|::i!ヘ
          |::|::|::|::|:::|:::|弌心ゝ   i  ,rf近グ:l::|::::|:::|::!i::!ヘ
          |::|::|::|::|:::|:::|ゞ=-′   |   ´ ̄"´|::|::::|:::!::!i::ト;:ヘ
          |::|::|::|::|:::|:::ト       i;     ,'::|::::|:::i!:::i::!: ヘ::',
          リ:|::|::|::|:::|:::|ヘ      ′     /:::!::::!:::i!:::i::iト、ヘ;',
           /リ:!::|::!::!:::!:::!::ヘ    ー=ニァ   /|:/!::::!::::!:::i!::i!::\i}
         /イi!::!::!::!::!:::!::::!::ト>   `´  /| |://!:::!::::!:i:!:!::ト、i\!
        _/__リ_!::!::!:::!:::!::::i!:ヘヽ  > _/iトく! i:/リ:/!::::!::!:!:リヘゝ !
      /´: : : : : :リハ!:::!:::!::::i!ヘ\\     / :! :〉/7:/ |:::!:ヽi:!ヘ/
.     ,'.: : : :'.,: : : : : : :'i::!:::!::::!ヘ\ \  ノ  |!ノ:〉/: :i:::!: : i:!ト、
     i.: : : : : :',: : : : : : :||i!ヘ\::!  ヽ >く    !: / :||:/:/: : :ソ: :}
     i.: : : : : : :',: : : : : :ii:.i!ヘ∧\  イ;;;;;;∧  ,! : : : 〉/: : : :/: ::}


       /   /    /:\       /: : : : :丶   |     \
_   ,,..-''''~   i     i: : : : \    / : : : : : : : :`、  |      ''''ー- ,,,__
\ ̄ ̄  . . . : : :|    L:_:_:_:_ヽ:_\、 /:_:_/:_:_:/_:_:_:_:|   |    ____/
  `"""''''---イ |    F======================7   |    ''''ー- ,,, __
       /  |   |                 |   |  . . : : : : : : ,,.. /
      /  . : :|   F三==================三.|   | . . \ーー -"
     / . . : : : :|   .| x->-,,       _,,..-<~、|  :|. . . : : : :'''ー- ,,,_
 _ /. : : ,,..-'''': : :|   |'"イ┘~`iー'    `ーイ~) ̄) 7| : : :|: : : : : : : : : : :/
   ̄ ̄ ̄ ./: : : : |  .| .ゝ---"        弋____ノ' .| : : :|: :----- '''"~
    __ ./: : : : : :/|  |、       |       ./| : : |-='''~
    ` ---- ''""''": :|  |ヘ       ..!       .ハ| : : ト---'
         ̄ ̄ ̄.| .├.ゝ,     ---     ./`/: : :/>
             |  .|ヽ、> 、.(   )  ,<|__/: : /|
              |  .| \!__> 、 ̄,,.<_ -" /: :/ .|
        __ - |  .|   \ ̄ ` "  ,,..-'~/: :/ |_
   ,-- - ~       |  |    `i-i- ''"~   /: /     .-..,_
  /             |  |     .| |      /:/          ̄ - _


彼女には二種類の髪型があり、知らない人が見れば別人にしか見えないと言う弱点があります。

片方は演技をして自分を偽っているので、表情によっては同一人物にも見えません。


84 :◆vsQyY1yD2Q

通常ならば、そこまでの問題にはならなかったでしょう。

しかし、今回のケースでは それが問題となりました。


    /:::::::::::::::::::::::::::::::::\.    , -‐ ==‐- ..       _
  /::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::\   {っ )
  |::::::::::::::::/  i!:::∧::::::::::::::::',/::::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::', /\./
  |::::l::::/l/  ノ|/ ̄l::ノl::::::::::|::::::::::::l::::ト、|   |/ヽ/l:::l/   /
 /:|::::iヘl           |::::|:::::l_::::|:::::|ヘl       ',::l  ./__
__l(l::::l 三  __  三 .|::::|)::| )_|:::::|  o'   , o'  ',:l /:::::::)__
:::::::l::::(//) l/ rァ ヽ (//):l:::/ |:::ヽ:::| '' rー― v '' l:ミ===、:::::
:::::::ヽ::::ヽ  ヽ. ¨ ノ__イ:::::`く_/:::::/:::l  l    )_ ,イ::::::::::::::l二
:::::/::::_ノ ̄>ニ=-―‐┴-=、:/::/L/⌒)`ーr―'' / ̄,二{:::::::::::
:::(::::<__/::::::::ノヽ::::::::::::::::::\::::::/ー/,. -‐…‐ ..、l /  | ̄ ̄
 ̄フ://:::::::::::(::::(::::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄`Y:::::::::::::::::::::::::::</∠ |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ } ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::\< |  に
   く:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡/::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::ヽrミ  ゃ
..  ,ィ|:::::::::::::::/! !ヽ::::::::::::::::.i::/:::::::::::::::::::/  .|::::::/ヽ:/::::l::::|   |
   l:::|:::::::_l:__|,! !、!|∧::::l:::::::|':::::::::|\lヽl   |/,__,イ|:::::|::::|  ぅ
__r‐'::::|::::|ヘlヽj  ` ̄|/|:::::::|::::::::::| んハ.    んハ |:::::|_)ヽ !!
:::::r―':::::| ミ==   === |:::::::l_:::::l、 V:rノ -=,=-V:rノ.|:::::|:::::/__
:::(:( ̄(⌒)__ ,、,、_''(⌒):::::::::ノ:::|-ヽ''  .ィ===ヽ  ノ::::ノ::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l´ ̄::::/f勹>-{__ノ イ::::r'「「`ヽ::::::


そう、ころころと表情を変え、シーンごとに服装、髪型を統一する事も可能な えりかと並べた場合

服装が統一出来ないだけでは済まない違和感がカレンを襲う事になるのです。


85 :◆vsQyY1yD2Q

結局、この問題を解決する事は出来ず
更に もう一つ大きな問題の発生が懸念されたためカレンは没に。

「戦闘で活躍出来る」 レギュラーメンバー探しは振り出しに戻ってしまいました。


              /:../:..:..:..:..:. /:./-:.:、ヽ\:..:..:..:/::.::.::_:ヽ:..:..:..:..:..:..:.ヽ
                 /..:/:/:..:..:..:./:/::二_二ミzミ:ヽ/∠::二::z::ヘ::..:..:..:..:..:V:.i
              /:../:..!:..:..:..:..l./´  ̄       ̄ ´ ´  ̄ ヽ::..:..:..:..:.l:..|
               ,′:!:..:!:..:..:..:..i:i                   l:..:..:..:..:.l:..|
           i:..:..|l:..|:l:..:..l:..:|′             /  __  l:..:l:..l:..:|:..!
           |:..:.||:..l::|:..ハ!:.l    ___ノ/  { /´ ̄ ̄ ̄` !:..| |i:..|:.|
              l.:..l !.:|::|/! !..|‐ 二  ̄ ̄´        _     !:..lハ.l:l|l:|
            |:..l !.:!::lハl..:|-ァ==ミ       , ァ´  ̄ヽー |::..!Nl:l!l|!
               |...!|::|::.l!:..|:..|/  ,ィ:心ヽ       /ィ:心  N、 |::..lハ|:l|!
             |..|..::|::.!..:..:..ト   VZツ       Vzツ  リ´ |::..:..:.:|:.l!
            |..!..::!::..:..:..:.|   、_,. ‐        ー- _ノ   ,|::..:..:.:|:.|
            |:.|::.:|::..:..:l:..|          |        /.|::..:..::||:.!
                !..|::.:!::..:..|::.ト. し          . !          /‐|::..:..::l.|:|
                |. |::.|::.:.. !:..ド、                 /イ!::..:..::l.l!|
          __ |:..!::.l::.:..:|::..|::|\    r―――― ァ  /:.リ:|::.:..:.::lハ!
       /´-―- 、 `ヽl::.:..:l::.:|::|::.:|丶.  ー――― ' .イ::.::./::.l::..:.::/! l!
      /       ヽ. l::..:..!::.Y⌒{ヽ|> .    ̄´ /!:/::.::/:/:|::...:// |
    /            ヽハ::..::|l::.l   ヽ \ ` ー ´  l/l::.:イ/|:/::..//
   {              ヽi:..::!l::.l    ヽ ` ー _   ト j′! |/::.//
 -‐┴    ̄ ̄ ̄_    l:..:|ハ:.l    \    ー='、 |\ /:.://
}  _ -―    ̄ ̄__    ハ:lハ:V     ヽ   /:.:.::ハ.|  /ィ:/
 ̄ -―    ̄ ̄         ト{  トヽ.     V ハ:::::.:.:|ト//ベ`ヽ -―   ̄ ̄ `ヽ
                   l  |ヽ\     V ヽ ヽr‐ヽ∧.  \、\        ヽ


カレンの持っていたストーリー上の役割は、いくつかに分割、再構成されて
複数の人物に受け継がれる事になります。


その内の一人が ―――


86 :◆vsQyY1yD2Q

――― 実は、この男です。

                   ,, ''
                  r‐{!─--...、
                /:::::ヘ::::::,::'::::::\
                   〉ヾr-rik ,:::::/::::〈
               〈::::/ メ、| `「∧:::::::}
                    }┤ェァヽ ノ'"`}:::/
                ヽ|   j  ⌒/ }
                   !  r===ァ /ノ r‐,
            ____   ヘ. |   /ノ __ { (
           |     | __j >=</{--、 〉-、
           |     |'´ /i{ _∧/:: {- 、 〉ー ヽ
           |     |i /ヾi!彡ヘ:: / {-、 /!}..   }
          , ヘ   .レ { 7 / ヽ/  ¨「_〃::::::/
           / ´`}‐┬‐{ /7 /  /―ァ ゝ-:::::/
            |  ニ} i|  i!/ | / /fM | ::::::::::/
         ,|  r/ i|  !' i! / X    ノ ..::::::::/
           |ヽ /| i  |  レ' ./ ` ー ' :::::::::/
           |   ::::ヽ ', |  | ./  |    :::/
           |  ::::::::} ヘ. |  レ'    l     ..{
          ヽ ::::::|  `i  |     |     |
           \_ノ!  |  !    l    |
            | /  i!∨!    |     |
           //   |  |     |    |


そう、カレンが目覚めた異能は 実はペルソナだったのです。

彼女の役割の一部を受け継いだ結果、「ペルソナ使いの敵幹部」 谷口が誕生した訳ですね。


当たり前の事ですが、彼は カレンの持っていた 「ヒロインとしての役割」 は受け継いでいません。

そちらは少し形を変えて、別の人が受け継ぐ事になりました。

その人物が ―――


87 :◆vsQyY1yD2Q

――― モモだったりします。

\  \    \       .  - ─ ─ -  .            /   /
  \            .  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`  、      /   /   /
            /::::/::::::::::::::::::::::::/´l::l:: i :::::::::::::ヽ      /   /
           /:::::::/:::::::l::l::: i::::l::::i::l  l::l:: ll:::::::::::::::::ヽ    /
             .':::::::::i:::::i::::l::l__:l::::l::::l::l __.!:l::::ll::::i:::i::::::::::: .
              l::::::::l:l::,ィ´:l::l:::::!:::l::::l´| ノl:!:::リ:: l:::l:::::i::::::: .
             .'::::i::::i:レハ::ルi::: |ル!::ハノ.ムル'::i:: l:::l:::::l:::::::::i
         /:::::リ::リ:{ .ィテk人  .ィ≦テ!ト、l:: l:::l:::::l:::::::::|
___ _    /:::::/:::/从 ti!r':::l|    lir':::i! } ノ:: l:::l:::::l:::::::::|      _____
_ _       /::::/:::/: / l l!ー''    `ーl!'  リ::l:::l:::::l:::::::::|     _____ _
       /::::/:::/:::/: リ./l!// '__ .///i!/ /::リ:::l:::::l:::::::::|
.      /::::/:::/:::/::::::ヽ l!  「   !   i! /:::/:::リ:: リ:::::::::!
.       /::::/:::/:::/::::::::::::::lト  ー ‐'   リ /:::/:::/::::/:::::::::リ
     /::::/:::/:::/:::::i:::::::l::l|:::::> r  ≦ /V::::/:::/::::/::/:::::/
      i:::::!:::/:::/::::::::lハノ_l!ノノ/∧ r‐ / /:::/::::/:::/:::/::::/
.     ルハ/イルハノ´: : : :/: レ「_ア\/!:/レル'i:イレx
    /`X フ   /: : :/ X:.//V /: :\ ̄: : : : :/: :r ‐ ‐ 、
   /   ⌒X   レ'´: :く: : :レ'V/: : :_:_:_」: : : : : /: : /`ヽ\
.  〈   / ∧ /: : : : : : ヽ: ! /: :/´: : : : : : : : /: : /`ヽ     〉
   \     / : : : : : : : : : N{:/: : : : : : : : : `Y: : : Y     /
    ヽ   /: : : : : : : : : : :o: :}: : : : : : : : : : : : : li: : : :{     /
/   ム/{: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :: l}: : :ム _ _ ム〉
     X从: : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : :リ: :.:|: : : : : : : :/  \
     ∨.人: : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : :/: : : ト、:_:_:_://   . \
.  /     ∨: :\: : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : :/!: : :/|: : : : : :./    \ \


風花に敗北し、ステルス状態になっていた彼女は

カレンの持っていた役割の一部を形を変えて受け継ぐ事により

これならば風花に勝てると 「図書室で出会うヒロイン」 に返り咲く事が出来たのでした。


モモが受け継いだのは何であったかについては、これからの展開をお待ち下さい。

念のために言っておきますと、これまでの話からも分かる通り
「ペルソナ使い」、「同じ施設の出身者」 「敵組織からの裏切り」 などではありません。


88 :◆vsQyY1yD2Q

モモの華麗なる復活劇により、風花が没になった事で

代わりに登場する事になったのが





 i l|     ヽヘ!   ヘl
 i l|      リメ   ハ
 i l|       イ l /l l
 i l|       | / l /!        |
 i l|, --ニニニ´_ l/ リ个   _ _人_ _
 i l|  r'ゞ=ンノ !/lヘ!〉       `Y´
 i l|       / 〃.         |
 i l|       ! 〃
 i l|       /‐'        一 緒 に 牛 丼
 i l|      /     /\
 i l|     /!   /  l  \
 i l|フ    イ!/    ┌┴┐
 i l|  / {'      ├─┤  _|_,    _/_
 i l| // /ト、     ├─┘    |/⌒ヽ  /   \. │   |  ‐┼‐、\
 i l|-‐'´  |:: ヽ..  │\/  /|     | / ___|   │    |   /   〉
 i l|     |:: :: ヽ  |/ \   |    ノ   \ノ\  |      /. 、/
 i l|     |:: :: :: ヽ
 i l|     |:: :: :: :: :ヽ、_
 i l|ヽ   /!:: :: :: :: :: :\::ヽ、
 i l| ヽ  / !:: :: :: :: :: :: :: \::`ヽ


予告で顔見せだけしている、肉彦先輩ですね。


「ヒロインの人数を絞ったハーレム物」 と言うコンセプトがあるため

没になったヒロイン達が持っていた役割を、男が引き継ぐと言うのが結構あったりします。


89 :◆vsQyY1yD2Q

さて、「戦闘で活躍出来るレギュラーメンバー」 を探して
何故か 「戦闘以外に何かが出来るレギュラーメンバー」 が決まってしまった訳ですが

改めて 「戦闘で活躍出来るレギュラーメンバー」 を探す事にします。

ここで言葉もそうでしたが
メガテン系ならではのヒロインとも言える 「仲魔のヒロイン」 を考える事にしました。


【 例 】
                          , -、
                        r- {ー-、ヽュ-、
             ___ ___,ィ´ィ ̄ ̄`ヾメ、 ̄`ヽ,、
          /´ ̄ ̄` ーァ‐- (  /  ,イ  / ヾ、  ノヽ`ヽ
        ,イ     ィ ´     ゝ7ヽ/ l  l  ! l`Yヽ ハ }
        | ,   , ´     -‐, イ´l ァ Y  ! ‐l、 l `Tl }  ∨
        ヽ\/  , - ´ , '  /y ゞ ゚   ゝ、! ヽl  トゝ'   l
         `7 /    /_  / ハ 、    て゚ア-メ、__l    ',       , -=‐、
          !イ       ハヽ,ァ‐、-ュ.ゝ ゚ゝ  `^ /イ' i l    ヽ     ((-、-、}ヽ
          ', ヽ、   レヘヘ、_ `<r'-≧=_´`ー'  l  ',      \    r 、)ノ l
           ',、  > r=='≧`ヽy´r-、::::::::::`ヽ l  l   ',       ` ー―`´  j
           ヽY  ,イ ̄::::Y彡'´ ̄ヽ}::::::::::/ l   l  ',ヽ            /
            ヽ`彡 ̄ ̄/    ノ/:::_:ノ  l   i  ', `ー __   r イ
             7   /   , ィ´:r-r<    !   ハ  ヽ、_  _ノヽヽ  }
            _/__, -'    , イ 〉イ  l `ヽ  !    ヽ   ヽ ̄    )j /
          /r‐ァ' ,   /`ヽ_ /  〉、 ヽ-ァ' \_ハ   ヽ    `ー--‐ /
        , ィ´:::Y_, イj ,ィ j:::::::::ヽ::::ヽイ:::::`ー―イ    ',    `ーァ フー― '
       /::/:::::::::::::l:::::`:::-':::::::::::::::\:::ヽ::::::::::::::::::::ハヽ  ヽ!`ー--イ ノ
    ,イ:::::/::::::::::::::::::l::::::::::::';:::::::::::::::::::::ヽー-:::::::::::::::::} )   `ヽ _ノ/
   /::::::::/::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::ヽ{
   ,'::::::::::i:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
   {::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ゞ
   ハ:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::j 、'
   { ト::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::/ <
   T \:::!:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::/ r'
    `ー{ヽl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、_ノ´
      ーゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;::イr−'
        |ヾー、_:::::::::::::::_;;-イア ̄≦'ーj
           ! 7ー、二ュニィ~、_ィ‐' ̄ヾ}`ヾ、-'
         l {     ´, イ‐'_ -― 'ヘ  {ト`ヽ
         ヽ_ゝ、_,イ‐'- ´       \///j
                          `ー'

           アリス ( 真・女神転生シリーズ )


90 :◆vsQyY1yD2Q

しかし、ひとつ問題がありました。

私は神話や伝承、或いは原作のデザインに合わせて配役しているため

合体後、同じ配役のまま別の悪魔にする気は元々ありませんでした。


                    | ̄ ̄|   __
               _   |    |   / /
         <\   |  |  |__| ./_/       / \
           \>   ̄          <>  /   /
            <>     ____           \/
             '´  ̄     ̄ `丶.    _
         〈\/           ヽ丶//            _,
.          ∨   / .,' /.,'  ,| |、i, i|:/ r'´〉     .. -─  ̄ /
.           l   \/ ,/| || i/ |/|  |: ,r'7   r<  ,/  /
      l \  | :i .:i/,Χ、|八//|,ノ |  l/ ̄i   l    '´    ̄ ̄>
    、 ヽ \ | :| :|::l/'⌒゛   '⌒ヽ | ,ハ::i |  ,'   ー- ─<´
   <` ̄   |ノ| :|::|./// -─. ///,' /,ノ::| | ,/    ‐-、__   `ヽ
     ` ─-,、  | :.Y^l_   、::::ノ l´Y://⌒):八/))   ヽ.   丶.  ̄ ̄`
.      /  .:| :::{__リ>r-rュ<|ハ〉/ヽ./:::  \  ヽハ〉、丶.__ \
.       '´ ̄/ ::| ::ノ‐レ' ,ノ_ Ц, {:八' /(:ヾ:   丶人∧|\l' `ヽ〉
        ///|:〈」_人゛ヽ._、..∧__,ノ .,ゝ::\    \ ` 
       '" /,イ ::i:: : : :::〕二ハ二ニ-‐ '人:::       ヽ.
          ノ .,': : :::/´,>─<   、 `ヽ:: ヽ.    〉
         / (: : ::<イ〃ヽ / i\〉、」ヘ_|::  ll〉 /
          (   \::〈∧,==ミ'=、/_,=='==彡」ー-ヘ.彡<>
         `ヽ _ Y    ::/´ ̄  /::}}::]:||   ヽ:i:)
              〈/|   ::,'    ,.ィ::/`ヽ::lj   jノ
                   、_ _人   '´/
                      ‐- '´


仮に翼がある仲魔がいたとして、合体後も翼があるとは限らない訳ですし
逆もまた然りです。

また、そのために合体を制限するのも不自然だと言えるでしょう。


91 :◆vsQyY1yD2Q

その問題を解決する方法として考えられるのは

「合体しなくても最後まで戦い抜ける力を持った悪魔であること」

しかし、そんな悪魔が ただ仲魔になるのは不自然です。

そのため、「仲魔のヒロイン」 には、仲魔にするための大きなイベントが必須でした。


                                     ィ彡三ミヽ  `ヽ   : ::::::::::|:::::/ __/斗''" i:/   |
                                     '⌒ヾミヽ   `ー    .::::::::::::|::/  /´   /   |
                                          ヾ、       .ヘ::::::::::N ((  ̄ ))       !
                                       _    `ー―' . ∧::::::!  `  ̄ ´         |
                                     彡三ミミヽ       / .|:::`::ト                |
                                     彡'   ヾ、    _ノ  l:::::i:!        _       |
                                           `ー '     !::::从      W ̄ ̄ ̄|
                                      ,ィ彡三ニミヽ  __ノ /::::::::::::\    |′     |
                                     彡'      ` ̄    :::::::::::::::::::::>   ゝ     │


この辺りまでは、最初の言葉にも通じる部分ですね。



「ただの戦闘ユニット」 にならないようにするため、ここで更に もう一つの条件を追加します。

それは、「何かしらの理由で弱体化 & 途中で強化出来るイベントを用意する事」

つまり、「ストーリー上の役割」 を最初の内に考えておこうと言う訳です。


92 :◆vsQyY1yD2Q

そして挙がった配役候補が彼女、フェイト・テスタロッサ でした。

             ―==x
         / ̄`ヽ` \     -―‐-
           , -‐‐-`  `ィチ         > 、
         /                      ‐- 、 ヽ
        /   /  /        、       ヽ ヘ
      \ー'    / / /  ./  /    ハ 、 ハ 、 ヘ  ヘ ハ
       `ー/ . /  {  /  || |  ' .|.ハ  .l .|ヘ |.  ハ ハ
         イ / / | ./ / || | . |_ |'| L.zi._i__} .|   |
        ' | /  .| V./ { i斗 セ i /.i/ }_ム| λト  l. ’
        i |ハ |W {ハ |]トハzニヽ、 ノ /,任示心i   l  i
         | ヘ.|{ ヘ Yト、V云示`    '  };;;;;;;灯ハ  .l  |
            ヾ `Wミx{代;;;;う      辷ツ./l   l  |
                }ハ 圦`,,`",,,     ,,,,, /イ   ト、 |
               ムイ}        '     λ  |  ヽ、
             /   |  个     ( )   /| |  .ト、   \
.              ,イ  ,.ィチ|  l: : :C     /ク./:λ  .|::::::\/ハ
            jヾへ:::::::イ  λ: : :ヘ入`うィ´入/: |:ハ ..|::::::::::/`´:|
.            {::::::::::ヘ:/ノ /:::|: : : :.ヘ L ィx‐' /: : :Vヘ |\/::::::::j
.            λ:::::::::/  ./ノ:::|: : : : : ヾ¨  ̄У: /:ゝヘ  \::::::/
              ∧:/ /:::::::::::` <: : :ヘ: : ://、:::::;--、пA .\:}
.           / // /-‐ ''¨_ス¨'' ‐-j、ヘ/': :/__: : : `ヘ ヽ.\
           / /イγ´ ̄ ̄iフ: : :`寸:フ<_水く ̄: : : : ハ ̄` < ヘ\ヽ
          / / { |ム   ,才オ=ニ二: : : : ヽУ ̄ ̄> 、  ヽ\ } i
       / .|ノ .{/ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ 、\} i j
.       //.  .//イ: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.ヘ: : ハ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ} .ノ
      //   ム} {/: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:ハ-i:ヽ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハヘ.|
.     //i    /|. ´\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.V:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ `
     , / .l   { |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:λ
     { . |   | .ハ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.    | | |   |  .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.    | | |  .ハ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: j:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.    λ. .ハ    V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:. . |:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’
     ハ.、 ヘ   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヾ、 ヽ. ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.: :. |:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
      \xz.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
        ¨ ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ   原作:鬼神 タケミカヅチ
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  フェイト・テスタロッサ
.         ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.   ( 魔法少女リリカルなのは )
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.本: : : : : : : : :≧ュz_: : : : : : : :.本:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’
.         j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  `¨¨¨  ̄ ̄      ̄ ̄ ¨¨´ ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


イザナギが火の神 ヒノカグツチを斬ったときに生まれた雷神ですね。
剣の神霊とされる神です。

漢字で書くと 「建御雷之男神」 或いは 「建御雷神」 となります。

「ミカヅチ」 は 「ミ・イカヅチ」、すなわち雷そのものと言う解釈もあるそうなので
女性でも問題はないだろうと判断しました。

特にフェイトは 「魔力変換資質・発電」 を持っていますので。


93 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼女は、とある組織に囚われ

移送中に比佐子市に差し掛かるところで登場する予定でした。


                         ̄二ニ=.、,  丶、  ―― _|
                   /     ` ー  ´        |
                  /      ,.へ             |
.             __ _,. ‐'´/      /             ノ( |
.             `ヽ、__/     /  / / / /         ⌒ |
                / /  /   ,' / / / /  , ヘ     .|
                 / /   /   l ,' | i_!__| |  | |__|  |
                   |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、 |
                     |   !  | .| |  N,   :;:;:;:;:;:;:;:;:;.:  |
                  '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ:;:;:;:;:;:;: ィ=|
                    ヽ|. \ト, |  ヽ|     :;:;:;:;     |
                      | |    ',      、     │
                          .レ∧   ハ     r ァ    |
                      / ',   ! ` 、         |
                          |  !  | ハ .| ` = - ≦ |
                     /  / //::::::::::/!   ∧;;;;;;|              \\
                     l  //:::::: ヽ/:::::::i / ∨;;|.  .\i: /    /  |
                        |  /;;;;:::::: /::::::::::::::!.  .,';;,,'!-― 、彡/   /  /   .│
                       l/∧;;;;:::: ヘ::::::::::::::::::∨ ,';/  , ― ' X/ /
                    {;;;;;;;∧;;;;::::: ヽ::::::::::::::::∨,';;|  | ./ ̄ ̄) /    _/
                    l;;;;;;;;;∧;;;;:::::::::\::::::::::::∨;;|  |/ / ̄ ̄)三   _/  ̄
                    l;;;;;;;;;;;;∧;;;;::::::: : \::::::: ∨|   〃 /¨_ヽ /  /  ̄
                    ∨;;;;;;;;;;∧;;;;::::::::::::: \::::ヽ|  ::   '´ , )く
                        !、;;;;;;;;;;;;∧;;;;:::::::::::::::: \ |      /三X\  `` /
                     |;;∨;;;;;;;;;;∧;;;;:::::::::::::::::::::l      ハ-ト      ̄
                     !;;;;∨;;;;;;;;;;∧;;;;:::::::::::r‐/       /キ≠ニ


しかし、雷神である彼女が そのまま おとなしくしているはずがありません。

彼女は ある方法を使って脱出を試みました。


94 :◆vsQyY1yD2Q

                     /     ___           、
   r-‐…‐- ..     __ .. ... __(_(>-‐…´‐-/.          \ヽ、
    \ ..: ......ヾミッ≦       `^ ≦z ´__/.              ヽ: ':,           , -、
      `7ーッ、:..i....〉-‐ム          ___  `ヽ、 __.      ,..-‐'´`ヽ:}  ,,.. -―-. .、  /: : :ヽ
     / / >/ミx/  〃       ⌒ヾ  `丶=-‐ ´ ̄  .ー'_´__, -、/ヽ::`": : : : : : ;,.-`、':.、: : : : :\
      ,゙ / /.:イミ:.z_iヘイ i  l  ハ l l マ Yヘ:... \       /:, -:,': : : : : : : : : : : : : :;,:ヽ: `} ̄`::ヽ'、
    ,;″,' {...: |:........|ヾ | l| |l l | } l |  i  | 个トミ ハ     /:/: : /: : : : : :,、: : : : : : : :l: :',: : ヽ::::::::::::::\
    i!,','   ハ.从:.. . .| 十tセj」Tト{ }ルtj」ッ}i | i从 ヾj!    /:/: /!:/: : /: l: :{ ヽ:i、:ト、: l: :,|: : ',: :}::`、-、_:::_ヽ
    |!,'  / /:....Y^_| ィf圻弌ヾ ノチ圻刈「 | L.人..     / /: :ハ: :{:i\l',: l: :|  }:lヽ|ヽ/li: : :}: ;'、:::::ヽ: : : \
    |i  /'´:./:...从{.| 八弋zツ    ヒツ 从. ; 儿j \     /l: /:l : ヽゝl`ヽゞ、  ' /´iノヽ|: : |ヾ 、`ー、:!: : : : ヽ
    |l   .:/:. .//`ー|  「'""    ,  ""ムル. iメ!    ).   ,': |;': :|: /l: :|i, ≡    ≡  ノ!: : |'  ヽ: : : : : : : : ヽ
    |l   :/:.....'/   |  ト、    ワ  イ i  i:. |        ,-、'`ヽ: ゝ八: :{ ::::::  ,-― v、:::、-l: : : l、  ∨: : : : ::: :::',
    |l .,:':....../i   r|  |__.≧: . _ .. イ ! |: . |:. |       〈::::::⊂/: : : :/l:/:ゝ、  {   ノ/ヽ|: : /l   ∨:: : :: :::::::i
    |l  :....,'...| / |  |////入`ー十t、 |: . |:. |       /:〉::::==::::]: :/ レ'l: : :| `"::'..-..'"´::/!: :ハ::::`:.,  ヽ::::::. ::::::,:|
    |l  ,' ./: ..|个ト、.!  !`マ//∧ ` ]| |、;..|:. |      /::'ー,---'、://ヽi::.::l:::::::::::/三 ヽ::|:. :|:::::::::く   ',:::::::::::::|';:',
    |l .゙ /:....∧ヽヾ.|  |  ヾ⌒〕   ]| | ヘi:. i      |::::::::::',   `ー\:|:::::|::::/三三三',.|:::::|::::::::::::\  ';:::::::::::l ヾ,
    |l ,' /:...,'.「   从 乂   >、|    ]| l:....l:. ;       |:::::::::::`、_   _リ',::',:::{三三三三|:,:::|:- 、::::::::::ヽ i:::::::::|
    |l. /:....,'...|     )、 //芥、ニニ」 l:....|:. :.     |::::::::::::/    ̄|:::::::::ゞ':::::::ヽ===从/;;;┌;ヽ::::::\|::::::/
    |l,':... ,'.... |    \ ヽx ゙〈イ L、>.  从ノi: i.      i::::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::|三三三三',;;;;,└';ノ\::::::ヽ:/
    |l:....,'.... . レ⌒    }    ,《  》, lMl   |: l     |:::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::l三三三=/`ー'"´:::::::ヽ::::::::\
    |l:..,':..../:..}       リ:...   ,《   》,乂i   |:..l      l:::::/   /::::::::::::::::::::::::::::::::::l三三/:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\

      フェイト・テスタロッサ(9才)              雷刃の襲撃者 レヴィ・ザ・スラッシャー
                     ( 魔法少女リリカルなのは )


自らの力を分け、あえて力を半分以下に小さくする事で結界をすり抜けると言う荒業を使って
タケミカヅチは自らを捕らえる結界からの脱出に成功。

その後、片方が やる夫によって保護される事になりますが
彼女達は、二人が揃って合体しなければ本来の力が発揮出来ません。

つまり 「弱体化した雷神」 として仲魔となる予定でした。


95 :◆vsQyY1yD2Q
                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   W|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レ行ifヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!込,,ソ    イf巧トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   |   `      込,ソ/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   |     r- _   / レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|


その後、二人揃って本来の力を取り戻した彼女は自由に分離、合体が出来るようになり

「年上のお姉さん」、「おとなしい妹」、「元気な妹」 の一粒で三度美味しいヒロインになるはずでした。


更には 「巨乳属性」 、「貧乳属性」 、 「薄幸属性」 、「アホの子」 までも兼ね備え

              /                  ヽ
           /   な  い  あ  も     |
           l    い  い  い  う    |',           /
           |   か ん  つ       l  ',        /
           |   な  じ  一  全   /   〉く }三{`>く
          ヽ、    ゃ 人  部   / ∠_/ ̄∨__〉、
      、     \ ,       で     /   !:::ハ ゚ /::::l|     ,..-―
      \     / `丶、____x く    ト、:_:_}  {_:_:_ノ|    / ; : : :
       ,.ィT: ̄:7ハ、                 V「::r┬宀┬ 、:}V_/:./: : : :
      人,-、:.・:; -vヘ              ∨仁ー--'二l }イ{}=彡く_:_:_:_:_:_
     〔:.:{::}ー{::}:.:}             _, <l入ヽ二二 // /勿¬┬┬-..、
    __Y/:|三三ト、:/           , -<}>_'´_::ヽ\_二_/ノ::_ニ::. ┴┴-<
_rく´ |:.:| lヾ:|三三|:/「`ーrー、    /,..:'r―-、ヽ、`ヽミー--‐ニ-'´ /r──‐┐::
∧ ヽ `  \ヽ二ラ /:.:.:./ | }   //::..{      ̄    ヽ:/´    '′      |::..
:.:.ヽ |     ` ┬彳:.:.:.:/ | ∧  //::..::..\       ‖          /::..:
:.:.:.:〉|      l 〈:.::.:/ 〃:.:∧//::..::..:「`ー      ‖       _/::..::..
:./| lノ〉_r、   !  ̄  ∧:.:.:.:.7/::..::..::..ヽ、      ‖       ` ̄フ::..::.
  ', ヽ、ー′ |    / ヽ:. //::..::..::..::./ヽ¬     ヾ      -r―'´::..::..::.

と思わず言ってしまいそうになる アルティメットヒロインです。


96 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼女にも一つだけ、致命的とも言える弱点がありました。


二体に分離して弱体化した状態は
本来の姿に比べて 「省エネモード」 であると考えるのが自然でしょう。

自由に分離合体出来るとすれば、普段の彼女は 分離状態になっているのではないでしょうか。


                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   W|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レイ ̄¨fヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!廴_     イ   トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   | |lll ii爪     ト-´/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   | u,   r- _   ij/ レ/
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|


そう、ただの戦闘ユニットにならないように弱体化の設定を組み込んだと言うのに

その設定のおかげで本来のフェイト(19才) が、ただの戦闘ユニットになってしまうのです。


かと言って合体後は簡単に分離出来ないようにすれば、今度はヒロインとして弱体化してしまいます。

これはもう本末転倒としか言いようがない、非殺傷設定でも即死するレベルの致命傷でした。


97 :◆vsQyY1yD2Q

その後、一定以上の格を持つ悪魔達を候補に
「弱体化&強化」 イベントを組み込めないかと考えましたが、どうにも上手くいきません。


                         ゞヽ/ソ            ./  /
                    _r-/"`"ヽ  !ノー、         /   /
                   /''"__..., !:::::! `'  ` ヾ       /    ,/
                  / /:::::::ソ`゙゙ゞ:::.....:::: `ヾソ     /     /
                 !ノ:::::::::ト,ゞ、,,ソノ,,ソミ  /   /      /  ./|
               r-,,_ノ..!::::::!_,,  r'::ァ ゞ;;  ./`-ソ/       ./ / /
       ※ 人妻 →  /........:::::::::::::i,ィ;;、 `" ゞ!,,.::ハ::::...''""`ー   //  /
             ゞソ::::::::::::::::::::::i  `_   !ヾ::....:::::::::....   ヾ /    /
      ,,_____.   `ヾ..:::::::::::::::::::ヽ、` -' ,ソ.._r-、.....     `ゞ   /___
     /,,rー―-、\,,.....,,...,ゞヽ::::ヾ:::ゞ `-/   ̄` 、::`、..、    `ヽ"     /
       /''""":::::::......................:::.....  _/      ..::!:::::::`、:::...   ヽ   /
      / /:::...........:::....:::::::::::::....::::..: /      ....:::::!::::::::::`、:::::...  `ヽ ̄
      "i! .::....:: /''"` 、、,,.ー''"     ........:::::://:::::::::!` ヽ::::::.   !、
       `、 ...::`,,;;-''"..::       __,,,;::::::-''" /::::::::::../  :::.....::::.... 、!
     __,,_r-''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...   __ ,,'' "::::::::::/  ./::::::::::/ /  ::::::...::::....::::/
   ./ ̄ヽ ソ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..__,,,イ"     /  /::::::::/..::: .:: :::::.  ::: ソ
  /    ゞ__r-― '' "" "  !     / ..;;;;;/-..:''"....::::   ..:::/  / ./
 /ノ   /           ノ.....:::::/ /.........:::::       /../ ./.../
'"    /           !.....::::''"  /..:::...    _ ,, ,,,,彡''"/__/ヽ、
ヽ _、、 !、         ノ-     /.:::..    ,,, ''""ー-''";;/`ヾ_,,ノ ト,
! リ_/! `i .!、    _ ,, ''"       ! :::..  .;;../          ! 、 .`、
::::::::::`イヾイー--''"           ! :::.. .:!''"          `i ト ,!`
::::::::::::::`!                `ヾヽ `、           `-' "
:::::::::::::::::!                   !`''"     ____
:::::::::::::::::!                   !__    /.:.    `ヽ、
:::::::::::::::::!                    `i  /.:.:.:.:.:      \
:::::::::::::::/.:.:.:.:......                 ''".:.:.:.:.:.:.:.        \
::::::::::::/''"!.:.:.:.:.:.:...              /.:.:.:.::.:.:.:....           \   妖精 ティターニア
:::::::::/......i!.:.:.:.:.:.:.:.:......        ......:::::::/::::::::::::::::::::::....           `、  ( 真・女神転生シリーズ )
::::::/.......:::!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::::::::/:::::::::.:.:.:.:.....              !


ある程度強い女性悪魔となると、伝承をベースにイベントを考えようにも
おのずと人妻が増えて来ると言うのも問題でした。


98 :◆vsQyY1yD2Q

そこで再浮上してきたのが言葉でした。

        /::::::::::::::::::/:::::::;::::::::lハ、W!:::ヽ:::::::::::\::::::::::.
.       /:::::::::::/:::::::/::::::::::l::::::::l``'` ',:::::::l::、::::::::::::、::::::::.
      /:::/:::::/:::::::/::/::::::/{:::::: |   ヽ:::l::::ヽ::::::::::ヽ:::::::.
      /:::/::::/:::::::/::/::::::/ |:::::::|    {::|::::l:::マ:::l::::::',:::::::.
     ,:::::;:::,:::l::::::/,イ::::::/  }:::::::! 、_  l:l}::::!::|::マ:l:::::::}:::::::{
     |::::!:::l:::!:::::l:::||:::::;ィ  ;:::::/    ̄l/::/l::!:::从::::/:::::: |
     |:::|::::{::l::::::l:::||::!::|  /イ/    ,..===-、 |:::::::::}/、:::::: |
     |:::|::::!:::,:::::',::|从:{rtォ、     ,イト て刈ヽ ::::::: | }::::::::!
     {:::l::::l:::::',:::::::{! マし'刈     弋z)_ソ/イ:::::::::|/::::::::l
      Y:::∨::::::::ム ∨_ソ       //l/ !:::::::: !:::::::::::
       从::{::、:::::::::\ /l/  ,          ,|::::::::::|::::::::::::.
        `|::::\:::::ミ、             , '::|::::::::::|:::::::::::::.
          }::::::::个:::ヽ.   ヽつ     / |:::|::::::::::|::::::::::::::.
          |::::::::::|:::::::::::::>....   ,  ´   |:::|::::::::::|::::::::::::::::.
          |::::::::::|::::::::::::::|::::::} ` ´      !:::|::::::::::|::::::::::::::::::.
          |::::::::/:::::::::::::リニノ          !ニj::::::::::!"'- 、::::::::.
            ;:, -/::::::::::::/ ̄ 二\      / ',:::::::::::.  / "'''- 、
        / ./:::::::/ , '   、`ヽ   __,,./ 、::/ ̄ \    ∧
        /\ /:::/       \}  ´  ./ / ̄ ̄\ \ ./  ',
.      /  //        ノ \!   /  {´ ̄\     ヽ.   l
.      /  {/_      /ム /    /   /  ̄ 、      ヽ.  l
      }  「      ̄`ヽ /   ´ ヽ. /   ゝ二 、        ヽ. l
      |  l.        ヽ _,.-===、V,.===、  ./\  / ̄ ̄ヽ!
      |  j         /'"  .}::-=z:{__}='z:: ::{`ヽ/  "'-!      l
      |  l         /   くー=イ|!o|ー=-:く       `ヽ    }
      |. l        ,'      `ー-'" `-'"`-'        ハ   .l
      |. |       {          ゝノ            ハ    |
      | j       .!           }                }   .|
      | l       {                         ;    l
      | !       |            ,'             /    .l
      ', |        }                        /    |

彼女は元々、このスレのオリジナル悪魔です。

原作に反しない範囲であれば、ある程度 自由に設定を付け加える事が出来ます。


99 :◆vsQyY1yD2Q


   そのために まず、ペルソナシリーズの噂悪魔の設定を組み込んで

   『カツラコトノハ召喚事件』 の設定を一から練り直しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                            _.        _
                          '´  ,、 ヽ     '´/ ,、ヽ
                          リノソノ )) i   i (ノノ"))i
                          |l、ヮ゚ |l i   li l| "ワノl|
                          ⊂i允(つリ    リ /)允iヽ___
                          (( 〈|_ヽ> ))  (=U=l|l,、,、,、,、l}
                            しヽ.)         じフ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   その結果、「言葉は誠を殺していない」 と言う原作の内容と
   一部の人がしている節がある 「言葉が誠の首を切って殺した」 と言う誤解を活かせば

   桂 言葉とカツラコトノハを分離する事が可能だと気付いた瞬間

   言葉をヒロインに出来ると確信しました。


100 :◆vsQyY1yD2Q

これを成功させるために必要な事は

いかにして読者の皆さんに やる夫の仲魔の言葉は
原作の言葉とは別人である事を分かってもらうかでした。

理由はいくつかあるのですが、これを成功させる事こそが
言葉をヒロインにするために絶対に必要な事だったのです。


実を言うと、11、12話の時点では
読者の反応次第で最後に言葉を成仏させる事も考えていました。



               ,.ィ_:.:´ ̄.:.:`.:ヽ
             /:./.:.:.:.´.:.:.: z´.:.:.ヽ
           _/ :/://.:.:/.::ハ:i.:.:.:.ハ
      ,..--‐ '´ / .:./.;.:.://.:/.:;/ ノヘ.i.:.:.:.l
   /       ノ .:.:イ :i 〈,r  j//''' /ヽ、j:l.:.:.|
  /    /.:.:.:/ :.| .:i .:| ミ /  ヽ 刈.:/:.:|
.  i   //:/ .:./| :.ヽゞu   ,  ミ .,イ/.:/:/   け、結構ピンチだったんですね、私……。
  \ /://:;ィ :.:彡.: .:| : :.:|\ ヮ __`゙彡::/.:/ ;ヘ
    /: {.:レ' .:/// .:小:.:.ヽ∧入;;/.:/.:/.:/  ',
     {:i {;' //|:.:/  | |!ミ8彡| |:.:./!.:/.:リ   |
     リ:ノ j/ :l/   | | .|b_| l| .|:/:.:./.:.|′  |
         /   l |/ // | .|///     j
         /___| ⊥_ーー|⊥_        /
       ノ_ハハ__ハl_l_l.}/ヽl_l_l.}
       (、`ーー、ィ__} ̄`   ノ
         `ー、、___/`"''−‐"


成仏させるにしても、キレイに成仏させる予定ではありましたが。


101 :◆vsQyY1yD2Q

しかし その心配も杞憂に終わり
言葉は三人目のヒロインとして やる夫の仲魔に加わりました。

その結果生まれたのが、生後二日の ことのはちゃんです。


                    _,.  -----  .,_
                  . :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.、
                  /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  〃:.:.:.:.:. //:.:.:./イ:./" ``V:.:|:.:.:.:.:.:.:i
                 i:.:.:.:. |/十/// ─-、∨!:.:.:.:.i:.:|
                 |:.:|:.:小              ハ:.:.:.:.|:.:|
                N|从! ●      ●  リ:.:.:.:.|:.:|
            i ⌒ヽく!ハ! :::::::        ::::::: /:.:.:.:.:!:.:!
            ゝ   /:::::八   、__,、__,    /:.:.:.:.:/:.:.:,
               ヽ./::::::::::::::ヽ、        _ ,イ:.:.:.:.:/.:.:.:.:.,
                  ヽ、::::::::::::::::ヽ≧=≦.:/:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.,
                 /:.:.:.`:.。゚::::::::く: : : : : У:.:./ヾ ::∨:.:.:.:.:.:.,
             /:.:.:.:.:.:.:{:::::::::::::::ヽ_∧//У::::::::: l:::::∨:.:.:.:.:.:.,
               /:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:::::::::::::::i  {{/:::::::::::::丿::::: ∨.:.:.:.:.:.:.,
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j` :::::::::::|´`从::::::::::::´マヘ/∨:.:.:.:.:.:.:.,
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ : ::::::::::::|__乂::::::::::::::У   V:.:.:.:.:.:.:.:,
          ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. !:::::::::::::: j::::::::::::|____人 __ノ:.:.:.:.:.:.:.:.l
           |.:.:.:.:/ /:.:.:.:.:.:i` ̄ ̄´:::::::::::::::::::::i|::::::∨:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:j


彼女は 「猟奇殺人犯」 の概念と共に悲しい過去も消失した真っ白な女の子です。

その分、弱体化していますが全ての力を失った訳ではない事は
15話を見ていただければ お分かりいただけるかと思います。


彼女の強化イベントがどのようなものになるかは
これからの展開をお待ち下さい。


102 :◆vsQyY1yD2Q

また、「見た目は大人、頭脳は子供」 の彼女は
生活面においても やる夫達、特にモモの力を借りる事になるのですが

これが言葉自身の立ち位置をハッキリさせると同時に
他のヒロイン達を引き上げる事にも繋がっています。

                 /: : ><
                  / : : : : |: : |`ト<
               /: :/: : :/|: :/ :|``^゙|:!: .<
                 /: :/: : / |:/ |: !   |:!: :!: !:!ニ! <
                 /|: :ハ: /='7/ /:/`‐=_从: |: |:|ニ|      <
             /: |: :「レ≦=` // 'Z≧_`レ|: |:|ニ|           <
               /、从: lイf:::゚l:! l/  1f:::゚}ト》|//=_|         /
                /l_=\Nヽこノ      俤 ∠:':|三|         /
            / .|=_|三ゝ xyz  i  xyz /三:|三|          /
              /  |_=|三=\   --   /Yニ:|三|       /
.           /  |=_|:三三| `ト ._ _, '´|  |ニ ト、|        /
         /  /: |: :ニニ! |      |  |ニ |: :\     /
           / /: : : :|: : ニニ! |‐-、 r='7   |ニ |: : : :.\   /
        / /.:.: : : : :|: : :三|  \   /   /三: | : : : : : ハ /
         /  l : : : :=: :||: : :ニハ  ___\/__/三: : |: : :=: : ; '}/
      /.  |:\: ニ〉||: : : ニY⌒ヽrく.___ |/三 : ト、三/: /
       /    |: : :`=/: !!: | : 三l≧ イヤ≦-||三 :| | :|ニ : : /
.     /     ハ : : =| : リ| ト: :ニ|∠__|oL\_||三 :| | :|=: : /
    /    /ニト : =|_-=|:ヽニ=l:.ヘ |ol /:_||三 :|/_;': : :/
    /    ,'ニ=|: : : :▽=\\N三A|o|/ニ=リ三:/=/: : /
    /    |ニ=ハ: : : : \ニ\|ニニ==`《三三V/▽:_: :/
  /      |ニニ=ハ : : : ニ\三三三三}}ニニ=レ/ニ: :/
  /      |ニニ=A: : : : :三V=-‐"〇i!ニニ/ニ : : /
. /         !三三王= : 三= ハ: : : : :_:_i!_: /ニ=: : /
/        |三ニ=|: : : : :ニ三ハ: : : ̄i!´/=ニ: : /
<         !三三∧: : : : : 三三|= : : i!/三ニ : /
   >  _   !三ニ/: :|: : : : : ニ三|三 : i!三三: /
        > =/\ |: : : : : ニ三|ニニ: i!三三/
              > V: : : : :ニニハ三=/三ニ/
              >  =ニニ|三|ニニ=/
                   > ニ|ニニ/
                         >′

そう言う意味でも彼女は
最後のメインヒロインとして相応しかったのではないでしょうか。


103 :◆vsQyY1yD2Q

最後に裏話を もうひとつ。

ここまでの話で気付かれた方もいるかも知れませんが

この 『やる夫と悪魔のいる日常』 は
連載開始前から、最終回までの おおまかなプロットが出来上がっていました。


ある程度、読者の反応に合わせて改変する余地は残していますが
主軸となる話の流れは既に出来上がっています。


と言うか、実際に一部大きな変更をしています。


それは、ここまでの裏話の中にありましたが

                  ____
    _      _      ___丿 、`⌒)V⌒ヽ
   {#ヘ __ /ノ    _{  >┘─   - 、 }_
    \}三云   _/ ノ  _ .. -‐……‐ 、\\_
    (_ __  ) : _〕  /.::::::::::::`ヽ}、:::::::::::\ 、_}
   {{ {    }  _) (/.:::::::::::::::::\VL\::::::::::::V(ヘ
    ゛ ゝ  /  { 〃.:::::::::::::::::::::::::i´  V::::::::::VV
       _} {_    V:::/:::::::::!::::::/::,i:::}    |::}:::::l::|::ヘ
     (____)ヘ. {::::{:::::::::::|:::/|:/ |::厂   |ハ从:l:::::ヘ
        { { vヘ V.::::、::::::|/ ノ  |/ ((二))ノ::::::「}::::}ヘ
          vヘ Vヘ|∧::\:((二))       i:::::::リ::::F^ヘ
     \\ Vヘ Vヘ 人:V{`    _  -┐ !:::::::|::::::|  ヽ
         Vヘ Vヘ /:!:ゝ   \   }_ノ}::::i::}::::∧   \
            ゝ_>Vマ_:::}:::::|≧ァァ`ア^V7ノ|ソ:::::::∧     \
         / ‘ー/廴ソ:::::トr{{ └{_}┘ }}⌒V::::::::::::∧    ヽ:ヽ
          〃   /.::::::{/\|」」`三」」三く_j_jソ:::::::::::::::∧     v:ヘ
        {{    ,'.:::::::::::::::_ノノ     {}ヘ _j::::::::::::::::::∧      }::::}
          \、 {:::::::::::::rヘ´  } ⌒Y´   V}:::::::::::::::i::::}    /.::/
           ` 、:::::::i::\/`ー、′   }___∧::::::::::::::::;|/   //
            ヽ:::::{:::::::マー、_二二{__r┬ァチ:::::/:/|/ ー=彡'´
               \Vヽ/ /.:::::::::::::|  |ノノ}/l/
               _/ /)WヘノV|  |_
                 {三三}       {三三)
                 ` ̄         ̄´

 エ ピ ソ ー ド ボ ス と な る 予 定 だ っ た 言 葉 が

  メ イ ン ヒ ロ イ ン に 昇 格 し て い る の で す 。


104 :◆vsQyY1yD2Q

この煽りをモロに受けたのが、9、10話に登場した

邪鬼 オーク役の みつばです。

                                __|_
                           \ /  |  `ヽ
                            /\ /     |
                              |   /\   |
              _ ' '                  |__/      /
             ノ                          ヽ
             |                        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
             |          _                 /⌒ヽ|
             |   r‐ /  ̄ ̄ \}                 {    ハ
                ∨  ・_・   }               ヽ._,/ |
                 {  (_l_l_) .ノ/7                |
                     ヽ .   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`   、
                 /              \
                    /                    「\ ./|      ̄ ̄)   |
                //   , /    | i   ヽ   |_/i\」      /   | |
              / /    / /i     ハ :|   |       |   \     `ヽ       |
            / /     :|/ |  | / ||,. --|  :|  ハ    ヽ  |    |  |
          / イ     '⌒\|_ |/  /|   /   |i    i     ! .ノ    |  |
         /'  |  |  :|           ,x≠弌寸リ    |     i|    ノ |
              、   |{ 寸≠ミx、      弋uり Y/  ∧|ハ   リ
             /\从 Y弋uり   ,      /ィ  /_ノ /|  /
               | /   ,ハ {                ノイ  { ||/   \/
               |f ,.イ{ ハ:、     - '   ,.ィ   |   ,ハ| j'    / `` ー--
               ||( 从(\{`   . __ .  ´ ノイノ'⌒ヽ     / _
               ヾ      _Y´   r'′ /  ̄    }    /    `\
                 /: : : :\  | /___ , . : ⌒\  ./
                   /: : : : : : :〃ヽレ’´〃 /: : : : : : : : ヽ    \
                  : : : : : :|i    |i /: : : : : : : : :            \
                       : : : ||    || : : : : : : : :
                         O    O : : :

彼女は元々、『紳士的な』 スダマ、ジャックランタンと共に やる夫の仲魔になる予定でしたが

インデックスの登場が当初の予定よりも早まったため
一気に女の子の準レギュラーを二人増やすのは多いと 仲魔にならずに退場する事になりました。


105 :◆vsQyY1yD2Q

では、そもそもインデックスは どうして登場が早まったのでしょう?

             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧
  ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',
  i   //     l:: l     〈  〉 l:.l  /   ',
  l  //      l:: l      /\/:l  l.!      i
  l .//      /l:: l    /.:.:./l.:.:l  l:!     l


その答えは、実は 「言葉がメインヒロインに昇格したため」 だったりします。


106 :◆vsQyY1yD2Q

と言うのも、言葉が登場する 『カツラコトノハ召喚事件』 の最後は

インデックスのマハンマによる 誠と世界の昇天で幕を閉じます。

ただ力尽くで倒しては、後味が悪くなりますから。


              /                  \
             /                      }ヽ, - 、
             /        ,              ノ`; ヽ  \
            ,/        /__        __, - '´  l   ',   \    _
          /'        /`-- ̄ `二 "´ /ヽ/´ヽノ/、  ヽ   `ー'"´  `ヽ
        , -'´ /        /    `ヽ/ヽ  `   ノ、/: :二ニ '      ,-'´, ̄´ヽゝ
    _, -"´  /        /`ー、_ ´`ヽ \   /_, -' ,"-´: : :`ヽ、ゝヘ_  / / ー ´ ヽ- 、
   //   /        彡/: :/: lー:-,:、/:,T:、: T、´/=、-,二:ヽ、: ヽ  `´      ', |   `!
  / /           /: : :/:/:/!:/,.と笊ミ、 ヽ:ヽ/!ぅツ ' ,':ヽ   ヽ:l  , / , -_.   | |    },
  ! /       , -‐_/':/: :/: l: /!: l 込zツ   `. ゞ"  {、: :ヽ   リ,-'´ー'´ ヽ `  / /、  ,、l
  /'   , -'"´ ̄_-´/: : :/:/: :/!:{ l:|リ ` ̄     ゝ    ノ ヽ: :\イ       \/ /  `゙ゝ'
/   / , - '"´ /: : :/: : :/  ゝ,|: l , '`ヽ , -、‐.、   ,イ | ィヽ: :ヽ        \j
| |  / ,.<    /: : : :/: /´ _` ヽ ノ: ノ.、!   }/   ∨ /!  /´   ` ̄ ̄ヽ:`ヽ
'/  !/    /: : :/: /!  /  ヽ':/ヽ |   l_`ー ' /! l /         \:ヽ
   /'    /:/:/: : :/:.l=='',   ',   '   ,'、` - '  / / {            ヽ:ゝ
  ./   /:/: :/: : :/: : '、  ヽ   ∨´.|   } \ `//  l
 /  /:/: : :./: : :/: : : :/   ヽ  `-.'   |、ヽ、}/ /   /
/  /: :/: : : : /: : :/:,´ ` ヽ--'、 _ゝ      ` ヽ、_, - '"´ ̄ヽ
  /: :/: : : : /: : 〃:ゝ          ,-―'         /
  /: :/: : : : /: : / !:,-'` ー' 二ニ  /´      , -―-- - '
 .l: :/: : : 〃从/ /-'´_,-'´   _    __ , -´  _}'
 l: : : : :./ !:/ / _ .(´   , ー'´` ー-'´   _, - '"´ }、
 l: : : : / |:| / /  ` ー '´  ヽ-- '"´  /  ,{ |    ヽ


当初の予定通りならば、何も問題はありませんでした。

なにせ 『カツラコトノハ召喚事件』 自体が中盤戦の最後に行われるはずであり

インデックスの登場も もう少し後になっていたのですから。


107 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.....::::::―:::....._
    _,.......::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::`丶、
...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::,..::-――:::::::: ̄ ̄:::::::`ヽ、:::::::::::\
::::::::::/::,:::'´::: ̄::::::,:::>-:::::::::::_:::`丶、
:::::::/::/:::::,.:::'::::,ィ::::::::::-―::::::_::::::::::::::::::、
:::::::::/::::/:::::/,:::::::::::::::::-::::::::::::::_::::::,ィ::/::
::::::::{::イ::::/::::/,.ィ芹テ抃、-――::::::::イ::/:::;
:::/:::::{::/:::::::/  んし _ら  ーニ彡 /:::/:::/:
/:::::::::::l/::::::/  乂_)zメ     /イ }/:/
::::::::::::/:::::从         ー=ニ彡 ´ l /::::/::
:::::::::::{:::::/               ,ィテ、 /:::::イ:::/
 ̄ ̄`ヽ、          んメ/イ::::/::/:,
-―--、  \    , ⌒v   ' `¨/::イ::/イ/
/\///`ヽ、 }    ー ´   イ::´::::/イ////
///ヽ////∧!、_ ..... - <::::::::///////
////∧////}!:::::::::::::::::::::::::::::://///////
//////}////!:::::::::::::::::::::::::/ \///////
//////|////}\___:::,. イ    \/////
//////|////   }///\_r-、_ {/\///
//////!//イ、   ∨////// ////l///ヽ//
/////,イ///{    }//// //////、////`
///イ ////ハ   |/// /////////\///
//////////ハ   |,ィ////////////////
///////////}/:.V:.!///////////////>
///////////l{:.:.:/:.////////>-- ''''´


しかし、メインヒロインの登場が中盤戦の終わりでは遅過ぎると言う事で

『カツラコトノハ召喚事件』 の発生は前倒しになります。


                     /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
.                     / ,. -‐───- 、  \
                    ||/: : : : : : : : : : : : : :\ ,ハ
                    }|: : : _,.-‐r‐─- 、: : : }  l
                    ノ レ7´、__从ノ V__,ノト、_」   |
                       / ノイl:.lィ衍ト   'f芯YトN   |
                   /  レN' しノ  ,  ゞソ |:|   |
.                  /   |: |          |:|   |
                 l'     |: ト、    ⌒    ,イ:|   |
                 |   │:!: :>、    /l:|::|    |           rァ、
.    ,.-く^Y⌒ト、        j    j :|人..⊥`二´{人l:|::|   |         /{二ハ
    / ニ⊇、: |八      ,イ   /l: |: : \   /: : 〉l::|   |        /}: : }ヱ }
   ヽ  ''ブ: ::| ∧     /   /´ l: |\: : ><: / |:|`ト、 |\     /  |: : /-‐ヘ
      `ト、__}::│/ ∧   /   /  l: l  Vヘ: : : 〉    |:|/ \ ハ.   /  l: : l   !
     | ∨:│ / ト、 /    / V l: | /: : `T´l    |:|   ヽ !  /'   l: : |   }
     | /〉:│  { V  ,/  /  l:|./: : : :∧!    |:|    ∨ヽ/     |: : |  イ
.       し'/: : |    ヽ ヽ/    l  , ||: : : : / |: :l   |:|       ∨'       |: : |-‐'/
     トイ: : : |     ∧    | ,  ||: : : /  l: :l.   |:|      //     !: :| /
     { |: : : :|     ' }\   l    |: : :/   l: :l   |:|    //       |: : |/
     |ノ: : : :|      /    |/  l: ::/    l: :l  |:ト、  , ,'          l/
.      \: : /          /    |:/      l: :l.  |:| \           /


その影響で 『カツラコトノハ召喚事件』 を終わらせるために必要なインデックスの登場も前倒しになり

結果として、邪鬼 オークの仲魔入りが見送られる事になってしまったと言う訳ですね。


マハンマを使わせるためだけの脇役を登場させると言う方法もあったのですが

これも大切なインデックスの出番な訳ですし、無闇に登場人物を増やす事の方を避けました。


108 :◆vsQyY1yD2Q

さて、これで一通りヒロイン達を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「ヒロインの人数を絞ったハーレム物」 がコンセプトなこのスレは

今後、「メインヒロイン3人+ゲストヒロイン」 で進めて行こうと考えています。


       /: : : /: : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : :\
      / : : : :/ : : : : : : : : : : :l: : : : /丶: : : : : : : : :ヽ
      / : : : :/: : : : : :/: : : : :/: : : :/  l: : : : : : : : : : l
      / : : : :/: : : : : : l: ; -‐/ト: : /    |: : : l: : : : l: : |
      / : : : :/ : : : : : /|:/ : / l : /    イ⌒/、 : : /: : |
    ,' : : : :/: : : : : :/ V: /  丶{    j: :/ | : : /: : : !
    | : : : :|: : : : : :/  ヽ{        /'´ j :/ : : : |
    | : : : :|: : : : : :lィ===ミx         /´ |: : : : ;
____,ノ: : : : :|: : : : 〃     ``      ィ===ミx ': : : :/
    . : : : : :/: : : : : :|         (!     `/: : : /  ___
: : : : : : : : :/: : : : : : :|     /{      ' ' 'く⌒j¬'"¨ ,-―― `ヽ
: : : : :/⌒l: : : : : : : |    /  ` ー ァ     l丶----/  /     \
: : :/   /: : : : : : :/     {    l /     /: : : :〈 {/ /       !
: :/   /: : : : : //丶.  \__ノノ     /: : : : : :\\./  ,    |
:/  /: : : : : /  \ \`≧ァー----‐=≦: : ヽ : : : : : : } / ∠(    |
  (: : : : : : : \   \ |/     \: : : : :ノ: : : : : : ノ 丶 _)\  /


           ....-―…―-...
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::ハ
      ,::::::::::::::::::::::::|::::::::::::;  ヽ::::::::'::::::,
      |::::::::::::::::::::::::!::::::|::|:{   }::|:::::|:::::,
       |::::::::::|:::|::::!:::ト、:::|::ト厂 ̄l/l:::/:::::::,
       |::::::::::ト、ト、ト、! ヽ  x=≠ミ!/:::::::::::,
       |:::::::::::',x=≠ミ    :.:.:.:|! |:::::::::::::::,
       |:|::::::∧|.:.:.:.:   ' __  |! .|::::::::::::l::::,
       |:|:::::'::込    v´   ) |! ,:::::::::::ハ:::,
       |::';::::/:::个:.,  ヽ-- ' |!イ:::/::::::/::/:::!
       ヽ:ヽ::::::::|:::::::>  --イ |/ィ::::/::/:::/
      __\ト、:ト|;イ: :| {     /厶イ{メ7彡'
     /: :ヽ: ヽヽ!/: : :! \  ノ   |: : :'; : :` : .、
    /: : : : :',: : /: : : :|  ハレ、  /: : : ',: : :l: : : :ヽ
    }: : : : : :ヽ: ヽ: : :.|/!: : :Yヽハ: : : /: : :!: /: : :}
    /: : : : : : :|: : :.〉': :.!ヽト=={//: : ヽく: : : :!': : : :,′
    ヽ: : : : : /: : 《: : : :', !: : :|/: : : : :/: : : :|: : :./


             _ - vー-v-ーv
           rく   ト  ノ  ノ" ^>
          rく` * , ‐ '  ̄ ` ' ‐くノ ̄\
         /い*/,. .‐: :  ̄: ̄; Tト、ヽ. 〈;:、
        ./: V´/: : : :; :; : : : l:lv∧;:ヽ l*ノ}
        |: : :V:/: : :/:/: :/::/|:|  l:l: :ヾ*」 _
      r' フl: :/;:/: : :/_」L;:/ / / _ l:l: l: :V:ト \
     //.∧i| i: l: /レ:/// /   `トl: l: l:い上ァ〉
      ヽ{VV:ハ:l:イ/|:_ヒニ./  /  ァぇ;_」;ハ:l: l::l LKノ
     ,;ェ=トニ:i|: :l: |K「i゙:::}     「i:::゙iトv;l:/:∧ト
    / _ 」;.;ノトl: lい に;:j|     }゚にソ"/: l: :l: lヽ
     " /: /:::Yl::ハ :: ̄´   :i  ``"::: ハ: l : l: :ヽ.\
    //: :/: /i.|ハ: ハ    rーァ    / ヽl: : :l: : い `ー
, ー '  ム-―// |: i: iハゝ.、.  `ー'  _ イ ※/:l: : : l : い.ヽ
←ー'    ∧V: :l: / ( Vァ「r ーr' ヒ.ノ |  /:ノ: l : :|.〉ー-.|、
. \ ※   ヽ.}: l:vヽ. レへニHニ-ヘ.ノ V:///: : :/ ※ / >
  ∧__# ※  }: : : ̄:ミーく/| |V ̄  く: (/: : /(#ハ./ /
/: :/ |} ーァ'/" }ヽ;:ヽ: V::} | l    ヽニニ;-;:二;ァ:i V
: :/ .l::へ _{ ※|-ァvく.}: V l ;. ヽ _ .rvへソ::} }:/ イくー
"  ./:/: |   .>;-- vハへrァ.| i:.r┴クフ/-へ‐ T:l : : |. \
 /:/: :∧   |   `ー"Vへアフ ノ‐ "   ::} |::l : :∧
"//" ヽi  |:.       `:ー:'ア      ::| l::l/ l|
 /.. _;;ハ.  {::.       :::}i::.      .::/ ノl: ヽ、  ヽ、
 「`く_ノ  へ \::..............::::::ム::::::::...........:://ハい: ::`ー‐、
  \__ rvァ' ^}  `ー‐ r‐'´ /` ー― ' ./い: :.い: _:L
-ー┴ r'V   l      | ー.|      /ヘ> ,>' ̄
)−/ ヒ.{   V / ヽ  〉 _l     / ヒV
ヒ./ r'フ  ー V    V 「  _,   }"` Vに_


メインヒロインに選ばれた三人と

既に登場しているゲストヒロイン候補達に、これから登場する候補達を

これからも応援してあげてください。

今回は、一回分以上の投下量がありましたので、来週はDQの方を投下します。



        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛


第15話へ   3 第16話へ

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE 765プロ ALLSTARSBrilliantStage THE IDOLM@STER 音無小鳥(age??) 復刻版アイドルマスター メダルキーホルダー 音無小鳥
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE
765プロ ALLSTARS
BrilliantStage THE IDOLM@STER
音無小鳥(age??) 復刻版
アイドルマスター メダルキーホルダー
音無小鳥

posted by 文月みと at 21:41 | Comment(16) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
毎度毎度、こういう裏話を読むと本当に考え込まれてるんだなあと驚かされます。
キャラを整理するのって大事なんですねえ。

しかし、ことあるごとに浮上しては敗北する小鳥さん・・・(ノAT)
Posted by at 2011年11月15日 00:02
相変わらずここの作者さんは設定厨だな。モチロンいい意味でだが。ここまで行くと素直に感心するわ。
即興の安価スレも悪くないけど、やっぱり話に安心感っていうか安定感があるよね。読後感スッキリというか。
設定練るのにどのくらい時間かけてるんだろうか?
Posted by at 2011年11月15日 02:06
この作者のようなのは設定厨とは言わん
設定厨というのは、「実はこのキャラの背景は……」などと、
やたらめったら広大に設定を付け加える、もっとおぞましい何かだ

この作者は裏話を読む限り、むしろキャラの設定は必要最低限
それよりも物語の構築に合わせたキャラのバランスというのを重視している

完成までおおよその図面を引いて、細かい箇所は現場で対応(アドリブ)
必要がなければ図面に手を加えないってのを徹底している印象だ
Posted by at 2011年11月15日 03:33
日常回なら7+-2の空白枠がゲストだけで埋められるから、ゲストヒロイン同士の絡みも見てみたいなぁ、いくつかの組み合わせで。
…ピヨチャンモデラレルトイイネ
Posted by at 2011年11月15日 04:40
風花みたかったなあ……
いやモモも嫌いじゃないんだけどね
Posted by at 2011年11月15日 10:33
今なら言葉の役の候補に未来日記の我妻由乃が入るのかなー制式採用されるかどうかは別として考えの方向的に
Posted by at 2011年11月15日 15:28
キャラの特性と、背景や絡み方などをきちんと考えて作っているのは毎度ながら感心するよなぁ。
Posted by at 2011年11月16日 00:36
このまま行くと、造魔やケルベロス的な仲魔はもうでないってことかなぁ
Posted by at 2011年11月16日 01:47
相変わらず、設定と裏話を「読ませる」のが上手だなー
…しかし、黒子もモモも原作だとガチ百合なのに、どちらもやる夫スレではそのイメージ薄いのは不思議だよなw
Posted by at 2011年11月16日 05:40
便利キャラは逆に使いにくいと言う良い例だな
Posted by at 2011年11月19日 23:59
そういえば確かに何故か「言葉が誠を殺した」って誤解してたわ

アニメもちゃんと見たのに
なるほどなぁ
Posted by at 2011年11月27日 01:19
没になった子もいいですね。
ともあれ、ヒロインの座を勝ち取った子たちの活躍に期待します。
Posted by とあるA at 2011年11月27日 22:02
本当に色々考えて作ってるんだなー
Posted by at 2014年09月20日 20:32
最終話を見た後だと設定が誰それに動いてると分かるね〜

本当に作者さんの設定の深さに脱帽しますよ
Posted by at 2016年08月01日 11:16
裏話読むといつも感心してしまう、やっぱり面白い話を書くには行き当たりばったりじゃなくてここまでしないとだめなんだろうな
Posted by at 2016年09月27日 06:45
改めて、読んでてフェイトの場合、合体して本気モードを使ったらしばらくの期間、本気を出せないうえに分離もしばらくできないとかしたらできたかな?
まあ、そのしばらくってのが物語上の期間でどう作用するかわからんから何とも言えんけど
Posted by at 2018年01月30日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50385190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ