■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 11/17 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年04月29日

第50話「名伏しがたき嵐と慈雨の神のようなもの」(4)

第49話へ    4 第51話へ

96 :◆vsQyY1yD2Q
                     _ ______________ _
                    (::.);;::.,-、________,-、..:;;(.::) ゞ;::;;;;:ゞゞ:.:ヾ::. ヽ
                           |;: !            | :;|  ゞゞ:;ヾ ソゞ:::ゞ:;ヾ ゞ
                           |;: `ニニニニニニニニニニニニ´ :;! :;ヾ ゞ:  ;: ::ゞ:;:; ゞ;ヾ ゞ
                           |;: |´          `| :;| :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:::ソゞ :ゞゞ
                           |;: |            | :;| ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;:ゞゞ:;
                           |;: |            | :;|  ヾヽ::  |li/ ゞ ゞ:; ゞ:;ヾ
                           |;: |            | :;|   ヾ;li/::ゞゞ: ;::::ゞ:;ヾ ゞ
                           |;: |            | :;|    ゞ:;ソゞ'li|ヾ:li!:;ヾ ゞ
                           |;: |            | :;|       |li| li|:::ゞ'
                           |;: |            | :;|       ヽli//
                         ,i';;`^:〕          ,'^';,(;;〕       | ;il|
                      ,';,;) 'l; :.`!、______,.!:;'「:' ;.:'ヾ,       | ;il|
                    /^`'"''ー゙''"         ゙''"ー"゙''"\    | ;il|
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ,'l;i::ヾ
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


/          l /   l    l l       l l l   ', : : : :',: :',
|        , ,    |    | !        ! ,' ,  l ,  l: : l: :l
l           l |    : :, ':,:_:_:,: ,   . :/: :.リ/._:/_/: l l: : l: : !: :,
l           l |  , :七:´、ヽヾ:、: . . :/: : /7: /:7: /:、./: :/: : l: :l
|.          | |   、:、ヽVIヽ\:、: : :{: :,//:,イ:/l:VI: /: :/: : :イ: :|
|   _.     | |   、:イ´云テ下、ヾ 、:l:// イ云テ下、/:/ . :/:,: : :
、  {_,  }    | 、  ミ、 ト、 _,心   `    ト、 _,心/:イ . :/: ,: : :|   さて、残りの問題はアエローですが
 、_ _ノ    | |ヽ、 : 、弋z(ソ        弋z(ソ'/: :./: :,: : : !
         |  ', \ : \     '       /. :,.イ : :/: : :.|    そちらは いかがですか?
         |  ',  :`ミ 、     ー―‐,   彡'/  : /: : : :|
         |   ,  : : lヽ、   ゞ_ ノ    ,イ:,    ,: : : : :
         |   l  : : |: : :>,  . _ .  <_: :/   /: : : : : |
         |   ,  : : |,////!      |///'  :/: : : : : : :,
      __|r--、',  : : l/////∧   ∧///,  :イ: : : : : , -''7777
     /////ヽ/∧ : : l//////∧  ∧////  : :/_,..r7///////
     {/////////! : : :!/////´二}77<>、/,  : ://///////////


97 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

                 _ .. -──‐- .. _
               ,.:'´               `丶
              /               、:. \
           /   ,'  :i. ,' /'\:   |:|ヽ:: .|::i |:ハ
            /  . :|  |:./|/-‐' |: ,イ:|ー∨|::|:.|::.|
.          /  . ::;ィ|  |,'-─‐ |/ jノ─- |ノ:.|ヽ:、
        / .: ::/ |   | |:::::c|    |:::::c| |:.: |:__〉_>
     __   ̄|: :ヽニ|: : :| -─‐     ─‐- |::..:|::,'´___
.   \__ `ヽ.|:/|: : :|::::::|、            ノ::: l/" _ ノ
     ヽ.__  \l: ::∧::::l::>:.._..-‐’‐-.、..イ |::::, _ ノ
       ヽ、__ ヽ,': :::ヽ|-‐,'".' ,':/`}:{ ヾ.ヽ|:/_ ノ
         `ヽ..__ ,イ二ミ{ 《 〈:{  }:〉  》 Y、_,ノ
              `ヽ_(( ((勹:: }::〉 .}:〉 .〃 :辷〉


          _, =-‐ア    /             ヽヽ. ヽ.ィ/
            ̄ ̄7  /  /   /       }      \//./
              /  /  /   /      / /    \ ハ 〈 ソ
.             '  /  /   /  /   ,/ / ヽ. ,  ヽ.,イ/ハ
          ,  /  /   ,'  /   〃 ,   X ヽ   }} {  :.
          | ,イ   :  ,イ  〃 / 厶イ __/. \ヽ.〃〈 | ト、
             八{    !  ー‐=-=、 / ノ  斤テ心ムイ/  ' | | ヽ
           ノ  ヽ  | ノ  { /rtテ心      ゝ__ノ lj 人 /  | | | \   r‐==ミ
             \ ト、 Y`Yゝゝノ    /i/l/l/ リ'_ノ/  | | |   \ /     ` ー  大丈夫 大丈夫。
              ヽ } ゝ、ト、./l/l/  '      ,イ } 〃   !!| |l     、   r‐-、
        _.   ´`ヽ  リ } リ >、    f ヽ  ィ仁]{/,イ |   |ト、.八  ト、  \  .::::::    リアクション薄いけど
     ,  ´      } 厶イ l 从ル`ーァ--rく{:リr‐=、/リ j  リ ヽ ヽ 人 \  \
    /        人  八l人 ! ̄ ̄ア`ー==丁]{xく`ヽ.__ノ__ \\ \:ヽ  \      この子の場合
  /               Y    \.  /:::::::::::/]:::|リ  ` 、:::::\  `ヽ. ヽ \  、       これが正常だから。
..イ__ -==ニニフ         | , --‐=、__/::::::::/  [:::lト、    ` 、:::Y   ヽ \.   \
´  フ / /  .;    /!/ / ̄ソ′:/    `ヽ.」      ̄`ヽ、 〈   ヽ.
____ノ / /   , ´    〃,ォ=r'´ __) :/ , ´`ヽ.    \:...     \}!: \
.    / /   /,. ´  /,/:::::::/ /r'|:/ / ..:::} }      ヽ:::..     }}ヽ 丶 、
   /.ィ   〃    〃':::::::::{   / j'./...::::::::::::! !        :、:..     .' /:..、  \\
... 〃/ / //   /' {,=、:::::. / レ ...:::::::::::::::::{ !           :::::..  / /:::::::::..  \\
  /イ / //   //  f´ヽ.}::::..イ 八::::::::::::::::::::::ヽ` 、_       :::::::: / /:::::::::::::}    \\
.   レ′/イ   /〃  }}  }r‐‐{  人::::::::::::::::::::::::ー-- }   .::::::::/ .:::::::::::::::ノ.\    \\
     ノ /:  ///  /′ {{  ト=ク::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::://ヽ. /::::::/ /:::::::::::/ ヽ \
      /: /人{  ]!   }} /:::/ ヽ::::::ゝ=--::::::::::::// / \_/ .::::::::_... ´   }:}、 \


98 :◆vsQyY1yD2Q
                        _
                  ..-‐/`ヽ  ̄_ ‐- .
              /`ヽ,.::´        、   ヽ. `ヽ,.ィ⌒ヽ、
             ′ ./ /  ./     ヽ.   ハ.-‐..:Y⌒.、 ハ
               l :/ ./ / :l:    |i、  i:ハ.   l:.::-‐{/ l i l
.              l\.′ ′/ /|:.|i   || |\l、.|  |:.::/  /: | |
             lヽl  l .ハ/-‐|:ハ.  |jノ`─-|  | 》 ./:::.:| |
             | .:|  | |、__,|! \| 、___, |  |《/:|:ヽ: :! |     私達は こっちに来た際に
             | ::|  ヽ.|` ̄´      ` ̄´ |   |::.::/'| : ハ:  |     三人バラバラになって
             | :ハ.  l八    '       ,′ .:l/ | : :.:l  l  、、
            ((  |/:∧ |:| 丶   、っ     / ,':.::人   | : :.:|: iノ  ))  それぞれ弱体化しちゃってるから
             ゛  | /: ::ヽ|:| r‐>:..__ ...:<:/ /:/| ̄`  | : : :!: |  "
.         ____ |,'::::i::::::::|__,}lミ|匝||三彡:|,イ:/={、   | : ;ハ: :|.      封印もそれが原因でしょうね。
.         `ー-、 ハ : :|::/´`ヽ / {j}  ヽ   /  ̄`ヽ. { ̄ニフ|
             |  .| : :〈`>  }イ  {j}   `T :{  〈 ̄〉|  | |::|
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】

        .  - ─ -   .
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    .'::::::::::::::::::::,'::/:://:/::::ハ:::::::ヽ
   l:::::i::::::l::::::::l:!l:::l::l::l::: l:| l::i::::::: .
   |:::::l::::::l::::::::|:!i::リルiト::l:| lィl:::::::::}
   |:::::l::::::l::::::::|ル.ィテk::从.ム!::ル'
   |:::::l::::::l::::::::| 《 i必i!  i以!l::::|   そう言えば、オキュペテーが仲魔になる時
   |:::::l::::::l::::::::| ""l|   . ""!l::::|
   |:::::l::::::l::::::::|   l|  _  イ:l::::|   そんな事を言ってたっすね。
   |:::::l::::::l::::::::|> .j _´ . イ: |::l::::|
   .从:ルレ! : 从   ノ、:::::j:::ル':::リ
  /: : : /: {Y人ハ-く i\` .<イ
/: : : : /: :∧  /, へハ!: : \: :∧
: : : : : └<:∧/ i⌒ ∨: :./: /: :i
: : : : : : : : く: : :.Vしヘ  ∨:〉: :/: : :|
: : \: /: : : :\: : しヘ  V: :`ヽ: : |
: : : : /: : : : : : :`/  入   Xヘ: : }: j


99 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       _ .. -──- ..
                       .:'´           `ヽ.
                     /               ::.
                      /     ./  | i 、    :.、
                 /    /:|  .:| |jノ斗‐|i トゝ
                ノイ     ヽ._l....:::/|/-‐=∨jノ
            /´\  | /   ,  |::::::|  〈_ソ ,′
           /     ヽj/|   ノ|人l::::::|   ノ    ← 『封印されし』 アエロー
          / /      ー- 、ィ´|∧::::|::-r ´
         / //    /     ノ  ´ .ヽ:ト、:|
        <...イ /´     i | 〈 .イ》   :|_|_|゛
        / / .,'  i | |/∨| l"-‐' ̄|:::::|:」
        ∨ / /i | 人| ノ:《| |アフ>r(二,)_)
        ノ / /:ノ i:|/,《/:/ヽ》ーァ、.__ゝ__」」、
       ..:〈..イ /'´ | //ゝr‐ュ、厶ノ_ム `ヽ:〉:..
        ..: : :〈_八l ./|ノ'´乂 / ノノ `-‐' ノノ‐-ノ':: : :.
       : : : : : : :::∨::</\:ゝ‐'^..──.'´ ̄´:: : : :
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .
          : : : :     : : : : : : : : : : : : :


                    .. -‐          ‐- ..                 ,-、
              _____/  .: ::/ , .'         ` 、           ∩/ ハ
             丶._|l___ \::/ ,./ /     i      丶  /lフ    ノ l_‐-.、}
             丶._|l_ ヽ / //l 人 、   |\ ,.     ∨/l7   /  `ヽ/
              ∧|l‐-.、`/ ,'/ |/\\ヽ. / ,イ |      l/l7 ./ゝ. _ ノ
               /  ヽ.   .′ !l┳━┳\\// |∧   ' |// .'⌒ヽ/
.              /    .∧_.l|   |┃└┨     ┳━┳l  /:: ..'/_/::::::::/
            /   ,.'::/´||  |┗━┛     ┃└┨| ,/|:./:::::::::::::::/
              / /   .'.:::{  ||  |:::////::. ─-┗━┛|/: j/:::::::::::/
          / /   /:. :::ゝ、|!  |      |::::/ .:///:: ′i/::::::::/  ← 『おつむが足りない』 オキュペテー
            / /'  ,.': : :/: :::∧.  |:.、     |:/     .イ:i  li::::/
.           / 〃 /:: : : .-─ 、:ヽ. |、::>::... ___..:<::::::|:|  ||'´
.         ,.' // /: : ::/    V:ヽ|ゝミニ|l=ュlj〈'´ . ̄|:!  ||
       ノ .// /: : : :{      ,::::::::::>‐.{lj}‐、:丶i/:iヽ  ||
.     / ./'´ .': : : ::::、       l:::::/   ::{lj}.   `ヽ:: :l:::.iヽ|!
   /  :/  , ': : : : : :∧_    ∨      `ヽ.    ∨::::| |
  /   , ' /: : : : :::/ ト、::`ヽ._v==┐    :.   l:_::::| |
/   / '´: : : : :::/  ノ ∧:::::::::::::∨/l|:.   ノ::.. ,ノ,ハ:::| |
   '′ .: : : : : ::/   .〈∨/∧ ̄l:::::∨人::....::´:::::/// ノ: | |


100 :◆vsQyY1yD2Q

                        .. -‐   ̄ ̄  ‐- ┛┗
                _..-‐-..、 /             ┓┏  ,.-‐-.、
            /´    .,.イ / .:/          、  Y:.    ::、
                ′  .:.,':/ .′ .'  /|     .:l、  、l.  l:.      ハ
.           l   .: :.:/:,' i  :l_,'_| .,'|  .::/_|_l_ll:. :|:.     |
               | . :.:::,'.::{::.::| .:|、:/ __|/ | :::' __|ノ|::ノ|::. |:::..      |
.             | .: ::/ :::丶:| ::|┯━┯`l/ ┯━┯|::: |:::::.    |
           | .:::〈  ̄ ̄》| ::|├┘|    ├┘||::: |《 ̄ ̄ 〉:..|
            |: ::/: :::‐-<| ::|.  ̄ ̄       ̄ ̄ .|::: |>-‐ ..::::::l  ← 『幼児体型の』 ケライノー
            |.:/ : :::/::.、 ∨::|:.、           ノl::::..八::: :. \::,′
       _ ... -─l/ : :::/:.、 :.、ヽ:|==≧rr─’─.r:≦==|:::/.'´l\::: :. ヽ.─- ... _
   _.. -‐     .:/ : :::/゛    ヽ}三三|:l__r「lュ__l:j三三|/'  |::::.ヽ::: :. 、     `:.、
    ヽ.       ::/ : : :イ      :/   ___.{{'}}__ ヽ:.    |::: :/ 、:: :. ヽ..      >
.    \   .::/ :/: :|       ハ. | _     _ | .ハ:.  |:: |   :::: :. l::.  ./
       ヽ. / :/ :| : :|      l .:l | __ `/  丿| i. i:  |:: |   l:::  | : :.、
      / .:,'::/ .:| : :|:     | ::l └────.┘ |. |.  |:: |   |:::  |    :..、
.     ヽ. .:/ /  :| : :|.:'     | ::|            |::. |:  |:: |   |:::  l    /
        `/ /  .::| : :|:    , ' | ::|          |::. l、.  |:: |   |:::  |-‐ ´
        / /  ̄∠:l : :|::..../  | ::l              l:::..| ヽ. |:: |、.. .l:::  |
.      ,' .,'     | :.:|`'"     {..::〈::....   ...:::::....   ...:::〉::.|  .|:: |   ノ:::. .ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
: : : : : : : : : : : : | : : : : :|: : |
: : : : : : : : : : : : | : : : : :|: :/
: : : : : : : : : : : : レ-、: : !/
: : : : : : : : : /⌒l  | : |    なるほど……弱体化……。
: : /: : : : : /    l  | : |
ー'- 、: : :∧   ,' /: : !
: : : : : \'   Y  / : : |
: : : : : : : .\ `T´ : : : |



101 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

                       _ ....-───‐- ... _
                   .. <                 > ..
                /                   `::.、
                ,      ./                   、  ::.、
            /       .:/               i:. :、. \
            .′  :i  .::.′    /   .::/ .::..     .|:.|:.  ハ.  ::.、
           ー┴   _:| .:::i   i:. l、 .:/|.:∧:::..   .:|.:|:.|:.  i:.  ::.
          V_{{._ `ヽ:|   .:|:: |:\.: | | V:::. .::,'j/レl::.  |:.:. . ハ
           V__{{_   |   ::l:: |:.::/\j/  ∨: :://j∧::. |::.:. i::. |
              |ヽ_{{__`  |   ::|::. |∨   -.、 ヽ:/,.-  ハ::.:..|:::.: ト、 |
             |     `ヽ._|   ::|::..|ァ==-‐'´`  、`ー-=' {::|:.:.:l:::.:.:| |:.l   でも大丈夫!
            |  ,' : Yィ|   ::|ヽ| WViVi     > iWV l:::|:.:∧::.:| j/
           | ./ .: : :{l :l   ::|             八j/:| i::.:|       三人揃えば、本来の力を取り戻して
           |.:/ .: : : ::ヽl   ::|       `ー '   ,.:':::::::|:::| |::/
            j/ .: : : :i:.::::| i ::|:> ..        ..::::::|:::::.:j:/ j/        華麗な復活を果たすのよ!!
、          / .: : : ::ノ:/:::| l ::l:: : : : :>:... __ ..ィ´:::i:::::l:::::.:|′
:.\         ,' .: : ::/:/::::::l | ::|三三lニTニユニ{::|::::::l::::::|::::.:|     /
:.:. ヽ      / .: :/.:::/:::::::::|..:| .:::|三三Lム::{_j::}l::l:_:_:l::::::|::::.:|   /
:.:. :.  ヽー- ../ : イ::::::〃:_;:ィil| :| .::,'i|i|i|il/ |:l.ノ八i|i|ilヽ:_:l::::.:|  /
:.:.: :  `Vハ: :>, '´ ̄ ̄ `寸il|:ノ.:/i|i|i/`ヽ. {:{_j:j \i|il| |:::.:ト、'
:.:.: :.    Vハ: ::/       }ili|: :/i|i/    L{.l:」   ヽl l:::.:l: ハ
::.:.:     Vハ:/        .ノi|i|:イi/       ヽ.′  ∧.|:.:ノ:: }
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /\  /\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   おぉっ! 三位一体の連携攻撃
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //     ジェッ○ス○リームアタックかお!?
  / __        /
  (___)      /


102 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
              __   /    /    ..::     .::    :.、:: : /l|_l:.、
               |_|l\.′    イ:  ..::::,'  .:: ::,': i:: i  ::l:::/  l|_l::. l
              | |lヽl      l:|:、 ..::/|  .:::::∧ |:/l  ::|/ .'´lj」::. |
          __   \..| .   |:|: :Χ  |i  .:::,'  l/ |  :|   /::.  |       / `ヽ
        /  `ヽ.  | .:: .' ::|_|/_\||、.:::/、∠|:/_|  :l_/´:: : : : |     /
         /       \| :i |、 :::|l'´|::::::「 |j ∨ ´|::::::l '"|  :l:::. : i: :i : |   _,/    え? 三身合体したら
         ,'         :| :| |::ヽ.ゝ、k::::j      k::::j ,' | .:i|ヽ::.:|: :|:. | ,イ| |     元の姿に戻れないかな?
      /          |ノl .:|:.:i:: :i  ̄       ̄ u .l ,'||_ノ: :!: :l:: |/:::::| |
       /           .::|:.:|:.:|:.:人.//  '    /// u,' ./::l|:.:li:. : :|:: |::::::::l |     最初に言ったよね?
     ,.' ,            ,イ| :l: :l i:l::::.、  ─    ..ィ/ /r‐─.、_::: :!: : |::::::ノノ:.、    三人バラバラになったって。
.    / /          {{::| :|:.:| |:|:::::::>:.. __ ..:≦彡/ /,イ.:'´    ̄`:.、:l‐'´´  :.\
   /'´/ ,/:         ||::| :|:.:| |:|'´〈 { }:匝lj彡"/ / {      / ヽ.  :.、
    / 〃        ∨::/| lノ  .ヽゝ 《jj   / イ  ヽ.     丶__l   ::\ i
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |   バラバラって そう言う意味だったのかお!?
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


103 :◆vsQyY1yD2Q
              __
        /     \
        /        ヽ
       ./       ....-^──‐-...
       l     ....::´          `:..
      ノ   /               \
   (  ̄   ./      /   ヘ   \   .ヽ
    )    ./.   /   |     l     ヽ.   :.
         /   .|   .|     .l   ヘ   、  !
        ′   l.   !     l    |  l  .|
       ′    !   l    ./lノレヘ/l  |   |
       | |  レ∨ヽレヘ   /ィ示示ミl  l 、 |
       |/.|  .| ィ圻不「ト__ノ  以り /  イ } |   あ〜、なるほど。 そう言うパターンでしたか。
       弋l .|  | .ゞ少´       ̄ /  / |ノ  |
         |  ヘ     '     ∠/ .l  |   アエローが封印されてるのは
         | \_ゝ           |  |   |   オキュペテーとケライノーが分離した上 弱体化したため。
         | ...i∧    l⌒ヽ   .ノ|  !  .|.
         | ...l  丶、   ̄   イ |. |  !    おそらく分離状態でも本来の姿が別にありますね。
         | ...l    .l`__.ー ___i! .|. |  !
         | ...l   ./::::::::∧ヘ::::::::::l |. |  |   合体後は更に別の……。
         | ...| ...」〈:::::::ノ(##)ヽ::::::> ! |  |
         -─| ...|≦::::::::::::/::ハ::\  .ヽl. |  |
     ./   | .|::::::::::::/##.八##.ヽ:::::::!  .|丶、|
      ′   . | .|:::::::::/####/ l####.〉|  !:::::::::::て、
    /    ...|. |:::::l#####l____l#####l::|   |:::::::::::イ ヽ
   /     .|. |:::::::\_|:::::::::l_/ .|. |:::::::r┘  }
   ヽ     ..|. |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. |:::::〈    .i
    [∞::::::::::::!. |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. |:::ノ    .'
     i   /|. |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. |./___」


104 :◆vsQyY1yD2Q
          く r'´  _」_ _廴__  `丶l|
             ノ イ   } y=\_, `丶 } 〉
          /ニ入__ ノ hi|    y= T〈
          {ニンハl l l |  ー'     hi| メノ
         ////l l l l|.u     〉‐'/l|   悪魔って、そんな事もあるんだ……。
         /////| l l l l|   く_ フ  ll l|
      /////レ-レヘノV\       イl l|
      〃///,/     N \Tfフ//|ノ! l /
    ///// /      |:::l\_入/// レ′
   /////ノ      /::::寸^ | V
   イ//,/     /::::::::::::::\|  |


                 ___
                   ´/⌒\
               //       ヽ
              //         __}},,.. -―-
                   </^⌒  `丶  \
          / /    /⌒ /::/∧ヽ  \ \ \       ぶっちゃけ、かなり珍しいセオリーです。
            / /    /   //|:::|:|::: ハ
             /          /  ::|:|::::  ::| ヽ │        『偶然多発現象』 があるんで
                    i    l/|/|i∨:::::::jイヘ::::| :::| |:  |    レアケースとの遭遇は期待してましたけどね。
          |│      | :| │ |⌒仏:\∨ レ__V|::/|: ハ  |
          |│      | :|:::八l Y{:::::ハ\/ 〃⌒ |/::|/|ノ: |    やっぱり今は比佐子市が熱いですよ!
          |│      |八:::::::l八乂ソ ,   _⊂⊃::/:::|::  |
          |     r(\\:::_⊂⊃ 、__(ノ ∠イ|:::::|::: 八.    英語で言うとサマー・オブ・ラァブ!!
              \ヽ\{:个 ._     /」:|:::::|V⌒⌒7
           \        V\∨≧=r</ リ:::/ん'⌒ーく⌒)
           \      \    }ヘ_,ノY⌒\/:::/(_     ∨\
                  /}   //∧]土|::L./:::/ 丿      |_} \
                  /{/   ////∧ハ」::|/:::/ (        |{_    \


105 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
: / : /  . : : : : : : : / . : : /| : : : : : : : : : : : : } i : : : : : : : : l : : : /
: : : : .′ : : : : : : : : ,′ : : / :| : : : : : : : : : : : : } i : : : : : : : : | : : /
>ミ」   : : :l : : : : | . : :j/  | : : 八 : : : : : : ,′j : : : : : : : : | : /
  |:::|  : : : :| : : : :/| : :_,L -{:{─-ぃ  : : : : ハ ハ: : : : | : : : |_厶-‐'" ̄|
. N:::| : i : : : | : : :イ「 : : |  :ぃ、{ lハ  : : :/'フ7 'ト 、:│: : : |     /
...|:::::| : i : : : :| : : : l∧ 」jkャュミ、ヽ、ヽ', : :/_//  | : : :│: : : |    /
<::.」: l{: : : : ', : : l オ"/(__;心 `    ', :/ ィァkメ、| }: : リハ|: :│ ./
: |\l: :|ハ: : : :、: : |《 {(:::::::::リ       l/ ん.)バYノ: ://. : : lイ
: |  |: :|: .', : : ヽ : |  弋_:.:ソ       {:::::.:リ イ:/:/ : : : : !:|.    ゲイリンの言う通り
: |  |:.:.|:.:.ハ: : : : :\     `           ゞ_ン゚/: : / : : : : :j: |   私達、本来はハーピー三姉妹じゃないの。
: |  | 〉| : :∧ : : : : {ヽ          :     / : / : : : :}: リ: |
: |  厶:-‐ァ: ', : : :从          , ,       厶 / : : : : ル'. :│   バラバラになっただけじゃなくて
: |  ト.∠_ハ : : : l{丶、       ~     イ /イ : : : : /. : : :│  .弱体化もしたから この姿になってるだけで。
: |  |///// ハ: : : :lー--` ---------- ´--┐ア| : : : :/. : : : :│
: |  |//////,ハ : : :l///,| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |//| : : :/. : : : : :│  元に戻れなくなっていたのも そのせいよ。
: |  |///////,ハ: : :l///| | r‐__r‐┐rー| |//| : :/. : : : : : :│
: |  ト ..//////ハ : :l// | | `ー─‐rー} l─‐| |//| :/| : : : : : : : |
: | / \`''ー- __ヽ :l//l└------| |.| |─┘|厶|/┘: : : : : : l |
/    \ \ )  \ハ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| | ̄厂 )/ \ : : : : : | |
⌒ 、    \ \フ'⌒ 人    l 二 | || / r┘    ヘ : : : : | |
    \    \ \ く  }     | |  ̄| |{ ィ(   /  l: : : : |│
      \   {   \ ヽ ) {    | |   | |{  〕 ∨     :|: : : : |│
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】
       ____
     ..::´:::::::::::::::::::::::`:::...、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
  |:::::::l:::::::|:::::::::::l::::::::::::::::ハ:::::::::::.
  |:::::::l:::::::|::::::/}:::::::/:::/__l::::::l::::|
  |:::::::l:::::::|7苅厶イ}/_i__l::::::l::::l
  |:::::::l:::::::| Vツ    f苅从ノl::/
  人:::::l:::::::|     ,  Vツ 小::l/   で、悪魔合体したら元に戻れるかも知れないんすね。
 l:::::::::::l:::::::|、       |/:::|::::|
 l:::::::::::l:::::::l/>=号==≦!:::: !::::!    やる夫、どうするっすか?
〃´ ̄川八{\_}`ヽ::::::|:: !:::: !::::!
--、    〈/{{_}]厂 \八从:リ
  \    ∨〈ilil| }__/ ,|
       ∨lili| l ∨|
    i     Yil|∨  } |
    |     Y// / ;


106 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \   助けるって約束だし、合体させてあげたいけど
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/    何か今の やる夫じゃ扱えなさそうな気が……。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /

【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


                     それは大丈夫! 他の連中ならともかく

                     サマナーの言う事なら ちゃんと聞くよっ!
                   /´|
                     l  |            _ .. -‐    ̄ ̄   ‐- .._        _       ,.'´  ̄ `ー- .. _
                     |  |    ,.:'´`)..ィ´                  `ヽ.   ,イ| /         /   ...
                    |  |   / /: ′                    ::.、/ .l|/7       ,'     ` ー-: : :─
               __,r‐-:|  |_ / /.:'    .:/   .:           `ヽ:.   、/ ,/l|/7     /
              /./ /´_:.. '´ /:i:.:l   .::/   ..:| :.    .::|::.  :::ハ::.  l  /l|/    ノ .:
           ノl .:l  |(  \..::/ :: :|: :|  .::′ .::/'| i::..    .:::l、/ 、:、:::l::  | ,.イ    ,.ィ´ .: :
          / |ヽ∧.ノ:::`ヽ ∨ \:|: :|   .:l .:\′l 、::... ..::://\ ヽ::|::  |/:: |/:「|´ ノ: : :
.      /  .:l   :::/´  ̄   }、 _|: :|  .::| i::/´\ヽ.::\::::://,.__ヽ:..::|::  l::. |::::::| |´ ,': :
__ ... -‐ ´    ヽ ::′    ,イ\|l_|:..:|  :::| |:l  _\\l∨ 'イ.'_)::ハ`ヾ|:::i l::. |::::::| |ノ.: :
       .::::'´   Y    / 人ヽ|l_l:八  ::ヽ:lィ´.'_)::ハ`     い::ィリ ''|::,' ハ::. |::::::| |ノ: :
   ...: : : :'´    .: ::ゝr-‐´  /::| \`l: :∧  ::|` い::ィ:i     -‐ ´  l/ ./,ノ::. |::::::| |: : :.       :、: : : :..
...: : : : :´     ..:::'´   ヽ. __ ノ:::::\ ヽ : :∧ 八   -‐   、   /// ./ /::::/: 人:ノ,ノ:.: :.ヽ: : : . : : : :\: : : : :..
       .. .: : :'´      \::::::::::::::::ヽ.__ノ{〈.ヽ ::ヽ. ///   _/  ,.:':/ /::∨:: : :. \::.:. :.、 \: :.\: : : : ..、:_: :\
  .....: :: : : ::'´           \:(`ヽ::::::::::ノゝ.__\ ::、>:.... _ __..ィ::::/ /:::::::ヽー-.、::.:.\:: \ lヽ: :ハ、:_: : : >  ̄
: : : : : : :' ´      ..:      .:ヽ.    ̄     l:\ \:::::ゞ::::;ム》:ソ::/ イ  ̄ `ヽ  ハ: :.丶 ー- ∨_\l   ̄
     ..::::'´  ..: : :'    ..:::ノ : : :ー- ..__   ヽ/:::::::\ \_ ̄ :{{jj´/'´     `ヽ..l::. :. \─- __`ヽ.
_ ..:イ:::'   ..: : :    ..:::://´ /:   `ヽノ::/. ̄ `ヽ〉`  {l》:.         ,ハl::.丶: :. 丶     `ヽ)
   /   ..: : :/  ...:::/, .'    /:   ::〃:::∨'´    ′   `ヽ::.        / ,ハ、::.\: : \
 /   ..: : :/ノ  ..::://   .:/:   ..:::|l ̄.:{            、.     / /:::::l:.\:. ヽ   ー- .. _
'´   .: : ::/ ./ .::://    .:〃   .::「厂 ̄:ゝ /´\          ::.    ノ.ノ::::::ノ::.. ヽ: :>‐- .._ `ヽ


107 :◆vsQyY1yD2Q
      |   <  / /     ./  /          ,イ      ト、    ヽ
      ゝ     / /    / 厶-/‐┼ミ    / / !        |.:.:.}     i
        \   ,  / / ,イ / i/   j i.     ,イ メ、  !  !     !.:.:.i     |
       /. \, /  ,   l /ィc抃、 |   ///  ヽ ! /i    |.:.:.:|     リ
        /   { ,  i   |〈 !( 片  !:/ ,イ 斗=ミ、 ト、l    i.:.:.:|    /
.      /   ./ i  |   ハ 乂_ソ        fc ハ ∨ /     |―==ニ/_      助けてもらった恩は
     ,    イ   l  |   i  ,,,,,,,           代 ィノ ム/    i !         ̄ 7   忘れないから。
     ,    l|  l  l  .从       '      `¨´  /      !/        __/
      i    l|  | ./i  / .i\    iア ヽ    ''''''' ム  ハ .リ-―==二i ̄          大丈夫だよ、サマナー。
      |    l|  | / ∨  W \   V ノ       イ/   /ムイ i     i  |
      l    l|  レ'  ∧  !.ー┴心、      < /   /   |    !  !
     i    l:l     /.∧ l.:/ ア7ァ `ュェチニニ孑イ  ,イ   .八   八 l
.      l     l l     ( ヽ∧ l.:.: i i i i | r―==ニ | //    / .i    Y
.     l     l l   / ヽ \.j.:.: ! .l l l l l ⊂ニ代 |.//    /  l      !
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \   ……分かったお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     封印されてるアエローを そのままって言うのも可哀想な気がするし
(  \ / _ノ |  |       三人を合体させて本来の姿に戻ってもらうお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


108 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

                            _ ...-──- ..._
                         _ ...-‐ ´            > .
                       .                       :.、
                  . '´/      /    :i   、       ::..
                  _ .イ /        ,./     .:|    \   ヽ.   ::ハ ____
          _ -‐ ´ _..::/   ,'     //  ,'  .:.:ト、. i   ヽ.   ::.  / _」}_/
            ̄ ̄ / / /   X:/i .::/:.  .::l.:| V:|、/:|: ハ   i::/  ´_」lフ
              ,:' /   /  .:/:/\|.::/l:. ..::/:,'  |/V..:l: .::i : |ノ   ´_」lフ
                /. 〃   ,'   .:.:i:/、__厶:| |:. .::/j/_/jノ |.:;ハ::/ :: | ../  |
           /:/ /    i i :.::|、/´.'_)心l:..:/   ,..- _j/ }'. ,' ::.|'ヽ::. : |   任せて! ケルトの戦女神!
            /:/ / .::/ | | :.::|〈 |.ト::J.|∨   '/´   ` / / .: :К,}:i. :. |
             /:/ i .:.:/:  | ∧ .:.:|::. V:zソ          / / .:.:/_ノ::|: :: |    『戦場のカラス』 が
.         ,.-r‐v、_  l :::,' | .:|/:::ハ.:.:l∧     、       / / .:.:/:::: : :.|: :: l   サマナーを守ってあげるから!
.       /     ヘ | ::l l /|.:.:.:.:| ヽ{ 人    、 ノ   ∠ .イ .:.:/:::::: : : :ヽ:.:|
     .′    /v 〉.::| | |.|.:.:.:.:|  ,' .:::>:..       ..:/ // ̄`ヽ:::. : : :八      /
      l      .:/、.ノ | :| |:| | :.:.:.l  / .:.:/ |i ::::>‐<.::. ̄ ヽ.:::::::::...   :、: : : : : .、  /
.     :.     :〈   | :| |:| | .:.:,' / .:.:/ j:lイ .::::::::.. `ヽ::::::.....       ハ: : : : : :ヽ.ノ
.       V     ::.   ヽ| |ノ |.::/ .イ.:/ /   ` ̄ ヽ::::...  ̄`        }:_: : -‐ ´
        .     ::、      j:/ /:∠イ ̄                      | ノヽ
.       、    ::.、_ ...-‐  ̄l///|:..          ...:::::...       l:: : : :.
        、   ::.\::.     |///|           ....::>::::::::....    ,': : : : : :.
        -‐ ´\  .:.:.:.\::....  ∨/∧     ..::-‐::´:: ̄::`ヽ::::::....   /: : : : : : :.
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】


109 :◆vsQyY1yD2Q
            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kY   |  ||
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||   ヒカリちゃん、よく見ておいて下さい。
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |   祭神さまを力で従えるのは無理です。
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |   ヒカリちゃんに求められているのは
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '    ああ言う、悪魔と信頼関係を築ける
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.   サマナーになる事なんですよ。
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\


       /     /     /            `丶、  |
        /‐ァァ'" ̄ ̄},二ニニ、―-  ..,,_      / \ノ
    ィ仁: : 〈     / y== 、\       `丶  /   ∧
    {::::::/_:_:_/\_/ /´/_ハl |      ,二._`丶  / /
     、::::::://ィ::::;::::|  /:://       ィ==、_\ X゙ /
     厂;::::/: |::/ !::l   {じ/       ´/_ハ |- /  Y
     /: /:::;' : j/: :Nl   `゙′       /::///´/ ノ:|   な、なるほど……。
    ,: :/:::::l: : : : : : :|        〈   {じ/  /イ:ヽノ
    /.:/イ::::|: : : : : : :|       ノ   `゙′ /:::::|/    悪魔と仲良くなれるサマナー……。
  ,: : : :_l:::::|: : : : : : :|、   く⌒)      /イ::イ|
  /:/`⌒ヾ∧: :∧: |x\   ´       ,.ィ': :|/:|
 ,:/     'ヘ/Vハハノ;:'\_>--‐ァァナフフ´/: : : : : :!
ノ/       V/∧;:';:';:';:'`;:';:'入〉::::::::::::/: : : : : : :|
: :|          ∨/∧;:';:';:';:/};:';}\::::::/l : : : : : : :|


110 :◆vsQyY1yD2Q
 |     {   .>__´ ̄      /´ ̄ ̄ `丶|    |/>、
  、  .ゝ≠'"´ ̄ `               |   /////\
  ,ゝ'´ ヽ/                    l  +/\////}
x〈   + |               ,二ニ≦.ノ T^x ////ヽ.ノ
/八   |   , 二二.`        彡゚≡≡ミY´|//\'///丿
// + __ノ _y〃゚三彡     ,   /l///,  |V//ハ<     や っ ぱ り や る 夫 さ ん っ て す ご い !
/////+〉. ノ彡' ///    ノ:|〉         |/////ハ'/\
///////ハ  / '        ` __         '//////∧//
/// 十//∧        ィ´     `l     /////////:!//
_,/ //////∧        〈 /       /    /|/////////|//
|//+////,ゝ.      \    /  ∠//+////////| +
|//////////| >       ̄ ´  /;:;:; }`ヽV//l// l//|//



 ,/ /  | |,x '": : : : :/: :lヽ{ {:::::::::::0}}ゞ= | : |: :|: : ヽ
ノ| |   | 〃: : : /:/: :{: : { |ヽヽ _〃 |:ノ: :ノ: :| !:!: :',
 |   x==〃!: : : {: {: : :\ /    ̄  ィf~ヾイレ': |:| ',: ,
 '  {{  {{: |: : : 乂\:,ニ==、     Wj| } |: : :|:| ',:l
/ /八_, ‘〒" : : : |≧オ::卜ハ       弋ソ {| |: :|\||
イ /: :`¨:.:/|: : : : : :|ー{ Wし::リ    、  ' ' || !: :!  !! 、
 / : : : : /: |: : .:. :ー|=ヘ ゞ^ン     ゝ  八 |: :|\|| ',   ヒ、ヒカリ……?
 |: : : :.:/: : |: : : : : :|  ' ' '     _   /: : :|: :|  ||、 ,
 ': : : :/.: .:.:|:| : : : : |、.u      / ∨ ,.: :|: : |: :|  ||ハ|
/: : : /: : : : |:| : : : : |ノ> . __ ` ニ´/〉|:.|: :〃/  |l ',|
: : : /: : : : 八:',: : : : ',\/≧=== / ̄「 イ/:/: /l/: \;  j
: : /: : : / ハ:',: : : : ',   ̄ ̄ ̄ヽ /| /´イ/:/: : : :/ヽ /
: /: : :〃   ‘ ヽ: : : ',\ー‐ _/\| (   {ハ、: : : : :ハ
/: : :/      \\: :ヽ /^ヽ\ヽ リ _)   }r ]:.: : : : :l|
: : :/         \\: \V^ヽ r=ヘ--、  八{ : : : : : l|
: :/               丶: \/⌒ ノ⌒))/ヽノ: : : : : :リ


111 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ゝ:、       
             7 Lヽ、     〃´,二ニ=-ー‐''<
            ∠   ,∧__∧ し/        フ
             フ ( ´w` ) シ       <
               ,m_'⌒lゝiリ/⌒ヽ  ∧Nヽ∧「 ̄     魔人 時の翁が
            L.∪. l   ! / ,イ_ノ リ  
             ∩,ゝ\,レ' / l                下山するまで
                tェノ) ̄~_,ノ  i  γ⌒ヽ       時間を早送りさせていただきます。
               ''"T~Y   ゝ._ノ リ⌒ゝ
                 レ'i'' 、    .,リ
                   |:| | | i :.、__彡"
                  |:| | | |___,、-.
                    .|:| | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈
                  '| | | l.ノ´`ヽ^ヽ;」
                    L|/__..ャ、|、:::l
                     ̄    ∨

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


112 :◆vsQyY1yD2Q
【 某県 比佐子市 】
                          ,/ ゙̄ヽ へへへへへへへへへへへへへへへへへ_,-ーi、./
                      │   : ゙l.へへへへへへへへへへへへへへへへへl:゙  /゙i、
                         |    :|/へへへへへへへへ熊山登山道へへへ,丿  /  l
                     ,ノ:○   \へへへへへへへへへへ○へへへへ i´  /   |
                         / 日之出町.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_へへへ''" ̄ ̄ ̄ ̄  /     |:
                     /:                     `"''"゛           /      /:
                     ,/                           後木舞町 / ○ 東栄町
                    /                                  ● /         :|:
                ,/                        宿江町       /
             /`                        ○      /           |
             ゙l                                 /      ○大隈町 ゙l、
             │                             /
            │                        秋永町 ○  /                  ヽ:
                |    瀬賀町                    /  蕪子町              : ヽ
            .,/゜     ○                    /    ○                  `,!
         ..,,/                        /
             |:                      天堂町 /                           |
          :|:                    ○/
          ≒i、.            ┏━━━━┳┷━━━━━━━━┓                     |、
           : ,/     ┏━━━┛     ○┃       .新生町 ○┗━━━━━┓        |:
       ━━━━━━━┛      杜有里町┃                          ┗━━━━━━
       ..,r'"`                     ┃                             ,√
      : ,,l″                          ┃
     /゛                           ┃              ○ 春原町        ,,,,/`
   .,,,i´                             ┃                           /:
  ..,i´             : .:               ┃                            `-,_:
 .,i´             ,/⌒'-,,、             ┃                            │
.,,,|:                l"     : `|           ┃
 `ヽ            `'i、     .゙l、         ┃   ○ 万代町                    ヽ
   ゙(、            ‘''''i、   ‘_.        _┃_____ .:          : ___、      .__゙i、
    `~''-,,、           : │   ,}:  ̄ ̄ ̄  ̄ ┃      `~゙゙'''ー--- 、,,,,,〃       ̄ ̄ ̄ ̄
       `''-、        帆覧町゙l   ゙l、        ┃
         `ヽ,、         ○丿   ‘i         ┃┌――――――――┐
           `゙"'-,,、  : ..,,,-"     i         |━━━ 電車 本線│
              `''ー″                 |─── 電車 支線│
                                 └――――――――┘


113 :◆vsQyY1yD2Q
【 ルイ絵画教室 地下室 】

   _.|000OO0OO000|_       _|000OO0OO000|_       _|000OO0OO000|_
||l||l((|__________|))|l||l|i|l||l((|__________|))|l||l||l|i|l((|__________|
=∈| ||。    O      |∋= =∈| ||。    O      |∋= =∈| ||。    O      |
    | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|         | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|         | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|
=∈| ||゚           .|∋= =∈| ||゚           .|∋= =∈| ||゚           .|
    | || .。        . 。|         | || .。        . 。|         | || .。        . 。|
=∈| ||。      。 。 .|∋= =∈| ||。      。 。 .|∋= =∈| ||。      。 。 .|
=∈| ||゚ 。           .|∋= =∈| ||゚ 。           .|∋= =∈| ||゚ 。           .|
    | || 。         。|         | || 。         。|         | || 。         。|
||l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}))||l||l|i|l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}))||l||l|i|l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _
     //|
   //  |__
  //  /:::/|
  | |  /:::.//|
  |_|/:::.//
 | ̄ ̄ ̄|./
 |_| ̄|_||:::


                                  Y  ヽ' ,
                            |l         l   ヽ '
      ∠´゙゙゙`ヽ              ,ノ         l ,. ノ /
   .//`ヽ  `´                       l .\/
  Y ノ  ノ⌒ヽ             _         ,/
  .|  、     l     ,        `Tー- ,,,_   )
   ',  ',   i'´     /           > リ´ .lく
   ヽ  `ヽ )     l           ‐''´  i   , ',    フム……バラバラになり、力を失った悪魔を
      \        ',                   ', ',
      ー,          )           __.   ',l    合体で元に戻すか……。
      /         /       ___   /      .',
    |l . /         /      .r'´r'´ , -┴--、      ',
    |i l       ./       | ゝ'´     `ヽ--- '
    |', |       ',      lハ__,,,,......__   /
    ',ヾ\       .',              `ヽ-'


114 :◆vsQyY1yD2Q

                _,,. -‐―- ..,,_
      ,1__       /        ヽ=ヽ
ァ-,、''"´! ー'/ー-..,,_  ,.‐ヽ     __   ., ヽ !i
/ )iヽーソ `"''ー-..,.7ー{=! i   ヽヽぇ、._j  テ‐'     ./、   無 理 だ な !
,..-i"、''’/`"''-..,,_ ( ノ)(ノ、 )   `''ー''  t、 !    _,.ノ ヽ、_             _,,_
__/ー.ソ"''-,-、 (_フi''"y' ,/  ,-r __-r_ 、 ト!´     ヽ、 ,.‐ "        ,.-‐''''"  ヽ、
:::::;:-'-r-...ニン7ー''::/   !  .i ''" `"'ーr'.ノ       Y          ノ   .、 ,  .:::ニ
‐''   ヽ::::::::::::! .::::}、..    ー‐''"''‐、 iィ'                 ,:'"     ヽ!
-::::----`ヽ、::::!.:::::::!::ヽ:..     '''‐、:!/                /       ..:::ヽ、
'""''ヽヽ   ヽ::::::::::!::::::ヽ:::::::::...... /:::iヾ、 ,.......、            !      .::::::::::;/''ー
:::...       ヽ-、j:::::::::::::ゝ、:::::;;::-''ヽ ヾ   `''ー..,,_        ,.ヽ   ヽ、_ ;;:イ;;;;;;;;-、
:::::::::::...     _  .:!-‐'''ー"-‐`ー-- .._,-''"''ー ::::::_:.. ヽ      /; '     .:::;/;;;;;;;/ ,
:::::::::::::::::..    ヽ、:'::        ''=--、:......:.._;;:::ゝ- .,,ヽ ,..-/';;:'      ::;/;;;;;;;:-、_//
ヽ、::::::::::::::..   ヽ.:_ニ"‐'''"  -‐''''""´:::::ヽ:::/:     `'/ ./';;'      /;;;;;;/ .,;'"ゝ、
:::::`:--:::;;;_:::::........::::::::             ::Y:      , ,  /;;;;!     /;;;;;;;-.、_i /
::::;:::::::   `''ー'-ヽ、:...   ........::::::::::::::::::::::::::::!::::...........:::::::/'   !;;;;;ヽ    /;;;;;;;;' /;/''ー::、
::(::::..     `" ::-;;;;;:ニ-、::::::::::::::::::::::::::::::::;;ィ''"''::::::::'''''7     !;;;;;;;;;;`ー-';;;;;;;;;;! !:!::::::::....
:::::ヽ::--‐‐―-::;;:::_:.. ..  `''-::;;;;__;;;:::--::イ:   ::ヽ:/     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;:‐'`ー'""''''ー
:::::::::::::     :::::::ヽ::-:::::_:::...   ::i:::::::::::;!::    :::i:      ..::::::"''''''フi
:::::ヽ;         ..   `''-、_:::.._ノ::::/:::i:::..   ..:::!:::.   .:::::::::::::::/:! .!
 ::::!::::.. ......::::::_;;:::-:::::::;;;_:::...  `:::::::::'::::;:-'ヽ、::::::::::::;:ヽ:::::.. .::::::::::::::::::::::;'.ノ
:::.. ::-::;;;::-‐''"      .`''- ::;;;;;,.-‐:: ::!:::::::::::"''''7ヽ、、ヽ:::::::::::::::::::::;;: ‐"
、::::::::;:     .............       :::. .:;ノ:::::::::::::::ノ   ヽ::::;;;;::;;::-'': (
:::`::/   ..::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::... ヽ:::´::!::::::::;;-''        `''ー''"
 :::ヽ  ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::; /:-'':'::/"´



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   諦 め 早 過 ぎ だ お !
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


115 :◆vsQyY1yD2Q

                        _,;--~~~
                     __ ,./'~
                十  /||レ
                     ,//'~y
                    ,//9l {      ,
                 じ'  ノ ,    <
                      (  (__,,,_   ノ
                       ア {i)_,,フ''        いや、無理なものは無理と言うしかない。
                   /  ノ iiii,,
                    /  .,{       /    バラバラになった悪魔を合体で元に戻す。
                 <_  _,,ユ,,,  ,_   /     それ自体は不可能ではないが
                   ~''T   `-9)
                      厂`'''''''''~          失われた力は、どこから生えてくると言うのかね?
                     ,ゝ  ー .,,__/
                    {i         _
                     ll      _,,,-''~
                    ヾ、_,,,-<,,,



      / .::   /..::::::::::::::::/:::::::::::{:::::::::::: /   |:::::::::::::::::::::: !:: |
      /  ...:::::/.:::::::::::::::::/:::::::::::/l::::::::::::;     |:::::::::::/:::::::: |:  |
    ./ .:::::::::::/.::::::::::::::::∧::::::::::l ',::::::::::|     |::::::::/ !:::::: /:.  |
    ' .:::::::::::/.:::::::::::::::::/ 丶 :: |  ヽ::::::|    /::::::/ |:::: /:::: |
   / /:::::::::/.:::::::::::::::::/    ヽl \ \!  /::::/ ,.'::::/ :::::  |
   / /:::::::::/.:::::::::::::::::/        \,     ̄ ///|:::: |
--‐' .::::::::::::i.:::::::::::::::::::l ̄{匸 _テナ¬      /  '´  l :::::  |
........:::::::::::::::/|.:::::::::::::::::::|  ゞ=二ノ        ̄{匸 _テナナ:::::  |
::::::::::::::::::::::l´|::::::::::::::::::::|                  ゞ=二ノ  '::::::: ,'   ビビサナみたいに
:::::::::::::::::::::::v' :::::::::::::::::::! j|          '       ,'::::::  ,
:::/⌒个ト /.::::::::::::::::::::/ U                 ,:::::::: /    弱体化した悪魔になるとか……ダメ?
/  \\/ .:::::::::::::::::::/、                     /::::::: /
    /:::::::::::::::::::::::/、\               /,:::::::: /
   〈 ::::::::::::::::::::::/  \. 丶.     ___    イ | /:::::::: |
    \:::::::::::::::::\     l  /l≧=┴┬┴=≦l:::ノノ/:::::::::: |
  丶.  丶 ::::_:::::::::ヽ.  |  |   || ,   |/ {:::::::::::. ヽ、
 /{ \  ∨}::::::::::::)  |___j     , //  |   \:::::::::..  \
 \丶----‐='...::::::/、  |   |   //|'    |     }::::::::::::::..  )


116 :◆vsQyY1yD2Q

             ,へ、_,..-――-、.._
             ! /、ヽ       `ヽ、
             ,ゝ9         ,   `、
            (  、 (     〈    i
             〉-ェ'> 、`ーェー'  '  ,-、 i
          +  i  /  `  ̄   、 ' f' 〉|     あれは弱体化した状態で召喚するために
            ,! 〈ー、 、  ,-、   /  〉ノ |
            〈ヽ'`ー´`ヽ、ノ 〉  l  |´ !       わざわざ専用の術を使うのだ。
            `Y ̄`ヽ、__,ノ   ,   |   !
              '⌒    _,ノ  ,!/ ヽ_      逆に言えば、そうしなければ
             (  (      _,r'´-一'´ ̄ !、  召喚失敗でスライムが生まれるだけだろう。
             ヽ、___,,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::!
              ,ヘ:::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ,!|i|:::::::||i !::::::::::::::::::::::::::::::::
             ノノヾヽノノゝ`

【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
.            /  .::::::               .:::::::::::.. 、
       __ ′ .:::::.′u:::,'  / U  .:::::::..`:.、:::::::: ハ ___
.      ∨l__ \i:::/ .i::、/l ∧    .::/ヽ::::. ハ:::::/ __|_/
.        〈_|__`  ∨ i |::/\/  、  .::/u l/'l ::.∨  '´__l_〉
.      〈_l_`ヽ. | | l/u∨\ ヽ./u/∨ | |:: l  / _l_〉
.        `ヽ.  | i :/ ¨フ ̄|゛    "フ ̄|¨| |:: |  ,.イ
            |:\l ∨  |  l     l  l lノ:: |/:. i
           |.::/l  :|.  ー ′      ー ′.|::: |∨:: |   スライムになるのは ちょっと……。
           |::{ .|  :l:.///    \/  /// :l::: | .}::::.|
          |::ヽl  :l:::.、ιu         u .イ:|::..lノ::::::|
.            |:::i∧ |:::::::>:...  ___  ..:<::i::l: /:::i::::::|
.         、__ |:::l:::::ヽ|:::|i::/´ /:::/{j\::ヽ ハ:::l/:::::|i:::::|
          \:::|:::|:::::::::::::ll::{  Y´ヽ.  /::`Y  }:::::::::::||:::::|
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】


117 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \   ドリー・カドモンを使うのも……この場合は意味が無さそうだお。
   |  u   (__人__)   |
   \      |  |    /   そもそも、もう一個手に入れるとか当てが無いし。
   /       ⌒    \



                      , = - ―――― - =
                    /             \
                 / ̄ゝ               ヽ
                  | i⌒/                 Y
                  | レヽ      l                 ',
                  ゝ-' ,   く               }
                   ノ /    `                |    そうだな。
                    >`゙tヽ         __       l |
                   /  ´     i   レ´ ヽ      l l      安定はするかも知れないが
                    /   、     /    /  ) }      ノ、.     元の姿に戻れる訳ではない。
                 `>ー-、 、   l     > / /   ,  ',ノ`ヽ
                    `ー、 ∨l  l      __/ ヘ/ ,,/:::::::::::i
                   }、\/ /    /   _,,r‐'''´::::::::::::::::::|、
                 _,,= ( \/  __,,,,r―'''''゙´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /三( ){`ー- ,,r‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
             /`ー―‐ヽ ', ',::`ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


118 :◆vsQyY1yD2Q
          }  }   |
          }  }   |
――‐r――┼ー┴‐r'
: : : : :八    ハ    |
: : : : : : j\_/  \ |
: : : : /j: : :〈ー‐ftケ|
-‐ '´: :/: : : i丶ー  ヽ_    え〜っと、弱体化召喚に、造魔合体……だよね?
: : : : :/: : : : | u ' '   /
: : : :/l : : : : |     /    習った事はあるけど、やる夫さんって どっちも経験してるの?
: : :/|: : : : | /`ーァ┘
:/、.」 : : : : :! {_)ノ
彡イル}_:.: : : |__/
///  `ヽ:ノ
//      \
/|         |


/        /    , / ヽ ヽ
        /       //  ハ  ',
         / :/  /∧:   !:  !
       '  / //  !   |:  |
      ; :/: //   |:  | | ! !
   :   /|_/」:/     ,: /:/ | |
   :  / |( |'  ̄`ヽ /: / ハ :! !
:  :  lニy==ミx _  /: / /: | | |
:  :  | l 〃]|\` /: /.:/: : | | |
:  : ::  |‐-=⊥」j_  /: /: /.: : :| | |
: : ::   |  弋ソ(|l l|: :/.: : : :| | |   そうみたいね。
: : : :   |      |!__l|\_: : : : / /|
: l: : : |U     ̄   ノ: : :/ ///   新人らしからぬ濃い経験をしてるわ、あの人
: |: : : |        / : : / ///
: |: : : |    __ ,/.: : : :/ ///
: |: : : |     _ノ´ : : : / ///
',:|: : :  |、_   _// : : : : / ///
ハ|: : :  |   ̄ //:/: : / /〃
l八: : : |    //:/  /'
|  \: |     /´  /


119 :◆vsQyY1yD2Q

      〃         ´ ̄ハ ̄`  、
      ||      /   -/   :。    \
      ||      /  / //   ‘ \
  ___  |    /      { { :.:.: }       ゚。         / ̄`ヽ
. / r=ミ 、{    .′    ,小 ゚。:.:./}ハv、 }   }        /厄)  ノ
  \乂9ハ:。  { /   リ/`トリ、∨斗匕∨  j|      jー  /    いやー、良い教材ですねー!
   \  -- 、 乂{ {   { 三≧ ″≦三,′ .:ハ、_,/ ̄`ヽ /
    /   ノ∠⌒ヽ.,__>  r =┐ 彡イ:.//\ _乂     \    初日から こんなに色々と見せてくれるとは!
   /    / `ヽ \: ゚。 \  ∨ /  イ:.:.′/ /   \    ‘,- 、
r―{    /  / ヽ} : | |..> 二 <..| |: :{ /´\    丶   }、\
.../ 、     /   /∨:| |   \__/  .| |___f⌒ヽ   \   /\\
/  /\     /   ノ「} l>―‐{:}―<| |:.:.∧  \    /い.... \
 。゚ /.....\      /:.{/ ハ´ ̄〉介〈 ̄:.| ゚。:.:.:.:\     イ......∧∨
/  /...../........ー‐r:.:.:.:.:/  /: : : //: :..ぃ: : |   :。:.:.:.:.:}`¨¨´ │.......∧∨



             /         / /                  \  \\
                    / / /        l|          \   \
            /      /  /          l| l l
.           /      /    { {      | l| l l|  |               l
                    /   l  人      ト l| |」|_ |         .l    | |
                     l/| |\    l| l| |八 「  l   |   l|    | |
                  l  イ| l| | l|\   八 ハ⊇=ミx  |   |   l|    | |
            |   l|   | { 八力冖ミx八  .厶V勹::l:::::i(_}爪l|   |   l|      l
            |   l|   | {勹 {::l::::i(_}^ \/⌒    .辷..ソ^ 从   l|  八  ノ ノ
         l|   l|   | { 爪  .辷'.リ           `ニ´ /    八     /´   ここは そのお礼と言う事で
        八  l八     |  `ニ´    、     ヽヽ/    小{  (
          /  \|  \  \|ヽヽヽ            __彡イl/ l|           私が手を貸してあげましょう。
.         /   ...-‐-ミ  、\ ー-‐ノ   、__   '     小l   l|
        /    (:::::::::::::::::\ ミ辷彡           / |l     l|         と言う訳で合体師さん。
.       / /⌒L}::::::::::: -‐-ミ::.. 个           イ|  |l   八
      / /:::::::::::::::::/     __):::\   {`   -‐ {_ 从       厶 \         当方に宝石を
      {:::::::::::::::       {:::::::::::::\ \\_____}:::\_V    /::::::\ \.       提供する用意、ありますよ?
.      _]:::::::::/        ̄}:::::::::::.   \:::::::厂}:::::::}::   :::::::::::::::}  \
      {::::::::::::            〈:::::::_}::::::.   ⌒V⌒l::{__l    |:::::::::::{___   \
    l   \::::::|  {           、:::::::::::::    __」___」::}:::|    |::::::::::::::::::}
    |    _)::::|              \{:::::|   |::::|:::::」厶:|    |::::::::::::::::人
    |    {::::::::|    \       \}):::|   |フ   {::::「|    |:::::::::::::{_ }      }


120 :◆vsQyY1yD2Q

               _,. -‐…‐-  、
             /'7"    〈    ヽ
         人    {L》 /  __,         '.
            Y     ゙7} 〈,ィ・. イ      '⌒ヽ
             〈/          /  〉 }i    宝石か! 確かに、それを使えば……!
             //  、   、  |   { ノ八
             ヽ>'"二ヽー' 〉  |   「   >'"\
               〈/    ̄ /  | /.:::::::::::.\
              ゝ ´ ̄ ̄    //.::::::::::::::::::≠⌒)三
              〈 ヽ   _ .. イ/.:::::::::::::::::::≠ニー=三
                 ー=≦_,. -‐:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄
                  ,.イ:::| i\\:::::::::::::::::::/.::::::::::::::::
                   |∧:::| |:::::.\\:::::::/.::::::::::::::::::::



              /               ┏━┓
           /:|   _,. .-――_-: . .、      ┏┛
           {: { ,. ',......_/:  ̄: : :`ヽ、:`ヽ、    ・
      /´ ̄`ヽ`/: : : : : : : : : : : : : : : \: : ヽ
     /⌒>' : : : ': : : : : : /: : : : : : : : : : : :\: ハ
        /: ,: : : :/ : : : : : ∧: : : : : : :、: : : : : : :ヽ:}
      ': :,ィ: : : :/: : : : :/:/ ∨: : ト、: :|、: : : : : : : ヾ
     /: //: : : :': : : : :./}'___ ∨: :!´∨ ̄、: :.∨: :!、\_,
      {:.//イ: : : |:': : : / ´  ` ∨:|  ○ \}∨:|: \´
      |' {: |: : : {|: : :/   ○   ∨        |:∧ト、:_:_>  宝石って、指輪とかのアレ?
      |/|: : : |∨:ハ                i'_,ハ!
       ' ∨: :|{:{/{: }       っ      .ィ/{        そんなの使って何すんの?
        \:!从 リ> ,... . . __,.....ィ:{ ∨
                 /イ{/V/:::Y:::::}ハリ
                 {  {:::::||:::::| }


121 :◆vsQyY1yD2Q
   l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :| //: : : : /: : : : : : :l:|  |: : : : :|: : : : : :|: :|
   l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :|〃: : : ://: : : : : : /:l  |: : : : ハ: : : : : |: :|
   {: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.:.//: : :._: :. :イ_」    `丶」 \: : ::|: :|
   |: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.//>'"└'´           入 j: :|
   }: : : : : : : : :! :|: : : : : : : : :|: : /                   /: :`|: |
__」.: .: : : : : : :. :|: : : : : : : : :レ´       、       /   : : : :レ′
    ト: : : : : : : : -l: : : : : :.l: : |     _... 、`ヽ-'    /z=rゝ,': : : : |
    | }: : : : : :/ ,-|: : : : : :.l:.l:.| -≠ァ=¬=z      イム。ノ /: : : : :|   宝石には魔力が宿ると言われていて
__ | |: : : : : :{  l: :|: : : ::|:ハ:|  弋辷ヘノ       └'′/l、: : : :.|
    | l: : : : : :.', {`ヽ_: : |ハ|                /v|∧ハ/   悪魔も好むと言われておるが
    | |: : : : : : :\`丶 \|   c            ヽ  /: :/
    | ハ: : : : : : : `ヽ- 、                    ` ノ: :/          それと何か関係しているのか?
   /: :.ハ: : : : : : : : V  \                    イ: :/
   /: :. :/ ヽ: : : : -―}\             __, ' / | /
.  /: : : : : : 入/   ヘ \  ヽ、         /   K――、
 /: : : >‐'" \   \l  > 、  ‐- 、 _ イ |    ハ   |
./: :./      \   \     > 、」/   | |    l |    |


           ./ .:::!::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::「 _:::::i:::::::::i::::::::::::::::::.
         .′.:.:::l::::::::::|::::::::l:::::::::::::::::::::{  i:::::}:::::::::}::::::::::::::::::|
         |:::::::::::i:::l::::::|::::::::l:::::::::::::!:::::::| --i:::イ:::::::イ:::::::::::::::::::!
         |:::::::::::i:::|:ト、ト、ト、ト、:::::::::ト、::::|   }/ i:/i/ !:::::::::::::::::::!
         |:::::::::::i从{ ,x =ミ\:::{ ヽ{ ,,x=iミx |:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::i:. 〃爪__ハ   ヾ     爪_,iハ ヽ:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::iハ {{  _).::::リ        _).:::i:リ }:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::i::::.   `ー゚'         `ー|i  |::::::::|:::::::::::  へぇ……悪魔も宝石が好きなんすね。
         |:::::::::::i小, .::.::.:     '     .::.:|i  i:::!::::l:::::::::::!
         |:::::::::::|:::∧                  |i  i:::!::::i:::::::::::!
         |:::::::::::|:::i込、       r‐,      |i ,イ:::i:::::!::::::::::|
         |:::::::::::|:::i::l::个:.,.           イ:::i:::::!::::|:::::::::|i
         |:::::::::::|:::i::l::::l::::l::::`ト . __    ´ ,|i:::i:::::!::::l:::::::/!!
         八:::::::::|:::i::i::::i::::i:::〃{__    __    lト.i:::::!::::l:::::/ |i
            \::::|:::i::i::::i:://   `_V_´,    リ' i:::::!::::l:::/ リ
             ヽ!::斗イ: : :{  /:i:i:i:∧    /i::/i::/i/__,/


122 :◆vsQyY1yD2Q

                          _,..--―‐--.、
                         / ,;ヘ     ヽ
                         i i !       i
                      +  i ヽ()    !   i
                        i _, 、<_   `  y、
                     +  〈.´=.! ` `=´    6.)   ウム、その宝石の魔力を利用し
                        .! '''.|_,! ''' 〈  |'´!
                    __,..-‐!(_,-―-、__,) ' ,!  i   失われた力を補うのだ。
                 _,.r'´ ̄  ヽ、. !`ー'Tー'  _,r'´   i、._
             _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
            ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
            i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
             !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
           ,r'   ,′      /         ヽ、           i
          /    !        ,′          ′             !
         ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
         !/     ト、_,.-‐´  `、                Y'´    Y



                |   |     _ ─ 、‖´      \
               |   |   > ´ /´ ̄ {`ー-、       ヽ
             |   |//   ´   / | }   \       }
            ∨ ' {/  / / /ハ , ||  }    ヽ      |
             }  ∧  {/ |/\|/| ハ }| }八\}    |
              /i   } 从_  \ ∨/_リ | } リ    リ
               /. |  /`ー⊂⊃ ̄  ' \ ,リ ト、    /    そう! とある悪魔合体師が編み出した
               /. |  / |  }   / ̄/  ⊂⊃|/
           / /(i_ノ  |  i`} / /   ノ ハ          宝石の魔力を悪魔に上乗せする荒業!
           / / 〉,   | ハ ::::}ー'_ イ | ヽ
          ノ/  { ∨  |   }::::}ー、i::レ:i | ∧
         /  / | ∨ |   |:::}、i_i::i_.{ |L ∧         時には魔人すらも呼び出すと言われる
        /  / .八 ∨ |  {:::::| }::i_i:::、 、:|、∧
     /   /   /-\∨   _}:::| }_i::i_i::ヽ、i_\_、          その名も 「フィーバー合体」 !!
    /   /   / {:::::::{ヽ Y::::::::} }::i_i::i_i:ヽヽ  }\
  /   /   /    ̄L::{  ー:::: |  }:::i_i::i_i::::}ヽ.ノ  \
 /    /   /      八   }/   }:::::i_i::i_i::iー,∧、   \
./    /   /     __ ∨ /// リ:::::::::::::::::/∧ } \   \
     /   /     /:::::::::\∨:::::::::::::::::::::::::::::/  } } /\   ヽ
   /   /      (::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/   /  /   ヽ   }


123 :◆vsQyY1yD2Q

                        .  -――‐- .
                      /. : : : : : : : : : : :
                     /: : : : : : :/ヽ: : : : : :
                       /: :/: :/l: :/  |: : :/: :
                   /: :/l: :ィ T.:l   | : /: :
                     /: :/ ヽj ヽl  ノイ:/
                  ': : '          ´
                       l: : :| ○           なんで 「フィーバー」 ?
                r‐:|: : :| ' '       ○
              /し': : |: : :|   r      ' '
             八: : : ノ.: : :|ゝ.   ̄`ー┘



     /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//   編み出した悪魔合体師が
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ     この時だけは
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___     ハイテンションだったからだそうです!
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈       英語で言うとヴィクトルズ・ブラック・ヒストリー!
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂


124 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\
   /   (__人__)  u. \     でも、宝石なんて高価な物
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)  使わせてもらっちゃって良いんですかお?
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


          //                      )}
        //            ''" ̄ ̄ >‐く  ̄``丶、
         //            /       /    ヽ‐- 、  \
      //          /     // /   い\ \  \
      //         //   / / / /   l  i  ヽ ヽ   `、
     //       / /   /    l  i l   }  l      ゙; ヽ
      j       / /   / /  / l  { l      l    l   i い
     j j       / //  j j j / /l   ! l    l  l   l  l  l ト ゙、
     ! l      / / j   { l l/\l l l い   l /l j,,ィl }   } ! \    構いませんよ。 見物料です。
    j l      { ‖ !  { l !ハ{__l l`ト!L ゙、 l /斗''「ハ从j   j j l
    l l        ! {/ {   i {彡勹示ミ人 \l/ jノ''芯''_ /  / ハ!      どうせ、悪魔と戦ってたら
    l l      ゞ、 i    ト{ {:{リ:}   \ j   {::{リ:} ノイ  // l.       時々落とす物ですからね。
    | l         ト{ヽ 人  乂;;シ       乂;;シ  ノj/ l l i
     l !         l j  \ \ ``        `` 彡 / ハ{  l      むしろ、このレアケースの方が
      い        j j  / { `ミ>      '       ̄//  l'"⌒ヽ、--、   宝石より価値は高いです!
      人゙、      // / 人 \   i>ー ''^}  / j  l     }ミヽ-、
         \     /  乂_ `ヽ、>x、 ゝ.   シ イ   {  l    /: : : :ミ/-、__  _
                /  /    ̄ヽ \Χ ミ ー '"/xl     l   l   /: : : ミ: /: : : /: : : :\ _
               ノ /          Y ヘ\Χ \ jΧ!    l  l l:::./: :ミ: : : /: :/: : : : -‐''": : : \
          / j            }  i  \ /干ヾ   r┴┴‐<-――--=二__..::::::::::::.... : ヽ
           /  l          l   l   Y┼┼}  /ヽニ: : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄: : : : :ヽ
         /     l            j  l     } Χ//    }: -―: : } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
      /    __l       :::::::j  j     /Χ/    r‐{: :二: : :l: : : : : : : : : : : : : _: : : :-‐''"
     /   / }: `ト,,,_   l:::::/  ┌ 、__r/┼{--‐ T ̄い: : : 二 {ー--― ''" ̄ \
   /    // /: : {: : :/`'''┬-/   j / / l ┼ハ : l: : }}: : 斗 ''"l ̄ l   i   ヽ    `、
   /    / 〈: {: : :ノ: : j: : : :j: :/   {    l┼┼!: :}: :ノ'": : : : : l  l  i    ト、   `、
  /    /    \: :/: : /: : : ノ: :l    }    l┼┼l: イ : : : : : : : : }  }  i    い    `、


125 :◆vsQyY1yD2Q
【 Talk 】━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
                                   /   |  ノ〉  _
                                /     l/:/ //
                   _ ... -──‐- ... _    /i   /'´:// /
                   ,.ィ´           `:.、 / ′  ′/'´ ∠_
                  /                 ::.、: ,イ|    .イ.:  `ヽ、
.                 / /' / i:  ,イ     :i 、 :. ハ/ |||       -=< ̄
.          ____  / ,′ /  :|: :/ | i:.   / | |i:.i、:: l '/        ´ ̄`>
.        \_|l_ \ :i  l: /,.-‐,'‐ | |::..  ,⌒jノトl|:::. |,/         -‐<
__        ヽ.|l__` |  |/: /|/__.、| |:::::. /,ィ=ミjノ|::: ,'′          \
   `ヽ.      ,'\|l` |  |: /,ィ=ミ、|,ハ:: / 'f:::ハ `》::/         、:.< ̄ ̄`
   ヽ. l       /   `ヽ|  |,'〃ん::ハ` j/  い:リ ,''|/::.         トヘ:〉   約束を守ってくれて
     i: |    /   ,':{´|  | ヾ弋Y:リ        ̄......lヽ\::.   :.、:.  |  ′
    :八    /   .: ::ゝl .八 ....... ̄  _ -‐  //,'.:::l:\\::../`ヽ/      ありがとう、サマナー!
    /:. \ ノ   /: : ::八  .\///   l´  .:| ,.イ: |:/::. ヽ Y
      .:/    /: : ::/: ::.ヽ. \>:...  ヽ.__..イ::::|:::|'ヽ::::. .:j人
    .:/     ノ: : ::/: : :/::::.\ \::}:::::::::iYl:::l::::::|: l、. ハ\ト、:._>
   .:/   / .: : :,': : 〃::/´ \ .ハゝ::-‐l{}j'`ヽ:jノ:ハ l
  .:::′  /  .: : : : :::/: :::l   、i:::ヽ|::/ {{j〉:.  `ヽ::l_」
 .:/    ,:′   / .: ::,': ::::::|   |::::/    `ヽ'.    Y:::|
..:/    /    ./ .: : : : : :::::|   l:/         ::.  /:ヽ:::|


                          ___
                        .. -‐  ̄    ̄ ‐- ..
                    /                   \
                __   .′./     /         :.、ヽ   __
             , '´ .:∨.:: '′' ,'  ,l |:.     ./: :i:.   ハ: Y´  ヽ
                 ′ .': ::l:/  / / ,/| |i:  ,':/´| :l::.   l::.|::..  ハ
              |   .i: :::/   ' -‐/‐-| ||:...:/:/-┼:|-:.   |: |:::i:.  |
            _ |   :|::.::′ .:i :/'|/_、|,ハ:.:/'/,._|ノ|::. : ,'. |:ソ:::|::..  l_
.            l_   ̄ ̄》.l   ::| :|,ィ´.'_)ハ` ∨/ ´ん:ハ`>:/ . |:´《 ̄ ̄  _l
              `T ‐-<| .i :ヽ|`、ヒ:_::リ     ヒ:_::リ,'|/ |:. |_.. >-‐ l´   姿が変わっちゃうけど
                |  i': :| i|: ::lハ xxx   '    xxx. |::: :|:..|i:ヽ:::..   |
.              |  l: :l'| ||: ::|::丶.   、 ̄ノ   .ィ: |::: :|: ||:: ハi:.  |    これからも よろしくね!
            |  |: :|:|,ハ::. ::|:::/l:_:>:. _゛_ .:<:_人:|:: ;ハノ|:: : :l:: :  |
.    _    、‐- .|   |:..:|::::| V:::|:/ }三|l ̄匝l ̄l|三{:::|:::/  |:: :/l:: :  | /′    __
    `ヽ  ̄ ー-\ :|   |:..:|:,ィ─ヽ|‐v'==|l_{lj}:_l|;=='vj/,.─-|::/_.|:: :  |' / -‐'´ ̄  / _


126 :◆vsQyY1yD2Q
           ,.:': : : : . . . .::/   /     .: :.     、    ヽ.丶.  :..、
         /.: : : : : : :.:_:/´  / .:,' .:.  .::/|::..   ::. i::. ..  i  ::. ヽ:::. 、
        /. .:/:: : : ::/ .:′ . ,': :/.: .:/ .:,' |:.|:.  i::..|、:. i::..  |  i:. :.、::. \
       / : : :イ:: : : :/(:()i  ::. i:.:/:_:_,'」:./-‐|:.|l::. ,ハ::ト.L_|:i::. |  |::..ハ. ` ー-ヽ
    _ ..-‐'´/ : : ::/、  |.:. :. ::..|7j: :/__j/、 |:.||::.../_j:ノ_|: :|:|:.: |  |::. l
          / : : ::〈\\ |::: ::. ::.|イ爪_ハ `  jハl::.;イ爪.ハヾ.jノ:.: :.l:. |、::. |
          ,':/l: :i: ::ヽ. 二.|::::.:::.:::|、ヒz匕リ    j:/ lz匕リ '/:|:.:.:./::.|:.| l::. |
       j/ .}: :|: : : : : : :|::::::::::::|  ̄     ´    ̄` ,'::::|: :/: : |l:| |:.: |
          ノ:ノ|: :: : :i: : |::::::::::::|          ′   .:::::: j;イ |: : ||:| |:.: |    ……ありがとう……。
       .イ'´  |: |: : :|: : |::li::::::::|:.、     ,.,    ..:::::::::::|l.:| |: : ||:| |:.: |
.     /    :|人: ::|: : |::|l::::::::|::::>...     .. イ::l:::::::::::||.:| |: :.ハ:| |:.:,′
.    /         ヽ|: : l:八:::l::|=====≧‐≦{: :/j/|::|i::::::||.:ト.l:./  j/
.  /           ,:'´  ̄ ` .:V::|三三l´二テユlヽ. ノl:八:::::lj:ノ j∧
./ .: .::.       /         }::lー-:.、.:::〔rj〕.:イ   ′ ヽ:{′ ハ
 .: : : : : :. .:.    .:.′     ::. j/      ::{l,j:}    i:.   |     :.
: ;イ: : : : : : : : :.  .:|       i::       ::〔rj:j    |:::.   |     .: :ヽ、
/': : : : : : : : : : : : ::|        |::        ::{」l」.    丶::  |  : : |:ト、::.\
:: : : .:: : : : : : : : : :::l       l:          :.、::.     ヽ..l::. : : : lリ   ̄`
:: :.:/|: : : : : : : : : : ::._...-─‐-{イ\         ヽ.      ∧::..: : :|
:.:/ |;ハ:: : : : : : : : ::∨//////,|/\\        :.    / ハ人:.:|
/    }: : :/l: : : : ::i///////|:  \\      .}:.   / /  l ヽl
.     j:/  |: : : : ::}///////|:.:..   ヽ ヽ::... ..::ノ:::...:/.イ...::ノ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━【 Talk 】


127 :◆vsQyY1yD2Q


   ここは出血大サービス! もってけドロボー! 英語で言うとシャイニング・トラペゾヘドロン!!

.     //                 /     ///           \         ゝ´  `ヽ
  //                      /      / { i    ヽ  `、.       \      く
  / /                      /     / / { .|    i \ \     ヽ      ヽ     }
. / /      / ⌒ ヽ          /     /     i .{    | 丶  \     `、     '}       i
/ /    /     )       / /     /    | { i.     l 、 ヽ  ヽ.     ',.      }     i__ 、
i i     {     {'       / /     /    i  マi    i jl | i  i   i .l  l     / ̄ ̄ ̄     }
|,/'      l     |.       / ./ /.     i i  l  l;! | \ヽ.  }、 }l li }\}   l jヽ l   /             i
'.      ヽ      l      { // |     | {l lゝ.八ゝ, ゝニ=ー }' W  }   } l },|  /   ,=ニ=一   ヽ
.         ,i ´`ゝ、.{       i l } .|     i/ ヽ{ ヘ! \!\  / リ x≪" l / / i\i|  /   ´         }
.      /     ` ヽ    |l | /l |    {   `"≫x   ゝ'  ,,≡≡≦,ノノi/.| |  \, \            |
.     /           /` 、  乂' l |、 、  ヽ ≧≡≡''   ,   '///,' ´/ /リ\_/:: \           |
  /       _ ー- ' \ }_ '   マ∧ |\  \ '///,'           ∠_ノ ,/ , / /:::::::::{ヽ}ゝ         |
 く      ィ ´      / i \ー '、ゞ ヽ! `ー一`\  ヽー--一'ノ    // ,/Y´/ /:::::::::::i { '、.          |
  ヽ              く / ヽ, \:: \<へゝー‐一 ゝ  ゝ _ ィ,   /i// { / /:: !::::::::::: ヽi  }         |
   ∨            ヽ、 ';::::::::::::: \\ \ヽ |ゝ,_       //} '  i'/:: !:::::::::::::::::::::: {   |        ノ
.     ∨           i `;. i::::::::::::::::::::\ヽ \ゞ、八 ゝ`,_ー- 'ヘ´  /l  l{::::::::::::::::::::::::::::::::` 、ゝ    ,ィ ' ´\
.     ∨          | i }::::::::::::::::::::::: : i: : ,ヽ l|:: \  ∧ユ|. \/ .|   |ヽ: : _:::::::::::::::::::::::::::::::\>< ノ    \
      ∨           ! |/::::::::::::::::::::::::: : |::::゙| } |i:::::::冫ゝ、 以/⌒i |  ト、`、:: `>、__:: ゝ ' ` ヽィ' \
.       ∨            i'::::::::::::::::::::::/: : |::: l::| l::::: }   { }   }.|  |::ヽ::::::i ̄   \ \          \
.         ヘ         /:::::::::::::::::/___}:: i::l |::::: ゝ /ゝく`'ー┤i  |:::::ヽ:::|     ヽ, \        \
          ゝー - ,__ ィ ゝ一 _/ ̄  ヽ:::: l:::i |:::::::::i`  /〈〈 \丿| i i::::::;∨
        /    `ー ´ ̄ ̄ ̄/ /.    i : }:::| |:::::::::|`ー'  〉}     { l {i:::::::{i
      / /  /   /   / /i    ∨::::i  l:::::::::|    } }    ヘ \\::::}
     / /  /    /   / / |    /::::::i.  |::::::::{   { }    ゝ,.. \\l        ヽ       \


128 :◆vsQyY1yD2Q
                       ;;,   ; ;;   ,;;
                       ;;,  ; ;   ,;;
                        ;;,  ; ;  ,;;
                        ;;, ;;;;  ,;;
                           ;;, ,;ll;, ,;;
                          ,'´ー'^ ー'',    で は 、 行 く ぞ !
                            {.l(ー' ̄`ー).}
                          `l` '⌒ ´ l´,   フ ィ ー バ ー 合 体 !!
                          /;`ー' ―' ',
                     , r'´|  ヽ;;;; 冫ヽ`ヽ
                   , r'´ _l___  ', /  __',_ `ヽ
                , r '´ー - ' ´    `ヽ Y´    `ー-`ー-、
                  // /´      __,,__} {_,,..        \ `ヽ
            / / /            `i.i´           ヽ l ヽ
              /   l/               ハ              ∨  ',
               | i   {         _,, -く  >,- ,_           /  ノ }
           Y/`{ゝ_   _,,..-‐''        `ー ,,     ,<_ ヽ<
          ,r'/.   }  `゙゙゙゙゙´    , r '´ `ヽ     `゙゙゙゙゙´ /  `ヽ
           /./    | 、  ',   /    ii.   \   /   |     ',ヽ
  ,r‐、_    { ,'    ',  ミ、 ヽ ;     ||     ヽ '  ノ /     ', }     ,r-r~ー-、_
../ /ヽ.\  ',|      ',        ',  _,,,...___....,,   ノ  / ./      ',|     l (`ー-、/(∠
)ヘ < /ヽ, .)   }      >、     冫‐'´     `ヽ<     .ノ、     ノ、   .</`ー-、/(∠
<). .< /ヽ-‐'´ヽ    ノ ',>    /      .||    ヽ   ノ} ヽ   /__ >‐'´/`ー-、/(∠
.',<) \,/`ノ、`ー-‐'`ヽく  ハ  、  {     .ii     }  ソ /、  ,r ' ´ .´   l 冫-、ノ( /
  <) ノ´  )      `| .,' .',,,...Y''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'┴ノ、 .Y {         八 ゝ- /
   ヽ==_/       ,'  /    ○         ○  ヽ  ヽ        /´~
    `~\         ,-' ノ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \_    ./
       `ー- 、___ノ /                       ヘ   `ー―'


129 :◆vsQyY1yD2Q
         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \


130 :◆vsQyY1yD2Q

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」     /^ヽ、 /〉         /´〉,、     | ̄|rヘ
 '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//> l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧
                               `ー-、__,|     ''    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/
                                          /__」           _,,,ニコ〈  〈〉
   _,. <〉      > ,.ィ∧         |i          i|         '´    .<  ._ `''<    (__,,,-ー'' ∧
_,. <  ,..<〉  ,. <l  / 〉._       .ヤ、      .,:'.,'        ._,./ ∧!> .,_,.、  〈 > ., `''<         ∧
   ,. < ./  /7..::.:| ./  :! > ..,_     ヤヘ      .,:' .,'     _,. <   / .マ   マ\ \  > ., `''<     ∧
_ <  ./  / /   .l/   |     > ., ヤ Y ⌒ Y . ,'  ,. <     ./    マ  マ \ \    > ., `''<  .∧
   / _/   /   /   / 〉, 、 ._   ,.r=ミ ヤ 、!j  l ! ,' ,r=ミ   _ , 、〈∧    マ   マ   \ \       > ., `<∧
: /  ィ"´ ̄`Y   /   /_//_/. l |.:∨\ュYゝtd zチ!フYr/∨ | lヘ》,∨》,   マ .::Y´ ̄`\ \       > .,  \
:::::./       .|   /   >''´  `ヽ| {三ミ〈`ヽ !i个i.l ,ィ´〉,ィ彡} .レ'´ `ヽ    マ  |      .\ \        > .,\
/       .| : / ,.ィ´./     ,ィ´ヤ:\ ヘ}  ハll|llハ  {/ / ,' ヽ     ヤ  、  .マ.|       .\ \             >、
         .| // / /乂__,.イ  ヤ .∧ノ.   } | {   .弋/   ,'  マ___ノ マ》,.\ マ.:|           \ \         .|
         .レ'  l /    /   ,,.._大=-、 /:| | |ヘ ,r‐=7 _..,,_  マ ∧ マ }  \.|            \ \        .|
              γ7   ,. ィ   /> .,∧   ゙《〈 | 〉》'   /,. <.ヘ   t、.∧`ヽ!                 \ \       .|
          ,'∨ / / / ,.ィ /    /r\  ゙《Y》'   / ',   .∧ ,、 ' ,\`ヽ Y.',                  ∨ 》,     .|
          ,' / { ./ ./イ / `''< ./:.| | `'<__>'´ | |.:', >'´ {. \':, \}: ', }              ∨ 》,      .|
            {∧_リ./ ./ ./,.イ! /. \.| | .l>-<l. | |/   マ{\  \   }、_/リ、              ∨ ヤ    |
          .|》,__ゝ- <_/´/::./ <´  >l  ||  l<.  `> マ\\  }!ー'_//}!                  ヤ .|    ./
           .j `ー、__|/:: : /    \/ /{! || .ハ ヽ_/   マ \}__γ´ |                    ヤ |   /
         .ノ   /  /: .:.:.:./      | ./!>-||-<l', .|       .マ:.:.:.:\  ヽ  .乂               ヤ .|  ./
        .{    / Y:.γ´//        レ∧      .∧ |        マ》`Y `Y  ',   }              ヤ | .:/
         .乂__,/__,ノ:.:////          /  〕     〔 ∧        .マ》,》 :.:乂__l_,ノ               | .| ./
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.////       __>、/ `ー‐´ ',,.<__       マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧                  | .|/
       /:.:.:.:.:.:.:.::////      /\´  \     /  `/',     マ》,》,::.:.:.:.:.:.:.∧                  |./
      ./:.:.:.:.:.:.:.:.////      /  ∧    ヤ  .√  ∧ .',       .マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧                   /
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.////       /    }、  .ヤ  .√  .∧  .',     .マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧


131 :◆vsQyY1yD2Q

       /ヽ        /                  } \
        〈 /{     / 〈                    /,   \
         ∨ヽ   ,/   ヽ                   /     \
         ∨‘, ,/     /   /{     ,/{         〉   ー- \
        ∨‘,/─=   ‘, |i {   //{_      /   /       ヽ
.          ∨‘,  / 、   \,|i >‐//  {  rー/   /\      |
           ∨‘,   / _/{ |/  ィ//ミーく:|` ーァ、_,、\ \     !       テトラクテュス・グラマトン……。
           /∨‘, / // /べY´竍旡`7/|  /.: .: .: .:\   \  :|
.          /  ∨‘r-ミ {/.: .::/ヘヽノ八ヽ{エ{ |/≦≧ト.: .: .\   \ :|      我は妖鳥……。
         /   ∨/ 〕、/“⌒/⌒ヽ/≦/ハ ⌒ヽ }_ヽ \ .: .ヽ    \
          /     [〔/ノ} 二⌒ヾ,`ヾー、__}/,∧ { !「 ̄   \.: .:>      ,\     『蘇りし』 バイブ・カハ……。
.         /     r‐ゝ=彡、__,/】〉/ シ〈//⌒ヽ.i| ∧    「\      ∧
        /   /   } ヽ ‘, ̄¨´Y【冫=ヽ { ̄  \∧   / _|∧ \     /,∧
     /  ,/    // /ヽ‘, 〈⌒〈{/ ̄ \r‐-ミ//ヘ / /i|/∧. \  ,/,/ ∧    お前達と出会った奇跡に
.    / ,/     / /  \ヽ. Yi }{`T ヽ ∧ } i|`  ∨ / i|/  }ト.  \  / ∧
    / /       ¨´       )、_>}ー<}}_,|   {.: } } i|:   ∨ /:|\// \ \/ / ∧.   感謝したい……。
.    /                    } { ヽ/ /  /Y } i|\   ∨ i|\ \  \ \  ∧
       {{               / 介=ヘ,/  // }:} } i| /   \|  \ \  \ \ .∧
       {゚。            込イ/ \\// // ,} i|\}          \/ー─'   \/
           ゚。            ,<⌒ヾ. \\{ヽ ,/ i|
         {  ゚。         ,>〉ミ 〉⌒\∨⌒ヽi|
          ‘, ゚。         /-── }ァ── {///ノ
           ∨ ヽ        \  〃´ ̄/∧\\
         ∨  \      ヾ/ i| ,// ∧ \ヽーヘ
             ゚。 / \        ∨i|/{i / i   }//{
             ∨ /  \      Y  ∨  |  `< _ヽ    _,  原作:妖鳥 『蘇りし』 バイブ・カハ
            ∨    ` 。    // { {  i|     ヽ  ` ̄/   ディス・アストラナガン
               ヽ      `  。 Y{ { ハ     }   /    ( スーパーロボット大戦 )
             \          ̄¨ ‐- ≧-‐=彡    {
                   \                    ー──ァ
                ` 。        r──-   __   彡´
                        ` o。.       \ ̄/
                       }` ー== 「__/
                  __// ̄ ̄//〉
                  ⌒ヽ__,/  /⌒
                  ー=二_ /


132 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  こ、これが、オキュペテー達の本当の……?
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/
   ノ::::::::::u        \
. /::::::::::::::::     u    ヽ


                      ,ィ
         fi           / |
         |ヘ       / .l.     ,ィ    __
          l.. ヘ  ∧   /   .l  _  / l    / `ヽ
         .|.  ヘ_//\∧   ^'´ | / .!   丿   ゙、
        l   `'   _i.   __ ^/  | /       ゙、
          |.       /.l   / ヽ/    `'゙           ゙、
          !.    /.  l  /  /    ┌‐''TTヘ、     ゙、
        .|.     |,__ | __j,,  _,|  _丿 _ノノ   \   ゙、
      ,ィィ=1  r'T^‐` ∨iー'/ /⌒!`ー''"~´     ハ   ゙、    いや、完全に元通りになった訳ではない。
    /, // \ ゙', マ^Yハヘ !イ ./  .l ,,.. … ‐- ''"  ゙i    ゙、
     i //j゙   |\ヘャ〉.l!l!l! ∨ _j   l   _   , - 、 |    ゙、   むしろ以前よりも力を感じる……。
     {ヽ!ェ{  ,二フ下、 }  _/^lY´゙i_;_.´   ` / l.  \ト、   ',
     ヘ_冫!_,,ムr、|  ヽノ_/ _,,⊥ヽ ヽ ヽ,    i゙ヽj  i、.ヘ ヽ  i
       `ー/  `ト、_/ _/   1 ゝ、フ i   }‐、 ヘ 洲ヘ  ヽ..|   サマナー……いや、我がマスターよ。
       γ´ヾイヽ\/ォ一ー、/`彳 γ^ヽ-イ  ', ヘ 洲ヘ   ヾ
        マz‐、  ハT|   l`ヽr'´ヽ丿  {  , ‐ 、ノヽ ヘ 洲ヘ      改めて、今後とも よろしく頼む。
       /   _>'゙ ヾl、/^\ ヽ-、   ゝyi′   } ヘ ヘ 洲.ヘ
       ./ ._7′ ,ィ、ノノムi‐l\_j    ',ヘ  /i  i乂 洲 .ヘ
      /' ム/  /〈 〈〈 ̄{ .r′||i!》    //   1 |  |  ヽ洲 ヘ
       {ニ|!ミi}  〈. ヽソ、ー^Y、 〈巛|  ,ィン〈   j |   l   `ーミ>
           lィ个ト、_ゝ  .ヾ》〉ヘ,  |! 〉ヽ/  | /
              i巛ネ)     |iiソ |   ソ^´   .|/
            l》〉/     ゙ヾミiキ
           j》イ 〉       |丞〕
         ヾ巡ルv′        ヘAl!


133 :◆vsQyY1yD2Q
                 ___
                   ´/⌒\
               //       ヽ
              //         __}},,.. -―-
                   </^⌒  `丶  \
          / /    /⌒ /::/∧ヽ  \ \ \
            / /    /   //|:::|:|::: ハ
             /          /  ::|:|::::  ::| ヽ │
                    i    l/|/|i∨:::::::jイヘ::::| :::| |:  |  仕事中に異界で拾ったのとかも
          |│      | :| │ |⌒仏:\∨ レ__V|::/|: ハ  |  混じってましたから
          |│      | :|:::八l Y{:::::ハ\/ 〃⌒ |/::|/|ノ: |
          |│      |八:::::::l八乂ソ ,   _⊂⊃::/:::|::  |  そのおかげかも知れませんね。
          |     r(\\:::_⊂⊃ 、__(ノ ∠イ|:::::|::: 八
              \ヽ\{:个 ._     /」:|:::::|V⌒⌒7
           \        V\∨≧=r</ リ:::/ん'⌒ーく⌒)
           \      \    }ヘ_,ノY⌒\/:::/(_     ∨\
                  /}   //∧]土|::L./:::/ 丿      |_} \
                  /{/   ////∧ハ」::|/:::/ (        |{_    \


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |  え゛!?
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


                   -‐==ミ
                     / ´     ヽヽ
              /         ノノ_
                //          'ア⌒ヽ⌒\
               ./      /  { { { 八  '、
             〈/     / /  |八  ∨ イ  い
                      f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八      パワーアップしたんで
                  \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__.    問題ナッシング!
                     ∨ 人   、_丿  イ| , \  \
                  / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂  フィーバー! フィーバー!
                  /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \
                /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂
                  |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒
                       \ノ 厶乂_/X/┘,」:.:\
                       |:::::|マ┴く ̄ ̄\厂
                       l∧| ー‐ヘ
                           \∧
                               ー'


134 :◆vsQyY1yD2Q

               . -‐====‐- .
           ./: : : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : :ヽ
          ': : : : : : : : : : : : : : :|: :{: :卜:ハ
        l: : : : : : : : : : : |: : : : |ヽ:t\| }:.|
        |: : : : : : : : : : :_|: : : : |  \jいノ
        |: : : : : : : : : :/ |: : : : | u  |j {
     __.ノ: : : : : : : : :::{ |: : : : |       \   明らかに 今の やる夫より強そうなんだけど
    (     . : : : : : : : : : : ヽ|: : : : |         }
    \ : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : | (` ー‐ァ /   ちゃんと契約出来るの?
     __>: : : : : : : : : : ; ヘ:j: : : :|   ̄´ /
  \、(: : : : : : : : : : : /⌒ヽ{: : : : {---‐ ´
   ヾニ; : : : : : : : /   l \: : :\
      /: : ; : : : :/      | /: : :/ ト、
    {: :/{: :_/      丿 \: : 丶-': : )
     ゝ{ `/       /  `¨¨丁¨ヽ
        /      /       |  |
      ./     /l          |  |



                       ー=ニ二 ̄ ̄`  、
           ー=ニ二` 、          _ヽ       `  、
               \ヘ`' z-、       丁_          `  、
                  \i.  ヾミ、   /   `ヽ、    t‐‐-- ;,_  `  、
              l! l!  \  ヽ ゝ、∠       `ヽ、 ヽ     `"''ー-≧t、
                   |l!、|iw、_,ォァ jf^''^l ,ィ"ヽ       _`ヽ ヽ         `"`ヽ
                  || |  ,-{(_ (__,ィ"  _,, ゙-‐ 、_,, ''"   ̄` ヽ
                 ヾ、|j、fケ''^i__, -'"  ,   ヽ          その点は心配しなくとも良い。
              / /^ヾ|  /  ; ; ', ' , ' ,__` , ヽ         こちらで力を抑えよう。
              L|_,,../lレム.  ', ', ゙. マ^ヘ`ヽ'、 ム
                !_/;彳´ ヘ__,.- 、ヘj !|.  ヘ  ヾヘ         普段は 『パラダイムZ』 で待機しておけば
                7ヽ,,‐-=、ヽェュ)∪ヘ__ ヘi!ヽ 〉           負担は最低限になるはずだ。
                {-、`ト、__|ミ彡/ヽ__ノl ∨ ヘii!ムヘ
                .ノーi'゙マ゙'_,二li!ヘ ,z‐、j ∨ ヘii!ムヘ
               /  j!、i i'ソ jii!.ハ 川7  ∨. ヘii!ムヘ


135 :◆vsQyY1yD2Q
                 ____
             .  " , -――-、\
          r ァ'´   /\/⌒\ ヽ \
        //    _, ≧ニ-‐…‥‐-= 、l
        / /  イ   {       }   ト、
      /  ノ'´  { _,  ≧、 ̄ ̄,≦−._ } 〉
     {  〈   /⌒I / n     n ヽ |`Y
      丶-.しく:ヘ __ノ   |;j      |;j   |_ノ
       /: : :,〃: : ハ  ー    , ー  |: ',     す、すごい……。
      ‘L / :ハ: :/:ハ u.    , ―-、   !l: ',
        j: : :/: : : : : l    /   ∨   八: :',   強い悪魔の方が気を使ってる……!?
       /: ::/: {: : : : :|:.、  丶 _,ノ  /: : : : :',
      ./: : ::{_人_,ノヘj:rI>  __,. イ:.{_人_ノヘj
    ー='ィ:: : : : : : :_,三人ミ三三三〈ミメ、:.|
      .|: : : : : /´ ヽ/∧` ¨¨¨ ´ iヽ_ r-、:.、
      .人j: : ::/    |/:∧\/\/|:〈/^ヽ\\
   ー=彡イ:‘ー/     _ !/^ヽ┐  |/厂`  }ミハ
        |: : /   ///  ̄`V  /:/しi   /ミ「´
       V/   /ノ/   ̄`}:. /:/://{ / >、
        ./   /}::o   /し':,V:/:/://`/ニ/V
        / '´ ̄ ̄ ̄0、 /:/:/:/:/:/:/:〉ーヒ{i/
.      〈        >' /:/:/:/:/:/:/    l|
      丶-‐=フフ¨´/:/:/:/:/:/:/:/,〈     /
         /:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/〈 丶-‐'


.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |   悪魔との信頼関係を築くと言うのは
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |   こう言う事なのですよ、ヒカリちゃん。
.   八 、    /  \|l  \\"""   V    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |  .いずれ祭神さまとの契約を引き継ぐ
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,   あなたが目指す一つの形です。
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \
        /   人   __〕|    |::{::「__」:::::L/⌒|:::」__」:::|   l |::::{ ̄ / 八
      /   / ∧ {_::::|    |人「::::] ̄/l   「_」__」:::|   l |:::::::)/   ∧ \       }


136 :◆vsQyY1yD2Q
:   |: l    |  |:   /  :|│      |   l |   :| |              | \__
:   |: l    |  |   /|   :|│      |   l |   :| |              |  '⌒)
:   |: l: __/|  |:  l│  │     、 _|_,,...斗匕゙∧|    |        |, ゙  ∧
:   |: |   |人`T¬ト|--ヘv|      |   /| __/  |    |         ;   ハ
: : . |::八 :ルィ斧芋ミ∧  │      :ルイ斧芋弌ミ|_/|          ト :|  ! |│
::::::::|::. |〃  ん::(,,ハ`ヾ 八     〃 ん::(,,ハ  }i |  ′      | |  { |│ あ、やる夫君も気を付けて下さい。
::::::.八 _圦   {/{:::::j゜|   :    丶  /:  {/{:::::j゜| ノ゙ リ /  |  {「\|│ l.   lV
::::::::.   |    乂_ン _: : \ \∨ : : _ 乂_ン ,  /   '   |   Y| |.   | ∨  仲魔が気を使ってくれてますが
::::: |\八   ` ー…_彡    \/\  `ー…_彡 /|/      |   'レ"⌒\|乂\ 力が及んでいないのは事実。
::::: |  丶\ ::::::::::.               .:::::::::./  //     リ  /  ヘ.  \  ̄
 :::∨    \__           {          ∠二イ゙::/ :|   /    /   \. }  全力で戦わせられる時間は
  ::\\    <__                八/  |  ,゙   ノ_,|   ヘ、  〉  限定されていますよ。
\  :::|\\____/                .:':::/    |/{  {_ノ| /     ハ
,'∧:\|   ゝ .        '⌒^`       イ/:::/  ///八   [〈  r'-  }∧
/,'∧     ∨ >            _ <///:::/    ////ハ / ト、 }  /'/∧
//,'∧     ∨///{≧o。  ..__,.. <//////:::/    /,'/////}/  └ ´ /'////〉



       〃       /   /  l             l ヽ   ヽ
     //       / /      {         }   l Y   ハ
    / '       / /  / / λ     ト ハト、 }  l   l l
     j j      / ;   j /ト、/llヘ    ゞトj/‐}‐}ハ  }  } l i
    { 廴ノ⌒Y  j  l   l / l/`ト-ヽト、  / ィ芍Sト}/   ハ! l
    弋 /^ヽ } l /l   !l _,y芍S  ヽ/  込沙 //  / j !
           }/  l /ノ!   l{癶弋;沙   j::.    :;:;:;:ノイ   /   l    私の見立てで およそ一分。
         ノ   イ  ト、  人 ;:;:;:;:;          ノ 彡イ     l
      _      _ /\ ミ、    ー -‐一  `フノ j { |  l    い い え 、 6 2 秒 !
    /  `ヽ-<: : : : ヽ  大              / / !  l   !
   /  /   \ \: : :∧`ー->、         ィ  l/|! λ |   いざと言う時の切り札だと
  f >''"        乂 ヽ: : ∧‐<⌒ヽ`>、__ イ /  j |l   ゙、 !.    考えておいてください。
  ∨  ,.. -‐'"    Y }: : ∧ ヘ : : ハ ヽー-、 {‐-、{  l !  ゙、 l
   弋 /     _  { j: : : :ハ: ヘ: : :l !  l  ∧ Y ∧ λ ゙、  `、 !
    {  ,..  '" ̄   }/: : : : : : : ヽ: :l !  l`「`ヾヘj 〉ヘ  ヘー--、  !
      Y           ハ: : ノ : : : : : : l l l l 〉::::::ヽ-f:::::::ト ヘ : : : ヽ l
     乂_ -‐< /、/: : : : : : : : : :l l l ヽ:::::::::};;j::::::::} \ヽ: l: :∧!
        {     / /\: : : : : :l: : j: :! l l> `T"/ヽヽ::ハ: /ヽ∨: : ∧
          >、   イ /  / `< : :l: :/: :!  l: : :l∨  l トノ ゙, ̄lヘ∨ :  ̄ヽ
       / }  /   /  {: : : : }/: : :i   l: : l     ! !  l: : l: ヘl : : : :l:∧
        //{  {       !: : : :l: : : :j   l: :l    l l   l : l : ハ : : : l :∧
      /  人  }       !: : : j: : : :!    l l:::::.... j0! ...:::l : i : : j: : : :l: : ∧
    /   /  ┘      i: : : : : :/j l     ll::::::::::::j !::::::::l: :i: : : i : : : : : : ∧
    /  /            i: : : : / :l j!  ト }!::::::::::j !::::::::::l :!: : : ト、: : : : : : ヘ
    /  /            lヽ: :/: :{ {|  j:ノl:::/ j ∧:::::::::l l: : : l{: `j: : : : : : : :\
  /  /      /       l: :V: :λ !  !: l  /l ;' :::::::::l/: : : jト、ノ: : : : : : : : : :ヽ
  /  /l   l   /      γ"l :/: : : :ヽ  ノ: j  / l0!  :::::l : : : : ハ〈-‐: : : : : : :/ ノ
 /  / l   l   !        l: : }/: : : : :ノ /: / / ! !    l: : : : //: : : : : : /: /
 {  { {   l   l        ノ: :/: :ー=彡": : :/   ! !    l : : : /: : : : : : :/ : /


137 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ト、                       ヽー┴i              /
     く      ヽ.   |i                   _ヽ__ ヽ   /` ー 、.      /
      ヽ   |i \. | l                /  `´` .、ヽ  ` 、  ` ー 、. /
       ヽ  |ヘ.  `| l              /      _  `.ヽ   ` 、     /
        i   | ヽ__,| └-、           /     _,、 < \   ` 、   ` 、 /
         .|  1   |    `フ/マー'Zl   f´ ,.、r'T ', ' , ヽ \    ` 、    |
         | |  .|  ,ィ‐、|_j  ∧_/ _,ィ'"  ヽ l.  ',  ' ,  ヽ \    ` .、  |
         .| ∧ r'| riケ   _ケヽl_, -‐'"´     ヘ l   ',.  ' ,   ヽ \  __、|
          |/、 \ヘV{ィヘノ´,  |_,ィ'7ーャ、__, -―'フ\ __,, -一''"´ ̄ ̄
       / /`''ー`ソVl!l!  ',  l.|.| i |   ;  ',`.'~'´ ' ,ヘ
      ../ /   ' , |',    ', l|.| l |   ;.  ', '. '.  ,ヘ     問題ない。
       /`7      /`l ',   ,ィ' 7ト!イi,   ;   ', '. '.  ,ヘ
      .L_/ _,,...   // j.  ',ィ'´ _/ .| ヽ i,  _, zt''T~`ヽi|\ ヘ     それだけあれば戦場を蹂躙してみせる。
      ...`TTヽ ̄〈_,,.. !ィ'´ィf゚ ̄ハ/|__ ヽi,/_  ヽ l /゙lヘ \!
        ヽ'、イ  |`ト、/l l  ノ |,才´フヽ´ `ヽヘ l/   l ヘ   ヘ.   抗え、この地に迫る危機に。
        ../ャ   /r!、l!_ム┴-k_/ゝ、/1`'iヽ  ∧|lヘ   l ヘ   |
       ./,,ム__ノ、ヽヾ|      ̄/,_j__」 `i,| lヘ ヽ l |llli、..|.   そのための力を……私が与えよう!
       T''ー- ,,z).ヽj\  f笊kノ l|_     l/ヽ.|ヾミ )ヾ |llli、|
       .ト、_,ィ⌒)ン  / j\__巡ill| L!    i   jゝ-リヘ i, |lliiヘ
       .i~´ /  .,イ /_,ィ'´  |ll|ー┘  <|t=ニ二ニヲ i  |llii ヘ
        /  / .|`フ `i l   x-―ァ'^ヽ    `弋 ,才⌒マ′i  |lllii ヘ


         ___
       / \  /\
      / (●)  (●)\
    / :::::⌒(__人__)⌒::: \
     |.       |r┬-|     |   おお! 頼もしいお、バイブ・カハ!
      \      `ー ′  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


138 :◆vsQyY1yD2Q

                      , - ─── ─  -、
                    /´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ\
                       / '              `ヾ、
                _,...... l/....... _
             ,. : : ,: : : : : : : : :、: : `ヽ、             \
            ,. :´: : :/: : : : : : : : : : ',: : : : : ヽ             ',
          ,. ´: : : : /: : : : : : l: : : : : :,: :,: : :,: : :、            |
            /   / /      |    l  ,    ヽ               !
        /  |: l  i      |    |  l  l   、             !
        ,   , ! .l   l     ':,     |  ,      ,            /
        ,  / | 、   、 ',    、   ,  l ,   l l   _    /
        | i   !: : 、: 、: : ヽ:_:、: : : 、: : :,: : //: : : : ,. l  /,´ ,  ̄ ´
        | | :人,: lヾ、ヽ! \`: 、: l: :/: ://: :.,´: :, /  ` ー'
        | | (__。) l . 下ー-‐' `ヽ、://-‐个!: :/ イ     ( それにしても、失敗した様ですが
        | | :ハ: :ヽ:、.        `´    ,/: /: /|
        | | ゝ',: : ヾ、 、__ ,ッ      、_ッl: イ:./. |.       本来出現しない、バイブ・カハクラスの悪魔が
        | |   、: ,: : ,ゝ  ̄    '   ̄ /イl:/: : ',       比佐子市に出現しようとしていたとは……。
          ,. | : : : ,: : :∧、    ,.._  , イ: : :   ,
       /  , . : : : ,: : : :l: :> . _  ,. <l: |: : :    ,      一体 何が起きてるんでしょうねぇ、この町に。
        /  / _:_r-、: ',: : : l/∧、   T、: : : |: |‐-,_    ,
.       /  / _{/イ //∧: : :∨//\- l∧77.|: |////>   ,      英語で言うとアイン・ソフ・オウル? )
      /  / {/,ハ////∧: : ∨///`ーl//l,/.|: |////
.    /  / /  ヽ,///∧: : ∨/  }、  ヽ|: |///>、    、
   /  / /    {_////∧: : l/  /| ヽ. ,|: |///  ヽ   ,
   /  /  {      ヽ,//∧: lー- 7 !  、´|: |∧、   /    ,


139 :◆vsQyY1yD2Q
                  _
                \ヽ, ,、
                 `''|/ノ
                  .|
              _   |
              \`ヽ、|
                \, V
                  `L,,_
                  |ヽ、)  ,、
                 /    ヽYノ
                /   r''ヽ、.|
               |    `ー-ヽ|ヮ
               |       `|
               |.        |
               ヽ、        |
                 ヽ、    ノ
                  _, ---- 、
                  /       \
               /   ,  --─ 、  ヽ、  人
             /  /   _   ヽ  `(__;)
            /  厶>= 7冖バ ̄ \    ヽ
          /   /'´   _,廴_厶----ヘ、  l|
            |    /   ィ彡r────-=ミ ) j リ
          Vーイ //l  l           `ンく/
           ヽ、{)ィl  l __彡-‐=ァrr , ヵ-彳r气
              rヘニニィ7   イl ヽ`T「  l| | /⌒\
              l{Vl| l | l   / j l 、  リ  ノ| l /    ハ   いや、あれは若気の至りと言うか……。
             ハ || l | l  / く二ッヘ、 / ハl/    / l
   rヘー──--| l l八l | l /-= 二ニ¬ |/l ソ    /   ヽ
   /   \    | | |川ト、{∧{i'´ ̄二 ̄`l|イl リ/   /    /
  ヽ    \   lハ| ハl小介ト、  }l「   川 〃 /    /
    \   \    ∨八l ヾl川`TlT爪ソ// /    /
     \   \    ハ  ` ー┴┴ '´ //      ∠ユ
       \   \   rヘ、 r--─ テ冖7/    /   >、
        ノ>=-、 }∨ r勹)ヘ.  / _,厶ニィ彡--‐'´       ヴィクトル
    ,. ‐<     _ソ/ />彳 ハ 厂,二、--‐<          ( デビルサマナー ソウルハッカーズ )
.  /    r冖V厂  | / ∧|   V {  ト、    `丶、


                    _. -―- ._
                _,.=-‐'´ _.........._  `ヽ.
              /   ..r::::::::::::::::::::::....  \
              /  ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..  ヽ
             r'  ,.::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..  ゙、
            ) ,.::::::::::::::::;!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  ゙,
            r' !:::::::::::::::i !::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::.  !
            ゝ_i::::::::::::::::i‐',-:、::::::ヽ、:;::-―‐::::::::::::i__メ、
              /::::::::::::::::::i_'、::::::::::::、 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
           ,.イ;':::::::::::::::::::i ( ̄ソ、:::::::、 'て ̄i:::::::::::::::::;ベ
           ´ i!:::::i゙:::::::::::i  ̄  `ヾ:::..  ̄ i::i)::::::::;ノ
              ̄`゙::::::::::゙:.    !      .:::;1:ri!´   ……今も変わらないと思います。
                ゙:.`:::..`ー'   _    .:::::',.:'
                ` :: `:..、      ..ィ::::'
                    {廴`_ー_´_ノ }
                     ,、 _〉   Y   〈_,ィ、  _,
           ,..-―:.、{ト、_ノi r'      !     } !ー〈 {-‐"⌒゙ヽ.
          ,.ァ´     } l  l `!     !     r' !  l i_     `、
       ,:       { l  l i!    i    フ l  l 〈         ゙,    メアリ
        i       `} l  l }     i    {,. l  l /       ',   ( デビルサマナー ソウルハッカーズ )
         !        'ヘ.l,.-┴┴ ―――‐┴┴-〈/           ',
        ,'          〈 r'⌒ヽ      r'⌒ヽ/          ',
        ,'          ',ゝ.__ノ      ゝ.__./             ',
      /             '.,           /             ヽ
     {             〉         (                 }
     ヽ       ..     ゝ         `)                 ノ
      `ー-  ...__...::     ::..〈         〈..::    :...     /
             ゙ーz       ',         /´     ::..,ノ`ー'´
            ゙i::..      ',          /      ..r'        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                i         ',      /       !        d⌒) ./| _ノ  __ノ
             ゙、       ',       /         ,'


140 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第50話 「名伏しがたき嵐と慈雨の神のようなもの」 は終わりです。


「嵐と慈雨の神」と言うのは、カナン地域を中心に各所で崇められた神・バアルの事です。

ちょっと解説しますと、バイブ・カハと言うのはケルト神話における
戦と殺戮、愛を司る三女神、モリーアン、マッハ、ネヴァンの総称です。

原作の方では大体 妖鳥に属する悪魔達ですね。

このスレの場合、バイブ・カハはこの世界に実体化する際にバラバラになってしまうのですが
本来はモリーアン、マッハ、ネヴァンになるところを

力を失ってしまい、何かしらが欠けたハーピー三姉妹、アエロー、ケライノー、オキュペテーになっていました。

それが宝石の魔力を用いて、失って足りなくなっていた力を補い
三身合体でバイブ・カハの姿を取り戻したのです。


なお、宝石の魔力を合体に利用し、時には魔人すらも呼び出してしまうと言うのは

原作 『悪魔召喚師 葛葉ライドウ対アバドン王』 でヴィクトルが行うフィーバー合体が元になっています。



ちなみに、バイブ・カハが最初に実体化に失敗したのは

TRPGで言うところの 「ゲートパワーが足りない!」 状態だったためです。

このスレ的に説明すると、バイブ・カハが出現出来るだけの空気中のMAG濃度が無かったのです。



次回更新は、5/19(日) 20:00〜を予定しております。

5/5(日) は 『ゴールデンウィークスペシャル』 を
5/12(日) は 『やる夫はDQ3の世界で生きていくようです』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


    ∩___∩    ∩___∩    .∩___∩
    | ノ      ヽ   | ノ      ヽ   | ノ      ヽ
   /  ●   ● |  /  ●   ● |  /  ●   ● |
   |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ   < 三位一体クマー!
  彡、   |∪|  、`\、    |∪|  、`\、    |∪|  、`\
 / __  ヽノ /´>_)     ヽノ /´>_ )    ヽノ /´>   )
 (___)   /(___)       /(___)       / (_/
  |       /    |       /    |       /
  |  /\ \..   .|  /\ \..   .|  /\ \
  | /    )  )..  ..| /    )  )..  ..| /    )  )
  ∪    (  \   ∪    (  \   ∪    (  \
        \_)         \_)         \_)


第49話へ    4 第51話へ


posted by 文月みと at 22:36 | Comment(53) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
あれ?三姉妹?あれ?
強いけど…そりゃ強いけど!!!(血涙
Posted by at 2013年04月29日 23:20
ニンフ達の姿が見れなくなったのは残念だけど、本来の姿に戻れて良かったですね〜。
てか滅茶強そうw

そして高まるヒカリのやる夫への好感度…
Posted by at 2013年04月29日 23:28
イカロスが来たと思ったら即退場した
な、何を(ry
Posted by at 2013年04月29日 23:49
おっぱいが消えたと思ったら
ラスボスすら恐れる最恐が来よった…
Posted by at 2013年04月30日 00:25
ヒャッハー! 俺の中で一、二を争う主人公機のディス・アストラだァ!
これは滾るッ
Posted by at 2013年04月30日 00:45
まさかのディストラw
出現時に因子が足らんかったんだな……
Posted by at 2013年04月30日 01:46
ディストラナガンやー!クォブレー大好きです
某スレの秘神召喚みたいに切り札になるのか!
完全に契約出来るようlv上げないとねw
Posted by at 2013年04月30日 02:18
62秒かエヴァ懐かしいなぁ
Posted by at 2013年04月30日 07:50
山自体が祭神で、人間より強いから力で従えるわけではないっていうのは実際の日本のアレだよね。
大神神社とかがモロにそうだけど、「オーキド」神社もそれとかけてるのかな。
Posted by    at 2013年04月30日 07:56
そろそろ、メガテンで言う所のケルベロス級の切り札が来ると思ってたぜ
飛んでるから戦闘以外にも活躍の場は広そうでいいな!

…そう思わないとおにゃのこが三人も減った悲しみを忘れることは出来ない…
Posted by at 2013年04月30日 11:31
ゲームだと微妙なバイブ・カハがとんでもないのになりよったw
Posted by at 2013年04月30日 12:00
おっぱいがなくなった
バイブ・カハはゲームだとあまり使った記憶がないなw
Posted by at 2013年04月30日 13:16
きっとあれだよ、オープンゲーットしてハーピー三姉妹(アップデート版)になるんだよ
Posted by at 2013年04月30日 15:05
おっぱい……
Posted by at 2013年04月30日 17:56
ベルグバウだったらヒロイン確定だったな
Posted by at 2013年04月30日 19:18
同じく、バイブ・カハは素材扱いだった。
Posted by at 2013年04月30日 21:28
アンビリMAGケーブル切断! バイブ・カハ、内蔵MAGに切り替わります!
活動限界まで62秒!
Posted by at 2013年04月30日 23:24
おwww前wwwらwww
Posted by at 2013年05月01日 01:03
内臓電源切れて活動限界来たらオープンゲットしてくれるよ!
Posted by at 2013年05月01日 02:21
いやでも、ほらこの子初登場時に久保のことを情熱的に求めてきたし(震え声
Posted by at 2013年05月01日 17:04
バイブは真1から登場の悪魔でシリーズによって銃が弱かったり電撃や衝撃魔力などに弱くて、
強い耐性があんまりない精々物理に耐性がある程度だから素材扱いは仕方ない。おまけにスキル自体も弱い
Posted by at 2013年05月01日 17:47
強くなってかっこよくなって嬉しいはずなのに、どうしてだろう…
おっぱいが、おっぱいが無いんだ…
Posted by at 2013年05月02日 07:33
皆スルーしてるけど…
にゃるこさんが出したトラペゾヘドロン秘蔵の宝石とかじゃなくて
異界で拾った宝石なんだぜ?つまりトラペゾヘドロンは頑張ればいくらでもゲットできる
SAN値がががががggggな異界がどこかにあるってこえぇよ
Posted by at 2013年05月02日 12:54
最近流行り(?)のクトゥルフ系神話はお任せと言ってのけたニャル子さんだぜ
異界で遭遇したってなんともないぜ、なことがあったんだろう
Posted by at 2013年05月03日 14:41
まぁ冷静に考えればクトゥルフみてもSAN減少しないのがデビルサマナーなんだろう、それにデビルサバイバーで一般人もニャル見ても発狂しないから慣れなのでは。
Posted by at 2013年05月03日 21:25
メガテン系にでてくるクトゥルフ系って元ネタから超絶劣化してるからな
一般人が見てもなんともないレベルまで下がってるんだろう
Posted by at 2013年05月03日 22:21
オレは信じてる……、ディストラが擬態するとかわいい女の子が出てくるって……。
だってケルトの戦女神って言ってたもん(震声
Posted by at 2013年05月04日 18:32
バイブ・カハは女神だから中身に期待だな
カラス…妖鳥の姿なのは死体啄んで魂連れてく時だけだし
Posted by at 2013年05月05日 07:46
ケルトの戦女神…モリアンかと思ったらディストラだったなにをいっているn(ポルry

こっち食わず嫌いしてたけど勿体ないことしてたわ…
しかし、ここの主は安定して高クオリティで嬉しい限りだは
Posted by at 2013年05月13日 13:23
ゲッターになって時々三人に分かれると思ってた
惜しいw
Posted by at 2013年05月14日 22:47
62秒って、エヴァの「瞬間、心合わせて」だかの回のカウントダウンだっけ
Posted by at 2013年05月22日 00:32
封印は弱体化が原因、と。
一部、酷いことになってますけどね。個人的には好みだったりしますが。

元は1体の悪魔でそれがバラバラに……。しかも弱体化。
信頼や絆。悪魔との関係もそれが重要、と。彼女たちとの交流、記憶もしっかりと受け継がれているようですね。
バイブ・カハが常に全力を出せるようになれば、やる夫も一流サマナーに?

ヒカリの中のやる夫の株が結構上がったのでしょうか。
尊敬からの愛……夏休みの間にどれだけ親密になれるかが重要かな。
Posted by とあるA at 2013年05月22日 00:46
さ、三姉妹のほうがよか・・・・
Posted by at 2013年06月06日 07:43
おっぱいが消えたと思ったらアストラナガンとかどういうことだwwww
Posted by at 2013年06月26日 19:43
>英語で言うとヴィクトルズ・ブラック・ヒストリー!
 ハッカーズで「業魔殿へヨーソロ」とか言ってる辺り、今も変わらんよなぁ…
Posted by at 2013年08月31日 21:13
おっぱいが超速で消えてしまわれた……
Posted by at 2013年11月14日 01:37
このロボの元ネタ、デザイナーが悪魔絵師とな
Posted by at 2013年12月08日 15:24
きっと擬態化したらカオスになるのよ、きっと…
Posted by at 2014年02月03日 13:53
( ゚Д゚)ア…ガ…ェ…? ェエエエエエ(;゚Д゚)エエエエエエエエエーーーーーッッッ!!!!!
次元世界を渡り歩くトンデモ機体が悪魔召喚されたー!?確かに絵師的に間違っちゃいないけど!
いないけど!…62秒だけでも十二分になんとかしちゃえるんだろうなぁー…
Posted by at 2014年05月12日 16:20
つよくなったけど・・・けどッ・・・
美少女要員が一気に3人も・・・
そしてオパーイ要員が2人も・・・ッ
Posted by at 2014年05月25日 00:00
あれ、ホントに出番が・・・
Posted by at 2014年07月05日 22:53
どいつもこいつも反則級戦力よりおっぱいがいいと申したか。

…ワシもじゃ!ワシもじゃみんな!
Posted by at 2014年09月10日 09:19
>>戦と殺戮、愛を司る三女神、モリーアン、マッハ、ネヴァンの総称です。
つまり、いずれ何かあって再び分裂しておっぱいが帰ってくぁwせdrftgyふじこlp
Posted by at 2014年11月22日 00:45
ハーレム人数の絞込みは作者さんが自身で解説にも書いてた本作テーマなんだし
ゲスト・ゲストヒロインたりうるキャラであろうとも
作中設定にしたがってキチンと描けているというのはむしろ良い事のような

おっぱいや美少女が嫌いかと問われれば絶対にノウ!俺はトリーズナーだ!とだけ
Posted by at 2014年12月10日 12:01
ヴィクトルww
……語り継がれてるってことは、元の話の出所は14代目か凪だよねw
Posted by at 2015年02月03日 13:38
フルパワーで62秒でも、ゲイリンを利用すれば最大5分まで……!(ゲイン違い
Posted by at 2015年03月04日 17:00
容赦なく女悪魔も消していくスタイルが良いね
Posted by at 2016年09月28日 08:45
おっぱいの霊圧が…消えた…?
もうだめだぁ……おしまいだぁ……
Posted by at 2017年09月11日 18:13
このバイブさんにおっぱい生えたら最強な気がする
Posted by at 2018年04月30日 12:18
強いっていうのはわかる、かっこいいっていうのもわかる、でもおっぱいが!おっぱいがああ!
Posted by at 2018年06月28日 23:35
登場キャラのレベルとかあったらもっと凄さが分かり易いんだけどね
Posted by at 2018年08月03日 22:28
ヴィクトルの黒歴史www
Posted by at 2018年09月30日 12:13
女神転生的に妖鳥という種族は格が低く感じるな(神話的には女神だが)
しかし高位妖鳥だから1分もたせられるのであって、もし高位魔神だったら10秒ももたない
なんてことにCP的な意味でなりかねないから、むしろ都合は良さそう?
Posted by at 2019年01月03日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65973217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ