■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 7/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年02月11日

第86話「僕にその手を汚せというのか」(3)

第85話へ   3   第87話へ

67 :◆vsQyY1yD2Q

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
          l                      l
            l            ,、     l
            l               八      l
          .l               | |       l
         l             | |       l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄



              |三三三三三三三ヨ|
              |三-=二二二二=-ヨ|
           ,ェェ三三三三三三三三三≧、
          i'三三ヨイ:::/   o  i ̄ヽ三三ヘ
          ヽ三ヨイ ̄`      '-i °i三三ノ
           >ヘ   .u       ′ |テ'"
           _,ェェェェェ、             |
            i三三三三!   , -- 、_    !     難 民 を 一 日 で ア ル ヘ ン テ ィ ー ナ へ !?
             i三三三三!  i -- 、::7   i ,ェ、
           .|三三三ヨi     ̄ ̄   iチヨ!
          |三三三ヨi         , イ三7
     ,ェェェュ___ヘ三三三il|ヽ、_________ . イ三三!
   __/三三三三三三三ヨ!:::::::::i 7:::::::::ヘ三三7
   j三三三三三三三三ヨ!::::::::::v:::::::::::、〉ヨ<
 /三三三三三三三三三i::::::::::::i:::::::::::/三三ェ、
'三三三三三三三三三三ヨ:::::::::::::::::::::7三三三ヨi


68 :◆vsQyY1yD2Q

             ,,,、、、、、,,,,
          ,.: .:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.、
         ,f;:;:;ミミヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:',.
        ,;:;:;;;;ミミヽ:;:;;;;;;;f⌒'^^リN;;
       ,;:;;;;;;;;;;;;ヲヲ'''ィイハ、  ノi;;;;;!  アルヘンティーナ?
       ',;:;;;;;;;;;ィイ ,,、、、、   ,r- 、;;;;!                      一日で? どう言う事だ?
       V;:;;:;;;ル'゙゙,rモテ.:;' ノッャ''';;シ             ,. '"´  ̄¨```ヽ
         Nいiij       ~` リ           /       .:.:.:..`ヽ          ,.'"´
        Nいii!':,    、;::′ ,j!           /::      ノノリハ.:.:.::::',        /
        ル:;;;;{,    ,, --、  1             i:::::    ,ィソ ′ `トト;!         !    ,
        ルハシヽ   ´ 二`` ,′          |::::::.  ,.ィイ´_,,,,ノ 、,,,_ .リ        |    j
        `フリハ `丶、.    /            ',::ハ:r'゙ ´,ィtr   {ィtr1        ! .:;;ィイ
       ,/ i ',     ``ーイ                i1    ` ´   「` !        ', {^^リ
  _,.. -‐''ニ7.  ヽ ヽ     i ヽ             ヾシ i     `''´  l         ヽ い
 ̄ `ー─'"7_ _ \\    ハ  \_          /:: い    ''ニニ` ,′         V^',
  ',        _>\     /7⌒゙```ヽ、         /:::::.ヽ、 ゝ     ,.イ          ,.イ^ヽ
   i        <_   \  / \      ト、 -‐''"´:.ヽ:::::.:.:.``ー ニニニ彡ヽ     ,.-‐''"´1
 .  l        ``ヽ,  ', ! /      l ',:::::::::::::.: .: .\::.:′        7ヽ<"´      l
   l           \リ /       l  i           _ _,   ′  ``ヽ     l/
   l            V!        l  l                     ト、
   l             i!           l  l                     i::1

                      【 難民の皆さん 】


69 :◆vsQyY1yD2Q

             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ )   元・サマンオサ海軍提督の幻海女王が
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    .|   (⌒)|r┬-|     |.   いつ戦場になるか分からないエムロームやカブノールよりも
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、   ./       アルヘンティーナの方が安全だから連れて来いって言ってくれたんだお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                    ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人
                    ノ                    ヽ
                  <   おぉ! 幻海様が……!
                      ヽ                   イ
                      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y       ,.:.::;: .: ;: ;:;、、
                                       ,,,、、jNレ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                                      ,〃;:;:;jiト、.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
                                     〃.:;:;:;:;jjト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::ト、
                                     !:::::,! リリ^ハ⌒ヾ)`ヾミミミミミミヽヾ
             ,.-‐'''"´  ̄ ``ヽ、              リ:::!          `ヾミミミミミヾ;!
           ,.ィイ           `ヽ            !::!,,、=イ  ``'''''`ヽミ  トトト;;;;;;;;;;;;!
           イ   ,ィィ、       iNi            ヾ! ィホ!   乏ユ、~  トトハ;;;;;;;;!
             ,..ィイハハ   `ヾ  iNi!            ,!  l ,'  ´ ̄  .  ミ  !;;;;/
           V V_,,ノ  トトト、、_ ``ヾ i:|;;|  ,.'"´二 `ヽ    l  j!.:,        リ_ノ/V
               Vハrモ  `モュ、 `ヾ;r 、 :l:::! /   ,,     ',   ', /`''''''´ヽ     j ,,ノ;V
                `1 ノ       l:l l  ! ! ,r彡  ミヽ  .ト、   ! ' rニニユ     /;;;;;;;;/
                 ', `      リソ   ! )`'ソ ''`~  ,イ;;;!    ',  ー      /.:;;;;;;/
              i、 rニュ    ノ  、  ヘ ', /`'''ヽ   H;;ノ    ',.j      ,.イ   ハ、
              |.ヽ   ,. イ i..:l::::::';.::::::', l ! ニニ !  jレ      コ"""""´    /  Vヽ
              |::l:ll:`T´ ,′!::l:::::::',::::::::',ヽ   ,. イ L       /  !      /  /  |\
              |::l:ll:::::|     V::::::::l:::::::::! 「 ̄  / 〉    ,. イ /        /  |
               >_ソ     ` ー-r <〈     /,、-‐'´ / 〈       /    |
            ,. ィ´           // ⌒ヽ ,、-'´      /   ヽ    /       |


70 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
          /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
       / :::⌒(__人__)⌒::: \/⌒)
       |     |r┬-|       | ノ  やる夫達には、アリアハンの宮廷魔術師が協力してくれてるから
     __\     `ー'´     /./
   (⌒              |_,,,ノ    今日中に皆、アルヘンティーナに送ってあげられるお!
    ""''''''ヽ_         |
         |           |
         |         |
         i      ̄\ ./
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''


  ./ 7
  / /              / 7
ニ  ニ二7          / /                 / 7
/ /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /                         /
.../            /// /      /二二二 ニニ  ニ二7                    _/ /
/            // ./ /            /// /      , . /  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄
          //  / /          // / /           ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄/ / ̄ ̄
        //  / /         //  / /                   .ニ 二二 ニ≡≡三三三
       //   ./ / _____ _ /   ./ /              ニ ≡ 二二 ≡三三三三三三三
            / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___   . :. :. :. :.: .: .:.|、  = ニ 二三 ≡三 三三 三三三三
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. : .:. :. :. :. :. :. .p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,od .:'`;:; , ニ三三三三
                ̄ ̄ ̄ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
.../ l. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .O od .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;
/  | p'゙;;.:O od .:'`;:; ,.: ;oQ r;;;;;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
  .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
.:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
.:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
 iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三
 |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
 |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三


71 :◆vsQyY1yD2Q

                _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
              ,,r''"            ゙li:、
             ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
            ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;
            {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
            ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl
            {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
             ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ
                ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }     アルヘンティーナは
             :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ
             ゙i   ゙-、 ''゙ \   u.'  , _,/ f"    よく難民の受け容れを承諾したな。
              ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{
              ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'       まさか工作員の話はしなかったのか?
               ゙'i;         / ,/   |,;ノ
                ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
               ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
               ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
       _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
       ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
      r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"



:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::/リ   |::::|:::::::|:::::ヽ
:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::/`メ、  |::::ト、::::|:::::::|
:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::::/_/  \|::::| ',::|:::::::|
:::::::::::::::/⌒|:::::::::::::::::::::::::::::|/  √5≧、\| }:::|:ト、:|
::::::::::::/,;'⌒|:::::::::::::::::::::::::::::|    |::::|`゙   .'∨リ }!
:::::::::::| {'"´|:::::::::::::::::::::::::::::|    |しl    {
::::::::::::l   (|:::::::::::::::::::::::::::::|    `ゝ"    丶.    そんな無責任な真似はしません。
:::::::::::::ヽ、ヽi:::::::::::::::::::::::::::::|    ヽヾヽ     ` ,
:::::::::::::::::::T.|:::::::::::::::::::::::::::::|            /   全ての事情を お話しした上で
::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::|            ,′   女王陛下の許可をいただきました。
::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::|       -‐-
::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::|          /     工作員がいてもアルヘンティーナでは
::::::::::::::::::::|_|:::::::::::::::::::::::::::::|            /        何も出来ないとの事です。
::::::::::::::::::/;;;|:::::::::::::::::::::::::::::|______/
::::::::::::/;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
‐-- .、;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
     `丶|::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
        |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i


72 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ,ィニ=、_
                 , --'´ ミY´ , ‐、___`ヽ__
                / ,ィ   ニミ{彡_ー=ニ=、、ヽ.  ヽ.
               , '  l / __ Y  ヽー、 ヾ.、 l   }
                (   ,ィ´l /三ミl〃ヨ { {   }}. }  l
                 〉 / (( l      ヽ.`ヽヽヾ.、ヽ. ヽ.
              / /   ) )       ゝノ ゝ.《. }  l
              ゝ( /´〃―   `― `ヾ_`ー, ll_ ヽ {
        ちっ   {  ,'-.,ィ____ヽ  /____ヽ. / `、ノ 7
         ちっ  7 { ,-ヽ`ー‐`´'', ヽ`ー`´‐' lノ/¨`}{   )  ウチに何か仕掛けようなんざ
          ちっ (〃ヽ. (',  ̄´  l .  、` ̄   ) ノ.'.' (
        ,, == ち. )) i!`l ヽ  ; '--ヽ i!.  /,`7´ll {{ヾ丿   100年早いよ。
       〃   i`i  ゝ. } ) ,へ.     ´ /| (( { {{. ir' l
       i!ヽ    l .l   〉 ( ゝ-ハ` ;-‐..´ゝ´  ̄‘.〃 ノ_)'
       ヽ ヽ _l l   `ー、7`__从}/       ,´
        ヽ〃ニ、ヽ.      ¨ //   ィ::´ ̄ ̄::¨ヽ.
         { {_ヽ {  l     //  /:::::, ' 二二ニ 、:ヽ.
        {ヽ-´ ヽ人.    〃 /::::::://     `ヽヽ}
         `ヽ--,,/ ヽ   /  /:::::::〃           | ||


       __,.z-===ニニヾヘヽヽ、
      _Z_-=ニニニニ=z_ヾ\ヽ Viハ
     T于-=彡厶斗-z_ニ=z-xヘj/yj7
   zイ/, ィ-=ニニニ>'´      :',
    〉彳个=彡ji'チf         .::',
    〃-=彡'x-<ニヘ   ,.===x'  /ィ    盗賊の加護持ってるヤツが
   ノz--=ニニ==ヲィ'´ -:、:::'  7::::|   船乗りに次いで多いからな。
   チ-=ニ彡__彳≠  _,-tッヽ   {:::::i
   ヾニ=-7  ∨{    `テ´    V::i    すぐに見付けて ふん縛ってやるさ。
    \=-{.i ィzY'::.          /  V
     `八',:{ t:<ヽ:::::.      `--zK:\                 >=t
     >'ヾ\ 、      〃r-_'´z=イ: ヽ、\          >'´::::::;::<ヘ
   /X/>-────- i {` _,.. k{: : : :ヘ .N           (_ -z≦     V
    {XXX>-77777777>xX>x::'ji {: : : : 7∧iヽ、        .∨        V
  イ////////////////////>、ヽミ: : : :i i////ム       .∨         V-
   ∨//////////////////////>x ヽ.j/ ヽ////>x      ∨      ,イ
   i////////////////////////////´  ィ////////i     ∨   /ヽ
   7//////////////////////////i{__/Vヘxヽ//////j>t  / ∨../:::::.. /
   {///////////////////////////////∧ハ、 ヽ//,'/::::::::::::y' _i{,イ   .=/
    !///////////////////////////////ハ V\ y' ̄ヽ、::7 '´        /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


73 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'   ……してやられたな、レイトン。
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''



  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ○ヽi/、__、三心
! ,         ヽ○ i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄   う、うろたえないさ。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从         アリアハン紳士はうろたえない!
三7、   ̄  . イ、_
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7


74 :◆vsQyY1yD2Q

                      _,.、-─--;;、.,,_
                  ,、-‐''".,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,`ヽ,
                /;;:;、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;. ';';:;., ゙i,
                i゙;;i゙ ゙ミ、';';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;'; ;:,.;:, ゙!
                 V  ```''ー─┐:;:;:;:;:;:;:;:;:;: |
                 ;'     _,,..、   ゙! '' ;:;:;:;:;:;:;: リ
                 F;ュ, ‐''f‐tラ‐  ゙i:::r;ニヽ;:; /
                 ゙! フ `  ̄      l::lf^ ソ;; 〈,    ここからルーラで
                    レ′_     i゙  リ 'シ'゙;:;:;:リ
                    丁___..     /「~ \:;;f゙   カブノールに連れて行くと言ってなかったかな?
                  ゙!.ー'     //    [_
                   ゙!    _,.ィ'゙ / _,.,、-',r{,
                   `フiニ´,.、-‐'ニ"-‐''" ,レ」
                  _,.」 「rァ''二`vr-  ,.ィニr'゙゙;、_
                ,r'r〃fi|.l |' ( └'^;テ-‐'ニ-''ニ-'_,.>ー--、,_
                 ,((''〃レ''ム lゝ, 二-‐''"´-'゙ '゙r'゙r'゙r'゙r'゙r'"r─-`ヽ、
                 |:`i Yfr=ミ i レ',r'==-''"´ ,r'r'゙r'r'゙r',r'゙、r'゙_、-''⌒゙::i、
              |::::.| リ'し' ノ;' f゙r'ニヽ,.、-''_ニニ--─…:::'''":::::::::::::::::::::ll,
                |:::::|トヾ-'ジヽ`-'゙ィ'゙,r'"´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙!


      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
    _i         i
   i三三三三三三三三三三i
      │ / ● │● i
     (  ̄      つ i           そのつもりだったんだけどね。 時間を掛けても僕達だけで。
    !二コ  .u        i二フ
   ├─┴─┐  ー‐‐!三/7     向こうのルーラ使いでカブノールに……はダメだな、危険過ぎる。
    ゝ三三三│   _ノ三/7
     ゝ三三三i  ⊥;:丶 7/       それに、僕らが守ると言っても
    /ゝ三三三i ̄;:\l;:/ /三\
   /三三三ヽ/ヽゝ;:;:;:;:;:/三三\   より安全な選択肢が目の前に出された今となっては
   (三三三三ヽ/ ̄ヽ:;::;:│/\ ヽ.   彼等も納得するはずがない。
    \三三三ヽ/ ̄ヽ/ 三三ゝノゞ
     / \三三三Yミ三三/三三)
     ) 三\ミ三三三/二二二丿
     ノミ三へミ三/i:;::;::;::i三i
     ノ 三三三三三i:;::;::;::i三i


75 :◆vsQyY1yD2Q
        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj    エルシャール・レイトン。
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′   ルーラの代金は
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |.     正当な相場で請求させてもらおう。
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_     ああ、払わんと言うのなら
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、  それはそれで構わんぞ?
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\



三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,    いや、ちゃんと払わせてもらうさ。
:i,              i,    !        7三i   /三i!
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!.    明日までに届けるよ。
ニニニニ=、 u          |三≧=、   i三三三三三ヨ!
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',   ( ここまで言って、やっぱり無しなんて事になったら
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ     彼等は収まらないだろう )
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ


76 :◆vsQyY1yD2Q

             ,ィニニニニニニX
                |三三三三三|
                |三三三三三|
                |三三三三三|
                |三三三三三|
                |三三三三三|
                __j,.  -----   L_     ( こちらに迎合せず、より良い方法で難民を救ったか。
          <ニ斗<::: ̄::::::::-ト三>
            ̄ V>'´ ̄``> ̄      アリアハンの宮廷魔術師にアルヘンティーナの協力。
           ,. イ///////////,'>x    使える手札の数と種類が僕らとは違い過ぎる。
            \>'´/////`i<//
          _,. イ////////////>x_    これはカブノールの門閥貴族なんかより よっぽど手強いね。
         l´/////////////////////7
           l///////////////////////l
        l///////////////////////,'!   ……少し羨ましい、かな )
         l////////////////////////i
        7////j///////////////////,'!
       7/////.|//////////////|////j|
       l////7 j/////////////i .|////,'!
         |////! ノ////////////八 !////j|


77 :◆vsQyY1yD2Q
                     ., 、
                  | !                        r‐ー',!
                  | !                    r‐ー1  l゙  .l゙
                    i-'" .,〉,, ―-,               ,l゙  ,i´ l゙  l゙
                   ゙‐'゙| レ゙,./ '''、 l              │ ,"  l゙ │
                    . l /    ゙l |           _,,,, |  ,l゙  .|,,,,,ノ
                   ./., |    ,!.|       _,,,―'''",,,,,l゙ .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
                   .././| !    / l゙  ,,,―''''"゙,,,,-‐''"`  .r'"^゙l  ヽ-'゜
                   .ヘl゙ | !   / ./   │| _,,,-''''"     ヽ-'゜
                  | !  .|,/   ‘^
                  !ゞ                       f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::


78 :◆vsQyY1yD2Q
              / (_,∠_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__::ニー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;::
              l彡/ ̄ヽ、 三 _ ニ-''" ::::`ヾ,ヾ;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:
                l//!     ̄「iヽ     :::::i ミ;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:
            /イ,イ      | j '       :::::トミ;;;;;;;;;;;;;;:;:;::
               l //l   ー−!       _:::::| };;;;;;;;;;;;;:;:;:;::
             V /  ̄`      ´ ̄  `::l ヾ;;,-、;;;;;:;;::
             ヾ!、ィ-、,_     _,、_-=-  ::ヽ fハ, i;;;;;;:;:;::  ( ま、不味いぞ……。
             ∧! -eミゝゝF彡=''ウ ,ィ  ,:::リ 〉 ソ;;;;;:;::
          ,.、-''´..::l、 ` -'^i´ i::`' -''´   ;'::::: ノ!;;;;;;;:;:;::     このまま海賊の家に連れて行かれたら
    _,,、-..''"´. :: :: ::::::::',     !   l::     u.:::::::::;`´!;;;;::;;、:-.    シャーマン族を蜂起させる任務が……。
  /::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ 〈  _'.ヽ、_   、::::::!  ツ'": : : :
  :::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::  i ; ; _~_:_:_:_; 、 i ::::::/:: ,!: : : : :
  :::::::::::'   ':::::::::::::::::::'  ゙i、  `ニニ´ . .  .::::;ィ::: ,:': : : : : : :    難民?
  ::::::::'      '::::::::    iヾ 丶. .  . . .:::::,i'゙::: ,::' : : : : :_;,、-.    アーサー・リンチ
  ::::::::               i `iーr--‐''"-''":: ,::'': : : _; -‐'' : : :     ( 銀河英雄伝説 )
  ::::::::               ヽ ヾ!   `>''":` ''"´: : : : : : :



         , ノミミ::::::::::::::'  . .  . . :. :. .     ヾミミミミミミ
          iミ::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:. :. :::::::::::.: .: ..   iミミミミミミミ
          ,イミ::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::.: . ヾミミミミミミ
          ト,.::::;;;;;;;;;;;;;:::.:.:.:.:.:. :. :. : .´ ̄``'''''゙  ゙,ミミ /^
          ト、::::::;;;;;;;;;:::::::.:.     ,,、ィ≦二   iミミ/::::::!
           〉:::ゝニ!テ7'"``ヾ:::::.`ー゙''゙‐<    lミ!::::::/:::     こうなったら、この場で……!
          ,'1::::::::::::::::,'   ;;:;:..``¨` ´      ,リ、_ノ.::::
           i!:::::::::::::,'   ;:;:.:         ノ  .:.:.:.:::::::::    自己の正しさを信じて疑わない人間に
          _,,、〉::::::::::i    ;:;:.: . .: .     j'  .:.:::::::/.:.::
    ,,、、-‐''"´.:::/.::',::::::::.ゝ-‐''"``    、 ; . ' ;: ゙,  レ'′     弁解しようのない ―― ッ!!
    .:.:.:::::::::::::/.:::::::::',::::::::::::_ _,,、、、__, ,j } ;: ;: ; ;'  ,j! /.:
    ::::::::::::/.::::::::::::::::.',:::::::::::._ _,,    ' ′.: ; ,'  //.::;;;;;
    ::::::/.::::::::::::::::::::::::`、::::::::::::.:..:. ; :; ; :;: ; ';:;/  /.:.:;;;;;;;;;;;
    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、::::::.:.  :; :; .: ;:' ;:;ィ;:;;.:;;/.:.:;;;;;;;;;;;;;;
    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ゞ、:::::.. ;:; ; , ィ´;:;:;;: /;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


79 :◆vsQyY1yD2Q
             \\             | | |       /       /
                \\\           .| | |        /      /
                \\          | |       /'!     /
                  \\..        | |      ./ !    //
                   \     |\   |     //| |___
                    \    |  \ |    .// .l_   /
                  ____| |\\/\//  / /
                   \  ____|  \/\/ / /  _______
                    \ \            /   ̄ ̄  __     /
                     \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
                      /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
                        /  ///  Y l\    \         く ――――――
                    /  /./    !  \  | ̄         \
                      / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   // ..// / ...! l l  \     |       \
                    /   //// | .l l l    \   |         \
                / /   / /   l ‖l     \ |         \\
               ./ /    //     l  .i       `        \\


80 :◆vsQyY1yD2Q
         /  /              彡ニ二三三ミ:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ,′/             .::;; ィ彡ニ三三ミミミ.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ′/             .:;;/ ´  ̄ ̄ `ヽ二ニミ.:.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;.::::::::::::::::::::::::::::::::
         ./        . ::;:.: .:.:. :. :./        ヽニ ',;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::
          .j       .:j.:j.:.j:.j:j.:j.j::l.:!三三ニミミヽ  ー'-',;;;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::
         .:i   ,イ   ノ丿丿丿;:;:!;:レく ̄ `` ヽ    ;: ;: ;ヾ;:;:;;;;;:.:.::::::::::::::::;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::
         .:l  j.:j ノノ';';';';';'ノノノノノノノ           ;. :.: ;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::::::::;:;;;::::::::::::::::::::::::::::::::
         .:i l.:l.:N ィイイ彡彡'彡彡'- ‐            .: ; ;`,;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::
         .:i VV V''"´ ̄``, j! `ヽ              ; :; :; ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
          ', ',jj!             i '        ゙゙゙´ . : ;: .',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:::::::::::::::::::::::
           ヾヽ          !  i:!   ',        .: ; :; ; ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::
         ヽ、.:.:.:ヽl、         ',  j::! ll!        ,r  ,.ィ . :';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::
        .:.:.:.:.ヽ、.:.:ヽ、           ':::! ll1 !     / ./l:::!  i ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::
        ;;;;.:.:.: .:.:.`ト、;:;、          ::! リ' ノ    イハ  l l:::! . l!;:;';;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::::
        ;;;;;;;;:.:.:. :.:.ヾjj川-ー- 、  ', 、__ノ         ! : レ′.: .:__ ヽ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::
        ヾ;;;;: .: .:. :';';';州``ヽ    :j  ,. -‐ ..-ー-- 、、 ノ  .::::/   `ヾ;;;;;;::::::::::::::::::::::::
          `ヽ;:;:;;:;jiiノツ ⌒ヽヽ      「7 レノ!: : : : : : :: -‐ ''"´       ヾ::::::::::::::::::::::::::
            k;:;:;:;:;く⌒ー-、、、: : : : :: :::jj!レ'´ """"´     ドサッ…     ヾ;;;;:::::::::::::::::
            ヾ;:; :;:;:;:;: ;''"´  ̄ ヽ )ト、                       ヾ:::::::::::::::




                 , -── - 、
                / ̄へ\ 、   \
              /       へ\`三   ヽ
                 l     _     厂lトi、     ',
            /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
               l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
            〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
            〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ     物騒な事をブツブツと……。
              l、/`┐ .u      _ ∨
            /\   ヘ     _ _7′   何なんだ、こいつは。
           /=く \ l \    ー /
          /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
       r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
     r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
  _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
 _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
|ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉


81 :◆vsQyY1yD2Q

                ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
               /ニレー-、        \
              ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
                レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
             ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
             l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
             }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
             | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ
             ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′  ロイエンタール、どうかしたのか?
              `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/
              .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′
                  (〈゙:、::  ー==--   ノ<
             ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
           ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
          ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
          `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
          ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、



           ,. -……- 、、、
         ,ィ´;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:``ヽ、
        ,.'´.:ィ彡'´、.;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:;:`ヽ
        /.:.:.:.:ィ彡'.:.:.:ミヽ、.::;:;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:;:;゙、
      l.:.:.:.:.:.:!´  ̄`ヽ\`ヽ、;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.:.::;゙、
      l.:.:.:.:./      ヽミヽ、 ニニ 三ミミミミヽ!
      j;;ィ彳        丶ミ゙ヽ、゙`ヾミミミミi;!
      {;;;;;イ , ..           ``     ',lllll;jj!
      ヽい -、、、、,,,,__    __,,、、、、、- .!jjiiiii!
       i;ハ. ‐モモテt'''ヽ .゙´tモテテ‐.  !jjjiiii!
.       i! 1   ̄   i     ̄   j:ハ::!′
       い.        l           ,リ1/     すまんな、どうやらネズミが紛れ込んでいたようだ。
        ぃ u     l        .'//j!
.         iハ     `ー '     ,.' レ':/     とびきり間抜けなネズミがな……。
         i::ト、   -── -    /jノ
         i j ゙、   ー‐     ,/.!.:!
         ト〈.  ゙、.        ,/.::j:」!
         l { `ヽヽ、_ __ ,..ィ .-'´``ヽ
         ノl〈    >==rr==<  //lL
,,、、、 -‐''''"´.:.:.,いヽ  //⌒ヽi1i/⌒ヽト、//!.::.``ー-、、、,,,_
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽノノ(   .i1i  // /;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::.:.:.:
.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:::\\\  i1i ,///;:;:;:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.


82 :◆vsQyY1yD2Q
【 不審者はロイエンタールからレイトンに引き渡されました 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ,,、  .: .: .: .:. :. :. :. :. 、
                ,ィ彡 ミミ ニニ 三三三ミミヽ
               ,ィ彡'``ヾ ``ー--‐ ニニニミミヽ
              !,ィイ.:.:.:.:.:.:.:``アi'"´   `ヾミミミ
               !,ィイ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ハ     : i ミミ!
               V/.:.:.:.:.:.`` """ ""´  : !ミミ:!
              X1,r===イ  '、ー--- 、 : ,{;;ミミ!
              い ,r'"(・)ミ;、   モ(・)`ヽ  リハ!   お、俺は できない夫に雇われて……!
               V!, ー- ‐';;′ ^ヽ""`  . ,/
               `1.:.:.:.:.:..:;      .u レ'.:;;;:;:;;ー- 、
              /.;!.:.:.:.:.:.:ゝ-‐''゙     j!  .:.:;;i.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
             /.:;:;;:゙、{.:.r.t ----‐ァ ,; } j!   .:::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
            /.:;:;:;;:. .;;;:ヽ.:.:.:.`ニニニ´.′,.イ    ll   .:.:.:.:.:.!:..::,
           ,/.:;;;:'"  .;;;;;ヽ.:.:.:{     ,.r'"      ll   .:.:.:.:!::::::::,
          /.:.:.:.:.ヽ、     ``""""        /!    .:!.:::::::::',
         _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、              //     /.::   ',
       "´.:.:.:.``ヽ.:.:.:.:.:.:.:. ``ヽ、         ノ / ,    /.::    i
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.    ``""""""""´  ,/ /   /.::     i
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:\.:.:       ー---‐'´ / /   /.:::      i
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. .\           / /   /.:::       !



   ./三三三三三三三三/
  /三三三三三三三三,'
 ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
 三三三≧ェ、   \ヨ7
 三三三三三≧=、  .7
 :__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
 ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
 ! ,         ヽ● i三三ヘ
 ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄
 三ヨ7          i      そんなウソを僕に言われてもね……。
 三l7  ,- 、    从
 三7、   ̄  . イ、_
 三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
 ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
 ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
 イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
    ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
  ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
 ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 その後エムローム軍が引き継ぎ、工作員として処理されました 】


83 :◆vsQyY1yD2Q
                        ____
                     ./⌒  ⌒\
                      /(●)  (● )\
                   /::::⌒(__人__)⌒::::: \  それではレイトンさん。
                  |     |r┬-|      |
                 /´ ̄``゛'- ._‐´    /   難民の事は任せてくださいお。
                 |   ___)    \
                   |                \
                    |                 ̄)
                |               | ̄ ̄ ̄


           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       . _ ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ,ィ.´:::::::::::|/``‐-、_ : ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::ヽ
      {::::::::::::::::::|////////////////////|::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::..ゝ、 _///////////////|:::::::::::::::::l
      ` ォ、 _:::::::::::::::: `ー ─── ´::::::::::::::::::::::::::ノ
       {  |::/‐- 、 __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ ´
        .i   |イ        ̄`  ̄ ̄ ̄::::.! ´ |
         ゝ _|   ●   l   ●   l::!   ノ
          .,ィチ|        |       ├ "
     ..ィ////|         (          ト、    ああ、よろしく お願いするよ。
      |.ゝ///|                 |//ヽ
      |:::::\/|                 |//ノ|   ルーラは僕も手伝おう。
      |::::::::::::`a、            _____.|/:::|
      ヽ::::::::::::::::|   `───'   |::::::::::::::::/    アルヘンティーナなら行けるからね。
       |:::::::::::::::|、            ,|:::::::::::::/
    _______〉:::::::::::::| :` 、      ィ 7:::::::::::〈_____
   /::::::::::::::\:::::::::|: : : : :`ェ ー ェ: :´: :|:::::::::/:::::::::ヽ
  .|:::::::l::::::::::::::\:::|:\: : : :ヽ /: : : :ィ|:::/::::::::::::::::::|
  {::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : V: : : : : /:::::::::::::::::::::::::::}
  .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::l:::::::::}
  |:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::|:::::::::|


84 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   _ -―
         、_                                   _ -‐
           _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
          ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
                        「 ̄  「   ,.-、        ',
                        |     }   /  \       、
                          i     jノ ノ    `丶、    ヽ
                       |    `゙´        ヽ     }
                       /               ヽ   |
         : . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
         : : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
          ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
                  ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                             `゙'、__/`−-' ̄





         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
    //゙7゙7::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
    レ/ / /|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|
     / / ム__|:::.ノ  .∨::リ ,...._ヽ:|::::l:::ソ
    /   、_ }l" ___L.∨ " ヒラ`.|::::l:::|   ……ま、いっか。
    {    }-'゙ ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|
    |   イ:::|`ト u. ___  , ':::::|:::|::|    ぎゃふんと言わせられたし。
    |    ||::::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|
    |    ||::::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
    |    ||:::;l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
    |    |∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
    |    | /  .|   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


85 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,,、、、、、、,,,,
                   ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                   ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
               ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                 l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                 ゙i   /         リイ> |;/  ( しかし、今日中に済むとなると
                 i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!
                     ',   _           /^ イ;;;;/      あと一日、レイトンの部下と共に
                     ',  二ニ''ー    /:   |;:/     難民を警護して終わりだな。
                 _ト,       /:.::.   リ
                    //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |        さて、これからどうしたものか…… )
               //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
              _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
 \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、



                   _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
                 ,,r''"            ゙li:、
                ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
               ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;
               {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
               ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl
               {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
                ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ
                   ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }     ところで、ロイエンタールはこれから
                :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ
                ゙i   ゙-、 ''゙ \    '  , _,/ f"    どうするつもりなのだ?
                 ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{
                 ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'
                  ゙'i;         / ,/   |,;ノ
                   ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
                  ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
                  ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
          _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
          ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
         r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"


86 :◆vsQyY1yD2Q

          _,.、-─--;;、.,,_
      ,、-‐''".,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,`ヽ,
    /;;:;、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;. ';';:;., ゙i,
    i゙;;i゙ ゙ミ、';';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;'; ;:,.;:, ゙!
     V  ```''ー─┐:;:;:;:;:;:;:;:;:;: |
     ;'     _,,..、   ゙! '' ;:;:;:;:;:;:;: リ
     F;ュ, ‐''f‐tラ‐  ゙i:::r;ニヽ;:; /
     ゙! フ `  ̄      l::lf^ ソ;; 〈,
     .レ′_     i゙  リ 'シ'゙;:;:;:リ   どう……とは?
.     丁___..     /「~ \:;;f゙
      ゙!.ー'     //    [_
       ゙!    _,.ィ'゙ / _,.,、-',r{,
       `フiニ´,.、-‐'ニ"-‐''" ,レ」
      _,.」 「rァ''二`vr-  ,.ィニr'゙゙;、_
    ,r'r〃fi|.l |' ( └'^;テ-‐'ニ-''ニ-'_,.>ー--、,_
.  ,((''〃レ''ム lゝ, 二-‐''"´-'゙ '゙r'゙r'゙r'゙r'゙r'"r─-`ヽ、
.  |:`i Yfr=ミ i レ',r'==-''"´ ,r'r'゙r'r'゙r',r'゙、r'゙_、-''⌒゙::i、
  |::::.| リ'し' ノ;' f゙r'ニヽ,.、-''_ニニ--─…:::'''":::::::::::::::::::::ll,
. |:::::|トヾ-'ジヽ`-'゙ィ'゙,r'"´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙!


                ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
               /ニレー-、        \
              ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
                レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
             ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
             l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
             }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
             | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ   キルヒアイス達は数日中に出征する事になるだろうが
             ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′
              `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/    私は、もうしばらくエムロームに残らねばならん。
              .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′
                  (〈゙:、::  ー==--   ノ<       卿が参戦してくれると助かるのだが……。
             ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
           ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
          ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
          `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
          ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、


87 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛   フム……ニュー速で やる夫か。
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'     オーブの話を聞いてもあの様子と言う事は
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'.     サマンオサに悪意は無い……か?
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ         だが手強い。
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>         キルヒアイス一人では荷が重いかも知れん。
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''


88 :◆vsQyY1yD2Q

                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ      サマンオサのためにも
                  l、/`┐        _ ∨      キルヒアイスを助ける必要があるな。
                /\   ヘ     _ _7′
               /=く \ l \    ー /.         ワーレン、仲介を頼む。
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐  第一印象が良かったとは言い難い。
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /.   上手く売り込んでくれ。
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|



                   _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
                 ,,r''"            ゙li:、
                ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
               ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;
               {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
               ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl
               {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
                ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ
                   ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }     王子への忠誠は失っていない、か。
                :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ
                ゙i   ゙-、 ''゙ \    '  , _,/ f"    何故、王宮戦士を辞めたのだ。
                 ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{       卿がいれば……。
                 ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'
                  ゙'i;         / ,/   |,;ノ
                   ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
                  ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
                  ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
          _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
          ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
         r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"


89 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,,、、、、、、,,,,
                   ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                   ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
               ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                 l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                 ゙i   /         リイ> |;/   言うな。
                 i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!
                     ',   _           /^ イ;;;;/      こちらにも事情がある。
                     ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                 _ト,       /:.::.   リ
                    //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
               //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
              _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
 \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、



                    ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
                   /ニレー-、        \
                  ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
                    レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
                 ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
                 l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
                 }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
                 | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ
                 ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′  ……そうか。
                  `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/
                  .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′   キルヒアイスを頼む。
                      (〈゙:、::  ー==--   ノ<
                 ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
               ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
              ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
              `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
              ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、


90 :◆vsQyY1yD2Q
【 ルーラの代金についての できない夫陣営の反応 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            / ̄ ̄\
           /    \ ノ
.            :|    ( ●)(●):
            | ノ(     | |     ルーラひとつに こんな高額料金を!?
.           :| ⌒    ___´__ノ:
.            |    /__ }:      民を避難させるのに金を取るなんて
           :ヽ        }:      一体 何を考えているんだッ!!
            ヽ     ノ  |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
     || ||  |         | ||| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                /;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
             /;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, .イ、
           /;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::,、-‐'''"´..: .:;.;:;ヽ,
            |;:;;;;;;;;;;〔カ;:;:;:;:;:;:::::,r'´ ヽ.:.:;;;:;;ヽミヽ;.:.:..ヽ
           !;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;イ  ;:ト、 ;:;;、.:.:;:;:;:;;;;;`ヽ;:;:;!
           `ト、;:;;;;;;;;;;,、‐'ィイ ;:; :; ;;、 ;:;:;、`ミミミ、:;;;`ヾ;:;;|
           ,'.:;: ,: ,ィイノlノ;'ハトト、ヾ;:;:トト、ヾミヾ;: ;;;;;;.:;;;リ
           V,:;`,;',;,'ル'゙-イ=≡'´  ``''=- 、`ノノ .:.:/
            ル,;:',ヘ;;!  ー='''´ヽ  ー=‐`  ii! l;:;/   ルーラ便の相場なら多少は知っている。
            トト;;ト、j!    "´   ``     / //
             '`ヾ>ト、       ;      ,ヘ;:;k       ま っ た く 問 題 な し 。
               `1ik、    `ー′   ,ヘ;:;;イ
               /.:.:L:.、   -‐-‐-  / 1;;/ヽ     むしろ良心的な金額だろうね、これは。
                /.:.::.:.:/1ヽ  ´ ̄  ,.イ /;:;:;ハ.:`,
            _,ノ.:.::::::/;:;;レ''``ー─.< V;;;;;i.:l/.:::::L__
        -‐''"´.:.:.::::::::::/;:;;;;;l   /l   ヽi;:;;;;;;l.::::::/::::::::::::.`
       .:.:.:.::::::::::::::::::::V;:;:;;;;;;;|  lk!    l;:;;;;;;;|.::/.::::::::::::::::::
       .::.::::::::::::::::::::::::::;:;:;;;;:;::::L_|ノ __」_ノ;:;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:::;:;;::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


91 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.( ●) ( ●) |
      |      | u |   でも、これは通常の依頼じゃない。
      l U  __´___   l
     ヽ  /___ヽ !  人助けなんですよ?
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ


                       _,,............,,,,_
                     /l「 l1 |f l」 Tニ 、
                     !! .|| .ll l| .ll ll `'ヽ、
                    .il ,ll .ll .ll ll .ll  'ニソ
                    |l .|| .ll .ll ll .!!   |
                    ||.亠''。'''冖‐ー..!L  ...|
                    1__...、-,,..---......,,_ `''、」
                    |′  ´      <t.._ │
                    |,ー、.,_  _,,..-ー 、  !|::`│    .人助けだからこそ引き受けたとも言えますな。
                   :l|.i刃〉  `「i刃~′.|厂l:ヘ
                    .i. ` !     ̄  .ll .!::.ハ    手痛い出費ではありますが
                    i 〈、     u .テ‐{:::::.ハ   ここは素直に支払っておいた方が良いでしょう。
                   .ハ tl----4'、  ノ _サ'、::|.
                   八::ヘ  −  ` , '...//:::::∨   踏み倒す訳にもいかないでしょうし。
                    ゙'仝,,_..、 __../ //:::::∨`ー 、__
                 _,,..-‐f⊂ニ サ!ニニ⊃//::::::∨     `''ー-..、
               _..‐"   /:::://f|.||   //::::::::/          `ヽ
              .∧    ∧::.lソ l! |!  ././::::.∨         ./
             /     .,':::../l ..|| || ,/ /:::::::/   __..、    ..∧
            ∧ !   ..∧::.!{.. !+冖'''' ̄ ̄ ̄ ̄  '、    ∧  ∧
           j'''´  !    .|::r''"             .ヽ    .,'   /
           1 .! l   ../                ∧    ,'  ∧
          ./ '、{ !  /                 .∧  ,'  ∧


         __
.      / ノ \
.     / ノ   (―)\
    | (/) \   \
    |         ___   ヽ   ……そんな事をすれば門閥貴族達と同じ、ですね。
      \  U   /'´   |
      \         /   分かりました、支払いはお願いします。
.        \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \
         /       \. \
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 ルーラの代金についての できない夫陣営の反応 】


92 :◆vsQyY1yD2Q
【 ワーレンの家 】
    |    ×              .:;,     ト            \|‐
    | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
ζ  | ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||  |  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    | ||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||  |  || // ...:::: ||
    | ||====================||====================||  |;# ||_____||
    | ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||  |  ||0────‐||
  ,;゙| ||====================||====================||  |  ||          ||
    |_||[][][][][][][][][][][][][][][][]||[][][][][][][][][][][][][][][][]||  |_||_____||_
  /゙ ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||/  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄/|
/  |       ,,彡゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙,,彡
  /      ,,彡   _/ ̄/|  ,,彡        rェェェ、      .rェェェ、
/      ,,彡 ゙"゙ //  / |,,彡      __||_||_||____||_||_||__
       ,,彡    //  /  ..::|'"      /                       /|
      ,,彡    //  /     /      ./rェェェ、      .rェェェ、    ./ ,i|
.   ,,彡   / ./ ̄ ̄|   /        /_||_||_||____||_||_||___/ ノ|_」


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  できない夫のスパイじゃないなら
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   問題ないんじゃないですかお?
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


93 :◆vsQyY1yD2Q

              ,. -……- 、、、
            ,ィ´;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:``ヽ、
           ,.'´.:ィ彡'´、.;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:;:`ヽ
           /.:.:.:.:ィ彡'.:.:.:ミヽ、.::;:;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:;:;゙、
         l.:.:.:.:.:.:!´  ̄`ヽ\`ヽ、;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.:.::;゙、
         l.:.:.:.:./      ヽミヽ、 ニニ 三ミミミミヽ!
         j;;ィ彳        丶ミ゙ヽ、゙`ヾミミミミi;!
         {;;;;;イ , ..           ``     ',lllll;jj!
         ヽい -、、、、,,,,__    __,,、、、、、- .!jjiiiii!
          i;ハ. ‐モモテt'''ヽ .゙´tモテテ‐.  !jjjiiii!
             i! 1   ̄   i     ̄   j:ハ::!′ それはない。 証拠を出せと言われても困るが。
          い.        l           ,リ1/
           ぃ        l        .'//j!
               iハ     `ー '     ,.' レ':/     私とて貴族の端くれだ。
            i::ト、   -── -    /jノ
            i j ゙、   ー‐     ,/.!.:!.      民を助けるためでなければレイトンに雇われていない。
            ト〈.  ゙、.        ,/.::j:」!
            l { `ヽヽ、_ __ ,..ィ .-'´``ヽ
            ノl〈    >==rr==<  //lL
   ,,、、、 -‐''''"´.:.:.,いヽ  //⌒ヽi1i/⌒ヽト、//!.::.``ー-、、、,,,_
   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽノノ(   .i1i  // /;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::.:.:.:
   .:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:::\\\  i1i ,///;:;:;:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.



                 _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
               ,,r''"            ゙li:、
              ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
             ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;
             {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
             ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl
             {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
              ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ
                 ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }
              :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ  ( 金のためと言ってたくせに…… )
              ゙i   ゙-、 ''゙ \   u.'  , _,/ f"
               ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{
               ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'
                ゙'i;         / ,/   |,;ノ
                 ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
                ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
                ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
        _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
        ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
       r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"


94 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \  それなら後は
|      (__人__)     |
./     ∩ノ ⊃  /   キルヒアイスさん次第ですお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       `>     !キ´     λ刈 λ 廴  ゝ         `ヽ
      /     λイ  ,      `ミ≧圭ィa           λメ  ',
     i  rf ,ィ   ゝrf    ,.  `|  i          ィツテ/   |
     ! ,ft淤キ  ,f イli  i  i |   i キ   ',、__  _, .i       ″   |
.     ', 炸圭ミx,.刈\,i'!ゝ.幺  iヽ、.ミ ,-ヽ. ̄,.!人  ,        ,Y
        | ミ攷淤圭fアソ ヽ ` ̄ヽ廴 ̄ ,,,,..--‐‐‐、`\fix   刈
      ' , 代圭i{fr´ ______       rf´,=三三 ̄   |i{W`Y ,'
.       \.焔ア}}レ´rf,‐ニ三`ヽ,   '′ ´ 乂ソ..    |W:::', | |
          i炸|if|W '´ 乂う  ,',      ` ̄ ´    |/,::::ノ,' Y
.          !´刈i´',    ̄ ´  ! ',             i´ ,' ,'   勿論、歓迎します!
           ヽ ',          i                 / ,'
             ヽ',.       ! -‐、,.          ┌´,.ィ    あなたの力を借りられるとは心強い!
              ',       \´            ,'刈
               ',         ゝー--‐‐     攷i´
                    ' ,    '"´     ,     / 火|
                \      ゝ-''"       /   ' ,
                    |\          ノ   ,.xイλ
                      」  \      _,∠,x''"´_,.x,_ ',
                  | ヽ、   ヽ---=ニf ´_,xra´`刈|, ',
                      ノ人__`‐-y''"´_,,...ィ幺`刈 i圭,_沁  'ゝ==───-------
                  | |幺圭  |  Y圭f´刈  刈圭a / ア圭a ィェェィ  ィェェィ
                ,.r」 |f´iW λ  Y[ア  ...ra´ ,.x幺≧ュュェェ。。。,,,,,,,......_____


95 :◆vsQyY1yD2Q

              ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
             /ニレー-、        \
            ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
              レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
           ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
           l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
           }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
           | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ    ロイエンタール、念のために言っておくが
           ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′
            `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/     やる夫殿は愛妻家だそうだ。
            .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′
                (〈゙:、::  ー==--   ノ<      いかに漁色家とは言え、見境もなく手を出すなよ?
           ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
         ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
        ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
        `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
        ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、



 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:./  `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::.:.:./      `ヽ.:.:.:;′
 ;;;;;;;;;;;;:;:;:;:r= 、:::::::.:.:.:.:.:ィ′         i;:;ノ
 ;;;;;;;;;:;:;:;:;/ ハ ';.:.:.:.:.:.ノ.      `ヽ、  i´
 ;;;;;;;;;;;;;:;〈  _ノ i:.:.:.:/        r= 、 ':、i
 ;;;;;;;;;;:;:;:;:;', 、く i:.:./         ヽ 1`ソ
 ;;;;;;;;;;;;;;:;:;:ヽ い !/  ',        ` 〈
 ;;;;;;;;;;:;:;,::r'´ヽ      !         ',     ワーレン……。
 ;:;:;:;:r'´    !    . u         ',
 ゙゙´        !          ィ ..._ _ヽ   卿は私を売り込みたいのか
ト、        !           /´     処刑させたいのか どちらなのだ。
ヽ.\     /;        'ニ""´
  \\   / ':、        `゙゙〉
   \\/   ヽ        !
`ヽ、   \\    \      !
.:.:.:.:.:.`ー- 、) `ヽ...:.:.:.:.:ヽ、  __ノ
: : : : : : : : : : :``ヽ、: : : :〈


96 :◆vsQyY1yD2Q

              __,,,.-―- 、_
          _,,,.−'´        `丶、
         /        ゞ      `丶、
       r'´   、_,,    )ノ     _ ヽ `丶
       i:::レ'´レr 彡w从人リ    ``丶ヽ;冫 \
      r'´:::::::::f::     、,,_ノイ  、`i ゞヽ::r   ヾi
      i:::::::::::f´ヽ;;_    ,‐'´  ヘi i从从r'´  从リ
      ヽ:::::i;:ゞ     ハ--ァンイノノ,‐'ハ弋こイ'´从j
        >::::ヽ、_ノ厂'´ _    ノ/    ゞ、从ir'
        i:::::::::r、;`イ::::'´−`-ゞ、、  ,_,-.=ニi イイ,ベ
       i彡;;fi::iミf::::::::rTi;;〒::::!  fラtァヽ ,ん'
       ヽミ;;;ii::ゞ!::::::. `'''''´ ::.:" l::`` ¨ ,'    ……いえ、本当に気を付けてください。
        ヽミヽ ::::::::.       |:     ,'
         iン;;;;ハ:::::u    i、,, 冫  /       見境なく手を出し、そして捨てた。
         |川ノ:::ヽ::::::  ..,-- --、  /
         ヽイ:::丶:ヽ::    ==  /       王都における あなたの女性遍歴は
          r^ヽ、丶:::ヽ       /          私の耳にも届いていました。
          f`''ー、,`'ー 、_ヽ、___ /冂
         _i゙..:.:.:::;;;`:'ー-、,`_'ー-、r=ソ l
      ___,,」ヽヽ:::::;;;:::::r_´r-、 ヽ i:i rー、ヽ
_,,,.-―''''"::::::::::::::::\ヽ;;;::::::::::::::::::j i| | i i::::ノ l`''ー-、,.__



                   ,,,::-ー''''""""゙''=-:、
                ,;r''"ツソ'         `ヽ、
               ,/_,, ,イ, ゙<          >! `ヽ.
             ,r'〃 ,r'''''''ーミ:、.   _,,,,-"",Z,,  ゙l,
             l,',,  ,il    ゙ヽミ、ミ、ミ三ッ-ー''  ,>゙l,
             {f ,〃      `''=ニ_ー----:、  ゙l ゙|
             |l イ!         ゙゙''''=-   ゙|i   } .|
             ゙ll |! _,,,_        __  .|ト、 i l
              `lr'l!" ーモヲ'ツ:ヽ ;'"チモァ=-~゙ .|l _ ;リ  あれは向こうから……。
               |. |    ̄ ''":l!  `'' ̄    ;ll´ レ;'
               ゙l. l;、.    ::l!        ,:タ /ノ'   それに、見境がないとまで言われるのは
               ヽ_l`    _;;L_ ,,    u,.ィ'ソ',イ}.     いささか心外……
                !_|、   __,,,,__    /f",ツ
                  | ゙i,   __ `   ,/i |/        ……いや、分かった。
                 rl ゙li    ̄ ̄   ,r'"リ L,.      肝に銘じておこう。
                _,i',rミーゝ.     ,;r'"_,,ニ-ン,|.
               _;l,:ヘヽ. `'''ァ゙=ー‐''"''彡='ニ~〃l
             ニ"-、<ヽヽ. ,/ f~゙い!.| |_f~l.|ri_,リノ,ニ=ー-
                 `ミ、ゝニべ:、 `'!.| | ;;ソぅァシ"
                  `''-ニ_ミ \| ! レ'ツ彡'´
                    _,ニ=-┴-=ニ_


97 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \  手を出しまくって捨てるとか
   |  u   (__人__)   |
   \      |  |    /   そりゃ無いお……。
   /       ⌒    \


                            ,,、、、、、、,,,,
                         ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                         ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                      /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                     ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                        ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                        〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
                     ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                      〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                       l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                       ゙i   /         リイ> |;/   お 前 が 言 う な 。
                       i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!
                           ',   _       u  /^ イ;;;;/      いや、そちらは別れてもいないらしいが。
                           ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                       _ト,       /:.::.   リ
                          //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
                     //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
                    _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
      r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
      ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
       \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


98 :◆vsQyY1yD2Q
                       ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                      /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                       ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                     /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                     {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                     レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                    ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                    イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                    乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                     〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj   貴殿こそ
                     ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'.    ダーマで噂になっていたぞ。
                     ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'
                     ゞシハ::::     ;;;       /イ     蛮族にまで手を出すなど
                      `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ      どこまで見境が無いのだ。
                      ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                     斤'ー、,_::\       /  |
                    /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                    ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
    _,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
    二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
    ━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
    \:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_
     ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニ
      ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |:::



        ____
      /      \
    / ─    ─ \
   / -=・=-   -=・=- \  あ ん た が 言 う な お 。
   |      (__人__)  U |
   \.     `⌒´     ,/   見境ないのは認めるけど。
   /               \


99 :◆vsQyY1yD2Q

                   i 、( _, -−- 、、
                r‐::''"  ̄   r‐''::7 ヾヽ、
                  l:::.   ,    ´ l::(   ` ⌒ヽ、
               /.:::....::.l l    、l 、_        ヽ
                l:::::::::::_jノ从、八ハ:::::<         l
                >::::_!        ̄フヘト、l`ーァ   `!
                /::/"_二、 r''_二_ ̄`ヽ 「ィ´´     }
                  ヾ:| 代ラノ) !:. 'てvフ^   lリ   `ニ" (
                    ,′ `/     ̄    }! , -、::‐、  〉
                l   ト- 、,          l/∧ |:::::l  l′
                 |   _二__      u.   イノ /ノ:::ノ! ノ   ( この二人……。
                l  ! ___  `       / トr '´ r'´
                    l   ""         / , |リ   ノ′     意外と気が合うんじゃないだろうか? )
                 l         , ィ / ク i、ノ
                    ヒ_‐_--..-‐:::''"::/ / イメ、
                   r‐}::r ー_ ニ"´-‐‐_ ニ"イ
                   _ト、レ'´, -‐=、'""「 |::::|l. |
                 | | l! / r'⌒ヽ.) l. |::::|レヘ、
                 _r'.リ | l l     _l.└'゙ ,∠=、_` 丶 、
    __  ,..、 _r‐、..-‐_ニィ 、/ l| |ヽ`ー…'"´, - '' ´     二_‐- ニ7⌒>‐、,-、
   / r‐゙7 r'´/ r'""´´  //,'⌒ヽヽ/, ‐' "´   −−−− - - / /"/ /´_>
  ,ト、_`┴'‐┴く  , 、  / l {  l|| /  r‐、  ,..-─────‐'‐┴‐┴'…"_/.:
  /,|:::.. ̄ ̄`ヽ. Y r'´_ノ ,!ゝヽ._.ノ ハ  〉 l/ ,.- ''."::´::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄.. : : :
 //l:::::::::::::::::::..||ヽ`_ ノ ヽ` ̄/\`ー' / /..:::::::::::::::::::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :


100 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  __
                                               ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                             ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                              ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ,.. ..-  ..:..:..:-..               ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                  , -'  .................................丶.            ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
      ,r- 、        /  ...........!.....................................ヽr−─‐-、   !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
     l    ヽ       /  ................l....._. -‐'' ̄ ̄`゙゙ ─-- _    ヽ.   ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
     |      ヽ   / ......................l,-' _. -‐'i'´ ̄i ̄  ̄`゙゙ −、.     ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
     l         ,'  l...................|,-'............,'..........l......' ,....ヽ   ヽ.   |   >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
     ,        ヽ|.........|.      |  ,'  /  ,'  l    i  !........',  l  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     >、         ヽ........|................| ,'......./...../ !....l....l.....l.....λ........i   '.       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
    /....λ       ',......|...............| ,'......./...../..,'..../..λ../l..../ l.....λ '             ̄ ̄
   λ.....l::ヽ        :....l...............',......./.....,'__/_,/ / l,/ナ ̄リ!.../:.ノ ,
    i....l.....|::::|',        ヽ__!.............l...../7ナ' _// / ノ,,メ=ヤノ',/ ,
   |..リ.....|__',λ         ヽr............. ',什戈ヤ```   イ戈ノ イ...!   /
   |..l|.......', i :..        :.......... }..,{弋_ソ,     `ー’´/.. |  '
   |ノ..人...{ l ...:..       丶....ノ λ        ,  ,イ.....| /
.  丿.,'  |..| l .....:..        ヽ:ヽ/ !l          _ j......r'
. / '../!  |..| | .......:..        丶´ノ|!、       ゙’ /ヽ`.....λ',
/,/j |.  !..| | .......:..         `ヽノ' `゙'  ,. _/   :`ソ:./ |..l
/ /./  i...l. l .........:..          ヽ、   ト、     :/ノ  }::|
  ノ'´  /ノ  i ...........:..       :   ヾ、 ..  ヽ、   ヽ/  .'./
    /'   .j .....l......|:.       :    ヾ、     ヽ、 丶ノ '
        ,' ......イ......l |:..             ヾ、     `ヽ、ヽ
        / .., '.ノ ,....l. | :.             ヾ、_      ヾ,、
       , '/ ,'.....l......! l .....:.          :    ,':::::ヽ、   ヽ:`ヽ、
     /'  /..,. 'l..../ ,' ......:..         :   ,::::::::::::::ヽ   ヽ::::::ヽ
  -‐''    /, '  !./ / ..........:..         :   ;:::::::::::::::::::ヽ.   ':::::::::i
         ,'/  ,'/ / ............ヽ            ;:::::::::::::::::::::::::i   '::::::::l
        (  ノ / .....................:..          ;::...   ::::::::::::::}  |::::::/
       ` .   / ................/|.....ヽ______,i:::::::...  :::::::::::i,,-‐''‐‐''
             / ................./ !........... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``゙''''''''''''''゙゙゙´     i
         / /......./...../  |.............ヽ       :           |
          / /......./...../  |.............../ヽ       :            |


第85話へ   3   第87話へ

この記事へのコメント
ほむほむ!
Posted by at 2013年02月11日 21:40
リンチw
あまりにもピッタリな配役w

やる夫とロイエンタール
自分から漁らなくて寄ってくるってのは同じだなw
その後が正反対だがw

100のほむら
乳比べで犬の後継者って言われてただけあるね
ふくらみが見えませんぞw
Posted by at 2013年02月11日 21:42
アリアハンの宮廷魔術師の数は世界一ィィィ!
ロイエンタール参戦ktkr
ガルマと合わせて、やる夫のいい友人になって欲しいもんだ
Posted by at 2013年02月11日 21:44
このドスケベ共がwww
ニュー速で家関係者に手を出したらやる夫達は確実にブチ切れるだろうからねえw
Posted by at 2013年02月11日 21:58
できない夫陣営については、まだほとんど触れられてないけど、90を見てると本人は期待薄な気が・・・
Posted by at 2013年02月11日 22:01
アリアハンの宮廷魔術師(王に仕える貴族)の協力で安全地帯に連れて行くと明言
この難民が戻ってきたときアリアハン王と絶縁宣言したできない夫陣営との衝突が楽しみだ。
Posted by at 2013年02月11日 22:08
レイトンがルーラでアルヘンティーナに行ける点が…

いつの間に行ってたんだろう??
Posted by at 2013年02月11日 22:23
できない夫が3賢者に比べて頭があんまり回ってないように見える。
アリアハン勢の宮廷魔術師も加えてのルーラ便ならば、やる夫の儲けのためだけの請求ではないんだし、
自分が手助けをしてもらったリュカの家を騙したに等しい状態で、没落ギリギリに追いやってるのに。
貴族は全部悪かよ。
Posted by at 2013年02月11日 22:24
レイトンがシュトロハイム化して吹いたww
そして仲いいなw>お前が言うな!
Posted by at 2013年02月11日 22:50
できない夫がお花畑過ぎるw
きっと日本にいた時から知らずに周りに敵作りまくってたぞこいつ。
というか此処に来るまでどんな旅をしてきたんだ。
Posted by at 2013年02月11日 23:52
レイトンはアリアハン紳士か
別の国の人かと思ってたんだが原作的に
Posted by at 2013年02月12日 00:10
レイトンと言うかできない夫はやんねえ香達と一緒に海賊の家に渡航してるよ
Posted by at 2013年02月12日 00:59
銀英伝の面子が並ぶと顔濃いなあ
Posted by at 2013年02月12日 01:47
小中学生の理想としてはたしかにそこで疑問挟むのも解るんだけど、現実問題人助けという言葉だけで無償で済むなら本来コストのかかる消防も警察もいらんのだよなあ。
逆に言えばそれを賢者に指摘されれば一応納得できてるのは救いなのかな?
Posted by at 2013年02月12日 03:40
これを見る感じだと、できない夫は理想主義者の面が強すぎるな。
Posted by at 2013年02月12日 11:46
三賢者vs幼女参謀
ラウンド1はニュー速で家の勝ちだな。
Posted by at 2013年02月12日 12:53
できない夫の様な悪い意味で常識ハズレな部分とかの描写を見ると、キャラ作り上手いなぁと、いつも感心させられる。

ってか、できない夫を見ていると如何に賢者という職業は賢い者とイコールでは無いって事が分かるな。
っというか、民主主義と言いつつトップに首を揃えているの人間が他の国から来た人間って時点で内部崩壊が何時でもしそうだ。
やる夫も今の居場所を維持する為にかなり周りとの関係に苦労してるから、できない夫の場合、喧嘩売りまくってるから、かなりヤバイんじゃないか。
Posted by at 2013年02月12日 12:54
できない夫はここまでガチガチの理想主義者なのか……
Posted by at 2013年02月12日 13:09
できない夫・・・
もうギャル夫から

 性格:せけんしらず

を譲ってもらっていいと思う
代わりにギャル夫を
性格:ひじょうしき にしてw
Posted by at 2013年02月12日 21:24
結局できない夫は賢者というよりも善い人なんじゃないかな?
人助けに対してお金を請求するっていうのが納得いかないみたいですし。
自分がルーラをする立場ならお金なんて取らないってことなのでしょう。


まぁ無償にしたり安くしたりすると、ニュー速で家ができない夫に協力したと喧伝される可能性が高いから、
やはりやる夫側の正当な金額の請求は間違いではないと思いますね。
Posted by at 2013年02月12日 22:20
「君の笑顔が報酬さ」を期待していたら
「救い料百億万円ローンも可」された気分なんだろうなw

っつーか「ルーラひとつに」って言ってる所から見ると、賢者PTのせいでルーラの価値を安く見てるのかも
「料理してたら胡椒足りなくなったんで、ちょいとバハラタまで行ってくる。ルーラ!」ぐらいな感覚で
Posted by at 2013年02月13日 00:12
できない夫の性格は「りそうしゅぎ」だったか?
「ゆめみがち」の間違いではw
Posted by at 2013年02月13日 01:27
できない夫にはもう何も期待すまいw

あいつがやった勇者認定証を燃やす行為って、ニュースで日の丸の旗燃やしてる騒いでる連中と同じだし。
返還するだけなら品性を疑われる事もなかったろうに……。
Posted by at 2013年02月13日 21:28
ほむほむ平らだなあ

できない夫はアホすぎる
Posted by at 2013年02月14日 10:48
やる夫がボストロール倒したら王位はラインハルトだろ?
もっさん勢力もボストロールに敵対してるんだし、ラインハルトじゃなくても勢力の貴族の誰かになるよね。
するとどっちにしてもできない夫は敵になるわけで、もうできない夫は自分達でボストロール倒さないと詰むんじゃないか?
Posted by at 2013年02月14日 18:41
できない夫はルーラ便は知らないだけなんだろうけど、考え方が「王道的勇者」そのもので好きだな。

Posted by at 2013年02月14日 22:04
しまった忘れてた。ほむほむの水着AA実にエロくぁいい!
Posted by at 2013年02月14日 22:06
↑3
そこらへんはフセイン像引きずり倒したりベルリンの壁ぶっ壊すのと同感覚
民衆からすればリーダー△になる
三賢者も過激なパフォーマンスと評してるし(当人は無自覚だけど)
Posted by at 2013年02月14日 22:41
できない夫の性格として
「 ゆ め み し ゅ ぎ 」
を提案してみるw 
Posted by at 2013年02月15日 19:28
人助けだからで思考が止まってる人間に何言っても無駄だよな、うん
リュカ家と認定証の件で既にに敵対してる勢力の集団なんだもんやる夫の派遣部隊
常識的な値段で難民移送を請け負ったのだって十分大甘な事だってのができない夫以外は判ってるんだな
将来的にイエローオーブ貢から中立でいてって懇願に来たけど、先に喧嘩売ったのお前らだからねw
そら将来的にこんな事になるとは思わなかったかもしれんけどさw
リュカ家は没落して消滅、アリアハンは対外戦争に舵切る決断までは行かないと踏んでたかな
Posted by at 2013年02月21日 06:17
ほむらの脇……。
今まで脇には思い入れなどはありませんでしたがこれなら!


難民があっさり受け入れるとは。幻海女王はサマンオサの民衆に人気がありますね。
これだけ信用されているなら問題はそうそう起きないでしょうね。
工作員対策も万全みたいですし。
って、工作員が紛れ込んでいましたか。
危なかったですね。町中に入れていたらどうなっていたことか。

できない夫たちは手段を選らばなすぎ、敵を作りすぎですからねえ。
それでも勝てると思ってやっているのでしょうけど。実際勢力を築いていますし。
警戒されてしまいましたが、実力を見せたことで牽制にはなりますかね。

できない夫が今までこの調子でやってきたのなら、
王族貴族だけでなく、商人あたりも敵に回していそうですねえ。
善意を強要することによって。
それにしても、対価を要求していて正解でしたね。
でなければ、事ある毎に利用しようとしたでしょうからね。

ロイエンタールにも警戒されていますね。
やる夫がサマンオサに対して求めることがあるとすれば、イエローオーブとシャーマン族の待遇改善くらいですが。
女性遍歴の方は、女性の方からなら女性の側にも問題が、いやしかし……。
ともかく、彼には女性を近づけさせないようにする方が良さそうです。
Posted by とあるA at 2013年02月24日 20:07
レイトンもできない夫たちと出会う前にやる夫に会えてればきっと優秀なブレインだっただろうになぁ・・・
ヤンとレイトンは深く民衆のことを憂いてる感じ。できない夫はどこまでも机上の空論の理想をなそうと。一番胡散臭いのが孔明なんだよねぇ・・・どこか違うことを考えてそう
Posted by at 2013年03月16日 08:26
ほむほむ、なんてなだらかな……
Posted by at 2013年04月01日 04:44
まあできない夫の反応も異界人ならではなのかもしれない。
ルーラなんか誰でも1日10回使って宿屋で5ゴールド払えば回復するって感じの。
Posted by at 2013年04月05日 11:06
上のほうのコメントで
賢者という職業は賢い者とイコールでは無いって言ってるが
確かここの賢者は悟りを開いたものなんだよな
それともこれは間違った方向でただ一つのものを追い求めのたのか?
<異界の勇者とはいえニュー速で商会>のやるおに何の面識もないのに頼み事をして対価を渋るあたり残念キャラだな
しかもヤン曰く相場より安め?少なくとも良心的な値段なのに…
できないお陣営に商人が捕まったら善意の寄付を強要されそうだな
皆の為とか言って
Posted by at 2013年04月11日 14:16
できない夫の性格は「りそうしゅぎ」だし、何事も甘く・うまくいくって考え方なんだろうな
今回のルーラ便の反応的に『人助けに見返りを求めるなんて言語道断』ってタイプだし
元の世界でそれを地で行ってたかはさておき、甘ちゃんなのは確実だわな
多少なりともこの世界の現実を知った上でこの考えじゃさすがになあ…
Posted by at 2013年06月22日 07:32
この世界真っ当な旅してたら、ルーラがどれだけ貴重か解るだろうに
できない夫は初期に近い旅立ち組だね。メンバーフルで全員賢者になれる才覚持ち

こいつきっと旅事態舐めてるね!苦労してたらこんなお花畑頭してないべ
Posted by at 2013年08月06日 14:19
できない夫現実みえてぬえwww人様に自分の不始末尻拭いしてもらって激昂www
なお後始末は難民の生命を盾に迫った模様www
Posted by at 2013年09月30日 12:35
できない夫…コイツはダメであります(Byどっかのロボ子)
↑の方の人たちが言ってる通り、頭ン中がお花畑の小学生っすなー…そりゃまぁ確かに大抵のRPGだと「悪の親玉やっつけて世界を平和にする」のを目的としてても、町の人は宿代や装備品の割引サービスしてくれないし、王様が援助金出してくれたりしない無料奉仕の巡礼旅かもしんないけどもさー。
「景気が悪くてお金が無いんだから、たくさんお札を刷って各家庭に分配してあげればいいんだよ!」って叫んでる国会議員でも見てる気分で、こっちがハズカシチー感じにw
Posted by at 2013年10月10日 20:00
ロイエンタールはロマリアのご隠居様とは違う方向性で心の友になりそうだなww
Posted by at 2013年11月05日 22:19
「理想に溺れて溺死しろ」って台詞がこれほど似合うキャラは滅多にいませんね
現実を見据えて嫁の為に頑張るやる夫との対比には最適な人物かもしれません
Posted by at 2013年12月23日 22:15
正当性自体は別だけど、できない夫のルーラ便への反応自体は、
救急車が怪我人や病人を運ぶ時に金取らない、災害の時に避難民から自衛隊は金取らない、
って日本の認識がそのまま出ただけだろ
問題は、相手が救急車や自衛隊といった公的機関じゃなくて商人という、
ある意味海外方式って認識がない所だけど・・・まぁ、そんなもんじゃね?
仲間に諭されて受け入れるだけ、まだマシだと思うけどね
Posted by at 2014年05月23日 00:39
↑いや税金納めてるだろ公的機関、救急車はわからんけど
できない夫は赤の他人にいきなりボランティアさせようとしてるし
現実のド田舎でも代価を払うわ
Posted by at 2014年06月14日 20:48
↑↑
日本の認識・・・まっとうな日本人なら公的機関でもなんでもない
商人の費用請求に憤るなんてことしません。そーいうことするのは
どこかの国の恥の概念が薄い人たちです。
あと、この状況はけがや病気・自然災害のような偶発的な問題では
なく、サマンオサから、民衆を連れ出したから起きた現象です。なら
連れ出した側が責任を取るべきでしょう。
Posted by at 2014年08月31日 02:15

だから、できない夫は相手(やる夫)が商人って認識が無い上に、
相手がどこだろうが人助けに見返りを求めないのは当然って認識なんだろうさ

今でこそ、その手の事でもしっかりきっちりしようって概念が根付いてきたけど、
一昔前までは日本人だってあまり他国の事笑えないくらい酷かったし
Posted by at 2014年09月24日 16:52
できない夫が目指してるのって民主主義じゃなくて共産主義だわ。
皆のためとか言ってタダ働きさせようとか、もろそれっぽい。
Posted by at 2014年12月08日 19:40
少し前のできない夫サイドの話で空まわりしてるだけなのかなと思ったけど、この回で大嫌いになった。
自分で町の人たちを先導して、鍬の変わりに武器を持たせて町一つ戦地に変えて。
それで生まれた避難民を人助けなんだから当たり前だろとか言って無償で尻拭いさせようとする。
・・・あ、種の主人公勢っぽいかもしれない。
Posted by at 2014年12月15日 19:14
「日本を救う崇高な戦争です、
あらゆる力(財、労、脳、能)を供出しなさい。
拒むのは理念を解さない不心得者とみなします」
できない夫の考えを極端にするとこうなるな

崇高な理念の元に行われることに対価を求めるのは野蛮な行為だと
「理想の具現のために行われるすべての行為は正当化される」とか、反吐が出るな
Posted by at 2015年01月19日 00:38
山岳救助とかにはとんでもない費用がかることはよく知られてる…よね?
Posted by at 2015年05月26日 01:39
>73
どー視てもうろたえてます本当にあr(ry

Posted by at 2015年08月05日 21:41

臨機応変な対応ができてるだけマシではあるが、
「策士策に溺れる」寸前の取り乱しようだもんなw
嫁たちによって暴かれた策謀を見るに、善意よりも腹黒さのほうがヒドいんで同情の余地無し。

賢者の称号は返上したほうがいいんじゃないかと思われ。
Posted by at 2016年10月22日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62307534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ