■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年01月28日

第85話「いざサマンオサ」(5)

第84話へ     5 第86話へ

123 :◆vsQyY1yD2Q
【 エムローム シャーマン族の家 】
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|:. ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .:': : : :. ::.
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|:. ::.. .|l            l| ::.. : :;.: : ::.. .:':':. ::.. .:'::;.: : : : :. ::...
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,l|. ::.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : : :;.: : ::.. .
::.:'::;.'. ., .:|:,:::::::::|.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : :.. .:':. ::.. .:,r 、-ー─-、.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::..
::. ::.. .:'::;::|::::,::::;:|;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:;;;_::;;:;;_;;_;_;;;;;_;;l'  |= ′  |;;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|              ○::○)ノ_,,;,;,;;,;;ノ:::::....
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::|:::.:./ ., .     , ., ., ., .          __, ., .,, ., .,
:::.:.:.'. :; :::|/_____________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::||'_';.;_':':_';._;'_;:_;'_;'_:'';_';_';';_;:_:'_::_:'_;';_';_';::_:;_;._;';_';_';::_:;:_:';';_:;':_':_;'::_;::_'
::.. . !'´.::::||':':';:;y';:';::'::';';;:;;';:;';';':';';:';':;';;';';':';';'.;';_';_';::_:; ;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';':;
:.: : : : : :.;||' ';:;:;::';'';';;';';.;';';';';:;';';':';';:';':;;';:;';';':';  ;.;';';';';:;';;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';;
::::.:. . .:.:;';||'´';';':';';';:;:;';:;':';';';:;:;';: .;';:;';';':';';:'; . -―- 、;:;';;:';';::';';':'';';;.;';';';';:;';';':';';
';:;::,::.::;:;'//三三三三三三三三三三三 . ト、,..___,ノ|三三三三三三三三三
';:;'; ; ;:;//ニニ7ニニニニニ /ニニニニニiニニニ  |;';::.:. .  .|ニiニニニiニニニiニニニiニニニ
'; .'; ;.//二:二 /,、ニ=ニ /ニニ /二l二 ..|;';:;:::.:,,  | 二i二二ニ二i二二二i
';';';';//二二ニ:ニニニ /ニニニ二二二l ,` ー--‐''′二i二二i二二二i二二
.;';'//二二二/;二ニニニ /::二!二二二i;二二二l二二二l二二二i;二二
':::'/二二/二二二/二二二二l二二二l二二二i;二二二i;二二二l二二



      ,.,. -‐―  、、
     r'/△   △ヾ,
     i:i: iコ   iニコ:i:!
     {:| rーi:   ┌'7!l
     l:l ヽ/   :l,/::l:',   ……本当に来たのか。
      l::ヽ, ゝニつ :/:::!
    :i::: :::`ー‐-―'゙:: ::l
    :!:: .::::::::::::::::::::::::. .::!
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::...::::::;:;:;::::::::...::::::.:::!
     !::::::;;;::::;:;:;::::::..... ::..:::l
    .':::::::::::::::::::::::::::::.. :::::!


124 :◆vsQyY1yD2Q
              l      / ゞ≡≡∋ヽ、_ヽ::ヽ、  }
            , -‐ '     /ゝ- 、_     l:::::`ヽ ヽ∨
       _, <       ,ィ´::::::::::::::::`:ー:‐'´::::::::::::ヽヽ:}
  . _,. <´        ,.ィ: :´、_;: -―‐ - 、_:::::::::::::::::::::ヽ l
            , ィ´: l: ; ィ==( )、===`ヽ、::::::::::::::ノ!
         , ィ´ ,ノ: : l〃: : /: /r=vヾ、:lヾ: :.l: : : :` ー ': : l
        ,.ィ´    l: l: :l: l: :/l/_ ∨ 、_ム斗:l`ヾ: : :ト、: : :..:',
      ,.ィ´     /: : :.l: l:/, ィョェュ、   '´辷:リ冫l: / }: : : :ハ
   ,ィ´       /イ: : lヾl 、_ゞ-' l      f::::::l/f:j 八: : :、:ヽ
  イヽ       从: : :ヽヘ '::::l   、 _     l:::::;' _,ノ: :l:`: l:从:}      元・スー大陸のシャーマン族、サンだ。
    \      从:.l: : :ヽ, :::',   `      l:://  l: :l: : /  `
      `ヽ、  _,,、_从l: :l:./ ヘヾ:、  一 -   l/イl  l:/l/、__        今は海の向こうの
       {ミ!`ヾ、 冫 `´{.   ヘ   ー   , ィ l:∧_/彡 " 、,,""ミ   ニュー速で家に嫁いでいる。
       lミ!   `ヾ ,,"八  ノ  l > - <   ! 、,,  〃 、  冫
      ,ィ三!    ミ ", `´ 彡!         l ミ ,,、 "  〃
  \ ,.ィ升彡'     彡  "" 彡 /        ミヾ 、 "' 、,, 彡
    ヾ彡'       ミ 冫 、〃          ミ 、,, 冫   彡
     ヽ、   ヘ  彡ヾ ゛〃` ー、    , - ' /彡 '、   ,.ィ ´ ̄
    彡゛' \   ヽ 〃 ',,,ィヾ、{!   `   ´   //ミ 冫,,彡/
    〃 '",, \   〃 /  r、)_γ‐、   __ //-f ' 彡'  /
   彡 " 、、  \彡' /  /=/  (=f´ (=l  ゞく.   /
  彡 〃 冫   〉' / ./  /  /´ !   l. ',   l   ,;
  〃 ,'' 、  ″ ,' ./ /   ,'  /  /:l  ,'  ∨  ! /:!
  彡 冫  ",,   ' `´    ,' /∧/::∧ l   ヽ  ! ,'::::.
  彡" "、,,,    {       l/ .//∧/ ヽ l   ヽ !l::::∧`ヽ ,ィ彡
  .″〃 , 冫  ',         {三ミ}   `′    ヽ!l::::::::ヾ::/彡'
  / ,, " "、   ヽ       l//∨::.....          l::::::::::/ヾ/
   " 冫 〃 ヾ, ヽ .......:::::::::::::l///:::::::::::..............   l:::::::/   ヽ
  "、,,  ″  〃 ''  ヽ:::::::::::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::::...  l:/    ヽ


125 :◆vsQyY1yD2Q
           _____
        ,,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      /;:;:;:;:;:;:;:;/ .:::    ::::.  |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:/  .::::    ::::::  |
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| (llllllll)  (lllllllll) |
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  ゚ー    ゚ー  !   「家」 ……か。
   /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:|  ::::    :::: ,'
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:|  ::::    :::: /    もう そちらの人間になっているのだな。
  i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ⊂⊃  /
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`‐-、._ ー ,.‐'´
 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/



                   __  ノ、,,_,、_
                  ,ィ'´ニニ==-‐---、ミ≠、
               /:_::::::::::〈  r==x ヽ  ミx、
              xv、: : :`ヾ:::::ヽ  ヾ三ミ}ヽ"、 ヾ
             ,ィ': :`:ヾミュ、:.ヽ::::::\    ノ 冫 ミ、
            从/´/:_;ィ: `ヾミ{ヾ::::::::` ー‐'::l ,, " ''ミ≠
              l/`ー- 、l:/l: : : 彡V:::::::::::::::::丿、 〃 ,, 彡´´ミ、
            ノ f:リヽ /`l/、: '," ゞ ‐- ‐ '  ″ ′ 、    ミx    最初は理解出来なかったが
           ヽ  ´f::::::7  /:r‐ミ 〃 ″ ,,、  冫  "  、   ミ
            i- 、 ,'::::/  /イ 'ノミ  、" 冫   ヾ  ″ ´ ,,  ミ、  私だって学んでいる。
           l  /:/   f´ヽ彡 冫 ″  ゛  ,, 、 '"  ヾ  ミ
            ゝ '´_   {   }ミ、彡 、''  " ,, 、 冫 〃 ″  ミ`  もう教会で結婚式も
               ∨   ゝ‐' 从  冫  ヾ    、   冫 " ",  挙げた身だからな。
                 ',     彡 〃 _ ゛ 、、 ""  ″,,, ミ ,, 从
                ',  彡〃 ,,,ィ'´   `ヽ ,, 冫 ヾ   ヾ冫
               __《∧〃",,  ,'     ,ィ彡'`ヽ  〃  ゛,,  ミ、_
              / /ヾミ冫 ," {    ,ィ彡'    `ヽ  冫  ゛ ミ、
            / /  / /冫 ",, `ヽ彡'´       `ヽ  ゛ ,,  ミ
             ' ´


126 :◆vsQyY1yD2Q

          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|
   ////////|  rヽ     rヽ |  嫁いだ、か。 果たして、それは本当なのかな?
   /////////i  .i i     .i | |
  ./////////∧  ∨     ∨ |   ニュー速で家は、シャーマン族とミスリル銀の取り引きをしているそうだが
 ///////////∧  ゝニニつ  .i
. i////////////∧    ー   ∧   お前は そのために利用されているだけではないのか?
{//////////////`‐-、.___ イ/|
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|



                               _,....... _
                      , : :‐: : ´: : : : : : `ヽ
                    ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
               .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                    {: : : :l: : : : : : : : : : : : :,x从i:`ヽ、
                   /:ゞ=( )ェェェェェェ===彡": : : : : 、ハ    ‐-、
                   i: l: /:::/ヾ:、:.、: 、: : : : : : : : : : : : :.ヾ  ___,ノ -、
                   `ヾト、' 、__`,,.ム-ヾ、: ;ィ'`Y: : : : l: 从   ___,ノ
               (     `= ;  ゝ==ゝ_ ヾ} fj l: : : :l:从
               ( ` ー--  .l:i〈    ';::::::!  __,.ノ、: l: ハ}_
                 ` ー--   ヾ v-‐、 l:::/  ,イ   ヽ/     ヤルオは そんな事しない!
                       { }ヽゝ--' ;', イ {    }  __
                     `,ィ' ` ‐<、   ゝ‐-‐'ヽく_, イ
               .       ,'   l l ヽ      r‐‐-、‐ 、
                     l<二二)ヽ、  _ r‐、 ̄ ̄  ヽ、
                     l   ,' /)_r‐、´_r‐、ヽ \     ∧
                     lミョ///`ー! l-‐l l´ ゝ'!      :.
                     l / `   :..l ,'   l /    ト、     _,::,
                     l {    ...:::.`   `    {:::ヽ_,,ィ彡"ハ
                     l ヽ   ::::::::...       l::::::∧¨¨    :,


127 :◆vsQyY1yD2Q
               ____
             /_ノ  ヽ、\
           /( ●)  (●).\
          /   (__人__)  u. \        サン、ストップだお。
          |_ _.    `⌒´      |_
        n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   やる夫が話すお。
        ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
         {    〈         ノ    /
        ..i,    ."⊃    rニ     /
         ."'""⌒´       `''""''''


                       ____,,...ィ'''""~ ̄ ゙̄`ヽ、
                    ,...::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;::\
                   ,::::...   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;::\
                   / ... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::ヾ、
                  ( :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;:::`::ー-、、
                   }iiiO":":":":":":":":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ミ、、
                   ノ::::l.\ヾミ、\、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:::.....ヾ、ヽ、
                   `i;:;:i;::: \>ォ-t:.、ヾ\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........:...`、
                    ヤマ)  '" 'じ' ’   \)' ヤ::::::::::::::::::::::::::::::::::.、ミ、γν、  ……分かった。
                     ノ    ';;;;;;;    " ` ):::::::::::::::::::::::::....::...ヾ     τ
                       ヽ、     ;;;;;;    τ.ノ;::::::::::::::::::::;:::;::`ー、 , , ' "  ζ
                      i、ー.、  ;;;;;;   ノ ̄.::.⌒`ヾ、ヾ`゙``"''
                      \`^’ ;;;"  /(、  ``: ,ノ` `  ____,,_;  "' "′
                        ヽ. _,,、、 ::::::::::` ー-‐'" , " /″ `''ヽ、,_
                         `~(、 ∧::::::: ..:::::::;i' ,  . ,/':::.. ..    \ "
                          ミ、,;''ヘ '   ::ソ、    .ソ:::::::::.. .     \
                          ζ ;'  \ヤ、ν    /;:::::::::::::.....
                         ,>、"i ;:  λi .マ::::::;.. ./ |::::::::::::::::::::::......  /
                        /'\\、 ,j'  i キ:::::::../:' |i;:::::::::-ェ、::::::::::::/iiii
                      /  :::::\ `\、 l, ,,>;;,,j'.  ||li;:::::::::::::::`ヾ::::iiiiiii
                        /   .::::::/::\::::..(-‐ヘ(,;"'   |||||li;::::::::::::;)i::ヾiiiii
                    /     .:::::{:.   `ー" ̄^’    ヤ|||||llii;;;;ィ|||: ;  マ
                     /    ..::::::::::;l:.            ヤ||||||||||||||: ;
                 /    ..:::::::::::/ヤ             ヤ||||||||||||  ;


128 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    /_ノ  ヽ_   \
                  / (─)  (─)   \   サンとの結婚を決めた理由の中に
                  |    (__人__)      |
                  \   ⊂ ヽ∩     <   ミスリル銀を取り引きするため
                    |  |  '、_ \ /  )   と言うものがあった事は否定しませんお。
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/

                       ____
                    ,. -'"´      `¨ー 、
                    /             \
                 /                ',
                ./                     ',
                l     \          /    .l   でも、利用しているだけと言う事は
                l      \_i ,, i_/       l
                .',    `ー―'    `ー―'   ./     絶対にありませんお。
                / \      l   人   l    /\
             ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
             /                        ハ



          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|
   ////////|  rヽ     rヽ |  さて、どうだろうな。
   /////////i  .i i     .i | |
  ./////////∧  ∨     ∨ |   蛮族を側に置くなど
 ///////////∧  ゝニニつ  .i.   珍しいペットを飼うような感覚なのではないか?
. i////////////∧    ー   ∧
{//////////////`‐-、.___ イ//ヽ
|/////////////////////////////\
|///////////////////////////////\


129 :◆vsQyY1yD2Q

                       _,....... -: :‐‐:-...、
                      , ィ:´: : : : : : : : : : : : : ヽ
                     ,ィ': : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
                    ; : : : :.l: :_;,xェェェェェェェェェェェェェ从:}     ,
                  }=彡ゝイ:""、: i: : : : : : : : : : : : : :` ー: ':´ー:y-'
                  ,': : : /'::::ト、:l.:ヽト、lヽl: :l: : : : : : : : : : : : : _;/`
                   l/: :.l___ヾ! `ー-‐≦、j/ヾ: : :/´ヽ: : : : : : :`:..._
                    ヾ:!イハ`;   ´辷}`  ヾ/rヘ }: : : : : : : :.ハ `
                    /ハゞ' ′     r:::::i   ' ノ /: : : : : : : : : :.ヽ_  ペットになってるのは
                   ,:'/: :.i::!ヽ`    l::::::!  _( ̄` ー- 、: : _:、ー'´ `  アイビスとリュカだ!
                  ´l: : :';::. fニ二ハ l::::;'  /l: :` ー ―-' ´
                   从: :lヾ:、 ∨_,ノ ;/ ,.イ ∨: 、: : : ト、} ,、.       神夜も良いとか言ってたけど
                      j八/ ヽ、 ー , ィ´     ヽ从ヾ} //
                   / `ヽ、 ` ´:,          ヽ、 く/__.     私は違うッ!!
                   ,'     l__  :,         /〈__,... -‐'`
                     l <二´__)ー、      /r‐-、  ヽ
                     l    l;'  l ,.ィ'ヽ__ '´ ̄ r‐ 、/ゝ、 \   ヽ
                     ト、__ /   / /`{´`i==ゝ、 ヽ ,' `ヽ、)   :,
                     ;ヾミ/  //  ̄ l  ,′   \ヽ        :.
                      l  /   `    l /     iヽ)        :,
                     ! {          レ'      ト、:..     ,ィミハ
                     ! ヽ               !:::::ハ三三彡'″ :.


            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l  サン、ちょっと静かにしとくお。
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ


130 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ▲   ▲ ヽ
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ
   |:::|  ■   ■   |:::|
   |:::|.u ▼   ▼  .|::::|   ……聞かなかった事にしておこうか?
   |:::|         |::::ヽ
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



                        ____
                      /     \
                     / _ノ   ヽ、_  \
                  / (○)  (○)   \  すいません、そうしてくださいお。
                  |   (__人__)    u. |
                  \   |  |      /   あくまで そう言うプレ……フリなんで。
                  /    ⌒      \


131 :◆vsQyY1yD2Q

            _____
         ,,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   ……何にせよだ。
       /;:;:;:;:;:;:;:;/ .:::    ::::.  |
      /;:;:;:;:;:;:;:;:/  .::::    ::::::  |  来たばかりの お前達を信用は出来ん。
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| (llllllll)  (lllllllll) |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  ゚ー    ゚ー  !.  だが、邪魔もせん。 私には そんな力もない。
    /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:|  ::::    :::: ,'
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:|  ::::    :::: /   若い連中と話がしたければ好きにするがいい。
   i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ⊂⊃  /
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`‐-、._ ー ,.‐'´    その結果、あいつらがどうしようと あいつらの勝手だ。
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:i



                       ___
                      /     \
                    /         \
                  /   \ , , /   \  分かりましたお。
                   |   (―)  (―)    |
                  \   (__人__)     ,/   やる夫達がサマンオサで何をするのかを見て
                   ノ    `⌒´     \   信用出来るかどうか判断してくださいお。
                ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
               ( l  l  l  l l
                ヽ      /


132 :◆vsQyY1yD2Q
                         _                           __
                       /:l                   ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                     イ//ハ            __    ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /////:l        ,ィ≦////  ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                     {/////|         //////; '   .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                     {/////|      //////; '   ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                        V////! ‐-、,.....__ j/////;'.     !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                    入//j   ` : :.`ヽ///      ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                    /   ""        :.:.:.:ヽ        ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                     {__,..---──'⌒ヽー-、__i、        >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
                    「--‐''"~´ ̄ ̄;`rく~`ー-、.」      , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   r'´    ,イ;ノzノレ' 7 \.:.:.:.:.:l           `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
                   /:.:. __ ; ;ノー-、._  l/ _,, -‐、:.:.::l..             ̄ ̄
                   /.:,.:'iヘl/ 'イ「゙'r`   'ィ1゙`ト/:.:.:.:l、
                    レi:.:.ヽ、ヘ.  ー'    ,. 'ー゙ /ソ:.:.:.:.:|
                    レヘ{ノ }ヘ 「`l     r 7 ,リ_;rレ^′
                     ゙ー'ヘ;l\! ´ ` /ー'
                      ト 、 ` :- ィ´⌒′
                   _ノ_ ` ュ 、Kユ-- 、
                   γ´    \〈;;;;}ワ{;;;;〉  ヘ
                !       ゝノ ソ   ; l
                   l     ,     __ ヽ     ` 、
                j     ′  ///≧ュ、  //ヽ
                  ′    イ  , ':///////ハ  ////ハ
                 ,     ハ .///////////} イ////リ
              ′    ,' λ://///////λ////
               ,    / V//`<///////:`Y´、
                ,     /   V//// ̄ ̄://///:| ヘ
             ′   ー- 、 j://///////////リ   ,
             ゝ、     `<////////////:|   ',
                > 、      ` 、://////′:|    :j
                     __` >      \///////j    ′
                .イ  ///:≧ 、 /  ̄ ヽ/イ ー 、
              {   /: : : `.<// ┘    , ' "  ̄ヽ, 丶
             ゝ_∧: : : : : : \\    j  、', ヘ Y_/ {
                j: : : : : : : : : :ヽ/`ー"/ーy ‐ ´   !丶
                |: : : : : : : : : : : :ヾ/////:{      !
               '; : : : : : : : : : : : : V// ヘ| ,__ ノ
                '; : : : : : : : : : : : : ∧: : : :`'': j
                  V: : : : : : : : : : : : : :'; : : : : : |
                 V: : : : : : : : : : : : : :'; : : : : !
                     V: : : : : : : : : : : : :::'; : : ::リ
                   V: : : : : : : : : : : : : ',: : v
                       V : : : : : : : : : : : : ',: ;'
                    V: : : : : : : : : : : : V
                         ヘ: : : : : : : : : : : : ',
                        V: : : : : : : : : : :ハ


133 :◆vsQyY1yD2Q

┌―――┐
|翌 日 │
└―――┘

i!i!i!i!i!|____________________________/
i!i!i!i!i!|                                        |
i!i!i!i!i!|                                       |
i!i!i!i!i!|                                      |
i!i!i!i!i!|                                           |
i!i!i!i!i!|                                          |
i!i!i!i!i!|                                         |
i!i!i!i!i!|                                        |
i!i!i!i!i!|                                       |
i!i!i!i!i!|                                      |
i!i!i!i!i!|                                           |
i!i!i!i!i!|                                         |
i!i!i!i!i!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔 ̄ ̄ ̄〕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
''''''''''''   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(____) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ              ヽ
      /                        ヽ               ヽ



             報告ー! 報告ーーー!

     ヘ( `Д)ノ  謎の一団がエムロームに接近中ーーーっ!!
   ≡ ( ┐ノ
   :。;  /


                              \v
                     /     彡彡  |\
                   /    彡彡彡   /  \
                  /     彡彡     人   |
                     /      彡彡    ノノ丿 |   |
                 |   彡    // ノ∠  V  |
                 |   彡  /ノノ 〈 。`ゾ |  |
                 Λ  彡 ノ  (( |ヽ\ ̄  ||  /
                  |  彡(    〈|〉´   u.ノノノ   何だと!? 敵か!?
                  )    し / ̄ ̄ヽ,  ノ (
                  \   / |  ̄ ̄ノ  \ し
                    \ |\ヽー―´ /| /
                      |  \l /  |/
                      || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
                      ||  三\|||/三  ||
         _____--――へ ̄ ̄―---― ̄ ̄へ――--_____
       冖――――┘          ソ/              └――――冖\
       ///  \____  | ̄ ̄ ̄| | | ̄ ̄ ̄ ̄|  ___/   |      \
       ///   \ ̄ ̄    |    | | |      |   ̄ ̄ ̄/   | || || |\\\
             \ ̄ ̄ ̄  \__| | |___/   ̄ ̄ ̄/   ||| || || |\\|
              \ ̄ ̄ ̄       |          ̄ ̄/   / | || || || ||\\|
                \/ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ̄ ̄ ̄ ̄\/     /
                         | | |            /


134 :◆vsQyY1yD2Q
                    __ _
             ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
              /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
             /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
          l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l
           │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│
          l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
           〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
           / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ   ガルマさん、落ち着いて。
          l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
          l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|.   謎の一団って どう言う事?
          ∨ \ヽl::.::ノ'\   、     .人:::、::.::l/::.::i::;ハノ    サマンオサ軍の兵装は分かってるわよね?
              ソ-−- 、lヽ    _, '   ∨ヽハ:.::.:l/
              /     ヽ. ` ̄´/     `/7^ヽく        規模は? 装備は?
            l        ト、   ヽ、._ r〈. l / / ,〉__
             |         l、`   l::i. `V{.ノノ ⌒丶、ヽ
            l ヽ、       l:ヽ、_ノ:::ヽ./     /、_,. i ',
               |  ヽ      ';::::::::::::::::::/     /⊆ニ(ノl  〉
              l   ヽ      ヽ:::::::::::/    /ヽ、___ノ/
             ヽ:::::::'入     ヽ::::/    ∧ ト-- イ




        そ、それが……数は おそらく300人ほどなのですが
  ( ;`Д)
  | ヽ/ヽ   そのほとんどが非武装なのです。
  > >


135 :◆vsQyY1yD2Q


         あちらも斥候を放っていたため
         近付いて詳しく調べる事は出来ませんでした。
    ( `Д´)
.  ノ/  /ゝ   あやうく捕まるところでしたよ。
  ノ ̄ゝ



               ____
             /      \
            /\  ,_.   \
          / (●)゛ (●)     \  戦闘要員がいないって訳でもないのかお。
          |    (__人__)   U  |
          \   ⊂ ヽ∩     <   それで、お前を捕まえようとしたのは どんな男だったお?
            |  |  '、_ \ /  )
            |  |__\  “  /
            \ ___\_/


136 :◆vsQyY1yD2Q





             ( `Д´)ノ  それが長身の黒髪で…… 左 目 だ け が 青 い 男 でした。
              ノ/  /
           ノ ̄ゝ





137 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . ●、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


138 :◆vsQyY1yD2Q
【 エムローム付近の森 】
;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|       |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,. , . ,,,,,.|ill|     v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,



                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ
                  l、/`┐        _ ∨   すまん、レイトン。
                /\   ヘ     _ _7′
               /=く \ l \    ー /     斥候を生け捕りに出来なかった。
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |    オスカー・フォン・ロイエンタール
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|    性格:わかもと
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |    職業:戦士、武闘家
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|


139 :◆vsQyY1yD2Q
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,    構わないよ、ロイエンタール。
:i,              i,    !        7三i   /三i!
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!   一番不味いのは、サマンオサ軍が接近して来たと
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!    あちらに勘違いされる事だ。
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ  非武装の民間人って事ぐらいは
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ   向こうに伝わったかな?
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ.    エルシャール・レイトン
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ     性格:しんしてき
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ   職業:戦士、賢者


                              ,,、、、、、、,,,,
                           ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                           ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                        /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                       ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                          ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                          〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
                       ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                        〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                         l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/  民間人かどうかはともかく
                         ゙i   /         リイ> |;/
                         i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!    あの距離ならば おそらく
                             ',   _           /^ イ;;;;/
                             ',  二ニ''ー    /:   |;:/.     非武装である事と おおまかな人数は
                         _ト,       /:.::.   リ      伝わっているだろう。
                            //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
                       //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
                      _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
        r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
        ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
         \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


140 :◆vsQyY1yD2Q
    |三三三三l|
  __ト―--――|
  ´、二二二二二フ
   |/  ・ ( ・Y    十分だよ。
  (^     ’ |)   それならば、あちらの初手で相手の思惑を推察出来る。
    1  、_  !
   △___  ∠     それじゃ次は もう少し、二人だけでエムロームに近付いてみようか。
   |::::::::::::/エ「ノ
  /::::::::::::::|  |::ヽ


                   _,.、-─--;;、.,,_
               ,、-‐''".,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,`ヽ,
             /;;:;、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;. ';';:;., ゙i,
             i゙;;i゙ ゙ミ、';';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;'; ;:,.;:, ゙!
              V  ```''ー─┐:;:;:;:;:;:;:;:;:;: |
              ;'     _,,..、   ゙! '' ;:;:;:;:;:;:;: リ
              F;ュ, ‐''f‐tラ‐  ゙i:::r;ニヽ;:; /
              ゙! フ `  ̄      l::lf^ ソ;; 〈,   他の戦士達は ここの護衛だな。
              .レ′_     i゙  リ 'シ'゙;:;:;:リ
                 丁___..     /「~ \:;;f゙.   分かった、付き合おう。
               ゙!.ー'     //    [_
                ゙!    _,.ィ'゙ / _,.,、-',r{,
                `フiニ´,.、-‐'ニ"-‐''" ,レ」
               _,.」 「rァ''二`vr-  ,.ィニr'゙゙;、_
             ,r'r〃fi|.l |' ( └'^;テ-‐'ニ-''ニ-'_,.>ー--、,_
              ,((''〃レ''ム lゝ, 二-‐''"´-'゙ '゙r'゙r'゙r'゙r'゙r'"r─-`ヽ、
              |:`i Yfr=ミ i レ',r'==-''"´ ,r'r'゙r'r'゙r',r'゙、r'゙_、-''⌒゙::i、
           |::::.| リ'し' ノ;' f゙r'ニヽ,.、-''_ニニ--─…:::'''":::::::::::::::::::::ll,
             |:::::|トヾ-'ジヽ`-'゙ィ'゙,r'"´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙!


141 :◆vsQyY1yD2Q
        ┌―――――――――――――――――――――――――――――──┐
        |                                                  │
        |        ━┳                                      │
        |     ∧_∧ ∩   ついに伸縮自在の                     │
        |    ( `・ω・)ノ                                     │
        |    /し  ノ     如意トンファーを手に入れたぞ!!              │
        |    し―-J                                     │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |           えいやぁー                                 │
        |     ∧_∧ ∩                           ドゴォォォ!  │
        |   ⊂( ・ω・) ノ        ---====≡≡≡≡  ━┳)Д´) ..;:・;'∴.    │
        |    /  ⊂彡                       /つ /つ          │
        |    し―-J                        ⊂⊂ノ              │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |                                                  │
        |    ∧_∧   ギュ──────…ン                         │
        |   (´Д(━━━━━━━━━━━━━━━━━┳)Д´)             │
        |   ⊂ヽ⊂ヽ、ドゴォォォ!                  /つ /つ.          │
        |    し―-J                       ⊂⊂ノ.            │
        |                                                  │
        |                    Now Tonfaing                       │
        |                                                  │
        |                     現在移動中                         │
        |             しばらく シバかれながらお待ちください                 │
        |                                                  │
        └―――――――――――――――――――――――――――――──┘


142 :◆vsQyY1yD2Q
【 エムローム島 沿岸 】



 ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
 |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
 ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ...||_[,,゚−゚)__,ノ ||_[,,゚−゚)、__ノ . ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ.
(X)三三三三三| ̄|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三| ̄|三三三三三三)
(X)三三三三三|  |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|  |三三三三三三)
(X)三三三三三|  |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|  |三三三三三三)
(X)三三三三三|_|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|_|三三三三三三)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'"''""'"'"'"'"'"'
:;; ;::; :; :;:; ::; ;:; :;:; :; :; ::; ;:; :;:; :; :; ::; ;:; :;:; :; :; ::; ;:; :;:; :; :; ::; ;:; :;:; :; :; ::; ;:; :;:; :; :; :;:; ;:; :;:; :; :; :; :; :; :; :; :;


143 :◆vsQyY1yD2Q
【 対岸の茂み 】

'"`゙ヾ
,. '"⌒ヾ
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、
     リ        r'"´   ⌒ヽ,
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')
レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     `ヾ
l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,. ';
i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/     ., ;:.')
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____ハ
---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: . : .:


                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj  見ろ、レイトン。
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'     エムローム軍は守りを固めるようだぞ。
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ.      島に続く橋を押さえられたな。
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''


144 :◆vsQyY1yD2Q
          i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : i
          i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: .i
         i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: i
          .i_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _...i
          i  ̄    ‐‐--‐‐     ̄  ├‐‐-. .、
   ,. . -‐: :  ̄ i                 i: : : : : : :`
.   〈: : : : : : : : : : `   ‐‐--------‐‐‐: : : : ´: : : : : :_ : -
    `   ‐-     _: : : : : : : : : : : : : : _  、....-t‐ ´
            i     ̄ ̄ ̄ ̄     ヽ:::::i
           i´|  ● i      ●    ∨ `、    いきなり攻め込んではこない、か。
           ヽi    ,.'                /    交渉する余地はありそうだね。
            .|    `               ,イ-、
         /: :|               i::;'/i   ところで知っているかい、ロイエンタール。
        /: : : :.i   _      _...      //:i
       、ヽ: : : : 、     ̄  ̄    __. .</: : :|   あの丸太を積んだ柵は
         ∨ ‐--. 、. .、      / ̄-‐ :´: : : : : : :|   シャンパーニ軍が得意とする即席の防壁なんだ。
.          ∨: : : : |: : : ` :┬---‐ヽ: : : : : : : : : : :.|\
          ∨: :..:.|: : : : /i   _,.i: : : : : : : : : : /: : :`
           .〉、: : |: : : :i 〈 ,-‐´ ./: : : : :_ : -‐: : : : : : :
        /: : : :..|: : : :.i  i i  /: : : :´: : : : : : : : : : : :



               ,,,::-ー''''""""゙''=-:、
            ,;r''"ツソ'         `ヽ、
           ,/_,, ,イ, ゙<          >! `ヽ.
         ,r'〃 ,r'''''''ーミ:、.   _,,,,-"",Z,,  ゙l,
         l,',,  ,il    ゙ヽミ、ミ、ミ三ッ-ー''  ,>゙l,
         {f ,〃      `''=ニ_ー----:、  ゙l ゙|
         |l イ!         ゙゙''''=-   ゙|i   } .|.
         ゙ll |! _,,,_        __  .|ト、 i l
          `lr'l!" ーモヲ'ツ:ヽ ;'"チモァ=-~゙ .|l _ ;リ
           |. |    ̄ ''":l!  `'' ̄    ;ll´ レ;'   ほう、それは初耳だ。
           ゙l. l;、.    ::l!        ,:タ /ノ'
           ヽ_l`    _;;L_ ,,     ,.ィ'ソ',イ}      確かに単純な割には頑丈そうだな。
            !_|、   __,,,,__    /f",ツ       湿らせておけば、火矢も防いでくれそうだ。
              | ゙i,   __ `   ,/i |/
             rl ゙li    ̄ ̄   ,r'"リ L,      だが、それがどうかしたか?
            _,i',rミーゝ.     ,;r'"_,,ニ-ン,|.
           _;l,:ヘヽ. `'''ァ゙=ー‐''"''彡='ニ~〃l
         ニ"-、<ヽヽ. ,/ f~゙い!.| |_f~l.|ri_,リノ,ニ=ー-
             `ミ、ゝニべ:、 `'!.| | ;;ソぅァシ"
              `''-ニ_ミ \| ! レ'ツ彡'´
                _,ニ=-┴-=ニ_


145 :◆vsQyY1yD2Q
          E三三三三三三三三三ヨ
          E三三三三三三三三三ヨ
          E-=二二二二二二二=-ヨ
        .,ェェエ三三三三三三三三三エェ,ェ
       /三三三三≡¨ ̄ ⌒     ⌒¨三三ヘ
       .!三三三i::::::::::i    ●   i ●i三三:=}   前シャンパーニ辺境伯は
        ヽ三三/`ヾ::::::!          i、  .!三三/  異界の勇者、ニュー速で やる夫の元に嫁いでいてね。
       ゝ三i   ヾ/          イ   i三/
        .>ヘ               iテ.      あの柵があると言う事は、二人の内のどちらか
          ヽ-ヘ         `‐‐‐ ' i        或いは両方がいるかも知れないって事さ。
            ヽ:::ヘ x≦三三三i   ノ    r 、
          /三三三三三三三三i ーイ     /三\
         ∨三三三三三三三三!_|________,/三三/
         ∨三三三三三三三=|;:;:;:j,ニ三ニ/三三/


                          ,,、、、、、、,,,,
                       ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                       ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                    /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                   ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                      ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                      〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
                   ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                    〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                     l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/  ニュー速で……ああ、ダーマの食堂か。
                     ゙i   /         リイ> |;/
                     i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!    そう言えば、あの店主も勇者だったな。
                         ',   _           /^ イ;;;;/
                         ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                     _ト,       /:.::.   リ      ……おっと、できない夫は
                        //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
                   //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」      勇者である事を放棄したのだったかな?
                  _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
    r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
    ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
     \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


146 :◆vsQyY1yD2Q
  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
! ,         ヽ● i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄   あまり いじめないでくれ、ロイエンタール。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从      その件については、もう少し
三7、   ̄  . イ、_       穏便なやり方もあったと思っているんだ。
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7


                   _,.、-─--;;、.,,_
               ,、-‐''".,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,`ヽ,
             /;;:;、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;. ';';:;., ゙i,
             i゙;;i゙ ゙ミ、';';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;'; ;:,.;:, ゙!
              V  ```''ー─┐:;:;:;:;:;:;:;:;:;: |
              ;'     _,,..、   ゙! '' ;:;:;:;:;:;:;: リ
              F;ュ, ‐''f‐tラ‐  ゙i:::r;ニヽ;:; /
              ゙! フ `  ̄      l::lf^ ソ;; 〈,   フッ、それについての議論は後回しにしよう。
              .レ′_     i゙  リ 'シ'゙;:;:;:リ
                 丁___..     /「~ \:;;f゙    当面の問題は、エムロームにいるかも知れない
               ゙!.ー'     //    [_    異界の勇者を相手に どう対応するかだ。
                ゙!    _,.ィ'゙ / _,.,、-',r{,
                `フiニ´,.、-‐'ニ"-‐''" ,レ」    人となりは分からんのか?
               _,.」 「rァ''二`vr-  ,.ィニr'゙゙;、_
             ,r'r〃fi|.l |' ( └'^;テ-‐'ニ-''ニ-'_,.>ー--、,_
              ,((''〃レ''ム lゝ, 二-‐''"´-'゙ '゙r'゙r'゙r'゙r'゙r'"r─-`ヽ、
              |:`i Yfr=ミ i レ',r'==-''"´ ,r'r'゙r'r'゙r',r'゙、r'゙_、-''⌒゙::i、
           |::::.| リ'し' ノ;' f゙r'ニヽ,.、-''_ニニ--─…:::'''":::::::::::::::::::::ll,
             |:::::|トヾ-'ジヽ`-'゙ィ'゙,r'"´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙!


147 :◆vsQyY1yD2Q

            , - −  ̄ − - 、
         |`−-- ____ --−´|
         |          |
         |          |
         |          |
         |          |
         _ -|`−-- ____ --−´|- _
        i´   `−-- __ --−´   `i
       `−--___    ___--−´  そう言えば、ニュー速でやる夫は
          i´| ● ̄i ̄● |`i
.          `|    i'´     |´      漁色家だと聞いているよ、誰かさんと同じだね。
           |   `      |
            `   ー−'  イ
              `−-−´


                    ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                   /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                    ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                  /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                  {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                  レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                 ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                 イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                 乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                  〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj   知っているよ。
                  ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'
                  ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'    ダーマで修行していた頃によく聞いた話だ。
                  ゞシハ::::     ;;;       /イ
                   `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                   ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ         まったく私とは反りが合わなさそうだな。
                  斤'ー、,_::\       /  |
                 /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                 ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
 _,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
 二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
 ━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
 \:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
  ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
   ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''


148 :◆vsQyY1yD2Q
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
    _i         i
   i三三三三三三三三三三i
      │ / ● │● i
     (  ̄      つ i        同時に慈善活動家でもあるようだ。
    !二コ           i二フ
   ├─┴─┐  ー‐‐!三/7   下手に誤魔化したりせずに
    ゝ三三三│   _ノ三/7
     ゝ三三三i  ⊥;:丶 7/.     難民を逃がすと言う こちらの目的を
    /ゝ三三三i ̄;:\l;:/ /三\.   そのまま伝えた方が良いと思う。
   /三三三ヽ/ヽゝ;:;:;:;:;:/三三\
   (三三三三ヽ/ ̄ヽ:;::;:│/\ ヽ
    \三三三ヽ/ ̄ヽ/ 三三ゝノゞ
     /\三三三Yミ三三/三三)
     ) 三\ミ三三三/二二二丿
     ノミ三 へミ三/i:;::;::;::i三i
     ノ 三三三三三 i:;::;::;::i三i


                  ,,,::-ー''''""""゙''=-:、
               ,;r''"ツソ'         `ヽ、
              ,/_,, ,イ, ゙<          >! `ヽ.
            ,r'〃 ,r'''''''ーミ:、.   _,,,,-"",Z,,  ゙l,
            l,',,  ,il    ゙ヽミ、ミ、ミ三ッ-ー''  ,>゙l,
            {f ,〃      `''=ニ_ー----:、  ゙l ゙|
            |l イ!         ゙゙''''=-   ゙|i   } .|
            ゙ll |! _,,,_        __  .|ト、 i l
             `lr'l!" ーモヲ'ツ:ヽ ;'"チモァ=-~゙ .|l _ ;リ
              |. |    ̄ ''":l!  `'' ̄    ;ll´ レ;'   ……ますます私とは
              ゙l. l;、.    ::l!        ,:タ /ノ'
              ヽ_l`    _;;L_ ,,     ,.ィ'ソ',イ}      反りが合わなさそうだ。
               !_|、   __,,,,__    /f",ツ
                 | ゙i,   __ `   ,/i |/
                rl ゙li    ̄ ̄   ,r'"リ L,
               _,i',rミーゝ.     ,;r'"_,,ニ-ン,|.
              _;l,:ヘヽ. `'''ァ゙=ー‐''"''彡='ニ~〃l
            ニ"-、<ヽヽ. ,/ f~゙い!.| |_f~l.|ri_,リノ,ニ=ー-
                `ミ、ゝニべ:、 `'!.| | ;;ソぅァシ"
                 `''-ニ_ミ \| ! レ'ツ彡'´
                   _,ニ=-┴-=ニ_


149 :◆vsQyY1yD2Q
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,
:i,              i,    !        7三i   /三i!   ―― と、危険を顧みずに
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!   難民の護衛を引き受けてくれた男が言っている。
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ


                           , -── - 、
                          / ̄へ\ 、   \
                        /       へ\`三   ヽ
                           l     _     厂lトi、     ',
                      /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                         l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                      〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                      〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ   金のためだ。
                        l、/`┐        _ ∨
                      /\   ヘ     _ _7′   王宮戦士を辞めて以来
                     /=く \ l \    ー /      何かと物入りなのでな。
                    /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
                 r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
               r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
            _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
           _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
          |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
           | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
          〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
           |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
           | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
           | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |


150 :◆vsQyY1yD2Q
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       . _ ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ,ィ.´:::::::::::|/``‐-、_ : ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::ヽ
      {::::::::::::::::::|////////////////////|::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::..ゝ、 _///////////////|:::::::::::::::::l
      ` ォ、 _:::::::::::::::: `ー ─── ´::::::::::::::::::::::::::ノ
       {  |::/‐- 、 __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ ´
        .i   |イ        ̄`  ̄ ̄ ̄::::.! ´ |
         ゝ _|   ●   l   ●   l::!   ノ
          .,ィチ|        |       ├ "
     ..ィ////|         (          ト、     サマンオサの情勢を聞いて
      |.ゝ///|                 |//ヽ.    ダーマの修行を切り上げて来たのは誰だったかな?
      |:::::\/|                 |//ノ|
      |::::::::::::`a、            _____.|/:::|.     ……まぁ、それは置いておこうか。
      ヽ::::::::::::::::|   `───'   |::::::::::::::::/     僕達の後ろには難民達が待っているんだからね。
       |:::::::::::::::|、            ,|:::::::::::::/
    _______〉:::::::::::::| :` 、      ィ 7:::::::::::〈_____
   /::::::::::::::\:::::::::|: : : : :`ェ ー ェ: :´: :|:::::::::/:::::::::ヽ.   ロマリアのニュー速で やる夫、会うのが楽しみだよ。
  .|:::::::l::::::::::::::\:::|:\: : : :ヽ /: : : :ィ|:::/::::::::::::::::::|
  {::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : V: : : : : /:::::::::::::::::::::::::::}
  .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::l:::::::::}
  |:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::|:::::::::|
  ri::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::| : : : : : : : : : |::::::::::::::::::::::|:::::::::|
  |:::::::::::i::|:::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::|::::::::::\


151 :◆vsQyY1yD2Q
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
    \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ
    /   r''ヽ、.|
   |    `ー-ヽ|ヮ
   |       `|
   |.        |
   ヽ、        |
     ヽ、    ノ
      ( `Д)  自分は諜報部隊の隊員、グレイフォックス隊長の部下です。
      | ヽ/ヽ
      > >                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                              d⌒) ./| _ノ  __ノ


152 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第85話 「いざサマンオサ」 は終わりです。


今回は、現時点での登場人物の数えの年齢や職業などを添えてみました。
今まで未公開だった者達も含まれています。

基本的には、「登場時」 に原作通りの設定だと考えてください。

例えばサンの場合は、登場時点で原作通りの15才で
今は年が明けて16才となっています。

原作に年齢設定などがない者達は、年齢については触れていません。

とは言え、嫁の年齢が不明と言うのも何なので
原作設定の無いリュカは、『けいおん!』 の澪を意識して17才と設定しました。

イングリッド? 彼女は謎でこそですw


ちなみに、ガルマが商人なのは
原作で一番能力を発揮していたのは 「外交」 だと考えたからです。
そこで 「交渉」 の授業がある商人の加護と言う事ですね。

マリナは、めぐると同じく歌の上手さが理由で遊び人です。



次回更新は、2/10(日) 20:00〜を予定しております。

2/3(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

.  , -‐- 、
  /::(,,゚Д゚) < カオナシ!
. /:::::::::::::::::|
/::::::::::::::::::::|


第84話へ     5 第86話へ

劇場版 機動戦艦ナデシコ The prince of darkness ホシノ・ルリ フリルスタイル (1/8スケールPVC塗装済み完成品)Fate/stay night 遠坂凛 浴衣ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
劇場版 機動戦艦ナデシコ The prince of darkness
ホシノ・ルリ フリルスタイル (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
Fate/stay night 遠坂凛 浴衣ver.
(1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

この記事へのコメント
ロイエンタールの性格ちょっと待て
Posted by at 2013年01月28日 22:42
好色が原因でのダメージが至る所でw

ロイエンタールから逃げ切るとは、グレイフォックスの部下優秀だな
修行の途中でってことはロイエンタールも原作ほどじゃないのかな?

リーオーたちが居れば、共闘は無いって誤解されずに済むかねー?
Posted by at 2013年01月28日 23:02
マテや性格:わかもとwwwww
しかもツンデレじゃねーかw
Posted by at 2013年01月28日 23:06
ついに動いたか!レイトン教授とやる夫の面会どうなるのかな。目指すものは一緒だが果たして。
個人的にはやる夫の味方にはなって欲しくないなぁ。「やっぱりやる夫はすごいんです」になっちゃうし、抜群の能力がある人間やちゃんとした善人でも対立しなきゃならん事もあるってほうが現実的で面白いが。
Posted by at 2013年01月28日 23:13
プレイ言うなwww
Posted by at 2013年01月28日 23:22
性格わかもと
Posted by at 2013年01月29日 00:20
性格わかもと

漢女から会社員まで使い分けができるとか?
Posted by at 2013年01月29日 02:27
如意トンファーwww

のばせよwww
Posted by at 2013年01月29日 03:04
>サン「リョカとアイビスはペット」
おいwww 犬プレイってめっちゃ高度なことしてるのかよやる夫www 
エ■ゲーでもそんなに多くないぞやってるのww
しっかしいきなり敵側の大物来たなあ…。
Posted by at 2013年01月29日 05:51
カオナシに気使われてんじゃねーよw
もげろ
Posted by at 2013年01月29日 09:48
レイトン接触!
コレがサマンオサでの初戦になるのか?
敗北判定/避難民を無条件で受け入れる
勝利判定/有利な条件や言質を取り捲る
って感じですかね?避難民は間者が混じってそうだし、
約300人!タダで受け入れるのは勿体無い!
Posted by at 2013年01月29日 18:00
おおい何ヤッてんのリュカとアイビス!

あとサンのバニー姿っていろいろ新鮮デスネ
Posted by at 2013年01月29日 18:33
やる夫の場合、避難民を前面に出されると同情のあまりできない夫を肯定するような言質もとられかねない。
頼むぞヴィクトリカ。舌戦はお前頼りだ。
Posted by at 2013年01月29日 19:15
武力衝突ってわけじゃないが、激戦前の緊張感がたまらんな
Posted by at 2013年01月29日 19:41
何でできない夫はこんな先行き不透明な状況でテロったんだろう。
義憤に駆られてって訳でもなく野心がある様子でもないし。
勇者としてに限らず実績と名声築いてからなら、異界知識もあってすんなり行けそうなのに。
Posted by at 2013年01月29日 21:15
できない夫は、考え無しと言われえても否定できないことをしたのは事実だが
私欲ではなく義憤から貴族と袂を分かったのではなかったっけ?

貴族から搾取される民衆を救うのに民主主義を使ったのは融通が利かなかったんだよなあ
逆に融通が利きすぎて、異世界に溶け込んでいるように見えてる やる夫が民主主義への最短コースに乗っているというのは笑うしかない状況だが
Posted by at 2013年01月29日 21:54
わぁい食いっぱぐれた難民受け入れさせる気かwww
これやられると物資なくなるわ軍うかつにだせなくなるわ大変なんだよな
どうせスパイも混じってるだろうし
Posted by at 2013年01月29日 22:00
レイトンが避難民動かし始めた頃にはやる夫の先遣隊も居なかった頃だろうからレイトンにとっても誤算な状況か

エムロームに難民送り込んで暴発を誘った計略だったかも?
ボストロール的にもエムロームに暴発してもらう為にいろいろやってる状況なのが外から見えてるのかもしれん
三賢者てきには王都はさんだ裏口でゴタゴタ起こせれば少し楽になるし
Posted by at 2013年01月30日 00:02
そら先行き不透明といっても何のコネもない力もない実績もないじゃ先行きなんて見えるアテないしな。実績築いてから、といっても築くのにどれだけかかる、その間に何人死ぬ、って話になりそうだし。
民主主義は、あれだ。元の世界で弱者を救う系の発想して一番最初に思いついたからじゃない?現実的に貴族制大盛況な時代に民主主義とかマトモにできるわけないし。価値観と共通観念の衝突って思ったよりも深刻よ。

まぁとはいえできない夫の情報なさすぎで全部当て推量だよね。確か入ってきた情報もできない夫の存在が都合が悪い側の人間からだったよね(うろ覚え)。正直、正しく伝えられてるとは思えないしねぇ。
これからの展開が楽しみだわ。
Posted by at 2013年01月30日 01:24
難民を使った計略は多分無いんじゃないか?それをやれば結局の所、できない夫+それに付き従う者は正式にテロリスト扱いで色々理由つけてアリアハンやロマリアがこれ幸いとできない夫を潰す為の軍派遣なんて事も出来ちゃうし、色んな所(ダーマの食堂含む)に指名手配されるだろうなPTごと。
Posted by at 2013年01月30日 02:33
本人が善人でも周りが(主に孔明)そそのかしてるって可能性もあるし。
個人では善人でも公人では無能な為政家なんて珍しくないよね。
Posted by at 2013年01月30日 09:06
如意トンファー…
ついにトンファーを攻撃に使った、だと
Posted by at 2013年01月30日 13:54
まぁできない夫やその仲間の考えや狙いは明らかになってない所が多過ぎるしな。
正直、それより何より気になるのはこっちに落ち延びてきてる元サマンオサの支配階級だった方々の事。シャーマン族の現状を「知らなかった→知ったので改善しよう」で済ませるんかい…いくら末端の異民族の話だからって、これはまずい。
前に出てきた反乱を起こされた土地の領主たちの事といい、この国は足元が疎か過ぎやしないか?
Posted by at 2013年01月30日 18:59
サマンオサの情報は59話でグレイフォックスから報告受けてますな。
まあやる夫は貴族サイドの人間だからその部下は都合の悪い人間にはなるか
Posted by at 2013年01月30日 20:12
↑×3
その代償は自滅w
Posted by at 2013年01月31日 22:50
難民を大量に送り込んで兵站を破壊するためなのかな
難民は無視できないだろうからいい策ではある
草も混ざりやすいしね
Posted by at 2013年02月01日 17:27
米欄や本スレでは、すっかり悪玉のイメージが定着してるが、
できない夫パーティの腹の内はまだ描かれてないし、
作者が彼らをどう扱うかも公言されてないんだよね。
Posted by at 2013年02月05日 20:00
飼い主に媚びる犬に打算など無いッッ!! 
アイビスだけでなくリュカと神夜も真実の愛に目覚めていたとは…
Posted by at 2013年02月07日 00:15
疑い深い、けど境遇を考えれば無理もない、か。
って、夜の生活を暴露された!? これは恥ずかしい。
ともかく、彼の信用を得るには相当苦労しそうですね。
しかし、なんとかしてやり遂げなくてはなりません。


レイトンでしたか。できない夫パーティの中では比較的まともな方なようですね。
もっとも、リュカ家、アリアハン、サマンオサでさまざまな悪事の片棒を担いでいるので善人とは言いがたいですが。
勇者認定証の件はできない夫の独断っぽいですし、これについては巻き込まれたのかな? 
まあ、王族貴族打倒を掲げた時点で遅かれ早かれという考えもありますが。
やる夫の情報も得ているようですし、分析力も相当なもののようですね。油断のならない相手です。

しかし、300人も連れてくるとは。食糧とかどうしたんでしょう。
パン、肉、水、必要な分だけでも相当な量と費用になりそうなものですが。
そして、難民を何処に逃がすつもりなんでしょう。

>できない夫の野心
世界初の民主主義国家を築く(第59話参照)
王族貴族を打倒し国乗っ取って、民主主義国家を築こうとしていますよ。
打倒というのは、追放か処刑か、あるいは身分剥奪か。戦場で殺すつもりなのかもしれませんが。
老若男女赤子の区別なく一族郎党すべてに対して行なうつもりなのかは知りませんが、主張通りならやるでしょうね。

まあ、ボストロールの暴政のお陰で人心は乱れ悪党は跋扈していたでしょうから、狙い目だったんでしょうねえ。
他の国ではこうはいかないでしょうからね。
できない夫はボストロールの仕業だと気付いた上でやってますから、状況を利用していますね。

>できない夫たちの悪事
明確なものは、
リュカ家には、詐欺、テロリスト支援の汚名を着せた(結果、没落寸前。商家との取引もなくなる)
アリアハンには、勇者認定証を焼き捨てて反逆した(異界の勇者に対する信用が落ち、疑われるようになる)
サマンオサには、民衆と反乱を起こし王族貴族打倒を掲げた、国に対する侵略行為(カブノールの占領とか)
        貴族の財産の略奪(カブノールの土地、ブラウンシュバイク公爵邸)

とりあえずこれくらいかな。推測出来ても描写がないものは書いてませんが、どれも重罪だと思いますね。
悪影響についても描写がないものは言及しません。ひょっとしたらサマンオサでは三賢者が対処しているかもしれませんし。
対処したからと言ってどうにかなる問題じゃないものもいくつもありますけどね。
Posted by とあるA at 2013年02月08日 02:58
リュカ家からできない夫に損害賠償請求出来ると思うんだけどな。
「異界の勇者」に支援したわけで、その立場は自ら捨てたんだし。
さらに支援した事で没落した訳だしね。
できない夫たちが素直に支払うとは思えないけど、貴族への借金を支払わない為に貴族を滅ぼそうとしてるとでも噂を流してやれば勢力半減ぐらいはするんじゃないか?
Posted by at 2013年02月08日 16:33
腹の中がどうあれ、やる夫的には味方にはできん相手だわな。
やる夫の第一の目的はやる夫が元の世界に戻っても大丈夫な様に身代を築き上げる事だし、嫁の出自もお貴族様がおるし。
Posted by at 2013年02月09日 01:24
できない夫達が接触してきたら、
・できない夫はサマンオサの民を見捨てて他の国に逃げようとしていて、『王族にコネが有る』やる夫に取り入ってアリアハンやロマリアの貴族から護って貰おうとしている
とか
・できない夫は『好色な』やる夫にサマンオサ征服への協力を求め、『征服後にサマンオサ中の女をやる夫の○○○○にする』事をその報酬として持ちかけた
・・・なんて噂を流してサマンオサの民衆に
できない夫『も』自分たち(民衆)の期待を裏切る?
って思わせられないかな〜って考えてたけど今の状況じゃ使えないか
民衆ができない夫に協力してるのって
・王子が国王を倒した!これで良い国になる!!
→王子が国王になったら前より悪くなったんだが・・・
→あんなのが国王じゃもう絶望しか無い・・・貴族に期待なんてムダだった・・・
→颯爽登場! 銀河りそうしゅぎ! できない夫!
「さあ、僕と協力して 貴族のいない民主主義国家を作ろうよ」
→…ミンシュシュギ?なにそれ?…とりあえず貴族いなくなるんなら今より良くなるんじゃ・・
→よし、よーわからんがやったるでー
・・・だと思うんだが
Posted by at 2013年02月09日 09:27
思ったんだが「王様は魔物だったんだよ!」っていう事実ってさ、ぶっちゃけ意味ないよな。
魔物を倒すのは確定として、倒したからなんなの?って話。
「全部魔物のせいなんです、王様に化けていた魔物は倒しました、はいよかったね、めでたしめでたしでみんな仲良くなりました」とかマジキチな展開だよな。
言ってしまえば、王位に要求されるのは「良い政治をする事」だけ。究極、魔物でも構わない。善政を敷いて民が飢えず国が荒廃しないなら神でも動物でもなんでもいい。
サマンオサがこの状態になって王様は偽物でした、って言った所で何も帰ってこないし何も変わらない。いい人のラインハルトが玉座に戻ったから今までの数十年の地獄は水に流してください、とかさすがにあり得ない。

それに魔物の目的って人間の世界を荒廃させることだよな。
できない夫が「王様は魔物です」と言い出すのは最悪の悪手じゃないか?
正体バレして勇者が来ている、民衆が立った、軍勢まで来た。
俺ならこの時点でラインハルト殺すけどね。正体バレして変身する必要ないし、サマンオサにとって最大のダメージはまっとうな人物であったラインハルトが死亡し、国は荒廃したまま玉座と王位が完全に空席になる事だろうし。
そうならないかもしれないが、万が一そうなった時のダメージが深刻すぎて博打には出られないよな、常識的に考えて。
Posted by at 2013年02月10日 00:45
↑↑
その展開はリアル地球でも同じじゃないかww
民衆というのはどの世界のどの国のどの民族だろうと無知蒙昧な集団なんだから当然だw
耐えても良くならない、王が変わったのに良くならない、みんなどんどん死んでいく
でも貴族に逆らったら本当に殺されるかも(今まさにゆるやかに虐殺されてるし)
そんな時に状況を変化させる人物が現れて貴族に喧嘩を売ってくれた!今まで耐えるしかなく逆らえなかった貴族に一撃を食らわせた!
自分達は自分達で命を救える、貴族に反抗できるんだ!
・・・って心情だろう、この貴族制全盛期の価値観で考えると
当たり前だけど、革命家なんてもんは現体制や利権握ってる連中には100%蛇蝎の如く嫌われるもんだ
だいたいロクな死に方はしないし1人で全てを達成させることもないけど、
彼らはその場に生きていた人間にとっては紛れもなく、歴史に反抗する鏑矢だったってのを忘れちゃいけないね


Posted by at 2013年02月10日 00:58
↑↑↑
仮にそうだったとして、反乱に参加してる国民が民主主義をよく理解してなかったとして、それでも特に問題無いんじゃない?
実際問題として、現在進行形で今の王に散々苦しめられてるわけだし、もしもよそからきた勇者がボストロールを倒したところで、↑↑の人も言ってる通りそれで片が付く話じゃないと思うよ。
ボストロールが暴政を敷き、ラインハルトにクーデターを起こされる前も後も、魔物が国の中枢に食い込んでるって国内外の殆どの人間に知られてないっていうのは、つまりそういう事でしょ?
Posted by at 2013年02月10日 20:59
確実なのは
ボストロールを退治しない限り
状況は悪くなる一方だってこと
(何せ完全にそれが奴の目的なんだから)

退治した後に良くなるかどうかは
また別の問題だな
Posted by at 2013年02月11日 22:37
正義の味方の限界がここなんだよな。
人を殺めるという意味での「汚れる」覚悟はあっても、
政治的に「汚れる」覚悟がない。
北斗の拳のケンシロウなんかその最たるもんだ。
悪党を成敗することはできても、悪党が出ないように統治することは出来なかった。
苛烈に見えても、ラオウの方が結局は平和への近道だったと思う。
Posted by at 2013年02月24日 13:35
感想欄を見て思ったが…ここのできないおは間違った善人なんだな
悪人ではないがやり口が間違ってる
もしくは正しくはないが善い人?
無能な働き者も近いかもしれないけど
Posted by at 2013年04月11日 11:38
性格wwwww ま た かwww 『わかもと』てww
その内『ぶるぁ!』とか、別キャラに設定するんじゃないだろうな?w

あらトンファー久しぶり。今回は痛み分けかw

やはりマリナの職選定理由はそれか。002期で子供達と歌ってたしな
そのせいでせっさん、焼け野原ひろしにトドメ刺しそこなったけど
Posted by at 2015年08月05日 20:24
あぁ、リュカには原作設定がないから1で原作表記がなかったのね。
Posted by at 2015年08月07日 22:47
>129
これまで何度か・・・夜の生活語るときとかQM卿を撃退(?)したときにもあったけどペットプレイについてkwsk。さあ。
・・・ってサンだとほんとに赤裸々ドストレートに語るんだろうな。ぽぷらとはまた別ベクトルで聞いてる方が消耗しそうだwww
Posted by at 2017年03月20日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61810803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ