■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年03月11日

第88話「誰も僕を責めることはできない」(5)

第87話へ     5 第89話へ

128 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ●          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


129 :◆vsQyY1yD2Q
【 できない夫解放軍 本部 ( 元・ブラウンシュバイク公爵邸 ) 】
ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──



             ,ェ≦三≧ェ、
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
           _,ィェエエエエェェェ、_
           テ三ミ'´・ j ・ ヾ气≧
            ̄ヘ_i   `    i_ノ ̄   聞いたかい、できない夫。
              _ |  , --、 _,!__
         /ヨiヘ   ---' 7三≧,    ビッテンフェルト卿が前線から いなくなったらしい。
         ヤ三iテ≧---イ三三/
            7≧ミヤ--::::-フ三三三z
         i三三ヨ!::::::::::7三三三ヨヤ
        7ヨ三三i|:::::::::7三三三三ヨヘ
          jヨl|三三i!::::::::i三三三7 ヽ三ヤ


130 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   「    \
 |    ( ●)(●)
. |         |│   ええ、先程 聞きました。
  |     ___´__|
.  |    ´    }     王都か南方で何か動きがあったんでしょうね。
.  ヽ         }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



                                  ,r'7'7'フヽ、
                               / / / / ,r-、i
                               _/_/_/_/ /  l|
                            __/_o__o__  ̄``i
                            {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
                            ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
                              { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
                              /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
                          〈、      ll |:: : : : : : : : :}   フム……好機ですな。
                            |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
                              l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
                            ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
                            ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
                             //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
                          / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
                         /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ
                         /   /:::::ll /:::::::::::/   l.l          
                        /  /:::::::ll /:::::::::::/     ll
                        /  ,':::::::::0/:::::::::::/       l
                       /   l:::::::::|/:::::::::::/       l


131 :◆vsQyY1yD2Q

                             _,,............,,,,_
                           /l「 l1 |f l」 Tニ 、
                           !! .|| .ll l| .ll ll `'ヽ、
                          .il ,ll .ll .ll ll .ll  'ニソ
                          |l .|| .ll .ll ll .!!   |
                          ||.亠''。'''冖‐ー..!L  ...|
                          1__...、-,,..---......,,_ `''、」
                          |′  ´      <t.._ │
                          |,ー、.,_  _,,..-ー 、  !|::`│
                         :l|.i刃〉  `「i刃~′.|厂l:ヘ    ヤン殿、この機を逃さず
                          .i. ` !     ̄  .ll .!::.ハ
                          i 〈、       テ‐{:::::.ハ     王都を取る……出来ますかな?
                         .ハ iト===‐ヾ!  ノ _サ'、::|
                         八::ヘ  −  '  , '...//:::::∨
                          ゙'仝,,_..、 __../ //:::::∨`ー 、__
                       _,,..-‐f⊂ニ サ!ニニ⊃//::::::∨     `''ー-..、
                     _..‐"   /:::://f|.||   //::::::::/          `ヽ
                    .∧    ∧::.lソ l! |!  ././::::.∨            /
                   /     .,':::../l ..|| || ,/ /:::::::/         ∧



                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ   ……無理だろうね。
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ    落とす方法はある。 でも実行出来ない。
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ      ,   ,!   jソ/′
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !
.: .:. :.: .:. :..: .: ,,r'"´  ̄  ̄ `ヽイ;:'´  _,レ^ー-、_   ,r‐y `i j,リ /     ! |
.:.:.:.:.:..:.:.:;:;:;/     `,   ヽ:;: ;:,イ.: .: . . . . ̄`ゝ‐'T二レ'゙ /    ,! 」
:::::::::.::;;:;:;:/        j     ト、''´.: . .: :. : :.: . . .: . . ,.   /    | 1


132 :◆vsQyY1yD2Q
  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
! ,         ヽ● i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄   やはり指揮官不足が痛いね。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从.        僕も兵の指揮が出来れば良いんだが。
三7、   ̄  . イ、_
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7


                    / ̄ ̄\
                   /  へ    \
                    (●)(● )    |
                  | |    u  |
                  |___`___     |   いや、僕だって孔明先生に止められてて
                    {`ー'´       |
                   {        /     前線に出る事も出来ませんし。
                   \     /
                   ノ     \
                  /´        ヽ


133 :◆vsQyY1yD2Q
                ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
               /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
              〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
             〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
              l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
               l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
             /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
           〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
           lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!   この場合は、元軍人の
             `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!     僕の方が特殊なんだよ。
              `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!
                   `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!      幸か不幸か、子供の頃から
                    ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!.     その手の本を読む機会があったしね。
                  jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                    ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ      ま、何でも経験しておくものさ。
                      ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
            /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
             //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
           ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
     ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   ''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
         / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
         ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.


134 :◆vsQyY1yD2Q
             _,;r''"                      ゙i
            ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
            {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
            ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
            _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}
             ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
             {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}
             ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ   ところで、指揮官不足の問題は
              ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
                ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'      ニュー速で軍も抱えていると思うんだが
                  'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'
                   'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、      あちらはどう対処してたんだい?
                   ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l
                _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
          _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_
       ,-ス"    ,/,i' ゙i /   ,イ;"  ィ;i⌒l   r"_r=i-l  jL_  ゙'''ー-
      ,/",i'        ,;i'j  ,}    ,;f ノ  ,i' ノ ‖   レ-'''""    ゙''ー-
     ,/' ;l       ,l,j r'"l,    ''   ,:トツ  ‖   ,;:r''
   . /'  Lニ--ー   l,l "゙l;, `''ー----─''" ラ'  iLェー''"



    |三三三三l|
  __ト―--――|
  ´、二二二二二フ
   |/  ・ ( ・Y
  (^     ’ |)    傭兵団を雇っていたようだね。
    1  、_  !
   △___  ∠     後は縁故の指揮官付きの援軍がいくつか。
   |::::::::::::/エ「ノ
  /::::::::::::::|  |::ヽ


135 :◆vsQyY1yD2Q

                              ,.-──‐- 、
                           ,.'´        \
                           /         _,,、-ーヽ
                           /          ,ィ<    ゞ`,
                        !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i
                        ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!
                       ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij
                         l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈
                        l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !   景気の良い話だね。
                            `i   j       '゙,イ ,ィイ
                            ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ   まったく羨ましいよ。
                          /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、
                           /   \_ _,/  _/Y  >、
                       _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |
               _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _
             / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
            ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
            /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
          . /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
          /      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |


三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_
__________,...ェi三三三三ヨ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ
三三三三三三三三三三三三三テサ卞
::/~ヽ/    ●       ● i!
:i,              i,    !
::ヽ、            イ   i       その分、しがらみも多そうだったけどね。
ニニニニ=、             |三≧=、
三三三三!             !三三三7  彼には彼なりの苦労があるんじゃないかな。
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/
三三三三! 、       , イ三三il7
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、
三三三三≧_,. -‐  ̄`ヽrァr---‐──‐‐-r
三三 _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        7
三ヨ/ /         \_ノ!        l
三/   {       `ヽ、  }!ヽ!       /
三!   ヽ      \  Y |  ` r====r'´


136 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄\
    /   -‐'  \
    |    ( ー)(ー)
.     |      │ │
     | U   ___´___ノ   僕達も それが出来れば一番なんですが……。
      ,|        }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|


                     ______
                    r〃〃〃 f7⌒ろ)
                     l‖‖‖ ||   f灯
                      |‖‖‖ ||   | |
                      |儿儿儿._」⊥厶
                     〔__o____o_≦ト、
                        「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ.     こればかりは仕方がないでしょう。
                    |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i
                        l ー| `ー'  ||、_八 |    サマンオサで虐げられし人々を救うためには
                     l │     ll  〃V.     こうするより他なかったのですから。
                      、{`―-ヽ ,〃 〃  \
                      __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
                        ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
                     /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ
                 〃 l   |  l| | l| 〃    /     /    └ヽ
                /     l  |l | |l/″   /      !  厂    \
               く,  Y   ! l」fレト!    /       | /        1
               丿  |   | 丿} じ’  /      | /         |
              /     l   | `¨      /      レ′        |


137 :◆vsQyY1yD2Q
       /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
       i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
       !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
       lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
      ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
     '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙.   ボストロールを倒すだけじゃ駄目だ。
      ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
       ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′   遥か昔からこの国を、民を食い物にしてきた
         `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙        門閥貴族も打倒しなければ
          ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
         ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「      真の意味でサマンオサを救う事は出来ない。
         _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
     _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_.   本当に厳しい条件だよ……。
    '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
        ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
         |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



      ____
     |        |
     |        |
     |        |
     |        |
     | ̄ ̄ ̄ ̄|
   (二二二二二二フ
     |../  ・ |・|
     (⌒   _) |)
     T       |   それなら諦めるかい?
     .| ヽ.._ノ|
    ( ̄ ̄|___,ノ7
     \  |\| //
     / _|  /_ \
    (  (ミヽ/\) )
     \ `イ / /
     | \_/-‐' |


138 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
              ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
            ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
           〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
           レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
           l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
           リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
         、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
         彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ   まさか。
           V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
              ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV.   ここで諦めるぐらいなら
             ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
                  ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ     最初から こんな事はしていないよ。
                  .゙、        /   _ノノ:\
                 ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                  `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                 ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                   / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                   い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
               ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
              /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
               /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
            /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|


139 :◆vsQyY1yD2Q


   あんな光景を見るのは、二度と御免だからね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  :.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
  _:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
  : .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
  :::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
  ::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
  ::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
  : . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
      i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
      | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
      | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
     (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                  (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                        (___/  (___/:::.....


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


140 :◆vsQyY1yD2Q

                  _,-‐==ニ==‐-,
                  {7 .ii .ii .ii .ii .ii
                     ‘ || .|| .|| || .||
                    .i  .|| .|| .|| || .||
                 ├‐" ¨ ̄ o ̄ ¨"┤
                  |, ,-‐ ' ¨ミ三彡¨"豸
                 ::|| ,.r‐ 、.,_   _,.≠、!    黒猪将軍が前線から姿を消したが
                 f::l|  「i刃  〈「i刃 i}.    その隙を狙って王都を攻める事も出来ない。
                 { .i|  ` ̄    ゜ ̄´ ,
                人.i!       '   ハ      ならば やるしかありませんな。
                   i:::::::ゞ.  {iー―‐'} ハ}
                  弋::::仝ゝ,    "  .人:ツ _ , . r-‐' "¨{
                 ,.≧|(⊆≧‐-l|≦⊇) <       {
              _r</ :::l    ||.!r            i
           _ r<  ∧::fi   /               !
          /     ∧::::i { ,∠                ト
         ./ ,  ,.  !:::::::i レ                  !‘ ,
         ' ,.    i:::::::::/                  .! ハ
        ,.  ' /   .i:::::::,'                   }  ハ
      /   i '   i::::::i                    ・   ゜
     /    .! !    i:::::i                   ‘
    ./     Y    i:::::i-‐! ̄! ̄¨/¨ ‐- ,._        ゜    ‘



    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |   門閥貴族との決着……ですか。
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
 /  /    __人〉\


141 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   「    \
 |    ( ー)(ー)
. |       | │   確かに、このカブノールから門閥貴族を追い出した時
  |     ___´__ノ    門閥貴族の配下の中から、僕達に協力してくれた人達が何人もいました。
.  |         }
.  ヽ        }     門閥貴族と決着を付ければ、もっと協力してくれる人が増えるかも知れない。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、     そうすれば指揮官不足は改善されます。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


                     ______
                    r〃〃〃 f7⌒ろ)
                     l‖‖‖ ||   f灯
                      |‖‖‖ ||   | |
                      |儿儿儿._」⊥厶
                     〔__o____o_≦ト、
                        「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ.     誘導されている気もしますが
                    |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i
                        l ー| `ー'  ||、_八 |    現状を打破する方法が
                     l │     ll  〃V.     他に無いのも事実でしょう。
                      、{`―-ヽ ,〃 〃  \
                      __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
                        ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
                     /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ
                 〃 l   |  l| | l| 〃    /     /    └ヽ
                /     l  |l | |l/″   /      !  厂    \
               く,  Y   ! l」fレト!    /       | /        1
               丿  |   | 丿} じ’  /      | /         |
              /     l   | `¨      /      レ′        |


142 :◆vsQyY1yD2Q

              ッ-‐…ー-、
             , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
           / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、.        確かに その通りだが、ちょっと待ってくれ。
           { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、
          ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐   いくら ビッテンフェルト将軍がいなくなったと言っても
         ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|    前線の守りを手薄にするべきじゃない。
          /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {.
       /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、   数字の上では互角以上とは言え
       ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、  ほとんどが元農奴で練度も低いんだ。
      _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、
    ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
    / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
   ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
   ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
  / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',


      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
    _i         i
   i三三三三三三三三三三i
      │ / ● │● i
     (  ̄      つ i      確かに、ロンベッタに向かった隙に
    !二コ           i二フ
   ├─┴─┐  ―‐ .|三/7    カブノールを落とされてしまっては事だね。
    ゝ三三三│   _ノ三/7
     ゝ三三三i  ⊥;:丶 7/
    /ゝ三三三i ̄;:\l;:/ /三\
   /三三三ヽ/ヽゝ;:;:;:;:;:/三三\
   (三三三三ヽ/ ̄ヽ:;::;:│/\ ヽ
    \三三三ヽ/ ̄ヽ/ 三三ゝノゞ
     / \三三三Yミ三三/三三)
     ) 三\ミ三三三/二二二丿
     ノミ三へミ三/i:;::;::;::i三i
     ノ 三三三三三i:;::;::;::i三i


143 :◆vsQyY1yD2Q
        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"    少なくとも、僕は前線から離れられない。
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |      それは孔明も分かっているだろう?
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _−     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /        誰にロンベッタを攻めさせるつもりだい?
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、



          人
   / ̄ ̄\   て
 /   「   \  (
 |    ( ○)(○)
. |  U     |│  え? そうなんですか?
  |     ___´__|
.  | u   ´ー‐‐}    それじゃあ一体誰が……。
.  ヽ     u }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


144 :◆vsQyY1yD2Q

                      ..一−‐rー-..、
                     i ii  ii .ii  .iifろヽ
                     l ‖ ‖ ‖ ‖┐′
                     ! ‖ ‖ ‖ ‖ .|
                     」‐'''" o  ̄゛''''ー._i
                    _ t-‐‐‐‐----ー-..〔
                   i:::: "`ー'''´ __丶ii:::ヽ
                   t,'‐‐、、  ../__`‐‖:::::!
                   '「 '蓬 〉 `〈蓬 !  t|'':::::!
                   | ! ` /    `"´  l| l:::!     ご安心ください、我が君。
                   fl   、       !L'::::::!
                   iヘ 〆____..ヾ   !,'::::::::.!   既に一人の人物を見出しております。
                   i:∧'' `''‐‐''´ ` ノノ::::::::::l
                   弋::>、    ,,...:rク≡丶:/
                   _....‐ ミ弋テノ‐//≦ ,,.-..... `''..、
                ..‐''´ /ミ !! ヘリ! //三ミl │「` 、 `‐..、
               / /  /ミ ii .| | |//ミ三ミl i !{ ヽ /  ヽ
              イ ノ  .∧ミi l ( (//ミ三ミ/| i ! l .!/    ∧
              / '|  i三ミl | .//ミ弐 ヽ l '''ヽl .i .|  / ∧
             イ  ./|  l三三| |//三ミ丶 ゙│   ヽ  ! ノ     i
            /  hl  l三三-−‐二≠ .!  ′  ''   !/     ヽ
           /   〈..-‐" ``     |′ ヘ   ,′    !≧、    ヘ
          /′  ,,/′         |,,   .i,, i     i三彡、    ∧
         ./   ./            !為  弋!、    !三彡丶、   ∧
        /  /             .!ミ豸   i`'−''".i三彡  ヽ、   ∧
        ' /               iミ為   i  丶 i三彡    丶  ∧



      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    (へ)(へ)
.     |      │ │
     |     ___´___ノ   流石は孔明先生!
      ,|        }
    / ヽ       }.    それで どんな人なんですか?
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|


145 :◆vsQyY1yD2Q

                r=、.=、=、-、、
                ゞ ll .}} }} ヾ.ヽ.
                 / ,リ ,リ !! !! !!
               /'、 / /  リ || ||
             ,.-=〈  "'' ‐-''.,_ ,リ リ
               /ニニニ7,'=-   o`¨''7
            /ニニニ/ム'´ ̄ヾニ=‐-,=ヽ
              /ニ,.=マ/'´     ヾニシ ヾ:!
          /ニニi //  ̄\    ,, -、ソ
            {ニニ.ゝi.i   ゞ==''   /='' ,'        士官学校では優秀な成績を残しながらも
          Vニ/ .l.l         |  /    ,ノ|
          ゝ〈  l.l   ,.    ' /_,, ‐/  !    平民出身だったため、門閥貴族の下では
        /'//∧. ゞ、 /゙`ー,‐'i!// /    lヽ.   重用されていなかったようです。
     ,,.  ´ \///∧  >、  il!.イ ,/ ,/      l i
  ,.  ´       \'//\ゞ-トマ'"/ / ,/     / ,!   しかし話してみると弁舌爽やかで
       ヽ.      \'//\V / / ,/     / /l    兵法にも通じた俊才でした。
                V///i  i  i  i  ,ノ! ,/ / ,'
     \ i.       V//l  l ,,l -ァ'´  レ゙ / ,/
       、l        ∨∧,/!゙/ ,/     !‐ '' , イ
        ヽ        ∨'∧i i _i_,.-、 ,リ,,. 'ン
          i        ∨へムfニアζイ,,.イ .|
        ヽ |       ( ( ̄ ̄ ̄`'く. |  ∧
        ヽ|        (  ̄ ̄`ヽ ,ノミヽ_ \
           \      (  ̄ ̄`ヽ ,ノミミ} \`¨\



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ   へえ、そんな人がいたのか。
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ     それならロンベッタ攻めは その人に?
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


146 :◆vsQyY1yD2Q

                r'ri'ri‐ri'‐ri‐r==、
                | || || || || ||. ゚l|
                | || || || || || l|
                  [二 ゚ 二二二二]
                 l! ,__  ___ 、 ll  !   ええ、ヤン殿には対王都の守りを任せ。
                li.iケ} ´lケ7 |lr.、|
                l.l  !_    |lソ |   私がロンベッタ攻略軍の後方を支え
                ゝ、f==ヽ /l  ノ
                .__/rヾ、-、_/ l<.     その者に前線を任せようと考えております。
               ./ ゞ=彳~゙l!≧  l ヽ、
            / 、    ll 、. l!ヽ   |  ! \                _ _
           ./   ヽ,  ll ヽl!. ヽ !  |  l'}、             ,r'´'´ '´   ̄
           /   `ヽ fノ  fj  ヽl  !  |i ヽ         r'´r'´ , -‐ー‐ー
          .l      \  ヽ   l!  |  |' ヽ        rァァ-、/
          .|       ヽ _ヽ     ! .j__ヽ--、, -‐ 、/〃,.r彡`ヽ
          |        ̄     ̄ ̄ ̄ ̄/   /    l示テ   ノ   _, -‐'
          !                /   /     lチツ≡≡! 二 _, ==
           |                /   /ォ、__,z-ァ、 \  ノ   _ _r彡
          .|               /   / /`ヽー'ー'  ヽノ<ニ二テ



三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,
:i,              i,    !        7三i   /三i!   カブノールの内政は、僕と できない夫か。
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!   分かった。 不慣れだけど やってみるよ。
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ


147 :◆vsQyY1yD2Q

    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ   とにかく、その人に一度 会わせてもらえませんか?
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \



                              , -, ‐, 、
                           _////゙ヽ
                              ,fッ、;;::ニ=-、`ヽ  }
                          /ミ)  ≦ヽノ::カ.、ヽ!’
                             / 、'    ゙ ゙i ム::::V
                  ,i      ,' r_,.ヽ   ,リ l::::|
                 , ィ/ |     l  }  /l!  /、ノ:::::|    分かりました。
              .// ハ       | ,, `'''´   .ノ' |:::::::::,!
            /, '/   | i     〃ッャァ=''" ,,. べ::::/     呼んでまいりますので少々お待ち下さい。
           '/ / /   ,! i     ,.ィ''ノゞ,’≦ :: ::,.イゝ、
           | / / ,i  / ,'i   ,. /::/ /:: :: :: /     >.、
           l l ,.i/'l ,/ / !,/ /:://:: :: :: /   ,. '"
           rf /  ,ト., ' //   /::/': :: :: ::/     /
           l l {,r:y゙ l/,/  ,//:: :: ::/       /ノ
           <(__),ノi/  /' :: :: :/        /゙
           ,,__,)〉,へ. /: :: :: /          i /
           __ノ/ 〉、f¨¨7´ ̄ノ,,..  ''´   /
           ___ノ゙ i ,.ゝィ 、 ゙i、     /
           _ノ   7゙::i::l:: :l:゙ヽl `""´ /


148 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


149 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


               _,,、、ーiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;,,,,__
              ,,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiヽ
            ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
           ,rilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!! -''" ̄ミヽ、
           ,iflllllllllllllr^illllllllllll, - ''";; /_/_〃彡彡ミ
          illllllllllllllllliiーlll,-∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,
          {lllllllllllllllllll!!"         ::::::::::i三彡i
          illllllllllllll"           ::::::::::l;ミ彡l
          'ー┬f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i     お初に お目に掛かります。
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲノ
            i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン.    この度、ロンベッタ攻略軍の
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´    前線指揮官を任せていただく事になりました
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l.      アンドリュー・フォークと申します。
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|iiiヽ
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐illllllllヽ
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐il|illllllllllllヽ           できない夫解放軍所属
            レ'´ 一一-v、 /___,‐'ii、lllllllllll/ ヘllll└、        アンドリュー・フォーク
       ___f´ー' `''ー-、, j /   〃lllli llllllll|/ ノllllllllllll`iiー -、   ( 銀河英雄伝説 )
  ,,,,;;;;iiiilllllllllllllllllllllll|   =-ァ- ノV jj  〃lllllllヽllllllレ'´lllllllllllllllllllllllllllllll.    職業:加護なし
ri´lllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ノー'´ ノ 〃  /lllllllllllヽllllllll lllllllllllllllllllllllllllllllll.    性格:ヒステリー
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    }r-'´    ノllllllllllllllヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll


150 :◆vsQyY1yD2Q


          ―― きわめて高度な柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処することになろうかと思います。 >



                _,,.、、、、、、.,,_
              ,、-'´ . : ::::::::::::::::::::ヽ;ヽ、
              / . : : :::::::::::::::::::::::::::::゙ミ、::ヽ、
           / . : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ::::ゞ、
          i ; ; ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリゞ;;:::ゞ
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノイ,/;;;;/::;;〃i/いリ;;;;;;:::::`、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ,/;;;;/ノ;;/;ノノハノハw;;;:::::';
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,ノノイノハノノノイノヽ、ノハ;;;::::!
           l;;;;;;;;r'ヽ;;;;!  -─ノノ-ノ '´─-ヽ;;:;:;:::/
          ハ;;;;;!リ〉リ'   r-rェァ'`  ,rェッ  !;;;;:ソ
          ,リ;;;;;;),  ヽ           l    /;:ノ     ( なんだろう……。
          ,/)ぃ,l:リ  l .u      ,_」   /
      _,.、-‐!  ヾ:!、Y       ___   /`ー -、_     とてつもなく嫌な予感が…… )
_,.、-‐' ̄''ー- 、 l    \  ヽ     ー   /`ー-、_ i`ヽ、_
``ヽ、_,.、-ー-‐'ヾ 〔《l \ \     / \     `ー-,l ';
   ヽ、      ヽ      r'、  `ー‐',i ,r-‐'゙}        l! !
    .ヽ、     `、   /.、 \   / 〉\/          / ,}
      ヽ ゙l、  ヽ/、;:;:;:゙:、 \_/_,.r'             / / ク
`''‐-:、,_  ^:、 !       `ー、;;ヽ、,.ィ':;/          i / イr'゙ \
    ``''‐-:゙i ,|           `!;:;:;:;:〉     ___{_/ィレ'゙ _,.、‐':
ー─- 、___ミi、           ,}:;:;:/,-‐'" ̄ヽ、ヽ  ヽ、 ̄ヽ、   \
         `ヽ、   _,,..、-一''"         ゙i `l    `ヽ,.ー-ヽ、
         _,.、-‐'"                |  | ,ノー-、,    ヽ
      _,、-'"/                     |  イ'r 


151 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
{:::/::  /     \
:::{   i       ヽ
:::|   |`(_・)ミ     .:.               /\
:::|  . :|   ̄`    .(・):.            /   /
:::|  : :|       .___   i        /   /
:∧  ∧   /++++{ .:|.      /   /     /\
 ∧  ∧  `  ニニ  从.   /   /     /   /
==ミ:::..\      /:::ハ /    \   く   /   /\
    }ト、:.:.:>――く::/:::::::..         \    ̄   /   /
、{ ・}<}ト、\、___ く::::_::::..    /\   \   .く   /
ミ==ミメ、 ヾミ }::::}Y   ヾ} /   .\   \.    ̄
   ̄....:::::::)    .: .人 {・}<!}}く        \/
  ..::::::::/       ヾミ:く
                 :.               『 ラ ナ ル ー タ 』 !
           ,ィヘ____,.ィ  i
.          //ヽ_ ,ィl| ..::|     / ̄\        フォーク軍の移動時間を飛ばし
        . //┼┼┼{{..::::::|    ./    .\
     ∠ニニニニニム): ::|   /      \      「ロンベッタに接近した」 と言う結果だけが残る!!
.         、.................   :::::|   \         \
         .`ー==ミィ.:::::::|    \      /
                : ::|     ..\ _ /
                 ..:::|
___  ィ77777777>、  ::::|
///////////////////ヽ::/.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
////////////////////.____________|
ト、/////////////> ´
:::::\/////////
:::::::::::二二二Y
===ミメ、人
:::::::::::::::::::::ヽト.、\
:::::::::::::::::::::::::|:::::> }
三三三≧=:/  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


152 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,●`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


153 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロンベッタ 】
                                           ,.;'"~⌒'
                                     ノ⌒ヾ`'"~
___                        _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
  ::::/|`⌒',=-   ,_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ      ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,ヾ、.,__ソ^`
 ̄ ̄| :|`'"~       ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
: : : : | :|
: : : : | :|n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : | n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : ____ _: : : : : : : : : : : : : :_.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,._ : :____ : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : :/____/_|: : : : : : : : : : : : :.[二][二][二];| /__________/_ヽ.: : : : : : : : : : : :
: : : : |;|コニ|| ,___||,||ニiニニiニニiニニiニニi|;;;;;=====;;;;|;;| ||     .|| ||ニニiニニiニニiニニi
 ̄ ̄.: ̄7||'____||,||..ノ囮 ̄ ̄品品7.|;;;;|    |;;;|;;|.| ̄ ̄ ̄"| ̄| ノ皿皿 ̄ ̄卅
 ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄./_____/. : ̄7. :―. : ̄7. ̄ ̄ ̄7 ̄ /_____/
 ̄ ̄ ̄ ̄/\-. :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/] ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄\/| -[|三三三三三|]/| :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :-|二二二二二


           ,,,、、、、、、,,,
            ,r,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,、
           .f;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,`,
           ノ;,;,;,;〃;,;,;,;,;,;,;,;,;r乍;',   聞いたか? 反乱軍が攻めてくるらしいぞ。
        {;ハ〃r'´``シシノ  N
        {.:いリ  >;:;;;''  ,,,,, リ!
           ルシ'', `;. ´~  ノ‐'r'′,,、、、、、,,
         7   '、:;  _ ー'  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、   ,,、、、、、,,,
    _,.- イ〈   `、  ``/,r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yィイ彡ニニミミヽ
   .::::::',::::::::i \    `ーく  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヾ.:.:.!ィイ彡ヲ ⌒ヾ!
   .::::::::i::::::::l   \ /l:::::ト、{.:.:.:.:.シシシノノ  ヾ.:.:.:', r、  } --、 !  この町はどうなるんだ……。
   :::::::::l:::::::::ト、  /:ヽ |::::|:::.\.::{ ,rュ  `rュ 1.:.:ノiい リ  "´〈   _ _
   :::::::::|:::::::::l ヽ〈.:.:.::Vi::::|:::::::::l.:.i   ,、、  ,!,;,;(.:.:.ノ 、  _r‐','´   ``ヽ
   ::::::::::\:::::|   〉::〈 !::」:::::::::|::ハ r'_ __ヽ ノ.:.ノく   ヽ__,」 !      }
   ::::::::::::::./|   |:::::| |\::::::::|  ト.、_, イル'.:::ヽ\  厂  ゙、   uVシ
   :::::::::/.:::::|   |:::::| |:::::|:::::::ト、 \  ハ.::::::::::::ヽ Vトト、   },,,,,,,,ィ  }
   :::::::::i.:.::::::::|   !:::::! |::::|:::::::| ``⌒´ヽ_ノ``ヽ、:::::レ⌒!::::', 〒、  、_/
   ::::::::::l.:.:::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          ト、|  ',:::::i ',:: V爪
   :::::::::::l.:.::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          V:l   i:::::|  !   ! `ヽ
   ::::::::::::l.:.:::::|   !:::::! |::::!:::::::|              '、   l::::l  |   |l /!
   :::::::::::::l.::::::|   !:::::! |:::l::::::::|            i   l::::l  |   |. /.:|
   ::::::::::::::l.:::::|   ヾ/  !::!::::::::|               ノ  」:::l  |   |/.:.:.|


154 :◆vsQyY1yD2Q
__;!___;!_;!/l/レ|
_;!____;!_;!_|/l/l/|
__;!___;!_;!/レl/|
_;!____;!_;!_|/l/l/|
__;!___;!_;}/l/レ|
_;!____;!_;!_|/l/l/|_/ニニ7!__/ニニ7!__/ニニ7!_/ニニ7!_./ニニ7!_./ニニィ!
__;!___;!___;}/レl/ィ─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐'/ ̄/|
_;!____;!_;!_|/l/lィi┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴:/_/::,|
__;!___;l_;}ィ/l/レ┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐,r─ォ.|/ |
_;!____;!_;!_|/l//::::. : .:.. : ::.  : :: :.  : . .                     /  / |/|/|
__;!___;!_;レl/:::::. :...:::: ::: :. : . .                     /_/ / / /|
_;!____;!_;!_|/::::. : . .                                 ,⊥.⊥/|/|/レ|
__;!___;!_,ノ'                                    /  /レ'| /l/レ|
                                        /__/ / /|/|/レ|
                                      ,r┴─ォ/|/|//|/,レ|


   ↑ヾ''""/
   |[,≡≡]     報告します! 反乱の軍勢が迫っております!
   ||] ゚−゚[l
   |IIII:V:I/'⌒ヽ   数は およそ五千!
   Φ |::三 |   |
   |ノ,,,llll,゙|   |
   | (/"Uヽ__ノ



                          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                           |   そうか……。  |
                          \______/


155 :◆vsQyY1yD2Q
                  __,, ___
                _/: . . . . ,, . . . . . . ヽ
                /: :'':'':‐-: :_: ,;;;''; : . . . . ゝ、
              /.: :,; : : : :'':'';' :`Y,,-、. . .ミ. . . .`)
               !.;.'': : :彡 : : /゙゙゙`´""! . . . 、. .〈
              ノ': : :彡彡ノイ ,.- .、`ト、. . ! . . )
                {: : ; ;. : : ノ :ノ ,. =、 .,,_,リ从:. .〈
              〉 '/,'´ヽ彡' = 、=・=ーく. kェゞソ
                i: ;;; l. λ|八     ̄    ヽマ"!   この私が守るロンベッタを攻めるとは
                {: '' :ヽゝ、  ヽ       ,.  :. V
             ヽ: : ; ,!ーi  l   /  ̄`イ    身の程知らずな連中だ。
              〉: ;ソ : 、  i   i ‐''二¨ ,′
                 {:从   :. > `       ノ
             /  ≧ ..,,  ヽ      }
             _/       ≧ .` ー、‐''
       --─‐<''<     ,.',. --、ヽ`Yス             『理屈倒れ』 のシュターデン
             >`'<.. ー   ヽY.|.l.i               ( 銀河英雄伝説 )
       、ヽ.       >`'<,,__,,,ノノ |.l.l、           職業:僧侶
        ヽヽ          > ー '゙ |.|.l゙l.|゙'' - ,,__,、        性格:あたまでっかち
       '' ─-ヽ  ..,,_     `ヽヽ,ノAV,l       ヾーヽ-ヽ-n


156 :◆vsQyY1yD2Q
            ;::           ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`
           ;::     ザッ     (゚Д゚,,)        (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)
           ;::           ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ
          ;::  サ ゙ッ         , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)
   w      ;::        ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ
         ;::        (゚Д゚,,)        (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)
         ;::         ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ   ザッ  ::;
        ;::        , |  -|lニ)     , |  -|lニ)    , |  -|lニ)      , |  -|lニ)     ::;
 、y,     ;::      ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ   ::;
       ;::     (゚Д゚,,)        (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)       (゚Д゚,,)          ::;
       ;::      ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ  ザッ    ::;
      ;::     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)      ::;
      ;::       <,_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ /l<_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ    ::;
     ;::                       l/                     ::;
     ;::        ∧∧         ∧∧ /                     ::;
    ;::        (゚Д゚,,)        (゚Д゚,,)/                     ::;
  w ;::         ( 人 ^ヽ       (i:i:i:i:iと)                     ::;
   ;::         , | ━|l二二ニ)   ノノヽ,/〜                  ::;



          ,r'゙´;:;:;:;:;:;:. :.: .:. :.:.:.!:::.:..:.   `ヽ、
            /;:;:;:;:;:;:;::::::ィ彡三ニ i!:::::.:.:.:.     ヽ
        /, ';:;:;:;:;:;:;;彡二三三ミ|:::::::::.:.:.:.:.    ゙、
        //;;;;;;;;,r-ー ‐‐- 、、、;;;;jト、,,,,,、、、、:.:.:.:.:.:.:.j!
       ,イN;;;;;;;/:::::::::.:.:.:.           ̄ `ヾ.:::::|
       {;:;/;:;;{::::::::::::.:.:.:.               i!:::::!
         ゙、;;;;;;|::::::::..:.:.:.                 |:::::!.     征くぞ諸君!
        ゙、;;;;!::,r':.:.:.:.:.       .I!        !::/
         カ;!::-ー- 、、_ _ ,, ,::;{   _ _ _ 1!/       これは侵攻ではない!
         〈 ト、::::ゝ こテニ;::::j;;{:::斤'''reァーュ ``j!.
       ,r‐< ハ!:::.:.:``  '"´::; ト、`` ̄ ¨´ //_     大 侵 攻 だ !!
_,,、、、-一''"´.:.:::::ト、jト、:.:.      .:.;; i      ノ/:::::.ヽ
.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:ヽト、    .:;;;; |      j〈::::::::::::::::``ー‐- 、、_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:.゙、::    '^ ー'゙    ,イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:. ゙、   -=ニニ=-    /:::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、.:.:ヽ   、__,   /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ >、        ,イ:::::::::::/l:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ --t r <:::::::::::::::l/::::::/仁二二7 7二二j::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i /   ! ト、 \::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


157 :◆vsQyY1yD2Q
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――   ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― __ __―
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄==━___ ̄―  ―――― ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄ ̄‐―   ――――   ―_―
 _ ノ:::::/⌒ヾ:::::/       ,'´            |::!
´.:.:::::::::::::i ヘ !::/              /        リ
:::::::::::::::::::| :::〉!::! /  ´ ̄``≧ー-、、 __,イ;;. j ,      !.
:::::::::::::::::::ト、   j! !   ヽ二ゝ='´ニ>::;jk ,,ゞ-r=r'''"ヾ!jー -、 _
::::::::::::::::::::! 〉、 ) '、       ̄  ̄, イ:/ (;;:ー='─ /!':::::::::::::::::.:.`ヽ
:::::::::::::::::::::! /  jj! ヽ        .:.:.:.!  /    //::::::::::::::::::::::.:.::.:.
::::::::::::::::::::::!   !          .:.:::::! ,!    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::!   ',        ,ィ.::::::!  !    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ヽ   ヽ         ``ー'  /:`:::::::::::::::::':::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::.:.\  \   "´ ー==‐  /.::::::::::、:::::::::ノヾ:::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\  \    ´ ̄  , イ.:::::::::::::)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――――――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z___________
                             )     (   /: ;ノ   { i ハi :从.;, ミ ミ: : :ヽ.:!
                           , '´⌒`Y´⌒` 、 V,イ,、_,ゞ{_j厶-、ゞ.; : : : ヾ: :|
                                 ,     \,.・={. 〉‐・=‐`.、゙iミンヾ: V
                                           i  ̄ ,' ,' `  ̄´  : リζ l: :.}
                                       .  〈 .゙ ;、    ノ  ノ.ィ :/
                                           . '`_`   、 ' i ├f´::r'
                                        ! ´ ̄`¨¨ i ' ,ノ, l : リ
                                            v ""    ,/ ,' 'イノ、
                                            (ゝ _ .イ_,,.ム'',,.ィ
                                           _i> 、 Y ,. --、'''"  |-、
                                _  ,.-、_,,..  -‐ 1{ ⌒! ! | l i⌒ '  /,/”¨ '' ー-
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄―==━
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― _―==―_
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―‐―― __


158 :◆vsQyY1yD2Q





                    夢 の 対 決 が 、 今 始 ま る 。







159 :◆vsQyY1yD2Q
                  _
                \ヽ, ,、
                 `''|/ノ
                  .|
              _   |
              \`ヽ、|
                \, V
                  `L,,_
                  |ヽ、)  ,、
                 /    ヽYノ
                /   r''ヽ、.|
               |    `ー-ヽ|ヮ
               |       `|
               |.        |
               ヽ、        |
                 ヽ、__ ノ
               ,.'´;:;:;:::::::::::..:.:.``ヽ、
              /;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::.:.:.:..:ヽ
            (;;;;;;;;;;<k;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::.:.:.j
               /;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:  ̄ ̄``ヾ!
           /;:;;;;;;;;;;;;:;;ソ^トト、;;;;;;;:;.:.:.:.:. .. :.:|
           !;:;:;;;;;r'´== -、ヾ、,,ヾN、;:;:;::.:.:.:.:!
           ヾ;:;;;;; ,rェテソ  'ヾニヽ、;:;:;;;;;:;:;j
             ヾ;;!  ``7   ゙'ー'` !;ト、;:;/
              |    /       リソ;/   ……で、あっさり負けちゃったと。
              l!   ヾ‐、      ソ/
              |;〉  ー‐-   /;:;;ノ      困ったもんだね。
               /^ヾ   ̄   /;:;;イ
              ノ;:;;;;;:;:\ _, イ_」;;ヽ
       _,,、-‐'"´;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;「    ̄``!:::L
 _,,、、-‐''"´.:.:::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;L _ノ ソ;:;:;:::`` ー‐- 、
/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::.\
.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;;::::::::::;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |    d⌒) ./| _ノ  __ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!


160 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第88話 「誰も僕を責めることはできない」 は終わりです。


タイトルはフォークの事ですよ? 責めると発作を起こしますからw

フォークとシュターデンの戦いは、(ある意味)夢の対決だと思いますが
実際に戦ったらシュターデンが勝つんじゃないかと思います。

「理屈倒れのシュターデン」 なんて言われていますが
逆に言えば教科書通りの戦い方は出来る人でしょうから。



原作ではサマンオサのシャーマン族、すなわちゾンビマスターはザオラルを使います。

しかし、このスレではザオラル、ザオリクの使い手はほとんどいないと言う設定ですので
このスレにおけるサマンオサのシャーマン族はザオラルが使えません。

エムロームでムー高炉を動かすために使われている身ですので
魔法も覚える暇も無かったのだろうと言う事で、他の魔法も使えないと言う事にしています。



時代背景的に士官学校が存在するのかどうかと言う問題もありますが

こちらはDQ3世界的にムー帝国時代からの伝統として存在していると言う事で。



次回更新は、3/24(日) 20:00〜を予定しております。

3/17(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


  ,/⌒⌒ヽ
  { ノ~゙ヘ~ミ}
  ミ,,゚Д゚)  < ビッテンフェルト!
  r=出=i
  ∪__|J
  |  | _|
  (__)_)


第87話へ     5 第89話へ

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインWii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)

この記事へのコメント
馬謖もだけど、なぜ孔明の人を見る目はこうなんと言うか・・・w
Posted by at 2013年03月11日 22:03
馬謖並の死亡フラグおっ立ててどうするつもりだw
孔明先生の人を見る目のなさは異常
Posted by at 2013年03月11日 22:04
フォークVSシュターデン・・・
確かに夢の対決だなw
Posted by メダル at 2013年03月11日 22:20
できない夫陣営、終わってるな…………。まともに組織を動かせるだけの人材もいないのに世界各国に喧嘩売るとかどこまでオツムがお花畑なんだ。最初のめぐるの成長っぷりを見た後だけに余計に連中の情けなさが目立つよ。おまけに孔明なんぞに人選を任せるもんだからフォークなんぞ連れてくるし……www
しかしラーの鏡どうするんだ?どうなるんだ?
Posted by at 2013年03月11日 22:31
まあ、天才がひとを育てる才能があるかは別問題だし・・・
Posted by at 2013年03月11日 22:33
フォークが出た瞬間本気で「あかん」って思ったよ
せめてもうちょっと、手心というものを・・・
Posted by at 2013年03月11日 22:41
シュターデンとフォーク・・・・
やばい・・・いろいろとやばい・・・
Posted by at 2013年03月11日 22:43
ここでさらにドーソンを投入三つ巴に
Posted by at 2013年03月11日 23:07
史実で言えば、攻める趙括と守る馬謖かな。
まあ、兵の質はシュターデンの方がいいし、守備側が有利だから、結果は順当?
Posted by at 2013年03月11日 23:09
疾風さんの登場か?と思ったらこの落差www

そしてキンクリさん、やる夫が我慢したのに別仕事まで請け負って、ホントお疲れさんですw
Posted by at 2013年03月11日 23:14
戦闘描写も無く負けたのかw
流石『チョコレートを欲しがって泣き喚く幼児と同程度の
メンタリティーしか持たない男』だな!
Posted by at 2013年03月11日 23:20
>守る側がずっと有利
「籠城戦で攻め側が勝つためには10倍の兵力が必要」だっけか。にしてもこの戦いはww
>馬謖かよ!
だれか王平ポジの人か孔明に魏延チックな人物がいないか聞いてみるんだ!!
Posted by at 2013年03月11日 23:25
馬謖に魏延にと孔明の人を見る目の無さは筋金入りですなw
職業:加護なし
性格:ヒステリー
これ見たら銀英伝知らなくったって地雷だってわかるだろうにw

シュターデンは結構優秀だと思うけどねー
教科書通りしか出来ない=教科書通りには兵を動かせるんだし、
砦の防衛に教科書以外の行動が必要になることなんかまずないんだし。。。
能力100MAXのSLGだと70ぐらいはあるように思うがねー

ダメに見えるところは教科書が最高でそれ以外の行動は下策だと思ってるところなんだろうけどね
Posted by at 2013年03月11日 23:31
リンチは出ないかなー
Posted by at 2013年03月11日 23:33
趙括対馬謖とは何というドリームマッチw
歴戦のベテランにボロ負けしたという以外の共通点も多いし出会ったら仲良くなれたりしてw
このお話での廉頗と張&#37059;は一体誰になるのか楽しみです。
Posted by at 2013年03月11日 23:44
キンクリされたw
Posted by at 2013年03月11日 23:53
リンチはもう出たよ。

シュターデンは応用が利かないだけでマニュアル通りの運用が出来るんだろうけど、フォークはなぁ…。
Posted by at 2013年03月12日 00:50
夢の対決で勝った側がその功績で重用されたりすると、後ほど敗北以上の被害を陣営に齎しそうで恐ろしい
Posted by at 2013年03月12日 01:34
料理で例えるならこんな感じかな?

シュターデンはレシピを完璧に暗記していて、それ通りに作る人。
ただし、アレンジは下手で材料が一つでも揃ってなかったり別の食材に代わってたりすると味がガタ落ち。
不味いと言われると材料さえ揃っていれば完璧だったとか、レシピ以外の材料で料理するのは常識的、科学的、物理的、に不可能だとか言い訳する。

フォークはレシピを知っているのに、自分が考えた超絶に美味しいアレンジを実行しないと気が済まない。
勿論味見はしないし、分量は適当で材料費も気にしなければ衛生面も考慮しない。
食べた人が不味いと言っても相手を味音痴扱い、食ってる最中に体調を崩した相手にそれでも無理やり食わせる。

……やっぱシュターデンの方がましだな。
Posted by at 2013年03月12日 02:27
王都側が隙を見せた以上、何もしないわけにはいかない。
けれど、信頼出来る指揮官の頭数が少ないから思い切った行動がし辛い。
結局、実力未知数の指揮官に任せざるをえない。

できない夫陣営も頭痛が絶えなさそうだなw
Posted by at 2013年03月12日 03:12
フォーク出て来たときはマジで吹いたわ。ソレは無いわと。

さておき、シュターデンは無能じゃないんですが、ちと頭が硬過ぎるきらいがなあ……。
ただ逆に言えば、セオリー通りの行動ならソツなくこなせるということでもあるから、副官次第では化けると思う。
まあ、副官がラインハルトに対するキルヒアイス並みに上役をうまく誘導できれば、と言う高難度ミッション付きではありますが。

フォークは、うん、まあ、無能とか言う前に「場違い」だとしか、ねえ、うん。
Posted by   at 2013年03月12日 03:24
ワイドボーンならば、あるいは……
Posted by at 2013年03月12日 05:46
ヤン・孔明・レイトンの三賢者、登場当初は「どうやって倒すんだ」って絶望したが、今回の話で意外と隙が見えてきたな。
Posted by at 2013年03月12日 09:03
できない夫傀儡臭く無い?本人の善性も蜂起の要因だろうけど三賢人上手いことコントロールされてる感じ
描写が無いからそう感じるだけかも知れないけど革命の志士にしては意志が弱い気が
まあだからと言ってできない夫合流は有り得ないけど
Posted by at 2013年03月12日 09:14
あー……できない夫陣営、ヤンさんが原作と違ってやる気になってるのがあかんかったんや……
Posted by at 2013年03月12日 10:31
銀英伝は知らないけど、地雷と「加護なし」は関係ないでしょw
平民は基本的に「加護なし」で、冒険者でない限り職業の自称もしないんだから。
Posted by at 2013年03月12日 13:10
>極めて高度な柔軟性

要は行動の指針が無いってことじゃねぇかw
Posted by at 2013年03月12日 16:09
結局このヤンの考えと行動が王都の親カイザー
勢力とやる夫の間を難しくしてるんだよな、
あの御仁は原作でも政治音痴だったが
Posted by at 2013年03月12日 16:46
ここの孔明さんの見る目の無さは異常w
ヤンさんの直感の方が頼りになるな・・・
Posted by at 2013年03月12日 18:11
そもそもこの三賢者、レイトン以外は原作的には"勝てなかった人"なんだよね。
しかも揃って現状と同じく"自分以外の人材が足りない"のが目立つ戦略的敗北。
Posted by at 2013年03月12日 22:25
あるいは失敗するように采配した…か?
Posted by at 2013年03月12日 22:48
SLGの銀英伝4だとフォークもシュターデンも統率が低く、運営の高い副官向けになってた。
逆にヤンは全般に高いけど、陸戦と運営が低い。
Posted by at 2013年03月12日 23:02
他の人も書いてるけど、馬謖かと思ったw
Posted by at 2013年03月12日 23:49
料理の例えが秀逸。
マニュアルやレシピを馬鹿にする奴は、先達への侮辱以外の何者でも無い、フォークは完全にこのタイプ。
シュターデンは、相手の好みに合わせるとかできないタイプ。
定食屋みたいに事務的にこなす店では良いだろうけど、家庭での調理やお抱え料理人は向いてないんだろうな。

Posted by at 2013年03月13日 07:34
流石にシュターデンをフォークと同等扱いは(シュターデンに)失礼じゃないかに?
Posted by at 2013年03月13日 10:29
やっぱりこの孔明の采配、諍いを長引かせる様にしてるなぁ……
気になるなぁ……
Posted by at 2013年03月13日 11:26
『理屈倒れ』 のシュターデン
名前の所に称号が付いてる人って他に居たっけ?
それともニュー速でが苗字になるこの世界、これがフルネームかな?
Posted by at 2013年03月14日 01:05
ミュラーが『鉄壁』と呼ばれてたな
Posted by at 2013年03月14日 19:23
この孔明、実はBF団仕様(要は魔王側)の孔明じゃねーだろうなw
Posted by at 2013年03月14日 23:39
シュターデンはマニュアル的に動くから守備部隊としては優秀だよ。
相手が背水の陣並みの奇策をとっても多分砦から出てこないし。
総力戦や混戦になったらダメだろうけど。

それにしてもできない夫陣営の人材の無さは詰んでるに等しいよね。
民主主義を掲げる以上一定以上の素養や教養をもった多数の存在の必要性は必須なんだけど・・・・・・。
Posted by at 2013年03月16日 22:37
あかん!
と思ったら相手もあかんかったww
Posted by at 2013年03月18日 22:18
フォークは参謀であって将軍といえるもんではないからな。
シュターデンは計略ポイント0でも攻撃力防御力はAクラス、通常攻撃の応酬ならガチだろう
Posted by at 2013年03月18日 22:54
孔明に人を見る目がなかったみたいに言われてるが、そんなことはないんだがなあ
ほとんど唯一の失敗である馬謖のことは擁護できないけど他に大きな失敗はないし
色んな人物を登用して蜀を支えたんだが
Posted by at 2013年03月19日 02:41
現実の見えてない三流同士の夢の対決キタw
Posted by at 2013年03月20日 16:03
シュターデンは三流とは違うぞ、士官学校の教官だったんだから、それなりに優秀。
ただ、ミッターマイヤーやロイエンタールのような天才肌には教科書通りすぎて理屈倒れに見えただけ、凡人を導く教師としてはソッチのほうが正しいし。
フォークにしても、士官学校主席だったんだから、学生としては優秀だったんだろうな、ただ特殊なメンタリティが能力を全然発揮させなかっただけで。
まあ、その人間性こそが、実際に人を動かす実戦で一番大事なところだけどw

二流vs三流ってところかなぁ
Posted by at 2013年03月21日 11:07
フォークと馬謖を同レベルと言うのは流石に馬謖に失礼かと。
Posted by at 2013年03月23日 21:39
ヤンの目的はサマンオサ乗っ取りだけでなく、門閥貴族の命を頂戴したいということですか。
できない夫たちが勝つようなことになれば処刑しまくりそうですね。追い出すだけでは足りないようですし。
しかし、練度が低いとは言え五千も兵を出せるとは、やはり厄介な相手ですね。

できない夫パーティは民衆の支持を得ているという話でしたが、ロンベッタではそうでもなさそうですね。
あるいは、カブノール限定、農奴限定だったりするのでしょうか。

孔明の話だとフォークは凄い優秀そうだけど、何がいけなかったんでしょう。
練度の低い元農奴の兵に高度な要求をしてしまったのかな。それとも性格や理性といったものでしょうかね。
この調子で負けてくれるとありがたいのですが、さすがに三賢者がそのままにしないでしょうし何か手を打ってくるかな。
Posted by とあるA at 2013年03月24日 20:52
あの時期三国全体でも最強格の将軍を切り捨てて楊儀なんかを重用した孔明先生ですぜ?

劉備死去後一流所の加入なんてないしなぁ・・・
子供も忠心あれど能力なしって正史に書かれたレベルだし
Posted by at 2013年04月10日 14:27
フォーク准将www
ゲーム版でも安心の低スペック将軍www
Posted by at 2013年04月18日 20:12
こうなると、フォークの直属の上司、ロボス元帥も出馬して欲しいところだな
魔法部隊爆音がうるさいぞ!静かにしろ!  

元帥はお昼寝中だ!!!
Posted by at 2013年08月15日 04:15
一番の被害者は兵士だなw
この二人の戦いに使われる兵士は無駄に死にそうだ・・・
Posted by at 2013年09月29日 20:09
シュターデンとフォークを2身合体すれば、基本に忠実でありながら高度な柔軟性を兼ね備えた名将になる可能性が微粒子レベルで存在する…?
Posted by at 2014年02月21日 16:35
フォークVSシュターデンか・・・マジで夢の対決だわwww
指揮される側は悲惨すぎて涙も出ないだろうけど(´・ω・`)
Posted by at 2014年03月23日 03:31
なんか孔明がイマイチ信用できないな
Posted by at 2014年10月25日 18:47
フォークと同列にされたら、さすがの馬謖も訴訟ものだわw
Posted by at 2015年02月01日 22:20
正史の孔明は別に人を見る目がないわけじゃないんだけどね。
演技や横山で勘違いされてるけど、魏延とは仲が悪いわけじゃない。
その下にいる楊儀と犬猿の仲だっただけでね。
まあ、馬謖に関しては庇いようがないけど、目立った失点はそこだけで、
ぶっちゃけ馬謖も相手が悪すぎたっていう不運もある。
興味があればニコ動に武将紹介動画があるんで、見てみると面白い。
特に『魏延の最期』は泣ける。
Posted by at 2015年06月10日 06:13
ヤンが自分の事を僕っていうのがなんか違和感ある。
私っていう方が個人的にいいなぁ。
Posted by at 2015年08月04日 01:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63591992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ