■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年04月22日

第91話「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは豚のケツ」(4)

第90話へ    4 『知られざる伝説』

124 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: ●: : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


125 :◆vsQyY1yD2Q
【 遠征軍 ベースキャンプ 】

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





           _,,:-ー''"""""゙''ー;、,,_
       ,,;rー''"     `''ミヾミヾ、゙ヽ,,_
      ,r'"   -ー--;;,,_ ヽミヽ,゙i ), )゙ヽ.
    ,r'"   ,,,ニ"二=-ー-=ニリツノ_ソ,ク,ノ ,)゙!
   ,/    "-'''",/    (( lr"~`ミ:、 ̄`<ノヽ,
   |     _,,r'"      `' `'ー  })  }\ソ
   .| ,i;' -ー彡|            〃   |, ヽ,
   レ'i'  " ̄_,ィ! ,,,__            ゙l ;|
  ;'f,  ,ニ≡ヲ'   _二ニ:ェ__   _,,,,=-、| ソ
  ,f,/',if'" `i_l!    `''-゙''゙-''"_~` <''セァ,ラ ソノ
  ゙l ll!゙l, l〈 ~ ,,      '''"   l`     lリ   おお、遠征軍の陣地だ!
  ゙l l! \`''  {           ゙     ,|
  =リ,l ノ ゝ-i ゙':i;,       、 -、 ,,).   ,r"     無事だったか!
  ,f.i  f~ ハ,ト.  ゙i     ,,,,,____   /
  ゙い. l  ;l' ゙l、.     `''ー==='"   ∧
   ゙),) ぃ、も=' \     `'''==-'  /),}
   (、ミヾf`'<,,_  \         / r"
    ゝニ/,;へーニ'''ー-ミ=:,,,_    ,,/';、,)
    ,,r-'/     ̄`フ'' -ャ、`l!'';ニ":<i.l'
   ニ-:、ミ-ニ,,,    し⌒'l | | | i⌒'| |、_
      `'''-ニ''-ニ__ノ .,| | | ゙l,. ゙'ハ   ̄`'''ー-
          `''-、. 、-''",! l! lゝミー' ノ
            ヽ.゙ヽ,/',r'゙'ヾヽ7,/
    `''-、f~ヽ       l  ゙! : l⌒゙i: ゙| i,


126 :◆vsQyY1yD2Q
                r'゙ ,' ,i !゙ ,/ ,r'´/, / ``ヽ,
               ,イ、_(, ( !j k、〃f゙ ,r' ィ; `ゝ、 ゙ヽ
                /゙ゞ'´ ̄`ァf''"゙゙´ ̄ `ヾ, `ゞ、 ヾi
               ,ノゞ!     ((`j       ゙i  、 \ j
               i゙j ,!              ト,  `ヽミj
              ゞノ-=;、,,_, ,' _,,.、z==-' `ト、、 `ミゞ|
              ゝ ,ィモラ冫' <ィぞテゝ、  .V ,`ゞトN
               ゙l    イ′  `  ``    l/^ヽ`, 〉   俺はキルヒアイスに会ってくる。
                 |   /          ; カ 〉! k,l
                ト  ヾr=‐、,        , ' ' ノ_,ノトト;j    やる夫は奥方の所に行ってやるといい。
                  !           , ´ 「,イヾ ヽ〉
                }   ´ ̄ ̄``       ,! ( ik、` j
               j;:!、  ´ ̄ `       / ,ゞ、V 〈
               `ゞト,  ' '      ,. '´,ィ´  ゙i  j
                イk>、、___,,ィ´-‐''´   ,イカノ'
                ヾjゝ=、 r‐'"´-、,ュ   ,r'´ ,;i|ー-、、_
                _, イト、 ,!,!lゝ'⌒ゝ( _,ィ´ , ィ´ ,イ,イ `フ''ー
          _,, 、ィ‐r''´フ`>、ノ,!l   ,ノXゝ ,ィ´ ̄``'ー'- 、、/ /



       / ̄ ̄ ̄ \
     /          \
    /  _ ノ   ヽ、_   \   ありがとうございます。
   .|   (ー)  (ー)   .|
    \    (__人__)   ./   それじゃ、そっちは お願いしますお。
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


127 :◆vsQyY1yD2Q
【 ベースキャンプ テント内 】
i!i!i!i!i!|____________________________/
i!i!i!i!i!|                                        |
i!i!i!i!i!|                                       |
i!i!i!i!i!|                                      |
i!i!i!i!i!|                                           |
i!i!i!i!i!|                                          |
i!i!i!i!i!|                                         |
i!i!i!i!i!|                                        |
i!i!i!i!i!|                                       |
i!i!i!i!i!|                                      |
i!i!i!i!i!|                                           |
i!i!i!i!i!|                                         |
i!i!i!i!i!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔 ̄ ̄ ̄〕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
''''''''''''   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(____) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ              ヽ
      /                        ヽ               ヽ



             ____
          /u    \
         /  \, 、/  \
       /  ( ●)  (● ) \
        |  '" (__人__)"' u  |   皆、無事かお!?
       \    ` ⌒ ´     /
        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
      /                 \


128 :◆vsQyY1yD2Q

                 _,..- .、
                 , -‐ "''  .l ̄`ヽ
             , r/ ./ ̄.iヽ l.',. ヽ、 ',
            / / /     lミiミ.l ,',. 、ヽ` 、
      __,,.. /  ,' . l ,'   .l‐.l"'" ',ヽ. ` .、`.`、 、
_,,...-‐'"~ `ー-l`、   }./ ,'  l l , ーl "`,、  ヽ. ヽ `ヽ、
  ,...  ''"~~"'' ‐-.、l,' イ  i.i/!  ',.l 〈ク>ヽ、 `、 ',ヽ ',
./          ./ /,'   l_',_-`、 '!   l.Yヽ、', } } }   やる夫、来てくれたのか……。
`、            / . / l  .K沙'´ゝ/ `i  ノ.,':', ',Y / / レ
`、ヽ         .,'i ,'i .{l   .lゝ‐`‐ ',,_  ァ / l i i K,r'∠- ..,_
 ヽ ` 、_,     i.l、.l i l  ', ',ゝ、 _. ヽ´、´ /`、 /./、',` ヽ、 `、`、
    ` 、 ヽ     ヽ ',.', ', .',. `、ー、‐、 `,l"  `,.'-‐-、_`ヽ `、 i } _ _ _
. /  _...Lヽヽ/   ゝ‐`_'、. `、  ` v_ }ニ=‐´ 彡"´_.-' ´_`>''"´      .、`ヽ `ヽ、
/    ,´ ̄ヽ、       _,>、` 、` ー<‐´‐ ´ニ´_-‐' ´              ヽ.  `、
   /    `、、         ` ア , r ''" >-‐ '' "'i i                   ',  }
  ./      ヽ_ 、 ,'       { `i   ´     ー-`ー -、           ,'  /
  /       /\`  、/     ,人 ',        ー- ._  ヽ、_          i.ノ,..<, 、   ,、._
. /      //   ` 、.', _,.'"  `` ,,_         /´,... -'<!     ,..'´/,.r.' "'-´、)_,.`i i`r 、
/       //       `´     /´ ゝ‐- 、_    .ノ ,'     \,..'''" / /       l .j .j .l /
 ` 、   //                /       ` 、`.7' ,i'.       \ / , '  ,..''"    `'`'ゝト'、
    ` //               /           ヽー'` 、         \r' //          "'- 、
      ` 、    /    ,  ./       ./          ` 、.         ` <           ,.. '´
         ` ;<     / /       /   ,       /´ _` 、       ` 、     ,.. ''"
            ` 、/  /       ./   ノ       / /   ヽ._.        \ .'
              ` <      /  ./       ./ /       ` 、       \    ノ
                 ` 、 / /        / /              ` 、      \
                    `' 、'       / /                 ` 、       \


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |  ネリー、その足……まさか骨折かお!?
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


129 :◆vsQyY1yD2Q

                  . -―≠ ―― 、
              , ∠  /  ‐- 、   ヽ
               /   {´__     ヽ    \
           /  ̄  厂   ヽ    ',     \
           { r‐- 、 / ィ    \   ヽ       ',
           /! |  i、ミイ/∧      ヽ     \     !
         ./ | .|  |ミミイ/∧      \    `ー‐ ┴ 、
        / j |  |゙゙ `''"  ヽ   \   `ー――-- 、 }    やんねえ香を連れて撤退する時に、ちょっとな。
         { / /  .|   ,  、_\ _ヽ     r 、    ゙
        l/ /   :∧ 二    ィチラム、 `  .\ \      安心しろ、既に魔法で繋げてある。
        / /   / ハ弋}      ̄    7 ー--l  |ミ、
       ./ /   ∧ {.ヘ  ,         u ./ } (二|  |┬-、   だが、骨折ばかりは魔法で治しても
      ,' l!   / ヽl  \  _    / / //  ! } /
      {  l   {ー‐┴‐ ミ > . `.イ rォ_/〃    ヾ l |.     その後、しばらく安静にしておかないと
      |  |   `ー―、  .}   フ7 ̄l .|/ ,イ     /} |    また すぐに折れてしまうからな。
      ヽ-ゝ、     } ∧  {. /   /  l ヽ__,∠ノノ
  ムクッ  /    ̄ \ ノ/ }  |   /    ーァ―― ''
     /        }K    | ノ| O / -==//⌒)
        イ ∧_ノ }   j/彡  ./     =}イ_/
        { ヽ┴―'  / /    :{     |_ /


      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|   それなら安静にしておけ。
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|   ほれ、横にならんか!
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


130 :◆vsQyY1yD2Q


                すまんな、イングリッド。

                だが、夏美は今 軍を再編成するために駆けずり回っている。
                現状の報告は私がせねばなるまい。
        ,.r ‐ -、、                                               f ハヽヽヽ
        r':: :: :: :: :: ``ー - .,,_                                          \      i
      /L- _i个 、:: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ、                                    `、    ',
   ,r'/ :: :: τ`:_、/`ー- ,,:: ,- :: ‐ ‐ -`_、                                    }    .}
  ./ ,i :: :: :: :ヽ :: i.   ヽ!.{gf 、 ヽ:: `.、ヽ                  ,  '"´  `ヽ                    i    /
  ./ ,'.l ::ヽ:: :: :: ヽト、 .,'   ヽ´_ ヽ:: `、 `.l   _,,.- 、      , '"       `.、.\ ._           .,'     i_
 .,'.,':: ', :: :i:: :: :: :: ヽ`iー-‐    ` ', :: ',:: l‐'_´-‐ - 、ヽ , r/             i´ , `/`ー - - - ‐.,'    i
 l i:: :: `、: i :: i:: :: :: `、  f ,、    lゝ.、:: '、`´:: _,:: :: :: //              l .,' /       ./    ,'
 l ::_ ;; :- ;;i:: :i,:: i:: :: :`、.似      ノ_:: :: ,.r'" ,.r フ'/  、\           ,'.l  l l       /    ,'
/      i:: i.',:: i :: :: :`'  ,r'' "'' <  フ :: //    ‐-.ヽ\_ _      / j  j .l、  、  /     /
       レl:: ',:: ',:: :: :: `<:: :: :: , - 、`y :: //           ,r'./_入  / /  l j    i /     /`、
        ',:: `、 `、、:: `、\‐´‐:: ;: /:: /./               j /       ̄   " " " " ''i       ./ ,.ゝ
        ヽ:: `、 `、\ \` .x'",イ.,ィ' ,'           _,r / /                         /,r'
          `.\ .>.- ‐ -∠ ィ.)_`.l_      _,..-'''" /-' 、ュr''"''> - ― ― ― - ,, _ _//
                         ̄  ̄ ` ー - -''" /   i´               i  ./


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   分かったお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    聞かせてもらうお。
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


131 :◆vsQyY1yD2Q
/.: / .: .::.::.::.::     /   /⌒ヽ/」{ / _/___」 i   \
.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{     見事なまでの敗戦だったよ。
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ     幸い、癒し手のシャーマン族は
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i   夏美が真っ先に撤退させたので
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ  多くの負傷者を出したが
、::.:Y    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}.  戦死者は一割程度に抑える事が出来た。
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  ……そうかお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   それは不幸中の幸いだったお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


132 :◆vsQyY1yD2Q


   ねらう夫、アーチャー、ガルマ、ビグザムの四人には礼を言っておけ。

   お前の妻達が皆 無事に脱出し、被害をここまで抑えられたのは
   あいつらが殿を買って出てくれたおかげだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ノ /       | ::#:; , ;:::::::':::::,,_,. -‐ ─一ァ   ´ |
               / イ   , ;:゙: ;:,. i,; :,.:" ,:;,:::::::::,:'         {   /ィ
                 f   ,:;:" ィ´ :;   ,;' ,::::::,:'      #::;, 〈   /イ
                 |イ    彳-- 、  ,:  '.::::;:      ゙:;,." Y   /
                 j_   f  __二ヽ;:、  ';:.'       _, |   /
                  l r- `Y , ;:ゞ 弋tツヽ .,.:;  / _ ∠__   } イ
                  |;   )  ,、  ̄: ̄  ':;    '`, 弋:ツ 》 /く´
                  ヽ:; ヽ、 ;':、  :;  ,,.::'    :;#:`  ̄ ,.:/´} |
                  \  } :;::,  :;,.,:'     i      ,:;;/ ノ/
                   仆r!| :; ;:` ,:::;'      |      ;::/_,/
                     リハ}| ; ; ;: ,     'ノ       ;/
                      !リ ヽ,.:; ,,;;` ー─ ‐- ,ィ   /
                    }|  ;!\: ::;   ー  ..:: /l
                      ,′ }, `ヽ,:      :, '  j|
                   _」 -───‐ゝ、___/  ,/ !
                r'"´ ̄ ̄ ̄!::::::::::::r┴─-- _「 ̄`ヾ、
               ,」      |::::::::::::l       |:::::::::::l  「`ヽ、
              ´ \     /::::::::::::|        |:::::::::::|─|   |
                      ゝ<─'- 、____|:::::::::::|  |   |
                  r=x     7_  l:::::::::::::::::7´ ̄`ヾ、!   `、__
                 // }}    /::::ヘ \__/  _,く       `丶、
                 {{ 〃    /:::::::::::\__    /::::::::::`、   r==x    `
              {{二 ゝくr===x______',_{::::::::::::::::::∧   {{ ト、l
                _}、__ノ`ー‐ァ'‐────┬--===--::ヘr==-ヘ_} }__
              /イトハ   /::::::::::::::::::::::::::::::|  `、::::::::::: ̄ ̄ゞ---ァi く ̄ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   彼等が敵の追撃を阻止してくれたおかげで、後方の部隊と物資にも被害は出ていない。


133 :◆vsQyY1yD2Q
    l: : : :‐-ィ,>`´: :´: :.イV マvヘ、ヽ.: : : :,'
   . '´⌒:: : /:ヽ/: : 〃 ハ ヽ: : `ヘ ヾ、::/
 ,/ .: : : : : l: :′ ァ: : : : : j.: :f'} :、: : : : :ヘ: :\
 ヽ .: : : : : :ハ : : /. : : : : : : : : :}: : : : : : : : ∧. :ヽ
  Y.: : : :.,.' : : : :´ : :j . :l. :/. :ノ !. :| . :l: :キ.: :!ヽ: :l
  /.: : : .:‘ : : ,' : : : :/ /l//  |: :| : :| : :!. :/.::!: j
. /.: : : .:/.: : ;,' : : : /イ`メ、.    ‐l七ニ/|.:|: : ヽ::l/
/.: : :ィノ!: :人.: : : /‐ィ〒テ; ′ ,辷,y、_リ.::/::|: :リ
!/l ( |/'|: :/: :i/〈'弋ノ       ヒノ丿,vハイ.:/: :|
{/  )  |N.: : :ハ``     .  '' ,〈/ ル/|/Y´  四人は無事なの?
{       il: :}: :!ヽ丶         ,イムイ |
        |/: :/: :八 ヽ、  ´` , イ: :l::/! /
      ,': :/: :/!: :、l:. ` 7:´l : :|: :,イ(
     / /: / .\_:ヽ、 イjヘl、 : : i八`ヽ、
    八/=|、   `、: :lヽ,  l`ヽ. : :\ )
   / />┤\_   ヽl  \ ヽ:`ヽ.: .:!
   |//⌒ 乂\\   \  | リ// ヽ:|
   /i    `ハ: \ `ヽ‐-Y´¨`/〃   |ヽ、


     ./.::/.::.:.:/.::.::.::.:.!::,'.::.:i::.トト、::.:///,ヘ::.::.::.::.ヽ::.::.\::.::ヽ
   /.::/.::.::.::.:/::.::.::.:.:.:}/.::.:∧jムV仏>‐ヘ::.::.::.::.::ヽ::.::.:丶、}
  /.::.::/.:.::.:.::.::.::{/.:.:.: .:.:/.::.::/           、::.::.::.::.:.ヽ::.:.: .:`ヽ、
  .::.::/. .:.:.::.::.::.:ノ.:: .: :.:/.::.::,′           、::.::.::.:.:.::ヽ:.:. :.:.::.:.',
  /.: .:.::.::.::/.::.::.:.:.:/.::.::厶__      ____、::.::.::.:.: .:.::ヽ::.:.:.::.:!
  .:.::.::.::.::/.::.::.::.::.::/.::.:,厶=ミ、ヽ、 , ´7x===rミ、::.::.::.::.::.::.ヽ::.::.:}
  ::.::.::/.::.::.::.::.::.::/.::.ィ代sf斗、`   ′ ーヘ近ァ少 ト、`ヽ::.::.::.::.ヽノ
  ::.::/.::.::.::.::.::.::.::/.::∧ ´^`~`     {    ´~^``/ノハ::.::.ヽ::.::.::.:!   安心しろ。
  .:/.::.::.::.:/.::.::./.::./{ ヘ         l         厶イ::.:}ヽ、::.ヽ::.:}
  '.::.::.::.::/.::.::.ハ:::{.::〉ー`::'⌒ヽ.    {      /.::.:/.::/.::.ハ::.::.:V     満身創痍だったが全員 無事に戻って来た。
  .::.::.::./.::.::.::{::.::.、ー‐一::、.::.::.:j ー.‐‐一   /.::.:/.::/.::./.::.:}::.::.::}
  ::.::.::,'.::.::.::.::.',::.::.:ヽ::.::.::.::))::ノヽ、` ̄   .  {::.::.ノ.::/.::./.::.::/.::.::/     ビグザムが骨折して戦線離脱状態だが
  ::.::.:{::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::\ノ'へ、,>く_  /___ノ^)rヘ/./.::/}::.::/.      私よりはマシな状態だ。
  ::.:ー`::ー::.::.::.::.:`ー彡く ヽ/  /`⌒「´  {/ /´}::./ ノ./
  ::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.::.::.ヽ{  {  i|  ',/ /⌒ィ:/
  ‐=≡ミ、::.:.:.:.:.:.::.::.::.`ヽ::.\ ゝr┥!    ', / /{(´
  `ヽ::.::.::.::.:ヽ、::.::.::.::.:.:.::.::.ヽ::.{   `′    } /  ))


134 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ト、    >个<    ,イ
         \ゝ,ィ<゙テ平テ">、ノ/
     _ -‐´ ゙==、、.屮  ,,==" `‐- _
  /´  /4} _____>=<_____  {丑 `\   すいません。
   ̄ ̄}亘亘亘,,,┴ 《●》 ┴、_亘亘亘{ ̄ ̄
   <----‐''''''''''''´ ゙ー"'''''''''''''‐----->     腕の骨を折ってしまいました。
     ` ー--七 ̄`) ,,=、(´⌒`>--‐' ´
         } ¨ス´7三ヘ ) ̄〈          これでは戦闘に参加出来ません。
        {二}}    {{二}
        ,ソ,!∨    |/ト、
         {| | /{0   ()、|/|)
        N / ^i   |:::ヘ|/}
        ||"( ,ノ   Y | リ
           || レ'    Y | |
         || }     | | |
         j」_l_    〈ー-'〕
          〔__,〕 ,ィロェ{内ニロニヽ
     <四ニ仄己ーiーr-、 }_{
        }ハ√´ ̄⌒  '"
        ∨


             /              .>'/´/    ヽ
             ,′          .>'' ´ , '/  _/ ̄, \
              {          .>'' ´    ̄ ´ ,z‐''あ¨¨ヾ   \
             {      //⌒ゝ..__ヽ  { イ癶‐ -- '' ′   \
              {      {  ,z‐'''ぁ¨>.   `            j ヽ
               ゙.     从  'ゝ -‐ ´ }                  j      気にするな、名誉の負傷だ!
              ゙.    ∧      }               / ,'
              丶    ∧      }                   / /!.      後は私に任せておけ!
                  \    ∧      ヽ            / /,'
                   \   ∧                 / //
                      `丶、ヘ     r−─ッ     /  //    /
                      }` 、     ̄ ̄      `ヽ、.//    /
                        j   \    ̄           `丶、′
                        /  l|  \         /         |`
                     <.   j|   i| 丶.. _、_ .. ´      _」.....
                       ̄ ` ー' ー- }_ .. -−_'''__¨ ̄-− 、
                                 /´¬ | 「 ̄           ヽ



          。ヽ^ノ 。
        ≦::::…◎::≧  いえ、お側で参謀を務めさせていただきます。
         /  ゚ \
.      、/    _|_
       ´`

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


135 :◆vsQyY1yD2Q

               /⌒Y
          . -─x__/    /
       xく  / /     /
     / ヽ∠ /     /、
      ├ v‐} }/   ∠|_|_,ハ
      { {__,X´ス  /| T(    ところで、結局あれは何だったのだ?
     ∨, >‐'ヘ \l_i| _/
      // /  |\ Y^i〈.     突然 魔法使いが無力化されるなど……。
     ゝ/ ′ | ̄`ヽ.リ }
       |ー个一'!::::::::::::::\
.      /|  |  i |::::::::::::::::::::ヽ r 、
     /i |  |  i |:::::::::::::::::::::/  \トr‐‐、
.    //i | i .′ j::::::::::|:::::::::{   __/ て.ノ
   //  | i/   /::::::::: |::::::o:|  / ゝ一'
 //  i |/   / :::::::::: |::::::o:|/⌒ヽ }


                   /.::.::.,::'.::.::.::.::.::.ヘヽ::.::.::/ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
                   /.::.::./.::.::.::.::.::.:厶::.:}::}::.://.:,}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
             /.::.::./.::.:/.::.::./   `^`V厶/」::.::.::. :.:.:.:.::.::.::.:
              , '.::.:: イ.::.::,::'.::.::.::.ヘ、         {::.::.::. :.:.:.::.::.:.::.:
           /.::.:://.::.:/.::.::.::.:イk=ミ、       '.::.::.:. :.:. :. ::.:. ::    残念ながら分からん。
           .'.::.::/'.::.::.::/.::.::./.::ト{ 行tト、       、::.::.:. ::.:.:. :. ::.
        ,.-┤::.i{::.::.::/.::.::./.::.::.::|`弋シ}! }  ´ー云三ミ、::.:.:.::.::.::.::.    ねらう夫達が それらしき物を
       /. : : : ',::.:ヽ::.::{::.::.::{::.::.::.::.!    ,   ー`行tf汽::.::.::.::.::.::.:   一つ壊したらしいが
     , ': : : : : : : :ヽ、::.::l::.::.::.!:.::.::.::.{    /    `弋少__j\::.::.::.::.:
     : : : : : : : : : : : `、::.ヽ、::'.::.::.::.:ヘ   ′           l::.::.ヽ、::.::   その後も効果は変わらず続いたらしい。
     : : : : : : : : : : : : : \::.:ヽ::.::.::.::.::.ヽ           u  }::.::.::.::ヽ::
     : : : : : : : : : : : : : : : ヽ::.:丶::.::.::.::.ハ  `        . イ::.i::.::.::.::',:   おそらく無数に設置されているぞ。
     : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ::.::.:`ヽ{ 〉、 _ .. ,-‐ァ´. : :}::.:l::.::.::.::.}
     : : : : : : : : : : : : :.,イ: :/ : :い::、::.::V / /⌒7 / ̄__rj::.::}::.::.::.::.!
     : : : : : : : : : : : : :{::.V: : : :}::}::.:).::.::}  / / / ̄二./.::/.::.::.::.::.l
     : : : : : : : : : : : : :ヾニ`二:´レ'.::.::ノ /    { ̄: : /.::/.::.::.::.::.::.:


136 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●) 、
    / ∪  (__人__)  \         それなら やる夫が ねらう夫達から話を聞いてみるから
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  ネリーは ゆっくり休んで安静にしてるんだお。
    ノ  | / / /   (⌒) / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /


      : : :/: : : : l             l: l  \   \: :.\: : : : : : : : :ヽ: : :
      : :.,': : : l: ,                |:/__\   \: :.\: : : : : : : : :
      : /: : :./l:'_____      ´  ̄/       \  ∨: :.l\: : : : : : : :
      /: : :./ /     '          /        ヽ  ',: : l_、: : : : : : :
      : : :./ l             /:'       _,..斗- l: :|ヽ '\: : : : :
      : : /オ下―--- 、       /,:'     /´弋ら二ニ.l: :| '   }: : : : :
      : :ハ / 弋zュ二ツ      l:/                 |: :!   l: : : : : :   この謎の状況。
      :/: :'/              l:!             /:/   /: : : : : :   お前だけが頼りだ。
      : : /:':、              l:{              /:/   /:/l: : : : :
      : /:/: :.、             ',:、            /:/   ,.イ/ /: :./: :   皆を よろしく頼む。
      /:/: : : : .、         l  ヽ:.、           /:/  ,: / /: : /: : :
      :/: : : : :,/:ヽ        ヽ  ヽ、       /:/  /:/  /: :./: : : :   ……すまんな、やる夫。
      l: : :,. :´-: :l:/::::.、           \     /:/  /:///:/: l: : : : :
      : :,.- ': :/: :/l:::::::::`:.、     ー―‐-- \  /:./  ,: /'::::/:/!: : :`ヽ: :
      : : : : :/: :/: l::::::::::::::::::::::...             /:,イ /:!: {:::::/:/::ヽ: : : : : :.
      : : : :/: :/: : |:::::::::::::::::,/ `ヽ        /: /:|/::::::l: :!:::l: :l   >: /
      : : :/: :/: : : |::::::::::::::l´     \       /: /:.:|:::::::::ヽ:!:::、: :`: ´: /:::::


137 :◆vsQyY1yD2Q

                   , ィ´ ̄/ ̄`ヽ、_
                     //'フ7'´ハ ̄`゛Y爻ヽ、
                    / ///i  | ト、  |《爻i´ヽ
                 / イ i i .| .|. ',.',   |》爻ヽ、|
                 i、_ト|_|_| |  |、_ト、i ̄《爻爻,イ
                     トェミ  `ー' `ヽ、i彡ヽzイ .|
                    r| ヒリ  ,斗_ `彡 イ|| .|   では、ネリーには わしが付いていてやろう。
                  Y`¨r  i ヒツ` イテi .リ i |
                    人  r‐ァ ¨_´ ィ_ヲイ  | |   やらない子、やる夫の事は頼むぞ。
                 // 丶ニ ィ´:./i`ヽ、;;;;;| .i .| |
               ,x彡  rくxニ7|:.:.:| .|__:.:.ヘ;;;| .| .Yハ
             /  ,x彡/ Y7´.|:.r.| .| |`ハ:ヘ∨ヘi ハ
           /  / /ri__/ス  ト;.ヽ i_jノノ|:.:.∨ \.|
          // /  /;;;く_//-zンヘ:.:ゝr=彡ヘ'^∨  \



                }:\          , 、
         ,、/`ヽ ィ,j: : : :\       /: :|
         |: : : : : /: :ヽ: : : : \_      /: : :|
       , .-.j: : : /`: : : : :` ヽ: : : : `ヽ, ィ、;z-≦ ̄ヽ
     ィ´: : /: : :/: :|: ヽ: : : ヽ: : `ヽ: ヽ:ヽ: :ゝ: : : : : : !
     ∨: :{: :У: : :{: :{ ヽ: 、 : ヽ: : :ヽ: ヽヽ/: : : : : :/
.      ∨j: : : : : :_ィ__ハ ヽ斗<: : : :ヽ: :ヽ!: : : ヽ /
      //: : : : : :ハ{ヘハ  ヽィ孑ミヽ: : ヽ: :ヽ: : : :〈
      ,'/: : /: : :/イ孑ミゞ   }八ハリ マ ; : :ハ: ヽ: : : }
     , f: : :ハ: : 〈 乂リ       `´  f マ: : }: `: : :{.      分かったわ。
     | |: : リハ: :{ヘ     '      ,、ヌ: :{: : : : : ヽ
     ! }: : : : :ヽ',ハ    、 ノ    ノ-イ i ハ: : : : : :{ ヽ   任せといて。
     '/イ: : : : :イヽ、r 、     イ: : : : :リ: :ii: 、: : :}、ヽ
    ./ '/: : : : /: : : : : : : ≧r≦zz{: : : : : : : }|: : :ヽ: ! ヽ',
   /, f: : : : :ハ: : : : イ{:_:_}i:i:i:i:i:i:i:i:i|、_:_ハ: : :八: : : : ヽ リ
 .イ / .{: : : : { 〉´ ̄fi:i:i:i:iミ‐-i:´/i:i:i:i:i',´⌒ ヽ `ヽ: : :}f
  .{ {   乂: : ゞ´  ,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', ,   ヽ '; :/ {
  ``.  /   , イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ   \ソ
     ./     ,'l;l;l;l;l;i,i,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i;i;l;l;l;l,',   \
   ./     ィ、l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;i,i,i,i,i;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;ハ    ヽ
 ./  、 /  ヾ、l;l;l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;_l;/   ヽ    \
 、   \     ゞァ-‐l;l;´l;l;l;l;l;l;l;l;`l;l;l;l/      >´   ヽ
  \   ヽ     !l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;/      /    /
    \   ヽ    {l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;j     /   ,  ´


138 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ____
     /- 、 ! ,. -\
    /ヘ二_爪_二ヘ\
  / ヾニ・ニハ ハニ・ニフ \   実はな、戦場で妙な土の山、いやドームを見付けたんだ。
  |     / | | \    |
  \    ィニニニュ   /    近付くと力が抜けるとアーチャーが言っていた。
  ,--ゝヘ       ノ゙-、.
 /  | '; ゝ_____ ノ. |ヽ  i    壊してみたんだが、逃げちまった後なのか中身が無かった。
 l   |.  ヽ/゙(__)\/| i.  |
 |   |   ヽ. ハ..ノ | | |


                      ,....... __
                 , ィ:':´: : : : : : : : : : `: : ....
               ,.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
              ; : : : : : :../: : : : : : : : : : : : : : :.ハ
                /====○=====ェュ、__: : : :.}
             从: : /l:/r::yヾ:ヾ: 、:l: : : :`:.ヾ=从从
             l: :/l/、l ';/  ヾ:、ヾ:{:ヾ: l: : : : : : : :ハ
                八: i ィ示   ー'xョュx` ヾ:l: :.l: : : : : : :',
              /: :, ゞ''/    辷リ ′ l: /-、: : : : : ヘ    それなら私も見たぞ!
                /: : :f7 ヽ       r:::::'i  レ'ry l: : : :l: : ハ
             从: :.l:!         !::::/ , -、_ノ: : : :.l: :l从   土の臭いに紛れていたが
             从/ヾ ∨ ̄ ヽ ,'::; ' /   Y:l:l: :./从!    敵がいたのは間違いない!
              {  ヽ  ̄  /'´,ィ'´{    l:从:/
              ヽ __ノ > -, <  八   ノ  ′       あれからは魔法の臭いがした!
                 , -‐‐--l      ` ´ヽ
              ,ィ'´ ,'  ,' !          ,` ー 、
             ;   l   !-、         /   / `ヽ、
             !    l   l  `  , -‐‐一 /  /     `ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


139 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


140 :◆vsQyY1yD2Q
   │           l                    |             |
    l゙              |                 !                ',
    !              |                    |             !
   .!              !                     !                ',
   !              l                   l             !
   l゙  【】           !                     ',        【】      ',
  . l  囚        ,'   ._/ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄\____ .l       囚     l
  /   ||_,,,.. -―'''__ ̄ ̄ 「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   `__^"'''''―||_..,,,_   l.
 彡‐'" ||    /  /|                    |\  \    ||    `'''ー.l.
/    ̄   /  /                           \  \  ̄          \
          | ̄ ̄|                              | ̄ ̄|


                __,,,.-―- 、_
            _,,,.−'´        `丶、
           /        ゞ      `丶、
         r'´   、_,,    )ノ     _ ヽ `丶
         i:::レ'´レr 彡w从人リ    ``丶ヽ;冫 \
        r'´:::::::::f::     、,,_ノイ  、`i ゞヽ::r   ヾi
        i:::::::::::f´ヽ;;_    ,‐'´  ヘi i从从r'´  从リ
        ヽ:::::i;:ゞ     ハ--ァンイノノ,‐'ハ弋こイ'´从j
          >::::ヽ、_ノ厂'´ _    ノ/    ゞ、从ir'
          i:::::::::r、;`イ::::'´−`-ゞ、、  ,_,-.=ニi イイ,ベ
         i彡;;fi::iミf::::::::rTi;;〒::::!  fラtァヽ ,ん'
         ヽミ;;;ii::ゞ!::::::. `'''''´ ::.:" l::`` ¨ ,'     申し訳ありません。
          ヽミヽ ::::::::.       |:     ,'
           iン;;;;ハ::::::::    i、,, 冫  /        大勢の兵を死なせてしまいました。
           |川ノ:::ヽ::::::  ..,-- --、  /
           ヽイ:::丶:ヽ::    ==  /
            r^ヽ、丶:::ヽ       /
            f`''ー、,`'ー 、_ヽ、___ /冂
           _i゙..:.:.:::;;;`:'ー-、,`_'ー-、r=ソ l
        ___,,」ヽヽ:::::;;;:::::r_´r-、 ヽ i:i rー、ヽ
  __,,,.-―''''"::::::::::::::::\ヽ;;;::::::::::::::::::j i| | i i::::ノ l`''ー-、,.__


141 :◆vsQyY1yD2Q

              ,. -……- 、、、
            ,ィ´;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:``ヽ、
           ,.'´.:ィ彡'´、.;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:;:`ヽ
           /.:.:.:.:ィ彡'.:.:.:ミヽ、.::;:;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:;:;゙、
         l.:.:.:.:.:.:!´  ̄`ヽ\`ヽ、;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.:.::;゙、
         l.:.:.:.:./      ヽミヽ、 ニニ 三ミミミミヽ!
         j;;ィ彳        丶ミ゙ヽ、゙`ヾミミミミi;!
         {;;;;;イ , ..           ``     ',lllll;jj!
         ヽい -、、、、,,,,__    __,,、、、、、- .!jjiiiii!
          i;ハ. ‐モモテt'''ヽ .゙´tモテテ‐.  !jjjiiii!
             i! 1   ̄   i     ̄   j:ハ::!′  仕方あるまい。
          い.        l           ,リ1/
           ぃ        l        .'//j!       あの罠は魔法使いや僧侶にとっての天敵だ。
               iハ     `ー '     ,.' レ':/
            i::ト、   -── -    /jノ
            i j ゙、   ー‐     ,/.!.:!
            ト〈.  ゙、.        ,/.::j:」!
            l { `ヽヽ、_ __ ,..ィ .-'´``ヽ
            ノl〈    >==rr==<  //lL
   ,,、、、 -‐''''"´.:.:.,いヽ  //⌒ヽi1i/⌒ヽト、//!.::.``ー-、、、,,,_
   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽノノ(   .i1i  // /;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::.:.:.:
   .:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:::\\\  i1i ,///;:;:;:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.



:::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::, -'"~ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::,'::::::::, ':::::::,. '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::', 
:::::::::::::::::::::::::,':::::::,.'::::/:::::::::::      /:::::::::::::::::::::::`、 :::::',
::::::::::::::::::::::.,':::::::,'::/:::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::/     ',  l
::::::::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::::::, -'":::::::, -' /:::::::::::., '::::::::::::::::::::',:::l
:::::::::::::::::::::l:::::/__,..-'''">-‐=_/__::::./ |::::l:::::::::::::::::}:::|
:::::::::::::::::::::l ゞ:::::/  ̄ /" ̄`ヽ/ , -'"  _',::::l:::::::::|:::::,'::::|
:::::::::::::::::::::l⌒、/   ./   /´ハ      ./¨i‐-  /i::/:::::::|
::::::::::::::::::::::l ヽ   ‐-{.  l ノ:::|    '/ハ.||:::::/.l/:::::::::|
:::::::::::::::::::::::l ∫ u  丶  ',;;;;/      lノ:} .|/:V:::::::::::::::::,'、    こっちの魔法部隊も
::::::::::::::::::::::::l ヽ               l;;/ ,,ヘ::::::::::::::::::::,'::::',
:::::::::::::::::::::::::l¨|',                 |:::::::::::::::::::::::::::::',   しばらく身動きが取れない状態だったわ。
::::::::::::::::\:::::l| `、          ´    j::::::::::::::::::::::::、:::::::',
::::,.、:::::::::::/\l  ヽ、     ⊂      /、::::ヽ:::::::::::::::i::::|'- 、
ノ \:::::/  l     丶、     _,. -'''"   ヽ::::∧:::::::::::::|/
  , ' '.,/"'''- 、      l`  ̄´   __,,..   `/ \ ::::::/
../       ` 、     l___,.-‐、'"   "'''- 、   \/
.|         l lヽ   .!  ` 、` 、      `
|         l l "'- 、   /`、`、        l


142 :◆vsQyY1yD2Q

              ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
             /ニレー-、        \
            ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
              レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
           ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
           l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
           }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
           | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ   やる夫殿、クレイクの新兵器の正体について
           ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′
            `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/    何か心当たりはないか?
            .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′
                (〈゙:、::  ー==--   ノ<
              / い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
         ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
        ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
        `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
        ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、



         ____
       /     \      それについて ちょっと聞きたいんですけど
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   クレイクにゴーレム作れる人とかいますかお?
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__) /   魔法の力で動く人形を。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


143 :◆vsQyY1yD2Q
                     ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                    /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                     ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                   /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                   {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                   レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                  ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                  イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                  乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                   〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj   そんな話はサマンオサはおろか
                   ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'.    ダーマでも聞いた事が無いが。
                   ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'
                   ゞシハ::::     ;;;       /イ     それが罠の正体と
                    `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ      何か関係があるのか?
                    ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                   斤'ー、,_::\       /  |
                  /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                  ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
  _,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
  二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
  ━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__


       ____
     /      \
    /          \
  /           \.   そう言うのを作れる人がいないなら
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/   罠の正体は大魔王が呼んだ異界の援軍ですお。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


144 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            /⌒\__,,,.---,
                           /     )  ヽ  )⌒ヽ
                         // ・ 。 /   i__/i  .|
                        /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
                       i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
                       i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
                          i  / \___/)~\
                      /ヽ-、/~\____/   )
                      |   (   /  _~\_/
                      \___|ヽ__/  // ̄ /
                      |~ .iヽ) (   ( (__/、
                      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
                      .∪∪/ "" ノ  ヽ-"
                         (____,,,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     結論から言うと、その罠の中に入ってたのは
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U |  泥人形ってモンスターだと思うお。
  \.     `⌒´     ,/


145 :◆vsQyY1yD2Q

                 , - -
               /    、´ ̄`ヽ- ..
             ./   /        `ヽ _
             l  -/-  u         ヘ  ヽ
             ヽ / /  / u /  l        l   ヽ|
             _ノ j/| /、!/ |  ハ  l   ! l !   }
            ヽ-{  fY r。、` ー! /、ヽ |  ! l |  ノ
             ヽ ヽl u` ー`' ´r。ニ ミl /レ T  {   泥の人形って……。
               ',   ヽ u  __ u ̄´/_ク    }
              .ノ ヽ!V \ l_ノ  u/     ノ      私達、そんなのにやられたの?
                 /! !r= ´7、 Vヽ!`ー
               ./ 〈Vノ ー '  ヽ 
               / l /ヘ〉        ',
              /  ! ‐′      l  !


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \   そうだお。 『DQ2』 に登場するモンスターだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    多分 ねらう夫達は、泥人形を隠すためのドームの土に紛れて
(  \ / _ノ |  |.     潰れた泥人形がいるのが分からなかったんだと思うお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


146 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \
|      (__人__)     |  多分、こんな感じだと思うお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
               ,.ィ炙ヲi≠┴⇒弍j込ス>。  土のドーム
               ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
            .;夕フア´                \ホi心.
           んfiУ     ♪          ▽ij∧
           从j'Y     ♪ ヽoノ         ∨iハ      魔法力が奪われる……!
           .斤W        ヘ)            kい
         |友カ         く             }ソ川    ○| ̄|_  ○| ̄|_  ○| ̄|_
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            不思議な踊りを踊り続ける泥人形


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   i 、( _, -−- 、、
                r‐::''"  ̄   r‐''::7 ヾヽ、
                  l:::.   ,    ´ l::(   ` ⌒ヽ、
               /.:::....::.l l    、l 、_        ヽ
                l:::::::::::_jノ从、八ハ:::::<         l
                >::::_!        ̄フヘト、l`ーァ   `!
                /::/"_二、 r''_二_ ̄`ヽ 「ィ´´     }
                  ヾ:| 代ラノ) !:. 'てvフ^   lリ   `ニ" (
                    ,′ `/     ̄    }! , -、::‐、  〉  そ、そうか。
                l   ト- 、,          l/∧ |:::::l  l′
                 |   _二__        u. イノ /ノ:::ノ! ノ    この辺りまで来ると坑道が いくつもある。
                l  ! ___  `       / トr '´ r'´     当然、掘り出した土を盛ったボタ山も。
                    l   ""         / , |リ   ノ′
                 l         , ィ / ク i、ノ           その中に紛れ込ませていたのか……!
                    ヒ_‐_--..-‐:::''"::/ / イメ、
                   r‐}::r ー_ ニ"´-‐‐_ ニ"イ         おそらく、奇襲してきた敵も坑道に!
                   _ト、レ'´, -‐=、'""「 |::::|l. |
                 | | l! / r'⌒ヽ.) l. |::::|レヘ、
                 _r'.リ | l l     _l.└'゙ ,∠=、_` 丶 、
    __  ,..、 _r‐、..-‐_ニィ 、/ l| |ヽ`ー…'"´, - '' ´     二_‐- ニ7⌒>‐、,-、
   / r‐゙7 r'´/ r'""´´  //,'⌒ヽヽ/, ‐' "´   −−−− - - / /"/ /´_>
  ,ト、_`┴'‐┴く  , 、  / l {  l|| /  r‐、  ,..-─────‐'‐┴‐┴'…"_/.:
  /,|:::.. ̄ ̄`ヽ. Y r'´_ノ ,!ゝヽ._.ノ ハ  〉 l/ ,.- ''."::´::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄.. : : :
 //l:::::::::::::::::::..||ヽ`_ ノ ヽ` ̄/\`ー' / /..:::::::::::::::::::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :


147 :◆vsQyY1yD2Q
                   r'゙ ,' ,i !゙ ,/ ,r'´/, / ``ヽ,
                  ,イ、_(, ( !j k、〃f゙ ,r' ィ; `ゝ、 ゙ヽ
                   /゙ゞ'´ ̄`ァf''"゙゙´ ̄ `ヾ, `ゞ、 ヾi
                  ,ノゞ!     ((`j       ゙i  、 \ j
                  i゙j ,!              ト,  `ヽミj
                 ゞノ-=;、,,_, ,' _,,.、z==-' `ト、、 `ミゞ|
                 ゝ ,ィモラ冫' <ィぞテゝ、  .V ,`ゞトN
                  ゙l    イ′  `  ``    l/^ヽ`, 〉.  しかし泥の人形とは
                    |   /          ; カ 〉! k,l.   また つまらなそうな……。
                   ト  ヾr=‐、,        , ' ' ノ_,ノトト;j
                     !           , ´ 「,イヾ ヽ〉   もう少し強力なモンスターとは
                   }   ´ ̄ ̄``       ,! ( ik、` j    考えられないのか?
                  j;:!、  ´ ̄ `       / ,ゞ、V 〈
                  `ゞト,  ' '      ,. '´,ィ´  ゙i  j
                   イk>、、___,,ィ´-‐''´   ,イカノ'
                   ヾjゝ=、 r‐'"´-、,ュ   ,r'´ ,;i|ー-、、_
                   _, イト、 ,!,!lゝ'⌒ゝ( _,ィ´ , ィ´ ,イ,イ `フ''ー
             _,, 、ィ‐r''´フ`>、ノ,!l   ,ノXゝ ,ィ´ ̄``'ー'- 、、/ /


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \.    泥人形、なめちゃいけないお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    多分あいつら、休む事なく ずっと踊り続けられますお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |.   罠として設置するなら、やる夫も泥人形を選ぶお。
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |   あいつら泥こねるだけで大量に作れるって話だし。
    \. ィ                |  |
        |                |  |

  ※ 『DRAGON QUEST MONSTERS』 によると、術者の血を混ぜた泥をこねて作るそうです。


148 :◆vsQyY1yD2Q

        ___
     /)/ノ ' ヽ、\
    / .イ (.●)  (●.)\    他にも木製のパペットマンとか、陶器製のパペットマンも考えられるけど
.   /,'才.ミ).  (__人__)   \
  | ≧シ'    `⌒´      .|   そっちの残骸は無かったって話だし、泥人形で間違いないと思うお。
  \ ヽ           ,/


                  _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
                ,,r''"            ゙li:、
               ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
              ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;
              {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
              ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl
              {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
               ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ
                  ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }.  その泥の塊に
               :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ
               ゙i   ゙-、 ''゙ \    u  , _,/ f"   我々は魔法力を奪われるのか。
                ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{
                ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'     なんて厄介な……。
                 ゙'i;         / ,/   |,;ノ
                  ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
                 ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
                 ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
         _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
         ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
        r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"


149 :◆vsQyY1yD2Q
             ,
          ,.'⌒´ ⌒ ー- 、
        ,.´{  ー'ノ,,)   ミ ミ}
         { ,、  ゝ,,_,ノル、_ ミ}
          {` ゞ彡'ゝ__ 'ノ __,'イノ
        V ,-v'´ィャァ` fャァ,ハ    しかし、それが敵の正体ならば
         ヽゝ.',     .,,〉 !'
           {从.、   -− /    不思議な踊りとやらの範囲外から
            ゞ|. ヽ、 ´ /、    攻撃を仕掛けると言うのはどうでしょう?
             /゙ハ"´う)´'ハ,、_
.     ,i=iiニiiニiiニヘ/ハ_' ニ孑今ー- ''ニ''ニ''ニ=、
     i゙ ,.-── 、 ii  _,, イ    ̄`ニヽ    ,ハ
     |. ゞ ll   ゞi ll f´       ノ ー'       i
      |   八   || ll ||       /    i /   |
      | i  ゞ.、,,|| ll ||_,,.  <.     i. l,/   ,リ
     !、|   , Jj ll |f''"´        ∨    〉
    〈. !    `¨ .ll 'ー'         i     |
     | 八. ー '''' ll              く|.    |


                            -─-
                         , ィ爪((//∠ニ=ー
                            { Y 7¨ヽ¨¨`ヾニ=ーミ
                           !/  j ノ    ミニ=ミ
                          〈ーtァY ーェテ` }ミ=_
                           /      |レヘ ミ
                         (   `     ノ リ .))リ   矢を使うと言う事か?
                        | -ニニニ=ー j r爪{(
                           ハ   ̄   / { l 小   そのドームとやらは
                          イィム     /   从乂.   矢で壊せる強度なのか?
                          リf=≧=≦====T )ソ
                            |( lYl ) し'⌒)|廴
                  __.,,。r ≦ {{ {{≧山≦>< jj ≧jl ー-  _
             仏 乂 //ニニニニ> ⌒ <ニニニニニニニニ≧==//  / ̄¨¨7Y
               .// /  //ニニ>( つ (::) r:::::) <ニニニニニニニ.//  /    /∧
             ,イ/ /  //ニイ ))≦ニニVニニ≧ し  ヽニニニニニ//  /    //=∧
          /ニj ヽ. //ニ/AVニニニニニニニニニニニフ /ニニニ==//  \.  //====、


150 :◆vsQyY1yD2Q
            _,,,_
        ,、、,ィ'"ィ'"ー--'ー-- 、、
      .r'⌒      ミ、 ヾ;:::::::::.ヽ
     ,r'"    ミソ  ,ィツ  ;i:::::::::::i^ヽ
    f   `ミ=彡'   ,ィ,,,,:'::::)(::::::::::::. ゙!
    (:::.    ̄  ,,>;;r=''''' クフ´``=!:::::リ
   、Jミヾ ミ、__,ィヅゝゝ  ´    -'1:::ツ
    (   `ー=/ _、、、、、,_  ,、-─レ′
     ゝf ,r-、マ ´,ィrか;   f''セ)`' リ   いえ、ボタ山の大きさを考えれば難しいでしょう。
     ( | l 仆、!    `´   ゙!   ,|!
     `ヾゝ、_、      ..., ,〉  ,l!    しかし、ここは山地です。
       )ィ :::ド、    _,,......、、 /
       '^1い:F\    ー  /.     場所を選べば大岩を転がすと言う方法も
        `^ゴ  \、     /ゥ、     .使えるのではないでしょうか?
         ;'ゝ=-x-''ミ==''彡ヘ、_
      __,,、、」ミ,l7/ハ.「>)ノ ン'",、-"^ `''…ーッ,ニy-
  ,-‐ゥrイl」[..、-'ヘ_/l|l.i ヒ彡チ、-''^ー--、、_f∠ //_
  ハ-─'''''三≡、 -:jjj:`""´. _,ィ'^ミニー-、、、,,,__
  ,r'ニ ̄r='''ヽヽ、 lll   ,、-',、-'´c=ヽ`''ァ ,ィ‐-、`:、
  ゙!∫`| |   `i | ||| r''"-''" '⌒ヽ_ノ,ノ//  ⊂ノ


                       ,,、、、、、、,,,,
                    ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                    ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                 /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                   ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                   〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
                ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                 〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!   幸いこの辺りは木も少なく視界は開けている。
                  l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                  ゙i   /         リイ> |;/   注意深く見れば、泥人形のドームとやらも
                  i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!    見付ける事が出来るだろう。
                      ',   _           /^ イ;;;;/
                      ',  二ニ''ー    /:   |;:/      だが都合良く大岩があるかどうかは……。
                  _ト,       /:.::.   リ
                     //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |.        まさか、運ぶつもりか? キルヒアイス。
                //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
               _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
 r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
 ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
  \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


151 :◆vsQyY1yD2Q
        ,. -/ /: : : : : : : : : : : : : : : : : _ヽ: :ヽ
      ,:': : /'´ /_: :    -―――____,: : :\: : ::.
      /: :./: : : : : : : : |: : : : : : : : |: : : : : : : : ヽ: : :.
.     /: :./: : : : : : : _l!:_: : : : : :-l!-- 、: : : : : :.∨: :.
     ′: |: : : : : /: : ∧: : : : : : :∧: : : `: : : : : :|: : i
     ': : : :|: : : : : : :.,: /  |: : : : : /  \: : : : : : i:.!: : :!
   /: : : : {: : : : : :./,ィ__ヽ{.: : : :/ ,ィ_`ヽ 、: : : : /: : : {
   ': : : : : :\: : :// {_ム ヽ/  {_,ム ':.\: /: : : : :i.
   ': : : : : : :,:⌒{/ {!  ら:}      ら::}  } '{ }: : : : : : .     そう言う事なら、ヒャド系の魔法で作った
  /: : : : : : : :、  } ィ、 弋ソ     弋ソ / { /: : : : : l: ::.     大きな氷の塊を転がすのは どうかしら?
. /: :,.、: : : : : : \__i        __'__     八': : : : : :/\{
. ´  {: : : : : : / 人     Y  ソ       ヽ: : : :/  ,.ィア   大岩と違って、その場で作る事が出来るわ。
     \: : ,.:'    >          ィ     _\/  / /
      ∨      r-- |` ー ´{--、    ( ヽ.  / /
             | `T_7  ̄ ̄ ̄´ }    }  }r '、 /
            _/、_|}      イ\  | / _≧,
         ,  ´   //         `ヽ{ { / _,.- }
        /       { {             , | `!_/ _  |
         /  ヽ    | |              ハ  {__,ソ /



                   ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
                  /ニレー-、        \
                 ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
                   レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
                ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
                l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
                }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
                | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ
                ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′  なるほど。
                 `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/
                 .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′   罠に近付く前ならば……。
                     (〈゙:、::  ー==--   ノ<
                   / い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
              ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
             ´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
             `:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
             ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、


152 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \.  でも、視界が開けてるなら
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/   氷の塊を作ってるところ、見付からないかお?
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |   上手く転がってくれるかの問題も……。
    \ /___ /


                ,. . ';. ;. ;.: ,:'.: .::、
             ,r '´ ミミヽ州'j;j'f゙r' ≡ミ;:、
            ノ ,r,,r= ァァ斗rr;.ィニ''´ヾミミ ヽ
           〃 ,rイ  リ〈( '´ )ノ   `゙トミミ!
          〃,彡!     ))       ';ミミi
          レィ彡!、、、,,,,__'′ _,,,,、z=='';ミミ;!
           ,レ,ィ彡! ,rf弐 ヽ  ィrモテュ、 トミミ;、   わざわざ向こうから
          {jii;ハミl    ̄´.:', :. ` ~´   ;ミハミ}
            {jiiい;!     .:::i ;;      ,リ !N!.   罠の外に出て来てくれるなら有難いじゃないか。
          ヾiiい' ',.    〈 _;;:_,       { 〉N!
           ノハ;. ;  、 ____,,  ,′ノ;j.(.     容赦なく蹴散らしてやればいい。
            〈 .:;;ijト、   、__,,     /!ji .::i′
           V .l:ji ヽ        ,:' !ij V′
            Vj:jiL_ `:、      ,.イ  l;;V
            /7 ー-`ニ``゙゙゙"´ニ -‐'Vノ
             _//   '"⌒Vi 1 レ'/⌒゙` い
       ニ二´ 'ー== 、 __.ノノ 1 lk′   ,い _ _ _
              ̄``ヽく_ノ八ト、`ー''フ´     /7
                     V/ ⌒ V/´       ′


153 :◆vsQyY1yD2Q

        |
    \  __  /
    _ (m) _ピコーン
       |ミ|
    /  .`´  \
       ____
     /      \
    /          \
  /           \
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   なるほど、ビッテンフェルト将軍の言う通りだお。
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /     敵を罠の外に誘き寄せれば良いんだお。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


154 :◆vsQyY1yD2Q

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □


155 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○●: : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


156 :◆vsQyY1yD2Q
【 クレイク軍 陣地 】

          /\
        , -'"   "'- 、
   _,..-'''"          "'''- .._.            /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l           .., -'"   "'- 、                /\
    l                      l    ._,..-'''"          "'''- .._        , -'"   "'-
    l            ,、     l     .l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   _,..-'''"          "'''- .._.
   .l               八      l.   .l                      l   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
   .l               | |       l.    l       ,、          l   l                      l
   l             | |       l   .l         八            l  .l            ,、     l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   .l       | |            l   l               八      l.
                             l       | |            l   l                | |       l.
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .l             | |       l
                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄


             報告します!

      ∧∧   敵は二部隊を繰り出して小高い丘に陣取り
    r(,,゚Д゚)
   /  ノつ   何やら氷の塊を作っているようです!
   (,,__(ヽ,)


157 :◆vsQyY1yD2Q

                ,,.、-─- 、,、-─- 、
              ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji!.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,
              /.:.:.:.:.:,、;:;:;:;:;:;:、.:.:.:.:,;:;:;:;:;:;:;:;:,..:.:.:゙、
            l.:.:.:.:.,r'"´  ``"´    `ヾ.:.:.:.:.:i
            !.:.:.:.:,!             i.:.:.:.:.:.l
           ,イ.:.://! ‐-、       _,,.   ト、,.:.:.:.i
          ,レ'.:.:.:./ -‐-、、_,    _,,.、、-、 ヾ,.:.:.:.:.|
          i.:.:.:.:,イ   -=・=ン  ,イ=・=-   ト.:.:.:.:|   なるほど、射程外からの攻撃で
          l.:.:.:イソ     ´ ,! ;::.      i!.:.:.:,;!
           ゞ.:,Y!      ,         リ.:,イ/    我が 『ミネルヴァの首飾り』 を破ろうと言うのか。
           ゙从      ー-r-‐'      イレ彳
            `ヾ,j    ー‐---‐‐     lイ/
             ゝ、    ー一      ,j/
              _」゙、              / ト 、 ___
     _, -‐r‐'゙´ /i `ゝ、 、___, ィ´/  |  `ヽ  / j`ヽ、
  -‐'"´ ,イ /  ,/      ``ー---‐' ´   |    ``ー‐' - 、
      /  / ,/                   |     ヽ



      ∧∧
    r(,,゚Д゚)   ( どう見てもボタ山だよなぁ、あれ )
   /  ノつ
   (,,__(ヽ,)


158 :◆vsQyY1yD2Q

              ,,.、-─- 、,、-─- 、
            ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji!.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,
            /.:.:.:.:.:,、;:;:;:;:;:;:、.:.:.:.:,;:;:;:;:;:;:;:;:,..:.:.:゙、
          l.:.:.:.:.,r'"´  ``"´    `ヾ.:.:.:.:.:i
          !.:.:.:.:,!             i.:.:.:.:.:.l
         ,イ.:.://! ‐-、       _,,.   ト、,.:.:.:.i
        ,レ'.:.:.:./ -‐-、、_,    _,,.、、-、 ヾ,.:.:.:.:.|
        i.:.:.:.:,イ   -=・=ン  ,イ=・=-   ト.:.:.:.:|   ドレイ兵共!
        l.:.:.:イソ     ´ ,! ;::.      i!.:.:.:,;!
         ゞ.:,Y!      ,         リ.:,イ/    今すぐ その二つの部隊を蹴散らして来い!
         ゙从      ー-r-‐'      イレ彳
          `ヾ,j    ー‐---‐‐     lイ/     魔法使いは後続部隊だ!
           ゝ、    ー一      ,j/
            _」゙、              / ト 、 ___
   _, -‐r‐'゙´ /i `ゝ、 、___, ィ´/  |  `ヽ  / j`ヽ、
-‐'"´ ,イ /  ,/      ``ー---‐' ´   |    ``ー‐' - 、
    /  / ,/                   |     ヽ



                           _,,,、、--====ー 、、
                         ,ィイヌ三ミミ三二ニニヽ、;;ヽ
                          〈jノノ、-ー-、トト、;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:゙、
                          厂     トミミ、.::;`;:;ヽ:;:;;;;;;;Vイ
                            l   _,, .. 〈ヌミミミ>ー-、、.:.:;:;;;;/
                             |',、、-‐z、  ゙ミミ>ー、ミミ;ヽ;;;Vjk'
                           〉テニ´``   ミ! ,ヘ !トトN;:;;;;;:j/!       ヤー
                        / ``      ,  ソ ノハj!!ト;:;;;ト<    ……御意。
                         〈 _;,、     ,:'  , ィ<;:;;i1Njりり
                           L,__      ,′;!  > '''"フ^ヽ
                          T"`    /  ,レ'´  /  /イ二ニ''ー- 、
                         ,(__   , イ., イ ,r,  / / ,イ 彡二二ニ ヽ
                      __,r‐ <⌒メ"´,ィy</⌒Y>=‐':< ,イ 7フ"´.:.:.::::::;:;:;;;;;
                    ,r< ヽ_ノ_ノー'<、77Vトト、 _ノ.:.:::::::::7´ //´.:.:.::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;
                     / >‐'゙´      ヽつ/^ <.:.:::::::::::/ //.:.:.:::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;
                      |  !ト、        Y⌒)ノト、::::::::,′ /.:.::::::::::::;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                      |  ヽソ、    _ _」=< (U)ト、:::i l j!.:::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     /!  ー-‐>!r'"´.: .:.:.:.:.ヽ.:::::::><!:::| /j|:::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  |NL_ _ __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::/.:::l|::::|!ヽ|.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  | ノ.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:/.:::::||:::::| /|;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  |ト、.:.:.:.:.:.:.:.|,r''"´ ̄ ̄`ヽ!:::::::::j|::::::|ニ」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


159 :◆vsQyY1yD2Q


                   ∧_∧    ( 後続に魔法使い……。
                  (´Д`;)
                  /     ヽ     クソッ! 我々は また囮か! )
                  | |\  .| |
                  | |  |//l
                  | | //   ヽ
                  ゝ)し'/⌒\ \
                  ( <      \ \
                   \ ヽ       `i i
                   と_)      し'


                           _...-――- 、
                         ..イ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
                       _.x:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///ハ_
                     イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rr/ /:::::::::::ヽ
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |l !::::::::::::::::ヽ、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{、し、::::::::::::::::::::|
                 /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::N:::::::::::∨::::::::-:::..ヽ::::::::::∨
                /::::::/:::::::::::/::::::::!::::::|:::::j \:\::∨:::::|`ヽ ソ::::::::∨
                ::::::/!::::::::::/::::::::/V::::|:::/ ≧三ソ|::::::/  /:::::::::::j
                :::::! |::::::::::{:::::::/! ∨:/|彡 じ′リ::V |/ /:::::::::::::j
                `ヽ V::::::::|::::::| |-_ Lッ | `   /:V ├'::::::::::::::/   ……行きましょう。
                   V:::::|ゞ::.、´じ`/      /::/ /::::::::::::::::j
                     >:::::::::::::::.、 、      {:{/ './:::::::::::::::/     我々には それしかありません。
                      /::::::::::::::::::::::ヽ  , -   {|//::::::::::::::::/
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::>::::....._..::::/:::::::::::::シー、
                 {:::::::::::::/:::::::/:::::=―ァ=―、 ̄ ̄`ヽ´   |
                . j::::::::::::{/::::{//  /     \    丶 |
                ::::::::::::::リ|:::リ    j/       ヽ     |
                ::::::::/ じ   _ </         ヽ      }
                :::/     ≦   /            }      }
                     /   /           |     /


160 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      _____
                    /  :| k |   \
                   /.   .:| t.:|    \
                   |   \ | k | /    |
                   |  (●)| r.:|(●)   |   敵部隊が、こちらに向かっております!
                   |    / (_人_)ヽ   |
                   |    |  `ー´   |   .|   エリミネーター族の姿もありました!
                   |    |       .|   .|
                  <_,/       \_,ゝ
                 /             \


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   エリミネーター族を ぶつけて来るのは予想通りだお!
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/    それじゃ こっちも予定通りに
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ.   特大のヤツを食らわせてやるんだお!
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


161 :◆vsQyY1yD2Q

          /\
        , -'"   "'- 、
   _,..-'''"          "'''- .._.            /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l           .., -'"   "'- 、                /\
    l                      l    ._,..-'''"          "'''- .._        , -'"   "'-
    l            ,、     l     .l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   _,..-'''"          "'''- .._.
   .l               八      l.   .l                      l   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
   .l               | |       l.    l       ,、          l   l                      l
   l             | |       l   .l         八            l  .l            ,、     l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   .l       | |            l   l               八      l.


                   ,.- ─‐‐‐-、、
                     ,r'゙ .:.:.::::::::;:;:;:;:;:;:;:::.``ヽ,
                  / .:.:::::::;;;;;;;;;;;jレ'-、;;;;::::.:.:. ヽ
                / .:.:::::;:;;;;;;f'゙´   `:.:i;;;;;;::.:.:.i
                 / .:.:::::;;;:;:;;/ クナ u .:.::〉;;;;;;;;,}
              〃.::::;:;:;:;,ノ   ,     .:::〈;;;;;;:;:;1
                 i:::;:;:;;;;,ィ=ャ  `ー==-、::ヾ;;;;;」
                 ゙,;;;ィ'´ ,ィ 6 ゞ;, '〈 6 冫.::::,リ'^〈   大変です!
                ヾ!i    ̄ .;!  ´ ̄ .:.:::j 〈j ,!
                   lj    〈 ,_    .:,' ノ /    敵の攻撃が!!
                     `i     -    .:.:仄リ^ゝ、
                   .',    r===:、   .:/.:イ  i `ー- 、_
                / ,ハ   ゝ--‐'  .:/.:.:.i   |     ``ー- 、
             ,、‐'゙  / /ト、     /.:.:.:.,レ  ト、 _
          、-‐'´. _, イ^|  Y `ー一'゙   /    |  `ー- 、_
           ''"´     |  \       /      |       `ー-



              ,,.、-─- 、,、-─- 、
            ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji!.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,
            /.:.:.:.:.:,、;:;:;:;:;:;:、.:.:.:.:,;:;:;:;:;:;:;:;:,..:.:.:゙、
          l.:.:.:.:.,r'"´  ``"´    `ヾ.:.:.:.:.:i
          !.:.:.:.:,!             i.:.:.:.:.:.l
         ,イ.:.://! ‐-、       _,,.   ト、,.:.:.:.i
        ,レ'.:.:.:./ -‐-、、_,    _,,.、、-、 ヾ,.:.:.:.:.|   敵部隊の報告なら もう聞いた!
        i.:.:.:.:,イ   -=・=ン  ,イ=・=-   ト.:.:.:.:|
        l.:.:.:イソ     ´ ,! ;::.      i!.:.:.:,;!   あんな氷の塊が突っ込んで来たところで
         ゞ.:,Y!      ,         リ.:,イ/    『ミネルヴァの首飾り』 は破れん!
         ゙从      ー-r-‐'      イレ彳
          `ヾ,j    ー‐---‐‐     lイ/     狼狽えるな、愚か者がッ!!
           ゝ、    ー一      ,j/
            _」゙、              / ト 、 ___
   _, -‐r‐'゙´ /i `ゝ、 、___, ィ´/  |  `ヽ  / j`ヽ、
-‐'"´ ,イ /  ,/      ``ー---‐' ´   |    ``ー‐' - 、
    /  / ,/                   |     ヽ


162 :◆vsQyY1yD2Q


   氷の塊ではありません! ビッテンフェルト将軍ですッ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        \__人_人从_人_人从__人_人从_人_人从_人从/
        _)                                  (__
          )   魔法……?                        (
        ̄ ̄)                                  ( ̄ ̄
          ̄)  そ ん な も の 知 る か ーーー ッ !!   ( ̄
        ̄ ̄)                                  ( ̄ ̄
         /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y\
                        ____
                     _,.イ:.:.:.:.:.:/:.:/ ̄ ̄:\
                    /:.:{:.{:.:.:.:.:/:.:/:./ ̄ ̄:.:.:ヽ
                    ト、:ヽ\:.:.{:./:./∠-=ミ、:.:.:八
                    |:.:.Yーァァ T:.「  `ミ、:.:.:.:.:.:.:ヽ
                    レ':.|  {:.{ _ノノ   ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                    {:.:.:L__乂 〃_,.-=≦ ト、_:.:.:.:.〈   ← 特大のヤツ
                     ヾYヾfrミ、'´^`¨´   }レ^}}:.:.:.:.:}
                       八  ´j       / r'/:.:.:.:.:ノ    ,. - 、
                        ヾ. r`´-‐ 、   { 爪.:.:.:.:.:.:}   /   }
                         ハヽ` ̄ /  /  >‐=ノ_  /   /       ,. -、
                         }∧`こ´ / /: :/: /7 7   /      /   /
                          j  〕 ̄r=≦、__/ _∠/__/   / ̄:\/  /
                      __,ィ-〃ヾ《{{_ノ_,. -=≦::::::::/   /:::::::::/  /
                 _ _,.イ{___{{_,. -=≦全≧ミ、:.:.:.:.:.:.:./   /  /  /:|
                 r≦||:.:.:.:rr  ̄ ,.イ{:.:.{{⌒}}:.:.:}}>、__/     └ ´  /:::::::|
              /||:.:..||:.:.: ||:::::::::{{___{{__}}ヾ〃{{__}}/   `ー-- 、   └―‐┴―――‐-ァ
                 /:::||//:.:.:.:.:||::::::::「/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         `ー-、  、_____/
                  |::: ||:.:\:.:.:.||::::::::|{         ノ                ` ―=ニ
               ./:::: ||___\||::::::::|| ̄》 ̄ ̄ ̄ ̄ `ー――<⌒ヽ      >― 、    `ーァ
            /::::::::|「 ̄ ̄ }}::::::::||〃:::::::::::::::::::::::::::::ヽV/::::::::::::::::::::`ー==≦      `ー‐'´
             /::::::::::::ヽ__/:::::::::||{__n:::::::::::::::::::::::n___}}:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ./::::::::::::::::::| ̄:::::::::::::: ||ー'::::::::::::::::::::::::`ー//::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /:::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


163 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,.- ─‐‐‐-、、
                    ,r'゙ .:.:.::::::::;:;:;:;:;:;:;:::.``ヽ,
                 / .:.:::::::;;;;;;;;;;;jレ'-、;;;;::::.:.:. ヽ
               / .:.:::::;:;;;;;;f'゙´   `:.:i;;;;;;::.:.:.i
                / .:.:::::;;;:;:;;/ クナ u .:.::〉;;;;;;;;,}
             〃.::::;:;:;:;,ノ   ,     .:::〈;;;;;;:;:;1
                i:::;:;:;;;;,ィ=ャ  `ー==-、::ヾ;;;;;」
                ゙,;;;ィ'´ ,ィ 6 ゞ;, '〈 6 冫.::::,リ'^〈   ビ ッ テ ン フ ェ ル ト 将 軍 が
               ヾ!i l|!il ̄ .;!  ´ ̄ .:.:::j 〈j ,!   . . . . . . . . . . . . . .. .
                  lj    〈 ,_   u..:,' ノ /   真 っ 直 ぐ 本 陣 に 突 っ 込 ん で 来 ま す !!
                    `i     -    .:.:仄リ^ゝ、
                  .',    r===:、   .:/.:イ  i `ー- 、_
               / ,ハ   ゝ--‐'  .:/.:.:.i   |     ``ー- 、
            ,、‐'゙  / /ト、     /.:.:.:.,レ  ト、 _
         、-‐'´. _, イ^|  Y `ー一'゙   /    |  `ー- 、_
          ''"´     |  \       /      |       `ー-
                |  /ヽ   /^ヽ    |
                |  /  |   /    \   l
                |/    ヽ/        \/



              ,,.、-─- 、,、-─- 、
            ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ji!.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,
            /.:.:.:.:.:,、;:;:;:;:;:;:、.:.:.:.:,;:;:;:;:;:;:;:;:,..:.:.:゙、
          l.:.:.:.:.,r'"´  ``"´    `ヾ.:.:.:.:.:i
          !.:.:.:.:,! .u           i.:.:.:.:.:.l
         ,イ.:.://! ‐-、       _,,.   ト、,.:.:.:.i
        ,レ'.:.:.:./ -‐-、、_,    _,,.、、-、 ヾ,.:.:.:.:.|    ━━┓┃┃
        i.:.:.:.:,イ   -===ン  ,イ===-   ト.:.:.:.:|        ┃   ━━━━━━━━
        l.:.:.:イソ     ´ ,! ;::.      i!.:.:.:,;!       ┃               ┃┃┃
         ゞ.:,Y!      ,         u. リ.:,イ/                              ┛
         ゙从      ー-r-‐'      イレ彳
          `ヾ,j    ー‐---‐‐     lイ/     
           ゝ、  ゝ'゚      ≦ 三 ゚。 ゚
            _」゙、  。≧       三 ==-_
   _, -‐r‐'゙´ /i `ゝ-ァ,        ≧=- 。 / j`ヽ、
-‐'"´ ,イ /  ,/     イレ,、        >三  。゚ ・ ゚ 、
    /  / ,/      ≦`Vヾ        ヾ ≧ ヽ
              。゚ /。・イハ 、、      `ミ 。 ゚ 。


164 :◆vsQyY1yD2Q
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
       \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /   r''ヽ、.|
      |    `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、        |
        ヽ、___ノ      【 作戦会議中のやり取り 】
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   それじゃ、やる夫達が 敵の囮を引き付けた隙に
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    敵本陣にビッテンフェルト将軍が突っ込むって事で。
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                     ,. . ';. ;. ;.: ,:'.: .::、
                  ,r '´ ミミヽ州'j;j'f゙r' ≡ミ;:、
                 ノ ,r,,r= ァァ斗rr;.ィニ''´ヾミミ ヽ
                〃 ,rイ  リ〈( '´ )ノ   `゙トミミ!
               〃,彡!     ))       ';ミミi
               レィ彡!、、、,,,,__'′ _,,,,、z=='';ミミ;!
                ,レ,ィ彡! ,rf弐 ヽ  ィrモテュ、 トミミ;、
               {jii;ハミl    ̄´.:', :. ` ~´   ;ミハミ}   乗 っ た !
                 {jiiい;!     .:::i ;;      ,リ !N!
               ヾiiい' ',.    〈 _;;:_,       { 〉N!   特に、俺が突っ込むと言うのが気に入った!
                ノハ;. ;  、 ____,,  ,′ノ;j.(
                 〈 .:;;ijト、   、__,,     /!ji .::i′
                V .l:ji ヽ        ,:' !ij V′
                 Vj:jiL_ `:、      ,.イ  l;;V
                 /7 ー-`ニ``゙゙゙"´ニ -‐'Vノ
                  _//   '"⌒Vi 1 レ'/⌒゙` い
            ニ二´ 'ー== 、 __.ノノ 1 lk′   ,い _ _ _
                   ̄``ヽく_ノ八ト、`ー''フ´     /7
                          V/ ⌒ V/´       ′


           ,
        ,.'⌒´ ⌒ ー- 、
      ,.´{  ー'ノ,,)   ミ ミ}
       { ,、  ゝ,,_,ノル、_ ミ}
        {` ゞ彡'ゝ__ 'ノ __,'イノ
      V ,-v'´ィャァ` fャァ,ハ
       ヽゝ.',.u    .,,〉 !'   こんな軽いノリで良いんだろうか……。
         {从.、   -− /
          ゞ|. ヽ、 ´ /、
           /゙ハ"´う)´'ハ,、_
.   ,i=iiニiiニiiニヘ/ハ_' ニ孑今ー- ''ニ''ニ''ニ=、   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
   i゙ ,.-── 、 ii  _,, イ    ̄`ニヽ    ,ハ   d⌒) ./| _ノ  __ノ
   |. ゞ ll   ゞi ll f´       ノ ー'       i


165 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第91話 「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは豚のケツ」 は終わりです。


今回のタイトルは 『タクティクスオウガ』 原作ではなく

ACTION COMICS 『タクティクスオウガ 4コマまんが王国』 に掲載されている

小林真文先生の 『渡る世間はオウガばかり』、『Chapter-2 面接』 が元ネタです。



MPが吸い取られると動けなくなると言うのは 『モンスター物語』 の
『泥人形の秘密』 にある描写です。

それによると

 泥人形の不思議な踊りで、マジックパワーはおろか精神力まで吸い取られた二人は
 最初は歩くことも出来ず、戦士の少年がおぶったり抱きかかえたりしてやって来たのだ。

となっています。


ちなみに、『DQ2』、『キャラバンハート』 では、泥人形を焼いて陶器にしたのがパペットマンであり青色。

『DQ5』 では、泥人形と同じ茶色。

『DQ6』、『トルネコ2』 では、ダークグリーン。

『DQ7』、『トルネコ3』 では赤色。

と色を様々に変化させるモンスターだったりします。


そして、不思議な踊りが見えなくも効果があるのかどうか。

これは原作でも謎なのですが 『モンスター物語』 準拠で考えた場合

 ・ 失ったMPは泥人形が吸い取っている。( マホトラと同じ効果 )
 ・ MPを吸い取られた僧侶と魔法使いは消耗して歩く事も出来なくなる。
 ・ 戦士には全く効果が無い。

つまり、消耗してMPが減るのではなく、MPを吸い取られた結果消耗している。

そして、泥人形側にMPが吸い取られていると言う事は
単に不思議な踊りを見た事で精神的に疲労してMPが減る訳ではないと言う事になります。

精神的な疲労であれば戦士にも何かの効果があるでしょうし。

と言う訳で このスレの不思議な踊りは、視覚効果ではなく
踊る事で発せられる魔法的な何かと言う事になりました。



骨折は魔法で治してもしばらく安静にする必要があると言うのは
このスレ独自の設定です。

これぐらいのペナルティが無いと、死亡以外はすぐに戦線復帰と言う事になってしまうので
それっぽい捏造設定を付け加えました。

おそらく骨が繋がり切っていないとか、そう言う理由です。


ミネルヴァは、毎度お馴染み 『アイテム物語』 の 『王者の剣 神の剣 伝説の誕生』 に登場する
月の女神の名前です。

ムー帝国を滅ぼす際に、心正しい人達を助けるための試練として
王者の剣、光の鎧、勇者の盾を作らせようと提案した女神ですね。

カストロプは 原作『銀河英雄伝説』 で
防衛人工衛星『アルテミスの首飾り』 を使用しているので、その繋がりです。



次回更新は、5/12(日) 20:00〜を予定しております。

4/28(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を
5/5(日) は GWスペシャルを更新する予定です。


変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


  ∠゙⌒"フ
  / ‘(・・)
  / (,,゚Д゚)  < ブタ!
  i (ノ   !つ
〜゙:、..,__,.,ノ
   ∪∪


第90話へ    4 『知られざる伝説』

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 佐倉杏子
ドラゴンクエスト モンスター物語劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 美樹さやか
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 佐倉杏子ドラゴンクエスト モンスター物語劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 美樹さやか
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 暁美ほむら劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 鹿目まどか劇場版 魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 巴マミ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 暁美ほむら
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 鹿目まどか
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
A3タペストリー 巴マミ

この記事へのコメント
泥人形こぇぇぇ……。それにしても強ユニットを単騎突撃させるとか、SLGじゃないんだからw
Posted by at 2013年04月22日 21:21
ビグザムさん、あなたの腕ってどこにあるんですか?

しかし、カストロプに一度やられてしまうとは…。
原作どおりっちゃ原作どおりなのかもしれませんが、キルヒアイスがやられてしまうのはちょっと意外だった。
しかし、さすがはビッテンフェルト将軍。
きっと黒色槍騎兵で敵陣に吶喊したに違いない。

このままあっさりと勝利出来る事を祈って。
Posted by at 2013年04月22日 21:49
猪の正しい使い方ですなw
ビッテン突破にはなんも影響ない小細工じゃ止められなさそうですなー

あそこまでの罠にはまって主要人物の被害0で兵の損害1割って
やっぱり優秀なの揃ってるなー

AAの半円のドームがすごくきれいでビックリしましたw
Posted by at 2013年04月22日 21:53
敵が兵を分けたのは結果的に愚策だったっと
神の視点で観る読み合いたのしいなあおい
Posted by at 2013年04月22日 22:00
ビッテンフェルト突撃www
マジでこのまま本陣崩壊させてもおかしくないような気がwww
Posted by at 2013年04月22日 22:01
泥人形とぽぷらのお父さんが似ているのは気のせいです。
Posted by at 2013年04月22日 22:38
ふと思ったんだが、ギャル夫がこれ系の魔物を大量突貫させればバラモス城落ちるんじゃね?
Posted by at 2013年04月22日 23:17
いつからアレがビグザムの【足】だと思っていた?
・・・・・こうですかわかりませんwww
Posted by at 2013年04月22日 23:46
4こま懐かしい・・・
トリ頭は3歩あるけば忘れるけど、2歩歩いたら飛べばいい・・・・・的な・・・
Posted by at 2013年04月23日 00:02
まぁ、正攻法って強いよね。
Posted by at 2013年04月23日 00:26
米3
たしかあれ指輪か何かの綺麗な円の上半分だな。
元AAはじめて見た時に感動した記憶があるわ。
Posted by at 2013年04月23日 00:55
ガルマ殿やったのか
男を上げたな・・・・・
Posted by at 2013年04月23日 03:54
ビッテンフェルトさんww
こう言う時の猪は頼もしいぜww

そして、この戦場にはスーパースターが居る!
この世界でスーパースターが戦場に立つのは初めてだから、その効果は例えヤンが居ても読めないだろうなw
Posted by at 2013年04月23日 05:01
ビッテンさんの(色々な意味での)安定感
Posted by at 2013年04月23日 07:06
スーパースターの消費無しいなずま連打か…胸が熱くなるな
Posted by at 2013年04月23日 09:14
しかし相手も結構考えてきたな、ドラクエしてない俺にとって新鮮な戦い方だわ
Posted by at 2013年04月23日 10:04
クナか魔法使い系モンスター捕まえられたら面白そうだな、泥人形は援軍ではなく技術伝授の可能性があるから。
Posted by at 2013年04月23日 13:44
ハッスルダンス見てHP回復するならエロい装備着せた仲間の戦闘見てても回復するはずだもんな
踊り系の技は視覚依存のものではないのは確定的に明らか
Posted by at 2013年04月23日 13:44
ふしぎなおどり楽しそうだなオイw
Posted by at 2013年04月23日 18:00
懐かしいタイトルだ…俺ももってるぜ、タクティクスオウガの4コマ本www
Posted by at 2013年04月23日 18:51
ものっそい単純な人海戦術だったかww>泥人形 たしかにこれはきついww
そして「脳筋なら別に困ることはないよね!」的な本陣突撃作戦ww
Posted by at 2013年04月23日 19:09
ニュー速で家嫁ランキング2位 ニュー速で美希
ですね
Posted by at 2013年04月23日 19:19
最初に考えるべきことは、技の効果が発動するトリガーが何かという事
次にその効果は遮蔽(壁)を貫通できるのかという事

例えば、不思議な踊りを見る事によってMP吸収が発動するなら、見ていない人には無効となる。
これは目を瞑るなどでも有効という事

別の例で、不思議な踊りを踊った時の一定範囲にいる者全てに効果がある場合、踊りを見る見ないとは
無関係に範囲内であれば効果が発動する

別の例だと、不思議な踊りを踊った後、どろにんぎょうが選択した相手に効果が発動する


この物語だと一定範囲全て、遮蔽貫通のようなので、町や城に置いて置いて踊り続けさせることで
簡単にMPを削るわなが作成可能に!
がっでむ大魔王!!
Posted by at 2013年04月23日 21:39
>敵を罠の外に誘き寄せれば良いんだお
物陰に隠れてキュアリオスティか…
Posted by at 2013年04月23日 22:15
ビッテンさんはアカンwwwww
Posted by at 2013年04月23日 23:46
魔法が効かないなら物理で殴れば問題ないもんなw
Posted by at 2013年04月24日 00:00
MP切れで無力化されるとはなさけない。
ザールブルクの錬金術士と友人なら杖とはたきで何とかするものを。
Posted by at 2013年04月24日 00:39
不思議な踊り自体わらいぶくろが使えるし
魔法力が枯渇することだってあるわけだから
誰かしら魔法力を奪う新兵器なんじゃないかと推察しないもんかね

流石に泥人形まで当てるのは酷だろうけど
Posted by at 2013年04月24日 01:03
DQのデバフってゲーム中ではルカニ系以外微妙だからなぁ。
MP削り、ほんとPLにのみ効果抜群すぎて困る。
Posted by at 2013年04月24日 01:16
ビッテン正面突破だけ考えたら超一流だしな。
それしか出来ないし、しないけど。
Posted by at 2013年04月24日 09:58
ところでアイゼナッハがしゃべってるんだが
Posted by at 2013年04月24日 14:50
ビッテンフェルト、シンプルでいいな
活躍できる状況与えて「蹂躙せよ!」って命令したら喜びそう 
Posted by at 2013年04月24日 16:45
ビグザムさん、参謀か
ガルマ隊副長にザクレロかブラウブロを呼ぼう
Posted by at 2013年04月25日 23:10
ホイミ系の回復の仕方についてはダイ大でもあったな
ベホマだとしても、一気に全てを回復する訳じゃないとかなんとか
Posted by at 2013年04月26日 11:01
↑↑↑↑
沈黙提督は、ヤー(肯定)とナイン(否定)とチェックメイトぐらいは言ったらしいぞ。
Posted by at 2013年05月03日 19:43
これでまだ出てない異界の勇者候補(AAキャラ)はあとどんぐらいかな?
自分が知っているのだとやろうか奈ぐらいしか思い浮かばないけど……
Posted by at 2013年05月09日 13:13
られっか代とかきめぇ夫とか……
実際の話、脱落してない未登場勇者があと何人くらいなのか見当がつき申さぬ
Posted by at 2013年05月10日 17:35
※7
ギャル夫が仲間を使い捨てる戦略なん使えるわけないやんw
そもそも術者じゃないんだから配合で作るか一匹一匹地道に口説くしかない訳で
数揃える時点で無理ゲー
Posted by at 2013年05月12日 16:49
ネリーが骨折……負傷者や戦死者の数。相当酷い状況だったようですね。
よくぞ逃げ出してくれました。
殿を務めたねらう夫たちも。

魔法使いや僧侶を狙い撃ちにするような罠、それも異界のモンスターですか。
たった一種類のモンスターだけでこれほどとは。人類を相手取るのに魔王級は必要ないと言わんばかりですねえ。
魔法のような攻撃もなにかしらの異界のモンスターなんでしょうか。
ビッテンフェルト将軍がうまく突破してくれるといいんですが。

モルジアナ、エリミネーター族は人質を取られていると説得に応じてはくれないでしょうけど、対策はあるんでしょうか。
Posted by とあるA at 2013年05月12日 21:46
本陣に一直線・・・盛大に吹いたwww
Posted by at 2013年07月12日 01:35
そういえば泥人形でふと思ったんだが、この世界ってマホトーンの呪文はないのかな?
今のところまだ出てきてないよね
もしかしてこれも何かの複線…?
Posted by at 2014年02月18日 01:18
嫁(候補含む)が夜の戦闘以外で寝込むほどの負傷とは珍しい。それだけ激戦だったということですね。

魔法使いが一人動けなくなれば、そいつを助ける兵士も戦力外になる。効果的なトラップですが、MPのない物理攻撃キャラだけで突撃すれば問題なし。ビッテンフェルトの本領発揮でしょう。

カストロプがアルテミスの首飾りを使ったのはアニメ版だけなので、「原作」と表現されるとちょっと……
Posted by at 2014年10月12日 12:10
原作を小説に限定するとカストロプの容姿をAAにできないからねw
Posted by at 2014年10月12日 12:46
ビッテン式破城槌w
Posted by at 2015年02月01日 22:56
ビッテンフェルトの正しい使い方だなw
Posted by at 2015年06月23日 20:39
ふしぎな踊りって直接見なくても効果があるもんなの?
Posted by at 2015年07月24日 01:14
↑このスレではそういう設定にしたと、後書きに事細かに書かかれてる。読んでないのか?
Posted by at 2015年08月06日 03:58
作戦ってのは単純なほど強いからなあ
Posted by at 2015年08月14日 13:01
↑↑
>ふしぎな踊りって直接見なくても効果があるもんなの?
これ書き込んだ者だが脊髄反射でつまらんコメしちまった。すまんかった。それとありがとう
スレ主(でいいのか?)も申し訳ない。あとがきもきちんと読むことにするよ
Posted by at 2015年08月20日 03:18
これ以上ないシンプルかつ効果的な作戦だな!
Posted by at 2015年10月13日 20:56
作戦はシンプルな物ほど崩しにくいからな!
Posted by at 2016年04月17日 16:27
今となってはモンスター物語やアイテム物語も稀覯本だよね。
そのうち数万円とかで取引されるようになるのかしら?
Posted by at 2016年08月07日 17:40
>そう言う事なら、ヒャド系の魔法で作った
>大きな氷の塊を転がすのは どうかしら?

ホモ、もとい『大玉』(GC用ソフト、亜流ピンボールゲーム)ですね、わかりますw
Posted by at 2016年11月06日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65288602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ