■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年04月07日

第113話「おてんば姫の冒険」(4)

第112話へ    4 第114話へ

96 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
{:::/::  /     \
:::{   i       ヽ
:::|   |`(_・)ミ     .:.               /\
:::|  . :|   ̄`    .(・):.            /   /
:::|  : :|       .___   i        /   /
:∧  ∧   /++++{ .:|.      /   /     /\
 ∧  ∧  `  ニニ  从.   /   /     /   /
==ミ:::..\      /:::ハ /    \   く   /   /\
    }ト、:.:.:>――く::/:::::::..         \    ̄   /   /
、{ ・}<}ト、\、___ く::::_::::..    /\   \   .く   /
ミ==ミメ、 ヾミ }::::}Y   ヾ} /   .\   \.    ̄
   ̄....:::::::)    .: .人 {・}<!}}く        \/
  ..::::::::/       ヾミ:く             キングクリムゾン!
                 :.
           ,ィヘ____,.ィ  i             援軍の移動が完了するまで
.          //ヽ_ ,ィl| ..::|     / ̄\       時間を早送りする!!
        . //┼┼┼{{..::::::|    ./    .\
     ∠ニニニニニム): ::|   /      \
.         、.................   :::::|   \         \
         .`ー==ミィ.:::::::|    \      /
                : ::|     ..\ _ /
                 ..:::|
___  ィ77777777>、  ::::|
///////////////////ヽ::/.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
////////////////////.____________|
ト、/////////////> ´
:::::\/////////
:::::::::::二二二Y
===ミメ、人
:::::::::::::::::::::ヽト.、\
:::::::::::::::::::::::::|:::::> }
三三三≧=:/  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


97 :◆vsQyY1yD2Q
【 コスタット 】

      /\       / ̄\                                /\
    /∩ ∩\  _]三∧三[_                        /l^l l^l \
    lニlニlニlニlニlニl || | | 口 | | ||`                         lニニニニニニニコ
    || 田 | 田 ||. || | | 口 | | || |                        ___ |  ロ  |ロ ||
    || 田 | 田 ||三三\   .| | || |                 ////\,   |ロ ||
    || 田 | 田 ||    「    | |/二ヾ | ̄l\,      /| ̄|   | ̄ ̄ ̄| 田 |   |ロ ||
  ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄` ̄"' ̄ ̄ ̄'`⌒ ̄|  |゛ ,|      | ,"|  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄
           =コ        ェ=    |  |  |      |  |  |  =ェ           =コ-
      =ェ         -           |  |." | ̄ ̄ ̄|  ト= |         =ェ
 _z____,__z___、___z____, _|_|/  ,     \|_|z____,__z___、___、_



                      ,,、、、、、、,,,,
                   ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                   ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
               ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                 l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/  随分と廃れたものだな……。
                 ゙i   /         リイ> |;/
                 i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!    やはり、旅の扉が封じられた影響か。
                     ',   _           /^ イ;;;;/
                     ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                 _ト,       /:.::.   リ
                    //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
               //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
              _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
 \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


98 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ロイエンタールは
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   コスタットに来た事があるのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ   勇者サイモンが健在な頃に一度な。
                  l、/`┐        _ ∨
                /\   ヘ     _ _7′   あの頃は、ここも もう少し賑わっていた。
               /=く \ l \    ー /
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|


99 :◆vsQyY1yD2Q

              ,..-‐‐‐‐‐‐- ..
              , '"::::::::::::::::::::::::::::::::::: `丶、
            , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
         /::::::::::/:::::::::::::,':::::::::::::::::::::::::', ::::::;:ヘ
           /::::::::::/:::::,'::::: ,':::::::::::::i::::::',:::::::',/ :::ハ
          ,':::::::::;イ::::::i::::::i:i: ::::::::::::| ::::::i::::::::iヽ::::::::i
.         {:::::::/ i::::::::| :::i|:!::::::::::::::|i::::::ii::::::::| ヾ::::::}
.         |::::::/ .|: :::::|: ::i|:|::::::::::::::||: :::||: :::::| ゞ::::|
.        i:::::/二ニ== .,,,/   ,..‐'''"´  ヾ::::}
        !:::::{  /::::/ i    ,.イ弐i}゙"ア }::::i
        〉ヘ}i./ ::/  /      弋;;;ソ .´ /||ヘ  サマンオサの双璧と謳われた
          { ヽ||ゝ.',,,...'           ,'ハ||/
        ヽ、||:ハ        ヽ        ,'〆||   ロイエンタール将軍に来ていただけるとは
             |i'‐ヘ     ┌‐―┐    ∧| i|
            i|  \    ヽ __,ノ   ./ : :| |!   ありがたい!
          |    丶,      ,.i´: ::::::::| |
                   |. >-< |__.!: : :::::::|
              | ̄ ̄ヘ  /´  `| : :::::|
          ,,...-i´゙`丶、  | i ,  '"〉‐- .
    ∧¨ベ´,..-‐'''"     /    ~"''‐ .`"''- ._
    / ∧            i 〇        `''<,/ ヘ
.   /  ハ              |            /   |
  ∧    |/          |           ヘ/   .|
 /´ヘ   /               |              ∨  |



                 ,r'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
                ,r'゙`ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:ソ彡、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヾ::`ヽ
               i,ィ彡リ'  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヾ.:i
               〉:::::::!    `ゞ、::ヾミミ、::::::::::::::::::::::::::::\i
                リ;:;:;:;!     `ヾ、:;:;:;:;:ヾミヽ;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:i!
               リ;:/       ``ー-ニ;:`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;リ
                  Yj、_           ``. :.::丁;:j;;;;;いリ
               }ヾ≧ゝ、             `,.:〈;:;:i!;;;lいI
               i ``ヾftュ、   _,,,、z-─‐ -.、:、j;:;:r-、N,!
                   l    ''´ j  ,';:<´チテニー '.:.::/;:j, ヘ !/   黒猪ではないが
                  |     /     ``   .:: .,!;:/,/ソ,!!
                i    ,/         .:. :.:i,リ レ'//     俺も暇を持て余していてな。
                   ゙,   ゝ -‐,       ,r'.:.:/ ,/,!
                   ',  、,,_         ,'.:.:.:/ ,「 /
                ,ハ    ` ‐-- '    ,.: :.:// ,k'′
   >≧>ー--------‐イj (!  ``ー      . :,イ  / j
   ,r'"´ ̄   ̄ ̄`¨`/ /ヾヽ、         ,.'´ ///i
                / /,r'⌒X`ゝ---‐'' ´,.-‐'´, ‐'´ ,ト、
             i ,( ゝ' j  i! 仄ニニニ -‐''"´   //Λ`ー-、___ _


100 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,. -……- 、、、
                 ,ィ´;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:``ヽ、
                ,.'´.:ィ彡'´、.;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;:;:`ヽ
                /.:.:.:.:ィ彡'.:.:.:ミヽ、.::;:;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:;:;゙、
              l.:.:.:.:.:.:!´  ̄`ヽ\`ヽ、;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.:.::;゙、
              l.:.:.:.:./      ヽミヽ、 ニニ 三ミミミミヽ!
              j;;ィ彳        丶ミ゙ヽ、゙`ヾミミミミi;!
              {;;;;;イ , ..           ``     ',lllll;jj!
              ヽい -、、、、,,,,__    __,,、、、、、- .!jjiiiii!
               i;ハ. ‐モモテt'''ヽ .゙´tモテテ‐.  !jjjiiii!
                  i! 1   ̄   i     ̄   j:ハ::!′  それで、そちらの援軍は
               い.        l           ,リ1/
                ぃ        l        .'//j!     もう集まっているのか?
                    iハ     `ー '     ,.' レ':/
                 i::ト、   -── -    /jノ
                 i j ゙、   ー‐     ,/.!.:!
                 ト〈.  ゙、.        ,/.::j:」!
                 l { `ヽヽ、_ __ ,..ィ .-'´``ヽ
                 ノl〈    >==rr==<  //lL
        ,,、、、 -‐''''"´.:.:.,いヽ  //⌒ヽi1i/⌒ヽト、//!.::.``ー-、、、,,,_
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽノノ(   .i1i  // /;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::.:.:.:
        .:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:::\\\  i1i ,///;:;:;:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.



     ____
   /      \
  /          \
/           \  昨日ようやく……。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/  一昨日まで挨拶責めだったお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


101 :◆vsQyY1yD2Q
               _____
              .  ´::::::::::::::::::::::::`丶.
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
.         /:::::/'/:::::iiλ :::: i、 : i::i:、ヘ/゙,
        |::: /'/:::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::| ::: |
        |::::||:|:::::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::|V:::|
        |::::||:|:::::::::||| |::::::::|'|::::|::|||:::| i:: |
        i::」r――‐ 、/   ,,..-…|:/
         { ||  /:::/ }   イ乞"ア ,l|`!
         Y、/:::/_,ノ    弋ソ ' ' |/    先発隊が明後日。
         |::|゙ヘ.     ,       /'"|
         |::l:::;ヘ.    _      /==j、_     本隊は、その翌日に出陣する。
         |:/! 丶   `  . イ`゙''<| ヘ
       /゙\ヘ. \ >:< / !   } |
      / //. \ \__ / /    / |   南部解放軍は本隊に加わってもらうから
.     ,く //     \ |.|/   | ∧
    /  `''          `'┼'      / ' / 〉   それまで休息を取ってくれ。
    |    \           ‘、O.    ∨:/ ∧
    |      i         `       V   ∧
    |      |           ,       ',    ∧
    |      |             ',.      !     ∧
   〈      |             }.O   ∧.     ∧
    |       ヘ          ,'   / .「\.   ∧
    |        〉、       ノ ィ'´  ノ∧. \ /
    |       i/   `===ァ '´/〉.<      /
    |       |:      /!,/ .∧        /
    |       |   / /   ./ /´)-、   /
    |    \ |   '  |   .└〈_,∧. /
    |      Y:      |     {.ノ|/
    |     .|/:      |.O    (_/
    |       |        |      |


102 :◆vsQyY1yD2Q

                        , -── - 、
                       / ̄へ\ 、   \
                     /       へ\`三   ヽ
                        l     _     厂lトi、     ',
                   /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                      l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                   〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                   〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ
                     l、/`┐        _ ∨   なるほど。
                   /\   ヘ     _ _7′
                  /=く \ l \    ー /     では、コスタットの守りは?
                 /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
              r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
            r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
         _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
        _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
       |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉



             .  -----  .
           /::::::::::::::::::::::::::::::::: \
        , ::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::V: :ヽ.
        ./ :::/:://: :/!! :::::|:||:|::::Vハ:::::::ハ
       |::::/::::|:|::::|| ||:::::::|:||:|:::::|::::|/:::|
       |::::||::::|:|::::|| ||:::::::|:||:|:::::|::::|∨:::|
       V::|≧==-、    ''"´ ̄ ̄ }:::|
        }-l' / /゙Y´  イテ〒ア|彡|   コスタットの全軍、それにニュー速で軍の一部が残る。
          {ヘ|Y::/  ノ   弋:ソ' /|ハ}
        ゝ|ハー一   ,      '.゙|ノ     私は、単独で参戦する事になるだろう。
.           |. ヘ     _ __   /l |
.             丶        / :|
             > .__. イ!::::::::|         コスタットの指揮は、我が家臣・メックリンガーに任せる。
               .|`ヽ. / | ::::: |
.          . </ヽ 」/ /ヽ.> .
        r<> ´   |.o     ` <>┐
        | i       /          /ハ
        | |/     /            i/ /∧
.     |/      ' o          | /´ ヘ
      .l/      .'         . :|/:    ∧
      .|!: : . . .   i       . . . : :.::/::.      ∧
       .l‘、: : : : : : ',: : : : : : : : : : : :.:/\::..    ∧
     ./ ヘ. : : : : : ',o: : : : : : : : :.:/|  \:..     ∧
.    ./  |     !         /    ∨:.   ∧


103 :◆vsQyY1yD2Q
【 留守番組 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             /::::::::::、::::::::::::::/   て
           ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
           ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  |
           イ /: :从 (●)(●) レレ|
               |ハ |  (__人__) ./ノ  は? キル子ダーマに戻ったのか?
              イ|   ` ⌒´  ノ
               ヽ  ._   .}    ま、いーんじゃねーの?
                ヽ_/ } . ノ
                /、 〈  く     戦場に行くよりかは。
               ハ ヽ Y`ー.、i
               { ヽ_ゾノ-‐1
               `¨´┬' . |


          ___
        /    \
       / ヘニヾ゙リン\
     / =▲▼--▼▲\
     |    /(__人__)ヽ  |   俺も戦場に……いや、こっちでモンスターを相手にしとくか。
     \    `⌒´  /
   /´` |   ヽ   /,´´ ̄、~ヽ、
  /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
 (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
 {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
 i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
 /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
 |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /


   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
    )    Y    (     僕も やる雄と いっしょに行こうかなぁ。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   少しでも強くなりたいし。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 留守番組 】


104 :◆vsQyY1yD2Q

           ,.. ''""""'''  .
.        / ::::::::::::::::::::::::::::::`':、
        /: :/!::i ::::i:::::::::i::::::',::ヽ::ヘ
.       |: :/ |::|:::::|!:::::::|!::::::|!:::}:::::}
      〃i::/ 七卞l!:::::::l!ヒニi}:::|;;;;;|
     |:;へY´ /::/'Y´  下丁! L:i
     |:|δヘ,/::/_ノ 、  凹i.´ | 〕  出陣まで、やる夫達には
     | '-' }、 ̄           /V.   我が屋敷で休んでもらっている。
     |:::::| | \   ,  、  /  !
     |:::::| |  >;―,へ'´   j   ヘル・ロイエンタールも ――
     |:::::| _,,,....{´X〈/´\
     |:::厂 、  「o´ {彡 |≧‐、
     ∨ y  /   ル-'ヘ./ |
      / i /  /o   ∧   ∨ .|
    /  i{   {      ∨   ハ .|
    〈  `∧   ', o    \  ' /
    ∨ ´ヽ|   |        厂´



                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj    遠慮しておこう。
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'    軟禁しているとは言え
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ       ブラウンシュバイク公達がいるのだろう?
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ       万が一にも顔を合わせたくない。
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''


105 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \  どんだけ嫌われてるんだお、門閥貴族。
   |  u   (__人__)   |
   \      |  |    /   気持ちは分かるけど。
   /       ⌒    \



                  ,,,::-ー''''""""゙''=-:、
               ,;r''"ツソ'         `ヽ、
              ,/_,, ,イ, ゙<          >! `ヽ.
            ,r'〃 ,r'''''''ーミ:、.   _,,,,-"",Z,,  ゙l,
            l,',,  ,il    ゙ヽミ、ミ、ミ三ッ-ー''  ,>゙l,
            {f ,〃      `''=ニ_ー----:、  ゙l ゙|
            |l イ!         ゙゙''''=-   ゙|i   } .|
            ゙ll |! _,,,_        __  .|ト、 i l
             `lr'l!" ーモヲ'ツ:ヽ ;'"チモァ=-~゙ .|l _ ;リ
              |. |    ̄ ''":l!  `'' ̄    ;ll´ レ;'  会って間もない卿にも分かる様な相手と
              ゙l. l;、.    ::l!        ,:タ /ノ'
              ヽ_l`    _;;L_ ,,     ,.ィ'ソ',イ}     我々は長年 付き合ってきたのだよ。
               !_|、   __,,,,__    /f",ツ
                 | ゙i,   __ `   ,/i |/
                rl ゙li    ̄ ̄   ,r'"リ L,
               _,i',rミーゝ.     ,;r'"_,,ニ-ン,|.
              _;l,:ヘヽ. `'''ァ゙=ー‐''"''彡='ニ~〃l
            ニ"-、<ヽヽ. ,/ f~゙い!.| |_f~l.|ri_,リノ,ニ=ー-
                `ミ、ゝニべ:、 `'!.| | ;;ソぅァシ"
                 `''-ニ_ミ \| ! レ'ツ彡'´


106 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,,、、、、、、,,,,
                   ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                   ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
               ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!  俺は呪われてダーマに行ったが
                 l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                 ゙i   /         リイ> |;/   その、なんだ。
                 i  〈 ;:. _,    u.,′ ソ/;:!
                     ',   _           /^ イ;;;;/      正直、もの凄い解放感だったぞ。
                     ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                 _ト,       /:.::.   リ      呪われているにも関わらず。
                    //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
               //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
              _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
 \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、



            ,.  ´ ̄ ̄`   、
.         /::::::;イ:i:::::i:::::ヘヽ::::ヽ
.      /:::/: : i | |:: :|i::::::ハ:::}ゞ: ',
      {:::/!: : :| !i|:: :||: :: ::|::| ヘ:::}
      i:::{ '"三`' /  "´`゙ヽ }::i
        ヘ;:i'´ /:::/ .}   z==ミ .}/  私も、援軍の件などでロマリアに行ったが
        { ヘ./:::/ ノ 、     ,゙~}
        ヽ,ハ ̄      "" i,X   癒されたな、うん。
       {`ヘ.u ⊂ニつ   イ }
             > .____,. イ::::|
              | ≧ ≦ |.|:::::|
         , <ヽ. ∨ <> i
.      ,<>'゙´  i´o.  `゙''<>、
     /  ヘ.     |       /  ',
      |   /      | o.      ∨  .!
      |  {       |.         }  .!


107 :◆vsQyY1yD2Q

                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ
                  l、/`┐        _ ∨
                /\   ヘ     _ _7′  俺は反乱軍を認めるつもりは全く無いが ――
               /=く \ l \    ー /
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|










                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                |  門閥共を許せん気持ちだけは、理解出来る。  |
                \____________________/



108 :◆vsQyY1yD2Q
                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


109 :◆vsQyY1yD2Q
【 坂本邸 】.. ...i  |                                  |::.:i   i  |
      |:.:.i   i  |          r===┬===┐.           |:.:.i   i  |       r===┬
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |::.:i   i  |          ├===||=== ┤               |::.:i   i  |       ├===||=
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |:.:.i   i  |           {i三三三三三三i}             |:.:.i   i  |       {i三三三
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
___|:.:.i   i  |____________________|:.:.i   i  |_______
     \i__i/                                  \i__i/
=========================================



 |;;;:::', l::::;;;;l':::::::::;;/´ ::::::::::::::::::::::::` ヽ
 ';;;;::::',i :::;;;::::::: '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
_,,..ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: `ヾ´
;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ゝ
ォ :::: f´ :::: f :::: ,ハ::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::::: ヽ
/::::::::|::::::::::|: :メ  ', ::::::::::::::: ,ヽ ::::::::::: ヾ:::::::ゝ
::::::::: |::::::::::| ,t=≧、レ!:::::::::,.' ,ヘ | ::! :::: ',
: :, -!::::::::::||`:::::c'′ l ::,'i,',ィ斥 .'! :|:::::::::i
: :! r‐!::::::::: |l 弋:ノ  レ′l :::c' }.| ::|:::::::::l
: :l ヾ.|:::::::::::|         ∨:ノ l,! ::| ::, ::,!  へぇ、それじゃキル子は
:: :丶.」::::::::::|     ゙'     ,' :::,'. ハ,.'
::::::::;;; | ::::: l.|             ,'/ :;''´     愛達とパーティを組む事にしたのか。
::::::::;;;; | :::: li.l.fヽ. _ _     //i:::i
:: ;;;;;;;;; | :::: |il.} l、_`,..-''"´ `>l
: :_,..''"',:::: l.ノ `.' ´  ,.. ''"´! ハ、
´   ', ';:: /         〉:::::::::::l' :::: `ニ=-
.    ', ',.l       〉:::::::::::::::::::: `ヽ
.    ',_ノ        〉\:::::::::::::::::::::: ',
  _,..'    _,,.. .-‐'   \::::::::::::::::::::',
ヒ´     ./´!::::|.       ヘ、_ ::::::::::: i
.     , '  .|:::::|        `,::::::::;.'
     /   .|::::::|.       ', ',:: /


110 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    /⌒   ⌒   \
                  / (⌒)  (⌒)   \
                  |    (__人__)      |  四人でダーマに行って修行するそうだお。
                  \   ⊂ ヽ∩     <
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/


      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|   それが良かろう。
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|   あやつの戦い方、この世界の戦士とはチト違っておった。
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ   あれを捨てよとは言わんが
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|  モンスター相手に戦い続けるならば
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  この世界の戦士の戦い方を、もう少し知るべきじゃ。
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


111 :◆vsQyY1yD2Q
          _    _
        /: :i ⌒i⌒ヾ、ヘ
        .|il|| ./  ィ   ゞj
.        |リル /z| i i i i _リ
        トイ_/ ィぅ、‐.≦ォ'
.        ハ j  ゞ-' 、 ゞイ   なんと言うか、あれは
       /  ト  r‐、 ,イ
     / ̄ ̄/`ヾ、‐iヽヽ <__  ……人間と戦うための剣?
    j:.:.:.:.:.:.|   r‐└‐‐i´):.:.:.:.i
   /:.|:.:.:.:.:.:トン人ニニニ |ソ:.:.:.:.:ト、
  /、:.:.|:.:.::.:.:',:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:/、:.:.:.:.|.:|
.  \ニニ─‐ゞ---'_i__\`ニニ}
    フ¨`Y:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:i i:.:i `─‐'
    j   ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |:.|,イ´
   /   ノ、 ̄:i¨i:.i、 ̄7¨.フヽ
  /   /\\//:.:.ヽV /:.:.:.::\
. ∠_/:.:.:/:\/:.:.ヘ:.:V:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:\
  /:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:i
  ゞ\:.:.:.:.:.:.::.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.シ
    ゞヾ:.:.:.:/:.:.:.:.:.::.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:ン´
     |ミ≧x===:.:.:.:.:.:.人ここシミ|
     |三三三≧ヲ=住三三三リ


                         ____
                       /     \
                      / _ノ   ヽ、_  \
                   / (○)  (○)   \  やる夫達の世界にモンスターはいないお。
                   |   (__人__)    u. |
                   \   |  |      /   あの子は、向こうの剣術を知ってるんだと思うお。
                   /    ⌒      \


112 :◆vsQyY1yD2Q

                ,  , イ  , ─- z
              // /::://::::::::::::≦ 、
              {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
              `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
          ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
           /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
           iイ:::::::::|:::|:::::::/ ',ィ:::::、/ ∨:::|::::l:::::::lヽ:|
            弋l::::::|:::|:-ァ゙一'゙∨::リ`ー-ヽ:|::::l:::ソ
             レl:::|:::レ゙代ラ` .∨ '゙ヒラフ .|::::l:::|    人間相手にケンカしてるつもりだと
              |::|:::| ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|   ミスる事もあるもんなぁ。
              !::|:::|`ト    ,、  , ':::::|:::|::|
               l:::|:::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|   もう慣れたけど。
            ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
            冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
            /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
            /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


       /: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : .\: .\: :\
.      /: : :/: : : : : /: : /: : :/ |: : : : : :|: : : : :ヽ: : ヽ: : :.
.       /: : :/: : : : : /: : /: : /  !: : : : : :ト、:|: : : |: : : |: : : :.
      |: : : |: : : : : :|: :/|:`:癶、_ l: ハ: : : :! |:|\:_|: : : :i: : : : .
      |: : : |: : : : : :|:/メ|ン ̄`ヽヾ! ヽ: : iニリ_'"}:j: :.i: :|: : ト、::.
      |: : : |: : : : : :レ′,矣(_     ヽソ,ィz ヽ|∨: :.l: : i \
      /: :_:_i: : : : : :.|.  |::じミ|        i扮r!  |! 〉: :.!: : !
      /: :/ |: : : : : :.|   ` - '        ヾ;;;リ  ″!\|: : |
     /イ:|  !: : : : : :.|ヽヽヽ      ,      、、、 |: : : : :.!  それだけケンカ慣れしてたんだね。
.      |: : ー!: : : : : :.| u                   |: : : :.│
.       :. : :.|: : : : : :.ト、                 /: : : : : !  やん姉。
      :. : :ヽ:∧: : :.l :、   `ー '        /: : : : : :/
       \/|:ト、ヽ: : L  >:.. ____. . . : : : /|: : : ハ:/
            ヾ ∨x:├`≧ 、_ ⊥::┐/|: / .|: / /
        >x-'"  >   ̄ ┐|┌'}、 '"   /
     / ̄  \     \___/┼|y _77:. 、
   /  \   \/ ̄    Y ̄}'   \ \


113 :◆vsQyY1yD2Q

                        γ⌒ヽγ⌒ヽ_
                         γ⌒}{   j{   }f⌒ ヽ
                        ノll ノ ゝ -‐-―- ノ(   }┐
                     {ィ''"          `ヽ〃 ⌒ヽ
                   /        ノ      \  ノ
                  /   /     /ヾ          Yノ-、 x=x
                 //    /   //   V         ハ 〃  ))
                 //    / /〃     V  ゙;       }^{{r-〃__
                   !/   斗/- {   -‐-...、}}、 l !   j! ( o )⌒ヾ、
                {i{  {  l / 、     ,::::_  j`ト j }    jン(_、_)____ノノ
                  ゙、 ゙; ァ'7ミ       ァ=ミx、 jハ j!   / {{ 〈 ヾ>-、
                     \゙、{ lじ}        {::じjヽ j/  /、 ゞ>'"    ヘ    それにしても、ダーマですか。
                   ,ィr::゙トゝ`"      ゞ-''  / / }'"/      ヘ
                    ∧ ゙:人   ''        =彡"、__//     ...::っシ   皆で修行するのって
                   〈 \ `:>、   弋 _フ    ,.ィ / /    >'"  ̄,..へ   楽しいんですよね。
                   「(::\\   r-ミト..,,_ ....-‐''"┐ ヾ{  /ー---//  ヽ
                  ノ゙、 \::\r-、)、/ヽ__// _  /⌒゙λ /  __ //  /
                 \ \ `/  /: : : (。ノ'": :ノr'"弋⌒ヽ/`'''"~ /   /
              _ \  つ 〈;_: ://l : :/ /{_/;:;:;:;:;:;:;Yアヽ/    /
                /   `ー''/ ̄/ : //: :ト、(〜/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;} 〈  〃`ー-、
             //⌒'''ーノ{ /{,.ィ" / : :j j //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;j r、}ヽ-‐"⌒ノ }
           〈(    {;:;// / `フ''"/^レ/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;人(     / ン
                 /   {/斗‐''"  { /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}    〈( ̄
               /            Y;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:/
     ___     ___j__   /....::::::::::....     V;:;:;:;:;:;:;:;彡";:;:/
    「====! r‐「====l::..{::::::::::::::::::::::::::.....:::::ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
   { |====} {{|== ==l::::゙;{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
    `{      j ゞ{r-‐-、  j、:::::ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::f:゙、::;:;:;:;:;:;:l
弋ニニニニニニニニ> \ニフ--rへ;;;;;;斗-―〜弍:;ヾ;:;:;:;:;:l
    └┬'゙つっ、      /〃   j:;:;:;:;:`ヾミx、;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;!
        ` ̄ { `Tiト、_ { ll    !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`;:;:;:;!
            ゝノ〃 ノ;:;:;:;l ll   l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/


114 :◆vsQyY1yD2Q
       /: : : : :/: : : : : : : :/: : : : /l: :ヘ: : :',: : : ヘ
.       /: : : : :/: : : : : : : : :}: : : :./|:l\:.ヽ: :l: : : : :\
      }: : : : :,': : : : : : : : : :|:..:..:/__i:|  ヽ\j_: : :l: :.ト.\
      |: : : : l: : :.:.i: : : : : : |:..:./⌒l:|   ヽ:..\:.:i: : } `ヽ
      |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |:./ ,x=:リ     ,ィぅ、i: :.|
      |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |ィf)うハ       jr'::} l: :.|
       リ: :i: :.|:.:. : :|'^|: : :l: :| .トr':::i      ヒシ l: :.|
     /}: :|: :.|:.:. : :|ヘl: : :l: :| 弋ツ      ´、、.}:.:.|   今にして思えば、なつかしいよねぇ。
    /八: i::八:.:. : ト、}: : :l: :| 、、、、     ′ 八:.|
       i人:.:.:ヽ:..:.',∧:.:.l:八       ー  '  .ィ:./ }:|    当時は それどころじゃなかったけど。
         \:.:\:.ヽ',:.:V:∧ 、       / j:/ iリ
          ヽト.\∧:.V、:',  ≧  ´   ノ
             / ̄ \!ヽ\-、ノ
              /    丶    `l
             _ノ´ ̄ ̄`ヽ、 ̄≧トi、_
        __/        V\r‐─-、ヽ
      /          }.  ヽ::::::::::.`Y^ヽ
      }` ー--       /   ∨:::::::::j::::::::〉
      |          /      V::::::::l::::::/
      r'、_         /      }::::::人::::}
     /   __.     / -‐      i/ヘ::i^∧
     フ´ ̄   .:  /          |:|   '.
      /      ...: /           }:l   }


                       , -‐‐‐- 、
                      /   ―   \
                     /   (●)   \  ヽ
                     |  (⌒  (●)   l  やっぱり向こうじゃ忙しかったのかお?
                     ,\   ̄ヽ__)    /
                    /        _,/
                   .|            `i


115 :◆vsQyY1yD2Q
        . . : : :┌- 、: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
      /: : : : : : : : :|: : : : : : : : : :.\: :\: : : : : : : : : : ,
    / : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : \: :ヽ: : :ヽ: : : : :.',
   ' : :./: : : : : :.:./|: : : : : : : : : : : : : : :\:|: : : :| : : : : ::.
   | : : |: : : : : : :.:||: : : : :\ : : : : : : : : : |: : : :|}}: : : : :|
   |:|: :.|: : :|: : : :|:|八: :.\: : : \: : ‐- : __:|: : : :|リ: :| : : |
   |:|: :.|: : :| : :.:.斗'" \:: \::   \: : :.\l : : : |: : :| : : |
   lハ.:.:|: : :|: : : :|:|     \ \   \: : :| : : : |: : :| : : |
   || Y:l:.八: : :.|:|           _\| : : : |_: :リ : : |
   |! ': :|: :.:.\:.|` ,x==、      〃⌒メj| : : : |`V : : 八
   {  |:.:|! : : : :ヾ〃     、   / / ||: : :/j' ノ: : /}   うん、早くダーリンに会いたかったから ♥
.    |:.八: : : :| / / /   __    ||:.:./:.;´: /:/
    从|`ヘ: : :|\     丶   ノ   ノ|:./:./!:.//
     ノ  Y|从:i≧:‐- .. _ .. イ://|/|ハ|/
.         ‘;|  ` ゙`ヘ/斗 ''"「 ̄ ̄¨}/
.          |   -/⌒ヽ人/ ̄~¨\=- .._
         -‐'"< _/   〈 〉:- ̄   リY  ̄\
       / |   \    /|¨|\     / ||    \
      /       |i\  /| l ! | \,/   ||   ,/ / \


                        ____
                      /_ノ ' ヽ_\
                    /(≡)   (≡)\
                   /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  さやかったら、可愛い事言ってくれるお ♥
                   |       |r┬-|     |
                   \    `ー'´    /


116 :◆vsQyY1yD2Q

           ∧ . -‐. : . : . : . : .  ̄`丶/>ヘ',ー.、
.       __  //: . : . : . : . : . : . : . : . : . : \: . }i: : :\
       }l>/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :.\}i: . : . :\__
     /}レ': : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: . ヽ: . : . :.ヽ: . : . : . ヽ`
     /: :/: . : . : . : . :l: :八: . : . : : \: : : : : '. : . : . :l: . : . : l: : l
.    /: :/: . : . : . : . :/l: :| \: :\: : : \: : . :l: . : :...:|: . : . : l: . l
   /: ://: : . : . :.|: / .j: :|   \: ヽ\:ヽ\: :|: . : |: :|: : |: . :l: : |
   //://|: : :l: : . i斗'^        ,ィf弌ぅ 、ヽ|: . : l: :|: : |: . :|\|
 //:ノ /|: :/}: : : |: l ,ィf゚う       ト::)゚ィリヽ|: . : |:/: : :|: . :|
   }: : /|:|:/: |: : ∧:i/ん:::ハ      弋c少' |: . : |}: : :.|: . :|
   |: / .|:|': : |: :/: :i 弋cソ        、、、、、. |: . :八: . :八: .|  でも大丈夫かな?
   |/  l: : : :|V: : ハ  、、、、  ′         l: ./:∧: ./  ヽ
     八: :.∧: |: :人   r 、_  っ     ィ .ノ:/:/ }:./      キル子ちゃん達。
      ∨ V}: : |: /i>}/ ,へ、   イ j:V/:/ /
            八: :|/__ !  / ハ _.斗‐{
            ∧!  _|    ' /´     》──--、
          _/    |:::_}   .|ー─--<       |
        /___  i }∧   ノ:::::::::::::::::::/ /     |
        V    /  }.  イ l\::::::::::::/ /     :|
       rヘ   xヘ    ∨ | |:| \/_/      人
       /_/   '、  _ヽ | |:|   ./   - ─   - 〉
.      /        ヽ/// j/  〈 / -‐   /



 マム'゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦──ァ
/::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::「::::::::::::::::::::::::::<
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::::∧:::::::::::}:::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::ァ‐-マ:::::::|:::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::,r'"!::::::|:::/ャ‐rュマ::::l::;イ::∧}
',::::::::::::::::::::::::::::{{ |:::::::|/  ∪l∨V レ゙
..}:::::::::::::::::::::::::::ト、|:::::::|     ヽ     キル子なら何とかするさ。
..l::::::::::::::::::::::::::::} |:::::::|.      /
/::::::::::::::::::::::::::::ヘ |:::::::|,イ と7      あいつ根性あるし。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、_ノ:::|‐-- ′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`‐- _
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   /  l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}. /   l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} /    !
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} /    !


117 :◆vsQyY1yD2Q
                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::メ、 .ヾ:::::::::::il:} .,メ;:|::::::|:::::::::::::l
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/_____ヽヽ::::::/ リ∠___ |::::::|::::::::::::::|
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'l { ト;ハ` .ヽ/ '´‘;!iメj }.|::::::ト、::::!ヘノ
    .ヽ::|\:|::::::| ヾ` vソ      Vノ |::::::lリ::::|   それよか問題は北の砦だろ。
        |::::::{ヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::::|::::::l
        |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|    あたいら先発隊だし。
        |:::::::|:::::::ト、   ⌒    ィ::::::|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |::::::|::::::|:::::::ヽ    ノi
   .iヘ   ノ|:::::::|:::::::::::::ハ、    /∨::|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
   ヘ::`--'":::|:::::::|::::::::::/  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/
   冫::::::::::::|::::::ムィ'"{ヘ , /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
    {::::/ ̄ ',:::://  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
   {:/     ',//  .{   .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}


                    γf⌒d、
                     .. <λt≪ ̄.》ヽ
             . ィ´‐ <   ヽ≧≠≦}
                /,イ  l:   `ヾヽ .>‐- く
            l,' :li  l!  κ,リ‐-丶.r‐、 .ヘ
             l  li  l! i/ ´ ,.z=ミx ヾ{ハ  ',
             !l l⌒ル'   代r)’   {j l i i  まぁの。
   _  r.、     从ヽ,z=x    `´     1 l i !
  f´ ≧'‐‐ァ, -_‐__彡' Y ‘夊)        l│i:l  陣を敷くのはエリミネーター族がおらねば始まらん。
  l 彡ヘ \ィ´      j ,' \ ` ..ノ   //ヽ i:l
.  {  _ノx ヽンヽ     / ,'  ,' 丶 _   . ィ´.:.:.:.:.:|:i !
. λ ´l lゝ'  i     / /  '_r‐-、ィ「.:.:.:.:|!.:.:.:.:/`_:ミ:... _
.   \.! l    }  /,'  ,' /.:l_ _ `''' v‐‐ァ- ‐ ´ `ヽ.:.:.:.:`ヽ
    l !   ノ.xく./  ,' ,'.:.ノ__   `Y / /= ニ "    }.:.:.:.:.:.:.:l
     l l>‐.:´:.:.:.:ハ /  !.:i     」、' ト、       j.:.:.:.:.:.:.:.:!
.   │ l゙;.:.:.:.:.:.:.:.:.:V /.:,ゝ _-‐ '´厂7 ` .、   ,人.:.:.:.:.:.:.:.!
.    l l∧:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:/:.:.:.:.:`ヽ/.:,'/    ヾ"´.:.:.:゙;.:.:.:.:.:.:,゙.
.    ! l ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:`: ー- ‐ '′.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:|ヾ.
    从j/..∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:Vλ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:l:.:ヘ,
     / ./..∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙,:.:ゞ:.,;.:.:.:.:.:_.:.!:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:}
     i / ./ ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.: ̄:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ l_;:ィ-‐一.:' ヾ!
     l./ ./../..∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:○.:|:○.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:,′
     l /  /..∧.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/


118 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィ ,イ/⌒Z__     .━┓
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧   ┏┛
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ・
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::∪:|::|:ノ\ヽ::/,__.|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|    あれ? そいや先発隊のリーダーって どっちだ?
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ ∩ ノ ⊃|    イングリッドで良いんだよな?
   冫/ ヽ|7{/ _ノリ
    (.  \ / ./_ノ │
    \/彡} .∠{;|_|___|
.     .ヽ//___}ミ/


           /                      \
          /             \ ヽ         ヽ
         /    i              ヽ ヽ  r _-_-_-、   〉,
        ./ /  /  |     ヽ       ヽ | | | __ | |___ /ヘ
       / /  |  /| l    ヽ       v',== V `|,r-、ヽ  ,},
       | |l / | / | l ,-   ヽ      .| | r-'   `ヽ } |-'´ |
       |.l | | | / ,.'x|ヘ ヽ   i      l !_|   O <-' ノ   |
       |l .| | |リ-' __ ヽ ヽヽ  .|       iフ,4     )ヽ}  /
       | |.l  |  r、-、  \  |      ∧|.{ ゝ,,,4 ヾ'´//  /
        ! lヽ l   ヾ゙;゙ヽ  `リ.|     人 ヾ、__-_/ ゝ-,'. -----、  女性がリーダーって不味くないですか?
           ヽ|   りノ    /  /  /} l/ / / ,.-'´    ,. -|
          ,ノ    ´,,,    /  // ´ //  /'´     ,-'   {   貴族が集まっているのに。
          \        /__ -'´  r' ノ、/     ,. .- ' フ ̄}
           `l             ´´ //   // - ' ´ ,. -'´
            `ゝ ‐            </   ,.イ=====-――,_
             `ヽ      /    ,.>、 /  ,/       ヽ
               ヽ__ ,. - '´ ヽ,. - '´-'´ VL/'´       ___|
                     r r '´      ゝ   ,. - ==='-- - -、
                   __ ヾ    ,. - ===</    ,. -- '´ ̄ヽ \
                  / /`゙ヽ,. -'´,. ' ´ /   ̄ ̄、ヽヽ       )  |
                 / /   |,./  /       ヽ ヽ     /  /
                 / /    }´  /          ヽヽ   /,./
                / /    /  /            ヾ、 (´ ム
                / !   /  /              ヾ!   ̄


119 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    / ─   ─  \
                  /  (●)  (●)  \   大丈夫だお。
                  |     (__人__)     |
                  \   ⊂ ヽ∩     <   先発隊のリーダーは
                    |  |  '、_ \ /  )    ねらう夫に任せる事になってるから。
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ____
      /- 、 ! ,. -\
     /二了_爪_∠二\
   /ヾニニニハ ハニニニフ \
   |     / | | \    |  ねこ夫の方が良い気もするんだが
   \  u  ィニニニフ   /
  ,ヘ´イ.ヽヽ、  ー  ノ゙-、.    俺の方が先任なんだよなぁ。
 /   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
 l    |  \/゙(__)\,|  i |
 |   | >  ヽ. ハ  |   ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


120 :◆vsQyY1yD2Q
          xくヽヽニ=‐-/          \
         /刈》≫}ニ=‐,/   /          ,
.        ′ノ《≪{=‐-/   〃             ′
         {「V《≫/、ヽ ′   /         }
         ∨/ /.\ヽi i  _iL ′ / / /   , .'
        /`¨「 ヽ\ | |´ 丁`刈,/ / / 〃 // /
          /, /ハ ヽ\ 乍ィ灯う}ハ Vレヘ/,ハ// /
       /// ′ V/⌒〃 乂zソj    , __,, ∨  まぁ、準備が色々あって出陣は明後日じゃ。
.       /, -‐- ミ、{ {rf′          ´⌒ヾ´i
      〃: : : : : : : :.\_、          〉 , .i |   明日は一日ゆっくり休ませてもらうとしよう。
.      ″: : : : : : : : .|i: :.ト    {r` ーァ  .仆} |
    ,..: : :/ : : : : :. :.|!: :.|:..\  `= ′イi ||│ |
    ′: :|i|: : : : : : :|: :.∧: : :` ー=≦、 i | ||│ |
     i: : : |l| : : : : : :.|: / : \: : :}{/. : : :\.j ||│ |
     |: : : |l| : : : : : :.|//:/⌒ヽ/. : : : : :.`ー..、 |
     |: : : |l| : : : : : :.|^. :/    〉‐v'´ ̄{: : :.:l |
     |: : : |l| : : : : : :.|: : {__    」!__ノ-‐ イ: : :.:l |


               __
              / --、 \
                ( (_   ) )
               `‐┘r‐'´/
                    │「
                    |.」
                ◯    rr=ォ __ ____. rr=.ォ
                   __. ィ|l.´: : : : : : : : : : : : : : |ilー!} 、
                   `ア.: ::|l/ : ll : : : : : : : : : : : 乂: : : : \
                    /: : :/:/ : :八 : : ト、 : :ト、 ヽ: : |: : : : : : :\
               ー イ: ー=彳:'y==ミ、‘: : l `x==ミ i: : |: |: :j: ::ト、: :ヽ
                  |: : : :l l:/{{   }}  ヽ!. {{  }}\l iレく : :l: : l⌒  明日?
                  |: : : :|:i:| `=="     `=='" |i: :リ }: :ハ: :j
                  |ハ: :人:.、'''"     __     '''"|i 厶イ.:/ }/     今日は どうするんですか?
                 }/  ヽl`/)ー ‐z┬yz‐─一|/  .|/
                      (  ) r'7l:::V:::::l`ヽ
                        厂∨ { `l介「 }  〉
                    〈__ 〉,j      .i. {


121 :◆vsQyY1yD2Q
                   _ ___
  _人_          ._rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
  `Y´         〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.   *
               l!:O ≫》:=‐/          \
             .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
              /| `¨´ =‐ レ‐' `⌒ ⌒" |:ハ!
            / ',    =‐ z=≡   ≡z.{    _人_
          /   VY⌒' とつ  \\\ とつ    `Y´  そりゃ〜モチロン
          /   :从乂__    __,.    }
            /  /' / /ゝ./ \.  /   1 /     _!_    やる夫に たっぷり ね〜っとり
        /  / /.:>=く: : :{ ̄`{_  _,ノイ|.      !
 _!_     /  /  /: :. : :ヽ: :》、   (⌒)  《ヽ         可愛がってもらわねばの〜 ♥
  !    /      i: : : : ,r‐┴ 、彡 rヘミ_,!: |.  ,. -‐ 、
     /      :/ :|_∬_/、、    } {:.:゚。ヽ l、_,! ./、、   \
   /  /   //. . :/ /: : :¨`ーv-Jノ!:: :}}: )ノ } V: : ¨し、__,__}
  /   //  // . . /: : : : : : /::: : : : : : :从: :,ノ: : : : :/
 /   //  /// . ..:人: : : : :ノ:::: : : : :≪ ||.≫|\: : : /
/  //  ///. . . . . . `ー<:: =-={{.○.||.○|    ̄



         ,  , イ  , ─- z     て
       // /::://::::::::::::≦ 、    そ
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、  c
 ○    `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄  ○
 o .∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ    ゚
    iイ:::::::::|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|
  ゚  .弋l::::::|:::|:::.ノ  .∨::リ  .ヽ:|::::l:::ソ    C
      レl:::|:::|l" ○  ∨ ○  `|::::l:::|
       |::|:::| ::::::::::     :::::::: ,!:l:::l:::|   〜〜〜〜〜っ!!
       !::|:::|`ト  r‐'⌒ヽ ., ':::::|:::|::|
        l:::|:::|:::::::`r `ー , イ:::::::::::|:::|::|
     ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
     冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
     /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
     /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


122 :◆vsQyY1yD2Q

                  *  ______
           / ̄|  +   /        ヽ   +
           | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
           | ::|x  /  ( ≡)  ( ≡)     ヽ   人   任せるお!
         ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
        | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /       イングリッド、やんねえ香!
        | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
        | ___)  ::|   /           \
        ヽ__)_/   /                 \


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::`<
::::::::::::::::::::::::::'゙∨::::::::∧::::::::::::::::::::::ャ- _::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::∧:::::::::::::::::::::`<¨ ‐-`
::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::∧:::::::::::::::::::::::::::ヘ
::::::::|`<:::::::::::::::::::∨:::::::∧:::::::::::::::::::::::::::ヘ
::::::::|  `<::::::::::::::∨:::::::∧__::::::::∧`ヽ:::ヘ
::::::::| ∪ _ -‐ ¨::::::∨:::::::∧ `ヽ::::∧ ∨:|
::::::、|_ -‐ニ-‐ ¨`ヽ<∨:::::::∧  V:::∧ ∨
::::::::| i'     ノ  <::::::::∧ .∨::::|    ダ ン ナ も 乗 る な よ ッ !!
::::iレ゙ ゝ、__ -‐ ¨///// ∨::::::∧ ノ:::::|
ヽ!/////////////////.∨::::::∧゙::::::∧
////////////////////∨::::::∧::::::::∧
///// _ -‐ ¨|ヽ////   ∨:::::::∧::::::::∧     |\
_ -‐ ¨、 ./\|: :ヽ し    ∨:::::::∧:::::::::::\  /:::::ヘ
. /\/ :`゙ : : : : : : ヽ   し ∨:::::::∧:::::::::::::::`'"::::::::::::::}
`゙: : : : : : : : : : : : : : ヽ     .∨:::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::/


123 :◆vsQyY1yD2Q
             /丶 、   \ /      /\
                /:   \ >――― </    ヽ
             Y⌒.二ニ=-/         \-=ニ二.⌒Y
          |{l |│ r〃 ′′   、    ヽ / |│:l}|
            乂_.|│ ′││  !  │  |!  ∨ │|_乂
            │l |{__L.」__|___」_」|___}l |│
            │| }'〃γ⌒Y    〃γ⌒Y { |│
            │| |  {;;;;;<     {;;;;<  | |│  イヤなら構わんぞ?
               Y⌒'゛ 乂:_ノ  、    乂:_ノγ⌒Y
            人 __ , ::::::::      :::::::: 、 __ 人   わし一人で可愛がってもらおうかの。
           / / 人     、__(冫    人  \\
           /   /r‐ 、 >  .. ___  .. <  / ) \\
          /  ..:/ \ \ r‐く::r|   |┐:>(>‐く /:.\:.\\
       /    ..:/  /´ y'⌒>、ノヽ></:/⌒ヽ 〉、  :} :} :}
        {     :{ :/. . {    ノヽ⌒(::)⌒{⌒ヽ /. . \ ://
         ヽ   ∨. . . ...\  ノ):::/}{ヘ:::ハ__,〈. . . . . \



          ,.:<フ .,.:--─::フ __
      /l ./::::::://:::::::::::::::'゙─:::::::::≦───::、
   {ヽ /:::::レ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ヽ::`゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ̄
   ,:<:::::::::::::::::::|:::::l¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨l::::|:::::::::::::::::ヽ
 /:::::::::::::::::::::::::::|:::::|::::::/ヽ::::::::::::::::::::∧::::|::::|::::::::::ハ\::V
  ̄フ:::::::::::::::::::::::|:::::|::::/   Vノ::::::ヽ/ V:|::::|:::::::::::::l  ヾ
  /::://:::::::::::::::|:::::|::/二二V:::::::::::ム二V|::::|:::::::∧|
  // /::/l:::::/¨|:::::|/. |┌ | V:::ル゙|┌ .|';|::::|/レ゙
     |::::| l:::::| |:::::|.. |└┘ ヽ/ .|└┘|::::|    い、いや、別にイヤって訳じゃ……。
     レ゙ ヽ::ヽ、|::::| \\\   \\\ヽ|
        }:::::::|:::::|\  「¨¨¨¨¨¨¨l   /:|
     lヽ、__ノ:::::::|:::::|:::::` └------┘,<|:::::|、__,イ
    ヽ、:::::::::::::::|:::::|>´/|ヾ¨フ:::ヾ¨フ「ヽ|:::::|::::::ノ
     /:::::::::::::::|:::::|  / .| `ク:::::::::ヤ | |:::::|::::ハ


124 :◆vsQyY1yD2Q
               / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
            // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
             : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ
            ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
            |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ       先発隊が出陣すると
            |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、
             ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ  しばらく会えなくなりますよ?
             V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}
               i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
              ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ
                 丶    、      /  |Y: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋
             ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"
                  / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
                  ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /


                     r 、...-――- ...
               . イ:| ..:..:....:....:.....:.....:.. ミ...、
                /........:| ..:...:......:ヽ:、:...:. \:.. \
               /  ./ /| ..:...:{:......:|:..ヽ\ヽ:.ヽ:.....ヽ
            / ..:..:,i:/ i:i:...:.乂:__ト_:..ト:..ヽi:.....∨:..‘,
             / .:′/{/___乂..:..:..ト.丁x=ミ、..:i!..:..:..iう):..:
            ,′:|...:|l ,ァ=ミ ∧{:..:{  'f.::うi}ト、|..:..:...i)):....{
          /イ 八 :{ { ん:.1  \}   ヒ..ソ |:..:...|::.八:.、
        /´ |.八:..ド ヒツ  '   / /i ハ|:..:...「i:.i:. ト\  だよね〜!
         | ..:ト\/i/            |:..:...|ノ::|:..|
           : ...:|:{     __ .  ≦ `i   |:′:..};⌒}:}r‐y  今日の内に た〜っぷり甘えとかないと!
       _ r‐ ミ...:込.   ‘廴     ノ   j{:..:.../ /7 ム=、
      〈 v`{__ノ ヽヽ:{:> ..         . イハ|r<トイ (_/ノ ム
    r―廴}     __}_ :ト、:{::.:ir≧i‐_ ...斗≦}八 __入  ( イノ ノ
    > ._)    ( __,.. ヽ≧八¨¨}}r― ´  人r乂      ‘ァ'
    〈 Y、   /    ハ>‐‐ミ }}}_,. ≦ ̄ ̄ 〉{ \下 ==イハ
    ヽノ \ _ , ィチ 〉.........:={:..:}-:............. 〈八  了不´ |
        { `廴_ /  {............:.:.廴「`:.............. } /  // }:{   {、
       ノ /:ハ:i   {:.:.:.:.:.::イ| |ヽミ::........:.:.{ム:、 j::{ |、 ノ}'\
        ,イ{ {:/  }:}   ノ</::/八.{ ∧:{>ミ:.:.〉 ト __ノ 八:∨ム  ノ


125 :◆vsQyY1yD2Q

                          _   /ハ、
            _          _  ||\//_,.-i.ト、
       ,へ  .∧∨  ,. : : : :  ̄`´: : : : : `: :<: : : :|.|: :\
       | |\':、|| 〉〉': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ | |: : : :\
       | | ̄\|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : .ゝ‐-
       ∧∨:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : : : : : : : .
     / ∧/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: : : : : : : : : : : i: : : : : : : : :i
    'ィ: : :/ィ: : : : : : : : : : :|: : :|∨: : : i: : : ',: : : : : : :∨ : :|: : : : : : : : ::i
    /: : : ´: :i: : : : i: : : : : : :|: : :| ∨: : |>‐-女: i: : : :i: : : |: : : : : : : ト、i
    : イ: : : : |: : : : |: : : : ::i>'゙ :|  ∨: :! \: : ',``i: : : |: : i: : : : : : : : | .|!
     |: : : : :!: i: : : !: : :/|八: :|   \:i  \: ',\: : : ト,,!: : ::|∨: : : |
     |: : : : :|/:|: : ::|: : : / ! ∨        _ヾ、 i: : : |リ∨: :| .∨: ,!
     ',: : : : : : ∨: :|: ::/   _      '´ ̄``  i: : |ト!∨: !  ∨  明日にすると
      ',: : : :∧: ∨:|∨,  /´ ̄`      / / / / .|: 从  ∨     明後日の出発に響くもんね。
      ',: : / .∨ :N: :∧ / / / /   '       ,. イ!/
       .∨  ∨| !: : ゝ.,_     、_-ツ  ,. <  |!          だから明日は、私達の番かな?
           N  \ヾ  ≧ r-______‐<|つi
              ,. --┬r<´   ||     >r=,,__
            /   r ┴…‐-、r‐rー… =¨¨)    ',
           /     i   -=-{ {-=-   /     ',
          /      〉    >介<     i   ,   \
         i     ', λ  >=//==|ハ\  /  ./     〉
          i      ', |`´  / /  | .i  >'  /      /


        ヽ::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::<
        ./::::|::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::|::::::::::::::\
        /:::::::::|::::::|:::::::::;、::::::::::::::u::;、:::::::|:::::|:::::::::::::::::::ヽ
        /::::;ィ::::::|::::::|:::::::/ ∨:::::::::::::/ V:::::|:::::|::::::::::::::::::::::i
       ///:::::::|::::::|::::X_  ∨::::::::/ _X:::|:::::|::::::::::::::::::jヽ}
       /:/|::::|::::::|::/   ̄ ∨::ル゙ ̄ V:|:::::|:::::i、:::/|/
       |::} |{¨|::::::|/ ○   .∨   ○ ';|:::::|¨}| レ'
       レ' .|ヽ|::::::|////       ////|:::::|ノ|
          |::::|::::::|u         u |:::::|::::|  お、おう……。
          |::::|:::::i\u [l ̄ ̄ ̄l_l]  ,イ::::|::::|
      i\__/:::::|:::::|::::{:丶.  ̄ ̄ ̄  イ::::|:::::|::::\__/i
     l:::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::::r≧─≦ュ::::::::::|:::::|::::::::::::::::::l
      ヘ:::::::::/ ̄|:::::|゙¨ア7「ィヘ::::::::∧}ヤヤ|:::::| ̄∨:::::::ノ
      〉:::::l  |:::::| / ./   .|:::::::|  ヘヘ|:::::|  .l:::::〈
      /:::::〈  |:::::|/ /   ..|:::::::|   ヘ.'|:::::|  .、〉::::ヘ
      {:::::::::ソ...|:::::| {   ....|:::::::|    }|:::::|ノ  .)::::::::}


126 :◆vsQyY1yD2Q

                  . -‐―‐- ._
                  __/       !「!丁fr'ヽ
               〃r/′// \`ヽ ヽヾ弋zィ!
              {lr'′   /ト 、 \ ,/ \、ゞィ
              {l'   /| l | ト l、\/  ト`ーヘ
               ll l  ' | | | l レ )仆、/'! !   l
               ll│├-l、! レ'´ ̄`从/'`! |  |
               l| ト、!__     _   |│  |    さぁて、今夜は二人で行くぞ
               |l人イir':Y    '´ ̄` _ノ|│  |    やんねえ香。
               |  ∧ ̄ 、       /l│|`ヽ.!
               │  丶 ー ‐ ' /^ く´:.:| l.:.:.:. \   武闘家の引き締まった肢体を
               | _|__  >  ィ' .:  〉:.| |.:.:.:.Ω.:\  とくと味合わせてやるのじゃ ♥
              f′   `ヽ「:l「/ .:: 、/.: :| |.:.:.:.|.:.|.:.:.: \
              / ̄   ーf'⌒y′⌒Y.:.:.:.:| |.:.:.:.|.:.L.:.:.:.:.: ヽ
                〈 r――‐-.| /-‐'⌒)ノ.:.: : | |.:/.:.:.:.:.:丁.:ヽ.:〉
             Y´孑'´/⌒y`ヾ´.:.:.:.:.:. : | |′.:.:.:.:.:.:∧_:/
                |/ /.:.:.:.:./│ \.:.:.:.:.:.从\.:.:.:.:.:′:\
               〈_/0.:.:0.:/ /、__Y.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:. \
              !{.:.:.:.:{{.:.:.レ'.:.:.:.:.:.:.:../.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i\.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               ∧.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /'│ y.:.:.:.:.:.:_.:.イ
                /.:.:.`:ーt辷辷=:ニ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ  | /.:.:.:.:.:.:.:.:./
             ヽ.:.:.:.:.:_∧0{{.:0.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:∧ !/.:.:.:.:.:.:.:.ο
                |「 ̄|.:.:∧.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ.:.:∨\.:.:.:.:.:.:/



      ___
 /i >'´:::::::::::≦───ァ
/:::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ
:::::::i::::::::「::::::::::::::::::::::::::¨l:::|:::::::::::>
:::::::|::::::::|:::::::::::::::::::::::::::``ヽ:::::<
:::::::|::::::::|::::::::::::::::ハ:::::::::::::::}:::::::::\
:::::::|::::::::|:::::::::::× ヽ:::::::::::::}::::::::::::ヘ
:::::::|::::::::|:::::/__\ヽ::::::::::}/\::::::}
::::/|::::::::|/y'゙ ̄ ̄ \:::::::::}  .ヽ/
:::{ .|::::::::| ゝ、__ __ノヽ::::/┐    変 な 事 言 う な ーーー っ !!
:::ヽ|::::::::|   て__) ̄   ∨ l
:::::::|::::::::|   /\∧,ヘ/ヽ/
:::::::|::::::::|   /:::/


127 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \  夜 ま で 時 間 が あ る と
   |     (__人__)    |
    \    ` ⌒´    ,/   い つ か ら 錯 覚 し て い た ?
    /⌒ヽ        ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


               ミミ、 ヾ==-x、     / ̄`´ ̄ ヽ  ―  ‐--  〃: : : ヽ
                        ヾ  /    ,/    \_ .. -‐ // {{: : : : : }
               ミミ、 ヾ==-   / :/ ハ: ヽ:\ ヽ\=、/ :/ :/:ゞ===彳}!
                `ミミ、      ′ :l :| |  |  | l_l__ \/ :/ /:l :l 八!
               ミミ彡ミ三=-、  L_| :| 、ー=' 〃 ̄ヾ ̄   ∨ / l :/ / :|
                      `   y'  ̄      '′   X ||||ll∨⌒Y :/|  :|
               ミミ、        Х ^ヽ     ´' ー''``   ||| !{r,ノ./l |  :|   なん……じゃと……?
               ミミ彡ミ三==-    ハ  |            ||| 、_/ :/:川  :|
                      〃   "''ーノ        |   ||  }xイ  :|  :|
                  彡三=''       ヽ\        し   /! :l   :|  :|
               ミミ彡ミ三ン''        八    r‐ 、       u ' l  |   :|  :|
                           //\  `こ`    /   .l  l    |  :|
               彡三=''      //  :/\      /   :人 :|    |  :|


128 :◆vsQyY1yD2Q

              ,---ュ‐‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`>─ 、
             / ./ ,      、   i     ヘ
               / /  /       i ト、 |      ヘ  o
           / /   .i /.i    i  .ト、i ヽヘ      i
           レ' ./ /,イ/i |    |  .|.| |  `ヽ     .|   ○
           Y / .i‐jリ‐|'|    | .TTT─ ',`ヽ、_,イ
              | .!  || x─、__j_j' ̄`ヽ. i | /  |
              | || .||,イ^i:::::::ト    イ._)::::::::ハ | ト 、 / i   まさか今からか?
              .ソ|、 .|| Y::::::::|    |:::::::::::::i リ,リヽ Y  .|
             | ` 八V.─'     ゞ---くノ .ノ ノ  .|   いやいやいや、それは不味かろう。
               | (      T::ア    u. ,---'   |
               |  ≧x_.r‐、 `´ ,---、x≦--,   i  |   もう少し、皆が寝静まった後で ――
               | i \:.:..}  Y`´¨i  /:.:.:xイ ))  | ヘ.
            |  |((/7i_ノ,‐‐ノ、  }:.:.、:..\ .i  |  i
            |_|| 'イ´|ヘ_i:.:.:.:.i__,>:.:.:.|`¨´ | _|、_,ノ
                  ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ ̄ ̄
                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                    |_,------------、_|


     ____
   /      \
  /  ⌒    ⌒\
/    (≡)  (≡) \  大丈夫だお。
|    (___人___) |
./     ∩ノ ⊃  /   ちゃんと美緒に話を通して
(  \ / _ノ |  |    離れを借りてるお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                      , --ァ--、.r-、
                 , ィァ<-<_   ハ爻\ー 、_
                    ///    三 ミ 彡\爻\    ̄
                 i,. イ 、 ミ ミ_,>メミ彡 `ー.イ 、 _.
                  / .トト\ミ才ンr;zォ   彡z 、!
                   | i |匕,_ `  !弋;ヲ     ク ノ       美緒!? いつの間に!?
               爪ハ{ (豸          r 'リ
                 /,.| 川  〈     .u   /` ./ /   おのれ謀ったな、やる夫!!
             //| 八   マ::ヽ      / Y /
              l | ', 、.\  `ー'  ,   /》 /\
              l |  \ヽ  ミヽ、_, イ\/》 /   }
             `\   \     r-、_∧ /    ./
                  `\  `ー-/l|6=ノ  { j   /ミ
                    `ー  レ'⌒\ ∧  〈  `
                        〈    、 Y .!   \
                       ∧     乂 |    )
                      /《ヘ       ソi´ ̄ ̄


129 :◆vsQyY1yD2Q

             ャ=──―- 、   ヾヽ
          ., - ────≧::::::::::::::`ヽ、}:::i
         .,´二==-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::ヽ:::::::::::::`ヽ.
      /::::::/::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::ヽ
     /,ィ´:|:::::::l::::ハ::::::::::::/ .,イ ̄::::::|:::::::|:::::::::::::::::::ト::|.
      |:::::|:::::::!:::::::!:::::::::/! | ,ィ二寸::::::|::::::::::::::::::l
 { {    |:::::|::::::l乂ハ::::ヾヘ才云心ヘリ:::::::!ヽ ::::::::::::l  } }
      l::::/|:::::iィんハ\! 弋j孑'"  |:::::::| ll:::::::::::::::!    わ、わーったよ。
       .'./:::|::::ヘ弋,タ.'     //// |::::::|/ ::::::::::::::|
       ハ:::|:::::::::i//ヽ   __,.   .|::::::|::::::::::::::::::l!     そこまでされて逃げちゃ女が廃るってもんよ。
        .`!:::::::|l u   く    i  ij |::::::|::::::::::::::::::|!
          |:::::::|.ヽ、   `ー- ′u .|::::::|::::::::::::::::::|l    ゚ O
        .|:::::::|:::::::  、_  ィ  _|::::::|::::::::::::::::::!|
    O ゚   |:::::::|:::::::::__ソ7:::弋 ̄ |::::::| ̄ ̄`ヽ.入_ノヽ
        .,|:::::::|""¨./ {ヽハ:::::::,ヘ、,.|::::/ヽ    ヽ.:::::::::::::::)
       / ヽ、::|  / {  {::::::}  |:/  ヽ    .\:::::::<


                             人
                     __         て
                     ,.ィオ! ,}⌒ヾ¨丶、人   〈
                  /ミジ /  ,, ゝ、 (__;)
                    {ジ゙ ク         キハ.!
                  ゝイ         キ !'
                   レ             キ'   開 き 直 り お っ た !?
                  /  / /   /    ハ
                 /,  / /   /   l ', ヽ
                /,.' / /   /    l  ',  ヽ、
              ,/,/ ,.イ /  ,/    ハ  ',   ヽ、
             ./ ,/ ,, ' / ,  /   ,'  / ::|  i    ヽ- .,
            / '  / ,' i  ,'    ;  /.:.:.:.!  !   ',  ヽ;:>
             '  /  i  l! i    ;  ,' :: :: |  i    ト、 ハ、
            ,  ,/  l  ハ !   ;  i:: ::.::.:!  l!  ! ト、ヽ. !.:ヽ
            __,/    ! / λl _i_ ;  | :: :: L_!_,リ__,i! \ソ .: .:\
                 ~  |;;~".: .:.`.:ー':: :: .: .: ;; .:''"- ゙ー .,\:: :: .: \
                   |;λ__;;:ゝ\;;. '' .: .: .: .:_,i l゙\.;`.;\:.: .: o\
                      ~  l .: .: .:.l.  ヽ .: ,:ィ彡''_,;.ゝ'"`´.: .;;\/⌒ー丶
                         l .: .: .:.l   ,!彡,." ''" .: .: ヽ .: .: .: .: .;`ゝ--<_ノ


130 :◆vsQyY1yD2Q
      |   .i 、_       ,  i  |
      |   .| !(・)    (・) l  |
      {   .!  | “    ”  ノ  |
      ヽ、 \ ''  皿   /  /
    lヽ_,, - ,, _ \     / _ ,, - ,,_/i
    l/ 、;iiiiii ヽ  \_/  / 、;iiii ヽノ
    i{ 'lllllllllll  }.   ‖   {  llllllllll }!
    'ヽ_ '''''' ノヽ\ ‖ /人 ''''''' _ノ
      ''ー'' ”ー‘  ''-'',;;;;‘一“''一''i!
               |;;;;;;;;;;;;;;;;     i!
               |;;;;;;;;;;;;      i!
                  , 、|;;、;;;;;;;;;     i!
            /;;;;;;;;;;;;;\;;;;   ノ
           ム'Y“Y”Y'y::}
          (;;t''T''T''T''t:ノ
           ''““”””““''
                           諦 め た ら ?

                  _.//{          _ _
                /.ヘヽl        /JJ、
               ///`´        ./.-っ(_ハ
                 / /.._/          / / /`′
      .-、      / /.__/            ∠`ヽノ
     /.-、ヽ.   _.../ /.__/          /:.:.:`ソ′
.       l l  ⌒/ /..__ハ       /:.:.:.:.:.:/
        l l  /∠.._//      .-く:.:.:.:.:.:.:./
\=ミー、 _.-'7 lブ.∠__//    _. -'へo\:.:.:/
  ヽ}ミヾ彡 `ー'.∠..._∠-'Z_. -‐'´    .ゝo V
  ノ ミ.:゚・。彡'´Ll.!ヽ(.:.:.:.:彡 ̄     / ./-‐'
  / ミ.:.:..:.:゚。 /三{ ハ.:.:.:.:.:..ミ.    / ./
 メ ミ.:.:.:.:.:..:ト、__j__r' },゚.:.:..:..:..ゝ ‐'  /
メ ミ.:.:.:.:.:..:.メ。 `i´ ハ.:.:.:..:..:..:ゝ  /
:彡.:.:.:.:.:.:.:.:メ ゚。 、レ 。゚ .l.:.:.:..:..:..:.:ゝ''´
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ____゚。ハ。゚___.}.:.:.:..:..:..:..ゝ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:メー--゚X.゚--ーl.:.:.:..:..:..:.:.:〉



                             __
                   _rfニ≦、< ̄{{: : :`:. .、
                    / / 、  \_>\、: : : :.\
                  / :/ / ハ   ヽ / \、: : : : Y
                     '  .′   l    ハ\ / |\、: :.!}
                 l:l { l  | _」..斗<___ ヾ.」 /:>彳
                   从_ .斗‐-   ィlf r:ヘY f/:厶/ ハ
                  ヽYィ'TtY    ゞとつ  '/ r、Yl八   や か ま し い わ !!
                    l ハ izタ ノ  ""     冫'/ |  \
                       八 l"" `____      fr-<〃  ) :ヽ
                /  人  V´/⌒ヽ   八/  :/  :ノ
               /  /  丶 ∨__ノ //  :/-―.く
              /  / _ / > . _.. イ/  :/. . . . . . . \
              /  /  :/.:.:.:.\ fニ:}}: :{{:ニ!   :'. . . . . . . . . . . .\
            ./  /   :/.:.:.:.:.:.:.:.:>/⌒yー┤  ├‐-,. . .\. . . . . . .\
         /  //   :/.:.:.: (__/.::八.:.:/.:.ヽ:.   \/. . . . . \. . . . . . .\
        /  //   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:/.:/.Yi.:.:ー '.:\ 、. \. . . . . . \. . . . . . .\


131 :◆vsQyY1yD2Q
                               _
                             \ヽ, ,、
                              `''|/ノ
                                  |
                           _   |
                           \`ヽ、|
                             \, V
                               `L,,_
                               |ヽ、)  ,、
                              /    ヽYノ
                             /   r''ヽ、.|
                            |    `ー-ヽ|ヮ
                            |       `|
                            |.        |
                            ヽ、        |
                              ヽ、    ノ
                               _  -―-  _
                            /|   厂 ̄ ̄ ̄ > 、
                      -‐- ミ.       /|  |  :/./         } )
               / ノノ-‐= ハニ=‐- 、/| |  | / ′ -――――} )、
             /ーr个ヽ  /厶ヽ\\ \} :| 〃         ノ ):.\
            /{  | :|  /_ -‐ ノハ:i i \ \j -‐=ニ二 ̄ ̄Х___ノ: : : :
           /  .乂ニニ/_ -‐=彡ノハ乂.厶\ ヽ-‐=ニ⌒ヽ / ノ: : : : : : :
           /      ¨¨― 、.=ニ彡ノハ( (r 、\ヽjハ     \ : : : : : : : : :
.       /      ´     \          ` <ハ川        \: : : : : : :
       ′ /      \、  i    / 爪    \l:||        \: : : : :  やる夫め
           "          ヾ  |   ,/ 伝ハ.    Y\         \: : :
       i         \     ! /    し      | i  \ /\    ヽ:  前よりレベルアップしておる……。
       |  i           | | }              | |   /   ≫
       |  |     | |  | レ   / 爪     `  /ノ r――‐<´
         \|     | |  レ   / 伝ハ    / / /     ` <             ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       __ 人     | |  /  /   し   / ノ /  /  /   /            d⌒) ./| _ノ  __ノ
三二ニ=‐-=ニ彡 ≧=‐-..レ|/三三三≧==‐< ((__ノ{_{_/__ ィ


132 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第113話 「おてんば姫の冒険(未遂)」 は終わりです。


キル子パーティは一旦退場し、ダーマで修行する事になりました。

序盤だったら問題無かったかも知れませんが
この先の戦いに参加するならば、やはりルーラ、リレミト、各種回復魔法はあった方が良いでしょう。

やる夫は、じっくりレベル上げ&装備も揃えてから進むタイプなので尚更です。



ランズベルク伯が隠された地下道の存在を知っていると言うのは、原作 『銀河英雄伝説』 通りです。

原作 『銀河英雄伝説』 では他にも通路がいくつもあるとの事ですが
とりあえずこのスレではランズベルク家が造った物のみです、多分。


原作では利用されて幼帝を救出――と言う名目で誘拐するために利用されてしまいますが

このスレでは、本当にラインハルト救出のために頑張ってもらいます。



次回更新は、4/20(日) 20:00〜を予定しております。

4/13(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。



    ┌─β
    モニニニヨ
     (,,゚Д゚)   < シジン!
     /゙゙゙《冊》
    ノ ノノ¨¨l
.    `〜〜〜′


第112話へ    4 第114話へ

誰も懲りないおねがい、勇者についてきて? はい/YES (集英社スーパーダッシュ文庫)
誰も懲りないおねがい、勇者についてきて? はい/YES
(集英社スーパーダッシュ文庫)

この記事へのコメント
本と嫌われまくりだな門閥共…。しかし、その存在がシステムの一部だったのも
事実だしなあ…。この国はどう変わるか…。

>いつから夜まで待つと錯覚していた?
もげろ! …そろそろこれも効かないくらいにLvUPしてるみたいだなやる夫ww
Posted by at 2014年04月07日 21:33
武勇に優れたラインハルト、その金髪に匹敵するもっさんって紹介があったような?
双璧とはいったい・・・?

ここのイングさんは自滅が似合うのー
Posted by at 2014年04月07日 21:39
「呪われているのに開放感」
ロイエンタールの言葉に凄まじい悲哀を感じる…
大嫌いだけど付き合いを切れない職場の同僚的な。
Posted by at 2014年04月07日 22:14
そのうちもげたムスコが独りでに動き出すんじゃないかなw
Posted by at 2014年04月07日 22:17
対人用と対モンスター用の剣術とかやっぱり違うよな。
薬丸自顕流とかなら通じるかもしれないけど。
Posted by at 2014年04月07日 22:26
をいアマゾンw
Posted by at 2014年04月07日 22:31
門閥貴族は大元の田中芳樹が愚物としてつくっちまってるしなぁ
その造形を下敷きにしたAA作品や二次創作でも、こういう扱いになるのは当然かな
……あの小説はそこも含めて突っ込みどころ満載なんだよなー
Posted by at 2014年04月07日 23:02
どんだけ門閥恨まれてるんだwwwと思ったけど、今までの行動を振り返ると、むしろもっと嫌われていてもおかしくないなと思った。
Posted by at 2014年04月07日 23:30
まぁモンスターがただの獣なら人間相手の技でいいんだけどドラクエのモンスターって知恵があるんだよな魔法唱えたりするし人間以上にパワーある体格はあるスピードがあるあるある尽くしだしこちらの戦いを覚えるのは当たり前か…できるなら人間相手の剣術をあちらにも広め…冷静に考えればただの平時の剣が乱世のドラクエで通じるわけもないな
Posted by at 2014年04月08日 00:43
銀英伝は門閥に関してはフランス革命をある程度参考にしてるだろうから…
フランスの場合、高等法院の勅法登記権(国王命令を拒否する権利)を濫用して既得権を守るために
ルイ16世の改革の足を引っ張りまくる一方で庶民や領民を搾取しまくったあげく革命だから。
たしかに優秀な門閥もいただろうけどほとんどは宮廷貴族化して
自分の領地を省みず贅沢三昧だったのも事実だし。

まあイデオロギー抜きでいえばこういうのは門閥貴族だろうと何だろうと国を繁栄させたか
疲弊させたかが後世の評価の分かれ目になると思う。イギリスとかドイツでは貴族悪者にされてないし。

Posted by at 2014年04月08日 00:54
最後のアマゾンで吹いたわw
Posted by at 2014年04月08日 02:22
まあ、民主主義ゆーてもな。最初は元老院制くらいから始めんと。
と言うか、そこそこ教育受けてる奴等の中には、立候補も居ると思ったが全然なのか。
それじゃあ成功しにくかろう・・・。まあ民主主義を目指しながら、暫定的に政権を握る奴等が必要だな。

民主主義を標榜しながら、やってることは専制国家と変わらんじゃないかと言う誹謗中傷に耐える、タフな政治家が必要になる。
・・・・・できない夫に出来るかなぁ?
Posted by at 2014年04月08日 07:37
やる夫の種がイングリッド中で芽生えたという表現かな?
Posted by at 2014年04月08日 08:24
なんでOSHIRIかな?かな?
Posted by at 2014年04月08日 12:41
キンクリ&マンモスwwwwww
Posted by at 2014年04月08日 20:40
外国を敵に回しちゃってるからね>できない夫
Posted by at 2014年04月08日 21:25
>武勇に優れたラインハルト、その金髪に匹敵するもっさんって紹介があったような?
>双璧とはいったい・・・?

武勇っていっても色々あるだろ
オフレッサー上級大将は武勇に優れ、おそらく銀英伝の最強キャラでラインハルトにも勇者と讃えられるほど
「ただし石器時代のな」と但し書きはつくが

もっさんは剣士としては王子のラインハルト並に強いってだけの話だろ
Posted by at 2014年04月09日 02:55
できない夫が本気で革命するつもりだったとしても既にタイムアップだねぇ、不満原因の門閥も粗方倒れてしまったし戦力でももっさん、ボストロールに及ばない。後は為政者に飴と鞭で懐柔されるか踏み躙られるかの二択
Posted by at 2014年04月09日 08:11
日本の剣術と日本刀は対人に超特化してるから、
獣相手には無駄なのよね。
ある程度撲殺力が必要になるけど、
刀は薄くて鋭すぎるから、ホントにあっという間に刃曲り刃毀れする。

でもダーマで魔法剣強化とかしたら化けるかもしれんけどねw
Posted by at 2014年04月09日 14:54
生産職に従事している人材を優先的に引き抜いて難民扱いで
ロマリアに移住させたほうがいいよね
それで一時的にも反乱軍に占領させて経済封鎖を行えば完璧だな
Posted by at 2014年04月10日 14:35
コスタットの復興はどんな具合だろう。
旅の扉が開通したからロマリアやポルトガとの経済活動が復活したはずだが。
Posted by at 2014年04月10日 20:16
ロンベッタ、カブノールが反乱軍に抑えられている現在、コスタットの旅の扉の経済効果は限定的じゃないかな
まあ万を超える門閥軍が整理されて兵站は楽になったでしょうが、逃散した兵が盗賊化するのに対処しなきゃならんだろうから痛し痒しかもしれませんね
Posted by at 2014年04月11日 02:10
門閥大敗の情報が隠しきれるとも思えんし、シックスとQLは健在、いつ戦火に巻き込まれるかわからん街で
商売する奴は少ないだろう。
復興はラインハルトの終結宣言があってからじゃないかな?
Posted by at 2014年04月11日 20:27
旧門閥の領地を反乱軍の連中が統治できずに財産持って世界各国に
亡命しそうだよね
Posted by at 2014年04月11日 23:17
人材の引き抜きは、極秘裏にもう、いく夫が始めていそうだ
何だかんだでサマオンサ密輸のルートも持ってたし
Posted by at 2014年04月12日 07:58
緊張感ねえなぁ・・・・・・・
Posted by at 2014年04月13日 08:59
今更だけど、ロイエンタールの眼はやっぱり モテモテ なんだな
Posted by at 2014年04月13日 19:29
サマオンサ大陸の戦いは実質喪黒の価値でしょ
収集がつかないくらい分裂しているから
まとめ上げるにはカリスマ性と実力が伴っていないと再統一は無理でしょ
Posted by at 2014年04月18日 14:46
門閥がクズだとしても、腐っても知識階級なわけで。(それとその部下の文官達)
クズだからって理由で全部切り捨てたら国の官僚機構が崩壊する。

前支配層が嫌な奴らだからって全部追い払ったら
国を動かす経験持った人間が足りなくなって失敗国家化、なんて話は現実世界にいくらでも転がってる。。。
っつか革命とかクーデターの良くある失敗パターン。
Posted by at 2014年04月21日 08:55
旅の扉が封じられると交易がなくなりますから、経済的にどうしても、ね。

モンスター化の呪いより酷いんですね、門閥貴族。
まあ、門閥貴族の酷さを考えれば、許せない気持ちも分かりますね。
見ているだけで腸煮えくり返るくらいですし、実際会って会話するだけでも相当でしょうね。被害に遭ったなら更に。
方向性は違いますけど、できない夫反乱軍も許せませんけどね。正確には、できない夫と三賢者ですけど。
カブノールの門閥どもと同じく、地獄に堕ちてもらいたいものですよ。

キル子は対人で、この世界の戦士はモンスター相手ですから、やっぱり戦い方そのものが違うんですね。
それにしても、ダーマでの修行も懐かしいものですねえ。
さやかも会えない間も想いを育んでいたのですね。随分と可愛いことをおっしゃる。

なるほど。北の砦に行く前に、皆の愛情を満タンにしておかなければなりませんねえ。
これは、義務ですらありますね。
イングリッドが攻めていたと思ったら、いつの間にか攻められていた?
何故こうも攻められるのが似合うのか。
マミもまどかもさやかも甘えるんですね。やんねえ香って甘えたりするの苦手そうですねえ。いざとなったら強いようですけど甘えることに関しては?
Posted by とあるA at 2014年10月02日 20:35
>128
未だかつて、これほどふぐりが横に伸びた回があっただろうか?
Posted by at 2015年08月08日 06:47
意表を突かれると弱いイングリットが可愛い過ぎるw
Posted by at 2017年06月03日 19:06
反乱軍の選んだ方法は悪かったとしても
スタート地点の「門閥を排除しないとサマンオサの未来はない」は
門閥以外の誰もが認めてるんだよなあ
王ですら処理できなかったその問題はいったいどうすれば正解だったのか……
Posted by at 2017年09月07日 23:16

超が付くほど時間と金が掛かるけど、農奴の人たちをダーマ留学させる。最低でも読み書き計算出来るようにする。
そして諸外国の王侯貴族の知識や諸内国の旧サマノサ門閥と間逆の思考を持つ弱小貴族と一緒に国を回せるようにするとか。

完璧な机上の空論だけど。
Posted by at 2017年09月10日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92695419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ