■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年02月03日

第109話「もちはもちや」(4)

第108話へ    4 第110話へ

105 :◆vsQyY1yD2Q
【 エムローム カオナシの家 】
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|:. ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .:': : : :. ::.
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|:. ::.. .|l            l| ::.. : :;.: : ::.. .:':':. ::.. .:'::;.: : : : :. ::...
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,l|. ::.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : : :;.: : ::.. .
::.:'::;.'. ., .:|:,:::::::::|.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : :.. .:':. ::.. .:,r 、-ー─-、.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::..
::. ::.. .:'::;::|::::,::::;:|;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:;;;_::;;:;;_;;_;_;;;;;_;;l'  |= ′  |;;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|              ○::○)ノ_,,;,;,;;,;;ノ:::::....
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::|:::.:./ ., .     , ., ., ., .          __, ., .,, ., .,
:::.:.:.'. :; :::|/_____________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::||'_';.;_':':_';._;'_;:_;'_;'_:'';_';_';';_;:_:'_::_:'_;';_';_';::_:;_;._;';_';_';::_:;:_:';';_:;':_':_;'::_;::_'
::.. . !'´.::::||':':';:;y';:';::'::';';;:;;';:;';';':';';:';':;';;';';':';';'.;';_';_';::_:; ;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';':;
:.: : : : : :.;||' ';:;:;::';'';';;';';.;';';';';:;';';':';';:';':;;';:;';';':';  ;.;';';';';:;';;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';;
::::.:. . .:.:;';||'´';';':';';';:;:;';:;':';';';:;:;';: .;';:;';';':';';:'; . -―- 、;:;';;:';';::';';':'';';;.;';';';';:;';';':';';
';:;::,::.::;:;'//三三三三三三三三三三三 . ト、,..___,ノ|三三三三三三三三三
';:;'; ; ;:;//ニニ7ニニニニニ /ニニニニニiニニニ  |;';::.:. .  .|ニiニニニiニニニiニニニiニニニ
'; .'; ;.//二:二 /,、ニ=ニ /ニニ /二l二 ..|;';:;:::.:,,  | 二i二二ニ二i二二二i
';';';';//二二ニ:ニニニ /ニニニ二二二l ,` ー--‐''′二i二二i二二二i二二
.;';'//二二二/;二ニニニ /::二!二二二i;二二二l二二二l二二二i;二二
':::'/二二/二二二/二二二二l二二二l二二二i;二二二i;二二二l二二



      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ▲   ▲ ヽ
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ
   |:::|  ■   ■   |:::|
   |:::|  ▼   ▼  .|::::|    おや、ニュー速での……。
   |:::|         |::::ヽ
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ  この様な老いぼれに まだ何か用かね?
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   エムロームのシャーマン族代表
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    カオナシ
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ( 千と千尋の神隠し )
   |............::::::::::::::::::.........:::::::.....:::|


106 :◆vsQyY1yD2Q
                   ____
                 /      \
                /─    ─  \
              / (●)  (●)   \
              |    (__人__)      |  いえ、今日は こちらの ――
              \   ⊂ ヽ∩     <
                |  |  '、_ \ /  )
                |  |__\  “  /
                \ ___\_/


                .  -----  .
              /::::::::::::::::::::::::::::::::: \
           , ::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::V: :ヽ.
              / :::/:://: :/!! :::::|:||:|::::Vハ:::::::ハ
          |::::/::::|:|::::|| ||:::::::|:||:|:::::|::::|/:::|
          |::::||::::|:|::::|| ||:::::::|:||:|:::::|::::|∨:::|
          V::|≧==-、    ''"´ ̄ ̄ }:::|
           }-l' / /゙Y´  イテ〒ア|彡|
             {ヘ|Y::/  ノ   弋:ソ' /|ハ}   お初に お目に掛かります。
           ゝ|ハー一   ,      '.゙|ノ
.              |. ヘ     _ __   /l |      勇者 サイモンの娘。
.                丶        / :|
                > .__. イ!::::::::|      坂本 美緒と申します。
                     |`ヽ. / | ::::: |
                . </ヽ 」/ /ヽ.> .
           r<> ´   |.o     ` <>┐
           | i       /          /ハ
           | |/     /            i/ /∧
           |/      ' o          | /´ ヘ
            l/      .'         . :|/:    ∧
            |!: : . . .   i       . . . : :.::/::.      ∧
.          l‘、: : : : : : ',: : : : : : : : : : : :.:/\::..    ∧
           / ヘ. : : : : : ',o: : : : : : : : :.:/|  \:..     ∧
.          /  |     !         /    ∨:.   ∧
        |   .ヘ.     |.        /!     ∨:.   ∧
        |   ::|     |.o         |      \:..   ∧
        |  ..::/    |.       ∧.       L二ニ=-ヽ
        |   /      .|         ∧      / ̄ ̄´ 冫
        |  :/       |        ∧.   /     /


107 :◆vsQyY1yD2Q
            _____
         ,,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;/ .:::    ::::.  |
      /;:;:;:;:;:;:;:;:/  .::::    ::::::  |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| (llllllll)  (lllllllll) |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  ゚ー    ゚ー  !  ほぅ、サイモン様の……。
    /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:|  ::::    :::: ,'
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:|  ::::    :::: /    とうとうガイアの剣が必要になったのですな。
   i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ⊂⊃  /
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`‐-、._ ー ,.‐'´
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|



                ,. ':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
             ,.'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
            /::::::::::::::::::i::::::::::i::::::ヽ,::::::::::::::ヽ、:\\::::::::::::::::::::::::`、
          ., ' /: :/:/:::::i::::|: :::::',:',::::::::丶:::::::::::::::`、::`、`、_,,...-‐ : ''"',
          / ,'::::/:/:::::::{: ::|',:::::::',:',\::::::',ヽ,::::::::::::`、::`、::',: ::::::::::::::::::::',
         ,' ,'::::/:/: : ::,'|:::::| ',:::::::',:'.,. \::', \: :::::::`、::`、',::::::::::::::::::::::|
         i i:::::ii::i:::::::::i |; ;;;| ヽ;;;ヘ;;ゝ,-''"~~~゙"''‐.;;;ゝ;;;〉i ::::::::::::::::::::|
          .|::::||::|,-'"~゙"''‐. /   ,-'" _,,,,,,,,,,,,_   ヘ;:::::::::::::::::::::::}
          .|::::|i;ハ, / ̄/::::X´       /´/弐ヽ`゙゙iッ;,_ ヾ::::/ ̄ヽ::|
           ヽ;|! i   /::::/  ',        Οiii;; }  リ'   ゞ/ /ヽ. ',|
                ',. /::::/   i        乂;;歹  '  / r'⌒',  },   やはり、知っているのですか!?
                ',/::::/   /                 ,.'   ヘ    /::',
                 i:::/  ./ ,            /   r'´_,ノ/::::::',  ガイアの剣の行方を!!
              /|'''''"´  〈              ,'   (   / ::::::::::::',
                /  i                    /:7´!:::::::::::::::::::::',
             i.   `、        ,.-‐‐-、       /|/  ',::::::::::::::::::::::',
             |    \.     {__ _,.)     /  |`丶, ',::::::::::::::::::::::',
                  丶.          ,.´    | ̄ハ '.,:::::::::::::::::::::',
                    `丶、    ,. '´       ヘ,/ .|. `、:::::::::::::::::::',
                       /`'- <           /  |\ ヽ,: : :::::::::::',
                      _,..‐'/   ヘ          /   .| /`ヽヽ;::::::::::::',


108 :◆vsQyY1yD2Q

          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|
   ////////|  rヽ     rヽ |  あの時、サイモン様は
   /////////i  .i i     .i | |  ガイアの剣と うり二つの剣を作って欲しいと言われました。
  ./////////∧  ∨     ∨ |
 ///////////∧  ゝニニつ  .i.   そして、本物を いかにして隠すべきかと悩まれておりました。
. i////////////∧    ー   ∧
{//////////////`‐-、.___ イ//ヽ
|/////////////////////////////\
|///////////////////////////////\



          |:::::::::::::::,l|::::::|  |:::| ヽ:::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::::::| |:::::|  |:::| ヽ:| ヽ:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::l |`.|::::|、 |:::|  ;:|-‐ヽ:|'´ヽ ヽ::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::| |--|l、_`_ l:|  ヽ  ヽ,-r--ヽ| |::::::::::::l |::::::::::::::::::|
          |:::::::::::::l  r'///l |     ´i r'///;l |:::::::::::/ |::::::::::::::::::|.   貴族だって お取り潰しになったり
          |::::::::::::::l  弋_iリ       ヽヽ_.ノ l::::::::::::|/::::::::::::::::::,'.  領地替えになったりする事もあるわ。
          |:::::::::::::::|                 |:::::::::::l::::::::::::::::::::l
          |::::::::::::::{ヽ、    '           ,|:::::::::::l:::::::::::::::::::::|    自分亡き後の事を考えると
          |:::::::::::::::| `ヽ、    - 、     ,.,イ:::::::::::/::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::::::|   |:::::`ヽ、 _  _  '´  ,!::::::::::,r::::::::::::::::::::::::|   屋敷も安全な隠し場所とは
          .|::::::::::::::|   |:::::::::::< |_____,. ----/::::::::/ }::::::::::::::::::::::::::l   言えなかったのでしょうね。
          |:::::::::::::|   |::::::::::} __][ ゙̄´   /::::::/  {:::::::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::|__,./-r'´ヽ  ||      /:::::/'´ /r---、::::::::::::|


109 :◆vsQyY1yD2Q

      ,.,. -‐―  、、
     r'/△   △ヾ,
     i:i: iコ   iニコ:i:!    私達 サマンオサのシャーマン族にとって
     {:| rーi:   ┌'7!l   高炉を扱う技術は生命線です。
     l:l ヽ/   :l,/::l:',
      l::ヽ, ゝニつ :/:::!   この技術が私達の手にある限り
    :i::: :::`ー‐-―'゙:: ::l
    :!:: .::::::::::::::::::::::::. .::!.  サマンオサ人も 私達を殺す事は出来ない。
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::...::::::;:;:;::::::::...::::::.:::!
     !::::::;;;::::;:;:;::::::..... ::..:::l
    .':::::::::::::::::::::::::::::.. :::::!
    i:::.. :::...:::::::::::::::::..  .:::}
    ゝ、:::::::....   . ..: ...:::j
      ` 〜'゙⌒ー-―''´



          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|  そのため私達は高炉を守り
   ////////|  rヽ     rヽ |
   /////////i  .i i     .i | |.  サマンオサ人が高炉に近付かない事を条件に
  ./////////∧  ∨     ∨ |
 ///////////∧  ゝニニつ  .i   彼等の言う通り武具を作ってまいりました。
. i////////////∧    ー   ∧
{//////////////`‐-、.___ イ/|
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|


110 :◆vsQyY1yD2Q
            l     . : : : : : :/                ',: : : : : : : : : : : . .!
             l   . . : : : : : : : /                  ',: : : : : : : : : : : ! :|
              l. . : : : : : : : : : :/―‐-       -――‐-',: : : : : : : : : :|:|
              |: : : : : : : : : : :/ _           _  , : : : : : : : : : ! :|
              | : : : : : : : : : /斗=ミx        彡=ミxV: : : : : : : : :| :|
             l: : : : : : : : : :l /::/^!::l           /::/^!::l |: : : : : : : : /:/
            l: : l : : : : : : |_廴ヒヒノ            廴ヒヒノ !: : : : : : : /:/
              ',:|: : : : : : !`冖冖′        `冖冖′l: : : : : : :/:/   あっ……。
             v| : : : : : : |        l}          |: : : : : :/:/
                !: :l : : : : |                  l: : : : : /:/    もしかしてガイアの剣って……!
                l: :| : : : : |                  |: : : : /: l
               l: :ト、: : : :l/⌒l  /⌒lア_)        /|: : : /:l:|
              r―-、 l : /   /、 /  /l/⌒!      /::::!: : /: :l: :!
            ヽ   \/   /:::::/   ,'i  |⌒l . イ::::::::::j: :/: : :l: :',
              \  /   /:::::/   / |  |  l    |:::::::::::|:/: : : :l: : \



      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ▲   ▲ ヽ
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ    ええ、その事を知ったサイモン様は私に伏して頼まれました。
   |:::|  ■   ■   |:::|
   |:::|  ▼   ▼  .|::::|     成長した娘か、これを必要とする勇者が現れるまで
   |:::|         |::::ヽ
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ   ガイアの剣を ム ー の 高 炉 の 中 に隠して欲しいと。
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |............::::::::::::::::::.........:::::::.....:::|


111 :◆vsQyY1yD2Q

                ,, -‐‐‐‐- ,,    人
             /::::::::::::::::::::::::::::::`>、   て
           , ' :::::::::::::::::::::::::::::::ミ/::::::`、  〈
             /::::::::::::,':::::::i:::::::::::::|/ \::::::',
          i: ::::i::::::i::::::::i|:::::::ii::::i/ ヾ::::::i
          |!;;;;;| ::::|: :::::|!'''/彡--ィ i::::::,'
          |;iヘY' /::/`Y   ' 回  ir'ヽi   高炉の中だと!?
             ヘ /::/ 丿   ~´''' ∂ハ
           / ̄ミ ̄´ `       /イ::::|   まさか そんな所に……!
          ヘ. イ\  ∠二ヽ /  |:::::|
           ∧ /  ,.>,--,. イ/>.|:::::|
           / V j'´>'´ヽ i/  \ \!
          ./   V .y    「o    { > ヘ
         /    人/    ,'      ∨ / .|
           i   / {    | o       }/  |
           ∨ /,>ヘ    ',     /i    |


                       ____
                      /       \
                    /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                  / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !  勇者 サイモン。
                  |   (__人__)      | |  |
                 \.u |r‐- l        / |  |  すごい隠し場所を考えたものだお。
                 /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                   |   (____ノ .ノ  ____/
                 ヽ        _つ /
                   `ー─── '


112 :◆vsQyY1yD2Q

               , -;=‐
             , ':/    _,,...................,,_
            /; '  ,.- ''"´::::::::::::::::::::::::::::`丶、
.          , ':::/,.-''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ::::: \
          /.::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :.:. :ヽ
            {: ::{::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::...... . .:::::::::',
          人::. '、:::::::::::::::::::::::::::::..  ::. ::... ...  ::::::::::::::',
           ,' .:::`::‐\::::::::::::::::::::::::. : ::.. ::....... ::.::::::::、::::::::::::}
        j .: : :::::::l::;:::i;:::、::::::ヽ、::::::::.....::::::::::::::::::::::';::::::::::{
         l:. : :: :::l:::;l::l:::','、:ヾ ‐、:::丶、::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::ヽ
         l:::. :.. :::l:ハ:ト;::'、\ヽ_>;;=;;、丶、:::::::::::::::::ハ`}:::::トヽ
.         j;::::..:::..::゙l,-ニミ、:'、`‐゙ヽ〃r;-,`ヽ:\:: .:::::::!ノノ:::i;:',   ちょっと待って。
       /ハ:::';:::::::::{  {-'}ヽ'、    ヒ_ノ__/:: : :: .:::::::l'´::::ハ:'、
       '´ ヽ:ト、:::、'、-ゞ''‐ `ヽ    ̄ /ィ: ..:: .::::::::::!:::ハ! ``  十年以上 高炉の中に入ってるって
          ヽ ヽ:';`;、   '      .u /:/:::..:::::::l、::l;/
           /::ヽ::\   ` ..__   ノ''7:;ィ::::::/7゙ヽ        もう溶けちゃってるんじゃ……?
          ノ'´!::. ::::::;;丶、 ´‐ ``  , イ/-l::::/ {
            l::ト;::::::!ヽハ::i丶 __ ∠イ'´ l::/  .ト、__,,,... -――――
            ヾ ヽ:::l__ヾ___', ', ', < く '´ /
         ,.-‐''"´ ̄`ヽ     ', ! l }ノ ,. '´
.        /            j」_j-‐ ''´    , -'" ̄`ヽ    /
          ハ   ,. -┐    /  ',      /      ヽ . , '
.        l| , ィ   |   /    l    /         ∨
        j l/ |     |.  , '       ',   /          ',    _
          {  !  ',/ /|. /        ヽ / __  -┐     丶  〈
       /7/ ∨, '  |/         ∨´     / {     丶 ヽ
         {//  //   /             /  __ -‐7  ∨      \
       /,1 .//  ./          / ̄  __ ┘   ヽ
.      l/ ! l/   /          └ ''"´       }


113 :◆vsQyY1yD2Q

          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|  まさか!
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|
   ////////|  rヽ     rヽ |  大地を司るガイア神の剣。
   /////////i  .i i     .i | |
  ./////////∧  ∨     ∨ |   たとえ燃え盛るマグマに投げ込もうとも
 ///////////∧  ゝニニつ  .i.
. i////////////∧    ー   ∧   その刃は溶けるどころか輝きを増すでしょう!
{//////////////`‐-、.___ イ//ヽ
|/////////////////////////////\
|///////////////////////////////\


                    \、        _ノ     /
            _____ヽヽ  , .-‐≦/二ニ=-‐'
            ∨///////7>: :`´: : : : : : : ,x≦777777‐-
          ー=ニ: : : : : :ニ=‐≦: : : : `: ‐</////////: : : : : : `
              ≫ ´: : : : : : \: : : : : : : `ヽ///‐-〈: : : : : : : : : : ヽ
            /: : : /:: : : : : : : ヽ: : : : \: : : /    ヽ\: : : : ヾ、: :\
        `ー=彡: : : : :/: : :λ: : : : : : : ゙、: : : : :ヽ/       ‘、:\: : : : : 丶: : 、
    Y´ ̄ ̄  /: : : : /: / j: !\: : : : : i: : : : : l!       ',: : \: : : : ;  ヽ、
.    |      /: : : : ,イ: :/   |:.|  _斗、: : l: : : : :l!         j: : : : : : : : :,   )
.    !   /: : : // |≠-  |/   _,..≧、|: : : : l!      j ハ: : : : ヽ: : :ヽ
    ‘、   j: : :/.: : :|ム=ミ、   〆 £ハ }| : : : l!      〃//i: : : : : : : : : ;
         |: :ハ: : : ト £}`     弋ノ /.: : : l!       '////|: : : : : :|: : : |
         |/  ‘、: | 弋ノ  ,       /イ/i!      ////|: : : : : :|: : : |
       ゙、 {    \廴      _    /'  i!―-   /////l : : : : :| : : ハ  すげぇんだな、ガイアの剣!
.            ,  -―i⌒  γ´ ⌒´ヽ    i!-―- 、ヽl////: l : : : : : : : : :';
.         V , ´ ̄人     ヽ(__ノ  /^i!     ヽ /ヽ: l : : : : : : /: : i
            〈       >        イ   i!      |/   ゙、l : : : : :; .: : : |
          ゙、       \ミx - ,´イ´ ̄/      |    : : : :/ : : : : |
                /人`ヽV/ 〃 ̄〈            i : : : : : : : : :|
                 // ``ミ' 〆':::::::::::ヾ、          |: : : : : : : : : |
            ',  〃:::::::/,杰\::::::::::::::ハ     |    |: : : : : : : /: |
            ∧ /:::::::::/ 〃::! ! ヽ:::::::::::::丶             |: : : : : : /: : |
             ソ:::::::::::ゞ 从;;ノノ /::::::::::::::::::\   ′     l: : : : : /: : : |
             /::::::::::::::、_≧ ≦_,:::::::::::::::::::::::::::ヽ !     .: : : : :/: : : : !
               !:::::::::::::::: ̄|厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::::`/     / : : : /: : : : ;′
               ‘、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     . : : : : /: : : : /
              }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /: : : : /: : : : /


114 :◆vsQyY1yD2Q
                ____
              /      \
             /        \   ( 原作の不自然な溶岩の流れ。
           /            \
           |  \   ,_      |   あれ、地形とかじゃなくて
           \(―⊂ ヽ∩  u   <
             |  |  '、_ \ /  )   ネクロゴンドの火山に幽閉されてるガイア神が
             |  |__\  “  /.     やってくれたって事かお? )
             \ ___\_/


115 :◆vsQyY1yD2Q
       |::::::::::::::::::::|!::!:::::!:::::::::::!:::::|!::::::::::::::::!  ::::::::::::::|:::::::!|:::::::::::::::::::ヽ::::::∧
       |::::::::::|::/:/|!::!:::::| !::::::::|:::::||::!::|:::::::::| _!::::::::::::|::::!:|:|!:::::::::::::::::::!∨:::∧
        |::::::::::|/:/ |_|--――― 、ー= - '  レ―― 、|:|:|ル:::::::::::::::| ∨:::::|
        |::::::::::|:/:.`ヽ!〈   片ト、 `ヽ      ´  ト 万  )/7^、:::::::::::!. ∨::::!
       |::::::::::|!ハ. |  、弋ジ,         、弋ジ, ´ / ; !::::::::::|. ∨::|  あの……ひとつ お聞きしても
       |::::::::::|l  ::.|                     /::ソ j::::::::::|   V::|
       ∨::::::|::..ヽ _、           ,         ///:::::::::::|  |:::|.  良いですか?
       ∨:::::!:::::::::..._、                      /_/::::!::::::::∨  |:::!
        ∨::::|::::::::::::::ヽ          r - 、       イ:::::::::::/:::::::∨   |::|
        ∨:::|:::::::::::::::::≧..             ..≦::::::::::::/:::::::::/     |/



      ,.,. -‐―  、、
     r'/△   △ヾ,
     i:i: iコ   iニコ:i:!
     {:| rーi:   ┌'7!l   何かな?
     l:l ヽ/   :l,/::l:',
      l::ヽ, ゝニつ :/:::!
    :i::: :::`ー‐-―'゙:: ::l
    :!:: .::::::::::::::::::::::::. .::!
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::...::::::;:;:;::::::::...::::::.:::!
     !::::::;;;::::;:;:;::::::..... ::..:::l
    .':::::::::::::::::::::::::::::.. :::::!
    i:::.. :::...:::::::::::::::::..  .:::}
    ゝ、:::::::....   . ..: ...:::j
      ` 〜'゙⌒ー-―''´


116 :◆vsQyY1yD2Q

                /:::::::::::::::::::::::::..__
               ..::′::::::::::::::\:::::::{{、:::.
              /:::/:::::::::::::::ハ:::::ヽ::::::::}:::丶
                 ′:i:::::|::::::::/ }:::::::}:::::::}::::::|
              {::::::|::: |:::::::{ x≦ミ::|:::::::}:: : |
            /::::::{ィf芯    tツ ト、::::}::::::|
            ⌒´;ト `¨ ,     {'.ノ:::/:::: ′  どうして勇者 サイモンに協力を?
              /:{:!::..  -‐ イ:::::::/::::::{
                /::::::::::::::≧= /::::::/:::::::/    そこまでされて
             ;::::::::::::::/  ./:::::::::::::/、.     サマンオサ人に恨みはなかったのですか?
               {:::::::/{/i //:::::::::/  ./}
             }:/ }ー‐'‘´:::/  / ;
            /   i/   {/  /.   |
               八.   /:.       〈 }  |
               ゝ..   \    ゝ!  ;
              /,` 、=ミ____// /|
              {ニニ \__ ∠ -、 {
         ___r‐,-‐^ゝ´マ  }}   }}i}}  /
        / ー {_ノ ∨} `¨ー‐'====.}}i}}‐‐'}
        ゝ、ー'} ./ ヽ    ゞ-=彡'-=´
            ゝ/     /      ∨
           ′    ./          ∨
          /                ∨
           /                    ∨



            _____
         ,,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;/ .:::    ::::.  |
      /;:;:;:;:;:;:;:;:/  .::::    ::::::  |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| (llllllll)  (lllllllll) |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  ゚ー    ゚ー  !  当然、恨んでおるよ?
    /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:|  ::::    :::: ,'
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:|  ::::    :::: /    当たり前ではないか。
   i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ⊂⊃  /
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`‐-、._ ー ,.‐'´
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|


117 :◆vsQyY1yD2Q
                     ____
                   ,  ´         `  、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::i
            |`、::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::/::, '|
            |::::::::: /::://:::/ :i:: i:i::::::::ii::::::∨::∧ヘ:/ : ::::|
            | :::://::://:::/ ::||:: |:|::::::::||i:::::::∨::∧ヘ ゞ : ::;
.            ヘ:::/ !:: i:ii:::i::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::lヾ::: /
            |´ヘ:! |::::|:||:::|::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::| }:::/,`!
            | ハ||',_,.ニニニト、,,,__ |:|::::::::| ,,...‐''"´ ̄ .〉!ハ j
.            V ||ヘ  /:::/ ̄Y     ,,____,,,... /.||//
             `||ヽ'/:::/   ノ    ´ ゙゙゙゙̄´ `/ ||/  …………。
           |!ーヘー―‐ ´            /}ーi|
           |     、      i        /:::|  |
                    ゝ.     ___     .ィ :::::|
            ,..イ ∧ >      ` . <. ∧ヽ、
     _,,... ‐''"   l./ ∧  \≧ー≦/   / ヘ.| `    .,,_
     /∧ _,,... ‐''"     ∧  |    |   /   `   ...,,_ ∧ヘ,


118 :◆vsQyY1yD2Q


   かつて この地にゴーゴンと言う強大なモンスターが現れた事があった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       __
                  _....:::::´:::::::__:::::::::`::::....、
                 く::::::::;:::<::´:::::`::>::、::::::::>
          ト    __   /:ヾ::::::::>:::⌒:::<::::::::゙/\   _    イ
          | 、 〈 入::::::::::::Y:::::::::::::::__::::::::::::::/:::::::::::::>く_ノ   / l
          |  \ 〉〈_ノ-、:::::::〉_:::::<:::::>:::、/::::::::::∠、ノ、 /
          、  ` ;_:::ゝノ::/::>::::´ ̄`::::<::`ヽ〈_ノ::::_;: '   /
          \     ̄`ヾ |::::::::::::........::::::::::::::| |'´ ̄     /
           _ 、     l |::_:::::::::::::::::::::::::::_::| l     ,__´_
         _  {   ̄`ー-// _ \:::::::::::/ _ \\-‐''~    〉、r ┐
       〈 `ヽ::`:.‐..-.....イ     \`ー' /     ゝ-..-..‐::´:::::::ヽ'
      _ /::ー.'::::::::::::::::::::::| \ー‐-、 ヽ / , ‐─/  |::::::::::::::::::::::::::::`r┐
      〈 `ヽ:::::::::::::::::::_;: -l 、 `ー' >─‐<`ー ´  ,. lー─-- 、::::::::::::Y
      ゝ':::::::::;ィ ´ _   |   ̄__       __ ̄   l     |  `ヽ:::;ノ
       ー‐ ' ノ,    `ヽ|  ´ r- 、 ヽ   ィ ィ ┐`   l      ヽ
          |       if⌒ゝ  ̄      ̄ /⌒i|      i
          ゝ __     ト、 | i、   ,ィ、   ノ | ノ  、    |
           ィ‐┬\ _ノ l ヽ| l  ̄    ̄ | |∧ヽ    _  /
         〈   ,::::::::::::::/ l   | lィ、    r、 イ |  } i、./:::`ヾ    ゴーゴン
          、〈::::::::::::/   |   l l`'マィ、ィ、メノl | f i 〈::::::::::::::::.   ( FINAL FANTASY USA )
          \ゝ::;ノ } ノ|  ∨ ー──z' ∨! Y , |:::::::::::::::::i
             ̄ ∨´ _ ヽ   〉    / 、  /  レ'i .|::::::::; -─ 、
                / ,  ̄ f      ゝ_>'    レゝイ     ヽ
               ゝ-ー─'                  |     |  |
                                    ー─ ー‐

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   幸い洞窟の中まで来る事はなかったが、退治しに行った兵達は ことごとく帰ってはこんかった。


119 :◆vsQyY1yD2Q


   その時、ゴーゴンを退治しに現れたのがサイモン様だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        O
                        |
                     ,. - ―┴‐-,、
                  /―――‐ '´  ヽ
                 /,rニ二!    /O7 ヽ
                 ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
                 ! ヽ ̄/         |_
              <I´「|     /`ヽ      |」_I>
               ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´    再びワシのレジェンドが始まるんじゃよ。
                   !  | |      ヽ  | |
                |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                   l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
                 ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
                 ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                  ヽ_         /
                   |[口]ヽー――i'´
   , ,、 ,、       ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
  (。Y。V。,!     /| \O |           | O,ヽ、
  ..ヽ  /     /  |   `ー'           `ー' | ヽ
    |  |     /  .|    /|   _i⌒U⌒L    | ヽ
    |  |     /  ,/|   / |  (_  _ _|   |  ヽ
    |  |    /   ,/ ,|   し'! |  _| |__| |_   |   .ヽ
    |  |   ,/   /i l |    | |  (_____|   |ヽ   ヽ
    |  |  /   / | ||    | |   ,へ  へ      .| |ヽ  ヽ
    |  |  /  /  | ||    | |  / /  ヽ ヽ   .| |l ヽ  ヽ
    ヽ  V  /i   | |,|    | |   レ'    `ー'   | || ヽ  ヽ
     ヽ   / |  | | |    V             |  |  ヽ  ヽ
      `ー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   サイモン様の力は圧倒的で、またたく間にゴーゴンを追い詰めた。


120 :◆vsQyY1yD2Q


   だが、ゴーゴンの血は猛毒だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                ;
                                  ξ

                                    ,ィ劣王ミ::、..___
                            ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                          r:升圭少    ``x圭圭少´
                           `¨´             ̄   ___
                      <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                              {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                          __........__寸圭圭圭圭圭リ
               ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
               `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
                 `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                   {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                     {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                     寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                            ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   サイモン様は、そのままゴーゴンを倒す事も出来たのだろうが

   そうすれば、この島は毒に冒されてしまっていただろうな。


121 :◆vsQyY1yD2Q

           ,...-‐::::::―-.....
         /::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::`ヽ、
      /:::::::::::::::j彡====ミx;\
       /::::::::::::::::::::l:::::::/l:::::::::::::::::::ヽ::、
      ,'::::::::::::::::::::::l/::/ j::/l:::::/l:::::l:::Y:`、
     j:::::::::::l:::::l::::::l/`''ト、}::/ l::::l:::::l::::`、
     {:::::::::rヘ:::l::::::l斧п@j/  l:::j、:::l:::::::゙,
    人:::::{ l:::l::::::lゞタ     ミリ`l::l::::l::::l   _      にいさま。
      ∨:::ヽl::::::::::!       〈シ /l::!:::::l::::! //⌒`ヽ、
        }::::::::W::::::l     `  /ーリ--rl:::ト.i ト○‐-、\  もしかして……。
        j::::::::代:::::::l   ~'   ノ     //l::}::{ {:::{ >-、トミヽ、
        /::::::::ノ-V::::::ト __.....<::{ rッ-‐{ {:;}::l:::V∨ 代::::::ヽ:::ヘ
     /:::::::::/:;:;:;:\:::l;:;ll;斗-┐l`''"ー-弋:jノ:::::゙、 ゙、ト、\:::::}Yハ
     /:::::/\;:;:;:r‐ヾ!不'" ̄:;:;l: : : : :l`へ`ー-/゙、`、 `ミ`ァ゙ ハ !`ヽ、
    // :`ミ;:;:\ヽ/:;:l;:;:ヾミ=zxl;,__ : l    ̄ \>、\  (.○.}}::::::::\
    // : : : : :  ̄~\;:;:;l;:;:;:;:\\}: ゙"ミlx、     弋\`ミ、__.ノj::\::::::`、
   //: : : : : : : : : : : \j`''ーK \ : : : l ヾ、 ____ >‐--"::::`、\::::`、
   //: : : : : : : : : : : : : : : : :/ ゙i `、 : jl/::ヾ\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 \゙、
  /:`"ト __ : : : : : : : : : : : /  ヽ ll∨l::::::::::゙、: 〉:::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、  ヾ、
  /:::::::::l   ̄ lー- __: : : :/    ゙; !l l:::::::::::::V:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::゙;  )〉
  ::::::::::::l   ヽ l     ̄      ゙; l:j l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::l
 j:::::::::::::l    ゙、           ゙;  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ\::::::::::::::::゙;:::::l


                     ____
                   /      \
                  /_ノ  ヽ_   \
                / (─)  (─)   \   サイモンが勝っても、エムロームにダメージを与える。
                |    (__人__)      |
                \   ⊂ ヽ∩     <   そう言う二段構えの策だったのかも知れないお。
                  |  |  '、_ \ /  )
                  |  |__\  “  /
                  \ ___\_/


122 :◆vsQyY1yD2Q
     /: :/: : l.: : j.: :/:|: : : : : : :|ハ : : : : : ;イ: :/ ヽ : |: : |: : : : : :ヘ
     i :/: : : |: :八/: :!: : : : : : :|! l: : : : :./ |:/    i: |: : ! : : : : : : !
     |/{: ハ: :|: { : : : :|: : : : : :/| ! : : :/ |′   |: | : j: :l: : : : :|:|
      ′|:| |: :| |゙、 ,-、:! : : : :/‐‐-ト、: :/      |,イ: ハ:|: : : : :|:|
、        |||: !:| : |/ヽヘ: : :丁ぅ=‐-∨` ‐-'′   /, }/  i!: : : : :|:|
 \      ! | : Ν: :|、 〈 ハ: : :! 圦_ノ、ノ`       ,ニニ二仁; : : ハ}
\ \     !从: : :.ヽ`ー \{``=―-       ζ_ノ、ノ イ: : / ノ  それがマジだとすりゃ
  \ \  ノ '|: : : :/: `¬   `u            ``=- /)} :/
   \ \   |: : :/: : : : :!>、           '        ./'ノ'´    ひでぇこと考えやがるな、魔王軍。
     \ \/: :/ : : : : ノ r‐〕    r=‐-‐ッ     イ
        >-――-r┬<ヽ|\\ >: _   ^    <: : : |
     /      } |/∧∨/>ミニ=、  77爪、、: : :ヽ: :|
   ,           ,' ///∧∨/////ハ`´//| |∧ヽ‐-、 !
 /           / /////∧∨/////} |///| |/∧ヘ  ヽ


                       , -‐===‐- 、_
                 /          \
                /           l   \
               .'            /    ヽ
              /             /l        .
                /          / !      l
            / /        /    .       l
            / /       /      ヽ       l
              l /      /ー'   ゝ―‐-ヽ   l |
              l,'      xf介Y     Yf介ト l    l |
           /     /弋.ノ      弋.ノ l:   l |
            /  .'   /` ー        一 ' |:   l l   もしかして
            l /   /l      {|         l: :   !/
            |/゙!   /`:l                .u l: : |    あの喪黒が関わってるのかしら?
            | |   / : :\     (_ ̄)    /l: :  l
               | /ノ  : : : :\    ー    /: : !:  ,'
          ー=ニV /  : : : /: :l>  _  <l: : :  |: :/
             /  : : :/: : :|      |: : :  |:/ 、
            /   : : : :|: :_:_|_      _|_:|:  /  ヽ
             / / : : :l: : V   \  /  |:    l !
           { :/ : : :/\:{ーr−-xYx-−/ /   l:  |
         / ゝ{ : : :{   ` {   { o } / /:   /: / \


123 :◆vsQyY1yD2Q
                        ____
                      /     \
                     / _ノ   ヽ、_  \
                  / (○)  (○)   \   あいつ、色々 飛び回ってるみたいだから
                  |   (__人__)    u. |
                  \   |  |      /   その可能性は十分 考えられるお。
                  /    ⌒      \


              ,. -‐: ´: ̄: ̄: ヽ._
             /: : ;: ‐ : : : : : : : : : :`丶
           /: : ./: : : : : : : : : : : : :\ . \
          〃: .:.:/:: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.. ヽ
            /.: .:.:.:! :. : : : :   : :、: : : : : : :.:.:.:.: l
          /./  .:.:.:l..:.. !   :..   ヽ :..: : l : :.:.:.:.:.|
        l〃.: : ! l:. ヽ.ヽ:.. :ヽ:::... :ヽヽ:.:l.:.:,-、:.:!
        ハ..:...:.:!:. :ト:.、:ヽ:ト、:.. :ト\:.:.:.:.:l:.!..::l.:ト lノ
         ゝ、:.ヽ:.:l_ヽ\ヽ \L>≦、!:.:.:.:lハノ、   厄介ね……。
         //..:.,イ:.:.:Y7こj ヽ   ┴'ク:ィ:.:.:.:.:ク イ
          !:l{:./ ノ/:.:ヽ ̄  j   /7  ; ‐_´イ/   今なら まともに戦えるかしら?
         lハV//: :.:\ ヽ_  /: イ !イ:.:.:./_, 、
       , -‐ 7/! ハl:.`丶.、 ` j:. .ノ !,ゝ/:....:.. ー- 、
       |  ...::::l/::|:. !::::ヽ\:.リ `Tl:./ //::::::::::::::::::...  \
       | .::::::::::::::::l:.:|:::::::::` くヽ __ l_,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::...  `ヽ
       ヽ::::::::/ ヽヽ:::::::::::::ヽj:::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::   |
        ヽl´l:.:..:.:.:..:`l:::::::/l:::::::://::::::/:.:.:.:!:::::::::::::::::::/.... /
        /.::j..:.:.:.:::..:.:./::/ j:::::/:.:./::/..:..:.: ..:{:::::::::::::::::.....::::: /
         /-く:..:..:.:.:...:./イ:.:.:.:l:::/:...::/__l.:.:.:.:!:::::::::::::::: __ /
     rー'   l:..:.:.:....:.:.:/、:.:.:l/.....::.:.:.|   /:.: ..:.:|:::::::::::::/イl|
     j   , -ヽ:.:.:...:.:.j::::ゝ:....:.:.:.:.:.:.j‐  7..:.:.:.:.:.ヽ::: ::/  V l!
     j  /   ::\:.:.:l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ーr‐'...:.: .:...:..:.ヽ: ヽ 7:V
      ヽ |::...   ::::\::::..... :.:.:.:.:.:..:: :.l:.:.:.: : :.: :. :. :. ヽ ヽ-j


124 :◆vsQyY1yD2Q
      //::::::::::::::: /::: /::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::\\::::::::::::_,..‐'''":::::::::::::::::::|:::::::::
     //::::,::‐'"::::/:::::/:::::::i::::i:::::::::::::::::::::ヽ :::::::::\\::、‐'" : :::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::
     ::::::/::,..‐'"::::::::/|:::::::::i::::i:',、:::::::::`ヽ:::ヘ;;;::::::::::ヽ;\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::
     /.イ::/::::::::::/ .|i:::::::::',:::',', \::::::::::ヘ:::', `ヽ:::::::`、`、:`'-..,,__:::::::::::::::::::|::::::::::
     '´ .|/:::::::::://  |:i::::::::::',:::',:',/\:::::::ヘ:ヽ  \::',\',:::::::::::::::::::::::::::::::::,' ̄ ̄
      ∠;;;;;;;;∠X.   |:|:::::::::::i:::::',:',.  \;;;;;\ヽ,  \,::::\ :::::::::::::::::::::::::/
         /{  \ /イ::::::::::::',:::冫ゝ    .__,,,,,,.....   ',:::::::::::::::::::::::::::::: /
          | //ヘ∨;;;;;;;;i i___,,..=ニ三~       ヘ/ ̄`丶::::::::/   ,..'  それより カオナシ殿。
            |/  .|'      /´i'`i|||;;'i "''iァ       X´`ヽ i:::::/ ,.. '´::::::::
           |   /          !,,!||i;;;.}  /'      / ヽ;   .|/'´:::::::::::::-=   父は どうされたのですか?
            /i"|ヽ-‐' ,        乂三リ '         〉 )\ .ノ .〉\--‐‐‐‐‐
        ,' / .i.   〈                      ´ゝ' /ヽ,/   \      お教え下さい。
        .i | !ヘ                        ___,.'  ./ \   ヽ
        |. | ||. \  ヽ= ..            u   /  , '   /   `、 .,'~""''
        |  | ii  | \. `{   \              /  .,.'./      ./"'''‐
      ,イi   ', ! .|   ヽ.ヽ,  .}      , ‐'´   /   ,.' /        /"'''‐ .
     /. \ヽ.. `、  |i ̄ ̄\ ̄´  _,..-'''´_,..-'''´     / /_      /"'''- ..
        \ヽ、`、.|i      `i‐'''"く \ ./       ,.'´ //"'‐ 、.  ./
       ヽ、 \ `|i       i.|   `ヽヘ/__,,.. .-'''"    //    \/



      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ▲   ▲ ヽ
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ
   |:::|  ■   ■   |:::|
   |:::|  ▼   ▼  .|::::|  うむ、それはだな ――
   |:::|         |::::ヽ
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |............::::::::::::::::::.........:::::::.....:::|


125 :◆vsQyY1yD2Q


   サイモン様は己の危険も省みず、自分を囮にしてゴーゴンを誘き寄せ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      .mn                        nm
      .|  |                        / /
      .| ̄ |                      / ̄/
      .| ̄~ |                     / ̄ ̄7
       | ̄ |                      7 ̄/~
        |  |                       /  /
        |  |     _ュ_            /   /
        |  |   /二 ̄二\       /   /
        |  |   |/≧ ll ≦ `|.       /  /
         |  | _|   ┬   |_    /  /
         |  <| | | / ^^ ヽ ,| | |>  /  /     ぎゃわーーーっ!?
         |  |-| | |⌒─⌒| /|-'   /  /──-,
         |   | | l|/ ̄ ̄~l | | | .//  /   /   こんな お子さまには お見せ出来そうにないもん
          | |  | |─── | |/ /  //  /
          | |  .| └──┘ / ̄7  // /      人里近くで倒す訳にはいかんのじゃよー!!
           |  |`─__─' / /  //〜
           /\ |__ -─7l /  //   |
           /  /\|   _//   //   /
          /  /   T  ̄  /    |   /
           ̄/    └┬-'    |\ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   島から離れた場所まで誘導してからゴーゴンを倒したのだ。


126 :◆vsQyY1yD2Q

          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|  今も その場所は毒の沼地になっていて
   ////////|  rヽ     rヽ |
   /////////i  .i i     .i | |.  空を飛ぶ鳥すらも近付かんと聞いている。
  ./////////∧  ∨     ∨ |
 ///////////∧  ゝニニつ  .i   サイモン様が命懸けでゴーゴンを誘き寄せてくれなければ
. i////////////∧    ー   ∧
{//////////////`‐-、.___ イ/|   そうなっていたのはエムロームだったかも知れん。
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|



               /::::::/::::;:イ:/::/:::::::::/ :: /|::: |::::::::::::|.||:|::::::::::::: |:::::|:::::::::::::ヘ.
          /:: /:::/::::/.//::/:::::::::/::::::::/ .|::: |::::::::::::|.||:|::::::::::::: |:::::| :::::::::::: ハ
           / /:::/:::/::::/ //::/:::::::::/::::::::/ /:::/::::::::: //:∧ ::::::::: |:::::|―――┤
          /:::/:::/::::/ //::/:::::::::/::::::::/ /:::/ ,. -――- !:::::::::::|:::::| ::::::::::::::: |
            /:::/:::/;;;;/_,........,,_     /   ./        `ヽ :|:::::|==ニ二|
        /::://::::: |    _`ヽ /         ,.====<     ≧:|二ニ==|
        |::/__::::::::: ハ´ ̄/::::/`'く         /゙ ん:心   }孑  ゞ::::::::::::::::::::: |
           `ヽ:::∧. /::::/   ',        ├ilil: :} /'´  ヾ::::::::::::::::::::::;'
                \|/::::/   |           乂;;;ノ      }::>―<::::/
                  |::::/     ノ/                 /l/ /`ヽ V   おおっ……!
               /!:/     ' く                /  / ‐ 、 ハ
               /  l/__/                    /     )  ,ノ  丿   父は その様な……!
          /   .!        _,,................,,,_           (  ,   /
         /       ヘ.       |::::/     |        / ̄ /
                    、       ∨     ノ         .ィ:`ー<::|
                  \      ` ー‐ ´         /::|::::::::::::::::|
                   丶.               イ ./:::/ ::::::::::::/|
                         .       .   ´    |::/:::::::::::: /: |
                          >‐<         |:::::::::::: /: : |
                        |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、: /::::::/
                       /|   | ./               \ : :/
                   /  |\_|/                 /:.:/
                     |  |   //                 /:.:/


127 :◆vsQyY1yD2Q

          ´/////> 、
       ///////ー―  ヽ
     .//////       ヽ
     //////./  /ヽ    .i´i i
    .///////|   L__i    .|__ヽ.|  私達はサマンオサ人を恨んでいるが
   {///////|  ⊂⊃   ⊂⊃|  サイモン様には恩義がある。
   ////////|  rヽ     rヽ |
   /////////i  .i i     .i | |  だからサイモン様の頼みを聞きガイアの剣を預かった。
  ./////////∧  ∨     ∨ |
 ///////////∧  ゝニニつ  .i.   これで納得出来たかね?
. i////////////∧    ー   ∧
{//////////////`‐-、.___ イ//ヽ
|/////////////////////////////\
|///////////////////////////////\



                 ,. -──-.. 、
              , . :´: : : : : : : : : : :``ー ‐‐ .、
               / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`Yi´: ̄`ヽ
         /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :l |: : : : : : \
        ./ : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: \: :U: : : : : : : : .\
       / : :/: : : : : : :/: : : /: : :i: : : : : : : : : l: : : l: :`ヽ: : : : : : : :.:.:l
       /: : /: : : : /: /: : : /: : :.:.l: : : :i : : :.:.:.:|: :i:.:| : : :ト、: : : : : : :.:.:|
       /: :./: : : : /: : i: : : :i: : : : :|: :.:.:.| :.:.:.:.:.:.|: :l:.:|: : : l: :.ヽ: : : :.:..:.:|
      ノ: :/ : . : . i: :.i:.l: : :.:.l: : : : :|: :.:.:.|. :.l: : : |: :l:.:|: : : : : : l ヽ:.:.:.:.:.:|
     i: l: iN:.:.:. . :l: :.l.:|.:.:|: :l: : : : ハ.:. :|: .:l: : : | V⌒ヽ: : : : l  ヽ: :.:.:l
     l: l: l: l: .i. : .l: :.l.:|:.:.|: :l: : : /:} i.:.:|: :.l: : : | イ〈 !:/:.:.:l   l.::.:.:l
     |: l: l: |:.:l: : :|: :.l.:}: :|: :l: : / リ 」_」: ⊥_: イ し  レ'/.:.:.l   li:.:.i:l   恩義、ですか……。
     |: l: l: |.:.l:`ナナナヽ:|: :レィ´<_>テテY    __ノ:/.:.:.:.:l   リ: :リ
     |: l: l: ト、ト: _弋。歹    ィイ行ソノ ノ  ,rく: V:./.:.:.:.:.:.L_ ノ: :ノ    それなら……分かるような気がします。
     |: !∧:}: : : : :.ヽ 、、、,      ,,、、、、 /   `V : : : : / /: :/`ヽ
     |∧ Y: : : : :.ハ   、          /   /: : : : :/ /: :/ /´ \
         ヽ: : :/ : :ゝ    ー=っ  . イ    i: : : : :/ /: :/ /     ヽ
          i: /: : : : : `7> ー一 <⌒ヽ   l: : : :/ 〃:/ /
          l: : : : : : : :,ハ  ノi:l   }     l: : :/ 〃/  /
          l: : : : : : :/ ハ   l:|    L ______」: /   〃  /


128 :◆vsQyY1yD2Q
                         _,,,..............,,,_
                 , ..::::´:::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                 , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.::::::::::::::::: ヘ.
              //: : :::::::::::::::::::::::i::|:::::::::',:::ヘ:::::::::::::::::: ヘ
                //:/ :i:::::: l:::::::::::::::|::!:::::::::::i::::ハヾ:::::::::::::: ハヽ
            i:i! i:::::|:::::: |::::::::::::: | |::::::::: :|::::i:| ゞ::::::::::::::}::ヘ
            |:|::| : :!::: : |!::::::::: : |::!::.-‐…-   冫'''''V | :::i
            |:|::| :゙:|-― -、''"´ '´       / ,く` .}:! :::|  私は父の顔も覚えておらん。
            |:!:.‐ヘ /::/ }   ノ==='"   / )丿ノ/ : ::|
                λ/ 丿         { ´ /,.':::::::::|  ゴーゴンを退治したとは聞いていたが
               / r‐'´ 、         | /´:/::::::::::::|  そこまで詳細な話は初めて聞いた。
                 {  ヘ    _   ,      イ/ | : :::::::::|
                 |   丶.         .    |_ . | : :::::::::|  カオナシ殿、感謝する。
                     > .__,..'´  ,.┴' | | : :::::::::|
                           r<.| ,>'      | | : :::::::::|
                         __|,_,{/     ≦二≧x、、__::|
                 , .  '" /.О  -‐''"  `゙''<三三≧x、
               r<´.    /          ヘ., '´.        |
               ∧:.:.:./ /          //         |
             / : :.//             i/           |



      ,.,. -‐―  、、
     r'/△   △ヾ,
     i:i: iコ   iニコ:i:!
     {:| rーi:   ┌'7!l   礼など無用。
     l:l ヽ/   :l,/::l:',
      l::ヽ, ゝニつ :/:::!   では、ガイアの剣を取ってくるとしよう。
    :i::: :::`ー‐-―'゙:: ::l
    :!:: .::::::::::::::::::::::::. .::!
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::...::::::;:;:;::::::::...::::::.:::!
     !::::::;;;::::;:;:;::::::..... ::..:::l
    .':::::::::::::::::::::::::::::.. :::::!
    i:::.. :::...:::::::::::::::::..  .:::}
    ゝ、:::::::....   . ..: ...:::j
      ` 〜'゙⌒ー-―''´


129 :◆vsQyY1yD2Q
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □


130 :◆vsQyY1yD2Q
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|:. ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .:': : : :. ::.
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|:. ::.. .|l            l| ::.. : :;.: : ::.. .:':':. ::.. .:'::;.: : : : :. ::...
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,l|. ::.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : : :;.: : ::.. .
::.:'::;.'. ., .:|:,:::::::::|.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : :.. .:':. ::.. .:,r 、-ー─-、.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::..
::. ::.. .:'::;::|::::,::::;:|;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:;;;_::;;:;;_;;_;_;;;;;_;;l'  |= ′  |;;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:
::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|              ○::○)ノ_,,;,;,;;,;;ノ:::::....
::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::|:::.:./ ., .     , ., ., ., .          __, ., .,, ., .,
:::.:.:.'. :; :::|/_____________________________________________________________________________
::. ::.. .:'::;::||'_';.;_':':_';._;'_;:_;'_;'_:'';_';_';';_;:_:'_::_:'_;';_';_';::_:;_;._;';_';_';::_:;:_:';';_:;':_':_;'::_;::_'
::.. . !'´.::::||':':';:;y';:';::'::';';;:;;';:;';';':';';:';':;';;';';':';';'.;';_';_';::_:; ;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';':;
:.: : : : : :.;||' ';:;:;::';'';';;';';.;';';';';:;';';':';';:';':;;';:;';';':';  ;.;';';';';:;';;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';;
::::.:. . .:.:;';||'´';';':';';';:;:;';:;':';';';:;:;';: .;';:;';';':';';:'; . -―- 、;:;';;:';';::';';':'';';;.;';';';';:;';';':';';
';:;::,::.::;:;'//三三三三三三三三三三三 . ト、,..___,ノ|三三三三三三三三三
';:;'; ; ;:;//ニニ7ニニニニニ /ニニニニニiニニニ  |;';::.:. .  .|ニiニニニiニニニiニニニiニニニ
'; .'; ;.//二:二 /,、ニ=ニ /ニニ /二l二 ..|;';:;:::.:,,  | 二i二二ニ二i二二二i
';';';';//二二ニ:ニニニ /ニニニ二二二l ,` ー--‐''′二i二二i二二二i二二
.;';'//二二二/;二ニニニ /::二!二二二i;二二二l二二二l二二二i;二二
':::'/二二/二二二/二二二二l二二二l二二二i;二二二i;二二二l二二



            _____
         ,,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;/ .:::    ::::.  |
      /;:;:;:;:;:;:;:;:/  .::::    ::::::  |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| (llllllll)  (lllllllll) |
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  ゚ー    ゚ー  !  これがサイモン様より お預かりしていたガイアの剣だ。
    /;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:|  ::::    :::: ,'
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:|  ::::    :::: /    さぁ、持って行くが良い。
   i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ⊂⊃  /
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`‐-、._ ー ,.‐'´
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|


131 :◆vsQyY1yD2Q


                 , --------- 、
               /∠二二二二''l,ヽ__________________
            (ミ{ :|XXXXXXXX|; |―――――――――――――――――<\
             彡ノ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l'ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                            _,,..:‐'''''''""~~""'''''‐-.,,_
                      _,,.:..'''~     :::::::::::::::::::::::::::::::~''::..,
                         ,..:'"    .....:::::::::::::::::::::::::.i、::::::::::::::::::::`ヽ
                  /::/:::::::::/i::::::::::::/i::::::::::i!}:::::::i.}\:::ヽ、::::::::::`、
                    /://:::::::::://::::::::://j:::::::::::.j.!}__,,.i.} `f´::::::::ヽ、:::::ヽ
                 {! .// ,.iイ '´ ̄/_,.-:.'''"__,,__,   `Y:::::::::: 丶、::`,
                 ! ../'-、./儿..,,_/ ′ 云万厂.}i〉   `Y::::::::::\\::::',
                     ` `|//.,ノ    ´ |;;;;.リ 〃    ト、::::::::::::::::::::::::ト、
                         | /      .弋_ノ      〉,ィ⌒ヽ::::::::::ト、`、   これがガイアの剣!
                      ハ                  //,ノ⌒,ィ Y::::::ノヽ\
                         ,|               // .>`Y,ノ,ノ ..,イ:::::::ヽ',   なんと優美な……。
                      /ハ   -   ´       // /‐へノ/../ i}'.,::::::::::i
                    // ∧               i:i .ノケト、/:/  /::::::', ::::::|
                    !.i   ∧        _,..-'|!'"'!|_,.-'"  ./: ::::::/: :::,'
                    i.!   j ∧__,,.. .-‐ ''"   l!. .|\  ./:::::::::/::::::/
                       |!.     ̄ ̄``Y   __,,.. -‐'''"|-'": ::::::::/::::::/
                              .!, f´        |:::::::::::/__,.‐'
                 ~'''‐-..,,_________,,,,,..--''「i}./    _,.-'''"'"~""''' ‐- ...,,__
                 "'- :::::::::::::::::::::::::::::, -'".||/_,..-'''"~""''' ‐- ...,,__..,,__
                    ~'''‐-...,,__/_,.'''" i'´", -'"
                        .//   /O           /_,..-


132 :◆vsQyY1yD2Q

               ,  -―-  、
               , . : : : : : : : : : : : :'ー、
          /: : : : : : : : : : : : : : :}: :ヽ
         〃: : : : : : : : : : : : : : :.:ノ: : : ヘ
         /: : : : : : : : : : : : : : : ィ:: : : : :ハ
        ,': : : : : : : : : : :> '´   |:: : : : : :|
         i: : : : : :::::x<        !::: : : : l:|
         |: : : : ::::/   、   -‐、|::: : : : j:|
        ',: : ::::::;' ̄ ヽ     -   !:: : : ://
         i: : ::::;'         ̄ ヽ!:: : ://
         |: ::::::i    ノ      |: : 〃  これがあれば
        /イl:::::|  ヽ __    /:|: :/
         人:::!::、 _   /:.:j:/     バラモス城への道が開けるのね!
       _ /:ヾ::/∠ニヽくi::: : : {:`ーァ
     / 〃: : ::::/ ´ ―-、)}:::: : : ヽく
      /  {:/: : ::::|  イ` ー'/::::::::: :}: } ヽ
    ,   八: : : ::|   |  /:::::::/:ノレ   }
    {     >- j   |  /-‐'"j/   /
    ∨/   \.人 __/__,〈 //     /
     〈    /{   ハ  ', く/     〉
     ヽ   〈  ヽ__/∧__ノ∨     / 
      ∧  ∧_/|_{ 卜_∧     /
      / _] l/    / ト-'   ',ヘ  /!
     { ̄]       / |     }  /|


.               _
             , <: ヽ、    , ^ヽ__、
            ,/ノ:::::`....,ヘ ⌒ 'ニヽ: :!─┐、
          , イイ::::;. -,、!: /ヽ-, -、:..、!::::::ヽ.ヽ、
        / イ,コ ': : :i : |:/ ;へ': : ハ:ヽ!ト,ヾ::ノ、 `
       ,.' '  / / : : : | : |'i ト: : iヽ: ∧ |' : \: ヽ
         ./ / : : : ;イ: : : !iヽ: iヾ.、: ! : : : : ヽ:ハ
         ,イ: , : : : /. iト 、:i ヽ:! ヽ :| : : i : : ヽ:.!
        ‖: i: ─/-- 、ヽ:|  ヾ, -十!‐‐:|: : : 乂
        ,': : :|: : :!           !ハ: : !: : :/,'
         i : : 乂:,ァ─ミ、     ,ァ─ミ_i: ,イ: : i.,
        八 : : ヘ:! , , ,      , , , レノ|: : !:!  ありがとな、じっちゃん!
         、ト ゝ:i     '       , '从!/,
           ヾ人    r─ v,   イ: : : : :i
            i: ト ≧. .   _  .ィ_: : : : : : : |
.            !: i ヽ: r i  , < | : : : : : : :ト、
.            「トヽ_!|/`i.////, ^ <: : : : |.ヽ
            ,i::|フ ̄`.十<./    i.!: : : : : :ヽ
.           / |:i////`iヽ///    .l.|: : : : : : 丶
           / r y、∧.ノ .}//__  ./!i: : : : : : : : \
          「二 |ノ- '>x/-‐ '「─- ` /,' | : : : : : : : : : ヽ
         /   .!   ニ }//,/    //,.l: : : : : : : : : : : :ヽ、
        ,    ,!   レ///    ///,!: : : : : : : : : : : : : :ヽ、
.       /   ,...イ   .|///    ///,イ: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
.     / ,r<::::::( __,.イ, .'‐    ////i: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、 `. .、    >
     /, ' /::::::::::::::::> <     ./////! : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  - ニ二 彡'


133 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ▲   ▲ ヽ
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ
   |:::|  ■   ■   |:::|
   |:::|  ▼   ▼  .|::::|    お前たちが それをどうしようと興味はない。
   |:::|         |::::ヽ
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ  さぁ、用が済んだら帰ってくれ。
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |............::::::::::::::::::.........:::::::.....:::|



                    ,..‐ ''' ""~~~"" '' ‐ .
                    ,.'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /: , '::::::::::::::::::::',::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::_,..,
              ,.'/:::/ ::::::::,'/::i::::::: i:::::::::',:::::::::,.. ''"::::::::ハ:、
               //:::/,':::::: ,'/ i::|::::: i:|:i::::::::i-''":::::::::::::::::::::::::',ヘ.
                //:::,'::ii:: : ,'::i |::|: :: |:|:|::::::::|ヾ:::::::::::::::::::::::::::::i:::i
             i::i:::::i:::||:::: |:::| |::|: :: |:|:|::::::::| ゞ::::::::::::::::::::::::::} :|
             |::!::: i: ||:::: |:::|'´`'|ー-|:-|::--:| .ヘ:::::::::::::::::::::::::! :|
                Vハ'´   /{弐}゙゙゙ア    〉-‐-、 : :::::/ ::|
                  | }.    弋,ソ      .//ヘヽ } :::::/ :::::|
                  |ノ              ,' )ノ ./ : :/ : :::::|  ……感謝する。
                 iヽ           i 二.'::/ : ::::::::|
                      ヽ.             j./|::::,.' | ::::::::::::|
                  \ `  ̄     ,..' .|/    | ::::::::::::|
                         \    ..<    ,.i>:  | ::::::::::::|
               ι     `¨´|ヘ. ┌ ''"´    i   | ::::::::::::|
                       ,--┤.| /      ,..'ヽ、 ! : :::::::::|
                   _,..‐'ゝ.ヘ. ハ/   ‐ '"´ / /~"'''‐-.!,_
                .<.‐''"   .l´О         ~"'''‐-...,,_ハ
              /i /      /              i    //i


134 :◆vsQyY1yD2Q
【 地下都市 エムローム 】
. | .!   ! |   !.|  V゙  l│  l |   | | ., .n./   l l゙   .l   .l ∨   .| i、.,. i.,i  ∨ '―¬‐、,, ー 、
 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj二二二二二二∨二 U 二二二二 lj二二二二二 .lj二二.lj二二二 .lj 二 .U .∨二二 .レ゙ !.l二二
.| |二 l l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 lj二二二
. lj二 .lj二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
==lュ、   rl========lュ、三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  rl=========ュ    ヽrl==========lュ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  /          ∧    /         ヽ rl========lュ三rl=======lュ三三rl=========lュ、三三三三三三三三
. /         /  ',rl===============lュ /        ヽ/       ヽ  /           ヽ rl=========lュ、
/_____/__/             ∧__rl====================lュ    rl======================
三三 三三三|三/               /  ', 三/                   ∧   /                 
三三 三三三|::/__________/__, /                 /  ', /____________
三三 三三三|'|三三三三三三三三三|::::::::::::/___________/__,|三三三三三三三三三三三三



               __
           .  ´::::::::::::::::::`
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : // :::://!:::: i::ハ::::: V::: ∧
.      ′://::::::::|:| |::::::|::| |:::::∧V : i
      |\l|:|:|:::::::|:| |::::::|::| |:::::|:::|.|:イ!
      |ヾ:||:二二ニ└―┘´ ̄ ̄|/ |
      ∨」'´ ̄/ ハ    イ弐!7 !ヽ!
       | |ヘ / / ノ    Vソ .ヘ /  やる夫殿。
        ヘ| ハー一         'ー|'
.       |`人       '      ノ |   約束通り、ガイアの剣を受け取って欲しい。
          |::....   ` ´
          | :::: ||>-<|
          |:::::「 ̄ ∨ ̄ |
.        ..≦´∧_/ _,.ノ ≧ ..
     r<> ´     「o       ` <>、
    / i        ヽ        / |
.   | ∨/         |         ∨ / |
.    |   /        |           V  !
.    !   !          |o          |:  |
   |  l: .       |       . :|/ |
    |   ', : : . .   . : | : : . . .  . : :./   !
    l   ∧: : : : : : : : : | : : : : : : : : : // |


135 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \
    |    .u    (__人__)|  良いんですかお?
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 , ':::::,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::ヘ::::::::::::::::`、
             /::::::,.': /:::::: / :::::::i::::::::::::::',::::::::::'., :::::::::::::::ヘ
               /::::: /:::/:,':::::,i::i::ii::::|i::i::::i :::::i::::::',::::',ヽ.::::_,.-'i
               ,':::::::/:::/:/::::/.|::|:||::::||::|:: |::::::|i::::::',::::',-'"::::::::::::}
              .i:::::,イ :::i:::i::::::i .|::|:||::::||::|::::|::::::||:::::::i:::::i ゞ::::::::::}
            |::/: |;;;;;|;;;|; :::!-!::!:!!;;;;ii::!;;::';;;;;;;!!;;;;;;;|;;;;|` i:::::::::}
            !;;!;;; {:ヘ,.-'''"7''ゝ, -'"             }::;.:;i
                  ヘハ.   / /  i.      ________,,,,,,  |:i ,ヘ`i   父の形見であるのは確かだが
                 {. ',. ./ /   ,'       `"""""´  ||‐ヘi .|
               〉ヘ, / /  ノ             |i-'".ノ   父は これで魔王バラモスへの道を
                 {iヽ.i ̄ ̄´   、           ./i:!ィ'´      切り開こうとしていた。
                ii  `、      ___       ,:':::ii::|
               i!.   ヽ、   ヽ、_,ノ   ,.イ::::::i!::|      娘として それを叶えてやりたい。
                 !     `' 、     ,. ´ |::::::::!::|
                            `i‐-‐.'´_,..-'''"~| : ::|
                       i'´ヘ  /´      |,へ!
                     ,..‐i''´/  .| i  _,..‐'''" /~"''' ‐- ...,,__
             _,..‐''"´,..-'´  ヽ i ̄ ´     ./~"''' ‐- ...,,__/`ヽ
            / `'-'''"          | ○              /
           ,.' i              /                /
         /  ,' ii,/          ./                     /
               i ,|/          ./
               {./            ,' 〇               / ',
         ― ./          ,'                ハ:: ', /"'' - .
            {          i                   ,' |::::i'ヘ::::::::::::


136 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\
   /   (__人__)  u. \   とは言っても、ただで お譲り頂くのは……。
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


                     .  ----
                   ,  ´ :::::::::::::::::::::::::: `丶
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  / : :::/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ/`、
                   /:::::::/:// :i ::::: i :::: |::ii:i::::::i::::ハ:::::::i
                i:::::::/|::|:| :::|::::::::|i:::: |::||:|:::: |::::: i:::::::!
                |:::::/ |::|:| :::|::::::::||:::: |::||:|:::: |::::: |ヘ:::|
                 | :::{ ,,|;;|;;___|::::::::||:::: |::||:|:::: |:::::::! ゞ:!
                }-、!r――‐`ミ /   ,.斗‐┴< ミ:::}
               { ヘ||   /:::/}    イ示}゙゙ア j!ヘ
                  ヽ. ||!/:::/ ,ノ     弋;;ソ ′/|!. }  そうだな……。
                  |::゙|!'!`ー一 '"          / .lレ′
                  |:: | ヘ      '       /- '|    ならば一つ頼みたい事がある。
                  |:: |::: |ゝ    ー 一     イ  |
                  |:::::::: |   i 、     .<
                  |:::::::: lr<l  `¨´ |i
                  |::::::::ノ  `ー┐ r'´|
                ,.<.   ヽ、  ∨ / `ヘ≧z 、
           ,.< >'゙´      くо      |
         /二二´           `、       / !
          |´     `ヽ i            、     Y
          |     ヘ ∨         `、    \
          |       、 !: .             `、      、
          |        |: :.           ' о   }
          |:.        | : : .           }     /
          |:.    ::. | : : : : : .           /  /



137 :◆vsQyY1yD2Q

.        ___    ━┓
        /   ― \   ┏┛
      |     (●) ヽ\ ・
      l   (⌒  (●) |
       〉    ̄ヽ__)  │  何ですかお?
.    /´     ___/
    |        ヽ
    |        |


                     __,,........,,,,,__
                     ,..''"        `丶、
               , :'" ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::/:::::/::::/::::::::i::i:::::::',::::::ヽ,-'"~:'.,
           , -'"/:::::/:::::/:::,イ::::::::/|:|:、::::::i:::::::::i::::::::::::i
             ,イ:::::/:::::/:::/ |:::::::i |:| .i::::::i',:::::::i::::::::::::|
              !.!::::/::,'"~"''丶!:::!/_,..-‐- . i:::::::::::|
                   ヽ|'´ ̄/ヽ/  .-‐     ` i:::::::::::|、
                  | ././  .|   、._______,  ',__.::::/:::、.        その剣が使われる場に立ち会いたい。
                |/./ ,ノ     `""´ ./,ヘ i/::::::::`、
                  /|' ̄ ´ ヽ         / .iくり !` ,:::::::丶.      どうだろう。
              /.  '、.  ┌―‐┐   !.乂_/  '.,::::::::`、
                   \ 丶 _..,ノ   ,/       ',:::::::::`、   その時は私を、共に戦う仲間として
                        \    ,..' |         .'.,:::::::::`、  連れて行ってはもらえないだろうか?
                         ,.`i'''''"   .!┐        '.,:::::::::::、
              ___________,,.| ̄i / ̄ ̄´ |          ',:::!、:::`、
             /|======/\|/ _,. .-‐´~,.''‐.,,      ',::i ヽ:::',
           /  |      / O     "'==、._`ヽ、    i::i .',:::i
        / ̄` /  _,..っ../              ヽ'´`>、   |:|  |:::|
     /ヘ'三二ニZ;,.-'" <__/__            /  |    |:|  |:::|
  ,-‐ '''""~´    /     ----く             /   |   .!/  | :|
 /          |     二二う           / ./ |   /  |:/
./              |`7`丶--‐‐‐'´           ∨ /   .|     /
.\     _,..-''''''-V     !                 |.       ',
..  ~""'''''"´     \    |                 |       ',
             < 、.  | O         /  |        ',
              |    |               / ヘ.       ',
.                  |.     |             /   ',.     ',
                 |     . |            |    ',  ==‐‐‐',
             |    | O             |.    ',   , : ´\


138 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /       \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)   |  えっ? コスタットは どうするんですかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                ,.: ' ""~~"" ' .
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
             ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
              i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
              |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
                { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i   私は門閥を受け容れてしまった。
               ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
               ! _/フ      __ υ/┬´::::|   正直に言うとだな、サマンオサが平和になると
              i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
              |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|   最悪、私は処罰される可能性も考えられる。
             ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
               ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
            i    ∨/    /         i/   ∧
            |    i {    ,'ο        }',.  ∧
            |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
                \__,.>'´|   i.o       | ∨    i


139 :◆vsQyY1yD2Q
                       ___
                  , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
                /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
                   /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
               〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
              ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ      仮に そうならなかったとしても
                 {! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ
                 }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l     メックリンガーを代官にすれば
                 ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l   全く問題ないぞ!
                   ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l
                   >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l   わっはっはっ!
                      `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
                      「V´    ,⊥-==ー戈{
                /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
                   / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
              r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}



      ____
    /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     なるほど、そう言う事なら
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |     |r┬-|     |   改めて よろしくお願いしますお!
 \      `ー'´     /


140 :◆vsQyY1yD2Q



                       こちらこそ、よろしく頼む!

                                                  _ -―
        、_                                   _ -‐
          _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
         ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
                       「 ̄  「   ,.-、        ',
                       |     }   /  \       、
                         i     jノ ノ    `丶、    ヽ
                      |    `゙´        ヽ     }
                      /               ヽ   |
        : . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
        : : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
         ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
                 ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                            `゙'、__/`−-' ̄


141 :◆vsQyY1yD2Q
               _
             \ヽ, ,、
              `''|/ノ
               .|
           _   |
           \`ヽ、|
             \, V
               `L,,_
               |ヽ、)  ,、
              /    ヽYノ
             /   r''ヽ、.|
            |    `ー-ヽ|ヮ
            |       `|
            |.        |
            ヽ、        |
              ヽ、, -.‐.、ノ
              ,. :".`.、., . . .`ミ.、
                 i. . . . ,f'''''i i. .ヾ. . }
                ノ; 彡イ_ _ ,}从.ゞ. .リ
             {. .n/´ニ≧': r=ミリソ     なに、ニュー速で軍から贈り物?
                 ゝヾ.ゝ "´;._',〉'' !
             {从゙l i /,.ニ,∨       胃に優しいカモミールティー?
         _ ,、,,.、-‐ ''゙ll ゞ\  ̄´/
     ィ= 、ヾ.ヾ.ヾ   ゞ. ≧=ォーi ゙ヾヾヾ‐、
     iニニヽ.ムムム',_  _ヽーイil,ー'_ _,ムムムイ  ……お心遣い痛み入る。
     |ニニニマiニニ>((._,){i0}{_)ifニニニiニl!
     |ニニニニマニニニヽーォ'r‐ァ/ニニiマニ!、 感謝すると お伝えくだされ。
.     マニニニニマニニニ\l l/ニニニ,ソニニ!
     iヽニニニニ、ニニニニニニ=マ/ニニニム
     |!ニニニニノァァァァヾー'ヾヾ.  ̄,}マニニニニム      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     |:マニニニン//////゙i.⊂⊃!  } マニニニ=ゝ     d⌒) ./| _ノ  __ノ
.       iニマニ/////////,リノ-'ー''ーァ'  ゙マニニニニ>.,


142 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第109話 「もちはもちや」 は終わりです。


「もちもちや」 と読んでも、そう間違ってない気もw


DQ世界にブラジャーは存在するのか? と言う疑問を抱いている方もいるかも知れませんが

「エッチなしたぎ」 などがありますので存在するのは確かだと思います。

現代日本の様な立体縫製までは難しいかもしれませんが。



サイモンが倒したゴーゴンは、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ… 知られざる伝説』の
『勇者、サイモンの悲劇』 に登場するモンスターで原作には登場しません。

漢字で書くと 「妖蛇」 で、他に 「一つ目(キュプロス)」 と 「黒魔法使い(ブラックウィッチ)」 がいます。



そして最後のカモミールティーですが
胃痛に効くハーブティーの中で、飲みやすいものを選びました。

他にはペパーミントなども効くそうです。

ただし、カモミールティーはキク科のハーブにアレルギーがあるとダメなので
興味のある方は お気を付けください。



次回更新は、2/16(日) 20:00〜を予定しております。

2/9(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


     ∬  ∫
.   _______
 ((`i       i´
  ヽゝ. (,,゚Д゚) ,ノ < ハーブティー!
     (ノ二二i)
      ∪∪


第108話へ    4 第110話へ

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)ストライクウィッチーズ 坂本美緒 (1/8スケール PVC製塗装済完成品)G.L. 2 〜ブラを買いにいったら男に戻れなくなったので、とりあえずキスをしてみた!〜 (G.L.シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
魔法使いのハーブティー
(メディアワークス文庫)
ストライクウィッチーズ 坂本美緒
(1/8スケール PVC製塗装済完成品)
G.L. 2
〜ブラを買いにいったら男に戻れなくなったので、
とりあえずキスをしてみた!〜
(G.L.シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

この記事へのコメント
門閥大敗北→ニュー速で軍が解決→もっさんがやる夫の嫁に

もう見えたな
Posted by at 2014年02月03日 19:44
相変わらずラストのギコ猫の仮装は面白いなぁー
続きが楽しみだ
Posted by at 2014年02月03日 20:02
胃薬中毒にご注意ください。
Posted by at 2014年02月03日 20:04
もっさん正式に仲間入りか〜 他のストパン勢見てみたいけど
まぁ大丈夫かw
Posted by at 2014年02月03日 20:59
シュターデンの胃には焼け石に水じゃないかなー

完全に胃潰瘍まで行ったらホイミ効くかねー
Posted by at 2014年02月03日 21:02
「その後、人々は平和に暮らしました」エンドになるためには
門閥以外の勝利が必要で(というか元から勝てそうにないけど)
仮に他のどの陣営が勝っても門閥組は処罰の予感がすると

わかってたけど詰んでるな、門閥貴族
Posted by at 2014年02月03日 21:31
こ、これは烈風丸!・・・によく似たガイアの剣やな
Posted by at 2014年02月03日 21:36
嫁さん百人出来るっかな♪
Posted by at 2014年02月03日 21:59
嫁が増えるよ!やったねやるちゃん!
Posted by at 2014年02月03日 22:23
サマンオサが平和になると門閥が処罰されるというより、
門閥を処罰しないとサマンオサが平和にならないというか…
シュターデン頑張れ、マジ頑張れ…ッ!
Posted by at 2014年02月03日 22:24
銀英伝の方を知っている身として、こんなにシュターデンに同情したのは初めてだわw
Posted by at 2014年02月03日 22:28
ふむむ。
ニューソクと貴族連合の間にひびが入ってるのは確かだが、
視点を変えるとニューソクは戦力温存したまま
サマンオサの戦力を磨り潰してることになる。
離間仕掛けたヤンにしてみればたまったもんじゃないだろう。
Posted by at 2014年02月03日 22:41
そういや、ガイア神って火山か何かに幽閉されてたな
Posted by at 2014年02月03日 22:54
長老に会いに行って「おお,あなたは○○の娘(息子)。ついにあれを渡すときがきたのですな」って
展開はなんか感動だよな。かつての父の話とセットなのもグッド。
Posted by at 2014年02月04日 00:21
シュターデン先生には是非とも生き残って欲しいものだ
生き残ったとしても胃がヤバそうだがw
Posted by at 2014年02月04日 01:37
>最悪、私は処罰される可能性も考えられる。
ペロッ
…これは嫁フラグ!
Posted by at 2014年02月04日 04:17
>こんな お子さまには お見せ出来そうにないもん

お前が言うなwww
Posted by at 2014年02月04日 10:58
カモミールは慣れたらけっこう癖になるんだよなぁ
寝る前に飲んだら良く眠れるし
Posted by at 2014年02月04日 11:49
シュターデン先生は生き残ってニュー速でとかで胃を痛めたほうがいいと思うんだ。
あっちにはさか奈さん居るからいろいろ気遣ってくれそうだし、
ホシュさん達とは何かと気が合うと思うからね。
Posted by at 2014年02月04日 17:35
原作の方でもシュターデンはそれなりに有能だが軍事的な常識にこだわりすぎるきらいがある、という程度の描写だったと思う。
ラインハルトからの評価がボロカスだったせいで門閥のアホ共の一味くらいに思われてるが
同盟で言えばパエッタさんとかじゃない?
Posted by at 2014年02月04日 18:21
広告の左のラノベ面白そうだな
Posted by at 2014年02月04日 18:37
しかし、ファーザーは見た目と言動以外は、ホントに真っ当な勇者で英雄だな
そりゃ国中で、尊敬されるわ!!
Posted by at 2014年02月04日 19:35
※6
まだ詰みというには遠くね?
まだ「うわーへいかがまものだったとはしらなかったー(棒」で何とかできそうなレベルだと思う
最悪なのはボストロールが詰んだ頃こちら側に寝返って何かの間違いで功績挙げちゃって無下に処罰できないような状況になるとヤバそう
全部終わった後ラインハルトに排除お任せしても
「あのへいかもにせものだー(棒」で反乱第2ラウンド開催されたりしたらサマンオサ自体が終わりそうだし


・・・もう革命軍に始末してもらった方が楽じゃね?
Posted by at 2014年02月04日 19:49
なんかもうシュターデンさん……生きろ……(&#9741;&#65103;&#8304;)
Posted by at 2014年02月04日 20:42
シュターデンさんまじがんばれ、超がんばれ・・・

また新しい嫁ですかね・・・w
Posted by at 2014年02月04日 22:18
※23
たしかにまだ詰んではおらず、最適手を選べば逆転は難しくともしぶとく生き残れる
だけど門閥に最適手を打てる能力があったなら今の状況になってないよねー

まぁ一応…有力門閥が死んだことでお鉢が回った、「未来のヤン・ウェンリー」が門閥の若手にいる可能性は否定できないが
Posted by at 2014年02月04日 23:28
シュターデンさんが可哀相すぎる…
他全部死んで、シュターデンさんがトップになればいいのに…
そうなっても国の事誠実に進めようとして胃が痛くなる日が続きそうだけどw

もっさんの嫁フラグが立ちました!
嫁のもっさんが烈風m…ガイアの剣使うシーンが思い浮かぶ…
Posted by at 2014年02月05日 18:52
ここまで門閥貴族連合が酷いと、カブノール周辺にいた比較的マトモな門閥貴族までもが革命初期に暗殺されてる疑惑が出てきますね
Posted by at 2014年02月05日 21:43
カモミールティーよりもさか奈呼んでやれよ…w
Posted by at 2014年02月05日 21:56
今更だけど前回の会戦で開幕イオナズンブッパすればワンチャンあったんじゃねえかなとか
相手民兵だし初手でビビらせればたとえ門閥でもいけそうな気がしてくる
動けなくなったらもっさんのトベルーラで回収とかで
Posted by at 2014年02月05日 23:52
さか奈は妊婦さんの相手と助産婦の育成で動けないからねえw
Posted by at 2014年02月06日 00:24
この嫁増加による子供増加が終わらないと
産婦人科医のさか奈さんを嫁には出来ないよね忙しくて
これは大問題だ
Posted by at 2014年02月06日 01:25
↑x3
ヤン相手の戦争で互いの状況もまだ拮抗してるのに、
こんな前哨戦で自分の手札曝すとかないわ。
戦う相手が「あやしいかげ」と「やまたのおろち」じゃ、同じ能力でも被害が全然違うだろ?
Posted by at 2014年02月07日 09:15


強ちそうとばかりは言えない。

イオナズンが広域破壊魔法として強力なのはこの世界の人間なら殆ど誰でも知っているだろうが、やる夫のそれが一発屋なのは基本的に商会の部隊しか知らないから、鼻先で一発ぶっ放して、その後に「下手に戦力集中させるとまた撃ち込まれて吹き飛ばされるかも」と言う方向に相手の思考を誘導するのは戦略として充分に有り。そこから先は互いの軍師連中の頭の捻り合いだし。

それに「一発撃ったらガス欠でダウン」と言うのも海賊砦当時の話だし、あれから色々と成長していることを考えれば、一会戦に一発くらいでは打てるようになっている可能性も普通に有る。
少なくとも会戦と会戦の間が数日〜一週間単位で空くなら、当時の状態(撃ったらダウン)でも会戦ごとの一発兵器としては充分に戦力として考えられる。

「隠し持った切り札で道を切り開いた奴は確かに居るが、それを後生大事に抱え過ぎて、使い時を逸して散った奴はそれよりはるかに多い」と言うのをどっかで読んだ気がする。

やる夫側の強みは切れる手札の種類の多さなんだから、その一枚を後生大事に抱え込むよりは(実際に切るかどうかは別として)「いつでも切れるぞ」と言う選択肢として持った方が良いと個人的には思うな。
Posted by at 2014年02月07日 21:16
↑ 戦略・戦術としてはそれがシュターデン先生も大満足の上策なんだが、
問題は一揆に近い発生理由を持つ民兵相手にあのやる夫がそんな兵を磨り潰す様な
戦い方が出来るかどうかだな。
Posted by at 2014年02月07日 22:30


ま、確かに問題はそこなんだよ。

偽王はさておいても、門閥貴族どもの暴政が反乱の大きな要因になっている以上、目的は兎も角、今現在、勢力的には門閥貴族側に立っている以上、やる夫の持つ広域破壊兵器の存在はプロパガンダに利用される可能性はかなり高いしな。(とは言え、隠していたらいたで、何らかの理由でそれを知られれば、それはそれでプロパガンダに利用される事も有る。上で「そこから先は互いの軍師連中の頭の捻り合い」って書いたのはその辺が有るからでね)
ヤンも、本当に必要とあればアンフェア承知の上で証拠を捏造してでも相手の寄って立つ物を叩き壊す事はやる人間だし。(原作的にも「証拠は無いがそれが疑いようのない事実だとヤン自身が確信している」レベルでないと使わないとは思うが)

とは言え、反乱が成功した所で今のサマンオサ国民の知識レベルで民主政治はどだい不可能なのはやる夫も解ってる気がするんだよな。あのカエルのおかげで(中間層以上のレベルでは、と言う条件は付くにしても)かなり異常な文化発展してるロマリアでも、一国民クラスでの知識レベルは(読み書き計算の講習にあれだけ人が集まる以上は)推して知るべしなわけだし。
落としどころ難しいなあ……。少なくとも一朝一夕でどうにかなる問題ではないし。
Posted by at 2014年02月08日 03:55
リンゴみたいな匂いがするせいでなんとなく甘みを連想してとても飲みやすいよねカモミール
Posted by at 2014年02月08日 18:22
>敵の鼻先にイオナズン
戦略としてはありだけど、実行は出来なかっただろうね。
開戦後のあの状況では、撃ったら味方(一応)も巻き込みそうだしね。
開戦前に提案しても、「でしゃばるな!」「功績を独り占めする気か!」と拒否されそう。

「一番怖い敵は無能な味方」とは巧い事言ったものだとつくづく思うよ。
Posted by 2ガッ at 2014年02月08日 21:40
なるほど、それで家に隠していなかったのですか。
それにしても、やはりほむらの知識は頼りになりますね。

まさか高炉の中にあるとは。それでも問題ないガイアの剣ってすごいですねえ。
サイモンの勇者としての行動も凄い。英雄譚を謳われてもおかしくはないですね。

ふむ、やはりサマンオサ人に対する恨みは深いようですね。当然ですか。
それでも、サイモンに受けた恩をちゃんと返すあたり、人間として立派な人物ですね。
どこぞのりそうしゅぎと三賢者は爪の垢を煎じて飲めと言いたくなりますが。言っても無駄でしょうね。

ボストロールが派遣したのかと思っていましたが、喪黒が関わっていてもおかしくはないかな。
こういうの得意そうですし。
今もルーラで飛び回って暗躍しているでしょうし、見つけるのも至難ですからねえ。
仮に見つけて、喪黒を倒せる実力があっても、戦ってくれるかどうか。

ガイアの剣を先に渡してくれますか。信用されてますね。
これは彼女との約束をちゃんと守らなければなりませんね。

カモミールティーがシュターデンの胃を救ってくれますかね。
Posted by とあるA at 2014年02月17日 22:58
ゴーゴン退治の機転といいガイアの剣に関する先見の眼といい、まさに勇者の名に相応しいサイモン。
そして私怨を捨てて恩に報いた義の人、カオナシ殿…いやはやまったく、漢ってのはこうでなくちゃね。
…で、犬でも3日飼えば死ぬまで恩義を忘れんというのに、できない夫ときたら。
Posted by at 2014年03月15日 03:19
将軍お大事に〜。
Posted by at 2014年05月01日 19:49
>だが、ゴーゴンの血は猛毒だった
それならキアリーをかけたら即死できたのではw
Posted by at 2016年10月23日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86589649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ