■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年12月17日

外伝「サマンオサの歴史がまた1ページ(後編)」(3)

前編へ   3  『知られざる伝説』へ

68 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :● コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


69 :◆vsQyY1yD2Q
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |:.:.i   i  |          r===┬===┐.           |:.:.i   i  |       r===┬
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |::.:i   i  |          ├===||=== ┤               |::.:i   i  |       ├===||=
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |:.:.i   i  |           {i三三三三三三i}             |:.:.i   i  |       {i三三三
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
___|:.:.i   i  |____________________|:.:.i   i  |_______
     \i__i/                                  \i__i/
=========================================


             _,..-ー''""´ ̄ ̄``' ‐ 、
           / . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
          ,/ . : ::.::::,.‐'"´""'''-ミ,_リjン;、-゙、゙ゝ
          / . : ::.::::/          :::::::゙i;;|,
         ノ . : ;;イレ{ ゙、;      ,,,, :::::::::}:::|
        ,/,.‐'´;;;;;イリ.... …―ー- __,,,,、;;;:::::}ミ;|
        ,i',.‐'´;;;;;;;;;ノ: ,r二ニ'、; -、,  ,、、-''ゝミ;;;|,
        {/,.‐';;;;;;;i' 彡::⊆イテ=<;; ノィァィメ´/ハ;;}  まったく、忌々しい反乱軍共め!
        ゙i彡  彡    `¨  ̄ U:}~ ̄  f川
        ヽシ;;;゙i 豸、     , ;;. |::::   ノ;;リ.   カブノールの兵力があれば
        _ヽ;;;ゝ;Y´゙i; =@ '-  ソ:::  イノ    今頃 王都まで攻め落としていたものを!
     r'" ̄ ,.‐'´';'オハ '  `''''''━-;--i ト、
     {   / ::: ( {;:::::ゝ    ゙…==-   :ノ: :`ヽ、
    _,⊥-ーi' ::: :.゙i、 ヽ、\       :/〕: : : : :>、
-ー''"´: : : : : ;! ,iillii;; f´`ヽ、\,゛'-、,,_ _,,ィ' ´,,イ: : : ;;illlllllll|ト..、 _
: : : : : : : : : : |/lll∩li;{\`''ー-、,二二,ニ,,,,,‐'´,f: : : :,illllイllll|::::.:.:..:`'‐-.、    貴族連合 ブラウンシュバイク公爵
: : : : : : : : : : ||llリ:.:.|llllャ, `ヽ、,/  ff⌒li`ヽ<|: : : ,illlソ:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.ヽ  オットー・フォン・ブラウンシュバイク
: : : : : : : : : : ll:l|:.:.:.|lllllllliャ, / ,/スi;;__,リ、, \: /llソ:..:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:..  ( 銀河英雄伝説 )
: : : : : : : : : : {lll:.:.:.:|llllllllllジ  ,r' / 厂゙i、ヽ  Vllソ:.:.:.|llli'::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.


70 :◆vsQyY1yD2Q
                     _____
                    .  ´::::::::::::::::::::::::`丶.
               / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                  /:::::/'/:::::iiλ :::: i、 : i::i:、ヘ/゙,
              |::: /'/:::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::| ::: |
              |::::||:|:::::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::|V:::|
              |::::||:|:::::::::||| |::::::::|'|::::|::|||:::| i:: |
              i::」r――‐ 、/   ,,..-…|:/
               { ||  /:::/ }   イ乞"ア ,l|`!   落ち着いてください、公爵。
               Y、/:::/_,ノ    弋ソ ' ' |/
               |::|゙ヘ.     ,       /'"|    それに素人の彼等を
               |::l:::;ヘ.    _      /==j、_.    戦力として数えるのはいかがなものかと。
               |:/! 丶   `  . イ`゙''<| ヘ
             /゙\ヘ. \ >:< / !   } |   彼等の様な者達を守るために我々がいるのです。
            / //. \ \__ / /    / |
              ,く //     \ |.|/   | ∧
          /  `''          `'┼'      / ' / 〉
          |    \           ‘、O.    ∨:/ ∧
          |      i         `       V   ∧



               __,..-ー - 、
            ,.‐'´  ミッゞNミハ ヽ
           /ミΞシ   ``^     `、
           ,' ミΞ , --  、_   r'´ヾi.  そうは言うがな、坂本卿。
           | ミ  f:.:.:.    ``´   ゙i.i
           { シ  !:.:.:.       , へ}}   現に奴等は武器を手に取り
            !    !:.:.:,r'`_'ー-、,i kッiァ {!.  我等貴族を滅ぼそうと息巻いている。
           レー、 |:.´:.:.=rエ≧:.:.', r' ̄ !
           { 八 {:.:.:.:.    :.:.゙i゙i  |:.  あれを素人と呼ぶのは
         ,..-ヽ、 `i}:.:....i    .:._..イ.  l.   いささか危機感に欠ける見解ではないか?
        く / ィ八T:.ト、:..l. ,.彡= ァバ.!
        ,ィ´ /  ト、:.:゙iヽ、   ¨¨´  ト―rr--r、¬冖 ̄i |ト、
      <  /     !;;;;i`ー、__ヽ、_    ノi;;;;;;;||;;;;;;;;;;;\::::ヽ ソ;;;;;;ヽ
       V     人;;;i:::::::::::::、rー、 ̄||〔{_|::::jj:::::::::::::::::, .‐'´;;;;;;;;;;;;;;`、  貴族連合 リッテンハイム侯爵
         ,. ‐、'´;;;;\__::ノ::::::ノノ||::::¨|〃:::::::::::r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世
     _, . ィ久\;;;;`'ー-、二三``<::::::::||:::::::|:::::r=、::ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;ヽ. ( 銀河英雄伝説 )
  r≦_´::ヽ:::\:::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ:::|レー弌::::::::)}j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;;\
 .j;;;;;;;;`ヽ、ヽ::::ヽ:::ゞ::::::::::::::::::::::::::::ri:::::::::)f{  i}ト-ァイ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
 ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー―――――- 、::{(::::::ノ人ゞ、ノン./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



71 :◆vsQyY1yD2Q
        //:/:::i:l:::::|::iヘ:、:::::::: \:::::::::\:::::::::::/::/:::::::: ハ\::::::::::::::::\
      ./ /:/:::/|:l:::::|::| ∧ヽ;::::::::::\:::::::∧:::::::::::::::__:::::::::::|  \:::::::::::::::`
     ./  /:/ :/:::|:l:::::|::lV:∧ ∨::::::: ∧V:::∧ :::::/  `ヽ:::|   \::::::::::::
       ./:/ :/:::/|:l:::::|::| V:∧ ∨:::::::::∧V:::/ヾ/ /´`ヽ V       \::::::
       / i:| /:::/ .|:l:::::|::l ∧::/ / ::::::::::∧V. |{,, ̄` / \      \
      .| l:|'::::::l .|:l:::::|::l/  /   ` ̄ ̄`    |   )ノ' /∨`ヽ > .     それは……。
.        `\::| / .へ. _,.ノ     ,         |     丿 ∨: /  / > .
          ` |/ / \ `ヽ /       ‘、 厂 |  ∨   /      侯爵のおっしゃる事も
           /  '  ´ ̄ヘ   ノ'              |  |  `゙'<     間違いではないのですが……。
            |    了` }         u       /   .|      `゙'
            |     lゝく               /  /    |
            |    /゙> > . --、    .イ:./     /
            |     / l|/     ≧ュ.、、__/|: く       /
            |     ! /               \ \



               __,..-ー - 、
            ,.‐'´  ミッゞNミハ ヽ
           /ミΞシ   ``^     `、
           ,' ミΞ , --  、_   r'´ヾi.
           | ミ  f:.:.:.    ``´   ゙i.i
           { シ  !:.:.:.       , へ}}
            !    !:.:.:,r'`_'ー-、,i kッiァ {!  何を躊躇する。
           レー、 |:.´:.:.=rエ≧:.:.', r' ̄ ! 
           { 八 {:.:.:.:.    :.:.゙i゙i  |.  父譲りの卿の剣ならば
         ,..-ヽ、 `i}:.:....i    .:._..イ.  l   賊徒共を撫で切りにするのも容易いだろう。
        く / ィ八T:.ト、:..l. ,.彡= ァバ.!
        ,ィ´ /  ト、:.:゙iヽ、   ¨¨´  ト―rr--r、¬冖 ̄i |ト、
      <  /     !;;;;i`ー、__ヽ、_    ノi;;;;;;;||;;;;;;;;;;;\::::ヽ ソ;;;;;;ヽ
       V     人;;;i:::::::::::::、rー、 ̄||〔{_|::::jj:::::::::::::::::, .‐'´;;;;;;;;;;;;;;`、
         ,. ‐、'´;;;;\__::ノ::::::ノノ||::::¨|〃:::::::::::r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     _, . ィ久\;;;;`'ー-、二三``<::::::::||:::::::|:::::r=、::ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;ヽ
  r≦_´::ヽ:::\:::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ:::|レー弌::::::::)}j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;;\
 .j;;;;;;;;`ヽ、ヽ::::ヽ:::ゞ::::::::::::::::::::::::::::ri:::::::::)f{  i}ト-ァイ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
 ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー―――――- 、::{(::::::ノ人ゞ、ノン./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\


72 :◆vsQyY1yD2Q
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  |:::::::::::::::::          ::::::::::::|
                  |::::::::::             ::::::::|
                  |:::::://  / / │  .|  ヽ::::::::|
                  |:::::| || .||  .|  .||   ||  || |::::|
                  ,ゝ.|||」_||  .|  .||   ||  || .|,≠
                 |γ|──└-┴-┴─≦二∠ ::|勹
                 ヾ卜:: // 丿   .弋少/:::/|‖  我が剣は無辜の民を守るためにあります。
                  弋|ハ::ー─ ' ..:::::::::... ゙゙゙゙゙´ ::/_イ
                    ヘ::     |     ::/      侯爵、その様な言動は慎んでいただきたい。
                     ヽ    _ _   /
               _ <= ̄/ヘ> 、 _ , /冫二≧_、_ _
          _,./´`´::::::::` ̄ヽ::゙゙゙゙`| |  ∧/ _/ ./ :::::::::::::::::::::::::`┘ミ
_______/::::::::::::::::::Y::::::|:::::: ヽ_| |_$〃_| ::::)::::::::i::::::::.:::::::::|::::\_______________
三三三三三三 |:::::::::|::::::::::|:::::::|:::::: /三.| |≡    ≡.| ::::|::::::::|::::::::/:::::::|三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三∧:::::::|::::::::::|:::::::|::: /三皿 |冫    <.| ::::|::::::::|::::::::|::::::/三三三三三三三三三三三三三三三三三
     //:::::|ヽ:::::|::::::::::|:::::┴<::::::丿| | 彡    ミ>-へ::::人::::人:/:::::/:::::::::::::\
    /:::::::::::::::::\匕弋二し(⌒::::::::/  | | ‖从 ミ弋::::::::/::::::::::ノ─:::::ノ::::::::::::::::::::::\


73 :◆vsQyY1yD2Q

             _,..-ー''""´ ̄ ̄``' ‐ 、
           / . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
          ,/ . : ::.::::,.‐'"´""'''-ミ,_リjン;、-゙、゙ゝ
          / . : ::.::::/          :::::::゙i;;|,
         ノ . : ;;イレ{ ゙、;      ,,,, :::::::::}:::|
        ,/,.‐'´;;;;;イリ.... …―ー- __,,,,、;;;:::::}ミ;|
        ,i',.‐'´;;;;;;;;;ノ: ,r二ニ'、; -、,  ,、、-''ゝミ;;;|,
        {/,.‐';;;;;;;i' 彡::⊆イテ=<;; ノィァィメ´/ハ;;}.  落ち着け、坂本卿。
        ゙i彡  彡    `¨  ̄ U:}~ ̄  f川
        ヽシ;;;゙i 豸、 u.   , ;;. |::::   ノ;;リ   卿の言いたい事も分からんでもないが
        _ヽ;;;ゝ;Y´゙i; =@ '-  ソ:::  イノ
     r'" ̄ ,.‐'´';'オハ '  `''''''━-;--i ト、    反乱を起こした者共は 「無辜の民」 とは言えまい?
     {   / ::: ( {;:::::ゝ    ゙…==-   :ノ: :`ヽ、
    _,⊥-ーi' ::: :.゙i、 ヽ、\       :/〕: : : : :>、
-ー''"´: : : : : ;! ,iillii;; f´`ヽ、\,゛'-、,,_ _,,ィ' ´,,イ: : : ;;illlllllll|ト..、 _
: : : : : : : : : : |/lll∩li;{\`''ー-、,二二,ニ,,,,,‐'´,f: : : :,illllイllll|::::.:.:..:`'‐-.、
: : : : : : : : : : ||llリ:.:.|llllャ, `ヽ、,/  ff⌒li`ヽ<|: : : ,illlソ:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.ヽ
: : : : : : : : : : ll:l|:.:.:.|lllllllliャ, / ,/スi;;__,リ、, \: /llソ:..:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.
: : : : : : : : : : {lll:.:.:.:|llllllllllジ  ,r' / 厂゙i、ヽ  Vllソ:.:.:.|llli'::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.



                     ,. '' "  ̄ " '' .
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::',
                    //::::::,'::/:::::::i:::::::::', ::::::ト、:::::i
                 i::l!::::::il:::|::::::::|!:::::::::|i::::::| V |
                 |:il:::::::|i::i!::::::::i!:::::::::}|:::::|  i:::|
                  〈、Y'´/::/Y __,,... .-‐ ヘ`l
                  人,i /::/,ノ  =-‐‐' 夂,/  それは……。
                     (  ヘ ̄   ,   ""  /|:::::|
                ι  ,===ヽ、 ,  、  .イ====、
                  i ヘ ̄ヽ`'D'' ´ / ̄ ̄ ゙i
                  |   V   「o  ´   ∨   |
                  |  /   /      |   |
                  |.ヘ{    i o      }/  .|
                  | ∧  ',         |   |
                      |  ∧   io      /   |
                    |   |  |       i    |


74 :◆vsQyY1yD2Q

               _,..、−ァ- 、,..- 、_
             ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
           /イ      ≧  ゙、 \\
          /  {       彡三;;_拜三ミ \
          /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
         i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
         |lレ      |::::            |i |
         |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|    公爵閣下。
         |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
         |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|   食事も取らずに議論を続けていては
         |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |   身が持たぬでしょう。
         |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |
         |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |   皆様方も
         !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ   そろそろ休憩を入れられてはいかがですかな?
         ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'
          `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
             //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’   貴族連合 坂本家 陪臣
             //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!      エルネスト・メックリンガー
    _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ      ( 銀河英雄伝説 )
 ‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


75 :◆vsQyY1yD2Q

             _,..-ー''""´ ̄ ̄``' ‐ 、
           / . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
          ,/ . : ::.::::,.‐'"´""'''-ミ,_リjン;、-゙、゙ゝ
          / . : ::.::::/          :::::::゙i;;|,
         ノ . : ;;イレ{ ゙、;      ,,,, :::::::::}:::|
        ,/,.‐'´;;;;;イリ.... …―ー- __,,,,、;;;:::::}ミ;|
        ,i',.‐'´;;;;;;;;;ノ: ,r二ニ'、; -、,  ,、、-''ゝミ;;;|,
        {/,.‐';;;;;;;i' 彡::⊆イテ=<;; ノィァィメ´/ハ;;}.  ……そうだな。
        ゙i彡  彡    `¨  ̄ U:}~ ̄  f川
        ヽシ;;;゙i 豸、     , ;;. |::::   ノ;;リ   坂本卿、勇者サイモンの血を引く卿は
        _ヽ;;;ゝ;Y´゙i; =@ '-  ソ:::  イノ.    我等の盟主、新たな勇者であり希望なのだ。
     r'" ̄ ,.‐'´';'オハ '  `''''''━-;--i ト、
     {   / ::: ( {;:::::ゝ    ゙…==-   :ノ: :`ヽ、  今一度、その事を よく考えてもらいたい。
    _,⊥-ーi' ::: :.゙i、 ヽ、\       :/〕: : : : :>、
-ー''"´: : : : : ;! ,iillii;; f´`ヽ、\,゛'-、,,_ _,,ィ' ´,,イ: : : ;;illlllllll|ト..、 _
: : : : : : : : : : |/lll∩li;{\`''ー-、,二二,ニ,,,,,‐'´,f: : : :,illllイllll|::::.:.:..:`'‐-.、
: : : : : : : : : : ||llリ:.:.|llllャ, `ヽ、,/  ff⌒li`ヽ<|: : : ,illlソ:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.ヽ
: : : : : : : : : : ll:l|:.:.:.|lllllllliャ, / ,/スi;;__,リ、, \: /llソ:..:|llll|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.
: : : : : : : : : : {lll:.:.:.:|llllllllllジ  ,r' / 厂゙i、ヽ  Vllソ:.:.:.|llli'::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.



                        ____
                      ,  ´         `  、
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
               i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::i
               |`、::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::/::, '|
               |::::::::: /::://:::/ :i:: i:i::::::::ii::::::∨::∧ヘ:/ : ::::|
               | :::://::://:::/ ::||:: |:|::::::::||i:::::::∨::∧ヘ ゞ : ::;
               .ヘ:::/ !:: i:ii:::i::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::lヾ::: /
               |´ヘ:! |::::|:||:::|::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::| }:::/,`!
               | ハ||',_,.ニニニト、,,,__ |:|::::::::| ,,...‐''"´ ̄ .〉!ハ j
            V ||ヘ  /:::/ ̄Y     ,,____,,,... /.||//
                `||ヽ'/:::/   ノ    ´ ゙゙゙゙̄´ `/ ||/  ……分かって、おります。
              |!ーヘー―‐ ´            /}ーi|
              |     、      i        /:::|  |
                       ゝ.     ,  、     .ィ :::::|
               ,..イ ∧ > .       . <. ∧ヽ、
        _,,... ‐''"   l./ ∧  \≧ー≦/   / ヘ.| `    .,,_
        /∧ _,,... ‐''"     ∧  |    |   /   `   ...,,_ ∧ヘ,


76 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


77 :◆vsQyY1yD2Q
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/

                    ,.. ---- .
                 , ':´::::::::::,:::::::::::::::::`丶、
                  / :::::::::::::::::,':::::::::::::i:::::::ヘ;::\
              , ':/::/:/::::::::::;イ:::i::::::::::|:::i::::::ヘ : ヘ
                /::/::/:/,'::::::::/ i::::|:::::::: |:::|:::::::::i:::::::',
                 /::/::/{:i::i:::::::::{ |::::|:::::::: |:::|:::::::::|ヘ;::::}
             {:::i::イ__,,,...<´,/  ''‐ .`゙'' 、! }:: |
             ヽ、::i/´/::/ }     、,__`"''‐- .i:: }
                 〉{./::/   i           /:::/
                 {/ヘ/ _,,/      ミ===ゝ /|!}'   まったく、あいつらは……。
              |!、 }  ̄   ヽ         / .|/
               |  ‘、     , -- 、    /_,} |.    盟主として担ぎ上げるなら
               |    \  |/    }   イ:-‐'゙|.     せめて敬意を払えば可愛げがあるものを。
                      \. `ー‐‐' ,.イ::::::::|
                    |.ヽ、.<..| |:::::::::|      これでは誰が盟主か分からんではないか。
                      / ̄ ̄ ̄| .|\|:::::::::|
          /i三三三三‐‐--..,, | .|  }:::::::::|
         / ̄`i              〉´  ヽ=≠‐-、
           /    |             ヘ.О       iヽ、
.          / ,,...-┤               `、      i } .}
      ,..‐''゙´    ヘ              `、      \,' .ヘ
    ,./        ∧ ,'            `、      \∧
 .<       _,...-'''"∧,                 `、         `、
´            / _,.              ', Ο      `、
              >'´ー ''´: : : : : . .         . . . : i: : : . . . . . . : :}
          >'´   ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.i: : : : : : : : : :./∧
、. . . : : :>'´       ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,': : : : : : : :.:., '  ∧
 ヽ、/           ∨: ヽ、 : : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : : :/:    ∧
    ヘ.              ∨: : `            i 0    /: : : :   ∧
    \.             ∨:.            |     |ヽ.: : : :   /


78 :◆vsQyY1yD2Q

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|    お嬢様は可愛げのある公爵達を お望みですか?
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   あまり趣味が良いとは言えませんぞ。
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


                      ,, -‐‐‐‐- ,,    人
                   /::::::::::::::::::::::::::::::`>、   て
                 , ' :::::::::::::::::::::::::::::::ミ/::::::`、  〈
                   /::::::::::::,':::::::i:::::::::::::|/ \::::::',
                i: ::::i::::::i::::::::i|:::::::ii::::i/ ヾ::::::i
                |!;;;;;| ::::|: :::::|!'''/彡--ィ i::::::,'
                |;iヘY' /::/`Y   ' 回  ir'ヽi
                   ヘ /::/ 丿   ~´''' ∂ハ  誰も そんな事は言っとらん!
                 / ̄ミ ̄´ `       /イ::::|
                ヘ. イ\  ∠二ヽ /  |:::::|
                 ∧ /  ,.>,--,. イ/>.|:::::|
                 / V j'´>'´ヽ i/  \ \!
                   /   V .y    「o    { > ヘ
               /    人/    ,'      ∨ / .|
                 i   / {    | o       }/  |
                 ∨ /,>ヘ    ',     /i    |


79 :◆vsQyY1yD2Q

                ,..‐ ''' ""~~~"" '' ‐ .
                ,.'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           /: , '::::::::::::::::::::',::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::_,..,
          ,.'/:::/ ::::::::,'/::i::::::: i:::::::::',:::::::::,.. ''"::::::::ハ:、
           //:::/,':::::: ,'/ i::|::::: i:|:i::::::::i-''":::::::::::::::::::::::::',ヘ.
            //:::,'::ii:: : ,'::i |::|: :: |:|:|::::::::|ヾ:::::::::::::::::::::::::::::i:::i
         i::i:::::i:::||:::: |:::| |::|: :: |:|:|::::::::| ゞ::::::::::::::::::::::::::} :|
         |::!::: i: ||:::: |:::|'´`'|ー-|:-|::--:| .ヘ:::::::::::::::::::::::::! :|
            Vハ'´   /{弐}゙゙゙ア    〉-‐-、 : :::::/ ::|  それにしても情けない。
              | }.    弋,ソ      .//ヘヽ } :::::/ :::::|
              |ノ              ,' )ノ ./ : :/ : :::::|  あの様な逃げ込んできた者達の
             iヽ           i 二.'::/ : ::::::::|  力も借りねば兵を集める事も出来ぬとは。
.               ヽ.             j./|::::,.' | ::::::::::::|
              \  ̄`     ,..' .|/    | ::::::::::::|  武門の名門、坂本家も落ちぶれたものだな。
                     \    ..<    ,.i>:  | ::::::::::::|
                  `¨´|ヘ. ┌ ''"´    i   | ::::::::::::|
                   ,--┤.| /      ,..'ヽ、 ! : :::::::::|
               _,..‐'ゝ.ヘ. ハ/   ‐ '"´ / /~"'''‐-.!,_
            .<.‐''"   .l´О         ~"'''‐-...,,_ハ
          /i /      /              i    //i



       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   仕方ありますまい。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   サイモン様が魔王バラモス討伐の旅に出て
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   そのまま行方知れずとなって以来
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ    王は坂本家を冷遇しておりますから……。
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


80 :◆vsQyY1yD2Q

                         . -――-  .
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
                   ,.:::/::/::::::;i::::i:ii V∧ ::::::: ヘ.
                      /: /::/::::::/:|::::|:||: :V∧::::::::::ハ
                  |::::|:|:|::::::::||:|::::|:||:::::|:::::|ゞニ=-|
                  L::|:|:|::::::::||:|::::|:||:::::|:::::| }-=ニ:!
                      Y/ X´   三二ニ, }_:_:/
                    λ/ }   弋ソノ /ハ }|    父上、か……。
                  | |ー‐ ' ,         |(_ノ:i|
                  |人   _     .イ ::::: ||    おそらく もう生きてはいまい。
                         .  `   i .|:::::::::||
                       ><――i.|:::::::::||    メックリンガー、そなたの献身がなければ
                      __.入 ∨/  / ̄ ̄ ̄`ヽ   我が家はとうに没落していただろう。
                /i ̄ ̄   Y´ ´     /   ∧
                  /  l /     |.o       /:   ∧
                   |   |′    /       | |    |
                  / ./     /         ヽ.| |    |、
              /Y: .      /o       . :∨|    |ハ
                / |: : : : : : : :| : : : : : : : : : : : :∧|    |.∧
               ./ :∧: : : : : :.:.| : : : : : : : : : :.:./ ∨    !/∧
              /  . :ヘ: : : : :.:.:|o : : : : : : : :.:./   ≧=一   \
            ノ  : : : :|    |       .: :/  / ̄ ̄`      〉
           / `ヽ._/ ニ=-r'一      :く>'         >'´ ̄ ̄ ̄ ̄
          .|     \ー=ニ二>、__    ∧     > ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   いやいや、お気になさらずに。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   私の様な者を拾い上げてくださった
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   サイモン様への恩を思えば この程度……。
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


81 :◆vsQyY1yD2Q

     _| ̄|_       | ̄|  | ̄|_    | ̄|  | ̄|_
     |_  _|__      |  | ̄    |    |  | ̄    |
       /  _  ヽ    |  |二コ ┌'    |  |二コ ┌'
     ∠ / /   〉 |「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\
      |_|   ノ_ノ `⊇.ノ|_|、_ハ/ `⊇.ノ |_|、_ハ/`⊇.ノ
         ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
       ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
       ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
               i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧
               |:.:ir'´// j  z==、!:|
               !ヘハ//__ノ  、    A}    何を言う! お前ほどのセンスの持ち主を
               ト jハ    F=┐   レリ     野に埋もれさせてなるものか!
               | :.:.:へ  ゝ__ノ /
               | :.:.:|((´i> - イ        その上、軍を任せられる才覚もある!
               } :.:i:| 「 ヽ、 , kl
             ィ==┴' ー ∨ーV===、  正に 「芸術家将軍」 と呼ぶに相応しい!
            ∧        |O      ∧
           ム ヘ  /      l     i / }
          「_ ∨       !     V ーヽ_
          /    !        i O    |    \
       /    /ト、     人     八ヽ    \



              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|  恐縮です。
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |  しかし、それもサイモン様あっての事ですから。
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


82 :◆vsQyY1yD2Q

                 ..-‐‐‐‐‐- ..
          . ´           ` .
        , :'´.:.:.:. /:.:.:.:i:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::、
        //:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.i!:i:.',:.:',:.ヘ ヽ、 ,.‐'''"゙:ヘ、
      ///:.:/.:.:.:.:i::i:.:.:.:.:ii::|:.i.:.:.',:.ハ-'"ヽ .:.:.:.:.:.:.:.',.ヽ
.    ///:.:/ .:.:.:/|::|:.:.:.:.ii::|::|;:::::i,i::|-  ヾ:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:\
     !:i! :i .:.:.:/ .|;;|,:::::::|| /´____  ゝ :.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.\
      |:i!;;;|;;ヘ ,>x´/  ,.イてi刈´ア  〉'´\.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:
           {. /:/ }     乂ソ ' //´ヽi::,' \.:.:.:.:
          |/:/ /            /  )ヘ /:/   \.:.  公爵達の兵とは言え、ロンベッタを押さえている限り
        /|゙''"´ヽ          j  ,-、ノ:/
.       /  ヘ    ___       イ:::::/          できない夫達は こちらに手を出せんが……。
.        j   \     `     .|∠,
                \      . ´   |___ `ヽ
                 ヽ-‐ 'i´_,..‐'''"´ |             まったく、『異界の勇者』 と言うのは厄介なものだ。
               /ii´´   _,.. "´゙'' 、_
                 | ||_,..<´`'<__,..''゙´∧         仮にも勇者を名乗るのならば
          _,..ィ'''"/0      /    ∧
            /'''"´  /         i ',       ハ       その精神も父上の様にあるべきだ。
.          / ./  /        |  ',.      |
         i/ /O         ',          |
       / /          ', i          |
       / /           '., ', | .i       .|
      /  / 0              ', ',| :i       :|
.    |   i                ..:.:.:`、| :i     ::|
    ∧.:.:.',....................................:.:.:.:.:.:.:.:.:| :i     ::|
     .ヘ:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| :i      ::|


83 :◆vsQyY1yD2Q
【 父上 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            _ ,─、
                          ∠二─ ̄二\
                           /rnv   <_ |
                          _/`┌       |_
                         <| / /      l  /| | |>  娘よ。
                      / /──_-┤ | | ̄
                     / / ┌─    | | |      そんなに褒めても
                     / |\l    ̄─ | | |       何も出んぞ。
                     |  |二二─_ |   |
                     |      ─_/    |
                     |            |
                 <~\   |           |        ,──-
                  × \  |           |       /     ̄ ̄──__
                /  \_>  |_______| _   /            __7
           / ̄ ̄/~7|_,────| ┐| ┌─   | \─/        __──
         /    λ / l |    < ̄ ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄_/ / ̄>___──   /
          ̄ ̄ ̄ |   // ̄ ̄────  ̄ ̄ ̄ // /|___────'
              |__/─── ̄| ̄ ̄| ̄ ̄──_/ イ  |      /
              |  |   /    |   |        / |   |   _/
              |  | /  /|  |   |     _|─ ̄ ̄7─-
             |  |/  / |   |   |      \     /|
             |  |  /   |   |   |       |\∩∩┐|
             |  |  /    |    |   |     | ∩   / |
             |   /       |    |   |     | \_/|  |
             |_/         |     |   |    |  \ \  |
                      |     |   |    |   \  \/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 父上 】


84 :◆vsQyY1yD2Q

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   あのお方は素晴らしい勇者でした。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   無双の戦士であり
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   その力を民を守るために振るっておられた。
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_



   / :::::: /:/:///::::: : / |::|:::::::::::|||  |::|:::::|::::l:|:::| \三二ニ===一::::|:::::::::::::.
   |::::::::::|::|: |:|:|::::::: : | |::|:::::::::::|||  |::|:::::|::::l:|:::|  ヽー===ニ二三|:::::::::::::::.
   |::::::::::|::|: |:|:|::::::: : | |::|:::::::::::|||/|::|:::::|::::l:|:::|    ヽ::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.
   |::::::::::|::|: |:|:|::::::: : | |::|:::::::::::|||  |::|:::::|::::l:|:::|    \::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::
   |::::::::::|::|: |:|:|::::::: : | |::|:::::::::::|||  |::|:::::|.斗ヒi"´ ̄   }/ ̄`ヽ:: |::::::::::::::::::
   |::::::::::|::|: |:|:|::::::: : | /     _.> '´,.斗ヒ:::Tニニ7  /  .イ`ヽ∨!:::::::::::::::::
   |:::::::::::: V ̄ ̄´::7 ヽ.         /  |:{ :::℃! l/  / <ー 、   |∧:::::::::::::::   父上が出立した日
        '  /::::/                ∨:::歹 .′ /  _) ) .イ: ∧::::::::::::   まだ幼子だった私は
         ∨:::/     |                 ′ ノ‐' / ∨:∧::::::::::   父上の顔も覚えていない。
         |∨    /                | (_/     ∨:∧:::::::
         |    / ノ               | / l/      ∨:∧:::::   だが、伝え聞く父の姿は
         | 人     `                      | ̄`ヽ    ∨:∧:::    真の勇者であると私は思う。
         |  \                        |         ∨:∧:
                       ̄ ̄`      /       |-、         ∨:/:
                     .           ..  ´ ̄`         ∨::
                   > .. イ ..  ´          ',         ∨
                   |  ̄| /´               ',       |:
                   |   |./             / ̄\     |:


85 :◆vsQyY1yD2Q

                     .  ----
                   ,  ´ :::::::::::::::::::::::::: `丶
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  / : :::/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ/`、
                   /:::::::/:// :i ::::: i :::: |::ii:i::::::i::::ハ:::::::i
                i:::::::/|::|:| :::|::::::::|i:::: |::||:|:::: |::::: i:::::::!
                |:::::/ |::|:| :::|::::::::||:::: |::||:|:::: |::::: |ヘ:::|
                 | :::{ ,,|;;|;;___|::::::::||:::: |::||:|:::: |:::::::! ゞ:!
                }-、!r―‐ `'< /:::::|::||!_,.斗‐‐l ミ:::}
               { ヘ||   /:::/}    イ示}゙゙ア j!ヘ
                  ヽ. ||!/:::/ ,ノ     弋;;ソ ′/|!. }.   だからこそ許せんのだ!
                  |::゙|!'!`ー一 '"          / .lレ′
                  |:: | ヘ      '       /- '|    無辜の民を守るべき勇者が
                  |:: |::: |ゝ   X  )   イ  |    民を戦いへと駆り立ててどうする!
                  |:::::::: |   i 、     .<
                  |:::::::: lr<l  `¨´ |i           サマンオサの勇者として
                  |::::::::ノ  `ー┐ r'´|             私は できない夫を勇者とは認めん!!
                ,.<.   ヽ、  ∨ / `ヘ≧z 、
           ,.< >'゙´      くо      |
         /二二´           `、       / !
          |´     `ヽ i            、     Y
          |     ヘ ∨         `、    \
          |       、 !: .             `、      、
          |        |: :.           ' о   }
          |:.        | : : .           }     /
          |:.    ::. | : : : : : .           /  /


       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   ……王都とカブノールの間では
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   激しい戦いが繰り広げられていると
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   町の者達も噂しております。
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


86 :◆vsQyY1yD2Q
                /:::::::.,:::::::::::::::,:::::::::::::::,:::::::::::::、::::`、
            /::::::,.'/::::::::::::,イ::::::::::::::l|:::::::::::::::',:::::::::',
            ,':::::::,','::::::::::::::,'.|:::::::::::::::i}::::::::::::::::::i}:::::::|
              |:::::::i.i:::::::::::::::i..|::::::::::::::::!|:::::::::i : :::!i ::::.l
              {:::::::!.||:::::::::::::!. | : ::::::::::::!|:|: : :|: ::::i!.i:::::l
            l:::::| 卜..,,::::| .|:i::::::::::::::i.|:l_,,斗孑i}.|レr   ビッテンフェルト将軍か……。
           〈ヘ.lトY⌒ ̄``穴'''ナ¬ヒ,イ''''''l'i7.ハ.i .}
               Y! {    //`!     ´|:;;;o|ノ .i !| リ   あの御仁の事だ。
               ゝ{l入 .//  ノ    `ー'  ,'ノ.|l'    民が相手だろうと手加減などはせんだろうな。
             |ト-ハ‐---‐'"  、      //||
     -=ニ二二ニ=- .l! .ヘ           .人  .i!-=ニ二二ニ=-
     |ー=====''´丶.丶、  ´  `   , イ'  ゝ=====‐'"i
     .|  \        \\`  __ , イ  ./       /  |
.     .|    ヽ',          `、  `Y´  , '       //   .|
        |    \          ',ヽ, .l! ../        /'     |
      | 「``´ ̄\        /            冫''´ ̄つ亅
      .| i´ ̄``丶 `、         .| ○           / /´ ̄つ!|


       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   あの男は猪の様な男です。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   誰が相手であろうと
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   かまわず突撃しているでしょうな。
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


87 :◆vsQyY1yD2Q

              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|  だからこそ、公爵達も焦っておられるのでしょう。
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |  お二方は元々カブノールに大きな領地を
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |  持っておられました。
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'   それを将軍に蹂躙されたくないのです。
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_




     .,':::::::::::::::::::',::ヘ::`:、   ミ: ::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::: : |::.|
     i:::::::i::: : |::::i',;::ヘ::::',\  ゞ::::,‐、::::::::::::::::::::::|::::::::::: : |: |
     |::::i::|:::::::|::::|:|∨\!    ハ:|/ ヘ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::| |
     |::i:|::|:::::::|::::|;|-'"~"    / |ヽ |: : ::::::::::::::|:::::::::::: :|:|
     |::|:|::|:::::::|/,イ      /   |. 〉,' :::::::::::::::::::|:::::::::: : |!
     |;ハi;ヘ:/},例. l      /    i//‐、: : ::::::::::::|::::::::::::::|   フン、虐げていた民に追い出されたのだろうが。
     .il i  'ヽヘi|/     ,'    /  \: : :::::::|::::::::::: :|
      |     /        j    i     "'-;;::::|:::::::: : :|    しかし、助けを求めて来た者を無下に扱うのも
          く             /         ´',|:::::::::: :|    坂本家の名を傷付ける、か……。
           \         /           |::::::: : :|
           ヽ‐                |::::::::::::|
             \    ,. ''"ヽ,. ''"~ ̄´'' |:::::::::: |
              ヽ-'"  ,-'"        |:::::: : :|
                      ||        ,..-‐|:::::::::::|,_
                      ||__,,..: '"´     .|:::::: : | i`ヽ
                ,.. ''" ̄`i.         |::::::::::|  \
            ,. '"   ,.. '"´         |:::::::: |
           i`丶、,.''´             |:::::::::|
          /´゙''-''゙`ヽ.                |::::::: |


88 :◆vsQyY1yD2Q

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   ……カブノールの多くの民は農奴として扱われていました。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   その怒りが、できない夫と三賢者と言う指導者を得て
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   王家や貴族に対して牙を剥く ―― 確かに自業自得ですな。
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


                 ,..-'''""~~~~~~~""'''‐-.
                ,.'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..-`' 、  ___
             / : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..''"::::::::::::::::::::X´::::`ヽ
           , '::::::::::::ヽ,::::::::::::::::::::,..'" :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::',
             /::::::::::::::::::::::\::::, -'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',
          / : :::i : :::ヽ、 : :::.\ : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ::::::i
         ,' : :::::| :::::::::::ト、:::::::::.ト、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::|
            i :::::l::::|::::::::::::||.i ::::::::i|  ゞ: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::|
         ||::i:::|::::|:::::::::::;il i_,..'"   ヾ:::::::::::, -‐. :::::::::::::::::::::::| : ::::|
         |トii:::|:::卜;;.' / _,,..イ    \::/ 人 ',::::::::::::::::::::::::i : :::::|
         l!:||:;;|;;;'i.ヽ、.´ ,z俐| |     {:i'├ 、} | :::::::::::::::::::/| ::::::::|
         |;:'       `、   ヘil ´     {| `i / ,ノ:::::::::::::./ | ::::::::|    カブノールの統治が
                }   ´       i!  `/ヽ, :::::::,.'   .| : :::::|   あまり褒められたものではない
               ,/             !  /    ヽ、/-、  | : :::::|   と言う噂は聞いた事がある。
                  \            ,'     ',     |:::::::::|
                   \ 、、                ',    |:::::::::|   できない夫軍の力の源泉は
                    ゝ、      _,.、    _,..-'''ヘ,.  |:::::::::|   民の怒りと言う事だな。
               r'^∨ l!\.,_,..'"  ∧_,. '´     ∧.. |:::::::::|
                 冫、_,l. |      _,.'´   ._,..-'''"~ヽ,| : ::::|
                  /--、`ヽ、ヽ     | |  ,. '´< ̄  ̄ヘ. ヽ::::::|
              ト -、 \__i. ∨   .|冫'´    ヘ,..-'_'_'__ _`、::|
             〈.___ \__>  |  ./|´       /´        ハ:|
                 | \人.  | /i ノΟ     /        '|:|
              \   i  人/|/         /           |:|
                ∧|    |/|/         /           |:|
                | ヽ、.  / |        丶/          |:|


89 :◆vsQyY1yD2Q

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|  それに関しては、我々も あまり大きな事は言えぬでしょう。
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|  旅の扉が封印されて以来、コスタットは衰退しております。
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ   先の見えぬコスタットに見切りを付け去って行く民も少なくありません。
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


             ,.: ' ""~~"" ' .
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
          ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
           i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
           |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
             { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i.    その結果、坂本家は
            ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|   兵を集める力も失ってしまったと言う訳か。
            ! _/フ      __ υ/┬´::::|
           i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|   民の怒りが こちらに向いておらぬのが幸いだな。
           |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
          ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
            ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
         i    ∨/    /         i/   ∧
         |    i {    ,'ο        }',.  ∧
         |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
    .      \__,.>'´|   i.o       | ∨    i


90 :◆vsQyY1yD2Q

              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|  皆も分かっているのですよ。
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|  旅の扉が封印されている内は どうしようもないと。
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |  民の怒りが お嬢様に向かぬのは
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ   サイモン様も お嬢様も、民を苦しめるような統治を
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'   行っていなかったおかげでしょう。
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


                      ___
                 , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
               /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
               ./: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
              〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
             ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
             .{! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ   はっはっは!
                }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l
                ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l   それは自画自賛か?
                  ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l
                  >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l  幼い私に代わって実質この領を統治していたのは
                     `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|.  お前ではないか、メックリンガー!
                     「V´    ,⊥-==ー戈{
               /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
               ./ /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
             r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}


91 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,.. ---- .
                 , ':´::::::::::,:::::::::::::::::`丶、
                  / :::::::::::::::::,':::::::::::::i:::::::ヘ;::\
              , ':/::/:/::::::::::;イ:::i::::::::::|:::i::::::ヘ : ヘ
                /::/::/:/,'::::::::/ i::::|:::::::: |:::|:::::::::i:::::::',
                 /::/::/{:i::i:::::::::{ |::::|:::::::: |:::|:::::::::|ヘ;::::}
             {:::i::イ__,,,...<´,/  ''‐ .`゙'' 、! }:: |
             ヽ、::i/´/::/ }     、,__`"''‐- .i:: }
                 〉{./::/   i           /:::/  しかし、改めて確認してみると
                 {/ヘ/ _,,/      ミ===ゝ /|!}'
              |!、 }  ̄   ヽ         / .|/   本当にヒドイ状況だな。
               |  ‘、            U /_,} |
               |    \   ― 、    ,.イ-‐''|    公爵達の力がなければ
                     \      ,. イ::::::::|      軍を維持する事も出来んとは……。
                    |.ヽ、.<..| |:::::::::|
                      / ̄ ̄ ̄| .|\|:::::::::|     所詮は お飾りの盟主と言う事か。
          /i三三三三‐‐--..,, | .|  }:::::::::|
         / ̄`i              〉´  ヽ=≠‐-、
           /    |             ヘ.О       iヽ、
.          / ,,...-┤               `、      i } .}
      ,..‐''゙´    ヘ              `、      \,' .ヘ


92 :◆vsQyY1yD2Q

              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|  お嬢様には、サマンオサの勇者としての
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|  一騎当千の力があります。
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |  それにサイモン様の娘としての名。
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |  公爵達にとっては、それだけで
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ   盟主として担ぎ上げる価値があるのでしょうな。
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


                     ,. '' "  ̄ " '' .
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::',
                    //::::::,'::/:::::::i:::::::::', ::::::ト、:::::i
                 i::l!::::::il:::|::::::::|!:::::::::|i::::::| V |
                 |:il:::::::|i::i!::::::::i!:::::::::}|:::::|  i:::|
                  〈、Y'´/::/Y __,,... .-‐ ヘ`l
                  人,i /::/,ノ  =-‐‐' 夂,/   分かっていても
                     (  ヘ ̄   ,   ""  /|:::::|
                ι  ,===ヽ、 ,  、  .イ====、    それに頼るしかないと言うのが
                  i ヘ ̄ヽ`'D'' ´ / ̄ ̄ ゙i    歯がゆいぞ……。
                  |   V   「o  ´   ∨   |
                  |  /   /      |   |
                  |.ヘ{    i o      }/  .|
                  | ∧  ',         |   |
                      |  ∧   io      /   |
                    |   |  |       i    |


93 :◆vsQyY1yD2Q

                    . -―‐- .
                   /:::::::::::::::::::::::ヘ
               /:::/: ,i:i::::ii::::V:ハ
                |::/: /:|:|::::||:::::|V::!
                |;;|≧x|:|::::||:::::| |;;|
               人|、//ノ  ー= /|'     だが、それでも私は
               /:::/'人  _'_  ノ´|.     サマンオサの勇者としての務めを果たさねばならん。
          /:::/   .r><┐
          /:::/,. x≦/ ヽl l/ ヘ≧x、    最早、今のラインハルトが本物か偽物かは どうでも良い。
     ー=彡 /  |\ ./    「。   ∨ / |
   ー‐==彡'´    |  /.    |    ∨ |  .民を苦しめる者は、この手で叩き斬ってやる!
             | {:::........ . |.。...........:::} |
             l ∧:::::::::::::|:::::::::::::: /  |    そうすればサマンオサに平和が訪れるはずだ!
             |   \  |.。   ∠.   |
             ∨   |  |   /   ./
                 ∨  ヽ |.。/   ./
                ∧  ∧⊥l     λ
            /= ∨.//´ミヽ\__/ ヘ.
              /   `ーヽ.彡__/    ヘ.
.             /      /|ミ|      ヘ.
            `<,___/`|ミ|___,.>'
              |     i|ミ|!     |
               |      :='='=       |
.             |      ,' |:::| ',     |
.              |     ,' |:| ',    |
            l.     ,'  |:::|  '     |
             |     '  |:|   '   |
              |         |:::|   ',.  |
              |   ,'   .|:::|    ',   |
            /   |    |:::|.    |   ',
           ,     |    |:::|     |    ',
            '    !    |:::|    |    !
             i     l.    |:::|.     !     |
              |    ,′   .|:::|.    ',.    |
.            |        |:::|      ,    |
          |    ,      |:::|       ,  |
           |   ,'      .|:::|     '   |
            |  .′    |:::|       ',   |
             |   ,       .|:::|        i. |
.           |   i.      |:::|       |. |
         |  }.       |:::|      {  ‘、
          /ニニ|      |:::|      |ニニ\
       /´ ̄`、Y.     |:|      W´ ̄ヘ
       `ー一 '´       L:l         ``ー一´


94 :◆vsQyY1yD2Q

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|  カブノールを抜く事も出来ぬ状態で その様な事を言っても
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|  どうしようもありませんぞ、お嬢様。
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


               ,. '' "  ̄ " '' .
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::/:::i::::l!:::::::::::l!::::::::ト、:::ヘ
               /,イ::i:::::|::::l!:;ノ:::/|:::::::;;|/i::::i
             ./' |:i :| 二ニ´_,..-'''"´  ヽ:::|
                 {:|::i'´ /:/ i   ⊂ニ⊃ i,-}、
             /タX/:/_丿 ,     ∪" ハヽ}    そんな事は分かっている!
               | \i ""         L|/、
               |   ヘ   厂  ̄ヽ   / |ヽ::\   お前も どうすればいいか考えろ、メックリンガー!
                j   丶、,,_   .丿イ  |  \:\
                   「~〒~个         ヽ;\
               ,..‐'''".i  |  /`"'''‐ .._    ヽ;ヘ
             /|,...‐'''´ /o  "'''‐ . _/ヘ    `'|
            /  冫     |       ヽ/ ∧
          /   /    /ο __    ∨  ∧
         /     /{     i   /´ ̄\‐-ヘ  ∧
       /   / ヘ.    ',.o ヽ、__r_ |  `ヽ ∧
      /`ヽ、/    ',   i    \/__,,,,... -‐'´
      彡イ_,ノ        |    |        |


95 :◆vsQyY1yD2Q
                                         __
                                      ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                    ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                     ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                     ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                  .  -‐―‐‐-  .          ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
              , '´:::::::::::::::::::::::::::::::`丶、.       !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
        ____/::::::::::::::::::, -'/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\.   ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
       /:::::/::::::::::::::::-"/: /:::::::::/::::::::i::i::::::',::',:::',     >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
       ,'::::::,':::::::::::::::::// :::,.' ::::::::::::/ :::::::::|::|::::::i::::i::::',  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        i:::::::|::::::::::::://;;;;/;;;::::::::::::/: ::::::::::|i:| :::::| ::|:::::i.      `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
.       |::::i´ ̄\/  __~"'''‐-.: ::::::::||:|:::::::|:::| ::::|           ̄ ̄
.        |:::::| i´ハiヘ /   /::/ヽ,/~二ニ!:!;;;::::|: |::::::|
      |::::::',  / ',.i /::/  /  '´ __,,..____~'>:!;;;:::|
       |::::::::\_.」  ',X::/    /  ,イ貮/ア/´ ̄ ̄
        |::::::::::/ヘ;:!/.i , ,~''‐-‐'´    !歹 .ハ
.      |::::::: ,'  '|. 、|         ,   ' '/  !
.      |::::::::′  |. jヽ    i==‐ァ    ,   |
.      |:::::::|.   |     \  `ー ´ ,..'´     j
.      |: ::::|,..''"      `'┐ '"ヾ "'- 、
  _,..-''"\`\         !    ', :`、 ヽ
.,/      V: :`、'''‐-...,,__  ,.-'''" i: : : \ ',
.          V: :.:\    `ヽ.!    /: : : :.:∧. ',
     、   V: : : :\_      ,,/: : : : : :.:∧ ,
.       \i   V: : : : : :`''''''''''"~´、 :/: : : : : : :.:.\\
ヘ         ',   i: : : : : : : : : : : : : :.:ヽ.: : : : : : : : : :ヘ \
 ',      i  ノ: : : : : : : : : : : : : : : :.',: : : : : : : : :.:ハ.  \
`> 、     ├<: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.',: : : : : :.:/: : }   \
‐‐- > .  |: : :~ ' ‐- .,,___,,.、.:.: : : : : i : : : :.:.:,': : :.:/  、-'''"´
...,,___~""'\.|ヽ: : : : : : : : : : : :i : : : :.:.:/: : : : :.:,' : / |  `、
  `ヽ`ヽ、`.\: :ヽ: : : : : : : : :.|: : : :/‐..:,;.:.-'"   .| ,./
    \ .\. ヘ : : .' -..:,;__;.:/.-'''~: : : : :.:',: : ト、   /\
      ハ .ヽ∧: : : : : : : :.|: : : : : : : : : : :.| : | ヘ /" _,> '"ヽ.
    i、 \| i'´', i : : : : : : : | : : : : : : : : : : i: :.i /_,>'´ _,>‐ ''i"
. _,..'"`ヽ入/ ̄./: : : : : : :.:,' : : : : : : : :.:.:.:,': :,'ヘ   -<./   /\
    _,..-'''"~.:.:.: : : : : : :,': : : : : : : : : : ,': :/  i__           \
  ,-'":.: : : : : : : : : : : : :.:.,': : : : : : : : : : ,' :/|      \          \
. ,.ヘ: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : :.:.:イ.:./ :|      /\         \
'  `<; : : : : : : : : : : :.:.i: : : : : : : : : : :.',: : :.|‐ ''' ""~~~~~"" '''' ‐-. / ̄ \
      '<; : : : : : : : : ,!: : : : : : : : : : : :i_/                  _>、   \
       `'<,: : : :.:,': : : : : :.:.:_,..-'''/             <'"´   _     ',
          V:""'''‐--‐''"´: : :./               ~""~´i       |
           ∨: : : : : : : :.:.:./                         /  ,:  i ii
.             ∨: : : : :.:.:./                     / ./.i ∧ ||
              ',: : :.:.:./                      l / | ,' ヘ|!
            !__,:/                 __,,...-‐'''  {/   i/ ./
               /  `~"'''‐- ................ . -‐ '''""~/         /
           /              ∧.      V            /
             /            /          /           /


前編へ   3  『知られざる伝説』へ

この記事へのコメント
うむ素晴らしい「あ」だ
サイモン理想化されすぎだろw
Posted by at 2012年12月18日 00:16
AA絶対にスク水ですよねw

ここは芸術家と無能貴族か・・・
負けた方がいいんじゃねw
Posted by at 2012年12月18日 00:16
メックリンガーさん、AA2枚で頑張ってるなw
Posted by at 2012年12月18日 00:24
もっさんの中の「理想の父親像」が壊れるその時が辛い…w あと、妙齢の女性が
生足むき出しの格好で軍服の男と議論している光景を想像するとどうしてもwww
Posted by at 2012年12月18日 06:10
>>93
もっさん…
「○○さえ倒せば解決」は…アウトっ…!
はまっている…既に…泥中…首まで…!
Posted by at 2012年12月18日 08:09
さて、地味に難しくなってきたか?
人間に人間が虐げられてるというのは、現代人の異界の勇者からすると納得しがたいものという描写はあるわけだけど
サマンオサでは明確にそれがあった、と

実際にどのように動くのか楽しみにしています
Posted by at 2012年12月18日 12:21
むっちむちやなあ    ふぅ
Posted by at 2012年12月18日 16:50
※1、※4
普段の言動が剽軽なだけで、中身はしっかり勇者だろ?
勇者王みたいな奴ばかりが勇者じゃないぜ。
Posted by at 2012年12月18日 22:58

もっさんはその実態すら知らないわけで……
理想と現実の乖離は期待が大きいほど衝撃も大きいからなぁ

奴隷に関しては現代日本人には想像を超えたものなんだろう
表立った奴隷社会なんて見たことも聞いたこともないだろうし、実感もわかないだろうな
Posted by at 2012年12月20日 23:18
外伝になってから、もっさんには何度も助けられています。

カブノールの貴族の言うことにも一理ありますね。もっとも、お前が言うな、とも思いますが。
民衆は無知に付け込まれできない夫に唆されているだけ、できない夫たちの被害者なんですが実際反乱に加わってしまうとね。
貴族を滅ぼそう、国を乗っ取ろうというのですから討伐対象にされてしまうのも仕方がない。
なんとかして反乱に加わっている民衆を正気に戻し、矛をおさめさせることは出来ないものか。

もっさんもかなり苦しい状況ですね。兵を集め戦うことすら出来ない状況とは。
サイモンの正確な情報もないみたいですね。旅立ったことにされているのでは調べようがないのかもしれませんが。
サイモンは確かに勇者と呼ぶに相応しい人物でしたね。普段の言動を除けば。

できない夫は既に勇者ではないのですが、その情報も持っていないということは調べていないか、
いまだにできない夫は異界の勇者の肩書きを悪用しているんでしょうね。
民衆を扇動し、戦争に駆り立て、死地に追いやる。できない夫のせいで一体どれだけの民衆が犠牲になっていることか。
確かに勇者と呼ぶのもおこがましい所業ですね。これでは異界の勇者と名乗る輩に偏見を持ってしまうのも仕方がない。
しかし、なんとかしてその誤解を解かないといけません。もっさんの人となりならばやる夫たちと協力出来ると思いますし。
Posted by とあるA at 2012年12月22日 18:34
ふぅ・・・
・・・ぅっ
Posted by at 2013年01月06日 01:06
前になんかで勇気と無謀は別物だ。という話を聞いたが
ここどできないおは見事に履き違えている気がするなあ
それにしてもこのできないおはいったいどんな悟りをひらいて賢者になれたんだ?
Posted by at 2013年04月09日 16:30
できない夫が義理を欠いて農民を扇動しているのは確かだろうが
結局のところ、既得権益者と被支配層の欲の突っ張り合いでしかないのによ
できない夫陣営の性根が見えないから何とも言えないが
彼一人諸悪の根源みたいな言い方は、どうかと思うね

個人的にできない夫は善性を持った真性のバカだと思ってるが
続きに期待
Posted by at 2013年09月18日 00:58
できない夫も大概だが、国王がモンスターに乗っ取られたまま二十年も経ってる政体と
領地の人間を奴隷扱いして搾取してる貴族連中の国っぽい。
ボストロールを倒しても国が上向かないと思ったら、革命というのも分からなくはない。
Posted by at 2013年09月23日 19:57
できない夫の一番の問題は所々見て取れる「思慮の浅さ」だろう

そのクセ変に行動力がある「無能な働き者」
Posted by at 2014年10月25日 01:12
ジャギの言う通りいっそ一度ほろんだ方がマシなのに、お貴族様がしがみついてるんだろうがw
結局自業自得ってスタンスも力はあっても仕方ないから助けねー、でも立ち上がる勇気を与えるのは勇者じゃない。

 認めないもくそも、お前に認められる方が不愉快じゃないかな?って感じだはな。できない夫はあれっぽく書かれてるが、市民革命ってのはこんなもんじゃないのか?圧政は事実で、貴族がふがいないからボストロールは倒しきれず、挙句の果てに尻馬に乗ってさらに圧制。
 おれは王家崩壊は「理論的にも感情的にも道義的にも正しいが現実的ではない」というその一点だと思うのだが。
Posted by 昼寝猫 at 2015年09月23日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60840695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ