■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年03月17日

『知られざる伝説』(10)

第111話へ 10 11 第112話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q



          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|                                            |┃
          ┃|           い く 夫 の ブ ラ イ ダ ル ク エ ス ト             |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛



2 :◆vsQyY1yD2Q
【 見学商会 いく夫の部屋 】..   .||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
二二二二二二二二廿ト爻| .||    ||:;:;||,,,,,,,,,,,,||.;;:||   .│巫|
.ァァァァァァァァァァァイ.爻| .|| ハ  ||:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ハ|    .│巫|
乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂,,乂.| .|| | i ハ  ̄  ̄  ̄ ./i i |    .│巫|
──────────┘.|| i,.U:;i        i,:U:,i    .│巫|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニノ  {:::{         .}:::}    │巫|
              _,,,_   ヽ(ゝ、     ノ)ノ    _,,,| 巫|
             { ::::::ミヽ、 }:::},__,,,,___,{:::{ .ノ彡::::::  }匸巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫
________  \ :::;;\ヽ,l!ノ;;;;;八;;;;;ソリ//;;: ./────────────────────
凵凵凵凵凵凵凵凵||   \ ;;;;;;}ノ;;;:::::::;;;;:::::::::;;;ヽ{;;;;; /      __
──────┐匚||     `ー;{c;;;ヽ:::;;;;;:::::/c;;;;}ー´      /三三\     __________
            │匚||       }--イ::/"ヽ::ト--イ       .// ̄ ̄\\   |\________/|
            │匚||       i::::::::/   i!:::::::;i          川      川   .|  |            |  |
            │匚||       ヽ:://;;;,,,;;ハヽ:::/        \\__//    .|  |            |  |
            │匚||      /|\}・;;;;;;;・{/|\          .\三三/      .|  |            |  |
──────┘匚||      i|;:;:;|::::(`‐-‐´);;;|;:;:;|i          ̄ ̄        .|  |            |  |
冂冂冂冂冂冂冂冂||      \;\."`ー´"//                  |  |            |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         \`ー.ー´/                         |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|
                     ..`‐--‐´                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





         .    .
        :/ ⌒`"⌒`ヽ、:
      :/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\:
      /,//:::::::::::::::::::::::::::::::::\:     また お見合い断られた……。
     :;/⌒'":::..:::::::::::::::::::::::::::::::::|⌒ヽ:
   : /  /、:::::..:::::::::::::::::::::::::::::/ヽ_ \:
  __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、:::::::/⌒`ー'⌒   )
━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"━━


3 :◆vsQyY1yD2Q
                 _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
                ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
                l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
                !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
               .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
               F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
              , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
              | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
              | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!   あれは お前の人選が悪い……!
              ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
                ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
                /!.  / -──────--! .|、
               /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
              /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
         _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
   _,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
   |::::::::/ \:三::/i:::|.   どこが悪かったって言うんですか!?
   |:::::::〉( ○)::( ○).|
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)   僕はポルトガでも評判の美人姉妹
    |  u   |i|!i|!|  |    長女は跡継ぎだろうからって、その妹の方に申し込んだのに!
   \    `⌒´ ,/
,,.....イ.ヽヽ、  ー ノ゙-、.   本当なら両方が良かったんですよ!?
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||


4 :◆vsQyY1yD2Q
        .._________________
         「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
        \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
            \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
          /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
         /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
          /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
       ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
          |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│   あの家は……姉妹二人だけで
        | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|   どちらに家を継がせるかで揺れている……。
          .|  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
       | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|   そんな所に嫁に来いと
       | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|.    縁談が申し込まれてみろ……!
       |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|
       |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\.  対抗勢力の差し金としか思われんぞ……!
       │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.        |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
        |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
       _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
   ._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
   ::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
   :::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
   ::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
   |:::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   そんな……。
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |   それでも やる夫君なら……。
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、  ー ノ゙-、.   やる夫君ならきっと なんとかしそうじゃないですか。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


5 :◆vsQyY1yD2Q
                     _____
               r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
                 レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
                l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
             |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
                l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
             }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
                l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
          _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l     現実を見ろ……いく夫……!
              l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |
               l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |.      北の大国の……名の知れた商家と……
                ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |     名前も聞いた事がない辺境の土地の王……。
                  |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
                   |.    | \    ./   |     |      前 提 条 件 が 違 う …… !
               |   _|   \ /    |_    :|
                  >'' ´ |   / \     | `''‐<



.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::/ ⌒  ⌒ |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::〉 ( ○) (○)|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(@ ::::⌒(__人__)⌒)  ← 王(自称)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     |r┬-|  |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    `ー'´ /
.:.:.:.:.: ,,.....イ.ヽヽ、  ー ノ゙-、.
.:.:.:.:/    |  '; \_____ ノ.| ヽ i
.:.:.:.i.     |  \/゙(__)\,l  i .l


6 :◆vsQyY1yD2Q
     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |:::::::/   ノ  \ |   遠くの王より近場の商家の方が良いって事ですか?
   |::::::〉U( ●) (●)|
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)  それじゃあ、どう言う人を選べば良いんです?
    |     `⌒´   |
    \  /⌒)⌒)⌒)    /⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /



                    ,.、-rァァァァァ‐-,.、
                    ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ   フム……そうだな……。
                 lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
                 || へ、_`ー '_,._へ ||    私の印象で言えば……
                    rョl ,.=。=゙ '=。=、 h   やる夫はイカモノ食いの印象があるが……
                    |ヒ|. `二} {二´ :|j.|.   異世界人の感覚としては どうなのだ……?
                     ,ゞ|   人__人   |く
          _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
        /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
        /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
       ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
       .{: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
       ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
       〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


7 :◆vsQyY1yD2Q
            .______ _
        ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ./:::::::::::;:--‐─、::::;─-、:::::',
         .l:::::::/ u.     Y     ヾ::|
          |:::::|   _,,ノ:::::::::::::ゞ,,_ ',|
          |:::::|   ( ο )::::::::( ο ).l   はぁ? イカモノ食い?
          l::::::〉  ⌒          ⌒)
          (@    ( ___ 人__) l    どこがですか? あ、年増が どうこうって話?
         .|      | r─┬─|   |
           | u.   `   ⌒  '  |   ないない、そんな事ないですよ!
        .丶             ./
            ヽ           ノ、   やる夫君の奥さん、美人揃いじゃないですか!
         /                 \
       /                     \
    ../                        ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _,..-'''
             _,..‐'''‐v‐''"~ `、
             i´      .l     ヽ
             i      .i       \
            i       ',
              .',    ',  `、
              .`、   .', - ヽ
               ゝ.'". `、  \
              l iヽ  ヽ   `ー -
              l==''"、  \
              l !j _. `、    `、
                i ‐''"   .ヽ    \
            ノ      J   ヽ           いや、私が大年増寸前の嫁き遅れだったのは確かだぞ。
             `、             `、
            ',            ',       やる夫が、そんな事は気にせず愛してくれている事は
             i           i
             ⊃         ./  /     身を以て知っているが。
             ',          ./  /
              ゝ-‐ ''" ヽ,'  ,'
                        /i   {
       ,..,_      _  /―、',  i
     ,r'   ̄  ̄ \   ̄ " '' ',   ',
    /          ヽ       ヽ  ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8 :◆vsQyY1yD2Q

                l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
            l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
            |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
             | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
             | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |       やはり、そうなるのか……。
             | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |
            r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、     我々とは随分と違う……。
              |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
            !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
           ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!.ノ      ならば いく夫よ……。
            / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
           / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.     あえて……あえて この世界では
        ‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
              !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |.      好まれないタイプを狙ってみるのは どうだ……?
          |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
          |    l ''  ,r=ニ二_.    ̄./ .|.    |
          |.   |.  ⌒   "   ~`'''‐-,、  .|     |



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |:::::::/  ─  ─ |
   |::::::〉 (.●) (●)|   不人気は ちょっと……。
   (@  :::: (__人__) )
    |     `⌒´  |   いや、でも、僕達の感覚で言えば
   /    ∩ノ ⊃ノ    そうでもないタイプなら……?
   (  \/ _ノ|  |
   .\ “ /__|  |
     \/___ /


9 :◆vsQyY1yD2Q

      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \      そうだな……。
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ    ニュー速で家の奥方で……
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ     年齢に問題がない者の中では……。
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 .     ̄ ̄   、
                /          、 \
                / ,    ,i.    l  l . \ 、\
               '. /: : :从八: :、: l从ト、: l l: 、ヾヽ
              l: :!l、: :lr≠、\lヽi彳zkV:リヘ:トl
              l: :リrトk ヒ少 '   ̄`ノ: ゝ ヽ、_  ィ
              トゝヘリ: : 、   ,. '-┐∠ィ: .丶: :、_彡′  カガリ 元・王女 ――
                イi: l: . .ニ=‐ゝ_.ノ /l、 : l:ヽヽ\
                 \リ: ト i、: > .`_/へi:ヽ :i:トトl
                ヽj: :从\l ̄ ̄入ヽ\トlリ__
                ハニYT「 \二彡ヘ. \\l二l>-――
                 ハニヘl:l一'⌒ ´ ̄丶 \`三三 ̄ ̄`
              ニ.ヽ、 .〉ニ>――┐    >      ̄ ∠
              .二ノ/ゝ――<ニ.{WYW:ヽ。> .  三彡
              、ニソゝ     ヽニ\::::::::/。 }. \ゝ三ミ 、
                          \ニヽ:/。/   }     \
                          〉0 }ミ/   人 、
                          ゝ./_/   /  \\
                          /´    {    \\
                           /      }      \


10 :◆vsQyY1yD2Q

                   /  . -―-. . .
                     /〈 /: : : : : : : : : :`ヽ
                   \く: : : : : : : : : : : : : : : :.
                   // : : : :\ : 、_ : : \.: : : : :.
                   ,' i : 个 .、 : `:く,≧x: : :'; : : : :',
                     i : : :代ニ、\ミ;イヒ':;j';\}: :ト,:}
                  и: 从化:j    `¨´/.: : .:,ル': :|
                      圦:.|ハ¨´丶   _, 厶イ/: / : :/   ルナマリア 元・警備兵 ――
                    `|:圦  ー _    /: /从ト{
                        l: :l介 、   , ./: /=i
                      и: :.|  xうチ::/: /: : |__  _,........-‐.、
                         | :ル   }:.j|厶イ: : /::::::::::::::::/:::::::::::.
                        _l厶斗:::弋}|:_;斗<:::::::::::::::/::::::::::::::::::}
                   /::ノ:::::::::::::{/∨::/: : `ヽ:::::::::::::::::::::::::;'
                    ,'::::::/ ヽ::/: : : ∨: : : : : : :∨:::>'゙´\j
                    ,'//::/.: : : : :./二二_7: : :i:::::\   :{
                /: : :{::::::{ : : : : : :└――┘: : :}\:::::\ :!
                 '; : : {::::::{: : : : : : : : : : : : : : : :ノ: : :\:::::゙¨|
                  ∧: :乂圦: :_;≠=: :‐-.: : : : : : :.i: : : : :\:::|
    .            V::`ー+:.ゞ:!: : : : : : : : : :‐-‐: : :.|: : : : : :个゙


                   _
                ,. : :´: : : `ヽ _,................__
                /. . . : : : : ,  ´      )`ヽ、
            __,./: : : : : : : : ': :./__,..、 <_: : :ヽ
         ,. :': : :/: : : : : : : :/:/: :/: : : :/: :__.、 \: }ヽ
          /: : : : : : : : : : : : :,::/: :/: : : :/: : ´//: : :./: :.:.
      --‐ァ: : : : : : : :,.....:/::{:イ: : : :/:_:,.ィ_ヽ. /: :.:.イ: : : :ト、
        /: : : : : _, :´: /|: :,.- {:_:/´_/ ん/ /: :,/ト: : : :|: }
        {: : :/:__/  Y! (rヽ    { {ソ {/,ィハ|: : |:/: : :ヽ
        |:/ ̄      ヽヽ__,          ム}/|: /イ: : : : : }   夏美 元・辺境伯 ――
        {          斗 ヽ     、  、ゞ'/j!/|: : : : : l:.:|
                       |   、     `   人  {: : : : : |:リ
                   r‐┴‐- 、__ュ、__.... ´    ヽ: : : :/'
                    { __     `ヽ         ヽ}:/
                /    、_   /          /
                {        、\__ 〉
                |       }.  `ヽ
                ヽ      |     :.
                 }      ヽ     }
                   、       \   /


11 :◆vsQyY1yD2Q

                       }:\          , 、
                ,、/`ヽ ィ,j: : : :\       /: :|
                |: : : : : /: :ヽ: : : : \_      /: : :|
              , .-.j: : : /`: : : : :` ヽ: : : : `ヽ, ィ、;z-≦ ̄ヽ
            ィ´: : /: : :/: :|: ヽ: : : ヽ: : `ヽ: ヽ:ヽ: :ゝ: : : : : : !
            ∨: :{: :У: : :{: :{ ヽ: 、 : ヽ: : :ヽ: ヽヽ/: : : : : :/
                ∨j: : : : : :_ィ__ハ ヽ斗<: : : :ヽ: :ヽ!: : : ヽ /
             //: : : : : :ハ{ヘハ  ヽィ孑ミヽ: : ヽ: :ヽ: : : :〈
             ,'/: : /: : :/イ孑ミゞ   }八ハリ マ ; : :ハ: ヽ: : : }
            , f: : :ハ: : 〈 乂リ       `´  f マ: : }: `: : :{
            | |: : リハ: :{ヘ     '      ,、ヌ: :{: : : : : ヽ    勇者 やらない子 ――
            ! }: : : : :ヽ',ハ    、 ノ    ノ-イ i ハ: : : : : :{ ヽ
            '/イ: : : : :イヽ、r 、     イ: : : : :リ: :ii: 、: : :}、ヽ
           ./ '/: : : : /: : : : : : : ≧r≦zz{: : : : : : : }|: : :ヽ: ! ヽ',
          /, f: : : : :ハ: : : : イ{:_:_}i:i:i:i:i:i:i:i:i|、_:_ハ: : :八: : : : ヽ リ
        .イ / .{: : : : { 〉´ ̄fi:i:i:i:iミ‐-i:´/i:i:i:i:i',´⌒ ヽ `ヽ: : :}f
         .{ {   乂: : ゞ´  ,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', ,   ヽ '; :/ {
         ``.  /   , イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ   \ソ
            ./     ,'l;l;l;l;l;i,i,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i;i;l;l;l;l,',   \
          ./     ィ、l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;i,i,i,i,i;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;ハ    ヽ
        ./  、 /  ヾ、l;l;l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;_l;/   ヽ    \
        、   \     ゞァ-‐l;l;´l;l;l;l;l;l;l;l;`l;l;l;l/      >´   ヽ
         \   ヽ     !l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;/      /    /
           \   ヽ    {l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;j     /   ,  ´
━━━━━━━━━━━━━【 ※ 利根川は、いく夫バークで別れてからの嫁とは直接会った事がありません 】


12 :◆vsQyY1yD2Q

                        _,,. -‐-,、
                   <Iエ¨-‐<:彡"'ヘ.
                   ,∠ __   \彡"ヘ.
                   /__/゙べ>  /=彡"ヘ.
                  \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ     この辺りは……いわゆる
                /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ      「モテない女」 に分類される……。
                   /  __┐   _\  Vく=三彡ヘ
                   ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、  我々の常識ではな……。
                    └┐      │ //: : :人
                       |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
                     ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
                         ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│



   , -─────────────-- 、
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |:::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄.|
 |:::::::::::::::::::/                    |
 |:::::::::::::/         ───     ── |
 |:::::::::::::\   .                  │
 |:::::::::::::::|      //:::::::::丶\  ://::::丶丶
 |::::::::::::/      | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
/ ̄ ̄`        \ヽ::::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/   …………マジですか?
|                 ,/     |      \
|                .|     |     |    え? なんで?
\__/           |     |     |
  |   .            \__/\__/
  |                 ヽ  , ─ 、 ノ '
  丶                           l
    \                          )
    . .\                    /
       ヽ                  ./
       /                 く
       |                  ヽ


13 :◆vsQyY1yD2Q

                    _____
                riff7//////〃〃∠ヽ
                レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
                 l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|        勇者パーティの一員なのだから
                   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!       当然と言えば当然だが……
                 } ==,=> _=,==  |r=、 |
                    | 二/    二´   |.6.| |\      揃いも揃って 「強そうな女」 だからな……。
                 |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
             _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|     忘れたか、いく夫……この世界では……
                  ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |.     戦うのは本来……男の仕事……。
                  /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
                  /   | \  ./    |   |



            .______ _
        ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ./:::::::::::;:--‐─、::::;─-、:::::',
         .l:::::::/       Y     ヾ::|
          |:::::|     \,   、/  ',|
          |:::::|   ( ● )  ( ● )l   あ、そうか!
          l::::::〉  ⌒          ⌒)
          (@    ( ___ 人__) l    女性は本来、前に出ないものだから
         .|  u.   | r─┬─|   |
           |     `   ⌒  '  |.    好まれるのも そう言う……!
        .丶             ./
            ヽ           ノ、
         /                 \
       /                     \
    ../                        ヽ


14 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で家の 『強そうな女』達から一言 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ______
            >=-     `丶、
           /            \
          ゙7   , ハ    ,、,    、
          {  / /⌒\/´lハl  ハ
          ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }    銅の剣 担いで 大ガラスぶん殴りに行く女が
        / ニ):ノ i|      _/   i  \
       {     )八   __ `7 从」 <⌒′  モテる訳ないだろ。
        `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
          \     ノ `YーY´ ゙「\
           ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
              ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
               / ` ̄ ̄´ マ_ノ


      //l /l レ : l: :l: 、 \ : \ヽト、レl\V: . : : : : : : :
       l /l' v !: ,ヘ: l!:丶  \ : : \ ヽl  ` : . : : : : : : :
        | l : . . l:| l |l:l、_v=≦三ミ、:ヽ: .  : . : .|: : : : :
.      | l, : . : : :ヽl≧:|ヘl ヽ/rうヽ トk/ : : : : . : :|\: : : :
.      | lゝ: : . : : トレflヾヽ  └‐┴ / : /: : : : : : :v }: : :   メイリンを守るためには
        `l ヽ|:l、 、| ̄ /       /: /l : : : : : | ∨ : l /  強くないといけなかったのよ。
         `!|ヽヽ 、         / ´ /レ: : : : :ハ: l: :/l′
           ': :ハ\ ;- 、      //l: l : : : /: ヘl:/     おかげでメイリンを守り切れたし
         /:/: : \ ゙こ’     /´:/レl: : : ': l: /l′    やる夫とも巡り会えたし、後悔は無いわ。
          /ィN|: : : |ヽ        / イ lN|:/:,: :,l/
          l':/!: : /l/ ゝ _  -// //: /l':/|:/′
          l' l: :,′   l /l   /´ /´/〃l l′
           ヽ{    l'ノ|    // / ヽ


15 :◆vsQyY1yD2Q

             ,.-―,>‐ト<´ ̄``7‐ ''''' ヽ、
             /  /'´.! ヽ弋'    '        ヽ-―‐- 、
             ,' /  /ヽ「ヽ-ー'     ,     `ヽ     ',
     __,,,,,..... -'  /     、   ,   ハ  ,     ',    !
                'イ    ,l 〉< !  _/,..∠´ i     !     !
         __..... -‐' ヽ / レ'  弋/    ヾ,イ  , l     l
     -― '"/     .i' l !   0    0   l ト、/ `    ,イ    女だてらの辺境伯とか やってると
      ヽ 、ー┐      '、 ! ' 、   ,      ト ' !        '、
         `` ヽ 、 _∠ヽl ' '        u ,.. ィ'     ,   !   どうしても そうなっちゃうわよ。
                 /,ヽ、  ‐- 、  , イ,..ィ‐ 、     |ヽ、l
     ヽ 、          l// _ !ー‐r―'  /! !   ヽ   /   '
        `` ー- 、   / .レ'  T /イ ヽ、/ .l l    l `レ'
               ヽ,'     l ' /       !,l    l


         /ヽ、       ,
         ,': : : : ヽ    /: ヽ  /^ヽ  /ヽ
           {: : : : : : ヽイ〃: : : : :マ: : : : :Y、 : :',
      >イ!: : : : :/:_:/: : :/ >、/^ヽ: : :\: : ',
      {: : : : : :/ : :/: ://: : : :∧il: : : :ヽ: : :ヽ: :ヽ
      ', : : :〃: : : //: :/..: : :./  ', : : : ヽ: : : ', : : \
      マ: :/: : : :/: : : : ,' : : : :,'   }: : : : l: ', : : }: : :/
       }: ,' : : :/| : : : : {: : : : :{.  lハ: : : }: |: :',: : :/
       | !: : : ,': {: : /l/|一‐|: !  リ ',: :/|: }: :il∨、
        リ: : : :イ: ハ: :.| !,_=‐Vl  /´⌒|7ヽ!/: }: :i ヽ
      /: : : /ハ ヘヽ:|イ弋rリ     尢ラ,リ: :/: : |: :|  ゝ  やる夫以外の男は
     /: : イ{:| ', :ヽr:ヽ`¨´       `¨´ //:/: 人:|!
    //  V  }: }: :|: ト      '    人:/ィ´  '!.     どうでも良いし。      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ノ´      リ: |: :|: :}、    c   イ/:/:イ                           |  従兄は!?  |
             / : !: :| 人   >r i´: : {: :乂メ                           \______/
         /: /ハ :l {      |ヽ、|:.:.:.:.:/.:
          ,。冖ヽ |: :|:| _   /  ',_ ヽ/≧=、       あ、やらない夫は例外ね。
      _/´    `へl:l   ``     /   }
     / {     | 八リ 、     /     i}     _ィァ‐:.__ノ´)
     ト{     ヽ  !/   >-<ノ    `、_丿   /"    ⌒` 、__
    〉くヽ、_ リィ     。 o。     ,ハ l    /    ,、___ ;二⊃
     / \-―∧                } |   /   ,/
   /      /:.:.ヽ       :.:       リ |   /   /


16 :◆vsQyY1yD2Q

              ,. . -. .、  __
          , ..: : ´: : : : : : :.ヽ: : `ヽ、
        ,.ィ´: : : : : : : : : : : : :.l: : : : :ヘ
        ,.': : : : : : : : : : : : : : : :.ハ: : : : : :ヽ、
       ,: : : : : : : : : : : : : : : :/  ; :i、: : l: トゝ
     ,,ィl: /: : : : : : : : /:_/:/ r::::yl:/_V: l: l
   ー=7: : /: : : : : : /:./´/'`  ヾ/ ´ `l:/从
.    ,イ: : : : ; -、: //レ'  ○'      ○'ヽ: :ハ
.   j/!: : : :.{ fxヾ:}  r::::y          r::i ヽ从   女でも狩りくらい出来た方が良いぞ?
.    l:l: :l: : >‐、 ヾ '::::;'          i::;' 八 ヽ
    从レ'}/  /ヽ、 ':::!     r‐、   j' /  ゝ'
         ゝ‐'   ,イ≧`‐ - -`-'i¨iヽ´
              / ヾ} ヽ    / 'i i


       マ::::ム゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦--:._
       ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x
   ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
.   '──ァ:::::::::::::::::|::::::l¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::::゚。
    /:::;ィク:::::::::::::::|::::::|::::::/  V:::::::::::::::::ハ::::::::::|:::::|::::::::::::::|ヾ
    // /:::::::::::::::::|::::::|::::/¨≧xV:::::::::::::/ .V::::::|:::::|::::::::::::/
   /゙  {:::::;イ:::; -|::::::|a芹笊ミt、:::::ル゙‐=≦:::|:::::|:::/|/
      {::::{ l:::{.l. |::::::|/ゝV)ツ   }/ 、__,V|:::::W
.       レ゙ V::ヽ.|::::::|          、 `^¨^./.|:::::|     ざんげが あんなにモテてた理由が
    λ     〉::::::|::::::ト、∪    _ ´     /ノ|:::::|
.    /::ヽ、_/::::::::|::::::| \  (  )  , <ヘ、」:::::|_/}   分かった気がするな……。
.     {:::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::___ヘ  ̄, <イ:::::::::::|:::::|:::::/
    V::::::::::::::::::::::::::|::::::|::/ ≧s。爪〉,::::::::::::::::|:::::|/
.      〉::::::::::::::::::::::::|::::::|;へ   ./〜{、 V、___:::::|:::::|
    /:::::::::::__ ‐=ニ|::::::||  ヽ ./{  |ヘ } } ヽ |:::::|s。_
    l:::/ ̄   ヽ /|::::::||   `゙∧::::/ `゙ .}   |:::::|  ハ
    l:/       |/ |::::::||    /::::V  ∧  |:::::|  ∧


17 :◆vsQyY1yD2Q

                            }丶.
                ____    / l \
            .  ´        `>/ /   |
    , 个 、    /             {./   /
    | l  \ /    .  -―――- _ r=、 \__/、
    | ヽ  /{   /     ―‐- . {\  ̄`ヽ ∧
    ヽ  `/   /            `Y^  l 0ヽ!
     丶-//  {                 |   0 ヽ | |
       l |   〈              ヽ    ,イ/|
      /フ   \ _  ー―--/⌒丶/\__ノ〈 /l        あと、強そうって言うのは
     //l    |/丶. `   \/―一'   ,|   V       「意志が強そう」 って言うのもあるのよね。
    //^l /゙}  |    ≧ァー-=ニゝー=fテ千[|    |
    | '⌒}| !  |、ー=fテ千「     `"´ |    |、_,ノ}_ 嫌がる男は結構 多いわよ。
    〈 ´⌒} V  |ハ    `"´  ',         |    |      ノ __
    〕 ‘く  ∨ | ∧u     ヽ       |     ハ   _/ ////
  //∧ `',  } l  ヽ     _ -‐'´  /| ,   /  \|   ////   だから仕事中は表に出せないのよねぇ。
.//////}  l ∧  、 l:> .   ‐   イ  j/| /       /////
'///////   ///\ト\|\  _〕≧ァく  {_  」ノ     ///////
―- 、//   //////////>'/ノ      `l⌒ト、 _ .∠////////



                    , -_ ==―
                       !: .i´. -――-. 、
                   ∧:.{: : : : : : : : : : :`丶
                    /: : ヽ!: : 、: : : : : : : : : \
                 /: : : : : ;イ: :.!\. . : : . :、: : .ヽ',
                   / : : : . . ハi{: {!:.',ヽ、: . . \: : :',i!
                i: : . : : :!j!__j! ヽ\i __、: : : ヽ: :.i|
                {:i!: :j!: :{!,ィ=ミーヽ ヽィ示ミヽ、_:ヽ:i!
                   !ハ:{ !: :.!{ {ー'},    辷j}  /: :|!:|!  ああ、ありますね。
                 ヾ! : i!` ̄´  i.::    /:ノ:.;:!リ
                  }: . iト.、   __   ノイ: : i!|!     黙って俺に従っとけ〜って感じで
                  |{:.!:.!>.、 l.__)  /: : :.ハ!
                     jハトi!! ` .>--イ彡}!イ:/. j    物を言う奥さんを嫌がったりとか。
                   _ , -!  iヲ>`Y!r{ j! j/
             ,. -― ' ´   .`ヽ、ヽ! .|.!!レ'ノメ.、
              {!´ `丶、       ` ーM{'´   `丶、
            !.    ヽ   , ' ´\  |!. \ ト.、    `i!
            ヽ.     } /   /\|!  \!  `丶、 i!|
              ├――ヮ .ノ!   〈   {i}    `!´ ̄ヽ.∨!{
            }  .//  i! ,  ヽ   {!    ヽ‐_二}! ',{i!
            レ' /   .∨.   ヽ  .i!     .´   i} ヽ}


18 :◆vsQyY1yD2Q

     ,ィ ,イ/⌒Z__
    ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
  /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
 .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.    |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|   そういや雅姉は?
    .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
  、ノ:::::::|::| ヘ ∩ ノ ⊃|
  冫/ ヽ|7{/ _ノリ
   (.  \ / ./_ノ │
   \/彡} .∠{;|_|___|
.    .ヽ//___}ミ/


        /: : : : : /: /: : : : : /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       ./: : : : : /: /: : : : : : /: : : : : l : : ∧: : : ; : : : : : : : : : : : : : : : l
      /: : : : : : /: : : : : : : /: : : : : ;イ: : / ∨: : i : : i : : : : : : : : ; : : :l
      ,: : : : : : /: : : : : : : ;イ: : /: : / |: : /   ∨: l : : '; : : : : : : : : i : : |
     i: : : : : : /: : : : :/: : /l : ;イ: : / |: :l    ∨l\: :ヽ: : : : : : : :l'; : :l
     |: イ: : : /: : : : :.l : :/ l: :/ l :./  ! : l      |:リ_ `丶ヾ: : : : : :.l ヽ:l
     l: l l : : l: : : : : :ト;,ィ彡: ;二l :l、  '; :l   ,ィ彡/-`=ミ、 ';`: : : : ;l : :\
     .l l ';: : :l: : : : :.:l l:;  '; l  l/`ヽ ヾ, ィ"  '     `ヽ l : : : : l_: : :<二=
      '; ', '; :ト; : : : : l ヾ 孑-‐-、ヽ ヽ ヾ   /孑-‐-、   l : : : f丁}:l‐ヾ、
      ヾ,ツ: l、: : : : :l {´ ムゞり`   i    ' ムゞり} ゞ /: : : :/ /:',    バハラタにいた頃は
     __,z '_; : :}、ヽ: : : ', ヽ 辷ソ    l      辷ソ '´ /: : : :/ノ /\'、   現役時代知ってる人が多かったから
     ̄  {: / ヾ、ヽ: : ',        l           /: ; : :/' /   ヾ
        l :{  ';`‐iヾ、ヽ.        |         彡´ /:/-"        遠巻きにしてる人も多かったけど
        ヾ  /イ}:',  ``.       |            /ィ: :|
        X´/_/: ヘ           ' `         /ヽ:ヽ、__,ィ      ロマリアに来てからは
       f´ `>=‐'" ト                    ,   ',``<      そう言うのは無いわねぇ。
       |    ヽ  ./l.ヽ               /    ',   ヽ
       /l     \i :l  `ヽ    <二)     ,ィ´  _, -‐ュ',    \
     ./ l       `丶、  `丶     , ィ´/_,イ´     'l _   ヽ
   ./   l          `lヽ.  ` -- ´ィ"´ _, ‐-----='-、l  )
  ./      丶          l '、   /  /  、      l j/
 ´        \            l  l  /       ``゛<_ l´
           \         :|  l/         \   ``,
             ヽ      | /              ヾ‐  /


19 :◆vsQyY1yD2Q
    /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.:〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
    /...:::::::::/.............ハ.........ヽ.......................、..........:.:...:.:.:.:.:.::.:.l
    !...::::::::;'":................ヘ...................................ヽ:./ ....:.:.:.:.:.:. i
    l.....::::/.; .:.::::::::::i::.........メ、 ::::-ー.:i::::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i
    !..:.:.:i:.:'....../....'大丶::i...::l:::_∧_l:::::,:::::::::l:./:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
    }:::::l::::/V|::::::|ノ_`ヽ、:j ´-_ヘZツ丶j:::::l:::リl:./ \:i:::::::.)
    /......レ:::lヾ:ヽ.ゞ弋リ}      ̄ ノレ.l::.!:l::::.j   /.:::/
.   /.....::lノ.:i/:\::::ゝ´      '''u ノ,:'i::j::|(::l   (::/   イングリッドは?
  〈 ::::::(     ヽi、ヽ、  _  /イ /:::ノ、ヽ::ヽ ヽ、
   ゝ::::::\    |l:::l/:`ー- . イ  '//ハ'ヽ‐-`、
    `  ヽ   /ハ::::;: ‐|/;'/フ  / _, j, ! l    ヽ
          〈ノ:::::/  /i/' `  ‐''´~/.∧ ,   }
              レリ:l 、./ l|      /./ ヽ!
            l! イ ヾ 、_,,.-'ニ-"   l   '
            l /   ''' ̄       ,ll   :.


                      _ ,, _
                 _,, -<ヽ >‐_コ`ヽ、
                /  ._ 彡、 └r'.7ヽ ヽ
              ,r'  _.、 ヽ''´ヽ、ヽ"ト.ト}-‐}
            .,イ ,'i、、.、ヽ、ヽヽ  ` ー=≡≡
            Д.,'!.トトト、ゝ',ヽ 〉‐''" ̄` ´'彡l
            l .|.!.l l.',ヽ_、ヾ '`.'     _,,、 ./´ヽヽ
            从.i 〉r'` .`   .,.イ(゙刈 ,.i.〉l.}、 `、   この美少女をつかまえて何を言う♪
             ``、   ._,,_    `ー'"./).l.,_ノ、`、 `、
              ` <"込カ    ,A ,イィ,'lィ7 ',. `、',
               ヽ`   `.、r,'  Y .i  l.,'.Vr '' ヽ、',
                  `   _.  ゝ- 'l ノ/.ノ./  ,.、.、',,.',
                 l ./.ィ .i.i .,r_ノ、_./ i    ll'', .i',.',  ← 黙っている内は おしとやか
                   l././| .| |,'/O〉=ム''〈!   ll ','l ',
                 レ ィ .| .|./'  `".7´.,'.i .   ll , ',.',
                /./.| .|.,r'   ∧`V i   .ll/ イ ',l
                 /./| |/    イ V,' i  .(・jl  l .l
              ...,' ィ r'  .l   ,'   /_.i    l .l  l
               l .l.l l  i└   /ヽ  `└ '' ⊃  l‐'"l
                | .|.|.l    ./.'.ノ  ._r_'' ー- .l! .l ll
                | .|.|.ト=-‐'" l`ll_,..-'''ヽ.、"  ノ.} .l .l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


20 :◆vsQyY1yD2Q
.          _____
        ./.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
         .|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
         .|::::::::/ ⌒  ⌒ |
        .|:::::::〉 ( ●) (●)|    ああ、なるほど。
.        (@ ::::⌒(__人__)⌒)
.         |     |r┬-|  |    みゆきさんがゴジャースモララーに狙われてたと聞いてましたけど
.         \    `ー'´ /     そう言う基準で考えれば ――
          }、   .   ノ゙-、....、___、
         _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ           __
      __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \       //
   ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧     ./ /
  r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ     ./ /
  } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : .l^'; /^V、
  f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : :|//⌒`↓
 / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : :.(__/ /⌒ 、}
/: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : :.|Y'V ヽ ノ



                  __,,,.... -――‐- .._
                /vV///∠∠彡:ニニヽ   そう……僧侶や魔法使いは見た目がひ弱な分
               {/`ー-‐'''"´   二二ニニl   強そうに見えないと言う面がある……。
              /ー--‐''''"´    二二ニニ|
             ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|   その上 彼女は当時は十代後半……。
             〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|    そろそろ慌て始める時期……。
             },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
                 |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、  そんな弱い心は……! 狙い撃ち……!
             |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
               | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
                | !` 三 ̄  l    |    \!  |
                 \       _.. -''"    /|    |
             _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |


21 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            __    ィ-.、
             /: :`ー /: : ::`' ー- 、
            , :': : : : : /: : : : : : : : : : :`ヽ
.        /: : : : :/:/: : : ::i: : : : : ヽ.: : : :ヽ
        ,イ::/: : : : /: ,i: : : :ィハ',::',: : : : \: : ::ハ
      ,': :/: : : : :/:./ |: : ::l!':l マ: ',- 、: : ヽ: : :':.
      {.イ: :/: : : l:7´ V: : i' ', ゝ: ',: : : : : l:ハ:: :!     ・ 十代後半の結婚適齢期
        l: ::l: : : :V:l __\::{  〉._\',: : : : ト: :l: |
       V:ハ: : ::j, ,ィ=ミ }`-,' ィ=ミ、: : :i::V: :!     ・ ルックス・スタイル極上
.           マ:.l!ハ    ノ ̄l     l:V::ノリ :.::!
         `tゝ;l、- "  __丶 __, ィ: : V_ノ: : |     ・ 強そうに見えない魔法使い
            _,_j: : ゝ、   ‘-’   ィ: ,': : |: : : :l
          _i´! |'Y: : : :i>,rーォ´zj!:/: : :,' : : :ハ.      ・ 実際に おしとやか
.         l l l. l. i:_: : :j//!′ //,l:/: : :/ミ,: : :八
.         l ' .l l | }:.:ノ//ト - ///イ: : :.,'=zV: :ハ:.ヽ    ・ 賢いが、それを表に見せない腹 y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
.         l   ィ' ,|:////! ,////: : : /   l: : : :V:.:\
        〉  ′ィV///| ,//,/: : :, '   ハ,: : : :ヽ:.ハ
        //ハ // {ヽ//| ///:.::/     /: : ヽ: : : \:l
      λ/////{ \ヽ:|//{: :/     /: :l : : \.: : :ヽ
        l V///ハ  >l< ´i:.l/    /l: : l: : : :/ヽ: : : ':,
      ゝ   ̄´ 〉´ .::/l  ', /     / ,!: : l: : :/: : :V: : :}
.        ヽ   l   / ヽ  /     ,'  l: : :|: :/: : : ハ: : :l
      /: :` ー !  /   ヽ′    /  ,: : : : : : : :./,ィ: :/
       {: :/ V: :|/    ,'    , '  ,:': : : :,: : :/:: :/
.       V  ゝ: : 〉二==l         |: :/!: / ー ´
.            `-//|//|/,'|        |ハ  リ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


22 :◆vsQyY1yD2Q

                 ヽエエエエエエエ〃77,ヘヽ
                 ,∠_-‐      |/∠=:三|
               / ̄/へ     |三三三|
              \ `´===。=  .∠≡三三|
                /  `二ニ   | l⌒iニ三|   もっとも……。
                ∠ ,- ` ー- 、   |.|こリ:≡ニ|
               <-ェェェェ-‐ | l ||_ンミミミ|   何事にも例外はあるがな……!
               [´_        |\゙ミミミミミ|
                  l     __,,⊥-‐'''´~ ̄|
                   └--ァ''"´    ___,,⊥
                _,∠´-‐''''"~ ̄     |
【 分かりやすい比較例 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 /            /    |         ヽ
             /           /        |          ',
             ,'         /        ヽ             l
             |        / _,ノ    ヽ._   ヽ         |
             |       /´ ̄  、      ̄ ̄`',        :|  |
             |        /ィ=ミ、  ヽ   ィ=ミ  |      |  |
             |     :/ /しハ ヽ        /しハ `\      :|  |
             :      :' {::{;;;}:}        {::{;;;}:}   |     ' :| /
             .    :lゝ ゞ-‐'          ゞ-‐' ノ|   / :/ /
              ',    | .:.:.:.:.:.:.:.   ノ    .:.:.:.:.:.:.:. |     / /  えっと……。
                 |   :|                  |   , / /
                |    :|                  |  /:/ /
               |  ), |ゝ、    ⊂==ニつ      |  /:/ {  ← 強そうに見えない かよわい魔法使い
              | :/ハ : : :\     ー      /:/ /:/l: : :、
             ー=|/ ∧ : :.:|: :i>.、        . イ: : /: :/l:.| |: : : \_
            /  /: :∧: :|: :|:_:| \__,. イ {:.|:_:/|: /八| ヽ: : :ト-‐'´
           /     : :∧:|/\」_       |_/l:」/: :    \{
          /          /: :)'    \   /´  |:/}: : : .    ヽ


 :::::::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::< ̄`
 :::::::::|::::::|:::::::::::::∧:::::::u:::::::::::::∧:::::::::::|:::::|::U::::::::\
 :::::u:|::::::|:::::\:/ V::::i:::::::u::/ .V/:::|:::::|:::::::::::::::::::\
 :::::::::|::::::|::::::::/\ .V|:|i::|::::/ /V::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::ハ
 :::::::::|::::::|:::::/__  \ V!|l|:::// _∨::|:::::|::::::::::::::::::::i\|
 :::::::::|::::::|::/ ̄`===V:::/==" ̄ ̄./::::|\:::::|ヽ::::|
 :/ ̄|::::::|/______ ∨ _______/i:::::|  ヽj .ヽ}
 :{ lU.|::::::|::|i≡i≡!≡: : : :_: ≡≡≡: :/:::::|
 :.l l |::::::|: : : : : :/´ `ヽ、_,/ `i: : : u:.〈:::::::|   何度もモテない例で出すなよ!!
 ::\_|::::::|:    /       .|    〉::::|
 :::::::::|::::::|   /        |   /|::::::|
 :::::::::|::::::|.\/           | ,.イ  .|::::::|   ← やたらと強そうな魔法使い
 :::::::::|::::::|:::;ィ'⌒ヽ、‐┬-‐::':´:::::::ハ  .|::::::|イ
 :::::::::|::::::| '⌒ヽ、 ヾ、ズ|:::::::::::::::::::ヽ、.|::::::|/
 :::::::::|::::::|      〉 /|ヽ::ヾヽ、::::::::::::::::|::::::|゙
 :::::::::|::::::|`    j../│ ヽ::} | Vi::::::::::::|::::::|
 :::::::::|::::::|    |∧ |  }::} | V::::::::::::|::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 分かりやすい比較例 】


23 :◆vsQyY1yD2Q
             _____
              /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
.            |::::::::/ .\   / |
              |:::::::〉 ( ─) (─)|     利根川君の言いたい事は理解しました。
           .(@ ::::⌒(__人__)⌒)
            |  u  |r┬-|   |     その手の強そうなタイプや、二十台の女性は
            .\     `ー'´ /       この世界の男性から敬遠される傾向がある。
         __,. <.ム-   ー ノ゙.ヽ__
     , 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ.   そう言う人達にも目を向けてみろと言う事ですね。
   / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:Λ | : :、 : >、
  丿 : : : : : :i: : : : : : :/ :.∧__|::∨\、: : : : :.`,
  i : : : : : : : :| : : : : : :\/ ̄ ∨   /;;ヽ : : : :,i
 ...i : : : : : : : :! : : : : : : :/ ´ ̄ヽ_V /;;/;;;;;ヽ : i∧
 /: : : : : : : : :| : : : : : :/   ´ ̄V /;;/;( ̄\ :|: ハ
,' : : : : : : : : :丿 : : : : /    ´ ̄y;/;;;( ̄\ V: :ハ



                  r──────‐:┐
                   | ,.へ、..___./ヽ. |
                   l /   ====   ヽ.|
                   | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
               r:|.l ==。=,   =。== |.|.、   ( ……じゃじゃ馬や嫁き遅れを片付けられると言う
                {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}
                ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ     相手側のメリットも生まれる……。
                 _/| l ー───一 | | ヽ._
              ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄.  だが……承諾されるかどうかは話は別だがな……! )
                 |  |/ ∠ニニニ、 ´/ |.  |
                  | /  ,r‐===‐':<.  |   |
              | / ,'  r‐― - ' \│ │


24 :◆vsQyY1yD2Q
     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
   |:::::::/  _ノ  ヽ  .|.   あ〜……でも結婚するとなると あまり じゃじゃ馬なのも……。
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)   でも、おとなし過ぎるよりかは ある程度リードもしてくれる方が?
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /    厳しくより、優しくリードって感じ?
,,.....イ.ヽヽ、  ー ノ゙-、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  う〜ん、難しいなぁ……。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



      ________________________
     /||||||||||||||||||||||||/
    ||||| / ̄ ̄ ̄ ̄\__|||||::__/\  :::/
    |||||/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \___/      \/
    ||||../::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  \
    |||::::/:::::::::::::::::::::::::::::       ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      |
    |||:/::::::::::::::::::          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      l
    ||:::/::::::::::::::::::::::::::::______ノ\\     _/ ̄ ̄ ̄l
    |||\::::::::::::::::::::/ ______ノ     |l__/ ̄ ̄l
    ||||.\:::::::::::://::::_____         ___  l
    | / ̄\ \:::::::::::::::::_____`      /____` |
    ||   | |::::::::/ ̄ ̄o ̄ ̄` 三    ( ̄o ̄ ̄ ̄  l
    |||⌒| |::::::::::::\____ノ  ̄   ::::::\___ノ |
    |||⌒| |:::::::::             ::::::::::::::::::\:::::   |  まぁ……
    |||_| |::::::::\____ノ    ::::::::::::::::::::::::|:_ノ |
    | \  | /:::::::/_____ノ   :::::::::::::::::::::::::::|    l   せいぜい悩んでおけ……。
    || l\/l /::::::::::::/:::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    |||| /::::::::::::::г、__      ( ̄::_:::::::::::::::::::::|_ l
    ||||/|::::::::::::::\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ./ .|
    |||../:::|:::::::::::::::::::::\__              _/  /
    || ./::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /
    ||./::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::    _____      /\ _______
    |__/   :::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ̄ ̄ ̄ ̄      /::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::::::::
    \      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            /::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::
    ::::::\      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /::::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::
    ::::::::::::\     ::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::


25 :◆vsQyY1yD2Q
【 オマケ:ある女戦士の場合 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               r-y-、
           > ´ ̄ `ヾメ、三ミ、
   ト..,,_ _,,> ´   ヽ  ヾ メヽ |!|ハ
   `ー -- ィ''´       ',   ',ヾ く// ! /:.ヽ
        ./    .i     |   | ヾy} /:.:.:,.:.:i
      ,      | | | |   ト. { く:.:.:./:.:.:j
      i ! .i |. } ,!ィf刃   ,!ノ  / ヾ:.:.<:.ハ   ……よし。
      | ハ i!从ハ! '' ゞソ  ハ  /   \:.:\:.ヽ
        ヾ マソ     ' '|  | >-.、   \:.:\\
        | ヽ' '  , - ;|  |/ /:.:.ヽ     ヾ:.:.ヽ:.ゝ
        |  >:.. ー≦ニ=ミ;:.:.> 二ミ= 、r==-、__
        |   __/フー 川_}∨/    `ヾ\:.:.:.:.:〉
        |/!/.:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} i    ',  ∨:.:.:.:./
          ',:.:ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ !    !   }}:.:.:.:.`:..=-<
             }:.:.:.-=:.:.:.:.:.:.:イ:ヽヽ      ノノ=- 、:.:.:.:.:.:.:.!     ,.ィ
          /:.:.:.:..:.:.:r'',Z ヽヽ:.:.:`ー 二 彡:.:!   i:.:.:.:.:._/ヽ.  / }
            /:.:.:.:.:.:.:/ l    \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.ノ }   !:.:./  }/  r''
        /:.:.:.:.:.:.:/   ',     .7ミ二二二彡.}!  〈// /   ソ
         /:.:.:.:.:.:.:〈   ヽ.   /:.:.:..:.:.:.| |:.! ', i!_  ソ/ヽ   ´ ̄ ̄ >
        ヽ:.:.:.:.:.:.:.}ヽ__   ` ヾ:.:.:.:.:.:.://oニXニV、  }i  __` < <⌒´   ./:
       ,..-=\:.:.:.:.:.:.:.:.:\    ',:.:.:.:〈〈:.:.:.',  ヽ ヾ:、 >-iー- /  `ヽ  /:.:.:.:.
     /:.:.:.:.:.:.:.:.>-.:.:/:..:/:.}ー-、 }:.:.:.:.ヾ!:.:.:.',     `゙>!ミ≧='ー-- -- イ:.:.::.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:../:/:.:ノ ノ ト、{:.:.:.:./ミー-ヽ..,,___ メ /   >==-- ‐<:.:.::.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:<二 ̄  イ  }!:.:.ノ  }}   } }≧= ヾ!  /:.:.',:.:.:.',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> r'' |  .V:.:.:.:.:.:.乂   ヾ   }} /:.:.:.:.i:.:.:.:i !:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:. :.<´ ̄ 厂  〈 、ヽソミ、:.:.:.:.:.>=- ..,, _/:.:.:.:.:.;.:.:.:.:| .i!:./:.:.:.:{.:.:.:.ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄}イ ⌒リ>.:´::.:.:}:.:.!:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:ノ:.:.:.:.!ハ:.:.:.:.:.:.i:.:.:..:.:
            !/  } }:.:..:.:.:.:..:ノ:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:ヾミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.{ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


26 :◆vsQyY1yD2Q
              〈. !l ヽ./   /   , ' /  /  !|. l. ',  ヽヽ
       ,r- 、    ,ハ! 、 / `/ヽ.,/ /  〃 / l  !  i   ', i
       `ー-ヽ   ヽ !,r/   .l ‐∠\' //  / | jl   l  !l l
           \、 /Y' ′  {´/:i:::::::}ヘ. / , '   ! /_L. ,'| ,' | !
     ̄`ヽ     /´ ̄ヽt.,' i  | l し': '  //  ,.r¬'、 l / l / |'
     ̄`ヽ.\  ヽ―- .._i i|.   l `ー-'  ´   //:;リ ノl/ヽ.l'
        `ヽ ー_-`-ー_l l」   !l   ,r¬.‐ 、  ヽン ./  ヽ\.     勇者殿の仲間に
         ,. -―- ̄. |.l ',   !l  /   ヽ冫   ∧   ヽ. ヽ    選んでもらえたのですから
       /:::::::く く::::::::`!ト、i  |.lヽ{.     / ,.  '´  '、   i ヽ. '.
      /:::;. -―-ヽ':_:::::::l!:::::l l.ト ._` ーァ'´ _,. -=- .ヽ   l!  l|   ガサツな身ではありますが
     冫'´,. -_ニニ ]`ヽ::::::::ハ l!|{二ニ{i}ニ}v'ヽr'´:::::::::::::',  l|  |!     これくらいは着飾らなければ!
    . / / '´ _ -‐r‐、ヽ. Y´:::ヾ:::/ \.!/ \;;〉〉:::::::::::::i ll
    .f // ./ノ;r‐v´ ヽ、 i:::::::::/         ヽ:::::::::::::|,.イ
    .l ' ! /j´rく  ヽ _,.-lゝl:::::::/-― ー- 、  ,.-―:\:::::::::::/
    . !」.K:ノ、 ヽ. ,.」-‐' } |:::::/        ∨     ヽ;/
      、 \ ヽ.__メ ィ`¨>'ー.{        ;        }
      ヽ. `ー'^ー' ^"´ノ、__ヽ、_    _,ノ 、  _ノ
        ` ー‐‐ '´  ヽ:::::::::::(○}二><二{○)l::l
                  ヽ:::::::(○|二><二|○)l::l
                    }::::::(○l二><二l○)|::{     ,. 、
                  /:::::::/:::/\    /ヽ:::ヽ:、_________r/>ァ¬、
                /`、::/:::/.:::::::\ /::::::::::\::\::::::::::::У/   ハ




















   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈 ◎ノ\   /\ ◎ 〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ__ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \   U `ー'´ U   /


27 :◆vsQyY1yD2Q



                          .,,,,,,,,,,,,,,、 /゙i__,、
                          | .,.,,..| .丿,--i、.,ゝ
                          | .|.| | | |,/.,x.゙l,,/,l゙
                          | .|.| | | |v″゙l `l′
                          | .″゙" | .,/,,ヽ,`ヽ、
                          | .|.| | | |",/  `'-,,l゙
                          | .|.| | | |`|"二二"|
                          | ."゜""| | .|  .| |
                          | .l'''''''∪ .| ゙l---! |
                          ``    Li''''¬、l゙





28 :◆vsQyY1yD2Q

         〜へ、
           >\ー= ‐ t
         /           Yn
        /    ,        ヾ ヽ~`}
        /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
       /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
       i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈
       |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´  あれ以来、露出は控える様にしているんですけど
       人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ
       / j             .|   |.:.丶   この服装だと清楚っぽく見えるみたいで
      j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ.   かえって男が寄って来る様に……。
      .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ
       \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `       食事を奢ってもらうと、皆 逃げますけどね。
         ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
         j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
         |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j   元・きめえ夫の仲間
         ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ   セイバー・アルトリア
            ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ    ( Fate/stay night )
           / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l


               ┌―――――――――――――――――――――─┐
               | ※  要 は 見 せ 方 次 第 で あ る  ※ │
               └―――――――――――――――――――――─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


29 :◆vsQyY1yD2Q
742 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 01:07:29 ID:J15kruI2
やる夫以外の異世界勇者の恋愛事情で一つ


764 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 07:01:32 ID:2CI/zDYb
作中を見てるとみゆきさんがドエライ美人みたいだけど
その辺のことがよくわかる一幕がみたいな

766 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 08:37:08 ID:avP0Hwxl
嫁たちでもやっぱ顔面偏差値格差はあるんだろうか
描写的に全員美人か美少女レベルではあるんだろうけど
作中の台詞とか見てると、みゆきさんと雅音、美希あたりは特に美人と強調されてるように感じる

782 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 13:59:59 ID:E46uokEm
>>764
みゆきさんは出典元でも美人設定なんですけど

783 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 14:03:13 ID:A3ocVXmK
こなたが萌え要素山盛りみたいなこと言ってたな


791 名前:名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから[sage] 投稿日:14/03/15(土) 15:01:07 ID:Nmti1BV9
ハーレムダンジョンにアンデットハーレムを見たい
ダンジョンの奥にある蘇生の秘宝を求める冒険とか

DQ小ネタはきめえ夫の最初の冒険を詳しく



    /´ ̄ ̄ `ヽ
   レ'´ ̄ ̄`ヽ、 `   ´  ̄ `  .
      ,   ´ ̄        `ヽ  ヽ
   /  .        ,l   i    ヽ   ヽ
.  ,イイ/      / |   l     ト、.   ',
 /  //  // / /   !   ト、.   l ヽ   ト、
    l/  //ナレ'- 、  X´ i ̄\  l  ヽ i 〉
    i  /ili 「:::::ヽ     f::V::::ヾNヽ !\  V X
    レ'  ill |:::::::ノ    i::::::::::::::} ヽ.ハ /\jノ 〉
      lリ.  ̄     `ー‐‐'   i ト. メ、.イ   理想の男性ですか?
     〈              | |ノイjー''
     | i` ァ.  〜( 。'    __,.イレ'⌒\     やはり、お腹いっぱい
   /⌒ヽV  ` ̄ ̄ ̄ }/⌒Vi   ハ.  \.   食べさせてくれる人でしょうか。
    乂_.ノ      r‐‐ァ7ー‐‐ ヘ  /  \/
   /⌒ヽ       {///⌒ヽ  V
    乂_.ノ    _ . - ´     i   i
     |   r '          ノ  l
    (⌒「⊥__ _.. -  ´ ̄    .| ___
     ´    /〈__ __        |´::::く
        //´:::::::::::`ー〜<./´ ̄ /
        j/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V.ーく
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::\
       ! 乂::_::::::::::::::::_::____::__:::ノ\ \r'´
      ゝ.__ __________,、 _)


第111話へ 10 11 第112話へ

この記事へのコメント
今まできめぇ夫の事を男の風上にもおけない奴と思っていたが
これからは偉そうにバカには出来ないな
俺だって彼女に「勇者様」とか傅かれたら舞い上がる、絶対にだ。
Posted by at 2014年03月17日 21:59
あくまで中世的な判断基準だから、女性は基本的に
家の中でしか力は振るわない傾向なんだろうな。
年齢に関しては、貴族などの上流階級では十代前半までに
すでに婚約とか済ませるしな。

前田利家とまつ…うっ!頭が!?!
Posted by at 2014年03月17日 22:17
食費さえ賄えればアルトリアさんは当たりの方だよ!
Posted by at 2014年03月17日 23:02
これって、いく夫、順調にフラグを立ててないかな……オーブの。
Posted by at 2014年03月17日 23:03
結婚したい、と思うのが相手の権力とか財産とかをあてにする前提か、それともただ一緒に生きていきたいというものかっていう違いが強く出てるねぇ。このへんもある意味時代の違いともいえるかな
Posted by at 2014年03月17日 23:27
最近情報が少ないからフラグ立て段階を通り越して,裏で革命イベント進行中なのではと
心配してたが,一応まだ無事みたいだね…。
Posted by at 2014年03月18日 00:20
セイバーもやる夫のとこに嫁に来ればいいと思うよ!
Posted by at 2014年03月18日 20:46
>オーブフラグ
カインって、有名な裏切り以前に、セシルと一緒に非道な王を見捨てているんだよなあ
そもそも裏切る切っ掛けがゴルベーザの洗脳だから、喪黒マージ辺りに操られて脈絡なく裏切ってきても不思議ではない
Posted by at 2014年03月20日 20:44
>オーブフラグ
来るか、来るかと言いつつなかなか来ないのは焦れるな。
Posted by at 2014年03月21日 19:44
>オーブフラグ というより反乱フラグでは?
キシリア様とお見合いかな?
ざんげちゃんにだまされて…というのが一番ありそうだけど。
Posted by あつき at 2014年03月22日 06:07
一応勇者の名分あるし、レーベの米農家(になれる)のきめぇ夫は、実はセイバーにとっては優良物件になりえるのでは・・・
Posted by at 2014年03月23日 09:23
いく夫×ハデーニャ嬢のフラグか?
Posted by at 2014年03月23日 20:10
セイバー様はアリアハンの食糧難で黒セイバー?
護衛もできるメイドコースが無難かも?
いっぱい食べれればちゃんと働いてくれるハズ。
Posted by あつき at 2014年03月24日 20:18
相手の事情を理解していなかったわけですか。
それなら失敗しますよね。やる夫でも無理難題だと思います。

それにしてもいく夫が王ですか。
自称が取れるくらいになるにはまだまだ時間が掛かりそうですね。
有名になり過ぎて侵略されても困りますし。

この世界では、モンスターという生存競争の相手が居て、
戦うのが男性の仕事だからか男性の権利意識が増大している部分もありそうですね。
20歳過ぎたら年増だから駄目。強そうな女性も駄目。意思が強そうな女性も駄目ということですか。
女性が生き難い世界ですねえ。なにげに苦労している女性は多そうです。なんと言いますか、どんまい。


セイバーはこれだけ頑張っていたというのに、きめえ夫ときたら……。
食事を奢って逃げ出すくらいですから、おなか一杯って普通の稼ぎでは凄い難題っぽいですね。
やる夫に頑張ってもらいたいところですねえ。
Posted by とあるA at 2014年04月03日 12:57
いく夫よ、「金あるぞー俺の嫁になれー」ってんじゃゴジャースと変わらんではないか…だぁからお前はモテんのだぁっ!
Posted by at 2014年05月25日 21:14
やんねえ香可愛いじゃんって思ってたが、この世界じゃモテない要素に色々とドンピシャ過ぎたんだなぁ。
Posted by at 2014年11月11日 13:46
セイバーは今後出てくるのかなぁ?
Posted by at 2015年01月02日 08:35
↑↑↑
ここじゃいく夫の評価が低いのはわかってるが、
そもそも「独占して吊り上げられるだけ吊り上げて絞り取れ」ってゴジャースと
「ゴジャースのやり方は余りにも酷い。最低限の良識は必要だろう」と敢えてその大商人に対立して
商売を興した男を同レベル扱いはどうなのよ。
Posted by at 2015年01月29日 00:09
↑その商売関係で同列視してるんなら話は別だが、
↑×4は商売関係微塵も触れずに女性関係面だけ取り上げてるわけで、
「(同レベル扱いは)どうなのよ。」と言われても、「うん(主題が)思いっっきり的外れなのよ。」としか。
Posted by at 2015年02月20日 22:12
いく夫は嫁から意見を主張されるの嫌いそうだし
この世界での好み同様に
常に一歩下がって男を立ててくれるような子が好みっぽいんだよなぁw

PTの観点でも利根川さんも美心さんもサポートに徹してくれる人だから上手く行ってるし
Posted by at 2015年06月16日 18:59
>21 作者ー?!キズは深いぞガックリしろ!!?(錯乱

前は公式絵で片付けられた女戦士が、セイバーになるとは
しかも赤王服着てたとはいえ、中身はあくまで青王様かw

理想っぽい男性なら、ねらう姉弟パーティーにいるけど。奴は厳密には違うか
Posted by at 2015年08月08日 03:38
年増問題は産めよ増やせよな子供を沢山望む文化と表裏一体だからね
ニュー速で家はその問題を医術って形で解決してるから
いく夫もその恩恵に預かれるわけで年増も有りだよね
Posted by at 2015年08月16日 05:33
中世の感覚だと「お腹いっぱい食べさせてくれる」ってかなり重要なファクターだよな
今でもオセアニア、東南アジア、インド辺りは恰幅の良い男性が好まれるっていうし
ここのセイバーはきっと貧民出身に違いない
Posted by at 2015年10月08日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90675325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ