■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年05月06日

知られざる伝説(6)

第91話へ 第92話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q



          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|                                            |┃
          ┃|                  ミネバの里帰り                    |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛




2 :◆vsQyY1yD2Q
【 ザビ邸 】
                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r−−‐-−−‐-−−‐-−−‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ−、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ−、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


3 :◆vsQyY1yD2Q
: :\    : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :\    :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :  : : :\zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzゑzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz<¨ヽ .}7z/zz
: : :   : : |                     }i{               \V/イ ,ィ
: : : .┌ミ、 |                 rらo               ヾ <彡
: : : :| i |                 〈ヒ火}        _        V==
: : : : ら”:|                8io品{         ̄ミ=「ト〜、 .}}===
: : : : : : : |                ゚piBら           ヾく/> {{∠z
: : : : : : : |                o゚i火{            {三〈三z}}≦ァ
: : : : : : : |                 ゚               マキ=={{≠イ
: : : : : : : |              ┌‐┐                  辷笠}{≦三
: : : : : : : |             } {                  ムー--}}==--
: : : : : : : |            ¨T¨                  三zzz{{三ニ
 : : : :__i三三}________rト-┐                    }}{
    K__ヽ三'zzzzzzzzzzzzzzz益z,/|                         |:T:!
    || }  } }         |¨¨ニ¨¨゚| |                      __| | |
    || |二] |-‐ ¬ ミ、  |¨¨ニ¨¨゚| |                  ム=LLら -
    || |[ニ| |    _. ィー‐ |¨¨ニ¨¨゚| |────────────、  | :
  /|| | |ー:| |=:::T「っ|:|:::::::: |¨¨ニ¨¨゚| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚。.| レ-―
//|| | |:::::| |::::::|」  |」   └──‐ |/                    ¨|{
/::::::::::|'::::: |/                                       |_ \
                                           〈\ \


                 ,..-'" ̄  ̄"'' -、
                /           ̄ ヽ
              ./          / ,..  ヽ
             ./               { /< ヽ  ‘,
             ./ //          ヽヽ ヽ ゙、  ',
            ,'  ヽ ‐ノノ     リ  l ll .l   ',
            l ヽ、__,.. / / ,ィ ,.ィ ///ー-/  i
            ゙、ヽヽ 、_=><_,.///ナ大/ー-'   i
             ト、__,ィv行心_∠'′,ィ行心、_`¨´_.,ィ
                iヽゝ歹      弋歹ノ /Tノ ノ   ―― こちらは私がしますから。
              ノ\ヽ            ∠/ト、ゝ
               ̄ゝ \   、_ _,   /ノ`´     あなたは そちらを。
                 <, ‐`、,    ,.ィ >-‐ゝ
               /   ヽ' ト=イy フ  .)ヽ
               y丶 ._ \`‐' / -‐_,.‐〈
              ,.'    i  ̄'-d'-‐''" l    `、
             <    i {    人    l     ヽ



        ハmハ
      (;.゚ー゚)   わ、分かりました、お嬢様。
       U}i_;_)
      く7、i__jヽ
       ~UU~


4 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


/            ``''ヽ、  ヽ//'´ |
                ヽ  | |   |
          /⌒`'ヽ、   ヽレ  , 、 l
         ム‐--、,,_  \   /ヽ:.:ヽl
        イ =---e-r--> r`ィ'a-"〉:.:.ハl
      /ノ、  ` - ̄-'´ , イ 、` ''´ |ノl;;;リ
      /ノノ \    /   l ヽ,/}:. ノ;;;;|    ミネバ、侍女長から報告がありましたよ。
   /:. :. イ\  ` ´      〉  イイ;;;;;;;}
  /:. :.:/ノ           /  |:./;;;;;;;/   侍女に混じって何をやっているのですか。
"{:. :."// /           j  /";;;;;;;/
;;;{:. :./ イ              /;;;;;;;;;/
;;;ヽ:. :. :.ノ|  \       {  /;;;;;;;;;/
;;;;;;`'‐;,_:;.:|  ヽ ``‐-、    /;;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ヽ     ` ̄|´;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ヽ      |"


5 :◆vsQyY1yD2Q
                ___
                 .  ´      `   .
          , -'"                    、
         /                     ` 、
         , '                     /   丶
.       /                    ′/  ', __
      /                     , ' ´ ̄ ヽ、丶
      .                        γ =ニ    .
     .′          、                ヽ ` 、 ',
      {         :.   ー      _          :.  Y :.
     l         ミ圦   ー‐==      }  从  八 l
      .    丶 ` ー= >  ニニニ<      ノ , '   /   j
.      ,   ァ=-t -≦   ≧=- _ 彡 / /   ノ   Y
      ',   { マ|   { . ィf云ミ、    -=彡  .イ  ノ '
      '.,  ∧ヾ',   V 戈少      ィf云x ゞ =./
.        ’, 丶 _ー ′, , ,       戈ソ  /ー彡     えっ……あ、すいません。
          У    丶、u          ,  , , , ∧
       く/ 丿 ィ 入       ‐ 、     / :〉 っ    つい いつものくせで部屋の掃除を……。
.        ヽ イ { \. ヽ   ( _ノ   .イ-‐´  ゚
           丶イハ    、\    _  <
.        , . : ¨¨:ミ.〉   ヽ .` ア  ヽ
     /: : : : : : :.丶  0==-ァ-=<ュ
    /: : : : : /: : : : : 丶0==-〈: : : : : : 丶、



                  l!   ;!_
                  ;l! ,.ィ7;!  `丶、
                 ;il/! /;!    : ::ヽ
                 ;!〈;;|r;',i;j    : : ::;;:!
                   〉jヽr''´  : : : :::;;;;;:::!
                 ,!レ'^丶、 ::::::::: : : : :|,          いつものくせ?
                ,'   _,,...> ::::::: : : : ヽ
                '-r';´ '^’'´人 : :::::: : : ヽ、  |iTh.   まさか あなた、ニュー速で家で
                 iム:: :  : :::::丶、_ ::::: :_...ゝ ,!リ; ;n   侍女の真似事をさせられているのでは……。
                    ヘ    ;:   〉ミ三フ''´  //ク!,!リ、
                  ヽ_,.∠.. /       ,ィ^ノ丿`ヾ:リ
                        `ト、     i 彡'ノ   `'ー 、
                        ヾミ;:ヽ、   リミソ   : : : :\
                         V:::ミ::ヽ,イ∧` ゞ 、_    : : :\


6 :◆vsQyY1yD2Q

            ,. . : :´: ̄: : : : : : :`: : :.、
         ,. :´: : : : : : : : : : : : : : /: : _: ヽ_
         ´: : : : : : : : : : : : : : : :/: /´: : : : :ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :': : :,.--- 、: : : .
         ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :、: : : : :
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : ヽ : : ',: : : :l
      .': : :, : : : : : : : : : : , : : : : : }: : :}: : : |: :|: :|: : : ::.
      | : /: : : : : : : : : /: : : : : :/ : /: :/: }: :}: :}: : : : l
      {: :{、: : : : : : :/: : : : : : :/ : /: :/: /: /: :': : : : :}
       、: :\ ー=≦: : :_,: : : :/,. :´:/}:/: /:}:/: : : : イ
       \: : 、: : : : :___,.イ/:,.ィ'-_/イ}∧:/ : : : : ,.     真似事と言うか、ニュー速で家では
         イ,.ィ:.T イ´ l:てヽ`¨´ ィ^l::て/ /:乂:_:_/    正妻のカガリ様が率先して部屋の掃除を。
         L:/:从   `¨        `¨ ,': :|_人_≧-
          〈:_:八  :.:.:.:.:  '  :.:.:.:.:.u 7从:_/         客人がさせられると言う事はありませんが
          \: : .、     _      イ: /
            〉: : : .、     `  .ィ: : :〈.           家族同然の待遇で お世話になっている身としては
             \/:_{ト > - <_,l}: i:/             黙って見ている訳にもいかず……。
      _,...:::⌒ヽ、  |⌒\Y/⌒|¨´   __
    /::〈::::::::::\、:::〉_,ノ  ==}l{== 八-、 /:、::::::\_
  __,/:::::::::::\:::::::::\   ` ー,从-- ´  ` ー}::::::::::::、:::::.
/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::\  〈〈  〉〉     /:::::::::::::/:::::::\



                              ,r  :;,
                             /,!    l゙i,
                            ,! t</゙':,゙ソ l.人
                            /゙-,/、_∧.-(__;)
                            / ,..,ヽ|ノ,....、':,
                          / ,r"━,>< ━,),':,    ……それは真か?
                              /,/'l `''" :  `'",!゙:,゙:,
                          //:、゙i,    :   ,! ,r゙i,',   変わり者だとは知っていたが……。
                            i / ゙;  ゙i 、 :.  ,! ,!'.ヽl
                           〈;;;;;;;゙:, | ....:::::'' |,.ノ;;;;;;;ノ        _
                 ,rヽ、        ゙t,;;;;;;`'|     |;;;;;;;;,r'      ,,..r''"~ /
                  ,!、 ゙i,゙:.、       `''-,,|     !-''"     ,r'"    /y
                    l   〉-、゙`''i''''┬、,---'"     ゙'-、、,..,...,r'"      ,/
              '''"`''''ー二、゙i,  ヾ.r'-';;`'-;、,_      _,,、-''!,r'"     ,r/;
                    ゙'、゙、-  i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~`''''''''";;;;;;;;;;;;;;;;゙i,     ,,/,.!
                      `'゙t、.゙l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!゙i,     フ ./


7 :◆vsQyY1yD2Q

                .|      ||
                 ||/ ̄ ̄ | |-
                |│ ∧  | | ヽ
               /|│  | ||  | |  ヽ
               / |│  | ||_|  |    ヽ
              / \ ̄| ||  /    ヽ
             /   \| ||/  ヽ    ヽ
             |     ∨          ヽ
             | /二_\/二二ヽ     |
             │|=|`ー゚-'__`ー゚-' |=ヽ   |   ……まぁ、良いでしょう。
              | ||=| __/:::::ヽ__ノ|==ヽ  |
               |:ヾ ヽ:::::::丶::::::::::: |==|  /    父上達がお呼びです。 早く来なさい。
              \::ヾ\:::::::::::::: /:ヾノ||/
                  ヽ\::::::/:::: :|丿
                   |:  ̄ :::::: :|



              /       / ,'                    \
             f ,     {  ',                    ; ;::ト、
             ii    i i、_ 入___  _,-‐              i: i:ヘ
              |i   \ト、\`‐-=-‐  ̄         , ,   ,イ }:i:. i:::∨
             ヘ  、`ヽ、_`ヽ、ュ、_  , ‐'´ ,   ノ,イ /  // ノ::}::ii::::}
              ヽ `ヽ、_ニ彡ヘ_二-―'´_彡'´ノ  /:::/,イ} /|::|i ノ
              _,イ,  〈 {:::(|i i ii | ̄ ̄ ̄"ラュ-‐一'´::::ノ/,::'::,イノ/リ
               -イ : : :ヘヽ:|i i ii | `ゞ=イ ´ ̄ ̄ニ彡'´::::ノ リ´
                  (ノ: : i : {`-入i、 N        :  ^¨チ,イ{´
            ト-ゝ‐'  : :',_i i   ` `ヾヽ、         〉  /iリ リ   分かりました。
         ,-‐-入`二´: : ::〉ヾ、 ヽ       _ _ ´ /,イヘ
      ,ィ‐=ム_   `ヾ==ィ `ヽヽ ,>、     -‐  /7⌒)
     / _   `ヽ、  \7   ゚==}f_r'ニ' > ._   /'´ /´)、
    f´7´   ` ヽュ、  `ヽ、 \゚ヾ=ij_/_ / , '´ ̄/     ' /、
    {/        ヾ`ヽ、.    \7爪>'´ /_ -‐'/`‐- 、   '´/
   /          ヽヽ `ヽ、.   \/ ,イ-'´::: ::/    `ヽ、_ノ:::}
  {           `i:}  :::ヽ、  `〈   ::: :/       /::::::i
  |            `、   ::   ̄` r‐ミ、 :: /  ‐- 、  _ノ ::::::::|
  |             `   ::  / ' ゝ' } /      /:::::::::::::イ


8 :◆vsQyY1yD2Q
-   ..;;_:::::::::::::::::::,.: '´    | |     | |
::::.::: :.:.:.:.`:.`゙ーi´===ー_ー- 」 L.. __  | |
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |
::.:..        |          | |     | |           __
:. , -rt--  ...」_,       | |     | |      x≦爪川
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._| |      | }八L}ハ|
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|
  | | | |////,| |       | |     | |      | xz公こ|
  | | | |////,| |       | |     | |      |从行辷|
  | | | |////,| |       | |     | |      └-----'
  | | | |////,| |       | |  {爻爻〆        {沁爻爻}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
.  ! :| |    K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| |
-ー[〉| |-‐¬| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|  ̄
    !」   | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
        | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll


              ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
            ./ ,,           \
           ./ ,:f            :ヽ
         ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
         / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
        」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
       /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
       ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_     来たか、ミネバ。
       ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ
        七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!   座りなさい。
        l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!
       ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
      .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
      .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
      .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
      .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"


9 :◆vsQyY1yD2Q
     /ミミミミミミミ川\
   /ミミミミ/\ミ川川|/\
  /ミミミ/     \|/   ヽ
  /三三三|            |
 /三三三>      \ / <|
 |三三三/  〈____  )) __)
  |三(⌒||    \_0>  <__0/
  |ミ(6 |_|       / |\  〉   話は聞いたぞ。
   | し    u.  /   |   |
   丶|   |       〈  」〉 |    帰って早々、侍女の真似事をしていたそうだな。
   |   |      __  /
   |    \      ー  /
   |     \      |  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄  \___/
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄|
   |   二二二\_| | |_/二
       二二二__| | |_二|



 ヽ`、 ` ̄´      /  ./   / /   /   //  /   / | ,リ| ,' i i
  ヽ`二=-  __,-‐'´   _/  _/,イ´  /  /ィ ノ  ,  / i//i i  i i
   `ヾ、三彡'´__,-‐'´ _,-,彡-ラ'/ /  __,イ´ ,イ  ,' / ,イヘ// ,リ
     `ヽt三彡イ禾≦ミ´ ̄  ノ/ 乏_,-‐'´_/_/ / , ' ,イ´ /∧〉/ヽノ
        | ii //| 、|:::fj:个、,-‐' __,イ=――ォ'´∠___/ , ' ノ/ /'´ 入´ヽ、` ̄二二彡
       //// i| ゞ、__j-‐='"´      ァ乏云二ヲ ノ/ナ´く  '´ |弋  ``‐―'´
      .//,イイ .i|                |::::n-=斥乏、/´     i , `ヽ、______,   その、本当に無意識に。
    /,イ i|i| ii|      i       、匕tj:C:ノ  ,`     // i ,     |了ヽ‐t-
    '´  |リiリi N     .:;:          ` ‐--'- '´     // ,' ,'  , , ノノ   ノ    自分で思っていた以上に
       i i弋ム    ::;:'                     // / / /// `/ /
          `ヘ  i'´                    // ノ / //リ   ,ィく:::::::   ニュー速で家に
               ヘ ヽ、:::.....                /リイ /_レ‐'´,ヘ-‐'´ レ|::::::    染まっているようです。
                ヘ  `                     u /'´ ̄  .:; ': : : : : / ,イ::::::
            / ヘ                       .: : : : : : :/ ./ .|::::::
           /    ヘ `,‐‐- 、               .: : : : : : /  /  |::::::
          /    /  ヘ .......              .: : : : : : ::/   /  |::::::


10 :◆vsQyY1yD2Q
             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}   ……まぁ、その事自体を
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′    悪いと言うつもりは無いがな。
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_



           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'          `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i     娘を嫁がせずに済みそうでほっとすべきか。
      l !, |   ̄フl_,.,!`=  u.j .l); |
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./    妹が嫁ぐ可能性を憂うべきか。
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
      j,:' i   --==‐-   └l.  l.   ううむ……。
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""


11 :◆vsQyY1yD2Q

                .     ̄ ̄     .
              , ´                、
           , '                    \
.           /                 γ彡  丶
           ′   、              ¨¨丶 ',
            :.    {  ≧ニニ           ', V 丶
              入 ミニ=-      ィ   .′:}  !  ',ヽ
.         l  ヾー=丶 ` ー==彡   ノ  :八 从 l !
.         :.  ミ ` ー ァ>=-──‐ イ   /  / / l
           ヽ ミ-ァT {. -=ミ  ─==≦ _ィ, '/ :/
          Y 入ヽ l  ',         ̄i心λミニ /
.          八  \ _ー         : ゞ=' ∧ア    お気になさらずに、ドズル兄上。
           丶   ',       _   ′   / (
             丿   l 、  rヽ _ノ   , '¨¨      これでも楽しくやっていますから♪
               >彡x!  \  ', V   .イ
             ` { ト 、 ` ー:. r )
                l  ` ヽー,} l: { -     .>=-ュ
             γ┤ 0==ハ j / , ー ∠: : _:}: : :.',
         __  } ヾ 0==-!′ ´ r_V ̄  .从: : ヾ‐- 、
     γ´: :`<: :_ノ    `  .| ’,      Y  ∧: : : : :7: : 丶
      _/: : : : : : : 丶      | \    Y j  ./: : : : :::./: : : : :
    / く: : : ヾ: : : : : \       {    `  ノ/ ./: : : : : ; ': : : : : :
    : : : :>x: :\: : : : : 丶.  λ      八  /: : : : /: : : : : : ::
    : : : : : : : >:.丶: : : : : :` ,!     イ 〉 /: : :./: : : : : : : /
    : : : : : : : : : : : : ≧=-: : : :′    o:// /: :./: : : : : : : イ: : :
    : : :≧ : : : : : : : : : : : : :.V     .ん._ /: : : : : : : : <!: :V: : : :
    : : : : : : :\≧=─- : : :/    o.ハ: `ヽ: : : .<: /: ::::|: ::.V: : :
    : : : : : : : : ヾ: : : :ヽ: : /     o !γミ 7: : : : : :/: : : :|: : : V: :


              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ   u.,イトミ !   それはそれで逆に心配だ。
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_


12 :◆vsQyY1yD2Q
        /.: .:  .:          ......       _, -―‐‐         : . : ヽ
       ./: :    :...     ............: ..: .......  //´            ....::. : : i
      / : :     ::::..........:::    .::  :::: ..::  i i , - '  ̄ ̄`ヽ、   ..:   .....: i
      ,'  :::...:::.         .::      :      -―- 、    `   : :: . ::   i
     ,'       :::.   ......::: .:::.....::....::::::::::::::: ..  ,:  .ヽ、ヽ、\      :......:::::    i
     i      :::::::::::::  :::          ..::: /:  .: i:.ヽヽ \ヽ         .:|
     |                    ..::::::../::. i::::: i:: ヽ.ヽ  ヾ、        ..:::|
     | 、::::..        ,:    ,:   .....:::::::/:/:: :::::i::::::::i::::::|i |   ii         ..:::::i
     |ゝ`ヽ、:::::::::::::::, -‐'´  ../ ..:::::::::/::/:::..::::/:::::,イ:::::::|i |   ii    .  ..:::::::::|
     ト、`ヽ、二二彡-‐' ..../:::::::::::::::/::/::::::::::/::::::/ |:::::::|:| i:::...  i..........:::: ..::::::::::::|
      Y`ヽ、_____::-‐'´:::::::::::,ィ彡イ´::::::::_,イ:::::::/ j::::::ハi |、_::::::i::::__, -.::::::::::::::::::i
      i`ヽ、____::::::::云彡乞彡ォ/::::::_,-'´,:'::::;ィ-‐7::/ ̄7八、二 ̄::::::::::::::::,:::::::::/
        入 、____,イ ̄オ´i゙ t;;j斥ニ-‐ ' ´ /_,‐'ォ斧iノ芸乏、, ヘミ三二 -‐'´::::::::ノ
       i`天=i彳|   ●T__ノ ゙ _,-‐'´   /i:´ゞ''::;タ ゙   /`,'7‐-―‐'´,イ   大丈夫です。
       入::::i | i |   ` ‐-‐ '      ..    `ミ-‐' ノ   ,' i/!_ノ /_,イ
         ヽY ,' i              ,';:::.      ̄´     !.ノ//  ノ::::::/      私は、正妻自らの掃除に
         `j,ィ ',              i;;;:::::          /,'//__/:::::::(
          '´`ヽ ' ,         、 i;;::::         / //::::::::::::、:i::::ヽ、      ニュー速で家円満の
           /天                     ヽュ_/:::::::::::::/`‐-‐'´     .秘密があるとみました。
           `-‐'ヘ       _ __           /:::::::::::::::ノ
               ヘ                 /i:::::::::::/
            、__/゙゙ヽ、     ゙゙゙゙        イ ):i:i:::::::,イ(
              ト‐-‐'´::::::/个、          イ/,イ::i:i:::::::ヽ、\_
            `ヽ、__ム-|ヽ、ヘ、 _ .‐'´,-‐'/  |:::ヽヽ:::::::::;>'´
         /""\ _, ヲ j  \\  ,-‐'´/    ト‐r-‐'" ̄
  _ , =-―='´   ト‐'´    ヽ O=ュi Y r‐'´,-O    ノ `ヽ、   _ , -‐-、
                   i O、. `T==='´


13 :◆vsQyY1yD2Q
          :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
.        :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
        `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
         .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
.         :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
          :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
.         .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
.         .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   ほぅ……。
.         .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
.         .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |    ニュー速で家の秘密を……。
.         .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
.        .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
         .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
         ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
.         ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
       `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



                ,  ''  ̄ ̄ ゙ 、
               , "     .il/  ヽ
              .,'  ,- 、  !' ", -、  ';
                .| 〃r  ヽ__., ' l::::::l  l
              | 〉 j   .!  ., .l:::::i:! .|
              | ミ !   ´゙i l/  ヽ:l!l |
              ,-l, ゙<ニ・,>,}l'ヽ=,・フ;:j!'゙l
              l代 .!" ,' .l::::.、゙  i::|7リ   と言うか、あの家は本当に円満なのか?
              ヽ,j l  ゙ _l.::: '  .|:ト'
               | '   ──-  .j''|     噂を聞いている限りでは、どうにも信じ難いのだが。
              ,-| 冫   :::::  / |,,
              .|゙ 、ヽ ヽ____,ィ"/,,/ |
              .|,, ゙ '' ''= ┬ ='' " ,,|
         _,,、ァ''' ̄}| .Ε ̄i_.}l{_ 厂∃ .|{ ゙̄'''‐.r‐- ..,,__
三ニ-、,-‐ァ''."7゙ ./__,, _.ノ\ .ヒ__ "| ゙ __ヲ/ ヽ_,,/   .l  "¨}'' ‐-r''ニ三
ニ=  .{__/,__.,/- ''゙      "' -ニl | lニ- '' 〃     ̄"‐'‐─-'、.,,,__ノ =二
-'' /-、   ,‐- ..,,         丁  /  ,,... -‐'' ̄ ̄フ     ゙| ''-=


14 :◆vsQyY1yD2Q
          , '                /,-‐   \
         /                 i´彡'⌒ミヽ、 ',
        ,'i                      、`ヽ、. i
        i',                     i `ヽヽN
        i `ヽ、_, /            /  i ',  ヾヽ}
        ト‐-二彡'´   /  /    /  ,  /  i i  ii i|
        |iヽ、____, -'´ /   /  //  ,イ i  i iイ
        |`ヽ、___彡'´    /  ,イイ , ' / | ,イ i i|,リイ
        ヽ 、二彡乏__云ム乏-―'´ラ/乏z7ノ / リ'´_ノ
        、ム t-イi | '代zツヾ -='7´代炒了 /,イゞ_/
        `7i \| ii |   `冖´      `冖´ ´ // |'    正妻、妾、そして子供達が同じ館に住み。
         リ、  N_爪        i      ノ/.,'/
          ゝ、 i大ヽ      、 ,      ム、_/     妾達は元・辺境伯も含めて皆 正妻を立て。
           ノ  i:::ヘ     _ __     ∧
         彡 //::::,イヘ      --     イ
         `ヾ、ム::/`ヾ、≧      イ爪-、        子供達は家族皆で協力して育てていました。
            `=7     ゙ヾ全‐-‐壬}-‐'´ `ヽュ
            r' 、     o_`iY/⌒ヽ、ヽ  i`、
       r'⌒ ‐-、/  、`    o二二i彳   ヽj  i `、    それと、同じ館に 家 族 公 認 の 愛 人 が。
       /     `ヽ、 `ヽ、___ ̄ ̄ヒ,ィ    |  '  ,イ
   ,イフ         `ヽ、    ̄‐ ゝt、__  i   /N.     訳あって式を挙げていないだけの様ですが。
   ,' ミヽ、_         ` ヽ 、_   ||_ `i| /  /ii ',
   j  `ヽ―゙ヽ‐-=、_____全=―个千‐-tイ ii  ',
  /                    _, -‐'´ 〇,'|   i   ',
  〈                  ,ィ‐'´     .i |、   ii  ',
  `i‐―-= ____ =t― '7´i⌒i     / ,'i | \ i i  i



    r'≦ミ>、
    lh" ーj‐l
    Yト、. ロ/   な に そ れ こ わ い 。
   ├─五_    ____
 ,イ三」i>Ll.i<ミト、く__ノ
/  ,i  \ 羊 / ト、/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |


15 :◆vsQyY1yD2Q
                      /, ーミ、        ,  \
                   //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                    〃     八{ル'j/ ´    ! !
                     /ノ ,{_,/     `   u   } {
                 //r'jr'゙        、 ,   V  !
                   !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
               rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
               ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
         r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
         {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ       子供達を家族で……。
        -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
  __  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,   それが本当の話ならば
  ⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_  円満と言うのも確かなのだろうな。
  l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
  _ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
                 || lハ 丶      ̄`      イ トV7
  こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
       \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
         丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
  、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
  ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
.         /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
.       /     -==ミ  Y/                |
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
.     / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
.   ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄  u .{、:_:_ム    |
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|   …………。
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/  ← 会話に参加しにくい。
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´


16 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
       ./ ,,           \
      ./ ,:f            :ヽ
    ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
    / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
   」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
  /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_       フム、円満なのは分かった。
  ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_
  ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ   ならばミネバよ。
   七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!    掃除が家庭円満と どう繋がると言うのだ?
   l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!
  ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!   ニュー速で家には侍女がいないのか?
 .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
 .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
 .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
 .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"



           ,'  i.爪\
           !   i  \\
              ',  ゝ、 \`ヽ、            __,-‐'´  /
            ト    \    `‐‐――――‐‐'´ ̄   _,-'´ ,
            レ、i 、   \             _,-‐'´  //
            ヘ   `ヽ、  `ヽ、____,-‐―'´  __,ィ-‐彡'´ /
              i     `ヽ、_,ィ'´`‐―--===ュォ彡乏‐'´ _,イ  ,
            ゝ  __,=-‐7 i|    ―‐=ニ二__ ̄` ,ィ‐'´ _,ィ‐'_,
             `i'     _,イ i|  ,ィ行宍オ==ラ=ミニ彡'´ ̄-‐'´
             ヽ  _イ´i | i|   -辷z'う   ,, '             いえ、それはありません。
                ゝ  ゞ、 ハ ハ     ̄ ¨ ´
                   \`、ヘ、 i ハ、                ::.      ただ、やる夫様達が
                  `寸 ヘ_i  ト、                i::::.    住まいとしている館だけは
                    )  , ヽ-、ミ‐-             ii:::::
                  _ノ _,イ ,ヽ. ∧`               -:::/:'     あえて侍女を厳選しているようです。
                     ̄ (( N、 iヘ
                      ` ゙寸 ヘ         _ __
                       リ/  iヘ          ........
                     //  i i全ュ、        ::::::::
                    '´彳   ii {\ ≧、


17 :◆vsQyY1yD2Q

                    >   ̄  <
                   /         \
                  ′ , 、     , 、   ',
                       ′ /  \ | /  ヽ  |
                  l 〈     ` ´     〉 |
                  | /   、       ゙l l
                     r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、
                     l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ
                 ヽ ハ      |     | ./    機密保持のためか?
                  `l l   `ー '    /|´
                      | 、  ー一   /|
                     f|  \     , ′ト,
                    |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
                 _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
          _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、-<_
   ニ> r一/´ /_ ノ一 '´ \ 匸 `.|  -/ / `ー‐、l_   l`ー、-、_ >一
   一 ⊥ ‐'  ̄           `>`コ | [ ̄<´     _ ̄`ー‐-'、__「 二
   _フ´三t   |≧z、            ` T ´     <三三三ラ     ヽ 一



               \   /  | {.  /
                 ′ \ |\/\/
                ′: : : : | |   /         \
              / 、: : : : :..│ /      __    \    ',
               { ,:代> 、: :.レ   斗=≦二ミヽ
              {ハ弋ム弌fッ><rzー=tテーァ  }\      八
                  |i:i:弋代  ̄ }:::..  ` ̄´  /辷.\            ニュー速で やる夫と言えば
                  ',i:i代ハ=ヽィ ⌒≧=-   __/二辷  \     \    好色で有名な男。
              寸弋ムニニ/ニニニニニニニニニニニ辷 ー=彡>ー--.......、)
               寸i:iムニニ寸ニニニニニニニニニニ辷    /i:i:i:i:i:i:i彡'     妻としては
                寸込ニニニニニニニニニニニ/ニ弋辷彡イ===<         侍女も近付けたくないのでは?
   {\                   ∧二ニニニニニニ=/ニニニニニニニニ≧=-   __
     > 、         -=≦∧ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ7
   V     `¨~Z三¨¨77ニニニニニニ=ー‐一イニニニニニニニニニニニニニニニニニ/{
     ニ=ー   Z三  //ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>ニニニイ: : : : : :
      V     Z三{__」」二ニ=ー--ニニニニニニニニニニニニニニィ≦二ニ/: : : : : : : :
     ` =ー    /: : : : \ニニニニニニニ`ヽニニニニニ斗イニニニニニ/: : : : : : : : : :
      ∨彡 /: : : : : : : :\ニニニニニニニニニニニニニニニニニ>' : : : : : : : : : : : : :
         \ /: : : : : : : : : : :\ニニニニニニニニニニニニニ.イ: : : : : : : : : : : : : : : : :


18 :◆vsQyY1yD2Q
       /              .         ,〃 ' ,ハj ,}リ   j
.      /    ,            /   ,/  // / /  _} ,从_ ,,ノ}
      .    {     /   , '   /  ∠/ / /   '7/^弋_ ,ノj|
      |   弋,,__ __,ノ' /  / /_/__,,ノ}/  ,ノ乏式,j   ,リ
         j{ `て¨´ /  ,〃 /_y彡j'うj^′    '弋j}_, {__,ノ′
      ‘,  弋 ,,___ _.彡 //イ  弐^'弋ツ   、   ¬^ ∨
      ‘,  {\__ _彡 ´ ノ' ノ   ´^'冖^`   i \__ ' ' ' i、__,
      .  .    _/ /i{   ' ' ' '       |  , /    j_ノ   やる夫様が お手付きにされるのを
      i     / く{ 弋 、                    厂´
      {   __.彡i' {  (\、 ヽ\___,       _,ノう   ′    防ぐためだそうです♪
       、   _人 \_`''うミ__,乙´      ⌒¨´   /
        \ 、   .>x,,__ __,、          ¨´  /
          ),ハ  、    i{ 弋_,             ′
         `_,ノ   }i   弋rく_      _ _____ ..,,<,__,.ノ
        `¨⌒て''⌒}i i  }iト ミ 、_   ,//  i{、__彡′
             _,ノ' ノ ,リj,   `  ミy' /※  弋フ′   . '⌒ヽ,
            `⌒て,,彡'ノ}  ※==={={彡' ※   マj__ __,/  /  'く⌒丶、
         /⌒''ト、___`フ^'1  ※==={={彡'    /    `¨⌒7     ∨   \
       __,ノ'    {>゙¨´  弋,     {i,{   /       ,ノ'     /     ヽ



                    ,、
                  //
                ///)
               /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
              i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
              /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
             ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il    さ れ る 方 な の か !?
             ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙ .u ,、/ /
           ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y    そ れ は 当 主 と し て ど う な の だ !?
          / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
         r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
         ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
        ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
       /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
      ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
     /      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人


19 :◆vsQyY1yD2Q
                    ___
                 , -‐ ´     ` ヽ、
               , ´            \
              /            -‐__`、
                ,'              、  i
             i       ,   ,'  /  )ヽ', i
                i ヽ‐-―'/ /__,ィ'´ノ .,イ i i |
             i `ヽ―t彡乏-'´/,ム∠j|/ i   i
             | -―ラ´ 佗タ '´ ̄ ィ佗テリiノ、. ,'   好色なのは、やる夫様自身も
             i -イi´:i  `´    :、 `´   ト、 /     お認めになられておりましたが
             ゝ、ゝヽ.,ゝ     レ     /イ`/
              ) :::人    _ _    ル':::/       見境がない訳ではありませんからね。
              ''´) :::::ヘ    ゙   ,イ:::;i::(
              / ::::;::,i、 >、 __ イ::;:イ `ヽ.      側仕えが許されているのは十名にも満たず
              `ヽ、//  ヾヽv'´⌒|:::i:入        全てカガリ様にも認められた者達だそうです。
        ,-‐-、,イヘ __,コ  二卅二 レ'´⌒
       ,〈_  `ヽ、`ヽ、 `ヽ. ̄卅 ̄-入-,ィヘ_,ヘ
       /   ` ‐-、 `ヽ. \  /゛\  /_-‐´   \
        /    i. i `ヽ、__ニ、ヽ //-'´    _ -‐i
     /     ii.ii  iii     `ヽ,ヒ壬-‐了 ̄ ii   i
     ./      iiii _i iii     0rfヽヽ \ ii i iii /  ',



                / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
                  /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
              /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
                /     -==ミ  Y/                |
            /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
              / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|
          //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
            ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |   十名にも満たない?
        ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|
        ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |   いくら何でも それは少な過ぎるのでは?
        {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
        ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |
        ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
          \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
           \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
            \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
              `¨7::::::::\/         {////////
              /::::::::::/         \¨¨¨¨´


20 :◆vsQyY1yD2Q

                -―‐- 、
            /      ⌒ヽ
          /           \',
        ′        } ハ ヽ
       i、乂_ ノノ/'/ / / / }ハ
        乂` ー=彡' 厶ィ / 厶イ'ノ
.        乂___/t_ッ ノ'"t_ッ`!イ
           ヾY八     ,    八     ですから、カガリ様自ら家事も行っているのです。
        ノノハト    -  イゝ
        `'ぐ /\ >-<´_         冒険の旅をしていた頃から、そうだったらしいですよ。
            /  `二Yーヽ\
          r‐┴‐-ミ、ー へ  ∨}
          /〉     ` ー- ..}ハ.      皆で協力して何かをする事で連帯感が生まれ、家庭円満に繋がる。
       〈 `ー―――… - >‐tiト
       }         イ   / 、 \.   私自身も参加し、そう感じました。
       ヽr―― <  /|   / , 〉 /
         /i       \ |/′// /
       /:∧      \Vl  //イ
.       /.:/  \      ヾ.   / .イ
     〈_/          }/! ´ \ r‐ 、
       く__、      /、 ノ. -‐   ̄ Yノ―‐ 、___
         ̄丁 \__/ ノ}       イi___\  ヽ
         `Tニ>ニ\  ノ ノ  <ゝ-' ′      \ ̄ ヽ
           |       `ー=升´               '   }
           |        //                 i   .′
           |       /                    |'  /
           人                          ′ ′
            \             . ''"´       /
             ` ー┬――‐<  _____ / /
               |    \         /  /
               |      \         /   ′
               人    \\     /   /
                 ー ''⌒\__/  /


21 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
       ./ ,,           \
      ./ ,:f            :ヽ
    ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
    / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
   」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
  /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_       連帯感が生み出す円満な家庭、か。
  ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_
  ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'" .u ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ   だが、ザビ家の娘として生まれ育った お前が
   七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
   l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!   侍女紛いの様な事を……辛くはないか?
  ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
 .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
 .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
 .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
 .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"



                     _, -‐―‐- 、
                   ,‐'´  ,イニミ. バ)
                 ィ´      、、ヽ    'ヽ、
                , ´     ヽ ii ヾ、ネ    ., ',
               ,'       , i i i リ |i`ミ彡 亥
               {    、 ,'/,イ i ムィ_\ミニ彡 ト、
                 ',.、  , i///ノ-'代ヲ  |ii、fヽ:.:|リ  _,-、      辛いとは感じておりません。
                ミ、ゝ彡ル它 '´    イリムiノ:::{、-/ __ 入,-‐、
                `ゝ、-'示   '、     );:i::ミマ´,'       )   元より私は、ニュー速で家への
               ,ィ⌒`ヽ、jミォ、_  -    ,ィイ'/´, '       /   降嫁を目指しているのですから。
                /{三三ヲ´!'个ォ、 __/r 7´/  /⌒)  ヽ
      ,ィ´  ̄ `ヽ、  ( `ヾ、,ィ三三ムヾiム 。=i=//  /   __,∠_ノ   ご安心ください、父上。
     /         \_マ   ` ̄ ̄ ̄二ニフ'´ィヽ≦壬t-‐'´    ヽ
    ,イ     >‐'´  `ヽ、     >シ〈    三}   / i/  i   ト、__,ィニ二
    i `゙ヽ、,,,,,/       _, -ゝニ -‐イ/  `ゝ、ィ7ノ  .,' i|  ,'     i、__
    |  '´/      _,-‐'´/ i.  / `ヽ,-'´/iヽ   i  `ヽ/    i \`ヾミ三
    |  / /"""""フ´   /  i  /    / ,' | ヽ、 ∨ /     ',  \
    .i '-‐'´   /´    , '   i /   .,'  ,'  |\ `ヽi /         \  \
   ノ     /    /    i/    i  ,' 0 | ',\  |/         `ヽ、 ヽ
  ,イ     /  彡'´      ,イ    i ,'   i   ' , \i            \
 ム     /  ,イ´ ̄`ヽ、_   r' ゞ`>-イ〉,'  0 |   ', /


22 :◆vsQyY1yD2Q
           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'          `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
      l !, |   ̄フl_,.,!`= .u j .l); |.   俺としては、ミネバが
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i   侍女の真似事をすると言うのは……。
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""



              ,ィ         ', ヽ',  \          ヘ
           ..,´       ',  i  i               ハ
           ./        i  ii i                   ハ
            ,'      , ,' i  ,イリ,ィ                 '
             i        ,' /,イ /iム/_ \二` ̄ ̄ _,-'
              |     , / /// ,タヲ/   ゝ、` ̄ ̄´
         ..、ト、__// ///.,オ芸='    了ヽ、____,-‐'´  ,
          ゞ、__,ィ彡'´/代;ノ ノ゙      |i i `‐ト、_,ィ'´__ノ
           ヽ、イ茫ミ、   ¨      ,'  ,'   |、 r``t二彡'  .   仕事で数日家を空けて帰って来ると
                ゞ、i/         // /  ノ ´  ノ    /
                  く          '<∠_/リ`‐´/    、 (     必ず奥方に手料理を作らせると言う
              .,ム`             : : ,ヘ-'    ,  /ヾ、
               ムヘ - ‐         .: : /::::) ,' ,  i /      ドズル兄上には言われたくありません。
                     `ヘ :::         .: /::// /i , i /
                     ヘ       . .: : :´: : :`ヽi'´ i i (
                      ゝ___ t-‐=―'´ ̄ ̄ ̄`i、ヽ`ヽゝ、_
                        〈イ/'´          |、ヽ、>'´
                         {====〇      .|=-‐'´ ̄`ヽ、
                      .__j、|i |___   __-‐'´彡-‐―――
               ム: :>'´ , j='´ ̄ ̄〇‐'´     _,-‐―、
              >´ 了  ∠'´彳―オ'´   __,-‐ 7'´


23 :◆vsQyY1yD2Q
                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ         いや、それは……。
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_.       ゼナの手料理を食べて
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_  ようやく帰って来た気に
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー      なれると言うか……。
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



       ,'       , ,  , /,イ |i ii  ヘ
       i       i i //,云廴ヘ   ヘ
       |     , ,'/ //iノ i介 Y ゙ト、|
       .',   , ' //芸、‐'´       | |ノi              やはり、そう言うものなのですか?
        ∨-‐'_ノノ iノ  ヽ    ゝィ礼  ___/⌒ ヽ、
        ヘ  ̄.::::|、      , -、   /::大r'´  ,  ,    Y     サマンオサから一時帰宅された やる夫様も
         `ヽ、:イヽゝ    `´   /∧__|   ,;' .;/   /i
            `ヾュミヽ ______ /,'  ヽi  /::,;/  ,   \    カガリ様の手料理を召し上がっていました。
              `i::j i´ ̄ ̄`r=゚。.::|  /:::;/ /     ヽ
               _∠⌒ヽミ_ ゚。王彳  | /::;//;: ,'       ',.  丸焼きでしたが、それはもう美味しそうに。
           r'´ ̄ ̄`ヽ  `ヽ、j/ ̄/,| ,'/´,イ ;::.j        \
           /           `禾_ |  / i  ;:/         ',
          i r  ̄ ̄`ヽ、_  _____ヲイ  i   |          ヽ
          ゝi       ゙ヾ:: 、   ,〇、;.. ',  |    _, -―‐t―‐'、
           |i        \ \ ,;/ i\;:..',,,|  , ‐'´    ∨ /ヘ
           ||          ヽ  ',/ / ト、.\;:ゝイ       ∨  ヽ


24 :◆vsQyY1yD2Q
              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l   ほう、ニュー速で やる夫もか。
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i   それは少し親近感が湧くな。
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_



                  ,. -‐──‐-. 、
                  ,. :´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
                /. . . . . . . .: : : : : : :<: : :.\
             /.    . . . . . : : : :`ヽ` : : : : ',
             { |: : : : : : : : : : ,: :l:l: : : :: :}: : : : :.:.l
          ト、|ヽ|: : : : : : :}: : /: //: :.}: .}ノ : : : : : |
            ',:\:\: : :_:ノ: :///:/ハ∧ミミヽ: : :|
            \: : : :.>メ、/ 、ノ,.イ:.=ァ トト、:_:: :,′ ニュー速で家の場合は
             ヽ:T{ヽヒ:.:ソ    ヒ:.:ソノノノlノ: : :,′
              ):: ト、' ' ' ,   ' ' ' ∧/: : :/.   当主の館にいる人間が限られているため
             ノ.: : :ヽ   _      ∧: V( (    普段から妾が料理をしますからね。
               ̄(: : ゝ、 __ ` _,. イ: : :Vゝ
                `ソノ:.}、`Y´,. '´ Lく __    私も覚えた方が良いかも知れません。
             ,. '´〈  「`ヽc〒_c / 7: :7: : `ヽ
             ∧: : :',: :i   lil    /: :/: : : : .∧
             / ∧: : :', | /⌒ヽ  /: :/: : : : /: : ',
           / /. : :ヽ: :.:| \__/ /: :/ : : :,.イ: : : :|


25 :◆vsQyY1yD2Q
        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./   妾が料理を?
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./    料理人を雇っていないのか?
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---



             , ´             三二_   ',
          /         ,'      ミヾ、 ヽ、  ',
           /         /   / ,' ,' iiトミ、    ',
         ハ          /   / / / / i i i|      i
         |      ,' / /  / ,イ / /,イ,リ     ',
         ト、_  , / // ,イ'´ ノヲ,タ ナ/、ヽ、_,ィ   i
         ',ミニ彡'´ム乏宍ミ-‐'´ /i宍ミ、 i入    i
          i`‐-彡イ " マzツ        マzツ ゙ ヽ、`ヽ  |   料理人はいますが、商会で働く人達や
          ゝ、ニ彡| ` ""´   i  ` "" ´  ノ7、_, リ    他の使用人の食事を作るのが主な仕事ですね。
          ハ ::( イi       、ム       /, / ノ::: ノ
          リヘ入|iム            彳/,レ':: /       あと、ニュー速で家は屋敷前の広場に集まる
            `ヽミム`     - -     7'´::::i:(        旅芸人達に食事を振る舞ったりしていますので
               ):;:::ヘ    ゙゙゙    イ::;::;:::/`ヾ、     そちらにも参加していました。
             '´\i:::会 、     イ |:/:i:/
               ノ/i:{==≧ニ≦==彳}i::(
       _ .ィ'´`ヽ、 ゞ、ム:|  o==山==o  |ヾ、>
      /  `ヽ、  `ヽ、 7  o==卅==o  | ̄  ,ィ'´`ヽ、 ,ィ'⌒ヽ、


26 :◆vsQyY1yD2Q

...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   旅芸人か……。
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     諜報に使えるな。
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



         ./                                   \
         ′                {                    ヽ
        i                      ` ー--  /                  ',
         ,                {    { ` ー‐=彡'/              }  ヽ }!
         '     '′   ′  ’,    ’, ー--‐ ''"             /  ,/  '1ハ
        八    {       \   \   \       /    / /   } |  }
     ./.′\,ハ八 、        ー-  .. __ >ァ‐--=≦   _ .. '"_ .イ   , ' l ノ
       { !   ヽ   \丶  ___  . イ厂.′ / _ー‐tt=¬气ー= /'/  / /ノ
       八         ` ー-ィ /,  )ヽ′i  .′ ´'弌ーソ ー=ニ´ /     /'′
         }             八ヾ  {, i  |!  {    ´ ¨`` -‐ ´__ .. ''"
         ノィ          / ハ \ ィ│ 八  ',          V′    やる夫様は、集客のため程度にしか
          .| i         / 八  ノ人   ヽ \             〉     考えていない様ですが
         .l │ i          / ハ^´  `¨¨¨  ̄ `        ` r "
          ノノ ,,’ '  }i   .′' 八              __ ノ           彼等の忠誠は期待出来るでしょうね。
      ー=≦彡/ .′,}i    {  ’ _.>           ´ ゚ ー'
.      ` <.  /  / ,八    \ \ー \           .′            深夜に敵の襲撃を
        `く   ,/ ,/ ii \    ` ー> \> ,.. _     ノ             知らせてくれた事もあったとか。
.           ` ー‐┬ゝ--` …-<  \、\/     ̄
               |        \  \、}
             ノ            `ー ρ|   -―……‐ 、
          r―〈__ ..,,          ρ|/         \
          .ノ  /⌒ ̄           /               ヽ


27 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
       ./ ,,           \
      ./ ,:f            :ヽ
    ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
    / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
   」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
  /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
  ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_    脇の甘さは無い、か。
  ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ
   七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!   そう言う家であれば、私としても安心ではある。
   l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!
  ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
 .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
 .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
 .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
 .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'     ニュー速で家との誼は
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、    ザビ家が かつての勢いを取り戻すためにも必要だ。
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /     だが、それはガルマの参戦で
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′   既に十分な成果を上げているとも言える。
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|     ミネバ、それでもなお あの家への降嫁を望むのか?
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_


28 :◆vsQyY1yD2Q
                    ___
                 ´             <
          /                   `丶
.          , '           {γ/         ヽ
         /                 ´  ̄ <    :.
        V                   ≧ 丶   ',
       ′                      ヽj    :.
        .:                l :. ’, :. ヾ Y  :l
       l  ', 、           ′l  } |  Y   |
.         ト  ミ三彡       , ' / イ  从 ! 八     l
.       ∧ 丶        /// ィ イ ア K三ミ /   やる夫様は悪い噂もよく聞き、その一部は真実。
       ヾ -=>  _ イ  /// / イ 「 t= , '    決して高潔な勇者と言う訳ではありません。
         ゞ= 〈 i少     i少 ム._」 / 八
            ム', ::::::::::   ,  :::::::::::   r ´  厂       しかし人としては心優しく、誠実で、愛情深い事が
             入            / γ´       あの屋敷で過ごしていると伝わってきます。
               丶    r  、   /   ゝ
                 >  _  イ: : :V=-く.       あの方に嫁ぐ事が出来る者は幸せだと思います。
.          __ > ´ γ 7}: : : : : : : : :.У   ` <
        .γ´: :l      { : : : : : : : : : : /        <__
       /: : : 八       V: : : : : : : : :::./         /: : : : ヽ
       .′: : ::.∧     V≧=--=≦′       /: : : : : : : : :.
       l: : : : : : ∧      マ: : : : : :/         , ': : : : : : : : : : : V



              ___
             /,,/,rf,,,、ー\
               ,;ノべ/   \, \
            ij 、 i /   ,ミ  l
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!    フム、ガルマが結んだ誼を
            l ヾ゙>      , /
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!      より強くする次の一手としては有りか……父上。
             ヽ└=-' _/! l
             ,ト.二._/__,┴i
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄


29 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
       ./ ,,           \
      ./ ,:f            :ヽ
    ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
    / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
   」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
  /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_       ……分かった。
  ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_
  ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ   お前の滞在を、こちらからの正式な依頼としよう。
   七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
   l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!   サビ家当主の名で親書をしたためておく。
  ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!   礼金、贈答品と共に届けてくれ。
 .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
 .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
 .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
 .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"



            /:ト、ト、. : : : : : : : : : : : :/ : :/ : : : :,.イ: : / : : : : : :`ヽ
             i:.:l: :ト、ヽ. : : : : :: : : : :/ : :/ : : :/::/: :/ :j: :!: : : : : :: ',
             |:.:ト、ト、ミヽ___,.ィ´. : :/: : /: :/: /:/: :/ /{!: : : : : : : : :.!
             |: :ゝ: : :`ー==‐': : ィ´:ィ´イ: : //: :/ /:ハト、. : : : : : : :!
             ト、ト、 >===<.イ仁`メ、,. '´ ノ∠ ナナメ、ミミミ彡彡;′
            ヽト、. : : :,.イィ ,rテ く`ヽ      'ィテ く ヽ ミミミ彡彡′
             ト、: : :ィi´ 、{.:.ヒノノ       {ヒノ ノ  入ミミ彡′  ありがとうございます、父上。
             ヽ: い.:.l , ,:, :, :,         . :,:,:, , , /〃 ).:.:/
              ヽ.:いト、         ノ         /〃ノ.:./    返事は、やる夫様がサマンオサから
              、 ).:.:.ト、ゝ               /〃.:.:.:.{      戻って来てからとなってしまいますので
              `ー'^ヽハ     _...._.._,      /.:.:.:.:.:ノル
                  ).:.丶、    ー    , .イ.:.:.:., '´         その点は ご了承ください。
                 ノ.:ノ.:.:.:ト、丶、     , イノi:{.:.:.:(
                く.:.く.:.ノノj  丶、`二´,.ィ´  トト、彡'
            , ´ ̄`ヽ`¨¨¨フ  、  `Y´    L
           /    ,  >'´`ヽ  >={=<   ノ`ヽ、 ,. ´ ̄`ヽ
      /´ ̄`Y´`ヽ く         \ >j<,. ィ´     >    \ ̄`ヽ


30 :◆vsQyY1yD2Q
          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
         ./   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄   ┛┗
       ./     -==ミ  Y/             ┓┏
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
     ./ ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
   .///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|  …………。
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////  ← やっぱり会話に参加しにくい。
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´


31 :◆vsQyY1yD2Q

             ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
           ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
           ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
         ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
        ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
        l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
        ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l    そう言えば、ニュー速で やる夫は
         r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
         |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!    アリアハン認定の勇者。
         ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
         ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |      これを利用する手もあるな……。
          `" ト、    " `    /   |
             | 'ヽ.   .|    /   .|
            | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
            ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
            | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
            | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
            ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
           ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
    __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



                   ,. -‐──‐-. 、
                   ,. :´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
                 /. . . . . . . .: : : : : : :<: : :.\
              /.    . . . . . : : : :`ヽ` : : : : ',
              { |: : : : : : : : : : ,: :l:l: : : :: :}: : : : :.:.l
           ト、|ヽ|: : : : : : :}: : /: //: :.}: .}ノ : : : : : |
             ',:\:\: : :_:ノ: :///:/ハ∧ミミヽ: : :|
             \: : : :.>メ、/ 、ノ,.イ:.=ァ トト、:_:: :,′
              ヽ:T{ヽヒ:.:ソ    ヒ:.:ソノノノlノ: : :,′
               ):: ト、' ' ' ,   ' ' ' ∧/: : :/   また何か企んでますね、ギレン兄上。
              ノ.: : :ヽ   _      ∧: V( (
                ̄(: : ゝ、 __ ` _,. イ: : :Vゝ
                 `ソノ:.}、`Y´,. '´ Lく __
              ,. '´〈  「`ヽc〒_c / 7: :7: : `ヽ
              ∧: : :',: :i   lil    /: :/: : : : .∧
              / ∧: : :', | /⌒ヽ  /: :/: : : : /: : ',
            / /. : :ヽ: :.:| \__/ /: :/ : : :,.イ: : : :|


32 :◆vsQyY1yD2Q
.     :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
.      :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
      `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
       .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
.       :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
        :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
.       .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
.       .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |   人聞きの悪い事を言うな、ミネバ。
.       .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
.       .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |    王家の認定を受けた勇者は平民以上、貴族未満。
.       .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /.     すなわち貴族に準ずる地位として扱われる
.      .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
       .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´      それは お前も知っているだろう?
       ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
.       ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
.        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
        ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
     `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



               ,'  i.爪\
               !   i  \\
                  ',  ゝ、 \`ヽ、            __,-‐'´  /
                ト    \    `‐‐――――‐‐'´ ̄   _,-'´ ,
                レ、i 、   \             _,-‐'´  //
                ヘ   `ヽ、  `ヽ、____,-‐―'´  __,ィ-‐彡'´ /
                  i     `ヽ、_,ィ'´`‐―--===ュォ彡乏‐'´ _,イ  ,
                ゝ  __,=-‐7 i|    ―‐=ニ二__ ̄` ,ィ‐'´ _,ィ‐'_,
                 `i'     _,イ i|  ,ィ行宍オ==ラ=ミニ彡'´ ̄-‐'´
                 ヽ  _イ´i | i|   -辷z'う   ,, '             それは存じております。
                    ゝ  ゞ、 ハ ハ     ̄ ¨ ´
                       \`、ヘ、 i ハ、                ::.    だからこそロマリア王家は
                      `寸 ヘ_i  ト、                i::::.
                        )  , ヽ-、ミ‐-             ii:::::    やる夫様の勇者認定に
                      _ノ _,イ ,ヽ. ∧`               -:::/:'     .二の足を踏んでいる様ですし。
                         ̄ (( N、 iヘ
                          ` ゙寸 ヘ         _ __
                           リ/  iヘ          ........
                         //  i i全ュ、        ::::::::
                        '´彳   ii {\ ≧、


33 :◆vsQyY1yD2Q
               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i   いっそキシリアを、行儀見習いとして
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il    送り込むと言うのはどうだろう!
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y.    ニュー速で家を貴族として扱えば通る話だ!
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L   上手く行けば嫁き遅れを片付ける事も……!!
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人



                        /        ゙i,::::::::::::::,r'  ┛┗
                     /    ,,、r''~i、 i,:::::::: ,i"  _ ┓┏
                       /    /    ゙:、 i;:::,r",、-'".    \
                    /  /;;l::' 、,.r- 、:,ヽ,'r''" ,r,r'",.r''' /
                     /'"/;;;;;;;;l '''i  () ヽj、,,r--、-<_  \
                  /,/;;;;;;;;;;;;;l、 ヽ-‐'''ソ,r"`ヽ、'':::.... ` / 
                  ll';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l,    ''",:':/:::::::::::ヽ.  ''  \   兄  上  ッ  ! !
                  l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!l:i,    ,:':::/::::::::::::::::::ヽ.  ./
                  l';;;;;;;;;;;;;;;;;,!.l:::゙t /:::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ、\
                  'l;;;;;;;;;;;;;;;;,! l:::::::~::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   l;;;;;;;;;;;;;;;,!',|::::::::::::::::i,'-、:::::::::::::::::::::::::::::::\
                    l;;;;;;;;;;;;;,!.'|::::::::::::::::::゙:;;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::/
                     i,;;;;;;;;;;l', ゙i,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ゙i,;;;;;;;l ', ゙i、:::::::::::::';;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/


34 :◆vsQyY1yD2Q
       _,.. .... 、
     ,.‐'" , 、  `ヽ、
    ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
   //         `、ヽ
  i i'          `i  |
  | |,:'"  \,. '"    i  |
  j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
  .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i
  l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |   キシリアも一緒に片付いてくれるならば
  ヽ; !、_   j  !、  u._,! 、,./.
  ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i   ザビ家としては有難い話だが……。
  j,:' i   --==‐-   └l.  l
 j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
 ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
  'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
     !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
     `===l===''""



           /                     ' ,
         , '´                       ',
         /                , - ‐-        ',
        ,'              '´ '⌒  ̄ヾ、      i
        ,i                  ⌒ヽ、 `ヽ    |
       i|i                  `ヽ、 ヽ     |
        ト|、`、               、   iヽ、 i    、ヾ、_
      .ゝミヾ- __,    ,   , ,  / , i ii  i i 、i      ト、
       `ヽ、二____/  /// / ,イ ii  i i       ', ヽ   いけません、兄上!
          7tiイィ芸-‐'彡'´,イ,イ ノノ i i,i , i__, -'    ,リ
         ,イ:i:i | ゞ'ニ ̄ ラ'7' 辷二/ タイ /ス___,   / '     ニュー速で家は
         i{ :i;、i    ‐'´  '´ 乏リ//ナ/// i`‐-ォ‐:'´ノ      権力を求めていると思われないよう
          ヽ,八    く      '´  リ´|i| i、ソ:i:ト、i´_
            ヘ   _          リル_i´`、ヾ、` `ヽ、.     ロマリアでも苦労されているのですから。
          ,イこム、 レ`ヽ       _ィ、:::-‐-ミヽ<   ',
       _, -‐' `ヾニイヽ`=‐'    _ -イ,イ::ヽ、:.  ヽリ) i .,  ',.   中途半端な扱いは却って迷惑となります!
     ,ィク´   `K´  >イ`-‐ = ≦ ´ _,ィ´/:(、__>、リ)  /  /
    / く      \'´、 '   o_コYr壬イヾ、ニ彡'´ヽ  /  ,イ、 ̄`ヽ、_
    /  \      \i  、. o二二|i|二イ    /,'   /  /  ヽ‐- 、_/
  〈     \      \  `ヽ、  j j、、 - ‐'´ /.,'   /   /   i   `ヽ、_
   ト、     >-、       \   // ゛ヾ、  / / /  ,イ    i      |


35 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
       ./ ,,           \
      ./ ,:f            :ヽ
    ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
    / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
   」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
  /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_       まぁ、ミネバの話が順調に進んでいると言うのに
  ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_
  ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'" .u ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ   わざわざ足を引っ張る事もあるまい。
   七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
   l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!   ミネバ、がんばるのだぞ。
  ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
 .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
 .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
 .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
 .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"



              /                      _ 丶
              /                    / .x<   ヽ
           /                      / x≦    ’,
            ,'                       ´三三ミ   .
          ′                      :. } ',   ヾ.   .
           .:           / /  イ j   l: ∧|  :. V  ',
           l    、       イ / /, '   〃/ ./リ  | ',   :.
         .:     ` ー=ニニ彡 //  / , ' , ' ∧ / |  l
          .l     丶 、  __  イ      / / /  イ  从  ,'
          .       丶 ≧=-          .イ  , '/乂  /   ./
           .',  ヾ三彡 >=───‐==≦./ /   , '< /   ,′
           、丶 _   /    ⌒       ´  ⌒ / 圦  _.ノ
            ',   __ イ:{  .r==ミ     r==ミ  从l 7 ノ
           丶 入乂: ',                    ∧j/ く   はい、必ずや
              `) 丶l_V          ′      .ムノ`ァ
              て ` ー’,      ─      /  八.    ニュー速で家に嫁いでみせます!
                 ゝ、,  ヽ    ゝ  ノ    / γ´
                 フ.  丶        イY   `ア
                   丶、  (丶.> ─ < / 人._ ノ   __
                   ≧- }> ≧=- _ : / r 、 > : : : : :.ヽ
                    γ:j: : : : o== Y= o: }: : : : : : : : : : :.';:ヽ
                       _ノ::ム: : : :o=-─|‐=o: : : : : : : : : : : : :|: :.’,
            . -==─=≦: : : : : : : : : : : :/人丶: : : : : : : : : : : : :j: : : :V
          γ´: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : :/ / 丶 `Y: : : : : : : ::::.∧ : : : V
          .′: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : 人 ',    } 从: : : : : : : :/|: : : : : :.V


36 :◆vsQyY1yD2Q
                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ        ミネバが順調そうなのは素直に喜ぼう。
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_     しかし、キシリアが……。
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,   いや、これは止めておこうか。
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   ハッキリと言ってやったらどうだ。
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://    ますます嫁き遅れそうだと。
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-


37 :◆vsQyY1yD2Q
         !|/   |i,|   `|'i、               i:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.::::::::::::::
        ,!|i   ,!|゙i,    |゙i, ヽ.            l:.:.:.../  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ.:::::::,
       ,"|‖   ,! i,     |ii,  ゙i,         |:.:.:.:i'   .:.:.:.: u :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`"
        ,! ,! |i,   ||  ゙i,    |i i,  ゙i,         l:.:.:.:レ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.u.:.:
        !  | レ゙ー--||  ゙r''"~.ヽ,i,  ゙i,        i.:.:.:|' ,r":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:
     ,!   レ'~`'ー-!!   〉-'" ,.r'"   ゙i,        ゙,:.:.:|  -t:r:.、――- 、..:::::::::::
.      ,!   `''ー、, ,! ゙i, / ゙i,-'"     ゙i,        ,r'゙`i,:.|    `"ー‐'''"~:.:.:::::::l:.:.:.
     ,!       ゙ヽ. ゙i /    __   ゙i,     i 'ヽ.i:.l  ,;;''" ̄ ̄:.:.::/:::::::|:.:.:.   い、いや、冗談だ。
    ,!    _,..,_   ヽレ'  ,,、r'_ ヽ.  ゙i, チャキッ .| /ゝl:.l, ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::|:.:.:.
     !   ,ri-、-‐、ッ_、ー-r'' <,"ゞ'ノ'' |.:.ヽ. ゙i,  ,r=,、i, i,ヽ,゙i'i u : .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::|:.u.   本気にするな、可愛い妹よ。
    ,!  ,r':.:|i,   ̄  _,r--、,  ゙̄` ,|:.:.:.:.|ヽ.〉''ゝ=ノ゙i, ヽ.)i,! .:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.::::::::::|:.:.:.
   ,!  /:.:.:.:i ゙i、  ,r'" l    `ヽ、_/::l:.:.:.:.:|,:' 杖,.:' .  ゙i,  λ .:.:.:.:.:.:. u .:.:.:.::::::!;:;:,、
   !. /;;l.:.:.:.:.i  `"     l       :::,!:.:.:.:./'t._,.:'l     `‐'|',  .:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::':':'
    !/;;;;;;l:.:.:.:.:゙i,      l      ::,!:.:.,:''t./;;;;|      | :':, .:.:.:.:.:.:.:.:,,_____
   〈;;;;;;;;;;゙:,:.:.:.:.:゙i,     ,!     .:/,.,:' ,:':;;;;;;;;;,!      | :.:.':、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄
   ゙i,;;;;;;;;;;;;':,:.:.:.:.i'i,     t    ,/:'!,''-');;;;;;;;;;/    .   | :.:.:.ヽ. .: u .:.:.:.:.:.:;;;;;;:.:.:
    ゙i,;;;;;;;;;;;;゙ヽイ ゙:,   ',   ,r',:'  ,:';;;;;;;;;ノ        .  | .:.:.:.:.:゙:、 .:.:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ヽ、;;;;;;;;;;;|   ヽ、 _,,ノ,ri、、_,,:';;;;;;/         r.'!  .:.:.:.:.;;::゙:、:.:.:.:.:.:.:.:u:.:.:.
       `'-、;;|     ̄ ,:'  ,:'.7|r''"          ト、 `''‐、、_;;:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:
         _,|      ,:'  ,:' ,:' .ト、_          レ' r'~`'ー-、_`''ー-、、`'''''''''"


38 :◆vsQyY1yD2Q
                  (                __,;:'' ,,;:''
  今更遅い! ギラ!!    .> ┃┃┃         ;'/ o,,;:'''  .┃
                    ,r"   ┣┓      _,,,_,;''ヽ. ヮi  ━╋
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y    ┃┗     ,!--t_,;:''ヾ`r'  ━╋
                           /  /、゙i,i,! ,.`ヽ、   ┃
                          /   /l  't. ゙:、||_/,! l     ━┓
                         l    ノ |  'V~~| n ノ ,!    ━┻
                      ,,;:〔,r'ヽ./   /、   -`/, " .|
                       ,;::'' / [レ' / ゙:、ヽ.__,r''"゙l    ┃
                   ,,;:'' ,;:''!_!!n゙ir"    `ー--'ヽ,  l      ┃
                 ,,;:'' ,,;:''    `"i         | !-、.|       ┃
              .:::::;;;:'' ,,;:''       ,! 、       r'i//、7       ┃
         .r'ト、  .::::;;'' ,,:'':.        !  `'y、---‐"l r'" .|'
      iヽ、.ノノl=''l /,:::''':::::::. ,.,_    ,,r"   / ゙i   ,r' !,'ヽ !,        ┓
      lヽ.ヽ <:、//    r" | ゙`''/l ___ノ  ノ  ,!   !,!ノ      ┗  ┃
     /' ,>"//,!     ,!-, |  /   ~,r'"  /  /               ┏┛
     //'/!,!/ー/     l ,,.r'、/  ,,r'"|  ,/'i__,,..,/                ━┛
   //"ν',ソr"ヽ/゙i,     l'",r'l,ノ ,r'"`-、|、.,'   ,r"
   |/゙`'>'" `'''゙,〉:.、!、   / r" ,/    ゙i/ ./
   l' r'i'  _ ヾ  ゙i、i:、', _,,/l/" /__     / ,r"
   ゙V"i ,r" ヽ‐-‐''r' ,/ | | /  ヽ、、/; /
     ~'i,   lヽ、 ゙i,"r"' ,! 'i,l''ー- |  (r /゙i, ,,.、-'ヽ,:、   ,,..、-'二'i
      ヽ、 |  ゙、 l,,.-''" ,ノ'ヽノ | / /`''"-、、,,_ l-ヽ''"-''"  | |
      ,r",r''  ,! l,`''"i/〉''",r''"`,! /、   (__)| ,! /┐ノ ./  .| |


39 :◆vsQyY1yD2Q

                           (
                            )  )
                           ( ::(
                            ) ::) シュー
                            //
                          . -‐;______,‐-
                        /   ',   .;   ┛┗
                          .       '.   l:::: : ┓┏
                          ′      .::`、/:::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //   本当に撃つヤツがあるか!
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´      そんなだから嫁の貰い手が無いのだ!!
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-



            ,. . : :´: ̄: : : : : : :`: : :.、
         ,. :´: : : : : : : : : : : : : : /: : _: ヽ_
         ´: : : : : : : : : : : : : : : :/: /´: : : : :ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :': : :,.--- 、: : : .
         ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :、: : : : :
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : ヽ : : ',: : : :l
      .': : :, : : : : : : : : : : , : : : : : }: : :}: : : |: :|: :|: : : ::.
      | : /: : : : : : : : : /: : : : : :/ : /: :/: }: :}: :}: : : : l
      {: :{、: : : : : : :/: : : : : : :/ : /: :/: /: /: :': : : : :}
       、: :\ ー=≦: : :_,: : : :/,. :´:/}:/: /:}:/: : : : イ
       \: : 、: : : : :___,.イ/:,.ィ'-_/イ}∧:/ : : : : ,
         イ,.ィ:.T イ´ l:てヽ`¨´ ィ^l::て/ /:乂:_:_/
         L:/:从   `¨        `¨ ,': :|_人_≧-
          〈:_:八        '       u 7从:_/     兄上、髪が……。
          \: : .、     _      イ: /
            〉: : : .、     `  .ィ: : :〈
             \/:_{ト > - <_,l}: i:/
      _,...:::⌒ヽ、  |⌒\Y/⌒|¨´   __
    /::〈::::::::::\、:::〉_,ノ  ==}l{== 八-、 /:、::::::\_
  __,/:::::::::::\:::::::::\   ` ー,从-- ´  ` ー}::::::::::::、:::::.
/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::\  〈〈  〉〉     /:::::::::::::/:::::::\


40 :◆vsQyY1yD2Q
              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l   二人は放っておけ。
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i   お前は ああならぬ様にな。
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_



              /       / ,'                    \
             f ,     {  ',                    ; ;::ト、
             ii    i i、_ 入___  _,-‐              i: i:ヘ
              |i   \ト、\`‐-=-‐  ̄         , ,   ,イ }:i:. i:::∨
             ヘ  、`ヽ、_`ヽ、ュ、_  , ‐'´ ,   ノ,イ /  // ノ::}::ii::::}
              ヽ `ヽ、_ニ彡ヘ_二-―'´_彡'´ノ  /:::/,イ} /|::|i ノ
              _,イ,  〈 {:::(|i i ii | ̄ ̄ ̄"ラュ-‐一'´::::ノ/,::'::,イノ/リ
               -イ : : :ヘヽ:|i i ii | `ゞ=イ ´ ̄ ̄ニ彡'´::::ノ リ´
                  (ノ: : i : {`-入i、 N.u       :  ^¨チ,イ{´     肝に銘じておきます。
            ト-ゝ‐'  : :',_i i   ` `ヾヽ、         〉  /iリ リ
         ,-‐-入`二´: : ::〉ヾ、 ヽ       _ _ ´ /,イヘ          ええ、カガリ様達に負けぬ
      ,ィ‐=ム_   `ヾ==ィ `ヽヽ ,>、     -‐  /7⌒)           良妻となってみせます。
     / _   `ヽ、  \7   ゚==}f_r'ニ' > ._   /'´ /´)、
    f´7´   ` ヽュ、  `ヽ、 \゚ヾ=ij_/_ / , '´ ̄/     ' /、.        そうでなければニュー速で家の嫁は
    {/        ヾ`ヽ、.    \7爪>'´ /_ -‐'/`‐- 、   '´/.         務まりませんから。
   /          ヽヽ `ヽ、.   \/ ,イ-'´::: ::/    `ヽ、_ノ:::}
  {           `i:}  :::ヽ、  `〈   ::: :/       /::::::i
  |            `、   ::   ̄` r‐ミ、 :: /  ‐- 、  _ノ ::::::::|
  |             `   ::  / ' ゝ' } /      /:::::::::::::イ


41 :◆vsQyY1yD2Q


              \__人_人从_人_人从__人_人从_人_人从/
              _)                               (__
                )    私 だ っ て ぇ ーーーー ッ !!   (
              ̄ ̄)                            ( ̄ ̄
                ̄)                 By.キシリア    ( ̄
              ̄ ̄)                            ( ̄ ̄
               /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r−−‐-−−‐-−−‐-−−‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ−、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ−、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


第91話へ 第92話へ

ハロカプEX ザビ家の肖像セットたたかえ!嫁き遅れライフ
ハロカプEX ザビ家の肖像セットたたかえ!嫁き遅れライフ

この記事へのコメント
…ああ、うん
ドンマイキシリア様
Posted by at 2013年05月06日 20:44
ミネバはゼナのことを姉とは呼んでないのか
Posted by at 2013年05月06日 20:54
ついに撃ったw

次世代嫁はまどマギ5人とミネバに加え、ネリー、タバサ、いおりん、もっさん、
そしてもっさん。
式にはリュカも加わるし。1ダースの花嫁か。

まゐ、絵里、サイデリア、ミルタンクはまだ違うけど展開しだいか。
Posted by at 2013年05月06日 20:57
しかしながら家の中でギラをブッ放するなよwww

屋敷が燃えたらえらいこっちゃやで・・・。

だから行き送れ・・・。おっと、誰かきたようだ・・・。
Posted by at 2013年05月06日 21:42
↑↑

サイコショッカーの名前間違えてるぞ
Posted by at 2013年05月06日 23:19
しれっとミネバも嫁に参加するのな
最後には何処まで増えるのやらwww
つーかキシリアあんた・・・w
Posted by at 2013年05月06日 23:34
なんでや!キシリア様はあれでも20代…
あ、この世界で大年m(ズキューン
Posted by at 2013年05月07日 00:16
この世界にマ・クベさんはおらんのか?
あの超キシリア萌え壺マニアがいれば嫁ぎ遅れの心配なぞせずとも良いものを……
Posted by at 2013年05月07日 08:37
米4
安心したまえ
作者も言っていたがあのギラはポップ君なみの収束ギラだ
Posted by at 2013年05月07日 10:00
「したためる」ひらがな表記ぐっどデス
漢字だと一瞬読めないもんね…(ちなみに『認める』と書くぞ)
Posted by at 2013年05月07日 16:00
ギレンのツッコミが一々もっともで笑えるわw
これはいいザビ家ですね
Posted by at 2013年05月07日 16:06
ほんとに優しくて誠実だったら現実世界でニートやってねーだろとも思うが
追いつめられると覚醒するタイプなのだろうか
Posted by at 2013年05月07日 20:33
なんだかんだでザビ家も家庭円満なのなw
Posted by at 2013年05月07日 20:48
ポップ並の収束ギラって終盤は舞い落ちる木の葉の中心だけ焼き切る超精密コントロールじゃないですかーwコントロールが大魔道士並って凄い魔法の腕なんですけどww
Posted by at 2013年05月07日 22:03
ザビ家も円満だよな。
普通ならこの世界の兄弟は後継者関係とかで仲良くなさそうなのに。
Posted by at 2013年05月07日 23:11
銃っぽいの持ってるから、魔弾銃なのか?w

それにしても、ミネバ可愛い
Posted by at 2013年05月08日 04:25
キシリア様はザビ家のネリ様ポジやから!
カッコイイ女性で通すから!
これでいいんや!
Posted by at 2013年05月09日 16:10
※15
たぶん、ギレンが長男だからうまくいってる。
弟たちが人格者だし、序列が名実ともに固まってるからだろう。
ギレンが次男か三男だったら、絶対家督争い起こしてると思う。
Posted by at 2013年05月09日 21:04
↑↑↑
よ〜く見てみよう。ちゃんと杖って書いてある。
Posted by at 2013年05月10日 19:32
残念だがかっこいい女ポジには周りの男に憧れられる美貌とスタイルが不可欠なのだ
ハデーニャ嬢がイケてる大人の女ポジになれないように……
Posted by at 2013年05月11日 14:20
いや〜、ミネバは正直いらんだろこれ・・・・
下手に娶ったらザビ家と対立してる他貴族から余計なちょっかい出されかねないし
火種になりこそすれやる夫達にメリットないやん

新キャラが出張ってくるとその分嫁'sや古参嫁候補の出番が食われるし
そもそもミネバに嫁連中や候補達と張り合える程のキャラクター性ないもん

Posted by at 2013年05月12日 16:57
ロマリア系とばかりとくっついて、アリアハン貴族が蔑ろにされてるって意見がアリアハン国内で出てるんだから対処は必要だろ
カガリ一人しかいないし、それに富を独占するとはやり悪評が立つし妬みを受ける
アリアハン貴族にも恩恵を与えて味方の派閥強化をしないと、小泉家とザビ家が仲間になれば結構後ろ盾も強くなる
Posted by at 2013年05月13日 06:25
90話で出て来てますが、夏美がいない間の貴族的常識を補うメリットはあると思いますよ
……こうして考えると夏美ってマジ万能w
Posted by at 2013年05月13日 11:56
夏美の代わりになるロマリア系貴族はいるけど、アリアハンの窓口になるアリアハン系の貴族の身内がカガリしかいないから、むしろソッチのほうが重要じゃね?
カガリはそういうの向いてないからな
Posted by at 2013年05月13日 14:36
不満続出の状態で前例作ったら他の貴族連中のタガ外れるんじゃね?
少なくともデギン派と対立してるジャミトフ派はほぼ確定で不満爆発させるだろうし、ミネバ娶ったら

かといってジャミトフ派からも娶ろうもんなら実家間の諍いが持ち込まれるのは確定だろうしなぁ
いくら嫁いできた相手がやる夫んトコに染まっても実家の連中はどうもなんないし

・・・コレ、下手にミネバやら娶るよりマジでハルヒ娶って小泉家との繋がり深めて
アリアハン内での小泉家の発言力高めるのが一番マシなんじゃね?
Posted by at 2013年05月15日 21:17
だからやる夫withニュー速で家の方針として権力の一極集中を避けることにしているというに
政治的野心はないですよってアピールして敵を作らない八方美人方策だけどな
ここのザビ家は原作と違ってかなりまっとうな感覚の持ち主だから縁を結んでも問題はないと思う
Posted by at 2013年05月18日 18:57
デギン公の代替わりイベントが起きるかどうかだよね。
お家騒動に巻き込まれるような形になったりしたらメンドそうだ。
Posted by at 2013年05月19日 02:37
↑↑↑
ハルヒなんて唯我独尊娘を娶ったら、今のニュー速で家内のバランスが崩壊すると思うんだ
どう考えてもカガリとやる夫を立てるハルヒは想像つかん
Posted by at 2013年05月21日 17:56
キシリアさんって素顔は美人なの?
Posted by at 2013年05月22日 22:21

正妻を立てること、皆で協力することが大切、と。
冒険を通じて培った経験や皆で困難を乗り越えてきた経験が生きているようですね。

ドズル……なんという愛妻家。
やる夫もそうですから確かに気は合うかもしれませんねえ。

おお、ついにミネバも。可愛いらしくいい笑顔ですね。
幸せを望むことは良いことですからね。精神や心といった意味でも。
家族の同意を得られ、嫁たちとはうまくいっているようですから、後はやる夫と如何にして親密になるか、ですね。
今も苦境に立たされていますし何かと忙しく飛び回っているのでなんとかして時間を見つけないと。

キシリアェ……。
Posted by とあるA at 2013年05月26日 21:36
「中途半端」だの「足を引っ張る」だの、キシリアさん散々な言われようw
ドズル閣下は原作でも部下思いで愛妻家な人格者なんだよね。
Posted by at 2013年10月11日 14:13
よし、キシリアは私がもらうw
Posted by at 2013年12月27日 01:45
キシリアのあれはポップの収束ギラか?w
Posted by at 2014年01月18日 20:47
ギラワロタw
Posted by at 2014年02月13日 12:41
(;−ω−) マァ…ショウガ ナインジャ ニィカナ ?
Posted by at 2014年05月01日 08:04
このザビ家も貴族として、おかしいくらいに仲が良すぎるwww
Posted by at 2014年05月23日 14:51
つい>2と>41を見比べて>41の屋敷にキシリアのギラで出来た穴が無いか探してしまったw
Posted by at 2014年10月25日 10:05
ミネバ様は原作通りのドズルの娘じゃなくて妹の設定なのか
Posted by at 2016年09月24日 02:18
結論:今日もザビ家は平和です。

(追記:口は災いの元)
Posted by at 2016年10月19日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66671503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ