■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年05月13日

第92話「時は過ぎ、人はその責を負う……」(5)

『知られざる伝説』     5 第93話へ

143 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ●:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


144 :◆vsQyY1yD2Q
【 北の砦 】
          __                                            /三三彡
         ノ〃∧\__r‐、                                       /彡//∧',
         「〃人三三三人_/ ̄{__r─、                              ///人‖/ハ
        /∧::::::: Y   X/', i!:::::::::::::::::: ヽ__    __,´ ̄`ヽ、                 /彳i:i:/' ,///ハ
       / 从::::::: Y:::::::}::::::::  i!:::::::::::::::::: ∧}  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶__ィ´ ̄`ヽ、        |从从∧:::::::∨
      ∧ノノ', }   {:::::::| |:::::: l||::::::::::::::::::X.  ト‘´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,_/¨ヽ、__|i:i:i:Y;;;;;;| :::::::',
___    ∧:::::::ノ    ノ:::::::| |::::::: |l:::::::::::::∧  |  / ̄ ̄∨ ̄ ̄\     _       __|i:i:i:/;;;;;;;;| :::Y
: : : :\/::::/::::::: 从∧:::::::|  |:::::::: ',:::::::/、   | ノ.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;∧   /::: ::\   /.;.;|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| ,'
: : : : / ::::/:::::::::::   Y 从:::  |:::::::  ',::/ 从  |/.;.;.;.;.;.;.;.;.;У.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ー彳::::/:::::::::\丿.;.;.;.|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| :|
: : : /;;;;;;;;;;;Y:::::::::::;;;;;  ノi::::::::::::::∧::::::::Y  /  K  |.;.;.;.;人.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;::::::::::::/  :::::::/.;.;.;.; |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:
: : ∧;;;;;;;/',::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::: |  ハ::::::::::   |::::  !ii  |.;.;/ :::::::::::.;.;.;.;.;.人:::::::::::::::/   ::У    |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:|
: : {::::::::ハ;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:|∧ノ::;;;;;:: 人 )(::::::::  i! │ノ ::::::::::: .;.;.;.i!  ::::::::::::∧ :::::::::::::::   __{i:i:i:Уヽ;;;;|i:i:i:|
: :ノ;;;;;ハ::::ハ;;;;::::::::;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;::::::ソ:::::: ;;〃:::::::::iiY |  :::::::::::   i!_r┬┬r_::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i/;;;;;;;;;;;|i:i:i:|
ノ;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;幵幵幵__::;;;;;;;;;;;_人─────|____ノ────/i:从/;;;;;;;;;;;;;;;ノi:i:i:| ,'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二TTTTT ̄ ̄工_____ノ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ーー  ̄ ̄ー._/从从;;;;;;;:;/i:i:i:i:/从,'
__   ___\二二二¨フ___  ーー_ ____  ー                     ̄二=≡=一二 ̄ ̄
  ̄ ̄                          ̄ ̄ ーー    ̄─__   ー二__   ___
     ‐‐   _二二一 ___   一ー    二二    __ーー ̄     ─____  ̄ ̄  ̄ ̄  __
 ー-               ー    __    --‐    二二_  ー─    ____       二 _
      __二  =__     __      ー一              i~
  ー一                             ̄ ̄   ーー-.   |    __    |    _
          ___     ---=二二一                 {\|__∧  ヽ__|
二二一    ̄ ̄ ̄            ___二 ̄ ̄      ー-__    人 ー──────彳フ  __
 ____────     ー    ̄ ̄ ̄ ̄──二___          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´__二-


      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V     L     V
.       i{ ●      ● }i    フッフッフッ、順調だね。
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
      /,,― -ー  、 , -‐ 、
     (   , -‐ '"      )
      `;ー" ` ー-ー -ー'
      l           l


145 :◆vsQyY1yD2Q
                     _
                       } `丶
         「 \  __   -┴ ァ  \
              ´         /    ヽ
          \        __ く/
          ∨ __     '⌒ Y      }
            _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′   この調子でサマンオサを制圧してしまおう!
.          / 八    、:::ノ  イ 丶.   /
.    ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\    僕達にはその力がある!
.  ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
.     \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、
   /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
.  (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
    / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
    (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
            ̄>  \)(/  く
           / / ̄ ̄ ̄\ \
          'ー‐        ー‐'



                   _ ,, .... ,,、__
                   /ィ彡彡彡'三三≧、
                    fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
                ソノ八l     ヽ!l|l|lトトゝミ
                〃 {_{\    /!l|l|lトトゝミ
                li':./ノ●    ● ト'リl|l|l|l|lト    そうだな、このままサマンオサ全土を……。
                川|l  、_,、_,   |l{lリハトl|l|、}
                 l|i       リ}}iliリト、',ミ
                   /:::::::::::ソ/ハツノノWl::::::::ヽ
                |;::::::::::::::ヽ000/ l::::::::::::|


146 :◆vsQyY1yD2Q

        |\
        |  \
        |::\  \
        |...::::|   ヽ ̄ ̄ ̄\     /|
         /            ` \ ;/::::::i
      /                \::::::::::i
      /   /:               \:::|
    /    ./. : . :. :∠ニ_‐ ヽ    L    \´
  /    ,,/    ``'^‐`ヾ            |
  /:.:.:.:.:.:  /          ̄´     : =ミy  /i
/     /            .::: ,!: l厂`メ :i::i   ( そしてサマンオサ全土を
: :.:.:.:.:.:.: /            '´ ’/'_,.     イ::i
:.:.:.:.:.:.: /:                ..   _   /:::i    ロマリア王家に献上するんだ!
:.:.:.:.:.:.::::i          ‘ー-‐==ニ=:、__j:) ::ノ::i
:   丿|              ー、 `'''´ ::::l:::::i     これぞ僕の忠誠の証!! )
: .:.:.:.:/ |             / ̄´  ::::::::/:::::i
::::::::/::::::::            {   :::::::::::: ノ::::::::i
  /;l:::::::::::::\          :::::::::::.:::::ノ:::::::::::i
:::/ ::::::::::::::::::::         ::::::::::-イ::::::::::::::i
/       ::::: :      ::::::::::::::: ::::::::::::::



                   _ ,, .... ,,、__
                   /ィ彡彡彡'三三≧、
                    fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
                ソノ八l      ヽ!l|l|lトトゝミ
                〃 {_{ー    ー !l|l|lトトゝミ
                li':./ノr=-,  r=;ァ ト'リl|l|l|l|lト   ( とか思ってるんだろうけど
                川|l  ̄    ̄ |l{lリハトl|l|、}.
                ノl|il|i  ー=-'   リ}}iliリト、',ミ    サマンオサは私が いただくよ )
                   /:::::::::::ソ/ハツノノWl::::::::ヽ.
                |;::::::::::::::ヽ000/ l::::::::::::|



       , ,
    , , ,-'   〜 ゝ_
.   //,'        ⌒ 〜 ,
    |.i.i   r'  ,,,_     ヽ
.   |!|!|i、  |i ,',-==- 、    ヽ
   )ゞヾ、 (_(' _-=- 、ヾ    |
  γ `./        |    !
  | /    , '     |     ゝ
  ゝi, ___  / __,,, ,,_  ゝ     !
    !'' -`')  ` ―`` γヽゞ ノ
    i、 ノ_     _ノ iλ ! i   面白い連中だな、まったく。
    } ヾ'、ゝ   i'   ν/ ソ
    | ,-―---    し /     退屈だけはしそうにないぜ。
    |  ''''      / | ゝ
     !、     __--''' レ彡
       `┐ー''''  ノ  レ
      λ、,,,,,,、、---'''⌒!i
      ノ>πiiiiiii!!!!!


147 :◆vsQyY1yD2Q
      〃                 j/ /
    \{                   /〃
      `ヾ
                         . -=ミ       j//
         ...._ \ヽ        /   ∨   /'′
      /   `ヽ\,、      /       V
.     /      \     /       ∨
    /           ’,    ′        V
    ,′         ヽ.....ノ           ∨
    {                            /`ヽ
   ‘,              / ,        レう}
     ‘,        ヘ、   / / ,  ─=イ {_,ノリ     ところで侯爵さんよ。
   ハ i〃          \  レ′/  ‘ /  |忻ハ  丿
  {し} ! \____   __j jノ /ミ=彡′  lノ/ //    あんたが連れてきたアレは
   Y乢、  `ヽ _‘`彡ヘツ  ヾ      j/ //
  \∨ ^Y   `¨¨¨¨¨´   j | }       イ_彡'.      一体 何者なんだ?
 ``≧\_ハj         / { しク \  /小、
 ⌒¨¨¨`ヾ小  \     └-、j__/     ,ヽ ハ ヽ
       |∧   } ,.,___  --一/   i |   \
       |/∧     ` ー―‐=彡    ′j      ヽ
       |///\      癶辷彡'   / /
       ∨/// \             / /



                    _ ,, .... ,,、__
                    /ィ彡彡彡'三三≧、
                     fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
                 ソノ八l     ヽ!l|l|lトトゝミ
                 〃 {_`ヽ    ノ !l|l|lトトゝミ
                 li':./ノ●    ● ト'リl|l|l|l|lト   私 直属の部下だよ。
                 川|l   r─ォ   |l{lリハトl|l|、}
            r‐‐-、_ _l|i   '、_ノ   リ}}iliリト、',ミ   その実力は君達も知っているだろう?
              { (` . │::::::::::::::ソ/ハツノノWl::::::::ヽ
            "ヽ   │::::::::::::::ヽ000/ l::::::::::::|


148 :◆vsQyY1yD2Q

        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′   確かに彼は凄腕の剣士だったね。
.       V      L    V
.       i{  ●      ● }i     あれほど素早い剣の使い手は初めて見たよ!
       八    、_,_,    八
.       / 个 . _  _ . 个 ',.    まるでハヤブサだ!
     /   il   ,'    '.  li  ',


                         シ
           \\  プ || ク    ッ ||
             \\ │|| ス ク ク ||
              ヽヽ ッ||   ス ス ||
               ヽヽ | | _ ,, .... ,,、|__
                    /ィ彡彡彡'三三≧、
                     fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
                 ソノ八l       ヽ!l|l|lトトゝミ
              (( 〃 {_{ノ    `ヽ !l|l|lトトゝミ   そうだろう、そうだろう。
                 li':./ノ =    =  ト'リl|l|l|l|lト
                 川|l  、_,、_,   |l{lリハトl|l|、}.   私も初めて見た時は
                  l|i/⌒l,、l⌒ヽ リ}}iliリト、',ミ.   腕が何本もある様に見えたものだ。
                    /:/  //ハ\  ヽWl::::::::ヽ
                 |;::|  l:ヽ00l   | :::::.::::::::|



                 ,r'´             `ヽ,,
               トV  ,  ,:′            ``ヽ
                 M.:i ,′ ,′               ',
              ト、V .:i .i:l:;′     ,.ィ'" ´         i
             ト、  i:|.:.:l:l;      ,ィイ彡三ミヽ    ( ノ)
              ヽ  、トト、iトト、.:.:.:.:.:.,:ィイ彡'" ̄``ヽ      (
                 `ヾミミ斗'´`゙゙ー'"´       ゙ト、:.:.    ',
                jミミ;;l              ミミ、.:.:.     v′
                 j .:.:;;;l            ',:.. ミミヽ.:.:.   j!
               ト、.:.:.:.l         ,′  _,,. ィ.  ミミハ.:.  .:ノ
               `ミミヽi       〈 ,.ィ´・_ノ   ミ!ヘ !.:.:;.イ
                `ヾミミ; <・_ン:;.  .:::´ ̄    ミ!リ !.:.彡j
                  `い~´  .:.:;;         ,:′  ノィ彡j   腕が何本も、ねぇ……。
                     `ぃ  .:.:.:;;i         {;:  rイィイッツ′
                      `:ヽ.:.:. .`ー'´    ′ j レ'イツ′
                     ',.:.:. ,. -…一   ,.イ.: .: .「
                          '、:.  ´ ̄    /./ . :. ',
                           `ト、     /.:.:./  .: .: .L
                       いゝ--‐'´ .: .:/     Vハ:、
                       , .ィイ ハ.       ′      l |::::.ヽ、
                  _ /.:.://´  ', `ヽ           | |:::::::::::.`丶、
             _ _ ,.イ:.:.:.:.:.:.//          /     | |::::::::::::::::::::::l;ト、
      ,∠∠´¨¨´   〃.:.:.:.:.:.:.//        ∠,. -─一  | |::::::::::::::::::::::l;l `ヽ、、
     / ̄        〃.:.:.:.:.:.:.://  ̄ ̄`ヽ ,. - ‐ ─一   | |::::::::::::::::::::::l;l     `ヽ、
   /         〃.:.:.:.:.:.:.:// .: .:. . :.          . :. : .| |::::::::::::::::::::::l;l


149 :◆vsQyY1yD2Q


   こいつらには見えてなかったみてぇだな……。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    γ´ ̄゛゛ ''''':::.、
                                  _ /: : : : : : : : : : : :ヽ
                ____,,,,,..... _          γ´: : :/: : : : : : : : : : : : : : :、
               / : : : : : : : : ゝ _______ノ: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ::.
              / : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
              / : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : /: : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : : : : ゝ
            j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :/: : : : : : ,,.. ''": : : "'' ‐- ,,._.,,.. ''
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__ : : : ,,.. ''": : : : : : : : : : : : : : : :}: :"'' -‐ '' "´ヽ
       /゛'' ..,,|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :`:.、´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : l
      / : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : |
    /: : : : : : : : :k: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : :: :_:_:_:_:_:_: :\: : : : :゛'' ‐- ..,,_:/: : : : : : : : : : : : : : :l
   / : : : : : : : : : : ゝ、 : : : : : : : : : : : : : : /: : : :/:::::::::::::::::ヽ: ヘ: : : : : : : : : : : :/"'' ‐ ,,.._: : : : : : : : : :l
 /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : :/ : :/:::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ : : : : : : : : : /: : : : : : : :"'' - ,,.._: : :ノ
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、: : _ ,,.. - /: : /:::::`_ー;;/^ヾ`ー'::::}: :i: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >: : : : :/:: : (;;;;;;;:::::::_ ::ハ::::::::/::::j: : レ : : : :, へ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : ヽ: "'' ‐- ,,.._\;;ゝ::::kitirr::/::::/: : : : : :/: : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :ヽ: : : : : : : : :ノヽヘ:::::::::ノi::/: : : : :/: : : : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : :: : : : :゛ '' ‐-.,,:::/γ⌒ヾ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /_,, -‐ '' " : : : : : : : : : : γ⌒ヾ,, '}{: : ゝ__ノ: : : : : : : : :γ´  `ヽ: : : : ノ
丶: : : : : : : : : _,, -‐ '' "/: : : : : : : : :/: : : : : : : : :, ´ゝ__ノ : : l: : : :∨∧:: : : : : : : :l      ` ̄
 冫_,, -‐ '' "´: : : : : : :{ : : : : : : :/ : : : : : : : : /: :∧∨: : :/:\: : ∨∧: : : : : : : |
"´´: : : : : : : : : : : : : : : ゝ ____,,,,,..... --−一'''/: :∧∨: : :/ : : : \:  ̄ : : : : : : : i
: : : : : : : : : : :_ ,,... -‐ ''"´:/ : :/ : : : : : : / : :  ̄,,.. ": : : : : : : `'' ‐- ,,.._: : : j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   確かに速い剣だったが、俺の目は誤魔化されんぞ。

   ありゃ 「腕が何本もある様に見える」 じゃねぇ、「腕が何本もある異形の剣士」 だった!


150 :◆vsQyY1yD2Q
                {                          `ヽ.
                    i j                        }
                 从、                            ,'
               ミ≧   从                    /
                  ヾゞ    {{ヘ、     ,> "´``ヾ、、       {
               ノ     :/ヾゞ  У       ヾ、      ヾイ
                 ト、     :/  ``"´            ミ        |
                  トト    :/                   ミ         ノイ ( アレは明らかにモンスター……。
              ヾミ   :i                ミ        彡
                   `ミ≧.:!γ      {      `ヽ  }     ,彳   侯爵は知ってて使ってるのか
                    `ヾヘ r- 。、  |  _,.rー。─ 、 | /⌒V 彡′   それとも使われてるのか。
                       い ヽ _ ゝ, ヾく  ヽー 彡   リ /:} }イ
                   V!     i         .: レヘノ ノイ′     ちょいと警戒しておいた方が
                     `ヽ    |        .:  ,__,.イ彡      良さそうだな…… )
                    ∧  L.,、-     .:  / | 彡廴____
                       ハ  ー= 一  : /:  jイji圭圭圭圭圭圭jハ、、_
                  _..,、r≦圭i、   `'"     / .: / /圭圭圭圭圭圭W /
            __..,ィ/7圭圭圭圭7ヘ、      /   : / /圭圭圭圭圭圭W /
     /7。゚/7´   / /圭圭圭圭7 /ハー---‐::´   : / /圭圭圭圭圭圭W /
   ,.イ.:/。゚/:/    :/ /圭圭圭圭/ /  ∨      : / /圭圭圭圭圭圭W /
.   / ` ̄ ̄     :/ /圭圭圭圭/ /ー 、     _;/ /圭圭圭圭圭圭W /
  /         :/ /圭圭圭圭/ /    ヽ /  / /圭圭圭圭圭圭W /


151 :◆vsQyY1yD2Q
         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[●″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


152 :◆vsQyY1yD2Q
【 アリアハン郊外の草原 】
 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':


              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              |.  のどかだな……。   |
              \_________/




153 :◆vsQyY1yD2Q
      /::::::::::/ /    イ'   −−−-----゙,,−-、ヽl::::::::::::゙'''-、::::::::::::::::::::::l
      |::::::::::/ /    /:;:;:;:;:;:;:;「"""ノ  ,,---−-、 ゙゙゙、 `,,,,,,, ::::::::::::::゙'''-、___/
      \::::::l /  ,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;l   く  、'    o   ! 、`−-、_`゙゙-、::::::::: \
       ゙\l  /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l    ヘ ヽ、    ,/  ヽ.  "'゙\,,,_`゙゙::::::::::\
         /゙゙~,、.゚゙゙!l:;:;:;:;:;:;:;ll"        `゚−-−'"  ノ     レ-−ヽ`''',,,,,,,,,,,,,\
        /  へ ヽ ゙三彡           _____`"'゚ ̄    く, ゚  i l−-------゙
       l ,i `'. ,ll!゙廴,l、.彡     、,,.                \""'ヘ l
      .l  l乂i'゙   ,l        ",゙'l,,                リ;:;:;:;:;:;:l
      '〈  l {、l、 lll,         li、'゙\,,_          、丶'ソ   l丶   い い じ ゃ な い か 。
      ::'l ;丶 ヽ.゙゙゙l,        `lii r :゙\        'く-、':,〈v′  l 〉
::,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!,_》;_l,,MM.,      liiiiiii,,、  ト、.,、      ゙"     / ノ
゙゙!゙i!i!i!i!i!i!_;;;;;;;、;;゙゚,!;'、`゙'゙″WWヘ    l!´`!iiiiii,,,,,、 ゙^`ヽ、.,_、.      ./´
;`丶`;;;.;;``~゙ケll,,,:,,!、;;;\;、`;;`゙'ヘ    |`'Y,:匸~"""iiiiiig,,.,:、: ``''',,lャ'   /
,,,,,,,,_、、;`.;;;;;;;;;;;;.゚ラx,,;;;;;:`゙i、;;;;:;;::::::ヘ   ゙ぐ''`:'ll,,、 二 ゙゚了iiiiiiiiiii゙’   /i!i!,、、
     i,,_;;;;;;;;;:;\゚''x,;|‐、、::::;:::::::: ヘ   ゙\ `゙゙lli,,,,_、 .,l ::,《°  /i!i!i!i!i!i!i!、
-,,,,,,,,,、::::;;::;゙゙゙ll,,;::::;::::ヽ,:゙゚!i,,:`∴`::::::::::゚ヘ    ゙ヽ,、 ゙“‘";'::'ノ`   ,i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii!i、
x,,;'、;``'‐、:::::::゙゙llil,,、:::::゙i、:::"i、::::`:、:::::::"'冫.    `"""""""=.:、iTTTT.,i!i!i!i!i!!""`ヽ
:::゙゚Xヽ:::::::::::`::::::゙゙llllli,,:::::::ヽ::::゚!i、::::`、、:::::::f,!、           /,| | | |i!i!i!i!ネヽ:"::::::::゙li、     原作:サイコピサロ≒
:::::::::゙'∴:::::::::::::::::..:゙llllllli,,、:゙L::::゙リ,::::`、:::;::::::"゙rTTTTTTTTi   /,| | | |,ノi!i!:ヽ,|"`│:::::::`:::|.   新城 直衛
:::::::::::`゙l∴:::::::::::::::::,,'《|lllli,::::'ヒ:::::::゙ l,、::`::::`:::::::゙':',| | | | | | ||V |  /,| | :./:ソ,",,l'l,`",".::::::::`::::::::  ( 皇国の守護者 )
、::::::::、゙l,'"::::::::::::::::::'',`゙l!゙i,::::゙L::::::::゙ l,:::::::::::::::::::::::::':フ''N,,,│'hi,,,y‐、"',ィ‐゙゙_.'l,``': `、::: ::::::::::::::::|
:::::`::::'i、::゙i、::::::::::::::::::::゙jl~::lll,::::゙l'':,,::::::゙ s、:::::::::、::::::::゙巛冫~゙'トア"x,,,"″、、`:゙l、::::`::::、`::::::::::::::::|


154 :◆vsQyY1yD2Q
三>‐''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨‐<三
 _  -──────‐-ミ
   _ -‐─────- ミ
/≦三才二三三∧ V三三
;:≦/ ゝ、ミゝ三三ヽ ヽ三三
:;:;∧彳´  ><ニ三/_ }三三
:;/   .∠ -‐・フ i }  ̄7
  彡  ヽ -‐ ' /    {、    ヤマタノオロチは封殺され
   二   ´  #     ヾ
      U  -‐   __    ボストロール ―― サマンオサの情勢も
           /  /    人間優勢に傾きつつある。
            `¨´ :;
     ∠二ニ≡=一- ./.    100人の勇者と言うのも馬鹿には出来んな。
ー-------- 、      /ィ
ヽ\ヽ { V }‐ \  「´j i/
///≧ >ー- ト、ヽ ', ./ }./-
 ヾヾ////≧、.\ Y:≦ヽイ/
    ゝ<////>、}/ }//
     ヾ `T </////;イ



                 ,-'" ̄ ̄ ̄``ヽ
                ,イ二二二二二二 ヽ
             ,.-'"ニニニニニニニニニヽ、
             >、ノ ,,..-ぃフ  iヾぃ、  ヽ>'     実際活躍しているのは
                  l ソ <_,/ △ \__ヽ ヾ }     一割程度だと思いますけどねぇ。
               // ,、___,人人___,、 iヘ
             /l ├┼┼─┼─┼‐┼┤ .l_,i     私も手に入れるチャンスが一度ありましたけど
          ,r--il:ヘ ゝ、!__!.___!___|__!ノ /--、.     正直、欲しいとは思わなかったので断りましたし。
          /  /> \  ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ,イ <ヽ、`ヽ、
           /  イ\  ',>----------< / / ゙ヽ   ヽ
        /   彳  \ ' ,  /  ヘ   /./    i:   ヽ
         |   l   ' ,. \.' ,/    ヘ/ イ    , ' l    ヽ
        |   l    ' ,  `ヽ==-'"      , '  l  _,.='"
        |ニニl      ' ,         , '    ヘ彳¨ヽ


155 :◆vsQyY1yD2Q
   /´             ..,,:::::::::::::::::::...,ィ<三ニ\
 /   ,        ....,..::::: "´ヾ,,,::<三三三三三三ニ\
         ......-‐'::::::::::ィ≦\  \三三三三三三三三ニゝ
       /:::::::: ィ≦三三三ニ\   \三三三ニ-=´¨
       , ‐<三三三三三三三\    \ニニィ´
    /:::::::::::::ミ  `<三三三三三三∧   __,, 、''/
  /:::::::::::::::::i` 、 ,,,、ェキ"/''‐--_,, -i''´ }    ' ,
 、:::::::::::::::::::/   イ´´ ィ- ''"´   ・'          \
  \::::::::::/        `‐--='''"   /            }   それでも敵は多勢に無勢……。
\  ハ::::/               ̄          /
  |  ',::                       _...::/      ならば、僕らは
=@                          ∠≦{       せいぜい根性を悪くして戦うしかない。
 "ヽ〃、_                            ノ ´ゝ
      ゞ|、                     /}   ミ
    ヽ', ゝ,r'|!,、                 ,   i´ i´ 〃 、,χ
ミ       ヽ  x、π          ‐"  /   {     て
           -  〈、   -=´ -‐''"      |〉    斗
>、 ‐-          ミ、         __,//    ≦
 ¨ミχ ̄-- 、       仆-≦i¨|,    }, i./:    、´
    ̄'ヽ,    "       "ゞ  ゝ‐-</ ノ:.:.   x´



                    __/三三三三三\
                   ,r'"´三三三三三三三三三ミ\
                     /三三三三三三彡'"´  _,, -―'=ー‐--==ァ
                  /三三三三彡'"´ _,, -―'三三彡'"´三三彡'
                l三三三彡'´ _,, -‐'三三ミ彡'"´ `ヾ;/´  Y
                l三彡'´_,, -‐'三三彡_,,=-‐''"´ ̄l  `  / ノ
                ',  _, '´三三彡'<´ ゙ー゙     ,'   , \ `ヽ
                 ',='´三彡'/' ,   ' ,      /、_ノ   .\ .' ,     ホッホッホ。
          ,r=ー--‐‐v三彡'´, <_ノ  }r‐、 `ー-=-‐'´ , ヘ        ',
          /  、 __ノ彡'´ミ/     ノノ  `´)   ,,-‐'´  }           ',     流石はサイコピサロ様で
        /=-=ノ、  /,r‐ミr'',ヘ_   ノ ハ_、__ノ´ ,,-‐'  ヘ  ,j          ノ.    ございますなぁ。
       ./´ `ヽ  Y_ノ  ノ、 }  `¨´   ,、,、='  ヘ   》=',ノ    ー=_ノ
      ../´ `ヽ  Y ',   /三`lー't--―''"´ ヘ    ヘ,,='´,,=' }       ///ハ \.   分かっていらっしゃる。
      '´ `ヽ  Y ', }  /三三', \ヘ   ヘ _ヘ,,='´ ,,='´ >ノ     , '////ハ三\
        r  Y ', }ノ./三三三', . \`''´ ̄_,,-‐=''"´ ヘ/ノ   ///////ハ三三\
      、 `ー' ー'´ ノ三三三三{.' ,.  \"´ヘ  ヘ,,,='"´/ /__,,イ./|///////ハ三三三
      ミ`ー――'´三三三三三>、ヘ,,_  `ー-===-‐'"´./ホホホ/;;;|///////三三三
      三三三三三三三三三/////|\ ーt‐ゝ====-‐'ホホホホ/ ;;;;|/////<三三三三
      三三三三三三三三三\///|;;;;;;\ |ホホホホホホホホホホ./;;;;;;;;|//////\三三三
      三三三三三三三三三三>//|;;;;;;;;;;`ー-=、ホホホホホホ/;;;;;;;;;;|////////三三三
      三三三三三三三三三////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-=-‐'´;;;;;;;;;;;;;;;|///////三三三
      三三三三三三三三 </////.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r===ミ;;;;;;;;;;;;;;|//////三三三三
      三三三三三三三三三ハ ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{     };;;;;;;;;;;;;|/////三三三三
      三三三三三三三三三 ハ///|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー―';;;;;;;;;;;;;;;|////三三三三三


156 :◆vsQyY1yD2Q

            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ r'     ヽ
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/ /英 単 つ }
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;| / 雄 .独 .ま }
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、 | と で .り }
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } レ な .引 我 .}
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }. る っ .々 .}
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡 ,   ,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ|. わ .繰 .は .}
            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳r'''´ ヽ ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   } |  け り   }
            、ヽ、;;;;;;;;;彡/ 楽 ヽ  ´-==・-‐'        `ヽ,   } |  だ .返 .こ }
             iヽ '''';;; /  .し  }                 |   | |.    す .の }
            、 ` !!、  |  い  }             / ̄/´   | |      負 .}
            ヽ 、ヽ、i {  ぞ /             ` へ !´  、 |,, ヽ.    け }
             ヽ \ _」    /   _,,,, -''''           /`/: '',, ヽ   戦 }
               \/ こ 魔 }=-  !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,ヽ .を/
            " 〃/  れ 物 {     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    { ゝノ
             " {   以 と }、|从    ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´
            "',  {   上 し |   !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \
               {  .の .て |   仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
                {  .名   } ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ
                { .誉   }
                 { は   }
                 { な  /
                 ヽ い /
                  ` ‐ ´


157 :◆vsQyY1yD2Q

                       ___.-ー-,,_-ー-__
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    l-────────────―‐|
                 __|______________|__
                <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
      _         ( ̄./ ̄ / ̄ヽ__フ.|  .|ヽ__フ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄|
     /  .ヽ        〉 |  \     / |⌒|        ノ   ヽ \   それでは始めるとしましょうか。
     |   .|       / /      ̄ ̄ ̄l"" `゙゙7―-―'''''''''    |   |
     |   .|   __(_/  ''―'       ´゙ゝ'"´      ''―'   .|_.ノ    我々の反撃を。
     /   |─、´::::::::::::::::::::l  ヽニ二二二二二V二二二二二二/   |:::::::\
    ./  ,____ /::::::::::::::::::::::|   |   .|   |    |   |   | l   : l::::::::::::::゙''-、
   .| /    ̄レ⌒ヽ:::::::::::|   ヽ ─|――|─‐ー|――|ー─| /    |::::::::::::::::::::::\
   .|  .      .) |:::::::::::::\   \ .|   .|    |    |  /    /:::::::::::::::::::::::::::::'、
   .|  ー ̄ ̄ ̄ .l /:::::::::::::::/ヽ    二二二二二二二二二     /ヽ::::::::::::::::::::::::::::|
   .|______________/:::::::::::::::::::::::\ ―───────────‐'  /:::::::::::::::::::::::::::::::|




                     ;;二`-゙‐';;二二二二二二,゙;;'''ーニ ミ;;、.'
                  ゙!''゙彡-‐''''“゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'ナ.,-、゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙冖ー  ,゙”'!!
               ,/゙_..‐'゙ゝ -''"コl二;;;;ッ=Z゙.,i`-!ヘ.゙'コ=t;;ii、ニ"ニ;;、 `''-、`'-、.
              / ,r'" `''''~!リイ゙‐'゙゛= / ,i′゙¨' ヽ.ヽ... r'"'''ニ> ゙‐'~"  `'、. ゙゙゙l
            / ,i!ニ ̄巛`-`-`-`-`-√.,i liレll l l l巛;;、``-`-`-`-`-三 ̄`-、 .ヽ
            .{ i′ , `゙''ァ二;;- ..″ / ,.|~r'"゛ − .`゙';;`L.ヽ ゙,゙ ‐二ィ''",,.  .! .'l
            l .|ヽ、!ニl、 .l..l.  _,゙¬./ .,ヽ.li\二___,,゙..-二ノ'. `./ ''レ l./ .ノ`゙''ヽ/  l
            ヽ !l>\"-・゙〈>、’ . / ./ .`゙''ー二`-ア゙ン‐'',゙_.ヽ..ヽ._ ヅイ)'''..-/i″./
              .\ ゙'〈ヽ\−`'' !/゙.,i,゙ . 彡-'二-'',゙¬二;;-ニ,,,,.i|i、.゙く .゙ンンシ゛., ''
                ゙ヽ、"' li.\. / '!二ン;;'!'==rrri=jjjllリ!“'''ー二′゙'l彡!'゙_..-'゙
                   `'ー-二'‐=ミ、,,_;;′'!´.`''← " ゝ l|;;,,,,.. -‐',゙,゙ -'"´
                      ゙゙マ'=―`-ニニ二二ニニニ―ー;;l'フ″


158 :◆vsQyY1yD2Q
             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                               , - 、                          {_,l゙ .
                              ノ{;;;;;;}ヾ、
                           .γ´ : p}{q: : `ヽ
                        、、ヘ、_ノ : : : : ハ: : : : : `ヾノノ7
                       ノゝ-ゞk- _: :ノ: : :ゝ_/⌒ゝ-メ、
                      ソ::::::::::::::::::::::`}: : : : : {::::::::::::::::::::::ヽ
                      /:::::::::::::::::::::::::メミニ===ニミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
                     ゝ ⌒ヽヘ_::/: : :/ : : : : : \ゝ- ⌒ゝ-ヘ
                          / : : : /: : : : : : : :. \        為、
             心          / : : : : / : : : : : : : : : : : \       ,攷心       為
     k       為心        ,ィ劣心: : : /: : : : : : : : :,為心 : \   刈圭心、     為丞
     圭      為圭心     ,ィ劣圭ミ心, /: : : : : : : : ,為圭心: : : :\ 炸淤圭心    ,劣圭心
    代l圭     為圭圭心、  ,ィ劣圭圭圭圭心、   ,為圭圭心、_,ィ劣圭圭圭心、 ,ィ劣圭圭心
    圭l圭垈、 /淤l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭心
    圭iア代、心圭圭圭_ ,,... -‐心‐ ー ----──,.-- 、──----- ‐- ...,, _圭圭圭圭圭圭圭圭 l{。.
    圭ミi圭llミ  >''__´___為ll心_____,.__'´___`__、________`¨ ''_<_圭圭圭,ィ劣
    圭ミl|l圭ミ´    ゛ '' ‐-為l圭心   ,. '´        ` .、    _ ,,... -‐ '' "´   `丶、,ィ劣圭
    圭圭圭圭        為lll圭心゛'' ‐- ..,,_      _ ,,... -‐ ,'' "       ,ィ劣心    ),ィ圭圭ミ
    圭圭圭淤t      /淤l圭l丞/      `>‐<´_     \      刈圭り心、,ィ劣圭圭圭
    Y圭圭圭ヘ    /淤圭圭圭圭_,..-‐'''"~     ,ィ劣"'' ‐- ,,.._\  代 /淤圭圭圭圭圭圭圭III)
     `寺圭圭圭><圭圭圭圭圭圭圭心、_     ,ィ劣圭圭ミ、   ゛''為圭圭圭圭圭圭圭圭リa´
       `''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミゝ、 ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭リa´
         `゙''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭リa´
            > 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭斧:a´


159 :◆vsQyY1yD2Q
         ,' / ´    -‐      、`ミニ三三三三三ニミ、
         Y´  ̄   ‐-   _  、_ `ミ三三三三三ミヽ
         /,..-‐::::''''t=‐- 、〃ミ≧ 、 `\`ヽ三三三三三ミ、
.        r ⌒ヽ::::::::::::/ _  λ三三三≧、  ` . ,,‐、三三三三ミゝ
       /    }:::〃  ''´ ̄ `ヽ乂三三三三≧  ゙.米.;i 守三三三ミ、
     ハ ∂ //    〆⌒ ≧、ヾ三三三三三ヽ`´ ヽ  ヽ三三ミ;;i
      { ゛ノ カ       ゝ 、   λゞ\ヽ三三三三ヽ  ヽ `ミ三三ミ;i
     i ヘ〃     、 ヽο  ノ ノ ー=久丶三三三:心  `、 i三三ミ;}
     ゝ }         、¨`    ´  ゙〈 、ヽ三三刈 }  }  !三三/
__、..-‐ ,'  /                 , ‐ _`ミメ、ヽ三/ jト  /三}/    「多勢に無勢」 ……。
:;:;;:;:≧   /               /iヾ、´ `ヽ、 ` x、、_ 爪 /ミ乂
ilil;;:;:{/  {    ヽ、    κ- 、ヾ   \ ο   λ リ`ゝ,_圦 〆       ならば ここは強さではなく数。
ililil::::;:l   ヤ     χ` 、     i、/i'/       ヽ/   , ′χ'"
::;ililili:ヘ  ∧    ヽ、 ヽ、  ^‐'            / イ`ヽ         「数の暴力」 と言うものを見せてやろう。
:ヘi::::::::.:ヘ_ ∧     ヽヽ、ヽ、             /ム/ , '
::::i:liii:::i::::::ヽ ∧      \ヽ ヽ        /-‐' _/              その方が召喚するのも楽だ。
:;:;;:;:;ilil;;:;:;;:;:;;:. ∧        丶ゞ}、  _ , _, .′-ー−- 、
::::::::::::::::ilili;.:.::::::::::ヽ       , -‐≦¨::::::::::::::¨≧ 、::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ´:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;::::::::::::::::::::::::::;:;;ヽ:::::::::..



 ------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------

       ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                 -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                         ----====ニニニ====----
                              ---===---
                                 -


160 :◆vsQyY1yD2Q
【 アリアハン周辺 】
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""


       ,、                , 、
         l:. \         /.: i
        |:.:.  \  __ /.:.:. |
        |:.:.:.  ..::`´    `'.:.:.:.   |
       /:.:.:..:.:.:.::...          ヽ
      ,':.:.::.:.:.:.::.:.::..       -― ',
        l:.:.::.:.::.::.:.:.:.:.:.:...         __l   な、何の音だモナ?
       {:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:..:.:..  し  /  }
      ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:...    、___/   空が暗く……。
          ヽ、:..:.:.:.:..:.:.:..:::.:.:.::.:.:..  ,/
       /:.:.:.:.:.       .:.:<


161 :◆vsQyY1yD2Q





                 この日、アリアハン大陸をモンスターの大群が覆った。





162 :◆vsQyY1yD2Q
【 レーベ 村長の家 】
       ..,,-= ::;; .,
     ,-=;: ..: .   ミ
  彡''‐- ,,.. ::: .: ;;:爻
,-=';;::. .: :::;..ミ ...::彡三ミ         ,/ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
 ゙゙ー,,.从 . :::;.ゞr'´::. :. ...:ミ        /  ヘ三   三;;;::ヘ  ..: :-=:.
; :: .爻 :: ..: .r': :.. .::;;;爻: . li)       /   ヘ三三  ::: :: ヘ彡 ;:.爻ミ;:..
ゞ . :: :;; ::.:彡-=,, .,: :::; ::彡       ,/    ヘ :: : :... 三 ヘ; :: .从:;': : ...: :ミ
  ヾi:..l|  |l:::iヾl|:::i|         /,,___,,ヘ,,_____,,ヘ::(i;:. .. .爻 :.;:i;:.
   li:..|l  l:::i|. li:::l       .,,-―|l ,-―-,  l|l       l| ミ''-=,,..:: :;彡
   |l:::i|  |i:::| |:::li      l´ ゙゙̄'|l |l_l_l_l_l|  l|l       l|  |::ll |i::l
   il::;|i  li:::|i li:::|      |ロlロl .|l |l_l_l_l_l|  l|l       l|  i::l| l::i|
   li:..|l  |:::li  |:::li     :|ロlロl :|l '‐--‐'  l|l       l|  |::il l::li
   |l:::i|  l:::il  l:::il      |ロlロl |l       l|l       l|  li::| |i;;|
   il::;|i  |::ll  ,|:::li   キキキキキキキキキキ____,,l|_キキキキキキキキキキキキキ
  ''゙゙''゙'''゙゙`''゙゙''゙'''゙゙`''゙゙''           `''::.   `''::.
 ; ;;; ; ;; ; ; ; ;;;;;:::: .; ;: ;; :: ;:;::;; :;;:: . . . :. . .. . .: :. `'';:.、   `'';:、 ;; ;: ;:: :::. ... : ...: .... ..

         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \    沙耶は子供達を連れて地下室へ!
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /     皆も屋内に避難してください!!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


                           .- ―― .
                         /:.:.:.:.:.::.:.:.ヘ:.:.:.:\
                        ,:.:.:./\:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:!:.:.:、
                        l:./:.:l ` \:.´:.!:.:.:.:!:.:.:.:.
                        l/:.:.:l {}   `{}:l:.:.:.:l):.:.:.:.:\   わ、分かった。
                        ' ll:.:.{ "    "l:.:.:.:!.:.,-―…ヽ
                    (>    'l:.:个:,_`_ l:.:.:リ:.l       できる夫も急いでね!
                     c    /:./_}:_::}  {_/:.:/:.:.l
                        /:./´ //___/:.:/ }:.:.ヽ
                          /:./! 「  ∞/:/ /!:.:.:.:.:,
                            /:.ム! l   /7  / 7:.:.:.:.:..\


163 :◆vsQyY1yD2Q
          _____
       '     _____`   _
  ,  '     , : : ': : : : : : : : : : :  ̄: :`: : .
/ ./    /.: : : : : : : :,へ : : : : : : : : : : : : ヽ
  /   , ' : : : : : : :/i /   \: : : : : :!: : : : : : :ヘ
  |  /.: : : : : ―/‐∨''' ̄´ \ : : :ハ: : :| : : : : :ヘ
  | ./.: : : : : : : /≠=ミ   ,  .\/ ∨:|: : : : : : :∨
  |/: : : : : : :.:./〃.,'⌒ヽ   u  ≠=x ∨: : : : : ∧;
 ./: : : : : : : :/.{  { 0 .}     r‐ 、. } .∨: : :/  /´` ̄ヽ
∨  \: : :.:/i   ゝ‐ '     { 0 }  .∧/   / .,' ./  `ヽ      村の人達にも声を掛けてきたゲソ!
. i :!: :/ .ヽ;/:.:|             `ー′ ./: :|   ∧ .i |  /  ゝ ,,
. | :∨乂_|:.:.:.:| u          ′     {: : |    .| .i .| | ./ ./  }: : ヽ   できる夫も早く避難した方が
. |: : : : :.:.|: : :.| u   /⌒ ー‐┐    }: :.|    .| .ヽヽ'レゝ〈  /: : : : }.  良いんじゃなイカ!?
. |: : : : :.:.|: : :.|   (      /     ': :.:|    `´: : : : : : :  ̄: : : : : !
. |: : : :l: :.|: : :.| ゝ   `  ー一′.. イ|: : : :.|      ゝ: : : : : : : : : /
./: : :.:.|: :.l: : :.|     `  ┬: : ´|: :.:.:.| i: :.:.:.:|        `iー―一´i
 /ヽ^ ヽ: : ヽ       .|: : : :.!: :.:.:.| .i: :.:.:.|          .|     |
/   ヽ  \: : \     ゝー/ー――┤: : |          .|     |
     ヽ  ヽ: : ヽー丶 .┤ ヽヽ ...i.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ''/     |
      ヽ   |: : : |    .i  ヽヽ .∨:∧         ',       |
         }}  |: : : |\   i    ∨  ∨:∧             !
     y //  i: : : |  \ .i     ゝー.∨:∧――――――― ′
      / 〃  |: : : |    \|     \ ∨:∧
.    / 〃   . |: : : |           ヽ.∨:∧
   / `′   .|: : : |            | .∨:∧



                          ___
                     /      \
                    /ノ  \   u. \
                  / (●)  (●)    \   そうですね。
                  |    __´___    u    |
                   \ u. `ー'´       /   イカ娘も一緒に!
                   ノ           \


164 :◆vsQyY1yD2Q

                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ _
    /. : : : : :                    `ー‐ ´          |   あれは……DQ3のモンスターじゃない。
   ./. : : : : :                            i
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i    また現れたのか、魔王軍の援軍が。
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /    空を覆う程に、たくさん……!
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ


165 :◆vsQyY1yD2Q



                      モンスターの名は 『キリキリバッタ』

                大した強さを持たぬモンスターだが、数だけは異様に多く


                          /´ ̄`\  /´ ̄`ヽ
                              ,-‐i┬i‐-、
                             .( ・l | l ・ )
                              .フ´.i.弋´
                             i´,-―-、`i
                             `i.ト---イi´
                              .ヒニニ」/.) _,.-‐つ
                               ム__iム_,ィク´.::/||
                          <ニ==レ_,-‐'y'  :::ノ三.||-、_
                            ||    .|F>‐‐">-<== ||_,.<
                         ||    || ヽ二- クー7´ ||‐'
                            ||    .||   `‐<...∠-‐ ||
                           .||     ||     .||     ||
                           .ll     .||          ||


                       世界最大の穀倉地帯アリアハンに

                   イ ナ ゴ の 如 く 襲 い 掛 か っ た 。



166 :◆vsQyY1yD2Q



                     キリキリバッタの嵐が残した爪跡は大きく

              アリアハンの食料事情にも多大なダメージを与える事となった。





         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   せっかく……。
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜    せっかく ここまで育て上げた水田が……!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


     .r ⌒ヽ   r ⌒ヽ
    (  ○λ  λ ○〉
     ヽ彡 l /ミ ゝ_ノ
     _ ):::: |/ミ ( _
    /::::r       \    あ、あと少しで収穫だったのに……。
  /:::::::: l         i\
  |::::::::::::::ゝ、____人_ノ |
   \::::::::::::  |r---┬-.l /
   ノ::::::::::  `ー--―'´ \


167 :◆vsQyY1yD2Q


   また、アリアハンの食糧事情の悪化は

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            '                                \
.         /   /        . .    . . .               ヽ
.        ./ /     . . . . : : : . : :  . : :/: : .             l ヽ  o
          //  . : . . :./. : : : ィ: /',: . . : :/: :.ハ: .  .l: . :.        ハ- ヽ
        /   ィ: : : :: : : l: : /ニl/ー-、l: : : :ハ:/ ': :  .ハ: l、: .  :     ハ     ○
       /ィ ´ /-イ: : : : イ斗=≠=ミ、 ',: : '   ー',: : /-リ‐ヽ: : . l: . :  l ハ    。
      /  . : : :./l: : : イ   {::::\_ }   ヽl     l: /≠=ミ',: : /: : :l: : . l\l
.   / . . : : : :.:/ :.l: / ,'  ーゝ─‐'-         '{::::\} '.∧/: : :/ヽ: : |
. ./ __/: : : : :/:  l/ /l             ,   `  ̄ `/: /l: イ  ヽ: l    アリアハンは!
/-‐ /イ: : : /:   / ',  u             ,      / ィ: :  lイ l   ヽ
      /: :/:イ:   ./ヽ__ハ        __       イ: :   .l l       みんなは無事なのか!?
.     /: /ィ: /: .  ./: : : : : \      /── 、}     / |: : .   ', ',
    // 'イ: l: : /: : : :/l ̄l\.    {    /    イ: :.|: : .  l、 トヽ
.        |/.|: :/l: : :, '  .|:::::ヽ ` 、  ` 二´  . <: : : : : :l: ハ: . |: :ヽ
.          |/ .〉'    l::::::::::\   ヽ ___ イ:::∧::∧:::::::ハ/: ハ: |\:|
.   __  -‐ l ´//    ',::: :::::::::ー---‐‐ '::::::/ ∨ ヽ:::l ∨ リ  '
. ´        //      、   ::::::://:::  ::/   ', ` ー 、
           //   /ヽ ',      //   , '    l     ー 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ニュー速で商会の貿易にも大きな影響を与える事になる。


168 :◆vsQyY1yD2Q
 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"


      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ   それなりに絶望を与えられたかな?
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /       では、敵が来る前に逃げるとしようか。
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛


169 :◆vsQyY1yD2Q


   こうしてアリアハンが魔王軍に襲撃された報せは世界中を震撼させる事となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       ____       アリアハンがイナゴ被害!?
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    まさかキリキリバッタかお!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   メダパニバッタだったら最悪だお!!
  \    |ェェェェ|     /


             _,.x────`x
           / >¬ニニニーxハ)i
           / /x'´       `>゙、\
        / /x'′         ,ィ.バ、ヽ、
          / //           //リV∧v.ハ
       / //         ,ィ´/x=へV∧v |
        ∧ .i |    /     / |l゙ィ'¨。¨フ´ V∧i.|
        {   | !  /   /=x彡' 、ー '´、、. } .|l.|
       |   | !   { //、_゚,.x' / i〉 ヽ     } ilU   父上達は御無事なのか!?
       ∨.∧∨/{ !.|Y´      r ′   /! V7
.        ∨/¨V、.vハヘ      __,.xォ‐、  ∧ 》′
         ∨Vム. Vヽ.\_  {゙ー'_´_ ノ ∧/′
           \ヽ弌、ik.ヽ,/ r<´>′/ ∧_
           `ヽ¨\-_',.ィ⌒¨´_)_/-'´⌒∨
              )___∧  _>'´r'´,≦!cィV¨ミ──‐<二ニァ‐t'ニム゙ ̄ >x
                   r┴'´ _ム',ゝ'_x':::::::;ノ      ___]::::::::ハ ̄´ ' ヽヽ|
                   ∨::<  _,.. ', {::::::://x<ハ   ̄ ̄ ̄|::::::::} | |__ハ_xム
                ,.x゙L゚:::`¨::::::::〉',_x'´//.:::::::|  == =':::::::::|__l ┘::::::::::∧
             /_i   `ー‐…ァ゙ ',  「´::::::::::::リ   ___   }:::::::::::::i:::://.: .: ∧
        __r'⌒i'´゙'´  < ̄ ̄ ゙̄⌒ヽ ', ∨.:::::/    ¨>x¨::::::::::::::|:/´:::::::: .: .:∧
        / (_ハ'´   .   ∨:::::::::::::::::::::ハ ',. V∠  __   ∧::::::::::::|'/:::::: .: .: .: .:∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


170 :◆vsQyY1yD2Q

 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :
/: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :



     .r ⌒ヽ   r ⌒ヽ
    (  ○λ  λ ○〉
     ヽ彡 l /ミ ゝ_ノ
     _ ):::: |/ミ ( _
    /::::r       \    ……許さない……。
  /:::::::: l         i\
  |::::::::::::::ゝ、____人_ノ |
   \::::::::::::  |r---┬-.l /
   ノ::::::::::  `ー--―'´ \


       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ
  |  u.    '      |  ……えっ?
  \       - ―    /
   /            \


171 :◆vsQyY1yD2Q

                          ┛┗
             ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ┓┏
            〈@ ノ\   /\ @〉     /VVVVVVVVVVVVVVV
─────--、____ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ_--─<
 |    |    |\/  )    Y    (    |   <
 |    |    | │ /γ⌒     ⌒ヽ\  |   <  ぜ っ た い ゆ る さ ん ぞ 魔 王 軍 !
 |    |    | │ /  |         | ヽ  |   <
_ |    |    | │ |   ヽ__人__ノ  | |   <  じ わ じ わ と な ぶ り 殺 し に し て く れ る !!
  ̄ヽ  l   /  \\    | !!il|!|!l |   / \.  <
    \/ノ―、,=、\.`ー--゛===="‐' /    \ <
     /´ /  / ̄`i、  ̄ ̄|| ̄ ̄      /    VVVVVVVVVVVVVVVV
     ノ 丿   l    | `i ---┼---------'´
    |   〈 l   〈 〉  |
    ゝ         ,/
        ___/



         ____     l_
         /\  /\     /
      /( ○)  (○)\   >
    /      __'__    \  \
     |  u   /___/     |     き、きめえ夫君!?
     \     ,. -'"´´ ̄`ヽ
      /    (___   |
    /              |
 ( ̄                |
   ̄ ̄ ̄|               |


172 :◆vsQyY1yD2Q
【 ダーマ神殿 】
                                       i
                                       |
                                         ||
                                   |    / ',
                                  ‖  〈__〉
                                   Λ   ハハハ
                                   / ゙、〈i]]]i〉
                               〈_  _〉 l  ̄`l
                               ,ハ不ハ. | 「Λ|
                                〈i]]]]i〉| / ゙、 |
                               |丁丁| j/   ゙,Λ
                                  | |人人|〈    〉_〉
                            l   Λ/ ̄ ̄∨不不!ハ_|
                           ‖ 〈ニ〉 __ 〈i]]]刈]i〉',
                           Λ |「l|/[_]\|「  ̄Λl|,ニ〉
                         | /  ', 冂モモモモ|| 「l/  'j」|   |
.                      l  /'/    ',「|丁丁丁l|| l/    ',Λ . l ∧
.                      Λ/ 〈    〉|,ЦΛ,Ll||〈    〉 ',Λ'  ',
.                      / 〈  ,ハ不不ハ.|,/○\|l ハ不不ハ  〉 ', ___〉
                     〈___r'ニ{i[[[[[[i/ /\ ',i]]]]]]i}ニ!_〉jiハ
                    r'ニ}幵| ̄ ̄ ̄j∨ (⌒) ∨l ̄ ̄ ̄|幵}ニ゙i、幵l
                    l幵f| ̄| l仄li Nl_/|\_lN j仄jl | ̄|i幵l Π
                      l ̄|円| |l_| |_辷{工辷|_| |_l| |円| ̄l 」|
                      lFl | ̄|     | |t/|\t| |     | ̄|仄| |
                      「´ |  |   _|_|||||_|_   |  |`¨| |
                  ___|_l_|___/ __,| |┝┿┥| |,__ \___|_l_|_j_
                   |┬r|__/_______,| |_|t|zf|fz|t|_| |,_______\__|┬r|
               二二| l l |'丁゙l工工工| | ||||| | |工工工l゙丁'| l l |二二
               土土| l_l l__|__|土土土|zj|_|工工工|_|jz|土土土l__|__| l_l |土土
                  ` ̄        /         \          ̄´

                              ,.へ
  ___                           ム  i
 「 ヒ_i〉       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ      ゝ 〈
 ト ノ        〈● ノ\   /\ ●〉     i  |
 i  {         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      |   l
 i  i          )    Y    (       .i   }
 |   i       ./γ⌒     ⌒ヽ\      .{、  λ
 ト−┤.      /  |         |  ヽ   ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |   ヽ__人__ノ   | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,_\     `ー'´     /'" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ     /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"



             余談だが、これを境に勇者に復帰する異界人が続出したらしい。


173 :◆vsQyY1yD2Q


   なお、この人は 喜んだそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       /≧ ヽ             ___
      / 二か〉,|              /´      ゙\
      | ≦ヽ匕7          /   __(M)_    入
      |  Y /           /  ∠ _____戈、  ヽ
      /ト、__ィイ            / /'"⌒`、  '⌒ヽ∨  〉
     ヽ、___ ノ            { { | ,ィア_i } z,アュ  ト.  }
     .|  ハ             ゝ、| k  __rふ、__  ャ|r-、/
     |  i∧           {ゆ| 廴_ィェェェ、_ ノ |わ}   よくやったぞ、サイコピサロ!!
     .i   l ヘ  _      .丈{   |f ^Y^ r|   } シ
     |   !  } ̄  ゙ 弋=ー-、__ヽ  ヽ===ノ   /
    ヘ    ノ      \   ∨/\i  ̄ j, /\
     ` ー‐-=、     >、ヾ   仆 ∧  ̄ / / y>ー-.
            ̄`ー-、  キ  // /ヽゝ丶ノ斗r  f     `>-.
                 ` ! / f 7  >y<  f   l ヤ   孑  ` `><⌒>x、 ___r vニ千ニΞ孑ヤ
                  Y {  |    {     i   i キ ∠                } .i  七_' ´
                  ト メ  L. ____|__,i  |  ∨ 、 __ ,...斗-‐<, __,..斗ヤt.ノ--‐一-`
                  ∨ ( )      ( ) ><_/
                    Y、 _          i i .|
                    l    ニニニ三ニ= ノ i ハ,
                    ∨     `゛ ̄ ̄゜ ̄  入,ゝ、,
                       Y           // jーj  `ヽ
                        |\            ∨v〜ヽ、  \
                     !                 / 7 / } ゞ   `、
                      ∨                / / / !/ j/' i
                      ヽ           / / / /∠/ | .   }        _
                         \           /∠  //  / |   |       /= ヽ\
                         ヽ、  斗匕   / / ,   |   |゙`ー 、._f^ニ`メ   ヾーへ、
                            `、  ャ' "ー,! /     |.  !ヽ   ,_____,. .ヾ,、_   \ヽ
                             ` <_.   !/     |  i            |.-‐ヽ、_ /
                                  ≦{ ,/    |   i,__,...- "´  ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


174 :◆vsQyY1yD2Q
                     _
                   \ヽ, ,、
                    `''|/ノ
                     .|
                 _   |
                 \`ヽ、|
                   \, V
                     `L,,_
                     |ヽ、)  ,、
                    /    ヽYノ
                   /   r''ヽ、.|
                  |    `ー-ヽ|ヮ
                  |       `|
                  |.        |
                  ヽ、        |
                    ヽ、    ノ
               r >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.           /イ:::::::::::::::__>‐─' ̄ ̄ ̄`ァヘ_:;::::::::::::ヘ
           /':::::::::::::>‐'¨ -─ ニ ──-廴ノ-\:::::::: '.
.         ,' ::::::::::/ -' ,ィチ´イ三三三三冫爻x ヾ:::::::〉
        { ::::::::/ / {彡/⌒>匕三三ミ三≧、 气>}:/
           `ーヘr'´,ィチ::::/  ' ,xく_。_{`  u >=弌ヾム,
.            /⌒ヾ,:::::/ u ./ xx ⌒ー-ン  ト、。 ) }‐→
         __人(⌒j_ Y u _,=イ ̄ノ)     )ー` '{ス    あれ? おかしいな。
.       ,ィ劣  ⌒メ>t   / ルィ/  /フj  u j) }
     _彡───- 、,`ト、'x'´_x─┴==ニ ̄ヽ-、 ノく     絶望させたはずなんだが……。
   /  イ─ュ f才卞、\ イ//      ──--乂_ク 气_
  辷彡/   )_}ー-、_>チ´    ー .;'  __T ̄)  リ/ヽ,
/>匕rへ,__   / Y /   ,,.,,...     〉  ̄_ノ _/    Y
/ ̄      /ス  ;':;{ ;'    ,ィ  r─ナナ'´_/r─匕 ノ人,
       _//:::::}   ゞ、    ____厂,/ィ´_彡 fへ、\     ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        /:::::::::人    >‐-==イ  \_,// ̄  __ノ  ヾ, ヽ   d⌒) ./| _ノ  __ノ
         /:::::::::::::::::\ ''     ,,, 厂ヽ, Zx<ェ┴─<__ヽ  }  \


175 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第92話 「時は過ぎ、人はその責を負う……」 は終わりです。


収穫直前の米をやられたら、「遺憾の意」 じゃ済みませんよねw


エビルマージは、「アークデーモンのエリート、ベリアル」 の様に 喪黒が特別なのであって

一般モンスターとしてのエビルマージは それとは別に大勢います。


グリもそうでしたが、クナも変身が解けなかったのは倒された直後だったからでしょう。


南部の戦いは一段落しましたが、どこもかしこも大変です。

冬の間は ゆっくり出来る訳もなく
次回からは諸問題に対処していく事になるでしょう。



次回更新は、5/26(日) 20:00〜を予定しております。

5/19(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


           /ィ彡彡彡'三三≧、
            fr'ノィ//r''^`ミミミミミヽミミヽ
        ソノ八-‐  `‐-ヽ!l|l|lトトゝミ
        〃 {_-- ,  ,.-‐‐!l|l|lトトゝミ
        li':./‐-‐'  `‐-‐'ト'リl|l|l|l|lト   あれ? インパクトで食われちゃった?
       川|l  、r‐-、 |||| l{lリハトl|l|、}
        l|i /⌒l,`ニ`   リ}}iliリト、',ミ
.        /::|  ̄|ソ/ハツノノWl::::::::ヽ
        |;:::|  l ヽ000/ l::::::::::::|


『知られざる伝説』     5 第93話へ

もしかして:はいてない!? (マジキューコミックス)咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)
もしかして:はいてない!? (マジキューコミックス)咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)

この記事へのコメント
知らないとはいえ、日本人相手に米を攻撃するとは……
Posted by at 2013年05月13日 22:04
・・・、そりゃ闘争に生きるバラモス様なら喜ぶでしょうなぁ。

あと、サイコピサロは知ったほうがいい。

¨食べ物の恨みは恐ろしい¨と。

あんなことされれば異界の勇者ならだまっていないよね。
Posted by at 2013年05月13日 22:07
いやまぁ、異界人以外は絶望していると思いますよサイコピサロ≒さん。
しかし、ヴァンの仇がブロワにいたとはね〜。
ヤザン先生ももしかしたら見限ってくれそうな感じだし。
ジャマイカンの如く謀殺されることを期待して。


しかしなぁ…。
なんか一気に状況がごちゃごちゃになってきたな…。
Posted by at 2013年05月13日 22:20
農作業を少しでも体験した人間なら分かる。収穫直前で嵐だの火事だの大雪だの泥棒だの虫食いだののせいで台無しにされた時の絶望感とやり場のない憤怒を。しかも今回のは天災じゃなくて意図があっての事だからねぇ……
Posted by at 2013年05月13日 22:31
状況はやばいのになんか絶望を感じない。ふしぎ!!
Posted by at 2013年05月13日 22:32
乙。今週も面白かった。フラグ回収早いなw

いやしかし、田畑はいかんよな、特に米は。収穫前ならなおさらだな。

ベトナム戦争でもアメ軍の戦車がブチブチ稲を踏み潰してたらしいけど、そういう小物っぽいことしてると負けフラグが立ちまっせw
Posted by at 2013年05月13日 22:50
商会のメイン事業をやられてどう動くのか(やる夫消失後の為の超安定システム、まさかのピンチ)
大幅値上げ等の悪どい方法を取ること無く、飢えた民を救済できるか
ゴジャースの食料供給でごたつきそうなアッサラームに上手く介入できるか
ブロワとQLを穏健に片付ける方法はあるか
サマンオサ攻略は続けられるのか手を引かざるを得ないのか
……問題は山積みだな
Posted by at 2013年05月13日 23:06
これはマジギレする日本人的にww
Posted by at 2013年05月13日 23:10
兵糧攻めは明確に補給路を断ってから行いましょうby街亭の戦いの司馬懿
しっかし蝗害はマジで国が滅ぶレベルの大災害だからきっついなあ。
後の世に「アバドン」とか「パズス」とかの概念が生まれるほどだし。
とはいえ、一般市民が絶望する中、ドロップアウト組の復帰とかやぶ蛇だなあw
Posted by at 2013年05月13日 23:14
戦争は食糧をめぐるのが基本、侵攻の動機にもなるし、兵站や輜重こそがキーになる上、井戸に毒を入れたり小麦畑を焼いておいたりは基本。

とはいえ日本人がひよって引っ込んでるところにわざわざ米を全滅させたら…全員一斉に本気でブチギレるだろうな。故郷を思い出す微かなよすがだったわけだし。
Posted by     at 2013年05月13日 23:17
※主に召喚されたのは食料に関することだけは譲らないお米の国の人です

はたしてこの一手がプラスとマイナスどう響くのか
Posted by at 2013年05月14日 00:22
日本人相手に食い物で喧嘩売るとは…
やる夫とでっきーは比較的冷静なようだが
Posted by at 2013年05月14日 00:40
日本人相手に、半端な兵糧攻めは悪手だろwwww
ブチ切れて、キリキリバッタが逆に食料として狩られかねんぞwwwww
Posted by at 2013年05月14日 00:56
>キリキリバッタが逆に食料として狩られかねんぞwwwww

おおいにあり得るw佃煮決定wwww
Posted by at 2013年05月14日 01:34
それなりにビッグイベントの筈なのに最後のほう随分テキトーに済ませたなw
サマンオサ編長くなりすぎたから巻いてんのか
Posted by at 2013年05月14日 02:25
日本人は人種を馬鹿にされても愛想笑いで済ますが食文化馬鹿にされたらマジ切れする不思議民族だからなwww


おい生食きめぇとか言った奴前に出ろ
Posted by at 2013年05月14日 02:42
この日大量の復讐に燃えるウォーモンガーが生まれた。
Posted by at 2013年05月14日 02:57
キリキリバッタだぁ…?TUKU☆DANIにしてやんよ…
Posted by at 2013年05月14日 03:13
利害の反する勢力が2つや3つ程度ってことはあんまりないんだよ、だからゴチャゴチャするのは普通
銀英伝好きだけど主勢力はたった2つだしな、ラノベも大概3〜4勢力だから、こういう群像劇(?)的な展開は好き
Posted by at 2013年05月14日 03:47
ここで新城さん再登場、また似合いの役所だなw
1:敵の攻勢に合わせて行い、行軍等の選択肢を狭める。
2:敵が守勢・篭城中に行い、継戦能力・士気を低下させる。
ってのが兵糧攻めの基本だけど、今回は「世界の穀倉」を狙う事による経済ダメージの方がでかいんじゃね?
アリアハンが「世界の穀倉」足りえたのは、初期に言明されてる通り
「危険なモンスターが駆逐されていて、平原地帯をローコストで耕作可能」ってのがある訳で、
今後はそれに対処せにゃならんとなると・・・
兵糧攻めってよりはUボートの無制限潜水艦戦?
Posted by at 2013年05月14日 07:55
イナゴ被害と聞いただけで、キリキリバッタと解るとは…やる夫さんパネェですwww
Posted by at 2013年05月14日 08:12
寧ろ外来種の侵入によるアリアハンの生態系の変化が気になったりする今日この頃、
まあ結果がわかる頃にはバラモス死んでるだろーけど
Posted by at 2013年05月14日 08:20
米をやられたら、いくら温厚な農耕民族NIHONJINと言えども許してはおけない。

みなごろしだ。
Posted by at 2013年05月14日 09:45
虫害は本来やり場がない分怒りも一入だが、今回は矛先がはっきりしてるからな
Posted by at 2013年05月14日 10:14
食いもんにだけはマジぎれする民族のソウルフードを、根こそぎダメにするって殺されても文句言えんわ。
Posted by at 2013年05月14日 10:26
あかん、日本人相手に食物で攻めたらあかんでぇ
おまけに久しぶりに食えるソウルフードの米を台無しにされたら倍率ドン!さらに倍プッシュや!
Posted by at 2013年05月14日 10:49
スライムと同レベルのザコで簡単に召喚ってのが、この作戦の良い手だったな。
欲を張ってさまようよろいみたいなレベルを狙ってたら、多分茶々が入ってたんだろうね。
Posted by at 2013年05月14日 11:35
まあ、飢饉と違って何年も続くものじゃ無し、モンスターを魔法で退治しちゃえば、元々食料は有り余ってるから来年の収穫までは持つんじゃなかろうか。
来年も同じ攻撃されたらヤバイけど、いや、対策練ってるか、流石に。
やる夫は今年をどう乗り切るか、まあ、やる夫の商売は穀物だけじゃないが
知識の見せ所だな
Posted by at 2013年05月14日 15:29
あれ?
キリキリバッタがアリアハンに大量に召喚されたのなら
それを食料にしそうなフロッガー・さそりばち・おおがらすの大繁殖につながるのでは?
それらの魔物を食料にできるのなら大繁殖まで持たせれば食料不足も改善できる?
Posted by at 2013年05月14日 15:29
ピサロの失敗はたった一つシンプルな答えだ
てめーは日本人を怒らせた 
Posted by at 2013年05月14日 15:35
お の れ 『 キ リ キ リ バ ッ タ 』 !
ゆ゙ る゙ ざ ん゙ ッ゛ !!
Posted by at 2013年05月14日 20:08
>魔物を食料にできるのなら大繁殖まで持たせれば食料不足も改善できる
燻製にしたところで明らかに日持ちする時間が違うから。

日本人の食い意地のコメントばっかでワロタ(棒
食い物の恨みで立ち上がった日本人の修行場所のトップを見逃してないか?
今回の件知った大神官猊下なら修行者のやる気も踏まえてルイーダ’sブートキャンプが可愛いほどの速成を見せてくれるはずだぜ。
Posted by at 2013年05月14日 22:26
卵残されたら何年も続いちゃうよ。
それこそ一帯焼き払ったってどこかに残るから。
佃煮コースか、食べられないなら家畜やモンスターの食料かな。
しばらくの間は環境が安定しないだろうね。

とりあえず世に放たれた日本人(バーサーカー)の今後の活躍に期待。
Posted by at 2013年05月14日 22:49
一割か
好色当主やる夫・勇者やらない夫・食通できない子・建築ダディクール
レーベ村長できる夫・海賊提督do夫don't夫・商人いく夫 が有名どころかね

他は
もょもと やる実 ねこ夫 られっか夫 ギャル実 ギャル夫 能登 ねらう夫ねらう代
ぐらいかな
Posted by at 2013年05月15日 00:04
うーん、喪黒が一気に今回の件でただの小物になったな。戦略的には効果的だがイチ魔物としてどうなんだ?ソレ。
まぁスライムと同等の雑魚&サイズ的大きいからサーチ&デストロイは楽だと思われる。

何気に食料関係の貿易で一番ヤバイのは、ゴージャスだな。ただでさえ、魔物関係の黒い噂が有るゴージャスに魔物の被害で貿易出来る食料の量が減った今………。

経済ダメージは貿易再開されたばかりだから大きくは無いと思うが出鼻挫かれたって感じだな。


取り合えず、キリキリバッタは冒険者予備軍の経験値にされちゃってくださいな。



Posted by at 2013年05月15日 00:17
とりあえずアズにゃん真っ青。
息子をやる夫の娘の婿に送り出すレベルw
Posted by at 2013年05月15日 01:34
↑↑↑ に加えて
嫁勇者:めぐる・やらない子・やんねえ香
医師勇者:さか奈
食堂勇者:アル夫・(ジパング)アル奈
ダディの娘勇者:できる子
お騒がせ勇者:できない夫
リタイア復帰勇者:きめぇ夫
黒勇者:ドヤが夫

とりあえず確認されてるのは以上か?
Posted by at 2013年05月15日 01:48
HAHAHAHAHAwwwww
何してやがんだ、魔王軍wwww


み な ご ろ し だ !

日本人なら誰だってそーする。俺だってそーする。
Posted by at 2013年05月15日 01:55
↑↑↑↑
そこらへんは魔法で対策できるんじゃないか?地球の中世と違うし
つか、蝗と違ってキリキリバッタはモンスターでデカイ分数も少ないだろうし、繁殖力も低いだろう
ほんとに蝗くらい繁殖力があってモンスターサイズなら他の生物滅亡してるし
Posted by at 2013年05月15日 02:34
旅の扉復活までアリアハンの食糧はロマリアには流れてなかったんだから、
アリアハンの穀倉地帯壊滅でロマリアやアッサラームが飢える可能性は低い。
んでもう一つの穀倉地帯シャンパーニはノアニールに食糧を支援してたけど、
そろそろノアニールが立ち直ってるはずだし、その分をアリアハンに回せる。
そこら辺を考えると(意図しなくても)ニュー速出商会の稼ぎ時になりかねないと思う。

ただ問題は何時、何処にキリキリバッタが現れるかわからんってことだよな。
シャンパーニ、北部ロマリア、バハラタあたりも襲撃食らったら本格的に終わる。
Posted by at 2013年05月15日 03:41
地元の野生モンスターに勝てないとキリキリバッタが畑に行き渡る前に全滅する可能性があるんで
確実性には欠けるけどな。
逆にアリアハンは米どころか大ガラス、スライムが絶滅する可能性まである訳だが
Posted by at 2013年05月15日 11:34
虫の被害は恐ろしい いやほんと

現実では指先ほどの大きさの虫が空を覆い尽くすんだ。それこそ日の光が届かなくなるくらい。
剣も銃も意味がない、ただただ作物が食べられていくのを見ているしかできない。

このモンスターがどのくらいの大きさかはわからないけど、魔法で薙ぎ払うか薬をまくか…
初めて見るモンスターなら対処法もわからないだろうし、これはやる夫の力が必要になるか?
Posted by at 2013年05月15日 12:44
勇者に復帰した異界人達全員が、敵全体に攻撃できる技だけ覚えそうだよね。
主に大量発生したイナゴに対して使うように。
Posted by at 2013年05月15日 17:01
これで1割が何割に増えるんでしょうねぇ……
少なくともバラモス様大喜びってことは割と洒落にならん数な気がする
Posted by at 2013年05月15日 18:39
田畑がやられたなら、備蓄食料がどれだけあるかが問題だな。
輸出が長いこと止まってたなら食糧生産も削減されていただろうし、農業辞めた奴も多かろう。
国内需要をまかなう為に、新規で小規模なアルヘンティーナなんて一番に切り捨てられるぞ。
ニューソクデ商会の商売は錬金術によるものも多いし、ロマリア側での商売もしてるから安定だろうけど。

できない子他料理人パーティと大神官殿がマジ切れ確定だから、戦局の動きにも期待w
Posted by at 2013年05月15日 19:16
たしか蕎麦と薩摩芋はあったよな……救荒作物
Posted by at 2013年05月15日 21:18
ジパングのできない子PTはガチギレ確定として
下手したら米の味を知った大神官殿もブチ切れるんじゃね?w
Posted by at 2013年05月15日 21:29
米は日本人のソ ウ ル フ ー ド
分かるか魔王軍?魂の食べ物だ
貴様らは俺たちの魂を傷つけたッッッ!!!!
Posted by at 2013年05月16日 01:02
食糧危機! でもドラクエには非公式な研究中魔法だが食事を取り出せる魔法があったはず……
さあ早くメシーラとデラメシーラを覚えるんだ!
Posted by at 2013年05月16日 02:47
一匹でも勇者にそこそこダメージ与えられるんだから、まんま昆虫サイズはないだろう
倒すと薬草を落としたりするくらいだし
昆虫は弱くて小さいからこそ繁殖力が異常に高いんだから、キリキリは普通のモンスターに対処する感じでいいんじゃね?
まあ、モンスターの中ではかなり小さく数も多いだろうけど、イナゴみたいに空を覆い尽くす事はないと思うぞ
Posted by at 2013年05月16日 04:05
ロト紋のグノンやダイ大のクロコダインみたいに
城を強襲するのかとおもったんだが・・・

まだ、こっちなら駆除対象が増えただけだからなんとかなるべ。
スライム相当のレベルだけど、素早さがちょっと高いから厄介だろうけど。
Posted by at 2013年05月16日 18:29
「戦争だろうが……暗殺してるうちはまだしも 米をダメにしたら……
戦争だろうがっ……! 戦争じゃねえのかよっ…!」
Posted by   at 2013年05月16日 20:21
絶望させられるのはいいが―――――別に、怒りで再起してしまってもかまわんのだろう?
Posted by at 2013年05月17日 01:57
勇者は日本人が多そうだしね
日本人の食の恨みは激しいw
Posted by at 2013年05月18日 12:24
>>172
ここでのきめえ夫達、復帰組の為に
少佐……じゃなかった大神官猊下の「転職演説」が活かされるわけですね。
Posted by at 2013年05月19日 19:48
日本人なら我慢の一定のラインを超えると、ぶち切れて後先考えず暴走する奴も多いから
新しい勇者パーティの活躍が楽しみ
Posted by at 2013年05月20日 23:29
農作物を収穫できないならモンスターを狩猟すればいいじゃない?
佃煮と燻製が捗るな!
Posted by at 2013年05月21日 18:58
んーなんかここの新城さんは怖くないな、強いといっても頭を使った心理戦がないと安心するわ。
新庄さんの怖いのはこれだといった打開策に行くと泥沼にハマるように次々に連鎖していくからな。
何が言いたいかというと怖いのは弱い新城さんのほうが恐怖するわ
Posted by at 2013年05月21日 20:14
流れ着いて最低でも1年長い人だと2年ぶりに食べれるはずだった米が・・・
Posted by at 2013年05月21日 22:25
麦の代わりの穀物……薩摩芋っぽいサマンイモはあるし、ジパングから蕎麦も輸入できる……。
これはむしろ、その二つの育て方と調理法を抑えているだろうやる夫達がアリアハン内で更に重要視されるフラグでは……?
Posted by at 2013年05月25日 18:33
↑↑
米自体はできない子がジパングに辿り着いた時点で食べられる様になってたよ
だからその辺は言う程問題ない。単純に食べたいだけならまたジパングから輸入すれば良い

ここで問題なのはリタイアして平和に農業してた異世界人達が大切に大切に大切に
大切に大切に大切に大切に育てていたお米様を収穫直前に食い荒らしたことだよ……


絶対に許されない
Posted by at 2013年05月26日 18:01
もうすぐ自前で作ったお米様を食べれるかって時に食い散らかしただと?
しかもリタイヤ組の生産物に手出しただと?
食べ物の恨みはね怖いんだよ?

苛められっ子の椅子で大暴れに代表されるように
日本人は感情の限界点突破すると特攻始める珍種なのだよ
Posted by at 2013年05月27日 12:35
勝てば官軍という感じでしょうか。
腕が何本もって、まさか。ヴァンの?

こ、米が。食糧が。なんという酷いことを。
まずいですね、これは。
直接被害を受けたアリアハンもそうですが、アリアハンの食糧が入ってこないとなると
それを元に商売している人の生活も。交易が途絶えてしまった頃の悪夢再びとなってしまいます。
この数の暴力に対処して、不足するであろう食糧、などなど問題が山積みですね。
それにうまくいったところで、サイコピサロたちの召喚がある限り安心も出来ませんし。

Posted by とあるA at 2013年05月27日 14:10
流石は変態魔改造民族NIHON-ZIN
食糧事情に強烈なダメージ加えたら大激怒して戦力アップとか
異世界からしたら意味不明にも程があるwwww
Posted by at 2013年06月05日 13:31
うわああああああああああああ日本人を米で怒らせたあああ!?
しかもよりにもよって職業が戦国大名すら恐れ、かの太閤が刀狩をしてなお脅威であり続けた農民だああっ
この件で何人の冷静なバーサーカーが生まれたんだろう……

ああもうだめだぁおしまいだぁ・・・・・・(デスピサロが)
Posted by at 2013年06月13日 20:22
ついに腕が何本もある異形の剣士が登場で盛り上がる・・・と思いきや、別方向でとんでもないの来たな。
Posted by at 2013年07月12日 01:55
日本人の恐ろしさ・・・それは、「食べ物」のためならどんな苦労も惜しまないということだ。
そんな人種を敵に回すとは・・・
Posted by at 2013年08月08日 22:13
やってくれましたね、サイコピサロさん…
よく異界勇者のお米への夢を見事に打ち砕いてくれました…
アリアハン穀倉地帯の反応がありませんね…キリキリバッタたちが食べ尽くしたんですか?
どうやったのかは知りませんが、これはちょっと意外でしたよ…
それにしても、あと一息のところでお米が虫の餌になってしまうとは…
ダーマ大神官さんには残念でしたが、わたしはもっとでしょうか…
はじめてですよ…
このわたしをここまでコケにしたおバカさん達は……
まさかこんな結果になろうとは思いませんでした…
ゆ…
ゆるさん…
ぜったいゆるさんぞキリキリバッタども!!!!!
じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!!
一匹たりとも逃がさんぞ覚悟しろ!!!
Posted by at 2013年10月11日 16:29
米を奪われた・・・?
魔王軍の仕業か!!ゆ''る''さ''ん''!!!
Posted by at 2014年03月23日 07:19
コメ欄が見事に米欄になってて笑うわw
だが確かにコレは許せんな、許せんわ
相手が新庄さんだろうが久々にやる夫スレでピキッときたわww
Posted by at 2014年05月12日 03:43
サイコピサロ死亡フラグ確定のお知らせ
というか収穫前の米台無しにするとか





ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・だ
Posted by at 2014年05月27日 22:32
いろんな国が日本が怒らないことを議論して、
『あいつら食べ物のことでしか怒らないんじゃね?』って結論に至るコピペを思い出したwww
Posted by at 2014年06月17日 14:43
米だけにコメが多いよ今回w
Posted by at 2014年07月10日 20:53
↑まあ、そうなるな

当然だろう。常識的に考えなくても
Posted by at 2015年08月06日 10:33
原爆落とされるよりも危ない牛肉の方にぶちきれる国民だからなw
Posted by at 2015年10月07日 22:18
農家の作物意図的にダメにしたらマジ殺されっかんな
Posted by at 2015年10月13日 21:08
今こそ農夫よ起て!
みなごろしだ!
Posted by at 2015年12月15日 17:04
現代農家的には、イナゴよりもカメムシ・イノシシの方がタチ悪いんだがなw
(カメムシに喰われると、米粒が黒くなって品質低下。
 イノシシが田んぼに侵入すると、獣臭が移ってしまい品質低下)

後者は食えるぶんまだマシだが、
前者は農薬散布以外に対抗策が無いのが困りもの。
Posted by at 2016年10月27日 18:25
懐を攻められると、泣いて謝る日本人。
体を攻められると、土下座して耐える日本人。
胃袋を攻められるとマジ切れする日本人…。
Posted by at 2017年04月17日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67337885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ