■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 11/17 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年12月10日

魔獣 『感度良好な』 ネコマタ

                        ____
.            r‐==ミx -‐… ‐<///////|
    乙人``   |/// /         \/////}
              ∨У   l|       i   \///
      |        /    | l|   } l|  | }   ∨
     し'     ′  /'ト八 ノ 八,斗ハ  , ゚,
        っ   ノイ  厶≠ミ \/ x≠ミ ゚,  |  i
      _ノし  |  {{ ん:心.    ん:心刈  |  |
      >     八  | 乂_ツ    乂_ツ '  八 、
      そ    / ヽ{ , , ,      , , , 厶イ    }
         { 乙ヽ 人    r 、     ィ¨´| } 八
         辷ハ  Yノ≧=‐--__-‐=≦ノj/}ノjノ
           r'ーク '゚  Y レヘ_ノ ,. Y
           「 ̄ |,.=-ミ_}ミ |::|x/  }
           |  {jj , __} }`V   /
             ー一`¨´i> . __///!
                  |/////////,|
                 ノ、////////、
              f二二ニニニニニニ=┐
.                |二二二二二二二ニリ (/\
                 ^Y トミ二ニ=彡'⌒i く__)//}
                  |∧::::::::i::::::::::::::::∧/////,/
                  |/∧:::::|:::::::::::::://「 ̄ ̄
                  l/  '::::|:::::::::: ∧/|
                   ':|::::::::::/ Y
                    |::::::::/i
                     |:::: /:::|
                      |::::; {::::|
                      ヒツ `¨´

魔獣 『感度良好な』 ネコマタ
サーニャ・V・リトヴャク
( ストライクウィッチーズ )

日本の民間伝承や古典の怪談、随筆などにあるネコの妖怪。
山の中に棲む者と、人に飼われていたネコが化けたものの二種類がある。

江戸時代以降は、人に飼われていたネコが年老いるとネコマタになると言う考え方は一般化し
常識的に考えられていたと言われている。


【 配役裏話 】
ネコミミが付いている事を前提条件に配役を探し

原作『真・女神転生II』 のネコマタのデザインが、上にシャツ一枚のみである事から
「はいてないけど恥ずかしくないもん!」 と言うネタを思い付いて 『ストライクウィッチーズ』 から探す事に。

そして耳がネコ科であるサーニャとルッキーニが候補に挙がり
↑のAAが決め手となってサーニャが選ばれました。

感知能力が非常に高いと言うのは、配役のおかげでしょうね。


posted by 文月みと at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60664122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ