■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 2/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年01月06日

第107話「サマンオサ・デモクラシー」(4)

第106話へ    4 第108話へ

103 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                           ノト     |
                                          彳ミ    ノiミ
                           __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                      _,.├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼彡彡ミミ 彡;;;ミミ ┼┼┼┼┼
             __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
    __,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
      .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
    ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋
    ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃
    .,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:,
       .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..
        ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:..
      ...             .,.:,..:..                  .,.:,           ..:..
    ,,       .,.:,           ..         ..            .,.            ,..

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           __,, ___
         _/: . . . . ,, . . . . . . ヽ
         /: :'':'':‐-: :_: ,;;;''; : . . . . ゝ、
       /.: :,; : : : :'':'';' :`Y,,-、. . .ミ. . . .`)
        !.;.'': : :彡 : : /゙゙゙`´""! . . . 、. .〈
       ノ': : :彡彡ノイ ,.- .、`ト、. . ! . . )
.      {: : ; ;. : : ノ :ノ ,. =、 .,,_,リ从:. .〈
       〉 '/,'´ヽ彡' = 、=・=ーく. kェゞソ
.      i: ;;; l. λ|八     ̄    ヽマ"!    丘陵の上に陣地を築く。
.      {: '' :ヽゝ、  ヽ       ,.  :. V
      ヽ: : ; ,!ーi  l   /  ̄`イ    ウム、定石通りだな。
       〉: ;ソ : 、  i   i ‐''二¨ ,′
.       {:从   :. > `       ノ
      /  ≧ ..,,  ヽ      }
      _/       ≧ .` ー、‐''
--─‐<''<     ,.',. --、ヽ`Yス
      >`'<.. ー   ヽY.|.l.i
、ヽ.       >`'<,,__,,,ノノ |.l.l、
 ヽヽ          > ー '゙ |.|.l゙l.|゙'' - ,,__,、
'' ─-ヽ  ..,,_     `ヽヽ,ノAV,l       ヾーヽ-ヽ-n


104 :◆vsQyY1yD2Q

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      ,. ―-, -ヾ  ,. : : :-.-..、
     /   / ,..-..ヽ/:,: :': ´:`ヽ、: :\
       , -, ': /: : :゙: ヽ、  r:': : : ヽ:ヽ
     /:/: : /: : : : : : : : l:l:ヽ{: : ヽ: : ヽヽ
   ,、/_,_:_: : /ヽ: /:\: : :l: l: : ヽ: : : :ヽ:ヽ
  /: : :|: : : ': : : }、: : : : ヽ/: :l: l: :l: : : 、: |、l
  /: : : l: : :,∧: : } \:__: :l: :/:レ:l: :|、: : : : lヽ
 il::::::::::}、:::l  !::// T: : :ト:/:,-/: |:i: : : : |
 l:i:: : :トゝ,|  レ' ,=--ti:/ ゙´ =、,レ: :l: : : :{   中、騒がしいな。
  ! l: :iリ、<rc   ' 弋リ'´  ,ソ: : : :l: : : |
   ヾi .i ゞ' 、       /|:l: : : :l:l: : : |   何やってんだ?
      ゙、  __ _   ,.イ==,|:l: : : :l: l: : :|
       / ーr‐'´`ヾ―-ゝ: : : : : : l:.l
          /    }.i:: :: :i: : l: : : :l: {
         /     }.i:: :: ::、: :l: : : :ヽヽ
        /    _ //:: :: :: ヽ: : : : : :,}
       /ミ、、  /__//:: :: :: :: ::i:|: : : : /


105 :◆vsQyY1yD2Q

              _,,xェ≦王王ミi;
             ,ィ幺圭圭圭圭圭} ̄ ̄ ``
             ;幺圭圭圭圭圭a′        `ヽ
.           ,イ圭圭圭圭圭a´         `ヽ、    ゚ =-‐'
.           ;生圭圭圭ik"      i      、 ヽ       ゞ
        , -―{圭〃_゙ia  ,′    |     ト、       ハ
    ゝノ 彡 {圭{.{生}.}"  /      !      } ゙:ト、      i}
   ゞー=彳 ァ‐`ミi{.{a}ィ´⌒ヾ       !   |! }  i} ァ-‐   i}
  〃  / { {⌒ヽr-、{  丿ノ !     ,..-ト、 i} ;  i}´}=_i}  ;j
  ゝ{!〃  廴`ニ_(:::::)ニ´<´  ト、  {/ i} У}/   jぅヾミ|!
    ヾ   〃   //.~~)ヾ、_) )  | W|!仏弐ミ ノ   {゚ツ} ′/
    メ.  i{!r―弋__彡^  {   V´Vィfう:ヽ     弋ソ }iγ}!ヽ  どう言う作戦で戦いを挑むか
     八__1三ニ= `丶、|!    V圦r';//}     、 ""爪: / /
       ┗━==ミ、   入込.ヾ \ゞ- '′       厶/ /   話し合ってるんじゃないかしら?
         ィ≦三´__≫′  \\ \''''    、 フ // _//ヽ
        辷三二ニ≧x      \.ゞ _≧----- ´ 彡"¨´<´∠.._
            ≫ミ彡`    《 ̄”¨¬,;リ-┐__      ̄)ヽi}
            _x≦斗 ´      __」!≦¨ニ7ヮ'-一'-=`≧x_乂_彡’
        仁二三了     /   ¨ヾ./: : \ \ ̄≧x `ヽ _
        〃´       /     __: : :\; : : ' \ \ ヾ;、\/  ` :
        {!{   __,   j           ` ヽ.   \ \==     ゚ ,
        ゝ二彡´    |        、   ハ     ヽ,/ ヾ;,    }
                /´       ::ヽ .:}: : : ノ: .      ==    .,
                   {      _;:=-―┐: : : .       }:}     ′
                 ゝ.___≦c.>=┘、: :        ノノ  ィ
                       ┗i´     ゚v=ゝ_.___,彡〃r ´
                          ‘,  __V=====||={



                     _,,..-‐;:===‐- 、
                    ,.-''´;:-'"´
                     /::::::/,. -―――‐- ,,._
                 _,ゝ、:ヽ::::::::::::::::. :::::. ::.. :::ヽ、
               /: : .: : :::;:、:、:、:::`ヽ:::.. ::. :::. :::. \
              ,:' : .:: .::/::; ヘ::';::';:ヽ::::::ヽ:::::::.. :::. . :.丶
                 / . .:::: .::;':/  '、'、:'、',゙ヽ、::ヽ::::::::::::::::..:: ::',
             /::::.:::::::::::;l:|    ';',';:ト'、  \ヽ:::::::::::::::::.:::',
              l::::::::::::::::ハ!‐―‐''´ヾヽ` ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::l',
            j:::::::::::::::::{ ,ィ'フ〒ミ      z=;ミ、ヽ::::::::::::::iリ
              l:::::::::::';:::::|´ゞ-‐'‐      ヒ_}_ }ミj`/::::::;::{
              l;1:::::::::'、:::'、          i       /´:::::::/l:|  ……だと良いんだけどね。
             ' l:::;l::::::::ヽ::ヽ        __     /:::/:::! リ
              '、{!:: : ::;:'、゙ヾ、    "‐゙    ノィ1:::: :::|
              ゙l:::. ::ト、'、      ~    ´ ノ_.!:: : ト',
               l:ハ::. ::!ヽヽ.       _,.-'-r'´!: :::l ';',
               '! l::ヽ::',―-~ニ=−‐'7::/|:::/  !:.:/  `
                |/`|ヽヽー―、  } ̄~_}. |::{  l:/
                ′| `゙`   } ノ 「~  ゙'!  〃


106 :◆vsQyY1yD2Q

                  __   /ヽ
           __ィ´  ̄    `Y:.:.:.:.:.レ‐
         イ-‐ァ¨ //        {:.:.:.:.:.:ト、  `ー 、
      γ{:.:/       |   、   ヽ‐:.:.:.:.ヽ\ ヽ`
      ./ _У   / .j  | ,イノ‐、- . | マ__}   |
   _ イ/ ̄i:.|,イ |/'ヽ i / レ芯xヽ ト.j:.:ヽ⌒)  } j
     |.  ‐オ  レ,ィ芯ハ|. 弋ツ`|ヘハ:.:.:.:.く |ル
       Y く:.:.ヘ ∧マツ ,   ,,,,  | } `ヘ´人.|   どう言う事ですか?
.       /人 天__V/圦''   。  /j、ノ   ノ  `
      ´  ヾ   .|'ヽ{ ` zュ ≦z!ム `_
            γ´アく() ィ `Y{ / ヽ
           .r‐ ' rく-、  _r‐-‐|:|     >
          .ヤ i /`{iヘぇイ-‐il}⌒j   入_
         rヤ{ニュ!:.:{i }:{  .il}:.:.:.ァ‐{ニィ´ノ)



                  ヽヾ/              \
                  /` 、ヾ;-、  \    丶   ヾ'、
                 / / l  ト、ヽ`>、 ヽ    ヽ   ヾ
                 ∨ィ l ト,'、`メィlテfミ, ',    ゙r、   ',
                 リ ! 'リ_ヽヽ ゞ''" `/ ,ィ  ヽ ヾ   、ゝ
                  ヽ 'fテ `ヾ    / / l   ト, !  、 ',   そこまで建設的な話し合いを
                    >、K     ノ'´ l !  ! リ 、/``
               _..,, ,.-'´  ', ,...      / ハ  ! /"´       出来てるかどうかって事よ。
              , ' ヽ< 、 _ 、 ヽ`     _,./ノ l ,ケ
               , '    `'' ーくi`'''`、__,,.<_,,..=´=-l/´7
           /       /    「| 「 rィ     l_
         __,/       /‐;-‐―― ll l fラ   __,. -''"`''−..,,__
       / ´    _,,..- f_/ /     jj」,,.. -‐'´        /`ヽ
      /         /   /7  / |    ,.---‐┐  , '   l
     r'      _,/ ̄ ̄´ノ/, '    !   /    ! ,/     l
     'r−― ''"´      /´ /     | ,∠..,,_   ! /  _,,.. -‐!
      }        /   / / /     /_´__,/   ∨ く ‐ヽr‐',
     〈          _l / /     └――‐┘   /ヽ、  `ヾ、ー〈
      ヽ、...,,,、-ー-ー''´ .l l  !              ,   `丶、   ̄l
                 l l  !              ,     `ヽ、 !
                 !ヽ l               ,       ト!
                   } ll               ,、      !
                   !  !l ___         r'´ ',     |
                  ヽ }′    ヽ         |  ',      !


107 :◆vsQyY1yD2Q
    /::::|::::::::::::::|::::::ハ::::::::/l::::l::::::::::::::::l l,::::::::::,、:::::::l:::::::::l:::::l
    l::::::!::::::::::::::|:::/-‐l:::::/-!::ハ:::::::::::::リ-、::::::リ-',::::::|:::::::::l:::::l
    |:::::|::::::::::::::|:/   !:/  l:l  ,:::::::::/  l:::::/  ヽ:::!:::::::::l::::!
    l:::::|::::::::::::::|:,ィ 云ニ=-,、    ,::::/ ィ -ニ云,-、l:::|:::::::::|:::l
     ,:::|::::::::::::::|  辷z__ソ      ∨  辷z__ソ  l::|:::::::: |::,
    }::|::::::::::::::|          '         l:|::::::::::|:,   正解です、ルナ姉様。
    ,::::l:::::::::::::::l                     l:!:::::::: |::,
   ,::::::!:::::::::::::::l         ,_-_、        l:l:::::::::::!::.
   :::::::|::::::::::::::::ト、                  /:!:::::::::,:::::.
   ,:::::::::',:::::::::::::::!::>:..._            _..:<,::::::::::::l:::::::,
  ,:::::::::::::,::::::::::::::l::::::::::::::::ュ .      . ,.<::::::::::,:::::::::::::,:::::::::.  ← 侍女として配膳してきた。
  /:::::::::::::::.,::::::::::::l:::::::::::,-┴―-、=, -´- '-、::::::::::,::::::::::::/:::::::::::.
 /:::::::::::::::::::,:::::::::::l:::::::::/三三/,ニYニl l三三|::::::::,:::::::::::/:::::::::::::::.
,/::::::::::::::::::::::::,:::::::::l::::::/三三l l三 | ニ!|三三|::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::.



                    , -_ ==―
                       !: .i´. -――-. 、
                   ∧:.{: : : : : : : : : : :`丶
                    /: : ヽ!: : 、: : : : : : : : : \
                 /: : : : : ;イ: :.!\. . : : . :、: : .ヽ',
                   / : : : . . ハi{: {!:.',ヽ、: . . \: : :',i!
                i: : . : : :!j!__j! ヽ\i __、: : : ヽ: :.i|
                {:i!: :j!: :{!,ィ=ミーヽ ヽィ示ミヽ、_:ヽ:i!
                   !ハ:{ !: :.!{ {ー'},    辷j}  /: :|!:|!
                 ヾ! : i!` ̄´  i.::    /:ノ:.;:!リ   あ、やっぱり。
                  }: . iト.、   __   ノイ: : i!|!
                  |{:.!:.!>.、 l.__)  /: : :.ハ!     中は どうだった?
                     jハトi!! ` .>--イ彡}!イ:/. j
                   _ , -!  iヲ>`Y!r{ j! j/
             ,. -― ' ´   .`ヽ、ヽ! .|.!!レ'ノメ.、
              {!´ `丶、       ` ーM{'´   `丶、
            !.    ヽ   , ' ´\  |!. \ ト.、    `i!
            ヽ.     } /   /\|!  \!  `丶、 i!|
              ├――ヮ .ノ!   〈   {i}    `!´ ̄ヽ.∨!{
            }  .//  i! ,  ヽ   {!    ヽ‐_二}! ',{i!
            レ' /   .∨.   ヽ  .i!     .´   i} ヽ}


108 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   │           l                    |             |
    l゙              |                 !                ',
    !              |                    |             !
   .!              !                     !                ',
   !              l                   l             !
   l゙  【】           !                     ',        【】      ',
  . l  囚        ,'   ._/ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄\____ .l       囚     l
  /   ||_,,,.. -―'''__ ̄ ̄ 「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   `__^"'''''―||_..,,,_   l.
 彡‐'" ||    /  /|                    |\  \    ||    `'''ー.l.
/    ̄   /  /                           \  \  ̄          \
          | ̄ ̄|                              | ̄ ̄|


             -‐…、…‐- 、
          ´   ヾ>ヘ´ ̄ ヾ \
.       /    ,ィ==ミf=ミt、 \、 ヽ
     /  __ ルシ´     Vヽ     `、
    〃   ,ィ=彡'        vヘヾ  :. :.
     {{ ィf´        ,ィ==ミ 乂__  :.  i
     vィイ ‐-、_  、_,ィrtッ-、  ヽヾ` .:.  i}、
     弌レ'rtッヘ   、 ̄     7>、 :..ヽi}    威風堂々と先陣を切る事こそ貴族の誉れ!
       v}  ̄´/          ,ヘ´ )ヾ :}
       ii   〈  _ヽ_       } )'´イi:. .:}   ここは是非、このヒルデスハイムに その役目を!!
          ,  ゝ´ ´        しヘ :ii:レ゙
        ′ '¨ー'¨丶、_  }   jレ Vヅ
         ,    ̄     '    /   「
.         ′        ィノ   」L
          `、  __  イ/厶斗  -‐ヘ
          《了///>'´≪:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
           ,《‐ミ`Y´Y´ ̄ミt、.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
            //⌒)l | l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        /_:.:.:.:.) | | l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ=ニニニニヘ


109 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                 ,. ''´. . . . .`. .、
               ,. -'‐.、;; : : : . . . . . .`ヽ
                /: : : : : ,ヽ;;. : : . . . . . . ー 、
             ,ノ: : : : . : : : v'': . .、 . . . . .`.ー 、
             /: : : : : : : : r‐''"゙i. .ミ . . . . . . .ヽヽ
              {. . ー'彡. .ノリ    !. .ミ . . .ミ . . .ヾソ
             ,}: : : : : :ソ      ヽ八 . . ヾ. . . . )
              f : /゙ヾ / ,.-、_ ノ' ,)ノン=). . .i'   いや、ここは坂本卿とヘル・ニュー速でに本陣を守らせ
            V l iヘ.リ ´- =・=ー'、 k=・=, {ソ.ノ
            ノ, ヘヽ 、  `""´〈 : l `" ノ      我々は その間に回り込んで後背を ――
              {f /{Kーi ヽ    ,  , l ,  ,!
         ,,. - 'l.l  ヘヽ 、 i  /_´__`.ー', /'' ー- へ , 、_ ,、
      ‐''"    ',',   ヽヽ\ ゝーニ ̄‐ .イ!     ヽヽヽヽ ヾ.、'ヽ.、
             ヾ.、  ` ` ミ.、     ノ,リ      ヽヽヽヽヽ.、 } i
              `'\   ',r‐ミー─''//        i i__i_i,,..' '‐'ノ



    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . l . .//l. .//. / ,!. . . . . . . . . . . . . . ..|l . . . l ∧
.   / . . . . ./ . . . . . . . . . . . . .Li_l_| l_/ i /  / ,. . . /!. ./ . . . . . . . ll . . . |. .∧
   i. . . . . /. . . . . . . . . . . . . . . . |    ` ノノノ. . //.イ |. . . . . ,. ./,!. . . .i. . .∧
   l . . . ./ . . . . . . . . . . . . /. . .,リ,. -‐= 、  `ー' '´ l! j . . . ./|.//. . . . ,! . . .∧
.    ', . . . . . . . . . . . . . . ./ . . ./     __\          ̄ ̄ 'ノ/./. /. . . .ハ!
.    V . . . . . . . . . . . /. . . /   _,>‐−-\    ,     _ `Y/. . . ./  }
.    〉 . . . . . /. . ./ . .//      、   O 》\,,_,ノ  i_,,.z≦ ∨ . ./ . /
    i. . . . . l/ . . . . . . . . /  i      ` -   ' ,  }  /´o゙ヾ_ /. . ./ .ノ
    |.i . . . . . . . . . . . . . .!  l         /  ,;  ! ` - ' '. .///
    リ| . . . . . . . . . . . . . |  ヽ                i    ,! ,.'イ  シュターデン先生は我々に
     ', . . . i . . i . . . i . .|   i                  |    ノ . ハ|
      ヽ . . i . . i . . . i . ',   l          /     | , イ. . / }   その様な卑劣な真似をしろと仰るのか!?
     _,,/`y、',._._ゞ_. . . . ..',                ー=、-_丿 /. . /
─ '' " / ///`7,i  l`ゝ.,_∧     / ,z≦二ヽ.__ -'´   /. /
///////i  i'////∧ V     ヽ     ゝ ̄`'<二 ̄/  /"´
///////l  l'/////∧ \   ゙ヽ.    ` --‐`─ '  /\
///////l  l'///////\ \  Vヽ       ー −   /   \  _
'//////∧ V'////////\ \ V∧           ///, ,   `>、ヽ_,.- 、
'///////∧ V'/////////,\ `''マ;≧s。,_     //////////, , ,∧ V/7ヽ ヽ-
'////////∧ V'/////////´`> ., \ニア¨フヾ7 !////////////∧ ∨/∧ ∨
'/////////∧ V///////ゝ-'⌒ヽ \ Y゙ /´,. ,/ ノ/////////////∧ ∨/∧ ∨


110 :◆vsQyY1yD2Q
                        ____
                      /     \
                     / _ノ   ヽ、_  \
                  / (○)  (○)   \
                  |   (__人__)    u. |  ひ、卑劣……?
                  \   |  |      /
                  /    ⌒      \


                       ,. -‐‐‐- 、
                      / !      ヽ
                     _,!-y-‐-、-、   |
                     ゞヽ}i⌒ヽ\ \ {
                     }〉ソー-// 入 ヽ、     ……まぁ、そう言う考え方も あるだろうな。
                     >仝\//__,.ゝ、  >
                    o|ii_ii_:|oニ二三____,.>'    現実的とは言い難いが。
                 ''''''} ̄~フハ      ;/;' /_,;,7'
                ;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,/' ,,/r'~`ヽ';
                  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )


111 :◆vsQyY1yD2Q
.           /             \  \
            /     :〃   .:/: /      ',    \
        /:.:   .:|i:. :|:.:.:|:.:.|:{     :} :}:} .:} :.
          .:i.:|:.    .:||:. :|:.:.:{:.:.{:{     .:.} :}:} .:} .:}:.
       i |.:|:.    .:||:.八:.:.{:.:.{:ヽ     .:.:} :}:} /.:/ハ
       | |.:|   .:}.:.:乂\\\\\___/.:/.:/.://.:.::
       | |.:|   .:}.:.:.:}-―- . _       `ヾ//.:.:.}
        乂リ   .:}.:.:.:} ーtァー=ミ  ,... -―- }/.:.:.:.'
          | i|.::/.:/.:.:./    彡  i ーtァー /.:.:.:.:/
          | ||.:i /.:.:./:         | ヽ   '.:.:.:.:/   シュターデン先生。
          | ||.:| |/(            |     /.:/.:.:'
         ヽ|.:| |.:.:||、      `ヽ '"   /.:/.:./                   ビッグホーン
            \|.:.:||:    ` ー-==-‐'  /.:/.:./      ここは私を先頭に 鋒 矢 の陣を。
          i\乂 ヽ     ー=   ///
.           ( ト    \       ′
          ./ ` ー--===ミ\ __/_))
        .r‐/        x==ミ Y/=ミ
      ./人 \     ((  )) || (( 八\
:⌒\     \\      // || `ー=彡/  ‐-ヘ=ヘ、、



                       ,. -− '' ''  、
                   /           \
                    /           ミリ=.  ヽ
                 /            ミ/ミ    i
                    i       _,. >‐、=、     ',
                / ,.-=ニニ二>'゙      !    ',
               ,!  リ           V   ゝ
                {  ,イ∠二ヽ.,   _,. - 、 ゞー  !
               | / i  エエ¨t' `ァエエヽ }ミ.  リ
               ∨i i !   ''"´| : `''    ハ i/
                ゞ、 l    ,.ィ  、    ,' /リ  いや、私こそが先頭に!
                 li∧  / `ー' ' 、  ,!T /
                 `ゝ|',   ニ=ニヽ  ,イノノ
                     { 、’,       / ト,
                   |ヽヽ\__/,,.:≦!
                  _/ マ゙, 、゙'ーv‐ ''"<ニ|
               ,,. -{ iニU二)} | { i⌒しニト,_
           _,,z≦ニニム マニノ ,! | l. lニニマ ムニ≧s。,,_


112 :◆vsQyY1yD2Q
                , -.‐.、__
              ,. :".`.、., . . .`ミ.、
                 i. . . . ,f'''''i i. .ヾ. . }
                ノ; 彡イ_ _ ,}从.ゞ. .リ
             {. .n/´ニ≧': r=ミリソ        ( どうする!?
                 ゝヾ.ゝ "´;._',〉'' !
             {从゙l i /,.ニ,∨         ニュー速で軍に後背を突かせるか!?
         _ ,、,,.、-‐ ''゙ll ゞ\  ̄´/
     ィ= 、ヾ.ヾ.ヾ   ゞ. ≧=ォーi ゙ヾヾヾ‐、    いや、それでは たとえ成功しても
     iニニヽ.ムムム',_  _ヽーイil,ー'_ _,ムムムイ
     |ニニニマiニニ>((._,){i0}{_)ifニニニiニl!    自分達を囮にしたとヘル・フレーゲル達が……!!
     |ニニニニマニニニヽーォ'r‐ァ/ニニiマニ!、
.     マニニニニマニニニ\l l/ニニニ,ソニニ!.    それに少数の兵で どこまで攻め切れるか…… )
     iヽニニニニ、ニニニニニニ=マ/ニニニム
     |!ニニニニノァァァァヾー'ヾヾ.  ̄,}マニニニニム
     |:マニニニン//////゙i.⊂⊃!  } マニニニ=ゝ. キリキリ
.       iニマニ/////////,リノ-'ー''ーァ'  ゙マニニニニ>.,



                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i
         i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ
        } ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.       /: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V
      /: :/⌒i :/ ;; z≧。-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.     {: : !i.λl/i   ー--,'' i. {=。-=ソ , ノ
      ヽ∧ヽ  ゝ     i  : ! ー イノ´
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ     や、やはり
      〉: : :{ |   !  /  ̄`ー'、 /
        l从从 、   / _ --= 、 ; /      ニュー速で軍は守りに回さねば……。
        V ヘ  \     ̄二¨ '/
  __ n/   ヽ\  ヽ.      /
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、


113 :◆vsQyY1yD2Q

                      ,. . ';. ;. ;.: ,:'.: .::、
                   ,r '´ ミミヽ州'j;j'f゙r' ≡ミ;:、
                  ノ ,r,,r= ァァ斗rr;.ィニ''´ヾミミ ヽ
                 〃 ,rイ  リ〈( '´ )ノ   `゙トミミ!
                〃,彡!     ))       ';ミミi
                レィ彡!、、、,,,,__'′ _,,,,、z=='';ミミ;!
                 ,レ,ィ彡! ,rf弐 ヽ  ィrモテュ、 トミミ;、
                {jii;ハミl    ̄´.:', :. ` ~´   ;ミハミ}
                  {jiiい;!     .:::i ;;      ,リ !N!  ほう?
                ヾiiい' ',.    〈 _;;:_,       { 〉N!
                 ノハ;. ;  、 ____,,  ,′ノ;j.(
                  〈 .:;;ijト、   、__,,     /!ji .::i′
                 V .l:ji ヽ        ,:' !ij V′
                  Vj:jiL_ `:、      ,.イ  l;;V
                  /7 ー-`ニ``゙゙゙"´ニ -‐'Vノ
                   _//   '"⌒Vi 1 レ'/⌒゙` い
             ニ二´ 'ー== 、 __.ノノ 1 lk′   ,い _ _ _
                    ̄``ヽく_ノ八ト、`ー''フ´     /7
                           V/ ⌒ V/´



                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i
         i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ
        } ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.       /: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V
      /: :/⌒i :/ ;; z≧=-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.     {: : !i.λl/i  l|!ilー--,'' i. {==-=ソ , ノ
      ヽ∧ヽ  ゝ     i  : ! ー イノ´
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ   ( そう言えば、こいつがいた!! )
      〉: : :{ |   !  /  ̄`ー'、 /
        l从从 、   / _ --= 、 ; /
        V ヘ  \  ┃ ̄二¨ '/
  __ n/   ヽ\  ヽ.      /
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


114 :◆vsQyY1yD2Q

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            ....´:::::::::::::::::::::::`....
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::x≦三三三三三≧x::::::':,
          .:::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::.
        l::::::::::i::/!:::/!::::::::ハ:::::::l、::::i::!::::::::l
          l:::i::::::ト!┼ト弋:::::!::::';,:┼弋ハ::::::::l
.         |:::l::::::lソ::┬┬ゞ':::::::::┬┬::::l:::::l::|  ―― みたいな感じで
       |::::l:::::l:::::::|iiii|::::::::::::::::::|iiii|:::::l::::::l::|
        |::::',:::::l.....::`´:::::::::::::::::::`´::...l:::::::l::|  正直、どうなるか予想が……。
         |::::::',::::ト、     ̄ ̄    イ::::::l:::|
         |:::::::ヘ::';,::`.....−-^-−.....´:::l::::/::::|
.       |:::::::::ヘ::ヘ:::::/illllハlllli\::::::l:/:::::::|
.        |::::::::::::ヾ::l/ >:.!l/个ll/:.< ∨′::::::::|
       |:::::::::::::::::ソ i:.:.:.>l i l<:.:.:l ∨::::::::::∧
       |:::::::::::::::/   `´ lハl `´  ∨:::::::::::∧、
        |:::::::::::::::| , l|  T  |l .! .|:::::::::::::::::::ヽ
        |::::::::::::γ´` i|   !  .|i ´`ヾ::::::::::::::::l`


115 :◆vsQyY1yD2Q
                     / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
                 , ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                    / : : : : : : : ∧ : :/l : : : : : : : : : : : : : : : : `、
                / : : : : : : : //',/ l: : :lヽ: A: : :l丶: : : : : : : ;
                  レイ : : : :lヽ/     ヽ :l l/ ヽ l丶l : : : : : : l
                  l: : : : :l   ∩       ∩     l: : : : : : : l
                  l: : : : :l   ∪       ∪    リ : : : : : /
                  l ト; : : l                l : : : : レ   なにそれ怖い。
                  l | ヽ: :',      ┌─┐       ∧: :ソ
                ',l  ' ; :ト、     └─┘    <: :ノ
                   ヽl _>      ≦ /: /
                   /ヽ  >┌─┐<// ̄\
                  , '   `ー―└─┘―― ´   ' ,
                     , '  /   /        \  \  ' ,
                 {   ノ  /         \   ヽ }
                 {    />-‐-<__>-‐-<',    }
                 l    〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、   l
                 l, - ‐´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l,`ー-、l
                 l    lヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l    .l


                     ,  -―-  .
                  , . ´: : : :-: : : : : :丶、
                   〃: : ; '´. : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : /{: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                ,': : : / ': : : : : : : : : : : : : : : : ',
                 l : : /   ',: : : : : : : : : : : : : : : :.l
                 | : /≦´ ,: : : : : : : : : : : : : : : :|
                ',: :i {゚;i` ',: : : : : : :l: : : : : : : :;'
                ',リ ゞ'  ',: : : : :l: |: : : : : : :/
                く      ,: : : /:/: : : : : : ;'     門閥貴族の話は聞いてたけど
                  └r‐  u l: : /:/:l: : : : : : {
                  ヽ   _ l.:/l/: :|: : : : : ',ミニ=‐'  想像以上に酷い状態みたいね。
                   i:フ´ノ:リ': : : : i: : : : : :.ヽ
                   /:/ : : : : |ヘ: : : : : :、ヽ
                  /: : :`フフ: : : ノ´ヽ: : : : : ',:',
                   {: : 、-‐': : :/ ‐ 、 ',: : :}: :.リ
                  `フ^7 ¨´ /    ヾ: ::l: :/
                   / / / /     liノレ'
                     / /_/ l.|       ||
                 / / ヽ   `|       |l
                   { ,'  〉 ヽj      |l
                 ',| /   ハ.     |'
                  ',j /     ハ     |


116 :◆vsQyY1yD2Q
                /           , ィ      \
                /         ,   ´ ‘,         ヽ
              〃         /       ',        '.
             /        /       ',     ',  ',
              /       / /  丶ヽ----ヽ      :,  :
            ,       /-‐'´      ィ≡=ミ',    :|.  l
            |        /ィ=ミ       {__,心.i} ',    :|:  |
            | |      /__,心       V乂ノ ,:   |:  |
            | |    ハ乂ノ;リ   、    ` ̄´  l   |::  ,'  相手が退かなければ
            ', ,     l ゞ-‐'    ノ           |    l:: ,'
             ヽ:',     |               |    l /   この陣地を使って
              ‘,   :|               |   ,' /     上手く戦えたんだけど……。
                  l: :  :|      Vつ       ,'   //
                 |: :. ..:|:、               /  :/'
                 |: :) : ', `:::...、         //: ://
                 |:/∧: ', : : :::i> 、  , イ: ::/: 〃{
            、   // ヽ:',. :.:|」_  `¨´  j: ://:l:八
            ヾ、. : :/   ヽ ::!    ̄`', / ̄|:  |、_: 丶 _
             `/'   ヽ  :.、     V  ノ:ノ  ヽ、 ̄
          , -‐≠/ :i   \ \`こT¬¬イく: :   \-、
         /     {  ::.、   (` ー-≧ | 0 |  ̄): :   ): ヽ\



   /: : :/: : : : : : : / : : : / /   |: : : : : l: : : : : : : l : : ヽ: : : ヽ
  /: : : :| : : : : :|: :/: : : :/:./   .|: : : : : |: : : : : : : l: : : :l: : :iヽ:`、
  ,!: /: : |: : : : :イ: .ハ: : :/l:/    |: i: : : ト: : : : : : : .|: : : |: : :|  !:!
  |:/|: : :|: : : : / |:| |: :/ |i    |:il: : :/ |: : : : : : : |:/:/: |: :|  リ
  |:i |: : :|: : : : |`Tr 、|: | .l|    |i |: :/ |:.ii: : : : : :レ/|: :|.、:|
  |l |: :i:ヽ: : : | |  Vヽ-   __,|:/, -七t: : : : :レ:./: :| !|
    |: |l: :ii、: : |   −       ̄レ   リ |: : : :/ニ<: : | リ
   |: |.!:|Y:r、:.ヽー―‐         、___,, |: : :ィ  , |: :.|
    V |:| |:.i|ヽ.!               /:,イ,r'´イ: :/   相手も そんだけ手強いって事だな。
      V:l: :、      ′        '´ ,/,イ: : :l: :|
     /: : :/ : `ヽ    ___      , r:´: : l: : : lV
     /: : :/: : : : : `r t 、 _`   イ_´. l: : : : l: : :|
    ./: : :/: : : : : : .|:.ヽヽ、__  , -..=.-':| ..l: : : : l: : : :|
    /: : , :_:_:_:_:_:_.-'、:.:.:.:.:.:.li,.イ,>、:.:.:.:/-、|: : : : l: : : : :、
   l:/     //Y`ヽ:/ / ソ /:.:.:| | ̄ ̄ ̄`ヽ: :ヽ
  /      //:.:l / / / <.:.:.:.:.:.| |       ヽ:.:\


117 :◆vsQyY1yD2Q
         〈(__ 、_ {\( ,.ィ圭圭圭圭圭圭圭圭≧x、
        \ ̄   ヽ 寸圭≫''" ̄   ̄~''≪ミ圭〉
          メ    __ 〃}}'"  '"⌒`       寸
        /    〃ヾ{{/       ハ`ヽ \ \ヽ
        /{  / {{  }/   /   /  }、   ヽ ヽ
        { /    戈/   /    /  / ヽ  i ハヽ }
         / /彡《_// /       / ノ -‐ \}   } V      _
         }/ ̄__ /{/   / --//  __  __i  ハ/廴_ ィ'" -‐\
         ( ィ ┐}ヽ ri{ヘ / ,,∠_   ノ气芍j` / }廴/    斗-‐->      私達は、おじさまを守りながら
        /::::ヾ{八ト>  ヽ{ /{癶;)       `~ノ/ノ /   >'" ィ'"⌒\     戦う事しか出来ないわ。
        /:::::::::〈 つヘ 乂 ゙、i/ト\"   、  / /  〈/ ∠__// __ >
     r‐/::::::::::::/く \\\__> 人    、 /_{>} \(三/ >'" /∠__  どんな作戦でも
  -‐/   ̄ ̄\ミヽ、}`トミミ>      `"ニー-イ''"  >〜 ⌒ヽ∨    `⌒ )  ). おじさまを守る事に
/7/       ノニ三ミ〉  r―‐--.....__寸j} 》  /   /  ヽ    、_彡__/.  全力を尽くしましょう。
( {        --―----ニ二Y  -―--->f^<   i /    `ー-、   ̄
  V    / / ̄ ̄l ̄ ̄ ̄`ー-‐壬/ノi   ヽ   V        }
   V    {/ }    {/ /  ,,.. -〜彡"  i     〉 /           j
   i     i    /⌒/ //⌒7/ ̄  廴 /  {     _/ /
    !     i   / {∠__/....:::={i{=::...     .....::::::\ 〈 /_o}_〕
    i       i〜"⌒ヽ乂:::::::::::::::::iii:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ Y /   i/
    V    i    } } >r'"壬{{ニミー--‐<〜/  └ヘ ィ'" }
     V      >''"   i [ニニニニニニコ;:;://;:;:;/    〈   ∧
      乂__ -‐'"         i:;:;:;:;|||;:;:;:;:;:;:;:;:;!l;:;:;:/  -―- V   ∧
                   i[ニニニニニニコ;:;{i;:;:// ''"⌒> } }  ハ
                      〉;:;:;}}};:;:;:;:;:;:;:;:{l;:;:{∠ -‐''" / ∨   ヽ
                    _/<ニエニニ]コ;:;:;ii;:;:;>ー-<二`ヽ{    ∧
             _∠-‐/;:;:;:;:;//;:;:;:;:;/⌒〜< : : : : : :`ヽ\jV    ∧
           -‐''"~: : : : : : : : :⌒ー-'": :7: : : : : : :\ : : : : : : :\V     \
     r''": : : : : :>'": : : : : : : :/: : : : : ;: : : : : : : : : :\: : : : : : : :V       \
     i: : : : : ィ" : : : : : : : : /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :V        ヽ
      i r< : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : i : : : : : : : : : : : : : Y : : : : : V      _  }
     { l::::::::`ヽ、 : : : : : / : : : : : : : : : : i : : : : : : >-‐r--ミ}: : : : : : {   /:::::::::寸
      i i:::::::::::::癶: : : :/ : : : : : : : : : : : {: : : : :/    i:::::::/: : : : : : :\//::::::::::::::::::\
      ヽ}:::::/   )У: : : : : : : : : : : : :i: : /       ヽ::/: : : : : : / `};;;;:::::::::r‐くヾ>、
      l/    〈 : : : : : : : : : : : : : : ヽ(:|          /辷: :彡'"     ヽ i`< \ \}
               `<: : : : : : : : : : : : /__     /   ̄         し   \ヽ\〉
                   i __>ー--‐'''7"7::::/:::/:::`ト、 /                    `┘
                 「:::l:::::l:::::|::::l/:::/::::/:::/::::::/:::У


118 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


119 :◆vsQyY1yD2Q

↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚−゚)、__ノ . ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ...||_[,,゚−゚)__,ノ ||_[,,゚−゚)、__ノ . ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ.
↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚−゚)、__ノ . ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ...||_[,,゚−゚)__,ノ ||_[,,゚−゚)、__ノ . ||_[,,゚−゚)___ノ ||_[,,゚−゚)_,ノ.
|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ.|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ
Φ' l´  |ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 |
| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ..| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ
| (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U   ゙.| (/"U   | (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U




       /: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : .\: .\: :\
.      /: : :/: : : : : /: : /: : :/ |: : : : : :|: : : : :ヽ: : ヽ: : :.
.       /: : :/: : : : : /: : /: : /  !: : : : : :ト、:|: : : |: : : |: : : :.
      |: : : |: : : : : :|: :/|:`:癶、_ l: ハ: : : :! |:|\:_|: : : :i: : : : .
      |: : : |: : : : : :|:/メ|ン ̄`ヽヾ! ヽ: : iニリ_'"}:j: :.i: :|: : ト、::.
      |: : : |: : : : : :レ′,矣(_     ヽソ,ィz ヽ|∨: :.l: : i \
      /: :_:_i: : : : : :.|.  |::じミ|        i扮r!  |! 〉: :.!: : !
      /: :/ |: : : : : :.|   ` - '        ヾ;;;リ  ″!\|: : |   え? あれだけ話し合って
     /イ:|  !: : : : : :.|ヽヽヽ      ,      、、、 |: : : : :.!
.      |: : ー!: : : : : :.| u                   |: : : :.│         スライム8ヒキ
.       :. : :.|: : : : : :.ト、                 /: : : : : !   結局、横 一 列 の陣ですか?
      :. : :ヽ:∧: : :.l :、   `ー '        /: : : : : :/
       \/|:ト、ヽ: : L  >:.. ____. . . : : : /|: : : ハ:/
            ヾ ∨x:├`≧ 、_ ⊥::┐/|: / .|: / /
        >x-'"  >   ̄ ┐|┌'}、 '"   /
     / ̄  \     \___/┼|y _77:. 、
   /  \   \/ ̄    Y ̄}'   \ \


120 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    /        \
                  /            \
                  |  \   ,_      |
                  \(―⊂ ヽ∩  u   <  ……誰を先頭にするか決着が付かなかったんだお。
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


                     _  _  _
                 rァfッ'斗分分分分チモ_
               __f彡イ>r''"´     ` "'' ミメ-、
             __f;ィ升≠シ''/         . ヽ  `ヾ、
             _{i:辻;ッ少′/ ,  /   l     ゜     \
           {i:辻メツ/     /  ,   | !    :  ゜ ヽ   ヽ
           {辻メリ/    .′ |:l  ||| |    |:l  |! ぃ, ヽ :,
           {辻リ/,     ::l   |:|  ||l 川   |.|  l| l:!  :. :,
           ({i//.: /  ,::|l   |:|  |l///  |:|  |! l:|!   }i \
         に二ニ//′/  /:/{l   l:|  l'//:: ,. 斗ヒニカ j:l|   l:| ! lv′
          ,xf// , /:; / /;尤二工!... /:::. . 爻示利`リカ| |:||l|  まぁ、次善の策ではあるな。
     {三三彡(7/ /// ,: /戊f“ユ示ミ       弋zツ ,':'/ :′|:|||_|
            ,x少x'/:' ,:' /// 、弋zツ          |「`く_;!´    仮に隊を分けて挟撃しようとしても
       {三彡'/.:/\//,ハ`ヘ,            '     人、 ` 、
         :/.:/.:::/.:`/ :`7\             /|l:: :\ ', \.    あいつらでは無理だろう。
      /.:/ ..:/ /..:: ::; ':::::/:;>ッ, _   ´ . ィ、_∨\:: : ヾ\ \
     /.:/ ..:/ /' .: ::,;イzzx'ェy=弌、`,不、 レ┴‐}'^i: ::.ヽ:: : \` 、 、
    /.:/' .:/ // ..: :;/チ幵に迅rfチうケ;:|vヘ;^ヽ/⌒力こ}l幵ふ;.\ \ ::.、
  /.:/'//.:/.::/ .:/ん'幵(こ;ハ人_,;∠{:{土マムイ`ri升'::::;ハ幵幵}:: . ヽ ヽ:::.
/.:///.://'/://|チ幵{r/i/乂,/_从__マムイ:i:i/:::,:'幵幵幵l、::. ', |::::}
.:/ /.://.://'::/;ィif|チ幵た!//:i:/:i:i:i/i:iN:i:i:i/V/i:i/:ニソチ幵幵幵ハ;:::. ∨::/
' /.://.: ::///.::/チ幵幵{::r|/:i:/:i:i:i:/:i:/:i:i:i/:i:/:i:iた;ノ幵幵幵幵刊::::.  ∨
/ .::/.:/ .:: : //'::: :: :{幵幵幵r'::_|:i:/:i:i:i:/:i:/:i:i:i/:i:/i:i/:::/チ幵幵幵幵刊:::::  |


121 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                フレーゲル軍             ヒルデスハイム軍
                   ●      ●      ●      ●
                       ニュー速で軍  坂本軍



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ____
                     /      \
                    /_ノ  ヽ_   \
                  / (─)  (─)   \   こんな感じに横一列に並ぶ事になるお。
                  |    (__人__)      |
                  \   ⊂ ヽ∩     <    シュターデン将軍は、フレーゲル卿と一緒だお。
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


122 :◆vsQyY1yD2Q
              / .........|.....i........|...../| ハ........... | ....................... i ............ハ
          / .......... |.....|....../.../-┼- .i...........| ..... |............... |........../......}
            /................|.....|... ′′ i′ ハ ........|、......| ....... i.....| ............... |
.        /ィ ... i.........|.....|. ム斗‐-ミ     ; .... | ゙, . |⌒ヾ.|.....|.......i_....... |
.       /´ | .....|.........|...i /  r'うハ      ; ....| ゞ.|ハ.... ノ.....|.......|_)).....|
           | .....|.........|...|  んじ7      ;....| -┼ミ / |.....|.......|_)).....|
           !... |.........|...|  弋::ン        ;/  r'うハ |.../ .... j ....... |.   将軍、私達じゃなくて
.          ‘,.....|.........|: |                   んじ7j} |/...... / .......从  門閥貴族の軍と一緒なんですか?
             ‘,...lヘ......l. |           ,     弋:::ン   |...... / ... |..∧j}
             ‘,.| V/. | 、                     |...../ }......|..|    自分から茨の道を歩まなくても……。
              ゞ. V/|ハ\  ⌒ー-- 、     u   イ. /ィ./../i/
                  V.マf‐ヲ>...    ー'       _んi./|| /../レ′   .とか言っちゃって良いのかな?
           /⌒ヽ  V..厂 ̄\ `ー─ ァ─‐= チi.. /レ/. ||' i/
          /::::::::::.   ̄\、    \  / \ i/  レ' /  ||
        /::::::::::::::   ..:::\\     ーァ‐‐ /ー⌒ヽ     ||
 .      /::::::::::::      ハ:::::} ̄ ̄\ //::. ∧ヽ   ゝ    \、


                   ,  -―…‐- 、
                    ,  ´ . : : : : : : : : : : : \ _
              /. : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\
               〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',: ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ: ::.',
            ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  イ: : : : ',
            l: : : : : : : : : : : : : : : > '"´u   !: : : : ::l
            |: : : |: : : : : : : : ::/\ u     |:: : : : :|
           |: :.:| !: : : : : :≠=ミx ヽ-  , -―!: : : : :|
               ノ: :/:j |: : : : :/       ' _  |: : : : :|
        ト-‐': :.:/.:/.:|: : : :/u       ´ ̄ ヽ! : : : ;'
        >: : ::/: /ノj: : ::/  ,     {    /|: : : /
      /: : : : :.:{: : : : :|: : ,'    \_      /:.:|: : /   さやかっ!
     //: :/´ ̄`\: |: :ハ      `   /:.:.:.j: :/
     / {: : /        ヾ:.:{ \    _,. イ: : :/l:.:.:/
      j:.r/    、   ∨フ / ̄-|:.: :.:ヽj:.:.:/ ‘:./
      ∧{     \  }く /  | l!: : : : 」:./、 '(
      / ハ        ヽ〈:.:.:.`フ /ノイ: : : : :}: :}
      ,'  い        〉‐'´ /  j: : :ノ: ノノ
    〃    `トァ '"´ ̄`ヽ{   | _,ノ:/ イ
   /       |´/    l \   |  l ̄´ |


123 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,.: ' ""~~"" ' .
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
                ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
                 i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
                 |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
                   { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i
                  ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|   本人も自覚している様だから
                  ! _/フ      __ υ/┬´::::|   放っておいてやってくれ。
                 i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
                 |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|   門閥に仕える者としての責任もあるのだ。
                ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
                  ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
               i    ∨/    /         i/   ∧
               |    i {    ,'ο        }',.  ∧
               |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
                   \__,.>'´|   i.o       | ∨    i



           ∧ . -‐. : . : . : . : .  ̄`丶/>ヘ',ー.、
.       __  //: . : . : . : . : . : . : . : . : . : \: . }i: : :\
       }l>/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :.\}i: . : . :\__
     /}レ': : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: . ヽ: . : . :.ヽ: . : . : . ヽ`
     /: :/: . : . : . : . :l: :八: . : . : : \: : : : : '. : . : . :l: . : . : l: : l
.    /: :/: . : . : . : . :/l: :| \: :\: : : \: : . :l: . : :...:|: . : . : l: . l
   /: ://: : . : . :.|: / .j: :|   \: ヽ\:ヽ\: :|: . : |: :|: : |: . :l: : |
   //://|: : :l: : . i斗'^        ,ィf弌ぅ 、ヽ|: . : l: :|: : |: . :|\|
 //:ノ /|: :/}: : : |: l ,ィf゚う       ト::)゚ィリヽ|: . : |:/: : :|: . :|
   }: : /|:|:/: |: : ∧:i/ん:::ハ      弋c少' |: . : |}: : :.|: . :|
   |: / .|:|': : |: :/: :i 弋cソ        、、、、、. |: . :八: . :八: .|
   |/  l: : : :|V: : ハ  、、、、  ′         l: ./:∧: ./  ヽ  本当に大変なんですね……。
     八: :.∧: |: :人   r 、_  っ     ィ .ノ:/:/ }:./
      ∨ V}: : |: /i>}/ ,へ、   イ j:V/:/ /
            八: :|/__ !  / ハ _.斗‐{
            ∧!  _|    ' /´     》──--、
          _/    |:::_}   .|ー─--<       |
        /___  i }∧   ノ:::::::::::::::::::/ /     |
        V    /  }.  イ l\::::::::::::/ /     :|
       rヘ   xヘ    ∨ | |:| \/_/      人
       /_/   '、  _ヽ | |:|   ./   - ─   - 〉
.      /        ヽ/// j/  〈 / -‐   /


124 :◆vsQyY1yD2Q

                ,  -───- 、
              /: : : : : : : : : : : : : .\
         ト、   /: : ,.   -──- 、: : : : \
         ゝ V( ))/         `ヽ: : : : \
      / 〃 Y^y'´           )  `ヽ: : : :〉
      フ {{ / /    /      人    \/
     イ   ヽノノ    /   / //  ヽ     ヽ
     /  / 〃 /    /  / /     ヽ\     !
      |/   〃 {   >‐メ、    -‐ < リ ヽ  !
     ヽ     Vハ  /  ィ.:.:下      不::.ヽ }  ハ|
      )   /Vヽ \ ヒ.::::ソ     ヒ.::::ソ ノ イ
     ノ | /   ( \|.       '       /イノノ ‐‐┐
       |/     ) ヘ. u    _       r イ __    }  その、勝てるのですか?
         /´  ̄ `ヽ >      `   . イ,. '´    〈
         (       \  > = < ノノ    ,.   ノ
         ヽ``ヽ     )VTT´  ̄ ̄`L ,.  '´ -=<  __
       r── ミミヽ ,. ィ イ77´  ̄`7 //´ ̄`ヽ´ ̄ ̄`ヽノ
       }      ノ   レイ ハ ´ ̄`   l l     '.    (
       r─‐ν´  //// |       l V    }ミヽ __ ノ
         /   .く ///レ'       `Y´     `ヽ\
         /'、 - -zi;{ =- 、 _        ;        Y )
         \人   い     `´    ノ        .ノ´
           ヽ ヽ、_, ィゝ、         く. `T´二二 Y´
           `Y {::j}j `...‐--‐‐´7:::::::::7ハ    |



                         ____
                       ,  ´         `  、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
              ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::i
                |`、::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::/::, '|
                |::::::::: /::://:::/ :i:: i:i::::::::ii::::::∨::∧ヘ:/ : ::::|
                | :::://::://:::/ ::||:: |:|::::::::||i:::::::∨::∧ヘ ゞ : ::;
             ヘ:::/ !:: i:ii:::i::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::lヾ::: /
                |´ヘ:! |::::|:||:::|::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::| }:::/,`!
                | ハ||',_,.ニニニト、,,,__ |:|::::::::| ,,...‐''"´ ̄ .〉!ハ j
             V ||ヘ  /:::/ ̄Y     ,,____,,,... /.||//    勝つしかない。
                 `||ヽ'/:::/   ノ    ´ ゙゙゙゙̄´ `/ ||/
               |!ーヘー―‐ ´            /}ーi|      我々が敗れれば
               |     、      i        /:::|  |     コスタットは落ちてしまうからな。
                        ゝ.     ___     .ィ :::::|
                ,..イ ∧ >      ` . <. ∧ヽ、
         _,,... ‐''"   l./ ∧  \≧ー≦/   / ヘ.| `    .,,_
         /∧ _,,... ‐''"     ∧  |    |   /   `   ...,,_ ∧ヘ,


125 :◆vsQyY1yD2Q

           ,. '"´ ̄ ̄ ̄`゙ ' .
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::ヘ; :',
      ,': :::::::::::,'::::,'::::::::i: :::::::::|:::::::::::',::::',::i
      !:::::::::::;イ: ::i: :::::::|:::::i: :::|!:::::::::::i:::::i::|
      |:::::::::/ !:::::|:i: : ::|:::::|: : ||:::::::::::|:::::|::|
     !:::::::/ .l: ;;;|;|:::::::|:::::|:: ::||::_,..-'''::|:;'
     〉‐、| Y  /:::/`Y   イ式i''''ァ//
.     { ,ヘ||  !. /:::/ .ノ    弋iiソ. '.ハi}   なぁに、ニュー速で軍に劣るとは言え
.     ヘヽ||∨'ヽ∠.'゙        i/||!
        `'|!‐'、.    __'__     /"|!    我々の装備も できない夫軍に負けていない!
       i:|: :::|ヽ、   !    ソ   /  |
       |: :::::|∧|>.   , '´
   _,..-‐''"ゞ/ `''‐.` '''i´,.}ヽi''‐- ...,,_
  /´ヘ_,..‐''゙´ ヽ、   ヘ, /´/  `''‐- ...,,_ハ
  | ヘ   i      `' ‐-∨'´        / ,ハ
  |. ヘ.  |  ,.イ´゙i.,_   | o      i /,.' ∧
  |  ヘ | / / / iヽ、 ',.        ∨.  / ∧
  |   ヘi { '  ,' / / }  ',         ∨ /.  ∧
  |    ', | i   ´ ' /.  ',         V     ハ
  |   ::. /ヽ、    /     i o       }    ∧
  |   ::/    >:〈ヽ,   ,'          /   / }
  |    /        `/   ,'       /     i   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  r-、.  _   ,. ┐
                  l _》´:::::::::::::`《 /
                    /´::::::::::::::::::::::::`〈
                 ハ:::::::::::::::::::::::::::::ハ
                  !::::::V:::i:::::::::::::i:::/:::}
                  V::::ト:;ト、_,ィ7:::/
                  ヾ、>;;;;;;;;;;;;;;</
              ___ 二≠=エく ___
              ハ:::::::::::_:::-v':::;-、:::r、_::::::::::::::/7    コスタット兵
              V_> ´  }:::V/:::{   ̄`<V    ネウロイ
                   ノ:::::::}::::::!            ( ストライクウィッチーズ )
                , -、 {::/::::}::';::}   ,.-、
                 !ロロl_/こT^Tこト _/.ロロ}
                 ヽ-'7-tr/ |-vT ヽ- '
                  lvニ/  .トvA
                  トv,.'   V-_l
            .        じ'     ヘ._リ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


126 :◆vsQyY1yD2Q

  _| ̄|_       | ̄|  | ̄|_    | ̄|  | ̄|_
  |_  _|__      |  | ̄    |    |  | ̄    |
    /  _  ヽ    |  |二コ ┌'    |  |二コ ┌'
  ∠ / /   〉 |「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\
   |_|   ノ_ノ `⊇.ノ|_|、_ハ/ `⊇.ノ |_|、_ハ/`⊇.ノ
    ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
  ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
  ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
          i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧
          |:.:ir'´// j  z==、!:|
          !ヘハ//__ノ  、    A}
          ト jハ    F=┐   レリ   数の上では互角!
          | :.:.:へ  ゝ__ノ /
          | :.:.:|((´i> - イ         真正面から ぶつかり合っても負けんぞ!!
          } :.:i:| 「 ヽ、 , kl
        ィ==┴' ー ∨ーV===、
       ∧        |O      ∧
      ム ヘ  /      l     i / }
     「_ ∨       !     V ーヽ_
     /    !        i O    |    \
  /    /ト、     人     八ヽ    \



               /⌒Y
          . -─x__/    /
       xく  / /     /
     / ヽ∠ /     /、
      ├ v‐} }/   ∠|_|_,ハ
      { {__,X´ス  /| T(
     ∨, >‐'ヘ \l_i| _/  ……だと良いのだがな。
      // /  |\ Y^i〈
     ゝ/ ′ | ̄`ヽ.リ }
       |ー个一'!::::::::::::::\
.      /|  |  i |::::::::::::::::::::ヽ r 、
     /i |  |  i |:::::::::::::::::::::/  \トr‐‐、
.    //i | i .′ j::::::::::|:::::::::{   __/ て.ノ
   //  | i/   /::::::::: |::::::o:|  / ゝ一'
 //  i |/   / :::::::::: |::::::o:|/⌒ヽ }


127 :◆vsQyY1yD2Q
                       ___
                     /ノ  ヽ、_ \
                    /(●) (●.) \
                  /  (__人_,)    \    大事なのは、まずコスタットを守る事だお。
                  |  l^l^ln ⌒ ´        |
                  \ヽ   L         ,/   そのためにも、ここで負ける訳にはいかないお。
                     ゝ  ノ
                   /   /


         ト、 /\
         l.:.:У.:.:.:.Y   .....--...、__     へ /}
          .斗j.:.:.:.:.:}:.レ'"      " ̄`ヽ、//.:.:.:.j
         /   {.:.:.:./             \.:.:.:〈__
     -=彡/ 廴.:/                \ノ  ゙ヽ
        /  /:./   |  イ /\   ト、     ヾミ=-  \
     / / /.:.:,;,{    ! /''}7‐- ヽ  l ヽ   l  Y.:\ ヾ`ヽ
     /// {∠{ l   i/ 斗r=   ヽj 二圷、  ト、トl:/  ト}
       { /!   f'^l  l〃{lじli     ,斧ヾ、ト、j/   ヾ!
        j/ l ∧ 弋 !  ! 弋;タ       {Jリ j} i }       }
           リ ゙, /`∨ l       、  `"  j ! ト、  ト、 j.  大丈夫だよ!
           ∨  V ト...   ー ‐    ,ノ ∧ } ヽ j ソ
                ヽ|  }:::...,,, __....-‐''"リ j/ V  }/    おとうさんは私が守るから!
                fミに三三Klll7
              -‐ァア、。 ,.-‐ 7^ァ''⌒ヽ
              / 〃/ノ    j /    ハ
          ,..イ  /  {シ   __..j/     }
         /   r≠〜、r-彡-‐tr7     V
         V   ノ7⌒ヽレ'"   l):ヽ/      ゙、
         `弋_) !   ノ!    j): : { _,,..xzzミ、_〉
         /7'')l  .:::P{..:::::.... l) : : )''"⌒〈^\
            マ〜、).l   l l    l): : <_,.〜、_斗彡
         `7^'''{ }   P!    l ): ´T''"^`1'"´


128 :◆vsQyY1yD2Q

              ,.'''""~~""'''‐--‐・,''´
          /:::,'::/::::i::::',:::::ヽ::::"::':ヽ.    人
          ,.' :::::::i:/ii:::::|::i::l!::',::iヘ:::\:::i\   て
       /:::::/ |!、|!::::|::|::i!:::iナヘ;::::::ヽ、     〈
        |::::彡,..-‐>丈ソ .∠__,,,,,,ト- '"´
       |:::::| !  /::/ i '"´   |-、
       /l⌒} ゝ_/::/_,.ノ 、 -‐'''"~ トi }     お と ー さ ん !?
.      /:::{δ|/ 「`丶、__,,.イ  |メ、
     /::: /`‐K /       | /   ',   そんな大きな子供が!?
      /::: /  j へ._       _|,.'    j
.    /::: /      ._i' ‐┬‐'i_
   /:/i/    ,.:<.  i''‐'7‐‐'i_  `丶、
   |//   ./ ゝ,./ ̄  ',.o   ̄ ̄ ´\
   | i   /   /       '.,      i   \
     /    /         ',.o     V.   \
   / ヽ, _,.イ         i       }\_. \
   | ´ ̄ヘi.  ヽ.       /o    /  7`ヽ  |
   |     |   ',       i      i´    | \ |
   |     |    |     |.o    |    |    |
   |/ ̄`ヽ、   <      .|     |     |_,,.....,,_|
   /ヽ、\へゝ /       .| o     |   /,-、 、 、\
   ヽ/ ̄   /       |、    |.  ヘ/  |,リリリ



                      ━┓
                      ┏┛
                        ・
                     _ _   _ _
                _ ,ィ¨Y:´: : : : : : :ヽ:.:.:ヽ:.ゝ‐--,
               l´:.l:.:.:.:リ : : : :く : : : :.゚,:.:} : : : :く
             <: ̄:.',:.:.ム : : : : :j : : : : ゝイ: : : : : :‘,
             /: : : : ト-〈 : : : : :.〉 : : : :`´ヽヘ: : ト、}
                l : : : : :l`¨´: : : : :冫 : : : : : : : レヽj   えっ?
             从 : :.乂 : : : : : : : :〉: : : : : : ; '
               ヽ"`¨` 、: : : : : : ;.,:_ - ´       子供が出来た時のための練習ですよ?
                     i¨¨||{><}|¨j、
                       Yヽ+:==く 〉
                    ヽィj-‐ … ‐く
                    /ィヽ_ノ`ー-’¨j
                    〉_r、_,ヶ=¨ゝ-K
                    `|  /=|  /´
                        |¨/   .|=/
                      ¨    “´


129 :◆vsQyY1yD2Q

           ,---、               __
          _// __ゝ .           __   | |
         /≡. `っ)  .          | |   | | __
    tー--‐'`/ ̄ /≡≡/、        | |   | | | |  __
    ゙ヽ、ヾヾ/〒/≡≡/\ヽ'''""~""''' ‐-|. ,,,.| |__| |_,,.| |.-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""'''
~""''' < ̄/≡≡/ー-/\ 丿  .,. :,..:.. ,.:,..:..   .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..
 ,.:,..:.   ゙/≡≡〈≡≡ヽ  ̄:.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..    .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .:,
 ━━━/≡≡≡/\≡≡ヽ  ..:::. ....  .,.:,..:..   .,.   .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..   ......;
 :::. ... #######  ######     .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..   .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:.. ..
 ,.:,..:.    |   ヽ__,..、_,..) . :,..:.. ,.:,..:.     /\ ....         .,.:,..:.. .,;  .....
  :::. ...  く_V//  ヽ /ノ .:...:::. ....:...:::. ..../   \ .....:..   .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..
  ,.:,..:.  (_ノ丿    ,.'ヾミミ   .:...:::. ....    フ  /ヾ ヽ ..:..   .... :.:.:...:::. ....  ., ..:..
 :::. ...   / /ノ   / /ノ .,.   .,.:,..:..   ノ_,/ ̄ヽ ゝ ..:..   .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..
       | //   ノ /<   .,.   .,.:,..:.. / |   ▲ ヽ |ヽ  .,.:,..:..    .,.:,..:..   .,. :
  ,.:,..:.   | /_   ヾヽ_つ        /  |       |  \  .
       /  ノ               ( ソ|      |ヾ  )



          ,r'"´.:.:. :.: .:. :. :.: . .     ``ヽ、
          !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.. .         \
          人_ __ __          ヽ
        /;:;:;;;;;;;:;:;:;::.:.:. :.::::::.: .:.:. `ヽ、    〈カ j
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::.:..:.`ヽ、 _ ,イヽ
         イ;:;;;:;;;;;:;:;;;:;;;:;:;:;,r‐- 、;;;:;:;,r‐=彡シィイハN、;:;:;;〉
        〉;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈  ^ヽイ;;/    ー- 、、ゞ;;;;:;/
      ィイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、 しイ;;イ     <ニテ, ;:ソソ
      jN、;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;:;>、 リ        ` 〈"´   スライム8ヒキ
      /:::::.:.:.:.:. .. ;;;;;;;:;:;:/  `i         ヽ.    横 一 列 の陣か……。
    _/.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:``'ヽ、  !        =r‐'゙
   /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.\,     ー‐/      あちらは正攻法で ぶつかり合う事を
 /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\     i´       お望みの様だね。
'".:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:/>、 _ノ
.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::\/
.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:ゝ- 、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:`¨`ー - 、、、、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.゙,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.::.!


130 :◆vsQyY1yD2Q
                     , .:.:.::::::::::::::::.:.:.:、
                    /;;;;;;;:;:;:;::::::::::::::::::.:.:ヽ
                  !;;;;;:;:;::o::,r'''"´,、 ̄``ヽ
                  ヾ;;;;;;;;,r' 〃ィイハ   ヾi!
                  /.:;:;;彡ノシ ィイ 、_,、ヾミミミハ
                  〈;:;;;;, `'ー'`;  ,ィェ、 !,;'ミ:;.〉
                  .V;:h ; . :〈 : . : ; /ノハV
                  `;.、j,.  _"_   ,〃ィイ'′ そうなる様に仕組んだんでしょう?
                   ルハ ´ ー ` /1;;;;jリ
                   ル;:ハ、 __,.イ .!;;;;l
                   ,r:;;;;;;:;:二二´ ,.イ;;/
                _ _ノ:::;;:;:;;;;;;;;;;;;;;r<⊥::.ヽ
          ,,,、-‐''"´:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ト、ヾ:::::L
         /.:::::::::;:;:;::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;L _リ_ノ;:::::.:.:.`''ー- 、
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',


      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"   まぁね。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


131 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ ロンベッタ ○ できない夫軍 現在地
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : : ●   △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : 森 : : :○ ニュー速で軍 駐屯地
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ,r'゙  .:.:.::::;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;.:.ヽ
         /    . :.:.::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;.:`ヽ
           /      . :.:.:.::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:!
          ,レ' //. .:.:;;;:;;,ィイハ;:;トト、;:;;;;;;;;;;;;;;:;;:;!
       / 〃 .:.::jノノィイィシ ^トト、;:;:,、ミミ、;:;;;:;:;l
        i.:::/ .ィイイソ -'一.::'' `ヾ十- ミ;:;:;;;;;|
          V .:〃彳;!  r fテシ.::'  /fテュ, .};;;;;;!
        V.:/ハ;;;;|    "´  〈``  ィイノ  一応、森を迂回して
            Vト、リリ,         i   l,/´   挟撃を仕掛けてくる事も考えていたけど
          V;ツメ      ー-'   ,/
           i.:;;;リト、    - ー‐-  /     その備えは無駄になりそうだ。
          ハ;;!. ', `、     ー  /iヽ
            /.:::::L,,_  \ __, .イ ノ::::`、
         ,.イ:::::::::::::::,ヘ‐r─ 、-、--、レヘ:::L
─‐----‐''´.::i::::::::::::::/;:;;;リ   ト、ト、 i::::::::::::i:.`''ー-、、、_
.:.:.:::::::::::::::::::::::::ト、:::::::/;:;;;;;;;|   l l1 /:::::.:.::::|:::::::::::::::::::::::`¨`
:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ:/;:;;;;;;;;;;|   | リ /.:::::::::::.::|:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;::;:::::::L    ,/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


132 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i
         i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ
        } ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.       /: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V
      /: :/⌒i :/ ;; z≧=-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.     {: : !i.λl/i  l|!ilー--,'' i. {==-=ソ , ノ
      ヽ∧ヽ  ゝ     i  : ! ー イノ´
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ   ( 出 来 た ら や っ て お る わ ッ !! )
      〉: : :{ |   !  /  ̄`ー'、 /
        l从从 、   / _ --= 、 ; /
        V ヘ  \  ┃ ̄二¨ '/
  __ n/   ヽ\  ヽ.      /
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


133 :◆vsQyY1yD2Q

      ∧,,∧
    ヘ(`・ω・)ノ  敵陣に動きがありました!
 ≡≡ (┐ノ
  :。;  /



          /                    \
        /:.     〈カj   ,.ー- 、_ _      !
        !;:::. .       /  . :. :.; ;: ;; .:. .``ー-、j
        ヽ;; :. . __,.イィイ ハゞヽ、. : ;; :; :;:; . .  ヾ
         Y/;:;:;:;:;;〃ノン' ノ'  い゙:、ヾ'、;:ヽ、;:; :;. .: ヽ
         ,j;:;:;:;:;:イ::''´ ̄``ー 、'  ー''"´_``、;:;:;:;:、  ;!
        /:::;;:;:;:;;j:::. . .〈じニゞ,i  ,テラー、`,!;;;;;;;; . ::;!
        ゙、j:;;;:;:;,:!::::.:. .   ´ l   `    .!;;;;;;;;;;;;;ソ
         /;:;:;:ト;:!;::::. . .    , ‐、      j;:,イi;;;;;;!   来たか。
         `、;:;:〉ハ!::::.:.:.    ー      ,リ j !;;:/
          j/;:ヾ ,:::::::.:.   __      ソ ',::;/     随分と せっかちだな。
          リ;;;:;:;:ト、:::.:.:..  〈二二ヽ   /,イ;:!'゙
         ,rー- 、リ:\::.:..  ´ ̄ `   ,/;;:;!'゙        こちらも全軍前進せよ!
         /:.: . ..  `ー- ヾ::..   ̄`  /|ソリ
      ,r‐' ー ‐- 、_   `ー─‐''"   ,!、
     ノ::::.:.:.:.:.. .:.:. .. . . ̄``ヽ、TY⌒ヽ'´ ̄|               ,rー-、_
    /;;;.:::::::::.::::::::::::::::::.:.. . .. . . .\       j              / ,    `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .`^ヽー、/l__           ,r' /     l
  ,/;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .: . . :. . .  .  . ``ー‐- 、    /ソ '´      ゝ、
 /;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .:. :.. .. . . .     ``ー、/     _,r'"´ ̄ ̄`ヽ
,/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .   , . -─ '´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ..: . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. . . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:. .. :. .


134 :◆vsQyY1yD2Q

        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|    アッテンボローも作戦通りに頼むよ。
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _−     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、


                        _ ___
                     ,.'"´.:.:.::::::::::::::::.:.:.\
                   /:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::,、-─-<、
                 /.:;:;:;:;<カ::::::::::.,、-‐'"´    ヾヽ
                 l;:;:;:;:;::;::::::,.ィ´ jji i、  `、 ヾミミ、
                 ヾ;:;;,.ィ"´,ィイ ノノソハトト、ミミヽ `ヾミミ:;!
                  入 ヾ彡ィイシノノ ,,>=ュ.:;;:;:;;ヾミミミ!
                  V ィイ'''rtァッ  ''゙モtュ  `ト/^VトトV   了解。
                  `Y;jj!   7  ~`     リ ノ;:;;V
                       ヾ',: :./   . : . : :   イ;:;:爪    それじゃ隊の指揮に戻ります。
                      ハ `"´ . : .:   /^1;:;i :l/L_ _
                      _,ル;、 -‐‐-    / ノノハV:::::::::::::.:.:.¨'''ー- 、
               ,,、-‐''"´.:.:::::ヾ、      ,.イ  ノノ^V:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ、
              ,.イ.:.:.:.::::::::::::::::::::::::ト--- <  /.::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:
             /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::L__  _ /.:::::::V/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ,/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ,イ  ヽ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/^リ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L/ __ 丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


135 :◆vsQyY1yD2Q

     / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.     / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
    レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
    レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
    |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
    |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行_ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
    |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
    |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\      ……さて、シュターデン将軍。
    '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
    ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ.   今回も勝たせてもらいますよ。
    |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
    |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
    |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
    |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
    |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
    |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
   |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.     l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
     .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
      ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /


136 :◆vsQyY1yD2Q
                       _
                     \ヽ, ,、
                      `''|/ノ
                       .|
                   _   |
                   \`ヽ、|
                     \, V
                       `L,,_
                       |ヽ、)  ,、
                      /    ヽYノ
                     /   r''ヽ、.|
                    |    `ー-ヽ|ヮ
                    |       `|
                    |.        |
                    ヽ、        |
                      ヽ、    ノ
                    _,,::=-ー──-=:,,,
                  r''"   ,〃〃      `゙ヽ、
                 i{ rt-';L{_Lニニ二,,_ミ    ヽ
                 {ミj  〃 ヾ,    `!ミ    ヽ
                 {ミ/  《、  ' __,,....  :}ミ    ヽ
                 iム二ー-,, ,' "__,,,,ニ,,_ {ミ,,,、  ヾi
                  }>゙''iョ`゙} :|ー''~.iテ''フ  ;{ l , ゙i  }
                  {_  ''´ l ;:: ヽ     i'{_l├ノl ;{
                  :}   〔 _,,!、,    r' ,, r'",'  }   まだ攻撃してはいかんのか?
                   l:   ____    ' j ( r' ├i
                   |:  ´二 `    ,/ liミイ {ミi
                   ,}ヽ、      ,,/ ト |k,,__,,}i'
                 -=彡r^ヽ   _,,::''  ,ノ-''へミ、
                    lミ=-;三三彡=" "~  ノヘヽ、  _
               _,,,;::-ー||r'^ミ゙l:||ァ-ゔ}r=   〃 〉テ=ァ/;;--::;,っ_
         ;;==ァ''"~li  7/ ゝミヽ_ ||| ,ノノ!゙ミ=="∠二_,〃  ,〃 ̄''''
           ム,,::-┴'''"~~~ ゙̄ミヾ:||レノ;;-=≡''"~ ̄ ̄~^''''===ぐ-::;,,__
          〃~        _,;;:-ーヲ'''^'''=-::;,,_            ~^''''ー
              _,,::=ニ"~ コ| l ,,゙i |L~^'''-,~^''ーニ::,,,_
             (て,,,..八,,_入,_,ノゝ、__,.ノ__L..,,_フ ,>
             :7,ハ、^'''ー--:、  r"~''ー''" ''ーァ/「{
             ,{ | i l     ゙i i'        ,'./ |.{



        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\     タイミング見計らって突撃してもらうから
   /   (__人__)  u. \
   |_ _.    `⌒´      |_    もうちょっと待って欲しいお。
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
 ..i,    ."⊃    rニ     /                  d⌒) ./| _ノ  __ノ
  ."'""⌒´       `''""''''


137 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第107話 「サマンオサ・デモクラシー」 は終わりです。


DQ3世界の人間が教会の書庫で 「民主制」 に関する本を読んだと言うのは

原作においてジパングに民主主義について教えに来る人物が神父だからです。


原作に民主制の国は存在しませんので

「既に滅んだ古い国の政治形態であり、教会に納められた歴史書に記されている」

と言う設定を でっち上げました。


昔の民主制と言う事で、DQ3世界の民主制は古代ギリシアの都市国家の様な 「直接民主制」 としています。

文明レベルを考えると、そう間違った設定ではないでしょう。



それと陣形の名前については、本来の意味合いに近いイメージのモンスターを選んでいます。




次回更新は、1/19(日) 20:00〜を予定しております。

1/12(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


    / ̄ ̄!三三\
     |   (,,゚Д゚) 三:! < イグスリ!
    \__!三三/


第106話へ    4 第108話へ

独裁体制から民主主義へ: 権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)魔法少女まどか☆マギカ 巴 マミ Ver.2 (1/10スケール PVC製塗装済み完成品)巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
独裁体制から民主主義へ
権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)
魔法少女まどか☆マギカ 巴 マミ Ver.2
(1/10スケール PVC製塗装済み完成品)
巴マミの平凡な日常 (1)
(まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

この記事へのコメント
マミさん やめたげてよお! (´;ω;`)ブワッ
Posted by at 2014年01月06日 21:02
シュターデン将軍かわいそう
Posted by at 2014年01月06日 21:05
ちょwwもっさん直属兵が人型ネウロイwww
>陣形
アヴァロン皇帝「フリーファイト!!」残り4人「えー」
この並びだと、ファランクスも出来そうにないがどうなることやら…。
Posted by at 2014年01月06日 21:10
あけましておめでとうございます。今年も楽しませて頂きます。
やはりこういう知略戦は燃えますね
やる夫達は知略能力にだいぶキツいハンデをかまされていますがw
Posted by at 2014年01月06日 21:22
シュターデン先生そのうち胃を全摘出しちゃいそう
Posted by at 2014年01月06日 21:25
やる夫の軍が接敵する前に両サイドの陣が壊滅してそうな・・・
Posted by at 2014年01月06日 21:37
さあ、一回負けようかみんな!(さわやかに
Posted by at 2014年01月06日 21:57
横一列だと両サイドに精兵を置くのが定石だが…
見事に逆じゃないかwww
Posted by at 2014年01月06日 22:08
誰かシュターデンに胃薬をw

DQ世界で民主制は時期尚早なんじゃないかなあ。
少なくとも全国民に一定以上の教養が求められるわけだし。
Posted by at 2014年01月06日 22:51
やる夫達もひどいハンデ背負ったもんだなw
Posted by at 2014年01月06日 22:56
モンスターがいて即応しないといけない世界で民主制は結構きついよね。
よっぽどうまく制度作らないと・・・。
昔の国はだから滅んだんじゃないかと思ってしまうね。
Posted by at 2014年01月06日 23:13
無能な味方ばかりなのがこうもはっきりと足手まといになってしまうとは…。簡単に処理できないから尚更面倒だわなぁ
Posted by at 2014年01月06日 23:30
民主制は世の中がある程度平和裏に、良心的に治まってないと決定が遅いというデメリットが目立つからなぁ
Posted by at 2014年01月07日 00:24
横列陣だと、数の多い本体と機動力の高い(基本的には精鋭)両翼で、中央の本体が相手の攻撃を受け止めているうちに両翼が機動力を生かして側面・側背面から包囲、圧殺するのが定石かねえ。

解放軍側の陣立てが解らないから何とも言えないけど、主力が農民兵である以上高度な戦術はとれない筈。指揮官のヤンが有能でも兵士の能力が低い以上、基本的には定石に則ったやり方だとは思うけど……。
(原作のヤンは艦隊司令官拝命時に初任務で思いっきり無茶振りされたから、「んじゃちっとはこっちの我儘も聞いてくださいよ」って感じで幕僚を選べたけどね。兵士も半数は新兵とは言え、残りの半数は残存部隊からの合流兵だし)

兵力差はほとんど無い、主力部隊の兵士の練度は上(一部桁外れ部隊有り)、指揮官の能力では不利(シュターデンは決して無能じゃないが、如何せん他の指揮官クラスに足引っ張ってるのが多すぎる)……。

ぶっちゃけ逃げてえなあとしか。もうちっと指揮系統を何とかしないとどうにもならない気がしますね。特に右翼はかなり危険な香りが……。
とは言っても部隊指揮官クラスが門閥貴族じゃ無理だろうけど……。

目標地点目視の短距離ルーラで接敵、ペアの魔法使いが範囲魔法ぶちかまして、次の瞬間には再度ルーラで離脱……少数部隊でできるだけやろうとすればこのくらいしか。
Posted by at 2014年01月07日 01:01
民主制の始まりって、すべての人に平等に選挙権被選挙権があったわけではないんだが、
できない夫がどの程度の知識でものを言ってるのか……
Posted by at 2014年01月07日 01:57
本物の王様の下で先生には幸せになってほしいなあ
Posted by at 2014年01月07日 03:29
TVで批判されてたから、政治家が無能っていうのも短絡的な考えだよなぁ。ギャらない夫はまだ若いキャラだからだと思うけど・・・。
世界有数の大国を沈ませない政治家が無能揃いな訳は無いだろうに。まあどこの国でも政治家は何かする度批判されるんだけどね。

大体読者に多いけど、政治体制に即応性を求めるのっておかしくね?モンスター対策なら柔軟性と権力のある、専門の即応組織つくればいいだけだし。
軍事的意思決定にしても、民主政治でもアメリカは二次大戦以降やたらフットワーク軽いしな。選出されたトップの、権限の大きさ次第だなぁ。
災害対策に至っては、貴族政より民主政の方が早いのは明らかだしさ。(民衆が怖いから)

敵軍に備える自衛隊と、国内での散発的な危機に備える機動隊や海保、治安の維持を行う警察。
被ってる所が多いから厄介だけど、モンスターに備えるなら機動隊と海保に相当する組織をでかくして、軍や警察との連携もとれるようにすればいい。
簡単じゃないけど死活問題だし、それで何でもかんでも議題に上げなきゃイカンみたいな、足の遅い状態にはならんと思う。
まあ権力を割るのは抵抗されるだろうから、制度改革としては難しいだろうけど。一旦革命で転覆した若い国なら出来ん事もないんじゃね?

できない夫がそういう構造を思いつくかどうか、現実問題として異世界でそれが可能なのかどうかまでは分からんけど。
そもそも異世界の軍構造もイマイチ分からんしなぁ。軍と警察が一緒くたのレベルっぽいし。
Posted by at 2014年01月07日 06:52
上っ面の平等を謳った民主主義を革命で手に入れた国が今どういう状況になってるかはテレビなりネットなりでいくらでも情報仕入れられるわな

まず国民全体の教育レベルの底上げをしなきゃお話にならんて
Posted by at 2014年01月07日 11:18
マミさんだけAAがパワーアップしてるね!
まみまみ
Posted by at 2014年01月07日 11:51
多分フリーファイトじゃなくて「乱れた陣形」じゃないかなぁ……これは
フリーファイトは一応全員にすばやさアップの効果があるけどこれは……
Posted by at 2014年01月07日 14:23
できない夫はフランス革命のロベスピエールを見ているようだ。
うまくいってる間はいいが、理想が現実に追いつかれた時、粛正に走るのかそれとも世捨て人になるのか。
Posted by at 2014年01月07日 17:53
現在の日本でも民主主義は衆愚政治の域を外れてない。
サマンオサが民主主義を採用するのは現実的ではないね。
Posted by at 2014年01月07日 18:54
そもそも民主化したとして資源の配分どうするの?
今まで封建制?で各街がある程度独立独歩でやっていたところが他所に人物金を注力することに理解が得られるとでも。
どう考えても都以外で叛乱が起きて国力をすり減らす未来しか見えない。
Posted by at 2014年01月07日 20:09
↑5
仮に有能な政治家がいたとしても、無知で無責任な有権者や、それらを扇動するマスメディアの存在により
必ずしも実力を発揮できるわけではない=甘くはない、ってことを言いたいのだと思われる。
ポピュリズムへの危惧は若い世代にもあるだろうしね。

まあ情報伝辣手段としての「マスメディアの存在」が想定されていないからこそ、
ヤンがその結論にたどり着くのは困難だとは思うが。
そこにインターネットの存在まで含めるとさらに混乱するだろうがw
Posted by at 2014年01月07日 20:46
政治絡めると、横道にどこまでもそれていく議論とか
一席ぶっちゃう方々が出てきちゃいますが
気にしすぎずに走りきって欲しいです。
Posted by at 2014年01月07日 22:45
別に政治家が無能とかは言ってないよね。
民主制にしただけでよくなるほど政治は甘くないって言ってるだけで。
Posted by at 2014年01月08日 00:07
反乱軍ってサマンオサ軍と違って農奴の人たちなんだよな
できない夫達と話もしないでいきなり戦闘しちゃうのか
Posted by at 2014年01月08日 01:46
ヤン達は農奴解放と民主化革命を一片にしようとしてるのが事態を悪化させてるね
アメリカ南北戦争のように奴隷解放だけを目指して旗揚げすれば
あるいは、他の異界の勇者達とも協力出来たかもしれないな
Posted by at 2014年01月08日 03:54
今よりマシだと誰もが信じて革命を起こす。しかし革命が成功したらしたで、革命前の方が良かったと言い出す事もある。
大衆ってそういうもんだよ。でも一つ明らかなことは、現行の制度に行き詰まったら強引な改革を実行しないと前に進めなくなる事だな。
しないで進歩が無くなったら周りの勢力より相対的に衰退するので、滅びてまた新しい制度を産まざるを得なくなる。同じ事だなぁ。

革命はいいことばかりじゃ無いが、強い国になって行くため必要な事でもあるだろ。
少なくとも現状のサマンオサでは魔王軍に対抗とか土台無理だし。
できない夫が行動を起こしたから、やる夫が本格的に動かざるを得なくなり、現状に対する危機感が生まれ、結果として魔王軍が不利な状況が生まれつつある。
賢者ぶって何もせんよりよっぽどマシじゃないか。
Posted by at 2014年01月08日 04:36
イグスリ!

ワロタww早々に決着つけないと、お腹に穴が開いちゃうよ!!
Posted by at 2014年01月08日 15:08
民主主義が成立するためには教高い育水準が必要=専門知識を持った優秀な官僚が必要不可欠、
結局は官僚=知識階級=貴族に頼らなければならないと思う。
Posted by at 2014年01月08日 20:10
ぶっちゃければ完全な民主政治なんて 不 可 能 だけどな。
できない夫が貴族排斥すれば可能っぽく言ってるから逆に物悲しい。
良くても政治は小田原評定になるのが関の山じゃね?
Posted by at 2014年01月10日 15:11
どんな政治体系にだってメリットとデメリットがあるんだから完璧なもんなんかないんだけどな
独裁にだってちゃんと利点があるんだし
Posted by at 2014年01月11日 05:25
シュターデンかわいそうでつい同情したくなっちゃうけど、
なんか常に定石のことばっかり考えてていざって時に失敗しそうな・・・

手堅いと見るべきか頭が硬いと見るべきか・・

トップには向かないけど中間管理職としてはそこそこ有能なマニュアル人間なのかな
Posted by at 2014年01月11日 11:41
シュターデンさんは戦略シミュ的に言えば統率70ちょうどって感じ
軍人を名乗るには十分、しかし天才の相手は務められない

門閥貴族達は統率50台前半ぐらいの印象かな…
軍人と呼ぶにはお粗末だけど、門外漢でもないから不得手を理由に止めることもできないぐらい
Posted by at 2014年01月12日 04:05
この世界ではビッテンの方が地位が高いみたいだから、そりゃマニュアル人間には胃が痛いだろうさw
Posted by at 2014年01月12日 10:31
その定石すら怪しいのが門閥連中のスゴイトコロデスナー
シュターデンは有利な状況をそのまま保持する能力は高いんじゃない?
最後まで基本に忠実にきっちり仕事してくれるだろうし
門閥連中は絶対途中で色気出して派手に躓くのが目に見えるからねぇ
Posted by at 2014年01月12日 16:02
シュターデン先生のツッコミは相変わらずオリハルコンの切れ味だな
Posted by at 2014年01月12日 20:40
シュターデンは良くも悪くも安定してるタイプだな
ぶっちゃけ軍人より行政官になってほしい
戦争の終結後に国の屋台骨を長く支えてくれるのはこういう人
Posted by at 2014年01月13日 01:30
両翼が突っ込むこと前提で見た目鋒矢の陣とか見た目鶴翼の陣とか
Posted by at 2014年01月13日 14:21
さか奈さん、シュターデン先生に胃のお薬を処方してあげて
Posted by at 2014年01月16日 21:46

手柄争いは、まあ、仕方ないですね。
門閥貴族は下手な兵より集団戦闘の練度低そうですが。
戦術も誇りとかで却下してきますし。

主力になる門閥貴族に不安しかない状況ですが、
装備や練度はこちらが上回っているでしょうし、魔法もある。
敵司令官についての情報収集次第では戦術も読みきれるでしょうね。
やる夫が危機に陥ればそれは彼女たちも危険に晒されますし、
なんとかそうなる前に追い返したいところですが。

もっさんは、親しくなったら、やる夫をどう呼ぶのか気になりますねえ。
Posted by とあるA at 2014年01月19日 22:53
前にフォークvsシュターデンで『(悪)夢の対決』と銘打っていたが……それを『フォークvs門閥貴族』とすればきちんと等価レベルの争いになるのでは?

前にも何度か『争いは、同レベルの者同士でしか発生しない』とか(1さんが作品に)書いてあったし。

……個人的には絶対にかかわり合いにはなりたくない、心底どうでもいい争いではありますが(両者の公開処刑なら見たいが)
Posted by at 2014年02月07日 20:55
>( 出 来 た ら や っ て お る わ ッ !! )
メタ時空からの心の叫びに涙が出そう
Posted by at 2014年03月26日 00:53
門閥連中の統率かー……。10も有れば御の字じゃないのかな?
部隊運用のイロハも知らないような連中だからなあ。

原作では艦種ごとの特性・能力差も考えずに「取り敢えず並べとけ」を万単位でやっちまう為体だし。
Posted by at 2014年06月25日 19:25
もう門閥だけ早々に戦死させといた方が良い気がしてきた
Posted by at 2014年10月26日 23:53
先生のストレスがマッハすぎるwww原作みたいに戦いの最中に倒れかねんぞwww
Posted by at 2014年11月11日 01:33
少数の敵に対して横陣→半包囲は理想的じゃまいか
Posted by at 2014年12月26日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84708458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ