■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/15 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年05月05日

第115話「思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから」(1)

第114話へ 1    第116話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ            `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     ● △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


2 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,●`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : 森 : : :○ ニュー速で軍 駐屯地
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


3 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロンベッタ 】
                                           ,.;'"~⌒'
                                     ノ⌒ヾ`'"~
___                        _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
  ::::/|`⌒',=-   ,_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ      ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,ヾ、.,__ソ^`
 ̄ ̄| :|`'"~       ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
: : : : | :|
: : : : | :|n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : | n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : ____ _: : : : : : : : : : : : : :_.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,._ : :____ : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : :/____/_|: : : : : : : : : : : : :.[二][二][二];| /__________/_ヽ.: : : : : : : : : : : :
: : : : |;|コニ|| ,___||,||ニiニニiニニiニニiニニi|;;;;;=====;;;;|;;| ||     .|| ||ニニiニニiニニiニニi
 ̄ ̄.: ̄7||'____||,||..ノ囮 ̄ ̄品品7.|;;;;|    |;;;|;;|.| ̄ ̄ ̄"| ̄| ノ皿皿 ̄ ̄卅
 ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄./_____/. : ̄7. :―. : ̄7. ̄ ̄ ̄7 ̄ /_____/
 ̄ ̄ ̄ ̄/\-. :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/] ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄\/| -[|三三三三三|]/| :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :-|二二二二二


4 :◆vsQyY1yD2Q
     :| :|  | |        | |        |      | :|  |            | :|  |
     :| :|  | |______t_____:| |______t_____:|      | :|  |______::::| :|  |___
     :| :|  | |        | |        |      | :|  | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| :|  |\\\\
     :| :|  | |____| |____|      | :|  |      ||      || :|  |: : | ̄ ̄ ̄|
______| :|  |_______________:| :|  |      ||      || :|  |: : |___|
_|__| :|  |_|__|__|__|__|__|__| :|  |   ::ロ||ロ::   || :|  |: : |      |ニ>ニ>ニ>ニ>
__|_| :|  |__|__|__|__|__|__|_| :|  |      ||      || :|  |: : |      |
_|__| :|  |_|__|__|__|__|__|__| :|  |___||___|| :|  |\|___|
      \|_|                     :\|_|          \|_|



       ,、                , 、
         l:. \         /.: i
        |:.:.  \  __ /.:.:. |
        |:.:.:.  ..::`´    `'.:.:.:.   |
       /:.:.:..:.:.:.::...          ヽ
      ,':.:.::.:.:.:.::.:.::..       -― ',
        l:.:.::.:.::.::.:.:.:.:.:.:...         __l   えっ……あの、その……。
       {:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:..:.:..  し  /  }
      ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:...    、___/
          ヽ、:..:.:.:.:..:.:.:..:::.:.:.::.:.:..  ,/
       /:.:.:.:.:.       .:.:<


5 :◆vsQyY1yD2Q

          \__人_人从_人_人从_人_人从_人/
          _)                          (__
           )   腕が何本もある、異形の剣士を    (
          ̄ ̄)                        ( ̄ ̄
           ̄)  知らないかって聞いてるんだよ!! ( ̄   . / /::::::/~/メ、::::::/:://l:::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ̄ ̄)                        ( ̄ ̄../  ハ:::j/ィ‐‐、ヽ_、//::::、:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::
           /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒YY⌒\  ./   ∧l/:.`、 (ッ Y } ハーァ-::;;-:.、_:_:_:_.:::::::::::::::
                                     /l    '、ハ!:::ヽゞー-ソノlリ '´リ:.:/∠云ヾ、lヘ、:.:.::::
                                _,,、-‐´  |    ::|  ::::;;:´:::;;;:::::/  ::::r_~,、-‐-、`リ`|::::`丶
                         -‐‐‐`ヾ ̄    ヽ,   |   .::|     .::::/   ::l::::ヽ (ッ  V/::::/::::::::
                              ヽ     '、  |    ハ|     ::::/    `:、:::ミ:::- 彳::/:::::/::
                               ヽ      、 |   | | √   :〈 _      ::::;;;-フノ:::/ノ::::
                                ヽ     ! |  | :| !{iヽ、            ノ彡./::::::
                                 ヽ  /ヽ l   | :|  //`ヽ丶、       イ;;::::/:ソンヘ::
                                  ∧´    l |:  | ハ \ヽ、 `ヽ`ニ‐ァ 〉  ア´ソソィ''リ l
                                 / ',   l::|  |  :} `::::、\`_ー_ゥン ´ ,.ィ´   /    |
                                /   |  /:..|  |  :| 、:::::::::ー    ,.イ/   /    |
                               /    | /::::::|  |  ヽ、  ´,.. -‐''´/    /      /
                              /     |/::::::::/\∧  ‖:::: ̄::::::::::/     /    /



   ∧_∧
  (;´Д`)  ヒイィィィィー!!
 ⊂   ⊂ )
    〉 〉\\
  (_) (_)


6 :◆vsQyY1yD2Q

      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
    ( ゚д゚,)∨    ( ゚д゚,)∨    ( ゚д゚,)∨    ( ゚д゚,)∨    ( ゚д゚,)∨    ( ゚д゚,)∨
    (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃

             ,ェ≦三≧ェ、
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
           _,ィェエエエエェェェ、_
           テ三ミ'´・ j ・ ヾ气≧.    あ〜、そこの君。 と言うか、ヴァン。
            ̄ヘ_i   `   u.i_ノ ̄
              _ |  , --、 _,!__       ならず者じゃないと言うなら
         /ヨiヘ   ---' 7三≧,
         ヤ三iテ≧---イ三三/    こちらの話を聞いてくれないかな?
            7≧ミヤ--::::-フ三三三z
         i三三ヨ!::::::::::7三三三ヨヤ
        7ヨ三三i|:::::::::7三三三三ヨヘ
          jヨl|三三i!::::::::i三三三7 ヽ三ヤ





                             __/ 、     :        : : : : : /∧
                       ,.. -‐ ' "´: : /〃:\_ .::        : : : ::/_/: :l
                   ,.  ´        //: . : . :/ ̄ヽー- ---、---‐ "´|: : : : l
                ,. '´          \: . : /  /ヽ |: . : . : . : :|: . : . : . :l:.:.:.:.: .丶、
              ,. ´               丶、 /  .l │: . : . : . :| : . : . :ノ: : : : : : : : .ヽ
             /  _....  ---─---- 、_____     ` "ー┴----- ┴: '"´: : : : : : : : : : : . .\
          /,. ‐"             Z::::: ス_、_                          ` ー
        f´ フヽ            ,. - ''"´イ::/ ー`゙\__..zt、_‐‐_r─r---、- 、_        . : :
        ヽ、_ ノ        ,.. - "   . : : : 7l       l リ   '~ゞ''゙_メ}::/::::/´ ;}:::::::ア: ヾ、ヽ、_:_:_:_:_:_:_:_:
               ,.. - ' ´    . : : : : : : ::|.    /          .ノイ:::::::zリノ::::ノ : : : : : :`ヽ、
             <        . : : : : : : : : :l   /         /::::::::ノ/:/ : : : : : : : : : : : ヽ   ……あ?
                ヽ      . : : : : : : : : : :|  、 `        ^7~ン !´ : : : : : : : : : : : : : : : \
                /ヽ    . : : : : : : : : : :、 〉`ー- 、       / / l : : : : : : : : : : : : : : : : .  ヽ
            ,.. - '" ::.::.\    : : : : : : : : : ハ`丶、 ー ュ〉  ,. :'´ /: l : : : : : : : : : : : : : : .
          ,r ´      ::.::.::.\     : : : : : : :.{  丶 `¨´ _/ / : /: : : : : : : : : : : .    ___
         /         ::.::.::.::.\    : : : : :|ゝ、__. イ三_/ : : /; : : : : : : .   ,. ::"´::.:
         |            : . ::::\    : : `|\ l|r┼´彡´: ,. ´/ : : :    , '´::.::.::.::.
         |               :: ヽ    : :| : .ヽヾ | 孑´: /: /: .    /::.::.::.::.       /
         |    ヽ            ヽ    .:| : : ヾ| Y /: : ./   /::.::.::.::.        /
         l      ヽ |          〉、   |  : :N」´    :/  , '::.::.::.::.         .::/
         ヽ        |!         / ∧  :|   /ハヽ    /  /::.::.::.:         .:.:/


7 :◆vsQyY1yD2Q
                      / /::::::/~/メ、::::::/:://l:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    /  ハ:::j/ィ‐‐、ヽ_、//::::、:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /   ∧l/:.`、 (ッ Y } ハーァ-::;;-:.、_:_:_:_.:::::::::::::::
                 /l    '、ハ!:::ヽゞー-ソノlリ '´リ:.:/∠云ヾ、lヘ、:.:.::::
            _,,、-‐´  |    ::|  ::::;;:´:::;;;:::::/  ::::r_~,、-‐-、`リ`|::::`丶
     -‐‐‐`ヾ ̄    ヽ,   |   .::|     .::::/   ::l::::ヽ (ッ  V/::::/::::::::   話を聞くのは そっちの方だ!
          ヽ     '、  |    ハ|     ::::/    `:、:::ミ:::- 彳::/:::::/::
           ヽ      、 |   | | √   :〈 _      ::::;;;-フノ:::/ノ::::     異形の剣士を知らないか!?
            ヽ     ! |  | :| !{iヽ、            ノ彡./::::::
             ヽ  /ヽ l   | :|  //`ヽ丶、       イ;;::::/:ソンヘ::
              ∧´    l |:  | ハ \ヽ、 `ヽ`ニ‐ァ 〉  ア´ソソィ''リ l
             / ',   l::|  |  :} `::::、\`_ー_ゥン ´ ,.ィ´   /    |
            /   |  /:..|  |  :| 、:::::::::ー    ,.イ/   /    |
           /    | /::::::|  |  ヽ、  ´,.. -‐''´/    /      /
          /     |/::::::::/\∧  ‖:::: ̄::::::::::/     /    /



  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
! ,         ヽ● i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄   ああ、うん、何となく分かった。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从         例の恨みがあるモンスターを探しているんだね。
三7、   ̄  . イ、_
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi        分かったから、落ち着いて話を聞かせてくれないか?
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7


8 :◆vsQyY1yD2Q
       ┌―――――――――――――――――――――――――――――――──┐
       |                                                │
       |            ∧_∧                                    │
       |           _(  ´Д`)  トンファー ――                         │
       |     ┌┐ /      )                                      │
       |    // / ,イ 、  ノ/                                      │
       |  // i / / |    (〈                                   │
       |  | i i || |     }                                  │
       |  | i | || ヽ   ヽ                                  │
       |  | i ニ(!、)    \  \                                  │
       |  \ヽヽ、    ./  ゝ  )                                    │
       |    `ー'    /  / {  |                                 │
       |          / _/  |  |_                                │
       |          ヽ、_ヽ {_ ___ゝ                                  │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |                                                │
       |           ―― って、バナナやないかーい!                   │
       |                                                │
       |            ∧_∧ そ                                │
       |           _(´Д`; ) て                                │
       |     ┌┐ /      )                 ドゴォォォ _   /       │
       |    // / ,イ 、  ノ/                   ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _ .     │
       |  // i / / |    (〈              ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_   .│
       |  | i i || |     }                      (/ , ´         │
       |  | i | || ヽ   ヽ                      / / / \       │
       |  | i ニ(!、)    \  \                 / / ,'           │
       |  \ヽヽ、    ./  ゝ  )               /  /|  |               │
       |    `ー'    /  / {  |               !、_/ /   〉             │
       |          / _/  |  |_                    |_/             │
       |          ヽ、_ヽ {_ ___ゝ                                  │
       |                                                │
       |                                                │
       |                    Now Bananaing                     │
       |                                                │
       |                      現在説明中                      │
       |              しばらく シバかれながらお待ちください              │
       |                                                │
       └―――――――――――――――――――――――――――――――──┘


9 :◆vsQyY1yD2Q
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
    ______,|    ...:;;|_____  i ̄i  ||  i ̄i
    |     |   ... :;;|      |
    |     |    ...:;;|      |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         \
                           \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|



              _,..--- 、._ _/`` ‐ - 、::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
              (::::::::::::::::::::::::::::::{       `` ─ - 、:_::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:/
              ` 、::::::::::::::::::::`..、            `` ─ -、 _;:;:;:;:;:;:;:;/
                 ` 、::::::::::::::::::::`` ‐-、._                     /
                    > 、::::::::::::::::::::::::::::::``‐- 、 _             /
                    γ   ヽ/`` ‐-、:_::::::::::::::::::::::::::::``‐- 、 ___ /:::::ヽ
                  {            ●`` ─ 、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ____ ` 7               /  ● :::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
         r''"´:::::::::::::::::::::::::::::::``‐-、               /       ̄ 万  ̄ ̄ ̄ ̄
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          〉         / ./
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;|                     /.ノ     なるほど……。
           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;|               /
           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;|               ト、        それでリーマ砦から
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;|   _          /::::::::::::`....、   ここまで……。
    _    ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;|     \        /::::::::::::::::::::/
 ィ チ::::::::::::::::` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;|.        \        |:::::::::::::::::::/
イ::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;|                   /:::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::::;;;;;;;|              /:::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::::::::::::;;;;;;;;|`=ミ _  _ ィ ー ´::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;\    X´ ー ヽ::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヽ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;\   〉/   ):::::::::::::::::::/


10 :◆vsQyY1yD2Q
               |::::\       _ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::|-、
              |:::::::::`''ー-一''´:::::/::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::.\
              ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::;:::::::::::::::::::::::;:::::|::::::::: `''ー-、
              ハ:::::::::::::::::::::::::::./ヘ:::::::::::::'::::::::::'::::::::::::::.|::::::::::::::::::::::\
                 ヽ:::::::::::::::::::::::ヘ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::\
                   \::::::::::::::::::: ヽ lヽ、_::::::::::::_;::-‐'´|:::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     ` 、::::::::::::::::::::`ト、  √ ̄ / _,/::::::::::::::::::::::___:::::::ヘ,__
                      .`:::、:::::::::::::::::::`7r― '´ ̄::::::::::::::::::;: -‐'´`ヽ ̄`7⌒)
                         v'゙\:::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::;::-ァ'´::::/:::::::::::ヽ.  `¨´  ……で、何か知ってるか?
                        /:::::::::.`ト、;;:::/仁_;::::-‐;´;;/:::::/:::::::::::::::::::::ヽ
                     / :::::::::::ハ  ̄ソ     ノイ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /| ::::::::::::::::::ヽ  _   、ー'゙:::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  ./::::└'" ̄`'弋:::::'   `  ソ、:::/:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::___ムヘ..`ー '゙/レ'::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::___\




               |二二二二二二二二ニニニニ|
               |二二二二二二二二ニニニニ|
               |二二二二二二二二ニニニニ|
               ├---=ニ二二二二二二ニ=-‐|
          _  -=|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}=─  _
       rf二二二ム: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_/二二ニニノ
       `` <二二二二ニ=\====≠ニ二二斗 ´
            { ̄ 「    o       o   ̄|:::L_      腕が何本かは知らない。
          .,.x≦ム             {      |ノニニiト、
        .≠ニニニニ7           ノ       |二二ニ>Y   だが、北の砦に質の悪い剣士が
          |二≧zz_ニ7                 |二斗≦ニ}
         Y二二二ニュ               |7ニニニ7    いるとは聞いているよ。
        Y二ニニニi       ,. --- 、      |二二二7
          .Y二二二=|                 ,.i二二ニ7
      _ -=チニニ二二二i > .,_      _,.. < i二二ニL_
   「二二二二二二二ニニi   `` 、 ̄/ ̄    i二二ニ/二二ュ
    i二二二二二二ニニニi        ∨       i二ニイ二ニニ|
   .|二二二二二二二二二\     |.      i<二二二ニニ=|


11 :◆vsQyY1yD2Q
                          / |     ,. ‐ "    ,.. -‐ ::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                          |  |  ,、 '´   , .ィ:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       /
                          |  |/  ,..r''::´:ヽ:::::l::::::::::::|::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
                          |/ ,、イl:ト;:|,ゝ:ヽ::\!::::::::::|´二ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::フ  /
                        /  ,ィ:l::::| |ル゙,ムヾヽリ|::::::::::L._、 |::::::::::::::::::::::::::::::::::|‐''´
                     /    /::::| |ィゞィ;ソノ   j/ }:::::::::::/ ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::::|_
                   /       {:::ト:ゝゞ ´     ノ:::::::::/(ノ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::/   質が悪い?
                 /        ヽヽ}       ´ン:,、:ノ  r '  \ト、::::::::::::::::::::7
               /       _,. -‐ '"´ |       ´      |  l    lノヽハ、::::/   __
              /  ,.. -‐ '"        ノ _             |  !     ,、 ‐_"´'ィ ´  ヽ
                            ` ̄l             ノ  l  ,.、 '´‐"´       |
                               `7´ ̄`    /   |/'´           ヽ
                                `l      . :.:.  /'´              |
                                |    /ァ ‐´'´               / ヽ
                                ` ー ´//               /    ヽ
                                    >'´              /  -‐  "´ }
                                  /              /           〉
                                 /             /    -────- |



     i三三三三三三i
     i三三三三三三i
     i三三三三三三i
   _i         i
  i三三三三三三三三三三i
     │ / ● │● i
    (  ̄      つ i       ブロワ卿の部下でね。
   !二コ           i二フ
  ├─┴─┐  -‐‐.!三/7    頻繁に砦内の居住区に繰り出しては
   ゝ三三三│   _ノ三/7
    ゝ三三三i  ⊥;:丶 7/     反抗的だとか適当に理由を付けて
   /ゝ三三三i ̄;:\l;:/ /三\    人を斬って行くらしい。
  /三三三ヽ/ヽゝ;:;:;:;:;:/三三\
  (三三三三ヽ/ ̄ヽ:;::;:│/\ ヽ
   \三三三ヽ/ ̄ヽ/ 三三ゝノゞ
    / \三三三Yミ三三/三三)
    ) 三\ミ三三三/二二二丿
    ノミ三へミ三/i:;::;::;::i三i
    ノ 三三三三三i:;::;::;::i三i


12 :◆vsQyY1yD2Q
           _ , - ": : : : : : : : : : : :l´ ,l: : : : : : : : .:: :: :: :: :: :: :: :: ::l
       _, : ':" : : : : : : : : : : : : : : : : : レ' ヘ:: . : : : :..: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l\
    ,ィッ=´‐─ :、: : : : : : : : : : : : : : : : : l   ヽ:: .. : .:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::;l::. ::ヽ
  ゝニ "      ` 丶 : : : : : : : : : : : : ヽ  / へ 、:: :: :: :: :: :: :: ;: :':: l:: :. : :ヘ
               ヽ、: : : : : : : : : : 丶/: /l : : l|  ̄  ̄ ̄l|:: :: :/:: :: : : : \
                > 、: : : : : : : : : :\/: l : : l|_____ll.,: ':: :: :: : : : : : : \_
              /://.: \: : : : : : : : : : .:`:ー:─:─:─:´:: :: :: :: :: : : : : : : : : : :
             /: : /: /.: :: :lソト、: : : : : : : : : : . :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : :_
            ∠: _:/: /: :: :: ::トj :ヽ: : : : : : : _:_:_:_:_:_:_::_::_::_::_::_::_:: :: :: : : : : : :_: ,:z:
          /´: : : : :y': :: :: :: :l: i : :ヽ:-子l´`ヽk 寸ムノイ: :ソ: : :ヒヽ:: ̄:: ̄::": :: : .::  ……奴の やりそうな事だ。
        ∠:-:‐:ヽ: : .:l : : :: :: :: l: l   、 /: : : : ' ' : : : : ソ: : : /:: :: : :ヽ:: :: :: :/:ノ.: :: :
      /: : : : : : : :\l: : : : .:: :: :ト、:l __ ヽ:`: : : : . : : :,彡从:l:: :: :: :: : : :l :: :::/:/:: :: ::.  喜んでやるだろうよ。
    /: : : : : : : : : :.:: ::l: : : : : :.:: ::l :ヽi ` ニ- 、_: : : : ノ:r': : : : l:: :: :: :: : : : :l:: /:/:: :: :: :
   /: ,ィ:  ̄: `: :、 : :: ::ゝ. 、: : : : :: :l: : :l  >: `ー:_: /: 〃: : : : :l:: :: :: : : : : : :」//: : : : : :
  //: : : : .: :: :: :: : `、:: :: ::l::ヽ: : : :: l: : `t、__:∠: : : : 〃: : : : : :l:: :: :: ; : '::":: ;: -‐ ' " ̄
  l": : : :.:: :: :: :: :: :: :: ::l :: :: :l:: :丶: : :l: : : `、\: : : : :/: : : ; -: "::/:: :: :; - "
   >: : .:: :: :: :: :: :: :: :: :: i:: :: :i/, へ: :l : : ヽ>、\: /: ,: ':: :: ::/:: :: ::/
 /:: ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :: :: l:: ::l/:: :: :: l::ヽ:  ,rア//´: :: :: /:: :: :: /




三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,     フム……僕も これから
:i,              i,    !        7三i   /三i!
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!     ニュー速で軍の動きに合わせて
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!     北の砦に突入し、そいつを探す気なんだが
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ     ……一緒に来るかい?
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ


13 :◆vsQyY1yD2Q
             ::::::::::::::::`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::\       \:::::::::::::::::::::::::l
             ─ァ──--::、ヽ、:.:.:.:.:.:.:\::::::::、`:::..、     ヽ、::::::::::::::/
             ,ミ´::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ、:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::`::::..、   / ̄`/
             :::::::::::::::::::::::::::/ニヽ/::`:::::::、/:::::::':::::::::、::::::::::::::/    /
             \::::::::::::::::::::{ / j/::::::::::///:_>、::::::::::::::::`:::::く     /
               \:::::::::::::::|{ミー'::::::|:::/レ' |_,、トミt,\::::::::::::::::::::::`'::::<
                \:::::::::| |:::::::::::ハ|   ` ヒj゙ッ、_,\:::::::::::::::::::::::::\
                  \ハトヽ::::::ト|      `` ' 'ヾヾメ\::::::::::::::::::::::::ヽ
                    `ヾ、ヽ|          ´リ /fソ、::::::::::::::::::::::::ヽ
                     .:.:.:.. \           l  イノヘ::::::::::::::::::::::::ヽ   ……良いだろう、案内しな。
                   :.:.:.:.:.:.:.:. \         | /   \::::::::::::::::::::::i
             :.:.::..   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... \     ヽ、_ レ´     ヽ::::::::::::::::::|
             :.::.:.:.ヽ .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,、 -=_‐_,、/         ヽ:::::::::::::|
             :.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/、    ー‐‐ァ':.:. ヽ         ヽ::::::::|
             :.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:/ヽ ̄|\.    |.:.:.:.:. ヽ          ヽ::|
             ヽ、:.:.:.:.:.:.;:.:/ゝヽ \ |:::::` ー‐.':.:.:.:.:.:.  ヽ          ´
             :.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒> ` 〉 >|:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ
             :.:.:.:.:.:.:.:..ト/ / /  |:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.   ヽ
             :.:.:.:.:.:.:.:.|ノ //   /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ',
             :.:.:.:.:.:.:.:レ´/   /::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ',
             :.:.:.:.:.:.//   /:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.ヽ
             :.:.:.:.:∧|  //:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  :.:..ヽ




           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       . _ ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ,ィ.´:::::::::::|/``‐-、_ : ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::ヽ
      {::::::::::::::::::|////////////////////|::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::..ゝ、 _///////////////|:::::::::::::::::l
      ` ォ、 _:::::::::::::::: `ー ─── ´::::::::::::::::::::::::::ノ
       {  |::/‐- 、 __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ ´
        .i   |イ        ̄`  ̄ ̄ ̄::::.! ´ |
         ゝ _|   ●   l   ●   l::!   ノ
          .,ィチ|        |       ├ "
     ..ィ////|         (          ト、    決まりだね。
      |.ゝ///|                 |//ヽ
      |:::::\/|                 |//ノ|   戦いが始まれば好きにしてくれて良いけど
      |::::::::::::`a、            _____.|/:::|
      ヽ::::::::::::::::|   `───'   |::::::::::::::::/   それまでは見付からない様に おとなしくしていてくれよ?
       |:::::::::::::::|、            ,|:::::::::::::/
    _______〉:::::::::::::| :` 、      ィ 7:::::::::::〈_____
   /::::::::::::::\:::::::::|: : : : :`ェ ー ェ: :´: :|:::::::::/:::::::::ヽ
  .|:::::::l::::::::::::::\:::|:\: : : :ヽ /: : : :ィ|:::/::::::::::::::::::|
  {::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : V: : : : : /:::::::::::::::::::::::::::}
  .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::l:::::::::}
  |:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::|:::::::::|
  ri::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::| : : : : : : : : : |::::::::::::::::::::::|:::::::::|
  |:::::::::::i::|:::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::|::::::::::\


14 :◆vsQyY1yD2Q

            , - −  ̄ − - 、
         |`−-- ____ --−´|
         |          |
         |          |
         |          |
         |          |
         _ -|`−-- ____ --−´|- _
        i´   `−-- __ --−´   `i
       `−--___    ___--−´
          i´| ● ̄i ̄● |`i    ところで、ヴァン。
.          `|    i'´     |´
           |   `      |     リーマ砦から どうやって ここまで?
            `   ー−'  イ
              `−-−´



                        |  / /       /  / | ヽ ヾ!
                        /イ  /   ____/ ,,. / _|_|___|___
                      _/ / -‐ '"´ __,,...、...--r‐r‐::::ヽ────── ̄‐-ヽ
                , 、 ‐ '' ´ __, 、 -‐‐ァ:::7:/:;:/LハL,,|ノ,_,、ム |:::ト;::::::::::::ーァ          |
             ,、 ' ´,、 ‐ ' " ノ::::::,r‐、l:::::{:/|::::|戈tィォ‐ァ 〉` jノム、:|ハ:::::`ヽ         |   _
          ,. '´,.  ´     _イ::::::::l ⌒|::::::ト! ヾ、   ̄      fッミ‐、!::l::::リ         | /ハ
         /, '        ヽ:::::::::::| {ノ:::::::|           | `ー' /:::ハソ          ヾ   /
      //            ゝ、:::ヽヽ::::::::ト               |   l:/              ̄/
     / /-──- 、        ヾ_:::::\_\ヘ、        ‐ /   /          ,.. -‐ ' ´
   /´ |ハ       `  、       ンハ| |         _    /      _ , -‐ "
   {   } }          \     /! 人     /´"' _‐ゝ , '\-‐ ''"´
   ` 二ン            \__∠___|    ヽ     ´    /´ ̄`       徒歩で。
                     | ̄'┴-!、_   \       /
               r───‐┴──ァ 、` 'ー 、\     人         こっちに奴がいそうな気がしてな。
               |         /   ヽヽー、ヽ  ̄/´_\、_
               |         |  ゝニ´:.:.:.:.| |  / /r--ァ7   ̄ ー- 、
               |           |    //´l:| |  | //:.ゝソ/         `丶、
               ヽ        |    ('   l:| |  ∨:.:r,) /             `丶、
            _∠ ̄ ヽ      |       l:| |  |:/.ノ /                 \
        ,、 ‐ '"´   ヽ ヽ\     |    ,rニ:`:| |  //  /            ,、r "´  ̄ ̄



            , - −  ̄ − - 、
         |`−-- ____ --−´|
         |          |
         |          |
         |          |
         |          |
         _ -|`−-- ____ --−´|- _
        i´   `−-- __ --−´   `i
       `−--___    ___--−´
          i´| ○ ̄i ̄○ |`i
.          `|    i'´     |´    勘で ここまで来たのかい……。
           |.u  `      |
            `   ー−'  イ
              `−-−´


15 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ●          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : 森 : : :○ ニュー速で軍 駐屯地
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


16 :◆vsQyY1yD2Q
【 カブノール 】
                              ∧I
                              [[[[|  ∧   __
                              |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\.
                                    {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|
                              |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':::;'.;,'
 _  _ _          ___        .....|ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅....,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;; ;,',;::;'.;,',;::;'
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''....;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″″″″″″″″' /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″″″″″″″''./″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″


17 :◆vsQyY1yD2Q
【 できない夫解放軍 本部 ( 元・ブラウンシュバイク公爵邸 ) 】
ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──



         /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
         i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
         !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
         lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
        ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
       '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙.   ―― と言う話を聞いてきたんだが
        ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
         ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′   できない夫、僕達が民主主義を実現するには
           `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
            ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、       まだ やるべき事があるんじゃないか?
           ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
           _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
       _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
      '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
          ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
           |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


18 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   「    \
 |    ( ●)(●)
. |  U     |│   教育、ですか……。
  |     ___´__|
.  | u.  ´    }.    確かに それも重要ですが
.  ヽ     u }
   ヽ     ノ     まずは、この国の不平等を解消する事から
   /    く  \   始めて行かないと……。
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


               ______
              r〃〃〃 f7⌒ろ)
               l‖‖‖ ||   f灯
                |‖‖‖ ||   | |
                |儿儿儿._」⊥厶
               〔__o____o_≦ト、    今の この国は、お世辞にも平和とは言えませんからな。
                  「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ
              |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i   民主制は、弱った身体に劇薬を投じるものかも知れません。
                  l ー| `ー'  ||、_八 |
               l │     ll  〃V   しかし、荒療治が必要なのもまた事実です。
                、{`―-ヽ ,〃 〃  \
                __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
                  ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
               /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ
           〃 l   |  l| | l| 〃    /     /    └ヽ
          /   l  |l | |l/″   /      !  厂    \
         く,  Y   ! l」fレト!    /       | /        1
         丿  |   | 丿} じ’  /      | /         |
        /     l   | `¨      /      レ′        |


19 :◆vsQyY1yD2Q

     / ̄ ̄\
   /   `ー- ‐'
   |   ( ●)(ー)    そう、荒療治ですよ!
   |  U     |  |
.   |      ___´__ノ
    |      ∩フ´⊃   まずは門閥貴族と王家を どうにかしないと
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   教育どころではありません!
  \  " /___|  |
.    \/ ___ /



                            ,.'"´   .: .:.:.:.:::::::.:.``ヽ、
                             /        .:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.ヽ
                          /           .:.:.:.:.::::::::::::::ノ
                           /    〈カ     .:.:.:.,,、、-‐.:;;;:;;ヽ
                         i          ,.‐'"´.:.:::::;:;;;;;;;;;;:;;::;゙、
                         ヽ       , ィ;;;: . :.:...:::.::::::;;;;;;;;;;;;;:;:::i
                           ル`.::.-‐.:ィイ.::;i!i;;;:; 、.:: :.:.`ミ、:;;;;;;;;;;;;:;:;:〈
                          /.: ::彳ソイ ノハ;i `トt、 `、.:::`ミ、ヾ:;;;;;;:;:;:;:;i
                         V,.:ィイ, -‐-‐、リ `ー _--、`ヾ.ミミ、;;;:;:;/
                            V.::;;, ィヒッラ:., .:;;<ヒッラ_ ::`;;:;r ,;;;リ
                           `ヾ;,    .:i       :: ,リイ l;リ   確かに、それも現実だが……。
                                `i   /  ,       、_ノ;;{
                             ',   `^"      , ス;:;;:;;ヽ
                                ハ   -ー- 、   /  iリト、;:;ハ
                              ′゙、  ー    /   ,' `V.::;.ヽ,,_
                      _ _____,.ィ´.::ゝ     ,.イ    ,/.:.:.:::::::!::.¨`ー- 、 _
                  ,.ィ 二 _ __ __  / .:i ,`""" ´<_, イ  .:.::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.``
                /^1           ,/  /^|/  ,イ ,イ  /.:::゙, /ヽ.::::/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.::.
                  /  i!ー --- ─一 /  i::;;;|   l/   V .::;;;:;;i ヽ/.:::/ .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /   ;          /  /.;;;;;|  /i   / .::;:;;;:;;;|   /  .::::.:'"´ ー- 、:::::/´
                 /   {        ,′ /.:;;;;;;;;ト ----‐ '.:;:;;:;;;;;;;;;;;|  /   .:::   .:.::::::::::::::/::::::


20 :◆vsQyY1yD2Q
                    _,;r''"                      ゙i
                   ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
                   {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
                   ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
                   _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}
                    ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
                    {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}   だが、門閥の勢力は
                    ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ  今回の戦いで ほぼ壊滅した。
                     ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
                       ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'    完全にトドメを刺すには
                         'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'
                          'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、.   ニュー速でと本格的に
                          ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l   事を構える必要がある。
                       _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
                 _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_
              ,-ス"    ,/,i' ゙i /   ,イ;"  ィ;i⌒l   r"_r=i-l  jL_  ゙'''ー-
             ,/",i'        ,;i'j  ,}    ,;f ノ  ,i' ノ ‖   レ-'''""    ゙''ー-
            ,/' ;l       ,l,j r'"l,    ''   ,:トツ  ‖   ,;:r''
              /'  Lニ--ー   l,l "゙l;, `''ー----─''" ラ'  iLェー''"


         __
.      / ノ \
.     / ノ   (―)\
    | (/) \   \   …………。
    |         ___   ヽ
      \  U   /'´   |
      \         /
.        \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \
         /       \. \
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|


21 :◆vsQyY1yD2Q

              _,-‐==ニ==‐-,
              {7 .ii .ii .ii .ii .ii
                 ‘ || .|| .|| || .||
                .i  .|| .|| .|| || .||
             ├‐" ¨ ̄ o ̄ ¨"┤
              |, ,-‐ ' ¨ミ三彡¨"豸
             ::|| ,.r‐ 、.,_   _,.≠、!
             f::l|  「i刃  〈「i刃 i}   ヤン殿の力を以てしても厳しいですか。
             { .i|  ` ̄    ゜ ̄´ ,
            人.i!       '   ハ    ニュー速で軍の相手は。
               i:::::::ゞ.  {i- ―‐.} ハ}
              弋::::仝ゝ,    "  .人:ツ _ , . r-‐' "¨{
             ,.≧|(⊆≧‐-l|≦⊇) <       {
          _r</ :::l    ||.!r            i
       _ r<  ∧::fi   /               !
      /     ∧::::i { ,∠                ト
     ./ ,  ,.  !:::::::i レ                  !‘ ,
     ' ,.    i:::::::::/                  .! ハ
    ,.  ' /   .i:::::::,'                   }  ハ
  /   i '   i::::::i                    ・   ゜
 /    .! !    i:::::i                   ‘
./     Y    i:::::i-‐! ̄! ̄¨/¨ ‐- ,._        ゜    ‘




              ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
             /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
            〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
            l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
             l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
           /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
         〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!   やれと言われれば やるけどさ。
         lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!.
           `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!.   門閥軍を減らしたと思ったら
            `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!   ほぼ 同数の援軍を連れて来るんだよ?
                 `゙゙j!   (  `::.:.       u.  、_ノ;;;;;;;;;;j!
                  ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!     精強なニュー速で軍が中核を成す大兵力。
                jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                  ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ     出来れば孔明先生に替わってもらいたいね。
                    ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
          /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
           //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
         ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
   ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 ''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
       / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
       ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.


22 :◆vsQyY1yD2Q
             _,,..........,,,,_
            ,.z.!゙ ||  ||  ||  ||`,
            ((~||  ||  ||  ||  || |
.            l ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          |'''。'"´ ̄ ̄ ̄o ̄ ゙̄|
          ,''l.T:/´  ̄ ̄ `'" ̄ `|
           l::| |/          |   そうですな……ニュー速で軍が北の砦を攻めている間に
             !::| | /`ヽ、,,_   _,.=ヘ|
           !ヽ!j   ',´('7`   .{ エi` |   坂本卿の印章を偽造して偽の命令書を作り
         | 9.lj    ̄    l ̄ .!
         !`ーll       _.j   |.    コスタットに解放軍を入れると言う
          ,'::::::::l',.   〃____ ', ,'
         ,'::::::::/ ヽ   ''      './l    「贋書の計」 と言うものがありますが。
.          ゞ:/ヽ   \      /::ノ
        __/ヽ   ヽ    ` ''iリi" |ヾ



     / ̄ ̄\
    /ヽ へ   \   , :┐
.   ( ●)( <)    | / |
    |  |        | /   /    なるほど! 流石は孔明先生!
    i __`__r−、  l/  /
    { `ー'ヽ, ',. .,/ :/',     門閥貴族だけでも片付ける事が出来れば!
.    ヽ.   |  l_/_, -‐、',
.     ヽ.  |   / , -−'i|
     /   {  V , -−ヘ
     |   ヽ  L| r= |


23 :◆vsQyY1yD2Q

     / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.     / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
    レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
    レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
    |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
    |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行_ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
    |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
    |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\       それをしたら、北の砦の次は
    '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\     ロンベッタが火の海になるよ?
    ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ
    |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ.   それよりも、門閥との戦いは
    |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \   終わったと判断して
    |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
    |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //.  計画を次の段階に進めるべきだ。
    |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
    |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
   |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.     l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
     .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
      ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /



    / ̄ ̄\
  / 「  へ \ +
  |  (t:ク)(t:ク) |
.  |    |   |
   |  、__´___  j   おおっ! ついに王都へ侵攻ですね!
   |        }
   ヽ       }
    ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


24 :◆vsQyY1yD2Q

                        ,.-──‐- 、
                     ,.'´        \
                     /         _,,、-ーヽ
                     /          ,ィ<    ゞ`,
                  !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i
                  ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!
                 ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij
                   l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈
                  l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !
                      `i   j       '゙,イ ,ィイ   いや……それは まだ早いかな。
                      ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ
                    /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、
                     /   \_ _,/  _/Y  >、
                 _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |
         _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _
       / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
      ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
      /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
    . /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
    /      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |





   / ̄ ̄\
 /   「    \  |_
 |    ( ○)(○)  /
. |       | │ >
  | u    ___´__ノ  \   どうして!?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


25 :◆vsQyY1yD2Q
             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!     彼らも精一杯やってくれてるが……。
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!    今の練度では、ニュー速で軍に本格的に
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!     追撃されていたら全滅の危険があった。
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!     あれを見て確信したよ。
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!.     これでは もっと強力な軍には勝てないとね。
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐.  ……たとえばボストロールのモンスター兵とか。
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.



   / ̄ ̄\
 /   「   \
 |    ( ○)(○)
. |  U    | |  …………。
  |     __´___|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \  \
    |    |ヽ、二⌒)、



26 :◆vsQyY1yD2Q
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i   では、ヤン殿は どうしようと お考えで?
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ'


                       ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
                   ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
                 ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
                〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
                レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
                l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
                リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
              、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i   そうだね……ニュー速で軍と言うか
              彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
                V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(.    南部解放軍は春まで動けないんだ。
                   ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
                  ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ   春までに兵を鍛える事が出来れば
                       ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
                          ゙、        /   _ノノ:\     勝機を見出す事も不可能じゃないと思う。
                      ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                       `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                      ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                        / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                     {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                        い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
                    ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
                   /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
                    /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
                 /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|


27 :◆vsQyY1yD2Q
                   ___
              _, -−'´ヾヽ ヽ,
              くく_,-,   ヾヽ ヽ、
              .ヽ<<  , -`_´,_,i
               ヽゝ`´,.,ィ;> ,,___ヽ
 , --,、_            〉´:::::||/ ´ くi!} ヽ、  せめて指揮官不足が解消されていれば……。
/  /,  )       r-r-、/:::::i´`|l  ´"  ノ
l   l.`ー'- __ _____i i  i:::::::::``Y|l  /-ーi          /i
ヽ, ヽ       l;;;;;;;;;;;;;l`ーヽ;;;;、-‐'ヽ,ヾ、、_.ノ         / ヽ
 | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄l;;;;;;;;;;;;;;;l-//  \  〉し´ヾi)       /'    ヽ
 |  |  _______/;;;;;;;;;;;;;;;// \  \´ ヾ、|l|      /'      i、
 |  |  i: : : /;;;;;;;;;;;;;;;;i/     ヽ、. \  ヾ}     /'       .i
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ヾ、  \ ヽ,   ,|`  i    i  .|
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;|        \   ヽ, ヽ  .l` .i .i    i i .l
 |  |  i : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         ヽ   ヽ. ! |` .i .i    i i .l
 |  |  i: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|          \. ,、 | | !, l i_, -ー、/,//
 |  |  i: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         、 `,! `' |  ヽi/ ゝiillノ 〉
 |  |  i: : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|          ヽ、. \ .!   >,((i;r-ー '、
 |  |  i: : : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           \ \rゝ、,i 〉--ー-〈
 |  |  i: : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            `ー  !`7ー----、''´



                         ,、 - ───‐-、、
                        ,r'"´.:.:.:::::::::::::::;:;:;:;;;;;;.:.``ヽ、
                        /   .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;;:;;;;;;;.`ヽ
                       /      .:.:.:.:::::::::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;ノ
                    l  〈カj  .:.:, -─── ─ - 、、;;;;:ヽ
                    人  _ , ..ィ .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;゙,
                   ,イ;:;:;;;:;;:7ィイイノノ1.:.:.:.:.::::::::::::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                   ヾ;:;;;;<,,ィシ^i;|リ ト、.:.:.::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  コスタットを落とし
                    トl;:;;!``ヾ リ  ヾヾ.:.:.:.:::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  坂本卿を捕虜に出来ていれば
                     `j でソヾ  ''´ー‐-、.:.::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                     l  ` 7  ´でソニ ``ケ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   話の持って行き方次第で
                     |   ノ         リi:::;i!ハ;;;;;;;;;;;ソ
               _ __ _,.イ! ( _,,、          j:;;;iノ !;:;;;;;;〈     対ボストロールに関しては
          , ィ"´.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::! 、_ _        ィイ'゙' _ソ;;;;;;;;;;;ヽ    協力する事も出来たのだろうが……。
         /.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ー-``     / Y;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;L_ _
       /.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、         /   リ!;:;;;;;;;;;/.:::::::.:.:.``ー
     /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::;:;:;;:::::::::::::::::::.:.:ヽ _ _ , .. イ      `7/.::/!::::::::::::;:;:;;;;;;;;;
     ,/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::;:;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ‐-、_  __ /.::::::/ |::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;
     i.:.:.:.::::::::::::::::::;;;;;:;:;::::;;:;;;;;:;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   \ `ヽ !.::::::::::l /:::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;
    ノ.:.:.:.::::::::::::::::;:;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L _ _ _ノ」::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    !.:.::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「ヾ::::::::::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ./:::::::::::::::::::::::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.!    ̄``ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.(ー ) (ー ) |
      |      | u |  逃した魚は大きいと言う事ですか……。
      l U  __´___   l
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ


28 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.( ●) ( ●) |
      |      | u |  でも、間に合うんですか?
      l U  __´___   l
     ヽ  /___ヽ !   春まで時間が……。
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ



              /   . :. :. :.:.:.::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
             /   !   .: .: :::::::::::、;:;::;;:;:;、ヾヾ、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
           ,.イ  .::i:l      ゙゙;;、.:.:;;;;ヾミミミミ、;:;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;!
            l:i!.::;;!. :.:|:l       `;、 .:.:ヾミミミヾ;:;;:;;;;;;:;;;:;;;;;;;|   それについては、僕も
            リl.:.:;|.:::::M、`,`、.::::::::::;:;.:;:;`ヾミミミヾヾヽ.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;!   精一杯やるとしか言えない。
            ヾl!.:l::l:^ヾトト、ゞ、.::ヽ.:.:ヾ.:ヾ;:ミミミヾ ミミミ;:;;;;;;;i'
             `ヾトト、`ー==''゙`ヾ.:;:;:;:;;:;;:;r‐-、ミミヾ.:;:ミミヾ:;;;!.   ただ、ここで手を抜いてしまっては
               `ヾ! ´テ-ュ`` `)1.::;:;;:ト、  !.:.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                   l  ´ ̄     リ`t;!/ /.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.   僕達がカブノールや ロンベッタの民を
                  /             リ ,.イ.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;L  苦しめてしまうかも知れないんだ。
                ( _,,           ! ト、 !.:.:;:;:;;:;:;,ィイイ从::L
                 ゝ-‐       ,′! `ヾトトト、リ^!/.:.::::::iヽ
                /.::::Y      /  ;     ,,、‐'´ ,ィ.::::::::|::::.`ー- 、、、_
               /.:.:.:::::::ヽ _ , イ     ,、‐'" .:./ !.:::::/.:.:.::::::::::::::::::::::::
                 /.:.:.::::::::::::.::::「.::::7⌒77"´ ̄ハ   |__/.::::/ .:.:::::::::::.:.:::::::::::
             /.:.:.::::::::::::::::::::i::::/  //i   i.:.:::i    .:.:.::/  .:.:.:.::.:.:.:::::::::::::::
              /.:.:::::::::::::::::::::::ノ:::{ / ' |   / .:.::|   .:.:.::/   .:.:.:: .:.:.:..:
              /.:.:.::::::::::::::.:./.:.::.::ヽ     / .:.:::l  .:::::::/    .::   .:.:



          , n / ̄ ̄\ .n
.        / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
       /,イ / (○)(○) .l i i i
        〈 .r {u   | .i. } }  )
      ', i.  ',   __´___ /   /  そんな……!
.       i   l   |__| .,'  ./
.       ヽ、_.イ、.    人 ノ
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./
           |    .   |


29 :◆vsQyY1yD2Q

              r=、.=、=、-、、
              ゞ ll .}} }} ヾ.ヽ.
               / ,リ ,リ !! !! !!
             /'、 / /  リ || ||
           ,.-=〈  "'' ‐-''.,_ ,リ リ
             /ニニニ7,'=-   o`¨''7
          /ニニニ/ム'´ ̄ヾニ=‐-,=ヽ
.         /ニ,.=マ/'´     ヾニシ ヾ:!
        /ニニi //  ̄\    ,, -、ソ
          {ニニ.ゝi.i   ゞ==''   /='' ,'
        Vニ/ .l.l         |  /    ,ノ|
        ゝ〈  l.l   ,.    ' /_,, ‐/  !   ……現在の方針では限界が近いと言う事ですな。
      /'//∧. ゞ、 /゙-−,‐'i!// /    lヽ
   ,,.  ´ \///∧  >、  il!.イ ,/ ,/      l i
,.  ´       \'//\ゞ-トマ'"/ / ,/     / ,!
     ヽ.      \'//\V / / ,/     / /l
              V///i  i  i  i  ,ノ! ,/ / ,'
   \ i.       V//l  l ,,l -ァ'´  レ゙ / ,/
     、l        ∨∧,/!゙/ ,/     !‐ '' , イ
      ヽ        ∨'∧i i _i_,.-、 ,リ,,. 'ン
        i        ∨へムfニアζイ,,.イ .|
      ヽ |       ( ( ̄ ̄ ̄`'く. |  ∧
      ヽ|        (  ̄ ̄`ヽ ,ノミヽ_ \
         \      (  ̄ ̄`ヽ ,ノミミ} \`¨\



              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ           そんな! ここまで来て……!
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (◎)(◎ ) .(    l ヽー―ー-、     ニュー速で軍が王都を解放したら
        /  .ヽ |    ム   イ    r    ヽ.    王家が復活してしまう!
         ./   / ヽ´___   |   .l    /     、 l
      /    /  八__ヽ/l   |   ,'      l  l.  そうしたら、生き残った門閥も息を吹き返して
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l  その上 新たな門閥が生まれるかも知れない!
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ


30 :◆vsQyY1yD2Q
                   /                `ヽ
                  /                    `、
                  ,!             __      ,!
                    i    〈カ〕     ,r'´`、ゞ、 ``ーァァァイ
                    ,〉、       _,ィ´ヾゞミ;;、`゙ゞ、 ゞ゙、 ;゙、
                 ,!j,;:`ー,.;ィィ,イシン'゙'いヽミ`ミゝミ、`ミミ:、三ミゞ!.  できない夫、僕たちのやっているのは
                 };;::' i , ヽ,イ、、l_,!゙'`ヾ、ミ-i一ゞミゝ、 rー、;;:;;|   とても大きな仕事なんだ。
                 ゙;゙、;;:;ハ,!゙_,ィで,j   `゙でこj   ji ,jk カ i;;:!
                 ゙:、ヽ,;:ト     ',!   ヽ     / i;:j リ ,!イ    道は果てしなく遠い。
                    `ソ;;:ハ   /           リ' ,イ;;ハ
                    ゙`ゞ   ゞ、,, j        ,!r'´;:;,イ `、   ここで無理しても一つも良い事なんて無い。
                       ,〉             / i;;:;;:/   ヽ_
                _,,、、-‐'"´ハ   ー‐‐一   ,.イ / /    /  ̄`ー-、,_
            ,,、、-r'"´ i   _/   ヽ,   ̄´   / .,ィ/    /     !
          / i__!,.、-‐''" ̄ Λ,   i ゝ、_,,,、ィ´、/Λ    / ̄`ー-、,_!
         ,/ ,!        ,! `,  レ'´ ,イ  `7 ト、 ! ゙、   /        ̄`
         /  |        |   i  ,!   /j   1 ,!i k!  ゙、 /
        ,!   |        |   ,! ,|  ヾ!  ,! | /   V



            / ̄ ̄\
          /   \  ノ
          |    ( ●)(●)
          |       | |       ……分かりました。
             | u   ___´___ノ
             |        }       今のままでは被害が大きくなると言うのであれば致し方ありません。
             ヽ        }
           ヽ     ノ        でも、決して諦めませんよ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_    だって僕は……!
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|


31 :◆vsQyY1yD2Q

     /\ー―、_                                          /|>_
    <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
     \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
       ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
         ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
         ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
         <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
          ヽ∠― ̄                                    \__./
                   やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

           第115話 「思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから」

                              ___
                                  , ´    `、
                               ,'        ヽ
                                |        |
                                |        |
                                l        |
                             V>'´ ̄``>
                          ,. イ///////////,'>x
                           \>'´/////`i<//
                        _,. - イ////////////> - x_
                      l´/////////////////////////7
                        l///////////////////////////l
                      l//////////////////////////,'!
                      l///////////////////////////i
                      7//////j///////////////////,'!
                      //////V/////////////∧/////j
                      l////7 j/////////////i |////,j
                     ノ/////!.ノ////////////八 !////,j
                       jV/>'´////////////////ヽ////,i!
                   /ニニニニ--z/////////////////\///|
                   !////////j/////|//////////////7〉77X_
                _, イ////////,'//////ハ(//\//∧////,'//////ム
                {////////////>x///>'´:i:i:i:ヽイ:i:iV//////////!
                ``ヽ///////,j|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i////////> '´
                     V////,7j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r-V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V/////}
                    `丁´ Vl:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!Y`` ‐i
                      {  >.}|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;|  V:i:i:i:i:i:i:i:i:!〈 (  .|
                      l /ト-!.!:!:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   V:i:i:i:i:i:i:i:i .フテ j
                     ヾ、ヽノ!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!   .Vi:i:i:i:i:i:i:i  l_ノノ


第114話へ 1    第116話へ

この記事へのコメント
いや、お前に一番必要なのは理想と現実の擦り合わせをするための割り切りだから。
…まぁ、無理か。教育より王家打倒とか言ってるし。こいつの民主主義って「それに良く似た何か」でしかないなぁ。
Posted by at 2014年05月05日 20:15
できない夫の気持ちはよく分かる
でも焦って足元がお留守になると一気に崩れてしまうんだよ…
Posted by at 2014年05月05日 20:45
「門閥が息を吹き返してしまう「かもしれない」」っていう、その「可能性」と、
官僚候補たる貴族を既得権益者として全滅させた上で教育がろくすっぽされてない大衆相手の民主主義が上手く行く「可能性」
せっかく賢者が揃ってるんだから、もーちょい議論せーや

あとシビリアンコントロール、の概念にはここのヤンは行き着いてなさそうだしなぁ
Posted by at 2014年05月05日 20:50
民主主義にしろなんにしろこの手の思想は血涙で舗装された茨の道を行くものなんだけど
こいつの言うことはいちいち軽い
Posted by at 2014年05月05日 20:50
まあ、確かできない夫の視点だとやる夫は好色で権力者に取り入るのがうまい人間なんだよね
やる夫の目的は悪質なものだと思い込んでしまっていてもしょうがないのかな
いや、他のわりと善人な勇者たちもやる夫に協力していることは知ってるだろうから……うーん

どっちにしろ致命的な問題が判明したにも関わらず解決策が見えないまま保留にするのは酷いなあ
Posted by at 2014年05月05日 21:28
民主主義と言いながら異世界勇者に相談しない時点でしい様ならないよね
Posted by at 2014年05月05日 22:09
ヴァンは何やってんのw
Posted by at 2014年05月05日 22:11
孔明とできない夫はグルか?
Posted by at 2014年05月05日 22:12
いやいや、なんでここまで辛辣なコメントが多いのか解らん。
現実を知った上で理想に燃える心があり、苦難にめげず、仲間の忠告を聞き入れる度量もある。
十二分に指導者の器だと思うけどね。

そもそもが何もしないより大分マシだろ。
体制側についた多くの異世界人の視点からみて危険分子なのは分かるけど、行動や人格自体を貶すのはどうかと思うぜ。
大体、既にこいつ等は敵味方の血で真っ赤に塗れてるってのに、釈迦に説法だろjk
Posted by at 2014年05月05日 22:19
無能な働き者って言葉もあるし、
地獄への道は善意で舗装されているって言葉も…
まあ結果的に勝てば官軍なんだけどできない夫が勝てるとはとても思えんしなあ
Posted by at 2014年05月05日 23:12
いかんww最後ちょっとカッコ良かったwww

現実世界におけるフランス革命前後もこういう感じ
だったのかなあ…。>理想と現実のせめぎあい
Posted by at 2014年05月05日 23:55
明らかに負け役だから擁護すると恥かくよ。
今後コテンパンにやられて涙ながらに改心?するのは目に見えている。

現実にあてはめた政治談議も結構だが、これはお話なんだから間抜けな負け役は必要。
Posted by at 2014年05月06日 00:12
できない夫は目の前しか見えてないけど、孔明はわかって昼行灯やってるんだと思う。
あと、できない夫は性格「りそうしゅぎ」だったけど、「ゆめみがち」だと思う。

※3
そりゃシビリアンコントロールの概念は民主政のあとに出来たものだからな。
元々は権力者=実力だったし、その後は王権神授説とかで権威付けを図って
実力(軍)が王に向かないようにしていた。
Posted by at 2014年05月06日 01:48
貶されてるのは人格ではなく能力
腐敗したサマンオサをどうにかしたいって動機自体は誰も悪く言ってないよな
だが考え足らずの行動で、何もしないよりさらに悪い結果を招く事もあるんやで
Posted by at 2014年05月06日 01:50
↑1
うわ何こいつ恥ずかしい。
恥かくとか恥かいてるのは自分だって気づかないもんかねw
Posted by at 2014年05月06日 01:53
ここでタクティクスオウガ系タイトルきたかー
Posted by at 2014年05月06日 03:23
↑2の残念さに草不可避www
できないおはあれだ
民主主義の第一歩として3賢者以外とも
いろいろと議論すべきだったんだ・・・議論と言うか対話?
皆が何を考えて何をしたいのかを聞いたりして民主政治が可能かを考察すれば民主化に成功したかもしれない
Posted by at 2014年05月06日 12:11
指導者の器(笑)
Posted by at 2014年05月06日 12:20
なんか荒れてるね
今回の会話を見てるとどうも孔明にそそのかされてるようにも見えるけどな
農民のきめえ夫ですら簡単に想像つく問題点が見えてないあたり、やはりあてになりそうもないよね
Posted by at 2014年05月06日 14:07
革命大成功になったらフランス革命あたりの処刑ラッシュが起こるな。もしくは大粛清祭りか。
Posted by at 2014年05月06日 14:31
いよいよできない夫にスポットがあたるのか!
今まで話題の中心にいながらあまりその内面には深く迫ってこなかったからな。
コメ欄が少し荒れ気味なのもその期待値の高さゆえにだろうし。

一体できない夫は、なにが原因で
ここまで性急に王家打倒に固執するようになったんだろうか?
Posted by at 2014年05月06日 18:12
できない夫と門閥貴族って実は同族嫌悪で戦ってたんじゃないかって思えてくるな
具体案は無いが正義と誇りと理想(と本人達が思っている妄言)があれば兵や民が付いて着て
友軍大勝利希望の未来にレディー・ゴー!!と盲信している所とか
Posted by at 2014年05月06日 18:38
口だけ番長よりは好感が持てる
無理だ・前例がないとあきらめる一般人ではなく、いつだって行動する馬/鹿が世界を動かしていく
そして、馬/鹿はあきらめないから、成功するまでやり続けやがる 周りの冷笑なんか無視してね
正しく「馬/鹿と天才は紙一重」だと思う

こいつの理想が反面教師になるのか、はたまた世界を変えうるのかはまだわからないけど
少なくとも、既存のモノと異なる政治形態を広めた功績は大きい
その上でどの政治形態をとるかの議論は、この世界の住人がすべきモノだろう
英・仏・米・露・日どれに似るだろうか? もしくは王政に戻るのだろうか? 今後が楽しみだ 
Posted by at 2014年05月06日 19:32
とりあえず ヤン と レイトン は この中では比較的マトモだから、介入してくることがあれば 上手く捕獲して捕虜にしたいね。 彼らがもっさんについて述べている見解のように。
できない夫? こっちも捕虜にしたいけど、 利用じゃなくて 「公開処刑」するため ってイメージ。

孔明先生 は… 捕虜にしなくていいよ。 戦場の露。 (彼らは賢者なのだから泥人形で封殺できるんじゃないかな)
Posted by at 2014年05月06日 19:37
門閥の頭目を潰しただけではダメだからなぁ
領地に親族がいるだろうし
Posted by at 2014年05月06日 20:32
民主主義が未知のものだってのがあるにしても、孔明があまりにも無能すぎる気がすんだよなぁ
コイツ、魔王軍関係者だとかモンスターが化けてるとかじゃないよな?
Posted by at 2014年05月06日 21:40
国の維持は理想だけじゃ100%叶わないんだよ。
細かい采配とかルール、幾つも必要な人員や知識。
実際日本とか欧米でどれだけの人間が国の制度維持のために働いているか、そのための知識(教育)の維持にどれだけの時間や人手が掛かっているか答えを出せる?
現実的にできない夫は現代の日本でも役立たず呼ばわりされるんだよ。企業トップだったら理想だけに溺れて潰れること請け合いだし、下っ端で理想だけを述べてる人間がどうなるかはわかるでしょ?
何もしないだけ無駄っていうけど、このまま進んで勝ったとしても国の維持が出来なくて壊滅間違い無しなんだが、その際にどれだけの人間が死ぬんだろうね。コレまでの比じゃないと思うけど?
抑圧されてた、搾取されてた以上の地獄を招き入れること請け合いだと思うよ。
Posted by at 2014年05月06日 22:16
ロマリア、特に南部の現状を知っても同じことが言えるのかねこいつは
つーかノウハウも何も無い連中がいきなり政権とってもグダグダのまま崩壊するだけだってのに
曲がりなりにも国を動かしてきたのはその帰属連中なんだからそいつらを利用するぐらいの器量がないとね・・・
Posted by   at 2014年05月06日 23:31
読者目線からすると、サマンオサの最南端が国家として独立、血統では無く実力による後継者選定を始めてるから
今後比較されるだろうし、かなりうまくいかないとアウトと思われる。
あっちに避難している難民も状況が落ち着けば、大半が元のところに帰りたがるだろうから情報封鎖も無理だろう。

勝てたとしても勝った後の富の再分配とか、税収のシステムとか思いつくだけでもやばい課題がいっぱいだし、
農民兵だから農民に戻したら軍事力がなくなる=維持ができない、他国も敵に回してるとか色々詰んじゃってる。
民主主義を導入するためにどうするか、ではなくそもそも虐げられてる人々が今後どうやって自分たちの足で立って
進んでいくか、っていう視点で考えるべきなんじゃないかと思うね。その最終段階として民主主義、というなら有り
なんだろうけど。
Posted by at 2014年05月07日 01:13
できない夫は自分と3賢者がいれば理想国家建設できると思ってたんだろうけど、このままだと現状では独りよがり
な理想で民衆を苦しめる、RPGの中ボスにしかなれないよね。
できない夫の職業は教師っぽいけど、自分の知識を絶対視しすぎじゃなかろーか。実際こういう人多そうだけど。
Posted by at 2014年05月07日 01:21
教師なんてそんなもんよ?
だって学校通って大学行ってそのまま先生に、と学校の中での事しか覚えないし身についてない。
狭い世界で生きてそこから出てなくてそれが全てだと思ってる生物だから。
Posted by at 2014年05月07日 02:22
うん。できない夫、唯々諾々だ。
Posted by at 2014年05月07日 03:19
できない夫がこのまま民主主義を「押し付けても」今の韓国みたいにしかならない気がする。
自分で立って歩けるように教育から始めるほうが望んだ結果に近づくんじゃないかな?
どんだけ腕を引っ張り背中を押しても、手を貸すのをやめればその場に蹲ってしまうよ。
自らに由って立たないとね。
Posted by 774さん at 2014年05月07日 03:32
大領主であったリッテンハイム、ブラウンシュバイクが領地から追い出された挙句に戦死したり叛徒(シックス)についたりしてるから戦後その領地を召し上げてキルヒアイス等の手柄のあった連中に再分配すると安定するんだよね
ラインハルト政権。
できない夫は少なく見て数十年早かったな
Posted by at 2014年05月07日 08:32
まだ社会が未成熟すぎて民主主義国家を実現するには至らないってことか
Posted by at 2014年05月07日 11:09
いや、これはどちらかと言うと できない夫が誘導されてんでね?
前々からだけど、何かやんわりと孔明が進ませてる感が強い
『孔明の罠』と言ったらそれまでだけどw

メタな事言えば、孔明だけ内心の声が今まで描かれてないのも怪しい
Posted by at 2014年05月07日 12:01
民主主義が成就したら、反乱軍に付いて来ている
下級貴族の待遇は断頭台行きですかね?
Posted by at 2014年05月07日 15:12
人外の知性体との戦争で民主主義なんて自殺行為でしょ
異世界の勇者とこの世界の政治体制とは蜜月の関係だから
世界全体的に貴族制について疑問が出てこない限り
できない夫に大多数の味方ができることはないよね
Posted by at 2014年05月07日 17:29
結構煽る系のコメントも、最近管理人弾かないな。
この話題に関しては諦めたのかなぁ。

まーしかし、教育よりまず体制の破壊と言う方針は間違って無いと思うんだがなぁ。
まず教育、まず教育って言ってる奴はどうやって教育するつもりなんだよww

ぶっちゃけ、没落した事務の出来る下級貴族層だって飯食わなきゃいかん訳だし、体制を倒してからでも傘下に迎える事は出来るしな。
ま、最低限の社会システムを回す事ぐらいは出来るだろ。できない夫も考えを改められない奴じゃない見たいだし。新しい考えを取り入れて行くことが出来てる。

できない夫に従うくらいなら死ぬか市井として生きるとか、外国に亡命するとかって選択が出来る奴の方が少ないだろうから、人材を集める事は不可能じゃないしね。

それに諸外国に対して心象が良くないのは確かだけど、そこも外交努力でなんとかするしか無いし、多分出来るんだよね。
現実にはもっと無茶苦茶しながら普通に国家として存続を続けてる国もたくさんある。
まあその分のしっぺ返しは喰らう訳だが、そう考えれば挽回出来ない事も無い筈。
Posted by at 2014年05月07日 18:00
先生って職自体が世間知らずってのは同意だが、
ボストロールって前例もあるし、
これ孔明さん魔物なんじゃないかな。
そう考えればしっくりくるし。
Posted by at 2014年05月07日 21:51
>まず体制の破壊
それやると力の強い人間の支配になるだけで結局彼らの言う民主主義にはならないのよ。
純粋に独裁体制で政治の状態を変えるって言うならぶっちゃけ有りだとは思うよ。
どちらかというと、このままで行くと民主主義ではなく共産主義に近い国家体制になるだけだと思うけどね。
で、そうなってくると必要な管理者が極めて足りなくなるわけだ(この点が皆が指摘している教育の点)。
さらにもっとも重要な点が、できない夫の主力が農民系の市民なんだよね。
このまま進むと一番人数が必要な農業とかの国の根本的な業務の人員が削られ続けるわけだ。そうなるとさらに国の荒廃が進むんだけど、その辺りは全くというほど考慮してないんだよな。この賢者達。
で、諸外国の心象が悪い云々言ってるけど、それは現実世界の話でしょ?自分達の種族以外の明確な知能生命体が敵として存在してるのに、わざわざ「王政の打破」を掲げた国を諸外国が付き合う利点は?
下手に中に入り込まれて自国で馬鹿やられて騒乱の種になる可能性を見逃す程、各国も馬鹿じゃないと思うよ?
出来る筈!じゃなくて明確にどうできるのか書かないと現状厳しいと思うがね。
Posted by at 2014年05月07日 22:01
できる夫側はまず農民側の基本的人権を現体制に認めさせることが革命の第一歩だと思う。
次に法による保証。そこから教育を普及させていく。
これらを条件にやる夫側と休戦し、王都解放に協力する同盟を結ぶってのが最善策なんじゃないかな。
Posted by at 2014年05月08日 08:57
体制破壊って事はモンスター軍に加えてキルヒら真っ当な貴族軍+やる夫軍も国内に居られなくしなきゃならんのだよな、春まで頑張れ、超頑張れ
Posted by at 2014年05月08日 11:48
>まーしかし、教育よりまず体制の破壊と言う方針は間違って無いと思うんだがなぁ。

「誰にとって間違って無いのか?」
おそらくできない夫はこれが欠けてるんだ
サマンオサ全体か、農民か。農民以外の民にとってはどうか?
もっさんの下にいる民はどうなる?門閥以外の貴族は?ラインハルト以外の王家の血筋は?

圧政や搾取から農民を解放し、守りたいのだったらニュー速でと協力できたんだよな
でもそれは選択しなかったどころか、レイトンは難民の保護を戦略に使う始末だもの
あれのせいで「誰のために立ち上がったのか」を忘れて「理想の方が大事」が決定的になったんだよ
Posted by at 2014年05月08日 14:08
サマオンサは他国との交易はなく自給自足の国家だったんだよね。
鎖国状態なら農奴制も「体制側」から見たら都合のいい選択だったんだよな。
今回の反乱を起こさせないためには他国と交易を始めて各国から
食料を輸入して農民が権力に介入できないような盤石な食料体制が取れればいいよね
問題はアリアハンとの関係修復と食糧危機を乗り越えられるかだけどね
Posted by at 2014年05月08日 15:47
とりあえずできない夫の具体性のなさがヤバイ
理想振りかざしてるだけなら誰でもできるんすけど・・・

問題はどうやってその理想を実現するかじゃないのかなーと・・・
孔明に踊らされてるような気がしないでもない
Posted by at 2014年05月08日 16:26
この世界初の民主主義国家を作ろうとしてるんでしょ?
リアルでだって様々な混乱があってそれを乗り越えて確立したのに、できない夫に初手から完璧さを求めてるってのも酷じゃない?
いくら現代知識を持つ人間や賢者がいようと、変革に犠牲はつきものでしょ。

まぁ、どう頑張っても成功したところで多数の犠牲は免れないだろうし、成功しない確率のほうが高いんだけどね。
Posted by at 2014年05月08日 17:32
できない夫に完璧さを求めているから非難している訳では無いと思いますがね
できない夫が完璧な結果を求めるばかりで、過程をまるで考えていないから非難が集中している訳で

前体制派を根こそぎ排除なんて失敗例しか無い事を言わずに
不完全だろうけれどもう少し地に足のついた方策を提示していればここまで言われないと思う

Posted by at 2014年05月08日 21:13
まあ国家というモンスターマシンを理想主義と言えば聞こえはいいけど
夢見ながら運転してれば絶対事故を起こすだって居眠り運転だもの
国家指導者がもっていい主義は現実主義だけ
Posted by at 2014年05月08日 21:29
支持者が一番多いなら領地を切り取って独立すれば良かったのにね
できない夫は煽るだけで組織運営をする気はないように見えるからなぁ
Posted by at 2014年05月09日 18:15
できない夫はともかく、三賢者…
飢えた農民や領地が欲しい弱小貴族が自軍を構成しているというのに
反乱軍こそ将来門閥になりそうな要素を満々に孕んでいる事に何故気付かないんだろう
Posted by at 2014年05月09日 21:15
喧嘩の仕方が解らない奴が戦争しても自分を傷つけるだけだよ。
戦争をするなら戦後のことも考えないといけないのにね。w
Posted by at 2014年05月11日 04:51
そもそもできない夫の思想は、王制を敷いてるこの世界すべての国家を敵に回してるんだよ。
この世界の常識が通用しない「異界の勇者」が支配層に危険視されるのに十分な火種をまき散らしてる。
よりによってアリアハンの勇者認定証を使者の目の前で焼き払って、ロマリア貴族(リュカ家)を使い捨てて
るしで、明確に宣戦布告もしてしまっている。

よしんばこの戦いで勝ちを拾っても、その先が全く見えていないんだからそりゃ酷評されるわ。
Posted by at 2014年05月11日 19:06
そもそも、モンスターが普通にいる世界で決断の遅い民主主義はやばくね。それに王族は、本当に特別な血筋だったりするしなぁ。


Posted by at 2014年05月12日 01:39
最終的にヤンだけが意見を違えて粛清対象になりそうで怖いんですけど
Posted by at 2014年05月12日 02:16
できない夫は君主制から民主主義への移り変わりに
どれだけの時間や手間が必要なのかは歴史としてしか知らないもんなあ。

自分の世界の庶民のレベルとこっちの世界の庶民のレベルの違いを認識してないんだな
Posted by at 2014年05月12日 16:03
できない夫にハニトラ仕掛けたらどうなるか観察したいんだよねw
Posted by at 2014年05月13日 02:11
日本で考えたら一揆で幕府潰そうって流れだからな。
今が酷すぎるからとりあえず殺っとけってだけでその後どうなるのか一揆の参加者は誰も考えてないだろ。
そこへ民主主義を持ってきても失敗する未来しか見えないわー。
Posted by at 2014年05月13日 12:50
今のサマオンサ王国は海軍力が皆無だったんだよね。
できない夫がサマオンサ王国を制圧しても各国からの派兵に対処しきれないし
貿易国家目指そうとしても海賊の餌食になるだけだな。
Posted by at 2014年05月13日 18:05
できない夫と三賢者が仮に門閥貴族と王家を打倒してボストロール倒したとしてもその後どうすんの?
バラモス(ゾーマ)側からすればボストロール倒されてもそれに代わる別の人員(3モンスターから邪配合モンスターまで)を送り込めばいいだけだし
農民戦わせ続けてればその分国の農作物の生産量が減るから食料難になっていくし戦闘長期化してけばしてくほど金は無くなっていく
門閥貴族と王家を敵にしてる上に勇者認定も蹴ってる以上アリアハンをはじめとした他の王国や他の勇者に助けを求めることもできないというか敵対関係なわけだし
どっちにしろ完全に積んでるよねコレ
Posted by at 2014年05月15日 00:28
できない夫はボストロール討伐とオーブ奪取で反乱の汚名がチャラになると思っているけど
実際は世界王家&勇者連合VS共和国軍(予定)の構図に気がついていない。
厄介なのはダーマとかの中立地帯を政治的な利用をされると勇者に対する心象が悪くなるから
できない夫は拉致して政治的空白地帯のジパングに幽閉するのが一番じゃないかと思っているけどね
Posted by at 2014年05月15日 02:20
農民兵を春までの間ダーマにルーラで輸送すれば戦士&農民の加護である程度戦力強化できるだろうけど、魔法と装備の差を埋められんのだよな、職業訓練も時間的に難しいし
Posted by at 2014年05月16日 09:02
できない夫はオーブを手に入れる必要はないでしょ
成り行きに見せかけてやる夫と協定結んで
やる夫にボストロールへの道を譲ればいいのにね
その間に独立への地盤固めに奔走すれば勝利は転がってくるのにね
Posted by at 2014年05月17日 15:55
数千人規模の農民兵をダーマで訓練するのは無茶じゃね?
まず輸送用ルーラ使いの人数が足りないし
ダーマ神殿にも物理的・経済的な受け入れ限界人数ってものはあるだろう
Posted by at 2014年05月18日 03:14
>成り行きに見せかけてやる夫と協定結んで
第72話「乳と陰謀」(8)を読み直せばわかると思うけど
やる夫とできない夫が協定結ぶなんて絶対ムリ

やる夫も「できない夫の仲間扱いされないためには」って言ってるくらいできない夫は敵だし
Posted by at 2014年05月18日 06:24
現状できない夫は勇者認定捨ててるので「勇者」じゃなくサマンオサ王家や貴族打倒しようとしてる「テロリスト」なんで
やる夫どころかどの勇者もできない夫を仲間にしないだろ
Posted by at 2014年05月18日 06:29
というか、この世界から見た異邦人「異界の勇者」としては王政の否定とかやらかす馬鹿は自分らで何とかしないといけない、コレは自浄作用の問題で正しいとか間違ってるとは別の問題

「異界の勇者」全体の安全と利益を度外するできない夫は、正しかろうが迷惑なんだよねぇ
世界全体から見たら少数派で、ある意味蛮族扱いで迫害されてる諸民族とそう変わらない立ち位置なんだよ「異界の勇者」、アリアハンが(一方的に)勇者認定したから現状だけど
Posted by at 2014年05月20日 01:48
…もしかしてできない夫ってものすごいバカなんじゃないかと思えてきた。
Posted by at 2014年05月25日 22:33
強大な力を所持してる前提なら、
まずは独裁、生産力向上し経済的余裕を作る、その後教育を進める、その間に特権階級の排除を徐々に進める、そして少しずつ民主制に移行。
こうでもしないとイキナリ民主主義など無理だが前提条件の特権階級を抑える力をどうするかが一番の問題。
Posted by   at 2014年06月05日 18:51
政治が絡むとなんでこうやってへんな議論が起こるのかねぇ。
自分はこれだけ詳しいんだって自慢したいの?
Posted by at 2014年07月01日 21:42
>自慢したいの?
こうやって自分の思い通りにならないと不満を言う人間が多いからだよ。
わかりやすくいえばできない夫タイプ。
Posted by at 2014年07月03日 20:23
ここで思う存分俺理論語ってもらうほうがいいわな
本スレでそれやられるとアドバイザー様()になっちゃうし
こういう場も必要よ
Posted by at 2014年08月05日 10:40
何度読み直してみてもできない夫の操られ感半端ねぇw
孔明がどう見ても黒幕でしょ、これw
Posted by at 2014年08月08日 21:07
まあいい方に考えれば
遠いか近いかわからんが将来農奴反乱は起きそうだし
ここでまとめて窓口一本化してるほうが泥沼化は防げるかもなぁ

軟着陸の妨げになるのは勇者様じゃなくて
孔明だろうな…
Posted by at 2014年08月10日 19:24
民主主義だ云々の前に、統治機構の政務機能をどう考えてるんだろう。
書類仕事とか、要するに「筆記試験で優を取れる人」達の知的マンパワー。
これがないと政治形態なんて関係なしに国が無茶苦茶になる。
未来的には民衆教育しっかりして、民衆から広く集めるしかなく、そういう意味で教育は大事なんだが、
短期的には教育強化なんかでどうにかなる問題じゃない。
民主主義は有権者の教育をしないと衆愚政治(笑)になる、みたいな問題よりずっと深刻なんだが、そも作者はそれを認識してるんだろうか。

地方統治で知的マンパワーを担ってたのは門閥貴族(の家臣団)だったんだから
門閥悪い悪いで排除してそれで終わりにしたら、白人官僚は悪い悪いで排除したアフリカ国家みたいになるぞ。
Posted by at 2014年08月16日 05:34
ヴァンはロンベッタに居たのですか。
北の砦にレイトンが?相互不可侵的にいいのかな。
混乱を招くだけと言うか、混乱に乗じて暗殺しにきたと思われてもおかしくないんですけど。
それに、混乱を招いた時点で北の砦攻略を邪魔したと受け取られるのではないかな。
レイトンは少しはマシな方だと思っていたけど、所詮はできない夫パーティの一員ということですかね。
なにしろ、できない夫と三賢者は散々やらかしてますからね。
恩を仇で返す畜生以下に成り下がってますから、信用は地に落ちてマイナスになってますよ。

国を乱している張本人たちがこの国は平和でないとか笑えますねえ。
それに劇薬ではなく劇毒のような?
毒薬を飲ませて耐性があれば生き残るよ!って感じで無駄に死人だしまくってるようにしか思えないんですよね。
それに、カブノールもロンベッタの民もとっくに苦しめてますよね。
一体何人理想のために犠牲にしたのかな?民主主義も理解していない人たちを唆して戦わせて。認識の違いなんですかね?
穀倉地帯を占拠してますからそれ以外の地域の人を間接的に相当殺してますよね。貴族を没落させるだけでなく商人や職人など平民を失業や餓死させる形で。
古い秩序を暴力で破壊して新たな秩序を編み上げようというのですから、古い秩序の下で生活している人の生活も暴力で破壊されますよねえ。
彼らに言わせれば、理想のための必要な犠牲、ってところでしょうけどね。犠牲にされる方はたまったものではありませんね。

地理的にも、カブノールを抑えられているのは痛いですね。
これでは、できない夫反乱軍が先に王都へ攻め込んでしまう。そうなればどうなるか。
それにしても、よく何度も大軍率いることができますね。相当食糧を消費しているはずですが。
穀倉地帯の食料を全て自分たちで消費しているのと略奪しているからできるんでしょうね。
まあ、できない夫反乱軍と協力はありませんね。やつらは敵を作りすぎているし、怒らせてはいけない人を怒らせています。
彼らは民衆のためとほざいて悪事を働いて海外逃亡しましたが、できない夫反乱軍を作って内乱起こしたので見つかりましたね。数の暴力で黙らせる腹積もりだったのでしょうね。
まあ、貴族打倒を掲げ、サマンオサ王家に弓を引いた時点で、できない夫反乱軍は国に仇名す反逆者。大罪人ですからね。
負ければ、できない夫と三賢者たち指導者だけでなく、反乱軍に加わって暴れた農奴兵や協力者だってただじゃ済みませんよね。
勝てば王族貴族処刑して財産没収。彼らの理想的にまずやるでしょうね。農奴兵なら略奪も嬉々としてやるでしょうけど、三賢者は止めるでしょうか?


まあ、それはともかく。
できない夫と三賢者には、恩を仇で返し道具のように使い捨てにした報いを受けさせてやりたいですね。
重罪に相応しい罰を与えることもそうですが。
死に値する罪をいくつもやらかして万死に値する上に、恩を仇で返す畜生以下の奴らですからねえ。
救世主気取りの傲慢な独善家ですから、本人が心から反省して死んで詫びたりはしないでしょうし。
もっとも、彼らが勝ってしまうと普通に裁くのは難しいでしょうね。
「貴様らに、幸せになる権利はない!しねえ!」って感じで、いずれは、奴らの心臓に復讐の刃が突き立てられることがあったとしても。
Posted by とあるA at 2014年10月03日 20:53
ヴァンの気持ちがわからなくもないけど、ちょっと行動が酷すぎる。
もう少し落ち着いて行動出来ないものか。
Posted by at 2015年01月02日 14:26
ここまでのやる夫たちの話からするとできない夫は日本で「教職員」をしていたはずなのに、何で民主制の基礎である教育を後回しにしようと考えているのか、理解に苦しむな。

できない夫は教職員の中でも最悪の部類に入る「教科書専用スピーカー」だったということか。
Posted by at 2015年01月18日 16:10
できない夫がサマンオサで見たであろう光景のことを考えれば、普通の人ならば正義感が暴走するのは分からなくもないけどね。
問題なのはそれを異世界という枠のなかに落とし込める作業を一緒にしてくれる人がいなかったこと。ヤンもどこか盲信している節があったようだし。そして周りを助長させる『異世界から来た勇者』という肩書き。
この二つのうちどれか一つでも無かったら、暴走した状態でここまで大事にならなかっただろうに。
さらに、そこに魔王側の一手が加われば、ここまでグダグダになるのも納得できる。


できない夫を見ていると、あくまで勇者パーティ(アリアハン認定とかではなく)というのはモンスター相手にしか力を発揮できない存在だと分かるような気がする。やる夫の商会を中心とした派閥『勇者』の対比のためにあるような。
そう考えると、この世界を本当の意味で平和に出来るのは勇者じゃなくて、団結した普通の人々なんだなー。
Posted by at 2015年02月13日 18:47
コイツが勝ったらフランス革命まっしぐらだろ
もう革命起こすことが目的になっちゃってる
Posted by at 2015年06月15日 06:41
「思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから」

でも割り切ってリュカを突き落としたんですよね
Posted by at 2015年07月03日 15:36
↑4
&#8250;できない夫がサマンオサで見たであろう光景のことを考えれば、普通の人ならば正義感が暴走するのは分からなくもないけどね。

できない夫たちがサマンオサを民主主義化しようとしたのはリュカ家から船を借りる前。ヤンが「なぜルーラでサマンオサに直接来なかったか→水夫全員サマンオサ人だったから」の説明でそのことがわかる。

つまり、
孔明・レイトン・ヤン「民主主義すごいよねー。でも実現はむりぽ」できない夫「間接民主主義ならおk」ΩΩΩ「ナ、ナンダッテー」ヤン「実は祖国が大変なことに」できない夫「民主主義なら万能さ!」全員「それだ!」
こうですねわかりますん。
Posted by at 2015年07月21日 11:51
シンプルにボケたー!そしてとうとうトンファーですらなくなったーっw

↑×6
アニメ視てこーい。納得はできずとも、原作とほぼ変わってないって解るからー。元からこんな感じなんさー
でも以前、やる夫の嫁達を気遣ったように、カタキ以外、全く視えてないわけでもないんだゼ?
原作でも別件で空気読んだ回あったし。そーいやこの作品では、未だ彼に二つ名付けるヒトがいないな
いつか性格変更が代わりになったりするんかな
Posted by at 2015年08月08日 17:14
民主主義とか言っておきながらみんなの意見を聞いてない時点でお察し
上層部だけでやるのは民主主義とは言わんよ
思い通りにいかないのはその思ってる事がそもそも破綻してるからな
具体的にどうすればいいのかがちっとも出てこないから説得力が無いんだよなあ
どうしてこんな馬鹿(できない夫)に賛同者が居るのかがわからん
テロ起して大量殺人してるだけじゃないかこれ
Posted by at 2015年08月13日 03:12
民主主義は国民にある程度の学があってはじめて成り立つ物。順番が逆だ
Posted by at 2015年08月14日 20:29
できない夫陣が登場するたび同じ内容の議論が沸くw
Posted by at 2016年01月10日 01:17
はっきり言ってしまうとできない夫は「失敗した革命家」おそらくこれは物語としての彼の役割。
最初から能力が足りていないヒールとして描かれているからそりゃ主人公のやる夫と比較されてヘイトを稼ぐのも無理ないよねって話ですよ。
それはそれとして彼の人格としての善性とは無関係ってのがまた話をややこしくしている訳で。

おそらくできない夫の話題でコメントが荒れるのは「指導者としてのビジョンが全く無く理想だけで具体的なプランを発言できない孔明の傀儡にしか見えないできない夫」を酷評している層と「農奴の苦しみを無視できず彼らを救う為に立ち上がった解放者としてのできない夫」を擁護したい層で読者の意見が真っ二つに分かれているのが原因じゃないですかね?

どちらも間違いなくできない夫の偽りの無い姿だからこそ糾弾派も擁護派もどちらも譲る事ができずに対立をしてしまうんじゃないですかね・・・。

ただ、個人的な意見を言わせて貰えばやはりできない夫は失敗すれば責められてしかるべきだと思います。
その権利があるのは読者じゃなくてこの世界の登場人物たちですけどね。
どう言い繕うとできない夫が反乱軍のリーダーである事は間違いない話でリーダーは起きた結果に責任を取ることが役目だからです。

やった事や人格の善悪とは関係無しにね。

長文失礼しました。

Posted by at 2016年09月25日 15:40
>>22
ルーラで本人確認されるとあっさり破綻しますぜ、その策w
あと、できない夫は仮にも勇者ならそんな策を受け入れるなw

>>27
そんな策を実行したが最後、
反乱軍は大義名分を失って四面楚歌確定ですがなw

>>31
「できない夫、大敗北! 絶望の未来へレディ、ゴー!!」www
Posted by at 2016年10月24日 01:09
>民主制は、弱った身体に劇薬を投じるものかも知れません。
>しかし、荒療治が必要なのもまた事実です。

既に挙がってるけど、民主制ってのは様々な積み重ね
(教育・文化・産業・国力ほか)があって、多くの犠牲・妥協の末にようやく成立するもの。
荒療治(国家転覆テロ)という博打の先には絶対存在しえないものなんだよなぁ。

この辺からも、できない夫PTの愚かしさが散見されるのが何とも……。
Posted by at 2016年11月03日 02:01
みんな薀蓄語るの大好きなんだねwできない夫達が出る度バイツァダスト喰らったかの如く同じ話がまわってる
志や気持ちは優しいんだねできない夫は。そしてそれしか無かったのが最悪だった。
悪気は無かった、そんな事になるとは思わなかったって話し聞くけど、ある種一番性質悪いよね。
Posted by at 2016年11月05日 17:47
ヴァンの勘凄ぇな
リーマ砦から北の砦までほぼ一直線のロンベッタまで徒歩で
間に山があるけど迂回したのか一直線に進んできたのか
Posted by at 2016年12月16日 11:55
政治と宗教と野球の話はしてはいけない(戒め
Posted by at 2016年12月16日 13:29

それなw
Posted by at 2017年04月19日 23:31

ワンピも追加しとけ
Posted by at 2017年04月23日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95477506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ