■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年04月21日

第114話「後ずさることは許されず、言葉も理もないままに…」(4)

第113話へ    4 第115話へ

100 :◆vsQyY1yD2Q
【 坂本邸 広間 】                                  |::.:i   i  |
      |:.:.i   i  |          r===┬===┐.           |:.:.i   i  |       r===┬
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |::.:i   i  |          ├===||=== ┤               |::.:i   i  |       ├===||=
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |:.:.i   i  |           {i三三三三三三i}             |:.:.i   i  |       {i三三三
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
___|:.:.i   i  |____________________|:.:.i   i  |_______
     \i__i/                                  \i__i/
=========================================


             _____
            .  ´::::::::::::::::::::::::`丶.
       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
.       /:::::/'/:::::iiλ :::: i、 : i::i:、ヘ/゙,
      |::: /'/:::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::| ::: |
      |::::||:|:::::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::|V:::|
      |::::||:|:::::::::||| |::::::::|'|::::|::|||:::| i:: |
      i::」r――‐ 、/   -‐‐…‐ .|:/
       { ||  /:::/ }   イ乞"ア ,l|`!
       Y、/:::/_,ノ    弋ソ ' ' |/   ふぅ……まだ しびれが残っているが
       |::|゙ヘ.     ,       /'"|
       |::l:::;ヘ.    _      /==j、_    何とか持ち直したな。
       |:/! 丶   `  . イ`゙''<| ヘ
     /゙\ヘ. \ >:< / !   } |
    / //. \ \__ / /    / |
.   ,く //     \ |.|/   | ∧
  /  `''          `'┼'      / ' / 〉
  |    \           ‘、O.    ∨:/ ∧
  |      i         `       V   ∧
  |      |           ,       ',    ∧
  |      |             ',.      !     ∧
 〈      |             }.O   ∧.     ∧
  |       ヘ          ,'   / .「\.   ∧
  |        〉、       ノ ィ'´  ノ∧. \ /
  |       i/   `===ァ '´/〉.<      /
  |       |:      /!,/ .∧        /
  |       |   / /   ./ /´)-、   /
  |    \ |   '  |   .└〈_,∧. /
  |      Y:      |     {.ノ|/
  |     .|/:      |.O    (_/
  |       |        |      |


101 :◆vsQyY1yD2Q
.      / ̄:/::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::|::|:|:::::::::: |:V::::∧::Vヘ.
      .'::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::: |::|:|:::::::::: |::|V::::∧:∨ヘ
     / ::::::: //::::::::::::::::::::::::::::/|::::::||:::::::::::::|::|:|:::::::::: |::| | ::::: |Vヘ:∧
      |:::::::::: |::二ニ===一:::::/ |::::::||:::::::::::::|::|:|:::::::::: |::| | ::::: |:| :: Vハ
      |:::::::::: |ヽー===ニ二〃   >===≧ュ、::::::|::| | ::::: |:|:::::::|: |
      |:::::::::: |∧\:::::::::::::::::: /  /    /::::/  Y´   ,x≦丁:::::|: |
      |:::::::::: |:::::\::>―く:: : {   {.    /::::/   |  イ兀}`ァ/`ヽ|
      |::::::::::::V:::::::/ ,へ ヾ::|   ‘、  /::::/   丿   |li::リ/厶イ
      ∨ :::::: ∨:::|   .ノ ) |     .へ/::::/ ..  ´     ゝ'' ′
     ∨ :::::: ∨ハ.  (  | /               > |   それで、刺客は どうなった?
.      ∨ :::::: ∨ヘ 、__) |/                    ′
       ∨::::::::::\:\__/            _        /
.         ∨ : ::::::::.`ヽ、::::{\               ̄   イ
          ∨ ::::::::: ヘ \ヘ.    .          / |
         ∨ ::::::::::∧  ヘ|             .
.           ∨ ::::::::::∧   !         ≧‐く
            ∨:::::::::: ∧.__|     ,. -―┴―┐
.             ∨ :::::::: |//∧  /        |
              ∨::::::: |///∧/         .|へ.
            ∨:厂\l///  --===ニ´  ≦三> .
             ..<>///// ノ           ` ' <  > .
      ..<>/´///////| ◯                   ` ー―一、



                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                               |::::::i/ ̄ ̄  ̄ ̄\i::::::::::::::!
                                |::::::|           |:::::::::::::|
                           |::::::| _     _.  |:::::::::::::|
                           |::::::|´モ云ヽ ,ィ'云テ |:::::::::::::|  ルーラで逃亡しましたので
                           |:::::ハ    l      |:::::::::::::|  その後の行方は……。
                           |::::|;;;;,    、,.      !:::::::::::::!
                               ;::::|;;;;;,  ィニニヽ   イ:::::::::::::|  北に向かって跳んで行ったのは
                           ヾ::|;;;ィヽ.  ""  / ,!::::::::/.  確かな様です。
                               ヾ;!.`込、_,∠z彡|::/
                           _,,.. ィ1、 (r‐、゙i.|.i r‐.) ´ム ..,,_
                , 、_,n  -‐ ''"     ゝ、-- ' 1|.l ゝ- ' /   ` ''  ‐-  n,_, 、
               λゝ.,,l_l_             ヽヽ,ィ'⊥ヽ7 /           _l_l,.ノ.λ
                  /ニニ=‐-ニ,,_‐-   .,, /〉   } } /  ハ i. {  <ヽ ,,. -‐_,,''ニ -‐=='彡ム
                 ,iニニiニニニニニニ=-、ヽゝ.,,ノ,ム.ゞ,_ノノム ゝ.,,ノノ' ,.:=ニニニニニニニiニニ|
              ,ムlニニlニニニニニニニヽ. マ'' ,.-、 ー' ,.-、 'マ' ∠ニニニニニニニニlニニム


102 :◆vsQyY1yD2Q

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  北……反乱軍……
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/  いや、ブロワかお……?
 /  (丶_//// \


  |    | /             ___             丶、   /
  l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
  |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
  /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
. / .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
/// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、  ブロワの可能性が高いでしょうか。
' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |
.          '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7  できない夫が裏で魔王軍と
        ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /    つながっていたならば話は別ですが。
      ,.   ´|   |             /   /       /
      /    |   l\     ´`      /   /       /
.   /     /|   |  丶、        ィ   /       /
   ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /


103 :◆vsQyY1yD2Q

                   / ̄ ̄ `ヽ
                /        ヽ
                //≧=xr≦x-、l
              /Y´(_八_ハ ∧       それよりも問題は誰が手引きしたかだ。
             //  l ノ/\ y /∧
             l`i /ぅ/ ──ァー'  ∧    反乱軍にせよ、ブロワにせよ
          r 、 ! {./^/ /丿、/ハ    l     やる夫を狙うならば話は分かる。
          ヽ ^' ./ ./y' /うー‐ 、/:l  /
          _l      /______  l /     だが、この状況で坂本卿を狙う事に
        ィ ´ /ゝ、   /゚ ∞∞∞ ゚  ̄`>.  何の意味がある?
     /  /     ー‐'{ `ヽ    l     `ヽ
      /  イ         l,,___X__ ヽ____ヽ
      l  / l\         l /  ____ ヽ   !  ! ヾ、
      j ./ l!  ー- _ ノ {   |     |  }   l  |  )
   /´ /{!      /l    l   |     |  j ./|  ! /



                              .  ―――‐   .
                          ,  ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` 、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ___、
                    //::/::; i:::iii::::V∧_,...- '' "´::::::::::::::::ヘ.
                      //:::i|:::| |: :|||:::::i:|:::| 、::::::::::::::::::::::::::::::::::: ir‐-、
                       |:i:::::||:::| |: :|||:::::|:|:::| ゞ::::::::::::::::::,::::::':::::: |::::::: i
                       |:|:::::||:::| ,.斗-一:|:::| ヾ:::::::,::::::´::::::::::::::: |::::::: |
                          ヘ.  イ〒ア    ヾ,:::::::::::::::::::::::::::::|::::: |
                      }  |iノ ′   / /ヘ`Y::::::::::::: : /! ::::: |  確かにな。
                      _,ノ          /   〉) ,/::::::::::::::::/ |:::::::::|
                    ‘、        {  、_/::::::::: : / .|:::::::::|  反乱軍が
                                  ' ゞ :::::: /    |:::::::::|
                        ヽ.⌒          ヘ;;/`ヽ.   |:::::::::|  お飾りにすぎない私を
                            \   ィ 、      ∧   }   |:::::::::|  狙う理由がない。
                         `´    .. ''"~´ ̄|      |:::::::::|
                                f´    __|_     |:::::::::|
                            i|_,.<{i: : :i} ヘ.     |:::::::::|
                            /´ / `、 ≦三≧ ヘ.   |:::::::::|
                              i.0    /´ ̄ ̄ ̄ヘ.ヘ   |:::::::::|
                        /     /        Y  |:::::::/
                       /       /         i |  | /l'
                      /      i/          :/ |  |′
                     /          {         |、|
                   {           ヘ!.        . . : :|.i|
                     ‘、      . . : : ヽ      . .:.:|.|i
                        \: : : : : : : : : : : |     . . : :|.|!
                         ヽ: : : : : : : : : :|     . . : :|/


104 :◆vsQyY1yD2Q
                        _______
                     . : ´ :::::::::::::::::::::::::::::::: `丶、
                    /:::i:::::∨:∧ :::: >――――‐\
                 .:':::/:i|:|::::: W: ハ ゞ::::二ニ===―--ヽ. ̄`ヽ.
                //::::!: ||:|:::::::l:|::::| | ヾ::--―===ニ二::ハ::::::::::ハ
                  //!:::::|:::||:|::;:斗ヒT:|  ヘ::::::::::::::::::::::::::://|::::::::::::|
              /:i:::|: : |:::|/ ___    ゞ::::::::::::::::: /::://|::::::::::::|
               |/|::::∠{   'Τ| /       〉' ̄ヽ::::::::::://;l|::::::::::::|
               | :|≦::::ヘ.   |リ ′    / く`ヽ |::::::;';'/; ;||::::::::::::|
                   l}           | ノ.ノ丿:;';';';';';';/! ::::::::::|  メックリンガー。
                  _ノ         |  / ;';';';';';'; /|::::::::::|
                  '.               厂ヘ; ';';';';';'/ .|::::::::::::|  ブラウンシュバイク公達は どうした?
                      、、           };';';';/    |::::::::::::|
                         、              !;/`ヽ.   |::::::::::::|
                    ヘ._,,,,,.....      |__       |::::::::::::|
                            λ / ̄ ̄ ̄ |      |::::::::::::|
                        「`V| /      /> ..  |::::::::::::|
                      <l. |_/        ` ' <>― 、:::|
                 _,.      「О             / ヘ.|
                / i       |                 /    l|
                  / : |: .      /         i   /     l|
                   / . :.|:./    /             |:/    /  /|
              /. : :.:|/    /            |    /   |::|
               | :.:.:.:/    /O           |   ./    .|::|
               |:.:.:./    |               ! . : /     / :|
               |:.:.{: . .     |        . . . . . . : : | . /     /:::::|



       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|   部屋に閉じ込め……ゲフンゲフン
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|   お部屋で お休みになっております。
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_


105 :◆vsQyY1yD2Q

                      ´ ̄ ̄`
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                 ':::::: /:: /::/ ,':::::::::::ii:::iV:ヘ: ::∧
                    |:::: /!::: ||::|:::|::::::::::::||:::|::∨ヘ:|:: |
                    |ニ| |:::::||::|:::|::::::::::::||:::|:::::Vハ|:: |
                    |:::::|,====ミ/ ,.斗‐―‐}:: |
                    l―|  /::/ i   イテ〒7 ハ.′
                   ! { |V:::/   '    Vソ  .l }   それで おとなしくしてる程
                 \|,ヘー一     ,      '.イ    殊勝な連中ではなかろう。
                   | l:ヘ      _ _    / |
                      |::::i> .       ィ         ……様子を見に行ってみるか。
                      |::::|:::r― >-<>.
                      |::::|;⊥   ∨/| |
               _,.  -‐   ,> ヽ   ∨|,/`  .
                 /ヽ ̄ ̄ ̄         くd    `  .
.    __         |  \           \     .小.
    へ.}       |   }/           ` .    ヘ||
.  //ヘ.〉       l!  /`ヽ. /            ',o   V!
  |/ ヘ}         |//  ∧ /           ,       .
 〈  `Y }         < /    / ∨          i       }
.  ゙.   )′      /     ′ ∧         |     ′
   '.  ` .l\      .′       //ハ.          /o   ∧
    \  |  \  /       ∧//ヘ.         ′    .′!
    |\|   \ ̄`ヽ.    / ∨  \        |    |  |
     ∨ |     \`ヽ \ ,   ∨        |    l ∧
.     Y           /     !         |.o   | ∧
       ゙|            /    ∧        |    ∧  ヘ
        `ー――=ニ>'    /{ 丶.       |    / ∧.  ∧


 ------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------

       ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                 -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                         ----====ニニニ====----
                              ---===---
                                 -


106 :◆vsQyY1yD2Q
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/
/   ___
    'i, i,
     'i, i,ニニl
     i     |ニ、
     |   ;;;;;|__,i
     ||''"~ ̄"ll


                   ∧_∧    た、大変です!
                  (Д`; )┐
                  (´門閥. 、J   坂本卿が手勢を引き連れて
                   (⌒   \  こちらに向かってきます!!
                    ー┘\_)


107 :◆vsQyY1yD2Q
【 手勢は連れていません 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ____
                              /      \
                             /\  ,_.   \
                           / (●)゛ (●)     \  手勢?
                           |    (__人__)   U  |
                           \   ⊂ ヽ∩     <   刺客に襲われたばかりなんだから
                             |  |  '、_ \ /  )
                             |  |__\  “  /    やる夫達で守るのは当然だお。
                             \ ___\_/

                _,,.............,,_
               ,. '"::::::::::::::::::::::::: `丶、
           /:::::::, ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          , ':::::::::::/:::::i:::i::::::::::::::ii:::::ヽ:::\::`、
          /::::::::::,./:::::::i|:::i:::::::::::::i.i::::::: ', ::::`、:ヘ.
.        ,'::::::::::/ |: ::::::||:::|:::::::::::::| i::::::::::', :::::ヘ;:ハ
.          i::::::::;イ |:::::::::||:::|:::::::::::::| |:::::::i:::i i::::::ハ :i
        { ::::::/!i:: : ---‐‐一/  ー-、____  }::: i|
        | :::::::i. r''"~/:::/ヘ   '"     /゙ヽ|
.         V::::::| {. /:::/  .|    z==ミ ,':/
.         }'"ヽ|| 、:::/    ノ  、     ,'´   こう言う お姫さま扱いは初めてだ。
        {{.. || |`'''''''''"´         u .i|!
        ヘヽ、|| |     ┌―‐‐┐   /||    ちょっと恥ずかしいな。
         ヽ、i|__jへ.     ヽ   ノ   , ' i|
          |::::|:::::: トiヽ、         /   |
          |:::::::::::::|..|.  > .,,.ィ'´
          |:::::::::::r―――‐┐ ├―i
          |:::::::::::|        |. .|  |
          |:::::::r'´ー-----  〆  -‐\_
       _,...‐'''"ゝ        く О    ヘ、> .,
  _,..‐'''",..‐'''"         ヘ         `゙'<._ `丶、
  {ヽ、‐'"              ',          `゙'</ヘ
.  |  ヘ.  ヽ,                 ',         /   |
.  |   ∧   i             ',            \   .|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 連れているのは饅頭と愉快な仲間達です 】


108 :◆vsQyY1yD2Q
    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . l . .//l. .//. / ,!. . . . . . . . . . . . . . ..|l . . . l ∧
.   / . . . . ./ . . . . . . . . . . . . .Li_l_| l_/ i /  / ,. . . /!. ./ . . . . . . . ll . . . |. .∧
   i. . . . . /. . . . . . . . . . . . . . . . |    ` ノノノ. . //.イ |. . . . . ,. ./,!. . . .i. . .∧
   l . . . ./ . . . . . . . . . . . . /. . .,リ,. -‐= 、  `ー' '´ l! j . . . ./|.//. . . . ,! . . .∧
.    ', . . . . . . . . . . . . . . ./ . . ./     __\          ̄ ̄ 'ノ/./. /. . . .ハ!
.    V . . . . . . . . . . . /. . . /   _,>‐−-\    ,     _ `Y/. . . ./  }
.    〉 . . . . . /. . ./ . .//      、   O 》\,,_,ノ  i_,,.z≦ ∨ . ./ . /
    i. . . . . l/ . . . . . . . . /  i      ` -   ' ,  }  /´o゙ヾ_ /. . ./ .ノ
    |.i . . . . . . . . . . . . . .!  l         /  ,;  ! ` - ' '. .///   しくじったのか!?
    リ| . . . . . . . . . . . . . |  ヽ u             i    ,! ,.'イ
     ', . . . i . . i . . . i . .|   i                  |    ノ . ハ|     ええい、不甲斐ない!
      ヽ . . i . . i . . . i . ',   l          /     | , イ. . / }
     _,,/`y、',._._ゞ_. . . . ..',                ー=、-_丿 /. . /          やはりロマリアは信用ならん!!
─ '' " / ///`7,i  l`ゝ.,_∧     / ,z≦二ヽ.__ -'´   /. /
///////i  i'////∧ V     ヽ     ゝ ̄`'<二 ̄/  /"´
///////l  l'/////∧ \   ゙ヽ.    ` --‐`─ '  /\
///////l  l'///////\ \  Vヽ       ー −   /   \  _
'//////∧ V'////////\ \ V∧           ///, ,   `>、ヽ_,.- 、
'///////∧ V'/////////,\ `''マ;≧s。,_     //////////, , ,∧ V/7ヽ ヽ-
'////////∧ V'/////////´`> ., \ニア¨フヾ7 !////////////∧ ∨/∧ ∨
'/////////∧ V///////ゝ-'⌒ヽ \ Y゙ /´,. ,/ ノ/////////////∧ ∨/∧ ∨


   ガクガク
         ブルブル
    :∧,,∧:
   :(=゚Д゚):  ど、どうしましょう!?
    :/`>v|>:
  .:く,_,ノ |ゝ:
    :し`J:


109 :◆vsQyY1yD2Q

              ,,.  -──- ..,
           ,. '´  ニ ミ ミ   `  、
          /    三 ミ   ヾヾヽ    \
            / ,. ''´  /⌒丶、 ヾヽ   ; ;, ヽ
        /     /      `丶、  ii ノ ンヽ.ヽ
         /  ,  ' i'          ` ー ´  iミi
         / /, '  {    _               |ミ!
     ,//  ─   {.  ,,.− 、 ` ヽ.` 、__,,. _, - |ミ!
     /// ,,.イ彡!´   ⌒>ミ>;,、   ,  , '´,, -、l.ミl
.    /// ,イ/ヘl彡' ,.   ミ、ヾ_マンヾ彡ツノ }ッシ'⌒ノミヽ   お、落ち着け!
   /// /;;;;! ζ彡 {     ''ー ''ン.'ヾ` ヾくアン',''!i,ハノ
_  l / /;;;;;;;ヽ` 彡 ヽ  u     ´ `  i. l `¨  リノ   坂本卿とて、何か証拠がある訳ではない!
二二l l /;;;;;;:: ァ'`‐|   i      イ¨  :  !、  ,.イノ
ニニム i;;;;//   |   l   ,.     ̄` --' ヽ  !
ヾヽニム/ニi !  i |       i ,ィ,,. -==ー= 、 ,  !
 ii マニl!ニニム 、 l ゝ.        ゝ 二二¨¨''ァ ノ ,!
 ゞァ マコlニニム\   `ヽ         ´ ̄`   / ̄¨ '' ー .,
  ii  マ マニニ\\    \            i゙、__,       > 、
  ゞ、 マ マニニニ>> .,   ` 、____,, イ!ヽ.(⌒       ー=\



                           _ _ _
                         /.: :: :: :: :: `ヽ‐x
                         //.: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                         //.: ::/.: :: :: :: :: :: :: :: :: .\
                    /.: /;イ/.:/.:/.: :: :: :: :: ::i:: ::ハ:: ::∧
                      //:{:{:{ !l:::{::/.: :: :: :: ::,リ:リ:: :: :::}:: :: |
                       |!八《V.:::|i|:: :: :: :: :::/:/.: /.: :/.: :: |
                       |!:7゙ ` ヾxk: : : : :/:/: :/.: :/.:.:.: :}|
                     V∧ -==x  ` ゙̄⌒ヽノ_ ノ.: : :l:リ,リ
                      |::|. ‐tァ_Y  _,.x=-、 /:/.: :;リ: /  何を悠長な事を!
                      |::ト、   /  、tァ‐- /:/.:.:.:/::/
                     !::|  ∨        ,′:: :/.;イ.    坂本めは、これを機に我々を
                         Vハ   ヽ -┘  u./ V/.: :: ;リ     害するに決まっています!
                        ヽト、 , ..,,_      / ,′//丿
                         f7ハ   ̄` ' / ////       私なら そうする!
                      》、`ーx_,.x< イィ)¨゚        そうに決まっている!!!
                    _r'¨《 `>、__ーx_,.x≦ィ}
     r─x__r─xく¨X  ̄ ̄ 八  \  (_r‐、i | i´ァ) L
      /三゚ヽ\_ム__Vム∨     \  \_丿!.! !ゝ-'´/`ーx_,..
.     /三三ハ`ー‐x二二¬=、   .>‐x <//¨x、7 /    ハV¨Xー、
   /三ニニハV/三三ニニ≧xヽ   r‐x ハ.Y{.{ }ハ { _ r─┴゚┴゚彡、
.  //三三三 ハV/三三三三三X∨{ {⌒  } }ハこ゚丿! `ー、Y r'三三三 } |
  ∧三三三三 ハV.三三三三三ハヽ、t_.ノ丿_¬\\_丿゚丿三三三 }/:|
  ! ,゚三三ニニニ∧V三三三三三ニ≧x_ー<f´ i. {`ヽ>_,.x'ニ三三三三 |


110 :◆vsQyY1yD2Q
                                ,/ : : : : : : : : : : : : : : :\
                             /: : : : : : : : : : : . : : : : : : : :\
                            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`.、
                           ,!: : : : : : : : ,!: :,j: : l : : : : : : : : : : : : i
                           |.:li,、;,i|l: : : i|!, i|: : li: :il il: :l :j : : : : : :|
                            il ;ヾリ,jゞ、_j!l、,j、;_j!iン'レヾリイ' : : : : : :l
                           ヾ、;| r''=-、_  、_,.ィヘ、   !:: : : : : : :i
                              `ゞ ー・=ゞ ,' ,r=・-,  l;;;;;;;:..,: ::;ノ  さぁ、行くぞ!
                               ,イl  '゙ !   ー 、    ';;;,;、イ;;;,イ
                              ,! ;ゝ  ,!  '     ,' 〉;;;;;;;;;::|.   ここは転進して北の砦に赴き
                             l,i ,;;ト,  `ー'''`    ,' / l;;;;;;;;::j   捲土重来を期すのだ!
                             ヾ、j,ハ  ー=‐'    ' /| ,!;;;;;;;;/
                              ```、  ー    ,/ l ノソ-‐i
                                ,イト、___,、イ  ,!/   l、_
                           _,、-‐''"´ ,!l     /  /    /  `



                 ∧,,∧!
                (=゚∀゚)  おお、流石はヘル・フレーゲル!
                 /`>v|>
                  く,_,ノ |ゝ
                 し`J





                 ___
           ,,.  ≦-        ¨''  .,
         /    ,,. -−- ., `' 、  i \
        /    /         `' 、 ヽ リノ ,\
       /    /           ` ー ''  ヽ ‘,
.     /  /  7     ,,. - 、   、      ', ',
.      /      {     _,,..,,_   \ 、 ゙' .,,_ _,,   i. !
    /       彡   '-−-">,,   ゙' .,,  _,,,..  } |
    /   彡  /   ,.= ─‐tッ-≧s。_,,ノ  i    } |
    / / ,.イ彡|      ¨ヽ`二ニ'' ー-く '' ノ_ー''ニ"ヾ.‘,
  ,/  /ヽ.|彡| i           /  ヘ ゙トkニ、_ ソ ',
  /  / { {. |彡| l .u          ,.〉-  ’ ', `ー'`〈   }  ま、待て!
. /  /,{ ゝ`il彡'  \         /〈 __〈_〉    ハ i
/    ,.ゝ、 `       `v'          ` ⌒_/'ハ.  / V
!   /   ヽ,,.イ      l        ,.ニ、ー -、   '! ,/
V  ,'    / , |       /  ,,z≦-‐─`´う }    |/
.∨ l     / ! l.       {   ー ''"´ ̄`¨''ヽ! }   !
 \_! ,' /  l ',.          ` ー,.==、ー ' '  ,!
二二\ ,!  l  \                  /
ニニニ≧=- .,,_  `'  ., 、                 /
ニニニ/,.─-- .,,_ ¨ ''  .,,_ヽ.,           i'
ニニ/: : : : : : : : : : : ¨'' - ..,,_¨'' =-  ,,__,,.. イ
ニ=/: : : : : : : : : : : : : /,. -‐- `'¨、 、 v ''_,,ニ二ヽ
ニ/: : : : : : : ,.− 、: / /゙: : : : : : :\\| |. l/,.--、ヾ


111 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|


           ,.. ''""""'''  .
.        / ::::::::::::::::::::::::::::::`':、
        /: :/!::i ::::i:::::::::i::::::',::ヽ::ヘ
.       |: :/ |::|:::::|!:::::::|!::::::|!:::}:::::}
      〃i::/ 七卞l!:::::::l!ヒニi}:::|;;;;;|
     |:;へY´ /::/'Y´  下丁! L:i
     |:|δヘ,/::/_ノ 、  凹i.´ | 〕  ブラウンシュバイク公。
     | '-' }、 ̄           /V
     |:::::| | \   ,  、  /  !   お聞きしたい事が ――
     |:::::| |  >;―,へ'´   j
     |:::::| _,,,....{´X〈/´\
     |:::厂 、  「o´ {彡 |≧‐、
     ∨ y  /   ル-'ヘ./ |
      / i /  /o   ∧   ∨ .|
    /  i{   {      ∨   ハ .|
    〈  `∧   ', o    \  ' /
    ∨ ´ヽ|   |        厂´


112 :◆vsQyY1yD2Q
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――   ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― __ __―
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄==━___ ̄―  ―――― ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄ ̄‐―   ――――   ―_―
          ./             \  \
        ./     :〃   .:/: /      ',    \
       /:.:   .:|i:. :|:.:.:|:.:.|:{     :} :}:} .:} :.
.      .:i.:|:.    .:||:. :|:.:.:{:.:.{:{     .:.} :}:} .:} .:}:.
      i |.:|:.    .:||:.八:.:.{:.:.{:ヽ     .:.:} :}:} /.:/ハ
      | |.:|   .:}.:.:乂\\\\\___/.:/.:/.://.:.::
      | |.:|   .:}.:.:.:}-―- . _       `ヾ//.:.:.}
       乂リ   .:}.:.:.:} ーtァー=ミ  ,... -―- }/.:.:.:.'
      .| i|.::/.:/.:.:./    彡  i ーtァー /.:.:.:.:/  やはり嗅ぎ付けたか。
      .| ||.:i /.:.:./:         | ヽ   '.:.:.:.:/
      .| ||.:| |/(            |     /.:/.:.:'     だが、もう遅い!
        ヽ|.:| |.:.:||、      `ヽ '"   /.:/.:./
.        \|.:.:||:    ` ー-==-‐'  /.:/.:./     やれ! 北の砦へルーラだ!
         i\乂 ヽ     ー=   ///
.          ( ト    \       ′
         ./ ` ー--===ミ\ __/_))
       .r‐/        x==ミ Y/=ミ
.     /人 \     ((  )) || (( 八\
.        \\      // || `ー=彡/  ‐-ヘ=ヘ、

    ∧,,∧ +
   (=゚ー゚)  お任せ下さい!
    /`>v|>
  .く,_,ノ |ゝ
    し`J


                         ,,。z≦ニニムゝ,r‐く.‘, __,,/
                         /ニニニニニム.', ー'ゝ.,''ツ
                   /ニニニニニニム\___r'"
                      /ニニニニニニニニ>’
                       |ニニニニニニニ>'゙  ,,. -−- .
                      |ゝニニニニ>'゙_   / ,.- 、ヾ.il リ \
                     | ニニニ=≦ニ∧ヽ / /  、 `""´ ゙̄i ',
                    | ニニニニニ/ゝi |_' ,/ '"\_,ー, -‐ }. |
                   | ニニニニ/ニ{ミミ}f゙1  ”“'/'' !≦¨`}ミ|
                        | ニニニニニ/ {ミミ}_ト   ,.ィ、,.j、. ` リili}   や め ろ ぉ ぉ ぉ ッ !!
                    ,| ニニニニニニ{ミミ}i. , ,ィニニヽ   'ン'/
                     /,| ニニニニニニニ!ミ{‘、  ー -=イ  j´ j
                  // | ニニ/ニニニニ| ', ヽ_  ̄ _/}∠n/二二二二二}
                //  | ニ/ニニニニニ|', ',_)'r\ニ´-彳! / /ヾヾヾヾヾ\
                //   l /ニニニニニニ| ヽ ヽ.,ノ !|.!r )(.ノ//ニニヾヾヾヾヾヾ''==ァ
               /'//   | ニニニニニニム ,.-ヽ.¨ ,l|.!ー/_' /ニニニヾヾヾヾヾヾヾヾ`
              /'///     | ニニニニニニニ=、 ノ,/r= 、!/ー、,/ニニニニニニ |ニニニi
             /'////       ! ニニニニニニニニ\'ゝー'人ーノムニニニニニ |ニニニ ム
           //////        ! ニニニニニニニニニム`l l''7,.=ニニニニニニニ ム.'ニニニニ\
         ///////       | ニニニニニニニニニニゝ.,_,ノニニニニニニニ ム.'ニニニニニ\
       ////////          ! 二ニニニニニニニニニニニニニニニニニ / ニニニニニニニ\
     /////////         | 二ニニニニニニニニニニニニニ -=''"  iヽニニニ>''⌒''<ニニヽ.
   /////////            ! 二ニニニニニニニニニニニニニニ=‐''" | l\ニニ! ,-'‐'‐  }`ヽ.ム
  /////////           | ニニニニニニニニニニニニニニニニニ l. |  \ じー─  〈 ゙! !ニ!
. /////////            | ニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,!  !    マー- 、  ノ l ヾ:|
/////////               | ニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,!  !    (`ヽ.  ノ /  ノリ
////////                 | ニニニニニニニニニニニニニニニニ ,!   !    \_ノ- ' //
///////                   | ニニニニニニニニニニニニニニニニ  i.   i     `¨¨´−''´
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄―==━
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― _―==―_
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―‐―― __


113 :◆vsQyY1yD2Q
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___‐―   ―――
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄― ==  ̄
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― __――――
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―――  __ =
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄― ̄ ̄ ̄  ―― _


                     \__人_人从_人_人从/
                     _)                (__
                      )   ル ー ラ !!  (
                     ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                      /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___‐―   ―――
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄― ==
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― __――――
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄――  __ =
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄― ̄ ̄  ―― _


114 :◆vsQyY1yD2Q

 ┃
 ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
 ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
 ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃

      [二二二二二二二二二二二二二二二二]
        〉                      Y ||
.         /                        │ ||
       /                         l .||
.      /               ;         ./  ||
     /              /         ./===||
.    /      ;       /   ; ___,/    ||
.   /      /     /     / `)./      ||
 /     /⌒ヽ、_,ノ⌒ヽ、__,ノ,.-‐'"       .||
く,.____,_,.'-‐'" ̄´   ` ̄ ||             .||
      [ニ二二二二二二二二二二二二二二二]


                                        ___
                                  , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
                                /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
                                   /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
                               〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
                              ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
                                 {! L ハ 〃Y    ○  、 Yr‐ 、:.:.ハ
                                 }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l  ……北の砦、だと?
                                 ├‐'        !  __,ノ!: : : l
                                   ヽ  ___     ィク_ |ト.: : l
                                   >、    , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l
                                      `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
                                      「V´    ,⊥-==ー戈{
                                /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
                                   / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
                              r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}


                                     ____
                                   /      \
                                  /        \
                                /            \   ブロワかお……。
                                |  \   ,_      |
                                \(―⊂ ヽ∩  u   <  刺客を手引きしたのは
                                  |  |  '、_ \ /  )   あいつらだったみたいだお。
                                  |  |__\  “  /
                                  \ ___\_/


115 :◆vsQyY1yD2Q
                                          __
                                       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                     ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                      ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                          /彳   ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                         /:::::/    !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                  _,,,....,,,,_ /:::::::::::i    ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
               ,、 _,.''"~ :::::::::::::~"'‐.:::::/     ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
            i:::>':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ.     >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
               !'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:`、.   , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           ./~"'''‐.,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i ::::',        `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
         , -'" "~´} ::::::"'-._:::::::::::::,-,:::/.|.', :::',              ̄ ̄
        // :::::::::/ : ::::::::::::::`ヽ : ://ii./ i'"!‐!、,::',
       /:,::' : :::::::./:::::::::::::::::::::::::::.\iiヽi}...| !__,,...'
    _.;'":::,.':::::::::::, ' \:::::::::::::::::::::::::::/`{!-|‐ヒi
 _,.-'", '::::.,.':::::::::/ _,..-ヽ,、___,、___,-'" .!  j  >
;'"  ,.'::::::./ :::.., '  '´  _,..┘'''‐-.._ ,  ..   /
  /:::::::/::::/     / ._,..-‐ '''========'--、
 ./ : :::/:/     _,!‐'~          /、  .',
.../ : ::/,.'      ,〃             、  ,' `、  !,
. | : :/.,'      .,〃          、 ', .,'   `、 `、
. { ./, {     /            .X', ,'    ',  ',
 〉./|.|     |',          ., ' .V     ',  ',
./ ,' .{.{      |..',             i   ',     `、 '.,
.i .i .{.{     .| `、‐-、       |     `、      .',
|..|  !i    |  i',  ',         |     \      ',
.|.|   ヽ、. ....|  .||.、 ',       |    .''`、',     ',、
..',',.        |   !| `、.`、     | _,.'"   i、、    ',\
 ヽ、__    |   |  〉 ',    _,..i"   二ニ=',ヽ,    ', \
        |     | /.乂_,..-;'_,....厶-‐'''"~   \',    ',  \
          |    .|,!/,ィニ-‐‐‐-- .iニ二.:,,_    .',',    ',    ヽ,
.        |   .//        ', `丶、     ',',        `、
.         |_.,.イ-'-‐--- ...,,__   .',   `ヽ、   .','.,        `、
.    _,..-'''" ; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}:;:;:;:;:~"''‐-.._   `    ',`、           `、
 _,.'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,..-'7;:;:(⌒);:;:;:;:;:;:;:;:~"'''‐-...,,_  ', `、        ',
'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;._,..-'''":;:;:;:;::;:.{:;:;:;:`´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,..--.._.i"'-..`、      _,.-'、
;:;:;:;:;:;:;_,.-'"/{/;:;:;:;:;:;:;:;:;:.i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:../      ',' /  ',     ./ヽ, \
. '''"~ // 冫、;:;:;:;:;:;:;:;:.',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:./        ',    ',  /   ',/
     .>、 ../  ヽ、.;:;:;:;_,ノ丶、______/             ',    ',∠i     ',
    / ` ,'     `丶..,_;:;:;:;:;:;:;:i                 ',      .|      .',
    i´iヽ,'             `'-、‐-.|              ',       |      ',
    `:| i            ',  |             .i    _, ヘ    , ',
     ,' .|            .|  ',                 |    ヽV´/ / / /
    ヘヽ.|              |.  ',             |    `ヽ'--i、_i_/
     !_,.|                |.  ',            |
       |              ,'  ...',              .|
.         |              ,'    .',             .|
.        |          ,'      ',           |


116 :◆vsQyY1yD2Q
【 坂本邸 台所 】
|||.           | | |              || |                     | |            | |
|||.           | | | ─┐ ─┐/ / || |                     | |_           | |
|||.     ̄ ̄   | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / . || |                     | |_|.            | |
|||.           | | |____  ./   || |                     | |            | |
|||.           | | |____ノ      || |                     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
|||      二二... |[|]|____ノ  」二.l| |                     | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
|||  ―――... /| | |____ノ_|_|| |                     | |             |
|||.       //| | |三三三ア      || |                     | |             |
||| ̄ ̄|    /  | | | ̄ ̄ ̄ノ  ┌─ .|| |                     | |_            |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |_____________.| | |.             |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                   .l l_|.             |
___________________| ┌─────────┐| |              |
 ┌―――=―――┐┌―――=―――┐ | |                  || |_            |
. / ̄ ̄ ̄|  二二二二二二二二 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/________  ――
| 」 ̄冖////////////////                    /



                >-、____
               r‐::7:::::::::::\::::::ヽ
             ./::::/:::/:::,::::::}::ヽ:::、:ヽ
            /:::::i::::::i::爪:::ハ:斗::ト::::}
           .f::::r‐i从⊂ニ⊃ ⊂⊃∨
          ヘ:::i i:::| u ___  |::乂   雅音さーん!
          \弋ト   |iiiiiiiiiiil .}:ノ `
            乂从`t==<イ     ちょっと良いですかー!?
           γ. ̄.y|__.レ´ヽ
            ノ  y   ヽ  ̄ヽ
          .く.__.」    ≠   .}
           | i.ゝ._____ノ.r イ
           |..ノ     .i ./
           入      レ
            ///>─----{
          .///////く///∧
         レ/////  .寸//∧


117 :◆vsQyY1yD2Q
       /_; イ: : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : イ: : : : ヽ
      /:/: :l: : : : : :/: :, : : : ィ: : : : : ;イ: :∧: :l: : :、:ヽ
     ,'/: : : :l: : : : : ' :/,': :/,': : :/ /: :/ l: : l: :i: :`',
     ´/: : : :.l: : : : :l:/‐|:メ-X,/:/ //  |: /: :l: : : :i
      |: : : __l: : : : :i' 、 !"-、 〃゛ // z=-、 l:ィ: : :|: : : l
    ノ: : :/〃: : : :.|-'"~``ヾ! 〃 , 'z-_、 `/}: : ;': : :/
  -=y: : : l {レ|: : :.;:',       ,' 迄z,ヽ_ ./: :.;': : /
   /: :/lヽヽ_lハ: :iヾ,.       |:   ヾ '‐/: :.;': : /  あら、雫ちゃん。
   l:.:/  |: :ヽ-i ヾ', `      /"    /: : : : :./
   レ'  .|: : : :.|'、 `  `゙ ‐ 、     /:イ: : : :,'.    どうしたの?
       |: : : :| `、     ー``   /}/,'l:.∧:.|
       |: : : :.l  \         , ´ ´ !シ ヾl
      /: : : ;、l    ヽ、 , ィ: ´l        `
     /: : : : ハl ',    ´ /: :/
    /: : :_ノ--=、 ',    /: :/
    /,イ´     ` '、   {'; : :|
  /          \ ' ヾ;:|ミz=、_
 /              ミ、 ヾ '三ミ、`ヽ_


                     ___ ____,....._
                       rノ:::{:::i::::::::::ヽ:`::::-.、
                  /i:i:::::::::ヽ::ヽ:::::::::::::::::::\-.、
                  /:::::八:::::::::::::\\:::::::: |:';:::::';::ヽ
               /::/ :: i:::::::::::{:::::::::::::::::ヽ::i::|:::'; : i:::::ヘ
                ::::::i::::::::{:ヽ、::ヘ::: ヘ:ヘ::、::乂::::i::::|::::::|l
                i:::::l:::: ∧:Lヽ::::斗七廾弋::::ゝ、::|::::::リ
              .ヘ:::i:::斗爪」_ \ゞ .r示ミュ.ゝ:ー=::::::/
                 乂:::::ト 代ハ.     ヒリ》 .i:::レ´ i从   どうしたの? じゃありませんよー。
                ヘ::ヽ 弋リ ,    //// . i:/ _ノ乂
                   ゝ;:∨/           イ7::ノ       やる夫さまが襲われたってホントなんですかー?
                    ヘ  (⌒_⌒)  乂´
                        > 、   _.イ .| `i
                   ,..<: : : ::フ     У.l
                 く--. 、: : /ヽ、 _./: :.:ト.、_
                /_:ノ: :.|:.fム、____......フ: : : : :l: : : : .>、
               イ: : :.:.ノレム少7フ:¨`ヽ、:_:_| : : : : : : : ∨
                γ´: : :フ:./:.//:./: : : : : : : : : : : :: : : : : : : :∨
            7 ̄:7γ : /:.:/γー:-: :_ : : : : :../.: : : : : : : : ∨
             《:i: : {.:/: :./: :../: :.く=: :_:O: : .ヽ、: :..i: : : : : :,: -‐‐:\
            ヘi: : | i: : :{: : :{:.:f: : : :./ T:ヽ:_:./ : : l: : : :γ: : _:_:_:》
            ヽ/ i: : i{: :..|: :i: : : f : ノ: : :/: : :..:..{: :: :.:f :.γ     .\
             ∨:.i: : i}: :.:i:: ゝ:_:.」:.f:__:ノ: : : :..:.ノ¨ >{:_:」       }
                 {: :';.:..{i: :.:l: : : : : : : : : : /:./:../       /     /
              Y、'; :i}: :..l:.'; : : : : : : : /: : :ノ.    ノ     /
                 i:{:`.┘:_」: 」______/__/:-‐:1...... _.. く     /
               ヘ:.、:_: :  ̄ ̄:|: | /¨¨ ー-- .7      /
                i: : :.1r≧-: :」...ヽ/ /     .ゝ .>.´
                {: : : i}: : : : : :7: :...Y_./ .、 _____./
                i: : :.:{i: : : : : ,: : : : : `ー┘ :..:.:ヘ
                    '; : : i}: : : : : : : : : : : : : : : : i : : :.',
                r: : :.:i}: : : : : : : : : : : : ,: : :..:l: : : :.i
                } : : : i|: : : : : : : : : :./: : : : }: : :..:l
                 .,: : : :..:{: : : : : : :, :/: : : : : : i: : : :,
              ∧: : : ゞ: : : : :.r/: : : : : : : :.; : :..:.{
              .,: : : : : : :.ヘ: : ,: /: : : : : : :..:f: : : :..i
             ..{: : : : : : :ヽ:_》: : : : : : : r‐‐:.┴:‐┐i
             ∧: : : : : : : : :|}: : : : : : :.ト、___O___.」 {


118 :◆vsQyY1yD2Q
       / , '        ,            ,'    \
      /  ′  .::   ..:;.'    ,:      /    \ヽ
    /イ     .::.;'  .:.::/   // _,. , , '   :.  ヽヽ.__
_,. - ´ /.: ..::    .::.::i .::.:/{:.. //´  / /ハ:. :.. ::. :  ゝ-'´
   //.:.::: .::. ::.::.:! :;レ′V__\   /./リ Vハ:. ::.:. .::.. }
 / ,'.::.::::. :.、:.::.:::::! {  '´{ Jjヽ.`  レ′_,ニ|;ハ:.:::.:.:;j:.ノ
'´   /::.::::.::. :{ ヽ::、::' l   ` ´      i 1Jソ` /.::.:/ソ
   ´ヽ::、::.: .:.\ ヽ!ヽ:!          ヽ ¨´ ,'.::.:/    ああ、その事?
      ` ヽ::.::.:.::ゝ:.ィ `         /    ,::.:lヾ、
      ノ.::.::::.::::.::j      ___   ,ィ;ハ:j       大丈夫よ。
     _/.:::.:::::::::.::::j 丶.           / j!        刺客はもう撃退したわ。
   ´/,::ィ:::::.:::::::/   丶     /
    /' ´/.:::.::::.::/      ` ,._,/            やる夫達も皆 無事よ。
  _,. イ´.::::.:::::.:/!        /
´.::.::_;.-‐r'〈 ̄  .′       /
 ̄「{   !::::',.           / \
   \  !:::::!      ..  |:.  \
    \|:::::|__       ';.  !:    l:`:ゝ、
      \::!  ̄¨`ヽ、i:.   .. . __ |:::::l  フ 、
       \        '´ ̄  |:::::| /  ` ‐ .._
         ` 、             |::/         \


                            ___......---....、
                          .....::´:::\::::::\::::::>、
                         / {::::::::::::::::ヽ:::::::ヘ: ヽ::: ヽ、
                          ,/:::::|::::::::{:::::::::::::::::::::i::: ヘ ::::::',
                           .::::::::ヘ:::::::、:::ヽ:ヽ、:::::、::::::ヘ:::::::.
                       l:::::::::::::斗爪ヽ:ヘ\卞≧ ::::::::: l
                       i:::::::::::ト、:ゝ_` `   代ム》i:::::_: ト、
                       人::::::::::vイ示リ   弋ソ i:: i |:|  そうなんですかー?
                         / 从::::::ト. ゞソ.  }   ' ' .乂.ノ:
                         }::::ハ ' '  __ -   ノ::::/   良かったぁ……心配したんですよー。
                         ヘ:{. ヘ    ∨__.ノ /:::乂
                             ≧ュ 、  _./..|从
                        r: ー:-. . . .r.f}     .ヘ: r-=: : :  ̄:.ヽ、
                        /: : : : : : : : f:..:|、_     」:.∨: : : : : : : : :∨
                          f : : : : : : : : i: :.i. `ヽ ノ i: :.∨: : : : : : : : :i
                       八: : : : : : : ノ: ∧      | : : ヘ : : : : : : : ハ
                        {: :i: : : : ,: :/: : : ::ゝ、.__Y__.ノ: : : : :》: 、: : : :/: i
                         i : ヘ: γ: :ゝ=:_: : : マ三i三ii/: : /: : ::ヘ : /..:..l
                      ,: : : Y´: : : : : : :..:.`マニニ=/<: : : : : : :..Y: : :.,
                      i: : :/: : : : : : : : : : ヘ 寸|/:/: :..: : : : : : : _∨:/
                      i::∨ー-----、: : : : :i : }{: i: : : : :r-‐ ̄o:_」:.{
                          、: ゝ-:o:--‐:┤: : :..:| : i|: |.: : :..:.i` ̄: T: :i ノ
                       ):.入:.|: : : :..:.i: : : : :| : i|: | : :..:.:.i: : : :./: ∧》
                      f´: -:ヘゝ: : :..:」: : : : i: :.i|: |: : : : ゝ: _ 」ノ: : :f
                         Y´: : /`ヽ、__: : :..」_:..}.:.i: : : __:/  7`¨¨
                        ̄ヘ      '; : : : ̄i:.|.:.; : :/     ./


119 :◆vsQyY1yD2Q
                        __
                     .....:ヘ:::::::::::::::::::::>....
                   γ:::::::::::::::::\:::::::、::::::::::::::\
                       /{::::::::::::i:::::::::::`:::::::\::::::::::::::::ヽ
                   /: i::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /::::::::::::::::ハ:::ヘ:::::::f\:::::::ヽ:::::::::::::::::',
                  i:::::::::::::: 斗.\:ゝ、:ヘ .r示ミヘ:::::r‐、::::i
                  i::::::::::::::ト、i___  ヽ   .iひi:り..i::::i  i:: l
                 i;::::::::::从.代心     ゞ-- . |::/ ノ:::,  でも、やる夫さまと坂本さまが逢い引きしてて
                    ト::::::::: ゝマ少.  i      .´.r:::: 乂
                    \:::::ト             ./::::/    嫉妬に狂った門閥貴族が襲い掛かったって
                    }从.       _     ./|::从.    ホントですかー?
                      ゝ    i )   .イ .|{
                         ≧=.- <   .ト、___
                        γ:.:ノ      _i: : : : :
                    -.‐ : :.フ: :/ー    ノ .|: : : : : :
                : : ̄: : : : : :..:/ : /         |: : : : : :
              .....: : : : : : : : : / : /____       .l: : : : : :
               : : : : : : : :../: : :i三三≧=====/: : : : :
               : : : : : : ∠:..:_:_:_:|三三三三ニマ: _:_:_ : :


        ヽ、)
        人, '`´ ̄ ̄` ー、
        (__;): :/: : :`i、 : :\
        /: : /: :/ :/: |: i :|=ミ、ヽ
        { :/:/ /ゝノイ ノl/l/-ヽ: :|
        | :レ |   ○   ○l: :|    えっ? 何?
       从: (|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:/
     i⌒ヽゝ    (_.ノ  ル/⌒)  そんな噂になってるの?
     ヽ  ヽ 从ヽ,、 __, イ从ヽ、/
      ∧___,ヘ ヽll- 、 , il ,ノ 、 〉
      ヾ  ;_ ,(  \、__y_,!゜ ,)′


120 :◆vsQyY1yD2Q
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,,i/i/i/i/iエ(ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、ニエi\i\i\i\ii.,,,,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i/i/i/i/iニニ) Y  人 ヽ)ゝ'.丿,ニi\i\i\i\i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,,i/i/i/i/iエ!)ノ'  ノ ,(  `  . ´(エi\i\i\i\i.,,,,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i/i/i/i// ((  ´!. 、   t ヽ、 `t\i\i\i\i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,,i/i/i/レ,′, ヽ杉  tゝ、丿)ノ iミ  Y(.\i\i\i.,,,,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i/i/i/i /f  ゛彡  )ミ Y´ l'\ミ ).\i\i\i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
__,_,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,,i/i/   パチ  /‖   !||i    荒   \i\i.,,,,i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_
i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i/                .パチ      \i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i.,,,_,_i
        /______//______;;|______',',_____\
        └──────-' '-─────-' '-─────-' '──────┘


                      ___
                  ´            ` ミ
              /                マ
                  /        〃  ∧      ',_
             .′       /i}  /  '_      (())
              |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
              │   i/   レ′      ヽ!   (())
             从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、   申し訳ありません!
           , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉
          iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ.   側仕えでありながら肝心な時に……!
          __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
         ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
         ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
           \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
           Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
          乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
                    r'__ノ ̄


121 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\           いや、それを言ったら
   /   (__人__)  u. \      やる夫の方が責任重大だお。
   |_ _.    `⌒´      |_
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   皆を動けなくしたのは やる夫だし。
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''


            ,.  ´ ̄ ̄`   、
.         /::::::;イ:i:::::i:::::ヘヽ::::ヽ
.      /:::/: : i | |:: :|i::::::ハ:::}ゞ: ',
      {:::/!: : :| !i|:: :||: :: ::|::| ヘ:::}
      i:::{ '"三`' /  "´`゙ヽ }::i
        ヘ;:i'´ /:::/ .}   z==ミ .}/
        { ヘ./:::/ ノ 、     ,゙~}  ( 凄まじいな…… )
        ヽ,ハ ̄      "" i,X
       {`ヘ.u ⊂ニつ   イ }
             > .____,. イ::::|
              | ≧ ≦ |.|:::::|
         , <ヽ. ∨ <> i
.      ,<>'゙´  i´o.  `゙''<>、
     /  ヘ.     |       /  ',
      |   /      | o.      ∨  .!
      |  {       |.         }  .!


122 :◆vsQyY1yD2Q
【 ヴィクトリカ&せつな ノックダウン中 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                      _____
                                               /ヽ_     /::::::::::::::::::::::::/       /ヽ
                                         /     ` < ::::::::::::::::::::::/:ヽー―へ /::::::::::}
                                 __ __∠____...:::::::::::::::: ̄ フ::: : /::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::ト_
                         ____r―‐┬「 厂ixУ::::::::::::::::::::::/:::::::/ヽ:::::::::::::::彡 .:  :}:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::: |:::::::::
               r∠二У /:::::::::\ixixixiV| |ノxi/:::::::::::::::::::::::/:::::::/    ヽ/ ___:: .:ノ:::::::::::::::::::::::::|ノ:::::::::::::\::::
              ノ( // /::::::::::::/:::::\xixixixi/:::::::::::::::::::::::::::::/        V       y―< ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::彡
          __ /  )ノ /:::::::::::::::∨:::::::::::::――<二二:::::::::::::::::::::::|::       }....... : .:  .:::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       r ´   _ 二彡く{:::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  .::::...........::::   :::::  彡_:::::::::::::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      / /  ― ― ミぅ、ハ::::::::::::/ixixixヽ:::\::::::r―‐::::::::::::::::::ヽ::::::/ .::         .:: :: .:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
..   / /  x<≦三弄ト 、\\::::::|ixixixixix了ー‐y::::::::::::/::::::::::〉〉/:::       .:    .: ::/:::::::::::::::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::
    ∧   ⌒ミヽ    トll乏)\\〉:::|ixixixixixixixix∠_:::::::::::::::::::::///::: .::   ::      .::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/⌒ ー―
    {    ミヽ \ \l| ヽ  ∨,V ̄了⌒ >ー/    入::::::::::::::/ム―――――― vー ::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::/   __
   ∧ N | \ \ \ ,_   'V/r‐、__|ixixi/   / >::::::::::::{:ハ::::::::三彡:::::::::::::::::〃::::::::::::::::::/::::::::::::_,..''" , -'"
   { N| | |  ‘, lN ll乏)  〈〈| / ヘ Υ   / <// 二ハ:ノ::::{/  ̄ ̄ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/::_,..-'''"  , -'"
   } ヽ| | | |  |  |l  lr‐' ‐イ ヽ>x / r〈/< 二二ノ<>― /      ノ ̄ ̄厂 ̄了ヽ/       /
  ノ   l| | | ヽ l|  |l \ ミニニミ \/ ニ〉 ―         ヽ       {    / /{  ー┐ _   /:::::}ヽ
 / /| ,ハ N ヽ  \  ヽ\\ >― へヽX _   ヽ   ___ 入r‐┐lニl ー┐/ ヘY У  У ヽ´:::::::::/ } _
./ ハ | /  \\ヽ  \  ゝ― _ / ⌒`くミ  ヽ   \ ー‐< /| ̄   辷ノ/〈/  /       У三ヲ  く⌒ ヽ
{ { N {    \\ ー――― /   __ \  \   \ \  〈;ノ    У八\        (       ヽ  }
ヽ \ \     ヽ ー―‐― /   /     ヽ)   \\ \ \┤  辷__ノ 〈V  >‐ァ ミ   У⌒ヽ     ノ  ノ
  \ \ \  __ > ― ´  ∠二ヽ       (     \\ \ 辷八穴ヽ ノ / / ーへ__У    \  〈   (
   \ ヽ   ー――     ,/  __\\  }         \  ー―――――<    ______\ \  \ __
       ̄ ̄ ヽ __ / /      `〉人  \           \          >                 \ \ __ /
             \\<―く         {'   \  \           ー―――‐  /  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  \ \  /ノ
              \\   \       \\ ハ   \ ________ /  /  ∠___ヽ     \   ∨/
               \ヽ  ヽ二二二二彡>┤ ヽ \               /   /        \   }人{ __ /
                  ー―――――      |   \ >――<二二  /  /       ハ    )  /   |___
                               ミ __ >____>___ /        ヽ 二二 ∠/ヽ{



                                     , -―- 、 _
                                      /:.:.. .    :.ヽ:.`::..、
                           , -―- 、  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .  :.:.:.:.:ヽ
_,,..  .. ,,_                      /      \: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      `Yア^\ヘ _          ,  '"´ ̄      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|
         八l  :.   `',      ,  ´          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::::' ,  '"´ ̄ ̄`丶
      /  |      | 个ー='´             ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::/´: : . . ._
       /  /   :   | |l                    |:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/´: ̄ ̄
     ./  .,':   :|  li 八丶      .  . . . . . ._. . |::::::.:::::.:.:::::::::::::::; -‐= ニ二¨¨ 丶
    .:' . .:/: : .  :|  |   ヽ \        −='´ |:::::::::::::::::::::::::/
: : : : : : l: : :': : : : . . :|  |: .    : :丶       . :    ノイ:::::::::::::::::〃                   _」_
: : : : : : |: :.:|: : : : : : :ヽ  ',: : .  . . : : : .   . . : : . . . : : :ノ:イ:::::::::::/  _   ___ _ _  __彡 '´: : ::
: : : : : : |: ::」_: : : : : : : :_: . ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :´: :!::::::::://´: : : :ノ.´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : ::
 ̄ ̄ ̄ ⌒i!  ̄ ̄`⌒i!`  ̄ ̄`ヽ,_: : : : : : : : : : : : : : : : : 八:::::/{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::
       | l     |      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 ヴィクトリカ&せつな ノックダウン中 】


123 :◆vsQyY1yD2Q
【 ルナマリア&モルジアナ 警護中 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ,. -‐: ´: ̄: ̄: ヽ._
             /: : ;: ‐ : : : : : : : : : :`丶
           /: : ./: : : : : : : : : : : : :\ . \
          〃: .:.:/:: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.. ヽ
            /.: .:.:.:! :. : : : :   : :、: : : : : : :.:.:.:.: l
          /./  .:.:.:l..:.. !   :..   ヽ :..: : l : :.:.:.:.:.|
        l〃.: : ! l:. ヽ.ヽ:.. :ヽ:::... :ヽヽ:.:l.:.:,-、:.:!
        ハ..:...:.:!:. :ト:.、:ヽ:ト、:.. :ト\:.:.:.:.:l:.!..::l.:ト lノ
         ゝ、:.ヽ:.:l_ヽ\ヽ \L>≦、!:.:.:.:lハノ、   言い訳はしないわ。
         //..:.,イ:.:.:Y7こj ヽ   ┴'ク:ィ:.:.:.:.:ク イ
          !:l{:./ ノ/:.:ヽ ̄  j   /7  ; ‐_´イ/   働きで返すから。
         lハV//: :.:\ ヽ_  /: イ !イ:.:.:./_, 、
       , -‐ 7/! ハl:.`丶.、 ` j:. .ノ !,ゝ/:....:.. ー- 、
       |  ...::::l/::|:. !::::ヽ\:.リ `Tl:./ //::::::::::::::::::...  \
       | .::::::::::::::::l:.:|:::::::::` くヽ __ l_,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::...  `ヽ
       ヽ::::::::/ ヽヽ:::::::::::::ヽj:::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::   |
        ヽl´l:.:..:.:.:..:`l:::::::/l:::::::://::::::/:.:.:.:!:::::::::::::::::::/.... /
        /.::j..:.:.:.:::..:.:./::/ j:::::/:.:./::/..:..:.: ..:{:::::::::::::::::.....::::: /
         /-く:..:..:.:.:...:./イ:.:.:.:l:::/:...::/__l.:.:.:.:!:::::::::::::::: __ /
     rー'   l:..:.:.:....:.:.:/、:.:.:l/.....::.:.:.|   /:.: ..:.:|:::::::::::::/イl|
     j   , -ヽ:.:.:...:.:.j::::ゝ:....:.:.:.:.:.:.j‐  7..:.:.:.:.:.ヽ::: ::/  V l!
     j  /   ::\:.:.:l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ーr‐'...:.: .:...:..:.ヽ: ヽ 7:V
      ヽ |::...   ::::\::::..... :.:.:.:.:.:..:: :.l:.:.:.: : :.: :. :. :. ヽ ヽ-j
     ヽ l:::::::::::....  :::::`::‐-..、:::::::::::: j:.:.: :. :. :. :. :. :. :.|::  /
      j !::::::::::::::::::......::::::::::r‐`ヽ_rくー ニ --‐. .: /: ト、/


                                    /:::::::::::::::::::::::::..__
                                   ..::′::::::::::::::\:::::::{{、:::.
                                  /:::/:::::::::::::::ハ:::::ヽ::::::::}:::丶
                                     ′:i:::::|::::::::/ }:::::::}:::::::}::::::|
                                  {::::::|::: |:::::::{ x≦ミ::|:::::::}:: : |
                                /::::::{ィf芯    tツ ト、::::}::::::|  ですね。
                                ⌒´;ト `¨ ,     {'.ノ:::/:::: ′
                                  /:{:!::..  -‐ イ:::::::/::::::{   これ以上、不審者は
                                    /::::::::::::::≧= /::::::/:::::::/   近付けさせません!
                                 ;::::::::::::::/  ./:::::::::::::/、
                                   {:::::::/{/i //:::::::::/  ./}
                                 }:/ }ー‐'‘´:::/  / ;
                                /   i/   {/  /.   |
                                   八.   /:.       〈 }  |
                                   ゝ..   \    ゝ!  ;
                                  /,` 、=ミ____// /|
                                  {ニニ \__ ∠ -、 {
                             ___r‐,-‐^ゝ´マ  }}   }}i}}  /
                            / ー {_ノ ∨} `¨ー‐'====.}}i}}‐‐'}
                            ゝ、ー'} ./ ヽ    ゞ-=彡'-=´
                                ゝ/     /      ∨
                               ′    ./          ∨
                              /                ∨
                               /                    ∨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 ルナマリア&モルジアナ 警護中 】


124 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,..‐'''""~~~~""''' ‐ .,
             ,.'´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.ヽ.、
           ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,.' : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          /, '"::::::::::::::::::::::, : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::`、 :',
        iヽ、::::::::::::::::::::::/:::::::::i:::i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::',::i.',
         ,イ : :\:::::::::::,.イi : ::::::|:::| :::::::::::::i :::::::::i :::::::::::::::|::::::::::::|::i:}',
      ,': {::::::::::::::::::::/.{:| : ::::::|:::|:i:::::::::::::| : ::::::|l : :::::::::::|}i::::::i::l!::i::!',
        i :::{ : ::::::::::::/ |::|::i : :::|::i|:| :::::::::::| :::::::::||:l!:::::::::::l|.} ::::|::|: |ハ!
        |:::::', :::::::::::::::/  l::!,,!_:::::|::||:| : ::::::::| :::::::::|l!|::i ::::::::} }:::::.}イ: |;;i!
        | ::: ',::::/`ヽ! ./~~""''''''!!‐-./|i ::::::::|l!|:,|,.‐;'""/:i!/ ;;!
        | : ::::Y ヘ |.| i.      // `i    ,.-'"    /
        |:::::::::| 〈 l.| |    //    }     ,    __ ,ヘ,
       | : ::::ヽ,丶 |!、 >,,,//   /       ~"''''"~´/ヘ:i   まぁ、無事に撃退出来たのだから
      |:::::::::::冫、 {!'/  ~ ''''''''""´             /  ||.   良しとしようじゃないか。
.        |:::::::::::|  `l!ヽ、           〉       ,'  i}
.       | : ::::::|   ! .,ヘ                 ノ    !   これ以上、責任のありかを
.      |::::::::::|    /  i\    `   ´   ,.'´         議論しても仕方あるまい。
        | : :::::|    j _|__ `' .      ,.'´
       | :::::::|      |    ̄~"‐~''‐-.ィ´- 、
       | : ::::|    /        |  |   |
       | : ::::| _,..'" "'''- ._     ヘ_/  _,ハ__
       | : :::.|乂  "'''- .._ `丶,/"´ -'''´   `'‐..,_
   _,..-'''''"~~   >          | ◯  ,.'"´  ヽ、_"'''‐ .,_
..r< ̄\__,,...-‐'''"~           |               `"' ‐./ヽ、
.|. \                  |                 ∧



       /: : : : : : : :゙i, .∨: ::/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、 ,!: : : : : : : : : :
      ./: : : : : : : : : :∨: ::/: : : : : : : : : : : : : : ::i: : : : : : : ゙i,: : : : : : ゙i,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : : : : :
      ': : : /: : : : : : /: : /: : : : : : : : : : ,!: : : : : l,: : : : : : : ::i,: : : : : : :゙i,: : : : : : : :ハ: ゙i,: : : : : : : : i: : : : : : : : : : : :
      : : :/: : : : ::/,..'/: : : :,!: : : : : : :,!: : : : : :,i,: : : : : : : :i,: : : : : : : ゙i,: : : : : : : : i,: |: : : ::|: : : ::i,: : : : : : : : : : :
      : ィ゙: : :>,゙ :": : /: : : : ,!: : : : : : :,!: : : : ::/ ゙i,: : : : : : : i,: : : : : : : ::i: : : : : : : : :i,:|: : :i: |: : : : i,: : : : : : : : \
      '.,!: ::  ̄: :,: : : /: : : : :,!: : : : : : ,!i: : : : /  レ : : : : : :ト、 : : : : : ::i,: : : : : : : : i,|: : :|::|: : : : :i,: : : : : : : |,.: ::
      ..i: : : : : /: : : /: : : /!: : : : : / |:_;.斗匕"´゙i,: : : : : : | ゙i,``'<.;__i,.゙i,: : : : : : :i!: : |::γ=、: ::|,: : : : : : |.i, : :
      ..|: : : : /!: : : ,!: : :/: : |: : : : 七'"|: : /     ゙i,: : : : ::|  \: : : ::丁T‐-=L_ : |: : |::|/、i : :|゙i, : : : : ,l .i: :
      ..|: : : / i: : : ,!: :/: : : :|: : : :/   i,::/      ゙i,: : : :|    \: : :|  \: : : ¨:|: : |:|r=、 | : ,| ゙i, : : : ,! |:,!
      ..|: : / |: : :,!/i,: : : ::|: : /   ,,斗,zァzxミ   ゙i,: : |   ,=ァ=xs。、,  \: : |: ::|,! /.リ: ::i  .゙i,: : :i .|,!
      ..i,: ,!  .i: ::,!  .i,: : : :|: /゙i,  .‖ も,|/ゝャ     .゙i,:|    .も,|//r゙ヾ、,  ,!ヽ!: ,!,!'" /: : :,!   ゙i,: ,! |!
       i,,!  .i,:,!   i,: : :,!|/: : i, i゙| {//し!/}      ヾ    {//し!/7} ゙|i, .,!: : : ,!' ,イ.i,: : :,!   ゙i,,!
        ゙   |!    .|: :/ |:,!: :i,    乂:::::::ツ           .や:::::::::ツ .,!: : ::,!'゙i,: | i,: :,!    ′
               .|::/ .|,!.|: ::i,.    `¨´            .ゝ-:''゙   ,!: : :,!  i,:|  i,:,!
               .|/  .,! .|: ,! ゙、//// l     ,      / l ハ ヾ \,!: : :,!   |!  .i,!  はい……。
                    |:,!  > .,                  ,. .,!: : ,!
                    |,!      >_ .,   -‐-     ,. 、''.´>!: :/
                           |`` =、`.i  。.,_,. . __´,. = ''´   ,!/
                          r|    `> 、rー''' ¨        |、
                / ``ー-‐''77'´、゙ヽ     |.|.|       ,. = ''´ `77''‐--、


125 :◆vsQyY1yD2Q
                     /://-――――-、/∧:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                    ,::/ /...:/::::::::::::l:::::::l::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                    ,::/::::l:::::イl:::l:::::::::ト,:::::l::::::l::::|:::::::::::::::l:::::::::::::::::|
                   ,:::l::::イ::::, l:::ト,:::::::! ,::::l 、::l::::l:::::::::::::::|:::::::::::::::::l
                   l:::l::/`ト:l、 l,::| ヽ:::|__、::!__リ、::l:::::::::::::::!::::::::::::::::l
                   |:::レ! ___ リ  ヾj ヽ! ゙l ヽ::::::::::::::l:_::::::::::::::l
                   |::::::l´ ト_ハ      ィイテ心 l:::::::::::::::l´l:::::::::::::|
                   |:::::::. 弋(ソ       込(ソ│::::::::::::, ノ!::::::::::::!  ところで、刺客を手引きしたのは
                   |::::::::,     ,         |:::::::::::::lソ::::::::::::::|
                   |:::: 八              ,:::::::::::::,::::::::::::::::::::l  やはり門閥貴族なのですか?
                   |::::::::::::> 、  - 、    /:::::::::::/::::::::::::::::::::::.
                     ,::::::::::::::|  l`:::...._,.. - <:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::.
                    ゙、::::::::::::, ,::::::::::l=' y==/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::.
                     、::::::::::l ̄/二´__|||_,/::::::::::/`ー,r-、_::::::::::::::::
                     ヽ:::::::,//////{//l/:::::://`ヽ、   ̄ `ヽ::.
                     / \:.,//////ー/:::////////      ヽ:.
                    /  {/.\/// l/´ヽ///////        ,:.
                  /   ヽ,-- '///-―-l/l \////  l /       \
                   、    /  ///.     l/l  ` ´   l'         ヽ



.        /:::::::.,:::::::::::::::,:::::::::::::::,:::::::::::::、::::`、
       /::::::,.'/::::::::::::,イ::::::::::::::l|:::::::::::::::',:::::::::',
       ,':::::::,','::::::::::::::,'.|:::::::::::::::i}::::::::::::::::::i}:::::::|
.      |:::::::i.i:::::::::::::::i..|::::::::::::::::!|:::::::::i : :::!i ::::.l
.      {:::::::!.||:::::::::::::!. | : ::::::::::::!|:|: : :|: ::::i!.i:::::l
       l:::::| 卜..,,::::| .|:i::::::::::::::i.|:l_,,斗孑i}.|レr    おそらくな。
      〈ヘ.lトY⌒ ̄``穴'''ナ¬ヒ,イ''''''l'i7.ハ.i .}
.       Y! {    //`!     ´|:;;;o|ノ .i !| リ   彼等の会話から
.       ゝ{l入 .//  ノ    `ー'  ,'ノ.|l'    「北の砦」 と言う言葉が聞こえた。
        |ト-ハ‐---‐'"  、      //||
-=ニ二二ニ=- .l! .ヘ           .人  .i!-=ニ二二ニ=-
|ー=====''´丶.丶、  ´  `   , イ'  ゝ=====‐'"i
.|  \        \\`  __ , イ  ./       /  |
..|    ヽ',          `、  `Y´  , '       //   .|
...|    \          ',ヽ, .l! ../        /'     |
 | 「``´ ̄\        /            冫''´ ̄つ亅
 .| i´ ̄``丶 `、         .| ○           / /´ ̄つ!|


126 :◆vsQyY1yD2Q
                          /      ,.イ l | l  .i  .|     、ヽ
                          / i  i  // / | |  |、  .|ヽ  ヽ | .|
                            |  |  |  ./ 、!  |ヽ .|ヽ .ト |、  | .iぅ |
                         | ,l |  .| /,.-、`ー ! .| | ゙、_|_,!,`、 | |ぅ .|
                         | | |  l ,|´r';;;}`    l|  ,,i!=,、 .l | |  ||
                            | | .|  , i、|弋り       {r';;| ! リ} ,' | .l|
                         | l |  l |ヽl ,,,    、   弋り  l,/ l .||  皆 逃げちゃったって訳じゃ
                         ,.!,  .ヽ  {     ____    ,,,  /   | .|
                        / l| ヽ ヽ ヽ、   (   )     ノ   / /   ないんですよね?
                          ヽr---、 ヽ`r 、_ ー '  ___,. イi | ,/ /
                       __,. '´    _`、ヽ_ ー--<_,i____/ レ .リ/ /
                    r ' ´       ヽ  ヽ 、_ヽ .|l|`,7______
                    ヽ  _       i ゝ   ______}_ {=   ト-、
                    r '´       |/ | / `ヽ、,}r-,_   ヽ ヽ
                  ,. -'´   ヽ   |  |  / 、 `ヽ、,!,,A ヽヽ、__||  ゝ、___
               __,,/-___     ヽ, _|__,-,/ -、`ヽ、ノノ  ヽ ヽ-'!、    ,...ヽ
              /  ̄`ー―― ,,z::/´  /    '´ フ´{  _  .l |  ヽ  ./  /
             /        ,./::/   /   ___,. '´-`゙ ' ´  ` L_! - }/ `ーL
            /         ,}:::/   /- '´/              /  ― 、  .i
            ヽ        Y::{    |  /              へ     `ヽヽ



         ,. ' ""~~""' .
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::/i::::i::::i:::::::i::::::::i:::::i ::ヘ
    |:::/ !:::|::::|i ::::|!::::::l!:::;i ::/i
    |:::i こ二戈i::::::l!斗l!亠l ::}
    メi´ /::/`Y´  ̄它アr‐!.
.     {δi、/::/ 丿,   しノ i∂}   ああ、逃げたのは
     ヽ∧/ ̄          /ヘ
      j \  ―‐ 、  ., ':| j  ブラウンシュバイク公、フレーゲル男爵を含む
          >, ___,,. ィi ::::|    三人だけだ。
           |`ヽv- '´|::::::|
    /ニニ二´\_,||_,  '二ニニ.ヘ、
     i'\     「o      ./ .|
     |  .〉    /      /   |
     | /    / o      .}/  |
     |. {     |  /ir/ ̄`ヽ |
    | i´ ̄i´゙゙" ''' ‐ !.,,,__,-ヽ'~ |
    | |  |             `ヽ |
    |.へ-'‐- __...,,__      /
    ヽ- i' "´ | o   `゙" ''i‐‐´


127 :◆vsQyY1yD2Q

                  .  ´ ̄ ̄ ̄`    .
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `丶、
              __/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          /:/:二ニ==一:::::::::::;:/::/ : /:i:::::: i::::::::::::::ヘ.
         /:λ:::::::ー==ニ二 ://::/ : /:/|i::::::|::::: V:∧ハ
         |::||:ヘ: ::::::::::::::::: 〃 /::/ :::::|::|::||: :/!:::::: i::::::|:||
         |::|:!:::ヘ:::::::::::::::::/  l::」|;_:::::|::|::||:::| |:::: λ::::|:||
         |::|ハ:::::ヘ:; --、/  >‐―>、|::||:::| |::_,.斗::::|:|!
         |::|: ヘ:::::゙| .ヘ. ヘ.  l. /::/ }  ,ィテァ⊥:::l:l'
         |::|:::::|\ヘ V) |/`く::/ ノ    じ/
         |::|:::::|.  \:7´|    ` ̄       ,'   どこまでが今回の件に関わっていたかは分からんが
         |::|:::::| //ソ               ' /
         |::|:::::| ┌─<_> .   ( ア .     これを理由に、貴族達は皆 正式に軟禁に切り替えた。
         |::|:::::| /     \ /> .__/
         |::|:::::|‐' ̄ > .  \
.          /|::|:::::|       >‐≧:、        実際、フレーゲルが複数人を引き連れて
         |: |::|:::::|           / ̄`ヽ、
         |i |::|:::::|     i:.  /     ト、     使者らしき者と会っていたのは分かっているからな。
.       /!ヘ.|::|:::/      :|:: /  /     ||
.     /|:.:.:.:|::l:/       |i/  /      :./\
.     / . : : : :.|:/:.:. : : . . . :.:∧.::/      /   \
  / . : : : : : : |'V: : : : : : :.:/:.: V      /       ヽ
./ . : : : : : : : : :.:∨: : : : :.:.∨:/       /       }
{ \__ _,.ィ´ ̄ ∨: : : : : :.V     : . /:.. . : : : : : :./
∨ .: : : :/: :|     ∨: : : : :/      : : |:: ヽ、: : :./
. ∨ : : : : : :∧    ∨:.:.:.:/     二二ニ!   `r ´
  ∨ : : : : : : ∧    ∨:.∧: : :       ∧:   |
.   ∨: : : : : :.:.∧     |i: : ∧: : : .      \. /



                     ____
                   ,  ´         `  、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::i
            |`、::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::/::, '|
            |::::::::: /::://:::/ :i:: i:i::::::::ii::::::∨::∧ヘ:/ : ::::|
            | :::://::://:::/ ::||:: |:|::::::::||i:::::::∨::∧ヘ ゞ : ::;
.            ヘ:::/ !:: i:ii:::i::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::lヾ::: /
            |´ヘ:! |::::|:||:::|::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::| }:::/,`!
            | ハ||',_,.ニニニト、,,,__ |:|::::::::| ,,...‐''"´ ̄ .〉!ハ j  メックリンガーには
.            V ||ヘ  /:::/ ̄Y     ,,____,,,... /.||//
             `||ヽ'/:::/   ノ    ´ ゙゙゙゙̄´ `/ ||/   逆らう様ならば反逆の意志有りとして
           |!ーヘー―‐ ´            /}ーi|     斬って良いと言ってある。
           |     、      i        /:::|  |
                    ゝ.    ___     .ィ :::::|
             ,..イ ∧ > . ゙ー‐―'  <. ∧ヽ、
     _,,... ‐''"   l./ ∧  \≧ー≦/   / ヘ.| `    .,,_
     /∧ _,,... ‐''"     ∧  |    |   /   `   ...,,_ ∧ヘ,


128 :◆vsQyY1yD2Q

                              、        ,. -―- 、
                           \.     /
                    ___   __  ヽ  // -―. .、
                    {////≦/////>,、Y:/: : : : : :_:_ヘー- 、
                        入///>-‐ァ==ー-ミ/Y/////,\、:ヽ
                   ,.ゞ≦: : : :/: : : : : : : :ノ:Y :`ヾ/≫、/ムヾ: ゚.。
              `ー―≦:, へ.,_: : : : : :,.: :ヘ、: : : ノ: : : ハ/ハ///ハ、゚。 :
                     /: :/: : : : :`: : ¨´: : : : : Yー---―ヘ`ヾ////j\:
                  /: : : ; : : : : : : :ハ : : : : : : : i : : : : : : : : ゚。:.}//////ム
                    /: : : : !: : : : : : / '. : : : : : : l: : : : : : : : : :゚。}///////
                 / : : : : : : : : : : /  ゚.:i: : : : : :l : : !: : : : : : : i:´ ̄ !:¨:!´
             /i: : : : : : !: : : /l'   i !: : : : : :!: :/: : : : : : : :i: : : : !i: :!/
             ,: :!: : : : :i`i:ー/-!   j/十ー―匕:ハ : i: : : : : }: : : :, l: j:/
             !/i : l: : :j!∧:/         ヾ: :j从/ ゚。:! : : : : !: : :/: l: /
              i !: :i: : :iz示苅         ィ示苅ニァi/: : : : : トY/: : i/
                  '. ハ: : i! r'/j}       rf/j::}  /: : : : イ/ }: : : :!   門閥連中が連れてた兵は
              j' ゚.: ハ ゞ '        ゞ= ' /: : : 。゚ノ ,.イ: : :i: !   どうなったんだ?
                     ゚。:!i ::::::: '        ::::::::::::/: :, イ-‐≦: : : : :!:.!
                   f人    _        /イ人Y: : : !: : : : : i: !   あいつら賊みたいなもんだろ?
                 ゚.  >   ∨ `ヽ     イ/....j\: :!: : : : : !/
                 ノ  乂....>`¨_  <  /..............≧x、 : : !
                /.!   二ニニ⊃      /........../....../ヾ: :゚.
                 {..j    ---イ.....!_   _//......./....../..........}: :゚。
                   }{、  -- 人....i.     /..../....../............../: : :゚。
                f..}≧==≦}..゚。...{     /./....../................./ : : : : ヽ.,_



.    //:/:::i:l:::::|::iヘ:、:::::::: \:::::::::\:::::::::::/::/:::::::: ハ\::::::::::::::::\
  / /:/:::/|:l:::::|::| ∧ヽ;::::::::::\:::::::∧:::::::::::::::__:::::::::::|  \:::::::::::::::`
 /  /:/ :/:::|:l:::::|::lV:∧ ∨::::::: ∧V:::∧ :::::/  `ヽ:::|   \::::::::::::
   /:/ :/:::/|:l:::::|::| V:∧ ∨:::::::::∧V:::/ヾ/ /´`ヽ V       \::::::
.   / i:| /:::/ .|:l:::::|::l ∧::/ / ::::::::::∧V. |{,, ̄` / \      \  みたいと言うか、そのものと言うか……。
  | l:|'::::::l .|:l:::::|::l/  /   ` ̄ ̄`    |   )ノ' /∨`ヽ > .
    `\::| / .へ. _,.ノ     ,         |     丿 ∨: /  / > .  無論、そいつらは犯罪者として捕らえてある。
.      ` |/ / \ `ヽ /       ‘、 厂 |  ∨   /
.       /  '  ´ ̄ヘ   ノ'              |  |  `゙'<    もはや奴等には
.        |    了` }         u       /   .|      `゙'  門閥貴族の庇護は無いからな。
.        |     lゝく               /  /    |
.        |    /゙> > . --、    .イ:./     /
.        |     / l|/     ≧ュ.、、__/|: く       /
.        |     ! /               \ \


129 :◆vsQyY1yD2Q

                   . -―‐- .
                  /:::::::::::::::::::::::ヘ
              /:::/: ,i:i::::ii::::V:ハ
               |::/: /:|:|::::||:::::|V::!
               |;;|≧x|:|::::||:::::| |;;|
              人|、//ノ  ー= /|'     後は北の砦で
              /:::/'人  _'_  ノ´|
         /:::/   .r><┐       ブロワとまとめて、ブラウンシュバイク公達を討てば
         /:::/,. x≦/ ヽl l/ ヘ≧x、
    ー=彡 /  |\ ./    「。   ∨ / |   この国に巣くっていた門閥貴族の勢力は一掃されるだろう。
  ー‐==彡'´    |  /.    |    ∨ |
            | {:::........ . |.。...........:::} |
            l ∧:::::::::::::|:::::::::::::: /  |
            |   \  |.。   ∠.   |
            ∨   |  |   /   ./
                ∨  ヽ |.。/   ./
               ∧  ∧⊥l     λ
           /= ∨.//´ミヽ\__/ ヘ.
             /   `ーヽ.彡__/    ヘ.
.            /      /|ミ|      ヘ.
           `<,___/`|ミ|___,.>'
             |     i|ミ|!     |
              |      :='='=       |
.            |      ,' |:::| ',     |
.             |     ,' |:| ',    |
           l.     ,'  |:::|  '     |
            |     '  |:|   '   |
             |         |:::|   ',.  |
             |   ,'   .|:::|    ',   |
           /   |    |:::|.    |   ',
          ,     |    |:::|     |    ',
           '    !    |:::|    |    !
            i     l.    |:::|.     !     |
.          |    ,′   .|:::|.    ',.    |
.           |        |:::|      ,    |
         |    ,      |:::|       ,  |
          |   ,'      .|:::|     '   |
           |  .′    |:::|       ',   |
            |   ,       .|:::|        i. |
.          |   i.      |:::|       |. |
        |  }.       |:::|      {  ‘、
         /ニニ|      |:::|      |ニニ\
      /´ ̄`、Y.     |:|      W´ ̄ヘ
      `ー一 '´       L:l         ``ー一´



             ,. ' ゙  ̄ ̄ ̄ ̄`丶 、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶.
            , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
         /::::::::::::::::::::::/:::::; '::::::::::::;:::::::::::::::::: : ヽ
         , :::::::::::::::::::::/: :::::/::/::::::::/:!::::::::|:::i::::',::::::ヘ
          |::::::::::::::::::::/::::::::/::/::::::::/i::|::::::::|i:::i:::::i:::::::::',
          |:::::::::::::::: /::;;;;;;/;;/::::::::/ ,}::!:::::::||!::|::: |::::::::i:i
       ヘ;.-、 :::/,.---ゥ:ヽ、,/ .i::|:::::::!i!::|::: |::::::::|:|
         { -ヽ.ヘ{ i  /:::/}\,,.   _,,,..-‐/-‐''"´
       ハ. ハ i.ヘ/:::/ ノ     イ弐i゙゙ア/
        i::::::\( }.冫---‐''     弋;ソ /
        |:::::::::: `‐ト           、   ∧    これは歴代の王も成し得なかった事だ。
        |:::::::::: : /|.ヘ           / ',
        |:::::::::: : {~ヽ、\.  ´ ̄   ,..'  .j
        |:::::::::: : |   ` 、>.、_,. <            その切っ掛けとなったのが
        |:::::::::/´゙\    } /´|
      ,..<´`>   `丶 | /  !ヽ ==、       できない夫の反乱だと思うと、ちと複雑だがな。
   ,.<゙  >'゙´         i´O     ̄`\
  / ̄`ヾ´         \        i |
  |    \i          `:、      \
  |      ヘ             `、       \
  |        ∨           `、        ヽ
  |       i::..            , O      }
  |       |:::::...          ,'        /


130 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /   __ノ  ヽ、_ \
   /   (○)  (○) \
   |  u   (__人__)   | 美緒……。
   \      |  |    /
   /       ⌒    \


     _| ̄|_       | ̄|  | ̄|_    | ̄|  | ̄|_
     |_  _|__      |  | ̄    |    |  | ̄    |
       /  _  ヽ    |  |二コ ┌'    |  |二コ ┌'
     ∠ / /   〉 |「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\
      |_|   ノ_ノ `⊇.ノ|_|、_ハ/ `⊇.ノ |_|、_ハ/`⊇.ノ
       ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
     ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
     ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
             i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧
             |:.:ir'´// j  z==、!:|
             !ヘハ//__ノ  、    A}   そんな顔をするな、やる夫!
             ト jハ    F=┐   レリ
             | :.:.:へ  ゝ__ノ /      別に落ち込んでる訳ではない!
             | :.:.:|((´i> - イ
             } :.:i:| 「 ヽ、 , kl
           ィ==┴' ー ∨ーV===、
          ∧        |O      ∧
         ム ヘ  /      l     i / }
        「_ ∨       !     V ーヽ_
        /    !        i O    |    \
     /    /ト、     人     八ヽ    \


131 :◆vsQyY1yD2Q

                         ,..‐ '' "  ̄ ̄ ̄     、
                       ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                   ,  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ.
                  /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                 /:::::/::::::::/::::::::::::::::::,..-‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
               /: : /::::::::/::::::::,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::: |
                /'./::::::::/:::::::/::::::::::::::::,..‐:::,.イ::::::::::::::/:::::::::::::: |
            /  / :://:::::///:::, イ´::::: / ./:::::::: / }::::::,..-‐|
             // / /!\´ '´ ./:::::/ ./:::::::/.‐''"´:::::::: : ,'
              /   / ´ ,| /\./ '゙´_,∠.-‐'´     }:::::::::::: /
                  /.|'::::/'ヘ‐'''"  .--‐‐‐‐‐…  ,ゞ:,.- 、/
                  /   |、/  ノ     '"~{乏汽`>  /:/ ヘ }:..、        これを奇貨としよう。
               , '     ! ` ̄       弋ゞノ   / .i ん /、:::::::> .
                 /     ,. ヘ.   '         ´     / ,}-‐'´ ヘ::::::::::::: `ヽ.
          __,,,................,,,_  |   ヽ. ゝ  __      , /''゙|      .}::::) :::::::::::ハ  ボストロールを倒せば
     ,. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::: `|   ./\      ,.<.../.イ|     /::::::::::::::::::::::/
    / '"´´  ̄ ̄ ̄`゙"''‐ . : |   /  i¨ ー‐ ≦´ _,..‐'/  ,へ.-‐''´::::::::::::::::::::::/    かつてよりも平和な
  /                   `゙| /  ヘ |   /    ,'_,ノ /\::::::::::::: ;:. '
  {                 !/   ゝ! ./_,...‐'''"   \   \"゙´        サマンオサになると信じて。
                    /       }´ ̄            \.  \
               /       / ○              /\/ヘ.
                /  /⌒',.   /     ___         /  i   }
              /   |   ∨../    /   !}       ,'ヘ,/   .|   |
             ,'     ヘ    ∨    {、_ ゙{        ' /    i   |
             ',: .    \.  `'<ニ∧  !_    | '        |
                ヘ.: : . .    `i、,ィ───チ   〉、\   | '        |
               \: : : : : ...(           〉.ヘ \ |           |
                > . : : ( ̄ ̄ ̄ ̄´ } .|   \ ̄>.._    |
                      ∨: : :.`,―――  }  l.     \   バ\  |
                  V: : :.‘ー------ ´   |          / !  \|
                    ∨: : : : \      /           /
                         ヽ=='_____,,...-‐''"´


132 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : 森 : : :● ニュー速で軍 駐屯地
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


133 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で軍 駐屯地 指揮所 】             |             |
    l゙              |                 !                ',
    !              |                    |             !
   .!              !                     !                ',
   !              l                   l             !
   l゙  【】           !                     ',        【】      ',
  . l  囚        ,'   ._/ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄\____ .l       囚     l
  /   ||_,,,.. -―'''__ ̄ ̄ 「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   `__^"'''''―||_..,,,_   l.
 彡‐'" ||    /  /|                    |\  \    ||    `'''ー.l.
/    ̄   /  /                           \  \  ̄          \
          | ̄ ̄|                              | ̄ ̄|


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
       ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  |
       イ /: :从 (⌒)(⌒) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ。  YOU、ボス敵と戦っちまったんだって?
           ヽ  .川  .}
            ヽ_/ } . ノ    お手柄じゃねーか。
           /⊂  \∩ノ ⊃
          (〆 ⊂ / _ノ |
          .\ “  /_ /
            \ /__/


134 :◆vsQyY1yD2Q

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ― ノ\   /\― 〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\    いや、笑い事じゃないから。
.    /  |         |  ヽ
.    |.u  ヽ__人__ノ   |   本気で死ぬかと思ったし、何度も。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |


      ____
     / ヘニヾ゙リン\
   / =▲▼--▼▲\   相当な相手だったみたいだな。
 /    /(__人__)ヽ  \
 |        `⌒´     |
 \            /


135 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
       〈 ― ノ\   /\― 〉
        ヽ彡'  ヽ /    ヾノ
            )    Y    (
        /γ⌒     ⌒ヽ\    もうね、あの恐怖を味わっちゃうと
       ./  |         |  ヽ
       .|.u  ヽ__人__ノ   |   そこらのモンスターは、大した事ないって思えてくるよ。
       \     `ー'´     /
r、     r、/           ヘ
ヽヾ 三 |:l1              ヽ
 \>ヽ/ |` }             | |
  ヘ lノ `'ソ              | |
   /´  /              |. |
   \. ィ                 |  |
       |                 |  |


        ____
       /    \
     / ヘニヾ゙リン \
    /=▲▼--▼▲=\   だったら、明日から一緒に行くか?
    |    /(__人__)ヽ   |
    \    `⌒´   ,/   町の周りのモンスター退治。
   /´`''" '"´``Y' "``'j⌒ ヽ
  { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
  '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
   ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
    `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'


136 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈 ● ノ\   /\● 〉
         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
            )    Y    (
        /γ⌒     ⌒ヽ\
       ./  |         |  ヽ  ……そうだね、行こうか。
       .|   ヽ__人__ノ   |
       \     `ー'´      /  町の周りのモンスターは
       /     ∩ノ ⊃   ,/    退治しておかないと治安に響くからね。
       (  \ / _ノ |  |
          \ “  /__|  |
            \ /___ /


          ___
        /    \
       / ヘニヾ゙リン\
     / =▲▼--▼▲\  決まりだな。
     |    /(__人__)ヽ  |
     \    `⌒´  /
   /´` |   ヽ   /,´´ ̄、~ヽ、
  /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
 (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
 {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
 i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
 /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
 |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /


137 :◆vsQyY1yD2Q
                                /i/:::::::∠___
                              {:::::::::::::::::::::::::::::、-―`ヽ、
                        ,..-――ゝ:::::::::::::::::> ̄     __ヽ、
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::/        \ ̄
                       /:::::;ィ::::::::::::::::::,ヘ::///∠_   vヽ  \
                         /:::://::::::::::::::::::/        i     i  \>
                     /::::/ ./::::::::::::::::::/          || i  |   {
                       /:// ;::::::::::::::::::::;   、         i! .;  .!  、 ヽ._
                   レi/ ,:::::::::::::::::::::; . '′  `、    |/   ;   〉 ̄
                      |  i::::::/:::::::::::;'● )    "ー-- . ;   i/   /
                     |:::/i:::::::::::::i.       (● )゙; // _i、l  おう、行ってこい行ってこい。
                     |/ .|:::::::::::::|    j        / // .;、|
                     |_,,..l:::/|::::N. -‐'"ヽ.    ) / ////     俺が留守番しといてやるから。
                      /.:.: |::i ヽ|  ` ー- `ー--‐'./イ/リリ
                     /.:.:.:.:.:.:.、|. :. ヘヾ           /ノ.:.\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヘ           ,//.:.:.:.:.:.:\
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /`i  -= -      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\



            ______
          /         \
         /       ::::::::::::::::::\
        / {,.、− - 、 ! ,. - −,、} :::::ヽ、
       i  ,ヘ二__`_爪_~__二.ヘ    i
       /=━▼▲▼ハ ハ▼▲▼━= i、
     . /     /  ::::||    ヽ       ;.   て め え も 来 い 。
      !    / i、_____人_____ノ \     !
      ヽ、       ィ--ェェェ        /
       /..ヽ、:::::::::::  个   /;:.::;ノ,,,,;;;::〜;;;::.._
       (;;;;__,,.. ;;;r;;〜''"゙゙゙゙゙゙゙""⌒::  ..:;:;:;:;..:)
   ;r''゙⌒゙゙::⌒⌒::   __ -_'":;::..:;:;:;:;:::;:;:;:;:;:;:;:;..: )
    ( :.   ::;:;:;:;  ヽ  :::;:;:;:;  ,__,,;;ィ::;;;;__'';;;:ィ''゙ヽ


138 :◆vsQyY1yD2Q

         ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
        〈/●ノ\   人● ヽ〉
          ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
          )    Y    (     ……怖いけどさ。
         /γ⌒     ⌒ヽ\
        /  |         |  ヽ  仕事まかされちゃった以上
        |   ヽ__人__ノ   |  出来るだけの事はしないといけないよね。
        \     `ー'´     /










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /::::::::::、::::::::::::::/   て
 ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
 ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  |
 イ /: :从 (●)(●) レレ|
  |ハ |  (__人__) ./ノ   社畜乙。
.    イ|   ` ⌒´  ノ
      ヽ        } | ̄|
      ヽ     ノ . |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


139 :◆vsQyY1yD2Q
                       __
             _,,,..--―‐''"" ̄_, -‐ '  ̄
       _,,,..-‐'' ̄    _,..-‐'' ̄
  ___,,..-‐'' ̄     _,..-‐'' ̄
 .7      _,.-‐' ̄
  ゙i     、,r'`
7''゛:::.   ‘,.\
\:::::::.    ` ,.\
  \:::::::.   ,,r'\\  ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ┛┗
   \:::::. i    \ 〈 ○ノ\   /\ ○〉.┓┏
     \::::(,    \ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
        ̄     .\)    Y    (
              /γ⌒     ⌒ヽヽ
             /  |         |.i
             |   ヽ__人__ノ |
             \     `ー'´   /'
              r'         .く\
            /           \\
              ,r'              ノ\_二⌒)


                                          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                         /::::::::::、::::::::::::::/   て
                                       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
                                       ノ//::::/  __ノ ヽ、ヽ  |
                                      イ /: :从   (●)(●)レレ|
                                          .|ハ |   (__人__)./ノ
                                         イ|     `⌒´ ノ
                                        r⌒ヽrヽ,    }
                                       /  i/ | __  ノヽ
                                      ./  /  /      )
                                     ./ /  /     //
                                     /   ./     / ̄、⌒)
                                    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
                                        r    /     |
                                       /          ノ
                                      /      /    /
                                     ./    //   /  /  ̄ ̄ ̄ / .__
                                    /.   ./ ./  /   /_/ ̄/  /// 7
                                    i   / ./ /        匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
                                    i  ./ .ノ.^/          / ./     l /l / / ./
                                    i  ./  |_/         / ./        /./
                                    i /               ̄          ̄
                                   / /
                                  (_/


140 :◆vsQyY1yD2Q


                                      ちょっ! カマ反則! お前、魔法使いじゃん! >

                                                 農夫の修行もしてるよ! >





         ....______,,,,,,,,,,,,,,,,
        /               \
      /            .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
     /                .;.;.;.;.;  \
   /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\
  /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ
  /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.
  i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、   こっちは平和だねぇ……。
   l                 (         / ヽ \
    l               /  ヽ、____.人__ノ /
   l               i   ∠..__ツ´   /
   ヾ               |      ー    /     ,>‐'つ
    ヽ、_                  .;.;.;.;   /    /.ノ ┃
       iヽ、_____          .;.;.;__ ノ    ! }/▲、
       ヽ        ヽ、_____´三/     { (´/▼▲
        !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|         ヽ( イ- ) 》
        |   .            :;:;:;;|         \ `ヽ::: ▲
       /ヽ、 ..    .,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,|\.;      7゙<〉   ▼▲━━┓
                              ::::::::::/:::::::\ ノノ


141 :◆vsQyY1yD2Q
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
    \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ
    /   r''ヽ、.|
   |    `ー-ヽ|ヮ
   |       `|
   |.        |
   ヽ、        |
     ヽ、 ._   ノ
       | ``ヽ、
       |``ヽ、\
       |   \ \
       /     .\ \
      ./     __\ \
     /      //  ̄ ̄
     \   /(~\
       \/∠\ \
       / ヘニヾ゙リン\
     /=▲▼--▼▲\     ちなみに俺は、オノとかハンマーを使うぜ。
   /     /(__人__)ヾ:y`ー 、
   |        ` ⌒´  /  y气   モチーフソフトが 「少年ヤンガス」 だからな。
   \         /   /\`ヽ,
   /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ
   |   _____/  \
   \            ヽ \                   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     \            ヽ \                  d⌒) ./| _ノ  __ノ
      \               j(ミノ


142 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第114話 「後ずさることは許されず、言葉も理もないままに…」 は終わりです。


デーモンソードは、『DQ3』 の隠しダンジョンに登場するモンスターです。

ガイコツ剣士系最強のモンスターですね。

ガイコツ剣士は、『モンスター物語』 の 『合成魔獣異聞』 で

アンデッドマン三体を合成して誕生するモンスター。
ただし、三体使うのに二回攻撃しか出来ない失敗作とされています。



地上世界では 「ガイコツ剣士」 と 「地獄の騎士」 が出現しますが

ガイコツ剣士が二回攻撃+ルカナンなのに対し

地獄の騎士は二回攻撃に加えて 「やけつく息」 を使うため
いつでもマヒによる全滅が有り得ると言う強敵です。

DQ史上最初の 「やけつく息」 の使い手であり
DQ史上有数の 「やけつく息」 の名手でもあります。


それに対し 「ソードイド」 は、ゾーマ城の深部で出現するのですが
こちらは二回攻撃+ベホイミ、時々痛恨を出すと言う

言うなれば 「ガイコツ剣士の強化型」 モンスターです。

やけつく息が無いため、地獄の騎士の方が手強いとも言われています。


そして 「デーモンソード」 なのですが

こちらは二回攻撃+やけつく息 と言う 「地獄の騎士の強化型」 モンスターです。

ほとんどの攻撃魔法が効かず、味方一人を集中攻撃し
いつでもマヒによる全滅が有り得る強敵です。


一番 質が悪いのは、そんな強敵であるにも関わらず

経 験 値 は ソ ー ド イ ド の 方 が 上

と言う事でしょう。


しかも、ソードイドは 「吹雪の剣」 を落とすのに対し

デーモンソードが落とすのは呪われた 「諸刃の剣」 です。


その辺の事情も含めて非常に いやらしい敵、それがデーモンソードです。


なお、ラリホーが割と効きやすいと言うのも原作通りです。



そしてデーモンソードが語っていた 「魔界を牛耳る伝説の剣豪」 の元ネタは
『ダイの大冒険』 のヒュンケルの名前の由来です。

今にして思えば、実は これってロン・ベルクの事だったのでしょうか?

ドラムーンのゴロアが言っていた、「最強の武具と鎧を持っていた不死身の剣豪」 こそが
ヒュンケルの可能性もありますが。

ちなみにヒュンケルの養父バルトスは、地獄の騎士ですね。



次回更新は、5/4(日) 20:00〜を予定しております。

4/27(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。



.  __       /i                   i\        _
.<__゙ー、__   / / \ ジゴクノキシ! /   ヽ ゙l、  ,,,,,--" __,,>
.   ー、__ ゙゙ー / /,-、      _--_      _r‐、l ゙l‐'' _,-'
      ゙゙ー/ / /、     / \     /\ .| ゙l-'¨
       / /_/、・ )   ィ(,,゚Д゚ )゙、   ( ・_-l_l  i
       .i  l l__ヽl__|l   / _____ ゙、_l|__l‐ _z i  l
       l___l f F _-' ̄ーi l__rz__l i‐'  ゙ー_ ¨l ゙l _l___l
 ∧  /,,,__ヽヽ__゙ー、ユ   〉  ‐  〈  ィ"-‐'__ノイ__,,,,_\  ∧
. l  i  了z r 廴 _r‐‐'_li___ ゙l [ ] l" __il_¨ー=- rl、 Y丶l¨  l  l
 l  i  l__ ノ_/ァ_l、_-フ ./ ゙ー'`ー‐‐'ー"ヽ ヾー、j _r、__、__i  / ,l
. ゙l、 ゙ 、 -=-    /イ -三二Ξ二三-゙ヽ\    -=- ノ /
   \ `ー‐、_n_ノレ'_/  三二Ξ二三  \ノ'^、_n_,,,,,‐''" /
    `ー、_, l l へ /   イ ィ^ー-Ξ--'^、   _ゝへ_l l___,-"
        l_l_,  ノォ  __,i‐ ¨ ---_¨‐i  ヽ 廴ソ-l_l
          ̄ '' ./ ,-‐' ̄    \\  ¨
             ト、'"|__        \\
             ゝ‐ i       __/<
             `r   iz      / l_ム
            l----__/ .   イ   _l
             ~ ̄¨     .〈 ___゙l
                     .`ー─‐'


第113話へ    4 第115話へ

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイアつきたま 3 ※公務員でも世界を救えます (ガガガ文庫)
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイアつきたま 3
※公務員でも世界を救えます
(ガガガ文庫)

この記事へのコメント
デーモンソードとヴァンがどうなるか楽しみだなぁ…

…あと、最上部DQの更新日が悪魔日常と被ってます
Posted by at 2014年04月21日 20:21
ずいぶん前の前振りからようやく仇が現れたのに
いつも一人ふらふらと所在不明のヴァンさーん! 出番ですよー!
Posted by at 2014年04月21日 20:54
しかしブラウンシュバイクもアホだねえ
仮にもっさんを始末出来たとしてもその後に反乱軍とどう戦うのかね?
あの戦いようじゃ結局は振り出しに戻るどころか更に戦局が悪化するだけに
まあ、どっちにしろこれでブラウンシュバイクは詰んだな
やる夫に討ち取られるか反乱軍に討ち取られるか
サマンオサ復権後に王子に反逆者として処刑されるかの三択になりそう
Posted by at 2014年04月21日 21:07
※3
ブランシュバイクじゃなくてフレーゲルかな、
もっさん始末しようとしてたのは

今回一番印象に残ったAAは>>122だな
Posted by at 2014年04月21日 21:27

いや、この盤面でもっさんを始末しようとしたのはフレーゲルの方だよ。
ブラウンシュバイクは反乱軍とボストロールを片付けて、宮廷に戻った後に
もっさんを謀殺しようとしていた訳だしね。
Posted by at 2014年04月21日 21:38
きめえ夫とギャラナイ夫仲良いな。
そして貫禄の15才。

ほんとに15才か?
Posted by at 2014年04月21日 22:57
俗に、日本刀で人をひとり斬れば初段の腕前という。
攻撃こそ当ててないがきめぇ夫は一皮むけたな。
Posted by at 2014年04月21日 23:38
>ま、待て!
ここで吹いたww 狸爺的な方法で切り抜けるつもりが全て台無しwww
もう覚悟決めろよ…。その1ででっかいフラグ立てたんだしw
>ヴァンVSデーモンゾード
個人的には、ダン・オブ・サーズデイのAAが使われたら嬉しいかもな〜。
Posted by at 2014年04月22日 00:11
やる夫もなんだかんだで味方の戦力減らしまくってるなーw

農夫の鎌と死神の鎌・・・  まー同じかね・
Posted by at 2014年04月22日 00:50
襲撃失敗した挙句相手方の情報を自分から漏らして北の砦に逃亡、って (唖然)
駒としての価値を自分から投げ捨てた相手をなんで保護してくれると思えるんだと言いたいが
それすら気付けないんだろうなぁ、コイツ………
Posted by at 2014年04月22日 00:51
たまらぬ男、やる雄の今後の活躍に期待!
Posted by at 2014年04月22日 02:09
>駒としての価値を自分から投げ捨てた相手
立場や地位とかじゃなくて自分自身に価値があると思い込んじゃってるキャラだからしゃーないさ
Posted by at 2014年04月22日 02:54
一人旅プレイの最大の敵だな<地獄の騎士
Posted by at 2014年04月22日 03:46
読み書きできる教養があって、ルーラが使える魔法使い
やる夫が意識して集めてる人材に実はフィットしてるきめえ夫さん
Posted by at 2014年04月22日 08:05
うーむ、できない夫が実際の民主主義革命について詳しく知ってたらこうはならんかったんだろうか?
本当の革命は下級貴族から始まったっていう。

けど少なくとも、圧政に耐えかねて反乱を起こした農民や、彼らを救わんとするできない夫の志が間違っているとは思いたくも無いが。

貴族との協力を蹴った以上、そこそこの知性を持った人材が暫定政府を起こすに足る程度の数は居ると思ったんだがな・・・。
まあ、できない夫は優れた理想論者ではあったが、強かさに欠けてたって所かな・・・・。聖人ではあっても政治家では無かった感じ?
Posted by at 2014年04月22日 08:20
できない夫はやる夫とリュカ家の今の関係知っているのかね?
Posted by at 2014年04月22日 13:54
これサマオンサ北部、中央部は外国人支配層が領土を管理する
最悪の治世が始まる予感しかしないな
Posted by at 2014年04月22日 16:09
裏ダンジョンの敵とまがりなりにも渡り合えたということは、
喪黒ぐらいなら倒せそうな気がするな。
Posted by at 2014年04月22日 19:23
全貴族打倒なんて大風呂敷かかげずにアルヘンティーナみたいに独立宣言しときゃよかったんだよ
そんなら所詮サマンオサの国内問題にすぎないから他所から干渉くることもなかったし
Posted by at 2014年04月22日 19:28
優秀で良い人たちだからこそ、他の人たちもがんばれば自分たちのようにできるという思い込みがあるんじゃないかな
少なくともヤンは、反乱軍に参加してる人は民主主義を理解していて国を動かそうとする思想を持っているのだと思い込んでしまっていた


やる夫たち側も門閥貴族をわりと穏当に処分する事はできたけど、彼らの穴埋めをどうするかの解決策はまだ出ていないよね
できない夫側ほどではないとはいえこちらも少々不安があるなあ
Posted by at 2014年04月22日 19:52
いつぞやの伯父上が国王発言といいフレーゲルに腹芸なそできんから逃亡自体は正解だったかもしれん。
逃亡先も伯父上巻き込んだのもダメダメだがなー
Posted by at 2014年04月22日 20:34
できない夫はいろいろ根回しが足りなかった。
段取り整えないままおっぱじめたので各方面で不足が出たって感じ。
受け入れられやすく納得されやすい名目立ててシャーマンの保護に動いたやる夫との差がそれだろう。
世話になったはずのリュカのところにすら根回し相談の類をせずにことを起こしてるんだからお察し。
Posted by at 2014年04月22日 21:13
きめえ夫頑張って経験値積むんだ!
何せ田畑の仇は魔王なんだからなw
Posted by at 2014年04月22日 21:43
ダーマでやる夫のモンスター職が正式に認可された際には
嫁にも体力がつきそうなモンスターを憑かせないとそのうち洒落にならない事態になりかねんな

それとも数で補う意味で慰問団レベルの嫁を作るかwww
Posted by at 2014年04月23日 06:08
門閥さんは北の砦で「愚か者め」とか言われてあぼんという未来しか見えないのだが
Posted by at 2014年04月23日 09:15
>モチーフソフトが 「少年ヤンガス」 だからな。

イメージとギャップがすごいんです><
Posted by at 2014年04月23日 10:24
ラインハルトは救出されても復権はムリだろうね
反乱軍と馴れ合わないためにも救出後はロマリアで保護するのがいいよね
そうすればできない夫の帰れる場所をなくすことも出来るよね
Posted by at 2014年04月23日 14:52
そういえば、戦争終結後のサマンオサについてはコメントでも色々語ってたけど
戦争終結後にできない夫と三賢者をどう扱うかについてはあんまり話してないな…
Posted by at 2014年04月24日 06:08
できない夫は拉致して幽閉して戦闘中行方不明で決着させるしかないとおもう、存在自体が拗れるし
三賢者は斬首でいいと思うよ生きていると火種になるのは見て明らかですし
Posted by at 2014年04月24日 17:51
ぶっちゃけラインハルトの方針次第じゃないかな?>三賢者の処遇
やる夫が下手に庇うとそれこそ全世界貴族VS異世界勇者の構図になりかねんし
Posted by at 2014年04月24日 21:24
三賢者の処遇は、
まず第一にサマンオサの処遇、
次にロマリアないしリュカ家からの処遇、
そして元々勇者認定を受けていたアリアハンからの処遇
それぞれ一罪としてどうこうするのではなく、別件で裁くが妥当な落としどころになるんじゃないかな
リュカ家ないしベイダー兄貴からは斬られてもしゃーないけど
サマンオサでしでかしたことを考えると「偽王に反発して、現状の政治体制に不満を理由に革命を大衆の立場から行う」ものだったから、コレに対して弾圧や処断って立場をラインハルトは取れるか微妙かも
(オーベルシュタインが草刈りしてしまう可能性はあるにしろ)
一方で一番扱いが難しいのは実はアリアハンで、アリアハンの勇者認定は異世界から現れたのを突然、っていう不可思議なものに片っ端から拒否権与えずに勇者認定してしまったものだから、勇者としての後ろ盾としてははっきり微妙で、
やる夫の大義名分も「イエローオーブとガイアの剣の入手」「ブロワ家の討伐」そして何より「シャーマン族の解放」で、最終目的が「ボストロール討伐」で、三賢者のやり方に現場での干渉はできても戦いにおける道義ではないから、その辺の処理が最終的にてこづったりする
(そして、その手の交渉ごとについては少なくとも孔明はプロフェッショナルなんだよなぁ)
Posted by at 2014年04月25日 21:20
三賢者は惜しい人材でもあるんだよな…
戦後のサマンオサはどう考えても人材不足だし
Posted by at 2014年04月26日 03:23
三賢者の孔明って、魔王軍(というか喪黒)の仲間だと思うんだがなあ

今川版ジャイアントロボの孔明にジョブチェンジしたらスゲー燃えるんだが
Posted by at 2014年04月26日 05:40
三賢者+できない夫がやってることは門閥貴族の撃退とボストロール討伐、
がとりあえずの目標(大義名分は農奴を開放し、今まで門閥を許容してきたサマンオサ王朝へNoを突きつけ、民主国家を成立させること)だから、
魔王軍、少なくとも人間社会の弱体化を策とする喪黒とは利害があまりにも一致しないんだよねえ
門閥に好き放題やらせてるだけで勝手に国力衰退していくのがサマンオサだから
さらに国力削るためのエジンベアとの同盟および対ポルトガあるいは北方三国との戦争のプランはやる夫が潰したわけだし
Posted by at 2014年04月26日 19:49
喪黒にとっちゃサマンオサはこれまで通り腐敗してた方が都合がいいわけだし
それを崩すような事を自分から煽る必要はないわな
どのみち崩れるのが避けられない状況なら、逆にそれを利用してもう一手…とかはあるかもしれないけど
Posted by at 2014年04月27日 21:18
やる夫がもっさんと結婚してサマオンサ貴族の仲間入りして
国の再建するしかないよね
各国の王侯貴族にパイプがあるやる夫くんならやってくれるハズww
Posted by at 2014年04月28日 03:21

ロマリアで授爵が内定してるし、そいつは難しいだろう。
貴族ってのは言ってみりゃ世襲の高級官僚なわけだし、アメリカの公務員が日本の公務員を兼任できるか?っちゅう話で。
Posted by at 2014年04月29日 22:18
複数の国で爵位を得た人物とか、現実の歴史上に例はないのかな
軽くググッたけど分からんかった
まぁ仮にあったからといって、DQ世界でも同様事はできるか、やる夫がそうすべきかは別問題だけど
Posted by at 2014年04月30日 06:14
頑張れきめえ夫、ここで勇者としての功績を上げれば逃げた奥さん(セイバー)が戻ってくるかもしれないぞww
Posted by at 2014年04月30日 21:23
やる夫が無理にサマオンサで貴族にならなくても
もっさんの地位が向上すれば問題ないな
Posted by at 2014年05月02日 03:09
↑2
中世ヨーロッパなんかには複数の国の爵位持ち、いたはずだよ
でっかい国の周りの独立している小国が別々の国で爵位をもらったりして、
でっかい国同士が戦争を起こさないように尽力したり、戦争したらどっちにつくか悩んだりしてたらしい
Posted by at 2014年05月02日 12:59
戦場の英雄も、宮廷では借りてきた猫、戦が終われば我らの独壇場よ フフフ

しかし、想像以上に甥がアホだった
Posted by at 2014年05月04日 01:44
>でっかい国同士が戦争を起こさないように尽力したり、戦争したらどっちにつくか悩んだりしてたらしい

中世の騎士は、武士みたいな忠誠心とかゼロの傭兵みたいなもんだからなぁ
恩賞を沢山くれる方につくだけで、今日の味方は明日の敵なんて当たり前だったし
Posted by at 2014年05月08日 04:42
同意してないっぽい相手をルーラで連れ去ってるのはまずいのでは・・?
ルーラ誘拐できちゃいそう
Posted by at 2014年05月11日 17:54
「じごくのきし」は、あの不気味な赤黒い身体とやけつく息が本当に怖かったなぁ…やっぱり鳥山明のデザインは神だわ
Posted by at 2014年05月25日 22:28
ダイ大で親衛騎団がルーラでパーティ分断したのと状況は似たようなものでは?>ルーラ誘拐
Posted by at 2014年06月03日 21:05
錬金で満月のリングを作るんだ。
Posted by at 2014年06月05日 18:28
ギャラナイ夫いいキャラだなあ
皆がチート過ぎる中でこの3人のやりとりは平和だ
Posted by at 2014年07月11日 17:17
最底辺から登ってくるのがポップみたいでカッコイイなきめえ夫
Posted by at 2014年07月28日 12:07
さらっと「社畜乙」が出てくるギャラナイ男www
意外と良いチームになったな復帰組勇者
Posted by at 2014年09月14日 00:32
もっさんも女の子なんだから、お姫さま扱いしてもいいと思います。
それしても、あの格好で居るんですよね。

ああ、フレーゲルならするでしょうね。
ていうか、刺客送って暗殺狙いましたよね?
あ、ブラウンシュバイク公がとばっちり……まあ、いいか。

後方なら安全だと思っていたら、いきなり騒動が起きましたからねえ。
雫も気が気じゃないかもしれませんね。心配してくれるのは嬉しいけども。
あ、逢引……。嫉妬に狂った……。

誰のせいでもないし、気に病むこともないんですけどね。
失敗を繰り返さないように努める必要はありますけども。
まあ、足腰立たなくなるくらい愛し合っていたわけですし。
ヴィクトリカにせつなも、ですか。なんでしょう、まどか達の時にも感じたけどすごい背徳感。

む、三人だけ逃亡ですか。他は見捨てたわけですね。
まあ、見捨てられた貴族や私兵もこの状況で逆らうようなら斬首でも良いかと。そこまで馬鹿なら死んだほうがいい。
門閥勢力の一掃、できない夫反乱軍の討伐、ボストロールの討伐でサマンオサにも明るい未来がくるかな?

デーモンソードがやけに強いと思ったら、隠しダンジョンのモンスターですか。道理で。
Posted by とあるA at 2014年10月02日 21:54
これまでずっと王権だけじゃ国の癌たる門閥貴族を排除出来なかった歴史があるということは
どれだけ迷惑をかけたとしてもそれとは別に、できない夫の反乱こそがやっぱり門閥貴族を排除出来たきっかけなんだよなあ
Posted by at 2015年03月02日 22:31
↑もっさんもが語ってるように、切っ掛けとしてだけなら、必要悪だったと視えなくもないか
Posted by at 2015年08月08日 07:48
※公務員でも世界を救えます
Posted by at 2016年06月19日 11:17
>これを理由に、貴族達は皆 正式に軟禁に切り替えた。
無能な連中を間引ける、絶好の機会になんてことをw
Posted by at 2016年10月27日 22:37
フレ「私ならそうする!そうに決まっている!!」

結局最後はその門閥らしさで自分で首を絞めた形になったんだね。
Posted by at 2016年11月05日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93687163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ