■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年04月20日

外伝「ギャル夫のワンダーランド」(7)

第5話へ       7 第6話へ

143 :◆vsQyY1yD2Q
  - - :.::::;;;iiii|
  - :-::-::;;;iiii|   _ ,,、 {ぐッツ,,ィ;;_;;ン
   :.:::::::;;;iiii|   ソジシゝバご=ヒァユ, ,;;;ュ  ,、,、,-、   ,,,';;;;,`,、
  _:_:_:::::;;;;iiii|ヅ、iニヾンビヲr;;ァィ'';;;レ';;;;;,;;;;`ンハしヒンy'"ミ;ンY=チラ
  : : : :゙::;;;;iiii|``>Evトr'ン''をよッ;; };;;ノノ,ヘ;;;;トノ,,,;;;;;ンz;;;;;,;,,;;;;ヒ ;;;'",,
  : : : : ::;;;;iiii|彡;ミ{<,,,;;;ヾ、;ニ=iiンッ、ソ r'/,イi;i;i;;i;i;;}ソr_;;ェ_ ノ;;、-;;;、
  : : : : :::;;;iiiii!-=、ン_;;,,,((,,,;;,;;;メヾヽ入V ,( )i|ラノンノ ̄)イ;';','ヾマベ ,,,  ...,,,
   : : : ::;;;;;;iiii|r iニー==- ヾ冫''ィっr''=ヽノ`ーi|ン/テ '';,,ノノ_ノ_ソ;;ヽ';';'ノ';''ニ-'-'  ,,,-ー、   _,,--ュ
   : : : ::::;;;;iiii|`}ナ」=、ノ /ー-;;、二''ー''ニヽ、ヽニ=ノノニ= 'ノ;イTンラフー' , -'",-'ー'",, ,,;;,,::`;;;; 1{ ....;;; `ヽ_,,
- - : : : :::::;;;;iiii|"メ  / r'     ,;`フ :i:i:iiiii| ;iヽー-==-、====,ニノ",,,,_r''" ,,,r;i;i;i;iii,i,i>>irーサァ;i;ii;ii;i;;;;i;i;i;i;
  -:-:-::::;;;;;iiii|  / ,/   ,,,';', ノ.: : : ;;;iiiァl ーii}    `ー、_  (⌒,,ケ,,,;イi;i;ii;;;iii;i;;( {;;;) }i'ri;ii;;i;i;ィi_r;i;ノニ
   : : : :::;;;;;iiii|--'- ''--、,,____/ : : : //: : :{iiiノ         ヽ;;===ニニニ=、---ヽrヽ;ノノ'}=;;;)rノ,,:::;;;ii
    : : : ::::;;;;iiiii|. . . .      : : :::ノ'': : ::ii/   ,,,-,,,,_     ;,, _""":::-;;;.... ;;;;;;;,,,ヽ;;ニニ};;ノノ;;:::..:::;;
   : : ::::::;;;;;iiiii!--- 、_;.;..;/  ''⌒ . : ;i/  r''". .:'''',,,⌒''ー-''",,; . . : ::::=-、_, : : : :;`ヽ ''''' /i;i;iソ;i;rー
   : : ::::::;;;;;iiiii|     /   ハ : : ii;ノ    `''ー'`ーァィ;;;=、::;:;:::,:.,,.,.,:,;. :,,ヽ、ー>`、;;i;i;iii|: : :;i|`>' ̄二ノ
   : : ::::::;;;;;iiiii|  __,,,/   、`ー;;ir'         '';;、_;;;;;;,,;`ー-=ニ---,ノ i|"" ノ ノ _,| ,,,;;;iレ'::.;r'⌒""
   : : ::::::;;;;;iiiii|  }:.:/   : : :::;;;ii|          ,,::::"-'' ̄''ー=ニー=;;;;;;;;iiヽi<l;;ii|,  |;;;;;;;;;;;/
   : : : :::;;;;;iiiiii|   ̄i: : :  : : :::::;;;ii|           ""         ̄ ̄ ヽ、;;;;;;;"~;|;;;;;;;;;i|    /
   : : : :::;;;;;iiiiii|    |: : :_  : :::::;;;;ii|                ,.,.,_.,.-,._,.,.,_-.,._ \:.::<|;;: :;:;;iト、 , -'" ,;;
   : : :::::;;;;;;iiiiii!  |: :   : : :::;;;ii|. .-、., _.._. r-';;;~;`;  _. ._ 冫;; ;;:;;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;ヽ、|" ::;;;i|: : : : : :;;/
   : : :::::;;;;;;;iiiii|   |: : : "~: ::::;;;;iii|;;{..;;トrーr、:.".ニ,,`''=`}''' ' ' '::::、 : : ァ`ィン""" "ヽi''" |:. ::;;i|: : : : :;;i{
  - -:-:-;;;;;;;iiiii| ,; '|: : :   : :::;;;;;iii|,ィ,,;r;;i;;t;;::;;;;;;...,,,,;,,ナノ .,.,-''ー''`ー--=ニヽ、,. ._,,ヽ、_,!:: ::;;i| :: : :;;;i|
   : : : :::;;;;;;;iiiii| ''-|: : :   : :::;;;;;iii|ヾヾノk'ニニ='"〈;;;"         ヽ`ヽ`ー'r'ーー'' |;;;;;;;;;;i| : : ::;;;il



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
           ___
        /    \
      / \  / \        おめでとう! 新しき、モンスターマスター ギャル夫!
      |   ・ .. ・  |
      |     ー    .|.        これで君も、モンスターマスターとしての
    .  \____/    ☆   第一歩を踏み出せたねっ!
      / >ヽ▼●▼<\  .|-―|、.
     /ヽ、 \ i |。| |/   (ニ、`ヽ.
    .l      .l |。| | r-、y `ニ  ノ \
    l    |  ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ


144 :◆vsQyY1yD2Q

 NVVVVVVV\
 \        \
 <         `ヽ、
 </ /"" \ .ノヽ. \
  //, '〆     )  \ ヽ
 〃 {_{   ノ    ─  .│i|
 レ!小§ (●)  (●)  | イ    ……な、なぁ、オプぼう。
  レ §  (__人__)  u |ノ
    \    `ー'´   ノ.      フォズのヤツ、ちゃんと 助けてもらえたのか?
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l
                                                      /0 ̄\
                                                       |:::::::::::::::::|
                                                      \___/
                                                        ___
                                                     /    \
                 それは大丈夫だよ。                      ./ \  / \
                                                   |   ・ .. ・   |
                 ボク達と フォズは、道を違えてしまったけど        |  _/ }ー'    |
                 彼女のストーリーは、これからも ちゃんと進んでいく。  (/、 〈  __/^)、
                                                    ハ  Y`  ,  |、)|
                                                   ヽ{ ヽ_ゾノ
                                                    `¨





        ____
      /  ./  /|
    _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___  ………。
  /  |_____.|/  /
   ̄ ̄~        ̄ ̄


続きを読む

うれしいウワサ

1 :◆vsQyY1yD2Q



                    練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

                    ドラゴンクエストVII 4コママンガ劇場 1巻
                          神崎りゅう子先生
                          「うれしいウワサ」



続きを読む

2010年04月21日

ハズレ

1 :◆vsQyY1yD2Q



                    練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

                     ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 5巻
                           柴田亜美先生
                                「ハズレ」



続きを読む
タグ:千早 新城

2010年04月22日

魔王迷走する

1 :◆vsQyY1yD2Q



                    練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

                    ドラゴンクエスト4コママンガ大全集 1巻
                               堀口レオ先生
                           「魔王迷走する」



続きを読む

2010年04月23日

魔王改名する

1 :◆vsQyY1yD2Q



                    練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

                    ドラゴンクエスト4コママンガ大全集 1巻
                               堀口レオ先生
                           「魔王改名する」



続きを読む
タグ:千早 新城 鷲巣

2010年04月24日

そーゆーモンジャ

1 :◆vsQyY1yD2Q



                    練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

                     ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 5巻
                           柴田亜美先生
                          「そーゆーモンジャ」



続きを読む

2010年04月25日

第6話「勇者には入れない場所」(1)

外伝へ 1      第7話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 5121工房 】        ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄‖|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |‖|:::|│
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|‖|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\
         f⌒i   |  (_)
─────‐┴.┴─‐'



           、,. -''"'""゛''‐z
          ,z w v   w "z
          γー,- 、、,_,, -、ーγ゛
          ,i /      ヽ i
          ト,r' へ   ,へ ゛z,i、
          {k\i'⌒t--i⌒,i/,}/    ただ今戻りました。
          .ゝi, ゛ー//'},゛ー'  ,!"
            /'} ///,/~ ,/      やる夫君は いますか?
            ,i ,l/, 'r',t',.--'y
         ,. -'' !     , ''~/` -、
     _,,, - '" \ }    /ヽ,/  / ゙ ' '‐、.、_
  ,r'~    \ ,r`i、_ __y'!='!' |/  _ /    ~゙'、
  .i `i、    `/ /へ」〉|.i .i ノ   r"      ,i'  i,


2 :◆vsQyY1yD2Q
                                 ,':::::::::::::::::::::::::   /::::    /::   /:. ,':: i、    ',   ,、
                                .i:::::::::::::::::::::::::  /::::    /::::  /:: /::. ,' i      i  /.:..\
       一ヶ月近く家を空けて           |:::::::::::::::::::::::   ,':::    /:::: , '´/:: /:::. / i:.    i|/.:.:..  |
                                 ! :::::::::::::::::::: ー!- ,_/::  /   // /:: //,'::  ,.  l i/.:.:... /.!
       ようやく帰って来たと思ったら       ', :::::::::::::::::::.  l:  /:`>"、_ /´  ///  '::  ,'  ,'./.:.:... / !
                                ヽ::::::::::::::::;::. l:: //  _ ̄´   rテ了`ア'/:  /: //.:.:..  / /
       口にするのが やる夫くんの事?       ヽ:::::::::::::',::.. ';/´ ̄ ̄ ̄``   iゞイ ノ ,':  /: //.:.:..  / /
                                  ヽ::::::::: ヽ::. ', ⊂⊃       ` ̄´ i:: /: //.:.:..  / /
                                      .\ヽ:::..\\          ⊂⊃:,.':::., '/.:.:.... / /
       ……言い訳は聞いてあげるわよ。         ヽi\ヽ\`   ヽフ    _,. イ ':./ /.:.:.... / /
                                      ._ / ̄ ヾ\`二、 _,. -‐1´//:/  /.:.:..  / /
       聞くだけだけど。                ./:.:.:.:` ̄`\_ /::::::::`ゞ:`Y´ ̄`ヽr´、 /.:.:..  / /
                               /:. ̄`\:.:.   /::::::::::::::/ノヾ;j:::::::::::::/  ! /.:.:..  / /
                               / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:_ i:::::::::::::::::':::::::::/i:\:::: /   j/ \:. / /
                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::,::::::::::/::j、::::`/  ´ ̄ ̄ ̄`ヽ´
                           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ノ ::_/:/´ ̄\   ―― く





  ヽヽヽ ////   いやいやいや、しばらく戻れなかったのは悪いと思っていますが
  │ ̄   ̄│   仕事だったんですよ、仕事。
  │ -  - │
  ├○⌒○┤   それに、お客様も来ていますから
  │u.    │   その物騒なのはしまって下さい。
   \ 冂 /


3 :◆vsQyY1yD2Q
                __ ,、、.,_
             ,、-'"_,、ミ〃__:::`ヽ、
           /:::/:/ィ:ヘ:、::::::゙ヽ、:::ヽ__,、-──- 、
             /:::::/:// !l ゙i:!\:、:::ヽ;:::ヽ      l,
         /ィ::/: //_;;;;_i! 、 ゙、;;。-、>、y'´l      ゙!
         /゙i/-、l/,ー゚‐` .:i    l´:::| l.,ノ|        !    私としては、面白そうなので
              ゙、フl゙i::::|   ::|    ゙、:/ レ、         |   続けていただいても 一向に構いませんが
            o'8i゙i゙''   、::| ,     l!ゞ       l
              ゙i  、....___...,イ  /:.:.: : :       i   ここで あたら有為の士を死なせる事もありませんね。
                 ゙、 ヽー‐‐'1 /!:._,.-' ヽ     |
               |._ヽ,゙、 o ./ / 「´     \   |    申し訳ありませんが
     ,.、---------y'´L_::::ヽ.二_./`'''i       ヽ,  .|   こちらの用件を優先させていただきますよ。
      / .::       \ ヽ、、_:::::::::::::lヽ、       ヽ, !
    ./ .::         ヽ  \`:::::__,,〉、 \     ヽ |



                                             _,,...-―‐::-...、
                                            ,..r:":::::::'"" '':::::::::::`ヽ、._
                                           ,.:':::::/:::..:. ,. ,.:.::::::::::::::::::::::::`::.、
                                        /::::/::::::::::::':/::;::' ;:. :;、::::::::. ヾ;::::゙:、
                                         /;'::/:::::::::::;::::/::::;':;;イ;:'゙ i::i:. ; :. ';  ゙,
                                       ,':;':;':;'::::::::::i::r!:::::i::i'i;/   !:!..:!::i::. i:.:.: i
                                        !:i::l::i:::;:::::::;/ !::ハ;::i゙i'   i゙i:::i:::l:::::i::;::::!
              あなたは確か、宮廷魔術師の……。   .i::i::i::i:::i:::;:::;i、,i;i_ i:i. i   _,,,.iノ!::;::::;i::i:::;'
                                        i::';:';:':;::;:::::::!ゥ-、`゙  ";'t::ァ'-!/::/ i;':;'
                                       ゙:;:';:';:゙;::;:::::i゙"´       `"'',':::/;,.イ/
              ふぅん、そう言う事なの。           ':;:';:';ヾ:、::':.    ,!    /:ィ!.r';:'/
                                         ';:';:';、ヾ:、':,.   ゙'     '´/;':;':/
              いいわ。 ちょっと待ってなさい。        i::!:i:.!ヾ:;:、':、 '"ニ'ー   ,.:':;'::i:;'
                                         iハ:ハ::::iヽ、`   ,..:''i;::/i゙iノ
                                            rヘi  ` -‐'゙   ハ
                                            r─-⊥ _ヽ    _∠.-┴i
                                       _, -}   ∠ヽY^T二)      |`ン^ ー─-ッー一 、
                                  rf厂{l:::::::ヽ|      广ト、      |/:::::::::::::::::〃   ´ l
                                   ハ  ヾ::::::::∧二 -‐ 7 ̄ l ー-  _ト、:::::::::::/ /    |


4 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \     と言う訳で、呼ばれて来たお。
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:.   王宮から人が来たみたいだけど、何の用だお?
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ     やる夫は、何も悪い事はしていないお。
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:



                                //.:.:.:./  /rヘ、_.:.:.ヽ_  \_.:.:\.:.:ヽ、
                                //.:.:.:/  /:||   ヽ`ー-ミ_- 、_ `ヽ、\.:.:!
                                //.:.:./  /.:.:l|     、\ _>‐辷_ミヾソ¬
                                 //.:.:.:.′〃.:/|!     ̄ r _ニ=‐'   `Y/} |
    ああ、生まれたばかりの仔馬のように   .!/.:.:.:.:.| 〃.:厶ィ′     ′゚´ _/:|   〈k | |
    小刻みに震える必要はありませんよ。   ||.:.:.:.:.:l/.:./ _ニヽ ヽ        \;:|   V//
                              |ヽ.:|:|.:i!./-´‐ ゚´     、        ヽ   |fY1-- 、_
    悪い事をしているような人物なら         ヾ」⊥{ r一1                   || l |   \    ̄ ̄ ̄
    こうして私が出向いたりしませんから。      \ トヘ\;:;:l     ゙、 _        |しJ、    \
                                    \ こ\ヽ!      - ´ , ー-ィ    |:::| |      \
                                   `ー‐ト、    _/`ニ    |    |:::| |ト、  r-、  \, -
                                    / | ヽ,   \  r‐v‐ミ |   ,1::| |||  V⌒ヽ/  
                                   /  |   ヽ   Y|  、 ヽ  //::| |||  」__/   ノ‐
                                          \  .|  〈}  ヽ//:::/_⊥ -‐´  /⌒>イ/


5 :◆vsQyY1yD2Q

                                         ,イ _' 二ィ ̄:::二ニ - 、
                                    、  }、v/ 〃:::::::ノ:∠_::::::::::::::::ミ
                                    _ヾY V:::/:::/::∠:::::<r‐. :' " ̄:ヽ
                                   `≧ヽ::::::::_厶 -   ̄ヽ`: : : : : : : : :i
                                      `ヾT           ′: : : : : : : :|
                実はですね                 |_,   ==‐- 、   ヽ: :_r- 、 : |
                                         f_   f゙ ̄ヽ_,. -‐ヘ{ fう 〉:|
                君に シャンパーニまで          .y'^ト--ヘ_,ノ       レ/: :!
                行ってもらいたいんですよ。      ./ イ            「 ヽ:|
                                     / /ノ__ -           /   v、
                ある手紙を届けるために。     ′/   `ー-一'    / i  /  l
                                 _ r‐く /     `T 、、   /   l/   |
                               _ノ  ヽ ヽ      ヾ 込. ィ   _/    , ヘ、
                               /   \  | |/⌒> , ィ  ̄∠L>r'      /    > 、
                        .   _ /  ト、 | / レ‐´ / ノ:://.:.:.:八     /  _ - '::::::::::::\
                          / ィT!  r _」ノし'ノ   ,ぐ// く_.:/  }  ∠ -‐':::::::::::::::::::::::::::::>、
                         /   ||   厂 // / /:://.:.:/    j/:::::::::::::_;:: -─    ̄   \
                          _ r,ィ  ィ‐r‐'   / ̄ 7:::〃.:.:.:./    /:::::::::::/



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     手紙?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /      何の手紙だお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


6 :◆vsQyY1yD2Q


      おや、聞きたいですか? 仕方ありませんね。          _∠二ニ -、_
                                          //ィトミ二_, `丶、
      なんて事はありません。                      / l川  `7テァ ≧Zレ'l         _, -‐ヘ、
      シャンパーニ辺境伯、カンダタ卿への手紙ですよ。     .l l | 厶    `V  V}|       /      l
                                         | lィ7{ソ   r>ーヘ  ∨     /      /l|
      あ、ちなみに 差出人は ロマリア王妃 モア様です。       | lヽlく! ノィ,二ハ  |、   /        ム |
                                       ___    〕>ヘ ヽV   j|  | ヽ /       /  |
                                / ̄     ` ̄`¬=--ヽ ``¬シ  j_/       /   /
                                }                   ̄ ァーく > -、  _, ‐<    /
                                ヽ、                /     \   ∨┐  ヽ /
                                 \> 、 ______      {-、    `ヽ、L _ ̄丶 ∨
                                   \            ̄ ゙̄T^ lヘ、   \¬ |   |  l
                                     へ、_        l  | >、 ヽ ト、ヽ.Jヽ  |  |
                                        ヽ¬、    /   | { ∧ l| | _」 |二!  |  |
                                            `ヽイ     ,ヘ 〉 〈/ l_| L!  |  l  l
                                             ヽ    ムィ/\ \   | l /



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


7 :◆vsQyY1yD2Q
          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;     王妃様から カンダタへって
        |  u   |r┬-|  u  | ;
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    それって 物凄い手紙なんじゃないかお!?
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;
 、 ( ̄                |  ;
     ̄ ̄ ̄|               | ;



                                                  / ⌒ ⌒ ヽ
                                                 /   ∧  ヽ
         ええ、凄い手紙です。                           ⊂・⊃ ⊂・⊃
                                                 │▼  ▼ │
         ですが、訳あって ロマリアとは直接関係のない人に         │  ↓   │
         手紙を持って行ってもらいたいのですよ。                .│└─┘ │
                                             ___ |\ _ /| (⌒)
         国内の貴族や、王宮戦士に任せる訳にはいきません。  ./    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
                                            /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
                                           /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
                                           /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′


8 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  .、. v ヘ ヘヘィ v ,
                                                _r`          ^ホ_
                                              、x._           _ン.
                                             /: ::/  ̄`゙` ‐-‐ '" ̄ ヾ: ::',
                                             l: :/ , ― 、     , ― 、 ':; : i
        やる夫君は、アリアハンに認定された勇者でありながら   .l: :i   , ― ャ  ィ ― 、  i: :l
        アリアハンとは 直接的な関わりはありません。        .,:'^l-‐l    l'⌒ l    l‐- |^Y
                                             {d i   ゙ ― ' l   ゙ ― '  iゞ}
        手紙を悪用するような人間でもないでしょうしね。.        ヾ.l      ‐ ‐      lシ/
                                               !   ー―――‐ァ  ,!
        大変なお仕事ですが、その分 報酬は良いですよ。           '.   ` ニニ '′  /
        いかがです?                              .rl' .        / l、
                                              / \丶、;:;:;:;:;:;:;:;:// \
                                            , <   \ _   _ /    >、.
                                           -<: : :\     /  ̄ ヽ    /: : :>、__
                                          |:::::::::\: : :\ ∧    ∧ /: : :/:::::::::::::/
                                          |:::::::::::::::\: : ∨: :〉―〈: :∨: : :/::::::::::::::/



         ____
       /     \.      う〜ん……。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   やる夫は、地道にやってければ
  | / .イ '(ー) (ー) u|   それでいいんだけど……。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \


9 :◆vsQyY1yD2Q
                                  //.:.:.:./  /rヘ、_.:.:.ヽ_  \_.:.:\.:.:ヽ、
                                  //.:.:.:/  /:||   ヽ`ー-ミ_- 、_ `ヽ、\.:.:!
                                  //.:.:./  /.:.:l|     、\ _>‐辷_ミヾソ¬
                                   //.:.:.:.′〃.:/|!     ̄ r _ニ=‐'   `Y/} |
     安心なさい。 手紙の配達なんて        .!/.:.:.:.:.| 〃.:厶ィ′     ′゚´ _/:|   〈k | |
     冒険者にとって 「地道な仕事」 ですよ。   .||.:.:.:.:.:l/.:./ _ニヽ ヽ        \;:|   V//
                                |ヽ.:|:|.:i!./-´‐ ゚´     、        ヽ   |fY1-- 、_
     と言うか、王妃の名を聞いた時点で        ヾ」⊥{ r一1                   || l |   \    ̄ ̄
     逃 げ る 事 は 出 来 ま せ ん 。             \ トヘ\;:;:l     ゙、 _        |しJ、    \
                                      \ こ\ヽ!      - ´ , ー-ィ    |:::| |      \
     あなたから聞いたでしょう? 何の手紙かと。      `ー‐ト、    _/`ニ    |    |:::| |ト、  r-、  \, -
                                      / | ヽ,   \  r‐v‐ミ |   ,1::| |||  V⌒ヽ/
                                     /  |   ヽ   Y|  、 ヽ  //::| |||  」__/   ノ
                                            \  .|  〈}  ヽ//:::/_⊥ -‐´  /⌒>イ



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   ( ハメられたーーーっ!? )
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


10 :◆vsQyY1yD2Q
         ,':::::::::::::::::::::::::   /::::    /::   /:. ,':: i、    ',   ,、.      |
        .i:::::::::::::::::::::::::  /::::    /::::  /:: /::. ,' i      i  /.:..\.._ 人 _
        .|:::::::::::::::::::::::   ,':::    /:::: , '´/:: /:::. / i:.    i|/.:.:..  |   `Y´
         ! :::::::::::::::::::: ー!- ,_/::  /   // /:: //,'::  ,.  l i/.:.:... /.!.  |
       ', :::::::::::::::::::.  l:  /:`>"、_ /´  ///  '::  ,'  ,'./.:.:... / !
        ヽ::::::::::::::::;::. l:: //  _ ̄´   rテ了`ア'/:  /: //.:.:..  / /
         ヽ:::::::::::::',::.. ';/´ ̄ ̄ ̄``   iゞイ ノ ,':  /: //.:.:..  / /
          ヽ::::::::: ヽ::. ', ⊂⊃       ` ̄´ i:: /: //.:.:..  / /
             .\ヽ:::..\\          ⊂⊃:,.':::., '/.:.:.... / /
                 ヽi\ヽ\`   ヽフ    _,. イ ':./ /.:.:.... / /
              ._ / ̄ ヾ\`二、 _,. -‐1´//:/  /.:.:..  / /
         ./:.:.:.:` ̄`\_ /::::::::`ゞ:`Y´ ̄`ヽr´、 /.:.:..  / /
       /:. ̄`\:.:.   /::::::::::::::/ノヾ;j:::::::::::::/  ! /.:.:..  / /
       / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:_ i:::::::::::::::::':::::::::/i:\:::: /   j/ \:. / /
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::,::::::::::/::j、::::`/  ´ ̄ ̄ ̄`ヽ´
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ノ ::_/:/´ ̄\   ―― く





                                                        ヽヽヽ ////
                         お願いですから                        .│ ̄   ̄│
                         無言でナイフ光らせるのは止めて下さい。.      │ -  - │
                                                        ├○⌒○┤
                         大丈夫です。 本当に危険のない仕事ですから。.. │u    .│
                                                         \ 冂 /


11 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     / ⌒ ⌒ ヽ
                                                    /   ∧  ヽ
             少し 脅かし過ぎましたかね。 戦士善行の言う通りです。      ⊂・⊃ ⊂・⊃
                                                    │▼   ▼│
             事ここに至っては、カンダタ卿の問題は枝葉に過ぎません。    .│  ↓   │
                                                    │└─┘ │
             ただ、北方で騒がれても ややこしくなりますので      ___ |\ _ /| (⌒)
             カンダタ卿には、おとなしくしていて欲しいのです。     /    /  .|-、 ,-│ ノ ~.レ-r┐
                                               /   /   | _  | ノ__ | .| ト、
                                              /    |    |::::〈 ̄   `-Lλ_レ′
                                              /     |   |::::::  ̄`ー‐---‐′

             、_,. 、
           z`;`:: ::~: :'`t
           ィ‐ァ-‐ ―- 、z
           l /rニ-、_ =-、!
          r、l 、-’ィ.ト、’-ト   本国が荒れている事を知ったら
           ト、l.  ̄ 」  ̄lノ
           l、  r==  /    軍勢を率いて、王都を急襲しかねませんからね
           l_ \_,..,_イ.     あの方は……。
         __./、 ` ‐-ァ、┐
     __/:丶  \__/、_j ト、_
   / `ヽ\: : : \  丶 l l } r‐' \
.  /   丶\: : : \   l l. レ: : : :/\


12 :◆vsQyY1yD2Q

                                           ,イ _' 二ィ ̄:::二ニ - 、
                                      、  }、v/ 〃:::::::ノ:∠_::::::::::::::::ミ
                                      _ヾY V:::/:::/::∠:::::<r‐. :' " ̄:ヽ
                                     `≧ヽ::::::::_厶 -   ̄ヽ`: : : : : : : : :i
                                        `ヾT           ′: : : : : : : :|
        アリアハンの発行した勇者認定証があれば.      |_,   ==‐- 、   ヽ: :_r- 、 : |
        何の問題もなく、カンダタ卿に会う事が出来ます。   f_   f゙ ̄ヽ_,. -‐ヘ{ fう 〉:|
                                          y'^ト--ヘ_,ノ       レ/: :!
        それだけで やる夫君は                   / イ            「 ヽ:|
        破格の報酬を得る事が出来るのです。        / /ノ__ -           /   v、
                                       ′/   `ー-一'    / i  /  l
        どうです? 美味しい仕事でしょう?      _ r‐く /     `T 、、   /   l/   |
                                 _ノ  ヽ ヽ      ヾ 込. ィ   _/    , ヘ、
                                 /   \  | |/⌒> , ィ  ̄∠L>r'      /    > 、
                          .   _ /  ト、 | / レ‐´ / ノ:://.:.:.:八     /  _ - '::::::::::::\
                            / ィT!  r _」ノし'ノ   ,ぐ// く_.:/  }  ∠ -‐':::::::::::::::::::::::::::::>、
                           /   ||   厂 // / /:://.:.:/    j/:::::::::::::_;:: -─    ̄   \
                            _ r,ィ  ィ‐r‐'   / ̄ 7:::〃.:.:.:./    /:::::::::::/
                              ji |  /. . |  ∠ _,/::::イ.:.:.:.:./ _/:::::::::::/        -─   ̄



       ____
     /      \
    /          \    ( もう一頭の馬を、善行さんに頼んで
  /           \    ロマリア軍の厩舎から探してもらうつもりだったから
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/     ここは 断りにくいお…… )
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


続きを読む

第6話「勇者には入れない場所」(2)

外伝へ  2     第7話へ

35 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア 郊外 】
                      |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ _´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
  ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー -、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    と言う訳で
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      いよいよ カザーブに向けて出発だおー!
  \     ` ー'´     /.
  /          \
 /             \       ┏ やる夫 ━━━┓
/  /\           ヽ
 /   \          ノ          E 鉄の斧
U      ヽ        ノ         E 鉄の前掛け
                          E 青銅の盾
                          E ターバン

                       ┗━━━━━━━┛


36 :◆vsQyY1yD2Q

             -──-  _
          ´         ` 、
      /                  \
      '                  \
.    /      . . .    .l : i  : . . ハ-ヽ
    '       :、__: : .  ハ:∧ : : : ハ
    ',    . l、___ヽ`  、/ ,斗=lイ: /: ヘl
      、   lヽl _      '   'イ: : >-     結局、ロマリアで 一ヶ月ほど過ごす事になったな。
     ∨: l  ヽ〃 ̄`    : _   }、: :ヽ
     ヽ: ', : ゝ、    r  ´ |  イ:::}、: ハ     おかげで、新しい仲間に出会えたけど。
      }: :ヽ: : rヽ.    ∨  , /:::::/| ヽ: l
     _ノ イ: :>ヽ>ェ 、.`二/l::::/`'  `'
          l: :∧: :∧/::\_ |:ハN、:ハ
        l:/ ヽ' {::::::::::::::〉l」 Ll ∨
            /::::::::rL... ─--{      ┏ カガリ ━━━━┓
             /:::::::://三二ニ二}
            _/_:::::://::::   i , .ハ.         E 鉄の槍
         `ゝ-‐ ' /:::::    ,'...  l.       E 鎖かたびら
              L/L___/_∧_|       E 青銅の盾
              /ー/  l─-l          E 革の帽子
          r'⌒ヽ .//   ,' j  L..、
          {___j  {ノ_'__)    ┗━━━━━━━┛


37 :◆vsQyY1yD2Q

                                           _,. -=ニ、  ̄ ̄`ヽ
                                           /  , ヘ   \/ }__  \
                                           /   く _/     V ∠   ヽ\
                                        |/^ヽ、  /__,二  ̄}  _>  j,ハ
                                          |ヘヽ  ∨ /   / /  \    ∧
                                      /ン'^ア「 ト-、二_ー<  くVハ   ヽ  }
             こちらこそ、よろしくお願いしますね。  // , '/_ |l |     ̄` ー<ハ l \ ∨
                                      / /  イ/¬ハ|  , -─= 、   ≧、lハト、/l
             やる夫さん、カガリさん!         .//l /l l|テミxヽ!   , - __  ヽ 三ミュニVく
                                       l{ |' V《 |bハ     〃フ¬x.   `V/ ,-ハヽ`ヽ、
                                           | ’ー' l    、辷厶     / イ } lハヽ、 \
                                         厂ヽ  〈               rン/l |   \ \
         ┏ せいか ━━━━┓                /   |、 、_   ,      /┬< / ハ      、 l
                                      /  / >¬  ̄     /  |   } く 小 _    |
           E 鉄の槍                    ./   //  ,ヘ   _,   ´   l〉 / /|lハ〉  `ヽ、|
           E 鎖かたびら             .,ノ⌒ く  /'  /jVイ]フ^!        /V{^\ トV      ヾ
           E 青銅の盾            .厂    ヽイト-r '´ /::::r<  |   _,.-'    /j/ゝ、
           E バンダナ          .r-/   \   } >ヘ._厶:_」   }_/ r<      /  , -─ヘ、
               聖なるナイフ       /  |^ヽ、   ト-イ/     __) ∧ l |    /  /::::::::::::::::_>、
                           |  ∧ └< / _, イ丁:::::::j/ /∨ -ヘ、   / /::::::::::::_, -' /⌒ヽ
         ┗━━━━━━━━┛    |  { ヽ __∠ ̄  | ∧:::::::{  j__」 -─ヘ. / '::::::::::::::/  /      ヽ


続きを読む

第6話「勇者には入れない場所」(3)

外伝へ   3    第7話へ

56 :◆vsQyY1yD2Q
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.. ..  .:::.::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  。.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
                      _                           _,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   日も暮れたし、今日は この村に泊まらせてもらうお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


57 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / :::::⌒(__人__)⌒::::\   宿は あるかお?
 |        ̄     |
 \              /
                                    /   `ヽ、 ___/,. -‐ ''´_  | <  ヽ
                                    〉 /`゙''‐- 、__/ ,. -''´  / /┌┬'   !
                                    { / /`゙''‐-、---'───-L、| ヽ ヽ   |
                                    | | レ'/ /.| |          `ヽ、| ヽ 、|
                                    レ'´ // / | |      ___  ミ `く   |
                                   // | |_|L..._| !    '''´ __`  ヽ  :::\〉‐- 、
                                   |ハ || | ___ !       ィ'/:::7.jヾ  | rニヽ    \
     町中のような宿は、ないでしょうけど         |! ヽ| y'r';;Tj`       {:::''゙:::}    l/L !ト、    \
     探せば 泊めてくれる所はあると思いますよ。      .iヽ {::::''':j       `ー‐'′  (⌒ j `ヽ、___>
     酒場とか。                            .{`i ` ̄    i           レ'´/::::..  |
                                      ヽ !      〈 、         rイ/::::::|:::. l |
     でも、私達は 馬車で野宿ですね。              / ',     ___       /:::/:/::::/:::: ヽミヽ
     交易品を積んでますから、盗人が怖いですし。   /  /:ヽ     V  )     /.!::|:::{::::::|ヽ、:.  ) ヽ
                                   | /  |::/:::ヽ、   `二´    / |:::|:::l:||::::) |/
                                   V ヽ |::|:::::ハ:::ヽ、     /    |‐v从レ′
                                     }人|::/ lハト-、l ー‐‐' ´ ,.. -‐''´  l
                                        ヽ   r‐レ‐‐''' ´      |__
                                           /勹ヽ        / _>─---- 、
                                        ___// O〉 ヽ     ,. -'´-'´:::::::::::::;: -─‐┴ 、
                                     __/|:|〃ヽ |  ヽ ,. -'´ '´::::::::::::;: -''´ , -‐''´ ̄`゙ヽ、


58 :◆vsQyY1yD2Q

                .  -─………─- .
            .   ´             `丶
           /: :    .              ヽ
         ./: : :   . : :               ヽ
        ./: : : : . : . : : : . :              ハ
       /ィ: :  . : . : : : :. : : i:   :. ./l:        ハ
        /: : . : : . : : : i: : l: : _ィ:  : } l-i:  .i: .  .   ト
       ./,: : : /: : : : : .li: /i∠、l:  .イ: .|zヽ∠ヽ:.} : .   }丶
      /' l: : /l: : : :i: : lィてノ}` | / .l: .代ィfタ`∧l: . : i: . l     そうか、ロマリアでも ルージュが狙われたし
        |: / l: : : :.ヽ: | ゝ一'  V  V` ̄ ̄´ ヽハ: : l: :.∧
        l ' .l イ: : i: :ヽ       !       ハ:ヽ:.l: :∧ヽ.    そう言うのも 気にしないといけないんだな。
          .l'イ: :,' :ハ        '       /-|: ヽ∨: iヽ.\
        ./_.. Vi: :  .ト、    r─¬   .∠: :l: : .ヽト: ヽ
        ̄ /: :.V: ',  l`丶、  ` ̄¨  .ィ l: : :.l∧: }:ヽ\ヽ    面倒だな……。
        /: :_ ィ: i:ヽ .|   `丶、_ .  / jl: : lー ∨へ:i  ヽ
        ̄  /:|/:|: ∧l      i   ./ /:l: :,':::::::V:::`丶
        _/:::::::::::::l/:::::ヽ.     .|  ./イ  V  ::::   ::ハ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    .l/  {          ハ
   . <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    ヽ  .l     .      }
  /:::::::::::::          :::::ハ    }  l     ', i    /
 .{:::::.               :ハ   .i  .l     .N::... /
  .〉:::::......              .ハ   !  l      l::/
 /:::::::::::::::.......            ハ     l      |'


                                                      ____
                                                    /     \
                        でも、交易品を持ち歩く事は出来ないし   ./_ノ  ヽ、_   \
                                                 /(●)  (●)   .\
                        仕方ないお。                 |   (__人__)      |
                                                 \  `⌒ ´      /
                                                 /           \


59 :◆vsQyY1yD2Q

                  _,. -=ニ、  ̄ ̄`ヽ
                  /  , ヘ   \/ }__  \
                  /   く _/     V ∠   ヽ\
               |/^ヽ、  /__,二  ̄}  _>  j,ハ
                 |ヘヽ  ∨ /   / /  \    ∧
             /ン'^ア「 ト-、二_ー<  くVハ   ヽ  }
            // , '/_ |l |     ̄` ー<ハ l \ ∨
             / /  イ/¬ハ|  , -─= 、   ≧、lハト、/l
             //l /l l|テミxヽ!   , - __  ヽ 三ミュニVく         大丈夫です。
              l{ |' V《 |bハ     〃フ¬x.   `V/ ,-ハヽ`ヽ、
                  | ’ー' l    、辷厶     / イ } lハヽ、 \.     ロマリアに居る間に
                厂ヽ  〈               rン/l |   \ \   冬は終わりました。
                /   |、 、_   ,      /┬< / ハ      、 l
             /  / >¬  ̄     /  |   } く 小 _    |.   もう春ですし、そんなに冷えませんよ。
            /   //  ,ヘ   _,   ´   l〉 / /|lハ〉  `ヽ、|
        ,ノ⌒ く  /'  /jVイ]フ^!        /V{^\ トV      ヾ
     厂    ヽイト-r '´ /::::r<  |   _,.-'    /j/ゝ、
   r-/   \   } >ヘ._厶:_」   }_/ r<      /  , -─ヘ、
  /  |^ヽ、   ト-イ/     __) ∧ l |    /  /::::::::::::::::_>、
  |  ∧ └< / _, イ丁:::::::j/ /∨ -ヘ、   / /::::::::::::_, -' /⌒ヽ
  |  { ヽ __∠ ̄  | ∧:::::::{  j__」 -─ヘ. / '::::::::::::::/  /      ヽ


続きを読む

第6話「勇者には入れない場所」(4)

外伝へ    4   第7話へ

74 :◆vsQyY1yD2Q
【 翌朝 】   )
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                          __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ                      ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´                     r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
                   , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
                   ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                                      ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-


                      _                           _,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l



             /   .:  .   .::    .. :. .   ',
             /   .:l .::/ .:l :::;.   .::;:::. !::. :::. :: l
            ,' / : :::! .:::l ::/l ::/l:. .:::/ヽ: l;::::..:::..:: !
              l.:;{ : ::. ::';.::/l/ミ∨ ';:..::/;=;ヘ/l/::::::l:::::{
               l:ハ::..ヽ::∨{-':::j`  ヽ/ {-':::j l:::/:l:l::::',     せ、精華!
               l'  ';::;:::ヽ.', ̄ ̄  '   ̄ ̄ /ィ.: :::i::::::',
              /; :::::l,`     __'_     l  .::l::::::::'、    やる夫を起こそうとしたら……
              7.:::;::l:'、   /-―-',   ,ィl .;::l;::::::ト、ヽ 
             /.:/::l:l::::`; 、 ヽ.__丿 /ハ:j :/lハ:::::'、 `゙`   大変なんだっ!!
            ∠l /'フ:リ/ ヽ`ヽ、__ .ィ  / /,イ`‐-`_ーヽ
            __ l//‐''´: : : ハ  ヽ /  / /´`: : : : : :`丶、
        , -‐'": : : : : : : : : : {   .! l     ! : : : : : : : : : : : `丶、
          / : : : : : : : : : : : : : : l   ∨   j : : : : : : : : : : : : : : : :\


続きを読む

第6話「勇者には入れない場所」(5)

外伝へ     5  第7話へ

91 :◆vsQyY1yD2Q
【 一週間後 ロマリア―ポルトガ間の関所 】
:     |!:l;i1|i:      |l;iヽ二二二二二二二二二二二,イi;!i|     |i |:;|l!;!i|
.     |:i!l!;!||.       |li;| ヽ三三三三:典:.三三三三_/ , |;;l|     |l |lil!|!i;|
=====|l:|!li!||=======|;li|、 |ト、|[##Ξ][Ξ##:.]|イ li',..|lii|=====:| i|i!:l;i1|.=====
┬‐┬|j!li:!i||┬┬┬‐|ll;| ド、_i\ ______./!_j/j~ ,|:;i|     |!!|;:i:i;l:;|
┼‐┼||il;!i!||┼┼┼‐|il;| |ヽ、i !:i_,_,_,_,_ii_,_,_,_,_i: ! :il_,.:イ~ |il;|     |!!|l;i:ll;:i|
┼‐┼|i!i;!|i||┼┼┼‐|;li| | :|゙:i !:i 冊冊ii冊冊 i: ! :i|  | :|l;i|     | l|;:i;li;l;|
┼‐┼|;li!:|!||┼┼┼‐|;i;| | :|゙:i !;i ̄ ̄ ii  ̄ ̄i; ! :i|  | :|;i;|     |i ||;il;!i!|
┴‐┴|:|l!;!i||┴┴┴‐|i;l|_| :|゙:i__i,:'──┴──':,i__i|;;;;:!.....|;li|     |!!|i|:i!l!;|
 ̄|| ̄|l;i|1i||"|| ̄|| ̄|li;| | .|/!            }ヽ.i'''''|;il| rPヘ、 |i |j!l;i:;!|
_||_|;l!i;|!||_,||_||_|;;l|_|/|/             ヽ .!ヽ|l;:| |[ ̄] | i|;!il!!i;|
 ̄rvへ:_.||._     |iil| |/                 ヽi . |lii| |:| |:| |l |:|l!;!il|
'´`='=~ ,..-‐'i"__.,|;li|/                ヽ|il;|_|;| |;|_|!!|il;i|1i|____
 _,..-‐'"i」」」」|                            、  ̄ ̄ .| i|l:|!lii!|
'"  」」」」」」」」|.:___________________:.、___,!、||iil;!i!|____
,i」」」」」」」」」」/.::─────────────────────────
.」」」」」」」」」/



   ↑ヾ''""/
   |[,≡≡]     ここは、ロマリアと ポルトガを繋ぐ関所です。
   ||] ゚−゚[l
   |IIII:V:I/'⌒ヽ.  ポルトガに入国したいのならば、通行許可証を。
   Φ |::三 |   |  一夜の宿を求めて来たのならば、ゆるりと休んで行かれよ。
   |ノ,,,llll,゙|   |
   | (/"Uヽ__ノ


92 :◆vsQyY1yD2Q
                                                         ____
                                                       /      \
                                                      /─    ─  \
                               『通行許可証』?            / (●)  (●)   \
                                                    |    (__人__)      |
                               やっぱり、『魔法のカギ』 で     \   ⊂ ヽ∩     <
                               勝手に通るのはダメなのかお?   |  |  '、_ \ /  )
                                                      |  |__\  “  /
                                                      \ ___\_/



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
    | ※ 魔法のカギ:魔法の力で作られた合い鍵。                          │
    |.             盗賊のカギよりも、更に複雑なカギの付いた扉を開ける事が可能。   │
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



             /
..           /
  / ̄〈     /      同じ質問をしてきた人が、これまで何人もいましたが
  l/",ニヽ~'ヽ/       それは、密入国です。
  ノl_[. ゚ -) 0´|
  ( _ii_/_ノ        異界の勇者様なら
   |ヽ0´|.            アリアハンが発行した 『勇者認定証』 があれば、お通ししますよ。
  ノ/'i'i'iゝ
 /(/´"J


93 :◆vsQyY1yD2Q
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    認定証は持ってるけど、今は ポルトガに行く予定はないお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/.    今日一日休んで
 r、     r、/          ヘ     明日の朝一で、カザーブに向けて出発だお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
                                       ,. -ァ'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                      rァ'´ / , -'´ ̄``ヽ、`ヽ、|`ー、
                                    /ヽ/ <        >     \
                                      /__, ------ 、`ヽ、, -', -────┬ヽ
                                  /   ____  \/  , -─‐┐  ト、 !
                                   __|∧  ヽ    \__∠------、 ノ ヽ「`ヽ、
                                ∠..」〉 \   >r7T| ̄|||    --- 、  `ヾ、_ハ-、__ \
       ここは 旅の中継点ですから     <'´ r‐|X_rイ|/, -|7'''|!` |ハ!     , -- 、  ヽ\/   /
       隊商向けの宿もあるはずですよ。    `ー--〈 // |{| r',==;ミ         r'::乙j,ヽ  レ‐‐ミr‐'´
                               、____ノ r‐、|ヽ! {::;;;;ー'!       ヾ::;;;:ノ   |/i  }ヽ、从
       馬車も預けられるはずですから      ゞ// | rィミ  `='′         ̄    |_ノ ∧__∠
       今日は ゆっくり休みましょう!     .r'´::/ /ヽ `i          :i           |_ノ ヽ|:::::::::::`>、
                            rイ ヽ::ヽ|リ | \!       __`____      ./川/|/リ::::::::/  \
                            | ヽ  \:::\ト、ィ lヽ、     く/    ノ    /人|/〃::::::/      `i
                            |  ヽ   \:::::::::ヾ从ヽ、    `ー--‐'    / /:::::::::::::::/        |
                            ヽ   \   \::::::::::\'、`''‐ 、  ̄  _, '´   /:::::::::::::/ /      /
                             ヽー、      \::::::::::\   /`''o 〉 \   /::::::::::/ /       /
                              ';:::ヽ   `i  \:::::::::ヽ_/   {  /`´::::::::/ / /  // ̄ ̄ /
                               |:::::ヽ.   ',   |l\::::::::::::ヽ---'´::::::::::/|| |/   //ヽ、_,ィ′


94 :◆vsQyY1yD2Q
【 宿 】     .| | | |            ___            | | | |
        | | | l             /,.-┼-、\        | | | |
        | | | |          | Λ__,|,__Λ |         | | | |
        | | | |          | |____f|f____| |         | | | |
        | | | |          | |f⌒゙|゙⌒f| |         | | | |
        | | li< ゙̄>、        |_|_____|_____|_|         | | | |
____________| | r'| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー''´ ̄ ̄ ̄
i込込込込ir‐厂| | |  | |_______i< ゙̄>, ______________
ーー―‐厂| | | | |  | |ー――――| | ̄| |ー――――――――――――
     | ', l/:| |  | 「「「 ̄「「 ̄「「| |  | | ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「
       '、У ,.イ| |  | |」」_」」_」」」 |  | |_|」_」」_」」_」」_」」_」」_」」_
      /.:.;イl l.| |  | l二二二二二| |  | |二二二二二二二二二二二二二
        |.:.{ l/| |  | |  、__,、__,、_,. | |  | |}`iー――i"{      | | | |
____| .:レ /| |  | |  }l了下|{. | |  | |} {‐。┬。‐} {_____j厂 ̄}___
__________j| .:|/  厂´゚ ̄| }l込上l{. | |  | |}_{__|__}_{_込込ヒ/  /|込込込
________{| .:|  |______| ⌒⌒⌒゙ | |  | |_______________,/  ,.イ|j|
______{|:.:{  _,| |  | |_____| |  | |___ _ _ __,,,.イ |,!'/
____{|:.:∨ ,.| |  | |厂厂厂厂厂| |  | |厂厂厂厂厂厂l´ |_,!イシ′
___________{|:.:.:∨i| |  | |辷辷辷辷辷| |  | |辷辷辷辷辷辷辷>'′
___________liト、__}fヘj_j/           ',i_j/
_______lli:::::::|
_______,ゞ、__}、
_____,ノ  )
           ,/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;     か、かなり 高級そうな宿だけど
        |  u   |r┬-|  u  | ;
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;     大丈夫なのかお? お値段とか。
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;
 、 ( ̄                |  ;
     ̄ ̄ ̄|               | ;


95 :◆vsQyY1yD2Q
                                      | / /\ ヽ______________ く /ヽ.  |
                                      | >┬iT!'| / |/{ |    `゙''‐- <__/ |
                                       〈rイ| || ト|L|/ || ヽ!        ミ゙i、/|
                                      | | | | lハ  l|   、__ __,.. lイ l |
                                      | 八 l j.斗zl≦´l     ィ,z==ミ  レ‐くl
        正直、私も怖いですけど.               ヽl介ト 7f「 え`    ´ |{ しリ`  |rワ ハ
        馬車も預けられる宿となると、ここなんですよ。    ハ. 、ヾニソ        ゞ-'‐  lレ'/lハ
                                       ノ ハ   ̄   } _       ij 爪 l| lヽ
        値段の分、冒険者用の宿と違って        ./ /小             イソ リ ハ ト、
        警備も しっかりとしてますし……。        〈 / /ソ\     ' ニ¨     / l/ 〃 // ハ)
                                      )イ /イ{ 〈 l> 、      イ| { 〈 /  { { {ィ/
                                      乂 {小ミヾ ハ|  `¬ ´ /r气ハ{  ,ノ人八
                                           /  `゙''-、___,、-'"  ヽ
                                         /|     / ト、     /`ー‐ァ-- 、





     円_円      そこの君達、ちょっと話があるんだが。
    ¥・∀・¥
    (    つ◎   もしかして、こう言う宿は 初めてかな?
    | $ |
    (__)___)


96 :◆vsQyY1yD2Q
                                                         ___
                                                    /      \
                            は、はい?                  /ノ  \   u \
                                                 / (●)  (●)    \
                            やる夫達に 何か用ですかお?   .|   (__人__)    u.   |
                                                  \ u.` ⌒´       /
                                                 ノ            \
                                               /´               ヽ



             君達、関所に到着したところだよね?
     円_円
    ¥・∀・¥.   さまよう鎧の残骸があれば、
    (    )    僕に買い取らせてもらえないかな?
    | $ |
    (__)___)



                                                   ___
                                                /)/ノ ' ヽ、\
                                               / .イ '(●)  .(●)\
                      あなたは、交易所の人ですかお?   /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                              .| ≧シ'   ´ ⌒ `     |
                                             .\ ヽ           /


97 :◆vsQyY1yD2Q

      _______ _______
      |  |///  |/// | |  |///  |/// |
      |  |//   |//  | |  |//   |//  |
      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |  |          | |  |          |
     /           ̄ ̄ ̄        \       ああ、ホントに 新人さんなんだね。
    /                         \
   ( \   / )                 (\ /)   こう言う商人が集まる宿だと
  / \ \/ /                    \ /    中で 商人同士の取り引きが行われてるんだよ。
  |( ̄     ̄)  ●     l___l    ●( ̄  ̄ )
 |  ̄ | |  ̄         .|     |       ̄| | ̄   ここの宿代を高いと見るかどうかは
 |( ̄ ̄   ̄ ̄)        ヽ   ./      ( ̄   ̄).   商人としての才覚次第じゃないかな〜?
 |  ̄ ̄| | ̄ ̄          ヽ/        ̄| | ̄
  |    | |                       / / /| |
  人    | |                   /// ///| |





                                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                             ./ \   / \
                                    ___∧,、 /  (●)  (●) \____
                                     ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    .| ̄ ̄ ̄ ̄
                                           \          /
                                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


98 :◆vsQyY1yD2Q

     円_円      と言う訳で、さまよう鎧
    ¥・∀・¥
    (    つ◎   一体分、30Gでどうかな?
    | $ |
    (__)___)



                                                           ____
              おっと、現物を見ずに                  _,rーく´\  , --、   /ヽ  / \
              取り引きなんてやっちゃいけねーお。       ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /  ./(●.)  (● )ヽ
                                          { -! l _」_ノ‐′/   /:::⌒(__人__)⌒:::::: ヽ
              ここに来るまで 五体ほど倒したけど       ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |    |r┬-|      |
              サビの無い部分を、厳選して拾ってきたお!  .ゝ、  ノ_ イ    \   `ー'´     /
                                             ヽ     |     ::::ヽー‐-..、   ,..-‐|\






      _______ _______
      |  |///  |/// | |  |///  |/// |
      |  |//   |//  | |  |//   |//  |
      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |  |          | |  |          |
     /           ̄ ̄ ̄        \        ――― っ!
    /                         \
   ( \   / )                 (\ /)    なるほど、商人としての才覚が
  / \ \/ /                    \ /     無い訳じゃないんだね。
  |( ̄     ̄)  ●     l___l    ●( ̄  ̄ )
 |  ̄ | |  ̄         .|     |       ̄| | ̄   それじゃ、厩舎の方に移動しようか。
 |( ̄ ̄   ̄ ̄)        ヽ   ./      ( ̄   ̄)
 |  ̄ ̄| | ̄ ̄          ヽ/        ̄| | ̄    そこが 取引会場だよ。
  |    | |                       / / /| |
  人    | |                   /// ///| |


99 :◆vsQyY1yD2Q
【 宿の厩舎 】
  ┌──┬──┐                            . ,、
  ..|. ̄. ̄..||  ̄ ̄i|   __                    _〈 i、
  ..|._._..||__ l|__|┌┐|  /               _、シ从ヾ、
  ..|,r:'´|`ヽ.   .|   __ └┘`7           _  _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  / \ ! /ヽ  .|/ ,>:' ´l`゙'ヽ、         /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  i'__ x __i_.|_/ \ ..|.. /ヽ         .,イ{   ノ ||(   ,U
  !   , '.i 、   !三三 l__ x __i三ニニニニニニニニ0ニコ/
 .ヘ /  | \ ノ.    !  /.|.\  ,!       /| |    } j{
   ゝ、_ !_ , r'      \ _..|.._ /         《_,ヒ}   《_,/_}

                           /)_.                                    
                         /・ `ミミ.、            ∧w∧    .V/V/V/V/V/V/  
                    .     (X ノヽ  ミミ.、.           (゚Д゚,, )   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  
                           ̄\ l   " ̄ ̄ ̄ ̄ヾミミ、 と  ヽ   l  満月草園   :| ∧w∧
                               l`  ノ         } ミミ.ノ(,,__,@.l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|(,* ‐ヮ)
                             l二二二二二二二二二二|二二二二二二二二二二二| .(  つ旦
                               ( :l "'''''-''''''"∧ 〈,     |__,:'´ ||`ヽ._____.,;'´ ||.`ヽ,___.| (   ヽ'
                             l_,l      ム/ヽ_ゝ   .  |_{=◎=}_{=◎=}_l三三l(_ノ)
                             /.:::lゝ    /.::l /.:::|        ヽ、_||_,.ノ   ヽ、_||_,.ノ


  Α Α   ∧_∧   .∧ ∧    ∧,,∧   ∧_∧   ∧ ∧    ∧ ∧
  .(,,   )  (    )  (   ,,)   ミ    彡  (     )   (   )   (゚    )
  (    )   (     )   |   |   ミ     彡. (    )  | |   /   |





        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\     うわっ!
   /:::::::::: ( ○)三(○)\.    厩舎の中に いっぱい人が集まって、スゴい熱気だお。
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/    ここは、セリ市? いや、フリーマーケットかお?
   ノ::::::::::u        \


100 :◆vsQyY1yD2Q


                       そう! ここが 一般人は入れない
                       商人のみ入る事を許された、通称 『馬車市』 さ!

                       交易所がない所でも
                       商人が集まる所なら、大抵やってるんだよ。       円_円 ◎金
                                                    ◎と¥・∀・¥づヽ⌒つ
                                                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           _ ..  -‐………‐-   .. _
         .  ´                . : .`ヽ、
      /        : :  : : . : : ‐=二  ̄`
    /            . : . : : . :、 : : : : :`丶、
     l        : :、: : : : :、: : : : : :\: : _:_:_:_:_\
     |    ,  !  :ム: :、:\: : :|:\: 、: : : :} : `ヽ、     な、なるほど。
     |   :|  l /≠Vミ\|\l≧=x;V\:| : :ト--\
     l  ;  \W{t:ソ    ,  {tソ, l: : :`: : !        交易品を乗せた馬車が集まってるから
    } {|    ヽ` ̄´    |   ̄´|: : :\|        ここでも商売出来るのか。
    l :|   ド=-    {     A: : :\:ヽ
.     ノ : |:i : : lヽ    ,_-_、   イ: :丶: : :)イ       あっ、向こうで 敷物を敷いて、露店をやってるぞ。
.   /イ 从: : : |i: l\   ー   /:厶:_:_:_}\: :|
.     l/Yヽ : |l: |  `   __ イ /l/ : : : : : :7ヽ|
.       l  ヽ! 「: ¬    l/: : : : : : : : /
.     __|     } : :|    |\: : : : : ∠ .. _
   ̄ ̄     | : :|      ): :/     `ヽ



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (─)  (─)  \   ( つまり、馬車とか持ってなくても
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     この馬車市に入れるなら
     /⌒ヽ        ィヽ      高い宿代も惜しくないと考えてるって事だお )
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


101 :◆vsQyY1yD2Q
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     精華、こう言うのって
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |.   営業許可証とか いらないのかお?
 \      ` ⌒´   /
                                                   / ̄二>ヘ、
                                                  ∠_   >ヘ V≧--、
                                                  rイ二>ヘ く_」  V   \
                                              _,⊥ノヘ ___Vニ=- 、        \
                                            //ィ∠// /   `ヽ、ノ
                                              | / /l厶/ l/  ___   \
               え? そんなのありませんよ。           V/lイ 「h  |  _,二 `゙ヽ ト、
                                                リ vソ    Trくハ   Lム ∨
               誰が保証して、許可を下ろすんですか?       .′r ′    、辷ソ   l爪V|
                                              |        ` ̄    ィリ⌒}| |
                                              ∧ ヽ          >フ /| l
               こう言うのは、目利きと信用です。         l小          __辷ニィくl | l
                                        _     | {ハ     /,ニ=ィ ハ ヽトハ
               ほら、私も お手伝いしますから。    .l r-≧、_   Vヘ(`ニ=---{/ ー-く V lヘ ヽ
                                      .l l l二   >冖弌}__        ハ{  lハ lV
                                      l l   /       \  ヽ--、_   lヘ/l川l/
                                      .l l   /          \   \ `丶、{
                                      l l  /          ヽ\   \   ヽ
                                      .l l | /^ヽ、      |  ヽ   \  l┐





       _    ̄ ̄` 丶、
       /           \
     /   ,、_ {  / /  ,   .
.    { 厶kヽ ハ/i./ハ }   }ノ
      } \} ○   ○ v /    わ、私は 力仕事しか 手伝えそうにない。
     ノj  ト    ′   }く
   _彡'へ }、.u  △  ノ ド=-.    二人で がんばってくれ。
   _彡'}ハ/ヽ¬≠≦}ハノ
      / : /{ヘ_,癶:tヘ、
     く}_{_シ': :}: : \: :ヽハ
     ノ: :}: : : 廴:_:_:_}∠:_ノ


続きを読む

第6話「勇者には入れない場所」(6)

外伝へ      6 第7話へ

124 :◆vsQyY1yD2Q
【 カザーブ 】  ,  :   " ''−- 、 _     ; ;;  :
  ,       、  "   ''  '   " ''−- 、;;_   ,ィ',ィ'  " ,,
    "'  ;;.     "  ,,  ..  "゙ " "''   " '''−. - 、_ ''
 "'     .;:..;,   "  '   、  ;   "  '  ;;'':;  ィ l  "''−-
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,



                                 _   _,
                              ___,> Y´'ー-、
                             _>z二_ ___`ー≧__
                             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                            /        ヽ `Y′之>
                     .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
                         (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /
          今日も 大猟だよ〜。     '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /
                              \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
                             < l 7Eニ::ィ1    〉
              キセイ・デ・できない子   ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
              職業:???          i´ ̄ `ヽ::|
              性格:おおぐらい         j|       <
                              /    ヽ  \


続きを読む

2010年04月27日

めらっさめらっさ

1 :◆vsQyY1yD2Q



練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 5巻
柴田亜美先生
「めらっさ めらっさ」



続きを読む

2010年04月28日

ない方がミネア

1 :◆vsQyY1yD2Q



練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

ドラゴンクエスト4コママンガ大全集 2巻
藤田佳子先生
「ない方がミネア」



続きを読む

2010年04月29日

つれてゆくなら

1 :◆vsQyY1yD2Q



練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 10巻
田村きいろ先生
「つれてゆくなら」



続きを読む

2010年04月30日

どこにつければ

1 :◆vsQyY1yD2Q



練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

ドラゴンクエスト1Pコミック劇場 3巻
村上ゆみ子先生
「どこにつければ」



続きを読む
タグ:やる夫

2010年05月01日

キレイなポワン様

1 :◆vsQyY1yD2Q



練習がてら ドラクエ4コマをAA化してみる

ドラゴンクエスト1Pコミック劇場 1巻
田村きいろ先生
「キレイなポワン様」



続きを読む

2010年05月02日

第7話「カザーブでの『商談』」(1)

第6話へ 1      第8話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア―ポルトガ間の関所 】
:     |!:l;i1|i:      |l;iヽ二二二二二二二二二二二,イi;!i|     |i |:;|l!;!i|
.     |:i!l!;!||.       |li;| ヽ三三三三:典:.三三三三_/ , |;;l|     |l |lil!|!i;|
=====|l:|!li!||=======|;li|、 |ト、|[##Ξ][Ξ##:.]|イ li',..|lii|=====:| i|i!:l;i1|.=====
┬‐┬|j!li:!i||┬┬┬‐|ll;| ド、_i\ ______./!_j/j~ ,|:;i|     |!!|;:i:i;l:;|
┼‐┼||il;!i!||┼┼┼‐|il;| |ヽ、i !:i_,_,_,_,_ii_,_,_,_,_i: ! :il_,.:イ~ |il;|     |!!|l;i:ll;:i|
┼‐┼|i!i;!|i||┼┼┼‐|;li| | :|゙:i !:i 冊冊ii冊冊 i: ! :i|  | :|l;i|     | l|;:i;li;l;|
┼‐┼|;li!:|!||┼┼┼‐|;i;| | :|゙:i !;i ̄ ̄ ii  ̄ ̄i; ! :i|  | :|;i;|     |i ||;il;!i!|
┴‐┴|:|l!;!i||┴┴┴‐|i;l|_| :|゙:i__i,:'──┴──':,i__i|;;;;:!.....|;li|     |!!|i|:i!l!;|
 ̄|| ̄|l;i|1i||"|| ̄|| ̄|li;| | .|/!            }ヽ.i'''''|;il| rPヘ、 |i |j!l;i:;!|
_||_|;l!i;|!||_,||_||_|;;l|_|/|/             ヽ .!ヽ|l;:| |[ ̄] | i|;!il!!i;|
 ̄rvへ:_.||._     |iil| |/                 ヽi . |lii| |:| |:| |l |:|l!;!il|
'´`='=~ ,..-‐'i"__.,|;li|/                ヽ|il;|_|;| |;|_|!!|il;i|1i|____
 _,..-‐'"i」」」」|                            、  ̄ ̄ .| i|l:|!lii!|
'"  」」」」」」」」|.:___________________:.、___,!、||iil;!i!|____
,i」」」」」」」」」」/.::─────────────────────────
.」」」」」」」」」/



                      / ィ  .:_..‐'´         .:::::       丶、___/ .:└-、
                     /´ / :/       .:/ .::::::::::::::::.  :. . ::::::.. .. \....::::::::::......
                        / //.:   . / : .:::/.::/ ̄ ̄`i:::: .::.::. :::::::::::..::::..ヽ:::::::::::::::::
                         / .:l' .::/  .: :{ .::::::ハ:::{     }::..::;イ::::::..:::::::::::::::::::::: ';::::::::::::::
                      {  :/.:/{ .: : .:: ::、:::::::{-``    -'-‐' /::::::::::::::::::::::::::::::::::.';::::::::::::
                      ヽ 、/:::i::.:..::::{::::{\::ヽ      _/::::::::ィ:::::::::::::::::::::::::: }::::::::::::
                       ヽ : ::::ヽ{::::::ト:ゝ彳≡;ミ    ` ‐;=ニ._/::::::::::::::::::::::::::::; ::::::::::::
     お姉ちゃん。            ', :::::::::::、::::、::| 、{-'´:{      彳`∠... ィ::::::::::::/::::;ィ :::::::::..:
                          } :::::::::::::>ヽ   ̄`゙      _} ̄::ハノ:::::::::イ::イ ヽ ::::::::::
     やる夫さんらしき人達を    ./ :::-=ニ, .::::!     '      ̄ ̄>.:::::::ハ }ノ | :::::::::
     見たって人がいたよっ!  ../ .:::::://.:::;イ:',     、       ∠ .:: ::::::{ノ/.   | ::::::::/
                        /.:::::/  } :/ ヽiヽ    、::__,     //: .::::{ヽ「    } :::::::l
                      /::::::/   V     >、   ‐      i八::::V. `    / .::::::::{
                     /.::::::::::{       -'- ィ\    .. -  ´};:::ト、::>    / .:::::::::::!
                -=ニィ .::::::::::::i          ヽ:イ` ‐ ´     / }/  ヽ   /.::::::::::::::i
           .        {.::::::::i、::{` ‐-、__      __」         { ′     / .:::::::::::::::{
                  .へ:::::::{ヽi  //ー―一ァ'/{       人     , ' .::::::::::::;1::L_
                 /   ` ‐ヽ: /: /   \ /ィ/        /ィ/ `ー―∠:イ::::::::::::/ }/


続きを読む

第7話「カザーブでの『商談』」(2)

第6話へ  2     第8話へ

20 :◆vsQyY1yD2Q
【 カザーブ 】  ,  :   " ''−- 、 _     ; ;;  :
  ,       、  "   ''  '   " ''−- 、;;_   ,ィ',ィ'  " ,,
    "'  ;;.     "  ,,  ..  "゙ " "''   " '''−. - 、_ ''
 "'     .;:..;,   "  '   、  ;   "  '  ;;'':;  ィ l  "''−-
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     やっと カザーブに着いたおー!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


続きを読む

第7話「カザーブでの『商談』」(3)

第6話へ   3    第8話へ

42 :◆vsQyY1yD2Q
【 現在 拝読中 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /: : : : : :´: : : : : : : : : : :`<: : : : : : : : : \: : : : :`ヽ
        /: : : . : : : : :,. . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: . : : : : :ヽ
        /: . . : : : : /. . . . : . : . : /. : . : . : . : : : : \: : : . . : : : l
        l. . : : : /:/. ,. . . . : ;. : : : ;l : : : : :,、: : : : : : : ヽ: : : : . . . .l
        !. : : : /:/. /. : : : :メ:_:_/ !: : : : / ヽ: :_: : : : : :l : : : : : . .|
       /: : : : :.:.:'-'1: : : : :/|;/``l: : : /−'`、´: l: : : l: l.: : : : : : :'ヽ
     /: : : : : :.:.: :.:.l: : : /./,´-i l:/ ,=、丶v'、: : :|/.:.: : .: : : : :`、
   _/: : /: : :.: :.:.:.:.:.:.i'V´i / l:‐':l    ト::l ヽ 〉、/:.:.: :.:.:.: : : : : 丶    え〜っと、なになに……?
    ̄ ̄ l : :.:.: :.:.:.:.:.:.l,  -'"l  ヽ:ノ     l:;:/  ノ_/' ´l.:.:.:.:.:.:.: : : : :|`、\
       !: :.:.:.:.:.:.:;.:.:./\__l `       `´  '`/`/ヽ:.:l:.:.:.: : : : l  `
       l: :.;、:.:.:/:/   _`、     `      /´    ヽ|:.:.: :/`V
        ヽ 丶'´   /`、ヽ`, 、_   ‐  ,. イフ`/ヽ、   l:.:/
             /    ヽY  l` ` ' ´/ `/   ヽ
             l    y   丶  ,../   l    l
       ┌─────────────────┐
       │                            │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続きを読む
■ 収録シリーズ