■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年07月09日

裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」(3)

第74話へ   3  外伝へ

81 :◆vsQyY1yD2Q

では続けて、実際に登場した面々を見て行きましょう。

まずは、縁談が成立しなかった者達です。

こちらの二人は 「ネタ」 兼 「ダミー」 ですね、読者の予想をそらすための 「デコイ」 です。

                                                     _
                                            < ヽ |ヽ    /::::\
¨¨ ‐- . _           /⌒ヽ -‐ァ                         `V j/_ /:::::::::::::::ヽ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '! ,.γ⌒ヽ.                      <::::::::::::::::::::> .:::::::::::::::,
ニ、              `ヽ.゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒).                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::!
ニ=ヽ                   '.   /~ ^ヾ_ノ                    〃:::::::::::: |:!::::::::::::::::::::::::::::::‘,::::l
´   i                    :. /ニニニ                 ′:::::::∧从::::ヘ::___}廴::::::::i::::: !
   i     ん心       ん心 '. `ヽ.ソ                  {:::r‐ノ-    ̄ ─   「::i_..」::::::l
   |    辷ソ      辷ソ '.   '.                       `Y ┃      ┃   |:::|´ )::::::',
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '..                    |!           :::::lイ ::::::::〉
  .,:′           `ー'^ー′    }  i.                    j:、   r ァ    ノ::::l::::::::::::/
 人                   .:   |.                    ノ::::>  ___   イ::::::::ヽ::::::/〉
´  丶              イ    |                  (:::::::::::}  _ 」  |、 ):::::::ノ:::::::/
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、             (⌒ヾ、:::::( ./| |ゞ=彳 i(:::/{:::::::/
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }                   \ \/ヽ | |   | | )' ヽ`ヽ(
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'                   、  /「 ̄ ̄ ̄ ̄l  」
  |   |      |       `ー-|     |                   ` ´  :!      | ̄|
       ↑
   「高貴な お嬢様」



おかげで 娘の愛がスゴい事になりそうですが、それはそれでw

                   _ _
             . <:::::::::::::::::::> .  っ っ
           /::::: /::::::::::::::::::::::::::::ヽ  っ っ
          〃::ノ::/ /、丶:::ゝ _:::::::::::‘   っ っ
.           /::::::::/∨ \|\::::::!::::::::::::’
          l:::::::イ○      ○ メ:::::::::::::::}
.           ‘::\|          / /:::::::::::::    _
    〃 `ヽ/ ‘:::::::、 ヽ ̄`ヽ ∠ イ:::::::::::::/  /う ヽ
     ゝ //丶 \::>  _  -=彡_ >' ヾヽ ノ
    _  〃\. \ィ=- 「二/ /二l:‐┐"  < ヾヽ  _
  ( .u`// ¨¨ \/  f {    /  」<::´く:::::::::Vヘ´ Jヘ   愛ってなんだ
   `¨ /  ̄ ̄ てノ /    r⌒´ ヽ ::::::::::‘,―}∧一'’
         ∠ /     〈ハ    〈 ::::::::::::::',::::::::::::}      うちの娘さ!
       _ -=ニニニニニニ∧ ー 、 \::::::::::::!::::::::::′
         >ニニニニ/ニニニニニニヘ ,X. \ ‐┘:::::〈        よろしこ!!!
      / ヽニニニ/ニニ=-=ニニニヘ ┃\ \「 )::::::〉
    /   / ` ¨¨¨¨1   |ーヘ  /f"´ ̄\:/


82 :◆vsQyY1yD2Q

「ダミー」 と言えば、山本親子もですね。


                    八|ハx=ミ八: : |_\.: : : |=彡イ   /
                     │ :}"   \i⌒Y: :/ トy'´:|___人
                     │八  '   "厶ィ: : |ノ: :│     〉
                     |: : :|\ヽ フ   ィi: : :|: : : i|___/
                     |: : :|| 个-r<  ||.: : |i_: :八
                j: : 八ノ⌒}    リ.: :ん):\ :'.
               /': :/:::/<ノ   / : : |"´:::::::\:、
                  / /: :/:::::{.    >/ : : : |:::::::::::::::::入
              /ノ :乂:::::::|  /:::/: /i: : :|:::::::::_/  }
               /{ : /⌒⌒└く_:/∠::j: : :マ)7´    |
          〃  ヽ{        / ̄ | i : :V       |
           {{: : .    ―‐-         |八: :j     ∧
          人: : : : : : \          ∨    /:ハ
            / _>‐::ァ=:¬ミ: : : : : : : : : : : . .j}/   /: ji:│
        / ./::/テ八{:::::::{ヽ:\ : : : : : : : : /    /: /:i:│
.        / {ノ/:::::/ \:テ乂:::`:ー‐r-:イ     //ノ|:/
       / Y"" ー'   /::::::/ ヽ::::::::ノ::::/      /   /
.      /  八        ー'  /∨/:::ノ     /
     /     .\      "" /::::://      /


こちらは性格的には問題ありませんが

立場、年齢等に問題があるタイプです。


83 :◆vsQyY1yD2Q

そしてもう一人、「むぎのん」 こと麦野 沈利もダミーでした。


           /: : : : : : : : : : : : : : :..ヽ: : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : : : : : : : :ヽ
       /: : /: ∧: : : : : : \: : : : : : |: : : : : : : : : :l: : : |
        /: : /: / ヘ、: : : : : : :\: : : : |: : : : : : : : : :|: : : |
.      }: : l: /_  \:.丶: : : : : ヽ: : |: : : : : : : : : :|: : : |
        |: : :l:.l  \   \ \:.:.:.:.:.:.ヽ:|: : : : :l: : : |: l: : : :|
        |: : :l:.| '^圷ミ     `>=::.十: : : :リ: : ::|/: : : 人
        }: : :l:.l 弋zリ    ´^「た卞 |: : : :./: : : |: : : /: : :\
       Y八ハ  ´     弋沙'´ |: : :./: : : : |:.:.: :}: : : l: :\
         /:.:l   〈           l: : /: : : : : |:.:.: :|: : : 八:..: :\
         }:圦            |: /: : : : : 八:.:. |: : /: : ヽ:..: ::ハ
         |: : :ヽ   _          |/: : : : : ∧:.:\l: /: : :..: :}: : ::|
         |: : :.:.:.\  `    .イ /: : : : : /: :.:\:.:.:.≧ト、: ノ: : : :|
         |: : :.:.:.:._:.>ー <_:.\_/: : : : : :/>―ァ`─<` V: : : :.|
         〉:.:.:/       }:: }: : : : :./:./ /       V:.:.:.人
         r‐〈   __   〉::::|: : : : //::::/    /   V:.:.:.:.:.\ _,-..、
       _/ヘ \_ノ〉:.:.r、j  /:::::::|: : : /:::::::::/   彡     }:.:.:.:.: ヽー‐'`):}
      / />- -´∧:.:.`ー' V::::::|: : :.{::::::::/            |:.:./:ハ:.|  彡'
      /       / |:.:.:.:}^} V:人: : :ヽ:/              V::/ }:|
.     /       /  .|:.:.://   .V:::\: :/       /__ <   V く:〈
    /       /  ノ//      V::::::/       /    `ー V  `)}
.   /       /  ./  j        V:/       /         }  ノ


どうして彼女がダミーなのか、悪いところばかりじゃないのにと思われる方もいるかも知れませんが

実は、そう思われる事こそが彼女がダミーである理由でした。


84 :◆vsQyY1yD2Q

第66話「物産展開幕」 のシーンを思い出してみてください。

あの場に並んでいたキュゥべぇ♀を見て、彼女がヒロイン候補の一人だと思われた方は
はたして何人いたでしょうか?


¨¨ ‐- . _           /⌒ヽ -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '! ,.γ⌒ヽ.
ニ、              `ヽ.゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒).
ニ=ヽ                   '.   /~ ^ヾ_ノ
´   i                    :. /ニニニ
   i     ん心       ん心 '. `ヽ.ソ
   |    辷ソ      辷ソ '.   '.
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '..
  .,:′           `ー'^ー′    }  i.
 人                   .:   |.
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |


擬人化ネタもありますのでゼロとは言いませんが
大半の人は一発ネタのギャグだと思われた事でしょう。

つまりは 「明らかなハズレ」 です。


85 :◆vsQyY1yD2Q

そんな 「明らかなハズレ」 を並べる事は簡単です。

しかしそれは


  Q.この中に一人だけヒロインがいます。 さて、誰がヒロインでしょうか?
                                                  _,____
        |\           /|           |\           /|        ,.イ´:::::::::::::::::ヽ`:
        |\\       //|           |\\       //|       /:::::/::マリナ :::ヽ:::ヽ:::::ヾl
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′        :  ,> `´ ̄`´ <  ′     .リ!::::ir‐!::::::ト::、_|::::トヽ:::::V
.       V            V          V            V       .l! !:::|r:、lヽ:ム::::ノ!|::j:|l|:::::;イ゙
.       i{ ●      ● }i           .i{ ●      ● }i         ト::}'Li   {:::r!}:/:ノ:::::イ|
       八    、_,_,     八          八    、_,_,     八      c .|::i、  __   ̄/::::!:::::::::::|
.       / 个 . _  _ . 个 ',          / 个 . _  _ . 个 ',.      ´ .|l:::l`ir....`....‖::/:::::::::::::!
     /   il   ,'    '.  li  ',      /   il   ,'    '.  li  ',.      .V!l::|::,r'ノ '/:::/ヽ、::::::::::!


とやっているのに等しいのです。

読者にとって、これほど面白味のない出来レースはないでしょう。


86 :◆vsQyY1yD2Q

縁談に失敗しても、仕方がないよねって思ってしまう問題を抱えながら

性格的には地雷だけど、もしかして……と期待してしまう魅力がある。


:/.:.:/.:/     ヽ\\ヽ';.l.:.:.:.:.
.:.:./:/ー----‐ ''′ ./'´..〉li.|.:.:.',:',
/;'   _/     /,ィrぇミ:l.!:.:.i.';:!
/  ー==ミ    ーゞ'.:l|.l:!.:.l.:l!l
          {、   l|:|l.:.:l.,'l.!
:.、         /   ,'l.:l.:.:;/ |l
::i:\        _ ,,  イ:l.;'.:.:i′l!
:.:l :::.丶     (__/ /.:.l.:|'.:.:,i|
.:i.l ::::::..`:...、  ./li|.:.:l.:l.:.:,'il|
.:';:', \:::::::::::7、ミil|l|.:.:l.:l.:;'l.:l{
:.:.';:', .',. `ー-:;'  ', .:|.:.:l.:l.i `ヽ
:.:.i.:.',    ,'   ', ';.:.:',l.| ト- ヽ
.:.:.';.:.', ヽ  l  .,/ハ ';.:.:':.! /  ',
:.:.:.:';.:.'rー 、.l ,ィ′ .,' .';.:.:':', i   i
:.:.:.:.:';.:.',      /  .〉:.:.ヽ    i
.:.:.:.:.:.;.:.i      ,'  ,' \l   i
:.:.:.:.:.:i.:.ト、    ,  .,'   \ .,'
:.:.:.:.:/.:.:l ヽ   .i  ,      丶
.:.:.:〃.:人   \ .l  .,'         ',
:.//  丶 :.\ .i         ',
.:/        ヽ|         ',
         ヽ .',         .;
           Г',        .,'


そんな理由から むぎのんは選ばれました。

夏美がわざわざ むぎのんの性格についてダメ出ししたのは
彼女の魅力と問題のバランスが、魅力側に傾く可能性があったためです。

失敗する相手の配役こそ気を付けなければならないと言うのは、つまりは こう言う事なのです。


87 :◆vsQyY1yD2Q

他には プリキュアシリーズのモブの皆さんも 一種の 「ダミー」 ですね。


              , -‐, ==‐-  .
            /  / .  -―===≧:.、                    ____
            /  /イ´          `丶                / ,二二二._`丶、
           /   / /            ヽ  \        ,  "´ ̄      `丶',
            /   / /    /  /   . . / }   ゚。     /          \ ヽ\
        /     :'   / . :〃  . : : イ /    |    /´  {          ヽ ヽ:.ヽ
       / .:  . : :{   ;: : /X. : : / //ヘ: . :  '     ;  :r'ヘ、    ヽ     ヽ: :!  ': : :l
     _/ィ: : : . . : : ∧ :.:{イ=≠≦\ /'   |: : ; : /    |   :|   N     l    :l: !  :|: : l
       j/l :/.: :l:/⌒j:\:.}-! 匕ソ `ヾ   ,≦.j: :/: /    |  :|   | |   j|_,二ニ ┴| : : |: : l
       |: : :八 く!:; `  ´      ヒン jイ/      |  :|, -―-'ー    ィf=ミx| : : ト、:ハ
        j/ イ: : \|:|         ヽ   lイ       |  :| yf≠ミ     乂ン Y: :.:h|: :',
        " jノ}: : : :!:!ヘ.      _,    //          |  :|へ乂ソ         | : ::|ノ: : :ヽ
           j: :/N ヽ     ( )/  イ:;          l  :|∧     '        | : ::|: : : : : ヽ
           レ’/j   >     / j/           l  :|ーヘ    , 、    ;' : :;': : : : : : : ',
            / ̄ `丶、 / ` ーく             l   :l : :.ゝ.       イ; : ;: : : : : ヽ: : ',
         _,∠\     >くス                ',  :|  : : : : >‐r=≦ / |: :/: : : : : : : l: : |
    ∠三.丶  \\.\   / ⌒'.               ', :|  : : : : : :/^L /  j: ;、: : : : : : :.|: : |
   /    \\  \\ >/\  /\、_             ', :|  : : : :/ /^~ヽ  ,!:.|/>、_ _: : |: : |
  /         ヽ ヽ  丶\    ‘r、 i:l ヽ-、          N  :_/W/レヘ∧ ノ|: |/    /`>-、|
  |      l   ヽ ',   \\   V>、|   ',ヽ             lハ:', ̄ | | 〈 r::::〉 V!: !    ' /   \
  |      |   |  |    \\  V∧   il l          /! ∧.  | |  lヽ イ  /,|:.'    / /     ',
  |      |   |  |        丶丶 j'/ハ \| |          ,' | :l ヽ. | |  l///| //jノ   l./ /     |
  |      |   / /        \\/j|  ヽ.!       | :| :|  ∧ V j/////     l| ,′     |
  |      | /:/ /           丶 j    ゚.      | ハ |    ヽ\'//     | | |     |
  |      | |/ /  /                    }      || ∨       ヽ/         ! ! '     |
  |      | | /.::/                   /         ! | /               ヽj /       /


可愛いですが名前もない面々と言う事で

「その他大勢」 の参加者として登場してもらいました。


88 :◆vsQyY1yD2Q

では続けて、実際に候補として登場したものの
縁談が成立しなかった面々に関する裏話をしていきましょう。

まずは、出オチだったバレッタから。

                  __
              ,. :ー : :´: : : : : \
                 // ̄ ¨ 丶: : : : : ヽ
                / /  ./  ヽ:. : : : : :.
              {  __L /{ _   l|: : : : : :.
         ,、 /;ヽヽ_:、 { | _ミヽ !|: : : : : :l
         r 、 | |:「i: .:}:ヒリ\:沁ヽ\j、: : : : : :.
.         \ヽ.{j く八 '__ ` ´  /ク: : : : : :}
        ⊂ニ . : ∠ィ. ヽヽ_フ トイ∩:./.〉: : :ノ
           ゝ .._:ノニ:ヽ>ェ〈∨:ノ レ /: :/
         /   /: : :  ̄フヽ } `′: `ニ⊃
       /   /: : ;/小 : : :ゝ:_.   .ニ⊃
      /    /'/o:.ヽ' :{ :. _/ .:T:.ヽ
       :、_/ :乂::ノ /o:У.ィ/   {ミヽ:.
        /: :.:.〈    乂_:{ニ{ {   ヽハ|
      : : : :.:.:)\.:__. ,.ィヘ斗ヽ __ ノ、ニ|L. _
       {: : / >、_:ィヘヽ才       八|ヽj:ハ
      У  / .: {ニミく_.: .:   :. .. /ミ三ニィ′
      /      /\三ニ=z---z:=ニ才'ニ三|
.     /      {三三ニ≠=-=≠ニ三三三リ
.    :′      乂三三三三三三三三彡′


彼女は縁談の話題が出た頃に読者のレスの中にあった
「孤児を養女にして〜」 と言う書き込みを元にネタを膨らませたものです。

そう言う意味では、かなみと同じですね。
ざんげも養女ですが、彼女は ちょっと異なる事情があったりします。


89 :◆vsQyY1yD2Q

縁談失敗の理由に関しては言うまでもないでしょう。

やる夫の様な立場になると、こう言う人の集まる場では暗殺の危険性が考えられます。
実際に起こりうるか、可能かどうかはともかく、それを心配する読者は出て来ます。

それを防ぐためには 「無い」 と断言してしまう事が一番手っ取り早いでしょうが
それではネタバレになってしまいます。

              __  __
            -::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::: -‐   ̄ ̄ ̄ ̄  `丶、:::::::::::::::::::::::::ヽ
   ./:::::::/                \:::::::::::::::::::::::::\
   /::::/                      \:::::::::::::::::::::::::ヽ
  ./::::/      .                \:::::::::::::::::::::::}
 /::::/     | .|           !  \       \::::::::::::::::::|
 i:::/        ! |           ト 、 /ヽ!_//-、}::::::::::::::::i
 !/       ゝ|t-ト、         | .∠,,;;〆ヾ i!i/  i|:::::::::::::/
 !人   .|   キニミミ辷、     匕r´f弋彡,゙ソノj⌒/:::::::::/
ノヽ:::\ {\  |i! 弋fjメ .\ 「 ゝ ゞ三彡ク_ン:::::::/
   \::ゝ|_\| .}ー=彡   ゙    イ ) ゝノ:::::::::::./
     ヽ >   ゝ、  _,, -‐匕乂_∠イ__:::: __/
      ゝ三二=≦≧ゞ≧=〆:::::::::::::/::::`ヽ
          j ̄:::::}:::::二{ {二:::::::::::{:::::::、::::\
         {:::::::::::ゝ__,/仆::、:::::::::::}:::::::ヽ_ゝ
          ¬__:::::::r::v´ .v:-`ヽ-r ⌒!=‐=≡=‐ヽ
            厶::::个←-孑´ ヽ   , ノ≦テ´ヘ
      _ -‐<             ̄斥 x x x xヘ
        {::::ヽ               ∨x x x x x j
        ゝ:::::\             ∨x x x x ,,,ノ
      /\:::::\             ゝ_,孑 ´
     .{ / / \::::`゙::::ー-  ,,__,,  --‐=≦孑
       ー‐ '  .i ゙┌‐-=≡二三二 、-‐‐ i´
             jー‐j            \_,|
           ̄               ヽ_ノ


ならば どうすればいいのか?

私は、真っ先に暗殺者を登場させる事にしました。

早々に暗殺イベントを発生させて失敗に終わらせる事で、このネタは終わったと思わせようとした訳ですね。


と言う訳で、暗殺自体をギャグ調に終わらせるために

明らかにヤバいと思われるバレッタ&明らかにネタになりそうなキュゥベぇの組み合わせになったのです。


90 :◆vsQyY1yD2Q

同じく縁談が成立しなかった ざんげちゃんは
やんねえ香が登場した頃から 縁談に失敗する候補として名前が挙がっていました。


     /::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|::::::::::::| !|:::::::::::::l:| ゝ::::::::j
     |:::::::::::i:::::::::::::::::::::l:::::i!:::::::___|_ |::;;;;;::::::|:|  ',::::::!
     |:::::::::::|:::::::::::::::::::::l::::|!/´  ,`´  `⌒__ l:::::|
     |::::::::::::|::::::::::::::::::::::Y,y=≡=ミ、   /  `Y::::|ヽ
     i:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|f'ひ::::} `    ィ=X j:::::|∨
     l::::::::::::::l:l::::::::::::::::::::| ∨スノ     イy:} リ/::::::|
      l::::::::::::::i!::::::::::::::::::::|  ̄      ヒ:ソ ./::::::::|
.      l::::::::::::::l::::l::::::::::::::::l       丶  ,:::::::::::|
      l::::|:::::::::l::::l::::::::::l:::::l    __    j:::::::::::|
       l::|::::::::i::l:::l:::::::::::l::::l    `= ` Y´l:::::::::::|
       |/:::::::::l:::l::|::::::::|::l::::l.、     , ィ | |::::::::::|
       |::::::::::::|:::i!ヽ\{\:::| >r -イ::::::::| |::::::::::|
       |::::::::::::|::::}     ヽ'`ゝ'ミュ:::::::__| ト-=:」i!
     --┘_:::_,r=ニヽ、      r='.ノ´ `ヽ!_ _
   ,′:.:.:.:.:.:.:`ミ 、 \\     ヽ (, ‐二ー l´:.:.:ヽ
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \.\    .) } , ___ ):.:.:.:.:.:’
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \ `ー== }</ __   }:.:.:.:.:.:.:}
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:ヽ  ヽ、  l ゝ、ヌ ̄ }:.:.:.:./:.:k
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:ヽ  ヽ  ヘ Y   ∧,:.:./:.:.:.:ヽ、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.|:丶  ヽ  〉」    X=--、:.:.:.:∧
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.X:.:.:.',   ', /:.ヽ,    >'  }:.:.:.:.:.:.:〉
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:l:.:.:.:,  X:.:.:.:∧  /   '、:.:.:.:/


第48話「ウホッ、いい女!」で 別れたパーティの話題が出たのも この縁談イベントに繋げるための布石です。

あの時点でパーティ三人を誰にするか決まっていたので、あれだけ具体的な話が出て来た訳ですね。


91 :◆vsQyY1yD2Q

この 「やんねえ香を追い出した元仲間」役の候補として、最初はフレイの名前が挙がっていました。


         、 _/.:./                    ヽ.\
           `7 , '       . : .:ト-イ:.:.: : : .      \\__,
.           /       . : .:.:.::.}^`^}:.:.:.:.:.:. : : : : .    ヽ{´
           /       : : .:./.:.::.:/   '、:.:.:.:i.:. : : : : .     ',
         ′     : : .:.:.:.:/}::.::./     ヽ::.:.|.:.:.:.:. : : : : .   i
        l    . : .:.:.i::7≧≠一' `ー≦壬、:.ト、i:.:.:. : .   }
        |∧  . : .:.:.::.:!ィf汽示      ィf汽示 }:.:.:. : : /
           \N : :.:.::|弋≦タ        弋≦タ 」:.:.:.:. : /
            i : :.:.::|` ̄ ̄     i    ` ̄ ̄ノ.:.:.:. : {  えー。
            l : :.::.:|        、|      ` ̄}:.:.:.: : |
            } . : .:.ト、     ___       イ:.:.:.: : |
              /. : .:.:.:|::.\    ‘二二’   /.::|:.:.:.: : :|
           /. : .:.:.:.::|::.::.::}丶、       /l.::.::.:|:.:.:.: : :{
.           / /.:.:.:.:.:.::|::.:厂 ̄ > __ <´ ̄ ̄}|:.:.:.:.: : ',
           / /.:.:.:.::.::.::.|/     { {   }   } }     l|:.:.:.:.: : ',
        /イ|:.:.:.:|.::.::.::{、    | |   |  | |     l|:.:.:.:.:.: : ',
.            」」:.:.:⊥::.::.:ト、ヽ  | |  |  | |   /」:.:.:.厶:..ト、}
   _ .. -‐ "¨´   ヽ::.::| \\| |  _」  | |//|:/  `¨゙ ‐-  .. _
  /           ヽ| __,ノヽ、」 __,L,_ L/ミx、|/              ` 丶、
. {         r‐r==≦       {       ≧==r┐        /,}
. |ヘ       { {           |            { {       // |
. |ヽヽ        | |            |            | |      //  |
 」  ``ー==彡′               |            __`ー==彡'"     }
. {    `ヽ、i                   |    「 ̄ ̄ ̄   |   i |       〈


しかし、原作でドミニオンに乗っていた彼女では
アズラエルとの繋がりがイメージされてしまうと言う事で没に。


92 :◆vsQyY1yD2Q

お供が この二人だったのも、最初の候補がフレイだったからです。


    r''"               `ヽ、
   /                ヽ、.         '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /                   ヽ、     /::::::::::::::::::::::;:;:;::::::::::::;:;:;:;:;:;::::::::::::;;ヽ
 i゙ .:    ,ィ',ィ    _,rァ, _,.、      `{゙.     /::::::;:;ヾ::::;:;:;_:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;;;;;;i
 |::::..:: ,ィ/ラ゙.,、-''"'" 7'゙'" 'ri, i:、,、 >′   /:::/:;:;:;:;v^ヾ、`ーヾ"'-、;:;:;:;;: -‐、;;;;;;;;;;;;;〉
 ゙!::::::::/ '  '゙'"       _ ゙!,'::::;r'゙.   .く::;:;:;:;:;:'"      _   `v / ベ. i;;;;;;;;/
  〉-、f -''二-、,__ ,  ー.ァ''"_` ト-、'        !;:;:;:;:;:i     _,、=''"     ーyノノ;;;;;/
  i゙fベ!-(゙ い」` ,>---。( '゙「ム' ゙)ナ'^)       `'ー-ヽ__  ~ 、;ゥ‐       ( ベ-;;_l
  ゙ヽ、.゙i `ー‐''" .:: ,  `ー‐''゙./シ'゙               \:、           |   ヽ_,. ‐-、_
__,,.. `iT゙!     :::: i       /´ ̄`ヽ、           y    _     /   /     \
 ::::::::|.l;::゙ヽ、   r-─、  /     ヽ         ヽ_,.  _,.ィ`     ,、'"     _ -''"⌒ヽ
  :::::::゙i,゙i;:::::`'::、  `二´ ./        |          `ヾー=´  / /    _,.‐ニー- 、、
  ::::::::\、::::::::゙:>、_,.ィ'゙ !!、       l              `ーォ ' :`y /  / ̄     `
    :::::::;;>、、:://: :/ l.l 〃  ̄`i   ,/i′              r '"i  ::::レ    //
   _,、-''゙' : :`:-:' : :l: :ヽ/  ,,..、 |  /,f゙               ,.〈  ゝ、/   i/ /
 r'゙      : : : : :|: : ,-‐'"、-'゙ >'゙ .,/              /  ヽ._(  :::'::ヽ、 |  _,. -‐''"
 i.            |: '-''"   /  /


フレイが ざんげちゃんに変わった時に、この二人も変えようかと考えました。

しかし、『かんなぎ』 は男性AAが非常に少なく
他作品で それなりにAAがあって、女性への弱さには定評がある者となると

どうしても 「 主 人 公 格 」 の名前が挙がってきてしまいます。


この二人の役は あくまで脇役、そして敵役です。
そんな所に主人公格を配役したところでバランスは取れません。


幸い、今回のケースでは 「SEED勢=アリアハン」 のイメージがありました。
つまり、この配役自体を伏線にする事が出来ます。

それならば配役は脇役のままで良いと言う事で
こちらは配役を変えずにそのまま進める事にしました。


93 :◆vsQyY1yD2Q

彼女の役割は 「やる夫と やんねえ香のフラグを立てる事」

当初は、フラグは立てるけど結婚までは行かない事も考えていたので
勢いに任せて結婚まで持って行けたのは、彼女の攻勢によるものが大きいと言えます。

そう言う意味では、彼女はその役割を全うしてくれたと言えますね。


実際に動かしてみて思いましたが 「性悪」 を任せられ
同時に 「ヒロインとしての魅力」 も持つ配役と言うのは非常に稀少です。

今回は こんな結果になりましたが、別の形で登場してたならば
彼女は他のヒロインにない輝きを持つヒロインになれていたかも知れません。

                    _____________
                    ||                      |
                    ||                      |
                    ||    出 番 募 集 中    |
                    |l -――-               |
                     '"´: : : : : : : : :`丶         |
                 ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ______|
                  /.::.::./.::.::.::.:j.::.::.:|.:ム;ヘ.::.:ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ,'.::.::.::i.::.::.::.:/|.::.:: l/  `|.::./7
                :.::.::.::j:|.:!.:_:/´|_.::_」   くV <|
                   |:ハ_::_ル'´     /⌒丶 j//V|
               |:::::::::i x==ミ     _ 〈/.:|.::|
               |:::::::::i:'"     ´ ゙̄Y}!.::.l.::|
                 八:::::::圦  、 ' _   "/_ノ.::,'.::j
             /⌒ヽ::::ト{\   _,.ィ__/.::/l:./
               / 丶∧::| 丶 `ニ´ 彡// :厶|∧
            {/  丶ヘ|     ノ / |:/ (こ ハ
                /       }ヽ、 ∧ /  'x┴〈 }_ゝ、
           /         \∨ ∨  /  ニW }  )
             〈       _ノ∧ 厶=7  ,.-、) 人ノ
           }⌒ヽ     `<__,>イ  |__ノ| |/∨
           /   ヘ   /  │  丶ノ.| |   \
             /    ヽ      \__/ | |    ノ
         /       >'"⌒\ 〃⌒\| ト、__/
          |     /      V     ヽ| │










ええ、彼女ならば 「《マンモスマン》 には勝てなかったですぅ……♥」 の役割を任せられたでしょうw


94 :◆vsQyY1yD2Q

閑話休題。

続いては 王 留美です。


  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',
.  /      | |(_ ィf´/        \ヽ7ヘノ| |      |
  ′     | |//           \\ | |      |
  |      j//              \ヽ      |
   ,     /                   ヽ     ,
    ,     /                     ,    /
   |    '                      ;   /


実は彼女、第66話「物産展開幕」で登場した時点では西部の商会の令嬢と言うのは決まっていましたが

最初の予定では、東部の商会の令嬢 ―― すなわち、ゴジャースの刺客になるはずでした。


95 :◆vsQyY1yD2Q

最初の段階では 「相手がゴジャースの刺客だと分かったので断る」
ただそれだけのイベントになる予定でした。

しかし、ゴジャースとの因縁が それだけで終わるのはつまらないと言う事で
イベント内容を大幅に増量する事に。


        /l、_l」_/: : : : : : : :` <: : |:\: : : : : : : \
.     /L/: /: :___: : : : : : : \|: | ト: : : : : : : : :ヽ
    /: : /: /: : : : : : : : \: : : : : : ∨ | ト、: : : : : : : :∧
.    ': : /: /: : : : : : : : : ヽ : \ : : : : ∨: |: ヽ: : : : : : : ∧
    l: :/: /: : |: : : :ヽ: : : : |: : : :\ : : : V |: : ヽ: : : : : : : ∧
    |: | : | : : ||: : : : 丶 -┼: :l:|: :ハ : : : Vヘ: :/\: : : : : : ∧
    |: | : | : : ||: : : : :|: : |」斗`´ |: : : : K ∨  ヽ: : : : : ∧
    |: |: ∧ : ∧: : : :l_|_/、     |:l: : : ハノ∧   ∨ : : : ∧
.     V:V: :ゝ: __ゝ-く    _j___.ッ // l: /_ イl:∧    ∨: : : : :l
.    V:V : : :、 : >=ッ'  ´"゙´ 〈//_l/  从: ∧   ∨: : : :|
      V:∨: | ヽj} lh }     〈/´    v、: :\   ∨: : :|
      ∨、: |: : :l' {l |、ヽ __,、   /    ヽヘ: : :\  ∨ : |
.        ヽヽl : ∧ } ト>` ´  /      `|ヽ: :h:ヽ l: : :|
       \ヽヽ:ヘ `‐-.\7´.个、    ′  ' / : l' 丿┴‐┴-
         `ハ: ト、\  ヽ}: /| 〉  /  ,//: : ∠       
.          」 ヘヘ アハ   K  |ー、 r一 //: : / ∨
       /   ゝニィ   / ̄. {       / {: :| l「 ̄|     /
      /   |ゝ/  ∧   ∧    / ゝ N>/    /


そこでネックになったのが、彼女のAAの少なさです。

ただでさえ少ないのに、見た目からして全然違う三種類の髪型があって どうしようもありません。

これでは増量したイベントに対応出来ないと言う事で
彼女は 「ゴジャース商会の刺客」 から外される事になりました。


96 :◆vsQyY1yD2Q

その後も彼女が縁談参加者として残ったのは
彼女に代わってゴジャースの刺客となったタバサをフォローするためでした。

そう、野心家の彼女とタバサで比較出来るようにするためです。


               ..-‐"´:.:.:.:.:.:.:.:.:`  ー  、
            ,. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.` 、
             /:.:.:.:.:.:.:, ':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:\
         /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.l、:.!:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ヽ:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:i:.:.:.:.!l |:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.|:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:i"'''' ゙''ー-! l:.!:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.!:.:.:.:!
        !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!`‐=了テミヾ''ー::;;::イirリ:':.:.:.:.!
          l:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.:l ゝ ヾソ    ィテミノ:.i.:.:.:.:!
       ,:.:.:.:.:.:.:.( l:.:.:.:.l:.:.:.:.ヽ ` ゙̄    弋ソノ:.リ:.:.:.:!
       l:.:.:.:.i:.:.:.ヽ l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:\       ゞl:.:.:.:/!/
.       l:.:.:.:.!:.:.:.:.:.`ヽ:.:.ヽ:.:.:.ヾ`        ノ:.:.:./〃
.       !:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヾ\:.:.\     ´ ̄ /:.:.:.:!′
.      i:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   \ヾ      /:.:.:.:.、:\
      |:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    `    ー- ':.:.:iヽ\ヾ `
.      ,:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      /:.:.:.i:.:.:.:.:.{  ゛
.     l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l
     l:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     ヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.l
    , ' ´  ̄ ̄ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l _ _   \:.:|:.:.:.:.:.:.l
.   /       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    ヽ   , ‐ヽ:.:.:.:.:.:.|
..  l        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     δ   l:.:.:.:.:.:|ヽ
  │       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:l          l:.:.:.:.:.! l
   l        i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ト 、         ヽ:.:.:.:.:! l
.  /:.l        |/ ヽ:.:.:.:.:.:.:ト 、゙ ー .. 、.::, - ',-'、:.:.:.! .!
  l:.:.:l          |/ ヽ:.:.:.:.:.:.!  ` '' ー ミ/   ヽ, ! .i


実は、留美がタバサの正体を告発すると言う案もありましたが

ただでさえ泥を被ってもらっていると言うのに、そこまでさせるのは申し訳ないと言う事で
この案は没になり、三日目の縁談が始まった時点で彼女は静かにフェイドアウトする事になりました。

今後のソレスタル商会は、西部の真っ当なライバル商会になるのではないでしょうか。


97 :◆vsQyY1yD2Q

最後の縁談が成立しなかった候補は

登場当初は見えている地雷扱いだったタバサです。


                ,. .<:  ̄ ̄: >、
              ,. :´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
               ,. ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : :/: : : : :|: |: : |: : : : : : : : :.
          ': : : : : : : : : :|: : : : : !: !: : }: : : |: : l : : |
            |: |: {: : : : {:_:_|、: : : : |: |: :/!___/: : ,' : : |
            |: |: :\ イ\:} \: : : /}/ 从/ |: /:,: : :'
            {: |: 、: : / ィチ圷 \/ ,ィチ圷 }/:/: : :'
           | イ: : :八 弋こソ r、__r、弋こソ /イ:/: :/
           j八: :.:、: \--- ´ , ` --- ' /:,:': :/
               ∨: : : ,:」' ' '      ' ' '/:イ: :/
               _ 从: : {: 、   ` ´    ィ:/: {/ _
             //\\」:|:ト>  _  < {:/l:/,ィ////\
            //////`ヽ、|ィ ┴-,、 r┴ ヽ //////// ヽ
         〈///////////\  /、_∧ ////////////∧
           \r-- 、_//////\ィ介 //////,. -―- 、///
             ///////==-、//\,//_,ィ7´///////∧/ '
         //////////////>、 イ/////////////∨
           {/////////////// ∧/////////////// !
           |////////////////||∨//////////////,!
           |/////////////// i|| 、//////////////|
           |//////////////  ||  ∨////////////,!


ちなみに、タバサ・オルレアンと言うのは このスレにおける彼女の本名です。

原作では タバサが偽名で、本名は シャルロットなのですが
読者の中では どちらのイメージが強いかと言う事で、登場当初から使われているタバサの方を採用しました。


彼女の伯父一家の名前も、原作では オルレアンではありませんが
そもそも原作の面々のAAがありません。

と言う訳で、このスレでは商家のオルレアン一族、当主の姪のタバサと言う事になっています。


98 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼女が どうして
増量したイベントに対応出来ないため没になった留美の代わりに浮上してきたのか?

                      _
                     /´    `ヽ.
                    /  i 、   ,  ∧
                /  i人ハ , ,ハ ,ィ l
                   '´V l 廿 〉V廿 ノィ !
              __f"ヽ寸ー''⌒'ーァ゙,'ソ            r──  、
                 | 二、ヾ、 _ ノ'´                 ,l ,ト、_  \
                 /´: :: :ヾ ヽlУノリ               ,l ,l   ヽ  ,!
             / ム: :: :: :ヾ. l/ イ               ,l ,l     |  l
                / /: :: :: :: :: :,氷: :|            ,.- '"  l  /`;  l
            / / ,;: -:: :: :: イ、::ヾ|             ,.ィ'ヘ._,nー'  ゝ- 、_,/
              / / ´:: ;;. </: :| ヾ.:`!     ,. ‐ 、´ >''´
            /: :ゝ<.    `ヾl -‐ゞ、  ,,.ィ'') )彡''´
         ,/: : : : ∧  ヽ  r''´,>‐、><.>''´
      / : :: :: :: :: :∧ ,l`ニヽヘ, ぃ〉<ヾヽ
.     /:: :: :: :: :: :: ::.::∨.:≦>''ー''"    `ヾ
     l : : : :: :: :: :: :: :: :i.<;;ノ孑γ'´ ̄ ,ノ
     /: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l; '´\;/   ,. イ
    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.::l   \イ´.: :.:|
 ,/ : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l'' 、  ヽ: : : :|
 ! : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l- .`_,ノ ─‐'
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それは増量したイベントの内容が、原作のタバサの境遇を彷彿とさせるものだったからです。

立場等、細かいディテールは全く異なるのですが、骨子部分に共通点があったため
これは彼女しかないと言う事でAAの少なさを押しのけて配役する事になりました。


99 :◆vsQyY1yD2Q

                    - ―― -  、
                 /          \
                   , '            ヽ
               /       j __/_    ハ
                 /  、ヽ ハ   /// `//   }
                  レ  ィくム从 /イtァテ</     !
                i ハゝ ii Y-{ ゞ'┘/:/   ,′
                l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   /  ……ユニーク。
                リl 八   .   /イ ///
                ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′
                  ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ
                  〃 ̄ V }{ヽ/    _>
          ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
          l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
          |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
          j_    l≡l         !_         \
          { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
          ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }


『LB3』 のラストに登場し、「次回作ではヒロインに!」 と言う声があったからと言うのも

彼女を配役した理由の一つだったりします。


100 :◆vsQyY1yD2Q
                           l.: .: .: : :l;: : .: .: .: .: .: .: .: .: .: _.: .: .: .: .: .: : : : : : : : : : ;; ;;/: .: .: .: :/
                       l: .: .: .: :V .: .: .: .: .: .:_,,. ´     `丶 _.: .: .: .: .: .: .: .: :;.;;/: .: .: .: :/
::、                      l: .: .: .: : V ゝー=´              \ : .: .: .: .: .: ,;;/: .: .: .: :/
::ム                         l.: .: : : : : : : :`フ               ヽ: .: .: .: .: :;/: .: .: .: :/
::::ム                      l.: .: : : :ー-‐ '’   ,              > -ャ :/: .: .: .: :/
..マ.ム                      ‘.: .: .: : :` ー ァ /  ,/' /          ヽ__,フ: :/: .: .: .: :/
  マム                        ‘,.: : : : : ;/_, /,  /l /!   ィ,.イ ! i   ! ', \: :/: .: .: .: :/
   ゙マム                       ‘,: .: :/// l/l /-ァ‐|‐//' ‐l/|∧- | .l l ̄`; : : : : : /                       _
    ゙マム- 、      _            ‘,: :'´ V/l lハ vッt=ァ '  ャ=tッy /l ル゙; ;; ;;}: : : : ;/                   ノノ
    〈゙マムッ ` 7 ̄/´ > .,_         ヽ: .: :´、 l/ゝ廴゚ー''_ノ冖廴゚ー''_ノノ/ ;.;.;.;.;/: : ;/       _ ,,/`ヽr┐ -‐ ´/
     ヽ)ビ.ィー-i,_l       >ー-へー-- \: : ヽ': : |ハ ̄  '    ̄/´: :,/; ;/: ;∠ -─ '⌒"´ ̄      ' / ,_ ー- 、
     `'マム     \_             \: :\: :: ;> . V . <: :: ://: ;/            _ ノ-‐'      ̄
       マ ム       ̄ ー  、_      .,__\: :ゝ : : \≧≦/; ,; :∠: ;/ /   _  -─   ̄
        マ.ム                   ̄ ー─ --`i 、`' ;_ `ー´:_; ´; :;/ ∠ -‐  ̄
         マ.ム                         t─ゝ.,__,. 个 .,__ , ≦-f´
           マ.ム                         l      i       !
              マ ム                     ヤ     i      ,イ
                マ ム                   l.      i.      i
             マ ム                   l     i      l
               マ.ム                     ,l _    !     l、
                  マ.ム                    ,ネ、 ‐- ; -‐ ,, ヘ、
                    マ.ム                /     '' =i='     \
                 マ.ム            _,, -‐ヘ       人        /\
                    マム           l: :: :;/ \    / i ;\    / \ >.、
                       マ ム        七": :: :,/\/; : ,ハ.; ; \/ヽ: :: : ヽ;;/
                    マ ム        ゝ:_:_:/: :: :: :/; ;;: :l: :V; ;; ;ヽ: : ヽ: :;/
                      マ.ム           〈: : : : ;/; ; ;: :l :: :V ; ;; ;ヽ;. イ


彼女の出番は まだまだこれからなので、とりあえず ここまでにしておきます。


101 :◆vsQyY1yD2Q

失敗した候補と言えば先導 アイチですが
実は彼も 「政略上の役割」 は、しっかり持っていたりします。


        /: : : : :  ::,l:::::::: : : : ,ィ: ::::, イ: : : :,イ: :!  \: : ::::::   : : : : l
       ハ :  :    ::::ll::::::: ::://:::::/ ,' :: : ::/ l: ::l   ∨::Y: : :    : : l
     l: : :   ::  ::::lll:::::::∠, ':::/=≠: : / l: :√==-l: :,' l:l: : ::  : ::: : l
      l: : : : : :: ::::::ll:l:::/,ィィ≦气 /:::/  , '/ァ===ュj:/ヽil: : :::  : ::: : !
      |: : : : : :::: :::::::ll::l//,伝て)、厶イ   /   ,ィマヽ,リ゙、_i:l:::::::: : : :l::: !
      | : : : : : :::::::::::l'::',\ {  O }           { O斤l リ l l:::l:::: : : ll:::: l
      |: : :: : : ::::::::::::l::::',  乂__,歹        弋辷歹_, ,'::,l:::l::::: : :l l::: l
     l: : ::: : :::::::::l:::ト、::゙、  : : : : : .    {、   . : : : : , ',イ.l:::l::::: : l .l::::'
.     l : ::: : :::::::::ト:::i \\           リ        ,///|:::!:::: : l !::'
       Y::l : :::::::::l:Y ',.\                   /,ィi::/l:::: : l l::'
.      ∨:l: : ::::::::l:::゙、ー∧       , -‐ -       /<://::l:::: :∧ リ
.       ∨l: : ::::::::l::::::゙、:::::ヽ、             /:::::/':::::l:::::/::::\
   _ /::::Y、: :::::::l:::::::::゙、:::::::l> 、        , ィ::::::::/::::::j:::,<
.    ̄ ̄ ̄Z: : :::::',::::::::::゙、::::l   > 、   , ィ |:::::::::::::::\:,'/:::\
      /:::\: : ::::',:::::::::::r‐ T コ 丁≧.爪匚工 エ ュ:::::::/、::::::::::::\
  _ /:::::::::::::::∨:::::',:::::「 ̄ ̄   __ |  ____|:::::::::::::\  ̄ ̄
   \ :::::::::::::::: /\::::',::::「  ̄ ̄     | |  |      |\:::::::::::::\


第66話「物産展開幕」の時点で、誰との縁談が成立するかは
アイチ以外は確定していなかったと言いましたが

実は、そのアイチの役目と言うのが
「第二夫人派との関係が決定的にこじれた場合のための保険」 でした。


102 :◆vsQyY1yD2Q

              _ -―-    _     、
          , -' : : : :ー- 、 : : : : \ _/.:.ヽ
        Λ/: : : : : : : : : : : :\_: : : :「 :.:.:丿   「 ̄ `ヽ
        |:.:| : : : : : 、: : : : : : :ゝ `\>、./   /  | : : : . _」 、
         V:ヽ: : : : :\、: : : : >、oヽ゚ ): ヽ  └  ヽ-ヘ\ ノ
          |: :/>、: : : .`く ̄ ` ト - イ: : : |           ヽヽ
         l: :|  ___  ̄ >r云テァ| : : h: : /    __      } }
        |Λ圷」    `‐' |: : |/ /    「 . : `- 、/ /
        ||: :l `´ヽ   __,   | : : レく    イ/ : : : : : : `く
            l | rヘ.  く _/  イ : Λノ`ー '´ / . : : : : : : : : .\
         >┤ 「  ̄ 7__,/ 」 :/ ´ ̄\ーァ . : : : : : : : : : : : .\
           <\L >ヘ / 」-‐¬/     V . : : : : : : : : _ : : : : .\
        /ヽ У,ニ V/:.:.:.:/ヘ /  ̄ ` ヽ: : : : : : : /  ` ー 、. \
         \ 了´    \.:/┐|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「  ̄> 、/           ` ‐ゝ
           ヽ」>、   レ'´ l |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  { {
            // ` ^l   レ-、 l L -‐‐- 、: |   ヽヽ
              | 「|  |  P:.:l// ィ  ̄ >、\  ノ /  )


つまり、魔ゐの性格が読者に受け容れられなかった場合は

第二夫人派との橋渡しは、アイチ ―― 先導家に一任される事になっていたのです。


      ,.':::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/!::::::::,,i:::::::::::/::::::::ハ::::::',::::::::::::::::',:::::::::::::',
.     ,'::::,:::::::::::::::::::::::::,'i::::::::/、/:::::/,'::::::::,イ'::::::/=-.',::::::i::::::::::::::::',::::::::::::::i
     ,'::::,':::::::::::::::::::/::::,'::i:::::/_/::/ ,イ::::/,イ:::/__  .i::::/i::::::::::::::::i:::::::::::::::i
    ,'::::,':::::::::::::::::::,'::::,':::i',:::iイ壬 >' イ / イ/,...、` i:,< i::::::::::::::::i:::::::::::::::i
    ,'::/i:::::::::::::::::::,i:::::,:::::i 'N i''":::i ,'       | i イ:::','" i:,!::::::::::::::::i:::::::::::::::i
   ,'::,',':::::::::::::::::::ハ::::,' 、::', .'、i、__ソ       !{::、,::',' ,イ,'::i:::::::::::::::i:::::::::::::::i
    i:,'. i::::i::::::::::::::ハ::i  i` 、     r'         """  ,'::,'::::::::::i:::,':::::::::::::::i
   i  i::::i:::::::::::::i  ',i  i       '          u ./::,':::::::::::,'::,'::::::::::::::::i
   i  i::::i!:::::::::::i   '  ',    ,r=- .. -==-、    /,イ,':::::::,:::,'::,'::::::i:::::::::::',
     !:::i',;:::::::::i    /:ヽ   {:'::::::::::::::::::::::::)  /. /:::::::,':,':::,'::::::::',::::::::::::',
     ',::i ',:::::::::i   , イ::::::::` 、 `""""'''' - イ   , イ':::::,イ:,'.i:,'::::::::::::', 、:::::::::' 、
      ',:i ',:::::::i_,, イ::::::::,,ノ::::::` 、  "    ,,. イ /:::::/,'' ,':::::::::::::::::', `=- ..,`
      '  ',:::::i'''''''' "/:::,r-=r'i,` 、,, -=''"______,.'::/i=-、:::`、::::::::::::::::::' 、
         、',:::', -='::::::::::i 、"`ヽ、,i-=='''""__, イ/二二../::::::`、=-、::::::::::::_`,,、
     ,. -====-',:',=--=="i  i i  i'''"" /'      ir 、:::::::` 、


103 :◆vsQyY1yD2Q

結果は ご存じの通り、魔ゐも ひとまず味方についてくれましたので

アイチは もうひとつの役割である 「縁談は失敗するけど誼を結ぶ」 方向に進んでいく事になりました。


        フ.:::ー--‐/::::::::::::::::::/ミ>.::::::::::::} }\::.\
    |`ー一'´::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::'.:::::/)  / // ,〉、::.',
 ___\:::::::::::::::::::::'.:::/.:::::::::::::::/.:::::::} ゝ-'  ´ ノ/ }:::.',
 \:::::::::::::::::::::::::/.:::/.::::::::::::::::::/.::::::::入    __  /::::::.',
   \_::::::::::::/.:::/.::::::::::::::::::::{:N:::/::/:\/i:i:i:i\/::.:::::ト}
ー―一'::::::::::::::{::::/|:::::::::::::::{:::::|:| |/.:人:{ |i:i:i:i:i:i:i:i:i~|::::::!:|
 \___ノ::::::|:/(|::::/|:::::::|:::::|:!ゝ==-   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||l:::|リ
  ー―一'´:::::::!|::::|::::{_|:::::∧:::|i、       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|リ:::|  その切っ掛けは
   \_:::::::/!!ゝ!::::l |:::::::∧:|| u    ゝ,|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||::::l
    /ヘ777777∧::::::::::::|! r_ ァ/{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i::/   男を縁談に送り込んだ事なんですけどね。
   /   ∨/(二)//∧:::::::::Kゝ_/\!i:i:i:i:|i:i:i:i|/
  /     ) ̄ ̄ ̄ ̄ >―t.   /\ |i:i:i:i:i:|i:i:i:i:|
. /     _  -‐ ¨´ \|::V/┐ /ノi:i:i:i:i:|i:i:i:i:|
/{    /             \   ||/\i:i:i:i:i|i:i:i:i:|
. |   /                 /    \i:|i:i:i:i:|


104 :◆vsQyY1yD2Q

最後の縁談が成立しなかった候補は ヴィオレ魔ゐ ( 本名:紫乃宮 まゐ ) です。

                                /{  _, -‐===‐- 、
   __________      -――‐- .    | | >'´.:.:.:.:.:.――-、:.:.:\
   |                |≦ _――- 、    \  ∨.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
   |                |     \    \    /  l:/.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:.:.:.',
   |                |      \    l    |  /.:.:.:∠ヽハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:ん:.:.:.:|ニフ}
   |                |       l__ \  | //.:.:.:./{f汽ト、 \:|\:.:.:.| 。l|:.!/_,ノ__
   |                |             \\Z.: /:イ ゞ’   ィ汽卞ハ._ノ:.|/     \
   |                |             \|ハ.:/l八   _'  ゞンノ /|:.:.:.:|   ____ \
   |                |           /⌒\ 八{ \\ 〈` )   ∠ / .:.://   __ 二 ゝ
   |                |       r=、¬ニ ̄   ̄ ̄/\ ヽ:≧ァ=ァ≦`/ .:.:/   /
   |                |       | l\ \     | _ \_}| 〈 V <.:.:.:.:./  ̄ ̄
   |        /`!      |     \\ハ  ',    | /。V  \_|\∠ -‐'´
   |     ,' l |    |  ∧-― ,∠、 l  |     | ヽ.。)    \l\_   「 ̄く^\
   |     |   |    |   ' | /  /  \ \__人、   _ r。。7)〉   l二〈厂`'|
   |_____、  ヽ..___| / /´   /    \__/ !「 ̄ r。\_/ \    ケ  |
 _ /    }  ハ   〉    /       / -―一ァ/   ||   し 〈´  / /__ / /
〈 {   yノ   /    |   /          /|\   ヽ       ヽ//>  {_ /
| |   | _, /   | r'´_          ∠ ∠、   \  \     |イ∠ _  /
| |   |  /     V´  \        , -‐'   _ く     |l     |  /\/
| |  ノヽ./      ∨    }      /     |  \__ノ     ヽノ   l|


芸名で縁談に参加すると言うのは、結構ムチャクチャな話なのですが

これは原作のイメージと言うやむを得ぬ事情がありました。


105 :◆vsQyY1yD2Q

原作では一期と二期で大きく性格が変わり、それぞれ異なるイメージを持つ彼女。

特に二期の紫乃宮 まゐは、カードゲームの販促のアニメには珍しい
ガチ恋愛をした数少ないヒロインとして名を馳せています。


                 -―- .
             .  ´        `丶
            /             \
          /             、 ハ
            /             \  Vノ ヘ
         , /    /         ヽ  v/ハ
          | /    /    、     l  V/: ',
         v{   l |.    { l\≧:x: |   |: : ',
         i:.、  N,≧x   ', ィノf示ナV   |: :  ',
         | : \l〈´f示i\ ',  ゞノ l   :|: :   ',
          ,  ',: ト ゞノ , `    ,   :|: : :   ,
             ',  ',: :.      __,  /:.イ : |: : |: : ',
             ', ゝミニゝ.  ` -  / l| : :|: : |: :  ',
             ', : : ::| : : :≧r- '´ / | : :|: : |: :   ',
             ', : : | : : : ノ}ー-‐'´ /| : :l:_: |: : : . ',
              ',: : |:_:///_ _//j : :/ /`丶: : ,
            \:j.:|'  〉(_)_/ /: :/ /    \::,
              _」^ヘ!:|/ 八 \  /イ .'        ヽ-、
          /(_/ l :| /  \/  ' / /  __   -‐'´ |
          /    ̄`> /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |
           /    /⌒j                   \


一期の彼女ならば 「失敗しても仕方がない」 と思われる要素がありますが
二期の彼女には それがありません。

そんな彼女が 二期の名前で登場すると そちらのイメージに引きずられる可能性があったため

芸名として一期の名前を名乗ったのは、それを避けると言う目的がありました。


106 :◆vsQyY1yD2Q

実際、この子に関しては 読者がどう言う反応をし、どう言う結果になるかは全くの未知数でした。

放送時間が朝早い番組は、やる夫スレの読者層の間では知名度が低い傾向があると言うのも理由の一つです。

そのため、どのような結果になっても良いように複数のパターンのプロットを立てていました。


                   _,. -‐…−- ._
                     /: : : :_:_:_:_:_:_:_:_: : :丶.
                    /: : : /´ ̄ ̄ ̄`>、yヘ:_>、
                  /´: : : : : : : : : : : : : : : : :/`  。Y:.,
              /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\゚__,ノ: ハ
                 ': : : :l: : : : : :\:ー--;==ニ/l: : Y |
             |: :|: : \: : : :_: :`:ー≠ァ斤示、l: : :X|
                  l: :|: : : | `/ー---一'´/l:f::::};〉ヽ: : :ヾ
               l: |: : : :V        弋彡'  卜: : ヽ
              ヽl: : : : ', 、y:==       '' ' |∧: : : \
                ',: : : : '、〃    丶_     /、__),: : : : :',
                 ヽ: : : : \'' '   ヽ )   ,〃: : : |: :/\|
                  \ : : : \_    ´ . イ` ー一'jノ
          _    ∩      >ミトテ`Tニ"´  l
      ‘ー、\  _ 〉ヽ    /⌒` ー ニ´_    __` ¬ "´ ̄`ヽ.
         \ / /`ヽ! /⌒\_      `  ´       __」_
             〈 / / ,つ     ̄ ̄ ̄厂>、_ィ ┬---‐ '´    |
           ヽ.  〈 |            / /´  l |         l
             ',  |、        / /   l |         ヽ
                |   |ヽ二 丶 __/ /  ○ l |        -―〉
                |  |/ l 丶-----'     l └---― ´ . -‐ァ’
            rj   卜 |  |         丶-―ァ¬ナ"´ //
            /丶--'|    |            /  /  /′
          /     |    ノ}               /    /


彼女の痛々しくも陽性な性格は 読者に受け容れられたようで
結果は 味方にはなったけど縁談は成立しない 今後に期待パターン。

割と原作のイメージ通りの結果に落ち着いたんじゃないでしょうか。


107 :◆vsQyY1yD2Q

「なんで こんな扱いにくい子を使ったの?」 と思われる方がいるかも知れませんが

実は彼女、ある条件に従って選ばれた子だったりします。


今回登場した、こちらの面々を思い出してみてください。


                 r//::::/::::::::\
              r、  //:rイ:/:-==ノ⌒ヽ
           fh   !廴⊥ィ77γヾrイノ:ヽ::ハ
         \_ >≧''=--ァ=くX Y__人::ヽ::::::ヽハ
      -==ニ>=-:::-:::::<::/::ヾ、  ∧::ハ:::::ヾ:ハ
      _ ,,彡不 ̄::rwヘ::::ヾ ::::\:::::Yミ=zzz、:::::::i: ハ
      フ:::/::/ハ\ヾ,--\ \  ヾ i!´ ̄`ミフ::: |::i:::l
      {/イハ:! {-_、ヾハz=tァヘ ヾ-、 \   ';:::i: |::|:::|!
      {!ハij:{ 代ソ ヽ`┴'' 从 ヽノ\\  } i: |::|:::|i!
      {!Y }八{! ヽ.     彳 人 く    `  | i: |::|:::|ii!
         ヾ ト、 ー '   . 彡} i爪      | i: |::|:::|::|
          }:!::|> __ ィ  ,川} !|.      | i: |::|:::|::|
          }八! , ノ  /// `ー- ,_ _   | i: |::|:::|::|
         ,__ >''´__ ,,__/--      ヽ:...| i: |::|:::|::|
        ,'´      `´          ‘.::::|::|:::|::|
         / ,,ノ    ,,             V>=ァ|  _
.   |:\_レ''´    ,   _     .r、   / __::::::::::::{_|_//
.   |:::〃/:∧   ,.' /:::ヽ__rfh i ヽ//  廴__::::V::: /

楠舞 神夜 ( 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ )


                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|
            |:.:.:.:从      !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/}
      {: :|     |: l:. |   /¨7| rイ |:.:.:.:. | |       /: :/: |

マリナ・イスマイール ( 機動戦士ガンダム00 )


108 :◆vsQyY1yD2Q

               \
         /\. -―) )‐-
    ー=≦     \ ノ'     `ーヘ
     /    /ミ           ハ
    ′/    /       N
   /://    / i///  ,/  ノ┤/l    ;
.  j/ ′   ,′//厶イ厶イ __j/ l}   }j
..   ;   ;  {Y rt_,    イでヾ}   ;
    i  { /ト 八 弋り    弋り ,   /
    Xl{ |从ヘゝ         /l } 从__
.     Y !<__人    ( フ   ノイ /〈
      \ <.,____>ュ_____<,__j/___,>
            /⌒゙ }}十十{{  ミト、
.          //  〃 ! ! }   ヘ

先導 アイチ ( カードファイト!! ヴァンガード )


        _  -―ニ、 ̄` ‐ 、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:\
       ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、_:.:.:.:.:\
      /:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( __   。ヽ:.:.:.ヽ
    l:.:.:/\ : :\:_:_:_.:_: イ c 、ノ .:l:.:.: l
.     |:.:.|  ` ーァ'´ ___``ト-‐个:.:.:.l:.:.: |
     |:.:レ'⌒     了l7>`| :.:.:.:lヘ:.:l:.:.:/
      |:Λャ'7>、    ヒノ l :.:.:.:| |: j/
       |: ハ 弋,)      |: :.:Lイ:/    .ィ
        l: : 、 ` , ==┐  l : : ト、4``ニ´: :/
      l : : >、  ヽ _ノ  j: : ノ|  \:_:_:_>
        ヽ: : :.l > _ .ィ // |
        \ト     |〃   l
                /   , ┴ 、
       . ‐‐- -<,_  __/    ヽ
      厶==- 、_______ , -┴ニ ̄ニ=-->、

ヴィオレ魔ゐ ( バトルスピリッツ 少年激覇ダン )


109 :◆vsQyY1yD2Q

これら四人に共通している点、それは ―――


                _ ___
              / ★____`ヽ.,
           /‐ <:::。:::, '´,;;;;、ヽ、ヽ
         /,;;;;;;;} }:::::::{ {;;;;;;;;} }:| `、
        ,イ `ー'' ノ.:::::::.ヽ.二´ノ:」  ゙,
         / {:.゙=´.:::::::::::::::::::::::::::/    }   『ケロケロエース』 に
       /  、::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ.r―く
     (    ヽ:::::::::イ---`ヽ::::::::::/、ヽ:゙, 掲載されていた作品であります!!
        ヽ.   .>く ヾヘ⌒j,_ >「`ヽ::::::ノ
         ` ̄__r‐、 `ヾニ.く:::ヽ/`:::ィ´
           辷t_::::\/i,'::::.\::::::ノ
             `丶:/!:::::::::::::`´゚,
                j::::::::::::::::::::::〉
                   /、:::::::__::イ
                /.:::/  ヽ:::::゚,
              /::::/    \::.ヽ


「ケロケロエース掲載作品」 → 「ケロロ傘下」 → 「カエル王家の下のロマリア貴族」 と言う訳ですね。

紆余曲折を経て縁談イベントは今の形になりましたが
成功も失敗も描いていくと決められた当初は、この四人を中心に考えられていたのです。


110 :◆vsQyY1yD2Q

                                  ,,- 、
                        /(  .)ヽ       ||≡|
                    `'' ‐-.|  W.  |-‐ ''"   ||≡|
            、     /-ニ__ _,ニ‐..、,,    ||≡|
             iヽ | i /i `フ,、_j E.d| |bヨj┌、ヒ,  __ ||≡|
            l`,|. || |/ |,J ヽ、.∧.'─‐'∧ ノ し,`、 ] 「
         l 、   ̄ |/フ .| L.)三三(_j |  _/ /.||__|
        /「| ヽ  ' ,イ\`'---─---'  _-┌∠___`ヽ、
        |. l'`===='j゛ヽ、`''‐.、  _,/i, '"  U(_- 、i. ||
        .l \、_, フ    、`' _`'"__   /  〉-、  ,,||l
         ヽ,.ヽ   /    lロ口王口ロ,.イ く l`=='j|.|
           l. | /    /    ̄ ̄  |  ヽ、'─'"/ |
          /ムノ    ,/         !、   l  / l
         />ニ_. -‐''"ヽ_        ,.へ、  `‐' ,イ
        . l         `>──‐<~   `'‐─'''  l
        .l、      _,.‐‐"      `‐、       )
        /`'ミ二ニソく            `フ'ニ二ニ-"ヽ
        ヽ_  _  _丿           ヽ_  _  _丿


ちなみに、ねらう夫&ねらう代パーティのスポンサーである えんま卿も
『ケロケロエース』 で 『それいけ!桃太郎電鉄』 が連載されていた事から配役されました。

配役理由は、ねらう夫に合わせて 「顔が怖い」 だったりw


第74話へ   3  外伝へ

この記事へのコメント
バトスピ然り、プリキュア然り、朝の子供向けアニメに出てくる女の子は
無性に掻き立てられるような可愛さがある。
やる夫スレでの出番もっと増えろ!
Posted by at 2012年07月09日 23:59
>朝の番組はやる夫スレでの知名度が低い
そう考えると、今のプリキュア人気は凄いな。
やる夫スレでもかなり出番増えてるし。
Posted by at 2012年07月10日 11:04
むぎのん、判ってはいたけど残念ですな〜。
また機会があれば使ってやって下さい。
Posted by at 2012年07月10日 14:01
リューミン推しだった身としては微妙なところでは有るが
下手売って不幸まっしぐらとならなかっただけいいとしておこう
Posted by at 2012年07月10日 19:19
むぎのん思いっきり引っかかった・・・その通りだよ!www
性格に難はあるけどもしかして・・・!?とか思ってたよ!www

あとざんげちゃんがマンモスマンに負けるのは予想できるけど、
嫁の中に入って上手くやっていくイメージが浮かばない…。
ポジションがイングリッドと被りそうだし。
嫁候補予想って意味じゃ留美のほうだったかな
そういやイングリッドはどうなるんだろうね・・・。
Posted by at 2012年07月11日 09:00
物語としての面白さ、と。
読者の持つイメージも利用するわけですか。
ええ、ダミーに思いっきり引っかかりました。でも引っかかったことに悔いはありません。

タバサはなんとかやる夫と幸せになってもらいたいところですが、
ゴジャースとの因縁を考えると一筋縄ではいきそうにないですね。
Posted by とあるA at 2012年07月29日 22:08
タバサの出番がまだまだこれからということで生きる希望が湧いてきた(
Posted by at 2012年08月09日 20:05
やる夫界隈ではタバサは長門とキャラも外見もコンパチキャラでしかないのがなあ。
長門自身も綾波レイのコピーじゃんと言われればそうかも知れんが、やる夫スレが発展した時期は丁度エヴァが下火になってた時期で綾波とアスカのポジションを長門とハルヒで取れたのがデカいんだよな。
ローゼンらきすたハルヒが初期御三家としてビッグネームになったから互換性の強いエヴァヒロインはどうしても2軍扱いになるしね。
Posted by at 2013年02月11日 01:05
とは言え、ゴジャースの好き勝手を許す長門というのはキャライメージ的に無しだと思いますよ、個人的には
なのでタバサが配役されたので正解でしょう
Posted by at 2014年09月29日 04:55
時間帯www
ごめんなさい。確かにウス=異本以外でヴァンガード勢知らないです。
Posted by at 2017年03月20日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56960139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ