■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年07月09日

裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」(4)

第74話へ    4 外伝へ

111 :◆vsQyY1yD2Q

さて、最後に縁談が成立した面々について見ていきましょう。

実際にヒロインとして今後のストーリーに関わってくる面々なので
没配役が一気に多くなってきます。


第66話「物産展開幕」 のあのシーンでは、アイチを含めて11人の候補が登場しましたが
次の回以降も新たな候補が数人登場した事は皆さんご存じの通りです。

ネタバラしをしてしまいますと、そこにトリックが隠されていました。

例えば山田の母親であるマリナ。


       ///:::::::::::::::::::、:::::::::::::::、ヽ::ヽヽ
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|
       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::||
       .!!:::!.|ァ’/'    |      |:::::|:::||゙ ‐ ...__
  , -‐  ´|!|:::|.| _l. -―r‐ r‐- _ !::::|::::||     `  ‐、
  /     .!||::::l.l´   -‐L...ト、   `!|:::|:::::||      r   l
  | l    | l||::::ヘ.  // | |ヽ   | |::|!::::||i      /    |
  | ヘ    |.ヘヘ:::::ゝイ /  .! \.ノ、|::||::::|| !    /     |
  .!  ヘ   ! ヘイ´/  /  |  !  ヽ | `ヽ:j| | .!  /      |


次の67話の最後に山田との関係が判明しましたが

実は、もし66話で登場した際の読者の反応が悪ければ
山田の母親役は他の人にする事も出来るようにしていました。

何せ66話の時点では
ノアニール貴族である事も判明していなかったのですから。


112 :◆vsQyY1yD2Q

66話の時点で山田のもう一人の母親について分かっている情報は 「長い黒髪」 だけ。


           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Y::! リ--Y::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Y≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.    r==ァ   人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:−、_ゝ_'_..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Y::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:−:'Y、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>-、_:.ミ:、: : :`≧:<Y、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Y:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Yハーイ
   / ::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Yハ::八
.  /:::::::::::::/::::::/::::::::::ハ  ∨:::ハ     .  ,       八::∧:::::\
 /:::::::::::::/:::::‖::::::::/::::::.   Z::ハ   ノ/    ./ メ:}:::::}ハ:::::: \
. {::::::::,::::/:::::〃::::::::/::::::::ハ   Y:トii>''¨⌒≧‐彡"  /:ム;リ:!::!::!::::::::`
八::::::{::::i!:::;/{:::::::::,'::::ノ¨{∧.  Z  ,  //|:.   /:ムイ: :!:ハ:ト;:::::::::
. ヽ::ハ:/レ':;/L;;;;_{/{ ハ∧   }リ. //   ノノ   /: : !.: : :.リ{ }| レ'⌒
.  ) リ:::::/:{::::/  i! ! ゝ.∧ _. ∨    -イ  /: :_x ‐―――テ
    /:::::/イ:::'    八 !   / : `ー┐ fナー―--┐ ̄ ̄´ー,f
.  /:::::/: :.{::{       ,  <: : : : : : :{:.!、 ゝ: : : : : : : /   r‐'"zzzzz
.  /:::::/: : :.!:::  ./  {   \: : : : :!:.! ヾ}:了: : : : :/    .|'圭圭圭圭
.  !{::::{ : : 八:! ./   \   .}: : : :.!:ハ、.{:/: : : : : {     ノ圭圭圭圭
. ノレ´}: }: : : .}/    /{/¨ ̄_≧x_:.ヾニ !: : :z=ミ: |、 ./圭圭圭圭圭
   /: .!: :{: 〈   /⌒´ /圭圭圭ミx_.!.: : : :.ゝ:ト`´ {圭圭圭圭圭圭
.  /: :〈: : `: :ヽ /     /圭圭圭圭圭圭ヽ\: : `ヾ〉 '圭圭圭圭圭圭
  八: : :.\: : : }∧   /圭圭圭圭圭圭圭圭\`ー,:}--`ー'" ̄ フ圭圭


そう、リュカも 山田の母親候補でした。

ただし、彼女の場合はマリナと違って実際にノアニールで呪いを掛けられて眠っていたでしょう。
DQ5の主人公は、石にされて8年の時間を過ごしていますから。


113 :◆vsQyY1yD2Q

66話投下時の反応は 特別良いとも言えませんが悪いとも言えないものでした。

悪くないのであれば、マリナの性格ならば次の回で読者の好感を得られるだろうと判断。

と言う訳でマリナは 「山田の母親」 の役割を持つ事になりました。


                   //.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ.:.`ヽ:.`ヽ
                 /:,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.':,:.:.:ヽ
                   /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:',:.:.:li :.:.:.',
                    //.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.;'/:.:.:.:.:.:.:.:|!.:.:.:.:.:.:.:.i|.:.:.:.:.:.:!.::.li:.:.:.:.i
              ,'/ヽ_ :il.:.:.:.:.: |i.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!__::_ _:l|,. --‐ト-'|!'⌒:|
                i:i/´ー:-|!`二.:.|l`二ニ二|!ー ―-l|.´ ̄`l/´|!:.:.:.:|
                |:! .:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.i:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.i:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.|.:.:.|!:.:.:.:i
                |:!.:i:.:.:.:.:.:!!.;イ:.:! !ト;.:.:.:.:.:.:. ;'l:./l:_.:_./」__!:.:.:.:| :: |!:.:.:.:.!
                l,':人:.:.:.:.|ソ弋ノナメV:.:.:.:.:/ l/´i:. /´リ_从: /.:.:.:|!:.:.:.:.l
                |/.:.:.ヽ.: イ,r┬trュ、 V.:.:/ ´ ,rレ'TTテヽ!:/.:.:.:.:.ll:.:.:.:. !
                |i :.:.:.:.レ'| ヽ込zソ´ ヽ/   ヽ込ソ '´|'.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.',
                |l:.:.:.:.:.:.:.:ハ   ̄               |:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.i:.::.
                |l.:.:.:.:.:.:.:iトハ       !           l :.:.:.:.:. |i:.:.:.:iト、:',
                 il:.:.:.:i.:.:.:l| :∧      ヽ       イ .:.:.:.:.: |!:.:.:.:!!ハ::.
                  l|:.:.:.:|:.:.:.l|:.:.:. ヽ    ー_‐‐     //.:./ .:.: :.|:.:.:.:.|| :.:.i:.',
.                l.!:.:. i|:.:.:.l|ヽ:.:.:.:.:>、        / ,'.:./.:.:.:./|:|.:.i:.:.||:.:.:.!:i:}
              トヽ/||.:.:.:l|_:_:_;>、 :.>,. __ イ  /.:.;' : /.イ:|:/ : ||:.:.ノ.:ノ
            /!∧ .li:.:.:.l| //´ ̄ ̄',      ,'.:.:,'//.:i!:リ. :.:.ノ.:'/
           /  !l.:.i ト、_:jl/ /        ',       i/l/ .:.:.:l|:.|`ヽ:/
.           /    |l.:.:! ,'\ li |  ヽ    i       !/!.:.:.:.:.:.:||:.|  ヾヽ.
         /    |l.:.:|'.:.:.: |.l| !   \       |i:.:.| :.:.:.:.:.:||:.|   } }ヽ
.           ,'    |l:. ;!:.:.:.:.l lト、ハ     `    _ _|l:.:.|:.:.:.:.:.:.:|j:.|   / ./  \
         |     ,|l:./|:.:.:.:.| l| } }         ´    |l:.:.| :.:.:. :.:.||:.| //.    \
         |   / li//.:.:.:./:/./ 人           |l:.:.|.:.:.:.:.:.: lj: !´/        \


原作でも保母さんみたいな立場だった事もあり、母親役が実によく似合います。


114 :◆vsQyY1yD2Q

余談ですが、マリナもリュカもダメだった場合は次の回で別の母親役を登場させる予定でした。

まずは、『とある魔術の禁書目録』 から 吹寄 制理 。


                            /::::::: / :::::::::::::://:::::::::::::::::::::\
                       .::::/::::::/::/:::::::::::/ ::::::::/ ::/|:::::::::::::.
                      /::::::::::::/::/:::::::::::::i_::::::::::::::/ :|::::| ::::: |
                        / ::: i:::::::|:::|/|:::::::::::| ^ア心\ |::∧i:::::|
                        :::::::::| :: /⌒ |:::::::i:::| `弋ソ   j/_ i:::::|
                     |::::::: |::::{(::爿 :::::i:::|.      / fx/:::::;
                     |/::::::|::::::マー'}|:::::::|八        Yソハ:::/
                    /:::::::::| ::::::':: リ|:::::::|         ::::|/
                     /::::::::::i|:::::::::V八 ::::|     ⌒'  人/
                     _ 厶-:─八::::::::::ヽ. \ト .     イ
                /\/ ̄ ̄|/∧ ::::::::: \ \∨>< :::|
                // //丶  ///∧ ::::::::::::: \/| ::::::::i ::: |
                  // //    /////∧::::::::::::::::::l八 ::::: ト、:」
            /|││|   | ア¨¨¨¨¨゙\::::::::::八'/\:::∨/\
             /::::「 「 :/:/  │/      ∧::::::|\ ̄ \く\/〉
.           / ::::::: |││|   j/      //ハ:::::|  丶  \:`丶、
         /::::::::::::::/|│「 「  /      //  }:ノ    \/  \:::`ヽ
      .::::::::::::::::: /「 「/ / /        //          ヽ   `丶::)
      /:::::::::/::厂 ̄ ̄ ̄/       .イ/          . : '; : .   \
.     /:::::::::/::/    /       /ーY . : : : : : : : : : : : : .ニ二二二    \
    /:::::::::/::/     /       ∠( 二i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : .   }
    :::::::::/∨ ____/      / _,>圦 : : : : : : : : : : : : : : : : ノ : : : : : : : : : ;
    |:::/|/ 〈 〈/:// /     /{∧.     \ : : : : : : : : : : :二二二ニ: : : : : : :/
    |/八  ∨:// /      // 'ーヘ       ー-=ニ二ニ=<: : : : : : : : : :/
      / // /     //   /∧         _____ >‐=ニ= イ|
     / :// /     //   /  `¨ア¨¨ ̄ ̄ ̄ \          |.|

こちらは原作で高校生なので、彼女が母親になった場合
山田との関係は親子と言うより姉妹のようなものになりイベントの内容も大きく変わっていたでしょうね。


115 :◆vsQyY1yD2Q

続いて 『マリアさまがみてる』 の小笠原 祥子。

                 , -──‐- 、__
            , .::'´::::::::::::;::::::'´:::::::::``ヽ、
            /:.::.::.:::.::::/:.::;::::'´::.::::::::::::::k
          /:::.:.::::.:::::/::::/:.:;::.::.:::.::.:::.:::::l::::\
          ,':::::::::::::::/::::/::::;ィ::::;:::::::::::.::.:;イ::.::.:.:ヽ
          .!:::::::::::::::;'::::/::::;ィイl::/:::;.ィ::::::/ l::ハ::::::.:!
         |:::::::::::::::!:::;'::::::仕‐リ:∠_/::/  !:! }:::::::l
         l::::::::::::::l::::l:::::;六ヌjァx'/ _二`!l l:::::::!
         !:::::::::::::l::::l:::::!  `¨^ ー   セ了{:ソ::::/
          |:::::::::::::l::::l::::l         {  ̄ ∧X´
          !::::::l::::::!:::l:::::!        ゝ ,イノヽヽ
         .!::::::l:::::;'::::l::::lヽ    ー- /::l
          j::::::;'::::;':::::l::::l   \    /::l::::l
          ,':::::;'::::;'::::::ハ::::!  /`ヽ'´::l::::::l::::l
       /::::/::::/:::::/ !:::l   k::::::::::ノ:::;イ::::!
        /:::/::::/:::/\.!:::l  l、\:/::::/ l::::l            ,ノ`ニュr-ィ
     /:::/:_;厶 ´   l::::!   l   ` く !:::l           ,⊥_ィ匁ヌヘ. 〉
      /:/_,二_¬、   |:::lヽ_  !     メ::::!          く_  ハへジ´`>
    /f'/;:;:;:;:;:;:;\\. l:::l ヽ !    / j::::!ン-、         ヾ´`ー<フ´
    ,'::{{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\\l:::l  `、 !   / /;!:::!:;:;:;:}         '´(¨7ア,ニ、
   ,':::ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\l::卜、 ヽl //;:;!:::l;:;:;:ノ          //`‐'´ _,,.、_
   !:::| l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l:::ト、_`Y/;:;:;:;:;l::::l∨        _,. -/ァ<_‐く廾トkヘ
  .!::::! l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;ヾ;:l:::l;:;:;:;不Tヘ;:;:;:l::::l;:ヘ      ∠-_づ、 ̄{メ久 `'‐ゝヽ!
  l:::::!  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:l:::l;:/ イ六ヘ ヽ;:l::::l;:;:;}     /  ノr/-く  `く'メハ
  !::::|   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;l:::|′ ,!;:;:;|  Y::::l;:;ノ    ノ   ´ /ヾニン     ̄`


黒髪の長髪ですね。

原作のアレがないので多分男嫌いにはなっていないでしょうが
前述の通り縁談を申し込んで来た者達はニュー速で家の財力を頼りにする者達。

……ハッキリ言って似合いませんよねw

家の都合での縁談となると自分から否とは言わないタイプのような気がしますが
それで結婚となったところで、最終的に幸せになれるかどうかと言うと首を傾げざるを得ませんでした。


116 :◆vsQyY1yD2Q

もう一人は 「ねーちん」 こと 『とある魔術の禁書目録』 から神裂 火織です。


                      , 、  / , ミ=、_/:.:./:.:.:.:.:/, ´:.、ヽ ,
                     ,..-':.:.:.`:ー.-. 、-..、ー-....、_彡':.:.:.:.:.:.:.:.| |
                  , -.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.ヽ:.:.-= = 、.{ {ヽ
              ,.::´:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ミ=- ':.:ヽミー- ._| ゝ:.
              /./:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:、:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.: /:.:.,ミ、`ー- ':.:.:,
           / /:.:.:.:. :. |:.:.. :: ヽ、:.:.ヽヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:}/:.:.:.:.|:.:.:.:ー==-- - - 、
            { .l;.{:.:.:./:.:.|:.:从:.:.:',x'-, x=-ヽ:l!:.:.:.:.|:|_:.:.:.:.:.|!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  `ヽ ヽ _
.               | ,:.:./:. : | 卞、ヽ;.|.´ 込ツ  リ,:.:. / | ヽ:.:.,.:.| ヽ:.:.:.:.:.:.:,:.:.:l      ー 、ヽ
              ソソ|!ヽ:.:.l 沙 ゝ |      ム|:.:.:.:.| ノ /:.: !  l:.:.:.:.:.:.:l::.:.l         l  ー .、
                  ゝ `ーゝ ,           |:.: : :|:.:./:.:.:.:.:,  l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l         ヽ、/
                      从  ` _ _     |:.:.:.: |ィ :. l:.:.:.:., .|:.:.:.:.:.::.:l:.:.:.:,
                   |:\   ー_'     |:.:.:.:.:|:|:.:.:|:.:.:.:.:., |:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:,
                   |:.:.: \       ,   !:.:. :. |:!:.: |:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.,
                   |:.:.:.:.:.ト` - ≦  ,':.:.:.:.:.:|:|:.:.l!:.:.:.:.:.:.:, |:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.,
                   |:.:.:.:. | `_ー=|  ./:.:.:./:.:.:ト, - =- .:.:.:\:.|!:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ヽ.:\
                     ,:.:.:.:.:.l / ./ー-! ./:.:.:./:.:./     `ヽ:.:.:ヽ|:.:.:.:.:,:.:.:.:.:., \\
                      /.:.:.:.|.:|' ハ ノ,/:.:.:.:/.:.´           ハ.:.:.:.:、.:.:.:.ト、.:.:.:.:.,. .\\
                   /., -' ノ:l ー‐ '/:.:.:.:/:./, ´/         }:.:.:.:.:ヽ:.:.:, \:.:.:.:,.  \\
                   /'/ ,..:/ー 彡/:.:.:.:/, ' /        /:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.l  \:.:.:,   \\
             , .:´__//=彡 x≦彡/:.:.:.:.:l´ < _  - =  ´ .∧:.:.:.:∧:.:.|:.:.:.,   }:.:.:.、   \\
              /   // x≦/  ,..:′:.:./ノ ´         /:.:.:.,:.:.} |:.:.l:.:.:.:.;  .|:.、:.:.\    \
           ,.:´    |/ /   /:.:.:.:.:,-'-―== ´      /:.| 、.:./ .|:.:.:.,:.:.:.:., .!:.:.ト、:.:.:.,
.          {   ,  ´,:.:/    /.:.:.:.:,'__            /.l:.:.|. 〉∧ .l:.:.:.|、:.:.:., |:.: | ,:.:.:.:,
       , ´ ∧_ /  /__ ... =彡l:.:.:/__ `ヽ.         / |:.:.:|':.∧.:.:.ノ:.:.:.| ヽ:.:.:.'.:.:.:|  ,:.:.:.:.
    _.. -'__/_>'_ヽx彡´    / .|:.: |/  `ヽ ヽ     /  l:.l!:.:|/ ∨:.:.:.: :|  ,:.:.:.,:.:|  .l:.:.:.:.,
    \   ,へ r‐=ミ -= 二    ゝ/     ヽ、` ー- ...__/:.∧:.l   〉:.:.:.:/、   ,:.:.: |  |:.:.:.:.l
      ー'  ノヽ,  ト、   >x ./         ./===- 、 /:.,  ,:.|  /:.:.:.:∧:.:,  |:,:.: |  .l:.:.:.:.l
        /  ノ  イ `ミ二ミ、 /         /__/  /:./  l:l ./:.:.:.:/ .\.,  !:.:.:.|   |:.:.:.:.l
        ヽ ./ / .l      `/      /-―=/.. ./:./   ヾ':.:.:.:/     .\':.:.:.: |   |:.:.:.:.|


こちらは登場すればノアニールの教会関係者でしょうか。

精霊神教がエルフを排除するとは考えられませんので
山田との親子関係については特に問題はないでしょう。


117 :◆vsQyY1yD2Q

マリナが採用となったので彼女の出番はなくなりましたが


              , -―‐<:丶:::/::::::::::::\
          〈 〈 ̄ ̄_ゝ-f勹, ニ二二二二勹
              \>'"´:::::::::::::`⌒丶:::::::::::∨'/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ,’ <::::::::::::::::::::::::´:::::::::::::::\::::/'〈 ',  | か、神裂火織   (⌒⌒)
       /::/`:::ー‐-::<:::::::::::::::: \:::::::マ__∧ , |  じゅうはっさいです\/
.       /::/::::/:::::::::::::::::::: ̄:\:::::::::::ヽ:::::∨、::'、ヾ \
    ,‘ /::::::::::::::::::::::丶::::::::::丶、::::\::::::::::::::::|\::ヘ    |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ー=ニ:::: ;'::::::::{::::::::::::::\::::::::::::ヽ:::::\::::}:::::|::::::\\
    ; /::::::::::::::∧::::::::丶:::::\::::::::::::::::::二=-リ::::::::::::\二二二.\
    /イ::::!:::: / 八:::::ヽ:::\:::::ヽ::::::::∨::/::::人:::::{\::::::::::::::丶、 \\
     |八:::|::从ー-ヘ:::::ト<::\::∧:::::::∨⌒Y⌒^¨ ゙̄>、 ::丶:::\ \二二フ
    {.  、:::小代芝\| ィ弋芝癶';::::: | j/∧、   /   \:::\:::\  ’,
.     ヽ  〉:ハ::///////´ |::::::トイ リ }  {     ヽ:::::}丶\ }
      / \l八 〈      u | ::::| ' / /         ∨::::ハ:::ヽ
       i { |:::丶       /!:::::| / /    人      }`ヽ.ハ::::}  ;
      !    | :::::::ト、‘  つ イ\.';::::∨ /      ヽ }     \}:人 }
      !  ; | ::::::l >‐ ´  \二\∨: : : : : :'"-―∨ : .        |_ )
        } |:::::〈   \: : : : `ヽ: :\:、 : /:'´ ̄ `\: :       j |∧
      丶、 │::∧  ⌒ミ:、: :/    ヽ彡'´      :ヽ∠   /∧ }\
             |:::{.∧     :y′   //        . : Yニ二/ : ∨   '_
           |:::/::∧   〃    〃\      . : : : }⌒\.   |   }ノ)
              l/::/ |>、 {{     {: : : : .     . : : : /    `  j二二イ
        た  /::∧ |:::::ト匸',      、: : : : : : : : : : : /    _,, ァア´   レ′
       ゆ /::∧:::'. ヽ:{ ヽ::ゝ: : : . .  `ー<∠ _:_:イ二 ̄}工//    ,′
.         ん ,':::人::ヽ \\ハ:::::}丶、_: : : :_:_:_:_ノ__{{工/</     /
            {::{ {\\  ヽ}:ノ  / ̄\   \  ー-=<       /


ノアニールのために必死にアピールする ねーちんを見てみたかった気もしますw


118 :◆vsQyY1yD2Q

ちなみに山田の母親にならなかった場合、マリナは最終的にノアニールに戻るはずでした。

              _  _
          __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
          rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
       rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:..:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
       {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
         {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
        ||:.:ヽ::{'´ ヽ.:.:.l/ `ヽソリ::イ.:../:.::|
        》、:.:..ミ ● ∨  ●  彳|.:.:|: :|
        |:.::ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /:.:.:|.::.:.!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i.|.::.:.|
       \ /  |:::l>,、 __, イァ/   /:|.::.:.|
       ./  /|:::| l  Y.r'   {ヘ、__∧|.::.:.|
       `ヽ< |::::|\ l l l /ヾ  彡' 〉.::.|


それでもニュー速で家の援助は受けられる予定でしたので心配はいりませんよ。


119 :◆vsQyY1yD2Q

続いてアイビスの従妹である神夜。
                           __
                      >::_::::::::::::::::::::ミ::..._
                 _   ,..:::::::::V \:::::::::::::::::/ V       ._
             / V./:::::::::::::::| {:::Y {::::::::::::} Y:::} |       ノ ,}
              >ヽ <::::::::::八 V人\:::/.イ /    > ´ 〈
              y::/ l:::\ \く 入 ヽ -─= ミ. イ>ヽ 〆 /l |ヘ)
              ,:::::::::::::::::::::\ \x≦:::::::::/:::::/:::ノ く  /  L|
              ,:::::::::::::::::::::::::://::/::::/:::::/:::::::人:::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::/ ./:::/::::/::::::, '::::/: ∧:::V:::::ヘ< _
         /::::::::::::::::::/ x彡/::::/::::::,:::: / ./::::::V::,::::::: ヘ≧ニ== ュ_
         ./:::::::::__r==ァ≦x ´ / /::/  / ∧  l Y:   ヘ.  >=<
          ′::::::::`7=  ̄ フ , ´/ /  /  / ., '  V ト  l    ヘ
       .′::::::::::/    // / / /‐-//    l 八l |  l ト. V
         l:::::::::::::: |   ./ /// / /xテ云ミ     xテ云ミ.l λ ! ', l
.       |:::::::::::::: |     //.∧/ l 弋z:シ     弋z:シ| / ! l  l
         ';::::::::::::八     / ./l   :. 〃〃     〃〃.イ / l V
          V::::::::::::∧   / l |  从      '      .人 ∧ ト、
.        ’,:::::::::::∧ /    |   | 丶    ー‐    // /  ',:l 丶
           \::::::::::::::′   l |  !  >  _  < / /    l   V
           丶::::: |     从 l          ノ /         |
                 ` l     ヘ ヽ     `  ´   /          .:
               :.     }  ', 丶    、          /   .∧
           r==≦ -─::::7           ヽγ´      {   /、
              V:::::::::::_:: /            |        ',  /::::ヽ
               ヽ::厂   ′          l         l:`ム::_::/
        _  -== ヽ   l               ′         |:::::::/
     -≦  -‐ Tx j  ̄.{           .:           lj/ __
  γ_ =≦   //_ ナ/ 入 、         /            ∧≧  二 ≦ 、
  └ 二二二二二=≧ /  ヽト __ ィ::ヽ / /ヽ    _ / \ヽ. _   ≧. 丶
      // >  ィ      ト  _  >、::_::::/ ` ‐-/ニ .入 \\ 、二二=- 八
          /V       トヽ  丶 __> _ .:::≦:::ヽ ト \ ヽヽ、


ダイゼンガー提督繋がりで 斬艦刀関係者として出て来た彼女。

「女王派との縁を強められる家」 で 「アイビスの関係者」 ですね。

スパロボ関係の人は全体的にAA数が少なく
アイビスの関係者として登場させると決めた時点で他の選択肢は有り得ませんでした。


120 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼女も没がなかった訳ではありません。

神夜本人ではなく、関係者で没になった人がいました。


           . . - ァ‐:7 ̄ヽー:.、、
         /: .   :/ / . :/ :/ヘソ⌒ヽ
       / : .   /:/  : } :i| ヾ 〃ヘ、\
.      /: .  /:/ :/ :/:/ i| ``"`Y \j
     {: . ___{ :/ .:/ ノ丿\{     リ从 ヽ
     {//ハ .:У_〃:::::::ミY..}イ=ミヾヽノ
     { / /'У r=气{ ::::::::::ノノ⌒寸:::::)! ヾ
   !ヾ、∧ X :リ リ )`ー‐"   ゝ┬':ノ ハ
 j\j: : : . . Y :/ (:(     __"  从 (
ヾ: : : . . .   ヽ:{: . :)ハ   ´ - ` ∧ハ}  ヽ
ミ: : : . . .   ヾリ } ノノ :リ、     ∧ノ ノ  リ
ゞ: : : . . .    { { :乂   `ー┬‐:′{ {  Уィ
ラ: : : . . .    从乂ハリ777777777〉从ハリ  彡
∠: : : . . .      ぐ/////////〈: : . . .   ル′
::::ソ__: : : . . .       :≧////////∧: : . . .  ≪、、
`ヾ:://: : : . . .    `ヾ;////////∧: : . . .  イ、、
::::::::\〃__: : : . . .   そ////////∧: : . . . ≧`ヾヽ


『謎の食通』 レーツェル=ファインシュメッカー ( スーパーロボット大戦 ) さんです。

第68話「続・丸ごと問題児だらけの縁談大会」の新料理披露に客の一人として登場する予定でした。


そんな彼の正体は、アイビス達の父親 ダイゼンガー提督とスレードゲルミル提督共通の友人で

神夜の父親が誰であるかを彼が教えてくれるはずだったのです。


121 :◆vsQyY1yD2Q

そんな彼が没になった理由は ただ一つ。

「わざわざ彼を登場させなくても、答えに辿り着く方法があったから」 です。


ロマリアの事であればケロロ関係の繋がりが。

ポルトガの事であれば 「なんだってー」 が。

そして、当時のロマリアの噂について語れる可愛らしいお義母さまがいたのです。


               /   / /  /        \          \
           //   / /  /!          ',
             / ′  | '⌒メ/│ l │     │         '.
         / |  {  |  /∧│ l │ | l    |            |
          {  | ∧ ./ア^_  |    | │ |                l│
           、八 {ハ|{{ んi} ∨{ -== j. !  ,′     |    l│
                \ ∧、_ ).:ソ    \{\|ヽ| j/      ′   j│
             | ,′ ¨´    x==ミ\{∨       /     ∧|
             | {  ′           }}/     / /    /V
             |ハ  、        ヽヽ / /  / /)
             {∧丶 `_ ‐一    / /   /レイ , /
              \{\     ∠//,  //∨∧/∨
                -=≧=ー┬  '´/イ /∧<
          _,  -=≡三>´ /  ̄ ̄ ̄| /´   〉\
          | l三三>'´ /\ _    j/   _∧  }
          L |||||「 /⌒<⌒ヽノヽノヽノヽ_厂  ∨ |
             ||||| /__ノ   ヽ                }│
          「゙゙|||||l/      }    ノヽ     ノ八


122 :◆vsQyY1yD2Q


  第70話「もうお前ら結婚しちゃえよ」で カガリとルナが こんな話をしていましたが

  これこそが神夜関係で小萌が登場する前振りでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 >=-     `丶、
                                                /            \
                                               ゙7             、
                                                .{   , ハ    ,、,   ハ
                                                 ゝ_l/ /ノ \/`lハlVく  }
                ルナって、私のまわりにいた侍女たちの影響で.    ノノ.i| ●    ● /  i  \
                                               彡ゞ八⊃、_,、_, ⊂⊃从」 <⌒′
                貴族については、けっこう詳しいんだよな。           /⌒l、 __,  |/^フ⌒´
                                                  ./  /::|三/:://  ヽ
                                                  |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


    /            、 、            ヽ
   ./  /        l ', 、 ヽヽ            ヽ
  /  /         ll '、 ヽヾ'、ヽ    、      、  '、
  /  /    /      ハ ', ' 、',ヽヽ、  ヽヽ     ', ', ',
  !        l    , !  '、 ヽ ヾ'、', `ヾ' 、 ヾ'、      ', ',l
  !       /   /l /   ヽ ト、 ', ヾ', >、ヽ、 !  l  l ll  !
  l       l  /-l/ニニ=弌', ヽ',  ,.ィ'"テト、', l l! ハ l
  l   l   l  / ,.イ'"テ`r、 ヾ', `、  {,.イリ:} `ト, ! l l l !
  ', l  ト,   ヾ´ 〃 {r''´:::シ   `   \ ゞ='‐ l l  l /  リ  侍女が好むような噂話方面ですけどね。
  リ',  `l    \ -ゞ‐'"´    ...    //i//   l′
   ヽト、 !    、 ヽ //i//  :::::::: `     /イ  l l      あの時、カガリさんが逃げたから
    ` `!     `r、\          /     /   ト,!       こうなったんじゃないですか。
      ', l    ヽ`ヾ'、     __,::ィ   //   l `
       l ll   !  ヽ、`    ´ ニ′ ,.イニ}l l  l
       ヽハ   ト- 、ヾ`''‐..,,,_   ,∠ニ‐'"l.! l  l
        ` ', 、 ヽヾニミ‐r‐''ニ≧'"    llハ  !
         ヽ ト、 ヾ} lヽ',l | //     l`''l /、
          >!'"ヽ ヽ > < !ll > <    ノ  |/  `''ー-...,,,_
       _,.-‐''´   \ヾヽ! lll // _,.-'"´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  貴族のお嬢様の恋愛事情などは、仕える侍女達にとっては格好の噂の的だったのでしょう。

  神夜の母親ソフィアは許されぬ恋だったので尚更でしょうね。




123 :◆vsQyY1yD2Q

続いてはリュカことリュクレース・トン・ヌ・ラ・リュカですが
この子も、最後まで どうなるか未知数でした。


                ..<:> ̄ ̄: : : : : .
                 /: : :/: : : : : : : : /: : :.>.
            /: : :_{___: : : /: :/:/: : :.\
             r‐': : : : : : : : : : : : : : : >x: : : : : : : : ヽ
             |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : .∧
            ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
           〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
           /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
           |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
           l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
            |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨
            L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
             //:::}::八      '      /:::::/.ノ:::::::!
         //:::::,'::::::l\   ‐ァ    . イ::::/::::::::i:|:::|
           //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|
        //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
       / x:〈://::::::: !: / -− 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
      i{ /: : ://::::::::://   -−┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
       /: : ://::::::::/:/    −-ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
        |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
       }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
       人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄
       !: : `: : ://    /=彡ヘ:_!::::::!: : : : : : : : :/
     __|__:./;〈\__..ィ    _ レ‐"\:\: : : :.'
   /: : : : :/ 7  `ー―'     ̄      \:ヽ: :{ヽ
   ヾ: : :./  /     /             ヽ:`: ノ
    〉:.〈∧. /     /       }         ∧{ヽ
   ヽ/::::} {      /     //       / ∨: :\
    〉:::::∧    ノ             イ    }: : : : \


前述の通り 山田の母親になる案と、作中通り さか奈の関係者になる案。
そして、ダミーとして そのまま目立つ事なく退場すると言う三つの案がありました。

マリナが正式に山田の母親になったため最初の案はなくなりましたが
二つ目か三つ目のどちらになるかは、その時点では やはり未知数でした。


124 :◆vsQyY1yD2Q

と言うのも、この子は 「女体化したDQ5の主人公」 で設定がありません。

正式な名前もありません。

あるとすれば、元がDQ5の主人公だと言うネタだけです。


 __,n_ ヽ:/:::::、::::::::::::::::::::::\::::::::ヽ_::\::::::::\
└┐r┘ |::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::\´::::\:::`::\:::::::ヽ
..<フLK゙> !∧:::\::::{ヽ::::::\::::::::::::}ヽ::::::ハ:::::::::::: ::::::::ハ  r‐‐ミ
   _   |:::∧::::: >ヘ´ \::::\:::::::ィf芹圷ミ、::::: }::\::::}\ハ : : : :ヽ
 ,ノ /   |:::::::{X::::::::::>≦ \::::\:::X;;;;;ハ ,》::::」:::::::}::」::::::∧ : : : ハ
└1_l   |::::从::ヽ/;;;;\   `ヾ」ヾ っ:::ツ レ´八:::ヽ:\::::::∧ : : : }`ー――― -/: : :
       |::/ヾヽ {(∨;;;;;; ハ      `¨´  l:::::::::\::\\___〉 : :.ノ:二二二二/ : : : :
 ⊂⊃  |:{ : : Yヾ \っ:ツ   、     }:::::::::::::::\::::::::::::} : : : :{    / : : : : /
 ⊆⊇、 |ハ: : :.Y廴        -‐ァ   .イ::::::::::::::::::::::\::::/ : : : : ヽ`¨¨´ : : : : : /
 `⌒'┘ |:∧ : : Zミ=一'    ` ´  /人:\:::::::::::::::::: ヽ| : : : : : : } : : : : : : : 八
      / :::::〉: : ∨:::::::\ー-----::彡/: : :\:\::::::::::::::::::| : : : : : : | : : : : : : : : : `¨
`ー --彡\::} : : :.∨::::::::::\\:`ー‐:´: : : : : : :`ー―――:| : : : : : :ノ : : : : : : : : : : :.
、      \入 : : : ∨ヽ:::::::::\\: : : : : /: : : : : : : :`ヽ: :.ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :¨ー― -‐´::{: : : : : :\ \::::::: \\: : : : : : :_/―彡: /::ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :: : : : : : : ヽ: :\:::::::::\`ーミ、: : : : : ノ: : :.}: : :.八: : : : : : : : : : : : : : : : :
 ̄ ヽ: : : : : : : \: : : : : : :ハ: : :.\:::::::::\::::::::\⌒´{: : :/: : : }、: `ヽ: : : : : : : : : : : : : :
  .ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : }、\ : \:::::::::\::::::::ヽ: :}: :/: : :./ }: ∧:\: : : : : : : : : : : :
´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:.∨:\二ヽ:::::::::∨:::::::\: } : : /__ヽ: :\: : : : : : : : : : : :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /{: : :∨: :`ー: \:::::∨:::::::::ハ'ー'´ ̄`  \: :`ー---:x_: : :
: : : /、::. : : : : : : : : : : : : :ハ: : :.〉\.: : : : :.\::}:::::::::::::}           `ー――----'\
: /  ノ: : : : : : : : : : : : : : : } : /\: :  ̄: : : : }:!::::::::::丿ニ二          }: :\: : : :


そんな、純白とは言えませんが 千変万化出来る 淡い色のキャンパスな彼女だからこそ

読者の反応によって変化していく展開によって生まれる歪み
そして、読者の期待を受け止める役割が任せられていたのです。


125 :◆vsQyY1yD2Q

ちなみに この子、戦闘に関しては完全な素人です。


: : : : : : : : : : : : :∧               ∠: :-‐' : :¨¨二二二≧ト、:ヽ
: : : : : : : : : : : : : :.ハ            /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :`}      _______
: : : : : : : : : : : : : : :ハ _          ): :./: : : :三≦二二二 :_:_: : : `!    /.__   00  n 00 \
.:.: : : : : : : : : : :.:イ¨|}/ ヽ        .}/:_:_:/::::::::::::\:::::::ヽ::::\`ーミ}   /  | | r、  ,⊆ ⊇、   |
: : : : : : : : : :./! ! |i{   .      ):ィ´:|::::|::{::::::|:::::::::ヽ::::::ハ:::::::\::::ヽ  <   |_| \>  ̄U ̄    |
: : : : : : : :./  l l !∧   }      `.:::::::|::::Y:::: !:::::::::::: ト弋丈::::::::ヽ:::ト、   \               /
: : : : : : .'∧.   | l |l ヽ_ `ヽ.    {:::::::{:::::::ル:::弋:::::::::::{ xf芹ミ、::::_」 ノ \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : //\  | l リ 人.     \  |:::::∧:::::iト、:::」_\:::::ゝ ら::} 》<::::ヽ  r‐y― -、
: : : : //   \.| レ/¨´  _rv 、.  }、 |::::::::∧:::ゝY' ̄`  , `¨^ レヘ::::::\ 〈/ 二 {
: : : :.{仁二二ミY'¨`ヽ/ / } {  !. \---<ヾ\    r- ┐  丿.._\:::::`}∨, -- 〉
: : : :.ll    /人_./ ./} ! ト、 {    ヽ   ∨ヾ\ へゝ ノ ..イ_:_: : } \::ヽ`ーァ- 〉
: : : :.|  //,/ {  /´ ノ .〉.〉      }   ∨:∧ハ.: :.\ー<:_:_:ヽ\_ ヽ:廴_ /ヽ
: : : :.| // ∧ __ノ / / /\       ∨: ハi} : : : : : : : `¨´: } ノ:ハ  } ` {::::::\
: : :.八/  〃    `¨´ ¨´¨´ヽс\ ー-...、.   ∨:.:||: \: : : :/: :.ノ/}: : {  l   !\:::::\
: : : : : \/               \__}: : : : :∧ ー、ヽ.:||:\ \: : :/7´/: :二ヽ |   l  )⌒ソ
: : : : :./            /: : : : : : /: :.ヽ  l || : : \:\_:_ノ:./}/`ヽ `|  |
: : :/                /: : : : : : /: : :./{ \.} ||\: : :.\`¨´:'./ `ー― :、  !
¨´               /: : : : : : /: : : : /八、_ノ .リ  `ー---=彡      〉  .|
                /: : : : : : /: : : : : :/: : : \_/          }:.      /   }
             /: : : : : : /: : : : : : :./: : : : : <          //  _ /\_ ノ
              /: : : : : : /: : : : : : : :./: : : : : : : \    / /'⌒  ̄´イ: : : : : : \
          /: : : : : : /: : : : : : : :.∧: : : : : : : : <`ー‐彡  //    _人: : : : : : : : \
            /: : : : : : /: : : : : : : : :.{:.:{: : : : : : : : :.}、_/   _  -――=ミ、: : : : : : : :.\
          ./: : : : : : /: : : : : : : : : :.|:人: : : : : : : :ノ          /⌒ヽ._>; : : : : : ヽ
         {: : : : : : /.: : : : : : : : : :.:|: : :.\: : : :./       x--― '´    \/: : : : : : : : :
         |: : : : : :.{: : : : : : : : : : : :!: : : : : \:/___ /   {!          \: : : : : : : : :
         |: : : : : : !: : : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ/            `         ヽ: : : : : : : :


魔法は使えませんし、モンスターを手懐ける事も出来ません。

どう言う役割を担うにしろ、彼女は貴族のお嬢様で コスプレをしているだけなのですから。


126 :◆vsQyY1yD2Q

彼女の持つ属性は何なのか? と考えた場合
「モンスター使い」 を外すと、浮かび上がってくるイメージは やはり 「ド○イ」 でしょう。

DQ5の主人公とは、切っても切れない関係です。

作中の反応で予想された方もいたようですが、このスレのリュカは そう言う願望の持ち主です。


   .ノ.: _:/: :二二二二二二:ヽ.: : : : : :.〉
   .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
   {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
    l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
    l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|:::::::: | }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
    { ::八::: リL::」 ,ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|
    W::;ハ::」`=彡  ̄   ///|:::::::::|:::::::|  ……………。
    l'¨7:::::∧///   '    u|:::::::::|:::::::|
    ./::l::::r'¨二つ {  フ  .イ|:::::::::|:::::::|
   /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|
   .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
.   { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
   /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\
  {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
   :. : : ||      !: : : : : : :./:}|:::::::|:| : : : : :八
   }: : : !!    」彡': :.:/:./:|:::::::|:| : : : :/: : ヽ


実は彼女、読者が期待しているであろう内容の内
「借金の形に売られてきたような娘を手込めに」 を担当していました。

そのため、その状況を受け容れる素養を持たせた訳ですね。


127 :◆vsQyY1yD2Q

そう言えば、こんなレスがありましたね。


> 609 名前: 名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから [sage] 投稿日: 12/04/09 10:30:21 ID:6pcGZvbn
> 政略結婚をする相手側の思考を読者に伝える為の抜擢がリュカだったんだなと今更に。
> 相手の好きな衣装を研究した人物って説得力はどのAAより大きいし。
> 大概の貴族の考え方はリュカと同じと考えると場所の説明役としてはまさに適役だね。
>
> とか>>1が裏話で語ると予想してみる。


確かに こう言う意図があったのは事実ですが、それだけではリュカを選ぶ理由としては弱いです。

と言うのも一般的な貴族の考え方を見せるのであれば
「にげたド○イ」 な格好のリュカではなく、もっとお嬢様な人にやらせた方が分かりやすいでしょう。

この縁談を逃せば家が危ないお嬢様は、状況的にいくらでもいたはずですから。

リュカが 「借金の形に売られてきたような娘を手込めに」 を担当していた理由は
こう言うところにもあったのです。


128 :◆vsQyY1yD2Q

と言う訳で、リュカがダミーとして退場する場合、代わりに登場する候補は何人か用意されていました。

ひっと言う ―― もとい筆頭候補は、シオニー・レジス ( スーパーロボット大戦 ) でしょう。

                   ____
                ..: ´∠: : : : : :`ヽ
             ..:´ : /: ヽ⌒ヽ: : : : : : \
                //: : : /: : :ハ: : : :\: : : : : : ヽ
           ィ:/: : : : i!: : : :.}!、 : : : \: : : : : :.
          {:{/: : : : : }!: : : ノ{: \: : : :ヽ: : : : :} _
            乂!: : : : メ '. : :!、_ヽ_:_\: : : \: _ `ヽ:}
        {r` _ノ: : イ込ハ\:{ ,ィ斧メ、:\ : : :` 彡´
           ̄ /ノ: |    ヾ:、`¨ ヽ:ヽ、ー<: : ヽ
           r:´イ :!: 、   {、   `ー   !ー-: :ニニミヽ:}
          ゝ〉乂リ: :\ ‐=-    イ}: : {: : : : リ }ヽ〉
             {:ヽノ: ノ {:ヽ、 _.. ´ jト、: :ヽ : :/ ノノ
          `ーイ{: : 乂 }     /.' : \: : ー´‐'}
           _ {: 乂: :/´乂.. ´ /: : ノ: : :ー‐<
         /:.:./`ー彡' /∧'.  、ノ: イゝ:イ: ノ:.:.:.:.:≧x
           /:.:./: : /:./ //ニヘ'.  > ´/: : /:.:.:.:´:.:.:.:.:.ヽ
          ' }:.:{: : :ハ:ム'イ:.:.:八 /ー=彡イ :}:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
        {イ:.:.:}: : : }´ /:..:./ /:.:.:.:ムイ : イ:′:人.:.:.:.:,イ/
         i}:.:.ノ: : /{:/{{≠:.´:.:.:.:.:./: : : :ノ:/:.:.:.:ゝ ゝノ ノ′
        r: ´: /==∨/===ミY: : : イ:.:/:.:.:.:.:.:.::ヽ//
        {{ : /7ハ ̄:.:¨¨:.ィーハ-ミV: : :}:/:.:.:.:.:.:.:.:〈ノ:.:/
        r‐(ヾV〃V:.:.:.:.:.:.:.レ://:.:乂} : ノ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     rヘ_ヽ八:_:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.ゝイ/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      ハ{厂 }:}    ,≧x.:.:.{ {:.:.:.イ :ノ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


原作での扱いが扱いですので、おちぶれる様が容易に想像出来ます。


129 :◆vsQyY1yD2Q

読者がいぢめたくなると言う点においては、シオニーに勝る候補はそうそういません。

                _
             -=ミ:} ..-―=ミ:、_ ..ノ
            ー==ミ/`ヽ : ,. -==ミ : : <  _
            /: :′: : : : : : : : : : :、: : : :`ヾー=ミ: 、
         /: : : {: : : : : :_:_ : : : :ー=ミー-: :ヽ:ゝ ヽ〉
       { イ : :; 八:ハ : ト、ト、:`: : `ー-: : _ ィ }__ .. ノ
       ヽ、{//: :ム、.: :、ヽィ=ミ、:`rー<: : : : :<
        /: イ: :/ィ心ヽ: :、{り }ゝ:r'ー‐=ミ: : ト、: : 、 ひっ……。
         〈イ〈 : : とつ '  \:`とつ ム==ミ/: : :、ヽ: }
         {:{ ゝ:从、     \〉/ :}    ∧: 、: ヽ }ノ
        ゝ:ム=ミ、/≧辷ニニヽ/: /   ム:ハ: }ヽ:}
       ///   /: /∧:/YoY: :/   イ7ハ: !リ リ
      'イ 〈   {: // }'_..ゝく:八   }〈C}:ト、
         ヽ -‐≠{ _ ニ=ミV{: /ゝ=r┬<リ ヽ
            ..-‐/     \  /}八}
           . ´   {      `、 ヽ Y
            ′    、       '. '.八
          /     / '.       '. }  、
          .′   ./、 '.      ∨ ヘ}
        ,     ∧ム、 '.      ∨ /
         /    /  マム≧'.       ∨
       ′   /    `¨¨¨’,      '.
      {     /         ’,      }
        ヽ、__/         ’, 、_.ノ
                       ゝ'


シオニーはプライドが高い面もありますので
「《マンモスマン》 には勝てなかったですぅ……♥」 と言わせる候補でもあったとも言えます。


130 :◆vsQyY1yD2Q

しかし、マリナが読者に受け容れられ
またリュカも読者からも期待されていた事により

「女王派以外から やる夫に助けられる弱い貴族、或いは商家」 と
「さか奈達の支援者」 の役割を持つ事となりました。


                 r': :∠: :/: /: : : :/: : : :>.、
             __)`ヽ二二二ニ=―--ミ、: :/: : : : .
            \ー―:' : : :--――-: : : : : : 人¨¨ヽ: : :.}、
               r:彡: : :<二二ニ: : : : : : : :(   ): ヽ:\:!ハ
             〉: : : : : : :二二二二二: : : :.`¨´: \\ヽ{
               ><:::::,::::::::: i::::::::::ヽ:::::::><: :.\: :\: :〉
           /:/::::::::/:::/::::::|:|::::::::::}::::::|:::::ヽ:::`:<: : : ミ}
          /.イ::/:::::::/:::/{:::::/|:|::::::::十::┼-::::::::::::::::::ヾ: ヽ
         〃 /::/:::::::/:::/7「`:{ l:l::::::::/}:::::ハ::::::::::i:::::::::::::∧ソ
          i{  .{:::{::::: /:::// x=ミ、l:| ::::イ芋ミ、}::::::::}:::::::ヽ::::::} _(:.\
            ヽL::::{::::{:ハ〈 ん:!  ̄ んハ 〉::::::ハ::::::::ハ:::::廴:_:r-:.`---:、_
              ./::::/:::! じ'    弋_ソ/:::::::;'`|:i::::::::i:::::}:.  >===:、: : \
           /::::/::::::::{ ""  '    "" /:::::::/.) |:|::::::::}:::: r---`ー‐-:、: : : :ハ
    ___....:彡'::/::::::/込、   r-っ  /:::::::/-≦:|::::::/::/ `ー--:、: : : :.{: : : :.|、
 /   ̄ フ:::::::::/:::: /:::::::::::::>。.   /,':::::::/: : ://:  ̄:>、__  \_`_: : : :.ヽ
/    /::::::::/::::::/:::::::::::::/: :  ̄:/: :/::::::/:_://:/:/´: :/: : : : :`i    ヽ: : : : : : \
    ./::::::::/::::::/::::::::::::::::ミ:=: : : : x<//::::/: : :/: :./: /: /⌒ヽ-、    }: : : : : : : : 〉
   /::::::::::/::::::/:::::::::/:::r‐':`ー‐彡': :.//::::/: /: : : : /:./    / ゚/ ` ーミ: : : : : : : :/':.
  ./::::::::::::{/{(::::::: /:::ミ: >: \:_:彡'//::::/: : : : : : : /:./    / /    └----彡   ’,
 /::::::::::::::::::;::::::::/:::::::::/`ヽ: : : >-//::::/: :ー―‐:.彡'´-    {::...{       ヽ       '.
./::::::::::::::::::/:::::/:::::::: /    /´  .//::::/ ̄ ̄`¨´   .  --- ∨∧         `        }
:::::::::::::::::::/:::::/:::::::::/     ,     i {:::::{     /   /: : : : : : :`¨´:`:ー-.、         /


リュカは できない夫関係の問題があるため
今回の候補の中では縁談を成立させるのが もっとも難しかったヒロインと言えるでしょう。

ですが、それこそが彼女がヒロインになれた最大の理由でした。


131 :◆vsQyY1yD2Q

その問題を解決する事が、物産展を舞台にした縁談の中で最大のイベントだったと言うのもあります。

しかし、それだけではありません。


        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\


実はこれには、もう一人のヒロイン ヴィクトリカが大きく関わっていたのです。


132 :◆vsQyY1yD2Q

では、最後にヴィクトリカ・ド・ブロワ ( GOSICK -ゴシック- ) に関する裏話をしましょう。

彼女の実家とニュー速で家の関係は、言うまでもなく 「第二夫人派から やる夫と敵対する家」 です。


.      /   /    |  ! :!      | :} l  !  |    |  l       i    i   l    |
.    '  ,      :|   i :|     | :} l,,斗‐十'' ¨ :!  |   i  |    |  |     |
    i  { i   :|  |! !      l .:'/} :| |   |____」   |  |    |  |  i |
    |  { |   :|  l| l      {/" ./  l,x云示笊ミx |   |  |   |  |  | |
    |  { |   :|  .」L⊥     /  / . 〃  _ノ:::::::ハ ,/ |   |  |   |  |  | |
    |  { |   :|/ l|  \_  -‐ ̄ ̄     {:::::::::::ノ   |   |  |   |  |  | |
    |  { |   :l   , x云=ミ         ,,> ''゚     ,'    i|  |   |  |  | |
    |        l!/ 〃 ._ノ::ハ                   /   ,'|  |   |   :|  ! |
.     !    ヽ >个  〈  {:::::::::}                /   / l  |   |   l     !
     ヽ   / ヽ :|  ヽ  >''               /   / l  .,′  |   :l    :|
        \/  i :|   ∧         ′        厶ィ´¨ ̄厂{¨ ‐-┬'     l    :!
          l :l   ,∧                。 ´¨ ̄ ̄:l    :|      !   l
           | :|  i  ∧          (⌒      /       :|    :|
            |:| | :{ 介  .          %         |    :|     ヽ  \
            | :{  :l :l :|   >。.      。゚         人    ヽ       \   \
            人/  ̄¨¨ =‐-- 。,,,._ `,=-‐≠=-- 、        .。ヽ    \       \   \
                      %   У       ヾ   ,,o ゚:: :: :: \    \       \   \
                 o゚    。゚         ゚oο゚ : :: :: :: :: :: :: :\    \       \   \
                 爻   爻          爻:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\    \       \   \


そして もう一つ、彼女には大きな役割がありました。


133 :◆vsQyY1yD2Q


  皆さん、このシーンを覚えていらっしゃるでしょうか。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
        _,..-'''"         "'- 、
      , -'"                  \
    /       ⌒          ⌒ '.,
   /         ,ィ=ミ、、       ,ィ=ミ、、 ',
  /         〃   ハ      .〃   ハ '
 ./           |:|    ,リ      |:|    ,リ  ',
 l            ゞ、__彡'       ゞ、__彡'  ',
 l               XXX(       j    )XX  ',.
 .i               '‐--i-‐'`rー‐´     l  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ
  ',                    `ー´           iムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ
ムニ'.,                             /  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ
  ム\                       / ムニ  ./::::::::::::::::::::     \...........    ::::::::::::ヽ.ムニ  ムニ  ムニ
ムニ   \                   _/ .ムニ   ,:ィ:::::::::::  .......:::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::、::::::::::::.  ムニ  ムニ
  ムニ/                     i´.ムニ   ム/:::::: ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::\::::::::::.ニ  ムニ  ムニ
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ./ :::::..::::::::l:::::::::::::::j!::::::::::::::::::::i:::∨::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::.ムニ  ムニ
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  /:::,:::::::::::::::j!::::::::::,::ィヽ::::::::::::::::|:::::∨, ‐-、:::::::::::::::}::::::::::::.. .ムニ  ムニ
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ム, ::::i:::::::::::::::ハイ::::::/  Y:::::::::/\:::Y-、 ヽ::::::::::|::::::::::::::.ニ  ムニ
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ /::::::|::::::::::::/  、:::: / _|,ィ:::::/  \j _/  }:::::::::;:::::::::::::::::..ムニ  ムニ
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ   .,: ::::::|::::::;: /    ∨/イ |::::/           /::::::::/:::::::::::::::::::::. .ムニ
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ム / ::::::::{!::ノ:/      /   'イ           /::::::::/::::::::::::::::::::ト、::.  ムニ
ムニ                      ムニ ,::::::::i:::::{!:::/                 / ̄ ̄ ̄`ヽ、:::::::::::::::/  \ ニ
    ん……やる夫ぉ……zzz……。   ./:::/|::::::∨ハ _,.               /         `ヽ、i::/ ムニ  ムニ
ムニ                      ム /イ /:∨::::/リムイ '             /                `ヽ、  ムニ
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ,..イ:::::::: ',::イ:::::::::}    , っ       イ                 \.  ムニ
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ー―,::::::::::::Y::::::::::!            |                      \
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  /:::::::::::::::::::::::::::人             |    /
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ{::::::::::::::,::::::::/:::::::7  -    __,..イ  / -   ̄
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ   |:::::,..<:::://:::::/  ムニ  ムニ../j              7 _/ _
ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ|/ ムニ  {::/  ムニ  ムニ .,イ /              /
  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ  ムニ / ムニ  ムニ  ..|  /       / ̄   /
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

  第63話「みんな夢旅人」 で出て来た、夢の世界の夏美ですね。


134 :◆vsQyY1yD2Q


  これ以前から、夏美に掛かる負担の重さと言うのは読者の間でも何度か話題に出ていました。

  第45話「幸薄しツーサイドアップ」で言われていましたが

  将軍のコーネリア、参謀のアナ、諜報のグレイフォックス。
  三人掛かりで ようやく夏美の代わりが務まると言うのは冗談や誇張ではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ___  ______
               ,r.'.´ ,r‐、`´,r三ミ.`ヽ、
          ,r'彡'´./ /ミ`、/.ハ ヽ、ヽヽ、
         ,.f'´/,r"./'゜ミ、/,A .ヘ  ヽ、`ヽ、.                      , -_ =.、-、‐- 、
         .f./,r", ' ./ /ミミv彡ヘ ヽ  ヽミヽ、.                  /.ィ'",. -、 \.`ヽ `ニ‐ ,,_
       _.l'´/  / /      ヽ .\ 、_ ミミi ._                 /., ' ,r'     ヽ `、 \`、`"`
        /i./,r".〃___       __ヽミ、`ヽ、`ミミl |l、                  l.,'_./ -‐-.、  ', ',.  `、
      .l.|l_./  .//_____``ヽ   .'´_,.___\ヽ  ヽ/ ll.|.              /´     `ヽ l  }    ',
       !/.l .イ l.`ヽ匕`i   '´匕:ノ´ トミヽヽ,rlノl !.              (r,'',i:´::`ヽ,、_  ` .,'     l
       .| .l i .!L≡=ミ、         ,ノ|l.i`.i / |!./.               ノl:::l ,ミ.巛从'_´';:.、  \ ノ`、
        !...!ミミ`r‐!` 、リ. △. _, イ/n !.l.|,'  レ′                    l::lf゙9,  `.f゙9i ',::::\   l  、`、
       ヽヽ三l . |n.ミ__>-<__∩ll.| |.ノ.' ./                 l:;' ‘   .`´ ./:::::::::`.r'  `、ゝ
         `ヽミ! .!|.|、l| /ム |  .|.レ'.ノ'r、'´                       l::'、  、 r―.'―- ._,' `、.、 ',
            r'~テ7! `~ ~´  i~ミ彡i..ヘ                        , - l::::ヽ._ ./ ,r――- .、.`ヽゝ.、l
                            _____.        `、 .、l:::/.// /_,,_    ,.ヽノ
                          /  :| k |   \        `、. レ { ノ .,r'   `ヽ ,' ./
                         /.   .:| t.:|    \.         `、∠、,r'        .∨
                         |      | k |       |.      r'´  /        .〉
                         |  (●)| r.:|(●)   |
               シャドウハイチュウ!   |    / (_人_)ヽ   |
                         |    |  `ー´   |   .|
                         |    |       .|   .|
                        <_,/       \_,ゝ
                       /             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


135 :◆vsQyY1yD2Q

もう一人の腹黒、もとい知恵者の みゆき。

彼女が星降る腕輪、雷の杖、そして玉鋼、ミスリルと 錬金術師としての活躍が増えるに従い
夏美へのフォローが出来なくなって行ったと言う事情もあります。

                        ヘ
                /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                   /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
               /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
              / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
              / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
           ./: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
          /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
         .// ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
               | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う_ハ: : : : : :l
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
       |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
       |   .Alchemy.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
      ./^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
    {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
     {/ _ノ           |: :.|少'   r|   W\ /: : : :l: :.│
     ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
     V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
     .ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
     .{.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


136 :◆vsQyY1yD2Q

そんな状況でも やる夫パーティを支え続けた

戦闘、商売、軍事、政治、あらゆる面において活躍出来る女傑。


                     _ , _     , - - 、
              , - ― - 、´.:.:.:.:.:.:.:`.:<´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、
             / .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´.:.:` 、
            /   .:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:. `、
          /     /    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     i    i
  _     /.:.:.:............/......................___.......从...........ト..................................i......:.:.:.:.:i
  \` " '' ".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:ソ、ヽ:.:.:.:.:| 乂-- 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:l
    .\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/    ヽ.:.:.:|  `丶.:.:`丶.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:i
   ./.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:./.:/´⌒ヽ    ヽj /⌒ヽ、`ヽ i.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:..ト
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:/l /  rヽ`     /.rヽ   ヽ  i.:.:\.:.\:.:.:i.:.:\
  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨∧| {   ト、ヘ      .ト、ヘ.  }  |.:.:// ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:从 レ{   |::::::}      |::::::}.   }  |/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  i.:.:, -ー<´.:.:.:ノ.:.:.:, ´  { | ヘ  弋_ノ      .弋_ノ . 人 | .}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
  ∨     ̄|:.:.:.:/   ´ヾ|  、、、    ,      、、、  ./` .人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
         \/      `、      r-----       /./ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  `、     .|    |      /    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              r −- ´`ヽ    .ヾ  /    ./      .|.:.:λ.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
             / イ´    .| ヽ _  二 _ , '         ソ´ |.:.:.:.:.:/|/
             |  |    ./  /      ./\           .|.:.:.:./
            /.|  |    |−´      ./  |ヽ,         \/
          ./  |  .|    .|_        `ヽ| ヽ ヽ,
        /    \ `、   |`ヾ       ./  | |
       /       .\ ヾ  |     .---/   .|  |\
     /           \`ヽ.|     ./   /  /  ヽ
    /              \ ヽ   /   /   /    ヽ
  /                 \ ヽ /   /  ./      ヽ
./         ./         @ |  /  /         ヽ
          /|           ヽ| /@ /       ,        ゝ
        /  |            .| ̄ ̄          ',       ヽ
       /   |             |            }.        ヽ
     /    /            /          /        ヽ
    /    /           ./|        //\         ヽ
  /     /           ./ /         /  .\         ヽ
./      /           ´  /         /     \         ヽ


このスレの全登場人物の中で、最も総合的に優れた力を持っているのは

間違い無く、この 夏 美 ・ カ ン ダ タ ( 旧 姓 ) でしょう。


137 :◆vsQyY1yD2Q

先程の明かされなかった 「4.? ? ?」 の要素。

それは、この夏美の負担を軽減出来る人材を新たに加える事でした。


夏美を助けられるのは誰か。

最初の時点で、名前が挙がっていたのは シャルロット・デュノア ( IS(インフィニット・ストラトス) ) 。


              /                \   \
               '   /   /            \   \
            /  /   /  / ∧            |:::ヽ    ,
           '      .:  / /  ':,        |  ::':,    ′
           i   i    i::::/l.斗 ''" ̄\     -イ─-ミ   \ :,
           |   |   l |/ | |      \    // | | |\  |\,
           |   |   | |/ 八x==ミ   ':  /x=ミ| } |   i  )
           | |     | | イV_ノ::::}  `    } /_ノ::::ハ| /  ji  i
           | | |  { 八 { 乂:::::リ      ノ' 乂::ソ ノ' i   八  :,
.            ノノ| |  人::. ':,               /! /;  \:,
         /  八ノイ   \::\ ' ' '        ,   ' ' ' ,'::| / !::  } \
           /| ,八   :::{⌒ヽ     __      /::ノ'::: |:  ,’
             | { :\ :::::ト、     丶 ノ    .イ:::|:::::: :|  ′
             |/\__::ヽ :::∨ 、       /ノ}:/|::::: .:::| /
             .斗──ヘ__\:∨  > .__ ..ィ::/ ノ' |::: .:/ノ'
           <///////// /  ヽ; \   ├<___,:::::;″
              \//斗-‐久    \. `ーr┴‐ノi:i\─// ニ=x
           /  _/i:i:i:i\     У介ヘi:i:i:iV"    i∧
          /,, < \i:i:i:i:i:i:i> .,_/ /l |\\i∧     !∧
         /   /  ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ / |l |\j_jノi:i:i\   | i ∧
         /   /     ∨i:i:i:i:i:i;i:ィ廴辷ノ:i:i:i| |i:i:i:i:i:i:i\  | i ∧
       { ̄  /        ∨:i/ ノi:i:i:i:i:i| |:i:i:i| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}V  i ∧
       ∧  { \      ∨  /i:i:i:i:i:i:_| |:i:i:i| |:i:i:i:i;>-┴-ミ  i ∧
     / ∧   |  \       ´ ̄ ̄/| l. ̄| | ̄         \i ∧


夏美を補佐し、負担を軽減出来る人材として彼女の名前が挙がっていました。

夏美と並ぶ能力と言うよりも、上手くサポート出来そうな性格面を優先した配役です。


しかしこの配役は、今後の展開上問題があると言う事で没になりました。

シャルに問題があったのではなく、「求められている役割」 が違ったのです。


138 :◆vsQyY1yD2Q

改めて考えてみると、夏美が真価を発揮するのは

登場時にロマリアに攻め込もうとした事からも分かるように
「将軍」、「前線指揮官」 としてです。


             ,....:::: ̄:::::`>':: ̄::`ヽ、  _
         ,....::‐:::/:::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::ヽ::::::::...、
         /:::::::::::,:-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::.
      ;':::::::::::/::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::,::::::::::::::::::∨:::::::::.
      |:::::::::/::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::ハ::::::::::::::::::::∨::::::|
        ,!::::::/::::::::::::: i::,:-‐/- {::::::::::/-、-::、:::::::::::::|::::::::|、
     /:|::::/_,:イ:::::::::|::::::/__  ',:::::/ __∨::/!::::::|::}::::::::::::\_
    /::::::::::::::::::',::::::/{:/,ィr、ヽ ∨ ´ィ、 Y ∨::リ:::::::::::::::::ノ
    ーイ:::::::::::::::, -、  { {刈      {刈 }! /Y:::::::::::::::::::}
      {::ィ:::::::::/{-W ! 弋ソ      ゞ゚' / , ハ:::::::::::::W
      ' ヽ:::/ ヽ、__、         '      ,' ´  \l\::|
        `      、     ` ´    イ
               r=}`  ー <- 、___
                /: :  ̄!   |: : : :| \: : :.`ヽ、
            _,..オ: : : :/|    `ヽ、j__}: : : : :|`ヽ、
          /: : : :\_/: |-- 、    l、_: : : : : : |   ` 、_
            /`ヽ: : : : : : : : `}__,..イ: }: : : : :.Y     `ヽ


皆さん、思い出してください。

この物産展の後に控えているイベントが何なのか。


139 :◆vsQyY1yD2Q


  そう、サマンオサです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :               ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :           : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,/`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": : : : : :     : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :    △l゙
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;:;:;:;:;:;:;△△: : : : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| .゙l: : : : : : : : : _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__サマンオサ南の洞窟 ( シャーマン族の集落 )
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´
                 : |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : : :  :: : : : : : ,/′
                    ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : :  :: : : : : : :l゙
                   ゙l:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : :  :: : : : : ,r'"′
                   │:;:;:;:;:;: : : : : :  :: : : : :,,i´
                     :|: : : : : : : : : : : : : : : : .,!
                     l゙: : : : : : : : : : : : : : : ,l゙
                     |:: : : : : : : : : : : : : : ,i´
                   ゙l、: : : : : : : : : : : /
                        ゙l、: : : : : : : : : .,l"
                     │: : : : : : : : : ゙|:
                          │: : : : : :  │
                       ゙i、: : : : : :○ アルヘンティーナ
                          ヽ、: : : : : : !,、
                          ゙li、: : : : : `i、
                          ゙'-;,;,;,,;,;,_│
                                   : ``

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


140 :◆vsQyY1yD2Q

DQではなく 「三国志」 か 「銀河英雄伝説」 、或いは 「オウガバトル」 な様相を呈しつつあるサマンオサ。
指揮官としての夏美の力が求められる舞台です。

しかし、夏美をサマンオサで指揮官として動かすには
ある問題をクリアしなければなりません。


                 / /  /: : : : : : : : : : :ヽ    ヽ    \
             / /  ,′: : : :_: : : : : : : }   U      ヽ
                i l   { : ; -'´   ̄¨¨ …ー- .__!        l
           |!  ,ゝ′                 ̄`ー、   |
           ∧ v'´     ,.、_.、_           ヽ ,!
           / ∨   ,. -'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丁i冖ー- .._     Y
         // /  ,/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:::j_,L._\:.:.i:.:.:!`ヽ   |
         /'´/ ヘ.  /:|:.:.:!}\:.:.:.:、:.::::_ノi'´_   ヽ!:.:.|:.:.:.!:\_j
         /   ヽ {:.l:l:.:.il{ ̄_`ー`'´ /__ ,  |:.:.l:.__;L:⊥...__
           /  イ  `ヘ|:.!:.| ,.._`     '´ ̄¨   |:.:.:/      }
        i // /!/ ,.l:.:.::! ´ ̄ /           l:.:./  /´ ̄¨¨7
          /  i./  / !:.:.:.!     `         !:.:/  / : : :/
           / /  /Y二 ̄ ̄,、 ̄`ヽ   ,.i:.:/  / : : /
           \  `_jj  ⌒ー : ゝ亠-辷< |:/  / : : ,> 、
             `フ´h -―−: lh    `ヽ' ,/ ; ‐'´    \
                {h |  ____!!     , }′/ ,        ヽ
                  ハ亅|     : :j i     /ハヾヽ./´         ',
               //{. |´ ̄. . . : い     〃  } l  ぃ         l
            // iヽ.`t_,.二二.:__`ヾv     /|  i ヽ._       |
          //  :| | !` ̄广iT~´j ド、  / j   |  } `ヽ、   |


その問題とは、戦場においてはアナでも夏美の代わりが務まらないと言う事です。

聡明なアナですが、彼女が活躍出来るのは政務方面であって軍事方面ではありません。


141 :◆vsQyY1yD2Q

つまり、新しいヒロインに求められているのは
指揮官として出向く夏美に代わって、やる夫の側で 「参謀」 が出来る能力なのです。

しかも、ただの参謀ではありません。


   ____
  |        |
  |        |
  |        |                       ,r'7'7'フヽ、
  |        |                    / / / / ,r-、i
  | ̄ ̄ ̄ ̄|                    _/_/_/_/ /  l|
(二二二二二二フ             __/_o__o__  ̄``i
  |../  ・ |・|                  {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
  (⌒   _) |)                 ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
  T       |              { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
.  | ヽ.._ノ|              /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
 ( ̄ ̄|___,ノ7               〈、      ll |:: : : : : : : : :}
  \  |\| //                |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
  / _|  /_ \               l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
 (  (ミヽ/\) )              ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
  \ `イ / /                ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
  | \_/-‐' |              //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
                       / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
                      /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ

      /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
      i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
      !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
      lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
     ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
    '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
     i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
     ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
      ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
        `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
         ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
        ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
        _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
    _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
   '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
       ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
        |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


サマンオサで待ち構えている三賢者。


142 :◆vsQyY1yD2Q

そして、ほぼ万能の夏美でも謀略面では一歩及ばない人物。

             ___
         ,. '´_... -┴- ._ `丶、
        / ./        `丶 ヽ
.        / /       __   介',
        l /      /     `ヽLl l
.       l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.       |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.       lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
      l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l
.       ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ
.       |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|
       ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `
        / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |
         |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
       /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l
        /_ {   Y j ヽ'′ /     l
      l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
       ``| .ト--イ     丶 、__/
        l l    !      |   l
         '、_ノ         l  l
        </丶‐ ---- ‐'l  l>


女王 アンゴル=モアにも対抗し得る参謀でなければならないのです。

モアは敵ではありませんが、やられっぱなしなところがありますからねw


143 :◆vsQyY1yD2Q

ここからが難関でした。
ここの配役が最も多くの没を出しています。


例えばモア女王は、原作では頭が良いイメージがありませんが
このスレでは謀略女王として活躍しています。

読者の皆さんも そう言うイメージを抱いているでしょう。


     ,.---z'´ ̄ ̄ ̄`丶、
    /    ,.-‐' ̄ ̄` ゚il\
    /    /     _,.ィ_゛ ヽ
   l    /     /   `ヽ l
.  l     !     /    ,.-、l !
  l   l     ,l-‐       !'、
  〉   | /l、  i、l  、  ,'ヘ.l |l
  / i   '.-l \! ン,==      !l l
 l /| . (´ l | ´    __..' ,.' !/
 レ 丶ヽ .`ン! ト、.___  l._ノィ'ノレ`
   ,〉'``ヾ.、`'-、_,='`ク/7、
   !   \ヾ.、亠レ'ン'-',>'ス、
    !    \!T7ノ //´/,_ヾ
   l .    ヽl´\` J'ヽ !、
   ヽl       \ iァ、  ! l ヽ
    l|      ,.<,〉 /`ー-‐リ ヒ.,〉
      !l  ィ'´ \ 〉、_  /  |l
     l`ー'‐ヽ   /  `7   l
     l   \ /     ,!    |
      /    ヽ   八  /
      /      丶./ !`-'


しかし そのイメージは、これまでのイベントの積み重ねがあっての事です。

残念ながら、この縁談イベントで登場する参謀は そんな時間的余裕はありません。

そのため、原作でも かなりのレベルで頭が良いイメージを持っている必要がありました。


144 :◆vsQyY1yD2Q

例えば、参謀候補として名前の挙がった この人。


           ,,.:≦:¨:>.-,ィ''ミ、 ,..-、
          ,..く. : : : : : : : : 〃 : ``≦..`ヽ
.          / . : : : : : : : : : , '´: : : : :`: : .ヽ
        / . : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : ハ
       ,' . : : : : : :il: : : ,'. : : : :,; : : : ili: : : }
       {: : : : : : : :|:i : :|: : /. :;i| : : : |リi: : リ
.        !: : : /´Y: !ァ_:_:|=-<ノ| : : :ノ/.: ::/
 /{     〉: :∧lc|: /丶.,ィ:i5゙ヽ` ̄,ィく.ヘ/
.〈: : i   ,.-/. : : : :ゝ|: |  ヽ;メー -、_ i:}/.
  ヾ{:>':゙j、:_;:ィー‐ァ;ィ|: |   `ー‐ ' ヽ_ ノ
    ¨      〃 !:.i .     、 _ 丿
          ,-八i  :.、    ..ィ'
          ノ  ̄`丶、.ハ ー ´
         /, ‐=ミー‐、. リ、> 、、
        〃、 }i ii iYヾ、ヽ`}、ヽ ∧
        /.、 i, || i}ト、.ヽヽヘ丶ヽj
.       |ゝ、ヽ| || リ i}.、 ヽヽヘ ヾヽ
.       |r=マ ヘ il,=- 、i 〉、 ヽヽ! }i ハ
       、ィ'ヘ ヘ/ 二 ゙`ヽ i } | l}||l リ  秋月 律子 ( THE IDOLM@STER )
        ∨:ハ Y{、.-- `._∨/ 〃/、ヘ
.          ∨:ハ ヘゝ ‐ 、  マ=ミ‐- .._ハ


このスレでも涼の従姉で、その縁で縁談に参加させようかと考えていました。

しかし、ニコニコ動画の 『iM@S架空戦記シリーズ』 では軍師役を務める事の多い彼女ですが
そのイメージが どこまで通用するのかと言う問題があります。

確かに原作では頭脳労働担当ですが、彼女は一般人。
三賢者に対抗出来るかと言われると、流石にそこまでのイメージは無いでしょう。


145 :◆vsQyY1yD2Q

            ..,、.:─:.:¬:.:─:..、.、
           .,、:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.、
       /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:\
      /:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.',
    /:.:.:/:.:/:.:.:.:. イ:!:.:.:.:.:.:.i:!:.:.:.:.:.|:i:.:.:.!:.:.:.:.:l:.:.:.l
    /:./:.|: :|__ムj_|__:.:.:.! | |:.:.:.__|_i____!:.:.:.:.:i.:.:.:l
    〈:/i:.:.L:.|__!U|___i__!_| i ̄_!i_:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:l
     リハ:.i!:|:.ハ /´゙|;;;;;!ヽ  ´¨!;;;;;;;;;ヾ¨|:.:.:.:.:.|:.:.:.i
       |:.{:.}ヽ {;;;;j }{   i;;;;;;;;;j 〉;|:.:.:.:.:.|:.:.:.:!
       |:.乂____ ノ⌒ヽ、    ,ノ |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.i.
       i:.:.:.ゝy⌒y⌒y⌒) ̄ ̄   |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.ヘ
       |:.:.:/ / /  / / )   ,.イ|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:∧
       リ:/ / /  / / /..,,、<..イ.:|:.:.:.:.:.!`ヽ:.:.:∧
         / / /  / / /ニニ二二}!:.:.:.:.:!、 ヽ:.:∧
        { ,' /  / / /イ!;;ト==':::ヘ:.:.:.:.:ヘ  ヽ:.∧
         Υ::YwYヽノノ∨!;;!\//:::::::iヽ;.:.:ヾ\  }:.∧
       /-ゝ¬、ソ::::::o〉|;;|::::::::::::::::::{ヾヽト;;/  {:.:.:∧
      { /   ヽ┐::::::{ソ;;|:::::::::::::::::〃t、     (:.:.:.:∧
      Y    ̄` )ノj:::::::〈+/:::::::::::::::::/::::ヾ、      {:.:.:.:.:.!
     く {   ̄` ) )ヘ::::::::ヽ::::-::-:::':′:::::iヘ    i:.:.:.:.ノ
      ヽゝ二二) ノ }::::::::oヘ:::::::::::::::::::::::l      | ̄´
      \しム=<  ソ:::::::::::j::::::::::::::::::::::::!     /
        ノ     /::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::',  /
       彡   /ヽゝ::::::::oノ:::::::::r──ュ:::,/
         /ヽ:::::::::::::/、:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /;;;;;;;;;;\:/;;;;∧:::::::::::::::::::.,.、イ;;i
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧:::::::,.、<;;;;;;;;;;;;l


羽扇が軍師っぽく、自他共に認める策士である 氷室 鐘 ( Fate/stay night ) も候補に挙がりますが

やはり一般人レベルでは、どうしても三賢者に勝てるイメージが浮かびません。


146 :◆vsQyY1yD2Q

「諸葛凛」 こと 遠坂 凛で、諸葛 亮 孔明 と戦わせると言う案もありましたが


           ,..、f: ̄! ̄:ァ、
           (::::::l:::::l::::::!:::::)
           ヽ;;;;!;;;;!;;;;!;;;/
         ┌─v'⌒ ̄⌒ヽr─┐
         >;Y〃 i゙`'"i,ヽ Y;;<
         \大代ト- -リサV;;/
           |:::(ヘ '⌒_⌒゙ /')::|
.          |::::::人 {   } /イ:::::|
         l:::::::|:::>`= 'ィ;:::::|:::::|
         |::::::j/ハ、 〃l\|:::::|_,r'7
         ノ:イ: : / ヾ,〃 | : : >'  r′
       r''´: : :|: : :|  ∨  |//,/`ヽ、
      /ヾ: :/: :!: : :|ヽ /  _/ ,r' /l: : /: |
      /: : ヽi: : !: : :| / / ,  /|: :|:/: : :ヽ
     ヾ: : : :l: : |: : :|,/.,/ / /: : |: ::l: : : : :ヽ、
     r':ー-:ソ: : |: ={´;r':ヽ_/|: : |: : |: : : : : :ヽ
    r`:>''´ ̄/ー、ヾビ;ソー、_| : : :|: : |: : : : : : :ヽ
   f´'´: : : : : : ! ニミン; :゙: : :}::ヽー┘: :|;:: : l::: : : :ヽ
  /´:: : : : : : :;ィフl''´:/:r--イ、: : \: : : :l: : l: : :l:: : :ヽ   遠坂 凛
  ヽ: : : : : : : ヽイ: |::/::/:| |:l:ヽ : : ヽ: : : |::l: : : l:: : : :ヽ  ( Fate/stay night )
   |: : : : : : : : : |: :|/::/:::| |::l:::ヽ: : : :!: : :|:!: : : l: : : : : ヽ


彼女は方向性が異なると言う事で没にw


147 :◆vsQyY1yD2Q

他にもプロ顔負けの情報処理能力を持ち
超一流ハッカーでもある 初春 飾利 ( とある科学の超電磁砲 ) の名前も候補に挙がりました。


         _\    Y    O  _ノ>  O  Yヽ//_
         ___\γ⌒/⌒ゝ./   .  \。乂      ,ノ  }`ヽ>
         \ ヽ乂 O ノ 乂__ノ乂___人八ノ丁ゝ--'ー O ノヽ
          ⌒ヽ_〈   、__)人ノ-(人/:.:∨:.:.:.:.:.:乂ノ\)__人ノー'
.      γ__ゝ 。入_ノ:.!ハノ:  /       !       ヽヽ  ;
          i:.(人)Y ハ|:/:.: /./:.:.:.: |:.:.l:.:.:.:.:|:.:l:.:.:|ヽ:.:.:.:.:.:. i:.i:.:.:.:.:;
.          i :(   )lノ.:. :ii:.:. |:.|:.:|:|:.:.|.:.:|!:. !:!|:.:|:.: l:. |:.:.:.:.:.:.:|:.|:.:.:l: ;
         i |( ):´:.:i:.:.:.:.:|i:.:. |:.!:.:|:|:.:.|.:.:|!.: !:!|:.:|.:._!__|___!:.:.: |:.|:.:.:|: |
          | |::::i:.:.:.:i:. :.:.:|i:.:._L|=T厂「.:.|.:.ノ:|L l´_| L;,;l丶:.|:.|:.:.:|:.:!
          | |::::i:.:.:.:i:. :.:.:|l_´jL|=―  ̄  ̄   __z,,__ `丶!_!: リ:.:!
        !.|::ノ:.:.:.:.i: .:.:.:i _zア⌒`丶       イ⌒:.`ヽ ,';ノノ j/
.        _,、:':/:.:.:.:. i: .:.:.:i.〃{::ら:::}          らノ:} }}`i::::::ト、
          ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ つ:::ノ         ゝ-'_,、 l::::人
          /:.:ノ人\ヽ :.:\ `¨¨´     、    "" !リ
         ̄  ´  \ ヽ\ヽ """        '        八
             }:.}: ̄:ヽ         ___,
               ;.:ハ:::::::::丶.     ` ̄ .....     .イ
               ノ'  }.:.:リ::::::〕  、        .イ::;′
                 ノ'|:/}:::::ノ}   `    <!:::::|/
                 ノ' ノ//         !:\
                 /::::〈           !\::`:..、
                 /:::::::::::::ヽ        !  |::::::::::`:...、


当然、DQ世界でハッキングなどは出来ませんが、彼女にも頭脳労働担当のイメージがあります。


148 :◆vsQyY1yD2Q

同じようなタイプとして ホシノ・ルリ ( 機動戦艦ナデシコ ) の名前も挙がりました。

           r──.=- 、                 _
            | i /  ._,ハ ヽ         __  / ヽ
           ! ,! | ゝ_ノ ノ>- 、,_    /´,、_, `>′   ',
         / / ゝ、_, -'"    .:::   ̄Yl ヽ /ヽヽ、  l
         l/ ,.、‐'ニ"´   ,      | \./   ゙, i  |
       / // // , ,ィ゙     i、 ゝ、 |    i |   |、
       / /,ィ  // ,f ハ/,|l  !  ト、 \`!    l |   | ゙、
    /  /.//.| / i !_」L ||l||_!_ i、   ヾ!    .||    |i ヽ
   /   l// |/ | |,二、ヾ、!ハヘ_,.ゝ_``ト,   i、   l|   |.|  \
  ,' / , | l /l ∧ ゙!゙{ iハ    :'゙て「iト;、‐ァ! L゙:、 ;!   / l |   ヽ
  ! /./ 乂/ ∧ 冫! 、_,り    、ゝごノ,i'´| レ'| |イ /  / / |、     i
  l//  / // レ' X |    く    `""´ ノノ ,レ゙ |レ゙ // , |丶    |
   ソ /!/ i | | / i ,イ\   ー     =ァ゙ / |!>     イ ハ 、  ヽ |
  j// |l  V、 / l ハ!  .>、      _,.-7/ / ,!'゙    /ィイ! | ヽ i |′
  ,' /   !'   | i | l ` /   iー‐T´レイ/ /, ′  ,.-''´イソ丿|ノ  ソ !
  | !      | | トゝ l  ゙、 ゙、  |/\| // , / / //へ/ハ  ! ノ
  ゝ、      ゝ、!、  i`丶l、 〉 |`i イ| l∧//7/-'゙_ィン゙ ノ!゙|i レ′
                '、 ∨  i, | | 〉!′V/r'゙ '´_,.、-''´|ノ.レ′
               ト、 ヽ  V.  V`ーi l|/ r'"´    /|''´
               \\ l  \/ r⌒)| j     /|


相手が三賢者でなければ、十分に参謀役が務まる配役だったと思いますが

読者が三賢者に対抗出来ると思ってくれるかと言うと、やはり首を横に振らざるを得ません。

彼女達の本領は電子戦ですからね。


149 :◆vsQyY1yD2Q

アンリエット・ミステール ( 探偵オペラ ミルキィホームズ ) は
優秀過ぎて対抗馬がいないレベルの人なのでスペック的には三賢者に対抗出来るかも知れません。


   ∠_ /::::/ ,ー── /_ / //         ミヽ`ヽ
     ,' ∨ /: :/   r '◎)ヘ/::/         ヘ  ヽ\ `
     {:/ :/:`/ー- ( (ミニ彡フ:/  / //    / } }  ', ヽ
     ', :ヘ:/: :_ _ >ー ' ] /|__/ムノ  /  i  |   }  )
      ヽ :/ー─ヽ_ イ| |´「  / レ' |  //`ート / | ||ー ´>  
       ヽヽ: :_| : //| |rヽ イ7示ヘ/ '彳示 /  //j\´ 
        \:_:: // ー{==`⊂{:じj    {Jソっ /V \>
            // |  `ー'ヽト:::::   '   ::イ ´ ヽ\ヽ       r 、
             {_{\{\ヽ\ヾ`, ー、rっ   / ヽ\ ト           ヽヽ
       r 、∩   /⌒:::V::{ (  `r-く´⌒7ヽ`ヽj            ´
       vニヽヽ  /::::::::::::::::::::::::`〈 {::::o)'  }/´7      ∩ニi
       {/ニヽ、} }i::::::::::::::::::::/::::::_:}_/ |\ー__ヽ─ 、 / {ニミ}
    __|`ー 、 |ノ|:::::::::::::ヽ/::∠_   } \  ヽ=:::\:} }i { { ニ、ノ
  /ヽヽ:::(´ ー/ rV/:/ ヘ::::::::::ヽ::::::::::/ヽ/\-, ヽ {ヽ:::::::ヽ:}∧(_ /)
 {::::::ヽ',',::::7   ム /:://::::ヽニ`:::ヽ:::::{::::::::::::::::::`\',{ /::=:::::}∧ヽ )  ´}        _
 ヽ::::::|:| |:::{ノ ノノ:://:::::::::ヽ─、::}::::|::::::::::::::::::::::=::)} /::::::::::ノヽヽ::ヽ⌒) ヽ    ,  ´   ヽ
  \ヽヽヽヽ{ノ::::/:::::::::::::::', ヽV:::::::|:::::::::::::::::::::::::ノ/::::::::/}::::ヽヽ::ヽ_ヽノ   /      ノ
    ``ー ─ \::::::::::::::::::::::\|三ミ|:::::::::::::::::::::::/:::::::/|}}:|:::::::ヽヽ/    {     ,  ´
           `ヽ::::::::::::::::::ノヽ:::::::::::::::::::::::::イO/|::|::V::::::::::::/     ` ー


しかし、原作のイメージそのものが足を引っ張ってしまい没になってしまいました。


150 :◆vsQyY1yD2Q

「天才」 のイメージがある人と言う事で

篠ノ之 束 ( IS(インフィニット・ストラトス) ) も候補に挙がりました。

                               __
                  ___             //ハ  ヽ
                ./   ,ハ        ///∧   \
            /   //∧,. -- −--'く∨ ',     ヽ
           /   / ∨,ィ'': : : : : : : : : : : :\. 乂___ ノ
          (  ___ ノ  /: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
               /: : : : :.i : : : : :.i: : : : ヽ: : ヾ:、
              /ィ: : : : : : ト、: : : :.ト._:_:_: : V: : ',: ,
            /´ /: ; : : !:ィ''!´ ヽ: : { ヾトミ、` !: : |: :',
               /: : {: : :i: !   ,, \! 、..___,, リ: : |: : ;
                 /: :i : ヽ: ハ!,z=ィ''    ` ̄ イ: :.ハ: :|
            // ヽ: : ヾ.       ′   /: :/:|: :.\
              / \:_:>.   ー-  '  ,7´: :.!: : : :.\
             /イ: : : : ミ:.、≧。   /: : : : :! : : :ト、:.\
            /  ,: : : : : i: : :/: r i.`¨¨´ |{ミ.: : : :|: : : :, \:ヽ
                  /: : :_:_:_:j: :/_ノ! |    .!} ト、: {:_:_:, - 、  ヾ\
             /:./ //}: :!   | |-、  , -| ! }: ヽ. i! { ヽ.___.,,
          rー- y′ .{!{/: :j__,ィj .|     | ヾミ: : } ノ      }
           {       V: r''彡′ !     ',   ヽ:ヽ     ,   |
           人      /: :/   _ノ  `Y´  乂   ヽ:ヽ  /   .!、
          /::::::ヽ    、/: :/____ く    i!   /,;--=V: :.V   /::::ヽ
        .,\/:::::\__./: :/ /{::::::/ `≧=--=≦´ ヾ:::j、 ∨:}__ /::::::::::ト:/ 、
      ./  \:::::/: : : ;′. `¨´     =!=    `.|i!  }: : : :\:::::/    ヽ
      {   ./、´: : : : : {  { {             } } ./: : : : : :`¨ヽ.,     〉
       .,:ヽ     ヽ: : :/: :ゝ.. ヾ    .:彡イ、 __   ノィ´: : : : : : : : :/    /
     /: : :\    \': : : : : : 丁 i ´       ̄ノ /: : : : : : : : :/    /
    ./: : : : : :.\     \: : : : :.} |        / /ォ: : : : : : /    /: :ヽ


しかし彼女も、それ以上に問題を起こしそうと言う事で没に。


151 :◆vsQyY1yD2Q

有力な候補だったのは、テレサ・テスタロッサ ( フルメタル・パニック ) です。

                    r‐/       \
               /⌒\/__ . - < ̄ ̄ ヽ.\
              _ゝ/⌒\ ̄ `、<⌒ 、  ) }
.             / /     ヽ   \ \ ) < _ヽ
            /  , ´   }  }      ヽゝrー`
           ノ ., | i   /  /  }  ,.} ヽ 丶爻  }
        ‐=彡 /{ |人  /  /  ,/i=ノノ- }  `爻  /
           {从`. { =\! 人 "/y=ミ、ノ   }r 、人
            .,η\≧y=ミ( ノノ  {..イハ }  i |.ソ}  }
           κ// 乂 {.ゝ{ ,ハ      ゞ- ゚/ ,  }リ. /  /
         / //i .{ 、ミ=_ ゞ '       ./ノ ./ `´ ノ
       / / 'r'.、` ミ=‐  '、    ‐=彡ノ! ノ /
.       /  イ .ゝ}   人   ー_ '    ノ { ノ
     _/  .{ i  /     >     /  _.У
      /iヽ, ノ _.ノ      .( ソ ` ,ェ__,. - " /\
.     / ,{/。\/〉      , ‐ヽ ノ/./ヽ   /   |ー ―--、
    /   \_/|     r ( ソ ノ/レ、_∧/      .|―‐ 、=彡\
.   /       /   - _  }=ミ'´/  /.{ / \_____|    \r―}
  /       /, -'"  {(_ノ从! {  / |/   \       /  |
. /       /      `/(_ (,人/ ノ      \    /    |
/     ,イ ヾ,      (_、ゝミ=‐.Y´  .   _,. -''   /      .|
      / |       \    \_,..-''"    \(/      .|
    /  !   _,..-''"{.  \    \       ヽ/      |
、____,..-''"    .ヽ   > 、   \      {        |


優秀な軍人でもある彼女は、能力的には申し分なしでした。

原作では軍師と言う訳ではありませんが、それでも優秀なイメージがあります。


152 :◆vsQyY1yD2Q

しかし、能力的には申し分なくても
それだけでは生き残れないのが 『ヒロイン・ザ・ヒロイン』 です。


               /  =ミ、  / 〃 /   ヽ.
              /ー=≧==ミ≧=≠≦=<´- - .\
             〃,.</ .,ィ  〃    :::.   \ー 、::ヘ
            /イ  / ..,:'  /      ::ハ   .\ \ハ
              /  ./ .:::/...::: /       ::::';::.    ヽ:. \
.           /   /  .::/..:::: / ,'       :::ハ:::. ヽ  }ト .∧
        ,ィ彡 ,  ,.{ ..:::,' ::::::::i ::      .: ::::::i:::.  i!:.  |:::..ハ
   `ー=-イ,' ./  .| ..:::i  : ::::|..:::      / :::: |::::  |: : . |::从.ハ
        ! ..:!  .::! ::::|! ::::::::i::::      / ..:::::;'::::  ;::::: 从:小リ
         | :::i  从 ::::ト  :::::.キ:::..,,ィ   ,,' .:::::/:イ:::: /:::: /:: ::}i!
        |: ∧ :八 -キ===彡 /   ミメx::/ !_/_:::. / リ :::i
        j从 ト、:{ ::\:::i |ヽ! | |ハ::::::.  .:::≠/≧テ7|:::/../ ..::リ
         入! .ヾ 从 =====ヽ::::.::.イ||=====.イ   ..; ./
        〃 人:::.  人 | | i  | || Vイ | |  l | | | /   ../く
        { Y::: \::.∧=-      i!   u  _,..ィ彡 ..ィ/  .',
       ∧  ...: .:乂=.ヘ  u     !     ≧ , .ィ"    ',
        /  Y:::/ .ハ   |\   r=====ァ U  イ       .ト
      ∧  ::/  :::}   .|i!  >.. .ー . ..ィ  /          ,':::\
     ./  ヽ...:{  ...:ノ    .!i!  イ::::`.ー ´   /         !::::::::::ヽ
    /   }ニニイ     |i!V/ |!::::::::/∧  ,ィ/       .:.  |:::::::::::::::


テレサをヒロインとした場合、この子にはヒロインとしての強みがあるのか?

残念ながら、彼女は良い子で普通過ぎました。

ニュー速で家の中でも これならば目立てると言う強みが無かったのです。


153 :◆vsQyY1yD2Q

最後まで ヴィクトリカと参謀役の座を争ったのは 程c/風 ( 真・恋姫†無双 ) でした。

.           o
          __△_
        γ'// | `ヽ
         {  〉〉 | ● }
        `ー/l⊥ ィ___,
          l_,i⌒)「<´
        _ ,,.. /. ¨´ _ヽ..,, __
      / ,'`ヽ'   /ヽ   ヽ ヽ `ヽ
.     /  |ミミミ ヽ /// \   i  i  .i
    |  |ミミミミミ∨/////.i   |   |  |!
    |  |゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛l.  |   |  |l
    |  i=⌒)     (⌒=,j  |   |  |.!
    |  i-―‐-   -―‐ト .{   {.  i l
    |  ヽr===  r===x ヽ ヽ | .!
    /    | ヽ歹    弋歹|  /  } | l
   , -‐-、 ゝ    ´     j. /   i  | |
  i f⌒ヽ i._`,.^Y^l‐' _, イ /   ,イ   j j
  ゝ`ー ' ノ==./ / /}。コ/:.:.ムイ. /:.、 /{ {
  { ` ¨´ {:.:.:ム、 /。コ:.:.:/  /:.:.:.:.:.| | ヽ ヽ
  ヽ  , ≦=、:::∨。コ,.=/  i:.:.:.:.:.:.| |   \\
   | /:.:.:.:.:.:.:ヽノ。コ::::/  / :.:.:.:.:.:| {    } }
   / /:.:.:.:.:.:.(⌒| 。コ::/   /:.:.:.:.:.:.:/  ヽ  //
.  / /:.:.:.:.:.:.:( ⌒| 。コ,}   /:.:.:.:.:.:.:/   |  {´
. j/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.Y     /   \
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  /    |


彼女は原作でもガチの軍師で能力的には申し分ありません。

「のほほんとした不思議系」 と言う個性を持ちつつ
冷徹な献策も出来る優秀な軍師です。

「軍師」 としてのイメージならば、ヴィクトリカを上回っているかも知れません。


154 :◆vsQyY1yD2Q

では、何を以て ヴィクトリカの方が参謀役として選ばれたのか。

                  _ ゝヽヘ,、
                 _,.ィ      .v
             ∠    _,..- ._ノ
           ∠.ィ .,.r''".,.r.',.\ `.ヽ、
              /ァ./. ./../ .\\   ヽ
                '' .{  ,' ,' _,.-.,_. ヽ ',  l
 ,、            ',_,.!-''" .,._. "''-. ,'
..{',.',              l _,..-'''"::::"'''-._. ̄.}
{`, ',           l:::::/‐ゝ、ii,,イ/"',:::`"'i'
l ` 'i__      ,-.―.l::::l 佗ト  .佗〉〉:::/~ヽ、         _
.ゝ.//´ ,r7`"''‐-.,_`、.マ.l::::l.l   '_  /:::/ /~ヽ.〉       ,、'.) }i
 .ヽl ,'/   , r''"`"`,'::::/,ヽ. ヽニ.フ./::/ / ./   _  ,./.ノ//,'}
  l l ゝ- ''"     リ:::/、!  > /ノ,.ィ_-='"7"~ ̄ ,i ././ }  .'/
  ! .l           レリ ヽミ .>_‐'<.,r_"   ,'    .,'l i .l、   ,'
  l l         /  .,r',r'ヽ  _,.r` i   l   ./.l l ', -.ィ'
  .l l        /  / .l ノ-''"_,, -.,,l.  `ー '" l .l  ,r-','
   l l       /   (._-'' ‐-‐'"    .',       .l .l`"  ,'
    ',. ',     ,.'       / ~"i       ',     l l   .,'


それは、もう一人の ょ ぅ ι゛ ょ 参謀であるアナとの相性です。

つまり、ツンデレの入ったヴィクトリカと、のほほん不思議系の風。

アナと会話をさせて面白くなりそうなのは どちらなのかと言うのが焦点となりました。


155 :◆vsQyY1yD2Q

アナと風ならば、のんびりと二人で お茶を飲む姿が似合いそうです。


                       , -_ =.、-、‐- 、
                        /.ィ'",. -、 \.`ヽ `ニ‐ ,,_
                       /., ' ,r'     ヽ `、 \`、`"`
                        l.,'_./ -‐-.、  ', ',.  `、
                      /´     `ヽ l  }    ',
                    (r,'',i:´::`ヽ,、_  ` .,'     l
                   ノl:::l ,ミ.巛从'_´';:.、  \ ノ`、
                      l::lf゙9,  `.f゙9i ',::::\   l  、`、
                      l:;' ‘   .`´ ./:::::::::`.r'  `、ゝ
                      l::'、  、 r―.'―- ._,' `、.、 ',
                  , - l::::ヽ._ ./ ,r――- .、.`ヽゝ.、l
                 `、 .、l:::/.// /_,,_    ,.ヽノ
                    `、. レ { ノ .,r'   `ヽ ,' ./
            ∫∫∫     .`、∠、,r'        .∨
          rニ"-v"ヽ   r'´  /        .〉
            _l(、`´ ~`>,r.''7 ‐'`‐.'          i 代
          .(r''"´   / ,' .l          _   l  '(ヽ
          ヽ_    {. l  l     _,..-'''". .l  l   `、ト
           ゝミ_=ニ>、l  l  ,r''"        .l ,'   `、',  ._, -.、
         .,.r.''‐ .、`´[_',. .',. ,'           l../,, , ,   `.',r'"   \
        ./    /´ _,.r'',.  ',.'、        .,'/      ト',        \
       ノ   _,,j '-―_<`、 `ー`‐      /'          l l_,, ,,_.      ヽ
        /  -'"  <_´  .` `、   ./ゝ、,,.rフ       _,,_∠  、_ ヽ、- _.  ',
      l        "'' ‐ '.\  l  / _,..- ― - ._/`´・ .`.'  `ー ヽ .l
      .'、(__,,. .- ― - . . _`_、_ >,'.-''"     _     〉 ‐         ', l
    _,,rャク"     ,.r"´       ." '' ‐- ‐ ''‐"‐ ''""'' ''. ∪ ∪-、._ )   l.j
._ ,,-"、.( さ‐- .,,_. '             ',            \    \\ 、  }-.、
`ー てヽ ヽ`"'' ‐- ニ_‐- .,,_ _ _    '                  ヽヽ_`<_) 、
   ゝ`、-、` 、    ~""'' ‐- ...,,_  ~""'''  ―- -  - -_-_‐_'',,"-´ , -―=γ'
        ` "'' ` 、             ̄  ̄    ̄ "  ̄ __,,.. .-‐' '''"~


ほんわかした雰囲気になりそうですが

この二人が議論する姿が面白いか? と言うと、おとなし過ぎるのではないかと考えられました。


156 :◆vsQyY1yD2Q

では、アナとヴィクトリカはどうでしょうか?


                  _,..-‐─- 、_
                  /,','´`;; \r‐'`
             ,-、  〈',ニ二._`ヽ、〉
             rー‐{,、 }}'i`^' i)ヽ}
          〃 }'フ´ V,ゝワr==ァ
            {{`ー‐‐` ̄`' ー-く
             ヽ、__        {ヽ
               / ゙77フ    `´\
           ヾ.  〈ヽ/,'(         \
        .      ∨/  `ヽ        ゝ、
              / ,' 、_ ノ      //
              ,' i  ヽ、    _,. '",. '
              ⌒i__二二、-‐ '"
                  jト`ー‐ヘ
                  `'====='


.       lW i i ii || i |  i |   | i   | i i  | | ii i i Yl
       《、|i i i ii |L 斗匕 |   | i  `ト∨--| | ii i i i|、》
.        《_|i i i ii |L..≫示ミL......」八....._≫示ミL..| ii i i i|_》
       }}i i i ii {{  _,ノJr}       _,ノJr'} }} ii i i {{
       {{i i i i 小弋..::(ソ      弋..::(ソ リ i  i j }ト、
       八i i ii   '.::::::::::::::::   '    :::::::::::/ リ / , 八」
        〈_,∧ i ii   」                  L / / ///
        /ヘr-=ニ爪     (⌒¨¨⌒)      人 ニ=ー{」
          /L..」__jr┴=>            <L⊥ |_,」
       〈 ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄二≧ァー-r--‐ャ≦二 ̄ ̄ ̄〕 ̄〉


精神年齢が高く、ヴィクトリカの内心をすぐに察してしまうアナは
ヴィクトリカにとって相性の悪い苦手なタイプだと考えられます。

しかし、これはツンデレのデレの部分を引き出せる関係になるので
傍から見ている分には面白くなる組み合わせでした。


157 :◆vsQyY1yD2Q

結局、この 「相性の悪さ」 がカギとなり

参謀役は ヴィクトリカが選ばれる事になりました。


           __ ___
           --にソ::::::::::ヽ--、
       ´ /ん':::::::::::::::::}ニ} `ヽ
    /  ,/ {こ}:::::::::::::::::ん'   \
.   /   /  にリ:::::::::::::::ん}      ,
  /   /   に)}:::::::::::::んソ  |     .
      /   {こ}::::::/::んソ |  l  ! ! ',
  ′      {こ}:i:/::んツ ! |  l  ! ! !
, /  ,   / _{匕八んィ  ! ̄≧!x、_| | |
/  /   / {_彡'/ i:::::{ | |i 〈 ̄{リ 厂 ̄
  /   /    /∧ !:::::〉!__リ   ̄ 丶  素直に喜べんな……。
   /    У/八::∧  .u     /
  /     / /// ヽ:::\      丿
/     /  ,//イ廴__\:::\   /=r--、     __
     /   /辷辷辷辷^Yヽ::<   `ヽく`丶__/ ̄ ̄∨
   /   /ん'::::::::::::::`Y^∨:::::::}      ∨__У__ア  }r,
/  /   /ん'::::::::::::::::::::::}::ノ⌒⌒      /  (   ノ /
  {   У}::::::::::::::::::::::::::∨ハ   _   __/    `ー /
  |  ん':::|:::::::::::::::::::::::::::::Yi} __ } `V´ハ r――一 '
  |  {こ}::|:::::::::::::::::::::::::::::::Y} ヽ   i  ⌒ 厶一ァ
  ヽ ⌒ソ!:::::::::::::::::::::::::::::::::Y  }   | / / / <


158 :◆vsQyY1yD2Q

さて、話を戻しましょう。

何故、リュカがヒロインになるのにヴィクトリカが関係しているのか。

それはリュカ家の境遇に原因があります。


       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ |:::::」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!
        } ::::::{ (|:::: | ,,,,      ,,,{:::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::| u   r‐┐  人:::|
      /:::::::::::::ハ:::::{> ... `__ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Yハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|
    /::/:::::::/.: : .:.Yハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Yハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧


できない夫を支援してしまったため、没落寸前だったリュカ家。
やる夫が助けようとしても、状況がそれを許してくれません。

彼女は最も厄介な問題を抱えたヒロイン候補。

ヴィクトリカがいなければヒロインになるどころか家が助からなかったでしょう。


159 :◆vsQyY1yD2Q

そう、この リュカ家を救う事こそが 「参謀 ヴィクトリカ」 の最初の大仕事だったのです。


                r'⌒Y⌒Y¨ー、 __
            _/\厂i  -┴ー┴─'- 、/⌒i
          /、__ノ__人_ノ⌒ー'⌒ー─、__\`ー 、
          ノヽ/ ./  / / , ,′   \ しヘ\ /‐、
            〈 厂~/ ,/  / //   ヽ \  しヘヽ/__
            {/  /  /  / // !          ヽ ニ〕
          /  /  /  / // |    l|  i     ',ニ〕
.         /  /  /   i  i l  |    l|  |  l  iニ〕
        i  i  i|   |l  | !  |    l|  |  |  | |))
        |  |  ||   |{  |:l  :|    l|  |  |  | |))
        |  |  |{ ¨≧x. {ハ  l   _,,斗<  /   //\
        ∧  ',  ',fTモミx     ̄x==モ丁 /  // lヽ 〉
         〈/ 〉、 \ヽ弋zソ ゙      弋zソ / ,′ //}|_|
        | {_/\  >      .      厶___//__!_
        | , --/~八                /~{/ニニニ.`:.
         |/ニニИ 个     {ヽ       イ─〉.ニニニニニ\
        /ニニr‐┴─‐}  .> ニ  <  Y゙\(ニニ====-、ニニ:',
.      /ニニニ.しヘ ヽ  \´/ ./!:l、\._〉人  `ー'¨ー- 、_ .ヽニニ}
      'ニニニ二_}_ノ、/ 〉ーi l | iー'\ _r`T ‐ )   \ \\:|
.      {ニニニ‘,{─ 、 :|\/_| | | |_}__/: __> / /   }ヽ '. ‘,
     /l:ニニニニ\「¨.∧ : :! : |_| |_|l: : :.( ‐-.( /  / 〉} ', i
.    / .|ニニニニニ\!ヽ}: :|: : :|: : :||: : : : :ー-' i`ー=´__// し、| }
.     /  lニニニニニニ`ー‐、|: : :|: : :||: : : : : : |、 | l` ─‐/  lY./
    /  /二二二ニニニニニ} : : |: : :||: : : : : : | Y !    .しi ! !'


『GOSICK -ゴシック-』 と言う作品は


  Q.今週のゴシック面白かった?
  A.ヴィクトリカが可愛かった。


なんてやり取りがお約束になったりする 「一部に大人気」 ではありますが
残念ながら そこまでメジャーな作品ではありません。

『三国志』 の 程cのネームバリューが利用出来る風と違って
ヴィクトリカは、読者に参謀として納得してもらえるだけの 「知名度」 に欠けていました。

サマンオサで戦う事になる三賢者の知名度を考えれば尚更です。


そんなヴィクトリカが、やる夫パーティの参謀に収まるには

サマンオサに行く前に、ヴィクトリカが頼りになるところを見せ
読者に彼女が優秀な参謀である事を印象付ける必要がありました。

崖っぷち状態のリュカ家を救うその姿は、頼もしさも感じられたのではないでしょうか。


160 :◆vsQyY1yD2Q

「借金の形に売られてきたような娘を手込めに」候補は他にも何人もいましたが

その中からリュカが選ばれたのは、ヴィクトリカのお披露目が可能だったからと言うのが理由でした。


ヴィクトリカは、やる夫周辺の人間とは何の関係も持たずヒロインとなりましたが
だからと言って孤立している訳ではなくリュカやアナとの関係を構築していると言えます。

一風変わった状況でヒロインとなったマリナ、神夜、リュカ、ヴィクトリカの四人ですが

今後は、やる夫と仲良くするのはもちろんのこと
他のヒロイン達と同じように ニュー速で家内での人間関係を構築していく事でしょう。




以上、縁談イベントに関する裏話でした。

次回更新は、7/15(日) 20:00〜を予定しております。

『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 は7/22(日) に更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

                 __
           ∠:∠: /: : : }`ヽ
           /二二二二二: :\ハ
         )二二二二三≧: :.ヽ
           /:::::::|:::::l::::::::|::::::ハ\(
          .{::::::::ハ::::L:::::」::::::::」::::{
         .人:::::l >  < |::::|::::!
          ./ }::{  r―.、 |::::|)::|
       / /::/>-L _ ノ-:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ │
      / /:::::::〈 : : : : : : : : |             |
    / /:::/::::/: >-f¨¨¨´三!  終 了 {三 }
    i{_,  {::::::::::::::}:/   |_ xー ^        ¨¨´
     八::::::::/:}ー=彡   |________|
 人_r'ミx:`/:/: :〕三ミ({ })三!: :.:\
 ::::::::::: ヽ/:/: :./ /  { ヽ \: : :.ヽ
 ー―:/: : : : <_./   !  .>´ヽ: : ∧
   <_.:.: : : : : :/ `ー‐^¨¨´ヽ   }⌒リ
      .`¨¨ ̄/  /       ! /
           / /
         `´


第74話へ    4 外伝へ

figma 化物語 神原駿河化物語 神原駿河 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)化物語 神原駿河 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
figma 化物語 神原駿河化物語 神原駿河
(1/8スケール PVC塗装済み完成品)
化物語 神原駿河
(1/8スケールPVC塗装済み完成品)

この記事へのコメント
率直に感じたままコメントしてみる。

本編やっておまけで裏話、っていうんならいいんだけど裏話だけで2週間また待たされるのはきついなぁ・・・。
Posted by at 2012年07月09日 23:33
色々言いたい事はあるけれど、
※1はとりあえず更新日もっかい確認したらいいんじゃないかな
Posted by at 2012年07月10日 00:11
 後書きをちゃんと読めば解る通り本編の次回は来週です。再来週ではありません
 >>1様はちゃんと御配慮されてますよ
Posted by at 2012年07月10日 00:16
なっちーホントにすげぇな
Posted by at 2012年07月10日 02:02
みんなこの作品を楽しみにしてるってとこだけすごい伝わった。
Posted by at 2012年07月10日 03:49
ヤンと孔明が敵にいる時点で普通は詰んでるからなあw
俺もゴシックは知らなかったから、あのイベントでの印象が無ければ
こんな娘に対抗出来るはずがないだろと言うところだったよ(汗)。
Posted by at 2012年07月10日 11:17
話の中ではほんの一イベントなのに、
よく考えられてるなぁと思ったよ。

でも、AAの少なさを理由にされるのは嫌だな…
無いなら書けばいいじゃない。改変って手もあるし
できないのなら、裏話とはいえわざわざ書くこと無いじゃない…と思った
Posted by at 2012年07月10日 14:41
なっちーに代わるキャラとなると魅惑の唇を持つ大将軍くらいですかねぇ?
Posted by at 2012年07月10日 19:31
これだけ考えられているから面白いと素直に思うしするする読める。
これだけの作品を作るのにかかった構想時間やまとめる手間を考えると頭が下がります。
原作のドラクエ3自体好きだったけど更に好きになった。
作者さん本当にありがとう
Posted by at 2012年07月10日 20:40
裏話なのにどんな理由で没になったも書いちゃ駄目なのかよw
使って欲しけりゃ支援AA作って>>1にプッシュすればいいじゃないか
Posted by at 2012年07月10日 20:56
諸葛亮には諸葛亮で対抗ってことでヴィクトリカの代わりに恋姫の朱里って配役も見たかった気がするな
Posted by at 2012年07月10日 21:26
ドSでガチレズな華琳様(恋姫の曹操)の
「《マンモスマン》 には勝てなかったですぅ……&#9829;」
な展開も見たかったなwww

華琳の場合、そもそも縁談に来させる必然性は何だとか、
いろんな意味で強キャラ過ぎて夏美を扱いに困るってのはありそうだがw
そもそも参謀じゃなくて将軍になるし、そのせいで夏美を食いかねないって問題があるか・・・
Posted by at 2012年07月11日 02:08
朱里だと、程cと同じく「アナと会話してるのをハタから見てて面白くなるか?」という問題があったんじゃないかな。
諸葛亮vs諸葛亮、というのは確かにメタ的には面白そうだが(笑)

それにしても、ほんとここの>>1は綿密にストーリー練ってるなぁ…… 脱帽する。
Posted by at 2012年07月11日 03:15
深く考えられてる話なんだと改めて実感した。

俺なら禿げる自信があるぜ。
Posted by at 2012年07月11日 15:48
この練り込みようは下手な打ち切りマンガが裸足で逃げ出すレベルだな

応援してます頑張ってください
Posted by at 2012年07月17日 06:21

嫁がガンガン増えていくって、商業誌なら即ボツくらう荒唐無稽さだけどなw
むちゃくちゃなのに練り込まれてるって、何コレ新ジャンル?
Posted by at 2012年07月18日 00:14
確かに、マリナならばきっと良い母親になってくれるだろうと思いますね。
子供の面倒を看ているのが板につくという感じです。

いつの世でも噂好きの女性は居ますからねえ。それも恋愛ともなれば尚更です。
娯楽が少ない世界でしょうから、その手の話で持ちきりとか容易に想像できますね。

リュカも結構際どかったみたいですね。
貴族のお嬢様がそういった願望を持つ……だと。ごくり。

ヴィクトリカは、うん、まさか敵対する家からとは思いませんでしたね。
事情を知った後では彼女の置かれた立場から、なんとかして助け出してもらいたいという気持ちもありました。
確かに、参謀として非常に頼りになりますね。それ以外の場面ではまだ子供という感じなのも面白い。

改めて思うことは、夏美凄すぎる。
それだけ色々と背負い込みそうですが、やる夫たちも上手く負担を軽減したり労ったりなどしているでしょう。
良く相手を見ていますからね。

Posted by とあるA at 2012年07月30日 02:02
>>141からすさまじいプレッシャーを感じるwww
Posted by at 2012年08月09日 20:09
知恵者候補色々出てるけど、正直ゴシック自体マイナーで説得力がボツ候補連中に勝ってるかといわれるとどうかなあ?
AAの数とやる夫スレでの扱いからしたらホロの方がいいような気がするけど、ホロはキャラ的にイング+サンでこの二人を食ってしまうかな。
Posted by at 2013年02月11日 01:16
※7は、AA作る(もしくは改変する)手間ってのを
ちったぁ考えてみるといいと思うの

いやホンマ、ウエディングドレスとか作る職人様には
頭が下がりますわ・・・
Posted by at 2013年05月05日 16:38
四条貴音の参戦を心待ちにしていたのですが
すでにボツ食らった後だったのですね・・・
Posted by at 2013年07月14日 10:02
 色々解ってすっごくホックwホックwwしてるおwww
何ぞ知らんがタマラン!w 非常に理解しやすい解説回でしたw
Posted by at 2014年04月30日 07:38
確かにマリナなら納得。なんだかんだで002期で孤児達の保母的役割を果たし、
2期ラストで引き取った孤児たちを、全員立派に育て上げているから
証拠は劇場版00ラスト当たりの写真。これ以上ない母親役ですねいw

鐘、彼女って…ここぞという時に大ポカするよなぁ…氷室の天地的に考えて
そーいう意味では、凛とどっこいどっこいだろーなー
Posted by at 2015年08月03日 18:26
メ鐘さんが候補に挙がっていたとは……、眼鏡神でも考えつくめぇw

というか彼女が軍師だと
「サマンオサの上流水源を占拠しよう」とか言い出しかねない。
(ゲーム内における龍洞寺のある山に対して「ここに核融合炉を建てよう」
 「切り崩した土を使って埋立地を造り軌道エレベーターを建てよう」とか言い出してるw)
Posted by at 2016年10月18日 15:06
これだけ気を使って書いていても半分言いがかりみたいな感想が、ここのコメですら出るんだもんね。
自分だったらどんだけ考えても観たい様にしか読まないなら、気にしないで書こうって思考放棄しちゃうよ。
本当に、凄いです。
Posted by at 2016年10月29日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56960145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ