■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年03月19日

第23話「おかしなおかしなおかしな依頼」(4)

第22話へ    4 第24話へ

95 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\
   /   (__人__)  u. \.      とにかく、二人とも落ち着くお。
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   なんで決闘なんかする事になったんだお?
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


                                     /  !/.'      '  /     /  ヽ      ヽ
                                   ′ | '    /  /    /__ス_!      |
                                  |  |/   .-‐ァ 丁  ̄| ̄ト、 、    \     |
                                  |  |  イ   /  |、   代丁\卞、十  ヽ.     |
                                  | /  /!=≠ト   i/ヽ.| ×テ=<Y  !一     |
                                  レ'   | イ V,テ::ミ     \  ff:::うバ |/       |
                                  'ーイ 从 | 'イ ん::ハ        弋z少 |  '|        |
                       それは ―――   ∧  |jハ  ら少   ,           |  :|        |
                                  i \い '.              |  :|        |
                                  |  | ∧               |  :|       |
                                  |  | イゝ      '⌒      イ  :|       |
                                  |  | |:.:.:.:> .._ _ _ ._ '´_| :∧     \!
                                  |  | |/:.:.:.:.:「 ┴… '´  / | :i: :|       \
                                  |  | |:.:.::.:.:.:ハ     /: : : | :| ヘ       ヽ.
                                    /    |  「¨ ̄ /: : :V   /: : : : : :| :|   \       .


96 :◆vsQyY1yD2Q
                         |  、                    ,... く/:ハ           ヽ
                         { /´:>ミ_         _ ,ィ ´ {{ .//......::i         ∧
                           V|/´:. /く` ーァ―‐ァァ=,V/=ミ V/ +..:((:|         ∧
                          / V':.//)) i}X (, /   //  ノ′/ {、_ノ人   ___     !
                        /   V/:.    /'  + ノr‐j) X//う) ーァ彡^¨ ̄:..: ./⌒   ト、
        この人               /   人:. +((_/ん_) //  __/ム <   :\  :.` く      | \.._
                       /  ―´7. :`.:7:...ー‐:ァ┬‐┬<:: :.ヽ、トミ: . \:./:ヽミ._::>‐  |  ヽミ:..、
.      「この豚バラ煮込みは    ′   /. :..,:く!. :、/ :イ { i|:{   \ トヽ `,x<ヽ.ト、:V:.丁:\     !     \:..\
        出来損ないだ。        ′   .{ .:/ }/| .;|;≧廴ハ:バ 、   }_.斗チ了ミ、ヽ}ハ:.ハ}:..|:.:.:.: \           ヽ:..
                     |   /|/ .:/八:/〃 {::.iミぅド、 ヾフヘr‐iミj.::}  }ハ  }i:.....:ハ:.:.:.ヽ:.ヽ
        食べられないよ」     l  /|:....:/....::小 ヘ Vうヅ`     `く:._ジ ノ′ ハl  :|,⊥..:.:.:';:.:ヽ ヽ
                     l ./ :|..:|V ..:;:イ }   ァ--           ー‐ ^    /:..|| :| rへ >、}:.:. ヽ. }∨
        なんて言うんだよ!?   | /  |;:/  /{ri八 /i/    ′    /// .イ.:.. |l jト.>く/ミi \:...∨ | /}
                     |′ //. イ斗ヘ.   \          ,      / '.:..:.リ リ `/\\>`V ノ'./
                     | / ,.イフ V  ∧   l:> . ⌒ ー{   .  彡′/:..:../ /  '  `/rv′ ../
                     ∨/::/´   ∧  ∧   !:..:..| { ミ、ー‐   /  /:..:..:./ /   ! / / ..../ヽ
                   .  //..:::{     \ ∧ |.:..:.{  \. ヽ__ /   /:..:..:../ /   | //....::/ ̄ ∧


        ____
      /      \
     /   ⌒   ⌒ \
   /   ( ・ ) ( ・ ) \
    |         __)    |
   \        |_   /
   /       -'   \


97 :◆vsQyY1yD2Q

                                           .  -──- 、
                                        ,  ´        ` 、
                                      /              \     r'⌒ヽ.
                                      /             .:::.ヽ  \  (´ # `)
                                    〈 ,  . -── ─ ── ─ ─ |   ヽ  乂___,ノ´
                                    / |::::::/    y′ y′  y′ |    |
                                       ′|:::/   /  /⌒  /⌒ _」     |
                                    i  L. -─‐ r‐‐ァ ==== : : :.:フ   |
                                    lイ: : : : :`メ、 l: :/ l: : l ><: : :\   |
                 食 べ 物 に 貴 賤 な し !    | l:∧:NV ハぅメ/  `ー彳行`Vヽ|\|   l
                                    |   ハ弋じソノ    弋じソノ V:ト、   {
                 お腹いっぱい             |  /:.ハ 、、゙゙´  ,    `゙゙ 、、、|: l ヽ  ハ
                 食べられる喜びを忘れて     |  /: :小           /|: l   `ー' '.
                                     | /: : : i:..ヘ   , ‐‐ 、     イ: |: l      '.
                 食べ物を粗末にするなんて   | /: : : :.l: : : :>  _  イ::::ト、:!:.l        .
                 罰が当たるんだよっ!     .|//: : l: l: : :_ノ{ ー'---‐' /:::::::i: ト、       ヽ
                                   //: : : l/  ',:::::ヽ     /::::::::/: l ヽ       ヽ
                                    / l /: :,ハ    ヽ::::::ヽ  /:r-、:/ l :| ,ム       \
                                    / l/  l y'⌒ヽ:::::::::::V:::y'⌒ ヽ l: |/⌒ヽ\         |
                                 /  j  l/    )::::::/V      } l: |    Vハ      |
                                  /  /   lヽ   イ V   ヽ    〈 : |    Vハ     |
                                /l  /    レ   ノ  ト、  /`ヽ  V⌒ヽ   ヽ|    /|
                               / l 〃 /| |  /   |: : : : :|  |\ |   i: :ト、  |   /: : |
                               〈: :.:レ' レイ  | | イ    |: : : : :|  |   |   l: :| \ レ . : : : :ノ


98 :◆vsQyY1yD2Q

            _____
         ....:::´:::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|::::::::::::.
     .′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::|:::::|:::::::::::::::.
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::/::|:::::l::::::|:::::l::|
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::/l::::l::/1:::::|:::::l::|
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::|/,ィ拆ミ リ:::リ::::リリ
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::|〈{ rii| 厶仏ィ /
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::l 、ヒリ  乂:::::|
     |:::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::| .:::.|i   /::::|   い、言ってる事は
      |:::::::::::::|::::::::::::::::リ:::::::::::::::lι |i  _/::::::|
.    |:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|:::::::::l   リ ‘r'::::::::::|   正しいかも知れないっすけど……。
.     |::i::::::::::l:::::::::/::::::::::/‘:::::: |..__/__/ :::::::::::|
.     |::|l::::l:::l:::::::/::::::::::/\|::::::l:::/::::|l::::|i:::::::リ
.     |::|l::::l:::l::::/::::://\ リ::::リ/:::::::リ::::リ:::::/
    八ハ::l:::l:厶イ Χ: : 厶イ∧彡仏厶イ
     〃八/⌒ヽ: : : \: : : :\\
     / : : : : : : : : ∨: : :.\:_:_:_,\\
      i: : :/: : : : : : : ∨: : : : : /: : :\ト、
      |: :/: : : : : : : : :.}: : :l: : : :`: : 、: :.∨ハ
      |: : : : : : : : : : :.:|: : :|: : : : : : : :\:∨ト、
      {: : : : : : : : : : :.:|: :/: : : : : : : : : : \リ: : .
      |: : : : : : : : : : :.:|:/: : : : : : : : : : : : :.}0: : :.
    .: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : i: : : :.i
    ,: : : : : : : : : : : :.i: : : : : : : : : : : : : : /: : : :/


          .  -―…‥ー- 、
           /. : : : : : : : : : : : : : .\
        / :/: : : : : : : : :ハ: : : : : : : ヽ
         / :/: : : : :/l: : :/ ',: : :1 : : : l:|
       i: :/: : :l: :/ v: :l   !:_/」.: :/: l:|
       l:.:| : : :|V ―ヽ| ´|/ j/l : l:|
        /: :| : : :|               |: :|:|
     /. .:.:| : : :|-―‐       ―‐-|: :|:|
    / : : : | : : :|               |: :|:ヽ   ……ホントに、そんな理由で決闘を?
   ( : : : : : :| : : :|     -―-    , : :|: : :)
    \ : : : | : : :|>  ___  イl: : :|: :/
     ): : :/. : :/: : : : :_}  {:_: : : : : !: : :V(_ノ}
    / :/ . : /ィ≦´|   / `≧ト \: :\: :ノ
   (: : : \: : :.\\  |―/  ///: :/ノ
    \: :/{二>:_:> \| /  // / \く二ト、
     Y` ̄ ̄l  \ )' //  ̄/    ̄「´


99 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 /
                                             /    悪  で
                                             i    い  も
                                             |    ん  こ
                                             |    で  い
                                             .!    .す  つ
                                              ヽ   よ  も      /
                                               \          /
                                                 ー─V───'
                                               , -,____
                                            /レ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-,__
                                          i!、i;;;;;;; ;;; ;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;; ;; ;;; ;;;;;;、
                                          >;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;;; ;;; ;;;;;;;;;
                                         /〉,、;;/ / !  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !;;;;;;;;;;i
                                          /( !;;| ノ=-    -==\|;;;;;;;;;;;l
                                            `! ,.--、    ,---、 },;;;__;;;!
              出来損ないだから出来損ないだと言ったんだ。     ,i.i ●_i    !_● _! リ', i|
                                                l|  ̄ ノ     ̄    i l!
              あの店は行列が出来る店と評判になった事で     !  l,_        ,__/!
              傲慢になり、手抜き料理を出していた。           .i   ======    /〉;;/
                                             ヽ        / ルi!、
              俺は、そう言うのが どうしても許せなくてな。.       //`ー───' .//lllll\
                                          _/llllll!、      / /|||||||||
                                         '||||||||||||||l \_ /ニ ̄  ./|||||||||||
                                         ||||||||||||||||i, く;;;;;;;;;;|\ ./|||||||||||||
                                         |||||||||||||||||! 〉;;;;;;/  ー/||||||||||||||


100 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \   それで、なんで
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/     悪魔を使って戦う事に……。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /



                                   V     |    |  V |  l       l /l /      l
                                    |    |    |  V |  l        l / l/       l
                                    |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
                                   、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
                                     \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
               使役していた悪魔に             ∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
                                     | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
               煽られた面は否定出来ませんね。 .|  j j   |        l!          /_」
                                     l  ||    |          j|          /\!
                                     卜、! |    |\       ヽ           /  j
                                     \リ|    |/ \                / |/ハ
                                      〈 」 |    |    \       ‐-     // /
                                       》|    |     /> 、       / / /
                                     //|    |     / /|  >、_/   |  |


101 :◆vsQyY1yD2Q
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

       /i二二二二二二i7. .、
     /i二二二二二二i7≧xヘ
      |三三三:r‐≦三三、三} ハ
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:|---. 、
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|'⌒゙'く \
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}       先程も語られていましたが
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨     インドラとヴリトラは宿敵同士だと言われています。
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}       天の川をせきとめ、雲の牛を捕らえ
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨     干魃を起こして人々を苦しめたヴリトラは
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}     一度はインドラを飲み込んで勝利しますが
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨      後に脱出したインドラによって倒されて
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/         地上に雨が戻ってきます。
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}       しかし、ヴリトラは毎年蘇るので
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨     延々と戦いは繰り返されているとか。
       /i二二二二二二i7. .、 ∨. .ム/
     /i二二二二二二i7≧xヘ_j/ }r‐、
      |三三三:r‐≦三三、三}:ハ.|   人\\
      ∨:i: |: i:|:|  -─\: :∨: i:||、     }__} }
      |:i:|厶从| ,ニニニ.∨:}: :i:|_)⌒て\`¨´
      |从Vヅ  Vヅ ノ j:ハ.从    }\}     要するにヴリトラは乾燥した夏
      |          ,_人:ト|`  ∧. .}     インドラは雷と雨期の象徴なのです。
      人   __    /7⌒ヽ  ヘ. ∨
       ` ‐r─z≦_t:|    ∨. .ム/      とピクシー達が二柱の関係について軽く説明しました。
           {__∧. ./|___j/ }r‐、
          |   l  `⌒|   |   人\\
         _|   |、___/|   |、     }__} }
           {___i__)    (_i   )`¨¨´ `¨´
                 `¨´
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


102 :◆vsQyY1yD2Q
                                        ((::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ、:::::ミ
                                        ゝ::::::┌''7"""'''''''''''"""Тil"''ミ:::::::ミミ::::ミ
                                       ,イイ/l:::j  !        l .l!  ミ:::::ミ、:::ミ
                                       リ l! .∨、、、、、、,     ,ィ≦== ミ:::::ミミ:ヽ
             こっちも煽られたってのは否定しないが.       ',゙゙゙r─、ァゥ   ( ̄ー'`ヽ ミ:::::ミミ
                                               i .ゝ-‐ '      ー‐‐ '  l:::/ヽミ
             ヴリトラを使役するものとして                   l    /         l::j / }ミ
             メシア教徒との戦いから逃げる訳にはいかねぇ。  l    (          l:/ ) ノ
                                             l             ,、_ イ
             ましてや、相手が食のなんたるかも           l____       /ト;::::リ
             分かってないようなヤツなら尚更だ。       -‐ '八          '   j .ヽー--
                                     -‐ ´      /.ー-t--‐       /  l
                                             /   /l       /    l



          ....-――――-....
         /::::::::::-―:::::::::::::::::::::\
.      / :::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\::\
      /  .:::/::::::/:::::::/::::::::::::::::!::::::::!::::::.
.     ′/::/::::::/:::::::/:::::::/ _::!::l:::::!::::::::
      |::::l::::l::::!:::l::::!:::l::::!:::|  l:::!::i:::i:!::::::::|
      |::::l:l::ト、ト、ト、ト、ト、ト、{  }:ノ'ノ'ノ1::::::::!
     !:::从{ ┬―┬   ┬┼┬ i:::::::::|
      |:::::::::i └―┘   └┼┘ i:::::::::|
      |:::::::::|             |   l:::::::::|  ( なんか、後半の方が重要そうっす )
      l:::::::八       △   |  八:::::::!
      i::::/:::::i` ー―┬―┬―|‐.:´!.:.:!\|
      l:/::::::::i::::|i:::::/` V ´\::!:::::::!::::!::::::!
      l::::::::::::!:://\_/:i:i:ヽ/\::::i::::|::::::|
     八::::|::::/.:.:/.:.〈{:i:i:i:i:}〉.:.∨:\::::!:::八
      ヽ{/:.:.:.:.:.\.:.ヽ:i:i:/.:./.:.:.:.:.:.、}/
       {:.:.:.:/.:.:.:.:.\:.∨/.:.:.:ヽ.:.:.:.:|


103 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 . .-=ニ二 ̄ ̄二≧x,ノイ
                                           ,rく::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yノ
                                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノリ
                                         イ::::::ソ::rー─==ミ::::::::ノノ:::::彡′
                                           イ:::::::::::{        `ヾヘ i:リ
                   それに……               {:::::::::::::} ィ≠==ュ    j==リ
                                            Y:::::::j ぐで)⌒)   で) )ノ
                   あいつの依頼で来たんだろ?      リ`ヾj ヽ         i   i
                   だったら お前達も俺の敵だ。       ヘ {            ヽ  l
                                            ヽ=ヘ、        "  ′
                   ヴリトラは負けねぇ。                 Y::! 、    ´  ̄  /
                   全員まとめて叩き潰してやるさ。       //j  > ...__ イヘ
                                      ___ .....イ:::::′\     / Yヽ、、
                                    /´:::7:::::::::::::/:::::::::|、  ヽ、 /   /\::::::i::.:..、_
                                 ,::::::::::j::::::::::::/:::::::::: |:ヘ  /へ、   ハ:::::::::::::';::::::::::::7:::ヽ
                                      ,:::::::::::У::::::/ ::::::::::: |  ヽ"ヘ::W \/ i:::::::::::::::〉::::: /:::::::::',
                                  i:::::::::::j!::::::::::::::>:::::::|      |';';ヘ   l::::::<::::::::: /:::::::::::::i
                                   j:::::::::::!i::::::::/ :::::::::: |    .oY;';ヘ  l:::::::::::::\:::j!:::::::::::::ヘ
                                  ハ:::::::::Y:::::@:::::::::::::|     : :|;';ヘ;'ヘ j::::::::::::::::/:::i!:::::::::::::::::ヽ



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、_ \
   /  (○)  (○) \  やっぱり退いてくれませんかお?
   | u   (__人__)   |
   \     |  |    /   食べ物の事なら料理で勝負するとか。
   /      ⌒    \


104 :◆vsQyY1yD2Q

                                           --─` ` ` ` `ヽ、. i
                                          三         `iノ,
                                         三     〃〃〃___ノ
                                         彡       ,ィ《´`\ヽ
                                        彡       ,' / ̄` `i
                                         彡       !ィ /゚) く
                            素人相手に料理勝負?   彳       ト  `‐   `ス
                                         |!      :| ヽ ,-─-- イ
                            それこそ意味がないな。    .||  (⌒ヽ!   (_,,、-‐‐イ´
                                          川  ヽ >    \_ |_ノ^>
                                           川_`'=-‐'''"⌒`´⌒`''"´⌒ヽ、
                                         /⌒`                \
                                        /                      \
                                        |                       ヽ
                                        |                        ';



              ...-――-...
               /:::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::/::::::::::::::::::ミ::::::::::::\
          ,/::::::i::::!:::|::|:::::::::i:i_:::::::::i|
           //::::::::i::::!:/:ハ::::/l:i i::i:|:!::i|
        /::〃::::::::八厂厂)ノノ' ノ}从!::リ
        // /::::::::/} i ○     ○//:::|
        /'/::::/::/`Y! u''       ''//!::::|   ( これが調子に乗ってるって事っすか?
.       l/:::::/::/:::::::|\/ ̄ `丶ノ::i:::::i
        从::/i::::/:/:/´ \     `ト::::|      ヴリトラのせいだけじゃないんじゃ……? )
         丶ヽ:i/∠\   \       `丶
             _////\_彡へ        \
           / `^^’ヽ∨ヽY」/}\      \ '.
       / {         ',`Y::::} i  丶     \
         i   、       '. }::::Vo   '.      ヽ
       ノ  ヽ }      ':::::i     \   __ノ
        /     V         ∨        ヽ ̄
.       /     i        o         i
     //    八                 ノ
.    / !     /              __彡'
    { i    /   }`ー        /


105 :◆vsQyY1yD2Q

       /
     /
-――‐/ .
: : : : : : : : : >、./
: : : : : : : : : : /:丶
: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : : : : : ト、: :!
: : : : : : : : : :{: : : { ',: |
: : : : : : :、: : | \:ヽ. }ノ
: : |: : : : :l\|` ー\ゝ
: : |: : : : :|    l / |
: : |: : : : :|   n' ヽ   てゆーか、素人って
: : |: : : : :|   U  }
: : |: : : : :|     ' ' /    あの人コックさん?
: : |: : : : :|.___,/
.:ノl: : : : :ヽ : : :ノ
__,>、: : : : \
/ / : : : /
 ̄ \: :∠ _
  く {_,>: :/
―‐{_>― '



                                            /   /⌒ヽ /⌒ヘ \   \\
                                         /    /  / ̄ ̄ ̄ヘ ト、    l l、
                                           /|  /l  / ___ ヘ. \ヽ  l l ヽ
                                        / l /  |  |'´     `ヾl  \ l l ハ
                                        し〃  |  |          l\  ヽ| |  |
                                        / /   /|  |       / \ ト、 | |  |
                                       / |  /V!  !       // _| /| |  /
                                       |  |  ゝ」  |-\   / / _ /|/イj j イ
                     いえ、比佐子新聞社の        |  ト--- '|  |tャメトイイ ヘャノィ lノ/| | |
                     文化部に所属する記者ですね。  |  |    |  |_ノ } ゝ ___ノ {/-| | |
                                      卜 l    _|  |、  〈    「 ̄ ̄ ̄j j |
                     『究極のメニュー』 なる企画を.     \ 〉  |ヽ | \ ー==‐  |     | |し'
                     担当しているようですが。         〈「    |  リ |」>  _/」    / イ
                                         》   |   ∨ /  /」   /|/《__
                                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒l「 /  \___ \
                                     /             〃  |     / / | \/l
                                    |               l|    |    / /  レ| /ハ|


106 :◆vsQyY1yD2Q
                                           _
                                         ,ィ〃イ´ ̄" ̄ ーz
                                         {:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::ミx.
                                   イ示:,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                   { ( }ハアT¨^ ̄「 ̄}:::::::::〈
                                      Kミ { z=ミ、 リ::::::::::ハ
              今更 怖じ気付くなよ。            }た   tャr、  Vァ-、!
                                        | }  ー‐ ' }' /}
              今日は横槍が入った、仕切り直しだ。 .l〈        爪「
              明日、もう一度ここに来な。        '. fニ⌒ヽ  ./ >ャ 、
                                      \ー‐ ' / / }::l ̄ミヽ、
              究極のサマナーの戦いってヤツを     ./丁「.「 rイ  ,イ:::l::::::::::::::::> 、
              見せてやるぜ。                    /:::::::|::} V_A  //::::l:::::::::::::::::::::::::::::>-- L_
                                       }:::::::::|::V1ilil八.イ/::::::l::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ
                                       〈::\:::V:} 7i{  ./:::::::l:::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::厂\
                                    /::::::::∨::l .|ili|  ′L」:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::/:::::::::::
                                    _}:::::::::::::::}::::l |ilil| ′〈:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::〃::::::::::::
                                       〈:::::::::::::::::::ヽ::}|ilil| {::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  ( なるほど……。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    この鼻っ柱を折れって事かお )
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


107 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,.. -――― -- 、
             ,  ´            `ヽ、
           , ´ {,.. -,ィ ̄{ /* ̄ `丶、  ヽ
             /   /_/_) /_ノ    /- 、`ヽ、ヽ
         /   /  _/____/_ ) *  ,.ィヽヽ
         /  Wイ: :.//: : 从:/リ l: 7- 、_/ノ*| |
          / _,ィ:/: //]/ j/   }/ l: :/: :.ト、 } {
       /  イ/:l:イ不笊_、_,     _,j/l: :/: ;: \ ',
      /    /:|´|  弋z(ソ       ,ィ升ミ、/j:/:ト、:、}∧     分かった。
     /     /:/|: l             弋z(ソ /:イ: :`` ∧
.    /   /:,ハ!: !         `       ;: |:{: :l\  ∧    明日、食べる事の尊さを
   /  ,/: :/: : :!: !、        _       /: :!: 、: : : \  \.   教えてあげるんだよっ!
_/ /  /: : :./: : : j: }:_\     ´ '    ,イ: : |: : \: : :',\  \
.  /   {: : :/: : : :/:/{`ヾ ヽ、         イ:.|: : :!: : : : : 、: ∨:\  \
      |: :/: : :_,/:/ `ヽ、 ` ー≧= ≦、: : :.:|:.:|: : {: : : : : : :、: :\ \  \
     }:/イ /:./ \   \    `ヽ、}: :.:.:|:.:|: : |: : : : : : : :\: :\  `ヽ、 \
     |   /: /   \  \   ,イ_: : : : |: : |: : : : : : : : : :\: :\   \ \
     |   /: /     ヽ   ヽ- 「/ }、: : :.:|: : |: : : : : : : : : : : : ,: : :\   ',  \
     | ,: : /       ',   \/ | \: ,: : !: : : : : : : : : : : : : : : : : \ }   \
     | /: /          、   ∧ j    ヽ: :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\    /\
     |': :/ l          \ / r∨!     ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ /   /



                                                  , -,____
                                               /レ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-,__
                                             i!、i;;;;;;; ;;; ;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;; ;; ;;; ;;;;;;、
                                             >;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;;;; ;;; ;;; ;;;;;;;;;
                                            /〉,、;;/ / !  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !;;;;;;;;;;i
                                             /( !;;| ノ=-    -==\|;;;;;;;;;;;l
                                               `! ,.--、    ,---、 },;;;__;;;!
                                                ,i.i ●_i    !_● _! リ', i|
                                       言ってろ。   l|  ̄ ノ     ̄    i l!
                                                !  l,_        ,__/!
                                                i   ======    /〉;;/
                                                ヽ        / ルi!、
                                                //`ー───' .//lllll\
                                             _/llllll!、      / /|||||||||
                                            '||||||||||||||l \_ /ニ ̄  ./|||||||||||
                                            ||||||||||||||||i, く;;;;;;;;;;|\ ./|||||||||||||
                                            |||||||||||||||||! 〉;;;;;;/  ー/||||||||||||||


108 :◆vsQyY1yD2Q
                                             /レl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            i!、i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            ヽ:::::::::::,..-―‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                             `''T"    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                            l.  ,.彡三.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                ',彡,,―-.、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                         そっちのサマナーも逃げるなよ。     l.丶j_,,.-''ノ ',:::::::,.-、::::::::::::::::::::::::ヽ
                                               |        ',::/(  |、::::::::::::::::::トヽ
                         メシア教徒の次は、お前だ。      /         レ  ` l ヽ:::::::::::::::|
                                             '-.、       ー''"  .ヽlヽlヽ.|ヽ
                                                ',-‐           / /;;;;;;;;;
                                                 '.,     __     / ./;;;;;;;;;;;;;;
                                               ヽ._,,..-''" \__ノ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                     { {n ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



       ____
     /      \
    /          \
  /           \
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/  ……分かってるお、逃げないお。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


109 :◆vsQyY1yD2Q
                         /::ノノ::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::::,〉
                       /:::::::_:_,..-ー‐':;`ーー--.イ
                        ̄`下、:::::::::::::::ノノ!: :::::::::::::::`〉 クルッ
                            |:::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::: !    ‐-、
                           |::::::::::::::::::::::::!.l:::::::::::::::::::|  __,ナ‐、
                               |:::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|    ___,ノ
                          ト,::::::::::::::ー‐〈 ト-=:::::::;イ
                          |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::〉
                          |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::〉|
                          |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::ノ::|
                          |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|
                          |:::::::::::::=-:,〈 レ::::::::::::::::| スタ
                         /::,r-ー--;;,、:.|〈::::::::::::::::::〉  スタ…
                         レ ,,..;;-ー-;;..,,〈.ト`ー---イ
                         〈/:..:.::.:..:.:.:.::..ヽ.`-──-'
                          |::.:.:.::.:..:.:.::..::..:|
                          `ー-------'


110 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
: : : : : : : : : : : : | : : : : :|: : |
: : : : : : : : : : : : | : : : : :|: :/
: : : : : : : : : : : : レ-、: : !/   行っちゃった。
: : : : : : : : : /⌒l  | : |
: : /: : : : : /    l  | : |     明日戦う事になっちゃうのかな〜?
ー'- 、: : :∧   ,' /: : !
: : : : : \'   Y  / : : |
: : : : : : : .\ `T´ : : : |



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::::::/::::::::::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::/::::::::::::::/::::::/::::::::::::/::::::::/:::::::::::!:::::::!::::::::.
/⌒ヽ/:::::::::::::〃:::::/::::::/:::/::::::::/}::::::::::::|:::::::l::::::::::.
i/ .∨::::::::::::::/:i:::::/!:::::/:::/::::://::::::::::::リ:::::::i:::::::::::!
{__,/:::::::::::::::/八://i:::厶厶イ /::::::::::// }::::::}:::::::::リ
:::/:::::::::::::::/::/ 癶xi/__    /:::::::://、/::::/::::://
:/::::::::::::::/::/  / `ー=ミ  厶彡"}::/ ./::::/::::://i
:::::::::::::::/::/  /         、__,ノ' /::::/::::://i::!  そうなるのも仕方がない気がするっす。
::::::::::: /::/u. /          `气彡::::厶イ/ ノ'
::::::::::/::/  /             /:::::::::::::/       あの調子じゃ、行く先々でトラブル起こしてそうだし。
::::::::::::/、 /          ,   ..::::::::::::::/
:::::::::/  \  ⊂ニ 、    /::::::::::::::/
\:/  /i⌒ヽ/\   ......イ::::::::::::/:::/
  \ .∧{ /⌒ヽ ヽ:::::::::::/:::::/::::/:::/
   /〈 iW⌒ヽ   ∧::::/:::::/::::/:::/
  イ:i:i:ト、|i 「`ー   /: :∨:::::厶:厶イ


111 :◆vsQyY1yD2Q
                              /  i                 /⌒) ※  / ※...i      l
                              .′ |     _..  -‐‐…'…‐‐-   .._'⌒)  ...|      l
                             .    |      ´   /  /  /{    i     `丶、 ...|      l
                             i    {/ . -‐…‐/.‐-′./ .  -‐iヘ…‐-. . . \.j     |
                             |  /    i. . /{ i从./i . /   ∨ .-j‐ヘi. i. . .}. . . . 、     |
                             | /イ  . _j_j厶斗z/=i笊   }ハ笊ァ=j从. 厶. . . .、_≧=-|
                             |   l .i. .i . i7/^{r{/ }イ       {r{/ }イ^マ . . . . }     |
        ところで やるおはどうしてここに?  |   |八. !. .|人 乂...:ソ         乂...:ソ _人 . /.∧   |
                             |    ハi.从 ´^'      }        ^`  ハ/}.人   ∧
        誰かに依頼されて.             ∧   / /i. .∧ヽ ヽ ヽ           ヽヽヽ /| . . i  \    '、
        来たみたいな話だったけど。     ./   / /.| ;厶        , - 、       厶|   |   \__} \
                           / {__,/ /. .| !. /\     {   }     /i . |   |
                            .′   /. . . .|  |/./个: .,   ゙'ー'′  .イ丶.| . |   |
                                /. . . . .|  |〈   \_:}≧=- -‐ ´{/  〉. |   |ヘ
                           {     ∧. . . . .{  { \   ` ‐----‐ ´   /  }  } . \

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  決闘相手には話して良い事になってるから
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   ちゃんと説明するお。
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


112 :◆vsQyY1yD2Q
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

              _ミ`ー‐、
                `⌒丶、'ー-、_       +             十
                   ̄\―ヽ._ 二_‐-
                     \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
                      ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
                +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
                         ̄\    !   =,. -‐ 二_
                       _   ヽ.._     ノ                 /ヽヽ
                          _,, -───-- 、...          /ヽヽ  \
                       , イ ,..ィ:::::::::::::::>-..、 > 、.  +    \    _
                      /,,ィ..::>‐''.入 ̄``>‐ 、:::::ヽ、 ヽ       _     ∠、
                    ∠∠:/.,r-<:::::::>'´ ヘ_\::::\\.    ∠、    oノ
                      ,.' /::;.'__,,/     Y     }:::::`''7ヽ::ヽ ヘ.    oノ    /
                     ./ /::/Y::::{   , -‐‐- 、  ノ--、/ .ヘ:::ヽ ',   /     /^ヽノ
                     ; .,'::,' l/` ./      \   `ゝ, ',::::',. ',  /^ヽノ
                  i .;:::;<.   ,' ==≠   ≒== Y   / .',::::; |   +
                  | {:::| ヘ   i   ●   ●  } __ ノヘ .}::::} |
     現在説明中だブーン。 ', ':::', ノ::ゝ-.',    ●    ; `ヽ::::::::>,::::,' ;
                     .',.',::',\:{.  ヽ  ゝ◇‐'  ,イ   .}'"´ /::/ ./
                      ',',::ヽ }   `i‐----‐i´   __{ ∠∠ /
                    ヽヽヽ``-‐'"{     }::`'''/´ /:;;イ ,イ
                     \ヾ.ヽヾィ'"\  /--/,...イ:::イ./
                       ヽ`ヽ``:::──::::''";;;>'">'
                         `>.ャ=ニニニニ.r‐''"´



       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /: : : r‐r==========、
    /: : /├l‐1 ―――――|  き め ぇ 。
   ,': :∧〉}‐ヒL二二二二二.」
    {: :i: i /ゝノイ ノ l/ ― l :}    とピクシーはストレートに言います。
    | :レ |.u  ○    ○ .l :|
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


113 :◆vsQyY1yD2Q
                                     /  /                      l   {
                                  ′  {            _ _____ _       |   ‘,
                                   {      .. : : ´: : :∧: : |: :} ` : :    {
                               |    }> ´/: : : :j|_;ノ/  : `トJ;_: : : }: :` <}    、
                               |  _,ノ : : : :厶斗ヒ八.:/  ∨j/个以ト、: : : : \   }
                                 ー=ャi : :}/xfヒF弌_      ,ィヒF弌_ : :|: :r‐一 |
                                   }   }| : :|代つ//:リ        つ//ノリハ∨}: :|     |
            そんな……やるお達は         ′  八: :{とう‥ ''´         `'' …こつ'八ノ|     }
                                {     }ハ ヽ/ヽ      '      /ヽ/ヽ ハ : :|     {
            ガイア教徒になっちゃったの?   }    |i小          _ ____         小 : |    ∧
                              〃{    八ハ       . ´      ヽ     ハi| : }   / 、
                                   /     /: :| :i人    ( ,. -‐‐‐‐-  )  .:' : :リ: :ハ     }
                              ,      / : :| :|: :个: .     ´ `    .イ: : : / :/∧     ′
                             {     / : : :| :|: : | : _;≧r       ≦L_|,;_: :/ :/∧‘,    ヽ
                                   ノ     /.: : : :| :| : .イ{ ┴-------┴  } ∨ / : : Vハ
                              /    /⌒''¬|: |:/ V\            ノV /:/_;_;ノ¨⌒}
                               /     /⌒ヽ./|: {  ∨ノ廴___ノ⌒}}/ / /⌒\ /}      '
                          /     /\ /} |: |   } :〉弌三三少イ { / /\ /〃 ,    j
                          /     / /  {  |: |   ∨   `¨¨¨´  ∨ / /     { \}      }

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / _ノ   ヽ、\
  γ⌒)( ○)}liil{(○)\ ∩⌒)   違うお!
 / _ノ   (__人__)  .〃/ ノ
(  <|  |. ヽ |!!il|!|!l| / / / ))  依頼を受けただけだお!
( \ ヽ \_|ェェェェ|  /( ⌒)
               / /


114 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /│    ___       │    |
                                       | | -=: 7: : : :/ : :/` ー- _    |    |
                                       |ノ´: : /‐ト: :_/{ : :ハ __jヽ : `丶、|    |
                                     ー=≠ィ/´Wx=ミV \{.ハ_ノ`|:メ} : ヽ|    |
                                        / 八: /Y トi:ハ.     ィテ=ミ∧ : ヽ\  | パ
                            ホント!?      |   ト ゝ うソ       トi.:::ノハjノリ:厂  │ ァ
                                         |   |: :i //   '    ゞ.ン ノ|: : :|    |   ァ
                            良かったぁ……。  |   |: :|     __     ///  |: : :|    |  :
                                         |   |.:人   ∨  フ      ィ:j : : |   、|
                                       ,' /i|: :/个 _  ー'´   イ∨ |: : .:|    |
                                        / /´7 : !'^7´〈 〈`ト-‐  ´  |ノ/リ: :.:∧   }
                                    / /{∨: : | |  |ヘ`ー-─一'´ / /: : /^入.  |
                                      / 人K|: : :.| |  | 、     / /: : /∨ ハ  ヽ
                                        | 人ノ |: : :.| | │   ー=彡'′ /: : / /        `.
                                   lイ´ \|: : :.| |_,|__∠   /: : / /    }    l
                                    |.|    |: : :.l(匸))二∠匸),) /: : / /    .ノ   │
                                    |.{    |: : :.| 「 ̄ ∨ ̄ ̄/| : : |./    ´     |

                   ,。:: ´ ̄ ̄ ̄ ̄` :.、
             /..::::::::::::::::::::∧::::::::::::::\
            /レ::::::: |  /{:::/  ',:::}ヽ:::::|:::\
           / / ...:::::|:::/-V    V- ',::::|::::::::ヽ
          ,  l/.:::::::/l/        ヽ|:::::::::l:|
           l /::::! ::::::::!  _       _  l:::: l:|
           | ::::::| ::::::::|,ィ=ミ   , ィ=ミy1::: |:|
           | ::::::| ::::::::| , ,   ___    , , |:::: |:|   だ〜いじょうぶだって!
           | ::::r| ::::::::|  T´ −、  `T   |:::: |:|
           | ::::t| ::::::::|   V   \/   ,:|:::: |:|   後木舞商店街は中立らしいから♪
.          /.:::::: | ::::::::|   \  /   //::::: !:ヽ
       /..::::::::::: | ::::::::|ゝ..,,_    _,,. イ:/:::::::::|:::: \
       / .::::::::::::::::::| ::::::::|::::::::::l   l::::::::::::::/:::::::::::ヽ:::::::::〉
      \::::::::::::::::/:::::::::/::::::::ノ   ヽ:::::::::〈::::::::::::::::::\:/
       \::::::く ::::::::::::く`T「--、  ,- ̄}T >::::::::::::::/:し1
    /(___,ノ::::::/\::::::::::::\ゝへ へ へノ/:::::::::::/l:::::/
     丶 _/:::r-' ((_,>::::::::/_丶======'_,\::::::::く_)):::)
        (:(/乙( `¨二´ 〈  `(⌒'⌒) / `TZフ"´ \
        /     しノ:::::::|  ヽ   \/  〈  /しく     \
.    /    /‘ー--!  {   / \__,} |  \    \
      \   く     |   `¨´         |      >   /


115 :◆vsQyY1yD2Q
                                    /   /  .,' / , -'"      \.\:::::::l  l ヽ
                                   i  ,':::〉   ,' /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶 `.:::l   l゙、 i
                                   l /!::::i   .i '::::::::::::;.-‐― ‐- ._:::::::::::::`::::!. .l', lj
                                   レi::::::i   .l::::::: ,、          ,、ヽ::::::::::::l  .l i'.',
                                   .j .l::::::l   レ./ .',        / ヽ`、::::::l  l::', .l
                                   i l::::::l',  l./    ヽ       ,.'    ',.',:::::l l:::l .l
                                  i  `ー! ',  l      \    /     i.l::::l l::::l/!
                                   i:::ヽ.':l',. ',. l -‐- ..,,,, \/ ,,,,..-‐-、l!::::l...l::::レl
       失礼ですが                           l`ィ::::l`、゙、ト、ヽ弋フ''-、, _ .-弋フ''ァ ,'::::::l .l:::::l l
                                   l l:::::l. `、 ト. ー―--‐'  .l `ー‐---‐'.,'::::::l .l:::::l l
       どのような内容の依頼を受けたのか.      _l l:::::l  `、!.',         l',      /::::::::l .l:::::l .l
       もう少し詳しく伺ってもよろしいでしょうか?  `、    ̄l,  .l:::::..      .レ     ト、_::::::::l .l:::::! ノ
                                   .`、   .l ',  .!:::::::\           /!  "'' i .l:::::jノ
                                   {',  .l ', .l:::::::::::l ` .、  ̄ , ' .l i    l l ,r'リ
                                    i.',  .l  `、l:::::::::::l,r'" ' - `ヽ ヽi    .l .l
                                     `、', .!   l:::::::::/  ,r' i i   i /    l゙、l
                                     `、`l .   l:::::::,'  ,' .l  l  /     l l
                            __,,.. . -― '"  .l   .l  "'''- ..   /        i ト、



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      色々と言われたけど、まとめると
     / .イ '(●)  .(●)\.    「決闘に乱入して、山岡さんにお灸を据えろ」 って言われたお。
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \
   | ≧シ'    `⌒´      .|.  ただし、決闘相手との共闘は禁止されてるお。
   \ ヽ           ,/


116 :◆vsQyY1yD2Q

                                             _  -─ - 、
                                            /        ´ ̄}
                                    ━┓ 「 ̄/ ________ 人
                                    ┏┛ ヽ V'´            |   ヽ
                                      ・     〉|   ______」  |
                                           |r七て/ \|ィfテュ≧k  |
                                           |∠:{て心   弋_ソ`|::ト、 ヽ、
                        「オキュウ」 ……って何?   |/ :ハ弋:ノ         |::|人   \
                                            j' |: {        .イ:|  \  \
                                            /  |:.个:  .__^ _. イ |: |   \   }、
                                        /   八レ'厂 ∨て /  丁\    ヽ | |
                                          /|/l/ :/ {   ∨_/   /  ヽ   || |


                                              //   `'ヽ  \  |  /|     l|
                                              //      \  / ! /  |   /
                                     \、      /'     /\   ∨/」'  ,/|  /
                                       \     /   /      // |/  l/j
              東洋に伝わる民間療法の一種です。     ノ\  \ /  /  ィテ 7  / |  |    |  |
                                        丶 _  〈 / / `  __/ / /j    j |
              ……が、この場合はメタファーな表現で.     ー―tテ _, -、   ̄ ̄ 丿    / 」    |  |
              「反省を促せ」 と言う意味でしょうね。     7七  / /  l ゝ--/⌒l    イ /    ,'  |
                                     ヘ入_/ /  /   /  /    / | /    /! |
              倉山さん、お気を付けください。         `ゞ\/ /  /   /  / r―――|    / |  :l
              その言葉 現在は使われていませんよ。    _ / /  /`,、_,/  /   | r――|  / / \:l
                                       l/ /  /、 /  / /j |, -、 j /  / \/:|
                                     ー/ /   { /   //  j/ / 」   /  / ::|


117 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \   え? そうなのかお?
    |    .u    (__人__)|
     \        ` ⌒/     施設のおじさんとか普通に使ってたお。
    ノ           \
  /´              ヽ



              ,  -‐====‐ 、
               /. : : : : : : : : : : : : :\
             /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : \
.            /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : :/: : : :/: : : ィ: : :/!: : : : : :l
.          /: : :/: : : :/l: : :/ /: : / !: :|: : : |
         /: : :/: : : :/ ヽ/乂: :/′ |: :/: : : :!
       /: : :/: : : :/ーf--テ  `  ー乂/:/: : |
       /: : : : ;': : : :/  ゞ='    ‐f--テイ: : : :/
     (: : : : : : l: : : : | ' '    丶 ゞ=' ':.: : :/   そう言えば、あたしも
      \ : : : |: : : : |、  ― 、_   ' ',./: : : /、
      /: : : :」: : : : :、:>  _´_,. イ:/: : : /: :).   おじいちゃんの家で聞いたことあるぐらいだな〜。
     /: : : : :/ \: : : :\  しく}广⌒/: : : //
      レ{: : :/  /: : :_/⌒⌒ノ}  /: : : /:(__ノレ1
       ゝ: l   \:匸_ ミ三三彡 /: : :/L: : : : ノ
         \ r‐ /⌒l    \: <∩ノー一'
            とし (_/⌒ヽ   ト,、_≦〈
           l\/  r― \_,/  〉\、
            \`T´⌒\ /   _ん  |ハ
              } \   \  / `⌒く |
               /    \    /l\    /


118 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  ___
                                                rく -―‐- 、\
                                             _/⌒X ⌒ヽー-、1 ヽ_
                                            / l  /  ≧x、\ ヽ 卜\
                                            / /! | /__\ \l | l|
                                             / /| j/  l   \\」 !ノl|
                               それはともかく       { し'/! K l l  ノ 八l l | j|
                                           ー个 |_ \ ! /_Vl |ノU
                               我々と敵対する訳では   |  |、__ヽYノ_, _ l |
                               なさそうですね。       /| |  |ー一冖ー一'__」 !┐
                                           〈 l |  |、  '    | l ||
                               安心しました。         \l|  ト\ ー-‐ イj jノl |
                                               _」  | \トrr彡/ /ノ 人_
                                           rイ、| !、_ \j/  / / 厂广癶
                                            |小.八ノ `>-、\-< / / / ∨ |



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   と言うか、ここに来るまで
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     決闘相手が誰かとか知らなかったお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |


119 :◆vsQyY1yD2Q
                                | l /|  |:::/ ィ        `ヽ  V |j
                                | / :|  |//   V        ハ ハ |ノl
                                l / :|\|/     V   ,    /ヘV Vノ|
                                //   |  | ⌒\  V /  /   l:|\|∨
                               {   /:|  | ト- nミー `ー< __   l|  | |
            しかし、そう言う事情であれば       \_/ :|\| ー┴' / ̄`Yシーnャ`/l|\| |
                                 |  |\|ー―‐'  /l l ー┴' //:|\| |
            明日の決闘は、倉山さんに          |  |  |     〈l/  ̄ ̄ ̄/j|  | |
            お任せすると言う手もありますが   ....|  |  |    _,.. _      /。/|  | |
                               /二二|  |     `ニ `   ∠≦ー|\| |
            お嬢様、いかがいたしますか?  .|\  |\| l\   , ――――'| |\|/
                               |\ ヽ |\|_|  \_ // ̄ ̄ ̄ ̄/ 」  |
                           / ̄ハ \ |  |/⌒7⌒| |        /  |「`¨
                          / ⌒\  \ //ゝ.ノ  /'   | l       /{  l「
                          /l   / ̄ ̄| l rリ  /'  //    / \リ
                          l |    |  l | | 」「    /イ   /⌒\  / ̄\


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                         / ,. -‐───- 、  \
                                     ||/: : : : : : : : : : : : : :\ ,ハ
                                     }|: : : _,.-‐r‐─- 、: : : }  l
                                     ノ レ7´、__从ノ V__,ノト、_」   |
                                        / ノイl:.lィ衍ト   'f芯YトN   |
                    それはダメっ!           /  レN' しノ  ,  ゞソ |:|   |
                                      /   |: |          |:|   |
                    これは私の問題なんだから!  l'     |: ト、    ⌒    ,イ:|   |
                                  |   │:!: :>、    /l:|::|    |           rァ、
                        ,.-く^Y⌒ト、        j    j :|人..⊥`二´{人l:|::|   |         /{二ハ
                     / ニ⊇、: |八      ,イ   /l: |: : \   /: : 〉l::|   |        /}: : }ヱ }
                    ヽ  ''ブ: ::| ∧     /   /´ l: |\: : ><: / |:|`ト、 |\     /  |: : /-‐ヘ
                       `ト、__}::│/ ∧   /   /  l: l  Vヘ: : : 〉    |:|/ \ ハ.   /  l: : l   !
                      | ∨:│ / ト、 /    / V l: | /: : `T´l    |:|   ヽ !  /'   l: : |   }
                      | /〉:│  { V  ,/  /  l:|./: : : :∧!    |:|    ∨ヽ/     |: : |  イ
                           し'/: : |    ヽ ヽ/    l  , ||: : : : / |: :l   |:|       ∨'       |: : |-‐'/
                      トイ: : : |     ∧    | ,  ||: : : /  l: :l.   |:|      //     !: :| /
                      { |: : : :|     ' }\   l    |: : :/   l: :l   |:|    //       |: : |/
                      |ノ: : : :|      /    |/  l: ::/    l: :l  |:ト、  , ,'          l/
                          \: : /          /    |:/      l: :l.  |:| \           /


121 :◆vsQyY1yD2Q

                                            -‐──‐-
                                      ,.''"´           `  、
                                   /                 \
                                  /        ___          ヽ
                                  i!  r '''"¨¨ ̄      ̄¨¨"'''‐-l    ',
                                  .i! l                 l ┛┗ !
                                   i! l  ,, r ‐7、 ̄ ̄.i!ヽ¨"'''‐.>,,_|┓ ┏ .!
                 あの分からず屋に        ,jrf"´‐A.._i! ヽ   i! ,'.'"i!}_/¨'i>   ',
                                  }!''|  ..ハ_j_`''ヽ、 才´,..'"´ l} .i!     ,
                 食べ物の恨みの恐ろしさを.  i!. ', ,i!    ¨ヽ ヽf{´     ハ/      .、
                 分からせてやらないと!    i! Xlヽ    ノ   ヽ、  ,,イ |  /     ゝ._
                                 j!  } | i!` ー ´____`¨¨´VV.|_/      \ ¨ ‐-.,___
                 これは聖女としての.      j!   }ヽVV  |___ `i,, イ7´イ            / j!
                 使命なんだよっ!        {!   ,' l ヾZrr |      V.i 〈〈´ l           ./ /
                                ゝ、 ,  l. 〈〈 ` ̄7ヾツ ̄  ヽヽ.ノ、          ./ 〈


     / /: : : : : : : :/: : /   ヽ: : : : : : : : :ヽ: l
      | :l : : :/.: :/{: : /     !: : : /: : l: : : |: |
      | :| : : :|: : |  \| l   |: : /!: : /: : : |: |
      | :| : : :|\| _,ノ   | j/ 」/! : : : |: |
      | :| : : :|         \_  l | l: : : : |: |
      | :| : : :|           l | | |: : : : |: |   聖女だったら
    / :| :三l三三三     三三三三|: : : : |: |
   /. :.:| : : :| , , ,        , , , | | |: : : : |: :、   「恨み」 とかは止めとこうよ。
  / : : :.:.:| : : :|          ┐  | | |: : : : |: : :\
  { : : : ::/: : :.:|\  、___,ノ   .ィ/: : : : :!: : : : :}
  ヽ: : : { : : : :|  `≧ァー---一ァ≦ /: : : : :/: : : /


122 :◆vsQyY1yD2Q
                                  V     |    |  V |  l       l /l /      l
                                   |    |    |  V |  l        l / l/       l
                                   |    |    |   ヽ!、 l      // / -―- 、 !
                                  、     l|v -‐T ー- 、\、    〃/_       |
                                    \_ノ| V  | _ 二.ー、 \  /´/_, -t. 一¬ |
         それがインドラに煽られただけではなく    .∧ N| ∨ |ヘ ゞ=へ   ∨    ゞ=イ   r―|
                                    | ヽ||  ヽ卜、____ノ` T ´ゝ ____ ノ /j
         お嬢様の意志だと言うのであれば       |  j j   |        l!          /_」
                                    l  ||    |          j|        u. /\!
         私からは何も言う事はありません。       卜、! |    |\       ヽ           /  j
                                    \リ|    |/ \                / |/ハ
                                     〈 」 |    |    \     ‐-    // /
                                      》|    |     /> 、      ./ / /
                                    //|    |     / /|  >、_/   |  |



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    そう言えば、インドラを仲魔にしてるみたいだけど
. |   (__ノ ̄    /
. |             /     インデックスはサマナーじゃなかったんじゃないのかお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


123 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /,r __________  ヘ  \
                                          /  !/)   ノ⌒) (/ x  'フ'⌒)) '´フ∨  ヽ
                                       ∧  |/)x /'~'  , く__ノ ./'⌒)).x /+ !  ヘ
                                       ,'    |// (_/    /    /⌒) 、_|    ハ
                                   /    |/ ̄i ̄!`Τ`| { ̄ 〕~ 「`}゚「~~\!   │
                                    │  _./ {ァ'爪¨゚}二V ] V  !´丁Τ〕ヾ、.い     |
                                    |  '⌒7 | / ! ∨   ヽ{  \{ ´` ∨│ iト、\_  |
      やるおといっしょのサマナーになりたくて      |   ! トl ,r===ミ  `   `彡=ミ、 Y.リ|  ̄  |
                                    小  人_∧         ,         ,ィ l|     |
      アナコンディに頼んで召喚してもらったの。  /.1   {ゞ| 7,                  ,'i  !.     !
                                     /  l   |:.:.l /八    r──‐v    ∧  |i     ト、
      これで試練もはかどるんだよ。        ∧.    }: :f │lrヽ、  ∨    ノ   /i.:.|  !゚,    l ハ
                                ,'     /// ,レ:::::::{´> .`ー‐ ゜  <:::::ヾ.|  !:ハ     ∧
                                  /       /ィ.;'  ;::::::::::l  \_ `二´/ :::::::::〕|  !:.∧      ',
                              ∧    ,ムィ゚!  {:::::::::∧__       ,/::::::::::|f  ト、:.:,    ∧
                                 〔    /  │  !:::::::::::∧_`ー─  /,::::::::::::::}}  |  ゙ヾ      }



      /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::/|:::::::::: |ヽ:::::::::::::::::::::',:::::::::',
    /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/ ;|::l::::::::| |:::l:::|ヽ:::::::::|::::|::::|
   ,:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/  |::l::::::::| |:::l:::| ,|:::::::|::::|::::|
   |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::/|!\|∧:::::| |/|://|:::::/ :::|::::|
   |::::::::::::::::::::::|:::::::::|',ィ==ト ヽ|  ィ==::/::l::/|:ノ
   |::::::::::::::::::::::|::::::::《 トイ;;;;;|      トイ;;| 》:::|/
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| 乂ーソ     乂ソ |:::|
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| |!       ´       |:::|   ( 随分と やる夫に懐いてるっすね…… )
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| |!          U イ:::|
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::ト |!    (⌒7    < |:::|
   |::::::::::::::::::::::|::ハ::: | |! ‐ - - < ヽ  ' |:::|
    ヽハ∧//⌒ |::::| Z\  /  \ \  }リリ
.       /     リソ  ∧ }个―−   ,
      /  \   ', | 人 ∨/ノ ||  } |
      |     ',   ', ', \>‐┐  ||   ヽ
      |     ∨  \\ヽへ  |。|    ',
     ノ       イ     \\ミハ ||    '',   _
    |      /        \\ミノ |       }  / / 〉
    /      { _「 二つ  \\イ      ノr┤イ_イ 〉
    |      ノ/ /二フУ 〉   ヽo}   / ハ ヽ У 〉


124 :◆vsQyY1yD2Q
                                         | l /|  |:::/ ィ        `ヽ  V |j
                                         | / :|  |//   V        ハ ハ |ノl
                                         l / :|\|/     V   ,    /ヘV Vノ|
                                         //   |  | ⌒\  V /  /   l:|\|∨
             しかし、インドラとヴリトラ。                {   /:|  | ト- nミー `ー< __   l|  | |
             因縁めいたものを感じますね。           \_/ :|\| ー┴' / ̄`Yシーnャ`/l|\| |
                                          |  |\|ー―‐'  /l l ー┴' //:|\| |
             やはり、支部長補佐の言う通り             |  |  |     〈l/  ̄ ̄ ̄/j|  | |
                                          |  |  |    _,.. _    .u /。/|  | |
             お嬢様が何と言おうとも                 /二二|  |     `ニ `   ∠≦ー|\| |
             天使を召喚するべきだったのでしょうか……。 |\  |\| l\   , ――――'| |\|/
                                        |\ ヽ |\|_|  \_ // ̄ ̄ ̄ ̄/ 」  |
                                    / ̄ハ \ |  |/⌒7⌒| |        /  |「`¨
                                   / ⌒\  \ //ゝ.ノ  /'   | l       /{  l「
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…┓ /l   / ̄ ̄| l rリ  /'  //    / \リ
                              【 Talk 】   |  l | | 」「    /イ   /⌒\  / ̄\
 、...,,__        / ̄"''ア                   ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 .ヽ 、.二、ヽ   /  ./ .l
   〉 ヽ   ` 、\/_.∠、  ヽ
  / /‐'" ̄ _,..'", ̄"">、_ ヽ
  .ヽ,..l_,.-イ" / / /ヽ:::::ヽ´
  /.,'  /  .i /.,r'     ';::::::ヘ
  / i  .l:l  .l.//~`ヽ  /!::::ト;::', ∠)
 / i   l::l  レ',r"`ヽ   'ヽ:::l. ';:! っ
. ,' .i   lヘ!  l 〈 以   .リ.j::::! リ    評価してくださるのは嬉しいですけど
.,' i   ト、.l  l  ミ   _ヽ.〉:::!        種族差別はいけませんよ、差別は!
,' i   l::::l:l  l _ _ 〈. )' イ::l:::l
 ,'.  .l::::l::l, .l"´./iー ' ア:::ll:::l       愛がありません!
‐,' .   l:::::!:ll  ヒ_〈 l_,∠:::::l:j l:::l
..,'   lヽ:l:::!:〉、', ~.',ト、‐- _`"''‐-,        .,.ヽ
,'    l ノ:!:/  ヽl゙、∧ \\` 、./       , ' ./
   .l ` {     i ',‘,ヽ_,..,.r'つ くヽ / ./,. -‐ う
   l‐┬ rィ z_r ヒl  L /l.r'./ヘ_.ノ l  `´∠´_
   .l::::l ,ィァヒU_/,'    レ//二ニつ ノ   ┬ 、ヽ
  .i:::/ ,イl:::', ̄"> ---‐,'  _`ヽ、! _.、_,.イ l  `‐'
  i:::::i>'..,'.l',., -_、__,.、. ,'  l. ゛ト、_>"ュノ    i_j
  .i:::::i::ヽ'/     ノイ  l‐'".ll { l_
  .l:::;':::i ,'      .{_,.l.-' l:::l:l ll .) l
  .l:;'::::i       .{,.j ト、j::::l::l l f ̄r'
  i l:::\        ヒ,'、ト、ノ:l:::l .lト.{
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


125 :◆vsQyY1yD2Q
                                       _______
                                      ´             `丶、
                                     /                \
                                     { {>‐=ニ二 ̄ ̄ ̄二ニ=‐<}  }
                                       / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
                                   |  | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  │
                                    | { -―=ァ  7'' 卞i' T ァ- 、}  | 
                                     |/,  トi |/i  i|   | i /| ,|│i \│
                                ∠ イ{ 从≧=ミ八  、斗=≦从リ i 八| 
       その声は天使さん?             / 厶i八{{. r':::ハ      r':::ハ }}/ W  |
                                    { /  |i i ゝ弋(ソ       V(ソ 厶 |   |
       話が分かりそうな天使さんかも!     .∨  |i i⊂⊃     '     ⊂⊃ |   人
                                    /  /i| i∧   、_,、__,     /!i |    、
       やるお、その子と            /    / | i|_,,ゝ .          イ、|i小    ヽ
       お話しさせて欲しいんだよっ!     /    _ノイ^| i| |: {>  _  <}: :〉|i |八     \
                             /  / _{ {| i|_│: :V二ニニ二ニV :/_,|i | /\     ヽ
                               / /{ ((匸マ| i|,八: : :マニ= =ニマ : 八 |i 匸)) ⌒\   〉
                           〈 /   ー─ -=| i|  ∨(匸二二匸):/ `|i | ̄    }\_/
                               {厶 ___ 彡| i|   \ : \/: . /   |i | \ __ノ \
                          /          ,| i|    ヽ/\/    :|i |          \
                         /         /リ,リ    /|\/'      |八              \
                        〈      _____ ノ /;/|    |│: : : |     │i |\ _____   〉
                        ∨\    ー┴く. /;/│    |│: : : |     │i |  i i/` ー      /
                        ∨ 丶、_   ∨/| ∧    /: : : : : :|     ∧i |  i/        /
                             ∨          | i i/    /: : : : : : :|       /;八/        /
                            ∨       乂/{   ∨: : : :∧ : :∨   ノ乂/⌒\        /


126 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \   それじゃあ、明日の事についても詳しく聞きたいし
|      (__人__)     |
./     ∩ノ ⊃  /    ここじゃ目立つから場所を変えるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                                 ,. ---- .
                                                / -―一=ミ. `v⌒h
                                                ,イ  ,. .┬、┬トv} rく
                                               {{ィ廴トト!,≦トf∧フ \
                         やったぁ!                       小'⌒ __ ''Y {、 ` =ィ′
                                               ノ :{'' i/  } 人:ヽ`ァ'ノヽ
                         やるおの家、近くだよね?         ,ィ7 /:个z.`ニ イ  `.爪.   〉、
                                            {{/{/{:{⌒アとう/'{  /:..:.. ヽ/ ,イ
                         私、やるおの家に行きたいな〜♪ /ヽ  ′ /{`ア/{ソ′7´.:.:.:.:.:.:.:トイ:リ
                                         }:.:.トiミxr廴 イ } /  /ト{、.:.:.:.:ノ}ノ }′
                                         `T7 } ヽ`く下ノ| { ∧{  \{′
                                           | {   `ヽ\{|∧ `
                                         /{ ∧    丶'; ヽ ヽ
                                         {  \ ヽ.       V {  }、
                                         廴_ ≧ > 、   }. ヽ  \
                                                  { \ ヽ. \   ヽ.
                                                ` ー ミ}  \ ヽ   \
                                                    ト、  ハ }  ノ
     ____                                              {::::厂 } | /
   /      \                                             `¨   レ′
  /   _ノ  ヽ_ \
/    (⌒)  (⌒) \   分かったお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     それじゃ、やる夫の家で話を聞くお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


127 :◆vsQyY1yD2Q
           ._
            \ヽ, ,、
             `''|/ノ
              .|
          _   |
          \`ヽ、|
            \, V
              `L,,_
              |ヽ、)  ,、
             /    ヽYノ
            /   r''ヽ、.|
           |    `ー-ヽ|ヮ
           |       `|
           |.        |
           ヽ、        |
             ヽ、    ノ
         ハヽ/:.::二二二二二二.\
        {  } }l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        人 ノノ:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ,.:l:::::/: : L: ,. イ二二二 二ニ ::」\
.       .: :|ニ/¨¨¨¨´: : : : :.i: : : :.i: :}:.|_: : : : :.
.      ′:|,/ : : i : :|{: : :/:.:|:.|: : ; :ハ}  ミ: : : : :.
     i: :.:|{: : :.:.| : 八:.厶斗:|: /:厶斗  ミ : : : :i
     |: ノイ : : |:/ ̄/j/ j/}/j/     i: :|:.:.|   「お灸を据える」 と言う言葉が使われなくなっているのは事実です。
     |: : :.:|:!: :i:|〃了不 /ノ   了不ミ |: :|{: |
     |: : :.从.:从  ヒ以       ヒ以   : :.八′   お灸は、東アジアの伝統的な優れた医療であり
     |: : :{ rヘ: :、        '       i: :′
     |: : : \ ) ゝ ι           : : i      「お仕置き」 や 「制裁」 と言った意味合いで
     |:! : : : : `:.ヘ      ー _ ‐     八:.|     使われるのは好ましくないと日本鍼灸師会が主張したため
.     从: : : : : : :.个: .          イ: : i:|
    ノイ: :.i: : : |: :.:.|: :_| >  __ . イ : |:.:.:从       現在では使われなくなったとピクシーがお知らせします。
.    八 : |: }: !|.: .:.|:/ `  __  ト、.:.:| : :|:./   ヽ
        Yハ八_/      >〈  Y:.从{
     , - <: : : : :.ヽ   / | ト、  }ー=ミ           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    /^ヽ: : :‘,.: :.: : :.ーく  | | `7} : : : : }`ト、     d⌒) ./| _ノ  __ノ
.    ′ ‘,: : i: : : : : :.ヽ:ヽ | | /:/: : : : : | | i


128 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第23話 「おかしなおかしなおかしな依頼」 は終わりです。


モモが、雄山達に気付かれなかったと言っていますが
実は出会い頭に気付かれています。

相手にされてなかっただけですねw


新生町の名前は、ファミコン用ソフト『美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負』 の
発売元である 「シンセイ( 新生工業 )」 が由来となっております。


ちなみに、七つの大罪は元々4世紀頃にエジプトで定められたもので
当時は 「食欲、暴食」、「色欲」、「貪欲、強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」 の
八つの「枢要罪」 と言われていたそうです。

これが6世紀後半、グレゴリウス1世により 「憂鬱」 と 「怠惰」 が統合
「虚飾」 も 「傲慢」 と統合され、更に 「嫉妬」 を加えて

「傲慢」、「嫉妬」、「食欲、暴食」、「色欲」、「怠惰」、「貪欲、強欲」、「憤怒」 の
今の七つの大罪になったそうです。


弱体化召喚に関する設定は、主にTRPGで語られている 「分霊( わけみたま ) 」 をベースに
設定を組み上げています。

本来は個体であるはずの悪魔が何体も登場するのも、この分霊によるものです。

これは 『真・女神転生III』 に登場した威霊 アルビオン率いる四柱の分霊達とは
少々意味合いが異なりますので、御注意ください。


なお、デビルチルドレンに登場するビビサナ、ヴリトラは L v . 1 8

インドラは L v . 1 9 だったりw



次回更新は、4/1(日) 20:00〜を予定しております。

3/25(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。



   、、             _ノ.誰 作 こ
 / \ヽソ  ∩___∩  _ソ ク っ の
  _====ァ | ノ      ヽ. う.マ .た あ
  !「'「レ〉 ./  ●   ● |  ). l. の ら
   -、/ |    ( _●_)  ミ ) !! は い
   /〃彡、    |∪|   、` ⌒)-v-v を
   イx爻Y|    ヽノ  ィx爻||


第22話へ    4 第24話へ

posted by 文月みと at 22:38 | Comment(39) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
「お灸を据える」確かにリアルで言ってる人は見たことがないな。
そんな事情があったとは知らなかった。

決闘の理由があまりにもアレだけど、インデックスさんがかわいいので無問題
Posted by at 2012年03月19日 23:19
あらいクマー

天使召喚した場合、学校で会ったパワー(正確には同位体)の可能性もあった訳か。

ところで、インデックスのLvってどれくらいなんだ?
マハンマ使ってたからなんとなくえりかよりは上のイメージあるけど。
…海原 雄山と山岡 士郎が勝手に相手も弱体化したって思い込んでるだけで、
インデックスのインドラは素(弱体化なし)だったりしないよな(汗)
過保護なアナコンディさんがインデックスの護衛にわざわざ
弱体化させないような気がするし、まさか…
Posted by at 2012年03月19日 23:39
お灸を据えるって便利な言葉なんだけどねー

「格下」の「鼻っ柱を折る」を一言で意味してるからさ
Posted by at 2012年03月20日 00:01
「辛いけど為になる」んだから用法として何ら問題ない気もするがなぁ。
言葉狩りうざいね。
Posted by at 2012年03月20日 01:15
普通に使ってる人が身近に居ますw
それにしても、このインデックスは可愛いなぁw
Posted by at 2012年03月20日 02:48
インちゃんの主張も分かるけど、手抜き料理を「金銭を貰った客に振る舞う」のも食への冒涜だしねぇ…
次回、どう決着するのやら
Posted by at 2012年03月20日 05:28
真・女神転生IFでは色欲界はなかったな。
さすがに18禁にひっかかるから。
Posted by at 2012年03月20日 06:48
やべー面白すぎる
ピクシーの解説も楽しかった
Posted by at 2012年03月20日 10:09
今回の解説は特に面白かったw
お灸を据える、使われなくなってたのか……。
Posted by at 2012年03月20日 14:16
そんな事情があったのか
インデックスにもフラグが立つのか?
Posted by at 2012年03月20日 23:16
お灸をすえる、は政権交代のときしきりに使われてた気がするけどな
Posted by at 2012年03月21日 09:58
言葉狩りが横行しているからなあ
こうして文化は断絶して荒廃していくものなのかも
Posted by at 2012年03月21日 10:56
何…だと…
Posted by at 2012年03月21日 17:42
美味しんぼって絶対一回帰るよねw
Posted by at 2012年03月21日 20:25
デビチル懐かしいなー 
アーカイブスにあるし久々にやろうかしら
Posted by at 2012年03月21日 21:51
使われなくなってるってのは、公用語として、って意味だよね?
普通に聞くから違和感があったw

普通に、山岡の天狗になってる点を除けばインデックスが悪いぞこれw
インデックスは教義を杓子定規にとらえて、ゴリ押ししてしまうタイプ?
Posted by at 2012年03月22日 06:50
>お灸を据える
俺は逆で、この言葉の悪影響はかなりマジだと考えるけどな。
高度成長以降の生まれだと、「江戸時代の拷問法を現代は療法として使ってる」ぐらいの勘違いはゴロゴロしてると思う。
Posted by at 2012年03月22日 22:11
それは、頻繁に使われてた時代を知らない若い人達だからだろ。
言葉だけでなくて、実際に叱ったりしつけの一環でお灸を据えてた昭和初期は、現代なら完全に虐待になりそうなムチャクチャな理由で押さえつけてお灸を過剰に載せてやけどさせたりしていた。

もちろんお灸はまともに使えば治療になるが、未だに昭和の拷問のイメージを持ったままの人が大勢いる以上、言葉として問題があるのは間違いない。
Posted by at 2012年03月23日 23:14
なんか知ったかの人たちがお灸を据えるについて語るコメ欄になっちゃったね・・・
反論したら荒れそうな雰囲気
Posted by at 2012年03月24日 23:33
そいやアナコンディさんは落とせないんだっけ?
Posted by at 2012年03月27日 16:28
食べ物を粗末にするな!って言うのは実に正当な主張だと思う。
料理人の観点からしてみればどうだか知らんが、俺はインデックスの主張を推すね。
毒でも入ってるか、食い物と思えないほど不味いような状況でもなきゃ、買ったんなら食えよ。もったいないだろうが。
一度コイツは断食でもして見るべきではなかろうか。
原作からしてムカつくんだよな。

あと、灸を据えるという言い回しは普通に聞くけどなぁ・・・。
単に、周りによく読書をする人がいるか、居ないかってだけの話じゃね?
頭のよさとは関係ないけど、語彙の多さは読書量に結構左右されるわけだし。
どうでもええわい。マジで。
Posted by at 2012年03月28日 19:25
なるほど、これは相容れない。
それはともかく、インデックスはかわいいですね。天真爛漫なところが特に。

アナコンディさんは結構融通がきくんですねえ。
もっとお堅い感じだと思っていましたが。
これは評価を改めないと。
Posted by とあるA at 2012年04月01日 22:58
やいと?
Posted by at 2012年04月07日 07:14
お灸をすえるはゆとり世代でも知ってるけどなぁ
Posted by at 2012年12月11日 15:36
今でも選挙の度に「○○党にお灸を据える」とかよく使ってる気がするけど。
Posted by at 2013年01月22日 08:33
 子供が悪いことをしたときは、叱って悪いことをしないように正さなくてはならない(つらい思いをしても病気の部分は直さなくてはならない。)。だからお灸を据えるというようになったらしい。
Posted by at 2013年04月25日 01:25
子供のおねしょ癖や泣き虫なこともお灸で治ると据えてたのですよ
Posted by at 2013年04月30日 17:09
上質なメシの誇りと、食うか食えないかっていうのは話が平行線で絶対相容れない。
主張してる土俵が違うんだから。お灸に関しても、昭和の拷問の記憶持ってるおっさん・爺さんは大勢いるし、言葉刈りが過剰っていうのも頷ける。題材に絶妙かもなあw
Posted by at 2013年08月10日 12:09
「お灸をすえる」・・・よくよく考えてみれば、言葉自体は知っていても
使ったり聞いたりしたことは、ここ数年ないわ・・・

なんというか、諺や故事が使われなくなっていく経緯みたいなものを感じるね
Posted by at 2013年09月17日 13:42
「お灸を据える」…っていう言い回しは、
「ヤキを入れる」みたいに、ガラの悪い意味では使われない。

辛いけれどためになるって事だから、別に用法的に灸を貶める表現ではないと思うんだが。
Posted by at 2014年01月23日 22:18
なんか知ったかの人たちがお灸を据えるについて語るコメ欄になっちゃったね・・・
反論したら荒れそうな雰囲気
Posted by at 2014年05月14日 14:13
なぜ知ったかと断言できるのか。
実際に使ったことのある世代がその体験を語る事すら知ったかなのか。
無知は恥ではない、学ぼうとしない姿勢が恥なのだが。
Posted by at 2014年07月26日 14:34
単に語り※を批判するのに合わせて「知ったか」という言葉を使いたかっただけだろう
よくいるから気にしないでおk

DQスレもそうだけど、すぐ※欄で議論や長文語りが始まるから批判したくなるのも分からんでもないしww
Posted by at 2014年09月29日 11:09
海原雄山役の大塚周夫さんのご冥福をお祈りします。
Posted by at 2015年01月17日 18:47
灸を据えるって事は治療行為なんだから、矯正するって意味で使っているものと思ってた
Posted by at 2016年04月06日 01:31
知り合いの鍼灸師に尋ねてみたところ、

そんな話は聞いたことないが、自分もお灸を「据える」ではなく「する」と言っている

とのことでした。まぁその人のは棒状に固めたもぐさの先端に火を点けて皮膚に近付けたり離したりする、
「据えない」方式のお灸なんですが。
Posted by at 2016年08月03日 02:34
お灸を据える、使えなくなってたんですね。勉強になります。

こうした例はトルコ風呂の類であって、言葉狩りとはちょっと違ったニュアンスかなと思います。
ただ、便利な言葉であるのも確かなのがその点がちょっとアレですけど。
「檄を飛ばす」の誤用と同じで、言い換えが効かない使いやすい言葉は成語として成立しちゃう部分があるから難しいものですね。
Posted by at 2018年01月09日 16:36
こういうのって、山岡の気持ちもわかるなぁ
美味しいと思って、通い続けた店が人気出て調子に乗って手抜きを出し始めるとホント悲しいんだ。

一度、不味くなったねこんな手抜きしてると潰れるよ?って忠告した事がある。
それから行かなくなったが、気が付いたら店たたんでたな。
Posted by at 2019年01月30日 22:10
↑近くのラーメン屋が口コミで有名になったら不味くなったからわかる
しばらくぶりに行ったら「アレ?スープの味がおかしくね?」と思って
たまたまだったのかな?と1か月後くらいに行ったらやっぱり不味かった
それ以来2度と行かなくなった
Posted by at 2019年06月27日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54534953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ