■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年05月28日

第72話「乳と陰謀」(1)

第71話へ 1        第73話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i"  .,,,/i、l゙′ |         │         /        ○ シャーマン族
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△△△△`゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l,,,,,|! △丿
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ● アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、レイアムランド
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


2 :◆vsQyY1yD2Q
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/



            ___
     ____,../     \
    ノ   /           \
  /   /   u.           \  ……………。
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
                                                ,....... __
                                           , ィ:':´: : : : : : : : : : `: : ....
                                         ,.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                        ; : : : : : :../: : : : : : : : : : : : : : :.ハ
                                          /====○=====ェュ、__: : : :.}
                                       从: : /l:/r::yヾ:ヾ: 、:l: : : :`:.ヾ=从从
                                       l: :/l/、l ';/  ヾ:、ヾ:{:ヾ: l: : : : : : : :ハ
                                          八: i ィ示   ー'xョュx` ヾ:l: :.l: : : : : : :',
                                        /: :, ゞ''/    辷リ ′ l: /-、: : : : : ヘ
                           やる夫、大丈夫か?  /: : :f7 ヽ       r:::::'i  レ'ry l: : : :l: : ハ
                                       从: :.l:!         !::::/ , -、_ノ: : : :.l: :l从
                                       从/ヾ ∨ ̄ ヽ ,'::; ' /   Y:l:l: :./从!
                                        {  ヽ  ̄  /'´,ィ'´{    l:从:/
                                        ヽ __ノ > -, <  八   ノ  ′
                                           , -‐‐--l      ` ´ヽ
                                        ,ィ'´ ,'  ,' !          ,` ー 、
                                       ;   l   !-、         /   / `ヽ、
                                       !    l   l  `  , -‐‐一 /  /     `ヽ


3 :◆vsQyY1yD2Q

                    _ , - ‐ - 、_
                  r'´ ̄: : : : : : : : : :/rヽ`; ヽ
                 /`: : : : : : : : : : /,´: -,ヽ:\:`:ヽ
              /: : : : : : : : : ∧": :/,´: :\ヽ`. :-ヽ
                /: : : : : : :ヽ⌒!: L'´': : : ://ヾ ;ヾ_; : :.l
             |: : : : :: ,、<<⌒: : :t‐-: _: :ヽ : 〃: :_: :_|
         / ̄´{_: : :r´/:,´/: : : : l l: r 、ヾ: `´:/_ i i:.|
       ∠__〆:`''ヽ_l l l: : /゛ヽ:','.;ヽ:ヽ. ヽ_/:.///_.|
           /: :y -、: >;-、'l l: : :〃: ゝ;' ' : : : : /´{ /
        r‐-‐'´ : :l ∧}/ l:;;'/_7`_7二ツァ-----―'"‐イ
       (: :/: : :ハ 6 ゛ !ハ|,7z=ソ´l!`リ   , _``''' /
        Y://: : ヽ_    代;;タ`'     ィソタ' /
       彡: : ´://: : :l     `'''´      ゝ-' /:ヽ、  あの、やる夫さん……。
       彡, : { : {: : : /,、             /: : ミ
            Vハリレル'´ { `.、        ヽ  , ': : :{    分かっているとは思いますが……。
              , イ   ヽ .\    -‐   イ: : ハ:ミ
       _, 、ィ'´  |    \ ` ‐ , r ' ´  `´ `
   _, -‐'´三三ヽ   l      \_/ ト、
ィ''´´\三三三三\  ヽ     /ヘ  .| ヽ,
    \三三三三\  ヽ   /i o ',  |  /三ュ、



          ___
         /     \
       /         \.     ……分かってるお。
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |    出来る事なら、今すぐゴジャースに殴り込みたいぐらいだけど
     \  u.   (__人__) ,/   それで迷惑を被るのは、アッサラームの民だお。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ  今のニュー速で商会と見学商会じゃ
    |    l  ( l / / / l    あの辺りの商業圏を維持出来ないお。
     l    l  ヽ       /


4 :◆vsQyY1yD2Q

              )\
           γ´/ 丿 ヽ
         -‐ /⌒\―-、 )_
       /   /          \
      / . -‐ |          \
     .l/   l     |      ヽ
      /   l ヽ     |\      ヽ
     /   ハ |\  |  \ 1  │
      |   l/ \|  /\ |ハ   丶!   |
      |   | ―― '    ` ー―|  /     かと言って、エビルマージと協力してた疑惑のある
     ' ,  .l三三三    三三三l  /
      \/`! , , ,       , , , ノ/       ゴジャース商会と組む訳にもいかないよね。
    _   /  /ゝ.            /   .r‐、!⌒!
     | \|   | /⌒!       /    !  |  |/⌒)
    \|  V  /C=ニつイ\( \| |  |  /
      l       ̄ ̄)   |   \        /
      |        ̄ ̄)   l\ r‐┘     /


                                    /                .\
                                   ./                  :.丶
                                   /                  . . : : :ヽ
                                  '                   : . : : : ',
                                 ,'  . : : . :   .  . : .  .     . : : : : : :.}
                                 / ィ . : . . :.i  . : : . : : . : : . : . : . : : : : : : :|
                                 i/ | : : : : : |、. イ: :i!. : : : . : :、: .ト!i: : :/: : : :i: :.|
                                  l : :i: : : : |z≧V、',: :∧: : ∠リ-ヽ:/: : : : :|:. :|
                                  ',: ∧:i\ヽ辷j`ヾ∨ `∨{.ィ::}``イ: : : : : i.}: :|
                  あいつらも疑われてるから.    V ヽ: :ハ`` ̄     ` ̄´ //: : : : :l: : :l
                  ムチャはできないだろうけど      ∧: :.ハ     !      /ィ : : : :,': :i:.ハ
                                    /.イ: : : \   __     /./ . : イ/: : ',ヽ',
                 こっちからも何もできないよな。 /' | : イ: i: .\  - `  .// . :/: リ: :l: :', ヽ
                                    ∠:ハ/イ: ',. \__   '  ィ.イ./∧:∧ト、ハ
                                     リ__... 」- }  \  /´ / /イ\V ヽ. `\
                              , -‐ ´ ̄ ̄     |   , ,'   ' l:::::::`ー-- 、_
                             ./             |   } i      |:::::::::::::::::::::::::::...`‐ 、
                            . /              |   j |     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ、


5 :◆vsQyY1yD2Q
             ___
          /)/ノ ' ヽ、\
         / .イ '(●)  .(●)\    とにかく、見学商会と
        ./,'才.ミ).  (__人__)   \
       | ≧シ'    `⌒´      .|   取引量を増やせないか話し合ってみるお。
       \ ヽ           ,/


              _______
          _,..イ::/ /:::__::\__≧:..、
.          /:::{\:__:::::<_>:::::__::::>:ヽ
        |::≦_::{  \::::::::::::/, }:≦(::.
        |:/ /:::_\}::::\_/:::/_/_::ヽ{:::!
        }:/ /: :./ |:! ̄  ̄_  \ヽ}
        /::/,:.|{: / ̄リ       ` |: Y
       _{_,i/:.:|,ィチ心      ィチ心 i,..:|!
     /:::::::{ _从弋zソ      弋zソ ;f) }
   /::::::::八{ }!  `¨         ¨´  !ノ/    同時に、オルレアン商会にも働き掛けましょう。
   `ー--- /乂:.       '       ,-':\
       /: :.:.:人     _       八: : : ヽ.  今回は、こんな事になりましたけど
        /ハ: : : :|: : .           . : : : |: : {リ
      {/ }: : /!: : | >     イ: : i: :∧:.('   タバサさんをフォローしておかないと
          从:{ j: /´`丶、`´ _,..ィ}/:从:! ヽ}.   彼女の立場が悪くなると思います。
        '  /、    / Yヽ  }、__ \
      _,.ィ7\  \ / o} }ノ   /ヽ、_
   ,.ィ´\//////\  ` \/  ///////ヽ、
  {    \//////\      ///////     ',
  |    、  \//////\  ///////   ;  }
  ト、   :.    \//////////// /|    /  ィ|
  |::}!    }    |\//////// /  !    i   |:|
  |::|!   |:.     |  \////,/   |    !   |:|


6 :◆vsQyY1yD2Q

                      )\
                  _ , -――-´、  `、
           , '´-、          ヽ   }
           /〈⌒\    `ヽ   ヽノ
           / ハ   、     \  ',
          ,' |l ト、   \ \.   V ,}
            {  从|ノ\  | ≧ Y  | ,'
          ゝ  {f 杁 ヽl 杁ィ}|  /Y
            \t ヒリ ,  ヒソ j/〉/   そうだ! 手紙を送ってみるってどうかな?
               人" 、_  ノ "" /ー'
              >、    /―-、   ラブレターみたいなの!
             「 ̄ ` Trー、 |   /
            , -ヘ  /'ー∠`Y /- 、
            /  /l/   广レ'/   l
             l  //{   _,ノ// _,  |
              / // \/ーイ/´   /
          l  l/   /  l    /ノ!
          l./   /  |    / /
          /    /l   ト   / /
          {   /l |   j | / /



       ____
     /      \
    /          \
  /           \   こっちにその気があるって事を伝えて、話を続けるけど
  |     \   ,_   |  成立はさせちゃいけない……出来るのかお?
  /  u  ∩ノ ⊃―)/
  (  \ / _ノ |  |    でも、やれるだけの事は全部やってみないと。
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


7 :◆vsQyY1yD2Q
                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、
            /                    `''-、
          /                          \
         /                              \
        /                               \
       ./                                  ヽ
      ./                                     ヽ   やる夫は諦めたりしないお。
      !                                    l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !   今は無理でも
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!.   いつか、必ず……!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l〜 ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"


8 :◆vsQyY1yD2Q
【 タバサも色々と画策中 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ,. .<:  ̄ ̄: >、
               ,. :´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,. ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : :/: : : : :|: |: : |: : : : : : : : :.
           ': : : : : : : : : :|: : : : : !: !: : }: : : |: : l : : |
             |: |: {: : : : {:_:_|、: : : : |: |: :/!___/: : ,' : : |
             |: |: :\ イ\:} \: : : /}/ 从/ |: /:,: : :'
             {: |: 、: : / ィチ圷 \/ ,ィチ圷 }/:/: : :'
            | イ: : :八 弋こソ r、__r、弋こソ /イ:/: :/  ( ……やっぱり、もっと あの人と話したい。
            j八: :.:、: \--- ´ , ` --- ' /:,:': :/
                ∨: : : ,:」' ' '      ' ' '/:イ: :/     何か方法はないだろうか…… )
                _ 从: : {: 、    −    ィ:/: {/ _
              //\\」:|:ト>  _  < {:/l:/,ィ////\
             //////`ヽ、|ィ ┴-,、 r┴ ヽ //////// ヽ
          〈///////////\  /、_∧ ////////////∧
            \r-- 、_//////\ィ介 //////,. -―- 、///
              ///////==-、//\,//_,ィ7´///////∧/ '
          //////////////>、 イ/////////////∨
            {/////////////// ∧/////////////// !
            |////////////////||∨//////////////,!
            |/////////////// i|| 、//////////////|
            |//////////////  ||  ∨////////////,!



                                               ',
                                              ',
                           i  |   i               l
                        |. ‐|、_|   |                 l
                             |  |  /l`ヽ、l                 l
                         l.    |  l| /. |  /|`ヽ/        / ノ
                l      l.    |  l==.⊥_/ | /       ィ´ /
                  l      l     ト l |l  7_>,| /|     // /
              l       l   | V ' /y'  |/.l   ./ //
               l      ヘ   |    ヒ/   /| /´  ´  ( 図書館に行けば会える……?
               l      ヘ  l xxxx  /__l ´
                l       ヘ l    ノ  {            彼との付き合いがあるとなれば
              ト、 ヘ      ハ l  レ'    ヽ
     \. |\  \   l \ヘ    l   `       /          任務は引き続き続行と言う事にも…… )
      lソ  \ {\  l  `ヘ.   l     _   /
      l.    \l. \|  トハ.  l    , '  ̄
  i=ニ二 7              l  ハ  |、 /
  |ー― ニ=、__.      ト 、 V´ ´
  |`´ ̄`ヽ   ̄``、ヽ、.    |ヽヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 タバサも色々と画策中 】


9 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /  _ノ  ヽ__\
  /    (─)  (─) \
  |       (__人__)    |  とにかく、今は気持ちを切り替えて面談を進めて行くお。
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /
                                                  >=-     `丶、
                                                 /            \
                                                ゙7   , ハ    ,、,    、
                                                    {  / /ノ \/`lハl  ハ
                             大丈夫なんだな?                 ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                                                 ノノ.i|⊃    ⊂⊃ i   \
                             それじゃ、次のヤツを呼んでもらうぞ。 彡ゞ八  r‐-、 `7 从」 <⌒′
                             まずは女王派からだったな。           /⌒l`ニ`,  |/^フ⌒´
                                                   ./  /::|三/:://  ヽ
                                                   |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


10 :◆vsQyY1yD2Q
                                   /,.                      ヽ
                                  .ィ'                        ヽ
                                 //  /      ,   ,              ',
                                 ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
                                 l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
                                 !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |
                                   !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |
               ( ……大丈夫じゃないんだろうが   .'  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ
                                       /イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|
              今は、面談を続けさせてた方が   /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!
              気がまぎれそうか? )             { イ   \   _       /イ    ハ!  | 
                                    !ハ   ト/ \  `     .,. ィ  / / ! ト .l 
                                    /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!
                                    ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ
                                     /,.> '}      |   ,//    .| \ ',
                           _,.... -─ ' ´ ̄: : : : 〈 ヽ、   .|  / イ`ヽ、_ .|  ヾ、
                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',   `丶 | / ノ |: : : : : :`` ─- ..._
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     `}   .|: : : : : : : : : : : : : :',
                        〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',      l   .|: : : : : : : : : : : : : : }
                         ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     }   |: : : : : : : : : : : : : .i


11 :◆vsQyY1yD2Q
【 舞踏会 会場 】
ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||::: ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||:
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||:
      ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||:



             ___  ______
              ,r.'.´ ,r‐、`´,r三ミ.`ヽ、
         ,r'彡'´./ /ミ`、/.ハ ヽ、ヽヽ、
        ,.f'´/,r"./'゜ミ、/,A .ヘ  ヽ、`ヽ、
        .f./,r", ' ./ /ミミv彡ヘ ヽ  ヽミヽ、
      _.l'´/  / /      ヽ .\ 、_ ミミi ._
       /i./,r".〃___       __ヽミ、`ヽ、`ミミl |l、
     .l.|l_./  .//_____``ヽ   .'´_,.___\ヽ  ヽ/ ll.|  神夜、随分と時間が掛かったが
      !/.l .イ l.`ヽ匕`i   '´匕:ノ´ トミヽヽ,rlノl !   ようやくお前の番だそうだ。
      .| .l i .!L≡=ミ、         ,ノ|l.i`.i / |!./
       !...!ミミ`r‐!` 、リ. △. _, イ/n !.l.|,'  レ′   私が部屋まで案内しよう。
      ヽヽ三l . |n.ミ__>-<__∩ll.| |.ノ.' ./       アイビスも向こうで待っている。
        `ヽミ! .!|.|、l| /ム |  .|.レ'.ノ'r、'´
           r'~テ7! `~ ~´  i~ミ彡i..ヘ
           ハ´‖〉     /`7 ./ヘハ


12 :◆vsQyY1yD2Q
                                                   /::::::::::::::::::::::\
                                                 /::::::::::::::::::::::,... -'"´\
                                                ム/::::::::::::::::::,..-'' \::::::::::::
                                             マ、 | l |::::::::::/l      \::::::
                                    、_     ヾ、_∨、l/,.-}:::/」| l       \
                                   _\ヽ、,-''´::::::/::::/:::`ヽ '´
                                ー´-―-_,..:ヽ、―-:::、:::::::/:::::::::/::::ヽ-,__
                                 ヾ_ー/l::::::::::、::\::::::::、: :`ヽ、:/:::::::::::',-'"、`-‐´ソ
                                    /::l:、:、:\:ヽ:.\:_: \: : :`丶、::::::l    ̄ ̄
                                   l:/!:l: \:、:\,ィ‐tォァ、: \- 、:\`ヽ、
                                  l:!l: |: :l: \、ゝ,辷j ,.\: :\ }ヽ、ヽ `
                                  ヾ|:.l、:.l、:.lノ\ :::::: /:,ィ:\: ヽ::ノ \
             は、はい、よろしく お願いいたします。  レ' ヾ!ヾ`; _  / l: : : |ヽ、:',
                                       l:/ヾ、)   ,.ィ': :ハ:.! ヽ'
                                         |:`ヽ,=‐'-':_/_ !:!  `ヽ、
                                        ,.l: /      ̄´    `ー 、
                                        /ヽ_)                   ヽ
                                       {-、_)            、 ':,   ',
                                       ├-、}             | ',   ',
                                      /`-‐'!   ___/_      !  l   l.
                                      / ∨::ヽ|   /:::::::,--`ヽ    /  l    |--、


:: :: :: :: /:: _,.-'''":: :: :: :: , -'":: :: :: /:: /:: l :: }`、
:: ::./, -'/:: /:: :: :: _,./ :: :: //:: :/_, l:: ,':: .',
/,.イ:: :/'/:: :: :: //:: :: /::/.-'''"_,   ,'ノ,':: :: }
// :: /:: :: :: //:: :: /::/:: :_,.rτ=-‐ .l/::l :: ノ
: :: :: / :: :: //::/.:: ::./::/:: :,.<. ちi|   '、::.l/
:: :: / :: ///: / :: /::/:: :/     .ゞ.!     ` 、    気持ちは分からんでもないが、そう緊張するな。
:: :/:: /:: /:/: /:: :///:: :: /  u         ./
、 i:: /:: /: i:: i:: :/K/:: :: :: 'ー _‐ニ= ,        / `、    私も調査結果を全て聞いた訳ではないが
::\: :: l:: .l:: l::/_ヽ{_,..-'''"/:: ::./         ,'`、:: `、   そう悪いものではない様子だった。
:: ::`,\:l :: ', Vニゝ }   `./ ::/      -‐ ,':: ',、:: `、
\:: ',:: `、.:: \「"''- .、 {:: /`  、     /ノ :: ノ `,:: :',. やる夫達ならば、そう粗略には扱うまい。
:: ::`、.', :: `、:: :: `、ヽヽ、 ト::{`ー .<=::,> 、._/;:.-'"  .}:: ,'
:: :: :: ::i:: :: ',:: :: :: i:: .}ヽ.} ゝ`- .、.▽ './:/     /::/
:: :: ::./:: :: :: i:: :: :: i::/、`/   i ', ', {/     ./ィ'
:: ::./:: :: :: ,':: :: :: ::.i'~"''l   ./ ` i      /'´


13 :◆vsQyY1yD2Q

                              ____ ,.   ' ゚゜二ニニ==-ミ
                               /       /:::::::::::::: : _}v〉   、
                          /゚゜¨¨/       /::::::: : : : . .〃7/       丶.
                          .′   {      /∧ ̄ ̄  __ゞ丿        \
                          |          |〃 》    丿r'′ 、          ヽ
                           、   丶   {{ }} /》 /〃    丶、
                           \r==ミ、_____ル'ノ,ニ=--==ミ      ヽ
                            ゞ、,,===彡        ヽ      ,    /
                         ト、  《フ/ {{ /二=‐-ミ二ニニ==- :    /:::::
                     辷毋ミゝ ` -'"/ ̄ ¨  ‐-ミ   ヽ `ヽ___   ;  /:::::/
                       {} {}`ー…ァ { 、、  、、ヽ‐-=ミ丶、 、`ヽ‐-ミ、 :| .:′/
                        {} {} /:/ /,  ゞ \\`丶、 ィ示ミ、=‐-ミ、 ` / |::::|
                           / 〃   ; :{ {   , \ヽ 〃乂::ソ"|ヽ 、| \′ |::::|___
                            ; /,' ::|: { :}∧X.,み、\     丿 | ミ  /    、___:\
                            | | |.:; ;乂_爪んうソ ヽ       ノイ | . /         \:\
          信じているのですね。     rl |人ト、丶 ≧`¨´   `,__フ  /| |゙/      { ____,  ´ \:\
                        八|   ゙、\人___≧、   " ,. ′ .′     ヽ`¨    | ヽ
          ……旦那様の事を。   -=彡'゚゜     `ヽ、  \ ̄ ̄ `ヽ  |:,′        `丶     '
                                       \  \    ノ  ,′            \   ‘,
                                     \、 \ ,′'^/ .              ヽ   ‘,
                                         `X_    /          , -‐-ミ }   ‘,
                                      /       ′ ,.、      (   __  )──く
                                        ;  、/  i  |::::\  // // r 厂 ̄ ヽ)
                                        人/    ;  |:::::::::::Y  レ'  .レ' /     ‘,
                                        / ./       、  |::::::::::::|      /     ‘,
                                   /   ,′ /\    、 ';:::::::::::|      , ′       ‘,
                                     i  /:::::::``ー一丶_::::::| _ ,  ′       , -=ミ


14 :◆vsQyY1yD2Q

―- ,,_
      ` ー-v_'ニ _
          i   i   l
         i   i   i
     /   i i i  /i
   /      i i i .//
  /  /  /、 / /./
 /  /   / `,\ l
/  /     /  /' }  l
  /    / ./=== i
. /    / /    ij i
/    / /    `ー '、    ……勘違いしているようだが
    /  / .u     \
   //  ./   _ -,   /    私は結婚していないぞ。
       i  / ,  /  i
   i  `-'_-// /   i
`、  i  l'"  /  /  ⊂                                      ___
`、`、 `、 i   i /    i                                     /::::::::::::::\
  \\ \ゝ `'―- '                                   /{ /:::::::::::::/\/
         >'" ̄ユ 、                        \.    /∧∨:::::::::::::// l |
         _,, - =,, )                       \/ヘ.  │〈. \ヽ---'/ ノ/   /)
                                             \ノへ ,厶イ:::: ̄ ̄ ̄`::<  / ソ
                                           (‘ー::::'´::::::::::〈:::::::ト、ト、::::::::::::`:く  v'
                                              `7:::::::::::::::::∧ヽl\ \::::ト、:ト、∨
                                           /レ/|:::::::__/_入   \_ヽ_ヽ ハ
                                            ,'   l/|/|  __ヽ\\_\  , l |  っ
                                          ,/    |/,ィz、ヽ\ソ,ィz、\| l| ト、 ゚
                                          l/|   | N | {::} |    | {::} | ハ∧l|_ ヘ,
                                        /  V !ヽ|  乂_,ノ   乂_,ノ j:::::l | \ヘ、
                  し、失礼な事を申し上げました。   /  ヽ|:::::V///   、   ////|/::|ノ   `ー'
                                            /::|\ \ /`ー‐ヘ.   / /l l|
                                         /:::::l ト、ゝ |       i 厶ィノリ
                                            /::::::::| l|__ `>=‐--=<  ///
                                         /:::::::::∧l| `ー─┘  └─///⌒ヽ
                                         :::::::::/ ヾ   ─--、   ,. --レレ   |
                                         ::::/::i 、                ;
                                         Vl::::ハ У              〈 /
                                              l i{ ∨      ヽ/       V
                                            l| i /\      |     ,. ヘ }
                                           |  V /\\   l   // ∨


15 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


16 :◆vsQyY1yD2Q
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/



                   _,,.. --- 「二!  lニフ
               ,,..:・''"::::::::::::::::::::>〉ヾ-〃<  ,へ
            /:::::::::::::::::∧;:_-< <> ,, -‐''"´::::::::\::へ
         , '::::::::::::::::::::::,ll V/))>'":::::::::::::::::::::::: :::::::\:::゙<._
.        /:::::::::::::::::::::, ' ヽ_ニソ:::::::::::::::;;;-‐:::::::ヘ:: :: ::::::゙''‐-=ニ-、___,
.         /:::::::::::::::::::::/    ii/ii::;:;:;:;/ //:ハ:::l八  l 、: ::: ::: :: ヘー''"
       /:::::::::::::::::::::/ .     ,'::::/   //./ ! .L_ノ-.ll lヽヽ :: : } ‘,
       ,'::::::::::::::::::::::,'   、__{:::/ /l! . /l/,xzlz;lュ、ヽ,ll ト}: } ;; ト、'.
       ,'l:::::::::::::::::::::::{   ヽ__.//://j.../!..{〃以リ`゙ )ノニ;; l .l ! ! '. !
        l:::::::::::::::::ト;:::l      l/ Y/:::l/i ', ',ミ       、lゾ}ノノ lノ ノ
       l:::::::::::::::::l l:::l      / .∧:::::〉->‐‐-、     ':::-=彡 l     あ、あの、御当主さま。
.        ':::::::::::::::::! l:::'.          Y/    ヽ  o ,へ' 川、ヽ
.        ':::::::::::::::'. '.:::'..         , '         ',.._/l l /=,―,_) )   ……お久しぶりです。
.        V::::::::::∧ '::::':.      /           ', _V/ / /ヘノ
         ヽ;::::::::∧ ヽ;::':.   /          ',::::::::l{ {'' /./'ト、
         ヽ;:::::::::'.  ヽ:':.  l    \      _l::/::/l‐レ'-'``ヽ,\
           '::::::::::'.  ヽ::..、l ミミ  〈ミr;;;、   .l:::::::/ !:::ヽ    ``
              '::::: ; ヘ   \:l      ├‐、::\ l:::::/   !;:::::::ヽ    
               ':::.  ヘ.   ,'     ヽ ヽ;:::::!:::;'   l \:::::::\....._
             ':::  ', /   ,,-‐‐''ニ''‐、 `'l::,'   ト》、 \::::::::::::
              l::  ∨l // ̄   ``ヽ.l:,'     V》》、 ヽ::::/
              l': ノ〈//        (し)=‐   V》》》、__Y
                l  〉、/  ,、          l::l     V》l》》、ト、


17 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
       /      \
     /  ⌒  ⌒  \
   /   (⌒) (⌒)   \l⌒l   お久しぶりですお。
    |      (__人__)    |`''|
   \     ` ⌒´   _/ /   ヨメ家のパーティー以来ですお。
                  /


                                              ,-、  l:::/:/_ l::::::::,..::‐::::::l l:::::::
                                        マl    ムヽ l |:/// /:,..-´、/´,.-'::::::::
                                      \  \マ、_,...-'―- 、_ //ヽ / /:::::::::::::::
                                     _\ヽ、'´:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、/ /´ \:::::::::::::
                                    ´ ―::、::ヽ::::::二‐:: ̄`ヽ、::::::::::::`ヽ、    \::::::::
                                     /::::\ ̄´:\: :\:::: : : `丶、::::::::':, `ヽ__、::
                                  ー/:::/::::/:ヽ: : :.',:\: :\: :\: : : `ヽ、:l` ヽ、   ̄
                                  /::/:/:./:::/: : ,:\ : :lー-、: :\: :ヽ、: : : : \  `ヽ、_
                                  l:/!: l: l: : !: l´二、\!,ィ示kヽ-ヽ: :ヽ‐ 、: :\\
                                  l: |l: |、|: : l: l,イト-}\l 込ツ  l::\:.ヽ ノ:l\:',
                                  レ' |:l l: /、:.、 `/        /,イ:, \:',/
           ! 覚えていてくださったのですか?    リ l/| '!::ヽ∩ _,..、    _/:,イ:::|:::ヽ',
                                       | .l: ::,'. l ∨ )  ー-,'イ |: :|l: :|ヾ、
                                       | .|: l ,'- 、`_´  ,イ  /: :l l: |
                                      l`"|,'__.l / , '-, "  ,',イ:/、リ
                                       |:.:./:.:.:,-'、/_,..-   / l: /  `丶、
                                    /l/::::ヽ:.:.:/´     ___ |/_ -    ` ヽ、
                                   /  ',  |:::l:.:.l  `ヽ   ´  /          `
                                 /    l、 |::::::ソ
                                /:ヽ     ',l:/    .,
                              /::::::::::',      l ',   '´        、  ,
                            ,/ニニ,_コ::::::',      ', l /  /\      ゙!/ |   _,..-‐'
                               | |:::::::::::',      ヽ! /::::::::::::> -、,/`ヽ|{ l_,.-'´::::-.:::
                               | |:::::::::::::',      l,/::::::::::::/  k-‐、 ヽ'´:::_,.-'  \


18 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   やる夫の話を、楽しそうに聞いてくれてたのを覚えてますお!
  |      |r┬-|     |
  \.     `ー'´     /

                                  ____  \\ /:::/ / /
                                 〔ニニニニ>───┴┴<ニニニニニニ〕:::::::::::::|
                                      /:::::::::/:::::/::::::::::::::::::::\.      |:::::::::::::::::::::|
                                       ./_:::::::::__::::::::::::::::::::|:::::::‘,    .|:::::::::::::::::::::|
                               ト、    _/::::::: \/:::::: \_____ ‘,__ / :::::::::::::::::: |
                                ゞ ニニ:::/::::/: :::::::::::::::::::::: \ ::::::::::::::::\’ /::::::::::::::::::::::/
                             ゞニニニ ::::/::::/:::/:゙| ::::::::::::::::::::::::\::\:\::::∨::::::::::::::::::::::/
                                  /:::/::::/:::/:::::|::::::::::::::|:::::::::::\\::\:\:> ::::::::::::: /
              御当主さまは、まこと       ':::::|:::::l:::::l:::: ∧::::::::::::l :::\:::::::\\::\:\::::::::::::::/
              お話し上手でございました。 .|:::::|:::::l:::::|::‐|- |、:::::::::|>::‐\-:::|、:::\::\:\:::::/
                                |:::::|:::::l:::::lィfち抃xハ::::| x さ示抃|:::\{:\l \/
              またいずれ機会があれば   |:::::l: /\∧弋(ソ  ヽ| 弋(ソ/:::〉::::|::::::::: /
              是非、お聞かせ下さい。    ∨.∨/l ::::∧''         /イ:::::/|<::/
                            _.. -‐'::::::::::/ハ:::::::::\  丶    /::::: /:/ \
                              /::::::::::: _,/    }:::::::::| >`二´イ/::::::::/l/     \
                         /:::::::::::::::::::\|.      }:::::: |一    ー/::::::::/一'     \
                           /:::::::::::::::::::::::::: ∧     }::::/      |::::/           ‘,
                       /:::::::::::::::::::::::::/_',__}   |/       .|/'             /¨7
                       :::::::::::::::::::: / \::::::::::::〉         }ノ         /    //
                       :::::::::::::: /'     ヘ ̄/       /         l/_____,/__
                       :::::::::::::/         } {. ∧       /       /{   |:::::::::::::::::::/
                       ::::::::::/     ./〔〔‐/:::::\.   /      /:::: ハ  | ̄ ̄ ̄/
                       :::::::/     / /} |::::::::::: \ !    ./::::::::::::::}ノ{〔 -〕〕 ̄\


19 :◆vsQyY1yD2Q
           , 、
          γ丿 l`ヽ
        ( /  ソ/´ ̄/⌒ヽ 、
        ,.' '´      |     \
        r    ,/ ! /|  ,.    \
        |    / ,二|/` |l ト、 l.   l
        .Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l  |
       〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /
         ヽ_   `    , ヒrノノリ /  ( アイビスの妹かどうかの問題がなければ
             l     _   ` イイ
            ∧     /゙}    /         何の問題もなさそうな感じかなぁ? )
            /  \ / /  イ
   / ̄`マT ´  /7/ /¨´
  /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
  |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |


20 :◆vsQyY1yD2Q

                                         ,  // , -―==-
                                         i { ./ / /r'"´  ̄`"" '' ‐-、
                                        i、l v ,' /.'"   ̄  ̄  `"'' - ヽ、
                                     _ゝ i i i { ,r '" -― _‐ ,,_  `ヽ、.ヽ
                                    /  , r-シ  - ` ヽ、 ` 、‐- 、   ヽ `、
                                   /,  ./  l i `ヽ、 ` ヽ` 、` 、 ` 、 ヽ .i
                                  // .//  / ,l .i  、  ` 、 、  `、 ` 、ヽ    `、.i
                                 /.// ,'.i.i ,',' i.'、'、  ヽ、  ヽ`、 `、 `、`、   `i
                                     l l .,' i.i l l l  `、ヽ、 ヽ\ ヽ`、、 `、 i `、   l
                                  リl.l .lll l .lー―- 、_、ヽ i-‐ヽ、_i"ヽi  i i ト ゝ、 l
                                    リリ'、 .i l.`〈、示シ、  `リ.'.ヘ之示> リト、il l、 、ヽ` 、
                  やる夫、普通に話すのもいいけど   ./ノ`、\ `.`ー´      ´ ̄`´   i l l `、.`、`、 ゝ
                                    //   i i:|     ノ      u. ,ノ ll l  l.i iヽi
                  まずは調査の結果を話さないと。   リ.l   ll.l人   丶       /| ll l }ノ l
                                    レi i  lll l ゝ    _       / l リ .,' /' /
                                      / }.// (ヽ l ヽ      /   l   {_{
                                           / リ|` ー <_,. ‐ .', 、 _ -.7
                                        ,.r.'" .l  l        i!   .7/
                                    _   `、   l_,,ノ       i!   /.〈_
                                ‐ ''""´   > `、  .l          i!  .//  `"'' -,
                                      /   `、 l        .i! /       /
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|  おっと、そうだったお。
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


21 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    昨日、神夜さんの持ってきた斬艦刀について
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   物産展に来ていたポルトガの宮廷魔術師の人に頼んで
     /⌒ヽ        ィヽ    調べてもらったんだお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       _    ̄ ̄` 丶、
       /           \
     /   ,、_ {  / /  ,   .
.    { 厶kヽ ハ/i./ハ }   }ノ
      } \} ○   ○ v /     まさか、キバヤシ王からの返事が
     ノj  ト    ′   }く
   _彡'へ }、.u  △  ノ ド=-   返ってくるとは思わなかったけどな。
   _彡'}ハ/ヽ¬≠≦}ハノ
      / : /{ヘ_,癶:tヘ、
     く}_{_シ': :}: : \: :ヽハ
     ノ: :}: : : 廴:_:_:_}∠:_ノ


22 :◆vsQyY1yD2Q
.  {    /     _,. -―-  /^ \   ヽ
   ',   ,.'     /       '    \ 
.   ` ー/      /         _,. |      \l
      .l     /   ,/  /  |       ヽ
     !     /   /l /__, l|  / |   |
     | /ニ`|    /y!/テーミメ  l  /ヘ /    |
     Vl  ハ   l ] 爪.ノリ  、 |≧l/   /
      八 〈 ヽ |  弋_゚ノ   ヽ|}ノハl   /   斬艦刀を造った鍛冶屋さんとか
       `\_   ヾ         ヒノ/  /
         ヽ}`          ヽ ノァ ´      神夜さんが生まれた当時
         |        _    /         ロマリアで侍女をやってた人とか
       _, -―」   \    ´   /
-―=ニ´_丶 \.ノ      丶、 __, イ            あと ご隠居さまとか
      ´' 、  \     /ヘ=ニ、ー 、_
_,.  _,._    \  ヽ    ト、   }   }.         色々な人から話を聞いて大体の事が分かったよ。
、./´  `ヽ,   ゝ'´^ヽ_   \ーく  人
/     \`Y´\   | `  '´ |   \↑|


                                              ,-ァ
                                                | l_r-‐_ニニ-_
                                            _,.‐ヽ, !´ ´     `ヽ、
                                           /    _         \
                                          /  ,  /   ヽ ヽ  ヽヽ  ヽ
                                         /  /   !     |  l   l ト、 |
                                         | i  |  /| i    ト、 ト, | | i !
                                         | |  ヽ |__||\  ト, |__∨ キノ ノヾ、ト,
                                         'ヽ i ヽ! ○ ヽ、|ゝ' ○ l'レノi ヾ,
                       あれ? 二国の王族が動いてない?  ヽゝー⊂⊃ 、_,、_,  ⊂⊃: /' 、. !
                                            / 人   ゝ._)   /ノ i  |ヽノ
                                            | ! ノ`'ーr‐rェr'ニi´ ィ ノi ノ
                                            ヽレヽ,ィイ Z! ト,__`>< ゙´
                                              /-ソ○ !X|'‐r'fヽQヽ


23 :◆vsQyY1yD2Q
【 当時、ロマリアで侍女をやっていた人 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               < : : : : 〈: : : : : >
             /: : : : :/ : : : : : : : : : : : `ヽ
              〃 : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :∧
          /ヘ :/ : : ;′:/ : : : : : : : : V: : : : : :ハ
            / :/:;′: : : : ;′:,イ八: : : : : V :-==ィハ
.          /::/: i: : : : : :,イ: :/i: { V : : : : V: : :}: : : :ハ
         {::;′:i : : i: :/斗<{/  V>く:|_V: :}: : : :} }
          i/ : : i : : ∨厶Vミ      厶Vミ、V : : : ハ:}
           八: 从: :/,そヌハ     しヌハ∧ : : 从ノ
             V:i: :ヘ 乂ー ノ      乂ーノ レイ/i
              V: : :ハ       ,      ∧:ル',′  あ〜……あれは当時 色々と噂になりましたねぇ。
           レ'ト、:∧            / :/レ'
             从ヽ   r ―っ   イ从
              /  { ≧ ー ≦   }`ヽ
           〃    V   `X´   /   \
.       ___/     V /  \  /     ∧
       {____ }     Y´     `Y     ,′ ハ     ベテラン侍女
      (二つ :::::::::::::}       }`ー―‐<{     {   i}   種島 小萌
     〈   つ ::::::::::::}       }////////{     {   i}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 当時、ロマリアで侍女をやっていた人 】


24 :◆vsQyY1yD2Q
                                              l l ト, |::::::/:::/ク |::::::::::i
                                      ト、 ヾーへ_,,,,,ゝLヾー‐‐彡:::/イ:::::::::j
                                        \`´:ト、::::::::/\ー-、>...、与ァフ:::::::::|/クイl
                                      .....<:::|:::::\人:::::::\::::::ー-、_ヾ久ヘr二レ' ク L|
                                  ..<:::/;へ|:l:::::::::::::ヽ::::::::::\:::::\二ニニ=十‐
                                 /: ;イ´::/::::ハ|';: : : : :.|:';:::';:::::::::\: : \ト弋L_l_
                                ': / /: :/: : {: /"`i: : : : l、:';:::ヽ;:::: : :`ヽ; :.}:ヾ、へドーツ
                                /'  ': :/ |: : ハ;l__,,_' : : : :.!ヽ斗‐ヾ、; : : : :`ミ、l:lヽ::::’`
                                /   .{: i: :l: : |くヾ__' ; : : ',__ヽミュ、:ヽミヽ、: :|;::ト、ヽ::ヽ
                               ー    i:ハ: '; : ト、ャ化心\: :く叮J心ゝ':.lミツ、: !:::::l::::〉:::〉
                                   l:| ヽ:ヽ:lミ、弋,ソ , `ヾトーツハ: : :|/lレ::ヾ、:::l::/::/
                   それで……どうなりましたか?  i ハ: ヾト`,,,  、    ,,,, 彡イ: :.ハ:|:::::>〉-‐く
                                       `.{レゝ: : l`、.   o    フイj: / .リ`´ /   ヽ
                                 , -<::::i/ ヽ: lヽ > 、  </ノ.i:/ //       ,
                              /' ´/:::::::::ト、  ヾミ、` \ ヽ / /_,,/          |
                             /  /::::::::::/:',    ヽ、  `''l  ./"       /    | >
                             / /::::::::::/::ト-ヽ 、      `         γ   ////
                             {/:::::::::/::::ト;ハ/∧ ゝ'    ヽ  /       `.;   //ィ///
                            /:::::::::/:::::/|//>ァ'       ' /         ',/// `ーァ
                               i:::/:::///  ∨/|フ         /             V     {/
                               |::i:://:/    ∨/        ;            } / / l_
                               |::レ::i:ハ       {            !           ハ、/ ̄彡ニ
                               ハl::::|ヾ、:::>‐-....,,ヽ ./\      、   /`> 、 r、_ノ´ソ/二<


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  神夜さんの お父さんが、ポルトガから来た斬艦刀の使い手。
|       (__人__)    |  これは間違いありませんお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     それで、斬艦刀を造った鍛冶屋さんに話を聞いたところ ―――
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


25 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ,.ィ , - 、._     、
.        ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
       ト/ |' {              `ヽ               ,ヘ
      N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
     N.ヽ.ヽ、           ,         }.    l\/  `′
.    ヽヽ.\         ,.ィイハ        |   _|
     ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.  \
.        ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >   実 は 、 斬 艦 刀 は
.         l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__
         ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /   二 振 り 造 ら れ て た ん だ よ !!
         l   `___,.、     u ./│    /_
.          ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
             >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
        _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
  -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
       /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
        _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.       |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
        l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.       l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
       l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
         l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
          l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
           l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
            l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


26 :◆vsQyY1yD2Q

    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.    l´  r'´ ̄` '''ー-‐、く , -─‐- 、.__  r''"´ ̄ ̄``≦_
   _| ./ ─- 、  u uV    , ,ィ 、 ≦l ,.ィィjノノl i 、 ミ. ,. -─- 、__   ____
.   |rヾノ  i ̄r;`ヽァj,∠7  ,∠ノノハトNヘ「l / ̄ニゞノ_ハlゝ〃     , ⌒ミ、′ ノ  ヽ\
    l〈r_ ij   ̄ " '{.ゞ'ィスi/ <´n`ー'rf;Yi、ソij ゙ー゚=゙ {セ7′  ,.ィィァ'ハトAlヾ. (○)}liil{(○)
_r/^`ーl   , - 、._‐ノ v}r_ ij "" _ -フ''〈;ァl. u , - 、_-フ 〉r_、∠f テcj:Hr。ァ.    (__人__) ヽ
  lヽ   ::\. 〈ニ=;‐-/ ./!ー.l   /ー`ニ7vノ、ヽ. l_ ̄`/./ l lヘ! ヽ.ニノ└Lノ     |!!il|l|   |
  | \ ::   ヽ`ー‐'// | : \ヾ三//l \: ヽニ´ィ、 _,r゙7‐i ij /二ニ7 .〉      lェェェl /
  |  _\  ::  ̄∧\.  \:   ̄/| \ヽ /ヽ. ∠ .lヽ l ヽ、\ヾ二ソ/            ヽ





                                ━┓   k、_   ∧__,,.//!ヽ、:::::/ /::::::::::::ヽ
                                ┏┛  、 \,,..` --―-- 、//´ __/::::::::::::::::::::::',
                                  ・ ., -―\ヽー-::- ':ヽ::::::::::`丶、'´  \::::::::::::::::::::',
                                    ̄/、ー-'´:::::\:::: : : `ヽ、::::::',- 、  ',::::::::::::::::::::',
                                 、__/::/::\:: :\:\: ':.,: :\: : `ヽ、 `ヽ、 ̄ --,:::::::::::',
                                  /: /:/: /: |:.、: : :',\-_、\: :ヽ: : : :ヽ、 ` ー- '::::::::::::::',
                                  l:./: l: :.|: :l-_-',: l:!イト::L}ヽ\: ',`ヽ、: \   l::::::::::::::::::l
                                  |/!:|:!: :l: :ljf。リ l/ `ー゚' /:::\:',ノ \', \  ',::::::::::::::::::l
                                   l/ l: :|:::::l ¨、      /,イ:,ィ: \       l::::::::::::::::::l
                                     ヽ!ヽ::ハ   _   /_,イ: :|: l ヽ      l:::::::::::::::::::!
                                        |: 、ヽ、     ,.イ |: :l,: |        l:::::::::::::::::::|
                                        |: : |   ー, '   /: /!.リ       l:::::::::::::::::::|
                                       ',: : l  _,.」    /: /  l`ヽ、     l:::::::::::::::::::|
                                       _ヽ: l-'´_   _//,-     ̄ ヽ   !:::::::::::::::::::|
                                     , '´      `  ´/           ':, l::::::::::::::::::::|
                                      /                      ',|:::::::::::_:::|
                                     __/ ノ      , '             _,..-''"´::::::::l:::|


27 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  ___
                                                     /::::::::::::::\
                                                  /{ /:::::::::::::/\/
                                        \.    /∧∨:::::::::::::// l |
                                          \/ヘ.  │〈. \ヽ---'/ ノ/   /)
                                            \ノへ ,厶イ:::: ̄ ̄ ̄`::<  / ソ
                                          (‘ー::::'´::::::::::〈:::::::ト、ト、::::::::::::`:く  v'
                                             `7:::::::::::::::::∧ヽl\ \::::ト、:ト、∨
                                          /レ/|:::::::__/_入   \_ヽ_ヽ ハ
                                           ,'   l/|/|  __ヽ\\_\  , l |
                                         ,/    |/,ィz、ヽ\ソ,ィz、\| l| ト、
                     ……ハッ! 申し訳ありません!     l/|   | N | {::} |    | {::} | ハ∧l|_ ヘ,
                                       /  V !ヽ|  乂_,ノ   乂_,ノ j:::::l | \ヘ、
                     私も言った方が良かったですか?  /  ヽ|:::::V///   、   ////|/::|ノ   `ー'
                                           /::|\ \ /`ー‐ヘ.   / /l l|
                     なんだってーって。                 /:::::l ト、ゝ |       i 厶ィノリ
                                           /::::::::| l|__ `>=‐--=<  ///
                                        /:::::::::∧l| `ー─┘  └─///⌒ヽ
                                        :::::::::/ ヾ   ─--、   ,. --レレ   |
                                        ::::/::i 、                ;



. /   , ,ィ ハ i、 、     !
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│
  r、H     'rj h    }'|ト、
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ  あ、いえ……もういいです。
  ヾl.           u/‐'
    ト、  ー――  u,イl.     僕達これで帰りますんで。
   ,.| : \      / ; ト、
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
 /     \    /     |        | ヽ


28 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \     と、とにかく、斬艦刀は二振りあったんだお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \  キバヤシ王によると、あれは先代王の頃
  | / .イ '(ー) (ー) u|  当時ポルトガ海軍の中でも頭抜けて強かった二人の若者のために
.   /,'才.ミ). (__人__) /  褒美の品として造られた物らしいお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \



                                               . -―≠ ―― 、
                                           , ∠  /  ‐- 、   ヽ
                                            /   {´__     ヽ    \
                                        /  ̄  厂   ヽ    ',     \
                                        { r‐- 、 / ィ    \   ヽ       ',
                                        /! |  i、ミイ/∧      ヽ     \     !
                                         / | .|  |ミミイ/∧      \    `ー‐ ┴ 、
                                     / j |  |゙゙ `''"  ヽ   \   `ー――-- 、 }
                                      { / /  .|   ,  、_\ _ ヽ     r 、    ゙
           二人……つまり、ダイゼンガー提督以外に   l/ /   :∧ 二    ィチラム、 `  .\ \
                                     / /   / ハ弋}      ̄    7 ー--l  |ミ、
           斬艦刀を与えられた もう一人が       / /   ∧ {.ヘ  ,         u ./ } (二|  |┬-、
           神夜の父親と言う事か?           ,' l!   / ヽl  \  __    / / //  ! } /
                                   {  l   {ー‐┴‐ ミ >   イ rォ_/〃    ヾ l |
                                   |  |   `ー―、  .}   フ7 ̄l .|/ ,イ     /} |
                                   ヽ-ゝ、     } ∧  {. /   /  l ヽ__,∠ノノ
                                   /    ̄ \ ノ/ }   |   /    ーァ―― ''
                                  /        }K    | ノ| O / -==//⌒)


29 :◆vsQyY1yD2Q


   そうだお、斬艦刀を与えられたのは

   アイビスのお父さんのダイゼンガー・ダグラスと ―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                     /!     ,イ
                                 /〈  //
                               _/  〉./  !                        ____
                               i  ̄>┴、i_ノ  /                   ,x<::::::::::::/ /
           _                   ノ  iイ´ ̄`ヽY´                 ,x<:::::::::::::::::;ソ /
           ヽ\     _         __ <__l.ヽ.__ __ノ ,!____              ,x<::::::::::::::::;>''´,r '´
            ヽ \べべ.\ `ー'^ー、. / /  \ \____,ィイーr-┬'゙   _    ,x<:::::::::::::::::;>''´,r '´
              〉 \ヽ_\〉 /⌒ヾ、\ 〈,.r'个ヽ.〉 /T゛  /  ̄7^Y ̄,xメ\;<:::::::::::::::::;>''´,r '´
       rー--ェェェ‐'___ニユt、 .〈  l .    l.!心、,\|/、,イ__/^ヽ、!---ヽ┴-(_rベヾ':::::::::::::;>''´,r '´
        ̄~~''''ー---、__,ノ \ ゝ >、.._..ノ ノニ从マiマ仆/ ・〉   ̄ ̄ ,x<::::::::::::::::;>''´,r '´
                 `ー辷/ 〉=-ェ=彡イ´。  ̄ ̄\/     ,x<::::::::::::::::;>''´,r '´
                 / .> | /ト>/ ̄ヾ≧主主三ユ、 ,x<:::::::::::::::;>''´,r '´
                   / /  !,//、 `ー-<《~\ヾ彡<:::::::::::::::::;>''´,r '´
                //     \\     ./ ̄`,X ヾ::::::::::;>''´ ,r '´
               /´       `ー三=┴ェxメ、,〉`<゙'<´,r '´
                         ,ッ<゙> '^ヾイ\ \ヾ、   __
                      ,ッ<゙><   / i / \__》_》'´ ̄ _/
                   ,ッ<゙><._|_  /  .|/<  ,r==ニチモ三、
               ,ッ<゙>イ´  /  |_7/       `''<__ノ-、  y'、
              〈゙>< 〈,.へ、 /   .|/ 〉  .        〉 l ./_ゝ
                 /.i   l|ヘ  Y/            \レヘ \ヽ
                   Y_∧  l|  \ト┐             ,┴\ ヽ!
              <´.   ,ィ‐t_!|  /-‐´              `'ー-\ \
                /、 /゙>-< l|   |_/                        \〉
            │ ソ   入_l!
             l_/  ,.イー┐
             / ,.イニ=-'´
            / >'
           'ー'´


30 :◆vsQyY1yD2Q

                         , -――-、__
            ___      l1   ./      ハ ヽ.
          /    ̄``ヽ、, |ヘj!  /   ,-、,.ヘ/ `¨゙\
         /ソ¨Vヽ_,.、 ,、 /Yォチト、l/^ヾ^ ,-、 く^ ‐- 、  \
        / ̄フ'7‐くス_X^>ソ`Y´  |,へl才ヘ、.`l     ` 、. \
         / / //,イ/ 乃ヽ/`ヽ、ノヘ  l  ヘ\|      ` 、\
      /'´  /'./ .|l/ヽ Y゙',  /ソノ\l γ''ヽ \        `
          /',  (´ヽ/〕/\/ムム  `ソ 丿 /ヘ
         .〈  / /  ノ/ ハ ノ7´ 〈`ヽ lヽ {  ∨ ,〉
        ./ヘ /マヽ.{ 〃 l  l   \ヽソ¨\ ヘ/ヘ
        ./ 卞ミムj_〉l j{  .l  l   ,―、〈ムkソfシ´  ヘ
       /    / /¨ヽ   !   l  /   \ \    ヘ
        /   /  {   ヽ人__ノjソヘ     lヽ  \   ヘ
      ./  /    .∨  イ^l    ハ    / Y  .\  ヘ
     / /       .〉ー'´ | |     V`ニ´ ,〈    \. ヘ
    ./'´       /   ,l /     \ ー' ,/\    \ ヘ
              /_/ /イ       ヽミー'_/1ヽ,     ヾ〉
             ./ー'/ / 」        ',\、__ノ ハ
            /`~,ィ /¨|          ', 、 ..,,_/ lヘ,、
           ./_,// ./イ           ', \ / ハ
    / \   ./、__/ / ノ1          .|ヘi  `´_/ ヘ
    ,′  \ ,ノー一、 .// |          | ヽ_/ ̄ /  ヘ
   ,'     `ゝーi、 丶'゙  /7l       ハ¨ヽ\ /   ヘヘ   スレードゲルミル
   i  ,-―-、 丿v'´ l ,/ / .|         .l l  | |`´_   ',.l.   ( スーパーロボット大戦 )
   | //   ヾ    l .|  l  |       l l  | | / ハ\   iト、
   ´   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      └┴┴!ー一―-.\,|´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ――― ダイゼンガー提督の双子の弟、スレードゲルミル・ダグラスだお。


31 :◆vsQyY1yD2Q
                                               r//::::/::::::::\
                                            r、  //:rイ:/:-==ノ⌒ヽ
                                         fh   !廴⊥ィ77γヾrイノ:ヽ::ハ
                                       \_ >≧''=--ァ=くX Y__人::ヽ::::::ヽハ
                                    -==ニ>=-:::-:::::<::/::ヾ、  ∧::ハ:::::ヾ:ハ
                                    _ ,,彡不 ̄::rwヘ::::ヾ ::::\:::::Yミ=zzz、:::::::i: ハ
                                    フ:::/::/ハ\ヾ,--\ \  ヾ i!´ ̄`ミフ::: |::i:::l
                                    {/イハ:! {-_、ヾハz=tァヘ ヾ-、 \   ';:::i: |::|:::|!
                                    {!ハij:{ 代ソ ヽ`┴'' 从 ヽノ\\  } i: |::|:::|i!
                    スレードゲルミル……。   {!Y }八{! ヽ.__  .u彳 人 く    `  | i: |::|:::|ii!
                                       ヾ ト、 ∨ヽ  .彡} i爪      | i: |::|:::|::|
                    その方が、私の父なのは        }:!::|> ニ ィ  ,川} !|.      | i: |::|:::|::|
                    確かなのですか?           }八! , ノ  /// `ー- ,_ _   | i: |::|:::|::|
                                       ,__ >''´__ ,,__/--      ヽ:...| i: |::|:::|::|
                                      ,'´      `´          ‘.::::|::|:::|::|
                                       / ,,ノ    ,,             V>=ァ|  _
                                    |:\_レ''´    ,   _     .r、   / __::::::::::::{_|_//
                                    |:::〃/:∧   ,.' /:::ヽ__rfh i ヽ//  廴__::::V::: /
                                    {{{  V:::∧  ;./::::::/  レ =、 V  ヒ'´     ̄ヾ:::ヽ{
                                 i :....,V::::∧/::::::::/........::: r== ヽ.人   ____- ___Yイ
                                     ト、  \::::::::::::::::/      人>イ `ーく______>  {,
                                     | >z __入::::::::/、____,,. イ  /¨   }トミミx      ヽ
                               ,,,,,斗zzzzzz!  `ー'    ̄ ̄     /    r.人ミミミX    }ト、


           )ヽ
        γ´/-‐ '´ ̄ ̄ ヽ
        { /  /     ー 、
.         /  ,  {   l    ハ
        イ  /l ∧  ト、   r、
         |l  l´V  ヽ. | `\  ;\ 、_     ん〜、関係者の話をまとめた感じ
         \:ド=='   ヽl==彳 / r'´ \
          ム\   丶  //  〈/ ,ィ  ヽ  まず間違いないと思うよ。
       __/7l\  凵@/´    └-ヘ、 ',
      _/」/ l l \≧ァ<{ _       〕  }
  r=ニ,r ニ´ l  | l   /ヽ lヾ  l ヽ.    r〈` ー{
  | | /   l |  |>\ノv/}ヽlくヾ l └i   | \_,ハ
  | |/   ヽj |  ヽ. l´\l  lヾl  | |  `¨|


32 :◆vsQyY1yD2Q

                                         / , = , 三ニ _
                                      /{ / {//´  __`丶、
                                    |、 { Y  _ ニ二ー-  _ `  \
                                    { ヽl! l/ --  ー 、ミ 、丶、  ヽ
                                     >‐ {  ̄ `丶、`丶、ヽ ヽ、 _\ ヘ
                                     / /7/ハヽ\、  ヽ-、ヽヽ.ヽーミヽ. l
                                   l,イ |l!|l j_ヽ\ヽ>ィz三、ヽヽト-、ミヽ!
                                   | { lハl ト、lァィテト`ヽ´_{ィ_リ^ ! l! | }!-、 ヽ _
                                   l ヽト ヽ{トヽゞ‐'ノ         }! |リタ`ヽヽ、ヽ
                 と言うか、父さんの弟って事は    `ヽトヘ  丶    u  ノj ハ´ヽ  ! トl }
                                      /|、ヽヽ、 ⊂⊃   /ノイリ } } ハハ|
                 私の叔父さんだよね?           { ハ l ハj l\    //´ jハ!l! j ! |! j
                                       ヽ{ ヽ'イ jl、ヽ T ´ _, - ´ Vノl、!ト、ト、
                 ……聞いた事もないんだけど。      ` リノヽ j!' j`不    jl、 ヽヽヽ
                                          _, ィ j、 l   /| l ` ー- ,、
                                        , '´ / / `^ー ´   ! l _ ,  /   ヽ
                                       /_ 7 /ー 、  , ´  ̄ l l  /!  _, -‐ヽ
                                      1ヽ、 7-/ィ  、-、__ j-|ー_V } ̄, ーァ ´ i
                                      |  jl/ `ト、_弋´ーァ_ -' ´j´_Vjニ < __l,
                                      レ' /L /---i`rー‐ _  7_ , -ヽ!| ̄-'   トi
                                      j7j ‐|< ニVZ、<_-_'1ノ    !|    ,_ ィ!{
                                       | { !  {   ↑     _{ _ ィ  j_| !、   | 〉
                                     ノ|へヽ-ヽー--l _,..<_ l- ´    {|、 }ヽ    !j
                                      ´l  }r ヽへ __ヽ―_ _ l     | l! jへ/` |!
         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、_ \
   /  (○)  (○) \
   | u   (__人__)   |  いや、それが……。
   \     |  |    /
   /      ⌒    \


33 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          -―    ̄ ̄>'´   マヘ‐、          / /            _
                        <       >'´        Vヘ \         / ./          {ヽ.__>、_ゝ
                    r<        >'´          Vヘ  l \    / /    .r―-、 ノ-ァ.勹
                    ∨        |_           〕Yl^i   〉  / /       .,ア /   「`こヘ
                       \       / ̄\ /\     rf7ヽ   /   / /       <_へ> { f=} }_
                         \      〈   斗ミ   \    |.|.ト、|  /_/ /         __ヘニア‐vィアト、ヽ-'
           ¨ヽ            \    `¨´   `ー、. ヽrf千リ   /´_ `ヽミヽ     ヘーァ f ¨くtfイ |
            ∧         ̄ニ込   γ⌒iヽ    V .}1  ,rヘ /´  `ヽ `'<>x    //  r=} ト {__,ト、
             .∧           ` ミヽ 」  j )    Vノ  .{ Ll/     ∧   \       {ヘ   <八__ ノ
              ∧           / ー=ミ、  くイ       Y   >ィl       ∧    \.    |_.}   f{ ィ=士ゝ
              ∧         /    ( ( 〈ミt‐:、_  | /l/:二二二二ハ_.      ノ^ニ勹 ヾ (f_ノー、
               ハ_        /      / 7ト、ィ`¨ ^ヽl<l|/ ̄/\彡'´ V7 `ヽ.      フ/       ´¨
        r、      }/\  __ー三ミ    / /^>lマ _,zーケ/゙ヽ/ /   |___ | |    7  ーfニ勹
       _x≦メ_,-、  .j.   \_| r―┐| `ヽ../ /l lムゝ‐辷ノ`ヽノ ,r-=ニ二_二ニト、   {    /,<...
      .ヘニ ,ィ r<  .| ̄/ ー- 二二ニ=‐-く  ̄ .レ'^ヾミヽムケ>―-ミ    | l   ,-、 ハ 八  ≦fL ___fヾ>
     /ィヽ| ト'ノ   | ,/¨7  /        ヽ  У ̄>'´,  '⌒゙ . ` <Ll  {  Vヘ.    ァ/ イー'¨´
         `7_}     |/ /  / γ⌒ヽ    ヽ_/,  '      ' .    `V ヽ_丿 l|.   ム{ ゞこフ
      ,-、_fヘxー、   /   /  {   }     |            '.     V    /
      .{/ヽノイ¨ー'   /:=‐〈   ヽ ノ     |              '.     l   /\
       ィ_/     /   ヘ.             |____         '.   ,イ! ,/  |
      /}fニニヘ   l|.     ヘ          ,イヾミ彡゙  ̄  ―- _  ;   ハリ/    !
    ≦ィくトrf}f,勹   |_  -‐ヘ、         {\ γ⌒マニ =‐-ミ __>、/,イ     |
       .|_}ヘ-'¨ー'   ヽ.   /´ ̄ 二ニ=‐-  」 ヽ.弋__丿      l  ,/77     「|ヽ、
      /}ー士=    ヽトミノノ         >'´`   、   _      jz、/イ/       」_l
    ≦ィく }`{z}.          ̄`'<__>'´      //_l`ヽ、 /  ´     //
       .|_}くニニヘ         \ハ二ニT ー- 、__/ ̄ ̄ \ `´マ>x       Vヘ  fl
     r-ノ7_ __{ヾ>          ._/,rヘ  ヽ   `'<      ヽ. ハ   ヽ    Vヘ  l|
     フ / ,イー'¨         ノ ̄f匕 〉‐-ミ >t、_ヽ==┬rミ ∨ }}   l     ヾミヽl|
      {./ ゞこフ      xヘノ  λ ミヽ  `ミTl  `Y  l l l`Yr彳ヽ  |      `ヽ
               ∨     { ミヽ  \   |.l   |  .lノ | /7l彡ヘ. |


34 :◆vsQyY1yD2Q


 \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
  ≫                                                             ≪
 ≪       無 乳 は 罪 な り い い い ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ーーーーー ッ !!!!!      ≫
   ≫                                                            ≪
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  ヽ .ヽ, ,          _____---      --- ヽ  _____ `^゙''丶;___---.│    
 l  ゝ‐:,ゝ       ‐‐  ̄ ̄‐‐−‐ ‐‐‐‐‐‐‐  ..‐.ヽ│ ̄ ̄     ̄="‐:'‐‐‐―−‐‐‐‐           ‐―
-__-_│ 」     ̄ ̄ ̄'━━━━-- ̄       --'ヽ-  '      __゙゙'''}-l―     --_--_-=―  --
.,,,,_ |U 丶,,       -------= ̄== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヘ            ゙_'l:_      ゙゙一     ---  一
―‐―‐| ..−..   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ..‐  ――‐‐ ヘ ̄ ゙゙̄^ヽ ‐_-..,, ......   ゙l、.. ̄― ̄ ゙̄''    . ゙̄.... −
__--- | -- ヘ                           ヘ \゙ゝ─<=';;__-__、''__`- ̄ _---___ ̄ ̄______
 ̄_    |─  ヘ                             ヘ‐ヾ_..〔 ̄丶-、``ヽl ̄    ; ̄''―――――― ̄
  −― |  ̄ ヘ        _______         _,. ∠´` 、  ヽ丶、  `丶 .ヽ|―   :=゙,,!―_―    ‐ ̄ ̄
______ | -..   ヘ..     -              - /  ,、:::::`ヽ  ヽ .ヽ     ヽ |l│_..   丶!,―----===- -==
-..―__,-‐ |   ‐  ヘ               /::::::::::ヽヽ_−'. .  \ヽ、   l│------__「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ___ ̄   》 ̄- 一--  ヘ              / ,、:::::::::::::::ヽヽ    /´    ̄'' ̄```!';      '':_'_∠-―‐=-_=__ ̄
 ̄   ∧ -−_-_ '-_  .ヘ -  ‐   . /:::::::ヽヽ −  ̄   ./ ,__-'__  |/゙-  .=..゙\, ''―‐''∠   ‐ - ̄
;    ̄´∧−_ ̄ ‐  ̄    `ヘ-  ̄ / ,、:::::::::::::丶ヽ    / /::::ノ' ̄''>゙ 、 _‐‐_ ‐‐ ヽ、∠- ‐
’ ̄-_  ∧.     _-... :      --- \/:::::::ヽヽ.::::::::-   ././:::::::>    ヘヽ、、   ‐ ̄   ヽ.
―― - ̄.∧- ̄ ̄ ̄ −   ━━   ヽ:::::::::::::ヽヽ: ̄ .//:::::::/   ,,,..,=- ヘヽ!−  −  ̄ __゙丶
‐   - ̄ ∧  ―――  ‐    ̄−- ヽ:::::::::− - //:::::::/_ノ' ̄ ̄ヾ-;_,,  ヘヽ ,− . ̄- - ̄ ̄ ヽ
―       .∧-          ‐‐‐  ̄ --..ゝ_   //:::::::::-''"::::::- :::::::::::::‖  ヘ -;___    ‐-‐ ‐''’. -
 ̄..       .∧ ̄                   ‐ //::::::::::::::::::::         .ヘ,,,,-  ヘ. ̄..   ,_―−゙
'      ‐‐ ∧   ‐‐‐        ̄ ̄ ‐ .//::::::::::::::::‐         . ',,.._「__∠ゝ__; l´´
--        ∧−-' −               /〈/::::::::::::::::           -‐''"  丶-----'
 ̄ ̄"     −∧        ‐ .__−  / 〉、 ;'ヽ
  _;:         ∧  ̄ ̄    ______   -ヽ|- -,/ ,..
―           ∧,              丶  l´´^、
_ ̄--     _____--'-_-'‐'' ̄ ̄: ̄ ̄  `l_− ヽ 、  `ヽ
 ̄'__」__ ___.._- .−―ヘ ̄ ̄ ̄ヽ    ヽ==_''   `ヽ:__,,_/
  _..  .-'... ――.   ヘ     ヽ    ゝ――――一..
--―---._______      ヘ、   /     `'l;;―‐ ,,,_,│
 -              l   /一 一‐‐   ゙'..,_'' ̄--_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


35 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
   / ─    ─ \    二人が まだ若い頃
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U |  主義・主張の違いから仲違いして
  \.     `⌒´     ,/.   スレードゲルミル提督は、ポルトガを出て行ったらしいお。
  /              \


                                                   __(............
                                          (、.... . - ´:.:.:.:.`ヽ:.:.:.`ヽノ)
                                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡′
                                        /:/:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:/:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
                                         {/:.:/:.:.:./:.:/ {:.:.ハ:.:.ト、`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
                                      |:./ |:.{.:{:./一∨ ∨ー∨V`Y:.j:|:.:乂
                                      |八从Y ´ ̄`   \´ ̄` W乂リ
                                        ′ 八::::| :::::::     :::::::  }::::/::ミ=ー
                    あー……うん、もういいや。 -=彡从人  ⊂ニニ⊃  /::/从リ
                                       ノ八乂个 . _____ . イj/⌒Y
                                               /   厶、     ... -く{  |
                                      /⌒ヾく  〈::::::::`エ´::::::::::::/|  |
                                     {   }}-=彡{ ̄    ̄ ̄{ :|  |
                                          `ー一'/ ̄`ヾ:`Y/´ ̄`ヾヽ',  `ー、
                                _______,′    !:}:::}{    ∨人_つ´________
                                ──┬─┬‐i    .jノ::::入     ∨────┬─┬─‐‐


36 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                               ____      ___
                                      __ .  ¬´   _____`丶、/:::::::∠
                                       < ::::::: /⌒ヽイィ⌒ヽ、   ` ノ}ヽ:::/:\:\
                    アイビスの母             /:/:::::, ´  ,ィ λヽ、`ヽ `ー‐ '  ハハ ::|:::i::::ヘ::ヘ
                    イルイ・ダグラス.        /:::::: ,/`  // /.イ ! ヽヽ.\`ー―'‐' イ!/`゙'<::Vハ
                    ( スーパーロボット大戦 )  |:::/ハ._,ノ/ /  ! !  l ヘヽ.丶 __,ノ } i  i. \/;
                                      / イ、. /l ! /| |  ヘ \\ハ. i || |ハ | i | ハ
                                  / ./ ハ.___,ノハ ,.斗‐、.!ヽ'" ̄`゙"'' ).} ! ノ| | i| | l | |
                                    / .イ./ λ{ ハi'´ _i/__ ヘハi イ元斥, ヘ.」'.ノ∨ ノ | l | |
                                |/! | ! / }{{ ハ イチも,     ゞ=く (_)./! ' ノ //丿
                                { ヘ.!.| |.λl、Vヘ. ゞ='゙ 、     "   (___,) /ムイ ノノ'´
                                  \{ゝ‘(_,ハ. "  __ .     .イ i }
             _. - : :  ̄ ̄ : : - . ..              `   (___) ゝ.   ー   / ! | |
            __/: : ___: : : : : : :`ヽ: :`ヽ、               / i }   >  __ イ__/ ! !
.        .ィ:´.:/、: : : : : : :  ̄: `ヽヽ: i: : } :}`ヽ           { | !.___,「l≪≫l  j  j j____
.      /: /: /、:`:ー-----: 、ヾヘハvノンイハ: : }、         l| | l|i|i>   l≪≫l   { / ,/<i|i|i|i|\
      { : {: {: :`:ー‐‐: /´          `ヽソハ.           ,lヘ l、 l|ili>   l≪≫l   j./i./<i|i|i|i|i|i|ilハ
       { : : 、:{: : : : : : :/             __}: :ノ!         / i|ヘl \il>   l≪≫l    <i|i|i|i|оi|i/ :
      {:ヽ: : ヽー--イ  ̄,二ニ=、  ィチ心, !: : :j
      {: : \:ヽ:γこヘ  イ'弋'り   { ゞ-" !: :ノ
       V: :ー--{{ ゝ            ヽ   八:ノ
       `ヾ、-->.、_,            ´ /:イ   r . 、
             `ヾ、: : : :|:ヽ     ー=ニ ′/:/    ∨//\
              }`ヽ:|   、      .イ:!:ヽ     ∨///\
          ,.、 }: :ヽ}`iΥ´ニ>--イ: :从i:i:〉、__∨////\
           /小、|: : : l: | || |,ィ彡〉li|:|: / lハ!´     ∨/////\
        /////〉|:ヽ.:.l :| || |彡イノ i:!/ : l: :.l:、、      }///////
.     ////"´ /ヽ : j: l.:|| |(´    ハ: : /: :.l(r')、、   ///////
.     ,イ////   /: : : :Y/ノ`ヽ_つ  ハ/: : イ  (r')ミヾ/////
    /////i  / : ヽ: :/        ノ : : /:.:/    `ヾノ人///   神夜の母
.   //////i/:..:{ヘ: : : {     ,.イ: :./: :/:.、   ヽ/////     楠舞 ソフィア
 _..///"´..:..:..;イヽ:ヽ: ハ、   /: :/ / :.イ:..:..:.. \  /////      ( スーパーロボット大戦 )
 `ヽ:..:..:..:..:...:../・/:..}: } }..:ヽ  /: :/ /: /:..:..:..:..:..:..:.V///
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


37 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                          第72話 「乳と陰謀」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第71話へ 1        第73話へ

この記事へのコメント
やる夫とタバサがロミオとジュリエットもかくやというくらいの王道恋愛繰り広げてるなw

無乳が罪とは叔父さんとは命を掛けてお話しなければなるまいよ
Posted by at 2012年05月29日 00:00
想像以上にくだらねえ・・・
Posted by at 2012年05月29日 00:11
オッパイに貴賎なし!!!!
Posted by at 2012年05月29日 00:19
ナワヤ達は何しに来たんだwww
しかし、あの切り返しの発想は無かった。
Posted by at 2012年05月29日 00:28
ダグラス兄弟何やってんだよwww
つーかそのせいで今ややこしいことに・・・w
Posted by at 2012年05月29日 01:27
無いは無い也に、あればあるだけ
どちらも良いものだと思うが...
譲れぬものかもしれない...
Posted by ARAWASAGO at 2012年05月29日 01:29
無乳が罪だと……?
拙者は命懸けの話し合いを所望する心構えでござる
Posted by at 2012年05月29日 02:03
乳の話が偶然にも72話とは因果ですね…くっ
Posted by at 2012年05月29日 02:55
スレードゲルミルとは美味い酒が飲めそうだ(あのAA

血のつながりは無いのかと思ったら・・・w
Posted by at 2012年05月29日 04:26
ああ、なるほどw
イルイがお母さんだからアイビスはノーマルに育ったのかw
Posted by at 2012年05月29日 05:31
ゼンガー3ヒロインの内の二人がwwwっていうかコレほどくだらない兄弟喧嘩ってwww

ええと、やっている本人達のスペックがスペックですから天災級な気が…(w
Posted by at 2012年05月29日 06:28
未来ゼンガーの乗機、スレードゲルミルなら巨乳派でも仕方ないなと納得してしまった
Posted by Weihnachten at 2012年05月29日 07:04
↑5ホントだwww
72話だわざとじゃないのかwww
Posted by at 2012年05月29日 09:44
ナワヤたち、モンティ・パイソンのスペイン宗教裁判みたいに
「なんだってー」の気配を事前に察知して、先回りでルーラして「な、なん(r」をやってるんだろうか?w
Posted by at 2012年05月29日 11:40
×72話
○72cm
こうですかわかりませんw
Posted by at 2012年05月29日 11:44
ああ、そこ大事だなうん
Posted by at 2012年05月29日 12:04
そしてその娘のアイビスと神夜、貧乳巨乳の両方を頂くどっちでもいけるやる夫、と…
これも因果なのかねえ…w
Posted by at 2012年05月29日 12:44
無い乳に価値など無い!
尻を模して発達していったと言う説が事実なら、
尻のようにふくよかであるべきなのだ!
Posted by at 2012年05月29日 13:58
とりあえず「陰謀」よりか「淫望」って字のほうが正しいんじゃね
少なくとも今回の話においては
Posted by at 2012年05月29日 19:47
実のところ、ゴジャース商会ってお抱えの傭兵団がスト起こすなり、新たな商会起こした時点で詰むんじゃね?
戦争終わって傭兵が余ってた頃と明らかに状況が違う。魔物との戦いで、兵はむしろ減ってるんじゃなかろうか?
アッサラーム近辺には外敵が存在する以上、戦力確保は必須。販路がいくらあっても荷が届かなきゃ意味無い。
商家として羽振りがいいのを示すのはいいかもしれんが「心行くまで……」なんて嫉妬心煽る事言ってないで傭兵の待遇良くしないと、マジで自滅すると思うが……。
Posted by at 2012年05月30日 21:59
文通から始めるってえらい奥ゆかしいな。
しかし、それはそれで味があって…うん、いいね。
即マンモスマンなやんねえ香とも違うし、
いつまでも踏み込まないナイビスとも違う。
Posted by at 2012年05月31日 21:51
現代より世代交代が早い世界だし、こんだけ時間経過してりゃ飼い慣らされてるよ。
それだけに"異界の勇者"の存在が蟻の一穴になりかねんのだが。

まあ、独立騒動の間にイシスの息が止まる可能性があるけどな。
エジプトにはナイルの恵みがあるから意外と生産性は高かったんだが、イシスは孤立したオアシスだから……
Posted by at 2012年05月31日 22:48
ポルトガ宮廷は楽しそうでいいなあ
Posted by at 2012年06月03日 19:19
>>2
大魔王に勝利した後のダイが人間達に迫害される運命をしめし、
それを否定したレオナ姫に対し「国」などという得体の知れないモノは
個人では相手取れずどうしょうもないものだと語ったバーン様の言葉を思い出したな。

まさにやる夫が魔物のように決まった形を持たぬ、概念の違う得体のしれないモノに
本人も分からぬうちに「敗北」した瞬間だと思う。
Posted by at 2012年06月04日 17:36
やはり、まだ無理ですか。
何か活路が開けるようなものがあればいいのですが。
救いなのは、2人とも諦めずに頑張るというところですね。

神夜の反応が何か可愛いですね。初々しいといいますか。
しかし、まさか双子とは。
主張の方は、えーと、うん。
個人的にはどちらも違って素晴らしいと思います。
でもこう答えると両方から叱責されそうですね。
Posted by とあるA at 2012年06月10日 20:38
今まで相当の大物感があったダイゼンガー提督が、一気に庶民感が増して近しい感覚になったwww
Posted by at 2012年09月09日 12:52
おっぱいには三種類あるんだ

巨乳と微乳と嫁の乳だ

惚れた相手の胸は別物なんだ
Posted by at 2012年10月03日 23:20
一卵性か二卵性かで違うけど
一卵性だと遺伝子的には腹違いの姉妹なわけか
おっぱいに大きく差があるのは母側の遺伝子が色濃く出たんだなあ
父親は乳親に非ずと言うことかw
Posted by at 2012年10月15日 20:01
無乳は罪・・・彼とはいい酒が飲めそうだ・・・。
Posted by at 2013年07月10日 19:57
おっぱいに貴賎無し。貧富もまた無し。ただ左と右が在るのみッ!

…上の※にもあるけど、第72話でおっぱいトークとか…くっ!
Posted by at 2013年10月08日 05:48
つーかダイゼンガー提督、
嫁さんから考えるに、あーたは無乳趣味というよりか
ただのロリコンです。(断言
Posted by at 2014年05月14日 23:41
貧富はあるだろうよw
あらゆるものに適用できるけど貧富の争いは知的生命体が存在してる間なくならないだろうなあww
Posted by at 2015年05月15日 14:44
>やる夫は諦めたりしないお。
AA次第では真逆のイメージになりそうw

>主義・主張の違いから仲違いして
このダメ人間どもめwww
Posted by at 2016年10月18日 13:33
かっこいい人たちがかっこ悪いこと話してる・・・
Posted by at 2017年03月20日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56121444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ