■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年08月27日

第77話「ロマリア蠢動」(4)

第76話へ    4 第78話へ

105 :◆vsQyY1yD2Q
                    ┃
                    ┠────────┐    ┏━━━━┓
                    ┃                └──┨        ┗━━
                    ┃                      ┗━┓
                    ┃                          ┗┓
                    ┃                    ○      ┃
                    ┗┓                          ┃
                      ┠─┐        北部          ┗┓
                      ┗┓└──┐                  ┃
                        ┃      └┐                ┃
                        ┃        │      ┌────┨
                        ┃        │    ┌┘        ┃
                      ┏┛    ┌─┴──┤          ┃
                      ┃西部┌┘        └┐        ┃
                    ┏┛  ┌┘            │      ┏┛
                    ┃    │      ●      │ 東部 ┃
                  ┏┛    │     王都     │      ┃
                  ┠───┤            ┌┘      ┃
                  ┃      └┐        ┌┘      ┏┛
                  ┗┓      └────┤      ┏┛
                    ┃     ○         └┐    ┃
              ニュー速で商会 ○    南部      |    ┃
                      ┗┓              │  ┏┛
                        ┗━━━━━━━┷━┛


106 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア城 謁見の間 】        lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                          ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
             _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
             _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚ー゚*)./o>_l__i_| ノー|l__il__il__i
             __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
             __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
                    /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
                   /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
                  /      ../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
                 |二二二 二 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/



        ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
       //              \
      //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
    〃        /´       ヾ'′ ヽ
   〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
   ||      ,∠-‐‐             !   !
   || :.    /            ', -‐-、  |.  |
   ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
   |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |
   |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !   ……つまり あなたは
   |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |
   |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │   ニュー速で やる夫を
   |:.:.:.:.:.:.`l :.. \       __    //:.:. |   サマンオサに行かせてはならないと?
   |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /
   |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/
   レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、
          /  |′     l、  \ _
       , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
     /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
   /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ


107 :◆vsQyY1yD2Q



             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |                                         |
             |  その通りです。                              |
             |                                         |
             |  あの男は異界人、この世界の人間ではありません。     |
             |                                         |
             |  サマンオサの内乱を複雑化させているのも異界人。     |
             |                                         |
             |  この問題をニュー速で やる夫に任せてはいけません。  .|
             |                                         |
             |  二人が結託したらどうするのですか。               |
             |                                         |
             \________________________/





              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l   ……ならば貴様は
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l  サマンオサの内乱にどう対処すべきと考えている?
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/   まさか対岸の火事と思っている訳ではあるまいな?
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ


108 :◆vsQyY1yD2Q



           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           |                                              |
           |   サマンオサの内乱 ―― いえ、愚かにも                    |
           |                                              |
           |  王家と貴族の打倒を掲げていると言う異界人の反乱ですね。    |
           |                                              |
           |  無論、討つべきでしょう。                            |
           |                                              |
           |                                              |
           |  放置すれば追従者を生み出す恐れがあります。            .|
           |                                              |
           |  奴等は王家の手で叩き潰さねばなりません!                 |
           |                                              |
           |  そしてそれは、ロマリア王家こそが行うべきなのです!         |
           |                                              |
           \___________________________/





    / ⌒ ⌒ ヽ
   /   ∧  ヽ
   ⊂・⊃ ⊂・⊃
   │▼   ▼│  貴方、サマンオサのボストロールの件は知らないのですか?
   │  ↓   │
   │└─┘ │
    \__/


109 :◆vsQyY1yD2Q



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  |                              |
                  |   ボストロール? ただの噂でしょう。  |
                  |                              |
                  |   誰かが確認した訳じゃない。      |
                  |                              |
                  \________________/





       / , ' ´     `` ヽ、
      /  , '     , ' ´ `丶fi ',
      ,'  /     /       ,ヽ、 ',
     ,'  l ,、__ -,'、__     /_  l l
     l  , '/ソ}   レ =`、  ''rュヽ_!く
      レ'// /} ゝ| ヒ.i    ヒ ! tl ヘ  ( つまり、サマンオサの暴政は
    /    ' /`iヲ,  ソ    ``- '',i !',.   サマンオサ王によるものであり
   /     /l  | ` ‐     '    ノ!|、!
  , !、     /`', | 、u   (つ //`    ロマリアがそれを正せと…… )
/  \ /,>ゝ |ヽ ` ー-, .. -く ` ヽ
 、 ☆  〉'´   i`'  \   !\☆\ ',
  ヽ_/' ヽ   l     ヽ  l/  `i l
   /      ',  l  / ̄ ー/ゝ   l l


110 :◆vsQyY1yD2Q

         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ  rーヽ!
     l l/       l /ニll!
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト   ク〜ククク……つまりはアレか。
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l   ̄//!
  l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /',ノ   ロマリアの名の下に
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"    サマンオサに攻め込めと言いたいのか。
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /
   //   ヽニノlヽ! /
  l 〈     /l ヽノ


111 :◆vsQyY1yD2Q


  ――― なぁ、QL卿。


                    |\           /|
                    |\\       //|
                   :  ,> `´ ̄`´ <  ′
                      V    L.     V
                      i{ ●      ● }i
                   八    、_,_,     八
                      / 个 . _  _ . 个 ',
                 /   il//l〉__,.ー彳}∧l  ',
                    /__ ///{_ 〉::::::://∧\ ',
               ////// 〈::::::://///\≧‐- .._
               r一'"/////  i }ヽ////////\   , ≧、
               { ////// .'  l | ///////////\ '    !
.            _//////∧_厂¨/ |,'//\////////\   |
             `¨¨、 ̄\/|\{ 〈   !V      ̄ ̄ ̄/ ¨´  |
             〉 V}l::!    \//  }!   \ ′    {
               〈  ::| |::L.ィ_、__j:::{_.ノ'       \     ∧
               } .::| |:::::::|lilil|:::::::::| <       / ヽ  //∧
               ∧ :::| |:::::::|lilil|:::::::::| ̄ヾ。     /   l////∧
.              //∧::| |:::::::|lilil|:::::::::|   }!   ./    .l//////∧
             ////,'}/ |::「 ` ̄´ }::::|     /    /////////〉
          //////  |::l     .|::::|     /}    〈/////////
          〉////   ハ:l     .|::::|   / ./{       ∨/////イ
            /////  /::::l     .|:::::',  ' / ハ      .}//////|
.           /////  /:::::::L.ィ_、_j::::::::':, / //ム、     |//////|
          /////{  /{_::::::::::::|lilil|::::::::::::::::V /////\   |//////|   元・第五夫人派 現・軍部派 貴族
        //////l ∨/三ニ===ァ,===彡} {///////\ l//////|   QL卿
       {//////∨/‐=ニ二三//三二=‐'| |'/////////ヽ!/////,|   ( 魔法少女まどか☆マギカ )
.         l//////ノイ:::::::::::::{     }::::::::::| |///////////l/////,!


112 :◆vsQyY1yD2Q

                           |\           /|
                           |\\       //|
                          :  ,> `´ ̄`´ <  ′
                             V   L.      V
                             i{ ●      ●  }i.    無論、サマンオサ遠征では
                          八   、_,_,     八
                             r==xゝ . _  _ . 个 ',    この僕が先陣を切って見せましょう!
                _______////,\: :     li   ',
                 /         {//////\: : :/ヽ}___ }    商人風情が出る幕ではありません!
              /     \      ∨//////\{{  八///\
                 ′          ∨///////≫   ヽ'///\
              :       ‘,     }//////   }   i \'///\
              |          ‘,   }////   ./   i|   \'//}
                /|__/         V   }//    /   :r‐ァく⌒ )  }
            /  /        〉  };′   く_]\__:{/   ヽ/  ,
               { /       / /     /     ||     ||\ ′
               ∨      //      /{       ||     |l  i\{
              /         /         , :{       ||     ||  |  \
          /|       /i           {       ,:||     || |
.          /:::l       /  |        ‘, \___/ ||___]} {[_|l:  |
          /::::/      ./   ,          \     || : :}}i:i{{::||:  |
       /::::::′    /     ′         >   || : :}}i:i{{::|l   |
.       /::::::::i     ./    ∧          /     || : :}}i:i{{::||   |
      /:::::::::::|   ./       ∧        ′/⌒ヽ|| : :}}i:i{{::||   |
.     〈::::::::::::::|   /         ∧       { /     :|| : :}}i:i{{::||   |


113 :◆vsQyY1yD2Q
       ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
       ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
 ,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
      / .:             L               :. \
    . ; '  /                            ':   丶: .
  . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
 .:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.   もはやアリアハンの時代では
 :.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:   ありません!
 /    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
      .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.       今こそロマリアが
     .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:..        世界の盟主になる時なのです!!
    .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
    .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
   .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.





          -―--、, ___
       /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
      //    , -―- 、 ☆ ' 、
     ./    , '´     `</,  |
     l     l _,   ,    l  |
      |   rァ_´    ヽ、___ |  .|
      |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|    ……あなたの忠心は分かりました。
      | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|
      |`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |   その言葉、覚えておきましょう。
      | | |、    _     //-'  |
     レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'    では下がりなさい。
     _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
   , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、


114 :◆vsQyY1yD2Q
                         /::ノノ::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::::,〉
                       /:::::::_:_,..-ー‐':;`ーー--.イ
                        ̄`下、:::::::::::::::ノノ!: :::::::::::::::`〉
                            |:::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::: !
                           |::::::::::::::::::::::::!.l:::::::::::::::::::|
                               |:::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|
                          ト,::::::::::::::ー‐〈 ト-=:::::::;イ
                          |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::〉
                          |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::〉|
                          |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::ノ::|
                          |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|
                          |:::::::::::::=-:,〈 レ::::::::::::::::|
                         /::,r-ー--;;,、:.|〈::::::::::::::::::〉 カッ
                         レ ,,..;;-ー-;;..,,〈.ト`ー---イ   カッ
                         〈/:..:.::.:..:.:.:.::..ヽ.`-──-'
                          |::.:.:.::.:..:.:.::..::..:|
                          `ー-------'







    , -, - '  ` ー  、
   //    ,. - - 、 ゝ、
.  〃.    /    _ ヾ' Y
  |l    , '-‐   ´ _ ` i  l
  |レi:. v , =ミ   ',r 、Y |r、.!
  |':::〉イ' / !:ヒ!     ト:rl } | ./l
  |:::l ト、! !:ソ   ,  ` '  j/ !  ……………。
  |::::ヽ!:::ヽ    _    /;:::...l
  |:::::::::ヾl:::ヽ、  _ .イ::::/:::::/
  レヘ _ィ-、_,-┤   ├ 、'^´
    ,.-、'./ i、    V \-、
  /ヽ V   \`  /,-.☆\ト、


115 :◆vsQyY1yD2Q
      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l
    l/!、  o     o    l  l/::  l
    トl ヽ         u  l l:::  l j   ……ギロロ卿、何とかなりませんか?
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l



           _,, ー'''"゛ .`゙'''ー..、
       /          \
       /     (.∞.) .     \
     /         .!-!        .l,
    ノ!]゙'二,゙'''''''''''''''''''''¨''^^t,'''''',''/广l│
   / .!.! .{. `''ーi,,,     .,,,ノ'"  / |.!.l     あいつは見ての通り元々は第五夫人派で
   ! l .\゙'一''゛ 丿   .'ヽ ゙''―''゙,/.l .l   最近 代替わりしたばかりなんだが
   l  !  .`'''''''゙″     .`''ーt″  ! .!
  l   l u            t. ./   .!.   王家への忠誠心が非常に厚く、代替わりしてすぐに
  l    ヽ     _......,,,      t/   |    手勢を率いて国軍に志願して来た男なんだ。
  ミ.    ゙''y-‐''"`'―'''''~''―;;r"    /
    `''¬ー'"  ゙フ'ッ----ッ―''!ヾ`ー..... /    だが少し 「貴族主義」 と言うか 「純血派」 と言うか……。
         / /.. /\/ ヽ\゙
          / ./../.\/   ヽ\!
       / ./゛  ゙/      ヽヾ


116 :◆vsQyY1yD2Q
                  __ ,、、.,_
               ,、-'"_,、ミ〃__:::`ヽ、
             /:::/:/ィ:ヘ:、::::::゙ヽ、:::ヽ__,、-──- 、
               /:::::/:// !l ゙i:!\:、:::ヽ;:::ヽ      l,
           /ィ::/: //_;;;;_i! 、 ゙、;;。-、>、y'´l      ゙!
           /゙i/-、l/,ー゚‐` .:i    l´:::| l.,ノ|        !
                ゙、フl゙i::::|   ::|    ゙、:/ レ、         |.   なるほど、軍人としての実績が無いため
              o'8i゙i゙''   、::| ,     l!ゞ       l
                ゙i  、....___...,イ  /:.:.: : :       i    手っ取り早く手柄を立てる機会が
                   ゙、 ヽー‐‐'1 /!:._,.-' ヽ     |     欲しいと言ったところですかね。
                 |._ヽ,゙、 o ./ / 「´     \   |
       ,.、---------y'´L_::::ヽ.二_/`'''i      ヽ,   |    ロマリアじゃ戦の機会は なかなかありませんし。
        / .::       \ ヽ、、_:::::::::::::lヽ、       ヽ, !
        / .::         ヽ  \`:::::__,,〉、 \     ヽ |
       ,':. .:./  .        ゙、.  \::゙'''":::ヽ \    ゙i



                        ┌‐┐ ┌‐-、
             / ̄~|  | ̄ ̄|     |  |  /
                /     |          /
   __   , -、_,,.
  l  |  /            . -‐ … ‐-
  !  |           . ´             `
     l            /              \_
             ,               , <7/,>_
                /                 ,////>´ 丶
           ,z'_._:_:◎:_:_:_._____///,'7
            ,'/l, -_-、:_:_:_:_:_:/  ̄  ̄ \l///,l       ',
         /|/l' /_ ヽヽ:_:_:_/ /  ̄ ̄ ヽ ∨/,'l.      }
          { |/l l { ,l i .i:_:_:_{ {  { ̄}  i  i//∧:. . . . .: :/  ロマリアを世界の盟主にって言うのも
          '、!/l t_./ .l:_:_:_:ヘ 丶 '、  / ∧///>、:_:_:/   .本気なんだろうさ。
          t,'l、__ /. :_:_:_:_: ._    ̄_/   <Z//>'
             ヘ 丶: : :-:-: : : ; ' ̄        7          ムー帝国よ再びってか?
              \    _           , <        とんだ時代錯誤野郎だぜ。
                   `<++++> へ. -‐7 ,  \
                   ̄   {   \i ∧   \     忠誠心が鼻から溢れ出てやがる。
                         i\    / 、\    ヽ
                         | i i\_/‐i } }     i
                         | | \ {_,/ /  !     !


117 :◆vsQyY1yD2Q
  ./_.....-‐‐""          /              `ゝ   ./     丿
  ././   ` 、  ‐‐'''' ̄´  丿                 ヘ 丿    ./
 ノl/     ヽ     ___,,.. 丿                  llh    /
 !l,'      │- "´    亅                   !l     !
./|〕       !  __,,..........,,|                    |│    |
1||       {‐"´     〈                   l1    │
{‖       |       _ヽ                  丿1    │    まぁ、世界相手に
│}       ! -‐‐'' ̄ ̄  \                ノ’ ヘ     ヽ    ケンカを吹っ掛けると言うのも
││      |          \,,            _/   ヽ     `-
 1│     /  ..--‐‐‐''''''    ゙ー-,,_      _,,..-'''´_人_   ヽ          なかなか面白そうではあるがな。
  ゙l ヘヽ,,  /               ゙゙^'''¬― ̄    `Y´    \
   ''ゝ  ̄     −一‐''''''                        `\     ク〜ククク……。
    \           __                          ゙゙
      \        ̄ ̄                          /
       ゙ゝ                                 /
         `'-,,                            .. /
           ゙ー..__..-<エ工エ>―ー--....__         ,,-‐"
            (  ゙ー-..__,,..--- 、    ^゙'''ー-_,,,,..-ー''"  .\
             !  −"´      .)───‐''''~~││     \
            U     ゙゙''广 ̄         .||        .\


118 :◆vsQyY1yD2Q

          / ⌒ ⌒ ヽ
        /   ∧  ヽ
         ⊂・⊃ ⊂・⊃
         │▼   ▼│    その時、世界中の異界の勇者達が
         │  ↓   │
         │└─┘ |      どう言う行動に出ると思います?
    ___ |\ _ /| (⌒)
    /    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
   /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
  /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
  /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′



                , -ーー- 、
              /   :::::::::::::::..ヽ
             /      ::::::_;;: -┴、
            r---――‐''''"~::::::_;;:-ニくヽ、
            ヶ---―――''""/  --、 ヾ \
           ./       ,  illi  ,. --、\ \ヽ
          /      :ノ  ll l  /  r ヽ ヽ. i i
=、        i       ̄ : : : : : i l  ヽ--'  l l! l
  l       l⌒\   : : : : : : : : ヽ\__/ / l  l
  :l       !_   \ : : : : : : : : i l l\___/ll: :l,;; l    冗談だ。
   l   ,. -‐''" ヽ . . . .ゝ、: : : : : : l l l :l l i l l l l lfj l
  :::l /       l. . . . .l―ヽ: : : : : l, !-==、l_l :l !l:: /   マジになってるんじゃねぇよ。
  :::l    : : /  .l. . . . .l―‐l: : : :ヽ ̄..○::::. ヽヽ //
  ::::l  : : : :/  : l\. . . ヽ‐/: : : : :ヽ :::::::::::  )/'/_,,
  :::::! : : : : :/  : :l  ヽー'"-、: : :_ii/┸=--=''" ̄      _
  :::::l : : :/l  : : :l_.. --`―'''" ̄  __((_,,.ヽ-===ニ二_
  ::::::l: ::/. .l  : : : l_,,. ―― ''''''' ̄     l l l
  ::::::l /. . .l: . : : : l                l l l


119 :◆vsQyY1yD2Q

            ,,.. -ー- ..,,_
         ,,..-''~____(・・)ヽ
        / /''" >-、、 `~ヾ、 ヽ
      /   l   (. ・ )\,,   `_、l
     /    lヽ  ` ''" /   l"(・)!
   /      /  `ー--‐'"    l ゛ ,l
  /       /           `ー''l!   そもそも今は
  l      /  U            ∧
  ヽ、__,, -ヘ  _,,.. -ー-、     / ヽ  国内がそれどころではあるまい!
       _,,.ゝ~  V ´⌒ヽゝ、 /   ノ
    ,-''"~/ , /`ゝ、 ヽ _ノ_,,.<___/
   /、 ,.l、 ヽ /ヽ `ァー‐''"ヽ
   l  ̄ ~ヽ \  〉' / l\ ヽ
   ヽ__,,.ゝ、 ヾ  / /  ヽ  l



             ___
         ,. '´_... -┴- ._ `丶、
        / ./        `丶 ヽ
.        / /       __   介',
        l /      /     `ヽLl l
.       l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.       |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.       lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl    そこでニュー速で やる夫ですよ。
      l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l
.       ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ   サマンオサ王がボストロールであれば、それは魔王軍の一味。
.       |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|   それを討つは勇者の戦いです、邪魔をしてはいけません。
       ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `
        / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |.     何より国軍を動かすよりも穏便に済ませられますし。
         |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
       /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l     てゆーか、安穏無事?
        /_ {   Y j ヽ'′ /     l
      l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
       ``| .ト--イ     丶 、__/
        l l    !      |   l
         '、_ノ         l  l
        </丶‐ ---- ‐'l  l>
┌―――――――――――――――――――──┐
| 安穏無事 ( あんのんぶじ )               │
|  変事もなく、穏やかで安らかなさま。       │
|   社会や暮らしなどの穏やかな様子をいう。     │
└―――――――――――――――――――──┘


120 :◆vsQyY1yD2Q

                _,-― t− - - - 、
                /´     >- ‐ ' ̄ ̄ ̄ ` 、
           /   / ´         _   ヽ
           /     /      > '´ ̄   ` ヽ、 i
          /    /      x、          ゝヽ
            l    i  i   i /  `ヽ 、       ,∨
         |    |  |  ||/ /´`ヽ冫    匕 | |
         |     | ∧  | 〃  /ハ      ´_`i l |
            |     Y ヽ |<||   |;:r|      /ハ ゙| |
         |    >-|  |` ┃   i:リ|      |:ヒ| リ /
         i    .|  |.  |   ヽ   ヾ.       |::ノ } | |   だからこそ、あの調子で
        | i  ∧  |  | し        、  `  i |   周りを煽られては不味いんですよ。
        /  |   .ヽ、|. |               l |
        // |    ハ |       ー--‐    / |    同調する者が現れ出したら
      /   \l\ヘ  〉,i  、             イ /.    手が付けられなくなる可能性があります。
          __    y'  ヽ /´ヽ-,      // |/
       / ̄  `ヾY    Y   /   トー<´ーi´ `ヽ、
        /       X    |      ,-‐7<´`ハ  〉`  V
     /        ハ   i       ' ヽ `/ヽニヒ  |
     /     ヘヽ、∧  /l       イ/  |  ( _   |
     /         /  V 人      ノリ  ヽ  (   /
   ./       _ ヽ  /  \   //∨ 丿   `゙ /




    / ⌒ ⌒ ヽ
   /   ∧  ヽ
   ⊂・⊃ ⊂・⊃   行動力は無駄にありそうでしたからねぇ。
   │▼   ▼│
   │  ↓   │    とは言え、ロマリアとしては様々な理由で王軍の派遣など以ての外です。
   │└─┘ │
    \__/


         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ  rーヽ!
     l l/       l /ニll!
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト   それでも行きたいって言うなら
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l   ̄//!
  l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ    最低でもロマリア国軍の看板は下ろしてもらわないとなぁ……。
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /
   //   ヽニノlヽ! /
  l 〈     /l ヽノ


121 :◆vsQyY1yD2Q

              _,,.... -- ....、
             _..-'"゛   .,,.   `''-、
           /___,_,@____'-
       ,,.ilン/  ̄ ヽ ___ ゙̄フ' ̄ ̄ヽ ゙li,
    ,..i'|||.l./ /'"´`''i.ヽ ― ./ / `゛´゙'-ヽ|||';;、
    / .,!|||.! .l゙ ,i'"´.ゝ| !―.l゙ ".r'"゙´.l .! ||||.! ヽ
    l  .!|||||l  ヽ、゙´ / ./.―│ .l. .`゛ / |||||  !  だが、ニュー速で やる夫は 「ロマリアに住んでるだけ」
    |  !||||| \_  ゙'",/ ― .\ .`''ー'''゙_./.||||! .|
   .l  !||||     ̄  ..二ニニ  `'''''''"  |||! /.  いざとなったら商人が逃げるってのは
    ` '!.l||l                      l||!./   ゴジャースモララー1世が証明してるからな。
      `''ヽ.    ._,,..i-i- 、、     .,/''′
           \.iir'" .`'ー!-┴~''-、_,._/         QL卿の言う事にも一理あるぜ?
            /^``!-、,,,_  ____,,.. -'"゛
         /  .i!'゛ !  ̄  ! \
        |  ./ '|/ 、''^゙`''i .l.ヽ\



             ___
          ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.        /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
       /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
     /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!
      /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l   元・カンダタ卿が降嫁し
.    /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.    l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   ケロロはニュー速で商会が造った
     \:::::::::\     _     /::::::::ノ  「図書館」 とやらの完成記念式典に参加している。
      `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
           /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄     それだけでは不足か?
           i'ヽ-'" ̄`゙Y l
           ゝ-‐<>ニニ_ノ


122 :◆vsQyY1yD2Q

     ,.---z'´ ̄ ̄ ̄`丶、
    /    ,.-‐' ̄ ̄` ゚il\
    /    /     _,.ィ_゛ ヽ
   l    /     /   `ヽ l
.  l     !     /    ,.-、l !
  l   l     ,l-‐       !'、
  〉   | /l、  i、l  、  ,'ヘ.l |l
  / i   '.-l \! ン,==      !l l
 l /| . (´ l | ´    __..' ,.' !/   年は結構 離れてるんですけど
 レ 丶ヽ .`ン! ト、.___  l._ノィ'ノレ`    なんだか すっごく気が合うらしいんですよねー。
   ,〉'``ヾ.、`'-、_,='`ク/7、
   !   \ヾ.、亠レ'ン'-',>'ス、       あの人、勇者や商人じゃなくて
    !    \!T7ノ //´/,_ヾ       賢者か学者なんじゃないでしょうか。
   l .    ヽl´\` J'ヽ !、
   ヽl       \ iァ、  ! l ヽ
    l|      ,.<,〉 /`ー-‐リ ヒ.,〉
      !l  ィ'´ \ 〉、_  /  |l
     l`ー'‐ヽ   /  `7   l
     l   \ /     ,!    |
      /    ヽ   八  /
      /      丶./ !`-'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ,. - ★ー‐- .、
                , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ
             , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\
      ,r、     //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\
      {:::::\   ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i  \
      ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l    \  我輩、心の友を得た気持ちであります!
        \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/     ノ
        ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、   _,,.-''
        ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"
               `丶、`ーゝニノl`丶、
                  `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、
                  .l::i ゝ  マ il,,/::::/
                  l::! ' へ! lく_r'
                 〈:::ヽ----''::ノ
                   /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
                /::/    \:::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


123 :◆vsQyY1yD2Q
‐-゙='-‐ ,.ニ--´、  ヽ::ヽ\
三三三/  , -- 、 ヽ i::::::l  ヽ
、,ニニ、! / ,--、 ヽ l!::::::!  ノ         確かにニュー速で家はロマリア王家と懇意だと言える。
ノ 二二ゝ ヽ、 ´ ノ ノ:::::/, -―- 、
.二二二.ヽ、   ̄ /;::,〃      ヽ   しかし、そのせいで優遇されてるように見えてるんじゃないか?
          ̄ ̄/´ !    ,-、   ',
_,.ィT Tヽ、__ , '´   ,r')   ー'   }.   ただでさえ見る見る内に復興、そして発展していく南部を見て
/`´ヽ二´-<     丿 )、     ノ     恐れを抱く貴族がいる事を忘れちゃいけないぜ。
   /  ',、 \  /  ,. >--‐'´
 /__  il \ `´,. '"´              自分達の地位を脅かすんじゃないか……ってな。
'´i´,っ`! !!  `"´
 ´゙ー ' ノ|



          -―--、, ___
       /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
      //    , -―- 、 ☆ ' 、
     ./    , '´     `</,  |
     l     l _,   ,    l  |
      |   rァ_´    ヽ、___ |  .|
      |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|   王家との繋がりまで強固とくれば
      | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|.   貴族の地位を脅かすと考えるのが普通、ですか……。
      |`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |
      | | |、    _     //-'  |.  そんな権力で釣れるような人なら
     レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'   むしろ扱いやすいんですけどねー。
     _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
   , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、


124 :◆vsQyY1yD2Q
                      ___  _
              ,. "´`ー、`ヽ `ヽ、
               /        \ \ \
              /    , '"´ ̄` ヽ、\`、  \
          /  | /    _   ミ久H.   ヽ
            {. |  {ァ''   ´ _ `  〉 .| |     i
          Vいv ,-、    ス⌒ゞ_ ! _.| |.    |
             l V 」 fj!   |!;|  ビ |//| ト .、   |    それに、夫と一緒に
              ! ハ 1 {;j    ゞ_ ,.  || | |l(()|   |   戦士 遠坂も出入りさせていますから
          | ,ハ `¨ 、_      |ゞ,ノム,ノ  |
          | レへ、 Y ノ     ,レィブ~´   ハ!     変な動きをすれば すぐに分かりますよ。
          !ヘ、レwミ⊆ニつ=彳トく_レヘノ
               , rァ亠ノ  / /  `>- 、.     それまでは密かに協力するようにも言ってますし。
             ///,ィく ,rく☆ ./ /    !
            ノ´ 〃´|| .厂/ \/ ./       |
            /  ./  .||ノ /    /      |
        .∠._  ,'   レ´     /      .|/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           _, -二/   ヘ、  /_ュ ヽーニ _\
         / r-「 |  //ミヽ、 //ィハ  \T┐\ヽ
           |  川 |   /rf≧ヽY/∠7ハ  ヽ  l   | l
         j  ' l l   lア^// ̄ ´|「´⌒゙|  |  |   | l
        ハ∨ |   l/  |「    l|   l | |     l l
          ′l  l|   ||   |!    |     lハ    |  |
        l  |  |   rl- 」_      !   ⊥ハ  l  |   l
       l  |  l|   マt _云7ーi h ィァテfヮ代', l 「V | l
      .l |  /|   l` i ̄ l     l ` ̄lハ! l l} }  l l.   と言っても、隠している事はあまり無くて
        l | イt.!   l|  |  l      |     l|| レ   l    調べる事は ほとんど無いんですけどね。
     .l| l j个i   l|   !       l  |      l|   |   | l
     |  l l|||  |   l    _ L _    u l|   |     | l   逆に僕の持つ情報を当てにしている節も……。
     .l  | l川|  | 、 l       ̄_      /l  l 「7ト、_l
     .ニアl |/イリ|   | ヽ|   一 二 ー-     |  | lV     `
   /  | !/  |   ト、 ト、          / /| |  |
       | l∧  || | `'| 、ヽ      / /  |  l | l
   ヽ.  ||   ヽ |lハ|    \  ー一' /     | ハ 小!  /
     \ ||    l|ハl      >‐v<     | /ハ|ハ/
        |ト、   |^ヽl      jrー=¬ヘ    //′ |/ヽ
        l| \ |   lヽ    ハ{ ̄   }∧   〃 /l   ヽ
        !    ト、   \ / ヽ、  /  \ /' /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


125 :◆vsQyY1yD2Q
             ___
          ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.        /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
       /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
     /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!
      /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l     ニュー速で やる夫と言えば好色で有名。
.    /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.    l::::::::::ヽ.u        ` ̄´キ /:::::::l   ……王族の誰かを降嫁させるとか?
     \:::::::::\     _     /::::::::ノ
      `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
           /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
           i'ヽ-'" ̄`゙Y l
           ゝ-‐<>ニニ_ノ



          ,. ‐ _..二i二.._` 丶、
         / ,. '´         ==(__)、
        / /       , -- 、   +',  ハ
     / /       /    ヽ/7 ',
      |/      /     __   ヽ  l
      |....:.:.:.:,:.:―/ 、   '   `` |   :!
     |:.:.:,、:.:.:,ヘl           | ト :.|
.      Y:_! ト′_      ィ==ュ| | l::|
      |:l l: l z''⌒`゙          l !:':.|   それが有効なら
      |:.`l: l  , ,   ' _ ' ' /.l:,:/
      l:.:.:.', ヽ、    「   |   /:./ ′   物産展の縁談に参加させてます。
       V| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
        _|               |__
    ,ィ、 |   そこまでやったら  .|_ `i
    ',  /`丶、            / ,.\|
     〉 l 'ヽヽj   やりすぎ    L/ __ lヽ、
    /  |  、丶!          └ '´_ l  |
    \/| 丶ニ'             `´T / 〈
      /∧.|               |-/ ヽ ヽ


126 :◆vsQyY1yD2Q
             ___
         ,. '´_... -┴- ._ `丶、
        / ./        `丶 ヽ
.        / /       __   介',
        l /      /     `ヽLl l
.       l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.       |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.       lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
      l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l
.       ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ   当然ですけど、貴族らしくない人のようですし
.       |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|
       ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `   夏美さんより上手くやれる人はいないと思いますよ。
        / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |
         |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
       /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l
        /_ {   Y j ヽ'′ /     l
      l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
       ``| .ト--イ     丶 、__/
        l l    !      |   l
         '、_ノ         l  l
        </丶‐ ---- ‐'l  l>



         //.:.:.:./  /rヘ、_.:.:.ヽ_  \_.:.:\.:.:ヽ、
         //.:.:.:/  /:||   ヽ`ー-ミ_- 、_ `ヽ、\.:.:!
         //.:.:./  /.:.:l|     、\ _>‐辷_ミヾソ¬
          //.:.:.:.′〃.:/|!     ̄ r _ニ=‐'   `Y/} |
       !/.:.:.:.:.| 〃.:厶ィ′     ′゚´ _/:|   〈k | |  あの方も、結構 変わり者でしたからねぇ。
       ||.:.:.:.:.:l/.:./ _ニヽ ヽ        \;:|   V//
       |ヽ.:|:|.:i!./-´‐ ゚´     、        ヽ   |fY1-- 、__
          ヾ」⊥{ r一1                   || l |   \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          \ トヘ\;:;:l     ゙、 _        |しJ、    \
             \ こ\ヽ!      - ´ , ー-ィ    |:::| |      \
            `ー‐ト、    _/`ニ    |    |:::| |ト、  r-、  \, -─- 、
             / | ヽ,   \  r‐v‐ミ |   ,1::| |||  V⌒ヽ/    |
            /  |   ヽ   Y|  、 ヽ  //::| |||  」__/   ノ‐   L
                   \  .|  〈}  ヽ//:::/_⊥ -‐´  /⌒>イ/ ̄


127 :◆vsQyY1yD2Q
        ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
       //              \
      //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
    〃        /´       ヾ'′ ヽ
   〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
   ||      ,∠-‐‐             !   !
   || :.    /            ', -‐-、  |.  |
   ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
   |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |
   |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !   今回の縁談では色々ありましたが
   |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |   ロマリア貴族との繋がりを増やしてくれたようですし
   |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │
   |:.:.:.:.:.:.`l :.. \       __    //:.:. |   今は それで十分でしょう。
   |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /
   |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/     むしろ問題は ―――
   レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、
          /  |′     l、  \ _
       , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
     /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
   /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ


128 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ,//,r':.ィ//:/:.:/ィ:.:.:./:.l:l:.|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.ll
             ///:/://:|':,イ.:il/i:.:.:./:.:l.:|.ll:.:.:.:l.:.:.ヽ、:.ヽ
            ,|ll:l.l:.|/:i.:ハ::l l:l| |i:./.:./|:.|、l:、.:.l.:、:.l:l.:.l:.:lヽ
            .{:.:|:ll:|:!:.:l.:.l 'l`'、l、 '、:l:.:.{ ヘ、_,、ヽ:.l:.l:l.:|.:.|:.|:ll.
            、:.:.ヽヽ:.::代f't:ミ,ヽ ヽ、又,..ゝ-、ヽ:l.:'.l:.:.:|.l:.:l
             ヽ:.:.:i`lTt-`¨´ rl┼、, ' ゞ=ィ' ノ:j:.':.:.:.:'.:./   遅いわよ、マリナ!
             i ヽノ}jl:.:ヽ ̄´  j  ゙ ー---ィ'.ノ:.:.:.:.:.:/
             ''-ィノ:.:.:ノ     l 、    r´i:i.:.:.:.:.r',´     他の子達はとっくに
              .{:l.;.:.r'、(ヽ  =-   ,l:l|.:.l:.:.:_.:゙ノ      ニュー速で家入りしているわ!
               ゝ-゙'   r'ヽ ´ ,.ィ'´ィi‐ijノ:ノ
                       !.ヽ`' ´ィ´イ::|ー''´
          ,_,.........-――:::i::|::l 'i /./:::::::::::|'ー..、_
      ,r'´ ̄( (::::::::::::::::::::::::::::l/:{::::l !./::::::::::::::::::::::::::::`'''ー-..._


       ///:::::::::::::::::::、:::::::::::::::、ヽ::ヽヽ
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|   結納の品を決めるのに時間が掛かったのよ。
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|
       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|    イスマイール家から ニュー速で家に贈れる物なんて
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |.     ほとんど無いから……。
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::||
       .!!:::!.|ァ’/'    |      |:::::|:::||゙ ‐ ...__
  , -‐  ´|!|:::|.| _l. -―r‐ r‐- _ !::::|::::||     `  ‐、
  /     .!||::::l.l´   -‐L...ト、   `!|:::|:::::||      r   l
  | l    | l||::::ヘ.  // | |ヽ   | |::|!::::||i      /    |
  | ヘ    |.ヘヘ:::::ゝイ /  .! \.ノ、|::||::::|| !    /     |
  .!  ヘ   ! ヘイ´/  /  |  !  ヽ | `ヽ:j| | .!  /      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


129 :◆vsQyY1yD2Q
            /, -ー'―‐- 、   ヽ、
          /.'"             ヽ
         /´      , --- 、  ☆  .i
        ./      /     ヽ/〉    l
        i     /        ヾ     !
        !     /          i   _   !
        l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
        ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l
          l/!、  o     o    l  l/::  l   「貴族らしい」 人が、あの家に入って
          トl ヽ         u  l l:::  l j
          l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "    上手くやっていけるかどうかですよね。
          ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
          " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ    杞憂なら良いんですけど……。
           /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
           l   ヽ    「う //  \l!   l
           l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
          /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
          /   λレヽ! / ヽ/    l!   l


130 :◆vsQyY1yD2Q
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
    \, V
      `L,,_
      |ヽ、)          ,、
     /            ヽYノ
    /           r''ヽ、.|
   |            `ー-ヽ|ヮ
   |               `|
   |.                |
   ヽ、                |
     ヽ、            ノ
        |\           /|
        |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <
.        V            V
.        i{ ●    (ひ) .}i   全力で僕と契約してよ!
        八    、_,_,     八
.        个 ._,  _ . 个 ー-----ー―――''^~Y=ー--z_
        f::::::::::::{ }_,.. ソ彡=-―――― -----'^\ r-ー '
        |:::::{c    c}./´               `゛
       ,/:::::{:|.    l'{
       }::::/.|::|   l'.{
       /::/ }::|    | |
      f::::{  .}:|    | |
      /::::|  /::-―ー.:::}
     .|:::::|  }:::-―::::l::::|
     |::::::| 《:::.|____|__,l
     t-r'  |:..::::|.|:::::::|
     .| }  .|::::::| |:::::f
      |__Z  |:::::|.|:::::l
          |::::::||:::::|
          |:::::‖:::|
          .|::::::|:::::|     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
          |:::::::::::|     d⌒) ./| _ノ  __ノ
          |::::::::::|
          |::::::::::|


131 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第77話 「ロマリア蠢動」 は終わりです。


今回の話を書くにあたり、哺乳瓶の構造や歴史について調べたのですが

世界最古の哺乳瓶はローマの遺跡から発掘されており
その歴史は紀元前2000年頃まで遡るとか。

当然、今の様な形状ではなかったでしょうが哺乳瓶は存在していたと言う事で
DQ世界にも存在していたと言う事にしました。

と言っても周囲と助け合う風潮があるので
需要があるのは貴族や商家と言った家だけかも知れませんが。


攻略本を見る限り、ステテコパンツも紐で縛っている事を考えると
ゴムがどこまで活用されているかが微妙なところだったので
このスレでは 『スライムシート』 が使われている事にしました。



次回更新は、9/9(日) 20:00〜を予定しております。

9/2(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


  \     、 m'''',ヾミ、、 /
   \、_,r Y  Y ' 、 /';,''
   、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',
    \、\::::::::::/, /,, ;;,
    ヽ\. ,,゚Д゚ / { ;;;;;;;,, < カイン!
    丿 [ \|:::|/]  >"'''''
    >、.>  U  <,.<
   ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、
  ''"L  \\.".//_ |   ゙` ]


第76話へ    4 第78話へ

【ガンダムウォー】ヤザン・ゲーブルアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーIV【ガンダムウォー】シーマ・ガラハウ
【ガンダムウォー】
ヤザン・ゲーブル
アルティメット ヒッツ
ファイナルファンタジーIV
【ガンダムウォー】
シーマ・ガラハウ

この記事へのコメント
貧乏姫はぜんぜん貴族っぽく無かったような
リュカの方が普通の貴族の娘だったんじゃないかねー

QLを見てるとアメリカ独立戦争時のフランス貴族見たいですな
貴族が国を無視して独自にアメリカを支援して、結局独立後はアメリカと敵対していたイギリスが貿易の利益を上げてたな。。。
エジンベア復興兆しか?
Posted by at 2012年08月28日 00:13
愛国心が暴走しなきゃいいのだが・・・
いらんことして事態を悪化させるなんてよくある話だしねえ
Posted by at 2012年08月28日 00:53
QL卿の「L」ってルルかww


生まれる時代を間違えたタイプになるのかなあ…。>QL卿 不幸なことにならないといいけど
Posted by at 2012年08月28日 05:35
そういえばコードギアスにもいたなぁ、キューエル。
Posted by at 2012年08月28日 08:08
嗚呼、しょうきにもどった奴のせいでいくおバーグ崩壊の予兆・・・
Posted by at 2012年08月28日 13:20
Q系列の貴族はホント使い安いなw
ボディ替えるだけで個性出るしw
Posted by at 2012年08月28日 19:31
QL卿は厨二つながりで魔人王ドヤが夫と
繋がっててもおかしくない
Posted by at 2012年08月28日 20:34
どうもカインはなんか信用できないなぁ・・・w
Posted by at 2012年08月28日 22:07
QLは純血派って言葉が出てきて、口に出してようやく思い至ったな……
そういえばそんな奴がいたなぁ、と
元ネタ的にはいつの間にかフェードアウトしてた気がするけど

Q系統は使いやすいというよりも、使えるキャラを発掘・創造できる
>>1がすごいんだと思う
Posted by at 2012年08月29日 01:41
Q系ってどこまでいくんだろ〜ね。
まさかのZまでか?

もしそうなら、体は旧ザクとかにしてくれんかな。

出落ちになるけど…。
Posted by at 2012年08月29日 03:21
むぅ、バークで反乱が起これば、いく夫のとこもピンチだし
QLが暴走しだしたらロマリアもヤバイ
その上ブロワとも緊張、いや対立状態だしなぁ
サマンサオ乗り込むにしても人員足りるか・・・
Posted by at 2012年08月29日 17:45
純血派のキューエル卿とかそのままでワロタw
配下にオレンジとかヴィレッタがいるんじゃなかろうか?w
Posted by at 2012年08月29日 18:12
まてまてキュエールは部下だろうw
隊長のオレンジがいないから純血リーダーQLなのか?

段々と情勢が動き出してきてwktkしてきたね!つづきはよw
Posted by at 2012年08月29日 23:10
これはまた厄介な。
モア女王たちがなんとか手綱を引いてくれるのを期待するしかないかな。
貴族や王族でないと話をすることすらしなさそうですし。

やる夫の本質を見事に見抜いてますね。ケロロと気が合うことも含めて。
うーん。やる夫の功績と実力を認めてはいますが、信用する特別な理由がまだないということですかね。

む、マリナに暗雲が……?
うまくいくようになるまで乗り越えねばならない問題があるのかな。
Posted by とあるA at 2012年09月09日 21:52
簡単、QLを事故死させれば良い。または病死。
Posted by at 2012年09月10日 13:41
魔王城突入参加を餌にしたらヤザンもQLも釣れそう。
Posted by 装着 at 2012年09月12日 13:35
>あいつは見ての通り元々は第五夫人派で

冷静に考えるといいのかこの文章wwww
いやまあおもれーけどもwwww
Posted by at 2012年11月02日 01:25

それだけ祖先の血が濃いってことでいいんじゃない?
元を辿れば第五夫人派は一つの貴族から枝分かれしていったとか……

サマンオサに関しては、ボストロール相手だったら勇者の仕事
そうでない場合でも、できない夫が異界人ということで
同郷の人間による粛清ってことで話は進められないもんかねぇ
Posted by at 2012年11月06日 12:13
新登場のキャラの出典は分かりやすくていいんだけど、今更QL卿の出典が必要なのだろうか?
あとどう考えても頭より胴の比率が高いし重要な気がするが胴部分は無視なのだろうかw
Posted by at 2013年02月11日 10:17
シーマ様なら……きちんとした誠意にはきちんと誠意で返しそうだがな(元々は裏切られて海賊に身を堕とした身の上だし)
Posted by at 2013年02月19日 22:04
>今更QL卿の出典が必要なのだろうか?
たしかにwwwっていうかこれはまどまぎ出典と言っていいのか?
そしてQLはクールではなかったか
Posted by at 2013年04月07日 14:51
QL卿はエリート主義者かぁ。大層な鼻息だけど、やる気のある阿呆はやる気のない秀才より性質が悪いよねぇ…前者はユウナやQL、後者は銀時って感じで。

時にQL卿、ご存知ですか? 戦場での死因は誤射の割合が意外なほどに多いとか…。
Posted by at 2013年10月08日 18:36
戦国時代の例では「手柄だけ渡す」とかもあるので
ロマリアの名のもとに実質ニュー速で商会がやっちゃってもいいと思うんだけどね
Posted by at 2014年01月03日 23:34

あのタイプは「高貴な者の義務」とかで貴族が直接やらないと気が済まないんだろ・・・
Posted by at 2014年06月19日 09:09
カインのせいで、いく夫パークが後にガリランドになって仕舞うんじゃなかろうかと思えてきたw
Posted by at 2014年12月01日 18:12
アカンwリューサンじゃなくて裏切り者のガリだwwwいく夫オワタwww
Posted by at 2014年12月16日 10:21
122見て、何だかんだとモア女王はケロロのこと大切にしてるんだなぁって思ってほっこりしたw
これ読むの多分5回目くらいなんだけど初めて気付いたww
Posted by at 2015年06月07日 22:33
ケロロがフリーダム過ぎて分かりにくいけど
一応モアちゃんの夫だからなw
Posted by at 2015年06月08日 19:54
QL卿のLって素直にLord(ロード)のLで良いんじゃね?
Posted by at 2016年04月20日 21:58
貴族らしい人もやる夫の家に入ったらすぐに染まりそうな気がするな
少なくとも夜の戦いで勝てなかったら精神的優位には立ちづらそうだし
まだ夜の戦いに参加できない妾の方がやる夫の家の中では反骨心維持できそう
Posted by at 2016年09月23日 14:56
獅子心中の虫しかいねぇwww

バークのほうもだが、見学商会自体がヤバくね?
メインの連中はバークにかかりっきりだし。
Posted by at 2016年10月18日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57831490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ