■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年05月13日

第92話「時は過ぎ、人はその責を負う……」(1)

『知られざる伝説』 1     第93話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

                                ┌┐
                        /\        ||       /ヽ
                       \/         ̄        ヽ/
                              ̄    ̄
                  /\    /  >=-     `丶、  \     /ヽ
                   \/    /            \   、 ヽ/
                     /   ゙7   , ハ    ,、,    、   、
                      '    {  / /ノ \/`lハl  ハ  ,
                ┌─┐ i    ゝ_l/| ●    ● /Vく  }   i  ┌─┐
                └‐‐┘ l    ノノ.i|⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i  \..l  └‐‐┘
                      /⌒ヽ.ゞ八  ゝ._) `7./⌒i !⌒′
                      、\ /:::::/ ニ>,、 __, イ|/  /⌒´,/
                  /ヽ ヽ./:::::/   ヾヽV /::{ヘ、__∧    /\
                 ヽ/    \<     ヾ∨:::/ヾ:::彡'/    \/
                          ゝ、  ___ ,.  ´
                      / 〉            〈 \
                       ヽ/       r┐     \/
                         、       凵
              ニ|ニ    r     r─、   __    ‐┼┐   ‐┼┐!!  l |
              ゝ_ノ  d‐      _ノ   (ノ`)    丿 」   丿 」    .ノ


2 :◆vsQyY1yD2Q
【 レーベ 】
                  _______   _______
                 /\二二二二二二\/::\二二二二二二\
         ∠二二二二//:::::\二二二二二二\:::::\二二二二二二\
;ゞ;ゞv;ゞ    |ロ ロ ロ ロ //:::○ ::.\二二二二二二\ :::\二二二二二二\ゞ
ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ∠二二二二.|/:::::: ::.:. .:::\二二二二二二\::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ゞ;ゞゞ
;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、| .| | |::.:.:ロ.:..:| _| ̄|    | : : : : : : : : : : : : : :| ::|             |;;ミ゙',,,ゞ、.、
エエエエエエエエエ__| | |_____|__|  |__|_______| ::|             |yv;ゞ;ゞv;ゞ



  奥様、レーベに到着いたしました。

   ∧ ∧    ∧_∧    ∩_∩   ∧ ∧
   ( ゚w゚)  ( ´ _>`)  .(,, ・(ェ)・)  .(=゚Д゚)
    /`>v|>.  《⌒i V l》   《⌒i V l》  《⌒i Vl》
  .く,_,ノ |ゝ  |l i| | |〆   |l i| | |〆  |l i|  |〆
    し`J.   ,ソ_,_i!_)__)ゝ ,ソ_,_i!_)__)ゝ,ソ_,_i!`Jゝ



                     . -───- .
                   /       : : :ヽ
                  /          : : : :ハ
                  ./        . :  : : : ハ
                 ,'     .i  }:i :ィ: l  : i: :ハ
                .{    l、.|. ∧NニNi l  :',: :ハ
                 l i .{ ヽ!ィ、`'  辷j|イ  : :l`: : ヽ_
                 Nヽトヽゞ' ,       | :i: l: : : : :\_   ああ、ご苦労さま。
                     .|ハ  ` _,.  .l: イ:/: : : : :<
                     .N:> 、¨  ∠l/-}: : : :\``    引き続き護衛を頼むぞ。
                     Vヽ,. `r'´::::, <ハ``ー‐ 
                       '´i/./.  . <i
                        ./◇/イ: :.ハ
                       ./   {{   〉: : ハ
                     /   />':/ ̄`ヽ
                    /_.  ∠´  /: ∧    イ
                   {}´ ├┤  .i: .∧ `ー' }
                   ∨  ̄   ヽl  >、.</
                    iト        /| ヽく.ー>./
                    i!ヽ    /:. |  ヽ/,'


3 :◆vsQyY1yD2Q

                ,. -ァ'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
               rァ'´ / , -'´ ̄``ヽ、`ヽ、|`ー、
             /ヽ/ <        >     \
               /__, ------ 、`ヽ、, -', -────┬ヽ
           /   ____  \/  , -─‐┐  ト、 !
            __|∧  ヽ    \__∠------、 ノ ヽ「`ヽ、
         ∠..」〉 \   >r7T| ̄|||    --- 、  `ヾ、_ハ-、__ \
      <'´ r‐|X_rイ|/, -|7'''|!` |ハ!     , -- 、  ヽ\/   /
        `ー--〈 // |{| r',==;ミ         r'::乙j,ヽ  レ‐‐ミr‐'´
        、____ノ r‐、|ヽ! {::;;;;ー'!       ヾ::;;;:ノ   |/i  }ヽ、从     それじゃ、できる夫村長の所へ
         ゞ// | rィミ  `='′         ̄    |_ノ ∧__∠
        r'´::/ /ヽ `i          :i           |_ノ ヽ|:::::::::::`>、   行きましょうか。
     rイ ヽ::ヽ|リ | \!       __`____      ./川/|/リ::::::::/  \
     | ヽ  \:::\ト、ィ lヽ、     く/    ノ    /人|/〃::::::/      `i
     |  ヽ   \:::::::::ヾ从ヽ、    `ー--‐'    / /:::::::::::::::/        |
     ヽ   \   \::::::::::\'、`''‐ 、  ̄  _, '´   /:::::::::::::/ /      /
      ヽー、      \::::::::::\   /`''o 〉 \   /::::::::::/ /       /
       ';:::ヽ   `i  \:::::::::ヽ_/   {  /`´::::::::/ / /  // ̄ ̄ /
        |:::::ヽ.   ',   |l\::::::::::::ヽ---'´::::::::::/|| |/   //ヽ、_,ィ′
        |::::::::〉 __  '、.   ||   \:::::::::::::::::::::::/   || /   //(`ー∠/
        ヽ_// <  ヽ _」L     ゙ヽ、:::::::/     .|/  (\ヽ∠二V
         ヽ/⌒´   /\:::ヽ     |::::|    /〈   ゝ、ヽ\,.ク」
          ヽ     /:::::::::\::}、____人人 ____j:::::ヽ    ヽヽ//
           ヽ、/:::::::::::::::::::::/ヾ::ー---|::::|--‐/::::::::::::ヽ    ヽ'´/


       _    ̄ ̄` 丶、
       /           \
     /   ,、_ {  / /  ,   .
.    { 厶k汽ハ/iKハ }   }ノ
      } \}tツ   }tツv /
     ノj  トヽ    ′   }く     ああ、行こうか。
   _彡'へ }、  (⌒i〉  ノ ド=-
   _彡'}ハ/ヽ¬≠≦}ハノ       待たせちゃいけないしな。
      / : /{ヘ_,癶:tヘ、
     く}_{_シ': :}: : \: :ヽハ
     ノ: :}: : : 廴:_:_:_}∠:_ノ


4 :◆vsQyY1yD2Q

             _  -――-  _
             , '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
        /:::::::::::::/:::::::::::::i:::::::、:::::::::::::::ヽ
       /::/:::::::::::/:/:::::::::;:::::ハ:::::::i::::、:::::、::::丶
      ./::/::::::::::::i:::i:::::::::/!:::/ |ヽ:::|:::::ヽ:::::ヽ::::::ヽ
      i::/::::::::::::::l:::l:::::::/ l::/ 1 !:lヽ:::::i::::::::i:::::::::',
      l::!:::::::::::::::|::,!::::,ムイ'  | `|ーl:::::!::::::::!::::::::::!
      |:l::l:::::::::::::l/Lr′ {    !  } l,:::|::::::::|:::::::::!|
      |:|::|::::::::::::|            ヽ!::::::::!:::::::::!|
      |:l:::!::::::::::::Y⌒ヽ     /⌒ヽ !::!::::l:::::::::ハ!
      l::!::l:::::::::::::ヽ ,ノ     丶 ,ノ/:/:::_lィ⌒′  良いのかなぁ……。
      l::l:::ヽ-、::::::l         | | |イィ´::|:|
      !::l::::::::::::i\!           ! ! ! i::::::l:l     愛人がこんなに堂々と表に出ちゃって。
       !:ハ:::::::::::丶.   r――┐   ,/::::::!::!
        !':::ヽ::::::::::::i:` _、└――┘_, ィ":::::::::!:::ヽ
      リ:/⌒ヽ::::::::!´:.:.! ヾ ̄ ̄,フ !:`!::::::::::/7⌒ヽ
       i:,′:.:.:.:ヽ:::::ヽ:.:.l   >=く |:.l:::::::://:.:.:.:.:.:i
       !{:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::ヽ:.V ,r介、ヽ,!:.:.!::::_//:.:.:.:.:.:.:.!
     ハ:.:.:.:.:.:./´)7::::V ///l i }、ヽ_(ヽヽヽ:.:.:.:.:.:.:}


                 -───-  _
             .  ´             ヽ
           /               ',
              /                   }
          /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、
          / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_
          l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__
          |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/    できる夫は、お前の事情も知ってる。
            l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /
            | \|:ハ    _  /   i  i┐.    相手は選んでるから安心しろ。
            |/lイ 、`マた¬≦}     {  | |
                 |/V\{  \ {\__人 } }
                    ヽ  トi`マ´  \ `Lj
                     ゙ー{_{_厶     \_
                       ヽ\_      ̄
                          `ー==━


5 :◆vsQyY1yD2Q

                  _,. -=ニ、  ̄ ̄`ヽ
                  /  , ヘ   \/ }__  \
                  /   く _/     V ∠   ヽ\
               |/^ヽ、  /__,二  ̄}  _>  j,ハ
                 |ヘヽ  ∨ /   / /  \    ∧
             /ン'^ア「 ト-、二_ー<  くVハ   ヽ  }
            // , '/_ |l |     ̄` ー<ハ l \ ∨
             / /  イ/¬ハ|  , -─= 、   ≧、lハト、/l
             //l /l l|テミxヽ!   , - __  ヽ 三ミュニVく
              l{ |' V《 |bハ     〃フ¬x.   `V/ ,-ハヽ`ヽ、      それに今回は仕事ですからね。
                  | ’ー' l    、辷厶     / イ } lハヽ、 \
                厂ヽ  〈               rン/l |   \ \    リュカさんは
                /   |、 、_   ,      /┬< / ハ      、 l   私の補佐でもあるんですから
             /  / >¬  ̄     /  |   } く 小 _    |
            /   //  ,ヘ   _,   ´   l〉 / /|lハ〉  `ヽ、|  堂々としていれば良いんです。
        ,ノ⌒ く  /'  /jVイ]フ^!        /V{^\ トV      ヾ
     厂    ヽイト-r '´ /::::r<  |   _,.-'    /j/ゝ、
   r-/   \   } >ヘ._厶:_」   }_/ r<      /  , -─ヘ、
  /  |^ヽ、   ト-イ/     __) ∧ l |    /  /::::::::::::::::_>、
  |  ∧ └< / _, イ丁:::::::j/ /∨ -ヘ、   / /::::::::::::_, -' /⌒ヽ
  |  { ヽ __∠ ̄  | ∧:::::::{  j__」 -─ヘ. / '::::::::::::::/  /      ヽ



:::::::::::::|:::| l  \:::\:::::::::::::::::::::::::\::::\
:::::::::::::|:::| |   \:::ヽ 、:::::::::::::::::::::::\::::\
::::::::::::ハ::| |     \:ヽ.\:::::::::::::::::::::::∨::::ヽー‐'
:::::::::::ハ:|. ! し    ∨l 」.斗:::::::::::::::::|:::::::::::',
::::::::::l !:l   !     \匕´└.==‐―┬┘:::::::::::i
::---|-ヽ|--┤|.       γ  ヽ |::::::|:::::::::|
::::::::!:!  !  !         弋  丿  !:::::::|:::::::::|
∨::トレ' ⌒ヽ.         `¨´   l:::::::レ‐''´   ど、努力します。
:ヽ_」|    !              ∨:∧
::∧ ヽ、_.ノ              し∨:∧
;;;;;∧                     }::::∧
:::::∧                   ノ:::::::∧


6 :◆vsQyY1yD2Q

    c    __
.  C   , '´::::::::::::`丶
.    /::::/:::::〃ハl、::ヽ\
    /:::!:::::|:::::/ィ´ !トヽ::|::::..
    !::::|::::::L/     lj::::::i
    !:::!|::::::| ○   ○ ! ! ::|   あれ? そう言えばミネバ様は?
    V‐|:\!      レ|r┘
    ト.|::::::|   △   ノ|      今日は一緒じゃないんですか?
     |:::ハ:::::ト    イl:::|


             /,.                      ヽ
            .ィ'                        ヽ
           //  /      ,   ,              ',
           ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
           l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
           !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |
             !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |
             '  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ
                 /イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|   ああ、里帰り中だ。
             /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!
              { イ   \   _       /イ    ハ!  |.      今ごろは実家で家族と
              !ハ   ト/ \  `     .,. ィ  / / ! ト .l     仲良くやってるんじゃないか?
              /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!
              ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ
               /,.> '}      |   ,//    .| \ ',
     _,.... -─ ' ´ ̄: : : : 〈 ヽ、   .|  / イ`ヽ、_ .|  ヾ、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',   `丶 | / ノ |: : : : : :`` ─- ..._
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     `}   .|: : : : : : : : : : : : : :',
  〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',      l   .|: : : : : : : : : : : : : : }
   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     }   |: : : : : : : : : : : : : .i


7 :◆vsQyY1yD2Q
【 ザビ家は仲良し家族 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                            __,;:'' ,,;:''
                              ┃┃┃         ;'/ o,,;:'''  .┃
                              ┣┓      _,,,_,;''ヽ. ヮi  ━╋
                              ┃┗     ,!--t_,;:''ヾ`r'  ━╋
                                 /  /、゙i,i,! ,.`ヽ、   ┃
                                /   /l  't. ゙:、||_/,! l     ━┓
                               l    ノ |  'V~~| n ノ ,!    ━┻
                            ,,;:〔,r'ヽ./   /、   -`/, " .|
                             ,;::'' / [レ' / ゙:、ヽ.__,r''"゙l    ┃
                         ,,;:'' ,;:''!_!!n゙ir"    `ー--'ヽ,  l      ┃
                       ,,;:'' ,,;:''    `"i         | !-、.|       ┃
                    .:::::;;;:'' ,,;:''       ,! 、       r'i//、7       ┃
               .r'ト、  .::::;;'' ,,:'':.        !  `'y、---‐"l r'" .|'
            iヽ、.ノノl=''l /,:::''':::::::. ,.,_    ,,r"   / ゙i   ,r' !,'ヽ !,        ┓
            lヽ.ヽ <:、//    r" | ゙`''/l ___ノ  ノ  ,!   !,!ノ      ┗  ┃
           /' ,>"//,!     ,!-, |  /   ~,r'"  /  /               ┏┛
           //'/!,!/ー/     l ,,.r'、/  ,,r'"|  ,/'i__,,..,/                ━┛
         //"ν',ソr"ヽ/゙i,     l'",r'l,ノ ,r'"`-、|、.,'   ,r"
         |/゙`'>'" `'''゙,〉:.、!、   / r" ,/    ゙i/ ./
         l' r'i'  _ ヾ  ゙i、i:、', _,,/l/" /__     / ,r"
         ゙V"i ,r" ヽ‐-‐''r' ,/ | | /  ヽ、、/; /
           ~'i,   lヽ、 ゙i,"r"' ,! 'i,l''ー- |  (r /゙i, ,,.、-'ヽ,:、   ,,..、-'二'i
            ヽ、 |  ゙、 l,,.-''" ,ノ'ヽノ | / /`''"-、、,,_ l-ヽ''"-''"  | |
            ,r",r''  ,! l,`''"i/〉''",r''"`,! /、   (__)| ,! /┐ノ ./  .| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 この後、逆モヒカンになりました 】


8 :◆vsQyY1yD2Q
【 レーベ 水田実験場 】

 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″( ´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( |U |.)″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
、wWkil|__i_|wji!w rw,'rilwji!w、 wWkilwji!w rw,'rilwji!w、 wWkilwji!w rw,'rilwji!w
.    (__)_)



        ____
       /     \       ―― と言う訳で、実験的に作った水田なので
     /   \   /\
    /   (●)  (●) \  少々時期ハズレではありますが
    |       ___´__    |
    \      `ー'´  ,/  あと一週間も経たない内にレーベ産のお米を収穫出来そうです。
    ノ           \


9 :◆vsQyY1yD2Q
                    _ _ _ _
                   r,(メ(メ(メ(`jヽ.
                  (j(メ(メ(メ(メ(メ(メヘ
                 (j(メ(メ‘'‘'‘'()(メ(ハ
                 (j(メ’       ||  λ
                 ()’         /|.||  | i|
                          |i{ ||  | i|
                          N..||  |/|
                          l|| || /,'/
                          l|l || ノ /



/ レl v /l/  l、 l、 ト l  \
  . lヘ/    lヘlへl    丶
  :  . : . :   :  : .  .   、 ヽ
:  : :l、: /!:   |:  ∧: イ |   ヽ.l
: : l: :|Aムl:  ∧: /x=V、lイ   | `
  ト、l fr'ハ: ′V´込)j〉l  /: ∧    これが やる夫の言ってたコメか。
|、 、`¨¨´V::: l     //:  、 \
、l: :、‐ヽ      '    ´l: : イN 「 ̄`  やる夫たちの世界のコメと同じ物なのか?
7: :vヘ      o    /l/  ∧|ヽ
|:lW ト: :>     /l 、 l  / | ヽl
VN |: {L..l__` − ´ ′/l/ : |
个 、!: ∨   ̄|  | ' / : ∧l
_.>丶 ヘ   ∧  V /` '‐ ` __
     ∨   ヘ  /〈
      ヘv   { ′ l
      ヘV  `{  |
         ヘ 、  〉  |
        ヘ ヽ 丶  |
         ヘ ヽ| |


10 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ   それがどうも、微妙に違うみたいで。
  |  u.    '      |
  \       - ―    /   あ、詳しい人を呼んでますので。
   /            \




                  γ⌒ヽ,.r ⌒ヽ
                   { ○  { ○  〉  / \
                   ヾ--イ ト--イ  く/ ) \
                   }  ヽl、  {__/ /:::::::::::\
                  /     ’  \/ \__;::-、ノ\
                 /r'⌒     ⌒ヽ \.   \   /  あ、村長。
                 | |         |  .l    ヽ/
                 | ヽ_人___ノ   .|           説明に来ましたよー。
                 \ ` ⌒´  ノ⌒⌒ヾ  フキ
               ./ / ` ー─γ     )) フキ
             /´ ̄ヾ        ヽ     ((
            ァ、ヽ`ン \        )     ヽ
           ' /-'´           (


11 :◆vsQyY1yD2Q
              _______
          _,..イ::/ /:::__::\__≧:..、
.          /:::{\:__:::::<_>:::::__::::>:ヽ
        |::≦_::{  \::::::::::::/, }:≦(::.
        |:/ /:::_\}::::\_/:::/_/_::ヽ{:::!
        }:/ /: :./ |:! ̄  ̄_  \ヽ}
        /::/,:.|{: / ̄リ       ` |: Y
       _{_,i/:.:|,ィチ心      ィチ心 i,..:|!
     /:::::::{ _从弋zソ      弋zソ ;f) }
   /::::::::八{ }!  `¨         ¨´  !ノ/   そちらの方は?
   `ー--- /乂:.       '       ,-':\
       /: :.:.:人     _       八: : : ヽ
        /ハ: : : :|: : .           . : : : |: : {リ
      {/ }: : /!: : | >     イ: : i: :∧:.('
          从:{ j: /´`丶、`´ _,..ィ}/:从:! ヽ}
        '  /、    / Yヽ  }、__ \
      _,.ィ7\  \ / o} }ノ   /ヽ、_
   ,.ィ´\//////\  ` \/  ///////ヽ、
  {    \//////\      ///////     ',
  |    、  \//////\  ///////   ;  }
  ト、   :.    \//////////// /|    /  ィ|
  |::}!    }    |\//////// /  !    i   |:|
  |::|!   |:.     |  \////,/   |    !   |:|


        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \   マダム・ルイーダに保護されていた
    |      ___'___     |
     \     ` n´   ,/   「リタイア組」 の方です。
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ


12 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   名前は きめえ夫さん。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/     今は こちらで農夫をされています。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (     戦うのは嫌だったからね。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ.  平和に暮らせそうなレーベの方が良いかなって思ったんだ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /        きめえ夫 ( やる夫派生 )
    (  \ / _ノ |  |         性格 : おくびょう
.    \ “  /__|  |          職業 : 魔法使い ( 精霊の贈り物 )
.      \ /___ /

 ※ 戦闘職としての農夫の加護はなし


13 :◆vsQyY1yD2Q
                 ______
                 >=-     `丶、
                /            \
               ゙7   , ハ    ,、,    、
               {  / /⌒\/´lハl  ハ
               ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
             / ニ):ノ i|      _/   i  \
            {     )八   __ `7 从」 <⌒′  元の世界じゃ農夫だったのか?
             `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
               \     ノ `YーY´ ゙「\
                ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                   ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                    / ` ̄ ̄´ マ_ノ



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
       〈 ● ノ\   ./\● 〉
        ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
        .)    Y    (
       /γ⌒     ⌒ヽ\     いや、仕事で似た様な米を扱った事があるだけ。
      ./  |         |  ヽ
      .|   ヽ__人__ノ   |    「古代米」 って言って、一時期 話題になってたんだ。
      \     `ー'´     /    こっちには赤米、黒米があるみたいだね。
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ    白米に近いのも一応あるけど
 \>ヽ/ |` }            | |     僕達の世界のお米と比べると、味は ちょっと落ちるんじゃないかなぁ。
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |


14 :◆vsQyY1yD2Q

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (      古代米の味は、僕が扱ってたのと
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ    大きな違いは無いと思うよ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /



       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ   品種改良されていない米なので、正直味は不安だったのですが
  |  u.    '      |
  \       - ―    /   十分食べられる物みたいなので一安心ですね。
   /            \


15 :◆vsQyY1yD2Q
                     ____
                 .  '"´: : : : : : : : : : : `  .,
                   .  ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
              /. : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ: : : : : : : : : : :\
              /: /: : : /: :.:./:./i: : : : : : : : : :ヽ:.:. : : : ヽ: : : : ::.
           /: :.:/: : : /: :.:./:./ .|i: : : : : : : : : : :i: : : : : : i: : : : : :.
.          /:. :./: : ,〃:.:. /:./  |:. : : :{: : : : l:.:.:.|: : : : : :.|: : : : : ::.
         /:.: : i: ::://: :.〃:/  圦: : : ',: : : :!:.: :|: : : :..:.:.|: : : : : ::i
           i: :::::::|: :.{:{::::.:.{{:_j/ {  ヽ: :.ヽ_{: : :|: : : : :.:.|: : : : : :.|
           |: : ::::|:.:.:レ┐::|イ{       \: \\:|: : : : : :|: : : : : :.|
           |: : ::::{:.:.:| └┘メ、           ̄____ |: : : :.:.:.|: : : : : :.|
           |: : :::::\{弋仁刃ミx      ,イ刃ハ¨ヾ|: : : : :.:|: : : : : :.|  古代って……大昔のコメって事ですよね?
           |: : : : :::::、 {{ {し刋     { {し'刋 ッ'|: : : : :.ハ: :{: : :.|
           |: : : ::::/}ハ V辷ソ       ゞ'==タ  |: : :/|  ': :..、:.:|  そんなのを使って何をしてたんですか?
           レ'´`´〃:::.                 ムイ:.:.:.| ノ: : : \ヽ
            /{ ::::::. ´´  ′     ´´´    |:.:.:.:| へ: : : : : `ヽ
              l: i :::::::.       _           |:.:.:.:ト、: : \: : : : : \
              |: | ::::::::\     (__)       /|:.:.:.:| ト、  >─-- 、
              |ノ| :::::::::::::i>          . ´ ,,│:.:.:レ' }          ヽ
              / | : ::::::::::l   ,ヘ __ .  '"  /. |:.:.:/ / /       i
         __,__,___{ _ .| : : :::::::|  /   {ヽ   /  __ !:./ / /         |
    r‐、/ / {  〃 { ヽ : ::::::| ./    } } /┌ v' 〉‐v'⌒v‐v          |
──‐ヽ_/ / ./ /ゝ- ゙ー─────‐┴┴─└y / /  イ / ー──── ┴─
      `┴ヘ ´                       └ヘ ´ー' `´



                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ○ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
       /   //  U `~\ ○ 〉
      / u  //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ       ああ、うん、町おこしのために
  /   |       u | ヽ.       地元の名産品に出来ないかってね。
  |    ヽ__人__ノ  |
  \.  u    ∩ノ ⊃  /        豪快に失敗したけど。
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


16 :◆vsQyY1yD2Q

   ,_⌒ヽ     γ⌒_ヽ
  〈● ノ\   /\ ● 〉
    ヽ彳゚  ヽ /   ノノllフ
    ) )   Y  。(.ノ lj     古代米おにぎりは間違ってなかった……。
   /{ {⌒     ⌒ヽ \゚。
  /.  〉 〉        | |.     ただ、他所に先を越されただけなんだ……。
  |  し'___人__ノ   |
  \     `ー'´     /



          ____
        /     \
      / _,ノ  ⌒ \    そ、それはともかく、レーベの米栽培は
.    /   (一)  (ー)   \.   異界人の皆さんの協力もあって順調です。
.     |        ´    ij  .|
    \     ⊂つ     /    やる夫君にも、そうお伝えください。
    /           \



                   /ヽ/  <        > <. |
                    |  __二二 `ヽ、  , '´, -‐┐.. |
                 __|∧ ヽ   \    ∠   ノ  「`ヽ、
               ∠.. |XTT Π/イ/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヾ廴匕-、__ \
                <'´ r | | | | lハ{.  l|    、__ __, lイl/   /
               `ー- |八 l j.斗zl≦´l             レ‐ミr‐'´
                ヽl介ト 7ィ====ミ     ィ====ミ  |rワ ハ
                   Vハ                lレ'/lハ    はい、伝えておきます。
                  ノ ハ        } _    U 爪 l| lヽ
                 / /小             イソ リ ハ ト、
               〈 / /ソ\    ⊂=⊃... / l/ 〃 // ハ)
                 )イ /イ{ 〈 l> 、      イ| { 〈 /  { { {ィ/
                 乂 {小ミヾ ハ>| `¬ ´ /r气ハ{  ,ノ人八
                      /  `゙''-、___,、-'"  ヽ
             ________________/|     / ト、     /`ー‐ァ-、_______
            ハ  |:::::::ヽ   \    / ○| ヽ   /   /::::::::::/  ハ
           /  ゙、  ヽ::::::::\   \_/ ̄ ̄ ̄ヽ_/  /::::::::::/  / ',


17 :◆vsQyY1yD2Q

 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″( ´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( |U |.)″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
、wWkil|__i_|wji!w rw,'rilwji!w、 wWkilwji!w rw,'rilwji!w、 wWkilwji!w rw,'rilwji!w
.    (__)_)



        / . : : : : :  :    .   . : : }: : .   ..         ヽ
.       /. : : : : : : : : :   . : : . : : ハ: : :  ! : .  .       ハ
.      ,': : : : : : : : : : :   : : : . i!: /. '; : : }! .ト; : . :   i   .',.ハ
.      ,': : : : : : : : : : : : .  : : : : :.!}/‐-,ハ: : ハ.ハ: : . :!:  :j  :  !.ハ
.      !: : : : : : : :i: : : : : .  : :',: : :!!  _z=∨ミヽ、 .',: :/} ,イ:  : . i }ヽi
.      !: : : : : : : ;|: l: : : : : : : ヽ:.ハ ´ {、ノ::!ヽ`ヽ∨ !:/_.!:| . : : !j  ',
      j: : : : : :./, !:j|: : : : : : : : ハ\:',  `ー ミ}_,    .j/=ミ:.i: : : リ  i
     /: : : : : { { j/ !: : : : : : : : ハ ヽ、      .::::::ヽ{':}.!: :,イ: /     ひとまず順調か。
.    /: : : : : : :',∨`il : : : : : : : : :ハ        :::::::::: `7!:/.}:/
.   /; : : : : : : : \`┤:、: : : : : : . {.ハ          ノ K./'´      やる夫も楽しみにしてたから
 /: /: : : : : : : : : : :``!: :i、、: : : : : ト、.ヘ     __ ...  j:ハ
'´ 彡': : : : : : : : : : : : : :'; :lハ:!、: : : :. ! \ヽ     __  ` ,ハ、:',       うまく行ってほしいな。
/: : : : : ; : : : : : : : : : :.ハ:.ハ!ヽ: :.、: ハ.  `ヽ、     ` ,.イ: : ! ヽ
: : : : : :.ノ: ; : : : : : : :.!: :!ハ:{__}! ヽハヽハ    `     ∧: : : :!
_.> '´/,.イ: : : : : :,.イハ:.! ヽ、 `` `ヽ、ヽー- 、 _    ./ ', ∨: :!
   ノ'´ /: : : >'´ j ∧!          `77}  ̄ ̄´ヽハ ∨!
    / イ´ , イ::::`ヽ、         / .//      `ヽ リ
 , -‐ '´ ̄ ̄::::::::::::::::::::::`ヽ、      /、.//、


18 :◆vsQyY1yD2Q

         ....-‐::::::::::‐-....
.       ...:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::ヽ:::::::\
.  /:::::::::: ::::::::::::::::::::::::/!:| l.',:::::|:::::::',:::::::::ヽ
.  .::::::::::::: :::::::::|::: :::::::/ .!:! |. ',:::|,:::::::i:::l:::ヾ:::',
  i::::::::::::::::::::::::|:::┼-,' j:i !. -┼',::::|:::!::::::!ヽ!
  |::::::::::::::::::::::_!:/ !:/   リ |.  リ .',:::l:::j: ::::|
  !::::::::|:::::::::/,z==ミ     ィ==xjノ;:/: ::::!
. |::: ::::|:::::::::|ヤ 爪ハ     爪ハ ア j:::::l::,'
. !:::::ヾ!:::::::::! . ヾzン       ヾzン  /::://   カガリ様、次はイカ娘さん達に
. ,'::::::::::`.ー::::ゝ         、      ,'/|'
/:::::::::::::::::::::::::| " "   ___  " " ,':::::::!    会いに行きませんか?
:::::::::_:::::::::::::|\    '、 ノ   ,.イ:::: :::|_
 ̄: : : : :|:::::::::|', `. 、   ,. ィ: :.:|:::: :::!: : ヽ
: : : : : :.:.|:::::::::|:.',  \二フ l: : :..:|::::::::|: : : :.i
: : : : :..:..:|:::::::::!: :',   〃ヽ ./: : : :|::::::::i: : : : l
: : : : : : :.|:: :::::|: :.:', / /lヽV: : : : :|::::::::|: :/:./
: : : : : : : |::::::::|: : :.V / .|| i ',: : : : :|::::::::!:/: :i


                        _  -───‐- _
                       ´           ` 丶、
                   イ               : : : :ヽ
                 ∠,                 : : : : : ハ
                  /                : : : : : : : ハ
                     / ,      . . . 、 . :  : : .  : . : : : : : : : ヽ
              、___l/イ     l : /l /‐l : :.l : :l‐ヽ: : : : : : : : : : : :ゝ、
              ゝ、   : : :  l,斗≠ミl : :.ハ : lz≠ミレl  : : : : : : :\
               / . . /: : :l、レ i{-':::}`l : l ヽ:l ト-'::}ヽイ  l :l : : :\ ̄
               <___: :/ : l :.ヽl ` ̄´ .V ,   ` ̄ ´ レl: : ハl : : : : :.\     そうだな、リュカ。
                   / l : /l ハ       ,       /l:/: : : l: : ー-- ヽ
                    /: :l /: ヽ: :ハ    r──┐     ,.l: : /: : :.l: :ヽ-ヽ     ゲッソーとたこルカに
              _> ´ l : :ハ: : :lゝ、. ∨  /  . ィ /: /l\: :l>- 、     会いに行こう!
           イ ̄: : : : l / /ヽ/ ヽ> 、`ニ´ .イ:/ .l:/ .ll: :ヽ: : : `丶
         ‐´ |: : : : : l: :ll ┌┐ ヽ::::::><::::, ' ,へ  ll__: : : : : : l \
        ./    l: : : > ´  .ll  .| |  \:::::ll::::/ /  l. ll  ` ー- 、: : l  \
       >、   ∨: l }   ≠   ̄    ヽ:ll:/    \/  L 、    /: : /  /l
        /__   ̄ ̄ ヽ: { }>l"         /          \ヽ./: : ,'‐‐ ' /
         ̄ltj ̄ /: .}>、::l           /             l::>>: {─‐ く
            /  /: :.{ .{: >、 ‐ 、   ,             ≠/´: : : .ハ‐---ハ
          / ./: : : } { j |  > 、 zy        __  ≠ "  l \: : : :ヽ   ヽ


19 :◆vsQyY1yD2Q

                 _,..:ィ 7 ̄ ̄::`> 、
               ,..:'::{/:{/:/\:\}:::::=`ヽ、
              /::/}:! ̄ \\//  ̄}::、}:::i
              |::,.ィ::{  {≧=--=≦{__/:ヽ\!
              |/〈,.ィ/:/ {:!      \} }:.
              |{/: /{ |! |!           ∨、}__
             __{:{: :|{ィ  ̄`     ´ ̄` |:_{::::::\
           ,..:'::::::::Y{,.ィチ圷、    ,ィチ圷、}'ハ:::::::::::>
          /::::::::::::,.{ ハ 弋こソ      弋こソ ハ } ー '
          `  ̄ ´∧{ハ        ,      ム,人    それでは できる夫村長。
                 /:/: :.ム.             ,: :.}: :.}
             /イ{: : : :.}ヽ、   `   ´   .: : /: :ノ     また後ほど。
               〉/:.人: }:>     <: : 人: {
              ´ {:( }/ ,.|  `´  |、 从  }ノ
                 `  _/ \_/ \_
                __/ \  /(_)', / \_
             ///\   ∨、__}ィ∨  //// \
            / //////\       /////// \
             \////// \     ///////



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l   ええ、仕事を終わらせてから戻るので
  |      `ー'´       |  /
  \             //     イカ娘と沙耶には そう伝えておいてください。
  / __        /
  (___)      /


20 :◆vsQyY1yD2Q

                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ●ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
   ニュロン /   //    `~\ ●〉
      /   //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ
  /   |         | ヽ     ところで村長、あの可愛い子達 誰なんです?
  |    ヽ__人__ノ  |
  \.      ∩ノ ⊃  /    やる夫って言ってましたけどニュー速で商会の人ですか?
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /



      ___
     /     \
   /  ⌒   ⌒\
  /   ( ●)  (●)\   ええ、やる夫君の奥さんと お妾さん達ですよ。
  |       ___´__   |
  ヽ、    `ー '´  /   あ、リュカさんは今はまだ愛人の立場ですけど。
   ノ          \



                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ○ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
       ./   //    `~\ ○〉
      /   //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ
  / u. |         | ヽ   ……え゛っ?
  |    ヽ__人__ノ  |
  \.      ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


21 :◆vsQyY1yD2Q

           ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
          〈 ○ノ\   /\○ 〉
            ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
            )    Y    (
           /γ⌒     ⌒ヽ\      奥さん、お妾さん、愛人が揃ってって、
          /u |         | uヽ
          |   ヽ__人__ノ   .|   ソ レ ナ ン テ ・ エ ・ ロ ゲ !?
          \   ||iiiiiiiiiiiiiiiii||   /
           /´ ̄``゛'ーー'´  <      ロリコン村長だけでも信じられないのに!?
           |   ___)    \
          |              \
          |                  ̄)
          |               | ̄ ̄ ̄



        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ   僕の事は放っといてください。
    |       、__',_,   u.   |
   \    `‐'´     /   この世界では合法です。
    /⌒ヽ       ィヽ



22 :◆vsQyY1yD2Q

         ____
       /    \      それに、僕も やる夫君も それだけの苦労はしてきてるんですよ。
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \   その結果 僕は村長となり、やる夫君は商会当主となって結婚も出来たんです。
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /   僕だって戦いから逃げましたけど、村長の仕事からは逃げてませんよ?
.   | ≧シ'        \



              ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
             〈/━ノ\   人━ ヽ〉
               ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
               )    Y    (     うっ……。
              /γ⌒     ⌒ヽ\
             /  |         |  ヽ
             |   ヽ__人__ノ .u |   ← 戦いから逃げてレーベ行きを選んだ。
             \     `ー'´     /


23 :◆vsQyY1yD2Q
              ___
           /      \
          /_,ノ   \  \     特に やる夫君は今、国とか貴族とかを相手にしてますから
         / (ー)  (ー)   \   相当な苦労を背負い込んでるでしょうねぇ……。
          |      '         |
  ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   ,/   いや、本当に面倒なんですよ。 あの辺の相手って。
  ヽ_ノ  /            \



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
             〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
               )    Y    (     もしかして、僕も旅を辞めなければ
              /γ⌒     ⌒ヽ\
             /  |         |  ヽ   可愛いお嫁さんをもらえた可能性が……?
             |   ヽ__人__ノ .u |
             \     `ー'´     /



         ____
        / \  /  \     あったと思いますよ? 何らかの形で活躍出来れば。
          /( _) ( ●)  \
       /   、_',__,       |.   やらない夫君もダディさんも
       |             .|.   縁談から逃げるのに苦労してるって話でしたし。
       \         ,/


24 :◆vsQyY1yD2Q


            /⌒`"⌒`ヽ
          /,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        あの時……あの時……。
         /,//::          \
       /⌒'":::..          |⌒ヽ  強引に迫ったりしないで我慢していれば……!
      /  /、:::::γ ー-、v γ ー-、ヽ_  \
    __( ⌒ィ⌒ヽ.i:::  i,人、i:::   i/⌒`'⌒ヽ
  ━━━`ー ゝィソノヾ_ノ   ヾ_ノヾy_ノ─"


【 予告編参照 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               r、
                | |                   /7
               ノ !                   rf |
                |l j                  ノ|!
              rリ |                   /イ | |
              |ハ リ!                /ィ/リi !
              | ミヾヘ       ____    ノ /り!/
                 | ミヾ ハ    /´ ヽ    `ヽ、{イ 川/
               {ニミヾ|\_ /    ヽ     ヽ\リ__|
                 {ニミヾ\\\     |      | ト、 |
                」ミ ヾ\! ヽ ヽ    |     | | V
                 {三ミヾ, | o |  ゝ ノ,ィ ⌒ヽ! ゝノ|.      ああ、仲間になった直後から
               {三ミヾ | o | _____ ゞ _,ノノ    |.      私の事を いやらしい目で見てたね。
                {_ミヾ| / |「リノ___ ヽ、___,f  ̄|ノ
              r┬イ⌒ヾト、|。゚||■■■■■■■■      あの野郎、アリアハンを旅立って
             /川|いf⌒彡 ヽ .■■■■■■■■ミ、_    数日もしない内に、強引に迫ってきたんだよ。
             | 川{ヾミ三彡イト、_ノノ  ` -'  / /」f ))|i}ミ、
      , ----、 f⌒入ヾミニー-彡/リノ |__`  __, ィ'´ゞイミ彡,ノノ川.  もちろん、返り討ちにしてやったさ。
     / , -- 、`ヽ、て,r-<´ ̄ ̄`>yイー─ --|k<´ ̄ `>イ リ
   / /    \ \! 「 ̄`ヽ、_」r┴ヽ、ー-、   \`⌒j__ノ7_ノ
  ./ /       ヽ ヽ\   | `ヽ、__]_ \  __ ,  ヽ「l__/、ヽ,
  ./ /         ヽ ヽ` -i」       `Yj⌒ヽ ヽ  「!ヽミ、| l
  |  |     f⌒j     ヽヽ  ノ─-、 l^   //   ヽ}-イノ  Vリノi川
  |  |     ゞ イt勹、   ', ./    `|_ ∠!{。j     ノ-〈  ノー彡ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ  数日で仲間に迫ったって言う、噂の……。
  |  u.    '      |
  \       - ―    /  あれ、あなただったんですか。
   /            \


25 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                   第92話 「時は過ぎ、人はその責を負う……」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


『知られざる伝説』 1     第93話へ

この記事へのコメント
なにやってんだきめえ夫www
そんな伏線忘れてたよwww
Posted by at 2013年05月13日 21:38
新顔の勇者だと思ったらいきなりアウトだったー!?
Posted by at 2013年05月13日 21:42
>出会って数日で迫る
たとえイケメンでもそれは許されないわいwww・・・多分…。

古代米かぁ。確かに一時期はやったよね。ジャポニカ種だったらおにぎり作れるけど、
インディカ種だったら作れないが果たして…、
Posted by at 2013年05月13日 22:40
よっ、待ってました!
Posted by おっさん at 2013年05月13日 22:41
いや、女戦士さん…そんな恰好しといて「いやらしい目」ってあんた…
Posted by at 2013年05月13日 23:41
きめえ夫の目がいやらしく感じるのは生まれつきという可能性が微粒子レベルで
……ちょっと無理か
Posted by at 2013年05月14日 00:08
女戦士さん相手なら仕方ないなw
Posted by at 2013年05月14日 00:20
きめえ夫 ( やる夫派生 )
性格 : おくびょう
………………ん?『数日で仲間に迫った』やつが『性格 : おくびょう』………
USOだっ!
Posted by at 2013年05月14日 06:38
↑ボコられた結果なんだよ、多分w
Posted by at 2013年05月14日 11:37
性格変更(物理)とかいやすぎる
Posted by at 2013年05月14日 18:26
臆病だからこそ平和な一般市民が突然武器振り回して命がけの戦いして、剥ぎ取りのグロいの見せられる境遇になれば、
隣に水着のおにゃのこ居れば美心さんでもない限りそりゃ色に逃げたくもなるさ。
Posted by at 2013年05月14日 22:01
↑なるほど〜 だが個人的には
性格 : いやらしい
→女戦士「歯ァくいしばれ!そんな勇者、修正してやるよ!」
→性格 : おくびょう
に一票
Posted by at 2013年05月18日 07:37
リュカが澪にしか見えないんだが……。
Posted by at 2013年05月20日 23:15

いや、ここでは以前からDQ5のコスプレしてないときは澪で出てましたよ?
流石に外に出るのにドレイの格好はまずいでしょw
Posted by at 2013年05月21日 11:20
リュカもうまくいっていますよね。本人が頑張っているので応援したくなります。
楽器も弾けますし意外に多芸かもしれない。

米の味は落ちる、と。
品種改良が出来ればいいんですけどね。時間がかかりすぎるかなあ。

相思相愛で合法で責任もちゃんと取って家庭円満で仕事もこなしているので問題ないと思うのですが
現代人にはなかなか受け入れにくいのかな。

きめえ夫ェ……。
女戦士さん、トラウマになってなければいいけど。
魔法使いはルーラ覚えれば引く手数多だと思いますけど、貴族や商家に仕えるのはきついかな?
やっぱりルーラ便で稼ぐのが気楽かなあ。黒胡椒は結構いい稼ぎになりそうなんですが。
Posted by とあるA at 2013年05月26日 21:58
女戦士や女僧侶は正直言って、「誘ってんのかコラ」
って言えるレベルだからなあ・・・・
女魔法使いとかなら、それほどエロい目で見なくて済むんだろうけど
Posted by at 2013年06月05日 13:16
この世界の農具ってどんなのだろ
能登もいるんだし、こっちで再現できそうな農具開発とかも面白いかもね
Posted by at 2013年09月07日 10:15
やる夫派生の中でもそれなりにメジャーなきめえ夫が出てこなかったのは
この伏線を回収するためだったのかww
Posted by at 2014年07月10日 20:35
題名って きめえ夫の事か?神は細部に宿るとはいえ、しょーもない伏線だなぁw
先の話知ってる身としては、作者氏的に必要だったのだろうとも思えるけど
Posted by at 2015年08月06日 04:39
2017現在、古代米なんて全く聞かないな…。
やはり生育法と味に問題あったんだろうなぁ。特に味。

変態的なまでに料理と味にこだわる日本人、
中でも米については、戦地でも炊飯できるように飯盒を開発した白米キチ。
町興しには弱かったですなぁ。
Posted by at 2017年04月17日 21:42

うちでは今でも使ってるよ古代米
各種雑穀と混ぜられたものだけど
Posted by at 2017年08月11日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67337796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ