■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 2/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年06月11日

第73話「縁談後始末記」(1)

第72話へ 1    第74話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i"  .,,,/i、l゙′ |         │         /        ○ シャーマン族
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△△△△`゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l,,,,,|! △丿
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ● アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、レイアムランド
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


2 :◆vsQyY1yD2Q
【 女王の部屋 】
________________________________
.           ┌───────┐
────| ̄ ̄|              |──────────────────
        |    |    {二^二}    |
        |    |    ┌─┐    |
        |    |    |ィヌ|    |
        |    |    └─┘    |
        |    | 同罔     岡  |
        |  {工工工工工工工工工}
        |   | /   V   \___∠_|ィ'くフ
        |   |く_/\    /\   |ヌイ
        |   |/ ┌─┴─┴┐ヾ、| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二不二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |   |\ソ| | rメし々 | |一L|        |───┼───|   / ̄` ーァ、
        |__r|_____|_|__}_(o)_{__|_|_____|、_______|二二二土二二二|_,/     / }
───/_______________\                 /     / /
    {三三三三三三三三三三三三三三三}    r ,二二二二二/     / /
                              r─‐、.l___  ,/     / /
                              ト、      .r ,二二二二7 /
                              |  \    | |


       ____
     _,.イ      x===ミ 、
    7 __ヽ j}     \Y
  /./´     `ヾ        ',、
  i  '              ', r===ミ
 j  { ',  ,,::::::::::::..   , z==- Yi;;;;;;∧`ヽ__
./_ | :',   __    !::, -─  !{;;;;;;;;∧  ', 〕iト _
/;;;ミ {__,. チ '´二二 、  !:ir-tj'´フ ヾY;;;;;;ハ  ',     ,\    物産展も終わって
;;>- 、/ __,. -trナ }  ',ト-¬´  }|;;;;;;;;;;;}        ∨ \
ハ ヽ__Y    ̄-=チ   ,:..    /,';;;;;;;;;;′ /.      ∨    ようやく一段落と言ったところだな。
ヽ', 、_  ̄   -、    r   〉:.   .イ{j;;;;;;;;;/  ,'.       }
、 ー- _     ヽー-y ' -=ニヽ |;;;;;;;;/  /      /      貿易の方は進んでるのか?
ヽニ=-::::::::>、   ', { ー=ニニコ Y{ 从;;;,'  ,:'      /
ト:_::::::::x====ミ  Y  ーrt  i { イ ./         /
ト:::_/:::::::::::::::::::\_j ヘ、 j ヽ_j {<           /
.  {::::, -── ミ::::::::ヽ  ̄    l.           /
  Vzニ二ニ=  \:::::ト、  、   「          /
-=/:::::::::::::::::::::::::::ヽ>' _ヾ\ト j     _彡'
rり::::::::::::::::::::::::::::::::|: :>- _-== zzz≦___
7:::::::::::::::::::::::::::::::::リ` <: : : : ≧=─────


3 :◆vsQyY1yD2Q
                                          /  ヽ__/`ヽ   ヽ. ヽ ヽ.
                                         / / ̄ヽ.l,ィー 、 ヽ.  l   l }
                                        ゝ-'´--、yー‐、  l  l  ',   { ヽ
                                       .' {   {ミll〃  〉 } { ヽ  ヽ.  `ヽヽ.
                                       ヽ.ヽ_) `i`{ {{_l  {  ヽ.ヽ  `ヽ  }  、
                                        / { ,--' ヽ_  `ヽ_ヽ ヽヽ  l  /  ノ
       今朝、ゲインが商品をたんまり積んだ船団を率いて.   {{ ヽ{l7_ヽ  ) ,ィ´__`ヽ  }_ /  {  /
       アリアハンに向けて出航した。                 `ヽ ',ヽゞ〉 ゝ,=、.;--、`/ /. }{  ヽ_{.
                                         ,-' ,ィl ´〃 ヽヽ´__. ィ{l  {.ノ `ヽ   )
       あいつなら商人相手にも上手くやるだろうさ。       { `ヽゝ. `r_,、     ヽ _})   } ,ィ´(
                                         `ヽ 》 ,ィヽ  '  .. ,ィ.´ィ ヽ. /{{(   )
                                          ゝiヾ=、::`::l´    ヾ `  }:.\}}`ヽ(
       ギャレンのヤツは、防具の素材を手に入れるために      .,'::::`::〃:::::{  , ´       l  \ }}
       ルザミに向かったみたいだね。                      {、:::::::`::::::,ィ`          ノ:::::::::::::`> 、
                                          }}:::::::::::/       /::::::::::, ´ ..ヘ }
                                          《:::::/      ,..::':::´:::::::::,ィ´.へ´  ',l
                                              〉'      ./::::::::::::::::::::{.ィ´   \ }
      z=-ヾ=ーУヽjlk,;,_ ,                         {     /::::::::::::::::::::::l:::l l   ヽ  ノ、
    rヾミーヨミ=-ヾヘklリKVム..                        l    /:::::::::::::::::::::::::::::`{ {l    \/.
   z彡≧ヲ;゙` `゙ヾ゛ミ;ヘ∨リ〃ソk..                       {  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞl      }
  ∠三ジ`     ゛`ヾ,;;シ´ Y´
  フ`≧゙   !   /        i
 彡±ミz、  / /`ー-、_,-―- l
 ≧三弐kzゞー=-、       ,j,
 i彡z≧彡´゙´,二、`ヽ、  j=≡≦z!
 l≧/ヽk゙   辷tiテゝ .j /≦二〉/
 K;lirソ;:     ゙ ̄ソ´ i |゙k=゙´´:i   ルザミか……重要だが苦労も多い航海だな。
 ヾ水 人    ,  ´ j i `:  /
  ´ソヘ `i ヽ /   ´`ソイ.、` ノ    ギャレンめ、それを罪滅ぼしに選んだか。
  /|i `キ. i/ ≧彡ヘkヾミz,/
=´ア!,  i  ゛ ;彡´Zニニエ.;マ
ー-、ノ ::.ヽ/  ;≧;, ,;ンサヾミネ、
   \_ \彡ソ//kill|||||il!ミヾ;ー-、
      `ー ´'ノ州i|||||||||ikミ;゛   `ー、


4 :◆vsQyY1yD2Q
                                             ,ィ´彡ニミY彡二 、ヽ.ヽ.. ヽ.
                                         _r'彡三ニニ',ミY〃彡ミ }_ !  }、 l
                                        {{彡'.イ/イニヽi!li!r´´} } !l l!ヽ { i! l
                                        ハ Y l l      { {ヾ.ゞ、ヾ〉〉ハ
                                       〃/レ'l´ .} _    , -`ヽ`ーヽ,} l{'
                                       {{人ll´ヽ./__ヽ  .k'´ゞ'`ヽ`ll´ヽヾl
                   二人が出払った分 手薄になるが     ヽYノ// }イ `´ノ .,   `ニ 彡 `il) .} |´}
                   そこは銀時にカバーしてもらおうか。   {ヽヾハ. ミニ´ ‘  _    ,'_.ィ' {´l
                                         ヽゝゞ.ハ     r_;   } ./(,ィ { l{´〉
                   どうやらメロのヤツは              { { { 〉> .,     ...イリ川,イノノ
                   ダーマの修行を交代で終わらせる事を   `ー、ヽ〈 }}ノ|`ー‐ ´ /`ヽ((_ノ{
                   優先してるみたいだからね。            .ヽ∠:::ヽ'    /    />:::.,ィl
                                         l`,<::::::::::::::::::\/     /::::::::::::::::l lヽ
                                        /´l l:::::::::::::::::::::::::/     /::::::::::::::::::::::l l .∧
                                        /  l l::::::::::::::::::::::/     /::::::::::::::::::::::::l l  }
       __,.z-===ニニヾヘヽヽ、                    ,l   ll::::::::::::::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::ll  /ヽ
      _Z_-=ニニニニ=z_ヾ\ヽ Viハ                  lヽ  ll::::::::::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::::ll/// }
     T于-=彡厶斗-z_ニ=z-xヘj/yj7
   zイ/, ィ-=ニニニ>'´      :',
    〉彳个=彡ji'チf         .::',
    〃-=彡'x-<ニヘ   ,.===x'  /ィ   小賢しい あいつの事だ。
   ノz--=ニニ==ヲィ'´ -:、:::'  7::::|
   チ-=ニ彡__彳≠  _,-tッヽ   {:::::i.    職業の加護を得てから追い掛ける方が
   ヾニ=-7  ∨{    `テ´    V::i   効率よく点数を稼げるとでも考えたんだろうさ。
    \=-{.i ィzY'::.          /  V
     `八',:{ t:<ヽ:::::.      `--zK:\                 >=t
     >'ヾ\ 、      〃r-_'´z=イ: ヽ、\          >'´::::::;::<ヘ
   /X/>-────- i {` _,.. k{: : : :ヘ .N           (_ -z≦     V
    {XXX>-77777777>xX>x::'ji {: : : : 7∧iヽ、        .∨        V
  イ////////////////////>、ヽミ: : : :i i////ム       .∨         V-
   ∨//////////////////////>x ヽ.j/ ヽ////>x      ∨      ,イ
   i////////////////////////////´  ィ////////i     ∨   /ヽ
   7//////////////////////////i{__/Vヘxヽ//////j>t  / ∨../:::::.. /
   {///////////////////////////////∧ハ、 ヽ//,'/::::::::::::y' _i{,イ   .=/
    !///////////////////////////////ハ V\ y' ̄ヽ、::7 '´        /


5 :◆vsQyY1yD2Q
                                                l!' /イrニミYrミヽ ヽ!  ,! リ ハ、 ヽ
                                             ハ ,イ,イ三ミ``'!rヨ i 、 ヽ ヽ, l l )  l
                                          レ'ハlll       ´ヽ,`ミ、 l  l lヽリ   l
                                           / .Y'ノ _、__       `i.ハ ヽ .ハ l トl、l、
                                            ヽ人l、.ト、 ヽ    _―_ミヽlヽ、l! ヽ .l l
                         方治、新たに立ち上げた         |l ハ ヽ、・」   ∠--。-、ヽl l i ヽノ/ l
                                             )ハ ,i `-‐ ,!   ミ‐--‐'ノハヽ,l' .川 .r
                         「佐渡島商会」 の方は どうだい?  ( ト、ソ、   ` 、    ̄ ,(,.リ ノヽ'ハ' .l
                                           `ツハリ`,、 ´` ,!  ., イ,イイ./,イハ リノ
                                                `ヽl、ハi`,‐, i'´ .ノ,(、川_リ_//l
                                              `.lリ ( lハl ,ノ''´   _,.......lr'´
                                               `‐ `iノ/ ,ィ_,ィ´_,ィ-=ヽ、


              ,.-'"...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           ,.-' ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::\
         ,.-' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \ \
        / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   \ ヽ
      / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::::::::::;:ゝ /   ヽ.}
     / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,. ヘ`!:::::,、‐'"  /     l
   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' /  ノ |::f   /    l |
   、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ <  L|   `iヽ、   l |
   丶 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、ヽ  ミ    ゙ーtッ-、 ,ゞ
    丶 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/し'         `ヾ, f´   いく夫バークとの貿易に特産品の増産。
      ヽ  :::::::::::::::::::::::::::::::::/  i         / ',
       \ ::::::::::::::::::::::/   /       ,. '     ',   共に順調です。
         `ヽ、::::::::::;、 "   〈       r、       '、
       ,..、..,r- '`ー'"ー-、、、..,,_ ヽ      `ヽ、 ..f´`` ′ ゲイン殿の船団が戻れば
    r'''´ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,``丶、      r┴、.      商会の運営も軌道に乗るでしょう。
   〈 ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,, ヽ、   ノ   }
   ノ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ (  /`ヽ、
 / ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`7   ,ィ ヽ
ゝ- 、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r 、;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、/   `‐,
     ノ                  `ヽ 、、;;;;;;;\  /  !
     〉                       `ーヽく  r }
     〈


6 :◆vsQyY1yD2Q

.        ,x≦三三三三≧x
.       /三7ー=二三三ニ>、
.       ,:仁三/    二二二二∧
      /ニ三三〉 }    二二二  ヘ
.     /ニ三三7 {、___ ヽ 二二/__ 〉
    /三三三{  `寸"。`>〉〉三ィ 。Y
.   /ニγ`ヾ彡     `ー彡′  `ーK ヾ
  /三/⌒ヾハ彡     /    ノ::/jヘ. }    それにしても、やる夫殿が
. /三∧(⌒{_彡彡  , ′  ______,Y
../三三∧、てW´      /、____/ ハ   アルヘンティーナで商売をしないと言うのは驚きでしたな。
ハ三三ニ=ゝ小      /::::::::::::::::::i l//〉
``寸三三三=∧      /::::::::::::::::::: l l//
   ``<三=7 ',    ,':::::::::::::::::::::::l レ′
.      `寸j  \  {:::::::::::::::::::::::{ .′
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;/:.  ∨\ `` ニニニ´;
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;'ヘ、 ∨::::\   `""´ ハ、、
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;ヽ.\.:Y:::::::\___/゙;゙;゙;゙;';';.、、
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙ヘ ` <    j゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;.、、
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;ヘ    ` <∧゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;.、
;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;'ヘ     ヽ∨゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;.、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ____
             /      \
            / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
          |      (__人__)     |    更に拠点増やすとか無茶言うなお。
          \     ` ⌒´    ,/
   r、     r、/          ヘ    やる夫はロマリアに商品を運び込んでもらえればいいから
   ヽヾ 三 |:l1             ヽ
    \>ヽ/ |` }            | |   現地の商売は、現地の人に任せるお。
     ヘ lノ `'ソ             | |
      /´  /             |. |
      \. ィ                |  |
          |                |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


7 :◆vsQyY1yD2Q

                                              ,. ' 二ニミy'ニ二 `ヽ.
                                            /  ´ .ヽ/- ー、`ヽ. \
                                           i´/  ニミy彡ニ、、  \ヾ、 l
                                             /'./ ., ' ,、、y rヨ ヽヽヽ } i!'
                                          { { /  {ミlll|〃{ .l } } .} {l `ヽ
                                           〉 ヽ l l    〉l l l l l ヽ.ヽ }
                                          〃 l/ }/ ノ   i´ { { { ヽ.ゝ ヽノ
                欲がないのか                       {l .'/,' ゝ、  ヽ.ヾ.__`ヽ、 .l llヽ l
                ロマリアだけで十分儲けられるのか。       .ゝl ll{lヽ=`, `"、' __ヽヽ } 〉.ノl }ノl
                                           ゝ { ', ´'__,、 ̄ _/〃〃ノ/{丿
                まぁ、ウチにとっては有り難い話じゃないか。  / lヽ.ヽゝ.'`ー´ .'  //{{ {{ィ{{`ヽ
                                          ヽ_ ゝ } リ:,'ヽ_... イ´{l l }、.`ヽ i} ノ
                                         ,ィ::::´:::::::{ {::::∧  / ヽ〃/::::>-, -、
                                         { l:::::::::::::ゝ}:::::::::./   ノ/::::::::::::::::/ /∧
                                        /',.'::::::::::::::::'::::/    /::::::::::::::::// ',.∧
  ̄`ヽ
`ー- 、>、
 ミ、≧ゞヾ \
三ム`  `   :、
彡'゙        \
    - ―-zイ 彳ミ:.、
   , -―=ミ-彡 j {///,}
  ,イ'´ ̄,.: ー-、' ハ//へ.    代わりにロマリアから職人をよこして
    '゙  >。ハ   \//,ハ   色々とやってるみたいだが
彡   <_,.イソ j   \/リ
イ          イ`イ任;ハ    ありゃ一体何なんだ?
ソ .        '  L彡',.イハ
 ゝ:.....ヽ  u  _.ノj ゞ'´}:ム
  :::::::::::. ハ   i| イ >'゛ マ ム
\  ヾ::::゙   |! } '´,rイ゙`ミ .ハ
  ミ≧=-、    |  ! ノ   :.   {
 //>ー彡ー 、 ヾ       リ


8 :◆vsQyY1yD2Q
               _.........................._
             ,ィ升三三三三三ニヽ、
.            /三三三三三三三三ヘ
           /三!`ヾニ三三三三ニイニヘ
.          /ニ三〉!        !〈三ニヘ
         /ニ三/ l          l Z三ヘ
.        /ニ三/ j          ', Z三ヘ
       /三三l ./:::.:.... ヽ   /....:.:.::} l三三ヘ
        /三/こ:j 艾ヒォ≧メ /≦ャイ艾 イヘ三=ハ    馬車を作っているそうです。
.       {三ヘ( (j     /  .: ヽ    j/))三ニ}
      \ニヘハ.  /   :|::  \  ム,/三才    サマンオサの内乱への介入に備え
.         ヾ゙介ヘ.      l::::.     ハイj才     兵站のルートを確保しておきたいとか。
          `ヾ;ハ     ヽ,l/   /!才
            `ヽ.  -‐=‐=‐- ,イ ′          輸送は我々に依頼したいとの事です。
           ,.,.,.,.,!ヘ.  ` ̄´  / i';.,.,.,.,.,.
          .,.;:';:';:';:';:';! ヘ      / j!:::';:';:';:';:';:':,.
.      ,.,.:';:';:';:';:';:';:';ハ  : :ー‐‐ ′/ l::::';:';:';:';:';:';:,. . .
.  . . : :;';:';:';:';:';:';:';:';:';:i ヘ : : : : : : /  !:::';:';:';:';:';:';:':,: : : : : .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ト 、__  _,. -─r‐- 、.._        ,
              ミヽヽ  ミヽ\ |/∠  ≧ニメ//
               ゝ\\二ミr‐ト 」_|/rく二二二彡イ
                _ ノ二/ // ̄´   ヽ「`辷ニ─<
               //〃   |/      ||  \\ヽ|
                 |彡イ ≧‐_!、_     リ_,. -‐ トミヽ|
                r‐v| く Ld下`  ¬r'fi 卞、  }ヾソ
                |〔ィ{!       ヽ     ̄ ´  ,ハヽ
              \」      |i         /r//  馬車作りは、自分が任されました!
                l      、 l _      /一'
                    l   __...  ____  /
                 |ヽ マ ̄ ̄   ̄ /  /!
                  _」 \ ヽニニニフ / ト、
               /  |   \    _/   | ヽ
              _/   l      ̄ ̄     |  \       5121工房 職人
        _r一'  /    l    }       |    ヽ‐- 、    若宮 康光
 __,...r' ̄::::::::::\  l     l     ヽ    /   |     ヽ /\.  ( 高機動幻想ガンパレードマーチ )
       \::::::::::::::::::ヽ|  _r┬┤      /   |_r─‐r‐':::::::::::::`ー-、_
       \::::::::::::::└<_| ̄\ ̄ヽ  ノ ̄ ̄フ  | /:::::::::::::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :               ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :           : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,/`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": : : : : :     : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :    △l゙
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;:;:;:;:;:;:;△△: : : : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_●| .゙l: : : : : : : : : _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__サマンオサ南の洞窟 ( シャーマン族の集落 )
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´
                 : |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : : :  :: : : : : : ,/′
                    ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : :  :: : : : : : :l゙
                   ゙l:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : :  :: : : : : ,r'"′
                   │:;:;:;:;:;: : : : : :  :: : : : :,,i´
                     :|: : : : : : : : : : : : : : : : .,!
                     l゙: : : : : : : : : : : : : : : ,l゙
                     |:: : : : : : : : : : : : : : ,i´
                   ゙l、: : : : : : : : : : : /
                        ゙l、: : : : : : : : : .,l"
                     │: : : : : : : : : ゙|:
                          │: : : : : :  │
                       ゙i、: : : : : :○ アルヘンティーナ
                          ヽ、: : : : : : !,、
                          ゙li、: : : : : `i、
                          ゙'-;,;,;,,;,;,_│
                                   : ``

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


10 :◆vsQyY1yD2Q

        _、__ _ノ}、_
      ,イ=ミ ーz 、ミrリヾ斗
    ゝ彡       `Y!j |/ハ
   /z==ミ、  ` 、ヽノ リイノハ
   ノ /  ̄ヾミ、\`ヾ,リ彡゙  ヾi|
  イ彡ノ  ミゝ-`゙´ ̄`'      ',
 Z,イ '´三シ         ,;=ミ ,    陸路で兵站ねぇ……狙いはサマンオサ南の洞窟か?
 ヾ彡イ/ j .:;  ,.z=ミ   イ >- {
  ゞ=彡'´ ハ /, - 、ヽ  !,' 彡チ '    昔、スーから攫われてきたシャーマン族の集落があるとか言う。
   \.彡イ;ソ  _彡-、ヘ ハミ=`゙  i__
  / ゞr 、{  ゝ-ゞ´ノ   マ    ,'////`:.、_
  ノ///,:| {ヘ:、      j   ヽ  ,://////////へ
./////,八.ゞへ      、  _/zミ、{//////////////`  、
////////へ ハ    ,,彡' ,._i||{////////////////// `ヽ
//////////ヘー 、  {i|| /r-=zリハ/////////////////////` .
///////////>、 .\}iハ._ノハムミヾり////////////////////////\
//////////////>、ヾミ从从从从//////////////////////////∧


                                                , ,-、、__    __
                                              ,-、{{∠--、ゝ=彡- ヾ
                                            _/ ニニ,ィ三ミヽ二ヾ`ヽミ三 `ヽ
                                            , ´   ィ=-、ミゞヽ. .lハ`ヽ }ヾ、 }
                                           ,ィ-- '/   `ミl l |  ll、_ ゝ- .._ゝ- .
                                        /  /.  l l ,   、l/ /{{ヾ、ゝ _ 二三ィへ l`ヽ
                                          /  l    l `t‐--,}l{ lミ, -、ヾ、ヾ==- ゙ヽ i!
                 そう言えば、妾の中に            ,ィ ―==7 r' ヽ`´-、ヽ.ヾ、ゝ}}ミ、`ー=-'、、
                 蛮族が一人いるって話だったね。   /     | `,っl     l .、_i!/ lヽ} ヽー`ヽ }}
                                     ,′      {  l l        +、ミ三{{ミ{{ _ ノ リ
                 あれがシャーマン族だったかい?  .        ォ= ヽ--‐+    {ノ `ー‐ )) `7
                                    ,′      / `¨, ―-| , ・ ´ ̄`ヽ   ′
                                       {_     / /  , '  ,, '  ̄`ヽ/
                                     ` ・    /   / /〃     ヽ
                                        ` ー- 、 / /:::::〃       '
                                               〉 /:::::::::::{{        ‘
                                           / /::::::::::::::::ヾ__,  /     ,


11 :◆vsQyY1yD2Q
              ,.-'"...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           ,.-' ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::\
         ,.-' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \ \
        / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   \ ヽ
      / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::::::::::;:ゝ /   ヽ.}
     / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,. ヘ`!:::::,、‐'"  /     l
   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' /  ノ |::f   /    l |
   、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ <  L|   `iヽ、   l |
   丶 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、ヽ  ミ    ゙ーtッ-、 ,ゞ
    丶 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/し'         `ヾ, f´   サン夫人の事ですね。
      ヽ  :::::::::::::::::::::::::::::::::/  i         / ',
       \ ::::::::::::::::::::::/   /       ,. '     ',   あの方はシャーマン族の出だと伺っております。
         `ヽ、::::::::::;、 "   〈       r、       '、
       ,..、..,r- '`ー'"ー-、、、..,,_ ヽ      `ヽ、 ..f´`` ′
    r'''´ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,``丶、      r┴、
   〈 ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,, ヽ、   ノ   }
   ノ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ (  /`ヽ、
 / ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`7   ,ィ ヽ
ゝ- 、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r 、;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、/   `‐,
     ノ                  `ヽ 、、;;;;;;;\  /  !
     〉                       `ーヽく  r }
     〈


                    ,、ヾ、キ∨iyi,_
                 ノ=ヾ``ヽi7〃≠ク7≧k
               _ノ ,彳 ̄ ̄``´ ̄ ̄ ̄`ヽ斗
              ≦7   ,;          ヾ辷、
              彡ィ j;;;〃¨` -∨--彡´ ̄ ヘ ijキ
              jイiN〃イ...__ ヽ  ′_,---ニキi=ル
              彡斗'´七=≧ヾ、,i,_ '´匕ニ-、ヽキ三f
               テ仆 ,-rッ-t  ,; ::::r-rッ-,t ヾ乍
              キj!   `‐‐彳 :| !::ヽ`‐‐彳 i孑'
                キ;i        / | !ヽ 丶   jハ′  なるほど、伝手があるって事か。
               j !',: : : : ,:' ノ-、__z-':, ヾ:::::::/ ).j
               Y、:',:::::r' ,=ニニニニヾ ':,::,':::i 7.     悪くない手だ。
                  ヾ、i. ',::: ;::i' ,ィニニマ、',; i : :.j/
               ヾj、 j::: j; ;i .:‐‐‐‐、 j:; i  .从
                    | ヘ: j; l  7; ;; ;ヾ,ノ; ;i :/if'
                j  ヽイ7〃;; ;; ;; ;; ;; ; i |
              ,--ノ  〃! ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;,j .!
         _,-、_, ィ  > 、__  j;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;〃.八==、
    ,-‐ '"   i   ',     ≧----i、ノリヾイ-----≦ >、_
  . イ7        i   .',      |   l|--|l   j   /´    ``ー 、


12 :◆vsQyY1yD2Q
                                       ノ レ , 、 r'  ̄ ヽヽ    ヽ  ヽ i  .|
                                      (  j  r--、 r---、 l l     l 〉  / l  |
                                      ∨ /l ( ! ! ! V ! ! ! / / l ヽ  、 ( /く l  |
                                       〉  ) ̄ ̄ ̄ ̄//! .ljマ ヽ ヽ i .( l ノ
                                       ハ  ./ __   (j  __ ヽ, / l ヽ (
                                       ∨ l ハ __ヽ  .∠__ V /⌒、  ) l
                         それでウチに依頼か。   //て ハ ヒ/   \`='/ ( l/δ / / ヽ
                                       ゝ `j `=´ <     ̄  / ∧   ∧  /
                         方治、輸送隊の選定      l  ハ  i ー‐' ヽ  /l/ )   / /
                         上手くやるんだよ。       .l  l .\      / /// j // (
                                         ∧/ l . `ーr '´     , ( i (  i  ヽ
                                             ヽ ヽノ|   /  ヽ )\  j /
                                              / /  /        \


             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::/ ̄ ̄ ̄""`--´"" ̄ ̄ ̄\:::::::\
            /::::::::::/ /              \ \::::::ヽ
.          /:::::::::/   !      、     ,     ヽ  i:::::::::',
         /:::::::::::|  ノ__   \  /   __ ゝ i::::::::::ヽ
         i:::::::::::::! /¨⌒¨\        /¨⌒¨\ {:::::::::::::',
        ,':::::::::::/     ___ \::::..   .::/__    ヽ::::::::::::i
          /::::::::::::|    / r‐、_ヽ`ヽ  く ∠ r‐、 `ヽ   |::::::::::::',
        ,'::::::::::::::|     `ー┷'´ / /:i   \.`┷┴--'   |::::::::::::::',
.      /::::;-‐-、ゝ   i     / ノ::::l     \::::::::::...   |::::;‐-、:::',
        ,'::::/ `ヽ    !  /  .:::::::  ヽ   \:::::::..   |:/ r 、ヽ:::i   お任せ下さい!!
      /::::| ⌒)) l   l ___   `ヽ:::.. ノ         _  L!/ i !::::',
      ,':::::::ト、 l l    r',.::____________ヽ   ら i |::::::i
     /::::::::::::\`ヽ   ヽTL___________//   ノ / ./:::::::|
     !:::::::::::::::::::\'    ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   / -'/:::::::::::!
     !::::::::::::::::::::::::`-、   ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    人/:::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::::::i   ハ:::;-――--――-、::/    /::::::::::::::::::::::::::::!
     \::::::::::::::::::::::::::::|    Y: : : : : : : : : : : : : Y    ./::::::::::::::::::::::::::::/
      ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ    i :、: : : : : : : : : : : /   /::::::::::::::::::::::::::::/
        \::::::::::::::::::::::ト、  \`ー‐---―/    ィ::::::::::::::::::::::::::::/


13 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i"  .,,,/i、l゙′ |         │         /        ○ シャーマン族
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !●′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△△△△`゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l,,,,,|! △丿
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、レイアムランド
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


14 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア城 謁見の間 】        lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                          ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
             _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
             _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚ー゚*)./o>_l__i_| ノー|l__il__il__i
             __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
             __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
                    /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
                   /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
                  /      ../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
                 |二二二 二 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/



             , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
           /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
          //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
          //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
        .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ    ――― と言う訳で
         li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
         リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l   新国家アルヘンティーナの物産展は
       / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   無事に閉幕したであります。
      /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
    ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/    いや〜、夏美殿の子は元気の良い子でありました!
   : : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
   ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
      ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ


15 :◆vsQyY1yD2Q

            ,,.. -ー- ..,,_
         ,,..-''~____(・・)ヽ
        / /''" >-、、 `~ヾ、 ヽ
      /   l   (. ・ )\,,   `_、l
     /    lヽ  ` ''" /   l"(・)!
   /      /  `ー--‐'"    l ゛ ,l     ロマリア貴族の私兵が
  /       /           `ー''l!    新国家で夜襲を仕掛けただと!?
  l      /  U               キ∧
  ヽ、__,, -ヘ  _,,.. -ー-、     / ヽ   それのどこが無事だと言うんだッ!!
       _,,.ゝ~  V ´⌒ヽゝ、 /   ノ
    ,-''"~/ , /`ゝ、 ヽ _ノ_,,.<___/
   /、 ,.l、 ヽ /ヽ `ァー‐''"ヽ
   l  ̄ ~ヽ \  〉' / l\ ヽ
   ヽ__,,.ゝ、 ヾ  / /  ヽ  l



               _, -二/   ヘ、  /_ュ ヽーニ _\
             / r-「 |  //ミヽ、 //ィハ  \T┐\ヽ
               |  川 |   /rf≧ヽY/∠7ハ  ヽ  l   | l
             j  ' l l   lア^// ̄ ´|「´⌒゙|  |  |   | l
            ハ∨ |   l/  |「    l|   l | |     l l
              ′l  l|   ||   |!    |     lハ    |  |
            l  |  |   rl- 」_      !   ⊥ハ  l  |   l
           l  |  l|   マt _云7ーi h ィァテfヮ代', l 「V | l   申し訳ありません。
          .l |  /|   l` i ̄ l     l ` ̄lハ! l l} }  l l
            l | イt.!   l|  |  l      |     l|| レ   l  まさか物産展中に
         .l| l j个i   l|   !       l  |      l|   |   | l  あのような暴挙に出るとは……。
         |  l l|||  |   l    _ L _    u l|   |     | l
         .l  | l川|  | 、 l       ̄_      /l  l 「7ト、_l
         .ニアl |/イリ|   | ヽ|   一 二 ー-     |  | lV     `
       /  | !/  |   ト、 ト、          / /| |  |
           | l∧  || | `'| 、ヽ      / /  |  l | l
       ヽ.  ||   ヽ |lハ|    \  ー一' /     | ハ 小!  /
         \ ||    l|ハl      >‐v<     | /ハ|ハ/
            |ト、   |^ヽl      jrー=¬ヘ    //′ |/ヽ
            l| \ |   lヽ    ハ{ ̄   }∧   〃 /l   ヽ
            !    ト、   \ / ヽ、  /  \ /' /


16 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    / ⌒ ⌒ ヽ
                                                  /   ∧  ヽ
                                                   ⊂・⊃ ⊂・⊃
                   その件に関しては、ケロロ様と戦士 遠坂を     │▼. .▼│
                   責めても仕方がないでしょう。                 │  ↓  |
                                                  │└─┘│
                   『灰色狼』 の娘など                  ___ |\ _ /| (⌒)
                   我々も把握していなかったのですから。   ./    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
                                             /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
                                            /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
                                            /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′


‐-゙='-‐ ,.ニ--´、  ヽ::ヽ\
三三三/  , -- 、 ヽ i::::::l  ヽ
、,ニニ、! / ,--、 ヽ l!::::::!  ノ
ノ 二二ゝ ヽ、 ´ ノ ノ:::::/, -―- 、    夜襲の件については、アルヘンティーナ女王から
.二二二.ヽ、   ̄ /;::,〃      ヽ   ロマリア王家とは無関係だと認識している旨の国書が届いている。
          ̄ ̄/´ !    ,-、   ',
_,.ィT Tヽ、__ , '´   ,r')   ー'   }  密書じゃなくて国書とは……ククク、中々の食わせ者だぜ。
/`´ヽ二´-<     丿 )、     ノ
   /  ',、 \  /  ,. >--‐'´     当初の予定通りだが、これで国同士の付き合いになったって事だな。
 /__  il \ `´,. '"´
'´i´,っ`! !!  `"´
 ´゙ー ' ノ|


17 :◆vsQyY1yD2Q
                                             /, -ー'―‐- 、   ヽ、
                                           /.'"             ヽ
                                          /´      , --- 、  ☆  .i
                                         ./      /     ヽ/〉    l
                                         i     /        ヾ     !
                                         !     /          i   _   !
                                         l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
              ブロワ家を、この先どう扱うかは問題ですが.  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l
                                           l/!、  o     o    l  l/::  l
              彼等の焦りが見えた事と                    トl ヽ         u  l l:::  l j
                                           l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "
              ニュー速で家の縁談は上手く進んでいる.      ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
              と言う事で良しとしておきましょう。             " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ
                                            /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
              てゆーか、合縁奇縁?                    l   ヽ    「う //  \l!   l
                                            l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
                                           /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
                                           /   λレヽ! / ヽ/    l!   l

             ┌――――――――――――――――――――――──┐
             | 合縁奇縁 ( あいえんきえん )                │
             |  不思議な巡り合わせの縁。                 │
             |  人と人とが互いに気心が合うかどうかはみな      │
             |  因縁という不思議な力によるものであるということ。.  │
             |                                    │
             |  特に男女の間柄について言う。              │
             └――――――――――――――――――――――──┘


18 :◆vsQyY1yD2Q
                             //.:.:.:./  /rヘ、_.:.:.ヽ_  \_.:.:\.:.:ヽ、
                             //.:.:.:/  /:||   ヽ`ー-ミ_- 、_ `ヽ、\.:.:!
                             //.:.:./  /.:.:l|     、\ _>‐辷_ミヾソ¬
                              //.:.:.:.′〃.:/|!     ̄ r _ニ=‐'   `Y/} |
                           !/.:.:.:.:.| 〃.:厶ィ′     ′゚´ _/:|   〈k | |
     それはもう焦っていたでしょう。    ||.:.:.:.:.:l/.:./ _ニヽ ヽ        \;:|   V//
                           |ヽ.:|:|.:i!./-´‐ ゚´     、        ヽ   |fY1-- 、__
     なりふり構わず                   ヾ」⊥{ r一1                   || l |   \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ニュー速で家を夜襲するぐらいに。    \ トヘ\;:;:l     ゙、 _        |しJ、    \
                                 \ こ\ヽ!      - ´ , ー-ィ    |:::| |      \
     『灰色狼』 と、その子を失うのは.        `ー‐ト、    _/`ニ    |    |:::| |ト、  r-、  \, -─- 、
     よっぽど痛いようですね。                 / | ヽ,   \  r‐v‐ミ |   ,1::| |||  V⌒ヽ/    |
                                /  |   ヽ   Y|  、 ヽ  //::| |||  」__/   ノ‐   L
                                       \  .|  〈}  ヽ//:::/_⊥ -‐´  /⌒>イ/ ̄



            >"            `ヾ
          ,イ    . : : : : : : : .    ヾ
          .y    . : : : : : :_:_: : : : : .    ヘ
      ./_____. : : : : : :.(・・): : : : : ._____..ヾ
      / イi \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  iト:.、
     .// i| l   い:、: : : : : : : : : :X,:ャツ   .l |ヘヽ   ……ロマリアで そのような真似は断じて許さん。
    //: : i 廴  `¨´\: : : : : :/`¨´  _ノ i: :ハ i
     i/: : :∧ `ー―一 ': : : : : :` ー‐メチ   /: : : i|  我々は警戒を強めるが、構わんな?
    !: : : : : ヽ   . : : : : : : : : : : : : . X  , ′: : :i|
    弋: : : : : : \   . : : : : : : : .     X: : : : : : リ
     `ー_-_彡' 1-=ニ二三二ニ=-イヽ. ____.ノ
       / y ̄!| |{ yイ/`  ̄¨7:::::入 i| 「≦(_)、
      ./-,:′: :l| |/ /:′ ,.:ヘ´::;イヽ.ヾ |i \__\


19 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   -―--、, ___
                                                /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
                                               //    , -―- 、 ☆ ' 、
                                            .  /    , '´     `</,  |
                                              l     l _,   ,    l  |
                                               |   rァ_´    ヽ、___ |  .|
                                               |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|
                          出来れば、ブロワ家は         | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|
                          刺激し過ぎないで欲しいのですが  |`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |
                                               | | |、    _     //-'  |
                          穏便に済ませられませんか?    レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'
                                              _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
                                              , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、

                                                  【 女王派 】
           【 軍部代表 】
             ___
          ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.        /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
       /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
     /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!     心配するな、俺も内乱を起こしたい訳じゃない。
      /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l    あくまで専守防衛だ。
.    /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.    l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   だが、ブロワの私兵連中は以前から問題を起こしている。
     \:::::::::\     _     /::::::::ノ
      `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/    奴等に関しては見掛け次第 潰させてもらうぞ。
           /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
           i'ヽ-'" ̄`゙Y l
           ゝ-‐<>ニニ_ノ


20 :◆vsQyY1yD2Q

         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ  ,rーヽ!
     l l/          l /ニll!.   ま、妥当なとこだろ。
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト
 l  ヽ  ヽ    `'ー'-l   ̄//!. 追い詰められたブロワが
  l  L.. -ヽ、     _! /'ノ  ニュー速でのシッポを踏みに行くよりかマシだ。
  ヽ_,,..-,./   r-/  }ニ-'"
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /
   //   ヽニノlヽ! /
  l 〈     /l ヽノ


                                                       / ⌒ ⌒ ヽ
                                                      /   ∧  ヽ
                        ニュー速で やる夫が本気になって動いた時.     ⊂・⊃ ⊂・⊃
                                                      │▼  ▼ │
                        どこまでの人間が動くか未知数ですからねぇ……。 │  ↓   │
                                                      │└─┘ │
                                                       \__/


21 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌――――――――――――──┐
| やる夫周辺の人達のコメント  │
└――――――――――――──┘


  NVVVVVVV 人
  \      (#゚Д゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|     センパイの家が襲われた!?
  レ!小§    (__人__)  | イ
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| / |ノ      何があったんだよッ!
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (驚\  ∞   ∞  /_ノ   みんな、ケガしてねーか!?
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \    ギャル夫、助けに行ってもいいけど
     / /  \ \
     |   ・ .. ・   |.  モンスターを目立たせ過ぎると、
     |   ⊂⊃    |   こっちが悪役だから気を付けてよ?
    /\____/ヽ


22 :◆vsQyY1yD2Q

    /\___/ヽ
   /''''''     ''''''::\
.  |(●),   、(●)、.:|  +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, u::|    ドラマか映画みたいな話だけど冗談……じゃないんだよね?
.  |  u `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \   `ニニ´ .u:::/    いや、こう言う時は軽々しく行動しちゃいけない。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     防衛のためなら協力するけど……。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



             ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_        ,、イイ〒、丶: `iヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/〃′゙}: : : ヽ; : :| : : ヽ、  ∨// /
  ∨Y/: /::/: : ∧"'´   ハ: : : !ハ: :| : : : : l   ∨ /
  ∨/:/: :{: : /:|{:i  u ノノi: ;;⊥,__゙リi : : : : |    〈
   \|: :{: : {:八ハ_,   ´ リ   ̄!7: /^|     ヽ
     ∨∧斗'´ ̄ ヽ    '´ ___(: lイ|      ',
     /ヽ:::∧ァfキ=、    ,イつ } 〉{:〉ノ|       ',
    / /从ハ`又;;;_丿     ゞ-‐'  /从/     __ノ   お父さん、私怖いのだ……。
    /l く/: リi入     '        u ハ/    /  |
   / |  `ヽ<>、,,,_ ー‐  r‐──ノ´  __∠二二|
   \>、__二,二ニ‐ f ̄ヽ┴卞ニ、─<____丿
     \___,r'´   r‐┤; {‐、     `ヽ 〈
        /\   '´/~i^ー'\     r' \}
       /   \/ 人   \__/    \


23 :◆vsQyY1yD2Q

          r;r‐r/`!
           〈_L (`ヽ}
         l` ( ``/
         ヽ   l
         ,.-|,. -'´l
        r'‐'´:::::: |
         !::::::::::   |
       |:::::::    |
        |:::::::    |    _     、 _
       .|:::::::    |    \`'''ー- 、\`丶、
       .!:::::::.. .:: |  _,.. -‐''':: :::::::::::::::::::...丶、
       |:::::::: .:::: |-二;;;::::::::...:.......   .:::::: _,. -
        |::::: .::::: .:::} /::::::::,-、::::.._;:-‐ニ;;;::::::..\
      .|::...:::::: .:::〈∠::::::::::/ )//....\l/:::;,,. -;‐  よし! 襲撃犯の所に殴り込もう!
      |:::::::::: .:  l/:::::::::l _ '´    '''"´ミ::::::ト、ヽ
      |:::::::: .:: .:: ト,フ:::/`l    ,. -=_-、´l!'|::;' ヾ!
        |:::::: .: .:: .::::::.ヽ冫  '   〈 ゙、:::: >' ノ l/                 _
        !:::: .: .:..::::::::::::...\      ヽL//          _,,... -一 ''/-ヽ-'゙`、
      l::: . .::::::::::::::::::o/    rー──く,r、‐ァ‐r、-ー''''''' "´     ..::::! -、_,.ヘ_)
      !:..: .::::::::::::::../ヽ`ー‐'゙レ'´: ::::::: l ll  l::::    ............:::::::::::::::r一、_(ノ
     .,': ..::::::::::o,イ´ r 、゙、‐r''´::::::: ::::: l ll  !:::::::::::::::::::::::_,,... --‐一''´
     /. .:::::::::://   l::::!ー、 ゙、:::::::::: :::: l ll l::; --─ ''' ´
   / .:::o:::/ ,'    ` |::::| ヽ::::::::. ::::::|__ll__lノ
  ./.:::::::,ィ´  .,'    !  !`'   ヽ:::::: :::::|'´


        ,.::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
       ,:::::::::::::::::::/:::::,::::, イ:::ト、i:::::::::::::::::::::::::、
        i:::::::::,:::::::/::/i:/ l::/ i:l`,::,::::::::::::::::::::.
       .l::::::::i::::::/夂  l  l/  l ,k'`i:::i:::::::::::::l
      l:::::::::l:::/ー -`ゝ  ヽヒ´-−i:::l::::::::::i::l
      l:::::::::l:/\ _ ,ノ    弋 _ _ノi::l::::::::::ll::l
       .l::::::::l     -− ´ `ヽ     l;:l::::::::::l l:l  落 ち 着 け ッ !!
        l:::::∧ ┌──− -.`二_.  l:::::::::::l l
     ./l:::::l∧ |\/\/\/|  l:::::::::/
  l ̄ ̄ヽ l:::l  丶ー──−- =vイl:::::::/、
  l   l 丶l::l\ i > - −、<  .l:::::/ ゝ、
  l   l  リ、 \i-−´ !、 /     l::://  /
  l     l   \ \''|┌-/   /l:/   /


24 :◆vsQyY1yD2Q

        _
    rヘ   ノ ヽ
    }  L._」  |  r-、
   ヽ \} | /  }                  /|r‐─- 、__
    \ 〈   ト、|  /     _            /〈 \     〈
       ヽ YY^v|  |   / )             _ノ _」}ト _≧ー‐ァ ヽ
       マVL八 ヽ / /          マ rァノ' '一´  く   !  ヘ、      そうだ、こう言う時は
       ヽト、\`ーく__,イ              レ‐(_,、_; ̄ ̄フ>ヽ厶'    \
        ! \\   ヽ             ]  V-,l  く     {      \   まず完全武装で
           |   \\  }                ハ   ̄  L __ ゝ     ___ゝ. 正体を隠すべきだろ。
         ト、   ヽ i /            _,. -^ヽ __ イ  く[_, -r≦ア ̄
            l ヽ   /∧ヘ         _ ,. - '     |二二!_/:::::::::::/       常識的に考えて。
         |\\//   ヾr──<´           jニニ/ /::::::::::::∠ゝ--─‐
            |  Y´     i「`ヽ::::::::::`ヽ、_    _/ニア/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           __」   l!     l|:::::::::::::::::::::::::::: ̄`Y7::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::`ー─ '::::
       /::::::|  ||      }\::::::::\::::::::::r_j::レ::::::::::::::::::::::∠>-、__::::ノ⌒
      /:::::::::;イ   {{     /:::::::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::,ハく:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::/|  jj    ハ::::::::::::`ー一ト、:::::::::::::::::彡イ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::/  / _〃     ト、\:::::::::::::::::/⌒T7´ ̄\::|::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::/   \|「     }   ノ>ーァ'{   」{_   }::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          /: : : /: : : : : : : : : :/: : ,ィ: ::/!:.:l V: lV: : l: : : :':,: ヽ
       /: : : /:.Λ: : : :/ヽ:./:.//:.:/ .}: l V:' V: :.l,: :.ハ::',: ::',
       ,': :l: :,:': :{ }: : /:ィ/X、//  ':./  l:.l V:イ',: : :l: l: : :',
      ,: : :l::/: : :`´:.:У´  ̄ `,ィ< ‐-/, '  -リ'´ l:.:l l: : :l: l: : :.l
      l: :レ': /: : , イ    ,ィ;:, Y    イ ´ ̄ `}/、.!:::/!:,': : ::l
      l,:.':〃: :,ィ: :.l l    ゝ' .′   l  r:,  ' Y:/:,'/: : ::,'
     /;,イ/二.l: :' ヽ、   , '       l  `'   /: :/: : : ::,'
    /,ィ: :l:.{ /  }.l:.',    ̄    ,、    ` 、 __ ,イ: : : : : : /
   〃  j: ,':ハ     !: :,        / :` -:,         l; l: : : : /  やらない夫が冷静に暴走してる……!?
     ,': ,: : : ゝ.- .l: :.l      l::::::::::::,′       ノVl: : l/
      /: /: : : : : :/:.l: ::l:.、      l::::::::::,     /:l::',ヾ:. {
.     /: /: : : : : :/: : l: :l: : l`   - l:::::::/   , ..<: l :l: ハ
    /: /: : : : : :/: : :.:l: :l: -}     ゝ ' ̄: :´: : : : : l: l: : ',
.   /: /: : : : :: : > ´ l: .! ノ      l ̄`<: : : :: :l: l: : ハ
  /: /: : :.> '´    l:.,i \      ト-l  `<: :l: l: : : :',
 ,': : :,/ヾ       l:,:!   \      l       l: l: : : :.l
 l: :/⌒ヽ \     l:.'     \, -― - l       l:.l `ヽ:.:!
 l:/、    \ヾ    リ         \-==,!     l:.'   Y
 l,' ` 、   ヽ丶            \  l     ,リ   l


25 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,. ::': :´:`: : .、
                _ . . ィ: : : _: : : : : : : :`: :-.、
              /´: : : : : : 〃: : \: : : : : : : : : :\
                /: : : : : : v/=、: : : : :`ヾ: : : : : : : : : :ヽ
             /: : : :r=、: /ヽ: :ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : :i
              /: : : /: : : : : : : ヽ: :ト:、: : :ヽ: : : : : : : : : : |
             {: : : : i: : : : : i: : l: : : : l::\: : ヾ: : : 、: : : : :',
             i: ノ: : l: : : : :ハ:::::|: : : : ト、: : : : : ';: : :.'; :i: : : ヽ
             レ: : :/: :i: : i .l::::|: : : : : ハ: : : : : :';: : : :ll: : i: : :ゝ
          彳: : i: : :ll: : l .|: :ト、: : : : :|ヾ: : : : :.'; : : i: : :l: :r'´
           |: /l: : ::|: ::| ̄ヾ: ハ: : : : | ̄ヾ: : :';:';: : ト、:人リ      事を大きくし過ぎないよう
          r'´|: i |: : ::|: ィ=t-ァ';:i \: :;ナ=-tj-ァ: : ';: :| }:ハ:i.      止めた方が良いような気もしますが。
           /  |:∧l: : :从i┴''´ ヽ  .\:ヾ''┴ヘ: : : :::|ノl i  ̄ヽ
      , -''´   リ lイ: : :i::l     .i  \   ト、: : ハ::/ノ i  \ _  状況が状況だけに止めにくいですね……。
     人       i:ト、: :ミゝ      .|    `   .|ハ/ `/  l   / \
   /´  \      ヾ: ::ハ     `      /i    /  イi  /    \
  /  、    ヽ     ilヽi >、   - -   / .|  i /  /li ノ    / ヽ
 i   ヽ    ヽ\   ミ、 >  ヽ>、 `  < /  ,ハ/ ./  / /     ./   i
 |    ヽ   ヽ }、   Yil `ー、ハヽ  ̄  //   〃/  /〃     /     }
 |     \   ', ト、  i l  , - 、  ̄ ̄´   イ//  /´ /   /     /



              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ゞ, rr〜〜〜ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               .フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
             l∠ニニニゝ ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  } Tj ̄    ヽ::::::::::,.--.、::::::::::::::::::l   ブロワ卿のヤり方は
              /    ̄     |::::::://⌒l.l::::::::::::::::::,'    お世辞にも いい男のものとは言えないからな。
                (          |::::::| ) .//::::::::::::::::/
.               ー          },,,/. し' /::::::::::::::::/     やる夫も今後の事を考えれば
                〉-.、       /ヽ-'l::::::::::::::::::l
              )        /   ヽ、::::::::::|.      ここで引き下がって
              丶   _,,..-''" /     ヾヾヾヾ     舐められる訳にはいかんだろうさ。
               ` ̄l   /_,,.-''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 >‐''"´  ____    |
                  __∠_,,..-''"´        ̄''―-ヽ
              _,,-''"   ヽ               ――‐-⊥、
         /       '.,                    ヽ \
           /            ',                    |  ヽ


26 :◆vsQyY1yD2Q

                  -―‐ -
                . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . ┛┗
         / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : ┓┏ヽ
        ./ . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
       / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
       .′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
       i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
        //: i : :斗七爪: : :.ハ!   _}ハ:.:.|:._:. :.:. : .ハ
      ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ〃 ̄ ̄从r ヽ:.:. : i ∧    いやいや、驚いたよ。
      ハ N∧:ヾムィ⌒ }'         ハ! ) } .:i: |/ト\
         |小 ハ小              |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ やらない子の所に夜襲を仕掛けるとはね。
          ハヘ:ハ       ,   / イ7:.i:.∧ハ{ }'
           i: ∧ i ヽ ィヽ `    .イ . :|:l:イ/ }
           |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'            ……ちょっと現役復帰してきてもいいかな?
           {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
              {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
           「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
          |: : : : : : ;: : :` ̄ ̄ ´ /: : : : : :/



 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::W
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::|
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|  家に帰ってくるまで我慢したのは褒めてやるが
                   ,′:/ /リ `
                    ハ ,:::::/ /      許可は出さんからな。
                 ∪/:::/  ′
.   |              /V/
   l|                厂7
.   !             /∧|
               /:/


27 :◆vsQyY1yD2Q

                                            __,.-:‐:─:─::─::─-:-.、_
                                        _,..-:‐:'": : : : : : :_:_:__:_:_:: : : : :`ヽ、
                                      /:: : : ;ィ==ニニ二、.______`ヽ:: :.:ヽ: :\
                                    /:/: : ;/": : : : :;イ: : : : :\: : :\::`::ヘ:: : : :}:: : :ハ
                                  r-‐'/; : : :|: : ::|: :::/ |: : ::i:: : ::ハ:: : : :ヘ: : :|: : : :|-‐'" ̄|
                                /  j: : : : :|: : ::|: ::| ∨: ::|:: : : :|:: : : : :ハ: ::|: : : |     |
                                └-‐,{: : : : :|: : /|: ::ト、 ∨:.:ト、: : :|\:;/::|: :|: : : |  、‐-┤
                                  / l: : : : :|:::/ ヽ:|、\ ヽ::| \:|/_ヽ:.:|: :|: : : |  \::|
                                 〈__{: : : : :|::|  ,ィチ心、 ヽ ` i,/,ィチ:心、:|、|: : : :|\,/:::|
                       何? 何?         |::ヽ、: : :{:|,イ {::;人_::|`      '{::;人_::} ) }: : : :|: : :i:: :.:|
                                   |: ::|::ヽ: :.:{` V:Y´;;j      V::Y´;ノ,' |: : : :|: : :|:: :i:|
                       面白そうな話じゃない!  |:i:.:|:: :ヽ_:ゝ " ̄     ′  _,  ̄"   j: : : :j:. : :|:: :|:|
                                  |:|、:ヽ、:.:.:::j       ー--‐'"   }     /: : ::/:: : :j: :.:|:l
                       私も混ぜなさいよっ!   .|:| ∨:.:\::ヽ、    ∨      j    /: : ::/: : ::/: :/|/
                                  |j  \::;/\:::`:ー::-::_ヽ___,,ノ_,.-‐/: ::/: ; ::/|::/
                                  ´   ´   ヽ::{-‐'´ ̄,ィj    {ア ,/;/j:;/|:/_,|/
                                        /、\    {'´ ̄~ヽ/ '" / / /"~`ヽ、
                                         /  \\  |r'ニニミ,/  ,///      }


     ..-"                  \
    V                      \
    /                        ヽ
    /                         \
   V             ,,   ,,   , . } }     V
  ノ            .//  //  /|  | }    ヽ V
∠-1           /  { ./ |  .ノ |  1 |    1 V
  .{         /| ./ー-|/、  | /  | ./| .}     1 |
  |        % .|/   .'  ヽ、|/  .|. / .}1 .}|    .|
  }        .|  '  ,,,,,,,,,,,,,, ;,, ヽ、,  }/  ' | ./|  } |、 .}
  .|.1 /^ヽ   .|    (  心 Y"    ' /"|/./  /ヘ|.}.{
   ' | .|  ヘ.  .ヘ|   へ----"    , .|""丶'./  / .{ V
   k | | ヘ .} ヽ |          | -"././  /| /    や め ろ ッ !
    ヽ ヽ、ヽ |  |,,j          {    {1 /. |/
     k , ヽ 」             /   .} |/  '     どこまで騒ぎを大きくする気だ!!
     v}  | }            "   .{ .'
      .}.1|  .        /^'---....,  . /
       ! 1  ヽ    / ̄ ̄ ̄^"/   /
           ヽ、 , |"'-----、,,,.{ ./
            ヽ、’ ̄ ̄ ̄ー '/
              ヽ、   ̄ /
               ヾーー'


28 :◆vsQyY1yD2Q

                            __, -r¬iTl丁}Ti7乃ァ-、_
                     _..rく¨^  l ‖l| | j リ/〃 // ケ7ァx;_
                  ,x< \ヽ ヽ l  l | 〃   /  / /r勿>、
                    广ヽミ ヽ. ヽ  Y ‖l l リ l 〃,′ / // '^ス
                 〔ミ ミヽ  `   、 v! l| | |ハ l //  / / /'"´ }
                     ヽ` ミミ 、\rゞ=Aルイ'づ'く/巛/ //'´  _丿
                    \  `ミ ヾf!        ハ V/ .'/  //
                      ` ミ弌ミ}、___) (__∠ _い{// //      俺の出番か?
                       ゙d!(◎)トi个(◎ )` =ミvn__
                           { }∵ /;}_ト、 \   ∴ } n{,ハヽ`丶___   Hollywood的に考えて。
                      rァ勹ハ゛v{{,、_r、>   〃   r' ハョ ぃ  //´\
            ___/⌒ヽ /!| { !iョ  _jJ.,__     iーク ヒ! ぃ |.}   .>‐-== _
      , -‐=ニ._______〕ヽ ハ || {{ タ! ゝ- _‐- `ノ^ヽ|  }ョ_,」l l !7y′ツ W  `ヽ `ヽ
       }y            〉}' } ‖ 伐ト、  ´.....`     / ノ タ j」._j_j_,ハ'ノ        }
      /_ ....>‐…¬==‐v' }|__,' i‖  ll }ュ\__⌒ヽ. ィノ /j/ル'   }`Y (      U
     ノ `_           i l’  |‖   llー}廴_ヽ -r '/__,ノ r'ノ⌒ヽ` V八          ハ
     Vシ´   --―‐…ァv'   |ノ 、=1‖   ヾ ^ョ_  ヽ Y´   r'´ノ¨ヽ 、 、ノハ{∨"'    /
      h __        ハ  ソ  V ‖   ヾ ^ョ_ j {  r'´ ,  ヽ‐- } {、ぃ }   X   〈   /
     |    i、   y'  Y    ト l|      `ニ辷ー___,ゴ >{ ,    `     ソ yヘ>ク ( _/
     l   ー-子瓜     }    トヽ!}         `^ァ=xタ^ー‐爻‐ノ    い   V/´/(   `'く
      ヽ   / {__`>く    ノ` 〈         /‘~’i}ヨ    V   `ヽン)ヽY\ )〈
        ヽ    ′     ヽ /     {       |   f'^i     ヽ     r   i   ヽ
        ヽ          /〈     }         l___,l |      `Y   -、    \
         ∧         /Xハ               `¨¨"         |  ヽ ヽ       `辷'ニ
          { 〉-   -‐' ,ハ                           h  ヽ ヽ       、`ヽ



       __Ω___
    / |;;;;;;;;;;;;;;;;|\
    |___|;;;;;;;;;;;;;;;;;|___|___
   /( ◎) ( ◎)\
  /::⌒Y__人__Y⌒:: \  どうせなら襲撃現場に駆け付けたかったぜ。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /


29 :◆vsQyY1yD2Q


    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ
   シ " ‐=・=‐ ‐=・= ミ   やる夫……にゃにやってるにゃ。
  メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ
 彡  U        ;ミ   そっちが どうにかにゃっちゃうと
   ヾ         ン    ノアニール支援が滞るのに。
   /     ""  |


  くこ、  マコ   マコ    r┐ r┐   , -、
   \`ー┘ \_斗 }-―- 「 L__「 L_/>'’
       ̄ ̄¨7ー一'’    `ヽ-‐一 '´
          ′
          {frぅ} /⌒  @⌒ヽ}
        ぃK   (―  i(― (\_     穏便に済めばいいんだけど
        }} .u     ┘  {く(て}
        {_し、    ^こ´ ノ_厂 }   ブロワ卿って よくない噂も聞くからね〜……。
          ,ヘヽ ≧===≦ }i} ノ
       /  人,_   ,以ノr┴
       \  >、-‐彡彳l| }


::::::::::::::::::::::: ,、::...         _
::::::::::::::::::::::/ l::..         ヽヽ
:::::::::::::::::: ,′|:::..         ヽ ヽ
::::::::::::::::::::l  l:::....         l ヘ
::::::::::::::::::::|  l::::...         l. lヽ+
::::::::::::::::::::| ヘ:::::..            l  | |
::::::::::::::::::::ヘ  ヽ:::::::       /  j| |
::::::::::::::::::::::ヽ  \:::, -┬┬、/.  / | |
::::::::::::::::::::::::::\   7   ヽ ヽ_∨ | |
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l   .  二 --`ゝ | |
::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ' _.. '-'o '  :: o'::ヽ| |   それなら みんなで討ち入りしよっか?
::::::::::::::::::::::::::::::::j−'´ |:::: =   _人  ~::l |〉...
:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄l::::::    "  ::::ノ| |::::.....
:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄~|:::::::..    _..::::ィ/二7::::::....
::::::::::::::::::::::::::ゝ──'>ー<二○'´i:::::盲:::::::::.....


      ,-─‐‐-、
   ,-‐_|___CD___|-‐-、
   ((⌒l ´・▲・` l⌒) )  いいね〜♪
   ヽニ'ゝ__∀__ 人ニノ
      ( ∩  ∩
      \ノ  \
        ヽ   ) ))
      (( く くく く
        (__ノ(_丿


30 :◆vsQyY1yD2Q
                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/ 冷静に考えても、無関係じゃないし参加に一票。
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/      滞在中はコーネリアの屋敷に逗留するって話もあったから
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\.     本気で他人事じゃない。
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ


                  _,..  - 、、..,_
              , ィ:"´: ,:. -‐- 、、:,_``ヽ、
           ./: :.,.r'´_,,...-‐- 、、..,`ヽ,-'> 、
        /: : /'"´: : : : :./ヽ: :,r、:.``Y  .,ィ´.>、
       /: :/,: : : :.,': : :.:/‐‐- `'‐-.l : :、', '´ .,.-',
       /: :/.:.i: : :l: :{ : : _lr'  \   l : :l :`、 .'‐'" i
       .i : /: : l : : l! :',、´:l.      ``,': :/i.:.:.:.>、_  ノ、
      l: :.l: : :l'、: : ',ヽ_,`、!     ,.-.、' l :<   .l.i i∨
        l: : '; : :ヘ.`.,ィ'´  〉i   .i{ ._,)_`、lノ `ト、l.l :l ',
        l.: : :`、 : `.i し ´⊂l   l.`´ `ー'.l∠ ' L__l: l-‐'
        l: :.i'i'`ヽ`( )==-'   .ゝ-‐-( ) .l'´`i.i',:l   私たちも、ネリーさんの屋敷に泊まってたら
        l:/ 、`ーl                 i  ノ: :i
     ./: : : :` {      ___      ノ ': : : :.i   あの人達に襲われてたよね。
     /: : : : :./ ` 、r "´ ___ ``ヽ, ': : ';: : : :.:i
    ./.: : : :./.: : : : : :.` ´‐  _  ‐ ̄:.: : : : : :';: : : :.i
    .l.: : : :/: :/、 ` >'..>、- ‐ -,、-'.、‐''",`ヽ : : i: : : i
    `、: :i {:/  `、./ ' , '´ヽ,-<ヽ` . l . /  .', :/}: :ノ
      ヽ! i    .',`、   '.,、i` `  ノ /    .i '´


31 :◆vsQyY1yD2Q
       |:::::::::::::::/       \::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      │:::::::/            |:::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヽ/              |::::::::::::::::::::::::::/
                         |:::::::::::::::::―----、
. i--、                   /::::::::::/iレ''''"⌒ ヽ ̄ ̄ ̄ヽ
 ヽ .\                 /::::::::::/ /|  ーー─l__   \__
:', ',.\.\           ___   |::::::::::/   !',      |  _____|   ヽ
:::', l,  \\ ,,──-‐'"__ヽ  ヽ:::::/  \ ヽ    /         l   .|   よ し 、 つ ぶ す ぞ 。
l^ヽヽ `-'/l | i r‐─`ー' /   __ノ    ゝミ ̄ ̄\ヽ____ノ.    |
l r'.!  ̄ ̄. i  ` ̄ ̄ ̄´    /  /i     ヽ ̄ ̄ ̄フ /         /ヽ
:ー、!.    ノ              |  .ー─--、    ゙''ー-_/ /         / |
ゝ、_!  <            /|      ゝ    ヽ    /         /. /
:::::::>.  ー─-     /  .|.    /  .''''''ー,,,,__)  /ヽ     /  /
 ̄ /ヽ、 =    ./  /ヽ  /          ヽ〈      /   /
. ,/ /|ヽ  _-.''"/  /  |\.l          | ヽ__ノ\ /
/ ./  !   ̄   /  /    .l  `ゝ--__,,,,,,.  ノ      ̄ ̄´



  |    |   :|   |  | |::|:|
  |_,,..+-―┴‐┴-+、,j::|:|
'"´            `::ヽ
              .:::::::|
-ァァテァ‐rチ''''''''''""`ヾミ-、,ノ
// / ,/、ツ      .:ヾ__ゝ!
,jツ /,∠≧、_    _,ノエ,ヽl
シ,ノ ,癶 ◎`ヾ゙  、f!f◎,ハ,iリ
ノ /  `゙゙´''"  l l:゙`~´:;jソ
/         l !:::::::::/   止めませんので、存分にどうぞ。
           l::::::::/
ト、        ,_ 」:::::/
. ヽ、    r、_,,ヾ,ィ:/
 ゙::ヽ、     、,,`゙´/
、、:  `ヽ、 . . .::::~´/
:::::`:ヽ;、、:Y>-‐ '′
:::::::::::::::::`ヾ′


32 :◆vsQyY1yD2Q

            ‐-     _ _ 
         /┛┗ ヽ<´     ` <、ヽ 
        , ´  ┓┏    /       `ヽ
          i    //           ヾ  \
          i.    /     |!  l|  ,       !  、  l}
          i   ,'   〃 ハ リ   ト、   ! i  リ l |
          ト  {   ハ_ニ=ーハ リ /リl} / l}  i }
          i   l   l|{了:.うミ 丶j/ v=_≠リ/ /l }
          i   人 从 弋_ノ      {lど¨オ八 (  //l   てゆーか、女なめてるんじゃない?
          i     ソ⊂'       '  じノ从//ij/
          i    f´ヽミ 、   r:⌒ヽ   ⊂ ル リッ     やる夫も けっこーアレだけどさぁ
          l}   l   }⌒ヽ、 、_ ノ , ィ´  .:::ヾ l|ヽ     ブロワってヤツはサイッテーじゃん!
       У  l   }   `Xゝ、 └ 、 | _ ..:::::l} l| /ヽ
        /   l! 〈__ γ^ヽ彡≧7. ̄l}//`ヽ レ ソl`ヽ.  そんなヤツ、ブッ飛ばした方がいいって!
 .   /     /  、. "7 / {三ミ/   ヾ:l  ∨/ /ヽ
    /   , =´〉 、 \  {l {三ミ x __ x厂`ヽ ∨彡/
    ヾ__x≦、 〈ヾ \ ) /  ソ        ‘, ヾ
       ソ /ゞ 二ニノ ノ        ≠    l}  ‘,
        / {    /¨          ノ  __   ノ    .、
         ヾ ー ´  ヾ`ー -- =´ ソ   ¨ゞ. /  /


      ハ,,ハ
     (;゚ω゚ )  お断り……しません。
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J


33 :◆vsQyY1yD2Q

      ,..-──- 、
      /. : : : : : : : : : : :\
    /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
   {:: : : : :i -'  ゙ー i: : : : :}
   {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}  ロマリアで騒ぎは起こしたくねぇが
   .{ : : : :|.u  ,.、   |:: : : :;!
    ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ   やる夫のとこに何かあったら
     .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′   今後の旅に関わってくるからなぁ。
     __ィrlニ` ー一'´二 |二=、
   〃ヽ、_=--,-|_ :::::::: !:::|  ! ヽヽ
   / |::| .|::,i":::::::``)l/| | .|:::::: !|
   ヽ_|__L,-| lア丁 ̄了`ー=ニ' |'/



     ┛┗              ` 、
  i;::: ┓┏          /^、   i 、ヽ
 .|;:::::   |::.   /   _/_  ヽ  |  .|
 1;::::.   |:    |  ´ /   `` ト、 |: . |
 .l.i;::::   |:.   |   /、‐-r'_ Y.|::i| i |
  .!;:::   |i   |   /  ヾ'  '、./レノ
   |;::   ||:   `、 {.⊂⊃    `,     そもそも奥さんと娘 閉じ込めてたってなに?
    |;::i::1 |!|:   |`丶.    , '
    .|/|'`|::ト、|:    i     ,´ 、      DVだお、ドメスティックバイオレンスだお。
    ノ  '  ハノレ'ゝ` ー- ‐'   ゝ 、
-─ヽ、 \     トー.、-..、   (   ).  なんでそいつ逮捕されてないワケ?
::::::::::: ヽ  ` ‐― 、<  ヽ::::: 、    - ´
\::::::::::: \  /^Y`丶へ_::._ハ_       貴族的にはオッケーなの?
\ヽ:::::::::::  ゝ´:...\__ ノノ.´    ` 、
  ヽ〉:::::. , -‐  ‐-:::::;,.       ` 、
  ノノ:::. /´        ヽ,        .
 /.;;::/;:´              ;::...     .::;}
´:`:、;;;:::::::             ;::::::::::::::::::::::.ノ
、::::::::::::::::::..         .:::;:::::::::::::::::::,.'
 、:::::::::、:::::::::::.......   ....:::::..ノ:、::::_彡´
 .ヽ;:::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::イ`:::::::(


34 :◆vsQyY1yD2Q

           /⌒ 、
     , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
     ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
   /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
   /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l   もちろん問題にはなりますが、逮捕まではなかなか……。
   l:|Fl|く_・ ,. 、・__ノ |lュl:l
   l::ヒl.u   i_ _j   |ソ:!   そんな夫から逃げ出して
   |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|   母と子で修道院に駆け込んでくる方は結構いらっしゃいましたね。
   |:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|
  ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l   私が教会に居た頃の友人にも何人かいました。
  /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」
 └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、
 r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、



                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉           _____          ゝ 〈
 ト ノ         /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ        i  l
 i  {          |.::::::::γ ⌒Y⌒ヽ:.|           |   l
 i  i..         |:::::::/  \   / |         .i   }
 |   i         |:::::::〉 ( ●) (●)|        {、  λ  美女と知り合うチャンスがこんなところに!
 ト−┤.      (@  :::⌒(__人__)⌒)      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_      |      |r┬-|  |  ,. ,. '´ハ    ,!   やる夫君、僕も力を貸しますよ!!
. ヽ、    `` 、,_ _\     `ー'´ /  "" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ     /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /    ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/      r'"



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \     貴族を相手取るか……。
   l:三三三| {こ|ミ|..u  __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ   だが、アッサラームの商売を考えると
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ    捨て置く訳にもいかんな。
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


35 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       / ⌒ ⌒ ヽ
                                                      /   ∧  ヽ
                     ダディクール等、文化面で活躍する一部の者が有名ですが.  ⊂・⊃ ⊂・⊃
                     一線で活躍する勇者は、やはり武闘派が多いんですよね。   │▼  ▼ │
                                                      │  ↓  u.|
                     しかも、その多くが ニュー速で やる夫の支援を受けている。 │└─┘ │
                                                       \__/



           _,, ー'''"゛ .`゙'''ー..、
       /          \
       /     (.∞.) .     \
     /         .!-!        .l,
    ノ!]゙'二,゙'''''''''''''''''''''¨''^^t,'''''',''/广l│
   / .!.! .{. `''ーi,,,     .,,,ノ'"  / .|.!.l
   ! l. \゙'一''゛ 丿   .'冫゙''―''゙,/.l .l
   l  !.  `'''''''゙″     .`''ーt″  ! .!.  ……呼ばれてないのに来るヤツもいそうだな。
  l   l u                t. ./   .!
  l    ヽ     _......,,,      .t/   |  随分と多そうだが大丈夫なのか?
  ミ.    ゙''y-‐''"`'―'''''~''―;;r"    /
    `''¬ー'"  ゙フ'ッ----ッ―''!ヾ`ー..... /
         / /.. /\/ ヽ\゙
          / ./../.\/   ヽ\
       / .//  /      ヽヾ


36 :◆vsQyY1yD2Q

                        ┌‐┐ ┌‐-、
             / ̄~|  | ̄ ̄|     |  |  /
                /     |          /
   __   , -、_,,.
  l  |  /            . -‐ … ‐-
  !  |           . ´             `
     l            /              \_
             ,               , <7/,>_
                /                 ,////>´ 丶
           ,z'_._:_:◎:_:_:_._____///,'7
            ,'/l, -_-、:_:_:_:_:_:/  ̄  ̄ \l///,l       ',
         /|/l' /_ ヽヽ:_:_:_/ /  ̄ ̄ ヽ ∨/,'l.      }
          { |/l l { ,l i .i:_:_:_{ {  { ̄}  i  i//∧:. . . . .: :/  ギロロ卿がブロワを抑えてりゃいいんだよ。
          '、!/l t_./ .l:_:_:_:ヘ 丶 '、  / ∧///>、:_:_:/
          t,'l、__ /. :_:_:_:_: ._    ̄_/   <Z//>'       他にも やる事は山ほどあるんだ。
             ヘ 丶: : :-:-: : : ; ' ̄        7
              \    _           , <.         俺達は、そっちに取り掛かるとしようぜ。
                   `<++++> へ. -‐7 ,  \
                   ̄   {   \i ∧   \
                         i\    / 、\    ヽ
                         | i i\_/‐i } }     i
                         | | \ {_,/ /  !     !



         , ,.....,, _
     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、   では、我輩は
   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、
      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )  建設中だと言う図書館を
        `ヽ,ミ''| .|.≧、イ,__/  見物しに行ってくるであります!
        /,'__ゝ<:.\
       { ',〉,.、〈ノ}、\_,、
       ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
          ||/
        i | |
        UU


37 :◆vsQyY1yD2Q

               , -ーー- 、
              /   :::::::::::::::..ヽ
             /      ::::::_;;: -┴、
            r---――‐''''"~::::::_;;:-ニくヽ、
            ヶ---―――''""/  --、 ヾ \
           ./       ,  illi  ,. --、\ \ヽ    おい、誰か止めろ。
          /      :ノ  ll l  /  r ヽ ヽ. i i
=、        i       ̄ : : : : : i l  ヽ--'  l l! l   て言うか追い掛けろ、戦士 遠坂。
  l       l⌒\   : : : : : : : : ヽ\__/ / l  l
  :l       !_   \ : : : : : : : : i l l\___/ll: :l,;; l.   問題を起こさせるんじゃねぇぞ。
   l   ,. -‐''" ヽ . . . .ゝ、: : : : : : l l l :l l i l l l l lfj l
  :::l /       l. . . . .l―ヽ: : : : : l, !-==、l_l :l !l:: / -ー''_二
  :::l    : : /  .l. . . . .l―‐l: : : :ヽ ̄..○::::. ヽヽ //==ニ--‐‐
  ::::l  : : : :/  : l\. . . ヽ‐/: : : : :ヽ :::::::::::  )/'/_,,r二ニ=-‐''
  :::::! : : : : :/  : :l  ヽー'"-、: : :_ii/┸=--=''" ̄      _
  :::::l : : :/l  : : :l_.. --`―'''" ̄  __((_,,.ヽ-===ニ二_
  ::::::l: ::/. .l  : : : l_,,. ―― ''''''' ̄     l l l
  ::::::l /. . .l: . : : : l                l l l





                            _
                         / ̄/≧-、_
                       /  / /  /l |!
                       〃 / f7  _イ」l |l
                          《{ 〃  ト! /ヽ〈| | !
                       V厶彡l| iu_ r乂 ヽ  ……ハッ!
                   ,ィニ辷ノ ≦、_| レ^ヽ\\!
                  ((___{彡ィ>_- ─ヾト-‐=二三ミヽ
                    `Y{/イ´    Vニ≦< ̄  \
                    l! / |       /\  `ヾヽ.   /
                    |∨ ∧    /  ヽ  川ノ   /
                    | l 〈  }   ∧    ヽ ´
                     ヽ ハ  ヽ=イ ヽ   |
                      j/  \_/!  ヽ   |


38 :◆vsQyY1yD2Q
             ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
            //              \
           //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
         〃        /´       ヾ'′ ヽ
        〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
        ||      ,∠-‐‐             !   !
        || :.    /            ', -‐-、  |.  |
        ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
        |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |.  ロマリア王家と懇意と言うのは
        |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !   ニュー速で家を守る盾になります。
        |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |
        |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │  戦士 遠坂が一緒ならば問題ないでしょう。
        |:.:.:.:.:.:.`l :.. \ u       __      //:.:. |
        |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /  てゆーか、一触即発?
        |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/
        レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、
               /  |′     l、  \ _
            , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
          /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
        /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ

   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
   | 一触即発 ( いっしょくそくはつ )                                          │
   |  ちょっと触れただけで すぐに爆発しそうな状態の意から、きわめて緊迫した状態や状況。. │
   |  小さなきっかけで、重大な事態が起こるかもしれない危険な状態に直面していること。    │
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘


39 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                         第73話 「縁談後始末記」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第72話へ 1    第74話へ

この記事へのコメント
ブロワ家当主のご冥福をお祈り……してもいいのかな?

人の縁って偉大ナリィ……
Posted by at 2012年06月11日 23:13
久しぶりに顔を見れた面子に安心すると同時に吹いたw やっぱりこういう時にこそ繋がりって生きてくるよね
Posted by at 2012年06月11日 23:20
敵に回した人数と個人の質がパネェ……
Posted by at 2012年06月11日 23:37
やる夫は味方に恵まれているな
これも人徳と縁の成せる業よ・・・・
Posted by at 2012年06月11日 23:53
こうしてみるとやる夫の人脈とんでもねえな・・・
ご隠居様は自由すぎるwww
Posted by at 2012年06月11日 23:55
このスレでギャル実とやる実知って可愛いと思ってたんだけどさ

他ではあんま可愛くないのが多いのな
Posted by at 2012年06月12日 00:01
やる実は兎も角、ギャル夫ギャル実はDQN役で出る事が多いからねぇ。
Posted by at 2012年06月12日 00:51
むしろ、ギャル実とギャル夫は元々ギャルとDQNのウザキャラとして誕生したから・・・。
ここ2年くらいでまともな役がつくようになったんだよねw

みんなの支援が大量なのは、やる夫の人徳のなせる技だな。
多分、ブロワ家はやる夫が女性関係で悪名高いので、ここまで
人望があるとは思ってなかったんじゃw
Posted by at 2012年06月12日 02:50
問題無いでしょうと言ったあとに続ける言葉じゃねえw>一触即発
こういう今までのキャラ全員集合という展開だと、意外なキャラが来たり
逆に作者がうっかり忘れるキャラが出て、後日譚かなんかで寂しそうな姿をするもんだが、どうなるか
Posted by at 2012年06月12日 03:18
今まで登場した勇者のほとんどを敵に回しやがったwww
Posted by at 2012年06月12日 05:31
動く人数ハンパネェ・・・w

しかもそれぞれ秀でた部分あるから徒党を組めば
小国なんて軽く制圧できそうな気がする・・・
Posted by at 2012年06月12日 09:25
やらない夫の冷静な暴走ワロタw
Posted by at 2012年06月12日 10:16
やらない夫のPTは子供が自力で作れそうにない分赤ん坊たちが危険にさらされた怒りは大きそうだな。
Posted by at 2012年06月12日 11:15
敵対したら即終了の戦力ww

おことわりさんがお断りしてなかったり、王子を止めるべき者がスルーしてたりとやばすぎるw
Posted by at 2012年06月12日 12:34
バロン・マクシミリアン吹いたww

主なメンツがメンツなせいでケロロ軍曹の一場面と勘違いした(w
Posted by at 2012年06月12日 14:01
魔軍VS人軍でのキーポイントになってるじゃあないかやる夫はww
やる夫というバックボーンに乗りかかりすぎて、彼が瓦解した場合が非常にデンジャラス、危険が危ないな。
Posted by at 2012年06月12日 16:14
やる実が普通な言動…だと…?
Posted by at 2012年06月12日 17:30
上に出てきた人達のほかにダーマの人達とかもいるよね
食堂でご飯食べてる人達とか
Posted by at 2012年06月12日 22:12
勇者パーティがどこもかしこも爆発してて吹いたwwww
・・・ところでやらない夫、その仮面はまさかオルテガ・クルーゼのじゃねえだろうなwwww
Posted by at 2012年06月12日 22:50
どこの勇者パーティもめちゃくちゃ怖いけど、ひこにゃんとささきーが群を抜いてKOEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!
Posted by at 2012年06月12日 23:02
ダーマは俗世間の争いには関与しないスタンスだから、
やる夫の味方はしたくてもできないだろう。
ブロワ家が魔王軍と通じていたならともかく、
今回はあくまで人間同士の政治闘争だからねえ。
Posted by at 2012年06月13日 18:11
ギャル夫は驚いているだけなのに、ギャル夫のスライムは激怒している。
スライムさんならやってくれるハズ!
Posted by at 2012年06月13日 18:46
>>ダーマは俗世間の争いには関与しないスタンスだから

少佐なら食い物の為に「個人的に」参戦しそうだけどなw
Posted by at 2012年06月15日 01:20
ブロワ伯爵!
年端もゆかぬ少女を幽閉し、その頭脳を利用しようなど、この俺が断じて許さん!トゥア!
Posted by at 2012年06月16日 17:57
心境的にはヨルムンガンド某シーンの「「「狩じゃ」」」だぁね。
Posted by at 2012年06月17日 00:55
>ギャル美
そもそもあのかわいいAAをギャル美として扱ってるスレは、ここくらいしか見たことないぞw
Posted by at 2012年06月18日 20:44
あ、そうか。スライムはダーマの店で夜番についてたくらいだから皆と気心知れてるんだ。
家族が襲われたよーなもんだから……そりゃキれるか。
Posted by at 2012年06月22日 19:32
舐められたら今後に影響があるからなあ
徹底的に叩いて見せしめにするか
Posted by at 2012年06月23日 11:33
アルヘンティーナの次の王を決める戦いが本格化してきましたね。
一体誰が次の王になるんでしょう。
そしてサマンオサには南から直接陸路で行く、と。てっきり北の砦から行くものとばかり思っていましたが。
確かにこちらのルートが使えるならさまざまな面で有利ですね。

魔王ムドーの件もありますし、拠点を増やすとそれだけ守るために私兵を置かなければなりませんからねえ。
それに商売をするにも人材が必要ですし、軌道に乗るまで多くの労力や時間もかけなければなりません。
やる夫は商会の当主としてただでさえ忙しい身の上ですからね。

ロマリアもきな臭くなってきましたね。味方の異界の勇者パーティ+αは頼もしいですが。
しかし、貴族相手だとやりにくい。でもここで放置などすればかえって危険を招きます。
この手の輩はこちらが一歩下がると百歩でも二百歩でも踏み込んできますからね。
Posted by とあるA at 2012年06月24日 20:13
あの利根川が「ブロワ討伐」を前向きに検討してる……だと……
Posted by at 2012年06月25日 22:02
最初は気付かなかったが、レイアムランドに行ってたやる実がこっそり帰って来ているという事は聖なる祠は無事見つけられたのか?
さり気にオーブ発見に順ずる功績じゃね?
Posted by at 2012年06月26日 09:22
これ私兵隊含めると対峙した瞬間、十発単位のイオラとベギラマが飛んできそうだな・・・
焼夷弾による爆撃と変わらんぞw
Posted by at 2012年07月01日 21:32
ブロワ卿フルボッコワロタw
Posted by at 2012年08月09日 19:44
各勇者たちの反応見てたら23話にあった転職演説最後の部分思い出した。
魔王城より先にブロワ家が燃やし尽くされるwww
Posted by at 2012年08月14日 21:09
↑ブロアの最後はイオナズンで大爆発だろ…
Hollywood的に考えて
Posted by at 2012年09月29日 00:42
武闘派の勇者は最前線で戦っているのばかりだからなあ。
レベルで言うなら最低限20オーバーで、やらない夫あたりは30越えていてしかるべきだし。
モンスター配置的に10を多少越えるのが私兵のロマリア貴族だとマジできついだろ。
Posted by at 2012年10月22日 23:32
ブロワ卿の幸運は襲撃が失敗した事だな
成功してたら「後先考えないやるお」の
恥も外聞もない「皆の力を貸してくれ」が
行われたかもしれない
ここのやるおは家族のためなら自分のことを
省みないからなあ
Posted by at 2013年04月04日 00:07
襲撃イベントなんて有りましたっけ?
見当たらないんですが
Posted by at 2013年04月06日 02:39
↑やるおの家に暗殺者が来たことだと思う
ブロワの狙いは灰色狼の娘だけだろうけど狙われた(暗殺者が来た)のはやるおの実家(ロマリア)も含まれてるし
Posted by at 2013年04月06日 12:04
抑止力という意味でいけば、
「異界の勇者たちが入れ代わり立ち代わりブロワ家の門前まで行ってはルーラで去る」ってのはどうだろうか。
「いざという時には精鋭の武闘派勇者達がお宅の喉元に集結しますよ」という無言のメッセージ。
そんな変なことやってたらすぐに噂として広まるだろうし。
建前上は「ルーラで行ける場所を増やしてます」でOK!
Posted by at 2013年04月09日 08:58
やる夫の繋がり改めて見ると凄いな・・・。
ここでやる夫を敵に回すとどうなるかってのを見せ付けてくれるとすっきりするw
Posted by at 2013年07月10日 20:33
19辺りで
モアだけがブロア擁護に回ってるのがなんか変な気がしたけど
単純にこの中じゃ一番ブロアの内情に詳しくて
すでに暴発真近だって事を見抜いてただけなのか
Posted by at 2013年08月13日 20:53
できる夫とかられっか夫の反応も見たい
Posted by at 2013年08月14日 21:37
こりゃブロア滅ぶわw
Posted by at 2013年10月02日 21:45
完全武装のやらない夫が仮面で顔を隠しているのは、激怒した顔を準にゃんに見せぬためと思ってしまったw
生粋の幼なじみ・やる夫とその家族が襲われ(かけ)たとなれば鬼にもなるだろ、親友(ダチ)的に考えて。
Posted by at 2013年10月08日 07:13
爆発炎上するブロワ邸のキノコ雲を背景にキスするやる夫とカガリでエンドクレジット突入、他の嫁達もいっせいにやる夫にのしかかった瞬間を写真に撮ってEND、かな? Hollywood的に考えて。
Posted by at 2013年10月08日 13:55
異 界 を 知 る も の 来 た れ !
Posted by at 2013年11月03日 02:50
23話の転職演説、あれのデモンストレーションになるなw
勇者軍団でブロワ家を燃やし尽くしてやろうw
Posted by at 2014年02月13日 13:43
子供の頃からの幼馴染で兄弟分が襲われたなら完全武装もちかたないねw

にしても王室2つと勇者多数に縁故ある大商人にケンカ売りにいくとかwブロワ本人は頭が残念な子なのなw
Posted by at 2014年12月16日 08:23
いや〜凄まじいことになっているな&#183;&#183;&#183;

ところで自分、参加させてもらえないっすかね?
Posted by at 2015年08月15日 23:28
やろうと思えばそろそろ貴族の一派閥の私兵程度なら蹴散らして占領出来る程度の兵力集めれらそうだしなあ
ロマリア王家からしたら胃が痛い話だ
Posted by at 2016年04月17日 01:41
いざという時に助けてくれる仲間がいっぱいいるのは良いね、これも人徳って奴だね
Posted by at 2016年09月23日 05:25
 さ ぁ 祭 り の 始 ま り だ !!
Posted by at 2016年10月18日 14:14
バロない夫がここで来るとはwww
Posted by at 2016年10月31日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56394022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ