■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2012年12月24日

知られざる伝説(3)

外伝へ 3   第84話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

> 999 名前: 名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから [sage] 投稿日: 12/12/08 10:45:57 ID:k3sCkm01
> メイドガイの1日

ちょっと形を変えまして ――



          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|                                            |┃
          ┃|              メイドガイと学ぶ 『ニュー速で邸』              |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛


2 :◆vsQyY1yD2Q

              _ -‐… 、 ',',
             ´     `ヽヽi l-‐- 、
                 / ´¨ ∨       ヽ
                 /                ヽ
               /                  ヽ
                 /            ヽ     ハ
            /         ハ ヽ、   ',    ∧
               l    |   ノ ノノ  ヽ_>>‐-f      ',
            l |    |/十/    , ‐roヽ i     .l
            |    r /fr o、    {{ ∪} 〉l|     |  コガラシさーん!
            |    ヽ{{ {∪}       ¨´ ,'    ,'
             ',    ヽ` ¨´  丶       ノ    ./   ちょっといいですかー?
            ∨   ∧    < ̄ノ _ ノ  ノ   ノ
             ヾ  ヽ >  _ ` ´ >‐ ´/ '
                ヽ    >.> | ` ¨´ 丁 ´‐ 、
               _ -‐¨ Y´       `Y  ヽ、
              / |   |       /    |`ヽ
                 / ヽ .l   |       .l    ノ  /',
             /   ', ヽ  .ト、     ,ノ  ./   /   l
            /   ヽ  ヽ |` _ ― ´ イ./´   /   ヘ
              ,     ,'   ||ヽ、  ̄´ , イ|    |     ヽ



           /::::::::/ _」ノ__」..L_く___〉__::::::::::\
           /:::::/ ̄ヽi´       \_ノ、::::::::::::\
        /:::::∠ ___」 ヒッ、       \)::::::::::::/
          /::::::::/:!,ハ;:::::::::::i`冖‐-`.、 \  }:::::::<
       /:::::::::;::::|し'::::::::::::l       ト、  ノく';::::::::::\
.      /:::::::::/::::::V::::::::::::::ハ.      | \_/ィァ::::::::::::::/
.    /:::::::::/:::::::::j:::::::::::::,.レへ _   、_/_/了{ ::::::::::/
.   /::::::::::::::!:::::::::/!::::::::::::; ∨_,{ /iヽ、   /\):::::::/  む、どうした?
 /::::::::::::::::::::|:::::::/|::::::::/   ` ー 、{/ハィ ':::::|::::::::::::|
イ::::::::::::::::::::::::::|::::/___|:::::::::{      `ヾ'/:::::: |:::::::::: |
 ̄ ̄{ ̄\./|:::!  |:::::::::ハ、-‐- .、   / ::::::: | :::::::: |
l   i |::::::::: \.!:::!   |::::::/  \  __>ノ :::::::::: |:::::::::::|
l   l|:::::::::::::::|:::|   |:::::|   /ハ___/ :::::::::::::::: |::::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|\_|:::::|  / l \}\:::::::::::::::| ::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|:::::::|:::::l/ヽ.ハ_/i /| } :::::::::: |::::::::::|
l   l|:::::::::::::::∨:::::::j/r''"く(   ){_/ ::::::::::::::|:::::::: |


3 :◆vsQyY1yD2Q
                  __,,..-‐‐‐、  ヽ:::i
                 '" ̄ ̄ ̄ヾ::::ヘ  |::/
                        \i |/
                    _,,..-‐――-V‐-..,,_
                 _,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ
              ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::'.,
           ./:::::::::::::::::::::::::::/::/i::∧::::::ヽ、::::::::',::::::::::::::::::::::',
           i::::::::::::::::::/:::::/::ノ// ヾ,,ヘ:',ヽ::::::::',::::::::::::::::::::::',
          .i::::::::::::::::::i ,∠,"_ソ    _>‐,ニ\:::i :::::::::::::::::::i
          i::::::::::::::::::|' _x='x"゛     ''"i弋iヘ `i::::::::::::::::::::::i
          |::::::::::::::::::|.《 |:`リ.)      ゝ_リ, ' .|::::::::::::::::::::::|   この家に居候するようになって
          |:::::::i::::::::::',  `"  ,         i:::::::::::::::::::::::i  しばらく経ちましたけど
          |:::::::|::::i:::::|'.,               u /::::::::::::::::::::/
          ',:|!::::i::ヽ::ヘ::'.,     _ ..._     /:::::::::::::::::::/   ここって建物が多くて
           ',',ヽ:i::::ヽ::ヘ:ヘ         __,.-'::::::::::::/::/     どこに何があるか よく分からなくて……。
            ',i ',',ヘ:::::::::\:::''‐..,.,_  ._,>-i:::::::::/:::/
            ヽ ヽヽ ヽ`ヽゝr‐!-..ニ,__,,.-=i-''"/:/
                 ̄ ̄ _ノ     ̄゛゛'''‐‐i
           _,,..- '" ̄ ̄ ̄\ -.,,_       ヽ,
          /          \ ゛''-.,,_  -''" ヘ
        ./            .i ト  ''-.,,''‐-  / ゛''-.,,_



        /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.       /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
      // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
     ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
   /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.  ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i   なるほど……。
  /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l
. /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i \}   そう言う事ならば
/::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|.     改めて一通り説明しておいてやろう。
´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|
、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
|l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


4 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          三三三三三三三三三三三三 商 店 街 三三三三三三三三三三三三三
          三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三


                            広   場


         ┏━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━━┓
         ┃┏━━┳┻━┻━━━┳━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┓┃
         ┃┃私兵┃            ┃┏━━━━━━━━━━━┳━━┓  ┃┃
         ┃┃詰所┃   交易所   ┃┃        北  館        ┃私兵┃  ┻┻  私兵隊
         ┃┣━━╋┳━━━━━┛┃                ┃詰所┃  ┳┳
         ┃┃┏━┻┻━┓┏━━━╋┳━━━━━━━━━┳╋━━┛  ┃┃  訓練所
        旅.  ┻┻┃ 1F    ┃┃別棟1 ┃┃                  ┃┃        ┃┃
     ← の.      ┃  倉庫  ┃┗━━━┫┃     中  庭       ┃┃        ┃┃
        扉.  ┳┳┃        ┃┏━━━┫┃ 庭園、家庭菜園、馬 ┃┃   畑   ┃┃
         ┃┃┃ 2F    ┃┃別棟2 ┃┃                  ┃┃  ┏━┓┃┃
         ┃┃┃  商会  ┃┗━━━╋┻━━━━━━━━━┻┫  ┃錬┃┃┃
         ┃┃┃        ┃┏━━┓┃                ┃  ┃金┃┃┃
         ┃┃┗━━━━┛┃私兵┃┃        南  館        ┃  ┃工┃┃┃
         ┃┣━━━┓    ┃宿舎┃┃                ┃  ┃房┃┃┃
         ┃┃物見  ┃    ┗━━┛┗━━━━━━━━━━━┛  ┗━┛┃┃
         ┃┃ の塔 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃
         ┃┗━━━┛           堀                       ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ///////////////////////////////
         ///////////////森///////////////
         ///////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


5 :◆vsQyY1yD2Q

                 ...__,--r‐y―y
                   /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐   見よ、これがニュー速で邸の全容だ。
                /∠彡、 t_、 __  \
                  l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\.  同じ敷地内に屋敷と交易所があるのが特徴だな。
  ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄  と言っても、交易所と言うのは大抵こんなものだが。
  |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|
  |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|    地理的に言えば、ロマリア半島の南西に位置する。
  |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i     北側には広場、商店街があり、南側には森が広がっているのだ。
  |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
  ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
  |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
  _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧
 く厶    /;     ヽn:::::V ハ :::| r 、 |   \ l::::::/  \
  \\ / ;    にニ ̄ ヾ::|' }::└':::::\廴__ハ_レ'!:::::\   |
    \{  '::.,  にニ   〉i |:::::::::::;广三ヽ::_」 」:::::::::::::>|
     |   `ヾ  廴ニ   `:、|:::::::.'`ヾ:三三|  ‐`_ュ::/`ヾ
     |   `゙ :..    > ─┴''´     ヾ 三|   二}   `、
     ヽ、    `ヽ/           }三廴_....-ー'′   |
.         \    /        /  /` ̄\     ヽ   |

                         ,
                 /| //
                     {: |/:/
                 ,. . : : : : : : : : .、
            /: : : : : : : : : : : : : ヽ
             /: : : /:./: :.人: : : : : : : :::.,
          /: : : /:./|/  \:ト、: !: : : :,
           /: : : : レx‐\  /‐‐x |: : : :::.,
           ,': : : : :.| んハ    んハ |: : : : :i   広場は いっつも大道芸人さんや
         ,:..: : : :.│乂少 ・ 乂少│: : : :.!
         i : : : : : | ┌─‐─┐  |: : : : :|    それを見に来る お客さんで あふれかえってますね!
          .!: : : : : :|  | (`´).│  |: : : : :!
            VV\: :!、 ∨ `´ /   イ/|/レ|ノ
               \|> ---- < ノ


6 :◆vsQyY1yD2Q

                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!   ウム、まずは広場について説明しておこう。
                 i个l ̄l」」 ̄|个{
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、  こんな事もあろうかと先生を お呼びしておいたぞ。
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |
  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、


                  _
              r、,r'´;r'  、 ̄三 ヽ、
             ,i:. ー_-,.  ,.ミ:' ,.'- 、 =;:ヽ
           ,.r` ミ;':;i;:、_三_;;r、:::.. -ミ ',;:j!、
          i';:ヾ_"':. 、ミ"     `ー-、ヾ ,.::ヾ:.、::i
          ; ;.  -、ミir',t_-、   ,,,,,,_ ヾ:..  ;j ):ヽ    ニュー速で邸は常に私兵達に守られ
         r',.  ''".=,:::! ヘフ''.:: ;:''tテ.;r`,!'´   ´ ヾ`ヽ.   周囲の巡回も行われている。
        ,i' ;:.  -=. .:i:.   .:: :.     i'::. :. ィ::ミ:ソく
       彡:..  ミ:r' 、ミ::j:.   ,;`ー,,-   ,;;i';:   ,::::ー イ   当然、前の広場も範囲内だから
     r´ 、 ミ ,.,:' 、  ;:ヾ '"ー-─"'-r' _二 ー:、::..-=':ヽ  芸人の上がりを狙うチンピラなどは入り込めないな。
    ,i::.. 、  ,:'    ィ, l  、 ""'' ;'::r'_´-  、  ヾ r彡::ヽ
    い,.;:-;::r"  ,:彡::l:. l:..   ー-  .;l_r'´_ 、     ヾ:r''⌒ヽ、
   ,r'´   ヾ ;: ' =;-:::l 、ヽ、    / !、)::::ヽ、      )T つ ,)

         ニュー速で商会 私兵隊 隊長
         スンド・メ
         ( 架空偉人AA? )


7 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        , -―- 、
                      _,.∠      ` ー一ァ
                  ♪  /´  、 ___ ス     ’、
                        \_、 ヽ,:-― \ノ   〈
                    | } r;\ノ fう)  Vヘ.  }     場所代は取られるけど、大した額じゃないし
                         ノ 人!fぅj   _    /人{_
                  / イ|ハ ‘ /  |   rイ       ここなら悪い人達からも守ってもらえる。
                       レヘl八 ‘ー '   l 人
                      | {>―-r '   |ァ-、}_       何より ここなら
                      ヽJ -‐ナ}  /   `ー 、  たくさんの人たちに歌を聞いてもらえるの!
                    r--r-n-n-n--n-n--n一ァ-、ヘ
                     /|l l|: :|l: l|: :l|: : |l: |l: : :l|: / /h ヽ
                   {ノj| l|: :|l: ll: :l|: : ll: |l: : :ll:/ /r-ヾl l
                     {ヒl「¨レ- 、ll¨ll:¨:jl¨lf:¨: l/ー/{^ヽl|、\
                    ヾ/     \l:::::|l::|l::::::l|  |8>〃! \|
                   /    ,   \」;;ll;;;;;;ll_|と彳ノ   |
                 ,'´ ̄`丶  /´ ̄`ヽ. \ヒー―{´      /
                 /     ∨ __ |  寸 ̄〈^\__/
二二二二二二二二二二 _,/_       /´    ヽ.| 二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三ニ/ ̄`ヽ\   |       〉ニ三三三三三三三三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:/      \}ノl  _   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∠二ヽ    / {/, --、ヽノ
          /    \y'´   l/   V
    , -―‐=ニ´      /    / __   ,l
    ( ⌒丶.  \_   /     {/-―-、}/
    \_  \   \/      /    }
       ̄丶ニ\_  /       /     l    大道芸人
         丶==≠       /  _  |    レミ・バルブラン
                      /' ´     `ヽ   ( 家なき子レミ )
                  {._,.  -―-、 〉
                   丶======≠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8 :◆vsQyY1yD2Q

                    <二ミヽ}〉
                        Vノ
                      ̄ ̄` − 、
                  /         \
                  /   /        、  ヽ
               /     / /ノ      ヽ   ヽ
               / /  /ノ_∠ィ/^〉ト、 |    |
               | l    l{卞忖    廴_レl   |
               | | l  |   ̄     !朮ッ.}   |  ああ言う芸人さんって
               | | |  {    '    ̄ /   !
               ゝ  ゝ__> −    /    /   孤児とかが多いらしいですね。
                ` ー>l> -- <´  / ノ
                 ノ ノ     {.ヽ≦= へ、
               ,.イ | _   _, |   |    \
              /  |.  |  `  ´ :|   /     <
              j   ゝ、|、    .ノ| /}}\   ノ 、
             /  、〃 }|ゝ二二 ノ|| ○ | ゝ<.  \
             }  ○ {.ト、 ___ ノ.||    |   >   )


      、.,r ''""/,7ir,._
   、_r'' ili!;r///〃/r'r',//7-,
   ミ _、ヾ    "''-'彡-'‐、 彡、
 _=三彡,. - -、 _   -_ 、 ミ ヾ
  =‐!, ;,ir' ニニ ._ - _‐_‐_ ミ.i .、.ミ
   .l ,;:i: ミ二ニ.j! ;i.r'rニ二ミ i:. i i   おかげで、夜になると広場の端の方には
  .rヾi, ,;r tテ:::::  ::k tテ:、::.::ilr'ヽ.  テントが いくつもあったりする。
  li::: i!  二r'    ヾ 7' ` ;ヾ:i!
  .!i.i'l!::..  ' .:i'.   ヽ `::. ,::',.: l.   警備上 問題ではあるんだが
.  ヾ :i   ,: ,:'. ` `-':.' ヾミ、 ,!_/
    `'i  i'l! ,.____:::.!i,! ,!       この前のブロワの襲撃を真っ先に報せてくれたのも
      l、 :. ;r ヽ __ ;: ヾ、i.       あの辺の連中だから、あまりうるさく言えないんだ。
    .r1!  ヽ       ィ/
   i'::! ヽ  ヾ --‐   l、

  ニュー速で商会 私兵隊 教官
  オツ
  ( 架空偉人AA? )


    ∧ ∧   テントがある所も見回りの範囲内です。
    (,,゚Д゚)
    《⌒i Vl》  不審者が潜伏する可能性がありますので。
    |l i|  |〆
   ,ソ_,_i!`Jゝ


9 :◆vsQyY1yD2Q

           __,.:'::::::`ヽ、_
         <::rノ'"⌒ヾ7::::';
           <(_{t_、  夊>::';
             〈_ハーti」´ |::::::::';        _      ご主人の本音は場所代もいらんらしいがな。
            .|::::ヘ rw.タノ::::::::::';.   ,...:<イ:::::}
           ._|_::ハ ー 'f i:::厂厂/ ̄/::::::::/`ヾ!       タダにしていると、無制限に人が入って来るから
     r-―::::::::/ r':Lノ⌒!ソ|::!:':::::/  /:::::/     }.      安全のために取らざるを得んのだ。
     ヾへ:::::::, '´フ:>@<:::::|::i::::/  /::∠...._ ‐ 、 'ヽ
     {  \j   クヾ.  ソリ : |   |:::::::::::::::::/  丶. \  その代わり、場所代を払った芸人には
     ,.} '",..r'、_ ,ノ__ノ⌒ヽ_>:: |   |::::::::::::::/     !  }  軽い食事を提供しているぞ。
      |   ハ:::::::}::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/\    ,   \
     { ::.,.ノ`ヾマ{::::::::::::::::::::::::::::: |   |:::::::::`ヾ イ ー イ⌒ 、 )
      /    i |::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/i:::| /     ノ /!
    {   i/  l |::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::::|::i |:/ ,′   / :´/
     ∨ ノ  /. |::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::/l::! ' ./  '"  ,. '′
.     マ__/イ |::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::{ j/ィ'べ、  ,.. "´
          ∨厶-‐――――,ィニ ̄ ̄`ヽ::::::::ヾ'"
         {  --―――   厶勹   .ソ'"

                    _
                  __/:::::::::::::‐-......__
                    /::::::__r _フ_,勹ヘ::::::\
                /:::::ん,:'´    `ヽフ:::::<. rー- 、
                  /::::::ル' ト、 \_j__ マフ:/`)7  !、
                    /::;ィム.ヘr`⌒ヽ._ノ _,ク'_).   /  } |、     ククク……金がなければ
    _          /::::::::::::::::::! ト,、 マi7´ /ヘi′    ,   〉、  後払いと言う方法もあるがな。
  {>、:::::::::::::::::‐-..、 /::::::::::::::::::;ハ ド'ミニ=vチ::::l  ′   ′,/ ,ハ
  |:::::::::::`> 、::::::::::::ヾ:rハ:::/{::::::!小.    /:::::|     ′   ,/.  おっと、これは裏技だ。
  |::::::::/   `ヽ:::::::::::\ヾ、.|::::::! \ミ‐‐r'ヽ:::::!、         ,/   あまり大っぴらに話すんじゃないぞ?
  |:::::/        \:::::::::::::Yハヘ::::|_,.ヘ⌒や、 !:::lr'=ー-..._   /::::::::::7
  \;        \::::::::::Yハ::ヾ{  ヽノ_.ノン´§|i|i|i|i|i}`ヾ':::::::::::/
.   i    ::.    `゙ミー`:::::::::Yハ:::::::>-(盆)ヽ:,广冖ーミ§/:::::::/ ̄ ̄ ̄}
    !   :::::...::::::/ \::::::::::} |::/   ヽ.l  /      `7:::::::ノ_,.:':! _」.   ト、
    ヽ.  ::::::::/    `¨ヾミ、ノ,′    }/      /{:::::「  `ソ  {/:::7 〉
      \:::::::/ 、       ヾ!     /      ./ Y::{  r'′  i::::/ ./,ハ


10 :◆vsQyY1yD2Q
                           、
                       ⌒、>.、 l:i
                         `ヽ l !:j
                    , ‐ ´  ̄ ̄ ' '` ヽ
                   /: : : : : : : : : : : :: : : \
                 /: : : : : : :: : : : : : : : :: : :: ヽ
                  /: : : : : : :ノ, _人:: : :: : : : : : ::',
                  /: : : : : へ( '´   \!、_ : : : : : :l
                i: : : :: : i Y´ハ    ,rん、`! : : : : |
               :l: : : :: : :! ヽヒリ     Vうy´l: : : : :l  あの……もし後払いで
               i i: : : :: : l u   '     ̄ /: : : : : l
               !:i 、: : : :ヽ   ‐―- _ ノ: : : : : :/   一日仕事しても払えなかった場合は?
                ' ヽト、: ::i、\   rー': : : : : :/
                .r ⌒ 、ー‐i ` ̄ーニ; ; ; ; ;_/
                /    !  |    l ` T ー、
                /    .ト、 , -ュ ,ry二ヽ  l
              r'     i i' ,彡'i しi'rニ !  ヽ、
              '!´ ̄ ` 、l  l  ヒjこi、ー i    l
              l'´ ̄ `r', - '   j、_ ノ!ヽ   \__.i
              l   '´    /   |  \   \ l


           /::::::::/ _」ノ__」..L_く___〉__::::::::::\
           /:::::/ ̄ヽi´       \_ノ、::::::::::::\
        /:::::∠ ___」 ヒッ、       \)::::::::::::/
          /::::::::/:!,ハ;:::::::::::i`冖‐-`.、 \  }:::::::<
       /:::::::::;::::|し'::::::::::::l       ト、  ノく';::::::::::\
.      /:::::::::/::::::V::::::::::::::ハ.      | \_/ィァ::::::::::::::/  心配せんでもいい。
.    /:::::::::/:::::::::j:::::::::::::,.レへ _   、_/_/了{ ::::::::::/
.   /::::::::::::::!:::::::::/!::::::::::::; ∨_,{ /iヽ、   /\):::::::/   荷下ろしの手伝いをさせるとか、その程度だ。
 /::::::::::::::::::::|:::::::/|::::::::/   ` ー 、{/ハィ ':::::|::::::::::::|
イ::::::::::::::::::::::::::|::::/___|:::::::::{      `ヾ'/:::::: |:::::::::: |.    こちらは誰が広場に入って来ているかを
 ̄ ̄{ ̄\./|:::!  |:::::::::ハ、-‐- .、   / ::::::: | :::::::: |     把握出来れば それで良いのだからな。
l   i |::::::::: \.!:::!   |::::::/  \  __>ノ :::::::::: |:::::::::::|
l   l|:::::::::::::::|:::|   |:::::|   /ハ___/ :::::::::::::::: |::::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|\_|:::::|  / l \}\:::::::::::::::| ::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|:::::::|:::::l/ヽ.ハ_/i /| } :::::::::: |::::::::::|
l   l|:::::::::::::::∨:::::::j/r''"く(   ){_/ ::::::::::::::|:::::::: |


11 :◆vsQyY1yD2Q
          __......._
       , '´ .:☆::  `ヽ,
      /_.._... -―- ..___ ',
     /'´   ヽ,:::::: , '´ `' '、
    /i ⊂ニ⊃i::::::i⊂ニ⊃.i,    ほほぅ……やる夫殿
   ./ .i' 、   ノ:::::::'、    ,ハ
  ./  '、  ̄:::::::::::::: `ー ''/ ',   芸術家支援はしていないなどと言いつつ裏では そのような事を……。
  !    `、-―<⌒>、..__/.   ',
  ` 、__..ノ´`>ー---r‐i´'、   i
       (_'二ニつ' _ノ! `ー- '     これが異界より伝わりし 「ツンデレ」 と言うヤツでありますな。
       ', '、 ☆ ̄ノ ,'
        ト、`ー- ' ノ!
          ! `/ ̄、 ',
        ノ i    '、 '、
       '-‐'    `ー'


             / /⌒ヽ__ \  | l /:::::::::::::::::::`/ノ‐-..、 //  /
        ご お > j   / ) \   /:::::::::/::::::::::::ィ::::::::::::∧  / /
        ざ は /  {   ノ`|     /::::::::/::\_>''´l:l:::::\::::∧ /
        い よ ヽ__ ヽ_ノー l、    /::::::::/  ̄     .lト<::::|:::::::l
        ま |  /__ \  \  |::::::::{ ==ミ 、   _  ヽ:l:::::::}
        |    \_  \  \_|:|::::::| 〃   ,  -=ミ、 /:::::::|  あ、ご隠居さまだー!
        す    /___ \  /::〉、:::::ト、 />─1 〃 /::::::::/
        !    >--─  ∧/::/: : \|_ l::::::::::::l  イ::::::::/ \
            (       >‐'': : : : : | |゙┴─‐┼<::/|/ノ    \
             >''"´ /  ∨: : : : : ∧|\  /r‐-=┐::`ヽ \


12 :◆vsQyY1yD2Q
         , ,.....,, _
     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、    おはようであります!
   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、
      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )   ときに愛殿。
        `ヽ,ミ''| .|.≧、イ,__/
        /,'__ゝ<:.\         このニュー速で邸の歴史については
       { ',〉,.、〈ノ}、\_,、       どれほど知っているでありますかな?
       ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
          ||/
        i | |
        UU

              _
           _/  `ヽ    \     /!
         _ノ        \   ヽヽ   //
        /     ヽ     l  __ l::}_//_
       /        ',    !´::::::::::|:|/ノ:::::`ヽ
      r'     \    .',    }ヽ:::::::::リ"´:::::::::::::::::\
      |  、    \   >─‐''  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      ',   \    }┬'   _,..ィ:::::::::/:/l::::i::::::::::::::::::::::∧
      \   \_ノ {_,.ィ::|::/:/:/ノ !:::lヽ_:::|:::::::::::∧
        `ー‐く       l: :!-‐'  \  /´ ヽ:|::::::::::::::::',
           ∧     /: :| ィ三三ミ   ィ三ミ |::::::::::::::::::l
          //ハ    /: : :',⊂⊃  ,   ⊂⊃::::::::::::::::::l   全 然 分 か り ま せ ん !
          ,' !  \  /: : : :ハ l二二二二¨l  !:::::::::::::::::::|
          | l     ∨: : : : : :ヽ|: : : : : : : : / ,/:::::::::::::::::::/
          | l     !: : : : : : : : l\_: : : :_/_ィ/://::::///
          | |    /: : : : : : : :!: :',::\ ̄/: ::〉-/::::://'
          | |    /: : : : : : : |::l: : :',: : ∨: :/r/ ̄ ̄`ヽ


13 :◆vsQyY1yD2Q

              _,,.. ― ,,
           ,..-''″  ★   ゙ヘ、
         ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
         //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
       /i./ /;;;;;;;;;;;;l |::::::::::::/ .l;;;;;;;;;;゙l, l.l
       / ! ! .l;;;;;;;;;;;/ / :::::::::.l .!;;;;;;;;丿,!.| l
        !│ ヽ,.゛_/:::::::::::::::.\_`゛.__./ .| .|   ならば、説明してあげるであります。
      l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
        |  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l   実は この建物。
        !   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l   ムー帝国の時代から ここにあったのであります。
       |.     `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |
      ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー---ー'"   ただし、現存しているのは
    _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\       土台と一部の建物のみでありますが。
    /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
    ` ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.|...\ !
              /  /__  .「  .|.|/ ノ
             {  '´ `V   .|..|/


              _ -‐… 、 ',',
             ´     `ヽヽi l-‐- 、
                 / ´¨ ∨       ヽ
                 /                ヽ
               /                  ヽ
                 /            ヽ     ハ
            /         ハ ヽ、   ',    ∧
               l    |   ノ ノノ  ヽ_>>‐-f      ',
            l |    |/十/    , ‐roヽ i     .l
            |    r /fr o、    {{ ∪} 〉l|     |  土台って言うことは……。
            |    ヽ{{ {∪}       ¨´ ,'    ,'
             ',    ヽ` ¨´  丶       ノ    ./   周りの お堀もですか?
            ∨   ∧      _  _ ノ  ノ   ノ
             ヾ  ヽ >  _     >‐ ´/ '
                ヽ    >.> | ` ¨´ 丁 ´‐ 、
               _ -‐¨ Y´       `Y  ヽ、
              / |   |       /    |`ヽ
                 / ヽ .l   |       .l    ノ  /',
             /   ', ヽ  .ト、     ,ノ  ./   /   l
            /   ヽ  ヽ |` _ ― ´ イ./´   /   ヘ
              ,     ,'   ||ヽ、  ̄´ , イ|    |     ヽ


14 :◆vsQyY1yD2Q


   その通りであります。

   地図にも載っておりますが、この屋敷の西側には旅の扉があるであります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ┏━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━━┓
         ┃┏━━┳┻━┻━━━┳━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┓┃
         ┃┃私兵┃            ┃┏━━━━━━━━━━━┳━━┓  ┃┃
         ┃┃詰所┃   交易所   ┃┃        北  館        ┃私兵┃  ┻┻  私兵隊
         ┃┣━━╋┳━━━━━┛┃                ┃詰所┃  ┳┳
         ┃┃┏━┻┻━┓┏━━━╋┳━━━━━━━━━┳╋━━┛  ┃┃  訓練所
        旅.  ┻┻┃ 1F    ┃┃別棟1 ┃┃                  ┃┃        ┃┃
     ← の.      ┃  倉庫  ┃┗━━━┫┃     中  庭       ┃┃        ┃┃
        扉.  ┳┳┃        ┃┏━━━┫┃ 庭園、家庭菜園、馬 ┃┃   畑   ┃┃
         ┃┃┃ 2F    ┃┃別棟2 ┃┃                  ┃┃  ┏━┓┃┃
         ┃┃┃  商会  ┃┗━━━╋┻━━━━━━━━━┻┫  ┃錬┃┃┃
         ┃┃┃        ┃┏━━┓┃                ┃  ┃金┃┃┃
         ┃┃┗━━━━┛┃私兵┃┃        南  館        ┃  ┃工┃┃┃
         ┃┣━━━┓    ┃宿舎┃┃                ┃  ┃房┃┃┃
         ┃┃物見  ┃    ┗━━┛┗━━━━━━━━━━━┛  ┗━┛┃┃
         ┃┃ の塔 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃
         ┃┗━━━┛           堀                       ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ///////////////////////////////
         ///////////////森///////////////
         ///////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


15 :◆vsQyY1yD2Q

         _,-一ー- ,_
        '´  ,____ `★、
     /  ./フ´,r--、`、``'ヽ、`、
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}::::::::r´`、i
   /    ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::::::::! !;;;;} !    旅の扉は便利な物でありますが
 /     ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、
./     ,!::::::::::::::::::::::__:::::::::::::`´!  i    向こう側から敵の軍勢が来るかも知れない諸刃の剣。
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1   |   そのため、旅の扉の近くには軍の駐屯地があるのであります。
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ  /
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´     堀は、その頃の名残でありますな。
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}

                 /`゙`ヽ
               / ,,y′ .ィ  ,
              / ./  /:/ /,'
            / /   ,,|:/./:.l
             / ./  .,イ´".:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
            !   y'   7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶.:.:\
            \ .\  /.:.:.:.:.:.:.:人.:.:.:.:.:゛.:.:.:, ゝ   分かりました!
              \   {.:.:.:.:〃/  ヾ.:.:ヽ.:.:゙.:.:.:i
               \.ソ{.:.:.:.:! >  < \:.:|;:,    ここが駐屯地だったんですね!?
              く,.|ハ { . r´ ⌒ヽ ゙} ∧;:丿
               \ヾ . !__/,/ l/ y゛⌒j--一――
                i   ゝ!  , イ   /   L‐ー‐‐‐‐
                \  ヽ| ̄/   ゙ /
                 |   r〆     Y
                 \  .i;      .|


16 :◆vsQyY1yD2Q
                         ___
                     ..<:::::::::`ー 、
                   <:::::jYYk::::::::::::::::::.
                         J:/  `Y>::::::::::::::::.    ククク……なるほど。
                    |:{ ィ彡`T}:::::::::::::::::.
             ,r--- 、    |::{_j  |:::/:::::::::::::::::::.   俺が掘るまでもなく地下通路があると思っていたが
             // / 厶〉- 、 |:::::}¨´|/:|:::::::::::::::::::::.   .当時の抜け穴だったのだな。
           _,,,厶__  / |::::ハ._/- !::::::::::::::::::::::.
             /爻ト「///////∧ー‐V77|::::::::::::::::::::::::ヽ      _____
            ノ´⌒V/\//////∧   ∨/|::::::::::::::::::::::::::. `Y'''Y///////
        .. ´ .. ⌒´  \/////ハ   W! ::::::::::::::::::::::::::::::|  |'//////
      / /        `ヾ V/////i  |:{::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |'////ハ
.     / /            :}  V////|  |∧:::::::::::::::::::::::::::::: |  |///  |
    {     ............:.:.:.:.彡′/////,|  |/∧:::::::::::::::::::::::::::::|  lK::.   j
.     ` -   ______彡ヘ//////,|  |//∧::::::::::::::::::::::::::;  ;//\ ヽ ヽ
                 `ヾ{  V/////|  |///∧::::!::::::::::::::::/ ////  :.  :.
                \ \///,|  |////∧八::::::::: / ///   ::.  i


               _,,. ----- 、
           _,,. -''"     ★ `丶、
         ,. ''"   __;;:ー―――- .._ ヽ.
       /  _,,.;:-'"   `ヽ、...................,>'ヽ
      /   l./        ヽ................;'   `ヽ
     /    l -━━━━━‐!...............l‐━━-l
    ./     .l         !................i     l   ゲロ?
   /      l.、       ノ...................'.,    l.i、
   /      l `ー- -‐'''"...........................ヽ._ノ.l i   その様な物があったでありますか?
  /       l.....................................................................i. l
  /       !.......ι....................................................../ l      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 i        l;;......................................U....................../   !      |  外からは入れないようにしておいた。  |
 l       .l 、;;,.............................__............../  /       \________________/
  ヽ _   / `ヽ、 ....,-‐''''" ̄`ー-'`丶/ _/



17 :◆vsQyY1yD2Q

           ヽ〉
          '´⌒ ´`ヽ
.         l iノノハヾリ!  「物見の塔」 って言うのも
       ヽ、リ゚ ヮ゚ノソ
          と}i奔iつ   当時の名残ですか?
            く/Vj,ゝ
.            ヒヒ}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ┏━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━━┓
         ┃┏━━┳┻━┻━━━┳━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┓┃
         ┃┃私兵┃            ┃┏━━━━━━━━━━━┳━━┓  ┃┃
         ┃┃詰所┃   交易所   ┃┃        北  館        ┃私兵┃  ┻┻  私兵隊
         ┃┣━━╋┳━━━━━┛┃                ┃詰所┃  ┳┳
         ┃┃┏━┻┻━┓┏━━━╋┳━━━━━━━━━┳╋━━┛  ┃┃  訓練所
        旅.  ┻┻┃ 1F    ┃┃別棟1 ┃┃                  ┃┃        ┃┃
     ← の.      ┃  倉庫  ┃┗━━━┫┃     中  庭       ┃┃        ┃┃
        扉.  ┳┳┃        ┃┏━━━┫┃ 庭園、家庭菜園、馬 ┃┃   畑   ┃┃
         ┃┃┃ 2F    ┃┃別棟2 ┃┃                  ┃┃  ┏━┓┃┃
         ┃┃┃  商会  ┃┗━━━╋┻━━━━━━━━━┻┫  ┃錬┃┃┃
         ┃┃┃        ┃┏━━┓┃                ┃  ┃金┃┃┃
         ┃┃┗━━━━┛┃私兵┃┃        南  館        ┃  ┃工┃┃┃
         ┃┣━━━┓    ┃宿舎┃┃                ┃  ┃房┃┃┃
         ┃┃物見  ┃    ┗━━┛┗━━━━━━━━━━━┛  ┗━┛┃┃
         ┃┃ の塔 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃
         ┃┗━━━┛           堀                       ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ///////////////////////////////
         ///////////////森///////////////
         ///////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ,. -''" ̄~`''ー 、
     /''" ___★__ `ヽ、
    /,.==~、     ,. -=-、i
   7/',.-ー-、ヽ.   / ,.-ー-、ヽlf
   /i l {;;;;;;;;;;;;} !  l {;;;;;;;;;;;;} !li   建築様式から言って当時の物だと思いますが
  / !.ヽ、ー'".ノ   ヽ、ー--' ノ l.i.   それは旅の扉だけではなく南側の森も監視する物でありましょうな。
  / l.  `''''''"      ` ''''''" / i
 !  ヽ             /  l  堀も南側の方が広いであります。
 !    ゝ、__,,.. イ ̄ lヽ _,,.ィ'   l
 ヽ、__,.-',.ィ'l/ー、ヽノ, -┬へヽ、__ノ
     /  l Y^}〉 ̄マ / l  \


18 :◆vsQyY1yD2Q

         _,-一ー- ,_
        '´  ,____ `★、
     /  ./フ´,r--、`、``'ヽ、`、
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}::::::::r´`、i
   /    ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::::::::! !;;;;} !    ちなみに、ここが最初に商会の手に渡り交易所となったのは
 /     ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、.   今から何百年も前の話でありますが
./     ,!::::::::::::::::::::::__:::::::::::::`´!  i
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |  その頃には既に駐屯地の建物は廃墟同然だったとか。
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1   |
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ  /   物見の塔は、唯一残っている当時の建物でありますな。
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´     .大事にせねばなりませんぞ。
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}



        /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.       /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
      // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
     ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
   /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.  ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i   ちなみに ご主人は、ここを手に入れた時
  /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l   真っ先に みゆきのために錬金工房を建てた。
. /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i \}
/::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|      森側の隅に建てられているのは
´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|      煙などの影響を考えての事だ。
、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
|l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


19 :◆vsQyY1yD2Q
      く::::::::::::::::::::厂{-{..  -┴--- く`ヽ::\
          \::::::__,イ,. '"´          ∨{:::::::ヽ、
        r':::::} ノ´       / / } トく了 ̄\
        |::::::Vl  ――r'"  _¨二、,ノ―――イ      今では錬金術だけでなく
        |:::/ハマニ>、    /     }::::::::::::::::::|
        |// 人/ ̄`:、 ̄!:.:.l    | ::::::::::::::: |       工房全体が商会の新商品開発のための
        /}>'"::::::、   ‐ '"´_   |:::::::::::::::::';\.      研究棟として使われている。
         / ::::::: |::::::::ヽ.  rvハ/_}ノ⊥ン |:::::::::::::::::::':,:::\
.        /:::::::::;:::l:::::::::::::\ ー'´,..-‐    ハ:::::::::::::::::::,:::-― 、   ケチャップなども、この建物で生まれたのだ!
       /:::::::::/::::|::::::::::::::::l `:、     / |::::r-r''"`ヽ.   \
     /:::::;イ::::::::l:::::::::::::::::i   、_... -‐' _.,!'"´|   ゙:::、   \
   /:::::/ :':::::::::,' :::::::::厂 ̄\    / ̄!.   |     ゙::::〉     \
.  /:::::/ /::::::::::;' ::::::::/    /  ̄ ̄ 「 ̄l   |     `ヾ`ヽ    |
  /:::::/ /:::::::::::;' :::::::/    /|   ,/| |  l            l
. /:::::/ /:::::::::::::' ::::::∧.   / .歹冖|. |  |   l              |
/:::::/ /:::/V ̄i ::: /:::::\_/ ,.イマ> {| ,}        ヽ        、
 ̄ ̄ ̄:/ /   |:::/:::::::::::::::::::厂又VV| {   \     ヽ        ヽ
::::::::::::::/ /   .|/::::::::::::::::/   |l  ̄|  \    \               ノ


                             ,
                     /| //
                         {: |/:/
                     ,. . : : : : : : : : .、
                /: : : : : : : : : : : : : ヽ
                 /: : : /:./: :.人: : : : : : : :::.,
              /: : : /:./|/  \:ト、: !: : : :,
               /: : : : レx‐\  /‐‐x |: : : :::.,
               ,': : : : :.| んハ    んハ |: : : : :i  ケチャップ!
             ,:..: : : :.│乂少 ・ 乂少│: : : :.!
             i : : : : : | ┌─‐─┐  |: : : : :|.  それじゃホットドッグさんの故郷ですね!
                 !: : : : : :|  | (`´).│  |: : : : :!
                VV\: :!、 ∨ `´ /   イ/|/レ|ノ
                   \|> ---- < ノ


20 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :::\
        /: : : : / : : : : : : : : : : : : :: : : ::: : : ::.i: : : : : :\
       ,: : : : : /: : : : : : :/: .: : : : : : : : :: : : : ::|: : : : : : :: ヽ、_ _,
       /: : : : /: : : : : : :/ :.:/ヽ.: : : : :: : :: : i:.:.:|:: : : : : : : i::ヽ ̄
      i: : : : : i: : : : : : /:i: :/  ∨: : : : : : /: :/、 : : i:.:. :..|: : :i
      {: : : :.:.:|: : : : : /: :| :i _ 斗: i : : : /: /ト、 |: :/ : : : | : ::|
      l: : : : : |: : : : :.|: /レ'´  __ |:.ハ : //   レ': : : : : }::iレ'
      i: : : : : |: : : : :.|/   ,ィチミ、`  }/   ≦z Y: : : :.i:: |
      l: : : : : |: : : : :.l.  《 んィバ      んィミ、 i:: : :.:/: /  私も普段は、研究棟で仕事をしています。
      l : : : /,|: : : : :.l_ ヽヒ::゚ソ_   _ ヒ:゚ソノ /: : :/: /
      ヽ: :.:i |: : : : :.l  ̄廴::::::::::::丿´ ̄廴::::::::::〃: /: /   ちなみに、みゆきさん出産後の
       ヽ: ヾ|: : : : :.|   ` ̄ ̄´   ' `  ̄ / :/レ'      工房の管理代行はチャーさんだったんですけど
        ヽ:人: : : ,イ   """         "" ': /
        /´ ̄\/:.l\         〜〜   ハ/         風神の盾解析で忙しくなりそうなので
        \  /: :_|   、        /          次は私が管理代行をする事になってます。
        < ̄ /::./ \   > _    ´
           ̄レ'´:ヽ.   \     /、
         -‐´:::::::::::ヘ.   \   , i }、
     ̄ ̄:::::::::ヽ:::::::::::: ヽ   \ /  i::::`::.、 _ __
   :::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::\   /、_, |:::::::::: ̄::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


21 :◆vsQyY1yD2Q

                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!     北館と南館を繋ぐ渡り廊下も、ご主人が改築して追加した部分だ。
                 i个l ̄l」」 ̄|个{
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、  バハラタ滞在中に使っていた屋敷を参考にしたそうだ。
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |
  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、
    <::::::::::::: |   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   |::::::::::::::::::>! l
      \;:;:;:; |   |;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;:;|   |::::::::::::/ ノ |
【 バハラタで使っていた屋敷 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 ┃ 北 館                      ┃
                 ┃                            ┃
                 ┃                            ┃
                 ┗┳━┳━━━━━━━━━━━┳━┳┛
                   ┃  ┃                ┃  ┃
                   ┃  ┃                ┃  ┃
                   ┃  ┃                ┃  ┃ 渡
                   ┃  ┃       中    庭       ┃  ┃..り
                   ┃  ┃                ┃  ┃ 廊
                   ┃  ┃                ┃  ┃ 下
                   ┃  ┃                ┃  ┃
                   ┃  ┃                ┃  ┃
                 ┏┻━┻━━━╋━━━╋━━━┻━┻┓
                 ┃ 南 館       門             ┃
                 ┃                            ┃
                 ┗━━━━━━╋━━━╋━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 バハラタで使っていた屋敷 】


22 :◆vsQyY1yD2Q

            __,.:'::::::`ヽ、_
          <::rノ'"⌒ヾ7::::';
            <(_{t_、  夊>::';
              〈_ハーti」´ |::::::::';        _      バハラタの屋敷は、南側が使用人用だったが
                |::::ヘ rw.タノ::::::::::';.   ,...:<イ:::::}
               _|_::ハ ー 'f i:::厂厂/ ̄/::::::::/`ヾ!      こちらでは逆だな。
      r-―::::::::/ r':Lノ⌒!ソ|::!:':::::/  /:::::/     }
      ヾへ:::::::, '´フ:>@<:::::|::i::::/  /::∠...._ ‐ 、 'ヽ.    北側が使用人用で、
      {  \j   クヾ.  ソリ : |   |:::::::::::::::::/  丶. \   ニュー速で一家は南側の本邸に住んでいる。
      ,.} '",..r'、_ ,ノ__ノ⌒ヽ_>:: |   |::::::::::::::/     !  }
       |   ハ:::::::}::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/\    ,   \
      { ::.,.ノ`ヾマ{::::::::::::::::::::::::::::: |   |:::::::::`ヾ イ ー イ⌒ 、 )
       /    i |::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/i:::| /     ノ /!


        /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.       /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
      // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
     ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
   /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.  ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i  別棟の方は、客人を泊める時に使ったり
  /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l
. /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i \}  ご主人の家族が使ったりする。
/::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|
´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|
、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
|l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


23 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 _____
                    /         \
             /               ヽ
            /                 `ヽ
           /               !   ヽ   ヽ
          |     | |      |、 |   |   |
          |     | | |  | | | |,-‐‐、|  | |
          ||      | |  |  |ノ  ∨V_ | /ノリ
          ||  |   V、Nリ‐、‐|、    イ:rj゙ヽ||    私達夫婦は、別棟1に住んでますよ。
          リ、  |   |   _,,    弋:リノ/|
    __     -、  | (|   ヽ "´ ̄`   ,   | |    最近は使用人の研修所にもなってますけど。
    \ヽ  //;;;;\レ、V|   }        ,  / / __     __
     `、V_/;;;;;;;;;;;\ |   |_    ー‐    イ /v´    ヽー‐´  ゙V|r、
      r゙-、);;;;;;;;;;;;;;;;;\\ N-`ー-  _/  ´ハ   /       7 ̄ヽ
     l--、j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/7 r´ |{  \__/    /  i          _7   /
      Vヽ);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /‐´  .| |  / |\___ノ   \_       〈.  /
.      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /   ー‐{ ーヽ_.!__/       \   __,ィV´  /
    //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /    ノ i             /`ー  i    /
    //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /    ̄  |             |    /   /
    \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;/ 人      /〉            ´〉  /   /
     \\;;;;;;;/ / W   /  {    ー‐‐     ,ノ  |   /
       ヽ\|_人   ンVヽ}   \_____≧{}=lノ`ヽ、|   |ュ
         ̄   `ー"      { ヽ―――‐〉/7、ゝ   ヽ  |ヲ
                   /       /         ヽ__」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


24 :◆vsQyY1yD2Q

          <  ̄ 丶   |ヽ                        ノ⌒\
             ̄\ \.| }                   r‐く /  \
               \.l| /  _                   {ヽ._ノ /   ヽ
             ,. -一}リ ̄     ̄ `丶            ヽ └{ /  〉
           /     '     ト、 <トz\           ヽ └{__rソ /
          /           ィV r\ヽ「^ \          /\     /
         / レヘwz从ィ 从ノ入 ^ ^        \        /   ヽ  /
       . /トノ^^"レ'⌒  ^ ^    ヽ       丶     /      /
       /ノ      /     ,.、   \\       ヽ     /      /
       |     /     / / \\ゝ X \        !  /     /
       |      |  //ノ    ` /__ \ヽ   ヽ |  /     /
       |      l /_二、‐       イo lヽ,.l     |l | /      /
       |      l、/´!0 ::}         L:: ノ ノ|   | ト | /、     /   私も今は研修中だから
       |      | ヽ ゝ-‐           |   | | l/     /
       |     ヽ        i        |   ノ,.イ{       /     別棟1で暮らしてます!
       ヽ      \            ノ / / ! \   / }
        ヽ      \     ⌒     /レ'  /  \ ` ー─1
          \\\_   ̄フ      イ/フ / |    ` ー─/
           \\_二二>ー-‐'  ヽ.  ̄  |       /
             \{  ,. -‐|     _l   |        /
               / /´    /   |    |ヽ     /
           /7'フ^/^ヽ! ̄`      |    /  \   /
          /{     |ノ!         /|   /、     /
          / ヽ      |ゝ 、   / _//| / ヽ\   l
          |  \    |\ ̄ ̄ / /||/ /   ヽ |
          |    |   |||   ̄ ̄  ./|| {     } |
          |    |    |||           ||  ゝ -- '  |
         ノ    |   |||           ||      |


                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!   預り物の お嬢さんだからな。
                 i个l ̄l」」 ̄|个{
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、  他の使用人とは一緒に出来んし、本邸でも預かれん。
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |


25 :◆vsQyY1yD2Q

                 ...__,--r‐y―y
                   /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐
                /∠彡、 t_、 __  \
                  l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\   …………。
  ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄
  |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|    ( スンド達も ご隠居も向こうに行ったか…… )
  |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|
  |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i
  |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
  ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
  |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
  _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧
 く厶    /;     ヽn:::::V ハ :::| r 、 |   \ l::::::/  \
  \\ / ;    にニ ̄ ヾ::|' }::└':::::\廴__ハ_レ'!:::::\   |
    \{  '::.,  にニ   〉i |:::::::::::;广三ヽ::_」 」:::::::::::::>|
     |   `ヾ  廴ニ   `:、|:::::::.'`ヾ:三三|  ‐`_ュ::/`ヾ
     |   `゙ :..    > ─┴''´     ヾ 三|   二}   `、
     ヽ、    `ヽ/           }三廴_....-ー'′   |
.         \    /        /  /` ̄\     ヽ   |


26 :◆vsQyY1yD2Q

           __,.:'::::::`ヽ、_
         <::rノ'"⌒ヾ7::::';
           <(_{t_、  夊>::';
             〈_ハーti」´ |::::::::';        _    愛よ。
            .|::::ヘ rw.タノ::::::::::';.   ,...:<イ:::::}
           ._|_::ハ ー 'f i:::厂厂/ ̄/::::::::/`ヾ!.   あゆみが ご主人の愛人ではないかと言う
     r-―::::::::/ r':Lノ⌒!ソ|::!:':::::/  /:::::/     }   噂を聞いた事があるか?
     ヾへ:::::::, '´フ:>@<:::::|::i::::/  /::∠...._ ‐ 、 'ヽ
     {  \j   クヾ.  ソリ : |   |:::::::::::::::::/  丶. \
     ,.} '",..r'、_ ,ノ__ノ⌒ヽ_>:: |   |::::::::::::::/     !  }
      |   ハ:::::::}::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/\    ,   \
     { ::.,.ノ`ヾマ{::::::::::::::::::::::::::::: |   |:::::::::`ヾ イ ー イ⌒ 、 )
      /    i |::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/i:::| /     ノ /!
    {   i/  l |::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::::|::i |:/ ,′   / :´/

                         、
                     ⌒、>.、 l:i
                       `ヽ l !:j
                  , ‐ ´  ̄ ̄ ' '` ヽ
                 /: : : : : : : : : : : :: : : \
               /: : : : : : :: : : : : : : : :: : :: ヽ
                /: : : : : : :ノ, _人:: : :: : : : : : ::',
                /: : : : : へ( '´   \!、_ : : : : : :l
              i: : : :: : i Y´ハ    ,rん、`! : : : : |
             :l: : : :: : :! ヽヒリ     Vうy´l: : : : :l   え? あ、はい。
             i i: : : :: : l u   '     ̄ /: : : : : l
             !:i 、: : : :ヽ   ‐―- _ ノ: : : : : :/    使用人の人達が噂してるのを。
              ' ヽト、: ::i、\   rー': : : : : :/
              .r ⌒ 、ー‐i ` ̄ーニ; ; ; ; ;_/
              /    !  |    l ` T ー、
              /    .ト、 , -ュ ,ry二ヽ  l
            r'     i i' ,彡'i しi'rニ !  ヽ、
            '!´ ̄ ` 、l  l  ヒjこi、ー i    l
            l'´ ̄ `r', - '   j、_ ノ!ヽ   \__.i
            l   '´    /   |  \   \ l


27 :◆vsQyY1yD2Q

                  <二ミヽ}〉
                      Vノ
                    ̄ ̄` − 、
                /         \
                /   /        、  ヽ
             /     / /ノ      ヽ   ヽ
             / /  /ノ_∠ィ/^〉ト、 |    |
             | l    l{卞忖    廴_レl   |
             | | l  |   ̄     !朮ッ.}   |  あゆみさんって、すっごい優しくて きれいだし
             | | |  {    '    ̄ /   !
             ゝ  ゝ__> −    /    /   そう言うこともあるのかな〜って。
              ` ー>l> -- <´  / ノ
               ノ ノ     {.ヽ≦= へ、
             ,.イ | _   _, |   |    \
            /  |.  |  `  ´ :|   /     <
            j   ゝ、|、    .ノ| /}}\   ノ 、
           /  、〃 }|ゝ二二 ノ|| ○ | ゝ<.  \
           }  ○ {.ト、 ___ ノ.||    |   >   )


                    _
                  __/:::::::::::::‐-......__
                    /::::::__r _フ_,勹ヘ::::::\
                /:::::ん,:'´    `ヽフ:::::<. rー- 、
                  /::::::ル' ト、 \_j__ マフ:/`)7  !、
                    /::;ィム.ヘr`⌒ヽ._ノ _,ク'_).   /  } |、
    _          /::::::::::::::::::! ト,、 マi7´ /ヘi′    ,   〉、   いや、その噂自体はデタラメだ。
  {>、:::::::::::::::::‐-..、 /::::::::::::::::::;ハ ド'ミニ=vチ::::l  ′   ′,/ ,ハ
  |:::::::::::`> 、::::::::::::ヾ:rハ:::/{::::::!小.    /:::::|     ′   ,/  だが、そう言う噂が出る原因があってな。
  |::::::::/   `ヽ:::::::::::\ヾ、.|::::::! \ミ‐‐r'ヽ:::::!、         ,/
  |:::::/        \:::::::::::::Yハヘ::::|_,.ヘ⌒や、 !:::lr'=ー-..._   /::::::::::7
  \;        \::::::::::Yハ::ヾ{  ヽノ_.ノン´§|i|i|i|i|i}`ヾ':::::::::::/
.   i    ::.    `゙ミー`:::::::::Yハ:::::::>-(盆)ヽ:,广冖ーミ§/:::::::/ ̄ ̄ ̄}
    !   :::::...::::::/ \::::::::::} |::/   ヽ.l  /      `7:::::::ノ_,.:':! _」.   ト、
    ヽ.  ::::::::/    `¨ヾミ、ノ,′    }/      /{:::::「  `ソ  {/:::7 〉
      \:::::::/ 、       ヾ!     /      ./ Y::{  r'′  i::::/ ./,ハ


28 :◆vsQyY1yD2Q
           /::::::::/ _」ノ__」..L_く___〉__::::::::::\
           /:::::/ ̄ヽi´       \_ノ、::::::::::::\
        /:::::∠ ___」 ヒッ、       \)::::::::::::/
          /::::::::/:!,ハ;:::::::::::i`冖‐-`.、 \  }:::::::<
       /:::::::::;::::|し'::::::::::::l       ト、  ノく';::::::::::\  先程説明した通り、ここには北館と南館があるのだが
.      /:::::::::/::::::V::::::::::::::ハ.      | \_/ィァ::::::::::::::/
.    /:::::::::/:::::::::j:::::::::::::,.レへ _   、_/_/了{ ::::::::::/.  ご主人達がスー大陸に向けて船出した後
.   /::::::::::::::!:::::::::/!::::::::::::; ∨_,{ /iヽ、   /\):::::::/    俺と あゆみが責任者になっていた時期があってな。
 /::::::::::::::::::::|:::::::/|::::::::/   ` ー 、{/ハィ ':::::|::::::::::::|
イ::::::::::::::::::::::::::|::::/___|:::::::::{      `ヾ'/:::::: |:::::::::: |     使用人達が使う北館を俺が
 ̄ ̄{ ̄\./|:::!  |:::::::::ハ、-‐- .、   / ::::::: | :::::::: |    ご主人一家の使う南館を あゆみが管理していたのだ。
l   i |::::::::: \.!:::!   |::::::/  \  __>ノ :::::::::: |:::::::::::|
l   l|:::::::::::::::|:::|   |:::::|   /ハ___/ :::::::::::::::: |::::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|\_|:::::|  / l \}\:::::::::::::::| ::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|:::::::|:::::l/ヽ.ハ_/i /| } :::::::::: |::::::::::|
l   l|:::::::::::::::∨:::::::j/r''"く(   ){_/ ::::::::::::::|:::::::: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ┏━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━━┓
         ┃┏━━┳┻━┻━━━┳━━━━━┫  ┣━━━━━━━━━┓┃
         ┃┃私兵┃            ┃┏━━━━━━━━━━━┳━━┓  ┃┃
         ┃┃詰所┃   交易所   ┃┃        北  館        ┃私兵┃  ┻┻  私兵隊
         ┃┣━━╋┳━━━━━┛┃                ┃詰所┃  ┳┳
         ┃┃┏━┻┻━┓┏━━━╋┳━━━━━━━━━┳╋━━┛  ┃┃  訓練所
        旅.  ┻┻┃ 1F    ┃┃別棟1 ┃┃                  ┃┃        ┃┃
     ← の.      ┃  倉庫  ┃┗━━━┫┃     中  庭       ┃┃        ┃┃
        扉.  ┳┳┃        ┃┏━━━┫┃ 庭園、家庭菜園、馬 ┃┃   畑   ┃┃
         ┃┃┃ 2F    ┃┃別棟2 ┃┃                  ┃┃  ┏━┓┃┃
         ┃┃┃  商会  ┃┗━━━╋┻━━━━━━━━━┻┫  ┃錬┃┃┃
         ┃┃┃        ┃┏━━┓┃                ┃  ┃金┃┃┃
         ┃┃┗━━━━┛┃私兵┃┃        南  館        ┃  ┃工┃┃┃
         ┃┣━━━┓    ┃宿舎┃┃                ┃  ┃房┃┃┃
         ┃┃物見  ┃    ┗━━┛┗━━━━━━━━━━━┛  ┗━┛┃┃
         ┃┃ の塔 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃
         ┃┗━━━┛           堀                       ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ///////////////////////////////
         ///////////////森///////////////
         ///////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


29 :◆vsQyY1yD2Q

                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!
                 i个l ̄l」」 ̄|个{                 その後、雅音達の妊娠が発覚し
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、               ご主人は一旦 こちらに戻って来るのだが
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ......_  それもあくまで一時の事で
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/  屋敷の管理は、今も あゆみが行っている。
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |   これはまぁ、当然の措置だろう。
  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、
    <::::::::::::: |   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   |::::::::::::::::::>! l
      \;:;:;:; |   |;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;:;|   |::::::::::::/ ノ |


             _ -‐… 、 ',',
            ´     `ヽヽi l-‐- 、
                / ´¨ ∨       ヽ
                /                ヽ
              /                  ヽ
                /            ヽ     ハ
           /         ハ ヽ、   ',    ∧
              l    |   ノ ノノ  ヽ_>>‐-f      ',
           l |    |/十/    , ‐roヽ i     .l
           |    r /fr o、    {{ ∪} 〉l|     |
           |    ヽ{{ {∪}       ¨´ ,'    ,'  やる夫さま、もうすぐ
            ',    ヽ` ¨´  丶       ノ    ./
           ∨   ∧   ー ´ _ ノ  ノ   ノ   サマンオサに行っちゃいますもんね。
            ヾ  ヽ >  _   />‐ ´/ '
               ヽ    >.> | ̄   丁 ´‐ 、
              _ -‐¨ Y´       `Y  ヽ、
             / |   |       /    |`ヽ
                / ヽ .l   |       .l    ノ  /',
            /   ', ヽ  .ト、     ,ノ  ./   /   l
           /   ヽ  ヽ |` _ ― ´ イ./´   /   ヘ
             ,     ,'   ||ヽ、  ̄´ , イ|    |     ヽ


30 :◆vsQyY1yD2Q


   要するにだ、あゆみは南館に住んでいながら ご主人の妻子ではない。
   家族ではあるがな。

   この事実が使用人達の噂の原因となっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  /  l   / / | /l/ ヽ |     l
                  l   l   /l/   l/   , -―\t     |
                  |   l |, -―      , __, \     |
                 ノ   \l/       〃 f¨ス_ l     人
                /     |    ノ     {{しl| l}-|       \
               {       . ァ=彡'      弋_.ノ  /   . : :.:l⌒l
               { : .     \     ,}       /  . : : : : :|  |
                丶: : : : : : . \__        _/ . . : : : : / !  !
                  \: : : : `ーt'´   }_)   `フ:ー: : : _ノ  '  l
                    ーz:_:/> 、       /l \: :ノ´   /  /__
                       /    }>- <  |/  ヽ.    /  〃¨l`ト、
                     /       l/      /   |   / _,ノ  / 〉 〉
                    {__   |     / /´ ̄ー‐〃´  ィ´ / /`!
                   //   \ |    / / /    /   人l_/ / /
                  / /    / \   ,/  /    {      {_ノ-イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   他に南館に住んでいるのは、妾となった ぽぷらを始めとする側仕えの者達ばかりだから

   南館の実態を知らぬ者達から見れば、あゆみも同じ様に見えるのだろう。


31 :◆vsQyY1yD2Q

                ヽ ノ
               ,. -┴‐- 、
             /   ,    \
                /  / _//\_ト、 ',
            |   |ノ ´  \ヽ |   あれ? そう言えば
            ',  _〉○  ○/  .|
             \\_  -  _レヘノ   絵理さんが住んでるのって南館……。
                / | ̄| ',
                   ∧ |二| ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             {:::l:::/  \::| \:::::\:::\l::::}::::::i
             |:::|/ ̄`ヽ \´ ̄`ー-lニニネ:::::|
             ∨|t‐ァミ    =ァェ--、|:::::::::ト、:::l
              .|::! マタ     ヤタ_, l:::::::::l/::/
              |::i   l          l:::::::/:::/
              j∧            /|:::::i:::/   だから、私も お手付き疑惑がある?
                \  -   _//::::/l:::{
                     \__,  ´  /:::/::∧|
                  _/:::|   _/:::/:::イ
            ,r───'/ |:/{--イ //|/ /\
          _/ {     「::`rィ:: ̄::フ/   /   `ヽ
         /く  i  ///:/ト、:::::〈/   /   -- 、\
           /  \l  >/::::::/ |:::\ノ   / /    /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


32 :◆vsQyY1yD2Q
                         ___
                     ..<:::::::::`ー 、
                   <:::::jYYk::::::::::::::::::.
                         J:/  `Y>::::::::::::::::.    絵理はサンドイッチ屋の看板娘に雇われた当時
                    |:{ ィ彡`T}:::::::::::::::::.    孤児院を出たばかりで住む家がなくてな。
             ,r--- 、    |::{_j  |:::/:::::::::::::::::::.
             // / 厶〉- 、 |:::::}¨´|/:|:::::::::::::::::::::.    哀れに思った ご主人が居候させたのだ。
           _,,,厶__  / |::::ハ._/- !::::::::::::::::::::::.
             /爻ト「///////∧ー‐V77|::::::::::::::::::::::::ヽ      _____
            ノ´⌒V/\//////∧   ∨/|::::::::::::::::::::::::::. `Y'''Y///////
        .. ´ .. ⌒´  \/////ハ   W! ::::::::::::::::::::::::::::::|  |'//////
      / /        `ヾ V/////i  |:{::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |'////ハ
.     / /            :}  V////|  |∧:::::::::::::::::::::::::::::: |  |///  |
    {     ............:.:.:.:.彡′/////,|  |/∧:::::::::::::::::::::::::::::|  lK::.   j
.     ` -   ______彡ヘ//////,|  |//∧::::::::::::::::::::::::::;  ;//\ ヽ ヽ
                 `ヾ{  V/////|  |///∧::::!::::::::::::::::/ ////  :.  :.
                \ \///,|  |////∧八::::::::: / ///   ::.  i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          , <: : : : : : : :> 、
      /: : : : : : : : : : : : : : : :\
.     , ': : /: : : : : : : ハ: : : : : : : : : ヽ
     /: : :/: : : : : : : :,' V\ : : : : : : :',
    ,': : :,': : : : : : : :/   \:\: : : : : :l
    !: : :l: : : : : : : / __ \l\: : :∧
.   |: : ::|: : : : : ::/  ___   _ヽ/ノ:ヽ
    l: : ::∨: : ::,イ           | : : : l   当時は、お手付きにされると思ったけど
    .V : : ヽ/ ヘ ""    | ""| : : : |    住むところが無かったから仕方なしだった。
     V: : : :l\ : \       |   ! : : : |
     V: : 人_ `ヽ、_> ┌‐┐  ∧: : : l    でも何もなかったから拍子抜け?
      ∨: : : :  ̄l    ´ ̄ /. l: : :,'     しかも すっごく待遇良いし。
       \: : : : : \` ー─ イ`ゝ l: :/
          >、: : :、_>─┐「l_:> |/       疑ったのが申し訳なくて、自分から働こうって思うくらい。
        /  `ー──`ヽ lノノ `ヽ
      /⌒ヽ      __\´)   ',
      ,'    \   /, =ァ`ヽつ  ',
       |      \ { {//ハ}}___,l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


33 :◆vsQyY1yD2Q

                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!
                 i个l ̄l」」 ̄|个{             ご主人がスー大陸に行っている間
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、           南館は、あゆみ、八千代、まひるの
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._  三人だけで管理していてな。
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、  絵理は、その手伝いをさせるのに
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |  丁度良かったと言うのもある。
  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、
    <::::::::::::: |   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   |::::::::::::::::::>! l
      \;:;:;:; |   |;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;:;|   |::::::::::::/ ノ |


                __,,..-‐‐‐、  ヽ:::i
               '" ̄ ̄ ̄ヾ::::ヘ  |::/
                      \i |/
                  _,,..-‐――-V‐-..,,_
               _,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ
            ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::'.,
         ./:::::::::::::::::::::::::::/::/i::∧::::::ヽ、::::::::',::::::::::::::::::::::',
         i::::::::::::::::::/:::::/::ノ// ヾ,,ヘ:',ヽ::::::::',::::::::::::::::::::::',
        .i::::::::::::::::::i ,∠,"_ソ    _>‐,ニ\:::i :::::::::::::::::::i
        i::::::::::::::::::|' _x='x"゛     ''"i弋iヘ `i::::::::::::::::::::::i
        |::::::::::::::::::|.《 |:`リ.)      ゝ_リ, ' .|::::::::::::::::::::::|  それで そのまま側仕えになったんですね。
        |:::::::i::::::::::',  `"  ,         i:::::::::::::::::::::::i
        |:::::::|::::i:::::|'.,             /::::::::::::::::::::/  最近はもう、サンドイッチ屋にも
        ',:|!::::i::ヽ::ヘ::'.,     _ ..._     /:::::::::::::::::::/    出てないみたいです、絵理さん。
         ',',ヽ:i::::ヽ::ヘ:ヘ         __,.-'::::::::::::/::/
          ',i ',',ヘ:::::::::\:::''‐..,.,_  ._,>-i:::::::::/:::/
          ヽ ヽヽ ヽ`ヽゝr‐!-..ニ,__,,.-=i-''"/:/
               ̄ ̄ _ノ     ̄゛゛'''‐‐i
         _,,..- '" ̄ ̄ ̄\ -.,,_       ヽ,
        /          \ ゛''-.,,_  -''" ヘ
      ./            .i ト  ''-.,,''‐-  / ゛''-.,,_


34 :◆vsQyY1yD2Q
           /::::::::/ _」ノ__」..L_く___〉__::::::::::\
           /:::::/ ̄ヽi´       \_ノ、::::::::::::\
        /:::::∠ ___」 ヒッ、       \)::::::::::::/
          /::::::::/:!,ハ;:::::::::::i`冖‐-`.、 \  }:::::::<
       /:::::::::;::::|し'::::::::::::l       ト、  ノく';::::::::::\
.      /:::::::::/::::::V::::::::::::::ハ.      | \_/ィァ::::::::::::::/   ちなみに鈴木 彩音は
.    /:::::::::/:::::::::j:::::::::::::,.レへ _   、_/_/了{ ::::::::::/
.   /::::::::::::::!:::::::::/!::::::::::::; ∨_,{ /iヽ、   /\):::::::/    八千代がメイドのチーフに
 /::::::::::::::::::::|:::::::/|::::::::/   ` ー 、{/ハィ ':::::|::::::::::::|     まひるがサブチーフとなって北館に移る際
イ::::::::::::::::::::::::::|::::/___|:::::::::{      `ヾ'/:::::: |:::::::::: |
 ̄ ̄{ ̄\./|:::!  |:::::::::ハ、-‐- .、   / ::::::: | :::::::: |       足りなくなる南館のスタッフを補うために
l   i |::::::::: \.!:::!   |::::::/  \  __>ノ :::::::::: |:::::::::::|     絵理の紹介で雇われたのだ。
l   l|:::::::::::::::|:::|   |:::::|   /ハ___/ :::::::::::::::: |::::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|\_|:::::|  / l \}\:::::::::::::::| ::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|:::::::|:::::l/ヽ.ハ_/i /| } :::::::::: |::::::::::|
l   l|:::::::::::::::∨:::::::j/r''"く(   ){_/ ::::::::::::::|:::::::: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,, ---ァ‐: :ニ: :く7X ̄ ̄`:ヽ、
      ,, -──<´X:::/´: : : : : : : : `ヽ」_: : : : : \
    /: : : : : : : :O:/:: : : : : : : : : : : : : : :\:.\`ヽ: ::ヽ     _ _
   /: : : : : ,<ニイO:: : : : : : r‐ヘ: : : : : : : : ∧:.:.:.> \:l    | | | /)、
.  /: : : ://:.:.:.:.:.:Y: : : : : : /  |: :l: :|: : :|: : : :!く    リ    | | |/ //
 /: : :/ /:.:.:.:/:.:.:.:l: : : : |: |___ |/∨_从|: : : :|:::::\        /   /
 !: ::/  \:/:|_:.:.:.」: : : :|/ __゙´   __ .!: : : |\:::::\    /   (_
 |::/    /:::::/丁|: :|: : :|(ノ´ ̄`/// ⌒u|ヽ: :|    ̄ , ィ::「「   _,, -‐'  サイネリアです!
 |/   /::::::/  `|: :|: :/l            l リリ , -く::::::::::::\ヽ/
     /::::::/   l: :|/ヾハ    ̄´  /⌒>'"   \::::::::::/         てゆーか、むしろ
    ./:::/    ∨_ }  \__ , <::::|/`ヽ   /`フ´         アリ地獄に引きずり込まれた
    ´      _/:::::: ̄'''''TT´::::::::::::ハ__ノ_,,-''l´__/              感じなんですケド!?
          ( /:::::::::::::::::::::l |::::::::::::::::_>、_)_ !´::::\
            (/:::::::::::::::::::::::ヽヽ_><ヽ\_)::::`|:::::::::::::ヽ
          〈::::::::::::::::::::::::::::/|YYYYY ヘlノ〈::::::::∨´ ̄ヽ:)
          (\::::::::::::::::::::/: |     〉〉 ヽ:::::::ハ   ヽ
           ヽ_\:::::::::::/: : l     // /:::::::::| 〉    |
             `l`ー‐': : : :\___//_ノl ̄ ̄|/\  ノ
              ∨: : : : : : :\::::::::::::::| |   `ー'' ̄
               ∨: : : : : : : \::::::::l: l
                〉: : : : : : : : ::\/: |
                  /: : : : : : : : : : :O: : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


35 :◆vsQyY1yD2Q

          <  ̄ 丶   |ヽ                        ノ⌒\
             ̄\ \.| }                   r‐く /  \
               \.l| /  _                   {ヽ._ノ /   ヽ
             ,. -一}リ ̄     ̄ `丶            ヽ └{ /  〉
           /     '     ト、 <トz\           ヽ └{__rソ /
          /           ィV r\ヽ「^ \          /\     /
         / レヘwz从ィ 从ノ入 ^ ^        \        /   ヽ  /
       . /トノ^^"レ'⌒  ^ ^    ヽ       丶     /      /
       /ノ      /     ,.、   \\       ヽ     /      /
       |     /     / / \\ゝ X \        !  /     /
       |      |  //ノ    ` /__ \ヽ   ヽ |  /     /
       |      l /_二、‐       イo lヽ,.l     |l | /      /
       |      l、/´!0 ::}         L:: ノ ノ|   | ト | /、     /   つまり、絵理さんは それだけ
       |      | ヽ ゝ-‐           |   | | l/     /
       |     ヽ        i        |   ノ,.イ{       /     やる夫さまの信頼を
       ヽ      \            ノ / / ! \   / }.    得ていたと言う事ですねっ!
        ヽ      \     ⌒     /レ'  /  \ ` ー─1
          \\\_   ̄フ      イ/フ / |    ` ー─/
           \\_二二>ー-‐'  ヽ.  ̄  |       /
             \{  ,. -‐|     _l   |        /
               / /´    /   |    |ヽ     /
           /7'フ^/^ヽ! ̄`      |    /  \   /
          /{     |ノ!         /|   /、     /
          / ヽ      |ゝ 、   / _//| / ヽ\   l
          |  \    |\ ̄ ̄ / /||/ /   ヽ |
          |    |   |||   ̄ ̄  ./|| {     } |


                 ...__,--r‐y―y
                   /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐
                /∠彡、 t_、 __  \
                  l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\
  ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄  ウム、そう言う事だ。
  |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|
  |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|
  |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i
  |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
  ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
  |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
  _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧


36 :◆vsQyY1yD2Q
      く::::::::::::::::::::厂{-{..  -┴--- く`ヽ::\
          \::::::__,イ,. '"´          ∨{:::::::ヽ、
        r':::::} ノ´       / / } トく了 ̄\
        |::::::Vl  ――r'"  _¨二、,ノ―――イ
        |:::/ハマニ>、    /     }::::::::::::::::::|      実際、ご主人達の滞在時と不在時で
        |// 人/ ̄`:、 ̄!:.:.l    | ::::::::::::::: |      南館に必要な人手が違い過ぎてな。
        /}>'"::::::、   ‐ '"´_   |:::::::::::::::::';\
         / ::::::: |::::::::ヽ.  rvハ/_}ノ⊥ン |:::::::::::::::::::':,:::\     そう言う意味では、ご主人と行動を共にし
.        /:::::::::;:::l:::::::::::::\ ー'´,..-‐    ハ:::::::::::::::::::,:::-― 、   メイドとしての能力も高いマミは有望だぞ。
       /:::::::::/::::|::::::::::::::::l `:、     / |::::r-r''"`ヽ.   \
     /:::::;イ::::::::l:::::::::::::::::i   、_... -‐' _.,!'"´|   ゙:::、   \
   /:::::/ :':::::::::,' :::::::::厂 ̄\    / ̄!.   |     ゙::::〉     \
.  /:::::/ /::::::::::;' ::::::::/    /  ̄ ̄ 「 ̄l   |     `ヾ`ヽ    |
  /:::::/ /:::::::::::;' :::::::/    /|   ,/| |  l            l
. /:::::/ /:::::::::::::' ::::::∧.   / .歹冖|. |  |   l              |
/:::::/ /:::/V ̄i ::: /:::::\_/ ,.イマ> {| ,}        ヽ        、
 ̄ ̄ ̄:/ /   |:::/:::::::::::::::::::厂又VV| {   \     ヽ        ヽ
::::::::::::::/ /   .|/::::::::::::::::/   |l  ̄|  \    \               ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  __     /\    _,,
                 | `ヽr ̄,,,, ,,_  ̄Y´ ヘ,
                 __}   - '´     ̄ `ヽ ーァ
              zー┘/          }   \i
             __∨ /   __ ノ  ,ィ iヽ.    ヽ
            ,イ~rろ∨  /-'´//// ./ ∨.j    |
              { んろリ  |,/ _,〃 / / ,,, リヘ.l   |
               ,ゝんノ.八  |,zf忝リ  //  ィ忝リ.j .| |
           {__ノ{ .Y´ \|弋二ノ       辷ノ/ノノN
            l  ヽ入_ゝ__ xx       x  ハ
              入  \zッ > ,,,_  ー' __,, < ∠、
           (` 辷x、__/  ∧ ̄ヾ≧≦ 〕 =-‐ _ノ
          _ゝ、_ゝ   /二〉  ヽ δヽ 入-=ニ,__
         i´ / ̄    /ニニ〉  ^^^^^ ヾ∧\ `i
         乂      弋ニニ〉     ,   V  乂   ___
                 |キ-イ〉..::::::::::;ィ::::::::乂>===} ̄|´  ̄ア
              _,,,,,_____|ニニ| | `. ´'' ''イ`ー=ニニニ廴ノー'´
            く___,,, -ー|ニニ>-y、    }
            |      -=ニニ/ `7ー-、 ヽ、
         ,x<}   /⌒ / ∠=-く._  \ \、_
            {     // i      `ー-ゞ   Vニ>、.
           ∧   /ニし {            ∨ニニヽ,
           /ヽ/ニニニ〉 'i            リニニ∧
          /-=ニニニニニ∧ ヽ            |〉ニニニ∧
            /-=ニニニニニニ>ィ \          リニニニニ∧
         -=ニニニニニニニニ入  \        ,イ〕ニニニニ∧
         -=ニニニニニニニニニゝ=、 `ー- ____,,,,x乂:ニニニニニニ∧
         -=ニニニニニニニニニニニ=-<ヽ、__ノ:ニニニニニニニニ∧
         -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
         -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


37 :◆vsQyY1yD2Q
                    、
                ⌒、>.、 l:i
                  `ヽ l !:j
             , ‐ ´  ̄ ̄ ' '` ヽ
            /: : : : : : : : : : : :: : : \
          /: : : : : : :: : : : : : : : :: : :: ヽ
           /: : : : : : :ノ, _人:: : :: : : : : : ::',
           /: : : : : へ( '´   \!、_ : : : : : :l
         i: : : :: : i Y´ハ    ,rん、`! : : : : |
        :l: : : :: : :! ヽヒリ     Vうy´l: : : : :l  マミさんってメイドレベル高いんですか。
        i i: : : :: : l u   '     ̄ /: : : : : l
        !:i 、: : : :ヽ   ‐―- _ ノ: : : : : :/   お料理も上手だって言ってたし、すごいんですね。
         ' ヽト、: ::i、\   rー': : : : : :/
         .r ⌒ 、ー‐i ` ̄ーニ; ; ; ; ;_/    しかも、ダーマで修行してるって……あたしも見習わないと!
         /    !  |    l ` T ー、
         /    .ト、 , -ュ ,ry二ヽ  l
       r'     i i' ,彡'i しi'rニ !  ヽ、
       '!´ ̄ ` 、l  l  ヒjこi、ー i    l
       l'´ ̄ `r', - '   j、_ ノ!ヽ   \__.i
       l   '´    /   |  \   \ l


        /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.       /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
      // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
     ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
   /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.  ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i  ( 一番すごいのは、ご主人を慕う忠誠心の強さだが
  /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l
. /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i \}.   あれは見習おうとしても真似出来るものではないな )
/::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|
´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|
、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
|l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


38 :◆vsQyY1yD2Q

            _
         _/  `ヽ    \     /!
       _ノ        \   ヽヽ   //
      /     ヽ     l  __ l::}_//_
     /        ',    !´::::::::::|:|/ノ:::::`ヽ
    r'     \    .',    }ヽ:::::::::リ"´:::::::::::::::::\
    |  、    \   >─‐''  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
    ',   \    }┬'   _,..ィ:::::::::/:/l::::i::::::::::::::::::::::∧
    \   \_ノ {_,.ィ::|::/:/:/ノ !:::lヽ_:::|:::::::::::∧
      `ー‐く       l: :!-‐'  \  /´ ヽ:|::::::::::::::::',
         ∧     /: :| ィ三三ミ   ィ三ミ |::::::::::::::::::l   ありがとうございました、コガラシさん!
        //ハ    /: : :',⊂⊃  ,   ⊂⊃::::::::::::::::::l
        ,' !  \  /: : : :ハ l二二二二¨l  !:::::::::::::::::::|.   あたし、マミさん越えを目指して頑張ります!
        | l     ∨: : : : : :ヽ|: : : : : : : : / ,/:::::::::::::::::::/
        | l     !: : : : : : : : l\_: : : :_/_ィ/://::::///
        | |    /: : : : : : : :!: :',::\ ̄/: ::〉-/::::://'
        | |    /: : : : : : : |::l: : :',: : ∨: :/r/ ̄ ̄`ヽ
        l |  /: : : : : : : : l/: : : :\/: :/: :!  `ヽ   |


.     /::::::::::;ー‐'′≧( ヒッ、\   ヽ`マ彡:::::>
    /:::::::::::::`:::――┤ヽ..二  \   ! ∨:∠_
.  /::::::::/ :::::::::::: !:::::|     `'r 、`7 ノ::::::/
/:::::::::,::'::::::::::::::::::::::`;、:! ト、__  {__l_ソアミ、/    その意気だ!
::::::::::,:'::::::/ヽ、:::::::::::::i::ヽレ^Vl/lァ 、_, ハ:::::::\
\:,:'::::/    }:::::::::::::iヽ::\ ``'^ィ'/::::ヽ、:::::\   愛よ、修行に励むがいいッ!!
ヽ \:{ i    `:、::::::::::i._\::\ /´{::::::::::::\:::::::\
、 ヽ マハ     `:、::::::::`:、 ヽ:::ヾ__」:::::::::::\_\::::::::ヾ.フ!
`ヽ ヾ} ';     `:、::::::::::V^ヽ::::'; ':,::::::::::::::\ \::::::ヽ|
  `:、 `} \     `:、 :::::';___)'.:::、 ヽ:::::::::::::::::\ \:::::ヽ
   ;  `}.  \    / `、::::::';__`::\  \::::::::::::::i/`:、::`:、
   i  `}    \/⌒ヽ`、::::';   }:!ヾ、   \:::::::::!   `;::::::;
   |  |   /    __、:::';  リ  ヽ、/\:::!    j:::::::!
   |  | /    /    ヽ:;.       |    ,!::!   /::/
   |  |./   /        リ  厂⌒ヽ!  /::/   /


39 :◆vsQyY1yD2Q

                                            ―=≡ヽ)
                                          ―=≡, '⌒ ´`ヽ
                                         ―=≡! ./ノハヾ i
                                         ―=≡ヽゝ゚ ヮ゚ノ∩ とりゃぁ〜!
                                           ―=≡つん /
                                          ―=≡fく ん i 〉
                                          ―=≡(,/'ー'" シュタタタッ





                 ...__,--r‐y―y
                   /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐
                /∠彡、 t_、 __  \
                  l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\
  ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄  ……だが、マミの妄想癖までは真似るなよ。
  |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|
  |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|
  |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i
  |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
  ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
  |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
  _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧
 く厶    /;     ヽn:::::V ハ :::| r 、 |   \ l::::::/  \
  \\ / ;    にニ ̄ ヾ::|' }::└':::::\廴__ハ_レ'!:::::\   |
    \{  '::.,  にニ   〉i |:::::::::::;广三ヽ::_」 」:::::::::::::>|
     |   `ヾ  廴ニ   `:、|:::::::.'`ヾ:三三|  ‐`_ュ::/`ヾ
     |   `゙ :..    > ─┴''´     ヾ 三|   二}   `、
     ヽ、    `ヽ/           }三廴_....-ー'′   |
.         \    /        /  /` ̄\     ヽ   |


外伝へ 3   第84話へ

この記事へのコメント
1,2は?
Posted by at 2012年12月25日 00:10
豆タンクは一直線かわいい。
そういやWORKING勢じゃハラぺこ店長出てきてないね。出たら出たで、あんこちゃんと被ってややこしいけど。
Posted by at 2012年12月25日 00:10
義母として慕うのはかまわんが
別に噂通りにあゆみさんも
奥さんにしてしまってもかまわんのだろう?
Posted by at 2012年12月25日 00:47
70話と71話の間にあるんじゃないかな?>1と2
Posted by at 2012年12月25日 01:04
どのくらいの大きさなんだろ 皇居くらいのでかさなんかね
Posted by at 2012年12月25日 01:45
閑話休題回なのに密度が濃いwww
噂ってホント色々なところから煙立つんだなあ。
Posted by at 2012年12月25日 11:00
本スレでも思ったけど、交易所よりも屋敷の方がでかいんだな
ちなみに広さはどのぐらいなんだろうか?
その辺の学校よりもデカそうだけど
Posted by at 2012年12月25日 20:46
>>20のキャラって、誰だっけ?
Posted by at 2012年12月26日 03:19
本邸である南館単体が学校校舎ぐらいの大きさで
倉庫や交易所が体育館並ぐらいありそうだよね
Posted by at 2012年12月26日 04:08
※8

さか奈さんだよ。
カガリ達の出産の後、医療技術発展のためにそのままニュー速で家に雇われたはず。
まぁ、ぽぷらの出産の事もあるだろうし。
Posted by at 2012年12月26日 08:30
物見の塔とかあるし最初はどっかの砦かよwwwって思ったが本来そういう目的で建てられた施設だったのな

>>米2
そういや二人共杏子か
字も一緒なんだよね
でもあの人が出てきたら八千代さんが抜刀するように・・・w
Posted by at 2012年12月28日 00:36
>スンド達も ご隠居も向こうに行ったか……
AAの威圧感のせいか、文字通りじゃなく、一足先に自由になった的な意味に聞こえる…
Posted by at 2013年01月01日 15:53
見取り図わざわざつくったんかいww
一枚絵から書き起こしたんだろうか?
Posted by at 2013年01月03日 23:39
様々な形で地域の人々に貢献していますね。普段の暮らしぶりもいろいろと妄想出来ます。
それにしても、ニュー速で邸にも歴史ありですね。

さか奈さんはすっかり馴染んでますね。
ニュー速で家での立ち位置は幹部級ということでしょうか。

艶話はいつの時代、何処の場所でも好まれるんですねえ。
しかし、そういう事情でしたか。彼女たちにも期待したいところですね。
マミがメイドガイに認められるほどだったとは意外でした。
それだけやる夫のために熱心だということでしょうね。恋する乙女の一途さは素晴らしい。
Posted by とあるA at 2013年01月06日 22:46
ハラぺこ店長出てきても役割がなさそうだしな
一応ファミレスだと用心棒みたいなものだけど、日常的に必要じゃない仕事だから
成り立ってるわけだしこっちでは同じことさせるのは無理だろうな
Posted by at 2016年09月23日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61004386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ