■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 2/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年04月08日

第90話「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚」(5)

第89話へ     5 第91話へ

125 :◆vsQyY1yD2Q
【 リーマ砦防衛隊 隊舎 】   |   .|  . .|   .|  . .|   .|   . .|   .|   . .|
___.,;;l___._;l___.,;|__._;l___.,;;l___._;l__.,;;|__,,;l__.,;;|_._,;l___.,;;l___._;l___.,;;l
  .|   |/>.、|  .:|   |/>.、|   :|   |./>.、|   :|   |/>.、|    |
_;l_.//\\__;l__//\\__;l__// \\_,;l__//\\__l___
   . .lΥ|    Υ!     l:Y|     Υ!     lΥ     |Y:|    lΥ    |Υ! .|   . .
___.,;;| |::|    | |.___,;;| |:|     | |.___,;;| |     |:| |.___,;;| |    |::| |..,,;l___.,;;
  .|..:::|_|::|    |_|  .|..:::|_|:|     |_|  .|..:::|_|     |:|_|  .|..:::|_|    |::|_|   . .|
_;l_| |::|    | |_;l_| |:|     | |_;l_| |     |:| |_;l_| |    |::| |___.,;;l__
   . .|_|::|    |_|   . .|_|:|     |_|   . .|_|     |:|_|   . .|_|    |::|_| .|   . .
___.,;;| |;;|__,,| |__;;| |;|___,,| |__;;| |___,,|:| |__;;| |__,,|;;| |_,,;l___.,;;
  .|:..└ー┴‐ー┘  .|.└─┴‐┴┘  .|.└─┴‐┴┘  .|.└ー┴‐ー┘  .|
_;l___.,;;l___._;l___;;l___._;l___,;l__;l___._;l__.,;l__;l___.,;;l___._;l___.;|__
   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|  . .|   . |   . .|   .|   . .|   .|   .
___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;;l__.,;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;
  .|   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|   . .|   .|  . .|   .|   . .|
_;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l___.,;;l___._;l__.,;;l___._;l___.,;;l___._;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           _,,:-ー''"""""゙''ー;、,,_
       ,,;rー''"     `''ミヾミヾ、゙ヽ,,_
      ,r'"   -ー--;;,,_ ヽミヽ,゙i ), )゙ヽ.
    ,r'"   ,,,ニ"二=-ー-=ニリツノ_ソ,ク,ノ ,)゙!
   ,/    "-'''",/    (( lr"~`ミ:、 ̄`<ノヽ,
   |     _,,r'"      `' `'ー  })  }\ソ
   .| ,i;' -ー彡|            〃   |, ヽ,
   レ'i'  " ̄_,ィ! ,,,__            ゙l ;|
  ;'f,  ,ニ≡ヲ'   _二ニ:ェ__   _,,,,=-、| ソ
  ,f,/',if'" `i_l!    `''-゙''゙-''"_~` <''セァ,ラ ソノ
  ゙l ll!゙l, l〈 ~ ,,      '''"   l`     lリ    なるほど、変化の杖か!
  ゙l l! \`''  {           ゙     ,|
  =リ,l ノ ゝ-i ゙':i;,       、 -、 ,,).   ,r"       そう言う物が宝物庫にあると言う話は
  ,f.i  f~ ハ,ト.  ゙i     ,,,,,____   /
  ゙い. l  ;l' ゙l、.     `''ー==='"   ∧       俺も聞いた事がある!
   ゙),) ぃ、も=' \     `'''==-'  /),}
   (、ミヾf`'<,,_  \         / r"
    ゝニ/,;へーニ'''ー-ミ=:,,,_    ,,/';、,)
    ,,r-'/     ̄`フ'' -ャ、`l!'';ニ":<i.l'
   ニ-:、ミ-ニ,,,    し⌒'l | | | i⌒'| |、_
      `'''-ニ''-ニ__ノ .,| | | ゙l,. ゙'ハ   ̄`'''ー-
          `''-、. 、-''",! l! lゝミー' ノ
            ヽ.゙ヽ,/',r'゙'ヾヽ7,/
    `''-、f~ヽ       l  ゙! : l⌒゙i: ゙| i,


126 :◆vsQyY1yD2Q
   /: : : : : :| : :/ :/ \|: : / 〃     l|: : :ハ: : : :
   .': :ハ: : :メ! : И ̄>x | X  ′       リ: :/  ! : : :
   |/ |: :/ {: :,'  ∧);;;l「ト′ヽ        } :/  | : : :
     У{ '(卜{  {;r、__;リ        -‐‐¬7 ̄ ̄「: : :
   /: ハヽ   弋z_ン         z‐メ=┬-、| : : :
  /: /: : Ч               ∧);;;;;l|  リ : : :   て言うか、なんで堂々とここにいるんだ?
/: : : : : : : :人         ,       {r'、__,,リ / : /
: : /: : : /: : :\             ゝ‐'" 厶イY´   あいつ捕虜だよな?
∠_: : /: : : : : : : \   ‐              /ノ ′
  `  : : : : : : : :r/"\     `        ∠ -‐'"
     >>、 : ∧ヽ  丶    _       イ: : : : : : :

           ↑
          護 衛
           ↓
           ___
      __xz≦ ̄>< `゛ヽr、
     ,イ《/ / /| ヽ ヽ、. ∨ヘ
     .|》 / // i |  ヘ 、ヘ  |》リ
     .i《 |ミi .i  | |、   i .i i彡|《j
     ト、|ミ| |  | | i  _|_| |彡レ1
     | |トミ斗=ミー' ヽ斗=、メ彡i||
     |.i^ヽヘ_ヒツ` , 'ヒツノ`/ス||   以前からの知り合いらしいからの。
     |.ヽ_ヘ    i    イ.ソ |
     | |i `、.  、_,  / ´i | .|   ミュラーが連れて来たならば
     .j リ|   ト、  '  .イ i  | | .|.   こちらに寝返ってくれたと言う事ではないか?
     リ.|| |  |i¨ ≧≦-':i |  ∨.||
     | ||_r‐、‐ヘ:.:.:.::|:.:.:..ノヽ--i i_||
   , -イ:.:|   ̄\r‐‐r‐'´  .|.ヘ:i`ー‐ 、
  /:.:.:.:.:.i:.: |    ⌒i  i´ ̄   | .ヘ:.:.:.:.:.:.i
. ||:.i:.:.:.::|:.:.|    ノi.^i\   .ハ i:.:.:.:.:.:.|
 |:|:.|:.:.:.:ヘ:∧_/.| |:|:|  iヽr、ノ:.∨|:.:.:.:.:.:|
 |:i:ノ:.:.:.:.:/:.:.:.:/  | |:|:|  ヘ ヘ:.:.:.:ヽ|:.:.:.:.:ハ
 |:.|:.:.:.:j:.i:.:.:.:.:ー‐、_j、 ||| j ,イ/:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.i:.|
../:.|:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´:|`-':.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ|:.:.:.:.|:ヘ


127 :◆vsQyY1yD2Q
      \/     /     lヽ ` ‐- 、 /
     /     /       レヽ ,   `
    /.    /        l l _', ヽl  lヽ|
  /     /|ヽ\         l /´ ヾ l i /iハ
'´      /l  l ̄ヽ\    〃y=ミ、 !// | .',       確認しておきましょうか。
    ,ィ ´  l. ,z≠=ミ=ヽ、/ イ{::;;:゚:} }./'/ / ヘ
、_ / |   l { {::;;::゚ },      `ー´´.l/ l   lヽ      ヘル・ビッテンフェルト。
|,,,.    l    l. ` `ー′    i     l  l  }l \ヽ    卿は我々に味方してくれるのですか?
;:;:;ヽ--、. l   l         '    ノ   l  / ノ  ヽ \  
、 l,   l l   l、           ,/   / /    ヽ ヽ
ミ、 l }   .l l  l ` 、.     -   //  l/       ',  ヽ
 }<ヾ、  l  l l'、  ヽ` - __ / /  /         i   \
ハ/` -、 ヽ `、ヽ         /  / j|         lヽ   ヽ ← 参謀
      ヽ\ ト-r`、--、   /ヾ / /l         l l
      ヽ ヽヽ \ ` ̄  /レ  / |           | ',



             r'゙ ,' ,i !゙ ,/ ,r'´/, / ``ヽ,
            ,イ、_(, ( !j k、〃f゙ ,r' ィ; `ゝ、 ゙ヽ
             /゙ゞ'´ ̄`ァf''"゙゙´ ̄ `ヾ, `ゞ、 ヾi
            ,ノゞ!     ((`j       ゙i  、 \ j
            i゙j ,!              ト,  `ヽミj
           ゞノ-=;、,,_, ,' _,,.、z==-' `ト、、 `ミゞ|
           ゝ ,ィモラ冫' <ィぞテゝ、  .V ,`ゞトN
            ゙l    イ′  `  ``    l/^ヽ`, 〉     ああ、そちらの事情は聞いた。
              |   /          ; カ 〉! k,l
             ト  ヾr=‐、,        , ' ' ノ_,ノトト;j    キルヒアイスを立てているようだし
               !           , ´ 「,イヾ ヽ〉    真っ当な勇者であれば敵対する理由は無い。
             }   ´ ̄ ̄``       ,! ( ik、` j
            j;:!、  ´ ̄ `       / ,ゞ、V 〈      ラインハルト殿下救出と言う目的も同じだしな。
            `ゞト,  ' '      ,. '´,ィ´  ゙i  j
             イk>、、___,,ィ´-‐''´   ,イカノ'
             ヾjゝ=、 r‐'"´-、,ュ   ,r'´ ,;i|ー-、、_
             _, イト、 ,!,!lゝ'⌒ゝ( _,ィ´ , ィ´ ,イ,イ `フ''ー
       _,, 、ィ‐r''´フ`>、ノ,!l   ,ノXゝ ,ィ´ ̄``'ー'- 、、/ /


128 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    もうひとつ確認しておきますけど
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /   シャーマン族とエリミネーター族の話は聞いてますかお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \



                    ,、ィ"´三二`''ー-、、
                  ,ィイィ彡云三二`ヾヽ `,
                  Y'リ"``ヾメ三ミミヾヽ.:.:::!、
                      |     ゙、ミミヽ``ヽ.::;;;:;;:!
                  j_,,,、、、   ト、r‐、`ヾ.:;:;;;;;;:ヾ
                  〉''tァ    ミ! ハi.:;i;:;:;;;;;;;;;:;;|
                    /      ,'  ソ.:;;!;;:;i;:;;;;!;;!   蛮族共を解放したいと言う話か?
                 ヽ,_ ,,    ′ , イ.:;;;!;:;;l|;;;:;V
                  }-‐'    / i ヾ;;;;;;;;!;:;;(    そう言う話は上の連中としろ。
                     〉     , '  |  ))ィイN/    俺にとっては どうでも良い話だ。
                      ヽ _ ,,.ィ´  」 -‐''"リソ
                     ト、 ,ィ彡‐ュ    >.--‐rr=r r‐ァ─- 、
                         〉Y((こ   ,、‐'´   // //, イ.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                 _ _, イVVト、フフ"´     ,//ノ'"::::/:::::::::::::::::.:.゙,
             , ィイイ    /⌒Y/     ,,、‐'"´.:::::::::/:::::::::::::::::::::::::!
            /U1_」 L ,r=ュj! __ノ( )〕 ,r''"´.:.::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::|
             /    ̄``ヽ( ソ>=<≧>/.:.:::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::::::::l
           ./ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:::.:V^7 /'"/.:.:::::::::::::::::::::::::::ノイr'´:::::::::::::::::::::::::!
          / .:.:.:.::::::::::::::::::::::.:V //.:.::::::::::::::::::::::::, イ^ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::!
         ノ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, へ ゝ'::::::::::::::::::::::::::::::,イ
        /.:.:.:::::::::::::::::::::,、rァ─-、r‐、─── ‐< ..:ィ"´.:::::::::::::::::::::::::::::/:::l
        /.:.:::::::::::::::::.:/7/`ー=='゙7.:.:::::::::::::::::::::::..ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::|
       ,/.:.::::::::::::::::/  j ! _)X(//.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::l


129 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,. . ';. ;. ;.: ,:'.: .::、
                ,r '´ ミミヽ州'j;j'f゙r' ≡ミ;:、
               ノ ,r,,r= ァァ斗rr;.ィニ''´ヾミミ ヽ
              〃 ,rイ  リ〈( '´ )ノ   `゙トミミ!
             〃,彡!     ))       ';ミミi
             レィ彡!、、、,,,,__'′ _,,,,、z=='';ミミ;!
              ,レ,ィ彡! ,rf弐 ヽ  ィrモテュ、 トミミ;、
             {jii;ハミl    ̄´.:', :. ` ~´   ;ミハミ}   それより、貴殿が勇者 やる夫だな?
               {jiiい;!     .:::i ;;      ,リ !N!
             ヾiiい' ',.    〈 _;;:_,       { 〉N!   先程、ミュラーから聞いたが
              ノハ;. ;  、 ____,,  ,′ノ;j.(.     賢者と呼ばれているらしいじゃないか。
               〈 .:;;ijト、   、__,,     /!ji .::i′
              V .l:ji ヽ        ,:' !ij V′    ラーの鏡と言う物は知っているか?
               Vj:jiL_ `:、      ,.イ  l;;V
               /7 ー-`ニ``゙゙゙"´ニ -‐'Vノ
                _//   '"⌒Vi 1 レ'/⌒゙` い
          ニ二´ 'ー== 、 __.ノノ 1 lk′   ,い _ _ _
                 ̄``ヽく_ノ八ト、`ー''フ´     /7
                        V/ ⌒ V/´       ′



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    ボストロールの正体を暴ける鏡だと言うのは知ってますお。
. |   (__ノ ̄    /
. |             /     それが どうかしましたかお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


130 :◆vsQyY1yD2Q
                           ,ィ 、 ! j i/ ,r'"´二三ヽ,
                          j ト、ヽj、川/,r'゙´ニ二三ミヽ
                        ク7´``リ^^ヾ厂 ̄`ヾ三ミヽ!
                       ,イ.:;!  〈   ,リ     ゙,三ミミ|
                       !//!              ト、ミミミ!.   実は、ラーの鏡は今
                       `ト〈‐-、、,,    _,、、、 !ミミヽミ!   王都のケスラーが預かっているのだが
                        ヾ! ーェzゞ '''゙ェェz、 !リ^ヾ ji!
                             |  `7       リソノイ||.  既に割られてしまっていて
                          ハ   ! ,,、    ,′ ,メ;:;:;:;;!  枠しか残っていないのだ。
                         〈.:;!  `´     : 爪;:;:;;:イ
                         ヾi!. `ニ二`` ,' / j!ノノノ)    賢者ならば、直す方法を知らないか?
                             iト、      ,.イ/ `ヽ
       ,、‐'⌒ヽ              , イj! ヽゞニニニ'/    /``''ー- 、、、_
      /      ゝュ     _,、、-‐''"´  | | ^i !| 仄(    /        ``
     / ー--‐''"´ヽj |_, ィ 7ィ7        ヾト、ノj !ノ(__   /
    .i:. .   ー--─ <ソ.:/ / .| |         | V/^ト、  フ/          _ _
    i|.:.:、     , イ.::.:! | :| |         ,!y'⌒ヽ V /       ,r,r'''"´.:.:.:.:.:
    ,イ.:::.:..、 "´ ̄  !ヽ二二 二ニヽ  ,rュ   //   i j{    r==ュ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   ./ |.:.:.: .:.: .:. :, イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY (  ノ !ト、 _ノ ハト、   ノル'/:::::::::::::::::::::::::
    ト、::::::::.:.:..::.:.:.:ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノル'"´ ,ィ >ニニ≦ゝイ ニ二 //:::::::::::::::::::::::::::



   ',        /         _,,  、、_,, r、   `、
   ∧   , r'"     .,.r:''": :,': /l:: l: : : : : : `、  }
  ,' , `v'"      ,.r.'::::::.:.: :/,'/_,,l::,'l:: : : : //!:.l .l
  ,'/! {     ,r'"::::::::::::.:.:,.',.'.=、、`'弋从ノス..l:: i /
  '' l  ', ,.r:',..-.‐、::::::::.:l/ i らリ.}    ,r=、ノ:jlノ
   'l.,, r'''" _ .   ',::::::: : l ` .ー     、. ら}ir':.l
  ./  .,r.'" ',   ';:::::: : l      , 〉ー`.l:: :.l     ラーの鏡が割られてしまったのですか!?
. (  ./    .',.  ';:::::.:.:l     , --、   ,':: : l― 7
 `、'         ',   .',:::: :.l.   ゝ _V  イ::::: :.l.7 .i
  .`、 ., r.'" ~ "''.`、  .';:: :.l      ./ .l::::: :.l.l  i
   .,〉        \ '; l:lヽ>‐ ´ ヽ  l:::::.:l.l .i
. ../.            \`、l  >-‐ '' .',. .l:::;:/! i
 /             `、 、      ノ   レ'' i. i
./               `、\   イ!. `、  i i


131 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
          /      \
         /          \
       /           \
       |     \   ,_   |
       /  u  ∩ノ ⊃―)/   ラーの鏡を直す……。
       (  \ / _ノ |  |
       .\ “  /__|  |
         \ /___ /



             ____
           /       \
          /  _ノ  ヽ._ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     無 理 だ お 。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ    材料を手に入れる方法が分からないお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


132 :◆vsQyY1yD2Q

                  _,,::=-ー──-=:,,,
                r''"   ,〃〃      `゙ヽ、
               i{ rt-';L{_Lニニ二,,_ミ    ヽ
               {ミj  〃 ヾ,    `!ミ    ヽ
               {ミ/  《、  ' __,,....  :}ミ    ヽ
               iム二ー-,, ,' "__,,,,ニ,,_ {ミ,,,、  ヾi
                }>゙''iョ`゙} :|ー''~.iテ''フ  ;{ l , ゙i  }
                {_  ''´ l ;:: ヽ     i'{_l├ノl ;{
                :}   〔 _,,!、,    r' ,, r'",'  }   あれは そんなに特別な金属だと?
                 l:   ____    ' j ( r' ├i
                 |:  ´二 `    ,/ liミイ {ミi
                 ,}ヽ、      ,,/ ト |k,,__,,}i'
               -=彡r^ヽ   _,,::''  ,ノ-''へミ、
                  lミ=-;三三彡=" "~  ノヘヽ、  _
             _,,,;::-ー||r'^ミ゙l:||ァ-ゔ}r=   〃 〉テ=ァ/;;--::;,っ_
       ;;==ァ''"~li  7/ ゝミヽ_ ||| ,ノノ!゙ミ=="∠二_,〃  ,〃 ̄''''
         ム,,::-┴'''"~~~ ゙̄ミヾ:||レノ;;-=≡''"~ ̄ ̄~^''''===ぐ-::;,,__
        〃~        _,;;:-ーヲ'''^'''=-::;,,_            ~^''''ー
            _,,::=ニ"~ コ| l ,,゙i |L~^'''-,~^''ーニ::,,,_
           (て,,,..八,,_入,_,ノゝ、__,.ノ__L..,,_フ ,>
           :7,ハ、^'''ー--:、  r"~''ー''" ''ーァ/「{
           ,{ | i l     ゙i i'        ,'./ |.{



         ,r''"       _,,               ゙i
        ,i'" / ',,r''" ,, ,,ィ'/  ,;r─''''''''''''"""ミ      ゙i;
        i; | { ,f,:' ,:f'',,ァ''ァ'" ,r"         ミ ヾ    ゙l
        YN V,/li''"f/'| ,f"          },      |
         i; :i゙ト(   ゙ i、(    _,,,,:-ー--、 :{  ミミ   l
         ゙iゝl,=ニミー-i ゙`+=ニ,,-=ニ" ̄`'''  ゙、   ヾ、 :}
             `ヽ ,-モiiサ、  '" '"~モiiラ='    ミシ''"ヾ;、 }    やる夫殿、知っている事があれば
            ,} `'゙'''"} ..     ̄      ゙V ハ } !ソ   我々にも教えてもらえないだろうか。
               {    ,:l' .:::..            ,) ,ソ ノ,/
               ゙l,  ,l' ..::::::::;,          .,ノ'"/ f       今はワラにも縋る思いなのだ。
              ゙l,  ゙'-、 =''"          fー''{,,i |
               ゙l,  ,,,ニ──=,,,,,      ,ノ,l  },;r''       素材の種類が分かるだけでも
              ゙l,   ,,___,,      ,,r'" j  :|,,_      何かの手掛かりになるかも知れない。
               ゙l,         ,,::r'"   /  _l! ,)
                 ゙l、_    _,,::r'"  __,,ム::-''",,rイ
               :f~<lニ,ニ"-ー'''''ニ":-ー''" ̄ l.゙i,
              ..゙>ー- ̄l! .rニ''" ̄ヾ.       ,lハー-、,,_
             _,,ェ{、n | l! .l".f ̄`i_,,)     ,// ̄


133 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \   やる夫の知識が正しければ
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    ラーの鏡に使われている素材は
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |.     『真珠金』 と言う名前のはずだお。
  \ /___ /



                 r'゙ ,' ,i !゙ ,/ ,r'´/, / ``ヽ,
                ,イ、_(, ( !j k、〃f゙ ,r' ィ; `ゝ、 ゙ヽ
                 /゙ゞ'´ ̄`ァf''"゙゙´ ̄ `ヾ, `ゞ、 ヾi
                ,ノゞ!     ((`j       ゙i  、 \ j
                i゙j ,!              ト,  `ヽミj
               ゞノ-=;、,,_, ,' _,,.、z==-' `ト、、 `ミゞ|
               ゝ ,ィモラ冫' <ィぞテゝ、  .V ,`ゞトN
                ゙l    イ′  `  ``    l/^ヽ`, 〉   真珠?
                  |   /          ; カ 〉! k,l
                 ト  ヾr=‐、,        , ' ' ノ_,ノトト;j    金属ではなく真珠で
                   !           , ´ 「,イヾ ヽ〉   出来ているのか?
                 }   ´ ̄ ̄``       ,! ( ik、` j
                j;:!、  ´ ̄ `       / ,ゞ、V 〈
                `ゞト,  ' '      ,. '´,ィ´  ゙i  j
                 イk>、、___,,ィ´-‐''´   ,イカノ'
                 ヾjゝ=、 r‐'"´-、,ュ   ,r'´ ,;i|ー-、、_
                 _, イト、 ,!,!lゝ'⌒ゝ( _,ィ´ , ィ´ ,イ,イ `フ''ー
           _,, 、ィ‐r''´フ`>、ノ,!l   ,ノXゝ ,ィ´ ̄``'ー'- 、、/ /


134 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \   水の光と星のきらめき、そして月の輝きを
|      (__人__)     |
./     ∩ノ ⊃  /    金属に変えたのが 『真珠金』 だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                              -─-
                           , ィ爪((//∠ニ=ー
                              { Y 7¨ヽ¨¨`ヾニ=ーミ
                             !/  j ノ    ミニ=ミ
                            〈ーtァY ーェテ` }ミ=_
                             /      |レヘ ミ   ……何だそれは?
                           (   `   .u ノ リ .))リ
                          | -ニニニ=ー j r爪{(.    現実に存在する物なのか?
                             ハ   ̄   / { l 小
                            イィム     /   从乂
                            リf=≧=≦====T )ソ
                              |( lYl ) し'⌒)|廴
                    __.,,。r ≦ {{ {{≧山≦>< jj ≧jl ー-  _
               仏 乂 //ニニニニ> ⌒ <ニニニニニニニニ≧==//  / ̄¨¨7Y
                 .// /  //ニニ>( つ (::) r:::::) <ニニニニニニニ.//  /    /∧
               ,イ/ /  //ニイ ))≦ニニVニニ≧ し  ヽニニニニニ//  /    //=∧
            /ニj ヽ. //ニ/AVニニニニニニニニニニニフ /ニニニ==//  \.  //====、


135 :◆vsQyY1yD2Q
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |   やる夫も、銀と銅を司る精霊 ゼグンドが
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \    『真珠金』製の剣を持っていたと言う話しか知りませんお。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /



                _
         , -_イ ,二fi 矢ミiヽ
         ,少 r‐゛" ー<戈、父癶K
       〃 //!l.、.i、 ヾki 'jヾ外i|
      Yi l |.|ト!i.トヽ.トi乂 'ソn示!
.      |.| | klj ゞいK 二、 'ソ厶小
.      kトゞrrミ、  /辷ソ  f }|:|:.|
         i ハ 弋ツj    ´   ‘ソ.|:.|   ふむ、ゼグンドと言えば
         | i∧   ヽ' ,     爪i:.|:.ト,
         l j :l.ヽ、  ̄    /!,l:.ゞ|:.lハ  太陽神ラーの妹であるスリスの夫じゃな。
      ./ノ .j!:l:.:.>.-,r <≠ ||:.:.il:.:.い
      i,ィ=ッー―}引乏   _火ノ|:.: |:.:.i、
       /   //⌒ヾ、上.rェ‐__少-、li__|.l
     ,イ いり .:.:.:.ー/´rぇ爿¨´.:.:i イ ‘心
    ノ.|. l Y   ノノ´ハヽY  .:ノ./ |   fi}ハ
   /,i | .i/| . .:.:.:.| =ィ介'片 . i. / l  ||ト!.i
  //,;;ん!=/ ーァ´}  .「iソ::.. ノ/.i /   .i.!l|ハ
. ん!,;/^ー<{   {ィj ,  | 个ー' .l.//./ ./|l|トlハ 
  `フィニ_=ゝ-< |乂 升| !  .i仏'/  rn|l|::い 
  | rィ f´     .い.汀ノ.l |:::::::}=_ヶ‐ぇjニ、.|:::い
  Y./.l !:.:.   rn.ゝ丈'|, |l| ::::,イ   . ̄/上::斗
   ヽ::レ.::::::: .::_ ,イ弋ノ|i kjィ宀:.  ..:::::::/! :!
.     `i.Tオ¨´ ̄ >'不!: い :.......:::::::::/i:| .|
      | |l{      .::::.ゝト!′ ::::::::::: イ.!|.| :|
      | lヘゝ O O:....   :::::_::、.ィ升.:.!:|り .|
      l′.: ヽ- ‐一 ´  ̄ .::::::.ヽノノ.:ノノ' .:.ノ


136 :◆vsQyY1yD2Q

                 ,、ィ"´三二`''ー-、、
               ,ィイィ彡云三二`ヾヽ `,
               Y'リ"``ヾメ三ミミヾヽ.:.:::!、
                   |     ゙、ミミヽ``ヽ.::;;;:;;:!
               j_,,,、、、   ト、r‐、`ヾ.:;:;;;;;;:ヾ
               〉''tァ    ミ! ハi.:;i;:;:;;;;;;;;;:;;|
                 /      ,'  ソ.:;;!;;:;i;:;;;;!;;!   ゼグンド……? 聞いた事がないな。
              ヽ,_ ,,    ′ , イ.:;;;!;:;;l|;;;:;V
               }‐-    ./ i ヾ;;;;;;;;!;:;;(    太陽神ラーと言うのは、ラーの鏡のラーか?
                  〉     , '  |  ))ィイN/
                   ヽ _ ,,.ィ´  」 -‐''"リソ
                  ト、 ,ィ彡‐ュ    >.--‐rr=r r‐ァ─- 、
                      〉Y((こ   ,、‐'´   // //, イ.:.:.:.:.:.:.`ヽ
              _ _, イVVト、フフ"´     ,//ノ'"::::/:::::::::::::::::.:.゙,
          , ィイイ    /⌒Y/     ,,、‐'"´.:::::::::/:::::::::::::::::::::::::!
         /U1_」 L ,r=ュj! __ノ( )〕 ,r''"´.:.::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::|
          /    ̄``ヽ( ソ>=<≧>/.:.:::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::::::::l
        ./ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:::.:V^7 /'"/.:.:::::::::::::::::::::::::::ノイr'´:::::::::::::::::::::::::!



                 _、-''"´ ̄ ̄``''ー-、
                ,r'"      -‐ー;:;:;:;ヾ、
               ,ィ´イィ , '´ ,  ,,..,.、;:;:;;;:、 :ヽ
               ,!;;:...:.,ィ´ ,ィr'´ ,;、 -‐ ''"ヾ;:;.. . ゙i
               〈;:;:;:;:;:...::,イ;:; ;:;,ィ´       ゙i、. . |
              〉;:;:;:;:リ'´^i;:;/        !ヾ ,l
              ゙、;:;:;:l! _,,、l/、,._  _,、、z=- ゙i ,j
              `ゞ;:j  -ェテル`, 'ヽモュー  |カ〉
                  .h i      l         i!{j   スリスの方は
               `、j       i     .u ノ/   どこかで聞いた覚えがあるのだが
                ゝ     `^^       jノ
                 ゙,    -ー‐ -    /リ     さて、どこだったか……。
                  ト、   ` ̄    / ,|
                   ,f、_\      ,イ  ,h
                 ノ  ```ー-- ‐'´-‐ '"I
                _」ー- 、   rュ  ̄il「´ rュ ,〉、
       ,、、rr‐─H´ ̄ `ゝ、ヾヽノル、  ll|  ノルイノ``H''ー-rュ、,,_
         i l _ ,i| ! -─ ''"´``丶`ゝヽ 」i,ィ´レ'´`゙'ー'-' 、__」 !〉 `iゝ、
        ,r ,! ´               ̄> <´          `i  l j ヽ


137 :◆vsQyY1yD2Q
.    /  /::::/   /:.:.:.:.:\:.ヽ\t 冫
   /   {:/   /:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ヽ:}:.:.:.く
   {   '   /:..:.:.:.:.\:.:.:',:.:.}:}ハ:.:.:.:\
  /   ,. く:.\:.、:\:ヽ:.ヽl:.ル' , i:.:ヽヽヘ
¨´    /,ィッ`ー-`ヽい:}:.:ル'/〈.Yl:.小:ぃ
   , イ:.:,レ'´        `⌒′ハゝ; i:/:i:!i:}
-‐'´|:.:.i:.:.:| ,.-‐_,_       {ソノ, !:.:川'             男性の方は縁遠い話かも知れませんね。
:.:い:.!:.:.i:.Uvイ´;,.ぃ ヽ      ` ^ ∨:.ヘ
:.::.;.:i::!:.:.:.l:|_,い:.ンヶ j    ヽ    ',:.:.:.\        かく言う私もまだ早いのですが。
:.:.:ヽ:..!:.:.:.il ^ヾニ´- '      '     ハ:.、:.:.ヽ
:.:.:.:.:\:.:.:.:l           ,.ィ  /:_:.:.、:\:.:.\       女神 スリスと言うのは
:.:.:.:.:.:.:.:\:.',      _,,.. -‐'´ / /::.ヘ ̄`ヽ:\:、\    化粧に関する伝承で有名な女神ですよ。
、\:.:.:.:.:.:.:.ヾ、     ` ー-‐'´ '/:.:.:.:.:l / /ヘ:.:.\:.:\
、::ヽ丶:.:.:.‐-、:`ヽ _____,,.. 、-‐:':.:.:.:.:.:.l / l  }:.:}ヽ\:ヘ
ヽこ_ー-=ニ ::≧_;;ヽ二ニニ;¨¨~`:.:.:.:.:.:.| ,小 l ノイ \ jハ}
 ハ  ̄ …―--- .__  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l ! ヽ}     \
/ {`ー- ..__      ヽ \―- :.__| l  !  l ,      \
  ヽ     ̄  ‐-  _`ー`ー-' !    / |        \


     j/.ィ     /              /   /      |U|
   ///   /j/            |  _,厶-‐……ー、 } ||
. /' ´ /   /         _,.-…'¨ ̄           ∨ l/
     /    ∧/    _,.-‐'¨           _,. ィ{   ∨
.     '  / _}-‐'¨             _,.-‐ァ'¨ヽ     \  ‘,
     |  ′ イ          _,.-…'¨|   /´¨ヽ }      ハ  |
     j/   孑      _,.'´     |//, ‐云   |{  / /  | ′
          弐_,. -‐'¨    l     j/ { {し}  ⌒ー_'^!  j/
         |イ       |     /     `´    fり'/ ∧
.       /{ l |      |   ′        ヽ { |    現在に伝わっている
        /  \\  .    |    |           ′ |  |.      花びらを使った化粧法は
       {  ,ハ \\ヽ   |    |    丶二ア  ノ  ト 、
      \|  \ ∨ ヽト\|    |        ‐   /  ,′ \  女神 スリスも使っていたと
.        \   . ヽ     {   ト、  . ___,.' |i    ′ /  言われています。
        . -r\ \ \   ヽ  |┴…'´    |i   / /
       /   \    \ \/\ {       / /|i //
     /        \    \ \  \     ノ 厶ル' \
.    /     \   `  -r……=ニ二 ̄ ̄       ヽ
    l        ,⊥ノ⌒Yニ二三二ニヽ  \    ..-   |
    |∧    /   `¨}¨}} r〜ー,  /厂\} /     |


138 :◆vsQyY1yD2Q

                           /⌒
                  ⌒\   / /⌒
            -―z‐z‐z‐へ \,///ニニ=-
                 \ニニニフ⌒:.:―:.⌒ヽーへニ=>
               /⌒ く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',ニ\- 、
                |     i:.:/:.:.:.:/:./vヘ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:', ⌒  ヽ
              /:.|     |:.|:.:.:.:.ハ/"゙゙゙ヽ:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.',    }
            /:./|     l十‐-ト    V-‐十.:.:.:.:.:.    ,、
         /イ:./  |     |八:.:.:|     |:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|  /:.:\
          |/   ,|    〃宅う     侘う ヽ:.:.:.ハ|  /\⌒
          {   /:|    | 込ッ     込ッ }:.:.:.|  / ⌒   太陽神ラーの妹がスリスで。
           /.:.;      |       ′      ノイ:.:|  ∧
             /:.:/ー---‐ ヘ   r―‐ v┐  / -|:ノヽ/:.:.i    スリスの旦那がゼグンドで。
         /:.:└r―-―イ:.>  ー―‐ ′ イ   l'  }′:.|
           /:.:/:.:.:.|     |:.:.:トミ=┐┌イ:.:.:/    ハ:.:.|.    ゼグンドが持ってたのが
        /:.:イ:.:.:.:.:|     マ)ヽ_)∨(__ト〈、   :. /  V      ラーの鏡の材料か。
.       /:./ |:.:.:.:.八   :.  〉/ニニ7 _くニニ\ ::./:、:.\
      /:./ |:.:.:.:.|.:.:.:.   ::, /ニニ/ ハ_)ト\ニ=V:/:.:.:.\:.\   おっ、話が繋がったぞ!
       / ′ !:.:.:. |:.:.:.:ヽ ::Уニニゝ‐┐ r_ノニニハ :.:.:.:.:.\:.\
.     /′   |:.:.:.:.|:.:.:.:{ヽ/ニニニニニ〈___〉ニニニ}:.:.:.:.:.:.:. | \:.\
            Χ:.:.|:.:.:.:.Vニニニニニニニ|ニニニリ:.:.:.:.:.:.:.:.|    ⌒
            ∧:.|:.:.:.:.:.ヽニニニ 辷_彡|ニ辷彡7:.:.:.:.:.l:.:.:.|
            /:.:.:ソ:.:.:.:.:.:.:.ト ニニ ヾ=-ニ | / ヾ=‐{:.:.:.:.:.:l:.:.:.|
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} ニニニニニ / ニニニ|:.:.:.:.:.:l:.:.:.|
.       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.从 ニニニニ; /| ニニニ〉:.:.:.:.:.l:.:.:.|


139 :◆vsQyY1yD2Q
                         ,ィ 、 ! j i/ ,r'"´二三ヽ,
                        j ト、ヽj、川/,r'゙´ニ二三ミヽ
                      ク7´``リ^^ヾ厂 ̄`ヾ三ミヽ!
                     ,イ.:;!  〈   ,リ     ゙,三ミミ|
                     !//!              ト、ミミミ!
                     `ト〈‐-、、,,    _,、、、 !ミミヽミ!
                      ヾ! ーェzゞ '''゙ェェz、 !リ^ヾ ji!   だが、入手するのは難しそうだな。
                           |  `7       リソノイ||
                        ハ   ! ,,、    ,′ ,メ;:;:;:;;!    精霊でもなければ手に入らない金属か。
                       〈.:;!  `´     : 爪;:;:;;:イ
                       ヾi!. `ニ二`` ,' / j!ノノノ)    光を金属にするなど、どうやれと言うのだ!
                           iト、      ,.イ/ `ヽ
     ,、‐'⌒ヽ              , イj! ヽゞニニニ'/    /``''ー- 、、、_
    /      ゝュ     _,、、-‐''"´  | | ^i !| 仄(    /        ``
   / ー--‐''"´ヽj |_, ィ 7ィ7        ヾト、ノj !ノ(__   /
  .i:. .   ー--─ <ソ.:/ / .| |         | V/^ト、  フ/          _ _
  i|.:.:、     , イ.::.:! | :| |         ,!y'⌒ヽ V /       ,r,r'''"´.:.:.:.:.:
  ,イ.:::.:..、 "´ ̄  !ヽ二二 二ニヽ  ,rュ   //   i j{    r==ュ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
. / |.:.:.: .:.: .:. :, イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY (  ノ !ト、 _ノ ハト、   ノル'/:::::::::::::::::::::::::
  ト、::::::::.:.:..::.:.:.:ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノル'"´ ,ィ >ニニ≦ゝイ ニ二 //:::::::::::::::::::::::::::



         ____
       /     \      こっちでも調べてみますお。
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \   ( オプぼう達に聞いてみるか、ギャル夫の仲間に
   |  u   (__人__)   |   『凍てつく波動』 を使えるモンスターがいれば
   \      |  |    /    .ラーの鏡の代わりに正体を暴けるかお? )
   /       ⌒    \


140 :◆vsQyY1yD2Q
      ,r''"       _,,               ゙i
     ,i'" / ',,r''" ,, ,,ィ'/  ,;r─''''''''''''"""ミ      ゙i;
     i; | { ,f,:' ,:f'',,ァ''ァ'" ,r"         ミ ヾ    ゙l
     YN V,/li''"f/'| ,f"          },      |
      i; :i゙ト(   ゙ i、(    _,,,,:-ー--、 :{  ミミ   l
      ゙iゝl,=ニミー-i ゙`+=ニ,,-=ニ" ̄`'''  ゙、   ヾ、 :}
          `ヽ ,-モiiサ、  '" '"~モiiラ='    ミシ''"ヾ;、 }.   それ以上の事は分からんか。
         ,} `'゙'''"} ..     ̄      ゙V ハ } !ソ
            {    ,:l' .:::..            ,) ,ソ ノ,/    仕方ない、今は怪我人の治療を行い
            ゙l,  ,l' ..::::::::;,          .,ノ'"/ f      態勢を立て直す事に専念しよう。
           ゙l,  ゙'-、 =''"          fー''{,,i |
            ゙l,  ,,,ニ──=,,,,,      ,ノ,l  },;r''       負傷兵が復帰すれば、降伏した兵も合わせて
           ゙l,   ,,___,,      ,,r'" j  :|,,_      5000近くになるはずだ。
            ゙l,         ,,::r'"   /  _l! ,)
              ゙l、_    _,,::r'"  __,,ム::-''",,rイ
            :f~<lニ,ニ"-ー'''''ニ":-ー''" ̄ l.゙i,
           ..゙>ー- ̄l! .rニ''" ̄ヾ.       ,lハー-、,,_
          _,,ェ{、n | l! .l".f ̄`i_,,)     ,// ̄



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |  分かりましたお。
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ        ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


141 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ところで、遠征軍がクレイクに到着するまで
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    あと何日ぐらい掛かりますかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                   _、-''"´ ̄ ̄``''ー-、
                  ,r'"      -‐ー;:;:;:;ヾ、
                 ,ィ´イィ , '´ ,  ,,..,.、;:;:;;;:、 :ヽ
                 ,!;;:...:.,ィ´ ,ィr'´ ,;、 -‐ ''"ヾ;:;.. . ゙i
                 〈;:;:;:;:;:...::,イ;:; ;:;,ィ´       ゙i、. . |
                〉;:;:;:;:リ'´^i;:;/        !ヾ ,l
                ゙、;:;:;:l! _,,、l/、,._  _,、、z=- ゙i ,j
                `ゞ;:j  -ェテル`, 'ヽモュー  |カ〉
                    .h i      l         i!{j    そうだな……行軍スピードも考えて
                 `、j       i       ノ/
                  ゝ     `^^       jノ    あと五日と言ったところだろうな。
                   ゙,    -ー‐ -    /リ
                    ト、   ` ̄    / ,|
                     ,f、_\      ,イ  ,h
                   ノ  ```ー-- ‐'´-‐ '"I
                  _」ー- 、   rュ  ̄il「´ rュ ,〉、
         ,、、rr‐─H´ ̄ `ゝ、ヾヽノル、  ll|  ノルイノ``H''ー-rュ、,,_
           i l _ ,i| ! -─ ''"´``丶`ゝヽ 」i,ィ´レ'´`゙'ー'-' 、__」 !〉 `iゝ、
          ,r ,! ´               ̄> <´          `i  l j ヽ


142 :◆vsQyY1yD2Q

                         -─-
                      , ィ爪((//∠ニ=ー
                         { Y 7¨ヽ¨¨`ヾニ=ーミ
                        !/  j ノ    ミニ=ミ
                       〈ーtァY ーェテ` }ミ=_
                        /      |レヘ ミ.   クレイク市街地は周辺が整地された平地だ。
                      (   `     ノ リ .))リ
                     | -ニニニ=ー j r爪{(     そこに立て籠もるより、むしろ打って出て
                        ハ   ̄   / { l 小   周囲の山地で待ち受けた方が戦いやすい。
                       イィム     /   从乂
                       リf=≧=≦====T )ソ     会戦場所によっては一日二日は前後するだろうな。
                         |( lYl ) し'⌒)|廴
               __.,,。r ≦ {{ {{≧山≦>< jj ≧jl ー-  _
          仏 乂 //ニニニニ> ⌒ <ニニニニニニニニ≧==//  / ̄¨¨7Y
            .// /  //ニニ>( つ (::) r:::::) <ニニニニニニニ.//  /    /∧
          ,イ/ /  //ニイ ))≦ニニVニニ≧ し  ヽニニニニニ//  /    //=∧
       /ニj ヽ. //ニ/AVニニニニニニニニニニニフ /ニニニ==//  \.  //====、



          /  ., r.'"  , へ   `ヽ、
           .,'/  ./   /.,r ' ` 、 、.  `、
            l ,  {   ./ /      ヽヽ  `、
         l,'  .',   l. l        } .}  }
       .,ィ     〉   ', ', _,,w-w,,_ ノ ,'  .,'
       .∠.ァ ,ィ./rゝ,,.-‐''"     "'''-. -',
        .レ '"レ' .{   ,,,,w ::''"`ヽ、、,,    〉
            .,.,'''''''::i::/-、:::::::::::::,ノ-'',:i``´',、       なるほど……。
         _./ レll:::l/Y.なゞv -'ィなYl:l:::l:l、 `、
       ., r.'".,' ./. リ:::::l `."  ,   "´ .l::::l' `、 `,"'' 、   分かりました、ありがとうございます。
   ._,.-'   ,'  ,'   l::::ト    `    ィ:::l  .ィ.../   ` - _
..,r.',r'      \..\ . ',:::l!ヽ  ⌒  イ l:::,'/./           ヽ.、
l i"        `.、, `. .';:l`、 ` .‐. ´ ,.ィl:/, r'ノ          }. }
', ',          `、'' .、`'-`_、ー.,-_,彡-'"./          / ./
.`、.\ ` 、,,_      ` 、__,,....-‐''"_,..'''"           _,.._,.r'".../
  `、 ` ー- 、`'i‐┐   (  ̄"" ''"''' "" ̄.7  _,..-'',.r''"  .,r'
   .\   ,.ィノ .,.l    `、  才ヒ''    .,r' _  ,' `ー-`-''"/
    ..\ ._,.ィ' l.     \ ((._.))  /"´ .ヽヘ`ー- , - '
        /~`ー-'"       ` .、 , ィ'"       l  ~"~ `、


143 :◆vsQyY1yD2Q

                       __,ィ─  ‐r─ 、 _
                     ,イ《 /二/ ̄ ̄ヽ 彡ヘ《ヽ、
                     |》i / ン ./ / / | .∨ノ∨》i
                     iリ| |,イ // ,イ ,イ .| トミ∨《i
                     ヽ | //i/__/ノ /_i_/i__| ミ |》ソ
.                     /.| `.|_xェェ、`ゝ' xェェ、` | ./i|
                    _//iヽj `ヒzソ   ヒzリ´ iクi .ト、   そうじゃ、ミュラー将軍。
                /`<三彡'´ヘゝi   .__'__    ./ソ、 | .|
              r-'─、 j ̄.⌒ヽ`iヘ.  V::::::i  /´i .| |. |   こちらの治療は
            .,イ ̄j`ヾ,\¨<くン .| |_ト、 `- ' ,イi | | | |. |   わしが中心にやっておっての。
          / ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./' ̄ヾ≧=-└ ̄`Y´二j .|___| |. |
.        //./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.∨ ̄ ̄ .`Y⌒Y´ ̄   ト、 |.   しばらく警備に参加するのは厳しそうじゃ。
.       / /,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:._i     人 .人     |:.:.:ヽ
     /  //:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./\:.:.:.:./. .|  , イ./ ||:|、 \   .ト、:.:.:';ヘ  数日、そちらに任せても構わんかの?
    //  ,イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./;:.:.:.:.:.:.:.:〉,   ̄ //  ||:|:.:i |`ヽ、_j {:.:.:ヘ ヘ
   //   / i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.\---i:.:.ゝ'`ト、//、 /|:|,イ レ‐‐z,イ:.:.:.:.ヘ:.:ヘ
.  //i  / リ;':.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.;イ´.i`´人:.:.:.:.:.`ヽ┘V/i/:| _/:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:.ヘ:.:.:\
  // .|  i (;':.:.:.:.:.:.∠/./  |  i iヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:ヘ.;イ
. //  |  |  ン´7´   /  .|  | .|:.:.:`¨/ ̄ ´:./`ヾ、:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.j
. i i  |  | ./ ./   /|   .|   |:.:.:.:.:.ヽ◯ノ./:◯:.:| ̄ ̄:/--j^ゞr‐´
. | |  .|   V  /   / |   .|  ./:.:.:.:.:.:.:.:.,、::./__ヽ-':.:.:.:.:.;イ ̄:.:.:.:.:.|
. | | . |__ノ /   / .i  |    ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i://.:j:.:.:.:.:.:.:.:/ |::.:.:.:.:.:.:.:|
. レ. ´.//  /   /  |  | ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .|.:.:.:.:.:.:.:.:|
    //  //  ./  .| ,イ|:|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧. . |.:.:.:.:.:.:.:.:|


144 :◆vsQyY1yD2Q

               _、-''"´ ̄ ̄``''ー-、
              ,r'"      -‐ー;:;:;:;ヾ、
             ,ィ´イィ , '´ ,  ,,..,.、;:;:;;;:、 :ヽ
             ,!;;:...:.,ィ´ ,ィr'´ ,;、 -‐ ''"ヾ;:;.. . ゙i
             〈;:;:;:;:;:...::,イ;:; ;:;,ィ´       ゙i、. . |
            〉;:;:;:;:リ'´^i;:;/        !ヾ ,l
            ゙、;:;:;:l! _,,、l/、,._  _,、、z=- ゙i ,j
            `ゞ;:j  -ェテル`, 'ヽモュー  |カ〉   元々、そちらに残っている兵は
                .h i      l         i!{j     少ないから仕方あるまい。
             `、j       i       ノ/
              ゝ     `^^       jノ       分かった、警備の方は こちらで引き受けよう。
               ゙,    -ー‐ -    /リ
                ト、   ` ̄    / ,|      幸い、降伏した兵を組み込めば余裕はある。
                 ,f、_\      ,イ  ,h
               ノ  ```ー-- ‐'´-‐ '"I
              _」ー- 、   rュ  ̄il「´ rュ ,〉、
     ,、、rr‐─H´ ̄ `ゝ、ヾヽノル、  ll|  ノルイノ``H''ー-rュ、,,_
       i l _ ,i| ! -─ ''"´``丶`ゝヽ 」i,ィ´レ'´`゙'ー'-' 、__」 !〉 `iゝ、
      ,r ,! ´               ̄> <´          `i  l j ヽ



                  ,. . ';. ;. ;.: ,:'.: .::、
               ,r '´ ミミヽ州'j;j'f゙r' ≡ミ;:、
              ノ ,r,,r= ァァ斗rr;.ィニ''´ヾミミ ヽ
             〃 ,rイ  リ〈( '´ )ノ   `゙トミミ!
            〃,彡!     ))       ';ミミi
            レィ彡!、、、,,,,__'′ _,,,,、z=='';ミミ;!
             ,レ,ィ彡! ,rf弐 ヽ  ィrモテュ、 トミミ;、
            {jii;ハミl    ̄´.:', :. ` ~´   ;ミハミ}   安心しろ。
              {jiiい;!     .:::i ;;      ,リ !N!
            ヾiiい' ',.    〈 _;;:_,       { 〉N!   王都に第二陣を派遣するだけの余裕は無い。
             ノハ;. ;  、 ____,,  ,′ノ;j.(
              〈 .:;;ijト、   、__,,     /!ji .::i′
             V .l:ji ヽ        ,:' !ij V′
              Vj:jiL_ `:、      ,.イ  l;;V
              /7 ー-`ニ``゙゙゙"´ニ -‐'Vノ
               _//   '"⌒Vi 1 レ'/⌒゙` い
         ニ二´ 'ー== 、 __.ノノ 1 lk′   ,い _ _ _
                ̄``ヽく_ノ八ト、`ー''フ´     /7
                       V/ ⌒ V/´       ′



              _ ___
           _rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
        〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.
          l!:O ≫》:=‐/          \
        .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
         /| `¨´ =‐ レ__, `⌒ 、__" |:ハ!   うむ、よろしく頼むぞ。
       / ', Y⌒'  r=-,    r=;ァ .i
     /   V:乂_.. "  ̄     ̄ " !     わしらは治療と休息に専念させてもらうからの。
     /    :从||:|ヽ.   'ー=-'  ノヽ
    ./   /' / /|| |  > 、 ___ ,.イ  ヽヽ


145 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


146 :◆vsQyY1yD2Q
__l____l_____l_/     /_____l_||   |    |
l____l____l___/      /_l____l____||   |──┴─────
__l____l____/      /___l_____,l__||   |  r─‐┐ _r─‐┐
l____l____l/      /___l____l___||   |三|    |三|    |三
__l____l_/      /_l____l____,l_||   |_|    |_|    |_
l____l__/      /_l____l____l___||   |_|__|_|__|_
__l___/      /___,l____l____l__||   | | || ||li|| | | || | | | | |
l____l_/      /__l____l_____l____||   | |_||_||i」|_| |_||_| |_| |_|
___/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : :
   ,/      |                                   |
  〈___/|                                   |
        .:|_________________________|
          /                                         \
         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
         |                                      |
         |_________________________|   __
        .:|_|: : : : : : : : : , -───────────- 、: : : : : : : : : |_|   |\
                /                      \             |  \
                    l二二二二二二二二二二二二二二二l             |
                  |  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |            |\
                  |_|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |_|            └‐


                -──-、_
              f´ // i  ヽ, `ヽ
               /" ./ ,イ ト,  !、 ∩ヾ
             !  // / ヽ___!' ⊂O⊃!
             |. .ハィ.n   n  し、).|
               レ, 、 ' U   U  //`i       おじさま、早く帰って来ないかしら?
            厶人.""..__.""r´//´‐‐,
         _,一'´ ̄::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ ‐'/二´ニコ  すっごくドキドキしてきたわ……!
        /::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::.::./.::.⌒Y:::}⌒ヽ∠,-,フ.
         {.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::.::.::.::ノ.:ムーゃ}  `V
        ヾ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..::.::.::.::ノ.:/ ̄/「
         \.::.:;∠::_::.:\.::.::.::.: ノ  /リ
           (     ̄ ̄ ̄ ̄   / /
      _,..:::-―‐(`ー--一ァ──r-イ≒}
    /::.::.::.::.::.::./`ーx_,ノ::.::.::.::.:j.::ハヽ_〉ーz―-、__
   /::.::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.{::.::.::.::.::/::.:,'::.::.::.::.} Y        ̄`ー- 、
  ,/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.:/::.::.::.::.::トく_ xヘ:::::......   .....:;:::::〉
  |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::./::.::.::.::.::./  \ `ー-、-‐=ニ二/
  〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.:∠.____)ー‐一' ̄ ̄
   `ー-==ニニ=====-一'⌒ー‐'′


147 :◆vsQyY1yD2Q
  ::::{::::::!:::::::{:::::/{::::::::/       ∨::::::|_,   |::!  ____  ∨::|:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::
  ::::{::::::|:::::::{::/ {:::::/     \ -‐弋:::::| ア ,.斗匕////し、`ヽ ヾ!:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::
  ::::{:::::::!::::::{::{_{_:_{__, /    ー  \| /  {:::://///|::::}   |::::::!::::::::::::::::::::::::!_::::::::::::::
  ::::|:::::::l::::::W  ∨{                 {:::i////J:::ノ    |::::::|::::::::::::::::::::::::| \:::::::
  ::::|::::::::';::::|  _,.斗圷               _l斗-‐…¬    |::::::|::::::::::::::::::::::::|⌒ Y::
  :::::!::::: ∧:l / {:://し                     /////   |::::::|::::::::::::::::::::::::|  } }:::::  落ち着きなさい、マミ。
  ::::::';:::::l     {::i//J:}                        |::::::|::::::::::::::::::::::::|_,ノ./:::::::
  ::::::::\l    弋,.>'′                           l::::::|::::::::::::::::::::::::|  /::::::::::  ちょっと浮かれ過ぎよ。
  ::::::::::::::}            ’                      l::::::!::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::
  !:::::::::::::}  ////                          |:::::|::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::
  |:::::::::::::|                 _                 l:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
  .! ::::::::八              ´  `               l:::::!:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::
  .|:::::::::::::::\                             / |::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::



     /. . . . ./ . . ,′::/;ォ  ,' ,′ . . ,' /     ∨:. . . . . . ハ
.    /. . ..:: .,′. .::! .::〃 !  i:/::. . . .//        '.:.i:. . . . 、. . .
.     ,′ .:; . .i. . :.:/|.::/  i!  i::: _ ォ〃        i!刈. . . .'.:. . i
   ,'.: i.::/. . .| . :;' _|斗‐ .|ニ ̄. ./    ̄ 二 ―-}′|. . . . i:: . } ハッ
   | ;'|:::|. . .::! . { .亅x≦二 _ミメ′   ≠ .≦=.ミ 、 |. . . . i!:: i!
   { | :i!. :::::!. .:| ,≠ な 。ハ ヽ      ´た:。:ハ ヾ,i: .:′.|::. i
.     ハ. !. :::::ト、.{ ヾ.弋 ー.'ツ         弋:_ー:'ソ 〃;:/. . .i!::.;
      ヽ. ::::::!:::ヽ     ̄     l       ̄ ¨ /' . . . h:ノ   ……!
      i. ::i::|::::iハ  / VV丶          /VVヽ  从 . . 儿
        从:|、!:::i:::|:.                 メ:'::;′. /こ)
  __/::ハ }::::::::|:∧       _   _      /:; .'. . ./≧:::ミ..‐-.、
 {ミ、:::::::≠=-.乂:::刈 `     ´ 二 `     .´/. . ./:-==≦彡. }
 | . .. .≧==.≦.ヾ:::|   `i . .        . .ィ   {, ≠ ̄. . . . . . _ ≦メ、
 !ミ. ‐-. . . . . . . -‐:}.    |: : : `: .--. : ´ |   {.‐-. . . . . . ̄. . . .彡′


148 :◆vsQyY1yD2Q

                -‐――-
                       `
                             冫
            /      /
        /      /   / ./     |ハ
           /     |    /| ./|      |
.       /|  |  |  |  , / .|/八、 .| l    }
        |  |  |斗|//  |  ̄\| l/  rく〉.    ……そうね、ごめんなさい。
.        rく)、.   V′ _     _   |/  / Yご}
         (しハ |  l| ===     ===/ ./| |_シ    こんなじゃ ぽぷら様に叱られちゃうわ。
         `⌒り 八〃       〃/イ 人人__,、
          rく__ノ⌒     __    丿  ___≧彡ヘ   もっと しっかりしないと
.        ┌く  `ー┐ ≧      ≦]  {____彡′  おじさまのお嫁さんになる資格なんて……。
      八 ≧ --┴r‐┘ ̄][  ̄└‐ 、≧==―┐
.          )≧/    }    ][       | ̄ ̄ ヽ 〈
        〈 /    / {三≧笊≦三} |     V


       /:/::::/::::::// :::::: /|:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       ,':/::::/::::::/ '::::::: / |::::::::::::::::::::::::::::::::::: l ::::::::::::::::::::::::|
        :::|::::l|:::::/ !::::::/   |::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|
        :::|::::||_:/  |:: 〃  |:::::::::::\ ::::::::|:::::::::|:::::|::::::::::::::::: |
      |:::|::::||/ ̄八::|  ‐-八__\:::::\::::|:::::::::|:::::|::::::::::::::::::l
      |:八::|イミx、`:|     \ ::\ ̄:::|:::::::::|:::::| :::::::::::::: |
      |::::::ヾ {r':::}     イ^テニミ、\::|:::::::::|:::::| :::::::::::::::|   おじさまが好色だと言っても
      |:::::::::| 乂ソ         {r'::::リ   ゙|:::::::::|:::∧ ::::::::::: |   色に溺れて仕事を疎かにする様な人じゃないわ。
      |:::::::::|//   ,     ゞ '゚   ,'::::::::::::::リ }:::::::::::: |
      | ::: 八        // /   /::::::::/:::::ソ/::::::::::::::|     マミの気持ちも分かるけど
      |::::::::::::::....              /:::/::/::::::/゙ ::| :::::::::: |
      |::::::::::::|::::::\  ``        /:::/:::::::::::/::::::::| ::::::::::::|   留守を任せられてるんだから
      |::::::::::::|::::::::::::>  _ .. , -‐/:::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::|   もう少し しっかりしなさい。
      |::::::::::::|::::::::::::::::::::::::{孑'三/:::/::::::::::::/::::::::::|::::::::::::::::::|
      |::::::::::|:|:::::::::::::::::::::: |三ニ/:::/::::::::::〃 :::::::::::| ::::::::::::::: |
      |:ハ ::::|八:::::::::::::::::::ノニ/:::::::::::::/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::: |
      | |:::::|  \:::::::://::/::::::/:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|


149 :◆vsQyY1yD2Q

     _      _,..‐.....-......、..._ vr 、
    /:.:.:`ヽ、,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .: ハ.j∧:
.    ハ.::.:.:.l/:.:.:.イ.:.:.:.:.:.,:.:'"´ .:,.,ィ´:.:.7.:.:.、
   /:ノ:.:.:.:.l〉:.:.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:./!ヽ:.l:.:.ヽ
   l:.:l:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:./!ヽ:.:.l:.ヽヘ
  /イ.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:-:.:.l:.:.:.:./:.:.:l:.:/:.:.:./ :::.:.l:. l、:.:.ヾ、
  l:.:.:l:.:.:.:.:.:,lヽ:.ヽ:.:.j. :.ノ:.:.:,:l::.lム:/--ヽ:.ハ:l:.:l:ト|
. l:.:.:.:l :.:.:./ :.ヽ:.:.:./V:/:.i'"|:/_,ュ、_i ,'lソ:.:l|:.l
  l:.:.:.::.ィソ  !:.、:.:./r,ヾ;.:.:.:.:l f´-=ィ ヽ、:lレヽ|   ( 声、掛けづらいわねぇ。
  l:.:.(    ,':.:!.:.ヽ 、6l.:.:.:.l u       /:l
  :.:.ソ   /:.:l:.:.イ:.:.フ|ハ :.:.l      __∧:l       二晩 部屋に籠もった身としては。
 (     l:.:.,'/l |ヽ:.:.lヘ.:.:|     ̄/| ソ
      /:.八/ ´ \ヽ ヽト、r┬ - i:.i         イングリッドの代わりに
.      ,∠.......`ヽ,   \ 〈ミ'ヽ.|  ,l/         私が護衛に就いた方が良かったかしら? )
    /"¨_""''\、    ヽ_,, ユ.!!
   イ/::::::`:ヽ.、\、_ _/:=ヽl.lヘ\


150 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で軍 治療所 】              |:::::|  /|                 i    |__j
                                |:::::|   |/              ノ____,,(_,)
                                |:::::|             /        │( 〈
             _______           |:::::|          /:::        |_,lヽ冫,
          ||          .||             |:::::|          ./:::           (_,丿(,,ノ
          ||/ハヽヽ⌒ヽ_,,,||             |:::::|       ./:::         :;;;;;;;;;;;::
        ___ / (´-`o川ノ___)/.||_______|:::::|       /:::             :;;;;;;;::
      / `⌒⊂[l´ )ヽ / /||             |:::::|       ./:::  /ハoヽ
      / ⌒⌒ヽ,  ´ / /                |:::::l      /:::   从从从)
   || ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||/ /                |:::::|    /:::    ノ  (`ヽ
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||./                |:::::l   ./:::     くノ_ハヽゝ○
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                     |:::::l   /:::      (_ソ" ヽ_)
                                |:::::| /:::   彡 :;;;;;;;;;;;::
                                |___l,/:::      :;;;;;;;::
                                 / /
                              / /
                                 / /



              . -─「`´. : : ̄: : `  .
            /. : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : \
          . ' . : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /. : : : :/: :./:{: : : : : :ヽ. : :\: :ヽ: : : :.ハ
            .'. : /: :/: :.∧ハ: : : : : : ト、: : :ヽ: :.Y: : :.ハ
         l: : :l: : i: :/ 人::\: : : : :! \: : :l: :.:|\: :ハ
          |: : :i: : レ'    X.: \: :`|-- ヽ: }: : |/ : :ハ
          |: : :{: : |-- - '   \j\j   Y.: :.:|\: : l:|
         }: : :从:| ⊂⊃     ⊂⊃ | : : |/ : :l:|
        从: : 人l //// // /////| |  .|: : :リ`Y: :从   うぅ、タイミング外しちゃったかなぁ。
         i: ハ: :.: 人           し  从:/ イ: :/:.\
         |:i !: :i入    r -- --.っ   /: :/: : :!: //⌒   おじさまの お嫁さんになれる
         |:l !: :l: i:〕ト .    ̄   . イ彡'. : : /:ル'       チャンスだったのに……。
         N !: :l: l:i:.!: :j:ル≧= ≦: i: :l: : :/: ://
           ノ::人j:K!::ルハr┴v ┴ァ: ルイ!:.:/ {
          ´      _.ィ升‐┼rァ弁<⌒く
              /  }.::::/´「\.:: /  / Y


151 :◆vsQyY1yD2Q
        x゙i,゙i,`¨7゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ¨¨:,!.,!`ヽ、
      ,..': : : i,.i/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :゙i,:,!,!: : : : \
   ,..,'´ッ: : : : /: : : :/: : : : : : : : : : : 、: : : : : : ::ハ: :ヽ,: : ∨ハ: : : :ヽ、\
  ´´´ /: : : ,.'ィ7: : :/: : : : : : : ∧: : : :i,: : : ゙i,: : : ::i,: ::゙i,: : :|: : : : : : ::゙i,``'''
   ./: /!: : : /: : ::/: : : ::,!: : ::/ i,: : : ゙i,: : : :゙i: : : : i,: :゙i,: : }: : : : :゙i,: : :ヽ
   // ./: : : ,!: :/: : : : :-‐|-=-‐  i,: : : |..---‐‐-ニ i,: : |:/,!: : : : : :゙i,、: : i,
   '゙  i: : : :,!::/|: : : i: :/ |:/    ゙i,: :|  \::|.゙i,: : |: : |: ,!: ::i,: : : : :゙i,\:゙i,
     |: : : ,!/: |: : /|:/  ,,xァハ''   .゙i,|. ァ‐ミx, \!: :|:/: : : i,i,、: : : i, \!
     |: ::/|: : ::|::∧i'  ‖ん/r}      {/rハ ヽ |: ,!ハ: : : : i゙i,\: ::i,
     // .|: : ,!|',!{ i,i, .゙ 弋;;;り      .弋;ツ .゛ |::,!ノリ,: : ::,! ゙i, \゙!  私は ちょっと怖い気もするけど……。
    ´   .i,: ,! |! |ゝi,i 〃〃〃   ,   〃〃〃 ,!:,!ィ゙,!.゙i,: ,!  ゝ  `'
        .|:,!  |/ i,i, 、              ,.!,! .|,!  i:,!          あ、おじさまの事は信じてるよ?
        .'′    i|  >  .,  ⌒  ,. ,. ''´ ,!'    !'
                 i≠=≧ ≦=┴゙1
           γ''‐-.r‐f!    _||_    i,-z-‐'' ''ハ
           /     i, i,__ .|| _  ,!./     ゙i,
          ./     i,¨´    `rf´   ̄¨''':、   ,  ゙i,
          ,!  ゙i, .,i i,    .ニノ-!、ニ     }  ./   ゙i
        /   ゙i,,!  i,  .,ィ,! .|| | ヽ,    .,!  /    \


                             ,. . .-―‐-. .、
                      ,. .':´: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                       /: : : : /´: : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : ;イ : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
                      /: : : : // |: : : :l:.: : : : : : : : : : : : : : ',
                      ,':/ : : // . | ト: : ト; : : :.|: : : : : : :',: : : :l
                  l/| : |: 「!` !:|ヽ:.:| ', : : |: : : : :l: : :',: : : !
                   l! !: :|:/!,_  |:| ヽl``ト、|: : : : :|≫:.l: : : !
                     |: :|; ゙う!ヽ l!   ヽfォx、!: : : : :!≫:.| : : |
                     |: :l | ヒ!      以 ゙|: : : :.:ト、: ノ: : : l.   怖いのは私も一緒だって。
                    |: :!:|  、    ¨′|: : :l: ノ ノ/: : ∧:l
                   |: :! \           |: : l /イ/!: :/ ヽ!  でも、そう言うのも乗り越えてこその
                        '; :ト; :/>.、`_ ,,, ...|: :/イ: :/ l:./      お嫁さんってもんでしょ?
                       __V,.V-‐ト;/ミ=‐=''"| /.`レ'‐-レ、
                 /     {{>‐‐|ト、>レヘ、{{.   ‘,
                    /     /:::::::::::::::::{::}:::::::::::::::::::〉   ‘,
                 /       \::::::::::::;ィ7゙ト、::::::::::::/      \
                /        l   \//::l=l::',=ヽ/  l     \


152 :◆vsQyY1yD2Q

                      _   /ハ、
        _          _  ||\//_,.-i.ト、
   ,へ  .∧∨  ,. : : : :  ̄`´: : : : : `: :<: : : :|.|: :\
   | |\':、|| 〉〉': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ | |: : : :\
   | | ̄\|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : .ゝ‐-
   ∧∨:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : : : : : : : .
 / ∧/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: : : : : : : : : : : i: : : : : : : : :i
'ィ: : :/ィ: : : : : : : : : : :|: : :|∨: : : i: : : ',: : : : : : :∨ : :|: : : : : : : : ::i
/: : : ´: :i: : : : i: : : : : : :|: : :| ∨: : |>‐-女: i: : : :i: : : |: : : : : : : ト、i
: イ: : : : |: : : : |: : : : ::i>'゙ :|  ∨: :! \: : ',``i: : : |: : i: : : : : : : : | .|!
 |: : : : :!: i: : : !: : :/|八: :|   \:i  \: ',\: : : ト,,!: : ::|∨: : : |
 |: : : : :|/:|: : ::|: : : / ! ∨        _ヾ、 i: : : |リ∨: :| .∨: ,!
 ',: : : : : : ∨: :|: ::/   _      '´ ̄``  i: : |ト!∨: !  ∨
  ',: : : :∧: ∨:|∨,  /´ ̄`      / / / / .|: 从  ∨     そっかぁ……。
  ',: : / .∨ :N: :∧ / / / /   '       ,. イ!/
   .∨  ∨| !: : ゝ.,_     、_-ツ  ,. <  |!          そうやって お嫁さんになるんだ。
       N  \ヾ  ≧ r-______‐<|つi
          ,. --┬r<´   ||     >r=,,__        なんか照れちゃうね ♥
        /   r ┴…‐-、r‐rー… =¨¨)    ',
       /     i   -=-{ {-=-   /     ',
      /      〉    >介<     i   ,   \
     i     ', λ  >=//==|ハ\  /  ./     〉
      i      ', |`´  / /  | .i  >'  /      /
       i      ',.|  / /    | i    |      /
       ∧   \_  ', /_/    .|__|   /    ィ
        ∧     〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   / /
         |\    .i::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ./
         i \   i::::::::::::::::::::::::::::::::,!     ,!
          i     .|:::::::::::::::::::::::::::::,!   /  ,!


153 :◆vsQyY1yD2Q
::i,:: : : : : : : : :/´: : ;/    ゙i,\: : : :i,   \: : ::i,゙i,: : : : : : i: ゙i,: : : :i,: : : : : : :
i,:i,: : : : : : ::/゙:;.' ゙i,: :,!      ゙i, .゙i,: : ::i  ,,,,,,,,,,,_、::i \: : : : :i,: :∧: : :i,: : : : : : :
:i,:i,: : : : i; : : /  ゙i,:,斗''""゙    .゙i, \: |.  _升ヽ,`ヽ, .\: : : |: ,!_: \::|: : : : : :
: ゙i,i: : : : i,: : ,!  / ,_升ハ    ヽ  ゙i,!  |///,ハ  ゙i, \: i,f、ハ; : : ゞ: : : : : :
: :f゙i,: : : : i,:,!  /  .f////,;i         |乂シ,キ  ゙i, |:\ト、 .}: : : : : : i: : :
: :{ ハ: : : : i,!  i!.  i/乂シ|         ヤ::::::::リ   .゛ i: : ,!レノ: i: : : : : i゙i,: :
: :i,乂i: : : : i, .i!  弋::::::ツ          ゝ-''゙     |: :,!/: : :|: : : : ::| ゙i,: :
: : \`i,: : : i,      ¨      ,    ヽヽ、::;:-。、ヽ,!: :i: : : : : ト、: : : :i  ゙i,
: : : ,!゙`'゙i,: : :i, ハヽヽヽヽヽ            ::ゝ、  `¨¨¨¨  '''''' ,..' ¨゙ヽ、_
: i: :,!  ゙i,: : i,、           , - 、        .:i''‐------ッ'  ./  .,
: i!::,!   i,:゙i,::i, `i,; .       .- '    ,..<  ∨ i!   ゙Y  ,/  /
N∨   N\!  i!    ≧; .,, _ _,.. :.' |__   ぷに       ,!  !  i':f゙  ,
             .i<_|゙_       _,,.!-‐>        !, |  i ,!  ,!
             |``''ー¨-¨-Y´-¨‐'' ´  |       ,/ヽ, \ ヾ!,  ト
            /      i.|.i       \    r'゙  / 廴ノ゙i,_丿ヽ_)


154 :◆vsQyY1yD2Q
                       ___
                   . : :´ : : : : : : : : : :` : .
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    , ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                 /: : : : : 厂: : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : .
                   /: : : : |:/ 、 : : : : : ヽ: : : \: : ',: :l: |_ :.
                  ': : :|: : :|:|  \: \: : :\-十‐: :|: |: |フノ:.j
              |: |: |: : :N,斗―\: \\{ ≧=ミ|: |: |フノ: |
              |: |: |: l :|「 __\: \「'⌒ う心 ヽノ: 「: : : :|
              |: |: |: l: l,〃 う心       乂ツ ノ/: :| : : : ′  だいじょーぶ!
              |/|: l: lヽl ヽ乂ツ      〃〃 イ: : |: : : j
                    ヽ|: l: :トハ 〃〃           |: : |: : :八   今の顔見せたら、おじさまもイチコロだよ!
                   |:.l: :|;从      __ ノ   /| : 八レ
                   |:.lヽ|: : : >  ,._ _   イl从|: :ルハ|     夜じゃなくても押し倒されちゃうかも ♥
                   |八:.トlヽ从ハ ト== r==彳_,|//⌒ヽ
                 / ヽ―イ┃__i┴i____┃      \
           ┌──     / -=彡l_|ミ=-  \       ヽ /⌒l
           |       |  〈      /∧\      //      ;l  |
           | |    |/ \_/||||\_/ヽ     -― l   |
             / |       ′  ┗━|┝|| ━┛   ∨    厂  ̄ ̄ ヽ
        /      ー―  {         Lj Lj         }      ト――  {
        /      \_彡人               八   /|;ト――  .〈
.     /  _  /      ヽ | |     \     イ   ∨/(| ト――  〈
    〈     ー―く        | \  ヽ   ||  イ /|    ∨(| ヽ― ―イ


             ∧
          ,, -、 .‖|レ1 ,....-‐‐-. . .、__
       ,.'´: : : : ‖、ル:':´: : : : : : : : : : : : : `:丶、/i|
    ,. ',..: : : : :-‐||: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ,i|  _,..=7
-=ニ¨´‐''フ: : : : : : : : ::|レ/: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゙i,''-゙-´‖
    /: : : : : : : : : : :'゙,!: : :/: : : : : : :λ: : : : : ::ハ: : : : : : ::゙i,: : :‖゙i,
   /: : ,: : : : : /: : : :|,!: :/: : ,: : : : :/ l,: : : :i: : : :i,: : :ハ:: : ::゙i,::‖: ::゙i,
   ,!: :/|: : : : :/: : : : ,i!::f゙: : :/: :_/  i,: : : |: : : :i,: : : :i: : : : ∨: : ト、゙i,
  ,!:/ ,!: : : :/: ,!: : :,!: ::|  ,'"´: / `` i,: : :|i: _,,_ |: : : ,!: :i: :i:、゙i,: : ゙i,.ヾ、
  |'  |: : :/: ::,!: : r|: : :|/ .|/     .゙i,: :,!´、 `ヽ、,!: :,|: ::i,: ヾ、: :゙i,  `
     i: :/: ::/i: : λi: : ::|  ,。===、   ゙i,/  ゙i, ,!゙i,: ,! : ;i\:i,: : ::|゙i,: i,
     |/,!::/ |; :/ ゙i,: ::| , 、 ,       ゛ =ミx! i,,7、::i: : i、i,: : :}. ゙i,i   それじゃ、おじさまが
      i/  .i:/  .i,: |    ´` '   ,     ヾ, .!':,!〉,!: ::|,ハ : :,!  ゙i   いつ戻って来ても良い様に
         !'   ゙i,|\   ┌  .,_  ´`' ' 、,/::,!゙:|i,: :,!  |: ,!
              ゛  `_,、  、 _ ノ     /i: ∧,! i,::,!  .|/      皆の治療を がんばらないとねっ!
          _ _,,,.ィ7´ヾ、`  ,,. ,,. 、-‐ ''´ .|/   .゙i,!
        /     |:| ゙i,  ``x,。┴''フ>,,、_  ゛
       /     _|」_ヽ_ .‖ /  |:|  ` i
      /      ヤ    --丶rf¨¨``<|」   .i


155 :◆vsQyY1yD2Q
                  _
                \ヽ, ,、
                 `''|/ノ
                  .|
              _   |
              \`ヽ、|
                \, V
                  `L,,_
                  |ヽ、)  ,、
                 /    ヽYノ
                /   r''ヽ、.|
               |    `ー-ヽ|ヮ
               |       `|
               |.        |
               ヽ、        |
                 ヽ、    ノ
                r  ̄    ̄`ヽ
             /       ヽ   ヽ
            ./   |  i  l  .',    l
            /, / .l |  |.T 代 |  |  |
          /_|  |r|´人 .| |.吾ミ| .i |  |
          ̄  |  | |/ホ.ヽ| ハ|廴},| | / } |
            |  l |代:j  ,  〃.| | |‐'  |  ※ 髪を解いた まどか
           r┴ 、.∧〃  _ ノ  ,| |/ |  ハ
          /_  − ̄ `ー- _./.|んYz .ト ヽ
          /      .  ∨ rzゝー〈: | ` \
         /           Ykj   ,r V
       / ,         _)   .}  /   l
      /  .l        _ノ    l r    / |.
     /   l       .      //    /' イ
    /   ,ハ        r‐ ̄rへ  // |
   ./.   ,  \    k<   {  } /   |
   {    ,'    {>‐/>´ `ー ゝ‐' /   |
   ハ   /    ノ{ , >‐トj、_    ∨.∧   |
    ヽ.ノ    >Y/   `  ` ーr-/j,j.ハ   .|
         _ <{       ノ_`´`   l      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       /´   ヽ    ´  / ヽ    イ        d⌒) ./| _ノ  __ノ
     r       .> ⌒ 、 ./  ノ    ∧
    ヽ    /      ヽー '    /そ`.ヽYr、
     ゝ _ /          ゝ   ノ <―−'
       {        _ −' ゝヘ< _ r ´
       l   _ -‐ _ ―  ̄
        ` ー―  ̄


156 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第90話 「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚」 は終わりです。


サイコフレームは、『逆襲のシャア』 や 『ガンダムUC』に登場する特殊素材。
サイクロプスは 『ガンダムSEED』 に登場する大量破壊兵器の名前です。


ニュー速で邸の使用人達は、基本的に正妻であるカガリの名で雇われていますが

雇う使用人を選んでいるのはコガラシ達です。


シーライオンは、『DQ4』 に登場するモンスターです。

ただしFC版では没モンスター扱いで公式ガイドブックには載っていませんが
一応会う事は出来るようです。

後にリメイク版で復活しました。

FC版では灰色、リメイクでは紫色になっています。

最大の特徴は、密かに  自 動 回 復  が付いている事でしょうか。


ラーの鏡に関する話、太陽神ラーと その妹のスリス。そしてスリスの夫であるゼグンドの話は
毎度おなじみ 『アイテム物語』 の 『秘鏡異聞 ラーの鏡』 を参考にしています。



次回更新は、4/21(日) 20:00〜を予定しております。

4/14(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


      (⌒彡彡⌒)
     ミ  ’ ▼’彡
    彡彡  V~~Vミ
     彡 (,,゚Д゚)   < シーライオン!
      |:(ノ   |)
     .o人;;; ;;;;;/
       U"U


第89話へ     5 第91話へ

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 佐倉杏子アイテム物語劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 美樹さやか
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 佐倉杏子
ドラゴンクエスト アイテム物語劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 美樹さやか

この記事へのコメント
豚はいのししってことでびってんだったのかな?

とりあえず結婚については今すべきではないと思う。
死亡フラグがたつからね…。
Posted by at 2013年04月08日 20:42
神話の時代の産物だから直すのも凄く難しいしどうなることやら…。
まどマギ組も…この子たちがいないと色々と大変だろうしなあ。夜とかw
Posted by at 2013年04月08日 21:09
>密かに【自動回復】が付いている
やめなさいよww
マンモスマンが自動回復とかww
前回の嫁の全員攻撃でもぎりぎり勝利してたのに、そんな物付いたら、嫁達に勝ち目無いじゃないかw

想像以上の大家族になりそうだなぁ・・・。
Posted by 2ガッ at 2013年04月08日 21:20
自動回復w
嫁全員で倒せなかったマンモスマンさらに強化とか
HP自動回復ってエッチポイントのことだよね
Posted by at 2013年04月08日 21:21
まどかさん大物だなw
Posted by at 2013年04月08日 21:36
やらない子の為にもそそっと済ませるべきじゃないかなw
Posted by at 2013年04月08日 21:37
5主人公を行ってるんだ
きっとキラーパンサーも仲間にしてるさw
Posted by at 2013年04月08日 23:28
ドラクエ7の世界のラーの鏡は魔王が隠してたので、死蔵されてた筈。
ギャル夫、オプぼう、フォズの線から漁師の息子に打診できないものか。
Posted by at 2013年04月08日 23:29
オプぼうが凍てつく波動を使えそうな気もする
Posted by at 2013年04月09日 02:31
残念、さやかちゃんでしたーじゃないんだよなー ここのさやかは
杏子が残念なだけでw
どっちもとても可愛いけど
しかし杏子もそうだけど、ほむほむにしても、初対面の時のやりとりが嘘のようになって……ww
Posted by at 2013年04月09日 09:37
なあに、死亡フラグは大量に立てると逆のフラグになると言うじゃないか
とりあえず6つくらい立てておけば大丈夫さ
Posted by at 2013年04月09日 13:41
やらない子が夜の事情で戦線離脱する前に、嫁にした方が言いと思うw
あ…でも結婚式するまで手は出さないか…

八千代&佐藤と、まどか組の合同結婚式になるのかなw
Posted by at 2013年04月09日 15:17
スリス縁の化粧品ってお断りがギャル美に渡したのであったような・・・。
色んなところで話が繋がって面白いですねぇ〜。

案外お断りかアリアハンの教会の人がヒント持ってたりして・・・。
Posted by at 2013年04月09日 22:29
(オプぼうの頭を見ながら)う〜ん、何処かに無いかなぁ、手で掴めそうな光の塊っぽいの?
Posted by at 2013年04月10日 00:05
リュカがゲレゲレを飼ってたりして
Posted by at 2013年04月10日 09:38
やらない夫達に連絡するか
ギャル男→オプぼうルートで
アリスに相談してみたらどうだろね?
ルビス達がいなくなる前から存在してる
精霊だし何か知ってるかも?
……ボッチダケド
Posted by at 2013年04月12日 20:08
神話系統で聞くならオプぼうかアリスかなぁ。
錬金系統ならメルキアデスはダメなのかな?渇きの壺、まだ使ってないよね?
Posted by at 2013年04月12日 23:41
ガンダム縛りだったのかw>サなんとかさんの名前

でも、ポケ戦のサイクロプス隊でも良いじゃないかとも思う懐古厨の俺。
Posted by at 2013年04月14日 22:56
マジャスティス、いてつくはどう、黒い霧、このどれかがあれば魔法を解除できるんだよね。
……あれ、やる夫って悪魔系スゴロクみたいに成長してるから何れ黒い霧覚えるんじゃないか……?
Posted by at 2013年04月18日 01:45
サイクロプスはアンディー!!だろうが!
Posted by at 2013年04月18日 21:29
サマンオサの将軍が乗る軍馬の名前はやっぱり
バルバロッサ、火竜、トリスタン、パーツィバル、王虎なんだろうか
Posted by at 2013年04月19日 09:36
味方になってくれて良かった。蛮族解放に反対でないのも助かりますね。
敵対していたらどれだけ被害が出ることかわかりませんからね。なんか牢とかも破って逃げそうですし。
やはり、キルヒアイスを立てラインハルト救出というのが重要なようですね。

ラーの鏡か凍てつく波動がなければボストロールと戦うことすら出来ない。
仮にそれなしで戦うとしたら、人間同士の争いになってしまうでしょうね。
それにしても素材もそうですが神や精霊が関わっているとなると人間では無理そうですねえ。
やはり、こういったものの鍵になるのは、オプぼうですね。

ん? イングリッドからの援護射撃かな。なかなかうまい。

んー、見ているだけでもやきもきしてしまいますね。
せっかくの告白を邪魔されたのも痛い。
ここはやる夫を信じて、彼女たちの可愛さを堪能しつつ見守るしかないかな。
今は大変な状況ですからどう落ち着くのかわからないけど彼女たちの気持ちを無碍にはしない、と。
Posted by とあるA at 2013年04月22日 22:37
どっかで聞いたことあるような、と思ったらギャル美の使ってる化粧品かー!
作者さんはいろんな所にさりげないネタをちりばめるねぇ。
Posted by at 2013年10月11日 13:35
溶け込むの早すぎだろビッテンさん
さっきまで敵だったとは思えないほどに
Posted by at 2014年11月25日 19:49
>変化の杖、対抗策
ロト紋の怪鳥将軍バークートが使ってたマジックアロー、
これ+マホトーンでも解呪効果があるっぽいんだよね。

そこ、藤原カムイ先生がマホトーンの効果を曲解してたとか言うなw
Posted by at 2016年10月27日 17:53
ぁあ〜まどマギっ娘みてると心が浄化されるんじゃあ〜
Posted by at 2016年11月01日 01:23
>サイクロプスは 『ガンダムSEED』 に登場する大量破壊兵器の名前です。
普通は「一つ目の巨人」のほうを想像すると思いますがw
Posted by at 2016年11月02日 18:16
やらない子の初夜の時ってキンクリさんがラナルータを唱えた後に
未だに継続中でキンクリさんが「え?」ってのはあったけど

ない子「二晩 部屋に籠もった身としては。」

その後ずっと続けていたのかw
Posted by at 2017年01月04日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64669810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ