■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年11月18日

第104話「勇者たちの邂逅」(5)

第103話へ     5 第105話へ

127 :◆vsQyY1yD2Q
                    ┃
                    ┠────────┐    ┏━━━━┓
                    ┃                └──┨        ┗━━
                    ┃                      ┗━┓
                    ┃                          ┗┓
                    ┃                            ┃
                    ┗┓            北部          ┃
                      ┠─┐                      ┗┓
                      ┗┓└──┐                  ┃
                        ┃      └┐                ┃
                        ┃        │      ┌────┨
                        ┃        │    ┌┘        ┃
                      ┏┛    ┌─┴──┤          ┃
                      ┃西部┌┘        └┐        ┃
                    ┏┛  ┌┘            │      ┏┛
                    ┃    │              │ 東部 ┃
                  ┏┛    │     王都     │      ┃
                  ┠───┤            ┌┘      ┃
                  ┃      └┐        ┌┘      ┏┛
                  ┗┓  南部└────┤      ┏┛
                    ┃                └┐    ┃
              ニュー速で商会 ●  ○ フロシャイム牧場. ┃
                      ┗┓              │  ┏┛
                        ┗━━━━━━━┷━┛


128 :◆vsQyY1yD2Q
【 夜 】  .  . : :  . ゜ '  ; ゜ ; . * . .  , . .゚ . , ' . :. . .: .. . .: .  .  . : :  . ゜ '  ; ゜ ; . * .
  ゚., ' . . '    .: : :.゜  ゜・。 ゜ ゜. .; ' . .  , . .  .. '   ゚., ' . . '  ゚., ' . . '    .: : :.゜  ゜・。 ゜ ゜. .; ' . .
。  . ' .   '  :  : : :.゜ ゜ ゜ ゜  ・ ゜.゜: ,. . +   : . . .  ,  . ' 。 。  . ' .   '  :  : : :.゜ ゜ ゜ ゜  ・ ゜.゜:
  .  ,.゚  .  ゚ ゚  + , . .: : ':.゜;゜゜゜・     ゚., ' . . '  : , '   .  ,..  ,.゚  .  ゚ ゚  + , . .: : ':.゜;゜゜゜・  
 ゚ . ,  ' . . .  '   * . . .: : . ゜ ゜ ・ ゜   .゜ ;. ... ' . . '  。 ゚ . ゚ . ,  ' . . .  '   * . . .: : . ゜ ゜ ・ 
  ゚., ' . . '    .: : ゚  + , ..; ' .   . .゚ . , ' .  .: : :., '   ゚., ' . ゚., ' . . '    .: : ゚  + , ..; ' .   . .゚

.               i
               .傘                           |
              傘傘                          r^t
              .傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
   .r'^ー--------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ_|.:_;_;;;_;;|_____________.
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''


129 :◆vsQyY1yD2Q
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  勇者サイモンの子が
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   自ら やる夫に会いに来たのかお……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


130 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \  話には聞いてたけど、ホントに娘なのかお?
   |  u   (__人__)   |
   \      |  |    /   こんなところでも違いが出るなんて……。
   /       ⌒    \


                      /:\!: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ`ヽ
                     / : : : ;{:i 、:、: : : : : : : : : .  . : :ヽ
                 /. : . : :/.!ハ:iヽ:ヽ、: : . . . : : : : . : ハ
                   /:/: . !: ;' _!!、{! \'\: : : . : : : : : : : : :.!
                i: :!: ; :ヽ|´_{! `{、 ` }二ヽ: '; : : : : : : : : |
                !:ハ: :!: :!〃j!ヽ ヽ 〃ソiヽ、 ! : : : : : : : :.!
                ヽ '、:!:ハ ⊥!    ⊥ノノ`ハ: : :∩: : : ;'   え? ええ。
                  /iヽ:i!ヽ  〈::::::    /; : : : :レ: : :!:{
                    /イ: : ハ、      u/イ: : : : {ハ: :ハ!   流石に あれは
                     {: : :/!\ ヽつ    7: :,イ:/!{`レ'     男と見間違え様が……。
                  !: :ハ!  ヽ  ._,. <!/||/ i!
                  ∨    i} ̄-‐.'´'´ .j'
                     _ .-‐:':!}||| }ク  /`ヽ、
                , -‐:::'::´:::::::::::ヽ!!}ノ,...<::::::::::::::::`丶、
                  /!::::::::::>!:::::::/ `!:::::::::::::::;-、::::::::::::::::::::>..、
               !::!:::/ ,,'::/   |:::::::::/  `ヽ、::::::::::,::-‐:`',
                  |::|:///:レ'     !:::/      ',:::/::::::::::_:::!
              i´}:リ//:::::l      '´i----- 、_  i!∨::>.' ´、`}
              /':/ {./::::::l       ./___ ./  ! |!く -=} 〈
             {/|. !l::::::::l       /    `i   .! .\\ノ  {´


131 :◆vsQyY1yD2Q

                      ィ´
                    //  __
                   { レ'"´.::.::.::.::.::``丶、
                  /ヽ 、::.::.::.: :.:.::.::.::.::.::.::.:.、
                ., '. . .::.`.::.::.:. :.:. :.: :.::.:. ::.',
                /.:.:.::.: ./.::/.::.::.::.i、::.::.::.:.:. ::.:.::.::.',
                .{.:{::!::.::.:|::厶::.::.{::.{、\::.::.::.::.::.!:.::.}
                .|∧!.::.::.レノ ト、::..V \` 、::.::.::.!:.::.|
                 \::i{ ● ヽ  ●  〉.::.::.L::リ   あ、そうそう。
                  /.::'⊃ 、_,、_, ⊂⊃.::.:::}シ′
               /⌒/イ::/ヽ.  ゝ._)  イ::/⌒.i     ビッテンフェルト将軍が
               \ /:::::/   >r==≦^7/   /    本人だって確認してくれたわ。
                ./:::::/  {_::::」V]::/{ヘ、__∧
                .`ヽ<  〃/´ {∠ュ `ーヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             r'゙ ,' ,i !゙ ,/ ,r'´/, / ``ヽ,
            ,イ、_(, ( !j k、〃f゙ ,r' ィ; `ゝ、 ゙ヽ
             /゙ゞ'´ ̄`ァf''"゙゙´ ̄ `ヾ, `ゞ、 ヾi
            ,ノゞ!     ((`j       ゙i  、 \ j
            i゙j ,!              ト,  `ヽミj
           ゞノ-=;、,,_, ,' _,,.、z==-' `ト、、 `ミゞ|
           ゝ ,ィモラ冫' <ィぞテゝ、  .V ,`ゞトN
            ゙l    イ′  `  ``    l/^ヽ`, 〉   あの小娘か?
              |   /          ; カ 〉! k,l
             ト  ヾr=‐、,        , ' ' ノ_,ノトト;j   ああ、勇者サイモンの娘で間違いないぞ。
               !           , ´ 「,イヾ ヽ〉
             }   ´ ̄ ̄``       ,! ( ik、` j
            j;:!、  ´ ̄ `       / ,ゞ、V 〈
            `ゞト,  ' '      ,. '´,ィ´  ゙i  j
             イk>、、___,,ィ´-‐''´   ,イカノ'
             ヾjゝ=、 r‐'"´-、,ュ   ,r'´ ,;i|ー-、、_
             _, イト、 ,!,!lゝ'⌒ゝ( _,ィ´ , ィ´ ,イ,イ `フ''ー
       _,, 、ィ‐r''´フ`>、ノ,!l   ,ノXゝ ,ィ´ ̄``'ー'- 、、/ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


132 :◆vsQyY1yD2Q
           ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
             ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
           \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
              Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
                ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
                l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
                |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  入国を渋りながら
                | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |  こちらに接触してきた。
                 '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
              | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |  向こうも判断に迷っているんでしょうね。
                /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
             //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
                /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
         r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
          \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
           \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ



          /  ., r.'"  , へ   `ヽ、
           .,'/  ./   /.,r ' ` 、 、.  `、
            l ,  {   ./ /      ヽヽ  `、
         l,'  .',   l. l        } .}  }
       .,ィ     〉   ', ', _,,w-w,,_ ノ ,'  .,'
       .∠.ァ ,ィ./rゝ,,.-‐''"     "'''-. -',      援軍は欲しいけど
        .レ '"レ' .{   ,,,,w ::''"`ヽ、、,,    〉
            .,.,'''''''::i::/-、:::::::::::::,ノ-'',:i``´',、     できない夫の様になっても
         _./ レll:::l/Y.なゞv -'ィなYl:l:::l:l、 `、     困ると言う事ですね。
       ., r.'".,' ./. リ:::::l `."  ,   "´ .l::::l' `、 `,"'' 、
   ._,.-'   ,'  ,'   l::::ト    `    ィ:::l  .ィ.../   ` - _
..,r.',r'      \..\ . ',:::l!ヽ  ⌒  イ l:::,'/./           ヽ.、
l i"        `.、, `. .';:l`、 ` .‐. ´ ,.ィl:/, r'ノ          }. }
', ',          `、'' .、`'-`_、ー.,-_,彡-'"./          / ./
.`、.\ ` 、,,_      ` 、__,,....-‐''"_,..'''"           _,.._,.r'".../
  `、 ` ー- 、`'i‐┐   (  ̄"" ''"''' "" ̄.7  _,..-'',.r''"  .,r'
   .\   ,.ィノ .,.l    `、  才ヒ''    .,r' _  ,' `ー-`-''"/
    ..\ ._,.ィ' l.     \ ((._.))  /"´ .ヽヘ`ー- , - '
        /~`ー-'"       ` .、 , ィ'"       l  ~"~ `、


133 :◆vsQyY1yD2Q
               /: ::::::;:-―――-::::;;_::::::::::::::::::::::::\
               , ' ..:::::::ヽ:.r―――-::::;;_`ヽ、::::::::::::::::::ヽ
                /.: . : ::::::::`:`l:::::::、:::: :::::::::::`‐-丶、:::::::::::::',
               ,': .:: .: .::::: :: ::;l:;. :、:ヽ: . ::::::::::::::::::::``:::::::::::::',
                l::::::: :. :::::: .::/ !ト;. lヾ、\.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                l:i:::::::::. ::l: :/___゙l ヽ'、ヽ 丶、:::\:::::::::::::::l::::::',
              ゙l::::i:::::::::l/z;;=;ミ‐ヽヽー‐z=;ミヽ、:::::::::l}::::トヽ
               l:::ハ::::::::'、〈{-'´}`     ´{‐''´} `/`:::::/::;、:!    ちょっと話聞いてみたけど
              ';:', `i:::::、ヽー┘  ,   ‐ゝ‐┴/:/:::::;::/. ゙`
              ゙ヽ/:;i::::ヾヽ     ,     /イ::::::ハ{      父親について聞きたいって言ってたわ。
           ,. -―l/-!:::::::ト、   r 、    . ィ:::::::/ー--――‐
            /      l:ト;:::'、`,ヽ、└ ' _, ´ /::;ィ::/
              { ヽ     ゙i 丶:ヽヽ ヽTTr.ィ  /::/ l/
          ヽ 丶  ,,,....___ ヽ'、 \ ! !|レ-''7/ ___,,........、
            ノ  ヽ/     i ``  7T´  '´  /      ヽ
            ゝ  / 、     丶   / ヽ     /           \




       ____         勇者 サイモンかお……。
     /      \
    /          \.   ギャル夫と連絡取るのが一番だけど
  /           \
  |     \   ,_   |.  向こうの立場がハッキリしない事には
  /  u  ∩ノ ⊃―)/   アリスの所には連れて行けないお。
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |    ギャル夫を呼び戻す訳にもいかないし。
    \ /___ /

 ※ ギャル夫は現在、やらない夫パーティと一緒に 竜の女王の城に向かっており
   レイアムランドのアリスを通じた水鏡通信でのみ連絡が可能。


134 :◆vsQyY1yD2Q
           ,′ l      l          /     /   |  厂几ノ |  :.
              l     ││        /   //__ |  |ノ  厂ノ   :.
          l││     │ |    │   /  /, イ'⌒「 |  | 冫く/     :. 、
          | l │l     │ |   │ / / イ厂し ノ |  |/ |\\     丶
          │l | l    ┼┼‐- └‐ ´   ヽ > ′ |  || |  |ヽ〉      \    だが確か……
          │| | l   : :厂广Jト               l_儿,」  | 」          \.   ガイアの剣だったか?
            ⌒|l  :|: :ヘ  ┴┘           //  | |  厂
             |l  |:: : ∧    、         //  /| |  l  : :.             その在処を知っている
             丶 | ̄丁卜      ¬     /   | |  |: .   \        可能性が高いのは
                  | 」  >┐      , イ  ∠二| |_|:: : .   \       彼女なのだろう?
                    //⌒〈   ̄厂「| ヽ / '⌒└'⌒└'⌒ヽ
              _   / /     \ 〈_/ l\_〉./. : : : : : : : : .\ノ\
            _ノノ⌒ヽ /ヽ/      厂\_」: : :/. : : : : : : : : : : : : ヽ ハ
            「 ̄     ∨ /      / /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : :. ∨ |
          l^ヽ、  < ⌒\      ∨.: : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : :  Y



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      そうだお。
     / .イ (.●)  (●.)\
    ./,'才.ミ).  (__人__)   \   サイモンの持っていたのは偽物だったから
   | ≧シ'    `⌒´      .|   本物は、唯一の肉親が持ってる可能性が高いお。
   \ ヽ           ,/


135 :◆vsQyY1yD2Q
           -、ヽ::::ハ ヽ::::/:.:::イ::.::{__/:::.::::〕        __
           /:::::::ーヘ:{:..:.ヽ ∨:..:..:.l:::.::|:..:./:::.::/{_j^ヽ    /  厂ヽ
∠二≧ 、   __ 〕ヽ:..:..:\:..:..:.∨ ..:..:..:.:..:..l../..:..:..:..:/:::ィナ___ ′ ハ/ ̄ヽ
 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||‖       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  U   |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |  相手の要求はともかく
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||   何やら聞き出す必要があるみたいね。
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||
  ‖ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |‖  私が同席してあげるから
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八  とりあえず話してみなさい。
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f_Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐−‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   > へ
  ̄`ー- 、 \ マ'⌒く /../^ーz一'  .:::.:::.:/::::|   ヽ::>、::.::∠ . .:..:..:..:.|/   ィ \
―- 、  {>、\:::.:::{::: .:::./ ― 、...:::.:::.:/:::::::|     {:::.:::.:::.:::.:::/..:..:/  ///


136 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


137 :◆vsQyY1yD2Q
      |              |                          |
      |              |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,             |
      |              |  |.[   ]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ           |
      |              |  |.[__]゙|    ii              |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐         |
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘
    /
  /                 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
/                       l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|


         ,. ' ""~~~"" ' .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.       ,'::::::/i::::i:::::::::i:::::::::ii:::::::i::::i::::',
      |::::::/ |::::| :::::::|::::::::||::::: l!::l!::::|
      |:::::i __i;;;;| :::::::|:::::: i.!__,,.l!!.|:::;}
        ',::'Y´ /:/`Y´  ノ_____ iヘ,
       < ,ヘ._/:/_,ノ ι lililililil /X   ( まさか、屋敷には大勢の妻達が待ち構えているとは……。
       ヽソ、 ̄ι 、    υ/ .|
        |:::\  ____  /   j    好色の噂に関しては、紛れもない真実だった様だな…… )
        |:::: |/>、..___,,.イ
    _,..-'''"_,.ゝi  \/´ |`"'''' - .._
    i\_,.-''"  `ヽ || / ̄"'''- ./i
    |  \        |o       /  |
    |   ,.'  /`ン^ヽ..|      ヘ.   |
    |.   { ,.イ    ',|.o       ',  |
    |  /  ',    /|         }   |
    |/    Z ̄  |.o       /  |


138 :◆vsQyY1yD2Q

             ,. '' "  ̄ " '' .
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::/:::i::::l!:::::::::::l!::::::::ト、:::ヘ
             /,イ::i:::::|::::l!:;ノ:::/|:::::::;;|/i::::i
.           /' |:i :| 二ニ´_,..-'''"´  ヽ:::|
.            {:|::i'´ /:/ i   ⊂ニ⊃ i,-}、  ( この屋敷に来て大丈夫だったのか!?
           /タX/:/_丿 ,     ∪" ハヽ}
             | \i ""         L|/、    今すぐ逃げた方が良いか!? )
             |   ヘ   厂  ̄ヽ   / |ヽ::\
              j   丶、,,_   .丿イ  |  \:\
                 「~〒~个         ヽ;\
             ,..‐'''".i  |  /`"'''‐ .._    ヽ;ヘ
           /|,...‐'''´ /o  "'''‐ . _/ヘ    `'|
          /  冫     |       ヽ/ ∧
        /   /    /ο __    ∨  ∧
       /     /{     i   /´ ̄\‐-ヘ  ∧
     /   / ヘ.    ',.o ヽ、__r_ |  `ヽ ∧
    /`ヽ、/    ',   i    \/__,,,,... -‐'´
    彡イ_,ノ        |    |        |


              ,. '' "  ̄ " '' .
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::',
             //::::::,'::/:::::::i:::::::::', ::::::ト、:::::i
          i::l!::::::il:::|::::::::|!:::::::::|i::::::| V |
          |:il:::::::|i::i!::::::::i!:::::::::}|:::::|  i:::|
           〈、Y'´/::/Y __,,... .-‐ ヘ`l  ( し、しかし、ここで逃げてしまっては
           人,i /::/,ノ  =-‐‐' 夂,/
              (  ヘ ̄   ,   ""  /|:::::|    向こうに その気がなくとも
         ι  ,===ヽ、 ,  、  .イ====、.   敵対する事になってしまうかも知れん )
           i ヘ ̄ヽ`'D'' ´ / ̄ ̄ ゙i
           |   V   「o  ´   ∨   |
           |  /   /      |   |
           |.ヘ{    i o      }/  .|
           | ∧  ',         |   |
               |  ∧   io      /   |
             |   |  |       i    |


139 :◆vsQyY1yD2Q

             ,.: ' ""~~"" ' .
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
          ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
           i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
           |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
             { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i  ( ……しかし、冷静に考えてみれば
            ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
            ! _/フ      __ υ/┬´::::|   こんなガサツな嫁き遅れ
           i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|   相手にするはずがないか…… )
           |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
          ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
            ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
         i    ∨/    /         i/   ∧
         |    i {    ,'ο        }',.  ∧
         |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
.          \__,.>'´|   i.o       | ∨    i


                  ,.  ´ ̄ ̄`   、
                  /::::::;イ:i:::::i:::::ヘヽ::::ヽ
               /:::/: : i | |:: :|i::::::ハ:::}ゞ: ',
            {:::/!: : :| !i|:: :||: :: ::|::| ヘ:::}
            i:::{ '"三`' /  "´`゙ヽ }::i
              ヘ;:i'´ /:::/ .}   z==ミ .}/  ( あれだけ嫁がいるのだ。
              { ヘ./:::/ ノ 、     ,゙~}
              ヽ,ハ ̄      "" i,X.    好き好んで私の様な年増女に ―― )
             {`ヘ.u ⊂ニつ   イ }
                   > .____,. イ::::|
                    | ≧ ≦ |.|:::::|
               , <ヽ. ∨ <> i
               ,<>'゙´  i´o.  `゙''<>、
           /  ヘ.     |       /  ',
            |   /      | o.      ∨  .!
            |  {       |.         }  .!


140 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


       /_; イ: : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : イ: : : : ヽ
      /:/: :l: : : : : :/: :, : : : ィ: : : : : ;イ: :∧: :l: : :、:ヽ
     ,'/: : : :l: : : : : ' :/,': :/,': : :/ /: :/ l: : l: :i: :`',
     ´/: : : :.l: : : : :l:/‐|:メ-X,/:/ //  |: /: :l: : : :i
      |: : : __l: : : : :i' 、 !"-、 〃゛ // z=-、 l:ィ: : :|: : : l
    ノ: : :/〃: : : :.|-'"~``ヾ! 〃 , 'z-_、 `/}: : ;': : :/
  -=y: : : l {レ|: : :.;:',       ,' 迄z,ヽ_ ./: :.;': : /
   /: :/lヽヽ_lハ: :iヾ,.       |:   ヾ '‐/: :.;': : /  お客様、お茶を お持ちしました。
   l:.:/  |: :ヽ-i ヾ', `      /"    /: : : : :./
   レ'  .|: : : :.|'、 `  `゙ ‐ 、     /:イ: : : :,'    当主は間もなく こちらに来ますので
       |: : : :| `、     ー``   /}/,'l:.∧:.|.    もう少々お待ち下さい。
       |: : : :.l  \         , ´ ´ !シ ヾl
      /: : : ;、l    ヽ、 , ィ: ´l        `
     /: : : : ハl ',    ´ /: :/
    /: : :_ノ--=、 ',    /: :/
    /,イ´     ` '、   {'; : :|
  /          \ ' ヾ;:|ミz=、_
 /              ミ、 ヾ '三ミ、`ヽ_


141 :◆vsQyY1yD2Q

                ,, -‐‐‐‐- ,,    人
             /::::::::::::::::::::::::::::::`>、   て
           , ' :::::::::::::::::::::::::::::::ミ/::::::`、  〈
             /::::::::::::,':::::::i:::::::::::::|/ \::::::',
          i: ::::i::::::i::::::::i|:::::::ii::::i/ ヾ::::::i
          |!;;;;;| ::::|: :::::|!'''/彡--ィ i::::::,'
          |;iヘY' /::/`Y   ' 回  ir'ヽi   ( 年増の美女!?
             ヘ /::/ 丿   ~´''' ∂ハ
           / ̄ミ ̄´ `       /イ::::|    噂によれば、最初の結婚式を挙げたのが確か一昨年!
          ヘ. イ\  ∠二ヽ /  |:::::|
           ∧ /  ,.>,--,. イ/>.|:::::|    アリなのか!? ニュー速で やる夫的には!! )
           / V j'´>'´ヽ i/  \ \!
          ./   V .y    「o    { > ヘ
         /    人/    ,'      ∨ / .|
           i   / {    | o       }/  |
           ∨ /,>ヘ    ',     /i    |


142 :◆vsQyY1yD2Q
            //:/:::i:l:::::|::iヘ:、:::::::: \:::::::::\:::::::::::/::/:::::::: ハ\::::::::::::::::\
       / /:/:::/|:l:::::|::| ∧ヽ;::::::::::\:::::::∧:::::::::::::::__:::::::::::|  \:::::::::::::::`
      /  /:/ :/:::|:l:::::|::lV:∧ ∨::::::: ∧V:::∧ :::::/  `ヽ:::|   \::::::::::::
        /:/ :/:::/|:l:::::|::| V:∧ ∨:::::::::∧V:::/ヾ/ /´`ヽ V       \::::::
        ./ i:| /:::/ .|:l:::::|::l ∧::/ / ::::::::::∧V. |{,, ̄` / \      \
       | l:|'::::::l .|:l:::::|::l/  /   ` ̄ ̄`    |   )ノ' /∨`ヽ > .     あ〜……一つ尋ねたいのだが
         `\::| / .へ. _,.ノ     ,         |     丿 ∨: /  / > .
              ` |/ / \ `ヽ /       ‘、 厂 |  ∨   /      そなたも御当主殿の妻なのか?
               /  '  ´ ̄ヘ   ノ'              |  |  `゙'<
             .|    了` }         u       /   .|      `゙'
             .|     lゝく               /  /    |
             .|    /゙> > . --、    .イ:./     /
             .|     / l|/     ≧ュ.、、__/|: く       /
             .|     ! /               \ \



       / , '        ,            ,'    \
      /  ′  .::   ..:;.'    ,:      /    \ヽ
    /イ     .::.;'  .:.::/   // _,. , , '   :.  ヽヽ.__
_,. - ´ /.: ..::    .::.::i .::.:/{:.. //´  / /ハ:. :.. ::. :  ゝ-'´
   //.:.::: .::. ::.::.:! :;レ′V__‐-   /./リ Vハ:. ::.:. .::.. }
 / ,'.::.::::. :.、:.::.:::::! {  '´{ Jjヽ.`  レ′_,ニ|;ハ:.:::.:.:;j:.ノ
'´   /::.::::.::. :{ ヽ::、::' l   ` ´      i 1Jソ` /.::.:/ソ
   ´ヽ::、::.: .:.\ ヽ!ヽ:!          ヽ ¨´ ,'.::.:/
      ` ヽ::.::.:.::ゝ:.ィ `         /    ,::.:lヾ、  えっ? ええ、そうですが
      ノ.::.::::.::::.::j        _    ,ィ;ハ:j
     _/.:::.:::::::::.::::j 丶.    〈__,ノ  / j!      それが何か?
   ´/,::ィ:::::.:::::::/   丶     /
    /' ´/.:::.::::.::/      ` ,._,/
  _,. イ´.::::.:::::.:/!        /
´.::.::_;.-‐r'〈 ̄  .′       /
 ̄「{   !::::',.           / \
   \  !:::::!      ..  |:.  \
    \|:::::|__       ';.  !:    l:`:ゝ、
      \::!  ̄¨`ヽ、i:.   .. . __ |:::::l  フ 、
       \        '´ ̄  |:::::| /  ` ‐ .._
         ` 、             |::/         \


143 :◆vsQyY1yD2Q
                        _____
                 ,. '"´      ``丶、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
               /:::::::/: ::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::::::', ;::::::::,
              ,'::::::,イ::i:::::::i: :::::::|:::::::|i: :::::|::::::::::::| ゞ/}
                 ;::::::,' |:::i:::::::|i: : :::|:::::::|.|: ::i:|',:::::::::i|/ ::::|
              {:::::/ .|:::|: ::::||::::::::|:::::::| |::::|:| i::::::::|| ヽ:::|
               |:::::,' ||::|: : :||::::::::|:::::::| |::::|:| |: :::::||  ミ:::|
              i:::::{ 二ニ==‐:.、,.‐''" ,..-‐'''"´  }:=:!
              /ヽ|{  /:::/ }   "´      ./||ヘi
              { ヘ||!./:::/   /     ヽ===='"/`||'/  い、いや、何でもない。
                 \||ヘ /_ /          ,'/||'
                 |!>,      ヽ       u ./:T'´|!   お茶は有難くいただこう。
                |  ∧      . 、      /:::::|. |
                  `  、      _.< ::::::|
                   r<|>...<,|ヌ1|::::::::::|
                 ,.-| ≧i.  i≦   |.|::::::::::!
             ,..-‐ゞ   .\ .|./  //`゙゙"i''‐ ._
          _,.‐'",..‐'"    / ̄三三ミヽ,    `゙丶、`丶、
        /´.ヽ<       /    _,.二ヽヾV         >._/`i
        i. ∧.       /    _/   `゙'‐ヘ        /  |
        | .∧    /   _.'//´`>._.  \      /   .|
        |  ∧ ハ.    / {_//  i.     \   \.  ./    |
        |.    ∨ \/i       |.       \  /`ヽ、    |
        |   /     \|        |Ο     ∨     \   |


144 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   お初に お目に掛かりますお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    ニュー速で家 当主の やる夫ですお。
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


145 :◆vsQyY1yD2Q

                    _,..-‐'''''""""'''''‐ .
                  , :'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"':..
                 /::::::::/:::::::::::::i :::::::::::::i:::::::::::',::::\
                  ./::::::::/:/::::::::::::,イ ::::::::::::::|::::::::::::',:::::::`、
                 ,':::/:::/:/:::::::::::::::|| :::::::::::::::|i:::}:::::i::',::__,,.. .
                 ,':::/:::/:/i:::::::::::::::|.|:::::::::::::::::||:::|:::::|:::|ヽ:::::::i
              i:::/:::i::/ .|::::::_;.-'" ''' /-、:!.!::!:::::|:::| ヽ:::::|
              !/ハ::i ッ‐'''~/冫、./   -.~''‐...,,__ ヽ:::::i
                ',:::i   /./  |.    '''7乞i!ヽ、_ ./:::::i
                i´!,//   /      |。iii0 ./'../-、/   ご挨拶いたみいる。
                   `/ヽ<___,,./      `¬〇..../i`i.i
                   |ヽヘ.       `    """"..//| /    坂本家 当主の美緒だ。
                  |.   ',                / ,ィ|´
                 j.   \.  ⊂ニ⊃   ./`i´ .!
                       ヽ、    ,..;'i :::::::::|
                            | ` ‐ ''"  | |::::::::::|
                     i ̄ ̄i  / ̄ ̄`i:::::::|
                     |   | /      | :::::|
            __,,.. .-‐ '''""~',   /     /~""''' ‐- ...,,__
           /ヽ、__,,.. .-‐'''""~   i Ο    ~""'''‐- ...,,__/',
           /  ヽ          |             /  i
          /    ',         ,'           ', /   |
          /    /          ,'            '/     |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |  u.   (__人__)     |  ( なんで涙目なんだお? )
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


146 :◆vsQyY1yD2Q
                           ___
                       ,.. ' ´    ヽ
                     イ、        /
                ., - ' ´ ,/三三 _    /
              ,./   _/ ̄ ̄  ̄ `'' 、/   ____
     __       .ィ "       r'          \f´ /  \
   /   ヽ.   /三|     ┐            ヽ| 三   ヽ.
   |      V'三三.    r、/              \/    |!
   f     l! |:三三|    f                   \   j
    `ヽ,  l. |三三,|     ノ / /    |            ` /
  ., -「   ゝ、三三 |    ム / /    .,l!       、       V  ー-- 、
 /  ゝ┐  |三「 : |  r 、ノ / l,     | |!,| ,.    |  |!     ヾ三三.. /
,   |トf.'   │/:::::|  L/!、 j |! ィ  ,| |!||:|    | | ,.!  │ , i: |三メ /
   ヾ\_   ヽ::::::::ヽ ノ,/! |川,メl、,/|! |:!|l|:  ,'   /,|l|: | !/' |\  L
   / f'∨へ,.  〉rtヾ | !/!ヾ,,vrl/lレヽ! j !|!  / / / !l l: , ,./  |三ト、/
 l (. |/rヽ √|ミfr@j;}Y/, f' /、::::::`rlヾ,リi! ,/i/jl j// l//  ,'-、ヽ
   Y |i ヽ!_\ ヽヘ`´::::〃 i |  ! ゝフ ゛'  レ//,/__//! //  fイ | }  真紅・ギャロよ。
  \, ヾ,/ \ヽ.  ヽ::::f  !,ヘ  `'´        ' r:::'メ.,j///  /:::L,j/
    ヾ|l! | .f:l\ヽ.ヾV   ,ハl           !フ,/f  j/,,jィ∧::|     同席させてもらうのだわ。
iゝ、.. ,  ||、.  |:| r- ゞ_|! │ ヾ,        .,  / i: |   f  l|/ん
  \. ヽ|| ヽ.|:l. f三三:|!  ト __j|     - 、   ,.ヘ ヾ|   |  リ∧\
    ヽ. ||ヽ  レ、.l三三:l ` ,|.三|!、.      _,..<___ jヽ \ヾ.// f\\
     | レ    !ヽ三. l   \|! :rr-< 三三三ヽ` フ ∨/ |│ `i i
     ヽ   !   ∨ゞ ミ\.  \、fレクリ 三三  /l ヾ/:∧  |   .| |
       l:  |   |/ゞ jー'ゝ._ \\く 三三f  (   V::/  \,.'.  ! |
      |      |  /`    ` ー--\三    \  レ\\ \  ヾ
    /⌒i       |ト, `ー-- ..ニニ._     `ヽ    ヽ   l  !ヾ \
   /   │  |!  | | !三三三    ̄ `ヽ,  \   ノヽ |!  / ⌒i



        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|  ニュー速で ヴィクトリカ。
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |.   同じく同席させてもらうのだよ。
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\


147 :◆vsQyY1yD2Q
 ーニ´ィ   /     /: /:.:ヽ:\ ヽ
  , ´   /     /: :/:.:.:.__:.:.ヽ: ', l
 //  /      l: イ,..-'´  `丶、,._!
 //  ,ノ     _l,.-'´  ,. -、  `ヾ,
/イ l/    _,-'   _/:::::::::`lヽ、 }
/イ /ヽ  _,.-´   /lヽ、:::::::/:ノ-',:ヽ'
  ,l/  〉'    ,.イ::/´` ゞ'-'´ _ l::::l
      },  _,..-'´:::|:/ ,..=-   、´` V:!
     `t'´:::::l:::::::::',       '  ,l:|__    アナ・メダイユです。
      _lハ::::::l_,::、_::',   ー  ' ,イ:|-、: `l
     ∨二二二二',:::::..._   ,∠:::::! /: :/   私も同席させていただきます。
       ヽ: : : : : : : 、ヘ ̄ヽユ´ |:::/:.,/
        >: : - 、: : : :∧    ヽ l:/:./ \
      /ヽ、: : : : `ヽ: : ヽ   // , - 、 ヽ
      /    ̄ヽー-、: : : \/- l    ヽ \
     /      ',  ` //´   lヽ    ∧-、
     /        l /_ /      }    l、: ',ヽ、
     /       _//´:/l       ,ノ`ー、  | .l: l ∧
    /     _,..-'  /: :.l 、    ノ-'´: ヽ_  ノ|: !   l
    /    /    l: : :.|、 ` , イ-、: : : : :lー '´ |: :l   !



                 ,.: ' ""~~"" ' .
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
              ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
               i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
               |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
                 { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i   あ……ああ。
                ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
                ! _/フ      __ υ/┬´::::|.   ( 幼子ばかり……趣味か? )
               i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
               |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
              ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
                ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
             i    ∨/    /         i/   ∧
             |    i {    ,'ο        }',.  ∧
             |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
        .      \__,.>'´|   i.o       | ∨    i


148 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  勇者 サイモンの話をする前に聞きたいんですけど
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ニュー速で軍がコスタット入り出来るのは
(  \ / _ノ |  |     いつ頃になりそうですかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              /: : /: : : : : : :l/: : i:ヽ
             /: :彡L: : 」:./:」L: : :」: :l
             l :彳__V   ノ   ミ::l
             l: :l/ // .i   ―― ミ:l
             l::八 // 丿  ―― l::!   す、すまんが もう数日待って欲しい。
             rヾ/ ̄ ̄   ′    ハ
                ,ゝ/ U          lメ、  ( 門閥貴族次第とは言えんな……)
             l: :| ゝ     =    ノ  )
             l: :l    ェ - ェ
             l: :l   丿 | /  |
             l: :l/ニ二l  「~   二ニヽ
             l: ハ    | O    ヽ|


149 :◆vsQyY1yD2Q

                       .  ―――‐   .
                   ,  ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` 、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ___、
             //::/::; i:::iii::::V∧_,...- '' "´::::::::::::::::ヘ.
               //:::i|:::| |: :|||:::::i:|:::| 、::::::::::::::::::::::::::::::::::: ir‐-、
                |:i:::::||:::| |: :|||:::::|:|:::| ゞ::::::::::::::::::,::::::':::::: |::::::: i
                |:|:::::||:::| ,.斗-一:|:::| ヾ:::::::,::::::´::::::::::::::: |::::::: |
                   ヘ.  イ〒ア    ヾ,:::::::::::::::::::::::::::::|::::: |
               }  |iノ ′   / /ヘ`Y::::::::::::: : /! ::::: |  こちらも問いたい。
               _,ノ          /   〉) ,/::::::::::::::::/ |:::::::::|
             ‘、        {  、_/::::::::: : / .|:::::::::|  御当主殿の目的は何だ?
                _ _       ' ゞ :::::: /    |:::::::::|
                  ヽ           ヘ,/`ヽ.   |:::::::::|
                 \   ィ、     ∧   }   |:::::::::|  北部 ―― サマンオサに何を求めている?
                   `´   .. ''"~´ ̄|      |:::::::::|
                         f´    __|_     |:::::::::|
                     i|_,.<{i: : :i} ヘ.     |:::::::::|
                     /´ / `、 ≦三≧ ヘ.   |:::::::::|
                       i.0    /´ ̄ ̄ ̄ヘ.ヘ   |:::::::::|
                 /     /        Y  |:::::::/
                /       /         i |  | /l'
               /      i/          :/ |  |′
              /          {         |、|
            {           ヘ!.        . . : :|.i|
              ‘、      . . : : ヽ      . .:.:|.|i
                 \: : : : : : : : : : : |     . . : :|.|!
                  ヽ: : : : : : : : : :|     . . : :|/



         ,. -‐‐- 、
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ   ( ストレートねぇ。
    /ハ  ・    ・ ハ { ',
.   // i ヽ     ノ ノノi |   腹芸は苦手みたいなのだわ )
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (


150 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /   _ノ  ヽ_ \.   我々の目的はサマンオサの平和 ―― いや、おためごかしは止めますお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  やる夫の目的は、サマンオサにあると言うイエローオーブと
./     ∩ノ ⊃  /   貴女が持つと言うガイアの剣。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     それとロマリアを裏切ったブロワを討つ事ですお。
  \ /___ /



                         ___
                   , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
                 /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
                    /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
                〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
               ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
                  {! L ハ 〃Y    ○  、 Yr‐ 、:.:.ハ   ガイアの剣?
                  }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l
                  ├‐'        !  __,ノ!: : : l    何だそれは?
                    ヽ  ___    ィク_ |ト.: : l
                    >、    , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l
                       `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
                       「V´    ,⊥-==ー戈{
                 /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
                    / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
               r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}


151 :◆vsQyY1yD2Q

.        ___    ━┓
        /   ― \   ┏┛
      |     (●) ヽ\ ・
      l   (⌒  (●) |    勇者 サイモンの剣で
       〉    ̄ヽ__)  │
.    /´     ___/      偽物と すり替えて そちらに残したと言う話ですお?
    |        ヽ
    |        |



                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::\
               ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、::::::::::::::::::::::::',
           /::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::i::::::::::::',::::::::::',:',:::::::::::::::::::::::_',
             //: :::::::/:::::::::::::/!::::::::::::::|:i:::::::::::',::::::::::',::',:_,..-''"~´:::|
          //:::::::::::/::::::::::/:{ {: ::::::::::::|{|::::::::::::',::::::::::',::',ヽ: : :::::::::::::|
         ,','i:::::::::::/i:::::::::::|::| |:::::::::::::::|||::::::::::::::',::::::::::',::', ヽ:::::::::::::::|
           .,','.|:::::::::::i |: ::::::::|!:|.|:::::::::::::::!イ::::_,::.-‐'''""~',', ヽ、:::::::::::|
           i,' .|:::::::::,',,,!,,__        /__,./_,,...-...,,_   ヽ、 : ::::::|
           | .|∠| ._.,.-‐''7''''>,/     ./ ./茫(_) .}ア  i::::/´`i    父の剣だと!?
            ∨   /./ .i         !::iiii;;:! /'´  i:人ヘ''', |
            ∧ /./  . !      丶= '       |'.ハ i./.    その話は一体 どこで!?
            ∨V./   .ノ                 //V/:',
                ∧ ',、___,,../   ヽ          u  ,__,,/|::::::',    父の話を聞かせてくれ!
               / ヽ',                       /::::::::::::|::::::::',
              .|.   ',.       r-‐‐‐ 、       /',::::::::::::::::::::::::',
            j.    ヽ..      !.   .___}       / .',: :::::::::::::::::::::',
                  丶.             ,..'"|    ',:::::::::::::::::::::::',
                    丶、   ,.. ''"   |、    ',::::',、::::::::::::::',
                       i`´    _,..:'''"',   .',::::',`、:::::::::::',
                      iヘ!_  ,.'''~    .',   .',::::', `、:::::::::
                       i  i /          ',_ ...',::::', .',:::::::
                    ,―'ヽ、 |./    _,..-'''"  .\...',:::;', .',:::::
               _,..-'''"i  ヽ ./  -'''" , -'"   /~""'''‐- .._
           _,.-''" _,..-'''"   | ◯          ~""''' ‐- .._
          /ヽ,-'''"          |


152 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\.   まず お断りしておきますが
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |  勇者 サイモンに会ったのは
./     ∩ノ ⊃  /   やる夫ではなく やる夫の仲間ですお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     勇者 サイモンは幽霊になっていたそうですお。
  \ /___ /



                     . : :´:: ̄ ̄ ̄ ̄::`丶、
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    .:::::::: /;:::::;::;:::::::::::::::::::::::::∧::::::::ヘ
                   /::::::::://:::/'/::::::::::λ:V∧:::∧:/:ハ
               |\:// :: ||:| ::::::::: | |:::lVハ:::::∧:/:|
               |ヽ/!:!::::: ||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ゞ: :|
                     |ヘ::| |:|:::::::||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ヾ::l|
                     ∨:{ `≧ュ 、、‐─┘.斗ヒT二丁}::/
                  冫| / /:/ Y´          ./-{
                {ヘ|.{/:/   ノ    ヽ==='' '|∨
                 ヽ.| ヘー--‐ '          /!|/   そうか……。
                    |. ∧     '     u./‐'|
                    |   丶    ―‐‐   イ|. |    いや、それは覚悟していた。
                        >      イ::: l:|
                         ,⊥≧≦ ⊥! :: l:|        続けてくれ。
                        」   |/    |:::::l:|
                ,. -=≦/  ` 「O    ヘ≧ュ.、、 _
             r<> ' ´      |           ` ' <>┐
             |  |            /          /´ ,   |
             |  |  /        /         / /  .|
             | V/        /O.          //     |
             |ヘ ∨       ./         .:|'     /.|
             | V       /             /   ./  /
             | {: . .   . .{ . . .         . : | . .:/   ,
            / .ヘ: :. : : : : : :.',.O: : : : : : : : : : : :l:/    .′
              /  : :.ヘ: : : : : : : : ', : : : : : : : : : : : /      ′
               |  : : :.ハ: : : : : : : :i : : : : : : : : : /ニニヽ;ノ   ′
         __,  --、 ._|____.|_____./二二<   /
         ゝ'´   /             ´ ̄`ヽ:. .  ′
         〈,    /                  ∨ /
             ゝ、  {                      /
            「 ̄\_____________./
               ヽ==-‐"´|:.: : : : : :|: : : : : : : : : : : : :|


153 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            / ̄ >─ ̄ ̄-─ 、       ⊂二二⊃
            | ─ ̄         \
           /        ,──、 \   ⊂二二二⊃ ∩__
          /        /    \  \       ⊂二 __ \
            |       /  / ̄> |   \         | | ∠/
         |     ─ ̄  / /,-、 \   \       ∪∩ ∩
         |─ ̄ ̄    / /∠-'/   \  >─ ̄/ ̄─、 | |  | |
         |__      ∨ / / /     V  |  l   / ∪ | |
         |_   ̄`、      ̄ /      |   l  \/   / /
            |  ̄二二      ̄ ̄        \  \/    / /
          | /-'/               / \/\     ̄
           `, ̄  /   |     ̄──、  /      \      わしの偉大なレジェンドを
            \─'   /          \ \     \
           /| \   λ_ <     / ̄ ̄\ \     \     とくと聞くが良いんじゃよ。
             _ |  | \  l      /   / \ \    \
         / |  |  \ |___/   ─ '   / l       \
         |  |  |  | \ \_ _─ ̄   _/ |        \
            |  |  |  | \ \| \__ ─ ̄  _/         \_
            |  |  |  |   \ \    _─-          ─ ̄  \
          |  |  |  |  | \ \_/          ─ ̄\ \
          |  |  |  |  |   \           ─ ̄     \
           |  |  |  |  |  | \       / /|       |
           |  |  |  |  |   |  \___/ //      /
           |  |  |  |  |   |       \|/ />
            |  |  |  |  |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


154 :◆vsQyY1yD2Q
                           _,,,..............,,,_
                   , ..::::´:::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                   , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.::::::::::::::::: ヘ.
                //: : :::::::::::::::::::::::i::|:::::::::',:::ヘ:::::::::::::::::: ヘ
                  //:/ :i:::::: l:::::::::::::::|::!:::::::::::i::::ハヾ:::::::::::::: ハヽ
              i:i! i:::::|:::::: |::::::::::::: | |::::::::: :|::::i:| ゞ::::::::::::::}::ヘ
              |:|::| : :!::: : |!::::::::: : |::!::.-‐…-   冫'''''V | :::i
              |:|::| :゙:|-― -、''"´ '´       / ,く` .}:! :::|
              |:!:.‐ヘ /::/ }   ノ==='"   / )丿ノ/ : ::|   そうか……。
                  λ/ 丿         { ´ /,.':::::::::|
                 / r‐'´ 、         | /´:/::::::::::::|   父上は死してなお
                   {  ヘ    _   ,      イ/ | : :::::::::|   勇者の魂を失ってなかったのだな。
                   |   丶.         .    |_ . | : :::::::::|
                       > .__,..'´  ,.┴' | | : :::::::::|
                             r<.| ,>'      | | : :::::::::|
                           __|,_,{/     ≦二≧x、、__::|
                   , .  '" /.О  -‐''"  `゙''<三三≧x、
                 r<´.    /          ヘ., '´.        |
                 ∧:.:.:./ /          //         |
               / : :.//             i/           |


               /⌒Y
          . -─x__/    /
       xく  / /     /
     / ヽ∠ /     /、
      ├ v‐} }/   ∠|_|_,ハ
      { {__,X´ス  /| T(
     ∨, >‐'ヘ \l_i|u._/   ああ……うん、間違ってはないな。
      // /  |\ Y^i〈
     ゝ/ ′ | ̄`ヽ.リ }
       |ー个一'!::::::::::::::\
.      /|  |  i |::::::::::::::::::::ヽ r 、
     /i |  |  i |:::::::::::::::::::::/  \トr‐‐、
.    //i | i .′ j::::::::::|:::::::::{   __/ て.ノ ← アリスを通じてギャル夫から混沌の欠片を収集している。
   //  | i/   /::::::::: |::::::o:|  / ゝ一'
 //  i |/   / :::::::::: |::::::o:|/⌒ヽ }


155 :◆vsQyY1yD2Q

                       ..-‐‐‐‐‐- ..
                . ´           ` .
              , :'´.:.:.:. /:.:.:.:i:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::、
              //:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.i!:i:.',:.:',:.ヘ ヽ、 ,.‐'''"゙:ヘ、
            ///:.:/.:.:.:.:i::i:.:.:.:.:ii::|:.i.:.:.',:.ハ-'"ヽ .:.:.:.:.:.:.:.',.ヽ
             ///:.:/ .:.:.:/|::|:.:.:.:.ii::|::|;:::::i,i::|-  ヾ:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:\
           !:i! :i .:.:.:/ .|;;|,:::::::|| /´____  ゝ :.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.\
            |:i!;;;|;;ヘ ,>x´/  ,.イてi刈´ア  〉'´\.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.\
                 {. /:/ }     乂ソ ' //´ヽi::,' \.:.:.:.:.:.:.:.:..
                |/:/ /            /  )ヘ /:/   \.:.:.:.:.:..  それと、ガイアの剣についてだが
              /|゙''"´ヽ          j  ,-、ノ:/       \.:.:..
                /  ヘ    ___       イ:::::/         `   私には本当に心当たりがない。
                 j   \     `     .|∠,
                      \      . ´   |___ `ヽ
                       ヽ-‐ 'i´_,..‐'''"´ |              我が家にあるとすれば
                     /ii´´   _,.. "´゙'' 、_
                       | ||_,..<´`'<__,..''゙´∧           知っているのはメックリンガーだろう。
                _,..ィ'''"/0      /    ∧
                  /'''"´  /         i ',       ハ
                   / ./  /        |  ',.      |
               i/ /O         ',          |
             / /          ', i          |
             / /           '., ', | .i       .|
            /  / 0              ', ',| :i       :|
             |   i                ..:.:.:`、| :i     ::|
          ∧.:.:.',....................................:.:.:.:.:.:.:.:.:| :i     ::|
           .ヘ:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| :i      ::|



  |    | /             ___             丶、   /
  l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
  |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
  /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
. / .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
/// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、  コスタットに行かねば
' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
.          '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7   分からないと言う事ですね。
        ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /
      ,.   ´|   |             /   /       /
      /    |   l\     ´`      /   /       /
.   /     /|   |  丶、        ィ   /       /
   ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /


156 :◆vsQyY1yD2Q
                      /::::r‐、:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ三/::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::/圭ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,
    l:::::::`:::::::::/圭/´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´
    ノ::::_::::::/圭/:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l圭ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l圭ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /
 ゞ="〔_:::::::::::l圭ミ!::::::::::`)lヽl  ィ示ョ`   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   `辷:リ   カ    となると、私達が いつ行けるかの問題だけど
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l     ̄    ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l         _´!
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l           ´, '      ……ぶっちゃけ、貴女達
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /
 l   l     l r‐‐'´.l l圭ミ===,ィ=x、      私達の事を信用 出来ないんでしょう?
. l   l     l  〉:::::::/ /圭圭圭ミ/ヽ圭圭ゝ、
. !   !     l /:::::::/ /圭圭圭ミ〈 ゞ〉圭圭/
.l    l     /:::::::/ /:《圭圭圭圭!´圭=彳
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、圭圭圭l圭圭》
l    l   /:::::::::::::::: ̄ ̄`ー-、二`>圭/
   l. /::::::::::::::::::::::::::ヽー´<二圭圭ミト、
   l /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄> /圭圭圭ミト、
. , -‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝノ圭圭圭圭圭ミ!



                       ,  '"~~´ ̄  `丶、
                      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /:::::::::://::/:/::::,':::::i:::::ヘ;:ハ
                  /i:::: : :/ /::/;イ:::::i:::::::|::::::::i::::}
                    /:{:::: :/ ´ ̄`゙゙ヽ ::|::::: |::::::::|::::|
                /::/`゙∨.Y'´/::>、´  ̄`゙ヽ〉:::|
                  |:::{.δ{. 〉く:/ ノ   ◯  /'゙´
                  |::: ヽ、 }/    ̄   、  ,,,,, /ヽ   えっ? いや、それは……。
                  |:::::::::| ヘ. u          /  }
                  |:::::::::|.  /ヽ. r‐- 、   ,ノ
                  |:::::::::| /≧、`>-┘'"
                  |:::::::::|./r‐‐、`ー〈
                  |::::::: / {   ∧  ヽ
                 |从i{ ∨  ∧  `、
                    | /∧  ー`―''"´i ̄`ヽ,
                  / | ∧       ├-ミゞ
                    / ./    ̄ ̄/三,__
                 丿二ニ=  ./   /`ヽ.
               / /   :==: | ̄ ̄´ヽしi }}
                   /   /        |      ゙´


157 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,..ィf⌒77⌒/ス
               .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                  /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
               {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                 / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
             /  /   / / / // ! / }  } ! i|
              /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
              (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
              丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ  ……ハッキリと言うのだな。
                    _l TΤ、   _   イl |ハ.|
            __,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|
         x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
            { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
           i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i
         l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、
            、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
             ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
           }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
          〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i
            //  { (  Vノ:.:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.;.:ノ/二ヽ:::::::::/\i
.           〈    ヽ ノリ:.:.:.:.:.:.:.:.://:._/ /-、_   ヽ:/::::/|


       _r-._,-,_
      r‐' __ ~t_
     j'/"il li ~\〈
    ,rf/l | l l| |l l i i゙ト'、
   i l''ハl ー  ー |バl i  場合によりけりなのだわ。
    | l | ヽ __ ノ | l |
.   | l ll○ゝ_.ノ  j l |
.   |l. i:::::l、_`@_´フ ξ !|
   彡 '、::ノ:::==〇)  ミ
   ソ   i:::::::::::::::::::l   リ


158 :◆vsQyY1yD2Q
           r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:___:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ___乂.:.:.:.:.入___
            |:i    〈 .:.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.‐く  ` ̄           ` く:.:.:..:.:.}_
            |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ                 ∨ ̄.:.:}
           ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)     , イ            |;.:.:.‐〈
              {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:__;} !   / //||  /   / ,     |:.:.:.:.ノ
          /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´  | イ{;‐/‐l‐!、 ,! // / ,    |フ′
            /   // l:| } {l(厭 } j:.|    | 从/__ 乂_ノl! / イ _/ /,    !
        /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|    |,イ 「:::::dヽ ヽ}_/ '!⌒メ//   !
        ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|    | 乂::::xソ       ,ムイ 〉 / リ
         |  // ///   |.:ヾ;\i:i|    l  `¨´      /:::d } / //
        ! // // '     `,二ヾ:ト|     \        {:xツ// /'   そうね……。
         | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、   |     、_'      / /
         l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }!   ト、       , イ /     交互に一つずつ質問して
         | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /   爪ミ=-_-==ミ l | イ
         l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  '   ,.イ:i:i:ィ≠ミx'_i:i:i:i:》| ! l!        正直に答えて行く。
         | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:i》}  |
         | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  \(i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》|  |      貴方達には
          乂_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   \:i/:i:i:/i:i:i:i:iト、i:i:i{{.:ミ:、\       それが手っ取り早いと思うのだわ。
      _ ィ彡 .:/:.:.:.:,:.;.:.:.:.:.:.:.:./ ̄\   }:i:i:i:i:L:-=、}i:i:ヾ:}}::::ミト、  、
      { ̄ :.:.:.:':.:././.:.;.:.l.:.:.::{   \  /:`¨:/} } ヽ\:厂:.:.:.:.{ }   \
       `ヾ:.:.:.:.:/:.:.:':.:.;.:.:.:l:.:__:>  _У:.:.:.:.:.// ′ ゙ }:.:.:.:.:.:.:|ノ     j!
        \/.:.:/:.:/.:.:.:.:l//´ ̄:.:.:.:\ィイ:{       /ト、.:.:.:. ハ   /
            /.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.\_リ У≧=-=<´:.}.:.:.: {  \{
         l{⌒}V:,:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:/.:.:.:.: \   \
           |}'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:}).:.:.:.:.:.:.:{ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:イ:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ   |
           `{.:.:.:.:.:.:.__/:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:≪:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\_   、j
                \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=-:.:.:-=≦´:.:.:.:.:.:.:.:.:< ̄´ { ヽ   \


159 :◆vsQyY1yD2Q
  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ
   / l / \ ヽ l::::i|: l | ゞ'^ 〈         やる夫、私は下がらせてもらうわ。
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_  腹の探り合いをしないなら私は要らないのだわ。
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/


        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\
   /   (__人__)  u. \  いや、要らないとか言われても……。
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


160 :◆vsQyY1yD2Q

                        -=_-、   ,r
                      , r.'' "" ''_ `ヽr/_,,_
                        /_,..‐''"~_,, `ヽ、<´,,`_
                       /r'" , -''",.-、\. ヽ、  、ニゝ
                      /   / /   .\ `、. ヽ、ヽ
                    /   / . /       `、.`、  \.l
                     l   .l  l__,,.. .- ,,_ .   ', l    .`、
                 i _,.'''"      ヽ、 l l      ',
                r.'"    _,..-.、     ヽ /     ,'
                ,'    , r'/ .l::::::::::::::ヽ、   ヽ   /
               i、,r''":::/-‐"リ、:::::::,:::ノ`.ト、   \./
                ,.r' !::l:::l/Y'lか `"''.'',`_‐ i:::::ヽ   .〉
              / . ,r.l:::l::;r‐、`~  ,    イか ',:::::::\ ./  やる夫、真紅お義母さまの言う通りです。
             ヽ  (  l;r'   `,  '    .`_',,_./::::::::::::/'"}
              `、. `、'     }.rニ.、 ,´   .i:::/:r''",.rノ   互いに出せる情報が限られている以上
               >、.',    .,'、.ー-' l    '、 .,r'/
               ./ \>',    ヽ、_ニ/    ノイィヽ     ここは腹を割って話し合うのが
               / .,ィ' i .l    ノ´‐,'    ,.<.'",r''" ',     一番の近道だと言えるでしょう。
           / /.,' l  ` ‐ .7_,.,',_,,.'' l ト    .l
           / /,'.ノ  l`、._  ノ-.,,_l      _l .l`、   .l
         ,.r,"/ .' .   l    l l.__`、__,-''" l  l l`、  l
        / /       .l  .,'..l,r'_'、,.l.',   .,'  `' ',、 .l
          / ,'     .l 、. .l  ./ .l l´ }} l .',  ,'      ',`、',
       i l     .l .l. .l ./  l、ゝ'ノ.l  '、 .,'        `、',
       ! l      l l  .l.'  .,'´.()`''l   .〉  ,.r'7      .',.',
       l .i     .l..l  .l   ,'` 、  .l   ./  / ,'      .l .l
       .', ',    ,' ',  .l ,'   ` 、l  /  .,' l      ,' .,'


         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|  そう言うものかお?
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


161 :◆vsQyY1yD2Q

             , = ,二二 _丶、
          , ィ彡'′::.::.::.::.::.::.:::`丶、、
         ., '//::.::; -‐ 77了 ̄ト 、::.::.::\
        / ,' ムイ l | l | l |{!::.::.:l} l| lヽ::.::.:}、
       ,′i |l l l l l l | l |{!::.::.:l} l| l|{i`ヽjハ
        |l l i |l l | | l l | l l{!::.::.」} !l l|{!::.:l}l| |
        !| l i |l l | l | l | l l丁丁! l ! |{!::::l}l! !
       .|l| l i |l H┼k | l | l H┼H-!{L::」l| | ヒソヒソ
       .!i| l i | れフ卞     やフ下j l| ! l|
       j八トヽヽ ゞ-′    ヾ-' / / ,' /ノ|  信用を得るためのデモンストレーションか?
      ,'ハl トr-ヘー'           `ア7了,' |
      / ! l l ! l| 丶、   -   , イl ,' // ,|
    . / ; ! | l l ll l| <>  _  <l>j !レ / /l |
    /,'/ j/ハヽjl ル-Jj几几几爿厶 j/ / l| !
    ,'/; // ハ>イ/冖-=-=-=-=冖ミ/ /、」| |
    // >:'´ ノノ __     __ / / l::.::`丶、
    / /:::...:::ノノ^ミ=x、       r彳/リ l::.::.::.::.::
     ':::...:::ノノ::.::.:'⌒ヾう___r'⌒7/八(::.::.::.::.::
    」|:::...:ノノ::.::.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.:::{ l {::.::))::.::.::.::.:



          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i ヒソヒソ
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′  正攻法で行くべきところは正攻法で行く。
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{     それだけの話よ。
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ.
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、  策謀ばかりに囚われては何時か足を掬われる。
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ   ちゃんと上手く行くから見ていると良いのだわ。
. /:/ j.:::|     /  .イ i!: : : : : .イ^Y´ ̄`ヽ! ノ イ
/:/ .! .:|    \/ノ ノ、:.:.:/: : : : | : : : : : ゝニ=‐‐‐ァ
:/  ノ .::!      ゝイ.:.:.:./.:.: : : : :ノヘ: : : : 「. .-‐r‐/


162 :◆vsQyY1yD2Q
      ._____________
      |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
      |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
      |:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i バタン
      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
      |:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::| =3
      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
      |:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i
      |:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|
      |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|  ホントに行っちゃったお。
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


163 :◆vsQyY1yD2Q
                     _____
                    .  ´::::::::::::::::::::::::`丶.
               / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                  /:::::/'/:::::iiλ :::: i、 : i::i:、ヘ/゙,
              |::: /'/:::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::| ::: |
              |::::||:|:::::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::|V:::|
              |::::||:|:::::::::||| |::::::::|'|::::|::|||:::| i:: |
              i::」r――‐ 、/   ,,..-…|:/
               { ||  /:::/ }   イ乞"ア ,l|`!
               Y、/:::/_,ノ    弋ソ ' ' |/  いや、正直な所 私としても有難い。
               |::|゙ヘ.     ,       /'"|
               |::l:::;ヘ.    _      /==j、_  我々は、もう少し腹を割って話し合うべきだと思う。
               |:/! 丶   `  . イ`゙''<| ヘ
             /゙\ヘ. \ >:< / !   } |
            / //. \ \__ / /    / |
              ,く //     \ |.|/   | ∧
          /  `''          `'┼'      / ' / 〉
          |    \           ‘、O.    ∨:/ ∧
          |      i         `       V   ∧
          |      |           ,       ',    ∧
          |      |             ',.      !     ∧
         〈      |             }.O   ∧.     ∧
          |       ヘ          ,'   / .「\.   ∧
          |        〉、       ノ ィ'´  ノ∧. \ /
          |       i/   `===ァ '´/〉.<      /
          |       |:      /!,/ .∧        /
          |       |   / /   ./ /´)-、   /
          |    \ |   '  |   .└〈_,∧. /
          |      Y:      |     {.ノ|/
          |     .|/:      |.O    (_/
          |       |        |      |



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \  ……分かりましたお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ここからは隠し事無しで情報交換をしましょう。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


164 :◆vsQyY1yD2Q
                     __,,........,,,,,__
                     ,..''"        `丶、
               , :'" ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::/:::::/::::/::::::::i::i:::::::',::::::ヽ,-'"~:'.,
           , -'"/:::::/:::::/:::,イ::::::::/|:|:、::::::i:::::::::i::::::::::::i
             ,イ:::::/:::::/:::/ |:::::::i |:| .i::::::i',:::::::i::::::::::::|
              !.!::::/::,'"~"''丶!:::!/_,..-‐- . i:::::::::::|
                   ヽ|'´ ̄/ヽ/  .-‐     ` i:::::::::::|、
                  | ././  .|   、._______,  ',__.::::/:::、
                |/./ ,ノ     `""´ ./,ヘ i/::::::::`、    ウム、今宵はゆるりと語り合おうではないか。
                  /|' ̄ ´ ヽ         / .iくり !` ,:::::::丶
              /.  '、.  ┌―‐┐   !.乂_/  '.,::::::::`、  そうだな、まずは私から質問をしよう。
                   \ 丶 _..,ノ   ,/       ',:::::::::`、
                        \    ,..' |         .'.,:::::::::`、
                         ,.`i'''''"   .!┐        '.,:::::::::::、
              ___________,,.| ̄i / ̄ ̄´ |          ',:::!、:::`、
             /|======/\|/ _,. .-‐´~,.''‐.,,      ',::i ヽ:::',
           /  |      / O     "'==、._`ヽ、    i::i .',:::i
        / ̄` /  _,..っ../              ヽ'´`>、   |:|  |:::|
     /ヘ'三二ニZ;,.-'" <__/__            /  |    |:|  |:::|
  ,-‐ '''""~´    /     ----く             /   |   .!/  | :|
 /          |     二二う           / ./ |   /  |:/
./              |`7`丶--‐‐‐'´           ∨ /   .|     /
.\     _,..-''''''-V     !                 |.       ',
..  ~""'''''"´     \    |                 |       ',
             < 、.  | O         /  |        ',
              |    |               / ヘ.       ',
.                  |.     |             /   ',.     ',
                 |     . |            |    ',  ==‐‐‐',
             |    | O             |.    ',   , : ´\


165 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,.: ' ""~~"" ' .
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
               ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
                i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
                |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
                  { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i   その……真紅殿が 「お義母様」 と言うのは
                 ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
                 ! _/フ      __ υ/┬´::::|   本当の話なのか?
                i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
                |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
               ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
                 ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
              i    ∨/    /         i/   ∧
              |    i {    ,'ο        }',.  ∧
              |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
         .      \__,.>'´|   i.o       | ∨    i


       ____
     /      \
   / ─    ─ \    信じられないかも知れないけど
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U |   本当の話ですお。
  \.     `⌒´     ,/


166 :◆vsQyY1yD2Q
.   /  〃  / 〃  / ;    !   !  !   i  i i ハ  '.ヽ X//fく   |
  /  〃  / /:゙  ,:′ i    i  i  i  i  i l   i  i i Y/|__)  |
 .′〃  .;′/ ii  il  i    i  i  i  i  i |   i  i i  Z八} l:|
 l  ii   il  i ii  il  i   !   ! ;′ i  i |   i  i i i i[ノ  !|
 |  ii   il  | ii  il  i    i   ∨    !   i |   i  i i | |V   ;|   正真正銘 私の母だ!
 |  ii   il  | ii  il  i    i:   \   i イ i |   i  i i i |ト、    |
 |  ii   il  | ii 八 人   八  _,.斗禿示卞x|  ,′ ; i | l::..:}   八  君は もう少し真面目な質問をしたまえ!
 |  ii   il  l : ̄云≧=彳 `ー丶_〃 V 辷ツ 八/  / / 八ハT 、   \
 l  ll   il  ! 八《 V辷り  ̄      ̄ ̄ /_./_/_/_/_/ }:::} ハ  :i  \
  、八 从 人ト小  ̄ ̄         .:://:f⌒ヽ_.ノ⌒Y  ¨i  ¨i ii  i|    丶
  \ \ \ 刈 .::///::.   `   f⌒Y>‐…=‐-く⌒_  i ii 八        、
          八          人/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.::^⌒}! 八、  ヽ
              i> .._____fi__){.:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.:厶ヘ、 ヾ  i     ハ
              l / l!i/:i:i{^介{.:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.:::}} i|  i       i
              |/   i/:i:i:i:rf氏ァxji:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY{  i|  i       |
              |i:  /:i:i:i:i:く_ .イ:W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマ  ;|  i       |
              l| 〈:i:i:i:i:i:{无/W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}} |  i       |


167 :◆vsQyY1yD2Q
                         _
                       \ヽ, ,、
                        `''|/ノ
                         .|
                     _   |
                     \`ヽ、|
                       \, V
                         `L,,_
                         |ヽ、)  ,、
                        /    ヽYノ
                       /   r''ヽ、.|
                      |    `ー-ヽ|ヮ
                      |       `|
                      |.        |
                      ヽ、        |
                        ヽ、,.___ ノ
                      ,-‐イr'¨¨´~_}
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  /斗イ!ス、 i!メ、j l l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, / ,ィf羔ミ, ヾノ川!リヽj !
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝ〈{ 辷tタ    f市k| / l 
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  xxx      ヾツリ′ノ  あぁ……ヴィクトリカが
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!         ′xx{ ,′
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!      r‐ ォ   }iヾ:、  母って言ってくれたのだわ……!
      ヽ! l|   l_j! lー-/ W:、      ̄´   ノ ! 〉:〉
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈      d⌒) ./| _ノ  __ノ
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }


168 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第104話 「勇者たちの邂逅」 は終わりです。


原作のサイモンの子は、グラフィック上は男ですが

DQ7移民のバーキンの様な例もありますので断言は出来ません。

九分九厘 男でしょうがw

 ※ バーキン … 女なのに兵士になりたがっている移民。 グラフィックは男の兵士。



乗馬と言うのは基本的に軍事調練ですので

この作品の世界観では女性の乗馬は 「おてんば」 扱いと言う事にしました。


ちなみにソマーウィンドと言うのは、『ファンタジーRPGクイズ』 に登場するエルフです。

鞍も手綱も無しに馬に乗るエルフの元ネタは、おそらく 『指輪物語』 でしょう。

エルフではないガンダルフも同じ乗り方をしていたはずですがw



「おいしい モーモーミルク ごっくん してください 」 と言うセリフは

ポケモン原作にあるセリフですので健全です。                                    多分。





次回更新は、12/1(日) 20:00〜を予定しております。

11/24(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


     ∩;;;∩
   (Y;;;;;;;;;;ヽノ)
    i;;;;;;;;;;゚;;;゚ヽ
  /;;;;;;\;;;;'⌒)
  ).|;;;;;;;;;(,,゚Д゚)  < ウシ!
  ι|;;;;;;;;つ ;;;/つ
    ヽ..;;;;;;;;;/
     U"U


第103話へ     5 第105話へ

ファンタジーRPGクイズ1 五竜亭の一夜 (富士見ドラゴンブック)ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト 〜みんなでできること〜: 1 (角川コミックス・エース)
ファンタジーRPGクイズ1 五竜亭の一夜 (富士見ドラゴンブック)ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト
〜みんなでできること〜: 1 (角川コミックス・エース)

この記事へのコメント
弱気なもっさんってのは新鮮だわ。
Posted by at 2013年11月18日 21:00
もっさん貞操の危機!!  なのか?w
ガイアの剣がないと陸路でネクロゴンドに
侵入できないからなあ…。とはいえ娘にも
心当たり無し…。「剣」というのは建前で、
実際には違う形をしているのか?
Posted by at 2013年11月18日 21:19
>あぁ……ヴィクトリカが母って言ってくれたのだわ……!
良かったね真紅さん……いや、マジで。
Posted by at 2013年11月18日 21:52
可愛い!真紅可愛い!

あとポケモンの言い回しは昔から変わらない、健全なものだから!
おじさんのきんのたまとか健全だから!
Posted by at 2013年11月18日 21:55
真紅が母と呼ばれてスゲェ嬉しがってるのがちょっと効いた。
そーだよなぁ、すぐ引き離されたんだよなぁ。やはりシックスーンは死すべき。

それにしても五竜亭って……懐かしスグル
Posted by at 2013年11月18日 21:59
真紅お義母さまが嫁にしか見えないと思ってたら
本文中でもきっちりツッコミ入ってた
Posted by at 2013年11月18日 22:05
↑※
×:嫁にしか見えない
○:娘にしか見えない
Posted by at 2013年11月18日 23:20
こういうとこで頼りになるウワテがいると助かるな真紅さん
Posted by at 2013年11月19日 00:32
※2
いや、ガイアの剣はネクロゴンドを越えてシルバーオーブ取りに行く時に使うのがメインだから、ない夫PTが突破してるし特段必要って訳でも無い。
バラモスとの決戦の際に陽動部隊を送る場合、ない夫か準にゃんがルーラで連れていけばいいし。
それ以外だと、バラモス城の対岸に行くこともないし。
Posted by at 2013年11月19日 00:50
この会談次第で門閥貴族達への対応が決まりそうだけど…
あいつら煮ても焼いても食えなさそうな連中だからなぁ。
ホントにどうするんだろ?


>こんなガサツな嫁き遅れ
スマン、もっさん。このご当主様にはその言葉は無意味なのだよ…
Posted by at 2013年11月19日 01:04
陽動は軍単位で送ることになるからルーラじゃ無理でそ
結局ガイアの剣は必要
Posted by at 2013年11月19日 01:56
さて、もっさんは貞操守って無事帰れるのかw
がさつ云々は初期メンバーでもう乗り越えてるしなw
Posted by at 2013年11月19日 03:46
ない夫と準にゃんに何回ルーラさせる気だよ、説明にあったろルーラ使うと空中のモンスターに当たりそうになるって部隊全員を飛ばすのは危険だからガイヤの剣が必要。
Posted by at 2013年11月19日 08:53
そも現代人の感覚からすれば21才?若い!だしねー
Posted by at 2013年11月19日 12:09
ミルクをごっくんだの、おじさんのきんのたまだの、こういう台詞があちこちあるからパロディ系からその手のネタがなくならないんだよwww
タイトルからしてポケットモンスター(隠語)だし狙ってやってるだろこれwww

正攻法で腹割って話す、ってのはああいう環境にいたもっさんにとっては有難い話だろうね。
ここで信頼を得ておいて、後々ニュー速でが坂本家に協力するって形に持っていくのかな。
内乱の中軍事力ないから実権がないのであって、そういう形になればもっさんもいろいろ動きようがあるか。
門閥が絶対なんか言うだろうし、問題は出てきそうだけど今よりはマシになりそうな気が。
Posted by at 2013年11月19日 15:23
感情・心理的には門閥貴族は全部【友愛】確定なんだが
世間体と立場があるせいでそれができないんよねぇ

結局のところどこまでいっても他国の問題でしかないし
Posted by at 2013年11月19日 16:25
>サイモンの子
ゲームの中で「私は サイモンの息子。(以下略)」と名乗ってる。
まあ性別偽装の可能性も1パーくらいはあるかも?
Posted by at 2013年11月19日 17:34
性別偽装>
上杉謙信女性説を思い出した
他にも後世で調べたら実は女性の可能性が高いって話はけっこうあるよね
Posted by at 2013年11月19日 21:04
DQ3はあんな格好している女勇者でも男として育てられて
対外的には男として名乗ってると思しき会話があるから「息子」と言ってても
娘という可能性もまああり得るかも。
どこかの町の子供が「え?男の人なの?僕には女の人に見えるけど…」みたいなこと言ってたよね?
Posted by at 2013年11月19日 22:38
勇者サイモンの娘は100万のモンスターなど恐れない
だが、
やる夫の好色ただひとつを恐れた!
Posted by at 2013年11月20日 23:35
※9&※13
ルーラ無理でもやらない夫たちは山岳踏破で潜り込めたから、オゴン使わせてもらえるなら
ギャル夫一人で山岳踏破、他はオゴンで待機して必要に応じて召喚、もありだけどな。
Posted by at 2013年11月22日 16:09
流石は真紅さん……とか軽く読んでたけど、
よく考えてみたらブロワ家を押し上げたチート頭脳持ち+その才能を受け継ぐ娘が二人して 自 発 的 に 応援してるんだよね?
今更だけど人材がチート過ぎるww
Posted by at 2013年11月24日 20:56
>ギャル夫一人で山岳踏破、他はオゴンで待機して必要に応じて召喚

う〜ん……面白い発想ではあるけれど、
空路も陸路も強いモンスターがわんさかいるんで仲間モンスター護衛につけるにしても
相当数用意しなきゃあかんだろうし、そうまでしてギャル夫一人に賭ける形になるってのは……
リスキーすぎるというか、ぶっちゃけほぼ机上の空論レベルの話にならね?
Posted by at 2013年11月30日 12:15

ない夫達が既にバラモス城手前まで踏破している筈だから
そこまではルーラで行こうと思えば行けるはず……
しかし、ギャル夫は四次元ポケット風移動要塞として運用できる見込みが強くなってきたなぁ
Posted by at 2013年12月02日 01:31
↑ダーマ神殿に行く前にオプ坊が「大量に物を通すと負担が大きい、今回は特別」
ということを言っていたから、
移動要塞風の使い方は行いにくいんじゃないかなぁ?
Posted by at 2013年12月07日 14:28
好色な男の家ですからねえ。女性なら身構えてしまっても仕方がない。
不謹慎ですが慌てる姿が可愛いと思いましたね。
この機を逃さず信頼関係を築くことが出来れば良いのですが。

サイモンは最期まで勇者でしたね。誇っていいと思います。
しかし、ガイアの剣についてはちょっとあてが外れたかな。
サイモンがガイアの剣をちゃんと託してくれているといいのですが。

まだヴィクトリカでは真紅には及ばないということでしょうか。
母親から娘に教え、伝える……ふむ、これも親子の交流でしょうかね。
Posted by とあるA at 2013年12月12日 00:05
真紅さん可愛すぎるw
Posted by at 2014年02月04日 18:48
真紅さん良かったね
Posted by at 2017年01月07日 17:21
最後の真紅さんが嬉しそうで交渉とかどうでもよくなったw
Posted by at 2017年09月15日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80875632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ