■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/15 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年05月27日

第93話「一難去って、また一難」(2)

第92話へ  2    第94話へ

36 :◆vsQyY1yD2Q
                    ┃
                    ┠────────┐    ┏━━━━┓
                    ┃                └──┨        ┗━━
                    ┃                      ┗━┓
                    ┃                          ┗┓
                    ┃                            ┃
                    ┗┓            北部          ┃
                      ┠─┐                      ┗┓
                      ┗┓└──┐                  ┃
                        ┃      └┐                ┃
                        ┃        │      ┌────┨
                        ┃        │    ┌┘        ┃
                      ┏┛    ┌─┴──┤          ┃
                      ┃西部┌┘        └┐        ┃
                    ┏┛  ┌┘            │      ┏┛
                    ┃    │      ●      │ 東部 ┃
                  ┏┛    │     王都     │      ┃
                  ┠───┤            ┌┘      ┃
                  ┃      └┐        ┌┘      ┏┛
                  ┗┓      └────┤      ┏┛
                    ┃                └┐    ┃
              ニュー速で商会 ○    南部      |    ┃
                      ┗┓              │  ┏┛
                        ┗━━━━━━━┷━┛


37 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア城 謁見の間 】        lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                          ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
             _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
             _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚ー゚*)./o>_l__i_| ノー|l__il__il__i
             __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
             __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
                    /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
                   /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
                  /      ../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
                 |二二二 二 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


                _,-― t− - - - 、
                /´     >- ‐ ' ̄ ̄ ̄ ` 、
           /   / ´         _   ヽ
           /     /      > '´ ̄   ` ヽ、 i
          /    /      x、          ゝヽ
            l    i  i   i /  `ヽ 、       ,∨
         |    |  |  ||/ /´`ヽ冫    匕 | |
         |     | ∧  | 〃  /ハ      ´_`i l |
         .|     Y ヽ |<||   |;:r|      /ハ ゙| |
         |    >-|  |` ┃   i:リ|      |:ヒ| リ /
         i    .|  |.  |   ヽ   ヾ.       |::ノ } | |   来ましたね、ニュー速で やる夫。
        | i  ∧  |  | し        、  `  i | 
        /  |   .ヽ、|. |               l |   ブロワの件、こちらも聞き及んでおります。
        // |    ハ |       ー--‐    / |
      /   \l\ヘ  〉,i  、             イ /
          __    y'  ヽ /´ヽ-,      // |/
       / ̄  `ヾY    Y   /   トー<´ーi´ `ヽ、
        /       X    |      ,-‐7<´`ハ  〉`  V
     /        ハ   i       ' ヽ `/ヽニヒ  |
     /     ヘヽ、∧  /l       イ/  |  ( _   |
     /         /  V 人      ノリ  ヽ  (   /
   ./       _ ヽ  /  \   //∨ 丿   `゙ /


38 :◆vsQyY1yD2Q

                            ,, .-::‐―‐- ,, _
                           , ィ:´::::::__;;;:--‐::::::::::::`ヽ
                         /;::::;;/::;;;:ィ´__::::::::::::::::::::::::\
                        ///::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        '//::::/:::/::::::::::::::::::::__;;;:: ----‐\
                       ,' /:/ ::/:::/::::::::::::::::ィ ´     _ -―,-、ヽ
                   /:::::::/:::::/ :::::::::::::::::シ   _,,. ィ::::´::_:::-ァ:::/:ヽ〉
              __,,ィ ´,} :::::::::: r 、::::::::::::/ ィ ´:::::::ィ:::/'  ///'ヽ::::i}
            _,,, -‐/´  /'/,,/ :::::::::: |´r、\彡 :::::::: //´    ///   |:::|
     _,>≦‐‐- /  イ /: lii'/:::;;ィン:入 !rリ }::: /´ />、   ///   ||::|
__,,> ´       |     |: ::lil|::|  ,'´ .:ヽ>{ i/´ ,ヘ  l`ゥ、`ー///    」!:|
 ` 、        ,ィ    | : :liil: ', i    i}}'     l  .〉  ` ̄/' / r‐ ´ l:|  まず、ロマリア国内の動きについて
‐- 、`      / :|    |: : :liil: :i.ノ     }     |/        !/   ,リ  説明しておきましょう。
   ヽ、____ /   .:!    |: : :liil: :ヽ    |                 |    '
   _/、 |:    ,'     |: : :`ii、:.:∧   l                |         ブロワは、既にロマリアを
    、 l!.|:     l      |ヽ: : `ii、: :ヽ -、〉、    、       :、  |         放棄しています。
    | |,':     ,'       | : \_:`ii、___≧_/ i       `''- ,,_,' `ー'
    | |,'   /      |: : : : `i:`┴┴ァ' |ヽ    ーrー'
    | | !  /        |: : : : : : : : : イ  i! \  /´
    | /   `ヽ、     ! : : : : : : : : : |   i!  | ´
   //      \     | : : : : : : : : : |    ', /
  .//、         \   |: : : : : i : : : :l     ∨



        |    | /             ___             丶、   /
        l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
        |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
        /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
       ./ .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
      /// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、   放棄!?
      ' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
.                '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7   ロマリアの領地を
              ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /.    捨てていると言う事ですか!?
            ,.   ´|   |       , -- 、     /   /       /
            /    |   l\   (_____)    /   /       /
            /     /|   |  丶、  ー‐   .ィ   /       /
         ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /


39 :◆vsQyY1yD2Q
                       __
               , ・ ´ ̄        ̄` ・ 、
             ./                ` 、
            /                    \
         _/                      ヽ
         / ./_  .__  _ _ @           ヽ__
      , イ, /‐, = ´    `  、 __ ̄ 二 -  _        ヽ ヽ
     /  !  | /    _    ヽ ノ 二二  , ・ ´ ̄ ` ・、 _ |  ト、
     !  |   !'   , ´ _ `ヽ   、 ── , '.     _   ヽ~ !  | ヽ
      |  |   !   |  l´ `  !   !__  ,   , .´ _ `ヽ  、 !  i  、
     、 .i  !、  丶 ` −´   .ノ   ̄!    !  l´ ` |  !i   |   !
      \.|   ! 、       / ──‐ 、   丶 `−.´  ノ,  リ  ノ  流石に この展開は俺達も予想外だ。
   ,-、     、  、  ` ‐ - ‐ ´  ───‐` 、       ノ./ /  /
  _ゝ ` 、   丶丶 u       ───   ` 、_   _, ´ / / ノ     とりあえず、ギロロ卿が
 彡    ヽ   ¨丶         ─‐           /__./.イ._     ブロワ領の接収に動いている。
 ’-、_    ヽ    ` 、       __           ,/  , - ´く
    ヽ    .、  _ __>、. - ‐ 〈 ! ! !.〉‐ - 、 ,  ・´  /    .ミ.   それが今の国内の動きだ。
      、    l ´     , ` ‐ - `二´- − ´   ≧ ・ ´    ,_ジ
      、       , ・ /  /        ヽ` 、      /
      ヽ   , ・ ´  /  /   , - − - 、 ヽヽ ` 、   /
       ` ´     /  /    ./ , - 、  ! ヽヽ  ` -´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ___
                  ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                   /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
               /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
             /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!
              /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l   守備兵も ほとんど残っていない。
               /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
               l::::::::::ヽ.u        ` ̄´キ /:::::::l   手間が掛かるだけの任務だな。
             \:::::::::\     _     /::::::::ノ
              `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
                   /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
                   i'ヽ-'" ̄`゙Y l
                   ゝ-‐<>ニニ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


40 :◆vsQyY1yD2Q
 /(:_: : : : : : : : : :/ /,   ′ ,/  ハ  Yi :.   |i: : : :| : : : : :.\   / \
,: :厂ト=‐-: :_:_:_:/,  / /   /  〃   l:l   | li l  |i: : : :|: : : : .:.:.:∧/    {_
i/ / /: : : : : : :7/ / /      ′   l:l   | |i l  |i: : : :|: .: .: .:.:/ / /{ヽ  l「::|
| / / : : : : : : // / /    |!  |:l   l:l   | |i l  |i : : !: : : :/ //   }::}  |i:::|
Yi : : : : : : ;// / .:     |!  |:l   l:|   _|_|i_l_,ハ: : : ハ; : / /´    ヾ::Vi:::/
 ':‐-=ニ二:i| ' ′i:|     |!  |:l   l:| ´ l「}リ_/ `》: :/: ハノ {     ├=彡
  ‘.: : : : : :i| l| l:|  . ‐十,_ Lト ¬┘ xf芹芋ミ'くハV: /:{i  {     ∠二\
.  ‘ : : : : i| l \l:l/ xf芹ミ,      〃 んtハ }/ ハV: :/ 〉 \   /:::::厂〉::{
    \: : i| l  从レ〃んtハ        弋,_rツ  / ∧V / \_人  l::::/ /{::/.  ロマリアを捨て
     \:Y { {i圦ヾ弋rツ        ^ ´ / ,/ ∧/   / \\じ' /:::}′  内乱中のサマンオサを狙う。
         `iト   、ヾ:.   ^ ´  ,         /// /   〈    \ . ::/
.        八,\ \ j}                 ^彡ァ/  /个x   、じ′   やっている事は博打だな。
             7⌒八        f⌒ヽ        /,   ,イY:::|: i \_厂\
.            /  /{ /\     ^¨´       // . イ||:i: :|: |: : : i「: : : /    しかも恐ろしく分が悪い。
            /   ' }{  |> .        ,,イ.:-=ニニ⊥」_|:i: :|: |: : : i|_:/
         く / __,」し‐┴ ‐= ァーr…ァ^⌒¨¨ ―-=彡 }|:i: :Lぅ: /
           >'⌒rく ___/  人_/⌒\        厂^\¨^
         /:::::::::八       ー=彡 /l ト、  ー'     /:::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::\      //:::|i \      ´〉:::;::::::::::::::::::::..
        .′:::::::::::::::::::::::〈      / }::::|i  {ト- ┬‐=彡://::::::::::::::::::i



           ___
       ,. '´_... -┴- ._ `丶、
      / ./        `丶 ヽ
.      / /       __   介',
      l /      /     `ヽLl l
.     l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.     |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.     lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
    l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l    あなた達が、紫乃宮家と組んでやっていた
.     ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ
.     |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|   ブロワへの攻撃が、それだけ効いていたと言う事ですね。
     ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `
      / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |    てゆーか、窮途末路?
       |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
     /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l
      /_ {   Y j ヽ'′ /     l
    l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
     ``| .ト--イ     丶 、__/
      l l    !      |   l
       '、_ノ         l  l
      </丶‐ ---- ‐'l  l>

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――─┐
| 窮途末路 ( きゅうとまつろ )                                  │
|   苦境にいて行きづまり、逃れようもない状態。窮地にあって困りはてること。. │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――─┘


41 :◆vsQyY1yD2Q

         ,   - ─ -   .、
       ,  ´    @    ` 、
     / _ -  ニ二ニ  ‐, - .ヽ__
   __/., ´  ` 、ノ __ /  _  ヽ ヽ
   / レ´ ,.-‐-、 ヽ    ,'   / ,-、ヽ .i  !ヽ
  ,イ i.  i rヽ !  ├‐.‐┤  ゝ.`‐ '  ノ!. i i
 , ! ! 、 ` `‐.´  ノ ─‐ ` 、      イ i  i ,リ   問題は、ロマリア国軍の
 ! ! i. ` 、_ ,  ´ ──‐  ` ─ ´  !  !/   QLまで行っちまったって事だ。
  、、 、         ___         リ /
  `ヽ .ヽ                 /        あいつら、向こうでロマリア国軍を
    丶ヽ              /.       名乗ってるらしいぜ。
       ` 、 , -<エ工エ>- 、,/_____
           .`/ , 、‐ - ‐./~ヽ ./        / ク〜クククク……笑わせるよなァ。
         / i   !   ! 1  .|/        /
        /  |  レニ、、ト、` //        /
       ,   !  ヽ_」_」-`´L,         /
       !    、       ノ       ./
       ヽ    ト - - - ‐/        /
        ヽ   ` ─ ´/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                      ____
                    /      \
                   /\  ,_.   \
                 / (●)゛ (●)     \  ロマリア王家に責任を押し付けるって事ですかお?
                 |    (__人__)   U  |
                 \   ⊂ ヽ∩     <   そんな事 出来るんですかお?
                   |  |  '、_ \ /  )
                   |  |__\  “  /
                   \ ___\_/


42 :◆vsQyY1yD2Q

          ,  - ─ -  、
        ,  ´   @    `  、
     __./__  - ─ -  _  ヽ
     //フ ._ .ヽ __ゝ/ _` 、 ヽ__
.   ,イ ,.´ ./__ ヽ .、   /  /__ ヽ ヽ.! ト、
  / ! i.  ! '、ン  リ ̄`!  ! '、ン  リ | ヽ
  | 1 ! 、 `    ノ ─‐ 、  `     ,イ. | }   無 理 ☆  基本的にはな。
  、、 | ` ‐ - ‐´ ── ` ‐ - ‐´,i  ! リ
    >、ヽ       ,─         !  |ノ、   そのためにギロロ卿を、ブロワ領の接収に向かわせてるんだ。
  く  `ヽ                !__ノ  >   QLの方は もうやってる。
   \  ` 、   , <TTT> 、    /   /
     ` 、 ` <   ̄   .> ´  ,  ´     爵位を剥奪しちまえば、あいつらは
        ` - //`,.ニニ、 ´! , - ‐ ´          サ マ ン オ サ で 暴 れ る 以 外 は 何 も 出 来 な い 。
       , へ、/// .,-、 |リ !
     /、   \ !、_'_ノ ノ !
   r<./\   ヽ、__ノ  リ
   `Y´   .\      ノ
    !  r‐ ´` 、 _  /
     !  」.       ̄


                  ,..ィf⌒77⌒/ス
               .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                  /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
               {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                 / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
             /  /   / / / // ! / }  } ! i|
              /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
              (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
              丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ  それこそが問題だと思うが。
                    _l TΤ、   _   イl |ハ.|
            __,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|
         x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
            { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
           i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i
         l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、
            、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
             ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
           }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
          〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i
            //  { (  Vノ:.:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.;.:ノ/二ヽ:::::::::/\i
.           〈    ヽ ノリ:.:.:.:.:.:.:.:.://:._/ /-、_   ヽ:/::::/|


43 :◆vsQyY1yD2Q

        ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
       //              \
      //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
    〃        /´       ヾ'′ ヽ
   〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
   ||      ,∠-‐‐             !   !
   || :.    /            ', -‐-、  |.  |
   ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
   |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |.   その通りです。
   |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !
   |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |   実態はどうあれ、このままでは
   |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │
   |:.:.:.:.:.:.`l :.. \       __    //:.:. |   「ロマリアがサマンオサを侵略した」
   |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /   と言う 「事実」 が残る事になります。
   |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/
   レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、       現実に あちらは被害を受けていますから。
          /  |′     l、  \ _
       , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
     /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
   /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ



‐-゙='-‐ ,.ニ--´、  ヽ::ヽ\
三三三/     ヽ i::::::l  ヽ
、,ニニ、!       l!::::::!  ノ
ノ 二二ゝ        .ノ:::::/,   厄介な置き土産を残してくれたもんだぜ。
.二二二.ヽ、     /;::,〃
          ̄ ̄/        ク〜ククク……。
_,.ィT Tヽ、__ , '´
/`´ヽ二´-<
   /  ',、  ヽ
 /__  il   |


44 :◆vsQyY1yD2Q
           ___
       ,. '´_... -┴- ._ `丶、
      / ./        `丶 ヽ
.      / /       __   介',
      l /      /     `ヽLl l
.     l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.     |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.     lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
    l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l    ああ、もう一つの手段として
.     ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ
.     |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|   ロマリアもブロワの爵位を奪って
     ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `   後は知らぬ存ぜぬを貫く道もありますよ?
      / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |
       |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|    悪手である事は言うまでもありませんが。
     /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l
      /_ {   Y j ヽ'′ /     l.
    l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
     ``| .ト--イ     丶 、__/
      l l    !      |   l
       '、_ノ         l  l
      </丶‐ ---- ‐'l  l>



 人 」/////   .:/  / .:  . :   l  : .  :.丶 \ :.  \ヽ/////|│  ||
  「 |////   .:/  / .:   : : :  ll   : : :  :.ヽ 丶:.   ヽ///// /  ‖
 ノ .:|///   .:  :/ /   : :l: :  ll  : :l: :  : .ヽ  : :.  ∨// /   〃
 \_|/;'   .: ,'  l: ::   l l :   ||   : l l   :: :l  ', :.  ';/ イ──《
  ノY  :l l   l: ::   | │:   ||   :│ |   :: :l   l l:  W|    ||
 〈  :|   :| |   |: ::   |: :|     ||     |: :|   :: :|   | |:   | /   ‖
  ヽ .:|:  :| |   | |   |: :|     ||     |: :|   | |   | |:  :l〈   〃
   〈 ';:. :l | \_| |  | l     ||     l |  | |_/ | l: .:;' ト、_//
    ∧: . ',   ≧=‐-_L」__ノ八ヽ__L」_-‐=≦   ,' . :/_ノ        そんな事になれば
    / ∧: : ',  ',ヽ(. :し_リ`       ´(_し. :リ/ ,'  ,' : :/ \
    〃∧ ∧  ', ` ̄ ̄`      ´ ̄ ̄´ ,'  ∧ /\   \    やる夫の 「ロマリアの商会当主」 としての
    /  / / 八⌒ ::: :: :: :    ,    : :: :: ::: ⌒八/ヽ : . \   \   信用も失われてしまうだろうな。
    \/ ////> 、       ,--、     . <//\ : :.  l \_/
     〃.///// ̄ > 、.._     _..  <  ̄\///\: :. l
    ////厂\`¨¨´    >厂丁<    `¨¨´厂\// \:│
   //////___\   / /厂 〈\ \   /__∨//∧l
  //////〉   ̄ ̄〉__/ /   〈 \__〈 ̄ ̄  〈/////\
  ∨/////____/////  /    '   ∨/∧____∨/////


45 :◆vsQyY1yD2Q

                _,-― t− - - - 、
                /´     >- ‐ ' ̄ ̄ ̄ ` 、
           /   / ´         _   ヽ
           /     /      > '´ ̄   ` ヽ、 i
          /    /      x、          ゝヽ
            l    i  i   i /  `ヽ 、       ,∨
         |    |  |  ||/ /´`ヽ冫    匕 | |
         |     | ∧  | 〃  /ハ      ´_`i l |
         .|     Y ヽ |<||   |;:r|      /ハ ゙| |
         |    >-|  |` ┃   i:リ|      |:ヒ| リ /   ですから、北の砦については
         i    .|  |.  |   ヽ   ヾ.       |::ノ } | |    ロマリア王家が賠償する必要があるでしょう。
        | i  ∧  |  | し        、  `  i |
        /  |   .ヽ、|. |               l |   しかし、その前に我々は
        // |    ハ |       ー--‐    / |
      /   \l\ヘ  〉,i  、             イ /   「ブロワの動きはロマリアの総意ではない」 と
          __    y'  ヽ /´ヽ-,      // |/    誤解を解き、関係を修復する必要があります。
       / ̄  `ヾY    Y   /   トー<´ーi´ `ヽ、
        /       X    |      ,-‐7<´`ハ  〉`  V
     /        ハ   i       ' ヽ `/ヽニヒ  |
     /     ヘヽ、∧  /l       イ/  |  ( _   |
     /         /  V 人      ノリ  ヽ  (   /
   ./       _ ヽ  /  \   //∨ 丿   `゙ /


46 :◆vsQyY1yD2Q
     .V   :.:ノ  ``〜:‐:::_:.....,..      `::::::::::`:::‐-:::、、:::::::::::/
    ./  ,:;イ   、   i i i i''‐t、::_::::.::....::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ;::/
    .| ,.:/´ .i ,   i、   ii i,ル'  ヽ、 ``'〜‐;;;‐;;;;;::::::::::::::::::::::::::Y、
    〃:イ i .i i、i、 i、、 ,ノレ'‐''''''''〜'、  ';;,. ';;`i;;;;;;`;;;;‐;;;;;、:::::::::::::i
      `i  i、 |ン‐`、‐``'´ ::::;;‐=t,,、`、.i 'i`、;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,、:::::::i'
      .i i iヽ.i ‐‐;;:    '' 'iイ'o 了y´.`ハ,i;;、;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i:::;ノ
.       `、、i`iヾ'ioii.     ヽ`‐.ソ,.   | `i;;i;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;K´       それで やる夫に、ですか。
          |`.i;;;,i ;::,''i      ´´    |  ';;;';;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人i
          |. ;;;;;;i  く           │ ;;;;;;;;i;;;;;;;;;ノ;;;;イ;ノ‐ヽ〜 ̄ノi   しかし、やる夫の意向は
        |.i ;;;;;i  ``           .|  ;;;;i;;i;;;;;;;;ノ;;;/,iノ::::;;::〃´:::::ノ  貴女方も御存じのはずです。
        |.;,;;;;ハ,    _        i  ;;;;i;i';;;;;;/ノ;/‐::::´:::::::::::::;::イ
        i.i;;;;;;;;;`,、  `‐‐        i′ ;;;ノ/‐''' ̄::::::::::::::::::;;〃´;/    そちらの方は
        .i.;;;;;;;;;;;i;`:.、        ....;;イ ,ノ´´   ::::::::::;;;:‐‐;´;;;;;;;;;/      どうにか回避できませんか?
        ;i;;;i;;;;;;;i|,.‐'`ヽ、  _,,,,::‐::´::::i.|     ,,,:‐;´;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;/′
      ,/´ .i;;ii;;;;;;i|:::::::::::::`,:ヽ:::::::;;:‐イ i   〃´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ,/´  .,/:i;ヾ;;;iヽ::::::::/´ ,,ソ''´  .i ノ   /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/′
  く、   く:::::::::::`:`、i:::::::::i  i'    .i.ノ  ./  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
    \、 `ヽ、::::::::::`i:::::::::i  i    ノ′ /  ,;;;;;;;;;;;;;〃;´´;;;;;;;\
      \、 丶::::::::::::::::/'i .ノ   ,ノ′ /  ,,;;;;;;/´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l
    l/!、  o     o    l  l/::  l   残念ですが
    トl ヽ         u  l l:::  l j.   こちらとしてもいかんともしがたく
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、    他の者では信用と実績が……。
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l


47 :◆vsQyY1yD2Q
                    ___
               /      \
              /ノ  \_   \
            / (●)  (●)   \   え? その言い方、やる夫なら
             |   (__人__)    u   |
             \  `⌒ ´      /   何か解決する方法があるのかお?
            ノ            \
          /´               ヽ



     |:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  /〃  |   | i    i l |     |l : : :∧    /  У
     l: .:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l|   !    | |    トx    i  |i: : : : ∧   .:l  |
     Y :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  l|   | |    |ヾ、丶 |  ||∨ : : :∧.;:.::|  |
.     Y .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  ||   | l    トヽ、ハ l  |l W: : : : :ヽト|  |
      Y.::.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ||  ||   ト、     |ハ \」   |斗∨: : : : : :ハ_.∧
         \:..:.:.:.:.:.:.|   |∧  ||    、 \   \厶孑チ升小:;∨: : : :/::::;:::::;∧:::.
          \:.:.:.:八  | ハ ,.l|____  \八   <≦ィぅ笊抔l|∨: :/.;::.;: :;/ :::;\:::.   なに、単純なことだ。
           \:.:.∧八  ヽ__r=ァ干ミ、 ┴─  ̄ V廴ツ 八 Y . :.::;〈   ::::;\
            \:∧,_\  ト、ヾ V廴ソ           ̄ ̄/ / Y . :/∧       考えてみたまえ。
              ヾ/ |  \ l八  ̄ ̄   ,       /_/_/ ..:;:ィ´:.::.\.
                l |\_>ヘ       ___      /  .;/〃 : ::.:.i::.\__     ガルマは何故あちらで
                | |  l   : ::;l> 、     ー’   -‐<___;:ィ个 l| : : : :.|:.:.l:.:.:.     拒まれなかったかを。
              n| |  |   : ;| \__>=- 、__ /  _/::::{人_.」! : :.::.::|.:.:|.:.:.:
             /`ヽ l |  |    :;| rく廴_ -‐ {(__, _/>::´ ̄ ̄`::<L_-‐i__」_
          rに二二 } |    :;|〈      ィ升r'´/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\〉八| ハ


48 :◆vsQyY1yD2Q
                   ____
                 /     \
                 /       \
               / /) ノ '  ヽ、 \   それは……やる夫が一緒だったから?
            | / .イ '(ー) (ー) u|
                /,'才.ミ). (__人__) /   ロマリアの商会当主の。
                | ≧シ'  ` ⌒´   \


         ,′ l      l          /     /   |  厂几ノ |  :.
            l     ││        /   //__ |  |ノ  厂ノ   :.
        l││     │ |    │   /  /, イ'⌒「 |  | 冫く/     :. 、
        | l │l     │ |   │ / / イ厂し ノ |  |/ |\\     丶
        │l | l    ┼┼‐- └‐ ´   ヽ > ′ |  || |  |ヽ〉      \
        │| | l   : :厂广Jト               l_儿,」  | 」          \ ……まぁ、ひとまず正解だ。
          ⌒|l  :|: :ヘ  ┴┘           //  | |  厂
           |l  |:: : ∧    、         //  /| |  l  : :.
           丶 | ̄丁卜      ¬     /   | |  |: .   \
                | 」  >┐      , イ  ∠二| |_|:: : .   \
                  //⌒〈   ̄厂「| ヽ / '⌒└'⌒└'⌒ヽ
            _   / /     \ 〈_/ l\_〉./. : : : : : : : : .\ノ\
          _ノノ⌒ヽ /ヽ/      厂\_」: : :/. : : : : : : : : : : : : ヽ ハ
          「 ̄     ∨ /      / /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : :. ∨ |
        l^ヽ、  < ⌒\      ∨.: : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : :  Y


49 :◆vsQyY1yD2Q

          _..-‐''"" ̄ ̄ ̄`''ー-,,
        ..‐'´            ゛ー、
     ,ノ'ノ’     ____@_        \
    / ./ン-ー-ニニ ̄ _____   ̄ニニ=--.._  (゙\
   ./ 丿'´ ,,......_ \ ______  /  ..______. ゙‐│ 1
  /ナ │ ./´ ,....、 ヽ ゙l    丿  /" _..,,_ ゙ゝ │ | ゙l
 ノ│ ll Uh ` l ./ ̄ ̄│ │ l  ` |! |!  ! l
 | ! │ 、  `ーー'" 丿 ‐‐  ヽ    ゙ーー'´ │ 1 1  要するに、やる夫の信用に
 ヽ1 │ ゙ー 、,,,,,,..-‐ ------ \,,     /ノ │ ノ  助けられたって訳だな。
  ゙ヘ_ ヘ         ,,,,     "゙''''''''"´ 丿 / /
    \ ヽ                   ノ  ノン    今のロマリアにとっても
     ヽ上_                 /..ノ        それが唯一の突破口って訳だ。
        ^ー..   _,,..-ユユー.._    ,..-''´
          `''ー-.._ 丿⌒にンィ'"
            /〃  ̄'、 ヽ ヘ
              /./l _r‐''''''ゝ  ヽ │
              /│./  − 、ヽ.   亅
              / !|!−1  ‐ 〉 、ノ


       / , ' ´     `` ヽ、
      /  , '     , ' ´ `丶fi ',
      ,'  /     /       ,ヽ、 ',
     ,'  l ,、__ -,'、__     /_  l l
     l  , '/ソ}   レ =`、  ''rュヽ_!く   これまでロマリア王家は、サマンオサの内乱について
      レ'// /} ゝ| ヒ.i    ヒ ! tl ヘ
    /    ' /`iヲ,  ソ    ``- '',i !',   侵略だと思われてしまう可能性を考慮し
   /     /l  | ` ‐     '    ノ!|、!.  「ロマリアの商会当主」 に任せる形で不干渉を貫いてきました。
  , !、     /`', | 、u   (つ //`
/  \ /,>ゝ |ヽ ` ー-, .. -く ` ヽ.    しかし、こうなってしまうと 「侵略しない」 と言う立場を明確にし
 、 ☆  〉'´   i`'  \   !\☆\ ',   「あちら」 にも信用してもらう必要があります。
  ヽ_/' ヽ   l     ヽ  l/  `i l
   /      ',  l  / ̄ ー/ゝ   l l


50 :◆vsQyY1yD2Q

          / ⌒ ⌒ ヽ
        /   ∧  ヽ
         ⊂・⊃ ⊂・⊃
         │▼. .▼│     さて、ここで一つ問題です。
        │  ↓  |
        │└─┘│     我々が信用してもらうべき 「あちら」 とは一体誰でしょう?
    ___ |\ _ /| (⌒)
    /    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
   /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
  /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
  /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′



                           ___
                      /      \
                     /ノ  \_   \
                   / (●)  (●)   \
                    |   (__人__)    u   |  え? それは もちろんサマンオサ ――
                    \  `⌒ ´      /
                   ノ            \
                 /´               ヽ



               ,...-―‐-... 、
.            /⌒´:::::::::::::::::::::::::::::\
         /":::/::::::::::::::=ミ、::::::::::::::::::\
         /'::::::::/ \{ \::::::::ヾ 、::::::::::::::::ヽ
       〃:::::::〃  、_ヽ_>x、:::::ミ、::::::::::::::::,
        {/:::/八    7廷≧ミ\::::`ヽ:::::::::__:}
.      ゝ'ix匆ミ} :    <:::::| \ヽγ´,ィ/
.         |:::7 /  .      ゛::|     〈fア/   .ん、ん〜、それはつまり
.         l::{ |            ´     _ノ    ボストロールが化けているであろう偽王ですか?
.          .  l___    xァ      }
         ヽ __,,.====彡i!      ∧      あれをサマンオサ代表と認めちゃいますか?
.          ‘,`ヽ ̄:::::::::|!       / ‘,
.            , l:::/⌒|!      , '    ヽ
            . l/ θ ノ    /    /〉
.             l ゙ー‐ ゚   /    //: :ヽ- 、
              ゝ ___ ´  _,x≦/.: : : : :i}  ヽ_
                 〉=ニ三>: :´:!: : : : : ;.'i!  ‘,   ̄ ''' ―--
.               ィ'7 ̄: : : : : : :!: : : : .;' |     '
.            _ . ´/ /{!: : : : : :.:_ノ _,;..''.: : :|     '
        _ ..     / {: :゙ =r――チ" : : : : : : |      '
.     γ´ ̄      / / : : : :  ̄ ̄:.: : : : : : : :.:|      '
    / ,       /   /: : : : : : :./ : : : : : : : : : : |      '
.   {  ;        /   { : : : : : : /:.: : : : : : : : : : :.|         〉


51 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,'
.                    /i}.    , −-、 ,..―....、
..                 , ' /   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 / /  ./::::::::;x'7:::::::::::::::≧x、:::::\
              {ヽ、  ./ / ∠._____::/,':;::::::::::::::::゙ミ、 :::::\
.             Y | /  ,'/ / ̄_ ―' /  Y:/\ヽ:::::゙ミx、::::ヽ
             | ´ // / __,. ´――ァ    V!   \\:::::ヽ::::::.、
             |     '   , イ¨三チ-    リ --一ヽ\:::::::::,:;〉
            /       /: -=ニェzミ        ,ィzェx≧ }//
.           /       /i{ マ//,7     |    マ//7 /ヤ/    要するに、今のロマリアは
          /       /、ヘ  マ,'/     |      マ/ /∧
          , '       / {{リハ  '       |      '  _∧ \   あなたと言う
.         |__....... ---≦..   ヘ.         _|_      /\ \ ヽ  信用ある交渉口があるにも関わらず
         / ̄         ̄ヽ   .                 /\ \{  l
        {             l  ..    ー=====‐   /、ヽ_,>'⌒;  l  その先の交渉すべき相手が
        |                l   |\   ー‐    /  }´  ./  l  不在なのです。
        l             l  ,l,,,,,,\       /リ  i   ,    l
       |             l l.ニニニ=`ー―‐ ´ニ{   `ヽ/    l
       |              lリ: : : : : : : : : : : : : : 八    {      、
       |               l¨'':ミx、.: : : : : : : : : : : :\   ヽ     v―‐--、
      /:l                   i: : : : ¨'''‐=[二二]=‐'¨: :`ヽ        :、     l
.      /   l               l: : : : : : : : : : : : : : : : : :.r┴――――┴――- 、
     / ,  l                  l: : : : : : : : : : : : : : : : : :|                 |ヽ
.    / /   l               l: : : : : : : : : : : : : : : : : V             |/
    {  {   }                    ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :V              |ヽ
.   `V   /                  }: : : : : : : : : : : : : : : : : V              ∨
.    {  /〈                ∧__,,,...--‐=ニ三三三ニV            l
.    └v / ヽ               |! ∧三>''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ V               l
      〈                    /7  V´  __ノ ̄ ̄`ヽ  !                !
        \              / /   ∨      __    |
.        ∧ヽ      __/ く       ∨    /  `ヽ  |
.       ∧   ̄ ̄         ` 、    V  /   Y  \|
        ∧               \   `〈      i}   |
          .                    \   '、     i}    |
                               \   . _人__ |
             ハ                 \ ヽ  :}    |
            \                 \ V :}    |


52 :◆vsQyY1yD2Q
           ___
       ,. '´_... -┴- ._ `丶、
      / ./        `丶 ヽ
.      / /       __   介',
      l /      /     `ヽLl l
.     l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.     |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.     lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
    l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l    本物のラインハルト王を救出する事が出来れば
.     ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ   彼を相手に交渉する事が出来ます。
.     |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|
     ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `   ですから あなた達は、今まで通りキルヒアイス卿と協力し
      / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |    サマンオサを解放する方向で行動してください。
       |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
     /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l    あ、ブロワとQLの爵位を取り上げた事は伝えておいて下さい。
      /_ {   Y j ヽ'′ /     l.
    l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
     ``| .ト--イ     丶 、__/
      l l    !      |   l
       '、_ノ         l  l
      </丶‐ ---- ‐'l  l>


      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l   それと、可能であればブロワも……。
    l/!、  o     o    l  l/::  l
    トl ヽ         u  l l:::  l j   現状、我々はロマリア国軍を新たに派遣する事は出来ませんが
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' ".   既に活動し、実績も信用もあるニュー速で軍ならば……。
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ.    我々は全力で後方支援しますので。
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l


53 :◆vsQyY1yD2Q

                ..-‐‐'' ̄ ̄ ̄ ̄"゛''‐-..._
              ‐                ゛ヽ 、
            /     @             `\
          _/  _,,....---一―‐''''''''''フ――--..,,   ./ ^ヽ
         _/ン'''''''`ー 、  '''''''''  /  _,,....,,_  ゙ゝ │  /゙ー、
       /ン  ..-- 、  ` 、----- l´ /    ゙\ ` |  亅  \
      ./l^./ /    ヽ  !     ! │ ,r宀-_  ゙! │  !   ヽ
     丿亅1 ノ /"゙!  l  广 ̄ ̄|  '' l     丿  l   |    !
     亅│1 '' 1  丿 亅________ヽ   ゝ   ,/  イ  !    丿  でだ、支援するのは良いんだが
     U│ ゝ   ゙‐-‐  /       \_    ̄~  / |   l   /
      ヽヽ .\    /      _   ー―'‐     !  | ,./      それとは別に、ニュー速で やる夫。
   __________L_ュ,,,,二ニ"´     ̄ ̄            1  /´
  !"          ,ノヘ     ‐―            卜‐        お前に承諾してもらわないと
  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ               ../              いけない事がある。
  卜..           ヘ  ....-:ユユフ‐‐‐-...._,...-<
  ゝ,,..⊥          │ ~--.. __......--‐''U  ヘ
  │ ...U          l!   /l       ヽ1  ヽ
   ヽ  l           !. .. / !,ノ''' ̄''‐ 、 ヘ|   ゙ヽ
    t"゙゙゙1          ll  !.//  ___  ヽ l|   l



                        , -‐‐‐- 、   .━┓
                       /   ―   \   ┏┛
                      /   (●)   \  ヽ  ・
                      |  (⌒  (●)   l
                      ,\   ̄ヽ__)    /   何ですかお?
                     /        _,/
                    .|            `i


54 :◆vsQyY1yD2Q
                 /  ., r.'"  , へ   `ヽ、
                  .,'/  ./   /.,r ' ` 、 、.  `、
                   l ,  {   ./ /      ヽヽ  `、
                l,'  .',   l. l        } .}  }
              .,ィ     〉   ', ', _,,w-w,,_ ノ ,'  .,'
              .∠.ァ ,ィ./rゝ,,.-‐''"     "'''-. -',
               .レ '"レ' .{   ,,,,w ::''"`ヽ、、,,    〉
                   .,.,'''''''::i::/-、:::::::::::::,ノ-'',:i``´',、
                _./ レll:::l/Y.なゞv -'ィなYl:l:::l:l、 `、    その件の功績を どう扱うか、ですね?
              ., r.'".,' ./. リ:::::l `."  ,   "´ .l::::l' `、 `,"'' 、
          ._,.-'   ,'  ,'   l::::ト    `    ィ:::l  .ィ.../   ` - _
       ..,r.',r'      \..\ . ',:::l!ヽ  ⌒  イ l:::,'/./           ヽ.、
       l i"        `.、, `. .';:l`、 ` .‐. ´ ,.ィl:/, r'ノ          }. }
       ', ',          `、'' .、`'-`_、ー.,-_,彡-'"./          / ./
       .`、.\ ` 、,,_      ` 、__,,....-‐''"_,..'''"           _,.._,.r'".../
         `、 ` ー- 、`'i‐┐   (  ̄"" ''"''' "" ̄.7  _,..-'',.r''"  .,r'
          .\   ,.ィノ .,.l    `、  才ヒ''    .,r' _  ,' `ー-`-''"/
           ..\ ._,.ィ' l.     \ ((._.))  /"´ .ヽヘ`ー- , - '
               /~`ー-'"       ` .、 , ィ'"       l  ~"~ `、



         .....-−――ー-....
      ,,...‐"   ,,.... 、@....,,__  `ー、
     / . −'' ̄"^''‐、 ‐-  ンー-`_ 、
   ‐''ヽ'' / − ̄''‐  ゙-‐−./ ,−‐ヽヽ 、       ご名答。
  -ヘ  ヘ/ / /⌒'l ! │゙゙^1 l /'''ハ lヘ 、
./  1  !  ヽ ゝ_ _丿 /‐ー-1 ヽU  ノ 11 ‐     サマンオサ解放と戦争回避が成功した暁には
!    |  !ヽ    ̄  /..----\  ゙'''´丿|1 !
!    |  !  ゙ー----‐   ---.  ゙''‐--‐  | i !   最低でも勇者認定は受けてもらわないと
1   !  !          -        ノl' /    信賞必罰 明らかにならずってヤツだ。
  、 !  |                  //_
   ''' 、丿                 ,/イT ^゙ー、
    ゙'''' 、       ,..┰┰y, ,__1"|!~~ ̄^-ン-'~~ ̄^│
      ^‐、__,,....-‐''" ^''''''''"   | |   勇者認定   |
         ン'ー--、,,,,........-−'´ | !-――――――''ノ|
        ,/  / |  __,,,,_ ゝ  | !^゛''‐.    ,−''"│
       ノ   / │ /´_. ^U││   |──/   │
       /   /!  | ! !  ' | │ |   ./   ヽ    .|
      l   "''''‐-│ " `‐--' ││-‐'     `‐ 、....│


55 :◆vsQyY1yD2Q

          / ⌒ ⌒ ヽ
        /   ∧  ヽ
         ⊂・⊃ ⊂・⊃      ロマリアとサマンオサ、二つの大国が
         │▼. .▼│         戦争になるかどうかの瀬戸際ですからね。
        │  ↓  |
        │└─┘│        成功すれば国を超えて大陸に名を轟かせる勇者と言えますよ。
    ___ |\ _ /| (⌒)
    /    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
   /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
  /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
  /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′



                       ____
                     /      \
                    /        \
                  /            \
                  |  \   ,_      |  それは……そうなんですけど。
                  \(―⊂ ヽ∩  u   <
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


56 :◆vsQyY1yD2Q

          -―--、, ___
       /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
      //    , -―- 、 ☆ ' 、
     ./    , '´     `</,  |
     l     l _,   ,    l  |
      |   rァ_´    ヽ、___ |  .|
      |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|.   勇者に認定されると、
      | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|    その国では貴族に準ずる立場として扱われる。
      |`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |
      | | |、    _     //-'  |   それが問題なのですね。
     レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'
     _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
    , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、


                  __ ,、、.,_
               ,、-'"_,、ミ〃__:::`ヽ、
             /:::/:/ィ:ヘ:、::::::゙ヽ、:::ヽ__,、-──- 、
               /:::::/:// !l ゙i:!\:、:::ヽ;:::ヽ      l,
           /ィ::/: //_;;;;_i! 、 ゙、;;。-、>、y'´l      ゙!
           /゙i/-、l/,ー゚‐` .:i    l´:::| l.,ノ|        !
                ゙、フl゙i::::|   ::|    ゙、:/ レ、         |    正確には、権力を求め始めたと思われ
              o'8i゙i゙''   、::| ,     l!ゞ       l
                ゙i  、....___...,イ  /:.:.: : :       i    周囲に妬まれ、警戒される事ですね。
                   ゙、 ヽー‐‐'1 /!:._,.-' ヽ     |
                 |._ヽ,゙、 o ./ / 「´     \.   |   ええ、分かりますとも。
       ,.、---------y'´L_::::ヽ.二_. /`'''i      ヽ, |
        / .::       \ ヽ、、_:::::::::::::lヽ、       ヽ, !
        / .::         ヽ  \`:::::__,,〉、 \     ヽ |
       ,':. .:./  .        ゙、.  \::゙'''":::ヽ \    ゙i


57 :◆vsQyY1yD2Q
                  ___
             , - ' "      ` 、
          ,,..-<...__,,........__..,,_  @  ゙ 、
        ..-く_   ヽ /´ ,___ ` 、 ー-..   .ヽ
      /   l.  ∨ , " __ .ヽ .ヽ   `ヽ、 ヽ
     |    |.  │U l ` ! 1_   ./ ̄ ` 、
     │    |.  ∧   ヽ..,,ノ /  ̄.|. / ̄ 、 .|ヽ
     |   丿  / .\,,    ノ    .|. | l^l .| | 1.  でもなぁ、『大陸勇者』 と呼べるだけの
      \  丿   /    ゛゙''''" ´      、. `-´ノ |  功績を挙げる勇者に何もしないってのは
        ‐'´ /                   '''''''/  /
         ` く                 /__,ノ    ロマリア王家の沽券に関わる。
           \    ________     ,./
         ____./`'<'''''´\///>、_....-'"           こっちの都合は、まるっと無視かい?
       /'   // |`ー----- ´
      / U ./h /‐'' ⌒ヽ \
        |  │ / │./   _r'ヽ ./ ̄ ̄ ̄ ̄.7、
     h │|  `、_./, -ヽ ./     ε/ ノ
     │ ││   │`-'、__ノ/_____./ ´
     │   | '、 / ̄`、___   |



                        ____
                      /     \
                     / _ノ   ヽ、_  \
                  / (○)  (○)   \
                  |   (__人__)    u. |  それは……。
                  \   |  |      /
                  /    ⌒      \


58 :◆vsQyY1yD2Q

                     -=_-、   ,r
                   , r.'' "" ''_ `ヽr/_,,_
                     /_,..‐''"~_,, `ヽ、<´,,`_
                    /r'" , -''",.-、\. ヽ、  、ニゝ
                ./   / /   .\ `、. ヽ、ヽ
              ./   / . /       `、.`、  \.l
               .l   .l  l__,,.. .- ,,_ .   ', l    .`、
              i _,.'''"      ヽ、 l l      ',
             r.'"    _,..-.、     ヽ /     ,'
             ,'    , r'/ .l::::::::::::::ヽ、   ヽ   /
            i、,r''":::/-‐"リ、:::::::,:::ノ`.ト、   \./
             ,.r' !::l:::l/Y'lか `"''.'',`_‐ i:::::ヽ   .〉
           / . ,r.l:::l::;r‐、`~  ,    イか ',:::::::\ ./
          ヽ  (  l;r'   `,  '    .`_',,_./::::::::::::/'"}     ……勇者認定を先延ばしにするのは
           `、. `、'     }.rニ.、 ,´   .i:::/:r''",.rノ
            >、.',    .,'、.ー-' l    '、 .,r'/      そろそろ限界だと言う事でしょうか。
            ./ \>',    ヽ、_ニ/    ノイィヽ
         ./ .,ィ' i .l    ノ´‐,'    ,.<.'",r''" ',
        / /.,' l  ` ‐ .7_,.,',_,,.'' l ト    .l
        / /,'.ノ  l`、._  ノ-.,,_l      _l .l`、   .l
      ,.r,"/ .' .   l    l l.__`、__,-''" l  l l`、  l
     / /       .l  .,'..l,r'_'、,.l.',   .,'  `' ',、 .l
    ./ ,'     .l 、. .l  ./ .l l´ }} l .',  ,'      ',`、',
    i l     .l .l. .l ./  l、ゝ'ノ.l  '、 .,'        `、',
    ! l      l l  .l.'  .,'´.()`''l   .〉  ,.r'7      .',.',
    l .i     .l..l  .l   ,'` 、  .l   ./  / ,'      .l .l
    .', ',    ,' ',  .l ,'   ` 、l  /  .,' l      ,' .,'



      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l    現時点でも影響力は大きいですからね〜。
    l/!、  o     o    l  l/::  l
    トl ヽ         u  l l:::  l j     ブロワを暴発するまで追い詰め。
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、     第二夫人派、第五夫人派を分断。
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i   予想外にも程があるとゆーか や り 過 ぎ で す 。
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l


59 :◆vsQyY1yD2Q
       |   | | ||   :|  |  |  | .   ||    :!    |  |  | |  | |   l  |:〈 |
       |   | | ||   :|  |  |  | :   |||   :|   |  |  | |  | |   l  |::::}|
       |   | | ||   :|  |  |  | i   |||   :|   |  |  | |  | |   l  |:〈 |
       |   | | ト|、  :|  |  |  | ||  |||   :|   |  l .斗:!  : |   l  |:/ |
       |   | | ||  ̄:|二|二| ̄| ||  ||lー‐=|ニ二:! ̄!  ! !  ! !   :  !、 !
       ∧   | | レ'弋¨5丈才Tヾ         ア5丈才勿¨ア l |!   ! :/:ヾ.|
        /::∧   ! ! ! !  {气幽ナ}          {气幽ナ丿  :l //  / ∧::::|_〉
       .|::::i   | | | |   ゝ─‐'‐         -゙ー‐─'‐   / //  / /::::iー' |  ( 向こうも あえて
        ̄ ∧| | |,, |                      ‐=彡イィ_,, / / l::::|  :!   触れてこないが
        ./::∧!从从! !            .             // :  ̄| :  |l::::|  :!
          .|::::i  |  |人                    u  // i  | i  | ̄   |:    ブロワ暴走の発端は
          .|::::|   |  | i:\           _           /"|  |  | |   |  | |:!   この私か……。
           ̄  |  | |: |i> .       `       . イ   !  !   | |   |  | |:|
              |  | |: リ  r‐> .  _  ,  "  |r─‐',〉 |  | |   |  | | !   責任を感じるな…… )
              |  | |: r─{ ̄_ヘ|_//| ト、\_r‐< ̄ } ̄ヽ_ .! :  !   | | |
            ._/ ̄\l.斗〈 ̄ \{ヽ ./ ,〃:! !ヽヽ.\__ヽ┌、ノ_ >、/>r‐=ニ二}._||
         .//{ ̄ ̄ |///|〈 ̄ / ヽ 〈_{/ :! ! \}__.〉`}ノ´__ _〉////,!: _____}/\|
      ////{ ̄ ̄ :!///!/\{ュ /_/  |  :| |  | | ┌、_)/7/,!////!  ̄ ̄},///∧
      .//////{__ :|///|////iVノ/ヽ.._|  :ト |  |ヽ__ノ//|/////|////|: ____} / //∧
     ///////{ ̄ ̄ :|///|////|////|/ |  :|/,|  |,/////,|/////|////|:  ̄ ̄}/////∧


60 :◆vsQyY1yD2Q

        ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
       //              \
      //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
    〃        /´       ヾ'′ ヽ
   〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
   ||      ,∠-‐‐             !   !
   || :.    /            ', -‐-、  |.  |
   ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
   |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |     何にせよ、全てはサマンオサが解放され
   |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !   無事にラインハルト王が救出されてからです。
   |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |
   |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │   ロマリア王家は あなたの働きに何らかの形で報います。
   |:.:.:.:.:.:.`l :.. \       __    //:.:. |
   |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /   希望があれば、それに沿える様にしますので
   |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/    何かあれば、戦士・遠坂を通じて連絡してください。
   レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、
          /  |′     l、  \ _
       , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
     /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
   /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ



                      ____
                    /      \
                   /─    ─  \
                 / (─)  (─)   \  分かりましたお。
                 |    (__人__)      |
                 \   ⊂ ヽ∩     <   家族とも相談してみますお。
                   |  |  '、_ \ /  )
                   |  |__\  “  /
                   \ ___\_/


61 :◆vsQyY1yD2Q


                                     ま、そこまで心配する必要はありませんよ。
         //.:.:.:./  /rヘ、_.:.:.ヽ_  \_.:.:\.:.:ヽ、
         //.:.:.:/  /:||   ヽ`ー-ミ_- 、_ `ヽ、\.:.:!    現にロマリアでも五指に入るであろうブロワ家も
         //.:.:./  /.:.:l|     、\ _>‐辷_ミヾソ¬.   ニュー速で家は撃退しちゃった訳ですし。
          //.:.:.:.′〃.:/|!     ̄ r _ニ=‐'   `Y/} |
       !/.:.:.:.:.| 〃.:厶ィ′     ′゚´ _/:|   〈k | |    いざと言う時にも、あなたの味方をする家はあります。
       ||.:.:.:.:.:l/.:./ _ニヽ ヽ        \;:|   V//   ロマリア王家も含めて。
       |ヽ.:|:|.:i!./-´‐ ゚´     、        ヽ   |fY1-- 、__
          ヾ」⊥{ r一1                   || l |   \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          \ トヘ\;:;:l     ゙、 _        |しJ、    \
             \ こ\ヽ!      - ´ , ー-ィ    |:::| |      \
            `ー‐ト、    _/`ニ    |    |:::| |ト、  r-、  \, -─- 、
             / | ヽ,   \  r‐v‐ミ |   ,1::| |||  V⌒ヽ/    |
            /  |   ヽ   Y|  、 ヽ  //::| |||  」__/   ノ‐   L
                   \  .|  〈}  ヽ//:::/_⊥ -‐´  /⌒>イ/ ̄



               ___
            /)/ノ ' ヽ、\
           / .イ (.―)  (―.)\
          ./,'才.ミ).  (__人__)   \  覚えておきますお。
         | ≧シ'    `⌒´    u |
         \ ヽ           ,/


62 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|

           _ノ`-、_,-一ー- ,_
           _)  r'´ ,____ `★、
          /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,
         /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'__,,
        / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__
       /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、
      /     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、
     ./     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `  しばし、お待ちを!
     {     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |
     `、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1 v .|     ロマリア王家が やる夫殿に報いるのであれば
       `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ
         /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´          我輩に一つ妙案があるであります!
         ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
       〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
        `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
         `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}


63 :◆vsQyY1yD2Q

                 , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
               /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
              //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
              //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
               〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ    モア殿、やる夫殿に
             li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
             リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l      宮廷における名誉ある役職を!
           / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl     芸術文化を振興する
        ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/     大臣職など いかがでありますか!?
       : : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
       ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
          ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ



                   ',  ,!r'   ,,ヘ、、、、_   `'' .、 l
                    ∨ .   ,ィ':::::::::::::::::/:,''_''- ,_  ヽ!
                      {  /:l__、::::::::::l:/ン,r_.、、:::::l\   }
                    ', i:::i::::l r,ミ、`''" .' 以ノ ';:::l::::::'i./- ,_     ちょっと待ってください!
                    ヽl::l:';:l`.ゞ'  ノ      N:::::::l'   ,r'
                        `l:::`l    _, -_、   .l:::::::,/  /     商会当主が大臣など
                       (l:::::l-'ヽ. l`'´_, }  .,'::::;' ,ィ'`,.        貴族の恨みを買うだけです!!
                      `l::::l  ` ゝ ‐.' _,.,':::/,.' / .l_ _‐,, . ',,_
                   ,r'';::::l‐- ,,_`_ < ./::/,' ./  ∠、__.ヽ,r ''"''
                  ./  `、:',     `>/::/-'‐ '' ‐'-  `  `''`、‐、
                      l     ヽゝ   ∠ '             `.、`、
                   !                           ', ',
                      ',                           l .l
                       ', . r- ,, --- ―― ‐‐ ,,            ,' ,'


64 :◆vsQyY1yD2Q

          -―--、, ___
       /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
      //    , -―- 、 ☆ ' 、
     ./    , '´     `</,  |
     l     l _,   ,    l  |
      |   rァ_´    ヽ、___ |  .|   そうですね……。
      |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|
      | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|   そう言う事ならば、あなたが矢面に立って仕事して下さい。
      |`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |.   ニュー速で やる夫は、あなたの相談役としましょう。
      | | |、    _     //-'  |
     レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'  今までも図書館など色々とやっていますし、それならば通ります。
     _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
    , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、


                    , ≦ニ☆三≧ 、
                    /_.==三三ニ=-- ヽ__
            /⌒ヽ  /-'−-、:三三u′'⌒ヽ ヽ`ヽ._,イ⌒ヽ
            ,′  `'゙/ ,"⌒;  }::三:::{  ` −'  }!.      }
              {     ,゜ ヽ- ' 丿:::::::::乂___ ..ノ.:::i!      丿
            ヽ    i:ゝ=--::彡.::::::::::::::::::::::三彡::::::i!    /
               ゙ヽ  ハ::ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::i!、__/    ヤ ブ ヘ ビ ッ !?
               ヽ._ノヽ:::::υ::::::::::,ィ┬t.、:::::::::::::::::::ハ ___
                     ヽ::::::::::; く++++>‐- :::/.::::::::::::::::::.ヽ
                   ` く   ̄ ̄ _...イ´::゙!:::γ‐、:::::::::::   【 任命 : 芸術文化振興大臣 】
                      >ァ7ア´  r'‐‐、l!::/.::::::}:::ゝ、:
                      _,イ_ /     |::::::::iー{::::::::j-'i::::::}
                  /;:イ  /       ハ_ノ:::ゝ-::'::ヽゝ:'
                 ,::::/.:/  ,′  __..ノ.:::::::.ー−::`ヽ:::::::
                ,'.:/.::::/     /.::::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::ノ
                  {ノ!::::;′  ハ ノ.::::::厂|⌒¨¨\⌒:.ー'::::
                   /.::ヽ::.ヽ  ヽ ' ゝ‐ '   |::::::::::::::::.ヽ::::::::::::
               /.::::::::::i:::::|  /\__ .|::::::::--:イ::.\::::::
                 /.:::::::: 八::::| /     / !:::::::::::::::ナ".:::. \


65 :◆vsQyY1yD2Q

               -‐ … ‐-
             ´             `
          /              \_
         ,               , <7/,>_
         ./                 ,////>´ 丶
       ,z'_._:_:◎:_:_:_._____///,'7
        ,'/l, -_-、:_:_:_:_:_:/  ̄  ̄ \l///,l       ',
     /|/l' /_ ヽヽ:_:_:_/ /  ̄ ̄ ヽ ∨/,'l.      }
      { |/l l { ,l i .i:_:_:_{ {  { ̄}  i  i//∧:. . . . .: :/
.      、!/l t_./ .l:_:_:_:ヘ 丶 '、  / ∧///>、:_:_:/   ク〜クク……しょっちゅう
      t,'l、__ /. :_:_:_:_: ._    ̄_/   <Z//>'      ニュー速で家に行って遊んでたみたいだし
         ヘ 丶: : :-:-: : : ; ' ̄        7
          \    _           , <         丁度良いんじゃねぇの?
.            `<++++> へ. -‐7 ,  \
               ̄   {   \i ∧   \
                     i\    / 、\    ヽ
                     | i i\_/‐i } }     i
                     | | \ {_,/ /  !     !

                   ,'
.                   /i}.    , −-、 ,..―....、
..                , ' /   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                / /  ./::::::::;x'7:::::::::::::::≧x、:::::\
             {ヽ、  ./ / ∠._____::/,':;::::::::::::::::゙ミ、 :::::\
.            Y | /  ,'/ / ̄_ ―' /  Y:/\ヽ:::::゙ミx、::::ヽ
            | ´ // / __,. ´――ァ    V!   \\:::::ヽ::::::.、
            |     '   , イ¨三チ-    リ --一ヽ\:::::::::,:;〉
           /       /: -=ニェzミ        ,ィzェx≧ }//
.          /       /i{ マ//,7     |    マ//7 /ヤ/     王家とニュー速で家の
         /       /、ヘ  マ,'/     |      マ/ /∧       関係を強化する必要がありましたし
         , '       / {{リハ  '       |      '  _∧ \
.        |__....... ---≦..   ヘ.         _|_      /\ \ ヽ   元よりニュー速で家とは懇意な
        / ̄         ̄ヽ   .                 /\ \{  l    ご隠居は適任ですね。
       {             l  ..    ー=====‐   /、ヽ_,>'⌒;  l
       |                l   |\   ー‐    /  }´  ./  l   王だった頃より働いてもらいましょう。
       l             l  ,l,,,,,,\       /リ  i   ,    l
      |             l l.ニニニ=`ー―‐ ´ニ{   `ヽ/    l
      |              lリ: : : : : : : : : : : : : : 八    {      、
      |               l¨'':ミx、.: : : : : : : : : : : :\   ヽ     v―‐--、
     /:l                   i: : : : ¨'''‐=[二二]=‐'¨: :`ヽ        :、     l
.     /   l               l: : : : : : : : : : : : : : : : : :.r┴――――┴――- 、
    / ,  l                  l: : : : : : : : : : : : : : : : : :|                 |ヽ
.   / /   l               l: : : : : : : : : : : : : : : : : V             |/


66 :◆vsQyY1yD2Q
      |    | /             ___             丶、   /
      l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
      |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
      /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
     ./ .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
    /// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、   なるほど、実質は今までと変わらず
    ' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
              .'. l   !                 ,厶 ´      _,.   7   ご隠居が公式に我が家の
            ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /.    後ろ盾になってくれると言う訳ですね。
          ,.   ´|   |             /   /       /
          /    |   l\     ´`      /   /       /
          /     /|   |  丶、        ィ   /       /
       ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /



     ,.---z'´ ̄ ̄ ̄`丶、
    /    ,.-‐' ̄ ̄` ゚il\
    /    /     _,.ィ_゛ ヽ
   l    /     /   `ヽ l
.  l     !     /    ,.-、l !
  l   l     ,l-‐       !'、
  〉   | /l、  i、l  、  ,'ヘ.l |l
  / i   '.-l \! ン,==      !l l   存分にコキ使っちゃってください♪
 l /| . (´ l | ´    __..' ,.' !/
 レ 丶ヽ .`ン! ト、.___  l._ノィ'ノレ`   てゆーか、適材適所?
   ,〉'``ヾ.、`'-、_,='`ク/7、
   !   \ヾ.、亠レ'ン'-',>'ス、
    !    \!T7ノ //´/,_ヾ
   l .    ヽl´\` J'ヽ !、
   ヽl       \ iァ、  ! l ヽ
    l|      ,.<,〉 /`ー-‐リ ヒ.,〉
      !l  ィ'´ \ 〉、_  /  |l
     l`ー'‐ヽ   /  `7   l
     l   \ /     ,!    |
      /    ヽ   八  /
      /      丶./ !`-'

┌――――――――――――――――――――――――――――─┐
| 適材適所 ( てきざいてきしょ )                           │
|   その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。 │
└――――――――――――――――――――――――――――─┘


67 :◆vsQyY1yD2Q
                  _ ___
                / ★____`ヽ.,
             /‐ <:::。:::, '´,;;;;、ヽ、ヽ
           /,;;;;;;;} }:::::::{ {;;;;;;;;} }:| `、
          ,イ `ー'' ノ.:::::::.ヽ.二´ノ:」  ゙,
           / {:.゙=´.:::::::::::::::::::::::::::/    }    ハッ! ならば、大臣の初仕事として
         /  、::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ.r―く
       (    ヽ:::::::::イ---`ヽ::::::::::/、ヽ:゙,  ニュー速で私設図書館のある町に
          ヽ.   .>く ヾヘ⌒j,_ >「`ヽ::::::ノ   「美術館」 を作ると言うのは いかがでありましょう!?
           ` ̄__r‐、 `ヾニ.く:::ヽ/`:::ィ´
             辷t_::::\/i,'::::.\::::::ノ      あの町は、王家直轄地!
               `丶:/!:::::::::::::`´゚,     ゆくゆくはロマリア随一の芸術文化の町として ―― !!
                  j::::::::::::::::::::::〉
                     /、:::::::__::イ
                  /.:::/  ヽ:::::゚,
                /::::/    \::.ヽ



 / ⌒ ⌒ ヽ
/   ∧  ヽ
⊂・⊃ ⊂・⊃   本当に、懲りないと言うか
│▼  ▼ │
│  ↓   │   へこたれないと言うか……。
│└─┘ │
 \__/


68 :◆vsQyY1yD2Q
          __
       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
     ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
   .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
  .;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
.   !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
   ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!           . -‐ ゙^~''   .
   ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ.       .  ゚   _, .._     ヽ
    \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<.      .  ´  '' ^¨゙´    `^゙''  ,, ` .
     ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、  , ´.: ´                   `:..  ゙ .
   o゚   `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´     .,'゚  ゙     -‐…‥‐-  ,,      `:.
            ̄ ̄         ゙,. ゙   /   -‐…‐-  __ `      ゚:.  `:。
                 ,.: ´   ,'   / / /「 ̄丁!\乂_ ヽ. \    ゛ .  `  .
              ..:"   .: ´,'  / /_/ / |   |:| |Lノ〉  \ \    ゙ ,._  `'' .
             ,.:´   .:´  ,' / / 「 {l l |   |:| | | {`ー-゙Y\ \    ゚:。` .   ヽ
             ゚ :...,,.:"   .'/ /」:|¨l| {l | |   |:| | | 乂__ノ⌒Yヽ      ゙.  ゙ ‐ '
                 , ´/ ,//~!¨:l :l| {l | |   |:| | |  l|  | 厶从\ ヽ   ゙,
    。             ,: k , i | | :l| {l | |   |:| | |  l|  |  // }Yハ  ゚。  ゙.
  ο             /  ノ__| | | :l| {l | 人   }」 | |  云ミ、 {_  ノ>=∧ ゜  ゙.
                 / /i乂_:| | l,从乞云ミ.        イ)う:ハ 〉 爪人仄∧ ゜  ゚      。゚
                 / ィ´L_刈⌒| | |、f  )うハ       マz ツ,/ /:{ ヽ(___ノ分、|  :
.              / / ! .: {{i乂_| |、{,ハ  マツ       `¨¨ 厶ィ' :!/,'>-<|,ハ  :
           / /   l ::Y⌒r' :i| {ハヽ∧ ::::::::::    .    ::::::  人__ノ Y⌒ヽ ノ}ヽ}  ,'
         /  .'    l ::.乂〃}八 .ゝk.込       ー‐      /,e〃,メ`ー=尨'|ム:! ′
           /  /     l ::.  {{.儿,__>{__r、 .>o。.  __ .r 、iヽ ゚ L刈i {{个=ニ尨':|Y/},'
-‐= ニ二¨¨¨゙/  /=- .   ヾ:.、_)).Yハi} ,/乂_>'゚  / / l 〈`ヽ >'´ ̄¨ヽ,乂! ! |ヽ :}/| |
   , -=ニ,/  /¨¨ニニニ=-。 \_ノ/ } / 人_/⌒i  {  ヽ .>'゜        Yl| | | // | |
./〃-=ニ/  /ニ¨¨¨ニニ=--…─=彡゜/ / ____>┴‐<         .:}l| ! |'./ |! ο゚
{  {{:   〈_,/-=ニ二二ニニニ=- o゚__/  /ィ´YY     }:、 ゚ o ー ‐ ‐ / | | |/ヽ | |
    -‐=ニ¨¨¨¨ニ=-─…‥‐'゚/ >--゚/ 乂___ノ} \ ヽ    / /|  ,  ̄¨ , ,'__,,,___
 〃        ゚ 。   。o'゚ / /  /   .     /{ヽ  ヽ \_,/ / ,| ,/   ,// ゚o。._ ¨ヽ
 {{    o゚       %⌒ヽ  〈    ̄/  o゚     / _乂)二ノ゚::.   / /:| /   ,//    ヾ.  >
 lヽ           {   ゚/⌒ヽ>--、´-‐-、  __.    /  /      ゜   / / |'    //       /⌒ヽ
 { :}  。    ο゚`ー(___ノ}   }    i / /┐ .〈_/      /. ´ ,   [ニ]      __}    \
 乂          /   乂__ノ    /⌒ヽ/ハ   ゚o。。.  // / /   / /"""゚¨¨, ´   /⌒)'゚
            r‐=ニ ___/r‐-、 :}`ァ─'{     ∨       //  / /._〈_/ /⌒ヽ}     /  /
            l|   /∈ニ{{⌒>ー' /   !   / ___     //   / /`ヽ∧`t'゚、   /  /  /¨Oo。
 / ̄ ̄ ̄ ̄ }}  /  ∈ニ{{/ { /  ,/l`ー‐/(__) //    / ∧  |l ゚。\{>‐'⌒^´ ,/      ゜
〈⌒ヽ____/ /}     /\{__)′ { :{__/    //    / /  \}l.  ゚。 \     /           ヽ
.,'\      ̄  /   〈__ノ `ーi   /`ー゚    //    / /     l      \__(_________ \
⌒ヽ    _ . .-‐=ニ二二二¨¨ ̄ ̄「¨¨¨¨二二ニニニ==彡'゚´            \   ヽ  ̄ ̄ ̄了 ̄ヽ¨¨¨¨¨¨ ミx
.-‐===ニ¨     /   //    .L___//                    ゚。    ヽ__ \   / ヽ  \       ヽ
  .。oO¨ ̄ ̄¨¨二ニニニニニニ====≠‐゜ >o。. ___               ゚  、 }、 /  :}    \      i
/ . -‐ ~¨¨ ̄/   // ,/       /  /    ,/     ̄¨二ニ=- .  ゚o       . ヽ' \   /     \    |
/   ゜゚ 。 /   / { /        /   /    /     }   !     Тヽ゚        ゚o \__}、/         \   /
\    /゚o  /   ∨       /l   /ヽ    /      ノ  |       :| /        i  :i\〉             \{
  `ー‐=彡'⌒ヽ/      {{ ̄ ̄ ̄  l   〈   ゚。 /           ゚。       |'         |   :|ヽ 〉            ヽ
        /      /       /    }  .W              ゜.     乂______}   :|\〉            }
          {       /     /   /    \ ⌒ヽ       i            {/_____}\>     o゜       /


第92話へ  2    第94話へ

この記事へのコメント
隠居してたのに引っ張り出されたw
Posted by at 2013年05月27日 21:04
権力が不味いなら報償は金だけにしとくがいいかな。
高額になるなら、年金にするとか。
Posted by at 2013年05月27日 21:36
大陸勇者か…話が大きくなってきたな。
ないおは魔王を倒して大陸勇者以上になるしかないな。
Posted by at 2013年05月27日 21:47
ん〜、確かにサマンオサの窓口がないのは問題ですよね。
ボストロールを窓口とした場合は喜んで戦争を拡大させるでしょうし。
かといって、革命軍は交渉相手としては有り得ないし。
そうなるともっさんのところかキルヒアイスかどちらかってことになるんでしょうね。

もっさんは味方になれそうですけど、門閥貴族がなぁ…。
Posted by at 2013年05月27日 21:53
こうなったらもうアレだな
いっそ開き直って嫁漁りするしかないな!
Posted by at 2013年05月27日 22:34
大陸勇者かー
瞑想使えるようにならんかね?w
MP0でHP500ぐらい回復w

領地放棄か
昔の信長とか三国志ではよくなったなー
弱小のころはだけど・・・

ここまで来たら準貴族になって周りから警戒されても
商家の段階で5指に入る貴族を潰してれば敵対するのはまずいないだろうな〜
Posted by at 2013年05月27日 23:23
ま、スタイルが違えどそれぞれ勇者という見せ方のためにも
こういう独力で敵をぶっ倒す以外の勇者認定も欲しいな(メタ
Posted by at 2013年05月28日 01:20
適材適所すぎるなw

とりあえずできない夫以外の各勢力には”同時”に布告出しとけば問題にはならないと思う。
義理は通せるわけだし。
Posted by at 2013年05月28日 01:53
ヴィクトリカ可愛すぎ
Posted by at 2013年05月28日 03:14
ケロロ「日長一日ガンプラを作るだけの仕事を取り上げられたであります!」

>功績を讃えて〜
大概のゲームの中では容量と尺の都合上無視されていることだよね今回の話。
Posted by at 2013年05月28日 04:52
カエルがヤブヘビとか大変やね
Posted by at 2013年05月28日 07:38
地理的に見ても?
先にボストロールを討伐して北に向かう展開に為りそうな予感!
サマンオサ編のラストはブロワ軍ですかね?
ブロワ軍の侵攻ルートも気に為る!
先に敗れたコスタットがボストロールを下した解放軍に合流!
ブロワに蹂躙され弱体化した革命軍を背後から降伏に追い込み、
最後に侵略者ブロワを打倒して王家の威信を回復!
と言うシナリオが浮かぶ今日この頃。ボストロールは私の中でヤ○チャに為りました。
Posted by at 2013年05月28日 08:56
ロマリアの文化レベルがまたすごく上がりそうだな。なんと適材適所。
現代では当たり前になってるけど,芸術を楽しむのが金持ちの特権ではなく
美術館に行けば誰でも一流のものを見られるというのはすごいことなんだよね。
Posted by at 2013年05月28日 12:10
サマンオサ内戦に関しては、やっぱり今のままエムローム軍を勝利させて、
キルヒアイスを窓口として本物のラインハルトと交渉するしか無いだろうなあ
サマンオサでやる夫が一番信頼を得てるのはキルヒアイス達だけなんだしさ

しかしこの饅頭マジでアリアハン・ロマリア・サマンオサの命運を握ってるな・・・
倒れたら一気に人間側勢力が崩壊しそう
Posted by at 2013年05月28日 22:04
饅頭がつぶれても問題ない(もし強制送還されても良い)ようにしてたし
ホッシュがいるからしばらくは大丈夫だろう
むしろホッシュが暗殺されたらやるおが身動きとれなくなったり
足元すくわれる可能性もある
ホッシュはガチで縁の下の力持ち彼がいるから商会が揺るがないんだと思う
Posted by at 2013年05月29日 10:06
か、可愛い…これでBBA声なのか…
Posted by at 2013年05月30日 22:12
ここまで影響力大きくなった今なら勇者認定もそこまでの懸念材料にならないとは思うけどなぁ。
妬み、警戒する家はさらに警戒が強くなるかもしれないけど、
ブロワの顛末を知っていれば少なくとも表立っての敵対は避けたいだろうし、
逆に勇者認定があれば経済支援で二の足踏んでた貴族も人的支援の名目が得られるから友好範囲が増える可能性もあるし。
…というか現状、アリアハン貴族が勇者支援名目で人的支援できることに不満を持つロマリア貴族がいても不思議じゃない気もするw
Posted by at 2013年06月01日 19:39
領地を放棄……。
サマンオサが手に入る(予定)からそっちに全力を傾けたってことでしょうか。
こちらも想像より厄介な状態になっているようですね。
ロマリアはその分安全になったようですけども。

キルヒアイスと協力してラインハルトを救出することがより重要になりそうですねえ。
ブロワの問題を解決しロマリアの勇者認定を受けると今度は別の問題が浮上する、と。
しかし、戦争回避は必須で、ヴィクトリカを助けるという意味では家族の問題でもあるわけで。

ケロロェ……。
公式に後ろ盾になってもらえるなら心強いですね。
そう簡単にちょっかいかけられないようになるでしょうし。
周囲でネチネチはされるかもしれませんが。礼儀にぎりぎり反しない程度の嫌味とか。
強攻策に対しては、今やっているように私兵をもっと強くして守りを固めるしかないかなあ。
Posted by とあるA at 2013年06月10日 21:56
やる夫とモアが公式に会談したのってこれが初めてじゃないかしら
一応32話の結婚式には(モアが)招待されてたみたいだけど会話なかったし
Posted by at 2013年08月17日 21:01
さらっとロマリア王家と対等に話しているアナたんが素敵です
Posted by at 2013年11月01日 22:21
ヤブヘビのところで思わず吹いたwww
Posted by at 2014年05月27日 22:37
現実世界のナポレオン戦争時、ポルトガル王家が本国を捨ててブラジルへ逃げたようなものか。
Posted by at 2014年10月12日 15:17
↑×7
あ゛ぁ゛?BBA?よっし、今すぐアニメ版ゴシック視てこい。そして悠木碧 女史の演技に悶てこい
ここのヴィクトリカ同様、普段のすました感じと、ふとした時の歳不相応な いたいけ さに萌えるがよい

ニコ動に可愛さだけを凝縮した動画が上がってるから視てみなぁ〜。損はねぇゼ
Posted by at 2015年08月06日 15:29
※3
大陸勇者を超える勇者?そんなん王 道 勇 者しかないだろう、情熱的に考えて
大臣になるのを拒む気持ちは解るが現状やる夫ってロマリア内政にかなり貢献してるよね?
多分識字率とかかなり上がってるだろうし孤児院奨励で子供の犯罪率も低下してるだろう
Posted by at 2015年12月20日 01:56
名誉といえば名誉だろうし、ご隠居と楽しく文明開化できるのも魅力的だけど・・・
なんだかロマリアの都合ばっかり押し付けられてる感じもしちゃうな。
こっちの都合は、まるっと無視かい?っていうけど、縁談の分裂にしろナッチーの件にしろ
やる夫がウルトラC選択し続けただけで、半ばそっちの都合で誘導してたじゃんと・・・

ロマリア勢好きだけど、なんかモヤっとした。上手く言葉にできない
Posted by at 2016年11月01日 16:07
↑世の中そんなもんでしょ
というかウルトラCを選択し続けたから成り上がりでも生き残っているわけで
その辺を恨みに思って行動するタイプだったらとっくの昔に潰されているはずだし
当たり前だけど権力を持っている側の方が圧倒的に有利(民主主義国家ですらそうなのにましてや王政国家だし)
Posted by at 2017年09月13日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68459614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ