■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年05月27日

第93話「一難去って、また一難」(3)

第92話へ   3   第94話へ

69 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、● いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


70 :◆vsQyY1yD2Q
【 いく夫バーク 見学商会 】
                                                 l      l
                                           l    A     A  l
       8                                A    V     V A
       }{                                U  _| l|IIIIIIIIIIII| |ト、V
      〃ヽ l    l    l.    l.    l     l    l      l |.「IIIIIIIII「 」===云XIII|   :l
      以叩_ll_    A   A   A.   A.   A   A    ii/|「 ̄ ___ 「¨|/⌒\| |_|弌   A
      || 〈〉 「   U   U   U.   U.   U   U   /「「|_〃二l||A|| | | | | l「¨K|l代  V
      || |ll |IIIIIIIIII||IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| |IIIIIIII| 「¨| |||_|_|_||E||_|_|_|_|_l| |ム ̄l II「
      || /八「>‐<||><| |><| |><| |><| |><| |><| | | ||| | | ||ル||_|_|_|_|_l| | |||::::弋゙|_
       i〃  i ヾ ハ /|「「「,ハ,'|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙|「「「,ハ.゙| | |||_|_|_|「¨|| | | | | l|/「::|::::::::|)K
    iム|-―-|=.._Y¨|//|「「「| l|:|「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll 「¨| ||| | | || |巳巳巳|  |:::|  ̄:|介
    l:斗 ┴‐|-=t|_ |/ :|「「「| l|:|「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll |「「「| ll | 巳巳巳| |>=<|  |:::|::::::::|_
    | |   !  ! |已已已..l|巳巳 ll |巳巳l |巳巳l |巳巳l |巳巳l | |_〃二l|| || | | | | l|  |:::|::::::::|介
    |ヘ_x个x_,ハ_/| |〃⌒| ||〃⌒| ||〃⌒| |〃⌒| |〃⌒| |〃⌒| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  |:::|::::::::|| |
    ||| | | | | || | | |「「「「||_||「「「「||_||「「「「||_|「「「「||_|「「「「||_||「「「「| | | |||_|_|_|| || | | | | l|  |:::|::::::::|介
    ||| l┼!oF|| | | |「「「「||_||「「「「||_||「「「「||_|「「「「||_|「「「「||_||「「「「| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  |:::|::::::::|| |
    ||| |_|_| |_|| | | |「「「「|| ||「「「「|| ||「「「「|| |「「「「|| |「「「「|| |巳巳| | | ||| | | || ||_|_|_|_|_l|  L:|::::::::|中
    「¨| ̄ ̄l¨¨¨ト!tニニニニ| |lニニl| |lニニl| llニニ| llニニ| |x=x| 「¨|゙゙゙ ̄ ̄「¨|   8.  | ̄|:::|―‐|三
    | |   !  |t|    :| |l    | |l    | |    | |    | |三三| L..|    | |      |  |:::|::::::::|IIII
 三ミメ、____:l__:|tl二二二|_|l二二|_|l二二|_|二二|_|二二|_|三三|_L..|ニニニ巨lニニニ巨巨云 ̄
 三爻父ジ―――┘                    /  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄                             /  /
                                 /  /


71 :◆vsQyY1yD2Q
【 見学商会 いく夫の部屋 】..   .||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
二二二二二二二二廿ト爻| .||    ||:;:;||,,,,,,,,,,,,||.;;:||   .│巫|
.ァァァァァァァァァァァイ.爻| .|| ハ  ||:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ハ|    .│巫|
乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂,,乂.| .|| | i ハ  ̄  ̄  ̄ ./i i |    .│巫|
──────────┘.|| i,.U:;i        i,:U:,i    .│巫|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニノ  {:::{         .}:::}    │巫|
              _,,,_   ヽ(ゝ、     ノ)ノ    _,,,| 巫|
             { ::::::ミヽ、 }:::},__,,,,___,{:::{ .ノ彡::::::  }匸巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫
________  \ :::;;\ヽ,l!ノ;;;;;八;;;;;ソリ//;;: ./────────────────────
凵凵凵凵凵凵凵凵||   \ ;;;;;;}ノ;;;:::::::;;;;:::::::::;;;ヽ{;;;;; /      __
──────┐匚||     `ー;{c;;;ヽ:::;;;;;:::::/c;;;;}ー´      /三三\     __________
            │匚||       }--イ::/"ヽ::ト--イ       .// ̄ ̄\\   |\________/|
            │匚||       i::::::::/   i!:::::::;i          川      川   .|  |            |  |
            │匚||       ヽ:://;;;,,,;;ハヽ:::/        \\__//    .|  |            |  |
            │匚||      /|\}・;;;;;;;・{/|\          .\三三/      .|  |            |  |
──────┘匚||      i|;:;:;|::::(`‐-‐´);;;|;:;:;|i          ̄ ̄        .|  |            |  |
冂冂冂冂冂冂冂冂||      \;\."`ー´"//                  |  |            |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         \`ー.ー´/                         |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|
                     ..`‐--‐´                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
   |:::::::/  _ノ  ヽ.  |
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)   アリアハンの食料が全滅……?
    |  u  |r┬-|   |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、  ー  ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


72 :◆vsQyY1yD2Q

           /⌒ 、
     , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
     ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
   /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
   /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l
   l:|Fl|く_・ ,. 、・__ノ |lュl:l
   l::ヒl.u   i_ _j   |ソ:!   こちらから食料支援する事は出来ませんか?
   |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|
   |:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|
  ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l
  /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」
 └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、
 r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、


           .._________________
            「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
           \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
               \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
             /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
            /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
             /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
          ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
             |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
           | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|   難しいな……。
             .|  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
          | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|   こちらの食糧事情も……
          | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|   そこまで余裕が……ある訳ではない。
          |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|
          |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\.  これは、スー族も同じ……!
          │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
              |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
           |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
          _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
      ._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
      ::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
      :::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
      ::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|


73 :◆vsQyY1yD2Q
       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::/  ―  ― .|
     |:::::::〉 (─) (─)|   そこは援助金を送る事で勘弁してもらいましょう。
     (@ ::::⌒(__人__)⌒)
     l^l^ln    ` ⌒´ |   それでも十分助けになるはずです。
     ヽ   L       /
   ,,.... ゝ  ノ_、  ー ノ゙-、
  .i /  / '; \_____ ノ.| ヽ
  l /   /   \/゙(__)\,|   i


                   /⌒ヽ
              ,,..ィ'" ̄`'     \,
              !     ,l^^l  .u  ゙ヽ
             ↑  _,'ノ  |、     ゙i
             ,!  y',r‐¬  ゙;亠-、ュ  l
             |  i' 、'''''_'i  i'_''''' ; ゙!、 l
             | n.l  `‐‐' ,  、゙‐‐"  l.n |   それなら、私が使者に。
             l ヒj.l、 _/_,._,._'、_ , |.iッ.|
             |   |゙t`iェェェェェェェェiヲ" l   l    せめて あちらで お手伝いをしてきます。
             !  | 、ヘェェェェェェェッ'ノ l   l
             !   !、.._ ̄ ̄ ̄ ̄_,丿   l
            └凵_L_]`ー=ー''[__」__,,L凵.
                  。j     l,。
               ィl ̄l:____:l ̄lー


74 :◆vsQyY1yD2Q
             _____
              /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
.            |:::::::/  _ノ  ヽ_ |
              |::::::〉 ( ─) (─)|    それにしても、アリアハンからの
           .(@ ::::⌒(__人__)⌒)   食料輸入が出来なくなるのが痛いですね。
            .|   u. |r┬-|   |
            .\     `ー'´,/    ニュー速で商会との取り引きがなくなると
         __,. <.ム- ..___ ーノ゙.ヽ__   アッサラームの見学商会がピンチです。
     , 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ
   / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:Λ | : :、 : >、
  丿 : : : : : :i: : : : : : :/ :.∧__|::∨\、: : : : :.`,
  i : : : : : : : :| : : : : : :\/ ̄ ∨   /;;ヽ : : : :,i
 ...i : : : : : : : :! : : : : : : :/ ´ ̄ヽ_V /;;/;;;;;ヽ : i∧
 /: : : : : : : : :| : : : : : :/   ´ ̄V /;;/;( ̄\ :|: ハ
,' : : : : : : : : :丿 : : : : /    ´ ̄y;/;;;( ̄\ V: :ハ


                    ______
                     〉ミ」」リム-、彡!
                       / ニニ´  ヾミ|   とは言え、アリアハンから……食料が入って来ない以上
                     に;=, _.=;ニ^ 〉:|
                   | ニ7: ニ´ ||f.}   どうしようもあるまい……。
                       l. rし-'__-、 レ'|\_
                  ,. ヘ.l‘三‐┘!_∧|: :|: :`'''ー- 、.._
                 /: : : |:`iー ''"´ /l : | : : : : : : : : ハ
               ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ
                  l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
               l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉
                  l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|
              l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|
                 l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |


75 :◆vsQyY1yD2Q
            _____
             ./.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
           |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|
           |::::/ _  \  |:::|
             .|:::〉 (─) (●) 〈:::|   ニュー速で家との取り引きは一旦中止。
          (@ ⌒(__人__)⌒ @)
           |   |r┬-|   |     バハラタとの取り引きを増やせる様に交渉しつつ
           \  `ー'´  /    主力を いく夫バークに引き上げさせましょう。
         __,. <.ム ___ーーノ ヽ__
    _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、
   / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:;Λ | : :、 : >、
  丿 : : : : : :i: : : : : : :/ : ∧ |::Λ |\> : : : `,
  .i : : : : : : : :| : : : : : : \ : :.∧ |:::::| | : :ヽ : : : :,i
  .i : : : : : : : :! : : : : : : : : \ : :ヽ|:::::|| : :/ : : : :i :|



                      _____
                  riff7//////〃〃∠ヽ
                  レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
                   l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|.    一年……一年だけだ……。
                     レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
                   } ==,=> _=,==  |r=、 |   この一年は……いく夫バーク飛躍に使う……!
                      | 二/    二´   |.6.| |\
                   |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
               _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
                    ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
                    /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
                    /   | \  ./    |   |


76 :◆vsQyY1yD2Q
.        _____
       /::::::::::::::::::::::::::::.\
      .|.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
      .| ノ   \  i:::::::|
      .|(─) (─ ) 〈::::::|   それにしても、DQで兵糧攻めとか
.     (⌒(__人__)⌒:::: @)
      |  |r┬-|  u.  |    敵も頭を使い始めてますねぇ……。
.      \ `ー'´  ..ィ-ート、
.         `ー‐../_:_ュ:-:-: ヽ
         {ャ< : : : : : : : : :.
           ./ー-、: : : : : : : : : :'.,
「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
..} r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
..i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
..{ い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
..\  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
  \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|


                      ,.、-rァァァァァ‐-,.、
                      ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
                   lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
                   || へ、_`ー '_,._へ ||   例の……喪黒と名乗るエビルマージが
                      rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                      |ヒ|. `二} {二´ :|j.|   関わっているのかも知れんな……。
                       ,ゞ|   人__人   |く
            _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
          /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
          /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
         ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
            {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
         ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
         〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


77 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[●″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


78 :◆vsQyY1yD2Q
【 アリアハン王宮 】.|                                 |     :::|   |‖|
    |‖|.  |:::     |               ___            |     :::|   |‖|
    |‖|.  |:::     |             r'´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.             |     :::|   |‖|
    |‖|.  |:::     |              |;|| * * * ||;|               |     :::|   |‖|
    |‖|.  |:::     |  ,: ,i, ;,       |;|| * * * ||;|       ,: ,i, ;,   |     :::|   |‖|
    |‖|.  |:::     |  ,j|_||_|i,       .|;|| * * * ||;| .       ,j|_||_|i,  |     :::|   |‖|
__|‖|_.|:::     |   (ii)_____  {ニ}' ー──' {ニ} __ ..(ii)..   |     :::| _|‖|__
         |:::     |    }{       |└─ ──┘|       ..}{.__.|     :::|
. ̄ ̄ ̄ ̄. |:::     | ̄  ii ̄ ̄ ̄ @ノ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ @ ̄ ̄ ..ii.   .|     :::|  ̄ ̄ ̄ ̄
         |:::     |.   {.}   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  .{.}     |     :::|
         |:::     |   八.  |__________|   .八   |     :::|
  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |                   | .(    )(    )(    )(
  ∧_∧  ∧_∧   )_)                  (_(  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧
 (    ) (    )  |                       | (    )(    )(    )


              ‐……‐
               /   ,r=====ミヽ
             ′  /         ゚。
           i  ./           .
           |  〈            l
            j   } ___    _j_
           〃⌒iU゙ー‐tッミ ノソtッ‐r'
           爪  | | ゝ  彡  ∨ノ     では、全ての貴族・商家が無事な倉を開き
             { ヽ.Y{ {  〃ヽ.__ ノi′
         /ゝ从l| |   厶 -−=:! 、    備蓄を放出すると言う事で異存はないな?
         /:.:.:.:.:.:.:.l  \ {′  二 |:.:.> .
.      /:.:.:.:.:.:.:.:.:./\. ヾ乂 ̄   `ソ:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、  無論、商家への補填は国が行う。
     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′  ≧ー`ニニく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:{      V⌒i | r|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′
--─…≦//> .:.:.:\       マl | k!:.:.:.:.:.:.:.:./
//////////////>、:.:.ヽ. ー===| l 彡 :.:.:.:.:./≧x __
/////////////////\ :゚。    .| | l Y:.:.///////\
///////////////////ヾ:ト    | | |  ヤ:.:i////////∧
/////////////////////∧  | | |   }:リ/////////l|
//////////////////////l|  | | |   l///////////l|
//////////////////////l|  | | |   l///////////l|


79 :◆vsQyY1yD2Q

                .. -‐=ミ
              .イ才イ./. :>‐=ニ: :ュ
           才イ ::|イ:://. /. : : ‐-ミ: : :ヽ
          イ:ハ:!: :{:{i:{:{彡'"´_. : -==ミ:`ヾ
       ___}>ォイメ∨才ィォ=ミ:ー-=ニ: : :⌒ア
       `ー=彡才ハ :| `ゞ'"´    }:才´ー-ミ : :}
            八 ∨{∧{         `ヾー-ミ: :\!
           }汽:, 乂      ノルj }: :ー-ミ ハ
          イハ示メ.    厶斗≦,  {才⌒ヾメ
          ∧ 汽 モ:圷 ー斧"モ:ア才. 从:リ⌒;汽   ございません。
          ハi   ̄i     ̄    }/  /⌒
            '.    :l             , .イリ     ここで出し惜しみするなど
              ∧   .;!_        /ハ:f       エレガントとは言い難い。
            ∧  _`ー__ ,   イ.刈り
       ィュ_     ヽ `ニニ  ´ rく  从{
       ア / / ー<∧    _,.イ/  >'"´}  _
       : :/ /: :> ´ / ̄ ハr-=≦-‐=ニニ才´.:.:.:.ハ_
       : { イ ´    '   .//ニニニニニニ-/'.:.:.:.:.::./.:.:.:.:
       イ 厶.         / {ニニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {:::::.\    /  'ニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
       ⌒:::::::iハ   ,   !ニニニ./.:/.:.:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:
       :::::::::乂  `ヾ:イ   i` <_./.:.'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



           r─¬'''"" ̄:.`:.=ー 、、
           ゞ、:_: : : : : :.ソ彡: : : : : :`ヽ
             /  ` ̄ ̄´ ヽ : : : : : : : : ヘ
           ./         ∨ : : : : : : : i
          |              } : : : : : : : :l
          l          j: : : : : : : : .!
          l   __       ム: : : : : : : :.l
           冫、"゚ ノ    /: : :__: : : : : : :!
         /  `      !: :// ヘ: : : : :l
           i         j: :i ちソj: : : :.リ  仕方ありませんな。
          !  ___      j: :レノ ノノノノ
         Yリ川ヘ     ソ      |
          ヽ       i         !
           /     ノ /         !
              {       /          |
             ヽ、__,  /        |
             `ヽ┌──────|
              |:l | i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              |:l | |:::|三☆三|____!
              |:l | |:::_______ヽ
             ノ ソ /:::::´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            // /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             // /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/ u.           /.:::::┴'..:::/./ j/  古泉家も異存はありません。
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/      ( こう言う時は いがみ合わないんだな、流石に )
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\


80 :◆vsQyY1yD2Q

              ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
            ./ ,,           \
           ./ ,:f            :ヽ
         ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
         / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
        」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
       /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
       ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_    今はアリアハンの危機。
       ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ  異存は無い。
        七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
        l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!  ザビ家は既に準備を整えている。
       ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
      .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
      .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
      .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
      .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  _,..----、_
                 / ,r ̄\!!;へ
                /〃/   、  , ;i
                i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)   ドズル、運搬のための兵を用意しろ!
                lk i.l  /',!゙i\ i
                ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /   許可? 取ってから準備をしたのでは遅過ぎる!!
                Y ト、  ト-:=┘i
                 l ! \__j'.l
                 」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
                .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
        ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
       ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
       レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
       レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
       レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
      /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
     /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


81 :◆vsQyY1yD2Q
           /:::::::::::::::::::/              ヘ.
           ./:::::::::::::::::::/                ',
          l::::::::::::::::::::t  ______           ',
         ,゙::::::::::::::::::::::ゝ-ヾ三三ミミミゞx、 ヽ    __ ヽ
         |:::::::::::::::_:::::::::::::/´  ̄<弋tュヾミx、ヽ! メ三z7
         l::::::::::γ ヽ:::::::::!    `ゝー一/´  <ーtュ-ヾゞ
         /:::::::::/,へ l:::::::人   ´´´ ̄´     ヽーヽノ   では、集めた食料は
          /::::::::::::!  {l|!::::::!  ヽ      , -     ト、ニl     兵達に配らせよう。
       /::::::::::::::k ソ:::::::l    )     /、__    l!  ノ
       |:::::::::::::::::ヽ tリlノ.   /   /    ,r-一゙/     レーベの方は……ギレン殿。
       l::::::::::::::::::::}`-|.    /  / ____    ./l!        ドズル将軍に任せても よろしいかな?
       人::::::::::::::ノ  l    l  l ´ ̄`ー--`ュ / /
, -ー───- >、- ゙   ゝ      !       _  ) /
//////////////ハ   |  `ヽ  ヽl      ´ ` .r゙/
///////////////|  .l  `\  人  ,ヘ   ,ヘ  l/
///////////////l!__     ヽ  ヽ.l:::::::`ー゙:::::゙:::::!
///////////////ハー、 ̄ ー __`、_ 人::::::::::::::::::::::::ノ/ゝ、____ ,kー--- 、
////////////////l  `´ヽ/´ヽソ-- 、 `_  ー<///////////////////
////////////////ハ        ,、  ) ) `ヽ ////////////////////



                   ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
                 ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
                 ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
               ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
              ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
              l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
              ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
               r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   では、一月で届けさせましょう。
               |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
               ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
               ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
                `" ト、    " `    /   |
                   | 'ヽ.   .|    /   .|
                  | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                      !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐  ※ やる夫とカガリがルージュでレーベに行った時は
                  ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |     約三週間掛かりました。
                  | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
                  | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
                  ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
                 ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
          __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
      ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"


82 :◆vsQyY1yD2Q
                           ______ __
                         ,、:.´: : : : : : : : .`: 、
                           /: : :_:_: : : :):.):八: :.ヘ
                          ,': /´  ` ー ´  ヽ: :i
                       i: /          i: :!
                       {: !           j:.l
                        ',:! __ 、  ,__  i:/
                        ヘ!. ゚ー`/   `゚-´ リ)
                       { {;ヘ   ,      j:ソ    一月、ですか……。
                          ヽ、リ  ハjゝィ小   ムノ
                          !、  `ニ´  /!     いえ、それ以上の短縮は厳しいですな。
                              |ヽ     イ j
                          ト、ヽ __, /i
                          {ヽ;:>.v.<::;ノ}
                 __、        ____jヾ;j::::| | |:::i_シj、____       ,__
                ム7´ ̄ ̄ ̄::´::::::::::::::\::::| | |::::_/::::::::::::::`:: ̄ ̄ ̄`7ム
              /:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`| | |´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::',
                /::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::',
                ,':::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::〔二二二〕:::::::::i:::::::::ハ



            ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
          ./ ,,           \
         ./ ,:f            :ヽ
       ./ ニ十'ニ:-――、_       i.
       / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
      」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤
     /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
     ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_    そう言えば、サマンオサでは
     ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ  勇者 やる夫がルーラ使いを上手く使っているとか。
      七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
      l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!  宮廷魔術師達、一時的に戻せんか?
     ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
    .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l
    .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
    .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
    .ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"


83 :◆vsQyY1yD2Q
                    __
           , ィ"´/ ̄´ `ー-、
             /l. , イ /   l .ヽ ヘ
          イV´ / /  i l   l ハ
          i` l、 ! l    l l  ,ノ  ll
          〈ヽ,/ `ヽ,ヽ、イ/ /_,イ, /
        / ,イ 〃 /ハ,-'"´  .}イ.{   あちらも兵が凍死する危険性があり
        lrr,lミ、,' 〃      ノ!' ト
        __ト,l ヽヒト、、 _,,,ィュイ"l´l'    安全な場所に移す必要があるそうです。
_  _,.. -‐'"´l.l:l:l.    } ´~¨¨´./イト、_
///l     ,!.l::l:li    {     .,'/l::l l `ー--、_,,,_ ._
// l、__ノ/!::l:トiヘ  , `_'_   //.:l::l l    |.| || | l.lT
l.i /`――‐'´ 个、lミヽ、ヽ- ' ,イ//.:l:.トヽ、___ノ.| || | |.! l
リ/ノ.::::::::::::::::::::::::::::::/`ィ-,-<彡:::::/.::::::``―-、ノ !.l l l !/ノ
//.:::::::::::::::::::::::_, -'-、//ハヽヽ、::::::::::::::::::::::::::::::`i.l l,| リ /‐
'.::::::::_ -‐''"´    Lリハ,r、,ィ_/.\:::::::::::::::::::::::::.ハV /./ ハ
             |      `ヽ、:::::::
              l


                  ,ィ.ハ l l i l、__ヽ、
                 ∠ィ|‐'l| `ー'‐‐、ハ
                  /イ.、_ `    lイ|
                   f.イ -==`  r‐_一ヽ!
               l-イ.       |  ̄` l:l
               Vrl       -′  .iリ   ですが、ご安心下さい!
                   V,、_,、 ヾ三ヲ  ./'
                  r┴〈、ヽ    ,.イl       別口の援軍が到着しており
         ,ィ===z<ヽ、__」 ̄`` ミミ、‐イノヲ
     /イ´.l´|i ヽヽ\r' _ヽ、├ミl |、ヽヽ、.     既にレーベに食料を輸送しております!
    ./.ハ l:i l__!:l、li i、 U.r‐‐'o`ヽl.| ヽ ヽヽヽ
     i .|└' フ´  `ヽ' `-厂 ̄ヽ、 ヽ/i |,rl .|
    Yl  ,イ         ヽ, ハ , -‐'" ̄`‐'´T〈
      l、!/.,'     _,.--、 i:.':::l \ =    ヽヽ、
       l ,'        ヽ;:::.. !::/ ,ィ ヽ、      ハ ヽ-、_
      リ      .,-、\i/ / __ `ヽ、=   i ヾi.ト、
      .l     /´`ヽヽヽ,イ:::::::/   .\    l  Y|ヽ
.      ヽ        ,:ハ i:::r‐"/     ,イ.、.  l ├ハli
       |.  /_ヽ、.__ 〈:::::::{:::l       く o.ヽ. l ./ハ_l_!
       |  l (_),ノ‐'ノ、__ヽ、ハ::.ヽ、     ヽ,  ハl/.:。::i 〉
        .l  > ,rニニ_‐ミ、‐ハ:::::l       i o`i〉::::l//、
.       `i ´〃O:::::::ゝ'::`.ト、ミ.i:リ       |  _ l::゚:::l   ヽ、
        V〃、::::::::::::::::::::::`'::::トi         ノ ,_`’l:゚::::l  /.:::.l
        Vトイ:::::::::::::::::_:::::::`'l__    ,イ/.:::。:::l:。::::! l_, --ヽ、
         h::::::::::::::/-―`ー-ヽl、   〉,ィ-r--、::::/∠___、-、ヽ、


84 :◆vsQyY1yD2Q
             ',', //      / }.}| .i
             ',`' .{      / / }| i
              \ ヽ    / ム_ノ} j
               \ヽ  ./   ./ ./
            ヾ、 , -、',', ! i ___//
             ヘ冫  `ヽjム `一'゙
              ヽ     ¨ヽ ̄ヽ     ルーラ使いなら少量でも短時間で……。
               ` ヽ 、    ヽ ',
                  ∨    ヽ ヽ    この様な状況においては、その有り難みが よく分かる。
            , ─── 、 l`ヽ    ', }
          /      \ヽ∨   ', }.   ルーラ使いによる人海戦術、正に革命だ……!
           {         \i__   '、 }
       __二7´ ̄> 、         `}
_____ .(ヽ、``ー{     > 、__      )
     /   ̄`¨) `` <           ,'
    /    7¨     ヽ, -'"        i
、   i     i      {``      i! i! i



                          一部ヅラ
                            ↓
                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}   ほほぅ……手際の良い事で。
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.    ( 宮廷魔術師を送り込んだ張本人……。
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {       既に情報を得ていて
                      、|     _____  |       ここぞとばかりに使っていたか…… )
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-


85 :◆vsQyY1yD2Q
::::::::::::::::::::::::::::::::/            ∨
:::::::::::::::::::::::::::::::l             !
:::::::::::::::::::::::::::::人             |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、           |
:::::::::::::::::::::::, - 、:::::::!  ヽ三Zz、     l
::::::::::::::::::::/ ,へ 、::::l      `ヾx、`ヽ)    ( ザビ卿も、クシュリナーダ卿もニュー速で家と誼を結んでいる。
::::::::::::::::::::! (´ヽソ::::| (    ` 弋ツ> !
:::::::::::::::::::l ト( /::::ノ  ヽ   __ ノ   ゙,     我々も何か考えねばならんな。
::::::::::::::::::::ゝ、 ヽ:::l   / ,     _   |
_,,.. --一''''''"" ̄ハ      / ‐-  j    何か切っ掛けは無いものか…… )
///////////////ム   _____,r一´  __
////////////////  ´ ` -つr-/  Y´ ./´ ヽ
///////////////   r´ ̄ / /- 、 / /.  /- 、
//////////////  !  }  Y .、_ノ / ̄ヽ/ /` ,
/////////////ゝ  //  ノト、   ( ゝ--゙ /   <
////////////ヽ ヽ_ ソ /          ゝ-t´ノ_
////////////\\/ヽ              r´ヽ  }
///////////   ( ///∧            人_ノソ´
///////////  //////∧             }ソ
/////////ソ  ////////∧           / /


86 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ●レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


87 :◆vsQyY1yD2Q
【 レーベ 】
                _
                   /:/\                       /'个y´ ̄ Lム
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п‖::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/俚⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:



            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /   こいつは ひでぇな。
      /`゙i u       ´    ヽ  !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!   建物まで食われちまってる……。
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /


88 :◆vsQyY1yD2Q
          ___
        ´       ` ヽ _
     /        、    (_ ヽ
    /       、_ `ヽ_,,}  ヽ `ヽ
   /            `゙tッ≧、´  ハ   /\
  l          `ー--'    `化ヽ /  ヽ.    ありがとうございます。
  i    u              、  ヽ ∨   ハ
  l           _       '     j    ハ   王都の貴族達も
   ',            ´   `ー――-、   l        難を逃れた備蓄を解放してくれるそうなのですが
   ヾ ` ー-、                  ノ      l
  /  ` ヽ `ー- 、 ー '   ヽ/       j   いかんせん時間と距離だけは……。
/       \   ハ  r―、 イlヽ        /
             ハ / } j ヘ 〉 ∨       /     貴方達の協力がなければ餓死者が出ていたでしょうね。
            ∨ ヽ ヾ {    j     /
            {  l  l        /
            ヽ l  i       /
             l |  lT  / /



                    ,. -─v─- 、 、
                __, ‐'´           `ヽ
               ..≦              `i,
               ..≦               i、
                1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i
                 l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|   いつも通り 「なんだってー!」 って行ったら
                 .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   クシュリナーダ卿に頼まれただけだ。
                 riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
                 !{   ,!   `      μ!   キバヤシ王の許可も出ている、気にしないでくれ。
                 ゙!   ヽ '        ,i!
                  !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ       それにルーラ使いの人海戦術は
                   ヽ  ‐-    / "ト、.     元々 勇者やる夫の案だしな。
                    ヽ.___,._/   // \
                   //イ;;:::::     //〃 ヽ、
                  /  /i:::::.    //     ヽ


89 :◆vsQyY1yD2Q
               ______
              <ー\ヾiγ/rニミ
                  \ヾヽリ川//γ
                 _ノ  ヽ、  \   ,.:┐   Don't worry!
                  ( ◎)( ◎)  ..| / |
               (__人__)     .|./   /   難民キャンプの設営なら任せときな。
                i⌒ ´ .r−、∴. |/  /
                {     ヽ, ',. .,/ :/',     経験あるんだ。
                   ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                    ヽ . |   / , -−'i|
                 /   {  V , -−ヘ
                 |   ヽ  L| r= |



       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \     よろしく お願いします。
.    /        _/::::::\_ヽ
    |            :::::::::::::: :..   家まで食われて
    |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /   運ばれてきた食料を
     ,\        ` ー‐‐/     保管するのも難しい状態ですので。
    /  ` ー─         \


90 :◆vsQyY1yD2Q
. /   , ,ィ ハ i、 、     !
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│
  r、H     'rj h    }'|ト、  それにしても、キリキリバッタでしたか。
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ
  ヾl.           u/‐'   弱いのに恐ろしいモンスターですね。
    ト、  ー――  u,イl.
   ,.| : \      / ; ト、
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
 /     \    /     |        | ヽ


                      _
                  , ‐''´~   `´ ̄`‐、
                ヽ‐'´            `‐、
               ≦               ヽ
               ≦   , ,ヘ 、           i
                l イ/l/|/ヽlヘト、      │
                |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
                 ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
                 } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !  アッサラームの人食い蛾に
                ゙!  7     ̄    | トy'/
                !  `ヽ"    u    ;-‐i´   通じるものがありますよね。
                ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
                 ヽ、 ー      / ゝ
                   \  __, ‐'  / / \
                     ̄ i::::: / /


91 :◆vsQyY1yD2Q
                          _
                    / ̄´´'''''´   ̄\_
                       ヽ           ヽ
                    /  -..,, _   _,,..-  i
                    | /   '''''    ヽ  |
                    | / --、  ,-‐‐‐ |  |
                       fjl 、'Oヽ  ''O'>  ミ ~7.   連中、いなくなった訳じゃないんだろ?
                        i    ̄ノ   ̄  ミ //
                    ヽ   ヽ   u  .//    そっちについては どうなってるんだ?
                     'ヽ、 .r─、  /
                      |ヽ..  ̄´,. '   |
                     /ヽ、  ̄     ,.'ヽ
                       ヽ   ``ヽ  r'~  |
                      ヽ   /ヽ/ヽ  |
                        ヽ /  |0 ヽ/



                   , ────- 、
                   /      ‐- 、 \
                     /        ( ●)  `、
                   {               (●l   リタイア組の 『異界の勇者』 の内
                  ゝ            '   !
                   \       ー- , '    ダーマで修行する事を選んでいた人達が
           _,, -‐‐‐‐'/.. lヽ      , ____/
          ,-‐'、  ヽ  L.::丶:::: ヽ--'` 、       実地訓練の一環として こちらに来て
        /   ヽ ..::l:::::::<´:::::l:::::ノ‐‐l.l z 、      .キリキリバッタを駆逐する事になっています。
        /  ...... l:::::::l::::::::丶  l‐'`t-l'l´  /l丶、
       r'l...:::::::::::::::l::::::l::::  `、 l / .l/ / l .l    今後のためにも、叩けるだけ叩く必要があるでしょうね。
      /l,ヾ:::::::::::::::l:::::l    `、 .l  ./ ./   l /l
     /:::::`..:::::::::::::/:::/...    ヽ .l_.//   l/ .,t
    / :::::::::::::::::://:::::::::....   `y '    ./..::::.:f
   /ミ ::::::::::::イ;;;T:::::::::::     l.0    /:::::::  l
  ト--- 、 wソ .l;;;;;l:::::::::..     .l      l::::::   l
  r'   :::::::::::,'  .l;;;;;l:::::::::::..    .l.0    ll::::::::====ヽ
 ,'  ..:::::::::/    l;;;;;l::::::::::::::...   .l     l ヾ:::::::/二二ヽ


92 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,.,. -ー‐、 ,_
                  .'     ´  `゙ 、
                /           ヽ
               /            ヽ
               / |             |
                |  /////从\ヽ\   |
                | //_/_//从 _ヽ_ヽ\ |
                   |fjl~ ヽOヽ ' <'O'7~ .| 7  となると、問題は農地か。
                  i .|   ̄ | ~  ̄   | リ
                ヾ.'i u  ヽ     /ソ.   これを春までに何とかしないと
                  '\  r─-、   / |     来年の収穫が……。
                  /| ヽ . `二´ ,.'  ト
                /|ヽ、 ` --- ' ,. '´ ト
                  |  `ヽ  r'~     |
                  |  /ヽ/ \   /
                  |/   |0   \/



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l    それについては、ジパングの能登君に問い合わせました。
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l   早く、多く収穫出来る作物は何かないかと。
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


93 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               ヽ | ノ
        ,. ───────‐ 、     __|__
      /             \       /|\
.    ./    __     __ \.  ./  |  \    知ってる? 
    ,/    /   \  /   \ \
   /     ,    、    ,    、   ヽ.           米って小麦の半分ぐらいの期間で出来るんだよ。
   /    / / ̄\\ // ̄\\  |
  /     |  |.  ● .| | | |. ● | |  |      , -――― 、
  |     \ \_// \\_//   |     ノ       ヽ   あと、今回の下手人分かったら
  |         ,     |     、    |    ノ        )   連絡してね。
  |        |      |      |   |   ./      _, ノ
  |        \__/\__/    |  /       ノ.     鎌 研 い ど く か ら 。
  |            ヽ-―--''       └―'       ノ
  |                                 /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\    多分、『異界の勇者』 の皆さんがノリノリで手伝ってくれるんじゃないかと。
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |   人気高かったらしいんですよ、「農夫」 の加護。
   ヽ、    `ー '´  /


94 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \   米を育てるには水が多く必要になるんですが
  /   (●)  (●) ヽ
  |  u.    '      |.  幸か不幸か、そこだけは被害が出てないんですよね。
  \       - ―    /
   /            \



                       _,,.-‐-..,,_
                   /     `''.v'ν
                   i'   / ̄""''--i 7
                       !ヘ /‐- 、    |'   ああ、水田だっけ? 跡地は見て来た。
                   |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!
                   |        ..ゝ !    『異界の勇者』達が手伝ってくれるとなると
            ___._,r、   ∧   (二> /
          /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ\ '' /|、     その分、食料の確保も重要になるぞ。
         ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ  ̄  7ヽ~ヘヽ.、
        /-'´「 ヽ ヽj_. l ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
       r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ


95 :◆vsQyY1yD2Q

               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|   こう言う時こそ、やる夫君の力を借りたいんですけど
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´       /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |       /       { |    やる夫君って、ウチから食料を
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|    輸入している側なんですよね……。
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉



                 /   , ,ィ ハ i、 、     !
              /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |
               イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│
               r、H     'rj h    }'|ト、   世界一の穀倉地帯は
               !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ
               ヾl.           u/‐'     このアリアハンですもんね……。
                 ト、  ー――  u,イl.
                ,.| : \      / ; ト、
             -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
               /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
              /     \    /     |        | ヽ


96 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″              __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、         `'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `●'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


97 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラーミアの神殿 】
  _|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
      || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||    || | | ||
  ──|| | | ||──|| | | ||──|| | | ||──|| | | ||―─|| | | ||──|| | | ||――
      ` ̄ ̄     ` ̄ ̄     ` ̄ ̄     ` ̄ ̄    ` ̄ ̄     ` ̄ ̄


              ,へ       ,へ
           /   \    /  ヽ
          /     .ー--‐'     \
          .l  ''''''''''       ''''''''''   ヽ
         l  ( ● ) ,   、( ● )  .l
          |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,      |  それじゃ僕達は、まずロマリアに行ってくるよ。
          l    ノ       ゝ    l
           ヽ    -=ニ=-      /   エリミネーター族の住む家を作りに。
             \   `ー=‐ ´    ./
          /:::i:\゙_>介 √:::/::::::::\
        . /:::::::::ヽ:::ヽ };;{/::/:::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::ヽ::ヾ/〃:::::::::::::i::::::::::::i


98 :◆vsQyY1yD2Q

                     / ̄ ̄\
                   _ノ  ヽ、_   \
                   (●)(● )    |
                     (__人___)    |
                    |      u  |  アリアハンは後回しで良いのか?
                       |        .|
                    ヽ 、     ,イ
                    /ヽ,ー-   ト、
             _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
      __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
      \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
        } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
       }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \



        / / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::/  ./:::::::::::::::::::::::...`ヽ、::、::::::::::::::::\
      〃::/:: ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \::.ヽ、:::::::::::::\
     ./::::/:::::,::::/ l:::::::::::ヽ:::::::::::::::::..  ::.. ヽ::::::`ヽ、::\::\
    /::::/:::::/::,  l .:l::::、::::ヽ:\:::::、:::ヽ  ::::::ヽ 、::.....\::ヽ::\
    !|N::i::/::/ / ! :l::::l:ヽ:. l、 ヽ:.\ ヽ  .::::::l::.. \ .::::\`ー-ヽ
    ′|::|/:/::/ :!.::|‐ト|、:ヽ::::lヽ、::\_;;:ィヽ  .l!::::... ヽ:::::::::\
      |/::/:::,': :|::::|」,ィ=ミヾ、:l  >',ィ=ァ、l!: .:::l|::::::::::::::::::::l/
    ノイ':::::l|:. :!|::{lヽゝノヾ ヽl 〃ゝノノl| :::::l|::l::::::::::|/
     〈:::::::ハ::::::::|::ハ  ̄_, === ., ̄ ハ .:::::/!::l:::::/   レーベを放置する訳ではないぞ。
        ゙、::l 、::::::l:::l,ヘ     !.      /:/:::::/ |:::〉'′
       ヽ!-へ:::ヽ:ヽ'.\  _. _   /:/:::::/ ,|/      できる夫達の危機、捨て置きはしない。
      ,. - ´::::::::::::\:ヽ::!  ヽ、  , イ:-7::/ ノ
  ∠二_`ヽ、::::::::::::::/`ヽ    `´ハヘ::Tヽ′
/:::::::::::::::::`ヽ \::::く、      ∧::ヽヽl ',
::/ ̄ ̄`ゝニ`ヽ \:::\ ー-、 ' ヽ::::| |:! l
'      〉:::::::::::ヽ \:::\       ヽ:! !| !
 _ -─¬´ ̄ ̄`ヽ:ヽ \:::\.____」_!| |
´    /       `ヽヽ\:::::\:::::」 L:| .!
     ′           \ヽ\::::\j 「:j |
    l   \ __ -‐    ト、ヽ,\:::ヽ人__」         __,.  -─‐
    .! __  ヽ   _  |  `ゝ_:.:``Y⌒ヾ  ,. - '"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    !       ̄ ̄ /   |    `¨ゝ:.:.:.:.|∠:.-─ニニ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   l          /    |       ヽく´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、 ̄ ̄


99 :◆vsQyY1yD2Q

       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::(u( ●) (●::(   早く イカ娘ちゃん達を
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ   nl^l^ly    助けに行きたいけど……。
        / 'ヘ 「   ノヽ
       /、  ヾ ヽ く ヘ
        il     Y ヽ \ l
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)
        l j    i!    l


::::::::,'::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::/::::::::/l:::::::::::::::::/ ::::|
: ::::,':::::::::::::::::::::::|::::::::::::/:::::/  |::::::::::::::/:::::::::l
:::::,' : ::::::::::::::::::::|:::::::::/l:/≧ミ、|:::::::::::/ :::::::::::|
::::,' :::::::::::::::::::::/|::::::/   イ ∧y |::::::::/::::::lヽ:::::|
:::::::::::::::::::::::::/ |:::/    ゝ 、ヾ |:::::/\:::| ∧::|
イ:::::::::::::::::::/   |/         |::/      7.リ   先に始められるのが
.i:::::::::::::::::/               |/     /
:|::::::::::::::∧i                     l       ロマリアの方らしいよ。
:|:::::::::::/=ゝ             / ̄´
:|::::::::/ヽ=-ヘ             ̄ヽ
:|:::::/::/三三ニニ=-ミ、           イ
:|::/::/三三三三三三ミ、  Y⌒ヽ   l-‐=ニ三ヽ
:|/イ三三三三三三三l|   |‐┘ ',   | /    ト-ミ
三三三三三三三三ニ| ト=',    ',__/ヤ       ト、
三三ニ=-ミ、三三ニニ| |. ゝ',   ∨           Y
三三三三三三ニミxニ| |.   }    ヘ             |


100 :◆vsQyY1yD2Q

        ,ヘ           ,:ヘ.
        ./: : \       /::  !
        /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
       /::::::                 ',
      ,'::::                    i
.    .i::::     ‐─       ー‐  !
    .!:::.      (● ),     、(● )  !   ロマリアの方はね、最悪 基礎さえ終わらせておけば
    |::::..        . ,,ノ(、_, )ヽ、,,     l   後は現地の人に任せる事も出来るんだ。
    .i;::::..        ノ     、 ゝ    !
      ':;::::...        r‐ ==-     /    逆にアリアハンの方は、状況が落ち着かないと
        \:::::...      ヽ--‐'    /      復興作業を始める事も出来ない。
        `ゝ:::::........      ....../_
       イ:::::|::::::\ ゙_> 介 √ヾ::::::\
     /::::::::::::\:::::::ヽ   }:::{ |::::/::::::::::::ヽ
    ./:::::::::::::::::::::::\:::::ヾ...i::::} !:/:::::::::::::i::::i
   /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::ヾ!::::}.〃:::::::::::::::!::::!
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;;>〃:::::::::::::::::::!::::!


                        ___ _
                     -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                 ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
                   l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
                 〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
                   /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::  なるほど、考えているんだな。
                /..             "´ 2ノ/ l:::::
                  ヽ.ニ,`           __/ :l::::
                    'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
                  〈..        /:{      ヽ
                    `}     /:: ! i
                    丶、,、. イ::::::    !


101 :◆vsQyY1yD2Q

        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ=@ /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ   この辺のモンスターも相手に出来る様になってきたし
..i                    j、_,, ノ
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,   修行は ここらで切り上げて、僕は本業に戻るとするよ。
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'     僕の力を必要とする人がいるみたいだからね。
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、i、_,,〉
 ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨く ヽ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::/:/::/!/ l:::/|::::::::::/ l! l:::::l!:ト:::::::::::l::::::::l::::::ll
<:::::::::,':/!::!`l! l/ l::::::::/ l! l::::l l!_l::::::::リト::::::j::::ソ:!
/7≧<.|/ l!    |:::::/  .l! |::/ l! _、>:::::::::i::::::::i
=''¨イ....O`ミテヘ   |:::/   .,ァォ≦´ ∨:l::::::::l::::::::|
../. γ::ヽ...i       |/  イ´ _Oヽ\.∨:::l:::::::::!:::::::|
.{..ハ弋::丿..!        {:.:.{:::}:.:.i i! .i::::::::::::::::::イ::!
.乂 `¨¨´i/         乂'':-:ァ  ! ,:i:::::::::::::::/|:i    ( ダディの本業は勇者のはずなんだが……。
:|   ̄ ̄ __,,,...、、-==-、 `¨´    i:::::::::::::::/ リ
::|     ̄ ̄        '  `"''‐-   |/::::::::::/       ヤバい、違和感を感じない! )
:::| u                       レ:':::::::/
::::|                     ,':::::::::/
:::::|                  /:::::::::/
::::::|    ⊂====⊃    , イ::::イ:::::/


102 :◆vsQyY1yD2Q

                ,ィヘ==、_
         ,.。ャ≠‐二/   ヽ ヾ,`ヽ、
        / / ,...__ミr彡≧z、    \ \
.        /   / /≧´:,:,:,:,:,:,:,:,:,ヽ     ヽ  ヽ
.      j  ./ ./:,:__,..t '''¨T¨l¨¨ヽ    ヽ.  ヽ
.      /  i' /./'¨7  l.   i! .l. ヽ '., し  .',  ヽ
     / , ./ .i! i! i  i!  l」,ヽ ヽ. ',     '   i
    ./ / .i .l l> ト、  lヽi ト,ィァ=z、_i!  l   i   .|
   ノノ /  l  ', i ,ィ示zヽ..ヽ| 込tリ ノl  l  l   .l
  ー''´ ./ .l.  ',. ',iY jtシ         l  j u .i   i!   ( 人助けは勇者の務めだから止められないけど
      Yi!  ヾ、, ヽ  /        ./ ,ノ   /  .i l. ヽ
.       Vヘ ヽ .、.ハ`'  `     u ./ ア  /   l ト、 ヽ   このまま誰もいなくなるとか……無いわよね? )
      | ヽ ヽ、`ミ、  r = フ .ノ./,.  /  i! !i | ヽ i
           V  rzミ>z._     //// /:://:::リ |i|  `
         i∧ .ハi!ヽヽ:::≧≦´ /:::/./:::::i !:::∧:::|
         i! V .lλ ハi::::∧ /¨´.//t/zャ::/  V
           l :i!∨ソァ'/∠,ャf¨´:,:,:,:,ィ≒zヽ.,_
             ノ./:,/:,:/:,:,:彡ァ'''´      `ヽ
             / ./≒V≧'', '          \
             /  /:,:,/:,:/ /          ',...::::ヽ
             /  ./:,:,:,:,:,/ /          ..::::::::::::::ヽ,
.         ノ  /:,:,:,:,:,: 7 ./           :::::::::::::::_;:ィヘ
         , '  /:',:,:,:,:,:, i! .レ             :__;::≧'''´:::::::::\
      //  /:/:,:,:,:,:,:ij ./        _,ィァ¨::::::::l:、:::::::::l:ヽ::::ヽ
     _/:ァヽ /:/:,:,:,:,:,:,: i ,' __,.ィ=≒=≠'´  /:':;:::l::::ヽ、::l::::::ヽ:::',
    ¨¨フ  ソ::,':,:,:,:,:,:,: i! i≠¨´  ,x   ./ヽ / 二¨ヽー、::::`:::::::::::`ヾ
    /,.ィt /:::i :,:,:,:,:,:,: i! l. ,ィ /:::l ./:::::r'__/i_ノ   ヽ:::::::::::::::::::
    ´/:::::l/::::/ :,:,:,:,:,:,: i! l///:::::::::::V::::::::r'¨¨¨ヾ ./ _ ヽ::::::::::::


103 :◆vsQyY1yD2Q
                                      __
                                   ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                 ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                  ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                  ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                                 ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                                  !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                               ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                               ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
              _  -‐   >二ゞ―、       .>::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
         ィヘ__/ イ⌒`     ゞイヘ l.   .., '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          {、     ( ○ )  __f`イ : :l : :ヽ- 、.       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
         l ヽ      ,ィr ´: /: : : : :l : : ヽ: : ヘ          ̄ ̄
.           ∨ ノ     ./: / : : :/ : : l : :.ト、 '; ミ、: : ∧
            ∨   _ /: : { : : : l : '; :', : l ∨:',i :丶: : ヽ、
          /   ヾ: : : ト; : : ト、: : ; ∨ ∨l : : l : : :ト、ヽ
          '、    } : : :|ヾ‐‐ト ヾ:',ヾ{ _'; ハ: ;イ: :ト;ヽ ``
          l ` ‐-イ ヽ、: 'イ万`i丶ヾ  ,ィ=z、 | /l :l ヾ!
         ,'   /: ヘヽ、ヾゞ__ソ    |l ツl : / l/  '
         ∨/ ヽ: : ヽヒヾ、´   '  ゞ' /<  '
          ヽ{、: : ヽ : : ミゝ、 、 ! _フ , イ: :/
           | :人ト: ヽ\ミ、  `f‐_'_´> 、r-ヽ、
           レ ヾト‐疋ヾ!、_|、  ` }///〉  ヽ
              __/`ミ三三彡   込/人
            ,イ/////`ヽ   -     〉i |ュ|、
           i//////////〉、     f! L イ
           l、/ィ-――f´`ヽ\‐-、 ィ宀リト i
     __, -イヽ三三三りヽ` `{ヒ二{ (☆)' 〉',
 ̄ ̄ ̄ ―― ´  ∨三三り     ̄`‐ ゝ-イ .|i
             \三り〉 、       〉  | !、
            /  / .7li  ヽ        /イ 〉ノ
            /   / /ヘ!        /  .|彡'
        /、   y '  / 〉              !ァ !
       ´  >X==/ /〈 、    _   _, イ/ '
         / / ̄` /、/ヽ、二  ̄-‐  ´ //イフ i
      , イ ´ / <ヽ、  ヾ、/ヽ- _二ゝ二 ´,ィ {、  l
  z ´ /   /    〉、ヽ`ヽ_ >、 {_| 三 {_}/ ィ|  l
     /   /   /  ヽ二ニ=二ニミミ二彡,イ 1  l
   ,イ   /    /        ̄`ヽ`ヒ二二イ  l、__,l
.  />ヘァッ    /      \    `ヽヒ二イ   l`丶l
 〈: 《/:イ.   /         ヽ    `‐´  イjュ_,イ
. / ` ‐f    /      ィ  i1   \      _ /l 弋}
/    }  ヽ、      イ 〉 トゝ-―――-- 、_// ri ト∨
! , ヽ l    `i 、   /: : l  f: : :r-――‐-、 lう / i l/
ヽ',  〉ノ     i `‐- '`‐、ヘ l__イ ヽ    ∨', /-' i'
 `‐-'       i      `"  i  ',___'二-‐ '1
        , -‐ ',_ ―――― |  l          ',
―――― ´    ∨ ̄`      l、 l         l
           ∨          l ``',          i
.              ∨       l  ',           i
.              ∨         l   ,         i


第92話へ   3   第94話へ

この記事へのコメント
>>103を見るかぎり
そろそろ嫁にいってもいい時期だと思うなww
Posted by at 2013年05月27日 20:35
サソリバチが美味いんだ。キリキリバッタも美味いに違いない。
Posted by at 2013年05月27日 21:52
いく夫バーク、美心さんがいなくなって大丈夫か?

ジャミトフ閣下がニュー速で家と誼を結ぶ方法は…、原作では娘とか出ていなかったしねぇ…。
まぁでもなにか私らでは予測もつかないようなことをしてくれると信じています。
コロニーレーザーで焼き払うとかソーラーシステムで焼き払うとか…。


レーベについては、キリキリバッタは冬を越すことが出来ないと思いますが、
やはり昔の開拓時代のように狩りつくすしかないのでしょうね。
キリキリバッタも地下通路やなじみの洞窟に逃げ込めばフロッガーに食べられるでしょうし。
1年で殲滅させるくらいのことをすれば大丈夫だと信じています。
Posted by at 2013年05月27日 22:10
>米2
イナゴの佃煮かw
Posted by at 2013年05月27日 22:51
アリアハンの貴族はまともかー
セイランだけが惨かったのかな・・・

{いつも通り 「なんだってー!」 って行ったら}
ってそれで他国の貴族もいきなり現れるのを問題視してないのかwww
Posted by at 2013年05月27日 23:27
勇者として召喚されたのはほとんど日本人なんだっけ?
お米は許されんよなぁ
Posted by at 2013年05月28日 01:25
能登(AA)ってジパングのヤマタノオロチ封殺してるし
実は準国勇者級の活躍をしてるのかもしれない……
Posted by at 2013年05月28日 01:27
セイランが酷かったというよりうまく煽られたといったほうが正しいかと。
元々は国のため、それを通して自家のために動いてたわけで。

とりあえずピサロとマージは農民の集団に囲まれての稲刈り切りの乱舞を受けることに・・・。
Posted by at 2013年05月28日 02:01
いく夫の部屋が典型的成金趣味の部屋になっていて不安が隠せないwww
魔窟としか言えない人物ばかりのアリアハン貴族社会もさすがに一致団結か。
国家存亡の聴きだしなあ。
Posted by at 2013年05月28日 04:58
ポルトガの宮廷魔術師は優秀な外交官でもあるのですね 割とマジで

見学商会、これゴジャースwith喪黒にやられるフラグが立ったような
Posted by at 2013年05月28日 07:43
アジアの誇るチート作物:稲の出番か(ガタッ)
Posted by at 2013年05月28日 08:47
イナゴの佃煮フラグ立ったかな、これは。
でも、もともとこの世界には居なかったモンスターだから、原料供給が一過性かつ数量限定で
加工の為の試行錯誤が出来るのかな。数量は兎も角時間的に。
蝗害を考えると適度に残して、とは行きそうにないですからね。

しかし蝗は本当に怖いわ……、虫の皇と書くのは伊達じゃない……。
Posted by   at 2013年05月28日 09:11
他の連中が自身が苦しくとも備蓄を開放したが
自分たちだけは援助金だけで済ませ、ニュー速で商会との一方的取引打ち切り
見学商会の生き残り重視策を取った……

食糧問題が立て直った後、この行動がアダになる気がする。
本当に苦しんでいる状況で自分の骨身を削ってでも救済しようとしない者を
誰が信じるのだろうか。
利根川さんの考えは決して間違ってはいないけどね。
でも他人が成金主義丸出しのいく夫のオフィス見たらどう思うだろうね?
Posted by at 2013年05月28日 11:09
つか家まで食べるんだな
Posted by at 2013年05月28日 11:26
↑↑
取引するモノ(食料)がなくなったんだから「いく夫が一方的に取引を中止」ってのはそれこそ一方的のような…
「苦しくとも備蓄を開放した」のはアリアハン貴族が自国の民に行った事だし

そもそもアッサラームは食料を輸入に頼っているんじゃなかったっけ?
見学商会がアリアハンから食料が買えなくなった以上、他と取引をしてでも食料を確保しないと大勢の餓死者が出てしまうよ
巨体になった見学商会が自分と自分の傘下、アッサラームやスーを飢えさせまい行動しているのは間違いじゃない(そうしないと商会の信用を失う)
むしろアッサラームやスーに一方的に犠牲を強いてアリアハンを救おうとしたら…
どうなるだろうね?
Posted by at 2013年05月28日 16:38
アルヘンティーナからサマンイモ輸入できないんかね?
Posted by at 2013年05月28日 19:52
ジャミトフ閣下はバッタ退治に毒ガス(農薬)散布とかやり出さないだろうか?
で、バッタ退治部隊ティターンズ結成!とか☆
Posted by at 2013年05月28日 21:14
米は大量の水を食う分、土地生産性は尋常じゃないからねえ
米が作れるアジア地域はホント人が多い
Posted by at 2013年05月28日 22:10
ぶっちゃけいく夫はバーク作り時の独断専行と不誠実な対応とかで読者の反感買ってるからねー
最近はゴジャース打倒より商会の拡大と贅沢する方がメインになってんじゃ?って思っちゃう
搭乗時に言ってた目的の一つのイエローオーブに関してはあんまり協力してないし
従軍慰安婦50って絶対訓練された兵士50人より契約費安いだろ てか50人ぽっちかよと思うし
まぁ商会が潰れたら意味無いから生き残り政策は解るけど問題はきちんといく夫側の状況と理由をやる夫に伝える事をすうかだよね
共同戦線張ってる積もりなら連絡するだろうし
Posted by at 2013年05月29日 01:49
アリアハン貴族はしっかりと貴き者なの見て安心した
いくおはしかたないよ。そもそもいくおバークからアリアハンに輸送ってコスト掛かりそうだし
ただ美心さんがいなくなったのが最後の引き金なんじゃないかとびくびく
Posted by at 2013年05月29日 10:23
人工的に起こされた飢饉など、農家の皆さんが許せるハズが無いだろう…。

ドラクエ界最強の職業は、ずしおうまると渡り合える農夫だと思い知らせてやるわ!
Posted by at 2013年05月30日 01:10
ボッチさんマジボッチの危機
Posted by at 2013年05月30日 10:02
いく夫は商人として常識的な選択したから新城の策との相性悪そうで少し心配
やる夫とかトレーズ様とかザビ家とかモア女王様とかは見てると新城の思惑外しそうな雰囲気ありますがw
Posted by at 2013年05月31日 19:18
レイアムランドは到達レベルが大体32くらいだから、そこでドラゴン素材目当てに延々修行してるやらない夫は
もうレベル40近いのかな? 戦士と賢者極めててもおかしくないが
Posted by at 2013年06月04日 16:57
みんな真面目な話してるな〜

103のアイキャッチ見て、「11歳の嫁…イケる!」とか思った俺とは大違いだ…
Posted by at 2013年06月09日 07:47
いく夫は相当儲けているみたいですねえ。贅を尽くした貴族の邸かと思いましたよ。
でも、サマンオサの貴族から買い叩いているから美術品に関してはそうでもないのかな。
邸自体も貴族との取引がある以上舐められないように、むしろ交渉を有利にする工夫もいるでしょうし。
援助金をもらえるだけでもありがたいですね。今は特に必要でしょうし。
やはり、見学商会のアッサラームにおける影響力低下は免れませんか。

アリアハンも今はこの国難に対して一致団結する以外ないでしょうねえ。
ここで躊躇なんてしていたら餓死者を多数出したり反乱起こったりするかもしれませんし。
しかし、ルーラ使いさまさまですね。

キリキリバッタ自体はなんとかなりそうですね。後は被害の方をなんとかしないと。
米、ですか。今までの半分の期間で出来るなら相当助かりそうですが、現地人の口に合うのでしょうか?
現状では無理矢理にでも食べて貰わないといけませんけども。
何かおいしく食べられる工夫とかあればいいのですがね。焼きおにぎりとかは口に合うかなあ。

ダディの力があればより多くの人を助けることが出来ますからね。

アリスェ……。
魔王軍の襲撃に備える意味でも大丈夫じゃないかなあ。
修行場所として有用みたいですし。
Posted by とあるA at 2013年06月10日 22:27
>>93
>鎌 研 い ど く か ら 。

うわぁああああああああああああwwww
Posted by at 2013年06月13日 20:32
ジャミトフがなんとかやる夫と繋がろうとしてるけど
なんか余計なことしそうなんだよなぁ・・・
バスクだのシロッコの関係者送られても困るんすよ
女だとフォウ、ロザミア、サラ辺り?
どれもこれも地雷だし・・・
Posted by at 2013年07月14日 16:42
米↑エマさんがいるじゃないか。ジェリドでもいいのよ?
Posted by はに丸 at 2013年07月25日 10:02
鎌で刈り取れるのは稲や草だけではないという事を教えてやるしかないだろ、死神的に考えて…!
Posted by at 2013年10月11日 17:16
>>103
……………………いける!
Posted by at 2013年10月16日 18:15
群性のバッタ(飛蝗はトノサマバッタだけど)は毒があって皮が固すぎるから食えないぞ
あの中国で猛威を振るっていた事実は無視しちゃいかん
Posted by at 2013年12月24日 19:55
ギレン様マジ有能w 速やかな手腕で御座います

いつも通りて。トレーズ様ナニ言ったんだ?

や、斗貴子さん?ダディの元々の本業は建築土木業ですゼ?w

ぼっちさんェ…

もー11才かー。あと数年でこの世界での適齢期か。AA職人の努力もあって、
やたらめったらカワイイなぁ〜w ついつい頭なでたくなる
Posted by at 2015年08月06日 15:54
アリアハン、ヅラ製作技術が地味に高いのなw


↑2 っ【キアリー】


>早く、多く収穫出来る作物は何かないかと。
サツマイモくらいじゃね?
あるいはモヤシみたいなスプラウト類。

何気に「雨降って地固まる」状態に好転してるな、アリアハンw
Posted by at 2016年10月27日 18:41

ネギもいいぞ。
生長早い・葉は再生可能・病害虫や悪環境にも強い、と来たもんだ。
もっとも主菜には向かない野菜だがなw

人間以外の多くの生物はネギ食うと中毒起こすらしいが、
キリキリバッタはどうなのかねぇ?
Posted by at 2016年11月02日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68459639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ