■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年05月28日

第72話「乳と陰謀」(5)

第71話へ     5    第73話へ

134 :◆vsQyY1yD2Q

                                          / ̄`丶、
                                       /     ヽ\_
                                        {_  r'⌒ヽ、 \\‐- 、
                                         {   >‐=ヘ、 > アY⌒',
                                            \/     ヽ{ {   人
                                          〃〃 〃 i|  | iゝ=⊇   _)
                                     :....  i| i |_-i| l|-‐|_乂 (__n__))
                       イングリッド夫人。      :  八| i`廿 ̄廿ラ川Уアしヘ、
                                        ::..   八 、   ^ブ∠〔|   _)
                       夜会で私がした話を    rっ=┐_j>ァ-=≦Yユ::::::::`ヾ゙八
                       思い出してみて欲しい。  _{ ´)__ .イ_ 癶 __ノユ::::::::::::::{   \
                                          (∧ ∨.:::{/ /| ∨ユ::::::::::::::::〉    \
                                         ト〜'7::::/ /_;|   V.:::::::::::::::::ト、 \  \
                                          /`ークT〈 i:::::|   〉:::::::::::::::::|i l\ \  \
                                        ヽ __/l:∧」:::::!__/ヽ、::::::::::::八|  \ \  \
                                    , -‐‐-=ニ\_/ }::::::::::::::::::::/7TYヽ \   ヽ  ヽ  )
                                     /. : : : : : : : : : : : ̄}>、::::::::::::::〈 { { j j   ヽ  \ /
                                 /. : : : : : : : : : : : (こ/.:::::::`ヽ:::`Y  ̄「    }     \

             __         _
          , '´丶≪`i ⌒ヾ⌒` 丶` 、
          ,'.ゝイ≫.ハリ     `ヽ   ヽヽ
          {|.゙》,≪ハノ\ヾ、ィ´ ヾ   ハリ
            lゝ,,_x<ミヾ /./  ! ,ハ ,ト、 }
          | ト、. `ミミ゙_∠/_/  ,' ,,} | !.i ヽ
.        | i! ゞミミ / /! l`ヽ/,〃_|」」ト、ヽ
        川i゙ミ{`゙   径:ミヌ  /,ィヌ ハヘ| ,}
         /l i|  ヾ_  ゞセシ    ハソ 〃 ,i リ  リュカと話していた
       / ,l l    ト、   ¨ _ ' ¨ / , '7
.      / l  | , .._lニ`    ゝ ′ ,イ / /     第四夫人派を取り込むと言う話じゃな?
     /  l'  li/:::::::`≧x.>ー ,r ´-/ /i|
.    /  l .../::::::::::::::::::::::\へ{二  j、|
    /   l  /:::::::|∨:::::::\::::\ゝェ   {::\
.   /   ,l  /:::::::::|:::∨::::::::::\:::::`7x., ヘ::::ソ
  /    l  /:::::::::::|::::::∨:::::::::::::\//::::∧〈  ※ 夫人ではありません。
. /   ,l ./:::::::::::::|ゝ::::∨_;;斗´,..∨:::::::∧:、


135 :◆vsQyY1yD2Q
                             || |  |   |      ||    |    |:   | ̄ ̄ ̄l///////////|    l
                             || |  |   | i     :||    |    |:   |      l///////////|    l
                             || |  |   | |      :||    |    |:   |___|///////////!__/
                             || |  |   | |  ___:||__|_  |:  .//| ̄ ̄ !,/////////,/ ̄ ̄!
                             || |  |   | |   ` ̄||二 ̄| ̄ ̄l   // :|___ l//////////   |
                             ||.. | .... |...........| |................:||__|__l_ .// / `i   ∨//////,/ \__/!
                                     ヽ    フフ兀示二ア´// /   |____ \r‐.、/  ./ |
  そう、あれはニュー速で家の支援を求める家が    .i     ∨メЧ / .// /  / ∧_/:/T :!::\/ !   !
                                    ノ      ┴─'-' // /  / /./ : /l‐|:::|::::::::〉 |   |
  対価として差し出せるものは何かと考えていて  ./            // /  / /< : : ://.ノ|:::|:::::/   !   !
                               /              // /  / /   ,ー.'/_.ノ|:::|∨   |   |
  丁度良いタイミングだったから           \            // /  / /   /: :/´|  !:::! |   |   |
  戯れに教えたものなのだが                 \        //.. / .... /.. /.......〈: :/  |  !ノ :!   !   !
                                 └‐r‐ - 、           /:::/∨   |  !   :|   |i   :|
  実は、あれこそが女王の思惑なのだろう。        !、_            //     :|  !:   |   ||   :!
                                     ヽ          ./´      :|  !i   |   ||   :!
                                         、 ___. ィ/7!         _|  .:  |   ||   :!
                                        r─‐/::/::|_/\./ ̄ ∧. \ :!   !i   :!
                                        r┴‐./:::/::::l  i    \    \  \   !l   :!
                                        r┴─〈:::/:: 丿 |/ ̄ ̄ヽV ̄ ̄ :\  \.!l   :!

       _    ̄ ̄` 丶、
       /           \
     /   ,、_ {  / /  ,   .
.    { 厶kヽ ハ/i./ハ }   }ノ
      } \} ○   ○ v /
     ノj  ト    ′   }く    どう言う事だ?
   _彡'へ }、.u  △  ノ ド=-
   _彡'}ハ/ヽ¬≠≦}ハノ
      / : /{ヘ_,癶:tヘ、
     く}_{_シ': :}: : \: :ヽハ
     ノ: :}: : : 廴:_:_:_}∠:_ノ


136 :◆vsQyY1yD2Q

                                               ,..ィf⌒77⌒/ス
                                            .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                                               /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
                                            {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                                              / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
                                          /  /   / / / // ! / }  } ! i|
                                           /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
        女王派は親ポルトガ派が集まった派閥だ。       (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
                                           丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ
        それ故に他の派閥に警戒され、味方も増えない。        _l TΤ、   _   イl |ハ.|
                                         __,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|
        この状況を打破するためには、別アプローチで.  x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
        親ポルトガ派以外の味方を増やす必要がある。  { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
                                        i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i
                                      l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、
        ……利用されたのだよ、この縁談は。           :、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
                                          ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
                                        }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
                                       〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i
                                         //  { (  Vノ:.:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.;.:ノ/二ヽ:::::::::/\i
                             .           〈    ヽ ノリ:.:.:.:.:.:.:.:.://:._/ /-、_   ヽ:/::::/|


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \  あっ……今のニュー速で家は一応 女王派寄りだから
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /   取り込んだ第四夫人派の行き先は女王派になるお!
      |ェェェェ|


137 :◆vsQyY1yD2Q
                                l 〃:/i   /〃 / //〃  |  |i   |  | | i ハ ヾ ヾ ハ
                                | }}i:i| | i ! l|  l //〃   i|  ||   |  | | | |l i| i|  |
                                |  Yi| | |i | i|  | i l l|  l|  l|   l  | l | || l| ||  |
                                | :i )| | || | ||  | l |八  八 リ   / /}斗-}‐;リ /j  |  |
                                | i| .小| l| | l|  | ‐┼‐}─-、Y  / ィ爪_厶イ / /  | /
   そしてこれは、女王自身も                 | ||/:i∧八{八 lL_i_|-─___, ┴  ̄ -=辷彡'// /  八/
   現在の状況を懸念している事を示している。   | l|`Y^ハ 、\、八 ー=辷彡'           //_厶斗‐'
                                川  |i:i:iト、\\ \        ,       / {i:i:} i|
   他派閥を取り込む事で                   //リ 从:」l|  ̄ ̄ト、              _∠l人.二 l|
   自分の勢力を強めると同時に          八/ / / 八rf斤ヘー>x        ‐く\イ─ {ニY⌒》| __
                              // l >《 ̄`Yイ二}__人_}≧z-ァ=x≦ \》、 人_;ィ≦≧x(
   親ポルトガ派の勢いを削ぎたいのだ。.   .// |/::::::::《-=《:::^Y个ト-く__//:/ハ、:\__/\\/弋__.ノハ、
                                //  /::::::::::::《ニ=》:::::`く  / {_:イ:/-l:ト、_}ハ_./ヽ{r 、ー== _ }ヽ
                             ハ /:::::::::::::::::》: 《:::::::::i::⌒ヽ〃 ' |:|ハ:|:| ヾ_,.イ:::::l| iヽ  f Vー l、
                            八ノ.ノ::::::::::::::::::《ー》::::::::i::::::::i:::⌒ー|:|こ|:|⌒::::::::i::::::|| | }__」 ヾ、|::ヽ



              /: : : : .           \
                 /: : : : : : : :            ヽ
            ,': : l: : : : : : : . :          ハ
              l: : :l: : : : : : : ,、: ..イ  }:  .       ハ
               } : :.l: : : : : l:,,≠V=l: ハ: 从:  l : }l
           /: : : l: : : : :〃iト‐}` ∨ レ≠ミl /. : : lリ
          /: : : :.:|l : : : : :l` ̄´    iヒノハイ: /l:/  そりゃ、元はポルトガ王族でも
          ̄フ: : : : N: : 、: lヽu    ',    }: : l:/ '
            /__ イ: :>、: |ヽl、   ,...、  ∠: : :|       今はロマリア王家に嫁いだ身だもんな。
          ̄ /´\:.:.ヽl:.ヽ丶、. `". <l: : ト、l
    __  --─  ̄    ヽ:.:.:.:.:.:.`>l`¨ト、:l从 :.|         家を、国を守らないといけないだろ。
  /⌒ヽ          ヽ:.:.:.:.::/ `丶、 ヽ!
 /                ヽ:.:.:}     丶、


138 :◆vsQyY1yD2Q
                      |:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  /〃  |   | i    i l |     |l : : :∧    /  У
                      l: .:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l|   !    | |    トx    i  |i: : : : ∧   .:l  |
                      Y :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  l|   | |    |ヾ、丶 |  ||∨ : : :∧.;:.::|  |
                    .  Y .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  ||   | l    トヽ、ハ l  |l W: : : : :ヽト|  |
                       Y.::.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  ||   ト、     |ハ \」   |斗∨: : : : : :ハ_.∧
                          \:..:.:.:.:.:.:.|   |∧  ||    、 \   \厶孑チ升小:;∨: : : :/::::;:::::;∧:::.
        女王の最終目標は         \:.:.:.:八  | ハ ,.l|____  \八   <≦ィぅ笊抔l|∨: :/.;::.;: :;/ :::;\:::.
        ロマリアの政情を安定させる事。   \:.:.∧八  ヽ__r=ァ干ミ、 ┴─  ̄ V廴ツ 八 Y . :.::;〈   ::::;\
                             \:∧,_\  ト、ヾ V廴ソ           ̄ ̄/ / Y . :/∧
        君、何か心当たりはないか?        ヾ/ |  \ l八  ̄ ̄   ,       /_/_/ ..:;:ィ´:.::.\
                                 l |\_>ヘ       ___      /  .;/〃 : ::.:.i::.\__
        「有力候補」 とか言って             | |  l   : ::;l> 、     ー’   -‐<___;:ィ个 l| : : : :.|:.:.l:.:.:.
        特定の家に誘導されたりした覚えは。   n| |  |   : ;| \__>=- 、__ /  _/::::{人_.」! : :.::.::|.:.:|.:.:.:
                              /`ヽ l |  |    :;| rく廴_ -‐ {(__, _/>::´ ̄ ̄`::<L_-‐i__」_
                           rに二二 } |    :;|〈      ィ升r'´/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\〉八| ハ


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ (ー) (ー) u|  誘導……?
.   /,'才.ミ)  (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


139 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                  _,,.. ― ,,
                                               ,..-''″  ★   ゙ヘ、
                                             ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
                                             //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
                                           /i./ /;;;;;;;;;;;;l |::::::::::::/ .l;;;;;;;;;;゙l, l.l
                                           / ! ! .l;;;;;;;;;;;/ / :::::::::.l .!;;;;;;;;丿,!.| l
           ああ、そう言う話でありますか。              .!│ ヽ,.゛_/:::::::::::::::.\_`゛.__./ .| .|
                                          l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
           モア殿から資料を預かってきておりますゆえ    .|  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l
                                            !   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l
           これに載っている事なら答えられるであります。  |.   `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |
                                          ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー---ー'"
                                        _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\
                                        /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
                                            ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.|...\ !
                                                /  /__  .「  .|.|/ ノ
                                               {  '´ `V   .|..|/



        「 とにかく、影響力の大きい派閥について伝えるように言付かってるであります 」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  ………あ゛。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


140 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /      \
     /  __ノ  ヽ__ \
   /   (─)  (─)  \   そう言えば、有力候補として第二夫人派から魔ゐちゃんと
   |      (__人__)     |    女王派から楠舞家の神夜さんの事を伝えられたお。
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     他のも情報はもらったけど
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |      この二人の事は伝えておくように言われてたらしいお。
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                     , -‐…−- .
                   ,/    \、   ` 、
                 //       \     \
                /  {         ヽ      ヽ
                  // 人    l      _l|_       l
               レイ'⌒ヽ   {    入 }_      |
               /  j/芹   \ ト ニ. { 。 )。}    |
                 /  ; {{ソ    ィf芹刈八_,_ノ  l l /
             /  :/ ,    {{:::ン ノ    /  // /
              /   :{      `   l     {   / /   私?
            ,   ∧  。       |    V /
            |/  {  \       :.      V   .ィ  そりゃ私は こんなに可愛いし
            从  {   丶---    \     i`¨´ }
                \.ゝ , -―}     { ヽ   }___,ノ   家も第二夫人派筆頭だけど。
                _,/   _      ヽ  } ノ
               / {     ' _      ノイ
                / 八      `       ヽ
             / / / }ハ _ _          l _
            {{/ / / //1// / />、__」.  -―┴ 〉
             V/ / //,1|/ / / / / / / / / / / 〈
             }\_//oj | / / / / / / / / / / /∧
             |/ /l/ /ヽ\/ / / / / / / / / / / 〉


141 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \   あと、先導家の名前も出てたお。
    |    .u    (__人__)|
     \        ` ⌒/    アイチ君が来るのは予想外だったみたいだけど。
    ノ           \
  /´               ヽ



                                         /::::::::::::::::::/ミ、::::::::::|!::::::::::::::::::、_
                                        /:::::::::::::::::::::/:::::::::>:::::::::::::::::::::::: ̄ハ`ヽ
                                      //:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;:::i
                                     / '´ /::::::::::::::::::/::::::::::/::::/::::/::::::/:::l::::::::::l;:::l
                                          /::::::::::::::::::/::::::/::://::::::/::::::/ |:::|!:::::::::::l;:l
                                        ,'::::::::::::::::::,'::∠//=、/:::: 'z:::; '=|/ i::::::::::::::l
                 姉の方が候補だったのでしょうね。  ,':::::::::::::::::::{:/,.==z,, // /ィ z==z,,!::::::::::::::l
                                      i::||::::::::::::::::|八 イで)        イで) /|:::::::::::::::|
                 先導家は第二夫人派の中では     |:l.|:::::::::::::i::|l, 、辷丿       _辷丿 j::::::::::::::::!
                 中堅に位置していて           |! .!:::|::::::::|::ハ`ー      〈       /';::::::::::::::|
                                      | |:::|!:::::::|::|、〉            u /!::::::::i!::l
                 派閥内の他の家にも              |:::||:::::::|::::::::’、      -      .イ::!::::::/!::|
                 それなりに影響力がありますから。   、::| i:::::|フ::::::::::> 、       .イ::::::::i:!:::/:|,<_
                                          ヾ l::::!  ̄ノ:://{  `ー ´  }7 、/'|:/:::l^ー´
                                         〉 〉:|   フ|///,ゝ    , '//,∧.!:::::::\
                                            ゙!.'´ ∨///,`><//////`丶.. ̄
                                        , ‐ ”    ∨////   ∨,///    ` 、


142 :◆vsQyY1yD2Q
                         /         /      |           ハ (こ|::i|こ) |
                          /       '    i|      |           | (こ|::i|こ)  !
                        '      |   i|      |  i|    |    | (こ|::i|こ)  l
                            | i|   l|      |  l|    |i i | | (こ|::i|こ)   !
                         i|  | | ||   l|      |  l| i| i || i | | (こ|::リこ)   l
                         ||  | | ||   l|       ,リ-‐l|_T|「 ||_l_| | (こ|/xソ   l
                         | | ||=‐- 八    ´// ,斗-‐=芋ア| |i  У::く     l
                        、 八 八 l」L二. _ミヽ __// 〃 rし::;リ |i | |i 〃:::/:/\   l
  なるほど。                    \  ><`ヾ「 rし心        ゝ‐=' ^ 八 '|i l:::::::|::ト、ノ   | l
                          ヽ|  {/ハ ゝ-‐′             /  / |i l:::::::|::|  |  ||
  楠舞家との婚姻で繋がりを強め      ||  {  }     ,         /_//_川:::::::|::|  |  |八
                            八\ \八                     /i | l::::::ル' |  |  |  \
  紫乃宮家、または先導家との婚姻で    ヽ >く  丶、   ヽ フ      イ   | | ̄|  |  |  |   \
  第二夫人派切り崩しの足掛かりとする。     川_| i>        イ  厶-=ァ-‐ァ>ァ-┴=ミ  \  ヽ
                              〃:::::::`アアT⌒≧=≦、-‐<  ̄う-‐ァく/⌒ア.:::::::::::::::丶、 ヽ ハ
  それが女王の描いた筋書きだな。       ./.::::::::::::〔 {_「 ̄/.:::∧::::.\y'⌒'<こフ:::/⌒ア.:::::::::::::::::::::::::\  |i
                            /.:::::::::::/〔 {んく〈::::ん'ヘ::::::ノ`Y⌒ア:::::::/⌒ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::\八
                              /.:::::::::::::厂У   `77⌒|:::|こし:::::/.::::::/⌒ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
                           /.:::::::::::::/  `ァく_,/ /'⌒'|:::|/.:::::::/.::::::/⌒ア{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |



               , - :  ̄ 二 __- 、
              . ‐.´: : : : : : : : : : : :\\
             / : : : : : l: : : : : : : : : : : :\ 、
           /: : : : : : :Λ: : : :、: : : : : : : : :}ヽ
           |: : : : : : /  \: : \ニ:__‐ :´/l d
            | : : |: : : | ,>、  ー-`‐  , ̄l├'
           V-┤: :.:l { {てT    ァイヘ /: |
            { ヽl : :|` `=´   弋ノ〃 : |.   それってつまり私の結婚も予定の内だったってこと?
           \_>: :|⊂⊃   ' ⊂ニY: /
            ┌-‐ヘ : ト、     'ヽ    /:/     しかも、どっちでも良かったって事じゃない!
            `z_:_:/ヽ| |  ┬r--zイ :/
             _/⌒ ー-┘  L >-┴く      ますます結婚する気がなくなってくるわね。
          /: :\    ``  ´       ,L
            /:.:.:.:.:.:.:` :ー -- _ __ . -.‐´.:.:\
         √ニー - : : :.:.:.:.:.:.//:.:.l |:.:.:.:.:.:.:.: :/>


143 :◆vsQyY1yD2Q


            ___       でも、ウチとしては文句は言えないお。
     ____,../     \
    ノ   /           \     貴族を相手にするのに
  /   /   u.           \.   王家の後ろ盾って有り難かったし。
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|   縁談を申し込んで来ている家も
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|    その思惑に気付く事が出来れば有り難い話じゃのう。
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |.   先程話に出たリュカの場合は
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ.  ヴィクトリカに気付かされた訳じゃが。
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


144 :◆vsQyY1yD2Q
                 , 、
                γ丿 l`ヽ
              ( /  ソ//⌒ヽ _
                  ,.' '´   |      \
              / /   l  l     /    l
               l    /l ムl   厶   l |
                 k{ l  //∨  \|  \l| |
           , イ{ヘl | ≡≡   ≡≡}  /  問題があるとすれば、切り崩される派閥だろうけど
           / {  `Tト ゝ , ,     , , ノ/
          /    \ \\         /´    確か、女王派が親ポルトガ派ばっかりなのが
       /      \ V´> 、 c:ァ/      問題になってるんだよね?
       /      -‐-、V __   ̄
        /  { /     |´   `ヽ _       それって、この話に乗ったら解決しちゃうんじゃ……。
     /    V  l     /Vヽ、[`ヽ l|
    /     |  丶  / / └、〕 し’



                                         |二二二二ア' / / / // l! Yヘ  ヽ  Y八/`>
                                         |ニニニニ7 / / / / //   l lVヘ   ∨l|/x<ハ
                                         {ニニニニ7 / / / / l| l l l Vヘ /`ヽl〃´  {_j
                                      マニニニ7 .゙| |  | l  || | ノ ノ |Vヘ  l/    }_j
                                       ヾニニ7, i | |  | l_|上≦==┤lVヘ l{    /、}
                                        \i | | |_|.> ´   ===彡 |.|| Vヘ.人  / 〉′
                         そう言う、利用される側にも       | | | | 〉==彡        ,' リ }  !|\ {/ }
                                           `TT Y   '      ノ / / 人ト、  7 /
                         きちんと利益を用意している辺りが.  |,ハ人   ト      `> ´ イ  | \{.ハ
                         実にいやらしいではないか。            }> 、     / / / l |  |  |
                                          プクー 〃厶≧=r‐v彳´ ̄ ̄`>ァ┤_|_|
    / ̄ ̄ヽ、                                   {{_{    {__j       八/////∧
   /  ●/  ̄ ̄~ヽ.                                >ゝ   ,仆、\     〉///////∧
  /     ト、.,..    \                              //八  //,ハ \ニニ⊃/////////∧
 =彳      \\    ヽ  いやらしい……。
,          \\   |
         /⌒ヽ ヽ  |
        /   | |  /
      /     \|/
      l


145 :◆vsQyY1yD2Q

              -────-
          - ´: : : : : : : : : : : : : : : :` ー 、
          ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
      /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ-ヽ
    /: : ∧                     ヽ
.    ′: : l l. .                      ハ
    l: : : :.{___}.: : : : : : : : : : : : :        . . : : : : |
    l: : : : : : : : :.イ: ハ: : : : : : ,、: : : .!ヽ: : : : : : : : : : :l
    |: : : : : :l: :./ l/ >、 : /  \: :l\ヽ ∧: : : : :}リ
    l: : : : : : V` ̄´  z、/      ヽz  ` ̄l: : : : ,'
   ,: : : : : : : ',     l、l        l、l    /: : : 〈    ちょっと待て。
   /: : l: : : : : :ヽ    ∪      ∪   /; : : : ハ
.  /: : :.l: : : : : :l-ヽ              イ: : : : : :ハ   もしかしてこれ……誰も損しないんじゃないか?
  L -'l: : へ: :.|、       _      /: : : : : lヽl
      l〃  >l::>、   〃  ::}    . イ: : : , 、 .l
     r ´ ̄ ̄`ヽ:::> ゝ--- <::::::::: l <  リ
     {、__,、ノ  r-- ´ ̄}___:ゝ、__:}
      /   j  _ ノ /‐ ....:/::::... \ l  \



              _ ___
           _rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
        〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.
          l!:O ≫》:=‐/          \    い〜や、損するヤツはおるぞ。
        .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
         /| `¨´ =‐ レ__, `⌒ 、__" |:ハ!    女王が警戒される原因になっておる
       / ', Y⌒'  r=-,    r=;ァ .i     派閥内の親ポルトガ派じゃ。
     /   V:乂_.. "  ̄     ̄ " !
     /    :从||:|ヽ.   'ー=-'  ノヽ.     調子に乗るなと釘をさされる事になるのぅ。
    ./   /' / /|| |  > 、 ___ ,.イ  ヽヽ


146 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、_ \
   /  (○)  (○) \
   | u   (__人__)   |  ダメージを食らうのは、モア女王の味方かお……。
   \     |  |    /
   /      ⌒    \



            _ - ァ_ 二二 ー 、
           /`V´ : : : : : : : : : `: 、
           / : : : : : _:_ : : : : : : : : : : \
        //: : : : : : : : :` - 、: : : : : : : : 、
          / : : / : : : : : : : : : - 、\: : : : : : :l
          l: : :/| : : : : : : : : : : : : : >ヘ: : : l: |
          |: :/ _ヽ: : :\_: : : : : : :/ヽ  V: l: |     でも、他の味方を増やすんなら
         l: :|´ \>、: ヽ>‐-<  lj } |: :l/  、
        l: Λ_L, _  \_>_  ト-‐介/   ノ}\  派閥そのものは数が増えて強くなるし
         |:l : :、弋}   ^弋_歹 ! : : |大 ¨´: : :_ノ  女王自身 ―― ロマリア王家は安泰よね。
          l : : : `´、  `¨´  l: : : j \:_:_:_:_;>
         l : : ト、  ,、      イ : :/            結局そいつらも その恩恵に与るのよ。
            l: : :|  > J__ ィ  /: :/ ヽ
           \| /.:{     V /   \
               l: :ヽ   `く´_      \


147 :◆vsQyY1yD2Q
                            ∨/////|   l|   |      ll      |l  |    |/l////|  /   / ̄
                          ∨////|   l|   |      ||      |l  |    |/l////|. /   /
                              ∨///|   l|   |      ||      |l  |    |/l///.∧ |    |
                            ∨//|   l|   |      ||      |l  |  ,,−/l/////〉{    |
                               \,∧  八  ¨ニ=- _八     ,,斗匕¨   V∨//,/ !__从
   後、損をするのは                     寸   \__.汽弍≠=ミ.\__  ´八x≦弍行¨7 ∨,/    /  \
                                    ∨  '  ∧` .弋:::刈       ‘ 弋::::: メ ./,'∧∨   /     \
   この思惑に乗り損なう敵対派閥の連中だな。 .∨  ,  ∧  `¨¨~       ¨¨¨¨´/,'/ У    |
                                \__.∧         ,        /,'/./     人
   もっとも、こいつらの場合は              /    /\      _        /     /: : :\
                                  ,′   ,   ` .       -‐、/     ´/: : : :/|:.:\_
   あの謀略女王を敵に回した時点で          |    | / ̄ ̄¨>  __/   __\> ´   /: : : : |:.|: : : : : :
   損は始まっていたのだろうが。             |    |{ \__ -‐ ¨{{   /_`='⌒Yヽ {.:.: : : :.|:.|: : : : : :
                                    |    |ヘ       ヾr─'/:: :: :: :: :: :: : :寸: :_:_:_:|:.|: : : : : :
                                    |    | \      /::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\ ̄{/:」:_:_:_:_:_



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  ( それを見抜く この子もすごいお。
|  .u    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    ブロワ家が恐れているのって、この頭の良さなのかお? )
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


148 :◆vsQyY1yD2Q
                      |   | | ||   :|  |  |  | .   ||    :!    |  |  | |  | |   l  |:〈 |
                      |   | | ||   :|  |  |  | :   |||   :|   |  |  | |  | |   l  |::::}|
                      |   | | ||   :|  |  |  | i   |||   :|   |  |  | |  | |   l  |:〈 |
                      |   | | ト|、  :|  |  |  | ||  |||   :|   |  l .斗:!  : |   l  |:/ |
                      |   | | ||  ̄:|二|二| ̄| ||  ||lー‐=|ニ二:! ̄!  ! !  ! !   :  !、 !
                      ∧   | | レ'弋¨5丈才Tヾ         ア5丈才勿¨ア l |!   ! :/:ヾ.|
                       /::∧   ! ! ! !  {气幽ナ}          {气幽ナ丿  :l //  / ∧::::|_〉
  さて、どうする?          |::::i   | | | |   ゝ─‐'‐         -゙ー‐─'‐   / //  / /::::iー' |
                       ̄ ∧| | |,, |                      ‐=彡イィ_,, / / l::::|  :!
  女王の思惑通りに進めるなら    /::∧!从从! !            .             // :  ̄| :  |l::::|  :!
                            |::::i  |  |人                        // i  | i  | ̄   |:
  君が口説くべきなのは       |::::|   |  | i:\           _           /"|  |  | |   |  | |:!
  私ではなく紫乃宮家の娘だぞ。    ̄   .|  | |: |i> .       `       . イ   !  !   | |   |  | |:|
                             |  | |: リ  r‐> .  _  ,  "  |r─‐',〉 |  | |   |  | | !
                             |  | |: r─{ ̄_ヘ|_//| ト、\_r‐< ̄ } ̄ヽ_ .! :  !   | | |
                              _/ ̄\l.斗〈 ̄ \{ヽ ./ ,〃:! !ヽヽ.\__ヽ┌、ノ_ >、/>r‐=ニ二}._||
                           //{ ̄ ̄ |///|〈 ̄ / ヽ 〈_{/ :! ! \}__.〉`}ノ´__ _〉////,!: _____}/\|
                     ////{ ̄ ̄ :!///!/\{ュ /_/  |  :| |  | | ┌、_)/7/,!////!  ̄ ̄},///∧
                        //////{__ :|///|////iVノ/ヽ.._|  :ト |  |ヽ__ノ//|/////|////|: ____} / //∧
                    ///////{ ̄ ̄ :|///|////|////|/ |  :|/,|  |,/////,|/////|////|:  ̄ ̄}/////∧


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   いやいやいや、それとこれとは話が別だお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/   やる夫が助けたいのはヴィクトリカちゃんだから。
 r、     r、/          ヘ.   ヴィクトリカちゃんを助けたいから。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


149 :◆vsQyY1yD2Q

                   _,. -‐…−- ._
                     /: : : :_:_:_:_:_:_:_:_: : :丶.
                    /: : : /´ ̄ ̄ ̄`>、yヘ:_>、
                  /´: : : : : : : : : : : : : : : : :/`  。Y:.,
              /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\゚__,ノ: ハ
                 ': : : :l: : : : : :\:ー--;==ニ/l: : Y |
             |: :|: : \: : : :_: :`:ー≠ァ斤示、l: : :X|
                  l: :|: : : | `/ー---一'´/l:f::::};〉ヽ: : :ヾ
               l: |: : : :V        弋彡'  卜: : ヽ     勇者ならそうじゃないと!
              ヽl: : : : ', 、y:==       '' ' |∧: : : \
                ',: : : : '、〃    丶_     /、__),: : : : :',   ここで見捨てたりしちゃったら
                 ヽ: : : : \'' '   ヽ )   ,〃: : : |: :/\|   話が盛り上がらないわよね〜 ♥
                  \ : : : \_    ´ . イ` ー一'jノ
          _    ∩      >ミトテ`Tニ"´  l
      ‘ー、\  _ 〉ヽ    /⌒` ー ニ´_    __` ¬ "´ ̄`ヽ.
         \ / /`ヽ! /⌒\_      `  ´       __」_
             〈 / / ,つ     ̄ ̄ ̄厂>、_ィ ┬---‐ '´    |
           ヽ.  〈 |            / /´  l |         l
             ',  |、        / /   l |         ヽ
                |   |ヽ二 丶 __/ /  ○ l |        -―〉
                |  |/ l 丶-----'     l └---― ´ . -‐ァ’
            rj   卜 |  |         丶-―ァ¬ナ"´ //
            /丶--'|    |            /  /  /′
          /     |    ノ}               /    /



        フ.:::ー--‐/::::::::::::::::::/ミ>.::::::::::::} }\::.\
    |`ー一'´::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::'.:::::/)  / // ,〉、::.',
 ___\:::::::::::::::::::::'.:::/.:::::::::::::::/.:::::::} ゝ-'  ´ ノ/ }:::.',
 \:::::::::::::::::::::::::/.:::/.::::::::::::::::::/.::::::::入    __  /::::::.',
   \_::::::::::::/.:::/.::::::::::::::::::::{:N:::/::/:\/i:i:i:i\/::.:::::ト}
ー―一'::::::::::::::{::::/|:::::::::::::::{:::::|:| |/.:人:{ |i:i:i:i:i:i:i:i:i~|::::::!:|
 \___ノ::::::|:/(|::::/|:::::::|:::::|:!ゝ==-   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||l:::|リ
  ー―一'´:::::::!|::::|::::{_|:::::∧:::|i、       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|リ:::|   勇者……うん、勇者なんだよね。
   \_:::::::/!!ゝ!::::l |:::::::∧:|| u    ゝ,|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||::::l
    /ヘ777777∧::::::::::::|! r_ ァ/{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::/   ( これはもう逃げられないな。
   /   ∨/(二)//∧:::::::::Kゝ_/\!i:i:i:i:|i:i:i:i|/       僕だって助けたくない訳じゃないし )
  /     ) ̄ ̄ ̄ ̄ >―t.   /\ |i:i:i:i:i:|i:i:i:i:|
. /     _  -‐ ¨´ \|::V/┐ /ノi:i:i:i:i:|i:i:i:i:|
/{    /             \   ||/\i:i:i:i:i|i:i:i:i:|
. |   /                 /    \i:|i:i:i:i:|


150 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /, -ー'―‐- 、   ヽ、
        /.'"             ヽ
       /´      , --- 、  ☆  .i
      ./      /     ヽ/〉    l
      i     /        ヾ     !
      !     /          i   _   !
      l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
      ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l    流石に、一連のブロワ家の動きとか
        l/!、  o     o    l  l/::  l   この時点で第二夫人派を割るのは予想外ですよ。
        トl ヽ         u  l l:::  l j
        l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "    てゆーか奇想天外?
        ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
        " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ    あそこは追い詰め過ぎると暴発する恐れがありますが
         /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i.   なんとかフォローしてみましょう。
         l   ヽ    「う //  \l!   l
         l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
        /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
        /   λレヽ! / ヽ/    l!   l

               ┌――――――――――――――――――――――┐
               |奇想天外 ( きそうてんがい )                 │
               | 普通では思いもよらない奇抜なこと。またそのさま。│
               └――――――――――――――――――――――┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


151 :◆vsQyY1yD2Q
                               /  〃  / 〃  / ;    !   !  !   i  i i ハ  '.ヽ X//fく   |
                           /  〃  / /:゙  ,:′ i    i  i  i  i  i l   i  i i Y/|__)  |
                             ′〃  .;′/ ii  il  i    i  i  i  i  i |   i  i i  Z八} l:|
                          l  ii   il  i ii  il  i   !   ! ;′ i  i |   i  i i i i[ノ  !|
                          |  ii   il  | ii  il  i    i   ∨    !   i |   i  i i | |V   ;|
                          |  ii   il  | ii  il  i    i:   \   i イ i |   i  i i i |ト、    |
   君は分かっているのか!?.      |  ii   il  | ii 八 人   八  _,.斗禿示卞x|  ,′ ; i | l::..:}   八
                          |  ii   il  l : ̄云≧=彳 `ー丶_〃 V 辷ツ 八/  / / 八ハT 、   \
   私を奪うと言う事は、私を……     .l  ll   il  ! 八《 V辷り  ̄      ̄ ̄ /_./_/_/_/_/ }:::} ハ  :i  \
   よ、よ、よ、嫁にすると言う事だぞ!   八 从 人ト小  ̄ ̄         .:://:f⌒ヽ_.ノ⌒Y  ¨i  ¨i ii  i|    丶
                           \ \ \ 刈 .::///::.   `   f⌒Y>‐…=‐-く⌒_  i ii 八
                                   八          人/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.::^⌒}! 八、  ヽ
   君 は 底 抜 け に 好 色 な の だ な !         i> .._____fi__){.:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.:厶ヘ、 ヾ  i
                                       l / l!i/:i:i{^介{.:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.:::}} i|  i
   し か も 変 態 だ !!                  |/   i/:i:i:i:rf氏ァxji:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY{  i|  i
                                       |i:  /:i:i:i:i:く_ .イ:W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマ  ;|  i
                                       l| 〈:i:i:i:i:i:{无/W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}} |  i


 (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
     (((i ) __ ( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
    ( /( ≡)  (≡)\ )   今更、そんな言葉で
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    |             |   ひるむ やる夫じゃないお!
    \            /


152 :◆vsQyY1yD2Q

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\.       実際、この機会を逃したら 次はあるのかお?
     / .イ '(●)  .(●)\
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \  ヴィクトリカちゃん、家の目を盗んで物産展に来るのに
   | ≧シ'    `⌒´      .|   結構 苦労したんじゃないかお?
   \ ヽ           ,/


                                               /ヽ、                 , ' |≫┐
                                            / 、 ` ー― - - ― ―‐ '′ ハ  ハ
                                          /   丶、 ___         , '′ ∨ |
                                            /             ̄ ̄ ̄ ̄       Y
                                        /                        l|
                                        !                       ,1
                                        ヽ、_二ニ-r―rr--r=ミ 、_         ノノ
                                           | l |l L」_jl| l| { i l| `¬ー≧===彳 l
                         それは……確かに               l| ! l| kfみミ ヽ l| x彡fきxl| ,' ハ l|
                                            ハヽ丶cヘtrJ`   ´ Vrクoノ 厶イ  lト
                         世話をしてくれているセシルには   /,'⌒7ーヘ" ̄       ̄"ソT´/ `ヽハ
                         随分と無理をさせてしまった。   /イ  ,' / 厂> 、  --  ,. イー! ,'     ∨
                                            ! ! //77|///// ≧≦ ///// l |   } !
                         彼女は何も知らないのに。     ∧ y ハ///|////// `X//////|l|   ,′|
                                        /, 乂/ ∨/77ブ'´ ! / , ヘ>イ 」lル'´/  ,′
                                          /// (   └―'′ l| l// /,  \/! , '  丿


153 :◆vsQyY1yD2Q

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │  セシル? メイドさんかお?
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |


              \ 、
                 ヽヽ
           , ヘ __ .-‐|: |―-. 、_
          /: : :ヽ: : : :|:/: : : : : : :`丶、
        /: : /\ヽ : /: : : : : : : : : : : \
       /: : : /:::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
   _,x '′: : : ::l::::::: : : : : ,|: : : : ト、: :ト、: : :ヽ: : ヘ
    ̄ ̄フ : : : : l:::::: : : : : /|: : : /=|::/=ヽ: : : ゙、 : ヽ
.       ハ : : : : l::::::::: : :/ ハ : /'´ レ'ニ、',: : : :l : : :\
     l: : : : : :l::::::|:/二/:/   彳(__ ィヽ: : : |、: 、ー-`-‐
     |: : : : : |::::::|,伝(__,く      ゙之少/ l: :l | l: :>x..__   その人は、神学校の先生です。
     l: l: : : : ト、 l.|弋_リ          |: lリ,ノ: : _,>'′   .僕もお世話になりました。
.      ',:|: : : : V\゙、      __ ヘ     ,!/: :<.. __
.      ',ヽ: : : :ヽ._\     |    ',  //: : : >'´      生徒思いの優しい先生ですよ。
        ',ヽ : ヽ::ヽ: :丶、.._  `ー '′イ:_:> ̄
        '、\ : ヽ▽: : ::,ィ ̄E :ュ彳/ |` ヽ
          \: :|\/レ'´  ><‐ュ__|__  ',
           \   | \/ | 王 ) ヽ \ ',
                | ∧. ヒ.|フ ノ   ノ


154 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               /: : : : : : /: : : : : : //_:::::-――――――-:::::_::ヽ :丶: : : : : : :\
               /: : : : : : : ://: : : : : //: : : : :/: :/ : |: : {: : : :i: : : : \i: : :丶 : : : : : : \
             |: : : : : : : : ://: : : : : /': : /: /: /: :/: : :ハ: : i:{: : :i : : : : : ヽ : : 丶: : : : : : : :}
             {: : : : : : ://: :/ : : /: : :/: /: :ハ: :ハ.: : | i: : |:丶: \ : : : : :} : : : 丶: : : : : :ノ
             、 : : :/: :/: :/: : : :{: : /:ノj: / { | ヽ: :| ヽ:.|V^\: :\ : :|: : : : : \: : <_
              ゝ: : : : /: : :{: : : : |: /,.<j:;厂`ヽ  ヽ!  Y/ ̄>ー\j : : : : }ヽ : ): : : : :`ヽ
            /: : : : : :/: : : :{: : : : |/   _,.≧=、_ノ   、_,.ィ≦== 、  ゙i: : : : ノ:ノハ{: : : : : : : : }
             {: : : : : : /: : : : : 、 : : /  / だ)_ヾ    i /   'だ)_:ヽ ヽ j: : : /: : : :リ: : : : : : : : :!
             | : : : : : {: : : : : : : :V{、 〈  { .:::::. }    }={   { .:::::::. } ノ/ }: :/ : : : : : : : ハ : : : :/
             、: : :/:.\: : : : : : /: v‐-、弋_ク   /  、  弋_ク ノ : j:/ : : : : : : : 〈 \: 〈
              ゝ八: : : / \_ /i⌒iヽ 人     /    \     <::/:ノ____ : : :〉  \)
           //  \:/ _  \ } ̄ |⌒\ -‐''   '    `ー-  ,(___ト、__ `V     \
           (/    /-┴――ノ   ト、___)   / ⌒ヽ   (_ ̄ト--\ {  r―┴‐┴、     \
          /     ノ   __.ノ|   | \    /     ',   ゝ-λ   \ r-- 、___i       }
            {     / ̄ ̄    ノ!   ト--<\  {      }  人  ∧    ヽ\      }      /
          i      {  r―‐ '′′   i\_) >`ー-―_ <  `/ ヽ       `ー{\. |   /
          、   r―┴―rァ     j }       >天<      |   }         ヽ ヽ  /
            \ ,ハ t―‐'         ノノ     /   }^{   \   |  /           `ソ /
             //ヽノ         //  \/    / | \  \ f'^V{            / ∧

                     王都の神学校の先生
                     セシル・ラフィット ( GOSICK -ゴシック- )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


155 :◆vsQyY1yD2Q
       ___
     /ノ  ヽ、_ \
    /(●) (●.) \
  /  (__人_,)    \    なるほど……ヴィクトリカちゃんを攫うと
  |  l^l^ln ⌒ ´        |
  \ヽ   L         ,/   その人の立場も危なくなるかお?
     ゝ  ノ
   /   /

              )\
           γ´/ 丿 ヽ
         -‐ /⌒\―-、 )_
       /   /          \
      / . -‐ |          \
     .l/   l     |      ヽ
      /   l ヽ     |\      ヽ
     /   ハ |\  |  \ 1  │
      |   l/ \|  /\ |ハ   丶!   |  あ……ブロワ家から見れば
      |   | ―― '    ` ー―|  /
     ' ,  .l三三三    三三三l  /    裏切ったみたいなものになるのかな?
      \/`! , , ,       , , , ノ/
    _   /  /ゝ.            /   .r‐、!⌒!
     | \|   | /⌒!       /    !  |  |/⌒)
    \|  V  /C=ニつイ\( \| |  |  /
      l       ̄ ̄)   |   \        /
      |        ̄ ̄)   l\ r‐┘     /


156 :◆vsQyY1yD2Q
         ___
       /     \
      /  \ , , / \     それじゃ、その人も保護するお!
    /   (●)  (●)  \
     |      (__人__)    |   孤児院の方で教師が出来る人が足りないって話だったし
     \     |r┬-|   ,/    ひとまず そっちに行ってもらって後は本人の話を聞いて決めるお!
    , -‐ (_)ヽ `ー ´    ィヽ.
     l_j_j_j と)          i   使者を送るお! 今すぐ!
      ̄`ヽ         | l



                       i  : : : : : : : : : :)/  / /   /       i| l :!   | :|: : : :|: : :\   /_   ヽ
                      ! : : : : : : : : :.(/  / /   .    i  i|   :|| l :!   | :|: : : :l : : ,、∧//i \  |´ヽ
                     ', : : : : : : : : ::/   ′   i   |  ||   :|| l :!   | :|: : : :|.: :|∨/  l : : ヽ ! : i
                     : : : : : : : : ′ :l!  i   |   |  ||   :|| l :!  /:| :|: : : :l : : | l/   \ : l | :|
                      ', : : : : : :    :l!  l   |   |  ||   斗┼┼<イ:| :|: : : :|: :, ' ./     }:.:∪_/
                      ', : : : : : i    :l!  | ..斗-  |  ||   :レ!≠ニミ:、:! :!: : : :Υ  i      /-=ニ
                      '. : : : : :! i  :l! ,ィ´x キミー┘´  ̄ ̄彳ん沁 }∧: ', : : : !   l、   / 7ヽ|
                           \ : :|l   ト. レ'/ ん沁        i:rcイ}   ,〉: : : :∧_./| \ / :/ /| :|
      君は実に強引だな。       \.:! | i  .ヘ ヾ i:rcイ}        一″ / \/ /  '.  ヽ!ノ /:/ノ
                               || |i  i :∧ 一″ ,       -= 彡 / / 〈    \  /:/
      かく言う君も原因の一人だが.    || |l |i:∧                  `ヽ彡/   :∧.     \i:/
      それは置いておこう。           |∧!! _!_|:i_ i         _      u /  : :/| : \     !
                              `´ / |人      f´  〉    /  : :/|i | : : : |゙ー┬'
      確かにセシルの保護は必要な措置だ。 /  :|: | > .      ̄   /_:_;_イ_|l | : : : |:.: : :|/
      よろしく頼むぞ。                   ′ :|: |′ ノ|ヽ>__、 _ _ /<二二二 つ Y! : : : !: : : :〉
                              〈, ─f_>" ̄ ̄ フ´∧:_:∧ー- 、: : : : : .  |ヽ<Z:__/
                                 ////∧  ̄ ̄ ̄ _//: i |l、 \_, : : : : :  /: :i //\
                           /////// 乂._  : : : :´: :/: || \: : : : : :   イヽ: : :〉 //ハ
                         ///////////( !`   : : : : /: : ||:  |\: : : :  /::::iニ{_ ////|
                           i////////// ( \    /   :||:  l:   ー┬‐ ' :::::|: : : 〉 ///|


157 :◆vsQyY1yD2Q

             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ )
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \  やる夫が原因だからこそ
    .|   (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/   ちゃんとフォローするんだお!
    | | | |  __ヽ、   ./
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

                           人 」/////   .:/  / .:  . :   l  : .  :.丶 \ :.  \ヽ/////|│  ||
                            「 |////   .:/  / .:   : : :  ll   : : :  :.ヽ 丶:.   ヽ///// /  ‖
                           ノ .:|///   .:  :/ /   : :l: :  ll  : :l: :  : .ヽ  : :.  ∨// /   〃
                           \_|/;'   .: ,'  l: ::   l l :   ||   : l l   :: :l  ', :.  ';/ イ──《
                            ノY  :l l   l: ::   | │:   ||   :│ |   :: :l   l l:  W|    ||
                           〈  :|   :| |   |: ::   |: :|     ||     |: :|   :: :|   | |:   | /   ‖
                            ヽ .:|:  :| |   | |   |: :|     ||     |: :|   | |   | |:  :l〈   〃
                             〈 ';:. :l | \_| |  | l     ||     l |  | |_/ | l: .:;' ト、_//
         それは開き直りと言うのだ。      .∧: . ',   ≧=‐-_L」__ノ八ヽ__L」_-‐=≦   ,' . :/_ノ
                              / ∧: : ',  ',ヽ(. :し_リ`       ´(_し. :リ/ ,'  ,' : :/ \
         ……もういい。                 〃∧ ∧  ', ` ̄ ̄`      ´ ̄ ̄´ ,'  ∧ /\   \
                              /  / / 八⌒ ::: :: :: :    ,    : :: :: ::: ⌒八/ヽ : . \   \
         私は覚悟を決めたのだ。       \/ ////> 、       ,--、     . <//\ : :.  l \_/
                               〃.///// ̄ > 、.._     _..  <  ̄\///\: :. l
         君に攫われてやろうじゃないか。   ////厂\`¨¨´    >厂丁<    `¨¨´厂\// \:│
                             //////___\   / /厂 〈\ \   /__∨//∧l
                            //////〉   ̄ ̄〉__/ /   〈 \__〈 ̄ ̄  〈/////\
                            ∨/////____/////  /    '   ∨/∧____∨/////

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))   オッケイ!
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )  ヴィクトリカちゃんを閉じ込めてる
       |        /         檻から攫ってやるお!
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


158 :◆vsQyY1yD2Q

            ハ
         γ ´/ 丿 ヽ
       /⌒ \ -――-、 \
      」          \ ヽ
  /  .l            \ハ ヽ
  /   ハ     ト、  \  l |: |
 ,'    | l\   l /\、 |  |ム |
 l|    ト、|   \  V   \| /ハ/
 ハ  |  |u ―    ̄´ ≡彡'| /ノ ノ
  \t  ', ≡彡       j/ lイ   誘拐みたいに聞こえるけど
     `ト \    ′   u /
     .ー`T  __, ==ュ ∠._    事実、その通りだよね。
          > ` ̄  /l  \   お家に帰さないんだから。
      /   ≧r-'´  | \ /
      \ /  リ   / /、
      / \  |ニニ//l |\
     / / / \j  /'  l |  l\
    /  ∨ /   l  /    l |  /   ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨     |
  /  /              |     |



                ,  -――- 、_
               _/: : : : : : : : : : : :\>.、
             /: :/: : : :{: : : :、: : : : : >`¬、:,
            ,': : :\: : :\、:_: :丶--{ ヽ。l: ',
            l: : :/-‐≧ー-ゝ<‐-、 ゝ゚_ ノ: : i
            |: :/ィf示    ィf示 Y | : ::| : : |
            |: ハ{ rJi| !     rJi| ノ|: ::!: l: |
            |: l::| ゞ-'〈    ゞ-'  | : ::|: |:/   いいじゃない。
            |: l::l   、_ _ ,    |: ::!:,/.    囚われのお姫さまを救い出すんだから。
            |: ::::、   −       ,l : :/
             、: ::l\       //.::/、ノ}__,   良い詩の題材になるわよ、これは!
               ヽ:::l/l\__ .  イ//::/:.:.:.:.::く
           /´ \、」       | /ィ/ `¨"¨´
          _,∠ -――-、ヽ  _  {
        /         ̄ >、 丶. _
         |             >、_ `丶.
        /             / /∧`>、l_
        |,  -――- . _     / /  ∧ ',  \
       〈_, -――- 、  ` ー--' /    l l    |
        丶|       ` ー--- ′  0 | └- 、 ヽ


159 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ,..ィf⌒77⌒/ス
                                             .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                                                /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
                                             {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                                               / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
                                           /  /   / / / // ! / }  } ! i|
                                            /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
        その辺りは気にするな。                      (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
                                            丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ
        私が ここにいると知られたからには                 _l TΤ、   _   イl |ハ.|
        このまま戻れば処分される可能性がある。        .__,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|
                                       x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
        他人に使わせるぐらいならばとな。            { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
                                         i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i
                                       l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、
        ならばいっそ悪い勇者様に攫われるのも悪くない。  .、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
                                           ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
                                         }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
                                        〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i
                                          //  { (  Vノ:.:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.;.:ノ/二ヽ:::::::::/\i
                                            〈    ヽ ノリ:.:.:.:.:.:.:.:.://:._/ /-、_   ヽ:/::::/|

         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \  処分とか ますます帰せなくなるお。
    |    .u    (__人__)|
     \        ` ⌒/   て言うか、やる夫が悪いのかお?
    ノ           \
  /´               ヽ


160 :◆vsQyY1yD2Q
                                       _/    / ,      |l  l|          V7
                                  く ′       l      |l  l|     ',         , ┐
                                   |      i  l      |l  l| l l| l|   ',    ゚,ノ
                                     〔|      |  | i    |l  l| l l| l|   l|     i
                                   |      |  | |    |l  l| l l| l|   l|     |
                                   |{     「` | |‐-  |l   l| l 斗z七  |     |{
                                      八    | r=ァ≠ミx┴─┴‐ 斗ぅ=≠ァ} l|   八
                                   /::::∧   |  弋)少゚        弋)少゚ , }|  ,/:::|
                そこは自覚しておけ。          \{ 个 ..」                    厶斗‐く|L」
                                     |:|::::| i八        ′       /   |:|::|
                君はこれから               |」::::| |         . - 、      .イ   Ll:」
                良くも悪くも国を動かすのだ。     ├┘ |   | 个     ー ′   .イ |      |
                                    |   |  | |___i≧=‐-‐=≦|__j l|     |
                そして少女一人を手込めにする。  | _|  厂しヘニ>/::: {}::\ノ⌒V⌒Y      !
                                   /::/  Y:::⌒Yて⌒V::::/:||::ト、:〉_厂し勹⌒Y⌒ト...
                                     /:::::::{=‐-|:::::::|l::::::しヘ_厂|::||::|厂しヘノ⌒|l::::::廴_}:::::‘,
                                 /::::::::::|__j ::::::|l::::::|l::::::| :::|::||::|:::|l:::::::|l:::::::|l:::::{   }:::::::‘,
                                 ,::::::::::::::V⌒Y:::::|l::::::|l::::::| :::|:」|:」:::|l:::::::|l:::::::|l::::Y⌒Y:::::::::‘,
                                   .::::::::::::::::{__|::::::|l::::::|l::::::|::::::::|| ::: |l:::::::|l:::::::|l:::::|__}::::::::::::‘,



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  否定出来ない……!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜   でも、ヴィクトリカちゃんを放っておけないんだお!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


161 :◆vsQyY1yD2Q
                            | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
                            | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
                            | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
                           〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
                            |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{
                              乂ヘ  ∨∧  r===ミ `     ` 彡=ミ、  リ  リ / ,ハj
        この悪徳勇者め!            |iハ  ∨∧         ,         /  / ,ノ:i:|
                           |:i:iゝ--ト一 ////       //// 厶イ /:i:/T′
        囚われのお姫様を攫うのだから   厂  川  ト、     r───‐v      イ i| .Z/ |
        きっちり責任を取るのだぞっ!  /  / j ! ,⊥r> .  ∨      ノ    ∠⊥、  | i |
                              / __r─v‐}─{_二ニ> .`ー―゜く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
                          /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
                            / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
                        / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
                          〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
                        ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\


162 :◆vsQyY1yD2Q

                          _ ,、
                     ,   -――-´ 、: : : :ヽ、
         ____, -'" : : : : : : : : : : : : 丶、: :',
        r'´    ,イ>―‐: :/⌒ヽ: : : : : : : : \丿
        |     .l/: : : : : : :|: : /: : : : : : \: : : ヽ
        |     ./: : : : : / /|: : |: : :/: : : : : :\: : .
        |     ./.:/: : :〃/ u‘:. :|: : ハ: :\|: : : :|: : }
        |    {: :{: : / |/ー一'ヘl: : |、\: :|: : : :|: :/
          ‘    ゝ:、:.:{ ___   \j  ̄`}: : : :' /
        '    { ヘ.!\        、   / : : //   そう言えば、私たちの結婚も
            ',   乂 | ' '           \/.: :/ヽ.   似たようなものだった気が……。
           ',   八   r 、      ∠ イ⌒/ !
          ',  ; / 丶. ヽ 二二つ   /-イ, └、  動いたのはアリアハンだけど。
            ヽ | \   |:ト------r< _|∨   |
            /   \| \__./| // ∧    ヽ
             |\    | \   /」イ / /l    \
             |  \/|      / /Y´  |、     /



          _,.. -‐‐'' '' ´ ̄``ー-、_
       ,.-'´             ``ヽ、
      /  ,                \
     /   ./   _  .,  .,/i   ,  ,  、.  ヽ
    /   / .,i,   `メ、/ |  ./!  /', i',    '.,
   /  ,  .i./ l  /' /'__\ ! /.i / ,i, l-‐,   , ',
 /  .i.   '  ',. ./,,-===、ヽ!./ !.//=',l_ .i,  `,,i    ./
´    !     .'/ ´     `.l/  l' '´ ̄'ヽ、!', i', i',!  ./
  _,,  i. /! /  l `   ,、   '        / / ! !リ ./
 ̄/  !/l /   i   / ``ー 、__  `    /,i,/'i// ./
../ _, ´`i'   .i、!.  /       ̄` ‐i  /' .l !l´ /          大丈夫!
'-'´ ,i  , `!  i '、 i        `, ,i   / /'i ,/
  /,/! i,.  l、.  '、        .i,/   /. /,〃     ./     こっちは女1人じゃなくて10人
  '´ .`'´.',  ! ヽ,  ヽ、      /  // /´" /    ./
.       ', !、 ヽ、_ ` - 、_,.-‐'´,. -_´-'i/   /    /  /     人数なら私たちの勝ちだっ!
       ,iヽl. \  ``ー‐‐,'ヽ´    ./'  /    ./  /
   ,.. -‐'´`! `  ヽ,    /  ,,ゝ   ノ / ./    /  /
-' ´     |     ,l   .i.,-'/     ./ /    / ./   ,
       .l     l   / /      ././   ./ ./   /
       .|     | /´ ./      /./   / ./   /'
       !    |/´  i'     .::::/..::::: / /:::.  /
       ',    |   l    ..:::::::::::::::::::  .::::::::.,/
        ヽ   l   l   .:::::::::::::::::::::::::......::::::::/


163 :◆vsQyY1yD2Q
            /_ Y⌒ー、/   ///////',  、 \( ///ハ
            / ',{   〉   ///////  !  !  ',∨////|
.           〈   ` .∠. ///////  |  |  | ∨///|
           >‐ Ο  /´///////  |  |  | |////
             〈_  ハ .Y/////ミ/L_/!_/  / |///
        ─--='`t '| ` ,|// ,.f笊_   x=ミヽ,/l //    ( 母が生きて逃げ延びていれば
       /     / |  /:|¨W弋り     .{り / / |´
.       {⌒i  _/  |. / | 」 :.:.:.:    , ¨:.i   i|      ブロワ家から離れ、外の世界にいる私に
        レ' /   /.| i  乂へ.    .   ノ__i__」八.       会いに来てくれる可能性も考えられる。
          `⌒V 乂__~>`..⌒ヽ < ||
            |  | l|  |  i::::::::::::::::::::\ .||     _    このまま やる夫に付いて行くとしよう )
            | / ||  |  !:::::::::::::::::::::::::ゝ'> _f⌒i! (/ ̄!
            ,./ / / / /:::::::::::::::::::::::::::}}:::::::::::::¨::::~\/〈
            // / / / /:::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::: | ̄/
       / / / / / /::::::::::::::::::::::r⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::/ (二ニ==


164 :◆vsQyY1yD2Q
          __
       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
     ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ,.:'::::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
   ;':::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
  ;゙::::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
  !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
  ';:::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!        .   -‐‐‐- .
   ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ.     ,. ´,    ヽ \ ` 、
    \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<     ./ / / .:′     、  ヽ
     ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、  〃 /  ::!  ::! :  : :: :. :.  ヾマ'ー-rr‐┬rr‐ 、_
       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´     /  .:' :′::|  ::l ::l  l :::! |:. :.   ヾv'// :/:// ,:/ `   、
           ̄ ̄      /ィ,  i: :|| |  ::| ::| ,├┼ト |::. vヘ V/,//.;ノ/       )
                       /'///: ' :|: ::l|,ィ´「  :| ::| ,..L⊥L.」:::l l lヽレ'//´∠,./   /
                   |l{///!:|:l:v'{|l |;⊥=-― '´r'ッj} ´|:i:| | l:キfチfイ⌒7     /
                   ゞ//,'|::|:|l:. k'r'ッj}`     "´ ̄ /;::|i: | l/リ´;ク′'⌒i   ん、
                     // { !:: l ::il:、:\'"´    '      //.:/i! |/':;;;// /  /\_/⌒ヾ,__
                      | l:. l!|l:: l!::.\\`     , -   `ア::jル'{;;シ/ /   /:/ !   ハ ∨ヽ
                      | |:::レぃj廴;,_;:ゝ.          , イl|Yl|l:| }/ヾXヽ _/:/ |  i ヾ,..ノ}-
                     `'〉/;不!:l l|!:|::}:|:|:l:〕lぇs‐- イfうrァ'^{|:| ∨ ヾミ 、`ーx_,rト-ヘノく
                    //1||/;:;ル'‐xi:|:||!fぅl≧znz≦て  (ゞ:, ∨   ヾ7ニ!ニに辷,.ノー'
                     // !|///,':にユ/`´   i少i介‐t‐┘   い! | /   `アア´|{
                    __//  l//// にユ      |:l li:i|      ;こl丿,′ / l| .;ハ
                 トミ ミ<,///に,=、-、      |i| |:i:| ___,.ノ/ノ   /   ,爪:lマム
                    ,|: : :.` <゙ミヽ/´、ヽヽ}=====z|:| |i:iト〜^ァ'Y´ i     . イ|:;! マム
                /:|: : : : : : : :Ylと^JJJ三三三三≧l  /′|   ! irf爪;;. l.:.∨| li:i|
                   i|.:|: : : : : : : :.|`¨|: : : : : : : : : : : : : : :|,イ /  l|  |  |:|::!:;ハ;. :. ヾ, |:i:|
                   ||::|: : : : : : , ┴‐-=ミ,: : : : : : : : : : : :|||   ,':|  l ,ィ'⌒ヽl;;;:.  :. \:!
                ,リ::|: : : : /         ⌒ヽ : : : : : : :トぃヽ/ |  l/    :. Y;;;;:..丶 \
              / ::|: :./   /  _ / }'   ∧ : : : : : :|:::::  ̄`iヽ {   ...  ::: ゝ、;;;;. \ ヽ
             /...: :: :;|;/,r=尖竺彡ー- ミー-、トvヘ;.: : : : :|-r'r‐-ノ:ノ__廴_彡'    ヽ;;;;:.   ヽ
            /..:: :_;;:rf彡イ´ / 7⌒ / y'´\j{ 'vヘ : : : | ヾミ彡イ >ヾヽ=-'      |;;: ;;:.
         ,..:´ .:;;/ ,ノイ゙7   ,癶、/ / `lヾハ{( }ハ,: : :|i .:: :.:.{ じ) ;ハl|;ノ::.. ::: .::.__j;;;; ;;;;:  ::
       /:;  '"´  /.: / {_rイ    `ヾ _j/{ ,ハこヽ', `寸廴;: : :.`´.:: ::jハ:::: ̄`ヽ;; ;; :;;;: ;; :  ::
      .';;/      〈 ,_r‐{i{:.  |      i廴_(j )に i∨ V/{ :: ::: :::::/:| 'v:./   V .;;;;;;i;;;:  ::
     /:;/       らノ/ ,ヾミ:;;l        ir:r=ィヘ⌒)( vヘ,  V \  , イ::::l   〉    /.; .;;; :|;;:
     ;;:{         /廴 ノ /||      i/::Y;ハ ∨)ハ vヘ, l   「 |:; ::| /    /:!;:/.;;/:!:   /
     ;;;.ゝ. ____//  廴_/  ! l       i::下廴'vヘ,⌒)ゝ,ヽ)ノ   ヽl'   l |:.  .:;ハ::|;: V;;:;′ !
     \_____ ,/    廴l丶⊥|     i::/:}:/::)' 〉. ヽう込, })    人 :;| !:::..::::i: |:| ;: ∨   |
         ,/   .;_/ :;`ー, | __    iハ//:/`ー(_j\\)X/   /  Y:l |:::: :::::: |:| 、;: ヽ、{ |
       / _,//' .;; / :;/`''リ__l_  if!'⌒i′/::::廴! ヽ ヽ)!     i|::`ヾ;:::::;:::: |ハ, \ ;:  ヾ
     ィ彡'´ //.:/ ::;;;l∠.,_にネイー-=ミ}′ ヽ/ / |:l廴 V、! ヽ   八   Vl: :: |!:;;\ 丶: _
     i′ / /!' /   ::;;;|;;;;;;;;: //!|_!   ;i′   Y  l ::::::し,j}|  )/ |   廴_」;;;;: |::lヽ::;;;;;;;;
     ト-‐{ {人/   ::;;;;レ- 、{_l !   /'__     〉ノ  /:/:`り  / / )ハ:  .::::ヽ;;;;;;: |::| l}:;;;;;;;
     ト-‐ヘ, \{    ::;;:`ー‐':;;;′/, イ, - 、`ヽ /人,x' .::{:: :: |    /  / |:.  ::: :::. \;:ゝ/::;;;:ノ
     )   ,>-ゝ. __  ____;/‐' / ′   ヽ, }´.: :八::.:l::::{;ハ、/ ー ′/ヽ:: ::::::: ::.  ヾ-=ニ二
      __/_,/..:;;;;;;____;;'一'   ′   ∧!.: /.: ::.:r':ヽ::_;癶、|  ′ \:::::::::::..  ∨;;/:;;
     く,(∠,/.:;;;;;/ .:/ , }:jV'   /    /::::l|:/.:: ::;.: : ̄_r―┘,ハ  !    \:::: ::  l'::;;;;;;;(
     ー=ニ7.:;/;ん、_rく_r(_,ノく/   /    /: :::::l!::::/.: .:_丿    / | |     / /|::::: ::  :|::;;;;;;;{;;
       { ::{;;;{ __       {  /    /⌒廴_メr一'´   / /   | i    '//|:::::   .::|\:;;;;;;
        ゝ:;丶;;;:ノ       ,.>'     / ヽ._  | \ _ /    | :  // |::::  .:: :|!}ヾ;;
            ̄_r―(⌒i<,__     ( }  ヽ.う |  ノ)、____   -=彡イ | |::: .: :: :|/::;;;;;
            ( `ー'^ー'ー'ー `      人)_)ー'   ! 〃`ー┬┬‐┬…''"   i  | !:  :: :: :|::;;;;;;;;;;;


第71話へ     5    第73話へ

この記事へのコメント
好色・変態は褒め言葉!(キリッ
Posted by at 2012年05月29日 00:32
ヴィクトリカちゃん、ロリカワイイ!
Posted by at 2012年05月29日 00:50
これで新たな頭脳戦枠が…しかも(見た目)幼女の
Posted by at 2012年05月29日 04:07
>そして少女一人を手込めにする。
「くやしい!でも感じちゃう!!(ビクンビクン)」まで脳内再生余裕でした(ぉ
Posted by at 2012年05月29日 04:51
流石のモアも、ここまでとんとん話が進むのは予想外かw
優秀なもん同士が集まると、上手く行きすぎるんだよw
Posted by at 2012年05月29日 05:41
もげてしまえ!(定型文)
Posted by at 2012年05月29日 07:19
俺が一番好きなのがヴィクトリカです。
ようするに完全に俺特です。
どうもありがとうございます。
Posted by at 2012年05月29日 12:26
普通にイングリッド夫人とか呼ばれて周囲も
それに全く違和感を感じてない時点でもう
イングリッドも事実婚状態なんだなーと
改めて思った。まだ手を出してないだけの
嫁だけでも一体何人いるんだ
Posted by at 2012年05月29日 19:02
こんな気持ちのいい悪党、カリオストロ以来だ!

……タバサで逃した貧乳枠補給。爆乳は妹だし、巨乳が増えないうちに攻めないと
またタイミング遠くなるぞアイビス。
Posted by at 2012年05月29日 23:56
>まだ手を出してないだけの嫁だけでも一体何人いるんだ
確定
アナ、貧乏姫・神夜他今回の縁談での確定者

時間の問題
イングリッド、アイビス、コーネリア、駿河?、タバサ?

噂有り
さか奈、できない子、まどマギ5人衆、ニュー速でメイド隊

14人の嫁と(現時点で)噂だけの連中含めると既に30人越えか。他にいたっけ?
Posted by at 2012年05月30日 06:36
今回のアイキャッチのヴィクトリカ嬢を見て思わず踏んでくださいと考えた私は悪くない筈
Posted by at 2012年05月30日 11:22
↑2
なんで駿河やさか奈さん、できない子がいるんだ?
Posted by at 2012年06月03日 15:50
さすがはモア女王。状況を利用するのが上手いですね。
しかし、すべてモア女王の手のひらの上というわけでもないようで。
これが吉と出るか凶と出るか。

それにしても、ヴィクトリカの分析力には脱帽です。
時折見せる子供らしさも、実に可愛らしい。
早く母に会えるといいですね。状況が落ち着けば探すことも出来るようになるでしょうし。
Posted by とあるA at 2012年06月10日 22:26
やる夫ならヴィクトリカのかーちゃんも一緒に嫁にする可能性も…
Posted by at 2012年06月18日 03:35
GOSICってイラストのクオリティがハンパねぇんだ
でも富士見ミステリー文庫廃刊で途中からイラスト無しの角川?で完結しているんだ
ルビー文庫での復刻も下のイラスト分までしかないんだ

はよ完結まで出してくれ
Posted by at 2012年07月01日 01:40
刺客のAAによってカリオストロが
余計に思いおこされるw
Posted by at 2012年09月10日 08:00
謎を解くヴィクトリカもすごいんだが、絵図面を書いて遠隔操作してるモアこええ
Posted by at 2013年09月22日 23:49
悪いオジサンから少女をかっさらう…カリオストロじみてるなw
Posted by at 2013年09月29日 14:20
ついでに神学校の収賄校長の首を吊るしてしまおうw
Posted by at 2014年12月16日 09:14
コリブリ=サンおひさーw
Posted by at 2015年08月03日 06:58
>※ 夫人ではありません
なし崩しに嫁入りしてる事になっとるw
本人も否定してないしwww
Posted by at 2016年10月18日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56121461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ