■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年09月16日

第101話「秘鏡異譚 ラーの鏡」(2)

第100話へ  2   『知られざる伝説』へ

36 :◆vsQyY1yD2Q
【 アープの塔 】         ! ヾ、!` ! !  !、.:.:.:.:.:.:.゙:::::::::::::::::::::::::゙:.:.:.:.:.:.:.,.イ. ノ ノj.ノ !
                 \ .トミ`.、!ヽ.!. !.:.:.:.:.:.゙::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:i .!,.イ 彡イ /
                   `i    !  i.:.:.:.:./::l゙::::::::::::::::::::::l::゙i.:.:.:.:.i  !    i´
                    iiiiiiiiiiiiiii   7.:.:(::::'i゙::::::::::::::::::::゙i'::::):.:ヾ  iiiiiiiiiiiiiiii
                   .j!!!!!!!!!!!!  !.:.:.i´::::゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::`i.:.:.!  !!!!!!!!!!!ii.
                  {卅卅卅! !!.:.:l:::::::!..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::::::l:.:.!! !卅卅卅}
                  |!i !i.!i !i.!i ノ.:.:.l::::::l゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::l.:.:.( !i !i !i.!i !i|
                   |l」l」l」l」l」(.:.:.:.:i::::::l゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::i:.:.:.:.)l」l」l」l」l」|
                  .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ∧ ∧ !.: : : : : : : : i ∧ ∧ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.
                 ||||||||||||||||||/__V__v!.:.: : : : : : : :!v__V__゙i|||||||||||||||||!
                 L_⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥.:.: : : : : :.:⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥_.」
                 |∩∩∩∩|∩∩∩|i.: : : : : : : |∩∩∩|∩∩∩∩|
                   片元元元元元元元.:.: : : : : :゙元元元.元元元元从
                   !XXXXXX  XXXXX!___!XXXXX  XXXXXX!
                 { | | | | | | |  | | | | | |:|. i i i |:| | | | | |  | | | | | | | }
                 {《《《《《《《《 .》》》》》》》 ll ll ll 《《《《《《《. 》》》》》》》》}
                i       }  {    Y      Y     }  {      i
                |∧∧∧∧! .:l∧∧/|  .ィ=x. .|'i∧∧l  i!∧∧∧∧|
                / / / / |! .:|  | | | ├‐┤.!| | |  |:. |!. ヘ ヘ. ヘ. ヘ
               i' i'. i' i' _i'| .::|  | | |  ` .´::::| | |  |::. |゙i_ ゙i. ゙i ゙i. ゙i
                L.⊥.⊥⊥⊥!......|  | | |i!. ,-、 !|| | |  |......i⊥⊥⊥.⊥._l
               .朋朋朋朋朋!  :|  | | | |!、| |,.!| | | |  |:  i朋朋朋朋朋.
               i∧∧∧∧∧!  :|  | | | i!..!三!.i!..| | |  |:  i∧∧∧∧∧i
              i!  | | | |  !  :|  | | | i._三_.!. | | |  |:  i  | | | |  i!
              |  :| | | |  !  :|  | | | . 三三 . | | |  |:  i  | | | |:  |
              |  :| | | |  !  :|  | | |. _三三_ .| | |  |:  i  | | | |:  |
              |  :| | | |  !  :|_|.._|_| 三三三 |_|_..|_|:  i  | | | |:  |
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



..      _____
     / ―  ―\
.  . / ( ●)  (●)\    このアープの塔。
  /     (_人__)   \
  |       ` ⌒´    |  やっぱり、ダーマにあったガルナの塔とは
.  \               /  全然 違う文明って感じだお。
.   ノ           \
 /´              ヽ


37 :◆vsQyY1yD2Q

              _,,.. ― ,,
           ,..-''″  ★   ゙ヘ、
         ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
         //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
       /i./ /;;;;;;;;;;;;l |::::::::::::/ .l;;;;;;;;;;゙l, l.l
       / ! ! .l;;;;;;;;;;;/ / :::::::::.l .!;;;;;;;;丿,!.| l
        !│ ヽ,.゛_/:::::::::::::::.\_`゛.__./ .| .|     アープの塔は、ムー帝国崩壊以前の物でありますからな。
      l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
        |  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l   アープの塔は、崩壊以前は まだ交流があった
        !   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l   古き神々と交信するための物。
       |.     `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |
      ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー---ー'"   ガルナの塔は、崩壊後
    _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\.          精霊神様が この世界から旅立った後に造られた物であります。
    /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
    ` ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.|...\ !
              /  /__  .「  .|.|/ ノ
             {  '´ `V   .|..|/



              ,. -―- ..
             /   u _   `ヽ、
           l u /   ̄` ‐\
       ,. --'´!  /´  ̄ `丶、
     /     l /  u    u\
    /    u ,、!            ヽ
    l  u    / ヽ   ト、\ u   ',
   |     /`ヽ、ヽ ヽ\_j    l  l
.  .ハ l   .|      \l '´  ヽ   !  !
.  .! i`ヽ  | ○      ○ ヽ. l /
   ! lj f ヽ l u         u 冫 /   ……ご隠居、どうしてここに?
    ヽヽー-|` T   | ̄ ̄ ̄| u  / レ
    `ヽ、ヽ、! u |     | ノl /
       \{`ー_、 _ヽ____/_< j


38 :◆vsQyY1yD2Q
                 _ ___
               / ★____`ヽ.,
            /‐ <:::。:::, '´,;;;;、ヽ、ヽ
          /,;;;;;;;} }:::::::{ {;;;;;;;;} }:| `、
         ,イ `ー'' ノ.:::::::.ヽ.二´ノ:」  ゙,
          / {:.゙=´.:::::::::::::::::::::::::::/    }
        /  、::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ.r―く   無 論 、 古 代 遺 跡 を 見 る た め に ッ !!
      (    ヽ:::::::::イ---`ヽ::::::::::/、ヽ:゙,
         ヽ.   .>く ヾヘ⌒j,_ >「`ヽ::::::ノ
          ` ̄__r‐、 `ヾニ.く:::ヽ/`:::ィ´
            辷t_::::\/i,'::::.\::::::ノ
              `丶:/!:::::::::::::`´゚,
                 j::::::::::::::::::::::〉
                    /、:::::::__::イ
                 /.:::/  ヽ:::::゚,
               /::::/    \::.ヽ



            _,.‐v-‐;‐―-、._
          // l//ツ//へ ミヽ、
           /:: :l |/ /,/、 . |ヾiミヾ、
          / :l: l ̄l「  ̄|l `ーl ',lヾ、'、
         /: ::l:: l  l|   l|  | :.l l.i, l
        /: ::il..:. |‐-|l、   l|-―| .:::l: l:::l l
         l:::::l:|::. |‐‐'l| ヽ |l ー‐| :::l:.ト;::l l
         |::..i::l::i |    l リ  |.:l:::lノ:::l l   ニュー速で家 お抱えの魔法使いの方に
        l::i:|:l::l |u.    ー    |.::l:::l:: :::l::l
        l:l:i::|:l |.   ー――   |::l:::l::i:: ::::l.   協力していただきました。
        |:l l::l! |:\    ̄  /|:l::::l:i::i: ::|
         l:l.|:::l:l:|:::| ヽ.   /  |:l::::l:i:::i: :: l   ああ、もちろんロマリアの奥方様には
        、::l:!::l:l|,へヽ  ̄  / |:l::::lヽ::i ノ::〉  話を通してありますので。
        _ -ゞ!:l::l:|  >―<  |:i::::l /` 、;/
   _ . -<   l::|:l . イ    / \l:l:::l/    >- . _
. -<    \  .!:l:|′ 〉 ―〈   |:i::l'   /     > . _
   \    ヽ. !:l|  /   l  .l:l:! /      /
     \    `l:| ./     |  ,l:!イ       /
      ヽ     l∨    |/ li'     /
       l    l \   / /     /
         l    l  \/   /    /
          l    l       /    /
           l    l      /    /


39 :◆vsQyY1yD2Q
           _, -二/   ヘ、  /_ュ ヽーニ _\
         / r-「 |  //ミヽ、 //ィハ  \T┐\ヽ
           |  川 |   /rf≧ヽY/∠7ハ  ヽ  l   | l
         j  ' l l   lア^// ̄ ´|「´⌒゙|  |  |   | l
        ハ∨ |   l/  |「    l|   l | |     l l
          ′l  l|   ||   |!    |     lハ    |  |
        l  |  |   rl- 」_      !   ⊥ハ  l  |   l
       l  |  l|   マt _云7ーi h ィァテfヮ代', l 「V | l    それと、この儀式の結果がサマンオサの行く末を
      .l |  /|   l` i ̄ l     l ` ̄lハ! l l} }  l l     決めると言っても過言ではないと
        l | イt.!   l|  |  l      |     l|| レ   l
     .l| l j个i   l|   !       l  |      l|   |   | l.   女王陛下も、注視しておいでなのです。
     |  l l|||  |   l    _ L _       l|   |     | l
     .l  | l川|  | 、 l       ̄_      /l  l 「7ト、_l
     .ニアl |/イリ|   | ヽ|   一 二 ー-     |  | lV     `
   /  | !/  |   ト、 ト、          / /| |  |
       | l∧  || | `'| 、ヽ      / /  |  l | l
   ヽ.  ||   ヽ |lハ|    \  ー一' /     | ハ 小!  /
     \ ||    l|ハl      >‐v<     | /ハ|ハ/
        |ト、   |^ヽl      jrー=¬ヘ    //′ |/ヽ
        l| \ |   lヽ    ハ{ ̄   }∧   〃 /l   ヽ
        !    ト、   \ / ヽ、  /  \ /' /



      / ̄`i ̄ ̄ ̄スヽ
      i|(廻)ノ __   ヽヾ\
      ト、_/ / z=| .i i i |:::|
      i   / ' └┴┴リ ソ
.     / /V ィf芯  f芯 i´      まぁ、ラーの鏡が復活せねば
    /  ト-  `¨´  , `  i
,    /   /.:.ヘ   ο  /----、  厳しい状況に陥るじゃろうな。
   |   |:.::..:.:.:`:.:.ー:.:.´:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ
   |   | /`ヾ、:川:.:.:,--,:.:.:.:.:.:.::.:.:.:ト、
   |   |:{  ミ Θ彡   }:.:;:.:.:.:.i i:.ヽ \
   |   |:.\彡 r‐ト、   }:.:i:.:.:.:.ヽヾ:.i .Yヽ
   |  ,イ--、:i⌒i |:.::`─':.:iヾ:.:.:.:.:.:\' .|:.ヾ⌒ヽ
   川`ゞ=‐人_:.:ヽゞ、:.:.:.;イ:.:.:{:.:.:.:.:.:./ ン:.:ノ-─ミヽ
   /     フ`ヾ:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.{二二_ノ:.ゞ':.:.:.:.:.:.:.:ミ}
  /      {:.:.:.:.`ヾi し' /i i 7 7:.:.:.:.:.:.:.:.:──ミ}
.彡     ___{:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.| '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ}
 ヽ__/ ヒ' ̄ ̄ ̄:.:.:/:.:\:.:.:.:.:.:.`ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.シ
        {:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.}
        ゞこヾ:./:..:.:..:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ン
         ト、ここヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.x≦;|
         |三≧===i⌒i=‐≦三三ミ|


40 :◆vsQyY1yD2Q

          _,-一ー- ,_
         '´  ,____ `★、
      /  ./フ´,r--、`、``'ヽ、`、
     /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}::::::::r´`、i
    /    ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}
   /     i::::゙ミ、___,,ノ::::::::::! !;;;;} !      そもそも、ダーマ神殿自体
  /     ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、
 ./     ,!::::::::::::::::::::::__:::::::::::::`´!  i   精霊神様が旅立たれた後、人間だけでモンスターと戦う事となり
 {     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |
 `、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1   |.   それを哀れんだ精霊が力を貸したのが始まりであります。
   `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,
     /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´     その歴史を顧みれば、古き神々と交流するための塔とは
     ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、.            時代が違うのは明らかでありますな。
   〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
    `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
     `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ※ 第21話 「イマジンブレイカー」 参照 ※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                         ____
                                       /      \
                                      /\  ,_.   \
                                    / (●)゛ (●)     \  な、なるほど。
                                    |    (__人__)   U  |
                                    \   ⊂ ヽ∩     <.  勉強になりますお。
                                      |  |  '、_ \ /  )
                                      |  |__\  “  /
                                      \ ___\_/


41 :◆vsQyY1yD2Q


  御当主様、塔内のモンスターの掃討は

  ほぼ完了しております。

           ∧_∧         ∧_∧
         ( ´_>`)         ( ´_ゝ` )  流石だな、俺ら。
           / `>v |つ      .《i V l⌒》
         .く,__,ノ  |ゝ     ×| |..l i| |
          し `J      .,(__(__!i__,ゝ



                      ____
                    /      \
                   / ─    ─ \
                 /  (●)  (●)  \  ご苦労様だお。
                 |     (__人__)     |
                 \   ⊂ ヽ∩     <  引き続き警護を頼むお。
                   |  |  '、_ \ /  )
                   |  |__\  “  /
                   \ ___\_/


42 :◆vsQyY1yD2Q
               ヽヾ/              \
               /` 、ヾ;-、  \    丶   ヾ'、
              / / l  ト、ヽ`>、 ヽ    ヽ   ヾ
              ∨ィ l ト,'、`メィlテfミ, ',    ゙r、   ',
              リ ! 'リ_ヽヽ ゞ''" `/ ,ィ  ヽ ヾ   、ゝ
               ヽ 'fテ `ヾ   u./ / l   ト, !  、 ',
                 >、K     ノ'´ l !  ! リ 、/``   出番取られちゃってるわねぇ。
            _..,, ,.-'´  ', ,...      / ハ  ! /"´
           , ' ヽ< 、 _ 、 ヽ`     _,./ノ l ,ケ        それが仕事なんだろうけど。
            , '    `'' ーくi`'''`、__,,.<_,,..=´=-l/´7
        /       /    「| 「 rィ     l_
      __,/       /‐;-‐―― ll l fラ   __,. -''"`''−..,,__
    / ´    _,,..- f_/ /     jj」,,.. -‐'´        /`ヽ
   /         /   /7  / |    ,.---‐┐  , '   l
  r'      _,/ ̄ ̄´ノ/, '    !   /    ! ,/     l
  'r−― ''"´      /´ /     | ,∠..,,_   ! /  _,,.. -‐!
   }        /   / / /     /_´__,/   ∨ く ‐ヽr‐',
  〈          _l / /     └――‐┘   /ヽ、  `ヾ、ー〈
   ヽ、...,,,、-ー-ー''´ .l l  !              ,   `丶、   ̄l
              l l  !              ,     `ヽ、 !
              !ヽ l               ,       ト!
                } ll               ,、      !
                !  !l ___         r'´ ',     |
               ヽ }′    ヽ         |  ',      !



                               ____
                            ./⌒  ⌒\
                             /(●)  (● )\
                          /::::⌒(__人__)⌒::::: \
                         |     |r┬-|      |  ルナ、後で一緒に狩りに行くお!
                        /´ ̄``゛'- ._‐´    /
                        |   ___)    \
                          |                \
                           |                 ̄)
                       |               | ̄ ̄ ̄


43 :◆vsQyY1yD2Q


  ご不満の奥方様には すかさずフォローか。

           ∧_∧         ∧_∧
         ( ´_>`)         ( ´_ゝ` )  流石だな、御当主様。
           / `>v |つ      .《i V l⌒》
         .く,__,ノ  |ゝ     ×| |..l i| |
          し `J      .,(__(__!i__,ゝ



             _ ___
          _rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
       〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.
      .l!:O ≫》:=‐/          \
       .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
        /| `¨´ =‐ レ__, `⌒ 、__" |:ハ!
      / ', Y⌒'  r=-,    r=;ァ .i   いやいや、まったくじゃ。
    /   V:乂_.. "  ̄     ̄ " !
    /    :从||:|ヽ.   'ー=-'  ノヽ
   ./   /' / /|| |  > 、 ___ ,.イ  ヽヽ


44 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               i   !  .!
                               |i  |  i|
                               | ゙!..|..!゙ |
                               |.├|┤.|
                             Y.! | i.Y
                             、`!゙YYY'i´,
                             `!゙YYY''!’
                                `!¨Y^Y¨!'
                                 l''' '''''' '''l
                             i;;;; ;;;;;; ;;;;!
                              i:::: :::::: :::::!
                                i::::: :::::: :::::!
                            i::::: ::::::: :::::i
                             }i!!!! !!!! !!!!{
                               |!!!!! iiiii !!!!!|
                                |」」」 凵 」」」!
                            iLLL|r:i|_l_l_li
                            |i!!!! i!!!!! i!!!i|
                             ヾiiiiiiii レ'x| iiiiiiiツ
                            !:… |仝| …:!
                              };;;;;;├‐┤;;;;;{
                           {ヨヨヨ mm ヨヨヨ}
                           iiiiiiiii llllllll iiiiiiiii
                            ||||||| iiiiiiii |||||||
                           !!!!!!!.l|||||| !!!!!!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..      _____
     / ―  ―\
.  . / ( ●)  (●)\
  /     (_人__)   \  ところで、儀式場は
  |       ` ⌒´    |
.  \               /   この塔の どの辺にあるんだお?
.   ノ           \
 /´              ヽ


45 :◆vsQyY1yD2Q


        ∧_∧   三階の中央にあります。
      ( ´_>`)
        / `>v |つ   それより上は、筒状になっていて
      .く,__,ノ  |ゝ.   足場が外縁部しか ありませんね。
       し `J



                       ____
                     /      \
                    /_ノ  ヽ_   \
                  / (─)  (─)   \   なるほど……。
                  |    (__人__)      |
                  \   ⊂ ヽ∩     <   ( ゲームだと、山彦の笛があった場所かお? )
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


46 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              j弌
                             ノ`ーへ
                            i' ∵. ’‥`ヽ
                               ゝ. ___ ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ∧_∧
   (  ´_ゝ)  そう言えば、探索中に この様な物が。
    《⌒i V l》
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ



                         *  ______
                  / ̄|  +   /        ヽ   +
                  | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ       もしかして、山彦の笛かお!?
                  | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
                ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´  お手柄だお!
               | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
               | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十    特別ボーナス出しちゃうお!
               | ___)  ::|   /           \
               ヽ__)_/   /                 \


47 :◆vsQyY1yD2Q


               ボーナスゲットだぜ!

                 _∩                  ∩__
                (  h    ∧_∧  ∧_∧     (!  )
                 \ \ぃ9(´<_` ) ( ´_ゝ`)ρぃ/ /  流石だな、俺ら。
                 (_ヽ___ ̄ ̄  )  (   ̄ ̄____,/_)
                     /    /   \   \



          ,イ.: ::/:::::::::::::::::::`丶、
        ,.-''"::{:::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      /.: . :: .::ヽ::';:::::::::::::::::::::::::::.. . :. \
.      /:::: .: .: .::::::::;:``:::::::::::::.. ::::. . :::::. . .. ヽ
     /::::::: .: .:::::::::/:;i::i;:::i;ヽ:::::::: 、::::::.::::::. :::::::',
     l:::::::::::::::::::::;イ:ハ::i;:::';;:ト、::::::ヽ:::::::::::::::::::::l
      l::::::::/::/::::/_l:!、_ ';:',:::',゙、 、>、::';::::::::::::::::::!
      l:::::/:::::|::::/zl|ミ、 ';',';::',ヽ ,:ニゝヽ:::::|:::::l:j
     ';:_l::::::::|::/ r;うヽ` ';',';:', ' fフヽ`リ:::;:::::l/
     { l:::::::∨ '、_ノ   ``ヾ、 ヽ-''_, ,':::::::/!   似てると思ってたけど
      ヽ!:::::::::ヽ−‐''"    ,    ̄~"/:::::ノ::l
       |:::::::::::、ヽ       ,    ,/;:::::;:::i;:l    ホントに兄弟だったんだ。
      |イ:;:::::::::',ヾ、   ,.::::、 _,:ニ-''ア::;::::/l;l
         l:ト;::::ト;:ヽ、   ゙'ニ''′,ィ7:;ィ::::;' . リ
       リ ヽ::',「ヾ,ニ;ヽ、   ,. ';=彳/:::/
          ヽ',l  ト、丶`「r'"  l/::; '
          _」  ゝ7 | | !く{ {jィ、_
  _,,.. -‐''" ̄  丶、ヽ{|| !l/ ノ    `''ー- ,,._
''"~            丶、Ll」/           `''ー- ,._


48 :◆vsQyY1yD2Q

       ,. -''" ̄~`''ー 、
     /''" ___★__ `ヽ、
    /,.==~、     ,. -=-、i
   7/',.-ー-、ヽ.   / ,.-ー-、ヽlf
   /i l {;;;;;;;;;;;;} !  l {;;;;;;;;;;;;} !li
  / !.ヽ、ー'".ノ   ヽ、ー--' ノ l.i   山彦の笛?
  / l.  `''''''"      ` ''''''" / i
 !  ヽ             /  l
 !    ゝ、__,,.. イ ̄ lヽ _,,.ィ'   l
 ヽ、__,.-',.ィ'l/ー、ヽノ, -┬へヽ、__ノ
     /  l Y^}〉 ̄マ / l  \


                       ____
                     /      \
                    /─    ─  \
                  / (●)  (●)   \   やる夫の知ってるDQだと
                  |    (__人__)      |
                  \   ⊂ ヽ∩     <   オーブの近くで吹くと山彦が返ってくる笛だお。
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


49 :◆vsQyY1yD2Q
                _
         , -_イ ,二fi 矢ミiヽ
         ,少 r‐゛" ー<戈、父癶K
       〃 //!l.、.i、 ヾki 'jヾ外i|
      Yi l |.|ト!i.トヽ.トi乂 'ソn示!
.      |.| | klj ゞいK 二、 'ソ厶小
.      kトゞrrミ、  /辷ソ  f }|:|:.|    実際に そう言う効果があるかは
         i ハ 弋ツj    ´   ‘ソ.|:.|
         | i∧   ヽ' ,     爪i:.|:.ト,    レイアムランドに行って確かめれば良かろう。
         l j :l.ヽ、  ̄    /!,l:.ゞ|:.lハ
      ./ノ .j!:l:.:.>.-,r <≠ ||:.:.il:.:.い
      i,ィ=ッー―}引乏   _火ノ|:.: |:.:.i、  さて、そろそろ中に入ってみるとするか。
       /   //⌒ヾ、上.rェ‐__少-、li__|.l
     ,イ いり .:.:.:.ー/´rぇ爿¨´.:.:i イ ‘心
    ノ.|. l Y   ノノ´ハヽY  .:ノ./ |   fi}ハ
   /,i | .i/| . .:.:.:.| =ィ介'片 . i. / l  ||ト!.i
  //,;;ん!=/ ーァ´}  .「iソ::.. ノ/.i /   .i.!l|ハ
. ん!,;/^ー<{   {ィj ,  | 个ー' .l.//./ ./|l|トlハ 
  `フィニ_=ゝ-< |乂 升| !  .i仏'/  rn|l|::い 
  | rィ f´     .い.汀ノ.l |:::::::}=_ヶ‐ぇjニ、.|:::い
  Y./.l !:.:.   rn.ゝ丈'|, |l| ::::,イ   . ̄/上::斗
   ヽ::レ.::::::: .::_ ,イ弋ノ|i kjィ宀:.  ..:::::::/! :!
.     `i.Tオ¨´ ̄ >'不!: い :.......:::::::::/i:| .|
      | |l{      .::::.ゝト!′ ::::::::::: イ.!|.| :|
      | lヘゝ O O:....   :::::_::、.ィ升.:.!:|り .|
      l′.: ヽ- ‐一 ´  ̄ .::::::.ヽノノ.:ノノ' .:.ノ



                , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
              /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
             //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
             //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
           .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
            li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
            リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l    いやぁ、楽しみでありますなぁ〜♪
          / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
       ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/
      : : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
      ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
         ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ


50 :◆vsQyY1yD2Q
【 アープの塔 1階 】
     .ゞミ ノ"''ー-、,_i____,/''-,i_,ii__,i__________________,ii__,i ||
      |i |       ゙i,ミノ"'ー-,=ニ/-'---'---'---'---'---'---'--ニ- : |l: :|
      |i |      |i |.    ヽ;;i゙`::、:.:.:.:...:.:...:.:   .:.:.:..:.:.:.:.. ..イ::...: :.i ::|l ::|.
      |i |      | i|     | | ..:.`:.、:.:..;...:.; ,.____.__.....:イ: l..:.:..:.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;:::::::::.:.:.:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;;:::::::::.:.::.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:..:.:..:.:.   : :._;.; ;:.::.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i|    . :| |  ..i:.:l:..:..: ::.:.:..:.:.. . ̄ `  、:.|.:.::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | r゚..::|::.!.:.:.:. :: :.::.       `・i.:.... .| | |l ::|
      |i |  |⌒O ; |     | |  .l:.:'..::. :: :           :::::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | ,=' :.:...:.:..、.....:.,、,、....:.     .`..| | |l ::|
      |i |      |; |    /_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ハヽ|l ::|
      |i |      |i | ,_,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.........:::::::::::::::::        `|l ::|
      |i |      .ノ=ゝ":::::::................        ....:::::::::::::          ,|l ::|
      |i |  _,,-''"::::::::::::......                ......::::::::::::::::::::,|l: :|
     ノ--ヽ''":::::::::::::...................                 .......:::::::::::ノno::



        ∧_∧   探索してみて分かったのですが
      (; ´_>`)
        / `>v |つ   かなり整然とした構造の建物ですね。
      .く,__,ノ  |ゝ
       し `J


51 :◆vsQyY1yD2Q
            ___
         /   ― \
       |     (●) ヽ\   ハッキリした事は分からないけど
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │  儀式場として機能するために
.     /´     ___/   そう言う形をしてるって考えるのが自然かお?
     |        ヽ
     |        |


                ,. - ★ー‐- .、
                , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ
             , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\
      ,r、     //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\
      {:::::\   ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i  \     おおっ! 正に古代文明の神秘!
      ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l    \
        \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/     ノ  我輩、感動であります!
        ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、   _,,.-''
        ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"
               `丶、`ーゝニノl`丶、
                  `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、
                  .l::i ゝ  マ il,,/::::/
                  l::! ' へ! lく_r'
                 〈:::ヽ----''::ノ
                   /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
                /::/    \:::ヽ


52 :◆vsQyY1yD2Q
【 アープの塔 2階 】
                               __
                        -‐ ∵       ∵   ‐-
                   ,  ´   __, ニ=ュ::-z-━-   ‐-  ._  ∵ `
                 /  x''´ ̄       | ! 「            ̄>x  \
                /∵/         | ! |               \∵
                〉_八          | ! |                八〈
                |「ぃ \         | ! |               / /||
                ||  `ト `゚    ー-  | ! | _ ___     -‐  ´ / .||
                ||     ` 1f^  ‐-  | ! |  ∴    ∵ _ィ-一'' ゚ ´   ||
                ||     |i        | ! |  ̄¨ ̄      |i         ||
                ||     |i        | ! |         |i         ||
                ||     |i        | ! |         |i         ||
                ||     |i        | ! |         |i         ||
                ||     |i        | ! |         |i         ||





        ∧_∧
      (  ´_>)   あの上に見えるのが儀式場です。
        / `>v |つ
      .く,__,ノ  |ゝ
       し `J


53 :◆vsQyY1yD2Q
                      _,,................._
                   ,.-''"´::::::::::::::::::::::::`ヽ_
                   ,.-'´:::;;:::-‐;;==‐:::::::::::::::::::`ヽ、
               , ' ..::;::'´,.-::'´::::::::: : :::::::::::::::: :. . . .ヽ
               / . .:〈__:(:::::::/:::::: . .: ::::: :::: :::. . . :. :::',
               /.:: .::: . . ``:/::l:::: .:.::l:. : . : :. . ::..:::::::::::l
              j:::.::/..:..::::/::/!:::l:::.:::l:::';:..: :. : :. :..::::::::l::::::!
              l://::::::::://!l l::i:ト;:::::l::::';::::::::::l::::::::::::::|:::::l
              '{;{ :::::::l/-lト、!!ll ヽ::lヽiヽ::::::}::::::::::::::l:::::!
               l:トl::l::::{ヽノ_`l! l〈,_`l__ヽ_ヽ/::::::::::::i:l:::i;l
              ゙`ノ!:';:::ト  ,   ´辷-j゙ミ、j:::::::::::j:;l:;ィハ   あんな所、どうやって登るの?
              '´/:::ハ:ト.  、      ̄/:::::::::ノjヾ
                 ∧/ ヽヽ _ゝ、    ‐ア::::::::/ / 丶     何か仕掛けでも?
                  // ,−‐rrヘ, -, } __/::::::/ /    \
              l l ノ ‐1 〉〉 〉,∪}l !l,イ::/ /       \
             r1l/ ヽ{ノ‐'ノ' r'´ ゝj‐"‐''´          \
             l ∨   } '´ ノ. / !               ヽ
            __lノ   ノ, ィ7/   l   ,−ー、        __ 丶
          r'´‐ゝ--‐''´r''r''l/    / ,. '´    丶   _ - '´    }
            /         / / /    ''´        } /      /
         /       / / /    ,ー- 、___    ノ''´   / ̄ ∨
         /         { l .l     ./____/    ヽ  / ゝニフノ
         /        | l|   └――┘ j   .}  {  -__フ´
         /        l, l l            /    .{   ̄ /
.       /        /ヽ. ',',         /    l    , '
      〈       , ィ  八 ',',        / /    l  ./
      ` ,__ - '  `<__j//     _,, -'''´     _丁
       `-、ヽ        ` −- 、 「        /




        ∧_∧   いえ、単に簡易な橋を掛けるだけです。
      (; ´_>`)
        / `>v |つ   昔の人は、どうやって登ってたんでしょうね?
      .く,__,ノ  |ゝ
       し `J


54 :◆vsQyY1yD2Q

                  , -‐‐‐- 、   .━┓
                 /   ―   \   ┏┛
                /   (●)   \  ヽ  ・
                |  (⌒  (●)   l     ああ、そう言えば
                ,\   ̄ヽ__)    /
               /        _,/      笛以外は何か見付かったかお?
              .|            `i



    ∧_∧
   (.; ´_ゝ`)  え? え〜っと人食い箱が一匹……。
    《⌒i V l》
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ


55 :◆vsQyY1yD2Q


        ∧_∧   兄者、金貨の入った宝箱の事は言わなくて良いのか?
      (; ´_>`)
        / `>v |つ   あと向かい合った鳥の意匠の指輪。
      .く,__,ノ  |ゝ
       し `J


            ∧_∧    い、今、言おうとしてた事だ!
           (;´_ゝ` )
            《⌒i V l》.  しかし、慣例的に こう言うのは発見者の……。
            |l i| | |〆
           ,ソ_,_i!_)__)ゝ



                          ____
                        /      \
                      / ─    ─ \
                     /   (―)  (―)  \  ( 向かい合った鳥…… 『はくあいリング』 かお? )
                       |      (__人__)     |
                     \     `⌒´    ,/
                     /           \


56 :◆vsQyY1yD2Q
                  /: ::::::;:-―――-::::;;_::::::::::::::::::::::::\
                  , ' ..:::::::ヽ:.r―――-::::;;_`ヽ、::::::::::::::::::ヽ
                   /.: . : ::::::::`:`l:::::::、:::: :::::::::::`‐-丶、:::::::::::::',
                  ,': .:: .: .::::: :: ::;l:;. :、:ヽ: . ::::::::::::::::::::``:::::::::::::',
                   l::::::: :. :::::: .::/ !ト;. lヾ、\.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                   l:i:::::::::. ::l: :/___゙l ヽ'、ヽ 丶、:::\:::::::::::::::l::::::',
                 ゙l::::i:::::::::l/z;;=;ミ‐ヽヽー‐z=;ミヽ、:::::::::l}::::トヽ
                  l:::ハ::::::::'、〈{-'´}`     ´{‐''´} `/`:::::/::;、:!
                 ';:', `i:::::、ヽー┘  ,   ‐ゝ‐┴/:/:::::;::/. ゙`   そう言う物なの?
                 ゙ヽ/:;i::::ヾヽ     ,     /イ::::::ハ{
              ,. -―l/-!:::::::ト、   r 、    . ィ:::::::/ー--――‐
               /      l:ト;:::'、`,ヽ、└ ' _, ´ /::;ィ::/
                 { ヽ     ゙i 丶:ヽヽ ヽTTr.ィ  /::/ l/
             ヽ 丶  ,,,....___ ヽ'、 \ ! !|レ-''7/ ___,,........、
               ノ  ヽ/     i ``  7T´  '´  /      ヽ
               ゝ  / 、     丶   / ヽ     /           \


爻爻爻爻爻》          >─‐ 、
爻爻爻爻《リ  ‐=≡=‐   /'´    ヽ、
爻爻爻爻》ソ ‐=≡=‐   ,  /       ヘ
三三三彡'      三≧/ /   / i.   ハ
.Y⌒i´|      ミミ/./ ./  / / ,イ   i .|
..|  | .ヽ     彡   / // / / //.,イ / ,|
..|  |  i    ミミ   i //,,,,/,イ ̄.ソ/ .i /i j
..|  |  | ,- 、 ミ   从|  ─‐r// ,ノ  //
..|  i  | / r、ヽミ       /7下  |__/リ
..| /  | |r、V`リ       ヽ |:/  i
..| /  | ヘ\,         ヽ′  ヽ         ュ7 ^/、.   探索を依頼された物以外は
../ i  |ヽミ ̄              >      // / /、   基本的に発見者の物。
  .|  |ミミ               .r'__, _   , '/ / / ,イ i'
 /   ハj             、___ノ j ヽ`i, '/ / / ./ | .|    ま、冒険者の常識じゃ。
./  ,イ  |             ,ノ /  ノ.レ′ ./ / / ノ、 i
  ./ | __j__.       r、_   i  〈   '´       i´./    無論、イシスのピラミッドの様な
 / レ'== ̄ `ヽ、 | '    ̄ ̄   .}    _      ,ノ.     所有者がいる場所では その限りではないがの。
 i /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽレj.       `i   || ,ク ._   ,フ
 | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||、        .|   || .|| .//  ./
 | i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;-、:.:.:||:.:`ー── 、  |   ´ .´//  ./
_八 ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  `ヾ、__/`i:.:.:.:.:.ハ. `i       ,/
、⌒ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ  ヽヘ ト、|:.:.:.:.:.:.:.ヘ  .ト--、__j、
、\\i i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ   /|トヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|`ー──‐'‐ミ
:.:\_,ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  ,イiト、`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ_,ノ':.||:ヽ-':.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|


57 :◆vsQyY1yD2Q
                __......._
             , '´ .:☆::  `ヽ,
            /_.._... -―- ..___ ',
           /'´   ヽ,:::::: , '´ `' '、
          /i ⊂ニ⊃i::::::i⊂ニ⊃.i,
         ./ .i' 、   ノ:::::::'、    ,ハ   フム……その金貨、どこの国の仕様でありました?
        ./  '、  ̄:::::::::::::: `ー ''/ ',
        !    `、-―<⌒>、..__/.   ',
        ` 、__..ノ´`>ー---r‐i´'、   i
             (_'二ニつ' _ノ! `ー- '
             ', '、 ☆ ̄ノ ,'
              ト、`ー- ' ノ!
                ! `/ ̄、 ',
              ノ i    '、 '、
             '-‐'    `ー'



    ∧_∧
   (.; ´_ゝ`)  いえ、見た事のない物でしたが。
    《⌒i Vと〉
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ


58 :◆vsQyY1yD2Q
                , ,.....,, _
            _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
          r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
          / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、
          ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、  おおっ!
             \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )
               `ヽ,ミ''| .|.≧、イ,__/   それはムー帝国時代の物かも知れませんぞ!
               /,'__ゝ<:.\
              { ',〉,.、〈ノ}、\_,、
              ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
                 ||/
               i | |
               UU


                       ____         そりゃすごいお!
                     /⌒   ⌒\
                    /(●)  (● )\    今の金貨と交換してくれないかお?
                  / :::⌒(__人__)⌒::: \
                  |     |r┬-|     |   色付けて払うお。
                  \.    `ー'´     /


59 :◆vsQyY1yD2Q
                  __
                /ミ ,イ ̄ ̄ ̄ ヽ ‐ 、
               /:ミ/ {//   , イ }ヘ》',
               |ミ/   ,' ^ ヽ_/ /ミ/| |《:}
               ヽ r‐、| 、_   i イ:;iY| イノ
                | i 6i   ̄  ,└' ':| :|       と言うか、当時のコインの重さの規格は
                | ゝ^   /゛ヽ   ,イノ|     今とは異なる物であろう。
                |   ヽ ゝ--' /   :|
                |___|_`二二´i    :|r--、   その金貨、ニセモノ扱いされるんじゃないかの?
               /:.:.:./`ヾ、| |_フ´`ヾ':.:.:.:.:.:.:.ヽ
              i:.:.:.:.:./    {○}    ヾ:.:.:.:..:.:.:.|
              |:.:.:.:.: \_/:| | \_/:.:.:.:.:..:.:.ト
             ノ:.:.:.:.:.:{ .:.ゝ-':.:| |:.ヽノ:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:|:.:\
       _    _ノ:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:| ヾ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ハ
   ,ィ─くヾ \  .{ニニヾ:.:.:.:.:.:iゞ===`i |==イ|___rニニ/i  ,ィヽ_
  ⊆   ノ// i:.:\ /\\` ニ |:.:.:.:...:.:.:)|:.:.:.:.:人──'´¨r‐‐' /| |   二つ
  /  /ノノ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:..:i .|:.:.:.ヾ `i:.:.:.:.:.:.:.:.:>'´:.:.:| |    \
 //./ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.| .|:.:.:.:.:.\ ヾ|:.:.:./:.:.:.::.:.:..:ヽヽ¨ヽ、\_ヽ
. / /     `ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハニヾ:.:.:.:/|.] i:.:.:.:..:/i /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>──' `ヽ、 )
 ′        7二二:V:.:.:.:.\ ∨/ i  i // ヾ___/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ※ 第11話 「旅の準備は念入りに」 参照 ※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ∧_∧   ……回収しておきます。
   (.; ´_ゝ`)
    《⌒i V l》   皆で山分けしたんで。
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ


60 :◆vsQyY1yD2Q
                _ ___
              / ★____`ヽ.,
           /‐ <:::。:::, '´,;;;;、ヽ、ヽ
         /,;;;;;;;} }:::::::{ {;;;;;;;;} }:| `、
        ,イ `ー'' ノ.:::::::.ヽ.二´ノ:」  ゙,
         / {:.゙=´.:::::::::::::::::::::::::::/    }   たとえ使えぬ金貨であろうとも
       /  、::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ.r―く
     (    ヽ:::::::::イ---`ヽ::::::::::/、ヽ:゙,  歴史的価値は絶大であります!
        ヽ.   .>く ヾヘ⌒j,_ >「`ヽ::::::ノ
         ` ̄__r‐、 `ヾニ.く:::ヽ/`:::ィ´
           辷t_::::\/i,'::::.\::::::ノ
             `丶:/!:::::::::::::`´゚,
                j::::::::::::::::::::::〉
                   /、:::::::__::イ
                /.:::/  ヽ:::::゚,
              /::::/    \::.ヽ


                      ___
                    /ノ  ヽ、_ \
                   /(●) (●.) \
                 /  (__人_,)    \  美術館……いや、こう言うのは博物館かお?
                 |  l^l^ln ⌒ ´        |
                 \ヽ   L         ,/
                    ゝ  ノ
                  /   /


61 :◆vsQyY1yD2Q

      _ノ`-、_,-一ー- ,_    ハッ
      _)  r'´ ,____ `★、
     /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'__,,
   / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、
 /     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、   やる夫殿、それはすなわち
./     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |.       我輩の仕事は
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1 v .|
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,.ノ        美術館だけでは終わらぬと言う事でありますな!
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、   ← 芸術 「文化」 振興大臣
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}



       _,. ---ァ‐_ニニ=ー
     ,. '´::::::::,r':/:::::::::::``丶、
   , - '::ー--::::!:/::::::::::::::::::::::::`丶丶、
  ,:'...:.: ..::: .:: .:::::ヾ::::::、::. :. :::::::::U:.. :ヽヾ:、
. /::::::::::::::::..:.: .: ::.:.::.::...::.\::::.. ::. :.:丶:::.ヽ \
/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::',::',、::、::ヽ::::: ::::.:..::..\::',  `
l:::::::::::::U:::::|:::::::::::!::リ、ヽヽ:',、ヽ:::::::::::ヽ:::ヽヽ',
|::::::::::::::::::::::!::::::::/!/ ヽヽ ヾヽ,rヽ:::::',:::::::ヽヽヽ
.l:::::::::::!:::::::::|::::://'_ヽ` ヾ、 ヽ_ィ=、!、::::!::::ト、ト:',
. ',:::::r'l::::::::::!ノイ_____,,`  ` ´___,, |:::',::ト、:! lハi
. 〉::{ !:::::::::ヽ  ~'~、、、   `~、、l::/|::! ヾ、
 '/|::ヽ',::::::::!:ヽU、     ヽ  イ:', l:!    あ、何か変なスイッチ入った。
   Wヾ',::::::ヽ:ヽ`゙`    ´ /::、ヽl、
     |、ヽ::::ヽ、ヽ、   ‘ イ:::::::::',ヾ``
    ノ ヽlヽ:::ヽヾ:、`` ;ー´ ヽ',ヽ:::::! ヽ
   /`丶ヽ `ヾ:、 ``/ヽ、 リ ヽ::!
 /::::::::::::::`丶、   〃、      ソ
'´,. ---- 、::::::::::::``ートト、ヽ、
/:::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::,:、:::::ヾー``ヽ
:::,r:::::::::ヽ:::::::::',:::::r'  ヽ::::',ヾ:、`゙`
/:::::::::::::::::\:::::',::|   ,>、:',  \
::::::::::::::::::::::::::',::::l:!   /:::::ヾ   ヽ


62 :◆vsQyY1yD2Q


    ∧_∧   指輪もムー帝国時代の物かも知れないって事ですよね?
   (.; ´_ゝ`)
    《⌒i V l》   こちらも献上した方が良いですか?
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ



                         ___
                    /      \
                   /ノ  \_   \
                 / (●)  (●)   \   いや、献上と言うか権利は探索者にあるみたいだし
                  |   (__人__)    u   |
                  \  `⌒ ´      /    そっちが良ければ、正当な値段で買い取らせてもらうお。
                 ノ            \
               /´               ヽ




    ∧_∧   それなら お願いします。
   ( ; ´_ゝ)
    《⌒i V lつ  どの道、売って金に換えるつもりでしたんで。
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ


.    ∧_∧ プッ
   ( ´_>`)    贈る女とかいないもんな、兄者。
..  ./ `>v |
.   く,__,ノ  |ゝ
    し `J


63 :◆vsQyY1yD2Q

   (⌒\  ∧_∧
    \ ヽヽ( ´_ゝ`)
     (mJ     ⌒\
      ノ ∩兄 / /     OK OK!
     (  | .|∧_∧
  /\丿 | (    )    兄者マテ! ときに落ち着けって!
 (___へ_ノ ゝ__ノ



                 _,,.. ― ,,
              ,..-''″  ★   ゙ヘ、
            ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
            //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
          /i./ /;;;;;;;;;;;;l |::::::::::::/ .l;;;;;;;;;;゙l, l.l
          / ! ! .l;;;;;;;;;;;/ / :::::::::.l .!;;;;;;;;丿,!.| l
           !│ ヽ,.゛_/:::::::::::::::.\_`゛.__./ .| .|    あ〜、やる夫殿。
         l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
           |  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l    他にも歴史的価値がありそうな物があれば
           !   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l
          |.     `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |.   我輩が買い取らせていただくであります。
         ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー---ー'"
       _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\
       /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
       ` ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.|...\ !
                 /  /__  .「  .|.|/ ノ
                {  '´ `V   .|..|/


64 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    /_ノ  ヽ_   \     それなら探索担当の兵達に言っておくお。
                  / (─)  (─)   \
                  |    (__人__)      |   あと、何か見付かった場合のボーナスは
                  \   ⊂ ヽ∩     <
                    |  |  '、_ \ /  )   担当だけじゃなくて
                    |  |__\  “  /.     隊全体の功績として隊員全員に渡すお。
                    \ ___\_/



         __ ,ィ///   /  /  _∨∠ `ー┐
   二二三三三/_///   /  /  /}l レ// |
    --── // ///   /  /  / メ⊥ハ<ミ |
   __二彡 / //,イ   ,′ , '   //  /ハ丁ヽ\ |
       .,ニニ|| |   i  /  イ |   |ハ | |   }|
.       ≦//トV|| |   | i -/⊥」_  |l  | |  ||
      .| ヲハ|| |   | l / 」ニヾ\l  l |  ||
      .| 〔{ | l|| |   | |/  卞ミ 、入 / |  ||
      ハ ヽl| | l   | ′   、 {ン^ 〈 l   l   l|   そうしておかないと
     /  ハ _ノ| |ハ    | |   l `   Vl  ヽ  ヽ
      ./ //l | |! ヾ| ||     l    ∨、  ゛、       警備担当が塔の探索に行きかねませんね。
    /  '〃| | |  ヽ   l |      l    丶ヽ  \
       .〃ハ ヾi  ヽ  l |      l ,ニ -ヘ ヽ      皆に知らせておいた方が良いでしょう。
     //   ヽ ll    |ト、l | _     lj    ヽ ヽ
   ., く /     ヽl!   || ! |  ̄`T´ l      \ \
     \     |\ jl |i |  /   l      \
      \    |  \」 |ハ| /      l
        .\.  | / ! | | |ノ       l
           ヽ/  || ||      l
           \   |  ||         l
            ,イ    ||       |
     \     / |    | |          |
       \   i  /     | |        |
         \ し′   リ          |


65 :◆vsQyY1yD2Q
                        ___
                     /)/ノ ' ヽ、\
                    / .イ (.●)  (●.)\    ところで、その指輪って
                   ./,'才.ミ).  (__人__)   \
                  | ≧シ'    `⌒´      .|   着けたら 「優しい人」 になったりするかお?
                  \ ヽ           ,/




    ∧_∧
   (.; ´_ゝ`)   ……呪いのアイテムなんですか? あの指輪。
    《⌒i V l》
    |l i| | |〆
   ,ソ_,_i!_)__)ゝ



                         ____
                       /     \
                      / _ノ   ヽ、_  \
                   / (○)  (○)   \  いや、変化しないんだったら良いお。
                   |   (__人__)    u. |
                   \   |  |      /
                   /    ⌒      \


66 :◆vsQyY1yD2Q
                               _,, 、,, ,_
                             ,r./,'彡〇 三ヽ` 、
                              ,r'、 iヽ彡/{',\ミ'.}  ヽ
                              ,r'./ ヽゝ` ー-‐ '"ノ .ミ`/ `.、
                         ,r'.,r'   `ーノ"''"´ ミ .,' ,'iii
                          ,r'/   .,.r'ミ ゝ 、ミ`  ,' .,'.,'.i.i
                         , ‐'",. .,'".,.r.'ノミ. ミ{ (ヽ.   ,勺``r',ノ
                  ,. ‐.'", -.'" .'.,.r'"r' 〉ミ ー.'ゝ.     `´( `
               , ‐'"- ''", r.'",.r'   ,'   , -`.‐、,r.、  、 ゝ   ほれほれ、お宝をどうするか
             ,..''"   ,..''" ./   _, ィ-‐'"_.; ・,-、:ヽ ヽr
           ,.r'   ,..'r"  ./   ト":_ ・ー ''_,,.r.7./´: :l_. ',        話し合うのは後にせい。
         /./ ,.r'../   ./   ./ l , ‐-`´: : / /: : :./ヽ ',
        / ,r' / ,r'   /   .,.'/ ./:.: : : : : :.:.{ 〈:.:.:.:/ ヽ ',~.      儀式場を見に行くぞ。
        .i / /  / ,  ,r'   .,r'/.'".:.: : : : : : : :._,. }': :/: : : :ヽ
        `ー',/.ー.'、_/   _,..'":.: : : : : : :._,..'": 〈', /: : : : : : ',
              ,'.,.r.''":.: : : : : : : :.:,r'": : :.` 、_}':.: : : : : :.:.ノ
            ,.. ''":.: : : : : : : :.:,..'' : : : : : : : : : : : ,.-、: :,r'
        ,.. '": : : : : : : : : : _,.."三ミ‐ ._ : : : : : : ./,ノ ,ノ
   , 、_ ,∠ ´.i`i:.: : : : : : :.,.r,"-''"`"'' ‐-._ ミヽ: : :.:l'"´
 ./.', ,   ヽヽ ',.: : : : :.,..'": : : : : : : : : : : : : ` 、ミ fノ"´
 `v '_∠ ‐  `i i ',: : /: :/.: : : : : : : : : : : : : : : :.:\ l
  .ゝー - .-‐'`、i_r': :,.r.'.、.: : : : : : : : : : : : : :`、: : : :.',l.l
       //‐'"/  `、: : : :./.: : : : : : : : :',: : : : .',l
     , ',.': : {;:;:;:;,.'ノゝ‐、 `、: :,.': : : : : : : : : : _', : : i: :`、
    <_ト 、._ヽを./ト人_`、`ー ._.-‐ ''" ´  ヽ: :i.: : `、
     ', ι,rノ、_ノ(.ノ.f、ノー',ヒ,ヽ_,`、´,、`,´、ゝ '、  `ー、: : `、
     `、'','τ_,(ノvv'、/`´lヽ '.ゝ '`、_,`、ノ`ヽ,`、、`v'_: : : :`、
        `vノノv`'`'.l'.二二iニニニニニ二`ー'、ノー、)ー'"ミ"''.7、
        '.'-{Y_)..',.二ニ.iニ二二二二二二ニV>,>`ミ.);:;:;/
                ',.ニニiニ二二二二二二ニi' ヽノ)./


67 :◆vsQyY1yD2Q
                         __
                      ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                    ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
               ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                    ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
               !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                  ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!         ., ---- ,,_
                  ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ.     ., -'´      「 ̄`丶、
                   \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<     _/    ..    ヽ{ ̄`ヽ、ヽ、
                    ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、   ̄フ. .:: .::..r'7     ,へ    ヽ``
                      `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´        ./イ:::::::::::{//  .:: ..:/zミヽ!l   ..ヽ
                           ̄ ̄             j:イ:::::::/7.i :.::; ハ{くソヽi!l . :.:: ::}
                                   __∠::::::::;ゝ'‐ 、ハ{  `  rl .:.::::::::j
                                  / ̄/イ:イ{⌒ヽ: :\ ,、  ヽ:::;ィ:l:/
                                  r'"T  ̄ ̄`=ニ゙_: :}、{ムフ´:「 ル'
                             _,,..-‐''´:,ィ⌒ヽ、      }:ノイi::::::::i!:|
                            /: :,--イ/ | : : : : \    /:」  `i:}:::/i/
                             /: :/  /´  |: : : : : : :ヽ  {:、`ヽ、 jj:/
                          /:/   .::   |: : : : : : : :ヽ 「:{、`゙`ヽ′
                        _/ ̄  ..:|     |: : : : : : : : |  ヽヽ、
                    ,、_,.- '´    ::::::l     |: : : : : : : : |  /: /.}
                  , ': :{      _,,.-‐ ヘ  ....  |: : : : : : : : | ノ: /ノ
               ,.-'" : : : |   ,.- ´    ノ    |: : : : : : : :| }:/'´
               ,.-'´: : : : : : :|, -‐'´      ヽ       |: : : : : : : : | l'
             /: : : : : : : : :_」          ゝー―--l: : : : : : : : V
            /: : : : : : : :,.-'´          r┴―― -、|: : : : : : : : |
         ,<、: : : : : : ,.-'´         _,,..-‐'´      └‐T  ̄`ヽL_
       _/ 人: : : /        ,.-‐'´ _..-_‐''7         ヽ.   \⊃
    ⊂ニ. __ ̄,ィ ト/      ,.-''´ _.. ニ_// /          l ト、  ト.ヽ
    ⊂ニィ// U       _∠ニ,ニ-  ̄ ∠....ニ_‐- 、_      U lヽ ',',」
      ゙"´      , - '´              `/`ヽ丶、      'l `゙"
             <____<7ゝ......__         `ヽヽ、     |
                \      l     `丶、__∠      ./ヽヽ   |
                  /    !       /   \.   / ,ヽヽ |
              └ 、   .|.        /      ゝ、///  ヽヽ.|
                 ` ー1      /        \/ヽ   ヽ」
                   j´ ̄`丶、/         ゝ、___  {
                    l:::::::::::::::::::ゝー-、_         /   _>'
                      l::::::::::::::::::/:::::::::::::::`ヽ、   / ̄ ̄
                        l:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::ヽ /
                   l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                   |::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   .」:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::; '
               ,、 -‐┘__::::::::/::::::::::::::::::::::::::; '
           _.. -‐''´ ヽ、::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
       _..-‐'"         l:::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::; '
 ,ー‐--‐''´          |/:::::::::::::::::::::::::; '
ニ、ヽ             _, <__:::::::::::::::::::::::; '
:| ̄ '        , -‐'',"'´   ヽ::::::::::::::/
:ヽ       ,.-‐''"  /      l::::::;;-'´
::/ __   ,.-'´   /           l/
/ /  /    /           /
ノ''´ ̄  __..-''´           /
     /          /
.   , -く         /
  /:::::く   ヽ.    , '
. /::::::::::}   }    /


第100話へ  2   『知られざる伝説』へ

この記事へのコメント
流石だな兄弟w
Posted by at 2013年09月16日 22:45
黄金のつめのイベントでピラミッド解放された時も「見に行きたい」とか言ってそうだな
さすがに許可は貰えないだろうが
Posted by at 2013年09月16日 23:30
カエルなんで居んのw
なにやる気出してんのww
Posted by at 2013年09月16日 23:39
ムー帝国時代の物かもしれない
ここまでだとあんまり価値でそうにないねー
この世界じゃ発掘とか無理そうだし永遠に「かもしれない」で終わりそうだな・・・
Posted by at 2013年09月16日 23:45
確かに、現在流通していない大昔の金貨は
美術的・歴史的価値を見出さないんなら
量り売りしでしか売れないしなあw
Posted by at 2013年09月17日 00:36
アリスと語り合わせるのも一つの手か?レイアムアイランドの祠も歴史的建造物っしょ。中なら環境厳しくないしモンスターも来ないし。
Posted by at 2013年09月17日 01:24
山彦の笛は膠着状態のジパング情勢に風穴を開けるキーアイテムになりそうだねえ

あと↑「かもしれない」は、この世界は商人の鑑定というチート手段があるので
ある程度は即判明してしまうよw

さらにエルフやら精霊やら、当時の生き証人もいないでもないしね
まあ人間の歴史にはさほど興味も知識も無いだろうけど
Posted by at 2013年09月17日 01:29
なるほど。
ここにきて商人の鑑定能力が考古学にも活きてくるとは。
アレは精霊に教えてもらう一種の外部記憶なんだっけ?ここの設定では。
Posted by at 2013年09月17日 07:30
ご隠居ww王様業には向かなかったけど、文化事業にはバリバリ有能だな
正に水を得たカエル!!
Posted by at 2013年09月17日 13:41
なるほど。ご隠居とやる夫の息の合いようから、後に「水蛙の交わり」という言葉が・・・
Posted by at 2013年09月17日 15:53
バーン様に聞けばいろいろ判明しそうだな
Posted by at 2013年09月17日 21:01
ここのやる夫のせいでアイテム物語買っちゃったよ
Posted by at 2013年09月17日 22:13
冒険者は全て自己責任だから、自分の物にしていいとは思うが
雇われの場合ここに来るまでの旅費も、普段の給料も装備もやる夫持ちだから、本来やる夫の物な気もするが
ボーナスくらいは出してもいいけど、装備の修理代やら食費に宿代やらケガの治療費やら消費アイテム代やらの諸経費がかからない分リスクが異常に低いし
まあ、でも戦争時の略奪品は奪った人の物だったからな、士気を高める為にケチらないほうがいいか
Posted by at 2013年09月17日 23:29
何やってんだ元国王www
Posted by at 2013年09月18日 01:17
ご隠居、要所要所で美味しいポジションもらってるなw
Posted by at 2013年09月18日 22:12
何故ご隠居が。と思ったらモア女王も承知しているなら大丈夫でしょうね。
古代遺跡に対する執念はさすが。護衛には相当苦労するでしょうけど。

塔内の掃討が完了しているなら、安全に儀式が行なえそうですね。
その辺りは結構気がかりでした。
おお、山彦の笛! ゲームと同じ効果があるなら、オーブ探索が捗りますね。

こういったフォローが出来るから女心を掴むことが出来るのでしょうね。
なかなか勉強になります。

ムー帝国時代の指輪に、金貨ですか。
美術商にコネがないと買い叩かれたり、価値を見抜けない美術商も居るでしょうね。
売る側も価値を理解していないと交渉する時かなり不利になりますし。
ゲーム的な効果があると呪いのアイテム扱いというのはちょっと笑ってしまいましたが。
Posted by とあるA at 2013年11月07日 19:26
はくあいリングは何かのフラグっぽいな
Posted by at 2013年12月19日 16:06
山彦の笛はスカイドラゴンwithギャル夫に持たせればオーブ捜索がはかどりそう
Posted by at 2014年01月08日 23:27
冒険者への依頼ではなく、やる夫の私兵なんだから権利はやる夫にあるだろこれは。これだとだだの横領にならないか?
Posted by at 2015年01月20日 23:08
本当に優しい人になるならヒミコ辺りに献上すると、面白いことになるかも
と思ったが、異世界人からの贈り物を装備はしないか
Posted by at 2015年04月12日 17:55
流石兄弟って毒消し草の調合で出てきた気が・・・
いや俺の勝手な想像で皆を混乱させたくない

まあ町が違えば人も違うし、よく似た兄弟sなんだろう
Posted by at 2016年07月06日 14:56
ご隠居、良いキャラしてんなw
Posted by at 2016年07月21日 23:59
冒険者への依頼ではなく、やる夫の私兵なんだから権利はやる夫にあるだろこれは。これだとだだの横領にならないか?
↑私達の感覚ではではそうなるかも知れないけど実際の契約では雇用者によってまちまちですよ。
今回はやる夫もちゃんと認めているしイングリットの証言もあリます。
そもそもやる夫みたいに冒険者を雇わずに子飼いの私兵に探索させるケース自体の前例が少なくて慣例の方が判断基準として優先されているかも知れないですしね。
Posted by at 2016年07月23日 05:38
まぁもやっとする気持ちはちょっとわかる
兄者が隠そうとしたからな気がするが
Posted by at 2016年12月15日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75829161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ