■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2013年12月02日

第105話「錯綜する思惑」(4)

第104話へ    4 第106話へ

104 :◆vsQyY1yD2Q
【 コスタット郊外 集落跡 】

''"~~"''ヽ,,,_
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,             _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. : :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
;.;.;.!#!-!、,、,;;:__/二△___; '''""''';;,;,,人.l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,=== | |          .| | 7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| |          .| |___田l,:..:..... :.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_|
ニニニニニニニ| |          .| || ;| :: ;   | ;|ニニニニニニニニ|; |ニニニニニニニ|; |ニニニニ
ニニニニニニニ| | ______ | || ;| :  ::::  | ;|ニニニニニニニニ| ;|ニニニニニニニ| ;|ニニニニ
,,        |_| ,     ,    ,|_||_;|:;:  ;;   |_;|   _  _,,   | :|_   _,,   | :|


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::/ て
   ∠/::::::::::::、::::::::::::::/   ヽ
.    ノ//:::::::::/'´ ̄ ̄`ヽ |
    イ /: : : :从  _,.ノ '(ゞ、レ|    とうとう来ちまったよ……。
     |ハ.|    ( ー)ヽ ヽ
      .ノ| U   (___人_\\__   戦場なんだよなぁ、ここ。
    /  |     `⌒(⌒_   \
    {   .ヽ.       し「、    \
    {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
    .|   |       |  /   /


105 :◆vsQyY1yD2Q

     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /::::::::::、::::::::::::::/   て
 ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
 ノ//::::/  シ  .ヽヽ  |
 イ /: :从  (○)(○)レレ|
  |ハ |    (__人__)./ノ   おっさんは平気なのか?
     |    |r┬-| |
     .| ι  `ー'´ }.    相手人間だぜ、人間。
     .ヽ     u  }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     \
       |    |ヽ、二⌒)


                 ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                〈/ ノ\   /\ \〉
                  ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   いや、流石に それは怖いけど。
                  )    Y    (
                 /γ⌒     ⌒ヽ\     僕達の仕事は ここを守る事で
                /  |         |  ヽ.  前線に出る事じゃないから大丈夫かな〜っと……。
                |   ヽ__人__ノ u. |
                \     `ー'´     /


106 :◆vsQyY1yD2Q

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  そうなのですか?
      |:::::|:´:|、_  /ヤ:.ノ:::i `
      |:::::|:::::{´,/ .∧:|:::::|
       |:::::|:::::|イ    ,/:|:::::|
       |:i|:|:::::|    /l'i:|:::::|
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j__||,、i'|
       || |ッ'゙\   /‐イヽ.
      | |:::||  `iー   |ィ´
          |  |     |
          |  |    |
          |   |    |
          |__|___,|
          {ーイ リrヘ、
          `ー'  .`ー"


                 ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                〈 ●ノ\   /\● 〉
                 ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ.     え? 説明して貰ったでしょ?
                   )    Y    (
                 /γ⌒     ⌒ヽ\     全軍で攻めると ここが無防備になるから
                /  |         |  ヽ.   陣地を守る守備兵に僕達を雇ったんだって。
                |   ヽ__人__ノ   |
                \     `ー'´     /ヽ   ほら、募集の時も 「警備」 って言ってたでしょ?
                 /               \
                 (  ヽγ⌒)        ヘ   \
              ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


107 :◆vsQyY1yD2Q

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|  なるほど。
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `     そう言う意味だったのですね。
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::| \|┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l   \__|゙、:i'|


          ___
        /    \
       / ヘニヾ゙リン\
     / =▲▼--▼▲\
     |    /(__人__)ヽ  |  ああ、そう言えば そんな事 言ってたな。
     \    `⌒´  ,/
   /´` |   ヽ   /,´´ ̄、~ヽ、
  /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
 (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
 {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
 i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
 /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
 |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /



                  ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
                  〈 ーノ\   人.ー  〉
                  ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ
                    )    Y    (
                   /γ⌒u    ⌒ヽ\  君達、真面目に聞いてなかったでしょ?
                  /  |      u   | uヽ
                  | u ヽ__人__ノ   |
                  \     `ー'´     /
                   >           <


108 :◆vsQyY1yD2Q

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      /:::::::::::、:::::::::::::  て
    ∠/:::::::::::::::::::::::/゙`''`  ヽ
     ノ//::::::::::::::::::::/|l   ヽ |
    イ /::: :::::::::::::::::从u.ノ   レ|
       |ハ::::::::::::::从 -┰  /
     .__リ川ハリ u    ヽ    まー、いきなり人間相手に
_..,,..-./r-/  l    (   ,、_)
::::::/:::::|/    |.    ` ̄ 丿    「ちょっと殺し合いをして貰います」 とか言われるより良いけどよー。
/:::::::::::|    ヽ、       l´__
::::::::::::::::|     `''-..,,_ノ:::::::l
―‐-、:ト、    /|:::::::::::\::::/
:::::::::::::::|  \  / |:::::<´ ̄:::/〉



                , : ´  ̄`゛ :: .
              ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
               .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
              .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
             |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
             |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  私も流石に
             |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
             |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|     人間相手の命のやり取りの経験は……。
              |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
              |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
              |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
              || |ッ',__|:┴─イヽ.
             | |:{ lェrl|     |ィ´
                ゝ  /|     |
                 |V |    |
                 |   |    |
                 |__|___,|
                 {ーイ リrヘ、
                 `ー'  .`ー"



       -‐´ ̄ ̄`ヽ、
     /:::::::、::::::::::::::/ て
    ∠/:::::/'´ ̄ ̄`  ヽ
    .//::/u __ノ L__ヽ |
    イ /从 {::::::::  ::::::.レ|
      |ハl  r''´   ヽ.|
         ', ヽ-‐'ヽ--'|   ( 何の経験なら あんだよ…… )
          ',        /
          ',     |
           ト''" ゙̄''イ
       _,/|ヽ  | |\
      // .|     |、ヽ\
    / ./  |     .', .〉.ヽ
   /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
   ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧
  ∧   ∨ .|      .| |  ∧
  ∧    ∨.|        | .|   .∧
 ∧     ヽ|      | |   .∧


109 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           /::::::::::、::::::::::::::/   て
         ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
         ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  |
         イ /: :从 (●)(●) レレ|
          |ハ |  (__人__) ./ノ    ちなみに俺、『バトル・□ワイアル』 は見た事ねーぞ。
               イ|   ` ⌒´  ノ
              ヽ        } | ̄|   ガキの頃 TVで騒いでたから
              ヽ     ノ . |_|).   あのセリフだけ覚えてるんだよなー。
        ____/      イー┘ |
        | |  /  / 19歳 ___/
        | |  /  /      |       ※ 映画 『バトル・□ワイアル』 2000年公開
        | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


110 :◆vsQyY1yD2Q
             __
          ...:::´:::::::::::::::::::`:ヽ、
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       l::::::::::::::::::ハ::::!::::ハ:::::!:::::::::l:::::::::::i
       |:::::::::::::i:::レ::::|::::l::::|:::|:::::::::|:::|:::::::!
       |::::::::::::i::::::::r≧ミ L:ハ::__,z|_:!::::_;′
        i::::::::{`l::::::l:::i゚●ソ   '●゚i〃:::i|   ……なるほど。
        l:::::::::ヽi:::::|:_|゙¨ ´   , ¨´!!:_:::i!
        l:::::::::::::i:::::ト           ノ:|     つまり私達は経験不足故
      ,:::::::::::::::i:::::! ` 、 _ ´...イ:::::|
     ,:::::::::::::::::i:::::|ヽ、   lト、:::::ハ:::::!     前線には出せないと判断されたのですね。
      l::::::::::_>ヘ::::!  ヽ. ゙、ヽ/ l::::|
      |::/-、  ヘ::!、  ヽ. | i、l::::!
     〃   ヽ.  l:!`、  ヽ.i iヽ:ハ
     ′      V、 ヽ  ゙j .|V│
    l      l j  Vヘ∧  ,′ iヽ !
    |       l ′ Vヘ∧ /   ! ',!
    ハ     ! /   !::i:i ∨   ,′ }!
    !      l'     |::ii:|./   ′ l|


                ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
               〈/●ノ\   人● ヽ〉
                 ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
                 )    Y    (     そうだねぇ、実際 経験不足だし。
                /γ⌒     ⌒ヽ\
               /  |         |  ヽ   もっとモンスター相手に経験を積んで
               |   ヽ__人__ノ   |   強くならないと。
               \     `ー'´     /


111 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
           r‐‐‐、〈 ○ ノ\    人 ○ .〉./`ヽ
           ゝ r≧ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ./_ イ
           }  `|  )    Y    (  } -'  )
           /   //γ⌒     ⌒ヽ\、ゝ  ヽ
          .|   |/  |         | ヽ l  |    そ し て 水 田 ダ メ に し た ヤ ツ を
          |   ||   ヽ__人__ノ  | .|   |
           i   \   |rー┬ー-|   //   /   焼 き 尽 く し て や ろ う ッ !
           \     ` ー―ー'´      /
            ヾ               /
             i               i



          ___
        /    \
       / ヘニヾ゙リン\    相変わらず滾ってやがるな。
     / =▲▼--▼▲\
     | u.  /(__人__)ヽ  |   ガキにゃ分からねぇ怒りのツボってのがあんのか?
     \    `⌒´   ,/
   /´` |   ヽ   /,´´ ̄、~`ヽ
  /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ  ヽ
 (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ (::::i|、
 {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i /~ :::)


112 :◆vsQyY1yD2Q

          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
.         /:::::::::::::::、::::::::::::/  て
      ∠/::::::::::::/´ ̄ ̄`   ヽ
.       ノ//:::::::::/   /  |  |
.       イ /::::: ::::从 ( ●) |レレ|
       |ハ  |      (__人)/ノ   俺も分かるとは言えねえなぁ。
          イ|       `⌒ノ
            人.       ノ     どっちかと言うとパン食だったし。
       /⌒ヽ、    _ノ
      /   ノ \__ィ ´
      /  /    '|.
      (  y      |.
.       \ \    |
.       \ィン、__)、
        |     ij ,ノ


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  私は、ご飯派でしたけど
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `    .あそこまでは……。
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|      やはり自分で育てていたのが
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|      大きいんじゃないですか?
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
       || |ッ',__|:┴─イヽ.
      | |:{ lェrl|     |ィ´
         ゝ  /|     |
          |V |    |
          |   |    |
          |__|___,|
          {ーイ リrヘ、
          `ー'  .`ー"


113 :◆vsQyY1yD2Q

                             -─  ―-
                      __ ´    /し      > 、
                    _≧x \  〈{  // ̄〈     \
                  / ̄ ̄     \ j川 ̄Z二〈      ヽ
                 /            ∨}{  //Λ           ゜,
                    (/   /   /  __ 斗f一'⌒ ̄{    トvwトハ  ゜
                    { / / / / //  /      |    Vハ  }  i
                   ∨ /   / /  { /        ∨ \  VV  l
                 ∨ | l|  ト--jl、{     _, --= \\\__r─く l
                  \{ l| l{ーrf芒ミヽ  '"ァテ它_デ'  ̄「i {/⌒} !
                    |\{ ト、 ` ̄ノ }   \       |l| |⌒ {  l    そこの あんた達。
                    | }l\      /|            |l| |__ノ}  ,
                    │ l|  li    〈 ノ            |l| |ィi´l  ∧   ヒマなら柵の修理を
                    | l|  |l.    ` ⌒        |l| l| l| l|   ∧.  手伝ってくれるかい?
                    | l|  |l::.    ー。―一' _____/| | l|_l| l|   ∧
                    | l|  |__     ̄   | _ __,|l| l| }| l|    ∧
                    | lレ'´   \       | {匚}Τ |l| l| |l l|    ∧
                     |/      |\      | {匚}⊥ |l| l| |l l|    ∧
                 /        r‐|   ̄   l ` ̄ ̄「 |l| l| | |  l  l ∧
                  Λ       |\ ̄厂「 ̄ ] ____|l| l| | |  |  | l∧
                /o ∨        l= } ̄| | ̄ /{匚_{ Τ |l| l|⊥ |   |  | | ∧
                /o /∨       |ー \| |_/ ,{匚_{ ⊥ |l ∧ 〉!  l|  | | ∧
                /o /   Λ   r―{ ̄\    /` ̄ ̄ ̄│  ∧ ̄ ̄\__ ∧
.         ___/o /-‐ /o人 /{ 「\_| / =-‐  ¨ ̄│ \ \__/⌒/
       / /o /   /o / /「  l\\ { ̄\ --一 '´ ̄ \  ー==彡/
.    /   {_/    / o /  / .|      ̄) /          \__/
    /     l       / o /  /  !      /
...  / / }  |     / o /  /  |\_________|\
.   / /   |  |     乂_,ノ  /  │( ( ( ( (|.  \
.   /  │ |          /   「`ーーーーー|     \


114 :◆vsQyY1yD2Q
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::/:::/:::/:::::::i!::::::::::::::::::::!::::::ハ
          ,:::::::::::::::::i!:::!::::!i::::::::::::!::::::::!::::::::i
            i::::::l::::i:i:i:!│i:!:`L:::::::」‖i:i:i:!::::::!
            |:::::l::::::::i!o●゚;    ,'.●゚,! V:::::::!
            |:::::l:::::::_|`" ´    ` "´ ,'::::::::jj
            |::::::::::::|、       '    /:::::i´`'   あ、はい。
          i::::::l:::::l::ゝ   - ‐  ,.イ:::::::|                   . . . .
          |:::::ハ::::i:::::::|`  . ,.ィ:´:::!::::::::|     お手伝いします、おばさま。
          |::::::ハ::ヘ'\、     l゙、:::!::::::::|
           レ‐‐rヘ:ヘ  ヾ:、   l  ヽ:::::::::(>ヘ
        / ∨´ -ミ!  ヽヽ/  |::::ト/、丶`ヽ
          /  {   ´ ):!、  .∨   |:!::!ゝ    /
       /   、   j:::::|ヘ  /   / |::!/   /
       /   /ヤ  ∧::::|.∨'    / .|:::!i  〈ヽ
       /─-ェ/ | ./ |::::| /   / |::::ヘ  /ヽヽ
     / \/  |/!  |::::|'    /!  |:::||ヽ/  ヽヽ
     | /    l/  |::::::!   / | .|::::!|./   ヽj:、
     |〃      !'__|::::::|___/__|__/,イl.!'       l
     {      /  |::::::|     /' i'|       |

           ↑14才   30代前半↓

                       ,、‐ ' '‐ 、_ ┛┗
                    fゝ '゙    '.  `┓┏
                    /i      '.    ヽ
                     !{、       ;    i
                   l '、n  ;       ;  l
                     ' } l:. i         ;  !
                       i゙i :.i : .  :   i.  !   は っ 倒 す よ 。
                       !i :i : . : . .  i . l
                     i.i .i : : . : : : . . i: . !
                       i,' .i . : : : ; : : : : . .', :l
               r- 、_,..、-i' . i . : : :, ; : : : : :.',: l
              r''゙、 . . `'.ソ . i.: . : : : i ; : : : : : :, :l‐、
                l、 . . .' .- /  . i: . : : : : i ; : : : : : :i: .ト、ヽ
             l  . . . . ./  . :i: ; : : : : :i ; : : : : : : i :l . `l


115 :◆vsQyY1yD2Q
         ,ィ/::::::::::::::::::::::::::>       >
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>'´ヽ'`´ \  `ヽ.__
           >、r.、/:ヽ:::::〃::::::::>、      ヽ  <
        /::::::::::::::::/ミ:::///  ヽ       ヽ <
       ./::::::::::::::::::i  `     u ヽiヽ   ヽ、!/
      /::::::::::i::::::::::i    ゞ--    __', 、   ヽ>
     ./::/::::::::|::::::::::i ⌒    ,..-''(:::::)、iヽ  .i
     .::/:::::::::::!::::::::::i   _    ヽ_,,.-''´ i| ヽ N   ( 遊び人は、人を楽しませるのが仕事だって話だし
     i::i:::::::::::::;::::i::::::i''"(::::) >    ヽ      iノ.|
     l/|::::i::::::::ヽ|、::::i''"´ /   >‐-- '        |    もう戦いは手伝わなくても良いよな……? )
      .!::::i:::::::::::::ヾ:::i  ゝ- '        U  !、
       、:::|ヽ::::::::::i.ヽi                  , ヽ
       ヽ! ∨::::| 、              /   \
             ∨:! \         __ /___
           ヽゝ   >       _ /   \ _\
                  >‐''"´ / ∧__/:::::::::ー^^^
                       | /:::::::::::::::::::::::::::::::::
                       |V:::::::::::::::::::::::::r:::::::::
                      !::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::
                        、::::::,..-::::::::::::::|::::::::::
                         〈/::_,,..-::::::::::|::::::::::
                      f::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::
                         f´:::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::
                     /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::


116 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


117 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :○ ニュー速で軍 駐屯地
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :● コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


118 :◆vsQyY1yD2Q
【 坂本邸 もっさんの部屋 】
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/



            ,..‐ ''' ""~~~"" '' ‐ .
            ,.'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /: , '::::::::::::::::::::',::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::_,..,
      ,.'/:::/ ::::::::,'/::i::::::: i:::::::::',:::::::::,.. ''"::::::::ハ:、
       //:::/,':::::: ,'/ i::|::::: i:|:i::::::::i-''":::::::::::::::::::::::::',ヘ.
.     //:::,'::ii:: : ,'::i |::|: :: |:|:|::::::::|ヾ:::::::::::::::::::::::::::::i:::i
     i::i:::::i:::||:::: |:::| |::|: :: |:|:|::::::::| ゞ::::::::::::::::::::::::::} :|
     |::!::: i: ||:::: |:::|'´`'|ー-|:-|::--:| .ヘ:::::::::::::::::::::::::! :|
        Vハ'´   /{弐}゙゙゙ア    〉-‐-、 : :::::/ ::|
          | }.    弋,ソ      .//ヘヽ } :::::/ :::::|
          |ノ              ,' )ノ ./ : :/ : :::::|  ……私は、情けない当主だな。
         iヽ           i 二.'::/ : ::::::::|
.           ヽ.             j./|::::,.' | ::::::::::::|
          \ ` `       ,.'  |/    | ::::::::::::|
.              \    ..<    ,.i>:  | ::::::::::::|
              `¨´|ヘ. ┌ ''"´    i   | ::::::::::::|
               ,--┤.| /      ,..'ヽ、 ! : :::::::::|
           _,..‐'ゝ.ヘ. ハ/   ‐ '"´ / /~"'''‐-.!,_
        .<.‐''"   .l´О         ~"'''‐-...,,_ハ
      /i /      /              i    //i


119 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,.. ---- .
                 , ':´::::::::::,:::::::::::::::::`丶、
                  / :::::::::::::::::,':::::::::::::i:::::::ヘ;::\
              , ':/::/:/::::::::::;イ:::i::::::::::|:::i::::::ヘ : ヘ
                /::/::/:/,'::::::::/ i::::|:::::::: |:::|:::::::::i:::::::',
                 /::/::/{:i::i:::::::::{ |::::|:::::::: |:::|:::::::::|ヘ;::::}
             {:::i::イ__,,,...<´,/  ''‐ .`゙'' 、! }:: |
             ヽ、::i/´/::/ }     、,__`"''‐- .i:: }
                 〉{./::/   i           /:::/
                 {/ヘ/ _,,/      ミ===ゝ /|!}'   やる夫殿が、我等を助けに来てくれたと言うのに
              |!、 }  ̄   ヽ         / .|/
               |  ‘、            U /_,} |     歓迎の宴一つも開けんどころか
               |    \   ― 、    ,.イ-‐''|
                     \      ,. イ::::::::|      町から追い出す様な真似を……。
                    |.ヽ、.<..| |:::::::::|
                      / ̄ ̄ ̄| .|\|:::::::::|
          /i三三三三‐‐--..,, | .|  }:::::::::|
         / ̄`i              〉´  ヽ=≠‐-、
           /    |             ヘ.О       iヽ、
.          / ,,...-┤               `、      i } .}
      ,..‐''゙´    ヘ              `、      \,' .ヘ
    ,./        ∧ ,'            `、      \∧
 .<       _,...-'''"∧,                 `、         `、
´            / _,.              ', Ο      `、
              >'´ー ''´: : : : : . .         . . . : i: : : . . . . . . : :}
          >'´   ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.i: : : : : : : : : :./∧
、. . . : : :>'´       ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,': : : : : : : :.:., '  ∧
 ヽ、/           ∨: ヽ、 : : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : : :/:    ∧
    ヘ.              ∨: : `            i 0    /: : : :   ∧
    \.             ∨:.            |     |ヽ.: : : :   /



       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|.   しかし、町の中に置いては
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|   民が不安に思うでしょう。
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   それに、門閥貴族とのトラブルも
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ    予想されます。
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


120 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,. '' "  ̄ " '' .
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::',
                  //::::::,'::/:::::::i:::::::::', ::::::ト、:::::i
               i::l!::::::il:::|::::::::|!:::::::::|i::::::| V |
               |:il:::::::|i::i!::::::::i!:::::::::}|:::::|  i:::|.   ……分かっている。
                〈、Y'´/::/Y __,,... .-‐ ヘ`l
                人,i /::/,ノ  =-‐‐' 夂,/   こうするしか無い事は。
                   (  ヘ ̄   ,   ""  /|:::::|
              ι  ,===ヽ、 ,  、  .イ====、   だが、彼等に報いる事の出来ぬ
                i ヘ ̄ヽ`'D'' ´ / ̄ ̄ ゙i
                |   V   「o  ´   ∨   |   我が身が もどかしいのだ。
                |  /   /      |   |
                |.ヘ{    i o      }/  .|
                | ∧  ',         |   |
                    |  ∧   io      /   |
                  |   |  |       i    |


              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|   門閥貴族達と距離を置く事は
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |   彼等を守る事にも繋がります。
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ   ご自重ください。
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


121 :◆vsQyY1yD2Q
 
                    . : :´:: ̄ ̄ ̄ ̄::`丶、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   .:::::::: /;:::::;::;:::::::::::::::::::::::::∧::::::::ヘ
                  /::::::::://:::/'/::::::::::λ:V∧:::∧:/:ハ
              |\:// :: ||:| ::::::::: | |:::lVハ:::::∧:/:|
              |ヽ/!:!::::: ||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ゞ: :|
                    |ヘ::| |:|:::::::||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ヾ::l|
                    ∨:{ `≧ュ 、、‐─┘.斗ヒT二丁}::/
                 冫| / /:/ Y´    '"i兀i}ア/-{    かくなる上は、彼等が求めている
               {ヘ|.{/:/   ノ     弋ツ ,'|∨
                ヽ.| ヘー--‐ '          /!|/    『ガイアの剣』 だけは必ずや彼等の手に。
                   |. ∧     '      /‐'|
                   |   丶    -- 、     イ|. |      メックリンガー、心当たりは無いか?
                       >      イ::: l:|
                        ,⊥≧≦ ⊥! :: l:|
                       」   |/    |:::::l:|
               ,. -=≦/  ` 「O    ヘ≧ュ.、、 _
            r<> ' ´      |           ` ' <>┐
            |  |            /          /´ ,   |
            |  |  /        /         / /  .|
            | V/        /O.          //     |
            |ヘ ∨       ./         .:|'     /.|
            | V       /             /   ./  /
            | {: . .   . .{ . . .         . : | . .:/   ,
           / .ヘ: :. : : : : : :.',.O: : : : : : : : : : : :l:/    .′
             /  : :.ヘ: : : : : : : : ', : : : : : : : : : : : /      ′
              |  : : :.ハ: : : : : : : :i : : : : : : : : : /ニニヽ;ノ   ′
        __,  --、 ._|____.|_____./二二<   /
        ゝ'´   /             ´ ̄`ヽ:. .  ′
        〈,    /                  ∨ /
            ゝ、  {                      /
           「 ̄\_____________./
              ヽ==-‐"´|:.: : : : : :|: : : : : : : : : : : : :|



       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|    サイモン様は出立の前に
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|   鍛冶師を呼ばれておりました。
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|   愛用の剣の研ぎを頼んだと思っておりましたが
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ    おそらく贋作を用意させたのでしょうな。
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


122 :◆vsQyY1yD2Q

              _,..、−ァ- 、,..- 、_
            ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \
          /イ      ≧  ゙、 \\
         /  {       彡三;;_拜三ミ \
         /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
        i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,
        |lレ      |::::            |i |
        |    从ル|…ー-▽,__     _,,_ {i j|
        |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
        |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|   おそらく屋敷の中の どこかに隠したのでしょう。
        |L { Nリイv|`、::       l   ,i  |
        |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |   探しておきます。
        |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l |
        !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ
        ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i'
         `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ
            //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
            //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
   _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_


                    ,. ' ""~~""' .
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::/i::::i::::i:::::::i::::::::i:::::i ::ヘ
               |:::/ !:::|::::|i ::::|!::::::l!:::;i ::/i
               |:::i こ二戈i::::::l!斗l!亠l ::}
               メi´ /::/`Y´  ̄它アr‐!.
                   {δi、/::/ 丿,   しノ i∂}   いや、聞くところによると
                ヽ∧/ ̄          /ヘ
                 j \.  ―‐‐-  ,. '| j    その剣が世界を救うカギと成り得るらしい。
                     >, ___,,. ィi ::::|
                      |`ヽv- '´|::::::|.     事が事だ、私も探そう。
               /ニニ二´\_,||_,  '二ニニ.ヘ、
                i'\     「o      ./ .|
                |  .〉    /      /   |
                | /    / o      .}/  |
                |. {     |  /ir/ ̄`ヽ |
               | i´ ̄i´゙゙" ''' ‐ !.,,,__,-ヽ'~ |
               | |  |             `ヽ |
               |.へ-'‐- __...,,__      /
               ヽ- i' "´ | o   `゙" ''i‐‐´


123 :◆vsQyY1yD2Q

                 ,.: ' ""~~"" ' .
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
              ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
               i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
               |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
                 { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i   しかし、どこにあるのやら……。
                ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
                ! _/フ      __ υ/┬´::::|    この屋敷に隠し部屋があるとか
               i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|    聞いた事がないぞ。
               |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
              ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
                ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
             i    ∨/    /         i/   ∧
             |    i {    ,'ο        }',.  ∧
             |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
        .      \__,.>'´|   i.o       | ∨    i



                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                   |::::::i/ ̄ ̄  ̄ ̄\i::::::::::::::!
                    |::::::|           |:::::::::::::|
               |::::::| _     _.  |:::::::::::::|
               |::::::|´モ云ヽ ,ィ'云テ |:::::::::::::|  ( サイモン様の秘蔵コレクションを
               |:::::ハ    l      |:::::::::::::|.   隠した部屋がありますが
               |::::|;;;;,    、,.      !:::::::::::::!
                   ;::::|;;;;;,  ィニニヽ   イ:::::::::::::|     お嬢様には隠しておきましょう )
               ヾ::|;;;ィヽ.  ""  / ,!::::::::/
                   ヾ;!.`込、_,∠z彡|::/
               _,,.. ィ1、 (r‐、゙i.|.i r‐.) ´ム ..,,_
    , 、_,n  -‐ ''"     ゝ、-- ' 1|.l ゝ- ' /   ` ''  ‐-  n,_, 、
   λゝ.,,l_l_             ヽヽ,ィ'⊥ヽ7 /           _l_l,.ノ.λ
.   /ニニ=‐-ニ,,_‐-   .,, /〉   } } /  ハ i. {  <ヽ ,,. -‐_,,''ニ -‐=='彡ム
.  ,iニニiニニニニニニ=-、ヽゝ.,,ノ,ム.ゞ,_ノノム ゝ.,,ノノ' ,.:=ニニニニニニニiニニ|
  ,ムlニニlニニニニニニニヽ. マ'' ,.-、 ー' ,.-、 'マ' ∠ニニニニニニニニlニニム


124 :◆vsQyY1yD2Q
【 サマンオサ北部 コスタット 坂本邸 】                   |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |:.:.i   i  |          r===┬===┐.           |:.:.i   i  |       r===┬
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |::.:i   i  |          ├===||=== ┤               |::.:i   i  |       ├===||=
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |:.:.i   i  |           {i三三三三三三i}             |:.:.i   i  |       {i三三三
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
___|:.:.i   i  |____________________|:.:.i   i  |_______
     \i__i/                                  \i__i/
=========================================



          ,,.. -= ニニ二二≧:.、
         /ニ,.==ニミニニミミミム
         ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
           !      }三三ニニミミi
        i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|
.         / セフ_    lミl  マ三三リ
       /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__    ニュー速で軍には予定通り
.       '__-;         r-く三ム  ,! ,!
          (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈.     集落跡地を与えたそうだ。
          ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、
          〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
           }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
          _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
   _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
. ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
.{(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム
/iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi


125 :◆vsQyY1yD2Q
                           _ _ _
                         /.: :: :: :: :: `ヽ‐x
                         //.: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                         //.: ::/.: :: :: :: :: :: :: :: :: .\
                    /.: /;イ/.:/.:/.: :: :: :: :: ::i:: ::ハ:: ::∧
                      //:{:{:{ !l:::{::/.: :: :: :: ::,リ:リ:: :: :::}:: :: |
                       |!八《V.:::|i|:: :: :: :: :::/:/.: /.: :/.: :: |
                       |!:7゙ ` ヾxk: : : : :/:/: :/.: :/.:.:.: :}|
                     V∧ -==x  ` ゙̄⌒ヽノ_ ノ.: : :l:リ,リ
                    | | ‐tァ_Y  _,.x=-、 /:/.: :;リ: /
                      |::ト、   /  、tァ‐- /:/.:.:.:/::/  これで奴等は
                     !::|  ∨        ,′:: :/.;イ
                         Vハ   ヽ -┘   / V/.: :: ;リ     我等を守る盾となってくれるでしょう。
                        ヽト、 `ー─一   / ,′//丿
                         f7ハ `ー    / ////
                      》、`ーx_,.x< イィ)¨゚
                    _r'¨《 `>、__ーx_,.x≦ィ}
     r─x__r─xく¨X  ̄ ̄ 八  \  (_r‐、i | i´ァ) L
      /三゚ヽ\_ム__Vム∨     \  \_丿!.! !ゝ-'´/`ーx_,..
.     /三三ハ`ー‐x二二¬=、   .>‐x <//¨x、7 /    ハV¨Xー、
   /三ニニハV/三三ニニ≧xヽ   r‐x ハ.Y{.{ }ハ { _ r─┴゚┴゚彡、
.  //三三三 ハV/三三三三三X∨{ {⌒  } }ハこ゚丿! `ー、Y r'三三三 } |
  ∧三三三三 ハV.三三三三三ハヽ、t_.ノ丿_¬\\_丿゚丿三三三 }/:|
  ! ,゚三三ニニニ∧V三三三三三ニ≧x_ー<f´ i. {`ヽ>_,.x'ニ三三三三 |
  !,′三三三三三」.{三三三三三三三三ニXヽ !|!´壬_三三三三三三 |



              _ ,,..  ..,,_
              ,. '"      ヽ ヽ.`ヽ.
             /   ,. ''"```ヾ.,, リノ,;.ヽ
         ,彡'´ /       `´ ヾミi
.          ,彡'´ i   ,."´_   ー  、゙il
        ,彡' ´ {  ,,.--,,、`''ー- ‐  l!
          /   彡〉  =-ャェュ≧く ァ≦'',ハ   盾ではない。
       { 彡ィi lミl   ` ̄´ { : k¨〈,リ
          '///ゝ`lミl ヽ.      ; i i.  ノ'    あそこに居座らせているだけでは
        '///〉ーl   !    ' ‐ r‐' 1.     ただの無駄飯食らいではないか。
         ゙i//,! l.     , -====、  !
     ∠二¨`ヾ/! ',\    `"¨¨ ´ ,.'     我等の剣となって
___{   `Yム'!.,,__  \         /       できない夫を討ってもらわねばな。
       ̄`ヽ/,!¨¨'''' ‐-¨ニ≧ー,_-- イ、
 ̄| ̄l¨¨iーr‐'iム 、   r‐v' r‐、ヽ`Y´‐'、- ──── --
彡l彡l彡l彡l彡!⌒ヽ`ヽ.__,) }‐'  } ,! .| i´'イ-.r‐┬‐r‐┬‐r‐┬
彡l彡l彡l彡l彡!`丶、` ー-.<,, ノ ,:! .| ! {彡l彡l彡l彡l彡l彡l


126 :◆vsQyY1yD2Q
                  ,/ : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : : : : . : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`.、
             ,!: : : : : : : : ,!: :,j: : l : : : : : : : : : : : : i
             |.:li,、;,i|l: : : i|!, i|: : li: :il il: :l :j : : : : : :|
              il ;ヾリ,jゞ、_j!l、,j、;_j!iン'レヾリイ' : : : : : :l
             ヾ、;| r''=-、_  、_,.ィヘ、   !:: : : : : : :i   できない夫を討てば、次はブロワ。
                `ゞ ー・=ゞ ,' ,r=・-,  l;;;;;;;:..,: ::;ノ            コゾウ
                 ,イl  '゙ !   ー 、    ';;;,;、イ;;;,イ     そして金髪の孺子を討てば
                ,! ;ゝ  ,!  '     ,' 〉;;;;;;;;;::|
               l,i ,;;ト,  `ー'''`    ,' / l;;;;;;;;::j     次の王は伯父 ――
               ヾ、j,ハ  ー=‐'    ' /| ,!;;;;;;;;/
                ```、  ー    ,/ l ノソ-‐i
                  ,イト、___,、イ  ,!/   l、_
             _,、-‐''"´ ,!l     /  /    /  `


              ,,.  -──- ..,
           ,. '´  ニ ミ ミ   `  、
          /    三 ミ   ヾヾヽ    \
            / ,. ''´  /⌒丶、 ヾヽ   ; ;, ヽ
        /     /      `丶、  ii ノ ンヽ.ヽ
         /  ,  ' i'          ` ー ´  iミi
         / /, '  {    _               |ミ!
     ,//  ─   {.  ,,.− 、 ` ヽ.` 、__,,. _, - |ミ!
     /// ,,.イ彡!´   ⌒>ミ>;,、   ,  , '´,, -、l.ミl
.    /// ,イ/ヘl彡' ,.   ミ、ヾ_マンヾ彡ツノ }ッシ'⌒ノミヽ
   /// /;;;;! ζ彡 {     ''ー ''ン.'ヾ` ヾくアン',''!i,ハノ
_  l / /;;;;;;;ヽ` 彡 ヽ.      ´ `  i. l `¨  リノ   フレーゲルッ!
二二l l /;;;;;;:: ァ'`‐|   i      イ¨  :  !、  ,.イノ
ニニム i;;;;//   |   l   ,.     ̄` --' ヽ  !
ヾヽニム/ニi !  i |       i ,ィ,,. -==ー= 、 ,  !
 ii マニl!ニニム 、 l ゝ.        ゝ 二二¨¨''ァ ノ ,!
 ゞァ マコlニニム\   `ヽ         ´ ̄`   / ̄¨ '' ー .,
  ii  マ マニニ\\    \            i゙、__,       > 、
  ゞ、 マ マニニニ>> .,   ` 、____,, イ!ヽ.(⌒       ー=\


127 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,,.. -= ニニ二二≧ ┛┗
                 /ニ,.==ニミニニミミ: ┓┏
                 ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
                   !      }三三ニニミミi
                i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|
                    / セフ_    lミl  マ三三リ
               /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__   ……この場は聞かなかった事にしておこう。
                  '__-;         r-く三ム  ,! ,!
                  (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈
                  ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、
                  〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
                   }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
                  _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
           _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
            ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
           {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム  ← 同じく王位を狙っている
        /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
        ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi


128 :◆vsQyY1yD2Q
             /.: .: .: .: .: .: 彡{          .,,_      |ミ|
               /.: .: .: .: .: .: .:彡{    ̄ ¨" ‐- 、" ー    |ミ|
           /.: .: .: .: .: .: .:彡/ ,.z''”“≧x,,_    `¨ " ` {ミi
             l.: .: .: .: ,.イ´i彡/  こ -─tァ-、ニス  ,zッチミy:.',
             | .: .: .: i 'ン゙ノl彡!    丶`¨二´'  { Ktァy /ヾ }
             l.: .: .: ∧ゞ.i lニ/ ゝ      {  i l `¨ |.: リ'  とにかく、ブロワについては まだ判断出来ん。
             ゝ、.: .: .∧` `´   i      ,.  ,} ',   ,リ'´
        ,,.z≦ニニニ/'ーi           ゝ‐ ゝノ   イ
       ∠ニニニニマ   |     / ,、_   -´    /      無条件降伏をするならば
      {ニニニニニマ \   !        、  ̄ ⌒,’  /
      ヾニニニ;ン ‘, \ \         ̄`¨   /         受け容れてやる度量も必要だろう。
      ,,.ゞ<///! ‘,\  > .>x 、        iノ
 ,,. ,.-=7////////∧. \. \   `' ‐-ヽ.,_     ,ノ
7,'//////////////∧、  \ `  -  ,,_,,..ニ7=7>x,,
,'////////////////∧\  `  -, イ∧ ∧ヾ.l'///////>x,,_
,'/////////////////∧、 `  ,/  / / /ヽ. \//////////>x,,
,'//////////////////∧\,/   / / ̄\ ヽ \'//////////∧>x,,_
,'///////////////////∧/ゝ._,ノ  i l l ∧     }///////////,|   `!



                           _ _ _
                         /.: :: :: :: :: `ヽ‐x
                         //.: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                         //.: ::/.: :: :: :: :: :: :: :: :: .\
                    /.: /;イ/.:/.:/.: :: :: :: :: ::i:: ::ハ:: ::∧
                      //:{:{:{ !l:::{::/.: :: :: :: ::,リ:リ:: :: :::}:: :: |
                       |!八《V.:::|i|:: :: :: :: :::/:/.: /.: :/.: :: |
                       |!:7゙ ` ヾxk: : : : :/:/: :/.: :/.:.:.: :}|
                     V∧ -==x  ` ゙̄⌒ヽノ_ ノ.: : :l:リ,リ
                      |::|. ‐tァ_Y  _,.x=-、 /:/.: :;リ: /
                      |::ト、   /  、tァ‐- /:/.:.:.:/::/
                     !::|  ∨        ,′:: :/.;イ   伯父上は、あの侵略者を
                         Vハ   ヽ -┘  u./ V/.: :: ;リ
                        ヽト、 , ..,,_      / ,′//丿   受け容れると言うのですか!?
                         f7ハ   ̄` ' / ////
                      》、`ーx_,.x< イィ)¨゚
                    _r'¨《 `>、__ーx_,.x≦ィ}
     r─x__r─xく¨X  ̄ ̄ 八  \  (_r‐、i | i´ァ) L
      /三゚ヽ\_ム__Vム∨     \  \_丿!.! !ゝ-'´/`ーx_,..
.     /三三ハ`ー‐x二二¬=、   .>‐x <//¨x、7 /    ハV¨Xー、
   /三ニニハV/三三ニニ≧xヽ   r‐x ハ.Y{.{ }ハ { _ r─┴゚┴゚彡、
.  //三三三 ハV/三三三三三X∨{ {⌒  } }ハこ゚丿! `ー、Y r'三三三 } |
  ∧三三三三 ハV.三三三三三ハヽ、t_.ノ丿_¬\\_丿゚丿三三三 }/:|
  ! ,゚三三ニニニ∧V三三三三三ニ≧x_ー<f´ i. {`ヽ>_,.x'ニ三三三三 |
  !,′三三三三三」.{三三三三三三三三ニXヽ !|!´壬_三三三三三三 |


129 :◆vsQyY1yD2Q

                 / ̄ ̄ ̄ \
                   / /⌒ニニ⌒',‘,
                     |ミ{ _   _ }ミ|     利用出来るなら利用するべきだ。
                (ミ{ ニ二i i二ニ }ミ)
                ゞ〈   , l l 、 ,〉ソ    それよりニュー速で軍だが
                 ,ツ! ,. 二二 、 K
                //{ヾ、  ̄´ ,ノ,}∧.    商人風情、我々自らが相手をするまでもあるまい。
            _,,. =ニニ{ヽ._`ニニ´/}ニニ= .,,_
        ,. ィ'ニニニニニ',/´,只`\/ニニニニニぇ ,
       /´ヽ ',ニニニニニム.__/.| |.', ,,〉ニニニニマ  /ヽ
        /   ヽ マニニニニニマ  ! ! `マニニニニニマ /    !
        〉    ',. !ニニニニマ  l ,l   マニニニニi. /   〈
        !    _',.|_ニニニニん'、 M __,,〉ニニニニ|/     ノ
       }、    {  `マニニニニニi'o ニニニニニニj/  ,//
      ', ` ー- ≧x. マニニニニ,!=‐ 、' _`=、ニ/  ''´ /}
       ',     /´Уー ''´    ',    /´     //
         i     / / /      /|  ̄ i  ',` −'  /
       ', ー ´ ,/. ´     / ,/\__,ノ   ',    ,!
        ',  ,/ '´         ´,. <        ヽ   /



                     ,,.. -= ニニ二二≧:.、
                    /ニ,.==ニミニニミミミム
                    ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
                      !      }三三ニニミミi
                   i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|
                       / セフ_    lミl  マ三三リ
                  /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__   そうだな……。
                     '__-;         r-く三ム  ,! ,!
                     (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈   対応は誰かに一任すれば良かろう。
                     ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、
                     〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
                      }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
                     _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
              _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
               ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
              {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム
           /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
           ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi


130 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


131 :◆vsQyY1yD2Q
           __,, ___
         _/: . . . . ,, . . . . . . ヽ
         /: :'':'':‐-: :_: ,;;;''; : . . . . ゝ、
       /.: :,; : : : :'':'';' :`Y,,-、. . .ミ. . . .`)
        !.;.'': : :彡 : : /゙゙゙`´""! . . . 、. .〈
       ノ': : :彡彡ノイ ,.- .、`ト、. . ! . . )
.      {: : ; ;. : : ノ :ノ ,. =、 .,,_,リ从:. .〈
       〉 '/,'´ヽ彡' = 、=・=ーく. kェゞソ
.      i: ;;; l. λ|八     ̄    ヽマ"!   汚名返上の機会をいただき
.      {: '' :ヽゝ、  ヽ       ,.  :. V
      ヽ: : ; ,!ーi  l   /  ̄`イ    このシュターデン、感謝に堪えません!
       〉: ;ソ : 、  i   i ‐''二¨ ,′
.       {:从   :. > `       ノ      我等の勝利のため、粉骨砕身いたします!
      /  ≧ ..,,  ヽ      }
      _/       ≧ .` ー、‐''
--─‐<''<     ,.',. --、ヽ`Yス
      >`'<.. ー   ヽY.|.l.i
、ヽ.       >`'<,,__,,,ノノ |.l.l、
 ヽヽ          > ー '゙ |.|.l゙l.|゙'' - ,,__,、
'' ─-ヽ  ..,,_     `ヽヽ,ノAV,l       ヾーヽ-ヽ-n



                               /'"⌒ヾミ      ‘,
                            ,!''_,,ニ、 }ミ.     ヽ   ウム、頼んだぞ シュターデン。
                            〉'tz‐,,` ヾミr-、    ,}
                           ,! :.、    ハミ!ンミミ /Уニニ7   _,,. ..- ..,,_
                             `个'_ 、  i´ `''ァァヾムニ='-‐:''":/´.: .: .: .: .:>-‐
                                  }‐`   ノ,  /イ.: :/; .: .: .: .: .:/ .: .: .: .:/,z≦_.:
                            ,へ._,,.z≦-‐/ム゙.: .:./; .: .: .: .: .: l: .: .: .: .: .: fォ//`
                           ,.ムニム{_∩、_,,|ニム/ .: .: .: .: .: .: !: .: .: .: .:/ ⌒し
                       ,..ィ.:´.: .:l/,;/∪、\|ニマ .: .: .: .: .: .: .: .: V..: .:rf´
          ,. ── 、____/.: i .; .: .: .: ./,'  i  ', \: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \/ | i ,   /
          . ,.:illllllllllll/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiノ、 .l/ .: .: .: .;>、_i_,r‐'´,ゝ.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/ ,.'! ,ll. ll. l! flll
           illlllllllllllll{iiiiiiiiiiiiiiiiiii∧.: .l: .: .: .: .;>、,;、__,. -t‐'´,rく: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ー'゙ll| ,!l. ll. ll ,!lll
           lllllllllllllll{iiiiiiiiiiiiiiiiii/.: .',: l.: .: .: .: 7ーt‐个ー'ニ彳ー´.: .: .: .: .: .: .: .: .: ./llllしllトjトjィillll
           ゞllllllllllll{iiiiiiiiiiiiiii/.: .: .:',l.: .: .: .:ム;:`´。´`´:::;;i:i .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./iiiiiiiiiiii`ii`iiiiiiiiii
          }  }llllllllllll}iiiiiiiiiiii/.: .: .: ',.l.: .: .: .ム;:::::::。::::::::::;;i:i .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii


132 :◆vsQyY1yD2Q
                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i
         i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ
        } ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.       /: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V
      /: :/⌒i :/ ;; z≧。-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.     {: : !i.λl/i   ー--,'' i. {=。-=ソ , ノ
      ヽ∧ヽ  ゝu.    i  : ! ー イノ´   ですが、ニュー速で軍の入国は
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ
      〉: : :{ |   !  /  ̄`ー'、 /        私も見ておりましたが
        l从从 、   / _ --= 、 ; /
        V ヘ  \     ̄二¨ '/        あれでは流石に兵力が少な過ぎるかと……。
  __ n/   ヽ\  ヽ.      /
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、



                           _ _ _
                         /.: :: :: :: :: `ヽ‐x
                         //.: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                         //.: ::/.: :: :: :: :: :: :: :: :: .\
                    /.: /;イ/.:/.:/.: :: :: :: :: ::i:: ::ハ:: ::∧
                      //:{:{:{ !l:::{::/.: :: :: :: ::,リ:リ:: :: :::}:: :: |
                       |!八《V.:::|i|:: :: :: :: :::/:/.: /.: :/.: :: |
                       |!:7゙ ` ヾxk: : : : :/:/: :/.: :/.:.:.: :}|
                     V∧ -==x  ` ゙̄⌒ヽノ_ ノ.: : :l:リ,リ
                    | | ‐tァ_Y  _,.x=-、 /:/.: :;リ: /
                      |::ト、   /  、tァ‐- /:/.:.:.:/::/.  ほぅ……!
                     !::|  ∨        ,′:: :/.;イ
                         Vハ   ヽ -┘   / V/.: :: ;リ     やはり、シュターデン先生から見ても
                        ヽト、 `ー─一   / ,′//丿
                         f7ハ `ー    / ////      ニュー速で軍は頼るに値しませんか!
                      》、`ーx_,.x< イィ)¨゚
                    _r'¨《 `>、__ーx_,.x≦ィ}
     r─x__r─xく¨X  ̄ ̄ 八  \  (_r‐、i | i´ァ) L
      /三゚ヽ\_ム__Vム∨     \  \_丿!.! !ゝ-'´/`ーx_,..
.     /三三ハ`ー‐x二二¬=、   .>‐x <//¨x、7 /    ハV¨Xー、
   /三ニニハV/三三ニニ≧xヽ   r‐x ハ.Y{.{ }ハ { _ r─┴゚┴゚彡、
.  //三三三 ハV/三三三三三X∨{ {⌒  } }ハこ゚丿! `ー、Y r'三三三 } |
  ∧三三三三 ハV.三三三三三ハヽ、t_.ノ丿_¬\\_丿゚丿三三三 }/:|
  ! ,゚三三ニニニ∧V三三三三三ニ≧x_ー<f´ i. {`ヽ>_,.x'ニ三三三三 |
  !,′三三三三三」.{三三三三三三三三ニXヽ !|!´壬_三三三三三三 |


133 :◆vsQyY1yD2Q
              _
           ,. ''´. . . . .`. .、
         ,. -'‐.、;; : : : . . . . . .`ヽ
          /: : : : : ,ヽ;;. : : . . . . . . ー 、
       ,ノ: : : : . : : : v'': . .、 . . . . .`.ー 、
       /: : : : : : : : r‐''"゙i. .ミ . . . . . . .ヽヽ
        {. . ー'彡. .ノリ    !. .ミ . . .ミ . . .ヾソ     いえ、決して援軍に駆け付けた者を
       ,}: : : : : :ソ      ヽ八 . . ヾ. . . . )
        f : /゙ヾ / ,.-、_ ノ' ,)ノン=). . .i'    貶める訳では……。
      V l iヘ.リ ´- =・=ー'、 k=・=, {ソ.ノ
      ノ, ヘヽ 、.u `""´〈 : l `" ノ       ( あの装備の良さが分からんのか!? )
        {f /{Kーi ヽ    ,  , l ,  ,!
   ,,. - 'l.l  ヘヽ 、 i  /_´__`.ー', /'' ー- へ , 、_ ,、
‐''"    ',',   ヽヽ\ ゝーニ ̄‐ .イ!     ヽヽヽヽ ヾ.、'ヽ.、
       ヾ.、  ` ` ミ.、     ノ,リ      ヽヽヽヽヽ.、 } i
        `'\   ',r‐ミー─''//        i i__i_i,,..' '‐'ノ



                     ,,.. -= ニニ二二≧:.、
                    /ニ,.==ニミニニミミミム
                    ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
                      !      }三三ニニミミi
                   i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|
                       / セフ_    lミl  マ三三リ
                  /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__     気にするな。
                     '__-;         r-く三ム  ,! ,!
                     (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈   我等も兵数が少な過ぎると
                     ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、   思っていたのだ。
                     〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
                      }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
                     _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
              _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
               ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
              {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム
           /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
           ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi


134 :◆vsQyY1yD2Q
                           /;/`ー''"´`ヽミ  ',
                       lミ{ __,  -‐  }ミ.  ‘,
                      /ミ!__, 、_,,z=- 、}ミ.  ‘,      ならば、こちらも兵を出し
                       ゞ{tァ} {"k‐' ,ハミ´i  ノ
                          、´!_;__、   i  ン、彡- 'ニ=-、.   ニュー速で軍を囮にして
                           i ,-‐-、 、  | ,リ`':.kニ三/    我等が戦果を挙げると言うのはどうだ?
                        、 ¨¨   ,ノノ/.: .: .:l,; .: .: >.. .,,_
                        斗、__,,.ノ´/,〈.: .: .:/,; .: .: .: .: .: .:/`ヽ
                     ,. <.:{ニヽ{_∩´彡マム.:.:/,; .: .: .: .: .: .:/.: .: .:∧___
                   ,ィ".: .: .: .: マニ〉'∪\<〉マ`';.: .: .: .: .: .: .:/ .: .: .: .∧iiiiiiiiiiiiii
            ,. ─ -  .,i: l.: .: .: .: .: .:.マ / i ヽヽ \.: .: .: .: .: .: .: .,'.: .: .: .: .: ∧llllllllllll
          / /lllllllllllllll∧.:', .: .: .: .: .:/ / l  ヽ  ヽ.: .: .: .: .: .: ,! .: .: .: .: .: .∧llllllllll
          /  /lllllllllllllllll,! .:ゝ',:. .: .: .: ん、 l    _,r'゙\.: .: .: .: .:,!.: .: .: .: .: .: .:∧llllllll
          !   'illllllllllllllllll〉.:ヽ: \: .: .: / 7ヽ-‐-_'´,.、‐'´ヾ.: .: .: .: .!.: .: .: .: .: .: .: .∧llllll
          i   '!lllllllllllll/.: .: .:ヽ.∧.: .: 7ニ二''ー' ¨,.ィー'´ゝ.: .: .: .: V/ .: .: .: .: .: .: ∧llll
        .  ',   'llllllllll/.: .: .: .: .: :∧.: .: ん、_,`ニ^´ィー'⌒´.: .: .: .: .:∧ .: .: .: .: .: .: .: .:i lll
          ∨   'lllli/.: .: .: .: .: .: .:∧.: .: .:マム;;;;;;;;;;;;;;;;;マム.: .: .: .: .: .:∧.: .: .: .: .: .: .: .:l lll



               __,,,,.... -‐ ''´. .`ヽ
             /´: : : : : : : : : : . . . . . `丶
           ,. ゙-:'':":":,,;;v;;;ム: :ミ: : . . . . . .}
             /. : : : : : : !``゙´ }l、:ヽ: 、. . ミ.ヽ
          /. : : :ノノノ ;リ    ' jノl:!. ミ . . .,リ
           |.、. : : 彡彳,._zzz- ..,,_ノ'ゞ.,_. . く
          | jノ: ;. : :/, ,.'' ─-='': 〈二.`} .ノ
          リ: : ,'"ヽl .    ̄´  ', マー {´
          i : : ! λ' i、      , ' _ヽ ,!   ……不可能では ありません。
             、 : ヽ. '_;  ヽ   /='´イ゙i i
             ゝ.: ;; :i l  |  , ,. ニニ、 '    ( 装備の差を考えれば
            从:リ :ゝ   '   "" ,!
               `{  : `丶、     i      硬い重装兵を盾にするのが定石だ )
            √¨ニ‐- ,,_ヽ、__,ノ
            /     ¨>-¨ニヽr'ヽ
             _/_    (_,.'⌒ヽヽ.i f !
__  __ ,.-、,, - ''ー‐- .,`丶、    } i. ! !|
ヽヾ ヽヾ ヽヽ       `丶` ー‐''_,.イ | l.!
、__ヽヽ ヽヽ ヽヽ        \ ̄   ! ,!.ゞヽ
ー--  ̄¨二,,_'' ー- ..,,      ヽヽ./ /7ヽ !`'' ,,.、


135 :◆vsQyY1yD2Q
【 一 目 瞭 然 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   __
               /ヘ    / ヘ
               / /::::ヽ_/ヽ ヘ
               | l::::::::::::::://::l |
           ____ヽヽ::::::://::::/ /    ___
        /      ∨>/二ヽ<_ ノ       _ヽ
        ` ─、    ハ /    ヽハ彡}     /      E:玉鋼の斧
         / ≧−ノ/ iヽ二二二ノ i;;ヾヽ ___ /      E:玉鋼の兜
          /   i彡∨/ i○      i;;;;;;彡/  ヽ     E:玉鋼の鎧
      _ /   /  ノ/  i       i;;;;;;;;∧    i     E:玉鋼の小手
     / Y==ニニ≦/ ヽ  i 二二二二.i;;;;/ ≧三≦       E:玉鋼の膝当て
     ヽ ∧ ヽ;;;ヽ    ヽ/i         i∨  ∨  ̄ ∨     E:玉鋼グリーブ
       ヘ  ヘ;;ヽ    ≧、二二二 ,≦   ヘ    ヘ
        ∨二二}  /ヽ 二二二二/ヽ     ∨  ∧
  ≦三三三三∪∪∪三三三三三三三三三三三∩∩∩三三三三三三三三≧
               l ノミヘ i   !/ハ }     ゝ=≦    /::::::::::::::::::ヘ
             / {三ヘl   !;;;/ ヘ            /::::::::::::::::::::::::ヘ
               /   l三ミ|   !彡三 |ヘ         /:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             /   |三ミ` ̄´∨/   ヘ        \\____//
          /     ヽ彡}    ∨    ヘ         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
          /    /:::::::::::/    イ      ヘ
            l    ,:::::::::/     ヘ      〉
         ノ_ /:::::/       へ  √ ヽ
        /   ヽ /          ∨:::  }
        /  / }             }:::  ノ
      /ヽ _/_ ノ             |::\ ハ


                             ∧
                             ∨
                             ┃  この辺、寒いんですよ。
                             ┃. ,,,,,,,,,,,,,,,
                             ┃ミ,,,_,,,,,,,ミ     E:豪華な鉄の槍
                             ┃(゚∀゚  ,)    E:豪華な毛皮のマント
                             ○ミ三三 ミ    E:豪華なぬくもりのシャプカ
                             ┃ | | |
                             ┃(__.(__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 装 備 の 差 】


136 :◆vsQyY1yD2Q
.           /             \  \
            /     :〃   .:/: /      ',    \
        /:.:   .:|i:. :|:.:.:|:.:.|:{     :} :}:} .:} :.
          .:i.:|:.    .:||:. :|:.:.:{:.:.{:{     .:.} :}:} .:} .:}:.
       i |.:|:.    .:||:.八:.:.{:.:.{:ヽ     .:.:} :}:} /.:/ハ
       | |.:|   .:}.:.:乂\\\\\___/.:/.:/.://.:.::
       | |.:|   .:}.:.:.:}-―- . _       `ヾ//.:.:.}
        乂リ   .:}.:.:.:} ーtァー=ミ  ,... -―- }/.:.:.:.'
          | i|.::/.:/.:.:./    彡  i ーtァー /.:.:.:.:/
          | ||.:i /.:.:./:         | ヽ   '.:.:.:.:/   ならば私が行きます、伯父上。
          | ||.:| |/(            |     /.:/.:.:'
         ヽ|.:| |.:.:||、      `ヽ '"   /.:/.:./       今度こそ反乱軍を
            \|.:.:||:    ` ー-==-‐'  /.:/.:./      完膚無きまでに討ち果たしてみせましょう。
          i\乂 ヽ     ー=   ///
.           ( ト    \       ′
          ./ ` ー--===ミ\ __/_))
        .r‐/        x==ミ Y/=ミ
      ./人 \     ((  )) || (( 八\
:⌒\     \\      // || `ー=彡/  ‐-ヘ=ヘ、、


                     ,,.. -= ニニ二二≧:.、
                    /ニ,.==ニミニニミミミム
                    ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
                      !      }三三ニニミミi
                   i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|.     いや、反乱軍を殲滅するならば
                       / セフ_    lミl  マ三三リ       もっと大勢連れて行った方が良いだろう。
                  /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__
                     '__-;     .u   r-く三ム  ,! ,!   待っていろ、今 呼び出す。
                     (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈
                     ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、   ( ブラウンシュバイクの一門ばかりに
                     〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈     手柄を立てさせてたまるか! )
                      }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
                     _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
              _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
               ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
              {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム
           /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
           ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi


137 :◆vsQyY1yD2Q
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □


138 :◆vsQyY1yD2Q

                      -‐…、…‐- 、
                   ´   ヾ>ヘ´ ̄ ヾ \
                   /    ,ィ==ミf=ミt、 \、 ヽ
              /  __ ルシ´     Vヽ     `、
             〃   ,ィ=彡'        vヘヾ  :. :.
              {{ ィf´        ,ィ==ミ 乂__  :.  i
              vィイ ‐-、_  、_,ィrtッ-、  ヽヾ` .:.  i}、   話は窺いました。
              弌レ'rtッヘ   、 ̄     7>、 :..ヽi}
                v}  ̄´/          ,ヘ´ )ヾ :}   シュターデン殿。
                ii   〈  _ヽ_       } )'´イi:. .:}
                   ,  ゝ´ ´        しヘ :ii:レ゙    反乱軍の殲滅
                 ′ '¨ー'¨丶、_  }   jレ Vヅ     我等にも協力させてください!
                  ,    ̄     '    /   「
                     ′        ィノ   」L
                   `、  __  イ/厶斗  -‐ヘ
                   《了///>'´≪:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧     サマンオサ貴族
                    ,《‐ミ`Y´Y´ ̄ミt、.:.:.:.:.:.:.:.:.∧     ヒルデスハイム伯
                     //⌒)l | l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧   ( 銀河英雄伝説 )
                 /_:.:.:.:.) | | l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ=ニニニニヘ


                          __
                  ,. ァァ77/////77ァァ-
               ,. "//////////ッ=、////,'`丶、
              /////////////   `丶、//,'`ヽ、
              //////////////! ,. ' _   ヾ.'////ヽ
           /,'/////////////ノ -=ニミミ\  `ー '//}
             /'/////////////    、,,_ `ヽ\    ∨
         /////// _,'////      ` 、ひ 、`''\_,  ∧
          ///////,/,r 、Υ /          ̄二 ノ  i くニハ
           !///////  ノ ! /            i   i iッ,.'
.         !'/////〈   く ! !           l    :. ∨!   その意気や良し!
        |,'/////∧ V V     /      /  _ 、,,〉!
         |,'///////\         /     ,,ィッ、 ´ ,/ ,!    必ずや できない夫軍を
         |/////////  ̄i,,. -=ニ三l 寸=彡彡彡勿;ハ. /     討ち果たしてみせよ!!
        V,'////,/,,.z≦三ニ=-i三|    ̄ 、_ ´`ヾミム._,
      _ V/ム'≦三≡‐''"´    |三|     __` ー / ̄
    /  ≦三ニ- ''"´         |三|    ´   ヽ i
    ヽ  レ'"´            |三|          ;   |
     l_,.!                |三| ー───‐ 、 j_,,.. --─‐、
      ノ |                 |三|        ,,. <        i
       / |                 |三|ミ≧;,y==≦、            /
─--  ,/  .|                  {三{ニニ/ニニニ=ニム       /
   \   ̄ ̄ ̄¨¨ <       ∨∧ニ/ニニ//⌒マi.      /
.      \            ` <     ∨∧/ニニニl l.  ,!ム      /
        \            ` <   ∨∧ニニム ー'ノ=ム    /'
.        \               ` <∨∧ニニニニニニム.  /,'


139 :◆vsQyY1yD2Q
              _
             \ヽ, ,、
              `''|/ノ
               .|
           _   |
           \`ヽ、|
             \, V
               `L,,_
               |ヽ、)  ,、
              /    ヽYノ
             /   r''ヽ、.|
            |    `ー-ヽ|ヮ
            |       `|
            |.        |
            ヽ、        |
              ヽ、, -.‐.、ノ
              ,. :".`.、., . . .`ミ.、
                 i. . . . ,f'''''i i. .ヾ. . }
                ノ; 彡イ_ _ ,}从.ゞ. .リ
             {. .n/´ニ≧': r=ミリソ  烏合の衆にしかならん気が……。
                 ゝヾ.ゝ "´;._',〉'' !
             {从゙l i /,.ニ,∨    嗚呼、胃が……。
         _ ,、,,.、-‐ ''゙ll ゞ\  ̄´/
     ィ= 、ヾ.ヾ.ヾ   ゞ. ≧=ォーi ゙ヾヾヾ‐、
     iニニヽ.ムムム',_  _ヽーイil,ー'_ _,ムムムイ
     |ニニニマiニニ>((._,){i0}{_)ifニニニiニl!
     |ニニニニマニニニヽーォ'r‐ァ/ニニiマニ!、 キリキリ
.     マニニニニマニニニ\l l/ニニニ,ソニニ!
     iヽニニニニ、ニニニニニニ=マ/ニニニム
     |!ニニニニノァァァァヾー'ヾヾ.  ̄,}マニニニニム           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     |:マニニニン//////゙i.⊂⊃!  } マニニニ=ゝ.  胃が d⌒) ./| _ノ  __ノ
.       iニマニ/////////,リノ-'ー''ーァ'  ゙マニニニニ>.,


140 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第105話 「錯綜する思惑」 は終わりです。


DQ3の毛皮装備と言えば、女性専用の 『毛皮のフード』 ですが

門閥貴族の兵が女性と言う訳ではありません。

サマンオサは高山地帯で寒いと言う設定になっていますので

現地ならではの防寒具を兼ねた防具があるだろうと言う事で
『毛皮のマント』 と 『ぬくもりのシャプカ』 と言うDQ3には無い防具を登場させました。

『毛皮のマント』 は DQ5、『ぬくもりのシャプカ』 は DQ9 に登場する防具です。

槍も豪華な槍と言う事でホーリーランスにしようかと思いましたが
あれは設定上、聖職者のみが使える武器となっているので鉄の槍と言う事にしました。

見た目的には DQ9 のロングスピアの方が近いかも知れません。


なお、ビッテンは それなりに有名ですが、今回は個人で参加しているので今の所目立っていません。



次回更新は、12/15(日) 20:00〜を予定しております。

12/8(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


        ∧,,∧
     .@゚Д゚@ニ) < モンバツキゾク!
        /i i''''"ヽ
        |l| |l   )
      .|l| |l (ミソ
.       "| '''""/
       し'~J


第104話へ    4 第106話へ

貴族と奴隷百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)殴り合う貴族たち (角川ソフィア文庫)
貴族と奴隷百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)殴り合う貴族たち (角川ソフィア文庫)

この記事へのコメント
また一人胃を痛める人がw

水田はねー…しかも収穫まであと少しって時に潰されたらねー…
そりゃ戦争だよね!!
Posted by at 2013年12月02日 20:24
寒いとこで金属の鎧って…
寒そうだな
中にファーでもあるんかしらw
Posted by at 2013年12月02日 20:25
なぜにこう門閥には無能ばかりが揃っているのか・・・
さすがにシュターデンが哀れすぎるw

というかその装備でこの辺の魔物をどうやってたんだろう?


無知からくる蛮勇・・・
門閥よりキル子がすげーーーよw
Posted by at 2013年12月02日 21:08
鉄と素肌の間にクッションみたいなのもいるだろうし、
セーターみたいなのを着込んでるんじゃないかな?
Posted by at 2013年12月02日 21:16
無駄飯喰らいって…ニュー速出軍の食糧は自前(ニュー速出商会製・行軍用でも下手な貴族飯より美味い)じゃないのか?
Posted by at 2013年12月02日 21:47
確かに戦争は数だけどさぁ……
やる夫の私兵団って加護付きか魔法が使えるのとかばっかなんだよなぁ
一回こっきとはいえ、当のやる夫もイオナズン使えるしモンスター職のおかげで肉体強化できるし
尤も、常識的にみれば解らんのは仕方の無い話なんだがw やる夫の周りが異常なんだしw
Posted by at 2013年12月02日 21:58
サイモンの秘蔵コレクションはもっさんには
見せられない程(ある意味)酷いものなのかよw

そして続々と登場する無能門閥貴族www
せめてアンスバッハがいればシュターデンの
胃の痛みも少しは和らぐんだろうけどなぁ…
Posted by at 2013年12月02日 22:00
え?三味線を弾いてたわけでも韜晦してたわけでなく真面目に馬鹿だったのかw
貴族ってのは浮き世離れしているからな〜真紅が正しかったか。もう真紅も嫁にな〜れ。
Posted by at 2013年12月02日 22:03
門閥連中の時代に取り残された感がすげえなw

サマンオサでこれなら、エジンベアとかどうなるんだろうね
Posted by at 2013年12月02日 22:25
あかん…これはあかんwww間違いなく戦果の差が歴然になるww
>サイモン秘蔵コレクション
まあアレですよね。俺らが「死んだ時には処分してくれ」と
懇願する書籍やHDDの類w
Posted by at 2013年12月02日 22:51
サイモンの事だから自分のカッコイイ(自称)場面とか記録してるんじゃなかろうかw >秘蔵部屋
とりあえずこの駄目貴族共は早めに排除するなりした方がよさそうだね。機会があればだけど…
Posted by at 2013年12月03日 00:13
相対的にシュターデンが有能に見える
Posted by at 2013年12月03日 01:21
金属鎧の鎧下にはやっぱりキルトですね。
Posted by at 2013年12月03日 01:51
※2※4全身鎧の下は夏でも綿の入った全身タイツみたいのを着てる。
Posted by at 2013年12月03日 03:00
キル子は山育ち猟経験ありとかそんなんなんかな
Posted by at 2013年12月03日 03:45
※2
金属鎧は当然、中にクッションを入れています。金属鎧と言っても完全に素肌(或いは普通の服)に金属の鎧を当てているわけではありません。
と言うのも、ダメージを受けた際にその衝撃で鎧が変形してしまうと、それがそのまま着用者を痛めつける拷問具に変化してしまうので、クッションを入れてそれを緩和するのと同時に、外気温の変化が鎧の温度を変化させ、それがそのまま着用者に伝わって、茹蛸になったり凍傷になったりするのも防ぐ意味合いも有ります。
また重厚な金属鎧は、突いたり切ったりする攻撃には抗します(刺突武器は抗し切れない場合も有る)が、衝撃を内部に浸透させてしまう打撃武器にはそこまで高い効果が見込めないので、それを受け止めるためのクッションでもあります。
Posted by at 2013年12月03日 11:26
シュターデンさんも相手と仲間が悪かっただけで普通に考えられる軍人なんだな これは門閥から引き抜いてもっさんの部下にするのもアリじゃないか? 残念ながら門閥共貴様らの考えで最終的にやる夫を敵に回すことは確定した エリミネーターとサマンオサシャーマン救出がやる夫の目的の一つな以上カイザーの味方になるのだよやる夫は! こいつらの死にざまが楽しみだぜ
Posted by at 2013年12月03日 11:59
胃がおわりww

金属鎧の下は、鎧下やギャンベゾンっていう綿襦袢着てるんじゃないかな
すっごいもこもこだよ
Posted by at 2013年12月03日 14:27
鎧下に厚手のキルトを着ても冷えた金属鎧の冷気で…
戦死よりも凍死を気をつけたほうがよさそうだなw
Posted by at 2013年12月03日 18:07
そこまで寒い描写はないだろう、サマンオサで暮らしてたエリミネータ族もいるし普通に話も聞いてるだろ
第一魔法で簡単に火を起こせるし物資も豊富にある、凍死とかありえん。
第一サマンオサって南米大陸だぞ、地球と地理や気候条件がリンクしてる事は今まで何度も出てきてるし
ラーミアのグリーランドとかアフリカ大陸のイシスとか、日本とか
単に貴族出身の士官がワガママで冬が寒いからって描写をしてるだけじゃね?
Posted by at 2013年12月03日 21:56
“豪華な”装備シリーズいいなw
今の季節ちょっと装備してみたい

鎧のインナーだと他にもチュニックがそうだよな。
今は何故か女性の服の名前になってるが
Posted by at 2013年12月04日 00:51
そういえばニュー速で私兵隊ってどのくらいの強さなんだろうな?
当初、北方三国との交易路確保した当時はメラやホイミが使える程度、って話だったけど、
さまよう鎧相手に経験値溜めてどこまで強くなったんだろう?
この世界ではルーラ使いが稀少ってことは、Lv10くらいかな?
Posted by at 2013年12月04日 02:15
玉鋼って一般流通させる気があんま無いけど、言うなれば“超合金”なんだよなぁ
逆に言うと、よっぽど目が肥えて無いと価値が解らん訳だから、理解できないのも当然じゃね?
Posted by at 2013年12月04日 07:43
※23
本多忠勝みたいな「攻撃は避けるべし」という思想を持っているならともかく、
そうでないのにフルプレートの数から戦力がわからないって、それ貴族として単純にダメだろw
Posted by at 2013年12月04日 12:27

でも全身毛皮と全身鎧という違いがあるんだぜ……
鉄の槍で勝てるかって話ですよ
Posted by at 2013年12月04日 18:35
わざわざ冬を避けているから寒さはさほど大敵にはならないと思う
Posted by at 2013年12月05日 21:49
スー大陸に向かう船に乗ってた護衛の魔法使いはヒャダルコが使えてたし、あれからかなり時間がたってる事を考えれば私兵隊の実力も底上げされてる筈。
(党首の直接の護衛と言う事で、私兵隊の中からも上位の実力者が選ばれている筈ですが、それを差っ引いても)

北部遠征軍を計算しやすいよう1000人として、商会私兵隊が約500〜600、後は傭兵や協力貴族の私兵として、ホイミやメラ、ギラのような初級魔法であれば商会私兵隊の半数くらい(200~300人くらい?)は使えてもおかしく無い気がしますね。
(私兵隊創設当時では「実際に使えるようになるのは一握りだろうが」とは言われてますが、それはあくまで基礎的な素質や相性の問題だと思われます。ダーマ「留学」制度を確立してからは、各職の加護を得て、全体的な能力の底上げも行われている筈ですし)
流石にべギラマやイオラ、ヒャダルコのような中位の攻撃魔法を(どれか1つでも)使えるのは10人に1人居るか居ないかくらいだとは思いますが。


しかし……、135を何も知らない人が見たら、

上:国軍の精鋭部隊
下:民間の義勇軍(民兵にしちゃ華美な装備だな、くらいの疑問は持つかも)

と思われてもおかしくない気が……。
Posted by at 2013年12月06日 04:42
いや、アナが海に落ちた悲鳴を聞いてやる夫飛び込んだ回でルナがバキマ唱えてたし、攻撃系が不得意なめぐるもバギ唱えてたくらいだから、モブ兵とかでも何使えるか解ったもんじゃない。
この世界、衛生兵にあたる僧侶がバギ系唱えられるから火力が異常に高いし、戦術とるの異様に難しい。この世界の中から言えば当たり前の話なんだろうけど。
Posted by at 2013年12月07日 16:54

そうであったとしても100人の中級魔法習得者と考えると、
それこそ中世の戦争で焼夷弾爆撃を食らわすレベルになりかねないのでは・・・
Posted by at 2013年12月07日 17:44
門閥連中の兵卒達の装備はこんな感じだけど
こいつら自身はプラチナシリーズくらいは用意してそうだよなー
最後まで装備することなく終わりそうだけど
Posted by at 2013年12月08日 14:06
↑3 バギマを唱えたのはイングリッドだったはず
Posted by at 2013年12月08日 14:31
これはきめぇ夫がデス新城を倒すフラグか
Posted by at 2013年12月08日 19:58
魔法戦力についての小考察。
難民300人をルーラ移送するのに2往復かかる規模だったので、
ルーラ使用可能な術者は50〜100人。
うち22人はトレーズ閣下派遣のアリアハン宮廷魔術師なので(84話-6)
前線に出しづらいが、それでも最低40人くらいは中級魔法が使用できるレベル。
1000人規模の部隊を小隊に分けても5人に1人の割合で組み込めるし、
砲兵部隊みたいに一括運用すれば打撃力は半端ない。
ドラクエ4コマで「ギラも積もればベギラゴン」なネタを描いてた人もいたし、
信長の鉄砲戦術ばりにベギラマ連発すれば相当有利になるはず。
Posted by at 2013年12月12日 14:05
やはりこのシュターデン先生は結構まともだな。それだけに余計に苦労しそうw
軍学校の教官や将軍の補佐的な立場ならもう少し活躍もできそうだし、本人の胃も助かりそうだけど……個人的に今後どうなるか気になるキャラだ
Posted by at 2013年12月12日 15:49
そもそもただの兵隊、とダーマ経由で募った加護持ちじゃ天と地ほども差があるわなぁ・・・
加えて装備とアイテムの質も雲泥ってどう考えてもあんたらが弾除けの盾です本当にありがとうございます(烏合の肉壁的な意味で)だなw
Posted by at 2013年12月13日 08:57

まあ、異界人にいきなり人と戦えとは言えませんよねえ。
やる夫たちだって乗り越えるのに心理的な負荷が相当かかってましたし。
門閥貴族の件もありますし、手薄にするわけにはいきませんね。
キル子……もっとオブラートに包んで発言してあげてください。

今の状況はもっさんの苦手分野っぽいですからねえ。
理解し耳を傾けることが出来るだけでも十分だと思いますね。
後は、門閥貴族がいらんことしないように監視してもらえれば。
しかし、秘蔵コレクションですか。
場合によっては勇者としての威厳を損なう恐れがありますし秘密裏に進めねばなりませんね。

この状況で王位を狙いますか。他のサマンオサ貴族を敵に回しても問題ない策でもあるのかな?
ブロワが無条件降伏(するとは思えないけど)した後は財産没収して兵は剣や盾として使い捨てにする腹積もりですかね。
それとも、意外と悪徳貴族同士馬が合ったりするのでしょうか。
と言っても悪党同士の同盟は、利害が一致している間だけで用済みになったら……。

シュターデン、生きてましたか。
てっきり殺されたものだとばかり思っていました。
上手く逃げたのか、見逃されたのか。
Posted by とあるA at 2013年12月15日 22:16
玉鋼シリーズフルセットで攻撃力68、守備力113。炎氷に耐性あり
鉄の槍、ぬくもりのシャプカ、毛皮のマントで攻撃力26、守備力34。氷に耐性あり

…うん、DQ3に腕や足装備がない(体防具で統一されている?)とはいえとんでもない差ですな。
装備に豪華さを求める暇があったなら玉鋼の鎧の完全上位互換である毛皮のベストを発明するべき
Posted by at 2013年12月20日 16:31
ぎゃらない夫がバトルロワイヤルは見たこと無いと主張するコマは違和感あるな。

そんなに大昔に発表されたという訳でもないのだから、
普通に見たことがあっても不思議ではないのに、何故強調したのか?
どちらかと言えばアレほど名のある映画を見たこと無い方が不自然に感じる。
Posted by at 2013年12月31日 03:51
当時6歳ぐらいのがR15の映画見てたのかって突っ込まれる方がまずいだろ、JK
Posted by at 2013年12月31日 12:26
バトルロワイヤルは、年齢制限がほとんど守られていなかったって事でもちょっと騒がれたしな
Posted by at 2014年09月26日 00:02
当時15歳以上だったおっさんおばさんでも見たこと無いって人けっこういるぞ
自分が見たからみんなも見てると思い込まないほうがいい
Posted by at 2014年11月10日 20:50
アレほどの名のあるっつっても規制もあったしそこまで皆見てた訳じゃない
そもそも名のあるって云うなら興行収入トップ100くらいには入ってないとな
千と千尋とかタイタニッククラスなら名があるって言ってもいいと思うわ
Posted by at 2015年05月26日 23:10
原作でもシュターデンは不憫というか相手が悪すぎたんだが
ここでは輪をかけて苦労人ポジですな・・・
Posted by at 2015年06月10日 21:42
こんな門閥貴族共とそれに搾取される民、間近で見てたら民主主義言い出すのもわからんではないな
Posted by at 2015年10月08日 08:31
門閥の兵士見た目だけじゃねえか!軽そうだから伏兵には使えそうだが……
Posted by at 2015年10月13日 22:21
鎧は中に厚手の服着るから問題ない、むしろ砂漠や熱帯のジャングルじゃないこういう場所でこそ真価を発揮する

槍はいいとして胸甲や革鎧すらないってどういうこっちゃ、数は揃えてるとしても一揆衆と大差ないじゃないか
Posted by at 2016年04月17日 18:24
バジルをプランターで育てていて、群がる害虫どもに殺意を持った結果
虫キライ(触れない近寄れない)の俺が、虫キラー(積極的にサーチ&デストロイ)に進化したくらいだから
もっと手間のかかるもの育てて、悪意を持たやつらに害虫けしかけられたら……
憎しみでジェノサイダーになれるかもしれない

食べ物の恨みは怖いね
Posted by at 2016年07月03日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81839831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ