■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年11月26日

第40話「貧乳宙域の死闘」(4)

第39話へ    4 第41話へ

95 :◆vsQyY1yD2Q
                          ___
                     /      \
                    /ノ  \_   \
                  / (●)  (●)   \
                   |   (__人__)    u   |  そう言えば、如月さんは どうすればいいんだお?
                   \  `⌒ ´      /
                  ノ            \
                /´               ヽ



             -──‐-
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニ \
           イ_:_:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ,:':{ 才:.:.:.:.:.:.:.:. / イ:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
         /:.:.∨l|:.:.:.:.:.i:.:X/  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:/V|:.:.:.:.:.|// \ |ト:.:{:.:.:. !:.:.:.!
        i:.:.:.:.l (|:.:.:.:.:.| 笊朴 |l ヽX:.:.|:.:.:.|
        |:.:.:.:.|/」:!:.:.:.:.:.! 込ソ  ィ芯}:ノ:./ノ
        |:.:.ト:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     、 ゞy':.:./}  さっき話した感じだと
      .x===ミ从:.:.:.:.:|  rへ  イ:.:.:.:「
     .′    ヾ:\:. 〕ト-レ1 |:./|:.:.:.:′   悪魔使って何やってるかって
     {      ∨∧: v=厂 ヽ j:.:./.     自覚はなかったみたいよ?
     |     、  ヾi:ト: { ハ_) }:イ
     N     \  ヾiト/≧≠ノヽ‐ミ
        |、     \. ヾ{      }、ノ》
        |ハ      /厂ヽ      \
        |: :ヽ      .ノ  从       }
       ̄ \       \     ノ


96 :◆vsQyY1yD2Q
        / / . . . . .{ : : : :∧: : : : }: : : : :ヽ: ヽ
        l :;' : : :{ : : :∧: : :,' '; : : ∧ : : /: : ',:|
        | :| : : :∧ : :! ',: ;  l ': :/ l: : /:.: : :|: |
        | :| : : :| \|ーヘl   l/―'|/ |: : : |: |
        | :| : : :|ーt==テー     ーt==テー|: : : |: |.    気を失ってるみたいだし
        | :| : : :|   ̄     l     ̄   |: : : |: l
      /.:.:| : : :|             ' ' |: : : |: 丶  何も知らないなら そのままの方が良いんじゃない?
      /. : : ::| : : :|r‐ 、           |: : : |: : :
    { : : : : :| : : :|l\  丶 ⌒   /⌒)/: : : :|: : :   毛利さんに連絡したら、ちゃんと処理してくれると思うよ。
     } : : :/j : : :.\ i\   \_,ノ  〃: : : :/\
  ト---': : :/ / : : : : :.:〉\丶      ノ: : : : 〈
  丶: : :/: { 〈: : : : :/  〈 ヽ       八: : : : : \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ____       __
                ,...:::::::::::::::::::::::::::::::::ー―一:::::::..
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::l_,‐==‐ 、
               /:::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::< ̄ ̄   ヽ::レ= 、
           /::::::/ / ̄ ̄ ̄`ー'  l }:}ィ ̄ ̄ ̄ヽ::\ }
             l::::::,'  /  ・ `ヽ    /  ̄・ ̄ヽ l:::::l
             l:::::l  /  ____ ノ   └┐__    i l::/
          __ ゝ:::〉      ____    / l  __ ̄ ´ 〈___
         /  __ /   /::::::::::::::::::`/ \/f:::::::::::::::ヽ  ヽ ヽ   ナーッハッハッ!
        ,' /  〈   / ´ 二二= −――−´二ヽ´  /  l
         l  l /⌒ヽ   /´  __________ l   / } /   『死神探偵』 のネームバリューは
        ', ヽ   f ` l---′          }::::::} __l  ,' / /     こう言う時に役に立つんだぜ?
        ヽ  ヽ__l 、 l             l:::::::::::::l  l/ /
          \  ヽ  l___           l::::::::::/  lィ        俺が事件に巻き込まれたって言ったら
            ┬ ´l  l  ヽ         l  ̄ l  /l         大体 信じてもらえるんだよ!
            |   ', ヽ  l         /  / / l
            |   ヽ ', ヽ       ,'   / /  l
           /|     ヽ \ ` ー― 一 '   / /   l`ヽ
     _____/ lヽ         \_____/ ,′   l l \___
   /  /     l  \     \        /    / l   ヽ   \
  ,;′ ./     l   \    >‐‐ - ‐<   ./   l     ',     ー‐
     /       l     \ ____________/     l     l
    ./         l         /:::::::::::\        l      l
    l           l        /::::::::::::::::::::::',       ,'       l
    l         l       l::::::::::::::::::::::::::l      /         l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


97 :◆vsQyY1yD2Q
                ___
             /)/ノ ' ヽ、\
            / .イ (.●)  (●.)\
           ./,'才.ミ).  (__人__)   \  えっと、ハルヒさんは それで良いですかお?
          | ≧シ'    `⌒´      .|
          \ ヽ           ,/



             ━━━─
         ィi〔:.:.:./ =======ミ:.:`:..、
         /:.:,:.:.:.:.:/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ
      厶.イ:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
     く   |:.:.:.:.:厶 --ミ、:.:.:.:.、 --:.:.:.:.:.:.:.
      i:ヽ/ |:.:.:.:.:l/   }/\:.:.:.ハ:.:.:.:.}.:.:!:.:.:i
      l:.<. |:.:.:.:.:|        \!  、/:.:/:.:.:.!
      |:.:.:Y:.:.:.:.:|=====   ===彳:/:.:.:.:i|
      |:.:.:.:.ハ:.:.:.:.l"""     ′ ""レ :.:.:.:./|  別にいいわよ。
      ト:.:.:.ゝl:.:.:.:|    /` 7   l:.:.:.: /
        V:八:.:. ト -- ≧‐ --=彡:.:.イ.    解決した事件に興味ないし。
            >ミ: :/─‐v': : 〕iト才´
         /}i:i:i: : :|===/: : /i/  ヽ
        / ヽハ: :.|  /: : /i/    \
        /    VY イ: :.:/i/ 、     Y



                       .  -――‐- .
                     /. : : : : : : : : : : :
                    /: : : : : : :/ヽ: : : : : :
                      /: :/: :/l: :/  |: : :/: :
                  /: :/l: :ィ T.:l   | : /: :
                    /: :/ ヽj ヽl  ノイ:/
                 ': : '          ´
                      l: : :| ○           それじゃ、毛利さんに連絡してくんね。
               r‐:|: : :| ' '       ○
             /し': : |: : :|   r      ' '
            八: : : ノ.: : :|ゝ.   ̄`ー┘


98 :◆vsQyY1yD2Q
                    /                `ヽ、
              /                   `ヽ、
.            '   /  ,イ                 ヽ
           /   /  ://.|.|    .::|  :|               ヽ
.          / /  ,'  ://,ィ.||   .::\, ハ      ',      ' ,
         / /  ,i _,.ィ7´ !|.!  .::::i |\',  :i    |
.        / /  /i  /|ム-、」! ',:: ::::::' __」::|ハヽ.」    |::         i
.        , 〃 :i ! / ,iィ 心,  ',:::::/ ィ=ミ、ヽ :|\  |::  , -―--――‐,
.         | /.! :::| ::| i〃だ:::/  ヽ:{  .ハイ::心,Y    |::::/      // /
.          | | | ::::i ::从 込/      だイ:/ }ゝ!     |:/   ―――、- '  サマナー。
.          | !|::::i| :| }ゝ  i´      `="  |   |'  ___//_/    ケライノーを回収してくれる?
.          |.|-|:::::ハ :|.{                   |    L 、 /// |
.          |.! .|::::| !ハ   ,、           | .::::::|ヽ::: ̄ i   !.     今なら大丈夫なはずだから。
         /|| |::::| || ∧   ´          . . | .::::::/ノ::::::: |:.   !        _
.        / ! ∧:::! || ::::ヘ        . . : : :ノヽ| .:::::::ハ::::::::::::. |::   |         /  ヽ
       /   ∧:| .|! ::::::|\____.: : : : : : : : : : :| ::::::::|::|:::::::::::::|:::. |    /       ',
.     /       | :::::::ト、:::::::::::ハ: : : : : : : _xz≦| ::::::::!::|:::::::::::::|:::::. |   /         i
    /    }    | :::::::!:::\ :::|II「,ニ二二ニ―‐┤:::::∧:|:::::::::::::|::::::. 」//´         i
   /      ノ,ィ'   | ::::::|:::⊥/,勹、II{ ̄}/////,'|:::::/::::|l::::::::::::::|:/〃 /             !



                    , -‐‐‐- 、
                   /   ―   \
                  /   (●)   \  ヽ  意識を失ってても大丈夫なのかお?
                  |  (⌒  (●)   l
                  ,\   ̄ヽ__)    /  それなら回収しておくお。
                 /        _,/
                .|            `i


99 :◆vsQyY1yD2Q
              ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
                    `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
                    `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                      \ ヽ,           /   ./                  /
                      ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
          ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
        ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.l -―- 、",,/             ,,/ /
       ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニ ./⌒Y   ^   V⌒'..  . /       .,, ‐´., /
                     -――- ,,/ミ  /|/∨Vヘ '. │..     . _..-'´.,..-"
                       _,,.. - .|弋ニ| | ━  ━.| lブ|...   ,,.. ;;ニ―'''"゛
                _..-''"゛ _、ー'' |  l人人'' Д ''人 |  |..=`-''″             _..-''"゛
             _..‐"  . /  .../|  |  ゝ匸匸]]く |  |...        _,,.. -''". _,,.. -‐''
           ,/゛   /    ./...|  |  /、//{{_}ヽ ハ |  |................ -‐;;二.... ー''''"゛
         .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
        /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
       '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
           /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
          /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
         ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
                ´⌒´



          _______
         /○  i三三三i  ○ヽ
         〃二二二二二二二 , |
        || ||           || | |
         || ||          || | |
          || ||妖鳥.     .|| | | ピッ
.          || ||『幼児体型な』.|| | |
        || || ケライノー  .|| | |
         || ||          || | |
         ゝ.二二二二二二..´__ノノ
         { {    {  {    i⌒ヽ
        ゝ.ゝ---- ゝ-ゝ----.ゝ__|
       / (___), --;--、  (___) |lヨ| __
        / (___) /‐( ̄)-} (___) .l |(_)__
.      /(ニニ)ゝ 二. ノ(ニニ)./ /‐(  ))
     / (__1__) (__2__) (__3__)./ /:::/  ̄
.    / (__4__) (__5__) (__6__)./ /:::/


100 :◆vsQyY1yD2Q

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │  おっ? 名前が変わったお。
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |


                       ___
                    ,. .: ´.::.::.::.::.::.::.:ヽ
                 _/.::.::.:_:.、::.<:.:::::.::.::.:、
                 {二}| ̄ ̄||::.:ヽ: ::`.:::.::.::.::.|
                 {三}|   E|ト--i::.::.::.::.::.::.:::.|
               〉‐亠┬<ー‐┤::.::.::.::.::.::.::|
                |i.::l|.::/   ミ、::.!::.::.::.::.::.::.::.|
                 l'∨!::|TT  ミ,r|::.::.::.::.::.::.::|  暴走の原因となっていたMAGを失ったので
                `ゝ!∪   ' f|::.::.::.::.::.:.:;′
                  (  _     ー|::.::.::.::/::/.   本来の姿に戻ったのです。
               ` ー‐┐__|.::.::.::.i::/!
                   ,r'´ __|:|!::.::.l/.:|.   ピクシーは複雑な思いを抱きながら説明します。
                      / / ノハ::.人 |
                   j//`ヽ  }'   `
                /`Y, ⌒ 、〉,'|
                  /  .|     | l |


101 :◆vsQyY1yD2Q

                            _ ...-──- ..._
                         _ ...-‐ ´            > .
                       .                       :.、
                  . '´/      /    :i   、       ::..
                  _ .イ /        ,./     .:|    \   ヽ.   ::ハ ____
          _ -‐ ´ _..::/   ,'     //  ,'  .:.:ト、. i   ヽ.   ::.  / _」}_/
            ̄ ̄ / / /   X:/i .::/:.  .::l.:| V:|、/:|: ハ   i::/  ´_」lフ
              ,:' /   /  .:/:/\|.::/l:. ..::/:,'  |/V..:l: .::i : |ノ   ´_」lフ
                /. 〃   ,'   .:.:i:/、__厶:| |:. .::/j/_/jノ |.:;ハ::/ :: | ../  |
           /:/ /    i i :.::|、/´.'_)心l:..:/   ,..- _j/ }'. ,' ::.|'ヽ::. : |
            /:/ / .::/ | | :.::|〈 |.ト::J.|∨   '/´   ` / / .: :К,}:i. :. |  よっし! ケライノーゲット!
             /:/ i .:.:/:  | ∧ .:.:|::. V:zソ          / / .:.:/_ノ::|: :: |
.         ,.-r‐v、_  l :::,' | .:|/:::ハ.:.:l∧     、       / / .:.:/:::: : :.|: :: l  ありがとね、サマナー ♥
.       /     ヘ | ::l l /|.:.:.:.:| ヽ{ 人    、 ノ   ∠ .イ .:.:/:::::: : : :ヽ:.:|
     .′    /v 〉.::| | |.|.:.:.:.:|  ,' .:::>:..       ..:/ // ̄`ヽ:::. : : :八      /
      l      .:/、.ノ | :| |:| | :.:.:.l  / .:.:/ |i ::::>‐<.::. ̄ ヽ.:::::::::...   :、: : : : : .、  /
.     :.     :〈   | :| |:| | .:.:,' / .:.:/ j:lイ .::::::::.. `ヽ::::::.....       ハ: : : : : :ヽ.ノ
.       V     ::.   ヽ| |ノ |.::/ .イ.:/ /   ` ̄ ヽ::::...  ̄`        }:_: : -‐ ´
        .     ::、      j:/ /:∠イ ̄                      | ノヽ
.       、    ::.、_ ...-‐  ̄l///|:..          ...:::::...       l:: : : :.
        、   ::.\::.     |///|           ....::>::::::::....    ,': : : : : :.
        -‐ ´\  .:.:.:.\::....  ∨/∧     ..::-‐::´:: ̄::`ヽ::::::....   /: : : : : : :.


102 :◆vsQyY1yD2Q
                 |:.:.ト、:.\
                |.:.:|.ヘ::.:.:|        ____ __
                   〉:.:.〉 ヘ:.:.|     ,..:'´:.:.:.:.:.:.:/:/
                /.:.:/___ ム::|-_‐-/.:,:_-‐''" ̄|:.:!
                `ーァー`ニVこ水:.<、 `ヽ、 /:.{
                ,. ''´ i´     丶`ヽ、`ー-、V:.:.:,!
                   /   . ;!         ヽ、\:.:. !:.:./
               / ,イ . :ハ   !   : . . |  `┴ '!
              レ' | .:/__入  |\  :!: : : | !.     |
               | ;イ| f心 \! ヽ\|: : : | l    |.  ところでラミアさんは
                l/ |.l 'セリ   iミ、|: : : !. !    l|
                      ゙! ¨,   l:じ;ハ! : : !: :l   i l !  どなたかの仲魔なのですか?
                  ト、      `¨ | : : |i: :i: . i !|  ____
                 | :丶t‐┐   _!: : 八: l: : . i: .∨´     ノ
                 >‐ュく`二.丁r┤:/¨ ̄`ヽ、: : ヘ     _ノ
                 .f ´ `ソ| `|__〉l;イ´ ̄ヽ、 V: : .ヽ  _ノ
               __,圦  ´_}_,|/{:::ハ !     l   l: : : :.`く
               ,イ/  ノ、/.:.:ムイirく|    r ,!   ト、 : : : :ヽ、
            r‐/ L_  /ヽ |:.:.:/l |:!  >、__/_)'  ,ハ: ',: : : : : ヽ、
              /  Y´〈 / イ,ハ;/l:;!`,リ、_′' _/=='"i|:',: : : : : : :ヘ
           |   !_ノカ  _ノ レ'´|::| /   `フ{^}    i|: ',: : : : : : :ハ



          ____、
        / ーーーーヾ、
        /{ / l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| : l kニヾヽ匁ノ,: i
       |:∧:l : :l´◯   ○ソイ
     ,l: : : l : :i   ,-┐ 从|  はぁ? 私、契約なんてしてないわよ?
      ヘノハヽへ 、 ニ イトノ
        / ヘヾ- } /ヽ
        i  ハ V/r i
        i  い{{X}}仁]
        {____}〜ハ-{__}
        へノ::::::::::::::ヘソ、
       〈::::::::::::::::::::::::::::::::〉


103 :◆vsQyY1yD2Q
            /    /  ,、 |、|"゙`、    `、
           l    /  / | .|.l|   l  .::::::::::l
            | |   l  /_,. | .| |ト、  | ,  .:::::::::|
           | |   l/l/'´ // /  `メノl /l .:::::::|
           、ヽ   ,ィチ斤、′   iミュ' !.:::l:::|
            | \ {b::::::リ    P::::::リ / .:::|:::ト、   それならMAGは どうしてるんですか?
            ト、  `ド-‐'   ,  `‐-'/l.::  |:::| ヽ
            |::|   ヘ         /:::|.::. |::::| `、 すぐになくなっちゃうんじゃ?
             |:::|  ::::「` 、   -   イ `|.::. |:::::|  \
              |;:イ  ::::|  l ` ー ' ´  !  |.::  ト、:::|
           /';:::|   :::|.  |‐- 、 , -‐/   !.::. |:::ヽ、
          /::::::::';::|  :::|   ヽ   /   |.::  |:::::;'::::::ヽ
            l::::::::::::';:|  :::|  __\/__  |.:::. |::::;'::::::::::::l



              r−――..、          ________
            l:.>:.:.:.:.:.:.:.\      xイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
               l:.:.:.:| ` :、:.:.:.:.ヽ   xイ>"´ ̄ ̄ ̄/:.:.:/
            l:.:.:.|   ヽ:.:.:r=∠´___      /:.:.:/
               /:.:.:>"´ ̄ ̄`" ̄`ヽ.:.:.:.:.: ̄ ̄/:.:.:./
             // :⌒ヽ、  :. `ヽ  \:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.|
.          7' : /:_::__:_\  :.   ヘ   Vヽ:.:.:.l :.:.:.l、
            /: :./::_:::__::::__::::_ヽ :.,   i   V \!:./:ヘ.
         /: :.//::::::::::::::::::::: /∨ヘ  l:   V    l: ヘ.
.        /: :./∧:=::=::=:/:.:.:.:.:∨ヘ  l    |!     l:   i
.         i: :/! ノ========---Yヘ l    |i━━━━・{
.         |:/ i |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::YV   |:i    l   l
.         |′| !⊂⊃:::::⊂ニニ⊃:::::::::: :|   |ki.     l  l   もし、人を襲って手に入れているのなら
.         |  |ヘニ二二二二ニニノ ̄ : |    | :l    l  l
          |:.ヘ、/ヽ /\ ̄`ト、:.:.:.:.:|    | ノl    l  !   愛天使、ジャスティスエンゼルとして
       スチャ |: : ∨/\/ヽ \_j ii、:.:.:.|    |||:.:l.     l  :   放ってはおけません!
          |: : :|ヽ_____:ゝ":.:.:.:.:.:〉 _|    |ij:.: l    l  '.
          |: : :|i: >:.:、____r――ー|    |:.:.:.:.l    l.  '.
          |: : :|i: : \    | ヘ.    l    l:.:.:.:. l    l   '.
          |: : :|i: : : : |ヽ、  j ノ    l   :ハ:.:.:.:l    l.   '.
          |: : :|i: :_.....-::イ≠千==イ:;′ /:.:.|:.:.:. l    l   '.
           __Vイ:::::::::::::,イ:://::/  /:/  /:.:.: |:.:.:.: l    l     '..、
          く::::::::::/:::::///::/! / / / Y:. !:.:「 l    l     :,\、、
          V/::::://:::/::/: |./ //   Y:!:.:!  l:    l.     :,   `ヽ


104 :◆vsQyY1yD2Q

             . -‐‐-. .
             ,.:.´{ ニニニヽ:.ヽ
            'iコ:.:.:_λ:.:.:.:.:.`:.ハ
.            |/!:.:.iV ヽiVi/|/.:.:.j
         ├':.:.:|┃  ┃|:.V|
.            レ:.:.:!   __  人:.:′ …………。
           ヽ|' >=≦、|/
            /ヽ: :.∀: :ハ
              i  \i/iニ}
              |  | /iヽ.!.T


             -──━━
          ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
      /:.:.:.:.:.:.:./ -────‐   :.:.:.:\
      ./:.:.:.:.:,:.:.:.:/ -─────  \:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:/:.:.:.:':.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽl:.:.:ー─‐┐
  「 ̄ ̄ V:.:.:.:.:l:.:/  、::.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、  !
  |    |:.:.:.:.:.l \  l:.:、:.:.:.:.:.:.爪ヽ:./:.:.:.:.} _/
   .才´  |:.:.:.:.:.N  \ }:ハ:.:.:.:.: ! |:l/、:.:.:.: /  \
   {   U:.:.:.:.:,イ笊心、 \:.:.lイ笊ハ:.:.:ハ    ′
    、 /|:.:.:.:. {{ l と刈    V と刈 :!:.:l:.:.\/
   |∨:l |:.:.:.:.:.l. 乂zツ     乂zツ 才:.l:.:.:.:.:|  ……え゙?
   |:.:.l:.ゝ|:.:.:.:.:.|/i/i/      ′  /i/i/ハ:.:l:.:.:i:.:|
   |:从:.: |:.:.:.:.:.| u  「`  ー┐     }:.:イ:.:.:l: ′ MAGってなくなる物なの?
   l  l八:.:.:.: ト   、___.У   . ィ:.:./!:.://
     /丶\:.:| : : : ー … ‐=≦/:.:.:X. j:. イ
    ./   \丶: : :ト ====彡 : : : }/ ! ′
     {     i\: :U   /: : : /i/   !


105 :◆vsQyY1yD2Q
            _____
         ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::/:::::::::::::::ハ::::::|::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::/:::::/:::::|::|-、::::|::::::|::::::::::::::::ヽ:::ヽ
      |::::::::|::::::::::::|ハ:| .!:::|::::::}:!::::::|:::::|::::|:::::,
      |::::::::|::::::::|,x≠ミ |:/|:::/ハ:::::!:::::!::::!:::::l
      |::::::::|:::::〃んi心' !' j/  _|;/!|:::::|::::!:::::::,
      |::::::::|::::::'|!∨/ツ    ィ心ヽ:/:::/:::::::::.
       |::::::::|:::::::|! `¨     〈//ツ'l:/:::/::::|::::::|
      ,::::::::::|:::::::|!  '''    ,  `¨  /::::|::::::|::::::|  今までは どうしてたんすか?
     /::!:::::::!:::::::!     _    '' /:::::::!::::::!::::::!
      |:|.|:::l:::|:::|:::ト      _,. イ::::::::::|::::::|::::::|
      |八:::!::|:::|:::|   ` - ..:´:::::|::|:::::::::::|::::::|::|:::|
      |! ヽ从::!:::!ヽ   /|::::::::::|::|::::::/:/::::/|::!:::!
        \|:/  Y::Y  !:::::::://::::/:/::::/ !'|:/


                 ──…━━ .
         ィi〔:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、   o
         ∠二二ス:.:.:.:.:.∨ ̄ ̄ ̄`7:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:、───く:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ○
      ':.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:\    ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.厶、
     i:.:.:.:.:.:.、:./、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト.
     |:.:i:.:.:. |/=ミ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     |:.:{!:.:.:.{ .イi!ヽ `ト:.:.:.:、:.:、:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:. ⌒ヽ.:.
     |/ハ:.:.:、 lオ   、:.:\l:.:.:.:\:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\  ソ  いや、私
     !   \l レ’/i/i/ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ト\
         ′     ∨:.:.:.:.:.:.:. !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       一昨日こっちに
            {  / \ u ‘。:.:.:.:.:.:. !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:|       来たばっかりで……。
          ゝヘ _/      、:.:.:. |:.:/l:./:.:.:.:.:.ハ:ノ
            .l:ハ:≧=彡、 \:.:从 :l:ハ:.:/  ′
          /「 ̄ ̄`寸 ー‐i: : : ̄: Τ\
          ./   Yi: : : : |二二| : : : /i/:|   ヽ
         /    ヾ:i: : : |    | : : /i/:イ   ハ


106 :◆vsQyY1yD2Q
                   _ __
                 .  ´        ` x≦77
             /           <,/////
           r≠≦7             ∨//ハ
         ∨///       /    、      ∨/
         `¨¨′     ′ i  |{-‐、-    ′ i
            i       !| !ノ   八{ \ヽ.     |
            |    /八ト、  / ィ笊ミx‘   i  |
              ノイ   ixf笊 ソ   弋うリ  i  |i 八   一昨日来たばっかりで
           八    {弋う      ,,,,, ′ 八 ‘,
             ー  ゝ ,,,,,  '    厶イ  |{ i  今日、オーディションに出てたの?
              i{  人     c   イ{  i   八 ′
                 八{  i ≧=‐r<_jハノ}/     すごい……。
                \{ ゝ⌒ノ|{   ヽ
                  ,.  イ  八   /`  、
                  /  , ヽノ,:f^V7      i
               i  /_ /:::i ____  /     |
               | f,//,'/::::::|/////    ,
               | |///,:人::|////    /
               | |///i::Y:::|///    /



         __
       ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
    _/_;.:./二二二ス:.:.\7
    廴__/:.:.:.:、ハ:.:.:.:l、:.:.:.:.:ト、   / )
    |:./!:.:.: N\lヽ:.| ×:.:.:.V  _/ く
    K /|:.:.: 芹心、 ィ笊:.:.ハ|.イi:iVノ
    l:.:.:.:ハ:.:.:代zソ  乂ソ:.:|   ヾ/   そりゃ〜面白い事を探して こっち来た訳だし?
    |:.:.:.从:.:.|"" 、__, "刈  /
    |ハ:.:.:.:ヽ:ト --‐=≦:.イ/     あんな お祭騒ぎがあれば参加するわよ!
      /\ヽ: :\=|: :.イ
     イ    ヽ:`ト:Y: i|′
    {  _r彳  `寸ハ/|
     .ゝ/i:i:V_ _ィ芥ト、
       丁_ノ: : : : : /:/l::「
      /: : : : : : : :V: : :ヘ
      〉、:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_;ハ
     ./、__/     〉   /
    /:i:i:i:イ      /:i:ヽ ′
   ./i:i/       /i:i/
    込Zi       込Zi


107 :◆vsQyY1yD2Q
           /:::::::: -―――‐-\:::::::::::::\
          /::::::::/ .-―――─-、}:::::::ヽ:::::::',
            /::::::::::レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::| ̄ ̄/
            ,'::::::::::::::: /:::∧:::::::::::、:::::::ヽ:| ::::::::| _,/
           ::::::::::::::::メ{::厶:::、:::::、:|\_:::ハ::::::::::| \::|
         レl::::::::::::::::レ,_,_Vヘ::::リ,_,_∨ |::::::::::|、 〉
            |:::::::::::イ(__) ∨(___):::::::: ハ/::|   入ろうとしたら止められたから
            |::::::::::::j⊂⊃       ⊂⊃::::::/ノ:::::::|
            |八:::::(           |:::::/:::::::∧|  ちょちょいと そいつ操って参加したんだけどね。
     (⌒)   ∨l\个r::..._f^)`^′_... イ::::/ :/::/
    (⌒   ̄|     ∨レく三] ̄/ /,|/∨|/
    ゙て_) ̄     /  ` || .///  /ヽ



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \  オイ。
  |      (__人__)  U |
  \.     `⌒´     ,/


108 :◆vsQyY1yD2Q

                           __/\ ∞o⌒)
                         >''"´::;:::::\ ̄ フ
                        /::/l:::/ |:::l::::::\|:ヽ
                      /::::l/| l/  /::/!::::l:::::::::::|
                      /:::/ └-   ̄ 」ノ|:::::::::::
                    ./:::/ミミ       ,::::::::::/  どうしよっか?
                    ;::::/' '    ミミ /::::/::'
                  r‐/::人  Σ   ' ' /::::/::::{   このまま放っとくわけにはいかないよね?
                  l:/::/::く⌒y┐__ /::/:::::::ヽ
                  {:::{::::( _ノ_ 〈:::::〈:::::::::::::::
                       ∨  く ノ::::::::〉::::::::


        .  - ─ -   .
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    .'::::::::::::::::::::,'::/:://:/::::ハ:::::::ヽ
   l:::::i::::::l::::::::l:!l:::l::l::l::: l:| l::i::::::: .
   |:::::l::::::l::::::::|:!i::リルiト::l:| lィl:::::::::}
   |:::::l::::::l::::::::|ル.ィテk::从.ム!::ル'
   |:::::l::::::l::::::::| 《 i必i!  i以!l::::|   MAGの事を よく知らないみたいだし
   |:::::l::::::l::::::::| ""l|   . ""!l::::|
   |:::::l::::::l::::::::|   l|  _  イ:l::::|   足りなくなった時に人を襲ったら不味いっすね。
   |:::::l::::::l::::::::|> .j _´ . イ: |::l::::|
   .从:ルレ! : 从   ノ、:::::j:::ル':::リ   言葉みたいに仲魔にするっすか?
  /: : : /: {Y人ハ-く i\` .<イ
/: : : : /: :∧  /, へハ!: : \: :∧
: : : : : └<:∧/ i⌒ ∨: :./: /: :i
: : : : : : : : く: : :.Vしヘ  ∨:〉: :/: : :|
: : \: /: : : :\: : しヘ  V: :`ヽ: : |
: : : : /: : : : : : :`/  入   Xヘ: : }: j


109 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
       ////::::::::::::::::::::::::::::::::\iハ
      f//ゝ=======彡∧ヽ
      |/////////////////////ハ:ヘ
    /: |///////>==<///////i}: :.
.   /:i:人>‐: ':´:./: :/: :i: : ;ハ:i` <リ: : :
   ,:/l: :r'、: :i:|: : /i: /: :/|: / ,':}   ミ: : : :.i
    {:! l: lヽj.:斗:./-!/:.:/ ,:/-‐リ‐ -  ミ:..: :.|
    j} 从{: :i:.{x=≠ュj:/ /  x≠=ュ、 ミ: : : |
     i:.y从ヘ弋::::リ       弋:::リ / j´Y:..|   COMPの空き容量は
     |:{ r、    ̄    ,      ̄   リ:}: :|   あと一体分ですね。
     |: ヾ`_               ,、_ノ:..:.|
.     八: :.|: ヽ     -_-     /: : : :..八.   とピクシーは お知らせします。
    /:イ: ;ハ: l: >          イ: : :|:i: : : :ハ
.   /´ !/ j/!:/{: :_i` ‐‐ ´i_:..:|/}:/リヾ: / }
          ′/ \   / V /   ヽ
          ,.イ   / TT{   ヽ、
      , ィ:´:..:..|   /  | | ヽ   |:.> .、
   , ィ´ : |: : :..人_/{  | |  ヽ__,ノ: : : i: :.l`ヽ、



                    妖精 ピクシー
                    妖精 ピクシー
                    妖精 ピクシー
                    妖精 ピクシー
                    妖精 ピクシー
                    天使 『愛マニアの』 エンゼル
                    聖獣 コマイヌ
                    造魔 カツラコトノハ
                    妖鳥 『おつむの足りない』 オキュペテー
                    魔獣 『感度良好な』 ネコマタ
                    妖鳥 『幼児体型な』 ケライノー


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】


110 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\.         あ〜、ハル ―― ラミアさん。
   /   (__人__)  u. \
   |_ _.    `⌒´      |_      仲魔になるかはともかく、絶対に必要になるMAGを
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)    人間界で安全に手に入れる方法について説明するから
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /   やる夫達に付いて来てもらえますかお?
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


                        . ´ ̄ ̄ ̄ ̄   .
            -───‐ 厂\--/:.:.:  -───ミ:.:.:.:.:.:`:..、
          !     、   ′__ヽ:.:.:.∠. -------- 、\:.:.:.:.:.:\
          }    \__/   _./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\〉:.:.:.:.:.:.:ヽ
          ∧      ヽヽ l/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.}:.:._:i___ィ´
              ∧     ∨ /:.:.:.:.:.ィ⌒ヽ∧:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.: |:.:.:.:.:.「` ーミ/
            ∧       ヽ.ィ:.:.:.:.:./ |:.:/ }:.:.:.:.:. ィ⌒ヽ:.: |:.:.:.:.:.|   ./
                      |:.:.:.:.:.V⌒ミ  l:.:.:.:.:ト:/ |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.l`ヽ./
             ヽ     /|:.:.:.:.:.:゙ んハ  V:.:.:!イ==ミ:.:.:|:.:.:.:.:.ト /       /
              .ィ∧   .イ: :{!:.l:.:.:.| 乂ツ   ヾ:.:| んハア:/:.:.:.:.:厶/       /   あらそう?
           /: : :∧/: : :/|:.:l:.:.N""   、    乂ツ |:':.:.:.:.:/: :|      /
             /: : : : :/: : /i:i|:ハ:.l:.八    ___  "" 从:.:.:イi: : |      .′     それじゃ お願いするわ。
          {≧==彡: :イi:/l: /|l:.{/:\  ∨___ノ   . イ:.:/: i:i: : |
           ` ー<i:彡': / V:/i/: :〕ト , ---=≦:.:.イ/ |: i:i: : |    イ
                  ̄「   .//i/: : ハ ___ ./: : /iィ !:lハ ∧  /: l|
                  ヽ  //i/: : /、 __ /: : :.li:i |   : :ヾiヽ: V:_:_:l|
                 / //i/: : / ー─ /: : : : /i/:′ ヽ: :Vハ: : : /
                ./ //i/: : /      /: : : : /i//    \:_:_:>’
                ' //i/: : / ヽ   ィ: : : xi〔i//       イ
                 .{ {:i:i:i : :/    /: :xi〔彡’イ    /: :|


111 :◆vsQyY1yD2Q
                 / : : ;>'"´ ̄`\: :\: : : : : :\
             / : ,:ィ ´ . -―――-ヽ: : ヾユx―-、ヽ
           / : /:// : : : :\: \ : : : ': : : :',\_ノ : :',
.            /: :/ : 〃 : : : \: : : \: \: : :i: : : :'.  〉、: : :!
            / : 厂,:'f: : : |:|: : \ : : :/:|\l: : : : |V{\\|
         /:/| /: :|:_∧:|\ : : | X,x≠ミ、|: : : : !ヽiヽ.iヽ:ヽ
        f: :\|f: : :|: : :|,≧ミ、 \:! 〃Yんィ}》 : : : ト:||: :||: :i :|
        |: :/: !: : :N|:〃んィ}      弋ぅりj : }: : |j ||: :||: :| :|
        | :/:|:|:i :|: ヽ!弋:り          /: /: :厶イ|: :||: :| :|  でも、他のラミアと同じ扱いなんて
        |:′|:|:l :|: : :{   ′  _ノ   /: / : / : : !|: :リ: :| :|  つまんないから
        |l  |:|:|N : : |\    ̄_   /: / : / : : く/: : : : ! :!
        ||  !八 | : \:!: : ` : . . __ /: / ; イ人 : : : : : /| | :|  私の事は 「ハルヒ」 って呼びなさい。
        ヾ、  ヾ : : : \: : :i: : :人/ : /    \/: / !;ハ:|
             \   \{\:{\|//|/,. ´ ̄ ̄`∨ .ノ :i|
               ,.‐≦二.._/   / /         :,    ノ
                  / /´ ̄,>′ / /           }
                /  j,> ´    /  {      \   :,
              / /     /  \        ` ー┴ 、
             //  . -‐ ´     \         ー-、}
           / /  /          {              ヽ
        / /  /       \ー――‐\__\
          〈 { /}       \       >、|
         {V /、                /´ ̄`!  ,. -―
         厂入  \    ⌒ヽ    /     〈/´ ̄ ̄


112 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/  ……ありなのかお? そう言うのって。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /

【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

      '⌒Y⌒
     ___j__     「我」 の強い悪魔にありがちですね。
    {三三三三}ヽ
   /:{三,イ从{_}i:ト   ある種の自己顕示欲であるとピクシーは解釈します。
    l: 从i几)  }ノ从
    |八ト|       人
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】


113 :◆vsQyY1yD2Q
                                      __
                                   ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                 ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                  ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                  ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                                 ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                                  !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                               ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                               ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                  __.          >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
                  ,. _≦:_:::::::::::〕iト, == ┐  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              /_,...<:::::::::ヘ:::::\-=:\| |       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
             /, '´:::::::::::::::::::::::∨::::::ヽ\-┴-- _        ̄ ̄
              ,〃:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::∧__,. ::ヘ\ ゚,
            /!:::ト、:::_:::::::::\ー---',::::::::::::::::〕iト::ヽ| |______
.          < 7:::::', \ ` ー-,ィチ以 .|:::::::::::::::::::::::::::\ -─- '⌒´
.          ゝi:::::::ヾー--    ´   |::::::::::::::::::::::::::::: ハ
         く }i::::::∧玳以 、      j::::::::::::::>─- ミj リ
.         / }Y:::ヽ:゚,   / ̄ヽ ,':::::/::, '      \
       { .{:|::ヾ:::::::∧  ヽ __ノ ,:::::/::/.          \
.         ゚,W:::i:::ハ:::::i::〕iト . _/i::/ /{  >、_       \
.          {| V:::/ .j∧:::::::::::::::::::ノ-!/,イ.人.    \      \
             Y. /  ` > ´7/  {/............〕iト , ___\    , -, へ__
             |:!.    ,'   i i   /.........................>'´  `::., / .「 /r'_, _ヽ
.            八:、.   i   j {   {..................../,.:'   _,. -ゝ'ゝ'     ̄   、
              \  ゚, /...{  ∨........../:::' ,.  '´               ヽ
                   `i.....人_  }.>'´‐'>'´                        ゚,:.、
                 |...............〃_ : '´                          Vヽ
                人......斗 ´                              i
               _,. -= ´                                   }  ※ 擬態
        , ⌒>'´                                        ,'
       _}>'´                                           , '
     ,. '´         ヽ                                /_,..
.   /             ',                     _,. r≦´...≧=----=彡........._
..../               i::._    __    __   -=≦::::::::::::` <,__,. - '  ̄ ̄
,:'                  ノ-=ニ ̄_,>'´ ̄:::::::::::::::::::::::::
                 /   > ´
              _,. ィ ,. '´  ___                              ,:
      _ -=≦    /        ̄   .,....                    ,.ィi〔
   ,. <          ,'             `丶:::::::::.           ___   -=≦
.:<              {                \--─    ̄ ̄
              人                      ‘ ,
                ヽ、               ‘ ,
                〕iト ,               ‘,
                        〕iト ,                ‘ ,
                          > .,           ‘ ,
                          > .,           \
                             ヽ、         ` <
                                \        ヽ ト ,


114 :◆vsQyY1yD2Q
【 天堂町  テレビひさご 】
                               __________________
                              /|┌┐  ┌┐┌─┐┌─┐   T  V
                            /  |│└┐├┤│─┤├─│┌─┐┌─┐
                          /    |│││││├─││││││││││
                          |    |└┴┘└┘└─┘└─┘├─│└─┘
                , ――――――┴ ――――――――――――― └─┘――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ



        /       l |     /´ ̄     \          |
       ,     | t. l   /    ィー=、<ノノ ヽ      |
        |     |  ヽ\    // /   )ヘ \ !       |
         | |  |  l>、  \        {ーrくo゚ハ.   |       |
         |  l|   ヽ. |  ,≧ー-ゝ      ‘く。しン   |        |
        l 八   |\/ ⌒ハ\      ´¨´     '      |   えりか! 無事だったのね!
       V   \ 〈ー{{_,ノo゚ハ ヽ             /      |
          、   \j-{‘く。しノ  l    ノヘ    /      | |
         \ ヽ  \ `¨´   _  イ´  |  /         ! |
- 、           \l     ヽ       \ {   |  ,'        | ヽ
-、 \           |     ',       丶-- ' /        |   \
⌒\ \         ,      l丶  ____ /            |
     \     /        |       ヽ  |             |
       丶--‐'      /          | |           \


115 :◆vsQyY1yD2Q

                 . -―-  、
                  /: : : : : : : : : \
                 /: : : : : : :/へ: : : : ヽ
             /: : : : : : :/    \: : :',.   急に飛び出して行ったから
              l: : : : : :_l:」  ´ ̄ ';! :|  心配したじゃない。
              |: : : :l从N  lーヒテ !: : !
             ヽハ: : {‐ヒテ  ヽ  |: : | , -‐…−- 、
               v',: :',    __ ,  /:.:/::::::::::::::;:::::::::::::\
                 lハ : ',、__/l:./:::::::/l::::::/^l:::::::::::::::::',
                 レ', : ', l \x:=/::/∨-l:::/  |::/l:::::::::::::l
              / /: : :〉  〃 /::/  _|/  j/`|:::/:::::::|、  ごめんね〜、お姉ちゃん。
            rく   /: : :〈  {{_,/::/ ´     ― 、:/l::::::::|, \ __
            / 丶〈 : : : : >-―、--っ) />┐    /:::::::/   〉::::::::::}_
             /   /:.\:/  >))厂!、 l/  /  ' ' /:::::::/   /:::::::::::/::)
          /    ̄ ̄ ̄  / ̄l::::::| ト 丶-' __/ .::/  /::::::::::::::::::(_ノ}
         〈_   -‐= ニ壬イ : し〉::::〉|  く::::::::::::: /  / 八::::::::::::::::::_,ノ
              (: : : : : : : 〉ーく::::く /   ⊂ ⌒´  /  |   ̄\:::::ノ
                ̄ ): : :((___)::::ノ|__く   /l___」      ̄ ̄\
                ̄ ̄ ⌒} ̄ ̄   |  |  ̄(:::(_)) |ヽ  o        /ヽ
                     /丶二二二|  |   ` ̄|  | 〉  ト、       /  \


116 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \    いきなりいなくなって すいません。
    |    .u    (__人__)|
     \        ` ⌒/   そっちは大丈夫でしたかお?
    ノ           \
  /´               ヽ





            いいのよ、さっきまで警察の人が来て取り調べされてたし。

                           /: : : :》、: : : : : : : : : : : : /.:::::::::::::::::::::::::::
                             /: : : :/  '; : : : : : : : : :/.::::/::::::::::::::l:::::::::::
                             ,': : : :/    ,: : : : : : : ://.::::/:::::::::::/j:::::::::::
                          l: : : : | 、   ',: : : : : : //::::/::::::::/ /::::::::::::
                          |人:t:.| _ ー-',: : : : :/::l::::/l:::/   ':::::::://
                            l:リー=ミメ、 ',: : :/::::ハ/ ヘ{   /::::/ /:
                               :/      ` 卜:/:::/ n     //‐- /::::
                             く     ' ' | /:::/ U         ´ ̄
                           i:) _,     l |::::l        l⌒l
                           |:.`┐     /: |::::|           ー'
                           |: : :|   _,/: : |:::::ヽ 。     / /  /
                           |: : :`ニチ:/: : : |:::::::::::\   ___/:::::
                           /: : : : :/l/: : : /::::::::::::|〈::`f´::::::::::::::/ ̄ ̄
                         /.: : : : :/: : /::::::::::/:/ヽ|:::::::::::/
                         /.: : : : : :/.: : :く:::::::::::::く:/   |::::::::/
                       { : : : : : : :∧: : : : \:::::::::::\  /::/ ̄ ̄ ̄ ̄


117 :◆vsQyY1yD2Q
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 |::::::::::| __"'''-,,,,_,,,.-'''"""|:::::::::::|
 l:::::::/.,,'-、\    /'\ヘ:::::::;l  ヒソヒソ
 >::::l ____\ ハ  / /二 ヽ::::/
 (<:| ---'--ヽ| | /-'----l/ヽ    オイ、結局 解決出来たのか?
-ヘ__|     " _  _ "" u l) /
  | |u    ´‐--‐`    |ィ "'''---
--,| ヘ   ,┬┬┬┬-、 /|--,,,,,,,,,
  ヘ  \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /
  ヘ   \__ "   /  /
   \ /-、 """",,\ /


                _____
                .....:::´::::::::::::::::::::::::::`::::..、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\
          /::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::∧
.         /:::〃:::/:::/:::/::::/:::::::∧:::::|:::::|:::::::::::';::::::∧
         |l::::l:|:::::|::::|::::|::::::|::|:::/ __}:::」::-|:::::::::::::';::::::∧
         |l::::l:|:::::|::::|l:::|l:::::|::l:::i 斗=ミ:::l:::|:::::::::::';::::::::l  ヒソヒソ
         |l:::从l八::八ハ:::l八:{ __)::l心 }八:::::::::::';::::::|
       八::::::::.. '   )ノ    V.:::l.:ジ'  ∨::::::::';:::::|  バッチリ、原因の悪魔は やっつけて回収したっす。
     __  \:::∧ー-=≠'     `¨| ,,,   小:::l::: l::::|
    └―`    \∧ ,,,    、     |   /::!:::/::::::::::|  事件を起こしてた如月 千早も
     __      }::::.        ,ノア|  ..::i:::::l/l:::::l:::l:::!   毛利さんが保護するのを見届けて来たっすよ。
    {_/     |::个::...__  ̄..  _. 介トl从!ノ彡l/}ノ
      //  八八从八丿、 ̄/ /: :.!: : :`ヽ
      ∨   (\   /\} ∧  /: : :l: : : : : : \
           \\/: : : : :} /:i:i:∨: : /: : : : : : : : ::.
        ( ̄ \〉 ∨: : : /: !\/: : : :〉: : : : : : : : : i
             ̄〉_ -‐∨: ∧:.l:i:i/: : /: : :∨: : : : : :.|
          / ̄ヽヘ ∨: : ヽ/: /: : : : : :∨: : : : :.|
          八 ´L」」_,O∨: O}:/: : : : : : : : 八: : : : :|
           `ー<: : : :.∨: :!: : : : : : : :/: : : : : : :!


118 :◆vsQyY1yD2Q

          __-------__
        /":::::::::::::::::::::::::::"''-;_
       ,-"___:::::::::::::::__ ヘ
      /:::::| ,,...., "''''''''""..::::.. |:::::::;
      |:::::::/::;:::::::;;;:., l l ,,;;;:::::;;;::ヘ:::::;;
      |:::::/'';;;;;;:::::;''''' '''';;;;;;;;:::;;:; .|::::|
      |::::|  """ ..;;;:::::;;;;; "" u |::/   そうか……結局、依頼にはならなかったが
      ソ |  u   "''''''"     |/ l  解決したなら それでいい。
      ||( |  ,-─     ─--、 |)) |
      \ |     """"     | /.   いたずら以外の被害者も出なかったしな。
        |\         /|
        |  `''───-'''"  |
      /ヘ          / /\



          k;;;;;;::::::::::::::::::,,、
        ((::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        ,=:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /::::::l ___''  ;;;;;;;;; ''_,,""l::::::',
      /:::::/::‐、 \   /,,-=、l:::::::l
      l::::/,----。_ゝl|- '。─ 、ヽ::ノ
      /`l  ̄ ̄ ''"  =  ̄ ̄  l/、  お前達は、もう帰っておけ。
      l (l     <二二>    l))l
       ヽl  r──────ァ l_ノ   後は毛利探偵に任せれば良いだろう。
        |ヽ、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ イ
   ________/`-=ヽ,,___     / /     俺は生天目警視に付き合う。
    ---==ヽ   -、 ̄7-"  /、
         \ lノ /::ヽ_l_/ /l
           `-'   ヽ:::::::> l`ヽ、


119 :◆vsQyY1yD2Q
        / . : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ィ: : ヽ
       /  . : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : / !: : :|
      〈 : : : : : : / : /: : : : : : : :/: : : : :/  |: : !
       | : : : : : : ; : :∧:_:/l:_:_:/l : : /      | : : |
       | : : : : : : |: :; /∨ 」/ `丁:/    _  |/: : :|
       | : : : : : : |: :| 、   _, |/  /  ヽ〃: : '
       | : : : : : : |: :|  ` ー―    /、   //: : /
       | : : : : : : |: :| , ,       / 丶-//: : /   ( 何か隠してるんでしょうけど
       |: l: : : : : :l: :|         /   /: /: : /
      ,: : l: : : : : :、:.|.     _      /: :/: :/     えりかの様子を見た感じ
      /: : :l : : : : : : | \    ` . イ: : : :/: /      悪い事をしてる訳じゃなさそうね。
     .': : : :l: : : : : : :ヽ _ト-‐ ´: : ; : : : : /
    ⌒ト、 : l: : : : : : : : ',__〈: : : : : : /: : : : /         お父さんの見る目は確かだったって事か…… )
    -‐|  ヽl: : : : : : : : :', 丶ニ二:': : : : : /_
     丶-、|: : : : : : : : ',   -―|: : : : |ヽ )
       ノ j : : : : : : : : : V´ ̄`ーl: : : : :  \
       (-/: : : : : : : : : : :|     |: : : : : . .  \
       /: : : : : : : : : : : :!ヽ. /八: : : : : : : : : . ヽ


120 :◆vsQyY1yD2Q
                  /                  〉  \
                 /               /ヽ    ヽ
                   /l _________ ,/   ',    ',
                     / _   ―     ̄ ̄ /     ト、  |
                 l /           /       卜 \ |
              r 、 |     |  / 、/|/            !  丶 |
         r 、   | Y     |/l∠.\          / |    |
         { ヽ.   ', X    |y'f  心メ\     ,∠=-、 |    | /`!
         ヽ \ ∧ V    :|{仆イ川 }     〃  心 |ナ'   // ;
            \ \', ヽ    :|入.壬ソ    /  {イヒ川 7   // /   /} そうだ、この後
            \ \、\  :|  ⌒`      ,   弋壬ソ/  .// / / /
           r―- \ ,    ヽ:ハ ' '        |       く`ヽ .:〃 // /   みんなで晩ご飯でも どう?
           丶 /´ ̄     Vハ  \          /:ハ. / ,/ /
         , -―」/        V小、    ― '   〃.:.:.}/     ∠、.     おねーさん、おごっちゃうわよ ♥
        〃  〈  r^ヽ      ',:.:.i \      イ/.:.:.:/    、_ ヽ
        /    ヽ !∧       ',:.:.   ` ァ≦:.:.:.:/.:/       \/
         /      し'  ヽ、    ヽ:.   〈ー― /.:/      /ヽ  〉
.      /        ヽ.  | \    \_  / /:/         / ∨ /
        /            \|  | \    /\   〃     _/   しi
       〈               |  |:.:.:. \ /   \ /    /:l     |


                          .  -―――‐- .
                        /: : : : : : : : : : : : : : : 丶
                          /.:/: :/: : : : : : : : : : : : : :\
                           /:/: : :/: : : : :/ l: : : : : ヽ: : : : ',
                      /:/: : :/:./: :/  |: : : : : : |: : : : :l
                       /:/: : :/l/ {: : ;'   ; : : /l : /: : :| : |
                   _,ノ.:/: : :/   \{   /: ///l: : : | : |
                  /: : :_: /: : :/ '⌒ヾ    ´  '  /: : : ': :/
                   |: :/ ヽ|`ト、l ' '       '⌒ヾ /: : : /: /
                  Vニニ.JJ ヽ   /` ー┐ ' ' /: : : /: /   やったー♪
                ト--! r┘    ',  |/   /   /: : : /: 〈
                r―:.\ヽ)、   l  ヽ _/ , -‐': : :/: : : ヽ
                |: :r---\ \,   |≧ァー一{: : : :/ヽ: : : : : :〉
                丶二フ: :/  /  |//_  / \: :\ |: : : : /
                 八: :/  〃   |7l  //  ) : : ) ': : : :(_,
                  /  //  ||/  ∠:_://: : : :_/
                  /   //   | ,∠、       /: :) ̄
                /     /|    |    \  /': :/


121 :◆vsQyY1yD2Q
             /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
              /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
           r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
           |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
           ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1
          ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |
           / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V
          ./ /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \   えっと……。
         V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/
            |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|   私も行って良いのかしら?
            |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|
            |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |
            | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |
             V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
           .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
          / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
            /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \



             _,. -―‐- 、
             /: : : : : : : : : : :丶
            /: : : : : : : : : : : ;、: : :\
.          /: : : : : : : : : : / \: : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : /    ヽ: : : :',
         /: : : : /: : : : : /       l: : : :',
        ,': : : : /:/: :/:_:/   _  l: : : : !
         |: : : : :Nレ≠ミ   , ィ= 、`l: : : :|
         ',: : : : :lYfんハ   l fんハ Y: : : :|
         ',: : : : l 弋_ソ   | 弋_ソ |: : :.:|    あなたはオーディションに出てた……。
         ',: : : :l      '     ,: : : l:|
         ',: : : l 、  、_ _,   /l: : : l:|   えりかの お友達だったのね。
          l: : : l::::丶       /:/: : : :l:!   もちろん大歓迎よ。
         }: : :ハ:::::::::i>- イ::::::/: : : : l:|
         /: : : :ハ: :rヘ    |:::::/: : : : /ハ
      , -―- }: : :ハ::lr'ヘ  丶/: : : : /-―-、
       /    |: : : :ハl 「(ヽ.  /: : : : :l   /  ヽ
       |  \ /: : : : : | l | l \{: : : : : ヽ /   |
     /|     /: : : : : :,|  ぃ  |ヽ: : : : : :\  |
   /.:.:/__/: : : : : く ヽ ヽ! l/:ハ: : : : : : :}__ 〉
    {: : :\l///\: : : : : ヽ|   l ∨ノ : : : : : ノ/|/
.   \: : :∨///l): : : : : :l  |  ∨イ: :人(_ /|
     }: : :V/∠: :/: : /V   ∧  ヽノイ/////|
  \-‐': : : :V///ハ: : :{/  / ∧  \l/////|
    丶-/: : :V///ハト/   '   ∧  /ハ////l
     /: : : : V///,7\_ /     ハー'//∧///


122 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \ ヒソヒソ
     /   ―   ―\
    /   ( ●) ( ●)ヽ   ハルヒさん、まだ大丈夫ですかお?
.   l        (__人__)   |
    \     ` ⌒´   /  大丈夫なら、MAGの件は夕食の後でって事で。
    /             ヽ

                            ,.  -――――‐-  、
                      / /: : : : : : : : : : :ヽ : : \
                  --=彡 :厶≦二二二二≧x| : ヽ : \
                   /: : :/ : : :/ /: : : ,:∧- : : |: : : i-- 、i
                  / : : : /: : /|: | : // |八 : |: : : |ヽ /:!
                     /:/| : i: :/- 、|/|: :/,x≠ミ、V :/: :|  〉:| ヒソヒソ
                  /'  .| : |;ハ     ∨  んィハY|/ : : |∨ /
                        ∨: :ハ ,x== ,  弋ぅり'/: : : :ハ: :{   オッケー、大丈夫よ♪
                    /: :/: : i : : :      : : :/: : : :/_ノ: :ハ
                       /: : :! : : |     _ ノ  /: : : :/:/: : : : :!   あと、「さん」付けもいらないから。
                   {人:_|: : /\ ____,. ┴‐、:/:/: : : :人|
                         \{\r、_{`V    ∨イ/
                               /{      ',\
                            / ,ハ        ', ヽ
                            くV/  :,      j__,/}、
                      く二フ     V     / }⌒Y
                        〈___/    /     /
                           人_}}_,ハ.__/〉 \__/
                         /     〉ーr' }


123 :◆vsQyY1yD2Q



         ┏━                                            ━┓
         ┃|                                                  |┃
         ┃|  結局、今回の一連の事件はテレビ局内で起きた小さないたずらとして   |┃
         ┃|                                                  |┃
         ┃|  被害届も出される事なく静かに収束する事になる。                  |┃
         ┃|                                                  |┃
         ┗━                                            ━┛





   __          _
  /‐-、 `ヽ____∠ ,―`ヽ
  | | / ̄´       `ヽ l  |
  ∨´ , -―- 、  , -―- 、\l
  /                ',
  |     ●      ●     |  テレビ局や、被害にあったアイドル達の風評とかも考えて
  l        , - 、       l  こう言う形で収めたんだろうね。
  |        ヽ_ ノ       |
        、_ T__,ィ    /.   悪魔の存在も知られなかったし、妥当なところじゃないかな。
  ヽ     ` ー--‐ ´   /
  /`‐---   ‐--‐   -‐´ \



      __-------__
    /":::::::::::::::::::::::::::"''-;_
   ,-"___:::::::::::::::__ ヘ
  /:::::| ,,...., "''''''''""..::::.. |:::::::;
  |:::::::/::;:::::::;;;:., l l ,,;;;:::::;;;::ヘ:::::;;
  |:::::/'';;;;;;:::::;''''' '''';;;;;;;;:::;;:; .|::::|
  |::::|  """ ..;;;:::::;;;;; "" u |::/   生天目警視は、まだ納得してないみたいだが
  ソ |  u   "''''''"     |/ l
  ||( |  ,-─     ─--、 |)) |   被害届けが出ていないわ、他の事件に追われるわで
  \ |     """"     | /   どうしようもないみたいだな。
    |\         /|
    |  `''───-'''"  |
  /ヘ          / /\


124 :◆vsQyY1yD2Q


  後日行われたオーディションでは

  最終的に無理を押して出場した如月 千早が選ばれたが

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ,...:: ̄ ̄:::::-....__,..、
                 ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}
               ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/::::/::l:::l
                {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/l::::/l::,イリ
               |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ (l:/ ´ {_
               |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ}'     }   ……すいません。
               |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l    ;
               |:::::::::::::::::::::::::::::l:::/::::人.   /     歌い手の座は辞退させてください。
               |:::::::::::::::::::::::::::::|::':::::::::}rー'
               |::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::l::::! ̄ヽ
               |:::::::::l::::::::::::::::/:::::::::{::::::._ /
               |::::::::::l:::::::::::::,:::::::::::::|:::::::} >--、
               |:::::::::::;:::::::::::,::::::::::::::|:::::::l´     ;
               |::::::::::::,:::::::::,:::::::::::::::|:::::::|    {
               |:::::::::::::,::::::/:::::::::::::::j:::l ,:!    l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  この時の彼女は明らかに精彩を欠いており

  本人も納得が行かなかったのか、祭の歌い手になる事を辞退する事になる。


125 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   もしかして、あの時 何があったのか
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /   気付いてたりするのかお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


              /:.:.':.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヾ:.∧
                厶/:.:.:. イ:| iト、:.:.:.:.:.}:\:.:.:.:.:.iトヘ
               〈 /|:.:.:7T!:ト |! \:斗匕ヽi:.:.:.| 》
             .':.7 l:.l:.l.芹芯ミ    イ芯仍 :.:.:!ぐ:!
              i:./.イ:.N 戈ツ    戈ツ !:.:.:| ハ.゚,  訳の分からない喪失感とかならあるでしょうね。
              |:Ll_|:.:..゚,  ̄  ´    ̄ ,':.:.:.|」:.V
              |:.|:.:.:.|:.:∧    冖    ,/:.:.:.从:i:|.    肉体の中に取り憑いてた悪魔が
              |:ハ:.:.:|:.:.:.:.〕ト       .イ:.:.:.:/:.:.川     突然いなくなっちゃった訳だし。
              { ゚,:!:i:.:.:l:.:.:.:i≧== {:.:/:./:/:.ル’リ
                ):从:.:.:》イノ    乂:,:./:/ ′      ただ、昏倒状態だったし
              _r=<:´: : :| -----ミ 《/: :〕iト.    悪魔に気付いたって事はないと思うけど。
            / |:i:i: : : : : :|ニニニニ |: : : : :i:i: |`ヽ
           .厂{   |:i:i: : : : : :|       |: : : : :i:i: |  廴_
         ./   ヽ. Y! : : : : :|        ’: : : : iW   / \
      /     \ヾト : : : ∧     /: : : : :/i/ / ィ      \
      /         イ ヾト: : : :∧   /: : : : :/i/ 〈´       ヽ


126 :◆vsQyY1yD2Q
              /:/: : :|: :/  _j-‐/- 、/1: : / : : : |: : : : :l
               |.:|: :|/「: |   |: / |: / j/l : : : : |: : : : :|
               |.:|: :ハ:lヽ|   l/' |/    ; : : : :.:|: : : : :|
               |.:∨      ヽ、 __ ノ/: : : : : |: : : : :|   だぁーいじょーぶだって。
               |.:.:|j   / ,      ̄ ̄´/.: : : : : :|: : : : :|
              _|__」|`='        ' '  _|: : : : : : :|: : : : :|   もし悪魔の存在に気付いてたら
           _ // /八' '         //|: : : : : : :|: : : : :ヽ.   毛利さんが何か言ってくるだろうし。
         _ / /く V/ //\   r 、 /´ ̄ |: : : ; -―- 、: : :
       /Y´ / //フ」!'// />l> ヽ.)/     >/        \
   r―∠ノレ'^¨´/ /`T¨´ : : |   /|  ヽ //
   {_  イ /  /  /.: :/: : : : :/   //}_.r、/} /
     八 {  ノ  /.: :/: : : : :/   |ハ]:::|ノ0く {



        .  ´  ̄`  .
      / . :: :: ::: ::: ::::::\
.      / .:::/ :: :/:::ハ: ヽ :: :.
    .'. : ::l::!.::::l::l:| |::ト.} :: : .
    l:::l::::|ノ`メ.从 ノ乂l :::i::l
    |::l:::::|x==   ==x.|::: l::|
    |::l:::::|"|"  .  "" |::: l::|  その辺、私達じゃ対処 出来ないっすからねぇ。
    .从:::人j u 〜  . イル レ′
      /. : XハX:\
     /. : : : 〈 只 〉: : ヽ
.    /. : : : : :∧∀∧: : : :i


             ∧..,.ィ_:.:´ ̄.:.:`.:ヽ
              (__;)/.:.:.:.´.:.:.: z´.:.:.ヽ
           _/ :/://.:.:/.::ハ:i.:.:.:.ハ
      ,..--‐ '´ / .:./.;.:.://.:/.:;/ ノヘ.i.:.:.:.l
   /       ノ .:.:イ :i 〈,r  j//''' /ヽ、j:l.:.:.|
  /    /.:.:.:/ :.| .:i .:| ミ /  ヽ 刈.:/|  毛利さんを呼んだのは正解でしたね。
.  i   //:/ .:./| :.ヽゞ   ,  ミ .,イ/.:/:/
  \ /://:;ィ :.:彡.: .:| : :.:|\ ヮ __`゙彡::/.:/ ;ヘ
    /: {.:レ' .:/// .:小:.:.ヽ∧入;;/.:/.:/.:/  ',
     {:i {;' //|:.:/  | |!ミ8彡| |:.:./!.:/.:リ   |


127 :◆vsQyY1yD2Q


   結局、祭の歌い手には大隈神社承認の下で代役が立てられる事になるのだが ――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /: : : :へ: : : : : : : : : :\
       /: : : : :/   \: : : : : : : : :丶
      ,': : : : :/    _ \: : : : : : : : ',      「ヽ
      ,: : : : : :l  /´ _,==ミハl: : : : : : : l      | l
      |: : :_:」N    /{しハYi: : : : : : : |      | |
      ',: : :N| _ヽ    ゞ斗' |: : : : : : : '      | レ^ 、_    ちなみに代役に選ばれた子も
       ヽ: :ヽf~`'l       |: : : : :|: : :.', く⌒ヽ |  Y 〉 〉__
        ' :ハ.  |   _   |: : : : :|: : : :',  \ └{ -{_/_/y、|.  決勝に残ってた子よ。
           ',: ::、  < ノ   |: : : : :!: : : : ',   l  `ヽ - |J
            ',: : :丶      /|: : : : |: : : : : ', 八    l  /
         l : : : :|:≧ァイ  |: : : : |: :_; -―-、 ヽ    ノ
         | : : : :|: : : : j  ,': : : : :!´      ∨|    |
         | : : : :|ァー='   /: : : : : |       V   |
         /,: : : : :|{    /: : : : : : ||        '    |
       / / : : : : |ゝo<,': : : : : : : ||      /     |
        / /: : : : : :j ⌒):::|: : : : : : : :ji      /    |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


128 :◆vsQyY1yD2Q


   ―― 選ばれたランカ・リーが、代役からチャンスを掴み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ×         ' .                    ×
      x            ` .        x            ヽ . ☆
                           X   ,. -. ‐'"´ ̄``丶、 ノ}          X
                       /} /: : : : : : : : : ーヘ
                   ×   / //: : : :l: .:. .} | . : : : : } . . ゜
                       _ノ_,ム′: : : |:::::::/! l.::. : !  /: :\        , ☆
                 _/ /,. -‐〉 : : :_ !:;イ¬.|:i::: |i.|. :.i::: : : ヽ     ;
          ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ:〔__− V!::!LTV{::: : : :.',.         /\
              ×x .   ぃ     .イ::. : : |⌒`  }:リ'示Y1:: : : i }     「r\__} i \
         . '´     ,. 介iー-、 {:::::::::. : : !     ^' ヒ'リ ',.|:::. :..  :.!リ   ___, ∨`ー‐┘ ノム.、
    X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y::::i::::. .::. |r:ゥ- 、' `^ /:::l::::.::::.x:リ′  | .iヘヽ\ー 、  `ー-ミi
     x /      / /⌒ヽ  込Jヽ:ト:{>、:ィ八_ ,.‐く  イ:ィ:::!x::X::/    ゛.Y `  ̄ ′ 、_,.ノ
     i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.彳〔__レ1::ル'゜       \ー―┐     ̄`ヽト __
      ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´.         ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)
       `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x           /{  //    廴_`¨ヽ
          ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !           廴_ ノ      / ノnト、
        x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X           ┌‐ ´ / }_}_}ハ
            , ゛ヽ:..:..:..:../  ,.⊥_  /小\¬-{   ∨ヘ._,. -‐¬、                 ̄´   _ /ノ
          ☆     ` ー′  j:..:..:..:Y´:´/ハ卜':..! :ヽ  ∧::ヘ .:..:... }                   `¨´
                        /:..:..:..:..j/:..:.`:..:´:..:..i  :..:ト-_ノ マ'’:..:..:..:..ヘ  × x
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  スターの座を駆け上る 超時空シンデレラとなるのは、もう少し先の話である。


129 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                  \ヽ, ,、
                   `''|/ノ
                    .|
                _   |
                \`ヽ、|
                  \, V
                    `L,,_
                    |ヽ、)  ,、
                   /    ヽYノ
                  /   r''ヽ、.|
                 |    `ー-ヽ|ヮ
                 |       `|
                 |.        |
                 ヽ、        |
                   ヽ、    ノ
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             \::::r‐‐‐ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           /::::}      ̄ >‐┐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ミ::::::::l
           ,'::::/      l l l           ミ::::::::l
             l:::,'          ヽ! !           ミ::::::/
              ヽl , ― 、                    ミ::::,'
           __ゝ /  `ヽ      , -‐=< ̄ ミ:::l
          l  }  、  ・ `      、・    ,  /:::r',
          l  ヽ   ー一'   l     ヽ __    `´_ l
             ',   l         |           /  リ.  安心しろ、今回の件で関係者以外に
             ',  l          L         l   /    悪魔の存在に気付いたヤツはいない。
             ヽ l           `         ,'  /
              `l   r‐ ‐‐ ,   r‐‐‐ 、   r‐ ′    如月さん当人も、追い詰められての気疲れって事で
             ハ  ` 一´ ___ `ヽ __}    }.         納得したみたいだな。
               l ∧    ´    `       /l
            _/ ',  ',            / l
           / ', \ \         /  /l
           /   ',  \ > ―――― '    / lヽ
       ‐<ヽ    ',    > 、         /   l  \__
    /    ヽl    ',      > == ‐‐<    l   l  > 、
ー‐‐´       l     ヽ       /:::::::::V    l   l     >‐ 、      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
          l      ',     ./:::::::::::::lヽ   l    l        >‐‐ 、   d⌒) ./| _ノ  __ノ
          l      ',    ∧::::::::::: l  \  l   l
           ヽ       ',  /  \::::::::l   ∧ リ.    l


130 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第40話 「貧乳宙域の死闘」 は終わりです。


歌唱力で勝負をするならば、コンディション最悪の千早よりもシェリルの方に軍配が上がりそうですが
彼女は神社側が求める 何かを持っていなかったと言う事ですね。

原作でも割と そんな立ち位置だと思います。


マグナス、フレアライトは 『IMAGINE』 には存在しない魔法ですが
マグナは岩をぶつける魔法ですので射撃として
フレアライトは聖なる光と言う事で破魔系ダメージ魔法として扱っています。

『嫉妬に囚われし者』 ケライノーは、破魔25%ですので
実は、大したダメージは与えられていませんw

また耐性の中から、原作にあった 「散弾」 を消しておりますが
こちらは『デビルサマナー』 に合わせて 「射撃」 に統合しております。


ハルヒを攻撃したマハジオンガが、ハルヒ一人にしか効果がなかったのは

ハルヒが距離を取っていたため、効果範囲にハルヒ一人しかいなかったためです。
ゲーム的に考えるならば、別パーティ扱いだったと言う事で。



次回更新は、12/9(日) 20:00〜を予定しております。

12/2(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


                      ∧
    / \            ./  、 _ ィ ___ _
   "      \. ビビビビッ ./    マ :.:. !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト .
/        、        ′   W/ |:.:.:.:.:.:./:.:.:.:\:.:.:.:.:.:..、
     / {    \/  \{  .ィ     |──<:.、:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\
  ./   、     /\  /:∧    | ___ (\==z:.───┐
  /        ̄  ̄ ´.ィ===V:.:./ヽ/`て  >:.:.:.:.:.:.:ノ   /i:i:》ー<_{
 ′         /廴 ィ{ィi:i\  /} /` :.:\:.:.:.:.:.`トくi:i:/     `ヽ7
/          /:.:.イ/ヽ:i:i:i:i:ィ \ヽ:.:.:.:厶斗匕:.:.:!:.:.:.:.\      }:、
           {:./ /   、/:.l:|    \l      }:.:.:.:.:.:.:.}     /ハ
              ∧    {:.:.N 三      三三 /:.:.:.:.:./7     /У∧  ジ オ ン ガ !
            く.∧   ヽ:.:l           /: イ:.:/ \   ./\:.:.:.:.\
              |:.:.:.:.、   刈   、_,、_ノ   " /:.:.:\   、{__l}:.「 ̄
              |:.:.:.:/\  父ト  __ _  .ィ:.:.:/:.:/ \    /:リ
               Wイ 八:.\   |:i:i: : : |    / |:.:/レ'   77≦:./
                  、:.\:!:i: : : |   ./: :/i/:/     /  ∨
                     ヽi:i: : : |==/: :/i/:/     {
                      |:i:i: : : |=/: :/i/:/
                      lY : : | ': :/i才      ∧
                     } ヾ: : :!:ィ/         、


第39話へ    4 第41話へ

劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ with イカロスとアストレア (1/8スケール 塗装済み完成品)劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ with イカロスとアストレア (1/8スケール 塗装済み完成品)
劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ with イカロスとアストレア (1/8スケール 塗装済み完成品)
劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 ニンフ
with イカロスとアストレア (1/8スケール 塗装済み完成品)

posted by 文月みと at 22:21 | Comment(30) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
妖鳥ならぬ幼鳥ですね
ピクシーの所有悪魔数の圧迫ぶりがww
Posted by at 2012年11月26日 22:58
>>113
けしからん擬態だ
Posted by at 2012年11月26日 23:50
ピクシーの圧迫っぷりが笑いを誘うwww
マスコット枠だからね。外せないよね。
スティーブンはよ!
世界崩壊はよ!
Posted by at 2012年11月26日 23:51
ペルソナだとマグナスは岩石属性だったなあ
つーかあれは属性多すぎでめんどかった・・・

しかし一部の仲間に『』が付いてるのはなんじゃろ?
Posted by at 2012年11月27日 00:27
幼児体型w
そしてランカに負けたかミクさん…
Posted by at 2012年11月27日 00:40
このやる夫は何処までいくんだ
ピクシーはハイピクシーになるしな
Posted by at 2012年11月27日 01:03
ひょっとして、ピクシーってMAGもらう理由をドサクサで付けてない? ねらって集めてるっポイし。
まぁ、結果的にはやる夫がモゲロ状態になりそーだけどw
Posted by at 2012年11月27日 11:22
今回の話は胸を抉られるかのような話だったね・・・
MAGが吸い取られて痩せるなんて事はありませんよね!?
Posted by at 2012年11月27日 11:51
無事解決できてよかった
最後の最後で、クマ吉のせいで被害届けが出される事態にならないか心配だったよ
Posted by at 2012年11月27日 12:30
もうピクシー専用のCOMP作ればいいんじゃないかなw
低性能でいいからさw
Posted by at 2012年11月27日 14:47
擬態の足が素晴らしいな
しかし巨乳は今回全員ダメだったか代表ランカだし
Posted by at 2012年11月27日 15:02
ちと気になったのは来て二日目のハルヒは
ハクさんのデータとかどっから持ってきたんだ?
Posted by at 2012年11月28日 02:51
そらまぁー、好奇心旺盛なラミアだし?
出場するって決めた段階で
めぼしい出場者の情報は集めたんじゃないか?
Posted by at 2012年11月29日 13:04
そろそろキラがPC組んでくれるだろ
それで何体か移して空き作るんだろうね
…正直ハーレムはDQでお腹一杯なのですが…
Posted by at 2012年11月30日 00:07
ハルヒラミアいいな
仲魔になるのかなー
Posted by at 2012年11月30日 11:22
↑↑
ハーレム物って最初から記載されているじゃない…。
Posted by at 2012年12月01日 15:13
大事なことなので2回もハーレムだとトップに書かれてる作品で何を言っているのか
Posted by at 2012年12月04日 21:29
今更ハーレム云々出るとは思わなかったぞ…
最初っからハーレムってあるだろうに、バイキングでわざわざ取ってきて○○はお腹いっぱいなのだがって言ってるようなもんだぞ
Posted by at 2012年12月06日 16:26
いやハーレム物でも人数絞るってあったはずだぞ?
数出しすぎると読みづらくなるから云々って。
Posted by at 2012年12月09日 21:35
ケライノーも無事でしたね。良かった。
それにしても幼児体型……。なにかすごく同情をしてしまうような。
オキュぺテーの信頼を勝ち取りましたね。これで彼女も今まで以上に進んで協力してくれるようになるでしょう。

ハルヒって凄いアグレッシブですね。
好奇心旺盛という名に恥じない行動力です。

うーん。やっぱりそれとなく気付いているみたいですね。
もし、真相を知られたら、どう反応するのでしょうか。
えりかを心配しているのは確かですし、これからも信頼を得ておかないといけませんね。

千早はオーディションに優勝できても、自身が納得できませんでしたか。
こればかりは本人の心が落ち着かなければ、どうにもしようがありませんね。
やる夫たちでは支えるという役割を果たす立場にはないかな。うーん。
Posted by とあるA at 2012年12月09日 22:15
ハーレムやハーレム入りを否定し、それを要望している人は論外ですね。注意書き読めの一言ですみます。

理想を言えば作品を描く際に注意書きなんて不要だと思いますね。合わなければその読者が立ち去ればいいんですから。
しかし、現実にはこうやって難癖つける人が居る。そういう人が居る限り必要なんでしょうね。
注意書きを軽視し難癖つける人は既に読者の枠組みを外れている気もしますが。
わざわざ書かれている注意書きすら順守する気はないと言外に言っていますからね。
Posted by とあるA at 2012年12月22日 10:31
ハルヒは一昨日来たばかりで、よくネットアイドルの事をしってたな。
妙に詳しかったし……
Posted by 馬と鹿 at 2013年07月08日 20:39
まぁピクシーがやけに悪魔関係の知識持ってたりするように
興味があることなら魔界的な場所でもそれなりに知ることが出来るんじゃね?
エンゼルとかも異変が起きてるの知った上でここに来たみたいなこと言ってたし
Posted by at 2013年08月02日 03:26
すんごい今更な話だけど、103の『ジャスティスフロンは』『ジャスティスエンゼル』じゃないのかな?
初登場時もそう名乗ってるし
Posted by at 2014年03月10日 18:34
>いやハーレム物でも人数絞るってあったはずだぞ?
何人までとは言ってないんだよなあ
Posted by at 2014年05月18日 20:42
人数絞るっていうのは、その話の中に出てくるヒロインの人数を絞るって意味だったろ
ドラクエはヒロインが全体に渡って多数出てくるけど、メガテンの方は
○○話に出てくるヒロインは、メインヒロイン+ゲストヒロイン みたいに、
メインヒロイン(えりか+桃子+言葉?)は固定だけど、ゲストヒロインは随時入れ替わる
って形で進めるってあった・・・はず
Posted by at 2014年05月29日 14:34
しかし……1話からの長い長い伏線お疲れ様です(千早の一件)

文月さんにとって『ハーレム』は(この話風味で言えば)文月さんの(作家としての)根幹を司る『概念』そのものだと思うんだ(または重要臓器)
Posted by at 2015年11月15日 19:32
おととい来てネットアイドルに詳しいハルヒも何気にすごいな。
どれだけそっち方面に興味あったんだ。
Posted by at 2016年03月21日 21:16
今のところ女AAの悪魔は合体させてないけど、そろそろいっぱいだし言葉以外は合体させるのかな?
Posted by at 2016年09月27日 21:04
おでこジオンガのハルヒかわいいww
Posted by at 2016年10月10日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60326154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ